創価学会の現実の姿 2

このブログも、よくここまで持ちこたえられたなと思います。もちろんこれは皆さんのご協力があればこそなのですが、おかげさまでこのブログも安定期に入ってきたのかなという気がしてきました。

05-01

これ↑がこのブログのアクセス数の月別の推移です。最初の半年間は、荒らしや魑魅魍魎(笑)の類いに振り回されて散々な目に会いましたが、その後にしばらく間を置き、承認制にしてから再スタートをしてからは次第に荒らしも少なくなり、去年の今ごろから急激にアクセス数が増え、さらに去年の9月からさらに増えてきました。先々月から一ヶ月に14万アクセスになっていて、一日のアクセス数もほぼ4000から5000といった安定した数になっています。また、このブログの主旨も、ずいぶんと浸透したようで、みなさんのコメントも、以前にも増して的確で示唆に満ちたものとなり、創価問題を具体的に示すブログとしてのクオリティが維持できていると思います。また、ときどきといいますか、まるで順番待ちしているかのように現れる現役活動家さんとの対話も、白いブランコさんによって初めて対話らしい対話ができたと思います。ただし話は平行線でしたが、それでもこれでいろんなことがわかったという意味で、たいへん意義のあるものだったと思います。そうこうしている間に、アクセス数が160万を超えまして、この分でいくと今年の夏の終わりには200万アクセス達成かなと思われます。

「創価学会の現実の姿」とうテーマは、このブログ全体のテーマでもあります。創価の現実の姿に会員さんが気がつけば、一日だって創価に留まるなんて思わないでしょう。自分がオレオレ詐欺に引っかかってたことがわかっていながら、それでもお金を暴力団の口座に振り込むような人はまずいませんよね。自分の家族がオレオレ詐欺に引っかかっているのを知って「それは信教の自由だから僕は何も言わないよ」なんて言う人はいませんよね。また「暴力団も悪いとこを改善してけばいい暴力団になれるさ」という人もいません。だいいち「いい暴力団って何さ?」ってことです。同じように、いい創価学会って何なんでしょう?折伏も新聞啓蒙も選挙活動も財務も、やりたい人だけが自分の判断でする創価学会でしょうか?ではいい会社って、働きたい人が自分の判断で働きたいときに働きたいだけ働く会社が「いい会社」なんでしょうか?そんなわけはないですね。たとえばいい警察の定義が「働きたい警察官だけが自分の判断で働きたいときに働きたいだけ働く警察」ではないのと同じです。

創価学会の活動は、上からのトップダウンでしか動けないような仕組みになっています。もともと下からの声が反映されるような組織でないことは、このブログを見ているほとんどの方はわかっていると思います。創価の幹部は上からの指示を下に伝えて、言うことを聞かない人間をチェックする役目です。言うこと聞かない会員は、すぐに上に報告があがって、幹部が家庭訪問にやってきます。そして「おかしなことを考えてないで、お題目をあげて、先生にお応えできる人材にしてくださいと、ご本尊様に本気で祈るんだ」などと思考停止の言葉でねじ伏せていきます。それが幹部の仕事です。決して会員さんの話を聞くわけではありません。聞くフリはしますけどね。とにかく会員さんの意志で独自の行動が許されるような組織ではありません。組織から言ってくることと違うことをやろうものなら、反逆者扱いです。もしくは精神異常者扱いです。おそらく白いブランコさんも組織的には要注意人物なのでしょうけど、極端に人材部不足に陥ってしまった創価にとっては、選挙活動をボイコットする人間でも地区部長にしとかなければならないのが実情なんでしょう。おそらく白いブランコさんも創価が絶対に改善できないことがわかる日がいつか来ると思います。残念ですがそれだけの話です。「いい暴力団」がありえないのと同様に「いい創価学会」もありえません。やってることはオレオレか財務かという形式の違いだけです。新聞や財務の利益がなければ創価の存在理由はありません…などといっても活動家さんには「魔に負けた愚か者のたわごと」としか聞こえないんでしょうね。

ということで、今回のテーマは前回に引き続き「創価学会の現実の姿 2」とさせていただきます。

とにかくこのブログでは、創価の現実の姿を、経験者の実体験を通じて発信していく以外にないと考えています。たとえば日蓮仏法の教義の矛盾についていくら議論したとしても、もともと創価にとって日蓮仏法なんて会員を騙すための道具にしか過ぎないですから、その時の状況に合わせて、どんなにでも変えていってます。だから議論の意味がないんです。だから議論しません。今回は本尊の解釈まであたりまえのように変えてしまいました。本尊の解釈が変わる宗教なんてあっていいんでしょうか。でも会員さんはなんとも思っていない。思わないように仕向けられています。

創価の現実の姿と、世間一般の常識を普通に比較し判断できる理性を取り戻すことができれば覚醒できると思いますが、そこを徹底してできないように仕向けているのが創価の組織です。こうして毎日同じようなことを、よく飽きもせずに書くなあと、自分でも思うのですが、やはり何かしら書かずにおれません。自分で気づかない限りは、外からいくら言っても無駄なことはよくわかっていますが、それでもちょっと前の自分のことを考えれば、こうして創価の現実の姿を教えてくれるブログの存在は、きっと意味があるのだと思っています。バリ活の人には何も言うことはありません。言っても無駄ですから。せめてちょっとだけでも創価のやってることに疑問がある方は、ぜひここの皆さんのお話を「素」で読んでみてください。ここには自分で体験してきたリアルな事実しかありません。ときどき息抜きに私が冗談を書くくらいで、あとは皆さん真剣にお話をされています。それぞれに創価の活動の中で感じたこと、そして覚醒後にわかったことを書いてくださっています。決してウソや誇張で書けるようなことではありません。また、日本全国、気味が悪いほど同じようなことをやってるのが創価の活動家さんです。完全に集金集票ロボットと化しています。個人の意志など微塵もありません。そのことに気づいて欲しいのです。

みなさん、引き続き、「創価学会の現実の姿」をどんどん書き込んでください。ひとりでも多く、一日も早く、覚醒する学会員さんが増えるために、どうかよろしくお願いします。

広告

創価学会の現実の姿 2」への105件のフィードバック

  1. シニフィエさん、そして全国のみなさんお早うございます。春季の連休で日頃の疲れを
    リフレッシュされている方も多いのではないかと思います。
    今日は朝からお出かけ日和でなによりです。

    いよいよ5月を迎え、創価も毎度のことながらお正月気分を盛り上げ会員結集のイベントを行うのでしょうか。
    しかしながら、私の地域では遠くから「創価崩壊の序曲」が聞こえるようです。
    昨年の今頃は正の支部長が非活になり、今年に入ってからは地区部長が役職を降ろして欲しいと数度に渡り懇願しているそうです。

    地域の実情は山々の緑と田んぼが8割ほど占める田舎の小都市ですから、そんな中でバリ活が一人二人といなくなるのは大きな痛手となることは言うまでもありません。

    そして4月に行われた「統一地方選」です。その獲得票数を見て思わず唖然としました。
    なんと公明党が政権与党に入る以前の勢力にリセットされていたのです。田舎都市の市議会選挙で500票減るというのは尋常ではありません。

    いかに会員が減り、活動に疲れ果てているかは想像に難くありませんね。選挙活動に福運が付き功徳が出るなどという妄説にそろそろ気が付いて欲しいと思います。

    最後に一句浮かびました。
              五月晴れ創価は遠くなりにけり
    (中村草田男さんごめんなさい)
                     

  2. こんにちは。
    前スレにて 皆様のコメントを 読み込むうち、私の中の何かが弾け、退会届提出いたしました!なので もう学会員ではありません。(私の家族も)
    仏壇は 主人の都合のよいときに 一緒に粗大ごみセンターへ運ぶつもりで、今は物置の中、御本尊は まいて押し入れです。GW明けにでも 返却に行きます。(GW最中に面倒な・・・と 地区ともめたくないので)
    ややこしい問題もありでしたが、こういうふうにしてけばよいかとミギリ発車しました。
    こちらのブログに出会って半年、まさかこんなに早く 創価と縁切りできるとは思ってもみませんでした。
    シミフィエ様、皆様のおかげです!
    ありがとうございます!
    でも、実はコメントしながらも 震えています。
    前スレにて、悪夢にうなされる方、同じく二世ゆえにMC染み込み度に苦しめられてる方、退会しても本当に解放されるのに数年かかった方、皆様のコメントで 涙ながら
    うなづいてる自分です。
    本当の自分を取り戻すためにも まだまだ こちらのお世話になることかと思いますが
    よろしくお願いします。

  3. ケセラセラさん、おめでとうございます!
    よかったですね〜〜(^▽^)/
    言ったん気づけば早いようです。もつれた糸がスルスルと解けるようでしょ。
    ときどき恐怖心が襲ってくることがあるかもしれませんが、
    それは一気に掃除した後の残りカスみたいなものですから大丈夫!
    そんなときは笑い飛ばしていきましょう。
    残りカスは楽しいことで上書きしていけばいいんです。
    「ほら創価やめたらこんなに充実した自分の時間が持てる!お金も自分や家族のために使える!もう一生ノルマに悩まされなくて済む」ってきっと実感できると思います。
    そんな思いもたくさんここに書いてくださいね。
    よろしくお願いします。

  4. 昨日のコメントの続きですが、それから私は完全な非活となり、新聞も辞め、財務も断り、電話着信拒否、訪問禁止にしてもらってます。当時は、体調がすぐれないので、と言っても信じてもらえず、~嘘をいえ‼~と怒られる始末。メールで、もう訪問はご遠慮下さい~と打ってもききめなしでしたので、なにをしても受け付けて貰えない状態でした。一年以上、付きまとい行為は続きました。私も会合に出ていかなかったので、組織では大変なことになっていたのかもしれません。結局上の幹部に事情をお話しすることで収まりました。出ていかず、説明責任を果たせなかったことは申し訳ないと今さらですが思っています。組織としても、それが望みだったのだと思います。本当にそんな自分が、愚かで情けないです。今さらですが・脱会も申し出たのですが、上手く説得されてしまいました。精神的、肉体的に追い詰めろ!というのは本当なのですね。実感しました。信教の自由がありますので、脱会は受け付けて欲しいと思います。

  5. 私は公明党勝ち進んでいるじゃん、まだまだすごい、と思っていたのですが、
    票数は隆盛期より確実にダウンしているのですね…草創期の高齢者しだいでしょうか。
    いま大阪では都構想への住民投票が始まり、関心が高まっています。
    大阪市民ではない私は状況を見守るところですが、
    反対派賛成派それぞれのぼりを立てて支援合戦にヒートアップしているようで、
    ひょっとしたら創価学会の方は反対派の支援に加わっているのかなと…、
    テレビの前で目を凝らしてしまいました、みなさん殺気立っていてすごいですもん。
    安保法制の関連法案の国会審議も始まりますし、支持層のみなさんは
    よりいっそう政治について勉強しないとついていけない状況ですね。

    ケセラセラさん、おめでとうございます〜
    ゴールデンウィーク私いつも大掃除がメインですよ、
    暑い日もあるようですので、お体気をつけてくださいね、
    ♫なるようになる〜…いいHNですよね、やったやった〜

  6. シニフィエさん、早速のお祝いコメントありがとうございます。嬉しいです。
    そうですね、恐怖を笑い飛ばしたいから ハンネをケセラセラとしたんでした。
    失ったお金や時間はもどりませんが、心だけは 完璧に外部の普通の当り前の常識の
    感覚になれるよう頑張ります。
    「そういや、昔 創価とかいうけったいで非常識な団体におったなあ」と・・・

  7. 以前何回かコメントさせていただきました、外部のあかりと申します。
    毎日(笑)拝見させていただいています。
    いつもありがとうございます。
    signifieさん、いろいろご苦労が耐えないことと存じます。。。
    そのお蔭でこのブログに救われている人がこんなにたくさんいるわけですが。
    どうぞお心とお身体を大切になさってください。
    お疲れになったときはおやすみしてくださいね。

    私の家は真宗のお寺さんにお世話になっているのですが、どういうわけかきょうだいの一人が創価学会に入ってしまいました。
    数年前に学会員の彼女と結婚して子供が生まれ、すぐに入会させてしまいました。
    親が楽しみにしていた日本の風習として行う子どもの成長を祝うイベントは、今のところありません。

    創価学会のことを調べるなかでこちらのブログに出会い、昨年から拝見させていただいております。
    こちらで語られている創価学会の実態に愕然としたのと同時に、
    なぜもっと早く創価学会のことを調べなかったのか悔やまれてなりません。
    「自分の時間を大切にして欲しい、もっと広く世間を見て欲しい。」
    そう思いながらも、私たち家族はぶつかり合うことを避けていたのだと思います。

    入信はかなり昔のことで、これまで何度もやめるよう説得したものの、暖簾に腕押し。
    いつも家にいない、いるときは誰かと電話ばかり・・・
    普段は温厚な性格なのに、何かの拍子に目の色が変わり戦闘モードになる・・・
    普通の会社の正社員で、浪費癖等がないにも関わらず、貯金がほとんどない・・・
    こちらを拝見して、今まで感じていた疑問(外部者が感じていた疑問)がほとんど解けました。
    創価学会の現実に自分で気づくしかない、何とか気づいてもらいたいです。
    何かと寂しく、空しい思いをしている親、そして誰よりもこれから明るい未来が待っているはずの姪や甥のことが心配でなりません。

    覚醒した方、覚醒間近な方、たくさんいらっしゃるようですね。
    脱会後も苦しまれるなんて・・・そんなの絶対宗教団体ではない!怒りを覚えます。

    私は、仕事や間接的に関わった創価学会のことやなどが原因で、軽いストレス障害を抱えています。
    涙をながすこと、今の思いを吐き出すことが治療につながると医者から聞いています。
    辛い後遺症に苛まれているみなさま、どんどん語ってくださいませ!!
    みなさまに、こころ安らかな時間が早く訪れますように。

  8. 友人が本部に電話して聞いてくれました。
    退会について。
    退会届は内容証明でなくて普通郵便で大丈夫。
    1か月くらいしたら組織から本当に本人の意思なのか
    確認が来るらしい。
    で、退会手続きは本部から事務室のある中心会館にまず行く。
    そこから順番にラインに降りてくるとのこと。
    親などに口外しないで欲しい旨は別にメモとして
    書いておいてくださいとのことです。
    プライバシーを口外しないなんて当たり前のことなのに
    わざわざメモを入れないとダメなようです。
    ご本尊返納の話もされたそうですが
    (そもそもお金で買わせておいて返納って(ー_ー)!!何様!?)
    うちは燃えるごみで捨てたのでそれはなく。
    1万円の特別御形木と5千円のお守り ね。
    それでは我が家もそろそろ退会準備に入ります♪

  9. 巴里さん、貴重な情報をありがとうございます!
    これは脱会したいと思っている方には朗報ですね。確認のための書面が来るのであれば、脱会を受理したという書面も欲しいですよね。私も本部に電話して、本当に脱会になっているかどうか確認しようかな。私が会う地元の学会員さんは誰も私の脱会を知らないようなので、ちょっと心配してました。

  10. 宝星さん、ありがとうございます。
    コメントアップのタイムラグで 宝星さんのコメント知らずに 次に私のハンネ由来のコメントとなりました。
    そう・・・なるようになる~(^^♪
    創価にかぎらず、人生全般において 口ずさんでおります。
    巴里さん、退会への手続きがどのように進んでいくのかとの情報、ありがとうございます。 内容証明めんどうなので、私は 普通便でポストに投函、その時点で自分では退会完了としたつもりです。
    ・・・が、地元へ連絡おりるのに一か月もかかるんですかorz・・・
    早く 御本尊返却したいのに(勝手に処分したら 揉めそうなので)
    まあ どのみち 地元とは ひと悶着 ありそうですが・・・
    巴里さんも退会へのカウントダウンにはいられたのですね。
    皆、静かに創価を去りましょう~

  11. 突然ですが「獅子身中の虫」って何度も勉強しませんでしたか?私は組織に対して疑問や不満が湧き起こるとその言葉を思い浮かべ、破壊者にならないように何とかその気持ちを打ち消そうと良い部分を探して納得させていました。自分で自分のMCを深めていたのです。
    覚醒に至る段階でも、それこそ対話しておられた方のようにどこかを直せば、幹部が変われば、よくなるのではないかと期待もしていました。他の方もおっしゃっていましたが末端の会員さんたちは悪気などなく、幸せになりたくて必死に活動しています。ただの詐欺団体とは思いたくなかったのです。でも、改めてどこからが間違っているのか、と考えると辻褄の合わないことだらけで、良い部分だけを抜き出して信仰としてやっていくことは不可能だと気づきました。
    みなさんの実体験のお話が罰に対する不安や一緒に活動してきた人や盲信の母に対する罪悪感を薄めていってくれています。ネットがなければいまだに悶々としながら活動していたかもしれません。よい時代になりました。いろいろなことに感謝の日々です。

  12. そういえば今回の統一地方選で初めて違う党に入れました。

    そういったところからすこしずつ毒を抜いていこうと思います

  13. マヨイさん、「獅子身中の虫」って、組織の中から壊していくって、よく反逆者とか退転したひとなどに向けて言われていましたが、実はデー作だった。と、どなたかの著書にありました。
    実は。。。本日興奮ぎみでして・・・・
    以前よりタイミングをみて脱会に向けて、動いていました。(要するに母の様子見で)
    signifieさんの脱会の体験というか、方法を参考に、本部に文書を送ったりしてから組織に連絡を入れるはずでしたが、
    着信拒否などされているし、連絡すべきところにはできないため、
    キチガイ認定されている私のことでもまじめに連絡してくれる某М地区部長(過去には青年部として私と一緒に活動した仲)に、またいつかその時は連絡しなければ・・・ということを母に雑談の時に話していたんです、そしたら・・・・・
    母が勝手に「娘が脱会のことで連絡したいと言っていた。肝心かなめの人たちは全く連絡のしようがないので、娘から連絡メモなんかがポストに入っていたらよろしく(同じマンションでのため、連絡はポストへのメモです)。」と、私本人が某地区部長に直接連絡する前に言ってしまった。これをこの人に言うことによって、よからぬおせっかいが始まるのは目に見えていたので、
    母から「Mさん(某地区部長)に娘から連絡あったらよろしくって言っといたよ。ちょうどエントランスで会ったから」と、上記の報告を受けた時に母に激怒しました!「余計なことするなよ!!!自分のことは自分でするし、Mさんにそんなこと言ったら私の意図しないところで勝手に組織に連絡されてしまう。自分で自分の言葉で伝えたいんや!自分で事を運んでから連絡しようとしてるんやから!!!ほっといてくれよ!なんでそんなお節介するんや!」
    と、言うやり取りをしていたのがつい、おととい。

    で、本日母より
    「あ、Tさん(着信拒否されてる婦人部長)が昼間に来たよ。私(母)に同席してほしいって。ゴールデンウイークの5日か6日しか休みがないらしくて、5日の2時ごろって約束しておいたけど。」

    やっぱり予想的中
    同席って何?何か話すことでも?わざわざゴールデンウイークになんでやねん?

    私「来るって、なんで来んねん!!」
    母「Mさんが連絡したらしいねん。」
    私「(ぶち切れて)ほらみろよ!ごら!!!勝手に連絡して勝手に来たやろ!!?Mさんに言うからやろ??!!約束しておいたやと??5日2時なんて勝手に約束すんなよ!私の都合はどうでもええんかよ!おかしいんちゃうか!!!!熱でも出すかもしれんし、緊急の時に着信拒否されてる相手に、もし都合悪くなったらどう連絡するねん???あほか??考えたらわかるやろ?勝手にお昼の私のいない時間にいないことわかっていて来て、母親と勝手に私の家に、来る日を私抜きで約束して、おまけに、忙しいから、休みがないから5月5日か6日の選択肢しかないから、どっちか選んでくださいって、上から目線の約束の仕方で私の不在時に母に言い、あほな母は、むこうの言いなりに約束した、ってことやで!おかしいと思わんのか??そういうことされるから、この間に勝手に私抜きでMさんに言うなって言ったのはこのことや!」
    わ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っとまくしたてました。
    おかしいと思いませんか??
    脱会の話をМさんからかぎつけて、いえ、以前から何度も私から直接その当人の婦人部に連絡していたのに着信拒否と無視され続けたんですよ。しかし、今回はМさんから連絡が行ったので、これは本気だと思ったんでしょう。
    バカじゃないですか?以前からやめると言っていた時は、家に来ることもなく連絡返してくることもなく、無視し続けて(当時連絡し続けたのはただの嫌がらせだと思われていたのでしょうか)、Мさんから脱会の連絡が来たので・・・って母に慌てて会いにくる・・・しかも私のいない時間に・・・。
    私との約束なのになぜ母とするんですか?
    なぜ日時を私抜きで勝手に決めるんですか?
    この日とこの日しか空いてないって、自分だけ忙しいと思ってるんですか?
    私の都合はどうでもいいんですか?
    もしも都合が悪くなった時の連絡先などは知らせずそのまま着信拒否のままですか?
    こっちからは一切連絡できない状態のまま勝手な一方的な都合で押し付けられた約束でそれで普通の約束といえるのですか?
    普通、どんな約束でも連絡先聞いておきませんか?お互い連絡先を言ってない場合の約束は、「もしも何かあればここまで連絡してきてください」くらいのメモは渡しませんか?

    すべてが腹立たしくて、母にまくしたてました!!!!!!!!!!!

    そのあと、母が苦しみだしました。
    血圧が上がってきた!と。

    母の体調も心配で、この間から血圧がどうのって、言ってたので、大丈夫なのか聞くと、
    「あんたが脱会する、ご本尊を捨てるっていうから、血圧が下がらんねん」

    と、一番痛いところを言われました・・・。
    私が一番心配する母の血圧です。

    まったく~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    なんやねん!創価は!
    家庭もむちゃくちゃ、創価さえなければいがみ合うこともないのに!
    1日も早くやめたい、脱会を正式にしたい私に対して、
    結局おとなしく話を聞いていた母だったけど、脱会とご本尊返納はかなり体にこたえると、
    今頃言ってきた!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

    もう、今私自身パニックです。
    こんな詐欺創価に入らなければ母と創価のことでケンカもすることないし、
    創価のことが理由で血圧が上がる、なんてこともないのです。

    母は、いまだにご本尊を返納したら、その人の身に恐ろしいことが起こると思っています。
    なので、母心だそうです。
    ご本尊なんてそんなちからない!げんに、今、何も叶ってないやろ?願いは叶わないけど、
    呪いの力だけだけあるんか?すごいご本尊やな!さすが創価。完全に母の気持ちは創価のおもうつぼです。
    創価のおかげで楽しいゴールデンウイークになりそうです(嫌味です)

    ちょっと興奮していて、かなりの長文になりました。
    無事に脱会できた人がうらやまししです!!!!!
    また鬱に戻りそうです・・・・・・。

  14. ケセラセラさん おめでとうございます
    思わず目頭熱くなりました
    これからいろいろあると思いますが、怖れるものは何もありませんよ
    全ては時間が解決してくれます。頑張ってください

  15. kickey さん
    >こんな詐欺創価に入らなければ母と創価のことでケンカもすることないし、

    大変でしたね。
    本当にその通りですね。
    創価の掲げる一家和楽とは、詐欺創価を家族そろって信じる事でしかありえません。
    私も主人と創価の事で何かにつけて言い合いになります。
    私が提案した別々の道に進むことに一切応じない主人と、この先もこうして創価の事で言い争いながら生きていくのかと思うだけで、生きる希望さえ失いかけています。
    創価に入っていなければ。。。と悔やむ日々です。

  16. ああ#〜Kickeyさん、せっかくのゴールデンウィークが…!!
    私までドキドキしてきました、なんだか何を言っても聞き入れようとしない、
    スルーの上手なMC漬けどっぷりのバ幹部相手に何を言ったらいいのか…

    私の母も血圧高くて薬呑んだりしてるんです、
    若い頃は更年期って大変だな〜、と思っていたのですが、
    母の年に追いついてそれほどでもなく、朝早くても途中少しゆっくりしたらok、
    …母は高血圧の薬、不眠症の薬やら服用しながらの活動、
    創価学会は活動を無理に続けると心身とも病む人が多いです、これは共通認識。

    私は結婚を機に脱会できたのですが、母任せでどういう手続きだったか、
    …みなさんに比べたらユル活でどうでもいい存在だったのでしょう〜
    kikceyさんは人材として大きく期待され内部の人望も厚かったでしょうし、
    いま大阪は都構想の住民投票で予断を許さない状況だから、
    一人でも多く人材をとどめおきたいところでしょう…
    って、そんなの知るかっっっ(kickeyさんっぽくやってみた)

    昨日の日経新聞では、大阪都構想の住民投票において、
    公明党としては他の野党と一線を画すとありました。
    では反対派ののろしの元では活動されていない、ということなんですね。
    ネットでは、大阪都構想のアンケートを装った電話がかかってきて
    投票にいかないと自動的に賛成派の票となる、との不審な電話が
    多数あるので気をつけて下さいと、呼びかけがありました。
    いろいろありますが、
    選挙は♪清く正しく美しく、ですよね?

  17. マヨイさん
    >突然ですが「獅子身中の虫」って何度も勉強しませんでしたか?
    私にとって懐かしい響きですねえ・・・。
    私も男子部のバリ活の頃、そんな事言われてアホらしくなって一気に組織改善の熱が冷めた記憶がありました。
    引き受けて低迷していた組織を家庭指導から立て直し、部員さんとの人間関係をじっくり作り直し「君が憂いに我は泣き、わが喜びに君は舞う・・・。」と言う組織に改善し、結集率もダントツ一位と蘇った組織に何も知らない組織で闘っていたような気配もない落下傘でやって来た創大新卒のエリートが私の不在時に部員を集めてそう言っていたそうです。部員の為に良かれと上部幹部の無信心の状況をもっと上の大幹部に報告したらそれが組織の悪いことを密告する不忠の男としてそのまま私の評価になってしまいました。
    創価では他の方も書かれていますが組織の意向に沿わない発言、考えを持つ者はキチ〇イ、魔に・・・と学会特有の常套句の連発で組織内の隔離をさせますね。さもバイ菌のように・・・。
    その中でも「獅子身中の虫」は組織にとって正しい細胞を食い破る癌細胞なんで、最悪の異端者の称号なんでしょうね・・・。私の場合もそれ以来、誰一人私の元に顔も見せなくなりましたねえ・・・。

    ほんと!懐かしい学会特有のアホな響き・・・だなあ~って感慨深くなって今朝のマヨイさんの書き込みに一言書きたくなりました。

  18. 20歳過ぎ位に田舎に帰って来てた時、(もう40年以上も前の話です。時の流れは速いね)

    たまたま私の住む地区の責任者で、創価の拠点になってて、市内でも結構な責任者が、確か正月7日の内だったと思うんですが、挨拶に来て「今年のこの地区の折伏目標は6世帯?(正確な数字は覚えていない)」とか何とか言ってて、母親が黙って聞いてたようだったので、奥で聞いていた私は頭にカチーンと来て、玄関に出て行き、『チョト待たんかい、創価は千年、万年に亙って発展して行くって話じゃなかったんかい。誰がこの地区の折伏は6世帯とかフザケタ事を命令しとるんかい!』と言ったら、「イヤ、命令とかじゃなくて、やっぱり目標が無いとダレルので云々」と色々言ったので、「いらんこと言うな!ヤルのヤランのはこっちの勝手だろうが!、池田か、信濃町本部か知らんがフザケタ事云うなと言っとけ!」(勿論、相手は50~60歳位の年配の方なので謙譲語ではありますよ)
    と、怒ったら、どういう訳だか分かりませんが(笑)それっきり誰も来なくなりましたね。お蔭で聖教も白蓮も民音も一切縁切り出来た?本当は母親が怒った時が怖いのですがね(笑) ※全会員向け財務制度は昭和57年度(1982年)から始まったようですね。
    選挙のお願いテレホーンのみは来てたそうですね。「適当にハイハイ云ってたら」と母親へは伝へてましたね。
    もうそのオジサンも奥さんも、私の両親も皆死んでますし、当時の創価員も幾らか生きててもヨボヨボで、昔むかしの物語……みたいになってしまいましたね。

     何で私がこんな昔の事を書くのかと云いますと、皆さんの脱会に関しての投稿を読んでいて、“何でそんなに脅されたり、怯えてたりするのかが不思議だから”です。

    「こんな金の掛かる宗教は出来ません」
    「詐欺団体と自分なりに分かった以上、私は信教の自由て奴で辞めます」と云えば済むと思うのですが、皆さん余りにも考え過ぎだと思いますよ。
    なんで会社の従業員でも、ヤクザの末端会員でもないのに、ましてや奴隷じゃあるまいし…辞めるのに苦労する必要はないと思います。
    尤もそう思う人は疾くに辞めてるか!

    “罰”を心配されてる方も居ますが、確かに悪因悪果・善因善果。の因果の法則に照らし合わせると“社会悪=創価”に属していると⇒罰を受けるでしょうね。
    何百万人の末端会員の生き血を吸って肥え太った、今の池田太作(1953年の改名前の本名【真実の創価学会史、参照】)の堕地獄の相を見たら一目瞭然ですよね。(絶対見せられないってんで、必死に隠してるんだろうが、哀れ!逝けナイ田)
    中枢幹部連も、高々年収数千万だか、役得入れて億に届こうが、地獄に堕ちたら意味ないと思うのだが?…信仰心が丸っきり無いので怖くないのでしょうね。傍から見てる私の方が地獄での苦しみを心配してます。
     逆から謂うと、早く会員は皆な脱会して、中枢幹部の悪因(=会員からの収奪)を無くしてやる方が、結果的に幹部も悪因を積めなくなり、地獄落ちを免れるという寸法です。

    創価を辞めた後、良くなるか悪くなるかは個々人の行動次第だと思います。少なくも社会悪組織=創価に属してるよりかは、-が0に成るだけマシだと思います。

    Kickeyさんご心痛されてるようですね、参考までに “自由の砦”の脱会方法より

    ……所属する地区の責任者に口頭で、「やめた」と、伝えればよい。わざわざ手間暇かけて、文書にする必要もないのだ。しかし、気持ちのうえできっちりと学会と決別したいときは、文書で、「脱会届け」を提出するのも一つの方法である。(内容証明ならなお良い)
     「脱会届け」の文面は、これも決まりがないため、内容は自由である。一例では、

     「 脱会届け
     ○年○月○日付けをもって宗教法人・創価学会を脱会します。
      所属組織名
    氏名(家族がいたら家族名も)
    ○年○月○日
    宗教法人・創価学会
     原田稔 殿     」

     また、脱会届けを郵送するとき、同文に一言付け加える脱会者も多い。たとえば、
     「今後、私が了解しないかぎり、入会勧誘、及び、支援政党の票依頼等を目的にした、創価学会員による自宅来訪を一切拒否します。貴殿も創価学会責任者の義務として、非学会員に余計な迷惑をかけないよう、地域周辺の学会組織に指導徹底してください。」

     ところで、脱会する上で肝要なのは、あいまいな態度を取らないこと。口頭にしても文書にしても、べつに理由など説明することもない。ただ簡潔にきっぱりと、
     「やめた」と、意志表示を鮮明にすることだ。…以上転載終り。
    “創価学会脱会体験記”等も参考になりますよ。

    マヨイさんの疑問“獅子身中の敵”は、脱会幹部の方々が言ってますが例えば
    「池田創価学会を解散させよ」龍年光/1991年8月・日新報道
    P52……戸田先生はそれまで、池田を公衆の面前で叱りつけることなどなかった。池田の態度がよほど腹に据え兼ねたのだろうと、我々はみな驚いたものだ。
     のちに池田は、「このエレベーターの前で、次の会長はお前だ、という相承を受けた」とある人に語っている。これは、とんでもない大ウソである。
     今から思い返せば、池田はこの頃から、次第に戸田先生と距離をおくようになっていたようだ。
    戸田先生が「敵は内部だ」と私にいわれたのは、まさにこの事件の後だ。
    (中略・p53=挿絵ページ)
    ……「先生、これから先は、学会は何を敵として戦えばいいんですか」と問うた。すると先生は、すっくと体を起こして、…p54…「いいことを聞いてくれた。敵は内部だ。敵は内部だ」と繰り返しいわれた。
     その時、私はこの言葉を漠然と、「より団結を固めよ」という意味に理解した。しかし、今にして思えば、昼間の会場での叱責と合わせ考えれば、「内部」の指す意味はより具体的だったことがわかる。
     池田は、先生の死期を察して、次の会長の座を睨んで動き回っていたのだ。学会の最も重大な時期に先生の側を離れ、派閥作りを始める。戸田先生が常に戒めてきた、学会にとって最も害のある行動である。…以上引用終り。
    創価学会をここまでの害虫にして来た獅子身中の虫が、太作だという事が分かると思います。学会の事を研究すればするほどハッキリ解りますよ!

  19. サラマンダラさん、ありがとうございます。
    サラマンダラさんの過去のコメントからも 勇気を頂いております。
    仕事と手抜き家事以外は このブログにへばりついて、創価毒の浄化に努めてます。
    過去スレに何回も さかのぼって、あれ?読んだはずのコメントにも新たな感想をいだいたり・・・
    時が自分を変え、同じ文章でも 違う発見があったりで、奥の深いブログです。

  20. kickeyさん
    >Tさん(着信拒否されてる婦人部長)が昼間に来たよ。私(母)に同席してほしいって

    これはいい機会じゃないですね。
    自分だったら宗教ビジネスの情報をシェアしますよ。

    「Tさん、ソーカの話じゃないんですけど、宗教ビジネスって知ってます?」
    「100万人が、一人1万円寄付したら、100億じゃないですか。
    100万かける1万ですよ。100億円。
    幹部は信者から吸い取ったカネで、そこから寄付してるっていうカラクリらしいですよ」
    「ソーカの話しじゃないんですけどね、例えばオームとか。願いが叶う
    って信者を釣ってるんですが、周りを見ると殆ど願いが叶ってない」
    「周りを見て9割も願いが叶ってないと、やっぱカネ集めの宗教ビジネスなんですよね」
    「ソーカの話しじゃないんですけど、とにかく敵を創って目をそらさせるらしいんです」
    「他にもお墓とか、めっちゃ儲かりますよね。とりあえず、ソーカの話では無いんですけど」
    「100万人が1人寄付したら100億円。これ騙されてる信者はなかんか気づけ無いらしいんですよね」
    「宗教を使った金儲けなんて、正に魔じゃないですか」

    ぐらいの会話をするだけも、効果はありますよ。

  21. レモンさん、家族の問題、大変ですよね。
    わかっていただけて嬉しいです。
    今日、地区部長と話しまして、無事に脱会の方向へ行きそうです。

    もう、こんりんざいかかわりたくない団体です。
    功徳なんてうそっぱち。だから罰もないのです。

    今日は母にもその話をもう一度しました。
    うなづいていたけど、私のこと、気持ちとかわかってないだろうなぁ。

    脱会に向けて私自身にもまだまだ解き放てない恐怖感もあります。
    解き放ちたいです。
    それこそ、Let it goです。
    let it goは「ありのまま」とは訳さないですよね。本当は。
    解き放つことです。解放とかそういうたぐいでしょうか・・・。
    今の私の心境です・・・。

  22. 久々の投稿になります。
    3月に叔父と二人で脱会しました、あまにぃです。
    昨年、コピー偽御本尊とお守り携帯を燃えるゴミで出して
    徐々に仕事も順調になり、罰らしい事もこれといってありません。
    最近、私の兄も学会に対して不信が大きく芽生え始めております。
    ただビックリな事もありました。知り合いの(M)さんが2月に学会に入会したとの事でした。
    経緯は昨年、奥様を亡くした旦那さん(N)さん同窓生が急接近
    Mさんは彼を慰める思いもあったのか入会したとの事。
    私は兄にその事を聞き直ぐさま本人に学会の事を色々話しました。
    (聖教新聞のからくり、毎年財務一万から、宗教ではない詐欺団体である等々)
    彼はもう少し早く聞けばよかったと。。残念そうな顔をしていました。
    元、国語教師の彼は大百連華の池田氏の人材とう言う言葉の異常に多く使われ方に不信を感じ、早くも、しゃくふくの親と3時間の言い合いになったようです。
    また聖教新聞の1面から8面まで池田氏の記事
    また池田氏の写真(昔のばっかり掲載)にも不信を感じているようです。
    洗脳が進む前に創価の矛盾に気づいて
    早めに退会して欲しいものです。

  23. ウィークエンドに帰って参りました、ラザリスです。
    アラフィフの自分が、ターニングポイントを過ぎたあたりの人生を振り返ってみて最大の後悔は、創価学会の会員となり、独善的な選民思想を身に付けて天狗になり、他人の人生観や価値観を否定し軽蔑し、周りが見えなくなっていたことです。
    客観的に考えて、自分よりも利他的に行動しているような優れた人格の方々にさえ、創価学会の誤った価値観を押し付けようと必死になって題目をあげなから仏法対話(???)してきたことが、自分で自分が嫌になる最大のトラウマです。世間知らずのただの阿呆でした。
    最近の創価学会は、教義をコロコロと変えてソフト路線に転換したみたいなので、我々のバリ活時代のようには盛んに折伏しないみたいですが、願わくばこのまま会員の平均年齢がどんどん上がり、衰退の加速度も上がり続けて欲しいものです。
    それから、聖教新聞についてもの申しますが、会員向けの会報であるはずなのに、一般紙以上に宣伝広告が目立ちますね~。ドンだけ~儲かりたいの!!
    ねぇ、ダイサクじいさん!?
    棺桶を札束で満たすつもり???
    地獄の沙汰も金次第ってか!?
    (@_@;)

  24. 皆様こんばんは。
    ケセラセラ様、脱会おめでとうございます。そしてシニフィエ様、このブログを継続して下さって本当にありがとうございます。
    統一地方選が終わりうちの地域はGW明けまでお休みだそうです。明日は学会の母の日ですね。我が家はまだ新聞がはいっている為に、母の日という文字がチラッと目に入りました。母のうた…昔から嫌いでした。おばちゃん達がドレスを着て声を張り上げて歌っている時、いつも違うことを考えていました。
    あとこれは、まだ仏壇が家にある方の参考になればと思うのですが、我が家も3畳分ぐらい必要とする巨大仏壇一式がまだあるのです。行政の粗大ゴミでは仏壇屋神棚などはひきとってくれない為、仏具店にお金を払って処分するようかなと考えていました。ネットで、創価学会仏壇買取専門店を見かけましたよ。取り引きが成立するとクロネコが取りに来て梱包までして運んでくれるそうです。その後手直しをして中古品として販売するシステムのようです。
    我が家の本尊は主人の名前でいただいたいものなので、私が勝手に処分する訳にはいかず巻いてあり、俗名でお位牌を作りました。でも学会の仏壇では本尊を掛けるスペースが邪魔というかムダになりチグハグな感じがしてならないので、一般の仏壇に買い換えようと主人に交渉中です。
    ローンまで組んで車が買える程の仏壇を購入するなんて、私もかなり狂っていたなと猛反省です。
    私も早く脱会したいのですが、今は折伏した友人に一人ずつ会って私の気持ちの変化を伝えています。大体の友人がやっぱりおかしな団体だと思っていたと言い翌日には脱会届を送ったようです。あと17人に会えば私も脱会出来ると思うとワクワクします。今もうすでに地域では精神病で危ない人になっていますので、しつこい連絡はきませんし、役職者がかわっても挨拶にも来ない状態です。たまに偶然幹部に会ってもみんな1人だとオタオタしていますね。あなたたちは民衆の王者ではないのですか?と言ってやりたくなります。でも脱会に向けて静かに静かにしてその日まで誰にも邪魔させません。考えれば考える程、気違い染みた団体です。デー作出てこいよ!!
    いつまでも誤魔化しなんて通用しないのにスルーしやがって!!と毎日思っています。

  25. おはようございます。お久しぶりです。元、婦人副百合長のぽんきちです。昨日から一泊2日で、近場ですが夫と子供たちと、家族旅行にきています。子供たちも大喜び楽しい思い出をたくさん作ってあげたいなと思っています。
    脱会してから、あんなに勤行しなければ、守られない外出もできないと思い込み必ず毎朝していってた勤行、すそんな慣習もうすっかり忘れてしまってました。カラーコピーと知ってから、早く処分しちゃいたいです。お守りは女子部時代、地区リーダー時代に仰々しく青年部にとぽんきちさんえらばれたのでお受けして下さいと、幹部に言われお金を払って、当時有り難くいただきましたが、今思えば大量に余って売りさばくためだったのでしょうね。脱会してからお守りご本尊を改めて見てみると100円均一で買えそうな、ちゃちな造りで、アホらしくなりゴミ箱にポイしちゃまいました。なにも、罰なんておこりませんでしたよ。
    私が、女子部時代に、父がお守りご本尊を酔っぱらって紛失し、母から、『お守りご本尊を落としてからおとうさん酒癖がますますわるくなったのはそのせいかも』と相談をしてきたことがあり、母と二人で本部まで指導をうけにいったことがありました。後日、地元の幹部が家庭訪問に来て、簡単にお守りご本尊をいただけたのですが、父の酒癖は相変わらずでしたけど、、。父は、お守りご本尊を肌身はなさずもっていて酒にも依存してましたが、お守りご本尊にも依存していたんでしょうね。きっと、再度いただいたお守りご本尊の時も、お金支払ったんだろうなと、商売ですね。

  26. はじめましてくまもんと申します。
    ネットで創価学会の実態を知り、娘が脱会したのをきっかけに私も1年半前に脱会しました。
    創価大学の卒業式に中国の首脳を招待して拍手喝采の出迎えで違和感をもちました。
    創価学会は韓国・中国と密な関係ですよね。公明党議員が中国が共産主義から民主主義になったら中国人を創価学会に引き入れ、会員にすると言っていました。日本が衰退する流れに乗じて日本には中国人だらけになって創価学会も再び繁栄するという計画なのでしょうか?

  27. それと、二世だった私、最近実家に遊びにいっても仏壇の前に座らなくなった事に、薄々気づきはじめた母、最近活動やってるの?と_『やってないよー。仕事に家事に育児に、子どもの小学校の役員にそんなん、忙しくて学会活動なんてやってられへんわ!選挙?そんなん知らんわ、当選するもせえへんも候補者の一念なんちゃうの?そんな活動ばっかりやってたらプライベートな時間なくなるし、子供たちと遊んでやることもできへんわ。私は子供たちを大切にしたいし。専業主婦で朝昼晩晩、活動して、創価学会が食べさせてくれるん?』『幹部のこどもさんが、引きこもりなったり、多いと聴くけど、あれは、子どもほったらかしして子どもに向き合わないで、活動ばかりしてるからちゃうかなと思うわ。子どもさん寂しい思いしてやると思うよ(うちの親も含め)』
    『活動したり、選挙ってきいたら気持ちが沈んでしんどくなるから、地元の人も体調良くなればこちらから連絡します言うてるのに、家庭訪問にくるし、いややからやらへんねん。遣らなくなってから体調いいし、安定剤ものまなくてもよくなったし、仕事もいけるようになったし、言うことないやろ?学会活動して.以前みたいに鬱病が再発して体調崩してまた、何十年も病院通いするよりお母さんも、娘や孫が元気で幸せでいるほうがええやろ?』と言うと、『そうやな』と、母は一言反論できず。まだ脱会したことまではいえてませんが、そのうち、時期がくれば話すことになると思います。長々とすいません。皆さま楽しいゴールデンウィークをお過ごしください。

  28. 久しぶりに投稿させていただきます。
    私も今年の頭に脱会した一人です。
    脱会の参考になる、とても良い本に巡り合えましたので、よかったら参考になさってください。
    Q&A「宗教トラブル110番」山口広・滝本太郎・紀藤正樹 著
    これまでに、あらゆる宗教と闘ってこられた弁護士の先生方の書かれた本です。
    創価のことは少ししか載っていませんが、脱会の内容証明の書き方などはどの宗教も同じみたいです。
    マインドコントロールのテクニック、経済的被害に遭った場合、家庭が崩壊しそうな場合、信教の自由、宗教法人の税収率、暴力団と宗教法人など、法律の観点から見た宗教トラブルの対処法が載っています。

  29. スマイルです

    みなさんいろいろな経験をされ、さまざまな思いをもっておられるのですね。
    私のところにも、顧客で活動家(主に幹部)がたくさん来られています。みなさんそろって愚痴を言われます。

    最近は「選挙早くおわってほしい」が非常に多かったです。
    大変な思いをされているのですね。御愁傷さまです。
    活動家に心身を病む方が多いのは、どこの地域でも同じようですね。

    幸せになるための信心のはずが、いつのまにか「ノルマ地獄」になっています。
    「ノルマ」という表現使わずに、巧妙に「目標」とかの言葉にすり替えていますが。

    GWに入りしばしお休みになるので、心の整理ができます。

    創価の主張って、結局は
    ・日蓮の精神を根本としていく。とくに御書根本(自分たちに都合の良いような解釈で)
    ・南無妙法蓮華経の題目根本(これは、たくさんの宗教団体がこの題目を利用しています)
    ・でも、日蓮正宗の「弘安2年の大御本尊」は受持の対象でない(はなはだしい自語相違)
    ・御本尊は創価学会が認定する。(何様やねん。ISO認証であるまいし)
    ・「牧口、戸田、池田」の3代会長の指導・精神を根本とする。
    ・特に第3代会長の池田さんが永遠の指導者(戸田家に嫌われているのにね)
    ・現代の日蓮の戦いは池田さんが体現している(5年間引きこもり)
    ・日蓮の血脈は創価学会にこそ存在する(なんとでもいえるやん)

    結局、【ただの新興宗教にすぎない】ですやん。。。。。。

    難解な教学より、文証、理証、現証、とくに現証が大切。
    このブログに非常に沢山の事例があります。今までは皆の心の中で封印されていました。

    【おかしなことが多すぎて、列挙しきれません】

    そもそも【南無妙法蓮華経】自体が正しいのですか?
    正しいのなら、どうして何百万偏も題目あげてる方が、「非常識でおかしな人間」なんですか?
    素朴な疑問です。

    日蓮自体、信頼できる人物なのですか?

  30. Janneさん
    >知れば良さが分かるなどと思っているならばお門違いです。
    >見てもいないのにガセだと決めつける。知らなかったやお人好しでは済まされませんよ。
    >現実を直視して一つづつ、ゆっくり冷静に考えてみてください。
    >創価学会は宗教団体ではありません。

    よくぞ言ってくれました。
    その通りです。
    聖教新聞には企業からのスポンサー広告もたっぷり載ってます。
    そこからも収入を得ています。
    完全なビジネスなんです。
    ビジネスの中でも、相当タチの悪いビジネスです。
    経営者が自分とこの商品に心底惚れ込んで自信を持って販売してるわけじゃない。
    欠陥だらけでインチキだとわかっているものを、悩める信者相手にさも素晴らしい商品のよう騙し販売してるからです。
    年寄りしか狙わない悪徳商法と全く同じです。

    宗教ビジネスは皆そうですが、創価は扱ってる商品が実態のないもの故、それに力があるとしたところで「信教の自由」ですりぬけられることを利用してるのです。
    かつ「宗教団体だ」と言い張ることで税金も免れている。
    宗教団体と名乗ること自体が詐欺を働いていますよ。
    どうしても創価を「宗教団体」にしたい人にお聞きしますが、例えば他宗のお坊さんは少なくとも信仰心をもってその道に殉じているでしょう。
    それを宗教というんじゃないですか?

    末端の信者は自分と同じように、いやそれ以上にトップには強い信仰心があることを疑っていません。
    創価の会員である以上、全員が信心してると思っています。
    いい加減にしてくださいよ(笑)
    信じてるのは末端と、その末端の中でも「選ばれし」完全に騙されてるお人よしの幹部だけです。
    まんまと利用されているお人よしを見て、それが「創価のすべて」と思ってるだけです。

  31. ラザリスさんも書かれていましたが、ここ数年の聖教は企業広告ばかりです。
    あまりの宣伝広告の多さに内部からも不評の声が聞こえていますよ。
    1ページが全て企業広告という日も多いですからね。
    他のページも下半分が企業広告、そんなページばかり。

    そして、今日5・3は「2×5・5cm」ほどの小さな枠に100社近くの企業名の書かれている広告が2面に渡り、下半分を埋め尽くしています。
    あの枠ですが、数年前に知り合いが聖教新聞社の人に「5.3のお祝いなので購入してほしい」と頼まれて、1枠を購入して企業名をのせていましたが、あの小さな1つの枠が、数万円だったと聞きました。
    当時2万だったか5万だったか記憶が定かではありませんが、その金額の高さに仰天した記憶があります。
    聖教の社員が、そのようにして各企業に勧誘にまわっているのでしょう。
    あの小さな枠だけで約100社近く載っていますので、それだけでも数百万円。
    その他にも、各ページの企業広告は、あの大きさなので百万円ほどするのでは?

  32. カガテツさんkickeyさん、「獅子身中の虫」になるなと教えておきながら実はあの人物が「虫」だったのですね。教えてくださりありがとうございます。
    それにしても「第三代会長はこの中にいる」「敵は内部にいる」「君たち、あとは頼んだよ」「全てまかせたよ」などなど、アバウトな言葉をそれぞれが勝手に解釈して自分が託されたと思わせる。誰が書いたかわからない新聞やメッセージの文言からセンセイから自分への叱咤激励だと受け止める、受け手側次第なので断言したり強要したことにはならない。昔からうまくやってますね。
    三枝さん不愉快な思い出をよみがえらせてしまったようですみません。やはりちょっとでも盾突く者には容赦ないのですね。改革などありえないのでしょう。

    kickeyさんのお母様の
    >「あんたが脱会する、ご本尊を捨てるっていうから、血圧が下がらんねん」
    こういうの、一番つらいですね。うちの母も私が脱会など口にしたらどうなるか、年齢も80近いので心配です。
    無事に脱会できそうとのことで、よかったですね。Tさんとも対決せずに済むのでしょうか?なだめたり、すかしたり、おどしたり、常套句を使って痛いところをついて・・・目に浮かびます。関わらなくてすむのならそれが一番です。ゆっくり休日をお過ごしくださいませ。

    みなさまもそれぞれの休日やお仕事の方もあるかもしれませんが、お元気に過ごされますように。

  33. 義理母から聖教新聞を借りてながめて見ましたが、ブラジルのカステロ ブランコ大学なるものが、勲章コレクターのじいさんを名誉博士にするそうです。生きていても、たぶん痴呆で身の回りの自由さえままならない老人を名誉博士にするとは、難儀な大学でおますなぁ…。
    この優れた会報新聞だけ見てたら、創価学会が国際的に飛躍していると勘違いするのも無理はありません。優秀な人材が、金のために必死になって創価学会の表の顔づくりを首脳部とともにやっているのでしょう。せっかくの優秀なアタマをそんな詐欺行為のネタづくりで終わらせてしまうなんて、悲惨な人生ですね。御愁傷様です。
    あと、ダイサクじいさんも記念の和歌とともに、写真が出てます。目が赤く腫れて(薬のせいか?)
    唇はタラコのようになって変な顔です。服装のセンスも悲惨です。いつまでこのような写真が載るのか知りませんが、いつのまにか蝋人形に替わっているかもしれませんね。((笑))
    ところで、キキさんとやら、我々のなかにウソつきがいるとのことですが、その根拠となる証拠の提示を待ってますよ~。
    ラザリスとインディアン、ウソツカナイ!!

    つかの間の休み、ジャック ジョンソンでも聴いて
    マッタリしますか…。
    (^_^)/~~

  34. レモンさん、聖教新聞の広告掲載料金は、聖教新聞社の公式HPに料金表が載っています。広告の大きさや掲載範囲(全国版は地方版かなど)や継続条件などによっていろいろと変わるので、一般の人が見てもピンと来ないと思いますが、たとえば聖教新聞の全国版に1面カラー広告を1回載せるには1934万5,000円+消費税がかかります。ちなみに毎日新聞で同じ広告を出すとすれば3269万2000円+消費税です。この差は一般紙か宗教法人の会報の差(接触率)なので当然でしょう。またこれは公式な料金ですから、いろいろと交渉して安くなるとは思いますが、いぜれにせよ新聞広告の料金と言うのは、1面だけの1回きりの広告でも数千万円のお金が動いています。さらにこれは掲載料だけの話で、広告自体の制作費は別です。これが毎日何面にもわたって掲載されているので、年間の広告料だけでいくらになるかわかりますよね。なのにそんな広告を毎日配達し集金している学会員さんはほぼタダ働きと自腹。これのどこが「正しい宗教団体」なんでしょうね。

  35. マヨイさん
    不快な思いなんて全くしておりませんのでお気遣いされなくていいですよ。
    私が言いたかったのは学会で教え込まれた言葉に恐れ不安定になってらっしゃる状況は
    私も経験してきたのでよく理解できます。学会が会員を操るのに都合の良い教学を刷り込まれた人間はなかなかその呪縛から抜け切れない。でも、元々外部者はシシシンチュウ・・・?ムシ??イノシシのギョウチュウ??くらいなもんでしょう。
    今は、外部の私もそんな感じですよ~♪って事を書きたかっただけです。
    マヨイさんもそのうち笑いとばせるようになります。創価の教学なんてその程度の物だと思ってください。

    Wなので姫路城の白過ぎ城・・・とやらを見てみようと思ってます。足を延せば奈良のまた大仏さんや興福寺の阿修羅観音像も拝観しようと思っています。創価以外の世界を見聞きすることが覚醒には良いですよ。

  36. ミニーさん、ありがとうございます。
    創価仏壇買取専門店なるものが あるなんて、しりませんでした。
    少しでも お金取り戻せたら いいですよね~
    私は 結局 運ぶ手間を考えて、粗大ゴミシールを張って、市に回収頼んでしまいました。
    そんなに 巨大ではないし、私んとこの行政は 仏壇回収もOKでしたので・・・
    ミニーさんも脱会に向けて 静かに静かに頑張って下さい。
    朗報お待ちしております。

  37. 新聞代って、新聞社の「人件費」と「材料費」に対して購読者が支払う代金ですよね。
    聖教新聞って、配達も集金も営業も置き場もなぜか購読者がボランティアでやっている。
    自分が懸命に働いて代金を払うのも購読者。
    毎月きっちり1934円集金されるのが購読者。
    なんで?
    新聞社(創価)丸儲けですやん。
    記者も一般紙のようにスクープを求めて必死になる必要はなく、のほほんと特殊な信者の日常を書いていればいいんだから気楽なもんだ。
    それで丸儲け。
    いやいや、それもこれも会員に功徳と福運をつけさせてあげたいがためなんですって。

    つまり教団に「金」と「労働力」を差し出せば、それだけ幸せになりますよという教えってことです。
    あの、ここまでわかりやすく打出されてもまだ「騙されてる」ことに気づきませんか?

  38. いろいろ考えてると次のような事がわかりました。

    「財務」と「選挙の公明支援」

    「財務」=「金」
    「選挙」=「権力」

    結局
    「カネ」と「権力」なんですね。

  39. こんばんは、お久しぶりです。二世婦人部うつ病経験者のみるくです。お願いがあって出てきました。

    今朝6:59に投稿された匿名さま?みるくさま?HNを変えて頂けませんか?

    あまり書き込みしませんが「みるく」は前にわたしが使いましたので・・・

  40. Janneさん
    初めまして。すぐにご挨拶できなくてすみません、ちょっと間を置くと、コメントが多くて気づくのが遅くなりました。

    >白いブランコさん、初めまして。外部のJanneと申します。ご自分ではお気づきになられていないようなので、ハッキリ申し上げます。残念ながら皆様がおっしゃるように、完全に創価学会のMCに掛かってます…。
    >抵抗はあると思うのですが、1度MCについての本を読まれてみて下さい。

    signifieさんとも2か月ほど対話をしたのですが、今一つMC(マインドコントロール)とか、洗脳とか詐欺とかに対して実感が湧かないのです。
    以前、カガテツさんからご紹介があった「カルトからの回復」という本も読んでみましたが(完読ではありません)、被害者は統一教会の方6名の体験とかで、
    カルトへの入信の項目は、宗教に入る方と共通する部分はありましたが、創価学会がカルトという認識の本ではありませんでした。
    逆にカルトからの回復を支援する方に日蓮宗の僧侶の方2名を紹介されていたり、おそらく顕彰会と思われる教団のこともほんの少し書かれていました。

    私自身は、こちらのブログに投稿されているような被害?とかに会ったことがないか、気が付かないだけかもわかりませんが、
    創価学会の指導や教学、日蓮大聖人の御書によって、より良い人生を歩んでいると実感しています。

    カガテツさん
    ブログの方は開始してみましたが、いまのところイメージ通りにはいかないです。勉強しながらなので、進みは遅いと思います。

  41. 昨年の衆議院選挙と先月の地方選挙で自身は公明党以外の候補者及び政党へ投票しました。
    ご存知の方も多いでしょうが未活動になっても投票の確認連絡を受けますよね。
    その際、今の私は投票には「行った」と答えています。でもこの行為、正直心が痛みます。
    相手はもちろん 投票に行った=公明党へ入れた と思っていますから、きっと報告もカウントしているでしょう。
    正直に公明党へは入れませんと答えるのがいいとは思いますが、でもそのことで変に事を構えたくないし。
    皆さんどうしてますか?

  42. 三枝さん、こちらこそ、かえって気を使わせてしまったようですみません。名前つきでコメントをいただけてうれしくてお返事しなければと思い、変な書き方になってしまいました。アドバイスもありがとうございます。「外部の私」・・・憧れます。いつか私もこちらにそうコメントしたいです。

  43. 久しぶりに投稿させていただきます。
    ブラックノーモア様、はじめまして。awakeと申します。
    私は、電話もたまたま携帯がマナーモードで出なかったのですが、選挙当日、見覚えの無い留守電が3回入ってました。創価からの電話だったかもしれませんね。基本、登録していない電話にはめったに出ないので…。
    後日暫らくして、たまたま路上で座談会とやらで見覚えのある年配男性が、「選挙ありがとうございました」と言ってきました。私は実は選挙に興味が無く投票に行って無かったので、さらっと「選挙は行ってないんですよ」と何の躊躇なく伝えると、「グェッ!?」と聞いたことの無い様な声のリアクションと苦笑いで、どことなく慌てふためいていました。
    逆にわからないのですが、このような場合は、「あいつは行っていない●●な奴だ」とか、何か上に報告するのでしょうか?それとも、体裁を整えるため、創価が得意とするご都合主義で「全員行きました」と言うエア報告で「大勝利」と言うことなのでしょうか?仮に行ったとしても、公明には入れませんが。

    話は変わりますが、某サイトで奥さんの香峯子氏も、センセイ同様に行方不明になりつつあるとか、表に立たなくなったりとか不思議な動きになっているということが書かれていました。良く考えれば、今までセンセイの生死ばかりが注目されており、香峯子氏の行動が見落とされがちになっているということでした。皆さんはどう思われますか?

  44. 白いブランコさん

    >signifieさんとも2か月ほど対話をしたのですが、今一つMC(マインドコントロール)とか、洗脳とか詐欺とかに対して実感が湧かないのです。

    そりゃそうでしょう。本を1冊2冊読んでMCや洗脳の実感が湧けば、これほど多くの人が創価のMCにひっかかるわけがありませんよね。白いブランコさんの中に「創価は正しい宗教団体だ」という前提がある限り、何を読んでも、誰から何を言われてもMCも洗脳も気づかないと思います。
    たとえば白いブランコさんはオウムの信者が「修行」という名目で洗脳されていたことは理解できますよね。サティアンに籠ってヘッドギアをつけて「修行するぞ!修行するぞ!修行するぞ!」と叫びながら空中浮揚できると本気で思い込んでトランス状態に陥っている姿は、白いブランコさんでもそれが洗脳の手口だとわかるでしょう。女性信者に麻原の精液を飲ませる儀式を神聖なものだと信じている姿は、どう考えても洗脳ですよね。でも今でもオウム信者は自分が洗脳下にあるなんて思ってもいません。いまだに麻原をグルだと信じています。仏壇にかけてあるコピーのご本尊に向かって何百万遍もお題目をあげて「病気が治りますように」「息子がいい大学に入りますように」「財務が何倍にもなって返ってきますように」「日顕が池田先生より早くくたばりますように」ととりつかれたように祈っている姿は、覚醒した人間から見ればオウムとひとつも変わらないんです。平気で3桁4桁の財務をする学会員が洗脳でなくて何でしょうか。でも白いブランコさんから見ればオウムは洗脳で、創価は正しい宗教なんですよね。オウムの例えが極端だと言われるのであれば、統一教会でも幸福の科学でもかまいません。創価と同じ新興宗教なのに、創価以外の洗脳は見えても、自分の洗脳には気がつかないものです。私もそうでしたし、ここにコメントされている方のほとんどが、自分が洗脳されているなんて思いもしませんでした。でも一旦そのことに気がつけば、すべての疑問が解けます。さきほどスマイルさんが言われたように

    >「財務」=「金」
     「選挙」=「権力」
      結局
     「カネ」と「権力」なんですね。

    これです。これに気がつくかどうかです。
    「矛盾に気がつかない」=「MCあるいは洗脳」=「矛盾が解けない」
    「疑問がわく」=「矛盾に気がつく」=「洗脳が解ける」=「矛盾が解ける」
    こんな簡単なことが理解できない状態になっているということです。
    と言っても、洗脳下の人にはわからないです。みんなそうでしたから。

    それから、余計なお世話とは思いますが、白いブランコさんが立ち上げたブログ「創価ルネサンス~創価学会改善活動~」ですが、何を言いたいのかが書いていないので、すでにこのブログで白いブランコさんの考えを理解しているyさんとキキさん以外は反応のしようがないのではないかと思います。せめて自己紹介と、ブログを立ち上げるに至った経緯や基本的なご自分の考えを書かなければ何も始まらないのではないでしょうか。私の場合でも、このスレッドの頭のグラフにあるように、あれだけの量の書き込みを8ヶ月間続けて、やっとアクセス数が増え始め、1年半続けてやっと月のアクセス数が5万を超えるようになりました。そして4年目にしてやっと月のアクセス数が15万前後に安定することができたんです。その間、とんでもない荒らしがやってきました。途中でほんとにいやになって休止もしました。今こうやって月に15万アクセスあるのは、ずっと応援してくださる皆さんの赤裸々な体験をもとにした対話があるからです。みなさんがそれぞれに痛烈な痛みを伴って、傷を負い、そこからどうにかして立ち直ろうとしている切実な体験の集積です。暇つぶしに書いている人など一人もいません。できればこんなこと書かずにいれたらどんなに幸せでしょう。私もそうです。金輪際創価なんて関わりたくはないのですが、創価によって歪められたこれまでの人生をどうにも整理できないでいるんです。言葉にでもしなければ気が狂いそうです。心も折れました。みなさん大なり小なり相当な傷をかかえていらっしゃいます。それが百人や二百人ではないことがこのブログを見ただけでもわかりますよね。そうでなければこの手のブログが続くわけがありません。

    私がブログを通じて創価の現実を知ってもらおうと思ったのは、ブログで発信する以外他に方法がなかったからです。ところが白いブランコさんがブログで何をしようとしているのか、はっきり言って理解できません。創価の改善を訴えるのであれば、どこの誰だかわからない人に向かって改善策を訴えても意味はないのではないかと思うのです。それより地区部長である白いブランコさんがやるべきことは、あなたの地区の学会員さんにあなたの地区部長としての考えをはっきり述べることではないでしょうか。そしてあなたの地区から「正しい宗教団体としての創価学会」の実現を目指して、改善策を広げていくことではないでしょうか。私ならそうしますけど。ただし、創価学会が正しい宗教団体であるという前提が崩れない限りということですけどね。

    こうしているあいだに、公明党の協力によって安倍政権は日米同盟を強化して、憲法改正をしないままに自衛隊を海外派兵できるようにしてしまいました。もはや死に体となった野党を前に、安倍政権はもはや怖いものなしでアメリカのいいなりになって自衛隊を国防軍へと切り替えるでしょう。外国での戦闘が認められるようになれば、当然国防費が増えます。武器弾薬をはじめその関連産業に莫大な税金が投入されます。そんなことを公明党=創価学会が推進しているんですよね。これも白いブランコさんがおっしゃるように、一部の学会員が池田氏や最高幹部の言うことを聞かずに勝手にやっていることなんでしょうか?創価学会による公明党への支援は池田氏の反逆者が勝手にやらせていることなんですか?あなたの地区の学会員さんも公明党に投票し、必死で公明票を集めたはずです。あなたはそれを止めましたか?「公明党支援は先生の意志ではないのだからやめるべきだ」と地区の人に訴えましたか?自分だけボイコットしただけなんですよね。それで何が改善活動ですか?安倍政権が公明党創価学会の支援を受けて暴走しているときに白いブランコさんは、どこの誰がどれだけ見るかもわからないようなブログを立ち上げて、のんびりおしゃべりや読書を楽しんでる場合ではないと思うのですよ。

    この際ですからもっとはっきり言いますとね、白いブランコさんは地区の会員さんに嫌われるのが嫌なんじゃないですか?気の合う会員さんと、楽しく学会活動をしていければそれで満足なんじゃないでしょうか?だから創価の矛盾を指摘されても「それは一部の会員が勝手にやっていることだから、それを改善すればいい」などと苦しい言い訳を言っているのではないでしょうか。改善すればいいと言いながら、やってることが自分だけ選挙のボイコットと匿名のブログ立ち上げですか?白いブランコさんが創価の公明党支援に本当に疑問をもっているのであれば、自分一人ボイコットするだけではなくて、地区に限らず、支部や本部や総県レベルに疑問をぶつけて糾すべきなんじゃないかと思いますが、違いますか?

    白いブランコさんが自分のブログで何をしたいのかわかりません。テーマが「創価の改善活動」なのですから、創価学会員へ向けてのメッセージですよね。創価学会員さんはネットはデマだと教えられているんじゃなかったですか?「自分のブログだけはデマじゃない」と、ネットを通じて学会員さんに訴えるのでしょうか?「創価学会の皆さん、創価学会をよりよい宗教団体にするために、こんなことを改善していきましょう」と言うんですよね。だったら、まず自分の地区員さんに直接言うべきなのではないでしょうか。そしてどうやったら最高幹部がその改善策を実行してくれるのかというビジョンを示すべきじゃないでしょうか?そこまでの覚悟がなければ、ただ活動したくないだけの言い訳としか見られませんよ。所詮「部分的非活動家」として、組織内でも適当にあしらわれるだけです。私が支部長ならそうしますよ(笑)。

    白いブランコさん、あなたが本気で創価を改善したいと思っているのであれば、何をいってるのかさえわからないようなブログを立ち上げて、どこの誰かもわからないような人がおしゃべりに来るのをのんびり待っている場合ではないと思います。

    これから先、たとえば白いブランコさんのブログが多くの人に指示されるまでに3年かかったとします。その3年間にも創価は自民党を支援し続けて、日本はどうなっていると思いますか?その3年間で白いブランコさんのブログが賑わったとして、創価が何か変わるのですか?あなたのブログによって創価が公明党支援をやめるのですか?公明党が自民党支援をやめるのですか?でなければ何の意味もありませんよ。百歩も千歩も譲って、公明党が自民党支援をやめたとして、創価が改善されるんでしょうか?

    白いブランコさん。私は白いブランコさんをたいへん評価していますし、人間性と言う意味では私なんかよりもずっとできた人だと思っています。白いブランコさんの創価以外の面では、私なんか足元にも及ばないと本気で思っています。だからこそ辛抱強く対話も続けてきました。しかし、創価のことになると、まるで子どもなんです。完全に騙された子どもです。創価学会は外部から見れば、どこをどう見ても怪しい宗教団体だし、内部のことを知っている人間から見れば、完璧に金目当ての詐欺団体であることは間違いなんです。このブログはそのことをより多くの実際の声を通じて訴えるために立ち上げました。だから意味があると思っています。創価を改善するための方法としてブログは役に立たないのではないでしょうか。

    余計なお世話とは思いましたが、白いブランコさんの誠実な気持ちが、完全に空回りしていると思いましたので、思い切って書きました。

    組織を変えたいと思っているのに、目の前の学会員さんにとは波風を立てないようにして、どこの誰ともわからない学会員(かどうかもわからない)が、創価学会員に向けてこっそり改善策について書いたところでいったい何になるのか、もう一度考えてみてはいかがでしょう。

  45. >白いブランコさんへ
    思想的な本を読む場合、誰が言ってるとかじゃなく、何を云ってるかが大事ですよね。

    2か月にも渡り、これ以上無い位“微に入り細を穿つ”シニフェさんの説明を読んで、“実感が湧かない”のであれば、多分誰が説明しても無理だと思います。

     私は、創価で困ってる人の手助けになればと思い投稿してますので、満足されてるブランコさんの相手は必要ないと思考します。

    私も時間の無駄はしたくないので、1日も早く「創価ルネサンス」の方を充実される事を願っております。

  46. 皆様ありがとうございます。
    心の整理しながら書いていますが・・・。
    脱会の件で、

    カガテツさんの脱会書式のコメントとても参考になりました。
    組織の地区部長から、書式はどういう形式でもいいよと、連絡がありました。
    ご本尊返納の書式だけはあるそうなので、それが今日ポストに入っていました。

    ひまわり太陽さん、結局5月5日はなくなりました。
    アホのTが、私に返したいものがあるというだけで、それが昨日
    ポストに入っていたのです。お騒がせのバカめ!!!
    そんなことで母に会いに来るな!
    私のいないときにこそこそと!

    宝星さん、
    清く正しく美しくの創価バージョン思いついた
    キモく不正で強欲だ!
    ちょっと変かな?いえ、この三つだけの表現では創価は表現できない
    ですよね。

    ミニーさんの仏壇買取専門の件、情報助かりました。一度検索して
    申し込んでみます。

    マヨイさん、獅子身中の虫、ホント、バカみたいでしょう?
    お前のことだよ!ってデー作ジジイに言ってやりたいですよね。
    そしていまだにデー作を師匠と思っている人たち。
    本当にMCは恐ろしいと思います。
    あと、母の問題は、今日明日には解決できませんが、母自体がまだ、
    ご本尊には力があると思っているので困っています。

    なかなか分かってもらえません。我が家の家庭問題(いろいろあって言えませんが)も、叶ってないし、小さな小さな願いですら叶ってないのだし、力がないのは見え見え。
    叶わないのが信心による、って創価の常套文句が聞こえてきそうですが。
    信心によるなら、なんでも叶うご本尊なんて言うなよ。
    誇大広告ですな。

    ご本尊返納申請書の一番最初に
    返納理由ってのがあり、
    お取替え、合世帯、死亡、行方不明、拾得
    その他(   )
    とありまして、
    私はその他にまるをつけ、
    ( )の中は、それほどスペースはないのですが、
    「勲章コレクターの強欲ジジイ、その正体も知らずにあほみたいにジジイを盲信するバ会員やそのバ会員を上から命令(トップダウン方式)で統制する北のお国さながらの組織、少しでも疑問を持つとバ幹部からすぐ反逆者扱いされるような慈悲もへったくれもないソーカにいても意味がないどころか、逆にソーカの害毒でおかしくなります。ってことでバイバイ!」

    と、記入しました。びっくりしたのは
    最後のほうに、上記の返納を承認いたします。
    と書いてあって、組織の支部長や本部長の名前をサインする書式になっています。
    「承認」って・・・・どこまで上から目線やねん。
    あきれます。

    白いブランコさんが久しぶりにコメントされてますけど、
    いまだに詐欺とか洗脳とか、わからないエトセトラ・・・・。
    みなさんみたいに被害にもあっていないとか・・・・。
    あの。。そういう状態が洗脳解けてないっていうんですわ。

    そして私たちは被害というよりも、創価の本質に気が付いただけで、
    実情を綴っているのですけどね。ある意味被害ですけど。
    被害者ぶってるつもりはありません。事実があまりにもひどすぎるだけです。

    ってことで。また近いうちに報告します♪

  47. ためしに皆さんにお訊きしてみましょう。
    このブログをご覧になっている支部長、本部長、圏長、総県幹部経験者の方で、かつてでも、今でもいいんですが、もし白いブランコさんのような地区部長さんがいたら、どのように扱いますか?

    私なら適当に話だけ聞いて、上にはあげません。自分一人選挙をボイコットするくらいで、あとは真面目に活動している地区部長にわざわざいちゃもんつけるより、そのまま活動させますよ。わざわざ公明票1票のために組織に波風立てる必要はないですからね。それが原因で完全非活になって財務までしないってことになるほうがリスクが大きいですもんね。そんな活動家さんてほかにもいっぱいいますから、ほんとに大勢いる中のほんの一人にしか過ぎません。

    ただこれがもし、他の部員さんにも「選挙はボイコットするのが先生の本当の心なんだよ」と座談会で言ったり「財務はできるひとだけがやれば十分」とか「日蓮正宗でも日蓮宗でも立正佼成会でも大聖人のご本尊はご本尊なんだから、みんな同じように願いが叶うんだ」などと言ったら、そりゃ幹部としては見過ごすわけにはいかないでしょう。さっそく「指導」という名の洗脳強化ですよ(笑)。どっかに呼び出して「君の信心はおかしくなったんじゃないか?」「そんなことをしていると罰が当たるよ」「もっとお題目をあげて、先生にお応えできる人材になりなさい」などと、これもマニュアルどおりの指導をするでしょうね。指導する側も洗脳されてますからそれしか言うことないですもんね(笑)。もしお約束通りの指導が返ってきたときに、白いブランコさんが「いやっ!先生のお心はそうではない。創価の選挙活動はまちがっている。新聞のノルマも行き過ぎだ。これを改善しない限り、創価の未来はない!」などと言い返したら、白いブランコさんの創価を思う気持ちは本物でしょう。しかしどんなに幹部に食い下がっても、簡単にねじ伏せられるか、スルーされるか、キチガイ扱いですよ。私が圏幹部ならそうします(笑)。別のところから地区部長を派遣して、白いブランコさんは副支部長になってもらって「あの人、ちょっと信心がおかしくなってるから、彼の言うことは聞かないように」と地区のみなさんにこっそり根回しします。
    白いブランコさん。あなたは地区部長ですから、それより上の役職が実際に何をしているか、どんな組織運営をしているか知らないでしょうけど、創価ってそういうところなんですよ。ウソだと思ったら、波風立たないように自分だけボイコットしてるんじゃなくて、きちんと上に自分の考えを訴えてみてください。ほんとうに創価を改善したいと思っているのであれば、支部長や圏長に真正面から向かい合って、あなたの考える本当の信仰をぶつけてみてください。そしたら創価がどんなところかわかるかもしれません。おそらくさきほど私が言った通り、てきとうにあしらわれるだけだと思います。ブログやってるより、すぐに結果が出ますよ。

  48. 選挙で思い出しました。最大の疑問。
    池田夫妻は選挙に行ってるのでしょうか?

    投票所にいってたらですよ、住んでる地域の会員が目撃するはずだし、そうじゃなくても、有名なんだからなんらかの噂が出そうなもんです。
    聞いたことないんだよね

    週刊誌の記者がでまちくらいして、取材したら面白い記事書けるのにそういうのもでない

    いってないんじゃないか?住民票あるのかな、、、。

    そしてF取りはしてるのでしょうか笑

  49. 連投すみません。白いブランコさんの件、signifieさんのおっしゃる通り、
    そうです。ブログで創価ルネッサンスうんちゃらくんちゃら言ってるより、
    自分より上の幹部に、その気持ちをまっすぐにとにかくぶつけてください。
    「今までも言ってきてますよ」は通じません。言って来てないから今に至るのです。

    とにかく訴えてみてくださいな。
    私みたいにキチガイ認定されること間違いありませんよ。
    私はメールも電話も着信拒否され、signifieさんがおっしゃってるように、
    組織で「kickeyさんとは付き合わないように」と根回しされてます。
    なので関係のある連絡先はすべて寸断されました。
    一番近所の同じマンションの夫婦には「縁を切ってください」ってはっきり言われたし。

    ふわふわ雲の上に浮いてる状態の「改革」なんて言葉だけの絵空事では意味ないです。

  50. 「このご本尊にはどんな願いも叶える力がある」
    すごい言葉ですよね。
    「願いが絶対に叶うのは、地面に向かって矢を射るようなものだ」とか「たとえお日様が西から昇っても、この信心に間違いはない」とか、もうどんだけ嘘八百並べるんだって感じです。でも学会員さんは、そんなことが御書に書いてあるというだけで完全に信じてしまうんですね。御書が正しいなんて、なんの保証もないのにね。これをちゃんとした教育を受けた何百万人もの日本人が信じているのですから、そっちのほうがもっと驚きです。

    科学はもちろん識字率さえほとんどなくて、毎日死ぬか生きるかわからないような悲惨な生活を強いられていた鎌倉時代の人が信じるのならともかく、今の日本で「南無妙法蓮華経と唱えれば何でも願いが叶う」ということを本気で信じて、何百万何千万のお金を差し出す人が何万人何十万人もいるのですから、そりゃもう言ってるほうは笑いが止まらないでしょう。そしてほんとに何にも願いが叶わないのに「今は人間革命の途中だから」とか「ここで疑ったりしたら、いままでの題目の貯金がみんなパーのなってしまう」などと、デパートのポイントカードみたいに考えてるんですよね(笑)。あんたたち、ちゃんと日本の教育受けてきたんでしょ。ただのコピー用紙に呪文を唱えただけで病気が治ったりお金持ちになったりしたら、世の中めちゃくちゃなことになるってなんでわからないの?って、ふつうは思うんですが、やっぱり目の前に人参ぶら下げられると、ついつい走っちゃう馬みたいなもので(ほんとかどうか知りませんけど)、功徳というエサにつられて、科学も教育も文化も知ったこっちゃなくなるのが学会員さんたちです。

    いつも言ってますが、日蓮が人類を救うために現れた末法のご本仏だと自分で宣言してから、はや750年。いったいいつになったら人類を救ってくれることやら(笑)。で、学会員は遥か昔に末法の民を救う約束をした地湧の菩薩なんだという話らしいのですが、なんで700年経ってから突然現れて、その約束も果たさないうちに、その菩薩さんが減っているのか、誰か説明してほしいものです(笑)。人類救えないじゃん(笑)。なんでか?って訊いたら「それは魔の仕業です」ってしか言わない。「ええ〜、その魔って、末法のご本仏のやることを750年間も邪魔し続けてるんですか〜〜!?ってことなんですが、それにはなんて答えるんでしょうね。どう考えても末法のご本仏より魔のほうが強いってことじゃないですか。

    「このご本尊は何でも願いが叶う。しかしそれより魔のほうが強いので750年も願いが叶わないでいる」

    っていうことですよね(笑)

    日蓮って、キリスト教もイスラム教も知らなかった。地球が丸いことさえ知らないし、アメリカ大陸なんて想像すらしなかった。そんなインチキ坊主がなんで人類救済のために現れた末法のご本仏なん?日本に入ってきた仏教の大部分が中国や朝鮮での儒教の教えがそうとう混ざっていたことも知らなかったし、そもそも釈迦の教えとは真逆な教義に変わり果てて日本に伝わった。さらに聖徳太子は儒教にちょっとだけ仏教をまぜたものを「あつく仏法を敬え」などと十七条憲法に記して政治を司った。これは政治のための道具として舶来の宗教をつかったんですよね。

    もしかして……もしかして……それって……イ・ン・チ・キ?

    いいんです。インチキだろうがトンチキだろうが、信じるものは救われるってなもんで、自分だけ信じて、他人に迷惑かけなければ、こんなに科学や教育の進んだ日本であっても、誰にも文句を言われる筋合いはありません。オタク系のコスプレ少女が血のりを塗りたくってどんな格好で秋葉を歩いていても、わいせつでない限りはOKですよ。

    でも創価の場合は違うんです。これは信教の自由という問題ではありません。これは宗教の問題ではなく、詐欺という犯罪なんです。だからこうして「みなさん詐欺に騙されてますよ〜、はやく正気に戻ってくださいね〜」って言ってるんです。しかしこれがなかなか正気に戻れない。なぜなら宗教をエサにしているからです。ここがいちばん厄介なところなんですよね。
    「このご本尊にはどんな願いも叶える力がある」
    これ普通の人が聞いたら鼻から牛乳ですよ。
    こんなだれが聞いても信じるはずもないようなヨタ話を簡単に信じてしまったら最後、まわりが何をどう説明しても、頑として譲らないんです。それが宗教の恐ろしいところだし、創価をはじめとして新興宗教の思う壷なんですよね。

    「呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン♪ は〜いご主人様の願いを何でも叶えてあげますよ〜」って、ハクション大魔王みたいな話を、大の大人が本気で信じてるんです。
    「このご本尊だけが願いを叶える力がある。これ以外を信じると不幸になるだけだ」
    こんな都合のいいことを本気で信じてるんです。おまけに
    「お金を出せば出すほどその功徳は大きいし、出したお金は何倍にもなって返ってくる」
    これまたものすごいことを平気で言うし、これを本気で信じてるんです。
    そのコピー用紙を拝んだら何でも願いが叶うっていう夢のようなものがあるんなら、この750年間、どうして広まらなかったのか考えないんですよね。さらに、そんなにすばらしいご本尊をつくってきた日蓮正宗のはじつは偽物で、ほんというと創価学会のコピーご本尊が本物だと破門された途端にいうことも、何の疑いもなく信じて、取り憑かれたように拝んでいるんです………キモイ!!

    私は覚醒してから、学会員さんが拝んでいる姿を見ると気持ちが悪くなります。目の前に洗脳集団がいると思うとゾッとするんです。それは自分がその中の一人だったのかと思うと、ほんとうに恐ろしくなります。この人たちはハクション大魔王みたいなのを本気で信じて、読みもしない新聞をたくさん買わされて、有り金をみんな差し出し、選挙活動に奴隷のように走り回って友人を片っ端からなくしているんだ。子どもをほったらかして、いじめられたり引きこもったりしても、それが自分の盲信のせいだなんて少しも思えないような人間になっている集団が、声を揃えてナンミョーと唱えているのを見ると、ほんとうに具合が悪くなります。どんなにおかしなところを指摘されても、めちゃくちゃな言い訳しかできなくても、少しも自分の考えに疑問を持てなくなっています。これが洗脳でなくて何でしょう。たとえば白いブランコさんは、こんな現実を見ているのにも関わらず

    >今一つMC(マインドコントロール)とか、洗脳とか詐欺とかに対して実感が湧かないのです

    これが、まさに、正真正銘の、ドンピシャリの、100%混じりっけなしのピュア『洗脳』ですよ。

    白いブランコさん、ありがとうございます。「私はこんなに洗脳されています」と自分で表明したんですよ。

    自分の洗脳に気づけば洗脳ではありません。気づかないから洗脳なんです。それが人から話をされたり本を読んだりしたぐらいで解けるわけがないんです。 私も創価がおかしいと疑い始めて、それが詐欺だとわかるのに10年はかかりましたよ。それでも日蓮仏法はまちがいないなどと信じてました。10年以上も疑い続けて、活動をしなくなって、何年も経って、やっとのことで気づいたんです。だから、白いブランコさんに気づいて欲しいとは思いますが、気づいてもらえるなんて思ってはいません。そんな甘いもんじゃないですね。でも白いブランコさんとの対話によって、気づいてくれる人がいたり、うすうす気づきかけている人の背中を押すことになるだろうという思いで対話をしていました。だから対話が平行線に終わることは想定内のことだったし、それ以外の部分での意味はあったんだろうと思います。また、私の創価学会を見る目もはっきりしてきました。ある意味ありがたいと思っています。

  51. 「MCとはヘッドギアをトランス状態になって思考を乗っ取られること」
    じゃありませんよ。
    自分は冷静に判断して自分で選んでいるつもりが、実は一つの答えに誘導されてしまうのがMCです。
    白いブランコさんは

    >2か月ほど対話をしたのですが、今一つMC(マインドコントロール)とか、洗脳とか詐欺とかに対して実感が湧かないのです。

    とのことですが、ふつうは実感が湧きますよ。
    理解できますよ。
    いくら何でもここまでわかりやすく説明されれば誰でもわかる、小学生でも解る、からくり、矛盾は説明し尽くしてます。
    それがなぜ決して小学生より知能が劣るわけでもなく、むしろ頭がいいはずの白いブランコさんだけどうしても理解できないのか?
    実感できないのか?
    ※それはそのようにマインドコントロールされているからです。

    「創価は、決してMCなどかけておらず、素晴らしい信仰を教えているだけです」
    「信仰の根幹は、本尊は、題目は、日蓮は信じるに値するものなんです」
    「決して詐欺などではないんです」
    「洗脳じゃないんです」
    「実際、あなたが自分の判断で選んでるじゃありませんか?そうでしょう?」

    このように強く信じ込ませ、最後はここにたどり着くように思考をコントロールしてあるのです。
    だからどうしてもこの発想から外れると奇異に感じてしまう。
    ピンとこない。
    言い聞かせても考えてもしっくりこない。

    これがマインドコントロールです。
    信じられないかもしれないけど、ここにいる他の皆さんは、白いブランコさんが一生懸命理解しようと努めても解らないことがすんなり解るんです。
    MCが解けたら白いブランコさんも納得できますよ。
    もうちょっとです!
    諦めずに考え続けてください。

  52. 70年前まで、日本人は天皇が神様だと信じ込まされていました。今考えると鼻から牛乳なんですが、そうやって神の国日本が戦争によって世界を征服することが正しいことなんだと教えられて、それを多くの日本人は信じていたんです。そして多くの人が亡くなりました。たしか小説人間革命にもそんなくだりがあったような気がします。まちがった信仰は人を戦場に向かわせるんですよ。そして今度は創価公明は自民党と組んで、戦争のできる国にしようとしています。日本はすでにテロの標的になってしまったし、アメリカの軍事行動にいやでも参加しなくてはならなくなりました。そうした政府の暴走をくい止めるべき存在であるはずのマスコミも腰を折られてしまいました。それに対抗すべき野党も完全に信頼を失い、今や圧倒的な自民公明にたいして、反対派は仕方なく共産党へ票を入れています。極右と弱小極左の対立。これが第二次大戦前の勢力図です。戦争やむなしとの世論が作り出される土壌ができあがりつつあります。なぜ戦争をしたがるのか。それで儲かる人たちが戦争をしかけます。戦争が起っても、決して傷つくことのない人たちがやらせています。しかし学会員さんは何にも考えずに、自分の功徳欲しさのためだけに公明票をとりに走り回りました。そして完全勝利などと喜んでいるんです。何が完全勝利でしょう。自分たちが創価と自民党に利用されていることに気づかないで、お金も労働力もみんな吸い取られて、日本をとんでもない国にしていることなんて思いもしないんですからね。

  53. 銕と申します。
    40代壮年部です。
    はじめてコメントさせていただきます。
    去年の春頃から拝見させていただいてます。
    数ヶ月は、すべてのコメントに目を通して
    いたのですが、今はときどき見るくらいです。
    完全に覚醒してしまったからでしょうか?
    10代から牙城会に着任し、ようやく男子部を卒業したと思ったら、今度は王城会に継続着任です。
    当時(5〜6年前でしょうか?)は、王城会の存在を知らず戸惑ったものです(汗)。
    現在は分県の中心会館ですら、人手が足りずに、平日夜に休館日がある有様です。
    着任中には、いろいろな会合があります。
    私が、特に衰退を感じるのは、中等部、高等部の会合でしょうか。
    圏の会合で、参加者は数名です。
    まわりを囲む男子部の方が多いのですから。
    先が無いのは一目瞭然です。
    私は、家内子供は未入会ですが、身内の関係で退会出来ずにいます。
    新聞も辞めたいんですがね。
    なんとか、フェードアウトしようとしています。
    皆様の御活躍を陰ながら応援いたしております。

  54. みなさんの投稿を読ませていただきながら、笑ったり泣いたり思い出したり怒ったりしています。早く1日も早く創価学会が崩壊すればいいのにと思います。本体が崩れれば会員も目が醒めるでしょう。身の回りのほんの数人の年配幹部の姿、特にデー作の今の状況を考えれば創価学会の活動に功徳なんてないのがすぐわかります。バ幹部を除けば末端で毎日あくせく活動してる方達も本来は真面目で良い方も沢山います。しかしノルマに追われて上からがんがん言われ、心身ともに疲れ果て考える余裕すらない状況なのではないでしょうか。現在完全未活の私にもメールで選挙の確認があります。投票終わりましたで相手は大喜びです。初めは罪悪感に似た後味の悪さがありましたが、今はこの人を早く楽にしてあげたい気持ちで返信しています。確認がとれるまで現場は大変なんですからね。うちの地区にたまたま大幹部が何人か在籍していますが、聖教啓蒙なんて皆無でしたね。まぁ会合会合で友人なんかいないでしょうし子供は創価ですからママ友も創価でしょうし。バ幹部は号令のみで、現場の地区が1番大変なんじゃないですか。白いブランコさんのようなちょっと自己中な地区部長がいたって簡単に役職を下ろしたり上げたり出来ないですよね、何たって後がいないんですから。私もかつてバ幹部にかなり意見しましたけどムダですよ。結果的に時間のムダ!ジタバタした所で何も変わりはしませんでした。バ幹部はとにかくイっちゃってる人達ですから、現場で悶々としてる中間幹部を救いたいですね。カラーコピー本尊や財務、広告などでガッポリ溜め込んだんだから末端会員を解放してくれてもいいのにと思ってしまいます。私もお守りを捨てる前にじっくり観察しましたが、ホントにちゃっちくてビックリしました。5000円なんて会員を舐めてますよ!デー作の戸田先生との作り話マジムカつきます!
    とりとめのない投稿で失礼しました。

  55. 銕さん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    私はもう3年半以上、創価との接触がありませんので、このようにリアルに今の状況を教えていただけるのはありがたです。
    創価は会員数も発表しませんよね。今となっては減り続けてますから、ますます発表しないでしょう。でも、どう考えても創価は衰退しています。これが一時的な減少とは誰も思わないでしょう。この衰退の事実こそが、創価が正しい宗教ではないということを証明していると思われます。最初から何も言わなければいいものを、原田会長みずから「いよいよ世界公布新時代の到来」などと、現実と真逆のことを言うものだから、すべてが怪しく感じられますよね。ただ、学会員さんはそうは思いません。原田会長が言うんだから間違いない。原田会長が「先生お元気です」と言っているんだから間違いないと信じています。「5年も声を出さない、姿も見せない」と言っても「聖教新聞にときどき写真が載っている」とか「創価学園に現れたそうだ」とか、自分で見てもいないことを自慢げに言い返す。そんなことを言ってるんじゃないのに、どうにかして言い返そうとする。じゃあ、新聞に埴輪のような顔をして立ってる姿を年に数回新聞に載せただけで、ほかに一切姿を見せないし、誰にも会っていないのはなぜか?って思いもしないんですよね。いろんな勲章やら名誉ナンチャラをあげると海外から来ても、絶対会わないのはなぜなの?って言っても、絶対答えられないんです。元気だったら動いてる姿を1度でも見せればそれで全学会員が心配しなくてすむものを、絶対にしない。いやいや、元気じゃなくたっていいんです。ほんとのことをなぜ言えないのかってことを言ってるんです。元気じゃなかったらそんなにまずいのか?人前に出せなくても「先生はお元気です」と言い張らなければならない理由がどこにあるのかを説明できる学会員は誰一人いないでしょう。創価にとっては記念すべき5月3日の新聞にも、昔の顔写真が載ってるだけですからね。まだまだ騙せるだけ騙しとけってことなんでしょうね。もうこの件に関してはバカバカしくて突っ込む気もなくなりましたが(笑)

    私は学生部の時と、社会人になって地元に戻ってからすぐの頃に牙城会でした。もう30年以上も前のことですが、あのころも年々着任回数が増えていってました。今考えると、なんで学生があんなタダ働きの警備をやんなくちゃいけないんだと思いますが、当時は何の疑問も持ちませんでしたね。ただ正月の警備に当たるのが辛かったです。だって正月に学生が帰省できないんですからね。文句一つ言えませんでした。軍隊みたいなもんですよ(笑)。「きさまあ〜それでも先生の弟子かあ〜!」ですからね(笑)。

    銕さん、ぜひ頑張って脱会してください。応援してます!少し前ならともかく、もう創価に勢いはありません。脱会すると言っても「ああ、おまえもか」って感じが増えているようです。以外とあっさり認められるみたいです。私もそうでした。ちょっと肩すかしをくらった感じでした。ただ、みなさん脱会できない理由に多いのが、やはり「身内の関係」ですよね。私も父が亡くなり、母が認知症になっていなかったら脱会宣言できていなかったかもしれません。死ぬほど嘆くのがよくわかるからです。他人や兄弟が嘆くのはまだ絶えられますが、やはり年老いた親に本気で心配かけるのはやっぱり悩みますよね。

  56. みるくさんごめんなさい くまもんに変更しました。
    創価学会のことを悩むのも疲れたので今は考えないようにしています。
    脱会して正解でした。学会員の勧誘も一切ありません。
    でも、主人は創価学会を辞めようとしません。葬式どうしよう。そればかりが悩みです。
    創価学会の墓苑も買っているし、墓じまいが多い中しかたがないかとも思うこのごろです。

  57. 創価の公式HPを見ると、トピックスとして、ネパールへの義援金500万円を大使に渡したとあります。聖教新聞の広告代だけで毎日何千万円も稼いでいるのに、あれだけの大惨事にたった500万円とは驚きましたよ。あんまり出すと「そんな大金どこに持ってんだ」ってことになるのを心配してんでしょうか?でも1億7000万円入った金庫を産業廃棄物処理場に捨てるような創価学会ですから、500万円なんて鼻くそみたいなもんですけどね。でもそれもこれもみんな学会員さんから集めたお金なんですけどね。

  58. ブラックノーモアさん
    私は「公明党にいれました」と言ってました。相手が喜ぶからです。実際は自分の頭で考え投票しました。

    signifieさんの
    >「南無妙法蓮華経と唱えれば何でも願いが叶う」ということを本気で信じて、何百万何千万のお金を差し出す人が何万人何十万人もいるのですから
    →そのとおりですね。南無妙法蓮華経が正しいのであれば、みなさん、こんなに不幸にならないのではないでしょうか? 100万遍 1000万遍唱えても、多くの非常識な人間が量産されているだけです。
    鎌倉時代、お坊さんはとても高い地位にいました。そのお坊さんから、強い語調で「大地をささばはずれるとも、大空をつなぐものがいても、月が西からでても、そのようなほとんど100パーセント不可能なことが仮に起こるとしても、法華経の行者の祈りは必ず叶うんだ!」と言われれば、皆信じるでしょう。特に、飢饉、疫病、大災害が蔓延していた時代です。

    人として、「相手の嫌がることはしない。相手の身になって考え行動する」というのは基本的なことです。

    創価の場合、これが完全に無視されます。
    初めから、「末法の衆生は心がけがれている」「盲目」などと決めつけ、まるで相手が「良薬を嫌がる子供」であるかのように、相手が不快に思っていても「無理やりにでも強いて法華経を聞かせる」んですね。

    「創価は正しい。南無妙法蓮華経は唯一絶対の教え。日蓮大聖人は末法万年尽未来際のすなわち永遠の御本仏。 相手に無理やりにでも南無妙法蓮華経を聞かせて創価に入信することが、幸せにつながる云々。」うまく表現できませんでしたが。

    要は、「創価の教えは正しい」が根本にあるから、非常識なことがなんでもできるんです。
    昔、車座の折伏というのを聞いたことがあります。一人の新来者を複数の学会員が囲んで折伏するというやつです。 すんごい恐怖ですよね・・・

    人として、社会人としてのマナーを守るのが当たり前だと思います。

    「創価は正しい。我々は正しい。」の名のもと、様々な悪行、マナー違反、反社会的な行為が平然と行われています。

    悪行を行っている学会員は、「我々は正しいことをしている」と本気で信じています。

    朝の7時から「財務はおわりましたか?」と聞いてくる婦人部。
    家庭訪問の「待ち伏せ」
    マンションのドアのポストから中をうかがわれる(実際にされたとき気持ち悪かったです)

    誰しも人生に悩みが出てきます。そして、その悩みを解決したいから創価に入信します。

    悩みを解決したい、幸せになりたいと願って信心した。

    はじめは「この御本尊に南無妙法蓮華経のお題目を唱えると幸せになるよ」との甘い言葉。

    次第に「でもね。自分だけで唱えているだけではだめなの。折伏しないと功徳はないのよ」と布教をするように言われる。「いまの時代は、聖教新聞の啓蒙からだよ」「公明支援も折伏だよ」
    「実際に仏法対話しなさい。まずは学会宣言からだよ」云々。
    「財務は功徳がある!」

    「信心根本にしないで悩みが解決されたように見えても、ニンゲンカクメイしていないから、宿命転換していないからまた同じ悩みが出てくるよ」との指導。

    大体、悩みって解決するんです。信心していてもいなくても。そこからの学びがあれば成長するし、学びがなければまたの繰り返し。

    そこで悩みが解決すれば「信心のおかげ」となり、自分からワナにはまっていきます。
    「法華経の行者の祈りは叶うんだ!」と。そして周りもそのように信じているから「功徳だね! よかったね!」となり、みんなでドツボにはまっていきます。

    「創価は詐欺!」の言葉、なかなか心に刺さらないですよね。はじめは。だって、純粋な活動家は、本気で相手の幸せを願って活動しているし、世界平和も本気で願っているし。
    ピンとこないんです。

    でも時々現れる、「ちいさな矛盾」を冷静に分析・追及していけば、わかるようになるんです。
    MCされているときは その矛盾を見ようとしない、気づかない。

    「昨年の教義改正」(これは大きな矛盾ですが)
    「財務」(本部最高幹部は「まごころからの財務」といいながら、現場では全国どこでも「3桁の財務」を執拗に求められる矛盾)
    「現在の本尊」(開いた口がふさがりません)
    「池田さんが5年間も姿を見せないこと」
    などなど 言い出したらきりがないです。

    シニフィエさんのこのブログのテーマに一つずつ自分の頭で考えて、投稿することによりどんどん覚醒が進んでいます。ありがとうございます。皆さま、とりとめのないことにお付き合いいただきありがとうございます。

  59. signifieさんの質問、「白いブランコさんみたいな選挙活動をボイコットする地区部長がいたら、どのように対応しますか。」について。
    自分は、組織の最後は本部幹部でしたが、そうした方々については、無理矢理に活動を強要しなかったと思います。やはり、非活になるのを恐れてというのもあるし、そのことをきっかけに益々組織の風紀が乱れて数字が上がってこなくなったら困るからです。ただし、それ以上のボイコットが進むと、(たとえば、家庭訪問の拒否や新聞啓蒙の拒否、会合に参加しない…等)になってくると、さすがに県幹部から指導があると思いますので、組織のなかで、対応せざるを得なくなりますね。

    ところで、スマイルさんやkickeyさんのコメントにあるとおり、入会する時の甘い言葉は、「この御本尊にお題目を唱えていけば、どんな願いも叶うし、境涯も拓けて幸せになれる。」とかありましたね。自分は二十歳で自ら入会しましたから。
    それがいつのまにか、他人に信心させよだの、新聞を取らせよだの、会合に参加せよだの、会館の警備をせよだの、年末に有り金を全て出したら何倍にもなって戻ってくるだの、公明党の選挙活動したら もっと幸せになれるだの、etc.
    オプションが多すぎです。((笑))
    質の悪いキャッチセールスみたいです。
    一日も早く創価学会を静かに去ることが、賢明な人間としての残された道であると思います。
    \(^-^)/

  60. ケセラセラさん、遅ればせながら、脱会おめでとうございます!
    平穏な日々を少しずつでも取り戻されます様、心より願っております。
    ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:..
    白いブランコさん、返信有難うございます。
    シニフィエさんに私が言いたかった事、ほぼ先に言われてしまいました(笑)

    「創価学会の指導や教学、日蓮大聖人の御書によって、より良い人生を歩んでいると実感しています。」

    どうでもいいくだりです。
    現実逃避してるだけでしょ。
    綺麗事並べた本じゃなく、ここに綴られている現実を真剣に目を通して見なさいよ。
    それすら出来ないマニュアル人間がブログ主出来るのかと疑問に思います。

    あのですね…私より年上であろう、しかも教学とやらを学んできた方がこのlevelですか?…orz
    白いブランコさん、貴方がされている選挙のボイコット?の件もですけど、やりたい事はやる。やりたく無いからやらない。ただの駄々っ子ではないですか?気が付きませんか?

    創価学会=会社だとして、部長の白いブランコさんが出勤はしてるけど、自分がやりたくない、改善点があるプロジェクトの時は、休むって事ですよね。
    更に言うならば、白いブランコさんが休んだだけでプロジェクトの内容が自分が思っている通りに改善されていました!白いブランコさんが休んでくれたお陰♪有難うございます。とはならないでしょう?
    こんな事ですら、創価に属しているとわからなくなるのですね。

    白いブランコさんは気付いてくれると思っていたのですが…。残念です…。

  61. スマイルです

    マインドコントロール発見!

    さきほど、前のテーマのところで紹介されていた「いきなり始める仏教入門」のアマゾンサイトを見ていました。

    いろいろレヴューを読みながら、心の奥底で「片端な教え」という思いがよぎりました。
    「創価の仏法のみが正しいんだ。そのほかの仏教は中途半端な教え、いわんやその他のキリスト教、イスラム教、ユダヤ教、新興宗教云々すべて取るに足らない教えである」

    ほんとにいろいろなところにMCありますね!

  62. やまとだましい様
    仰るとおりです!私もそこが気になっていました。

          「イケダセンセイや香峯子氏に、そもそも選挙権があるのか?F取りしているのか?」

    恐らく、バリバリの信者なら、私の直近の投稿のようにしたように、「グェッ!?」と言うリアクションが帰ってきて、暫らくして「創価スイッチ」がフルスロットルで作動ってとこなのでしょうか?それとも、ポッカ~ンと放心状態なのでしょうか?

    創価の3色旗と言い、大臣をデージンと言ったり、韓国を兄と言ったり、韓日と言ったり、党首のYグチ氏が中国に単独で訪問したり、日本に原爆が落ちたのは全員が創価を信仰しない謗法だからだとか、外国人参政権にやたら拘っていたり・・・。創価本部の上層部も、そういう条件の人が多いとか?

    私が以前仕事住んでいたところに、熱心に選挙をお願いする創価婦人がいました。周囲も「うるさい学会員だなー」と言っていましたが、「私、選挙権が無いのよ、だから、選挙お願いします!」とカミングアウトされていました。差別する訳ではありませんが、実際、日本名も「金●」で、周囲も「なるほど」と納得です。

    選挙活動に熱心な信者の場合は、そういうところから来ることもあるのではないでしょうか?

    ちなみに、私が最近気づかされたのは、

          「センセイの行方不明で、香峯子氏は、いったいどうしているのか?どうなるのか?」

    足元に結構、初歩的な疑問がゴロゴロ転がっているかもしれません。連投ご容赦ください。

  63. こんにちは。

    くまもんさん同様、私も家族の葬式をどうしようというのが目下の悩みです。
    母が先に亡くなったら、学会葬にはしないでひっそり家族葬にしようと、父とはそういう話になっていますが、

    母は、父が先に亡くなったら、学会葬をすると言い張ってます。

    祖父母叔父叔母が亡くなった時の、棺の前で普通のおじさんを中心に勤行唱題する光景の異様さに、周りの人が凄い目を向けていたのは今も記憶に残っています。
    さてさて今後どうしようか。
    自分はあの葬儀に耐えられそうないですし、兄弟も信心していませんし、兄弟の配偶者も学会員ではないので、問題は母だけ。
    母の説得は大変でしょう。

    そういえば、これまでも、ミ○プルーンを始め、宝石や化粧品等のマルチ商法だかネズミ講だかのようなものの定期購入、良く知りもしない株の購入、投資話、血液がサラサラになる電気椅子等々、母がやってきたことに対して「お母さん、絶対騙されている」「いいえ、私は騙されていない、あなたは私をバカにするの?」という激しい大喧嘩をしながらも、説得してやめさせてきたのですが、さすがに創価の信仰は手強いです。

    お墓も悩みの種です。家から車で片道3時間、公共交通機関を使っても片道2時間半以上もかかってしまう不便な場所に、親が百万近い金額で購入したお墓.。.一度も行ったことがないし、どうやって行けばいいのかわからないほど遠くて辺鄙な場所です。
    こちらの記事で、実は、二束三文の土地を良いお値段で売ってたんだと知って、子育てで金銭的に大変な時にローンを組んで払っていた両親が可哀想になりました。

    それから、車座での折伏、何度か見かけたことがあります。
    私は、高校時代の時、仲の良かった友人に遊びに来ないかと誘われて行った場所で、民○同盟の人に車座で囲まれたことがあります。
    メンバーになれと言われ、イエスというまで帰して貰えなくて凄く怖かった経験。
    翌日「未成年で、親が大反対」という理由で抜けさせて貰いましたが、あの時以降、学会での車座の真ん中にいる人も自分と同じ恐怖を感じているんだろうなと思って、その光景を見る度、ぞっとしてました。
    「ああいうのは、真ん中にいる人は怖いし、その場で断れなくて入ってしまっても、あとでやめたいということにもなりかねないから良くないんじゃないか」と何度か進言し、上記での怖かった自分の話等をしたことがありましたが、「私達は民○同盟と違って、正しい宗教を教えてあげているんだから大丈夫。正しいことをしているんだから怖くないよ」という返事が返ってきました。
    確かに、囲む方は「正しい宗教」というMCをされているのでそうかもしれませんが、囲まれる方にとっては同じ恐怖ですよね。
    当時は覚醒前だったので、説明すればわかると思って、懸命に「相手に恐怖心を与えたら、たとえ信心が正しくても、不快感しか残さない。だから自分達の組織にとっても良くないことなんだよ」と話しましたが、反対に「あなたって、オ○ムの上○みたいに口が達者ね」という答えが返ってきて、この人達は本当に聞く耳を持たない非常識な人なんだと思い、白いブランコさんのように、学会のこういう体質を何とかしていくべきではないか、このままでは駄目だとマジメに思っていた自分が今となってはとてもかわいいです(苦笑)。

    私も、このブログを発見し、投稿するまでは、自分の中に植え込まれた恐怖に抗うことに苦しんでいました。
    両親、とりわけ母親と脱会のことで揉めていましたし、周りの学会の友人からの引き留めもあり、自分では覚醒したと思っても、生まれ付き染み付いた概念を崩すのは難しくて、何かあったら、退転したせいじゃないかと思いそうな恐怖があってけっこう悩んでいましたが、皆さんが書かれた経験や問題提起を目にするようにいなり、助かっています。

    覚醒してから、勤行唱題一度もしていませんが、何も悪いことは起きていません。むしろ日々の生活の中で精神がとても安定していることに気付きます。
    親が取っている聖教新聞だけは、毎日欠かさず読んでいます。自分の変化を悟る為ですが、日々嫌悪感が募ってしまう自分に、ほっとしています。
    母親の逆ギレ気質、上から目線の暴言に対しても、覚醒前は、同じようにカッとなっていましたが、今では、創価スイッチを入れたからだ、これが創価的なものの考え方なんだと自分の中で納得するようになり、以前のようにイラッとなることが消えました。
    本当に良かったです。
    あとは葬儀とお墓の問題だけ。悩ましいです。

  64. 皆様おはようございます。
    ネパールにたった500万円?仮設住宅の準備ぐらいして副会長が200人近くいるんだからボランティアに行くぐらいの事出来ないんですかね?
    出来ないなら2度と世界平和とか人間主義と言わないで欲しいですね。
    ホントーにせこい団体です!と新聞で自ら暴露してるのに気付かない会員が気の毒でなりません。
    折角のGWの朝から怒りの投稿で失礼致しました。

  65. 私は9年前から非活、1年半前に脱会しましたが、今の創価学会の財務の啓蒙はゆるくなりましたか?
    独身時代はすってんてんになりなさいと財務の強要を受けしぶしぶ財務。そのことを婦人部長に言うと私がおかしい。財務は絶対に功徳があるといって三桁の強要。銀行までついてきて三桁の財務をしたことを確認されました。翌年も同じ強要。その頃は池田先生大好きっこで頭の中は創価学会のことばかり なら毎年財務のターゲットになってもしかたがないか
    ということで人の好き嫌いはない方だけど心がその人を拒否して避けるしかなかったです。
    年月が経って脱会 創価学会のしがらみを断って心晴れ晴れです。

  66. ごめんなさい、気持ちが悪くて白いブランコさんが立ち上げたとかいうブログには私は行くことはできません。
    白いブランコさんは、選挙活動や、新聞の多重購読、財務のやり方に疑問があり、それは一部の学会員が池田氏や最高幹部の言うことを聞かずに勝手にやっていることだ、と言いますが。
    池田氏や最高幹部の言うことを聞かずに勝手なことをやっているのは、白いブランコさん、あなたではないですか?
    それと、創価の教えで人生が充実したものになった、とおっしゃいますが、それくらいの内容は、書店の自己啓発コーナーに行けば書いてありますよ?ハッキリ言って、創価の教え、たまには(笑)それっぽいこと言っているときもありますがそんなに大したことないです。割と一般的だと思います。書店や図書館のほうが自分にぴったりの教えや言葉や考え方に出会えることが多いです。金額も純粋に本の代金だけですしね。
    話しが変わりますが、文化省宗務課では毎年、「宗教年鑑」を発行しているそうで、一般の書店でも手に入るそうです。が、創価学会は文化庁の宗教統計には協力していないので、(なぜ?)いつまでも827万世帯と言っていられるようです。
    また、アメリカの大学は博士資格の取得案内のパンフレットが簡単に手に入るそうです。
    「学外学位認定制度の国際キャンペーン期間中につき、○月○日までに申請された方は次の申請費用が適用されます。学士認定コース75万円、修士認定コース95万円、博士認定コース165万円」
    「万一学位取得が不合格になった時は全額お返しいたします」
    週刊誌などに広告を出し、さかんに学位取得を宣伝してこうした学位を販売する大学がたくさんあるそうです。博士認定コースで取得した博士号を嬉しそうに新聞に載せちゃう人を尊敬することは私にはできないというか恥ずかしいというか、、、もう・・・。
    SGIのアメリカのメンバーは、池田氏の大量の博士号をいったいどういう目で見ているのかきになります。
    最後にsignifie様、どうかブログの運営、体も心もご無理をなされない様、ご自愛くださいね。

  67. やまとだましいさんの、池田会長が投票していないのでは、についてですが、
    池田会長が日本国籍を有していない等の説が、ネットでは多々ありますよね。
    少々デマも含まれているのではとも思いますが、
    もしそうであれば、かえって日本国政への底恐ろしい野心が感じられたりもします。

    いろんな情報をリンクさせながら、自分なりに考えてみると、
    共通な認識が自然と浮かび上がってきて、覚醒へすすむように思います。

  68. スマイルさん
    いつも丁寧なコメントありがとうございます。

    >「創価は正しい。我々は正しい。」の名のもと、様々な悪行、マナー違反、反社会的な行為が平然と行われています。

    ふつうはいくら正しくてもアプローチの仕方を考えますよね。
    でないとせっかくの正義は伝わらないし、ただの独善と嫌われて終わってしまいます。
    ですが創価にはその上をいく「嫌われて去っていっても功徳は同じ」
    という教えを用意してあるので、遠慮はしません。
    まあかといって、本当に遠慮しないのは婦人部くらいですが(笑)

    ところでこの「嫌われて去られても功徳は同じ」は、信者用の大嘘マニュアルですよ。
    「この仏法は下種なんです」とか巧いこと言っちゃって、一回断られたくらいじゃくじけさせないための戦略です。
    セールスマンは図太い神経が命。
    いちいち相手の反応にビクビクしてたら商売あがったりですからね。
    そうやって諦めず次々とアタックしていったらいつか結果が出ます。
    そう結果です。(池田の好きな)
    実際に入会し、新聞を取って毎月確実にお金を払ってくれる顧客ができてナンボです。

    「深い仏法の哲理」と信じていたことが、よく考えたらただの商売の手法ですわ。
    活動家は何年も、自分でも意識しないうちに、創価から教えられた一方的な角度からしかものを見ないようにMCされています。
    一つ一つ角度を変えて見ていけば正体に気づきますよ。

  69. 壮年部のぴろんです。新規で見られる方もいらっしゃるので簡単に自己紹介をしますね。
    学会2世。今年1月の座談会を最後に一切の活動を止めると宣言しました。
    それまでは大阪市の小選挙区議員を抱えているバリ活の地区部長でした。
    男子部時代は部長・牙城会圏団長・圏委員長等をしてきました。

    退会届とコピー本尊とお守り本尊を信濃町に送ってから約1ヶ月で、壮婦本部長が訪問しました。もちろんアポ無しです。
    退会意思の確認でしたが、理由は聞こうとしませんでした。
    会則変更や昨今の公明党の動向等を突っ込まれるのが怖いのでしょう。

    彼らの聞きたかった本音は
    1日蓮正宗に行かないか(最重要。地域から脱会者を出して、尚且つ寺に行かれたら大事です)
    2創価アンチにならないか。
    3池田大作への思いはあるか。
    だったようです。
    池田先生についてはどう思ってる?と聞かれ
    「正直、先生だなんて思っていません。日蓮直筆の曼荼羅ならどれも同じ力用だと認めたんでしょ?信仰の根幹ですよね?身延の本尊も同じだと認めた池田大作は最高責任者ですよね?」
    「それに東日本大震災の時に肉声のメッセージすら出さなかった人物ですよ。未曾有の大災害に自らの事は顧みずに同志を激励に行くのが真の指導者では?
    被災された同志たちは心から池田の声を聞きたがっていたと思いますよ。これ以上言っても無駄だから止めときますが」
    「まだお聞きになりたいことはありますか?なければ家に入ります」
    婦人部長は顔を強ばらせていました(笑)

    高齢化が進み、私のような40代の活動家が減っています。
    男子部は絶滅危惧種 女子部は絶滅種 未来部は絶滅危惧種
    学園・S大出身の学生部は引きこもり。

    いよいよ創価も後数年で終焉を迎えそうなのでワクワクします。

  70. awakeさんの
    >創価の3色旗と言い、大臣をデージンと言ったり、韓国を兄と言ったり、韓日と言ったり、党首のYグチ氏が中国に単独で訪問したり、日本に原爆が落ちたのは全員が創価を信仰しない謗法だからだとか、外国人参政権にやたら拘っていたり・・・。創価本部の上層部も、そういう条件の人が多いとか?

    ズバリ、私もそう思ってました!
    なぜ日本の宗教法人なのに「韓日」というのか、
    もう、だいぶ前ですけど、デー作夫婦でチマチョゴリを着ていたのが
    S新聞に掲載されていましたよ。
    あれは、愛する韓国の同志のためとかなんちゃら言ってますけど、
    祖国の衣装を着たかったんじゃないかと思ってます。

    日本人だったら着ないと思いますけど。
    差別するとかではないですけど、民族的な自分の国を愛する潜在意識はあると思います。
    なので、日本人だと、こういうのは着ないんじゃないかと思ってしまいます。
    なので夫婦は選挙権がないのではと疑ってしまいます。
    公明も、ほとんどはデー作の指揮下で動いているんですよね。確か。
    デー作が「ワシに選挙権ができるように、早くしろ」っていえば公明は動きますよね。
    公明は民衆のための党ではありません。デー作のための党だと聞きました。

    テーマとずれてすみません。
    ゴールデンウイーク中に組織の地区部長に脱会届を出す予定です!
    母の身は案じていますが、自分の精神状態考えると、もう無理です。脱会します。

  71. Janneさん、ありがとうございます。
    前スレで、御本尊を破って燃やしたけど元気で仏罰もないという体験、励まされました。
    外部でありながら、創価とかかわることがあり、嫌な思いをされたとのこと・・・
    本当に 創価は 末端内部を苦しめ、外部に迷惑をかけ、なっともならん団体ですよね。
    一日でも 一分でも 一秒でも早く崩壊するよう願うばかりです。

  72. こんにちは。ピノコです。
    本日付の創価新報をご覧になった方はいらっしゃいますか?
    義父が講読しているものを見たのですが、見開きで『350を超える英知の宝冠』と題して池田大作SGI 会長の名誉学術称号のことが記事になっています。
    笑うのは授与に至る経緯をくどくどと説明してい
    るところです。

    >名誉学術称号は、大学や学術機関が威信をかけ、厳正な審査を経た上で授与するものです。
    中略
    その過程では、幾重にも審査が重ねられ、経歴や人格など、厳正な検討が行われます。
    後略

    この説明でますます怪しい感じが漂います(笑)
    信者はこの説明で納得しているのでしょうか?

    それから、ふと思い出したことですが…
    今、創価学園へ入学したい(させたい)という人は
    昔に比べてやはり減っているのでしょうか?
    我が家の子どもたちが受験の年齢になるたびに執拗に創価学園への受験を勧めてきて、うんざりしました。我が本部から学園生を!という啓蒙活動もノルマなんでしょうか?

  73. みなさんの脱会に向けての勢いがすごく高まっていますね。創価もいくら世界公布を叫んだところで、実際中身が無いのですから人を騙し続けるのも限界です。未だ信じ続けたい人は、創価のやり方に反発してボイコットなどしてる暇はないと思います。むしろどんどん積極的に活動して創価を支えなくては、崩壊を食い止めることはできないかと思います。辞める人は、アンチに騙されて辞めるわけではありません。自分の実体験から、創価のおかしさ矛盾、騙されていたことに気づいたからやめるだけです。アンチはその背中を押したにすぎません。やらされてる活動自体が、おかしいと気づかないから信者でいられただけで、客観的視点でおかしいとわかったら、もう継続は無理でしょう。創価は、それを気づかないように、考えないように、疑わないように、言葉巧みに洗脳してきたわけですから。創価の教えしか知らない人は、創価って素晴らしい思想を持っていると思うでしょうけど、どなたかも書かれてましたが、その考え方は創価のオリジナルでもなんでもなく、似たような思想はたくさんあります。創価の教えで幸せにしてもらおうと、沢山の代償と引き換えにするほどのものでもないと思います。で、結局失うものの方が大きくて一向に願いが叶わないなら、何の為にやっているのかということですよね。私が辞めて一番良かったことは創価がらみ、信仰がらみで悩むことがなくなったこと。それだけでもかなり大きなプラスでした。

  74. そうですね。このごろ脱会しましたという報告のコメントが多くなりましたね。創価はどう転んでも、今より良くなるなんて絶対に考えられませんからね。とにかくどうやったらすんなり静かにやめられるのかという方法を見つけるべきだと思います。やめたからと言って、その日からきれいさっぱり別人のようになれるわけではありませんからね。それぞれにいろんな事情があるかと思いますが、どのあたりで脱会できなくて困っているかと言うことも、ここのみなさんで智慧を出し合うこともできると思います。まずは脱会届とご本尊の処分だとは思いますが、それ以前に、新聞をやめるどころか、多部数を減らすことさえままならない状況だってあると思います。あまり真面目にというか、ひとりで真剣に考えると、かえって疲弊してしまいますから、そこを思い切ってやれるかどうかが、ポイントかなと思います。意外と自分ひとりの取り越し苦労だったみたいなこともありますからね。清水の舞台から飛び降りる気持ちで言ったところが「うん、多分そんなことだと思ったよ」ってこともあります。いや、もちろん天地がひっくり返るほどの騒ぎになることだってあります。それはわかりませんが、もはやあとに引き返すことはできませんから、どのタイミングで、どこまで引き延ばしたほうがいいのか、それとも一旦「思考停止(笑)」して言っちゃうとか(笑)。それくらい思い切らないと、抱えているものに押し潰されてしまいます。今は昔とは違って、目に見えて創価は衰退していますから、引き止めるほうもやりづらくなったのではないでしょうか。まあ、世間の常識が通用しないのはあいかわらずですけどね。

    「とりあえず、脱会で」

    って感じで行きましょう!

  75. kickeyさま
    このことでしょうか?
    http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-1c-80/x1konno/folder/849756/47/37218147/img_17?1352857717
    香峯子氏とお揃いで、大変似合っておりますね・・
    しかし、写真の日付と新聞の日付に、およそ6年ほどの開きが生じてしまっています。
    このころから、タイムリーな写真ではなく、回顧録となっているのでしょうか?
    今から「ぶっ●ゃけ寺」を見ます

  76. awakeさん
    ぎゃははは~~~~!!
    これですこれ!
    良く見つかりましたね~。
    しかし本当によくお似合いですね。

    回顧録ですかね~。新聞は2004年の日付ですが、
    もっともっと前に見たような記憶もあります。
    このころは普通に過ごせる体力があったみたいですが、
    それでも顔がいがんでいてキモイ。

  77. 「ぶっ●ゃけ寺」いいですよね。
    長いこと創価のおかしな教学に染まっていると、一般の仏教がどんなものなのか、まるで知らなかったことに驚かされます。創価では、とにかく人を不幸にする邪教としか教えられませんでしたから、「ええっ!こっちが絶対ふつうじゃん!」ってビックリします。たぶん、ビックリする私たちのほうを見るほうがもっとビックリなんでしょうけど(笑)。私は大学で多少は仏教美術も学んだんですが、それでもそれこそ神社の鳥居をくぐれないとか、修学旅行で自分だけお寺に入れないとか、完全に「おかしなやつ」でしたね。今でもそんな感じの学会員さんいますよね。私の母も、テレビでキリスト教の何かが出てきたら「これアーメンじゃないの」と気味悪がってました。ほんと失礼というか、身の程知らずも甚だしいです(笑)。創価は平和と文化の団体とかいいながら、実際には人類の精神文化をまるごと否定してきたんですから、そりゃ社会から疎まれるのも無理ありません。あの、他宗を生理的に気味悪がって受け付けないという嫌悪感は、もう年配の学会員にとってはどうしようもないんでしょう。人も文化もすべてを皮膚感覚で見下すような人間になってるんです。やはり京都を「邪宗の都」と歌までつくって歌っていた団体のことはありますね。広宣流布のあかつきには、京都も奈良も焼き払うつもりなんでしょうか(笑)。

  78. はじめまして。
    学会三世40代です。
    祖母が草々期に入会したバリカツ。
    親は非活。
    叔父叔母はバリカツ。
    自分は男子部時代は活動
    今は非活です。
    妻は結婚してすぐに入会。

    よろしくお願いします。

  79. スマイルです

    またまたマインドコントロール発見!

    神社を参拝しているお坊さんを見て、「邪宗め」と心で呟いている自分がいました(^-^;

    こりゃ根深いです・・・

  80. 何度も繰り返すようですが、創価学会の問題がやっかいなのが、末端の真面目な活動家は、本気で世界平和や自他ともの宿命転換のために闘っているという事実です。ゆえに、宗教を利用した詐欺行為に加担しているということが(加担させられているということが)、理解不能なのです。
    俗にいう、プラシーボ(偽薬)効果みたいなもので、真剣に祈れば願いが叶ったように感じることがありますが、それは何も創価学会に限ったことではなく、幸福の科学やエホバや天理教やオウム真理教でもあり得る訳です。
    我々がバリ活だった時代には、イケダセンセイが元気なうちに広宣流布を達成し、世界平和を我々の力で達成するのだとかおだてられて、金と票集めのパシリ役を頑張ってきましたが、首脳部にとっては広宣流布が出来ようが出来まいが、たいした問題ではなく、文句を言わずにパシリ役を引き受けてくれるお人好しの阿呆が増えれば問題ない訳です。
    自分はいまのところ、宗教も宗教の組織も否定的な立場ですが、宗教とは本来、人間に希望と勇気を与えるべきものであると思います。しかし、創価学会の組織は、「退転」とか「破和合僧」とかいう言葉で会員に恐怖と不安を与えることで、秩序を辛うじて保っているというのが実際のところでしょう。
    白いブランコさんとの対話で明らかになったように、真面目な活動家がマインドコントロールから解放されることは容易ではありませんが、このブログの実体験に根ざした真実の声が、たくさんの方々に届くことを心より願っています。
    明日からまたハードな仕事に戻ります。また週末に参上いたします♪
    皆様、ごきげんよう。
    Take It Easy!
    (^.^)/~~~

  81. コメさん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    もう3世が40代という時代なんですね。姉の子どももそれくらいの歳ですから、40代の3世の方ってふつうにいらっしゃるんですね。
    よろしくお願いします。

  82. 今までネット上で色んな創価系・アンチ創価系のhp、ブログ見てきましたが、アンチよりも創価狂信者の発信が、最強の脱会の後押しをしているように思います。将に頭破七分と謂うか、異常のレベルで恐いです。…以上前口上

    センセーは韓国繋がり?。の疑問が噴出していますが、(私は、先生と呼んだことは一回もないので{池田(若しくは池田会長)としか呼んだ事は無いので}先生と呼ぶ感覚が分かりませんが)参考になる書籍の一部を引用します。

    池田Xデイを見越しての文庫化?(2004年11月。武寛デビュー作「我々の業界」→
    2013年2月(タイトル変更しての)「右翼という職業」ぎんが堂文庫)/

    の武寛の第2作「右翼な人々」・2,007年8月・イーストプレス。
    の11章・巨大宗教への反撃(P203~P235)より
    (※もし文庫化された場合、宣伝になるのは嫌なんですが……内容は良いですよ)

    P215……なぜ、そこまで執拗に日本国をおとしめ、母(…P216…)国(=日本)の悪口をいわなければならないのか。まったく理解に苦しむではありませんか。海山大介の行為はとても日本人の行為とは思えません。反日的で韓国人そのものです。もし、日本人だとすればまさに売国奴であります。
     ここで海山大介個人に関して総括してみよう。

    一、 出生年度… 一、学歴… 一、職歴……省略します。

    一、 性格 小心者で傲岸不遜、権謀術家、羞恥のかけらもない図々しい男。権力欲の塊、嫉妬の塊、怨念の塊、学歴コンプレックスの塊。
    一、 性癖 きわめて異常。みずからの立場を悪用して信者の人妻専門に手を出す。
    一、 信条 この世は“カネ”だ。反するものは地獄に落とす。
    一、 夢 ノーベル賞をもらうこと。日本の大学から名誉博士号をもらうこと。
    一、 家族 妻1人に子供2人。妾は数十人。
    一、 教団の将来 倅に世襲させて北朝鮮のような独立国家を建設すること。

    P217 日本国内ではこういう人物が宗教法人の指導者としてまかり通っているが、彼らの組織は宗教とはなんの関係もない集金団体であります。外国では、こういう手合いをマフィアと呼ぶのです。海山大介をボスと仰ぎ、宗教の名をかたって暗黒世界を形成する宗教マフィアなのです。
    (中略)
    P261……
     海山教の教団を観察しはじめてから感じていたことですが、どこかで見たような組織なのです。ハテ、どこの組織だったか……北朝鮮なのかオウムなのかKKKか左翼党なのか?と考えていたら、ハタと思い当たりました。
    「我々の業界」なのです。つまり右翼団体です。あのカルトたちは我々の組織と瓜ふたつなのです。類似点を列挙致しましょう。

    一、 構成員 右翼も海山教も低学歴の貧困層出身者が圧倒的多数を占める。
    一、 組織の概要 双方とも民主主義とは無縁の圧力かつ暴力団体。
    一、 活動内容 双方とも指導者の命令一下で行動する。双方とも暴力、恐喝、脅迫を得意とする。
    一、 主義主張 双方とも自分たちの組織内だけで通用する民族中心主義を主張。
    一、 指導者 双方とも指導者から絶対的追随を強要される。
    一、 上納金 双方とも会員は上部組織から金をむしり取られる。
    一、 海山教と全政連との関係 ヤクザ組織とその傘下にある右翼との関係に相似している。
      右翼も右翼だけで活動している組織とヤクザが運営している右翼組織があって、ヤクザが運営している組織は、海山教と全政連と同様の機能である。
    一、 品格 双方とも無知蒙昧、野卑で低俗、非常識。
    一、 機関紙 双方と(も)機関紙上でターゲットに罵詈雑言を浴びせるのが得意。

    このように多くの共通点があるのです。
    いや、まったく恥ずかしいかぎりです。あのカルトたちとこんなにも共通項があった
    とは。……以上引用終り。

    カルトなんて云う生易しい物ではなく宗教マフィアだそうです。公明党という名の、自民党の下駄の雪になり、政治権力と結託し、警察・裁判官の一部を支配下に置き、まさに権力側に付き、「民衆の敵」となってしまいましたね。

    「民主主義の欠点は、衆愚主義」。を創価が地で行ってますね。
    多分、日本が滅茶苦茶になるまで、馬鹿は判らんのでしょうね。
    こっちまで共倒れかい!

  83. あの韓国衣装
    「韓国の同志が先生奥様のお写真だけで
    採寸してあつらえたものなのよ~」と
    素晴らしいエピソードが下りて来てましたね 。
    1998年くらいだったような記憶が。
    awake さんが教えてくださったのは
    その再掲載か、再び衣装を着たかですね。
    盲信中の私はお目目(☆∀☆)キラキラで
    感動しておりました(T^T)

  84. エミコさん 我が家は現在主人だけが学会員で子供二人と私は脱会しました。主人側の親・兄弟は主人が折伏しています。まだ主人側には脱会したことは知らせていません。私の方は親と兄弟・甥姪が学会員です。脱会したことは姉だけにしか知らせていません。
    本当に葬式の時どうしようかと悩んでいます。
    主人側の元の宗教にしようか 墓はカード式にしようかとかいろいろ思案していますが、考えても結論がでません。
    創価学会はマスコミを抑え、政権与党になり、外務省・皇室・警察・裁判所など行政の中枢に学会員を送り込み、批判ができないような体制になっていますね。ただ、学会員の心は離れるばかり・・・
    ネットの力は偉大でした。私もネットあればこその脱会です。
    ネットで見つけたサンプルの通りに脱会届を配達証明付で本部に送れば脱会完了ですから。元公明議員が脱会確認に来たけど何にも言われなかったです。
    転勤に次ぐ転勤で脱会しやすかたのでよかったです。

  85. ラザリスさん、いつもお忙しいのにありがとうございます。

    >自分はいまのところ、宗教も宗教の組織も否定的な立場ですが、宗教とは本来、人間に希望と勇気を与えるべきものであると思います。

    私もよく「宗教って何だろう?」と考えます。創価が宗教ではないと気づいてから、宗教についての考えもずいぶんと変わりました。新興宗教は話にならないですが、いわゆる伝統宗教と呼ばれるものも、かなりきわどいものなんだなと思うようになりました。それは日蓮仏法が日本の仏教史のなかでの位置づけとか、もともと法華経がどこでどのようにつくられて、日本に伝わる間にどう変わってしまったのか。そんなことも、基本的な入門書をちょっと読んだだけでもわかることだったんだということに気がつかなかったんです。ほんとバカだったなと思います。またキリスト教の歴史にしても、ずいぶんと思い違いをしてきたし、イスラム教やギリシャ哲学やローマ帝国との関連で考えれば、キリスト教自体が様々に変わってきたんだと言うこともすぐにわかります。日本であれほどまでのキリスト教弾圧がなぜ起ったのかとか、大航海時代や宗教改革やフランス革命との関わりも、なるほどみんなつながって世界の歴史があるんだということが、この歳になってやっとわかりかけてきたような気がします。創価の教学だと「自分たち意外はみんな間違い。以上」で終わりです。「宗教に優劣があって、他の宗教を否定することが正義なのか」そんなことを疑問に思えない自分になっていることすら気づきません。それはちょうど、大航海時代の到来とともに、西洋列強が世界中に植民地を増やし、他国の富を搾取し、他国の人たちを奴隷にしていった考えとダブります。自分たちは高等な民族で、他の国は文化ももたない野蛮人なのだから、奴隷として自分たちに奉仕して当然の人間なのだという考え方です。キリスト教はそのような列強国の植民地拡大政策とともに広がっていきました。キリスト教の教えも権力者の都合で変わっていき、他国の信仰は野蛮なもので、神を信じさせることによって救ってやるのだというものすごい傲慢で誤った考えで、世界中の宗教を否定し広げていきました。日本でもそのような動きがあったために、徳川幕府は鎖国を敷いたのです。これはある意味奇跡的な政策だったと思います。徳川幕府があれだけ続いたのも、鎖国政策があったればこそだったでしょう。その証拠に、開国後の日本は、今に至るまで西洋(今はアメリカですが)の支配下に置かれてしまいました。もちろん、もともとキリスト教を広めようと言う神父や牧師の信仰心は純粋なものだったのでしょうが、結果としてそのバックにいた権力者が植民地支配の精神的建前としてキリスト教を利用したという悲しい歴史でもあったということです。だからこそイスラム教との終わりのない争いが今も続いています。このように見ていくと、あらためて「宗教って何だろうな?」と考えさせられます。いつの時代も、宗教がときの権力によって利用されてきた。今の日本は江戸幕府を倒し、西洋の権力の後ろ盾によって日本を動かしてきた長州派閥が政治を牛耳っています。幕末の長州藩の家系図を見ればそのまま今の政治家につながっています。その構図は明治維新と少しも変わっていないことに、恥ずかしながらついこのあいだ気がつきました。私たちはもう一度、幕末から戦後史に至る日本の権力の構図をしっかりと踏まえなければ、このまま創価公明が今の政府に利用されたまま、アメリカの言いなりにしかなれない国となれ果ててしまうのではないかと危惧しています。
    たしかに釈迦も老子もキリストもすばらしい教えを説いたのかもしれません。しかしそれをときの権力が搾取のためにいいように利用した結果が世界の歴史なんだと考えると、これもやはりいろんな辻褄が合ってくるんです。宗教は利用されやすいんでしょうね。人の心を変えてしまう力がある。創価でも「祈れば願いが叶う」と言いますが、そうではなくて「祈れば心がそう思ってしまう」のではないかと思います。願いが叶ったような気になってしまうんです。心がそんなふうにできているんだなと。現実はどうあれ、意図されたものに見えてしまう。見せることができてしまう。だからこそ、釈迦は「そんなものを信じるな」と言ったのだ思います。すべては夢幻のようなものだと。そんな実体のない幻に惑わされるから不幸になるんだと。釈迦は仏なんだとか、自分の像を拝めば幸せになれるなんて絶対言わなかったでしょう。でも仏教の教義がいつのまにかそのようなものに変わり果ててしまったんです。しかし釈迦の正統な考えを見抜いた天才もいたんですね。その思想を受け継いだのが般若心経に見て取れる思想であり、龍樹の空の概念であり、その後の禅宗だったのではないかと思います。とにかく何かに執着したり、何かにおすがりして願いを叶えるなんていうのは間違いだと言うことを一貫して言ってきたのが本来の仏教です。それをいつのまにか時の権力者が宗教を「おすがり信仰」にして、まるでキリスト教やイスラム教と同じ絶対唯一神におすがりすれば助けてくれる「仏」の概念をねつ造して、それによって民衆が権力にひれ伏すようにさせたのだと思います。曽我氏と物部氏の戦いの後、聖徳太子が政治に仏教を取り入れたり、後に奈良の大仏を絶対権力の象徴としてつくりあげたのも合点がいきます。洋の東西を問わず、常に宗教は政治に利用されてきました。江戸時代の檀家制度も、民衆を管理するための見事な制度です。開国後は天皇を神とする神国日本がアジアを支配する思想的基盤として神道が利用されました。こうしてみると、創価問題とはまた別な次元で、宗教の功罪といったものが浮き上がってきます。
    すみません。創価問題とは関係のない話になってしまいました。創価問題を考えていく中で、あたらめて「宗教って何だろう?」という問いから、私たちは宗教にも政治にも利用されない確たる自己をつくっていかないといけないんだなと思いました。失礼しました。

  86. くまもんさん
    銀行までついてきて、三桁財務確認されるってどんなオバハンや、
    えげつないオバハンやおまへんか、そんなことまでやっとりましたんやな空恐ろしい
    何が真心の財務、御供養じゃ、アホらしいていかんわ、ええ加減にせんかい
    集めた金、どこでどうつかっとるねん正直に白状せいよ
    こんな天才詐欺師はどこにもおりませんよ。皆さん早く気付いてまともな人生取り戻しましょう
    御精読ありがとうございました (-_-;)m(_ _)mチャンチャン♪~
    シニフィエさんが言われるように脱会に弾みがついてきたようですね。喜ばしい限りです

  87. 妻の実家で昼寝していたら、やはり悪夢にうなされました(^-^;

    帰路で、「息子さんに包丁でメッタ刺しにされて死んだ婦人部員」さんの自宅跡地の横を通ってしまいました。メッチャ後悔(*_*)

    明日は母親の3回忌。勤行せずにお線香あげて焼香するだけになります。

    シニフィエさんのおっしゃる通り、「宗教って一体なんやねん?」てなります。このあたり自分なりに整理していきます。

  88. シニフィエさん

    メッセージありがとうございます。
    一世の祖母が入会したのは何年前かよくわかりませんが2世世代が入会したのは55年前です。
    従兄弟の孫も入会しているのでその世代はもう学会5世です。
    うちの場合は従兄弟でもかなり年齢が離れていて
    従兄弟でも60半ばだったりします。
    2世世代まではバリカツが多いですが三世以降は
    非活ばかりです。2世世代は成人してから入会しています。

    被災地への義援金ですがネパール地震より
    遥かに被害が大きかったスマトラ沖地地震の際も
    インドネシア スリランカ タイ等に
    それぞれ500万円ずつでした。
    その当時に聖教新聞に掲載されていました。

  89. どなたか教えていただきたいんですが、創価は一度脱会すると、二度と入会はできないと聞いていたのですが、今でもそうなんでしょうか。私の妻は結婚の際に入会しまして、そのときに婦人部の人が、いろいろ説明した中に、一度脱会したら再入会はできないと言っていたように思います。そのときに「不倫したら除名になりますから、不倫はしないように」と結婚目前の私たちに向かって平気で言っていたのはよく憶えているんですが、再入会が可能かどうかはあまり憶えていません。なんとなく言われたような気はするんですけど、私も誰かが入会するときにそんな細かい説明はしたことがなかったのでよくわかりません。もしかしたら激減していく学会員数に歯止めをかけるために再入会も可能になってるのかなと思いまして。もし知ってらっしゃる方がおられましたら教えてください。創価が破門されたときにいったん宗門に行ったけども、やっぱり創価に戻りたいとかいう人なら創価は歓迎するはずですよね。

  90. 5~6年前に、一度脱会した人が、再入会した人がいます。ご本尊をもらうまでは時間がかかっていましたが、再度ご本尊も受けたようです。
    しかし、またまた同じことになってしまったようです。
    引っ越ししていったので、その後はどうかしりませんが、再入会したのに、またやめてしまったねと、近所の婦人部が噂していたので。
    5~6年前でそのように再入会できるのであれば、この人材不足の時代では、ウエルカムのような気がします。参考にならなければすみません。最新の情報がないのですが、再入会の人が同じマンションにいたのでコメントしました。

  91. はじめまして。paroleと申します。

    脱会者の再入会について、お答えできるものがここにあります。
    『支部活動のために-組織実務の手引き-』<平成27年1月改訂版>
    というA4版の薄手の冊子に、それが明記されています。

    それによると、脱会者の再入会は、法華講員と学会員で対応が異なっています。元学会員の再入会については、短めなので全文引用いたします。

    (4)脱会者(元学会員)の再入会

    脱会者(元学会員)の再入会については、支部運営会議でよく検討した上で手続きを進める。この場合も本部長が面談の上、新入会として「入会誓約書」「会員カード」「新会員紹介カード」を記入し、入会記念勤行会に参加して「御本尊」または「お守り御本尊」を受ける。

    ただし、過去に御本尊を故意に損傷、放棄して退会している場合は、次の事項を遵守し、慎重に再入会を進める。
    ①入会基準を満たしていても、最低1年間は本人の信心と活動の様子を見守る。
    ②その後、本部長以上の幹部が本人と家族に会い、家庭状況を掌握し、御本尊を護持し、勤行・唱題の実践と日常活動を持続できると判断した場合、授与を申請する。

    (引用終わり)

    ということなので、再入会は可能ですね。

    ここに言う「入会基準を満たしていても~」の基準とは、新規会員のための細則で、さまざまなケースを想定した基準が書かれています。これについては、ご質問があればご紹介します。

    法華講員の再入会についてはもっと厳しい規定があり、
    中でも、過去に批判していた法華講員の再入会は、原則として5年間認めないという定義がなされています。ただし、分県長の責任において支部運営会議で認められた場合は年限を縮めることができる、とされています。

    この冊子は「創価学会組織総局編」になる内部運営マニュアルで、本部・支部保管用の冊子として発行されたものです。役職交代の際には必ず前任者から新任幹部へ渡して、引き継ぎを行ってくださいと書かれてありますので、個人に下されたものではありません。

    余談ですが「来日中外国人の入会基準」に興味ある個所がありましたので、
    ついでにご紹介いたします。

    D)以下の国籍または宗派の人は、信仰を維持できる環境にないので、入会並びに御本尊授与はできない。本人が希望する場合は「会友」として対応する。

     ①中国(台湾・香港・マカオは可)・朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)・ベトナム社会主義共和国等の共産圏諸国の国民。※在留資格を取得していても、入会並びに御本尊は授与できない。

     ②中近東(イラン・イラク等)・アフリカ・バングラデシュ・パキスタン・等のイスラム教徒。※イスラム教は改宗を禁じている。

     ③ユダヤ教徒

     signifieさんが何度もおっしゃっているように、世界の大勢を占める「他宗」のうち、イスラム教国の人は入会できないのだとすれば、どうやって「世界広布」を実現するつもりなんでしょうかね。
     

  92. kickeyさん、さっそくありがとうございます。いちおうできるんですね。というか、なかには再入会する人もいるんですね。

    paroleさん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    また、手に入りにくいであろう最新情報を教えていただき助かります。
    そうですか。中国人とその他の共産圏の国とイスラム教とユダヤ教と入会できないんですね。これだけでもざっと30億人ですね。つまり世界の半分は創価の決まりで入会できないことになってるんですね。なるほど〜〜っ!知りませんでした〜!ありがとうございます。たぶん、ほとんどの学会員さんも知らないんじゃないでしょうか。フランス、ベルギー、ドイツ、チリとアメリカの一部の地域では政府がカルト指定していますし、アフリカ諸国もそれぞれの民族宗教がありますから、改宗が困難な地域もそうとうあるでしょう。やはりparoleさんがおっしゃるように、創価はいったい何をもって世界公布新時代の到来だというのでしょうね。創価は広宣流布と言いながら世界の半分の人たちを最初から救う気ないんだ〜(笑)っていうか、今でも活動家が300万人(希望さんが幹部から聞いた話しでは90万人だとか)いるかどうかもわからなくて、どんどん減り続けている創価が、どうやって広宣流布するんでしょうね。まず100%不可能ですよ。創価は最初からできない広宣流布の目標を掲げて会員を騙して「広宣流布のために」と3桁4桁の財務をさせ、タダ働きをさせ、新聞や書籍を買わせ、徹底的に会員からお金を吸い上げているんですよ。創価の公式HPには「世界192カ国・地域に1200万人以上のメンバーを擁する、日蓮大聖人の仏法を信奉する団体です」と書いてありますが、この中に30億人は含まれていないだろうし、そもそも世界の国の数は195カ国なんですが……1200万人以上のメンバーというのも何を根拠に言ってるんだか(笑)
    学会員のみなさん、こんないい加減な団体を信じて、全財産をなげうって活動してていいんでしょうか?……いいんですよね〜何を言われようが、どんなことがあろうが「創価は正しい宗教団体」で、創価のおかしなところはみんな一部の会員が個人的に勝手に暴走してるだけなんですもんね。創価はそんな暴走も許しておける寛容性のある素晴らしい宗教団体なんですよね(笑)。

    paroleさん、ほんとにありがとうございます。いちおうここのルールですので、自己紹介お願いします。

  93. paroleです。
    自己紹介のルールを知りませんでした。申し訳ありません。

    私は現在62歳。5歳で入信(当時の表現)し、
    学生部、男子部としていわゆるバリ活しておりました。
    男子部の最終役職は副本部長。
    現在は副支部長で、支部統監責任者をしております。
    週5日の聖教新聞配達もしております。

    signifieさんほか、覚醒された方のすさまじい体験記を読み、涙しました。
    私は幸運なことに(不幸なことに?)、これといった害毒を感じずにここまでやってきましたが、
    昨年11月8日の教義改定で目ン玉ひん向いて驚き、
    「こんなことがあってたまるものか!」と憤りましたが、
    周囲のだれもが「何怒ってんの?」と、取り合ってくれず、
    退会を決意いたしました。

    5月の座談会に参加して「退会宣言」をいたします。
    これもsignifieさんの大変な努力のたまものである、このブログ運営と、
    みなさま方の体験、コメントのおかげです。
    本当にありがとうございました。

  94. スマイルです

    YouTube で宗教真光の映像が流れていました。12000人くらいの総会の映像。創価と同じように信者みんなで歌を歌ったり、手かざしの言葉を唱えたり・・・ そうしているうちにだんだんと高揚していき、そして教団のトツプの夫妻が入場・・・ 須弥壇はキンキラキン! 9か国語の同時通訳ブースがあって・・・ どこも同じようなものですね。キモイ!

    池田さん夫妻の韓国衣装について。スマイル的には「政治」ととらえています。
    「尊敬する先生ご夫妻が、私たちのプレゼントした私たちの国の民族衣装を着てくださった!」と、心を鷲掴みです!
    映画村で日本の武士の恰好をして楽しむ外国人と何ら変わらないのですが。
    スマイルは、アラブの国に行ったときに怪しげな土産物屋でイスラムの民族衣装(白い布の服で頭に布かぶって輪っかつけるもの)を5000円で購入し、滞在中はうれしそうに着用していました。
    帰国してからは一切きていませんが。
    池田さんは、その後、その衣装を大切に保管し、韓国籍の方と会う時に着用したのか?
    してませんよね。その衣装を、関西地方の会館に飾っておけばずっとプロパガンダで使用できますね。
    また、1回写真に収めておけば、ずっと使えますよね。
    心理学的にラポール(打ち解けた状態)をつくる技術です。人は「同じもの」に「安心・安全」を感じます。宗教・民族・価値観・好きな球団・好きなペットなどなど。
    太田国土交通大臣が「池田氏は信心0パーセント、政治100パーセント」と言ったというのを思い出します。裁判記録に「10:30起床。勤行数分」とかあるようですよ。5座3座の時代に。
    「おまえ会長やろ?」

    池田さんの作ったシステム。非常にある意味参考になります。人心掌握術ピカイチです。
    根本は腐ってますけど。
    心がこもってなくても、盲信だと「無疑臼心(疑いがない)」ので、すぐに騙されます。

    「人の不幸の上に、自分の幸福を築いてはいけない」仏教の教えにありませんでしたか?

  95. paroleさん、ありがとうございます。
    このところ立て続けに脱会の報告が相次いでいて、うれしいです。
    やはりこの流れはますます加速していくんだろうなと思います。
    このブログがなにかしらのお役に立てれば幸いです。
    paroleさんは去年の教義の変更のデタラメさに気づかれたそうですので、もうすでにそのときにはかなり潜在的な疑問があったのではないでしょうか。
    人によっていろんな覚醒のタイミングがあるんですね。
    そう言う意味では、創価にはあらゆるところに覚醒のチャンスが転がっているんですが、
    これもいつも言うように、自分で気づくしかないんですよね。
    教義の変更にしても、信仰の根幹であるご本尊の定義が変わるなんて基本的におかしいのに、
    そこに気づかない会員さんには、ほんとゾッとします。
    ここまでやられちまってんだ〜って感じです。

    paroleさんが体験してきたいろいろな創価のおかしなところのお話を聞かせてください。
    また正式に脱会が確認できたら教えてください。
    よろしくお願いします。
    このごろ自分は本当に脱会処理されているのか不安になってます。
    私の場合、脱会届などは書かずに、口頭で組織の方に「やめます」と伝えただけでそれっきりだし、ときどき学会員さんとすれちがっても、私が学会員であるかのようなあいさつをしてくるので、ちょっと心配です。本部に電話して確認しようかと電話を手にしたんですが、もしかして住所と名前を告げたら、万が一このブログ主だとバレるのもいやだなと思ってやめました。

  96. paroleさんはじめまして   paroleさんのお話から
    いまだに広宣流布のためにはたいへんなお金がかかるって矛盾したこと言って会員騙してるって
    あくど過ぎる
    世界広布なんてできない宣言と同じだわな
    これでもまだ気が付かない度し難い、マインドコントロール
    paroleさん退会宣言なんて想像しただけで心が踊りかっこいいでは あ~りませんか
    その時の様子また詳しく聞かせてください

  97. シニフィエさん
    聖教新聞広告掲載の件、ありがとうございます。
    早速HPをみてきました。
    想像以上のお金が動いていることに、ビックリ!
    そして、そんな新聞をスズメの涙ほどの報酬で配達させられている全国の配達員。
    馬鹿にするのもいい加減にしろって感じです。

    parole さん
    初めまして。
    副支部長、支部統監責任者、週5の配達と、創価の現場ではまさに要の方ですね。
    そのような方の脱会宣言とてもとても勇気を頂きました!
    あと年齢にも!
    アラフィフの私にとって、年上の方の退会宣言にはとても勇気を頂きます。
    というのも、アラカン世代以降の盲信ぶりは、覚醒しようのないほど強固なものなので、その辺りの世代の方の覚醒は難しいのではと思っていましたので・・・
    やはりネットの力は大きいのでしょうね。
    と同時に、ご家族の反応はどうだったのか、盲信バリ活パートナーがいる私としては、とても気になるところです。

  98. >「池田氏は信心0パーセント、政治100パーセント」

    そうでしょうね。
    こんなカルト仏教などまともに信じてもしょうがない。
    だから金と権力のために利用した。

    そうとも知らず、カルト宗教に情熱を炎を燃やすことを本望とした会員は何だったのか。
    いやいや、こんな宗教ビジネスはそこら中にあります。
    全く同じ手口です。
    ありふれた詐欺にひっかかっただけです。
    「創価は違う」と未だ寝言を言ってる人。
    全然違いませんよ。
    騙し方が巧妙で規模が大きかっただけです。
    中でも未成年への巻き込み方が類をみないほど群を抜いていました。
    徹底してあらゆる手段を使って、教育、洗脳しましたよね。
    これさえなければその辺の新興宗教の規模だったと思います。

    未成年は絶対に巻きこんではいけなかった。
    つくづくそう思います。

  99. 外部のJanneです。
    ケセラセラさん、心に寄り添う優しいコメントありがとうございます。
    ご本尊の件は、人としては決して良い行いではありません。それは自覚しております。
    でも、そこに至るまでの経緯があり、Janneは後悔していません。勿論信じてないので、それについての恐怖とかもなく、仏罰もないです。
    むしろ、創価と関わる事の方が心身共に病みそうです(笑)

    正確にはJanneは今も創価と間接的な関わりがあります。
    なので日々悩みは尽きません。今も創価の呪縛に苦しんでは傷つき、傷付けても傷つき。そんな毎日です。

    確かに傷らだらけなんですが…ここにいる皆様のコメントを読み、心癒されています。
    貴重な時間を割いてコメント入れて下さる皆様に日々感謝です。

    脱会についてですが、再入会には面接、審査等あると知っていました。
    外部のJanneからすると、創価の宗教ってそんな狭い心なの?全てを温かい心で迎えるとかではないの?と疑問に感じるのですが。(創価を宗教団体と思うを仮定して。)
    例えばその中にスパイとかアンチがもしいたとして、正しい事しているならそんな審査、面接は必要ないように思います。MC掛かってる人達は、邪宗や邪教が紛れてはいけないと崇高な儀式みたいに解釈してるのでしょうか?
    非活やゆる活は面接審査してふるいにかけているのであればその解釈も否定できませんが。

    個人の見解ですが、一人でも祈る事、願う事、自分の中に釈迦だったり、キリストだったり、それぞれが主として大切にする事はできないのでしょうか?
    正しい道や正しい教えは間違った道や間違った教えと表裏一体だと思うのです。導く人に恩義を感じて命を掛けてついて行くと思っている人は正しかろうが、間違っていようが関係ないと思う心理は理解出来ます。
    でも、直接恩義も無く、会った事もなく、ネットを疑う気持がある人が、リアルタイムではない本や、表面上で捉える事ができるスピーチで、導く人を判断してついて行くのはどうしても私には理解し難いのです。

    宗教は解釈で変わり、だから多種になっているわけで、導く人が変わる時点で正しい形がない解釈が変わるのは仕方なく感じるのです。
    あくまで個人の見解です。

    今の創価の形はそれぞれ属している皆様がが望んでいる宗教の形でしょうか??
    少なくとも現会長の創価の形と、名誉会長の創価の形は教義の上でも大きく違っているように感じます。
    違っていて、今の創価が自分の宗教感と違うのであれば、そこに居る意味あるのでしょうか?
    その中で残るとすれば、現会長に恩義がある以外は屁理屈や勝手な解釈で理由を作って思い込もうとしているだけに感じるのです。少なくとも反旗を翻していない人は。
    又は家族や御近所さん等そこに属している人間関係がそこにあるからだと、感じるのです。
    もう一度問います。
    今の創価の形(現会長の形)は、貴方が想う宗教の形ですか?

  100. signifieさんのリクエストにお答えします。

    最初に「おかしい」と感じ始めたのは、
    「日顕宗」と蔑称を使って、これまで崇拝してきたはずの法主を個人攻撃し、『創価新報』に口汚く罵ったときからです。

    決裂するまでの間『大白蓮華』誌上で「畏れ多くも猊下の宸襟を悩まし奉り……」などと平服しきった態度で「ご意見伺い」と称する意見を載せていたことを知っていますので、そのあまりの豹変ぶりに辟易しました。

    幹部にそのことを訊ねると、
    「これでいいんだ!悪は徹底的にたたくんだ!」とのこと。

    悪をたたくのは結構。しかし理路整然と誤りを指摘すれば済むことを「悪徳坊主」「遊蕩坊主」などと、ガキのケンカまる出しで表現する必要などないし、こちらの品性が疑われます。どんな人間にも仏性があるのだから、その仏性に向かって淡々と説くのが仏法者としての議論の仕方ではありませんか。
    日蓮大聖人は『立正安国論』で法然を「あのバカヤロー」とか罵ってますか?

    もし仮に、悪を駆逐するのにその表現が最適で効果絶大だとするなら、
    なぜ堂々と『聖教新聞』の第1面に載せず『創価新報』に載せるのか。これは関係ない外部の人間もたくさん『聖教新聞』を購読しているので、その影響を無視できない、つまりは外部の評判を気にする自信のなさの表れではありませんか?

    そう幹部に質すと、その人は黙ってしまいました。

    この幼稚極まる表現と、その裏にある自信のなさ、臆病さは平成4年頃からどんどん拡大してゆき、やがて『聖教新聞』は大本営発表と化し、どんなに裁判で負けても「わが方の損害軽微なり」と、事実を一般会員から隠すようになっていきました。

    一方で“法主詐称”の日顕氏が書写したご本尊は、教理からすると血脈のないニセ本尊であり、かつて戸田第2代会長が
    「電灯にたとえて考えてみると、ヒューズがとんで電流が流れてこない電灯は、電球が切れていないからといって、いくらつけても明るい光を発しないようなもので、電球は本物であっても、電流が流れてこなければ光が出ないのである(中略)したがって富士大石寺の大御本尊を拝まないものはすべて謗法である」(趣意)(創価学会発行『折伏教典』P339)

    と述べたこの論理で、身延系日蓮宗の本尊を、たとえ日蓮大聖人のご真筆であったとしても斬って捨てていたはずなのに、
    なぜ日顕氏書写の本尊は大謗法である、魔物である、功徳がないと断じなかったのでしょうか。ニセ法主のニセ本尊は直ちに回収して処分すべきではないのですか。

    それはしてこなかったし、現在もしていません。

    おかしい。かなりおかしい。

    これを疑問に思わないのは、さらにおかしい。
    私はそう考えるようになりました。

    ★この続きは、仕事が一段落してから書きます。

    サラマンダラさんへ

    コメント、ありがとうございます。
    座談会の様子を楽しみに待っていてください。

    レモンさんへ

    コメント、ありがとうございます。
    私に家族はいません。独居老人です(笑)。
    かつてはパートナーがいましたが、
    信仰と関係ない理由で離婚しており、子どももありません。

    5つ上の姉は県の大幹部で、一家でバリ活です。
    この家族をどうしたものか、これからの課題です。

  101. paroleさん5月に脱会の予定だそうですね。オメデトウございます。

    私と同世代なのでお聞きしたい事があります。私は昭和45年に高校卒業と同時に非活(田舎に帰って来た時、どこで見てるのかしら?先輩から「遊びに来なさいよ{座談会に?}」位でしたが、
    paroleさんの場合、62歳までの50年以上?学会活動に専念されてたのですよね。
    私が心配しているのは創価村からの脱出の件です。
    「創価学会もうひとつのニッポン/島田裕己vs矢野絢也」2010年11月・講談社より

    p184…島田 いや、創価学会そのものが、世間といっていいほど巨大化しているわけですよ。だって、仮に創価学会のメンバーが250万人だったとしたら、人口の少ない県なんかよりはるかに大きい。一つの国としてだって考えられるスケールです。しかも、一般の地域社会と比べて、はるかに密度が濃いですからね。創価学会という世間が、完全にできあがっている。僕は「民族」と言っていますけれどね。
    矢野 日本国の中に、もう一つの創価学会という「民族」があるということですか。
    ……
    島田 そうです。有縁の集団です。そこに属している人たちは、集団の外側に出てしまったら、すべてを失ってしまう可能性があるわけですね。それに代わる別の集団に所属する可能性はないわけですから。
    (中略)
    P208
    矢野 ……、だから先だっても、学会をやめたある人とお会いする機会があったんですが、やはり学会から出ていくことが怖かったと言っていましたね。もちろん嫌がらせをされることも怖かったけれども、ピシャッと断った。まるで未知の世界に踏み出していくような気持ちがしたと言うんですよ。でも最初は怖かったが、退会したら精神の自由を感じた、と言って喜んでいましたね。
    ……
    P209 矢野 学会のいろいろな指導の影響もあるけれど、自己洗脳という面が大きいと思
    うんですよ。人に向かって功徳を説き、反対すれば罰を受けますよということを日常的にやってきているわけですから。折伏はそういうことをやるわけです。選挙のときも、公明党は日本をよくするけれど他の政党はだめという議論を何遍も繰り返していると、それが自分に返ってくる。自己洗脳になっていくと思うんですよ。
     自分のことを言うと恥ずかしいんですが、入信して功徳があるなんて、そんなことあるわけないと内心では思っていたわけです。ところが、人にそう言っているうちに、「本当に私、功徳をいただきました。ありがとうございます」なんて言われると、こっちが感激してしまうわけですよ。えっ本当、なんてね。もちろん、そうは言えませんがね。そういう現実を前にすると、功徳があるから信心しなさいと人に言っていることが、逆に自分にインプットされる。一種の自己洗脳ですよ。人に教えを説くことは、利他、他人のためですが、同時に自分のためでもあるんですな。そういうことがあると、もうその世界から抜けられなくなってくる。(以上引用終り)

    元々の教義である日蓮正宗法華講へ行くのなら、それなりの人との繋がりは出来るとは思いますが……

    私の場合、日本初の“思想家の名に値する”と思っている池田晶子著『残酷人生論』より……但し「池田晶子不滅の哲学」若松英輔著からの孫引きのため原本のページ数は不明です。(原本はどこかにあると思いますが探す時間がもったいない)
    P119
     私は、信仰はもっていないが、確信はもっている。それは、信じることなく考えるから
    である。私は考えるからである。宇宙と自分の相関について、信じてしまうことなく考え
    続けているからである。救済なんぞ問題ではない。なぜなら、救済という言い方で何が言
    われているのかを考えることのほうが、先のはずだからである。人類はそこのところをず
    ぅーっと、あべこべに考えてきたのだ。これは、驚くべき勘違いである。[中略]
     新しき宗教性は、だから、今や「宗教」という言葉で呼ばれるべきではない。それは
    「宗―教」ではない。教祖も教団も教理も要らない。それは信仰ではない。それは、最初
    から最後までひとりっきりで考え、られるし、また考える、べき性質のものなのだ。
    だからその新たなる名称は、
      垂直的弧絶性、とか
      凝縮的透明性、とか
     そんなふうな響きをもった、何を隠そうその名は、「哲学」なのである。
    (以上引用終り)
    返す返すも早逝が淋しいネ。

    kickeyさん、脱会おめでとう。新しい世界が開けると思いますよ

    元プロレスラーの高田延彦さんが自身のツイッター上で安倍政権の政策を強く批判してい
    ます。高田氏は公式ツイッターに「集団的自衛権行使容認、姑息(こそく)でインチキな
    やり口ですね。時の政権が勝手に解釈変更など憲法の冒涜(ぼうとく)です」と投稿し、
    集団的自衛権や解釈改憲等の政策に疑問を投げ掛けました。…最新ニュースより
    ※引き続き、『池□∞策出てコイヤー!!』と吠えて貰いたいですね。(笑)

  102. カガテツさんへ

    カガテツさんのお聞きになりたいことは、
    「集団の外へ出る恐怖はないのか?」ということでよろしいでしょうか。

    実際に脱会してそのあとどんなことになるのか、
    これはやってみないとわかりません。

    しかし現段階で、集団の外へ出る恐怖、不安といったものは全くありません。
    仕事が一段落したら、まとめて書くつもりでいますが、
    私は数年前パニック障害にかかり、うつを併発しました。
    その体験から、人間関係、集団への依存度が低くなっており、
    集団の外に出ること自体には、不安を感じなくなったようです。

    いずれにしろ、退会したあとで、ご報告いたしますので、よろしくお願いします。

  103. サラマンダラさん
    創価学会を離れて自分の頭で行動できる自由は何事にも代えがたいものがあります。
    未来部在籍時代、創価学会なかんずく池田先生をこよなく敬愛してきた私は創価学会あったればこそのいい意味での人生のレールが敷かれた部分も大きいです。でも、創価学会の原点とも教えていただいた一人の人を大切にとの視点は違っていると思うようになり、私の中に創価学会があるとの思いが活動しながらも徐々になくなってきました。9年前創価学会アンチ掲示板で県幹部だった、幹部だったという経歴を持つ人たちと実に生き生きと創価学会をテーマに自分の思いを語り、チャットをし、オフ会に参加し、楽しく交流ができたお陰で創価学会についていけない自分を責めていた私も自分の思いは間違っていなかったと自信を持つことができました。
    このようなブログで生の体験が一番迷っている学会員のエールになると思うこの頃です。
    ちなみに今の私は池田先生を池田さんとすんなり切り替えることができないけど軽蔑の対象になってしまいました。

  104. くまもんさんご丁寧なコメントありがとうございます
    >創価学会を離れて自分の頭で行動できる自由は何事にも代えがたいものがあります
    当に脱会して感じた最初の喜びはこれに尽きると思います
    狭い世界から飛び出して突き抜けた大空を感じたときに本当に身も心も軽くなったのを今もはっきりと覚えています。学会のすべての縛りから解放され、今まで何も知らなかった自分の無知さ加減に恥ずかしさを覚えました
    あの大幹部が続々と造反していく時代に幹部に質問したところ煮え切らない回答ばかり
    私は腹を決めて造反幹部と言われた方の話を逆に直接聞きに行きました
    そこで聞いたのは全く別人の池田の行動振る舞いでした。目から鱗とはこのこと
    一度に尊敬の気持ちから軽蔑の念に変わりました
    日頃聖教新聞やグラフ、映像や幹部の話とはかけ離れていたからです
    造反者と言われた方々はあまりにも裸の池田を見過ぎたのでしょうね。そしていたたまれなくなった。信心の指導者でもなく人生の師匠でもないと見破ったのでしょう
    私もずっと思っていました
    名聞名利は一番恥ずかしい行為と言ってた人間が勲章や名誉何某というものをもらい漁ってる
    って あんたが一番恥ずかしい人間じゃないのかと
    自語相違も甚だしいお人 だから私は駄作、贋作と呼ばせていただいております
    先生なんて、とても言えません
    くまもんさんこれからもお話聞かせてくださいどうかよろしくお願いします

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中