創価学会は宗教ではありません 2

おかげさまで、最近はますます新たにコメントしてくださる方が増えてきました。
ほんとうにありがとうございます。
ますます全ての方にお返事をするのが困難になってきましたので、どうかお許しください。「せっかくコメントしたのにブログ主から返事もない」と責めないでくださいね(^^;)
一日に10件以上のコメントがあり、少なくともいただいたコメントはすべて目を通して承認させていただいています。そのコメントのすべてにお返事をするとなると、仕事の時間がなくなってしまいますし、中にはとてもハードな内容で、そう簡単にお返事ができないものもあります。ですから、できるだけみなさんのいろんな意見に対して、ある程度集約したかたちでときどきコメントさせていただいています。もうすでに私の中には自分の考えをあらためて言うほど残っていません。この3年間、自分でも驚くほどおしゃべりになったなと感心しているくらいです。信じられないかもしれませんが、私は実生活ではどっちかと言うと口下手で寡黙な人間だと思われてるんですよ(笑)。
あ、信じてないでしょ(笑)
ともかく、ここは皆さんでお話をしていただく場所ですので、どうぞ遠慮なく何度でもいくらでもお話ししてください。これだけ多くの方が創価学会の実際の姿を語っている場所もそう多くはないんじゃないかと思います。もっともっと増やしていければと思います。ここにコメントしてくださった方は、すでに数百人になっています。当初、私は「1万人の方の対話を」と言いました。最初は活動家の方から「ばかばかしい、何をふざけたことを言ってるんだ。できもしないことを」とバカにされたりもしましたが、すでにこのブログのアクセス数は1,329,275となりました。今も1日に3000から4000のアクセスがあります。一ヶ月平均でおよそ10万から15万。もちろんアクセス数ですから、その数の人が見ているというわけではないでしょうが、こうして継続的にアクセスが伸びているということは、それだけみなさんのお話がリアルで説得力があるという証拠だし、みなさんのお話にとても共感できる方がさらにコメントしてくださるというつながりが、こうした数字に反映されているのだと思います。
そうやってみなさんのお話を聞かせてもらっている中で、最近とくに気づいたのは「創価学会は宗教ではない」という認識をしっかりもつということが、覚醒への第一歩ではないかと、あらためて思いました。創価学会の活動をしてきた、何かおかしいとか、どう考えても間違っている、実際に幸せになっている人なんていない、数とお金のノルマに追い回されてつらいだけだ、家族や友人との関係まで悪くなる一方だ……などなど、疑問だらけであるにもかかわらず、どうしても今ひとつ客観的に創価を見ることができないでいる方が多いようです。それはもしかしたら「創価学会は宗教だ」という思い込みが抜けきれないからではないかと思いました。創価学会が宗教であるならば、もしかしたら本当に功徳があるのかもしれない、自分たちのやりかたが悪いから功徳が現れないのかもしれない、組織を改革できれば素晴らしい団体になるのかもしれない……などと、それこそ創価の中枢部の思う壷です。創価学会は宗教ではない。このことをしっかりと認識することができなければ、創価からの脱却は難しいのではないかと思います。創価は宗教ではない。それでは何なのか。いつも言っていますように、詐欺団体です。創価学会という団体の中で完結する詐欺です。
創価は外部に対してお金を騙しとったりはしません。すべては会員になってから、少しずつ洗脳していって、功徳というありもしないアメと、この信仰から離れると不幸になるというムチによって、自分からお金を差し出すように仕向けるシステムです。これだけ話を聞けば、普通の人はとんでもないところだと思って、さっさとやめてしまうのですが、創価が会員の心をアメとムチによって縛っているがために、こんなあきらかな詐欺を詐欺だとも思えず、人生を棒にふってしまっています。自分だけならまだしも、結婚相手や自分の子どもにまでそうした詐欺の被害者に仕立てあげているのです。
学会員のほとんどがこうした詐欺に騙されている側です。騙しているのはほんの一部の上層部です。彼らは法外な利益があがるビジネスとしてやっています。創価が宗教でないことを一番わかっているのが彼らです。宗教とは本来人の心を解放するものだと思いますが、逆に人の心を縛り上げる力もあるのが宗教です。創価は宗教のそうした側面だけを巧妙にを利用した詐欺だと考えるとわかりやすいのではないかと思います。創価学会は宗教ではなく、宗教を利用した詐欺です。ですから上層部は一般会員に対して創価が宗教であるというウソを徹底的に信じ込ませるのが仕事なんですね。だからこそ「創価亜学会は宗教ではない」ということを見破ることで創価から離れることができるのです。いちど幹部の指導を「創価が宗教であることを会員にうたがわせないようにしている話だ」という視点で読んでみてください。きっと目から鱗の方もいると思います。彼らは手を替え品を替え、いろんなことを言っているようで、結局は「とにかくこの信心に間違いはないんだと言う確信で信仰を貫いていただきたい」というのが結論でしょ。要は「とにかく黙って言うことを聞いてお金を出しなさい」ということを言い聞かせているだけなんです。
だから会員は勝手にいいことがあったら功徳と思い込み、悪いことがあっても自分の信心が弱いからだとのめり込みます。決して創価自体を疑うようなことはありません。疑ったら福運を消す、不幸になる、せっかくこうしてやってきたことがすべて水の泡になるという恐怖を植え付けられていますから、なかなかそこから抜け出せないで問題を大きくしているのです。
わかりやすく言うと、健康食品や日用品といった商品ではなく、宗教を商品としたネットワークビジネスです。会員同士は功徳ほしさに信仰を売って回り、利益を上げる。その利益はすべて組織が吸い上げる。会員はありもしない功徳に満足してさらに売り歩く。友人知人親戚縁者に片っ端から売ってまわる。学生時代の名簿までとりだしてきて、さも親しかった友人のように信仰を押し付ける。「他の宗教じゃダメだ。これじゃないと幸せになれないんだ」と会員は信じてますから、まったく悪びれずにごり押ししてきます。ほんとうにあのネットワークビジネスにとりつかれて、夢のような特典ほしさに自腹を切って商品を購入する主婦がやっているのと変わりません。そこには必ずほっぱらかしても莫大な利益が入ってくるネットワークビジネスの最高幹部たちがいるのです。
「創価学会は宗教ではありません」
創価に少しでも疑問を感じて悩んでいる方。このことをしっかりと頭に入れて、あなたのまわりにいる学会員さんの行動を自分の目で確かめてみてください。「なるほど!」と納得できたら、脱会への糸口をつかめたも同然です。この視点をもつことが、脱会への題意一歩であり、創価に悩む自分からの脱却への第一歩でもあります。頑張りましょう!ここにはあなたの気づきを応援してくれる方が何千、何万といます。あなたの悩みをお話しください。創価の現実についていけない。でも心のどこかに離れることの恐怖心があったり、自分が脱会したら、まわりの人間関係が心配だ、などなど誰でも経験してきたんです。多くの方がそうして悩みを解決してこられました。あるいは解決しようと頑張っておられます。そのことがここで対話によってあきらかになってきました。あなたもここで一言自分が抱えている創価の悩みを打ち明けることで、まずは心が軽くなると思います。なかなか人に言えない悩みだからこそ、そしてこうしたネット上だからこそ相談できるのです。ひとりで悩まないで、まずは心を軽くするためにも、この場で自分が陥っている創価の悩みを打ち明けてみてはどうでしょうか。悩んでいるのは自分一人じゃないんだということがわかるだけでも、大きな収穫だと思います。ぜひお待ちしています。

創価学会は宗教ではありません 2」への146件のフィードバック

  1. 創価学会員になると、『相手を見下す』ようになる。本当に恐ろしいですね。
    それは、創価の思想がすべての中心にあるために、相手が自分の思う中心からずれていることで、なんて可哀想な人、という目で見てしまうのですね。
    覚醒前は、未入会の旦那をそう思っていました。会合に誘っても、絶対行かない、
    新聞も見てくれない、会合に参加すると、不機嫌になる。選挙も頼んで、連れ出しても、
    確認しても「さあな」とごまかされる、入会しなくても、学会理解するだけで、最高の仏法に縁させてあげたいのに、こんなに拒否ばかりするなんて、いつか不幸になるよ!
    と本気で思っていました。こんな人の意見なんて聞きたくない!学会員の人の方が、素晴らしい考えを持っているのに、可哀想な人って。この先、批判されたり、活動制限されたり、信仰を奪おうとする傾向になってきたら、離婚も考えるかもしれない!と思っていましたよ。
    子供の入会ではいつも揉めました。「子供の意思でない入会は絶対にさせるな!」と強く言われてました。婦人部からは子供の入会はどうするの?親にも入会させて早く福運つけさせないとな、など。旦那の了解を得ないうちはできない、と断っていました。
    ある日、地区として新入会や本流の成果が全く出ず、私にまた子供の入会の話がきました。
    私も白ゆり長の時だったし、上の子が小学生になるので未来部で成長してほしい、先生に今こそお答えしなければ!と決意が固まり2つ返事です「はい!」と。
    旦那は反対するので、内緒にしますね、と答えました。
    婦人部は「母親なんだから、大丈夫、あなたの決意次第なの、決めてもらってよかったわ~」
    両親にも、「よかった、それでいいんだ!幼いうちは何もわからない、わかるようになってきた時に、信心するしないを決めさせても遅くない、まずは入会だ、旦那にはとりあえず内緒でいいから」
    婦人部や両親の答えが、間違いないことなんだ!私の決意も間違いないと、本気で思っていました。子供の頃から入会することで、たくさんの福運を積める、そしていろいろなことから守られるのよ、ってMCされてるんだから、子供のためって思いますよね。
    何より、母親として入会させてあげられない、未来部で成長させてあげられない、先生に申し訳ない思いが一番でした。

    その後、やっぱり旦那との約束を破ったことが後ろめたく、本当に正しかったのだろうか?
    本当に一家和楽の信心のためだろうか?と、悩むことになり、覚醒した今は、一番の後悔です。
    すぐに覚醒したので、未来部の会合にもいくことなく、題目も教えてないし、旦那には未だに内緒ですが。

    一見、私の意思の弱さに過ぎない話に見えますが、ヤングミセス時代によく似たような話聞きました。未入会の奥さんと子供は入会させない!と、約束していて、このようなケースもあったり、突然、どうしても入会させたい、と泣きながら頼みこまれ、奥さんと子供の入会を勝ち取りました!という男子部の報告も聞きます。

  2. >そもそも創価は信仰が目的じゃなくて、信仰を利用した詐欺団体

    モニカさんの仰る通りだと思います。

    だから宗教ではない、そう考えればすべて納得がいきます。

    新しく出来た大誓堂へは行かれましたでしょうか。。(最もすでに覚醒している方々は、行く事もないでしょうが)

    現会員の方々は行かれている方は多いと思いますが…

    SGIのメンバーの方々も続々と参加されておりますよね。

    海外・国内の会員の方々も(近県〜遠方に渡り)、センセイを求めて?それぞれ時間を作ってわざわざ集っていらっしゃるわけですが、、

    その誓願記念勤行会はイケダセンセ-の録音された声(導師)に合わせて皆で勤行します。
    その後、担当幹部挨拶があり、しめて30分程度でこの会合は終了なのです。

    わざわざ遠方から集って来る会員達が参加すると言う事も知っていながら、たった30分程度で終わる会合って何なんでしょ……

    長ければ良いと言う話しではありませんが
    あれだけの建物を(財務から)造ったのですから、もっと内容の濃い会合に出来ないものかと思っていました。

    師匠と勤行出来る事(録音の声)をウリにしているのでしょうか

    財務で 造った 大誓堂
    中も見せなきゃならないし

    順次、会合をとりあえず行いさえすれば会員の気も済むだろう…と言う発想なのか
    中枢幹部のやっつけ仕事。と感じました。

    本心から出ている言葉なら少なからず伝わると思いますがその挨拶には
    何の感触もなく、何の歓喜も湧きませんでした。

    また、決まったフレーズで、「今日の勤行会をセンセイに報告したところ、くれぐれもよろしく… ○△□×」
    センセイはそんな事を言える体調ではないのでは…と思います。

    だから、中枢幹部は信仰心など既にないし、コレが宗教だとも思っていないのでしょう。

    今でも新聞には、まるでセンセイが元気でいるかのようにありますが

    中枢の幹部さん〜

    いつまで、末端の会員を騙し続けるのでしょうか。
    もしセンセイが元気で執筆しておられるというのであれば、なぜ姿を現さないのでしょうか

    体調が悪いなら悪いと言わないのか
    まぁ、コレを言ったら会員が揺れ動くし、世論も騒ぐのでしょう

    でも、会員=弟子なんですよね?
    師匠の事を案じている弟子も多いのです。それなのに何の真実も知らせなくていいのでしょうか??

    師弟関係を謳うなら、もう破綻してますよね。

    それなのに、選挙や財務の時だけ頼りにされても協力なんて出来ません!

  3. 池田氏が人前に姿を現さなくなってから、すでに4年と9ヶ月になります。なのに聖教新聞紙上では長々とメッセージが載ってます。つまり池田氏は姿は見せられないし、声も聞かせられないけども、長い文章ならいくらでも書けるというところを見せれば会員を騙せると思ってるのでしょうね。事実騙されていますし、そこで疑いを持てば不幸になると脅されていますから、たとえ思っているにしても決して口には出さないんでしょうね。裸の王様、北の将軍様ですね。この4年と9ヶ月の間に、池田氏の写真が聖教新聞に数回載ることがありましたが、どれもそのうつろな目は要介護老人を思わせるもので、まともに話もできないだろうといった感じでした。やはり中枢部としては池田氏のカリスマ性なくしては組織を維持できないとみているのでしょう。池田氏の健康状態などどうでもいいのですが、それを会員に隠していると言う事実を会員さんはきちんと知るべきだと思います。なぜ隠す必要があるのか。5年近く声も姿も見せられないにもかかわらず、元気だとしか言えない理由がどこにあるのかを考えて欲しいと思います。
    自分の師匠が5年近くもどこで何をしているのかまったくわからず、それを気にもしない弟子というのは、普通では考えられないでしょう。でもそれが創価の実態です。何百万人もの人が、師匠が、自分の人生の師匠と仰ぐ人なのに、文字はいくらでも書いてよこすのに、声ひとつ聞かせてくれないことを少しも変に思わない。たまに見る写真はほとんど廃人同様。それでも学会員さんは「先生はお元気です」と言い張ります。中には元気だとは言わないまでも、姿を見せないことを何とも思わないという、なんだかそれひとつとっても背筋が寒くなるようなことなんですけどね。
    私がこのブログをはじめるきっかけとなった、バリ活さんのブログに「池田氏が2年近くも姿を現さないことを不思議に思わないんですか?」と尋ねると、多くの学会員さんたちが口を揃えて「そんなことを疑うなんて、あなたは信心がないのですね。かわいそう」と言いました。みんながみんなです。ゾッとしました。完全にイカれてると思いました。そして自分はこんな気味の悪い組織を正しいと信じて生きてきたのかと、愕然となりました。よくある三流ホラー映画のようです。アメリカの小さな町に平凡な一家が引っ越してきたら、一見優しげな町の人たちはじつは完全にイカれていて、命からがら逃げるというようなストーリー。でも創価ではそれが現実なんです。教学なんてメチャクチャです。およそ仏教ではありません。むしろ真逆の一神教に近い。創価の教学というのは、簡単に言うと絶対に逆らえない神(ご本仏)のような存在に服従することだけが幸せの道なんだという教えです。そしてそれを顕わしたものが、あのペラッペラのカラーコピーの曼荼羅です。日蓮正宗の曼荼羅のスキャンデータを画像処理ソフトで修正してカラーコピーで大量に印刷したものです。完全に宗教をナメきってますよね。
    こんな簡単なカラクリは小学生だって信じるわけがないのですが、なにしろ洗脳されきった学会員さんたちが、そんな子ども騙しにもコロリと騙されて、お金と時間をを貢いでいます。
    ここで宗教とは何かということには踏み込みませんが、少なくとも創価は仏教でないことはもちろん、宗教ですらないということを知るべきです。たとえ宗教でなかったにしても、人畜無害な気休め程度のものであればかまわないとも思うのですが、なにしろ会員の人生をボロボロにし、政治にここまで介入して、何の関係もない一般人の生活までをも脅かしています。安倍政権があれだけ好き勝手にやるのも、公明党が与党についているからです。統一教会も自民党の傘下ですから似たようなものですけどね。そうやって日本はテロの標的になってしまいました。学会員さんが決まって「公明党がいたからこれくらいで済んだ」としか言いません。そのように教え込まれているから、現実を見ることさえできなくなっているんですよね。日本がどこまで悲惨なことになれば「公明党がいたからこれくらいで済んだ」と言わなくなるのでしょう。集団的自衛権が行使されて、自衛隊が国防軍になって、日本の若者が中東で戦死しても、きっと「公明党がいたからこれくらいで済んだ」としか言わないでしょう。学会員さんは自分で考えることをしませんからね。どんだけ思考停止すれば気がすむのでしょう。
    学会員さんは人生のすべてを創価に丸投げします。結婚相手も子どもも孫も、みんな「何も考えずに創価の言うとおりにしていれば間違いない。必ず人間革命ができる。宿命転換ができる。生きているうちに過去の罪障はすべて消えてなくなる」そう信じていても、財産を失くし、結局は病気で苦しみながら死んでいった幹部をたくさん見てきました。私の両親は草創期からの幹部でしたので、私は子どもの頃から副会長クラスの人たちがどのように亡くなったかをずっと見てきました。みなさんガンで苦しむだけ苦しんで亡くなっていますよ。それも70代でガンが見つかって、手の施しようがない状態です。具体調が悪くても「お題目で治してみせる」などと病院に行かないのもあるんでしょうが、それにしてもみなさん悲惨な亡くなり方だと思います。創価だから悲惨な死に方をしたと言っているのではありません。誰しも死ぬときは老衰でなければ事故か病気で死にます。だだ自分たちは唯一最高の信仰を持っていると豪語してきたのに、普通の人となんら変わらない死に方であることにも、何の疑問も感じないというのがおかしいと思います。
    私はときどきここでバリ活の兄嫁の話をします。彼女はバリ活だった両親に洗脳されまくって育った一人っ子で、まず父親が亡くなり、次いで母親が亡くなったときも、涙一つ流しませんでした。彼女が言うには「これだけ信心を貫いてきたんだから必ず成仏したんです。何が悲しいんですか?」と言ってのけました。さすがにそのときは同じバリ活だった私の母も「いくらなんでも自分の親の死に目に涙一つ流さないのはどうかしてる」とあきれていました。私も「成仏したんだから涙を流すことはないというのはおかしな考えだ。自分の親と二度と会えなくなる子どもとしての悲しみの感情はないのだろうか」と、このときも恐ろしくなりました。私がここでいつも言うように、私の実の姉が脱会したことを知った彼女は、母親や私たち兄弟の前で「どうせろくな死に方はしない」と当たり前のように真顔で言い放った兄嫁です。まともな神経じゃないですよね。私の兄は彼女と結婚するまではまったく活動などしたこともなかったのですが、結婚を機にみるみる創価に引き込まれてしまい、バリ活になってしまいました。人生どこで狂うのかわかりませんね。
    創価の活動って、どこかイカレてなくてはできませんよね。普通のモラルなど通用するところではありません。自分は信じないと言っても、結婚相手がバリ活であれば、いつのまにか洗脳されてしまうこともあるのかもしれません。きのう話しましたように、私も知らないうちにイカレてしまっていて、世の中の常識が見えなくなるのだと思います。この私も見えなくなっていて、大切な彼女と創価を天秤にかけて、彼女を冷たくつきとばしてしまったのですから、今でも信じられません。

  4. 初めまして。このブログに出会い心が軽くなりました。本当にありがとうございます。私は14年前、結婚と同時に脱会しました。主人の実家が学会を認めておらず非常に不愉快な想いをした過去があるからとの事で、私自身も学会への『題目を唱えれば願いは何でも叶う』という不信が芽生えていた事から脱会に至りました。つい最近も友人と学会の在り方で揉めもした。大切な友人でした…落ち込みが激しい毎日です。

  5. 「創価の教義はいつのまにか変更されている」と皆さんのコメントを読んでいて、財務もそうですよね。
    先日、婦人の副本部長の所に財務の領収書を届けた時のことです。
    70半ばですが、数年前にバリ活だったご主人に先立たれてお一人暮らし。
    かなり質素な暮らしぶりです。
    その方の全盛期(正役職でバリバリしていた頃)は、「自分の子どもに信仰を継承できない親は、信心の確信が無い証拠!」と相手を非国民扱いするようなすごい勢いで息巻いていましたが、ご自身のお子さん2人(40代)は全くの未活です。

    その副本さんが「私が支部婦人部長をやっていた当時(30年ぐらい前)は、支部拠点に、財務のお金を会員が一人一人収めにきたのよね。」と言っていました。
    そういえば私も入会した当時は、支部拠点に収めに行っていた事を思い出しました。
    副本さんは「当時は、1人1万円とされていたのに、いつのまにか上限が無くなり振込形式になったのよね。」と。

    そのもっと昔の草創期の方にお話をきくと、当時は経済状況が安定していた選ばれた「財務部員」だけが財務をできたので、その人は「財務部員」に選ばれた事が誇らしかったとも言っていました。
    過去コメントでも何方かが、創価が今のような狂乱財務になったその経緯を説明してくださっていましたね。
    多分、バリ活の中にも冷静にこのような時系列を追って今の財務形態を考えていけば、そういえばおかしいなと思う人も出てくるのではと思うのですが、そうさせないようによく考えられています。
    活動家に考える暇を与えないように会合漬けにして休ませず、会則も教義も財務についても深く考えられないままなのでしょう。

    今、選挙の戦いで毎日毎日会合漬けにされて、毎回毎回MCをかけられています。
    これでは、活動家の人は考える暇もないですね。

  6. はじめまして。
    2世のタカコともうします。
    signifie さんの義姉さんのお話と通じるかなと思って書き込みさせてもらいます。
    私は学園卒なのですが、数年前同級生が亡くなった時に友人に、「小さい子供を残していくのは辛かっただろうね」と自分だったらとても辛いと思ったのでそう言ったら、「○○は信心を貫いてやり切って、題目に包まれて亡くなったんだからすぐに生まれ変わって子供のそばにくる、辛いとかかわいそうとか思うのはおかしい」と怒られました。
    その時私は返す言葉がなく、ただただ背筋が寒くなってしまいました。
    元々創立者のことをお父さんと呼ぶことに違和感があったくらい冷めた学園生で、卒業後も企業の営業活動のような女子部の活動に嫌気がさし、結婚(外部の人とです)とともに活動から距離を置くようになっていたこともあったのと、いつだったか忘れましたが創価同窓の集いの時に壇上で晴れやかに「4桁の財務をしました」と体験発表している人、拍手喝采の人々を見て違和感覚えまくりだったこともあったから、友人の発言に背筋が寒くなってしまったんだと思います。
    そうじゃなかったら自分も同じように思っていたのかと思うとそれもゾッとします。
    今では全く活動していません、財務は去年からやめました、新聞もとってません、あとは脱会するだけです。
    波風立たないようにしているばかりじゃだめだとこのブログの記事と皆様のコメントに力をもらっているところです。
    皆様よろしくお願いします。

  7. 大聖堂、ちがった大誓堂?!というのができたんですか…
    池田会長のイメージアピールいつまで続くんでしょうね〜
    今後の後継問題とかまるで考えてない様子、
    のらりくらりと体制維持をはかっているだけで
    何も将来へのビジョンが示されない、無責任な詐欺団体ですよ。
    自分なりの出口を見つけて、逃げ出した方が無難です

  8. awakeさま、素晴らしいニセ写真術ご披露頂き有難うございました。信者さんたちがこれをみたら、どう思うのでしょうか?先生にかぎってそんな事をされるはずがない、嘘だ!とでもいいそうですね。シニフィエさま、おっしゃる通りだと思います。創価が生き甲斐のようになっている人は活動されたら良いのです。以前の私のように・・・しかしそれは、がんじがらめになり、自分の意志と自由を奪います。創価に常識は通用しません。あの人たちの常軌を逸した行動はなんとも理解しがたいものがあります。そして、何を言っても通用しません。組織の構造に問題があり、おもいやりや、優しさはありません。只、組織を守ることしか頭にないのですから・・・池田先生のためにと幹部、~自分の為に信心するんでしょ!~と、思いますが・・・違いますか?これだけ嘘の現実が次々と現れている今、首脳部たちはこれをどのように説明するのでしょう。いつまでも下手な芝居はやめて~祈!池田先生認知症回復~を祈りましょう!あ、うぁ、ニセ本尊のおかげで、体調悪くなってきたわ!失礼しま~す。

  9. 補足です。揉めた友人は学会2世。バリ活の既婚女性で御家族皆さん全て学会員です。選挙になると公明党立候補の方の広告を持参されたり新聞勧誘は勿論、友人宅へ子供を連れて遊びへ行かせて頂いた時も、いきなり『とってもいいものがあるから是非観て!』と言い脱会した私に(後悔は一切ありません!)学会のDVDを見せられた事は数知れず…。はっきりと断れば良かったと思います。友人なのだから…。私にも優柔不断な面があった事は深く反省しています。が、学会員だから公明党の方を推薦するだけで現政権与党が変えようとしている自衛隊の有事時に対して在り方についての意見などを全く持っておらずまた理解もしておらず選挙活動をしているのは全ては信心のため己の功徳のためでないか…という疑念とその公民権への無責任であると感じてきた事でした。無知は罪だと私は思います。

  10. coma様 こんばんわ
    私も以前見た際に印象に残った画像でこれではと思ったのですが・・・
    ネットでは自由度が高い分、情報の見極めも大事になってきますが、
    真実が様々な形で出てきてもらいたいですね
    少なくとも覚醒するには、恵まれた時代なのかもしれません
    チャプターが「創価学会は宗教ではありません2」に移行していますので、
    coma様のコメントに対応できるよう、それと「思われる」画像を再掲示させて下さい

    画像検索であったものです
    あくまでも「思われる」という扱いで、皆さまも参考にしてください
    (送信中フリーズしてしまいました 連投になっていたら削除ねがいます)

  11. ダイアナさんへ。。
    その大切?なお友だちは断捨離しましょ。。
    いまの魂の成長した貴女にとって、そのお友だちとの生きるステージは、もう既に違うのです。。
    お付き合いされていくほど自分自身が辛くなるだけ、ですよ。。

  12. Heartさん、学会版登山会(大誓堂参り)があるとは初耳です。あのじいさんが世間から姿を消して、もうすぐ5年です。もはや元気でいるはずはありません。
    録音の導師???ですか。5年前の録音でしょうか!?
    いよいよネタ切れって感じですね。
    活動家がわざわざ、あのダミ声を聞くために遠方から集まるとは御苦労なことです。
    家族で温泉旅行でも行ったほうが、よっぽど価値的ですね。
    (^o^)

  13. 流れ星さん。
    高校生の時から25年間の付き合いがある友人でした。震災後すぐの時、会社員である私は子供達がまだ怯えていても仕事にはいかなければなりませんでした。その時その友人が子供達を快く預かってくれました。信心を語って来なければ心根は優しいとても素晴らしい女性だと思って来ましたが私は功徳の為に利用されていたのだろうかと思い考えれば考えるほど良い思い出ばかりが蘇り辛いです。子供達同士も同じ小学校なので顔を合わせる事もまだまだあります。しんどいです…

  14. 最近コメントなかなかできずにいた、kickeyです。学会員は、すべての行動は、功徳目当てです。まごころの行動とか、くちで言いながら、自分に見返りがあることを前提に動いています。ダイアナさんのお友達が必ずしもそうとは断言しませんが、私の知るほとんど、いや、すべてがそうでした。会員同士でも、役にたたない、創価の足しにならない人間は捨てられますし、会員以外の外部の人も、新聞とか、選挙協力がない人は、付き合ってても得にならんからやめた!なんて声をよくききました。
    それと、だいせいどうって、マジですか。気持ち悪すぎます。カリスマ聖堂を残さないと、商売にならないからでしょうか。
    ラザリスさん、ご心配おかけしてましたが、咳などがやっとおさまってきました。キックコメント復活させます。
    awakeさん、前スレでの動画の件ですが、おっしゃってたのは、池田の沖縄でのキン○○コ発言ですよね。あれも有名みたいですが、自分の事を、哲学的とか言う割に、品のかけらもないバカ発言ですよね。下品で知性のかけらもない。いまだに崇め奉る気持ちが理解不能です。あの動画も、私なりに拡散していますwwプププ

  15. >私は功徳の為に利用されていたのだろうか?
    そうですね、学会員は、心のどこかにそういう気持ちを持って人と付き合ってしまう部分が多々あると思います。選挙のときいきなり投票お願いしても印象悪くなるから、普段から友達を増やしておきましょうという指導がありましたしね。婦人部の年配女性など、選挙お願いする為に友達作ってると公言してました。学会員は世話焼きな人が多いです。いい印象を植え付けておけば、選挙や新聞なども頼みやすくなるし、何か悩みを打ち明けてもらえれば、学会に勧誘できるという下心が無い人の方がまれだと思います。親切にされてれば、選挙お願いねと言われて断れる人もまれでしょうし。そういうことを分かってやっているということです。利用というほど悪意は無くても、心のどこかで信心の功徳の為に、我慢して面倒引き受けているという事はあると思います。選挙も何も協力しないし、学会の話も一切受け付けないからと言っても、いつかわかってもらうと祈られたりもしますし、何かあると、あなたが信仰するように起こった出来事。私と縁したのもその為などと理屈付けられて、説得されるかもしれません。学会員と付き合ってると、何か不幸な出来事が起きて自分を頼ってこないか?と常に思われていそうで鬱陶しいですよ。私も脱会したあとも、何か不幸な目にあってるはずと、会うたび探りを入れられてたときがあります。今は完全に学会員との付き合いをやめました。

  16. 悪徳商法に遭い、値打ちがあるという骨董品に何千万も払いました。
    うやうやしいその壺を後で鑑定に回したらどれも二束三文だった。
    「ああ、酷い詐欺に遭ったね」
    当然売り手は最初からわかってやっています。
    創価も基本は同じですよ。

    創価の商品はカルト宗教です。
    これにコミュニティなど付加価値をつけてますが、教えそのものはポンコツです。
    人に多大な迷惑をかける活動もセットになっています。
    それをわかってて口達者に「良い宗教だ」と真剣に勧めています。
    間違えていけないのは、この真剣はビジネスの真剣です。
    決して教えを真剣に信じてるのではありません。

    扱っているものが目に見えない宗教なので、これはデジタルに鑑定できるものではありません。
    信じる人にとっては心の支えになり、かけがえのないものになる場合もあります。(周りの迷惑は置いといて)
    だから売り手側は言い逃れも詭弁も言えるかもしれない。
    ですがいくら言い逃れしようと、法的にどうであろうと、信者はとことん追求します。
    創価はこの追及を逃れることはできません。
    辞めたら黙って知らん顔、なんて都合よくはいってくれないのです。
    商品が宗教であるため問題は金品だけはなく、時間、労力、価値観、家族や友人の人間関系にまで及びます。
    失ったもの計り知れなく、悪質なのです。
    未だ騙されている会員には当然注意を呼びかけます。
    アンチは組織が壊滅するまで声を上げることを止めないでしょう。
    決してネガティブな感情からではなく、次世代に連鎖させない教訓のために。

  17. 母と子供のころ一緒にみた人間革命、仏とは生命なり!戸田会長が獄中で悟達するシーンです。とても感動的でした。でも、それも今となっては~ホントカ?~誰が書いたかわからない小説・人間革命を買わされ、一生懸命読んでた私。各国の要人との新聞紙上での内容~誰が書いたの?~一体、創価は何を目的としてつくられたのでしょう?まったく理解不能です。もしかして、青春対話も他の誰か?ホント次々と暴かれる真実に頭破七分になりそうだわ!

  18. 大誓堂の会合って 30分だけなんですか~?
    非活前、鳴り物入りで オープンし 会合でも 「いってきましたー!」と
    どんな建物か 事細かに 報告する人 結構いましたね。
    「ケセラセラさんも 早く行けるといいね。」と・・・
    地方からは 上の幹部から 順番でしたからね。
    非活の今、あの発音のはっきりしないじいさんの題目を 一緒に唱えるためだけに
    わざわざ 上京する意味が わかりません。

  19. ラザリスさん、宝星さん そうなんですよ〜
    地上7階、地下3階だそうです。

    その3階・大礼拝室に学会の常住御本尊を御安置。1,400名収容可能とのです。

    今のところ、会員は入場券持参で大礼拝室しか入れません。他の階はどうなっているのか??

  20. 訂正します。 じいさんの題目のテープに 合わせての 唱題でしたね。
    ご本人は 登場しないので。
    余計 意味ないです。

  21. 今思うと、ネットのない時代ってやりたい放題ですよね。
    マスコミは独占できる。
    受け手は主張できる場所などなく、一方的な発信が幅を利かせる。
    金を積めば一切を黙殺できる。

    創価はこれで持っていただけです。
    情報を封じ込められた時代にしか通用しませんでした。
    今、かつての発信をそのままを話してごらんなさい。
    一斉にツッコまれて追及され、暴かれ、袋叩きに遭いますよ。
    かつて情報は漏えいはしましたが、拡散はなかった。
    時代の進歩を見誤りましたね。
    未来永劫の教えのはずが、わずか数十年で終焉を迎えましたね。

  22. 薄気味が悪い、ですよね。。
    池田大作、の勤行の声の放送に唱和して嬉々として集い、嬉々と帰る創価学会員の面々。。

    何も違和感、とか感じないのでしょうか。。?
    不思議、です。。

    でも、創価学会本部中枢にしてみたら、こんなことで単純に喜んでくれる学会員に、してやったり、とうまくいってて良かったと胸を撫で下ろしていることでしょうね。。

    公明党のことにしても、なんにしても簡単に騙されてくれる創価学会員。。(´・_・`)

    もしかしたら?騙している人たちも自分たちが、そんな自覚がないとしたら〜。。

    ほんまに創価学会のマインドコントロール手法、万々歳。。ということでしょうか。。?

    誰も彼も自覚、なしに。。
    困ったこと、ですね。。

    正気、に還りましょうか。。

    あなたは。。大丈夫?ですか。。

  23. モニカさんのおっしゃるとおり、創価の悪徳詐欺の商品がカルト宗教であり、心の分野であるため
    これ程大きな被害があるにもかかわらず、社会的な犯罪として立証しにくいのがもどかしいところです。
    創価学会の撲滅をはかるためには、やはり活動家が一人また一人と組織を去り、財政的に追い詰めるしかありません。
    それにしても、法の網をくぐり抜け、大金をまんまと荒稼ぎするウマイやり方を考え出したものです。

    Kickeyさん、体調が回復に向かわれているようで安心しました。
    (^_^)/~~

  24. Kickeyさま
    代筆ありがとうございます 
    なかなか「糸満、ウーマン・・・・」の後は、判っていても記入できないものですね
    それらしきものと思われる音源があります

    ▼ ○○○○コ発言
    ttps://www.youtube.com/watch?v=oyzJ7yo2aTg

    <概要>
    もう 糸満平和会館 これ名前変えたほうがいいんじゃない?
    糸満て何か・・・
    ウーマンぽい ウーマンぽい 糸満だと ウーマンぽい・・・
    もっといいね・・・  いーっ、その・・・○○○○・・いや・・
    ・・その ○○○○コだよ! (信者の笑い声?)
    話をね、こういう風にね、ピシッと角度を変えて言うようになると 一流なんだ・・・ねっ

    勝手な予想ですが「センセイが来られるから記念に撮影しておこう」という盲信者によって、ホームビデオか、カセットテープで保存していたものが、何らかの原因や目的で、広宣流布(?)されてしまったものなのでしょうか

    「威風堂々のうた」という歌がありますが、歌詞に、
    ~行く手を阻むは 何奴なるぞ~ 
    とありますが、何奴とは、「規制しきれない情報化社会」のことではないかと思いました
    また 「威風堂々のうた」も、軍歌の1つである「愛馬とともに」と酷似していると、いくつかのHP上で比較されています 

    ▼軍歌 「愛馬とともに」 (創価学会 「威風堂々の歌」の原曲?)
    ttps://www.youtube.com/watch?v=c1MubeA0pDk

    著作権的にはどうなのかは不明ですが、一度比較されては如何でしょうか
    ちなみに本日現在で調べたのですが、

    ▼「愛馬とともに」は昭和16年2月生まれ
    http://rekion.dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1325216

    ▼「威風堂々のうた」は昭和30年3月生まれ(京都)
    http://www2.sokanet.jp/download/songs/comment/01.pdf

    「威風堂々のうた」は時系列的に後発のようです

    (公共性のあるTV局などの動画ではないので アドレスの先頭の小文字「h」を省きました 視聴する場合は、先頭の小文字「h」をつけて、某無料動画掲示板で、参考にしてみてください)

  25. awakeさん、いろいろご紹介ありがとうございます。
    私はこの糸満平和会館での池田氏のスピーチは、どうしても薬中患者のように思えるのですが違うんでしょうか。ハイになってぶっ飛んでますよね。言ってる内容もそうなんですが、言葉がとぎれとぎれでラリってんじゃないかと思うんです。私の感想ですから、ほんとかどうかはわかりませんけど、こんなこと言っても何の徳にもならないことは、普通の人間ならわかるだろうし、シラフの人間が大勢の前で言うことじゃないですもんね。仲間内の宴会だってこんなことは言いませんよ。「マハローバカヤロー」だってジョークの域を完全に踏み外してますよね。創価はパナマの麻薬王ノリエガ将軍と公式に交流していたわけですから、池田氏が麻薬でラリっててもおかしくはありません。
    でもまわりは誰も逆らえない。まさに裸の王様なんでしょうし、池田氏の実態を知ってる側近の幹部連中はあきらかに軽蔑してるでしょうね。でも彼らにとっては池田氏が金蔓だから逆らわない。持ちつ持たれつでなりたってるんでしょうね。会員が金さえ出してれば池田氏が何をしようが、何を言おうが関係ないんでしょう。だからボケ老人になっても知らんフリを続けるんでしょうね。なにしろ池田氏がボケ老人だと会員が気づいたら献上金が確実に減るでしょうし、それこそ創価がいつまで続けられるかわからなくなりますからね。
    おそらくXデーが来て、もうどうにも隠しようがなくなっても、池田氏以上に組織を束ねることができる人間は出てこないでしょうから、池田氏を永遠の師匠として崇め奉って会員を騙し続けるんでしょうね。そのときは脱会者の歯止めは利かないでしょうし、そうなると利害で結びついていた財界や政界はすぐに見放すでしょう。たぶんそこからあからさまに創価の完全崩壊が始まると思います。一般社会からの認識も、創価が単なる詐欺団体だったということで一致するでしょう。
    創価は池田氏のカリスマ性の上で、幹部連中がおんぶに抱っこでやってきたわけですから、Xデーのあとは、どんなに取り繕ってもぼろが出てくるんじゃないでしょうか。盲信の会員はしばらくは騙せても、利害だけで黙っていた輩がサッと手のひらを返すと思います。まず自民党が公明党をスパッと切り捨てるでしょう。トカゲの尻尾です。テレビ局も新聞社もお金を出せなくなった創価には用がありませんからね。頭を抑え込まれていた国税庁だって乗り出すでしょうし、公安も検察も裁判所も遠慮はいらなくなります。
    もしかしたら創価の崩壊は意外と早いかもしれません。でも幹部連中はすでにどうやって姿をくらまそうか、どうやって責任逃れをしようか、どこに財産を隠しとこうかって、しっかり考えてるでしょうね。数えきれないほどの訴訟裁判が持ち上がるんじゃないでしょうか。でも福島原発で事故を起こした当時の東電の社長をはじめとした幹部連中が、みんな揃って家族もろともドバイとかに移住して、悠々自適の生活をしているようになるんですかね。
    とにかく末端会員は単に騙され損です。一日も早く創価から足を洗うしか道はないと思います。どっちみち創価は崩壊します。今でも脱会者がどんどん増えて、残っている会員が老人ばかりになってるというのに、広宣流布も人間革命もあるわけないでしょう。ほんとにはやく気づいて欲しいです。はやく自分の人生を取り戻して欲しいと思います。

  26. 形のないものを信じる、という気持ちは分からなくなくはありません。例えば誰かの言葉に励まされたり、小さな草花や可愛らしい動物達に心が癒されている等あります。でもその信じる言葉や心にお金が絡んできてしまったら、損得があったら。励まされたり癒されたりする感情は一瞬で嘘っぽく見えてしまう私なんです。信仰は本来とても尊いものであると思いますし何を信ずるかも自由であるとも思っています。ただただそこにお金や損得は決して入ってはならないと思いますしその存在が垣間見えた時、その宗教もその人間も信じられなくなる。だから本当の信心は裏の山に毎朝手を合わせるだけでも慎ましやかなで美しい姿勢だと思いますし何ひとつお金は絡んでいない…可愛い仏像さんの汚れていた前掛を綺麗にしてあげたりそれも純粋な心だけしかそこにはない、そういうものだと思うのです。形がないものを信じるならば新聞啓蒙や選挙協力などをしては本来の信仰の意味から逸れていると感じますしその時点でもう信心ではないのではないでしょうか。鬱鬱と書いてしまいすみません…。今日も仕事頑張ります!

  27. それと…。私は創価学会と北朝鮮がとても似ている気がして怖いのです。

  28. 池田会長のスピーチは当時から、えっ何これ…?という感想で、
    脱線ばかりしてないで、ポイントのある話し方できないのかと、
    私にはグラフや新聞での邁進が絵空事に感じられるものでした。

    思えば、破門されたあたりから、池田会長の神格化あたりから、
    宗教とはいえない組織になってきています。
    もう公明党の支持母体でしかなく、数だけが重要なのです

  29. 創価が実質に関与した犯罪は司法で裁かれるべきと思います。
    ですが宗教ビジネスの手口は、こうやって体験者が暴いていった方がよっぽどリアルに知れ渡り、より効果的と思いますよ。
    それにしても週刊誌にあれこれ書かれるたびに「名誉棄損」と大騒ぎしてた創価。
    池田の犬のような弁護士を揃えてキャンキャン吠えてましたよね。
    ネットはその比じゃないけど何もできません。
    年寄りに「デマです。見るな」というのが精一杯で、手も足も出せないのが面白い。
    かつてマスコミを牛耳り、一方的な情報操作をしてきたことが自分たちに返ってきましたね。
    あんなにカメラチェックをして密室でやっていたこともYouTubeで流されて、これらを一般に公開されることの方が痛手ではないでしょうか。
    創価の詐欺っぷりは、司法よりアンチが裁けばいいんですよ。
    実際、力があると思います。

  30. HEARTさん

    他の階は三代会長の足跡展示です。

    私かなり初期にいきました。(役職等お察しください)

    神社とか教会行った時のような、敬虔なあの感じは一切なく、とても無機質な建物でした。
    その時はまだ活動してたのにそう思ったんです。

    なんだこれはと、、、。

  31. ダイアナさん、こんにちは。
    創価と北朝鮮が似ているのは、世間でもアンチが指摘してました。
    私は、活動家時代に、バ幹部に直接正直に言った事がありますが、キチガイ扱いされました。もう、創価脳にはなにを言っても通用しないみたいで、覚醒のきっかけにもなりました。

  32. こんにちは。
    何年か前の 会館での折伏体験発表の話ですが・・・
    女子部かヤングミセスくらいの若い女性が 友人を 入会させる時、
    お金はどれくらいかかるか 聞かれ、「お金なんて かからないわよー、
    それよか、先生から 菓子パンと牛乳まで頂けるのよー。」と・・・
    当時 MC真っ只中の私ですら、「うそつくなー、むっちゃ 金かかるし」
    周りでも 苦笑されてる人も いました。
    願わくば その入会された方が、詐欺にきずいて 早々と 退会されてたら・・・
    このような 覚醒のヒントが いっぱいありながら きずくの 遅っ!

  33. kickeyさん 以前から言われてはいたのですね。学会歌やマスゲームを皆んなで唄い披露する事で結束力が強くなるのを感じたり会員としての忠誠心などを改めたりするのでしょうね…。池田大作氏の写真を飾ったりするのは紛れもなく人間の神格化だと思います。

  34. 信者数50万以上居たら、
    本来ここまで速く衰退しないんですよね。
    指示出ししてる人が、信者に無駄に余計な事をさせて、
    無駄に衰退している。

    他の団体なんて
    信者に辛くあたったり、
    仏敵なんて作らなくても運営できている。
    無駄に問題を創ってるのはソーカだけです。

    ソーカを一番実質衰退させているのは、
    間違いなくソーカ内部の人でしょう。
    批判者を突き動かしてるのは
    内部改善しない彼等であり、
    実質 「組織崩し」 を行ってるようなもんです。

    あと経済的な観点から
    信者の財務であるこのソーカマネーは
    所謂死に金なんですよね。
    誰も引き落とせないし、利用できない。

    経済界の人からしたら
    この信者マネーが市場に流れるのは
    ウェルカムでしょう。

    もはやソーカは沈みゆく泥船も同然です。
    内部の人間が、批判者を創りだして
    動かしてるのですから。
    問題を創り出す「敵」は内部にあって、
    内部から腐り進行している状態です。

    問題を創りだす人間全員を退陣させる
    でもしない限りは、
    衰退は収まらないでしょう。

    戦国時代では、大名が謀反起こすために
    家臣内で分裂工作などしましたが、
    ここまでソーカの衰退を画策した人が
    居るとしたら中々の策士だと私は思います。

  35. signifie様
    お世話になっています awakeです 
    いつもリンクを張り付けさせてもらい恐縮です

    ~創価はパナマの麻薬王ノリエガ将軍と公式に交流していたわけですから、池田氏が麻薬でラリっててもおかしくはありません~
    とのことですが、そうだったのですか、全く知りませんでした
    確かに、机をたたく、やたらと繰り返す、口調が聞き取りにくい・・・・

    前スレッドに投稿させていただいた「マハ―ロ、バカヤロー」動画の通訳の女性についても、画像も少し荒く、てっきり地元の日系人のイベント関連の方と思っていました
    流暢な英語の発音で、笑顔と思われる表情は見受けられましたが、この女性は、Y氏という方だそうで、超有名なSという音楽グループのメンバーO氏の奥様という、夫婦ともども信者の方だそうですね
    法律外の薬品使用で逮捕されたとのことですが、センセイの予想外且つ訳し難い(?)スピーチの為、臨機応変の通訳と、信者へのクリーンなイメージ伝達との均衡を維持するための過激なストレスによるものではないかとされています

    ▼平成5年1月27日アメリカSGI&関西合同総会
    ttps://www.youtube.com/watch?v=JDGyNtprjzQ

    実際、明るい声と笑顔で、「クレイジー」「ポイズンギャス」(4分05秒~)とか訳さなくてはならず、それもお抱え仕事で日常茶飯事となると、当然自律神経に支障が来るとの見解です
    通訳の仕事に就きたかったとのことですが、技が泣かされています・・・

    また、signifie様の予想する創価崩壊の青写真も、大変参考になります

    点と点だった疑問が、実線とはいかないのかもしれませんが、点線や薄線で結ぶことができ始めていますね

  36. ダイアナさん、私も思いました。あのマスゲームをみんなで唄い披露する行動、あれ、本当に結束力も高まるのかな。っていうか、昔にしていた文化祭なんていう催しなどで、1~2か月前から信心の戦いと称して訓練を行いますが、それって本当に結束力が強くなりますね。仲間意識というか・・・。会館で池田の写真を飾っているのは、超活動家時代でも「引いて」ました。

    ところで、今日、オウム真理教の特集していました。
    もう、サリン事件から20年になるのですね。
    今だから話すって、上祐(ああいえば上祐って流行りましたね)がいろいろ内部事情を話していました。それと同時に番組がいろいろ調べたり、今だからわかったさまざまなことを紹介していました。上祐は麻原に当時盲信してしまったらしいですね。その理由は麻原に「気」を送ってもらった儀式の時に神秘体験をしたらしい。それ以来、本当の力があるのではと思い込む。
    カルトの専門家は、こういう神秘的な体験は「暗示による影響」と分析しています。
    創価も、入会当初の人が何かうれしい報告などをすると「初心の功徳」とかなんとか言ってこの信仰に力がある宗教だということを証明したがりますよね。
    しかしまあ~どこまでも似ていますよね。細かいところは違っていても、本質、根本的なところは全く同じです。そう、結局カルトですからね。

    ☆麻原しょうこう「私を尊師と呼びなさい」→池田「私を永遠の師匠とあがめなさい」
    ☆麻原「私は神の生まれ変わりだ」→池田「大聖人の生まれ変わりだ」、といろんなことを演出
    ☆オウムを信じない者は無間地獄に落ちる→創価を疑えば地獄に落ちる。
    ☆2003年までに核戦争が起こる。戦争から人を救うためには3万人の解脱者(要するに会員?)が必要だ!といって信者に布教を命じている。なんだかんだ言って信者を増やそうとするのはやっぱり同じですね。
    ☆オウムの教団もやっぱり信者からのお布施で成り立っており、全財産を入金させていた。わ!そっくり!そのまま創価と同じ!
    ☆道場での修行の内部映像写っていたけど、ほとんどインチキな修行方法。信じさせることで麻原を盲信させ、教団にいてもらえるようにマインドコントロールしていた。あ~、同じくですね。創価かと思った。
    ☆専門家からカルト集団と指定されていた。
    ☆実は尊師である麻原はとんでもない人物だった→池田も同じく。
    ☆教団内であまりの非常な修行のために痙攣や暴れる人が出てきて、おとなしくさせるために水に顔をうずめたりしていてあやまって殺してしまう。内部で事実をもみ消した。
    ☆もみ消したが、現場を知る人間が脱会希望したが、秘密を知るから脱会をさせず殺してしまう。ここから超反射器的な教団に変わっていく。→反社会的になっていく姿もそっくり。
    ☆教団に入った人の親などから苦情が出ているため、弁護士がたち、その弁護士が教団にいろいろ指摘して信者を家に帰すように要求したりする。上祐が「信教の自由」を主張するが「反社会的な行為を起こすと信教の自由に該当しない」など批判。上祐が麻原に「話し合ってもまったく接点を見いだせない弁護士だ」と報告したその後は大々的にニュースになったあの松本弁護士一家殺害をオウムがしてしまったことに発展。→創価も同じ。ニュースになってないだけで実情は同じでしょう。話し合っても接点を見いだせないと上祐が言っていますが、創価と外部の人間もそうですね。盲信している相手と一般常識の相手とは接点が見いだせません。
    ☆政権に出たいと麻原も立候補している。名誉欲半端ないね。→まったく同じ。創価も。池田も。
    ☆血のイニシエーションとかいって麻原の血を100万円で販売、ほかに、麻原の風呂の残り湯1リットル10万円など、法外な販売を教団内で始める。→創価とそっくり。なんでも商売にする。
    もう、書いていったらきりがないほどです。まったく同じです!
    恐ろしい。本当に恐ろしいカルト集団です。創価のみなさん、「こわいね~」なんて他人事みたいにテレビを見ている場合じゃありませんよ!そっくりそのまま創価の姿ですから。そのうち、創価にマスコミを動かす力がなくなってきたら、オウムのように「テレビで真相を暴かれる」時代が来るのではと思います。早くそういう時代が来てほしいと思います。

  37. ダイアナさん、その苦しい翻訳をず~っと池田の後ろでしていたきれいな女性、矢倉涼子さんは元サザンオールスターズの大森と結婚するも、麻薬か何かで夫婦で捕まり、今は創価を脱会しているそうですね。昔は会合で後ろに座る姿がきれいで聡明であんな人になりたい、語学も堪能だし、信心もすごいんだな。なんて思っていたけど、実情は池田のあほな言葉をどうしようかどう翻訳しようか苦労され、池田が言ってもいないことをきれいな言葉に変えて相手に伝えていたそうです。相手が池田に対してマイナスと取れるようなことを言ってもそれはスルーしていたらしいですし。創価の何かのポスターかパンフレットに矢倉さんが載っていたその姿を見て目をつけ、池田が通訳側近につけたらしいので、ある意味自分が引き抜いた人材だから可愛がってもらえたようですし、とても寵愛を受けていたことでしょう(いやらしい意味でも)と言われてました。

  38. やまとだましいさん

    そうなんですか〜あれだけの建物なのに
    なんだかもったいない限りですね。

    もう行く事もないと思いますが

  39. Kickeyさん、オウムの番組を自分も見ました。
    オウム真理教、IS、創価学会などのカルトに共通する教えというのは、「この宗教こそが絶対であり、我々が選ばれた救済者である。我々の正義の行動を邪魔する者は悪人であり、我々から裁かれて当然である。この教えを世の中に広く伝えて、仲間を増やしていかなければ、世界は破滅する。だから戦っていかなくてはならない。」というところでしょうか。
    ただ、創価学会は宗教ですらないので、この教えを商品にした悪徳詐欺団体です。
    勲章コレクターのじいさんが居なくなった後、この泥舟が沈没し始めた頃、今まで札束で黙らせていたマスコミから、内部暴露の番組を組まれることでしょう。
    「建設は死闘、破壊は一瞬」という言葉を自ら証明することになるのですね。

  40. オウムは松本智津夫はじめナンバー2も3も全員盲信してましたね。
    完全なカルト教の狂信団体です。
    創価は一部の人間が、「カルト教を使って会員を盲信させて」います。
    もっと強かですよ。
    傍から見るとオウムとは違い会員は誠実で正気な常識人を思わせますが、そんなふうにMCのやり方も巧妙です。
    どうしたら危険に見えないか徹底して考えられています。

    実際昨日の番組を見た学会員は、オウムのMCぶりを見て眉をひそめていたことでしょう。
    ヘッドギアつけてトランス状態なんて怖いわあ、なんて。
    そういう貴方も更に巧みにMCされてるんですよ。
    生活がラクでない中100万寄付したら戻ってくる、なんて本気で信じるんですから。
    これがMCっていうんです。

  41. すみません、昨日コメントした二回目のダイアナさんあてはawakeさんあてでした。通訳の話題はawakeさんのコメントへの返信でしたが、昨日もやっぱり疲れていたようです。

  42. 相変わらず、自分の境涯で見て決めつけて、好き勝手言っておられますね。呆れます。

    自己中で、利己主義で、人を救う気概も決意もなきゃ、そりゃ創価学会の組織にいるのは辛いでしょうよ。自分の小さな小さな器を正当化するために、顔の見えないネットでお仲間を募る。

    責任転嫁はおやめなさい。見苦しいです。

  43. ここにおられるのは、いわゆる「自分教」の方々ですね。

    そういう方ほど、死ぬ時に未練たらしく見苦しいですけどね。

  44. あ、そうそう。私は女子部時代「nana」と名乗っていた者です。

    皆さんが今ここで思われていたようなことは、私も入信前や入信してから2〜3年は思っていましたね。今は全て解決、納得しましたが。ご本尊流布も何人かしましたよ。

    何かお聞きになりたいことがあればなんでも聞いてくださいね。

  45. signifie様 アクセス数が多いのは、人間は黒い噂が大好きだからです。2ちゃんと同じレベルで好かれています。つまり、世間では通用いたしません。陽の目を見ません。創価の組織に批判的な人たちも、「活動に出もせず文句だけ言うのは論外」と言っております。人間は易きに流れる、このサイトはその「易き」であるという現実をお忘れなきよう。

  46. 創価学会の歴史を改めて勉強しています。新興宗教への入信のきっかけとなるものは「病・貧・争」が多い事、岸信介首相と第二代会長・戸田聖城氏は昵懇の間柄だったなどを知るとそこに政治と宗教の間には切り離せない癒着が出てくるのは必然なのかも知れないと感じ始めています。本来あってはならない政教一致。藤原弘達氏「創価学会を斬る」島田裕巳氏「創価学会」矢野絢也氏「乱脈経理」などを読むと何故創価学会がここまで巨大な集団になっていったのかが理論的に分かります。真実を知れば知るほどに虚しくなります。が知らずには居られません。

  47. ひまわり太陽さん、創価を衰退させているのは内部の人間であり批判者をつくりだしている。まったく同感です。今の創価はおかしくなってきていると思います。感じの悪い家庭訪問、出るまでなるしつこい電話、なにか言えば徹底的にたたく、一度役を受けるとやめれない、まるでブラック企業のようです。とても嫌悪感を感じます。が、皆さまどう思われます?

  48. kickeyさん。畏まりました。ありがとうございます。でもとても参考になりました。

  49. awakeさん、軍歌の「愛馬とともに」をyoutubeで確認してみましたが、「威風堂々の歌」と酷似していますね。パクり感満載です。
    オーケストラをバックに歌唱される雰囲気は、北朝鮮の歌とも酷似しています。
    軍国主義のDNAを感じます。

    男子部時代、会合の終わりに「指揮 希望者!!」と司会者から煽られ、ワイシャツ姿にネクタイを振り回しながら、金色の扇子を持ち、力一杯指揮をとっていたことが、今になってすごく恥ずかしいです。
    完璧にマインドコントロールされてました。

    いつだったか、新入会者が指揮をとらされ、
    「濁悪のこの世行く」のところを、
    「濁悪の我ら行く」と歌い始めて、空気が凍りつきましたが、彼の歌詞が正しかったことに今になって気がつきました。
    (*_*)

  50. ひまわり太陽さん、私もそう思います。
    まるでわざと崩壊させているかのような打出し、指導ですよね。
    アンチを焚き付けてる黒幕がいてシナリオがあるんじゃないだろうかって。
    早くポンコツ宗教を解体させて、その資本で新たなビジネスでもやるのかなあとか。

    どっちにしろ創価は急速に崩壊しています。
    情報は大事です。
    見極める目も大事です。
    アンチも信者も盲信はいけませんね。

  51. 白ユリさん、はじめまして。
    管理人のシニフィエと申します。
    コメントありがとうございます。

    このブログではコメントいただく方については、ルールとして最初に自己紹介をお願いしています。そうでなければ、どういった立場であるかわからない方に、何もお答えできないからです。それと、このブログの主旨もことあるごとに述べさせていただいているので、ほとんどの皆さんはそのことを理解された上でコメントしてくださっています。そうしたブログの主旨を理解した上でコメントするということは、一般的な常識ではないかとも思います。

    白ゆりさんがこのブログにコメントされ、さらに何か質問があるならしてくださいといったことを投げかけるのであれば、まず自己紹介ぐらいするのがマナーではないでしょうか。
    それをいきなり
    「相変わらず、自分の境涯で見て決めつけて、好き勝手言っておられますね。呆れます。」
    などと感情的な批判の言葉から始められるのであれば、対話の意志がないのだなと受けとめられても仕方がないのではないかと思います。
    白ゆりさんは、まったく見知らぬ方が挨拶も自己紹介もなく自分の家に上がり込んで、いきなり「何かお聞きになりたいことがあればなんでも聞いてくださいね」と言われたらどう思いますか?
    その人がどういう方なのか怪しいと思うでしょう。そんな方に「ようこそいらっしゃいました」とドアを開ける人がいるでしょうか?
    白ユリさんはそんなこともわからないのでしょうか?

    残念ながら、これまでここに訪れた創価の活動家の方のほとんどが、判で押したようにこうしたマナーをわきまえない方ばかりで、また言ってることも判で押したように同じなんです。そしてこちらから質問したことに対しても、はっきりと答えられる方は皆無でした。結局は汚い捨てゼリフを吐いていなくなるか、まったく話がかみあわずにアク禁(過去に7人だけですが)されるかでした。

    それからこのブログの主旨が誰にでもわかるように、このブログを多少とも読んでいただければ、何度も同じことをくりかえし述べています。それはここは創価の是非を討論する場所ではないということがひとつ。そして少しでも創価に疑問を持っている方に対して対話を求めています。白ユリさんのように創価が絶対に正しいと思われる方に対して、私は何も申し上げるつもりはありません。どうぞ自分の信じた道を突き進んでください。日本は信仰の自由が保障されていますから。たとえ私たちが白ユリさんが仰るような「自分教」であっても、白ユリさんから批判されるようなことではないと思います。

    >何かお聞きになりたいことがあればなんでも聞いてくださいね。

    ここには白ユリさんよりも創価で多くの経験を積んできた人たちが集まっておられます。私も生まれたときから53歳になるまで活動してきた人間です。一緒に活動してきた仲間は総県長と副会長をやっています。おそらくあなたより創価の実状は知っていると思います。創価についてあなたに尋ねるようなことはありません。

    白ユリさんが創価に対して何の疑問も抱いていないのであれば、ここでコメントする立場ではないということをご理解ください。よろしくお願いします。

  52. みなさん、すみません。白ユリさんに関しては管理人の私が対応させていただきます。いろいろ仰りたいことはあるでしょうが、ここはひとつ私に一任するということにしてください。

  53. 2014年7月1日の白ゆりさんと同じ方では?
    書いている内容も、自分教という言い回しも全く同じですね。

  54. comaさん
    >感じの悪い家庭訪問
    >出るまでなるしつこい電話

    これはリアルな感想ですね。
    この人達も創価の教義なんて受けなければ、
    普通の人だったのかと思うと残念ではあります。

    モニカさん
    >まるでわざと崩壊させているかのような
    >早くポンコツ宗教を解体させて、その資本で新たなビジネスでもやる

    それなら自分みたいないわばアンチとは志、
    目指す物は同じという事になりまね。
    隣人迷惑をしない、アホな事をさせないのであれば、
    雇用を作るという意味合いでも、
    別にいいんじゃないでしょうか。

    工場や製造業でも、性格歪んだ従業員って
    創価信者に多いですよね。
    人が普通に育って、出てくるような性格の悪さ、
    とはまた違ってソーカ気質的な性格の悪さです。

    創価は性格歪んだ人を多く輩出してることも
    早く畳んだ方がいい理由の一つです。
    こんなのは、ソーカのカネや指示にも繋がらない、
    本当の意味でのムダです。

  55. >何かお聞きになりたいことがあればなんでも聞いてくださいね。

    それでは白ゆりさん質問です。
    近年では「宗教ビジネス」、というものが
    出てきているのですが、その大体のカラクリは
    “幹部は信者から吸い取ったカネで
    そこから寄付をしている” というものです。
    100万人の信者が、1人1万円寄付したら
    100億円ですよね。

    質問1
    創価学会の幹部のお金は
    どこから来てるとお考えですか?

    質問2
    宗教ビジネスでは、よく”願が叶う”を人参のように信者にぶら下げて
    釣っているんですが、貴方の所属している宗教の方々で
    信者の寄付金から収入を得ていない人物、
    つまり幹部や職員を除いた人で
    願が叶っている方は全体で何割居るでしょうか?
    「この集まりが本当の願だよね」みたく願いをすげ替えられたりしていませんか?

    質問3
    お墓は複数買った方がいい、新聞は複数買った方がいい、
    財務をすれば功徳がある。
    これらは一体ソースはどこから来て、
    誰が言い始めて、誰がどういう経由で決めた事なんでしょうか。
    こうすれば、もっと信者からお金を取れる
    という経由ですか?
    あと功徳があるって、一体なんでしょうか。

  56. 白ユリさん、もしかしたら去年の7月頃に来られた方でしょうか?もしそうなら、なおのことここがどういった主旨のブログかはおわかりかと思うのです。ここは創価と脱会者のどっちが正しいのかを討論するような場所ではないと、いちばん最初に書いてあるとおりです。どうかご理解ください。

  57. 私もオウム真理教のテレビ特集みました。
    釈然としなかったのは、
    自分たちに都合の悪いことが起きると殺人やテロ行為等に及んでしまう
    過激な思考回路へ至る経緯メカニズムです。
    これが解明できればいいなと思うのですが…。

    もしかして宗教に結びつけて意思決定が上から下へおりてきて、
    そうであるがゆえに過激で不可解な言動となって現れるとしたら、
    一般社会にはありがた迷惑な宗教団体であり、
    形ばかり宗教を利用しているだけなのでしょう。

  58. こんばんは。3世の学園出身、創大在学中のバニラと申します。

    私と同じように学園、創大出身の方々にお伺いしたいのですが…
    卒業生の集いや創友会は覚醒後も参加されていますか?
    同級生や恩師にカミングアウトはされましたか?

    私は冒頭で申し上げましたようにまだ在学中の身でして…
    最終学歴にこの名前がつくのが嫌でたまりません。
    非現実的ではありますが中退・編入するのか、このまま卒業するか悩んでおります。
    どなたか該当されます方おられましたらご返答願います。

  59. おはようございます。昨日は色々な事を考えたら眠れなかった情けない自分です。考えると悔しくて虚しくなる。でも頑張らなきゃと思います。

  60. ひまわり太陽さん、白ゆりさんへいくつか創価問題に関しての基本的な質問をしていただいたのですが、申し訳ありませんが、この場で現役活動家さんとの討論はしないようにしています。それはこれまで幾度となく繰り返されてきたことの反省として、「対話」と「討論」は根本的に違うものであって、相手を否定しあう討論をいくら重ねても、お互いに何も得るものはないということです。この場ではちょっとでも創価の実態に気がついた方へ対話を呼びかけています。それこそ創価を宗教だと信じて疑わない人はそこから動こうとはしないのですから、それもいちおうは信教の自由ですので、こちらから何も言う筋合いのことではありません。同じステージに立つ気のない人との対話はありえないということが、このブログを運営してきた3年あまりの間でよくわかりました。
    「創価の信心に励んでいる自分に間違いなどあるわけがない」
    そんな完全な創価脳に一般の常識が通用するわけがないと思いますし、したがって対話の可能性などないということです。
    したがって白ゆりさんはここで脱会者の批判をしたところで何の意味もないわけだし、ましてやここに集うみなさんが、そんな白ゆりさんを質問攻めにしたとしても、結果は目に見えています。少なくとも建設的な意見の交換からはほど遠いでしょう。

  61. バニラさんへ、今の時点で、学歴に創価が残るのが嫌なら、1生それをひきずり、嫌な思いすると思います。
    学歴は、一生ついて回ります。いまだに、どこの出身?あ、一緒だね、なんて会話はいくつになっても日常会話です。
    もし、いまの時点でイヤであれば、編入などを受け付けている大学を、受験してはいかがでしょうか。
    創価大学に入学出来た頭脳があるなら、そこそこの大学への編入は、可能かと思われます。
    創価と、学歴につくことで、苦労すると思います。その苦労を、信心だ!と、受け止める創価脳なら、それで良いと思いますが。

    あくまでも私の意見と周囲のいままでの経験者からの声ですが、参考になれば幸いです。

  62. バニラさん
    はじめまして。学園出身のココアと申します。
    バニラさんは現役創大生とのことでバニラさんよりはるか上の先輩になるかと思います(^_^;)
    大学は受験して別の所ですが、覚醒した今では高校に創価の名前がついているのも
    嫌で嫌でたまりません・・・
    仕事を探そうと思っても履歴書に書かないといけないというのが苦痛です。
    (私は海外在住で狭い日本人コミュニティー内ではできれば知られたくないのです)
    それでも最終学歴でなかったのはまだ救いがあったかもと正直なところ思ったりもしますので
    バニラさんのお気持ちとてもよくわかります。
    大学を変えるようなことになると親御さんとのこともあるしなかなか難しいですよね・・・

    それから先にも書きましたが私は長いこと海外に出てますので少し事情は違いますが、
    卒業後の同窓の集いの類は一切スルーです。
    一度同級生だった子が日本から連絡してきて同窓の集いがあるので帰国できないかと聞かれましたが
    都合がつかないと断りました。またこちらの組織でも(一度会合に顔出したことがあるのでメンバーとしては認識されています)同窓の集いがあるので来ないかという連絡が一度ありましたが
    育児中だったので断ったことがあります。
    自分では完全に覚醒していると思っていますが、多感な十代を一緒に過ごした学園の友人を
    大切にしたい気持ちもあり、どう思われるのか怖いという気持ちもあるのでしょう
    いまだに誰にもカミングアウトできずにいます・・・
    そんな状態で平然とつきあいも続けられないのでここしばらく音信不通状態ですが
    このままじゃいけないなぁと思っているところです。
    近しい友人で私のようになった人はいないか探ってみたいけど、どうもみんな純真なようで。
    バニラさんも創大の中で複雑な気持ちで毎日を過ごしていらっしゃることでしょう。
    学歴などそれほど気にすることもないのかも知れませんが、覚醒した者にとっては一生つきまとう
    やっかいなものにしか思えないのも事実です。
    今ちょうど春休みの時期でしょうか。じっくり考えて必要なら親御さんにも正直な気持ちを話してみてはいかがでしょうか。
    ちなみに私が親に非活宣言したときは、「何のために学園に行ったのか!!」とかなりなじられました。
    今は表面的には穏やかに接してますが、仏壇にはしっかりご祈念項目として私の名前が掲げられてます・・・無駄だよと言ってやりたい(-_-;)

  63. 私はこのブログを最近知ったので、一からゆっくり目を通させていただいています。
    まだ全部読めていませんが、signifieさんの気持ちの変化などを自分の道しるべとさせていただいています。たぶん、私は今とても苦しい時期なのでしょう。でも、私もsignifieさんのようになれると信じています。
    以前、質問をしたときに親切に返事をくださった方々、ありがとうございました。
    今、signifieさんが困っている姿が想像できて、私までつらいです。
    きっと、現役学会員も、元学会員も、大多数はみんな親切でいい人なんだと思います。
    考え方が違うだけで。
    でも、人を幸せにする宗教ならば、けんかでは幸せになれない事を知ってほしいです。
    ここの人を幸せな気持ちにすることができる学会員が一人でもいたら、
    創価学会は実はすばらしいんじゃないか、って流れも生まれるかもしれないのに、
    実際一度もそんな流れは生まれていないし、自分の正しさを強調し、人をさげすむばかりで、ますます創価学会の価値を自ら落とす発言ばかりに見えます。
    もしかして創価学会が嫌いすぎてわざとやってるんじゃないの?ってくらいに。
    「このブログをみて創価学会に入りました」なんて人が出たら、真の折伏と言えるでしょうね。
    白ゆりさんの書き込みをみて、創価学会の人ってすばらしいな、ぜひ仲間に入りたいな、なんて人がいるとお思いですか。
    >そういう方ほど、死ぬ時に未練たらしく見苦しいですけどね。

    こんなこと言う人の宗教が素敵だという人がいますか。子供にこんなこと言ってる姿、見せられますか。
    言われてもつらいし、こんなことを言わせる学会も、もうつらいです
    みんなで幸せになりましょうよ
    違う考えを認めるだけで幸せになれるというのに。
    「自分教」
    すばらしいじゃないですか、その宗教。
    早く私も自分を好きになって、自分を大切に、家族を大切に、
    そして自分の考えを信じて進めるようになりたいです。

  64. 管理人さんのご配慮に感謝するとともに、
    ご自身を大事に、どうかご無理のないように、と思います。
    個人のプライベートな場に踏み込んでの発言には誠意をもちたいです
    管理人さんがなさろうとしている問題提起よくわかります、
    賛同する者の一人として参加できればいいなと…。

    創価大学出身をどう受けとめていくか…難しい問題です。
    東京の大学、他にも宗教系の学校なんて幾つもあって、
    別に卒業したからといって感覚は変わらない人の方が多いし、
    本当はそれぐらいに宗教色はとどめておくべきなのに、
    ネット上のあちこちで創価大学の嘆きが聞かれるのは、
    学校運営にカルト色が色濃く現れているのでしょうね。

    うちの子はキリスト系の大学に通っていますが、
    最低限のキリスト教学は必須で、信仰はともかく
    英語圏を理解する上でとても重要になったとの感想です。
    実際どうしても合わなくて、出席がとどこおったり、受験し直してみたり、
    他の大学でも、偏差値の高い大学だとしても
    いまの時代はよくあるみたいですね。
    現代は若い人には難問が多くあると思います。

  65. お久しぶりです。非活婦人部のまるです。
    最近は忙しくてすっかりロム専ですが、皆さんのコメントはいつも頷きながら拝見しています。

    バニラさん、はじめまして。私も創大卒です。
    同期とは仲も良く、定期的に集まっていたりします。
    非活になったこと自体はあまりペラペラ喋るものでもありませんし、触れられれば「いま全然やってないんだよねー」と軽いノリでカミングアウトしています。
    友人たちももう三十路過ぎの大人ですから、「そんなときもあるよねー」とこれまた軽いです(笑)
    在学中は座談会すっぽかそうもんなら後で詰められましたけど、大人になれば仕事も家庭も育児もありますから、そうそう組織の活動なんかやってられないよーという心情はけっこう理解してもらえます。
    でも、仏壇処分した話はさすがに引く人が多いです。ほとんど脱会宣言ですよね。
    なので、活動してなくてもご本尊は信じてますぅーてのを演出していれば、表面上は問題なく過ごせますよ。あとで虚しくなることもありますが。
    本当に親しい友人とは本音で喋ってます。選挙も財務も容赦なくビシバシ突っ込みます。みんな早く気付こうよ!って思いですが、どこまで伝わっているかはわかりません。

    同窓の集いは私もスルーしました。
    友達には会いたかったけど、やっぱりあの独特の空気にはもう馴染めないなぁと思って。
    後日、写メとか送られてきて、ああみんな元気そうだなぁって、それで充分でした。本当に会いたい友人には自分から声をかけていますから。
    それでも集いの前はあちこちからお誘いメールと近況聞き出しがあって(-ω-;)ちょっと滅入ったのも事実です。

    バニラさんは在学中とのことで、日常生活の大半を創価の空気の中で過ごされているのは、覚醒してしまうと本当にきついと思います…心中お察しします。講義もクラブもひどいときにはバイト先も創価だらけですから、逃げられないですよね。
    つい先日、遠方から同期の友人が来たので久々に大学に行きましたが、学生の交わす会話は相変わらずで、建物だけはご立派になってなんともいえない複雑な気持ちになりました。友人は感動してましたが…

    最終学歴が創価というのはホントに嫌になりますよ。最近履歴書を書いたとき、前は気にならなかった創価の二文字に「うわあー」て自分がドン引きでした。自分で選んだ道ですから仕方ありませんが、履歴書の片隅に「創価学会とは一切無関係です」と記したいくらいでした。面接で聞かれたらそう答えようと本気で思っていました。そんな質問はありませんでしたが(^^;)

    別の大学に編入するのは、お金のこともありますしそう簡単に決められるものではありませんが、もし自分が在学中だったらそういう方法も考えて、可能ならトライしてみると思います。
    私の親は非活宣言のときはショックだったようですが、最近は双方穏やかに過ごしています。遠方なので顔を合わせることもほとんどなく、電話口ではそこまで突っ込んだ話もしません。ただ、「創大を出たほど信心に縁のある子なのだから、いつか必ず学会に戻ってくる」という願いのような思いはあるようです。ココアさん同様、実家の仏壇には私の名前が(笑)

    編入は難しい問題ですが、まずは親御さんと相談できるといいですね。創大にはない学部に編入したい!とか、色々説得の方法はあるのではないかと思います。
    バニラさんが後悔のない人生を送れるよう、応援しています。

  66. 私もオウム見ました
    その前に録画していたボコハラムも見ましたが
    イスラム過激派のボコハラムの人が
    イスラム教が唯一の宗教である
    この宗教でしか救われないと
    どこかで聞いたようなことを熱弁してました(笑)
    こうなるともう危険です
    日本の特攻隊、ドイツのアウシュヴィッツ
    カンボジアのポルポト・・・
    創価もこれら現代版と言っても
    いいかもしれませんね
    2世で生まれた私は宗教を選ぶ余地はありませんでしたが
    人間とはこうも弱いものだと改めて思う次第でした
    創価も宗教の名を利用した金儲けの為の団体であり
    宗教ではありません
    広い意味でいろいろなことを知ることがない限り
    これもわからないまま人生が終わってしまいます。
    50手前からの覚醒でしたが
    今からは未来だけみて過去振り返らずと
    決めました。

    人は強い言葉になぜか弱いものです
    迷っている人は誰かに指示してもらいたくなる
    絶対に思った通りになれる・・
    絶対に幸せになれる・・
    それをすっと飲み込んでしまう
    きっとそれが楽だからなんだと思います
    自分で考えなくていいから・・
    なんの疑問も持たないで言われるまま
    続けるほうが断然楽ちんですもんね

  67. 数日前に放送になった『オウム20年目の真実。。』録画していたのを今日見ました。。

    上祐氏の最後に言われた言葉が印象的でしたね。
    結局は、麻原彰晃により自分たちは特別な人間なんだ。選ばれた自分たちが世界を救う?のだ、と選民思想を植え込まれたのでしょうね。。

    創価学会にもありましたよね。
    日蓮の御書を通しての。。学会に出会ったわたくしたちは地涌の菩薩、であるとの教え。。
    正直、わたくしはそれにやられちゃった1人です。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆。どこか自信が持てなくて、何処かで誰かに認めて欲しかったのでしょうか。。?

    いま想うと恥ずかしい、です。。

    いま、アレフの信者が少しづつ増えているんですって。。あれだけ世界を震撼させた凶悪テロ事件を起こしたオウム、なのに完全消滅しなかったって。。すごいですよね。

    もしかしたら?知らないだけで、どこか魅力的な教えがあるのか?とか考え込んでしまいます。。
    いまの雨後の筍スピリチュアルブームにも、もしかしたら?どこか落とし穴があるやも。。?もちろん、全部とは言いませんが。。

    なんか、そう考えると人間、道端のお地蔵さまに手を合わせるくらいの信仰心で丁度いいんぢゃないかな、とか思ったりしてしまいます。。

    世界平和、とか〜終末論を煽って人類救済、とか〜なんとなくまがい物に感じたりしてしまいますよね。。

    創価学会から覚醒された方は間違っても再び同じようなモノには飛びつかないとは思いますが。。
    創価学会と同じで、最初は◯◯展に誘われたっていうのが入り口で、オウムもヨガとからしいけれど、気をつけましょうね〜こんな世の中、だからこそ。。(・ω・)ノ

    でもいまも創価学会のバリバリ活動家のみなさまは世界平和、とか〜願って活動されているのでしょうか。。?

    笑えますね〜。。
    あなたがたの活動、すべて日本の国を悪い方向に引っ張っていってますよ〜。。

    そのうちオウムのように犯罪も、なんとも思わなくなるんぢゃないだろうか。。?
    そしてもう誰も止められない。。
    言い過ぎ?でしょうか。。

    まあ、選民思想で頑張ってください。。(・ω・)ノ
    でも、世界平和の前に自分や家族が幸せに。。

  68. はじめてコメントする、三世女子部のモリと言います。
    こちらのサイトを知ってからは、少し心が軽くなると同時に、こんなにたくさんの人が辛い嫌な思いをしているのだと知り、パニックになりました。
    今まで、正しいと思っていましたが、女子部・婦人部幹部の理解できない言動について行けず、結婚を機に脱会しようと考えています。
    女子部幹部は、人の恋愛を勝手に話す(私の地元の先輩が男子部と付き合っていたようなのですが、ダメになったのは先輩が会いたい会いたいって言ったからみたいだよ。と話してきました。私は、その先輩が男子部と付き合っていること一切知りませんでした。)
    女子部幹部は、選挙の戦いを通してイケダセンセイの素晴らしさをみんなにわかってもらうの!って本気で話しているのを聞いた時には、何で選挙イコール イケダセンセイの素晴らしさに繋がるのか意味がわかりません。
    土日も会合が入ったのですが、前々から彼と会う約束をしていたので行けません。と言うと、恋愛に走ってダメ!大事な会合は一回きりなの!と言われます。会合に行っても、結局は同じような話ばかり、祈って悩みを乗り越えていきましょうね!って…もう、うんざりです。
    最近は、創価のことを考えると頭痛がしてきて辛い日々です。早く抜け出したいです。

  69. 覚醒まっしぐら中のマヨイ、2世です。
    本当に学会脳の人とは会話が成り立ちませんね。自分もそうだったのかと思うと恥ずかしいです。なぜ、広い心で見ようとしないのでしょうか。自分たちが正しい、それ以外はすべて間違い・・・桜梅桃李などと言いながら、全く他の考えを受け入れようとはしてくれないのです。
    活動家から非活へ移ると必ず「話そう」とわかった風に言ってきますが、話がかみ合わないのです。この宗教団体で活動することしか生きる価値がなく、あなたにもそれがわかっているはずだという前提のもとで話が進んでいきますから。みなさんのように理路整然と意見が言えない私とではなおさら会話が平行線をたどり、「また来るから」・・・トホホです。
    一人対複数になると負けそうになりますが、このブログにやってくる人たちのことを思い、支えにして耐えています。仲間がいることがうれしいです。みなさんありがとうございます。

  70. 白ゆりさんのコメントに
    >アクセス数が多いのは、人間は黒い噂が大好きだからです。2ちゃんと同じレベルで好かれています

    とありましたが、私は黒い噂が嫌でたまらず即刻退会しました。
    また大好きになった2チャンネルなど今まで一つもありません。

    何の迷いもなく信仰に邁進しているなら、こんなブログに書きこみなどしないでしょう。
    気になって気になってしょうがない「何か」が自分の中にあるんでしょうね。

    >そういう方ほど、死ぬ時に未練たらしく見苦しいですけどね

    文面から察するに、相当な妬みのようなマイナスの心情がみてとれます。
    信仰でこういう感情がなくなると良いですね。

  71. signifie様、皆様、初めまして。創大卒、婦人部のマシュマロと申します。どうぞよろしくお願いいたします。
    3年ほど前から、在宅医療に携わる仕事につき、学会員の方も、そうでない方も、病気や死に面したとき、何一つ変わらない。ではこの信仰自体に力があるんだろうか?と疑問に思い始めて、signifie様のブログに出会い、ずっと拝見していました。
    主人は未入会ですが、実家の家族は末端幹部で、真面目に純粋に先生(未だに先生以外の呼び名が出来ず、苦しいです)を信じているので、私の考えは伝えていません。一時はとても苦しかったのですが、今は親孝行のため、また言っても決して理解い合えないため、やや未活?くらいのスタンスでいます。

    バニラ様が現役創大生、とても悩んでいることと思います。大学生とはいえ、経済的には親の支援が必要です。確かに編入学は非現実的なことなのでしょう。でも創大卒=創価の看板を背負って人生を歩むことになります。私は、今となっては大変後悔していますが、自分で選択したこと、と割り切るしかありません。
    バニラ様、とても一人で考えるには大変かと思いますが、自分がどうしたいのか、選択肢は卒業だけなのか、他に出来ることはないのかを、悔いのないようにして欲しいと願います。

    私は同窓の集いには、4年9ヵ月前が最後です。おそらく、その同窓の集いが先生が公の場に出席された最後の会合でした。そのときはまだ頑張らなくちゃ、と思っていたため、先生が来られたことに幸せを感じていました。先生は「懐かしいね」と何度も会場を見回していましたが、「入れ歯が合わないんだよ」と口をモゴモゴ動かすこともあり、「先生もとても歳をとられた」との印象が残っています。今思えば、近景の仮面の様な顔貌といい、もしかしたらパーキンソンなどの可能性もあるのかな?なんて考えています。
    昨年にあった集いには参加していません。やはり嫌悪感があり、当時の友人で会いたい人は個人的に会えるので、わざわざ大きな会合に参加する意義がないからです。

    長くなりましたが、最後にどうしても白ゆり様に。「死ぬときに未練たらしく見苦しい」とはどういう状況で亡くなることを言うのでしょうか?在宅医療の仕事をしていますが、宗教の違いで見苦しい死があるなど、私には思えません。なんの根拠もない、単なるヤクザの脅し文句にしか思えません。未活ではありますが、同じ学会員として、とても悲しいです。

  72. 創価の最大のダメなところは自分達が迷惑かけてて嫌われてるって事に気が付いてないってとこですね!

  73. おはようございます。マシュマロさんのコメントを読みました。とても聡明な方に思えます。対話をしようとしている姿勢が私には見えました。
    死とは万人に平等に訪れるもの。私は死ぬのが怖いです。痛く苦しい思いはしたくない…その究極の願いが信心なのではないでしょうか。何かに縋り救いを求めたい必ず治ると信じたいという極論。宗教はお金を集めたり入信を勧めることで幸せになるものなのでしょうか…入信している人は病気にもならない苦しまないということでしょうか。

    私は人間はそんなに立派になんて生きられないと思っています。学会では仏法を一文一句でもいいから友に伝える弘教こそ広宣流布になると教えられています。仏の境涯になれと。そんな神様みたいなに生身の人間、人間らしくないと私は思います。

    死は万人に平等に訪れる。
    死の向こう側の世界なぞ誰も死んではいないのだから創造でしか語れない。現世において苦しくも少しだけ楽しい事もあって自分らしく生きる事が後悔がない死に繋がり生まれてきて良かったと思える、私はそういう死生観でこれからもいたいです。

    池田大作氏の死亡説がありますが否定されています。しかし病に伏しているのは然りではないでしょうか。

  74. signifieさん
    >この場で現役活動家さんとの討論はしないようにしています。
    了解しました。
    あの質問も、議論というよりかは、
    洗脳を解く目的での質問です。
    (あの質問で解ける方は多いので)
    コメントの公開非公開については、
    運営者の方針にお任せします。

  75. 私は、小学生の時に、親の都合でこの団体に入信させられました。しかし、私が創価の一員だということは、中学に上がるまで知りませんでした。なので、会館に連れていかれるのは、私があまり外に出ないから暇じゃないか、と思われてのことだと小学生の頃は考えていました。あるとき、親の口から「あんたも創価の会員なんだから、ちゃんと題目あげなさい」と言われ、初めて気付いたのです。そう言われた私は、素直に受け入れることができませんでした。とても、ショックでした。「私は、完全に関わることはない。親の活動を見ているだけだ。」と思っていたからです。もちろん、この団体が宗教かどうかはその頃はわかりませんでした。ただ、何でこんな長ったらしい話を聞かなきゃならないんだ、こっちは家で自分の好きなことしたいのにと思っていました。今も思っています。勝手に入らされて、とても迷惑です。

    わたしが、この団体から抜けたいなと思った一番の理由は、人間関係ですかね。この人達は結婚はどうしているのかなと思い、ネットで調べました。すると、「創価とは結婚しない」「創価はやめろ」というコメントが多く、驚きました。さらに、創価学会員のための結婚サイトまであるとのこと。始めから狭いコミュニティーだけでしか相手を探せないようになってしまっては、今の時代苦しすぎるでしょう。本当に、1つのことで人生の選択を制限されるのは良くないことです。私は、そんな理由で結婚が遠のくのなら、結婚は一生しない方がいいとすら考えています。

    ただ、無駄に時間を削られ、本来なら得られる幸せまで奪われる団体から早く抜け出したいと日々思っています。そのため、脱会についてのサイトを見始めました。

    図々しいかと思いますが、絶縁なしで抜け出せればなと思っています。

  76. 創価には独特の教えがあります。
    〇お金に困らないようになるためには教団にお金を寄付すること。出した分以上のお金が自分に返ってくる。
    〇選挙で公明党への票を取ることは法戦といい、最も功徳がある。宿命転換したかったら法戦だ。
    〇新聞配達や会館の掃除、会場の提供、送迎、拠点に足を運ぶこと等、一切が功徳となり、目には見えないが確実な福運となる。

    オウム真理教の「ポアすることで人として魂の階級が上がり救われる」という教えが普通の常識では考えられません。
    これと創価の教えも同じレベルと思われてますよ。
    勢力の拡大ためなら手段を択ばない。
    ヤクザを使っても、犯罪を犯しても目的は遂行する。
    信教は自由ですが、これを果たして「宗教」と呼んでいいのか?
    宗教法人の登録さえしてあれば宗教団体なのか?
    創価をどうしても「宗教団体」と呼びたい人は、どうぞ心ゆくまで呼べばいいんじゃないでしょうかね。
    ですが、であれば「カルト宗教団体」とでも呼べばいいのでは?と思いますね。

  77. やまとだましいさん、創価のだめなところは迷惑かけてて嫌われていることに、きずいてないところだ~全くその通りだと思います。会則のことでいろいろもめているのですね。カリスマなき今、まとまるの!この教団!

  78. 空転国会になってしまいましたね…
    こうしたことも現役学会員のイライラにつながっているのかな?
    選挙始まってしまうと大変…そうならないうちに自身の立場を見直してみては

  79. こんばんは。我が子を赤ちゃんの時から入信させてしまう事は避けた方がいいのではないかと思います。創価大学を卒業することを躊躇されている方や将来の結婚まで悩んでしまっている方のコメントを読ませて頂き改めて感じる事として「信仰する事は何か」と考えられる、即ち成人するまでは親の勝手な判断で子供に信仰を押し付けてしまうのは止めた方がよいという事です。我が子から信仰の自由という権利を取り上げてしまう事になるからです。成人になって自らの意志で決める事ではないだろうかと切実に思います。

  80. いつもお世話になってます。
    また、池上彰さんの話ですみません。
    先日、また特番やっていたのですが、オウムの事件をとりあげてましたが、その中の坂本弁護士一家殺害事件を詳しくやっていて、本当に恐ろしいなぁ…と思って見ていました。
    創価学会の話は何もないですが、ふと、覚醒して、ネットではじめて知った、東村山市議会議員転落死事件を思い出しました。
    住人や遺族でしょうか?事件の真実の追求のため、街角で訴えている動画を見て、大変衝撃を受けた記憶があります。
    本当の『正義』とは何なのか?と考えさせられた情報でした。
    これも、ヤラセよ!デマよ、事件は自殺で片付いたわよ!と見てみぬできる創価学会員さんがいたら、人間を疑います。

    創価学会の脱会者の救出活動、議会で公明と創価学会の追求をされていた方だそうで …..
    オウムの坂本弁護士も同じような活動されていた方ですよね。

    カルト教団というものは、どこまで似るのでしょう、いや、カルトだからか(^_^;)

    情報間違っていたらすみません、今はどういう展開になっているかよくわからないので。

    やっぱり私には理解できない!
    他にもある、たくさんの創価学会が関わった事件などのことを知りながら、それでも学会は素晴らしいのです。世界へ広がっています。
    昔は昔! そんなの過去のことよ!今はそんな事件もないし、変わったのよ!とスルーして、耳に蓋をする人、こちらのブログにもそういう人きてましたよね 、肝心な話はスルーして、学会の素晴らしさばかりアピールしていた人。

    先日きた方も、そういう方でしょうかね?キリッ。
    どちらが境涯低いかわかりませんね~イヤミ。

  81. 宗教と呼べない宗教のために、カルト宗教法人を設立し、年度ごとに社会に迷惑かけた回数や迷惑度、迷惑度投票などで税率を決定、次年度に決定した税金を課税していくって法律にしろ。間違いなく創価やオウムがダントツ課税されるでしょう。

  82. やまとだましいさん、文書流出読みました。教えて頂きありがとうございます。このレポートを書いている教学部の方に同情します。必死で学会を池田さんを守ろうとされてますが、残念ながら創価学会は、宗教でもないし、仏教でもありません。それから、うちの地区婦人部長さんは、会則の変更も知りませんでした。末端の幹部はそんなもんです。教学部の方が心配されている混乱も有りません。今は、選挙の戦いだけです。

  83. 4度目の投稿となります。あまにぃと申します。宗教とは?検索しました。一般に、人間の力や自然の力を超えた存在を中心とする観念であり、また、その観念体系にもとづく教義、儀礼、施設、組織などをそなえた社会集団のことである。
    上記が創価学会を宗教でないとするには、中々分かりにくいと思います。宗教という言葉だけでひとくくり出来るものでもないかと思います。
    上記文の 施設 組織を備えた の部分だけ捉えると創価学会は宗教に当たるように思えます。
    もっと具体的に解りやすく創価学会が宗教でない言葉や表現はないものでしょうか?
    追記 もちろん私も創価学会は日本の社会毒の極みだとは確信しております。

  84. おはようございます。やまとだましいさんの文書流出、読みました。教学部の方の当然の自然な疑問だと思います。例に挙げて、日連宗と日蓮正宗の違いを考えるとき創価学会は既に日蓮の教えに帰結できない状態にまでひとり歩きしてしまっている集団という結論が成り立つ事に会員の方達は気付いていない。宗教とは心の拠り所であり矛盾があってはならないはず…悲しくなります。

  85. あまにぃさん、なるほどの着眼点です〜
    >施設 組織を備えた の部分だけ
    ここです、これがあるから創価学会は宗教法人だと居直ってるのです。
    なんとも姑息な、見せかけだけで巧妙に信者をだましにかかっている、
    立派な会館なんて、政治取引でビジネスに利用されてるだけです。
    もう、うんざりでしょう…

  86. 創価に何の疑問も持っていない活動家の人達のブログを時々読むことがあります。
    覚醒した目でみると、どの方も全然幸せそうじゃないのに、無理しているなぁということ。
    幸せではないのに、折伏をしようと走り回っている。
    折伏とはカルト創価に入会させることですので、折伏こそが沢山の不幸な人を作る罪な事だと思っています。
    その人だけの入会で済むわけではなく、その先の親子関係、夫婦関係、親戚関係、友人関係をも破壊してしまう不幸の元凶です。
    その折伏を創価は「折伏をしないと宿命転換できない」と言っています。
    でも、選挙戦や財務の戦いになると「選挙の戦い(財務の戦い)こそが、宿命転換の近道」と様々なバージョンが用意されているんですよね。

  87. 宗教団体が政党を支援するのは認められていますが、創価の場合、票取りに挑戦することがそのまま「仏道修行」であり、「諸天が賛嘆する」とアナウンスしています。
    常識では理解不能の理屈です。
    これどう見ても、政党の議席獲得を狙っての信者を使った、ただの選挙戦略ですよね。
    信者には適当なツギハギの仏教を与え、その信仰心を利用して票集めをさせる。
    会館はそのための施設です。
    これのどこが「宗教団体」なんでしょう?
    いってみれば選挙攻略事務所です。

    選挙期間中、会館内でいったい何が語られ、何が行われているかカメラを回して発信すれば世間は仰天するでしょう。
    そしてこれのどこが宗教団体なのか、はっきりと白日の下に晒されることになります。

  88. モニカさんのおっしゃるように、あの、選挙期間の会合をライブ配信すればいいと思います。違反もなく、政教分離にのっとった正しい会合であるならば隠す必要はないはずですから。

  89. モニカさんおっしゃるとおりです。
    宗教の教義を票取りに利用するなんて、それって票取り作戦、戦略の何物でもありません。
    戦略にまんまとひっかかって、盲信している会員。
    いまだに会員は一人でもコンペイトウの票を増やしていけば、幸せになり、人間革命できると思っているのですから。
    覚醒した今、本当にあほくさくて、冷静に考えたらわかるものを・・・・。

    それを宗教というのですから、ちょっと違うかなと。
    ある側面では確かに宗教かも(集会施設を備えたり、集団で信じる教義があるという側面)。

    でもふたを開けたら戦略に踊らされているだけの内容のない宗教と呼べない実情だということですよね。
    しつこいようですが、財務だってそうです。なんでお金をたくさん創価に貢げば、
    貢いだ分だけ幸せになれるのさ?幸せになりましたか?財務を思い切りした人!

    全部宗教の教義じゃなくて「戦略」ですよね。
    それに乗らされているだけ。宗教というのは世のため人のために存在するものだと思ってました。世のため人のためどころか、世の害人の害になって、
    幸せになっている(得をしている)のは戦略を練っているその人たちだけ。

    それが創価です。

    だれがどうわめこうが、反論しに来ようが、
    これだけは事実です。創価は戦略だけで動かしている詐欺団体です。

  90. 財務をして幸せになっている会員はごくわずかじゃないでしょうか…
    うちの実家もそうですか、結局は公営住宅に住み公明党議員の配慮を受けながら、
    細々とした老後を送っている会員が大部分であること、ネットで明らかです。
    外では見栄を張って、うちでは顔を覆って泣いている、気の毒です。

    一見のところ立派な会館であっても、土壌に問題のあるところもあるようです。
    景観的に立派ではありますが、宗教施設ぐらいにしか転用できないのでしょう。
    都合良くビジネスに利用されているのです。

  91. 宝星さん、そうですね。公明党のポスターはけっこうきついピンク色なので目立ちますが、だいたい貧相な家の軒先に貼ってあります。誰が見ても「ああ、ここが学会員さんの家なんだな」とわかるわけですが、「私たち創価学会員はこんなに貧しい生活をしています」と世間に公言しているようなものです。そもそも自宅の軒先に政党の派手なポスター平気で貼れるという感覚からしておかしいと思います。これ覚醒するとそうとう恥ずかしいことだとわかるんですが、創価脳の人たちはそれも功徳があると信じて喜んで貼るんでしょうね。なんかポスターを貼ってある貧相な家を見るたびにかわいそうな気分になります。高度経済成長の過渡期に建てられた安いだけの貧相な住宅にいまだに我慢して住みながらも、よかれと思って出した財務で立派な会館が建っているのですから、普通ならおかしいと気づくんですけど、そこは創価脳に仕立て上げられている皆さんは気づかないですね。そんな建物を建てるためだけに使われるのであればまだいいんですが、全国の会館の建設費や維持費など財務のお金全体からすれば微々たるものですよ。それで実際にそうしたお金が何に使われているのか一般会員は知らされないし知ろうともしない。知ろうとする気持ちがあったりすると福運が消えると脅されてますからね。ほんとに都合よく飼いならされています。末端会員は何に使われるかわからないお金を毎年毎年必死になって差し出していて、それで幸せになれたかと言うと、そんな人は見たことがありません。でも結果がでないのは自分の信心が足りないからだと思うように仕込まれてますからね。飼い殺しっていう言葉はまさにこのことですよね。
    私は昔から財務に関しては疑問に思っていました。でも少しでも多くしたほうがいいと考えていたので、多少は無理して金額を増やしていましたが、毎年3桁を夫婦でやってる両親や兄夫婦のことは納得できませんでしたね。なんかおかしいんじゃないか、とりつかれたようにお金を差し出して、そのために普段の生活を切り詰めている。典型的なカルト信者の発想だよなあと思ってもいました。でもそれでも創価が詐欺団体などとは考えもしませんでした。両親や兄夫婦にくらべれば私が出した財務の金額などたかが知れていますが、これが日本全国の会員から集まると、毎年毎年何百億、何千億円というお金が黙っていても集まってくるんです。そりゃ幹部にしてみれば笑いが止まらないでしょう。◯◯◯アンバサダーという資格まで成り上がって、一般会員から自動的に売り上げを吸い取っていくネットワークビジネスと同じシステムです。創価は悪徳ビジネスで、一般会員はみんなその被害者なんですけどねえ。欲に目が眩んで騙されるところもよく似ています。ネットワークビジネスはお金欲しさに、創価は功徳欲しさに盲目になるんですね。だから公明党のドピンクのポスターを平気で自分の家の軒先に貼れるんでしょう。

  92. 先日退会し夫(一世)のマインドコントロール解除中のにゃんころころです。
    アルトさん これから、これまでの分取り戻して幸せになってください。
    kickeyさん お元気になられてよかったです。身体第一で自分を大切にしましょうよ!

    バニラさん ご存知かもしれませんが、大学の編入はたくさんのケースがあります。
    私大から国立・地方国立から旧帝大^_^;(過去スレッド読んでいない方わからないこと書いてごめんなさい)等々
    もちろん、バニラさんが編入に関して困難を感じていらっしゃるのはご家族に対してというのはわかっております。東大蹴って創大っていう方もいるくらいですので、国公立へ編入して学費が安くなる位では、説得力ないでしょうけど。

    バニラさんの人生はバニラさんのもの。バニラさんは自由です。

    ブログ全部読みました。
    時間が掛かりましたが、時間を掛ける価値がありました
    お釣りが来る位です。
    signifieさん、皆さんに感謝します。
    読むだけの立場でも頭がグニャグニャになる局面でも、投げ出さず続けてくださり
    本当にありがとうございます。

    さて、夫のマインドコントロール予想以上に大変です。
    「組織が色々おかしい事は解ったけど、先生が創られた組織だからな〜」
    「センセイは4年間姿を見せていないのよ。この4年間には震災もあったのよ」
    「世の中ではそんな風に言ってるんだ。でもなぁ〜、先生には色んな事教えてもらったからな〜」
    「例えばどんな事?」
    「例えば、社会人としての基本、挨拶とか・・・」
    「へぇ〜、私は違うルートから教えてもらったよ」
    「何れにせよ、先生の文章は素晴らしいよ。本当に世界平和を考えている人じゃないと書けない文章だよ」
    (ゴーストライターの件は次回に話そう、フゥ)
    椅子から落ちそうな衝撃を覚えても顔色変えず、1ミリ1ミリ積み重ね
    臨界点に達するのを待ちます

    父親を早くに亡くし、10代後半で父性を求めていた頃に出会ってしまった創価。
    力強い断言に魅了されてしまったのでしょう。

    先日ラジオの天気予報で「明日は雪が降れば雪でしょう」って予報士さんがキッパリと失言?されました。あまりにも自信に満ちた断言だったので、あれっ⁈って感じるまで時差が発生しました。

    聖教新聞この頃熟読しています。
    ごくごく当たり前の事がさも創価発って感じで断言されてて、なる程このキッパリ感が夫には心地良いのだな〜と発見しました。

  93. マシュマロさん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    ご挨拶が遅れてすみません。
    初めての方へはできるだけご挨拶をと思っているのですが、なかなか全ての方に対応できないほどたくさんの方に来ていただいていて、嬉しい悲鳴をあげています。
    みなさんからのコメントをすべて読ませていただいてから承認していますので、マシュマロさんんもたくさんお話を聞かせてください。
    ここで創価の実態について動かしようのない事実を積み重ねていきましょう。そしてそのことで一人でも創価のおかしさに気がついてくれる現役学会員さんが増えてくれればいいですよね。
    これからもよろしくお願いします。

  94. にゃんころころさん、全部読んでいただいたんですか〜!
    ありがとうございます〜!m( _ _ )m
    書いた本人でさえ、もう一度読めと言われてもできないような量を、ほんとに恐縮です。
    そしてにゃんころころさんの聡明で温かいお人柄の伝わる文章はいいなあと思います。
    ご主人の脱洗脳作業、地道にあせらずに頑張ってください。ご主人もほんとにいい方なんですね。なおのことにゃんころころさんの愛で真実の世界にひきもどしてあげてください。陰ながら応援しています(^▽^)/¨

  95. そういえば先日殴り込みに来られた白ゆりさん、どうしたんでしょうね。まあ、だいたいあの手の方はこんな感じなので、対話にはならないんです。いわゆる創価スイッチが入った勢いで殴り込んできますから、とりあえず創価スイッチをカチッと切ってあげれば消えていきます(^^)

  96. 創価の教えとは
    「選挙の票を頼むと、功徳が貰えて幸せになれる」
    「教団に寄付すると、功徳が貰えて幸せになれる」
    「聖教新聞の購読部数を拡大させると、功徳が貰えて幸せになれる」
    「教団運営のための無償労働をすると、功徳が貰えて幸せになれる」
    「勧誘して会員を増やすと、功徳が貰えて幸せになれる」
    要するにこれを理解させることがゴールです。
    つまり
    〇公明党の議席を増やし
    〇寄付金を拡充させ
    〇聖教新聞の販売部数を増やし
    〇無償労働で経費を浮かせ
    〇そんな実働会員を増やすこと
    が目的です。
    あれ?
    会員の幸せは?
    そんな目に見えないことはどうとでもなりますよ。
    中枢部は目に目えて保証されることを頂戴しま~す。
    会員は目に見えない幸せとやらを追っかけてください。

  97. こんにちは。先日は自己紹介もなく勝手にコメントを書いてしまいすみませんでした。

    改めて、一応創価2世のワカラナイです。実は、私は短大生のころはこの団体にいればいいかもと思っていました。それは、当時住んでいた寮から5分もしないところに会館があったからです。もし、かなり遠いところにあったら行かなかったかもしれません。高校までは、信仰したくない人でした。しかし、、寮からかなり近いことに奇跡を少し感じ、そのころまでやらなかった題目を上げるようになりました。すると、「明るくなったね。」と周りから言われ、「もしかしたらこの宗教はいいのかもしれない。」と感じ始めていました。今思えば、このおかげではなく、環境が変わったことによる気持ちの変化に過ぎなかったのですが。そのころに見た脱会のブログに、「絶縁した。」という言葉があり、それに腹を立て、「私はこの人たちの方が今まであった奴らよりもましだ。この信心を貫く。」みたいなことを書いてしまいました。元々、少しひきこもり癖と被害妄想がある私は、寮や学校では孤立していました。もちろん、仲よくしてくれた人たちもいます。その中で一番親しくしてもらったのが、創価女子部でした。なので余計に信じたんだと思います。性格はよく、いい感じの人達でしたが、選挙の時は違いました。その頃はまだ、選挙権がなかったので、大人の活動を見ているだけでした。そこで、一生懸命電話をする女子部に疑問を抱きました。私は、「友達とかいなくなりません?」と言うと、部員の一人は「友達はいなくなるけど、こっちの方が大事だから。」と返してきました。もし、公明党が大勝利をすれば、結果的に友達のためにもなるという感じでした。友達と宗教を比べたくなかった私の心は、再び信仰から離れていきました。ですが、人がいるところはなんか楽しく、結局短大が終了するまでは会館に足を運んでいました。残念ですが、今も地元で女子部の活動をしています。(女子部以外の会合に、毎回親に強制的に、連れられてもいます。)短大の活動中で一番印象に残ったのは、車の中で部員の一人が、「今の日本と中国の関係をせっかく師匠が正してくれたのに...」と涙ぐんでいる姿でした。短大で出会った彼女たちは、本当にいい人達でした。でも、創価への情熱を語る姿は哀れに見えました。

    最後になりますが、ダイアナさんが仰っていることは本当にその通りだと思います。最近、私たちの地区で赤ちゃんが生まれ、その子は入信させられてしまいました。その子の父が信心していて、母は違うという状況です。彼らが結婚した当初は、父親はこっそりと題目を上げていたようですが、奥さんにばれてしまいました。奥さんが、「きもい。」と言うと夫は、「何も知らないのに、それは良くない。自分の子どもにも信仰してもらうつもりだ。」と反論したそうです。どうして奥さんがうなづいたのかはわかりませんが、現在彼らの子どもは学会員になってしまいました。まだ、奥さんとは会ったことがありませんが、会ったら、「子どもにかわいそうなことはしないでください。長年、子どもをしてきた子どもの願いです。」と言いたいです。

  98. 創価学会70年の歴史を知ろうとすればするほど矛盾だらけになります。そもそも御本尊とは信仰の対象として安置され大切に扱われるものの事。その御本尊が会則などによって変更されたりする驚愕の事実を冷静に捉えた時、もはや宗教ではない事は明白ではないでしょうか。唯一無二であるべき御本尊。では例えば紙幣も巧みに誰でもいいから写してしまえば価値が生まれるのですという事になります。創価学会は…やはり矛盾している点が沢山あります。キリスト教信者ですと言いながらコーランを読んでいる人達、それが創価学会の信者の方々の様な気がしてなりません。

  99. 創価は脱会者が増えてきているのですか?創価は何のための組織ですか?人を苦しめるためですか?どなたかお願い致します。

  100. シニフィエさんのコメントにありましたが、
    やばそうな家って公明か共産のポスター貼ってあること多いですよね

    そんな思考回路だから抜け出せねえんだろうなと思います。

  101. 度々コメントさせて貰っている、学生のチップです。

    私は今未来部なのですが、
    小学生の頃は合唱団に入っていたり
    未来部委員会によく参加したりしてました。
    最近は、本当に少なくなりましたね。
    学生は勉学に集中する事になっていて、
    お宅訪問がごく稀にあるくらいです。

    けど、知っている女子部の方達も、功徳うんぬんとかは全然無いです。
    本当に心から優しくしてくれます。

    ちなみに私の住んでいる地域では、cmで県のTV局が学会の宣伝もしています(^^;;
    組織によって、やはり違いがあるのかもしれませんね。

    私は、直接被害を受けた側では無く、
    (無神経な発言をお許し下さい)
    どちらかというと、本当にいい人達の組織だったので、
    白ゆりさんの気持ちは何となく分かる気がするんですよ…
    多分、自分の周りの組織がよく機能していて、全てがそうだと思われているのだと思います。

    実際、わたしの周りにも、宿命転換なるものをされた方の体験も多いので…

    ちなみに、そんなわたしはまだ半覚醒です(^_^)a

    ところで
    私が相変わらず心配しているのは、
    今日もお宅訪問に来て下さったような
    本当に人のために、社会のためにと実証を示そうとしている人達の事です。

    私が思うに、盲信とは違う、本当に良い人達(上手く表現できない泣)が今の学会のカモフラージュになっているような気がします…

    どちらにしろ、池田先生亡き後の日本に多大な混乱が起こるのではないかと、想像しています。

    ちょっと怖かったりもします。
    複雑です(´・_・`)

  102. 友人に今度は私からの学会に対する質問をしたところ、不快なのでやめて欲しいと言われました。私は散々話を聞いてきたのに…。もう悔しい気持ちでいっぱいです。

  103. 悔しいです。とても悔しい…。でも絶対に自分自身に負けたりはせず真実を求めるのみ!!

  104. チップさんのお気持ち、よくわかります。
    まだまだお若いのにしっかりされていて…いいご家庭なのでしょうね。

    革命と称した、向こう見ずな戦いに明け暮れていたのだなあ…、と
    実家の両親の元で信心していたころを回想しています。
    反感を持つというよりは、やっぱり気の毒で心配なんですよね。

  105. チップさん、仰ることはよくわかりますよ。
    >盲信とは違う、本当に良い人達…

    その人たちは学会指導を忠実に守ってるんです。
    「信仰といっても日常の振る舞いが大事だ」
    「世間はそこを一番みている」
    「近隣の模範になりなさい」
    振る舞いが良くてさわやかで思いやりがあって、人のために労を厭わないのは素晴らしいことです。
    そこに何も言いたくありませんが、残念ながらこれも中枢部の戦略の一つなんです。
    そうやって善良な末端を前面に置くことで、実態の隠れ蓑にするわけです。
    本当は平気でゴーストライターを使いヤクザを雇うような団体なのに、そういうことと無関係の何も知らない信者で周りをぐるりと囲う。

    個人が善良であろうとすることまで、教団の利益のために利用する。
    創価とはそんな組織です。
    良い人たちが良い生き方をするなら、創価に居ることありません。
    その良い人を生かせる場は世の中にいっぱいありますよ。

  106. そもそも、人が何かを信仰したい時、入会しなければ功徳がでない、入会して広布活動をしなければ福運が積めない、そんな閉ざされた信仰でいいのでしょうか?
    本当に唯一万人を救う信仰なら、誰でも自由に祈り、ご本尊や題目の力が試せる、ありがたい話しも自由に見聞きできる。信じる信じないは自由。自分が感じたままに、人に伝えるなり、お試しあれ~でいいのではないでしょうか?入会しなくても信仰はできるはずです。
    てか、それが普通のことなのでしょうね。なぜ組織化するのでしょうか?
    目的が信仰ではないから、答えはそれだけですよね。マインドコントロールするため、
    モニカさんが言われました上記の項目が本来の目的ですから達成させるため、
    組織=支配です。

    すべてではないでしょうが、海外SGIは、信仰という感覚より、ボランティア組織やクラブ感覚で入会している、日本の仏教を学ぶ趣味の場みたいな感覚で入会している、という話しも知りました。検索して見つけたのですが、なんか納得です。
    信仰というより、単なる平和、人権団体という捉え方ではないでしょうか?
    自分の信仰キリスト教などは辞めることなくやりつつ、ボランティア団体に所属しているという感覚。そうでなければ海外の人がこんなおかしな日本の新興宗教やりますか?
    SGIの目的と原則十ヶ条を何度も読みました。
    私が外国の人で、創価学会も知らず、これを読んで勧誘されたら、宗教と思わず、良いことをしている団体と思って入会しているかも。入ってビックリです、みたいな(笑)
    ずっと思っていた疑問、日本と海外の違いを感じる謎がここにあったかもしれません。
    日本人は無宗教だから、騙されやすいのでしょうか。

    日本の創価学会が、今、SGIの日本支部という、位置づけにあること知ってますか?
    SGI会長は池田先生です。日本のH会長などは日本支部長の位置づけに過ぎない。と思うけど。
    もう宗教法人創価学会ではない、新興宗教SGI何ですよね!
    このことに気づき、さらに疑問を感じました。日蓮正宗とキッパリ縁切りたいのも、今後の運営のためです。ビジネスとして、世界進出したいだけです。
    そう考えた方が、自然じゃないですか?

  107. はじめてのコメントになります。白いブランコと申します。管理人さんはじめ常連の皆様方よろしくお願いいたします。
    まずは自己紹介ですが、私は学会2世で、ゆる活→バリ活→半活半覚醒、パートナーは学会1世でバリ活です。教学は青年部時代に1級、現在40半ばで地区の責任者をしております。

    昨年あたりからいろいろ想い始めて、現状のままだと将来的に息詰まると感じ、改善策を探してる中で
    こちらのサイトにたどり着きました。
    本来であればこちらで展開されている対話や意見懇談を、学会の会合や協議会等で行われていれば
    良かったと思っております。

    “創価学会は宗教ではありません”のお題ですが、私が感じるに現在の学会活動の8割ぐらいは選挙活動ですね。
    昨年に会則・教義変更があったにもかかわらず、その件に関する会合は一切なしで、法戦と称する会合のみ。
    なんでこんな状況になってしまったのか???いろいろ残念に思います。

    上意下達で末端の我々の意見や状況は一切関係なし。
    「愚痴や文句は功徳・福運を消す」との指導により、意見もいえない雰囲気。
    以前は質問する機会も多々あり、幹部も大聖人の御書を通して信心指導をしていたけど、
    今は信心指導できる幹部も少ないように感じます。

    私は本来は創価学会は素晴らしい宗教団体だと思ってますが、そうでない部分、時代に合わない部分も
    存在しますので、自己浄化できる組織であるように祈って行動したいと思ってます。

    未来部の方や青年部の方もご覧になってると思うし、彼ら彼女らが胸を張って素晴らしい団体だといえるような創価学会でありたいとの思いから投稿させていただきました。

    掲載承認に関してはもちろん管理さんにお任せいたします。
    よろしければ今後も参加させていただきたいと思います。

  108. 訂正があります。その後、検索したところ、
    宗教法人創価学会はありますね、SGI 日本支部は別でした。日本にいる外国籍のメンバーによるものでした。外国人同志の交流やSGI平和運動の活動だけで、選挙や強引な折伏や多数購読など、日本みたいな活動はしてない!それに日本人は日本支部には所属できないそうです。
    したがって、私たちのような末端信者は、SGIとは別組織になりますよね?
    海外への布教のために作られた別組織とかかれてます。
    つまり、日本人の信者は金づるです。
    池田先生がSGIの会長である理由は、日本人信者から金を集める目的と海外へ膨大な資金を隠す、流すための組織としてSGIが存在するんだと思います。
    と、私は思いました。
    過激な発言でしょうかね?すみません。

  109. 今日の朝からさきほどまで「白ユリ」さんという方から立て続けに16件のコメントがありました。おそらく先日の「白ゆり」さんと同じ方かと思われます。また昨年の7月にコメントされた「白ユリ」さんともおそらくは同じ方であると思われます。こちらが同じ方かどうかを質問しても答えてくれませんし、このブログでのルールとなっている自己紹介もありません。
    昨年も白ユリさんは一晩に53の異常なコメントを立て続けに送信し、完全に常軌を失っていました。今回も同じように発作的な行動なんだろうと思われます。内容も以前と変わらず「根性の腐ったハゲジジイ」とか「ゴミみたいなサイト」などといったここを罵倒する汚い言葉を羅列してるだけで、対話の意志はまったくうかがえません。これまでこのブログに登場した数人の創価学会活動家と同じく、典型的な創価スイッチが入った盲信者のようです。先日のヒューマンさんと同様に、精神を病んでいらっしゃる方なんだろうなと思われます。じつはヒューマンさんはあのあと別のブログでここの悪口を言いながら、最後には完全に意味不明の言葉(言葉にすらなっていません)を発するようになり、完全に発狂状態のまま消えていったようです。もともとそういう方だったんですね。あの発狂の様子を見ればゾッとします。ここにいるときの発言がまだマシでしたよ(笑)。
    先日も白ユリさんにお伝えしているように、ここは活動家さんに向かって創価の是非をめぐる討論をする場所ではありませんし、創価が正しいと信じている方に何かを言うつもりもありません。あくまで創価に疑問を持っていたり、脱会したくてもできないで悩んでいらっしゃる方へ向けて発信しています。また同じように悩んでいらっしゃる方同士が情報を共有して、脱会への足がかりにしていただければと思ってつくったサイトです。創価に疑問を持ってしまう自分を責めている方は、疑問を持つのがあたりまえであり、自分を責める必要はまったくありません。創価に疑問を持つということは真実に気づき始めたということです。創価としては何が何でもそれをさせたくないがために、いろんな手を使って洗脳を繰り返しています。その狭間で心が壊れてしまう方もいらっしゃるようです。創価は宗教ではない。このことをしっかりと自分に納得させることが、脱創価への確実な道ではないでしょうか。

    もちろん活動家の方であっても、脱会者との対話の意志があり、常識と節度のある会話ができる方であれば歓迎しますが、白ゆりさんのように、かねてから「ネットで対話はありえない」と言っておられた方が、ここにコメントすること自体矛盾しています。
    昨年の7月に白ユリさんは、さんざん私たちを否定しながら、最後にこのようにコメントしています。

    >signfie さま。
    最後にこのような機会をいただきありがとうございますm(_ _)m
    結論として、創価学会員であろうがなかろうが、幸福は、感謝と、自己変革にしかないということです。私も鬱で、対人恐怖症で、引きこもりでした。幼い頃より親から、性的虐待、身体的虐待、心理的虐待、DV、夫婦間のえげつない悩みの相談にのったりと、ボロボロでした。父と同じ東大法学部への進学を志すも、父の暴力により断念。親は土下座して謝ってくれましたが、親を憎んでいました。親のことを祈り、今は仲良しです。実家の家族親戚は誰一人創価学会員ではありませんが、理解者です。ありがとうございました

    白ユリさんに関してはこのコメントを最後にということで昨年の7月13日に終わったはずでしたが、半年後の今になってまた同じようにこのブログを感情的に罵倒するような言葉をぶつけられていますので、管理者としては白ユリさんのコメントをこれ以上承認する必要はないと考えます。やはり白ゆりさんも心が壊れてしまったのでしょう。

    昨年の白ゆりさんのコメントは去年の7月1日にアップした「白ユリさんという学会員さんとの対話」というスレッドで見ることができます。そこを見れば、創価の盲信者がいかに異常な発言を平気でやるのかがわかると思います。白ユリさんやヒューマンさんのほかにも、現役活動家でここに殴り込みにこられる方は、総じてこのようなタイプの方のようです。それが創価の活動をしているからそうなったのか、もともとそういった方が創価になっているのかはなんとも言えませんが、いずれにせよまともに対話のできる方は一人もいませんでした。

    今後もこのような方が殴り込みに来るとも限りませんが、その場合には管理人である私の判断で対応させていただきます。

  110. 管理人さんのご心痛お察しします、
    やはり社会問題としてとらえるべき状況に感じられます。

    SGIについては不勉強で大変参考になりました。
    布教ではなくボランティア活動が海外でのSGIの実体であり、
    数を集めることが目的ということでしょう。

    SGI日本支部に日本人メンバーがいないということは、
    外国人参政権とも関係があるのでしょうか?
    わざわざ別組織にするのは選挙に対して
    決まりきった活動があるからなのでしょう。

  111. 白いブランコ?クンクンクン、うーん、かなり濃い匂いがしますね。これとか↓

    >彼ら彼女らが胸を張って素晴らしい団体だといえるような創価学会でありたいとの思いから投稿させていただきました。

  112. 白ユリさん…救いを何かに求めていたのでしょうか。分かり合えるまで取り敢えず話し合う姿勢や知識を持たない方学会員の方が非常に多い。集団的自衛権という語句さえ知らずにいた私の学会員の友です。真摯に学ぶ…何故分かってもらえないのでしょう。知らない答えられないで終わりにしてしまう曖昧さ。政治の勉強もせず公明党を無責任に支援する無責任さに憤慨致します。

  113. 初めまして。白いブランコさんにお聞きしたいのですが。
    私は創価学会員の行動にかねてから多々疑問を抱えており結婚を機に脱会したものです。主人は無信仰です。
    この度学会の御本尊を学会常住の御本尊とするとの教義変更がなされ教学部の方達が幹部の方達に対し純粋な疑問を投げ掛け問の返答を頂きたいとの文書などが流出しております。それは事実なのかは私にはあくまでも想像でしか記すことはできませんが御本尊の教義変更は聖教新聞にも記載されており事実の様です。池田大作氏はこの教義変更にあたり決裁されなかったとされており永遠の指導者である池田大作氏に対して叛逆であると自責の念を教学部・遠藤氏は記されています。白いブランコさんはこの教義変更についてどんなお考えをお持ちですか?
    宜しければ教えて頂きたくお願い申しあげます。

  114. >私も鬱で、対人恐怖症で、引きこもりでした。幼い頃より親から、性的虐待、身体的虐待、心理的虐待、DV、夫婦間のえげつない悩みの相談にのったりと、ボロボロでした。

    白ゆりさん、これが本当に信仰で解決したならこんな不安定なコメントにはなりませんよ。
    信仰に必死になっていながら、こういう人多いです。
    今は家族仲良しです、救われましたとわざわざ口にしながら、どこかで片意地。
    くすぶってる何かが消えてないんです。
    だから何かしら攻撃しないといられないんですよ。

    本当に愛する人、信頼する人と穏やかに暮らしていたら、毎日楽しいことがどんどん上書きされて過去なんてどうでもよくなりますよ。
    つまらないことなんてすっかり忘れてしまいます。
    幸せな人って幸せにも不幸にも執着しません。
    そうなると本当に自由で風のように軽やかに生きられますよ。

  115. シニフィエ様、ご心労お察しします。これにめげず頑張ってください。ここのブログの方たちは、創価のことを色々勉強されてて、知識もあり賢い方々だと思います。~私は別ですが~私のように創価のことで悩んでおられる方を知りとても励まされ勇気を貰っています。創価の方々は真面目でいい人もおられるのですが、やはり感情がでると思います。自分達は正しくて、非難されると徹底的に攻撃します。私もそのようにされてきましたのでよくわかります。こんちくしょう!コノヤロウ!~これ婦人部の言葉~とても信じられません!世界平和、福運という前に、常識的なことを教わったらいいのにと思います。脱会者や離反者は何か理由があるから創価から離れていったのです。なぜ、離れていったのか?創価のかたは考えてみられたらいいとおもいます。~創価の最大の功罪は考えない人を大量生産したことだ~俵孝一朗、どんどん考えましょう!情報を知りましょう!でも、なにも知らない方が良いかも・・だって組織とっては利用価値あるから!~

  116. チップさん
    私は、学会と自分の間に夫を入れた為、覚醒に時間がかかりました。
    何も(身の回りの素晴らしい女子部さんとか)差し挟まず学会を観てください。
    例えば、都合良く変える”本尊”・本来寄付行為なのに振込用紙が渡される・政策の事を理解しない選挙活動・・・

  117. signifie様、これだけのコメントの数々の中、ご挨拶いだき、ありがとうございます。
    またダイアナ様にもコメントして頂き、嬉しくて画面を見ながら、ニヤニヤしてしまいました。

    ダイアナ様のお話しにもあるように、幹部たちはほぼ人の話を聞かない、と私も思っていました。「学会は励ましの世界」などとよく言っていますが、私だけの考えかもしれませんが、相手の話をしっかり聞くことが最大の励ましであると思っています。しかし、学会の幹部たちは「先生は~」「御書では~」「宿命転換、題目しかない!」とまくし立てる話、いわゆる指導=相手の命を切ってあげる、など 上から目線で自分達がずっと喋っているだけに感じます。だから幹部は気持ちよく、イキイキし、こっちの気持ちに共感しようという姿勢は微塵もない。まさにsignifie様が提唱する対等な「対話」は出来ない、上からの「指導」しか出来ない人達が活動家として残ってしまうのではないかと考えています。
    私も皆様と同じで、少女部から鼓笛隊、中学では鳳雛池田会などの人材グループで、たくさんのことに指導される側でしたが、実際に会合などで対話なんか出来たことはありません。
    相手の本音、本心を開かせ、共感を得るためには、プライバシーが配慮される状況で会って話す(決して座談会などの一言発言は違います)、または電話やネットなどの匿名性がある場でこそだと思っています(匿名性では本音がだせる反面、特定されないことによる虚言や攻撃性なども生まれてしまいますが)。
    私は、このブログで「こんなに苦しんでいるのは自分だけじゃなかった」という共感が得られ、それだけで励まされました。学会の組織にはない、対等な場所であると思いました。だから白ゆり様のような活動家は対等、共感の姿勢を持ち得ないので、この場所がそぐわないのでしょう。活動家の方たちの姿勢自体がとても残念です。

  118. にゃんころころさん、ありがとうございます。今後も体調に気をつけて元気に過ごしたいと思います。

    ところで、白いブランコさんの
    >自己浄化できる組織であるように祈って行動したいと思ってます
    の件ですが。
    浄化って?組織をよくするようにってことですか?マジでできると思ってるのでしょうか?
    ではどこが悪いですか?逆に何が良いところでしょうか?
    ここのブログを全部とは言いませんけど、それぞれ元活動家ばかりで、白いブランコさんよりももっと活動されている(されていた、過去形ですが)人がいっぱい書き込んでいます。それを読んでいただければ、組織が良くなるどころか、組織そのもの、存在して世の中に迷惑かけていることが問題だとわかってきますよ。
    組織云々の問題だけではありませんので。

    siginifieさん、常軌を逸したコメントの処理、お疲れ様です。
    しかし・・・・・
    >根性の腐ったハゲジジイ  って・・・。
    ぷ~~~~~~~~~~~~!!!!!!ぷぷぷのぷ~~~~~~!

    4年ほど姿を見せない大先生のことかと思ってしまいました。わはは。

    常軌を逸した組織、常軌を逸した教義だからそういう人間ができてくるのだと思います。
    あ、そうそう、
    最近転勤してきた同僚が「創価大嫌い」でした。
    理由を聞くと、その人のお姉さんが26歳で若くして亡くなったそのお通夜の席で、
    創価が3~4人やってきて、「こんな不幸を幸せにできる、信心しろ」ということを
    あ~だこうだ、言いに来たらしいです。
    悲しみのどん底に苦しんでいる家族たちの前で・・・・。
    本当に常軌を逸している。ありえへん!!!
    近所づきあいといえども、時と場合を選ばなくては!!
    やっぱりおかしい。普通では考えられない団体だ!!

  119. 宝星さん
    そうなのです;_;心配なんですよね

    モニカさん
    本当に、モニカさんはするどくて的確だと思いました!
    上層部、許せませんね。

    白いブランコさん
    ブランコさんも半覚醒なのですね(´・_・`)
    私はまだ組織活動に関わったことが無いので分かりませんが泣

    にゃんころころさん
    コミュニティ無しで考えると…
    確かに学会の一人歩きですよね。
    どうなってゆくのでしょう。。。

    創価の全てが公になった時…
    未来部の傷がやっぱり心配なチップです。

  120. ダイアナ様
    はじめまして。今回の(昨年発表の)教義変更について、特に御本尊の件では、
    過去の指導や教義と方向性が全く違っており、簡単に「はいそうですか」と
    受け入れられない方も多いと思ってましたが、私のほうの現場では特に混乱はしておりません。

    私個人の意見としては、教義変更に際し、質問や疑問もあると思うので、
    それを学会本部の責任において明確にしてほしかったです。
    たとえば、
    大聖人御直筆の本尊がすべて本門の本尊であるとするならば
    身延や中山、要法寺等々の御本尊も本門の本尊ですか?yes or no
    過去の戸田先生の指導や池田先生の指導は間違っていたのでしょうか?
    yes or noなどなど。

    組織の学会員さんの混乱はないですが、顕正新聞の投函や宗門からの電話が
    たくさんかかってきてるみたいです。

    先の流出文書でも教学部が懸念していることが現場では起きてきております。
    そのための対策はノープランだということも書かれてましたね。

    私として部分覚醒したのは、信仰はすべて自己責任に帰結するという感覚に
    なったからです。(過程は都度言っていきます)

    現在の御本尊感は「此の御本尊全く余所に求る事なかれ・只我れ等衆生の
    法華経を持ちて南無妙法蓮華経と唱うる胸中の肉団におはしますなり」
    と御書根本になってます。

    これ以上になると教義論になりそうなので一旦筆をおきます。

  121. 昔(正宗と一緒だった頃)はそれなりに信仰体験持ってる人が自分の言葉で語ってた。そしてなにより面白い話も聞けた。

    最近はテンプレばかり
    先生のおかげ、先生に感謝、

    ご本尊に感謝だろ?日蓮に感謝じゃないのか?
    と思いつつ、自分の言葉で話せない幹部が増えたこと増えたこと
    だから話もつまらない。先生がこう言ってますって話ばかり。もっと自分の言葉で語ろうよって思ってた。

    活動辞めてからの方がすこぶる調子が良いです。

  122. Kickey様
    初めまして。組織を良くする件について、今は本気でやろうと思ってます。
    理由は創価学会の人は純粋で良い人が多いし、身近な未来部の子とかを見ると
    この子達に言われなき中傷を受けさせたくないからです。

    もちろん現在の学会には、過去(や現在進行形)のやり方によって批判されていることが
    多々あるのは認めますが、それを次世代まで持ち越してはならないと思ってます。

    悪い点ですが、
    まず選挙ですね。(覚醒のおおきなきっかけです)
    創価学会という宗教団体が、公明党という政治団体を支援すること自体は
    別にいいと思います。明確に支持母体ですし。
    ただ、創価学会員や家族全員を巻き込むやり方はダメですね。

    次に数字ですね。
    新聞啓蒙・本幹・座談会参加・折伏、すべて数字が先行して
    数字のための活動になってる点です。
    本来、相手の幸せのための活動であるべきです。
    他にも多々ありますが、次回のお題の”創価スイッチ”に書こうと思います。

    良い点は
    この信仰によって幸せになってる点
    こちらの常連さんも元々活動家であったということは、少なくとも
    良い点を感じていたのだと思います。
    一人だと倒れてしまうところを同志が支えてくれているおかげだと思います。

    ブログは全部は読めてないですが、昨年11月分からは目を通し、部分的ですが
    はじめの方も読み始めてます。
    皆さんが経験されたこと、共感できる部分もあります。
    パートナーがバリ活のため、意見や話が噛み合わず、離婚して私が出るかと
    考えたこともあります(つい最近)。子供が小さいためそこには至りませんでしたが。。

    だからこそ、おかしい所は直していかないといけないと思ってます。

  123. 軍歌→威風堂々 コピー
    完全コピーですよね。
    そういうコピーが好きな創価、
    言葉もコピーが好きなのでしょう。

  124. チップさん
    初めまして。まだ組織活動に関わったことが無いとのこと。
    まずは常識を弁えることを考えていただければと思います。
    「教主釈尊の出世の本懐は人の振舞にて候けるぞ」
    です。

  125. すみません、切れてしまいました。

    北朝鮮と似てるなあって思ってたんですよね。金正日=池田先生
    みたいな感じ?(^_^;)

    池田先生が、⚪︎⚪︎されました!
    とか、池田先生の⚪︎⚪︎を拝見します!
    とか…

    多分、似ている原因は人間の神格化だと思います。

    同中とか、たまに行ってたんですけど、
    先生が原稿を読まれる際に(って、私も敬語で、神格化してる笑)やたらと、机を叩いたり、呂律が回っていなかったり、本当にこの人があの素晴らしい詩や歌を書けるのか?と疑ってた時ありましたもん(^_^;)

    そんな私は、先生のもね真似がすごい上手なんですよo(`ω´ )o
    同中の時、母の隣でやってみると、
    「チップ、やめて笑話に集中できない笑」
    って、爆笑してました!
    ちなみに母とは、学会で揉めた事ないです。
    盲信でも、バリ活でもないので。
    何よりの救いです。
    勤行せいとは、言われますけど←

    でもまさか、あの素晴らしい文章を書いたゴーストライターがいたなんて、夢にも思いませんでしたよ笑
    お世話になっている、年配の学会員さんに言ったら、お腹を抱えて笑ってました

    …要するに、何も知らないのだと思います。
    その人に悪気は無いのです。

    それより驚いたのは、終わりの題目三唱の時の先生の呪文のような謎の言葉…

    !(◎_◎;)

    学会に反発している父もさすがに、あれにはひいていましたね笑

    私は、実は他宗の呪文を唱えているのでなないかと、ありもしない陰謀を妄想してました笑

    相変わらず、祖母は活動に明け暮れています。本当に可哀想でならない。
    何も知らない末端は、本当に騙され損ですよ。

  126. 白いブランコさんへ
    組織を変えるために頑張ってください。。

    よろしかったら、組織を変えるために実際に白いブランコさんが行った具体的なアクションもここに紹介してくださいね。。

  127. 白いブランコさん、はじめまして。

    教義変更なんて今さらですよ(笑)
    創価って発足以来、教えなど七変化してますよ。御存じないんですか?
    教えなんて何だっていいんですよ。
    この教えを広めるのが目的じゃないんっですから。
    どんな教えであろうと「そうなんだ」「正しいんだ」と信じてくれて、お金を出してくれて一票入れてくれればOKなんです。
    目的はこれなんですよ。
    だから教義がコロコロ変わることによって不信を持たれて、それで信者が離れていくのは本望じゃないんだけど、これは仕方ないんです。
    創価だって出来るものならばぶれずに一貫した教えを配信したい。
    だけど取り繕えない穴は開くし、昔は騙せたことが通用しなくなったし、それでそのたび必死に誤魔化し、言い訳しては変更していくしかないんです。
    何が必死ってその言い訳に一番力を入れてますよ(笑)
    教義の矛盾などツッコんだところで、わかっててやってるんだから論争など全く無意味です。

    まず、創価というところは何が目的なのか?
    これを理解しないと改革もへったくれもないですよ。
    簡単にいうと「金儲け」と「票集め」が目的なんだから、票取りマシーンみたいな選挙も数字でノルマを煽るのも無くすわけにはいかないんです。
    題目からアーメンに変わることがあってもこれは変わりませんよ。

  128. うわあ、私がSGIについて思いながらいつの間にかグーグー眠ってしまった間に
    いろいろあったんですね、なんだかすみません…

    創価学会はSGIを利用して世界進出したつもりでいたけれど、
    いまやSGIは一人歩きして取って代わることになりそうで、
    世界はあのカルト指定のSGIを通して日本国内も認識するでしょうから、
    テロの標的となる可能性は十分あるわけです。
    現役信者のみなさん、SGIの認識について危惧を覚えませんか?

    公明党政府与党が人道支援にこだわるのなら、
    過激な思想につながる宗教団体の見直しに向き合ってもらえませんか?
    ここを見過ごしている限り、若い人の無力感が標榜するのを止めることはできないです。
    経済政策ばかりに発言して逃げの姿勢はひきょうですよ(`=^)

  129. わたくしは、白いブランコさんが思うように理想の?創価学会になるように頑張ってみればいいと想う。。

    自分で当たって砕けなければ真実は到底見えてこないと想うから。。

    白いブランコさんが、ほんとうに組織を改革する気があるのか?その本気度にも拠りますが。。

    とにかく思う存分頑張ってください。。
    ここでのコメンテーターに意見をしている場合ではないですよ。。
    御書がお好きなようですから、それは組織の中で存分に発揮されるようになるといいですよね。。

    いまは、多分、組織にいらしてもモヤモヤされているのかなあ。。

    わたしの知り合いも組織の新聞啓蒙のタブ数やあれこれをなくすために1人奮闘していましたが。。
    その後、どうされているかなあ。。

    なんか、いまのわたしからしたら、人生どーでもいいことに頑張っているよなあ。。

    すみません。。勝手に呑気なコメントしちゃって。。(⌒-⌒; )

  130. 流れ星様
    初めまして。組織を変えるというか、活動のやり方を変えていくというニュアンスです。
    その結果として組織が変わっていくという感じです。

    半覚醒で間もないですが、まずは先に挙げた数字の件です。
    年初に討議を行い、年間目標を決めたのですが、
    新聞の数字を目標のための数字から実質的な広宣流布のための
    数字にしました。具体的には多部数購読をしない数字です。

    他にも進行形でありますが、身元がばれそうな気もしますので、
    ちょっと置かしてください。

  131. モニカ様
    初めまして。こちらのブログにたどり着いてから読んでる範囲ですが、モニカさんの
    ご指摘や洞察には共感してました。
    ネット社会が広がるにつれて、情報発信元がマスコミから個人でも可能になる現在において、
    創価学会の活動のやり方も変えていかなければ、内外ともに受け容れられ難くなってしまうし
    いままでタブーのように感じてた創価学会の記事も頻繁に目にするようになりましたね。

    「創価というところは何が目的」とのことですが、学会は初めは世の中から貧困や悲惨を
    無くしたいとの思いでしたよね。宗教自体の目的も人々が幸福になるためだと思いますが、
    教義を再編しようとしている今、革めて、その原点に立ち返っていただきたいと願います。
    (これは学会本部や運営組織に対しての希望です。)

  132. 白いブランコさん、ご返信ありがとうございます。
    そうですか。
    それでは、組織を変えるためしばらく頑張られるのですね。

    流れ星さんと同じく、組織を変えるために
    実践された経過など実際に起こされたアクションを教えてください。
    また、その時の回りの組織の人達の反応を教えて下さいね。

    きっと素直に聞く幹部などはいないように思えますので。。。
    ではまた。

  133. 白いブランコさん、コメントを読んで頂きありがとうございます。

    >世の中から貧困や悲惨を無くしたいとの思い
    >宗教自体の目的も人々が幸福になるため

    そうありたいという志は立派だと思いますが、果たして創価に居てそれが叶うかってことなんですよ。
    私も前は創価ってそれこそを目指している団体と信じていました。
    しかし残念ながら、これは会員を集めるための表向きの看板に過ぎません。
    実態はそんな絵空事を並べては財産を身ぐるみ剥がし、子どもまでを容赦なく洗脳し、自分たちの支配下に置こうとするとんでもない団体です。
    ただとんでもないと言っても、のべつなく人を襲うようなオウムのような団体ではありません。
    近づいて信じて、身も心も捧げる人を狙うんです。

    言いなりになろうと、改革しようと奮闘しようと、教団の中にいたらいいように利用されますよ。
    前にも書きましたが、言いなりにならない人の利用の仕方があるんです。
    「ああ、あんなわかってる人もいるんだ」
    「さすが信仰者として原点を持ってるわね」
    要するに教団の広告党にされて絶好の隠れ蓑にされるんです。

    未だ創価で頑張る人は、白いブランコさんのように心根がいい人が本当に多いんです。
    善良であろうとする姿勢は尊敬に値します。
    ですが、それこそを利用するのが創価という団体であることをお忘れなく。
    平和を願い、貧困や悲惨を無くしたい思う志があるなら、創価以外にも場所はありませんか?

  134. 学会活動の問題点はたくさんありますが、どうして日本各地で同じような指摘があるのに長い間改善されないのでしょうか。何百万人もいるのに誰ひとり改善しようとしなかったのでしょうか。
    違います。たくさんの方々が末端から声をあげましたが、その同じ末端から潰されていくのです。これも創価スイッチです。
    例えば新聞。V200とか上から降りてきます。誰が言っているのでしょう。学会本部はそんなこと言いません。数字は本来、ノルマではなく個人目標の積み上げで決めるべきだと思います。
    白ゆり長が200を120にして出したらどうなりますか。地区婦に潰されますよね。地区婦が120と言い出したら支部婦が潰しにかかります。元をたどれば県幹部あたりが上から言わされているのでしょう。証拠は残しません。末端の自発的な活動とされています。
    それでも暴れてみればわかりますよ。大幹部が次々に指導にやって来ますから、これが学会の非公式な方針だということが。
    財務も選挙も基本的には同じ図式です。マインドコントロールによって全部自分で決めた気になっていますがすべてノルマです。
    これこそが学会の目的です。この目的を捨ててしまったら本当の宗教団体になってしまいます。
    ここに集われる方々はこのことを熟知されています。皆さん類い希な立派な人材だったと感じます。

  135. 白いブランコさん

    ブランコさんが、学会を変えたいという思いが、ひしひしと伝わってきました(;_;)
    私も、応援しています。頑張って下さい!もしよければ、その都度活動報告など聞かせて下さいね(^.^)
    大変だし、難しいと思うけど、行動して行こうという姿に共感いたしました。

    私はお釈迦様も、日蓮と同じように、それ以上に尊敬しています笑
    そして、「仏法と申すは通りなり」の心得を教学でやったのを思い出しました。

    …しかし、私は未来部なので分かりませんが、モニカさんと、まりこさんの仰っていることが本当だとしたら、やっぱり改革は無理なんじゃないかなと思いますヽ(´o`;

    私は前に、学会を改革しようと、並々ならぬ情熱に燃えて活動している方達の事を思い出しました。
    「創価学会内部改革派」というものです。
    もし、時間があるようでしたら覗いてみて下さい。

    私が思うに、ここの皆さんの話を聞いていると、学会にはすさまじい「表と裏」があるのではないかと感じました。
    表の指導は、素晴らしいものです。(その表の部分を広げようと、いわば末端のためにと改革しようとしている人が存在します。)
    しかし、裏となると…
    これは難しい話なので、高校の私にはまだまだ勉強不足ですが、創価学会自体が、元々右翼団体だったというものです。

    恐ろしい裏の面を、コミュニティや教義によりカモフラージュしているのではないか。。。
    大百や聖教に載る体験なんかも、すごく感動するんだけど、あくまでカモフラージュなのでは無いのか?と、疑っています。

    エピソードの最後には必ず、「池田先生のために」
    人間の神格化です。私は宗教において、人間は神格化されるべきでは無いと思い始めました。
    どんなに素晴らしい人間だったとしても、
    所詮は凡夫です。
    戸田先生は、そう仰っていました。
    しかし池田先生は、やたらと師弟不二を強調していますね…
    戸田先生と池田先生は、少し方向性が違うように感じました。
    いや、大分かな?σ(^_^;)

    日蓮やお釈迦を神格化しても、人間を神格化すると、北朝鮮のようになってしまいます。人間は人間でしかありません。

    ブランコさんは、どう思われますか?

  136. 続き

    しかしながら、改革も何も、自民党の戦争へと突き進む姿勢にGOを推した公明党、創価学会は、もはや救いようがない思います。
    ストッパーももはやありません。
    教科書無償化やシートベルト着用強制、奨学金制度etc…
    表は、素晴らしいと思います。
    しかしあくまでカモフラージュなのでは?ヽ(´o`;
    と思いはじめました。

    私は政治に関しては全くの無知ですが、
    山口なつおさんや、佐々木さやかさん達は、誠実で素晴らしい人なんだと思います。
    いわば、学会の表の部分の貴重な人材かと。
    しかし、彼らも様々な実態に気づき始めているはずです。
    本当に可哀想だと思います(;_;)

    そもそも日本の政治なんてものは、世界の闇の権力にモロモロ操られています。
    これ以上言うと、陰謀系になるので言いません。

    それは馬鹿な私でも分かります(;_;)

    しかし哀しいかな
    この前の選挙で、とんでもない事をはじめようとしている、自民公明連立に、
    政治に全く無知な学会員は
    表の、やれ災害対策だの、軽減税率表だのと、部分しか見ず、やみくもに、上のいわれるままに公明党を応援する姿。
    女子部員さんの1人と、祖母は、地元のテレビに映り万歳してました。

    !(◎_◎;)

    …要するに、何も知らないのだと思います。

    無知というのは本当に恐ろしいと、思いしらされます。

  137. そしてやっぱり思うんです。
    何よりの被害者は、盲信により周りに撒き散らされた害毒に毒されていく方達。
    (無神経な表現を、どうかお許し下さい)
    創価はたしかに、希望を与えた部分もあるでしょうが、同じように多大な迷惑もかけています。

    …それから、何も知らない純粋な未来部。
    彼らが、インターネットなどで、自分の家族などの、言われのない中傷を目にしたらどんなに悲しかろう。私は、自分がそれをよく知っているので、余計に辛いです(;_;)

    昨日、未来ジャーナル(学会版、子ども向けの機関紙)3月号が届きました。
    写真に写る、純粋な子ども達。。。
    彼らのこれからが本当に心配です(>__<)

  138. はじめまして。
    二世の非活婦人部です。旦那さんは未入会です。子供が小さい時に創価の活動にのめり込んでしまった時期もあるのですが、やっと覚醒することができました。

    私が活動していることに賛成も反対もせずにひたすらスルーしてくれていた旦那さんには本当に感謝です。
    覚醒して良かったと思うことは、旦那さんや周りの人々の愛情に支えられて生きていることに気が付けたことです。

    創価のおかけで?自分にとっての幸せと大事なものが何かを気が付けたのでそういう意味では感謝してます。

  139. ゆきさん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    覚醒できて良かったですね。創価は会員さんをまわりの情報から遮断して、創価の都合のいいことだけを信じ込ませるために、会合や新聞を使って徹底的に洗脳します。北朝鮮とよく似ています。そして創価を疑うと不幸になると恐怖心を植えつけます。これが世界中にあるカルトのいちばんの特徴です。世界終末論をまことしやかに言って、恐怖心を煽り、この信仰をしているものだけが救われるというステレオタイプのトンデモ教義によって、集まってくるお人よしから法外なお金を搾取するという、いわゆる新興宗教のオーソドックスなパターンです。オレオレ詐欺がなくならないのと同じように、新興宗教詐欺にひっかかる人もまだまだたくさんいるんですよね。
    創価以外のまわりの人たちがどれだけ素晴らしいかに気づくことが、覚醒の第一歩かもしれません。盲信とは、まわりのことが見えなくなることなんだと、あらためて思います。創価がネット情報を徹底的に避けるのも、それがよくわかっているからでしょうね。
    ゆきさんの覚醒への体験を、まだ迷っている学会員さんへお話ししていただけるとありがたいです。
    よろしくお願いしますm(_ _)m

  140. チップ様
    改革というか、活動のやり方を変えていくというニュアンスです。
    その結果として組織が変わっていくという感じです。

    「創価学会内部改革派」も見てみました。
    率直な感想として、内容の正誤という以前に見づらい・解りづらいので
    改革という言葉を使いたくない気持ちです。
    改善を目指すという感じにしたいと思います。

    人間の神格化についてですが、新・人間革命で、釈尊が生まれたインドで仏教が衰退した原因として、
    釈尊の神格化があった旨書かれていたと記憶しています。
    みんな凡夫ですが、その凡夫の生命の中に仏の生命も備わると説かれてるのが
    仏法ですよね。
    あくまでも人間のための宗教であり、宗教のための人間であってはならないと思います。

  141. まり子さん
    >この目的を捨ててしまったら本当の宗教団体になってしまいます。

    爆笑しました!!!
    これ以上の説明はいりません(笑)

  142. 選挙で一生懸命功徳ですと身銭惜しまず動く会員はそう多くは有りません 醒めた目で見てる会員も多いです 自分だけは入れますが Fと言われる友人等までに親戚等までにお願いする会員は一部の熱狂信者です、  

  143. I was at an SGI friendship meeting in a hall packed full of SGI members on October 13th 2013 (the anniversary of Nichiren’s death) he didn’t even get a mention but instead they were singing songs praising the three presidents and raving about self development, friendship, courage, Joy etc. Their state of mind is so obvious, judging from their thoughts and actions, it doesn’t get much clearer than that. Really sad to see what the Gakkai has become when you consider what it could of been if it had based it’s faith on the Writings of Nichiren Daishonin and the 28 chapter Lotus Sutra revealed by Shakyamuni Buddha. This same behavior is a Pandemic sweeping throughout the SGI throughout the globe and the epicenter is the Sokka Gakkai – Japan. It is like it has become the Fukushima of Nichiren Buddhism

  144. Since the excommunication of SGI by the Priesthood in 1991 they have been following the person Daisaku Ikeda and not the Law, although it been happening for a long time before the excommunication.

    Nichiren Buddhism follows the Law and the person that is one with the Law such as Shakyamuni and Nichiren. In becoming aware of SGI’s problem I learnt to distinguish between the SGI cult and Nichiren Daishonin Buddhism. Before I couldn’t distinguish forest for the trees as I was in the thicket, thinking that I could change things rather than just seeing it for what it is ‘Ikeda Forest’

    Because this cult mentality has become so serious and growing by the day I have had to cancel my 25 year membership registration with the SGI and download a complete authentic Nichiren inscribed Gohonzon for the transmission of the Dharma.
    Nichikans Gohonzon is incomplete, in that it doesn’t contain the worlds of Hell (Devadatta), Anger(Asura) and Learning(Sharihotsu) which is another serious matter concerning faith and behaviour

    Hell (Devadatta)

    + Really understanding what the state of hell feels like can lead to the desire and wisdom to help others.

    – Ultimately is a life state of suffering, illustrated by depression, despair and self-destructive tendencies.

    Anger (Asura)

    + Passion to fight injustice and create a better world; a creative force for change.

    – A state of egotism and self-righteousness, in which we cannot bear to lose. This will inevitably result in conflict.

    Learning (Sharihotsu)

    + Striving for self-improvement by learning new concepts through studying the teachings of others. This is the basis for realization.

    – The tendency to become self-centred, to cut off from the daily realities of life or develop a dismissive attitude towards others with less knowledge.

    These negative (-) aspects of these 3 life states is what I can see in the organisation of the Soka Gakkai and the SGI these days

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中