元気だけど消息不明の池田氏

コメントが50を超えましたので、新しいページに移ります。

ここからのコメントはこちらにお願いします。

さきほど犬好きアラフォーさんから、今日の聖教新聞に池田氏のメッセージが載っているとのコメントをいただきました。聖教新聞のHPを見るとたしかにしっかりとした文章が載っていますね。

2014-05-28

載っているのはメッセージ全文ではなくて、一部のようですから、全体はかなり長いものなのでしょう。ここまで文章を書く暇があるなら、せっかく全国から幹部が集まってきてくれているのですから、ちょっとだけでも新宿の会場に来て話せば、参加もどんなにか喜んで士気も上がるんでしょうけどね。もう、絶対何があっても池田氏は人前に姿を見せないでしょうね。まあ、それはそれで構わないんですが、学会員さんはほんとにそれでいいんでしょうかね。何もおかしいと思わないんでしょうか。自分の会社の社長が社員の前に4年も姿を現さなかったら、この会社大丈夫か?って普通思いますよね。とくに信心の根本は師弟不二だ〜ってずっと言ってきたその本人がバッくれてしまって、弟子はなんとも思わないんでしょうか。ほんと不思議な集団です。その点について、活動家の方から納得のいくお話を聞かせていただけるとあいがたいです。活動家のみなさま、ぜひお待ちしています。

広告

元気だけど消息不明の池田氏」への21件のフィードバック

  1. ロムに戻ったのに出てきてすいません。

    永遠の指導者といっても人間ですから、病気にもなるしいつかはなくなってしまうという理屈はわかります。今は死後のことを考えて露出を控えてるというのであれば、中途半端にメッセージだけ出すのやめてほしいですよね。
    メッセージ出せるんなら姿も見せなさいよ!って感じです。
    死ぬ瞬間まで指導を続けるなら、ありのままの姿を見せて指導もすればいいのだし、会員に師匠がいないという状況に慣れさせるつもりで姿を隠してるなら、もうメッセージも控えて欲しいです。
    大体、生きてるうちに永遠の指導者なんて決めてるのっておかしいと思います。人間なんだから生きてるうちには考えとかも変わったりして以前は素晴らしい指導者だったとしても歳を取るにつれて醜い人間性をさらすことだってあるわけですから。死後に検証してから永遠の指導者に決めるのが普通だと思います。今の池田氏のご指導に従ってると道を踏み誤ります。選挙の時の激励とか絶対やめていただきたい。

  2. こんにちは。
    現場では4年も姿を現さないことは、禁句のようになっています。
    そんな暗黙のルールになっています。
    4年という長過ぎる年月が、会員の間では、「センセイは人前には出られる状態ではないのだろう」とわかってはいても、言えない雰囲気です。

    私が、この間 地区幹部以上の支部の会合で「センセイの姿は無理だとしても、声だけでも聞きたいと思いませんか?同時放送の最後に声のメッセージだけでも聞きたいですね」と発言してみました。

    先月の同時放送の映像は、15年前の映像でした。

    皆さんは何も言わずに変な空気に。
    すると担当で入っていた幹部が「センセイもお年ですからね。でも人間革命の執筆や、随筆などでメッセージを通して毎日のように激励をしてくれています。有難い事ですね」と答えになっていない答えが返されました。

    最近よく思うのが、本部職員は、裏側を知る立場であるので、会員よりも間違いに気がついている人が大勢いると思うのですが、それでも真実の声をあげられないのは、言い方は悪いですが、それでメシを食っているからでしょうか。

  3. 創価のことを思考停止を言いますが、宗教とはそういうもの。思考停止を求められられるものなんでしょうね。
    だからこそ信じられる。
    余計なことを考えたら、そこまで信じきれません。
    何を問いかけてもノーリアクションな人たちを見てそう思います。

    学会員さんはなぜ、他の宗教じゃなくて創価がいいのか?それは
    「他の宗教は気休めだけど、この宗教だけは違う。現実に願いが叶う!」
    ただこの一点なんですよね。
    それが頭の殆どすべてを占めている。

    このためなら、面倒くさいことも目をつむって我慢するわ。
    誹謗、中傷なんか無視すればいい。
    頭を空っぽにして耳をふさぐわ。

    無意識にでもこんな取引をしてるんでしょう。

    事実、学会員さんのブログに、師を案じる言葉なんて見当たりません。
    それより自分の課題、悩みをいかに克服するか…そういう決意のようなコメントでいっぱいです。

  4. レモンさん
    >本部職員は、裏側を知る立場であるので、会員よりも間違いに気がついている人が大勢いると思うのですが、それでも真実の声をあげられないのは、言い方は悪いですが、それでメシを食っているからでしょうか。

    もちろんそうです。
    側近など、口止め料に莫大な金額貰ってますよ。
    裏切りは査問、拷問のようなヤクザと同じ世界でしょうね。

  5. 学会員のみなさんは「たとえ組織に疑問を持っていても会員は何も言えないような創価学会」をどのように思っているのでしょうね。それとも功徳があって、自分が幸せと思えれば、組織の疑問なんてどうでもいいことなのでしょうかね。

  6. 私の地域の組織からまた一人、支部長クラスの人が非活になったようです。

    その方は私も良く知ってる人で、会員さんの面倒見が大変良い人でした。
    理由はわかりませんが・・・。

    今の末端の会員で池田老人が元気だと思ってる人は
    殆どいないのじゃないでしょうか。

    ただ、田舎ほど組織の昔ながらの人間関係で止められずに
    いるだけではないかと思います。高齢者が体力的に
    組織に出られないのは別にしても。

    私が非活になった頃は、地区では組織を離れると罰が出るぞ!と
    地区婦人部長が叫んで廻ったそうです。

    特に罰が出たとも感じていませんが。

    なんか逆に可愛そうな気がします。その婦人部長も昔は、
    可憐なヤングミセスで地区の花だったのですけどね。

    それにしても創価の大罪は許せませんね!

  7. 北斗七星さん今晩は
    ひょっとして、その方はこのブログで目覚めたかもね 
    そう思わせるくらいこのブログでの皆さんの語りは学会員の心を揺さぶっている気がします。だってすべてが真実を吐露されているんですものね
    非活になっている皆さんこのブログにコメントください
    愚痴ってください。いろんな方のお話を聞きたいです
    これだけ思いのたけを語れるブログはありませんよ!覚醒しましょう

  8. サラマンダラさんコメントありがとうございます。
    私もこのブログで随分癒されました。

    さらにアクセスが伸びて多くの方が覚醒して
    欲しいですね!

    これからもよろしく!

  9. シニフィエさん、ご無沙汰しましたノーティムです。池田氏の不在についてですが、めがねさんのご意見に思わず膝を打ちましたw
    まったくですね。
    あれこれ詭弁を弄していますが、大半の会員は口に出さないだけで察していると思いますよ。
    一部のお花畑を除いてはwだいたい、名誉大好き人間がどうして顕彰の晴れ舞台に現れないのか?
    授賞する側が、海外からわざわざ出向いて下さっているのに顔も出さないって失礼じゃないですかね。
    辞退すべきじゃないかと思うんですが…いや、自らかき集めたコレクションだからそんな選択はないか(爆)それに、現場の幹部にしても大本営発表を本気で信じてる人は少ないような気がします。むしろ、会員の口封じに必死の演技のように見える時がありますよ。
    もう馬鹿馬鹿しくて。
    下手に反論などして、倍返しの指導なんかされちゃ堪りませんからスルーを極め込んでますがねw

  10. サラマンダラさん、本当にそうですよね。

    ここに寄せられるコメントは、プロが商売で書いているものではありません。
    ふつうの人が、素直に本音を書いてるブログです。
    意地悪もありません。

    茶番、なりすまし、ひやかしには目を光らせています。
    信用できる場にしたいからです。
    ネットなんて、所詮信用できないと言わせたくない。

    ここを誠実を自負する学員さんが見て、負けないくらい誠実な場にしたいのです。
    ネットはデマと聞いてたけど、この人たちのいうことは信用できる。ウソは言ってないのがわかる。話を聞くだけ聞いてみようか…
    そういういう場になったら、多くの学会員さんが見てくれると思います。

  11. シニフィエさん、みなさん、はじめまして。

    非活の46歳独身、壮年部で二世の528と申します。

    こちらのブログは去年の夏頃から(「芸術と宗教」の記事)拝見させて頂いております。

    今年に入り時間のある時に過去記事を投稿順にコメントも含めて読ませて頂きました。

    シニフィエさんやみなさんの心からの言葉に共感したり、沢山の気づきや学びがあり本当に感謝しております。

    活動歴は男子部時代はそれなりに活動して牙城会と守る会も経験しましたが、40歳を過ぎて壮年部になってからは本幹の同放、座談会などにも参加しなくなりました。

    数年前に当時の幹部が無断で代筆したことがきっかけで財務をやめ、去年から新聞購読もやめ、7月にあった参院選で初めて公明党以外の候補に投票して、新本部完成の署名も断りました。

    3.11以降、僕よりも早くネットで色々と情報を仕入れていた仲の良い会員さんの言葉や複数の友人から子宮頸がんワクチン接種の危険性を指摘されたことなどから少しづつ覚醒をしていましたが、それでもまだ創価学会と公明党の行く末を危惧していた感じで脱会までは考えていませんでした。

    決定的な衝撃だった情報は大木道惠さんのブログで読んだ池田氏の入信神話でした。

    大木道惠さんのブログ記事(2013.6.22)
    http://siawaseo.exblog.jp/19031873/

    小説『人間革命』なら「フィクションですから」と否定出来ても、ご丁寧に創価学会公式HPでも『人間革命』の入信神話がはっきりと掲示されていて、池田氏の師匠・戸田氏との出会いと信仰するきっかけとなった出来事を特別なモノとして演出し事実を偽る姿勢に、「そもそも池田氏自身に信心や師弟不二なんかなかったんだ」と納得しました。
    (創価学会は竹入氏の学歴詐称をあれだけ口汚く罵っていたのに…これは池田氏や創価学会にとってはインチキではないのですか?)

    大木さんが「嘘を事実であるかのように教える人物や教団がまともであると言えるでしょうか。これは、「悪口罵倒」ではなく、池田氏の言葉を「文証」とした指摘です。」と指摘していますが全くその通りで、一事が万事、全て信用出来なくなりました。

    こちらのブログでシニフィエさんやみなさんが仰られている通り創価学会は日蓮仏法を利用した確信犯な詐欺団体だと思います。

    脱会はXデーか親の死後と考えていましたが、思ったよりも早くそれが来たので自分の気持ちが落ち着いたら信濃町の本部に脱会届を出します。

    僕の世代は生まれた時からずっと刷り込まれてきましたのでまだ抵抗がありますが今後は神社仏閣への見学などをしつつ特定の宗教は持たずに生かされていることに感謝しながら天寿を全うし、葬儀はせずに墓にも入らず散骨で人生を終えられたら…と思っています。

    成仏や宇宙と生命を貫く根源の一法とも言っている題目を否定はしませんが、成仏やその一法があるとしても、そこにアクセスする方法は題目だけではないのでは?と今は思えます。

    これまで生きるベースになっていた法華経や日蓮仏法をもっと探求したいとの気持ちも失せ、特に魅力を感じなくなりました。

    なので勤行唱題もしていません。

    何がきっかけで気づくかは人それぞれだと思いますが、このブログのみなさんの心からの言葉を読み続けていけば必ずどこかで気づく時が来ると思います。

    どうかご自分のペースで覚醒への道を一歩づつ歩んで頂けたらと思います。

    一万人の声の一人としてコメントさせて頂きました。

  12. ブロックの会合で、皆に先生の事を聞いてみると、ご高齢な事と、弟子である我々を見守っていると言う事でした。また今月から大百蓮華の「幸福と平和を創る智慧」を皆で学んでいく事になりました。今の地区では組織活動が優先され、先生の人間主義を学ぶ場がありませんが、ブロックだと皆さん組織のおかしい事など本音で語ってくれます。やはり問題は地区幹部以上のラインの方々が数を出す事が目的で、人間主義と反対な事をやっているので脱会者、未活動家がこれからも増えていくと思います。青年大会も数が目的になっているようです。宜しくお願いします。

  13. モニカさんの小気味よい切り口にはいつも脱帽です
    ここを訪れる方には心強い励ましになっていると思いますよ
    モニカさんのコメントによって私も改めて思うことがたくさんあります
    シニフィエさんやモニカさんのような凄い(私にとって)元学会員がおられたなんて何か不思議な気がします
    まともな組織であったならばほんとに素晴らしいものになっていたんだろうな、とつくづく思います
    とにかくこのブログが悩める人の力となり大きな支えとなることを願って止みません。 皆さん覚醒しましょう~  !

  14. こんにちわ。セイコです。
    皆さんのコメント、全く同感することばかりで、涙目ながらによませてもらってます。

    レモンさん
    元地区婦人部長してました。今は完全非活になりました。
    先生が出てこないことに関して私も同じような発言したことあります。
    あのシラーっとした雰囲気わかります。地雷ふんじゃった、みたいな。
    「あれっ、これタブーでしたかね。」と自分で言って、自分で返して終わりでした。
    皆、うすうす、わかってるんですよ。認めたくないだけで。
    以前、白ゆり長時代に民音も「興味ないんで。」と断ったら
    「そうゆう人は放っておいて。」と無視されました。
    都合が悪くなるとスルーです。
    今こそ、私のことは放っておいてください、と声を大にして言いたい。
    そういえば、去年の夏の選挙のころだったとおもいますが、
    同中でもひな壇に座ってる元全国婦人部長が「先生はお元気です。」
    と言いきってました。
    先生の近くいる幹部がゆうのだから元気なんだと、聞いてる会員さんたちは、信じますよね。
    持ち直したのか、と私は心の中で思ってましたが。

    今は組織から離れてゆっくりですが、自分の生活を楽しめるようになってきたところです。
    それでも、バリ活ではないけど盲信の母と同居なので、心がざわつく日もあります。
    難しいですね。
    気づいてほしいけど、話せば親子なだけに険悪になったり。

    それでも、最近おもいます。
    とにかくは、私だけでも気づいてよかったと。
    親が創価にはいって悩んだり、苦しんだりする子はいても、
    親が創価から離れて苦しむ子は、そうはいないんじゃないかと。
    身内に活動家がいらっしゃる家は大変でしょうけど、きっと子供はわかってくれますから。
    うちの子達はもう独立してますが、本当によろこんでましたね。。

    自分の考えをうまく、まとめないうちに、次々とコメントがはいってて。
    まとまらない文でごめんなさい。
    又、少しずつコメントさせてください。

  15. 528さん。はじめまして。

    「題目だけではないのでは?」という考えは2世の人がなかなか持ちにくい思考です。池田さんや組織のおかしさに気づいても「信仰は別」って思いこんでしまいますからね。多角的な視点で宗教や哲学を捉える作業は、自分らしさを取り戻すには大切な作業だと思います。528さんの今後の一歩一歩が実りあるものになるよう願います。

    ポラリスさん。ブロックの会合お疲れさまでした。
    たぶん1回2回ブロックで話したところで変化は起こりにくいと思います。僕の経験上から、組織の会合で話しても本当の根深い話は出ませんよ。
    みんな組織での顔がありますから、「信心が足りない」なんて思われたくないので、1対1の場でないと「本音」は出ません。
    僕も会合では本音は話せませんでした。袋叩きにあうのが怖かったからです。

    池田さんに対して「弟子である我々を見守っている」という程度の話なら、会合で話したところで何も変わりません。聖教新聞を読み合わせてるだけ充分です。それでは本音で語る「対話」になってないと思いますよ。みんな当たり障りないこと言って慰めあってるだけです。
     『脱会者・未活動者の増加の原因は、組織が「数」を目的にしていること』ということが組織の危機感に対するお答えだとしたら、残念ですが何も変わりません。
    創価学会がじわじわ衰退するのを待つだけです。

    今後は1対1の対話を試みてください。組織に対する問題提起は、池田さんに真っ向から批判できてこそ意味があります。組織と「池田先生」を切り離すことはできないはずです。

  16. シニフィエさん新聞の掲載ありがとうございます。
    幹部の方が家庭訪問に来ました。5.3の先生の写真を見てもご病気だと感じないそうです。逆に、そういう風に見るんや〜って不思議がられました(≧∇≦)シニフィエさんがおっしゃる様に組織がヘンテコでも御本尊と自分、功徳の体験が有るので、もしそのような組織だったとしても辞めれないし、辞めたくない。やめられない止まらない、かっぱえびせんみたいと言ってました。私がこうなったのは功徳の体験がないからっと言うことになりました。一年間頑張って功徳の体験を積んだらわかるらしいです。
    御本尊に全く疑いを持っていない方に日蓮仏法はおかしいと言っても完全にスルーです。

  17. 先生はあくまでも人間主義で正しくて、数ばかり追いかけてる幹部が悪いってことですか。納得いかないですねぇ。
    学会は先生だけが正しくて後の人はみんな悪者・・・
    信じたい気持ちはわかりますけども。
    でも、取りあえず選挙、マイ聖教、無理な折伏をやめてくれる方向に皆さんを誘導してくれるなら、途中経過としては有りですね。
    周りに害さえ及ぼさなければ何を信じても良いのですから。
    学会の打ち出しに素直に従わないという作業を続けてれば自ずと何が悪の元凶かわかってくると思いますし。
    私みたいにこちら側に来てしまった人間の話は内部の人は絶対に聞かないけれど、ポラリスさんみたいな人が最終的に多くの人を覚醒させてくれるのかもしれません。

  18. 犬好きアラフォーさん、そうですかあ、不思議がられたんですね。
    まるで宇宙人に洗脳された地球人を描いた三流近未来SF映画みたいですね(笑)。あの写真を見て「センセイはお元気です」って言ってのける幹部の姿にこそ、創価の実態がそのまま現れていますね。

  19. 犬好きアラフォーさん

    そうですよね。問い詰めると、最後の最後に出す切り札が「体験」
    みんなそうです。その感謝があるから揺るがない、裏切れないと。
    感謝すること自体はいいことだと思うけど、それが信仰による結果に間違いはない、という因果関係、説明は客観的に証明できますか?

    私も散々聞きました。
    「私はホントはお腹にいる時、危ない、生まれないって言われたのよ」
    「昔、大病してね。今生きてるなんてあり得ないの」

    原因は明白だ、功徳以外ないんだというなら、何度でも誰にでも結果が出るはず。そうじゃなきゃおかしいでしょう。
    昔一度ラッキーなことがあったけど、ここ何年もパッとしない。
    昔より題目上げてるし、活動もサボってないのに。おかしいですね。

    昔の一つや二つの不思議な体験、ラッキーな体験、そんなもの信仰関係なく、誰にでもありますよ。
    それを、たまたまとか偶然とか必然とか運命とか、いろんな呼び方があるけど、創価では頑として「御本尊様頂いた功徳」という。
    それ以外はない!と断言する。
    叶わないことは「御本尊様しかわからない意味があること」だという。
    それ以外はない!と断言する。

    断言とか確信とか大好きなわりに、センセイのことはものすごく曖昧ですよね。
    「ご高齢で人前には出られない」
    「剛健なスーパーマンもできないような執筆活動をこなしている」
    このふたつは明らかに矛盾していますが、いつものように因果関係を明確にして説明してもらえますか?

    最後には「体験」と仰る方。
    自分の思い込みを他人に押し付けることがどんなことか、一度じっくり考えてみることをお勧めします。

  20. セイコさん 初めまして

    地区婦人部長をされていたのですね。
    心強いコメントありがとうございます。

    センセイだってお年だし、人間なのだから病気や痴呆ならそのまま伝えてくれたほうがいいのに、徹底して隠し続けるので今さらどんな言い訳も通用しなくなっている気がします。

    聖教紙面もそうですが、大白にも相当な量の指導が書かれています。
    このちぐはぐさに何も感じないほうがヘンですね。

    色々と活動している中での矛盾、今までは自分の信仰心のなさゆえだと責める事もありました。

    でも、今はそんな非常識なこと、創価の人ぐらいしかやらない。
    やりたくないと思える私のほうが正常だ。と思えるようになりました。

    528さんが書かれているように、自分自身のペースで覚醒の道を進んでいきたいと思っています。

    こんな活動に全く意味がないことに気がつきましたので、皆さんさようなら。と出来たら1番いいのですが、今後この地で死ぬまで住んでいく以上、1番良い形で去ることができたらと模索しているところです。

    しかし、本当に何て厄介な組織だったんだろうと思うばかり。
    入会は簡単なのに、退会するのがこんなに困難なんてあり得ませんね。

    新聞配達も健康のためのウォーキングだと割り切るようにしています。
    ウォーキングにしては、雨でも雪でもやらないといけないのですが。
    しかし、会員から集めた財務は、配達員の手数料に少しでも回してくれたらいいのに、一般新聞では考えられないような安さです。
    まさに無料奉仕に近いですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中