ありがとうございます。

みなさま、たくさんの意義深いコメントありがとうございます。最初からここまでのクオリティで対話がなされるとは、正直予想していませんでした。うれしい誤算です(笑)。みなさんにこのブログの立ち位置をとてもよく理解していただいていることがよく伝わってきて、とてもうれしいです。また、そうしたコメントに対してのお一人お一人に私がコメントしていくことが困難なほど、スピーディに進行しています。そこで、みなさんには大変申し訳ないのですが、これから先は、ひとつひとつのコメントに対する私からのお礼とかお返事ではなく、みなさんの対話のためのコーディネータとしてページ立てをしたり、対話をするメンバーの一人としてコメントを挟んでいきたいと思います。

私も含めて、創価学会員でありながら学会に疑問を感じている方や、脱会はしたけれども自分の人生の折り合いがついていない方、家族も含めて大変なご苦労を強いられている方、また学会の反社会性に気づいて、これまでにやってきた自分の行為に対する罪悪感に苛まれている方など、ほうんとうに様々な立場の方がいらっしゃいます。そうした方たちは、今でも考えが日々変化しているようにも思われます。私もそうです。それは現状認識やそれに対する自分の考え方の変化ということに留まらず、意識の深い部分にまでMCとして植え付けられたものに対する、ある種の抗えない自己矛盾に悩まされているのだとも思います。
これからこのブログではさらに話が深いところまで及んでいくと思われますが、まだまだいろいろな方に対話に加わっていただきたいとも思います。よろしくお願いいたします。

ありがとうございます。」への3件のフィードバック

  1. さきほど「金正日総書記が死去」のニュース。今後の北朝鮮政府が海外に対してどういった報道をするのかをよく見ていきたいと思います。いろんな意味で。

  2. アメリカも中国もロシアも政権が変わるの?2012年は、まさに激動の時代に突入でしょうか?すごい時代になりそうですね。差しあたって、日本も総選挙あり?さてさて、どのタイミングで池田氏の真実が、出てくるのでしょうか?地震あり、洪水あり、グラグラ地球丸ごと揺れ動くような2012年突入でしょうか。。自身の生き方が大きく試される時ですね。。ちょっとわくわくしませんか?嘆き、批判し、恐怖に慄いている場合じゃないですよ。まさに責任を他に転嫁している場合でもないです。。

  3. もう、真実は側近によってかなりかたられています。後は、真実を知ろうとする勇気ある決断のみだと思います50年かかわってくれば、無視しょうと思ってもなかなか無関心ではいられない世の中止まっているものは何もないにだから

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中