精神の暴力

「信仰や国籍や伝統によって自らを他と切り離してしまうところに、暴力が育つ母胎が生まれる。」クリシュナムルティ
偶然ツイッターで目にした言葉ですが、ちょうど票集めに奔走する学会員と重ね合わせてなるほどと思いました。学会員は自分たちの信仰だけが正しいと徹底的に思い込まされています。学会のいわゆる「教学」はそのための道具にしか過ぎません。一般社会に対して目隠しをされ、自分よりも世間を見下すようにインプットされます。自分たち創価学会以外はカスのように思い込まされています。「この信仰を知らないなんてかわいそう」と平気で言います。日蓮の排他的な教義はそれを裏付けるのにうってつけなんですね。創価学会は教学をつかって会員に排他的な思考回路を植え付け、一般社会のモラルから隔離させています。禅天魔、念仏無限、真言亡国、キリスト教に至っては外道の一言ですませてしまう。イスラム教など論外のさらに外側(笑)。学会員は自分たち以外のものを見もしないで見下してしまう。そのように仕向けられています。自分たちに都合の悪いことはみな言いがかりだのガセネタだの、正法流布を拒む魔の現証だのと上から言われることだけを鵜呑みにして自分で考えることをしません。そう、創価学会の組織は自分で考えることをさせない見事なシステムです。良いことがあれば信心の功徳、悪いことがあれば邪宗のせいにするか、信心が足りないということにする。現実を見ない、見せない、そして自分で考えない、考えさせない組織。なんだか世界征服を企む悪いやつが善良な市民を洗脳して支配するような安っぽいSF映画みたいです。しかし現実にそのような愚かなシナリオによって多くの人が何も考えずに「池田先生のために」というひとことで財産を失い、家族が離散し、友人を失い、一度しかない大切な人生を棒に振っているのです。上に紹介したクリシュナムルティの言葉にあるように、創価学会員は自らの信仰と思い込まされている道具によって世界と自己を切り離し、自らが暴力の手先となってしまうのです。創価学会、それはいわば精神的な暴力によって人を支配する組織だと言うことではないでしょうか。恐ろしいのは当の本人が精神の暴力を受けて自己を見失っていることに気づかないことです。このことに気づくには、自己を確立すること。今、自分はどこにいるのか。依って立つ大地をどこに据えるのかをもう一度自分の気持に素直になって対峙することではないでしょうか。

私は生まれたときから両親が創価学会の幹部でしたから、自分が創価学会の信仰を貫くことに何の疑問も感じることなく大人になりました。まわりはみんな学会員。小さい頃から座談会や各部員会、学生部では連日の折伏活動。男子部になって活動している途中で、少しずつ疑問が出てきました。しかしその疑問に対しても深く考えようとはせずに、というより考えることが罪悪であるような思考回路でした。しかし次第に一般社会と創価学会の価値観のギャップに苦しむようになりました。それでも「この信心に間違いはない」と自分に言い聞かせてきました。創価学会に疑問を感じる自分の信心が足りないんだと思い込ませていました。それでも壮年部になるころになり、仕事がら政治にも関わるようになって、自分が抱えていた疑問や世間の価値観とのギャップはどうも信心不足から来るものではないのではないかという気がしてきました。そしてやっとネットで創価学会に対するおかしな点を指摘するサイトが目に入るようになりました。それまでは創価学会に対するどんな誹謗中傷もすべてウソだと決めつけてまったく相手にしていませんでした。まったく愚かでした。そのときには既に年齢も50をすぎ、これから人生の終盤へ向かってどうやって仕上げをしていこうかというときに、それまでの自分の人生の根本に据えていたものが間違いだったということを自分で認めなければならないという事態になってしまいました。学会員が自分の信仰の間違いに気づかないというより、気づきたくはないというのもよくわかります。いままでコツコツと積み上げてきた自分の人生をガラガラと突き崩すことなど簡単にはできないでしょう。それはよくわかります。しかしそれをしなければならないのです。自己を自分の力できちんと見つめ、認め、これからどうして行くべきかを自分で決めていく。人間として当たり前のようなことを、創価学会員であるが故にできなかった。すべてつくられたお膳立ての中で踊らされていた。自分で考えないことが信心なんだと、正義なんだと信じていた。折伏、選挙、新聞啓蒙、教学、各種会合…すべて組織の頂点にお金を集約する巨大なシステムだった。そのことに何の疑問も持たずに人生のあらかたを過ごさなかればならなかったことに気づいたときの気持。私は居ても立ってもおれずに、このブログ「対話を求めて」を立ち上げました。最初は私と似たような思いのたくさんの方に賛同をいただきました。しかし途中でネットならではの心ない中傷や面白半分の妨害などもあり中断しました。そして私は自分のこれからの人生を考えていこうとしたときに、いつのまにか鬱の症状が出ました。まさかこの自分が鬱になるなんて思いもしませんでした。自分の感情をコントロールできない。夜眠れない。ものごとを深く考えることがおっくうになるなど、仕事にさえ支障をきたし始めました。一時はもうどうでもいいような気にもなりました。心療内科に通い、薬物で気長に戻すしかないと言われました。この半年間、ブログを更新できなかったのはそのためです。パソコンの前に座って自分のブログを開いても言葉が出てこなかったのです。しかしようやくこうして言葉が出てくるようになりました。しだいにものごとを考えることができるようになってきたとも思います。でもまだ完全に戻ったというわけではないし、薬の量も減っているわけではありません。しかし、せめてこうして自分の今の気持を言葉にしていこうと思います。

何度でも言います、私が50年間信じてきた創価学会は間違いだった。誰しも自分の間違いを認めることは辛いことです。ましてや人生の根幹をひっくり返されることを、そう易々と受け入れられるわけがありません。しかしそこは勇気を出して立ち向かわなければ、間違ったままで終わらせることになります。これまで私がいちばん尊敬していた父。しかしその父は間違った信仰のまま逝ってしまいました。母もすでに認知症が進み、今さら信心のなんたるかを語っても受け入れることはできません。たとえわかったにしても、あといくばくもない残りの人生においてこれ以上残酷なことはないでしょう。両親はこの信心を貫き通したということになっています。地元の会館の庭には学会草創期の活動をたたえて父の名前がついた桜の記念樹が毎年花を咲かせています。それが一体何になるのでしょうか。日を追うごとに何もかも忘れ去っていく母親。彼女の人生ははたして幸せだったのか。そんなことを思うたびに、誰でもいいからひとりでも多く創価学会のまちがいに気づいて、自己をみつめ人生をたてなおすチャンスに巡り会う機会を持ってくれる人が現れればと思います。

精神の暴力」への12件のフィードバック

  1. 私はシニフェイさんのように理路整然とコメントはできませんが、コメント読んでいて苦しんでおられる心中痛いほどに伝わってきて思わず胸が詰まってしまいました。
    間違いに気づき退会した者が決まってたどるつらい道のりだと思います。しかし永い時間が助けてくれることも多くあるような気もします自分の経験から、ですから焦らないことも大切なことだと思います
    ご両親様のことはそれはそれで幸せだったんだと思わなければ、ご自身死ぬまで苦しむことになるのでは(そのような気がします)
    とは言え自身も未だに親のことは引きずっています
    今こうしてコメント書かせてもらってますが息苦しくなってきます
    いまかつて超側近で使えた副会長の言葉を思い出します
    限りなくホンモノに近い偽物故に見破りにくいのだと(直接聞きました)

  2. 希望,勇気、夢などという、幻想を提供しつずける宗教ビジネスときずきました。疑問を感じなければそれはそれで、月3000円位の負担で安心を買える幸せな互助システムだなと最近は思います。2年前にきずいたときは、怒りと動揺に明け暮れましたが今はこんな醒めたみかたになりました。
     ただ私は、正しい信仰とは、仏法の実践とはどういうことかと、再検証してる段階で日蓮仏法は捨ててはおりません。唱題を根本に生活をより価値的にしていこうと庶民が励ましあう団体に、ポスト池田時代に生まれ変わり宗教貴族を一掃できればというかすかな期待をもっています。それまでは、非活です、というよりか自分の思いを幹部にぶちまけてからは、異端児扱いでだれも近寄ってきませんが、、、
     

  3. 無知無能な人間がなにかを伝えたくて必死で書いていますご容赦を!

    何度読み返しても悔しさあふれるコメントに目頭熱くなります(自分の時のこと思い)

    人が自分の死を思いそして身近な人の死に出会うとき限りなく儚い無常を思います
    ごく最近、ホーキンス博士が  あの世も、来世もない、と言った記事を何かでチラッと見ましたが、自分も最近そう思うようにしています。

    (草創期の活動をたたえた・・・・・)

    それが一体何になるのでしょう

    シニフェイさんの今のお気持ちが全て集約されている言葉ではないでしょうか
    私などはよく、それが一体何になる、なんてよく考えます(もう歳ですから)
    そんなことで、名誉会長との写真、もらった色紙、革命児という記録出版物(これも今から考えると金儲けの手段だつた気がします)バカバカしくなってとうの昔に破り捨てました

  4. お元気で何よりでした。
    暫く更新がないあなたのブログを訪れては身を案じておりました。

    とにかくお元気でなによりです。

    宗教、思想というものは人間の骨格をなすものなのでそれが間違っていたことに気付くのは
    言葉では言えないほどつらいものです。

    あなたの心が痛いほどわかっておりました。ですのでブログ再開するまでず~っと心配しておりました。

    私もその過程を経て今があります。もう過去になっています。よく頑張ってきたと思っています。

    15年前にはこちらのブログもありませんでしたし姉妹にも話が通じず今のように脱会者も少なかったので
    随分とつらかったです。

    でも今は元気になりまして普通の生活をしておりますよ。

    貴方も無理せず、ゆ~っくりと、焦らずに、毎日をお暮しくださいませ。

    元気が一番ですから~~♪~

  5. みなさん、コメントありがとうございます。
    以前はお一人おひとりにお返事させていただいておりましたが、今はそこまでの力がありません。
    たいへん申し訳ないのですが、しばらくは独り言のように思ったことを書き連ねていきたいと思います。
    なにとぞご容赦ください。

  6. そうですね。
    心のなかにぎっしりと溜まっているものを出していけば少しは楽になるかもしれませんね
    焦らず気長にやってください

  7. お久しぶりです。お元気そうで安心しました。
    あのイデオロギーの中にあっては、鈍感でなければ壊れてしまいます。
    しかし今や自由の身、自身に敏感でなければなりませんね。
    組織を離れたばかりのシニフィエさんの精神は、生まれたばかりように繊細で傷つきやすいのでしょう。
    自分自身の少しのサインも見逃されませんように、お気を付けて。
    無理せずのんびりいきましょう。いつまでもお待ちします。

  8. お礼を伝えたくて初めてコメントします。
    私も2世で活動家一家で、育った者です。
    高等部、女子部の間に私も疑問が湧いては「そんなことはない」と打ち消してきました。
    自分が辞めるなんて想像もしなかったですが、今は確信持って組織は間違ってたと思ってます。
    それなのに今でも不安になると無意識に題目が出てきてしまうんです。

    私もこの35年取り戻したいです。でも、今までの自分を受けいれて、組織はもう卒業したと思い、気づいて辞める覚悟をした自分を褒めるようにしてます。
    私がここにたどり着くまで、シニフェイさんのブログを拝見し、頭の整理が良くできました。心強かったです。
    ありがとうございました。

  9. 創価学会員こそ、この世で一番醜く、不幸極まりない生き物ではないでしょうか、
    一匹の猫の自由な心のほうがはるかに幸福であり、触れているだけで慰められ、
    その無垢なかわいらしい瞳を見つめているだけで笑顔を運んでくれます。
    畜生だなんて、地球上に生きる同じ心ある生き物じゃないですか、酷い差別意識だと思う
    創価学会に騙されていたという真実を受け入れるしかない、そしてその頼りない自分を、
    今度は自分一人の、頭と心で舵を切って、一個の自立した、確かな存在へと今まで得ることのできなかった
    安心感や、幸福感を手に入れて行きたい。
    シニフェイさん、シニフェイさんには、頭も人格も及ばない私ですが、仰っていること
    が私の気持ちのすべてを代弁してくださっています。
    しかしなんとも複雑な気持ちです、涙も出やしません、この創価学会問題というのは。
    まさに人間の骨格がいったん崩れるのです、中身がスッカラカンのスカスカの骨組みでしたが。
    読み返して、まとまりのない、稚拙な文章だと思います、お許しください。
    こんなバカだから、引っかかって、何十年もカモにされていたのでしょう。

  10. こんにちは。このメールは届きますか?パソコンは持っておりません携帯もガラ携です。学会の人から言われる事でおかしいなぁと思う事はいろいろあるのですが私が一番おかしいと思った事は大震災の時財務です。被災地に住んでおります。津波で家は流されませんでしたが壊れました。最初被災地の人は財務はいいと聞いてたので喜んでいたにやっぱり財務の月に半強制的に徴収されました。去年や一昨年と変わらないように。その時この団体は血も涙もない鬼だと思いました。

  11. signifie様
    すべての記事を隈なく読んでいきます、
    噛み締めるように読んでいます、心の中がすっきりします。
    創価のモヤモヤの霧が晴れます。
    なぜ創価学会なんてものが世の中にあるんでしょうね、
    人間が作り出したものであるのは確かです。
    弱い人間を騙し逃避先を与える、麻薬のよう。
    麻薬ですね。

  12. Tさん、コメントありがとうございます。
    コメントはスレ違いになってもかまいませんので、
    いちばん新しいスレッドにお願いします。
    昔のスレッドにコメントされても、見られる方が限られてきます。
    よろしくお願いします。

    たしかに創価の信仰は麻薬ですね。そしてその麻薬を売りつけている創価は暴力団と同じです。しかし創価の被害者の数は暴力団の比ではありません。そういう意味では創価は暴力団よりもたちが悪い犯罪集団であり、会員は罪悪感すらない暴力団員のようなものです。だからこそ、創価のまちがいに気づいた人は一日もはやく脱会しましょうと呼びかけています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中