いま池田氏はどのような状況なのか

ということで、コメントは常に最新のページだけにできるように設定変更しましたので、よろしくお願いします。

ここではまずこの「いま池田氏はどのような状況なのか」ということに論点をしぼっていきたいと思います。前のページのコメント欄にテーマを絞る理由は述べましたので、知りたい方は前の「新しいコメントはこちらへお願いします。」のコメント欄の最後をお読みください。

「いま池田氏はどのような状況なのか」という疑問は、脱会者にとってはこの4年間、まったく想像することしかできないという疑問です。そして数百万人の会員にとっての人生の師匠の姿が見えなくなったことに、会員がなんの疑問も抱かないのか、納得のいく説明をどなたかしていただけるとありがたいのです。脱会者としてはよくまあ4年間も池田氏の情報が漏れないなと感心します。一度週刊誌にその手の暴露記事が出ましたが、それは事実関係が確認できなかったということではっきりしないまま終わりました。いったん週刊誌に出たものの、情報提供者があとになって引っ込めたという、なんとも煮え切らない事件でした。裏でどんな取引があったのだろうと勘ぐりたくもなります。私としては前のページでも言ったように、池田氏が4年間も人前に姿を現さないのは、人前に出せる状況ではないというのが本当のところだと思っています。これはあくまで想像ですが、池田氏はもう痴呆が進んで何もできない状況なのだと。かろうじて夫人とツーショットの写真ぐらいは写せるくらいで、それでもその顔は無表情で、痴呆症の方のそれだとしか思えません。とてもだれかとまともに話をしたり、ましてや一般会員の前に出てきて指導をするなどできる状態ではないと考えます。そうすればこの4年間のつじつまはすべてしっくりきますよね。みなさんのご意見をよろしくお願いします。

いま池田氏はどのような状況なのか」への94件のフィードバック

  1. 管理人さんありがとうございます。

    創価の目的はお金です。
    そのために、悪いとわかっててやったことですが、彼らはそれを正当化しました。
    「やり方はあくまで方便だ。喜んでくれる人がいるからいいんだ。」
    殆どの人はそれを方便ではなく、本気にしました。
    純粋に信じたのに可哀想です。
    でも一部、最初からおかしいと気づいている人がいましたよね。
    滑稽なほどはっきり見えてる人が。
    それを指摘された時、創価はデマは相手にするなと言いました。

    目的はお金じゃない人もいます。
    要するに三度の飯より好きな自分の欲求です。
    そのために、悪いとわかっててやりました。
    「だって自分のいうことは、誰よりもスゴイだろ?やり方なんて方便なんだよ。」
    純粋に相手した人は可哀想です。
    でも、最初からおかしいと気づいてる人いるんですよ。
    滑稽なほどはっきり見えてるんですよ。
    指摘したら、やはりデマだとなるんでしょうかね。

    すみません、キツイですかね。
    でも真剣に対話した方に、失礼この上ないですよ。

  2. こんにちは。
    ずっと拝見させていただいてます。
    学会員さんの池田さんへの尊敬の念に、改めて驚いています。
    母を通して創価の方とはかかわりがあり、会えば信心の話はたま~にします。
    私がつい最近母のところの婦人部長(67歳)と話した時、

    『先生はお元気ですよ、新聞に出てたでしょ、執筆もされているし』と見てきたかのように言われました。
    何年も出てないですよね?には『後継にお任せになったから、もうおもてに出る必要がないのよ、裏で指揮を執っていらっしゃる』と。

    ちょっと返す言葉がなくて。  
    このひともこういう風に信じてるんだ・・・・
    あの写真ちゃんと見てる?えっ?本気?
    そういいなさいと指示されてるの?

    (母はご本尊さま信仰の今、センセイのことは自分にとってどうでもいいそうです。)

    母も地区の学会員さんも私にとっては不思議のひとたちです。

    見て見ぬふり?ができるんですよね。。
    みなさん高齢です。気になるのは自分のことだけかもしれません。

  3. yさん、ポラリスさん、ウソのないコメントをありがとうございました。
    アウトローかもしれませんが正々堂々、正面からのコメントと受けとりました。

    池田センセイ…お二人のようにウソがなかったら、ここまで言われなかったでしょう。
    真実を隠しどこまでもコソコソ…そんなふうに生きてきたら晩年も虚構で塗り固めないといけないんでしょうね。
    哀れで見てられません。

  4. 葉子さん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。
    私がこのブログを始める前にバリ活さんのブログに「なぜ池田氏は姿を見せないんですか」と質問したところ、「池田先生をいつまで働かせるつもりですか。先生はもうご高齢ですよ。先生はすべてを若い同志に託されたんです」と言われました。それならそれで、組織としてそのように池田氏の引退宣言を出すべきだし、変に勘ぐられずすむことなのになと思いました。べつに組織からそんなお達しがあったわけでもないのに、勝手にそんなこと言っていいのかなと思いましたが、その方は必死でとりつくろっているんでしょうね。何をどのように言われても「先生は正しい。先生こそ人生の師匠だ」という刷り込みがなせる技ですね。このように会員は都合のいいようにいいようにと勝手に話をつくりあげます。何百万人という創価学会員が人生の師と仰ぐ人物がどこで何をしているのか誰も知らないということに何の疑問ももたないことの異様さ。このひとつだけとってみても創価のおかしさはわかりそうなものなんですが、それがMCされているとわからないんですよね。MCのタチの悪さと恐ろしさは本人に自覚がないというところですね。創価劣等生の私だってその自覚がなかったから、気がつく寸前まで創価は宗教だと信じていたんですからね。真面目に活動してきた人なら気づかなくて当然だと思います。私はそのようにどう考えても気づかない人にまで、ああだこうだ言うつもりはありません。言っても無駄ですので、どうぞお好きにとしか言わないでしょう。少しでも疑問に思う人なら「一度、きちんと自分の頭で考えてみてください」と言いたくなります。そんな方がコメントしてくださることを期待しています。

  5. 三枝です。

    体調が悪くなって明日も受診する状態になっています。
    対話に参加できなくて残念です。申し訳ありません。

    良くなってPC画面を見れるようになったらまた、参加します。

  6. 目をつむって信じている、という状態でしょうか?
    ただの宗教サークルや思想集団だったら、
    あまり世間でも取りざたする必要ないんでしょうけど。
    社会的に許されない出来事が多いですよね……

  7. signifieさん、皆さん、こんばんは。

    私は一旦もうここへの投稿はやめにしようと思いましたが、過去の皆さん方の投稿を拝見して、出来ればもう少しだけお邪魔させていただければと思い直しました。
    なお今後私のことは脱会者とお考えください。2世3世の脱会者の方々とは意見が噛み合わないこともあるかもしれません。一つにはまだ公開に踏み切れない私個人の経験(signifieさんにはお伝えしました)があります。もう一つには(日蓮宗でも正宗でもない)いち日蓮信徒としての信仰は続けていきたいとの私の思いがあります。しかし創価学会という宗教組織は(私の場合「他のあらゆる宗教組織ともども」という条件が入りますが)消滅すべきだという一点においては一致するのではないかと思っています。

    以下このページのテーマについて私の思うところを書いてみます。

    私は従前から申し上げてきた通り「信仰と学会は切り離して考えることができない」という捉え方には異論を持っていますが、(少なくとも今現在のところ)池田氏と学会は決して切り離して考えることができないとは思っています。創価学会名誉会長としての肩書を欠いた池田氏は社会的には何者でもない、同様に池田名誉会長を欠いた学会は社会的には大きな意味を持たない、つまり池田氏=学会である。このことは学会員・非学会員を問わず当てはまる感覚なのではないかと思います。

    むしろ今現在のところ、学会員においてこそこの感覚はより強固に存在するのではないかと思います。広宣流布という目的をより効率的に達成するために構成された単なる人的組織の長、時の流れに従って入れ代わり立ち代わりする長というレベル(これは「会長」ですね)を超えていることは明らかです。

    これは池田氏が信仰対象になっているということなのだろうか? しかし実際のところ、このように問いかけられても、その通りだと答える学会員はいないと思います。では学会員にとって池田氏は一体どんな意味で特別なのでしょうか? 私は池田氏が一種のガス抜きの弁としての役割を果たしているのでないだろうかと思っています。

    学会員の活動は熾烈を極めます。折伏、新聞啓蒙、選挙活動、財務、座談会等の地域組織の催し等々。すべては広宣流布という目的をより効率的に達成するための組織活動です。ともするとその意義を見失い、疲労困憊します。そんなとき、例えば池田氏からの(ということで)ねぎらいの言葉、場合によってはお饅頭とかの差し入れが届けられたりします。人によっては池田氏のサイン入りの著作物を贈られたりもします。とても感激します。ああ、少なくとも池田先生だけは私の頑張りを暖かく見守ってくださっているんだ、と。

    このような池田機関説からすると、池田氏の不在は非常に困った事態です。ガス抜きが不可能となり、学会員のストレスの唯一のはけ口がなくなってしまうからです。だからといって、代わりになり得るだけのガス抜きの弁はまだ見つからない。どうしたらいいのだろうか・・・今の池田氏の状況にまつわる顛末は、このような学会執行部の苦渋そのものの表われなのではないでしょうか。

  8. これ↓は、創価と法廷で真正面から闘われている香川大学の高倉教授のブログ「白バラ通信」の最新ページです。
    http://wrpandora.blog.shinobi.jp/Entry/317/
    ここにもありますように、学会内での「改革」の模索がときどきされているけれども、ことごとく潰されているということが述べられています。池田氏のゴーストライターは名前もはっきり明示されています。
    私は池田氏の現在の状況がはっきりすれば、創価はガタガタになると思います。当然公明党も分解するでしょうし、創価から恩恵をもらっていたいろんな企業も途端にそっぽを向くでしょう。そして幹部はさっさと逃げ出し、残された一般会員は呆然と立ち尽くすことになるでしょう。それほど創価学会において池田氏の動向は大きな影響力があります。池田氏の痴呆が世間に知らされると、学会員はどうしていいのかわからなくなるでしょうね。ですから、幹部としてそれだけは避けたいものだから、池田氏を人前に出せなくても、めちゃめちゃ無理を承知でも、池田氏が元気でいることを会員にアピールするしかないわけですね。でももう4年以上も幹部が会員にウソをついていたことがわかれば、かなりの脱会者が出るのもしかたがありません。そのような大きな動きがあれば、マスコミも黙ってはいないですから、いろいろ面白おかしくかき立てます。座談会でも不穏な空気が流れるでしょうし、自民党はすかさず公明党を切り離すでしょう。自民党にとって学会票を確保できない公明党は何の存在価値もないですからね。
    ほかにもいろいろな影響が出てくると考えますが、とにかく池田氏の現状がはっきりしさえすれば、創価はたちまちのうちに崩壊すると思います。人間主義だとか世界平和だとか、そんなもの関係ないです。宗教とか信仰とかも関係ないです。池田氏の痴呆状態が何らかの形であきらかになれば、創価学会と公明党の崩壊は誰にも止められない。人生の師匠と言っても、池田氏が現実に姿を現さない創価学会はそうしたところまで追いつめられているということだと思います。それがわかっていながらも姿を現せない理由(痴呆)があることを、会員も認めたくないのでしょうね。
    繰り返しますが、私は池田氏が痴呆かどうかということを問題にしているのではありません。池田氏もけっこうな歳ですから、痴呆症になっても何も不思議ではないし、べつに恥じることでもありません。そうならそうと会員に知らせないとウソをついていることになります。一般社会では池田氏がどんな状況でもどうでもいいことです。問題はそんなことではありません。何百万もの会員が先生と慕っている指導者がまる4年も姿を現さないことに、何の疑問も感じない会員の思考停止状態が問題だと言っているのです。自分自身の思考停止に気がつかないことが問題だと。

  9. カメレオンさん、これまでのカメレオンさんのコメントと私のコメントを照らし合わせてみました。そしたら一部ですが、私がカメレオンさんとポラリスさんのコメントを混同してしまっている部分がありました。実際のところ、ほんとうに誰が誰なのかわからない状態でした。すみませんでした。
    それで今回の
    >なお今後私のことは脱会者とお考えください。
    このことを最初に言ってもらっていれば、他の方とまちがわなかったのかなとも思います。それにしても、言ってることが最初の頃とずいぶん違っていますよね。そして現実には脱会してはいないのでしょう?すぐ上のコメントでも学会の現状分析を述べられていますが、それでカメレオンさんが何を言いたいのかということが伝わってきません。カメレオンさんは創価学会が宗教を実践している団体だという認識でしょうか、それとも私も含めた多くの脱会者のように金目当ての詐欺集団だとの認識でしょうか。それともまた別の認識でしょうか。仮の脱会者の立場から学会員へ言いたいこととかはないのですか。そして実際にも脱会しようと思っているのですか?私がカメレオンさんの言ってることがわからないという意味がおわかりでしょうか?

  10. 失礼しました。私の設定の手違いで、コメントができない状態になっていました。今は大丈夫です。ただし、しばらくはテーマに沿ったコメントを心がけてください。よろしくお願いします。

  11. カメレオンさん

    あなたは最初、
    「いい大人の自分は、組織に利用、翻弄されたという言い方がピンとこない」
    と言って入って来られました。
    私が
    「そう思わないならいいでしょうけど、みんなそう思うから脱会するんです」
    と返したら
    「みんなって誰なんだ?ここは脱会、脱会する意思がない人間は招かざる客なのか?それが対話と言えるのか?」
    と言って非常に怒りました。

    ところがその後のコメントは、自分がいかに組織に利用、翻弄されてきたの不満、批判ばかり。
    「組織に感情を持つべきではない」
    「自分は組織と距離をとっているから関係ない」
    と何度も言いつつ、人一倍組織に敏感なこともよくわかりました。

    またそう言いながら
    組織に居る理由を「組織には魅力的な先輩がいて感謝があるから」
    と、トンチンカンなことを言い出したり
    フーテン学会員と自称しながら、「自分に都合のいい信心をしてますね」と言われると、そんな言い方はないでしょうと怒る。

    そして今度は
    「実は何年も組織から離れて個人信仰している」
    「脱会者と思って下さい」
    と言い出したりしています。

    何が言いたいのか、どれが本当なのか、信用できないと思われても仕方ないと思います。
    どこの誰かわからない者同士の対話でも、だからこそ本心の対話が成立するんです。
    どんな意見でも招かざる客なんてないと思いますが、それがウソではないことが大前提ですよ。
    カメレオンさん、ルールとマナーは守ってくださいね。

    ※テーマに合わずすみません。
    こんなことではなく、私もテーマに沿った書き込みがしたいです。

  12. モニカさん、カメレオンさんのコメントの具体的な矛盾点をあげていただきありがとうございます。カメレオンさんの一見ロジックにこだわっているようで、その実ロジックにあちこち穴があると言ったのはまさにこのことです。立場がコロコロと変わるので、何を基準にカメレオンさんの話を受け入れたらいいのかわからないということでした。そして今もわかりません。

    カメレオンさん、あなたは誰かの意見と同じことが生理的にいやで、だれかと一緒と言われると、ちがうことを言ってしまうのではないですか。私が「yさんやポラリスさんと区別がつかなくなりました(笑)」と書いたときにいやでたまらなかった。だからカメレオンさんにどんなに立場を教えてくださいと言っても、場合によって学会側だったり脱会者側だったりするのではないですか。そしてそれをはっきりさせてくださいと言っても答えてくれない。だからカメレオンさんは何のためにこのブログにコメントされているのですか?と訊きました。

    意地悪な見方をすれば、「オレは他の人とちがって、こんなに創価を冷静に分析できるんだぜ、すごいだろ。他の人といっしょにしないでくれないかな」と言いたいだけのように思われても仕方がありません。そうではないとしたら、つまり意図的なものはないのであれば、筋のとおらないコメントを続けているだけとしか思えません。カメレオンさんに対話の意志があるのだろうかと疑ってしまいます。とにかくこれからもコメントされるのであれば、そのことをはっきりさせた上で、対話が成り立つコメントをしていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

  13. signifieさん、おはようございます。

    以下signifieさんの各質問にお答えいたします。

    >言ってることが最初の頃とずいぶん違っていますよね。

    皆さんの投稿を読みながら、自分なりに考え方を反省しつつ書いているものですから、時に例えば「組織さえ変わってくれればまた組織に戻るのに」といったようなことを言ってしまっていることは事実です。しかし「信仰と組織は別物だ、組織は消滅すべきだ」という考え方の基本は一貫させているつもりです。

    >現実には脱会してはいないのでしょう?
    >実際にも脱会しようと思っているのですか?

    前に「組織から遠ざかってもう10年ほどになる」と書きましたが、より細かいことを言うと、数年前学会事情とはまた別の事情で引っ越しました(私は賃貸住宅暮らしです)。地元学会員には敢えて引越し先を伝えませんでした。以降聖教・大百等学会系定期刊行物は一切購読していません。学会員がわが家を訪れることも全くありません。今はこのような生活を静かに続けていきたいと思っています。

    >カメレオンさんは創価学会が宗教を実践している団体だという認識でしょうか、それとも私も含めた多くの脱会者のように金目当ての詐欺集団だとの認識でしょうか。それともまた別の認識でしょうか。

    このご質問については、まずはむしろsignifieさんたちが「詐欺集団」という言葉を用いる場合のお覚悟の程をお伺いしたい。それを伺ってからまた改めてご回答したいと思います。以下に理由を述べます。

    ここのブログを閲覧して、心から同感する人もいるでしょう。また2ちゃん同様匿名に隠れた言いたい放題だと思う人もいるでしょう。この程度であればさほど大きな問題ではありません。しかしあらゆる事柄を法的に考える思考習慣が身についている者(私もその一人です)が閲覧した場合、その程度では収まりません。「詐欺」という言葉からは民法や刑法の該当条文を思い浮かべ、「集団」という言葉からは組織犯罪法(略称)を思い浮かべることでしょう。そして確かにそれらに該当する事実に基づいて述べられているのかどうかを問題にします。その判定結果によってはむしろsignifieさんたちの方が名誉棄損罪及び侮辱罪、あるいは信用棄損罪及び業務妨害罪等の罪状を問われ、なおかつ損害賠償請求の民事裁判を提起される可能性だって皆無とは言い切れないのです。2ちゃん関連の報道でご存知のことと思います。

    私個人はsignifieさんたちが「詐欺集団」という言葉を用いて表現したい心情は理解できないでもありません。しかしここのブログは匿名であるとはいえ一般公開されているのです。こればかりは名誉棄損罪等で一旦訴えられたら「そんなつもりじゃなかった」では済まされません。ですから、まずはお覚悟の程をお伺いしたいのです。一歩突っ込んだ言い方をしますと、仮にsignifieさんご自身は相当なお覚悟の上で「詐欺集団」という言葉を用いられているのだとしても、他の方々はどうなのでしょうか? そもそもここのブログには「静かに創価学会を辞めるために」とのサブタイトルが掲げられています。ただ気分的に追従しているだけの場合を否定し切れないのではないでしょうか? そのようなことを考えますと、同じ内実を表すにしても、「詐欺集団」以外のより適切な表現に改めた方がよいのではないかと思うのです。私は以上のような意味において少なくとも「学会は金目当ての詐欺集団である」という言い方には同意できないのです。

    >仮の脱会者の立場から学会員へ言いたいこととかはないのですか。

    今のところ積極的にではないですが、敢えて言うとすれば、一切の組織に属さず、いち日蓮信徒として生きる選択肢の可能性についてでしょうか。

    ・・・なんか尋問調書みたいになっちゃいましたね(^^)

  14. モニカさん、おはようございます。

    以下モニカさんの各疑惑?についてお答えいたします。

    >ところがその後のコメントは、自分がいかに組織に利用、翻弄されてきたの不満、批判ばかり。
    「組織に感情を持つべきではない」
    「自分は組織と距離をとっているから関係ない」
    と何度も言いつつ、人一倍組織に敏感なこともよくわかりました。
    またそう言いながら
    組織に居る理由を「組織には魅力的な先輩がいて感謝があるから」
    と、トンチンカンなことを言い出したり

    私は一番最初の投稿で

    >今まで私は少なくとも「組織」及び
    「組織のトップ」というものに対しては、特別な感情を抱いたことが
    ありません(正直言うと、抱かないように努めてきた、かな)。

    と書いた通り、特別な感情を抱かないように「努めてきた」のです。実態はモニカさんがご指摘される通りです。2世3世の方々の怒りとは性質が異なるかもしれませんが、私にも怒りの感情があることは確かです。
    学生時代に出会った人間的に魅力的な学会員云々については、その後signifieさんのご指摘を受けて、やはり組織とは別個に考えるべきかな、と考え方を改めつつあることはその後の投稿で書いている通りです。

    >フーテン学会員と自称しながら、「自分に都合のいい信心をしてますね」と言われると、そんな言い方はないでしょうと怒る。

    私の投稿を振り返ってみてください。私がモニカさんに対して怒りを感じたのは、一つには「みんな」という言葉の使い方について、もう一つには鼻っから私のことをなりすましと決めてかかったことについてです。自分に都合のいい信心云々については怒るどころか何も言っていないでしょう?

    >そして今度は
    「実は何年も組織から離れて個人信仰している」
    「脱会者と思って下さい」
    と言い出したりしています。
    何が言いたいのか、どれが本当なのか、信用できないと思われても仕方ないと思います。
    どこの誰かわからない者同士の対話でも、だからこそ本心の対話が成立するんです。

    私は本当にひょんなきっかけで「創価学会のこれから」のページにたどり着きました(むしろ運命的だったのかもしれませんが)。まずミケランジェロのピエタ像の画像に目を引かれました。私も大好きで、私がまだれっきとした学会員だった学生の頃、バチカンまで見に行きました(もちろん大石寺にも行きましたよ)。それから「対話を求めてー静かに創価学会を辞めるために」というタイトルに魅かれました。また社会一般の礼儀を重んじるsignifieさんの言葉に好感を持ちました。しかしまだ過去の皆さん方の投稿を丁寧には読んでいませんでした。そんな感じで見切り発車的に投稿を始めました。仰る通り「どこの誰かわからない者同士の対話」ですから、私も構えてしまっているところがあって、なかなか「本心の対話」ができませんでした。その後少しずつ過去の皆さん方の投稿にも目を通し、皆さん方の体験に触発されて自分のことを反省しながらその後の投稿を行っています。ご理解いただきたいのですが、私は自分自身の揺るぎない確固とした思想?をひけらかすために投稿しているのではありません。むしろ自分自身を見つめ直し、変化していきたいからです。

  15. 池田会長の動向も気になるところですが、
    SGIに柔軟に路線をむけるといったようなコメントがありましたが、
    そうなると、日本ではない外国の方が会長になられる
    可能性もあるのでしょうか?偏見ではありません。
    若い方は、グローバル化を体感して活動できるでしょうが、
    私のような中年主婦からすると、なんだかきな臭く怪しい感じ、
    実家の母のような草創期からの老年代には、ついていけないような…
    終戦後、亡くなった親に自分でお経を上げたいと入信した母です。
    あまり大それた活動についていくのは無理と見ていますが。

  16. カメレオンさん

    >皆さんの投稿を読みながら、自分なりに考え方を反省しつつ書いているものですから…

    「自分なりに反省しなければならないこと」は、全然別にあると思うんですが。
    何より、あなたのことを創価だと思い、真剣にコメントしてくれたyさん、その他の方に失礼ですよ。

    何を言っても、言い訳で返すのが楽しく、それがそもそもの目的のようですね。
    「かまってちゃん」ってやつなんですかね?
    個人で信仰をお持ちのようですが、それが信仰者かと見られると説得力ないですよ。

  17. カメレオンさん

    まったく反省ないどころか、そこまで言うなら仕方がないですね。
    筆跡鑑定というものがありますが、文章も同じなんですよ。
    いくら書体をごまかしても、見る人がみればわかるんですよ。
    メンタリズムのわかる人がウソを見破るのと同じ、と言えばわかりますかね。

    私はネットを見るまで創価がおかしいのさえ気がつかなかったくらい、騙されやすい人間なんですが、文章だけは唯一読めるんです。
    全国の多くの人が見ているブログで、あてずっぽうやヒステリーでこんな侮辱をして間違いだったら、二度とネットの書き込みなどしませんよ。

    もっといえば文章の中で、どこが本音でどこが考えて作った部分かも見えますよ。
    音楽のわかる人が、不自然な音が混じっていたら気になるのと同じです。

  18. かなり前からこちらのサイトを読ませていただいている40代の未活動家です。

    最近のやりとりは特に興味深いのですが
    モニカさんのカメレオンさんに対する発言があまりちも失礼なので思わずコメントを書き込んでいます。

    カメレオンさんはとても丁寧に質問にも答えていらっしゃるのに、それをかまってちゃんなどという言葉で片付けるのは大人としてどうなんでしょう?

    わたしはカメレオンさんの仰りたいこと普通に理解できます。
    それに賛同するか否かは別にして。

    モニカかんが今後もこのような態度で対話を
    進めようとするなら
    それこそ脱会者ってこうなるんだよって
    笑われますよ。

    管理人様、このコメントは公開していただかなくて結構ですが
    おそらく私のように感じてる方が大勢いるだろうこと少しでも心に留めていただければとおもいます。

    いらっしゃるのに
    それをかまってちゃんなどという言葉で片付けるのは大人としてと

  19. モニカさん

    このページでsignifieさんが

    >カメレオンさん、あなたは誰かの意見と同じことが生理的にいやで、だれかと一緒と言われると、ちがうことを言ってしまうのではないですか。私が「yさんやポラリスさんと区別がつかなくなりました(笑)」と書いたときにいやでたまらなかった。

    と書かれていますね。

    「「yさんやポラリスさんと区別がつかなくなりました(笑)」と書いたときにいやでたまらなかった」その通りです。しかしその理由は「誰かの意見と同じことが生理的にいやで、だれかと一緒と言われると、ちがうことを言ってしまう」からではありません。yさんやポラリスさんに申し訳ないと思ったからです。

    ですから、その後別のページでyさん、ポラリスさんとは考え方が違うだろうことを明確にし(「イマジン」のページです)、その上で直接お二人に質問しました(「新しいコメントはこちらへお願いします」のページです)。

    お二人から直接ご叱責を受ければ、謝罪いたします。

  20. サクさん

    言葉には気をつけたいと思います。
    多くの方にとって不快なコメントにならないように、気をつけたいと思います。
    ご指摘ありがとうございます。

  21. 困りましたね。このブログが創価についての対話をする場所だというのに、カメレオンさんのコメントについての批判と言い訳の応酬になってしまいました。もうやめませんか。いつまでたっても平行線です。というか、本来のこのブログの目的から外れていっています。カメレオンさんのように、脱会者のような考え方を持つ学会員さんもいるということですよね。モニカさんがカメレオンさんに怒っているのは、カメレオンさんが途中で言うことを変えてブログを混乱させていることに対してルールとマナーをわきまえなさいと言っています。また、私はとにかくご自分の立場をはっきりさせてから話してもらわないと、言ってることがわからないと言いました。それに対してカメレオンさんは、自分は間違っていないことの言い訳をあれこれ述べるばかりで、実際には私やモニカさんに対する回答にはなっていません。そうしたやりとりで、他の方がうんざりしていることも容易に想像できます。

    >ご理解いただきたいのですが、私は自分自身の揺るぎない確固とした思想?をひけらかすために投稿しているのではありません。むしろ自分自身を見つめ直し、変化していきたいからです。

    ということで、ここは管理者として仕切り直しです。ただ、ここで話を一方的に打ち切っては管理者の横暴と言う気もしますので、カメレオンさんの言動に関することについては、ひきつづきこのページにコメントしてください。ただし次のページからは本来の対話をやっていきたいと思います。よろしくお願いします。

    それからひとつだけカメレオンさんにお答えしておきます。私がこのブログで創価学会は金目的の詐欺集団だと言ってはばからないのは、客観的な事実に対しての考えを正直に述べているだけす。これに対して、もし学会側が法的に訴えるようなことがあれば受けて立つ覚悟もあってのことです。そうすれば匿名のネット上だけでなく、もっと多くの人が創価の実態について興味を持ってくれるだろうと思うからです。でもそのことが目的のブログではありません。そして創価にしてもそんなことしないでしょう。どこの誰とも知れない一脱会者のネット上の発言にいちいち法的な対応をしていても、創価には何のメリットもないどころか、かえって墓穴を掘ることになります。
    学会は宗門から破門されたあと、ご存知のように聖教新聞や創価新報の紙面上に、ものすごい罵倒を繰り返してきました。ときには醜聞をねつ造してでもバッシングしてきました。宗門もそれに対して法的に訴え、多くの裁判となり、創価はすごい数の裁判で敗訴しています。そしてその結果を会員に知らせることはありません。その後も相変わらず創価は宗門を自分の機関誌上でバッシングを続けています。これは実際には宗門へのバッシングが目的ではなく、創価学会員に宗門が悪いんだということを植え付けさせるためにやっているとしか考えられません。ほとんど学会員しか読まない(学会員もまともに読んでいるのは一部なんでしょうけど)聖教新聞や創価新報に、訴えられることを覚悟で宗門のバッシングを載せるというのは、会員に対するMCの一環として意外に普通は考えられないと私は思います。あのように宗門に対するバッシングを訴えられて、そしてさんざん敗訴しても懲りずに続ける創価が、ここのようなブログの「詐欺団体発言」を相手にするでしょうか。そんなの裁判費用の無駄遣いとしか思わないでしょう。なにしろお金お金ですからね(笑)。問題は創価が詐欺団体だと言うことに会員が気づかないことなのですから、そこに焦点をあてて「創価学会を静かにやめるために」というサブタイトルつけてネット上で対話を試みているのです。すべての会員が真実に気づけば、創価の問題はおのずと解決に向かうと思うからです。

  22. モニカさん

    モニカさんが改めて私のHNを挙げて直接私に語りかけて下さっているご様子から、少なくとも「なりすまし」疑惑だけは撤回していただけたようだと勝手に思っておりました。そうであれば、過去のことは不問に付し、改めて対話したいと思っておりました。

    最初に私の投稿にコメントしてくれたのはモニカさんでした。それに対し、私の方から、まずは詐欺如何の問題、次に2世3世の方々の抱える独特の問題についての対話の可能性を示唆したつもりでした。ゆくゆくはマインドコントロールの問題についても対話する必要性を感じておりました。

    私は今でもこのような問題について対話してみたいと思っております。詐欺云々についてはこのページの投稿でも改めて触れた通りです。しかし、対話相手を鼻っから「なりすまし」と思っている方との対話が成立するとは私にはとても思えません。

    モニカさん、理由はよくわからないけど、あなたと私はつくづく馬が合わないようですね(ちなみに私は水瓶座生まれのB型です(^^))。少なくとも「なりすまし」疑惑が晴れるまではモニカさんとの対話は一切止めにすることにしますね。

  23. こんばんは。

    池田さんは、ご存命なんでしょうかね?
    非活になった時、既に表舞台には現れなくなっていて、
    1度無理矢理同中へ連れて行かれましたが、冷めていましたし
    周りにもそんな方が多かった様に思います。
    先日母が、『池田センセが亡くなったら、どうなるんやろ?』と言ってましたが、
    池田さんが全てなのかしら?と、思っちゃいました。
    同じ気持ちの方、結構いるんでしょうね。

    脱会した今、池田さんの事はどうでも良いんですけど
    金集めが目的の学会にへばりつくのは、やっぱりやめてほしいなと思います。

    カメレオンさんは、詐欺って言葉を簡単に使っていいのか?みたいに
    書いてますけど(脅しみたいに感じた)、創価は私は詐欺やと思います。

    詐欺(さぎ)とは、他人をだまして、金品を奪ったり損害を与えたりすること と、定義されてますよね。

  24. 「signifieさんたちの方が名誉棄損罪及び侮辱罪、あるいは信用棄損罪及び業務妨害罪等の罪状を問われ、なおかつ損害賠償請求の民事裁判を提起される可能性だって皆無とは言い切れないのです。」とのコメントに対して、私の意見を申し述べます。

     signifie様たちは、全くご心配なさることはありません。私は、signifie様の「「詐欺集団」とのネーミングは素晴らしいと感じています。本質を一言で指摘されておられます。

     万が一、民事裁判を起こされたら、堂々と受けて立たれれば良いのです。極めて優秀な弁護士の方々をご紹介させて頂きます。

     刑事告訴されたら、逆に、誣告罪で訴えれば良いのです。

     民事訴訟となれば、創価学会池田カルト一派は手を出すことができなくなります。訴訟妨害として、刑事事件に発展するからです。
     
     折角のsignifie様が問題提起された「池田大作創価学会名誉会長が公の場に一切登場しない」ということに関する「対話」がなされることを期待しています。

     なお、他者に対して「覚悟を問う」ことは失礼なことではないかと感じるのは、私だけでしょうか。

  25. カメレオンさん

    撤回するなら謝罪してますよ。
    そして二度と書き込みなどしません。
    そんな卑怯なことはいたしません。

  26. モニカさーん、どうしちゃったんですか~(ToT)
    …と呼びかけたい気分です。
    茶化すつもりは全くなく、大真面目です。不愉快に感じられたら、お詫びします。

    私にはどうして当初からカメレオンさんに突っかかるのか不思議でならないのですが…
    なりすましと仰る根拠がわからないです。読める、見えると言われても、私の頭がトンチンカンなのか、よくわからないんですよ。ちょっと前にいらしていた堅皇さんとカメレオンさんが同一人物ではないか、ということですか?違っていたら、ごめんなさい。

    カメレオンさんの言葉が変化しているのは、皆さんとのやり取りを経て変わっていったのかな、と私は受け取っているのですが。
    言うことが変わってはいけないということはないですよね。
    確かに一貫性は大事ですが、対極に振り切れているわけでもないようですし、カメレオンさんは、さまよいながらも妥協点を見いだして対話に参加しておられるように感じます。
    ただコメントは、何度も読み返さないと理解できない部分もありますが(^^;)

    シニフィエさんがテーマを決めてくださり、集う皆さんの立場は様々でもこれなら共通項を見いだせるかな、と思っていた矢先のことで、残念です。
    というか、テーマに沿った話がしたいとご自分でも仰っていましたし、モニカさんもこの流れは不本意ですよね。よほど腹に据えかねるといったところなのでしょうか。
    うーん、でも私にはやっぱり、どうして突っかかるのかわかりませんよ。カメレオンさんのコメントを何度読み返しても、よくわかりません。
    わからなくて結構!と突っぱねられても仕方ないな~と思いつつ、以前私の状況に心を寄せてくださったモニカさんなら受け取めてくださるかなと思って、意を決して書かせていただきました。
    個人的にはもう少し時間をかけてカメレオンさんのご意見を伺いたいところです。何せ最近こちらにいらした方ですから、私にはまだまだ未知なんです。ポンコツな頭なもので、すみません。

    カメレオンさんも、出来れば回りくどい言い方ではなく、単純な言い回しを心がけていただけると、私のように読解力に乏しい人間にもわかりやすくなり、助かります。
    物を書くときの癖のようなものはおありでしょうが、お互いの理解のためにも、何卒わかりやすいコメントをお願いいたします。
    十分やってるよ!とのことであれば、私の頭の問題ですから引っ込みます。すみません。

    出しゃばったコメントで申し訳ありませんでした。

  27. 私の発言がさらにこちらのブログをひっかき回すことになってしまったら申し訳ありません。

    創価学会の裏の実態を知ったとき
     ・「創価学会憎し」「騙された」とすっぱり脱会する
     ・「それでも創価学会には良いところがある」と脱会せずに踏みとどまる
     ・「創価学会が変わることを期待」して非活になる
    と人によって、パターンが違うと思います。
    (他にもパターンはあると思います)
    どれが正解とも言えない。

    私は創価学会がいろんなことを隠していることについては「騙された」という思いですが、学会家族として暖かく接してくれた方たちには恩を感じています。その絆をすっぱり断ち切って脱会するという決断はできないでいます。

    迷いのさなかにいるので、常に気持ちが揺れ動いています。
    「創価学会が悪い」というほうに気持ちが傾くときもあれば、「いやいや創価学会にも良いところはある」というほうに気持ちが傾くときもあります。
    あまり悪いところばかり強調されると、返って悪いところばかりじゃないと反論したくなってきます。
    人間の心理は複雑です。

    シニフィエさんや皆さんのコメントを読んで、はいわかりましたと簡単に納得できたり、割り切れたら苦労はしません。
    すでに脱会された方からみればまどろっこしいかもしれません。
    ですが、長い目でみていただけたら幸いです。

  28. 三枝です。調子が回復しましてPC画面を見ても吐きそうにならなくなりましたので書き込みます。

    カメレオンさん

    ずっとカメレオンさんの書き込みを読んでみて、これほどしっかりしたお考えをお持ちで理路整然とお話しを勧められ、対話の効用を生かしながら譲れるところは譲り話を進められるお心がおありでもここだけは譲れない一本芯の通ったお考えがあるのが分かりました。

    そこで、私はこんなしっかりした創価への見解をお持ちのカメレオンさんが何故、こんな創価を擁護するのか・・・と思いを巡らせ以下のような考えに至ったのでそれを大雑把にお話します。以前にもどなたかが少しお話されていましたが「宗教組織への依存性」と言う事をです。お話は創価が破門された頃に及びます。

    当時、法灯連綿受け継がれその「教えと儀式」を伝えることに重きを置いた富士の片田舎の宗教とそれを利用して急速に勢力を拡大したが、いつまでもその宗門の下部組織の御講の一つとしてしか認められていなかった創価ではいずれたもとを別つのは必然だったと思います。

    創価は昭和40年代には宗門の少年得度や青年得度制度を活用し学会員の子息や青年を本山に送り込んでいたのはご存じだと思います。
    その中のメンバーの何人かが後の宗門問題の時に学会側に付いた僧侶の主要メンバーですね。

    一方、創価は最初に東京大学で法華経研究会と言う学内の創価組織を立ち上げそれが全国に波及して行きましたね。

    私もそうですがポラリスさんカメレオンさんもyさん、signifieさんもそうかもしれませんが池田は各大学に「大学会」と言う選抜された学生群を組織してそのメンバーに選べれる事で優越感をくすぐりより一層の組織忠誠心をその学生に刷り込みました。

    最高学府の学生の中から創価エリートを養成し、理論武装を完璧に作り上げ法曹界、学術マスコミの世界にも創価は正しい!と言う人材を送り出している創価と田舎宗教の成金で浮かれた坊主集団が戦うのですから勝負は最初からついていました。
    共産党の宮本さん宅に盗聴器まで仕込むような組織だった智謀知略の創価上層部がありとあらゆるプロパガンダの手法を駆使して宗門との闘争の中で会員の意識操作をしたのですからね。

    創価は以前にも私が書き込みましたが感情に訴える指導を何回も繰り返し徹底する・・・これを聖教新聞、創価新報、月刊誌でやり続けました。私も当時はこれで十分そのプロパガンダにまんまと嵌まりました。

    みなさんご存知ですよねえ~。創価新報を中心にありました・・・骨壺をコーヒーカップに入れている衝撃の写真、法主が芸者遊びをしている写真・・・本当に衝撃的でした・・・宗門がそんな事を!法主ともあろう僧侶が芸者遊びで遊蕩にふけっている!・・・学会員の心を揺さぶり宗門法主なんてゲスそのもので堕落した極悪集団なんだ!と怒りを覚えましたよね。

    これで創価の戦略としてつかみはOK!ということでしょう。これらの事は後日、創価のねつ造であったことはネットで事実を調べていらっしゃる皆さんは創価が裁判で負けていることをご存じだと思います。

    本山は桜も伐採されて、ペンペン草が生え荒れ放題・・・こんなウソ(私は後になって実際、見に行きました)でも会員の感情に訴え、最初に刷り込めれば宗門は「悪」で堕落している坊主集団と会員の潜在意識に認識されますね。

    それを積極的な活動家は鵜呑みにし、とんでもないクソ坊主どもだ!と怒り。そうでもない未活や自分の都合の良いところだけ取り込み解釈している会員、創価・宗門とのバトルに一歩も二歩も引いてしまった会員ですら「悪の宗門」と対峙する創価を比較して考えれば消去法としての結果として「いろいろあるが創価の方がまだましか~!」・・・が刷り込まれました。
    いつもの創価のやり口である目的の為なら手段を択ばないこのねつ造の手法はここでも成功して宗門に戻った会員はごく少数に終わりました。

    ですので学会に残った会員は、当時の私も含め現在も在籍している全ての学会員は本人がどう自分は目覚めています!まともなんです!と主張してもこのプロパガンダでの創価は正しい!と言う刷り込みが見事に入り込んでいる人達なんです。

    でなければ、いろいろ問題がある創価を知悉されていながらもこんなに積極的に創価を擁護する必要性が見つからないのです。普通はわざわざこのブログに来て脱会者と対話してでも創価の良い面を理解してもらおう再認識してもらおうと言う面倒な関わりを持とうとは思わないと思うのです。それは創価に対する正しい組織なんだとする刷り込まれた思いがおありだからだと思います。

    カメレオンさんの場合はもう少し謙虚にご自身のお考えを他者の目からの考えも加えて再評価しようとされているように私には思えますが・・・。

    創価の目的は会員の創価への「依存性」さえ確保できればどんな手でも使っても既存の利益を確保し維持できるので何でもいいのです。
    組織への「依存性」さえ刷り込めれば創価は安泰なのです。

    どの宗教もこの依存性を持たせる・・・これが最重要課題なのです。それに苦慮しているのです。お布施が入って来ないからです。
    脱会して無宗教になった人はそれがなくなりある意味、自由になりました。

    破門後の創価は今もそうですが、宗教的要素をどんどん簡略化し、簡素化しています。今後もその流れは続き分かりやすく取っ付きやすい教義にして行くでしょうし、宗教色より社会に受け入れられやすい倫理観への比重を増やしていくでしょう。会員が依存しているだけで「安心」の創価ブランドを三色旗の元に展開して行くでしょう。

    偶然毎朝ラジオ放送されているラジオライブラリー「新・人間革命」23巻を聞きましが、その内容によると壮年部にはボランティアの重要性を示して、民生員のような行動を勧め、婦人部にはケアマネの保険・介護のような内容を具体的に述べてそれを行い地域に貢献して行くのが使命であるかのように指導していました。

    これにイタク!感動している会員が多いのでしょうか?。創価の中で会則もそこそこでそれに囚われないのが当然であるとの持論を展開し、教義の全てを始めから受け入れないでいてその事自体に何の矛盾も感じないで良い所取りで自らは創価教義の欠陥によって蒙る代償は避け、傷を負わない立ち位置にいて、その刷り込まれている依存性の事にさえ気づかずにいる人。
    そう言う人はネットで創価の実態が暴かれた情報が飛び交っていてもそれらの情報には反応しない(深追いしない)セーフティーガードが自然に働くのだと思います。自身の創価ブランドの誇りにキズをつけたくないからでしょう。

    一方、本当に会則のままに組織で池田からとされる指導を心肝に染め部員さんの為、組織の為にと自分の時間を費やし、新聞啓蒙、f取り・・・と戦う戦士はその教えと実体の矛盾に呻吟し、疲れ頑張って行くうちに病んで行くのです。

    長くなって申し訳ありませんでしたが以上です。

  29. 希望さん、応援のコメントありがとうございます! 創価と正面切って闘っていらっしゃる法律の専門の先生にそう言っていただけると心強いです。これからもよろしくお願いします。

    また先にも述べましたが、ここのようなブログを相手にするほど創価も暇ではありませんよね(笑)。逆に私も創価の組織を相手にしているわけではありません。私が問題にし相手にしようとしているのは、創価の悪に気づかないまま搾取され続けている一般会員さんたちです。そう言う意味では、カメレオンさんにはここのブログの主旨を理解していただけていないのかなと思います。カメレオンさん、創価も私もお互いに相手にしていないのですよ。そこに訴訟云々が持ち上がるわけがありません。

    また、私はカメレオンさんや他の方ともこのようなやりとりを望んでいません。このようにどっちが正しいかなどと低俗で不毛な議論はここで終わりにして、次のページから有意義な対話をしましょう。ここは毎日1500のアクセスがあるようになりました。毎日毎日およそ1500回は閲覧されています。そこを一部の方の不毛な議論に終止してしまっては、せっかくページを開いてくださる方に申し訳なく思います。
    今、このブログの論点は、創価の悪に気づかない学会員さんの実態についてです。学会員の方、脱会者の方、またもともと学会と関係のない方(あまり多くはいらっしゃらないとは思いますが)も含めて、より多くの方がここでの対話に参加していただくことを願っています。

  30. 三枝です。
    さきほど書き込みましたが内容がsignifieさんが19時ころに書き込まれていたのと重複しているのに気づきませんでした。

    まだ、細かく長い文章の書き込みは詳しく見ないような状態ですので申し訳ありません。

  31. まるさん、怒ってませんよ。
    私の方こそ不快にさせたら申し訳ないです。
    まるさん以外の方にもそれは重ねて申し上げます。

    どうあれ心に秘めてるべきでした。
    皆様、大変申し訳ありませんでした。

  32. 三枝さん、とても的確でわかりやすいお話をしてくださって感謝します。また、はるぽんさん、まるさん、ハナ子さん、コメントありがとうございます。
    ここにいらっしゃるほとんどのみなさんのお話はよくわかります。ただ残念なことにカメレオンさんのお話だけが、なぜかどうも理解できなくて、かえって私が場を混乱させているのではと反省しています。詐欺発言での私の覚悟の話にしても、カメレオンさんの立ち位置がますますわからなくなってしまいました。
    「これからは脱会者として考えてください」とのことでしたが、脱会者の立場から、私が創価から訴えられることを心配してくださっているのか、それともまだ自分が所属している創価を詐欺団体よばわりしたことが気に入らなかったのかすらわかりません。私が創価を詐欺団体と断じたことに対しては、さきほど書いた通り、なにもいい加減な気持ちはありませんし、また実際にそのことで創価と争いになるようなこともないと思っています。万が一、創価が訴えるようなことになれば、面倒ですがきちんと対応するつもりです。
    対話の中で考えが変わったりすることは当然あることですし、対話によってそれまで気がつかなかった新たな発見や反省もあると思います。むしろそのための対話の場ですから。ひとつの立場を何が何でも貫くといった態度は、かえって不自然だとも思います。ただ、カメレオンさんの場合、その発言と立場の振れ幅が著しくて、私には理解できないのだと思います。

  33. 希望さん、はじめまして。カメレオンと名乗らせていただいている者です。

    >なお、他者に対して「覚悟を問う」ことは失礼なことではないか

    まずはsignifieさんから私に対して次のような問いかけがありました。

    >カメレオンさんは創価学会が宗教を実践している団体だという認識でしょうか、それとも私も含めた多くの脱会者のように金目当ての詐欺集団だとの認識でしょうか。それともまた別の認識でしょうか。

    私はこの重い問いかけに対してまずはsignifieさんの真意を伺っておきたいと思い、お覚悟の程を問いました。正直申しまして少なくとも今の私には法廷闘争も辞さないとの覚悟などないからです。仮に法廷闘争ともなれば、時間・お金・精神力の負担は計り知れないものとなることでしょう。良かれ悪しかれオレオレ詐欺集団のレベルとは格が違うわけですから。

    さらに私はsignifieさんに対して次のように問いかけました。

    >仮にsignifieさんご自身は相当なお覚悟の上で「詐欺集団」という言葉を用いられているのだとしても、他の方々はどうなのでしょうか? そもそもここのブログには「静かに創価学会を辞めるために」とのサブタイトルが掲げられています。ただ気分的に追従しているだけの場合を否定し切れないのではないでしょうか?

    詐欺という言葉は往々にして日常的に軽い気持ちで使われがちです。余計なお世話と言われればそれまでですが、このようなことが気になった次第です。

  34. モニカさん、こちらこそ出過ぎた発言で申し訳ありませんでした。

    ハナ子さんが仰るように、人間の心理は複雑なのだと思います。自分自身の思いですら、わかっているようでわかっていないこともありますよね。

    ネットでのやり取りとはいえ、その向こうには必ず人がいて、人生があります。そのことに思いを寄せながら、お互い気持ちよく意見交換できるといいですね。
    またシャープな切り口でのご意見を聞かせてください。

  35. モニカさん

    >撤回するなら謝罪してますよ。
    そして二度と書き込みなどしません。
    そんな卑怯なことはいたしません。

    相当なお覚悟とお見受けしました。受けて立ちますよ。受けて立つことこそが礼儀に適った作法だと思うからです。別に尻尾を巻いて逃げ出しても構いませんよ。
    (管理人さん、私はこれまで「なりすまし」疑惑について事を荒立てないようにと努めてきました。しかしここまで言われて黙っていたら、むしろ私が卑怯な人間であるかのように思われてしまう。どうかお許しいただきたい)。

    まるさんによると「ちょっと前にいらしていた堅皇さんとカメレオンさんが同一人物ではないか、ということですか?」ということでしたので、「賢皇さん」の投稿を調べてみました。「信じるということ」のページで3月10日に2回、同月11日に2回、都合4回の投稿を確認しました。

    モニカさん、私はこの「賢皇さん」のなりすましだということなのですか?
    確かにその通りなのであれば、

    >筆跡鑑定というものがありますが、文章も同じなんですよ。
    いくら書体をごまかしても、見る人がみればわかるんですよ。

    ということのようですから、任意の部分で構いません、その「同じ文章」とやらをまずはご指摘ください。

    私の方ではこれから必要に応じて私の個人情報を公開していくことによって「なりすまし」などでは決してないことの証拠を逐次挙げていく所存です。もうそんなことには構っていられない。私にも譲れない矜持というものがあります。よろしく。

  36. 討論は難しいなぁと思いました。
    名指しでの応酬は感情がこもって冷静さを欠いていくようにみえました。
    どちらもムキになってコメントしている、と。

    カメレオンさんが誰と一緒かは重大な問題でしょうか?
    そこにこだわる必要性はないと思うのですが…
    私は特に気にしてないです。

    なかにはキャラを演じている人もいるのかもしれませんけど、
    わかる人はわかる、でいいじゃないですか。
    わからない人に説明する必要はないと思います。

    調べようと思えば、
    文章うんぬんではなく、IPアドレスなどのアクセス解析をたどれば、管理人さんは同じ人か違う人か識別できると思いますし。
    (自分のPCからコメントを投稿していれば)

  37. 私も文体からひょっとしてそうなのかなと思いましたので、IPアドレスはカメレオンさんからコメントいただいたときにすぐに確認しました。ちがいました。たとえ堅皇さんだったとしても同じIPアドレスでコメントするなどしないと思いますから、確認しようがないですね。もしかしたら堅皇さんとっても似た方なのかもしれません。

    もはやこうなっては対話ではありませんが、モニカさんもカメレオンさんもこのままでは後味が悪いでしょうから、このページに限って思うところを書かれてけっこうです。もちろんモニカさんがその気ならの話ですが、すべて承認します。ただこれは対話ではなく討論としてあつかいますので、読まれる方もそのつもりで読んでください。ただしその討論の先には何もないと思います。カメレオンさんのコメントはいまだに理解できません。まるで討論のための討論をやるために話をわざと混乱させているようにも思えます。そうしたところは堅皇さんとよく似ていると思います。堅皇さんをよく知っているモニカさんがそう思うのもうなづけます。真実はカメレオンさんしか知りませんが、それを証明することは匿名が前提のネット上では不可能ですよね。ですから信頼関係のない討論の先には何もないと思っています。ということで、おすすめはしません。

  38. おはようございます。

    横入りですが… 私もIPアドレスみればわかるよな〜とは、
    思ってました おバカな私でもBlogをやってるので。
    似てる方もいるし、成りすましもありますから判断は難しいですね。
    自分の目で、確認出来ないですしね。

    でも思った。カメレオンさんは人を脅してる
    怖いです。個人的感想すみません。

  39. カメレオンさん、管理人さん

    理由はどうあれ、投稿ではなく、ただの陰口を言ってしまったことに自分は最低だと思ってます。
    他人にルールやマナーを守ってという資格は私にはありません。
    ネットにコメントを書く資格もありません。
    申し訳ないんですが、それでモチベーションがさがり、決着をつけようとする気持ち自体が持てなくなりました。
    創価問題、書き込み一切に、です。

    カメレオンさん、堅皇さん、投稿の意見はどんなに厳しくやりあってもいいと思いますが、陰口は卑怯なことです。言うべきではない。
    大変申し訳ありませんでした。

    ネットの書き込み自体、言いつくした感があり、止め際を考えていたのでちょうどよかったのかもしれませんね。
    管理人さん、今までありがとうございました。

  40. モニカさん、これまでいろいろとありがとうございました。モニカさんの熱い思いは、しっかりと伝わっていますよ。このブログにも、とてもサポートしていただいて、とても感謝しています。モニカさんは、カメレオンさんや堅皇さんに対しての正義感が強く出過ぎてしまったのだと思います。残念です。またこちらに来る気持ちになりましたら、いつでも歓迎しますので、よろしくお願いします。

  41. 私はこのページへの最初の投稿で「一旦もうここへの投稿はやめにしようと思いました」と書きましたが、その前に一種の私信のような形で次のような文章をsignifieさんにお送りしました。私は昔を思い出し、涙を堪えながらこの文章を書きました。これだって読む人によっては「どうせ作り話だろ」で終わってしまうんでしょうけどね。敢えて公開しますよ・・・以下です。

    signifieさん、こんにちは。ブログ管理、お疲れ様です。

    以下の投稿は承認しないで結構です。というより承認(公開)しないで下さい。
    カメレオンについての説明などは構いませんが。その他の処理はsignifieさんを信頼してお任せします。

    >カメレオンさん、あなたはいったい何のためにここにコメントされているのですか。

    私は創価大出身者です。大学院まで行き、合計9年間お世話になりました。その後他大学の非常勤講師をやっております。なぜ非学会員が創価大に入学したのか。当時家が貧乏で奨学金をもらってもなお国公立レベルの学費でないと無理だったのですが、理数系の不得意な私には私立文系しかなかった。当時私立で国公立並みに学費が安かったのは創価大だけだった。私は創価大がなければ大学を諦めるしかなかった。そういう意味で創価大や親しく付き合った創大生たちには多大な学恩を感じています。

    私は学会の地域組織を通じてというよりもむしろ創大生たち(ご存知かと思いますが、ほとんどすべて2世3世です)との日々の親しい付き合いの中で次第に日蓮の思想に魅かれていきました。私たちは組織について互いに忌憚のない意見を述べあいました(池田先生についても、日蓮の思想についても同様です)。第2次宗門問題はともに若かった悩み多き時期をそんなふうにして互いに切磋琢磨し合った学友たちを引き裂きました。なんでそんなくだらない組織間の権力争いごときで我々学友の仲が引き裂かれてしまわねばならないのか、私は本当に馬鹿げた腹立たしいことだと思っています。私が組織と信仰は別物だと思うのはこんな経験ゆえだと思います。

    創価学会あればこそ創価大が存在し得たわけですが、signifieさんのご指摘のように、私は本来別物と考えるべき創価大や親しく付き合った創大生たちに対する学恩ゆえに学会に対する未練を未だに捨てられないでいるという間違いを犯しているのかも知れません。また私の立ち位置がどうしてもわからない、というのも以上のような私独特の経験ゆえなのかも知れません。

    私はこんな私独特の経験(誰でもが独特だとは思います)が他人様に理解してもらえるものだろうか、少しでも理解してもらえるならば、ご意見ご批判を伺わせていただき、今後の自分の身の処し方の参考にさせていただきたい。そんな目的で今までコメントさせていただきました。

    ちなみに私がHNにしているカメレオンというのは、17世紀のイギリスにおいて良心の自由・信教の自由が確立されるまでの間、紆余曲折を極めた国教の変遷(同じキリスト教内での変遷に過ぎないのですが)の中を右顧左眄してうまく泳ぎ渡る者たちを揶揄するのに使われていた言葉に因んだものです。

    もうGWも終わり、私もこれから頭を仕事モードに切り替えねばなりません(^^)
    signifieさん、私のような馬の骨の言葉に耳を傾けていただいたこと、とても感謝しております。ありがとうございました。

    ・・・以上です。

    創価大の安かった学費については、皆さん方元・現学会員の方々の身を削っての財務のお蔭であったことを思うと、とても複雑な気持ちになります。

    私は事実上の脱会者であることをここで公言しましたが、それでもなお歯切れが悪い、本当のところ何が言いたいのかわからない、と再三に渡るご指摘を受け続けております。私はここで投稿し続ける以上はこのようなご指摘は甘受し続けなければならないだろうと思っております。開き直って学会や学会員の方々のことを批判するのは、学会員・非学会員以前の、そもそも人の道として決してやってはならないことなのだ、という気持ちをどうしても払拭することができないのです。

    私のような者がここで対話を求めるのは土台無理なことだったのかもしれませんね。

  42. そのまんま浪速のおばちゃんです。
    関西でもやめてく人増えてます。私も去年末、一家で脱会しました。

    モニカさん、あんた男前やで。
    うちは毎回、とびぬけて面白コメントを楽しみにしてました。
    今回の言ってることもわかる。
    あんたは周りに気つかってるからな。
    ややこしい人が来ると、自分が前に行く。

    うちもうさんくさい人やな、と思う。
    正体をちょっとづつ明かすって、知らんわ。なんやあやしい人やわ。

    またいつか書いてくれるの待ってますよ。

  43. 私の姪も一人、創大出ですよ。
    でもそんなややこしいことは言わへんで。

    すぱんと思ってることを言わないと、男のくせにそのくらいのこと、コソコソ小出しにしたらアカンで。
    何か心に一物あるか、ウソか、あんたの言い訳ばっかりの文章にでてますがな。
    私みたいなおばちゃんやモニカさんは、そんな文章にめちゃ腹たつねん。
    わかってや。

  44. 誰あてとかかくといやらしいので…

    ごめんなさい よくわかりません。

  45. カメレオンさん、個人の事情をお話してくださりありがとうございます。
    私はカメレオンさんのお気持ちがよくわかります。

    私も「悪の集団と知りつつこのまま創価学会に身をおいてていいのか」という気持ちと、
    「親身になってお世話してくれた恩人や少年部の頃からずっと一緒に頑張ってきた同級生は裏切れない」という気持ちの間で揺れ動いています。
    また母の姿を思い出してはやっぱり創価学会を離れられない、と私も未練たっぷりです。
    私はあの人が嫌だったとか、こう言われて嫌だったとか、そういうことより、学会に救ってもらった支えられたという感謝の気持ちのほうが強いから、なかなか未練を断ち切れないんだと思います。

    もともと学会に不満があって、
    すっぱり脱会した人には理解してもらえないのかもしれません。

  46. 花月さん、はじめまして。コメントありがとうございます。
    そうですか、常勝関西も脱会者続出ですか。
    このごろ関西の方とお話しすることが多くなりまして、関西のストレートな人柄に引かれています。先日、渋谷天外さんをはじめとした松竹新喜劇の役者さんたちとお友達になりまして、大阪の人ってぱっと見は雑に見えるけど(失礼)本質をズバッと言う気持ちよさが魅力的ですね。それとウィットにとんでるといいますか、ジョークのセンスがすばらしく、コミュニケーション能力が抜群だと感心しております。花月さんも、ほんとにそんな感じで話していただいて嬉しいです。これからもよろしくお願いします。
    モニカさんのことはほんとうに残念でした。常にこのブログを応援、サポートしていただいていたので、私の運営のまずさからこんなことになってしまいました。とても残念です。

  47. カメレオンさん、すみませんが、その持って回った言い方は、意図が伝わりにくくて、そのぶんあまり好感がもてないような気がして、すごく損しているような気がします。できればできるだけ簡潔にお話ししていただけませんか。

  48. ハナ子さん、コメントありがとうございます。
    複雑な胸の内を思い切ってお話ししていただいて感謝します。とても貴重なお話だと思います。あせらずに、よく考えた後で結論を出してください。
    これからもよろしくお願いします。

  49. 管理者さん、おおきに。
    こんなかんじでよろしければ、たまにお邪魔させていただきます。
    でもうち、けっこうきついおばちゃんやで。

    カメレオンさん、涙を耐えながらって...アホらし。
    あんたはな、自分のことばっかり考えてるからそんな安いことばっかりぐだぐだ言うねねん。そんなん恩情でもなんでもあらへん。
    恩情と創価は別に考えんとあきません。
    頭いいからわかっとるはずやのに、なんでわざわざ書くのか、そこがわからへん。
    一生懸命、つじつま合わせてるようにしかみえへんで。

  50. 花月さん、ドンピシャリのコメント気持ちがいいです。
    大阪出身の私の友人は、みなきついおばちゃんです(笑)。
    2人はミュージシャン、ひとりはデザイナーです。そのミュージシャンのひとりは綾戸智絵さんみたいな感じの歌手です。言うことはきついですが、裏表のない気持ちのいいヤツです。
    このブログはモニカさんと花月さんで仕切ってほしいくらいです。
    これからもよろしくお願いします。

  51. カメレオンさん

    触れたくなかったようなお話しをして下さりありがとうございました。
    でも、そこまで踏み込んで下さったのでカメレンさんの事が理解できました。
    こんなブログの世界で話さないと言う選択も出来たと思いますがあえて、お話しされたカメレオンさんの誠実さにこちらの人達も精一杯隠し事をせずにストレートに話していて良かったと思っているのではないでしょうか。

    創価組織のおかしさに何かしら気づいてそれらに折り合いを付けて在籍している人の心理状態を辞めて20数年経った私は気の毒だなあと思います。盲信者や組織から干渉されない立ち位置にいる人や組織の指示系統を屁とも思わない強者は別ですが。

    私は最期にカメレオンさんに断捨離することをお奨めします。50歳を境にいろいろな事が見えて来て分別がつき出した年代になりましたよね、捨てる決心をすれば新たに手に入る物もあると言う事もいろいろ経験されているでしょ?カメレオンさんより少し歳取ったおっさんはそう思います。

    モニカさん

    ちょっと、ヒートアップしてしまったのかもしれませんが、ここはモニカさんの書き込みを待っている同年代の悩める学会員さんが何人も訪れています。その人達にはモニカさんの書き込みは身近でとても助けになっています。GWも終わり、一息ついたらまた迷って、悩んでこちらにたどり着いた人の相談に乗ってあげられる事を私は期待します。
    創価の闇はそれを知って解決した人しか答えられないのですから。

    私は、やっぱり長くPC画面を見ると気分が悪くなりそうなので当分、寝ます。

  52. 花月さん

    >あんたはな、自分のことばっかり考えてるからそんな安いことばっかりぐだぐだ言うねねん。そんなん恩情でもなんでもあらへん。
    恩情と創価は別に考えんとあきません。

    じゃあさ、オレ的にはどうしたらいいのかな? 正直オレにはよくわかんないんだ。オレの場合、どうしたら自分のことだけじゃなくて、他人のことも考えることになるのかな? 花月さんの意見を聞かせてもらえないかな。

  53. カメレオンさん、またキャラ替えですか。カメレオンの名前にぴったりですね。花月さんがそんな言葉に乗ってくるわけないでしょ。いい大人がみっともないですよ。

  54. > カメレオンさん初めまして。

    (承認されればですが、申し訳なく思いまして。)
    ハナ子さんも仰るとおりIPアドレスを辿れば一目瞭然別人です。
    その前に考えも文章も違うんだけどな・・・。

    僕の過去の投稿はPCからと携帯からなのですが
    このデザインになってから携帯から投稿閲覧は出来ませんのでこれです。
    不審な串も通してないですよね?

    僕は創価から四年ほど前から退会はしていますが
    創価に対し感謝こそすれ恨みを抱いていることはありません。
    この辺がアンチの側からすれば
    同一視されたとすればされたところなのかもしれませんね。

    でも、それはそれ。
    創価に対する批判は日頃から容赦なくバンバン言っております。
    だって、現実的におかしな組織なんですから。

    また、創価に限らず、おかしいと思うことはアンチに対しても口にします。
    基本、この問題に対してはオブラートに包む気持ちは毛頭ありませんし
    僕の事を嫌う人間がいるのも承知の事です。

    例えばですね。
    自分を育ててくれた両親が、自分を救ってくれた恩人が
    今目の前であまりに解りやすい犯罪行為をしようとしてたらどうします?

    両親だから恩人だからと言って、一緒になって犯罪行為をしようと思います?
    見て見ぬ振りして放っておこうしますか?と言う事です。

    もっとも犯罪行為と言うのは解りやすくする譬えなのですが
    師匠が地獄へ向うなら弟子は喜んで地獄へお供する。
    いやいや、師匠が地獄へ向うと解ったなら弟子は師匠の恨みを買ってでも
    恩あればこそ必死に止めるでしょう。

    それはそうと、僕は創価学会の事を詐欺集団だと思っていません。
    この点がアンチの方から多大な反感を買っている様子ですが
    僕の場合は目的を見誤った勘違い集団だと思って見ています。
    池田さんの願いが世界平和であると言われても僕は別に否定する気もありません。
    現実問題僕は池田さんと直接話したことはないですからね。

    ただ、想像するに彼の中での世界平和と言うものは
    彼がファシストとなっての世界を鎮圧させた上での世界平和。
    ま、平たく言えば世界征服ですね。
    そう言う意味での世界平和ってのを彼は夢見ていたのではなかろうかと
    そう切り返し返答するわけです。

    詐欺は自分たちを悪人であるとちゃんと認識しています。
    悪人は捕まえてこっぴどく叱れば直ぐにその罪を認めます。
    ですから、悪人を改心させるのは割りと簡単。

    されど、創価の方々は自分たちを悪人であるとも認識してない。
    故に余計に手に負えない最悪の集団とも言えるわけです。
    その際たる勘違い野郎こそが創価学会と言う組織のとトップ
    池田大作と言う人ではなかろうかと。

    して、この四年間、僕はその犯人探しと言う観点よりも
    何故そうなってしまったかを、いろいろな角度から探り続けていると言う感じです。

  55. カメレオンさん、ハナ子さんもやな。

    うちは商売やとるから、お客さんとは学会員さんでも何でもニコニコしてずっとつき合っていかなあかん。今現在もや。エブリデイやで。
    ご近所さんかて家族かて親戚かてそうや。
    信仰が変わったからって、付き合いは付き合いやし、ええ人はええ人。感謝は感謝や。
    内部も外部もあらへん。学会でもそう習いましたがな。
    何も変わらしまへんよ。堂々としとったらよろしいやないですか。

    カメレオンさん、あんたは今は引っ越してひっそりやっとるんやろ。
    そんな大昔の数年の付き合いのことで、なんでそこまでこだわるんよ。
    あんた「組織と信仰は別」って言ってるやんか。
    組織って、いいも悪いも人間関係のことやんか。
    悪いもんだけ別で、いいもんは一緒かいな。
    あんたが一番いっしょくたにしとるで。
    何の説得力もあらへん。

    自分は特別なフーテンで、打ち出しの中で、これはやる、これはやらない、とうまくやってきた。だから自分だけは何にも振り回されなかった。
    そう言ってたやんか。
    ほんで今度は、僕は実は創大の大学院まで出た特別やから、どうしていいかわからない。身の処し方を教えてください。
    知らんがな。

    フーテンさんは賢くて、えらい先生になったらわからんのかいな。
    うちもあんたはカメレオンに見えるで。

  56. 花月さん

    こんなオレにアドバイスありがとう。

    前にも書いたんだけど、人間関係のことはsignifieさんがアドバイスしてくれたこともあって、今はオレなりに考え直してるとこなんだよ。

    でもさ、今オレが悩んでるのはここ↓なんだ。

    >創価大の安かった学費については、皆さん方元・現学会員の方々の身を削っての財務のお蔭であったことを思うと、とても複雑な気持ちになります。

    昔の学会員の人たちが身を削って寄付してくれたお金がなかったら創価大の学費の安さはなかった。学費の安い創価大がなかったら今のオレはなかった。こういうゼニカネのことなんだ、今オレが悩んでるのは。

    こういうオレの気持ち、大阪の人のゼニカネ感覚からしたら、どうなのかな?

  57. サクさん、ありがとう。

    まるさん
    >カメレオンさんも、出来れば回りくどい言い方ではなく、単純な言い回しを心がけていただけると、私のように読解力に乏しい人間にもわかりやすくなり、助かります。
    物を書くときの癖のようなものはおありでしょうが、お互いの理解のためにも、何卒わかりやすいコメントをお願いいたします。

    仰る通りです。私はネット上の書き込みなのに、論文みたいに(^^;かなり考えてから書く癖があります。ストレートな物言いが中々できません。今後気を付けます。ありがとう。

    ハナ子さん
    ハナ子さんは私がごつごつした回りくどい文章でしか表現できないことを、気張らずに、あたかも日常の何気ない会話のように表現してしまわれる。お人柄がしのばれます。今後ともよろしくお願い申し上げます。

    はるぽんさん
    私には脅すつもりなどこれっぽっちもありません。希望さんへの返信にも書いた通りです。

    三枝さん
    >私は最期にカメレオンさんに断捨離することをお奨めします。50歳を境にいろいろな事が見えて来て分別がつき出した年代になりましたよね、捨てる決心をすれば新たに手に入る物もあると言う事もいろいろ経験されているでしょ?カメレオンさんより少し歳取ったおっさんはそう思います。

    私は今年53です(水瓶座だから早生まれですが)。私がこのブログにたどり着いたのは、風の便りに創価同窓の集いがあるらしいことを耳にして、「5月3日 創価同窓の集い」で検索してみたことが始まりでした。その結果、創価同窓の集いの情報は一切得られず、代わりに池田氏不在に関するページの一つとしてこのページにたどり着いたわけでした。
     「捨てる決心をすれば新たに手に入る物もある」仰る通りだと思います。ちなみに私は今非常勤講師職をすっぱり辞めて、法律実務家としての人生を歩むべく方向転換しつつあるところです。

    賢皇さん、ありがとう。

  58. ところでカメレオンさんは大学に9年もおられたそうですが、文系の大学に9年間在籍するということは3年も留年したんですか?3年も留年した上でよく大学院に行けましたね。それとも創価大の大学院は5年も在籍が可能だったのですか?すごいですね。国立大の大学院の在籍可能な年数は4年までなのですが、創価大の大学院は何年まで在籍可能なのでしょうか。また、家が貧乏だったので授業料が安かった創価大に入ったとのことですが、私とさほど年齢が変わらない方でしたら、国立大学に入られたほうが創価大よりも格段に授業料は安かったと思います。当時カメレオンさんの歳での国立大の授業料は1年間で14〜19万円くらいだったと思います(ちなみにカメレオンさんより3歳年上の私は9万円でした)し、入学金だってバカ高かった私立大に較べれば国立大はタダみたいなものでしたよ。創価大の学費はそれよりも安かったんですか、知りませんでした。私がカメレオンさんだったら親に負担をかけないように頑張って普通に4年で卒業して働きますけどね。授業料を気にしながらも普通の人の倍以上も大学に在籍されたのは、なにか特別な理由があったのでしょうか。ちなみに私は国立大で大学院も含めて6年在籍しました。私は芸術系の学部でしたので法科のことはよくわかりませんが、たとえば創価大学は他の大学とは違って法科の学生で3年も留年したり、大学院に5年も在籍するのは珍しくないのでしょうか。私のうちも裕福ではありませんでしたから、大学院のときには大学から奨学金をもらいながら、学生部の活動はやめてバイトで生活してましたよ。卒業後はしばらく教職についたので奨学金は返さなくてもよくなりました。
    ここは創価大出身の方が数多くいらっしゃいますので、カメレオンさんでなくてもお答えくださってけっこうです。

  59. signifieさん

    どこでも同じだと思いますが(芸術系は違うのかもしれませんね)、大学院は最低でも修士課程が2年間、博士課程が3年間あります。

    前にも書きましたが、私は理数系が不得意だったんで、国公立はダメだったんですよ。

    これ以上個人的なことに関する詮索はどうかご勘弁ください。

  60. カメレオンさん、そうでしたか。失礼しました。素朴な疑問だったもので。するとカメレオンさんは法学博士なんですね。すごいですね。私は1年で修士課程を修了したので、芸術系のほうが特殊なのかもしれません。私のときは共通一次試験がまだないときで、芸術系は実技試験があるかわりに、数学が免除されましたので数学を勉強したのは高2までだったんですよ(笑)。これ以上詮索しませんので安心してください(^ν^)。法学博士のカメレオンさん、よかったら秘密保護法と集団的自衛権についてのお考えを教えて下さい。それと公明党をどのように見られていますか?

  61. signifieさん

    私は法学博士ではありません。では一体何なんだ?というのはもう止めにしていただくとして、一般的なことを言えば、私の頃は文系でオーバードクターしてまで博士課程在学中に博士論文を書いて博士号を取得する者はほぼ皆無だったと思います。ほとんどの者は満期(3年間)退学という形にしてまずは出身大や他大学の非常勤講師として働きはじめるものでした。博士号を取るほどの者は、その後教育に煩わされることなく研究に没頭できる環境に恵まれたごく一部なのではないかという気がします。

    私は民事法系を中心に勉強してきたものだから憲法・行政法系はさほど詳しいわけじゃありません。だから抽象的で大雑把な言い方しかできませんが、国民の自由を制限し、逆に国家の権力を増大させる方向に働く立法及び改・解憲には原則反対です(福祉問題も基本同じ原則から論じるべきだと思います・・・あ、これはひとまず関係ないですね)。公明党の動きを見る場合でも、そのような私の考え方の原則から判断しています。総じてかつての冬柴発言以来、公明党の動きとして賛同できるものは何一つありません。

  62. カメレオンさん、あんた面倒くさい人やな。
    むつかしい論文書いてる偉い先生がなんでわからんの?

    お金も安くついたんも、そんなんを一切ひっくるめて組織というんよ。それが組織の力なんよ。
    どんな気に食わん面があっても、組織があるからあんた勉強できたんやろ。
    今のオレはなかったんやろ。
    「僕は信仰と組織は別と言うてます。それだけは一貫してます」
    と悟ったように言うたかて、そんな単純なもんやないで。
    続けるにしても、辞めるにしてもや。

    あんたかて、こうやってインターネットで大勢と話すから気づくこともあるやろ。
    一人で本読んでわかることなんて知れてるねんで。
    その中でグダグダ言わんと、割り切ることは割り切って、みんな行動してるんやんか。
    組織なんてそんなもんやと、うまいことできるなら居たらよろしいし、悩むならさっさと脱会したらよろしいがな。
    最初の返事と同じやがな。何もケンカごしやないわ。
    これ以上言いようがないやんか。

    あんたとは話終わりや。
    もっと面白いコメント書く人、いっぱいおるで。

  63. signifieさん

    よかったら私の方から一つ些細な質問をさせてください。
    HNをsignifieとした理由についてです。
    signifie(signeによって意味されるもの)っていうのは、signeを敢えて二分割して、いわばそこからsignifiantをはぎ取ったものだと思うんですが、それ以外にsignifieさん独自の何か特別な意図とかがあるんですか?

  64. 花月さん、ありがとう。

    花月さんの言うこと、はっきり言ってオレにはまだよくわかんないことがいっぱいある。だけど最後に一つだけ言っとくよ。

    学校の先生は頭いい。これ間違ってるよ。はっきり言って。

  65. HNのシニフィエについてですが、特に特別な意味はありません。
    私の学生時代に流行っていた言葉で、私も学生時代から現代美術をやっていたものですから、当時(1980年前後)はフランスを中心とした現代哲学がもてはやされていた時期でもあり、現象学とか構造主義とかポストモダンとか、そんな小難しい言葉がファッションのように扱われていた時代のなかで、シニフィアン(意味するもの)とシニフィエ(意味されるもの)という概念がとても新鮮でした。これは現代美術が試行錯誤のあげくに行き着くコンセプチュアル・アートを支持する概念となっていました。なかば禅問答のような「概念としてのアート」はやがて行き詰まり、ただ新表現主義と言われる情念的な表現が台頭してくることになります。その後アートは時代の流れと同調して多様化が進み、主義とか流派などでくくれるようなものではなくなるので、21世紀になる頃には何でもありのアートシーンとなっていきます。
    今では三軒茶屋にシニフィアン・シニフィエという名前のパン屋さんがあるくらい軽い言葉になってしまいましたが、当時はとても新鮮な視点で、今でも頭の片隅に残っていたのでHNをシニフィエとしました。単にちょっとなつかしい言葉をつかっただけの話で、さほどたいした理由はありません。すみません。

  66. signifieさん、ありがとう。

    signifieさんからこんなお話を聞くと、ここのブログ本来の目的を忘れて、酒でも飲みながら語り合いたい気分になってしまいます。

    涙を堪えて(^^)自重しときます。ではまた!

  67. モニカです。
    ここの場だけで思ってることを書かせてください。

    私はカメレオンさんが(ナリスマシは置いといて)脱会者だな、とすぐ気づきましたが、yさんが「冷静な活動家」だと喜んで、三枝さんも学会員の端くれと思い一生懸命コメントしてるのを見て、すごく腹が立ちました。
    (ところでyさん、前に他の人が「職員の画策」と言ったことに対して、私はそうは思わないと否定したけど、自分からは言ってないですよ。私はyさんの正直さは見てますよ)
    ここは私にとっては、脱会前から愛読していた大切な場であり、コメントし合った皆さん全員に感謝してるんです。
    そんな中で茶番をやられるのは、私はすごく嫌なんです。

    どうして最初は学会員になりすます必要があったんでしょうね。
    「ここは脱会してるか、脱会の意思のない者は招かざる客なのか?」とまで啖呵をきったんですよ。
    問答のロジックにまでこだわる人が、コロコロと言ううことを変えたら信用できないと思われても仕方ないでしょう。

    コメントも
    「私は創価大学を出て、院までお世話になりました。が、いろいろな疑問が出てきて脱会しました。(或いは完全非活になりました)
    創価はかくかくしかじかこういうところがいけませんね。しかし、昔の友人や恩義を思うとすべて悪く言うのも複雑です。どう折り合いをつけていけばよいかアドバイスください」
    これでいいんじゃないですか。コメントを読むとただそういうことでしょう。

    返信はいりません。
    ただ私はそんなふうに思ってることをお伝えしたまでです。
    討論したいとか、言い争いしたいとかは思ってません。

    最後に花月さん、笑えるコメントありがとうございました。
    そのうちまた書こうと思います。

  68. モニカさん、せめて一言だけ言わせてください。

    私には茶番を演じてやろうという気持ちだけはこれっぽっちもありませんでした。

  69. カメレオンさん、このブログを最初から読み直していただいて恐縮です。私もいまだによく理解できないカメレオンの考えを理解しようと、もう一度読み直してみました。それで、以下にカメレオンさんのことばをいくつかピックアップしてみました。

    >私は大学生の時(もう30年ほど前のことになります)に入信しました。
     今も昔もマイペースで活動?しております。

    >いわゆる「いい大人」になってから自らの意思で入信を決意した私は、
     当初の活動からして良かれ悪しかれ自主的に選別していました。

    >私は信仰と組織とは全くの別物だと思っています。
     強調します。「全くの別物」です。

    >当時の聖教新聞紙上の幹部座談会では相も変わらず不毛な日顕宗批判・脱会幹部批判ばかりで心底あきれ返りました。その頃から今に至るまで、再び学会活動から遠ざかっています。もう10年程になるかもしれません。今まで「不即不離」という抽象的な言葉で濁してきましたが、事実を正直に語れば以上のような体たらくです。我ながら脱会者以上に辛辣かもしれません。

    >そんなこんなで従前申し上げたように「ご本尊・大聖人・御書直結の信心」というスローガンに一縷の望みをかけて学会に復帰しました。

    >なお今後私のことは脱会者とお考えください。

    >もう一つには(日蓮宗でも正宗でもない)いち日蓮信徒としての信仰は続けていきたいとの私の思いがあります。しかし創価学会という宗教組織は(私の場合「他のあらゆる宗教組織ともども」という条件が入りますが)消滅すべきだという一点においては一致するのではないかと思っています。

    >学会員がわが家を訪れることも全くありません。今はこのような生活を静かに続けていきたいと思っています。

    >敢えて言うとすれば、一切の組織に属さず、いち日蓮信徒として生きる選択肢の可能性についてでしょうか。

    >私は事実上の脱会者であることをここで公言しました

    >開き直って学会や学会員の方々のことを批判するのは、学会員・非学会員以前の、そもそも人の道として決してやってはならないことなのだ、という気持ちをどうしても払拭することができないのです。

    >じゃあさ、オレ的にはどうしたらいいのかな? 正直オレにはよくわかんないんだ。

    こうしてあらためて読んでみますと、カメレオンさんは組織から離れて10年、その途中で正式に脱会して、今後は学会ではなく、どんな組織にも属さず日蓮信徒として生きることを考えているということでしょうか。しかし創価の先輩には恩義を感じているから、創価の組織が悪だとわかっていても、完全に否定する気になれないということでしょうか。私はそのあたりがまだどうもよくわからないです。私もカメレオンさんとの対話を進めるために努力はしているつもりですが、最初からカメレオンさんの言いたいことが理解できませんでしたし、こうして読み返してみても、やはりカメレオンさんの立ち位置と、おっしゃっていることがどうもずれているような気がして、言葉がすなおに入ってこないんです。結局カメレオンさんは「自分でもよくわからなくて涙が出るほど悩んでいるから誰か教えてくれないか」と言いたいのでしょうか。いろんな例えや昔話ははぶいてけっこうですので、カメレオンさんの今現在の自分の立ち位置と、学会に対する考えと、このブログで何が言いたいのかを端的に述べていただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

  70. 別にカメレオンさんの話に矛盾は無いと思いますが?

    ちなみに
    > なお今後私のことは脱会者とお考えください。
    > 私は事実上の脱会者であることをここで公言しました

    この二行から伺えることは
    正式的には脱会していないと言う意味では?

    正式に脱会しているのなら「とお考えください。」とか「事実上の」などと言う表現は用いません。
    要するに創価に籍を置きながら、極ありがちな内部アンチと言う類ではないかと。

    また、内部アンチと言う括りで考えても
    信仰を捨てた人、信仰は捨ててないが組織を見限った人の両者います。

    カメレオンさんの立ち居地は、その中でも後者の方でしょう。

    また、内部アンチと言う括りも便宜上であり
    本来アンチとは対立する事を指しますが
    創価ほどの独善的な思想に対しては「従わない」と言うだけで
    充分にアンチの中に入れられることもあります。

    要するにカメレオンさんの立ち居地は
    創価に対し不用意に敵対しない、されど同調もしないと言う立ち位置なんじゃないですかね。

    ちなみに僕も、この立ち居地です。
    仏教は、本来、特定の人物や団体に敵対しない、親近しない。
    常にその中道を心がけるものです。

    僕も創価は捨てましたが仏教は捨ててませんからこの思想です。

    細かな環境や立場が違うのですが
    大枠的に共通する思考が見られますので
    大雑把に話を聞くと同一人物に思われてしまったと言うところがあったのだと思います。

  71. もう一つ言っておきます。

    私は自分が脱会してるのに
    「創価には感謝こそあれ、恨んでいません」
    「詐欺団体とは思いません」
    「自分だけは組織に翻弄も利用もされてません」
    などとわざわざアピールする人を、全く信用してません。

    ならなんで辞めたの?居ればいいんじゃないですか、と言いたくなりますね。

    そう言いたい得意な持論があるのか、自分は心が広いとでもアピールしたいのかわりませんが、このブログで言う感覚がわかりません。
    ここに来る脱会者は
    「創価の間違いに気づいた人が、討論ではなく対話により、まだの人の力になりたい」という管理人さんの趣旨に賛同して、コメントしています。
    これに不満があるなら、ステージが違うので、よそで好きなだけ発信したらいいと思いますよ。

    私も活動家時代、組織が楽しく悩みもなく平和にやっていましが、そんなことは創価問題を語るのに、全く別問題と思っています。
    個人的な感覚なんて無意味なんですよ。
    どんな持論を持ってようが、いい人だろうが、偏屈だろうが、クールだろうが、在籍していると加担になり、利用されてしまうのが創価という組織であり、その問題を問うべきと思いますね。

    同じことを創価の方が言うのならよくわかるし、誠実に対話しようと思いますけどね。

  72. signifieさん

    >今現在の自分の立ち位置
    「正式」の意味が「名簿登録の抹消を願い出た」の意味なら、「正式な脱会者」じゃありませんが、事実上の脱会者です。いち日蓮信徒として生きる気持ちは失っていません。

    >学会に対する考え
    理由についてはとりあえず置いといて、創価学会という宗教組織は消滅すべきだと思っています。そういう意味では完全に否定しています。

    >このブログで何が言いたいのか
    このページでのモニカさんへの返信に書いた通り、

    >まずは詐欺如何の問題、次に2世3世の方々の抱える独特の問題についての対話の可能性を示唆したつもりでした。ゆくゆくはマインドコントロールの問題についても対話する必要性を感じておりました。

    とりあえずはこういうことでした。

  73. >私も活動家時代、組織が楽しく悩みもなく平和にやっていましが、そんなことは創価問題を語るのに、全く別問題と思っています。

    そう、私もそう思います。カメレオンさんは何を問題にしているのかが私にはわからないんです。私の創価に対する(詐欺団体という)考え方でしょうか、このブログの主旨についてでしょうか、それとも自分の創価に対する考え方をアンチの人に問いたいのでしょうか。ここに創価に対するご自分の考え、つまりカメレオンさんにとって創価は肯定なのか否定なのか、どちらでもないのか(それを中道とは思えませんが)を披露することの意図がどうしても理解できないのです。
    私は創価の問題を語る上で、個人的な会員同士の恩義だとかをいっしょにするのは間違いだ思います。そうした思考には、いくらかでも創価が宗教であってほしいという思いが残っているからなのかなとも思います。
    実際にどれだけの人が創価の犠牲になっているのかを考えれば「創価の組織としての行ないは否定するけれども、創価によってできた会員同士のきずなまで否定はできない」というのは机上の考えでしかないと思います。あくまでも問題はどうやったら創価の実態に会員さんが気がつくのかということだと思います。

  74. モニカさん、お願いだから私の言葉を曲解はしないで下さい。

    >「創価には感謝こそあれ、恨んでいません」
    ある特定の学会員に感謝しているとは確かに言いました。学会に対しては、2世3世の方々とは違うものかもしれないが、私なりの怒りがある、と言った通りです。

    >「詐欺団体とは思いません」
    私の気持ちはこのページでのsignifieさんへの返信に
    >私個人はsignifieさんたちが「詐欺集団」という言葉を用いて表現したい心情は理解できないでもありません。
    と書いた通りです。

    >「自分だけは組織に翻弄も利用もされてません」
    私はむしろ「組織に利用・翻弄されているという感覚を持つ2世・3世の方々の気持ちが1世の私にはよくわからない」というふうに書いたと思います。少なくとも私の気持ちとしては自分のことを強調したかったんじゃなく、2世・3世の方々の気持ちを理解したかったんです。

  75. signifieさん

    >私は創価の問題を語る上で、個人的な会員同士の恩義だとかをいっしょにするのは間違いだ思います。

    もう何度も言いました。この点は反省してます。

  76. モニカさん、一つだけ質問させてください。

    >私はカメレオンさんが(ナリスマシは置いといて)脱会者だな、とすぐ気づきました

    なぜそのこと(脱会者だと気付いたこと)を最初に言わず、むしろなりすまし云々の方だけを問題にしたのですか?

  77. >モニカさん、お願いだから私の言葉を曲解はしないで下さい。

    カメレオンさん宛だけってわけじゃなくて、そういう脱会者宛てですよ。

  78. >創価学会という宗教組織は消滅すべきだと思っています。そういう意味では完全に否定しています。

    という人が、自分はフーテンだけど現在も活動している学会員なんだと言い張ったり、

    >私は信仰と組織とは全くの別物だと思っています。
     強調します。「全くの別物」です。

    これだけは一貫していますよと言ってた人が、30年前の学友や恩義や学費の安さに未だ悩み、それらを信仰と切り離せず、涙を湛えてどうしていいかわからないんだ…と相談する。(40代の私から見ても信じがたい光景です…)

    創価大学出身なんて別にどうってことないことを、特別な事情ですと後で大げさに打ち明ける。
    要するに一切が不信に見えると言いたいんですよ。

    こんな議論しても不毛なのでやめたいんですけど、私がいうそういう脱会者は信用してません、というのはそこなんです。
    何が言いたいのかわからないし、ウソもつくし、ブログの趣旨も理解しない。
    前来られた国常立尊さんも、完全非活で「創価には恨みなどこれっぽちも抱いてない」とわざわざ書いてました。
    あの方も個人信仰でしたね。

    個人信仰がどうのとは言いませんが、自分が信仰を持ってる道徳観と「創価が犯罪組織である」ということは切り離して考えてほしいと思います。

    前にも書きましたけど、私はほんの何か月前まで創価の庭を乱舞してました。
    が、そんな血迷った思い出にうっとりしてる暇があったら、コメントの一つでも書いて、創価を衰退させたいですよ。

  79. 両方言ってますよ。
    どっちであろうと、いろんなウソは見えました。
    例えば、問答のロジックにこだわる人が、学会に居続ける理由を「自分でもわからない」とは言わないし、「付き合いや温情と組織は分けて考える」ことなど、論点としては明白で、指摘されてから気づくなんて有り得ない。
    ここまで理論を言う人が、部分部分、借りてきたことを言うなと。

    ともあれこんなことで論争はやめにしましょう。

  80. 見ず知らずの人に、挨拶もなしにいきなりしゃべりかけられたらいやな気持ちになるのがわからないような人のコメントは承認しませんと何度も書いています。何度も何度も言いますが、ここは言いっぱなしが許される巨大掲示板ではありません。

  81. ちょっと一息つきましょう。  軽いジョーダンですがこのブログのはじめのころ、てっきり私は知ってる!
    シニフィエさんってあのパン屋のおじさんだなと思ってました
    たまたまタイミングよく書店で写真入りの雑誌がでてたものでじっくり見てしまいました
    よく考えればそんなわけないのにね、お笑いです

    モニカさん
       切れの良いコメント待ってますよ~
       モニカさんの居場所はこのブログですよ~

  82. う〜ん。。Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
    モニカさん、どうされちゃったのかな。。

    わたしは、自分の書き込みがシニフィエさんに削除されちゃってから、きっとわたしは、ここではお邪魔虫なんだろうな、と思って。。
    正直、それは却ってありがとう、って気持ちでもう書き込みはヤメるつもりでしたが。。

    なんとなくまた、しゃしゃり出てしまいゴメンなさい、管理人さん。。

    ここの場は文字だけですから、正直言ってその人となりの真意は分かりにくいのがほんとうだと思います。
    でも、正直言って、ちょっと前のノブさんのコメントなんか、わたしは好きですね。まったく同じように見えているのだと思います。ノブさんとわたし。。

    カメレオンさんは、まさにHNのごとし。。クルクルと周りのコメントに合わせて色が変わる。。
    ハタで見ていて面白かったですよ。。

    ポラリスさん。。身近な婦人部に、いかにも居るって感じの方。。
    わたしの身近にもいますよ。。配達員を何十年もされていて池田先生ラブリーな方。。
    実際に会ったことがないからか師匠への憧れが半端ない人。。

    少年部の頃から師匠への想いが、どんどん肥大しちゃったみたいな。。
    ゴメンなさい。。こんな言いたかして。。
    やっぱりわたし、上から目線でしょうか。。?

    この投稿、果たして載るか不安ですが。。
    モニカさんにエールを込めて、のこのことまたゴメンなさい。。

    多分、これが最後だと思います。。

  83. モニカさん

    > 私は自分が脱会してるのに
    > 「創価には感謝こそあれ、恨んでいません」
    > 「詐欺団体とは思いません」
    > 「自分だけは組織に翻弄も利用もされてません」
    > などとわざわざアピールする人を、全く信用してません。

    喰らいつきますねー。
    喰らいつかなければスルーするつもりでしたが。
    こちらとすれば最初から信用されようと言うアピールなどしませんと言うのが答えです。

    と、その前にカメレオンさんに嘘つき呼ばわりしてますが

    > 2014年5月9日 at 06:53
    >
    > カメレオンさん、管理人さん
    >
    > 理由はどうあれ、投稿ではなく、ただの陰口を言ってしまったことに自分は最低だと思ってます。
    > 他人にルールやマナーを守ってという資格は私にはありません。
    > ネットにコメントを書く資格もありません。
    > 申し訳ないんですが、それでモチベーションがさがり、決着をつけようとする気持ち自体が持てなくなりました。
    > 創価問題、書き込み一切に、です。

    この書き込みはどうなったんですか?
    これは嘘?
    それとも嘘じゃない?

    数ヶ月前に
    「私はあなた達みたいな弱い信心じゃない、私は一生創価学会に付いて行きます。」

    と言った発言は
    嘘だったのですか?
    嘘じゃなかったのですか?

    これらは一時の感情で、その時は本気だから嘘ではないと言うなら
    それは嘘より手が追えないものだと思います。

    「詐欺団体とは思いません」は
    詐欺団体より手が追えない団体だと言っている意味をご理解いただけてますか?

    もう一つ。
    「個人信仰」と言う事について。

    よく創価や大石寺の信者から「個人信仰」と言われますが
    僕の場合は、それはハッキリと否と言います。

    これは

    > ならなんで辞めたの?居ればいいんじゃないですか、と言いたくなりますね。

    に対する返答になるかとも思うのですが
    辞める辞めないの理由なんて人それぞれですよ。

    通常、辞める人って、その組織からの縁切りを希望する人が多いのですが
    僕の場合はその逆です。
    縁を創価と言う組織だけに留めたくなかったからです。

    考え方とすれば、新たな一派を作るのではなく
    既存の宗派がなるだけ一つの宗派に纏まってくれないかなと言う事です。

    一派に属すると、一派の事しか考えなくなりますが
    セクショナリズムの破壊、壁の破壊により、全てを一つにしてしまおうという考えです。

    その為には先ず自分の一派を作らない、何処かの一派に属さない
    何処かの一派を切り捨てない
    自分の信者を作らないと言う事です。

    創価を始め他の信仰団体との法論は望みますが
    他の信仰団体を自分たちの信仰団体に取り込もうとするのではなく
    それぞれの信仰団体が教義を持ち寄り
    妥協なき上の徹底した法論の上での教義統一です。

    最初は創価のデタラメ教義に毛が生えたものかな始めておりますが
    他宗派の信者と対話を交え、書物を読み
    ある程度の骨格は出来てきているとは思います。

    日蓮の教えは各宗派に広がり様々な派閥が生じていますが元は一つです。
    仏教が世界各国に広がり様々な派閥が生じていますが元は一つです。
    やれ、キリスト、イスラム、ヒンズーなんてありますが元は一つです。

    元は一つであらば徹底した法論の上での教義統一と言うのは物理的には可能なはずですから。
    要するに「個人信仰」と言う考えとは真逆であると言う事を
    これで理解していただければと思うわけです。

    もちろん、こんな考え、自分が死ぬまでに到達出来るわけはない。
    ですからこれはあくまで、せめてもの足掛かりってところですね。

  84. signifieさん、あなた自身がこのご自分の文章の中で批判している人たちに対してだよ。そして承認権限を持つあなた自身に対してだよ。

  85. これで、こういう脱会者がどんなタイプで、何を言いたいかよくわかったと思います。

    サラマンダラさん、ちゃんとした他のコメントは書きたい気持ちになったら書きます。

  86. >見ず知らずの人に、挨拶もなしにいきなりしゃべりかけられたらいやな気持ちになるのがわからないような人のコメントは承認しませんと何度も書いています。何度も何度も言いますが、ここは言いっぱなしが許される巨大掲示板ではありません。

    __カメレオンさん、どなたに対して言っておられるのですか?

    >signifieさん、あなた自身がこのご自分の文章の中で批判している人たちに対してだよ。そして承認権限を持つあなた自身に対してだよ。

    __カメレオンさん、失礼ですが、情緒が不安定なのではないですか?

    カメレオンさんは、このブログの管理者である私に「ここは言いっぱなしが許される巨大掲示板ではありません。」と言っているのですか?どういう意味ですか?ほんとうにわけがわかりません。私はカメレオンさんのコメントをすべて承認してきました。私は自分でもかなり努力してきたつもりですし、なんとか同じステージで対話ができないものかと譲歩もしてきました。昔のことやたとえ話はいいですから、わかるようにお話しくださいとお願いもしてきました。しかしこれ以上このブログを混乱させるようなコメントをされるのであれば、承認するわけにはいきません。結局、あなたのコメントにまともな対話の意志を見出すことができませんので、これから先は承認しませんのでご了解ください。お元気で。

    それから堅皇さん、もうカメレオンさんは登場しませんので、そのことについてモニカさんと討論しても意味がありませんのでやめにしてください。不満があれば、これまでのように、よその掲示板でやってください。よろしくお願いします。お疲れさまでした。

    モニカさん、というわけで、カメレオンさんと堅皇さんとのことでバトルをする必要はなくなりましたので、以前のように創価問題についての鋭い切り口のコメントをお待ちしています。

  87. いろいろありがとうございました。

    最後に一言だけ。
    カメレオンさん、気づいていますか。

    >signifieさん
    そして承認権限を持つあなた自身に対してだよ。

    カメレオンさんの今回初めてという一連の投稿は、すべて承認されています。
    この言葉は、過去に未承認され、またそのことに執拗に恨みを感じている人しか出てこない言葉です。

    私はこれ以上この件を追及しませんし、怒ってもいません。
    もともと切り替えだけは抜群に早いですからね。
    私はただただ、この秀逸なブログの中で皆さんのコメントに力をもらいつつ、創価の衰退に協力したいだけなんです。
    その障害になるものには苦言を発しますが、そんなことより、ここでのテーマに沿った対話にしか興味がありません。

    最後に一連のコメントでうんざりした気持ちになった方には、深くお詫び申し上げます。

  88. signifieさん、あなたがこんなにも小粒な人間だとは思わなかったよ。完全にオレの見誤りだった。さよなら。

  89. はい、私は小粒な人間です。正義の味方でも聖人(せいじん)でもありません。2年前まで人生を完全に見誤っていた大バカ野郎です。ですから、自分の価値観など信じちゃいません。だからこそ自分の考えをひけらかすほど愚かにはなりたくないと思っています。私がなぜカメレオンさんを出禁にしたかを他人のせいにする前に、自分の胸に手を当てるのが仏教徒の姿ではないでしょうか。
    そういえば、カメレオンさんとよく似た議論のための議論好きの春田の蛙さんからお呼びがかかっていましたよ。そこで思いきり私を罵倒して楽しんではいかがでしょう。でもそうなると創価と一緒ですね。失礼しました。

  90. 流れ星さん、モニカさん、せっかくこのブログで対話できる場を作ってもらっているんですから、最後と言わずコメントされたらいかがですか
    確かな管理人さんによって仕切られているのですから
    承認されようとされまいとそれはシニフィエさんのブログなんですからテーマからそれたものは致し方ないですよね
    いろんな思い考えがあってもいいのでは仕切るのはシニフィエさんなんですから
    お二人のコメント楽しみにお待ちしております
    シニフィエさん自分のブログみたいなこと言っちゃってすみません

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中