人質事件に思うこと

創価問題とは直接には関係ないのかもしれませんが、日本国民のひとりとして、今回の人質事件については黙っておれないところがあります。阪神淡路大震災から20年のときに、日本の首相はイスラエルに行って、莫大な資金援助の約束を世界に表明しました。つまり日本は何をおいてもアメリカ主導の経済に従うことを宣言しました。いわばイスラム諸国への宣戦布告のようなものです。「アラブ諸国は親日家」という伝統は崩れ去りました。というよりこれが彼らのストーリーの必要不可欠な条件でした。彼らとは民族の宗教心を利用した軍事ビジネスで莫大な利益をあげている資本家のことです。イスラム国は日本のこうしたアメリカよりの行動を理由にテロの標的にする大義名分ができあがり、さっそく人質の処刑宣告をしてお金を要求します。しかしそれはアメリカ軍が一気にイスラム国に攻撃を仕掛けるための織り込み済みのストーリーでしょう。アヘン戦争しかり、明治維新しかり、またアメリカ軍が日本に真珠湾攻撃をさせて太平洋戦争を起こしたのと同じです。表では民意を煽る大義名分を掲げてはいますが、要は軍需産業の活性化のために、つまりはここで一発ひと儲けしようぜと、雲の上で駒を動かしている連中の仕業でしかありません。安倍政権もそんな駒のひとつだし、公明党はそれにくっついているコバンザメのようなものであり、創価学会も統一教会も彼らの数ある資金源のひとつでしかありません。創価学会員がそのようなからくりに利用されているなんて思いもしないでしょうが、世界は少なくとも産業革命以降は露骨に戦争ビジネスとして動いてきたという歴史を踏まえるべきだと私は考えます。現在安否が危ぶまれている二人の日本人は、アメリカの機動力があればなんなく救出できると思います。ビン・ラディンを見つけ出して暗殺したCIAとアメリカ軍が、日本のジャーナリスト二人ぐらい、その気になれば簡単に救出できるでしょう。どこに囚われているかなんてすでにわかっているでしょう。しかしアメリカはここで悲劇を待っています。イスラム国襲撃のタイミングを計って、じっとしています。日本人にもイスラム攻撃もやむなしという世論をつくろうとしているのだと思います。イスラエルと日本の国旗が並ぶなかで、莫大な資金援助を約束した安倍総理。この映像がアラブ諸国の神経を逆撫でする見事な演出でした。そこで集団的自衛権、秘密保護法案、そして憲法改正、自衛隊の国防軍化。もちろんアメリカの戦闘に自衛隊が参加する大義名分に加え、イスラム国に対する憎しみを煽った上で日本の世論も右寄りに傾いていきます。そのようなシナリオが雲の上のビジネス会議で決められます。私たちはいつも何のなすすべもありません。
創価学会はいまだに莫大なお金を搾取できるシステムとして利用されていること。そのことを創価学会員さんに気づいて欲しいと思います。財務や新聞のお金は、活動のためにだけに使われているんじゃないってことを、一度考えてみて欲しいと思います。一人が数万から数十万。多い人は100万円。なかには1000万円まで貢ぐ人が全国にいるんです。それも毎年です。その莫大なお金が組織の維持だけのために全部使われているわけがないではないですか。そんなにたくさん必要ありません。創価班も牙城会も守る会もみんなタダ働きです。新聞配達だってタダ同然で会員にやらせてます。読みもしない書籍を全国の学会員さんが出されるたびに買わされます。二束三文で手に入れた山を伐採してつくった簡素な墓苑で莫大な収益をあげています。自分が出したお金がどこにいくら使われているのか、一般の学会員は知らされないし、知ろうともしません。むしろ知ろうとすることに罪悪感さえ感じています。恐ろしく徹底した洗脳集団です。民主主義を標榜する日本に、こんな理不尽なことがあっていいはずはないのです。
学会員のみなさん、二人の日本人の人質は安倍政権がつくったようなものです。つまり公明党なくしてはありえません。つまり創価学会員が盲目的に支持する公明党の票によって、安倍政権がここまでの暴挙に出て、世界紛争をますます引き起こしているということなんです。創価学会員はアラブのテロに加担しているということです。そのことをしっかりと自分の頭で考えていただきたいと思います。
このスレッドでは、とくにテーマを設定したり、問いかけをしません。今回の人質事件から見えてくる安倍政権の暴挙と創価学会の関わりについてのご意見を聞かせていただけるとありがたいです。

人質事件に思うこと」への85件のフィードバック

  1. 前スレにほとんど書いてしまったんですが、新たにここができて、
    signifieさんの見解が、本当にその通りだと思うのと同時に、深い確信にて、創価公明がテロに加担していることを認識しております。
    バリ活さんたちは、なんで私らとテロが関係あんねん~!?って文句言うでしょうが、
    安倍政権を押している以上、協力している以上、テロ、戦争に賛成だと思わざるを得ません。
    そして、ひどいことになって行っても、「まさか知らなかったし!」っていう言い訳も通用しませんよね。
    創価の活動家は、本当に自分のやってることがわかってないですね。
    今こそ、じっくり考えてみるべきではないですか?
    いつものセリフを言うかもしれませんが→今こそ祈るときとか。

    祈ったらなんでも解決するという、魔法みたいな考えをやめて、現実見てほしいです。
    マインドコントロールとはいえ、無知すぎます。
    創価のバリ活のみなさん、テロです、テロから戦争に発展するんです。
    集団的自衛権を推し進めているから、アメリカがゴー!っていえば日本兵を派遣しますよね。
    自分の家族が戦地に行ってもいいんですか?

    ま、今わからないのなら、ひどい目にあったときに、せいぜい悲しんでください。そして自分のしたことをその時恥じてください。それほど今、大変怖い方向に向いているということです。
    これ、冗談ではありませんよ。もっと真剣に世界平和を考えてください。
    うわべだけの世界平和はもう結構ですので!

  2. 『テロとの戦い』などと言葉の使い方で騙されてますが、実際は現代版の戦争そのものでしょう。『戦争』という言葉を使うと拒否反応する人がまだたくさんいるから『戦争』という言葉を使わないだけです。人の命を奪う事で自分たちの主張を通そうとする行為は批判されて当然ですが、『テロリスト』と呼ばれてる人たちだけが批判されるべきなのでしょうか。テロ行為と言われてる事は強大な軍事力を持ったアメリカや欧米諸国などと対峙する為の一つの戦法であって、アメリカ等は圧倒的な軍事力でそれこそたくさんの罪もない人々の殺戮を繰り返してきました。これもテロなのではないでしょうか?
    日本は自国の領土で何の関係もないのにいきなりテロ行為をされたわけではありません。
    それなのにイスラエルに行って『テロとの戦い』などと軽々しく口にする愚かな首相。いつも外遊先で国民の意見も聞かず勝手に色んな事を決めてきてしまう事に業を煮やしてきましたが、今回のイスラエルでの発言は本当に即刻首に縄を付けてその場から引きずり出したい気持ちでした。そして最も恐れていたことが現実になってしまいました。

    どうか日本の多くの人が冷静になって扇動されたりすることなく、事の経緯をきちんと見極め責任の所在を明らかにしてその責を問い、泥沼の戦争に引き込まれる事になりませんように。

  3. 『神との対話』の本の中の表現を借りれば、テロとの戦いとは、つまり「カナヅチゲーム」です。
    どちらがより大きな「カナヅチ」を持っているかを競っているに過ぎません。愚かで原始的な行動です。そして、犠牲になるのはいつも政治家ではなく何の罪もない一般庶民です。
    kickeyさんがコメントされていた桃太郎の話、よく覚えています。殺された鬼にも可愛い子供や家族がいたのです。子供の鬼には何の罪もなかったのです。
    創価学会が与党の支援をしているとはいえ、こうした血で血を洗う憎しみの連鎖の愚行を止めることなど出来ないのです。それどころか憎しみの連鎖を助長しています。公明党のイラク戦争加担推進の事実ひとつとっても明らかです。
    イスラム過激派が安倍総理を名指しで批判していた事が意味することとは、日本でも先日のフランスで起きた悲劇が起こりうるという事実です。日本の政府機関や重要施設がテロの標的にされていることを否定出来ません。もっと言えば、政府与党の一員である公明党=創価学会もテロの標的にされうることを意味します。
    のんきに公明党支援の会合や唱題会などやっている場合ではないのです。危機はすぐそこまで来ているのです。
    これが創価学会員が思考停止状態で公明党の選挙支援活動してきた結末です。
    「一人の人間における偉大なる人間革命は、やがて一国の宿命転換をも成し遂げ、さらに全人類の宿命の転換をも可能にする」
    なるほど~。で、いつやるの?
    「今でしょ!!」古いか?

    創価学会の首脳及びバリ活の皆様、この言葉どおりあなたがたの素晴らしい信仰でテロを止めて下さい。

  4. 痛ましい事件ですよね。
    安倍政権に問題があろうと難題があろうと、でもだからといって、それに代わる権力が世界情勢を簡単に変えられるわけでもない。
    まして創価が何の影響を及ぼせるというのでしょうか?
    二言目には生命尊厳の哲学とか平和とか言いますが、生命尊厳なんて小学生でも知ってますよ。
    創価なんて何の力もないです。
    センセイの乗った飛行機が揺れなくなる、とまことしやかに言われる題目でテロを止められますか?
    震災で被害は学会員や会館を避けて通りましたか?
    何の根拠もないことを、活動家は自慢げに言います。
    ある婦人部の総県長は「池田先生は世界でただ一人戦争を止められる人です」と断言していました。
    頭を冷やした方がいいでしょう。

    人間革命の「一人の人間における偉大なる人間革命は、やがて一国の宿命転換をも成し遂げ、さらに全人類の宿命の転換をも可能にする」に、ロマンを感じてワクワクするのもいいでしょうけど、それならもっと個人の意識を強く持った方がいいと思います。
    学会員さんが実はいちばん平和の意識も緊張感もないのです。
    公明党にさえ入れれば何とかしてくれる。
    御本尊が、諸天善神が何とかしてくれる。
    そんな安易なことにすがってのほほんとしているからです。

    現実はこんな安易なものじゃないです。
    どうしたら紛争をなくし、平和が訪れるかなんて誰も教えてくれません。
    一人一人が例えば選挙ひとつの度に、勉強し悩み考えて決断していく他ないのです。

  5. われわれは戦争をしたくない。

    しかし、敵が一方的に戦争をのぞんだ。

    敵の指導者は悪魔のような人間だ。

    われわれは、偉大な使命のために戦う。

    敵は卑劣な戦略を使っている。

    芸術家や知識人も、正義の戦いを支持している。

    われわれの大義は神聖なものである。

    この正義に疑問を投げかける者は裏切り者である。

    こんにちは、ぱこです。
    上記の文、何だと思いますか?
    なんだか、どこかで見聞きした覚えがありませんか?
    先日、アンヌ・モレリ(フランス・歴史学者)というひとの「戦争プロパガンダ10の法則」って本の中から紹介されていたものです。
    戦争中の報道や情報を調べた筆者は、あらゆる戦争の裏で行われる情報操作の手口はすべて同じだと述べているそうです。
    イラクに大量破壊兵器があると派兵をしたときも、アフガニスタンを攻撃したときも、確かにそうですよね。
    ヒトラーの大衆煽動術に関してまとめられたものも、同じような内容でした。
    「賢い者の知性に訴えるな、愚か者の感情に訴えよ」と。

    創価に縁してから、プロパガンダあるいは全体主義に関するものを読み返すと、身体が凍りつきそうになります。
    そこに書いてあることが、目の前で継続している。
    しかも、民は喜んで支配されている。

    学会員さんは、集団的自衛権がどのようなものか関心さえないのと同じように、イラクのこともアフガンのことも福島のことも沖縄のことも忘れたように、今起こりうることにも関心はないのでしょう。
    人命に関わることでも「自業自得」といい、日本のどこかで大きなテロ攻撃があっても、「公明がいたからこれくらいで済んだ」というのでしょう。
    ISIS も腰を抜かすにちがいありません。
    でも仏教徒がみんなこうじゃないからねー。
    多くのムスリムが、アルカイダやISIS などのテロリズムに「イスラム教はそんなんじゃない」と迷惑してるように、私達も「ブッディストって、新聞売ると功徳あると思ってるらしい」とか「他の宗派を罵倒して、撲滅を祈念してておそろしい」とかいわれると迷惑なわけで……。

    「信じていればまちがいない」と、上がやることなら疑問にも感じない人達。
    むしろ「テロとの戦い」には親和性があるのかもしれません。
    平和主義もくそもない。
    学会さんも正宗さんも、ほかの新興宗教さんの多くもまったく同じプロパガンダしてるみたいですけどね。
    さらに、日本国全体がそんな流れになりそうです。
    一番平和ボケしてるのは、我らが首相だと思います。

  6. 外部のあかりです。
    本当に痛ましい事件です。
    無事に解放して欲しいと切に願います。
    午後の情報番組でもこの事件が取り上げられていますが、
    なぜかコメンテーターに学会所属のタレントが出ていて、当たり障りのないことを言っています。
    なんで出ているんだろう・・・

  7. 昨年からこちらのブログをROMさせてもらっています、チップといいます。
    私は現在高校生で、家族が信仰をしているものです。
    まだまだ社会について分からない事だらけですが、世の中で大変な事が起こっていると実感させられます。
    こちらのスレッドにそぐわないテーマなので、承認はシニフィエさんにお任せします。
    実は創価学会について、自分で色々と調べているのですが、最近「創価学会内部改革派憂創同盟残党」というサイトを見つけました。
    どうやら過去に創価学会を改革しようとしていた人達がいたようです。
    学会は衰退しているのは事実なようですし、前々から様々な声を持った人がいる事には驚きを隠せません。
    ある程度の情報を知ったいま、池田先生亡き後、学会がどうなるのか心配しています。
    まだ自分自身も色々な事が整理できない状態で、混乱しているのですが、
    周りの会員の方たちは、本当にいい人なので、ショックを受けるだろうと、心配しています。私自身も実はかなりショックです。
    いったい私が社会にでる頃、日本は世界はどうなっているのだろう…
    しっかり勉強をして、私たちが社会を担っていかなくてはいけません。
    そのために、日々勉強の毎日です。

  8. 私は9.11が日本で起こるのではと恐れています。
    そこまでしないと集団的自衛権発動のための民意を得られません。
    もちろん創価公明は何もできません。っていうか何も理解できないのでしょう。アベちゃんの言うことに従うまでです。
    「彼ら」は「11」という数字が好きです。皆さん毎月11日は気をつけましょうね。

  9. awakeです
    SGIインターナショナルHPで確認してみました
    カルト認定されたフランスに存在することも驚きですが
    なぜ アフガニスタン イスラエル パキスタン に平和講堂が無いのですか
    こういう時こそ 選挙活動同様に 手弁当で 現地で片言の英語かなんかで折伏し
    銃口を1つでも塞ぐことが 創価の実践ではないのでしょうか
    日本国内でも 他宗や覚醒者に喧嘩を吹っ掛け 何が平和なのでしょうか
    「創価は 表はきれいかもしれないが 中身がヘドロ」と比喩した人もいます
    擁護するわけではありませんが まだイスラムの方が ある意味哲学を持って行動していると思います
    是非 学会員はこれを機に現地へ手弁当で向かい 創価学会は今こそ身代金をはたくべきと思います
    変な文章ですみません

  10. イスラム過激派組織「イスラム国」に拘束されたとみられる日本人2人について、国際的な人権団体、アムネスティ・インターナショナルの日本支部は22日、即時解放を求める声明を発表しました。

    アムネスティインターナショナルは世界150の国と地域にいる300万人以上のメンバーが、絶望の淵にいる人びとを救うために、ともに手をとりあって活動しています。

    世界192の国と地域で活躍しているSGIは何をしているのだ、イスラム国に対して声明文の一つも出せないのか?

  11. 創価の目的は会員を騙してお金を巻きあげることですから、それさえできればあとはどうだっていいんです。SGIだって日本の学会員を信用させるためにつくったフェイクでしかありません。SGIには財務も新聞のノルマもなければ選挙活動もありません。そこそこ海外にも学会員がいるんだと思わせるために、財務の一部を使ってやってるにすぎません。そういえば911でWTCに突っ込んだ飛行機にSGIの理事長だったか、なにしろ最高幹部が乗っていて亡くなりましたよね。よっぽど運がなかったんでしょうね。SGIなんて詐欺の道具です。SGIに限らず、創価の活動のすべては会員からお金を巻きあげるための手段だと考えれば、すべてのつじつまがぴたりと合います。創価が純粋に社会貢献をするわけないです。国際紛争をどうにかできるような力などないのは当然ですが、それ以前に国際紛争などまったく興味などあるわけがないです。儲かりませんからね。山林を買い占めてお粗末な墓石並べて、会員に買わせたほうがよっぽど儲かります(笑)。直接お金にならないことでも、会員を洗脳するためにはいくらでもお金をつかいます。でもそのお金は会員から騙しとればいいのですからね。

  12. パンドラの箱は開けられてしまいました、ね。。
    でも伏せんは、随分前からありました。。

    公明党、創価学会が諸手をあげて賛成したイラク人道復興支援、という耳障りのよい言葉を使った時から、もう始まっていた。。

    もっと言えば、痴呆安倍の祖父が戦後に戦犯として責任を負わなかった時点から。。

    明日の午前中に人質になったジャーナリストのお母さまが記者会見をされるそうです。。

    心労で倒れそうな母親に何を語らせるのでしょうか、安倍は。。

    まことしやかに自己責任、という大義名分を通すつもりなのでしょうか。。?

    かのジャーナリストの存在がなければ真実は闇から闇へと渡るだけでしかなかった。
    彼の命の尊さを想えば、たとえご本人が言ったとしても認めてはならないです!自己責任、という言葉を。。。

    あの途方もない保釈金も交渉次第では、1%から、それ以下になるというらしい。。

    安倍は、鼻っから人質を救出する気がないことは、どうも見え見えですよね。

    日本という国は、いつからこんな人でなしの国になったんだ?と思った時、自分でも笑えたよ。。

    日本という国は、昔から人でなしの国だったわw

    日本の戦中戦後の歴史を紐解けば、それはまさに明らかだったんだっけ。。野蛮な国ですよね。。
    知らないとしたら学んでください。。

    クールジャパン、とか目くらましに興じてる場合ぢゃないよ。。

    もう、これからは止められないかもしれない。。

    創価学会員の罪は、とてつもなく重いです。。後世の歴史が証明するでしょう。。

    その時に気づいても、もう遅いから!

    組織に言われるまま自民党に投票した創価学会員一人一人に謝罪して欲しい気分。。

    でも、謝ってももう遅いよ。。ヽ(´o`;

  13. 私がいっていた、創価改革派のサイトにこのようにありました。
    以下、そこからのコピーです↓

    ’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’
     創価学会婦人部は平和を希求する団体のはず

     「人間革命」の主題は「戦争ほど残酷なものはない。戦争ほど悲惨なものはない。しかし、戦争は今も続いている……」……
     ところが創価学会公明党は集団的自衛権に賛成した。この時点で創価学会公明党は終わった。
     今、正木理事長を立てて創価学会の改革を断行しなければ創価学会は消滅する。
     創価学会公明党は正木理事長の意見を邪魔だと押しのけて集団的自衛権に賛成した。ここに日中戦争は実質的に幕が切られた。
     安倍政権はベトナム戦争でのトンキン湾事件のように事件をでっち上げて(中国が武力行為を行ったとでっち上げて)戦争を始めることは目に見えている。それは明日のことかも知れない。
     創価学会婦人部は今すぐに立ち上がって創価学会の改革を断行しなければならない。信仰心を喪った創価学会首脳部に於いて正木理事長は信仰心がある。
     創価学会が日本を変える、創価学会が日本を救える、日本を救うことは、日中戦争を阻止することは、世界を破滅から救うことになる。
     もう一度書く。
     創価学会が日本を変える、創価学会が日本を救える、日本を救うことは、日中戦争を阻止することは、世界を破滅から救うことになる。
     中国も戦争をしたがっていない。中国の良心は戦争絶対反対である。しかし、ユダヤのシナリオは日本と中国を戦争させると 創価学会婦人部は平和を希求する団体のはず

     「人間革命」の主題は「戦争ほど残酷なものはない。戦争ほど悲惨なものはない。しかし、戦争は今も続いている……」……
     ところが創価学会公明党は集団的自衛権に賛成した。この時点で創価学会公明党は終わった。
     今、正木理事長を立てて創価学会の改革を断行しなければ創価学会は消滅する。
     創価学会公明党は正木理事長の意見を邪魔だと押しのけて集団的自衛権に賛成した。ここに日中戦争は実質的に幕が切られた。
     安倍政権はベトナム戦争でのトンキン湾事件のように事件をでっち上げて(中国が武力行為を行ったとでっち上げて)戦争を始めることは目に見えている。それは明日のことかも知れない。
     創価学会婦人部は今すぐに立ち上がって創価学会の改革を断行しなければならない。信仰心を喪った創価学会首脳部に於いて正木理事長は信仰心がある。
     創価学会が日本を変える、創価学会が日本を救える、日本を救うことは、日中戦争を阻止することは、世界を破滅から救うことになる。
     もう一度書く。
     創価学会が日本を変える、創価学会が日本を救える、日本を救うことは、日中戦争を阻止することは、世界を破滅から救うことになる。
     中国も戦争をしたがっていない。中国の良心は戦争絶対反対である。しかし、シナリオは日本と中国を戦争させるとなっている。そうしないと金融マフィアが滅びるからだ。金融マフィアは最後の力を振り絞って日中戦争を起こさせようとしている。
     かつての太平洋戦争もそうであった。

    以上です’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’

    これについてどう思われますか?

  14. SGI創価学会はフランスを始めとするヨーロッパ諸国でカルト認定されている…
    ということは、イスラム国と同様に危険視されている可能性もあるでしょう。
    どのような手を使って宗旨がえさせているものか

    その創価学会が支持母体である公明党を与党とする日本政府に歩み寄って
    犯行声明への問題究明に外国政府がどこまで頼みにできるか…

    後藤さんのお母様の思いは他人事には思えません。
    カルトのあな恐ろしさを如実にあらわした事件だと思います。

  15. 今回の事件を受けて、我々は今までの日本とは全く違った局面にさらされていることを自覚すべきです。
    愚かな政治家や宗教家に騙されることの重大性を誰もが認識すべきです。
    いつも犠牲となるのは、罪もない一般の庶民なのです。
    自民公明の愚かな外交政策が、日本を泥沼に引きずり込んでいく様がありありと見えるようです。
    創価学会の組織をまもる為だけに存在する公明党は、日本をおかしな方向に引っ張るだけのマイナス集団です。
    いつまでも平和ボケしている場合ではありません。子供達の未来の為、日本を健全な方向に引き戻すことに、できる限りの努力をして行きます。

  16. 本当に、心が痛みます。
    どうか、無事に解放されてほしいです。
    今日午前中、嫌々ですが会館での会合に参加しました。誰からも、この痛ましい事件についての話はありません。
    話は、4月の地方選にむけての話ばかり。地元の公明議員団がやってきた実績なんかの話です。
    自分たちの投票行動で、こんな悲惨な事態が起きてるなんて、考えもしない。目の前の選挙、自分がもらえる功徳しか見えてないのです。先日は、幹部が私たちの来世の功徳は間違いない、みたいな話までしてました。完全に目眩ましです。幻を追わせて票集めさせるだけです。
    情けない!フツフツと怒りが湧いてきます。

  17. 創価改革?
    その意味がわからないですね。
    改革も何も、創価は思ってる通り実行し実現してきただけで、改革の余地なんかないですよ。
    創価とはもともとそんな団体なんです。
    一切が金儲けのためのためのフェイクです。

    こんなはずじゃなかったは、完全に騙された、見誤ったというだけです。
    創価は最初から「そんな団体」なんです。
    改革したら創価は存在しなくなります。
    表向きの大義名分にまんまと騙されていただけのことです。
    ここに気づかないと、「改革」なんて甘い言葉に操られるだけです。
    それも含めて洗脳なんですよ。

  18. こんにちは
    この事件でもお分かりのように
    政権を取った気になっている公明党も
    創価も結局のところ何もできない
    アメリカには逆らえないですから。
    そんな自民党を支えている気になっている公明党も
    創価と同じ、な~んにもできませんよ
    創価の教える処の信心もただのいわしの頭も信心からと同じ
    教えだということです
    決して唯一成仏でき幸せになる宗教ではありません
    もともとそんな唯一無二の宗教などありません。
    大きくなるには資金源が必要です。
    それを搾取し続ける
    平和と幸福を振りかざしながら
    そんな表向き宗教の仮面をつけた創価です
    見ていてください
    いったいなにができるのか

  19. このスレッドの書き込みに違和感を覚える。何故だろうか?
    今回日本人がイスラム国に人質にされてしまったのは安倍政権(自公連立政権)に責任があるかのように言う人がいる。それはおそらく安倍首相が中東歴訪の時に降ってわいたように事件が起きたからだろう。しかしこれは論理の飛躍である。
    確かに、集団的自衛権の行使容認や特定秘密保護法の成立など、ある意味やりたい放題の阿部政権である。これに対して私も日本がおかしな方向にかじを切ってしまったのではないかと大いに危惧するところである。そして安倍政権のやりたい放題に対して公明党が何の歯止めにもならないとも思う。かつては公明党があれば少しはましな政治になると信じて支援してきたので、このように考えざるを得ないことは正直悲しい。
     だが、今回日本人が人質にされてしまったことと、安倍政権のやりたい放題とはまったく別の話である。よく考えてほしい。過去、日本人が海外で人質に取られたことは1度や2度ではない。今回はたまたま安倍首相が中東を歴訪するタイミングを狙って仕掛けられているので、ついつい安倍政権のやりたい放題とつなげて考えてしまう。しかしこれはあまりに短絡的に過ぎる。本来は別々に考えるべき話を一緒くたにしていることに違和感を感じるのである。

  20. もし、カルト認定の創価学会を支持母体とする公明党が与党にいなかったら、
    今回の海外の人質事件について、
    欧米諸国の協力が得られて、前進できるんじゃないか…
    と考え出すと、ますます現在の日本にとって
    公明党の存在は疑問視されることになります。

    いま語ることは選挙ではありませんよね?
    選挙のための政党ですか?
    指示されたとおり心から支持できますか?

    ほんとは平和なんか語る立場じゃない、
    経済優先のコマであって見せかけの巨大組織でしかない

  21. キリコさん、お話はわかりますよ。
    私もそれは短絡的だと思うし、あれもこれも自民、公明のせい、創価のせいとは思いません。
    誰が日本人が人質にとられて平気な人がいるでしょう。
    先に書いたように
    >安倍政権に問題があろうと難題があろうと、でもだからといって、それに代わる権力が世界情勢を簡単に変えられるわけでもない。
    とも思っています。
    批判は簡単ですが、ならどうすればいいんだ?と思います。

    ただ
    「公明党にさえ入れれば間違いない」
    「公明党が野党にいなかったらもっと酷いことになった」
    これを断固として譲らない学会員の思考に問題があると考えています。

    世界平和なんて口で言うのは簡単ですが、こんな難題はないでしょう。
    誰がどんな指南をしても、どんな思想を持ってきても、どんな英知を寄せ集めても、どんなに犠牲を払っても過去に学ぶことはなく、何度も同じ過ちを犯してしまう。
    残念ながらこれが現実です。
    それをこの日蓮信仰をして学会活動をすれば、世界は平和になる。
    公明党に投票すれば政治は大丈夫、と悟ったことを言うのがアホくさ、と思うのです。

  22. キリコさん、コメントありがとうございます。
    イスラム国が日本人2人を人質にして安倍政権に対して2億ドルの身代金を要求した事件を、安倍政権とは関係ないとするのはどうなんでしょう。イスラム国が日本人を殺すと脅しているのは「日本までが十字軍に加わったからだ」とその理由を述べています。つまり安倍首相はイスラエルの地で「イスラム国のテロ行為撲滅のために日本国民の税金2億ドルをさしだす」と発表したことと関係がないとするのは無理があるように思います。
    いま日本政府は、今回のイスラム国の暴挙を受けて、去年の7月に閣議決定した集団的自衛権の解釈の変更をもとに、自衛隊派遣を可能にする新しい安保法案をこの1月末から始まる通常国会に提出しようとしています。今の国会の与党分布では何だって通ります。そのための年末の突然の解散選挙だったんですからね。
    http://jp.reuters.com/article/jp_islamicst/idJPKBN0KW0RZ20150123?rpc=122
    これはおそらくシナリオ通りでしょう。アメリカも戦闘態勢を整えてやる気満々ですよ。それには日本人の人質2人が無惨に殺されなければならないという条件があります。アメリカも日本もあの2人を助けません。これでも今回のことがたまたま安倍首相が中東に行ったときに起った事件で、安倍政権の動向とイスラム国の判断とは関係ないといえるのでしょうか。
    大量破壊兵器を持つと濡れ衣を着せて戦争をしかけるアメリカが、今度は日本を使って中東と戦闘状態にもっていき、武器弾薬を売りまくって儲けるというビジネスです。安倍首相は単なる使いっ走りですよ。そしてその使いっ走りに利用されているのが公明党であり創価学会です。
    阪神淡路大震災から20年の慰霊式典のときに、安倍首相はイスラエルで「2億ドルの税金をあげます」と言って、アメリカから「よしよし」と頭をなでられ、イスラム過激派をキレさせたのではないでしょうか。それもアメリカがイスラムを攻撃する理由をつくるための罠だと見るのが妥当ではないでしょうか。これがたまたまのこととは思えないのですがいかがでしょう。日本人が人質にされた事件はいくらかはありましたが、金目的の誘拐でした。しかし今回は違います。あきらかに安倍政権に対しての攻撃です。つまり日本をテロの標的になったと解釈していいのではないでしょうか。

    安倍政権がこの4か月だけでもどのような税金の使い方をしたか、いちおう情報として紹介します
    http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/1d88a7344923ac244aa4d692ae91ccbc

  23. 皆さんこんばんは。
    今回のテーマに沿わなくて申し訳ございません。最新のページにコメントした方が良いとのことで、ここに書かせていただきます。

    私は、難しい事は良く分かりません。
    というか、人間形成される大事な時期から、創価色になっていき、創価の中でしか通用しない人間になってしまったと思っています。

    もっと、今日本で、世界で何が起きているのか、とか、創価の歴史より、世界の歴史を学ぶべきだったと思っています。

    今、少しずつ皆さんのコメント読ませてもらっています。
    正直、いろいろ混乱したり葛藤したり…。
    でも、今思うと、普通では考えられない世界に居たんだな、とも思います。
    あまり深く考えすぎると、不安定になりそうなので、マイペースにまずは静観するところから徐々に普通になりたいです。

  24. キリコさん
    安倍さんが歴訪中にこの人質事件は降ってわいたように起こったわけではないのですよ。。

    湯川さんは昨年の8月に後藤さんは11月に既に拉致されていたのです。
    それなのに安倍自公政権は、それを放置し。。あろうことに選挙なんかもしちゃったりして。。
    その挙句、安倍さんは中東を訪問し、イスラム国の批判をしつつイスラム国を攻撃する国を支援しお金を出すと、あちこちでパフォーマンスの演説を行っていたようです。

    これで、あの映像が流された。
    つまり、後藤さんらが拉致されている事実を知りながら、悉くイスラム国を逆なですることを安倍は、やってのけたのです。

    心情的に違和感を感じることは個人の自由ですから、そのことは言うつもりは一切ありません。。

    最近のわたくしは、ちょっと言葉がキツくて気分を害する方も多いかと思いますが。。
    マインドコントロールの楔を思いっきり抜きたくって。。つい。。

    誰かを傷つけてしまったとしたら、ごめんなさい。。

  25. ぱんだまんさん、ここへのコメントは最初に自己紹介がないと載せられないことになっています。学会員か活動家か、非活か、脱会者か、外部の方か、せめてそれくらいはなければ、言いたいことも伝わらないと思いますよ。まずは自己紹介をしてから思うことを書いてください。よろしくお願いします。

  26. 私も今回の件は難しく複雑であり、事実関係のはっきり出てこない部分もあり、
    考えがまとまらない最中でありますが、
    安易にお金を出すことが解決ではなく、それだけが目的ではない、と思います。

    かっては経済力をバックに何でも金で解決できたのでしょうが、
    失われた20年以来、経済大国とはいえなくなったのが現状です。
    安倍政権は麻生氏とともに回復を期待されてはいるでしょうが、
    なぜかうまく行き渡らず、アメリカからもEU諸国からも、
    今回の件を切り口に、違う見方を日本に向けつつあると思います。
    公明党は消費税率据え置き…まちがえた軽減税率の提案等のような、
    経済政策にばかりにしか言及しないのはなぜでしょうか?
    平和を掲げていたのになぜでしょうか?

    一部の過激派のせいでイスラム教信者の方が傷ついています。
    日本の仏教界での創価学会がもたらす空気に似通ってはいないでしょうか。

  27. >一部の過激派のせいでイスラム教信者の方が傷ついています。
     日本の仏教界での創価学会がもたらす空気に似通ってはいないでしょうか。

    なるほど!確かに同じ構図ですね!

  28. 覚醒しかけているぴーちゃんと申します。
    前に、今までのことは、高い授業料だったと思って、と言いましたが、そう簡単に切り替えられないのが正直なところです。
    恨みつらみな感情とか、良かれと思って苦しめられた奴らに、捨てゼリフの一言でも投げつけてやりたい!とも思います。
    最近の私は、なんか荒れています(>_<)
    それもこれも、最初から創価に関わらなければ、こんな感情抱かずに済んだのに…
    近所に出かけるにも、合ったら嫌だな…
    でも、なんか言ってやりたいなとか…
    落ち着かないm(__)m
    でも、以前より街で会わなくなりました。
    言い方が変ですが、波長がズレてきたからかな?とか。
    激しい感情はまだありますが、ここは、静かに創価を去るためにあるサイトですね。
    仏罰をまだ怖れている自分がいますが、自然に静かに過ごしたいです。

  29. 連投すみません。
    覚醒しかけているぴーちゃんと申します。
    いろいろ思い出して来てしまって…
    怒りが込み上げてきてしまいました。

    私が他宗の友人から勧誘されていたときに、創価の人に「情けない」と言われた事…
    また、他宗の友人を見返してやりなさい、とも。
    なんて上から目線なんでしょうか。
    私の揺らぐ心を受け止めることもしないで…

    そんなこと言っているわりにその人のご主人は未活です。その人は、信心さえしていれば、が口癖でした。でも魅力が感じないからご主人未活なのではないでしょうか…
    派遣で担当でしたが、担当はなれたら知らんぷりでした。

    命よりも大事な組織…がそんな脆い造りでいいのでしょうか…?

  30. すみません、覚醒しかけているぴーちゃんと申します。
    感情が激しくなって、疲れて、具合悪くなってきてしまいました(>_<)

    私は、年齢的に考えて、数年前に婦人部に移行しましたが、女子部時代は部幹部でした。今は幸い、役職なしです。
    一部員にすぎないので、さほど影響ないと思いますが、私は今、すごく悶々として、でも、いろいろ気を紛らせて、目をそらしてましたが、とてもしんどいですが、怒りの元は、意味不明な幹部によるものであることなので、白ゆり長に、意味不明な担当幹部を自宅に来ないでほしいと伝えました。
    たぶん、口コミが早いから、私はもう退転者扱いで哀れまれるのでしょうか…
    それに耐え得る自信がついてこないですが…
    オドオドしています(´・_・`)

  31. 創価三世のcallと申します。よろしくお願いいたします。

    イスラムでの人質といえば思い出すのが、もう10年も前になるでしょうか、公明党の元幹事長である故冬柴鉄三幹事長が、日本人がイラクで人質に取られた際、人質になったのは自己責任だと発言し、損害賠償までほのめかしていたことを思い出します。
    創価から覚醒しかかっていた私は、国民の生命を守るために存在する国会議員が、ましてや人の生命は地球より重いと考えているはずの公明党議員が、国民の生命の危機に対して自己責任だなどと発言することなどありえない、こんな人物を幹事長に据えている公明党も、その問題発言に対してなんのコメントもしない池田名誉会長もどう考えてもおかしいと、その事件でずいぶんと覚醒が進むきっかけになったのを思い出します。

    ところで、安倍首相の中東諸国歴訪で、各国に数百億ドルの支援を約束してきたとの報道がなされているようですが、正確には安倍首相が行っているのは円建ての円借款であって、ドルでの支援を約束してきたわけではないそうです。
    円とドル、どちらも同じ支援じゃないか、何が違うんだと私も考えておりましたが、円での支援かドルでの支援かは、イスラム社会にとってはその意味がまったく異なるのだそうです。
    その違いとは、日本は今のところ、外国に武器輸出をしていないことと関係があります。
    どういうことかと申しますと、円借款を受けた国々は円を持っていても日本からは武器は買えず、ドルやユーロに両替しない限り、日本から食料支援や道路や橋や水道などのインフラの建設ような平和的な使い方しかできません。
    ですので、日本の中東支援は中東の人々のための平和目的であってイスラム国と戦争をするためではない、日本人が人質に取られるいわれは全くないと堂々と言えるのだそうです。
    そのアピールが今の与党に足りないために、日本があたかもイスラエルなどに武器を買うためのドルを置いてきたかのようにイスラム国に思われているのではないかという指摘を
    知り、円かドルかの違いでそんなに受け止め方が変わるのかと目からうろこが落ちたところです。

    池田名誉会長も公明党も創価学会も、こんな時こそ得意の対話で平和をアピールするべきだと思いますが、聖教で見る池田名誉会長の状態は認知症そのものの表情をしており、人質は自己責任だなどと平気で発言する元幹事長のいた公明党とそれを支援する学会員にそれを期待するほうがどうかしているのかもしれませんね。

  32. 安倍さんの責任云々するのは今の段階ではまだ早かったかな、と反省してます。
    人質になってる二人はまだ命の危険から脱してはいないし、政府が懸命に対応してくれないと助かるものも助からなくなるので取りあえず今は人質救出に全力を上げてもらわなければいけないと思うので。足を引っ張るような事は言うべきではないのかな、と。ただし2億ドルの支援を中止する、という案は良いアイデアだと思います。そういう提案はどんどんしても良いと思います。そして『一般の日本人は決してあなた達を敵だと思ってはいない。人質の命を奪う事はかえってその一般の日本人があなた達に対して敵意を抱く事になってしまう』というメッセージを発する事が大事なのかなと思います。『日本の一般国民の多くは政府のやり方に賛同しているわけではない』とか。政府は政府のやり方できちんと人質救出に動いていただきたいと思います。
    責任追及はその後で。
    ちなみに、公明党や創価学会は今回の件で何か公式にコメントしてましたっけ?

  33. テーマから外れますが、ぴーちゃんさんのコメントを読んで、思い出したことがあります。
    私の場合はとにかく「知らなかった情報を知り得て」というのが覚醒の全てだったんですが、その時びっくりしたことがあります。
    びっくりしたのは情報そのものより、周りの活動家の反応です。

    ウラがあり、ソースがあり、動かぬ証拠がある話を知った。
    こんなこと今まで内部からは全く聞いたことがなかった。
    おそらく誰も知らない。
    大変!教えなくちゃ!知ったら皆驚くわ!
    私、決して活動に嫌気がさしたとか誰かに不信を持ったわけじゃないので、真剣に訴えました。
    「ねえ、知ってる?実はこれって本当は〇〇だったんだよ!」
    「びっくりだよね。ウソつかれてたんだよ!」
    ところが誰もその話、信じないんですよ。
    私を信用してなかったわけではありません。
    私がこれまで、誰かにウソを言ったことはないのもよくわかっています。
    「モニカちゃん、それってあなたが騙されてるのよ!」
    「お願いだからそんなこと信じないで頂戴!」
    「お願いだから私たちの方を信じて頂戴!」
    逆にそう真剣に言われて泣かれました。

    いや信じたくても、その人たちはその物的証拠や客観的な事実を覆せる別のソースを提示するわけじゃないんですよ。
    ただ自分が信じてる世界にそんなことはあるわけないと、それだけなんです。
    違うというならそれを証明できる情報が聞きたいのに。
    私は困って、
    「あなた方を信じられなくなったわけじゃないんです。でもこの証拠を見れば感情はどうあれ事実を認めるしかないでしょう?」
    と懇々とソースを示して説明しました。
    でも取り合おうともしないんです。
    ただ、創価を信じられなくなった私をパニックになって見つめるだけなんです。

    その時、誰でもこの動かぬ証拠を知りさえすれば覚醒する!と思っていた私は本当に驚きましたね。
    私も信仰心は厚いつもりでいましたが、こんな客観的な事実を知り得たら受けつけない余地はなかったですから。
    そうではなく、どんな事実を突き尽きられても「それを信じない」という発想があることを知りました。
    信じないというより、信じたくないと強い思いから反論記事は意識的に見ない、聞かないという態度を強情に通す、といった方が合ってます。
    この時私はつくづく多くの仲間に失望しました。
    大好きな人たちであったはずなのに、なんて強情で偏狭なんだろうと呆れました。
    しまいに皆の頭や顔がどこかで操られてるロボットみたいに見えて、気味わるくなりました。
    ゾッとするような恐怖すら覚えたし、関わりたくなくなりました。
    まあそれは一時期だけで、今はそんなこともどうでもよくなりましたけどね。

    ぴーちゃんさん、一時の混乱は内容はいろいろあれ時間が解決してくれますよ。
    ここへの書き込みも気持ちの整理になると思います。
    整理したら書く、というんじゃなくて混乱してる時は是非そのままを書いてください。
    誰かが必ず力になってくれると思います。

  34. 今、緊急速報で、湯川さんがどうのという動画が出ているって。
    首相が「言語道断の許しがたい暴挙だ」と言っているとか。
    首相自体の行動も許しがたいんですが?

    しかも官房長官の記者会見で湯川さんの名前を間違えた。
    バカ?はるなゆたか?小麦粉の銘柄か!(はるゆたかという銘柄ある)
    こんな人たちに日本を任せてる私たちって・・・。
    早く創価の財務(たくさん集まったでしょう?)を人質のために使いましょう。

    それから、ぴーちゃんさん、こんにちは。
    私も今までの活動時代と覚醒後の感覚の格差で時々悩んでいます。
    キチガイみたいになるときあります。
    すごくわかりますよ。私は女子部の活動しかしてないのです。
    ぴーちゃんさんと同じく、年齢的に婦人部ってときに婦人部にうつり、
    なんというかいろんなことにびっくりしてしまって。婦人部の感覚というか・・。
    女子部時代でもびっくする非常識な発言や、創価ボケ発言、いろいろあったのに、
    婦人部は、それに輪をかけたような感じでした。

    いろいろ意見を言うも、キチガイ扱いされたので、どんどん覚醒に至りました。

    私はここでは同じ思いした人と話ができるので時々書き込んでいますが、
    同じ思いをする人の意見ってなかなか近くにはいないので、私にはありがたいです。
    もしもぴーちゃんさんが、つらいときに、ここをのぞかれて、
    どんどん創価であったことなど書き込んで教えてくださいね。
    きっといろんな同じ思いした人が見つかると思います。
    私はそういう方法しかいまのところないので、そうしようと思っているのですが、
    皆が一緒ではないので、ひとつの提案です。そして静かに創価から足を洗おうとおもってます。

    それからcallさん、はじめまして。
    ドルと円での支援の違いびっくりしました。
    有益な情報をありがとうございます。
    新たな情報があるみたいですし、今後どういう風になるか、
    政府はどう動くのか、見ていきたいですね。
    日本の国民へ、というメッセージも気になります。
    日本国民=安倍と同じ考え
    ではないのでね。
    ネットでI am NOT ABE.
    というのが出回っていました。本当です。
    I AM NOT ABE.
    WE ARE NOT ABE.
    WE ARE NOT SOKA.

  35. 後藤さんのお母様の記者会見での発言、
    「健二はイスラムの敵ではありません。」という言葉がすべてをものがたっています。つまり、集団的自衛権の解釈の変更がイスラム過激派にとって、日本がよりアメリカ寄りの信頼出来ない国として認識され、犯行の引き金になった可能性を否定出来ないと思います。
    callさん、冬柴さんの当時の発言内容は覚えています。生命尊厳を謳う政党のはずが、酷いことを言うものだと呆れてました。公明党の政治理念は、当時から狂っていたのがよく解ります。

  36. >整理したら書く、というじゃなくて混乱してる時はそのまま書く…
    むっちゃいいです〜
    リアルに語ることが、この場の大切さだと思っています。

    MCからの覚醒は他人が思うよりずっと壮絶なものと思います。
    焦ることなく、一歩一歩ぼちぼちまいりましょう〜

  37. 創価学会員が盲目的に支持する公明党の票によって、安倍政権がここまでの暴挙に出て、世界紛争をますます引き起こしているということなんです。創価学会員はアラブのテロに加担しているということです。そのことをしっかりと自分の頭で考えていただきたいと思います。
    この
    シニフェさんの内容に同意してます。
    私は、新聞配達を20年しました。
    嘘の内容を配達していたことに気づいた時、震えがきました。
    配達を無事、終われた時、本当にホッとしました。
    その後、地区の皆さんの前で、脱会しますと言って
    創価学会を辞めたのですが、
    世界情勢と宗教の関係性、架空の紙幣の様な経済の中に生きている事に気づきはじめて
    再び、愕然としました。
    創価学会を辞めただけでは、問題解決には、なっていなかったーと思いました。

    うちひしがれているとき やさしく寄り添うように 笑いかける人、
    妙なものを売るために 近づいてくる人、
    救いの手を待ち続けているとき 誘ってくる人には、気をつけた方がいいですね。
    どんな時も、自分の頭で思考する事を、心がける様になりました。
    マスコミ情報は、操作されています。
    本質を読み解いていかなければと思ってます。

  38. 日本人人質ニュースが入ってきて心配ですね。
    創価の現場では、一切誰もその事に関心を寄せていません。
    世界平和を自称する団体が笑わせます。

    4月の統一地方選の怒涛の会合ラッシュ、それに加えて連日議員を連れての挨拶周りです。
    私の地区に入っている担当幹部が、選挙になると異常なほどのテンションをあげて部員さんを追い詰めているので、その対応でグッタリ状態です。

    覚醒した私にとっては、私自身に向けての発言もさることながら、白ゆり長や部員さん達を「叱咤激励」という名で追いつめる幹部の言動が耐えられない。
    彼女たちが喜んでやっているのならまだしも、常識的に考えても尋常ではない事を「公明党を勝たせる事こそが信心の強さ。池田大作に喜んでもらえる事」と言って部員さんたちを追いつめる幹部。
    白ゆり長に対して「どのような知り合いでも、どのような伝手を使っても友人知人にFを頼んでいくのよ!貴女の子どもの小学校の友人のFは?マンションの人達は?まだ頼んでない?それなら顔見知りの家には取りあえず頼みなさい!F台帳は?!本気にならなくちゃダメよ」と命令口調です。

    普通の初老のオバさんなのに、幹部というだけでこのような理不尽極まりなく非常識な言動をする。
    創価でしか通用しない意味のない役職なのに、何様のつもりでしょう。

    先日、あまりの言動に憤りが爆発して「幹部自らと言っているのだから、まずはご自身で率先したらどうですか?みんなそれぞれ事情があるのですから、無理強いするのはどうかと思います。選挙屋じゃないんですから。」と言うと「貴女の長の一念が弱いから、地区のみんなが本気にならないのよ!!」と激怒。
    覚醒した目でみれば、異常な行動言動の数々。
    創価は、何かといえば「長の一念」ですね。

    まだ始まったばかりの選挙戦ですが、心の疲弊で神経がたっているのか眠れない日々です。
    覚醒された非活の方は、沈黙を貫いて静かに創価と決別していきましょう。
    事情があり活動家として組織に身を置いている方、自身の心の平静を保つために、良い意味での逃げ道を見つけ、脱会できるまでお互いに頑張りましょう。
    私は、こちらのサイトを読むことで、「私は間違っていない」と心強くしています。

  39. 今の政権ではなくても
    今回の事件は起きうることだったかもしれませんが
    創価が公明党を必死で支援する裏には
    必ず、幸せになり福運がつめる
    この信心しか幸せになれないのだからと
    信者の心をかたくななまでに
    マインドコントロールすることに
    悪があると思います。
    政権にしろ公明党が連立していても
    良くはなっていなではないですか?
    今回の事件はどの政党であっても
    今の日本には大変難しい対応しか
    出来なかったでしょう
    だから、公明党、創価を支持しても
    決して良くはならないのですよ
    いかにも、絶対に平和で幸せな未来が
    まっていると強力に思わせることが問題なんです。

  40. マインドコントロール、本当に簡単には抜けませんね。
    近くにいる末端の会員さんは本当に信じて、または信じ込んで真面目に活動しておられるだけなので、気の毒で仕方ありません。ご本人が幸せならばそれでもいいと思います。そのかわり、活動しない人がいても放っておいてほしいのです。地獄に堕ちるとか宿業が切れないとか言って脅すのはやめていただきたい。←こんな言葉で脅されるなんて外の人からみたら滑稽でしょうね。そんな思考を植え付けられて半世紀近く生きてきて、バリ活の母親が近くに住んでいて、当たり前にしつこい会員の方々、選挙で迷惑をかけてきたので外部の友人に相談もできない・・・こちらのブログが支えです。悩んでいる皆さん、いろいろと立場や考えは違うでしょうが、一緒にがんばりましょう。

  41. 未活で覚醒しかけているぴーちゃんと申します。
    モニカさん、kickeyさん、宝星さん、ありがとうございます。
    まだ不安定になりますが、大丈夫だと思います。
    組織に縛られないで、自由にのんびりいきます。
    でも、世の中の動きは、のんびりとは言えない状態ですね。

  42. レモンさん

    先日はコメントをありがとうございました!

    レモンさんのお気持ち痛いほどわかります!
    私の地区に入っている幹部は、レモンさんのところの幹部ほど煩くないから、まだマシなんだなと思いました。
    そして、レモンさんの幹部に対する勇気。素晴らしいです!

    それにしても「長の一念」・・・ぷぷぷー!!!って笑っちゃいます!
    今度そのような場面に出くわしたら「一番の長は誰なんですかね?」と聞いてみたいと思います!

    こちらの地域では、明日は支持者カード等の中間報告の日です。
    今日は主人と下の子が不在で、時間があるので、ちゃっちゃっと、ざっくりと報告しちゃおうと思います。

    同じ立場のレモンさんのコメント。本当に励みになります☆

  43. 今回の人質殺害は本当に悲劇としか言いようがないです。人命を奪う連中がどんな正義を訴えても正当性はありません。ただ人質がいる状況なのに『テロに屈しない』とか無神経に発言しまくって相手を刺激した日本政府は、人命第一など口先ばかりで全く考えてないと思います。やはり政府の不手際は後できちんと追及されなければならないでしょう。
    今日本が果たすべき役割はアメリカやイスラエルなどと一緒になってイスラム国と直接戦う事ではなく、イスラム国がこれ以上拡大しないように中東情勢を安定させるために独自に動く事ではないでしょうか。武力での連携は絶対にするべきではありません。
    イスラム国の人たちも武器を持って取り囲まれたらどちらかが破滅するまで戦うしかなくなります。別のチャンネルも必要です。
    馬鹿の一つ覚えみたいに『テロに屈しない』『テロとは断固戦う』と言ってるあの人には早々に退場していただきたいです。

  44. ニュース見ていたら、
    去年確か湯川さんが捕まってしまって、解放に動くとかいいながら、
    そのうちニュースにも出なくなりました。
    そのあとに、常岡さんという人と、イスラム学者の中田考さんが、現地に行ってます。
    その時にアメリカの空爆がすごかったとかで、湯川さんにあと一歩で会えなかったと。
    そのあとに、後藤さんが行ってるんです。
    後藤さんとの連絡が途絶えたのが10月中旬だったようで、
    拘束されているのも政府は知っていたわけですよね。
    で、そんな中で衆議院解散。
    年末には後藤さんの奥さんにメールが来ている。身代金要求で。
    そういうことも、政府は知ってました。
    知っていながらイスラエルと日本の国旗の間で「テロには断固戦う」とかテロで苦しむ人々への人道支援をするための支援金をするって発表した。

    これ、日本政府の中では「どこが悪いねん」って思うでしょうが、
    向こうにしたら、揚げ足を取る格好の条件がそろったわけですよね。

    ま、とにかく、早く財務つかっちゃえ!さっさと金出せよ。創価さん。
    勝手な時は秘密裏にお金出すんだからさ。ね。

  45. 人道主義の観点から、湯川さんを助けにいった後藤健二さんが、ああした姿で命の危機にさらされていることに強い憤りを覚える。本来なら、政府関係者が非暴力的な方法で救出に行くべきではなかったのか!?生命の尊厳を説く創価学会の支援活動を受けて与党に居られる公明党=創価学会、口先だけの「人命最優先」はいいから、イケダセンセイの弟子として世界最高の宗教の力を今こそ見せろや!!!!!!

  46. まあ私はそもそもそんなと危険なとこ行くなよって思います。
    危険なとこにわかってていった人には大騒ぎで、
    日常生活送ってた日本人が何人も拉致されてることにはいまだに知らんぷりですよね、

    偽善者だらけだなと思います

  47. 私も,やまとだましいさんと同じ思いですね
    もう遠い過去の日本の戦争体験も知らない人間がなぜのこのこそんなところに出かけていくのか
    理解に苦しみます
    いろんなところでたくさんの方がコメントされてますが厳しいコメントが多いように思います
    今ユーチューブで挙げられている現在の戦争状況がリアルに見れます。
    あれを見ればとてもじゃないけど、何故わざわざそんなところに行くの? と思います
    親を失い、子を失い家族を亡くして半狂乱になっている、人殺しなんて何とも思ってない世界に
    自分だけは助かると思って、甘い考えで出かけるのかね?
    私はここ数日腹立たしい気持ちでいっぱいです
    それにしてもAKiraさんが言ってるようにSGIは平和を唱えていながら、何故こんな重大な時に
    大声でコメントしないのか、ここは死んだふり決め込んでますか、情けなく腹立たしい!
    何が世界平和じゃ、この危機に行動してみろよ、有言実行よろしくお願いしま~すSGI殿

  48. 今は日本国内にいれば安全かもしれませんが、イスラム国に喧嘩を売った以上は日本国内も危険になりますよ。今回の件で大騒ぎしてるのは敢えて危険なところに行った人たちが殺されたことが問題というより、この件がきっかけになってイスラム国と戦争状態になってしまう事を恐れて、それを何とか未然に防がなくてはいけないと思って騒いでるんです。
    自分たちで望んでの戦争なら仕方がないとしても、安倍さんのやってる事は本当に日本国民の総意に基づいての行動でしょうか?日本国民のほとんどは自分の身内が殺された訳でもないのにイスラム国と戦いたいなどと思ってはいないのではないですか?それなのに勝手にイカレタ相手に喧嘩を売ってしまって。(人を殺す連中はどんなに正義を振りかざしててもイカレてると私は思ってます。だから日本でも自国防衛以外で武力行使したがってるやつらはイカレタ連中だと思ってます)
    安倍さんの支持者の人たちはどんな事態になったら安倍さんの過失を認めるのでしょうか。

  49. SGIの躍進はどこに活かされているのでしょうか?

    「イスラム国」との交渉に対話の難しさを感じます。
    偏向的な思想信条を持っている者との対話は難しい……

    一方でイスラム経済全体は市場を拡大しているのが現状です。
    資本主義経済ではくくれない難しさを含んおり、
    独特の宗教観を持つ日本の役割を安倍政権が担うのが精一杯でしょう。

    偏向的な宗教団体を支持母体とする公明党には不可能な役回りです。
    経済政策を述べるばかりで、政党理念が失われている

  50. >日本国民のほとんどは自分の身内が殺された訳でもないのにイスラム国と戦いたいなどと思ってはいないのではないですか?

    メガネさん、そうですね。
    何だか「ね!イスラム国って酷いでしょ?ぶっ潰されて当然でしょ?」という洗脳を受けてるみたいです。
    この感じ宗門問題の時と似てるなあ~。
    日顕と戦争したかったのは真意を見透かされて叱責された池田ただ個人だったのに、まんまと前線に連れ出され戦争をおっぱじめた会員。
    それを会員総意の正義とか何とか言っちゃって。
    これで新たな儲けもできたし、池田の名誉も回復させた。
    ちゃんとシナリオがありましたよね。

  51. 私もそう思います。
    いわゆる近代以降の世界は西洋列強のシナリオで動いていますよね。西洋の経済支配者たちは、もともと世界は自分たちが支配するものという前提でいます。白人以外は人間とも思っちゃいません。アフリカや中南米や東南アジアやインドは昔からそうだし、中国もすでにアヘン戦争をしかけて西洋の意のままに収めています。あとは中東とロシア。まずは当面中東をどうするかってことでイラク戦争や911をしかけた。そこになにかにつけてロシアが逆らってきたのでウクライナだなんだと内線をでっちあげて国力にダメージを与えてきたけども、プーチンは以外としぶとかったので、このあいだから露骨に経済面でロシアを攻撃してますよね。まあそのあたりは私たち一般市民がどうこうできることではないので言ってもしょうがないんですが、私たちはそうしたカラクリに絡めとられないようにしなければなりません。原発にしたってウランの鉱脈をもっている西洋の経済支配者たちが、今のうちにウランをお金にしてしまいたいからであって、一気に脱原発が進んでは商売上がったりなんですよね。でも次世代エネルギーの分野もしっかり抑え込んでますからね。この世界の支配構造を変えるなんて少なくとも私たちが生きてる間には無理な話だと思います。残念ですけど。
    創価学会や公明党が支持している自民党も、そうした世界経済の支配体制の歯車に組み込まれているわけですが、一般人の私たちもスターバックスのコーヒを飲み、マクドナルドのハンバーガーを食べたり、モンサントの種や農薬をつかった野菜を購入し、病院にかかる度に医療マフィアから搾取され続けているわけで、そういう意味では知らない間にこれらの圧倒的な経済支配体制の後押しをしているとも言えます。私たちが生きている高度資本主義社会の世界というのは一種の奴隷制度みたいなものだと思います。創価はそうした腐った社会からわき出した膿のようなものですね。私たちはせめてそうした膿の部分をしっかりと見極めて、私たちにできる範囲ででも不幸を避けていければと思います。

  52. モニカさんのおはなし、同感です。
    ぱこはまったく外部の人間なので、近代の戦争史はもとより、今回の「イスラム国=悪」の構図をみていると、「あら~宗門戦争やらと瓜二つ!」と思いました。
    皆さんの指導者は、きっとヒトラーの文献も学ばれたのでしょう。
    創価のひとは、号令ひとつで「テロとの戦い」とやらに賛成してくれると思います。
    戦い、すきですもんね。
    それが自分達の「平和主義」なのだといって。

    こんな事件が起こると、すぐに「自己責任」「自業自得」と繰り返すひとがいらっしゃいますね。
    一切衆生、などといってこられた宗教人のなかにもいるとすると驚きです。
    「ひとりのひとを救うことは、世界全部のひとを救うこと」といった考え方はイスラムにもあるそうですが……。
    人質にとってはみたけど、そこの国民は「は?自己責任じゃね?」と無関心……だと知れば、テロリストのほうがびっくりでしょう。
    創価をみて、宗門への攻撃性に??となったことを思い出します。
    草木の喩にもありますよね。
    こっちの木には雨を降らせるけど、こっちの草にはやらないよ、とかいうものじゃないですよね、法雨って。
    それとも、ニッケンには絶対降らない!
    紛争地域に出ていった奴には降らない!
    ってことなのかな。
    そもそも「自業自得」って、もっときれいな意味だったと思いますが。
    仏教の「運命観」みたいな。あなたの得る運命は、前世や手相によらない。あなた自身の行いが導く……。
    業=カルマじゃないですよね?この場合。
    まちがっていたら、すみません。

    危険な土地にわざわざいって、その地の情報を伝えてくれるひとがいなければ、私は中東で焼き殺され、頭のない死体となるたくさんの子供達のことを知らないままでした。ルワンダの虐殺も、チベットの弾圧も、北朝鮮で餓えたり公開処刑される宗教人のことも……。
    そんなこと、どうでもいい、ですかね?
    「自己責任」だから助からなくてもしかたない、というひとは、雪山の遭難者にも前線の病院で働く医師にも、同じことを思うのでしょうか。

    世界のどこかで命の危機に瀕しているひとが、例え犯罪者で性格が悪くて税金滞納してて政府が止めるのも聞かずでていったひとだとしても、国家にはそのひとを、国民の命を救う義務があります。

    徒然と書いてしまいましたが……
    世の中で起こるすべてのことが、創価・公明の無茶苦茶具合を示してくれます。
    なにが起こってもゆるがない「信心」とは……残念なことです。

  53. 危険な情報を提供することもとても大事なことだと思います
    でも自己責任だと言いながらも、ほっておかれたためしがないのではないのでしょうか
    いつも誰かが手を差し伸べているのではと思います
    先日の雪山でコースから外れて遭難した方を、救助隊の方が
     何を考えているんだ!こっちも命がけなんだよと大声で怒られていた映像を見ましたが
    自己責任と言いながらも誰かに大変な迷惑をかけるんだということをしっかり認識しなければいけないと思います
    今回のことも結局は一人が殺害されてしまい国を巻き込んでの難題どうするの?
    こお言う話はいつも空回りに終わる気がします
    身内の犠牲者が出ても情報が欲しいんですかね。

  54. 未活のぴーちゃんです。

    なかなか怒りがおさまりませんm(__)m
    とりあえず、意味不明な幹部には、白ゆり長を通して、うちに来ないように言いました。
    本当は、本人に疑問、不満を晴らしたいですが、ひとまず距離を置くということでそうしました。
    他の会員がやってきて、少し打ち明けてみました。
    そしたら、人のことはどうでもいい、まず自分が元気になることだよね、と。
    一見心配してくれているようだけど、じゃあ私はどうでもいいことで悩んでいたってこと?
    さらに、意味不明な幹部をかばうように、みんな人間革命の途中だから〜とか。
    そりゃ、みんな成長途上ですけど…
    それでなんでも片づけちゃっていいのかな?
    それなら、宗門のことだって、学会は、悪には断固闘う!とか追撃の手を緩めるな!とか、そうなのかもしれないけど、離れていったことに対しては、もうほうっておけばいいのではないでしょうか。
    なんて、上手く言えなくてすみません。
    内部批判は、人間革命の途中だから…でうやむやにして、学会を疑問するものに対しては、反省もせず、聞く耳持たず…。

  55. 何があってもゆるぎない信心・・・。たとえテロが起こっても。
    テロなんてそっちのけ、選挙もあるから・・・。自分たちが安全ならそれでよい。守られた。
    なんて思っている。というのが、私から見た創価です。

    創価のバリ活は、世間のニュースとかもあまり見ないですよね。
    ニュース見ない、テレビ見ない(会合で忙しいから)、新聞(一般紙)読まない、一般の本も読まない、ネットもみない。だから脳が腐ってくるんです。脳を切っても切っても金太郎あめのように、切っても切っても創価脳。

    以前まだ活動家時代に、職場の昇進昇格の役員面接がありました。
    「最近読んだ本は?」と聞かれて、創価の本ばかりで、堂々と職場の役員に話せるようなものがないことに気が付き(気づくの遅すぎ)、四苦八苦して、小説とかではないけど、ちょっとした雑学的な本を思い出し、とっさに答えました。
    それ以来、話題になった本ぐらいは読むようにしています。
    面接を機会に、いかに自分が世間からずれているかを思い知らされたんです。
    そういうことが積もり積もって覚醒に至ったということもあります。

    せめて創価の人は、世間の出来事もきっちり検証され、いま世界で何が起こっていて、自分たちは何をしたらいいのか、創価脳を離れてぜひ考えていただきたいと思います。「今こそ、祈りましょう。」というのは、なしでお願いします。自分で考えることが苦手な創価なので、大変だとは思いますが。今に、普通に町を歩けなくなるって、そうなっても創価脳でいられるでしょうか。

  56. ピーちゃん
    初めまして、もし今度来たら話のついでに
    宿命転換して人間革命完了した奴知ってるなら見てみたいと言ってみたらどうですか
    学会員はいつも 人間革命の途中だからと言いますからね、お決まりの逃げ口上です
    私の場合は玄関で大声で もう絶対来るなと怒鳴り付けました それから全然来ません
    大声出すとスッとしますよ
    ぼそぼそ、言ってたらなめられますよ。とにかくひつこいんだから。頑張ってね (^_^)/

  57. テレビや一般紙を見てると今の政権が非常に危険だなどとは誰も思わないのかもしれません。危険な政権をアシストしてるなどとわかったら学会員は大騒ぎするはずです。学会員の認識は一般人の認識とそれ程変わらないと思います。公明党は政権与党なので学会内部で流れる情報と政権側が流す情報とはほとんど同じですから。
    だから私などがここで騒いでもちょっと左巻きの人が思い込みで大騒ぎしてるだけみたいに冷めた目で見てる人はたくさんいると思います。
    私が覚醒したきっかけは今の政治状況が原因ですが、それはあくまで私の場合であって他の人はその人なりのきっかけがあるわけで・・・。なので私がここでいきりたって政治の事をまくしたててもかえって他の人の覚醒の邪魔になっちゃうのかなとちょっと反省です。
    このサイトはあくまでも創価学会から静かに去るためのサイトなので、あまり偏った政治色を出し過ぎるのは逆効果かもしれませんね。色んな政治信条を持った方が見てると思うので今後は気をつけたいと思います。

    ・・・でも、時々叫びたくなるかもしれないのでその時はご容赦下さい。

  58. 自称「イスラム国」のネットを利用したイメージ戦略、
    オウム真理教のアニメ等による若者の取り込み作戦、

    SGI創価学会のMCにうったえる会員獲得活動にとても似てませんか?!!
    日本でも世間全体でこの異常さに毅然とした態度を取るべきときなのです

    たとえ力づくで勢力を拡大したとしても、時代を後戻りするだけです。
    歴史を振り返れば、絶望的な結末が待っていることはわかりきっています。
    日本の大戦前夜に舞い戻るか、西洋史なら十字軍侵攻にやはり戻るのか、
    歴史を繰り返すことで自分の意義を見出だすなんて…愚かです。

    イメージに呑み込まれてはいけない、投げ出してはいけない
    若い人これからの将来はかけがえのないものです
    輝きに気づくのは、ずっと後だとしてもあきらめないで下さい。

  59. はじまして。テーマとは関係の無いコメントをしてしまい申し訳ありません。新しい記事にコメントをすれば気付いていただけるのではと思い、書き込ませていただきました。

    今、創価に関わることで非常に悩んでいることがあるのです。
    色々なページを見て、偶然このブログを見つけて、ここにコメントを書き込んでいらっしゃる方々なら何かいいアドバイスをくれるのではないかと思いました。
    聞いていただけますでしょうか?

  60. ナナシのナしさん、コメントありがとうございます。
    ここではことあるごとに申し上げているつもりですが、ここにコメントされるにあたっては自己紹介をしていただいて、ふつうに挨拶のできる方であればどなたでもコメントできます。よろしくお願いします。自己紹介とは、およその年齢と性別程度。そしてこれまで創価学会とどのようにかかわってきたのか、またいるのかといったことでけっこうです。

  61. 失礼いたしました。

    現在20歳の女です。私自身は無宗教なのですが、今お付き合いしている6歳上の彼が創価学会員なのです。
    去年の3月からお付き合いをしています。
    そして、創価と関わるのはこれが始めてです。

    彼が学会員だと知ったのは、9月頃です。とある動画を見ていた時にカミングアウトされました。
    私自身、創価に対してはあまりいいイメージを持っていないので喧嘩になりました。その後和解はしましたが、正直なところ今すぐにでも辞めて欲しいと思っています。
    ですが、家族と縁を切ることになるからと彼は言います。
    私もそこまではしてほしくないし、お互いにまだ学生だし、悲しい考え方ですが付き合っているだけだからと、それ以上強く言うことはしていません。

    簡単ですが、自己紹介と創価との関わりです。
    よろしくお願いいたします。

  62. 連投するような形になってしまい、すみません。

    悩んでいるのは、私の父にどう打ち明けようかということです。

    私は現在一人暮らしで、夏に地元に帰省する時に彼に遊びに来て欲しいと言い、遊びに来てくれ両親にも会ってくれました。父も母も温かく迎えてくれました。その時はまだ、彼が学会員だということを知りませんでした。
    地元から戻ってきてからそのことを知ったので、両親には話せませんでした。
    成人式の前撮りのため、先月2日間だけ地元に戻った時に母には話しました。母も創価に対していいイメージを持っていませんでした。しかし、仲良くね。と言ってくれました。

    お付き合いを始めてもうすぐ1年になります。
    父にもこのことを打ち明けなければと思うのですが、
    彼の事情を私が話していいものか、本人から打ち明けてもらうべきなのか悩んでおります。

    そして打ち明けた時に、彼のことを何と言うのかがとても怖いです。創価学会員というだけで全否定されてしまうのか。

    今までずっと考えないようにしてきましたが、いつまでもこのままではいけないと思っています。

  63. ナナシのナシさん、ありがとうございます。
    そうですか。これはかなりやっかいな問題だと思います。そしてかつての自分がまさにあなたの彼と同じ立場だったので、よけいに人ごとには思えません。
    私がまだ創価を信じきってた20代の頃、当時結婚も考えてつきあっていた彼女の親から反対されたことで、私のほうから一方的に去ってしまいました。30年後に覚醒した今になって、自分がしたことの罪悪感によって心が折れてしまったのです。
    結局のところ私は生まれてずっと受けてきた創価の洗脳によって、ものごとの正常な価値判断をできないようにさせられていたことの50歳まで気がつかなかったんです。おそらくあなたの彼も、信仰とあなたとどっちをとるかの判断を迫られたら信仰をとるでしょう。創価の洗脳は恐ろしいです。それは彼の本音ではなく、洗脳の結果だということをわかってあげてほしいと私は思いますが、かといって彼の洗脳がそう簡単にとけるはずもありません。それはこのブログに書かれている多くの体験談を読んでいただければ、なんとなくはわかると思います。しかし創価の実態を知らない方にとっては想像を絶する世界です。よっぽどのことがない限りは彼は創価を優先するでしょう。そういうふうに仕立て上げられているからです。
    ナナシのナシさんはまだ20歳とのことですので、これからまだいろんな方との出会いがあります。こういってはなんですが、その歳で自ら創価の世界に関わっていくのは、あまりに危険だとも思います。私のような年寄りから見れば、1人で悩むようなことでもなかったと思えるときがきっとくると思ったりします。
    ここで他の皆さんの伊アドバイスも参考にしていただけるとうれしいです。

  64. signifieさん、お返事ありがとうございます。
    彼が言うには、名前だけ入っているようなもので活動はしていないから。ということなのですが、脱退したら縁を切ることになると思っているようなのでやはり創価の考え方が染み着いているんだなと思っていました。どうしてそのような考え方になってしまうのか、家族とはその程度のものなのかと正直、信じられません。

    一度、彼に自分の事を父に打ち明けて欲しいとお願いした方がいいのでしょうか…。

  65. 未活のぴーちゃんです。

    サラマンダラさん、ありがとうございます。
    時ぐすりが効くまでは葛藤の日々であろうかと思いますが、理想は、フェードアウトです(≧∇≦)

  66. ナナシのナシさん、はじめまして。
    自分からアドバイスできることがあるとすれば、まずは彼に対して、自分は創価学会の信心をする意思が全くないことをはっきり伝えるほうがいいと思います。その上で、彼が今後も学会活動していくなかで様々な疑問点や矛盾点にぶつかると思いますので、その際にこのブログの色んなテーマのコメントを読ませてあげて下さい。的確な答えが書かれています。創価のマインドコントロールを解き放つことは容易ではありませんが、必ずいい方向に向かうと信じております。
    一昔前までは、創価学会の組織の情報は都合よく操作されて末端に流されていましたが、ネットの普及により、創価学会に故意に秘密にされていた事実に関しても、ある程度正確な情報が手にはいる時代になりました。
    ナナシのナシさんと彼が、幸せな未来に向かって共に歩いて行かれることを、心より願っております。
    (^_^)/~~

  67. ぱこさんのコメントに深く共感します。。

    ある情報に依ると湯川氏も後藤氏も、ある後ろ盾により促されるように現地に行ったのではないか?と。。。

    つまり彼らは捨て駒だったのかな?悲しいことに。。

    その真実云々が証明されるのは、これからの政府の動きに如実に現れるのでしょうね。。

    シニフィエさんのおっしゃるように始めからシナリオは出来上がっていたのかもしれない?と思えたりします。。

    もう誰も、この流れは止められないのでしょうか。。?

    そして春の選挙ではまた自公政権が勝利するのですね?
    いまの安倍政権にOKというのですね?

    そろそろ国会では自衛隊を国防軍にすることや憲法9条を骨抜きにするような法案が次々と通されるようですよ。。

    それも、今回の人質事件を踏み台にして。。

    自分の立ち位置を確認しよう。。
    この流れの中での。。。

  68. sinifieさんこんばんは!
    時々コメント(4回)しているチョパーです。
    2015/01/26 13:35のsinifieさんのコメントを読んで同感しました。
    私と同じような視点で世界を日本を見ていられる事にビックリしました。
    「対話を求めて」のブログを運営されている事に感謝いたします。
    今後とも宜しくお願いします。

  69. ラザリスさん、はじまして。お返事が遅くなってしまい申し訳ありません。

    昨日、様子が変だけどどうしたの?と問いただされ、悩んでいることを全部彼に話しました。
    結論として、今はまだ話さなくていい、けどもしもこの先将来のことを考えるようになった時は、自分がどうするのかちゃんと考えると約束するから。ということになりました。
    今は、彼の言葉を信じようと思います。

    ありがとうございます!

  70. 未活のぴーちゃんです。

    意味不明な幹部は自宅出入り禁止令は伝わったようですが、仲介した白ゆり長もピントはずれです。
    私が忙しくてなかなか訪問できなかったから〜とか。違いますから。来てもらわなくて丁度良かったのに。白ゆり長を変にヤル気出させちゃったかしら…。

    私を入会させた実の姉の人間性も疑念あり。家族なだけに、悩み苦しい。

  71. signifie様
    皆様
    はじめまして、先日退会した50代女性です。

    夫のマインドコントロールを解きたいと
    ネット検索し、こちらのサイトに出会いました。
    全ての記事に目を通したわけではありませんが
    信頼できる場と判断し、参考にさせていただいております。

    「読むだけ」でしたが、ナナシのナシさん の投稿を読み
    何かの参考になればと思い投稿いたします。
    長文ですので、お時間の許す時にご覧ください。

    今回私が退会に至ったのは子どもの結婚問題がきっかけでした。
    以下、子どものことをAとします。
    Aは赤ちゃんの時に入会、大学生になって親元を離れる時に御本尊を持たせる。
    しかし、積極的に活動するということではなく、尊敬する父が言うからそうする程度。
    名前だけで活動はしていない です。

    Aが結婚したい人に出会ったのですが「学会」であることが障壁になり
    「退会したい」と言ってきました。
    親子といえども、それぞれの人生であると考えている私は
    「それは、あなたの自由よ。幸せになって欲しいって思っているだけだから」
    と言ったのですが
    夫は「先方が学会に対する間違った見解を持っているのがおかしい」と聞く耳持たず。
    結局、時間が掛かり過ぎ今回の縁談は流れてしまいました。

    Aは今後のこともあるから父親とは縁を切ると
    「◯◯(夫の名前)はAには今後一切関わらず
    Aの葬儀にも参列しないし墓参もせず、相続もしません」旨の用紙を用意してきました。
    (万が一、子どもの自分が先に逝くことがあっても死後も関わってくれるなと。他の兄弟の前で)
    夫は署名捺印しました。

    夫は、穏やかな性格で、学会員であることを除けば
    私にとって世界一のパートナーで
    友人達も「いいダンナさんだね」と言ってくれます。
    ここ20年程は仕事が忙しく座談会・同放ほとんど出席していません。
    新年勤行会と財務と法戦は日頃の罪滅ぼしの様に励んでいます。
    外部の人には、学会員かどうかわからないと思います。
    Aも父を尊敬し同じような職業に就き仕事の相談もしていました。

    私は結婚を機に入会
    パートナーが大切に思うものを共有したいとの思いからでした。
    この人と結婚するのであって学会と結婚するのではないのだからとも。
    その後違和感を覚え
    「退会したい」と何度か言ったものの
    「まだ、勉強が足りない〜、お題目本気で上げた〜?」と応じてもらえず
    (悪意からではなく、絶対にいいものだから必ず分かる時が来ると思っていたそうです)
    家を出る事も考えましたがシングルマザーになる勇気はなく…
    一見熱心に活動してきました。

    今回の件で様々なものがハッキリし
    「理解しようと努力してきましたがもう無理です。
    気持ち悪い程の選民意識・無責任な選挙活動・組織を守ること第一の幹部・
    疑問を投げかけると謗法と言われる・人の肩書を利用する・退会した人への罵倒…
    30年やってきて、まだやりようが足りないということであればどうすればいいのでしょうか?」
    私とAの退会は認め、その手続きも速やかに実行してくれました。

    30年前、世間知らずだった事・親族に学会員(離れた所に住んでいて実態がわかっていませんでした)がいたこともあり、気軽に入会してしまった事を本当に後悔しています。
    自分の失った時間は仕方ないとしても、子ども達に申し訳なく思います
    そして、学会員として影響を与えてしまった方々にも。
    タイムマシーンがあるなら借金してでも手に入れたい。
    「入会して合わなければ退会すればいい」それは甘い考えでした。

    学会員である事を除けば何の問題もない、むしろ私にはもったいない様な夫…

    Aから絶縁状突きつけられ、私が積年の思いを伝えたことにより
    退会の方向に気持ちは動いている様ですが…
    かなりのマインドコントロールです。
    一時期離婚も考えましたが
    30年間私を大切にしてくれた事実と
    子ども達の事を考え
    マインドコントロールが解ける日が早く来る様努力しています。

    これから結婚を考えている皆様の参考になれば幸いです

    「誠実な人の様だし、あなたの選んだ人だから大丈夫よ」と
    両親は娘の私を信頼し、結婚を喜んでくれました

    何度も繰り返しますが、学会員である事を除けば
    何の問題もない、むしろ私にはもったいない様な人です、今も昔も。

  72. 先日の地方新聞に記事が載っていましたが
    英紙タイムズは過激派イスラム国による人質事件を機に日本はイスラム国に対する有志連合を支援するため自衛隊を活用すべきだと社説で呼びかけていたとありました。
    得意げにお金をばらまく安倍ちゃんを冷めた目でいている国もあるでしょう。
    これを機に本当に自衛隊が動き戦争の中に入らなければいけなくなる日が
    くるかもしれません・・・
    あちこちにお金をばらまき国民からお金を巻き上げ
    他国にいい顔をする。
    創価と同じような感覚でしょうか?
    信じているとなかなかその中の嘘を見抜くのは
    難しいものです。
    創価の本当の姿もみなさんの多くの実体験に触れることにより
    覚醒し救われる人が増えてくれることを
    いつも願っています。

  73. にゃんころころさん、コメントありがとうございます。
    創価の実態を知らない方にとっては、なにもそこまで否定的になることはないんじゃないかと思われるかもしれません。しかし実態はにゃんころころさんのお話のとおり、一度入会すると脱会は容易ではありません。形式的には脱会しようとすれば組織に「脱会します」と宣言して、ご本尊も返却するなり処分するなりすれば済むことですが、身内に活動家がいるということが一番のネックになるようです。その身内の方は真剣に「この信心を手放せば不幸になる」と信じていますから、親や配偶者や兄弟など、その関係が近いほど、脱会させまいとします。また、私もそうでしたが、親が草創期からの幹部だったりすると、自分が脱会することで親がどうしようもなく悲しむことがわかっていましたから、なかなか難しかったと思います。私の場合は父が亡くなり、母も認知症でわけがわからなくなっていますので、すんなり脱会することができました。
    身内が学会員なので脱会したくてもできないで悩んでいるという方は、ほんとにたくさんいらっしゃると思います。
    この問題もみなさんで実態をあきらかにして、どのように考え対処していけばいいのかを、この場で話していければと思っていますので、これを機会に次のテーマとして新しいスレッドでみなさんのお話を伺えればと思います。
    ありがとうございます。

  74. SGI創価学会は今回の件を機に、お金をばらまくことで躍進ぶりを
    アピールすることをやめるべきです。

    そして日本国内の影響しているであろう社会問題に真摯に向き合うべきです。
    その地方に住む人々には、数々の事件と関連づけて考えないわけにいかないのです。
    あまりにも盲信的に活動しすぎてきた結果です。

  75. 今朝、作家の高橋源一郎先生が朝日新聞のネットにこんなコラムを掲載されていました。パリでのテロに対する反応があまりに情動的に見えたのて、なにかしら違和感を感じていたのですが、これを読んで少し救われた気がしましたので転載させていただきました。ログインしないと読めないサイトですので、リンクではなく、あえて転載にしました。
    ________________

     イスラム過激派組織「イスラム国」に、ふたりの日本人が人質として捕らえられた。いまわたしがこの文章を書いている火曜深夜、事態は流動的だ。
     爆笑問題の太田光はこの事件に関し、報道の問題として「黙ることが必要なときもあるんじゃないか」とテレビで語った〈1〉。太田光が沈黙を求めたほんとうの理由はわからない。けれど、いまのわたしは同じことを感じている。
     テロにどう対処するのか、政府や国家、「国民」と名指しされたわたしたちは、こんな時どうすべきなのか。わたしにも「意見」はある。だが、書く気にはなれない。もっと別のことが頭をよぎる。
     動画を見た。オレンジの「拘束衣」を着せられ、跪(ひざまず)かされ、自分の死について語る男の声をすぐ横で聞かされながら、ふたりはなにを考えていたのだろうか。その思いが初めにある。「意見」はその後だ。
     同時代の誰よりも鋭く、考え抜かれた意見の持ち主であったにもかかわらず、スーザン・ソンタグは、「意見」を持つことに慎重だった〈2〉。
     「意見というものの困った点は、私たちはそれに固着しがちだという点である……何ごとであれ、そこにはつねに、それ以上のことがある。どんな出来事でも、ほかにも出来事がある」
     そこにはつねに、それ以上のことがある。目に見えるそれ、とりあえずの知識で知っているそれ。それ以上のことが、そこにはある。そのことを覚えておきたい。なにか「意見」があるとしても。
        *
     やはりイスラム過激派によるテロがフランスで起こった。「預言者ムハンマド」の風刺画を出した週刊紙「シャルリー・エブド」編集部が襲撃され、十数人が亡くなった。「表現の自由」が侵害されたとしてフランス中が愛国の感情に沸き立つ中で、フランスを代表する知の人、エマニュエル・トッドは、インタビューにこう答えた〈3〉。
     「私も言論の自由が民主主義の柱だと考える。だが、ムハンマドやイエスを愚弄(ぐろう)し続ける『シャルリー・エブド』のあり方は、不信の時代では、有効ではないと思う。移民の若者がかろうじて手にしたささやかなものに唾(つば)を吐きかけるような行為だ。ところがフランスは今、『私はシャルリーだ』と名乗り、犠牲者たちと共にある。私は感情に流されて、理性を失いたくない。今、フランスで発言すれば、『テロリストにくみする』と受けとめられ、袋だたきに遭うだろう。だからフランスでは取材に応じていない。独りぼっちの気分だ」
     トッドを「独りぼっちの気分」にさせたその国ではなにが起こっているのか。「移民2世や3世のイスラム教徒の若者は権利を奪われ、チャンスも未来もないと感じている。殺伐とした高層住宅が並ぶパリ郊外の貧困地区には、多くのイスラム系住民が暮らす。よほどの幸運か意志がなければ、そこを抜け出すのは不可能に近い」とジャニーン・ディジョバンニは書いた〈4〉。
     ヨーロッパは多元的な文化の融和を目指してきた。だが、それは困難に直面している。「イスラム国」に象徴される、イスラム過激派を表立って支持する者はいない。だが、竹下誠二郎によれば、ある調査は「フランスでのISIS(イスラム国)への支持率は16%に達するが、移民のルーツを持ち、社会的に隔離されているか失業している若者に至っては27%にもなる」と伝えている〈5〉。
     ヨーロッパの移民社会の若者たちは貧困と差別の中で、行き場を失いつつある。明るい希望がないなら、せめての希望は、自分を受け入れない豊かな社会が壊れる情景を見ること、となるだろう。
     この、社会の深刻な分裂を糧にして、移民を排斥する極右は不気味に支持を伸ばしている。だが、これらすべては、わたしたち日本人にとって「対岸の火事」ではない。この国でも、貧困と差別は確実に拡大しつづけているのだから。
        *
     襲撃事件から数日後、「二十世紀のもっとも偉大な風刺漫画家」ともいうべきアメリカ人ロバート・クラムのインタビューが掲載された〈6〉。彼は四半世紀にわたってフランスに住んでいたのだ。
     クラムは、ことばを慎重に選びながら、「表現の自由」を守れと熱狂するフランスへの静かな違和を語った。
     「9・11の同時多発テロの時と同じだ。国の安全保障が最優先され、それに反するものは押しつぶされるのだ」
     「それで、あなたは何をしているのですか?」と記者は重ねて訊(たず)ねた。
     「わたしは(風刺)漫画を描いた。ひとりの臆病な(風刺)漫画家としてね」
     クラムは「意見」を述べるのではなく、漫画を描くことを選んだ。
     クラムが描いたのは、クラムらしき人物が申し訳なさそうに「ムハンマドの尻」と題された風刺画を抱えている画(え)だった。「シャルリー・エブド」の漫画家たちがムハンマドの顔を描いてイスラム教徒を挑発したことを逆手にとった画だった。しかも、その尻の持ち主ムハンマドはクラムの友人の名前だった。
     そこで風刺されているのは、クラム自身、あるいは、この状況の下で右往左往する人びとすべてであるように思えた。
     周りの熱狂から取り残されて、クラムの画は「独りぼっち」に見えた。だが、風刺とは、自分自身さえ例外にせず、あらゆる熱狂を冷たく笑うことだということをクラムは知っていたのだ。
        *
     〈1〉太田光(爆笑問題)、テレビ番組「サンデー・ジャポン」での発言(1月25日)
     〈2〉スーザン・ソンタグ、2001年のエルサレム賞受賞スピーチ「言葉たちの良心」から(『同じ時のなかで』〈09年刊〉所収)
     〈3〉エマニュエル・トッド、インタビュー「パリ銃撃テロ 移民の子、追い込む風潮」(読売新聞1月12日付)
     〈4〉ジャニーン・ディジョバンニ「フランスの衝撃、フランスの不屈」(ニューズウィーク日本版1月20日号)
     〈5〉竹下誠二郎「移民家庭出身の若者がイスラム国の戦闘員に 欧州に迫る新たな脅威」(週刊ダイヤモンド1月17日号)
     〈6〉ロバート・クラム、インタビュー「Legendary Cartoonist Robert Crumb on the Massacre in Paris」(ニューヨーク・オブザーバーのサイト、1月10日、英文、http://observer.com/2015/01/legendary-cartoonist-robert-crumb-on-the-massacre-in-paris/)
        ◇
     たかはし・げんいちろう 1951年生まれ。明治学院大学教授。近刊は評論集『「あの戦争」から「この戦争」へ』。
    その他のオピニオン面掲載記事
    (論壇時評)熱狂の陰の孤独 「表現の自由」を叫ぶ前に 作家・高橋源一郎

  76. 今朝、後藤健二さんがイスラム国によって殺害されたとの情報を知りました。激しい憤りとともに無力感で一杯です。
    ここ数日、彼の無事の帰国を願い、必死に神に祈ってました。

    安倍晋三がしでかした、愚かな外交政策のお蔭でまた一人、何の罪もない庶民が殺されたのです。また、日本が今後もテロの標的にされていることを認識させられました。
    「自己責任」という一言では 決して済まされない大事件だと思います。
    誰が総理であっても、防ぎようがなかった事件だとの意見もありますが、自分はそうは思いません。
    今日のこの思いを死ぬまで忘れることはありません。

  77. 後藤さんは武器を向けたわけでないのに殺されてしまった…
    あまりにも大きな犠牲です。
    なぜ年末に急な選挙なんかしたのでしょう、信用がおけません

    自称「イスラム国」にとって日本人は利用しやすいのでしょう。
    ふわふわと信条を何ら持つことのない国民が大多数を占める刹那な国、
    オウムだけでなく創価学会もたくみにMCを利用して都合のいい若者を集めている、
    取って代わられても不思議ではないです。

    創価王国もテロ活動に結びついてしまうのは疑いようがないです、
    静かにだんだんと現実に思考を戻しましょう、
    孤独で不安な時は、私もまた寄せてもらいます。

    心より冥福をお祈りしたく思います

  78. >後藤さんは武器を向けたわけでないのに殺されてしまった…
    私もそう思います。
    これが彼らには「正義」なんでしょう。

    正義なんてうんざりですね。
    自分がそう思うことも正義だとは思いたくない。
    ただ静かに冥福を祈りたいと思います。

  79. 後藤さんが斬首されたとの報道がネットで流れたあと。。
    正直、わたしは無力感でいっぱいになりました。。

    そして、そのあと悲しみが込み上げてきて涙が溢れ出しました。。

    この日わたしは、独りレクイエム。。
    夜は独りキャンドルナイトで過ごしました。。

    そのあと、わたしに襲ってきたのは怒りの感情でした。。

    その怒りは、イスラム国よりも後藤さんらを死に追いやった安倍、その人への深い怒りと悲しみでした。
    そして、それはまた安倍政権を支えている公明党、なかんずく無知な創価学会員への憤りにも変わっていきました。

    創価学会は、いまの自民党を支えている確かな票田を持っています。
    公明党、そして創価学会が与党に組みしている限り、自民党は安泰そのものです。

    この理屈をお分かりですか?創価学会員のみなさま。。

    消費税増税に賛成しているのも創価学会員おひとりおひとりです。
    年金が減らされていくのにOKと言っているのも創価学会員おひとりおひとりです。
    医療費実質値上がりに賛成しているのも。。原発再稼働に賛成しているのも、集団的自衛権に賛成しているのも。。そして、日本という国が戦争をできるように是と言っているのも創価学会員おひとりおひとり、なんですよ。。

    公明党に投票しているから大丈夫?でしょうか。。

    笑えます。。
    戦後最悪といえる安倍と一緒になって、この日本という国を戦争ができる国へと導いているのは他ならぬ創価学会員おひとりおひとり、なんですよね。。

    ここまで書いていて、思わず深いため息が出てしまいました。。

    その自覚がおありですか。。?
    公明党は、ほんとうに自民党のストッパーになる、と未だに信じていらっしゃいますか。。?

    安倍が臆せず、あのようなパフォーマンスを演じるのもバックに創価学会の多大な票田があるから、なのですよね。。

    創価学会のみなさまに考えていただきたいです。あのイラクへの人道復興支援と言いつつ実質的なイラク派兵からの自公の流れを。。

    あなたがたの子どもや孫たちに誇りを持って伝えられますか。。?!
    創価学会は、戦争ができる日本になるために自民党に加担したのです。。

    無自覚であり無知。。
    いま知ることから始めてください。。

    あなたがた創価学会員が無自覚で行っている罪深い言動を。。
    いちど、リセットしつつ冷静になって考えてほしいです。

    この気持ちがマインドコントロールされた創価学会員には到底伝わらないだろう、と思いつつ。。
    それでも、心を込めて発信してみました。。

    みなさま、いまこの時の自分の立ち位置は、どこにありますか。。?
    この時代の流れの中での自身の立ち位置を感じてみよう。。

  80. ここ1ヶ月ほどのテロに関する事件が悪夢であって欲しいです。人間とはここまで残酷になれるものかとあきれ果て、悲しみの気持ちを抑え切れません。
    間違っていれば指摘して欲しいのですが、イスラム国とは、イラク戦争でフセイン政権下の残党者が中核となっていると聞きました。彼らの憎しみは、でっち上げられた大量破壊兵器の存在を元に始まった愚かな戦争で、身内や同朋を無残に殺されたことに原因があるのだと思います。
    つまり、当時の公明党の対応(イラク戦争加担推進)も、間接的に原因になっているのです。悲しいかな、その事に全く気付かずに、他人事のように選挙活動をしているのが創価学会員です。
    このブログに参加される皆様、まずはこうした愚かな歴史を繰り返さないという強い意思を持ちましょう!!
    そして、純粋に世界平和のために何か行動を起こし祈りましょう!!
    子供達の未来のために。

  81. 私もラザリスさん同様、たしかな視点で考えをもちたいです。
    公明党を支持することは、恐ろしいことにつながっています。
    選挙戦をお祭りモードにしないで、きちんと考えてみましょう。

  82. 今や政府を批判するとテロリストのシンパだとレッテルを貼られてつるし上げにされそうな状況になってきましたね。
    もうどんな意見を言っても深みにはまっていくような無力感を感じています。
    正論がどんどん潰されていく・・・。(シニフィエさんもお気を付けくださいね。私たちのコメントでシニフィエさんに御迷惑がかからないと良いのですが。)
    報復合戦で殺し合いの戦争になる事だけは避けたいのに。
    善と悪の戦いが好きな学会員は『テロとの戦い』が人の死を伴う物であっても、善対悪の構図に乗せられて生命尊厳などなかったかのように追随していくのだろうな。
    武器輸出まで正当化してしまう人達だから・・・・。

  83. 怖がっていては流されてしまう。。

    モノ言えぬ雰囲気に押し潰されてはいけない。。

    この国の若者と子供たち、そして子孫を護りたいし護らなければならない、といまのわたしは想うから。。

    先の大戦前にもモノ言えぬ状況になっていった日本、という国。。。
    繰り返しちゃいけない。。
    同じ過ちを。。

  84. ただただ無力感のみです
    言葉で表現するなんて心苦しくてできません
    ご冥福をお祈りいたします

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中