池田氏が5年も姿を見せないわけ

ではここで皆さんへお知らせです。
ここをご覧の皆さん、特に本部職員に近い立場の現役会員さん。
池田氏が5年も姿を見せないことの納得できる理由は、本部職員さんに訊けば詳細を教えてくれるそうですから、ぜひ尋ねてみて、こちらに報告してください。もし自分は知らないと言われたら、知ってる職員さんにとりついでもらってください。そしてぜひその詳細をここで報告していただけませんか?偉大な師匠の池田先生を本気で心配している弟子ならば、訊いて当然のことだと思います。それをこのブログをはじめとして、ネット上に公開すれば、世界中の学会員さんが納得して、ますます活動に力が入るだろうし、いま真っ最中の選挙の戦いだって大勝利に結びつくのではないでしょうか。ぜひお願いします。
また、この呼びかけをぜひ拡散して下さい!これはアンチだけではなく、学会員さんにとっても創価の疑いを解くよい機会です。ブログ、ツイッター、フェイスブック、ミクシィ、グーグルなどや、その他あらゆるSMSで拡散をお願いします!私もツイッターとフェイスブックで拡散してみます。なんなら本部職員さんがここに直接コメントしてもらうのがいちばんいいですが、創価はいまどきネット禁止だそうですから、無理ですよね(笑)

すでに本部職員に訊かれた方がこのブログの常連さんにもおられるようですが、どうも納得のいく答えではありませんでした。はたしてどういう理由が納得できる答えなのか私には想像もつかないのですが、なにしろ答えを聞かなければなんとも言えません。私が本部に行って確かめたいのはやまやまなんですが、なにしろ私は部外者なのでとりあってくれないでしょう。また、本部職員でなくとも、地方の総県長や副会長に訊いてみるのも、ひょっとしたら答えてくれるかもしてません。それより下の役職の人に訊いても「どうかしたの?」「疑ってるの?」「あたまおかしいんじゃないの?」「何事も信心でとらえなくちゃね」などなど、質問はそっちのけで責め立てられるだけです。何の意味もありません。だいいち彼らが答えを知っているはずがありませんからね。そういう意味では本部職員でも聖教新聞にときどき載っている池田氏との記念写真に写っている最高幹部しか真相は知らないと思います。あとはマニュアル通りに対応しているだけでしょう。ですから白いブランコさんが本部職員から詳細を聞いて納得したという内容がどのようなものだったのか、おおよそのことは判断できるのですが、それも言えないということなので、皆さん方の中で実際に本部職員に聞きにいける方がおられましたら、ぜひお願いしたいです。

そもそもなぜ隠さなければいけないのか?というと、べつに隠しているわけではないという。では話してくださいというと、それはできないという。「人によってはあった会員もいる」という。自分は見てもいないのに「あった人もいるそうだから元気なんだ」という屁理屈を平気で言う。ここで問題にしているのは、普通の感覚なら当然疑問に思うであろうことを、学会員のみんながみんな同じようにスルーしているという不気味な現実があるということです。学会員さんはこの不気味さにまったく気づきません。

ということで、今回のテーマは「池田氏が5年も姿を見せないわけ」ということにさせていただきます。

しかしこのテーマの論点は、池田氏が元気なのかどうかではなく、学会員さんは何の確証もないのに、5年も姿を見せない声も出さない池田氏が元気なんだと信じているということの不条理に誰も気がつかない、気がついていても口に出しては言えないという現実です。
池田氏が元気だろうと、ボケて話もできない状態だろうと、脱会者にとってはどうだっていいんです。問題は、もし元気でなかったとしたら、会長以下組織ぐるみで会員に5年もウソをついてきたということですし、もし本当に元気で執筆活動で忙しいとしても、東日本大震災のような多くの学会員さんが亡くなったり途方に暮れているのを知った上で激励に行きもしなければ、声をかけることもしなかったということです。あの大震災の非常事態にでさえ本人が何のアクションも起こさないのであれば、これから先に日本に何があったとしても、池田氏が表に出るようなことはないと考えられます。せいぜい聖教新聞に誰が書いたかもわからないメッセージが載るくらいでしょう。個人的には池田氏は人前に出られるような健康状態ではないという状況を想定したほうが、すべてのことがすんなりと説明できるのですが、あくまで創価は「先生はお元気で、連日会員のために執筆活動に専念しておられる。会員と会わないのは、先生はすべてを私たちに託されからです」といった、これも上から言われた通りのことをどの学会員さんも繰り返すだけであって、実際に元気な池田氏の姿を見た一般の学会員さんは一人もいないわけです。学会員さんにはこの現実を踏まえた上で、なぜ池田氏は姿を見せないのかを考えていただきたいなと思います。

池田氏が5年も姿を見せないわけ」への114件のフィードバック

  1. イケダさんの側近もそうですが、実の2人の息子も本当のことは知っているはずですよね。

    長男である副会長は大きな会合などに幹部として時折来ていますが「今日の会合に参加するにあたって先生にご報告したところ、皆さんにくれぐれもよろしく!というご伝言とメッセージを預かってきました」と毎回のように長文メッセージを白々しく読んでいます。
    息子が公然と「先生はお元気です。先生からのメッセージです」と言っていること自体が、組織ぐるみで隠ぺいしているになりますね。

    まだ池田さんが毎月の同時放送に参加しているとき(5年前まで)は、当日の晴天や無事故を祈る00グループ(婦人部本部長以上の役職)があり、学会本部で唱題会があったと聞いています。
    晴天を祈るグループがあったぐらいなのに、池田さんのどうみても普通じゃない状態を会員たちに祈るように言わないって不思議ですよねぇ。
    まぁ、もともと題目なんて何の意味もないことってわかっていたんでしょう。

  2. 高齢で引退…なら、あやふやな情報のままではなく、弟子にその旨伝えるのが
    人の道・師弟の道なのではないかと私は思います。

    センセイがのあのような写真(痴呆老人のような風貌)で掲載された時の事を思い返してみると…

    はじめてその掲載写真を手に取って見た時、やはり体調に何か異変があっての数年間(会員の前に姿を現さなくなった)だったんだと確信しました。

    聖教の全国紙に載せる為に撮影したわけですから
    ちゃんとカメラ目線で撮影をし、健在ぶりをアピールしたい筈です。が、皆さんも既に目にしたあのような写真なわけです。
    どんだけシャッターを押して撮影したかは知りませんが、あれが一番まともに撮れた
    まさに奇跡の1枚と言う事なのでしょうか。

    組織中枢部の発信には、
    センセイは執筆活動に専念している〜

    と、健在ぶりをアピールしたいのに、あれでは不信に思って当然ではないですか?
    元気に執筆しているように見えますか…

    そんな写真でも掲載しなければならない理由でもあったのでしょうか?

    脱会者が続出してしているからではないでしょうか。衰退を危惧しての苦肉の策だったのでしょうか?
    あの写真が何年何月に撮影した物なのかも証拠はありませんが、とりあえず生きてますと証明になれば良かったのですかね。

    言いたい事が次々と浮かび、話がお題とズレてたらすみません(笑)

    人間、生きて来たようにしか、死ねないと聞いたことがありますが、
    生き様(ざま)〜死に様(ざま)をみせるのも師匠の役目ではないでしょうか。

    自ら広宣流布の為に戦って来た!と
    スピーチの度に言ってきたわけですから

    広布に生きると

    晩年はこうなる!

    正義はこうなる!

    というのを身を持って示していく義務があると思います。

    身を削って財務をしている会員さんたちに対して最後の指導をすべきではないでしょうか。
    それでこそ人生の師匠と言える人なんだと思います。

  3. 白バラ通信の方が詐欺容疑で訴えてますよね

    本当は病気なのに健康と偽って、財務させてるって

  4. こんばんは^^
    先ほど知り合いの本部職員にメールにて
    池田氏が5年も姿を見せないことの納得できる理由
    を訪ねました。今しばらくお待ち下さい!

  5. 池田氏が世間から姿をくらまして5年になりますが、逆の見方をすれば、姿を見せなくとも創価学会の活動家がせっせと金と公明票集めに奔走しているのだから、居ても居なくても、生きていようが死んでいようが 大した違いはないということです。メッセージや書籍の執筆にしても、もともとゴーストライターが書いているので、全く困りません。
    要は、詐欺団体を巧みに作りあげたものの、人生の最終章になって、創価学会の首脳部によって金と公明票集めのネタにされている訳です。
    悲惨な人生でしたね。
    最後まで人間革命出来ずに終わりですか。
    「人間、生きてきたようにしか死ねません。」

    追伸
    ここ数日、スマホのマカフィが反応するようになりました。このブログがサイバー攻撃みたいなものを受けたのでしょうか?
    パソコンに詳しい方、対処法を教えてください。
    m(__)m

  6. 創価学会への懐疑本は何冊か出版されているようですが、その中で、「私の愛した●●●作」(著:Y野絢也)というものがあるそうです。その中に、「池田大作、ミイラ化計画」という項目があるようです。(宣伝ではないので伏字にしました)

    「私の愛した●●●作」(著:Y野絢也)p70より
    ttps://www.youtube.com/watch?v=C9Y7dqGqiPc

    <概要>
    Y野氏が公明党書記長だった時の話・・
    学会幹部が長期戦略として、池田家を聖家族に祀り上げる為に、キリスト教を参照
    学会幹部に「池田大作をミイラ化して毛沢東やレーニンのように永久保存し、池田版『レーニン廟』みたいなものを設立し、永久保存したい」と相談された
    しかし、Y野氏は、「死体に手を加えることは、刑法の規定で『死体損壊罪』なる」と説明
    そこで、学会幹部に「政治力でなんとか都合良くしたい」とも相談される
    Y野氏は「公明党がもう少し大きくならないと無理だ」と伝える
    池田氏の自己顕示力と、それが周囲スタッフにも浸透していることから、世間ズレした質問をされたが・・・
    アホらしくてY野氏は、「あのオッサンようやりおるわい・・・」と思った

    この内容を参考にするならば、センセイのカリスマ(?)性に依存しまくっているトピックスと思います。
    実際、様々な(一部の創価以外の)サイトでも、「センセイが姿を見せない」「死亡しているなら発表はいつか?」となっています。

    情報は、個人で取捨選択する責任もありますが、ある掲示板の意見で個人的に「なるほど!」となった意見がありました。

    それは、「創価が敵対視するある某お坊さんがおられますが、この方よりセンセイが短命であってはならないということが、創価側のネックになっているのでは?」とのニュアンスの内容でした。
    もし短命なら「功徳が無かった」となってしまい、信者に対して都合が悪くなる恐れも高いです。
    選挙と違い、一度しかあり得ないことなので、尚のこと慎重になると思います。

    ですから時系列的には、「愛馬とともに」(先駆)「威風堂々のうた」(後発)みたいに、今度は絶対に「某お坊さん(先駆)、センセイ(後発)」とならなくてはいけないのではないでしょうか?
    つまり「後出しジャンケン」狙いのような気がします。
    ※あくまで個人的な勝手な予想です。

  7. 繰り返しますが、学会員は決して池田を崇拝、盲信しているわけではないと思います。(いないとは言わないけどごく一部、或いはほんの一時期あったという程度です)
    文化祭や人材グループでの様子はただの集団心理です。
    実際は池田ではなく、創価の教えに盲信しているのです。
    創価の教えが、四六時中いかなる時も師匠を思え!だったらハイと言い、突然姿を見せなくなったらまたハイと応える。
    先生はお元気だと言われればハイと頷き、これ以上勘繰るなと指導されればハイと言う。
    忘れなさいと言われればまたハイと従うでことしょう。
    違いますか?
    本尊もこれしかないと言われればハイと言い、替えなきゃダメだと言われたらハイと従ったように。

    その証拠に、実際池田に病気の噂が出ようと、肝心な時に雲隠れしてようと薄情なほどに無関心。
    何の心配も指南もしないし、そんなことより創価の打出しを愚直に守ることの方がずっと大事です。
    「疑ってはいけない、疑ったら負け」
    「愚痴や不満を言ったら功徳がなくなる」
    「創価の言われた通りにしていれば、幸福の軌道から外れない」
    これが信仰(仏法?)だと頑なに思っているので、信じろという方が無理があるこじつけも隠ぺいも簡単に通ります。
    騙す方は簡単でしょうねえ!

  8. その昔、「20歳まで生きることができない」と言われた結核の池田青年は、
    戸田二代会長の「命」を受け継いで第三代会長に就任以降、ブクブクブクブクと太り始め、
    ガンモドキのような手で万年筆を握り、小説人間革命の執筆を始めました。
    私が大幹部の息子から話を聞いた約20年前の時点で、名誉会長が会食の席で食べるメロンは
    糖尿病の兆候を示す体調を考慮して「かわいそうな程の薄切り」になっていたようです(笑)
    金満ブタ野郎の体は最終的に、糖尿病による諸症状で「蝋人形」になりましたとさ。
    チャンチャン。

    「諸法実相」という言葉がありますが、名誉会長の実相が、諸法を物語っています。
    聖教新聞に掲載される写真から、背後にある真実を読み取れない学会員。
    かわいそうでなりません。

    数年前に、「名誉会長は今、何をしているの?」と本部職員の友人にメールで聞いてみたのですが、
    「執筆等に忙しい」とのことでした。
    そんな答えで納得できると思うのか、バカにしないでほしいと詰め寄ったところ、
    「俺も言いたいことはある。でもこの回答以外に伝えることができない。分かってほしい」
    と返信がありました。
    推して知るべしです。

    本部職員も、良識ある、いや常識のある人間であれば、おかしなことが進行している
    ことはわかっていると思います。
    でも、真実を白日のもとに晒したところで、自分の人生、自分の生活は守ることができません。
    学会と「心中」するしかないのでしょうか。辛いですが、これも現実です。

  9. あとはみんな託したよ!って同中で言ってたから、あとは自分たちで受け継ぐしかないんだ。
    たったそれだけで納得するって・・・。
    そういうアフォな頭しかない会員相手だからこれでOKなんでしょうね。
    普通、引退する時って、せめて
    「何月何日付けで、一切の会合、その他、皆さんと一緒に行動できなくなります。ついては、◯◯会長に託しますので、みなさんよろしく」というような発表が本人から同時中継などであってもいいはずです。
    姿を見せなくなった当時、しつこく同時中継に誘われていた私はまだしぶしぶ参加していた時期だったのですが、よし!行こうと誘われるままに行っても、昔の金満デブの映像ばかり。最初は「今日はたまたまなのかな?」って思っていたらずっとあのざま。
    そのうち、「人をバカにすんのもいい加減にせえよ」と、思うようになりました。もちろん心の中でです。何も言わずドロンかよ~って思っていたのです。
    で、去年夏にしびれ切らして幹部に問い合わせたら、すでにお話したキチガイ扱いを受けました。
    awakeさん、その本、持っています。思わず以前買ってしまったのです。
    もう、読んだとき声をあげて笑ってしまいました。ミイラ化だって!
    今でもおなかがよじれます。ブハハ!
    ミイラ化は実現させるのでしょうか。お金を積んで・・・。ぷ。
    本当にあほな集団です。
    モニカさんおっしゃるように、半分以上、池田金満がいなくてもどうでもいいって思ってるのかもしれませんね。結局は何だったのでしょう。あの金満老人は・・・。

  10. 池田氏の最大の敵は、余計な事を放置してる
    幹部や地区担当者でしょうね。

    彼らが批判者を動かしてるも同然で、
    50万人以上も信者が居たら
    普通ここまで速く衰退はしないものです。

    “衰退させたく無い派”
    からしたら、煙たいでしょう。
    もし自分が組織の人事権がある人間なら、
    改善出来ない地区担当や幹部を、組織から外すでしょうね。
    カネや票に繋がらない事をしている。
    コンサルが入っても同じ処置をすると思います。

  11. 本部職員とのメールやり取りです。
    本部職員
    私最低でも一年に一度お会いしておりますけど。
    そして先日2日も創価小学校の生徒もお会いしてますけど。
    そういう意味で公に姿を表してないだけであると思われますので、「あえて」そうしてると認識しております。

    あまにぃ
    ありがとうございます。先日二日と言いますと今年の3月2日でよろしいのですね!その時の池田氏は普通に今までの感じで元気な姿で声も出していたのでしょうか?その時の様子をできる範囲で事細かに教えて下さい。よろしくお願いいたします。

    本部職員
    聖教新聞に詳細に出ていることと、更に口頭で詳細にお伝えする理由がいまいちわからないのですが?
    出来る限り誠実にご対応したいと思っておりますので、それをお知りになりたい理由はございますか?

    あまにぃ
    ありがとうごじざいます。私はこれでも一応、まだ学会員として統監が残っていると思います。会員の素朴な質問としての理由ではお答えになれませんか?

    本部職員
    そういうことでしたら、喜んで!
    ただ、一応ということは新聞も読まれていないということでしょうか?
    今は執筆や各種報告の確認を精力的に行っていらっしゃいます。
    また2日はお元気で皆さんにお声掛けもされてらっしゃいました。

    あまにぃ
    お元気そうで何よりです。
    ありがとうございます。二日は五日前の二日ですね?

    本部職員
    です!

    あまにぃ
    ありがとうございます。このやり取りを他の方に教えてもよろしいでしょうか?

    本部職員
    どうぞ!

    あまにぃ
    ありがとうございます。お手数かけました。

    本部職員
    いえいえ。
    チャット終了
    Messengerから送信

  12. まあ単純に健康説は組織の命取りですからね。
    政界でもどこでも。
    ホイホイと本当のことは発表しませんよね。
    大嘘ついて騙すしかないんでしょうけど、それをのどかに信じている学会員さんって精神年齢幾つなんでしょう?
    世間ではよくあることでも、学会は汚れのない団体だからそんな嘘などつかれるわけがない、とか白いブランコさん辺り本気で思ってるんでしょうかね?

    まず創価は決して貴方のようなバカ正直な団体ではなく、バカ正直な貴方を平気で欺いている団体ということを認めましょうよ。
    何も信じてる教えを否定しろとは言ってないんです。
    その教えを曇りひとつなく正しいと言っている団体が、世間では通らない見え見えの嘘を平気でついている、ということを認めましょうと言っているのです。

    要の教えについては、そんな嘘をつく教団が配信している教え、という観点から見たらまた解ってくるものがあると思いますよ。

  13. ひまわり太陽さん、台本まで考えてくださってありがとうございます(^ ^)
    でも、今日の主人とのやり取りで、やはり私に主人を覚醒させる事は出来ないと思ってしまいました。

    今日、あのマハーロ、バカヤローのYouTubeを主人に見せたんです。
    そしたら、「ユーモアじゃない。その場に合わせたユーモアを言われてるだけじゃない」って言われました。バカヤローもユーモアなのか?と思いましたが…
    「じゃあ、2010年の同中を最後にセンセイが姿を見せないのはどうして?」と聞いたら、ちょっと険しい顔になって、「ご病気だからだよ。車に乗ってお姿をお見せする事ぐらいしかできないんだ。日赤(?)のドクター部長がセンセイのご自宅にいらして、ずっとお側にいらっしゃるんだ。人間革命も口頭で伝えてるんだよ。一昨日の聖教新聞を読んでごらん。」そして最後に「私の師匠です!」と言って部屋に行ってしまったんです。
    モニカさん、ごく一部のセンセイ崇拝者は我が家にいます。
    やはりsignifieさんのおとぎ話コースですね(苦笑)
    聖教新聞に何が書いてあるのか明日確かめてみます。

  14. あまにぃさん、とっても貴重な情報をありがとうございます!
    感謝感謝です!
    本部職員公認の情報ですよね!
    皆さんも過去の問い合わせの記録や、これからの問い合わせも含めて、そして本部職員でなくても、
    地元の幹部や職員にもどんどんお訪ねしてください。
    あまにぃさんのおかげで本部職員さんは会員の問い合わせでしたら喜んでお答えしてくれることがわかりましたので、気軽に問い合わせができます。
    まあ、返事は通り一遍かもしれませんが、こうして事実を積み重ねておいて、現実と違うことがわかったときには、創価は組織ぐるみで会員にウソをついていたということがはっきりします。そのときは何の言い逃れもできません。そのときのためにも多くの記録を積み重ねておきましょう。

    これから白いブランコさんとの対話は、ご本尊問題に入ります。それが終わったら財務の問題へと移っていきます。具体的なテーマは違っていても、論点はひとつ。学会員さんがどれだけあからさまに洗脳されているかの実態を事実関係を検証することで、あきらかにすることです。
    ですから白いブランコさんと私だけの対話ではありますが、質問内容にリンクした新しいスレッドを設けますので、みなさんのご意見やご感想、そして貴重な情報を是非ともお寄せください。
    またあまにぃさんのような普段では得難い貴重な情報もお待ちしています。
    それではよろしくお願いします。

  15. 二郎さん、貴重な情報をありがとうございます!
    このブログも何の予告もなしに閉じることは絶対にありませんので、もしそんなことがあったら、何かしら不穏なことがあったのだと判断してください。
    二郎さんさん、hんとにありがとうございます。

    じつは先月の16日に2時間で6000ほどのアクセスが集中したときがありました。これは異常な数値です。もしかしたらチェックされたかもしれないとの危惧はありましたが、チェック自体は前からされているでしょうね(笑)。チェック要員がどれだけ人の心を残しているかということにもかかっているでしょう。
    みなさん、私も極力気をつけてコメントの承認をしているつもりですが、それでもどこでどうなるかはわかりません。私のスタンスは変わりませんので、これからもよろしくお願いします。

  16. あまにぃさん、情報ありがとうございます。
    勲章コレクターのじいさんは健在であると、学会職員が公式に認めた訳ですね。
    ということはつまり、四年前の東日本大震災の後には健在であったにもかかわらず、被災地を訪れて激励することもなく、大好物の超高級メロンをテレビの前で食べながら、他人ごとのようにスルーしていた超無慈悲野郎であることも同時に認めたことになります。
    ゴーストライターに、適当にメッセージを書かせながら…。
    という訳で、自分から勲章コレクターのじいさんにもう1つ勲章をあげちゃいます。
    ちなみに 無料(ただ)です。
    ☆☆☆ 歴史的超無慈悲人間不名誉勲章☆☆☆
    これでいくつになったかな?
    たしか、300越えてたような気がします。

    追伸
    マカフィが引っ掛からなくなりました。
    スマホの不具合だったようです。
    てっきり、学会職員が北朝鮮のハッカーを使ってブログを荒らしにかかったかと心配しました。
    (*_*;
    どうやら、杞憂だったようです。

  17. 創価の職員がアンチのブログとかサイトを監視って・・・。
    相当お暇なんですね。そんなので世界広布なんてできるわけないでしょう。
    あ、もともとできないってわかってるからか。
    誰にも「閉鎖させる」なんて権利ないですよね。
    二郎さんの情報でそのブログ見に行っての感想です。びっくりしました。

  18. ラザリスさん、いつもあったかいコメントありがとうございます!
    ラザリスさんとはそれほど歳が変わらないとは思うのですが、なんだか頼れるお父さんみたいな感じです。失礼しました(笑)。

    そうですね。
    創価が池田氏は元気であると主張すればするだけ、社会の危機に何もする気はないと表明しているということですよね。する気も何も、最初から何かをする気はないんですからね。それどころか、創価の悪事をもみ消してもらうかわりに自民党の太鼓持ちとなって、日本は戦争のできる国へとまっしぐらです。政府は、現憲法内で「直接攻撃なくても武力行使ができる」ようにしようとしています。いったい公明党のどこがブレーキ役なんでしょう。そして学会員に政治の話をしてもチンプンカンプン。まったく話になりません。批判されると創価スイッチが入って、ますますわけがわからなくなります。

    創価があとになって「じつは池田氏は5年前の本幹直後に脳溢血で倒れて機能不全になっていた」などと言っても何の言い訳にもなりません。そうであったなら最高幹部は何年にも渡っては会員にウソをつき、池田氏の全ての執筆は代筆だったということになりますからね。だからこそ、今のうちに創価が「先生はお元気です」という主張を組織として正式に言い続けてきたことの記録を積み上げておく必要があると思います。

    おそらくもう池田氏は二度と人前に姿を見せないでしょう。見せられるなら、とっくの昔に見せているはずです。そのほうが効果的に会員を騙し続けられますからね。しかし今となってはいつまで「先生はお元気です」が会員に通用するか、ビクビクしているんじゃないでしょうか。そして実際に池田氏が亡くなった時点で、亡くなる直前まで会員のために全力で指揮を執っていたなどと、代筆のメッセージを公開するでしょう。しかし写真ひとつ出せる状況ではありませんし、池田氏亡き後の創価は急激に求心力を失くし、いよいよ創価の終焉が具体的に見えてくると思います。

    もうすでに創価はどっちに転んでも(元気だろうがボケていようが)衰退の一途であることに違いはありません。それはもう誰にもどうしようもないことです。問題は創価の被害をどうするのかということだと思います。被害者の会が結成され、ものすごい数の訴訟が起るでしょう。しかしほとんどが泣き寝入りになってしまうでしょう。使途不明の莫大な財務はどこかへ消えてしまっているでしょうね。

  19. ブログを監視して閉鎖させるって、犯罪ですよね。遠隔操作でもするんですかね。それとも脅迫?いずれにせよ、まともな宗教団体がやることではないし、もしほんとうにそんなことがあったら徹底的に糾弾されるでしょうが、おそらく二郎さんが紹介してくださったブログにあるように犯罪ギリギリのところでおさえつけるんでしょう。ほんと暴力団なみに汚いですね。
    でもそんなことさえまったく見ようとはしない学会員さんはほんとにかわいそうです。いいように操られてお金もとられて、幸せだと思い込まされて、実態は悲惨なんですから。

  20. signifieさん、頼れるお父さんだなんてとんでもございません。人格的に優れたあなたに比べたら、自分はまだまだ中学生ぐらいです。
    歳はアラフィフの昭和仮面ライダー世代です。
    リアルショッカーに捕らわれた人々を、一人でも救いたいと思っております。

    心配しているのは、白ゆりとかいう学会員からのストーカーコメントの件です。
    まだ続いているのでしょうか!?
    内容のないコメントとはいえ、読んだら心が傷つきます。
    白ゆりさん、
    罵倒コメントを続けているなら、もうやめて下さい。
    誰も喜びませんから。
    そんな時間があったら、愛するセンセイがお元気になるように題目でもあげて下さい。
    ハゲジジイからのおねがいです。
    でも、剥げてませんから。(笑)

  21. ラザリスさん、な〜にをおっしゃいますやら(笑)

    え〜と、白ユリさんはIPアドレスをブロックのターゲットにしたのでコメントできないです。ただ投稿がパソコンだったりタブレットだったりするのでIPアドレスが変わっていて、一度こちらがブロックするもコメントできたようですが、本人もそのあたりのことがわからなくて、私がウソをついているなどと自分のブログでとことん悪口三昧でした(笑)。もうすごいですよ。ストーカー体質、心が汚い、頭も悪い、思考停止、責任転嫁、IT音痴、哀れな思考回路、どす黒い、金儲け主義、異常、醜い自己弁護、勝手な理屈……それで自分がこうして罵倒し続けるのは、どうにかして私を救ってあげようという慈悲なのだそうです(笑)。できればだれか別の人を救って欲しい(笑)
    ということで、もう心配はいりません。ありがとうございます。
    あ、私もハゲてないです(笑)

  22. 本部職員も哀れなもんですね。
    世の中には様々な職種があり、みな自分の仕事に誇りをもって仕事をしていると思いますが、詐欺の片棒を担ぐようなことが仕事だなんて・・・。

    本部職員が悠悠自適な生活をしている中で、末端信者のお年寄りたちは本当に健気にも信じ切っていますよ。
    ネットを見ることができない末端信者のお年寄りたちは、同じ写真の使いまわしの池田氏の虚ろな小さな写真を切り取り、大切にしています。
    年金生活の中から、日々倹約節約をし、新聞をとり、財務をし本部に行くたびに広布基金を収めているそうです。
    いくらこちらが「財務はもうしなくてもいいんです。00さんのお気持ちは充分に先生に通じているんですから」と辞めさせようとしても、「喜捨の精神からです。世界広布にはお金がかかるし、学会に使うお金は功徳となって全て返ってくる。そして何よりも先生に喜んでいただきたい」と言う人が多いです。
    きっとこの人たちにも創価スイッチはあるのでしょうけれど、押す気にはなれません。

  23. awakeさん

    >今度は絶対に「某お坊さん(先駆)、センセイ(後発)」とならなくてはいけないのではないでしょうか?

    それ絶対にありますよね。
    あちらは92才で会員に呪いの題目をあげられても、ピンピンシャキシャキしているようですので。
    呪いの対象だった人がいっちゃうまでは、どんな事があろうとも元気で執筆している事にしておいてもらわないと困るんでしょうね。

  24. 笑ってはいけないと思うのですが、シニフィエさんと皆様のやりとりを読んでいると笑ってしまいます。

    もしかしたら…と改めて感じている事があります。それは学会員さんに対して投げかける質問は全て批判と捉えられてしまう理由。末端学会員さんも本心の何処か…何処か奥底では何かがおかしいとは思っている、でもそれを認め疑問に感じ初めてしまったら今まで創価学会の為に費やした時間、お金、人間関係全てが嘘になってしまう、だから認めたくない認める訳にはいかない。
    という矛盾からのジレンマが質問=批判になってしまう理由なのではないでしょうか。
    だからその矛盾や疑問を払拭する為に繰り返し座談会や会館に集い、間違えてなんていない間違えてなんていないという暗示をかけまた日常へ戻り新聞啓蒙、公明党支援、唱題、そして財務に勤しむ。この繰り返しの日々なんですよね。

    なんだか改めて懸命に学会を否定する本来は善良な人達であろう末端会員の方達が哀れに思えてきています。
    1日も早く目を覚まして欲しいです。お子さんがいらっしゃる親御さんならば唱題する時間をお子さんに返してあげて欲しいです。休みの日なら会館じゃくて公園に行ったり他愛ない話をしたりして遊んであげて欲しいです。
    バリ活の義母を持つ実姉(無信仰)の旦那さんは(赤ちゃんの時に入信)は幼いころいつも母親は学会活動で自分と向き合ってくれなかったと今でも実姉に愚痴を言う非活学会員です。

    騙されてしまうとは信じてしまうこと。騙されていることを認め信じる心が消えたときに越えなければならない何かが待っているとは思うけれど気付かないままこの世から去る日を迎えるのは余りにも愚かであり余りにも虚しい一生になってしまうのではないでしょうか。

    信仰の自由と明らかに悪質な団体に対しての信仰の自由とは全く違うと思います。

  25. うちの実家の母や草創期のメンバーは
    池田会長の憔悴ぶりを現実的に受け入れることができないと思います。
    その日がきたら、心の底からいよいよまいってしまうでしょう…。

    そうした古くからの盲信ぶりを引きずり回し、
    いいように政治にも世間にも長年にわたって利用してきた
    創価学会中枢部にはきちんした責任をとる必要があります、
    …それはきれいな言葉の発表では済まされません。
    もう団体独自の問題ではないのです

  26. お久しぶりです。すみません朝から思わず大笑いしていました。普通、あまり他人の悪口を言う事も言われる機会も無いですよね。なんかなーと時代錯誤感はんぱないもの感じました。白ユリさんに対して感じた事です。
    私の母は病気になって活動から距離をおき、私の勧めた本を読み、葛藤しながら覚醒したのだと思います。
    もし病気などで活動から離れることがなければ覚醒は出来なかった可能性が高いように思います。残念ですが。オウムのテレビは、洗脳の怖ろしさと人間の心の脆さを余すところなく伝え、私は同じような団体に属していた母の事があり強い関心が有って見ていました。危険な、思考停止させる集団には近寄らない。全力で逃げる。それが自分の人生を見失わず身を守る術なのだと、これまた残念なのですが熱心な活動家だった母から学びました。今迷ってる方は、全てを搾取される前に 今一度組織に距離を置いてみられたらいかがですか?と伝えたいのですが。私は母の費用は払い続けていますが、もう創価学会の執拗なやりとりに関わる必要がなくなって精神衛生上は助かっています。
    一人でも多くの人が穏やかなご自分の人生を取り戻されますように。

  27. 二郎さんが紹介されていたブログちょこっと見てきましたが、創価の活動をすることで心を病む人が多いとの事。活動から身を引くと症状が改善する例が多いようです。白ユリさんもかなり壊れてるようですが、回路のおかしくなったロボットが意味不明なことを口走り始めて、最後ショートして煙と火花を出して倒れるシーンを思い出しました。創価思想というウイルスに長年蝕まれて、脳細胞がどんどん破壊されてゆくイメージです。完全に置き換わったら再起不能です。早めにウイルスの侵入を食い止めたほうがいいと思います。人の救済よりも、まず自分を救ってあげてくださいと思います。人を罵る救済方法など慈悲の仏教にはないと思いますよ。それは仏教ではなく呪いの創価洗脳です。イケダさんが長年出てこないのに、口述筆記?そもそも自分の話も言葉が出てこなくて言いたい事が言えず、机を叩くような、脳疾患と思われる症状が出てた人です。確実に無理だと思います。このまま放置したら、人前で何言い出すかもわからない、判断能力にも支障がでていたような人だから、周りの判断で人前から消したというのが真実でしょう。マハロバカヤローをユーモアと受け取る会員がいるくらいですから、洗脳会員の許容力はすごいですが、さすがに、このまま放置したらと思うと、側近幹部達は冷や汗もんだったことでしょう。また長年に渡ってイメージを作り上げてきた創価のカリスマ像を、簡単には捨てないような気がします。効果があるうち、使えるうちは使いつづける。たとえ、ミイラにしてでもセンセイは見ているぞと洗脳し続けたいのでは?実質運営上は困らないにしても、洗脳ツールとして強烈なカリスマ像の存在を組織の顔として必要としているのだと思います。だからひっぱれるだけひっぱる。にしてもこんな縛りの多い、詐欺のようにお金を集める団体は、この先の時代にまったく受け入れられなくなると思うので、反創価勢力を潰そうが、洗脳も難しくなり確実に消えてなくなると思います。

  28. ラザリスさんとsignifieさんのやり取り見て爆笑です。

    ここに載せるような有益な情報があればいいのですが、
    あいにく私は池田老人金満デブのことを聞いたら、キチガイ扱いされました。
    聞くのは批判だそうです。
    お元気ですの一点張りでした。
    中には県幹部の親を持つ人にも聞いたんですけどね。
    教えてもらえませんでした。いえ、教えてくれたのは「元気です」でした。

    思考停止もここまでくれば表彰もんですよね。
    まったく。
    普通の頭持っていたら、おかしいと気が付くはずです。
    MCから解けるには時間かかるかもしれませんが。

  29. 5日の新聞見ました。創価小の2日に行われた卒業研修とやらに、センセイと金子さんが車の中から手を振り励ましたってやつですね。
    「いい天気でよかったね」「みんな元気で、よかったね」との言葉を寄せたってあります。寄せたっていうのは、誰かが代弁したって事ですよね。
    まさか車からスピーカーで話す訳でもないでしょう。
    あまにぃさんのお話と繋がりますね。
    車なんて、ましてや後部座席だったら、もちろん窓にフィルムが貼ってあるでしょうから、ハッキリと顔が分かるわけではないでしょう。
    ソックリさんでも乗せておけば、まして隣に金子さんが乗ってれば、本人と錯覚するでしょうね(^ ^)
    この事をあんなにムキになって言ってたんですね。まったく…
    ドクター部長がどうのっていうのは、先日鳳雛会の集まりに行った時にでも聞いてきたのかもしれませんね。
    なーんだって感じです(笑)

  30. awakeさん、なるほど、その様な考え方もあるのですね。信者さん達は、会長のことにそんなに関心はないのではないでしょうか。上から~池田先生はお元気ですよ~と、言われればそれで納得するのかもしれません。実際私が、そうでしたから・・いちばん許せないのは、末端の情報はしっかり把握しておきながら、上層部の情報は全く流れてこない!本当に隠蔽体質だ!実に不愉快極まりない!いつまで隠し続けるのか?もういい加減真実を公表するべきだ、と思いますが・・どうですか、創価さん?

  31. フィニシエさんのカラーコピー本尊の話し・・何から何までホント素晴らしいペテン、詐欺ですね。宗門からいわせれば、授与書きをカットし、文字を太くしたり、伸ばしたりして改竄しているらしいです。ニセ本尊は魔の通力があるそうですよ。鬱や精神疾患が創価に多いのはそのせいみたいです。おまけに、本門かいだんの大御本尊を否定し、会則を変更しました。もうむちゃくちゃで~す。明らかに、邪教で~す。私もあなた方のおかげて鬱になり、再起不能となりました。ドウシテクレルンダヨ!(ヤクザカルトみたい)

  32. 私は今回の創価の教義変更については内容を知ろうとする気さえ起きないからほとんど知らないんです。もしどなたか知ってらっしゃる方がおられましたら、ここで簡単に説明していただけるとありがたいです。
    結局、破門されるまで拝んでた日蓮正宗の大御本尊って何の力もないんだよって創価が言い出したってことなんですかね。じゃあ今まで創価が言ってたことは何だったの?ってことなんだろうけど、創価に言わせると、法主が変わるとご本尊まで力があったりなくなったりするってことなんでしょうか。でも創価にはもともと法主がいないのに、なんで自分たちのご本尊が本物って言えるのか。つまり今まで正宗の大御本尊ってことで拝んでたけど、法主が自分たちを破門した途端に大御本尊までもが偽物になったって言ってるんですよね。日蓮宗のお寺には日蓮自身が書写した真筆のご本尊だってあるんだけど、それもみんな偽もんだって創価だけが言ってんですよね。もうほんとわけがわかんないです。学会員さんは何にも疑問に思わずに、日蓮の真筆よりもパソコンで修正してレーザープリンタで出力した創価のご本尊が本物だって信じてるわけですよ。なんかすごい世界だなって。まさにカルトですね。何でもありですよね。どんなにメチャクチャなことを言っても「これが正しい。これを疑うのは信心が足りないから、罰が当たる、不幸になる、地獄に堕ちる、何も考えないでいいから、言われたことを信じれば功徳がをもらえて、これ以上の幸せはないんですって言えばそれが通るわけですから、こんなに騙しやすい人たちはいない。オレオレ詐欺にもひっかからない大阪のオバちゃんたちまでが引っかかってるんだから不思議です。

  33. 会則に関しては新聞ちゃんと読んでないし(母からもらったけど)いい加減に見ているから詳しく今はわからないですが、活動家時代に、日顕との破門があった時に、学会では極悪日顕というふれこみであったため、日顕のご本尊はホウボウだと、お取替えを順次行っていたのは確かで、覚えています。その時になぜか理解できなかった私です。どうしてホウボウなんですか?って聞いたことあるのですが、「必ずしもあかんってことないけど、やっぱりね~。気持ち悪いでしょ。」って、その程度の説明でした。お取替えと称して、会員にお金を使わせたのは確かですよ。
    普通、会社の都合で取り替えないといけない場合、特に商品なんて無料で変えてくれますよ。もしくは修理だって無料でしてくれますよ。あくまで企業側の都合の場合ですが。
    それと同じなら、無料で変えるべきでしたね。
    どうせお金も余ってるんでしょうから。
    あ、それと、「宗教とカネ」っていう本、持っています。
    創価だけでなく、ほかの宗教の財政事情が載っているので創価だけではなく、ほかの宗教も様々な財政状況ですよ。な~んて言いたいのでしょうか。
    ちなみにその本は、さらりといろんな教団の財政状況をおおざっぱに書いてあるだけなのであまり本の記事としてはいまいちだったのを覚えています。
    また時間あるときに読み返しておきます。

  34. シニフィエさんと白いブランコさんの対話を読ませて頂いておりますが…やはり白いブランコさんは何かをはぐらかしている様に思えます。週刊誌やネットは嘘だらけと学会員さんは仰います。その週刊誌を見てみて下さいとは本当に意味が分かりません。せめてその週刊誌に書かれていた内容とその内容についての自分の考えを述べるとかする事が対話ではないでしょうか。
    白いブランコさんご自身がどう思っているのかを私は聞きたいです。

  35. ダイアナさん、そうですよね。私もこの週刊誌の件については、まったく意味がわかりませんでしたので、そのとおりにお聞きしました。週刊誌に何をどう書かれてあるのか。そしてそれが本当の事だと言いたいのか。逆に学会員さんが上からいつも言われているように、創価に関することはみんなデマだということを言いたいのか、まったくわかりませんでした。たぶん誰にもわからないと思います。

  36. これは以前にも書いたことなんですが、創価学会は牧口常三郎と戸田城聖が昭和3年に日蓮正宗に入信し、2年後の昭和5年に日蓮正宗の信徒団体として会長と理事長に就任したのがはじまりです。これは創価学会員であれば当然知ってることですよね。しかし創価学会の公式HPでは、いつのまにか日蓮正宗との関わりが一切なくなっていることを知っていますか?公式HPのなかで一ヶ所だけ日蓮正宗の記載があります。それは牧口初代会長の紹介のページに「弾圧を恐れて国家神道を受け入れた日蓮正宗宗門を牧口は厳しく諌め、軍部権力と敢然と対峙していきます。」とあるんです。あとにも先にも日蓮正宗の記載はここだけですので、なぜここに突然日蓮正宗が出てくるのか、まったく意味がわかりません。せめてその前に、創価学会が日蓮正宗の信徒団体であることが書いてあればまだ話はわかるのですが、戦時中に仏教界が軍部の方針に従ったのは、なにも日蓮正宗だけではないのに、なぜ牧口氏が日蓮正宗だけを厳しく諌めたのか、この文章ではまったくわかりませんよね。そうまでして、創価はその出自である日蓮正宗をなかったことにしたいのでしょう。公式HPには何度かの宗門問題はもちろん、池田氏が宗門に謝罪し、責任をとって会長を辞任したことも、まったく記載がありません。創価学会は日蓮正宗の信徒団体として発足したんです。そして平成3年に創価学会とSGIは日蓮正宗から破門されます。つまり、日蓮正宗を外護するためにつくった団体が、日蓮正宗から破門されたのだから、そこで創価学会の存在意義は消滅したはずなんです。ところがみなさんご存知のとおり、創価は徹底的に日蓮正宗を攻撃し、会員に呪いの唱題会をさせて日蓮正宗に対する憎悪を増幅させてきました。そして今度はあたかも最初から創価学会は日蓮正宗と何のかかわりもなかったかのように、公式HPから日蓮正宗を完全に削除したのです。創価学会員は初代会長からだれ一人も日蓮正宗と関わった者などいないとし、創価の大願としていた国立戒壇としての正本堂を建てて、破門後に取り壊されたことも、もちろん載せていません。創価学会は発足から60年間も日蓮正宗の信徒団体だったのですから、もともと創価の教学は日蓮正宗のものなのですが、信仰の対象である大御本尊までをも否定して、宗門に無断で作った御本尊が本物だと会員に教え込ませ、もともと日蓮正宗のものだった御本尊をパソコンで改竄し、カラーコピーで複製したものととりかえさせています。このようにやることなすこと何もかもデタラメなんですが、徹底的に洗脳されている学会員さんたちは何ら疑問を抱きません。ちょっとでも冷静になればすぐにわかることなんですが、多くのカルト団体が今もあとを絶たないのと同じように、いま自分が創価の間違いを認めれば、自分の人生さえも否定しなければならなくなる。また、理屈ではおかしいとわかっていても、疑ったら悪いことが起きるのではないかといった、なんの根拠もない恐怖心に怯えて、脱会できない学会員さんもたくさんいます。また、すでに覚醒してはいるが、親や親戚の手前、どうしても踏み切れないという人が圧倒的に多いことが、このブログを始めてわかりました。いずれにせよ創価学会は多くの人を不幸に陥れていることは間違いありません。そんな不幸から抜け出すには、やはりまずは自分で気づくしかないとあらためて感じます。

  37. 池田会長になってから、ガラッと変わりましたよね…。
    新興宗教ではない、日蓮正宗創価学会だと、私が未来部のころは聞かされました。

    呪いの題目は、古くからの信者の思いを断ち切るためだと思います。
    ここまで勝手に上層部だけで変えてしまったのだから、
    古くからの信者はこちらから出て行って当然なのです。

    SGIと公明党の存在が、問題を複雑化しているだけで、
    恐ろしいカルト集団に変貌を遂げています。

  38. 昨年11月8日付聖教新聞、原田会長発表ー会則の教義条項にいう御本尊とは学会が受持の対象として認定した御本尊であり、大ほうぼうの地にある弘安2年の御本尊は受持の対象にはいたしませんーとのことだそうです。明らかに本門かいだんの大御本尊を否定しています。その大ほうぼうの地に以前は登山していたのではないですか?もう血脈は完全にかよっていませんね!

  39. 創価の言い分だとあくまで「宗門が堕落したからこっちから離れていった」
    そうですが、実際は宗門側から破門されてますよね。
    謝っても何しても許されず、破門された。
    決して創価が勝手に出て行ったわけでも、宗門から引き止められたわけでもない。
    破門された途端「宗門は堕落した!」と大騒ぎしたけど、それがなかったら「日蓮の本義は日蓮正宗にしかない」と言い続けていましたよね?

    その堕落ですが、宗門は別に宗教の要である本尊や教えを捻じ曲げたわけではない。
    堕落とは「法主が赤いスポーツカーに乗って夜遊びをした」というあくまでスキャンダルを追及しています。(真意は置いといて創価の主張)
    それまで宇宙の法則とまでいっていた本尊が、法主がスポーツカーに乗り芸者遊びをしたがために効力が消えうせたと、まあ駄々っ子のような理屈を通しました。

    私は日蓮正宗が正しいとは言っていません。
    むしろ今思うとカルトな教えだと思いますが、正宗はそのカルトな教えをぶれずに忠実に継承しています。
    その教えを唯一無二と絶賛しながら変えたのは創価の方です。

    白いブランコさんは
    >日蓮正宗の信徒団体から出発した創価学会は、「日蓮正宗の教義」と{日蓮大聖人の本義}が違うことに気づき、{日蓮大聖人の本義}に基づいていく道を選びました。

    とのことですが、あらあら創価は
    「宗門は昔は正しかったが今は堕落してダメになった」
    んじゃなくて
    「昔から間違いだったことにやっと気づいた」
    ということでしょうか?
    創価の初代会長は「日蓮正宗こそが唯一無二の教え」と言って投獄され、獄死までしてるんですよ。
    この初代会長の精神を師弟不二で受け継ぐことを「学会精神」と言ってますけど。

    ま、どっちでもいいんですけど、ともかく創価は「かつて日蓮正宗の信徒だった」ということは消してしまいたいようですね。
    そして今の主張は
    「日蓮の教えは正しい」
    「その日蓮の本義を継承しているのは創価だけ」
    ということですよね?
    そのわりに日蓮とか御書とか、昨今アピールが低い気がするんですけど。
    日蓮といえば「正しいのは自分んとこだけで他宗は邪宗」という看板を外せないのに、何故かここは声が小さい。
    チャラッと日蓮らしきエッセンスは入れるけれど、殆どは池田の言葉(とされる)を前面に出して、あとはせっせと金集めと公明党の票集めをしてる団体にしか見えませんよ。
    そんな気がするのは気のせいでしょうかねえ?

  40. 白いブランコさんは、創価を改善したいとおっしゃってましたが、日顕憎しの撲滅呪いの題目を会員にあげさせることを良くないと思っているのでしたら、まず、そこからでも声をあげたらいいのではないですかと思います。会合でもどこでも、それはやめましょうと言ってみてください。でも、幹部には、悪は徹底的に叩かないとダメだというセンセイのご意向でやってることだからと説得されますよ。それでも、いえ、その考えは間違っています。と言えるのでしょうか?結局何一つ改善などできないと思います。ただ、創価の方針を変えないと会員がついてこないかなという、組織理論からの変更以外は、創価はしないと思いますよ。日顕撲滅の題目は創価の正しさを洗脳する手段としてやめないでしょう。要するに、問題点を知ることで改善につなげたいなどと言いながら、問題点がどこにあるかすら分かっていない洗脳会員にできることは何もないということです。白いブランコさんのように問題意識の低い人しか創価には残れません。もともと言いなりで何もできない人しか残っていないので、創価の内部からの改善は、絵に描いた餅にすぎません。

  41. 何故?過去の過去の〜。。スレッドに気になるカキコミをされる方がいるのだろう。。?

    みなさん、シニフィエさんも過去に何度ももうしていたかと?思うのですが。。
    出来るだけ、最新のスレッドにカキコミをお願いできないでしょうか。。?

    日頃、スマホで見ていると見逃してしまいます。。
    よろしくお願い申し上げます。
    僭越すぎてごめんなさい。。

  42. 創価は会員が下から意見を言うと、その意見はスルーして洗脳を強化するための指導をします。それでも言うことを聞かなければキチガイ扱いして組織から外されると同時に、反逆者の末路と言いふらされて、まわりの学会員が怖気付くように脅すのが創価の常套手段です。
    私は活動家時代にも、根も葉もないあらぬ噂を立てられて呆れかえったことがあります。それがあっという間に信じられないほど遠くまで行き渡っていました。完全な人権侵害行為がいやになって創価に対する疑問が深まりましたね。

  43. 流れ星さん、ありがとうございます。
    みなさん、スレッドのテーマに合わなくてもかまいませんので、コメントはできるだけ新しいスレッドにお願いします。(^◇^)

  44. シニフィエさん、がんばれ~まけるな~!(‘ー’)/~~戸田会長指導ーどこのを拝んでも絶対にだめなのです。弘安二年の十月十二日の大御本尊様から出発したものでなければ、絶対だめなのですー、破門後ー大聖人の出世の本懐である一閻浮だい総与の大御本尊が信心の根本であることは、これらも少しも変わらないーと、これまで創価さんは仰っておられました。;受持の対象とはしない;ということは、これらを否定していることになりませんか?全く理解不能です。白いブランコさん、教えてくださいます?

  45. こんばんは。
    またテーマ違いのコメント、ごめんなさい。
    でも、これが最後のコメントになります。
    相談させていただいていた、創価2世?3世?の彼についてですが、先日、1年とちょっとでお別れしました。
    ちなみに、創価以外の理由で別れました。
    彼から別れを切り出されたのですが、私が創価について悩みに悩んでこちらに相談させていただいた頃から様子がおかしかったので、もしかしたら、私が悩んでいたことが伝わったのかもしれません。
    本当に素敵な彼氏だったので、今はとても寂しいです。
    最後の最後まで誠実で優しくて、お互いに「楽しかったね、幸せだったね、ごめんね、ありがとう」と言って別れました。
    もしかしたら創価どっぷりの親から、咲良さんはいつ入信するのかみたいなプレッシャーがあったのかなぁ、なんて思ったりもしますが、きっと考えすぎですね^_^;
    彼に出会えて、一緒に過ごすことができて、本当に良かったと思っています。
    まだ整理がついていないのも事実ですが、半月ここのサイトを含め、色々見ていた結果、やはり私が創価を理解することは一生ありませんので、これでよかったんだなぁと思うようにしています。

    最後になりますが、このサイトを立ち上げてくれたシニフィエさん、私に暖かいコメントをくださった皆様、本当にありがとうございました。
    もうきっとここにお世話になることはないかと思いますし、皆さんに比べたらどうってことないかもしれませんが、創価に悩まされた1人として、皆さんの悩みが解決されることを願っています。
    長々と失礼いたしました。

  46. 咲良さん、よかったですね…って言っていいんですよね。
    かつて彼氏さんの立場に近かった私としてはちょっと複雑な気もしますが、
    やはりこれでよかったんだと思います。
    元気でいてください!

  47. comaさん。
    いやいや、勝負してるわけじゃないので(笑)
    学会員さんて、批判されるとお約束のように創価スイッチが入って、むきになって反対意見を言うんですが、具体的に教義の矛盾や、政治の話になると、とたんに遠い目になって聞こえなかったことになっちゃうんですよね。で、返ってきた答えがあってもまるで小学生の屁理屈なんです。お前の母ちゃんで〜べ〜そ〜っ!て悔し紛れに捨てゼリフを吐いて出て行きます。このブログでも何度そんなことがあったことか(笑)。このあいだのヒューマンさんなんか「とりあえずまずは日本語を話してください」から始めないといけなかったですが、結局彼はここをブロックされたあとで、別のブログで発狂してしまいました。これ比喩じゃなくて、ほんとに発狂したみたいです。また先日からの白ユリさんも、もう公開はしませんでしたが、どんどんエスカレートして手がつけられない状態になってました。

    いま対話を試みている白いブランコさんは、そう言う意味ではかなりまともな方だと思いますので、私もできるだけ対話が成立するように頑張ってみたいと思います。でも腫れ物を触るようなことでは何もすすまないと思うので、言うべきことははっきりと言っていきたいと思っています。なんか言葉尻をあげつらって、そのことだけを指摘して、ああではないこうではないというような不毛な会話にならないようにしたいと思います。みなさんも直接言いたいことや訊きたいことがあるのは百も承知ですが、無勢に多勢では対話は成り立ちませんので、ここはひとつ管理人の私を見守っていてください。
    少なくとも、この対話を通じて、現役会員さんが何をどのように感じて行動しているのかと言うリアルな部分がはっきりできればと思っています。勝ち負けではありません。今までわからなかった部分を少しでもはっきりさせることができれば、覚醒までもう一歩という学会員さんの背中を押すことができるのではないでしょうか。そういう意味で頑張りたいと思いますので、みなさま応援よろしく願いします。
    それからこういう現役学会員さんとの対話をしても、途中から別の現役会員さんのフォローがあったことが一度もありません。これもどうしたものなんでしょうか。ここ数日、一日のアクセス数は5000を軽く超えています。現役会員さんが見ていないわけはないんですけどね。…ということで、お誘いしてるんですけど(笑)

  48. 宗教は信じるものだから、何百年も続いた宗教の本尊より、それをコピーして店頭に売ってるような玩具の方が私には信じられるし自分には価値がある、と言われればそれはわかります。
    それこそ信教の自由で、真だの偽だの他人がとやかく言うことじゃないでしょう。
    何百年続いてようが、曼荼羅だのお札だのは全く興味ないし自分には価値がない、と思う人もいます。
    嫌いだと言う人もいます。
    嫌いなものを嫌々持っているのはストレスでしかありません。
    逆に傍から見たらどんなものであれ、本人には大切で抱きしめるように持っていること自体はいいことに違いないのです。
    だからどっちが御利益があるとかないとか、そういうことは言うつもりはありません。

    ただ
    「宗門とは考えが分かれてしまいましたが信者さんは自由に選んでください」
    ではなく、
    「あっちへ行けば地獄に堕ちる。創価じゃないと邪宗なんだ」
    私はこれがカルトであり、宗教ビジネスだと思っています。

  49. 的はずれなコメントかも知れないダイアナですか失礼致します。

    志茂田景樹氏「折伏鬼」を読了したのですが。
    志茂田景樹氏は元学会員の方で第二代会長・戸田城聖氏、現名誉会長・池田大作氏と面識があったとの事で真剣に読み進めました。
    志茂田景樹氏は創価学会の歴史を知ろうと実際にその時代に生きた学会員の方達から話を聞いたりしており実名は知るされてはいないものの真摯に書かれている姿勢が伝わってきました。
    池田氏のゴーストライターになる話が自身にあった事や第一代会長・牧口常三郎氏からの派閥が学会の中でうまれていた事が怖いぐらいに淡々と描かれています。
    これが全て事実だとは勿論言えないとは思いますが作者の想像も含め真実であるならば脱会して良かったと本当に思います。

    話は戻りますが…白いブランコさんの返信が日本語でなくなってきている様に感じるのは私だけでしょうか。

  50. 現役学会員の方で、一応謙虚に、学会の問題点をあぶり出し改善につなげたいので、問題点を教えてくださいと言う人がいますが、そういう人に、これこれこういうところが問題なんです。と伝えたところで、それはこれこれこうだからと反論するばかりで、問題点を素直に聞いて改善に努力したという人に会った事がないです。

  51. 1週間以上前に書き込みをしたキキです。

    以前にも同じ名前で同じようなコメントをされた方がいたと聞き、とても驚きました。
    私は以前登場されたというキキさんとは別人です。

    大好きだった祖母と見に行った思い出の映画が、魔女の宅急便だったので、この名前にしてみました。

    過去のスレッドや白ユリさんのブログなども読んでみましたが・・・
    このブログにはとても怖いものを感じます。

    学会活動に疑問を持ったり疲れたりすることは大いにあると思うし、共感できます。
    しかしシニフィエ様のお話はまったく信用できません。
    健気に頑張る学会員さんをこんなに見下せるなんて元学会員とは到底思えません。
    このブログの常連さんたちも元々はいい人たちだったのに、シニフィエ様に引っ張られてしまってるように見えます。

    また、シニフィエ様のコメントは間違いがとても多いです。

    10万円×400万人は4000億円です。
    シニフィエ様はこれを1桁多く間違え、4兆円と言われていましたね。

    お金に関する事柄で1桁間違えたまま話を進めるなんて考えられないことです・・・。
    日本の国家予算を1桁多く間違えて1000兆円として話を進めたらいったいどうなりますか?
    全ての話が崩れてしまいます。

    また、私は事務関係の仕事をしておりますが、800万もの御本尊を取り替えるのにかかる事務的な費用はいったいどれくらいかも想像できません。
    製作にかかる費用以外も考慮に入れずに話を進めるなど、おかしいと思います。
    学会の御本尊に使われている印刷技術もコンビニのカラーコピーのように質の悪いものでは決してありません。
    いくら紙だとはいえ、御本尊に使用されている紙は最高級のものを使用していますし、掛け軸状になっているので20円で作成できるわけもありません。
    これで儲けているなんて、本当に思ってらっしゃるのですか?

    高校生のチップさんに都市伝説まがいの話を吹き込んでいることも驚きました。
    チップさんはどうかこんな大人の言葉などにだまされないでくださいね。

    過去にあったとされる学会員の起こしたとされる事件を羅列することで学会のイメージダウンを図ろうとすることも本当に感じが悪いです。

    コーヒーカップ事件が池田先生の指示だと主張したのは元公明党の矢野氏のようですね。
    矢野氏は巨額の汚職事件で追及を受け、献身的に支持をしてきた会員の皆様に迷惑をかけ、裏切り、あらゆる裁判で敗訴した人間です。
    一つだけ勝訴した裁判はありますが。
    シニフィエ様はそのような人間の言葉は信用するのですね。

    これほど初歩的な部分でつまづいているのにさも真実であるかのように語るなんて本当に恐ろしいです・・・。

    このように申し上げると、シニフィエ様の逆鱗に触れて、袋だたきにされるか、さらし者にされた上でアクセス禁止にされてしまうのでしょうね・・・。
    過去のいろいろなやり取りから想像できるので余計に恐ろしいです・・・。
    白いブランコさん、頑張ってください。

  52. キキさん、4兆円は私の単純な計算間違いでした。すみません。

    ほかに間違ったところがありましたら指摘してください。

    それから私はキキさんの質問に対してはかなり詳しくお答えしたつもりですし、

    キキさんへいくつかの質問をさせていただきましたが、それは無視での批判ですか?

    私は白いブランコさんを見下しているつもりはありませんし、

    そうであれば白いブランコさんも対話をしようとはしないと思います。

    もし白いブランコさんもそのように感じていて、対話の意味がないと考えられているのであれば

    この対話はやめましょうか。

    白いブランコさん、それでいいですか?

  53. キキさん
    下記のようにおっしゃっておりますが

    >矢野氏は巨額の汚職事件で追及を受け、献身的に支持をしてきた会員の皆様に迷惑をかけ、裏切り、あらゆる裁判で敗訴した人間です

    創価対日蓮正宗の裁判で、大部分は創価が敗訴していることはご存知ですかね。
    これはどう考えるのでしょうかね?
    http://www13.ocn.ne.jp/~ryouran/html/souka_7.html

  54. はじめまして、Pマンというものです。ちょっと僕の記憶と今回の記事の話題が重なるところがあったので独り言のようにつぶやき書いていきます。

    えー、まず、僕は創価高校出身です。通学生ではなく寮生でした。(関西創価か創価高校だったかは伏せさせていただきます。)
    で、今、もちろん創価大学生です。
    そして、アンチ創価でもあります笑

    で、えー、本題なんですけど、2013年の6月か7月だったかの初夏の話をしたいと思います。
    僕はその時、創価大学のある寮の寮生でした。で、その例の日、「池田先生が創価大学の本部棟に来られた。このことはあんまり外部には漏らさないでね、うんぬん」という文章が僕の所属学部のLINEに流れました。(多分ほかの学部のLINEにもながれたんじゃないかな)僕はそのとき、いわゆるいつもの創価お得意の嘘なんじゃないかなって思ってました。(当時既に創価アンチだったため)なんですけど…。さっきのLINEがお昼ごろにたしか流れて、それから寮の中でもその話題で持ちきりになりました。そして15時16時ぐらいに僕が寮でくつろいでる時に、高校時代の寮のあんまり仲良くなかった友達が廊下で誰かと「マジで池田先生に会ったわ…。車から手ふってたわ」ていう会話をしてるのを聞きました。
    これのすごいところは多分マジで会ったんじゃないかなと思うところです。ていうのも、口調がガチで、しかも普通の会話だったし、そこまでなんか話を盛ったり嘘ついたりするような奴じゃなかったからです。ただ影武者だったかもしれませんが…w
    確かこの時の写真って聖教新聞に載ってたはずです。翌日のやつに。本部棟を背に確か黒い車から手を振ってる写真。

    まあでも、仮に池田犬作が生きていたとして、あの時マジで創価大学に来ていたとしても、もう車で一瞬手を振ることぐらいでしか偽れない健康状態であり、それも2013年のことだし、衛星中継の会合でも相変わらず出てこないし、もうダメダメだろうってことですw

    一日も早く創価が滅びますように(懇願)

  55. 連投すいません。

    さっきのやつの補足なんですが、あの日、犬作が創価大学に来たと思われる日、犬作は車の窓からちょっと手を振っただけでそのまますぐ走って行ってしまったらしいです。ですので、元寮の友人が犬作に「会った」という表現をさっきはしましたが、「見た」という表現のほうが正しいと思いました。

    Pマンでした。

  56. 私は思います。

    信仰とは形の見えないものを信じ救いを求め自分の魂を磨く事だと。

    そこに巨額なお金が絡んでくる事、国政が絡んでくる事で全てが形になってしまい神聖なるものとして捉えられなくなる人が私です。だから学会を辞めた事を少しも後悔していません。

    そもそも訴訟が多い宗教はカルトだと私は思っています。

    信仰は尊いもの。信仰は形に見えないものを信じる事。
    信仰を事業にしてしまっているのが創価学会だと私は思っています。

  57. 連投すみません。あとこれだけは思います。

    もし池田氏が本当にお元気であるならば今すぐ東日本大震災で被災された方達のところへ激励に行ってあげて欲しいです。よく頑張ってきたね、よく頑張ったねと目と目を合わせて話して欲しいです。
    あの震災から丸4年経とうとしています。私がまだ信者でありもしも被災していて永遠の師匠である池田氏が一度も私達に会いに来てはくれないと分かった時点で何て”人間味のない方なんだ”と落胆する日々だったと思います。
    お元気であるならば永遠の指導者として一度、でいい、被災地へその足で降り立つべきではないでしょうか。

  58. 二郎さんが示してくれた裁判結果の件ですが、創価会員は、ほとんどといっていいぐらいその事実を知らないと思います。
    昨年、覚醒した当時に、ネット上のサイトでその事実を知ったのですが、本当に驚きました。
    当時とっていた創価新報紙上では、勝訴した裁判のみしか載っていませんでしたので、私自身もほとんどの裁判で勝っているものだと信じきっていました。
    それが、そのほとんどで負けていたという事実。
    その事実を知ったときに、すぐに主人や義兄にその話をしたのですが、「何かの間違えじゃないの?情報はネットだろう?」と信じてくれませんでしたね。

    私自身もそうでしたが、完全な創価脳になると、創価以外からの情報は知ろうとしないし、信じない。
    恐ろしい脳の回路ですね。

    トールさん
    純粋というよりも、私の場合は、完全に思考が停止されていたんだと思っています。
    そして義家族と配偶者が、今でも強烈な盲信的なバリ活なので、気がつくのが相当おくれました。

    ただ、結婚するまでは外部だった事もあり、学会的な子育て(会合優先)はどうしても受け入れ難かったのと、幹部の方の子育てを見ていて首をかしげたくなる事が多かったので、盲信だったとはいえその部分は反面教師にしていました(笑)

  59. signifieさん
    番外ですが、コメントいたします。
    対話のほうは私がどのように思われてても大丈夫ですので、3つのお題について、まずはそこまでは続けましょう。

    キキさん
    真心の激励ありがとうございます。

  60. 話し合いにの中に出てくる間違いなどあったとして、過去の事件がどうのこうのであったとして。。そういう諸々はあとから知ったことで、それが正しいとか間違いとかそんなことで創価を信じたり信じるのが嫌になったわけではありません。ここに来るほとんどが、実生活の中で、おかしな、常識では考えられない体験をして、見切りをつけただけ。はたから何を言われても、もう信じられなくなった時点で終わりです。逆に創価の人達だって、はたから何を言われても信じるものは信じるでしょう。
    見切りをつけた元活動家がここに集うのは、長年創価でやってきた考えと自分が見た常識とは離れた創価の実態が嫌になった自分、まだまだ長年のトラウマや家族の関係ですんなり脱会できず悩んだりすることをここで考えて気持ちを整理するために来ています。
    誰かに洗脳されてここにいるわけでもないです。
    もう、洗脳はまっぴらごめん、なんですよね。
    ここでの元活動家が書いたのは実話です。実体験です。どの話とっても異常です。
    矢野がどうの、ってのもどうでもいい話です。矢野にたぶらかされて創価を嫌になったわけではないので。何度も言いますが、人間、どんなことでも信じられなくなったら終わりです。シンプルに、それだけの話です。

  61. 管理人さん、みなさん、そして私自身も
    長年にわたり創価学会で過ごして、リアルに感じた事実を
    コメントしているのであって、現実において
    見過ごせない問題が共有できる貴重な場であると思います。

    一般社会を生活する中で、これからの親の行く末を思う中で、
    一人で判断するには、あまりに問題が複雑すぎます…!
    ここでのいろんな方のコメントは思考を広げてくれ、柔軟にしてくれます。
    創価学会がどれほど深刻な社会的影響を及ぼしているのか、
    ぜひ宗教から離れて考えてほしいと思います。

    教義についての真偽は私は関心がありません。
    宗教性に言及するのは、いまは遠慮しておきます。

  62. kickeyさん
    >人間、どんなことでも信じられなくなったら終わりです。シンプルに、それだけの話です。

    同意です。信じられなくなった、それだけの話。そのとおりです。

  63. 2世のマヨイです。
    先日未活の子供のところへ青年部の方が来て、何やら仕事や趣味のことをもっともらしく聞いてくれていましたが、「実は今度選挙があるんだけど。知ってるかなあ。あんまり興味ないよね。○○さんって人が出るんだけど。会った?そう、良かった。まあ、そういうことだから。」・・・これって投票の依頼にもなってないような・・・婦人部の集まりでも、末端では大体がこんな感じで話が進んでいき、詳しい説明のないまま選挙戦に突入でした。誰も何もわかっていないのに尋ねません。わかっていないのに他人に投票依頼します。遺言通り政治を監視している人はいるのでしょうか。
    私は、党の委員長だった人物が二人も何をしてあんなに同時中継や新聞紙上でボロクソに叩かれているのか知らないまま、尋ねないまま、今に至っています。(そんな程度で活動家だったと名乗れるのかと言われるとその通りですが、こんな者でも十分に活動家として数に入れていただいていました。断らなければどんどん役職を与えられ続けたでしょう)。当たり前ですが、本人ではないので調べたところで真実かどうかわからないでしょうし(裁判結果や報道が正しいとは限りませんし受け取る側によって事実は曲げられるので)、kickeyさんがおっしゃるように覚醒への道に関係ないように思うので今となっては興味がありません。
    個人的な感想ですが、こちらのブログでは活動家だった人たちの真実の声が中心で、それ目的に読ませていただいています。衰退は明らかですし、特にイメージダウンを狙っているのではなく組織にイメージダウンした人が集まってきているのではないでしょうか。

  64. レモンさん、そうですよね。
    私はバリ活の白ゆり長に、人革の山本伸一の入信秘話は実際の池田氏とは違う創作だと言ったら、頭から信じませんでした。
    「そんなのいつ誰が言ったの?嘘に決まってるじゃない。これが本当だったら皆もっと大騒ぎしてるって!」
    と全く取り合いませんでした。
    もはや事実も信仰もいっしょくたにして、全てが信教の自由ですね(笑)

    私は白いブランコさんが創価をよくしたいと思う気持ちはいいと思うんですが、皆がここまで批判するのは散々迷惑をかけられたからなんです。
    改革というなら迷惑きわまりない以下を改革できますか?
    どうぞやってみてください。

    〇選挙
    本来、立候補した議員が寒空、炎天下の下声を枯らして頭をさげて、ヤジを投げる有権者に得票を頼みます。
    公明党議員が頭を下げてるのは優しい優しい支持母体です。
    支持母体に勇気を持って電話をかけさせ友達を無くすようなことをさせて、のうのうと当選なんて何様ですか?
    一般会員にF取り、報告させることを即刻撤廃しなさい。

    〇未成年について
    信教は成熟した大人が選ぶ権利があります。
    未成年を勝手に入会させることは人権侵害です。
    未成年の入会禁止と、未来部を一切撤廃しなさい。

    〇聖教新聞
    宗教会報のくせにスポンサー広告を載せて新聞扱いし利益を上げているのだから、販売促進、営業は職員がやるべきです。
    一般の会員の新聞の押し売りは内部も外部も人間関係が滅茶苦茶になり、不快な思いをする人が続出しています。
    会員の新聞啓蒙を禁止、撤廃しなさい。

    〇財務
    家族に満場一致のサインがないとできないように改正しなさい。
    これで離婚、家庭崩壊が続出しています。

    これで功徳がなくなるなら信仰自体がインチキです。
    貴方が抱きしめている偉大だという御本尊、題目はそれだけでは力がないのですか?

  65. 党の委員長だった2人を、イケダさんがなぜボロクソに執拗に叩いていたか、そこに創価学会という組織の体質全てがあらわれているとも言える象徴的なことだと思います。イケダDという人の人間性が顕著に現れていると思います。どんなにうわべを飾ってもつまらない人間性は隠しようがありません。こういう人はどこが地雷になるかわからないものです。え?そこか?というようなつまらないことで
    切れたりします。そしてキレると手に負えない。叩くために手段を選ばない。そんな人について行ける人がいることが本当に不思議です。

  66. ここに集っておられる方たちは、素直で正直な人達だと思います。洞察力もあるかな。何か不信に思って言動すれば、徹底的に叩く、嫌がらせをし、苛める。実際私が受けたことです。挙げ句のはてには、反逆者、精神病扱いです。どうして、創価さんは人が嫌がる事ばかりするのですか?全く、理解不能です!

  67. 現実的にいろいろ考え合わせると、ついていけない場合が多いのです。
    たとえ母娘であっても、夫婦であっても、親子身内であっても…

    どうか脱会を希望する者に対しては、
    扉を開けて送り出してやって下さい、お願いです。
    その権利を奪うことはできません。
    それがあなたの人格への裏切りではないのです。こちらも辛いのです

    3.11を超えて、春がやってきます。
    どなたにとっても自分自身の新たな春となりますよう

  68.  過去の出来事をあげつらってイメージダウンをはかっている旨をどなたかがおっしゃっていましたが、あれは過去のことであって今は関係ないということでしょうか?
     私は学会があまり好きではありませんでした。というより嫌いでした。けど、兄貴や母親が一所懸命やっていることだし、自分の治療室を軌道に乗せたいの一心から、自分なりに活動してきました。活動の中で池田氏の著作を読み、教学を学びなどするうちに、学会には少々無茶苦茶なところはあるけど、一人の人を組成させ、社会をよくしようとしているのだと思うようになりました。
     しかし、ネットが普及したことによって、それまでは知ることのなかったいろいろなことが表に出るようになりました。そして学会が過去に起こした犯罪行為の数々を知ったとき、少なからずショックを受けました。いろいろとあっても学会は基本的に善の団体だと結構本気で信じてたのに、なんじゃこれは。しゃれにならんじゃないの。それにこんな話はこれまで聞いたことがなかった。
     何というか、裏切られた気分でした。もしあのとき、このことを知ってたら活動なんかせんかったわ。自分は視覚障害があるのでみんなみたいに活動ができないことに不全間を抱きながら活動してきたのに。正しいから迫害される、いやいや迫害なんていう崇高なもんではない。世間から非難されるだけのことをしてきたではないか。まったく笑止千万である。なめとんか。
     去年11月の会則変更で富士大石寺のご本尊を否定したのも笑わせる。かつてあの悪名高い「折伏教典」で大石寺のご本尊でしかだめだ、という旨をぶち上げていたのに、大石寺の本尊はだめで学会の本尊はよいなんてわけがわからんぞ。学会の本尊も元を正せば大石寺の本尊を書写したり模刻したものではないのか?まったくわけがわからん。
     色々書いてたら文章が乱れてしまいました。すみません。

  69. kickeyさんの話に同意です。
    私も難しい話はよく分かりません。ただ大嘘つきの詐欺集団っていう事実だけで充分です。
    騙された事に腹が立ちますが、主人も周りの学会員さんもみんな被害者です。
    悪いのは金満デブと一部の上層部です。
    私は金満デブはもうこの世にはいないと思ってます。
    なので、上層部がいつまでこんな茶番を続けて彼を生かしておくのか、学会員もセンセイが何歳まで生きたらオカシイと思うのか、Xデーはいつになるのかが楽しみです。
    あんなにカリスマ性のある人間は今もこれからも出現するとは思えません。
    ヒットラーのような独裁者です。

    主人のような創価脳の人と対話しても、全然話が噛み合いません。ずっと平行線でキリが無いのです。
    signifieさんの言われるとうり、自分で気付くしかないのです。
    ただ私も今の生活を壊したくはありません。
    脱会した今、主人の地雷は踏まないよう、笑顔で接していつものように振る舞っています。
    なので、ここでしか私の本音を言う事ができないので、吐き出させて下さい。
    文章力も無く、頭も悪いので申し訳ないのですが、よろしくお願いしますm(_ _)m

  70. 創価の常識は 世間の非常識・・・
    モニカさんのおっしゃってる四項目(選挙活動、新聞というより会報啓蒙、子供の許可なく勝手入会させる、家族に内緒で財務)が 正にこれにあたり、私の後悔するところでもあります。
    信仰の名のもとに、これらをしないと 功徳がない、それどころか 良くないことが
    おこるかのような指導・・・
    創価の黒い部分は はっきり知らないし、反逆者とされる矢野氏ら面々も、
    真相は 実際 自分でみてないから どうなのか・・・?
    そんなことより 上記の非常識さに 嫌気がさしましたね。
    改革できるのかな?
    非常識四項目を やめれたら 創価でなくなるというか、日蓮もトッピング程度だし
    団体として やることないよね~。
    キキさん、はじめまして。
    このブログ 怖いですか?
    私は このブログにすくわれました。
    現場では 本音は潰されるし、この場がなければ、自分が 持ちこたえれたかどうか・・・

  71. まずは選挙も近い事ですしフレンド票を集める事から辞めていただきたい。

    「難しい事は分からないけれど公明党宜しくね」

    なんて無責任なの!

  72. 私も覚醒してから、こちらのブログに出会い、今までの全ての疑問が解けて、完全な覚醒ができたと思います。コメントはもちろん、様々な情報を提供してくださる皆さんのおかげです。

    正直、始めの頃は、詐欺や暴力団と言う表現や、宗教ではないという意味がさっぱりわかりませんでした。
    そして、他のブログなど、多数のブログ読んでますが、創価学会は売国奴とか、国をのっとるとか、それは何をいっているかわかりませんでした。妄想?や作り話?批判?
    改革したいなんて頑張ってるなら、いいじゃないか!情熱があって、と(笑)

    詐欺や暴力団、売国などの表現が、どこからきたのかがわかりました。
    それ以来、宗教だと一切思わないし、え~詐欺ですわ、と思うし、どんなに改革したくても、本質は暴力団のようなものに、情熱もっても暴力団をますます栄えさせるだけだし、離れることが一番とよーくわかりました。

    本質も知らず、改革だ!なんて。
    創価で頑張っている人たちを見下す言い方だ!ひどい!とか言ってる創価脳では、世間には笑われますよ。
    創価学会を批判しているあらゆる人たちは、創価学会の良さをわからない、無知だから、言いたいことを言ってるだけなのよ!と勘違いしているのは、創価学会員、信者だけ。
    無知なのは、あなた方。世間の方が本質をよーく知っているから、批判しているということも学びました。

    3/14日から、国連防災世界会議が仙台で行われます。ラジオから、創価学会の震災直後の支援も紹介される?とか、聞いて、はぁ?と思いましたが、あっ、国連といえば、創価学会と密接な関係があったんでしたよね、
    国連ねぇ….. その本質は?自分で調べてみては。
    「国連防災世界会議で紹介されるのよ、創価学会って本当に凄いでしょう」とでも勧誘のネタになるんでしょうか(笑)
    無知な婦人部は、自慢するんでしょうか。
    防災会議そのものは、素晴らしいことなんですが…..
    いろいろなことを知れば、知るほど、無知なことが一番怖いと思い知らされてます。

    最近見た有名な人?のブログに、
    …..創価学会も役目を果たしたら池田氏もポイ捨てされるのでしょう~あっという間に崩壊することでしょう、えっ、もしかして今がその時?と、思いました。

  73. キリコさん、同じです。
    私も創価の悪事を知った時は、裏切られた気分でした。知っていれば活動家にならなかった…。悔しいです。

    創価学会の数々の裁判沙汰は、創価側も機関誌にしっかり書いていますよね。
    相手側をバッシングして「学会正義を証明する」など威勢よく書いていましたよね。
    でも、その裁判に負けると敗訴確定した事実は載せない。
    これでは創価側の言い分しか聞いていない人は正しい判断できないですね。

    私たちに真相などわからないと言うなら、創価が伝えている実話とされていることも真相はわからないのは同じです。
    私の盲信家族、創価の悪事に関して「信じない」と聞く耳もたず、創価側から聞くことは一切疑わず信じるんですよ~。苦笑
    それが洗脳されている姿だと気付きません。
    調べればわかることだと言っても、調べることもしません。
    創価に関しては話しが噛み合わないのが毎度のこと。創価以外のことではわかり合えるのに。

    自分が信じている団体の醜聞は聞きたくないでしょうけど、実際にあるのですからね。
    いろいろな問題を、創価側の説明と客観的な説明と両方を聞いて、考えることが大事ではないでしょうかね。
    もっとも、問題があることも知らない、知ってもスルーして問題に思わない会員の方も多いかもしれませんが。。

    私自身は、裁判沙汰のことで、創価学会が勝訴を掲載するが、敗訴は掲載しないことに、創価学会の隠ぺい体質を見て、不信感が決定的になりました。
    創価発信じゃない情報を知りたくて、本やネットなど調べるようになりました。

    国のことなんかでもそうですが、知ることは大事です。
    ナチスのホロコーストのことでも考えさせられたことがあります。
    昔、「なんであんな酷いことをしながらヒトラーは国民に支持されたの?」と、歴史教師の伯父に聞いたら、「国民は知らなかったんだよ」と。
    知らないって、すごいなと思いましたよ。

  74. 活動家の人でも最近入った人とかは知らないことが多すぎると思います。

    54年の勇退の時引導渡したのは、
    4.5.6代会長ですよ。時の流れには逆らえませんって

    その時は日蓮正宗の信徒団体として維持していくには先生を切るしかないという判断。
    んでもって、いまは組織を維持してくには先生を神格化するしかないという判断。

    どちらの判断にも同じ人が関わってますね
    今の会長です。はっきり言って利用できればどちらでも良いんですよ。
    だからあとからつじつま合わせでいろんなこといいだす。

    今の男子部長の親は盗聴かなんかで捕まってるし。

    知らないのー?現役活動家の皆様。

  75. 6年程前に元圏長に相談しました。学会を良くしたいと、圏長曰く、地区部長にならなければ出来ないと! 
    地区の最高責任者だと改革が出来ますか?
    何が出来ますか?
    過去に改善?改革をやれた地区部長がいましたか?
    まずは選挙活動 法戦?をしない
    座談会に選挙を持ち込まない!
    これを全国何千?とある地区でどこかしらで出来ますか?
    今は出来ないとしたら何年後?
     白いブランコ様 創価の改革よりご自分で宗教法人か何か立ち上げたらあなた様の思う活動が出来るのではと思います。 
    その時には陰ながら応援させて頂きます。

    現在 私は学会を辞めて組織や形式に囚われずに地域社会と関わっています。
    創価で経験した10数年がある意味役に立っております。
    一家不楽の信心(殆どの家族が不仲、又は仮面家族)
    自分の幸福しか考えない信心(功徳欲しさの行動)
    盲信(良いも悪いも全て信心で捉える)(法戦は結果がすぐ出る等)
    唯一無二の信心(修羅界を仏界と勘違い)
    題目闘争(10時間題目で自己催眠状態)
    乞食信心(功徳を際限なく欲しがる)
    創価のおかげでこれからの生き方が徐々に明確になりつつあります。

    追記 決して創価に感謝するわけではありません。
    何故なら創価に殺されたも同然;または廃人同様で苦しんだ
    苦しんでる身内も何人もみているし未だ関わっております。

  76. そう、無知は利用されるだけ
    もっと真実を知る努力をしましょう。
    馬鹿を見て泣くのは自分ですよ

  77. その昔、名誉会長に「お会いした」時も、一方的に話しを「はい!」と聞くだけで、
    質問タイムのようなものは一切なかったのは、思い返せば不思議なことです。
    名誉会長にお会いする前は幹部から「質問されたらハキハキこたえるんだよ」
    「とにかく元気いっぱい、はい!と返事をすることが大切だよ」と指導されましたが、
    なんか変な組織ですよね。
    学園草創期の女子生徒が、名誉会長の紙焼き写真をアルバムにしたものを見たことがありますが、
    写真と合わせてなぜかストローも挟まれており、そこに「お父さんが使ったストロー」と
    キャプションが書いてあって、「すごいなー、先生を求める心は」と感心していましたが、
    気持ち悪いことこの上ないです。
    自分のことを「お父さん」と女子生徒に呼ばせて、どんな気持ちだったんでしょうね
    創立者様は。

    学会はことあるごとに「女性の世紀」と謳っていますが、
    私の記憶の範囲では女性の副会長が一人もいない(いたらすみません)事実1つを
    とってみても、いかに男性優位な組織かわかると思います。

    中にいるときは、まったく気になりませんでした。
    マインドコントロール恐るべしです。

  78.  センセイが姿を現さないでいることは、どう考えても既成事実です。また、個人的な予想ですが、先述した「池田大作ミイラ化計画」なるものが、時系列的に、姿を見せなくなる前の話であることから考えれば、信憑性は高い事象と思われます。
    お寺の某お坊さんに対し、「撲滅勤行キャンペーン」なるものをしていたことからも、センセイが某お坊さんよりも先に死亡したら、信者に「功徳」の説明がつかなくなるし、また、一体どんな説明をするのか聞いてみたいところでもあります。もし、センセイが死んだとしたら、姿を見せなかった間のことをどう説明するつもりでしょうか?

    勝手な予想ですが、

    ▼世界が嫉妬するから、内密に世界の要人と対話し、あの戦争を止めた。
    ▼世界が嫉妬するから、内密に世界の要人を招集し、極秘で平和会議をしていた。
    ▼世界が嫉妬するから、内密に世界の研究者と対話し、名誉学位を貰ったが敢えて発表しなかった。
    ▼世界が嫉妬するから、内密に世界各地で、対話し、沢山の賞を貰ったが敢えて発表しなかった。
    ▼世界が嫉妬するから、内密に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・が、敢えて発表しなかった。

    など、確認しようのないエピソードが出てくるのではと思っています。

     恐らく、死後も収入源として「センセイ全集」みたいなものを出すことも予想されます。しかし、最期の部分がなかなかうまく書けそうにないのではと思います。
     しかし、創価は民間の宗教団体なので、存在も任意。要は「何でもアリ」なのは周知の通りなので、センセイの最期は、創価の本とかDVDとかでは、不死鳥か龍か架空の生き物になって「世界の仲間に見守られながら光り輝く大空へ飛んで行かれ、広宣流布と世界平和が達成されました・・・」とか、空想的なエンディングとかになっているのでしょうか?

    やはり、某お坊さんより先に死亡発表するメリットを見つけることができないです・・・・・・

  79. ダイアナさん、ごめんなさい。
    まだ知らない事が多すぎて、勉強途中なので、難しい事は分からないとなってしまいました。日本語って難しいですね。

  80. ラベンダーさん。
    なぜ、お謝りになられるのですか?本当ですね…言葉は難しいですね。私は全く気にはしていないです。
    私もまだまだ勉強中です。^_^

  81. あまにぃさんと同意です。
    白いブランコさんが創価学会を変えたいのなら御自分で宗教法人を立ち上げればよろしいかと思います。
    会社だってそうです。社長の下で働くことは良しとしない、組織を変えたい!と思うならば起業する事がいちばん利に叶います。
    創価学会が株式会社だったらお金を沢山積んで筆頭株主になれるのですが。
    創価学会が公明党を利用して政界に進出したのは国立戒壇の為ですよね?私の中では思いっきり

    創価学会=公明党

    です。
    知らないとは罪です。政治のせの字くらいは学んでから支援して頂きたい。無知の方が多過ぎます。

  82. 白いブランコさんの仰ってる改革がなされるのであればシニフイエさんのが言われているようにすばらしい組織になるかも
    しかしそれはもう創価学会ではないでしょうね
    是非幹部にあなたの思いをぶつけてみて、その反応をこのブログに紹介お願いしたいです
    私はその昔、会合終了後白いブランコさんの思うような質問をぶつけましたが、結局周りの男子部に取り囲まれ散々な中傷を浴びて終わってしまいました
    組織に対する不信感の芽生えでしたね

    不信感を抱いている学会員のみなさん是非声をあげてください,あげなければいけませんよ!
    創価の悪事があばかれるこんなネットの時代が来たということは、
     御本尊様の功徳でなくして何でありましょか!  あら? (-_-;)

  83. 先に書いた創価の問題点ですが、これをやらず存在している「ふつうの宗教団体」はいくらでも存在します。
    同じ日蓮の題目を唱える立正佼成会などは誰も問題にしていません。
    宗教なんて信じる人にとって素晴らしければ教義など自由なのです。
    だから本尊がカラーコピーだとか何だとか、私はいいと思います。
    一般の人がお寺や神社の教えにいちいち噛みつきますか?
    本尊やお札にいちいちイチャモンつけますか?(噛みつくのは創価、元創価の一部だけです)
    叩かれるのはあくまで「人に迷惑、不快感を与えること」をするからです。
    そして創価の本質、やりたいことは残念ながらその「迷惑行為」なのです。
    これが創価が存在する目的です。

    白いブランコさんはそういう迷惑行為は不本意で、純粋に信仰したいだけだと思います。
    ですが創価の指導は
    「嫌われ、迫害されてこそ宿命転換はできる」
    「末法の衆生は正法の正しさが解らないから、批判してしまうだけなのです」
    「これに負けず、粘り強い対話で理解を広げよう」
    という詭弁の下、この迷惑行為こそが功徳の根源だと徹底的に訴えています。
    ※目的が迷惑行為によってもたらされる恩恵なので、これを止めさせることは絶対にしないわけですよ。
    聖教新聞など、自分たちは指一本動かさず、お金もかけず販売部数を伸ばしたい。
    だから「新聞啓蒙することで宿命転換ができる」などと、平気で言ってのけます。

    改革とは迷惑行為をやめて、純粋な信仰団体にすることですよね?
    創価は信仰が目的の団体じゃないんですよ。
    末端がそんなことを思うと潰されます。
    それも同じ信仰者である末端の同志によって潰されます。
    そのようにMCする手筈もしっかり打ってあるんですよ。
    そんな労力があるなら、本質に気づいて脱会しなさい。
    脱会して、MCされている信者を助けることの方がよっぽど「改革」ですよ。
    白いブランコさん、お解り頂けると嬉しいです。

  84. モニカさん、全く同感です。白いブランコさん、実現不可能な素晴らしい提案だと思います。>納得できなければボイコットすればいいと思います。私は、ボイコットしました。するとどうなったか?いつまでも追いかけられ、付きまとわれました。私も悪かったのかもしれませんが、意思のないものを追いかけてどうなるのでしょう。私のことが許せなかったからでしょうね。そして、幹部に告発しました。それからは収まりましたが・・組織が犯した悪事を幹部にいっても一切無視し叩いてやらせる。もう完全に非活ですが、未だに罪悪感と恐怖の狭間で苦しんでいます。どう気持ちを切り替えたら良いのかわからないのです。組織からは、異端児扱いでしょうし、笑い者でしょう。自分は価値のない人間だ、と思うようになりました。もう辞めるしかないですね。静かに辞めさせてほしいと思います!

  85. ご無沙汰しています。
    元男子部本部長をしていたものです。
    白いブランコさんのように僕もかつては創価学会の改革の理想をいだいてました。

    白いブランコさんの文面からは、責任感や当事者意識の高い方だと感じでいます。
    ゆえに、あえてお願いするとすれば、まずは勧誘(折伏)を止めることです。
    未活への家庭訪問も、部外者への新聞啓蒙も。

    自分が100%納得できていない組織に、“とりあえず”でも引っ張ることは無責任です。
    少なからず、僕はそう感じたので一切の活動を止めました。

  86.  マコさん、返信感謝です。
     「私の盲信家族、創価の悪事に関して「信じない」と聞く耳もたず、創価側から聞くことは一切疑わず信じるんですよ~。苦笑」
     ああ、ありますね~。私も活動家だったときには学会は正しいと信じてたので、学会を批判したり批難したりしているような記事は読まないようにしてましたし、読んだとしても、学会のことをよく知らずにしょうもないことを書いてるな、と思ってました。
     けど、今思い返してみると、あれは「正しいと思ってた」というよりは「正しいと思い込もう」としてたなと思います。自分のやっていることがおかしいとか間違ってるなんていうのは耐えられませんからね。ご家族も意識するかしないかは別にして組織や活動について矛盾や違和感を感じているんではないかと、けど、それを認めてしまうと精神の平衡を保てなくなるので、聞く耳を持たなかったり、攻撃的になったりするんではないかと。
     私自身も学会の悪事を知ったときには、心がちぢに乱れました。けど、少し落ち着いてみると、悪事の情報を知ったことで、活動の中で感じてた矛盾や疑問がかなり解消されました。それまで学会は正しい、と無理矢理に思い込んでたのと比べると苦しさは半減しました。
     今つらつら考えてみると、自分は母親や兄貴に怒られるのが嫌で活動してたなと。活動してないと居場所がないような気がしてたし、治療室を開業したばっかりで不安でもあったし。なし崩し的に活動してましたね。ああ、嫌なことを思い出してしまった。
     まこさんごめんなさい。まこさんの責任ではありませんから(苦笑)。。

  87. 池田氏が五年も姿をみせないわけ・・・は、こちらの方々は 皆、感づいてるわけで、
    では 後 何年 こんな茶番を続けるんでしょうね。
    一応 本人が書いたとされる、「新人革」はキリのいいいとこで 最終回をむかえたいだろうし、金と票になる無知な輩(そう思ってるんだろうな、腹たつわ)をいかに 団体に繋ぎとめるか 悪あがきが 見ものです。
    その時に 多くの人が 覚醒してほしい、いつまでも 善良な会員を なめんなよ!

  88. レモンさんや、まだ組織におられる方にちょっとお聞きしたいのですが。。

    3.11、4年目というこの日。。
    全国の創価学会の組織では追悼の唱題会とかされているのでしょうか。。

    全国の神社仏閣では、この日に合わせて追悼の祈り及び黙祷を捧げています。。

    それでふと、創価学会ではどうなのだろう?と思いまして。。

    やはり、選挙活動に忙しくて、それどころではないのでしょうか。。?

    急に、とても知りたくなりました。。

  89. 白いブランコさんのおっしゃる、選挙のこととか、目標のこととか、改革すべきいろいろ、私も言ってみたことありますよ。あの項目全部ではないですけど、幹部に。完全に「やる気がない、組織に反発する人間」扱いされましたね。挙句の果てに池田金満デブのことを聞いたときにキチガイ扱いでした。signifieさんが言われるように、一度行動を起こしてからでないと、ここにいるみんなの気持ちがわからないと思います。行動を起こさずくちではなんとでも言えます。書いたことすべて行動してほしいです。私もsignifieさんと同じ思いです。
    そんな改革ができるような組織なら、このブログにこれほど多くの常連も来ないです。
    改革ができるような素晴らしい組織なら、組織やめませんよ。あれほど信じていたんだから活動続けるでしょうね。しかし、気が付くんですよこれが。行動を起こすとで。行動を起こして疑問を感じたことを質問したことで、その結果覚醒するパターンがほとんどですよね。
    行動起こした結果を本当に知りたいです。教えてくだされ~♪

  90. 少し前に書き込みした、友人が学会員の晴です。

    私は外部で無宗教です。
    友人からは「晴は信仰のことも、学会の素晴らしい仲間のこともわかってない。功徳の体験もないのに悪口言うなー」と、いつも怒られてます笑
    たしかに、信仰の心理はよくわかりません。
    でも、信仰うんぬん別にしたら、物凄くわかりやすく胡散臭い。と思うところがたくさんあるのに、突っ込まずにいられません。

    1)真心のご供養です、たくさん寄付させるのは邪宗の証拠です、と言いながら、でも身の丈に合わない桁外れな寄付を黙認している。

    2)巨額の会計収支を一切公表しない。
    が、納税者番付、筆頭株主情報、などから、信仰活動以外の営利活動の資産運用を行っていることは明らかである。

    3)選挙活動を仏道の功徳と結び付け、法律ギリギリの『応援』活動を法戦と叫び、煽っている。

    4)国政に進出し、政策が自分たちの教義に正反対な自民党にしがみつき、選挙協力してまで与党に固執している。

    5)仏道修行だとして、宗教団体の機関紙を無料奉仕で配達、集金させている。

    6)悪を責め抜くと言っては、仏教徒らしからぬ罵詈雑言な言葉遣いで人を非難し、集団で呪いの唱題をあげる。

    7)なのに責める対象の悪は、社会一般にとっての悪行を行う者、例えば平和を乱す犯罪組織や、無実な人間を傷付けるテロ集団などの極悪な相手でなく、教団上層部にとって都合が悪かった人や、金銭に堕落している、女遊びしている、などという次元。

    8)世界宗教?なのに、代表が公式の挨拶や説明もなく突然姿を消す。

    9)信仰の命、なはずの教義や信仰対象の本尊観などを事情に合わせてクルクル変更できる。
    しかも、そのことを大した問題ではない、くらいに思っている。

    10)裁判沙汰を頻繁に起こす、又は起こされていて、しかも負けている。

    外部の人間は皆、こういう客観的な事実だけを見て、間違いなくまっとうな集団ではない、と感じています。
    単なる噂とか、言われなき迫害ではありません。

    学会は、これら全てに『信仰』という装いヴェールをまいて、その異常さを煙にまいています。

    この異常さに気付けないくらい、自分の判断能力を奪われ、本来の人格を失うほど洗脳された人が、日本中に何万人もいる。
    そして、彼らが、政治やマスコミを始め、教育機関、警察、法曹界、いろんな重要な組織に紛れ込んで、さらなる洗脳者を増やそうと企んでいる。そのことが最も憂慮すべき問題だと思うのです。

    改革と言っても、学会に洗脳された頭で考えつく改革なんて、外ヅラの塗り替えくらいな効果しかないと思います。

    本当に改革するなら、まず本来あるはずの自分自身の判断能力を取り戻すこと、これがまず1番の始まりだと思います。
    取り戻しても尚、改革したい、と思えるのかはわかりませんが。

  91. 白いブランコさんの様な学会の友人だったら、”少し”は対話できたかも知れないと思います。私の学会の友人(友人だった)は聞く耳を一切持ちませんでしたから。

    本当に改革できたらいいですね。
    でも理想とする思想を持つ事だけで改革できるというのならば、まさに唱題していれば全ては叶うと同じであって言っているだけで行動ではないはずです。
    行動するならば選挙支援運動、一切今から辞めていただきたい。
    池田新聞、いや違った、聖教新聞啓蒙を一切今から辞めていただきたい。
    今日からでもすぐできますよね。

    私は死んでも、公明党だけは票を入れません!(色んな事思い出して腹立つわ〜)

  92. 私自身も、まだ活動家だった頃創価のホームページのメールから白いブランコさんの言う改善をして欲しいっと2回ほどメールを送りました。幹部にも直接話しました。一生懸命に聞いてはくれます。分かってもくれます。もしかしたらその幹部の方は、更に上の幹部にも相談してくれたと思います。全国から多くの真面目な活動家が幹部へ改善を求めたと思います。創価の悪行も知らず組織を良くしたい、改善して欲しい、会員の幸せを願って訴えたでしょう。また現在も白いブランコさん以外の活動家も声を上げていると思います。でも、全く変わっていませんよね。ほんの少し会合が減ったり、F報告の回数が減るぐらいで結局何も変わりません。変わったのは教義です。残念です(°_°)まだ、創価を信じて今日もF活動をし土日は、◯◯デーと言ってF取りです。関西公明ジャーナルを鞄に入れて友人とランチです。切り出すタイミングを計ってのお喋りはストレスです。結局、話が出来ず家に戻り題目ですわ・・活動家だった頃の私です。もうこんな事辞めさせて下さい。原田さん、杉本さん。頼みます。

  93. 流れ星さん
    >3.11、4年目というこの日。。
    全国の創価学会の組織では追悼の唱題会とかされているのでしょうか。。
    やはり、選挙活動に忙しくて、それどころではないのでしょうか。。?

    はい、その通りです。
    選挙活動一色で、追悼唱題会など一切ありませんでした。
    聖教一面では、全国39会場他、全国全世界で「福光勤行会を厳粛に!」とデカデカと書かれていましたが、どこの事でしょうね?
    全国どこでも選挙一色です。
    何てたって上っ面だけの団体ですからね。

    白いブランコさんの書かれていたコメント
    >通常、地区部長・地区婦人部長を卒業?すると、副支部長・支部副婦人部長になられますが、
    その役職の方で、未活になられる方が見受けられます。
    改善しようとして潰されたのかもしれませんね。

    違うと思いますよ。
    単純に嫌になったから出なくなっただけですよ。
    本来、信仰は自由な筈なんですから、出ようが出まいが自由なはず。
    それが、創価では、活動家から未活になった人へは、常に厳しい目を向けます。
    相互監視です。
    最初から非活の人には、お客様扱いでソフトに接し、活動に出ようが出まいがそれほど関心を示さないのに、活動家が非活に転じると裏切り者扱いで散々の言われようです。
    信じられなくなったから去る。ただ、それだけなのに「裏切り者」「退転者」といレッテル。

    池田がそのように糾弾してきたから、創価会員はそのように擦りこまれているんでしょうけどね。
    活動家から非活に転じたのが退転者というのなら、創価の1番の退転者は、池田自身でしょう。

  94. キリコさん、ありがとうございます。
    正しいと思い込みたい。創価が正しいと思い込むことで自分の心を守る。創価の悪事に関して信じない人はそうかもしれないですね。

    早く創価の悪事が白日の下にさらされてほしいものです。

    私もショックは大きかったですけど、カルトの呪縛から解放されたことは、精神衛生上すご~くいいです。^^

  95. ダイアナさん、ありがとうございます(^ ^)
    どうやら無責任という言葉に敏感に反応してしまったらしいです。
    私の中にある罪悪感。これは周りの会員さん達に迷惑をかけてしまったかもしれないという思いからくるものなのでしょう。
    地区の方達には、今回の選挙戦が終わるまでは私は病気(何の病気か知るのが恐いですが…)で出てこられないと伝えてあるそうです。
    おかげで、会合の連絡も来なくなり、静かな毎日を送っています。
    選挙戦が終わったら脱会の事実は地区に伝えられるのか、そこも不安ではありますが、とにかく組織から抜けられた事に感謝です。
    白いブランコさん、ボイコットなんて出来ないですよ。
    だから、脱会届出したんです。
    是非その素晴らしい改革案を幹部の方に提案して下さいね(^ ^)
    よろしくお願いします。

    主人は私が脱会してから、いつもより増して題目を上げています。毎日必ず一時間、休みの日は朝も一時間。
    娘が「なんか呪いをかけられてるみたい」と言っています。
    幸い子供達は、私がこんなだから、全然洗脳されていません。
    学会に入ってる自覚すらないと言っています。
    我が家は主人一人で学会は終わらせます。

  96. あらためて池田氏が不在であることについて
    創価学会が
    今後この体制を運営維持できない可能性が高い
    そして継承しようとする者も存在しない

    3.11は宗派を超えて祈りがこめられる日であってほしい
    …と思いました。

  97. 今日の聖教1面には、池田名誉会長は東京新宿区の創価学会第二別館で追善の勤行・唱題を行い、東北の同志にメッセージを贈ったと書かれていますね。
    当然ながら、勤行・唱題を行っている写真はありません。

  98. 白いブランコさんの、創価学会は本来・・・の本来って一体何を基準にした本来なんでしょう?と思います。末端の学会員がいい人が多いから?でも実際に運営しているのは、末端会員ではないですよ?末端会員はただ何もわからず、上からの通達に従って活動しているだけです。「本来」で言うならば、創価学会は本来宗教活動よりも選挙活動に比重を置く、あくどい迷惑組織です。が正しいのでは?本来と言うからには、その自分が考える本来の姿に戻したいってことですよね?でも、そんな素晴らしい姿だったときがあるのでしょうか?本来の姿に戻すのではなくて、ただ単に個人の理想の姿にしたい。というのであれば、よそ行ってくれってことになります。幹部が考えを尊重してくれたことに調子に乗ってては甘いです。聞くには聞くけど、改善?そんなことしないよ。出来るわけないでしょう。と本音では思われていますよ。次回話す機会があったら、聞いてもらうだけで満足しないで、いつどのような形で改善してくれるのか、もっと具体的に詰めて話すべきです。提案するだけで終わっていては、いつまでたっても創価学会は、末端会員にとっても社会にとっても迷惑組織でしかありません。

  99. こんにちは、しばらく振りにコメントさせていただきます。
    2世 未活動家 婦人部 60代のミキと申します。

    池田氏の事 私 以前2人の方に聞いてみました。

    Aさんは以前同じ地区で活動されていた方で教学は教授で御書講義などされていました。
    Aさんは「上層部が池田先生の本当の状況を隠していると思うよ」 との事でした。

    Bさんは区の幹部の方ですが、直接聞いたのですが、「私もあの写真のような先生の姿は見たくないよ」と言われてました。

    結局のところ私たち末端や区幹部クラスの方でも何もわからない状況だと思います。

  100. レモンさん、ありがとうございます。。
    やはり創価学会は宗教とは言えませんね。。
    祈りの対象が違いますね。。
    いまで言えば、公明党勝利、が祈りでしょうか。。?

    体裁で聖教新聞に、そんなことを載せるだけなんて、日頃シニフィエさんがおっしゃられるように、いかにも詐欺団体らしい行動ですね。。

    小さなズレのようでも、これは計り知れず大きいです。

    これでよく宗教団体のフリなんかしていますよね。。?日蓮をもし信仰していると言うなら、さぞかし日蓮はあの世?でお嗔りのことでしょう。。

    白いブランコさんへ。。
    いまは聴く耳を持った幹部が多いということでしょうか。。?
    期待されちゃいましたか。。?(笑)

    ぜひ、あなたのその提案が末端組織にまで反映されると良いですね。。
    いつになったら反映されるかな。。?
    正直、わたしは他人事なので、どーでもいいのですが。。

    一言。。
    ご健闘をお祈りいたしております。。
    また、事後報告もよろしくお願い申し上げます。

    全国の活動家のみなさん、組織にもし疑問がおありでしたら、白いブランコさんに倣い、どんどん組織に物申しましょう。。黙ってないで。。

    日本中で、そんな声が上がったら凄いですよね。。(いえ、期待はしていません。。)

    そうなったら、ちょっと面白いだろうなあ、というあくまで傍観者の気持ち、ですが。。

    正直言って、創価学会のTOPは、そんなに甘くはないだろうなあ、とは思いますが。。

    創価学会のあちらこちらで声が上がれば、どうなんだろう?とも思ったりします。。

    いえ、期待とかぢゃなくて。。
    それって、面白そうだな。。みたいな。。

    基本、創価学会を愛している会員さんも多いわけですから、みんなで声をあげれば良いと思います。。キッパリ( ̄^ ̄)ゞ

  101. ボイコットと、非活・脱会がどう違うんでしょうか?
    またボイコットと、創価でいう「魔に負けた」はどう違うんでしょうか(笑)

    創価が3年前より変わったとしたら、またまた「教義が変わった」ことになりますよ。
    あれだけ教えの柱だった「魔に負けるな」がなくなって、「それは魔に負けたんじゃなく改善です」になり、「上から言われたことを愚直にやると福運がつく」もなかったことになり、要するに
    「宗教団体なのに、肝心の教えは都合によりコロコロ変わる教団」
    ということになります。
    会員はそんなコロコロ変わる教えが、永遠の確固たる宗教だと信じることになります。
    それが「改善」ということになります。

    改善しなければ「迷惑行為」
    改善したら「宗教の根幹である教義が都合によって変わる信用のおけない教団」
    ってことになります。
    都合によって変わるその「都合」とは「衰退を防ぐため」ですよね?
    正しいはずの教えが、会員が減ることにより捻じ曲げなければならない。
    その程度の教えなのかということで、はやり脱会者が出ます。

    改善など無理だし改善したところで衰退は止められません。
    何度も言うようにそんな小手先ではなく、本質を見なければなりません。
    カルトを無くす方がずっと改善なんですよ。
    ここをよくよく考えてみてください。

  102. 幹部は話は聞きます。
    ふんふんと目を見て真剣に。
    ですが幹部にそんな力ないですよ。
    私も「相当な職員を知っている」と豪語した幹部に職員の税務署の記録を見せて、じゃあ側近の給与を自分の耳で聞いてくれば?と言いました。
    その幹部「そんなわけないわ!聞いたら即刻連絡するわ!」と鼻息荒く帰っていきましたが、それっきり一切の連絡をくれなくなりました。
    メールも完全無視です。
    選挙のF取りもパンフ送付も「公明党に勤める職員がやればいい」といったら「なるほど!いいアイデアね!わかったわ!」
    と言ったきりぷっつり連絡が途絶えました。
    そんな話、通るわけないでしょう(笑)
    どこかで、バチンと跳ね返されるんですよ。
    何が楽しくて金儲け、票集めを止めなきゃならないのでしょう。
    そりゃあまりに酷いことして、会員が嫌になって脱会しては困る。
    だけど、会員の望むような完全に営利目的じゃない純粋な宗教団体になんて誰がしますか(笑)
    その辺は上手くやるんですよ。
    盲信者をリードさせ上手く。

    実際改善なんてしないけど、もっともな顔して聞く。
    ふんふんと聞くだけで会員は「いい組織だな」って満足しますからね。
    ふんふんと聞くようにMCしてありますよ。
    無駄な労力です。
    そんな暇と情熱があったらMCを解いてあげましょう。

  103. 財務納金が終わったか確認するのが地区部長の役目との話が出てましたが、そういえば、うちにも地区婦人部長が納金確認の連絡してきてて、今年はやっぱやめました。と言ってもしつこかったのを思い出しました。一度財務すると言ったらやめられないんですと言ってたなぁ。その時は締め切りすぎてたんで、振り込みもう間に合わないので、本部長宅へ持って行ってと言われました。そもそも財務は任意なはず。しますと言ってしないと心変わりしたって自由なはず(振り込み前にノート配って、もらった以上やめられないようなプレッシャーかける姑息なマネはやめろです。)振り込み確認をする理由として、せっかく福運がつくのに忘れてるかもしれないから。という話がありましたが、そもそも忘れるような福運などいらないってことです。そんなお節介してまで福運押し付けないでくれってことです。いらんがな。です。本音は、上から取り漏れないようにしっかりねって言われてるんでしょう。にしても、一銭にもならないクソ役職一つで、人がお金振り込んだかの確認までさせられる創価の犬に成り下がってる人に同情します。実権握ってたイケダ氏亡き後、今度は自分たちがうまい汁を吸うぞと思ってる人は後をたたないでしょう。要するにほとんどの会員は、創価に飼われてる鎖につながれたお金を運ぶ忠犬だということです。鎖につながれながら、改善もへったくれもありません。

  104. だんだん覚醒してくるにつれ、いかに創価から危害を加えられてきたかということがわかってきました。宗教って心の拠り所になるものをいうのではないかと思うのですが・・無神経で、人の気持ちも考えずに物を言うし、思いやりや、優しさなどあの人たちから感じたことなどありませんでした。けど、創価の人達も、被害者なのかもしれません。全てが嫌でした。だから離れていったのですよ、創価さん!

  105. 創価にお金で貢献してる人は、一応、福運を期待しながらも、広宣流布のお役に立てていただければ、などと謙虚な気持ちで出しているんでしょうけど、財務の為に自分の妻にブランドバッグひとつ買ってあげたことがなかったり、こどもたちに贅沢にさせたことも無いような人は、そのお金が思ってるような高尚なことばかりでなく、創価職員の法外な給料になって、彼女たちのブランドバッグに化けてたり、高級ランチに化けてたり、職員の子供の贅沢に化けてたりもしてると考えても平気なんでしょうか?日本の会員だって裕福でない人がたくさんいるのに、海外の会員からはほとんどお金を取らずに、彼らには恩恵だけ与えていい顔していれば、そりゃ会員だって増えるでしょう。今まで福運どれだけもらったんですか?本当に財務しなければ得られなかった福運ですか?これくらいで済んだかどうかなんて誰が証明してくれますか?少し自己犠牲すぎませんか?センセイの為に…にどれだけ騙されてきたのでしょうか?都合よく使われることが仏道修行ですか?積極的にこんな活動してる人は狂気の沙汰です。何かに夢中になることでしか生きていけないトラウマ抱えているとしか思えません。創価の活動にこだわることが、そもそもすでに心の病だと思います。

  106. レモンさん、情報ありがとうございました。
    さっそく主人に言ってみました。
    「センセイご病気って言ってたけど、お元気そうじゃない?」
    「ね、今日の新聞見たらね」と嬉しそう。
    「でも、写真は載ってないんだね。センセイの元気なお姿を見たら、みんな安心するのに」「うん、病気で口元が曲がっちゃってるからね。写真が載ったら、週刊誌で言われちゃうでしょ」「何のご病気なの?」「分からない」
    とここで、自分はセンセイに6回も直接お会いして、握手して話しかけてもらった事、ホテルに連れてってもらってテーブルマナーを教わった事などを懐かしそうに話しだす。
    「今センセイは4つの連載を同時進行でご執筆されてるんだ」「凄いね!スーパーマンみたいだね!」「そうだよね」とまたまた嬉しそう。もうここまできたら、本当オメデタイわ(−_−;)
    「それは全部口頭で伝えてるの?」「いや、一部は執筆されてるんじゃないかな?」
    「もう、87歳なのに、そんなに執筆できるのかしら?」と聞いたら、おやすみも言わず部屋に行ってしまいました。
    いい加減気付け!コラっ!

  107. このスレッドを立てて6日しか経ってないのに、100以上の鋭い指摘と、創価改革の提案の貴重なご報告をいただきました。ありがとうございます。
    その結果、ここの常連さんでさえ、何人もの方が創価の改革提言をされましたが、皆さんそろって、幹部は話を聞くフリはしても、決して返事は返ってこないということですね。ありがとうございました!

  108. 白いブランコさんが創価学会を変えたいというお気持ち。測り方はありませんが文脈からは多分に感じます。
    が、変えることは実際にはとても難しいのではと、やはり思います。
    何故なら白バラ通信http://wrpandora.blog.shinobi.jp/Entry/1/を読んでみて実名を公開して学会と闘っている高倉氏の様な相当な覚悟がない限り、ボイコットをするなどしながら「創価学会の改革を!」と訴えかけていくのは絵に描いた餅だと思うからです。
    いっそ同じ疑問を持っている会員の方達とご一緒に退会された方が塵も積もれば山となる改革になるのではないでしょうか。

  109. 白いブランコさん
    >現実の上ではもっとたくさんの提案が創価学会に対してもあったと思います。

    はい、それで改革されたどころか、選挙に熱の入れ方は年々異常さを増すばかりです。
    なぜでしょう(笑)
    選挙って国政、地方も含め全くない年なんて数えるくらいです。
    日本列島どこかでほぼ選挙があるわけで、創価は今や完全な公明党の票取りマシーンとして存在しています。
    だから何度も言ってるように、創価は「末端を使ってこれがやりたい」のです。
    これが目的なんですよ。

    ポンコツ宗教などこれをやらせるための道具に使ってるだけです。
    ただの選挙支援で誰もここまでやりませんが、厚い信仰心を利用すれば
    「この一票を取ることで宿命転換ができる!」
    「広宣流布が進む!」
    と信者は普通では考えられない働きをしますから、選挙には欠かせない必須アイテムになります。

    逆立ちしても何しても創価は選挙活動を止めませんよ。
    むしろやるのは
    「これを(選挙支援)止めさせることがいかに大聖人の正法に背くことか」
    「疑問を持って改革などいかに愚かなことか」
    という洗脳の強化です。

    地区部長が地区からこれを改革?
    その理由が
    >現場から組織を改善していくというのが、先生が示されたやり方だと思います。

    そんなこといつ池田が示しました?
    この目で見たんですか?
    池田がそんなものわかりのいい純粋な信仰者であった、というでっち上げのエピソード満載の洗脳本を真に受けているだけですよ。
    末端の池田センセイの印象は全部都合よく擦り込まれた幻想です。

    むしろ現場では、本部の指導(=池田センセイ直結)と地区部長の創価にはない方針との間に悩み、不信が生まれることでしょう。
    前にも書きましたが、厄介なことに創価は改善しないと疲労が生まれるけど、改善しても不信が生まれる団体なのです。
    会員は勇気を持たないとできない迷惑行為に悩みつつ、これをやることで魔に打ち勝ち、壁を破れるからこそ功徳があるという教義に納得しているからです。
    選挙活動などやりたくないという人も、それは
    「広宣流布には必要なことで、功徳は多大かもしれないが自分はやりたくない」
    だけあって
    「選挙支援なんかボイコットしていい。そうすることによって功徳は変わらない」
    というあからさまな指導を幹部が言ったら、不信に思いますよ。
    そんな人によって言うことが違う、芯のない教えが信じるに値する確固たる教えなのかと。
    当然ですよねえ。

  110. しばらくぶりに訪れました。先生についてなら僕の方でごく一部分のみ明かしてます。

    どうやら覗いてない間に『堅●』氏が荒らしてたようですね。
    とあるところにて偶然にハチあわせしたのだけど、そこへこちらのブログの話があったので再び来てみたしだいです。検索では表示されてるものの、クリックしても出ないことから削除されたのかな?たぶん。

    それはそうと、白いブランコさんですか。
    『心意気』は感じられるものの、おそらくは通じることはないでしょうね。
    あまりにも『印象差』がありすぎているのが明瞭です。

    とはいえ、個人的には『話してみたい』と感じましたね。
    僕自身も組織から距離を置いてる身です。
    僕にさえ通じなければおそらく誰にも理解はされることはないでしょう。
    しかし、それは白いブランコさんだから、ということではないです。
    こちらで書かれておられる方々のそれぞれの『実体験』からそうなっているのです。
    ネットの話より『リアルの実体験』の方が遥かに比重が大きくなってしまうぐらいはおわかりでしょう。
    言葉は丁寧だけど、それだけでは『どうにもならぬ』のが現実です。

    ともかくも今は多忙な時期であろうにおつかれさまです。

  111. お久しぶりです。
    かなり間隔を空けながらのコメントなので忘れられたかもしれませんね。
    「創価スイッチ」と「池田氏が5年も姿を見せないわけ」でコメントさせていただきましたキキと申します。

    シニフィエ様が「彼女」と言われましたが、私は男性ですよ。
    最初に申し上げなくて、申し訳ありません。
    男子部世代で、末端会員ですが役職をいただいてます。

    その後の皆さんのコメントを読み、私は完全に目が覚めました。

    yさん、初めまして。
    yさんの過去のコメントを読み、とても信頼できる方だと思いました。yさんもいろいろな非難中傷がおありでしょうが、同じ学会員として頑張りましょうね!

    白いブランコさん
    白いブランコさんのお話はとてもわかりやすく、理に適っていて、私が今まで疑問に思っていたことがとてもスッキリしました。ありがとうございます!
    このような場でのやり取りは本当に大変だと思いますが、応援していますので、頑張ってくださいね^_^

  112. 撲滅の呪いをかけられている方と、デーサクのどちらが先にあの世に行くのか・・・
    その争い?をこのサイトで知って、ふとおもいました。
    デーサクの周りには医師団がいます。手塩に洗脳してきた内科医2人が主治医。そのほかに、いつでも呼びつけれる眼科開業医のドクター部長(生命維持には役に立ちませんね。物貰いの治療くらいか。)などなど、看護師をはじめ、コメディカル、、、ネットワークは総合病院がいくつでもできるほど充実しています。
    また、わたしは見たことがありませんが、最新の医療機器を備えた建物と病室もあるといいます。
    巨大な財力を持っているので、ICUの機器など1日でそろえることが可能です。
    要は「医療機器・設備・薬剤」も「医療人材」も非常に充実しているということです。
    そして、恐ろしいことは、組織の機密性の高さ!本当にごくごく一部の人間しか、今のデーサクの現状を知れないようになっているのではないでしょうか。
    あのような組織だと、「死亡日」をいつにでもできます。だって最新の医療機器があって、閉鎖性抜群で、医者までお抱えですから。。。。。
    ICUにいたことありますのでわかりますが、医者が例えば昇圧剤をとめた時点で、徐々に血圧がさがり心肺停止にさせることもできます。いわゆる「延命措置をしない」というやつです。普段は昇圧薬で血圧を維持できますが、その逆に有名な塩化カリウムをいう薬剤を注射することもできます。(実際は絶対にしません!あたり前の話ですよ!)この塩化カリウムという薬剤は、大きな点滴に入れてカリウムの補給に使用するのですが、一気に注射すると、急激にカリウムが増えて心臓が止まります。研修医がまちがって一気に注射して死亡例もあるぐらいです。動物実験で動物を死亡させるのに使用します。
    このような怖いことを書くのは、それだけ創価の組織が信頼できないから「こいつらだったらやりかねないな」という可能性があるからです。割愛してくださっても差し支えありません。
    でもでも、みんなデーサク先生がすきだから、一日でも長くこの世にいてもらいたいから、逆のことはしないと思いますが、必死の延命はいくらでもできます。
    死亡診断書を記入できるのは医者のみです。診断書の病名も医者が記入します。日付も・・・
    テキトーに延命したりして死ぬのをのばして、4月2日とかすれば師弟不二となりますし、5月3日にすれば、会長就任日だから、永遠に指揮を執るという意味。。。などなどテキトーに意味づけすることも可能。
    そして、カネヤン(妻)かデクの坊主(息子)に診断書を役所にもっていかせて受理させれば、本当に闇のまま、すべてをストーリーだてることができますよね。。。。。

  113. スマイルさんのお話からして、イケダセンセイの死亡時期については、お抱えの医師が居ることで、やはり、匙加減が十分可能であるということですね。これも、功徳の演出には重要なファクターとなることは素人目にもわかりました。
    何しろ、Y野氏の話では、かつて、死体損壊罪を無視してまで、イケダセンセイ聖家族にするためミイラ化して、レーニン廟を作ろうと考えた既成事実があるようです。

    ▼葬儀の開催は?
     創価に対して、よく思っていない団体や敵対視する団体が多いことも事実ですので、実際、センセイの死亡発表をすることは、創価的に大きなダメージとなり、また、かといって葬儀も行わないとイケダ第一主義の信者にも懐疑が残り、敵対団体からも矛盾を突っ込まれてしまい、これから先語り草とされることは必至でしょう。
    開催するとなれば、セキュリティーの問題も考えなくてはならないのではないでしょうか?学会幹部の葬儀が、知らないうちに実施されているのもこのようなリスクの為ではと考えさせられてしまいます。

    ▼長寿記録の為の延命?
     あまり生存を引き延ばすと、ギネス記録になってしまい、逆に注目されることで「本人はどこだ?」となってしまいますし、今のところ前例で考えても、200歳も生きることは不可能でしょうし、それはそれで生存を注目されてしまいます。

    ▼宗門とのタイミングの駆け引きは?
     仏敵撲滅勤行なるものを行ってきた事実から、敵対する某お坊さんよりも早く死亡することは、これも突っ込みどころ満載になってしまいます。

    この3つのジレンマでいかに功徳を演出するか、ダメージを少なくするかがネックと推定されます。

    そして、ここからは勝手な予想ですが、選択肢の一つとして、イケダセンセイのイメージを払拭すべく、今度は、イケダ氏自身を仏敵にし、ネットの情報を迎合し、新たなイメージを植え付け、「日蓮世界宗」(仮称)を申請するのではないでしょうか?時間はかかるかもしれませんが、使い物にならなくなれば、イケダ氏自身でさえも切り捨てることも考えられます。

    あくまで、勝手な予想です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中