遠い目の池田氏。

もう学会組織自体には何の未練もない私ですが、今年の11月18日を学会本部がどのように迎えるのか、ちょっと興味があって、というか池田氏をどのように見せるのかという火事場の見物のような気持ちでネットの聖教新聞を見てみましたら、やはり意識があるのかないのかわからないような遠い目をした池田氏の写真が載っているだけでした。記事を読む限りでは、今回も会員の前には姿を現わしそうにはありませんね。っていうかとても人前に出せるような状態ではないのは写真の表情を見れば誰にもわかりますよね。でも、何年も会員の前に姿を現わさず、それでも毎日のように詩や小説や本を書き続けているのですからすごいですね。すごいというのは、それでごまかせると思っている最高幹部がすごい神経をしているということであり、それでその思惑通りに騙されきっている会員がいるということがすごいです。騙すほうも騙されるほうも悪い、仕方がない。今ではそう思います。騙そうと思っている人にきれいさっぱり騙されちゃったんだから、私も含めて、これまでのことは泣き寝入りするしか今の日本では仕方がないと思います。でもこれから先、新たに騙される人はそうそういないんじゃないかとも思いますね。学会はまだまだ毎年の財務や新聞・書籍でがっぽがっぽ儲かっているでしょうけど、これ以上組織が大きくなったり、まちがっても社会に認められたりすることはないでしょうから、衰退の一途はまちがいありません。今の婦人部の方が年老いて、わけがわからなくなるころには組織の体をなさなくなると思っています。学会の未来はやはり婦人部にかかっていると思います、まじで。文章でメッセージは山ほど届くけど、会員はその声すら聞けないんですから、これから先、池田氏が会員の前に現われて、言葉を発することはおそらくないでしょうね。それならそうと正直に発表すればいいのにと思うけど、それではもはや組織は成り立たないということが幹部にはよくわかっているのでしょう。どっちにせよ学会の組織に明るい未来はないってことですよね。

今日、街を歩いていたら、男子部時代の先輩を見かけました。当時はバリバリの絵に描いたような熱血男子部の見本のような方でしたが、声をかけるのも気の毒なくらい老いぼれていて、すぐ近くまで行ったのですが結局向こうが気がつかないようだったので、私も黙って通り過ぎました。もう少し元気だったら「お元気ですか?お久しぶりで〜す!学会頑張ってますかぁ〜?僕ね、やめたんですよ〜」って声をかけたかったんですけどね。

みなさんがとても高尚なお話をされているので、ほんとうに感謝しています。ちょっとだけ息抜きみないなことを書いてみました。ひきつづきコメント欄での対話をお願いします。できれば男性の方もどうぞご遠慮なさらずに。

遠い目の池田氏。」への16件のフィードバック

  1. はじめまして、ぽんきちといいます。学会二世の、アラフォー婦人部です。ここ何日かずっと拝見させてもらっていました。
    未来部では、鼓笛隊、軍隊みたいでした。女子部では文化祭を気に、うつ病なり、この年まで再発を繰り返したいへんでした。うつ病になり、学会の指導を必死に探しましたが、心をうつ、指導はみつかりませんでした。

    両親ともに熱心な活動家で、三桁の財務も何度かしてきたこたをみてきましたが、年老いた夫婦狭い団地住まいです。
    一家和楽どころか、ばらばらです。
    わたしのうつがよくなったのは、両親ときょりをおき、活動をやらなくなったことだと思います。そして、私が思ったことは精神疾患にたいして、学会は、理解がないこと、無知なひとが多いことを感じました。
    私みたいな性格のものは元々、創価学会の活動には適応でき内の棚都感じました。そして救われない人もいるということだと思います。わたしは、創価学会にいることで、家庭環境もありましたが、それプラス学会にいることにより、自分がわからなくなってしまっていたように思います。数日前、4者の会合に参加しましたが途中、違和感を感じう後までいることができませんでした。もうからだが、受け付けなくなってしまたのかもしれません。
    わたしも、新聞で池田先生の写真をみましたが、なんだか哀れにおもえました。師弟という言葉に縛られていた、自分を解放しようとおもいます。また、寄せてもらいます。よろしくおねがいします。

  2. 創価学会は、宗教法人のメリットがある限りは存在し続けると思います。税金が何かと非課税なのはかなりのメリットです。多少信者が減ろうとも、創価学会に傾倒した企業からの寄進はかなりの額ではないでしょうか。
    税金の事はよくわかりませんが、宗教法人に寄付した場合、何か税金控除の対象とかになるのかな?!

    池田大作の目について。
    これは私自身女子部時代から感じていたことですが、池田大作の目は好きではありませんでした。何か気持ちの悪さを感じてました。
    心の底から晴れ晴れと笑った顔を写真でも見た事がない。
    まだ秋谷会長(当時)の目の方が好きでした。昔から目は心の窓と言います。
    池田大作の著作が代筆者らによるものだという説があります。
    私は事実だと思います。人間革命を読んでも、中身がぶれまくっているからです。特に戦後の日本の描き方です。
    それに、自分の事を山本青年としてあそこまで持ち上げて書くなんて、本当に池田大作が自分で書いたとしたら、かなりのナルシストです。
    あれを読んで何とも思わない・・・・それが残念ながら学会員の現実です。
    それから、池田大作が幹部のお子さん(可愛い幼女)の顔にマジックで落書きしまくる写真がアンチの中では有名です。
    子供は宝です。その大事な人様の宝ものに、面白いからとマジックで落書きできるような人を、「偉大なる先生」と尊敬できる人、それが創価学会員です。
    私は、改めて脱会できて良かったと思います。

  3. 私も怖いもの見たさでサイト見てみました。
    今月5日撮影というのが本当なのかどうか知りませんが、私が目にした池田氏の姿としては
    最も最近のものだと思いました。
    なんだか自分ではなぜそこに座っているか理解すらしていないのではないかという感じですね・・・
    写真の下にある池田氏からのメッセージの内容と見た目があまりにもちぐはぐすぎて目も当てられない気分になりました。

    この実のところ得体の知れない人物を人生の師だと幼い頃から刷り込まれ
    先生にお答えできる人材に!というのが人生の最大目標みたいになってしまった自分の人生・・・
    改めて思い返せばこれほど罪なことないですよね・・・
    先生にお会いした、先生と記念写真できた、先生からいただいた。
    そのたびに恐れ多い気持ちになったり感極まったり。ほんとなんだったんでしょ・・・

    末端の組織には若い活動家はかなり少なくなってきてるとのことですが
    私自信が学園出身のせいか同級生から公明党議員も出始めまだまだ安泰なイメージが拭えません。
    活動しなくなってからは友人たちとコンタクトもほとんど取っていないので今現在どのように活動しているのかはわかりませんが
    Xデーが来たら流れ星さんのおっしゃるように一気に士気があがる人が大勢いるだろうことは想像つきます・・・

    シニフィエさんのブログや祥蘭さんのブログにもお邪魔して本当に救われている日々ですが
    私の悩みは創価から心がどんだけ離れようとも、履歴書には創価の文字が一生刻まれて残ることです。
    本当にこれだけはいくら悔やんでもどうにもならないですね。

  4. 創価学会がある特定の団体・世界の人には必要不可欠となっているのは事実だと思います。それが正しいとか正しくないとかは論じてもどうにもならないというのか。
    正義も人の数だけありますしね。
    でも自分の意に反することはしたくないと思います。

    人間社会は裏も表もあり、裏だけ表だけというのは無いのだと思います。
    学会がなくなることで救われる人もいるし、逆に学会からのお仕事で生きてる人もいるのでしょう。
    本部職員になった友人が日に日におしゃれになり綺麗になって裕福そうになっていくのを見るたびに、複雑な思いでいます。でも彼女は彼女で労働の対価で賃金をもらっているし、税金も払っているし、問題はないと言えばないのですよね。
    いろんな抜け穴があって、お金を儲けよう・増やそうと思えばいろんなやり方があるのでしょう。
    もう複雑すぎて何が何だかちんぷんかんぷんです。

    昨今のニュースでは、大手ホテルや百貨店での食品表示について問題が明るみになり、本当に何を信じればいいのか、信じるに値するものはこの世にあるのか?と嘆かわしく思いますね。
    すべての真実を知ることはできないのでしょうが、なるべく被害者にならないように、そして加害者にならないように、最新の注意を払って生きていくしかなさそうです。。。

  5. 池田大作氏の顔について?ですが、確かに晩年に入ってからは笑顔ってないですよね。私も見たことないです。
    若いころの写真を見ると、普通に笑っているのもあるみたいですが。。。お年寄りだから笑わないってことはないですもんね。
    晩年に笑えない人生って可哀そうですね。
    本当に裸の王様に見えてきます。人によってはセンセー自体が利用されてるんだと言いますが、真相はわかりません。現在においては、利用できるだけしまくられてる感はありますが。
    誰のための創価なんでしょう。まったくわからないです。
    少なくても自分にとっては、全く無用な組織であります。

  6. 崖っぷちさん、なるほどそうですね。今は何もわからなくなった池田氏をときどき置物のようにちょこんと座らせて見せて、まわりの最高幹部が利用しているといったほうが正しいのかもしれません。どっちみち騙されるのは会員なんですけどね。学会がここまで大きくなったのは、会員以外を騙したりしないからかもしれません。会員になる、つまり騙せる素地を整えながら段階的に、そして徹底してお金を搾り取る。それも会員からみればお金を取られると言う感覚ではなくて、広布のためにお役に立てていただくという、とんでもない大義名分を真に受けさせて、よろこんで貢がせるんですね。だから外部から見れば、熱狂的に宗教にはまっている人たちの集団というだけで、多少は変な目で見はしても、自分たちに害がなければ社会問題にもなりません。選挙の時に限って必ず現われるやたらしつこい人たちといったぐらいでしょう。
    最初は池田氏がすべてを牛耳って、すべての金と権力を自分の思いのままにしてきた。しかし社会的には評価されないものだから、金で買えるなんちゃら称号をもらいまくるのも、みんな会員に向けてのMCのためにやってる。社会がなんと言おうが、というよりさほど気にもされていないから、組織内ではやりたい放題やってきたわけで。それが今に至ってはただの置物になってて、それが幹部たちにとっては都合がいいわけで、人前で喋ることすらできない池田氏を、会員にはあたかも元気であるように装って、既得権をいまだにむさぼっている幹部たちなのでしょう。騙される会員がいる限り学会は続くでしょうけど、会員数は確実に減っていってるから、どこかの時点で幹部たちの利害が衝突して崩壊するんだと思います。そしてきっと幹部たちは言うと思います。「私も騙されていたんだ」とね。

  7. シニフィエさん、本当にそんな日が、私が生きてる間に来ればいいなと思いますね。
    創価だけでなく、新興宗教と言う名の詐取軍団はことごとく無くなるような世の中に、またそういうものに騙されないような教育ができる日本になるといいなと思います。

  8. 「創価学会創立83周年を記念する勤行会が、『創立の日』の18日、牧口常三郎初代会長の70回忌法要の意義を込めて、東京・信濃町の広宣流布大誓堂で厳粛に営まれた。」と聖教新聞にありましたが、やはり誰が書いたかもわからない池田氏のメッセージが載っているだけ。学会としては鳴り物入りで「師弟不二」を根幹にした学会精神の新しい牙城が完成したなどと会員に宣伝しているのに、肝心の師匠が姿をチラリとも現わさない。新聞には若い頃の池田氏の写真ばかりが載っていて、会員には今の池田氏の声すら聞かせてもらえないという創立83周年の記念すべき日でした(笑)。自分たちの師匠の姿すら知らせられない組織のなにが「師弟不二」なんでしょうね。

  9. 池田先生は亡くなって本物の「仏様」になりそうな気がします。
    だからこそ、昭和40年前後の会長講演集や折伏教典は重要な資料です。
    皆様、ぜひとも古い書籍は捨てぬように。

  10. 話が全然変わってしまうのですが
    思い出したことがありまして。
    生まれた子供の名前をセンセーに付けてもらう、というもの。

    うちの子は当然夫婦で話し合い付けましたが、ヤングの中(特に女子部幹部上がりの活動家)にはセンセーに付けてもらうことが
    ステータスになっている人たちがいます。
    地元でも、幹部の子はセンセーに頼むのが普通でした。自分たちで名前を付けることがホウボウとでも思っているのか?私はその風潮をあまり良く思っていませんでした。いえ、気持ち悪く思ったものです。
    まず、自分の子の名前を会ったこともない他人任せにするという時点で、子供に対する愛情を感じないです、私は。

    それに、センセーに名前を付けてもらっているのは、御主人の希望というより、奥さんの希望でそうしていることが多いように感じ、なんというか、夫に対する愛情よりも、センセーに対する愛情の方が深いような。そういう気持ち悪さを感じていたのです。
    バリバリ洗脳女子部はセンセーと結婚したいのではないか、でもそれは叶わないので、その代わりとなる男子部幹部とお見合いして結婚するのではないか。その間に生まれた子は、DNA的には男子部幹部の子ですが、精神的にはセンセーの子になっているのではないか?そんな恐ろしい想像をしてしまいます。
    そうおもえば、名前をセンセー意外に付けてもらうなんて、ありえないことになりますよね。そしてセンセーに付けてもらった名前を子供に呼びかけながら育児をするわけです。
    名前は精神分析では、その人の一生の指針となるものであり、生まれてきた意味を持つものだと考えるようです。恐ろしすぎます。

    で、ひどいことに、地元では、センセーに付けてもらったという子供の名前がみんな一緒でした(女の子)。
    どういう名前だったかはプライバシーもあるし書けませんが、昭和的な○子という名前です。みんな一緒ってどういうこと?適当さもいい加減にしろよって思いましたね。それ以上に同じ名前を付けられるとわかっていても、名づけを頼むとか、どうかしてると思いました。
    センセーが本当に名づけているのか不明ですけど、どっちにしても、創価の子の名前なんてみんな一緒でいいんだ、個性なんていらないのだという創価思想を反映しているなと思いました。
    ちなみに名前は地域によって多少違うようですね。三文字が好きな地域や、子しかつけない地域、など。

    ここに訪れている学会員さん、
    子供の名前は自分たちで考えてあげましょう。そして「私の名前はどういう意味なの?」「どうしてこういう名前にしたの?」と聞かれた時に、きちんと両親の愛情を持って答えてほしいと思います。。その答えを聞いた時、子供は親からの深い愛情を感じるものだと思います。子供はセンセーからの愛情なんかより、両親からの愛情を一番欲しているのです、そしていくらセンセーからの愛情(偽りですが)を感じたとしても、親からの愛情無くしては、安心して育つことはできない、自己を確立することができないのですよ。

    愛情飢餓で育った子供は、人に愛着を持てません。生きた言葉を持てません。そこに宗教が入り込めば、宗教思想しか持たないまがった人格ができあがります。学会活動のような非常識な支離滅裂なことでも平気でやれるようになります。創価の世界でしか生きていけないようになります。(まあ、それを望んでセンセーに名づけを頼むのでしょうが)
    そうやって苦しんでいる二世三世四世。誰が救うのですか??ひどい話です、ひどすぎます!!!
    カゲキ発言かもしれませんが、バリ洗脳活動家のまま、子供を持たないでほしい。教育しないでほしい。創価教育など害でしかありません。

  11. 私の父は草創期からの活動家だったのですが、そのときにいっしょに活動をしていた方がいて、その方の3人の子どもさんはみな池田氏に名前をつけてもらったそうです。そのなかの2人が偶然私と私の姉と同じだったので、私の両親までが喜んでいたのをおぼえています。少なくとも私の名前は池田氏がつけていないことははっきりしていますからよかったですが、どうやら私の名前は当時の公明党の議員からもらったらしいのです。ガッカリです。ま、それほど気にはしてませんけどね(笑)。それから全国たくさんの会員から名前をつけてくださいと言われて、一人ひとり池田氏が考えるような人間とは思えませんしね。また昔は「先生にお手紙を出しましょう」なんて指導していましたけど、返ってくるのは創価のマークのついた記念グッズぐらいで、これも池田氏が全国からの手紙に目を通しているなんて思えません。「センセイと自分の直結の信心が大切だ」とか「いまセンセイが何も言わなくても何を考えておられるのかをわかろうとするのが本当の弟子だ」なんて男子部時代は先輩たちが言ってましたけど、センセイが本当に考えていることがわかったら、すぐに脱会してましたけどね(笑)。すべては池田氏をカリスマにしたてあげてお金を吸い取る宗教ビジネスだったんですからね。でもそのカリスマももはやあの状態ですから、学会の最高幹部も気が気じゃないと思います。本当のことがわかったら暴動でも起きるんじゃないかとも思いますね。あの池田氏の様子では、いままでの罪を償うこともできやしないです。残念です。

  12. 私の名前がまさに池田氏につけてもらった名前です・・・ 両親は幹部ではなく今も一末端員ですが。
    過去のある猊下の1字を取った名前なんだよと聞かされ子供心に自慢げに思ったこともありますが、
    学会の外で名前の意味など問われるとどう答えてよいかわからずにいましたね。

    今まで学会内で同じ名前に出会ったことはありませんが池田氏命名は怪しいのは確かですね。
    ただだからといって両親が私や兄弟に愛情を感じていなかったとは思いません。
    間違った思いだったかもしれないけど、そうすることが家族にとって子供にとってよいことと信じていたのだと思うし
    私は自分の名前を覚醒した今忌み嫌って生きてはいません。

    たぶんここにいらっしゃってる二世三世の方、同じような方たくさんいらっしゃると思います。
    母親がセンセーと・・・ 精神的にはセンセーの・・・はちょっと言い過ぎかなと思います^^;
    ただでさえうまく自己肯定できずに苦しんでいる方が多いと思うので・・・

    でもそういう立場の人間として、また自分も親になって心から思いますが、我が子の名前は自分たちでつけるべきなのは確かです!

  13. 崖っぷちさんへ
    最悪なのは、「せんせい」に名前をつけられた子が大人になって創価学会のインチキさに気がついて脱会したケースかもしれませんね。
    私は幸いなことに父親につけられましたが、女子部時代の仲間で割と「先生に名前をつけてもらった」という人は多かったです。
    気の毒に・・・。

    ばりばりの学会員の親に育てられた私は、自分を粗末にするような大人に育ちました。
    何かにつけて、自分のために何かをすることを罪悪に感じるんです。
    「利他の精神」が尊いと学会では教えます。
    しかし、大人になって子供を持って思うのだけれど、我が子が自分を粗末にして犠牲になる生き方なんて、親不孝でしかありません。そんな悲しい生き方はしてほしくない。
    どの家の子も、自分を大事にして育ってほしいです。
    そうすることで、みんな幸せになれるはずです。

    シンフェニさんへ
    「先生へのお手紙」とか「先生に贈るアルバム」とか思い出します。
    一番大事なのは末端の信者さんなのに、なぜか池田先生中心主義。
    今思い出しても、あれはどうかしてます。
    「民衆こそ主役」と言う言葉が私は好きでした。今も好きです。
    この価値観は、学会員さんの中ではただのお飾りの言葉になってるのでしょうか・・・。

  14. 世間には、何某大作という名前がよくありますが
    いつも思うのは、ああ、この人も学会員なのかなとつい思ってしまいます
    一時期、我も我もとなずけ親になってもらおうと皆が必至になっていた時期がありましたね
    先生もお忙しいのでとてもそればかりにかかっていられないのでそういう部署をつくるとかなんとかの話もありましたね
    覚えています

  15. カゲキ発言だとは思いますが、という前提であえてコメントさせてもらいました。
    ココアさんのご両親のことはわかりません。私のコメントを読んだことで傷つけてしまったのならお詫びいたします。申し訳ありませんでした。

    ただ、組織が、そういう精神状態になるように女子部幹部をあおっていた時期は私の地元にはありました。今は地元に居ませんので知りません。
    私が女子部時代はまさに真っただ中でありました。

    結婚に際して、信心で相手を見なさいと強制され、男性として愛することもできないのにただ、先生と心が同じ人だと言う理由で結婚を決めさせられた女子部幹部を何人も見てきました。
    私も、自分で相手を見つけて早く結婚しないと、同じ目に遭うと、恐怖を感じていました。
    これは、私が見聞きしてきた体験であります。人生を左右する非常に重要な問題でした。
    子供が生まれてからも、組織の監視の中で生きている限り、子供を自分の自由に育てることはできません。組織の意に従って育てることが最善だと刷り込まれていますので、自分の意思はあってないようなものにされてしまいます。
    忙しい日常の中で、創価の活動があり、自分の事で精いっぱいの子育て時期にさえ、人の面倒事まで背負う日常です。自分で感じ・考えて子育てをする余裕など持てるはずもありません。
    名前の事は一つの例に過ぎず、わかりやすいのは進学などもそうです。
    創価のために生まれ、創価のために育ち、創価のために人生を費やす。それで納得して人生全うできればいいと思います。でも納得できないからこうしてみなさん悩まれているのだと思います。

    名前を決めるところから、子供の人生をどう決定づけようとしているのか、親の意図がみえるのではないか、と思うのです。

    新興宗教にはまってしまう人はどんな人か、広く考えてみる必要もあると思います。本当に親に愛され育った人が創価にはまるとは思えないのです。
    誰でも親に愛されていたと思いたい。またそう思わないと自分が壊れてしまいます。自己防衛です。
    でも真実に目を向けて、人生をやりなおそう、本当の自分を取り戻そう決意したとき、親との関係を見直すことは必然になってきます。そうやって自分自身と闘われている方々がここに集われているのではないかと思います。
    苦しいいばらの道をあえて選び、また選ぶ勇気をもらおうと、ここへ集い思いの丈を語り、対話を重ねられているとそう感じます。

    創価でなくても自分のアイデンティティーについて悩むことはよくある話だと思います、しかし宗教によってそういった問題をあたらに起こしたり、深めたりするなんて言語道断だと思うのです。
    正しい宗教であればむしろ、こういった悩みは減ってしかりだと思います。
    創価は生命生命とよく言いますが、まさしく生命をかけた問題なのです。

  16. 長くなってしまい申し訳ありません。
    センセーと精神的に結婚するという表現が的確で無かったかもしれませんが
    青年部の指導で「センセーと心を同じくして「センセーと呼吸を合わせて」ということをしきりにしきりに言われていました。
    なにか物事がうまく行かないと「センセーと呼吸があっていないからだよ」といつも言われました。

    センセーと呼吸を合わせるとはどういう意味か。また合わせようと努力をし続けた場合どうなるのか。
    そんなことも考えたりしました。

    基本的に人はまず両親を模倣して育ちます。女の子なら母のように、男の子なら父のようになりたいと育っていきます。
    だけど、創価の場合で、親自身がセンセーと呼吸を合わせていた場合、親はセンセーのコピーのようなものです。
    男の子ならセンセーのような男性になろうと、センセーをモデルにすることになります。
    女性ならどうでしょうか。女性のなかでもセンセーのようになろうとする人もいるでしょう。一生独身で創価に身をささげるような女性などはそうかも知れません。
    しかし結婚しようと思う女性の場合は、父親(せんせー)のような男性に惹かれる、またはそういう人と結婚すれば幸せになれると考えても不思議ではありません。
    考えるというか、そのように考えるよう仕向けられてるわけですが。

    親自身がどのくらい創価やセンセーに心酔しているかによっても、子供への影響は変わることは当然ですので、それぞれ個人差はあると思いますが。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中