ゾリさんとの対話

ゾリさんといわれる一世の男子部活動家の方から下記のコメントをいただきました。

______________

はじめまして。
男子部活動家。
一世です。
まともな、対話をできるほうだと思います。
外部の方の本心を知りたいとおもっています。

_______________

ということで、このページは男子部活動家ゾリさんとの対話の試みの場所とさせていただきます。まずはしばらくはゾリさんと管理人の私の二人の対話からはじめたいと思いますので、よろしくお願いします。

広告

ゾリさんとの対話」への37件のフィードバック

  1. ゾリさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
    このブログのことについてはおおよそご存じだと思っていいですよね。
    ではとりあえず、もう少し自己紹介をお願いします。それからまず私とだけお話しさせてください。でないと、質問の嵐になって、それに回答するので精いっぱいになってしまいますからね。皆さんもしばらくはゾリさんと私の会話については見るだけにしてください。
    では、二つの質問に簡潔に答えていただけるとうれしいです。
    まずひとつ目は、これまですでにけっこうな数の活動家さんがこられましたが、みなさん対話にならなかったいきさつはおわかりだと思います。まず、それはなぜだと思いますか?
    二つ目は、このページのテーマである創価学会のご本尊についての矛盾です。
    よろしくお願いします。

    それから「外部の方の本心を知りたいとおもっています」とのことですが、このブログのほとんどは外部の方の本心と思っていただいていいと思います。もしくは内部であっても客観的な視点を取り戻すことができた方の本心ということです。まわりくどい言い方をされる方はほとんどいらっしゃいません。

    どうかゾリさんも、率直に本心をお話ししていただけると嬉しいです。
    よろしくお願いします。

    それと、今週は私の仕事が忙しいので、すぐにはお返事できないこともあろうかと思います。ゆっくりとお話しできればと思います。

  2. シニフィエさんありがとうございます。
    ではシニフィエさん以外にはレスしません。
    いままでのいきさつは完璧にではありませんが
    およそ把握しています。

    対話が成立しなかった理由ですが
    活動家の方々は対話ではなく自説を押し付けていた
    相反する立場を考えることができなかった。
    ブログの方々は学会の批判ばかりになり
    活動家に優しく接することが難しかった。
    これらが原因に思えました。

    ご本尊については恥ずかしながらしっかり
    考える機会がありませんでした。
    考えてからお答えします。

  3. ゾリさん、さっそくのお返事ありがとうございます。
    そうですね、これまで活動家の方と対話が成り立たなかったのは、ゾリさんのおっしゃるとおりだと思います。私はそんなつもりはなかったのですが、そうとられるのであれば仕方なかったと思います。何度も繰り返し言ってきたことは、私たちは少し前まで活動家だったということを前提に話をしたいと思うのです。つまり、同じように創価を信じて、同じように活動をしていた。だから活動家の考えは言われなくてもわかっていると言うことです。それが何らかのきっかけによって、創価学会の実態に気がついた。その結果、活動家の方とはまったく逆の考えになったということ。だから、良し悪しはひとまず置いといて、そのきっかけになった創価学会の実態とは何かについての共通の認識が持てれば、対話が成立するのではないかと思っています。これまではそれすらできなかった。まず活動家は私たちを倒すべき敵として、ギャフンと言わせるのが目的で殴り込んで来たわけです。すでにその時点で対話などあろうはずもありません。またあまりに失礼な態度によって出禁になった同一人物が、ものわかりのいいキャラになりすましてのらりくらりと場をかきまぜる活動家もいました。ですから、こちらとしてもまともな活動家はいないのか、それ以前になぜそうまでして創価学会に泥を塗りたがるのかが理解できませんでした。

    ということで、私たちは活動家の方を凹まそうとしているわけではなく、創価学会の実態についての共通認識が持てるように、前向きに対話をしてみませんかと呼びかけてきたつもりでしたが、結果はご覧のとおりです。日本では何を信じるかは自由です。何を信じないかも自由のはずです。しかし、創価学会ではその会員の自由を一方的に奪っているという実態があります。少なくとも私はそこが問題だと思っています。信じて活動している人にとやかく言うつもりはありません。たとえばゾリさんに創価学会をやめなさいなどとは言いません。創価学会員であることに耐えられないのにやめることさえできない人がたくさんいることを問題にしています。そうした基本的な論点がずれてしまっているから、罵倒したり、あげ足とりになるのだと考えます。

    なのでお互いに創価学会の実態に対する認識の違いをはっきりさせることに論点をしぼることができれば、有意義な対話になると思っています。

    そのひとつとして、信仰の要といえるご本尊についての認識の違いをあきらかにするところから対話を始めたいと思います。よろしくお願いします。

  4. このような場を設けていただきありがとうございます。
    大した人間ではないので恐縮しています。
    ご本尊についてですがわたしが入会したのは
    21世紀になってからです。
    だから宗門問題で取り替えたりはしていません。
    最初からお題目や勤行とセットであり
    存在意義を考えたことがありません。
    地区幹部の人たちがきてお古の小さい仏壇を
    くれて安置していきました。
    その際の勤行でご本尊をしっかり見ていなかったらしく
    ちゃんと見つめながらするように注意されました。
    シニフィエさんが前のスレッドで書かれていたことは
    いつからかおよそ把握しています。
    安置されるときも多少そのような説明が
    あった気がします。
    色々な神々を拝した最高のものだ等々。
    会合にいっても会館にいってもご本尊はあり
    やはり勤行とかをする対象です。

    近くからよく見たのでカラーコピーしたものだとわかります。
    だけどすべての仏像、各宗教施設なども人が作ったものに
    すぎません。
    ご本尊に偽物ほんものは関係ないと
    思います。
    その宗教が新興対象に選んだもの。

  5. ゾリさん、よかったらゾリさんが創価と出会い、入信を決意するまでのいきさつを、時期も含めて教えてもらえませんか。

    それから創価学会はゾリさんが会員になる前に日蓮正宗から破門され、伝統的な仏教とは関わりのなくなった単なる新興宗教団体に入会したという自覚はありますか?創価学会は日蓮系の宗派の一つではありません。日蓮の教義を信奉すると表向きにはなっていますが、幸福の科学や統一教会などと同じくくりの団体です。しかし学会員さんは自分たちこそ仏教の本流だと信じています。そこが世間との決定的な認識の違いなのですが、ゾリさんは伝統的な仏教とは関係のない創価学会の一会員であるという意識はあるのでしょうか。

    前に書いてきたとおり、釈迦の仏教と、中国の仏教と、日本に入ってきた頃(聖徳太子の頃)の仏教と、鎌倉仏教とではものすごい教義の違いがあります。とくに鎌倉仏教の中でも日蓮は異端中の異端でした。歴史学者の中には鎌倉新仏教の分類としては、法然と親鸞が中心となった改革派と、栄西と道元による保守派の二大新仏教があり、平安時代に最澄が開いた比叡山で修行した日蓮は、中国の天台宗をもとにしているとはいえ、かなり特殊すぎて仏教の範疇に入らないとする学者もいるくらいです。

    こうした日蓮仏法の特殊性と言いますか異端(つまり排他的一神教の教義)な教義は、すでに仏教から遠く離れているという学術的な立場をご存知でしょうか。その異端な教義をさらに独自の解釈で貫いたのが日蓮正宗でした。そしてそれから700年後にその異端中の異端をさらにねじ曲げて主張しているのが創価学会の教学であり、創価のご本尊の解釈に至ってはまったくスジの通らないものです。ですから創価学会が奉じる日蓮仏法は、本来の仏法からまったくかけ離れています。それをこれこそが正しい仏教の本流であるという主張が通るのは、学会員の間だけです。世間ではまったく相手にされていません。それは幸福の科学や統一教会などが宗教界から相手にされていないのと同じです。

    なぜこのようなことを言うのかというと、ゾリさんが日本における新興宗教や創価学会の社会的評価を正しく捉えた上で、それでも納得して入会したのかどうかということを確認したかったからです。

    いろいろ質問して申し訳ありませんが、しばらくはゾリさんとどんな話ができるかを判断するための質問だと思っていてください。どうかよろしくお願いします。

  6. 入会したいきさつですが学生のころから付き合いがあった
    先輩のすすめです。
    合コンとか もセッティングしてくれたり
    ズボラですが面白くて面倒見のいい先輩です。
    こちらも色々お世話してあげました。
    子供の頃から学会以外にも色々な宗教の信者は
    友達にいました。
    日蓮しょうしゅうから破門されたことは
    入会してから知りました。
    幸福の科学には勧誘されましたが
    明らかに怪しい宗教でした。
    でも大川の著者はかなり読みました。
    幸福の科学のような新興宗教にはいった
    認識はありません。
    納得して入会しました。
    先輩の魅力は大きかったです。
    仏教の歴史は簡単にですが把握しています。
    スマホからなので質問を見て書きこみしてと
    しているので的確な回答になっていない
    かもしれません。
    悪意はないのでそのような点があったら
    申し訳ないですが再質問して下さい。

  7. すぐに回答していただいてありがとうございます。
    また、的確かどうかは別にして(失礼)とても率直に答えていただいているので、悪意なんてまったく感じませんよ。

    そうですか、先輩の魅力ですね。わかりました。
    もうしばらくこのような質問をさせてください。

    ゾリさんにとって、宗教(大きな意味での)とは何かと問われたら、どう答えますか?
    また、創価学会はゾリさんの考える宗教像に叶っていると思いますか?

    抽象的な質問で申し訳ないですが、ひとつの宗教団体に納得して入られたのですから、多かれ少なかれこのことについては自問自答があったと思います。

    ゾリさんは創価が仏教の本流だと思っていないとのことですが、創価では基本的にそのように謳っています。それは組織の指導内容と温度差がありますが、それはそれとしてゾリさん独自の日蓮仏法の捉え方をしていて、それでもかまわないという考え方でしょうか。問いつめているわけではありません。学会員さんにしては珍しいスタンスだなと思ったものですから、このような質問をしています。つまり私がいくつかの質問で、ゾリさんの創価への入れこみ度みたいなものを知っておきたいとの思いです。これまでの活動家の方があんなふう(笑)でしたので、一緒にしては失礼だなと思っています。

    なにかしら共有できる部分が見つかるといいですね。

    これからちょっと集中して仕事をしますので、あとは明日になると思います。ゆっくり考えてくださいね。

    ではまた。

  8. エホバ モルモン 幸福 色々な宗教からの接触はありました。
    オウムのサティアンも見ています。
    宗教に勧誘されやすい体質でしょうか♪

    学会には先輩のほかに小学生の頃からの親友もいます。
    小学生の頃に怒ると日蓮だいしょうにんに言いつけると
    叫ぶのには閉口しましたが。

    アルバイトしていた時も学会の人はいました。
    とても可愛くて明るい女性でした。

    入会したのはそのような学会員との付き合いも影響したと
    思います。

    宗教とは人生の指針だと思います。
    学会はかなっています。

    学会が仏教の本流だとはおもっていませんし
    そのような指導も受けていないと思いません。

  9. なるほど。

    >宗教とは人生の指針だと思います。
     学会はかなっています。

    ゾリさんとしては創価学会に入会して、とくに創価に対する疑問や、不審な点は特に見当たらないといった感じですね。それにゾリさんのまわりの学会員さんはみんないい人ばかりのようですもんね。

    では池田名誉会長について、ゾリさんはどのような印象を持っていますか?また、彼が4年半も姿を見せないことについてはどう感じていますか?

    ところでこのブログを読むようになったきっかけを教えてください。またあえて活動家の立場でアウェー感満載のこのブログにコメントしようと思った理由を聞かせてください。

    また「外部の方の本心を知りたいとおもっています」とありますが、たとえば私がこのブログで一貫して訴えていること以外に、なにか隠している本心のようなものがあるとお考えですか?

    商品販売のアンケートみたいですみません(笑)。

    ちなみに創価学会公式サイトの一番初めの「概要」のところの最初に
    「創価学会は、大乗仏教の真髄である日蓮大聖人(1222~1282)の仏法を信奉する団体です。」
    とあります。
    このように創価学会は日蓮の教義が大乗仏教の真髄であると規定しています。
    いわゆる末法思想を背景にした日蓮本仏論を基軸に考える一神教的教義です。
    これは一般の仏教学からすればとんでもない話なんですが、これが創価学会の出発点と言えます。
    ただし日蓮正宗から破門される前は、創価学会発足以来61年間「創価学会はどこまでも日蓮正宗の信徒団体として貫いていく立場」といったことを謳っていました。
    しかし今の公式サイトには日蓮正宗との61年間の関わりを全く消去してしまっています。牧口初代会長と戸田理事長が日蓮正宗の信徒となるところから創価学会がはじまるのですが、公式サイトでは発足の記録や年表にすら一言も出てきません。
    なのでゾリさんとしては創価学会の立ち位置が破門前と後では完全に違っていることは理解できないでしょうね。
    なぜ破門について書くのかと言うと、それまで世界で唯一人類を救う力のあるのは日蓮正宗のご本尊しかないと、初代会長時代から一貫して教えてきたことが、25年前に日蓮正宗から破門された途端に「日蓮正宗のご本尊は偽物で何も力はない。しかしそのコピーである創価のご本尊こそが本物であり力がある」と言い始め、会員には創価のご本尊に買い替えるように勧めてきました。
    私としてはこのこと一つとってもおかしな話だなあと思うのですが、ゾリさんはこれに関してはどのようにお考えですか?

  10. 池田先生については高齢でご病気でもされているとおもっています。
    会ったこともないので2世の方々のようには身近には
    感じていません。選挙などで池田先生のために
    1000万などは多少違和感を感じます。

    このブログには活動家は参加しなさいと
    リンクが貼られておりそれからしばらく
    拝見していて今回参加してみました。

    隠している本心があるとはおもっていません。
    他宗教の策略だとも思いません。
    日常生活で当然ながら我々も外部の方と
    または内部でもアンチの方と接触します。
    だけどもお互いに本心では対話できていないと
    思います。学会員同志でも言えないことは
    有ります。匿名のネットだからこそ
    お互いに本心で話せる面はあると思います。
    例えば池田先生についてもそれほど尊敬していない
    ことは内部では言いません。

  11. 破門前後で指導が異なることは入会当時は
    知りませんでした。後から知りました。
    法華経が後世の作だと言うような情報も
    後から知りました。
    教養として各仏教宗派の簡単な経緯等々は
    知っていましたが詳細まで知りたいと
    思ったことはありませんでした。

    破門ごの入会だから破門前の指導を受けたことないからかも
    しれませんがそれほど違和感は感じません。
    各宗教様々に分裂して分裂まえは一緒だったのに
    分裂したら憎み合うようなことは頻繁に
    怒っています。

  12. 朝はやくから質問に答えていただいてありがとうございます。これまでの何かに取り憑かれたような活動家さんとは確実に違う方だなと思いましたし、もっと早くゾリさんのような方が登場してくれれば、これまでのような不毛な言い争いをしないで済んだだろうにと思います。ただ、ゾリさんのような方はかなり稀だと思います。このあいだも紹介しましたが、私がまだ脱会する前に活動家さんのブログに正直な疑問をコメントしたときに、対話どころかアンチのなりすましと決めつけて、寄ってたかって袋だたきにするような方が多いなか、あえて脱会者の話を聞こうとしている活動家の方は、このブログでは初めてです。ボウヤさんという活動家の方がいましたが、あの方はほぼ覚醒されていました。

    こちらからばかり質問してすみません。私のことに関しては、おおかたのことはこのブログを読んでいただいているようなのでゾリさんはおわかりですよね。

    >各宗教様々に分裂して分裂まえは一緒だったのに分裂したら憎み合うようなことは頻繁に怒っています。(原文のママ)

    ゾリさん、この認識はちょっと違うような気がします。というのも、創価学会は日蓮正宗の信徒団体として発足し、61年間その立場でやってきたわけですが、その在家信徒の集まりが日蓮正宗の意向をことごとく無視し、勝手にご本尊までつくりました。だから日蓮正宗のほうが見兼ねて破門せざるをえなくなったんです。つまりこれはゾリさんが言うような一宗派内部での意見の相違による分裂とは違います。創価学会は日蓮正宗を奉る立場として発足し存在してきたにもかかわらず、日蓮正宗に反逆したからこそ破門されたんです。これは分裂ではなく単にクビになったんです。しかしご存知のように創価学会は会員に日蓮正宗を逆恨みさせるようなバッシングを徹底的に続けて、今でも組織をあげて日蓮正宗撲滅唱題会を続けています。世界平和を標榜する宗教法人が、それまで外護してきた伝統宗教の一宗派を呪うように会員に指導しています。これは一宗派の内部分裂などではなく、創価学会の一方的な反逆行為だと考えるのが正しいと私は思います。

    つまり、創価学会は日蓮正宗の外護団体としてつくられたのだから、破門された時点でその機能が消滅したわけであり、解散するのが当然です。しかし実際はゾリさんが思わされているように、日蓮正宗が腐敗堕落して、正しい創価学会を貶めているかのような指導を会員にしています。日蓮正宗側(檀家も含め)も売り言葉に買い言葉で、子どもの喧嘩のようなバトルを繰り返しているのもどうかとは思いますが、元はといえば創価学会の日蓮正宗を無視した身勝手な反逆行為が原因だと思います。

    ゾリさんにしてみれば、こうした入会前のことを言われても困るでしょうけど、宗門問題は単なる宗派の内部分裂ではないという認識は必要だと思いましたので説明しました。

    創価学会が本当に日蓮正宗の外護団体であるならば、破門された時点で解散するのがスジであるにもかかわらず、いつのまにか日蓮正宗とは最初からまったく関係がなかったように、それまでの立場を完全に封印し、最初から独立した新興宗教団体として存在しているかのような顔をしているのはおかしなことだと思いますし、何の関わりもないとしておきながら、あれだけのえげつないバッシングと呪いの唱題会を続ける創価学会は、大乗仏教の真髄を貫く唯一の宗教団体だと宣揚する資格はないと思うのですが、私のまちがいでしょうか。

    池田氏が会長になってから以降、創価学会は日蓮正宗を利用して会員にありったけのお金を貢がせようとしてきたと考えると、すべてのつじつまがピタリとあうのです。おかしなことでも何でもなくなる。むしろ池田氏の人心を掌握してきた見事な手腕には本当に驚かされます。

    それで私やこのブログにコメントをくださる多くの方は、そんな池田氏の行動と考えに気がついたわけです。だからこれを「覚醒」と言っています。今まで崇高な使命を担う宗教だと思わされていただけで、じつは会員が貢ぐお金が目当ての大掛かりな詐欺だったということに気がついたわけです。活動家と私たちの違いがあるとすれば、そのことに気がついたかついていないか、まさにその一点だと思います。

    創価学会に何の疑問も感じていないゾリさんにしてみれば、とても信じられないことであることはよくわかります。私だってこんなことを認めたくはありません。今でもどうかこれがたちの悪い冗談か、悪い夢を見ているのであればはやく覚めてくれと願っています。しかし何度目を覚ましても現実は変わっていない。ならばこの現実にひとりでも多くの人が気づいてほしいという思いでこのブログを続けています。

    ゾリさんのおおよその雰囲気はわかりました。ゾリさんから質問がありましたらどうぞ。

  13. 経緯は後からおよそですが知りました。
    ただ反逆というか分裂と捉えていました。
    古くからの会員は坊主憎しという感じは
    します。
    わたしは特別こだわりがありません。
    数年前ですが富士宮にキャンプに
    行った帰りに興味本意でダイセキジに
    行ってみました。
    綺麗で広大なお寺でした。
    きっかけはトイレを借りたかったからですが
    これも内部では言いません。

    シニフィエさんがナリスマシ扱いされた
    ブログは少しみました。

    分裂と反逆については考えて見ます。
    スマホから少しずつ考えながらかきたし
    してしかも考えながらなので
    レスが遅くなったりすると思います。

    詐偽の点についても考えて見ます。

  14. それと入会した際は知りませんでしたが
    日蓮ショウシュウとの経緯や学会や池田先生への
    批判についてはその後ネットや書籍などで見たので
    皆さんと同じように知っています。
    ただ知っているだけで深くは考えなかったので
    考えながら回答しています。

  15. ゾリさん、素晴らしい!
    ぜんぜん急ぎませんから、自分の感性を信じて、じっくり考えてみてください。これまでの活動家さんは自分で考えることを自分で停止して、何を訊かれても上から言われる創価の指導をくり返すだけでした。その様子はゾリさんもつぶさに見てこられてお分かりでしょう。自分で考えた自分の意見を発言する。この当たり前のことができなければ対話にはなりませんよね。これは多くの学会員さんが思考停止に陥っていることの証でもありますし、私自身、自分が思考停止していたことの実体験を身にしみて感じているひとりです。思考停止から抜けだすにはハンパではありませんでした。破門前の人間は疑えば不幸になると理屈抜きでインプットされているからです。ゾリさんはピンとこないかもしれませんが、脱会してもこの恐怖心を払拭できずに悩んでいる方がたくさんおられます。

  16. お待たせしました。
    反逆と分裂についてですがいままでは
    たんに分裂と何となく捉えていました。
    だけど過去の会長講演しゅうの記述なども
    参照しながら考えると分裂というより
    反逆 全く違う宗教になっていますね。
    だけど過去のように神社仏閣に
    近寄るのも駄目と言うような時代錯誤の
    教えではなく開かれた教えに変わったのは
    前進だと思います
    後から入会した立場からすれば
    戒律は少ないほど助かります。
    ただ誤魔化さずに違う宗教として
    設立すればよかったのにと思います。

  17. そうですか、なるほど。ゾリさんにしてみれば、破門されることによって創価学会の戒律が緩やかになり活動しやすくなったと捉えるんですね。なるほどなあ…開かれた教えになったと。それでご本尊もコピーで気にならない。池田氏も尊敬しているわけでもないし、身体の調子が悪いんだろうなあという程度なんですね。ゾリさんは先輩幹部から創価学会は「師弟不二」の精神が何より大事だとは教わらなかったんですね。
    こうしていくつか質問させていただいて、それにきちんと答えていただいていることに感謝します。
    もしよかったら、ゾリさんから質問してください。おそらくゾリさんからすれば「何をそんなに大騒ぎして創価学会を悪者扱いしているんだ」と思われているんじゃないかなと思います。ゾリさんにとって「創価学会はとくになんら問題はないんだけどなあ。人のやることなんだから、多少間違いだったり、やり過ぎだったりするのはないほうがおかしいし、そうしたことがあったときに、努力してちゃんと改善していくところが創価学会のいいところではないですか。私には何かにつけて昔の悪いところを探しだしては大騒ぎしているほうが、よっぽど大人げないように思えるのですが」という感じなのでしょうか。
    できるだけゾリさんの質問にお答えしたいと思いますので、よろしくお願いします。

  18. 師弟不ニは何回も言われますよ。
    池田先生からだと何か貰ったりはします。
    だけど実は師弟不ニって納得していません。
    でも面倒だから反論しません。
    表に出ないし震災の時さえも出てこない。
    尊敬できれば別ですが。
    尊敬できないのに師弟不ニはあり得ません。
    だけどこんな発言内部ではしませんよ。

    過去の学会の書籍や脱会した方の書籍も読んだり
    しているので学会に問題ないとはおもっていません。
    だけどだんだんよくなっていくのだろうとは思います。
    本来は謝罪してやり直すべきなのでしょうが
    宗教って大概誤りを認めるのは苦手ですよね。
    だから説明せずに変えていくのでしょう。
    でも変化しないよりはマシです。

    幸福の科学にだいぶ前に勧誘された時に
    国会議員の多数が将来は
    幸福の科学会員になると聞かされました。
    まだ一人も当選してない。
    永遠の法 太陽の法なども何冊も読みました。

    学会のほうが遥かにいいです。

  19. そうですか。
    ゾリさんはけっこうまわりの学会員さんを冷めた目で見てるんですね。これを言っちゃいけないとか、面倒なことになることがよくわかってる。でもそれはゾリさんの中ではそれほどたいしたことではないんですね。なるほど。
    まあ、そう言われれば池田氏を一度も尊敬できないまま何十年も活動してきた私が言えることではありませんが、それでもやっぱりゾリさんにとって学会活動が大きな意味があるということですね。

    ちょっと気になったのですが、幸福の科学をはじめ、新興宗教の怪しさを十分理解していながら、それでも創価はまだマシだという理由で入会できるものなのかなあという素朴な疑問があります。「そうです」と言われれば身も蓋もないんですけど(笑)、創価前世代の私としてはなんとも不思議なんです。それがなぜ新興宗教なのか?ってことですね。伝統的な仏教とかキリスト教とか神道ではだめだったんでしょうか。それともどれもそれほど変わりはないから、たまたま身近な人に誘われたので入会したということなんでしょうかね。すみません。ほんとに素朴な疑問です。

    私はもし親が創価でなかったら、そして大人になるまで宗教や新興宗教についての興味も知識もなかったとしたら、まちがいなく特定の宗教を信じたり活動したりすることはなかったと思います。世間では今も昔もそんな人のほうが多いと思います。

    そうした意味も含めて、ゾリさんはなぜ新興宗教のひとつである創価学会に入会する気になったのか、池田氏のことや教義についても多少の疑問を持ちながら、面倒なことにならないように余計なことはいわないようにしてでも「活動は楽しくやってます」と言えること自体が私としては不思議なんです。ぜんぜん批判してるんじゃないですからね。あくまで素朴な疑問としてです。

    自分の意志で宗教に入る人は、何かしら悩みがあったり、そうでなくても将来に対する漠然とした不安があって、何かを信じて行動することで、自分の存在を実感できたりと、どちらかというと自分の中の足りない部分や失ってしまった部分を埋めようとする目的意識が多少ともあるものだと思っていましたが、その点ゾリさんはどうなんでしょう。何か自分を変えたいとか、こういうことを克服できる自分になりたいとか、人に言えない悩みがあって、自分ではどうしようもできないで悩んでいるとか、そういったことはないんでしょうか?

    また質問になってしまいましたね、すみません。

    ゾリさんから私への質問が先でかまいませんよ。その後にでも答えがありましたらお願いします。

  20. 色々な宗教の方と子供の頃からかかわりがありましたが
    学会にだけはマイナスイメージがありませんでした。
    なかのよい友達 面白くて面倒見のいい先輩 明るい女性
    他の宗教のようには胡散臭い感じをもちませんでした。
    キリスト教関連ではエホバやモルモンに誘われた
    けど。幸福の科学より少しもマシな程度でしょうか。

    人に言えない悩みといえば
    わたし若い頃にまわりの人間から
    人間失格ヒューマンロスト
    ゴッド神とかあだ名で言われていました。
    何でもできる異常な人物
    堕落した生活をしていて変な人。
    そんなニュアンスがこめられていました。
    でも実際は子供の頃からいつも他人の目を気にして
    どう思われるかばかり気になる小心者でした。
    本心を話せる人もいなかった。
    何か同じ思考を有する仲間がほしかったですね。
    それは何らかの宗教に入会する動機に
    なったと思います。
    端的にいえば仲間がほしかった。

    でもここだから本心でいうと池田先生は
    尊敬していないどころか軽蔑しています。
    ここ数年出てこないから嬉しいですよ。
    入会当時はまだお元気だったので
    ホンカン等でもみていましたが
    傲慢な独裁者で教養の欠片もない人物。
    発言をコロコロ変える信念のない人物。
    皆さんもご指摘の通り恐らく池田先生は
    自分で立ち上がることもできない
    状態でしょう。
    稀に掲載される写真も目がうつろで
    修正した痕跡もあったりします。

    池田先生からしっかり代替わりすれば
    学会はよりよくなる予感はします。

    伝統的な仏教
    キリスト教 神道には1度も勧誘されたことは
    ありません。

  21. うゔぉ!次々とサプライズ発言が出ますね〜(笑)

    あ、失礼。ちゃんと率直にお話ししてくれているので、ほんとうに感謝しています。ほんとです。これまでの取り憑かれたような創価脳盲信者とはまるで違いますね。ここを眺めている学会員さんもいっぺんに目が覚めたんじゃないでしょうか。「ちょっ、この人ひょっとしてうちの地区の男子部じゃなかろうかw イケダセンセイ軽蔑って…うゔぉぉぉぉぉ」

    そうですか〜、池田氏ボロクソですね〜。それじゃ師弟不二もなにもあるわけないですね。

    やっとゾリさんのスタンスがわかってきました。これでこれまでのゾリさんの発言の謎がとけてスッキリしましたよ。それまでは何がなんだかわからなくて「ほんとうに学会員なの?ひょっとしてまたナリスマシ?他の日蓮系の人?」などなど、いろいろ勘ぐってました(笑)。でも今はゾリさんのような人でも活動家としてアリな時代なんですね。勉強になりました。

    だったら、私に訊きたいことって、そんなにないんじゃないですか?なんかそんな気がします。もちろん無理に質問しなくてもいいですよ。

    私もゾリさんに創価の矛盾を指摘しても「そうですね、そう思います」という返事しか返ってこないような気がしてきました。良い悪いは別にして、争点がはっきりしないですもんね。今の創価に対する認識は私とそれほど変わらない。でもその認識に対して私は「被害者の人に気づいて欲しい」と思うし、ゾリさんは「それはそれでそんなものでしょ」と思っている。この違いなのかなと思いました。

    若い頃からそこまでものごとを冷めた目で見るようなゾリさんだからこそ、軽蔑までしている池田氏の団体に所属できるんでしょうね。私にはとてもできることではありませんが。なるほどなあ〜。たしかにゾリさんが最初に言われたように「まともな、会話ができるほうだと思います」というのはあたってますね。なんだろう、それって宗教を自分の利害で評価しているってことですか?自分の利害にあえば、多少の問題があってもいいじゃないか。宗教ってその程度のものだということなんですかね。たとえば自分が使うパソコンを選ぶときに、ウィンドウズかマックかってときに「マックはユーザーが少ないけど、やっぱりかっこいいよね〜」とか「ウィンドウズじゃウィルスが心配」とか「友だちもマック使ってるし」とか「ゲイツってなんかやだな」などといった感じなんでしょうか。

    でも創価が裏で何をやっているかを知れば、きっと考えが変わると思いますよ。それは他の新興宗教が全部吹っ飛ぶくらいの巨悪ですから。それが何なのかは、もし興味があれば自分で調べてくださいね。私がここで説明しても、外野から陰謀論者のそしりを受けますから(笑)。

    あ、いや、その裏でどうのということがわかったら、それはそのときやめればいいかってことなんですかね。そうだとしたらすごいな。

  22. 争点がはっきりしないのはその通りです。
    わたしは皆さんのご意見に怒りも覚えないし
    反感ももっていません。

    宗教を自分の利害で判断しているのも
    そのとおりだと思います。

    池田先生については入会当時は無知でしたよ。
    今ぐらい知っていたら入会しなかったかも

    しれません。

    人革も読みましたが大作にしてもあそこまで
    自分を褒め称える神経は異常です。
    大作者か
    異常なまでに自分を褒め称えていたら
    まともな、神経を持っていたら
    やめさせますよね

    ではシニフィエさんに質問ですが
    学会以外の新興宗教
    例えばあーれ

  23. スミマセン
    途中であやまって送信されました。
    学会以外の新興宗教
    例えばアーレフや幸福の科学などよりも
    学会は格段によいと思うのでいかが、
    でしょうか。

  24. なるほどですね〜、そうきましたか(笑)
    いやいや、決しておちょくっていませんよ。あまりに予想外で新鮮だったので、驚いているだけです。ちゃんと真面目にお答えしますからね。怒らないでくださいね。

    >例えばアーレフや幸福の科学などよりも学会は格段によいと思うのでいかが、でしょうか。

    はっきりいいますとね、「バカ言っちゃいかんよ」っていうのが正直なところです。

    結論から言えば「アーレフや幸福の科学などよりも学会は格段に悪い」です。

    その説明をしますね。同じ新興宗教でもアーレフと幸福の科学は基本的に違うんじゃないかと思うんです。まずアーレフの前身であるオウム真理教はたいへんなテロ集団ですが、善し悪しはまったく別にしても基本は宗教。倒錯した宗教です。一方、幸福の科学は創価学会のパクリです。つまり規模こそ違いますが創価と同じ詐欺集団です。今日のニュースでも、幸福の科学が大学設立の申請を文科省から却下されたと報じていましたが、やることなすこと大川隆法こそがほんとうの池田大作の愛弟子ではないかと思うほど、池田氏をパクり続けています。婦人部にあたる「女性部」のほか「青年部」「学生部」「中堅部」「親子の会」壮年部や指導部にあたる「百歳まで生きる会」も同じ、世界120カ国に信者の組織がある。法外な寄付を求め、おびただしい数の出版物を信者に買わせるところまでそっくりそのまま。何人もの愛人を侍らせるのも池田氏そっくり。大川総裁が手に入れたいのは池田氏と同じ権力とお金。いや権力のためにはお金が要るから、あのような宗教まがいのことをして騙しとっているのでしょう。創価と違うのは教祖自らが自分のことを、これまでの神様の誰よりも偉い最高の絶対唯一神エル・カンターレであると言ってはばからないこと。

    私の古くからの友人に幸福の科学の熱狂的な信者がいます。以前は私に本をくれたり、映画に誘ったりしていました。今でも彼のFACEBOOKには堂々と幸福実現党の候補者をバンバン紹介して褒めちぎっています。幸福の科学が今ほどまで有名ではない頃、仕事で早朝から車を運転していたときに、ラジオから大川氏の講演が流れてきました。「このあいだソクラテスか誰かと話をした」とか「今は○○青雲の□□□という星で暮らしている」とか、普通に話をしてるんですね。私はどこかのお笑いさんがラジオコントをやっているものだとばかり思って笑って聞いていたんですが、終わりのほうになって、幸福の科学総裁がまじめに話をしているとしってびっくり仰天したことをよく憶えています。なるほど〜、幸福の科学って言うのはこういう教団なんだ〜とはじめて知りました。面倒な宗門とのいざこざがはじめからないんですね。

    それと過去の偉人の誰とでもいつでも話ができると言っていること。つまり時空を超えた超能力が自分にはあって、自分がこの世の最高の神だからできないことはないと信者に信じ込ませていることです。キリストだろうが坂本龍馬だろうが話ができて、その会話の記録をどんどん本にして信者に売ってるんですね。不思議なことにそれを何十万人もの日本人が信じてお金を出しているという事実です。

    それから次第に名前が世間に知られるようになって、なんと親しい友人がいつのまにか盲信者になって、私にも「近くに幸福の科学の拠点があるから話を聞きにこないか」と誘われたことがあります。もちろん断りました。私も創価学会活動家でしたので「そんな邪宗の口車に乗せられるか。なんなら乗り込んでいってほんとの宗教っていうものを教えてやろうか」ぐらいの勢いでした(笑)。今思えば顔から火が出るくらい恥ずかしいんですけど。

    そうこうしてるときに、大川氏がギリシャ神話の美の女神であるミロのヴィーナスの生まれ変わりだ(おとぎ話の登場人物の生まれ変わりというのも凄すぎるんですが)と豪語していた自分の奥さんから浮気の一億円の損害賠償訴訟を起こされているというニュースを聞いて「ああ、やっぱりね」と思いました。訴訟前までは幸福実現党の党首でしたが、今は大川氏の愛人が党首です。あ、それ以前に、ゾリさんはよくご存知だと思いますが、大川総裁は自分が世界の創造主(エル・カンターレ)であり、釈迦もキリストもアッラーもかつてはみんな自分が教化してきた弟子だという教義(?)です。言ってることが日蓮とそっくりです。それよりスケールがでかい。そんなエル・カンターレがミロのヴィーナスの化身だと言ってはなばらない自分の奥さんから「あなた秘書と浮気してるの知ってるのよ。別れてあげるから1億円出しなさい」と裁判を起こされたのです。そしたら世界の創造主エル・カンターレは「おまえこそろくに働きもせずに毎日ブラブラ世界中に旅行に行って、すきなだけブランド品を買いあさりやがって。いったいオレのお金を何だと思ってるんだ」ということで、同じ額の1億円の損害賠償訴訟を起こしました。もう世間の笑い者になったことは当然ですが、ここで不思議だったのは、こんなことがあっても幸福の科学の信者はなんとも思っていないことです。凄いですね。創価学会とまったく同じです。

    幸福の科学はたった20万人程度の信者の数で、国政選挙に候補者を出すたびに数億円の供託金を没収されていますが、そんなお金は痛くも痒くもないんですよね。供託金だけでそれだけですから、選挙自体にかかるお金は数百億ですよ。でもいまだに一人も国会議員を出せない。みんな幸福の科学がどんなものかを知っていますから、選挙で当選するわけがないんです。でもこれからもお金にまかせて、どんどん選挙につぎ込むでしょう。それだけ大川氏は権力と名誉が欲しいんでしょうね。さて20万人程度の信者の数で、それだけのお金がどうにでもなる教団ができるんです。創価学会の財務部員って少なくとも200万人はくだりませんよね。いったいどれだけのお金が毎年毎年集まっているのか、見当もつきません。

    ということで幸福の科学は創価のミニチュア版だと言えると思います。創価学会が幸福の科学よりましだなんてこれっぽっちも思いません。悪さからいえば大人と子どもの違いはあるでしょう。暴力団でいえば山口組と地方のチンピラぐらい差があると思います。

    ではアーレフはどうなのか?私はアーレフに関してはよく知りません。知ろうとも思いません。まったく別の世界の人たちのことですし、どうぞ勝手にやってくださいといった感じです。多くの人からお金を騙しとるわけではないし、信者は洗脳されているとはいえ、それも自己責任の範疇だと思います。ただしオウム真理教はたとえ宗教だとしても凶悪なテロ組織でしたので許せるわけがありません。このオウム真理教と創価学会と統一教会はつながっていると考えたほうが、いろんなつじつまが合ってくる。警察官僚には創価がそうとう入り込んでます。これも言い出すと外野がうるさいので言いませんが、興味があれば自分で調べてください。ただ言えるのは、新興宗教というのは、いろいろあって「さてどれにしようかなあ」と迷って決めるようなものではないということです。

    創価に比べればオウムも幸福の科学も赤子の手のようなものです。創価はキング・オブ・セックスならぬキング・オブ・ダークネスでしょう。いやワン・ノブ・ダークネスです。創価はいろんなところとつながっています。だから怖いんです。戦後最大の巨悪網のひとつです。

    と、私の意見はこんな感じです。

  25. 連投でスミマセン。

    ゾリさんがなぜ新興宗教に入会したのかというところが、だんだん争点になってきたような気がします。

    創価のどこがよくて、どこが悪いのか。他の新興宗教のどこがよくてどこが悪いのか。それ以前に、なぜゾリさんが宗教、それも新興宗教の信仰や活動へと気持ちが向いたのか。私としてはそっちのほうに興味があります。

    私の創価学会に対する結論は、このブログでずっと述べているように、宗教ではなく会員のお金目的の詐欺団体だということに変わりはありません。宗教と偽って会員を思考停止にしてお金を奪う。あとはその目的のための手練手管ですから、その時代に応じて、どのようにでも変わっていくわけです。

    昔は日蓮仏法が唯一人々を幸せにできる信仰だ。これを疑っただけでも大変な罰が当たる。そういったアメとムチが通用した時代だった。今はもうそれが通用しない。さらに破門されたおかげでご本尊が売り物にならなくなった。じゃあ、自分たちでつくるしかないが、それなりにこっちが本物だという根拠がないと、以前とまったく違うものでは騙せないから、似たようなものをコピーした。あとは洗脳されているから口先三寸で騙せる。破門されたおかげで、今度は墓が新たなビジネスチャンスになった。田舎の山奥を二束三文で買いたたき、ペット霊園のような小さな墓石を一区画100万円で売りつけるという悪徳ビジネス。それも遠方だろうがかまわず、一家にひとつどころか一人にひとつの墓を売るというとんでもない商売を始めた。どんな墓でも洗脳した会員にとってはありがたくてたまらない墓だ。ということで、創価にとっては思わぬニュービジネスが舞い込んできたわけです。

    創価学会が宗教ではなく単なる悪徳ビジネス(詐欺)だという視点で見ると、すべてが見えてくるんですね。いや、すべてではない。裏社会についてはそんなことでは見えてこない。しかしそこまで詮索しなくても、創価でまともな信仰ができるわけがないんです。

    またまた長くなりましたが、そういうわけで、ゾリさんが自分の人生の半ばで創価学会を選んだ理由が、ほかの新興宗教よりはいくぶんマシなんじゃないかという判断の以前に、自分自身がなんらかの信仰を必要としているということそれ自体について、よかったら話を聞かせてもらえませんか。それがわかると、それに創価学会をはじめ、新興宗教がそれに応えてくれるものなのかどうかの判断が見えてくるのではないかと思うのです。

    ゾリさんの
    >人に言えない悩みといえばわたし若い頃にまわりの人間から人間失格ヒューマンロストゴッド神とかあだ名で言われていました。何でもできる異常な人物堕落した生活をしていて変な人。そんなニュアンスがこめられていました。でも実際は子供の頃からいつも他人の目を気にしてどう思われるかばかり気になる小心者でした。本心を話せる人もいなかった。何か同じ思考を有する仲間がほしかったですね。それは何らかの宗教に入会する動機になったと思います。端的にいえば仲間がほしかった。

    宗教うんぬんよりも、これが重要なポイントだと私は思います。

  26. いくつかの宗教に勧誘されましたが
    学会以外は誰でもはっきりと新興宗教と
    思うような宗教でした。
    入会当時はそれまで知り合った学会員は
    明るく社交的で学会が新興宗教だという
    認識はありませんでした。
    様々なことを知ったのは入会してからです。
    入会動機としては刹那的な生活を送って
    いたし仲間がほしかったという点が
    大きかったのかなぁと思います。

    今は学会も新興宗教の一つだと認識していますが
    幸福の科学などよりはだいぶよいとおもっています。
    この点は見解が相違しますね。
    大川隆法の説を受け入れられるなんて
    信じられない。
    幸福の科学信者凄いです。
    といいながらわたしも池田先生を
    軽蔑しながら学会自体は好きですが。
    だけどもし池田先生を神と崇めるような
    宗教だったら流石に嫌になるでしょう。

  27. 会が巨大暴力団だと例えるならアーレフや幸福の
    科学は九州などにある規模は大きくなくとも
    危険度は遥かにたかい暴力団というような
    存在ではないでしょうか。

  28. たしかに幸福の科学は政治的には極右翼的なことを主張しています。日本は早く軍隊をつくって北朝鮮からやられる前に先に攻撃して叩き潰せと真顔で叫んでいます。怖い団体ですね。でもそんな団体が国を動かせますか?幸福の科学は幸福実現党から国会議員を出すために何百億円ものお金をつぎ込みましたが、事実上幸福の科学の力で国会議員になった人間はひとりもいません。

    では創価学会はどうですか?公明党を介して与党として国の政治を動かしています。マスコミも大手広告代理店も芸能界も金の力でやりたい放題だし、暴力団とも仲良しです。検察庁にも警察庁にも創価学会員のキャリアがいっぱいいます。情報操作も犯罪隠蔽も思いのまま。幸福の科学は実質会員20万人、アーレフは数千人、創価学会は200万人。ゾリさんは幸福の科学やアーレフのネガティブな情報は入って、創価学会のネガティブな情報が入らないのは、創価学会が健全だからと思っているのですか?幸福の科学と創価学会では情報操作も犯罪隠蔽の力も比べものになりませんよね。

    たとえば幸福の科学と創価学会が同じ犯罪を犯したとします。ゾリさんの耳にはどのような情報が入ると思いますか?どちらからも同じ犯罪を犯したという情報が平等に入ると思いますか?池田氏の健康状態を会員はもちろん、マスコミからも4年半以上も隠し続けられるのはなぜだと思いますか?一方はどれだけお金を使っても議員ひとり出せない20万人の団体。一方はマスコミ、大手広告代理店、芸能界、検察庁、警察庁、暴力団、政府与党を操る活動家200万人以上の団体。さて、ゾリさんはどちらが危険だと思いますか?

    もし幸福の科学やアーレフが創価学会と同じ規模と権力を持っていたら、そりゃ今ごろたいへんなことになっているでしょう。しかし、創価学会の規模と権力を維持するには、悪事を隠蔽できるだけの金と力が必要になりますから、今の幸福の科学やアーレフのような活動自体がやれなくなります。幸福の科学やアーレフは現在のあの規模と権力だから、ゾリさんをはじめ一般の人にも怪しい新興宗教であることがわかるんです。創価学会は会員からだまし取ったお金で悪事を隠蔽できる力をも持っています。創価学会は巨悪を隠蔽できる金と力があるからこそ、ゾリさんのように幸福の科学やアーレフのほうが危険だという判断をしてしまうのではないでしょうか。

  29. 学会が資金 人材などでマスコミに影響を及ぼしていること。
    これはそうでしょう。
    だけどこのブログに書かれていることを含めて
    学会に対する批判はかなり把握しています。
    ネットが普及した今ではいくら圧力を
    かけても拡散します。

    また政治に影響力がないよりは
    あったほうがいいでしょう。
    よい影響を及ぼすように
    努力していけばいい。

    重い病気を患っている人に先日
    訪問して会いました。
    泣きながら活動したいそのために
    題目をあげて病気を治すと言っていました。
    ずっと泣いていました。
    信仰心のある会員から成り立って
    いるのだからやはり宗教だと思います。

    でもお話ししていて気づかれていると
    思いますがわたしは活動も学会仲間も
    好きですが信仰心は相当少ないほうです。

  30. 学会は巨大ですし力もあります。
    だから小さいカルト宗教のように
    先鋭化しないでしょう。
    学会の悪事は報道されにくいとは
    思います。
    でも極端な行為をとれるような
    小規模団体ではありませんし
    一枚岩でもないと思います。

  31. なるほどですね。ゾリさんは、池田氏は軽蔑しているし、創価学会のネガティブな部分もある程度わかっているけれど、先鋭化しているカルトにくらべれば善良な宗教団体だから自分は活動を続けているということですね。その理由は、一緒に活動している学会員さんはいい人だし、やってて楽しいからというふうに受け取りましたがよかったでしょうか。
    ゾリさんのお考えはおおよそわかったような気がします。正直、最初はわけがわからなくて戸惑うほどでしたが、それは私がゾリさんのことをMCされた多くの活動家のひとりだと思いこんでいたからだと思います。おそらくゾリさんはMCされていない珍しい活動家さんなんだろうと思います。MCなしでも活動ができるのは、創価の問題以前に、ゾリさんがもともと持っている超クールな反面、超寂しがりやさんだからかなと思いました。だから創価学会で苦しんでいる人に関しては「それは個人の問題であって、創価学会を責めるようなことではない。自分のようにそれなりに楽しくやっているものにとっては何の問題もない。これだけ巨大な組織が極端に悪いことができるとも思えないし、問題があると思うならばやめればいいだけのこと。脱会した人がそこまで糾弾する意味がわからない。創価学会の問題は会員の個人の問題であって、それを組織のせいにして被害者づらをするほうがおかしいんじゃないか」といった感じでしょうか。どうしてもゾリさん自身の立ち入った話になってしまって申し訳ないのですが、ゾリさんはもしかしたら大人になるまでにお父さんかお母さんとの人気関係に問題があるようなことはありませんでしたか?こうした質問が失礼なことはわかっていますが、匿名性が担保されるネット上だからこそできる立ち入った話だと思いますので、あえて質問しています。気に障ったらすみません。
    これまでのここでのゾリさんのお話しぶり(話の内容ではなく)から感じるのは、創価学会の問題以前に、ゾリさんが持っている価値基準のようなものが、人一倍クールな反面、その分だけ人一倍寂しがりやになっているところから来ていて、それは子ども時代に感じてきた不安感に由来しているのではないかと思ったもので。ゾリさんとの対話で私が最初から感じていた疑問。つまり、創価をそこまで客観視できる人が、なぜ活動を続けていられるのかということですが、これはおそらく創価の価値観ではなく、ゾリさん自身が持っている価値基準によってある意味創価を利用しているんだろうなと思いました。それでゾリさんにとってはそのことのどこが悪いの?といった感じなんだろうなと思いました。

    ゾリさんとの話でなかなか争点が見つからなくて困っていたんですが、やっと争点が見つけられそうです。
    「創価学会の問題は会員自身のもつ価値観の問題か」ということです。
    ちなみに私はそうは思いません。少なくとも現在の創価学会は会員からお金を搾取するために排他的独善主義の宗教を道具に使って会員を欺いてきたと思っています。会員は自分の意志ではなく、MCによる不可抗力によってやめたくてもやめられないという基本的人権すら奪われている深刻な事態だと思います。宗教を個人の利害で選択し、今のところ個人的な損失を感じられないゾリさんにとっては、創価学会のネガティブな面はあくまて他人事としかとれない。その恐ろしくクールなモノの切り捨て方は、これまで自分があじあわされてきたことの反動なんじゃないかなと思いました。
    創価学会には賛同できるわけではないが、とりあえず自分の中に空いている穴を埋めてくれる人間関係を見つけられた。宗教とは元来そうしたものではないのか。とくに自分が悪い宗教に騙されているという気はしないし、将来に対する危機感もない。そんなかんじでしょうか。

  32. 学会員はいい人だし楽しいから
    そうです。確かにそのような感覚です。

    脱会した人が糾弾する必要がないとは
    おもっていません。どんどん糾弾して
    ほしいです。宗教はどこも自浄力に
    欠けるから外部や内部からの糾弾が
    必要です。
    個人だけの問題だったら複数から
    同じような批判は受けないはずです。
    糾弾されて問題点を認識していく
    ことを望みます。
    ますます争点がなくなってしまいますが
    皆さんのことを被害者ヅラしているとか
    おもっていません。
    当然のご意見だし学会はそういう声を
    反映していくべきだと思います。
    父は忙しくほとんど会う機会も会話する
    機会もないような状況でした。
    母親はそれなりに面倒見てくれましたよ。
    だけど母親自信両親に捨てられて親戚に
    育てられたせいか多少虐待気味でした。
    酷くはなかったですよ。

  33. 自分が悪い宗教に騙されている感覚はないです。
    でも池田先生は相当な悪人だとおもってはいます。
    かなり知っているほうだとは思いますが
    カジノのけんは知りませんでした。

    最近気になるのは池田先生がいなくなったら
    学会はどうなるだろうということです。
    わたしは嫌いですが周囲の会員は
    池田先生の大ファンが多いです。
    わたしが言わないように
    話を合わせているだけの人も
    実は多いのかもしれませんが。
    わたしも池田を軽蔑しているといいながら
    この前も大勢の前で三代会長の
    素晴らしさを朗読しました。
    回りから見ればわたしも池田ファンだと
    思っていて池田先生への疑問なんて
    わたしに言えないだけかもしれません。

  34. 原爆発言などのある過去の
    会長講演しゅう
    折伏経典の内容。
    富士宮での暴力事件
    浅木市議事件。
    そのた諸々
    本部職員 財務二万円も
    かなり前から知っています。
    アンチの
    方々がここで知ったこととか
    ほとんどの部分ずっと前から
    把握しています。
    並みのアンチより遥かに
    学会の不祥事等々把握
    していますよ。

  35. ゾリさん、そろそろ1対1ではなくて、皆さんとの対話に移らせていただきたいと思います。私としては、ゾリさんがどのような方で、どのようなスタンスであるのかということをはっきりさせる役割だと思って話をさせていただきましたが、おおよそできたかなと思います。ただ、わかったといっても、なぜそのような考えなのかはいまだに理解できません。これから先は、みなさんとの対話の中で、そうした部分についてのお話ができればと思います。大人数を相手にすることになりますが、交通整理は私のほうでやりますので、どうかこれまでどおりの率直な姿勢で皆さんとの対話に望んでいただけるとうれしいです。
    ということで新しくページを儲けましたので、これからはそちらのほうでお願いします。

  36. ゾリさん、なぜ皆さん大勢かわかりますよね。

    >並みのアンチより遥かに 学会の不祥事等々把握 していますよ。

    そこまで言うなら徹底的に聞きましょうか。
    遠慮しませんよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中