日蓮さんをどう思いますか? 2

一つのページのコメント数があっという間に増えてしまって、うれしい悲鳴をあげています(笑)。

このごろ自分の中での「宗教とは何か」とか「仏教って結局何なんだろう」とか、決して難しいことは考えたくはないのですが、どうしても考えてしまうことが多くなっています。まあ、いいことではあると思いますが、だからといって考えたところで結論が出るとも思えません。さっき前のページでも書きましたが、ブッダのような大天才が一生をかけて、何度も死ぬ目にあってまで苦労をかさねて、やっとこさ気づいたことが、目の前のことで毎日が精一杯のふつうのおじさんがどうひっくりかえって考えたところでわかるわけがないのです。でも考えずにはおれない。だからできるだけわかりやすく書いてありそうな本を見つけて読んだり、「ぶっちゃけこういうことかな?」という開き直った自己流の考えをしてみたりと、むだなあがきをしています。そんな中、今の時点でなんとなく思っているのは、やっぱり仏教ってすごいなと思います。とくにブッダの基本的な考えもそうなんですが、老荘思想とぶつかりあってできた禅の思想なんて、人類最高の哲学ではないかとさえ思えます。そこで、少なくとも言えることは「宗教とは人間の届かない大きな力にすがることによって幸せにしてもらうようなものではない」ということです。そんなことを言っているのはキリスト教とイスラム教と日蓮本仏論とあとは怪しい新興宗教だけです。創価学会はその怪しい新興宗教の一つというだけの話なんですね。浄土宗があるじゃないかと言われそうですが、あれは死んだ後に救われるという考え方ですから、ちょっと話が別ですね。死んだ後に救われるためには救われるにふさわしい生き方をしましょうねという考え方。でもほんとはもっと深いんですね。そんな小学生の道徳程度の話で何百年も歴史に名を残すわけがないです。興味のある方は自分で調べてくださいね。

まあ、ここで「私の仏教観」(笑)みたいな話をしてもどうしようもないのですが、このところなにかにつけて仏教の歴史について長々と書いているのは、結局は「創価学会の教学は仏教なんかじゃないんだよ、それは仏教の歴史をちょっとでも覗いてみれば誰でも簡単にわかることなんだよ」ということを言いたいがための駄文です。書いていくうちに、自分でも「ああ、そうだったのか!」とか「あらあら、今まで勘違いしてた」などということも結構出てきます。そんなときはネットが便利ですね。図書館に行ったり、お坊さんにきいたり、学者先生に聞いたりしないとわからないことも、ネットで簡単に調べられます。学術的なことはさておいて、簡単な歴史の流れについては、ネットでおおかたのところはわかります。それらを見ただけでも、創価の教学がいかに偏っているかがすぐにわかるのに、学会員さんは、そんなものもみんなデマだと思わされているので、自分たちが勉強させられている創価の教学がどんだけおかしなものかに気づく機会を失っています。残念ですね。

かといって、仏教の本質が本やネットの情報でわかるようなものではありません。それこそ実践してみなければ何もわからないのと同じだと……これも本に書いてあります(笑)。まあ、そういうことで、私は創価は宗教ではないとさんざん訴えていますが、じゃあ宗教とは何かについて訊かれても、何も答えることはできませんし、この宗教が正しいなどと、口が裂けても言えません。そもそも「宗教って必要なの?」という問いからはじめなければいかんのかなあ…と、ちょっとうんざりもしています。

さっき「禅は人類最高の哲学ではないか」などと言いましたが、かといって禅宗のお寺に出家しようとは思いませんし、思ったとしても現実問題としてできるものではありません。だから結論は出ない。せいぜい「ふ〜ん、そうなんだぁ」程度にしか近づけないんだろうなと思います。でもそれでいいのかなとも思います。正月は家族揃って神社に初詣に行ったり、クリスマスには信者でもないのにキリストの誕生にかこつけてバカ騒ぎをしたり、お盆にはご先祖様とお酒を酌み交わしたり、秋には近くのお寺の縁日で綿菓子買ったりヨーヨー釣りをしたり。そんな宗教ごっちゃまぜの節操のなさというより、おおらかな宗教観のなかで家族と過ごすことができたほうが、日本人としては幸せなんじゃないかと思います。

今回はだらっとした話ですみません。まあ、ときにはいいかなと(笑)。
じつはテーマを何にしようかなと考えながら書いていたんですが、なかなか出てこない。

前回の「創価のご本尊って何?」は、なんとなく結論めいたものが出ませんでしたね。結局、日蓮正宗のご本尊はともかく、創価のご本尊はどう考えても偽物ですよね。と、それ以前にそもそも日蓮の曼荼羅を拝むことが仏教の考え方に逆らっているということを私が言っちゃったもんだから、自分で問題点をそれ以前に引き戻してしまったのかもしれません。つまり本物だとか偽物だとかを議論すること自体がナンセンスだと言ってしまったので、それより先に話が進まなくなったんですよね。すみませんでした!

でも実際の話、私はそう思います。創価の矛盾を考えていくと、どうしても日蓮のおかしなところを出さないわけにはいかなくなる。とてもクールに日蓮の生涯をふりかえると、昔の偉いお坊さんというよりも、自己顕示欲でいっぱいのパラノイアではないかと疑っちゃうんですね。こんなことを言うと、日蓮系の宗派の方全員を敵にまわすことになってしまうんですが、いろいろ調べていくと、けっこうそのような結論を出している学者さんっているもんなんですね。だからなまじっか私の感じていることもヨタ話ではないのかもしれません。いや、日蓮系の宗派の方たちをどうこう言っているのではありませんよ(言ってるか)。

ということで、少し前に「日蓮をどう思いますか?」というテーマでお話しいただきましたが、このところ活動家さんが登場しては、テーマからどんどん離れていって、離れるのはいっこうにかまわないのですが、テーマが途中で尻切れとんぼに終わることが多くなってきました。なので、今回は「日蓮をどう思いますか?2」にしたいと思います。どうかよろしくお願いします。

それから創価新人類(笑)のゾリさんとの対話は、もうしばらく私との話を続けさせてください。よろしくお願いします。

日蓮さんをどう思いますか? 2」への89件のフィードバック

  1. 日蓮さんの教えが実際どうなのかは創価を見てればわかります。
    本当に素晴らしい教えだったら、創価は教義を手放しません。

    どんどん遠ざけていってるのは何故でしょう。
    まず謗法を責めるといった部分は全部カットです。
    「謗法を責めずして幸せを求めるなんて、火の中に水を求めるようなものよ。はかなしはかなし」
    破門後の会員もSGIも、こんなこと聞いてないでしょうね。

    あんなに大騒ぎした戒壇御本尊ももうどうでもいいみたいだし、昔は必須だったぶ厚い御書なんて持たなくていい。
    こちらが指定する都合のいい箇所だけ読んでればいい。
    そんなことよりセンセイの「女性に贈る言葉365日」なんか如何?

    ところで創価がいくらマイルドになろうと、商売には変わりありませんよ。
    都合の悪い教義はなかったことにしても、福運とか功徳はなかったことにしないんですね。
    こっちの方がずっとツッコミどころが多いんですけど。

  2. 日蓮宗(Wikipedia参考)で検索して、
    釈迦を本仏とする一致派と勝劣派
    日蓮を本仏とする勝劣派
    更にそのなかで、富士門流やら日興門流やら○○門流やら、
    どれもこれもって感じですね。
    そして、時代とともに分裂、離脱、統合とを繰り返し、今に至る。
    創価学会の関わった日蓮正宗も日興門流のさらに分裂した末寺の一つ?
    というか、私だけのところが唯一無二、日蓮直結だ!と言いはなっていた一つの寺。に過ぎなかったのですね。
    合ってますでしょうか?
    日蓮さん、何を伝えたかったのですか?皆それぞれの主張ばかりです。

    唯一正しく継承した日興の弟子もまた分裂やらで、日蓮さんが伝えたかったことを伝わってますか?
    日蓮にしても日興にしても日寛にしてもまた創価なども、
    「私のところが唯一正しいのだ」と自己主張が強く、他と勝劣つけたがる性質があるようです。

    日蓮さんって一体….
    こんなにもくだらない教えだったのですか?
    こんな印象を持ちました。

  3. 「創価学会も悪いところを改めていけばいい宗教団体になる」という発想は、創価学会は宗教団体だと言う前提で言うことです。創価学会は宗教ではなくて詐欺団体だとわかった人にとっては、創価学会がどうやったらよくなるかという問いに意味はありません。それは暴力団はどうやったらいい暴力団になるかというバカげた問いと同じことです。暴力団はどうひっくり返っても暴力団だし、詐欺団体はどうひっくり返っても詐欺団体です。たまに暴力団幹部が改心して牧師になったとか、お坊さんになったという話はあります。それは個人の生い立ちや生活環境や素養や価値観の問題であって、創価学会がある日突然善良なボランティア団体になることはありえません。あれだけの巨大組織は会員の莫大な財務によって成り立っています。財務をはじめとして、さまざまに入ってくる創価のお金の収支を公表するような慈善団体になったとしたら、とたんに破綻してしまうでしょう。創価は会員から法外なお金を集めているから成り立っているんです。だから暴力団が改心するということが解散を意味するのと同じように、創価が改心するということは創価がなくなるということなんですよね。要はお金の行方の問題です。自分が出したお金が何に使われているのかを知らないというのは、やはり無責任だと思います。もしかしたら昔から噂のあるような北朝鮮や中南米相手の麻薬取引に使われているかもしれません。こんなことを書くと「いつのどこの話だソースを出せ」とか「いい加減なことを言うな」とか「これだからアンチの言うことはくだらん」とか、鬼の首をとったように言う人がいますが、その噂を裏付ける情報はいくらでもあります。ただ、それを突っ込んでいくと命の危険まで出てきます。創価絡みでなぞの死を遂げた人もたくさんいます。また、創価の犯罪は創価だけで成り立っているものではなく、裏社会のいろんな組織が関わっています。そんなものにわざわざ関わりたくはありません。私が言いたいのは、問題意識が希薄で、自分の都合だけで創価の問題を考えていても、知らない間に利用されてしまうと言うことです。あとから「いや自分はそんなつもりでやってきたわけじゃない」といっても、巨悪に加担していることには変わりありません。覚醒したひとの苦しみはこれが大きいですよね。知らなかったとはいえ、悪者の一員として人生を過ごし、肉親や友人までも引きずり込んでしまったことの後悔はどうすることもできません。知らなかったじゃ済まされない問題であることを認識すべきだと思いますね。

  4. 日蓮さんについては、バリ活の頃から 鎌倉時代の偉いお坊さまみたいな感覚でした。
    釈尊がオープニングアクトで、彼がメインアクトであるという教えには抵抗がありました。
    実際、釈尊やイエスの教えのほうが 真理に近いと直感的に感じていたし、世界を見渡せば 日蓮さんの教えは超マイナーであるからです。
    ただし、日蓮さん本人の思いとしては、当時の苦しむ人間達を何とか救いたいと真剣に考えていたと思います。
    パラノイア的な側面は あるにせよ、その点は尊敬に値すると感じています。

    創価学会によって、彼の教えが都合よくねじ曲げられ、詐欺行為のツールにされてしまったことに対しては、憤慨されていることと思います。

  5. 日蓮については、学会の大白蓮華でしか分からないですが、それでも、冷静に考えてみると、怖い人だなと感じます。

    日蓮がいた時代背景を、例えば現代に置き換えて考えると…30代の男性が、他の宗教を信仰すれば地獄に落ちるだの、邪宗の坊主は殺せだの…、そうでなければ、外国が攻めてくるとか、内乱が起こるとか…。一言で言うと、過激!
    殺せって…すごいですよね。
    あと、なんでもかんでも魔のせい。
    他人にも自分にも思考の自由がない。

    普通に考えて、自分の身近に、こんな男性いたら怖いですよね(^_^;)

  6. signifieさんに同じく、創価はすでに改善云々以前の問題で、改善しても詐欺は詐欺。どうしようもないですよね。

    ちょっと前に録画していた旅チャンネルの「ちば見聞録」という番組で、日蓮を紹介していました。
    宗門以前にバリ活だった者にとれば、一度は聞いたことがあるような内容ばかり。
    清澄寺とか、立宗宣言(建長5年4月28日)とか。32歳で立宗宣言したんですね。しかも立宗宣言までには、日蓮って21日間も断食とかしていたんですね。
    このちば見聞録で言ってました。いろいろ試行錯誤しながら、何が釈尊の言いたいことなのか、というのを模索したようですよ。
    いろいろ解説聞いていたら普通のお坊さんです。

    日蓮の銅像まで写りましたけど、初めて銅像なるもの見ました。
    想像していた顔つきと違った。なんだか顔つき怖い。

    手を合わせてなんみょ~している姿の銅像です。

    同じく将来700年ぐらいたって、池田の像が(できるかどうか知らないけど)できたとして、過去に創価って宗教を拡大した人だよ。なんて銅像を見たときにきっと「顔つきの下品な人だね」なんていうことになるのではないでしょうか。

    青年部では池田のミイラ化を計画しているとかしていないとかの話があったようだから、銅像もあり得るのでしょう。
    ちょっと日蓮と話がずれてしまいました。すみません。
    しかし、以前は日蓮を創価以外の角度で見たことがなかったので、このテレビはとても勉強になりました。

  7. はじめまして。
    活動家です。
    法華経は仏説か?や日蓮本仏論などの疑問は全て『法華経の智慧』の中ですでに解決済です。元活動家を自認するならちゃんと読むべし。

    また、「謗法を責めずして幸せを求めるなんて、火の中に水を求めるようなものよ。はかなしはかなし」
    は当然今も指導されます。学会は今も昔も変わらず御書根本です。

    変わった部分は枝葉末節に過ぎず。御本尊は日蓮正宗時代から変わらずコピーです。何百万枚も誰かが書写したとでもお思いか?

    第一次宗門事件の発端とされた「御本尊模刻事件」も日達猊下が創価学会に許可したにも関わらず、忘れてしまって大騒ぎしただけというのが日達猊下の側近のメモから明らかになってます。

    全ては解決済み。今更何を蒸し返しているのやら。
    以上。

  8. 活動家さん、はじめまして。コメントありがとうございます。
    活動家さんはそう考える。わかりました。
    で、どういった御用でしょうか?
    最後に「以上。」とあるのは、これだけ言いたかったということでしょうか。よくわかりません。とくに用がなければ、もうコメントされなくてもけっこうです。おつかれさまでした。

  9. 活動家さん

    模刻については許可したのは一体か二体だけですよ。
    なのに7体もやったから大騒ぎになったんですわ。
    まあどっちでもいいけど。

    法華経の智恵でどう解決されたのか教えて欲しい

  10. 話し振りから察すると、活動家さんはコッテコテのおじいちゃん活動家さんなんですかね。活動家さんの所属地区には若者が増えているんでしょうか。あなたのその信仰を受け継いでくれる若者が現実にどれだけいますか?日蓮が自分が本仏だと宣言して750年。法華経がどれだけ世界に広まりましたか?そういう意味では日蓮の教義の真偽はすでに解決済みなのではないでしょうか。末法の民を救うのがご本仏の役割なんですよね。末法っていつですか?あと何百年経ったら日蓮はご本仏としての役目を果たされるんでしょうかね。あと1000年後?10000年後?百歩譲ってあと500年後としましょう。じゃあ、これから500年間の人類は救われないんですよね。日蓮も法華経もあと500年も人類を見捨てるんですか?それが仏の慈悲?活動家さんのいらっしゃる地区に、これから創価が繁栄して世界中に広まっていくという勢いがあるのでしょうか。活動家さんに聞くことがあるとすれば、そこを知りたい。

    何が言いたいかと言いますと、コメントするならするで、もう少しここのブログの流れを考えてから発言して欲しいということです。ここは創価の教義の真偽について闘う場所ではありません。創価学会は宗教ではないということを気づきかけている学会員さんの背中を押すためのブログです。ここが活動家さんのような突拍子もないことを相手にするような場所に見えますか?ここは盲信者が感情にまかせて悪口をたたくような場所じゃないんです。場所をわきまえていただきたい。いい歳してみっともない。

  11. 活動家さん

    >変わった部分は枝葉末節に過ぎず

    枝葉?

    ならなぜ折伏経典を絶版にしてるんでしょ?
    謗法=他宗=邪宗である。
    この世の不幸の原因は間違った宗教にある。
    他国が攻めてくるのも天変地異も一切が邪宗教のせいであり、一切衆生が日蓮の唱える題目に帰依したならば、吹く風そよそよ、雨土くれを砕かず…

    枝葉どころか、これこそ御書根本の日蓮信仰の根幹部分ですよ。

    こんなこと750年前も今も、真顔で言ったらどうにかされますよ。
    さすがに創価もこれはひっこめて、ネタを変えました。

    ホントは日蓮さんごとなかったことにしたいんでしょうけど、さすがにそれはね。
    あそこまで言い切っちゃって持ち上げましたもんね。
    今でもこんなふうに熱烈な日蓮信者さんたちもいますし。(その人たちお金くれますし)

    でも本当に日蓮信者なら、非難されても訴え続ければよかったですよね。
    なぜしないのか?
    まだわかりませんか?

    創価は日蓮信仰を商売に利用してるだけなんですってば。

  12. 自己紹介もなくいきなり言いたいことを書き込まれた活動家さん、マナーは?ここのブログに書き込むならルール読みましょうよ。

    法華経の智慧、かつてはありましたがゴミ箱行きましたw

    何をどう言おうが、創価が色々教義を変えてきたことは事実ですので。
    では。通勤電車中失礼いたしました。

  13. 『法華経の智慧』なんて日蓮のカルトチックな印象を薄める為に利用してるだけでしょう。
    日蓮の思想自体がそもそも法華経やそれ以外の経を否定しているのに、その日蓮の誤りを放置しておいて法華経を都合よく持ち出すなんておかしいですよ。
    法華経に失礼です!
    五重の相対をきちんと公式に否定してから法華経を語ってくださいと言いたい。末法には題目を唱えることでしか成仏は出来ないと言って他宗を散々攻撃した日蓮の説をきちんと否定してください。その上で法華経を語れ!
    法華経だけでなくすべての経文を学ぶ事は有益だと思います。

    学会がやってるのは釈迦の教えにパンチ食らわせながらもガッツリ離さずにズタボロになるまで利用してやるっていうとんでもない事だと思います。

  14. 日蓮さんをどう思うか?改めて考えてみると、どなたかがおっしゃっていたように大白からのみの知識しか持っていないことに気づきました。歴史的文献を読んだわけでもなく、たまに時代劇などに出てくる日蓮像が「日蓮大聖人」とは全く違うので驚いたこともあります。歴史上の人物のことを正確に知ることはタイムマシンができない限りは無理だと思います。研究者さんや学者さんの捉え方ひとつで変わってしまうのでしょうね。とにかく「大聖人様」と教え込まれてきているので、まだ組織の端っこにくっついている私としては釈迦の膨大な経文の中から法華経が一番凄いのだということを見つけた人、というふうに思っています。
    では本当に法華経が一番なのか、と問われると・・・よくわかりません。そう思おうと頑張ってきました。いつかは結果が出るのだと。母親が学会しかいる場所がなくて可哀想と思っていましたが、自分も他に居場所はなく、愚痴を言いながらも結局組織にくっついているしかないのかもしれません。覚醒された方々は寂しさのようなものは感じられなかったのですか?特に専業主婦で社会との接触が少ない方にお聞きしたいです。

  15. は〜い、みなさん。
    この活動家というHNのおじいちゃんは、対話をする気はさらさらなくて、単に文句を言いたかっただけなんでしょうから、もう相手にしないでいいですよ〜。自己紹介もない殴り込みのこの手は承認しなくてよかったんですが、こういうのに限って「都合の悪いコメントは承認しない卑怯者」と必ず言うので(笑)あえて晒しました。ルールを守ってくださいなんて言う気もしませんでした。

  16. 創価の御本尊って何?のページにsatouさんが書かれていますが、日本では信教の自由が保障されています。
    だけど日蓮の教えは教えそのものが、それを保障しない内容なんですよね。
    他の教えが不幸の根源だとか、受け入れないのは魔にやられたとか。
    信教は自由、とは対極の教えなんです。

    それは弟子がそう伝えただけとか、創価がそのように捻じ曲げたとかいう人もいますが、立正安国論を読む限り宗祖に問題がないなんてお笑いです。

    これしかない、という教えは藁にもすがりたいという人の勧誘にはもってこいだったから、創価はそれを利用した。
    でもそれが通用しない時代になったら教義を変えるしかない。
    とりあえず排他的な部分は排除。

    草創期の人はむしろこの排他的が、唯一正しいと魅力だったんですが、ゾリさんのような新しい方には常識的な方が受け入れやすいですもんね。
    そもそも、入会する動機が昔と今は違う気がします。
    サークル感覚で友達がほしいから教団に入るなんて、時代ですねえ。

    ともあれ時代に合わせて人気のでる教義に変えて、要するに客寄せする。
    目的はお金ですから。

    活動家さんは日蓮さんに魅了されて。
    ゾリさんは楽しいサークル活動が魅力で。
    それぞれ何を好きになってもらってもいいんですが、要は新聞とったり寄付してくれたり、お金さえ頂ければいいんですよ。

  17. 始めまして、私は祖母の代から続いている三世です。
    このサイトに出会えてよかったと思います。

    お題を反らしてしまうかもしれませんが、聞いていただけると幸いです。

    創価は父方の祖母からなのですが、母が後を継ぎました。父は昔から無関心で創価の事については母を良いようにあしらい、うまく創価と共存している感じがします。本心では父は創価を嫌っていると思います。以前、酔っ払ったついでに、あれは北朝鮮と同じだ!と言っていたぐらいなので(笑)

    私は小さい頃、祖母の題目を聞きながら長い題目の書をパラパラとめくって遊んでいたのを良く覚えています。家でも会合などがあったり、小さい頃より親しく創価学会の人たちやその行事を母と共に行っていました。

    ですが、小さい頃から不思議と創価を信じるわけでもなく、題目なども祖母のを聞いてはいましたが自らやることもなく、女子部の方々が親しげに「今度一緒に会合行こうね!」と訪問してきて、無視していると何度も訪問してきては手紙など頻繁に書いてきてくれたりしていました。だからといって私からも親しくしようとも思わず、
    正直全く意図がわからなかったので、ただ「ウザイなこいつら。」というのが正直なところの本音でした。
    小さい頃に興味があったものと言えば、キリスト神話や、SF、とにかく謎めいたものが大好きでした。

    そして中学の頃、陰陽師が流行っていたので修学旅行の時に仲のいい友達とそろって陰陽師発祥の清明神社に行き、そこのお守りをお揃いで買ったところ、母がこれは大変と言わんばかりに勝手に捨てようとし、
    それは回避したのですが、その後飼っていたウサギが具合悪くなったのはそのお守りのせいだといって結局は捨てられてしまいました。

    その時から私ははっきりとアンチになったのを覚えています。

    それからというものほとんど接触せずに来ていましたが、
    私が二年ほど前に離婚してから、再び創価と接点を持つこととなりました。

    離婚後、いろいろとあり精神不安定と言われている中、私の兄は学会活動をしているのですが、兄が「今こそお前が変わるときだ!それには題目が必要なんだ!」とうるさく言うので私も何かにすがるかのように会合などに参加していました。

    ですが、多くの矛盾点があることに気づき「私はやりません。」とはっきり述べたのですが、その後から創価の方々の多くの勧誘が再び始まりました。

    兄は小さい頃から題目などはあげていたものの、学会活動などすることはなかったのですが、兄はここ4年前あたりから学会活動をし始め、いつの間にか性格が変わったように感じました。
    なめられるのを嫌い、私に対してもよくキレていた兄が優しくなったように感じていたからです。

    それはそれで、兄がやりたいことをしているのだから良いと思っていたのですが、気づけば兄は私を学会活動させる事に執着し、ある日、父が倒れ入院したときも「今こそ一つになるときだ!」と私に激しく言い放ち、それでも断る私に「お前は何もできていない。何も変わっていない。今までの創価の人たちの恩をお前は返せていない。」というばかりで、全く話を聞いてくれません。

    父がいない間、私は昼間自分の仕事をし、夜は父の仕事を変わりにしていたのですが、そのときも兄は一度来ただけで、忙しいからといけないとの事。
    それはそれでよかったのですが、兄がふと私に言った言葉で「お前が父の仕事を手伝ってくれてるおかげで俺は学会活動に専念できるよ。ありがとな。」でした。
    その言葉にすごく怒りがこみ上げたのを覚えています。
    学会活動は父が早く回復するために必要。とのことです。
    母もそれには疑うことなく、兄をいつも褒め称えます。そして母と兄は私を”創価に入っていない”ただそれだけで、兄はすごいけど、あなたは何も出来ていない。と遠まわしに言ってくるのです。

    父は、父がいない間の仕事を私がしていた事を良く言ってくれましたが、それに対し母が言う言葉は「お父さんはいつもなんであなたを褒めるのかしらね、やっぱり娘だからかしら。」と兄の方がすごいと遠まわしに言っていように感じ、兄と私をまるで比較しているようで、すごく悲しいです。
    母が何故それを私に言うのか、それはただ単に私が創価を嫌っているから。からかもしれません。

    ここ二年間ぐらいの間、私の中で多くが変わって行き。幼馴染も昔遊んでいたときのようにもどってきて、病んでる感もなくなり、いい面で成長している。と言ってくれます。私の幼馴染は何でも率直に言ってくれます。

    最近、私の中で今最も大きく変わってきたのが、哲学を学びだした事です。
    創価のおかげ?で哲学を深く、いろいろな観点から知ろうと思い、
    まだまだ始めたばかりですが、少しずつ学んでいこうと思っております。

    そんなある日、ごく最近の出来事なのですが、全く知らない通りすがりの人が、あなたの額に十字が見えます。と道端で急に話しかけてきました。
    手相も見たいとの事で見せたら左手にも十字があり、「やっぱり!すごくいい兆しです!一年前からあなたはすごく代わり始めています。とてもつらい体験をされてきたのですね。ですがもう大丈夫ですよ。」

    と言われ、始めは何かの商法か??!と焦ったのですが、その方は占い師さんで手相を専門にやっていました。こんなにはっきりと額に十字が見える人は始めてだったので、つい声をかけてしまった。との事でしたが私の額には十字の傷やしわの跡なんてなかったですが(笑)
    多分その人には何かが見えているのかもしれませんね。

    ちょうど一年前に偶然友達との集まりでスピリチュアルの人に会う機会がありまして、そのとき言われたのが、私は前世からずっとキリストの信教者。との事で、尚且つマリアを信じる者側と言っていました。

    私は何故か中学の頃ぐらいから聖書なども読んでいたりと興味はあったので、一度教会に行ってみたらいいと進められたのもあり、一度だけ教会を訪問したことがあります。
    そのあたりから、私の思想が変わっていったように自分自身でも何かを感じてました。
    だからと言ってキリスト教に入るわけでもなく、願うわけでもなく、ただ、好きで、あの場所が好きってだけでしたけどね。

    ただの偶然かとも思うのですが、そんなつながりも私には運命ぐらいに感じて仕方なかったです。
    言われた後、なんだか嬉しく涙が出ました。何故だか創価よりもその人に言われてくれたことを信じて生きて行こうと思いました。

    なんだか長々と自分の話をしてしましてすいません。

    そんなこんなで、創価のことを知ろうとネットを探っていたところ偶然このサイトに出会いました。
    私の知らない創価の知らざる裏の面を多く語っておられ、驚きと共に、私の創価への疑問が多く解明され始めた感じがしました。
    私は今も尚創価の方々と接する機会が多くあり、
    今創価は多くを慣用化し、題目を大事なところだけにして短くしたり。当初、新聞などに入らないと、ご本尊は受け取れない。といっていたのが、今ではまず、家に置いて祈りなさい。と色々日々都合のいいように変化していきます。

    今彼らがしつこく私に言うのは、信心者以外で簡単に歴史を学べるように、池田先生がタダでテストを受けさしてくださる。….です。むしろテストなどがあり、しかも有料なんですかwと思ってしまいました。

    日蓮は知りませんが、こんなに簡単に多くを変化させ、今に至った創価をの根本を生み出すきっかけとなった日蓮さんもまた、何か本当の宗教とは違うものを持っていたのではないかと思ってなりません。

    すいません、勝手に自分のいきさつなど長々と書いてしまいました。これから色々とここで学ばせていただきたいと思います。宜しくお願いします。

  18. amberさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
    これからもたくさんお話聞かせてくださいね。

    皆さんの体験や実感をより多く共有することが、なによりの覚醒への道だと思います。この10月だけでも15万アクセスになろうとしていますから、かなりの方が創価学会の実態を知るきっかけになっていると思います。それも皆さんからの実体験にもとづいた率直な意見がたくさんあればこそです。

    またゾリさんのように活動家さんでさえ組織では決して言えない本音を聞かせてくれるように、創価学会も確実に変わっていってると思われます。

    日蓮は自分が本仏であることを言うために法華経をとんでもない解釈して当時の民衆を欺いたと思います。それはその後の歴史が証明していますよね。ブッダはこの世に永遠に存在するものはないことを悟って、もともとないものをあると信じることが不幸の原因をつくるんだよと言っているのに「オレが永遠の本仏だ」と宣言した時点で、完全に仏教ではありません。幸福の科学と一緒です(笑)。幸福の科学も法華経を取り入れてますし。

    ブッダがなくなったあとすぐに、一番弟子だった迦葉が、ブッダの教えが途絶えないように口伝で結集をするんですが、100年後にはそれも危うくなって、文字に残そうということになるわけです。もちろん現地のバーリ語だったりサンスクリット語で100年前から伝え聞いたことを記していきます。そう考えると、よく2500年も途切れずにブッダの思想が伝わったものだと感心します。そんな中で日蓮の教えは、完全にご都合主義の異端思想だというのも学術的にもはっきりしてるんですよね。日蓮を大聖人と呼ぶのも、ほぼ日蓮正宗と創価学会だけで、日蓮系宗派であっても日蓮上人とか日蓮大菩薩としか呼びません。教祖はあくまでブッダであり、日蓮は宗祖です。そういう意味では日蓮正宗と創価学会はめちゃいがみ合ってはいますが、似たもの同士の異端分子なんですね(笑)。似たもの同士が喧嘩するってよくあることです。でも日蓮正宗は宗教ですが創価学会は詐欺団体だという決定的な違いを忘れてはいけません。

  19. 最近は、みなさんのコメントすべて読み切れなくて、半ば流し読みですみません。。

    日蓮さんをどう思うか?ですが。。
    やはりわたくしは時代遅れの思想の持ち主であり、これからの世の中に適合していない、と思いますね〜。。

    世界の中では、善と悪や正と邪、また光と闇など。。それらの相反するものの統合へと時代は向かい始めているのに。。善悪や正義と邪義などと未だに対立させようとする思想は、もう既に古い、し〜はっきり申し上げて時代遅れです。
    時代に逆行していくでしょう、そのような教えを掴み執着する限り。。
    わたくしは、そう想います。。

    マヨイさんへ
    わたくしも専業主婦ですが。。
    創価学会と縁が切れて気分爽快、さっぱりしています。。

    もともと群れて行動するのが苦手なひとなのですが。。

    自分が求める気持ちさえあれば、まったく宗教とは関係のないコミュニティは、そこかしこにありますよ。。(=^ェ^=)

    非活になったあたりから見えて来たのですが、創価学会ってほんとうに小さなコミュニティの中にあるんだなあ、ということです。
    創価学会のひとにしたら、それがすべてのように思えて自分が大きな世界にいるように錯覚していますけれどね。。

    マヨイさん、なにか好きなことはありますか?
    若い頃から、やってみたかったことなどありませんか?
    いま、そんなことを始めるトキがきているのではありませんか。。?

    少しづつ自分の世界を外へ外へと拡げていってみましょうよ。
    人生は限りあり。。
    そんな、創価学会の中で埋没させては勿体無いですよ!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

  20. 私も専業主婦、覚醒して4ヶ月ではありますが、縁をきって一切関わりをもたなくなりました。私はまだ幼い子供もいるので、その繋がりのおかげで寂しさはないのですが。
    最近、私の一番の悩みでもある、人とうまく付き合えない、人間関係が苦手を創価の祈りなしでも克服できていることに気づきました。
    その理由は、やはり、学会宣言しなくちゃ、Fのためにも友人作らなきゃ、
    大分、仲良くなったし、セミナー誘ってみようかな、新聞啓蒙をしてみようかな・・・・でも、もし嫌われたら、突然無視されたら、宗教っていうだけでいやがられるかな?勇気出ない(*_*)でも頑張らなきゃ!
    ○○さんなら、優しそうだし話聞いてくれるかな?
    ○○さんは、ちょっと怖い感じだし、言えないな・・・
    など常に考えながら、人間関係を作ろうとしていたから。

    学生の頃や社会人になった頃、遊び友達がたくさんいた、付き合いの度合いはあっても、それは、そんなこと考えて人間関係を築こうと思ってなかったから。最初から人を選んで付き合ってない。
    後から、ちょっとこの人と合わないな、とお互い離れたりはしても。
    結婚して、知らない土地にきて、最初は創価学会の人と繋がる。
    すぐ家庭訪問にくるから(笑)学会の人といれば寂しくないじゃん、って思ってました。
    でも、外部に新聞、選挙、会合お誘いするのにも、友達いないし・・・・と言うと、「幼稚園のママ友は?」「公園で合う人は?」勇気出してみてね!
    と、言われて、頑張らなくちゃなぁ・・・と思えば思うほどうつになる。
    余計に心を開けなくなる。
    そんなでした。
    でも、覚醒して4ヶ月、ママ友さんが一気に増えました!!!!!\(^^)/
    会合優先してきた今まで、参加を断ったりしていた、育児サークル、子供のクラブ活動、その繋がりの新しいママ友さんとも仲良くなったり、
    コープの試食会いきましょうよ、とか、子供の体操教室見学誘われたり、
    会合行かなくても、予定がいっぱいです♪

    よく指導の中で、学会のお誘いしたら無視されて悩んでます。
    とか幹部に相談すると、
    本当の友人なら離れていくはずない、そんな人は本当の友人じゃなかった、と思いましょう!なんてありませんでしたか?

    今思うと、ふざけんな、と幹部に言いたいです。

  21. 凛々子さん、よかったですね〜!
    覚醒してまだ4か月だというのに、素晴らしいです。凛々子さんのような報告がいちばん勇気づけられますね。

    やはり創価はおかしいと思っても、やめたらどうなるんだろうという不安はありますよね。でもやめる前より悪くなるなんてまずないと思っていいと思います。ただ私みたいに、これまで自分がやってきたことのとりかえしのつかなさによるショックで、心を壊してしまうこともあると思いますが、何も気づかずに一生騙され続けることを思えば、気づけてほんとうに良かったと思います。

    私は活動家時代の後半は、半分覚醒していたんだろうなと、今になって思います。まじめに活動はしていても、創価脳になるのはみんなと活動しているときだけで、普通の友人とは別人のようになってつきあってました。友人から「え?シニフィエってガッカイなの?」って訊かれて笑顔で「うん、そうだよ」ってそれだけ。若い頃とちがって押し付けがましいのは相手もいやだろうと思うし、こちらの自然の姿で学会を認識してもらうほうがいいと思っていましたので、こちらから「創価学会っていうのは……」とわざわざ切り出したりしませんでした。その度合いがだんだん強くなってフェードアウトしていった感じで、組織からも仕事が忙しいという理由で(ほんとうにそうでしたから)じわりじわりと離れていきました。と同時に、組織の人間の非常識さがだんだん目についてくるようになり、kickeyさんが言うところのキチガイババア(笑)が、結婚を機に入信してくれたうちの妻に、ことごとくとんでもないことを言いつづけてきたこともあって「ああ、やっぱり創価は狂ってる」と確信しました。でも日蓮仏法こそは正しいと信じて、人一倍勤行唱題はまじめにやってましたね。今思えば残念ですが。

    そういえば学生の頃、同級生はみな芸術家志望の人間ばかりでしたから、芸術論を朝まで語り合うなんてことはしょっちゅうでした。そんななかで私が創価学会学生部と言うのはみんな知っていたので、ある友人は「オレはシュタイナーを信じて芸術をやっていく。おまえは学会を信じてやっていけよ」と言ってくれたのをよく憶えています。彼も芸術と宗教(思想)が深く結びついていることを感じていたので、そう言ってくれたんだと思いますが、今にして思えば自分もシュタイナーに傾倒していたほうがまだよかったんじゃないかとさえ思います(笑)。

    やはり今でも思い返すたびに後悔の念が波のように襲いかかってきます。自分はどれだけ人生を無駄に過ごしてきたんだろう。友人にも愚かなことを偉そうに言ってきた自分がほんとうに情けないです。穴があったら入りたいとはこのことですね。

    活動家の皆さん。今は気づくことができないかもしれませんが、そう遠くないうちに創価学会が宗教ではなく詐欺団体だ、自分は見事に騙されていたんだということに、いやでも気づかされる日が必ず来ると思います。そのときに人生の終盤だとしたら、あまりに悲しいじゃないですか?今一度、ほんとうに創価は正しいのかということを自分で考えてみることをお勧めします。それでもやっぱり正しいと思うのであれば、それはそれでいいではないですか。より確信が持てますからね。疑うんじゃない。より深く確信をもって創価人生を歩んでいくための勇気ある行動だと思えば、バチなんかあたりませんよ。福運は消えませんよ。ここでコメントされるみなさんの言葉がみんな創価を貶め、広宣流布を阻む魔の仕業であり、ここに寄せられる多くの体験がみんなありもしない嘘っぱちだと思える大確信をつかんでください。

  22. マヨイさん、私は寂しいんでこちらの場には頼りっぱなしですよ〜
    転勤先で専業主婦、子供達も成長してくると、ママ友も少しずつ話題がそれてしまい、日々どうしようかなあという感じです。
    ちなみにHNにもこめた転勤先で出会った趣味にどっぷりつかって過ごしています…

    いまは友達だから知らない人だから、といった判断ではなく
    出会いを大事にして誠意を持って応対したい…という姿勢です。

    どんなに意気投合しても、お互いいつまでも変わらないでいる
    のは現実的に困難で、ありえないことだし、
    やっぱりどこか一期一会というか…そうした縁に支えられて
    自分の人生は成り立っているように思い、
    孤独も悲しいことばかりではなく、避けがたいもの
    そうした感覚によりそう宗教哲学にはヒントを得たいと思います。

    創価学会の組織力は、こういった人生観には全くかみあうことなく、
    数集めが目的だから、現実的に人間関係に無理が生じてしまうことが
    多いのではないかなあ、と思います。
    やはり宗教ではなく貪欲な願望を追求しているのでしょう。

  23. マヨイさん、私も専業主婦です。
    覚醒して非活になって1か月。家族と内部以外に近隣に知り合いはいません。でも、今では「題目あげなきゃ」「友人作らなきゃ」「部員さん訪問しなきゃ」といった強迫観念がなくて人生で初めてというくらい自由に過ごしています。「信心しているから…」と半ば放置してきた家族と過ごす時間が今は一番楽しくて一番大切。外出の機会が増えました。しばらくしたら趣味のサークルでも探そうかなと思っているところです。
    財務のための節約もやめて、買いたいものを買って、食べたいものを食べて、行きたいところにいって、やりたいことをやって…それでいいのだと。自分に縛りがないから、いつも笑顔で結果ハッピー。だから、困難があっても乗り越えようと思える。信心しながら目標に追われて汲々としていた頃よりもよっぽど今の自分のほうが自分らしいです。

  24. みなさん、温かい励ましのお言葉本当にありがとうございます。とてもうれしいです。
    寂しいと感じてらっしゃる方もいて、安心?しました。孤独を悪いことのように考えすぎないように、自分の時間を楽しんでいけたらいいなと思います。
    まだ新聞と大白は入ってますし、今年の広布部員の申し込みも書いてしまいました。あれって領収書が手渡しで配られるので払わなかったらバレちゃいますよね・・・母親にバレなければかまわないのですが。本当は親子揃って覚醒したいのですが、草創期にMCされた人って本当におめでたいぐらい信じ切っています。具合の悪いときにまず仏壇、そういうときこそ活動、って若いころは気力で何とか持ちこたえたかもしれませんが、年寄りは余計に悪化するので、おとなしく寝ていてほしいものです。バリ活のご家族との関係で悩んでおられる方もたくさんいらっしゃるので共感を持ちながら読ませていただいています。

    ちなみに私も中学生の時、高校受験のお守りを友人からもらっていたのが見つかり、畑で燃やされました。当時鼓笛隊に入っていてかなりバリ活でしたが涙が止まりませんでした。多分今の組織だったらそこまで謗法なんて言わないでしょうね・・・

  25. 日蓮云々とはちょっとずれるのですが、
    活動では、家を空けることが多かったですが、
    学会では「留守番するものにも功徳がある」って指導しました。

    あほ?

    熱を出した子供を放置して「お山」に出て行った母

    「お山」に行って、大聖人のご本尊にお会いしたら、
    熱も下がるから!と幹部が言ったとか。
    実際下がったらしいですが、それは偶然。
    大ご本尊にお目通りしなくても薬で熱が下がったのでしょう。

    熱が下がって体は癒えても、心は寂しいですよね。熱を出して不安な子の気持ちはどうなんでしょう?まったくもって非人間的な指導をする創価。

    日蓮あっぱれ、ご本尊あっぱれ、功徳もらえるぞ。の指導で、
    功徳もらえるから病気の家族が出てもそれは「魔」だから、
    お山は行きましょう。家族は置いといて大丈夫だと。

    そして日常の会合で家族やペットを放置するのも、
    すべて家族のため。福運のため。だからせいぜい学会活動に励みましょう。

    って・・・。はぁ?

    本当に何度も言いますけど、キチガイです!!

    signifieさんが何度か言われていた「後悔」
    本当に私も無駄な時間とお金を使ってしまった・・・・。

    創価に反対だった父を「悪者扱い」していた時代もあった。
    父に親孝行せぬまま父は私が25歳の時に亡くなってしまった。

    創価さえなければ家族円満だったのに。
    (今は離散状態です)

    もっともっと当時飼っていた猫も遊んであげられたのに・・・。

    友達にも嫌な思いをさせてしまった。選挙の時や会合誘ったときとか。

    何が日蓮、何が池田じゃ!詐欺師!金満ジジイ!

    今日の私は悔しさのあまり、泣いている!

    人生返せ。

    女子部時代にローン組んで財務している女子部長がいた。
    本当にキチガイ!!

    調理師の男子部が、文化祭当日に休みがとれますようにと祈っていたら、
    所属のレストランが集団食中毒を起こし10日間の営業停止で、それが功徳だと、文化祭に出ることができたと歓喜で体験発表していた。バカ?
    文化祭に出れても、職を失ったらしく、どうすんの?

    女子部は貯金できないね~。かわいそうやな~といったキチガイ婦人部。

    あげればきりがないほど。こんな環境の中でどんどん自身もキチガイになりかけた。去年から今年にかけて心療内科に行った。

    同じマンションのキチガイババアは私をキチガイ扱いする。

    どっちがキチガイでしょう?

    すみません、今日はちょっとおかしくて、テーマ外れ、自分の心のままに・・・。

  26. マヨイさん、
    とてもよくわかります。
    財務、断れず用紙書いてしまったのですね。
    あまりお勧めはできませんが、私は去年の財務は200円しました。
    ひとくち1万円なんて、くそくらえ!と反発精神からです。
    金額は組織に筒抜けですので、さすがに今年は言ってきませんでした。

    何をするにも勇気がいると思いますが、応援しています。

  27. 供養=財務
    日蓮大上人の時代は、信徒が日蓮の命をつなぐために、お米や穀物や着物など
    ご供養した。これを食べて元気だして説法に励んでください。
    我々弟子も頑張りますって。要は人助けですよね。
    それに対して、日蓮は感謝して、激励してます。人として当然。
    そのような善をつくす心優しい貴女には功徳と福運がつくでしょう。
    と言うのは、人のために、善をつくせば、相手も善を返してくれるよ、だから
    善をつくすといいことあるよ、と教えたいのではないですか?

    牧口先生の価値創造を読んで、何を求めていたかよくわかります。
    日蓮正宗に出逢い、日蓮の価値観と牧口先生の価値観が似ていて、
    教育に日蓮の宗教学を取り入れたいと研究を始めた!それが創価学会の始まり
    なことは事実ですが、表側はそうだけど中身はまるで反している。
    池田先生は、牧口先生までも利用価値ありとして利用しているに過ぎない。
    財務=善をつくすご供養ではありません。悪に利用されているだけなので、ただ損を
    しているだけです。一銭も払いたくないです。
    眠れなくて、検索していて、思ったことをかきました。

  28. 財務の時期になると、白米一俵御書あたりがいつも大百にのりますよね。
    喜捨の精神が大事であるなんて、すっかりMCされました。
    今となっては、多額の振込詐欺にあったようなもんです。

    冷静になってみると、この時期10月、11月と本当に集金集金集金です。
    例えば、人革(11月14日発売)1300円。
    党員費3000円。
    公明パンフ一部100円を数部。
    民音切り替え500円。
    公明党新刊本「結党50年の歩み」1404円。
    そして、財務。

    これらを今まで何の疑いも持たずに差し出してきたんですから、MCとは恐ろしい。

    MCといえば、何度も書いていますが、11月23日にある任用試験への創価学会の力の入れようが恐ろしいです。
    下半期の一大イベントだっそうです。
    来年も再来年もあり7年間連続でありますので、統監があるかたは狙われますので気を付けてくださいね。

    先週、支部会があり、支部内の任用勉強会に参加している受験者たちが決意発表をしていました。

    「日蓮大聖人のご生涯を学び、創価学会の歴史や真実の創価学会を知る事ができて本当に勉強になりました!」と口々にしていました。
    下は活動家のお子さん(高校生)から上は老人まで。

    聞いているうちに、本当に吐き気がしてきて「みんな騙されてそんな試験を受けちゃダメだ」と衝動に駆られたほどです。

    でも、創価を脱会するときは、地区の部員さんを覚醒させて脱会することは不可能です。
    大切に思ってきた地区の人達だけど、自分だけでもこれほど足抜けするのが一筋縄でいかないほど大変なので、その時には自分と子供だけで逃げるのが精一杯でしょう。

    皮肉なもんですが私は活動家になったからこそ覚醒できたと思っています。
    時々会合に参加する会員だったら死ぬまで覚醒できなかった。
    そんなふうに良いように考えるクセをつけようと努力しています。

    というのも、昨年、創価はオカシイのでは?と気づきはじめた頃、体と心で別々の事をしている強いストレスから顔面麻痺になりました。

    幸いにも治りましたが、それからは自分なりにストレスを溜めないように、ある意味割り切るようにして自分の心を解放するようにしています。

    マヨイさん

    私も本当は家族そろっての覚醒が願いですが、バリ活主人を覚醒させるのは、半場諦めています。

    この数か月何度も話してきましたが、対話にすらならないのと、その話をするたびに家の雰囲気が最悪になります。

    信じ切っているので、自分の中で何かの気づきがない限り無理なのかもしれないですね。

    kickeyさん

    私も今までの人生を振り返ると、悔しくて夜になると泣けてしまう事があります。
    お金は仕方ないとしても、人生の時間を返せーー!!という気持ちでいっぱいです。

    女子部の財務の体験、化粧もせず着飾ることもせず、毎年三桁の財務を8年連続でしている体験を聞いたときは、覚醒前でしたが痛々しくなりました。
    創価は本当に罪な団体ですよね。

    それにしても、200円財務の話、kickeyさん初登場された時のコメントにもありましたが、痛快で最高です!

  29. 私も当初の頃は、牧口会長は創価学会による教育をすすめる活動を開始したものと認識しています。時代がすすむにつれて、中身がどんどん洗脳を重視した組織力を高める活動にシフトしていった…池田会長になり、組織の資金力が強靭なものとなり、金重視でものごとを考えるような現在の体質に至ったという見方です。
    戦後日本の草創期のメンバーの切実な思いとは、現在はまるで違うのです。
    よくよく真実を勇気をもって直視してほしい…と思います。

  30. 『財務はあくまでも供養である。
    「会員のため」は会館を建設するなど。
    「外部の理解者を深めるため」セミナーなどの費用。上層部は著名人などとの接待にも費用がかかるだろう。本部職員は運営が円滑にいくよう、会員のために日夜働いている、だから給料にあてる部分もある。
    何より、指導者として池田先生が世界広布へ行くために。
    広布実現には、お金がかかるのです。
    すべて、広布のために使われています。真心の供養である、宗門のように信徒の真心の供養で豪遊したりとんでもないことなのである。
    これは、現代のご供養にあたります。
    私たちの日々の活動の実費もまた供養です。
    収支報告しなさいなど、疑ったり愚痴をいったり、利益をもとめては、
    供養ではないのです。』
    夜中に、ヤフー知恵袋を見てまして、財務をどう思うか?の
    質問に真面目に答えていた人の文に私の考えも入れました。
    このMC、皆さんも知っていると思いますが(笑)
    改めて読んでみると、そうだ、そうだ、と賛同し供養だ財務だと、納得して
    やっている人どれくらいいるんでしょうか?

    活動家の皆さん、これが収支報告をしない理由だ!おまえらわかったか!といってやりたいでしょうね。
    それともこれ以外に答えありますか?あるなら教えて下さい。
    それで、真心の供養なのに、一口一万円~とか決まっている、一口では足りないぞ!たくさんやりなさい、と取り立てる!
    未活動の家族の分までやる。供養しないと不幸になるよ、やったほういいよ!と脅す。
    バリ活の皆さん、真心なのに何で供養するか、しないか人の事情に挟んでくるんですか?この理由を教えて下さい。
    そして、悩んでいる人はよく考えて下さい。
    出したくないのに、財務しないと何か言われるかも。罰あたるかも。
    これは、あなたの真心からの供養ですか?

    と、ヤフー知恵袋読んで思いました(^-^)

  31. ゾリさんの役職は何なんでしょうかね。

    池田さんを軽蔑していて信仰心もない。
    でも活動は好き。
    普段、どのような活動をしているのか気になります。

    でも、ゾリさんタイプの会員って、確かに支部内にもいるなぁと思いだしていました。
    例えばですが、数か月前にあった青年大会や支部総会などに、普段の活動には全く顔をださない男女青年部が来ていました。

    青年大会は演目参加をするバリ活ではなく、部長や本部長が奔走しながら大結集をして、「見るだけでいいから」と当日連れ出された男子部達。

    目的は終了後の、支部の婦人部が用意してくれたタダ飯、タダ酒目当てに来ているような人達です。

    結集側にまわっていた部長・本部長は、常に成果や数に追われていて、信仰心が無ければ、とてもじゃないけれどやってられません。

    でも、結集される側は、常にお客様扱いをされているので、気楽で楽しい活動だし、信仰心などいりません。

    ゾリさんも、そんな感じなのかなぁとコメントを読みながら感じていました。

  32. 牧口氏、戸田氏は本当に日蓮正宗を信じていたと思いますが、それは時代によるものです。
    今の学術的な根拠を知り得たなら、間違いなく覚醒していたと思います。

    創価(池田氏)は真相を知ってからも(日蓮信仰などそれほどのものじゃない)、会員には決してそれを教えなかった。
    むしろますます商売を加速させた。
    おもしろいほどお金が入ってきたんでしょうね。
    ケチな教団なんかやってるより、金儲けと権力を手にする方が遥かに魅力的に思えたんでしょうね。

    洗脳するのも騙すのもお金がかかりますが、潤沢な財源を使ってあれもこれも好きなように試せた。
    超一級のノウハウを駆使してやりたい放題できたんですね。

    だから日蓮や創価の教えが魅力で入会した人は、簡単に脱会できると思います。
    根本がインチキで、トップも信じておらず、信じてるふりをして偽の情報を流し続ける組織にいて何が楽しいでしょう。

    残るのはゾリさんタイプですね。
    教義など、そこらの新興宗教と同じハリボテだろうし、そんなことは重々承知。
    でも仲間や雰囲気は楽しいから気に入ってる。
    そんな教えに厚い信仰心を抱くのは無理だけど、生きる指針なんか教えてくれるのは有難いよ。爆弾つくったり、表だって明らかに危険なことはやらないし。

    そんな人には何もいうことありませんが、困ったのは教えを本気で信じている人です。
    ハリボテなんてとんでもない。これは唯一無二正しいのだ!
    こんな人にも何も言うことはないのですが、ただ多くの人には家族がいます。
    レモンさんの周りの方のような、家族も自分と同じ価値観じゃないと認めないとなった時不幸が起こります。

    「創価を信じない奴など信用できない」
    こんな考えの人が創価にはうじゃうじゃいます。
    根本がそんな教えだからです。

    創価のトップ、及び執行部。
    あなたたちが金と引き換えに作り出した弊害を考えたことがありますか?
    この罪に苛まれる日がいつかくることを、よくよく知ってください。

  33. 財務の話が出ていますが、池田氏がまだ自分で動けていたころ、ときどき外国にも行っていたわけですが、池田氏が外遊先では億単位でカジノにお金をつぎ込む超お得意様だったことは現地では有名な話で、現地の人はそんな金持ちは世界中から来るから、それが特に悪いことだとか特別なことだとか思っていないので、普通に「いいお客様です」といった感じで話すんだそうです。財務の使い途はギャンブル、麻薬、女、恫喝、暴力団、飽食、名誉称号、株式投資、そしてさらなる詐欺。絵に描いたようなキングオブ新興宗教の教祖です。

  34. その本人が陰でどんなことをしていようが、自分に直接的は被害が無ければ問題ない。普通に付き合っていられる。むしろ、その人が自分に優しければ、人にとってどうかは関係ない。という人と、逆に、自分に優しくても、陰でとんでもないことをしていると分かった時点で冷めて切り捨てたくなる人もいる。私はサスペンス映画が好きなのですが、信じていたことが実は・・・なことって、とても怖いですよね。とくに、人間の裏表は怖い。それが怖くないとしたら、もともと人間をそんなに信じていないからではないかと思います。ただ都合よく利用しているだけ。

    創価学会員は、同じ宗教を共有しているという連帯感くらいで相手を信じます。そういう信じやすい人で成り立っています。でも、その中核の指導者は、そういう信頼を陰で裏切ることをしている。そのことを本当に知ったら、別にいいのよという会員はそういないのではないかと思います。

    私は自分自身がズルい人に騙されることは許せません。騙されたらすごく悔しいと後引きます。

    会員の方たちも、実は騙されていたなんて思いたくないですよね。騙されるそんな自分に甘んじたくないですよね。自分にプライドありますよね。
    自分が信じてきたことって・・・本当のところどうなの?と一度考えてみたほうがいいと思います。

  35. 金、女におぼれない教団の教祖様っていましたっけ?
    そんな教祖様の実態が暴かれるたび、池田先生は違う!と私も思ってました。

    が、これ見たわけじゃありません。
    だいたいお互い面識もありません。
    住所も電話番号も知らない他人をどうして「断言」できたのか、今となっては笑い話ですが、活動家の方も断言しない方がいいですよ。

    はい、同じく「池田氏が金と女におぼれた」とは断言しませんよ。

    ただ、限りなくそういう目で見ています。
    そういう目で見られている人が、あなた方の師匠であり指導者であるということが事実なだけです。

    正しいから迫害される?
    じゃあ迫害されてない人は正しくないんでしょうか?

    私は誰からも迫害されてないけど尊敬してる人、いますよ。
    その人の悪口、よく知る身内からも評判からも、ただの一つも聞いたことありません。

  36. 人を信用しない人って、過去に裏切られたことがあったり、裏切られたと思いこんでしまった人が、処世術として身についたものだと思うんです。たぶん池田氏は若い頃そうだったんじゃないなあって思います。そんな人は極端なニヒリストになるか、あるいは池田氏のようにどんな手を使ってでも金と権力を手にしようとしますよね。まるで安っぽいテレビドラマの悪役のようにわかりやすいキャラです。過去の境遇やその頃の自分自身に復讐してるんだと思います。でもいくら復讐してもまわりの人間を信用していないし、自分が信用されていないこともよくわかる。自分の人生をそういった負のスパイラルに陥らせてしまったんだろうと思います。
    藤原新也さんという有名な写真家がいますが、この方の書いた本に『黄泉の犬』というエッセイ集があります。オウム真理教の松本智津夫の出生地に足を運んで書かれた、カルト教祖の核心にふれる渾身のドキュメンタリーです。なるほど!と思いました。目からウロコでした。彼の悲惨な幼少時代が浮き彫りになるにつれ、人はこうやって狂っていくんだなと思いましたし、なるほど池田氏もこうした境遇にいたのかもしれないと思いました。
    池田大作も松本智津夫ももう人生を取り戻すことはできないし、それは仕方ないにしても、彼らに人生を奪われた多くの人を自己責任と片付けるにはあまりに酷い話だと思います。

  37. kickeyさん、いつも痛快なコメントありがとうございます。関西系の歯に衣着せぬ言葉に多くの人が救われていると思います。またその語り口には言葉の意味とはウラハラに愛情さえ感じます。これからもよろしくお願いします。
    ひとつお願いがあるのですが、kickeyさんの思いはここの常連さんにはきちんと伝わっていると思うんですが、初めて訪れた方にとっては昨日のキチガイの連呼はいささか誤解を招くのではと思います。一日4000以上のアクセスがあるので、もともと差別用語でもあるこの言葉が関係のない方への攻撃とも受け取られかねません。そうではないことは重々わかっていますが、キチガイの多用は自重してください。よろしくお願いします。m(_ _)m

  38. やはり会員にとって財務は頭の痛い悩みの種ですね

    でも今年はよい切り札提供していただいたではありませんか

    勇気を出して 本部職員は2万円で良いなんてホンマでっか?と切り込みましょう。 三桁財務をしようって どういうこと 会員煽っておいて職員は2万円ってどお言うこと、ねぇ、ねぇ どういうことって詰め寄りましょう
    そしてもう財務はビタ一文しませんと宣言しましょう

    みなさんバカにされていることに怒りを覚えないのですか
    後ろ向いて舌出して笑ってるあの男を想像してみてください。バカらしい、あほらしい、悔しいじゃありませんか
    大切なお金巻き上げられていることに早く気付きましょうよ!

    とにかく勇気を出しましょう

  39. kickeyさん。初めまして。
    私とおなじような経験した方のコメントに思わず深く頷いてしまいました。

    モニカさん。本当に私も搾取(時間。家族の本来の温かい愛情。お金)に関わった人達に何がどんなふうに返ってくるのだろうと思っています。

  40. ホントに今、牧口先生、戸田先生がよみがえったら、世の中の変わりようを見てビックリ。それでも唯一無二の正しい信仰と言い張っていたでしょうか?それより宗門に破門されていることに腰抜かしますね。
    私は牧口、戸田先生の頃に戻ったらよくなる!とかは一切思っていませんが、池田先生からの学会と比較として、覚醒のきっかけにならないかな?と調べたり、実家には草創期の頃の出版本もあるので、それを読んだりネタを探してるんです(笑)自分のためでもあるんですが。
    ゾリさんタイプには、何のことやらでしょうね、、、

  41. signifieさん、うかつに普段の親と話す言葉で連発書き込み(キ◯ガイ)ご迷惑おかけしてすみません。
    以降気をつけますので、今後もよろしくお願いします。

  42. ブックカバーさん、初めまして。
    同じような苦い思いをしていらしたんですね。ーこれからも、色々思い出してはコメントさせてもらうと思いますので、よろしくお願いしますね。

  43. ひょっとしてカジノ法案に公明党が難色を示しているのって、かような海外での真相が暴かれてしまうから…?本当のところどうなの?
    解散総選挙あるんでしょうかね?活動はよくよく考えないと、知らず知らずのうちにあっという間に巻き込まれてしまいますよ〜

  44. モニカさんの指摘にあるように、イケダセンセイが日蓮さんの教義にしがみつく理由の1つに、
    正しいがゆえに(法華経の行者であるがゆえに)、迫害される。
    ということがあると思います。
    勲章や名誉博士号をお金で買いながら、いかがわしい行為に対する世間の評価は、先の理屈で上手くかわす。
    MCされた内部の人間は、疑いもせず この「師匠もどき」を
    守ろうと必死になる。
    今も昔も、カルトの親分は こうして造られてきたのです。

  45. ゾリさん…いえ独り言です。

    創価は、糾弾さえすれば自浄能力があるなんて幻想をお持ちの方が他にもいらっしゃれば、目を覚ませと言いたいですね。

    創価の目的は宗教流布なんかじゃないんですよ。
    主張する宗教を真っ当に信じるにはとんでもないと、完全に意識的に商売に舵を切ってるんです。
    何をどう自浄しろと?
    商売を止めろとでも?

    そうなったら創価は解散ですよ。
    存在する理由がなくなります。

    楽しいコミュニティをタダで提供しているとお思いか?
    楽しいコミュニティだけに金を払ってるとお思いか?
    それは提供しますが、騙してる部分も含めて金を支払ってるんですよ。

  46. おじいちゃんというよりおっちゃんですよ(笑)。
    なので、ハンドルネームは「おっちゃん」に改めます。
    「活動家」だとややこしいのでね。

    うちの組織は地区で3〜4名くらいの青年部が
    嬉々として活動してますよ。
    実に頼もしい。

    アンチが自己紹介なくても丁寧に対応するのに
    活動家が自己紹介しないとそのような態度とは如何なものかね。

    kikiさんから指摘された問題点はこれじゃないだろうか?
    アンチの人に丁寧に言うように
    「ルールですので最初は自己紹介して下さいね」
    って言えばいいだけでしょう。
    それがなぜできないのか?

    やまとだましい氏 は日蓮正宗側のサイトを紹介していたが、
    学会側の主張はご存知かな?

    http://www.houonsha.co.jp/jiyu/20/699.html
    ちなみにこれは『暁闇』という本にも載っておりますよ。

    物事を考えるときは真逆の意見も両方見ないと真実はわからんよ。
    両方を見れば矛盾が明確になり、真実が見えてくる。
    ネット情報を参考にしてもよろしいが
    真逆の意見も検証しなければ簡単にたぶらかされますぞ。
    カジノのくだりなど、くだらなさすぎてあきれるね。

    それと、花丸氏とのやり取りで
    法律通りの手続きを踏めば
    収支の公開ができると明らかになったのに
    まだ言うのかね?
    文部科学省ホームページ↓
    http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/t19960902002/t19960902002.html
    収支を公開しないのではなく
    できるのに請求しなかっただけでしょうが?
    シニフィエ氏は日本語が読めないのか
    それとも意図的に無視してるのかどっちなんですか?

  47. おっちゃん
    反応してくれてありがとう
    地涌からの通販懐かしい
    宗門問題起きた時読み漁りましたよ

    学会側がこの人為に宗門側にトロイの木馬送っててそこからの情報集めたやつだって知ってます?
    そんときスパイしてた人も知ってますよ

    あんま舐めないほうがいいっすよ

    親戚に某⚪︎⚪︎部長もいますしね

    あんまいうと身バレして危険なので言わないすけど
    破門後入った会員よりよっぽど知ってますよ

    昔会員に色々売りつけてた東洋精巧とか知ってんのおっちゃん?
    昔から問題だらけなんだよ

  48. 言っとくけど蒲田とか太田の昔からの会員なんて、池田先生じゃなくて

    いまだに池田さんってよんでるよ

    昔からのこと知ってるからね

    その人が言うには昔からの幹部なんて酷いやたらばかりだったって
    嘆いてたよ

    その人役職全部外してもらって止めてはないけど活動してない
    個人会館までやってた人だよ

  49. おやおや、活動家あらためおっちゃんくん、あんなに言っておいたのに、まだコメントするなんて、よっぽど暇なんじゃのう。いつたいどういう了見なのかね?

    >アンチが自己紹介なくても丁寧に対応するのに活動家が自己紹介しないとそのような態度とは如何なものかね。

    そうじゃのう、如何なものかのう?(笑)

    ここはおぬしの遊び場じゃないと言ったはずなんじゃが、管理人のわしを無視しての殴り込みかね?またなりすましたショウ殿の殴り込みかのう?(笑)

    >うちの組織は地区で3〜4名くらいの青年部が嬉々として活動してますよ。実に頼もしい。

    そうか、青年部もめっきり減ってしもうた。寂しくなったのう(涙)。諸行無常の響きありとはこのことじゃ。そうは思わんかの、おっちゃん殿。で、その青年部、ひょっとすると池田センセイなるものを軽蔑しておらぬか訊いてみたほうがいいかもしれんぞ。今どきの青年部は、陰でなにを考えておるのかさっぱりわからんようになってしもうた。じつはな、ここだけの話なんじゃが、ここにもそうはっきり申しておる青年部が出入りしておる。じゃが本音を話すと仲間はずれにされるのが目に見えているので、本音は組織では話せないそうじゃ。可哀想だとは思わんか、おっちゃん殿。フォッフォッフォッ

    >アンチの人に丁寧に言うように「ルールですので最初は自己紹介して下さいね」って言えばいいだけでしょう。それがなぜできないのか?

    ここはのぅ、おっちゃん殿。小学校の学級会ではない。なんぞ勘違いしてはおらぬか?ここはおぬしのような御仁が来るようなところではないと言っておいたはずなんじゃが。ニホーンゴ、ワッカリマスカァ?

    あ、失礼した。つい教養がはみ出して、英語で訊いてしもうた。日本語で言うと「お気を確かに!」でござった。

    ついでに言っておくが、

    >物事を考えるときは真逆の意見も両方見ないと真実はわからんよ。両方を見れば矛盾が明確になり、真実が見えてくる。

    おっちゃん殿、おぬしは誰に向かってどこでものを申しておるのじゃ?おぬしがいつ真逆の意見を見て、真実を見たと言えるのじゃ?おねしは真実を見たと!では訊こう。真実とは何じゃ?何をもって真実と申される。この世に真実を見たものがおるだろうか、いやおらぬ。それほどこの世は儚く移りゆくもの。現れては消え、消えては現れる、まぼろしの浮き世かな。

    色は匂へど 散りぬるを
    我が世誰そ 常ならむ
    有為の奥山 今日越えて
    浅き夢見じ 酔ひもせず

    おぉ、またしても失礼つかまつった。つい教養が………

    >カジノのくだりなど、くだらなさすぎてあきれるね。

    ではおっちゃん殿は、カジノのくだりが虚言であることの証明ができるのかな?
    おっちゃん殿は、自分勝手に何の確証もなく、聞いてあきれておるだけじゃろ。
    おっちゃん殿の家に無断であがりこんできた暴徒が「お前の言うことなんか、聞いてあきれるね」と言ったら、おぬしはどう思うかのう。これはショウとかいう暴徒にも同じことを訊いたのじゃがスルーしおった(笑)ま、そこまでの御仁じゃった。
    フォッフォッフォッ

    >それと、花丸氏とのやり取りで法律通りの手続きを踏めば収支の公開ができると明らかになったのにまだ言うのかね?

    おっちゃん殿、もしやおぬしのアタマは蓮の実なのではないか?
    学会員が財務の収支を知ろうとしないのがおかしいし、請求しないと教えないというのもおかしいと言っておるのじゃよ。できるのに請求しないようにしむけた組織の体質がおかしいと言っておるのじゃよ。わかったかね、蓮の実アタマくん。

    それと、創価の場合は会員か総代か債権者が請求し、創価側が請求を正当だと認めなければ公開しないでもいいことになっておる。一学会員がそんなことをしたら、取り囲まれてそれこそキ◯ガイ扱いじゃ。福運を消すだの地獄に堕ちるだのと脅しにかかる。そのカルト体質がおかしいと言っとるのがわからんのか、ミスターハスノミ?

    ということで、今夜はハロウィンなので特別に遊んでやったが、それも今夜が最後じゃ。
    御機嫌よう〜

  50. やまとたましいさん、まあまあ、気持ちはわかりますが、ああいった手合いにそうむきになっても何にもなりませんよ。おっちゃんさんはもう来ませんから(^ν^)

  51. >物事を考えるときは真逆の意見も両方見ないと真実はわからんよ。
    両方を見れば矛盾が明確になり、真実が見えてくる。
    ネット情報を参考にしてもよろしいが
    真逆の意見も検証しなければ簡単にたぶらかされますぞ。

    おっちゃんさんの発言の内容には、完全に同意いたします。

    >真逆の意見も検証しなければ簡単にたぶらかされますぞ。

    真逆の意見も検証すべきということですね。
    情報をいろいろ吟味することの重要さを指摘だれているおっちゃんさんの発言に
    まったく賛成します。

    名前が、おっちゃんさんの方に素朴にお聞きします。
    文面から、ばりばり池田大作さんを崇拝しているかただとおもっていますが、
    もしもちがっていましたらすみません。

    おっちゃんさんは、呼びにくいので、おっちゃんと呼び捨てにする失礼をお許しください。

    まず、自分の考えを紹介します。
    \\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
    私は、創価学会の平和主義を純粋に信じていた者です。
    創価学会員であることにを誇りにしていました。
    今は、創価学会の平和主義を信じるほど相当な馬鹿だったと自分を振り返れます。
    どのくらい馬鹿かというと、イラク戦争に反対した、レバノン大使の天木さんという方を創価学会員の大使だと
    思ってしらべたぐらいです。(笑い)

    創価の幹部は、すごい人物だと思っていました。
    もちろん池田大作さんは、われら庶民の味方だと誇りに思っていたし、
    池田さんをたたえた歌を涙を流しながら素直に歌うことができました。

    だから、座談会でイラク戦争支持の公明党の支援の話をする婦人部長の話には、どうしても我慢ができず、
    すこし、話をさせてくれといったら、幹部はけげんそうな顔をしながら、すわりましたので、
    自分は、立ち上がり怒りにまかせて、バンバン公明党の非難をはじめましたら、
    だれも反論しないし、賛成もしない。声もあげない、

    たまりかねたのか、婦人部長さんがもう話をやめてくれという。
    それでも少しの間、話続けたが、誰も何もいわないので、そのまま帰ることにした。

    帰りながら、私の耳に池田先生に逆らうのかとの信者さんの声が、入った。
    これには、さすがに頭にきた。
    引き返してその信者さんの前までいって詰問する。

    池田先生は、平和を主張しています。
    イラク戦争支持の公明党を非難することが、どうして池田先生に逆らうことになるのですかと

    その信者さんは、反論もできずに無言のまま。

    創価学会員は、馬鹿の集まり。

    私の頭にその言葉が、浮かんできた瞬間でしたね。

    創価学会も日蓮さんも生命の尊重を言っています。
    創価学会は、何から年中、平和を商売道具にしています。
    イラク戦争を支持する政治行動を池田大作さんも創価学会も組織的にやる。
    一体全体、創価学会の信仰心は、どこにいったのでしょうか?
    すくなくとも創価学会を真面目に信じた、私には理解不能です。
    \\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

    イラク戦争の実態、
    1、<http://hiratomi.exblog.jp/7737145>
    2、<http://www.jca.apc.org/~altmedka/aku534-2.html>
    3、<http://www.kyudan2.com/img2/injury01.htm>
    4、<http://www.kyudan2.com/img2/injury02.htm>
    5、<http://www.kyudan2.com/img2/injury03.htm>

    手足が吹き飛ばされている。子供の傷に父親が、悲鳴を上げている。
    小さな子度が、包帯にまかれてベッドで横たわっている。
    顔中血だらけ、女の子のあたまの皮が、ずたずたになっている状態でころされている。

    このような民衆の悲しみを見るなら、イラク戦争支持に加担した池田大作さん、創価学会、公明党、を激しく非難するのが、
    普通の人の対応だと思います。

    人殺しに加担する創価学会に寄付?
    なんで私たちが、人殺しに加担する創価学会に寄付しないといけないのでしようか?

    馬鹿も休み休み言えと怒りを覚えます。

    百万単位のイラクの人が、殺されたり、障害者にさせられたのですよ。

    人殺しですよ、人殺し。

    おっちゃんは、どう思われますか?

  52. いや~ ほんとにすごいブログですね大爆笑しました

    覚醒された皆さんほんとになんでもよく御存じで半端じゃないですね
    だからこそ覚醒されたとは思いますが

    覚醒途中の方には大変心強い手助けになっていると思います

    ピリピリした(失礼とは思いますがお許しくださいね)初めのころのブログ内容を思えば、かなり余裕のシニフィエさんですね
    増々、心強さ、逞しさを感じて安心しています

    創価で悩んでいる会員の皆さんどうか安心してこのブログに参加されることをおすすめします
    少しはあなたの、覚醒のお手伝いができるかもしれませんよ
    勇気を出しましょう、罰などありません

  53. 真実を求めてさんに激しく同意。素晴らしい

    どこが庶民の味方、庶民の王者なんや? いい加減にせ~よ カス

    もっと言いたいけど抑えてやめとくわ

  54. satouさんはいつも鋭いコメント書かれますね。

    >その本人が陰でどんなことをしていようが、自分に直接的は被害が無ければ問題ない。普通に付き合っていられる。むしろ、その人が自分に優しければ、人にとってどうかは関係ない。

    こういう人が組織に残るんでしょうね。
    アンチ以上に創価の実態を知っていながら、平気で「自分が楽しいから」といられる人。
    スゴイ人材だと思いますよ。
    こういう青年部のいる学会の未来は明るいんでしょうね。

  55. おっちゃん様

    >物事を考えるときは真逆の意見も両方見ないと真実はわからんよ。
    両方を見れば矛盾が明確になり、真実が見えてくる。

    その通りですねえ!
    ちなみに私、アンチの真逆の意見は30年は見聞きしましたよ。そりゃ真剣に。
    多くの書籍、じかのスピーチ、肌で感じたこと…

    片方しか真剣に聞かず、信じたくないことは「くだらない」と一蹴しながら真逆の意見を聞きなさいとは、大笑いですね。
    いい歳なんですよね。
    ここまで面白いこと言われると感動すら覚えますよ。

    真実を求めてさんの質問の答えを聞きたいところです。

  56. テーマから外れますが、
    you tubeで検索すると出てくる平成5年1月27日アメリカSGI&関西合同総会 での池田センセイのスピーチ。
    私は数年前にこのスピーチ画像をみて、自分がなぜ池田センセイを一度も尊敬する師と思えなかったかがわかりました。要するにこういう人物だという事が、最初から滲み出ていたからです。昨日再びこの画像を目にして、そのことを思い出しました。こんなスピーチをする人を人生の師として自分の財産を投げ出せる会員は、どう考えても普通じゃないと思います。センセイ本人が言っているように「口をうまくね」を自分の信念として会員を騙してきたことは明らかです。現役会員で池田センセイを未だ尊敬して疑わない方々は、海外の会員はどうせ日本語なんてわからないだろうというごとくに、はちゃめちゃなことを言っているこのスピーチをみてもまだ尊敬に値する人と思うのでしょうか?原稿を読んでいるときだけ、ちょっとまともな挨拶をしていますが、すぐに脱線。自分の言葉で語る内容は酷いものです。こういう人がトップにいることが恥ずかしくないのかと思います。

  57. 池田会長のスピーチはあまり変わっていないんですね…。
    ここ最近の組織の様子はすっかり変わってしまっているようですが、池田会長のスピーチは進化することもなく、そのまま独特なんですね。
    未来部の頃、ほんと同時中継にはしらけた感じを覚えました。よく脱線しては、ドンドン机を叩いてました…。
    あれから時代はどんどん変わってるのに、それが反映されてないなんて、やはり自ら庶民の立場に立ってメッセージを発信する姿勢の指導者ではない、ということですね。

  58. さきほどお知らせいただいた○○さん、ありがとうございます。感謝します!
    さっそく対応させていただきました。あちらの対応次第では、こちらに事の次第を公表させていただくつもりです。それにしてもいろんな方がいるんですね(笑)。

  59. おっちゃん殿、まだグダグダ言ってくるのでござるか〜(笑)。
    昨日はハロウィン特別セールだと申したはずじゃ。メンドクセーッ!
    あ、つい教養が…

    ……なんかじいさんキャラから侍キャラになってる(笑)

    なにしろおっちゃん殿はここにコメントできるような御仁ではないと、何度も言い伝えておるはずじゃ。控えおろう〜っ!

    ってことで、おっちゃん殿のコメントはもう二度と載ることはありませんので、皆様もいろいろ言いたいことはありましょうが、これでおしまいにしましょう。

    これにて一件落着!(やっぱお奉行キャラだわ)

  60. おっちゃんさん
    リンク先のサイト、昔から知っていますが極めて信憑性が薄いサイトですから。
    あそこに書いてあることなんて、全部学会に都合よく書かれたインチキですね。

    収支報告の件も、リンク先がどのような制度のものかわかりませんし
    興味もないですが、仮にその制度が存在するとしても、学会が自ら仕組みを
    構築して公開しているものではないですよね。
    あくまで国の制度に基づく強制的な公開ですよね。
    そんなのは公開しているとは言いませんから。

    残念、さようなら~

  61. はじめまして、猫と申します。
    私自身は学会員ではありませんが、主人と主人のご家族が学会員です。
    この先学会に入るつもりはありませんが、主人が大切に思う創価学会がどういうものなのかを自分なりに知ってみたく何度がDVDを見に行ったり、体験談を聞きに行ったりしましたが、どうにも違和感と不快感しか残らなくて・・・そんな折、日頃疑問に思う事を聞いてみれるから参加しないか?と勉強会なるものに誘われ、何故?と思う所を聞いてみたかったので参加を承諾しましたが、実際行ってみたら「任用試験」の為の勉強会とかで、質問するどころかほぼ試験に受かる為の講習会でした。講義をされてた方の口調もあるかもしれませんが、他を落として大上人を褒め称えているように聞こえて、帰り際主人に「日蓮さんの話をするのに、同じ佐渡流罪から生きては帰ってきたけど世阿弥はふらふらで~みたいな件は必要なの?」と聞いてみたら「そんな重箱の隅をつつくような質問するな」と言われてしまいました。私としてその辺りの言い方がとても不快だったので聞いてみたのですが・・・こういう都合が悪そうな事は答えてもられないのかな?とだったら「任用試験って何?それって何で受けなきゃいけないの?」という質問も学会の人に聞いてもきちんと答えてくれないんだろうな?と思いネットで検索かけていたらこちらに辿り着きました。任用試験って学会の人達にとってどんな意味があるものなのか?もし教えていただけたら幸いです。学会員でもない私がそもそもコメント(質問?)させていただくのは失礼かと思いましたが、こちらにあるコメントを読んで、あ~私が感じた不快感はこういう所に原因があったのか!と納得させられる事が多かったので、失礼を承知で書き込みさせていただきました。
    ご迷惑等お掛けるすようでしたら、管理人さまのご判断で書き込み削除しお願いします。

  62. 猫さん、はじめまして。コメントありがとうございます。

    学会員ではない方で、ここにコメントするのは、そうとう勇気がいることでしたでしょう。お疲れさまです。でも大丈夫です。猫さんの感覚が正常です。はっきりいって創価が異常です。猫さんの感じている創価への違和感は当然のことです。創価学会の会員さんは、日蓮の教義によって完全にマインドコントロールされているので、都合の悪いことがまったく見えなくなっていますので、簡単な理屈さえ理解できない人間になっています。残念ですが猫さんのご主人もそんな犠牲者の一人なんです。そう考えると合点がいくでしょう?学会員さんは決して悪い方ではありません。むしろ人が良くてなんでも素直に信じてしまうから、ここまで騙されてしまうんですよね。つまり自覚のない被害者です。ただし、被害者というだけではなく、残念なことに加害者でもあるんです。だからこそ私やここに集う元学会員さんが、一生懸命「創価学会はお金儲けが目的の詐欺団体ですよ。はやく気づいてくださいね」って訴えつづけています。こういう私も3年前までは創価や日蓮仏法は正しいと信じて活動してきました。でも違いました。それに気がつくのに50年という歳月、つまり私の人生のほとんどを創価の被害者および加害者として過ごしてきたことに、たいへんなショックを受け、心を壊すほどにまでなりました。おかげさまでこのブログに寄せられるみなさんのコメントのおかげで、私自身もそのショックから立ち直りつつあります。おそらくここを訪れる多くの皆さんも創価の実態に気づき、あのわけのわからない創価学会の真実に気がついてくれているようです。このブログはこの10月だけでもアクセス数が15万ありました。もしこのブログの内容がヨタ話だとしたら、ここまでのレスポンスがあるわけがありません。私はともかく、ここに寄せられるみなさんの声は、実際に創価学会員として活動し、体験してきた事実が寄せられています。そこは確信を持って真実だと言い切れます。

    猫さんにとってはたいへんな事態ですが、全国に猫さんと同じようなことで悩んでいらっしゃる方が、ほんとうにたくさんいらっしゃいます。みなさんがそれぞれの体験をここに持ち寄り、共有することで、それぞれの創価問題の解決につながればとの思いで、このブログを運営しています。ときどき創価に完全に毒された盲信者が殴り込んできて荒そうとしますが、気にしないでください。創価を盲信すると、そのような人間になってしまうという見本のようなものです。あんなふうにはなりたくないですよね。猫さんのご主人も一歩間違うと、あのようになる可能性だってあるのです。問題は思った以上に深刻だと思います。どうか、このことから目をそらさないで、猫さんは猫さんの家庭をしっかりと守ってください。陰ながら応援していますし、ここにはとても心強い仲間がたくさんいます。ひとりで悩んでもろくなことはありません。みんなで情報をもちよって、いちばんベストな解決方法を模索していきましょう。

  63. 早々にお返答ありがとうございます。それと「大上人」ではなくて「大聖人」でした、色々考えながら書き込みしていて間違え気付かず投稿してしまいました、ごめんなさい。実は、私には今の主人は学会に色々迷っている学会員と言うか、あれ?っと思いながらも池田大作さんや学会の教えには疑問を持たないと言うか、持とうとしない、もっと言うなら考えないようにしている風に見えています。信仰は自由なので止めろとは言いませんが、もう少し自分で考えてくれたら良いのになと思っていますが、下手に話しても機嫌を損ねるだけなのでなかなか難しくて。そう言う意味でもこちらの皆さんの体験はこれから二人で話していく上で大変参考になります。これかもの度々読ませていただきたいと思います。よろしくお願いします。
    ありがとうございました。

  64. 猫さん、ようこそです。私は結婚を機に創価学会を離れることができましたが、20余年経って創価学会の恐ろしさをまざまざと感じるようになり、実家を訪ねることができずにいます。
    主人は完全に外部の人なのですが、いまの私の状況をよく理解してくれ、私にかわって実家を訪ねてくれます。
    猫さんには普通の夫婦以上に気持ちの負担がかかることかと思いますが、どうぞご主人のことを見守って差し上げて下さい。
    きっと気持ちの通じることが出てくると思います。

  65. わははー。
    ぶははー。

    朝からこちらを見て吹き出しました。
    サラマンダラさんと同じく、大爆笑しました。

    「物事を考えるときは真逆の意見も・・・・」って。
    モニカさんもおっしゃってたけど、
    ここの常連さんは両方知ってる人がほとんどなのにね。

    あ、もう、おっちゃんさんに関するコメントは終了か~。

    とにかく笑わせていただきました。
    いろんな面でつっこみどころ満載で。

    ところで財務の件でまた思い出したことが。
    組織関係なく私の個人的に交流していた子が創価の県幹部ですが、
    財務の時にその子が親に相談したんですよ。
    どのくらいしたらいいのか。。今年はどうしようかって話を。

    そしたら「しなくていい」って言ったそうです。

    会合では「未曾有の財務をしましょう」って幹部指導している人が、
    家に帰ると「もったいないからいいよ」「私があんたの分しといてあげるから」
    って言ってると聞いてぶったまげました。

    もうかれこれ7年前ぐらいの話です。

    県の幹部ですら「もったいない」って思ってるんです。
    これひとつとっても、どういうことかわかりますよね~。
    jほんとに功徳があるとか善根積むとかであれば
    もったいないなんて言いませんよね~。

  66. 猫さん はじめまして。

    猫さんと同じような状況で結婚し、その後入会し現在も創価会員のレモンと申します。

    創価の間違いに気がついたものの、同じ支部内で支部長をしている主人や主人の家族との関係で組織から抜ける事ができずにいます。

    学会員からしたら、すっきり脱会している人達よりも、中にいて欺いているのですから、一番タチの悪い反逆者という事になるでしょうね。

    私が入会した20数年前は、情報を得る媒体としてはTVやラジオ、そして新聞ぐらいしか無かったこともあり、目の前の主人を信用して入会しました。
    まだ携帯もパソコンも普及していない時代です。

    そこから一家で真面目に信仰をしてきましたが、私だけが昨年あたりから創価の間違いに気がつきました。
    そして今年になり主人や主人の家族にカミングアウトしました。
    そのことで、夫婦仲も主人との関係もおかしくなってしまっています。

    創価の間違いに気がついた。だから信じていない。
    たったこれだけの事が、会員にとっては天と地がひっくり返るほどのショックなのです。

    会員にとって、創価の信仰を信じる事こそが、幸せになれると信じているからです。
    今後、猫さんにもご主人や義家族が「猫さんと共に幸せになりたいから、一緒にこの信仰をしていこう。目の前の自分を信じられないのか?」等と折あるごとに言ってくると思います。

    本心だと思います。
    創価を信じているから、そう言うのです。

    でも、私が入会した昭和の終わり頃と、今とでは情報を得る機会や量が圧倒的に違いますので、猫さんも様々な真実の情報をネットなどから得て、絶対に入会しないでくださいね。
    創価は、カルトそのものです。
    入ったら最後、簡単に抜けられません。
    まして、ご主人やそのご家族が入っているとしたら、脱会はとても難しいものになります。

    創価に入会しなくても、ご主人やご主人の家族を大切に思っているという気持ちを伝えながら、2度と戻らない家族との時間を大切にお過ごしくださいね。

    任用は、会員でなくても受けられるので、猫さんも対象者としてカウントされているのでは?
    創価にとって任用は、マインドコントロールそのものです。

  67. 猫さんようこそ。一緒にいろいろ考え、解決していきましょう。

  68. 宝星さん、レモンさん、kickeyさん、ありがとうございます。
    私は結婚する時に「あなたが学会員なのは構わないけど、私は絶対入らないから、それでもよければ結婚します。」と宣言して結婚しました。
    でも、何も分からずに拒絶ばかりしていてもと思い、
    学会の集会?等にも参加してみましたが、知れば知るほど矛盾点ばかりが見えてくるので、この先も絶対入会する事は無いと思います。

    最近になって入会勧誘がかなり激しくなってきましたが、
    主人の事立場等もあるので荒立てずにでも「やりません!」と、
    そこだけははっきりお伝えしています。

    これからもよろしくお願いします。

  69. 創価学会のことを知りたっかたら、まず体験者の意見をあつめること。
      この掲示板で情報をしいれたらいい。
      顔が、みえないので本音の話が聞けると思う。。
     
    私もネットには、助けられている。この掲示板でも勉強させてもらっている。
      
    ちなみに、一番最初にネットの掲示板ではっと察せられたコメントは、こういうことだった。

    >創価学会っておかしいよな。買い物をするのだって、家をたてるのだって、しっかり吟味する。
    創価学会員だからって信用して、創価学会員のお店で買い物したり、創価学会員の建築士に頼んだりしない。
    建築士の腕はたしかか、お店の品物の品質は、どうか吟味する。
    だったら、なぜ創価学会は、公明党員が創価学会員だからといって、創価学会員に公明党にいれろと指導するの?
    何故、創価学会員は、みんな組織の指導に従うの?
    創価学会が、創価学会員は、創価学会員の店で買い物をしましょうと指導されたら、みんな従うの?

    こんな単純なコメントにはっとするほど、創価の組織に疑問をもたなくなっていました。
    私と同じ用に、創価学会員の多くの人は、悪い人ではないでしょうが、うまく騙されていると思っています。

    マインドコントロ- ルって普通にあることです。
    そして、創価学会のマインドコントロ- ルってよく考えつくされています。
    騙すほうはプロで、騙される方は、素人です。話になりません
    騙す方は、生活が、かかっています。必死です。

    マインドコントロ- ルされないためには、なるべく多くの情報に触れる。
    自分の疑問を大事にする。
    多くの人の知恵を借りる。

    猫さんの今もっとも質問したいのは、どういうことなんでしょうか?
      箇条書きでかいてくれたら、誰かが答えてくれると思う。
      
      みんなやさしいですよ。
    困ったときは、お互い様

    ちなみに真実を求めてのはんでね-むをクリックすると面白い記事が、てに入ります。

  70. 人々が不幸になるのは他宗教があるからとして、他宗教を徹底的に否定した日蓮の教義を、会員を増やすための手段として利用したのが創価学会です。いままではそれで大変な数の会員を増やし、そこから集められる莫大なお金があったからこそ、創価学会は大きくなりました。これは日蓮仏法が正しいからとか、末法に人を救えるのが日蓮仏法のみだからという理由では決してありません。それが本当だったら、この日蓮がこのことを言い出してから750年のあいだに、人類はみな日蓮仏法に帰依し、世界はひとつだけの宗教によって統一されているでしょう。しかし実際はまったくそんなことはありません。もし牧口・戸田のふたりが日蓮正宗に出会っていなかったら、創価学会はなかったのです。700年間のこれまでどおり、日蓮正宗は小さな一宗派に変わりはなかったでしょう。
    そもそも日蓮仏法に世界を変える力などないし、創価学会に宗教的側面などありません。やはり会員のお金が目的の詐欺団体でしかないことは明白です。これまで創価が言ってきた「不幸は邪宗が原因」という大前提を、簡単に覆したのは、これでは会員は増えないと判断したからでしょう。営業方針の転換です。さらに破門されてこれまでのご本尊が使えなくなったから、独自のご本尊をつくるしかない。「ではそれまで絶対だという前提だった日蓮正宗のご本尊は何だったんだ」という疑問を持つことなく、言われるがままに「いままでのご本尊は力がなくなった。これからはこっちのコピーご本尊が本物です」というめちゃくちゃなことを、何の疑問ももたずに信じてお金を出し、こんどはそれに「幸せにしてください」と取り憑かれたように拝む。これが怪しい新興宗教でなくてなんでしょう。これのどこが真実の仏教なのでしょう。問題は、それに何の疑問も抱かなくなっている自分自身に気づかないことです。このままでは、創価学会員はどんなヨタ話でも信じてしまうでしょう。信じるのは自由ですが、それでありったけのお金を搾り取られ、人生を台無しにされるのですから、これは基本的人権を奪う大きな社会問題です。
    自分の人生はこれでいいのだろうかと思い悩むことは誰にでもあります。そうやって思い悩み、試行錯誤と難しい人間関係にもまれながら、人間は少しずつでも成長し、また自己を振り返りながら、大切な家族や友人にかこまれて充実したと言える一生を全うするのだと思います。しかし創価は自分の人生を振り返ったりする暇(いとま)を与えません。次々とノルマを与えられ、すべては人間革命と世界公布のためだと、都合の悪いことは自分の責任に置き換えられ、どんどん思考停止のロボットに仕立て上げられていきます。それがときどきここにも現れる鉄砲玉の活動家さんですね。彼らこそ創価の生き証人ですよ。思考停止の自覚どころか、創価以外はみんなカスだという意識から、礼儀すらわからずに挨拶もできない。おもしろいほどみんな同じような悪態のつきかたです。だから彼らの言動は創価の矛盾と驚くべき実態を示す生き証人として、ものぐごく説得力があるのですが、もういい加減こんな鉄砲玉の相手をするのは疲れましたね(笑)。何か言われれば、きちんと言い返せるんですが、それをしたところで相手が聞く耳をもたないというか、思考停止しているから判断力がないため話にならないんですね。こんな会話は、不毛であるだけに予想以上に消耗するし意外に心も傷つきます。だから、昨日はおっちゃんさんに対しては爆笑おじさんキャラで追い出しました。これからも似たような鉄砲玉が来たときには、この爆笑おじさんキャラが出動しますので、そのときは皆さんが鉄砲玉へのレスポンスはなしにしてください。「おやおやまだおったんかいな、わしゃもうとっくの昔に尻尾巻いて逃げ出したのかと思ったよ〜。おぬしも懲りん性格じゃのぅ」といったキャラが出てきたらもうすぐ終了のサインですのでよろしくお願いします。いいですね〜(笑)。

  71. ネコさん初めまして 学会の狂学任用試験のことですが
    これは教学のお勉強のレベルのテストではなく昔から何か大きな動きがある前に(だいたいやね あら、あの方ではないですよ。選挙前が多かったですね)。
    なぜか、それは少しでも多くの活動家を増やすために合格者を増やし資格を与えることによって自尊心を煽るために行われているのです

    それが証拠に昔筆記の採点に参加したことがあります。その時に言われたことは少しでも合格者を出すための採点をすると!

    だから先生の指導のひと言とか、南無妙法蓮華經の文字があれば点をあげてくださいなんていい加減な採点でした。要するに合格者を一人でも多く出して活動家を増やすことが目的なんですよ
    訳がわからなくても合格したら誰でもうれしいものなんですよ

    その心のすきに付け込んで活動家に徐々に仕立て上げいつの間にか選挙要員にならされ、財務要員にならされていくんですよ
    ですから活動家に仕立て上げるきっかけを任用試験というもので作っているんです。今からは財務じゃあ~りませんか
    合格してうれしいなんて喜んでたら思う壺ですよ。いつの間にか立派な金蔓にならされますし、なってますよ。
    任用試験なんて受けない方が後々後悔しないで済むと思われます

    よ~く考えても見てください学会の狂学なんてすべて金集めの、そしてマインドコントルのために利用されているだけではないですか

    いつも言いますが 無疑惑心、スリ、ハンドク いい加減にせんかい!

    御清聴ありがとうございました (^^;)m(_ _)m 

  72. 私は覚醒するまで、SGI顕彰の目的と原則10カ条をまともに読んだことがなかったです。
    座談会やらで海外SGIの活動DVDを見せられるたびに、日本とは違うような気がする、
    ほんとに創価学会?と不思議に思っていました。
    会員さんに「外国の人の信仰体験きくと、ほんとに日本と同じ創価学会の人と思えない、違う信仰みたい(笑)でも凄いですね、日本の私たちがもっと頑張らなきゃと思いますね」
    「そうだね、頑張らなくちゃね」と励ましあったことがあります。
    覚醒してすぐに、きちんと顕彰を読んでみました。
    なんじゃこりゃ~と思いますね。何度読んでも理解に苦しみます。
    日本で習ってきた創価学会とは随分違いますね、どういうことでしょう、
    理解できないのですが?と地区婦人部長に質問メールしても、返事は来ませんでした。

    今年、10年かけてやっと入会を決意して折伏実った!という担当幹部(60代)

  73. 続き。
    担当幹部が、「折伏した友人の家には、邪宗の仏壇があってね、根強い人だったから、
    不幸の因だから、仏壇捨てさせたのよ」
    地区婦人部長もまわりも、うなづいて、それはよかったね~と。
    「友人もすっきりしたわ、と言ってたのよ」と。

    私は、顕彰読んだことがなかった時でしたが、ゾッとしました。
    今時?邪宗とか捨てるとか!古い考えと思ってしまいました。
    まぁ、仏壇2つはいらないですよね(^-^;
    てか、仏壇そのものは関係ないのでは?使い回しはできないですよね(^-^;

  74. 「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」笑
    とにかく創価は邪宗という闘いの標的を想定することで、思考停止を強化してきました。
    「威風堂々の歌」濁悪の〜この世行く〜があっか〜い〜の〜行〜くて〜を阻むは何奴な〜る〜ぞ〜って、ものすごい歌を声がでなくなるまで歌い続けたりしましたね〜(笑)いま思えば軍隊かオウムの修行ですよ。一番いやだったのは、学生部のころに、会合のたびに正座をして「人間革命の歌」を歌わされたときでした。なんで芸術科の学生のオレが、こんな戦時中みたいな歌を毎日毎日歌わされなきゃいけないんだと思ってました。それは思想的にどうかとかではなくて、ほんとにダサかった。かっこ悪くてしかたがなかったし、この姿を知り合いに見られるぐらいなら死んだほうがましだと思ってました。文化祭の体操もやりました。ほんと恥ずかしかった。創価班や牙城会のブレザーもメチャダサかった。会合で披露されるコーラスも見てるほうが恥ずかしかった。四季の歌とか母の曲とか「おいおい、やめてくれよー、老人ホームの慰問団じゃねえよ〜」って(笑)。創価は平和と文化がどうたらこうたら言ってきたけど、少なくとも文化に関してのセンスは最悪でしたね。だからハービーハンコックやウェインショーターがSGIなのが不思議でならなかったのですが、どうやらSGIはぜんぜん別物みたいですね(笑)

  75. 自分も ジャズやR&Bを愛する人間として、SGIのメンバーには 早く覚醒して欲しいと思います。
    広告塔として、イケダセンセイに利用されているだけだと思いますから。

    牙城会のネクタイの「ライオンマーク」は、勘弁してほしかったです。
    あと、学会歌ですが、誰かのコメントに 元が軍歌だとありましたね。うなずけます。
    軍隊の組織の一員になったように 錯覚したこともありました。
    (*_*)

  76. どなたかのコメントにもありましたが、入会する最初の時にどれほどのお金がかかるか説明したら、誰も入会しませんね。

    最近の新規入会者は、生活弱者と呼ばれる方々や年金暮らしの老人がほとんどです。
    そういう方たちしか勧誘できなくなってきたからでしょう。

    身寄りもなく孤独で寂しい暮らしをしている人に、親切をよそおって近づいて入会させるというパターンでしょうか。

    創価側の言い分としては、不幸な人をこの信仰ですくってあげたいという名目ですが、「成果1が目当て」が見え見えです。
    孤独老人たちも、入会すれば面倒を見てもらえると思っているので利害が一致しているのかもしれません。

    でも、そんな目先の成果で入れられた人たちは、生活苦の人が多いので新聞とれない。民音買えない。美術館に行けない。公明パンフ買えない。そして財務もできない。(生保のため)
    上層部にとっては、金にならないクズ会員。

    のらりくらりしているので、1票になるかさえもわかりません。

    会員だからといって、こういう人たちが会員になると面倒を押し付けられるのは、地区です。

    「慈悲の心をもってどんな人をも救っていくのがこの信仰なのよ。しっかり面倒みてあげてくださいね」と自分の手を汚さない幹部や職業幹部は言いますが、だったらお前が面倒みろよ。

    長年支部拠点をして創価を支えていた人たちも、認知症になり会場を提供できなくなり、1円にも1票にもならなくなったら、創価は一切知らんぷりです。

    最後は寂しい最期を終えて、ひっそり亡くなっていった地域の人たちを何人も見送ってきました。
    覚醒前から、「あれだけ世話になっておきながら、いざとなると組織は冷たいんだなぁ」と感じていました。

    書いていて思いましたが、創価は偽善者の集まりですね。
    使えるうちは徹底的に利用して使いますが、用無しになればポイッ。

  77. 日蓮さんをどう思うか?

    創価や大石寺で習った日蓮は、真実とは違うという人がいます。
    御本仏なんて奇想天外なこといってるのは日蓮正宗だけだとか、御書は偽物だから捻じ曲げて伝わってるだとか。
    あっそう。だから?って感じですね。

    そんなもの、日蓮は弟子によって宗派がまちまちなのは今さらですよ。
    まあやたら分裂の多い教えですからね。(未だに分裂してるんだね)
    その人たちも、そりゃキミ〇〇くん教だろ。他から見たらんなもんローカルルールの一つだろ、で終わりです。
    宗教なんだからどれが真実も何も、そう信じ込んでる人にとっては自分の言ってるこそこそが事実なんだと、口から泡とばして言いますよ。
    その人の中ではそれが断固として成立してしまいます。

    傍から見るとソックリショーに見えます。
    何がソックリって日蓮に憑りつかれた人の共通点です。

    >日蓮に憑かれる人は日蓮と同質の資質を持つ人々です。
    説得できる性質の人々ではないと考えられます。

    これ、あるサイトから同感した一文なんですが、創価も宗門もその他も一緒ですね。
    信仰者ということが共通点になっても、いわゆる慈悲深く振る舞いに模範を感じる信仰者とは対極にいます。
    せっかく創価から離れてもこうなってしまうのが客観で、顕著な特徴ですね。

  78. こちらでは初めまして。
    あちらの掲示板で再びこちらのブログについて書かれてあったので再度おじゃまさせて頂きました。

    この記事のコメント欄を一通り目を通しましたけれど。
    どうやら「例の方」は未だ謝罪してないようですね。
    そういう『態度』からして僕は『怪しい』と感じておりますが。

    それで、コメント欄に登場してる『活動家』さんですか。またの名を『おっちゃん』ですか。
    『バカ』ですかあなた。
    『自慢したい』のが本音と見破ってるよ。『教条主義』と言って『慢心』をひけらかしてるだけでは『反感を買う』のが当たり前というもんです。またあなたのような人が『真面目な人』を学会から離れるように仕向けているのですよ。『活動家』という形が『エリート』だと思っているのでしょうか?勘違いも甚だしい。『活動家』というのは単に『役割』のひとつでしかない。そんな事も理解してない様子だが。

    ここの管理人も知ってる掲示板で学会本部にある『ネット対策チーム』と変わらんね。本部へをの批判を『妨害工作』をしてる。ハタからは『エリート』どころか『反面教師になってるだけ』であるよ。

    『こんなやつにはなるなよ?』

    そういう噂が貴殿の周囲から聞こえてきそうだ。
    『正しい』と主張するならしっかり『結果』を出してみることですね。
    そんな『物言い』で人が変わると思ってるなら『バカか?』と言うしかない。

    『教条主義』の致命的な欠陥が『成仏できない』ことにある。
    ここの方々が『NO!』と突きつけてるのは『幸せになれるものではない』と直感してるからだ。また無自覚に『成仏の道ではない』というのも感じてるからだ。

    『成仏不能』である貴殿自身の姿でありながら、それを自慢げに言うのは『アホ』というしかないのだよ。

    どうだ?
    すっかり『修羅の生命』になったであろう?
    『慢心』が無ければこのぐらいの文面では『修羅の生命』にはならんよ。

  79. 以前この場で少しだけ話した方のブログを見つけました。
    ここをかなり批判しておられましたが、殴りこんできて荒らすようなことをせず、ご自分のブログにきちんと書くのは感心します。(見習ってほしい!)
    ここに来られた時もマナーはしっかりしてて、私は悪い印象は持ちませんでしたが。

    そこに

    「財務にしても任意だったの忘れてませんか?新聞も任意。全部自分の意思でお金突っ込んだんでしょ。自分のおバカ脳を棚に上げて騙されたって言って恥ずかしいですよ」
    という趣旨のことが書かれてありました。

    なんで?
    自分のおバカ脳を棚上げしてるわけないでしょう。
    棚上げてたら書けるわけないでしょう。 
    恥を晒して書くから、第三者がいうより説得力があるんじゃないですか。
    あなたもいろんな役職を任意ながら納得して受けて、おかしいと思ったら辞めたわけでしょ。
    そんなの仕事でも恋愛でもどこにでもある当たり前のことで、別にツッコみたいとも思いませんよ。

    「騙された」という意識が強い人もいれば、ゲラゲラ笑って忘れる人もいます。
    それは人それぞれだと思うんですが、問題は
    「任意であるはずでありながら、そう思ってしまう人が多い」
    という実態なんです。
    またそういう人の心を納得させる場が支持された、というだけです。
    そんな場があり、心が救われた人にあれこれ水を差す態度が宗教家とは思えません。
    宗教家は経典に救いを求めるんでしょうが、そうではなくただのお喋りで救われる人もいるのです。
    大切なことはその人が「心が軽くなる」ということです。
    それを素直に喜べませんか?

    信仰を持ってない人でも、人の幸せは喜べます。
    それが信仰者でありながらできないのなら、何のためにわざわざ経典を学び信仰してるんでしょう?

    信仰対象が日蓮である限りできなくなるんでしょうか?
    偏見かもしれませんが、ここにいいがかりをつけるのは皆日蓮信者です。
    そう思われても仕方ないでしょう。

  80. signifieさんへ。

    今日は。ぽんぽこ狸ことHidebonです。
    この場を借りて正式に陳謝いたしたいと思います。
    最初、あなたの投稿を創価ネット対策班=現執行部のヤラセと勘違いしていましたので、黙殺していました次第です。
    本当に貴方が正義感に萌えてブログを立ち上げておられる方とは思いもよりませんでしたので失礼しました。
    創価憎けりゃ日蓮憎しの意見には同調致しかねますが、あなたも堂々と論陣を貼って行かれる事を期待しております。
    今後この掲示板に来ることも無いでしょうが、より良い社会を作るためご検討のほどお祈り申し上げます。
    では失礼します。

                    愚爺朴念仁記

  81. 太ちゃんさん、昨日はありがとうございました。先ほどぽこぽこ狸さんから謝罪のコメントが入りました。私のブログを盗用したのに、私がどんな立場なのか知らずに、創価によるやらせだと勘違いしたという言い訳をしてきました。そしてまだあの掲示板には盗用した投稿が削除されてもいないのに、
    >今後この掲示板に来ることも無いでしょうが、より良い社会を作るためご検討のほどお祈り申し上げます。では失礼します。
    と自分のしたことをほったらかしたまま去って行きました。これでは謝罪にもなにもなっていません。まったく人をバカにした行為です。
    そしてあの掲示板の管理人はあの盗用を放置して、さらに私のコメントをすべて削除した上で、私が投稿できないようにブロックしました。この管理人のとった行動について、太ちゃんさんはどう思われますか?
    もともと私はあの掲示板の存在をきのうまで知らなかったし、私の盗用された文章が削除されればそれで済んだことだったのに、この対応にはいささか驚きました。削除さえすれば、謝罪もいらないし、今後も一切関わる気はないと言ったのにこれですよ。もう私はブロックされて何の抗議もできない状態ですので、もしよかったら太ちゃんさんから、盗用があきらかなのに放置したまま、何も言わずに抗議を削除しブロックする掲示板の管理人へ、モラルと常識を教えてあげてもらえませんか?

  82. 問題のブログ、すぐわかりました。

    ここの常連をシンパ達といい、
    財務の件で
    こんなことありましたけど。

    >信者は請求すれば閲覧出来るんですよ。

    あっ、残念対話を求めてシンパは退会しているから無理ですね〜。

    に対しひとこと。

    あっ、残念シンパ達にも現役学会員がまだいるんですわ~。

    ごめんね。学会員なのにいろいろここで学会の本当のこと、コメントしてしまって。
    だけど、本当のこと発言するのは「権利」ってのがあるからね~。
    事実を暴露されるのがこわいのかな~。

  83. 申し訳ありませんが、僕の方で『ブロック』の確認ができる状態にはないです。
    『管理者』ではないからです。

    この方の情報があちらで書き込まれてます。
    http://6027.teacup.com/situation/bbs/15067

    さらに言うと、『盗用』をしたのは学会本部の『ネット対策ではないか』という『疑惑』が浮上してます。正直なところ僕もその可能性があろうと見ているところです。

  84. 太ちゃんさん、お返事ありがとうございます。
    盗用したのが誰であろうがかまわないんです。
    hidebonなる人物がどこの誰であろうと、その程度の人物だということですから、もうどうだっていいことです。
    私の文章が私の文章として出ている分にはまだいいのですが、問題は、私の文章がどこの誰だかわからない、それも学会員と称する人物の言葉として掲載されていることをわかっていながら、あえて、意識的に、放置している管理人の態度が、モラルに反していると思うのです。

    単に削除さえしてくれればそれで済むことなのに、
    あの掲示板の管理人が削除しないというのが理解できないんです。
    私がなに理不尽なことを言ってますでしょうか?

  85. 『削除』の件なら僕からも管理人へ『お願い』をしているのですよ。

    と、いうより以前に『書いた本人』が『放置』とはねf^^;
    それで書いた本人以外の者がこうして来てる状態でいるのに、これって『書いたやつ』は自己責任の丸投げをして言いたい放題・やりたい放題では、何を主張しようが誰からも『信頼』を得ることはないでしょう。

    あげくの果てにあちらでは僕を『罵倒』しているとはね。
    罵倒した相手が『尻拭い』をしてる状態では、その『罵倒』はむしろ『自分を罵倒』してるのも同然であるのに。

  86. 太ちゃんさん、ありがとうございます。
    先ほどあの掲示板を少し読みました。完全にいかれてると思いました。たしかにまっとうなことを言ってる太ちゃんさんまでが罵倒されてました。大のおとながあれだけ集まりながら、何の生産性も意味もない罵倒や挙げ足取りや邪推を繰り返していたら、アタマもおかしくなるでしょうね。もう気味が悪いので関わらないことにします。太ちゃんさんも気になさらないで下さいね。あそこの管理人は削除する気はなさそうです。もういいです。まったく違う世界の人たちでした。

  87. 実は『罵倒』について僕自身はなんとも思ってないです。
    誰が見てもまっとうな態度ではないのが明らかであるし、そういう場合には本人へ『罰』が出てしまうだけなのを経験的に知ってるからです。自分で自分へ『罰を課してる』ようなものだから『放置』でかまわないとも。

    ところでこちらのブログはコメントが多くて『成功してるブログ』の感じがしますね。

  88. 過去に飛んですみません。 膨大な量あるのでびっくりしました。 ところどころしか読めていませんので すでに重複していたら申し訳ありません。 最近お邪魔している非会員です。 借りて読んで題名を覚えてない本に 日蓮正宗について書いてあったのですが 日蓮の葬儀の時の弟子たちの立ち位置が記された書物が残っているらしいのですが その位置から見ると 日興上人という人は日蓮の一番弟子ではなかったらしいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中