「ほんとうに創価は正しいのだろうか」2

私の「日蓮本仏論ってトンデモ坊さんの戯言だ」みたいな発言に対してだと思われますが、「日蓮は自分のことを末法の法華経の行者、上行菩薩の自覚はあったと思いますが、本仏とは言っていないはずです。」という匿名のコメントがありました。あれ?そうなの?と思って「末法 本仏 日蓮」で検索したら一発で出てきました。ワンクリックでわかることですから、ちょっとでも調べてから書いて欲しいなとは思いましたが、よく知らない学会員さんもいらっしゃると思いますので、逆にいい機会ですので紹介します。
_________________________

■久遠元始の天上天下唯我独尊は日蓮是なり。(百六箇抄 弘安三年一月一一日 五九歳 1696)

■本因妙の教主本門の大師日蓮謹んで之を結要(けっちょう)す。
万年救護写瓶(しゃびょう)の弟子日興之を授与す云云。
(百六箇抄 弘安三年一月一一日 五九歳 1685)

■久遠名字已来本因本果の主、本地自受用報身の垂迹(すいじゃく)上行菩薩の再誕、本門の大師日蓮詮要す。
(百六箇抄 弘安三年一月一一日 五九歳 1685)

■ 末法の仏とは凡夫なり。凡夫僧なり。(中略)僧とは我等行者なり。仏共云はれ、又は凡夫僧とも云はるゝなり。(御義口伝 弘安三年正月十一日 1779)

■今日蓮等の類南無妙法蓮華経と唱へ奉る者は一切衆生の父なり。無間地獄(むけんじごく)の苦を救ふ故なり云云。
涅槃経に云はく「一切衆生の異の苦を受くるは悉く是如来一人の苦なり」云云。日蓮が云はく、一切衆生の異の苦を受くるは悉く是日蓮一人の苦なるべし。(御義口伝 1771)

■ 凡夫は体の三身にして本仏ぞかし、仏は用の三身にして迹仏なり。
然れば釈迦仏は我等衆生のためには主師親の三徳を備へ給ふと思ひしにさにては候はず、返って仏に三徳をかぶ(被)らせ奉るは凡夫なり。(諸法実相抄 文永一〇年五月一七日 五二歳 665)

■釈迦如来五百塵点劫(じんでんごう)の当初(そのかみ)、凡夫にて御坐(おわ)せし時、我が身は地水火風空なりと知(しろ)しめして即座に悟(さと)りを開きたまひき。
(三世諸仏総勘文教相廃立 弘安二年一〇月 五八歳 1419)

___________________________

もちろん他にもたくさんあるようですが、これでも十分かなと思います。

この一番目にあげた百六箇抄の「久遠元始の天上天下唯我独尊は日蓮是なり。」って、そのまんまですよね。やっぱり「オレがメインアクターの末法のご本仏だぜ。釈迦は迹仏つまりオープニングアクトだったんだよな」ということをはっきりきっぱり書き残していますね。

それから4番目の「末法の仏とは凡夫なり。凡夫僧なり。」というのもすごいですね。すごい自信がみなぎってます。「末法のご本仏は貧しい姿をした坊さんなんだ」と何を根拠に断言しているんでしょうか。っていうか訊いてないし(笑)。日蓮さん、ちょっと自意識過剰だったんじゃないかって思います。確かに釈迦もお腹を壊して死にましたが、それは釈迦が普通の人間だと言うことです。何かにすがったり拝んだりするのではなくて、欲を出さずに他人に思いやりを持って生きていきなさいということを、普通の人間である釈迦が、欲に翻弄されて苦しむ人に対して、人のあるべき道を諭したのが仏教なのではないかと思います。

仏教の経典が釈迦が死んで何百年も経ってから、いろんな人の手によって書かれたのと同じように、日蓮さんの御書もどの部分をどこまで本人が書いたものかは誰にもわかりません。戦後になって、あれもこれもじつは偽書だったことが次々と暴露されていますよね。日蓮正宗では、このような御書を根拠に日蓮さんが末法のご本仏である証拠だと言っていますが、本人がそう言ってるからそうなんだという理屈は一般世間では通りませんよね。私はべつに日蓮正宗や他の日蓮系の宗派を批判するつもりはありませんが、普通に考えても日蓮本仏論の根拠なんてあるわけがないと思います。極端な話、そのへんのおっさんに「あなたは誰ですか?」と訊いたら「あたしゃ神様だよ」って言うのを「ほらみろ本人がそう言ってるんだから間違いない」と簡単に信じるようなものです(笑)。

また日蓮さん自身が末法の民を救済すると宣言してはや750年が経ちました。いいですか、750年ですよ。たとえばあなたは今から750年後の日本を想像できますか?そんな途方もない時間の経過があっても、いっこうに日蓮さんは世界を救ってはいませんよね。日蓮さんはいつ自分の言ったことを実行してくれるんでしょうか?っていうか、750年経った今でも日蓮さんの教えを知っている人は人類の何%いるでしょうか?あと何百年経ったら人々を救ってくれるんでしょうね。

いや、べつに批判するわけじゃないんです。信じたい人はそう信じていればいいだけです。それがおおかたの宗教のようですから。日本は信教の自由が保障されている国でもありますし、イワシの頭でもカラーコピーでも何を信じようがかまいません。前にも言いましたが、私は釈迦の哲学的な洞察はすばらしいと思います。人類最高の智慧だと思います。かといってその釈迦の像を拝んだり、なにかしらの呪文を唱えて人の運命が変わったりするなんてことは、釈迦自身は決して言わなかっただろうと思います。むしろそんなものを信じないように戒めたでしょう。それが仏教です。「もっと現実を見なさい」「ほんとうの幸せとは何かを考えなさい」「目の前の欲望に翻弄されないようにしなさい」といったことを言ってきた人だと思います。それが彼の死後に、いろんな枝葉がついて、とんでもない超能力者のような伝説が生まれ、2000年という時間の経過と場所の変遷によって、あろうことか「あいつはオレが生まれる前の前座に過ぎなかったんだ」みたいなことを言い出したのが日蓮さんだったのではないかと私は思っています。

もっとわかりやすく言うと「インドの菩提樹の下で悟った釈迦は、じつはオイラが2000年後の日本に生まれてくるまでの地ならしをやってたんだ。今までは釈迦の超能力でみんなを幸せにできたけど、もうそんな世の中じゃなくなった。だから本家本元のオイラが出現したってわけよ、わかる?釈迦はインドの小さな国の王子として生まれた。オイラは千葉の貧しい漁師の子として生まれたけど、何か。これからは釈迦の言うことなんか聞いても幸せにはなれないよ。オイラの言うことじゃないと幸せにはなれない。ほかの坊主の言うことを聞いたら地獄に堕ちるんだぜ、わかったか」という坊さんのことを750年後の学会員さんは本気で信じているんです。

私はなにも難しい理屈をこねまわしているわけではありません。普通の人の常識の範囲で出てくる、とっても素朴な疑問を書いています。日蓮さんが生まれた時代を末法と言って、そのときから永遠にわたって日蓮さんの教えによって人類を救うと言うのなら、この750年間の末法はどうして救ってくれなかったの?という素朴な疑問です。学会員さん、この疑問にどう答えられますか?例によって「魔が競った」ですか?末法のご本仏は750年も勝てないほど、そんなに魔に弱いんですか?

で、日蓮さんは末法のいつの時点で救ってくれると言ってるかというと、そんなことはどこにも書いてないですよね。人類救済どころか、日本の仏教の一宗派で留まっていますよ。他の宗派といっしょで、檀家さんからお布施をもらって、お墓や納骨堂の管理をして、冠婚葬祭で生計を立てています。750年経った今でもですよ。じゃあ、あと1000年経ったら、世界中のお寺や教会を取り壊して、誰もが日蓮さんを信じてお題目を唱えるようになって、世界中の人々が持っている仏性を開くことが出来るというのでしょうか?みんなで1000年経つのを待ちますか(笑)でももしかしたら2000年あとかもしれませんね。いやいや10000年後かもしれません。これに関して日蓮さんは何にも書き残していないですからね。困りましたね。10000年も生きてないし。私もあと20年後に生きているかどうかわかりませんし、少なくとも100年後には今生きている人はほとんどいなくなります。日蓮さんは末法のご本仏としての使命をいつ果たしてくれるのでしょうね。っていうか、世界を救う力があるのなら、最初から幸せな世界をつくっといてよっていう話ですよね。じゃあ、そもそも不幸な世界は誰がつくったの?ってことですよね。学会員さん、誰かこの素朴な質問に答えてくれませんか?

ということで、私は日蓮さんの言ってるを信じることはできません。だっていつ幸せになるかどうか、何百年、何千年単位でもわからないわけですからね。死んだら来世で幸せになるというほうが、(私は信じませんが)まだ現実味がありはしませんか?それを信じて何か意味があるのでしょうか?

話をまとめると「自分こそ末法万年にわたる救世主である。だからいつになるかはわからないけど、私がそのうち人類を救うのだ」と750年前に日蓮さんが言ったことを信じているのが日蓮本仏論を旨とする一部の日蓮系の宗派です。この日蓮本仏論を旨とする宗派は創価学会と日蓮正宗以外にもいくらかあるようですが、ほとんどが日蓮はあくまで釈迦の眷属である菩薩の立場であり、本仏はあくまで教祖の釈迦であるというのが、それ以外の日蓮系宗派です。そして日蓮系以外はみな釈迦を教祖として、釈迦の像や阿弥陀仏などを拝んでいます。つまり日蓮本仏論を主張しているのは仏教の中でもほんのわずかなんですね。学会員のみなさん、あなたがたのまわりにいる同志が幸せになっていますか?同志が集まって、他宗の坊さんが地獄に堕ちますようにって祈ることが幸せなんですか?汗水流して稼いだお金をみんな貢いでしまうことが幸せなんですか?こそこそ選挙違反ギリギリの集票に駆け回ることが幸せなんですか?「ほんとうに創価は正しいのだろうか」この素朴な疑問を自分に問いかけることがなぜできないのかを、一度考えてみませんか?

逆に、こうした素朴な疑問に誰もが納得できるようなきちんとした回答をしてくれる人が現れれば、多くの学会員さんに、たいへん大きな希望を与えることができるのではないでしょうか。「なるほど、創価学会はやはり正しかった。大聖人はやはり(いつから始まったかわからない)末法のご本仏なんだ。これからも大聖人が顕わされた(カラーコピーの)ご本尊根本に、(どこで何をしているかもわからない)池田先生の指導を正しく実践して、(人類の歴史文化を全否定する)広宣流布のお役に立てる人材に育っていこう」と決意を新たにするのではないでしょうか。筋金入りの創価学会員さん、いつでも回答をお待ちしています。

「ほんとうに創価は正しいのだろうか」2」への52件のフィードバック

  1. いつも拝見させていただいております。
    日蓮門下ですが、私の寺は日蓮本仏論です。
    教義に詳しくはございませんが、日蓮大聖人ご自身は、ご自身が
    仏とはおっしゃっていないと聞き及んでおります。日興上人もまた
    日蓮大聖人のことを仏とはいはれてないのではないでしょうか?
    日蓮本仏論は後世の作ではないかと思っております。
    管理人様が例として掲げられた御書は日蓮大聖人の真蹟が現存して
    おりませんので、大聖人がご自身のことを仏といはれている例を、
    現存している真蹟よりHPに掲げていただくようお願いいたします。
    私もそれを見て勉強させていただきたいと思います。
    なにとぞよろしくお願いいたします。

  2. 円さん、コメントありがとうございます。
    私は日蓮正宗と創価学会が主張している日蓮本仏論の根拠に対して意見を述べています。御書の真贋を問題にしているわけではありません。

    ですから

    >仏教の経典が釈迦が死んで何百年も経ってから、いろんな人の手によって書かれたのと同じように、日蓮さんの御書もどの部分をどこまで本人が書いたものかは誰にもわかりません。戦後になって、あれもこれもじつは偽書だったことが次々と暴露されていますよね。日蓮正宗では、このような御書を根拠に日蓮さんが末法のご本仏である証拠だと言っていますが、本人がそう言ってるからそうなんだという理屈は一般世間では通りませんよね。私はべつに日蓮正宗や他の日蓮系の宗派を批判するつもりはありませんが、普通に考えても日蓮本仏論の根拠なんてあるわけがないと思います。

    と書きました。私は御書のどれが本物でどれが偽物なのかは知りませんし、知る気もありません。失礼な言い方になるかもしれませんが、御書の真贋は私にとってどうでもいいんです。それは円さんにとってコーランのどこかの部分があとから付け加えられたものかどうかに興味がないのと同じことです。私は日蓮門下のお寺を否定するためにこうした御書を紹介したのではなく、御書の真贋は別にしても、これらの御書の記述によって日蓮正宗や創価学会が主張する日蓮本仏論の根拠とはならないと言っているのです。円さんのお寺では日蓮本仏論だけど、それは日蓮さん自身が言ったことではないという解釈ですね。それはそれでいいのではないでしょうか。これも何度も言っていますが、私は宗教自体を否定はしません。だから日蓮正宗も否定はしない。同じように他の宗派も否定はしません。それこそ日本は信教の自由が保障されています。同時に何も信じないことも保障されています。ただ、創価学会のように宗教を利用して信者からお金をまきあげるような詐欺集団は批判されて当然だと思っています。創価学会は宗教ではないから批判するんです。批判というより断罪されるべきだと思います。できれば他の日蓮系宗派や仏教界全体が創価を断罪すべきだと思いますが、そんな志はありませんよね。いずれにせよ私は特定の宗派の教義の内容についてを問題にしているのではありませんので、どうかご理解ください。

    上にあげた百六箇抄や御義口伝の抜粋は、日蓮正宗の方のHPから転載しました。私としてはこれらが偽物だということは知りませんでしたし、そのことに興味もありませんが、これらが日蓮さんの著述にないものだとすれば、よけいに日蓮正宗や創価学会の主張する日蓮本仏論は根拠のないものだという証拠になるのではないでしょうか。

  3. signifieさん 完璧です。素晴らしい!!
    自分も そう思います。

  4. 皆さん、スカッとするコメントすばらしいですね!!

    創価を否定しても、信仰への取り組み方が創価で教わったそのままの人が多いと思います。
    上から目線、選民意識、あくなき執着心…
    脱会して宗教とは距離を置いた人の方が、ずっと自然に信仰心を備えている気がします。
    本来日本人はそうだったんでしょうね。

  5. 先のコメントがそのまま見本のような書き込みがありました。
    それもこれも創価の薫陶の賜なんでしょうか。

    創価のMCって教義より、こういう選民意識かもしれませんね。
    宗教なしでは生きられなくなり、またそれをかざして自分は特別だと主張しないといられない…
    創価の信仰スタイルがそうでしたね。

  6. しばらく拝読しておりました。
    Signifieさんの記事と皆さんのコメントを読んで、本当にとんでもない団体なんだな。。とつくづく感じました。
    皆さんが私に入会を真剣に止めてくださったのが更によく分かります。

    創価学会との関わりを完全に断つ事が出来て、心から良かったと思っています。
    それでも信仰している人は。。止めようがありませんが、それがないと自分のアイデンティティを確立出来ない人達なのでしょうね。
    未だに信心に励む方々が気の毒に感じられます。
    止める事で幸せになれるのに…。

  7. 創価学会の組織のさまざまなことに疑問になり始めると、先ずは組織の信頼する人は大丈夫、と信じ。。それも裏切られると池田先生だけは絶対となり、その池田大作にも疑問に思うと、この日蓮の教えこそは絶対、だと。。。?

    この世の中には絶対、とか正しい、とか絶対正義とか実はないのですよね。

    この創価学会の信仰こそは唯一正しく絶対的、とか〜いま思い起こすと笑える〜。。
    よく、こんな教えを信じてきたのか愚かな自分にも笑えちゃうな。。

    。。というか、脱会してもうだいぶ経つのに、未だに時折、この信仰を捨てると地獄に落ちる、という呪いのような言葉がしっかり命に刻印されてしまったのか?甦る時があるくらいだから、オウム真理教並のマインドコントロールの怖ろしさを感じるわ。。

    確かに絶対ではないものを絶対と信じているほうが楽、なんでしょうね。

    創価学会に疑問を感じても日蓮は正しい、と思っている人は何度も言うようですが、同じところをグルグルまわっているようです。
    これでもか、というくらい創価学会の批判は繰り返しますが、ハタで見ていると、ほんと堂々巡りをしているよう。。

    結局は創価学会から逃れられない。
    批判していても、ほんとうは?創価学会が好きなんだろうな、と思えちゃう。。
    いや、きっとそうなのでしょう。。
    気の毒です。。

    いつもいつも上から目線でごめんなさい。。
    創価学会で培った癖って、いつになったらチャラになるのでしょう、ね。。

    シニフィエさんの日蓮の言ってきた?ことを分かりやすい言葉で言われているのって、まるでパロディ。。
    そう、あのヒトラーをパロディったチャップリンの作った映画『独裁者』を連想してしまう。
    もしかして?日蓮も時代の中ではカルトの教祖?だったのかな。。
    ふと、そう思えたりした。。

    時代が時代だっただけに。。。

  8. 最近知ったのですが、創価学会は日蓮仏法とか大聖人直結いいながら、SGIでは信教の自由を尊重しているようです。
    ⚫︎SGI憲章3に記載されています。
    http://www.sokanet.jp/sgi/sgi_kensho.html

    学会が正しいと信じている皆さん、日蓮さんは信教の自由を認めていませんでしたよね、、、?
    早くこの矛盾に気付いて下さいね。

  9. http://m.youtube.com/watch?v=Z9yF7isWFmo&feature=youtu.be#
    学会員のみなさん、あなたがたが一生懸命支援活動をしている公明党が、自民党と一緒にこのイスラエルによるガザ地区の無差別虐殺を応援していることに対して何も疑問に思わないですか?世界中で抗議デモが展開されていることをご存知でしょうか?

    ↑これは先日トルコで行われたイスラエルによるガザ地区虐殺に対する抗議デモです。学会員のみなさんは、ネットはデマだと言われているから信じてないかもしれませんが、国連をはじめ、世界中で非難されていることを、創価公明自民は支持しているのですよ。
    イスラエルによるパレスチナ人大虐殺を応援する。これが創価の目指す人間主義なんですね。創価はこの戦闘に日本の自衛隊が参加する可能性を認めたんですよ。これでもあなたたち創価は胸を張って平和の団体だと言えるのですか?なんかおかしいと思いませんか?思わないですよね。それが創価学会員ですもんね。何も考えずに組織の言うことには黙って従う。これが学会精神ですもんね。これからも自民党の言いなりになって頑張ってください。

  10. aiさん、そうなんですね。

    >SGIは「信教の自由」を尊重し、これを守り抜く。
    >SGIは仏法の寛容の精神を根本に、他の宗教を尊重して、人類の基本的問題について対話し、その解決のために協力していく。

    組織をあげて日顕撲滅唱題会を続けている創価のどの口が言うんでしょうね(笑)
    学会員さん、これどういうことか、説明してくださいよ〜。
    創価を破門しやがった日蓮正宗は別ってことですか?
    念仏は無限地獄に堕ちるって言ってた日蓮さんの面目丸潰れじゃないですか?
    仏法以外は生命の輪廻を説かない外道だと切り捨てたのはだれでしたっけ?
    創価の折伏とは憲法で保障されている信教の自由を否定していく戦いなのではないですか?そういうことですよね。それを今さら「信教の自由を尊重し、これを守り抜く」だなんて、おかしいと思いませんか?思わないですよね。それが創価学会員ですもんね。何も考えずに組織の言うことには黙って従う。これが学会精神ですもんね。

  11. 宗教をこえて生命の尊厳を訴えるって、こういうことなんじゃないでしょうか?
    他の宗教をさげすんで罵倒することで、創価の正義を主張できるのでしょうか?SGI会長は今も池田氏ですが、会長が4年以上も顔を見せない団体っていったい何なんでしょうね。

  12. 創価学会の会員さんは、日蓮正宗の法主日寛上人が書写した御本尊を無断でカラーコピーしたものを創価から3000円かいくらかで買って拝んだら、自分のもつ宿命が転換できて幸せになれると本気で信じている自分が誇らしいのでしょうか。そしてそのカラーコピーの原版をつくった日蓮正宗のことを呪うために、みんなで集まって、そのカラーコピーに向かって一生懸命お題目をあげている人たちは、自分たちこそ正しい信仰者だと信じているのでしょうね。ちょっとでもおかしいと思ってできることではないですもんね(笑)。

    エリさん、お久しぶりです。創価に入らなくて本当によかったですね。入ったら最後、上に書いたように、どんなにおかしなことでも、何の疑問も抱くことなく、知らないうちにお金も時間も家庭さえも奪い尽くす恐ろしい団体です。ほんとよかったです。また、コメントしてくださいね。

  13. 2度目です。お久しぶりです。
    ずっと拝見していて、やっぱりsignifieさんのわかりやすく、本当にユーモア溢れる記事にまたコメントせずにいられませんでした。

    入会する時に言われたことは、「南無妙法蓮華経は毛穴からも入るから」でした。
    今考えたら手かざしとかと変わらないのに、何故かその時は子供のことを言われて子供の為にと。幸せを願ってと信じてしまいました。

    覚醒するきっかけになったのは、ネットで見た幹部達の給料が創価から出ていたこと。
    それまでは私は名誉会長さんは別としても(本とかの印税があるしとか)他の幹部は自分達と同じように会社とかで働きながら学会活動をしているんだと本当に信じていました。
    お休み返上で活動していると。
    まさか創価学会という会社で働いていたとは!とかなりショックでした。
    そしてモヤモヤしていた頃、顕正会の新聞が家に配達されました。
    前の私ならすぐゴミ箱行きだったけれど、モヤモヤ中だったので読んでみたら…
    ちょうどあの家宅捜索された時期で。
    そのことを「魔が競ってきた。いよいよ広宣流布が…」など。
    どこかで聞いたことがあるなぁと。
    創価と変わらないこと書いてあって。
    悪いことやったから家宅捜索されただろうに、都合のいい解釈ですね。
    創価でも都合のいい解釈だらけで矛盾だらけなことばかりなのに。

    日蓮さんもあの当時の新興宗教だと今はわかります。

    きっとあの時は自分が弱っていたんだと思います。
    そして、それを見抜いた近所の顔見知りの婦人部長が「今だ!」と折伏にきたんだと思います。

    覚醒できて本当に良かったです。
    創価大嫌いの母も喜んでおります。
    創価に入っても、見守ってくれた母に感謝です。

    乱筆お許し下さい。
    ずっと応援しています。

  14. googleの検索で、
    創価学会 ニセ本尊と検索キーワード入れると、日寛上人が書写したものを創価がさらに手を加えて自前のものを作った。と分析した記述が出てきます。創価学会は信用できなくても、手元の御本尊だけは信じていようと思っている方、この話をどう思うでしょうか?もしこの話が嘘なら、創価学会の巨大な力で圧力かけられると思うのですが、情報が垂れ流されたままです。池田さん朝鮮人説しかりです。こんな重要な事を何もしない。ネットの情報は嘘ばかりだから相手にしないでは済まない大きな問題です。嘘だと言うなら、一度学会もこの問題は絶対的に嘘であるという証明をする必要があるのではないでしょうか?でも、しない。沈黙を保ったまま。

    創価学会に入っていながら、活動さえしなければいいと思ってる方も多いと思いますが、では何の為にそこにいるのでしょう?やめたら嫌がらせ?はありません。
    やめてしまった人間はもう使い物にならないので、無駄に追わないようです。
    ただ道でばったりと会うと、不幸確認されたことは何度かあります。身内で死んだ人はいないか?とか。やってる人にとってやめるって怖いことなのでしょうね。

    でも、あ~今日は勤行さぼちゃった、題目あげてない。選挙頑張れない、新聞啓蒙できてない、座談会さぼちゃった・・・あ~駄目な私・・・と毎日毎日憂鬱に過ごしながら生活して何が楽しいのでしょうか?やめたらわかります。あの強迫観念はなんだったのかと。人生いろいろな事があるのは当たり前。辛いことに遭遇したら、乗り越えていけばいいだけです。信仰しててもしてなくても、人生はそういうものです。

    信仰してたって、そうそうタナボタばかりの人生に変るわけではありません。やめたら人間の原点の姿に戻るだけです。だから信仰してなくても、素晴らしい人や、幸せな人が沢山いるのです。
    学会員のみなさんて、無理に笑ってる痛々しさを感じます。

    折伏の時、芸能人も沢山やっているよという方います。
    芸能人は学会員特典があるようです。要するに会員だからお仕事もらえる裏があるようです。プロデューサー、聖教新聞スポンサー、民音いろいろあるようです。
    生き残る為にやってる人がいてもおかしくないですよね。コンサートチケットは会員がノルマで買ってくれて会場満員にできるのですから。
    芸能人がやっているから素晴らしい団体と、勘違いしないほうがいいです。

    私はやめられずに非活になりながらも、ただ所属してる人は、学会の表面しか見ていないのだろうと思います。裏を知ったらいられません。

    また入ろうかな?と迷っている人には、入る幸せより、入らないで得られる幸せの方が大きいと言いたいです。

  15. 音楽業界をはじめ芸能文化は、最近つまらなくなってしまいましたね。
    創価学会がスポンサーであると、いろいろ規制が出て、やる気をなくす
    アーチストも多いそうです、若い時をもったいないことです。
    そういう世界さえもお金儲けに結びつけるなんて、どうかしてます。
    そろそろ現実的に問題点に向き合う状況にきています。
    上から下へのピラミッド組織が機動力を発揮する時代は終わりです。

  16. 学会員のみなさんシニフィエさんの10:43分のコメント映像見た人は
    ぜひ声をあげてください
    この世界の非情事に 戦争ほど残酷なものはない と仰って名誉称号たくさんもらっている(買ってるのはわかってるが)先生に是非お出まし願いたいといってください。

    隠れて執筆なんかしてる場合ではありませんと

    こんな大事な時に役立たなかったらいつ名誉称号に恥じない行動を起こすの

    こんな映像見て普通の神経ではおれないね。恐ろしい、胸がしめつけられる

    学会員さん今こそ立ち上がってくれ

    こんな大事な時に一体どこに雲隠れ? いずこえ~~~~~~~

    会員騙すのもいい加減にしてほしいな!

  17. Just need to be human to stand up for another human…
    思わず感動しました。
    今の世界に必要なのはこういう事だと思います。
    他の宗教を否定している場合ではない時期に来ていますよね。
    平和ってこういう事から始まるんだと思います。
    ガザ地区に落とされる爆弾の一つでも止めてから世界平和のキャッチコピーを使って頂きたいものです。

    ぴんくさんの
    >入会する時に言われたことは、「南無妙法蓮華経は毛穴からも入るから」でした。
    ゾッとして鳥肌が立ちました。
    そんなものが毛穴からまで入られたらおかしくなってしまいそうです。。
    私にも少し入ってしまったかと思いました(・・;)
    覚醒されて良かったです。

    その後、リアルの色々な方からお話を伺うと、同じような条件で結婚した人達はうまくいかないか、入会してバリ活になるかのどちらかにかなり偏っていると聞きました。
    結婚してしまう前にこちらのブログに出会えた事で救われました。
    Signifieさん、皆さんありがとうございます。

  18. 直訳

        他人のために、立ち上がる人間である必要があります

    能無しとさげすまれても良いのか、今こそ毅然として立ち上がってくれ、お願いだ先生、そして学会員さん今こそ正義を見せてくれ
    悲惨な戦争をあなたたちの手で止めて見せてくれ

     戦争ほど悲惨なものはない、戦争ほど残酷なものはない

    今、死語にするのも、しないのもあなたたちですよ

  19. ずっと何も知らない学会員さんは可哀想と思っていましたが、最近は、ここまで情報が溢れてるのに、何も考えない活動家は自己責任だな、と思うようになりました。
    「ネットはデマ」と信じてるにしても、「ネットに自分たちの聞いてるのではない驚愕の情報が載ってる」のはもう周知の事実です。
    見る見ない、判断する判断しない、否定する否定しないは自由なのです。
    創価もそこまで強制できないし、してない。

    「ネットを信じるなんて弱いねえ」などと脅すことはできても、規制はかけられません。
    その弱いねえ、を判断するのも自分なのです。人任せにしてはいけません。

    騙されたといって通用するのは週刊誌しか情報のなかった時代までかな、と思います。
    もうマスコミは自分たちで作れます。

    このブログはいつの間にか創価系でエースになりました。
    誰もが一目置いていると思います。
    すごく図々しい言い方なんですが、シニフィエさん個人のブログでありながら皆のブログになってしまった、そんな感じです。
    荒らしになんてビクともしないし、誰も騙されなくなりました。
    その荒らしでさえ、仲間に入りたくてしょうがない。何度ブロックされてもへばりつくように見ている。
    本当に嫌いなら関わりたくないと思いますけど。私なら間違いなくそうしますがね。

    人は楽しいところに集まります。
    荒らしからも愛されるブログ。
    これからも決して無理せず、ゆるやかに続けていって頂きたいと思います。

  20. 安倍はイスラエルと積極的に関わっているんですよね。武器輸出もしているでしょう。イスラエルの蛮行は世界の周知もとですが、アメリカさえイスラエルと距離を置こうとしているのに安倍のやっていることは。。?!

    そんな安倍、自民党と共にいるのは紛れもない公明党。。
    平和の党?が呆れます。。

    エリさん、後悔することなく良かったです。
    あのまま彼と関わっていっても常に彼の背後にある創価学会のことで心中穏やかではいられなかったことでしょう。。

    わたくしも、あのまま創価学会に居続けたら息子たちに悲しい想いをさせていたかもしれないと思うと脱会して、ほんとうに良かったと思う日々です。。

  21. 悲しきかなセンセイは確信犯的に逃げました。
    「こんな時にセンセイはどこ?」と一斉に振り向かれないうちに。
    名誉称号ごっこを楽しんでいられた時代は終わり、政治は危うくなり、大震災が起こり、戦争が勃発するといよいよ真価が問われます。
    煙に巻いた女性問題も内部の実態も次々に告発、暴露され、琴線にふれたはずの言葉はゴーストライターのものと暴かれてしまった。
    もう出てこれません。

    釈明はなぜか取り巻きでなく、末端が必死にやってますが。
    それは弟子だからですか???
    大変ですね。
    でもその声、弱々しいですよ。
    もっと大きな声ではっきり言ってくださ~い!

  22. >創価学会の組織のさまざまなことに疑問になり始めると、先ずは組織の信頼する人は大丈夫、と信じ。。それも裏切られると池田先生だけは絶対となり、その池田大作にも疑問に思うと、この日蓮の教えこそは絶対、だと。。。?

    流れ星さん、私もそう思います。つまり、こういう人は何かにすがりたいという気持ちは少しも変わらないんだと思います。何か自分を幸せにしてくれる星の王子様がきっといるんだ。自分だけは特別なんだと妄想を膨らませる。だからどんなにきびしい現実をつきつけられても「いや、これにはきっと深い理由がある」とか「御本尊が私を試してる」とかわけのわからない理由で自分を納得させているのだと思います。自分の人生が間違っているわけがないと信じたい気持ちはよくわかりますが、いくらどんなにこじつけたところで、騙されていることに変わりはないですからね。この世に、絶対というものはない。仏教を信じる者ならば、この基本を見失わないでほしいですね。創価の教学が、この基本から違うんだということに気がついてほしいです。

  23. 久しぶりにコメントします。今までのシニフィエさんのブログをここ数日で見返してみました。集団的自衛権については、自分も凄く疑問に思って調べてました。イスラエルに関しては、自民がどう関わっているかなど知らない事だらけでした。この状況で学会にいたら自分が戦争とかを肯定してるって見られるんですよね。凄くいやです。一度学園に持ち帰って皆で考える機会を作りたいと思います。これは、皆のmcを解くチャンスかもしれませんから。シニフィエさんが学会は宗教ではないと言う理由もわかりました。たしかに!と言う感じです。それと、どうしようもないなーと言う感じです。

  24. 創価の最大の洗脳は、
    「特定の宗教は必須だ!」
    「宗教を持たない者は根無し草だ!」
    「成仏など絶対できない!」
    と断言したところです。(まあ商売ですからね)

    じゃかましいワ、ドアホ!
    特定の本尊など拝まなくても、日本人には世界屈指の信仰心、モラルが宿っています!
    誇りですよ!
    それは日常の行動、規範に宿っています。
    文字すら読めない人だって仏教の精神くらいずっと自然に行じてます。そんなの当たり前のことなんですよ。
    有難い教えなど何も知らないのに、それで天授を全うして安らかに逝った人は沢山いるのです。

    宗教とは、そういう当たり前のことがわからない人に、わざわざ体系づけて教えるものではないでしょうか。
    経典なんか読まなくても自然に備わってる人に、喚く必要などありませんよ。
    喚かずにいられないとしたら、それは自分にそれが必要だからなんでしょう。

    宗教を必須だと叫ぶ人ほど宗教が必要なんでしょう。
    それは決して否定しませんよ。
    どうか頑張ってくださいね!

  25. 創価学会の上層部にとって、最大の誤算は ここ数年来のインターネットの普及でしょう。ネットがない時代は、週刊誌や特定の学会批判の本を、うそだ 、でたらめだといい続けていれば、どうにか騙していけたが、ここまで詳細に「不都合な真実」をさらしだされると、だんだん嘘を塗り固めざるを得なくなり、今は自分たちの首をどんどん絞めていっている状況ですね。我々は、人類史上 最悪のカルト事件の生き証人として、注意深く 崩壊する過程を観察し、二度と同じ過ちを繰り返さないように、後世に伝える義務があるのだと思います。

  26. 極ごく簡単に言うと、そもそも功徳とか成仏とか宿命転換とか人間革命などといった言葉につられて我を忘れて、気がついたらありったけのお金を吐き出している。これが詐欺でなくて何なんでしょう。これが小さな団体なら怪しんだりするんでしょうけど、まわりの学会員さんもみんな本気で信じてやってるし、これだけ大規模な詐欺となると、なかなか気づきにくくなるんでしょうね。

  27. 創価学会の世間一般での活動は対処法のようなやり方でしか、問題に向き合えていないような気がします。
    どれもその場限りの抵抗といった感じで、
    リンクさせて全体を見渡したとき
    多くの矛盾が縦横無尽に貫いていくのです。

    一貫性が感じられないまま巨大組織を維持するのは
    客観的に見ても、もう難しいでしょう、
    終息に向かって現実的に歩みを緩めることです。

  28. ゴンゾウさん、いわば虎の穴にひとりで乗り込んでいくようなものなので、キチガイ扱いされるのは覚悟で話をしてくださいね(笑)。パソコンを扱ったことがない年寄りならともかく、若い人ならネットの情報の選択のしかたぐらいわかりますよね。
    何社かの大新聞の本社勤務の記者に知り合いがいるんですが、みんな口をそろえて「もう新聞が機能するのもあと4年だ」と言っていました。新聞自体がなくなりはしないと思いますが、もうはやネットの情報力に新聞は太刀打ちできないということですね。
    たとえばヤマザキやマクドナルドのパンは、何日ほったらかしてもカビひとつ生えないというのは、ネット上では常識です。マクドナルドのフライドポテトは虫も寄り付かないというのも常識です。多くの人たちの実験結果がネット上に公開されています。でも新聞には書けません。
    たとえば日本でマーガリンは普通に販売されていますが、ヨーロッパではとうの昔に製造禁止になっています。それはマーガリンのようなトランス脂肪は、プラスチックとほとんど変わらない分子構造をしていて、健康に重大な支障があるとわかったからです。でも、日本ではそんなことは報道されません。乳製品を作っている大企業が許さないからです。でもネットでその情報を知っている人はマーガリンやコーヒーに入れるパック入りのミルクは絶対使いません。あれはプラスチックのような石油加工製品を食べているようなものだと知っているからです。
    モンサントの遺伝子組み換え食品や、除草剤のラウンドアップは有名な話ですが、これもネットだからこそ情報があるわけで、スポンサーのお金で成り立っているマスコミは、大っぴらに批難したりはできません。
    医療の世界でも、インフルエンザワクチンに効果はないとネットでは昔から言われ続けてきましたが、最近やっと政府が認めました。ワクチンをつくる製薬会社が政府に圧力をかけ続けていたから、こんなに遅くなったわけです。でも今の市場に出回っているワクチンは販売してもいいという、なんとも奇妙な決まりをつくりましたよね。
    またADHD(注意欠陥・多動性障害)という病気は存在しないと、この病気の名付け親であるレオン・アイゼンバーグが死ぬ前に告白したのは有名ですよね。ありもしない病気をでっちあげて、大量に薬を売って儲ける。これはなにもADHDに限ったことではありません。精神薬をはじめ、私たちは飲む必要のない薬を飲むことで体調を崩し、さらに薬漬けにされている。そうやって製薬会社は莫大な利益を上げているわけです。こんなこともネットでなければ知り得ない重大な情報です。
    創価は宗教ではない。これはマスコミは絶対口にしません。そんなことをしたら最後、創価からの広告費が断ち切られるのはもちろん、幹部はみんな責任をとらされます。もっと恐ろしいこともあるでしょう。
    イスラエルによるパレスチナ攻撃も、感情的な支配欲によってされているわけではありません。もっと莫大な利益のために背後に操作しているものがいるわけです。そして自民党の最大派閥である清和会はもともとCIAのエージェントだから、イスラエルにべったりなわけです。最初から世界的な非難が起ることも織り込み済みでやっているわけです。それは幕末あたりからの世界史を見直してみると彼らのやりかたがわかってきますし、創価がなぜここまで日本に蔓延ってしまったのかもわかります。もちろん学校の教科書には書いてませんよ(笑)。
    話がそれましたが、いま、創価を告発できるのは匿名の不特定多数のネット情報です。匿名だからデマだという理論は通用しません。匿名だからこそ真実を伝えられるのです。とくに実際に創価を経験してきた人による告発こそが、いちばんの客観性をもって訴える力があります。このブログもそのような役割を担えればと思っています。おそらくこれから、もっとこのような創価の問題をあからさまにしていく情報が増えてくるでしょう。創価の上層部はこれがいちばんやっかいで、対処に困っていると思います。ただもはや「ネットはデマだ」では通用しない時代になっていますよね。
    ゴンゾウさん、学園の仲間たちは、池田氏が4年以上も人前に姿を現さず、かといって病気と言うわけでもなく、いろんなところにメーッセージを送り、執筆活動だけは盛んに行っていることに対して、どのように思っているのでしょうか。そしてその事実を前にして、学会員が何も疑問を持たない、あるいは持っていても決して口に出さないという状況をどのように考えているのか、肚を割って話を聞いてみてください。よろしくお願いします。

  29. シニフィエさんのこの発言ですが↓

    >極ごく簡単に言うと、そもそも功徳とか成仏とか宿命転換とか人間革命などといった言葉につられて我を忘れて、気がついたらありったけのお金を吐き出している。これが詐欺でなくて何なんでしょう。

    本当に、詐欺だと思うのですが、詐欺として学会本部を訴える人がいないのは不思議です。これだけの人数がいれば、誰か立ち上がってもよさそうですが。
    まあ、池田大作と一部の中枢の人間が確信犯なのは間違いないですが、立証は難しいかもしれませんけどね。

    いつも思うのが、健康食品と宗教は謳い文句どおりにならなくても罰せられないし返金もないのでのでやりたい放題だということです。

  30. ゴンゾウさん、シニフィエさんの仰るとおりです。
    それと知識だけでなく、自分の感性も大事と思います。
    情報は膨大にあるし、しがらみがないからといって誰もが真実を言ってるとは限りませんからね。
    本当は自分の舌でパンの味がわかったり、子どもの様子を見て健康管理ができたり、ニュースを見てウソを見破れたりできれば素晴らしいんです。

    私は創価の問題も、ネットで確かに多くの情報を知りました。
    でもこのこのようなブログで、ビジネスではない一人一人のキーボードで打った文章から息遣いを読んで、それで理解できたことがたくさんあります。
    文章ってウソも作り物もホンモノもよくわかりますよ。(マーガリンの味は私にはわかりませんが(笑))
    知識だけじゃなく、思考力、感性、感覚は絶対に大事です。
    私も多方面にそんな感覚が鋭ければ、長年騙されなかったのになあと残念です。

  31. 創価学会首脳部は、もしかしたら今頃、膨大なお金をつぎ込んでもかまわないから、何とかネット情報を制限出来ないかを必死で考えているところでしょう。有能な ハッカーを高い時給でチャーターするかもしれません。なんか、太平洋戦争当時の軍部の情報統制みたいですね。自分たちに都合の悪い情報は、一切流すのを禁止した。でも、その時 日本は負けました。ダーウィンが たしか言っていたと思うのですが、強いものが生き残るのではなく、環境に上手く適応できたものだけが生き残るのだと。創価学会は、人道上も反しているし、完全に時代遅れになってしまいました。どれだけお金を積んでも、これは変えられない事実です。歴史が完璧に証明することでしょう。

  32. 池田大作がどんな性格の人間だったのか、どんなことをしてきたのか

    ごたごたと大幹部が造反する事態が起こってから早くも20数年経ちましたがその当時のことさえ知らない年代の人も多いと思います

    私は今も恐ろしいなと心に引っかかっていることがあります

    側近中の側近大幹部〇島副会長が池田大作は偽物と見破って、告発に立ち上がられたとき、ちょうど私の心も大きく揺れ動いている時でした

    誰が言っていることが正しいのか悩みました。そこで直情型の私は、そうだもう自分で確かめるしかないと決心して告発雑誌の最後に書かれている事務局というところにすぐさま電話を掛けました
    すぐに身内の方が出られびっくりしました。穏やかな口調で何月何日にはそちらのほうに赴きますのでというお返事でした

    心待ちにしていた私は当日ドキドキしながら物々しい雰囲気の会場に出かけました
    そこで聞いた池田大作、創価学会の話は少し前にも書きましたがあきれるばかりでした

    私が引っかかってるというのは彼が告発に踏み切って間もなく

    〇島は学会に一千万円要求してきたと、でかでかと聖教新聞の見出しに書かれたことです

    私もそりゃ~いかん、悪いやっちゃと思っていました

    しかし、しかしですよ本人の口から私はそんなことは絶対にしておりませんとはっきり言われました。私がいつそんなことをしたか言ってほしいと憤慨されてました。 会場は一瞬静まりかえりました
    そしてざわつき池田に対する不信の言葉が会場から出始めました

    だけど〇島さんはすぐに、過ちを正していけばいいのだから池田の悪口はやめようと制止されてました。私は自分がこんなに貶められているのに
    何という人なんだと、思わず目頭が熱くなりました

    学会に歯向かえばもうどんなことをしてでもつぶしてしまおうという魂胆がまるわかりですね。皆さんこれで学会が宗教団体でないことがお分かりですね

    さらに、聖教新聞に載るということは先生が毎日、聖教に目を通して決済を出しているのだから、先生が認めたということだといわれてました

    一人一人を大切になんて言ってる先生がこんなことを、デマででっち上げてまで人を貶めるなんてどこかの国その儘じゃないですか
    こんな恐ろしい人なんですよ会員のみなさん
    こんな恐ろしい人が会の頂点なんですよ

    その後名誉回復された記事は見ませんね。私の心にずっと引っかかっています

    私にはもう宗教はいらないと、思ってますが

    会員のみなさん是非池田の性格、やってきたことを知って覚醒の道を開いてください

         蘇生への選択   ぜひ読んでください

    断っておきますが私は正宗を正当化するのではありません。あくまでも
    池田大作を偽りなく知ることのできる告発本だと思います

  33. 創価学園の若い人に思うことは、財務とやらで学園運営は成り立っているわけではないことをよく認識して、自分の発言を主体的に考えることを決して恐れないでほしいということです。

    それは若い人が持つ重大な権利であり、特権であり、
    錆び付きかかっている時代遅れのMCの手中には収まらない、
    皆さんこそが未来からやってきた自由な思考の使い手だから。

    創価学会は自分より他の原因で行き詰まっているのではない。
    自分たちが欲に突き上げられて繰り広げてきた複雑な問題に、
    当たり前のように浸かりきってしまって、抜け出そうとしない。

  34. おはようございます。過去のものを少しづつ読ませていただいてますが、今まで言いたかったことがほとんど書かれていて、素晴らしいブログだと思います。

    学会を詐欺として訴える人がいないのは、裁判になっても学会お抱えの強力な弁護士が多数いますし、学会はたくみに「すべて強制した覚えはない。」と逃げることがわかっているからではないでしょうか。

    でも、すべて自分の意思で選択したこと。と思い込んでいる方々も、実はそうするように仕向けられていたことに気がついていない人も多い。

    今はやりの心を読む魔術師という方も、相手がどの品物を選ぶのか前もって予知するというマジックで驚かせていますが、それを選びたくなるような心理状態に導くトリックをかけるから当たるのだそうです。つまり自分の意思だと思っていたことが、実は選ばされていたということです。

    会員も同じです。自分の意思で正しいと思ってしてる。
    強要はされていない。いえ、ビデオや講義で洗脳されてるから信じてるだけです。
    それが洗脳と言うものなのです。

    相田みつをさんの言葉で
    「つまづいたり ころんだりするほうが自然なんだな 人間だもの」
    というのがあります。

    学会は常に勝利勝利、負けるな、戦え、結果を出せ。とケツを叩かれる。
    人間の生き方として不自然です。

    先月登場してた学会員の白ユリさん
    >私は今までに200以上の祈りを叶えてきました。
    >進学も、就職も、結婚も、出産も、子育ても、住む家も、乗る車も、全て。

    自分では勝利の姿と思っておられるでしょう。
    でも、人としてどうでしょう?傲慢で思いやりにかける魅力の無い人と思った人も多いでしょう。脱会した人間はクズくらいに思っている。

    いえ、間違いに気がついて、本来の自然な人間の姿に戻っただけです。
    それは負けの姿ではありません。むしろ洗脳が解けた勝利の姿です。

    異常な世界にすがって生きたい人はそこで身を滅ぼせばいい。
    でも、少しでも疑問をもち、正常な判断力が残っている人は、知る努力をして、自分や家族を救うべきです。

    創価学会は1%の腐った人間と、99%のお人よしで成り立っている組織だと思います。

    お人よしさんの姿が学会の真実ではありません。そこを勘違いして入会してしまうことが無いように訴えたいと思います。

  35. ラザリスさん、こんにちは。

    >創価学会首脳部は、もしかしたら今頃、膨大なお金をつぎ込んでもかまわないから、何とかネット情報を制限出来ないかを必死で考えているところでしょう。有能な ハッカーを高い時給でチャーターするかもしれません。なんか、太平洋戦争当時の軍部の情報統制みたいですね

    笑いました^^;
    もっとも聖教新聞が戦時中の新聞みたいですが。
    今でも「勝利、勝利で勢力拡大」「創価の未来は盤石」

    いつの時代も民衆こそが賢く力があり、権力で倒せないものがある、と言ってたのは創価なんですけどね。

    疑問なのは会館建設が未だラッシュなこと。
    一体どんだけ金持ってるんだ?想像を絶する金額なんでしょうね。
    存続しようが衰退しようが、どうとでもなる莫大な資産があるとしか思えません。
    それかガラ空きの会館になったとしても、建てることにメリットがある裏の事情があるのでは?と勘繰りますね。

  36. サラマンダラさんの紹介された「蘇生への選択」は、池田大作がどれほど極悪な人間かを知る上では、かなり貴重な本ですよね。しかし、自費出版であるうえに、出版されてからかなりの年月が経過しているので入手しにくいのが難点です。それを考慮すると、矢野さんの書かれた「乱脈経理」は簡単に入手できるうえ、非常に信憑性の高い創価・公明党の悪事が詳しく記載されているのでお勧めです。

    バリ活のころは、大川隆法など他宗教の教祖なんてインチキ臭いイメージしかなく、池田先生だけは別格だと勘違いしていましたが、洗脳が解けた今、実際の池田大作は他宗教の教祖より性質の悪いカルト宗教の教祖だということがよくわかりました。

  37. 皆さんありがとうございます。シニフィエさん、自分は、元々考え方が純粋な学園生と違うのでおかしな人扱いは慣れてます。ですので、心配ご無用です。池田先生が公のば場に現れないのは弟子に一切を任せるため。というのが学園の決まり文句です。後継に関するご指導とかも沢山あってほとんどが信じてます。先生を信じて弟子になるのが王道!みたいな風潮です。自分も、激励とかご伝言とかがホントに先生から届いたものか判断できずに迷っています。(ご伝言とかは、毎回同じ感じ。学園生によろしく伝えといてください。が一番多いです。)こんな状況ですが、自分は、感謝だけする。というスタンスをとってます。モニカさん、感性大事だと思います。自分は、様々な意見の人と対話することでそれをおぎなってます。宝星さん、若いって大きいんですね!少しでも、沢山の仲間と理解し合った上で学生部に立ち向かいたいです。自信持って頑張ります!

  38. シニフィエさんのゴンゾウさんへのレス、とてもわかりやすいですね。

    信じ切っている人達に、ネットから正しい情報を得てほしいと言っても、疑問を抱かないかぎり覚醒する1歩にならないのが本当に残念です。

    疑問を持ったら、まずはネット検索する。
    信じていたものが覆されても、そこから先を知る勇気を持つ。
    かなりショックを受けて、最初は心の整理がつかないとは思いますが、段々とどうしていったらよいかというのが、自分なりに考えがまとまってくると思います。

    いい加減な公明党で思い出したのが、公明党が盛んに署名運動をした子宮頸ガンワクチン。
    覚醒前でしたが、本当に安全性の面で大丈夫なのかと疑問に思っていました。

    ワクチン接種が実現化したら「公明党が先頭になってワクチン接種を実現化しました!」と盛んに実績アピール。

    でも、副作用が問題になったら、アピールをせずに口をつぐんでしまいましたね。
    1度、会合に国会議員がきた時に「本当に子宮頸がんワクチンは安全なのか?」と婦人部から質問がでました。

    その時にその議員は「安全です、副作用はたまたまで確立の問題なんです」というような弁明をしていましたが、人の命をなんだと思っているんだと怒りが湧いてきた記憶があります。

    当然ですが、そんなワクチンを、自分の娘達には接種させるもんかと接種させませんでしたけど。

    創価の幹部は、何かにつけて「脱会した人達の共通点は教学が無かった。キチンと御書を学んで教学を身につけていれば退転しなかった」ということを盛んに言います
    「だから、若い人達に早くから教学試験を受けさせていくのよ」と。

    でも、こちらのブログを読んで常々思うのは、まるっきり逆ですね。
    創価を辞めた人たちのほうが、とても博識だし、仏教についても詳しいし学んでいる。

    だからこそ、創価のデタラメな教学が間違いだったと見抜く事ができた。

    創価でいう教学とは、会員をMCさせるための手段の創価流教学のことですね。

    そんな事実を知ってしまうと、婦人部が教学云々と鼻高々に語っているのを見るたびに、恥ずかしくなります。

  39. 二郎さん補足ありがとうございます

    中古品ならアマゾンで比較的楽に入手できますよ
    再販本もありますので
    私はご本人に直接話も聞いていますので、この本に思い入れが強いのでぜひ機会があればとお勧めします
    とにかく池田大作に一番近かった人ですから告白の内容はほんとにすごいものです
    読めば脱会に踏ん切りがつく内容です。 お勧めです

  40. レモンさんのコメント
    >創価の幹部は、何かにつけて「脱会した人達の共通点は教学が無かった。キチンと御書を学んで教学を身につけていれば退転しなかった」ということを盛んに言います

    ↑これ、人間革命にもでてきますよね。

    教学=洗脳です。だって、
    数十年やった実体験+数十年多くの会員を見てきた結論として
    全く祈りが叶いませんから。
    それを、「魔」だの「宿業」だの名前をつけて誤魔化しているだけ。

    いいことがあったら功徳
    悪い事があったら魔、宿業

    つまり、どっちに転んでも何かしらの指導に当てはまるように洗脳しているのです。
    気がついてしまいましたから。創価学会、残念!!

  41. サランマンダラさん
    私もアマゾンで入手しました。おっしゃるとおり、この本の中身はすごいですね。池田大作の極悪ぶりがよくわかります。まあ、バリ活は反逆者が嘘を言ってるとしか思わないのでしょうけど。

  42. レモンさん、私は冷静になった今でこそ、ネットで創価や公明党の事を調べるようになりましたが、活動していた時は『疑問をネットで調べてみる』という考えが無かったです。
    調べる時間がなかったわけでもなく、パソコンが無かった訳でもないのにです。
    何年も組織や活動の意味に疑問や不満を持っていたのに、無意識に『ネットに書いてある批判は全部デマ』だと信じてたんだと思います。

    私は少し前にふと『囲み折伏 創価』で検索し初めて、色んなアンチブログを通ってここに辿り着きました。

    それからは、

    『創価 非常識』
    『創価 会合 行きたくない』
    『創価 会合 くだらない』
    『創価 家庭訪問 迷惑』
    『創価 署名 やりたくない』
    『創価 婚期逃す』
    『創価 選挙 無理』
    『創価 幹部 ろくでもない』

    と、今まで自分が思っていたことを1つ1つ検索してみると、わんさか創価批判が載っていました(笑)
    私だけが悩んでたんじゃない、私の「学会って…なんかおかしくない?」っていう直感は間違ってなかったんだ!と思えました。

    皆様のリアルな体験談やご意見が、今の私の支えになっています。

    疑問をネットで検索し、勇気を出してここに書き込んで本当に良かったと思っています。

  43. 学会の指導?は行き着くところ

      あんた逃がさへんで!と丸め込んでしまうお話ですね

    ありとあらゆる言葉でお得意様が減らないようにね

    でも、もう気がついちゃったもんね、二郎さんの言われるように

    オレオレ詐欺じゃないけれど、功徳、御利益詐欺にはもう騙されないよ 

    (^_^)v

  44. モニカさん、ありがとうございます。
    これからも、永遠の同志として 共に闘いましょう?!!って、あぶねぇ MCされてた頃の、表現がなかなか抜けませんなあ。まあ、気楽にいきまひょか!仏法は いつからか 勝負になったらしいが、勝負など する気はありまへん。そんなもん、最初から 勝負はついてまんがな。関西弁のラザリスはんどした。
    ところで、池田氏の側近が ことごとく造反を繰り返し、そのたびに 聖教などで 下品に攻撃しますが、世界中では 内戦や紛争や大災害が繰り返し起こって、大変な時なのに 造反者に大勝利しただの、裁判に大勝利しただの、まったくオメデタイ団体ですな。もっともっと、世界平和のためにすべきことがあるんじゃないの!!
    そもそも、世界最高の教えであるなら、なぜこれほど多くの人間が造反を繰り返すの?イエスキリストに、これほど多くの造反者がいたのかな。ああ、ごめんなさい。法華経の行者には、災難があるのでしたね。ソーカソーカ。このごろは、秋谷栄之助さんも、日蓮正宗に戻ったとか、戻らないとか。難儀な宗教ですなあ。

  45. 退転しない人=洗脳の解けない人、です。
    それだけです。
    スゴイ人でも、信心のある人でも、師弟のある人でも、感謝のある人でも、教学がある人でもありません。

    幹部は「洗脳されていることを誰よりも気づいていなくて、誰よりも認めたがらない人」です。

  46. 教学でMCするために、近年は特に教学試験に力を入れるをするようになったんでしょうね。

    任用試験にいたっては、昨年から7年間連続で開催されるようになりました。
    ということは、今現在小学生の子達も7年後には高校生になり、試験対象者になりますね。

    数年前からやたらと「未来部に力を入れよ」と言っていた意味が、こういうことだったのか・・・・と色々な疑問が繋がってきて愕然としましたね。

    今、組織は友好週間です。
    活動家の人達も会合が休みになり、組織への疑問をゆっくり立ち止まって考えるチャンスの期間です。
    ネットでこちらのブログに辿りつく人も増えてくるのでは?と思っています。

    私はこの友好週間中に、池田さんの本や指導集などをドンドン捨てています。
    本当にどれだけ買わされてきたんだというぐらいの量で、全てを捨ててしまうのには相当な時間がかかりそうです。

    主人が所有するものや人間革命などは本棚に見える面にダミーとして飾ってありますが、婦人部から出された本や自分充てにもらった和歌なども捨ててしまいました。

    押印の押してある和歌を有難いと額縁に入れて飾っていましたが、これらも捨てました。

    そして、数十年間 続けていた聖教配達も、先月いっぱいで体調不良を理由に交代しました。
    今まで「使命感」や「広布のために」とやっていた事の全てが嘘っぱちで、便利に組織に使われていたんだわかってからは、もうやってられないという気持ちだったからです。

    貴重な朝の時間を使って何て無駄な労働をしていたんだと悔しいかぎりです。

    ただ、なかなか代りの人が見つからなくて、6月ぐらいから探しはじめてやっと受けてくれた人も年配の人です。
    なので、スッパリと交代はできませんが、やっと人間らしい?朝の時間を過ごすことができるようになりました。

    でも、こういう配達員の交代なども、販売店は一切ノータッチで組織で代りを見つけてくださいという対応で、本当に一体何様?って感じです。

  47. レモンさん、長年にわたり 配達員 お疲れ様でした。自分も 配達員を三年間、牙城会を15年間やらされました。牙城会任務に着くのに、親戚を 嘘で何人殺したか 覚えていないくらいです。中には、自分に 三回ぐらい 殺された 叔父もおります。ナンマイダ~!!組織の弱体化に伴い、着任のローテーションが早まり、最後は週一回ぐらいになってましたかね。最近は、それでも間に合わず、王城会なる 若年寄が 任務についているようです。牙城会も、いずれは 敬老会メンバーに占領されることでしょう…。 学会関連の本は、まだたくさん持ってます。崩壊後に、どのように 教義が 変遷していったかの証拠物件としてです。いま、改めて読んでみると、同じことの繰り返しばかりで、たいして内容のないものばかりです。ニューサイエンスや、スピリチュアル系の本を 300冊以上読みましたが、創価の本の内容は、最低ランクです。MCが解けた皆さま、いい本をたくさん読んでくださいね。ラザリスからのお願いでした。

  48. レモンさん、配達無事に辞められたんですね!
    おめでとうございます(^O^)/
    私も、我が地区のみならず、どこの地区も配達員をやれる人が少ないと嘆いている現状で、交代は厳しいかと思っていましたが、体調不良を強く訴えたら、すんなり交代できました。
    自分が思うほど大変なことでもなかったです。
    代理の地区婦も決まり、あとは、いつ聖教新聞と大白を辞めようかと思っています。
    やっと人間らしい、穏やかな日々を過ごすことができ、いかに今まで、常軌を逸した生活を強いられて来たかが良くわかります。
    私も拠点として使っていた部屋に飾っていた、押印和紙や、池田氏の揮毫、感謝状などを
    拠点を辞めてすぐに外しました。でもまだ創価の物を断捨離できてません。あまりに大量すぎるので、手をつけられずにいますが、いつか全部処分して早くさっぱりしたいと思っています。そして創価家族と思っていた同志ですが、私が体調不良で活動停止しても、心配して電話やメール、訪問に来る人は驚くほど少ないです。これが、創価家族の実態。
    この現状は、創価へ後ろ髪ひかれずに済むのでありがたかったです(^^)
    レモンさんの役職も体調不良で交代できないんでしょうか?
    早く活動から離れられますように…!

  49. ラザリスさん

    ありがとうございます。
    ラザリスさんも配達経験者なのですね。
    どこかのコメントで集金の事を書かれているのを見たので、配達されていたことがあるんだなと思っていました~。

    牙城会も創価班も男子部が足りないので、何度も同じ人が任務についているようですね。
    王城会、こちらも比較的若い壮年が月に何度か任務についています。
    民間の警備員をお金出して雇えばいいんですよね~

    未来部の担当も男女から壮婦になったし、残っている達がいくつもの役務を兼任して、さすがに最近はみんなぼやいています。
    でも、全く覚醒している気配はないので、何故疑問を持たないんだーーって感じです。
    警備も掃除も全部「00会」という名の無料奉仕ですよね。

    ひろたんさん

    お久しぶりです^^
    ありがとうございます。

    もっと早く覚醒していたら、こんな無駄な労働を数十年もしなくて済んだのに。。。と本当に悔しいです。

    全国的に活動家が減っているうえに、配達までする人なんてまずいませんよね。
    配達は、体力的にもう限界です!ということを全面にアピールして何とか交代することができました。

    でも、交代した人が、私より年上で体調がよくない人なんですよね。(;´Д`)
    なので、1~2日だけは代配として私も配達するんですが、正配を退けたので本当に良かったです。

    役職は、すぐにはムリなのですが、自分で期限を決めています。

    その上で、自分が負担になることは止めようと、地区の唱題会を廃止、座談会の会場も協議会の会場も他の家にしてもらいました。

    今は一切の自宅提供を止めましたので、キモイオッサンが家に来ることもなくなりました~~(^^)/

    覚醒した当時は、旦那や義家族の目を覚まさせて、一緒に辞めなければと思っていました。
    でも、それは考えていた以上に難しい事だということも実際に感じています。
    例え、夫婦であっても家族であっても、覚醒したものは「仏敵」とみなされて、オール創価家族の中で1匹オオカミのようになってます。
    頭がおかしくなった嫁って感じです。
    いやぁ~~~~カルトって本当に恐ろしいですね。

    今は、旦那や義家族は自分の意志で好きでやってるんだから、覚醒させようなんて思うのは止めました。
    無駄な争いごとが増えるだけです。

    でも、子供だけは創価には絶対に近づけないぞっ!!!という感じです。

  50. レモンさん代配はされてるんですね^^;でも拠点も移せたし、少しずつ前進してますね!
    よかったです。
    今から思い起こしても、朝は新聞配達、昼間はパートと部員さん周りや連絡、行事予定作成、配布、夜は会合、そして題目あげて…数字、成果、報告、ってどこまで過酷なこと長年させられてきたんだと、早く気づけなかった自分が愚かしい!そして気づけない学会員は尚、愚かしい!
    私も義理の妹には覚醒したことを話して、わかってもらおうとしましたが、非活動なのに意外とMCが強くてびっくりでした。
    なので、無理なことは言わず、自分で気づくしかないんだなと思うようになりました。
    自己責任ですね(~_~;)

  51. みなさん人殺しをされていたんですね
    ラザリスさん思わず吹き出しましたよ。
    会合や登山のためにどれだけ人殺しをしたことか、数え切れませんね(-_-;)

    本当につらかったですよ。人殺しする以外に休む口実がありませんものね

    それで職場の第一人者になれなんて非常識この上ありませんね、アホかって思いますよ
    こんなこと懐かしんでよいのやら複雑な心境ですね
    登山の人員が足りないと言えば休み、民音のチケットが売れないと言えば自腹で買い込み、新聞が推進できないと言えば自ら抱え込み、もう本当に苦痛の日々でした
    どこが信心や、何が信心やと・・・・・・
    皆さん早く学会は宗教団体ではないことに気づいてください

    功徳がある、御利益がある、願いが叶う、幸せになれるという刷り込み

    名付けて、振り込み詐欺ならぬ、刷り込み詐欺です

    私はもう人殺しはしておりません。至って幸せに暮らしています(^^)/~~~

  52. レモンさん、配達員ほんとうにお疲れさまでした。
    でも、完全に交代したわけではないのですね。。
    気をつけてくださいね。。いまの状態だと、いつカムバックしてくるとも限りませんから。。
    もう、絶対にヤるものか!と意思を固く持ってくださいね。。

    わたくしも延べ7年近く配達員をしていました。集金も。。
    創価学会の書籍を徐々に処分しても何故か配達員の賞状や記念品、盾は処分するのが一番最後になったものです。。

    日蓮の御書だけは処分できずに、大きな立派な仏壇と共に実家の母宅へ預けました。。

    その他の書籍、ビデオなどなど、すごい量を旦那の車で市の焼却場へ運びました。

    お数珠も教本も処分した時は、ああ、これで悪しきモノ全てを断捨離したのだな、と内心、なんともいえない気持ちでしたよ。。

    だからって、その後、我が家に災難とか一切ありません。
    。。というより人並みな幸せを感じている日々です。。

    旦那さまや義家族の中で孤立もあるかもしれませんが、それ以上に新たな新鮮な人間関係を築いていって欲しいと思います。。
    そのチャンスが、いまです!

    わたくしは、脱会の前後から、いろいろな資格試験に挑戦しました。
    自分が興味があることを次々と学び、その中で新たな友人とも交流でき、いまもその友人関係は続いています。。

    どうか、ただ守りに入らずに、自分の人生、どんどん開いていって欲しいと思います。
    そういう行動をして行く中で、どんどん創価学会の悪しきマインドコントロールが少しづつ緩和していくと思います。。

    せっかくの人生、大いに楽しみましょう。。☆彡
    自分の人生を開くチャンスです。。
    チェンジ、の時ですよ。。(=^ェ^=)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中