創価学会のご本尊とは何か?

昨日はデング熱や報道ステーションディレクター怪死のことを書いたせいか、アクセス数がいきなり3300にまであがりました。たぶんたまたまそうした検索にひっかかって訪れた方がたくさんおられたのでしょう。きっかけはどうあれ、創価の悪事をより多くの人に知ってもらうにはよかったのかなと思います。

さて、このブログも、ひととおり創価の問題点について語ることができたように思います。そして「創価学会は宗教ではなく、宗教にみせかけたマインドコントロールによって会員からお金をまきあげる極悪集団」ということがはっきりしたわけで、それに気づくか気づかないかは、結局本人次第ということ。まわりがいくら真実を言っても聞く耳を閉ざしてしまうから、どんなに破綻しておかしな理論も信じて疑わず、ありったけのお金を貢いでしまっているということでした。これが創価学会のほんとうの姿だといってまちがいないと思います。これが実際に創価学会に何十年と活動してきた方々の結論です。

もちろんこれからも具体的な創価の現状を皆さんに語っていただくことで、創価の現実に気がつくきっかけとなっていただければと思います。そこでまた、ふたたび各論的な展開になっていきますが、これまでのここでの話を踏まえた上で、もう一度創価がやっていることの矛盾点といいますか、常識では考えられない暴挙の数々を皆さんで紹介していきましょう。

そこで、今回のテーマは「創価学会のご本尊とは何か?」とさせていただきます。日々、学会員さんが一生懸命、自らの幸せと世界の平和を願って拝んでいる「ご本尊」とはいったい何なのかを、もう一度検証してみましょう。

現在の創価のご本尊は、日寛上人が書写したご本尊を日蓮正宗に無断でスキャンしたデータに、よけいな授与書きを消し、文字の太さを改ざんしてカラーコピーしたものを会員さんに3000円で販売しています。まあ、例えるとアンパンマンの絵本を勝手に印刷して販売している悪徳業者のようなものです。絵本なら即刻逮捕されますが、これがよその宗教のご本尊だと問題ないのだそうです。中国のディズニーランドもどきの遊園地と同じなんですが、学会員さんはそれでも何の疑問も感じることなく、日夜朝暮に怠らず南無妙法蓮華経と唱え奉られていらっしゃる(笑)。

それどころか、3000円で買ったカラーコピーが本物で功徳があり、日蓮正宗のご本尊なんかに功徳はないと言い張っている。アンパンマンの絵本を密造した悪徳業者が「やなせたかしが偽物だ」と言い張っているようなものなんですが、学会員さんはこれも少しも疑問に思わずに、3000円のカラーコピーに向かって「功徳をください、福運ください、財務が何倍にもなって返ってきますように」と祈り「日蓮正宗がはやくつぶれますように」と朝晩呪っているわけです。そしてそのような行動こそが一家和楽の家庭を築き、最高の幸福をもたらし、世界を平和にすると本気で考えているんですね。学会員さん、そうですよね。違ってたら何が違うのか言ってください。

いや、学会員さんが何を信じ、何を拝もうが勝手なのですが、いやいや活動をされている多くの方が辞められないで悩んでいることも知って欲しいのです。辞めたいと言う人には、すんなり辞めさせてあげてください。それが信教の自由が保障された日本人の権利ではないでしょうか。何を信じてもいいですが、信じない自由だってあるのです。ましてや誰かに「これを信じろ。信じなかったら恐ろしいことが起きるぞ」と脅される筋合いは絶対にないのですが、学会員さんは平気でそんなことを言うんですよね。個人的に言わせてもらえば、毎日地獄に堕ちろと呪っているお寺のご本尊を無断で複製したペラッペラのカラーコピーじゃなくて、もう少しましなものを信じたらどうかなとは思うんですが、そんなことは余計なお世話ですもんね。やめろとはいいませんから、せめて辞めたいと思っている人に「罰が当たる」とか「地獄に堕ちる」とか「ろくな死に方はしない」などと脅すのは、いみじくも信仰を持つものとしていかがなものかと思うんですが、学会員さんにとってそんなことも世界平和のためにやる偉大な仏道修行なんですよね。仏法は道理。自分の行いはすべて自分に返ってきますからね。これが世界平和への唯一の行動なんですね、学会員さん。

創価学会公式サイトにはご本尊についてこう書いてあります………と、ここで紹介しようとしたら、あれあれ?なんと創価学会公式サイトにはご本尊についての説明がない!それどころか、日蓮正宗の文字がどこにもない!創価学会の年表にすら出ていない!創価学会は初代会長の牧口常三郎さんと理事長の戸田城聖さんが日蓮正宗の信徒団体として発足させたんじゃなかったんですっけ?公式ホームページのどこを探しても日蓮正宗の文字が出てきません。サイト内検索で「日蓮正宗」を検索したら、かろうじて1カ所出てきました。

「弾圧を恐れて国家神道を受け入れた日蓮正宗宗門を牧口は厳しく諌め、軍部権力と敢然と対峙していきます。」

だそうです。後にも先にここだけ。だからここで突然「日蓮正宗」が出てきても、前後の脈絡がまるでわからない(笑)。創価学会の歴史を語る中で、牧口会長が日蓮正宗を厳しく諌めなければならなかったことの理由がまるでわからないんです。だって日蓮正宗はここで初めて出てきて、これ以降もいっさい登場しませんから。そもそも創価学会の創立の由来は日蓮正宗の教義を広宣流布することでした。それは1991年に創価学会が日蓮正宗から破門されるまでは、日本最大の信徒団体だったわけです。それを完全に消し去っているんですね。いやあ、これは驚きました〜!「ネットはデマばかり」っていうのは「創価ネットはデマばかり」ってことだったんですね(笑)。いずれにせよ、創価学会公式ホームページによれば、創価学会は1930年の創立から1991年に日蓮正宗から破門されるまで、日蓮正宗の信徒団体であった61年間の歴史を、はじめからなかったものとしてしまっているのです。創価学会の永遠の指導者とする3人の会長が日蓮正宗の信徒であったことが、まったく記されていないのを見て、なんだか恐ろしくなりました。じゃあ、この3人はどうやって日蓮仏法を知ったの?学んだの?独学?じゃあ、そのうち小説人間革命にも日蓮正宗が抹消されて、牧口・戸田・池田の永遠の指導者は図書館かどっかで日蓮仏法を学んだということになるのかな(笑)。

で、ご本尊。サイト内検索したら文章の中にいくらか出てきますが、ご本尊とは何ぞやという項目はありません。昔なら「ご本尊根本に」というのが創価の常套句だったのが、いっさいありません。勤行のやり方として「ご本尊に向かって読経・唱題する」といった程度の説明で終わっています。日蓮仏法の根幹であるはずの三大秘法のひとつ「一閻浮提総与の大御本尊」がこの扱いとは驚きました。どうやらご本尊とは勤行唱題のときの鏡程度のあつかいですね。それなら複製のカラーコピーでもいいわけだ(笑)。

ウィキペディアによると、創価学会のご本尊は

  • 日蓮により弘安2年10月12日に図顕された一閻浮提総与の大御本尊と呼ばれる文字曼荼羅
  • 以前は“日蓮正宗総本山大石寺に安置されている本門戒壇の大御本尊 ”とされて来たが、2002年の会則変更により表記が変更された
  • 現在の総本部に安置されている創価学会常住御本尊は、第2代会長戸田城聖が発願し、当時の日蓮正宗法主・日昇上人によって書写、授与された紙幅の本尊を板に彫刻したものである

とあるので、こっちのほうがよっぽどきちんと書いてありますね(笑)。

どうやら今の創価は、この「ご本尊」にあまり触れられたくないようです。そりゃそうでしょう、自分たちの由来である日蓮正宗をなかったものとしているのですから、このご本尊がどこから来たものかの説明がつきませんよね。すでにこの時点でまったく説明のつかない事態になってるんです。新入信者やSGIメンバーにはどんな説明をしているのでしょうね。「私たちが毎日拝んでいるこのご本尊は、いったい何なのですか?」と訊かれたら、「いや大した意味はないんだけど、拝む対象がなくては困るでしょ。大切なのはお題目を唱えることによって自分の中にあるご本尊を呼び覚ますことなのよ」な〜んて苦し紛れの説明をする幹部の姿が目に浮かびますね。昔なら体験発表のときには必ず「何があってもご本尊を根本に、広宣流布のお役に立てる人材として、池田先生にお応えしていきます!」などと涙声で絶叫していたものです。その信心の根本であったご本尊。公式サイトにも「弘安2年(1279年)10月12日に一閻浮提総与の大御本尊を建立されたのです」とはありますが、当然、今の創価学会はその日蓮さんのご本尊はもっていない。日蓮正宗の大御本尊といえば、日蓮さんの出世の本壊ですよ。つまりこれを顕わすために末法の本仏として生まれて来たんだとまで言った三大秘法のひとつですよ。それを創価は軽くスルーするんですか?おかしくないですか?そして創価の公式ホームページには、創価のご本尊の由来についてはいっさい書いていないんです。というか、書きようがないというのが本音でしょうけど。

学会員さん……なんだかな〜〜……って思いませんか?創価は破門される前までの61年間は、本家本元の日蓮さんのご本尊が日蓮正宗にあるとしてきたんですよね。それで正本堂まで建てた。でも破門されて正本堂も壊されちゃった。それからは、創価が日蓮正宗に無断でつくった複製カラーコピーを毎日拝んでる自分って、いったい何だろう?って。

創価学会の会則には第1章総則の第2条(教義)には今でも

「この会は、日蓮大聖人を末法の御本仏と仰ぎ、一閻浮提総与・三大秘法の大御本尊を信受し、日蓮大聖人の御書を根本として、日蓮大聖人の御遺命たる一閻浮提広宣流布を実現することを大願とする。」

とあります。

でもその三大秘法の大御本尊は61年間は日蓮正宗大石寺にあるとして、会員さんを参拝に連れて行っていたわけですよね。創価学会にとって、日蓮さんが打ち立てた一閻浮提総与・三大秘法の大御本尊はどこへいったのでしょうか?破門されたからといって、そんな750年も伝えられて来たことを部外者の創価学会が簡単に変えちゃっていいんでしょうか?さらに学会本部にあるご本尊は「第2代会長戸田城聖が発願し、当時の日蓮正宗法主・日昇上人によって書写、授与された紙幅の本尊を板に彫刻したものである」とあるように、戸田さんの時代に日蓮正宗の法主だった日昇上人が書写したものを、どこの誰だか知らない人が板に彫ったものなんですよね。え〜〜、そんなんでいいんですか?日蓮正宗側では「そんなものはご本尊ではない」と言ってるわけですよ。それって宗教なんですか?信仰って言えるんですか?そんなものにいくらお金をつぎ込んだんですか?自分の人生のどれだけの時間を割いてきましたか?これからも、ありったけのお金を時間と労働力を貢ぎながら、そんなカラーコピーを死ぬまで拝み続けるつもりですか?

………失礼ですが………バカじゃないですか?

ま、最後の行はご愛嬌のジョークと捉えてくださいね。

 

 

 

広告

創価学会のご本尊とは何か?」への54件のフィードバック

  1. 私以前から不思議だったんですけど、どうせカラーコピーするなら大聖人御真筆の御本尊を手に入れてコピーすればよかったのになぜわざわざ宗門の法主の書写した御本尊を配布したのかなぁ、と。
    宗門と一緒だった時も、どうせご法主の書写した本物ではなくコピーですよね?同じコピーするなら御真筆の方がずっとありがたいと思うんですが・・・。
    心のこもった手書きならともかく結局は宗門でも学会でも法主のコピー本尊を配ってたのですから学会の本尊を偽物呼ばわりする宗門側も何だかなぁと思います。誰が書写したから力があるとかないとか本物だとか偽物だとか、馬鹿らしい議論ではないでしょうか。
    ところで、よく考えてみると登山を経験したことない私は生まれてから一度も大聖人御真筆の御本尊を見たことないという事に気づいたんです。どうして大聖人御真筆の御本尊を見せないのでしょうか?そこらの末寺の御本尊もきっと御真筆ではないですよね?
    末寺くらい御真筆のコピーでも良いのではないかと思うのですが、何かわけでもあるのでしょうか?
    まぁ、大聖人御真筆のコピーなどいただいてたら覚醒が出来なかったかもしれないので結果的にはかえって好都合だったのですけど。

  2. ですよね〜、めがねさん。
    破門される前の御本尊もコピーなんですが、ちゃんと布の表装がしてありましたね。創価はこの表装もまるごと一枚のコピーですから、こんなお粗末なご本尊って、世にも珍しいんじゃないかと思います。学会員のみなさんは、よくこれに疑問を抱かないなと感心します。
    私はモノゴコロつく前から、何度も登山に連れられて行ってましたし、正本堂も何度か行きました(そういえば本山へは自分が食べるだけのお米を持参しなければならなかったのを思い出しました)。大御本尊への参拝の度に思ったのは「あ、大御本尊って板なんだ。黒地に金の文字。日蓮がたましいを墨に染め流してないじゃん」ということです。いわゆる板曼荼羅ってやつですね。木の板にレリーフ状に文字を彫って着色してあるやつですよ。他の日蓮宗の宗派でも日蓮さん直筆のご本尊はあちこちにあるとのことですが、大石寺にある板曼荼羅が本家本元のいわゆる大御本尊であると言う証明がされているのかどうか怪しいんじゃないかって思います。そこは詳しくないので、どなたか教えていただきたいのですが、まあ、日蓮宗といっても日蓮さんを本仏としない宗派が多いわけですから、「大御本尊」といえども宗派によってその存在価値は違うのでしょうね。そのうち創価は「ご本尊は学会員の心の中にある」とかなんとか言い出すんじゃないでしょうか(笑)。そうなると色心不二じゃなくて、単なる唯心論ですけどね。どっちみち創価のいうことはめちゃくちゃなんですが、創価にとっては会員がお金を出しさえすれば、そんなことどうだっていいわけです。また、日蓮正宗のいう日蓮本仏論もかなり無理があるんじゃないかと思ってます。まあ、そこはここでどうこう言うことではないですので追求しませんが、前にも書きましたけど、日本の仏教史の中でも日蓮本仏論の存在感って、かなり薄いってことは学会員さんも日蓮正宗の信徒さんも認識すべきことではないかと思います。

  3. いよいよ 核心部分にきましたね。signifieさんの仰る通りですね。バリ活の方々、創価勇者さん、まともな反論できますか!?
    たしか、イケダセンセイは 平成5年のスピーチで 「御本尊は モノであり、我々の心のなかの信心が大切である。」みたいなことを 言っていたと思います。だから、日蓮正宗の大御本尊でなくとも、信仰は成り立つということでしょう。ゆえに、苦しまぎれに カラーコピーした 御本尊でも、功徳はあるのだと。
    しかし、そうすると 例えば 家族の為に、 カラーコピー御本尊を自分でカラーコピーして、もう一枚作るとか、将来の為にPDFデータにしたり、写真に写してJPEGデータにして USBメモリに保存したりしても大丈夫じゃないでしょうか?
    誤って、データを消去してしまったら それは「ご不敬」になるのかな?
    いずれにしても、創価の御本尊に対しての扱いは 矛盾だらけです。所詮、詐欺行為のネタでしかないので、どうでもいいってことでしょう。会員さえ 文句を言わずに 黙って拝んでくれたら…。
    あ~あ やんなっちゃった♪あ~あ 驚いた♪
    これが仏教かい???

  4. 創価は「日蓮正宗を利用して」、池田氏時代から本格的に金儲けを始めました。
    鎌倉時代の一お坊さんの教え、その一宗派にすぎない教えを、万物の法則だの宇宙の法理だの、宗教なんてこれ以外意味はないだの、度胆を抜くような宣伝を吹いて。

    だけどうっかり破門され、宗門をカンカンに怒らせてしまった。
    それで商売道具にしていた日蓮正宗を好きなように利用できなくなった。
    就中、目玉商品にしていた本山や本門戒壇の本尊が利用できなくなったのは痛い。創価にとっては金の成る木だったのに。

    この金のなる木、そう簡単に手離すわけにいかない。
    そっくりにコピーして何とか言い訳を考え、利用し続けるしかない。
    「御本尊に変わりはないんですよ。今までと同じなんですよ!」

    ざっとこんな流れだと思います。

    が、ホンモノなら力がある、カラーコピーは偽本尊の魔力がある云々はここでは論点にしません。
    信じる者にとっては、信じる方が力があるんだろうし、信じない者にとってはどっちもただの紙切れと思うでしょう。
    信じる人にとっては
    「信じようと信じまいとホンモノには功徳があり、偽本尊には悪鬼が宿るんだ」
    となるんでしょうが、信じない人にとっては
    「信じるからそう思うわけでしょ」
    これで終わりだからです。
    現象とやらを示されたところで、因果関係を客観的に証明できるはずもなく、それは信者のみが自分の意識で感じるもの。
    宗教の論争は不毛だと思います。

    ともかく
    「創価は日蓮正宗から破門されながらも、日蓮正宗の本尊をカラーコピーして、一体三千円で会員に配布している」
    これが事実です。
    日顕より前の、堕落する宗門以前の御本尊だからいい…という理屈らしいですが、そのわりに堕落する前の正宗とやらの話もピタリとしなくなりました。
    「日蓮正宗の教義」という言葉も忽然と消え、自分たちがその日蓮正宗の信徒だったことも、なかったことにしています。

    そんなこんなで、どうやら日蓮正宗という看板商品も賞味期限が切れたようです。
    宗門問題を機に教学を徹底的に調べる人が増えて、実はそれほどのものじゃないと気づき始めた人が出てきたのです。
    あれほどの金を集めた正本堂も、戒壇御本尊のためでしたが、そもそもこの戒壇御本尊って一体…?
    まったく創価の与えた都合のいい教学じゃなくて、余計なことを勉強されると困りますよね~。

    今は商品から「正宗」をとって、日蓮の教えとし、日蓮さんはざっくりは利用していますが、それも昔ほど出してきません。利用価値もなくなってきましたからね。
    つまり、昔ほど金にならなくなった。
    万物の法則はいつの間にか「池田センセイの指導」になって、目玉商品も変わりました。
    実際こっちの方が本も売れるんですよ。

    だけど宗教ビジネスも厳しくなってきましたよね。
    カルトという言葉が市民権を得てしまい、いくら金の力でものを言わしても嫌われたらしょうがない。
    お金はしこたま貯めこんだし、次は何を利用して商売するんでしょう?
    介護施設はいいと思いますが、けじめはつけて下さいね。
    信濃町の動向を、全国からどんな目で監視されてるでしょうか。

  5. signifieさん、
    〉そのうち創価は「ご本尊は学会員の心の中にある」とかなんとか言い出すんじゃないでしょうか

    概ねsignifieさんの解釈で間違ってないかと思います。

    以下池田氏の指導です。
    「宗祖日蓮大聖人がこの御本尊も、ただ信心の二字におさまれりと言われたのであります。信心の二字の中にしか本尊はないんです。本門戒壇の板御本尊、なんだ寛尊、信心の中にしか本尊はないんです、ただのモノです。一応の。機械です。幸福製造機だもの。大聖人の御書だ。」 (平成五年九月七日・本部幹部会)
    http://toride.org/ikemon/mono.htm

    ※参考までに、、、
    ⚫︎第二代戸田会長の指導
    「なんといっても、御本山に登り、親しく大御本尊様を拝まなくては、本物の信心にはなれない。こんなありがたい御本尊様を、わずかな御開扉供養で拝むことのできるのは、当本山であればこそであり、まことにもったいないことである。」(戸田城聖全集3巻 490頁)
    「御法主上人は唯授一人、六四代のあいだを、私どもに、もったいなくも師匠として大聖人様そのままの御内証を伝えておられるのです。ですから、御法主上人猊下をとおして大御本尊様を拝しますれば、かならず功徳がでてくる」戸田城聖全集4-P399
    「御本尊だけは、われわれは作るわけにはゆかない。日蓮大聖人様のお悟り、唯授一人、代々の法主猊下以外にはどうしょうもない。だから、仏立宗や身延のヤツラが書いた本尊なんていうものはね、ぜんぜん力がない。ニセですから、力がぜんぜんない。むしろ、魔性が入っている。魔性の力が入っている。」 『大白蓮華』昭和三十四年七月号

    ⚫︎学会のかつての公式見解
    「富士大石寺の大御本尊を拝まないものはすべて謗法である」(折伏教典 314頁)
    「われわれがいただいている御本尊様も、文底事の一念三千、真の草木成仏の理によって開眼された、これまた生身の御本仏様であります。この御本尊様こそ、真の木絵二像開眼の姿でなくてなんでありましょうか。これは日蓮正宗以外の邪宗では絶対になしえないところであり、ただ日蓮正宗のみのもつ深秘の法門であります」(大百蓮華62号 27頁)

    師弟不二はいづこ、、、、?

  6. 正本堂 入会してから何度か登山したことがあります。
    当時は「大御本尊に祈ればどんな願いも叶うから、家の中で一番よい服を着て参加しなさい」と言われて参加していた記憶が蘇りました。

    カラーコピーのご本尊への総取り替えを学会は推進していますね。
    日顕上人のご本尊を持っている人には「それでは功徳がでないから」と取り替えさせています。

    お守りご本尊なども、最初は青年部の折伏で家にご安置できない人が多いのでお守りご本尊をという事だったんですが、そのうち活動家に1人に1つという感じで買わされるようになりました。

    原価いくら?って感じの子供の玩具のようなんですよね。
    人差し指と親指で〇を作ったほどの小ささの容器に、曼荼羅が入ってます。
    小さすぎて見えないっ!

    まるで100均で見かけるキーホルダーのようですが、100円ではありません。
    なんと5千円です。
    一家に1つではなくて、活動家それぞれに1つです。
    これも当然カラーコピーでしょうが、5千円はぼったくりすぎでしょうって感じです。

    家にちゃんとしたご本尊があるからといって断る人もいましたが「出張先でホテルで題目あげれるように」とか「入院先でベッドで題目あげれるように」とか、あの手この手で買わせていましたね。

    今おもえば 全部カネカネカネ目的だったんですね。

    カラーコピーとは全く思っていない時、息をふきかえてはいけないと仏壇を掃除するときは、息を止めて・・・
    ご安置するときはシキミを口にくわえてやってましたね。

  7. 現在の学会の正式見解は、ご本尊に法主の開眼供養なんか必要ない。
    ご本尊さまはその姿形が現された時点で、功徳があるんだということらしいです。

    だったら身延で売ってる真筆のコピーでいいじゃん。

    そっちの方がより本物に近いでしょっ笑

    あと日蓮本仏論って後世のだれかがいいだしたものですよね?

    もし本人が、いやさー、釈尊を教化してたの俺だから!
    俺の方が元々の仏だからなんて
    言ってたら正真正銘のキ○○○ですよ。
    本人はいってないと思うんですがどうですかね。

    もし現代でそんなこと言い出したら、おかしいってなりますよね。

  8. おはようございます。
    一夜明けたら、創価の御本尊について、さっそくたくさんコメントをいただきましてありがとうございます。

    再度各論的な展開はどうなのかとは思ったんですが、一度や二度書いただけでは、創価の手強いマインドコントロールには太刀打ちできませんので、内容が重複することも承知で、このようなテーマにしたことをご理解下さい。
    個人的な見解や思い込みの入る余地のない誰もが納得できるような客観的な事実をもとに、これまで以上によりわかりやすく、創価の実態を検証していければと思っています。

    そう言う意味でも、創価の過去の指導と今の指導のあまりの違いを、学会員さんはどうして疑問にもたないのだろうと思うのですが、それはそのままマインドコントロールされているからなんだという動かしがたい証明になりますね。

    こう言うと「時代は変わってるのよ。創価はその時代に合った信仰をすることが大切なのよ」(つい婦人部の口調になってすみません)などと言いますが、時代によってご本尊まで変わったんでは、日蓮さんもあの世で口からご飯を吹き出してるんじゃないでしょうか(笑)。「オレはなんのために出世の本壊としての大御本尊を顕わしたと思ってんだ。勝手にスキャンしたりコピーしたりすんじゃねえよ」って文句たれてるんじゃないでしょうか。

    でもね、そもそも日蓮さんが「オレがモノホンのホトケだぜ。他の奴らはカス」って言ったからこんなことになったんですよ。みんなあなたの真似をしてるんですよ。そんな自分のことは棚に上げて文句を言っても誰も言うこと聞かないですよね。日蓮さん自身が他の人の言うことを聞かないで、自分だけがナンバーワン!って言ってきたんですから、それこそ自業自得ってもんでしょ。これがカルトでなくて何なんでしょう。

    やはり日蓮さんの教えは、どう考えても自分を頂点とした一神教ではないでしょうか。仏教なんかじゃありませんよ。なにしろ仏教の本道だと言いながら、教祖である釈迦さえ自分が登場する前の「前座」「まえせつ」「オープニングアクト」だったって言うくらいですから「いったいどんだけぇ〜」って感じです。法本尊が南無妙法蓮華経で、人本尊が自分で、人法一箇。つまり我こそはこの世の法則じゃ!って宣言したわけでしょ。で、自分の言うことを聞かなかったら他国が責めて来て日本が滅びるって。この世の法則なのに他国が責めてくるのをどうにもできないなんてヘンじゃないですか、日蓮さん? 

    で、そんなすごい神か仏か知りませんが、あなたが末法のご本仏だと宣言されてから、かれこれ750年も経ってるというのに、世界はちっとも平和にならない。核兵器は地球を何百回も消滅させるほどあるし、世界中で戦争が絶えず、ほんの一部の人の金儲けのための殺し合いが続いています。あなたを信じて頑張ってきた学会員さんも津波や原発事故で亡くなったり、土地も職も失って故郷を追われたり、小さな子どもたちがガンになったりして苦しんでいます。末法のご本仏はいったいいつになったら人類を救ってくれるんですか?それも邪宗の害毒なわけですか?もし日本があなたの言う通りの教えを守って、日本中の人が全員毎日お題目をあげて、北朝鮮のように公明党が政権を独占して、新聞は聖教新聞だけになって、マスコミも完全に検閲されて、他の宗教は不幸の原因だとして潰してしまって、神社もお寺も教会もみんな取り壊して、国宝や重要文化財の宗教画や仏像もみんな焼却して、あなたの言うことに逆らったら恐ろしいことになると怯える毎日を過ごすことが広宣流布なんですか?民衆救済なんですか?

    日蓮さん、あなた750年後の日本がこうなってることを想像できましたか?それでも「末法のご本仏とはオレのこったい!」って胸を張れますか?あなたのその傲慢なトンデモ宗教を利用した悪人どもが、疑うことを知らない善良な人たちを騙してたいへんなことになっているのですよ。少しは恥を知りなさい。結局あなたの教義によって何が起こったかと言うと、ほんの一部のお寺と怪しい宗教団体がチンケないがみ合いをするくらいのことでした。あなたのその「オレがいちばん!」というどうしようもない選民思想に毒された新興宗教の会員さんたちが、いいように搾取されているんです。これがあなたのいう人類救済なんでしょうか?ちっちぇ〜っス。まじちっちぇ〜(笑)

    そんなトンデモ坊さんの書き残したご本尊とやらの、さらに何百年後かの坊さんが書き写して、さらにそれを無断でスキャンした新興宗教のひとたちが3000円で売りつけるカラーコピーを「ありがたや〜、貢いだお金を倍にして下さい〜」って拝んでいる学会員さん………マジっスか?

  9. ラザリスさん、いいですねえ。

    >そうすると 例えば 家族の為に、 カラーコピー御本尊を自分でカラーコピーして、もう一枚作るとか、将来の為にPDFデータにしたり、写真に写してJPEGデータにして USBメモリに保存したりしても大丈夫じゃないでしょうか?

    そう、もともと日蓮正宗の御本尊も印刷物だし、創価の御本尊に至っては無断でカラーコピーしたものなんですから、私たちも無断でそのへんのコンビニでカラーコピーしてもぜんぜんOKなんですよね。創価に著作権があるわけじゃない。そしたら1枚80円ですみます(笑)。スキャンしてプリンターかければ、おうちでいくらでも複製できます。なんならネット通販だってできるし、布の表装して「特別仕様豪華表装付き御本尊」とかってヤフオクに出すっていう手もアリです。これ単なるジョークではなくて、創価がペラッペラのカラーコピーを会員さんに売りつけてるって、こういうことなんです。創価が御本尊をそんなふうにあつかっているということです。日蓮さんもあの世で腰を抜かしてるんじゃないでしょうか。「なんて時代だっ!」って(笑)。

  10. やまとだましいさん、そうなんですよ。

    >いやさー、釈尊を教化してたの俺だから!
     俺の方が元々の仏だから

    これが他の仏教にはない日蓮仏法の真骨頂です。御書の文言はことごとく手を変え品を変え、このことを繰り返しているのです。
    御書を要約すると
    「こんなオレって最高じゃん!」
    「いろいろ考えなくても、オレの題目あげてりゃいいんだぜ」
    「信じたら幸せになれるけど疑うと怖いよ!アタマ割れちゃうよ〜」
    ということです。
    だから学会員さんも同じことを言い続けています。
    これってカルト教団の典型的な手口ですよね。

  11. signifieさん、全く同感です。aiさん、詳しく調べていただいて、ありがとうございます。
    信仰の根本にあたる 御本尊について、師匠の教えを裏切っているのですから、「師弟不二」など イケダセンセイが えばって言えたギリですか!?

  12. シニフィエさん

    ええっ、やっぱり本人も言ってるんですか、、、
    後の弟子の日寛あたりが優位性持たせるために持ち上げすぎた
    賜物だと思ってました。日興の時点でそうだったのかな。

    まあ触れると長くなるので、やめときます笑

    釈尊の教えって、そういう執着持ってると不幸になるから

    執着心捨ててしなやかに生きようぜっていう智慧なんですけどね。
    みんな縛られて苦しんでる。

    おかしいですね。

  13. やまとだましいさん

    日蓮本仏論は日蓮自身がそう言ったのか、そう言ったとする宗派の教えにすぎないのかは知りませんが、創価はかつて日蓮正宗を利用していたので、ともかく「末法の御本仏である」と教えていました。
    利用したのが日蓮正宗だったからそう言っただけで、例えば「日蓮はそこまで言ってない。上行菩薩の再誕としか位置付けされてない」という宗派だったら、違うことを言ったんでしょうね。

    どっちにしろ、そんなことは創価にとってはどうでもいいんです。
    何であろうと要するに、金を出させるように持っていくのが目的ですから。
    御本仏と言って金をとる。
    御本仏じゃないと言って金をとる。
    金さえとれればどっちだっていいんでしょうね。

    破門されて本尊が頂けなくなると、カラーコピーして、かつ三千円で集金すればここに新たなビジネスチャンス!と、どんな展開からも儲ける団体ですからねえ。

  14. 私が実家で過ごしていた頃は、日蓮正宗創価学会員であり、毎年大石寺へも出かけてました。正本堂へ向かっていく足取りも、総本山へきたという感じに満ちていて、写真とったり団らんしてたなあ。

    皆さんのコメントをみていると、今はまるで違うんですね!
    うちの親は結局役職に縛られて脱会できないでいるうちに、
    少し常識はずれなものの考え方をするようになったのかな。

    破門された時も、急にでしたよね…変だった
    暫定的にだんだんとではなく、突然とりやめになった。
    宗門側がスキャンダルがあったからと大騒ぎしていたけど、
    創価学会の方にも公にしたくないスキャンダルがあったんでしょう。

  15. ラザリスさん

    >御本尊は モノであり、我々の心のなかの信心が大切である。」

    これだったらなおさら学会に入らなくても、
    個人で信仰していけばよいですよね。

    本尊なんかなくたって題目があればいいんだと。
    んー、昔そういう日蓮系団体を、学会がはしゃくしてたんだけどな。

  16. じつは、姑は結婚してまだ経済的に苦労している頃、創価学会の人に熱心に勧められて御本尊をいただいた事があるのです。
    でも、すぐに引っ越ししたかで会合にも出たことはなく、最初から信じていなかった姑はお題目をあげることもなく、ある日、ゴミと一緒に捨てちゃったらしい。。

    旦那と結婚して、しばらくして姑と舅の口から聞きました。
    それを聞いたわたしは、まだ熱心な信者だったので、相当悩みましたし苦しみました。

    幹部に相談したりもしましたが誰もが他人事でしたね。。

    でも、その姑は今現在94歳。。病気といえば少々認知症なだけ。。
    じつの娘に自宅で看てもらい、わたしたち家族とも同居しています。。

    御本尊を御不敬したら、相当なことが起こる、とわたくしは子どもの頃から教えられて来ましたが、いまのところは、それもなさそう。。
    はたからみても幸せな姑なんじゃないかなあ。。

    宗教的なモノって信じている人には信仰の対象としてご利益を感じたりオカルトめいたこともあるかもしれませんが、まったく信じていない人には、それはただの紙だったりモノでしかないのかな?

    でも、信濃町幹部の御本尊への扱いは、とても曼荼羅として有り難く信じている行動とは思えませんね。
    もう随分昔からビジネスになっていたという証拠ですね。。

  17. 先ほど下記の通りのコメントがありました。名前は「通りすがりの男子部」でしたので、コメントの内容から察すると、本当に活動家の男子部の方のようです。自己紹介がないコメントなので承認できませんが、現役の創価学会活動家さんと、覚醒した皆さんの違いがよくわかりますので、以下に紹介させていただきます。なおこの方は、ここでの対話の意思はないようですので、皆さんからの質問はご遠慮ください。折伏中の人からこのブログを紹介されたそうですので、おそらくその方も見ていると思います。その方にはぜひ感想を聞かせてほしいです。この「通りすがりの男子部」さんと、私たちのどちらがまともなことを言ってるのか、是非教えてください。
    ________________________________

    通りすがりの男子部

    折伏してる友達にこんなサイトあるって言われて来て見たが、
    ゴミの吹き溜まりのようなサイトだな。

    自分に勇気がない、思いやりがない、責任感がないことを全部他人のせいにしてるだけじゃないか。
    学会が滅びるとかしきりに言ってるが、滅びるのはこんな無責任な奴らがリーダーをやってる組織だろうな。
    部員さんが本当にかわいそうだ。

    不満や愚痴を言うのは勝手だが、ネットで垂れ流すのは情けないぞ。

    責任感あるリーダーがいる組織は少子化だろうがなんだろうが
    きちんと発展し、功徳と歓喜にあふれてるからな。

    こんな不満ばっかり言ってる奴らは
    学会云々じゃなく、実社会でもたいしたことできないだろうな。

    ____________________________________

    まあ残念ながら、これが創価学会男子部の実態ということでしょうね。所詮こんな泣きごとの捨てゼリフしか吐けないのです。マインドコントロールされているからしょうがないといえばそうなんですが、こうしてあからさまにみっともない姿をさらけ出されると、なんか悲しくなります。創価にもう少しましな男子部はいないんでしょうか。2年半前に私が覚醒の決定的なきっかけになった学会員のサイトを思い出しました。思考回路がまるきり同じです。自分でものごとを考えることができない頭になるんですよね。いま現在、創価学会に勧誘されて困っている皆さん、私たちは、かつて創価学会員として何十年も活動して、人生のかなりの部分を棒にふってきました。これ以上の犠牲者を出したくないとの思いでこのサイトを運営しています。創価学会に絶対に騙されてはいけません。人生を棒にふるだけです。金目当ての恐ろしいカルト団体です。ぜひこのサイトで創価学会の実態を知ってください。

  18. 通りすがりの男子部さん、僕らは 組織でもないし 部員さんもおりません。ヤジを飛ばすのは 勝手だが、このブログの内容のなかのたったひとつのテーマについてでも 理論的に打ち破ってみなさい。創価が発展していると錯覚してるのは、マインドコントロールされてる、オメデタイあなた方だけです。
    残念 !!
    (*^O^*)

  19. 折伏されてる友達ということは普通一般の方が、関心をもってこのブログを見ておられるということで
    このブログの真実の告発は大変な重要な位置にあると思います
    みなさんますますリアルな真実を語りましょう

    そして覚醒する人を一人でも多く増やしましょう

  20. うまく言えないのですが、なんというか主張の感じられないコメントですね。参考になりました。

  21. 通りすがりにしては、悔しくてかきたくなっちゃったんですかね。

    責任感あるリーダーのとこは発展。どこだよ?笑
    周りみてもじいさんばあさんしかいねーよ。

    ほとんどが責任感なくて義務でやってるから、いまの疲弊した組織があるんだろ。
    金もらってる職員がやれよ。

  22. 通りすがりの男子部さんに折伏されている方
    私たちは思いやりはありますよ。だってあんな組織の悪事を報告して被害者が増えないように、今被害にあってる活動家が目が覚めるようにコメントしてるんですよ。嘘偽りはありません。私も二世でしたから、、、皆さんのコメントに嘘がないことはわかります。これ以上に被害者が増えないように。どうか入会などなさらないようよーくシニフィエさんや皆さんのコメント見て考えてくださいね。

    通りすがりの男子部さんも勉強のつもりで全部読んでみてはいかがでしょうか?考えが変わるかもしれませんよ。

  23. モニカさん

    返信ありがとうございます。
    確かにもはやどっちでもいいですね笑

    破門後のそうかの教えって、ニューソートのパクリだと思ってるのですが
    どうでしょうか。
    昔はとにかく大御本尊重視で、登山して功徳をもらうって
    スタンスだったのに、いまは全部自分次第、
    自分の中のパワーをだそうよ、前向きに、楽観的にって。

    それってニューソートじゃねえか。

  24. みなさん、すみません。お気持ちはわかります。とってもよくわかります。でも、ここで学会員さんを感情的に批判してしまうと、創価と同じレベルになってしまいます。ちょうど脱会後に宗門について、創価を口汚く罵倒している人たちと同じです。彼らも私たちと同じで騙された被害者でもあるのですし、彼らと私たちの判断が、客観的にどのように映るのかは、多くを語らなくとも明白です。私は彼らと議論する気はありません。私も2年半前までは彼らの側にいた人間です。議論しても返ってくることはすべてわかっています。そして、それらの言葉が創価を擁護するためのデタラメな屁理屈でしかないこともよくわかっています。彼らは深刻な加害者ではありますが被害者でもあることを忘れてはいけないと思います。彼らの言うことは、客観的に見れば完全に破綻していますが、それが理解できないようにコントロールされているということを忘れずにコメントをお願いします。

  25. 通りすがりの男子部さんに、創価への入会を勧められている方へ

    入会したら、あなたの大切なものを失ってしまいますよ。

    お金も思考回路も人生の時間も。

    そして、それに気が付いたときには、簡単に退会できなくなります。

    あなたが私の身内だったり、大切な人だったら 絶対に創価に近づいてはいけないと止めます。

  26. 責任感や思いやりって難しいですよね。
    皆んなそれを持つ人間になりたいと思ってる、と思います。
    無責任で自分勝手なんて嫌ですよね。
    ただそれを持つには、知識も見識も要ります。

    よかれと思って真摯にやってることが、実はとんでもない悪事に加担していた…こんなに悔しいことはありません。
    知らなかった、とするには、自分があまりに自己満足な正義感に燃えていたため、思い込みが強かった。
    他人の意見に耳をかさなかった、よく調べなかった、用心を怠った…そんな人に責任感を語る資格はないと思います。

    これは自分のことを言っているのです。
    あろうことか、覚醒するわずか一年半前に、私は友人に本尊流布をしてしまいました。
    この後悔はどう治めたらいいでしょう。
    もちろんその後、できる限りのことはしましたが。(友人はスゴクいい人でそうなんだ~とゲラゲラ笑ってくれましたが)

    単純に、このブログのアクセス数を見てみましょう。
    通りすがりにチラッと見ただけで「ゴミの吹き溜まり」と一蹴するのは、注意力の無さを宣伝しているようなものです。
    ちょっと見識のある人なら、その数字の持つ意味を考えてみるでしょう。

    他人を巻き込む、ということはそのくらいの力量が必要なんですよ。

  27. シニフィエさんの仰るごとく彼もまた被害者、とうりすがりの男子部さんを批判するつもりはさらさらありませんが

    学会員以外の方からこんなネット情報もあるんじゃないかと、逆に

    諭されているのはこのブログが新しい会員、犠牲者が増える大きな抑止力になっていることは間違いありません
    三千代さんの仰る通りだと思います

    皆さん奮って(ふるいな~)このブログに参加してください

    対話を求めて、真実を求めて(既に明らかになってますが)

    やまとだましいさん
      そうなんですよね、何でもアリ、金さえ取ればそれでいいの出す
      ほんとに腹立たしいですね

      もう、むちゃくちゃの、グチャグチャでおます
      ばかばかしいことこの上なし

    みんな早く気付けよ~~ 目を覚ませよ~~ お粗末さまでした

  28. お久しぶりです。
    最近はずっとロムってばかりでしたが、通りすがりの男子部さんの書き込みが気になったのでコメしました。

    >自分に勇気がない、思いやりがない、責任感がないことを全部他人のせいにしてるだけじゃないか。
    学会が滅びるとかしきりに言ってるが、滅びるのはこんな無責任な奴らがリーダーをやってる組織だろうな。
    部員さんが本当にかわいそうだ。

    これをやってしまっているのは今の学会の組織ですよ。
    私は覚醒以前から熱心な学会員の母親に悩まされ、精神を病んでいました。
    先輩や幹部の方に相談しても「祈れば道は拓ける」「お母さんはすばらしい学会員さんだからシャナナさんもしっかりついていけばいいのよ」としか言ってはくれません。
    学会は正しい、熱心な学会員さんは正しいという考え以外は受け入れず、相手の立場や境遇を思いやれない無責任なリーダー。
    同窓の友(学会的言い方ですが…)も同じように組織で悩み、精神を病んでも「祈り」の一点だけ。
    そしてみんな仕事ができなくなり、社会に出られなくなっていっているのです。
    真面目に活動していた人が仕事を辞めなければならないほど精神を病んでも、まともなアドバイス1つしていないのは学会の幹部です。
    病院に行けば、学会から離れてしまうのが目に見えているからでしょう。

    >責任感あるリーダーがいる組織は少子化だろうがなんだろうが
    きちんと発展し、功徳と歓喜にあふれてるからな。
    こんな不満ばっかり言ってる奴らは
    学会云々じゃなく、実社会でもたいしたことできないだろうな。

    責任感あるリーダーは朝はギリギリ出社、定時退社で夜遅くまで学会活動ですか。
    私の知り合いの男子部幹部は夜遅くまで活動しているので、朝起きれず、休日の午前中は予定があっても起きれないこともしばしば。
    片や外部の友人は朝早く起きて出社し、始業時にはバリバリ仕事をし、定時退社しているそうです。
    実社会で評価されるのは後者じゃないでしょうか。
    バリバリに活動している男子部で後者の人もいるでしょうが、それは自分の健康と引き換えか、家族の犠牲のうえに成り立っています。
    女子部の先輩がバリ活男子部と結婚し、子供が生まれたあたりから一気に老け込みました。
    話を聞くと、家事・育児を1人でこなし、財務のためにパートをし、活動をしてるから自分をいたわる時間がとれないと。
    それでも旦那さんの文句は一言も言わなかった先輩をすごいなぁと思いました。
    そんな状態でも幸せだと思うのは人それぞれですが、女性が一気に老け込むと地域の方はいろいろ勘ぐりますよ。
    学会の家は何かあるんじゃないかと。

    批判ってこれってどうなの?という気持ちから生まれてくるものだと思っています。
    それを学会員さんは「すごい宗教だから妬まれているだけ」だと言い続け無視してきた結果がこのブログに溢れていると思います。
    その批判を真摯に受け止め、きちんとした説明をせず、バカにするだけでは評価を落とすだけではないでしょうか。
    通りすがりの男子部さんが折伏されるのであれば、ご友人の疑問に真摯に答えてあげてください。
    ご友人はこのブログで気になったことを真剣にぶつけてみて、自分にとって信じられるものかどうかをしっかり考えていただきたいと思います。

    signifieさまお題とずれてしまい申し訳ありませんでした。

  29. 発明家に必要な要素の一つに「不満が多いこと」が挙げられるそうです。
    現状に甘んじることなく、発想を変えることが求められるからだそうです。

    創価がやたら「愚痴を言うな」というのは、余計なことを考えず、今いるところで黙々とやるタイプが都合がいいからなんですよね。
    こうと決めたら頑固で頭が固く、忍耐力があるタイプ…悪い面ばかりじゃないですけど、創価で人材(カモ)にされる可能性大ですよ。

    >こんな不満ばっかり言ってる奴らは

    はい、こんな性格だったばかりに無事覚醒できました(^^)/

    >こんな不満ばっかり言ってる奴らは
    学会云々じゃなく、実社会でもたいしたことできないだろうな。

    これも発想がワンパターンなんですよ。頭の固さが見えます。
    そうとも限らないんですよ。
    現状に甘んじることなく、改革しよう、違う角度から見てみようと発想が泉のように湧くので重宝がられます。
    忍耐オンリーが実社会で役立つともいえないんですよね。

    幹部の覚醒率が低いのは、物事を一方から見ない人が多いからではないでしょうか。
    忍耐強く責任感があることが仇となる場合だってあるんです。
    日々、愚痴を言うな、疑いを持つなと強化されていると、思考の柔軟さが萎えますよ。

  30. 皆さん、冷静な対応のコメント ありがとうございます。
    自分は、西日本男児(?)なもので、すぐに頭に血がのぼってしまいます。これからは、常に冷静な対応のコメントを心がけます。
    久しぶりに、かつて 聖教新聞で 弓谷君や秋谷さんが、造反者をけなしまくる あの記事を思い出しました。
    彼らは 今 何処??

  31. 初めまして
    マイマイと申します
    学会2世で昨年、脱会しました

    とおりすがりの男子部さんの
    意見を見て思いました

    〉責任感あるリーダーがいる組織は少子化だろうがなんだろうが
    きちんと発展し、功徳と歓喜にあふれてるからな。

    功徳と歓喜とはいったい・・・と思ってしまいました
    耳触りの良いことばばかりを並べるのは学会らしいですが

    学会の責任感あるリーダーは・・・

    この前TVであったプロフェショナルにでていた
    WFPの国連で働くある男性の活動以上に
    すばらしいことをしているのでしょうか?
    国連も給料は出ますが
    紛争地域や被災した場所に
    確実に食料が届くように
    危険を冒してまで、やっているのをみていると
    学会の平和?運動などクソみたいですね

    新聞、選挙、勧誘、どれをとっても
    誰の為になるんでしょうね

    もっと世界をみて
    何がどんなところで起こっているのか
    もっと見る必要があります
    学会の会員は
    完全に井の中の蛙です・・・

  32. 男子部に折伏されてる方へ

    創価学会は、行きはよいよい帰りは怖いところです。
    入るときは芸能人(広告塔なので特別待遇です)の誰それもやってるし~とか、他の宗教と違って~とか、いかに素晴らしいか(嘘ですが)しか言いませんが、実態はここのサイトを見ればよくわかります。DVDは宣伝用に都合よく作られたものなので、洗脳されてはいけません、いろいろな裏があるのです。

    一度入ると、やめるときには、バチがあたる、地獄に落ちる、この先ろくな事がないなどなど不幸になることを願われますし、やめたいんだけどーと言ったところで、引き止められるだけで、やめさせてはくれません。「やりもしないで、おかしいと決めつめるのか?おかしいと思ったらやめたらいいんだから、やってみてから決めなさい。」と言うのは嘘です。おかしいと言えば説得されるだけです。とにかく入らないのが一番なのです。

    断言できるのは、入ったからといって願いは叶いませんし(初心の功徳はありません。単に思い込み、気のせいです。)、勧めてる男子部も、自分の成果(勧誘成功の)が欲しいだけです。

    もし、座談会にも出ていて、みんながすごく歓迎して喜んでくれた。だからいいところなのかもと思った。としても、それもその地区で新しい人が増えると、ノルマが一つ達成されるから万歳なだけです。

    また最初は、聖教新聞と大百蓮華以外お金はかからないよ、寄付だって取らないし。と言われますが、結局年末に財務という集金のときがあって、お金をケチれば功徳がない、惜しいと思うくらい沢山出して初めて功徳があるといろいろと洗脳されて、ボーナス出す羽目になります。するしないは自由と言いますが、そうは行きません。してみなよ。功徳あるんだからということになります。みんな額は隠してますが、一口最低1万以上からなので、数十万出す人から、1000万出す人までいます。これも洗脳の結果です。そして出しても功徳とは無関係。一部の最高幹部が潤うだけです。集まったお金はけして清いことばかりには使われていないようですよ。

    入ろうか迷っているあなたも、一度入ってしまえば、この泥沼からなかなか抜け出せないように洗脳されます。そしてお金もバカらしいくらい無くなって、独身なら結婚も遠のいて、本当にこの宗教に入って幸せだったのか?といつか気がつ・・・けばいいですが。通りすがりの男子部さんのように、本当は幸せじゃないのに、強がりだけ言ってるつまらない人間になるのがオチです。

  33. 今回バリ活さんの登場であらためて感じたのは、MCに満ちた人とリアルな本音からの対話を語ることがいかに難しいか…ということです。私は母といつも会話が噛み合ず、結局堂々巡り…もうずいぶん前からです。

    年取って不安にかられるなら多少の宗教はいいと思うんです、
    すいません、あえて言わせてもらいます…
    近くのお寺にお話を聴きにいくとか
    旅行がてら神社仏閣をまわってみるとか
    多少のことなら。
    でも創価学会はいけませぬ、キッパリ。
    ご本尊がなんども入れ替わっているなんて、
    うん、昔大石寺参りしてた頃はまだわかりやすかった、
    ちょっと、なんだかいまは都合よくなって理解不能です…

    やまとだましいさん新しい?言葉があるんですね、さすが!
    そろそろ本題に戻りましょうか…

  34. 度々テーマと逸れてすみません、例の幹部との対談後、今度は彼の奥さんが来ました(笑)

    彼女も3世で信じ切っているので大した事は話しませんでしたが、『どうしても日顕撲滅は納得出来ない、それは不軽菩薩の振る舞いと反する』
    と言ったら
    『aiさん、良く勉強しているのね。
    私も最近⚪︎⚪︎会っていうのに行ってるの。そこでは新、人間革命を皆で読んで感想を言い合うのよ。私もやっと7巻まで読んだわ。日顕宗は学会に対してこんな事してきたんだっていうのが良く分かるわよ』
    と。あともう脱会するかも、と言ったら『⚪︎⚪︎婦人部長と良く話し合ってね』と言われました。
    本当、対話するのも脱会するのも大変、、、。

    ⚫︎池田先生のありがたいお言葉
    「正しい歴史を残すことが、人類の平和と幸福の道を残すことになるのです。歴史は、ゆがめたり、歪曲したりしてはいけない。歴史をつくってしまっては小説になってしまう 。悪いことを隠し、格好のよいことだけを残しては、歴史書ではなく虚飾書になってしまう。歴史は客観的に正確に書き、証拠・証人を大事にしなければなりません。」

    私も全く同感ですよ、先生。

  35. aiさん、私もその池田先生のありがたい言葉に大賛成です。どこの池田先生ですか?(笑)

  36. 通りすがりの男子部です。
    ブログや掲示板等に慣れ親しんでおらず
    自己紹介もないまま書き込んでしまい、大変に失礼しました。
    また、申し訳ありませんでした。
    その点に関して深くお詫びいたします。

    私は32才既婚で、学会男子部では本部長と創価班団長をしています。
    管理人さんからは議論するつもりはないと言われましたが、
    これからもバリバリ肯定の立場で発言させてもらいますので、
    腹が立つこともあるかもしれませんがご容赦下さいね。

    不満を言う人が多くの発明をする?
    なるほど。そういうことももあるかもしれませんね。
    教えていただきありがとうございます。
    私はネットに愚痴を垂れ流したりはしませんが、
    職場でも家庭でもアイデアマンと言われているもので。

    愚痴を一切言ってはいけない?
    池田先生は時には愚痴も言っていいと仰ってますよ。
    聞きたいならいつどこでの指導かお教えしましょう。
    何処かの幹部の我見的発言では?

    私が強がっている?
    強がってるかどうかは、私と対話(あって話すこと)すれば
    わかるでしょうが、そんな勇気はないでしょう?

    一つでも論破できればって言いますが、
    このブログに書いてあることのほとんどが
    過去からの中傷の焼き直しですね。
    ほぼ全て論破できますが、時間の無駄なのでやめときます。

    私は自分が実際に見、感じていることを中心にお話ししましょう。

    よろしくお願い致します。

  37. 創価って何度もウソついてますよね。
    それを絶対公表しないし(裁判の結果など)、謝罪文も絶対載せない。
    だから聖教新聞しか読んでない呑気な学会員は、創価がウソをついた事実を全く知らない。
    何一つ知らない。

    事実は創価発行じゃないマスコミか、ネットを検索するなり、自ら積極的に調べない限りわからない。
    だけど多くの学会員はボーッとしてて、毎朝配達される聖教新聞が全てと思っている。
    下手すればこの世の真ん中だと思っている。
    聖教新聞と大白蓮華さえ読んでいれば、一切の情報、指針が余すとこなく完璧に入ってくると信じている。

    救いようのない人たちです。

    わかりやすく言うと、マジックにはタネがある。
    それらは殆どの人が見てるサイトに公開されてバレているのに、創価はそれを見るなという。
    デマだと言う。
    見る自分が弱い、魔に負けたんだと暗示をかけている。
    本人たちはそれをクソまじめに実行している。

    はっきり言って大笑いされています。
    でもその大笑いされてる実態は、唯一のマスコミ、聖教新聞にも大白蓮華にも載ってないので、本人たちはその事実も知りません。

    ほんのちょっとでも融通がきいている創価の皆さん、バリ活さんに教えてあげてくださいね。

  38.  
     
     
     
     
     
    「そこの通りすがりの男子部、おまえはゴミみたいな人間だな」

     
     
     
     
     

    通りすがりの男子部さん、こう言われてどんな気持ちですか?
     
    通りすがりの男子部さん、なんか聞き覚えはありませんか?
     
    そう、昨夜あなたが私たちにかけた第一声です。
     
    正確に言うと
     
    「折伏してる友達にこんなサイトあるって言われて来て見たが、
     ゴミの吹き溜まりのようなサイトだな。」
     
    でしたね。
     
    忘れているなら、もう一度自分の書いたコメントを読みかえしてみてください。私のコメント欄にコピペしてますから、いつでも見れますよ。
     
    これってあなたが昨日の夜、このブログに書いたコメントなんですが、忘れているかもしれませんね。
     
    通りすがりの男子部さんは自己紹介もなく、いきなり第一声が「ゴミの吹き溜まりのようなサイトだな」と言い放ったんですよ。思い出しましたか?
     
    通りすがりの男子部さん、もし突然あなたの家に、見知らぬ人間が挨拶もなく上がり込んで「ここはゴミの吹き溜まりのような家だな」とあなたに向かって言ってきたらどんな気持ちになりますか?
     
     
    深呼吸をして………10秒間………静かに考えてみてください。
     
    「ここはゴミの吹き溜まりのような家だな」
     
    そんな人に「どうぞお上がりください」と言いますか?
    でも、通りすがりの男子部さんなら
     
    「よくいらっしゃいました。どうぞ楽にして思う存分お話ししましょう」
     
    なんて言うんでしょうね。

    でなければ

    「これからもバリバリ肯定の立場で発言させてもらいますので、
     腹が立つこともあるかもしれませんがご容赦下さいね。」

    と、何もなかったかのように私たちと話をしようとしているのですからね。
     
    すごいメンタリティですね。
     
    これが創価学会の信仰者としての姿なんですね。
    それが創価学会男子部の礼儀なんでしょうね。
    あなたの部員さんにこのサイトのあなたの発言部分を読んでもらって感想を聞いてみてください。
     
    「さすが本部長!こんなカスみたいなサイト、本部長の一念で尻尾を巻いて逃げ出しますよ、ヒヒヒ」って言うんじゃないですか(笑)
     
    これがあなたがたの永遠の指導者である池田大作流の対話なんですね。師弟不二の熱き血脈が流れているのがよくわかります。まずはいきなり他人をゴミ溜めよばわりするところから創価の対話は始まるんですね。日本全国の創価学会男子部の諸君!通りすがりの男子部さんのこの勇気ある行動を全国に広めてください。ネットで拡散してください。コピペ大歓迎ですよ〜!すごいなあ、すばらしい!
     
    しかしまあ、いまや創価学会もここまで人材不足になりましたか。
     
    それとも近頃は男子部も本部長クラスになると、このように他人を思いやる気持ちがまったく消え失せるんでしょうかね。それとも脱会者を人間ではなく、文字通りゴミと思ってるんでしょうか。
     
    通りすがりの男子部さん。まずあなたのこの第一声で、あなた自身がここでの対話を拒絶していることがなぜわからないのですか?
     
    ですから私は
     
    「なおこの方は、ここでの対話の意思はないようですので、皆さんからの質問はご遠慮ください」
     
    と、ここの常連さんへ言ったのです。なぜそのことが理解できないのですか?
     
    失礼ですが、日本語だいじょうぶですか?
     
    >自己紹介もないまま書き込んでしまい、大変に失礼しました。
     また、申し訳ありませんでした。
     その点に関して深くお詫びいたします。
     
    「あやまってすむなら警察はいらん!」って、小学校の先生から習いませんでしたか?(笑)
     
    通りすがりの男子部さんは、思ってもないことが口から出てしまったので謝っているのではなく、「ついカッとなって、いきなり本心を暴露してしまったが、あとから考えると、これからの自分に不利になるようなまずいことを言ってしまった。なんとか埋め合わせをして、それから攻撃に出なければ、このままでは創価学会の沽券に関わる。ならばとりあえずここはいったん謝っとけ」ではないですか〜?(笑)よくある政治家の失言釈明と同じですよね〜。「そのように受け止められたのであれば遺憾であります」みたいな。
     
    通りすがりの男子部さん、あなた試合開始のホイッスルと同時にオウンゴールしちゃったんですよ(笑)あ〜ぁ(´-ω-`)
     
    通りすがりの男子部さん、「その点に関して」とはどの点ですか?このブログのルールに反して自己紹介をしなかったことですか?
    それともいきなり「ゴミの吹き溜まりのようなサイトだな」との発言ですか?何に対して自分の何がまずかったのか何も言っていないので、謝罪にはなっていませんけど。文面通りに解釈すれば、お詫びしているのは自己紹介がなかったことだけであって、ゴミの吹き溜まりに関してはスルーしているようですが。
     
    いずれにせよ通りすがりの男子部さんは「また、申し訳ありませんでした。その点に関して深くお詫びいたします。」というだけで済まされると思ってるんですね。
     
    なにしろ
     
    「腹が立つこともあるかもしれませんがご容赦下さいね。」
     
    ですからね。すごい変わり身の早さですね。さすが創価学会。
     
    そして、次に何を言い出すかと思ったら
     
    >ほぼ全て論破できますが、時間の無駄なのでやめときます。
     
    では、通りすがりの男子部さんは、このサイトで何の話をするつもりだったのですか?
     
    >これからもバリバリ肯定の立場で発言させてもらいます
     
    論破できるけど時間の無駄だからしない。
     
    でもバリバリ肯定の立場で発言する。
     
    ………私にはわけがわからないのですが。
     
    論破できるんだったら、もったいぶらずに是非論破してくださ〜い。でもそんなに時間がもったいないんだったら、試しにひとつだけでいいですから軽く論破してみてください。
     
    「人にいきなりゴミの吹き溜まりと言い放つのが創価学会の対話です」
     
    さあ、あなたのここでの第一声を踏まえて、これが創価学会男子部本部長の発言として、ひとこと謝るだけで済むようなことなのかということを、世間一般の方たちが納得のいく論破をしてみてくださいな。
     
    もし、見事に論破できたら、その後にひとつずつ実際の創価の問題について徹底的に議論しましょう。そのときは通りすがりの男子部さんが時間の無駄だとは感じさせないように、私も頑張ります。私はいまだかつて創価の問題を論破した学会員さんを見たことがありません。いつも論点をずらすか、もしくは「何のことを言っているのかわかりません」とバカのふりをするのが関の山だったからです。
     
    いくつか前のコメントでも書きましたが、創立以来61年間ものあいだ、創価は日蓮正宗の信徒団体でしたし、そもそも日蓮正宗の信徒団体として発足したのが創価学会であることは、通りすがりの男子部さんも当然ご存知ですよね。なにしろ男子部本部長なんだから。でも今は創価の公式サイトに、日蓮正宗についてはまったく触れられていません。まるで最初から日蓮正宗とは何の関わりもなかったかのようになっています。それはなぜなんですか?……っていうことも論破されていますか?これが過去からの中傷の焼き直しですか?誰がどこでそんなことを言ってましたか?でもいいんです、答えなくていいです、男子部本部長!その前に、創価流ゴミ溜め対話の正当性について軽く論破してみてください。それともこれも時間の無駄ですか〜?
     
    ということで、これができないのであれば私もあなたとの会話は時間の無駄ですのでやめときます。
     
    このブログは人の話を全く聞く気もないあなたのような創価ロボトミーを相手にしているわけではありません。創価学会員であるがゆえに、とても苦しい思いをしている多くの方々のために「悩み苦しんでいるのは自分一人じゃない、こうして多くの学会員さんが騙され苦しみながらも、創価の悪に気づいて、やっとのことで脱会することができた」という真実の体験を知ることで、少しでも生きる希望と勇気を持ってもらいたいがためのサイトです。そのようなサイトを「ゴミの吹き溜まり」にしか見えないような方と話をするのは、ほんとうに時間の無駄ですからね。
     
    でも今回のあなたの言動で、創価学会男子部のバカさ加減が一般の人にもわかってよかったです。ありがとうございます。このサイトは先週から1日3000を越えるアクセスです。現役の学会員さんや脱会者はもちろん、創価について何も知らない一般の人にもかなり読んでいただいてます。したがって、通りすがりの男子部さんの「創価流ゴミの吹き溜まり対話」も多くの人に知っていただきました。よかったですね ♪
     
    もし通りすがりの男子部さんが、ここでの対話を望むのであれば、創価学会男子部代表としての発言であることを肝に銘じてコメントしていただきたかったなあ〜。
     
    しかし、このゴミの吹き溜まり発言は詫びたところでチャラにはなりません。ここからのスタートです。なぜなら通りすがりの男子部さんは「ブログや掲示板等に慣れ親しんでおらず」という苦しい言い訳をしていますが、慣れてなかったら、他人のブログをうっかりゴミ溜め扱いしてもしょうがないというのが通りすがりの男子部さんの考えですよね。それって世間一般に通用すると思いますか?おそらく創価学会男子部なら通用するんでしょうね。あなたがたから見れば脱会者はゴミですからね。ゴミに仏性はありませんからね。
     
    通りすがりの男子部さんは男子部本部長であり創価班団長ですもんね。偉いんだもん。でもね通りすがりの男子部さん、世間では通用しないんですよ、残念ながら。圏長でも総県長でも副会長でもいいですから訊いてみてください。「脱会者のやつらに『ゴミの吹き溜まり』と言ってやりましたが、これが創価の正義ですよね」ってね。
     
    おそらく、これからあなたと討論すれば、このサイトのアクセス数は飛躍的に上がるでしょう。過去の経験から、面白半分で見に来る人たちが激増するのは目に見えています。そんなの意味ないですから、このブログは最初から「討論はしません」とはっきり、それも何度も言ってきています。ここは創価の実態を明らかにする場所であり、それが創価に騙されている人が自分で気づくきっかけになると思うからです。そのことが大切なのです。ガチガチの創価脳と不毛な議論をやりあったところで何の意味もありません。いや、外部の人たちにとっては、創価の実態がよくわかる事例となっていいのかもしれません。しかし、私もそんな暇人ではない。創価の実態が世間に明らかになることよりも、今現在、創価によって苦しめられている人が、ひとりでも真実に気がつくことが先決です。
     
    学会員はマインドコントロールされているので、まともな議論が不可能だからです。議論以前の問題だからです。おまけに通りすがりの男子部さんのような非常識な人が相手では、話も何もあったもんじゃないことは目に見えています。まさに時間の無駄です。
     
    さあ、通りすがりの男子部さん。ここまで言われて、それでも何か言いたいことはありますか?というか言えることがありますか?もし言えるのであればコメントしてもいいですよ。一応自己紹介はされましたので、コメントは承認します。ただし、コメントする前に、このブログをコメントも含めてすべて読んでしまってからにしてください。私もこれまでに書いた同じことを繰り返したくはありません。創価に言いたいことは、たいてい書いています。このブログを全部読めたらあなたの「ゴミ溜め発言」はチャラにして対話に応じますよ。ですがそんな気がなければ黙って立ち去ってください。よろしくお願いします。
     
    ということで、みなさん、通りすがりの男子部さんへのコメントや質問はくれぐれもご遠慮ください。もし、通りすがりの男子部さんがこのブログを最初から読破したあとにコメントをしてきたら、そのときにお願いします。
     
    さあ、通りすがりの男子部さん。学会精神とはなんですか?
    あ、もう近頃はそんな言葉も使わないんですかね。
    コロコロ変わりますからね、学会精神も。

  39. みなさん、もう一回念を押しておきます。
    ゴミの吹き溜まりにわざわざ謝りにきた通りすがりの男子部さん(笑)へのお話は、次にこの方からコメントがあってからにしてください。それまでは、この方の発言に関することはコメントしないでください。言いたいことがたくさんあることはよくわかります。でもここは管理人である私のお願いをきいてください。ここで話が盛り上がると、きっと収集がつかなくなりますので、お願いします。コメントの中にこの方についてのことがあれば承認できませんので。

  40. テーマに戻ります。
    イケダセンセイは、昭和52年頃 学会所有の御本尊を日蓮正宗側に無断で 板曼陀羅として 模刻をおこない、結局 この事をきっかけに会長を辞めざるを得なくなりました。
    自分が、男子部の時代は こうした事実について、教えられる機会はありませんでした。
    最近になって、ネットで調べて 知った事実です。
    我々が 活動家の頃は、記念写真を撮る際にも 仏壇の扉を閉めて、御本尊が写真に写らないように配慮していましたが、イケダセンセイが模刻をした際には、御本尊を写真撮影させて、そのデータを拡大して 板に模刻させたということのようです。
    そうした事実から推測すると、模刻事件以前から イケダセンセイの御本尊に対しての考えは、日蓮正宗側とズレていたようです。
    信仰の根本に関わる 御本尊の問題ですから、日蓮正宗側としては、この事件を重大視しています。
    本来なら、この時点で 破門になっていても おかしくはないのですが、その後も度々同じような過ちを繰り返したため、とうとう破門されたという経緯のようです。
    第三者的に判断すると、かつてのsignifieさんの(野球チームとファンクラブ)の例えのように、日蓮正宗から破門されてしまったのは、自業自得ですね。
    そのことで、大事な商売道具を取り上げられてしまったものだから、イケダセンセイが逆上して 日顕さんを執拗に攻撃したのですね。
    第三者的に判断すると、イケダセンセイの方が「嫉妬に狂った輩」だと思うのですが、皆さん どう思われますか?

  41. ラザリスさん、そうですね。

    >自分が、男子部の時代は こうした事実について、教えられる機会はありませんでした。

    そう、都合のわるいことは徹底して隠し続けてきましたよね。
    なぜ都合のわるいことがあったのか?
    なぜ隠さなければならなかったのか?

    トップは日蓮など信仰してなかった。
    金儲けの手段にしていただけだった。
    だけど人一倍信じるふりをして、信者たちの絶対的なカリスマとなっていた。
    あの手、この手を使って。

    決して流出させてはならないシークレットです。
    そのために起こり得たの都合のわるいことは、側近が会員に知らせることなく、闇に葬っていった…

    ただ池田氏に関していうと、あそこまで得体の知れない人だから、金の亡者である反面、その分信者には提供できるものは提供しようとしてたんじゃないか、とも思います。
    自分は信仰心などなかったけど、信者には盲信させる故の恍惚感、幸福感を与えようと尽力もした…支配にも近いことですけどね。
    いずれにせよ、創価の提供した宗教だの御本尊などは、会員を盲従させ支配し、金を出させる道具にすぎません。

    御本尊に価値があるなら、「それを信じるが故に金を出す」という価値は確かにあるんでしょうね。

  42. イケダセンセイは信者としてピラミッドの頂点なわけですから、この宗教をやっているとどうなるか?の最高の模範的姿なはずです。信仰して人間革命してきた姿、信者の大尊敬するイケダセンセイなわけですから。都合の悪い事は隠して噓ばかりの虚飾の姿であっては困るわけです。それが本当は噓だったと認めることは、自分の信じてきた人生をも否定することになるので、心の支えを失うとても怖いことなのでしょう。人生のすべてを創価学会に捧げてきた人は、もう後に引けず、信じるしかなくて、都合の悪い事は一切受け入れないことで、必死に保身するしかないわけで、そういう人はそれはそれで自分の選んだ道なので、どうしても目を覚ましたくないのなら、どうぞご自由にという感じもしますが、何も知らずにこれから入ろうか迷ってる人には、わざわざこんな問題の多い組織に入る必要はないですよと言いたいです。絶対儲かるからと投資話を持ちかけられて、ホイホイ飛びつく人と同じ。おいしい話には必ず裏があるということをお忘れなく。

  43. 創価のMC本 大百8月号は、任用試験特集号になっています。

    その中で「創価学会の歴史」という項目があるのですが、こんな一節が載っています
    「初代会長・牧口常三郎の時代」のところに書かれています。

    『~創価教育学会は、日蓮正宗の在家信徒団体となりますが 従来の講(僧侶の指導のもと 末寺に所属する団体)とは、まったく別のありかたをとってきました。

    牧口会長・戸田理事長のもと 会の運営も会員の信心指導も、僧侶に依存することなく、学会独自で行っていました。

    学会は当初から、従来の日蓮正宗宗門の枠を超えた、独自の在家団体だったのです』

    いつのまにか初代会長牧口さんの時代から、独自の在家団体になっていました。

  44. 池田氏にとって、御本尊は金集めのための『商品』です。

    有名な話ですが、(でも会員さんは知らない)
    創価学会は昭和37年9月に、縦書きの「南無妙法蓮華経」の商標登録(第17項-被服・布製身回品)を行っています。
    そして、10年後の昭和47年1月には横書きの「南無妙法蓮華経」の商標登録を行っています。両方とも出願者は池田氏です。勿論認められていませんが。

    池田氏にとっては『南無妙法蓮華経』だろうが、『南無阿弥陀仏』だろうが、『ちちんぷいぷい』だろうが(笑)何でもいいんですよ。

  45. レモンさん、そうですか〜。
    これまで言ってきたことを、ここまで露骨にねじ曲げてでも、日蓮正宗を悪者にして、創価は関わりがなかったと言いたいんですね。でも会員の財務を使って日蓮正宗のお寺を次々とつくっていったことや、創価の男子部が僧侶になった例も珍しくありません。学会員がみんな日蓮正宗のお墓に入ってきたことは、どのように説明するんでしょうかね。どこが枠を越えた在家団体だったのでしょう。創立以来61年間は日蓮正宗の御本尊を拝んでいて、破門されてからも日蓮正宗のコピーを拝んでいるのに。牧口・戸田会長は「どこまでも日蓮正宗をお守りしていく信徒として創価学会は存在します」と言ってきたのはウソだったということでしょうかね。

    これからの新入信者は創価学会と日蓮正宗の関係を知らないで活動するんですね。学会員さん、そのあたりを幹部に訊いてみたらどうでしょうか。創価学会は破門される前まで一度だって日蓮正宗の枠を越えた団体だなんて言ったことはありませんよ。もっとも池田氏が会長になってからは宗門をないがしろにしてきたのは事実です。だからこそ破門されちゃったんですよね。それからはまったくの池田教ですね。いっそのこと池田センセーこそ末法のご本仏だって言い切ってしまえばいいのに。バリ活さんはそう思ってますよね。身も心もお金も池田センセーに捧げちゃってますからね。

  46. 本当に創価の都合の良いように様々なことがすり替えられていますね。

    創価が任用試験を毎年実地を決めた理由がわかります。

    宗門に波紋された平成3年以降に生まれた青年部世代や、そのころまだ未成年だった人は、今ちょうど20代から30代。

    衰退している創価が、生き残りをかけてこの世代にターゲットを絞っているのでしょう。
    MCをかけるために任用試験が手っ取り早い。
    数年おきの任用試験実地では間に合わないのでしょうね。

    だから、この間凛々子さんも書かれていましたが、任用受験者のノルマが組織に打ち出されています。
    支部。地区で00人の受験者というように。

    任用は、一般の人でも受けれるので「折伏したい友人にも受けさせて正しい創価を知ってもらおう」と幹部が言ってましたね。

    同じく8月大白の「日顕宗を破す」の項目では、このように書かれていて笑えました。

    『日顕宗が終始 主張しているのは 法主は絶対であるから ともかく法主に従えという法主絶対論・法主信仰です、法主が絶対であるなどという教義は、大聖人のどの御書にも、日興上人のご教示にも一切なく 完全に大聖人の教えから脱した邪義です』

    ここの「法主絶対論・法主信仰」の法主の部分が、「池田絶対論・池田信仰」になっているのが、今の創価学会なんじゃないかなと。

    日顕さんに対して「絶対に92歳の誕生日を迎えさせないように、徹底して攻めの唱題で祈りましょう」と呪いの唱題を推奨していますが、12月に元気に92歳を迎えると思いますけどね~

    そんな呪いの唱題を推奨するよりも 池田さんの健康を全国の会員で祈ったほうがいいのに、今も元気で執筆していることになっているので、口が裂けてもそれは言えないんでしょうね。

  47. 私も昭和52年問題については、まったく知りませんでした、無知でした。
    ああそういうことだったのかと、やっと情報がリンクつながった気分です…あの頃は親に言われるまま、上に言われるままでした。

    それまでは、みんな日蓮正宗創価学会と、
    正式に発言してましたよ、録音しとけばよかった…!
    たぶん草創期からのメンバーはちゃんと理解していないと
    思いますよ、難しい…うちの親なんか無理。
    そういうメンバーはもう破門してくれないかなあ、
    いまの創価学会にはふさわしくないでしょ。
    役職なんかいらない、ポイッッ

  48. >学会は当初から、従来の日蓮正宗宗門の枠を超えた、独自の在家団体だったのです

    もう何を言われてもびっくりしませんよ(笑)
    入会した時代、時代で、全く別の宗教団体になってますからね。
    変わらないのは金集めですけどね。ここだけは見事にブレませんね。

    次は、日蓮の枠を超えた独自の教えだとか、日蓮の精神を参考にした教えだとかまたくるくると変わっていくんでしょうねえ。

    何しろ枠を超えてる教えだそうなので、スタイルも自由自在ですよ。
    御本尊が金になった時代はカラーコピーでもペンダントでも飛ぶように売れたけど、そのうちこう言うかもしれませんよ。

    「御本尊など形式です。なくてもいいんです。そんなのは僧侶が幅をきかせていた時代の慣習なんです。新たなルネッサンスですよ~。
    今までの御本尊はこちらで回収致しますね。あ、その際手数料で千円かかりますのでご了承ください」

  49. 任用試験については、私が実家にいた頃は、まだ定着しておらず始まったばかりだったような気がします。その頃は主に御書からの引用についての出題が多かったような…勉強したけどあまり覚えてないですね。

    かっての頃のよりも、主に創価学会全体に対しての面を
    毎年、重点的に行うつもりなんですね。
    立派なMCの手段に使用するというわけですね。

    いまどき珍しいほど一方的な組織力ですよね…
    一人じゃできない大それた時代はずれの目的を果たすため?
    連絡手段なんかずっと楽になったんだから、
    個々の生活時間を大事にしたって、
    ちゃんとした論理なら行き渡ると思います

  50. わたくしの時代の任用試験は、確か折伏経典からと御書のいくつかの経文と十界論、だった記憶が。。
    教授補まで、ほとんどが開目抄などなど御書のお勉強でしたね〜。。
    日蓮正宗から破門され、もう日蓮の御書のお勉強なんて、どうでもいいんでしょうか?
    それとも都合がいいところだけお勉強するのでしょうか。。?

    そもそも、創価学会って宗教、なんでしょうか?

    なんか、創価学会員のやっていることを見ると、とても宗教には思えません。
    借りに南無妙法蓮華経を唱えても化けの皮は、いつか剥げるんでしょうね〜。。
    日蓮を都合の良いところだけ利用するんですね。。
    それとももう、日蓮のことは先々、どうでもいいことになるのでしょうか。。?

    怖ろしいですね。。
    日蓮も、いまの創価学会を視たら、どう思われるでしょう。。

    せんしょうぞうじょうまん(字を忘れました)は日顕猊下ではないでしょう。
    違いますか。。?

    創価学会の中に居る限り創価学会の実の姿は見えて来ないでしょうね。。

  51. >流れ星さん
    「せんしょうぞうじょうまん」は「僭聖増上慢」ですね。
    突然、漢字を思い出せないことがありますね。
    法華経勧持品第13に三類の強敵の事柄が出て参りますね。

    私は創価学会入会56年前、日達上人猊下書写御本尊を受持したのは、
    46年前でしたが、平成5年12月に日寛上人書写のコピー御本尊に、
    お取替えしてから間も無く21年が来ようとしています。
    お取替えは学会からではなく、日蓮正宗末寺で頂きました。

    4年ほど前から手を合わせる事に怖さを感じ、
    2年ほど前からは、仏壇の扉さえ開く事が無くなりました。
    自行化他から化他が無くなり、自行すらも風前の灯火です。

    しかし、御書の学習だけはと2ヶ月ほど前から始めました。

    > もう日蓮の御書のお勉強なんて、どうでもいい、、?
    私は、今ニセ?御本尊に手を合わせる事は無くなりましたが、
    最後のあがきではないですが、信じられる切っ掛けが、
    見つかればと御書の学習を毎日続けています。

  52. 白ゆり長をしてましたが、2年ほど前から覚醒し婦人部幹部に白ゆり長を辞めると宣言したら、地区副婦人部長に何故かなっている非活婦人部員です。
    ご本尊が本物かということについて、疑問がぬぐえなくなり、勤行もしなくなってしまいました。夫は地区部長をしており、今日ついにお前は退転したのか、離婚してもいいぞと言われました。子どもがいる前でですよ。創価学会で正しい信心をしているというのなら、なぜこのような発言が出るんでしょうね?それは身内から退転者を出したくないんでしょうね。勤行もせず、会合にでない人をみなし退会という規程が統監であるそうだから、私のことはそれで落としてももいいのですが。地区部長が。

  53. 初めて、ささみです。
    乱文です。すみません。
    いま、悩んでいます。
    池田先生も人間だから間違うことはあって当たり前です。
    完璧な人はいないです。
    でも創価学会員なので、批判するのが怖いです。
    不幸になったらどうしようって思います。
    怖いです。
    でも、創価学会の熱心すぎる人も怖いです。
    前に読んだ人間革命のどこかに、
    御本尊を火事で焼失した夫婦が
    不幸に苦しんだって書いてあったんです。
    紙だから、燃えちゃうんですけど、
    燃やしちゃったから不幸に苦しんだっていう言い方はひどいと思いました。
    不幸になる物なら、簡単に人に渡しちゃいけないって思うんです。
    私は、何年か前に、素晴らしい牧師さんに会って、
    その方は、どんな宗教を信仰してる人も皆幸せにって言ってて、
    信仰者ってそうであるべきなんじゃないのかって思うんです。

    学会の中にも、いろんな人がいます。
    だから、私はとても悩みます…。
    困ってます。

    創価学会の怖いところは、
    反抗したら攻撃してくることです。
    友達が亡くなって、今月で10年になります。
    彼女は子供の頃から学会でした。
    創価大学にも行きました。
    真面目な子だったんです。
    彼女は役職が上がった時に、恋愛するな的なことを言われ、悩んで、
    彼氏を頑張って折伏したのに、女子部からは
    一切、祝福されなかった。
    彼女はきっと、折伏したら、認めてもらえると思ってた…なのに、
    認めてもらえなかった…。
    そして、精神的に病んで、入院して、
    原因不明の急死。。。
    27歳の誕生日を迎える前に。。。

    私は、彼女を助けてあげられなかったことを
    とても、悔やんでいます。
    私には、なんの力もなかった。

    幸せが目的の信仰をして、
    なぜ、女子部幹部からイジメを受けたのか…理解不能です。

    どうしたらいいのだろう。

    彼女のように悩んでる人がいたら、
    手を差し伸べたい。

    創価学会が理由で、精神病んでる人をなくしたいです。

  54. ささみさんへ

    こんにちは。元学会2世、昔白蓮、今更年期の脱会歴15年くらい?のおばちゃんです。
    私なんか経験したことがない衝撃的な経験をなさってるのですね。

    ささみさんの言う通り、池田大作もただの人間です。当然間違うこともあります。
    だから、おかしいことは皆んなで「それはおかしいよ」と言える団体であったら、求道心のある建設的な宗教団体になりえたと思います・・。

    遠藤周作の「沈黙」」をご存知でしょうか。
    信仰をとるべきか、棄教して村人を助けるか、究極の選択を迫られた宣教師の前で、神は沈黙をします。
    やがて、彼は自分の心の声に従います。
    私も、次元は違いますが、これに似た感じで、自分の心に恐る恐る答えを求めました。
    結局、自分の心に素直にならないと、本当の正しい道は見つからないと思います。
    自分の心を恐怖で押さえつけている「呪縛」、その存在に気がついたのなら、後は勇気を出すだけです。
    正しい道は、呪縛の恐怖の向こうに必ずあります。

    たしか創価学会の教学では、正しいことや真理というのは、日蓮や仏さんが作った特別なものではなく、すべての人の心に元から存在するものだと、創価で教わりました。
    それは、宗教を縁として涌現することもあれば、他のものを縁として涌現することもある。
    ただし、それを探り当てるには、常々、自分の心をピカピカに磨いてなくてはいけない。
    また、自分の心をピカピカで純粋な状態に保つには、組織のドロドロ事情や、矛盾、理不尽なことに目をつぶることはできない。当たり前ですよね。

    心がピカピカだと、組織が間違っていれば「それは間違ってるぞ」と気がつくことができますし、「それは違うよ!」と声をあげることができます。
    本当の意味での「一人立て!」の精神って、このように発揮されるべきだと思ったものです。

    >なぜ、女子部幹部からイジメを受けたのか…理解不能です。

    結局、創価学会の信仰する本尊には、何の力もないということです。生命(心)に作用しない。
    特に、女性はやっかみもあるのではないでしょうが、とても仏教とは思えませんよね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中