集団的自衛権についての創価学会見解

先日、貴重なコメントをいただきました「白バラ通信」の希望さんが下記のとおり記事を載せられていました。

先日、産經新聞に掲載された集団的自衛権についての創価学会見解です。また他の一般紙にも掲載されていますが、なぜか本家の聖教新聞には一言もありません。

いずれにせよ、これは全学会員が注目すべき、また実際の今後の成り行きを見守るべき内容だと思いますので、ここに掲載させていただきます。

____________________________

 

5月17日に、創価学会広報室は、下記のような集団的自衛権に関するコメン卜を発表したとのことです。

以下、産経新聞の記事をご紹介致します

 記

 創価学会広報室の見解全文2014.5.17 20:22 

 私どもの集団的自衛権に関する基本的な考え方は、これまで積み上げられてきた憲法第9条についての政府見解を支持しております。したがって、集団的自衛権を限定的にせよ行使するという場合には、本来、憲法改正手続きを経るべきであると思っております。集団的自衛権の問題に関しては、今後の協議を見守っておりますが、国民を交えた、慎重の上にも慎重を期した議論によって、歴史の評価に耐えうる賢明な結論を出されることを望みます。

 以上

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140517/stt14051720220005-n1.htm

 

上記のコメン卜は、創価学会広報室が「本当に」発表したものなのでしょうか。創価学会本部は、「本気で」この見解を出したのでしょうか。

 5月17日と18曰の聖教新聞には、このコメン卜に関する記事は全く見当たりません。もしかすると、私が見落しているのかもしれません。上記のコメントが掲載されていることにお気付きの方は、コメン卜欄でお知らせ頂ければ幸いです。

 なぜ、「本当に」と「本気で」という言葉を用いたかは単純明快です。もし、「本当に」、しかも「本気で」、集団的自衛権の問題を考えているのであれば、聖教新間の第一面に堂々と大きな見出しで掲載すべきではないでしょうか。

 ところが、聖教新聞の5月17日と18日の第一面には、このコメントは見当たりません。実に不可解なことです。

 本日18日の一面には、中国の天津外国語大学から池田大作名誉会長に名誉教授称号が与えられたとの記事が大きく掲載されています。しかも、池田名誉会長が、この大学に贈った「漢詩」が紹介されています。

 この一面の構成に、私は思わず笑ってしまいました。日本と世界の将来を大きく左右する集団的自衛権に関するコメントをマスメディアに公表したにも関わらず、なぜ、聖教新聞には全く掲載しないのでしょうか。

 創価学会員に対して、「池田先生からのお手紙」と指導している創価学会の機関誌で、なぜ、このコメントを取り上げないのでしょうか。なぜ、公称550万部で、しかも、テレビでコマーシャルを流している聖教新聞に掲載しないのでしょうか。

 今回の集団的衛権の問題が、創価学会池田力ル卜一派の正体を、国民の皆様方に認識して頂く絶好の機会となることは間違いありません。創価学会池田カルト一派は崩壊前夜を迎えていると感じているのは、私だけでしょうか。

__________________________

創価学会員のみなさん。上記の内容からもわかるとおり、創価学会は「集団的自衛権を限定的にせよ行使するという場合には、本来、憲法改正手続きを経るべきであると思っております。」とはっきり打ち出しています。みなさんこれをよく憶えておいてください。そして、こんな大事な発表を一般紙には載せておきながら、聖教新聞には(本来、トップに載せるべき内容ですが)一言も載せないという事実も憶えておいてください。

集団的自衛権についての創価学会見解」への7件のフィードバック

  1. むしろ学会内部からXデイを望んでいるのかもしれませんね

    みなさんのコメント切実な思いで拝見しています。

  2. ちなみに 以下は、石破幹事長の記者会見です。

    Q. 朝日新聞の三輪です。週末に朝日新聞にも掲載したのですが、公明党の支持母体である創価学会が、憲法解釈の変更というものに関しては反対であり、憲法を改正すべきだといったコメントを出されました。改めて受け止めをお聞かせください。また、この発言が今後の与党協議に影響を与えるかということについても、幹事長のご所見をお聞かせください。

    A. それは政教分離ということで、公明党としては多くの支持層の方々の支持を得て、党運営をしておられるということだと思います。しかし、有力な支持団体である創価学会から、そのようなコメントが出ているということは、それは創価学会としてのご決定なのか、その辺は私どもは全くうかがい知る立場にはありません。また、取り立てて詮索をするということもしてはいけないことだと思っております。そこに書かれている、「慎重の上にも、慎重に」というような表現だったと思いますが、私どもとして、与党を支持してくだっている多くの方々に対して、まず何をしなければならないのかということのご理解を賜るということからをやっていかなければなりません。そこに書いてあるような、いろいろな含意というものを、我々としてもよく認識しながら、今後の議論をしたいということであります。これ以上のコメントはなかなかできないのでありまして、創価学会の中のいろいろな意見形成の過程等々、私どもからあれこれ申し上げる立場にはありません。

  3. 創価学会の意見と世論が一致しない場合公明党はどうするんですかねぇ
    学会員だって意見まとまらないはずなのに、会の総意みたく発表するの不愉快ですねー

  4. ちょっと話がずれて恐縮ですが、いまだに女性の人権がないイランでは女性がユーチューブを閲覧することさえ法律で禁じているそうです。それは宗教上の理由からというこということなんですけど、ちょっと驚きですね。

    宗教が政治と関わるとろくなことにならないと思います。暗黒のローマ時代なんかもそうですが、それは人類の歴史が如実に物語っていますよね。創価は宗教ではないですが、宗教であるという建前で存在していますし、公明党の政治理念も当然創価の思想から発しているわけです。

    私、思うんですが、たとえ百歩譲って創価が宗教だとしても、鎌倉時代の日蓮さんの考えを今の民主主義の政治に取り入れていいものでしょうか。日本が民主主義になったのは戦後。つまりほんの70年前までは、女性に選挙権さえなかったのです。それを700年前の日蓮さんの教義に即した政治が、民主主義に適応できるわけがないと思うのです。創価では王仏冥合といい、公明党は政教分離といい、実際のところ公明党は創価の悪に目をつぶってもらうための自民党の太鼓持ちでしかなく。だからこそ集団的自衛権も、憲法改正も、原発再稼働も海外輸出も自民党に右へ倣いなんですよね。公明党に独自の政治理念なんかありはしません。自分(創価)のことしか考えてないですからね(自分のことしか考えていないのはどこの政治家も同じですが)。そのこともなにもわからないまま、学会員は目の色変えて公明票を集めてまわります。
    学会員さんに伺いたいのは、公明党のどこが民主主義なんですか?創価学会の組織はどうみても池田氏の独裁そのものでしょう。そんな団体に民主主義を語る資格があるのでしょうか?と。

  5. そうですよね。
    ネット閲覧の規制がかかってる国には同情しますが、日本でも一部ありますねえ!
    「ネットは見るな!見るならSOKAネットだ」
    …独裁ですよね。

  6. 5月26日に、30年真剣に信じてきた創価学会を退会しました。
    20歳で入信、21歳で1世帯の折伏と同時に創価班大学校入校。班長・地区リーダー・部長・副本部長・分区牙城会委員長と、青春のすべてを創価に捧げてきたといってもいいでしょう。派遣で地区部長をしていましたが、組織の打ち出しに対する疑問がとうとう臨界点を越え、地区部長を降りると同時に地元では副支部長専任と任命されました。もとより参加する気はさらさらありませんでしたが、会合には出ないでほしい旨、区本部長より出禁指示があり。組織活動に疑問をもつ以上、活動家の輪を、心を乱さないでほしい、と。
    区本部長、支部長を自宅に呼んで、真剣に話しました。なぜ僕があれだけ一生懸命やっていた創価学会をやめるに至ったかを。
    残念なのは、学会は好戦的なところが強く、優しい、柔軟な宗教や宗教家に対して、舌鋒鋭くコテンパンに破折するくせに、僕には、「今後、創価学会のことを、悪くいわないでください!」
    えーっ??あれだけニッケン宗を叩きまくってきたのに?
    僕は言いました。「ぼくはまったく変わりません。悪に対しては今までと同じく、攻め続けます。」
    区本部長は言いました。「創価学会がもし、キミがいうのと違って正しかったら、間違いなく罰が出ますよ。」
    最後に僕はこう言って2時間近い対話が終わりました。
    「池田先生も言っていたように『人間のための宗教が宗教のための人間になったら、創価学会も邪教になる』ですよね。ぼくは今、確信しています。創価学会は、間違いなく邪教です。」

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中