創価学会は末端会員が改善できるか

前回のスレッド「池田氏が5年も姿を見せないわけ」ではあっという間にたくさんのコメントをいただきました。ほんとうにありがとうございます。また活動家の白いブランコさんとの対話が同時進行していることも重なって、なにかと話題に事欠かない状況で、アクセス数もこれまでにないほどの増え方になっています。以前、爆発的にアクセスが増えたことも何度かありましたが、それはいわゆる殴り込みしてきた活動家さんとの不毛なやりとりを面白半分に覗いていた数の増加だと思います。しかし今回は活動家の白いブランコさんは、これまでのような否定と攻撃一辺倒の話のまったく通じない方ではないようですので、まだ相互理解とまではいかないにしても、とりあえず会話は成立していますし、創価になんらかの問題があるという認識は、少しは重なっているものと思われます。
その白いブランコさんとの対話は、いまのところ管理者である私とだけに限定しています。それはこれまでの経緯を見て、誰もが対話に参加できるとなると、とたんに混乱し、多くの質問が押し寄せて対応できなくなったり、相手の言葉遣いによっては言わなくていいことでも言ってみたりとか、本リアの対話とはほど遠い混乱を招くと思ったからです。ですからもうしばらくは2人だけの対話の試みとさせてください。なお、この対話に対する意見は別のスレッドでいくらでもOKです。
たぶん、みなさんは私の白いブランコさんへの質問や回答が回りくどくて歯がゆい思いの方も多いのではないかと思います。でもズバリ直球の質問や意見を述べても、それが受けとめられなければ何にもなりません。ですから私は「これくらいだったら理解してもらって、返事もしてもらえるんじゃないかな」といったある意味フィルターをかけてから話をしていますので、話がなかなか先に進まないとは思いますが、いきなり物別れでは元も子もなくなりますからね。たしかに今の白いブランコさんの返事の内容は「創価は末端から改善すれば、池田先生が描いていた素晴らしい宗教団体になる」ということが前提にあるようですので、創価のダークな現実を指摘しても入ってきていないように見えます。言ってみれば都合の悪い部分に蓋をしてお花畑にいるような感じですが、今そのことをストレートに指摘しても通じません。そして創価が末端から改善できるという、途方もない夢をみていらっしゃるようなので、いちど自分で改善の行動を起こして、その反応を体験してみてくださいとお願いしました。私たちはその結果がわかっているからこそ、こうして脱会し、具体的な問題も指摘しているのですが、やはり現実を実感してみなければ、いくらまわりが言葉で言ってもわからないんだなと思います。

そこで、今回のテーマは、白いブランコさんとの対話に平行して、みなさんからのご意見もうかがいたいので、「創価学会は末端会員が改善できるか」とさせていただきます。みなさんにとっては、この答えは言わずもがなのことだと思いますが、活動家さんにとってはまるで違うようです。つまりたとえ学会活動に辛さや疑問を感じていても「それは自分が人間革命の修業中だから」「広宣流布のためならどんな苦労もするんだ」と、納得できていない自分の心を否定しながら、他人に迷惑をかけています。中には「池田先生にお応えするんだ」などとわけのわからない感情に支配されたまま、つまり完全思考停止のまま、平気で他人の人権侵害行為に邁進している活動家もたくさんいます。気づいた人間にしてみれば、いいかげん気づいたらどうなんだと思うのですが、そんな自分でさえ気づかなかったのですから、ここは苦笑するしかありません。それほど創価の思考停止はやっかいなんですよね。

ということで、このスレッドでは「創価学会は末端会員が改善できるか」ということに関しての率直なご意見を書いてください。白いブランコさんには気をつかわなくていいです(笑)。対話はあくまで私との対話をします。みなさんは忌憚のないご意見をお願いします。

創価学会は末端会員が改善できるか」への59件のフィードバック

  1. 末端会員が創価に物申す場合、最も執行部に近いであろうと思うのが、本部幹部職員との面談だと思うのですが、いわゆるそこは創価内部の砦のようなもので、おそらくほとんどの末端会員の疑問や意見などはそこで収めてしまって、そこから上へは上げていないと思います。要するに実際の執行部は末端会員の意見などに付き合っていられない。だから、鼠返しのようにそこから先へは踏み込ませない。適当にあしらわれて返されるだけです。そしてそういう体制は、他でもないイケダDが作ってきたと言えます。イケダDに絶対に逆らえない本部幹部職員は、会員の言い分を聞くだけ聞きますが、それだけです。最後に事務的にセンセイの思いとやらを伝えて終わりです。上から下に指示がおりてきても、下から上に意見が通ることはまずありえません。白いブランコさんさんも、改善したいと言いながら、納得いかないことはボイコットだそうで、せいぜいその程度の反抗が関の山です。お気持ちはすごくわかります。過去の私も同じように、創価っていい組織なはずと思ってましたから。でも白いブランコさんが納得いかないと思ってる問題点の多い創価を作ってきたのはイケダ氏です。イケダDを美化する気持ちがあるうちは、覚醒は1%もできていないと言えます。先代会長の時代の創価と今の創価は別物です。別物なのに同じと思い込もうとしているところに無理があります。もう、創価は宗教が目的の組織ではなくなっています。白いブランコさんも、そろそろそれを認めるしかないところまで来ているのではないですか?

  2. >先代会長の時代の創価と今の創価は別物です。別物なのに同じと思い込もうとしているところに無理があります。

    そうですね。
    戸田さんの愛弟子が池田。
    これこそが師弟不二。
    この創価の教えの十八番がでっち上げだったらどうしますか?

    戸田さんは日蓮正宗の狂信者でした。
    池田は日蓮などさっさと見限っています。
    いや信仰対象として見限っただけで、別の意味では大いに利用しましたが。
    戸田さんのままに狂信者の団体のまま進んだら、それはそれで危険だったんです。
    なんせ危険なお坊さんの危険な教えですからね。

    池田は教えをマイルドにして、白いブランコさんの仰る
    「>世の中から貧困や悲惨を無くしたい、人類の幸福と世界の平和を願っている団体です」
    という名目を旗揚げしました。
    その代わり自分の王国を作り、信者の財産を吸い上げ、完全支配することを引き換えにしたんです。
    今の創価の体系は一切が池田の構想です。
    皆が一方的に配信される情報を鵜呑みにして涙しながら拍手喝采している間に、それが盤石に構築されてしまったんです。
    それは末端が変えられるようなものではありません。
    トップは既に莫大な資産を手にしてしまいました。
    昔からあんなに危険視されてたのに、悲しきかな善良な盲信者の莫大な寄付によって守られ、手がつけられないカルトとして実権を持ってしまったんです。
    末端ではどうしようもなくなったのは、皮肉にも末端が成し得たことなんです。

  3. >創価学会の目的が「票集めと金集め」と言われても、否定できない見方はあると思います。
    >仮に、もしもそうであったとして、やはり疑問に思うのは「票集め」・「金集め」はそれ自体が目的ではなく、 何かをやろうとする手段ではないでしょうか。

    ああ~~~、どこまでおめでたいんでしょうか(泣)(泣)(泣)
    票集め、金集めして、例えば万人が納得するすばらしい世の中を作ろうと思ってるんですか?
    そんなもの作れますか?
    万人が納得する幸せなんてあるんですか?
    そんなもの存在しませんよ。
    MCにより思想を統一して、金と票を集めるような団体に何を任せられるんでしょうか?
    そんなことをする団体の目的なんて、滅茶苦茶危険なことだと思いませんか?

  4. またまた、外部の人間の単純なギモンです。

    世の中から貧困や悲惨を無くし、人類の幸福と世界の平和を願う活動がしたい、と仰っていながら、「8割方、選挙活動」の団体の一員でいることにこだわる理由は何でしょうか?

    私は信仰は持ちませんが、世の中から貧困や悲惨を無くしたいし、世界の平和を願います。
    震災被害や紛争地域の人々の生活、世界中の貧困に胸が痛み、ユニセフや義援金に寄付をしたり、神社で手を合わせたりします。

    世の中のたくさんの人たちも、信仰に関係なく、たぶん同じように思って、それぞれ無意識で行動しているのではないかと思います。

    困ってる人たちに何かしたい、皆を幸福にしたい、それが真の活動の目的なのだ、と言われるなら、学会なんか通さなくたって、一人の人間として、何だってできると思いますよ。

    寄付だって、幹部の給料?なんておかしなマージン取られずにすんで、よっぽど純粋に、困ってる地域や人々に届くのではないでしょうか。

    それとも、あくまで学会員として、行動しなければ意味がないですか?

    私たち外部が同じように心を痛めて行動することとは、同じにして欲しくないですか?
    それとも学会の仲間たちと一緒でなければ、1人になるのが怖くて何もできませんか?
    学会という巨大組織の一員である、という安心感が欲しいですか?

    平和を願う活動は、ボイコットしながら、自分の理想と8割もかけ離れた組織を改革するところから始めなければできませんか?

  5. 白いブランコさんのコメントで。

    >ダイアナさんがおっしゃってた「国立戒壇」は顕正会だったと思います。

    いえ違います。第二代・戸田城聖会長「大百蓮華」1956年8月1日号〜1957年4月1日号連載「王仏冥合論・第1回」にて下記の様に説明している記述があります。

    『われらが政治に関心をもつゆえんは、三大秘宝の南妙法蓮華経の広宣流布にある。すなわち国立戒壇の建立だけ目的なのである』

    顕正会は日蓮正宗から破門された妙信講の後進。所謂、同じ穴の狢だと私は認識しております。「日蓮正宗を国教に!」と表立って言えなくなったのは池田氏の言論弾圧事件時の猛省からと言われていますよね。それもまた池田氏の自作自演という考えの方もいる様ですが。地理学を学んだ初代会長・牧口常三郎氏がいちばん気概があった統率者ではなかったかと勝手ながら想像しています。
    神宮大麻を焼却し治安維持法違反により逮捕され投獄死。池田氏には牧口氏の様な貫く信念があるのでしょうか。創価学会の歴史を調べていて本当に今の創価学会の歴史なのだろうかと資料や書籍を読みながら疑ってしまう自分がおります。

    加えまして、白いブランコさんの以下のコメント。

    >公明党が政権を獲って日本を乗っ取るなんて数には及びません。

    乗っ取るのではないと思います。ただ自民党と利害が一致しているだけの話の連立与党。公明党がいなければ過半数割れの自民党。自民党がいなければ政権を持てない公明党。お互いの旨味を吸い尽くしお互いに犬猿の仲であるはずなのに仲のいい振りをしている。公明党は自民党の腰巾着。福祉の党と謳う事で都市下層の信者の方達は自分達に恩恵があると考え支援をしてきた。
    物事には何でも理由がある。理由を分かっていながら目隠しをして末端信者に盲信させているのが今の創価学会だと思います。
    白いブランコさんには実際に様々な行動をして頂き是非その結果をシニフィエさん同様、私も知りたいと思っております。

  6. http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150313-00050092-yom-soci

    今日、こんなニュースが出てました。明仁天皇は82歳。皇后の美智子さんも81歳。お二人とも大変な病気を経験されたにもかかわらず、こうして被災地に行かれています。さて件の池田氏は「お元気です」と言われていながら、結局一度も被災地には行ってません。行かないどころか、会員にさえいっさい顔を見せないし、一言も声を発しません。5年間。

    私は先日書店に行ったときに、たまたま創価の書籍コーナーの前を通ったときに、ジャズミュージシャンのハービー・ハンコックとウェイン・ショーターの2人が語っている本を見つけたので、パラパラとめくってみました。私は高校生の頃からジャズが大好きで、もちろんこの2人も大好きだし、レコードの時代から何枚も持っていました。もちろんコンサートにも行きました。そしてこの「ジャズと仏法、そして人生を語る」のページをめくりながら、「この天才ミュージシャンはいつになったら創価のインチキに気がつくんだろうか」なんて思っていると、なんとこの2人と池田氏が対談しているではありませんか。思わず発行日を確認しました。2013年。そして対談のなかで東日本大震災について語っているんです。これにはびっくりしました。この2人はいつの間に池田氏と会って話をしたんだろう?

    http://www.amazon.co.jp/dp/4620321346/ref=cm_sw_r_tw_dp_cdTavb0SC1RE1

    だったらこの2人に池田氏の様子がどうだったか聞いてみたいですね。この5年間、池田氏は会長と理事長と極一部の副会長しか会ったことがないのに、本の中では普通に話をしている池田氏の様子。これが本当であれば、ジャズミュージシャンとは何時間も話をするのに、被災した会員とは一人も会わないってことですよね。

    まず、ほんとにこの対談があったのかどうかが怪しい。ほんとに東日本大震災についての話が出たのかどうか。

    この本のアマゾンのページに載っている9件のレビューはすべて五つ星なんですが、学会員だけが書いてるのが見え見えで笑えます。

  7. 末端会員は100%改善できません!前のスレでもコメントしましたが、自信をもって言えます。疑問や意思を幹部に言っても上には上がりません。幹部や末端の会員によって潰されます。とにかく疑問に思うことや何か物を言う事を許す組織ではありません。私は自分の意思を通したが為に、組織から叩かれ徹底的に追い詰められました。身の危険をも感じました。まぁ、組織に背いたのですからしょうがないんですけどね。自業自得ですね。本当に恐ろしい組織です、創価は・・何も言わない方が利口かもしれないですね。けど、理不尽なことをされ許せなかった・・組織には必要のない人間となってしまいました。このような組織を作ったのは、トップだったことも知りました。シニフィエさんが仰るように、会員の供養で貢献することで組織が成り立っているのだから、遠慮することなく疑問や不信に思うことは物を言ってもバチは当たらないと思いますが・・みんな怖くて言えないのでしょうね。皆が、言えば良いのです。そうすればパニックになって、幹部も対応せざるおえなくなるから・・どんどん物言いましょう!

  8. ほんとほんと、どんどん疑問に思うことは物申しましょう!
    ヾ(@⌒ー⌒@)ノ覚醒が早まること間違いナシ!です。。真実に目覚める第一歩です。。
    もう、自分自身を誤魔化してうまく立ち回り欺瞞に満ちた人生をそろそろ終わりにしませんか。。?
    恐怖に雁字搦めに縛られた自己を解放しましょう。。

    身内の話しで申し訳ありませんが、母がついに覚醒し始めました。。

    あれだけマインドコントロールが強く、少しでも創価学会の真実を話そうとすると半狂乱になり大変だった母も、最近は冷静に話しを聞くようになり。。

    その変わりように、わたくしも驚くくらいなのですが。。
    何故だろう。。?と母の言葉の端はしで検証してみると。。

    まず、母の中で一番に刺さったことが、信濃町幹部のお給料のことだったようです。

    母は、父亡きあと遺族年金でつましく独り暮らしをしています。
    そんななか、財務の他、会館に行くたび切り詰めてご供養してきたのですね。。

    だから、まずその金満体質に驚いたようです。

    それから、いまの安倍政権と公明党のやっていることにも心底、納得がいかないようなんです。

    それから、母はここ1年ほど、ほとんどの会合に出なくなったんです。
    多分、出るたびに幹部の話しに嫌気がさしたのかもしれません。。
    だって、数の話しばかりですものね。。

    会合に出なくなった。。これが一番の覚醒への道なんですね、きっと。。

    だって、洗脳されなくて済みますもの。。

    きょうは、母からあれこれ話出したのには、びっくりしました。
    その話しは大きく二つです。。

    『創価学会は公明党なんか作らなければ良かったんだよ。』

    わたしが言ったこともないことを母が言い出したのには驚きましたが、これって正に的を得てるなと感心してしまいました。

    もう一つは、『池田先生が具合悪いのなら正直に言ってくれればいいのに。。
    歳をとれば誰だって病気になるんだから、何故隠すんだろうね〜。。
    みんなで、お元気になるようにお題目を送るのに。。』

    ほんとほんと、しごく当たり前の感情ですよね〜。。

    母が素直に、こんなことを話し始めたのには、いままでの母からは考えられないので、ほんと驚きました。

    きっと、多分ですが、わたくしが脱会して今年の6月で9年目に入りますが、罰とは関係ないつつがなく生活できていることも母からしたら大きいのかもしれません。。
    (すみません。。手前味噌な話しで。。)

  9. 結局、創価は会員を恐怖で縛りあげてお金を巻き上げているということですね。功徳というありもしない甘い餌をまき、人の弱みにつけこんでうまいこと釣り上げたら最後、恐怖で逃げられなくしてしまう。宗教的側面は詐欺団体であることをいつわり集めた金を隠蔽し、税金を逃れながら、国家権力をも動かすほどの効率のいい洗脳の方法です。それが創価の実態であり、池田氏が育てた金のなる木です。昨今ではそれに気がついた人が急速に脱会し、気がつかない人だけが残っている。それは末端組織の様子を見れば一目瞭然です。広宣流布とか本気で信じていること自体がどうかしてるんです。この先、創価は少数化と高齢化が進むだけで、もはや師弟不二と言われ続けてきた永遠の師匠であるはずの池田氏が顔すら見せない組織に、どれだけの希望があるのでしょう。これらの顔ぶれで、世界中の人が創価学会の信仰につく日が来ると本気で思っているのでしょうか。活動家は創価が世界に広まっていると、聖教新聞や会合で言われているから、そうとしか答えられないだけであって、本当のところは仏法に基づく世界平和なんて考えてもいないし、功徳さえあれば何だってするという卑しい人間にしているだけです。

  10. > 気づいた人間にしてみれば、いいかげん気づいたらどうなんだと思うのですが、そんな自分でさえ気づかなかったのですから、ここは苦笑するしかありません。

    そのとうりでした。私も後から気付きました。失礼しました。
    本当にMCは恐いなと思います。自分はそれほどMCされてないと思ってしまったんです。現実を見ようとしない。それ自体MCなのに…

    ハービーハンコックとウェインショーターさんとの対話、私もジャズが好きで、よく聴きに行ったりするので、興味深く読んでいました。今となってはどこからどこまでが創作なのかさっぱり分かりません。
    もう何も信じられなくなりました。
    創価のやりたい放題です。

    私達のためにsignifieさんは身を削って覚醒への道を示して下さっています。
    このようなブログを維持されるには相当なエネルギーを使われる事でしょう。
    どうかお身体を大切にご自愛くださいませ。

  11. 実際に思うこと感じたことを直言しても、最後に返ってくる言葉は
    先生のお心はそんなものではないとか、偉大な御構想は我々凡人には解るはずもないと
    お決まりの煙にまいたような答えしか返ってきませんからね、話になりません
    そう言うあんたは わかっとんのんかい? 解ってないやろ?だからカモ、ネギになっとる
    その訳も解らんお心と、偉大な御構想の何を信じて学会員やってるの と言いたい
    改善なんて余計なお世話とけむたがられるだけですよ
    改善なんてやったら集金できなくなるもんね
    覚醒した今はっきり言えることは、先生のお心の奥底は、偉大な御構想は
     はい、ただただ金、金、金 じぇじぇこ(銭)だったと知りました
    大事なお金は一回きりの自分の人生に有意義に使いましょう
    改善なんて無理、気付いたなら素早く静かに去ることです。それがベストです
    皆さん罰など微塵もありませんよ。怖れるに足らず

  12. シニフィエさんが載せられていた天皇皇后両陛下が被災地を訪問されたニュースのお写真。
    私は涙しました。傘もささずに献花されたと。
    国民の心に寄り添うということはやはり行動でしか示すことはできないと思います。
    池田大作氏。2013年にジャズと仏法という本を出すくらいなら被災地に行くのが師匠の筋ってもんだろ〜〜!!
    そんな師匠が率いる組織を変えたところで何か意味があるのでしょうかね。

  13. 末端から改善などできるはずもないでしょうね。
    選挙でのボイコットなど、地区部長の立場の白いブランコさんはどんなふうにするのでしょうか?
    私の場合は、公明に投票しない、Fは頼まない、報告はすべてエアーで済ます。
    せいぜいこの程度ぐらいしかできません。

    今後の創価は今よりも更にスカスカの歯抜け状態の組織になり、少ない会員からいかにしてお金を巻き上げられるかという仕組みだけが強化されていくことでしょう。
    そのうち財務は1人1口2万になり、聖教新聞も値上がりし、ご本尊授与も値上げ、池田大作著の本がバンバン発刊され購買のノルマが強化・・・なんて時代がそう遠くないうちにくるのではないでしょうか。
    すでに未来部への洗脳の強化がはじまっていて、任用試験がノルマ化されるようになりました。
    若い人たちに誤った思想を植え付けて洗脳しようとするその手段が、姑息で本当にこれが1番腹立つ。

    末端現場では、座談会の時に見る組織から下りてくるDVDは世界のメンバーに目を向けるようなプロパガンダ的な海外メンバーのDVDが多くなりました。
    海外でもこんなに多くの会員がいるんだと錯覚し勘違いするように仕向けられているのかなと思っています。

    ラベンダーさん
    入会年数も入会に至った経緯もほぼ同じだなぁと思ってコメント読ませていただいていました。
    脱会された後もご主人とよい関係を築いていられるようで、とても参考になります。

  14. 財務で福運や功徳がつくというのは、そのお金が創価に手によって世界の人々の幸せにつながる事に使われるから、巡り巡ってそれを支援した自分たちにご本尊?仏様?の力によって幸せがもたらされるというような漠然とした理論ですよね?その理論からいくと、そのお金が、人々の幸せにつながらないことに使われてたらどうなります?悪業を積んだことになって幸せになどなれません。財務部員は、お金の使い道なんか知りたいと思わない、組織に任せておけば間違いないと安易に考えてますが、3桁4桁などという額を出しながら、その使い道に一切疑問を持たないで大丈夫ですか?と思います。毎年大金を集めながら、一体どんな活動に使ってるんでしょうね。高額財務する人は、沢山すればするほど、ご本尊?仏さま?に守られ方が違うと漠然と信じ込まされてるかもしれませんが、金額で差がつくという発想がそもそもおかしいですし、組織での立場を今更落としたくないという見栄だとしたら、そうまでして保ちたい立場ってそんなに魅力的なんでしょうか?未だ会員をやっている方々は、世界平和などと夢物語言う前に、平和はまず家庭からです。創価がらみで家庭不和、離婚、一家離散になるなど本末転倒です。家族の幸せのためにといくら、組織の金儲けの為に渡された洗脳ツールコピー紙に、家族に背を向けて祈ってもやってることが反対ですから結果も反対に出ます。イケダDさんはお金集めの才能は並外れてたと思いますが、中身は自己愛の強い嘘の塊としか思えません。人は癌宣告されたときに、最初はショックで受け入れられずにパニックになるそうですが、時間とともに受けとめられるようになり、その後前向きに病気と戦えるようになる人が多いと聞きます。創価の浸潤がこれ以上進まないうちに、覚醒する人が増えることを願います。改善など夢見るよりも、脱会して日々の暮らしで幸せを目指す方がずっと建設的です。

  15. 自分の経験ですけど。
    改革なんて推し進めようとすればするほど、キチガイ扱いされ、つまはじきです。
    創価脳では改革=学会批判。
    要するに批判者とみなされて幹部どころか、末端からもつまはじきになりました。

    別の組織の、普通に付き合っている友達(創価色はあまり出さない友達)とは普通の友達としてつながっていますけど、創価の活動だけでつながっていた人たちとはいっさい切れました。

    わたしがバリ活だったころに知り合った創価の人たちは、私が創価の活動をしてない(批判もしている)ことを知るやいなや、年賀状も何も送られてこないばかりか、メールも着信拒否で、完全拒否されました。

    そもそも創価と同じ志の人しか受け入れないって、どうよ?
    もともとの教義がそうだから仕方がないのかもしれないけど、
    宗教ってもっと心のひろ~~~~いものでなければならないのでは?????

    あ、そうか、宗教ではありませんでしたよね。
    創価の教義を信じれば信じるほど、せま~~~い世界に閉じこもり(ほかの考えを受け入れないんだからね!)、考えがかたよって、同じ穴の狢しか寄せ付けなくなり、さらにさらに考えが狭くなり、ついには世間の常識が通用しなくなります。
    それに付け加えて自分は偉いと思っているのだから、手に負えない団体です。

    そんな真っ暗な狭い世界にいる人間に何の改革を求めたところで良かれと思って改革をしようと進言した人が非難されるだけ。
    白いブランコさんが選挙をボイコットしましょうって組織に言ってみて、組織がどんな反応するかものすごく興味あるのですが。だいたい想像がつきます。一度やってみてください。

  16. 末端から改善…..
    以前も書きましたが、
    地区婦人部長が、皆さん活動したくない時もありますよね? でも、上からおりてくる指示に従ってやりとおせば、幸せになれるんですよ!
    私たちには、幸福のレールが引かれているんです!
    と、言っていたし、他の会合でも、県幹部がやたら、幸福のレールに乗ってる!とか言ってました。
    レールから外れたら幸せになれませんよ~、と。
    恐いマインドコントロールですね(>_<)
    末端が、おかしいと思って、意見言ったり、ボイコットするということは、幸福のレールから脱線です!つまり、白いブランコさんみたいなかた…..
    幸福のレールに乗ってる、レールのとおりに行けば幸せになれると、信じている人に、一緒に改善しよう!言われたら?
    幸福のレールから外れることになるので、絶対嫌でしょうね(笑)
    この妙法は、宇宙の法則なんちゃらとかも。
    法則からずれることになりますし、
    白いブランコさんは、会員さんから、レールから外れた人、法則からずれた人、このように見られますよ!
    改善したいなら、こんなマインドコントロールをまずといてあげることではないでしょうか!

    私は、最初は、幸福のレールなんだ!宇宙の法則なんだ!もっともっと頑張れば、絶対幸せになれるじゃん!と思ってました。
    現実は、啓蒙、Fなどの数におわれ、タクシーのように毎回の会合の連れ出し、座談会の司会、家庭訪問、連絡の電話…..ブック担当のノルマ…..やりたくないことが押し寄せてきて、本当に幸福のレールか?と疑いだし、
    疲れてるだけでは?と思われるでしょうが、
    ある日、選挙のビラ配りします。○日○○公園に集合してください、と連絡あり、その日は大雪でした。私は行きません。
    後の地区活で、「先日のビラ配りは、私(地区婦)と○○さんだけでした、いや~えんらい寒かったですよ、吹雪の中、何軒か回りました、
    皆さんは、家で暖かかったでしょうね~」
    その後です、「活動したくない時もありますよね?でも!どんなにくそ寒い中でもね、上から出される指示に従ってく!やりとおせば、幸せのレール~」とか言い出しました。
    私、冷めていたようで、なに言ってるの?このオバサン?上から出される指示に従ってれば 幸せ?あんな吹雪の中、誰が家でるか?ってね(笑)
    それもきっかけで、ますます活動に冷めていき、覚醒するまで早かったです。

    部員さんが本当に幸せになるために、創価学会のレールではなく、別なレールをひいてあげましょう、悩んでる人は脱線しましょう。

  17. >御書根本ですが、かといって日蓮原理主義みたいにはならず、「生命尊厳・世界平和・人類の幸福」を善とし、反対を悪とする教義になると思います。

    これ苦しい言い訳ですね。
    まさに創価がこの苦しい言い訳のままきてるんですが、ここ重要ですよ。
    創価は正宗他、題目を唱える教団はいろいろあれど唯一、一点の曇りなく日蓮の教えを継承しているのが創価だけだと言い切っているんです。
    それほど教えは峻厳なんだと。
    宗門問題の時や教学試験で、散々言われましたよね?
    それがまあ「日蓮原理主義みたいにはならず」ですか?
    「立正安国ではなく立正安国の精神」ですか?
    充分自由にアレンジして、エッセンスだけをチャラッと入れて涼しい顔をしています。
    日蓮教義の根幹である「謗法を責めずして」なんてこともなかったことにしてるし(当の日蓮はこれなくして幸福を求めるのは不可能だと言い切っていますけど)、SGIには最初から邪宗なんて言葉教えてないし、彼らは日蓮のどこまでを理解して入会しているのでしょう?

    この通り、創価の中枢部は日蓮の仏法なんて全面に出せるものではないと解っているんです。
    こんな思想で世界平和だの成し得るわけがない。
    >「生命尊厳・世界平和・人類の幸福」?
    こんなもの客寄せのスローガンでしかありませんよ。

    このスローガンでできることは、盲信者から票と金を集めることくらいです。
    初めからそのためのスローガンですもん(笑)
    ネットの看板メニューには耳触りのいいことしか載せてない?
    そんなもの手法として当然のことですよ。

    白いブランコさんは、もう殆ど解っていらっしゃると思います。
    自分が真摯に信じてきた団体なので良い方へ良い方へ考えたいのはわかります。
    周りの善良で苦楽を共にしてきた同志を思うと、真相を簡単には受け入れがたいのもよくわかります。
    ですが、こういうことはどちらにも感情移入せず現実を客観視するべきと思います。

  18. 偉そうなことは言えませんが、数字に根拠はないのですが、強いて数値化するなら

    ▼改善できない・・・99.9%
    ▼わからない・・・・0.1%

    個人的にと思います。

    「改善したい」と思うことは、創価にまだ期待していることでもあるのでしょうか。
    改善できたと実感できるレベルは個々人によって違うのと、達成地点が不明です。それこそ、「改善したい」と思う会員を募り、調整しないと意味をなさないのではないでしょうか。それこそ、そのような人々と共に、新教団を作った方が早いです。

    また、私の従兄弟ですが、実の母に活動を自粛し、家庭のことをするように提案してきたものの、全く聞き入れてもらえず、最期は家を飛び出し、実の母親のことを「手遅れ」と言って諦めたことを目の当たりにしております。このサイトでも、身内や夫婦内で苦労されていることも存じています。ですので、赤の他人である上役に提案しても、尚のこと聞くふりだけ、若しくはキ●ガイ扱いされて嫌がらせみたいなことをされ、徒労に終わる確率が高くなるだけだと思います。

    今までの経験からですが、残念ながら、人は、まず利益が無いと、面倒くさいことはしたがらないものです。ましてや、他人になると余程です。

    幸い情報化社会が進み、お寺との裁判で敗訴が8割を超えていること、軍歌の酷似、センセイの状況ですら都合の悪いことを伝達しないなど、不透明で朝令暮改の、任意の民間組織なのは皆さまも周知です。このことからも、諦めの意を込め「改善できない・・・99.9%」、あくまで予測なので便宜上「わからない・・・・0.1%」と示してみました。

  19. 私が考える創価革命・・役職は任期制にする、聖教新聞は週1回にする、新聞配達は募集し、それにみあった料金を支払う、会合の数を減らす、財務の金額は自由にする、あくまでも理想ですが・・これじゃ、創価もたないかも!?

  20. 白いブランコさんの「生命尊厳 世界平和 人類の幸福を善とし、その反対を悪とする」ということで言えば、まさに創価はその反対の悪の方向に向かってると言えます。日顕憎しの唱題って生命尊厳ですか?今まで創価に都合の悪い人達に何してきました?不満を抱く会員をキチガイ扱い?世界平和?自民党とくっついて戦争支援みたいなことやらせてるのに?人類の幸福って・・・でかいこと言ってますが、そもそも創価の活動が原因で家庭すら幸せにできていない会員が多いのに?福運で釣って、裕福でない会員からも詐欺まがいにお金を集めてるのに?白いブランコさんは、創価の目指すところは素晴らしい。でもやり方に問題があるとお考えのようですが、それは違います。創価は目指すところが白いブランコさんが思ってるような善ではないので、やり方がそうなっているだけじゃないですか?創価が選挙活動を重視してるのは、世界平和のためではなく、組織の安定のため。創価がその政治力を一体なんの為に必要としているか?です。白いブランコさんの頭の中は、会員をこのように洗脳しようと作ってきたイメージ通りになっています。でも、人間革命の本は洗脳のために作られた物語です。またイケダDのスピーチや、書籍も、イメージアップのために、イケダDの命令で裏方が作ってきたものです。創価が善だと思い込ませるための象徴として師曰くというメッセージとして常に洗脳してきただけです。その世界にどっぷりとはまって、創価って素晴らしいはずと思っていたら大間違いです。架空の世界と現実の世界の区別ができなくなっているということです。白いブランコさんも、お花畑でのんびり昼寝して寝言言ってないで、本当の意味で目を覚ましてください。

  21. はじめまして、ここを見ていつも勇気を貰ってます!

    私は、関西済みの学会2世です。
    10年前から未活で、創価に我関せず状態でしたが、反日運動が盛んになった頃、余りにも創価の中韓媚び媚び振りの反日振りに、完全覚醒しました。

    創価学会は、末端会員が改善できるか?
    奴等は、絶対話し合いに応じません。
    だから改善するには、法的な手段で大作と専任者達を、叩き出さなければ無理です。
    奴等を叩き出した後、最低限下記の事項を守らなければなりません。

    1. 創価学会の活動で、給料を払わない(専任者を作らない)。
    2. 財務の上限を決め、収支報告を明確に発表する。
    3. 組織を挙げて、選挙活動しない。

  22. 健全な組織であれば、末端の人間の希望や要望を役職の上の者に話して、組織の問題点について話し合い、改善していくものだと思いますが、創価学会の組織でこうした行動をとれば、反逆者と見なされ攻撃の対象にされてしまいます。
    役職の上の者が学会職員だった場合はとくにそうなると思います。何故なら、末端の人間の希望や要望をそのまま聞いて、改善につなげていったら、自分達の宗教貴族としての生活が成り立たなくなるからです。
    勲章コレクターのじいさんの実態を知りながらも、末端会員の前では尊敬しているふりをしながら頭のなかでソロバンをはじいているのです。
    社会的に何の貢献もすることなく、末端のお人好しの会員をツールとして使いこなし、巧みに金儲けする創価ピラミッドの上部の人間が、人生の最期に何を感じてこの世を去るのか、とても興味があります。

  23. シニフィエさんが仰っている創価学会は仏教なのかのコメントは私自身、とても興味深く勉強になります。信仰とは本来、勝ち負けではないと私も思います。
    白いブランコさんが言葉を大切にされている真摯さが私には感じらます。
    私はバリ活ではないまま脱会できたので精神的な打撃はそうでもなかったのですが、今いちばん辛いのは脱会してからも交流してきた学会員の友に、いい加減気付いて欲しい疑問点を訴えかけた途端、人が変わり私を拒否されたこと。そこにあったはずだと思っていた友情はいとも簡単に崩れました。
    学ぶこともせず調べることもせずただただ活動する友。家族ぐるみでの付き合いだったので子供達も哀しんでいます。しかしまだ幼かった子供達の前で学会DVDをいきなり見せられた事だけは許せない事ですが許そうと努力し子供達が創価学会みたいな新興宗教に騙されたりしない様にその事実や歴史を教えてあげればそれでいい…と考えようと思います。

    熱心な活動をされている学会員さんは何故話し合おうとしないのか。聞こうとする耳を持たないのか。そういう点では白いブランコさんはまだ覚醒される可能性を持っている方なのではないでしょうか。
    積み重ねてきたものを崩すのは怖いし辛いです。
    でも組織を変えようなんて思わず自分を変えた方がよっぽど早いし幸せになれるのではないでしょうか。

    学会員同士は同志ではなく友人でもなくお互いに功徳欲しさだけの利害関係の人。悲しい人達。哀れな人達だと思います。
    白いブランコさんが1日も早い脱会ができる事を祈って止みません。

  24. 創価学会は末端会員が改善できるか…絶対にありえません。
    地区部長時に、何に対しても数字への執着が酷かったので、
    支部長→本部長→区長→総区長まで話を持って行きましたが
    「しゃあない。上からの指示だから」「どう捉えるかは地区部長の命次第」
    「先生にお応えする」「幸せに成るために必要」と
    答えにならない返事ばかり。(期待はしてませんでしたが)

    総県長に意見を言った時点で「あ?」みたいな反応でした。
    人の事は呼び捨て。幹部がこのレベル。
    幹部が会員を下に見ているのが垣間見れました。
    それで「あ!ダメだこりゃ。創価は終わってる」と気が付きました。

    そもそも創価に人を幸せにする力なんて無いですし、
    今こうやって覚醒(脱会はまだですが)して良かったと感じています。
    脱会は親兄弟一斉に脱会しようと準備中です。

    このような場所を作ってくださっているsignifieに感謝です。

  25. 「勝利の経典」といえば、大白3月の「勝利の経典」P18にこのような一文がありました。
    「退転は、幸福の軌道を自ら踏み外すことです。退転は一切の不幸の因となります。大聖人は、退転の主たる原因を、鋭く見抜かれています。それは臆病です」と。

    凛々子さんも書かれていますが、創価の会員は「幸福の軌道」とか「幸福のレール」という言葉を良く使いますよね。
    全て創価MCの受け売りからなんでしょうが、今になると幸福の軌道って一体なにさ?って感じです。

    白いブランコさんにあてたシニフィエさんのコメントを読んで、ずっと忘れられなかった記憶があります。
    15~6年ぐらい前になるでしょうか。
    趣味で知り合った遠く離れた友人とPCを通してメールのやりとりをしていた時期がありました。
    知り合って1年ぐらい経った或る時、彼女から悩み事を打ち明けられて、私なりに励ましのメールを送った後の、彼女からの返信内容にハッとしたのです。
    その内容は「貴女からのメールの文面には、戦うとか勝つとか負けるとかそういう言葉がとても多く感じます。普通の主婦が一体何と戦い、何に勝ったり負けたりしているのでしょうか」というような内容だったと思います。
    彼女を励ますつもりで、創価脳のまま創価的な励ましで、自分なりに激励した気になっていたところに、彼女からのメールの言葉。
    何故か非常に恥ずかしくなったと同時に、ハッと我に返った記憶があります。
    当然ですが、彼女は私が創価会員だとは知りません。
    知らないからこそ、ハッキリと素直に感じたままを言ってくれたのだと思います。
    それほど、無意識に気がつかないうちに、創価思想が埋め込まれ創価脳の行動や言動をしていたのでしょう。

    今思い出しても、恥ずかしい記憶であり、忘れる事のできない記憶です。
    その時に覚醒していれば・・・と今になると思いますが、モヤモヤしたまま突き進んでしまいました。

  26. 3月の座談会案内が、郵便受けに入ってました。
    座談会の日程と、春季彼岸勤行法要の案内。
    広布基金受付って有りました。(激´д`怒)
    まだ取るつもりです。全国の会館で取り放題ですね。
    さすが、詐欺団体です。
    今、乃南アサさんの小説「結婚詐欺師・上」を読んでますが詐欺師の手口が同じです。自身を大きく見せて相手を褒め、夢、希望を与え金銭をとる。

  27. はじめまして。私は3世になる者で、現在しらゆり長をしています。
    ここ数日学会活動以外でも忙しく、いろいろ悩んでいました。
    他からこちらに辿り着いたのですが、拝見するにつれ、妙に納得、共感して、私が今まで正しいことだと思ってやってきたことは間違いだったのか⁈と悶々としていました。他人に選挙頼んで嫌な思いさせてまでうける功徳や福運なんて要らない!と周りの人に言いました。
    なんて自分は思い上がってたのだろうと今は感じています。
    どんだけ自分は偉いんだよっ!って、今は少し恥ずかしさもあり…。
    でも、やらなきゃならないと思うから疲れてしまったんだと思います。
    目の前の見える物しか信じられなくなっていたのだと思います。
    いや、それが普通ですよね。
    私は創価学会が宗教じゃなかったら逆に楽なのになって考えました。
    私は功徳を受けた体験も無いから、これと言った折伏も出来ません。良いことも悪いこともたまたまだよとしか自分でも思えません。現状は本当に幸せで、宗教なんて私には必要性を感じてないんです。
    だから悩むのは学会活動に置いてのみです。活動しなければハッキリ言って楽なんです。
    そしてこちらの皆さんが言うように私も政治や創価学会の歴史についてほとんど無知です。それで活動してるんだから無責任だと自分でも思います。
    でもやはり私はこれからも活動します。
    こちらを拝見して気付けました。ありがとうございます。
    MCだと思われるかもしれませんが、今の私は自分で考えた結果ですとしか言えません。
    そして、お題の創価学会は末端会員が改善出来るか?ですが、私は出来ると思います。
    ただ、今やっている事にも意味があり、全てを無くすことは出来ないと思います。
    皆さんが心痛めてきた事が自分の事のようにわかるため、こうして文字にするのが辛いです。
    ああ同じだ!とわかるからこそ辛いです。すみません、まとまり無いですがコメントせずにはいられなくて出てきました。

  28. スエヒロさん
    初めまして。
    行き過ぎた反日にのっかるアホさ加減で私も覚醒した口です。
    靖国いって自分の目で確かめてきました。
    戦争賛美の施設なんかじゃないと思いました。

  29. 金銭詐欺を行う政党支持団体、特定政党を支持する金銭詐欺団体、どのみち 日蓮はカモフラージュなんですよね。
    日蓮の教えが正しいと信じてたから、財務の使い道は わからないけど ちゃんと広布のために使ってる、同志が議員だから 公明党もちゃんとしている、
    ちゃんとしないと 罰があたるから 皆 罰は怖いはず・・・という理由で せっせとそれらを 頑張ってきたおバカな私・・・
    罰を怖がるのは 末端だけで 上層部は 罰なんて 何にも怖くないんでしょうね。
    日蓮に力があるなら、創価が罰あたりな事ばかりしてるから、もっと昔に
    崩壊させれたのでは?
    いまだ 多くの人が MCされ、覚醒しても苦しむひとたちも多い・・・
    日蓮さん、あなたの教えは 功徳をだすことも、罰を与える力もなかったのね。
    願いがかなわない、気休めだと 蔑んだ他宗のが ましです。
    創価は 気休めにもならない。

  30. こんにちは
    本日 本部長宛てに脱会届けを出しました。
    叔父と私二人分です。
    直接手渡ししたかったのですがあいにくの留守で
    ポストに入れました。聖教新聞が2部入っておりました。
    さすがに心臓がバクバクしますね!
    なんなんでしょうか?
    脱会届けはネットで見つけたのを少しアレンジしました。
    こちらです↓
    脱会届け
    T及びS両名は平成27年3月15日をもって宗教法人・創価学会を脱会します。、
    理由)
    憲法で保障される信教の自由による。
    よって速やかに退会の手続きと統監の抹消をされますように
    今後、私が了解しないかぎり、入会勧誘、及び
    支援政党の票依頼等を目的にした、創価学会員による自宅来訪を一切拒否します。
    貴殿も創価学会責任者の義務として、非学会員に余計な迷惑をかけないよう、地域周辺の学会組織に指導徹底してください。

    静かに去るにはこのような事は必要なかったかもしれませんが
    学会に籍があることが許せなかったのです。
    こちらの本部長ここ10年ほど毎年三桁の財務をやっております。
    恐らく死ぬまで続けるのでしょう。
    出来たら来月の選挙までに創価の統監から抹消をして頂きたい。

    追記
    選挙の戸別訪問 お断り
    戸別訪問とは
    何人も、選挙人の家を訪ねて、投票を依頼したり又は投票を得させないように依頼するような行為をすることは
    戸別訪問としてすべて禁止される。
     戸別とは、必ずしも選挙人宅個々のみをいうものではなく、会社、工場等も含まれる。
    一戸しか訪問しない場合でも二戸以上を訪問する目的をもっていた場合は、戸別ということになる。
     訪問とは、必ずしも家宅中に入らなくとも、相手方の家屋の出入り口に接する店先、軒先や道路ばたで訪問すれば戸別訪問になり、
    また、訪問の相手方が不在であっても、あるいは、面会を拒絶された場合でも訪問となる。
    資料 A市選挙管理委員会より
    罰則は239条第1項3号、1年以下の禁錮又は30万円以下の罰金)。

    減劫御書 1466ページ
    一切世間の治生産業は皆実相と相違背せず」等云云、智者とは世間の法より外に仏法を行ず、世間の治世の法を能く能く心へて候を智者とは申すなり
    とあります。
    公明党支援活動家の皆様 
    戸別訪問は明らかなに選挙違反!
    万が一個別訪問された場合は警察に通報しますので
    他 会員 活動家の方々にも周知徹底されてくださいませ。

  31. 無差別テロサリン事件から20年、
    オウム真理教関連の特集番組があちこちで報道されています。
    私には、どうしても創価学会との類似性が感じられます。

    過激な思想に気持ちが走ってしまい、大胆な結果を呼んでしまう…
    このメカニズムは何なのでしょう?
    なんとしても解明して、不可解な悲劇の連鎖を断ち切らなくてはならない

  32. あまにぃさん、おめでとうございます!
    脱会は書類一枚渡せばすむことなんですが、たったそれだけのことをさせないために、創価はありとあらゆるMCの罠を張り巡らしてきたんですよね。
    これからは今までやってきたことに対する自分の気持ちを整理していく時間になると思います。脱会したから、きれいさっぱり忘れられるものではないですからね。でもほんとうに多くの人たちが、創価によって奪われた人生をとりもどすべく頑張っておられます。これからもいろいろと教えてください。よろしくお願いします。

  33. テーマとちょっと違いますが、最近母が同級生に電話したそうです。
    そこは、実の娘さんと同居だそうです。
    電話の目的は、普通に久しぶりで、共通の友達のお墓参りに先々週行ったことで、
    お話がしたかったという、純粋にそれだけだそうです。

    その同級生は腰を悪くしていて入院だと、電話に出た娘さんが教えてくれたそうですが、
    若干愛想悪かったとか。母曰く、いつも選挙頼んでるから「選挙」と思われたのかな?
    と言います。私もそう思いました。

    実は母のこの件がなくても、最近純粋に「どうしてるかな~」って思う友達はいます。
    しかし、この時期特に電話しにくいんです!そう、電話して選挙だと思われるのが嫌なのです。
    実際電話に出て、非活宣言すればいいのですが、電話の目的がそうだと取られるのも嫌なのです。そう、電話の着信履歴残すのもいやなのです。
    本当、選挙においては、友人たちに迷惑かけたし、実際に覚醒してから私自身が選挙と思われたくないという選挙で連絡したんじゃないよ、って思いながら電話することの苦痛さ。

    そういうのが嫌なので、選挙が関係ない時期に連絡することにしました。
    しかしね~、昔、選挙なんて頼んでなければ、友達の迷惑考えずにそういうことしなければ、電話するタイミングなんていちいち、考えなくてもスムーズに生活できるわけですよ。
    本当に、なんという影響でしょうか。しばらくは、こういうことで悩むでしょうね。
    一斉に今までの友人に「非活、脱会予備軍」宣言したいです。

    改革提案し、池田贋作デブの質問のせいで創価ではつまはじきに合うわ、昔の友人とは距離置かれてるわ、全然いいことなんてありません。
    創価は本当に悪魔の集団です。実際呪いの唱題会してるんですから。これ、本当です。実際にこの目で見てますから。呪いの唱題会。呪いの唱題会をやめるようにも言いましたよ。けど、悪は攻めなくてはならない、の一点張りでした。
    というわけで、改革なんてありえないし、非活になったとしても、今までのつけは自分にかえってきてます。これから今まで迷惑かけた友人と、本当に付き合いたいのであれば(何人かは付き合っていきたい同級生などもいる)非活宣言してまわらないと。すごい労力が待っています。そうですよね。頼む時もものすごい労力でお金と時間つぎ込んで票を取ってきたわけです。非活です!って訂正していくのもすごい時間と労力が要りそうです。
    まったく、早くつぶれてほしいです。悪魔団体は!

  34. ご無沙汰しています、去年の3月に何も知らずに入会したaiです。ひっかき傷さんと同時期だと思いますが、今月始め、私と1歳になる息子の分、無事に脱会届を学会本部に出す事が出来ました!入会して1年足らず、創価のマインドコントロールにかかる寸前だったところをこのブログに救っていただきました。本当に感謝しています。おかげさまで罰論も功徳も全く信じていません。脱会届の内容はあまにぃさんとほぼ同じです。私の方がもっと簡単ですがf^_^;)

    思えば入会したときから、色々な事に疑問を持っていたのですが、主人をはじめ、周りの人たちが余りにも善人(に見えていた)為、自分で何とか理屈をつけて納得させていたような気がします。
    学会に入った事でさえ、一部の友人にしか言えませんでした。学会っていうだけでいいイメージはありませんから、、、

    最初は学会の教義が矛盾だらけなので、(池田氏についてもそうですが)それが私が学会を嫌になった理由だと思ってました。
    最近では皆さんのコメントを読んで、正直もう教義なんかどうでも良くなってきました(笑)
    そんな事より、創価学会とは金儲けを目的とする詐欺団体であるという事、私を含め沢山の人たちが苦しい思いをしてきた事、今でも苦しんでいる人たちが大勢いる、これ以上こんな恐ろしい団体に居続ける事は出来ない、と思った事が大きな理由です。息子を入会させてしまいましたが、物心つくまえに脱会できて本当に良かったです。

    まだ主人には脱会した事は伝えていませんし、これからバリ活の義両親とどのように関わっていけば分かりませんが、、、。
    主人も3世なので、MCを解くのは容易では無いと思いますが、これからも少しずつ対話を続けていきたいと思います。まずは年に数回しか読まない聖教新聞とほぼ読まない大白蓮華の購読停止からでしょうか。あと財務ですね。お金を使う事だけは本当に止めて欲しいです。
    これからも皆さんのコメントを励みに頑張ります!脱会出来たのは管理人さんをはじめ皆さんのおかげです。ありがとうございました!まだまだ主人の覚醒のためお世話になると思いますがよろしくお願いします。

  35. 宝星さん
    最近、オウム真理教の検証番組のようなものをよくやっていますよね。

    わたしは何故、あのような組織に居てあのような犯罪をするに至ったのか知りたくて、見るようにしていますが。。

    共通点、多いですよ。。

    麻原彰晃もグルのために死ねるか。。とよく言っていたようです。
    また、池田大作のように人心掌握術にも長けていたようですね。

    オウムは、救済のために悪を行うようになったのですが、広宣流布のためと思えば、なんだってしてしまう創価学会と似たようなものです。

    また、地獄へ落ちる。。と恐怖も植えつけてマインドコントロールしていたところもソックリ。

    金集めに躍起になっていたところも似てるんですよね。。

    また、その当時、警察や省庁などに信者を潜り込ませていたところも同じね。。

    オウム真理教は、あれだけ世界を震撼させたテロ事件を起こしていながらも、いまだに麻原彰晃を尊敬し心から慕っている信者が少なからずいるんですよね。

    麻原彰晃は、数年前まで獄中から弁護士を通して信者に極秘のメッセージも多く送っていたようです。

    アレフの名前は麻原の指示らしい。
    そしてまた、事件当時まだ幼児であった長男、次男が次の後継者となるべく獄中から指示していたようです。

    その長男、次男は成人を迎えました。

    オウム真理教は、まだ生きているんです。

    それに比べ創価学会はいま公明党が与党にいるため、相当な悪をやっていたとしても表に出て来ないだけだとわたしは思ったりします。。

  36. レモンさん、ありがとうございます(^ ^)
    覚醒しながらの地区婦人部長、さぞお辛いでしょうね。
    確かご主人はバリ活なんでしたよね?
    お互い似たような環境ですね。
    私もFの報告はずいぶん前からエアーでした。一体どれだけの人が正直な数を報告してるのでしょうね。
    だって、みんな5とか10とか切りのいい数字なんですもの(笑)
    こんないい加減な報告、なんの参考になるんだろうと思いながら報告してました。

  37. aiさん、お久しぶりです。
    そうですか〜!脱会おめでとうございます〜!
    覚醒して、脱会もしたんですから、あとはゆっくりと誠意を持ってご主人と対話を続けてください。脱会してしあわせそうなaiさんの姿を見ていれば、ご主人もいつか気がつくと思います。その前に創価の正体が世間に暴露されるかもしれませんけどね。急速に衰退を続けている創価は、どのみち崩壊します。今は池田氏と同様に、苦し紛れの延命措置をしているだけです。人工呼吸装置でむりやり息をさせてるようなものです。装置の電源を切ればお陀仏です(笑)。

  38. 今日の日経新聞に、西口良三元総関西長が
    15日に急性肺炎で亡くなられたと出ていました。
    告別式は近親者のみで行うとなっていましが、
    聖教新聞にはこのことは載っているのでしょうか?

    大幹部の死は決して載らない機関紙。
    気づいたらこの世を去っていた大幹部。
    合掌

  39. >”基づく”という言葉にあるように、大聖人の仏法を基本にしてますが、幅広い仏法思想の中で、特に”万人に備わる仏性”という点を基調としていると思います。

    白いブランコさん、なるほど。
    基づくという程度なので日蓮原理主義ではないと。
    ならば日蓮系の教えは最低、日蓮の教えに基づいてますよ。
    「万人に備わる仏性」くらいどこも言ってますよ。
    いや日蓮じゃなくても「人には限りない可能性がある」と啓蒙開発セミナーの講師も言ってます。
    結構なことじゃないですか?

    >時代に合わない部分もあるので、そのようなところはたとえ過去に行われていたとしても、これからはやらないようにする等、常に変化していく

    これはSGIでは常識で、近年日本でも言わなくなった「他宗を邪宗と言って攻撃すること」ですかね?
    こういうことは時代にもそぐわないから辞めましょうと。(昔はこれが新鮮で会員獲得の決め手だったのに、今はむしろ逆効果だし(笑))
    教義の根幹をあっさり変えるのは宗教団体として甚だ疑問ですが、それでも変えるということは、変えたところで教えの力には何ら影響はないってことですよね?
    幸・不幸に無関係ってことですよね?

    じゃあ何故他宗の日蓮宗を、親の敵のように攻撃するんでしょうね?(笑)

    創価って
    「自分とこだけを唯一無二とする」
    「先祖からの檀家をやめてまで改宗させる価値がある」
    「同じ日蓮宗でも他宗へ行こうもんなら、不幸になりますよという教え」
    を看板にしてきましたよね?
    たけどこんなことは無くしたからって教えの力に影響はなく(ってことは最初から意味を持たなかったってこと)、それでも言いきってきた理由は
    単純に、会員獲得と金儲け、票の獲得に魂胆があるのではないですか?
    だって他宗を攻撃するのを止めても幸・不幸に関係ないんだったら、これ以外に意味はありますか?

  40. やめることの罰に怯える会員も多いと思いますが、そもそも仏教の原点、釈迦は罰論は説いていなかったようです。日蓮の罰論は、法華経の解釈の誤りと、本人の激しい性格から生まれたとの説があります。それを創価は巧みに洗脳手段として強調して利用していったのだと思います。仏教自体が、そのときどきの人の解釈によってどんどん変遷しながら、色々な宗派に生まれ変わっていき、そして、創価も組織に都合のいいように(時代に合ったようにではなく)、どんどん解釈を変えてきた。そう考えると、何が正しいなんて、本当に自己満足の世界でしかありません。結局人間のやることです。われこそが最も正しいという考え自体がお笑いだったとわかります。創価はもはや、釈迦の教えでもなく、日蓮の教えでもなく、創価学会という独自の思想で運営されています。罰が怖いと思っても、ただ単に創価の思想が自分の考えと合わないからや~めたという人を、一体誰が罰当てるんでしょうか?人の運命をコントロールしてる何らかの力が、この人は創価学会という素晴らしい組織をやめたのだから罰あてちゃえって思うんでしょうか?そういう漠然とした根拠の無い恐怖心も、停止した思考力を取り戻せば、すぐに馬鹿げていた事がわかります。罰を怖がるあまりに、創価の教えどおりに従って行動していなければならないと常に怯えている為に、従ってる自分たちは正しい=幸せになれる。従わない人は間違っている=不幸になると決め付ける。境涯が高いとか低いとか差別意識を持つことで、自分は正しいということを自分に納得させようとして、アンチを攻撃する。攻撃している自分は正しいのだと安心できる。結局根拠の無い不安と戦う為に、常に戦うことを自分に強いているのだと言えます。アンチを叩いた。今日も正しいことをした。ノルマの戦いをした。頑張った自分は正しい。などなど、常に創価の教えどおりの正しいことをしていないと幸せになれないという不安との戦い。創価にいる限り、この不安との戦いが一生ついてまわって、気がつくと何ものにも紛動されない絶対的幸福境涯などにはまったく辿りつけなかったことに気がつくでしょう。一生創価の罰に怯えながら不安と戦って生きてゆきますか?それとも創価やめて罰と無関係に生きますか?

  41. 私は創価人生のことをどうこう言うつもりはありませんし、別に後悔はしてません。自分にも原因があって離れたのですから・・このブログをとおして私が受けたこと、真実を訴えていきたいと思っております。しかし、次から次へと知らされる真実に驚きと失望で一杯です。このブログを読ませて頂いて、私と同じようなことで悩んでおられる方がいらっしゃることに共感いたしました。カラーコピー本尊のことは、創価から日顕さんのは交換するように、ということで交換させられました。創価曰く、~功徳がないから~だそうです。創価脳でしたから何の疑いもなく上の指示に従いました。ほとんどの会員さんは、そんな感じではないかと思います。さて、その回収した何体もの本尊どうしたか?焼却処分したのでは?と言われておりますが・・・回収した次の日何がおきたか、阪神淡路大震災がおきました!日顕本尊を回収し、焼却処分したことで震災が起きたとしたら、大変なことをしでかしたことになりますね!創価さん!~私は、ある程度この話し信じてます~

  42. はじめましてモニカさんこんにちは!2015/03/16 11:27のコメントいいですね。
    読んでいて明快で「その通り」と何度もうなづきました。

  43. すみません、追伸です。もし、上層部が何の功力もないことを知っていて、ニセ本尊を作っていたとしたら・・上は本当に何でも好き勝手ですね!!絶対許せないわ!!詐欺師!

  44. 流れ星さん、ありがとうございます
    お母様のコメント、励みに思って読んでいました。

    オウム真理教関連の特集番組で、
    主要人物の話を聞くなかで、入信する前の気持ちに蘇るよう対話を進めたところ、
    自らサリン事件等について詳細を告白し、客観性のある話をするようなった、
    といったような経過について触れられている部分がありました。

    私は二世であり、子供の時分には創価学会そのままの世界であり、
    こんな自分にニュートラルな感覚を取り戻せるか不安になり、
    一緒に番組を見ていた主人に、
    「あなたと結婚して家庭を持ってから、そういった感覚にやっと出会えた
    ような気がする、から大事にしていけたらいいと思う」と
    言いながら、涙してしまいました。
    内情をよく知らない外部の主人にはとても迷惑をかけていると思うけれど、
    素直に感謝して、いまの感覚を大切に育んでいきたいと思います。
    この場の皆さんにも、とてもとても感謝しています。

    公明党が与党でなくなることがあれば、
    社会的に権力を及ぼす機会も奪われていくことになり、
    ここのコメント以上に容赦のない、
    好奇心の目が世間から向けられることでしょう。
    いまとどまっている現役信者がどれほど傷つくことか…
    どうかここでのコメントに向き合ってほしいと思います。

    私は改善というよりは、静かに解体整理されることを望みます。
    無責任な崩壊は、社会的被害が計り知れないと思います。

  45. シニフィエさん曰くの。南妙法蓮華経がある日、ちちんぷいぷい〜に変わる…。あり得ると思います。親がそんな題目を上げていたら子供もやっぱり、ちちんぷいぷい〜と題目を上げるのかなぁ。(涙)

  46. チョッパーさん、ありがとうございます。

    白いブランコさんの仰る、そして大切に思ってらっしゃる”万人に備わる仏性”こそが、創価の価値というなら、宗門だって、他の日蓮系だって皆言ってますよね。
    同じことを言っているのに
    「創価だけが正しくて宗門の信仰をすると不幸になる」
    という理屈に矛盾を感じませんか?と言いたかったのです。

    しかも時代によって教えを変えていき、他宗を邪宗(不幸の根源)とすることを止めたのなら尚更です。
    他宗を邪宗と呼ばないということは、他の宗教をやることが不幸の原因ではない、と認めたことになります。
    ということは、止めようが他の宗教に行こうが、個人の幸・不幸には関係ないということです。
    それなのに断固創価だけが特別だと言い、脱会や他の教団にいくことをとがめるのは別の理由があるってことですよね~と。
    別の理由って何でしょう(笑)

  47. aiさん
    おめでとうございます!おめでとうございます!!

    庫裡山さん
    今日の聖教新聞に載ってました。
    これまで、お悔やみ記事って記憶にないから(これまで真面目に読んでいないので勝手な記憶です)
    もしかしたら、このブログを読んだ本部の人が
    ここの意見を取り入れたのかもしれませんね(⌒-⌒; )
    庫裡山さんが覚醒したキーワード等あれば教えてください。
    夫のMC解除難航しています。白いブランコさんと重なる感じです。
    真面目で人の話は一応聞くけど、本当には聴いていない。頑固。
    夫「わかったけど〜〜」
    (私の心の叫び☆けどって言うな!「わかった。そして〜」ってつなげてよ!!)
    ガンコにしているのは私なのかなぁ〜

    末端会員が改善出来るか?
    百歩、千歩譲って改善出来ると仮定しても
    それに割くエネルギーを他のことに使った方が
    個人レベル・社会全体のレベルで考えてもはるかに効率がいいと思います。

    20数年前、婦人部小単位で毎週グループであげた唱題数を報告する事がありました。
    「何の目的で報告するのですか」って質問しても
    グニャリとした返答だったので
    半年間毎週ZEROで報告を上げたのですが
    心配した幹部が「大丈夫ですか?」って《指導》に来ることもなく。

    中間幹部に無駄な労力使わせて、宗教活動やった気にさせ、疲れさせ、思考するパワーを奪ってる

    財務の振込用紙いらない
    震災や激甚災害の義援金は振込口座情報だけで機能しています
    領収書だって振込控えで充分
    銀行がネコババしていない証拠にしかならない。

  48. あまにぃさん、aiさん、脱会おめでとうございます!
    一人一人の脱会の報告が、次の脱会の勇気につながるような気がします(*^^*)
    aiさんも、ラベンダーさんも、同時期と聞いて、あの時、同じ気持ちを味わったのかな、なんて親近感がすごくわきました(*^^*)本部に一日に何通もの脱退届が届く様子を想像して、ちょっとニヤニヤしてしまいました。
    あまにぃさんの脱会届、とてもすばらしいです!これから先、脱会したい方にテンプレートに使わせてあげてはいかがでしょうか。
    私は白いブランコさんは、正義感があって、すごく素直な人だなあ、なんて思って読んでいました。
    それに、とてもお強いですね。
    ですが。せっかくの正義感、強さがすごくもったいなく感じます。ぜひ、本当に世界の平和のために活動している団体に入って、その力を真によいことに発揮できる場所で活躍していただきたいです。
    signifieさんのブログ、読めば読むほどすばらしいです。
    私の周りでここまで教学のある方を知らないです。それに、常連の方も、教学、知識が半端なくすごくて。
    ここで、たくさん学ばせてもらっています。
    実は、私は自分のご本尊が、カラーコピーだったなんて、恥ずかしながら知りませんでした。
    まだまだゆっくりしか読めていませんが、読む気は満々ですので、これからもこさせていただきますね。

  49. 脱会された方々おめでとうございます!

    今、末端会員は選挙の戦い真っ只中です。

    覚醒して数ヶ月経過した私は、当然ながら何の戦いもしておりません(笑)仏壇すら開かなくなり、意味のない勤行・唱題などもやめました。

    シニフィエさんのブログに辿り着いてなかったら、悶々と、そして嫌々ながら、まだ活動していたのかなぁ?…などと考えると恐ろしいです。
    変だと感じていた事が、ココに来てシニフィエさんの核心をつく言葉・色々な方のコメントを読むようになってからは、自分の感覚は間違いじゃなかったんだ。と目からウロコな事ばかりです。

    『なぜ選挙の支援活動が功徳につながるのか』…
    全く理解ができません。

    親や親族は未だバリ活で、アチコチ動き回っています。情けないです。

    先日、選挙の支援活動と財務を辞めるように話してみましたが、聞く耳持たないです。。
    ネットなど見ない世代なので、私の言う事など理解も及ばないのだと思います。

    母曰く「財務は辞めないよ!これをずっとやってきているから、今がある」と鼻息荒く言い返して来ます。

    そうでしょうか?
    相当つぎ込んでいる筈ですが、、決して幸せな境涯には見えないです。そんな事で幸せが買えるとか言ってる団体っておかしいです。
    もう、完全にマインドコントロールされてます(涙)しかしこの世代の人達は、長年の地域の繋がりもあるし、思考停止にさせられているのでもう覚醒できないのでしょう…。

    地区幹部達が、上から言われたままに、
    選挙関連の会合連絡の垂れ流し&諸々の緊急連絡と言い→○○○の件を明日までに報告せよ!
    等と…しつこいメールや電話の連発!!
    ロボットか?と思います。
    上から言われたら、自分のフィルターも通さずにそのまま遂行。
    本当に、ほんとうに、ホントーに迷惑なんです!!
    コレをおかしいとも感じない、空気読めない(読まない)地区幹部だから残っているのか?こんな言われたままの馬鹿みたいな連絡事項を平気で回せるのでしょう。

    しかし、学会員さんたちもまた被害者です。(気づいてない)

    悪いのは、信仰心もない、株式会社創価学会のトップ中枢です。宗教ビジネスをやっているのですから。

    真面目に生きている人が狙われているんです。
    学会員さんは良い人が多いです。
    先述した通り、疑いもせず、マインドコントロールされ、思考停止に陥った末端会員がほとんどです。
    そんな末端会員が組織を改革・改善など出来ようはずがありません。

  50. >一つ違和感を感じたのは、他宗教となった日蓮正宗に対し、執拗に非難を続けていることです。
    もう別れたんだから、お互いが尊重すればいいのではないかと思います。

    そうでしょうね。
    創価は他宗を邪宗ということを止めて尊重しようとしています。
    これは絶対であるはずだった日蓮教義の根幹を揺るがす大問題で、創価にとっては決断のはずですが敢えてそれを断行しました。
    それなのに日蓮正宗だけは例外。
    頑として邪宗。
    日蓮正宗だけは信じると不幸になり、地獄に堕ちる。
    自分たちのやってることがいかに素っ頓狂か重々承知なのに、ここは引きません。
    かつて創価がそこの信徒だったことすらなかったことにしてます。
    どんな思想、宗教の国へ行こうと「そうですね、そうですね」と寛容を見せている池田が、宗門にだけはその片鱗も見せませんでした。
    ※広宣部なる犯罪部隊まで作るくらい。
    ※報道陣として恥も外聞も捨てて、ねつ造写真やデマ記事を載せるくらい。
    ※善良な会員に呪いの唱題会を展開させるくらい。
    完全に異常で、これまでとは次元の異なる攻撃です。
    感情的な嫌がらせにしか見えません。

    そうです。
    宗門はかねてから池田の傍若無人ぶりを勧告していました。
    第一次宗門問題では、法主に池田からの謝罪もさせています。
    この時から池田は宗門に対して固い復讐心を抱いていたと聞きます。
    そしてついに破門されました。
    これが心底許せなかったんでしょう。
    これはただただ池田個人の感情の問題ではないかと私は見ています。
    会員から慕われカリスマとなったはずの仏にも近い自分を侮辱した宗門への憎悪を、会員を守る正義のようにすり替えた。
    その実、ただ会員を手駒に使って個人的復讐を慣行しただけ。
    想像かもしれませんが、でも側近で自分に反旗を翻した人たちへの攻撃と同じパターンですよね。
    私はここに非常に池田という人間の正体、本質を感じます。
    これは誰が書いたかわからない一方的に配信された著作や新聞記事の池田大作でなく、実際にとった行動を見て思ったことです。
    こうのような行動から、私は池田を絶対に信用しません。
    完全なインチキ教祖様です。

    これまで様々な演出で作り上げごまかしてきましたが、姿を見せなくなってからのあからさまな作為で多くの会員も気づいたことでしょう。

    白いブランコさんが感じた違和感。
    この正体が何であるか今一度お考えください。

  51. 私も、あまにぃさんの脱会届に書き加えられた文言に思わず拍手してしまいました。とにかく放っておいていただきたい。
    その後、本当に訪問はないのでしょうか?

  52. 昔先輩に、先生に近づけば近づくほど、信心のない人は退転していくって言われたことがあり、
    邪念がある人物は組織にいられなくなるんだなーと
    素直に聞いていたのですが、、、

    なんのことはない、(近づけば近づくほど)実態を知って、嫌になっただけじゃないかと。

    じゃなかったら、普通のまともな団体だったら
    側近中の側近が離れていきますか?

    山崎正友、原島、福島、竹入、矢野、中西、石田、藤原、竜、大橋、etc…
    みんな使い捨てor嫌気がさしただけでしょ、、、。

  53. シニフィエさんが白いブランコさんに対して投げ掛けていらっしゃる質問。

    学会員ではない私でも創価学会三大秘法は即答できます。
    確か教学試験1級をお持ちの白いブランコさんが答えられないなんて信じられません。
    洗脳されている学会員の方達は皆さん同じ「池田先生が仰っているから」と言います。
    自分自身の答えというものが全くなく功徳さえあれば教義などどうでもいいとしか私には見えません。
    故に本来ならば信仰教義を突き詰めていけばいくほどに矛盾にぶつかるはずではないでしょうか。
    よっぽど学んでいるのは学会外部の方達です。
    白いブランコさんがシニフィエさんの質問に真っ正面から答えられないのは学会教義の矛盾点にお気付きだからなのではないでしょうか。

  54. 連投すみません。

    友人は言っていました。
    「私には揺るぎない信心があるから!」

    揺るぎまくっている学会教義の事を全く学ぼうとしない活動家信者の怠慢が改めてよく分かりました。

  55. 一番許せないのは 本尊問題です 。会則を変更し、本門のかいだんの大御本尊を否定した時点でもう血脈はありません。完全にオリジナルですね。なんなら、創価オリジナル本尊~アロハー、マロハー、太作本尊~ってのはどうでしょう!?

  56. 顕〇会の内部資料(以前 学会からもらった)
    「顕〇会は 日本の全国民が信者にならないと 大地震が起き、外国が攻めてきて、
    日本が滅びるとしんじてるんだ」
    「え~信仰の自由が保障されてる日本で?」
    「そう、国教化を目指してる危ない宗教なんだよ」
    上記の内容がマンガ風になった小冊子をくばられました。
    ある意味 「立正安国論」に 忠実に活動してますね・・・
    わかりやすいカルトさ・・・
    日蓮ってやっぱりカルトなんだな~
    ただ 顕〇会は お布施とやらに 上限を 設けてるらしく(どこかで読んだ)
    その辺は 創価財務より ましというか・・・
    S新聞の「会則の教義条項改正に関する解説」にも「信教の自由」という言葉が 出てるので
    辞めたい人には 簡単に辞めさせてくださいね。
    幸せになれないだのどうのこうの言わずに!

  57. まだ覚醒する前。
    地区婦として、どうにか地区の方々にもっと福運をつけさせてあげたい(私より長年信心をされている「方々」の如是相があまりにも貧相で福運が無さそうな顔をしていたもので)、また、ヤングミセス世代の人材を活かしきれない、育てられない組織をどうにかしたいと思い、5・3をお祝いすべく支部で本部詣でをしたさいに、池田氏宛てに手紙を書いて持参しました。
    一緒に行った方々は、きっと決意や頑張ったことをしたため持参されたかと思いますが、私はA4用紙4枚くらいに問題点や改善点をワードで記したものを同封して持っていきました。
    その後、区婦人部長から呼び出しがあるかとドキドキしていましたが、特にな~んもありませんでした。

    何の後ろ盾(身内に大大幹部がいるとか)の無い、一地区婦人部長が池田氏に手紙を書いたところで何もありません。

    「戸田の生命より大事な組織」と聞きますが、そこに所属している会員一人ひとりが大事なのではなく、あくまでも「組織」なのだと実感しました。

    創価学会って、そんなところですよ♪

  58. にゃんころころさん

    私が結婚したときは組織についていませんでしたが、脳内バリバリ活動家でした。妻とは何度も激しく衝突しました。今考えると、本当に不毛なやり取りで妻を疲弊させたと思います。私たち夫婦と同様の衝突は、今も全国各地の学会夫婦間で繰り広げられていることでしょうね。

    結果的に学生部を卒業して仕事が忙しくて組織から離れ、脱会するまで15年かかっています。組織内にいた頃からうっすらと感じていた〝違和感〟を、バリ活のころは封印していましたが、妻と出会ってから薄皮を剥ぐように学会の本性に迫っていったように思います。そして決定的だったのがこのサイトです。自分と同じような違和感を持っている人が全国各地いたるところにいるという事実を知ったのは大きかったです。

    強いて脱会を後押ししたキッカケを挙げると
    ・03年のイラク戦争が起こった時、名誉会長は宗教者として「反対」の声明を出さなかった。
    ・東日本大震災の時も、姿を現さなかった。

    ことでしょうか。
    「いざというときの振る舞いでその人の人間性が試される」とあれだけ指導しておいて、一体何をやっているんだ金満ブタ野郎は、と心から思ったのは大きかったです。

  59. 庫裡山さん

    丁寧なコメント
    ありがとうございます。
    グラグラ揺れる気持ちの支えになります。
    薄皮を剥ぐように…
    激しく衝突しつつも庫裡山さんと夫婦であり続けた奥様も賢明な方なのだと想像します。
    夫は脳内バリ活&昭和40年代のまま
    それでも、少しづつ、1ミリづつ。
    庫裡山さん、sigunifieさん、みなさんに
    夫の脱会報告するする日をおもって頑張ります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中