今後のこのブログについて

このブログが荒れてから閉鎖同然になってから半年が経ちました。ある程度までたいへん多くの方に訪れていただき、有意義な対話を交わすことができました。それはそれで意味はあったかなと思っています。ただある時期から私の想像を超える奇々怪々なコメントも増え始め、最後はまったく収集がつかない状態となりました。それは制限をかけずにコメントを公開してきた故の、そしてネット故のことなので、仕方がないといえば仕方のないことだったのでしょう。これからまたこうしてブログを書いていこうとしていますが、以前と同様にはできないでしょうし、する気もありません。ただ創価学会の問題を考えるとき、やはりその実態を知っている人との対話をつくりあげることに意味があるのだとも思っています。ですから、どうにかして有意義な「対話」をする方法を見出さなければなりません。コメントを承認制にする。それがいちばん簡単な方法ではあるでしょう。しかしそれでは私がブログを開いたときにしか動かないし、私以外方々同士の対話がとてもぎこちなくなるでしょう。対話はできるだけリアルタイムに進行しなければ、深いところまではたどり着かないとも思います。かといって以前のようにすべての人にコメント欄を解放してしまうと、わけのわからない事態に及んでしまいます。困ったものです。

どうやったら創価学会の間違いに多くの学会員が気づいてくれるのか。どうやったらこれ以上創価学会によって不幸になる人を増やさないでよくなるのか。私はまずそうしたことに焦点を絞って話を交わしていける場としてこのブログを成立させたいなと思っています。

広告