日本国憲法前文

日本国憲法前文
「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。」
いきなり日本国憲法前文をコピペしましたが、あらためて読んでみてほしいと思ったからです。
「われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。」
私たちはこんな素晴らしい憲法を持っています。誰かは敗戦国日本にアメリカがおしつけたものだから変えるべきだなどと言っていますが、こんな素晴らしい憲法を変えて軍隊を法制化して、憲法もそのときに応じて首相が解釈を自由に変えられるようにするみたいなことをしたり顔で言っていますが、それはそれとして、ここであえて日本国憲法前文を出したのは、この日本人のよって立つ理念というものに、創価学会がやっていることがことごとく反していると思ったからです。つまり創価のやっていることは人権侵害そのものだと考えます。この組織的な人権侵害行為が表立って社会問題としてとりあげられないのは、学会が金でマスコミや政界を押さえつけているからで、学会にお金がなくなったら、すぐにでも暴かれるでしょう。学会のお金は会員からの財務や聖教新聞の購読費などです。債務は毎年いくら集まって、いくら何に使われているのか、また宗教法人であるために非課税ですから、まったく公表されませんし、会員はそれを知ろうともしません。
現在、創価学会は幸福の科学に次いで、日本で二番目の会員数と財力を持っているそうです。私たちが幸福の科学に何の興味もないように、一般の人たちも学会の悪事にそれほど興味をもちません。そう言う意味で、学会員同志が加害者であるし、同時に喜び勇んで搾取されるというあわれな被害者でもあります。ですから加害者だろうが被害者だろうが、どっちでもいいから学会員はいないほうがいい。だからみんなはやく自分で気づいて辞めてしまいましょうということです。
広告

日本国憲法前文」への18件のフィードバック

  1. 加害者だろうと被害者だろうと学会員はいなくなって欲しいという点は賛成です。
    だけど加害行為をした会員は入会させた人や迷惑かけた人に対して誠意をもって謝罪 脱会させるべきです…
    それをせずに自分も被害者だと思うのはやめて欲しい。
    成人してからやった行為にはしっかりけじめをつけるべきです。

  2. 主権は国民にある。。
    ほんとうに、この憲法は日本の宝です。。

    でも、政治に無知な創価学会員が組織のなすがまま、自民党に数の暴力で応援する限り、この世界に誇る憲法を護ることはできそうにありませんよね。。

    公明党が自民党のストッパーになってくれると信じているあなた、深く後悔することでしょう。。

    この2、3年は日本という国にとっても正念場のような気がします。。

    数年、もしくは十数年経ったときに、自身の言動が子や孫たちに誇れるものであるかどうか、一度自分の胸に手を当てて想いを巡らせてみたいものです。。

  3. シニフィエさんはこのブログでとても労力をさいて、努力されていると思います。
    敬服します。
    ひとりひとりが迷惑行為をしてしまった反省の元にあらゆる方法で学会を衰退させるように努力して欲しいと思います。
    安易に自分は被害者だったと思ってほしくはないなぁ

  4. ノブさん、もちろん行動してますよ。理屈より、謝罪、行動だと思います。
    家族、友人を脱会させました。まだの人にも努力は怠っていません。
    ここにコメントを書くのも微力ながら、然りです。
    正直コメントはもう控えたかったのですが、ノブさんのコメントを見て、そういった責任を果たすために課せられた一面もあるのかな、と考えます。

    創価で悩む人がいなくなればそれでいいんです。
    迷ってる人がすっきりしたり、ホッとしてくれたら嬉しい。

    流れ星さん、そんな気持ちでいます。

  5. 北朝鮮のマスゲームもどきの文化祭に参加してしまった…
    子どものときには理解できなかった、すごく頭が混乱するときがあるのです
    いまの常識があの頃の自分にあれば…と混乱します。

    みなさんの力強いコメントが支えです。
    現実を生活して、前に進まないと……
    日が昇るのが早くなり、お弁当作りの早起きも少し楽です。
    新しい春を迎えるのも近いです

  6. お久しぶりです。仕事を始めたのでパソコンから遠ざかっていました。皆様お元気でしょうか。
    私は久しく創価から離れたように感じてします。創価の事が気にならなくなり、知りたいと言う気持ちさえわかなくなってきました。
    こちらへは大変お世話になりましたので、あらためてお礼申し上げねばならいのに
    それすらも頭から消えてしまっていました。
    本当にお世話になりました、ありがとうございました。感謝してもしきれません。

    現在は不思議なことに学会員さんとすれ違うことすらなくなりました。全く不思議なものです。時々未活動の方には出くわしますが、普通に挨拶を交わし世間話をしています。学会の話をすることはお互いありません。
    創価が憎いとか間違ってるとか、それを正さねばならないとか、さまざまな思いも私には持ち続けることができませんでした。
    本当に手放してしまったんだなと思います。

    今年は年賀状を大幅に減らしました。半分が学会員宛てでしたので、それを削り、今まで選挙目的で付き合いをつなげていた方にも今年は出しませんでした。例年の三分の一程度の年賀状ですみました(笑)
    仕事場でも、今までのように学会員であることを背負う必要もなく、仕事だけに打ち込むことができ、何ともすがすがしいです(笑)
    昔はいたずらに心を消耗していたんだなと感じますね。
    世界屈指のアスリートだって、メンタル面がうまく行かなければ実力発揮できません。力ない私などはどれだけマイナスとなるか。
    今は本当に幸せです。自分のやりたいように時間もお金も力も気持ちも使えます。当たり前の自由を獲得しました!

  7. 崖っぷちさんと同じ事 私もあります。

    距離を置いてから、全然学会員さんとばったり出会う事がなくなりました。
    本当に不思議ですよね。

    私はまだ退会出来てないし、題目には力があると思ってるので、一人静かに御本尊と向かいあえていて、心穏やかです。 その中で、御本尊にごめんなさいとの気持ちが出てきてます。

    学会の為になんてものを取っ払うと、心身共に楽ですね。今まで、強烈なストレスを感じてたんだろうと思います。

    これから退会されようとされてる方に、不快な感情を与える内容でしたら、削除して下さい。

  8. 堅皇さん、いくつかコメントをいただき、堅皇さんのおおよそのスタンスは理解できたように思います。ただこのブログでの「対話」の意味がまったく相容れないもののようですので、堅皇さんのコメントは私の判断で承認しないことにしました。
    対話とはディベートでも罵り合いでもありません。もしそのような場所がお望みであれば、ネット上にいくらでもあると思いますし、ご自分でそのような場所をつくられて、思う存分堅皇さんの思うところの「対話」をされてはいかがでしょうか。いずれにせよ今後堅皇さんのコメントはこのブログには表示されることはありませんのでご了承ください。失礼します。

  9. ガッカイカツドウからダッカイカツドウへ。
    これをどの面下げてと悩む人がいますが、私はそんなのよくあること、と考えます。
    昨日まで当たり前だと思っていたエネルギーを、事故が起きてから考えを改めた人もいるかもしれないし、震災で価値観が大きく変わったこともあるかもしれない。
    身近な人の死や失恋で、別人のようになる人もいるし、離婚や再婚も気が変わったこと。趣味や好みだって七変化します。
    世相だって時代により様変わりするのに、個人の宗教など、それが何か?って思いますね。

    大事なのは、その都度まわりに対して誠実であることだと思います。
    誠意のつもりでも、間違いや失敗があったら謝罪するし、できる範囲の責任をとる。仕事でも何でも同じだと思います。
    創価のように、絶対に謝らないし、ミスも認めないやり方を、真似することはありません。

  10. 崖っぷちさん、良かったですね。。
    アンチBlogのことも忘れるくらいがいいのですよね。。^_−☆
    きっと、創価から受けた傷も次々と癒されていくことでしょう。。

    わたしは?。。と考えてみました。。
    多分、モニカさんと同じような気持ちなのかもしれませんし、どこか自分で気が付いてはいない創価に対する未消化な気持ちを抱えているのかもしれません。。

    どちらにしても、時が来れば、知らず知らずのうちに、すっかり手放せた。。となると思います。。いつになるかわからないけれど。。

    いまは、その時ではないみたい。。

    ノブさんに言わせたら、それは甘い、となるのでしょうか。。?

    わたしがほんとうに創価学会のことで傷つけたのは、家族です。特に息子たち。。
    それは、多分、今世では消せないくらいの重罪です。。

    その被害はいまも、創価学会のストーカー的嫌がらせにより続いていますよ。。
    世界平和とか仏の闘いとか言いながら、陰で非情に卑劣なことをしている創価中枢の輩。。

    わたしは、あなたたちの悪が闇が、この世にあぶり出されることを心から望んでいます。。

    創価学会は、決して宗教団体でもなんでもないのです。。
    オウム真理教よりも、遥かにタチの悪いカルト集団です。オウム真理教のように単純ではない。。
    善人ヅラした創価学会員は、その集団にいまも属している。。

    先の歴史が証明することでしょう。。必ず。。

    その時に、後悔しないためにも、いま、心と眼(まなこ)を見開いて、創価学会の真実から目を逸らさないことです。。

  11. シニフィエさん、この場所を本当にありがとうございます。
    流れ星さん、のお話

    「その被害はいまも、創価学会のストーカー的嫌がらせにより続いていますよ。。
    世界平和とか仏の闘いとか言いながら、陰で非情に卑劣なことをしている創価中枢の輩。。」
    私がまさかまさかと思いながらやっぱり・・・・。と思えるお話でした。うすら怖い創価学会・・・・。

  12. 本文の趣旨とは少し異なるかもしれませんが、重要な事なので一つ確認したいことがございます。
    憲法と法律の違いについて答えられる方はいらっしゃいますか?

  13. 先日の皇太子の誕生日での会見に、このような言葉がありました。「公務についての考えにつきましては、過去の天皇が歩んでこられた道と、天皇は日本国、そして国民統合の象徴であるとの日本国憲法の規定に思いを致して、国民の幸せを願い、国民と苦楽を共にしながら、象徴とはどうあるべきか、その望ましい在り方を求め続けるということが大切であると思います。同時に、これまで行われてきている公務を踏まえつつ、将来にわたり生じる日本社会の変化に応じて、公務に対する社会の要請に応えていくことが、重要であると考えております。」
    つまり、自衛隊を軍隊にして、場合によっては徴兵制を導入し、憲法改正を首相の権限にしようという現政権に対する強烈な批判であると捉えられます。天皇は政治決定に関与してはいけませんが、皇太子という立場でここまで言及するということは、よほどの安倍政権によほどの危機感を感じているのではないでしょうか。法律はともかく、政治権力によって憲法を変えるということは民主主義がなし崩しになるということだと思います。
    皇太子の今回の発言は、これがなにも左翼的な考え方ではなく、ごく一般的な危機感であるという証ではないでしょうか。
    http://www.47news.jp/CN/201402/CN2014022201002334.html

  14. 一部、加害者だったくせに被害者面すんなという意見が見受けられますが、
    私も覚醒したときにこの件が頭をよぎりました。
    しかし、悪意はなかったし、犯罪ではないので気にしないことにしました。

    世の中、犯罪を犯したのに
    法の網を掻い潜り罪に問われない奴もいる

    ただでさえ創価の件で傷付いたのに
    さらに自分を追い込まないほうがいいと思います

    責めるのなら創価で収入を得ている人に
    言ってください。(職員・新聞販売店など)
    と思うようにしてます。

    創価の卑劣なところは、
    嘘は言っていないので詐欺で訴えられないところです。
    悔しいかな犯罪には該当しない

    だからといって本当のことも言っていない
    先人の引用ばかりで信仰の根幹は日蓮の言葉
    しかも創価に都合のよい解釈で

    何か現場で問題があっても個人を切り捨て本体には責任はないという論理
    昔の牧口氏・戸田氏の書籍は廃刊
    問題がありそうな指導は本などに証拠を残さない

    覚醒した今、明らかに時間とお金の被害を感じますが
    覚醒前は、喜んでというか意義をもって活動してましたし財務もしたので
    訴えたい気持ちはあるが強制されたわけではないので
    訴えられないんですよ。

    そういう過去については自業自得とあきらめるしかないが、
    その分、金はなくても充実の人生を生きてみせると
    今は切り替えることが出来ました。

    本などに証拠を残さない件で
    幹部の話で今考えればおかしいと思う指導で憶えているのが
    1985年の日航墜落機に学会員がいなかったという話
    そういう業をもった人が乗り合せた。
    学会員だから守られたんだとういう内容
    (聞いた人も多いのではないでしょうか?)

    当時は事故があまりにも悲惨だったので
    子供ごごろに創価ってすごいと思ってしまった指導ですが
    この件を記載している書籍は見たことない
    (学会員がいなかったという証拠もないし確認しようがない)

    学会員であれば飛行機事故に会わなくて済むと思っていたが、
    ウェイン・ショーター氏の奥さんは飛行機事故で亡くなり(1996年)

    9・11のツインタワーに突っ込んだ飛行機に
    アメリカ創価大学関係者が搭乗してた(ニュースで母親のインタビューが流れた。しかも仏間)

    また、ある会合で現参議院議員は
    『毎年4桁の財務してたが議員になると出来なくなるんです。
    でも大丈夫。創価大学に寄付は出来るんです。』と言っていた

    10年くらい前の牙城会の全国幹部が来たときの話で
    『男子部には、なかんずく牙城会には色んな分野で活躍している人材がいるんです。
    ある会館にいったらよくみるAV男優が任務についていた。』(たしかチョコボール向井氏)

    書籍には残さないでしょうね

  15. 貴重なコメントありがとうございます

    年を経てみないと認識できなかったこと
    いろいろな事実がリンクしていることに
    やっと気がついている状況です…

    若い人が自業自得や自己嫌悪にさいなまれ
    自暴自棄に向かうことなく、現実を切り開けるよう
    願ってやみません

  16. 絶版、改定しても、一度世に出た本は完全には消えませんよね。
    執行部も消したい過去として、悔いてるとは思いますよ~(>_<)

    創価を止めても、それで心を病んだり傷ついたりしている人に、私も被害者面するなとは言えませんし、思いません。
    いろんな意見は、発信者と受け手があって成立しますからね。
    私の場合は、傷ついたり悩むこともなかった。むしろ気づいたことで世界が広がり、嬉しくて爽快感すらありました。
    ただ自分の未熟さは充分反省したので、自分が知り得えたことは、少なくとも自分が勧めた人には、しっかりと話す責任を感じました。
    いいとか悪いではなく、この意見の発信には、こういう受け方をした一例です。

    ブログを読み、コメントを書きながら、シニフィエさんのおっしゃる「対話」の意味を考えます。
    こういうコメント記事は、ナヨナヨと書いてもしょうがないので、私もアプローチによってははっきりした文章を作ります。
    が、対話は受け手があって成立する…これはつくづく思います。

    初めてコメントして、「はじめまして。〇〇と言います」の一言もなければ、いくら発信しても受け手もないでしょう。
    管理人さんの対応はさすがだなと思います。

  17. ひかるさん
    わたしも、気のせいか?とか思ったりしたのですが。。
    ある日、ある実験をしてみたら、やっぱりそうか、と納得したのですね。。
    いつだったか、シニフィエさんが、携帯のmailだったか?会話だったか

  18. 突然、書き込みが切れてしまったので続きます。。

    シニフィエさんが、携帯のmailや会話が盗聴されてるような気がするとチラッと過去に書き込まれていましたが、ある時テレビでやっていましたが、あるアプリに登録したりすると、そういうことも可能らしいです。。
    携帯の位置情報とかでもそう。勝手にストーカーされることも充分にあり得るのですね。
    だから、なあんかオカシイと思ったら、案外それは気のせいなんかじゃないのですね。
    携帯の扱いには注意深くしましょうか。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中