ブログでできること

ネット環境の普及によって、現代人の生活形態が格段に変化したことは言うまでもないのだけれども、こうして一つの社会問題をテーマにブログを立ち上げたときに、それもより多くの方からのレスを求めたときに、どういったことになるのか見当がつかないでいました。しかし、創価学会の実態に気づいてから、まずはひとりで悶々としているわけにもいかず、いったい世の中の人はどんなふうに考えているのだろうという疑問から、ある意味とても無防備な呼びかけをしました。創価学会について語りましょう。対話をしませんか。そしてとても誠実なコメントが多く寄せられました。なるほど創価学会の表と裏にこれだけの人が騙されているんだと言うことがよくわかりました。そのままこのブログでの対話が続くことが望まれたのですが、やはりそういうわけにはいきませんでした。ネットというメディアの性格上、多くの誠実な方ばかりに窓口を開くわけにはいかず、心ない誹謗や面白半分の妨害などが出てきました。それは単に創価学会に対する批判がこのブログの存在によって広まるということの機具もあるかもしれませんが、それとはまた別の社会的病理現象としてのネット内での暴走行為を止める手だてがなかったということもあるでしょう。ひとつはそうしたことも想定した上での防護策を立てるということも考えなかったわけではありませんが、できればすべてをオープンにした上での「対話」を成立させたいという、今となっては儚い夢のようなものを抱いていたのかもしれません。

今でも他のブログでこの「対話を求めて」の批判が行われています。ブログの批判というよりも私シニフィエに対する批判です。それはこのブログへのコメントを否定されたり削除されたりしたことの恨み節のようにも見えます。ここでは何度も書きましたが、途中まではとても理想的に対話が広がっていたように思います。いわゆる荒らしが介入してから、このブログにも不穏な空気が出てきました。いったい何を目的に批判をしているのかわからないようなコメントもたくさん出てきました。このような状況に対して、自分の立場や考えを述べることなく、ただひたすら他者を批判するようなコメントは削除することにしたところ、これまたそのことに対する暴言が絶えませんでした。もうこうなったら収拾がつかない。心ある人は、そうした状況にあえて目もくれず、真摯なコメントを書き続けていただきました。そうした方にはたいへん申し訳なかったと思っています。

しかしこれがネットの現実なんだと思いました。私は普段はネットにかかわるような生活をしていません。もちろん仕事上でのメールのやりとりなどはしますが、パソコンにはりついて情報を集めるような時間はほとんどないと言っていいでしょう。ですから私のような者からすれば、ネットの世界に依存して、自分の正体を明かさずに言いたいことだけを言うものの気持ちが理解できないのだと思います。また理解する必要などないとも考えます。そんな虚しいことを続けて一体なんになるのだろうと思います。貴重な人生の時間をそんなことに費やして、いったい何が面白いのだろうと。私がブログを立ち上げたのは、創価学会の実態を知りたかったからでした。そして創価学会によってたいへんな思いをしている方がたくさんいることがわかりました。たしかに恐るべき実態が見えました。同時にネット社会のどうしようもない闇の部分も見えました。

私にとってネットはあくまで通信手段です。うまく使えば今までにない効率的なコミュニケーションツールとして役に立つものです。しかし所詮ツールはツールでしかありません。ツールに依存し、ツールが中心の生活になることがどれほど危険かもわかりましたし、世の中にはそれだけが生き甲斐のようにして生活している人たちもいるんだということもわかりました。具体的にいえば、このブログを正常に機能させるためには、「対話」を妨害することを目的とするネット依存者をどうやって排除するかという課題があるということがわかりました。「誰でも話せばわかる」などと思っていません。はじめはできるだけ対話の中で理解を深めていきたいと思い努力もしてきました。しかしそうしたことが通用する人間ばかりがきているわけではないということです。

私への批判の中に「自分と違う意見に関しては徹底的に否定する」というものがあります。自分と考えの違うところをはっきりさせたいがために言葉を尽くしていると考えられないのでしょうか。「そうですね、そう言う考え方もありますね、それではさようなら」では対話になりません。また「なに勝手なことほざいてんだバカ」とも言いません。真剣に「対話を求めて」を貫こうとしてきたつもりです。おそらく毎日あまりにたくさんの人が話をされる。真剣に自分の経験を通じて思いを語られる人もいれば、悪質な妨害もある。これらすべてに対応できないままに、最後は罵詈雑言の応酬となってしまいました。これではこのまま続ける意味はありませんので休止しました。

しかし、このブログもこのままでは終われないと思っています。創価学会の実態が社会に示されることがよっぽど嫌な人たちが私に対して「はやく脱会しろ」とヒステリックに叫びます。このブログが再開するのもきっと気に入らないのでしょう。かといって彼らは対話をしようなどとは思ってもいないようです。対話をする気がないのなら来ないでほしい。来るならひとりの人間として真摯な態度で対話に望んでほしい。これだけがここでの私の願いです。

他のブログでこのブログのことや私自身を批判している方に対して言いますが、所詮ネット上のことなので虚しいだけではないでしょうか。どこの誰ともわからない私を批判していったい何になるのでしょうか?そんあ暇があるのなら、ご自分のリアルの生活を充実させた方がよいのではないですか。

先日、世田谷で思想信条も世代も超えた2000人の人たちによる反原発デモが行われました。あいかわらずマスコミはほとんどとりあげませんが、日本でもこうした動きは活発になっています。昔はこうしたことは左翼のやることだという概念を広め、市民運動を一般化させない政策がとられていましたが、いまや市民運動に右も左も関係ありません。私が以前このブログに「信濃町で10万人規模の集会ができる力がある」と書いたことを大言壮語であるとの批判がありましたが、べつに根も葉もない大口をたたいているのではありません。実際に私は何の組織だった背景もなく2ヶ月で2万人が集まる平和集会を主催したことがあります。具体的に言うと身元を特定されますので言えませんが、これは事実です。そのときはツイッターもFACEBOOKも一般化していませんでしたので、すべて口コミで集まりました。口コミだけの2ヶ月の準備期間で2万人が一カ所に足を運ぶ。その結果すべての大手新聞社とテレビ局が取材し報道しました。各新聞はかなりの紙面を割きましたし、あるテレビ局ではそのメイキングから開催までのドキュメンタリー特別番組も制作され放送されました。そのときのテーマは創価学会の問題ほど大きなものではなかったにも関わらず、それだけの賛同者が思い思いに会場に駆けつけてくれたのです。創価学会の問題はこの比ではありません。全国の何百万人という人の人生に直接関わる切実な問題ですので、10万人規模のデモを開催することはそれほど大変なことではありません。すでにネットワークもノウハウもあります。問題は、それを公然とやろうとしたときに事前に阻止しようとする学会組織の動きをどうやって阻止するかです。首謀者をどんな手を使ってでも暴きだして封じ込めるでしょう。ですからそうした理由で今これをやろうとしてもできません。あまりに危険すぎます。しかしいずれ創価学会の問題が一般に認知されるようになれば、私が動かなくてもいやでもこうした動きは自然と起こるでしょう。おそらく東京だけではなく、全国同時に多発すると思います。しかし問題がもっと一般化しなければ主催者や実行委員に被害が及びます。

いま反原発の集会やデモが日本各地で盛んに行われています。講演会や勉強会などもものすごい数で広がっています。私も著名な学者や作家や被災者を招いていくつか講演会を主催しました。みなさんの反応は半端ではありません。もちろん私は今でも創価学会員ですから(笑)、思想的な背景でのコミュニティや労働団体のようなつながりでの動員をする力はありません。にもかかわらず、毎回会場に入りきれない多くの方が駆けつけてくれます。ネットの世界だけで闇雲に批判しているだけの人間とは違います。リアルでどれだけ行動できるかが問題です。リアルでどれだけの人を動かすことができるかが課題です。ネット依存者の相手をしている暇などないと言ったのはこういうことです。また先に紹介したグリーンアクティブの手法は目を見張るものがあります。おそらくこれからの市民運動の指標となるでしょう。このノウハウをしっかりと見ていきたいと思います。まったくつながりがないわけではありませんから、なんらかの形で連携していければとも考えています。このノウハウで創価学会の問題に対して、全国で対話ミーティングを開き、USTで世界に発信していくことができます。そして全国の動きがネットを通じてリアルタイムに把握できるようになります。あまり具体的に言うとまた妨害されますので伏せておきます。

もう一度言っておきます。ネットはコミュニケーションツールです。ツール以上でも以下でもありません。このブログ「対話を求めて」は、匿名で誰でも言いたい放題ができるという理由で自分の精神的空白をごまかすためにくだらない批判を繰り返す者の侵入を許さないという姿勢でいきたいと考えています。ブログだけで何かを何とかしようとは夢にも思っていません。ブログを通じた一万人の声によって創価学会の真実を社会に示す。このブログができることはそこまでです。それはネットでできることであって、創価学会の問題に対してできることのあくまで一部分でしかありません。問題はリアルとどう結びつけていくのか。今はその準備をしているところです。

ということで、まだしばらくコメントはウンコタレチャンだけに解放することにします。

【コメントルール】絶対にコメントしないでください。

広告