「身内が学会員なので脱会できない」という問題

先のスレッドに、ナナシのナシさんとにゃんころころさんから切実な問題が述べられました。ナナシのナシさんはおつきあいしてる方が学会員だということをカミングアウトされどうしていいかわからない。またそのお話を受けて、にゃんころころさんがご自分の体験をもとに脱会することの困難さとともに、創価の洗脳の恐ろしさを語ってもらいました。
創価のことをまったく知らない方にとっては、一宗教団体に入会したり脱会したりすることで、どうして悩まなければならないのかを理解できない方が多いと思います。むしろそれが当たり前の感覚でしょう。先祖代々からの宗教ならともかく、創価学会は新興宗教であり、今となっては日蓮正宗とのかかわりもまったくなく、外から見れば仏教ですらありません。お寺でもないのに、数珠をにぎりしめて、破門されたお寺のご本尊をこっそりカラーコピーしたものに向かってみんなでお経をあげる怪しい集団です。世界平和や個人の幸せを目的とする団体であると謳ってはいますが、その実態は徹底した縦型組織による一方的なトップダウンの洗脳体制で、財務や新聞購読をなかば無理強いしてお金をまきあげるだけの偽善集団であり、信仰については会員を功徳と罰で心を縛っているだけの道具でしかありません。そのような実態を知れば、一般の人たちも創価の恐ろしさが理解できるだろうし、なぜあのような非常識な感覚の人間になっているのかもわかると思います。しかし一般の人たちはそこまで関心はありませんし、創価も外部に関しては徹底して良い子のふりをしていますので、大きな社会問題として取り上げられる前に、創価のもつ莫大なお金と権力によって問題はもみ消されてきました。
しかし実際問題として、自分の結婚相手がじつは創価だったとか、子どもが創価学会にはまってしまったとか、自分は覚醒したが親が強情で脱会を許してくれないなどの、身内が創価学会員であるが故の様々な問題があると思われます。身内のことなだけに、他人に相談できないし、組織に相談してもやりこめられるだけだし、信教の自由が保障されているこの日本で、ここまでの規模で人権侵害をおこしている団体もほかにいないと思います。
ここではそんな問題を抱えて悩んでいらっしゃる方へ、いろんな体験をとおして、解決へ向けての方法をどのように考えていけばいいのかというところを、少しでも皆さんとともにあきらかにできればと思います。創価のことで悩んでいらっしゃる方はほんとうにたくさんおられます。まずはそのことをみんなでしっかりと認識することから始められればと思います。
みなさまから、創価と関わりをもつ家族のことで具体的にこんなに悩んでいる、あるいはこのようにして解決できたなどなど、たくさんのお話を聞かせていただけるだけでもたいへん心強いと思います。どうかよろしくお願いします。

「身内が学会員なので脱会できない」という問題」への99件のフィードバック

  1. こんばんは。

    非学会員のアルトと申します。
    少し前のスレッドに独り言のように新人学会員の夫の事を書いてしまったのですが、タイムリーなテーマでしたのでもう一度参加させてください。

    前スレッドの独り言とダブってしまうので詳細はこちらに書きませんが、私の秘密裏で親の誘いを断われなかったと入会し、事後報告してきた夫です。

    創価学会‥
    会員さん達が普通の日常を送る普通の方々なのはわかっていますが、無宗教の家庭で育った私には「宗教」そのものが日常ではなく、学会に至っては今まで平穏に暮らしてた毎日に突然土足で踏みこむ心泥棒のように感じてしまうのです。義両親は「夫婦で活動するもの」「学会の話をちゃんと聞けば奥さん(私)はきっとわかってくれる」と、勝手な事ばかり‥。

    今思えば結婚4年目(2年前)に義両親が学会員な事を告白されて以来、いつか夫も‥とどこかで考えてはいましたが、子供も生まれ、住宅も購入し、これからって時に創価の後出しジャンケンなんてあんまりです。

    もーーーーーー!!
    本当にハゲてしまうのではないかと思うくらい困り、悩み、本当に辛い日々。

    やはり、身内(私の家庭の場合は両親)が熱心な学会員だということは入会が当然、退会は絶縁、非学会員は罰当たり、なのでしょうか。

    夫婦学会員でどちらかが覚醒、またはどちらかが非学会員の場合、日常生活での気持ちの共有は可能なのでしょうか。

    離婚問題に発展中ですが、お互い離婚を望んでる訳ではないのに、創価の壁は想像以上に高く、そろそろ私の精神キャパが溢れてしまいそうです。

  2. シニフィエ様

    こちらのブログに出会えて良かったと感謝している日々です。

    以前“自分で気づくしかない”のスレッドでも投稿させて頂いてますが現在覚醒中のHeartです。

    私は今、様々な不信が募り1ヶ月以上抜け殻のような状態で過ごしています。。
    私自身、心の支えになっていたので…これが間違っていたのかと…

    私の中で「???」が始まったのが、幹部の人となりがきっかけでした。また、選挙(報告)・半強制的な新聞購読・財務・会合での違和感…。

    私の親も熱心に活動をしているので脱会となるとハードルが高そうですが、まずは非活を目指したいと考えています。

    少し前までは、教義は間違ってないが組織が腐ってるのだと考えており、同じ日蓮の教えである日蓮正宗法華講のYouTubeを見たりしましたが、そっちにいこうとも思いませんでした。調べていく中で、枝分かれ?してる宗派が複数ある事も…よくわからなくなります。

    学会の庭で育ってきたので、間違ってるなどと考えたことすらなく教学も学んで来ました。
    そもそも、日蓮大聖人の教えが正しいという根拠はどこから来るのでしょうか。

    教義は間違っているのか?

    宿命転換など出来ないのではないか。

    と考えたりしています。

    今までの信心が壊れかけています。

    毎日モヤモヤしています。

    覚醒した皆さんは、何を支えにして立ち直る(表現おかしかったらスイマセン)事が出来ましたか。
    よろしかったら教えてください。

  3. heartさんはじめまして。
    >そもそも、日蓮大聖人の教えが正しいという根拠はどこから来るのでしょうか。

    そんなものありませんよ。
    たまたま牧口さんが日蓮正宗に折伏されたから、その流れなだけです。
    牧口さんがクリスチャンだったらキリストを都合良くアレンジしたのかもしれないし、空海さんだったらそれを商売に使ったのかもしれません。
    正しいという根拠があったから広めたのではなく、商売に効率よく使うために絶対的に正しいとしたんです。
    正しいなんて完全な後付けです。

    >覚醒した皆さんは、何を支えにして立ち直る事が出来ましたか。

    私の場合は、友人へロクでもないことを言ってしまった、という後悔はありました。
    これには苦しめられましたが、こういう場で書くことで贖罪に努めています。
    また心の支えがなくなったように感じる場合は、こう考えてみてください。
    今まで習ってきたことが完全にデッチ上げだった=失ったものがどうでもいいものだった=つまり何も失ってない。
    そう、何も失ってないんですよ。

  4. シニフィエさん、皆さんおはようございます。久しぶりのコメントです。義母のみがバリ活なので家族間ではあまり被害を受けていません。私自身は、丸二年完全非活になり今年中に新聞を辞め、時をみて脱会を考えています。昨日、今日の新聞で会則の教義改正の解説が載っていますが、冷静に家族や親子でこの会則について話し合いされたら色んな矛盾に気づくのではないでしょうか?正直、私自身は中途半端な白ゆり長でしたので教義に詳しくなく学会のすること、言うことに間違いは無いっていうアフォな考えだったので、特にフツーの婦人部は話し合いにもならないかもしれませんが少しでも覚醒のキッカケになればと思います。創価学会の都合の良い御書の解釈。今までは何やってんって思います。世界宗教にふさわしい教義の確立という立場から見直していくらしいですわ。もー完全な巨大な教団。仏教ではないです。来月からは、選挙屋になって自身の幸福の為に、親戚、知人、友人に迷惑をかけていきます。会則の話し合いどころではないか( ;´Д`)レモンさんはじめ、覚醒しながら活動されている皆様、どうか無理せず心ゆたかに過ごしてくださいね。偉そうですみません。
    遅くなりましたが、シニフィエさん今年もよろしくお願いします。このブログに感謝です。

  5. Heartさんこんにちは。
    未活?非活?のぴーちゃんと申します。
    私も今毎日モヤモヤしています。
    よりどころとしていたものを失った感で、混乱しています。
    気持ちがこんなだから、日常生活、特に職場で落ち着けませんm(__)m
    仏罰かしら…と不安になったり、
    気持ちが学会側に引き戻されそうになります。怖い。
    実の姉も、初めは宗教だったら、何でもよかったのかもしれない…
    たまたま付き合った彼が学会だった、で、結婚した。
    当時、高校生だった私は何も知らず…
    ああ…

  6. signifie様
    新たなスレッドありがとうございます

    アルト様
    「やはり、身内(私の家庭の場合は両親)が熱心な学会員だということは入会が当然、退会は絶縁、非学会員は罰当たり、なのでしょうか。」

    そんな事はありません。
    直前のスレッドのコメントに書きましたが
    私は、納得せずに軽はずみに入会したことを
    本当に後悔しています。

    「離婚問題に発展中ですが、お互い離婚を望んでる訳ではないのに、創価の壁は想像以上に高く」
    状況から推察すると、ご主人は仕方なく入会された様子ですね。
    そうでなかったとしても、今しっかり対話をしてください。
    お子さんが小さいと、まとまった時間を作ることも大変だと思いますが
    重要なことですので、根負けせずに
    例えばご実家もしくは友人もしくは一時保育にお子さんを預けて
    しっかり対話してください。
    (私の場合は、赤ちゃんとはいえ夫婦の口論を耳に入れたくない
    との思いから、対話の時間を充分取らずなし崩しに入会を継続してしまいました)

    そして、対話のコツは
    相手が説得に使った言葉の後に
    「〜ってあなたは思っているのね(感じているのね・信じているのね・思って育ったのね)」
    例えば「一緒に学会活動することが絶対的な幸福への道なんだよ」って言われたら
    『一緒に学会活動することが絶対的な幸福への道なんだ ってあなたは思っているのね』
    です。
    これは、ひとまず相手のことを承るけれど
    それはあなたの考え・思いであって
    私はそうは思わない、世の中全部がそう思っているとは限らないかもしれない
    という観点を作ることにつながります
    単なるオウム返しではなく
    《あなたは(◯◯さんは)》を入れることが大事です

    学会員さんは自身が狭い見解に立っている【かもしれない】とは
    考えていません。
    その相手に「違う」と主張しても入りません
    それどころか「これは難だ、ということは本物だ」という
    悲しい程の勘違い思い込みで、更にPowerUPします。

    そして、もう一つ悲しい事実は
    本当に幸せになると思っての説得なのです
    アルト様の幸せを思っての発想なんです。
    (時々、苦し紛れに他人を巻き込んで、折伏出来ました!って
    鼻息荒く報告している婦人部を見ることがありましたが…)

    対話の中に「ありがとう」を意図的にたくさん入れてください
    私のことを心配してくれてありがとう です

    タイムマシーンがあって、あの頃に戻れるとしたら
    私は夫に
    「ありがとう
    あなたの私を大切に思う気持ちは受け取りました。
    子どもを育てる上で親の価値観が一致している方が楽かもしれませんが
    多様性が求められる時代を生きる子ども達に
    価値観が違ってもお互い尊重している姿を見せましょうよ。
    そっちの方が素敵だと思いませんか?」
    って伝えたい

  7. >そんなものありません…!まったくその通りだと思います
    教義が正しいかどうかなんて、行き当たりばったりで混乱を極めています、
    ここへきて会則の教義改正の解説??統一地方選へ向けての対策でしかない。

    結婚を機に創価学会を離れて20余年……
    二世で自宅が拠点になることもあったので、まず寂しがりやになった。
    慣れない家庭生活、育児、そして主人の転勤で見知らぬ土地での不自由さ、
    ますます孤独を感じながら、自分で初めて一から考えて生活してきた、
    主人にも感謝、そして心から接してくれた人々にも感謝、
    まさしく生き直しだったけど、本当によかったと実感しています。

    考える力を奪われてしまわないうちに…
    MCの支配下から逃れるのは年々辛くなるばかりですよ

  8. 先ほどのコメントは
    現在の学会を肯定してのコメントではありません。
    ひとまず、入会しない
    そしていつの日にか、覚醒してもらうシナリオです。

    「身内が学会員なので脱会できない」
    これは外から見たら????だと思います

    家族の反対と言っても
    ちゃぶ台をひっくり返すとか
    激怒するとかであれば
    エ〜ィ!テヤンディ!!
    ダッカイスルノハ、オイラノカッテダィ!!!
    ってなれる可能性があるのですが

    信じ込んでいる家族は「脱会」を口にすると
    本当に悲しい顔をするのです
    その顔を見ると
    こちらも、申し訳ない気持ちになってしまい……
    でもこれは、無意識に近いマニュピュレイト法です
    過去(たいていは幼い頃)悲しい顔をしたら誰かを操ることが出来た成功体験を
    意識(身体)の奥で覚えていて自動的にその様な反応をする

    なので、悲しい顔を見ても動揺せず
    基本スタンスは
    「私のことを思ってくれて、ありがとう」それだけです
    正誤は別として本当にそうなのです。

    入会30年後の対話で夫は
    「信心の素晴らしさは皆感じると思っていた。
    信心の素晴らしさが実感出来なまま30年退会させずにいたのは
    申し訳なかった。」
    「家族を幸せにするためにって頑張ってきたのに
    妻を幸せにするどころか、苦しめ・迷惑を掛けていたなんて……」
    とショックを受けていました

    今後、学会の姿を知った時の夫は
    大地が裂けるような、自分の過去を全否定する様な
    壮絶な思いを抱き
    見なかった事にしたくなるかもしれませんが
    その時は
    「大丈夫、あなたには私(妻)・家族がいます」
    「残りの人生で、これまでの分を取り戻しましょう」
    そう伝え続けるつもりです。

    今日は車を運転しながら
    「私の入会は間違っていました!」
    「夫を無条件に信じた私が馬鹿でした!!」
    ってメッチャ大声で叫び続けました。
    全ての出来事を「良かった」にするべきだと
    思っている部分に決別です!
    失敗は失敗として、両眼を見開いてガン見!
    失敗は失敗として認める
    まだまだ叫び足りませんが
    スッキリしました

  9. ご無沙汰しております。結婚、出産を機に去年の3月に無知のまま入会したaiです。毎日拝見させていただいてます。

    今年の3月に1歳の子供共々脱会を考えています。何故3月かといいますと、主人が創価班大学校を卒業?するのでそれに合わせて、、という感じです。在学中に脱会すると、色々面倒な事になりそうだったので。

    主人には最初反対されましたが、最近は何も言ってきません。創価班で子育ての1番大変な時に家を空けた事を多少は申し訳なく思っているようです。だからといって、学会に対して批判的な事は一切口にしませんが、、、。財務もしっかりしていました。

    主人にも覚醒してもらいたいですが、役職についている訳でも無く、私が創価の矛盾を言ってもいつもダンマリです。あと何十年かはかかりそうなので、気長にまつとして、私が悩んでいるのはバリ活の義家族の事です。

    毎年大晦日には義家族の家に行き、全員で勤行し、新年には新年勤行会に行きます。
    私はそれがどうしても嫌で嫌で、子供が小さいのと私の体調不良を理由に、今回は私と子供は不参加になりましたが、これが毎年続くと思うと今から憂鬱でなりません。
    義両親は特に熱心なので、脱会する事は反応が怖くて絶対に言えません、、。
    静かに脱会したいのですが、何かの拍子で義両親にバレて、色々言われたり、今は良好な関係がギクシャクしてしまうのではないかと心配です。
    私が脱会する事で、義両親に連絡がいくのでしょうか?お互いの家は近いですが支部は違います。
    元々無宗教でしたので、罰や功徳などは
    一切信じてはいませんが、脱会するのにこんなに労力をつかうなんて、、、と思います。まとまりの無い文章ですみません。
    にゃんころころさんのコメント、凄く共感出来ました、ありがとうございます。

  10. 身内が学会でバリ活だと、足抜けするのは本当に簡単な事ではありませんよね。
    活動家になればなるほど、時間も思考も窮屈なものになってしまいます。

    昨夜、何気なく見ていたNHKで詐欺の番組をやっていました。
    騙しているのは、詐欺を企んでいるのは経営者とごく一部のみ。
    社員はみんなキチンとした会社だと思い入社し仕事をしている。
    経営者は、まず社員を騙すところからはじめる。
    社員はそんな事も知らずに、一生懸命に仕事をすることで結果的に詐欺の片棒を担ぐことになる。
    そんな番組でしたが、創価とよく似ているなぁと思ってみていました。
    会員は、騙しているつもりはない、心底平和団体だと思って良かれと思い一生懸命活動している。
    自分の時間とお金を全部とられながらも「仏の使いをしている私は幸せだ」と思い込んでいる。
    上の一部だけが、騙している自覚がある
    どこも詐欺の図式は同じようなもんですね。

    近しい身内に創価がいる場合、脱会は本当に厄介な問題です。
    活動の度合いや、フリー役職、正役職でも違ってきますしね。
    全員正役職のバリ活の義家族や配偶者たちとの問題は、自分の中でも答えが見つかりません。
    どうしたらいいのか。
    考えれば考えるほど混乱してきます。

    覚醒してからというものの、持って行き場のない怒りや苦しみ悲しみという自分では消化できない感情が渦巻いています。
    でも、このような感情は覚醒した人達は、みんな抱えて生きているんでしょうね。

    トールさん、ありがとうございます。
    お互いになんとか乗り切っていきましょうね。
    私は、すでにヘロヘロボロボロ状態ですが・・・。

    犬好きアラフィフさん
    温かいお言葉、ありがとうございます。

  11. モニカさん、コメントありがとうございます。
    長年感じていた違和感が積もり、尚かつ周りにいる活動家の空回り具合を見て、今まで何をしてたんだろう…と馬鹿馬鹿しくも思います。

    ぴーちゃんさん、コメントありがとうございます。同じですね! 本当に混乱中で毎日が苦しいです。。お互い新しい一歩を踏み出せるといいですね。

    身内もそうですが、一番気が重いのは、
    私を信じて入会してくれた人にどのように言い出せば良いのやら……。

    今はまだ、言・え・な・い

    気持ちの整理ができないでいます。

  12. シニフィエ様、皆様、こんにちは。

    にゃんころころ様、
    お返事ありがとうございます。心に響きました。救われたのと同時に、これまで夫との対話方法に反省しております。

    初めはお互い冷静に話をしているのに、いつの間にかヒートアップをしてしまい、もはや”対話”ではなく完全な怒鳴り合い、罵り合い、否定ばかりな会話になってしまい、お互い疲れ果て3日前より”一時保留の停戦協定”を結んだところです。私も無宗教という名の宗教を押し付けていたんですね。

    仕事中も創価と離婚の事ばかり考えているせいか先日、上司の前で突然泣き出してしまい、周りからおかしな人だと思われているかもしれません‥。ひとまず深呼吸だ‥。

    実は、スマホを片手に前スレッドでにゃんころころ様が書かれていたコメントを夫の前で朗読(音読?)したのです。

    にゃんころころ様の旦那さまのお話が自分の父(私の義父=バリ活学会員)とかぶったようで、「親父と一緒だなぁ、うちの親父も全く同じ事を言うだろうなぁ‥」と言っておりました。(縁談話での、先方の学会への見解が間違っているという部分です。)

    私もにゃんころころ様と同じく、夫は学会問題を除けば最高のパートナーだと思っております。そして、ここまで悩むなら私も入会して何も考えずに盲信すれば万事解決なのかと年明けから1ヶ月の間、幾度と考えました‥。けど、私の答えは最終的にいつも「No!」なんです。入会はどうしても出来ません‥。

    夫は「オレは洗脳なんてされてないぞ!」「ちゃんと覚醒するから!というよりもう覚醒してるから!」と言ってますが、夫は覚醒ではなく、そもそも何をやっているかも良くわからず、覚醒に至る疑問を持つ以前の問題なのですけどね。

    にゃんころころ様。貴重なお話、本当にありがとうございました。対話の方法、夫婦としての考え方、相手の思い、大変参考になりました。特に、覚醒された旦那さまへこれから言ってあげるんだと書かれた言葉、これぞ夫婦としてのあり方だ!と深く感銘を受けました。

    折伏に関しても押し付けられてるだけで迷惑!としか考えていませんでしたが、あちらは私を思っての事だという事をきちんと理解して”対話”に望んでみようと思います。もう精神を消耗するだけの泥沼家族戦争はゴメンです。

    こちらのブログに出会えて良かった。
    色々な立場の方のお話や体験談、どれも見つめ直すキッカケと勇気になっています。

  13. ここで声を大にして言いたい……!
    創価学会のせいで離婚をするなんてことはまず馬鹿げています。
    少し冷めた目で見れば、結婚するにはそれなりの良さが互いにあったはずです、
    結婚はお金さえあればできるとか単純なものではないし、
    結婚できたことは奇跡にも近いめぐり逢いだと思うのです。

    親の年に近づいてきて思うのは、
    ごめんだけど、いまは主人とともに築いてきた家庭が優先なのです。
    羅針盤たしかなかったです…お互い罵声を浴びせたり泣いたりしながら、
    なんとか乗り越えてやってきて現在に至っています。
    若い頃の苦労も何年かたつと、笑いがこみ上げてきたりして、
    人生は思うようにいかないけど、思いがけない恵みもあります。
    こんな幸せにめぐり遭うなんてという実感は、他人の人生にもあります。
    人生ってそんなもんだ、…とやっとわかってきたようなふりです。

    結局のところ、自分ながらの人生を親に示せることが、
    親孝行になると思います。
    私は少し前の世代なので、添い遂げることが大事に思います、
    自分たちの家庭を築くので精一杯になるのは当たり前です、
    親を大事に思っていますが、主人との家庭は大事です。

    うちの実家の親は私にはもう何も言わなくなりました。
    私も責めるつもりはありません、心配ではあります…
    いまの日本の状況を見れば、創価学会の功罪は明らかですから。

    離婚をしてまで創価学会に踏み止まるのは、どうかと思います、
    いざとなると責任が求められない詐欺団体です。
    綺麗事ばっかり平気で並べる信用のおけない組織です。

  14. 創価って「未入会」と「非活」と「外部」には優しいんですよね。
    「未入会のご主人とは喧嘩しちゃダメよ」
    ソッポを向いてる子どもたちにも(そんな幹部、結構多い)
    「いつかわかる日がくるわ」
    外部の友人にはニッコリご挨拶。
    「ごきげんよう。先日は選挙ありがとう」
    それが脱会者になると
    「地獄に堕ちる」「幸せになる切符は逃した」「これで福運は切れる」「今に見てなさい」

    活動家に聞きたい。
    外部と脱会のどこが違うんだ~~~?

  15. 「ろくな死に方はしない」
    脱会した身内に向かってこんな言葉を平気で吐けるのが創価脳です。
    私はこの言葉は一生忘れないと思います。
    こういうモラルも何もなくなってしまうのが創価です。創価は宗教ではありません。宗教を装った詐欺ですから「どの宗教が正しくて、どの宗教がまちがっているか」といった議論は、創価問題を語る上ではまったく意味がないということを忘れてはいけないと思います。宗教の優劣が問題なのではなく、これが犯罪かどうかという論点で考えるべきことです。それがどんな内容であっても、宗教であれば誰が何を信じようと本人の勝手だし、他人が口を出す必要もないのですが、たとえば家族がオレオレ詐欺に巻き込まれて有り金全部を知らない人の口座に振り込もうとしていたら、そりゃ「やめなさい!あなたは騙されてるのよ」と言いますよね。でも騙されてるほうは「可愛い孫の一大事だからなんとかしなくては」と信じているわけです。それを他人がネット上で「騙されるのも自業自得だからしかたがない」などとしたり顔で説明していったい何になるでしょう。
    創価を信じている人にとっては「創価とオレオレ詐欺といっしょにすること自体ありえない」と思うのでしょうけど、客観的に見れば本質は同じです。ただ規模がまるきりちがいます。創価の詐欺のほうが何百倍、何千倍、何万倍も悪質です。創価は金銭を奪うだけではなく、人の一生を台無しにしてしまうのですから。そして実際にこれまで何百万人と言う人の人生を台無しにしてきました。だからこうしてその詐欺にあったことの体験をネット上で共有することで、創価が詐欺であることに気づいてもらおうとしています。要は創価が犯罪であることを実際の体験談によって共有しましょうということです。
    家族が創価の詐欺に気づいてくれなくて悩んでいる。話し合いをしてもまったくかみ合わないので感情論になってしまう。切実な問題ですよね。さらに皆さんからの体験やご意見をお待ちしています。

  16. こんばんは。
    お久しぶりになります。
    完全非活のぴんくです。

    モニカさんのコメントの最後の疑問。
    外部と脱会の違いで思い出しました。
    私が引っ越してしまった為、前の地区婦が活動しなくなるのを心配したのか、そういう人が多くて言ったのかわかりませんが言われたことは「やめるのは未入会より悪なの。1度信心してやめるのは、信心してないよりもっといけない云々」でした。
    それなら入会させる時にやめるのは自由だからと言った後に、そのかわりやめたら地獄に落ちるからねとかなんとか言ってくれればいいのに。
    それなら入会しませんと言ったのに…
    それなのに、連絡つきにくい姪のことは
    御守り御本尊返すように話しようか?連絡つかないのは組織が困ると。
    なんだか変ですよね。
    活動家(一応しらゆり長、配達7年)の私にはやめるなと言い、連絡つかない姪はやめさせようとする。いつかわかる日がくるかもしれないのに笑
    その地区婦はいろいろ教えてくれましたよ。
    「私達は選挙屋じゃないから。
    Fを頼むのは学会宣言と同じだから功徳があることだから。」とか。

    まだ脱会はしていないので、御本尊というものはあるのですが、ずっと仏壇を開けていないです。
    それを母親(学会大嫌い)に言ったら、そういうものはきちんとしないといけないのでは?お祓いしてもらって燃やしてもらうとかしないの?と言われました。
    違う宗教の母親ですが、大嫌いな学会のものに対してもそういう配慮というか。
    まああれはそんなにすごいものではないからと言っておきましたが。

    長々とすみません。
    モニカさんのコメントでこの間の選挙期間中に突然やって来て選挙行けるか聞きに来たくせに顔を背けているその地区婦を思い出したので。
    外部には優しく非活には失礼なのを体感しました。

  17. ぴんくさん、情報ありがとうございます。
    「やめるのは未入会より悪なの。1度信心してやめるのは、信心してないよりもっといけない」
    活動家の皆様、これ何故なんですか?

    一方で
    「知らないで文句言うのは酷い。一度知ってから反論してちょうだい」
    ってのもありますよね。
    知ったから言ってるんですけど、このアンサーはどうなるんでしょうか?

    脱会できないと思った時、これらをご家族や幹部に聞いてみてください。
    創価じゃないと地獄に堕ちるなら、外部も皆地獄に堕ちるんですか?
    じゃあなぜもっと必死に折伏しないんですか?
    皆地獄に堕ちちゃいますよ?
    それとも外部は地獄に堕ちないけど、脱会者だけ地獄行き、または不幸になるんですか?
    一篇の題目でも凄い功徳があると言うのに、なぜ何篇も唱えた脱会者が不幸になって、一篇の題目も唱えてない外部は大丈夫なんですか?
    それとも「地獄に堕ちる」は得意の古い指導で、今はなかったことになってるんですか?
    ならば明確に訂正しないと、大半の家庭でこの迷信?が信じられていますよ。
    正義の団体が嘘をついて会員を脅迫し、騙していることになりますよ。

    または退会は自由です、と仰る活動家の方もいらっしゃると思います。
    その場合、すんなりいかない家庭が多いのは承知してると思います。
    家族全員が足並み揃えて脱会ならいいんですが、そうじゃない場合のトラブルを知らないはずがありません。
    いくらあなた個人が自由ですと言っても、「脱会は自由です」が公式に降りてこないし、手続きも明確にしてないし、タブーのように封印されているし、徹底されてないためです。
    未入会の家族がいる場合同様、なぜ家族に脱会者が出た場合の指導はないんでしょうか?
    未入会の家族を強制しないのと同様、脱会してもそれで揉めてはいけないとなぜ言わないんでしょうか?
    むしろ揉めて悩ませて、信心が足りないとでも言わんばかりに見えますよ。

    答えられる活動家の方、どうかコメントを下さい。

  18. こんばんは
    昨年7月9日にコメントしました
    あまにぃと申します
    今回で2度目の投稿です。
    私は鹿児島県は奄美大島生まれです。
    奄美大島は日本で最も学会人が多い所だと思います。
    昨年末の解散選挙でも5回も公明党のお願いを(個別訪問で選挙違反)受けました。
    学会とは完全に決別し家族、本部長に退転を宣言していましたが
    御本尊は返さずに持っていました。
    昨年、父が寝込み、その後救急搬送されて
    今なお意識が戻らない状態です
    バリ活の妹と父の事を話したところ
    彼女の口から出た言葉
    父ちゃんが倒れたのは
    (にいちゃんが御本尊を御巻きしているからよ!)
    でした。
    さすがに私は愕然とし
    またそのおかげで御本尊を処分する決意?に至りました。
    次の日、御本尊をそのまま燃えるゴミで出しました。
    それからひと月以上経過
    父親の状況は然程変わらず、先日呼吸が下がり危険な状態もありましたが
    現在小康状態。
    8年前に母親が倒れた時
    同志の皆で祈り絶対助かると言い
    亡くなった母親
    その時は私も病室で母の耳元で何時間も題目をあげました。
    今回も父親の事をみんなで祈っているようです。

    2001年から10年間バリ活で活動をした私の洗脳もそう簡単に解けないと
    日々痛感しております。

    今後もリハビリをかねてコメントさせていただく思います。

  19. モニカさんのご意見に賛同いたします。
    未入会家族を大切に…という指導はあっても、退会家族を尊重しましょう…はないですね。
    完全にタブー視され、脱会者を出すなんて一族の恥、バリ活として生きていくなら一生負い目を背負って生きていかなきゃいけなくなります。
    地域の祭りも参加しましょう!御輿だって担ぎましょう!なんて言う前に、家族で退会する人が出てもそれは個人の自由です、絶対に責めたり暴言を吐いたりしないように!と新聞に出すなり、公式見解を出すべきだと強く言いたいです。
    会則変更もシレッと新聞に出ていましたが、会則が変更になるなら私は止めます、という方がいたらそれを尊重すべきです。

  20. > 一篇の題目でも凄い功徳がある〜

    モニカさんと同意です。私も変だと思ってます。

    『願いとして叶わざる事なし…』

    vs

    『但し叶う叶わないはご信心によるべし…』

    って、
    はぁ〜?
    学会の教義って相反する表現なんです。伏線張ってるんじゃないかと。

    必死に活動し、本気で祈りましたが叶いません、変わりません。

    学会的には、後々見ればあなたにとってはこれで良かったんだよ!って言う指導になるんでしょうね。

    話がそれてすみません、お邪魔しました。

  21. 身内が学会員であるために脱会できないということと同じく、今まで一緒に活動してきた組織の人間との良好な人間関係を壊したくないので、しぶしぶ統監を残している場合も多いと思います。

    また、とくに年配者の場合、様々な会合に参加したり、折伏や新聞啓蒙や選挙活動で成果をあげることで自分の存在意義を確認するみたいな部分があり、やっかいだと思います。
    学会活動が生き甲斐になっている義理母から、創価学会を除いたらなにも残るものはありません。
    今の生活がどんなに貧しく、親戚からも孤立しているみじめな生活であっても、学会活動こそが幸せになれる唯一の方法だと信じて疑いません。
    長年にわたるこうした頑なな価値観を覆すことは非常に困難です。せめて自分の子供や、このブログを読まれている方々に、同じ過ちを繰り返さないで欲しいと強く願い訴えているところです。

  22. はじめて投稿いたします。
    管理人のシニフィエ様、常連の皆様、いつも勉強させていただいております。

    今回のスレッドにはそぐわない内容かもしれませんが・・・
    ぐちゃぐちゃになっている胸のうちを整理できる糸口になるのではないか、と思い書き込ませて頂きました。

    私は30代前半女性、生まれた時から創価学会とは縁のない家庭で育った外部の人間です。

    こちらのサイトにたどり着いた経緯ですが、去年の夏からお付き合いしている彼が先月学会員であることをカミングアウトしてきたことが発端です。

    彼は3世で母方の親族がバリバリのようです(お父様は結婚の際に入会を迫られたとのこと)。

    はじめに言われたときは頭が真っ白になりました。
    私も年も年ですし、この先付き合っていくなら結婚をと考えていましたので。

    創価学会に、というより新興宗教そのものに対して私自身、そして家族も、悪いイメージしかありません。
    ただ漠然としたイメージで彼の信仰を批判するようなことは言いたくなかったので、身近なネットで情報を集めはじめてこちらにたどり着きました。
    最初からここまでたどり着くのにひと月近くかかりました(笑)。

    長々と自己紹介申し訳ありません。

    私と彼はまだ全く対話とか話し合いという次元ではありません。
    彼が避けているのです。
    というのも、最初に聞かされた日は眠れずネットを見ているうちに、段々「どうして今頃」という怒りがふつふつ湧いてきて「最初に聞いていれば付き合わなかった」とメールしてしまったからだと思います。
    これは彼を傷つけたことと思います。

    それでも彼は私と付き合っていきたいようです。
    私には信仰してもらおうとは思わない、でも自分の信仰は認めて欲しいとのことでした。

    何の知識もない外部の人間にしたらこうして言われたら「そこまでヘンな団体じゃないのかな・・・」とかちらっと考えます。

    しかし、管理人シニフィエ様やみなさんのコメントや、他の個人ブログを読むにつけ創価学会とはそんな甘っちょろい団体ではないと知りました。
    特に2世、3世の方が背負った巧妙なMCな恐ろしさの前に自分の無力を痛感している次第です・・・。

    上記のように言いつつ、年末の選挙ではしっかり公明党よろしくと言われました(あのように言い放った相手にそう言える神経が私にはわかりません・・・)。
    新聞の池田先生のお言葉は日々チェックして感銘を受け、同志の方々は皆いい人達と思っているそうです。
    だから座談会には出席するし、会館を利用させてもらってるから少ない額(1~3万)財務する、といった感じです。
    勤行も1日2時間するそうです。
    ちなみにネットで創価学会は私に言われるまで検索したことなかったそうです(HPがあることすら知らなかったそう・・・)。
    特にどんなことが書いてあるとかは言いませんでしたが。
    ネットは恐ろしいから、学会員になりすました顕正会の方に引っかかったら拉致られてリンチされると思っているようです(汗)。
    「顕正会の人はなんでわざわざそんなことするの?」
    と聞いたら
    「さあ?アタマがおかしいからじゃない?」
    と言っておりました・・・。

    クラクラしました。
    3世だから、仕方なくやっている感じなのかな(希望)と思ったら、立派に育成された学会員じゃないですか。
    そんな彼が私は別にやらなくていいと思ってるようには考えられませんし、私はむしろ彼に目を覚まして欲しいです。

    彼いわく、この仏法は哲学だそうです。
    哲学っていわば人の生きる道みたいなものですよね?
    そんな大事なものが全く違う方向を向いている人と一緒に人生を歩める気がしません。
    私はきっと学会を受け入れられない、と彼に話したら
    「そんなに深く考えなくていいよ」
    と。

    え?哲学っていう位大事なものなんじゃないの?
    そこで、なんで恋人が受け入れられないってなったら「深く考えなくていい」になるの?

    これが少し前の世代の学会員さんなら、「この仏法の素晴らしさは・・・」とゴリゴリ押すか別れるかというところだったんでしょうが、これが最近の3世さんの考え方?
    それとも本人の性格でしょうか?

    私は宗教観の違いで別れるなら仕方ない、と思えるようになってきました。
    でもこのサイトを見ていてきちんと話し合いしてお別れ(彼が覚醒することに対して諦めモードになっています)することすら難しいように思えてきました。

    内部のことを知った方ですら対話にならないのですから・・・

    少しやけ気味な感じで書き込んでしまいお目汚し申し訳ありません。
    にゃんころころさんの対話の仕方、凄く参考になります。ありがとうございます。

    それでは失礼いたします。

  23. マキさん、はじめまして。ラザリスです。
    コメント読ませていただきました。マキさんにとって、今後の人生を左右する切実な悩みだと思います。
    自分は、かつてマキさんの彼と同じような立場にありました。結局、彼女とは創価学会の信心が障害となり別れましたが、覚醒した今となってはそのことが、お互いにとって最高の選択だったと心から思っています。自分の人生はおろか、彼女の人生まで台無しにするところでした。
    (このことは、昨年の 9月19日のコメントに載せております。)
    マキさんが、創価学会の宗教観や価値観を受け入れることが出来ないと感じており、自分の人生を歩んでいきたいと感じておられるなら、彼と別れることも選択肢として有りうると思います。
    また、創価学会という極めて思い十字架を背負いながら、彼とともにイバラの道を歩んで行かれることも同じく選択肢として有りうると思います。
    ただ、並大抵の苦労ではないことを覚悟して下さい。
    活動家と非活(覚醒者)の家族関係は、必然的にイビツなものになりがちです。
    いずれにせよ、このブログに参加される皆様のコメントを参考に、最後は自分自身で熟慮し、自らの未来を選択されて下さい。
    マキさんが、自分自身の人生を幸せに歩んで行かれることを心よりお祈り致します。
    (^_^)/~

  24. マキさん
    >勤行も1日2時間するそうです
    重度に依存していると思います。即、別れることを強くお勧めします。

  25. 今日はケータイからなので、読みづらかったら済みません。

    ぴんくさん

    地区婦の立場からビジネスライク(笑)に言わせていただくと、連絡の取れない姪ごさんのような方は、速やかに退会していただいた方が組織として有りがたいからだと思います。

    婦人部は様々な活動で、まるで営業マンのように数字が求められます。パーセンテージを出す上で、分母が減るのは有りがたいです。しかも未活動の方なら余計に。
    大慈大悲とは全くもって無縁の話です。

    それとは逆に、配達を7年もされている白ゆり長さんに退会されるのは、かなりの痛手。
    配達員のなり手がなかなかいないのが現状。次が見つかるまでは、やはり地区婦がやることになるでしょう。
    しかも、その他諸々の報告やらも地区婦がやることに。
    更には、そのような白ゆり長を出してしまう、その地区婦の「長の一念」が疑われるわけで…

    そりゃ〜あの手この手、御書や池田氏の指導も使っての脅しもあることでしょうね。

    非活と活動家が辞める時の態度の差は、こういった点でもあるかと思います。

    自分で書いていて怖くなりました(>_<)
    4月の統一が終わったら、何とか地区婦を辞任したいと思っているのですが、どうなることやら…

    マキさん

    今までの経験上、彼氏さんのような方って意外とやっかいなような気がします。

    私は、母が入会した際にたまたま一緒に入会してしまったので、学会1.5世といった感じで、最終学歴は創価で、いま地区婦人部長というのをやっています。
    地区婦は、会合に追われ、数字に追われ…専業主婦にもかかわらず、それはそれは慌ただしい日々を送っています。

    そんな日々だからこそ、色々な疑問が沸き起こり、こちらに辿り着いたしだいです。

    彼氏さんの役職が不明なので、財務の金額から推察するに(私って何者?)、それほどバリ活ではないように思われます。

    となると、自分の経験上、多少面倒臭い面はあるものの、語弊があるかもしれませんが、そんなに居心地の悪い組織ではないので。

    なぜそうなのかと言うと、末端の会員で活動家と言われている人はは、比較的人柄がいい方が多いからです。
    皆さん健気で真面目に活動されています。

    私も地区婦人部長でなければ、もしかしたらこちらに巡り会うことはなかったかもしれません。

    マキさんが好きになったくらいですから、きっと彼氏さんもお人柄がいいのでしょう。

    だからこそ、余計にやっかいなのです。

    ある意味、とても純粋に創価はいいものだととらえていると思うので、できれば結婚の際は入会してもらいたいし、子どもも学会の記念日なんかに入会させたいなぁと漠然と思い描いていることと思います。
    ましてや、義母になるであろう方は…

    つらつらと書きましたが、マキさんの書き込みを読んで、私が感じたことです。

    ご参考になれば幸いです。

  26. >創価は宗教ではありません。宗教を装った詐欺ですから「どの宗教が正しくて、どの宗教がまちがっているか」といった議論は、創価問題を語る上ではまったく意味がない

    その通りだと思います。
    仮に「日蓮正宗」という宗派に忠実にそのまま捻じ曲げもせず布教したとしても、或いはカルトめいた正宗じゃなくて日蓮をとことん研究し尽くしてそのまま布教してたとしても、同じように巧みに集金し、犯罪をもみ消し、王国を作ることに変わりはありません。
    目的が宗教の説くところの成仏だとか幸福ではなく、全く別にあるからです。
    これが「創価は宗教ではなく宗教を装った詐欺団体」と言われる所以です。

    宗門に移った人、日蓮にこだわる人はあくまで創価が教義を正しく理解してないとそこばかり言う。
    では宗門のいう教義をそのままに布教していればそれでいいのか?
    正しい解釈に改めれば立派な宗教団体になるのか?
    どんな立派な教義に改めようとその教えを巧みに使い、金を集め、司法や政治を牛耳り、王国を作ろうとすることに変わりませんよ(笑)
    目的がこれなんですよ。
    宗教は利用しているだけで宗教団体じゃないんですから。
    何も知らされてない末端の会員が盲信しているから傍目には宗教団体に見えますが、これも「末端を使って宗教団体に見せている」だけのことです。

    実際破門される前までは、創価は正宗の教えをそのままコピーして布教していました。
    でも法外な金集めをして黒い交際をし、マスコミを操作していたことに変わりはありません。
    今は教義は全く別物になっていますが、やってることは変わっていません。
    要するに教えの中味なんてどうだっていいんですよ。
    どうだっていいといっても、あまりにハチャメチャでツッコみどころが満載だったら誰もついてこないので、年寄りや盲信者を騙せる程度に留めておきますが。
    教義だけでは持たないので付加価値もいろいろ工夫しますが。

    創価が宗教団体ではなく詐欺団体という意味が、少しでもご理解頂けたでしょうか?
    脱会するということは、そういう団体から抜けるということです。
    宗教団体から脱会するんじゃありません。
    これで悲しむだの悲しませるだのは、盲信しているとはいえお門違いと思います。

  27. 繰り返し書きますが、創価は教えの中味に問題があるのではありません。
    いや仏教学上あったとしても、ではそれを改めて専門家のいう仏教の神髄に忠実な教義に直したとしても、一切無意味です。
    だって教義なんてどう変わろうと巧みにそれを使うだけで、創価の目指すものは変わりませんから。
    実際、草創期、日蓮正宗の信徒だった時、破門後と教義は七変化していますが、それを利用して集金し王国を作ることは一貫していました。
    要するに正当な仏教学だろうと、池田教をミックスしたわけのわからない教えだろうと関係ないんですよ。
    教えが何に変わろうと全くぶれずにカルト王国を作ります。
    それが目的なんですから。

    使う宗教なんてイワシの頭でもタイのお頭でもいい。
    要はタイなんだ、これこそ真実なんだと思いこませれば同じこと。
    逆にどんな立派な教えだって信じさせなければ意味はない。
    これを巧みな手法でやってのけたんですよね。

    創価が本当に宗教団体なら、宗教の命である教義や本尊をコロコロ変えませんよ。
    わずか数十年で教え自体がまるで変わってるんですよ。
    まずいところが出てくる度、なかったことにして次々と新しい解釈を発表しますよね。
    宗教など目的のために利用しているに過ぎない、ということです。
    宗教を信じるんじゃなくて、利用しているだけの宗教団体ってありますか?

    末端は創価の野望でありビジネスのために使ったにすぎない日蓮信仰を、目的のすべてと錯覚して(スゴイのになるとそれが自分が生まれてきた使命と思って)盲信してるんです。
    その末端を盲信させることも、野望のための手段にすぎないというのに。

  28. モニカさん、私の言いたかったことをきれいにまとめてくださってありがとうございます。
    >宗教団体から脱会するんじゃありません。
    まさにそのとおりです。宗教じゃなくて暴力団みたいなものです。もし自分が知らない間に暴力団の手先になっていたと気づいたら、速攻でやめようとしますよね。自分の子どもが暴力団に入ろうとしたら全力でやめさせますよね。選択の余地なんかないんです。「それほど悪い団体だとは思えない」とか「信教の自由でしょ」といった問題ではないんです。恋人にプロポーズされてOKの返事をしたあとで、じつは彼が暴力団の幹部だったことを打ち明けられた。「なんで先に言ってくれないの?」って責めると「それほど深刻に考えることないから」と言われて「あ、そうなの」って納得する人いませんよね。学会員と結婚するということは、暴力団の嫁になるようなものです。それなりの覚悟はいると思いますし、その世界で生きていくことがどういうことかを、このブログで多くの方が語ってくれています。私は創価が暴力団的詐欺団体だということに50歳まで気づきませんでした。組織に問題はあるけれど、それでもこれは正しい宗教なんだと信じていました。また、信じる以外は考えられないというか、それを否定したら自分の人生のほとんどを否定しなければならなくなるわけで、そんなバカなことがあるわけないと、友人から忠告されてもまったくとりあいませんでした。でも真実はちがいました。創価は宗教ではありません。だからそのことに気づいて欲しい。私のように自分の人生をまるまる否定しなければならないような事態を避けて欲しい。私の両親や兄のように、死ぬまで騙されないで欲しい。創価に騙されるということは、単にウソをつかれるということではなく、有り金を吸い取られる、時間を無駄に過ごす、友人をなくす、ものごとの判断を誤る、政治に利用されるなどなど、まさに人生そのものを奪われるということです。これは決して極端な話ではありません。そのことに気がつかないように巧妙に宗教のマインドコントロール的な側面を利用しています。SGIだって国内の会員を騙すためのカモフラージュです。世界192カ国の会員などといっても、その実質数はわずかだし、キリスト教とイスラム教とヒンズー教だけでも47億人以上いるのに対して、創価学会はせいぜい数百万人です。決して世界的な団体ではありません。これひとつにしても詭弁です。フランス、ドイツ、ベルギー、オーストリア、アメリカ議会下院、チリなど、すでに創価は国レベルでカルト指定を受けています。しかし創価はそんなことは決して言いませんし、学会員でも知っている人は少ないでしょう。創価のことをいちばん知っているのはほんのわずかな学会中枢部だけ。その次が脱会者。その次が外部の方。そしていちばん知らないのが普通の学会員です。創価の実態を知れば「脱会しようかな、どうしようかな」などとのんきなことは言えません。また、自分の大切な人が創価と関わっているのであれば、なんとかして真実を伝えなければいけないと思います。

  29. 2世のマヨイです。
    母がおりますのでテーマのごとくすんなり辞められるとは思いません。でも、信心強情な母に説得されるからというのではなく、年老いて学会以外に居場所のない母と不毛な論戦をするのは「かわいそう」だから、というのが正直なところです。ラザリスさんがおっしゃっていたように、学会活動でしか自分の存在意義をみつけられないようです。会員さんに不幸な人がいると元気になります。自分に仕事ができたと思うのでしょうね。祈って救うという。私なんかより新聞も、選挙も、お題目も、すっごくやって来られた方が重い病気や家庭不和で悩んでおられます。別に学会のせいで病気になったなどと言うつもりはありませんが、守られてもいないのだなあとつくづく感じております。まあ、それも「転重軽受」でもっとひどい目に遭うべきところだったなどと言われるのでしょうけど。

  30. わたくしの娘や親友が創価学会の男性とお付き合いしていて且つ、そのことで心が揺れ動いているようでしたら。。
    わたくしなら、キッパリ、後々のためにも、その彼とは別れたほうがいいよ、と言ってあげます。。

    そんな、後々渦中に飛び込もうとしている愛する人を引き止められなかったら自分も後悔すると思うから。。

    創価学会は、ハッキリ申してカルトです。
    末端のお人好しの会員だけを見ていたら、それは到底判断は出来ないでしょうけれど、中枢のやっていることがカルトなのですから。。
    もう、アタマから腐り切っているのですから。。

    イスラム国は、他人事のようにお感じでしょうけれど、一歩間違えたら創価学会のなかにも充分に、その火種はいま現在あると感じています。。

    宗教は、ある意味恐ろしいです。
    正義、とか〜敵、とか〜言い始めたら気を付けよう。。
    そういうカルト性は、創価学会の中にも充分過ぎるほど存在、しますからね。。

    一般の方々は、人柄の良すぎる創価学会員に惹かれますが。。みんな、とても良い人だから、と言いますが。。

    関係性が親密になればなるほど勧誘の対象にされてきます。。
    それは、じわじわと言葉巧みに。。

    宗教は(創価学会は宗教とは言えませんが。。)その人となりの根幹でもありますから。。

    そーいえばいま、オウム真理教の後継にも信者がじわじわと増えているとか。。

    気をつけよう。。
    過剰な親切、お人好し。。

  31. 先日書き込ませて頂きました外部のマキです。

    先日の文章、書き直したり1日置いて読み返したりしたけれどやはり文章が乱れてますね・・・読みづらいです。
    にも関わらず、親身なコメントを下さりありがとうございます。

    文章を書き始めた時と送信した時にタイムラグがあってわかりづらくなってしまいましたが、カミングアウトされたのは昨年12月です。
    彼が学会員だという事実を受け入れるのにひと月、ただの未活でないということを受け入れるのに約ひと月かかりました。

    ラザリスさん

    自分の体験とリンクするので、学会員さんと外部の方の恋愛に関する書き込みは印象に残っております。
    ラザリスさんも辛い体験をされているんですよね・・・。
    ラザリスさんのように彼女を苦しませたくないから先に決断する、というような男らしい面が彼にもあるといいのですが、それは儚い期待のようです。
    彼は信仰も私もいいとこどりしたいと思っているみたいですので、私が決断しないといけないでしょう。
    私には創価の十字架を共に背負っていく覚悟は持てません。
    この台詞は言いたくありませんが、最終的には「学会か私か」ということになるのだと思います。

    二郎さん

    〉重度に依存

    やはりそうですか(泣)
    「それ(勤行)やった後ってスッキリするの?」と聞いたら「うん。」と言ってたので、そうなのだと思います。

    そんなに脳が依存する行為を子供の頃から習慣づけさせるのですから、本当に恐ろしいと思います。

    トールさん

    転勤・異動が多いため(おかげで?)責任のある役職には就かずに済んでいたのではないでしょうか。
    そこら辺はまだはっきり聞いておりませんが。
    でも引越し先にすぐ自分を受け入れてくれるコミュニティがあるという点は彼にとって魅力なのでしょう。結構寂しがり屋なので・・・。
    お母様は学生の頃に亡くなったそうですが、ごキョウダイが夫婦でバリ活、義キョウダイのご親戚は結構な役職(職員?)みたいです。
    あまり詳しく書けませんが親御さんよりそちらの方が厄介な匂いがしました。

    流れ星さん

    学生時代からの信頼のおける友人二人に打ち明けたところ、やはり
    「フェードアウトしたほうがいい、マキが洗脳されてそのうち家族も巻き込まれるよ」
    「もし結婚するとなったら、皆(学生時代の仲間)がマキを見る目は正直変わると思う。」
    と言われました。
    彼女たちも学会の人とは縁がないのでイメージなのだと思いますがこれが外部の目からみた率直な意見なのだと思います。

    彼はいい人かと言われたら・・・ちょっと違います(笑)
    年の割に子供っぽい気がします。ただ憎めないというか。
    折伏する気がないからか、私に対しては素なんでしょうか。
    でも学会の話をすると急に優等生モードになります。
    そこがアンバランスなのです。

    シニフィエさん

    このブログに辿りつけたことは幸運だったと思います。
    こんなにたくさんの厳しい現実を知ることが出来なければ、まだ淡い期待を抱いていたと思います。

    こうして客観的に見るとあまりにもリスキーですね(苦笑)。
    ただ彼は「学会は心の拠り所とか、癒しとかそういったものでは決してない。」と言っていました。
    もしかしたら自分自身の中に何か矛盾を抱えているのかもしれません。
    もし罰を恐れる心があるならひとこと「大丈夫だよ。」って言ってあげたい。

    でもこの先、彼を信じて待つ覚悟がなく今すでに「別れ」を選択している以上、彼の中の矛盾を中途半端に掘り起こすべきではないと感じます。
    無力感でいっぱいです。

  32. 非活のぴーちゃんです。

    またまた、今回のテーマとはズレてしまいますが、(すみません)
    長年、創価学会の中に居たので、それまで、我が家の家庭不和の悩みは、組織の人に聞いてもらっていました。
    でも、親は年をとったからある程度丸くなった、くらいで、信心のおかげで和楽になった、という実感はありません。
    両親は晩年、形だけ入会で、だからこそ、かえって洗脳されずに済んでいると思いますが、でも、もともと両親は気が狂っています。20代の頃、家を出て一人暮らししようと準備していましたが、貯蓄は父のギャンブル借金返済に充てられてしまい、また、創価脳の人たちに、あなたが信心で一人立つ精神で!と言われ…
    人のせいにしたらきりがないですが、もういい加減自分の人生自己責任でしょうか…

    悩むと指導、という癖が抜けれず、非活になり、私の気持ち受け止めてくれる人は、誰なんだろう…?と、心が路頭に迷っている感じでいます。

    相談相手を間違えて、しかもそれが長年なだけに、とても不安定で、叫びたくなる。
    私自身、創価に依存していました。

  33. 今回の人質事件で、後藤さんは慎重な人だったにもかかわらず、あえて危険なところに行った理由として、湯川さんを助ける為だったのでは?と言われてきたにもかかわらず、テレビなどでは、取材の為に出向いたという報道しかされず、あくまで自己責任論に持っていこうとしてる?ところに大変残念な思いがします。一度後藤さんに助けてもらいながら、またのこのこ?シリアに戻ってしまった湯川さんの行動が、後藤さんを危険な目に合わせた原因だとすると、やるせない思いになります。慎重に行動してきた人が、安易に行動する人に迷惑をかけられる。安部さんの行動もそうです。安易な行動が日本国民を危機にさらしてしまう。そういうことに本当に憤りを感じます。親が安易にとびついた宗教団体に子供の人生が縛られる。宗教が妨げになって結婚すら思うように出来なくなる。そうまでして守るべきものってなんなのかということです。流れ星さんの強いお気持同感します。これが創価ではなく、他のカルト宗教だったら、覚醒と同時に自分も脱会し、家族も有無を言わさず脱会に導くであろうと思います。(かつて、有名人の方で、統〇教会に入った娘さんを脱会させるために、命をかけて脱会させると言ってた父親がいました。)創価が宗教などではなくトンデモ組織だったと分かっても尚、ことを荒立てたくない、このまま非活になっていればいい、最低限の財務だけしていればあれこれ言われないし、家族も今更やめさせるのはかわいそう。という気持が残っているのは、創価が表向きいい組織に見せてきた弊害から、まだ組織をそれほど悪いところではないと思っているからではないかと思います。創価の裏の部分をなんとなくわかった気でいるけれど、本当のところがまだまだわかっていないのではないか?と思うのです。たとえば、自分が長年信じて付き合ってきた人のことを、あの人は人を騙してお金をとる悪い人だ。と言われても、じゃあ、信用せずに、お金とられないようにすればいいよね。と言いながら付き合っているようなもの。でも、これが実は裏の顔は、人を何人も殺して逃げてる殺人鬼だったと知ったら?きっと逃げることしか考えないと思うのです。もちろん家族にも付き合いを辞めさせると思うのです。覚醒したと言いながらも、たいしてしがらみも無いのに、創価の人とつるんでるのが楽しいからと脱会しない人もいますが、本当に創価って魅力的に見える組織なんだなと大変残念な思いになります。

  34. 親を悲しませたくないとか、身内と揉めるのが嫌で脱会できないという意見は、正直不思議に思うところがあります。
    創価にいた時はむしろ、入会することで親が泣こうが勘当されようが、友人と絶交されようが、恋人を失おうが、大反対の伴侶と結婚しようが負けなかったはずです。
    そのくらい厚かましく傍若無人に我が道を貫いたと思います。
    一人の人間の意識を変えるって、そのくらいの覚悟があってのことなんですよね。
    創価がキ〇ガイのような執念で、脅迫してでも騙してでもすかしてでも入会させたのなら、同じくらいの情熱を持たないと洗脳を解き、脱会させることは難しいでしょう。

    マインドコントロールは深いですが、そこまで洗脳した創価の執念は捨て身でした。
    そのくらいの情熱をかけたんですよね。
    だから脱会するもさせるも、それに負けない意思を持つ覚悟は必要と思います。

    脱会に悩む多くの方々を応援しています!

  35. 今年初めての投稿になります。よろしくお願いします。去年脱会した、もと婦人部(副しら百合長)のぽんきちです。身内は両親バリ活で、夫、男子部牙城会 現在非活(私の影響?)学会員ですが、私の場合、財務を拒否し、家庭訪問にやってきた、地区婦人部長の会話が脱会の決定打になりました。長年悩まされたうつ病もよくなり薬ものまなくてもよくなりました。勤行もやらなくなって一年以上たちまず、なーんも罰なんてありません。それより、良いことばかりで、車の買い換えで悩んでいると、思わぬところから新車をキャッシュで購入することができ、ほんとに感謝です。
    話がそれましたが、私が辞めることができたのは、もうメンタルてきに我慢の限界であったこと、親のことやまわりなんて考えられませんでした。ただわたしがこのまま体調悪いと誰が子どもたちを育てるの?という思いもあったと思います。幸い親の住んでる組織から離れていること、姉も兄もあまり連絡を取っていないこと、兄姉は学会員であるけれど、非活で、熱心ではなく、むしろ兄は、アンチであること、夫は、はじめ抵抗があり、少し言い合いになりましたが、私が、辞めてから体調がよくなっていく様子を見て、理解してくれるようになりました。また夫自身、学会の組織に不信におもうことも多々あったようで、夫も今の組織に魅力を感じなくなったそうで、今は、夫の母の手前、思いとどまっている感じです。
    実両親は、あいかわらず信じているようで、年老いた両親に、辞めたことはさすがにいえず、、。しかし、少しずつ、創価のおかしいことを、小出しに話ています。両親は私が辞めたこと全然気づかないのですよね、、。夫も、わたしも活動家でしたから、まさか私が脱会したなんて、夢にも思っていないようです。
    とっくに成人したアラフォーなのだから、奪回するのに親の許可なんていらないかなと、、。そう思えるまで、時間がかかりましたが、悩んでいるときシニフィエさんのブログ皆さんのコメントにとても救われました。拙い文章で参考になるかわかりませんが、苦しんでいる人がひとりでも多く覚醒して元気になれますように、、。

  36. うちの実家の母は主人の実家のことを、いいように言わないことがあったのです。
    主人の母はたまにしかお話しできませんが、嫁の私にとても親身な言葉をかけてくれます。

    創価学会を長年ずっと続けてきて、こんなはずじゃなかった…という
    気持ちが無意識的にやっかむような気持ちに転じてしまうのでしょう、
    宗教をもっている人にはありえない言動です、哀しいです。
    主人の実家はそっと見守ってくれています、
    創価学会の存在は宗教にもどこにもありえないのです。

  37. 非活のぴーちゃんです。

    あれー?朝サラッと見て、たぶん私あての?コメントあったような…
    そこには、身内なら本音でぶつかり合った方がとか書かれてあったかな?
    それについては、私は、いつも心の中で反発していた。家族の中でいつも決定権がなく、堪えていた。だから内心では争っていたと思います。でも、そろそろ疲れてきた。
    私がバリ活だった頃は、親は未入会で、学会の名を汚さぬよう、本当の自分を殺してきた。そのうちそれがクセになり、どういう時に自分を出していいか分からない中年になってしまいました。

    非活当初は、解放感を味わえていました。
    ですが、今は、今までの自分をどうしていいか分からない。
    これからどうしたいか分からない。
    学会は、良くも悪くも団結力ハンパないですから…怖くなってきました。

    もしかしたら、今は、今まで毒を飲んでしまって、解毒剤が効いてる苦しみなのだろうか?とか。
    ここにいらっしゃる皆さんはどうなのかな?と思いながら書きますが、私は学会という教団とは距離を置きたいと今は思っています。ですが法華経の教えは深めていないままなので、否定できる自分ではないと思っています。
    無宗教か、他宗に改宗するかは今は考えられないですが、良く分からないけど平和主義でいきたいとは思います。
    今は学会に嫌悪感とか反発感が強く、疲れます。
    職場の人間関係で、会話はしなくてもなんとなく嫌悪感とか感じることがあって。
    うまく言えませんが、今までは学会の流れでやっていましたが、今はそれに逆らうというかそんな感じで、今までうまくやれてた人に嫌われたりして。見えない何かを感じます。

    うまく言えずすみません。

  38. 創価を、半径何メートルの世界でしか見ようとしない人がいます。
    実家の親などはいくら説明しても、創価といえば近所の誰それさん、地区の何々さん。
    仏壇、勤行、数珠、聖教新聞、座談会。
    末端からトップまで、創価といえばどこを切ってもこれ一色だと思っています。
    これ以上の想像力が働きません。
    末端もトップも職員も全く同じ。
    信心に役職は関係ないのよ、なんて散々洗脳された結果だと思います。

    全国の会員から集まったお金がいくらになるのか。
    自分がぼんやり取り続けている新聞代だけで毎月いくらの収益になるのか。
    それを資金源にして何をやっているのか?
    知らないだけで、今までどんな事件を起こしてきたのか?
    どんな嘘や隠ぺい工作やねつ造をしてきたのか?
    組織の目的とは?
    側近は一体何を考えているのか?

    自分が見たことも体験したこともないことは面倒くさがって考えることも拒否します。
    難しいことは言わないで。
    わからないわそんなこと。
    人を悪くいうことはよくないよ。
    辞めたんなら、もういいじゃない。

    創価の信仰が特別でも何でもなかったことは理解してます。
    でもただそれだけの罪だと思っています。
    非活にはなっていても、未だ創価は宗教団体だと思っている。
    お人よしの末端しか見てないし、それが自分の中では創価の全てだからです。
    いくら真相を話して聞かせても、そんなことより近所の学会員さんと波風立てる方がはるかに大問題なんです。
    だから絶対に脱会はしません。

    そう思うのは自由ですが、価値観の溝は感じます。
    活動家と脱会者が溝があるのは当然ですが、覚醒しても温度差も方向性も様々です。
    創価など家庭に持ち込むと、やっても辞めてもロクなことはありません。
    一家和楽で全員でおかしくなるか、家庭崩壊で個人でまともになるかのどっちかって感じですね。

    はるかに長い結婚後の家庭はカルトとは無縁。
    一家和楽でまとも。
    これが当たり前なんですけどね。

  39. 久しぶりに投稿します。病み上がりのkickeyです。
    私の場合は脱会できないのではなく、今のところ、少しずつ、今までの自分を整理しながら、
    ここでの書き込みなどで考えたりいろいろしながら準備しているという感じで、身内のことを考えて脱会できないという状況ではなくなりました。自分次第です。
    母も「好きにしたら?」っていうようになったし、母自体も財務しなかったようです。
    母の場合は組織には長年のお友達も多く、脱会すると、友達なくす。ということで、絶対脱会しないそうなので、それはそれで、好きにしたらと、私も思ってます。
    しかし、会員でいてもいいけど、財務はするな、とか、いろいろ口出してます。
    創価は、脱会者には見向きもしなくなるので、なるほど高齢の母にとっては、近所(近所の人がほとんど学会、最悪)付き合いができなくなるって怖がるのは理解できます。
    私の今の現状、まだ学会員ですが、完全非活のアンチです。アンチがばれた時点で、地域の会員に締め出されました。もう、メールも電話もなにも受け付けられず、見かけても知らん顔。こんな宗教最悪や。人間の付き合いをしていなかった証拠です。どっちが人間としてひどいでしょう?人を締め出すなんて。最悪ですよ。話し合おうとか向き合おうなんてしませんし。
    ま、創価なんてその程度なんでしょうけど。
    そう、組織だけの付き合い。組織だけの付き合いって、会社なんかはそうですよね。
    でも、会社のほうがまだ退職者にやさしいですよ。退職しても付き合いしてくれるし。
    私はまだ会社に在職していますが、もう、会社みたいなんは二つもいらんのですよ。
    創価組織は会社よりひどい。会社組織のほうがまだまし。若干うちの勤務先は、トップあげ~。のところがあり、それがなんというか、池田駄作さんの世界とよく似ているのです。なので私は同じような組織を昼間は会社、夜は活動で過ごしていたわけです。
    もう、いりません。が、脱会は自分次第です。その自分が今、不安定なのです。いろいろ悩んだり発狂したりですから。発狂して悩んでたら体壊し始めて風邪ばかり引いて発狂もできないような声が出ない状態になってます。今。創価が聞いたら罰だと思うのでは。でも、信心一生懸命な時からこんなんでしたから。一緒です。信心しても今も変わらないってことですわ。だからいずれ脱会します。でも心の準備中です。はじめのころは、脱会したら母を刺激するとか、衝突するとか言っていたけど、あきらめずにいろいろ話していたら、母も理解してきたみたい。ま、実の娘の言うことだしね。なのでモニカさんのおっしゃることはよくわかります。みんな入会するときや、活動の時はだれに何を言われようがやってきましたもんね。家庭の事情はいろいろあると思うので、あかん!と思ったときに、ここでみんなが見ているし聞いているよ。勇気を出してみんな、ふぁいとでいこ~!風邪で声も出ないでやっと熱だけでも下がってきたkickeyでした。

  40. 同じ思いをする人が一人でも減る事を願います
    アルト様・ai様、脱会成功してください。

    誰かが毅然と退会することが
    次の誰かにつながると思います。
    我が家の場合は子どもが毅然とした態度を取って
    退会したのが私の退会にもつながりました

    過去を振り返り本当に残念だと思う気持ち・子ども達に申し訳ない気持ちが湧いてきて
    暗い気持ちになることがまだまだありますが
    脱会した日のあの晴れ晴れとした気分、スキップしたい気分、バンザーイって気分を思い出して
    子ども達に償い、夫を支えて行くエネルギーにしています。

    バリ活一族の中で脱会するのは、大変なエネルギーを要すると思います。
    バリ活一族ではなかった私には想像できません。
    でももしかしたら、バリ活親族の中に『実は自分も脱会しようと悩んでいた』
    っていう人がいるかもしれません。
    会則ウンチャラでタイミングとしてはある意味チャンスかもと思います。

  41. これまでの活動家のコメントを読むと、最近ではヒューマンさんが来られましたが、彼らは懸命に創価の教えがいかに素晴らしいか語っていかれます。
    これに対し、いや創価の教える仏教はここはおかしい、ここが矛盾している、と反論する人が現れます。
    私は論点はそこではないと思います。

    教えが正しいの正しくないのと言い合いしてるのはあくまで末端同士です。
    執行部は、そんなこと重々承知なんですよ。
    彼らは鼻っからこれが正しいんだなんて思っていません。
    騙すのに調子のいい教えを会員にあてがってるだけで、真に受けて信仰しているのは末端だけです。(その末端が創価の大多数なんですが)
    創価が本当に宗教団体なら(つまり、トップも執行部も末端と同じように本気でこの教えを信仰しているのなら)、教義について論争するアプローチもありでしょう。
    でも実際は違う。信じているのは末端のみです。
    盲信し騙されている末端に、教義で説得しても平行線になるだけです。

    創価問題を指摘するなら、適当な宗教を使って会員を幸せになれると騙し、金を奪ってその金で司法も道徳も捻じ曲げているその悪徳行為自体です。
    創価は大多数の信者を使って真面目な宗教団体に見せかけていますが、彼らはそう見せるための道具にされているにすぎません。
    実際は宗教団体ではありません。

    末端は、三色旗がなびく信濃町の巨塔から配信される教えを信じていますが、トップがそれを正しいとも信じるに値するとも思ってないんですよ。
    目的は全く別にあります。
    ここを、日蓮の御書なんか勉強してる暇があったら徹底して真相を調べてみてください。
    情報も証拠も揃っていますよ。

  42. ぴーちゃんさんすみません。
    先日コメントされた方が、翌日「言いすぎたので削除してください」とありましたので削除させていただきました。ご了承ください。

  43. 創価学会は自らころころと驚くような発信を続けているのですよ…!
    まともにつきあっているうちに、おかしくなってしまうのは
    当然のことで、しかも平気でだんまりを決め込んでしまう。

    …中にはですよ、長時間の題目をがむしゃらにあげることで、
    著しい問題を自分の頭で深く考えようともせず、
    自分の行いを正当化して、平然と済ませてしまう人もいるんですよ。
    なぜ平気でいられるんだろう?ああ信心のおかげ?!?

    立春とはいえ、急に冷え込んだり雪が降ってきたり、
    体調不良になって当たり前ですよ、そんな季節です。
    お仕事ある方は、責めることなく重々ご自愛のほど。

    後藤さんに思いを馳せながら、
    本当の平和へ思いを改めているところです。

  44. ぴーちゃん様、kickey様

    これまで我慢し過ぎて、わからなくなっている感じでしょうか?
    昨日友人が「今後の仕事をどうするか迷っている」と相談してきました。
    あれこれ話した後「人生短い!自分がしたい様にしたらいいよ」って言ったら
    「それがね、もう!我慢できない!!って思ってから我慢するのが本当の我慢だって思って頑張ってきて
    自分が何をしたいかわからなくなってしまってる」って言ったのです。

    私も、学会の事我慢できない!って思って
    その後、いや!私が至らないからそう思うのかもしれない
    もう一度頑張ってみよう〜ってしてきた時期がありました。
    そうなると、自分が何者なのかわからなくなり
    自分に自信がなくなり何か(学会)に依存する様になって行く
    所属していることで満足する感じでしょうか

    私の覚醒の直接のキッカケは我が子ですが
    伏線として、仕事上始まったセレブママ達とのおつきあいがあります。
    彼女達は、無理をしませんし自分を楽しませることを常に用意しています。
    旅行だったりコンサートだったり美味しいものを食べに行くことだったり…
    先ず自分を大切にし、家族を大切にし、周りを大切にする
    もしも、我慢をする必要があれば、その分更に自分で自分を楽しませる。

    その方々とおつきあいして行くうちに徐々に覚醒してきました。
    そして、そこにちょうど我が子の結婚問題→脱会…

    ぴーちゃん様 kickey様
    先ずはご自身が楽しい事・お笑い番組を観る・音楽を聴く・映画に行く・好物を思いっきり食べる…
    しばらく、これだけに集中してもいいのではないでしょうか?

  45. ぴーちゃんです

    シニフィエさん、コメント削除の件、お知らせ下さり、ありがとうございます。
    その時は、あまり時間がなかったので、よく目を通せなかったので、かえってよかったです^_^

    にゃんころころさん、ありがとうございます!そうですよね〜(^^)
    これからゆっくりフツーに、好きなこととか、日々の喜怒哀楽を味わいながら過ごしていきたいです〜
    ここにいらっしゃる皆さんが、あ、私も含め、穏やかに日々過ごせますように…。

  46. にゃんころころさん

    「会則ウンチャラでタイミングとしてはある意味チャンスかもと思います。」
    ↑正にそうですよね!

    今日もケータイからなので、読みづらかったらスミマセン!

    地区婦でありながら、ほとんど聖教新聞は読んでいないのですが(笑)、
    先日教宣関係から教義変更に関する補足(1/29-30付けで上・下)を読んでおいてくださいと連絡がありました。

    まぁ案の定「新時代に即した」だの「世界に開かれた」的な文言でしたが。
    個人的に引っ掛かったのは「宗教団体としての独自性」を確立するだか何だか。
    教義の普遍性よりも独自性を優先するんだ…と半覚醒の頭でも違和感を覚えました。

    創価では日蓮正宗を批判する際に、よく「日興遺戒置文」の「時の管首たりと言えども…」が引用されますが、
    そのまま「時の名誉会長(執行部)たりと言えども 仏法に意背して…」となるのでは?!と思ってしまいます。

    私個人の話になりますが、心身の不調を理由に、4月の統一が終わったら地区婦を辞めたい旨を、
    何とか今月中に幹部に伝えられたらと思っていて、心身の不調以外の理由として、
    教義の変更が納得できない事も付け加えようかと思っています。

    それでも地区婦を辞めさせてくれないのなら、退会をチラつかせようかとも思っています(-_-メ)
    主人は地元の地区の地区部長をしていて、私一人が退会しても御本尊はそのままあるので、
    信仰的には何ら問題はありませんと言うつもりです。
    …と言っても、今となっては信仰すらしていませんが(笑)

    でも問題は、私が言えるかどうか(^_^;)

    言ったら即区幹部まで連絡が行き、場合によっては主人や義父母のところにも
    「最近何か変わった様子は?」なぁんて連絡が入るのかな、そして主人の叔母さんからも連絡がきたりして…
    と一人妄想してしまいます(>_<)

    何だか独り言のようになってしまいましたが、ここに書くことによって自身を後押しできたらと思います。

    あぁ〜願わくは、本当に静かに創価を去りたいです(T_T)

  47. にゃんころころさん、ありがとうございます。好きにはしていて、活動していた時代よりは、はるかに趣味などに没頭出来ているんですが、時々困った時などに、頭に出てくるナンミョー、頭が狂いそうです。
    困った時は、心の中でもナンミョーしなさいと教わった害毒。
    まだまだデトックス出来ず、はたまたいろんな思いが込み上げてきます。
    早く静かに、デトックスしきって、サヨナラしたいです。更に楽しみに打ち込み、デトックスしたいと思います。ありがとうございました。

  48. こんにちは。
    非活のぴんくです。

    トールさん。
    教えていただいてありがとうございました。
    確かに引っ越しする際、前の地区婦に言われました。
    「活動家が来るから喜んでるよ。
    あの地区は高齢の人が多いから」と。
    見事に期待を裏切りました。
    そりゃあ顔も見たくないでしょうね。

    我が家は幸い非活の主人と題目と御本尊を信じている義母なので、私が非活になろうとどうでもいいみたいなので楽ですが、家族がバリ活だと本当に大変だと思います。
    心身ともに健康第一です。
    健康ならば、きっといろいろ乗り越えられると思います。

  49. 逆に脱会しない人は、どこまでやったら脱会しないのか知りたいですね。
    教えが変わろうと本尊が変わろうと脱会しない。
    いっそこのままキリスト教と仏教の混合になっても、さすが世界宗教だ~♪と脱会しない。
    事件の隠ぺい工作やデッチ上げ報道が明るみに出ても、デマだと思うから脱会しない。
    デマではなく、テレビで報道される事件が起きても、個人がやったことと取り合わないから脱会しない。
    子どもが「おまえん宅カルトなの?」と苛められても脱会しない。
    恋人が去っていっても脱会しない。
    結婚が破談になっても脱会しない。
    願いが叶わなくても脱会しない。
    むしろ不幸になっても脱会しない。
    家族から軽蔑されても脱会しない。
    組織で活動家が自分一人になっても脱会しない。
    信心強情だった身内がどう見ても成仏でない死に方をしても脱会しない。

    何のために脱会しないんでしょうか?

  50. モニカさん、ラップかレゲエのノリでいい歌になりそうな歌詞ですね(笑)

    ♫ダッカイシナイガッカイイン ダッカイホーボージゴクイキ♫
    ♫ダッカイシナイガッカイイン ダッカイホーボージゴクイキ♫
    ♫ソレガコワクテヤメラレナイ ソレガコワクテヤメラレナイ♫
    恋人去っても脱会シナイ
    結婚破談でも脱会シナイ
    願いが叶わなくても脱会シナイ
    不幸になっても脱会シナイ
    家族に軽蔑脱会シナイ
    ♫ダッカイシナイガッカイイン ダッカイホーボージゴクイキ♫
    ♫ダッカイシナイガッカイイン ダッカイホーボージゴクイキ♫
    ♫ソレガコワクテヤメラレナイ ソレガコワクテヤメラレナイ♫

  51. モニカさんのコメントに思わず噴き出してしまいました。。
    ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

    脱会しない人は、あれこれと脱会できない理由を宣べますけれど、結局は脱会できない訳、そのものへの依存心からではないかなあ?と思ったりします。。
    つまり、依存症ですよね。。
    (ごめんなさい。。またまたキツい言葉を)

    もし、脱会できない理由に組織が云々というのであれば、組織への依存症です。。

    旦那や身内、親云々というのであれば、旦那や身内、親への依存度が大きいということではないかなあ。。

    天秤に掛けている。。
    脱会とそれに対する親、とか〜。。そして無意識に損得勘定してる?のかもしれません。。

    それだけ失いたくないモノをたくさん抱えているのかな。。?

    組織って、どうしてこうもひとを雁字搦めにするのでしょう。。

    わたくしはいま、どんな小さな組織にも宗教にも属していませんが、それはそれは心清々しいです。。
    個、として生きる。。。気持ちイイです!
    何故なら本心から生きられますから。。

    心で想っていることとアタマで考えていることと言動が完全に一致しているから。。
    これって、ほんとうはあたりまえのことでしょ?

    でも、覚醒しつつも脱会できない方は、多分、これがバラバラなんだと思います。。

    だから、きっと精神的に不安定になってしまうのかな。。

    自分の心の思うままに生きてみよう。。
    思うままに発信して行動してみよう。。

    じゃないと自己矛盾で病気になってしまうよ。。
    ありのままに、あるがままに。。
    ほんとうの自分を生きてみよう。。
    依存の鎖を断ち切って。。

    自身の遺された時間が、わずかであると知っても、いまの生き方のままいかれるのでしょうか。。

  52. 創価の矛盾。
    脱会は食い止めたい。
    脱会されるくらいなら非活になってほしい。
    ところが、実質の活動って一切が「会員数の分母によって数字を上げること」が全てです。
    これ、青年部や壮年部、役職のない人はピンとこないでしょうが、創価の活動って99%これなんですよ。
    座談会始め、一切の会合。
    ただ参加してる人だけは知らないでしょうが、いちいち目標を立て連絡し出席を集計しパーセンテージを計っている。
    ぼんやり新聞を読んでるだけの人。
    たま~に民音のチケット買ってみるだけの人。
    その新聞を何部取るか、毎回毎回目標を立て集計し帳尻を合わせている。
    選挙がきた。
    パンフやらハガキやら一切が数です。
    割り当てられて集計、集計、報告、報告…
    これにヒーヒーいってる人が「学会活動をしている人」です。
    雨が降ろうと槍が降ろうと、これは絶対に止めることのない任務です。
    勤行より題目より幸せになることより成仏より優先されます。

    金入れない、働かない、分母だけ増やす非活の方。
    本当に同志を思うなら退会しましょう。
    健気に活動している人が可哀想です。

  53. >選挙がきた、…これにヒーヒー言ってる人が「学会活動をしている人」
    事実上ほんとにその通りですよ、本部も認めていることでしょう。

    国会中継を見ていての素朴な感想、
    公明党の人って、野党側に立ったらしっかり発言できるのかな…?
    あらかじめ用意された無難な質問をもっともらしく読みあげる、
    返ってくる答えはどこで用意されたものか、からくりが感じられる。
    なんかウラが見え見えで嫌気がさしてきませんか?
    心から支持できますか?ずっと変わりませんか?

    いやおうなく日本は転換期にきているのですよ、
    宗教にごまかされて疑いをもたないようにと
    現状を見ないのは、よくないですよ、絶対。

  54. ちょっとテーマと違いますが、今晩の(正式にはもう0時を超えたから、昨日の晩ですが)テレビでアンネの日記を取り上げられていたのですが、当然その時代だからヒトラーが出てきます。ヒトラーのやり方は、敵を作って攻撃することによって国の結束力を強める、んだと。この時代ではユダヤで、ユダヤを排除していき「ユダヤは悪」と宣伝することにより洗脳していったのでしょうね。どっかの宗教とまったく同じですよね。そうです、創価と。今話題の中東のとある国もそうですね。体調悪くてロムることが多くなりました。咳も止まりません。元気になったらkickコメント復活させます。

  55. 大分まえにコメントしましたチップです。
    承認はお任せします。
    エコノミスト誌の2015年世界はこうなるという雑誌に暗号と思しき表紙
    それから、地震学者の村井俊治氏による予測とあわせ、2月に地震が来る確率が高いようです。
    昨日、私が住んでいる四国で、最高震度5のゆれがきました。
    そろそろかと、警戒しています。
    妙にただごとではないような気がして、怖くてたまりません。
    どうか皆さん気をつけて下さい。
    私は、今日から急いで避難準備です。

  56. モニカさんの、ヒーヒー言ってる人…
    はーいと手を挙げつつ苦笑いです。

    でも私の場合は、地区婦になりヒーヒー言うようになったからこそ、ここにたどり着けました。

    ぼんやり新聞を読んでいるだけだったら、何かあってもきっと「自分の信心がまだまだだから」とか「今回はちょっと頑張ったから魔が起きた」とか思って、覚醒への道は歩めなかったかもしません。

    そしてモニカさんのラップ(笑)

    でも、笑い事じゃないですよね!

    何か不幸なこと、大変なことがおこっても、御書や池田さんの指導を引用されると、そうなのかも…と思ってしまう人が実に多いです。

    私も女子部時代から部員さんを激励する時は、そのようにしていましたし…
    なんせ「難こそ誉れ」の信心ですから。

    そう、全てがMC。

    幼い頃よりじわりじわりとMCされているとなかなか抜け出せないものですね。
    ましてやネット環境にない、年輩の人ならなおさら。

    そうそう、今回の教義変更に伴い、離脱すれのは1割程度。9割の会員は残るから大丈夫と首脳部は算段していると、あるサイトにありました。

    そのサイトの真面目な会員さんが「一切衆生を救うのが目的の大聖人の教えに違背している」と憤っていましたが、ここの方々がおっしゃるように、首脳部は、そもそも教えなんかどうでもいいということがよく分かりました。

    日顕宗と散々ボロクソに言っていた宗門と、本質は何ら変わらないのです。

    さて…

    ここ数日色々なサイトを見てきましたが、首脳部の実態はヘドが出るほど、健気な会員をなめ腐ったものばかりでした。

    そして、こちらのサイトもきっとマークされているであろうことを前提に、この場をお借りしながら私にできることを少しずつ発信していけたらと思います。

    やーい、首脳部!

    私は、現場ではそれなりに実績を上げている地区婦だぞ!!

    今に見ておれ!

    先ずは地区婦仲間、そして同窓の仲間からMCを解いていってやるー!!

  57. こんにちは。
    元バリ活、覚醒3年の巴里です。
    先日やっとお守りご本尊を
    ぽい・⌒ ヾ(*´ー`) ポイしました。
    5000円で買わされた
    あんなちゃっちいもの。
    このブログのおかげです。
    皆さんありがとうございます(^-^)
    謗法払い出来てスッキリ♪

    私も親を悲しませたくないと
    脱会がなかなか出来ずにいます。
    でもここでのコメントを読んで
    こんな悪の組織にいることが
    オカシイ事をつくづく感じました。
    脱会届け、葉書でもいいのでしょうか?
    内容証明がいいのは分かってるのですが、
    もう創価にお金使うことが嫌で嫌で。
    一千万近く使ってきたと思うので(T-T)

    トールさん、
    記憶違いじゃなければ同じ短大出身だったと。
    私の方がずっと上ですが(^^;
    佃学生部長の時代なので。

    仲間のMC 本当に解いていってあげたい。
    私が覚醒したこと
    短大生には言ってません。
    覚醒しかけの数年前には何人かに
    疑問はぶつけましたが。
    マニュアル通りの答えのみ。

    でも活動家は多忙でしょ。
    私が外部の人間、
    分母となる自分の部員さんなら
    ホイホイ時間作るけど
    それ以外ではなかなかね。

    まぁ、会って話しても
    こちらが可哀想な人扱いされるだけですがね。
    本当に救ってあげたいですよね。
    自分の親も。

  58. 私が前に住んでいた支部では、公然とではないけれど「分母減らし」をやっていました。
    つまり幽霊に限りなく近い非活の方にはお伺いをたてた上で退会していただくといった感じ。
    上の方になんて報告していたのかよく知らないのですが、半ば暗黙の了解だったのかも知れません。

    そんなことを見聞きしてる私はいつか「分母減らし」に来てくれないかしら(笑)と待っているのですがねぇ(笑)

    テーマから外れている上にお気楽なヤツだと怒らないでくださいね。

  59. 巴里さん

    初めまして!コメントありがとうございます!
    確か最終学歴が創価ってぐらいしか書かなかったような?!
    ストレス過多になると記憶力も低下するそうなので、違ったらお許しを。
    でも「姉妹の絆」で判ってしまうものなのですね!(爆)
    私も佃さんの時代です!歳がバレるなぁ・・・(^_^;)

    そして私も総額一千万はつぎ込みましたorz
    女子部時代、初めて3ケタをやったのを職場にいた先輩に報告したら、
    「1回で満足してはダメ!女子部時代に3ケタが何回できるかが勝負よ!」と言われ、
    それから結婚1年目まで毎年3ケタをやり続けました。 ハァ~
    ある時、未入会の父に領収書が見つかり「お前は気違いか!!」と怒鳴られました。
    そうです、気違いでしたよ、お父さん(T_T)

    確かに短大生にいうと可哀想な人扱いかもしれませんね。
    まずは海外の友達に探りを入れてみようかと思います。

    巴里さんの最終役職は何でしたか?そしてどのように今に至ったか。
    もし差し支えなければ参考にしたいので、教えていただけたら有難いです。

  60. こんばんわ awakeです
    散歩大好きさん はじめまして
    地域によってなのでしょうが 「分母減らし」って・・・ 結局何でもアリなんですか
    ノルマがあるとかなんとかですが
    >上の方になんて報告していたのかよく知らないのですが
    「行方不明」とか「死亡」とか 支部の方も痛手を被らないようにできるということですね
    任意団体ですので よくよく考えたら 罰せられませんし
    創価が遵守しているのは 職員の労働基準法、公職選挙法、学校教育法、施設の消防法くらい何ですかね・・・

  61. トールさん。
    いえいえ、短大生って書いてましたよ(^^;
    そうですか、佃さん時代ですか。
    私、一桁です(^^)

    少年部からずっと人材グループ
    という典型的な素直な短大生です。
    最後は白ゆり長。
    もう、自分の心と反対のことをしなければ
    いけない苦痛で押しつぶされそうでした。
    毎日苦しかったですね。

    激動のことがあり
    引越しを機に一気に非活。
    組織に転居先言わなかったのに
    カードもきっちり回ってきました(-_-)
    色々あって当初は心配してくれていた
    幹部達も、引越し先を探して
    分母を減らすことには必死になるけど
    引越し先が判明したにも関わらず
    その後は一切音沙汰無し。
    分母減ってせいせいしたのでしょうね。
    どこもそうですよね。
    濃密そうで希薄な人間関係です。
    短大生も上辺は心配してくれてましたけど
    本当に真剣に心配してくれて
    未だに関わってくれているのは
    外部の友人です。

    海外、何人かいますね。
    どいやって探ります?(^^;
    カルト認定されてる国にも
    いますが彼女はMC中だろなー。

    覚醒して、本当に幸せな毎日です(*´∀`*)

  62. 非活が脱会して分母へ減らせれば一番いいんですが、分母から割り出す打出しをきっぱり断れば済む話です。
    でもこれ相当な摩擦が入り、揉めに揉めますよ。
    その数字を上げること=信心=宿命転換=長の一念とか何とか、意味はさっぱりわからないけど、鋼鉄のような掟があるからです。
    幹部の頭の中にはこれが完全にプログラムされていて、異論を唱えるとショートしてしまいます。
    悩みを抱えている時など、これを死守しなければ崖っぷちに立たされてるような脅迫、恐怖を感じて追い詰められる場合もあります。
    諸々考えると脱会の方がラクです。
    このノルマを殻を破って達成する者のみ、病気が治るだの就職が勝ち取れるだの、いい加減目を覚ましましょう!

  63. 皆様、はじめまして。豆と申します。
    私は創価とは無縁の人生を歩んでいましたが、適齢期に出会った彼が創価でした。
    まさにマキさんと同じ悩みを抱えていました。
    当時、家族友人を巻き込んで多大な心配をかけ、私自身も大変苦しみましたが、一番の支えになったのはこちらのようなブログでした。ですので、私でも何かお役にたてることがあるかもしれないと思い、今回コメントさせて頂いています。

    彼のスペックは、驚くほどマキさんの彼氏さんと似ており、学会3世、活動家、ただし相手に信仰してもらおうとは思わない(が自分の信仰と活動は認めて欲しい)、というたぶんとても”今風”な学会3世です。活動や他人への勧誘はマイルドですが、気を付けなくてはならないことは学会への信仰(洗脳)はハードです。生まれた時からの創価環境が与える影響はやはり大きいです。

    結論から言えば、現在彼は非活となり、その結果私たちは結婚に至っています。私の譲れないライン(一切の活動なし、組織との関わりなし、財務なし等。ただし、家に仏壇(本尊)を置くことは可、個人の信仰として本尊に向かうことは可)を結婚前に話し合い、決めました。

    彼が創価とわかったとき、周りはほぼ全員反対しました。私も別れたいと思っていました。けれどどうしても別れられず、「彼と縁を切れ」と強く言ってくれた友人に嘘をつくことになり、友人をひとり失っています。
    結婚に至るまでの5年もの時間も失いました。その結果、妊娠のための時間も失っています。
    心が深いところが通じ合わない相手との出口の見えない話し合いも大変苦しいものです。

    別れることが最善の選択肢なのかもしれません。少なくとも時間を無駄にしません。

    ただ、もしも一緒にいることを選択される方がいたのなら。
    こんななんとかなったケースもあったと辛いとき思い出していただけたらと思い書き込んでいます。
    創価ごときで大切な人を失うなんて、本当にもったいないことです。

    何がきっかけでほころびが出るかは人によって異なるようですので、こうすればいいよと具体的なアドバイスができないことを心苦しく思います。けれども、数撃てば当たるかもしれません、根気よく続けていればいつか何かが彼氏さんの心の琴線にふれるかもしれません。
    ひとつやってよかったことといえば、私は彼とノートを交換して話し合いを続けました。どうしても感情的になるからです。
    まずは、話し合える信頼関係を作ることから始めました。感情的にならず、彼の話を聞く期間をもちました。そしてそれに冷静に反論できるよう、勉強しました。

    マキさん。大変なご心労と思います。ついついネット検索してしまったり創価に関わる時間が多くなってしまうと思いますが、積極的に創価について考えない時間を作って、どうか心を休めてくださいね。

    創価が1日も早くなくなって、このような悩みを抱える恋人達がいなくなりますように。

    最後になりましたが、シニフィエ様、このようなHPを運営してくださってどうもありがとうございます。
    長文、大変失礼いたしました。

  64. 豆さん(かわいい〜)、貴重なコメントありがとうございます。
    私自身はご主人と同じような二世で外部の主人と結婚した、逆のパターンです。
    豆さんがご主人に感謝されているよう、私もいま感謝して暮らしています。

    二世や三世の中には、どこかここから連れ出してほしいといった気持ちがあるように
    過去の自分を振り返ってみると、思うのです。
    どうか創価学会ごときで大事な縁が切れてしまったりしないで欲しいな…
    とも思います、難しい問題ですが。

  65. 創価と一般の方の場合の結婚。
    様々なパターンがありますよね。
    私の場合は自分が創価で、相手が無宗教でした。
    ここに寄せられるお悩みと逆のパターンですよね。

    出合った頃自分はバリ活(自分ではそう思う)で、たまたま会った初対面の人に平気で電話番号を渡したのも、選挙の重点区に住んでると知ったからです(笑)
    役職は後半に地区リーダーをほんのちょっという程度でしたが、わずか四年の実質活動期間に4人を折伏したんだからかなり熱心だったと思うのです。
    時代も創価が絶頂期の頃だったし、住んでた場所も決して迫害などされない地域。
    創価の仲良しもいっぱいいて毎日が楽しく、学会員であることが誇りで何の不満もありませんでした。
    でも、彼が嫌だといったらあっさり辞めましたよ。

    理由は簡単です。
    彼が創価より魅力があったからです(笑)
    でも恋愛ってこのくらい熱に浮かされないとつまらないですよ。
    創価と天秤にかけるような冷静さがあるより、創価などふっとばすくらいの恋愛をしましょう。
    つまり信仰にしろ、恋愛、結婚にしろ中途半端はつまらないということです。
    恋人は失ったら取り戻せませんが、信仰は逃げませんよ。
    やりたくなったら、できるようになったら、またいつか戻ればいいじゃないですか?
    自分が創価の方に言いますが、そんな割り切り方もありですよ。

  66. この話には続きがあります。
    あっさりもう活動はしません、と組織に言って3年後に結婚。(なんやかんや言われることは、その分の幸せでどうでもよくなります)
    結婚後もまる10年完全非活を通しました。
    そしたら10年後、またやってみたら?と夫の方から言われました。
    やってみて数年後に脱会することになりますが、だから信仰でトラブルはありませんでした。

    レアなケースかもしませんがこんなパターンもあります。
    お互いを尊重できた結果です。
    やるにしてもやらないにしても、お互いに最低限のルールはあります。
    創価ごときで不幸になってはいけません。
    創価にそこまで熱心になれるなら、人生そのものも同じくらい熱心に頭を使い、工夫できます。
    バランス感覚を忘れずに!

  67. 久しぶりの投稿なのに、関係ないことですみません。
    池上彰さんの今こそ伝えたい!という特別番組をみていました。
    今、イスラム国の問題もあり、宗教が悪というイメージを植えつけないようになのか、宗教を題材にしています。
    それはそれでいいのです。ただし、なぜか
    創価学会を紹介されました。日蓮宗の話の流れからですが、日蓮正宗だったが、そこから分かれて独自で …..のような紹介でした。あっという間に次の話題になりましたが。
    番組と創価学会絡んでる?と思ってしまいました。まるで宣伝のよう、創価学会はいい宗教です、イメージさせるような意図にしか見えないと思ってしまいます。今やテレビ業界にも学会員もたくさんいますし、今、始まったことでもないですね(((^^;)
    番組そのものは大変勉強になりますが。
    私は、覚醒する前から、宗教がテレビやラジオを使い、布教のような行為をするのはどうか?と疑問をもっていましたので、またか…..と感じです。
    バリ活時代に、婦人部が、毎週○時にラジオで人間革命が朗読されるから、聴きましょうね~
    とか、いちいち言われることも、ウザいし、
    お友だちにも、番組紹介しましょうとか、うんざりでした。
    楽しく見ている中に、突然出てくるとガッカリです(笑)
    まぁ、宗教ではなくビジネスですから~
    こんなことにも財務が使われていると思うと腹立たしいです。

  68. 凛々子さん
    わたしは、なんどか池上彰氏の番組を観ようと試みましたが、いつも始まってすぐにリタイヤしてしまいます。。

    なんか、得も言われぬような胡散臭さを感じてしまい、どうも受け付けないのです。。

    観た一瞬で思ったのは、彼が言うことが全て正しいとは限らないよなあ、との想いでした。。

    まず、いまの放送業界は安倍により放送規制がかかり、ある意味牛耳られているような状況の中、何故、池上彰の番組が、こうももてはやされるのか。。

    これって。。言わずもがな、ですよね。。

    いまのマスメディアは、ただ何も考えずに鵜呑みにするには危険極まりない状況だとわたくしは認識しております。。

    しっかり情報を精査し自分で調べ考え抜く気持ちでないと、ただ流される情報に呑み込まれ、とんでもない方向へと向かって行き兼ねません。。

    わたくしの創価脳の母が、まったくもってそんな感じで。。
    テレビで言っていたことをすぐ鵜呑みにして。。お買い物から何から。。(−_−;)

    ここに集う方々は既にマインドコントロールの怖さをご存知だと思うので、そういった一方向からの情報を一方的に受け取るようなことはないと思いますが。。

    気をつけましょう、呉々も。。(^_−)−☆

  69. 以下のコメントは非公開を前提に私宛への提案に対するビビるくんという方へのお返事です。
    以前、一度同じようなことがありまして、ことの経緯はおよそ掴めています。
    もちろん皆さんとは関係のないことですのでスルーしてください。
    単なる私信ですので気にしないでくださいね。
    以下 ビビるくんへ
    ________________

    ビビるくんさん(さんづけも変ですので、以降びびるくんと呼ばせていただきます)
    コメントありがとうございます。
    お話はよくわかりました。
    ただそうしたことを私に言われましても、私としてはすでに終わった話ですので、申し訳ありませんが、こちらからアクションを起こすつもりはありません。
    さきほどおっしゃるブログを覗いてはみましたが、はっきり申し上げて、とるに足りないものだと思いました。巨大掲示板などによくある悪口の垂れ流し的なもののひとつに過ぎないし、ネット上には数えきれないほどあなたのおっしゃるような「はきだめ的ブログ」が存在します。ですからたとえそこでどんな話が展開されたとしても、そしてそれがこのブログへの根も葉もない中傷だとしても、それを見られる方がそれぞれに判断すればいいだけのことではないかと思います。そしておそらくまともな感覚の方であれば、誰もあのブログを支持するようなことはないと思います。
    ビビるくんのこのブログを大切に思ってくださるお気持ちは、たいへん有り難いですし、ほんとうに感謝しています。ただ、だからといって私があのブログに行って意見する理由は見当たりません。とくにこちらに迷惑がかかっているわけではありませんし、だいいちまともな話の通じる方たちではないからこそ、このブログからブロックされたわけです。
    余計なことかもしれませんが、話のついでに気を悪くしないで聞いてください。
    あなたがおっしゃるとおり、そして私がこのブログでさんざん言ってきた経緯もご存知のように、Hさんに関しては精神衛生上の観点からも関わる意味などまるでないと思いますし、Kさんについても創価に関するネット上ではいわゆる札付きの異常者として有名な方のようです。またその管理者も同様に、このブログから追い出された逆恨みのような感情だけでブログを立ち上げていると思います。ですから私は今後もいっさい関わるつもりはありませんし、これからまた似たようなものが発生するかもしれませんが、それはネットである以上仕方のないことだと思っています。私としてはこの態度を変えるつもりはありません。なのでどうかそのあたりのことをご理解くださるとありがたいです。ご期待に添うことができずに恐縮ですが、よろしくお願いします。
    _________________

    以上

  70. 初めまして。
    学会3世の20代のバニラと申します。
    小学校から最終学歴まで創価系列の学校出身です。
    家族、親戚、友人等、人間関係の9割が創価学会員です。
    薄々中学生の頃から疑問に感じていたのですが…そのように考えてしまうのは、私の信心が足りないからなのだと思い込むようにして、気持ちを押し殺して生きてきました。

    ですがもう目を背けることができないです。
    このブログに背中を押していただきました。
    皆さんの仰る通り、創価学会は間違っています。

    私の青春時代は何だったんでしょうか….
    母校の教職員、友人、みんな素晴らしい人たちばかりです….
    それが余計に悲しくて、悔しくてたまりません。

    これからの人生、どうすればいいか模索中です。
    ここのブログ記事を全て読んでゆっくり考えていこうと思います。

    拙い文章で非常に恐縮ですが…
    とりあえず書き込みさせていただきました。

  71. 凛々子さん、コメントありがとうございます。
    池上さんの件、そうですか、そんなふうでしたか。
    私は普段ほとんどテレビも見ないし新聞も読みません。社会人としてどうなの?って感じですが(笑)、テレビも新聞もほとんど必要性を感じませんし、たまに見ても、デラックスマツコさんとかタモリさんのような笑い飛ばせるだけのバラエティ番組をたまたまついていれば見るくらいです。
    池上氏に関しては、前々回の総選挙の速報番組で、かなり露骨に学会批判をしているのをTOUTUBEで見て「あ この人 かなり学会に詳しいな」と思いました。多くは語らないし、物腰も柔らかいけど、そうとう創価が及ぼす社会への危機感があるなと思いました。そのときの選挙速報では、公明党の演説会会場にいる婦人部に「創価学会の方ですか?創価学会では公明党に投票すると功徳があるという教えなんですか?」と訊いていたのが印象的でした。その婦人部はにやにや笑いながら「はい」と答えていました(笑)。その後もはっきりと政教分離と学会の問題について言及していたように思います。ですから私は池上さんは創価問題を正しく把握している方で、テレビ局の上からの圧力に屈することなく創価問題を生放送でとりあげた気骨のある方だと思っていました。
    私は創価の問題は、もっと社会的に注目されて当然だと思っていますが、ご存知のようにマスコミも法曹界も警察も、多くの学会員がキャリアとして入り込んでいて、創価問題が社会に浮上することを必死でもみ消しています。公明党はそのために存在すると言ってもいいでしょう。金と権力で問題を封じ込める。そしていつものように会員から莫大な財務をまきあげる。これが創価の基本ですよね。原発に御用学者がいるように、創価にも御用キャリアなるものがたくさんいます。池上氏がそうだとは思えませんが、池上氏とは関係なく、創価御用達の芸能人や学者や役人が創価問題を隠蔽していることは確かですね。また金だけで動く御用達暴力団も創価には欠かせないようです。当然ですがそんな情報はテレビや新聞では絶対に流れません。あるとすればネット上です。ただしやはりネットは玉石混合であり、砂漠の中にひとつぶの宝石を見つけるかのようなもので、どこからどこまでを信じたらいいのかはわかりません。
    たとえば最近になって「インフルエンザワクチンは効かない」「子どものADHDという病気は存在しない」「マーガリンは猛毒」「砂糖も牛乳も身体に悪い」「携帯電話の電磁波は子どもに悪影響」「抗がん剤治療はしないほうが長生きする」などなど、ちょっと前までは都市伝説扱いされていたものが、公的な機関が事実として正式に発表するようになりました。しかしあいかわらずマスコミはそれらを大々的に公表することはありません。それはそれらの利権に関わる企業や医療団体がマスコミのスポンサーだからです。
    創価の問題が一般の人に浸透しないのも、やはりお金の力で情報を封じ込めているからであって、そういう意味では池上さんがああしてあえて創価問題をテレビにあげているというのは、どうにかして創価問題を社会問題化させる必要があるのではないかという、いわば捨て身の行動ではないかと思うのです。おそらくマスコミの誰も創価をとりあげなければ、創価はずっと会員のMCだけに専念して、やりたい放題を続けられるわけですから。

  72. バニラさん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    まずは、まだ若いうちに気がつけてよかったですね!おめでとう!と言いたいくらいです。
    まだ20代ですから、まったくがっかりすることはありません。
    何もかもこれからです。そんなこともあったかな?ぐらいで済ませましょ(^^)
    たちの悪い詐欺にあったけど、はやいとこ気づいてよかった。
    その程度でいいと思います。これからがあなたの人生ですから大丈夫です。
    よかったら、バニラさんがどのような経緯で創価の間違いに気がつくことができたかを
    思いつくままでいいですのでお話ししていただけると、やめられないで悩んでいる方にとってはとても勇気をもらえることになると思います。
    よろしくお願いします。

  73. 最近は老年以降のバリ活の中でも疑問を持つ方はいるようです。

    先日も、60代の強烈なバリ活との会話の中で、イケダさん不在、会則変更についてずっと疑問を持っていたという事を言っていました。

    2人で会話していた時に、話しの流れで私のほうから口火を切りだすと「実は私も会則変更については、疑問だったのよね。11月8日の時の新聞も切り抜いているし、1月末の新聞も切り抜いて何度読んでも意味がよくわからない。でも会合は選挙一色で、会則変更については誰も何も言わないからずっとモヤモヤしていた」と。
    池田さんの写真についても「何でいつも同じ写真を使っているんだろうと思っていたけれど、会則変更の事もそうだけど、疑問を口に出したら信心が弱いと言われると思っていたから黙っていた」と言っていました。
    ネットはしない方なので、一人で悶々と悩みながらも活動に没頭することで、悩みを振り払っていたとのこと。
    この方がネットで様々な情報を得て、自分で考えるようになれば覚醒できるのでは?と思ったのですが、「でも、こんな事を話したら愚痴になっちゃうんだろうね。選挙頑張らないとね!!選挙の戦いは、功徳はすぐに出るし功徳も大きいっていうからね、」と。

    思わず「選挙の功徳をもらった人なんて見た事ありますか?」と言うと「私自身があるわ。思いがけない入金があった事があったのよ」と言います。
    そんなの選挙の功徳じゃなくて、単なる「ラッキーな出来事」を「選挙の功徳」というように脳内転換されただけなんですけどね。

    疑問をもつこと、疑問を口に出すことをタブー、悪だとされている創価会員。
    信心の浅深に限らず創価の洗脳は深いですね。

  74. レモンさん、いつもお疲れ様です。
    選挙の功徳がお金に結びつくことが、宗教なのにそんなとらえ方でいいのかな…
    だからやっぱり宗教とは違う集団なんだと思ってしまいますね、私としては。

    テレビっこな私としては、池上氏の番組たまに見ます。
    さまざまな情報をまとめて見せてくれるのは助かるかなあと、
    とりあえず情報を提供してくれて主張はきりりと短い方が
    私は助かるかなあ、…と思って見ています。
    心にとまった言葉をネット検索でまたいろいろ見たり…
    ネットこそ千差万別ですから、ますます醒めて見えてきたりします。

    創価学会はお金で思うようにマスコミ操作しているだけでなく、
    なんというか力関係に頼ってしまってから、方向がおかしいですよね。

    公明大阪市議団の豹変ぶりがなんとも理解できません。
    大阪都構想に際して辞職された幹事長どうされているのか、
    この間まで先頭切って批判する姿をテレビで毎回見せていたのに…。
    この件こそテレビ放映さっぱりなしですよ、恐ろしや〜。
    このような組織を変わらず支持していくことって普通の感覚ではできないですよ、
    少し距離おいてみた方が無難そうですが、
    現場の支持層はどのように理解しているんだろう…?

  75. 流れ星さん、コメントありがとうございます。

    NHKのこどもニュースの頃もよくみていたせいか、池上彰さんのイメージから、分かりやすい、正しい情報を伝えていると思い込んでしまうところもあります。
    最近は、どこか胡散臭いところも感じ、池上さんってこんな人だっけ?と思ってしまいました。
    覚醒する前は、ネットなどあまり見なかったこともあり、情報操作や牛耳って作られているなんて思わないので、鵜呑みにするタイプでした(泣)

    覚醒してから、ネットの情報もよく見るようになり、様々な角度から自分なりに情報を見るようになりました。
    覚醒できて本当によかったと思える部分でもあります。

    鵜呑みにしても、今までは、へぇ~そうなんだ!で生活や回りには大きな影響受けず済んだかも知れませんが、これからはのんきではいられないと感じます。
    それを強く感じたのは、大震災と原発がきっかけにもなっています。
    創価問題やイスラム国の問題でも改めて思いました。

  76. signifieさん、詳しくいろいろ教えて頂きありがとうございます。
    池上彰さんは、創価問題にたいして追求していたり、ネットでも見たことがあったので、昨日のようなテレビで創価学会というキーワードを出す意味はいったい何だろうと思っていました。
    池上彰さんが、宗教法人は誰でも作れる、とか、お寺に属さない独自の宗教団体もある、その一つに創価学会というような紹介だったと思うので、創価学会のPRでもなく、本当は、
    signifieさんが言われました、創価問題を社会問題化させる必要があることやいわば捨て身の行動というのが、凄く理解できます(^_^)

    竹山さんが、公明党って創価学会ですよね、信者は普段は何をしているんですか?という質問したのが、ウケました。

  77. やまとだましいさん、マジですか。
    正本堂、値切るってww
    信者からたくさん巻き上げといて、ようやるわ。ますます覚醒まっしぐらです。

    凛々子さん、竹山さんのコメント笑いました。
    創価は普段何をしてるのかwwって。
    ワハハ。普通の生活は、してないですよね。昔、創価は、世間から離れて修行せずとも、実の生活そく信心だから、ほかの宗教みたいにわざわざ出家したり、滝に打たれに行ったりしなくていいんです!
    って、自慢げにバ幹部が言ってましたが、その普段の生活が異常でかつ、世間から遊離していると、気がつかないんでしょうねー!

  78. お世話になっていますawakeです
    signifie様が仰っていた動画 結構有名なものですね
    私も無料動画サイトで拝見しました
    確かに凛々子様の仰るように
    >池上彰さんが、宗教法人は誰でも作れる、とか、お寺に属さない独自の宗教団体もある、その一つに>創価学会というような紹介だったと思うので、創価学会のPRでもなく、本当は、 signifieさんが言われ>ました、創価問題を社会問題化させる必要があることやいわば捨て身の行動
    ということが、この方の番組を見ても感じている一人です
    このごろテレビ番組が 創価の嫌がる寺院仏閣特集や論評が個人的に多いような気がしますが
    何か地殻変動でもあるのかと懐疑しています


    (少し見にくいです)
    3分30秒~「文春」「新潮」両方購読
    5分15秒~「赤旗」「聖教」両方購読
    6分45秒~学会本部の警備員「お答えできない」

    私は信濃町に行ったことが無い(行きたくもない)のですが、趣旨の違う(?)警備員配置が怖かったです
    世界平和で正しければ、そもそも警備員はいらないのではと思った次第です
    他にも突込みどころ満載ですが このテーマとは乖離しそうなので失礼いたしました

  79. 自分のコメントを読み直しますと、
    池上彰さんが胡散臭いかのような書き込みになってました。池上さんを使って、タイムリーな話題を題材に言わせているという感じからです。

    何かを批判する番組じゃないし、テレビ的に言えない事情もあるし、池上さんが本当に伝えたいことは?と読み取りながら見ていました。

    awakeさん、YouTubeありがとうございます。
    池上彰さんのことがよりわかりました。

    kickeyさん、世間は、創価学会は選挙運動しかしていないイメージになってるんでしょうね(笑)
    内部事情も知ってるから、余計に笑えましたけど(笑)

  80. signifieさん、お返事有難うございます。
    皆様のように文才がありませんので、恥ずかしいですが、少しずつ自分の気持ちの整理という面からも書き込みさせていただきたいと思います。

    学会3世の私は生まれて数か月後には勝手に入会させられ、未来部から各種会合に強制参加でした。
    私が脱会をしようとしてるなんて夢にも思っていないバリ活の母は、先日私に「私があなたを洗脳してあげたのよ!感謝しなさい!」なーんていってのけました・・・・もはや、認めちゃってるんですね。(笑)
    母曰く、子供に物心がついたら信心するかどうか本人に決めさせるのは間違っている、そうです。。。
    母は典型的な盲信な信者です。都合が悪くなると対話をやめる、なにかとお題目、といった感じです。

    私は幼いころから、創価思想を刷り込まれ、いつの間にか「ああ、学会じゃない人は怖いんだ、普通の人じゃないんだ。社会にでるのは恐ろしい。」なーんて恥ずかしながら思ってました。。。なんて視野の狭い、バカな子だったんですかね。

    あと…中等部時代ですかね…とある会合で幹部に「君たちは池田先生のために死ねるか?はい、とすぐ言える人が本当の弟子だよ。」と言われました。はっきりと覚えています。
    そこから学会を疑問に思い始めたのかな、と思います。

    池田氏のスピーチも指導も、どっかからの引用と自分の自慢話と勝利だのなんだので内容がない、と気づいた高校時代からは何も感じなくなっていました。なんでもっと謙虚になれないんだろう、なんてさえ思っていました。
    ですが感動している友人を見ては、私のこころが穢れている気分になっていました。

    生老病死にも疑問です。祈る意味がわかりません。
    祈って治ったら功徳、亡くなってしまったら使命を全うした。
    「生も歓喜、死も歓喜」なら何故祈って助かろうとするのか。全然納得いきません。
    祈っても何も物事はかわらない。偶然いい事が起きたら功徳となるだけ。
    悪い事なら「祈ってでた結果なのだから」と自分に言い聞かせて受け入れる。
    その事実に気づいたのは3か月前です。
    今は全くお題目をあげていませんが、何も変わっていません。罰もありません。

    まだこちらのブログ記事を全て読めていないので、申し訳ないですがどなかと内容が重複しているかと思います。
    まだ脱会のアクションは何もしていないので、参考にはならないかもしれませんが…。

  81. これも私からビビるくんという方への私信なので、皆さんは気にしないでください。ただ内緒話をしていると思われると、外で何かと突っ込みたがる方たちもいるようですので、皆さんにもあえてわかるようなかたちでお返事しますね。
    以下ビビるくんへ
    _______________

    ビビるくん

    なんとなく気になったので、ちょっとだけ思うところを書いてみます。ここのアクセス数は多いときはひと月15万を超えます。少なくても10万はあります。これは自慢でもなんでもなくて、それだけ創価学会に問題があるということの端的な表れだと見ることができると思うんです。そしてここにコメントしてくださる方のお話しが、常にとても説得力のある現実の話だからこそだと思っています。単なる憶測や勝手な思い込みのコメントであれば、このブログはとうの昔に誰からも相手にされなくなっていると思います。特に去年の夏以来、1日のアクセス数が3000を下回ることはありませんし、多いときには1日6000にも及ぶことがあります。ご覧の通り、私は以前ほどここへコメントしません。それは私の役割は自分の考えをごり押ししたり、意見の合わない方と議論して説き伏せるようなことではないと思っているからです。ビビるくんが教えてくれたこのブログを批判しているブログは、ちょうどこのブログのアクセス数が飛躍的に伸びた去年の夏ごろに、Kさん、Bさん、Dさんという非活と脱会者と活動家というまったく違う立場の3人が訪れて、いたずらに議論を吹っかけてきたことに対しての私のそっけない態度が発端となったようです。そのとき私は繰り返しここのブログの主旨を述べましたが、聞き入れてもらえなかったので、きちんとその理由をのべた上で、その方たちのコメントを承認しない旨を伝えました。その経緯はビビるくんもおわかりと思います。去年の8月の初め頃の話です。その後、この3人の中の一人がこのブログを名指しで批判するためのブログを立ち上げて、私が都合の悪いコメントを片っぱしからカットしているかのようなことを書きたてて、それに便乗した残りの二人が、ここぞとばかりにこのブログから追い出された腹いせか何かは知りませんが、何かにつけては私のここでの言動をはじめ、皆さん方の批判というよりは、単なる悪口と言っていいでしょう、性懲りもなくせっせとここに通っては、そのブログで悪態をつくというみっともないことを延々と繰り返してきたわけです。私はあるときこのブログを応援してくださる方から、こんなものがありますよと教えていただきました。ほぼ同時期に数人の方たちからです。私は一度目を通したものの、べつに何とも思うことはありませんでしたし、私から何かする気にもなりませんでした。それ以上に、あまりに稚拙でくだらないことを、いい大人がいつまでもやるもんだと可笑しくもありました。ちょうど子どもたちが遊んでいる輪の中に飛び込んできて、遊びのルールを無視するから追い出された聞かん坊が3人集まっては、子どもたちの遊びを偵察に来てはかげでコソコソ文句を言っているようにしか見えませんよね。自分たちがルールを無視したことを棚に上げて、追い出された恨み言をいつまでも言い続けているのです。私はそんなみっともないブログのことはすっかり忘れていたのですが、いつでしたかビビるくんから初めてコメントをいただき、なんと今はあのヒューマンさんがそのブログに加わり、このブログの悪口大会を盛り上げていると聞きました。そして私も覗いてみましたら、まじで吹き出してしまいました。ヒューマンさんはあいかわらず言ってることがメチャクチャで、そのブログも引っ掻きまわしているんです。失礼ですが、正直言いますと私は腹を抱えて笑い転げてしまいました。結局ここを追い出された4人が集まって、このブログの批判を始めたはいいものの、あの意味不明の日本語しか喋らないヒューマンさんが入ったがために、4人がまじに仲間割れをおこして、このブログの批判どころではなくなっているんですよね。ビビるくんは、そんな批判ブログに一貫してこのブログの正当性を訴えてくださったわけですが、このあいだから突然ブロックされてしまったんですね。つまり、ここのブログが都合の悪いコメントを一方的にカットすると批判しておきながら、結局は同じこと、いや、あのブログの場合、何の警告もなしに、いきなりブロックしたのです。そうした行為がおかしいのではないかと、ビビるくんは私から指摘してくれないかという相談なんですよね。
    ビビるくん
    お気持ちはよくわかりますし、このブログを大切に思っていただいて、とてもありがたいと思っています。しかし先日も言いましたが、特に相手にするようなところではないと私は思っています。たしかにあの4人の中にはここの常連さんとの個人的な確執が原因で嫌がらせを続けている人もいるようですが、かといってそこで私が乗り込んで行って文句を言ったからといって、何にもならないし、そもそもそんな4人だけが仲間割れしているところに私が行ってもまったく場違いだと思いますよ。仲間うちの喧嘩に首を突っ込んで行って「なにしに来たんだお前」って感じじゃないでしょうか(笑)。昨日私が申しましたように、あのブログは取るに足りないものですし、実際のところ誰からも相手にされていないようですから、ほっといていいのではないでしょうか。すでに本来の目的であるここの悪口を言い合うどころではない状態のようですから(笑)、いくらもないうちに空中分解すると思いますよ。
    しかしビビるくんが一方的に口封じにあったことはどう考えてもおかしな話ですから、これだけはこの場でハッキリと言っておきましょう。
    「ビビるくんを何の予告もなくブロックしたブログ主さん。そう、ビビるくんから『人でなし』とまで言われたBさんあなたです。「対話を求めて」と言いながら自分の都合ですぐにブロックするといった言いがかりで私を批判しておきながら、それよりももっとえげつないことを自らやっているようですね。そんなことだからここのブログからもあえなく追い出されて、自分でブログを立ち上げても、追い出された3人しか集めることができないまま、すでにそれさえ早くも仲間割れしている状況を、ご自分でどのように思われていますか?そんなあなたがここのブログの悪口をどんなに書いたところで、誰も見向きもしないとどうしてわからないのでしょうね。たぶん私からこのように言われたら、意地でもビビるくんのブロックは解かないでしょうね。それがまたあいかわらずの子供じみたあなたらしさだと思います。仲間割れはいい加減にして、また仲良くここのブログの悪口大会を再開してはいかがでしょうか?そのときはビビるくんのブロックも解かないと、ほんとの人でなしになってしまいますよ。あ、それからヒューマンさんにもよろしくお伝えください(笑)」
    ビビるくん
    こんな感じでいかがでしょう。
    私としては、最初から相手にするようなところではないと思いますけどねえ(=゚ω゚)ノ
    それよりこのブログでみなさんと一緒に創価学会の状態について語っていくほうが、価値的だと単純に思いますが、それもそれぞれにいろいろな事情があるでしょうから、ご自分の思うとおりにされてください。ブロックが解けるといいですね。
    それではまたこれからもよろしくお願いします。

  82. はじめまして。
    書き込むにあたって、自己紹介をさせていただきます。
    私は生後数か月目で入信した、創価学会2世、現在、婦人部グループ長、スターグループ、香城会をしています。
    このブログは最近知りました。もっと早く知りたかったというのが今の感想です。
    たくさんの方がとてもいいコメントを残してくださる。
    あまりにも的を得ているコメントばかりなので、おそらく学会員にはきついのでしょう。
    悪口をいいたくなる。このブログこそ、「本当に正しいことをしているとたたかれる」現象が起きているのだと思いました。
    私も早く創価学会から抜けたいです。
    母も一緒に抜けさせてあげたいというのは、私の身勝手なのかもしれませんが、
    これまで、「人の幸福を祈ってきたはず」なのに、自分だけ創価学会という不幸から抜けるようで、
    いたたまれません。
    母も、一人の人間として自分で気付かなければいけないのも、頭ではわかっています。
    頭では。
    でも、母なんです。これまで、学会が原因の不幸、たくさんありました。
    これがまだ続くなんて。原因がわかっているのだから、早く取り除いてあげたい。

    もし、学会員じゃなかったら、もっとたくさん笑いあえたかもしれない。

    本当に、脱退するだけじゃすまないくらい、私の人生に対して損害賠償を請求したいくらい、
    今は学会が憎いです。

    長々と書いてしまいましたが、私が書き込みをさせてもらったのは、

    「熱心な学会員だった家族を脱退させることに成功した人」

    がもしいたら、その方法をご伝授いただきたいと思ったからです。
    これを知りたい人、たくさんいるとおもいます。
    もし、すでにそのような内容がこのブログ内にありましたら、その部分をお教えいただくとうれしいです。
    量が量なので、とても全部読めそうにもなくって・・・

    全部読めてもいないのに、質問の投稿、ごめんなさい。

  83. バニラさん、文才ありありです〜、ようこそです
    私はバニラさん同様な二世であり、自分の意思とは無関係に
    創価学会の学会員に勝手にされてました、お気持ちよくわかります。
    私がもう思い出したくもないあまり、都合よく忘れていた面を、
    バニラさんは冷静に語っているので、とても勇気をたくわえている方と思います。

    こちらの場に寄せていただいて、私が感謝しているのは、
    忘れたくてやり場がなかった気持ちを、
    管理人さんやみなさんが丁寧に解きほぐして下さり、
    冷静な考えをいろいろな方向から語っていく空気感です。
    創価学会の問題は実は大きな社会問題です…!、
    よろしくお願いします。

    凛々子さん、コメントちゃんと伝わってますよ〜
    この場でものの見方がリアルになっていくことって、
    素晴らしいですよね、感謝です

  84. 拾い物ですが。
    循環論法なんですよね。

    Q1. なぜ創価学会が認定した御本尊は正しいと言えるのか?
    A1. 創価学会は正しい日蓮仏法を弘めている団体だからです。

    Q2. なぜ創価学会が正しい日蓮仏法を弘めていると言えるのか?
    A2. 創価学会が弘めている御本尊が正しいからです。

    Q3. なぜ創価学会が弘めている御本尊が正しいと言えるのか?
    A3. 創価学会が認定した御本尊だからです。

    (以下、Q1.に戻って永遠に繰り返す)
    ───────────────────────────
    これに騙される大部分の創価学会員は頭が悪すぎる。

    Q4. なぜ幹部の言っていることが正しいと言えるのか?
    A4. 池田先生が了承した内容だからです。

    Q5. なぜその内容を池田先生が了承したと言えるのか?
    A5. 幹部がそう言っているからです。

    (以下、Q4に戻って永遠に繰り返す)

  85. 3度目のコメントになります『あまにぃ』と申します!私は叔父の脱会に成功しました。
    私自身は3.11で目覚めました。
    しかし(本尊とお守り)は巻いたままで完全に学会と縁が切れずにいました。
    昨年、父が倒れてバリ活の妹から父が倒れたのは兄ちゃんが(御本尊を御巻きしているからよ)
    の言葉で完全に吹っ切れました。次の日燃えるごみにて出しました。以来体調もすこぶる良く、仕事も目に見えて良くなってきております。今となっては妹の言葉に感謝しております。
    叔父は今年83才
    昭和37年入信して草創期を信心一筋に頑張り
    莫大な財務や登山の旅費(家屋敷が購入出来る程の額)を使い婚期も逃していまだ独り者!
    10年ほど前から生活保護を受給してしていましたが
    私が介助することで年金受給に戻し現在元気に暮らしております。
    叔父は昨年まで実家にいましたが実弟や甥(共に学会員)に陰湿なないじめを受けておりました
    私は叔父の住む家を探し近所に引っ越し現在に至っております。
    信心即生活と謳いながら仕事をほっぽりだして会合や選挙活動
    友好活動費に財務
    創価を観てきて多くの人が生活困難に陥っております。
    また生活困難予備軍が沢山います。
    当然の道理ですね。
    会員を脱会させるにはまず自分がカルト宗教と決別し
    生活や色んな悩みに困っている会員さんに
    これを実際に取り除く、または和らげることが脱会させるなによりの方法ではないでしょうか?
    ただし気をつけるのは本人の自立をサポートすることと
    支える人の決意が必要だと思います。

  86. ご存知の方もおられると思いますが、
    興味深いサイトがありました。
    脱会届のダウンロードもできるようで、自分自身も使おうと思っているため、
    参考までに
    http://www.sosouka.com/index.html

  87. 私も、元活動家でしたが、組織から離れ今は未活で、ほとんど脱会状態です。脱会を幹部に申し出たところ、上手く説得されました。何故あそこまで辞めさせたくないのか解りません。親戚が全て、学会で脱会はなかなか難しいと感じます。良いアドバイスがありましたら宜しくお願い致します。シニフィエさん、モニカさん、その他の方宜しくお願いいたします。

  88. comaさんはじめまして。
    脱会は幹部に言う必要ありません。
    さっさと届けを出して知らん顔してればいいんです。
    統監から外れれば、創価とは無関係の外部です。
    口出す権利も責任もありません。
    いろいろうるさいのはまだ内部にいるからですよ。
    自分の監督下から外れて責任がなくなったら、拍子抜けするくらい知らん顔ですよ。

    家族が親戚が、と悩む方がいらっしゃいますが、創価を功徳のないインチキ新興宗教団体くらいに思ってるから迷ってる余裕があるんだと思います。
    一刻も早く抜け出すべき、宗教とは無関係の詐欺団体だったとわかったら逃げ出しませんか?
    ああインチキだったのねと気づいても呑気に構えている人たちは、でも活動しなければ害のない宗教団体。周りもいい人だし、別に危険はないし意地悪もされないし、とでも思ってるんでしょうかね?

    でもそのいい人たちって聖教新聞とってますよね?
    他にチケットやDVDなんかも買って資金提供しながら、その他にも寄付をしたり労働したり選挙支援をしたりしてカルト団体を支えています。
    自分はヤクザではないかもしれないけど、ヤクザに資金提供して協力しているようなものだと思いますけど。

    脱会したからって関係が壊れるんだったら、所詮それだけの関係だったんじゃないんでしょうか。
    あ、そういえばこの台詞どこかで聞いたような。
    「折伏して離れるような人だったら所詮それだけの人だったのよ」(笑)
    そう言い放った人は今度は家族が友人が脱会したら、
    「脱会するの?じゃあ貴方との縁もこれでお終いね!」
    とまた言い放つんだと思います。
    こんな時は、本人が気づくまで放っとけばいいと思いますよ。

  89. ひっかき傷さん
    お母さまへのお気持ち、よく分かります。
    ただ、まずはあなた自身がしっかり学会から離れることが先ではないかな、と思います。。
    でないと、多分、共倒れになるんじゃないかな。。

    創価学会でいい言葉がありましたね。。
    一人立つ。。って。
    こんな時に、ふと思い出しましたよ。。
    ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

    まずは、あなた自身が生き方がしっかりされてからお母さまのことを考えましょうか。。

    わたしの場合も(もう脱会して数年経ちますが。。)母のことが気がかりでした。。

    少しづつ話していきましたよ。母は恐怖で初めは半狂乱になって、わたしの話しを聞くことを拒むような状況でしたが。。

    いまは、冷静に話しを聴くようになり。。徐々に会合から遠ざかり、選挙命、みたいな母でしたが、選挙活動もほとんどしなくなり、財務も昔はタブ数していましたが、いまは一口だけになりました。。

    ここに至るまで、結局は年老いて頼れるのは組織の学会員ではなく、娘であるわたくしであると理解したからだと思います。。

    いまの母は、もう滅多に会合とか出席してはいませんが。。ただ、わたくしは母に脱会させる気持ちは、今のところないです。

    高齢で独り暮らしなため、地域で学会員とかろうじて繋がっているのは、いまの母には必要かもしれない、と考えるからです。
    何故なら、創価学会に長いこと居るなか、人間関係が学会員しかないのですもの。。

    ただ、将来的に母に介護が必要になり、わたしの家族と同居するようになったら、その時わたしは母を脱会させるつもりです。

    いまも聖教新聞はテレビ欄しか見ていませんし、もう会合すら出ていない状況ですし、母に創価学会は必要ないと思うので卒業させます。。

    ただ、たま〜にお題目あげる時もあるようなのでご本尊はどうするのか、その時々で臨機応変に決めるでしょう。。

    これは、うちの母が高齢であるため、今更脱会させるのも。。と思うから。。

    でも、わたしが創価学会の真実を根気良く話していなければ、母はいまも熱心な活動家だったと思います。。
    選挙っていうと100人以上に声を掛けて歩くような人でしたから。。

    悪行を止めさせることができて良かったと思うんです。(学会でよく聞いた言葉をそのまま返してみます。。( ̄^ ̄)ゞ)

    ひっかき傷さんは、お母さま共々、創価学会から被害を受けているようですね。。

    ほとんどの学会員が少なからず、そうではないかと思います。
    ただ、マインドコントロールの中にあると冷静に見られず、学会員の誰もが創価学会のおかげで幸せになったと言いますが。。それって、かなりな思い込みが多いですよね、じつは。。

    有形、無形の財産を失っていますよね。。
    家庭不和だったり、大切な友人を失ったり。。人間関係を壊したり、また貴重な時間、もそうですね。
    お金、ばかりぢゃないです。。
    なかには健康を害した方もいるでしょう。。

    創価学会に居るがために失ったものも多いのに、マインドコントロールのなかにあると、それが全く見えてきませんね。。

    親子共々、ほんとうの幸せになれるように生きて、いきましょう。。
    これからが、ほんとうの親孝行ですね、お互いに。。^_−☆

    あ、わたしは自分が脱会するときに子供たちも脱会させました。。
    でも、子供たちのほうが、随分前から覚醒していましたが。。

  90. こんばんは。
    3度目の書き込みとなります、学会3世、学園出身のバニラと申します。
    今の私にとってこの場所が心の支えとなっております。
    signifie様本当にありがとうございます。
    先日大切な友人と姉に勇気をだして疑問点をぶつけてみました。

    Q:何故財務をするのか。収支が発表されない事についてはどう思っているか。
    A:学会にはお世話になっているし、感謝の気持ちがあるからした。
    使い道については信頼しているので気にしていない。何か事情があるのだろう。

    Q:他の価値観や宗教を認めないことについてはどう思うか。
    A:それは知らなかった。(2人ともです!!)

    そして私が学会に不信であることを伝えると、「池田氏の著作を読め」「とりあえず純粋に信心したら?」とアドバイスされました…
    またほぼ非活の友人からは(学会に肯定的、財務と選挙の投票のみ)、「そもそも私宗教に興味がない、面倒だしこのままでいい」…(V)o¥o(V)?!?
    活動家の姉からは「仕事も忙しいのに、無理やり部長をやらせれている。組織のフォローもないし逃げたくても逃げられないの!めんどくさいこと聞かないで!」と怒られました(笑)

    多分こんな風に自分で深く考えることすら放棄してしまった学会員さん、いっぱいいるんでしょうね…
    (せざるを得ない、と言ったほうが良いでしょうか。)

    すみません、こんなことでも投稿しても大丈夫なのでしょうか…?
    ただ、気持ちの整理と、どなたか同じ気持ちを持った方に知ってほしくって…
    管理人様、不要でしたら承認なさらないで大丈夫です。

  91. 宝星様

    御返事有難うございます。
    勇気だなんて、滅相もないです。。。
    疑問をいだきながらも、周りに流されて自身の人生をしっかり考えなかったものですから…

    私も宝星様と同じ気持ちです。
    この場にはとても感謝しております。

    将来への不安もいっぱいですが…
    まずは本当の世界が、世の中がみれた喜びをかみしめたいです。
    私の人生はこれからがスタートなんだと思います。

  92. バニラさん
    コメントありがとうございます。
    ぜんぜん大丈夫ですよ。とてもリアルなご報告をありがとうございます。
    これからもよろしくお願いします。

  93. バニラさん

    はじめまして、やまとだましいです
    3世です。大石寺にも行ったことのある世代です。
    創価班もやってました。

    せざるを得ない

    同意です。

    私の場合とにかく周りの先輩や仲間たちがいい人で、サークルに参加するようなのりで活動しはじめました。ようは会合終わった後の飲み会がたのしかったんです。飯も食えるし。
    で自分に役職の話が来た時、断れなかったです。
    お世話になったから。

    部長もやりました。結婚したての時だったから大変でしたね。

    信仰というよりそのときのしがらみで続けてきたようなもんですね。
    今は完全に非カツです。

  94. モニカさん、アドバイス有難うございました。スパスパと、とっても気持ちの良いアドバイスでした。そうですよね、脱会して離れていくようならそれまでの関係ですよね。まあ今でも距離を置いているので、付き合いありませんが。長い間創価にいたせいか、洗脳が解けていないかもしれません。離れてから、体調が悪くなりました。罪悪感8割、怒り2割といったところです。組織が全て悪いわけではなく、自分にも非があると思うので、、、暫く、様子をみてみます。

  95. 巴里さん

    お返事、本当にありがとうございます!
    心と違うことをするのって、本当に苦しいですよね。
    私は昨年、人生で初めて心臓に違和感を覚えたので診てもらうと、
    心臓云々というよりも、パニック障害一歩手前と言われました。
    まさにストレスからです。
    子どもが小さいし、主人の帰りも遅くほぼ母子家庭状態なので、
    私しか子どもたちを見られない!との思いで、何とかギリギリの
    ところで平常心を保ってきています。
    でも信心しているのに、それってすごく変なこと。
    早く巴里さんのようになりたいです!

    そうそう、私も同じく1ケタです!
    行事のたびにヤスさんと「エイエイオー!」をしてました(笑)
    意外と同期だったりして。それならますます心強いです!

    海外の友人ですが、ちょうど昨日メールがきたので、無難な「教義の変更」に
    ついて、組織はどういう反応か聞いてみようかと思っています。

    さて・・・
    上の子が帰ってくるまでのんびりしたいところですが、これから財務の領収証を
    お渡しにいかなければなりません。
    真心からの財務の領収証なので、原則手渡しで、しかも地区幹部以上の役目です。
    アポを取ってからの訪問がほとんどなので、いつも時間にしばられています。

  96. comaさん、素っ気ないコメントに思えたら許して下さいね。
    こういうブログの文章に関しては、あっさり、歯切れよく、分かりやすくを優先しているので、冷たい印象を与えることが多いんですが、私はいつもスマイル100%で書いてます。
    ともかく案ずるより産むが易しです。
    創価が強気なのは内部なんですよ。
    「脱会者は地獄に堕ちる」のイメージが強いですが、実際は外部にはおとなしいのが創価です。

  97. モニカさん、有難うございます。とても気持ちの良いアドバイスで、悩みが断ち切れるように感じます。助かります。実感こもってますね。これからも宜しくお願い致します。努力してみます。

  98. インコさん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    このブログにはルールがありまして、初めて投稿される方には、挨拶と自己紹介をお願いしています。ルールというよりも、最低限の礼儀と思いますので、それがないコメントは基本的に承認しないことにしています。
    それと、このブログは1週間に100件以上のコメントがありますので、コメントは最新のスレッドに書いてもらわないと読んでもらえません。また、文章にはせめて句読点をつけてもらわないと意味が通じなかったりしますよ。実際のところ、インコさんのコメントは何を言いたいのかわかりませんでした。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中