はぁ?罰って何ですの?

「逆らったらどうなるかわからへんでぇ」

「子どもが五体満足だとええけどなぁ〜気ぃつけや〜」

「どうせろくな死に方はできひんやろなぁ」

これは暴力団の脅し文句ではありません。脱会者に言う学会員の言葉です。

「創価に逆らったら罰が当たるでぇ。それがこの世の法則なんや、わかっとんかゴルア〜」 と、どこかの国会議員秘書のようなことを言います(笑) でも学会員さんは本気でそう信じています。 本気で信じているから悪気がなくこんなことを平気で言います。 創価にとって罰って何でしょう? 教団から抜け出さないようにするために言う脅し文句の切り札なんでしょうか? 仏教の教義はそんなことのために「罰」という概念を説いたのでしょうか? 私は違うような気がします。 なぜかと言われても困りますが、不幸な人を救うことが目的だった大乗仏教の教義に、 罰の恐怖で人を脅していいといったことは書いてないような気がするし、 いちいち文献を調べなくたってそんなことは言わないと思うんですよね。 でも、創価学会はこの世で唯一正しい仏教を広めようとしている平和と文化と教育の団体なんだそうですが、 こうやって反社会勢力のおじさんたちも青ざめるような脅し文句で 「この信心から離れたらもうおしまいや、一巻の終わりやで、わかっとんかゴルア〜、 わかったら有り金みんな財務に回せ〜、 新聞配達も忘れんなよ〜、誰のおかげでおまんま食えてる思てんねん! 先生や、イケダ先生のおかげやろ〜、こんど逆らったらほんまに地獄行きやで〜、ほなよろしくな〜」 (国会議員秘書バージョン)

まあ、言い方はどうか知りませんが、内容はこんなことですよね(笑) 罰(ばち)…… お〜コワッ!(笑) さあ、そこで皆さんにお訊きしたいのは、創価をやめて罰らしきものが当たったでしょうか? 地獄に堕ちましたか? 学会員時代とやめた後の今とではどっちが幸せでしょうか? 学会員時代は幸せだったのに、やめた途端に不幸のどん底に突き落とされた人がいますか? いたとすれば、それは学会員さんからの脅しや嫌がらせではなかったでしょうか? それさえなければ、少なくとも学会員であった頃よりも、格段に幸せ度がアップしましたよね。 時間もお金も自分や家族のために使えますし、近所の人から変人扱いされませんし、 選挙のたびに友人を失わないですみますからね。 いずれにせよ、学会員さんは正法に背くと罰が当たるとか地獄に堕ちるとか教えられて、内心震え上がりながら、功徳欲しさに学会活動に精を出します。

さて、そこで小学生のやんちゃ坊主シニフィエくんが、学校の社会が得意な先生に質問をしました。

「は〜い先生、質問で〜す」

「何、シニフィエくん、言ってみなさい」

「あのう、昨日おうちの台所でつまみ食いしてたらお母さんに見つかって『シニフィエ!そんな行儀の悪いことしたら、罰が当たるよ!』って怒鳴られたんです。そこで僕はお母さんに訊いたんです。『罰が当たるって、誰があてるの?』そしたらお母さんは『誰?だれって…そりゃ仏様に決まってるだろ』って言うんですよね。先生、罰って、仏様があてに来るんだ。それって仏教の教えなの?」

「いいえ、ありません。仏教に罰が当たるなどと言った概念は存在しません。お母さんはでまかせに言ったんですよ」

「えっ?でも学会員さんは正法に背けば罰が当たってろくな死に方はしないってみんな信じてますけど?」

「創価学会が何をどうまかり間違ったのかは知りませんが、少なくとも釈迦の時代から仏教の教えに「罰が当たる」などといった考えは一切登場しません。あるとすれば仏教以前のインドの土着信仰や一神教などの、この世のすべては神様がつくって神様が判断するという考えから出てきた、つまり権力者が民衆を統率するためには、自分たちの権力は神様から授かったものだということを示さなければなりません。そこで権力者は『自分の言うことを聞かないと、神様が罰を与えるぞ』と脅して言うことを聞かせたんですね。つまり古代社会で権力者が自分の権力を民衆に示すためにつくられた詭弁だということです。仏教の教祖である仏陀は、そんな迷信を否定して、人間はみな平等で、神様などいないし、罰や祟りなど嘘っぱちだと言ったんです。それで仏教を起こしたのですから、仏教に罰があたるなどといった考えがでてくる訳がないのです。お寺のお坊さんに訊いても間違いなくそう答えるはずです」

「へ〜〜、なるほどね〜。じゃあ、ぼくのお母さんは親としての権力を示すために、何かしらわけのわからない力で僕を怖がらせてつまみ食いをやめさせようとしたんだね」

「まあ、そう言えなくもないけどね(汗)。でも君のお母さんは君がつまみ食いなんかするような大人になって欲しくないと思って、君のためを思って言ってるんだよ」

「そうか、じゃあ僕はお母さんの言うことを聞かないでも誰も罰をあてにやってくることはないんだね」

「う〜〜ん、そう言う問題じゃないんだけどな〜。たとえばシニフィエくんは『食べてすぐに寝ると牛になるゾ』って言われたことがあるだろ」

「うん、あるある。今でも言われるよ。でも人間が牛になるわけないじゃん。なに考えてんだか」

「そう、なるわけないよね。そういうの迷信って言うんだよ」

「知ってる〜、都市伝説ってやつでしょ♪」

「それとは違うんだけど(汗)、つまり牛になるのはウソなんだけど、食べてすぐ寝ると消化不良おこして健康に悪いし、行儀も悪い。だから子どものうちにそうやってウソで脅して、食べてもすぐに横にならないような習慣をつけさせるためのものなんだ。要するに『躾』だね。こういうウソを『方便』とも言うんだ」

「へ〜、聞いたことあるよ『ウソも方便』ってやつでしょ」

「そうそう、だから君のお母さんが『罰が当たるよ!』って君に言ったのも、ただウソをついたんじゃなくて、シニフィエくんにちゃんとした大人になって欲しいと思って言った『方便』みたいなものなんだ。だから君から『誰が当てるの?』って訊かれて、とっさにいい加減なことしか言えなかったんだね」

「なるほどね〜!罰ってべつに仏教の教えでもないんだね」

「そうそう、昔の人が子どもにちゃんとした大人になってほしいと思って言った、いわば『でまかせの作り話』なんだよ。そういうのを迷信って言ってる」

「都市伝説でしょ」

「ちがうってば!」

ま、こんな感じで、何を言いたいのか、普通の大人ならわかりますよね。 学会員さんが罰が当たるなどと人を脅しているのは、単なる迷信を仏教の教えだと勘違いして、言ってる本人までが震え上がっているという、おかしな宗教団体なんです。 自分たちがそう信じて震え上がるのは勝手ですけど、他人への脅し文句に使ってもらっては困りますよね。迷惑な話です。

「逆らったらどうなるかわからへんでぇ」

「子どもが五体満足だとええけどなぁ〜気ぃつけや〜」

「どうせろくな死に方はできひんやろなぁ」

これが正しい宗教団体の信者から出てくる言葉でしょうか?迷信を信じ込まされてお金を騙しとられていると、普通なら気づきそうなものなんですが、これがなんせ会合や新聞や選挙活動を通じてゴリゴリ洗脳されまくってますから気づかないんですよね〜。 ということで、今回のテーマは「はぁ?罰って何ですの?」です。 皆さんが言われてきた「罰が当たる」という脅しが実際にどんなものだったのかを教えてください。 おそらく日本全国、同じような脅し文句で脱会を阻止されてきたと思んです。その「同じような」という事実こそ、創価が組織的に罰が当たると脅して会員を増やし、財務や新聞代を巻き上げてきたことの証明になると思います。 どうか日本全国のみなさん「私は創価からこんな言葉で脅された」という報告をお願いします!

広告

はぁ?罰って何ですの?」への123件のフィードバック

  1. シニフィエさん!

    新しいスレッド有り難うございます!

    なんか眠れなくて早速書き込みます!

    シニフィエさんの文面にあるみたいな事、それは日常茶飯事に、クソばばあ共から言われてました!

    >「逆らったらどうなるかわからへんでぇ」

    「子どもが五体満足だとええけどなぁ 気ぃつけや 」

    「どうせろくな死に方はできひんやろなぁ」

    「創価に逆らったら罰が当たるでぇ。それがこの世の法則なんや、わかっとんかゴルア 」

    ↑こういうのは、定番メニューで、

    私の母が亡くなった時に、

    すんげぇ悲しいのに!

    創価クソばばあ「過去世に散々悪い事したから、ほれ!!!宿業が出たわ!!それ見なさい!!ほれ!!!」

    …って

    ……あの〜〜〜〜わたし、一応【ふくし】なんですけど?

    福子って…何ですの?

    福子は、過去世の宿業を、みんな断ち切って、幸せを約束されて産まれてきたのよ、って、あんたがたクソばばあが言ったんですけど!

    その言葉は、嘘っぱちだったの?

    あぁあ(激怒)ーーー!!!!!

    怒髪天!!

    過去世って、何だよ?!!!!

    しらぁねぇーーーよ(怒髪)

    てめえらこそ万死に値する!

    許さんぞこんちくしょーー!!!!!!!!!!!!!!!!
    泣き叫んだ記憶が………はぁ(涙)

    創価クソばばあ達には、まだまだ、言いたい事沢山あります……、

    すみません、なんか気持ちが抑えきれなくなって超ガラが悪くて、失礼致しました…。

  2. 雪風さん、いいっス
    面白いから許す(^^)
    幸せを約束されたはずの全国の福子が、どんどん創価から離れていっています。
    ちなみに私の福子(「ふくし」で変換できないので「ふくこ」で変換してます)です。
    草創期の幹部夫婦(私の両親)が、みんな福子となるはずだった17人の子や孫やひ孫のうち15人は創価ではありません。
    もうそんな時代なんですよ。公布新時代とは、絶滅危惧種となった創価の時代ってことです。
    もう福子なんてレッドデータ絶滅危惧I類 (CR+EN)ですよね。
    あ、危惧なんかしてないので、絶滅希求種ですね(笑)

    雪風さん、ぱーーーっっと吐き出しちゃってください!

  3. 「罰が当たる」って言われたら「それ五重の相対で言うところの外道の教義なんだけど創価的にはそれでいいの?創価って外道だったの?」って言い返してください。

  4. おはようございます。
    罰って、、。私も、長女が1歳?くらいかな?ころに支部婦人部長ともう一人婦人部が家庭訪問にやってきて、新聞の正の配達員してくれないかとやってきました。産後うつっぽい時期だったので、丁重にお断りすると、『断ると子どもにでるよ!』と支部婦人部脅されたことを思い出しました。
    病んでる人脅すってや◯ざかよと..。ホンとカルトですよね。
    わたしの母は、過去世の行いが悪かったからかなぁ、とかお母さんは業が深いんやわとか、信心まだまだ足らんのやわとか、いつまで、信心足らんねん!!と50年以上やってきて..。うまれる前のことなんて、誰も知らないのに、私は宿業や罰とかいうことば、大嫌いです。

  5. 白いブランコさんの数倍は「改革」に熱心で、迅速な行動力もある創価執行部。
    いえいえ組織の在り方ではなくて「教義」の方にですけどね。
    完全に「別物」にしてしまいますよね。
    「改革」というからにはこのこのくらい見事に変身させなきゃ。
    これは見習うべきじゃないですかねえ!

    最近は「罰」って言わないように改革しましたよね。
    毎度の「そんなこと言いましたっけ?」戦法です。
    だけどこれもワンパターンで「あれは手法の一つで嘘だったんです」
    の一言を言わないばっかりに、今でも年配の頭には残ったままになっています。
    あそこまで断言しといて、そう都合よくなかったことにはなりませんよね。

    破門後に宗門へ行った元創価の活動家の言い分も、今だに連日が「害毒」だの「猛毒」だの「現象」だの罰のオンパレードです。
    頭の中そればっかりでもう止まりません。
    ほらほーら、あそこにもここにも仏罰が出た、現象だと、人の不幸を追っかけるのが日課になっています。
    これ全部創価の揺るぎない洗脳と薫陶の賜ですね。
    ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
    日蓮に忠実になるとこうもなるんでしょうが、創価はその限界を知ってますから忠実になどしません。
    お茶を濁す程度の教えにしとかないと、通用しませんからね。
    脱会したら地獄に堕ちますとした時期もあったけど、それで逆に評判が落ちたので最近は言わないようにしました。
    今言わななくていいってことは、昔から嘘だったってことです。
    ただの脅しだったってことです。

  6. 罰ってなんでしょうね…?、つくづくわからない、人生は複雑だもの

    脱会して思い当たることといえば、
    創価学会コミュニティの喪失による、計り知れない孤独と不安かな?
    引っ越して安住できているわけだけど。
    転勤先でママ友等あらたに友人を作ったりすることができた、少ないけど…
    損得でつながっていない関係はとても有り難いと思う。

    大阪都構想の住民投票は
    既得権益確認の作業であったという印象…
    元気出そうよKikcyeyさん、私は大阪の人のこと大好きだよ〜ソウルフルだもん

  7. 確か罰だの功徳だのと言っていたのは、戸田城聖ですよね。罰論でしたか。創価教育学会が転けて、創価学会で再スタートするにあたり、価値論から罰論に主張を変更し、宗教活動をメインに罰論で折伏するといったことが、小説人間革命に書いています。
    あと、僕が小学生の頃ですが、辻副会長が全国を回って指導していたようで、勤行唱題の発音や正座の姿勢で罰がでて、病気になるといったプリントを配っていたようです。プリントを見て、池田大作と言っていることが違うなと思った記憶が残ってます。
    もうひとつ、本尊を不敬にした人びとの罰の実話(ほとんど怪談噺)がブロックでながれていました。
    ある女性が本尊を破り、風呂の炊きの燃料として使用し、その風呂のお湯で髪を洗った所、髪の毛が全て抜け落ち、ブッパげてしまったという、恐ろしい話。そして、もう一つ。あるお宅では、長年にわたりネズミが仏壇の供物を食べることに悩み。思いついたのが、殺鼠剤を供物に混ぜることでした。ある日、殺鼠剤を仏壇の供物に混ぜ、用事があったので外出しました。帰宅途中にご近所のおばさんが、慌ててこう言いました。あなたのお家で不幸が有ったの。先ほど、白い和服のお坊さんたち三人があなたのうちからでってたわよ。あわてて自宅に戻り本尊を見た所、本尊の文字が消え、本尊が真っ白になったという話。

  8. 罰というものがあるとしたら。。
    創価学会にいた頃の方が散々あった。

    死ぬか生きるかの大事故に2回も遭遇しているし子どももしょっちゅう熱だしたり肺炎手前で入院したり。。

    脱会してからのほうが、何ごともなく平安な毎日ですし、日々煩わしい学会活動で精神的な疲労もないし、人間関係も利己的な学会員と離れて、とても良好な人とのお付き合いで楽しいですし。。

    つい最近、創価脳の母からも。。
    「おまえ、なんかついてるね」と言われたばかりで。。
    母から言わせるとラッキーな人間らしい、です。。

    いま考えると。。
    創価学会にいた頃のほうが、いろいろ事故起こしたり子どもが不登校になったり家を売る羽目になったりって学会員さんがやたら多かったように思う。。

    それに比べ、学会員ではない人たちの、なんて穏やかな日々の生活。。

    創価の指導ではよく、それは現世で宿業が出ていないだけ、わたしたちは宿業を出させてもらってるの。。
    みたいなわけ分からめなこと言ってましたが。。

    どうなんだろう?それって。。

    少し冷静に客観的に視ることも必要なのではないかな、と思ったりします。。

    学会に居て活動している人のほうが罰出てるんとちゃいますの。。?
    ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

  9. >創価クソばばあ「過去世に散々悪い事したから、ほれ!!!宿業が出たわ!!それ見なさい!!ほれ!!!」
    雪風さん、今でもこんなこと言われるんですか?
    いや~スゴイですね。

    かくいう私も子どもの頃、田舎にいた時は全く同じことしょっちゅう聞きました。
    婦人部同士集まっては何かってーと「誰々さんに現象が出た」だの「今に現象が出る」だの、この台詞もう大・大好きなんですよ!
    「ほら、現象が出た!」
    この得意げな言い方、耳にこびりついています。

    独立して都会に出てたら、そんなこという学会員さんは一人もいませんでした。
    本陣といわれるその地域は、皆はじけるように明るく優しく仲良しで、同志は励ますことこそあれ陰口なんか誰も言わなかった。
    ああこれが創価家族なんだなと思いました。
    私の田舎が独特の嫌な風習が強くて、だから信心もねじ曲がって伝わってるんだろうとその時は思いました。
    この信心はちゃんと実践すると、さっぱりした気質になるんだと思いましたね。
    がしかし、宗門問題が起こった時、それはまやかしだったと思い知らされました。
    皆いっせいに宗門の悪口を言い出して、その人が変わったような意地悪さ、陰険さには驚きましたねえ!
    何も言わない私がおかしいのか、信心がないのかと考えましたよ。

    罰が出たとか出るって言いたがる人って、基本噂好きなんですよ。
    そういう人と話すと話題が、あの人がどーした、この人がどうの噂話ばっかりじゃないですか?
    私の知ってるパターンはそうですね。
    たまにはこんな映画見たけどよかったよとか、そんな話題はないのかと思いますよ。

  10. 雪風さん、こんにちは。
    じつを言うと、雪風さんのコメントを承認するかどうか、二の足を踏みましたが、結局承認することにしました。通常であれば「これはちょっと」ということでお断りするところなんですが、雪風さんがまだ言葉にできないであろうことを語ってくれるようになるには、まだ時間がかかるんだろうなと思います。夜も眠れない状態なのですから、それは自分の経験としてもよくわかります。たぶんここで私がシャットアウトすれば、どこにも持っていきようがないだろうなと思ったからです。たしかに「クソばばあ患部」とか「許さんぞこんちくしょーー!」は普通では単なる罵声なんですが、雪風さんの場合はそうではなく、実際に被害者として受けてきたことの思いだと受けとめました。ただ不特定多数の読者の中には「またアンチが創価を罵ってるよ。所詮ここもそんなとこか」と思われることもあるでしょう。実際にこのブログがそんなふうにみられることを懸念するご意見もいただいています。それも考えて上でのことです。私はなにもすべての読者にいい顔をしようとは思っていないし、私自身それほど正しい人間ではありません。リアルな友人の間では「ダメ人間キャラ」で通っています。なにしろ53年間も創価学会員だったのですから(笑)。
    というわけで、雪風さん。よかったらこんちくしょうキャラから、抜け出せる日が来るときを待ってます。それまで吐き出しちゃってください。みなさんも見守ってくれると思います。
    よろしくお願いします。

  11. 罰論は創価で言うところの外道の教え。なのに、会員さんはその罰論をつかって脅しているという現実。これも創価の一部が池田氏の意向に反して勝手に暴走していることなのでしょうか。池田氏は罰論を会員に解いたりしていないんでしょうか。あの折伏経典は、いわば邪宗が罰によってどんだけ恐ろしい目に会っているのかの解説書みたいなものですよね。2代会長の時代から3代会長までの大折伏戦によって創価が拡大したのも、このおぞましき罰論を展開することでできたようなものだと思います。これをやれば幸せになる。ただしやらなかったらこんなに不幸になる。やっぱりこれ脅しですよ。それも仏教の教義にはないことを、あたかも正しい仏教の教義であるかのように言ってこの信仰につかせてきました。これが詐欺でなくて何なんでしょう。創価は功徳論で会員を獲得し、仏教の教義でもない罰論で抜け出せないようにする。これやっぱり詐欺でしょう。
    私は会員さんが詐欺だと言ってるんじゃないんです。会員さんは詐欺によって騙されていると言ってるんですよ。会員さんを騙しているのは最高幹部です。そのことを言ってあげてるんです。会員さんは最高幹部に騙されて、あのような創価スイッチの入る凶暴な人間にされてるんです。被害者だと言ってるんです。そこを勘違いされては困ります。

  12. 雪風さんにとって、リアルはとても辛いものであったのでしょう、
    なんとなく文面から感じられるものは伝わってきます、
    もちろん私なんかが解った風なことを言ってもせんないでしょうし…

    こちらに批判的なコメントを寄せられる方は主観的なものが多く、
    それではリアルな事柄については?となると、何もないのです、
    私たちほど深く悩む必要がないんでしょう。

    雪風さんにとって、人生が誰のものでもないご自身のものだった、
    と自然に受けとめることができるような季節がきたらいいな、と思ったり。
    …及ばずながら、またぼちぼち寄らせて下さい

  13. シニフィエさん

    色々焦って、後で読み返したら、自分の投稿、すごい誤字脱字が多いですね、本当に申し訳ありません…走ろうスレッドとか、訳わかんない事打ってるし…

    何だろう、走ろうスレッドって?

    自分で心臓バクバクなのが分かり超恥ずかしいです。

    モニカさん、

    そうですね、一部のクソババァは、今でも私の家族が死んだのは罰だと言いますね。

    電話は、ナンバーブロック入れて、警察も呼びました。

    シニフィエさん、
    こんちくしょうキャラ( ̄^ ̄)ゞ拝命致しました!

  14.  私は40代非活の2世壮年部です。生まれつきの視覚障害者です。 今はなき我が母は昭和30年代の入信です。当時のことですから何人かを入信させています。信心弱き人ではありませんでした。そんな母の下にハンディを持った私が生まれました。何でですか?誰か説明してくれませんか?
     母親くらいの年の人は、悪いことは「業が出た」とか、人が不幸な目に遭ってると「あの人は業が深い」とか、「00になる宿命を持ってる」などと何でもかんでも業とか宿命という言葉で片付けていましたね。
     けど、この言葉、私のように現にハンディを負っているものにとってはまったく無慈悲そのものです。私がいったい何をしたというのですか?誰か説明してもらえませんか?
     20歳の時、病気で失明しかかりました。母親や兄貴からは「今こそまじめに信心するときや」とさんざん言われました。反発もありましたがそこは病人の悲しさ、失明は怖いです。必死で唱題しましたよ。
     そのときには手術が成功し、失明は免れました。座談会で体験発表もしました。けど、その半年後、ハードな仕事がたたって失明しました。これはどう捉えたらいいのですか?
     だいぶ後で知ったのですが、私の病気は早晩網膜剥離を起こして失明する可能性が高いものだったのです。主治医からも頭に衝撃が加わるようなスポーツはしないようにと言われていました。子供の頃にはこの意味がよくわかりませんでしたがこういうことだったんですね。
     信心しようがしまいが結果は同じことだったんですよ。無知だったとはいえ業だの宿命だのに振り回された。学会は罪作りやわ。

  15. 罰論の根拠となってる、御本尊の若し悩乱したら頭割れる的な文言って日蓮真筆にはほとんど書いてないすからね

    後世の誰かが付け足した

    その時点でもはや作り物なんすよ

  16. ちなみに罰についてちょっとググってみたら、どうも日蓮は法華経をノンフィクションだと思い込んでたようで、法華経に出てくる十羅刹女(創価の御本尊の題目の「華」の左横に書いてある)という女性の鬼神→じつは上行菩薩とか釈迦が化けていたという話)が法華経を守るかわりに成仏を許される約束を釈迦とかわしたという話(釈迦が鬼神に化けて釈迦自身と約束したというのも変な話なんですが、そこは置いといて)で、法華経を誹謗する者が現れたらその十羅刹女が出てきて守るのだという法華経の説話を真に受けた日蓮が罰論に結びつけたようです。つまりあの曼荼羅に書いてある如来や菩薩や天王や鬼神たちが本当にいて、法華経を誹謗するものに対して本当に罰を下すのだと日蓮が本気で思っていたようですね。ここでも日蓮がものすごい差別主義の選民思想の妄想家だってことがわかります。仏陀の「迷信、祟り、おまじない、占いを否定するリアリズム」とは完全に真逆の危険思想だと思いますよ。日蓮は法華経寿量品の文底に秘められていることが真実であって、それまでのことはみんなこれを理解させるための方便だって自分で言ってるのに、この鬼神が罰を与える約束をしたなんていうヨタ話を本気で信じてるような坊さんだったんでしょうね。まあ、キリスト教もアメリカ大陸の存在もしらないどころか、地球が丸いことすら知らない750年も昔の日本のことですから一概に笑えないですが、それを今の時代の人間が真に受けて「罰があたるで〜」って、やっぱり普通に考えればおかしいことってわかりそうなものですけどね。ましてや信心しなかったら子どもが病気になるとか、不幸なことが起るとか、とんだ言いがかりですよ。これを会員に本気で信じさせて財務だ新聞だとお金を出させている創価の最高幹部のやっていることはやっぱり詐欺だと思うんですけどねえ。

  17. ねこのとうさん
    お母様、お亡くなりになられたのですね。ご愁傷様です。
    ほっとされたとのことですがよくわかります。これから、49日、100日・・・と日が経つにつれ思いも変化していくと思います。
    でも、お母様との最後の時間は他のご兄弟よりは濃い時間を過ごされたことと思います。今後、創価にどっぷり浸かっている親戚とのやり取りで奇異に思われることを思い出したりされて感情が昂ることもあるかと思いますが、まずはねこのとうさんの心が休まる方法の一つとしてこちらでいろいろと思ったことを書き込まれるのも良いと思います。
    私は、母の死に際に思ったのは死に逝く人にとって宗教ってやっぱり人が作った一つの方便なだけなんだなあ~と創価脳の親族との葛藤の中で冷静に考えてしまいました。そんな、宗教(創価は宗教でもないんですが)に振り回されてあれでは救われない、これじゃないとダメだ!とかいがみ合う事のなんと!バカらしいことか・・・とつくづく思いました。
    そんな宗教が自宗への我田引水で罰とか功徳とか言って信者を縛り付ける理屈に縛られる人間の性は悲しいものだなあと思いました。

  18. 本日、年明けから取り組んでいた困難な仕事が無事に終わりました。一安心です。
    ともあれ、
    創価学会の罰論は、厄介な教えだと思います。
    ○学会活動を休めば、組織を守ることが出来ない。
    ○勤行、唱題をサボれば一日のリズムが狂う。
    ○愚痴や文句を言えば、福運を消す。
    ○財務をけちれば、お金に困る境涯に成り下がる。
    ○公明党が負ければ、庶民が苦しむ世の中になる。
    ○創価学会の組織を撹乱すれば、物凄い罰を受ける。
    等々
    いつもいつも、こうした心理的な抑圧にさらされながら、自分の感情を押し殺しながら生きていかねばなりません。そうした抑圧された感情が、いつか爆発せざるを得ないのだと思います。
    悲しいのは、創価の場合、例えば不慮の事故や病気で身内を亡くした人間に、「これは、故人があなたに信心を教えるために起きた出来事だから、前向きに捉えてイケダセンセイにお応えできる人材に成長しよう」みたいなことになってしまうことです。身内を亡くした悲しみを素直に悲しみと捉えさせないことに、妙な違和感があります。
    そうした無理な感情が重なり、こころが壊れる人間が続出するのだと思います。

    人間、生きていれば苦しみもあり、悲しみもあります。そんななか、ささやかな出来事に幸せや喜びを感じながら、前を向いて生きていくのです。
    自分自身を信じて、つらくなったら少しだけ休んで、また一歩一歩、自分のペースで進んでいけばいいのです。自分の感情に素直に、背伸びしたりやせ我慢をする必要はありません。地位や名誉や財産や学歴や職業など、すべて取り払って、裸の人間として何が残るのかが大事なことだと思います。
    これ、アラフィフの人生観です。
    (^.^)/~~~ Take it easy!

  19. 雪風さん、創価のおばさんがたから、散々でしたね。お辛いと思います。ひしひしと伝わってきます。活動家の頃は功徳や罰はあると思ってました。実際、体験したこともあります。こう言うと反感飼うかもしれませんがすみません・・何というか・・信心してると、良いこと、悪いことにすごく敏感になるのかもしれませんね。いくら信心でも、同志に対して心ない言葉を吐くような人たちと行動を共にしようとは思いません❗すみませんが、HNをcomaからボレロに改めますので宜しくお願い致します。すみません。(^ー^)

  20. ボレロさん
    わたくしも未だに功徳とか罰とかの脳内思考に陥りがちです。。
    何故なのだろう。。?

    でも、考えてみたら誰にでもあるようなことかな、と想って。。

    良い行いを積み重ねていけば良いことがある。。
    悪い行いを積み重ねていけば悪いことがある。。
    人の目は誤魔化せてもお天道さんは、ちゃんと見てるのさ。。

    。。ってことかなあ〜と。。
    ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

    。。ということで。。
    道理に反した生き方をしている創価学会員には、それなりの結果が用意されている。。

    。。で、間違いないのではないでしょうか。。?

    池田大作の今現在の姿が、そもそもしっかりと自らの身を以て証明しているのかもしれません。。

    なので、道理ある生き方に目覚めたここに集うみなさまには、間違っても罰などはあり得ません。。キッパリ。( ̄^ ̄)ゞ

    それを証明するためにもますます魂を磨き成長して行きましょう。。

    (ちなみに変な宗教などしていないので、そこんとこヨロシク!( ´ ▽ ` )ノ

  21. ついでに言うと、創価のご本尊にはいろんな神様の名前が書いてあります。先ほどの十羅刹女の反対側には有名な鬼子母神の名前もあります。鬼子母神についての説話がウィキペディアにはこうあります。

    【鬼子母神】
    夜叉毘沙門天(クベーラ)の部下の武将八大夜叉大将(パーンチカ、散支夜叉、半支迦薬叉王[1])の妻で、500人(一説には千人[2]または1万人[3])の子の母であったが、それらの子を育てるだけの栄養をつけるために人間の子を捕えて食べてしまっていた。そのため多くの人間から恐れ憎まれていた。それを見かねた釈迦は、人間を救うと共に彼女をも救済することを意図して、彼女が最も愛していた末子・愛奴児(ピンガーラ、プリンヤンカラ 嬪伽羅、氷羯羅天、畢哩孕迦[1])を隠した。彼女は半狂乱となって世界中を7日間探し回ったが発見するには至らず、助けを求めて釈迦に縋ることとなる。

    凄いですよね。鬼子母神は100人、あるいは1000人も子どもを産んで、その栄養補給のために人間を食ってたという話です。まるで映画のエイリアンです(笑)。それはそれで説話ですからいいんですよ。
    さて日蓮はこんな話もノンフィクションと思ってたんでしょうか。鬼子母神も法華経では十羅刹女と同様に、こんな大罪を犯した鬼神でも成仏するかわりに、法華経を誹謗する者に罰を与える約束をしたということが書いてあるそうです。でもこれをノンフィクションだと信じてなければ創価の言う日蓮の罰論は成り立ちませんし、こんなことを信じているから自分が末法のご本仏だなどとなりきってしまうんだろうと思います。有吉風あだ名で言うと「なりきりご本仏野郎」です(笑)。
    普通ならこうした仏教説話は何かを伝えるための比喩として語られると考えますが、どうやら日蓮は違ったようですね。そしてそんな日蓮のとんでもない妄想を受け継いだのが日蓮正宗で、その選民思想が人を騙すのにもってこいだというんで利用したのが創価だったのだと思います。

    ついでに言うと、天照大神や八幡は神道の神様だし、大黒や阿修羅はヒンドゥ教の神様です。それにインドの土着信仰の神様や鬼神や、歴史上の権力者や坊さんの名前まで書いてあります。学会員さんに言わせると「ほら世界中の神様や偉い人が法華経を守っている姿を顕わしているのよ、凄いでしょ」ってことらしいですが、いやいやそこには、世界最大の教団であるキリスト教の神様も、その子イエスもいませんし、世界で2番目に大きな教団であるイスラム教のアッラーフもいなければムハマンドもいません。まあ、たとえ日蓮がキリスト教やイスラム教を知っていたとしても、絶対唯一神を奉じる宗教を認める訳にもいきませんから曼荼羅には死んでも書かなかったでしょうね。おそらくヒンドゥ教も神道もたくさんいる人格神だから、曼荼羅に書いてもみんな自分の家来のようにできるから載せたんでしょうね。すごい強引と言うか、とんでもないご都合主義だなと思います。なにしろ「オレがイチバァーン!(ご本仏)」ということを示すための御本尊ですからね。ハルク・ホーガンじゃないんですから(わかる人にはわかる笑)。

    そう考えると、今の創価のソフト路線(邪宗→他宗)は、日蓮仏法の根幹をひっくりかえしてることになります。創価はイスラム教と共産主義国には布教しないそうです。イスラム教というのは中東はもちろん、アフリカ大陸の北半分と東南アジアの大部分がイスラム教徒の国です。その
    数15億7000万人。それに中国、ベトナム、北朝鮮、キューバの共産主義国には広宣流布しないんだそうです。その数14億3000万人。合計30億人。世界人口は72億3000万人。つまり創価の広宣流布に世界人口の4割は最初から入ってないんですね。じゃあ、世界人口の6割である42億3000万人のうち1200万人が創価学会だと言っていますが(それも完全に怪しい数字ですが)仮にSGIメンバーが1200万人いたとしても、あとの42億1800万人は創価ではないんです。そしてみなさんご存知のとおり学会員はどんどん減少している。これからどうやって42億1800万人を折伏すると世界公布新時代になるのでしょうね。ってか、そんなこと誰も考えちゃいないですよね。「自分が信じている創価学会は正しいんだ」これを信じたいだけなんですよ。広宣流布なんて誰も本気で考えちゃいないから「世界公布新時代」とかいって喜んでいられるんですよ。

    日蓮仏法だって学会員にとってはどうだっていいんです。根本の教義が変わっても気にもしないんですからね。みんな功徳が欲しくて、罰が恐くて、自分が誰よりも正しい信仰を信じてる超ラッキーな人間なんだと思いたくてやってるだけです。だからそれを揺るがすようなことを言われると黙っておれなくて「そんなこと言うと罰があたるで〜」って脅してくるんです。

  22. こんばんわ。

    高等部か女子部の初め頃だったのですが、折伏に使う為に「邪宗と罰の出方」と言った意味のプリントが組織に出回っていました。
    中身は正確に記憶していませんが、表になっていて、
    「浄土宗/現実逃避/自殺多い/首から上の病気が多い」
    「真言宗/男が早死に/女系家族/骨の病気が多い」とか書いてあり、あとキリスト教と日蓮宗(正宗以外の)も確かありました。

    あれは、折伏教典がもとになっていたのでしょうか?
    今思うと、何の根拠があってそんな説があったのか…

    謎です。

  23. シニフィエ様 皆様こんばんは。

    長年に渡り刷り込まれた事がいかに怖いか、最近考えております。
    バチが当たる‼️いつもいつも恐怖と背中合わせの日々を送っていたのだなぁ〜と仕事の手を止めてボーッとかんがえてしまったりします。
    職場の同僚たちと会話していても、創価特有のキーワードが出てくると心が勝手に反応してハッとしたりします。

    約40年間もの時間、デー作に振り回されていたのかと考えただけで鳥肌です。
    創価の間違えに気づいても色々な思いがよぎって、悔しくて悲しくてバカらしくて笑ったり泣いたりしています。
    まだ我が家にそびえ立つ仏壇を横目で見ながら、毎日色々思い出します。
    バチがどうので人を縛り付けるなんて最低ですよね。

    外部の家に良くない事が起きると、半ば喜びながら話していた婦人部バ幹部が沢山いましたね。
    慈悲の団体とは程遠い人種です。
    何であそこまで上目線なんでしょうか。

    私は子供の頃から身体が弱かったのですが、それは親を信心させる為に弱い身体で産まれてきたと指導された事があります。

    学会活動をしなくなってから現在も精神内科に通院はしているものの、活動していた時の方が入院したり事故にあったり散々だったような気がします。

    活動活動でゆっくり考えさせないのも、創価の悪質な手口だと思います。

  24. 創価学会の信心が、世界最高の唯一正しい絶対的な教えであるならば、いかに高齢化しようとも、イスラム教や共産主義の国々への布教が困難なものであろうとも、御本尊がカラーコピーであろうとも、イケダセンセイが五年以上も肉声を聞かせまいとも、確実に世界広布が進んでいくはずたと思いますが、実際のところは組織として敬老会まっしぐらという有り様ですね。
    (そんな素晴らしい教えなら、宇宙がサポートしてくれるのではないですか!?)
    聖教新聞では、意識的に海外のメンバーの笑顔あふれる会合の様子を紙面に載せている感があります。ただのサクラですね。
    それもこれも、今まで世間や会員を欺き苦しめながら、せっせと金と票集めに奔走してきたことの『現罰』そのものでしょう。
    もはや、創価学会=泥舟の沈没へのカウントダウンは確実に始まっています。
    沈没直前に、首脳部がどんな逃げ方をするのか、しっかりと見守りたいと思います。
    こうした歴史的な悪事については、後世に同じ過ちを繰り返させないために、詳細に記録しておくべきたと思います。
    このブログの生の証言が、創価学会の悪事を証明する歴史的なデータとなることは、間違いないと思います。
    そう考えると、signifieさんと我々は凄いことをやっていることになりますね。
    現役活動家の方々からすれば、目の上のタンコブでしかないと思いますが…。
    (“⌒∇⌒”)

  25. 多分千年後か、一万年後か、確定はムツカシイが、人類が生き延びていたとしたら、今謂う処の“宗教なるものは、無くなっている、”と考えられています。
    何故なら、宗教による+と-を考えた場合マイナスの要素が大きいからです。歴史を遡って見つめると宗教間戦争がドンダケアッタか!!。今もイスラム原理主義とか云ってテロを行っていますよね。
    ……人類が生き延びたかったら宗教が一番の障害なんですね。
    個々人単位の思想・哲学(形而上的思考)は残ると思いますが。

     宗教というのは“人民を統治するのに都合がよい”から支配階級にとっては手放したくないのですね。
     今の新興宗教みたいに、(典型的なのが創価)金と権力をキイーーープする為の道具でしかないのです。

     釈迦を一人の思想家として見た場合、将棋における羽生さんみたく、“人生とは…生きるとは…苦悩の依って来る原因はとか…”普通の人より深く広く考えたから、ソコソコ参考になると云う程度の事なんですね。

     日蓮の場合、思考能力凡人以下で、なまじ記憶力は良かったため“法華経が一番良い教えである”、とそこに囚われて(今のコンピューター的正確さで判断すると間違いが相当多い、昔の詰将棋も相当ボロが発見されてる如く)都合よく、仏教を組み立てました。
     が、私から見たら人生というものを形而上的に考える力がないため、経典上だけで渉猟しまくって、ここにコウ書いてある、アッチの経典にはコウ書いたある……とか独り悦に入って“マサニ机上の空論ここに在り”状態になってます。
     よく云えば素直なんですが、人生なんて何も考え斬れないので(ラザリスさん贔屓の波田 陽区以下)まともな知識人は、過去相手にして来なかったのですが、生き方の、良く謂えば“一途さ”(私にいわせりゃ偏屈野郎)に、妙な引力が有ったのです。

     只、異端とはいっても仏教の端くれである以上、日蓮をダシにしての“金儲け・権力維持”は、歴史的長さの中ではそれ相応の、『皆さんユウ処の罰』が、創価に当たるでしょう。
     罰が恐けりゃ、一日も早く創価を離れ(日蓮正宗も異端には変わりないので、特殊な境遇の人以外は私は薦めません)るのが、正解です。

     創価の現状は、社会的にも個人的にも“百害あって一利なし”ってのは、普通に考えたらスグ判る筈なんですがね。
    職業としての有髪幹部(数十~数百名?)・本部職員(数千名)・議員(国会・地方3千数百名)及び、創価に寄って食ってる関連業界(出版・仏具・建設・銀行等々)これも入るか?公明の力で得た生活保護者・公営住宅入居者等々。以上約1万人前後の人たちを100万人~200万人の会員が、只働き・財務・紙購入等々で養ってるだけの組織なんですね。
    以上私の考える“はぁ罰っつて何のコッチャ”です。

    サクランボさん、「浄土宗/現実……以下」仰る通り、折伏教典に書いてあります。
    昭和40年前に入会された方々は皆さんご存知でしょう。私なんか逆に折伏教典がいつなくなったのかが知りたいですね。

  26. ねこのとうさん
    お母様の件、御親族の対応等で深い深い悲しみなどの感情があるかと思います。押し殺さずに
    、その感情に素直に向き合ってください。少しずつ、心が回復します。

    雪風さん
    今までの辛い思い、数え切れないほど多いことでしょう。強く印象に残っている事柄、時折思い出す事柄、強弱あるかと。一つずつ、向き合ってください。書き込んでください。御自身の感情に向き合い、それを整理することで癒されていきます。

    ラザリスさん
    >いつもいつも、こうした心理的な抑圧にさらされながら、自分の感情を押し殺しながら生きていかねばなりません

    そのとおりですね。「勤行さぼると宇宙のリズムに乗れないから、悪いことがおきる」「創価から離れると宇宙の法則から離れるので不幸になる」こういう洗脳がありますね。

    サクランボさん
    ビックリしました。女子高生に他宗の批判プリントを読ませていたなんて。しかも何の根拠もない。。。作る方は信じているわけですが。教えそのものが狂ってますね。おかしいと気づいてよかったですね。

    ミニーさん
    40数年間、池田に振り回されてきたこと。。。私も福子としてお母さんのおなかの中にいるときから創価の洗脳にあってきました。気づけただけでラッキーと思っています。創価の洗脳教育のまま、もし一生すごすとしたら・・・・考えただけでゾッとしますよね(ーー;)

  27. 折伏経典は貴重な資料として取ってあります。
    手元にあるのは昭和40年発行の改訂10版ですが、充分差別的です。
    ちょうど罰についての記述があるページがあったので引用します。

    P222
    「妙法蓮華経は、宇宙一切の森羅万象を抱合する一大活動であり、人生の最高法則」である。しかも、御本仏日蓮大聖人のご生命の満ちみちた大御本尊を絶対鏡とする生活は、他の小神・邪神・小仏の利益や罰とは、天地の相違があり、利益も大であるが、これにそむく厳罰も明らかであり、そむけば大阿鼻地獄へ堕ちるものとなる。御本尊の右の御かたに、若悩乱者頭破七分(もしのうらんするものはこうべななつにわる)左の御かたに、有供養者福過十号(くようすることあるものはふくじゅうごうにすぐ)とあるごとく、利益と罰は仏勅であり、日夜読涌したてまつる題目の中に、御本仏日蓮大聖人がこの二大原則を大声シッタせられているのである。前述のごとく、罰論を科学的に説明するのは、この仏勅によるゆえで、罰論を否定する者は仏を否定するものである。
    しかして、この大御本尊にそむく者の罰は、仏が他から与えるものではなくて、各人の三世の生命が内包する過去世の罪業が、妙法蓮華経に反対したことによって業報を痛感するのである。
    けっして他からくるものと思ってはいけない。ただ、いかに罪業の深い者かを知るべきである。」

    とまあ、好きなことが書かれてあります。
    へえ、それでこの正法に背くことによって現れる「罰」とは、他から与えられるものではなく「過去世の自分の宿業が現象として現れること」なんですね。
    でも熱心にやったところで、今度は「魔が競った」とか「信心が試される」とか「宿命転換させていただくため」とかで同じように現れるんですけけどね(笑)
    要するに何をしても逃れられないという脅しをかけ、「業報を痛感させ」「いかに罪業が深いか知らしめて」この教えに従わせるというわけです。
    今読むと正気で書かれた内容と思えないんですが、学会員さんはこれに脅えて今日も曼荼羅を拝んでいるんでしょうか?

  28. サクランボさんの、プリントによる他宗の偏向的な解釈とでもいうのか、
    私は、当時の女子部長から会合で聞きました、
    日蓮宗は富士山の裏側にあって気持ちが悪いのよ…といったような報告でした。
    鬼子母神の話は母が、おどろおどろしく語ってましたね。
    いま母になって、子供に話す内容として適切であるとは思えないですね。

    戦後何も信じられなくなった日本国民の気持ちを、
    都合良く新興宗教に誘導し、目くらました当時の社会権力は見過ごせない、
    統監という言葉が、軍事用語だったなんて…軍は敗戦を認識できていなかった。
    そのように順を追って思考をすすめてみても、
    創価学会はまったく宗教からほど遠いものであると感じられます

  29. ホースの原理

    ゴミの詰まったホースにきれいな水を流すと、最初は汚い水ばかり出てくるが、
    やがてきれいな水がこんこんと出てくる。
    こんな譬喩が『人間革命』のどこかに載っていました。
    これを解釈して、
    世間一般の人は、ゴミの詰まったホースにちょろちょろと水を流すものだから、
    時としてゴミが出てきたり、きれいな水が出てくることもある。
    だが、水はゴミの間を流れてくるだけなので、決してゴミが全部取れることはない。
    いい結果(功徳)だったり、悪い結果(罰)だったりが繰り返される人生を送る。

    しかし宿命転換のための勢いのある水(題目のこと)を流すと、
    最初は大きなゴミが汚い水と一緒に出てくるので驚くが、そこでやめてしまってはいけない。
    それに負けずにきれいな水を流し続けると、きれいにゴミが取れて(宿命転換できて)、
    あとはもう、きれいな水しか出ない(功徳しか顕れない)。

    こんな説明を聞いたことがあります。
    なるほどねと、そのときは納得したんですが、だが待てよ?
    全部ゴミを出し切った人っているの?きれいな水しか出てこなくなった人っているの?
    そんな人は見たことも聞いたこともない。
    「宿業は見えないから」「宿業は人によって違うから」
    そりゃそうだろうけど、
    創価学会85年の歴史の中で、1200万ものホースのうちで、
    1つも「きれいになったホース」を見たことないんですけど。
    1つでも事例があれば、それこそ『聖教新聞』に大々的に載せるだろうしねえ。
    どうなってんですかねえ。

  30. 折伏経典の内容が間違いだったと創価は正式に発表しているのでしょうかね。それとも何となく昔のこととして知らぬフリを決め込んでいるんでしょうか。
    おそらくこの内容を学会員さんに言っても「それは昔のことだった」とか、「時代の変化に応じて教義が変わるのは当然のこと」などと言うのでしょうね。「妙法蓮華経は、宇宙一切の森羅万象を抱合する一大活動であり、人生の最高法則」も時代によって変わるのも当然って言うんでしょうか?(笑)
    先の教義の変更で、弘安二年の大御本尊だけが本門の本尊であるという日蓮正宗の解釈を否定して、日蓮正宗だろうが、日蓮宗だろうが、創価の改ざんコピーだろうが、博物館の収蔵品だろうが、日蓮宗のお寺の売店に売ってるお土産の曼荼羅だろうが、すべてが本門の本尊でしたと言い出しました。創価学会創立84年目にして、はじめて本門の本尊の解釈をここまで変えてしまったんです。しかも本門の本尊の解釈を変えるということの重大さを、学会員のほとんどが感じていません。「ふ〜ん、そうなんだ〜、うちの家のも本門の本尊だったんだ〜。なあんだ、わざわざお山に行かなくてもよかったんだね〜(笑)」ってもんです。じゃあ今までの大石寺への参拝は何だったんだ?正本堂は何のためにつくったんだ?とは思わないんですよ。学会員にとって今となっては大石寺は大謗法の伏魔殿ですからね。このとんでもない教義の大転換でも学会員さんは何の疑問も持たない。教義のおかしさもさることながら、どんなにメチャクチャなことを言われようが、何の疑問も持たずに折伏だ、新聞だ、選挙だと駆け回る学会員。疑問を持たないのは洗脳されているということもあるでしょうが、疑問を持つと不幸になると徹底的に脅されて、創価の言うことに逆らうと大変なことになるという恐怖感に縛られているからでしょう。
    私もそうでした。創価のやってることがおかしいと感じていても、逆らうととんでもない災いが襲ってくるんじゃないかとか、ちょっとした悪いことでも、自分が気づかないうちに悪いことをしたのではないかと、いつもビクビクしていました。宗教って多かれ少なかれそういうところがありますよね。だから畏怖という言葉があるように、自分ではどうしようもできない自然の驚異や宿業といったものを信じることによって宗教が成り立ってきました。その恐怖心を利用して人心を掌握しお金を巻き上げてきたんです。もういい加減気づきましょうよ……とはいえ私が気づいたのも3年前ですから人のことは言えないんですけどね。なかなか気づけないことは自分の体験でよくわかります。いくらなんでもここまで悪どい組織だとは思えないですよね。しかし、なぜこのタイミングで教義を変えるのか、折伏経典を知らんぷりするのか、邪宗を他宗と呼びかえ、日蓮正宗を大謗法と攻撃するのか。みんな創価が詐欺団体だと言う前提に立てば、きれいに辻褄が合うんです。でもどんなに客観的な事実を示しても、どんなに創価の矛盾を理論的に説明しても、学会員さんは創価シャッターをガラガラと閉めてしまいます。聞かなかったことにしてしまいます。ほんとに残念です。

    たとえば隣の家が火事で燃えてるのをみたら、なにはともあれ家主に知らせますよね。べつにそこに損得を考えて知らせる知らせないを決めている訳じゃありません。だれの家だろうが火事になったら大変ですから教えてあげてるんです。
    「お隣さ〜ん!お家が火事ですよ〜っ!はやく逃げてくださ〜い!」
    「いやそんなはずはない。うちが燃えるわけがない。そんないい加減なことを言って困らせようと思ってるんだろ!」
    「ほら〜っ!目の前であなたの家が燃えてるじゃないですか、見えないんですか〜っ!」
    「なにバカなことを言ってるんだ、いったいうちのどこが燃えてるんだ」
    「あのね〜っ!自分の家が火事になるなんて信じたくないのも無理はありませんが、でもこうやって実際にあなたの家が燃えてるんです。とにかく逃げてくださ〜い!焼け死にますよ〜っ!」
    「大げさなやつだなあ、うちで高級ステーキを焼いてるのがそんなに羨ましいのか?」
    「ちがうってば〜っ!火事です!焼けてるのはステーキじゃなくて、お家が燃えてるんですよ〜っ!」
    「あ〜あ、これだからアンチは話にならない。はいはい火事ね。わかったわかった」

    こうやって気がついたときには家も家族も財産もみんななくしてしまうんです。
    ここのみなさんはみんな家が火事になった人たちです。だから火事の恐ろしさを知っていますし、火事を火事だと気づかなかった自分のことも体験としてよくわかってるから、こうやって必死で教えてあげてるんですけどね。やっぱり自分で気づく以外ないんです。

  31. ホースの原理(2)

    結論部分が抜けてました。

    結局でっかいゴミを水で湿らせて、小さなゴミもぐちゃぐちゃの塊にしちゃって、
    ホースからは汚い水と汚いゴミの塊しか出ないようになったという、
    それだけのことじゃないの?最悪。

  32. こんばんは。
    この前、悪夢を見ました。夢の中で、信心やめたからこんな目にあうんだと意識する
    自分がいて、目が覚めた後、自分の脳の中に染みこんでいる潜在意識が怖かったです。
    罰なんてない、他の新興宗教同様に親が騙されて、私に無理やり教え込んだ
    ことなんだから気にするなと何度も自分に言い聞かせないといけないなんて辛いですね。

    創価脳の母は学会から心は離れ、もう財務もしないと言ってますが、
    日蓮への信仰は捨てられないみたいで、いまだに若い頃に学んだ折伏教典が
    頭から抜けられないみたいです。
    他のことはちゃんと話せばわかるのに、これだけは完全な思考停止状態。
    洗脳って本当に恐ろしいですね。

  33. こんにちは。iPadから頑張っている加奈子デス。やっぱり、ガラケーだと皆さんのコメント全部よめませーんラザリスさんからパソコンからどうですかとアドバイスを頂き娘と一緒にいケーズに行ってパソコンを見て店員さんの話を聞いたのですがやはり私にはハードルが高くて、娘が、お母さんとりあえずスマホにしたらと言うのでケイタイ屋に行きこういうことをしたいのですがと話をしたらこれを勧められました
    罰ですか-〜私の住んでる所は向う三軒両隣、スープの冷めない距離にいっぱい学会の人がいます。以前その中の一人バリ活の人が退転しました。それから一年ぐらいしてですか、皆んなが「出たわよ「やっぱり出たんだって」「絶対出ると思ったわよ。」「怖いわねぇ」と言っていたので、入会してまもなくて、何も知らない私はよっぼど恐くて怖ろしものかと思って「お化けですか?」と聞いたら「違うわよ!あそこの御主人がね、、、」と言う話でした。普通に聞けば年齢的な事を考えたらどこにでも誰にでもあることなのに、怖がっているのか喜んでいるのか。いつか私も脱会して何かあったら、みんなで、出た出たと、お化けみたいに言われるんでしょうね。

  34. paroleさんのホースの原理、聞いたことがあります。

    信心から離れてうける困難は「罰」
    信心して受ける困難は「過去からの宿業」「未来の難の転重軽受」

    この違いがわからないのは「私たちが凡夫だから」
    学会員でさえわからないのだから、地球上の69億9千万人はわからないんです。
    69億9千万人の方は創価にならないと永遠に宿命転換できないんですよね。

    コロコロ本尊が変わる宗教団体にどのような説得力があるのですか?
    過去の教えを「廃版」にしてほっかむりしたり(折伏経典)、改訂版として自分たちに不都合な記述を削除(人間革命の本)したりする団体にはまったく説得力はありません。

    お山のほうがスジが通っています。(登山、御講、ビラ配りがメインのようです。私からすれば創価もお山もどうでもいいですが)

    ほんとに物事を都合よく解釈しながら自分たちの教えを正当化しています。
    そして、うまく説明できないことは「凡夫にはわからない」と言い張ります。
    「最後は「信心」だよ。仏様のいうことを信じるんだ。」
    そして「師匠は絶対だ」とスリ替える。

    所詮、子供だましです。よくもまあ、陳腐な教えを信じていたものです。
    御秘符を飲めば病気が治る とか。
    仏壇のある部屋にはお化けが出ない とか。
    陳腐な教えを信じているくせに「俺たちは素晴らしい!」との選民思想。

    創価の活動家の考え方、行動を分析すると、「ただの愚民の集まり」です。

  35. 日蓮から学ぶ処と云ったら前も言いましたが「正法(何が正法かの議論はさて置いて)を貫くに、権力にも挫けるな!」というのが有りますが、(権力の下駄の雪になってドースル!)

    日本思想史上最大の抵抗精神と謳われる“不受不施派”を参考の為に記します。

    「不受不施派殉教の歴史」相葉伸/昭和51年8月・大蔵出版

    P139……とくにこの「諫暁」と呼ぶ信仰の直接行動は、捕吏が血まなこになって潜伏者を探索している目前へ、みずから姿を現わす行動であるだけに、単なる逃避行と違った強い信仰を必要とした。むしろ彼らの潜行は逃避のための潜行ではなくて、実にその最終目的は、この「諫暁」にさえあったのである。それ故これは生命はもとより妻子までも初めから捨ててかかる決死の行であった。この点は同じ禁教のキリスト教とは、判然と一線を画す信仰形態で、多分に東洋的ないし日本的な抵抗精神の露頭であるといえよう。されば信徒たちはあらかじめその日に備えて、長期入牢の困苦、すなわちその飢餓や寒暑や拷問にたえるように自分で自分を苦しめる訓練をしていたのである。だから正月といっても門松やしめ飾りや餅を祝うようなことはなかった。世間的な神の習俗にとけこむことさえ避けるほどに一筋の思いを法に賭けた。こうして、世間の強権に屈せぬ驚くべき抵抗の意識で、その三百年にわたる長期性と、広汎な地域性と、さらに世襲的集団性と、加えて武力をもたぬ無抵抗的抵抗性とはまさに日本思想史上最大の抵抗精神といわねばならない。
     彼らはこのためにいっさいの栄華も享楽も、およそ人間的な本能も衝動も放棄して、親から子へ、子から孫へと驚くべき自虐のなかにその身をおいたのである。世間の強権の謗法と闘う前に、まず血みどろな自分自身の心との闘いを闘いとった偉大なる魂の記録といわねばならない。
    (中略)
    P187……ところが不受派の歩み来った道は切支丹と同じ禁教をもって論じられぬ注目すべき一面がある。それは不受謗施の主張の下においての潜行であったということだ。これはみずからその糧道を断つに等しい主張である。そして時あれば捕吏の前に身を挺して諫暁するのである。これは逃避ではもはやない。
     つまり不受謗施と諫暁という二大特異性をもっての上での自虐的潜行であった。このことは注目されねばならない。天下に身のおきどころもない彼らが長年月にわたって幾世代も、法脈を生き続けてきた財的根拠は何であったか。信徒の布施であったなどと簡単に割りきれる話ではない。その根拠の実態は何か、もっともっとわれわれは掘り下げる必要があるのである。
     つまりいえば彼らを支え来たったものは名もなき民衆であったということだ。その事の一部は今日の金川妙覚寺のきびしい生活の実態を見ただけでもわかることである。妙覚寺では管長の日学氏をはじめ、すべてのこの派の僧は肉食も妻帯も禁制である。他出した時にあやまって鰹節の入った汁を出されて口にしても腹におさまらない程に生活化している。それはもちろんそれに克つべき厳格な自己
    P188 鍛錬の成果に違いないであろうが、また歴史的逃避中の乏しい生活の記憶を今に伝えているものに違いないのである。妻帯をしないことは信徒の財政援助を最小限で満たしゆくための必要な措置でもあったであろうが、ただに財政的事情だけではない、妻帯となれば妊娠、出産、育児がつきまとう。それは逃避をさらに過酷にするのである。だがこの派の人びとの今日一様にもつ愁いとなげきは僧が妻帯しないために安定した法嗣が得られないことである。それの補給は常に信徒の家からなされねばならない。今日も妙覚寺その他にいる若い修行僧たちは、いずれも不受不施信徒の在家から決意して入ってきた篤信者である。他の宗門の子弟が宗門大学を終って妻を娶って一寺に普山するのととは雲泥の相違で、仇やおろそかの決意では入り得ない道である。そしてその僧を不受派の信徒は命をかけて三世紀にわたって支えてきたのである。しかも豊かな民では無論なかった。
    (中略)
    P191……日本の宗教教団で、これほど民衆が命懸けでついていった宗教もなかったし、これほど民衆が主役となる教団は他になかったであろう。
     と同時にまたわれわれは、彼ら民衆をして、ここまで行かしめねばならなかった背後社会の欠陥を看過することはできない。それは政治の貧困というごとき生ま易しい表現で足りることはできない。人間を無用に拘束する権力的集団と、それに無反省に追随迎合する不特定多数の無智が醸し出す拘束力への抵抗であり、信教解放への叫びであったろう。
    「そっちが三十二万石の御役人なら、こっちは三十二万石のお百姓だ、斬れるものなら斬れ」といった備前益原の農民たちの言葉にも、それが端的に示されているではないか。
    (以上引用終了)
    信仰もここまで根性見せられたら本物と思わざるを得ない。

    デジタル大辞泉の解説
    ふじゅふせ‐は【不受不施派】
    日蓮宗の一派。文禄4年(1595)京都妙覚寺の日奥が、法華経信者以外からは施しを受けず、施しもしないと主張したことに始まる。江戸時代は禁制、明治9年(1876)公許を得る。岡山市御津金川(みつかながわ)の妙覚寺を本山とする。

    Wikipediaより… 不受不施派は江戸時代末期に至るまでキリスト教と並んで弾圧の対象とされたが、明治9年(1876年)に日蓮宗不受不施派が明治政府に公認を受けた際には信者が2-3万人存在していたとされており、弾圧下においても秘かに信仰を守ってきた一定数の信者が存在したとみられる。

    >創価学会創立84年目にして、はじめて本門の本尊の解釈をここまで変えてしまったんです。しかも本門の本尊の解釈を変えるということの重大さを、学会員のほとんどが感じていません。
    (私の考えでは、破門後四半世紀経ったので、日蓮正宗の頃の教学がほとんど薄れてきたので、イケルと思ったのではないでしょうか?。センセの死も近いしね。生きてる間にと思ったか?)
    但し、
    一部、 反旗が揚がっています。
    ① 「SOKA2015・破邪顕正之書(ページ共で7p)」
    何でか?“創価学会ブログランキング”のクリックが出来ない

    ② 「遠藤文書知る権利」(教学部レポート)
    何でか?“韓国語表記になってる

    等々です。

  36. 流れ星さん、そうですね。自分は間違っていないと思い、組織から離れましたが罪悪感のようなものが抜けません。たとえようもないような恐怖と不安が襲ってきます。迷路の中にいるような感じです。いつかこの状態から抜け出すことができるのでしょうか?宗教して何故、心が病むのか分かりません。活動してる時から病んでいたのだと思います。無理して続けていたから・・かなりMCは根深いです。(^_^;)

  37. ねこのとうさんさん、

    >ある日、殺鼠剤を仏壇の供物に混ぜ、用事があったので外出しました。
    >帰宅途中にご近所のおばさんが、慌ててこう言いました。
    >あなたのお家で不幸が有ったの。先ほど、白い和服のお坊さんたち三人が
    >あなたのうちからでってたわよ。
    >あわてて自宅に戻り本尊を見た所、本尊の文字が消え、
    >本尊が真っ白になったという話。

    ( ̄□ ̄;)!!!!!

    あぁ!! その話、私も若い頃に会合で聞きました!
    ただ、私の地域で聞いた時は、
    仏壇の扉を開けたまま、強力な殺虫剤(バルサンみたいなの)を焚いたまま外出して、
    帰宅した時に隣の住人から「お坊さんが何人も玄関から出て行ったわよ」と言われ、
    慌てて仏壇を確認したら、ご本尊の文字が消えて真っ白になっていた、
    という話でした。

    学会員を怖がらせて信心に繋げようとしたのが、面白おかしく?
    全国に広まったのかも知れませんよね。
    都市伝説にもなりませんね。

    それにしても、罰とか地獄に落ちるだとか、昭和の時代は山ほど聞きましたよね。
    最近では、モニカさんのおっしゃるとおり、学会自体は学習?してきていて、
    本部としては露骨に言う事は無くなってきているようですね。
    内部の営業をスムーズにするために、「優良企業」でも装っているのでしょうか?

    ただ、うちの地域もド田舎なので、年寄りの幹部などは、やはり
    脱会などしようとすると、平気な顔をして
    「アンタ!そんな事したら地獄に落ちるわよ!」と、
    今でも平然と言いますです、はい・・・・・・

    あの連中は、脱会者が鬼に連行されて、地獄に連れて行かれるところでも
    見て来たんでしょうかね??

    ところが皮肉なもので、学会を脱会した人は全然地獄なんかには落ちず、
    平穏に快適に暮らしてらっしゃる方々ばかりですね。
    内部でも、長年 勤行唱題や活動をまったくしない人も親戚や知り合いにいますが、
    罰なんか1%も出ませんしね。

    むしろ、信心に熱心で、自宅を地区の拠点に提供してるような家庭が、
    色々不幸にあってるのを、何回も見てきましたよ。
    この疑問を学会に問いただしても、まあ回答などは有り得ないでしょうけど・・・

    ていうか、「唱題」という語句が、PCで変換出来ませんでした(^_^;)
    こんな文字を使う事すら、世間はありえませんからねぇ・・・・・・・・

  38. 皆様のコメントに出てきた「ホースの話」と「バルサン焚いて坊さんが出てった話」は、入会する時に聞かされました。
    御本尊が凄いことを洗脳するためのヨタ話でしょう。
    (^○^)

    結局、創価学会の信心をしようが しまいが、罰も功徳も無いってことですね。宗教ではなく、ただの詐欺団体ですから、当たり前のことです。
    末端の活動家は善人がほとんどで、首脳部がそうした人間を騙して、ツールとして使いこなしているだけの話です。
    だから、そうした事実を承知の上で金と票集めに末端の活動家を上手く騙してタダ働きさせる首脳部は、人生の最期で大きなしっぺ返しをくらうでしょう。
    善人を騙し、私腹を肥やすためにツールとして使いながら、当たり前に死ねるはずはありません。
    「そうは イカンザキ!!」
    (あっ、古いか!?)
    創価学会に『罰』があるとすれば、これですね。

    ともあれ、人間の心理には「引き寄せの法則」みたいなものがあり、「罰が怖い」とか「悪い事が起こるのではないか」とか考えていれば、無意識にそうしたマイナスの状況や出来事を引き寄せてしまいます。
    モニカさんのように、ドーンと構えて強気で行きましょう!! これ、大事なことですよ。
    (~▽~@)♪♪♪

    追伸
    カガテツさんのコメントにあった 「贔屓」の漢字、必死で調べて先ほど答えが解りました。
    読めなかった方々、答えは「ひいき」です。
    ラザリス漢字講座でした。
    (^.^)/~~~

  39. 加奈子さん、iPadデビューおめでとうございます。画面がサクサク動いて、気持ちいいでしょう。文明の進歩のスピードは日々加速し続けていますね。
    文明の進歩のスピードに反比例して、退化し続けるのは、創価学会ぐらいです。
    これからも、身近な話題のコメントをよろしくお願いいたします。

    自分の子供時代と比較して、最近の子供は身近にネットや雑誌やテレビの情報があり、知りたい情報にすぐにアクセスできることもあり、良く言えば賢明な部分がありますね。
    つまり、これからの世代は創価学会の毒牙に引っ掛かる可能性が極めて低いということです。
    そうした意味では、未来は明るい気はします。
    ただし、創価学会が消滅した後には、また別の形で民衆をネタに金儲けを企むバージョンアップした形での詐欺団体が登場することでしょう。
    そうしたものにカモにされないように、あらゆる情報を分析しながら、神経を研ぎ澄まし、賢明であり続けたいものです。

    ニワトリのダイサクが鳴き始めたので、今日も早起きします。
    (じじいか!?)
    (*´ー`*)

  40. ラザリスさん、そうですね。
    若い人はもう創価の言いなりにはならないでしょう。ネットですぐに検索します。
    夕べも若い人と飲んでたんですが、話をしててもスマホ片手に、わからに言葉や人名が出てきたら、すぐに検索して話についてきてくれるんです。いちいち詳しく説明しなくても、画像とかも見ながら話せるので話が早いです。
    だから創価のほんとの情報が見れるように、信頼できるサイトが必要ですね。
    それに「ネットはデマ」なんて通用するのはネットを扱わない年寄りの洗脳された学会員だけです。このブログも「よくあるアンチサイト」ではなく「信頼できる創価の情報源」となれるよう頑張ります!

  41. paroleさんの「ホースの原理」

    地区座談会に指導にいらした青木理事長から直接聞きました。
    15~16年前のことです。

    そうか、私はまだゴミ(宿業)が出てる途中なんだ。と妙に納得した覚えがあります。
    今思うと、paroleさんのおっしゃるとおり、一体いつになったら「きれいな水」に変わるんでしょうね。
    なんでこんな幼稚な例え話を信じてしまったのか。

    長い人生の間には、良いこともあれば悪いこともあるのが当たり前。
    いちいち功徳だ、罰だ、と考える方がおかしいとやっとわかりました。

    でも、宿命転換という言葉が好きでした。
    信心の目的は宿命転換だと思って、ひたすら頑張ってきたんですけど・・・
    何とも言えない気分です。

  42. 自称「人を励ますこと」に忙しい活動家にしてみれば
    「脱会したら罰が出なきゃ困る」「罰が出ててほしい」
    んでしょうね。
    辞めても続けても変わらないなら、ここまで嫌われても闘いやら挑戦やらに明け暮れてる理由がなくなりますもんね。
    「ああやっぱり出たわね」
    「それにひきかえ、残ってる私は護られてるわ」
    そう思い込んで折り合いをつけてるんでしょうねえ。

    その熱い思いを後押しするように、折伏経典にはきっぱりそう書かれています。
    >罰論を科学的に説明するのは、この仏勅によるゆえで、罰論を否定する者は仏を否定するものである。

    さすがの大確信ですね!
    これ読むと
    「ほらね」
    「知ってる私は幸せだわ。実際我が家は今日も笑いが絶えないの」
    「対話を求めての管理人とその愉快なお仲間たちは、地獄に堕ちる日も近いわ」
    「言ってもわからないでしょうけど」
    とますます得意な気持ちになるのかもしれませんね。

    残念ながらこれは中枢部がもう口にしてほしくないこと、できれば忘れてほしいことになってるんですよ。
    知ってました?
    ふつうの社会では公式に訂正して謝罪しますけど、創価は個性的ですからね。
    「ほらね!」と、今でも信じないといられない信者さん用にとってあるんでしょうかね。
    よかったですね、こんな本からでも自分のアイデンティティーが確かになって。

  43. ホース、殺虫剤の話を読んで思い出しました。

    昔、かなり過激な折伏が行われていた頃、稲荷神社信仰の人を折伏して御本尊を取り換えようとした時、その人に狐が乗り移り、コンコンと鳴きながらしばらく苦しみのたうち回ったとかナントカ。
    その話を聞いた時、私は『日本昔ばなし』かと思いましたよ。っていうか、キツネはコンコンとは鳴きませんから。
    振り返ると、ほんとに馬鹿馬鹿しい話に満ち溢れてますね。創価学会。

  44. エミコさん、ボレロさんはじめまして
    な~んにも、心配いりませんよ何度もコメントしてますが、すべては時間が解決してくれますよ
    悪夢も、恐怖もすべて薄紙をはぐようになくなりますよ
    自分も覚醒してから2,3十年になりますが体験からはっきり言えます
    自分に自信を持ってください
    それにしても学会のことで悩み、苦しんでいる方がこうしてこのブログをお借りしてお互いの心中を話し合え、覚醒につながるって本当に時代の流れとはいえ、すごいことですね
    シニフイエさんには心から敬意を表します

  45. 皆さんこんにちは、

    雪風です。

    シニフィエさんを始め、スマイルさん、Kickeyさん、宝星さん、流れ星さん、Paroleさん、モニカさん、加奈子さん、ボレロさん…他にも私宛にコメントして下さった方いらっしゃったら本当ごめんなさい!個別にお礼コメントをきちんとお返し出来ずに、申し訳ありません。

    脱会おめでとうコメントを寄せて下さった方、温かいコメントを下さった方に、心から感謝申し上げます!

    あれから皆さんの、色々なコメントをよんで、様々な事を考えてしまいました。

    沢山の被害者を出している創価学会……それを知っていながら全く是正しない創価学会……赤ちゃんからお年寄りまで不幸にする創価学会……

    やはり、どこまでもひどい団体です。

    創価特製(?)掛け軸風コピーなんて、シュレッダーにかけて大正解でした。

    もともと、私が母から直接受けた本尊は、日蓮正宗からの本尊でした。

    一人暮らしする時に、母から貰いました。

    はじっこに確か日顕さんのサイン(?)がありましたね。

    それを、日顕はひどいのだから、罰が当たるし功徳も神通力もないから、すぐに創価特製(?)の新しいのに取り替えなさい!と創価オバタリアンに言われて、はぁ?ってなったのは思い出しました。

    神通力がなくなったから取り替えるとか!?

    スマホの機種変更じゃあるまいし?

    創価学会って携帯電話会社なんですか?

    iPhoneの買い換えみたいな??

    私「は?本尊って、命より大切(たいせち)なり、って確か習いましたけど、そんな大事な本尊を、簡単に取り替えてどうするんですか?意味分かりませんよ?」

    創価婆「何て事言うの!日顕はひどいのよ!日顕が逝田センセーに酷い事したのに、あなたはその日顕の書いた本尊を拝むの?取り替えなさい!」

    私「えっ、創価学会の人同士のトラブルが起きただけで本尊取り替えるって、あり得なくないすか?」

    創価婆「何ばかな事言ってんだいこの子は!逝田先生は人本尊なのよ!従わないと、罰が当たるわよ!取り替えなさい!」

    私「えええー?????」

    逝田が宗門から破門された騒動のあの当時、
    私は、創価婆のごり押しに耐えかねて、無理やり取り替えたような気がします。

    新しい本尊(New)に取り替えられた当時、

    私は、なんかもう猛烈に違和感が拭えなくて、仕方ありませんでした。

    思えば、大人の都合で大事な(?)本尊を新しくコロコロ替えるなんて、全く馬鹿馬鹿しい事この上ないですね………。

    そんなもんですか?

    やはり、シュレッダー行きですよ!

    公安2年の本尊も、効果ないね!
    なら、New(コピー)本尊なんか、尚更イラネ!

    訳分かんないです。

    そんなのシュレッダーにかけようが、トイレに流そうが、何にもありません。

    ちなみに、あんまり関係ないかもですが、昨日セブンイレブンで引いた一番くじか、一番いいの当たりました。

    ラストワン。リヴァイ兵長騎馬フィギュア(知らない方ごめんなさい)

    ははっ!なんか嬉しいし。

    アニメとか進撃の巨人好きなんで。

    ラストワンが残ってるなんて奇跡すぎる!

    雪風でした!

  46. スマイルさんのおっしゃるように、罰(ばち)、宿業を上手く使い分けてがんじがらめにされていました。それがまた、活動をサボったり面倒だなあと思ったりしているときに出るものですからすっかり怯えきってました。よーく考えてみれば学会員だけに罰が出るのっておかしな話なんですけど。世の中には会合をサボるよりももっとひどい悪事を働いてものうのうと生きている人はたくさんいるのに。正法に背くことが一番の罪なんですって。

    私も夢を見ました。事故に遭う夢です。夢の中でも覚醒したことは覚えていて、「御本尊がだめなら何に祈ればいいんだー」と頭を抱えていました。何かあったら、と怯える気持ちが潜在意識としてあるのでしょうね。

  47. signifieさん
    本当にお疲れ様です。
    普通に会話の出来ない創価脳を相手にされることは本当にお疲れのことだと察します。

    こちらのブログでどれだけの方が救われたでしょうか。
    創価で悩んでいる方の灯台であり希望の光です。
    signifieさんあっての対話を求めてです。
    コメントや承認されている時間帯を見ると、いつ寝ているの?と心配になります。
    お体をご自愛ください。

  48. 国会議員秘書バージョン、可笑しい!笑

    2世、退会済みのマコです。

    自分が活動していた20年前のこと。当時のB担さんが、
    「宗門についた人が学会の悪口を言っていたら吐血して倒れた!現罰が出たのよ!恐ろしいわね~現罰は!」と、興奮気味に話してきました。
    普段は朗らかで笑顔の素敵な方でしたが、宗門の話しの時は口調が激しくなり、険しい形相になり、引きました。
    罰の話しの怖さより、その方の変わりようの方がこわかったです。笑

    同じ頃、本部幹部(婦人)の方が癌で若くして亡くなりました。
    「闘病中、お題目を上げきったから、宿命転換して成仏したのは間違いない」と、聞きました。

    同じ信仰で、宗門へいった人の病気は罰?????創価学会の人の病気は宿命転換で成仏。
    創価側に都合いいことを言ってない?…当時すごい違和感を覚えたものです。

    私は、活動家当時から、創価の言うことは疑問に思うこと納得できないことが多く、素直についていけませんでした。
    宗門の問題など、説明されても何とも腑に落ちなかったものです。

    活動を止めて18年。罰は出ていません。
    というより、むしろ幸運なことが多かったように思います。
    人間関係は良い縁に恵まれ、住環境も大幅アップしています。(たまたまです)

    「題目と活動の両輪がないと幸福の軌道に乗れない」と、昔幹部に言われましたけどね。
    活動を止めましたけど、幸せですよ。今現在。

    ちょっと体が弱い悩みはあります。これはずーーっと何十年も真剣に題目を上げていたこと。叶っていません。
    幹部に言われた通り活動とセットにしても叶いませんでした。笑。
    必死に祈るより、上手に付き合っていくことが大事だと思うようになりました。
    「叶わざるはなし」などと、あるがままを受け入れられないと、精神的に追いつめられてしまう。
    あるがままを受け入れられるっていいです。心が楽になります。

    この先、大変なことに遭ったとしても「創価を離れた罰」なんて思わないでしょう。
    自分の望み通りにいかないことは多々あるといい加減学びました。いろいろあるのが人生です。

    それをいちいち創価を絡めて、罰が出るだの幸せになれないだの。
    「創価学会を離れた末路は悲惨」とも、よく同時中継で聞きましたね。

    学会員が思い込んでいる罰って何でしょうね。ほんと。
    昨年、退会する話を同じく非活の家族にしたら、
    「仏罰が出るよ!なんでわざわざ今の幸せ壊すの?現状維持でいこうよ
    現状維持で!」と、必死に止められました。
    創価を退会する=仏罰が出て、幸せが壊れる、って。。
    非活なのに、この言葉。その後、創価の本を送ってきたり、学会指導のコピペメールを送ってきたり。
    非活会員でも、どれだけ罰洗脳されているのでしょう。逆に驚きましたよ。

  49. ぴろんさん、ご心配いただきありがとうございます。
    たしかに睡眠不足や生活のリズムの乱れてがうつ病には一番悪いようです。うつ病の改善には、なによりも睡眠と規則正しい生活が第一みたいです。わかっていてもなかなかできないのがうらめしいです(笑)
    また他の皆さんからもご心配していただいて恐縮です。これからはウンコタレは一切相手にしませんから、ずいぶん負担も減ると思います。
    皆さんの真実の声が創価で不幸を余儀なくされている多くの学会員さんに届くように頑張りますので、これからもよろしくお願いします。

  50. サラマンダラさん、貫禄があり、優しいアドバイスに勇気をいただいております。有り難うございます。時間が解決してくれますか・・このブログの皆さんは元幹部さんも多く、心づよく感じております。常連さんは、とても個性的で大好きです!また何かありましたらアドバイス宜しくお願い致します。(^ー^)

  51. 仏教は世界三大宗教のひとつと言われていますが、人口分布からするとキリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教に次いで4番目になります。世界人口の約7パーセントが仏教徒だそうです。
    それで今後はイスラム教徒の数ががキリスト教徒のかずを上回るだろうという予測があるそうです。
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM04H0I_W5A400C1EAF000/
    もちろん創価学会は仏教徒ではなく、活動家200万人程度のただの新興宗教だし、その数も目に見えて減り続けています。
    あらあら、世界公布新時代はどこに行くんでしょうね(笑)
    これからもいわゆる先進国は少子化が進むでしょうし、途上国の人口爆発は止まりそうにありません。イスラム教と共産主義の国には布教しないと言っている創価が一体どうやって世界平和を目指すのでしょう。世界平和どころか、隣近所との人間関係も満足につくれないような非常識な学会員が聞いてあきれますよね。これが創価学会の現実です。多少改善されて会員の負担が軽くなったところで、お金と労働力を奪われることに変わりはありません。安倍内閣は公明党を利用して憲法改正に着々と進んでいます。例えばいま安倍内閣は戦前の国家総動員法を復活させる事案の準備をしているそうです。20日の東京新聞に載っていました。自衛隊が外国に戦闘に行くだけではなく、そのときは日本国内のライフラインやマスコミや流通の指揮権がすべて内閣総理大臣ひとりに委ねられるというとんでもない法律です。もちろん秘密保護法や集団的自衛権のときと同じように、公明党が与党としてこの法案を通すことができます。それでも学会員さんは公明党の支援に疑問は持たないでしょう。学会員さんは公明党が何をしようとかまわないんですよね。要は自分に功徳があると信じていることができれば、どんな法案が通っても「公明党のやることに間違いはない」としか教えられてませんし、自分で考えるとバチがあたると脅されてます。ほんとに扱いやすい奴隷です。自分でものごとを考えないことが立派なことだと信じているんですから。戦時中の日本の教育体制と創価の指導体制は瓜二つですよ。会合での学会歌に体験発表に幹部指導。戦時中の「鬼畜米英」「欲しがりません勝つまでは」まったく同じです。日本が戦争に負けて、すべての価値観がひっくりかえされたときにしか、日本国民は自分たちが何をやらされていたのかに気づきませんでした。いま創価ではそれと同じようなことが起きています。いずれ創価学会にも終戦の日がくるでしょう。創価は詐欺団体だったことが社会的にもはっきりする日です。

  52. signifieさんはじめ、コメントくださった皆様、
    個別に返信できずすみません。
    私の落ち込みコメントにたくさんの激励をありがとうございました。

    美味しいものなど母と食べに行き、少しですが、回復しています。
    食べることと買い物と旅行が私のストレス解消なのでしょうきっと。
    どれもお金かかりますわ~。
    昔は財務だなんだって、節約していたのが馬鹿みたいです。
    今は好きなように過ごしています。
    なぜ創価のために節約しないといけないんでしょう。バカじゃないか。

    本題です。
    ホースの話が出ていますが、私も聞いたことがあります。
    その時は「うんうん」と、首を縦に振って、一生懸命バ幹部の話を聞いていたものです。
    今思えば、バカみたい。いつまで不純物出しているつもりでしょう?
    慈悲も何もないご本尊ですよね。きれいな水って、持ち合わせてないのでしょうか?
    それほどに罰しか持っていない人生なんでしょうか。そう疑ってしまいます。

    婦人部のバ幹部にご本尊を仏壇ごと移動させてはならない。顔が腫れた女子部がいる。って言われました。
    何年も前に、模様替えしたいと、家具を移動した女子部が、
    ご本尊をいったん仏壇から出さずに、ゆっさゆっさと一緒に移動させた。その罰で、
    顔が「こ~~~~んなに、腫れたんよ!」と、もともと腫れた自分の顔を手で覆い、形を作って腫れた形を手でかたどり、罰の怖さを話してきた。(あほ)

    ところで私は2年前にプチリフォームで和室の畳からフローリングにしたときに、ご本尊を入れたまま仏壇を移動させました。
    顔なんて腫れてません。たまたまその女子部は、何かのアレルギーで、食べ物か何かで当たってしまい、仏壇を移動させた時期と重なっただけです。もしくは歯痛でしょうかね。
    今はそう思います。
    そもそも功徳のない本尊に罰もないって話ですよね。ああ、創価脳おそろしや。
    それともう一つ。
    以前私を集中攻撃する先輩(女子)がいました。私よりうんと年上、もう来年年金世代ですその人。今より10年ぐらい前ですが、その先輩がとにかくひどいいじめをするのです。
    今数えたら7年間くちをきいてもらえませんでした。
    組織でちらっとその話をすると、「法華経の行者をいじめたんだから、その人すごい罰を受けるよ!!今に悲惨な目に遭うよ。」と、なかば脅しのような罰論でした。
    しかしそれを聞いて8年ぐらいたちますが、その先輩の仕事も順調、私よりそいつのほうが職場で信頼され、私はそいつにいろいろ邪魔されて仲良くしていた女子とも決別せざるをえなかったり、いろんな邪魔され、今の私は職場でもいじめられさえしてませんが、微妙な立場です。その先輩がいなくなったらまた状況が変わるかも。
    なので、そのせんぱいには罰なんて当たってませんし、ひどい状況にもなっていません!
    微妙な私の立場のほうが悔しいくらいです。
    信心したら「諸天の加護付き」じゃないんですか?法華経の行者である信心している私をいじめたら、ひどい目に遭うんじゃないんですか?

    現証みたら、完全にインチキだというのがわかります。
    意地悪ばあさん(先輩のこと)に罰なんてありません!!!

    結局人間関係や仕事関連なんて、その時のその人の運もあり、波があります。
    その波をうまくつかんで状況把握して、賢く立ち回るしかないんです。
    拝んでいるだけで「好転する」なんておかしいです。
    ましてや拝んでいる人間をいじめたからいじめた人が罰があるなんて。

    今さらながら、おかしい教団に騙されて、人生半分以上台無しにしたことが
    毎日のように悔やまれます。
    なかなかすっきりくっきり割り切れません・・・。

    うそつきインチキ教団。早くつぶれてください。

  53. いつも不規則な時間帯にコメントしてしまい、申し訳なく思っています。
    仕事のストレスと、創価学会のバリ活だった頃のトラウマから、毎日三時間くらいしか睡眠時間がとれません。頭の中を整理するために、コメントをさせていただいております。

    バリ活だった男子部時代、小さな町の小さな組織でしたが、父親を自殺でなくされた女子部、息子を交通事故でなくされたヤング壮年部、若くして
    子供を残し病気で亡くなった婦人部、家業の自動車整備工場が倒産し、夜逃げをした支部幹部、いろいろな会員がおりました。結局、創価学会の会員であろうとなかろうと、人生には様々な苦労があり、創価学会の信仰に頼らずにたくましく乗り越えて行かれる方々もたくさんおります。
    人間にはもともと、そうしたたくましい精神的な力が具わっているのだと思います。それに気づくかどうかです。
    雨の日ばかりが続かないように、辛い出来事ばかり続く訳でもないのです。

    大きな仕事を一つ片付けたので、会社を昼から休み、運動公園に行って頭の中を空っぽにして、一時間くらいウォーキングをしてました。
    ここ半年は、まともに休みも取れずに体を動かすことも出来ませんでした。
    こころが疲れた時は、何も考えずに歩き続けるのはリハビリになりますね。充電している感じです。皆様にもオススメいたします。
    散歩大好きさん、確かに散歩はいいものです!
    (^.^)/~~~ Take it easy !

  54. kickeyさん、お帰りなさい。

    毎日、お疲れ様です。

    脱会して、kickeyさんのコメントには、すごい勇気を貰っています。

    私も、鋼鉄の心臓ではないので、脱会した後、気分の上下がジェットコースターみたいに、激しく変動しています。
    きっと、脱会してみないと分からない、創価のマインドコントロールの副作用なんですよね。

    赤ちゃんの頃から、親が創価教育施すというのは、脳細胞レベルでの情報記録の蓄積、この重たいメモリーデータは、解けるのは、なかなか容易ではありませんね。

    時間がかかりますよね…私も、気がついたら、ストレスで十円ハゲが出来てました。ショックですが、脱会した事には、全く後悔なしです。

    私は、好きな本や、映画を観たり、ウインドショッピングで服を選んでみたり、旅行に行ったり、くじを引いたりしながら、少しずつ笑える自分になればいいや、て思ってます!

    私は、元気になったら創価に居ては出来なかった、様々な事に挑戦したい。

    この世に生まれて良かったと、心から言いたい。

    皆さん、お身体御自愛くださいませ!

    シニフィエさん、あまり無理はなさらず、沢山寝て、沢山栄養とって、お好きな事を沢山やると、うつ病の方から必ず逃げて行きます。
    出来るだけのんびり、ゆっくり、生きてまいりましょう(=^x^=)

    雪風 拝

  55. サラマンダラさん、ありがとうございます。夢の中で恐い目にあって題目あげなきゃと思ったり、やめたからこんな目にあってるんだと考えていたことに、目覚めた後、びっくりしました。本当に時間と共に少しずつそういう意識が消えていくといいなと思います。

    今日母と話をして、私が信仰出来ない分には構わない、ただ母がこれまでしてきたことは
    否定しないで欲しい、それを支えに頑張って来たんだから、人生を否定してされている
    ようで辛いと言われました。
    母の生き方自体を否定したつもりはなかったのですが、それでも私がやめる分には
    止めないというところまで話が出来て良かったなと思いました。

  56.  2度目のコメントとなります。外部の無宗教の爺です。前回、コメントを掲載してくださりありがとうございました。今回も記事のタイトルから離れたコメントとなってしまい恐縮です。世間の人間にはこんな考えもあるんだというように受け止めていただければ幸いです。
     NHK-BSで、「コスミックフロント」という番組があります。宇宙をテーマにして最新の科学の到達を紹介する番組です。最新の科学によって明らかになってきたことの中に、私たちの地球、そして地球上の生命、そして私たちを構成している物質は、なんと百数十億年前の宇宙誕生時に出来上がった物質で作られている、ということがあります。それは、とりもなおさず、百数十億光年もの遠くにある銀河、星々、ガスの物質が飛来し、地球を作り、海を作り、生命を生み出したということでもあります。恒星が一生を終えるとき、超新星爆発を起こすもの、起こさないものいろいろですが、星が一生を終える際に物質やエネルギ-を超高速で吹き飛ばします。そういうことが何世代も繰り返され、飛び散った物質はやがて重力で集まり、新たな銀河や星雲を形作り、太陽系も生まれました。
     また、宇宙の誕生、ビックバンの前に、無の揺らぎがありインフレ-ションを起こして一瞬のうちに直径1センチ以上になりそこからビックバンへと移行したといわれています。また、現在の宇宙の姿は、一定のものは何もなく、常に生成、消滅を繰り返し変化の中にあるということは常識です。
     なんで、こんなことを紹介したのかというと、最新科学で明らかになってきた宇宙の姿、歴史が、じつは仏教の世界観、哲学にかなりの部分合致していると感じているからです。といっても、私は仏教を詳しく知るべくもない信仰とは無縁の人間なのですが、例えば「涅槃寂静」から「諸行無常」「諸法無我」の現在の宇宙に移行したと考えるととても興味深いです。「色即是空」「空即是式」(般若心経」なども物質とエネルギ-の相互転換、真空という見えない場と宇宙という実体の場などの視点で考えることができます。
     実は、もともとの仏教はこういう深い哲学を有していたはずです。それにも関わらず、日本の中世の庶民にとってこうした内容を理解するのはとても困難なことでしょう。現実の庶民の困窮、苦難を見るにつけ、仏教を極めた人たちは何とか、簡易な方法で庶民を救済したいと考えたはずです。そこで発明されたのが、唱題や念仏によって誰でも仏になれるという教えでした。そして、同時に国家・社会の在り様も変えなくては庶民は救われないということで、日蓮さんは「立正安国論」を著されました。
     ところが、いったん宗派ができてしまうと、一部の宗派では、今度はそれを広宣流布することを自己目的化するようになってしまいました。安らかな国家社会を作るためには、自派の教えを広めなければならなかったからです。しかし、そのことが逆に信仰する庶民を煩悩に誘い、「功徳」と「罰」で人の心を揺さぶりマインドコントロ-ル下においてしまう、こんなことになろうとは、まさに「お釈迦様でもご存じあるめえ」という驚愕の教学世界です。
     最後にちょっぴり、記事のタイトルにかすりました^^; 信仰を離れて、仏教を哲学的な視点からとらえなおすととても面白いのではないかと思いコメントさせていただきました。

  57. 罰に関するだけでも、色々な学会伝説?が出てきてますね。
    キツネの話は、私も聞いた事があります。
    私が聞いたのは、稲荷神社の信仰をしてる人を折伏して、
    御受戒を受けさせる際、正宗のお寺(当時)で、まるでキツネが乗り移ったように
    コンコンと鳴いて飛び跳ね回る、という話です。
    あと、ヘビをまつった宗教の人間を折伏した場合は、
    御受戒中に、畳の上をニョロニョロとヘビのように徘徊して回る、という話です。
    今思えば、なんじゃいそりゃの世界ですが、
    そんなオカルト臭プンプンの話でも、「へぇ~、この信心は強力だなぁ」とか思ったものです。

    てか、本当にこの信心がすごい効力があるのであれば、
    むしろ、シャキ!っとしてちゃんとした人間になるでしょう?
    なんであっちでコンコン、こっちでニョロニョロと
    変な動物人間に変身するんでしょうかね?(笑)
    まあ、同時中継とか、たま~に変わった感じの人が参加してたりしますけど・・・

    ありもしない功徳をちらつかせて、財務や選挙支援、新聞セールスをさせまくり、
    罰論を利用して恐怖感を与え、サボったり誹謗したり脱会したりしないようにコントロールする
    これじゃ、悪の秘密結社ですね、まるで・・・

    そういえば、初代仮面ライダーの後期に出てくる、「ショッカー」の進化版である「ゲルショッカー」、
    あのゲルショッカーの戦闘員たちは、3時間毎に組織から出る「ゲルパー薬」という薬を飲まないと
    身体が消滅して死んでしまうそうです。
    つまり、組織から逃げたり、裏切ったりすると、それは死を意味するんですね。
    特撮フィクションならではの恐ろしい話ですが、
    では、学会を辞めるというだけで平気で「地獄に落ちる」とかいう創価学会は、
    この悪の秘密結社とどれだけ違うのでしょうかね?

    まあ、さすがに今の時代は、学会本部としてはもうそんなオカルトな事は
    表立っては言わないでしょうけど、
    田舎の高齢の学会員は、平気で言うんですよね・・・(; ´Д`)

  58. 別スレのねこのとうさんさんのコメントを読んでいて、ハッとした事があります。
    主人のところに毎年年賀状を下さる学会本部職員(首脳部?)の方がいらっしゃるのですが、(その方は池田氏が海外に行かれる時にも同行されるような方です)字があの右肩上がりの池田氏の筆跡によく似ています。
    主人が「センセイの文字に似てるんだよね」って嬉しそうに言ってましたから…
    もしかして代筆もしてた?
    いやいや考え過ぎですかね、センセイ大好き過ぎて字まで似ちゃっただけかも…
    私、思うのですが、学会首脳部のどの辺りの方たちから騙す側になっているのか?
    その方たちは信仰心など全く無く、ただビジネスとして悪意を持ってやってるのか?
    だとしたら彼らは地獄行きですよね。
    カガテツさんも紹介されてた、志茂田景樹さんが中西氏から「君は無理なんだな?」って言われるシーンが頭の中で巡ります。
    すいません、スレチで…

  59. ねこのとうさんさんの御本尊の話や、ラベンダーさんの年賀状の筆跡の話など、(会員を騙して、その事実を隠していること) あり得ることですね。今の段階では明確に証明することができないので強くは言えませんが、いつの日かそれに関わった当人達が良心の呵責に耐えかねて、真実を暴露する日が来るかも知れません。
    それがあるとすれば、創価学会=泥舟が沈没する直前の時期でしょう。
    イケダダイサクという人間が、金と権力を手にするために、いかに悪どい事をやってきたのか、またどれ程多くの善良な人間が、彼に騙されたまま命を落としてきたのか…。
    まさに戦後最悪の巨大詐欺団体の真実にメスが入ろうとしています。

    ウンコタレの件ですが、このブログの趣旨に反するコメントは承認しないという方針に改めて賛成です。もっと言えば、ブログ荒らしに関わった人間のIPアドレスから着信拒否にできるシステムがあるとsignifieさんの負担が激減すると思うのですが…。

    ここ数日のコメントの中にも、このブログに出会えて良かったとか、このブログを心の支えにしています的なものがありました。
    そのことだけで充分だと思います。このブログの存在価値が明確に証明されています。
    ただ単に創価学会を貶しまくるだけのアンチブログとは訳が違うってことです。
    それもひとえにsignifieさんの御苦労あってのことですが、今後とも創価学会の呪縛に苦しむ方々のために、運営をよろしくお願いいたします。微力ながら、協力させていただきます。
    それと、くれぐれもお体を大切にされてください。昨日のコメントにも書きましたが、軽い運動が睡眠不足やストレス解消に効果的みたいです。

    スレ違いコメントにて失礼しました。
    _(._.)_

  60. どこまでの幹部が詐欺とわかってやっているのだろうという話がでましたが、
    参考までに池田氏の本音が語られた「社長会」での有名な記録があるので、
    ご存じない方もいらっしゃると思うので、紹介しておきます。
    http://www.geocities.jp/soukagakkai_unko/
    すべてその席に居合わせた側近の直筆のメモが残っています。
    もう解説も何もしません。これを見ただけでも、創価が宗教団体ではなく、会員からお金を巻き上げるだけの詐欺団体だということがわかると思います。わからないのは洗脳されている学会員さんだけです。ここまでやって彼らに罰が当たらないのであれば、当然創価の信仰に功徳もあるわけがありません。創価がビジネスだってことわかりますよね。それもそうとう悪どいビジネス。池田氏の人間性もよく現れています。こんな人物を人生の師匠と崇めている学会員さん、それでも信じるのは自由ですが、いちど考え直したほうがいいのではないでしょうか?
    このブログでは創価の実体験をお話ししていただくことに重心を据えて、より説得力のあるものにしたいと思っていますが、たまに創価の実態を知る上での参考資料的なものとして紹介したいと思います。あくまで、メインはみなさんの実体験ですので、よろしくお願いします。

  61. 私も馬鹿げた伝説を一つ紹介します。
    婦人部幹部の方が言っていた話。
    「ある時、次々と折伏を実らせていく人がいて、皆が、凄いわね!と誉めていたの、
    ついに、7人目の折伏が実った時、その人は原因不明の病になってしまった、
    その原因がわかったの、なんとその人の机の引き出しから7体の御本尊様がお巻きしたまま出てきたのよ、今までの折伏は嘘だったの、このような嘘をついたので罰があたったのね」
    女子部時代に聞きました。その時はゾッとしました。
    なぜ、7人目か、南無妙法蓮華経の7文字と関係しているんだそうです笑い。
    しかし、入会勤行会などあるのだから、折伏された本人がいないのもおかしな話です。
    でも今思えば、本当の話なら、折伏、折伏と追い込まれた結果、嘘をつくことになり、精神的な病になったとかだったらあり得るし、単なる脅しか?でしょうが、
    信じた私がアホでした(/–)/

  62. 罰について
    ここにいらっしゃる方がこれだけ創価を批判しているのに誰一人として罰を受けたと書き込みがないのが何よりの証拠ですよね(笑) もちろん私も罰なんてありません。
    日常的に学会員同志で陰口を言い合ってるのに罰を受けてるのを見たことがありません。
    日蓮は十四誹謗を言っているのに罰が出ないということは功徳もないって事なんですよね。
    様々なエピソード(キツネやヘビ)を聞きますが、誰も見たことがありません。
    信濃町あたりが会員を縛り付けるために色んな噂を流したに過ぎないのでしょう。
    辻副会長指導もこれだけの会員数がいればアンビリバボーな話が出てくるでしょう。

    これだけの会員数がいるのに身近で癌が完治したという話をあまり聞きません。

    私の妻は大学病院の癌専門看護師なので実態を耳にしますが、予想以上に多くの人が癌を完治しています。余命宣告されて10年以上の延命をされる方も多くいます。
    学会員が「信心で癌が治った」「余命3ヶ月と言われて3年延命しています」と体験発表しますが、一般的な医学データの範疇です。
    学会員だから5年生存率が一般的な生存率よりも50%高ければ、日蓮の本尊は力があると言えるでしょうが実態は変わりません。
    例えば腎臓がんの5年生存率は約10%です。学会員の5年生存率が60%あれば信心は本当だといえるでしょう。
    もし学会員だけが癌の完治率が高ければ、医学界でも研究調査が進んでデータとして立証されているでしょう。
    しかし学会員だからといって一般的な生存率に入っています。
    つまり何の功徳も無いって事です。

    私の周りの学会員も、癌に罹患すると普通に亡くなっています。私の祖母も胃がんで亡くなりました。
    大切な友人(学会員)も胃がんを発見してから1年で亡くなりました。(´;ω;`)
    日蓮の本尊に力があれば、全国で癌が完治したというエピソードがあふれているでしょう。
    でも現実は学会員でも普通の人と同じように亡くなっているんです。

    バリ活の人は学会宣言をされるそうです。「私、創価学会です。信心で必ず治します」と・・・
    でも結果は普通の方と同じように亡くなります。
    また信心していれば前向きに病気と戦えると云いますが、普通の人も前向きに病気と向き合っているみたいです。悲観的に「ああ。もう私は死ぬんだ。助からない」なんてこともありません。
    みなさん冷静に癌と向き合っているそうです。

    罰も無ければ功徳もない。それが結論です。

  63. 「罰が当たるよ。」とよく聞きますが、日蓮宗のお坊さんは先日の「ぶっ●ゃけ寺」では、「そもそも仏罰なんてものはないんだけれど・・・」と仰っていました。

    幹部ら、つまり経営する側(?)からの見解としては、「いかに矛盾に気づかせず、継続させるか、逃げられないようにするか」ということが最大の目的であり、この時点で教義云々、センセイの現状云々はどうでもいいのでしょう。つまり、踊らさせる側は、我々同様「洗脳されていない」と言うことと解釈できます。
    逃げさせないための「創価流おとぎ話」も、情報化社会で無かった昔なら、信じてしまいやすかったもしれません(初めて聞きました)。

    よく創価脳の人は「信心すると病気にならない」「信心だけで治る」「病気や癌は仏罰」と言う方がいるようです。バリ活の義理叔母もその類いです。ですが、診察券もチャッカリ複数枚持って通院服薬しています。
    先日、職場の健康診断のため、近くの総合病院に行きましたが、近所の創価夫人が内科で名前を呼ばれ、受診しに行くところを垣間見ました。理論からすれば、既に罰が当っているのではないでしょうか?
    病気は予知できないことは確かで、治すために国家資格である医師がいます。
    しかし、「信心すると病気にならない」と言う割には、ドクター部が存在する・・・・・。国民健康保険や特約保険に加入する・・・・・。
    そして治れば「信心していたからこれくらいで済んだ」となるのです。・・・・・医学のおかげです。
    駄文失礼しました。

    【追伸】
    「68万坪に独立国を作ろう。創価王国、創価共和国だな 。 そうすれば文部大臣は森田さん。大蔵大臣、中西さん。外務大臣、小島さん。軍需大臣、木村。運輸大臣田中。建設大臣、杉本。宣伝大臣横松。北条さんは警視総監、全部いるよ」 【昭和46年7月20日  社長会より 】
    Signifie様のご紹介されたHP
    http://www.geocities.jp/soukagakkai_unko/
    「功徳って何ですの?」のスレッドに参考資料として投稿させていただいたHPで、アドレスの最後が「unko」。この会談の内容が「糞」という意味が込められていると思われます。
    (個人の主観ではありますが)概要を一部ピックアップすると・・
    「私は公私混同ではなく全部公だ。」
    「板垣退助は政党を作り、福沢諭吉は学校を作り、私は全部やった。」
    「北海道では絵葉書を6万枚売った。うまい事をした。今度は栞を5枚1組で50円程度で売る。」
    「竹入に今迄以上に王仏冥合、政教一致でゆけと言おうか。」
    「●菱(財閥)でやんなさい。」
    「仏壇仏具はプラスチックで安くしあげなさい。しきみの造花を作りなさい。」
    その他、販売方法の指示等を中心に記載されていますね。皆さまも参考にしてほしいです。

  64. 皆さんの体験談・感想等読ませて貰ってますが、洗脳の怖さを感じると同時に、創価が言う「退会したら罰が出るとか云々…」は、一切ありません。だから、イヤガラセとか罵声とか…創価員が人力でやるのでしょう。
    (但し、在籍していたら反社会的組織なので罰は出るでしょうネ)
     己の行った、行為。言論に対して
    >>流れ星 さんが2015年5月21日 22:43
    >良い行いを積み重ねていけば良いことがある。。
    >悪い行いを積み重ねていけば悪いことがある。。
    >人の目は誤魔化せてもお天道さんは、ちゃんと見てるのさ。。
    >。。ってことかなあ〜と。。
    >☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
    >。。ということで。。
    >道理に反した生き方をしている創価学会員には、それなりの結果が用意されている。。
    >。。で、間違いないのではないでしょうか。。?
    と、仰られてた通り、因果応報で間違いないです。【昔からそうですね】

    創価は、“日蓮をダシにしての、金盗り・時間(=人生)盗り”なので、世界3億8400万人(統計の取り方で数字は色々ですが一応のネットからの目安です)の仏教徒を“コケにしてる”ことになるので、【→法を下げてるという意味。】いずれ只では済みません。

    前にも一部引用しましたが武寛(=1954年東京生。日本最大の私大を卒業後、幾つかの職を経て右翼活動へ、日本有数の右翼団体幹部だったが、現在は会社経営。)著
    「右翼な人びと」2007年8月・イーストプレス より

    8章 塀のなか
    P160  塀の中で読める唯一の宗教新聞(小見出し)
     私が、北国の塀の中に落ちてビックリしたのは、新聞購読のための申込書をもらったときのことでした。購読できる新聞の一覧表のなかに、宗教団体が発行している新聞名が書いてあったのです。ほかには宗教団体が発行している新聞名はなく。その1紙だけなのです。
    P161 その宗教団体は信者数ウン百万世帯と自称している海山教でした。それにしても、こんな北の果ての、単線を走る電車が1日に5往復しかしない過疎地の町外れの刑務所にまで新聞が配達されているとは……
     考えられることは、塀のなかに海山教の信者が多いということです。
     うまり、常習犯罪者たちのなかには、圧倒的にその海山教の信者が多いので、海山教が下部組織の政党、全政連に命じて法務省に直訴したのか脅したのか知る由もありませんが、信者が刑務所のなかで信仰を忘れて脱会しないようにと、新聞購読ができるように取り計らったか?もしくは、逆に塀の中の住人である信者たちが法務省に請願して、尊敬する教祖の太った傲岸な顔を毎日拝むために新聞購読を許可してもらったのか?
     まあ、どちらにしろ、塀のなかにその海山教の信者が多いということだけは、はっきりしたのです。
    (中略)
    P164 毎日毎日、1面から3面にいたるまで1年中、教祖である海山大介の写真入り礼賛記事のオンパレードだ。
     アジアやアフリカの後進国から勲章をもらっただの、名誉博士号を授与されただのという記事だ。
    また、世界平和だ、生命を語るの、人間がどうしたの、未来だ、宇宙だのとタイトルは高尚だが、なにいってんだか分からない中身のない記事の羅列だった。一応は文化人風だが……。
    ほかの紙面に視線を移すと一転して、誹謗中傷の山、罵詈雑言の羅列記事が続く。
    「クソ坊主」「詐欺師」「金狂い・女狂い」「人間の皮をかぶった畜生」「極悪ペテン師」「鬼畜」「薄汚いドブネズミ」「クズ雑誌」「ガセネタ屋」「学歴詐称」「宗教弾圧議員」等々…。
    よくまあ、これだけ執拗に、凄まじく、下品かつ野蛮な表現で人をおとしめられるものだと驚いた。
    ターゲットにされているのは、海山教を破門した上部団体の本部の代表である僧侶や、海山教を脱会した信者や造反した元幹部たちであり、海山教の悪行を追及している週刊誌などだった。
     教祖に心酔するヤクザの信者(小見出し)
    その海山教の新聞を見て一瞬、我々の右翼組合が発刊している機関紙がなにかの間違いで刑務所のなかに入ってきたのかと錯覚したくらいです。
    我々の機関紙といったって、タブロイド判の4ページのみで、半分は広告で埋められており半分は記事だが、記事といっても企業や個人のスキャンダルの特集みたいなもので、品も格もありません。それと見間違うくらい海山教の機関紙はエゲツないのです、
    P166
     とはいうものの、いくら我々ゴロツキ右翼の機関紙だって、海山教の新聞ほどは低劣醜悪ではありません。海山教新聞は公称発行部数ウン百万部と公言しておりますが、海山教の信者は連日、あの下品、愚劣きわまりない新聞を読んでいて、よく精神に変調をきたさないかと不思議でなりません。
     作業場内で、みずから「俺は海山教の信者だ」と吹聴しているヤクザ者に訊いてみました。
    「昔からの信者なの?」
     その男は戦前からの古い歴史を誇る博徒組織の組員で、東京は下町の都営住宅に住んでいるという。
    「親の代から信者なんだ……いま住んでいる住宅も全政連の都議会議員が斡旋してくれたんだ。海山先生のおかげよ……」
     海山教、とりわけ教祖の海山大介を尊敬しているのだ、と力強くいった。
    「都営住宅って家賃が安いから、入居するには数十倍の倍率の抽選で当たらなけりゃダメなんじゃないの?」
    「うん、一応そういうタテマエになってるけどよぅ、全政連の都議会議員に頼めば即だよ。なんたってェ、全政連は都議会では力があるからよォ。議員はみな、海山先生の部下なんだよ。たいしたもんだよ先生はよォ……貧困から身を起こし、志を立て、あそこまでのぼりつめたんだから
    P167 よォ。俺も見習わなきゃあと思ってな……」
    「つかぬことを訊くけど……ヤクザでも住んでていいの? 都営住宅って……」
    「そりゃあそうよォ。ヤクザにだって人権はあるし、戸籍もあるし、選挙権もあるサ。納税の義務はないけどよォ。それに、都営っていうのはほとんどウチの宗教団体の信者が多いからよォ、たまにトラブルがあれば俺が出て行って話つけてやるんだよ。団地内では重宝されてんだよォ。やるときはやるよ、俺も……」
     得意そうにいうのだった。
     トラブルといっても、海山教の低劣さ、愚劣さに嫌気がさした信者が脱会するといったときに、阻止しようとして、いやがらせをするために先頭を切っていく行為が重宝されているのだということはあとで分かった。
    (以上引用終了)
    ※裁判所から余りにも口汚い記事を説教される前の時代の話か?
    右翼機関紙と比べても呆れ返る愚劣さで、ホントによく精神に変調をきたさないのか?ですが、私から見たらほとんど変調をきたしているか、マトモな人は鬱とか統合失調症に罹患してるのでしょう。(余りの低劣・愚劣さに耐えられないため)

    今朝、ネット記事をサーチしてたら、公明(創価)が支えてる権力の記事が出てました(参考)

    馬鹿につける薬はなくなった 2015-05-24 もうすぐ北風が強くなるより引用
     エセ右翼というかネットウヨというか、彼らの特徴は驚くほどの無知と不勉強、事実誤認の上に妄想を作っている。
     安倍某の「政権」なるものが、彼らのレベルと全く同じであることが露呈してしまった。
     安倍が知らない、読んでないのは「ポツダム宣言」だけではない。
     「戦争法案」も官僚から口頭のレクチャーを受けただけで、頭では素通りしている。
     自分が何をしているか、まるで解っていない。
     ふりがなだらけの原稿を読んでいるだけだ。
     本人は一丁前の右翼のつもりらしいが、驚くほどの無知と不勉強、事実誤認の上に妄想しているだけの馬鹿ネットウヨにすぎない。
     米国のかいらい霞ヶ関官僚のあやつりロボットと言いたいが、レベル的にはあやつりロボット犬だ。(以上コピペ終了)

    結局最初書いたけど、罰とか・功徳ってのは、何の信仰を信じているかじゃなく、己が日々如何様な行動をしているか!の因果応報でしょう。努力によって結果も顕れてくると云った処でしょう(無理な努力は逆に体壊すので注意しましょう)

  65. キツネやヘビのお話が出ていますが、私も子供の頃に聞いたことがあります。お山(大石寺)であの、でっかい御本尊にお参り(うまい言葉がみつからないので神社みたいな言い方でスミマセン)すると過去(前世も含む)に稲荷系とかの信仰をしていた人は帰りの電車の中でピョンピョン飛び跳ねたり、網棚の上をにょろにょろと這いずり回ったり・・・その時どういう風に聞いたのかよく覚えていないのに、自分で想像した網棚を這う人間の姿だけが記憶に焼き付いていて離れません。人を脅して何かを擦り込むということは本当に罪だと思います。
    しかし、昔は登山列車とかいう確かソウカ貸し切りの列車があったと思うのですが、あんなに求道心?いっぱいで会いに行っていた御本尊がニセモノに変わるって・・・ちょうど宗門問題の頃は俗世間の方が楽しくてあまり活動していなかったので、今更ですが皆よく納得してついて行ったなあと思います。

  66. 「創価のいう日蓮の教えがこの世で唯一正しくて、他は邪宗である」
    「邪宗は知る知らずに関わらず、信じてしまうと不幸になってしまう」
    「これこそが人類の不幸の根源なのである」
    「日本のみならず、世界、否、宇宙法則なのである」
    これは創価自身がなかったことにしたい主張です。
    オカルトが通じた時代に騙したハッタリですから。
    この「教えを謗ると罰が出る」も同列です。

    いや、今もこれを支えにお金と票と労働力を提供し続けてくれる分には有難いのですが、ゆめゆめ道の真ん中で
    「創価の教えはこうでーす!すばらしいですよねえ!」
    とは言わないでほしいと思っています。
    は?今なんて?と振り返られてしまいます。
    オウムや他のオカルト教のことなんて言えない内容ですよね。
    あっという間にインチキがバレてしまいます。

    今は賢くなった民衆に合わせて無理のない教えに変えていますが、それはそれで昔は口から泡を飛ばして言いきってたことが、全くのデタラメと認めることになるからまた苦しい。
    それについて創価がとってる対策は、完全スルーです。
    そりゃそうでしょう。
    どんなに口達者でもこの矛盾を歯切れよくは説明できない。

    まして池田なんてこういうヤバイことには一言も触れません。
    誰も喋らせません。
    応えに詰まるカリスマ池田をみっともなく晒すわけにいきませんものね。
    勇ましかった池田ももう雲隠れするしかありませんよね。

    変わらず勇ましく、雲隠れもしないのは頭に血が上ったおばちゃんくらいです。
    おばちゃんは決して口達者でもなく、矛盾を歯切れよく説明できるわけでもありません。
    ただ勇ましいだけです。
    いちばん有難いカモでしょうねえ。

  67. 創価学会員のみなさ〜ん!
    仏教に罰はありませんよ〜〜っ!
    お気を確かに〜〜っ!

    たとえば日本のカレンダーの大安とか友引とか仏滅とかってあって、この仏滅ってホトケが滅するという、なんとも縁起の悪い日だという仏教の言い伝えみたいに思っている人が多いんですけど、これ仏教とは何の関係もないただのこじつけって知ってました?ほんとは物滅って書いて、物がなくなりやすい日だから気をつけましょうといった占いみたいなものです。罰が当たるっていうのも、仏教とは関係ないところから、いつのまにか先祖の眠っているお墓をないがしろにしたりすることを「罰当たりなやつ」というようになったんですね。
    ましてやキツネやヘビの話なんて、本来の仏教では考えられないんですよ〜〜っ!
    日蓮のいう真言亡国とか念仏無限とかが本当なら、仏教以外の60億人の人なんかみんな地獄でのたうち回ってるんじゃないでしょうか?フランスやドイツやベルギーなんかは国が創価をカルト認定してますから、国ごと滅んでもいいですよね(笑)。でもそんなことないですよね。あなたの隣近所に済んでる人は、あなたよりも不幸になってますか?ほらね、あなたが創価の信心をして功徳があるというのであれば、どんな隣近所の人よりも幸せになってないといけませんよね。現実はどうでしょう?…いや、学会員さんには現証は出てますか?って訊いたほうがいいのかな?

  68. signifieさん、参考資料ありがとうございましたm(_ _)m
    いずれにせよ創価は金儲けのビジネスだって事がよく分かりました。
    どこまで権力欲の強い男なんだ!

    以前、主人に「この信仰を疑えば罰が起こるって思ってる?」って聞いた事があります。
    主人は「罰って事は考えた事が無いんだよね。俺たち二世はさ、もうこの信仰が生活そのものなんだよ」
    ???何言ってるのか意味が分かりませんでした~(・・?))
    「学会は墓苑のための土地を買うのに、暴力団を使った怖い団体なんだよ」と言った時には、「それは山崎正友が勝手にやった事なんだ」と言うので、「山崎正友が学会に黙って勝手に一人でやった事なの⁈」と言ったら、「そうだよ」と真顔で答えていました。
    一生創価のお花畑にいて下さい(ー ー;)

  69. >それは山崎正友が勝手にやった事なんだ

    これに限らず、活動家は創価からの情報のみを信じていますよね。
    根拠として認めるのは「創価がどういっているか」のただ一点のみ。
    創価の言い分は検証なんてする必要がないそうです。
    100%真実に決まっているからだそうです。
    それ以外は耳を塞いで聞こうともしません。
    くだらないデマなんか聞いてもしょうがないそうです。
    聞くこと自体が、確信のない弱い人間なんだそうです。
    仏教の教えから裁判の結果まで、創価の発表以外は完全にシャットアウトです。

    創価の世帯数は827万世帯、と創価が発表すれば、何があっても永遠に827万世帯。
    これに盛ることはあっても絶対に減らしません。(私が在籍していた地区婦は外部に1000万世帯だと言い切っていました)
    単純にこういう人をどう思いますか?

    本当に確信があればもっと余裕があるでしょう。
    人ってあまりに的外れなことを言われると、相手にするのもバカらしくなりますよね。

    それがムキになって耳を塞ぐ。
    或いはアンチの言い分が気になって気になって無視できない。
    勘に触って何か言わずにはいられない人。
    その正体は何ですか?
    自分に中の「何か」が反応するんでしょうねえ。

  70. 最近は「ブロック長」を「常勝長」というんですね。

    体験談では「末期癌」を克服したひとの話をよく聞きますが、「ほんとにいるの?」的な感じです。身近では一人もいません。

    末期がんの克服体験なら、免疫療法とかの病院の見れば、いやというほど見れますね。

    みんなソーカなのでしょうか?

    そんなわけねー

    罰ってなんなんでしょう。功徳って何なんでしょう。

    本人の認識次第だと思います。出来事の認識は自分で決めたらいいんです。
    振る舞いがおかしくて、友人に嫌われても「友人に魔が入った」と言ってればいいんです。
    こういうのを世間では「迷惑者」というんですが。

    「自分の人生に責任を持つのはあくまで自分しかいない」ということをよく覚えといてくださいね。ソーカの皆さん!

  71. 皆様こんばんは^^
    管理人様ブログ運営お疲れ様です。
    4年前に覚醒し昨年11月
    御本尊にお守り携帯を燃えるゴミで処分しました、あまにぃです。
    3月に脱会届けを出して(本部長宛て)2ヶ月放置プレイ
    さすがに切れて創価スイッチが入り
    半分脅しで創価の実態を暴露すると話し
    本日やっと直接面談!?にて退会処理が終わりました・
    本部長と圏長と思われる二人が来て3分程で退会の意思を確認し
    退会手続きをする約束までたどりつきました。長い道のり結構大変でした。
    退会書類ってあるんですね。
    コピーを下さいといいましたが、断られる。
    内容は各役職の押印欄に退会動機等がありました。
    本部長は顔が真っ赤に腫れ上げって憔悴したような面持ち
    一方の圏長?はサウナにでも入ったような晴れ晴れとした表情でした。
    おそらく本部長は長の一念の至らなさを感じ自分を責めているのかも知れません。
    来月統監が抹消されるかは疑問ですが最後までやり抜きます。

  72. 昔、題目あげに、車で30分ほどの日蓮消臭のお寺に行きました。
    最前列に、へびみたいにくねくね曲がってしまう、まっすぐ座れない男の子がいました。
    坊さんが「カツ!」とか言ってましたけど、あのときにキツネツキだとかへびを拝んだらくねくねとか、信じてしまいました。
    結局その男の子(高校生ぐらい?)も、信心する前は何を拝んでいたのかはわからない。
    怖くてその人たち(親と思われる人も一緒)に声をかけられませんでした。
    しかし、結局、その子もなんらかの筋肉の病気か何かでしょう。
    ◯◯を拝んだからくねくねだとか、証拠がないんですよね。

    うちの父も私もぜんそく、アレルギー性鼻炎、とにかく気管支が弱い。
    過去世のホウボウだと言われました。法華経を誹謗したんだって。
    私の過去世知ってるんですか?覚えてくださってるのかな?
    視力が悪いのもご本尊を否定したからとか。
    単なる小さい頃のテレビの見すぎだと思いますが。

    信心しててもしてなくても、創価であってもなくても、
    普通に因果の理法は働いているんです。
    暴飲暴食したら体こわしますし、成長期にテレビ見すぎたら視力も悪くなります。

    あー、考えたら考えるほどあほらしい幼稚な考え。
    信じている人たちもおかしいと思わないのかな。創価脳っておそろしい。

    貴重な資料を教えていただきありがとうございました。
    社長会の、貴重な資料読ませていただきます。

    アドレスの最後がunkoなのは笑いました。わははーーー。

  73. >アドレスの最後がunkoなのは笑いました。わははーーー。

    (#≧З≦)ノ ぶっ:∴・:∴・:∴・:∴  ホンマや!

    昔、小学生の頃、近所の駄菓子屋かどこかで手に入れた「十字架」のペンダントのオモチャ、
    あれを家に持って帰った時の、バリ活の母親の怒りようったら・・・

    「何じゃこりゃ~~~~~~~~~~~!!  」
    「おう、ワレ! 罰が出て、うちに不幸が来たらどないすんじゃ!! ボケぃ!!」
    「イテもうたるど!! このチビが!! アホ! カス! ウンコ!!」
    ・・・まあ、セリフはちょっと違いますけど(笑)、こんな感じでめっちゃ怒られましたわ・・(;´Д`)
    母親は、すぐに十字架のオモチャを私の小さな手から奪い取り、
    割烹着のまま どっかにすっ飛んで行きました。
    きっと、家のゴミ箱に捨てるのも嫌で、ドブ川にでも捨てに行ったのでしょう。

    それこそ、カブトムシの幼虫だろうが、セミの幼虫だろうが、
    コガネムシだろうが、アメリカザリガニだろうが、何を家に持ち帰っても絶対に怒らない母親が、
    邪宗教的なアイテムを持ち帰ると、ものすごい怒りようでしたね・・・・・・

    それ以来、うっかり十字架やお守りみたいなものを家に持って帰ると、
    母親に○ろされそうな恐怖で、一切、家には持ち込まなかったですし、
    触る事も出来なくなりました。
    てか、そのトラウマ?で、今でも十字架とか見掛けると、頭痛がします。

    昔の時代の創価学会の教えって、もう脅迫めいた感じで
    実体もない罰の怖さを徹底的に教え込んでいたんでしょうね・・・・・・ 

  74. あまにぃさん、退会処理完了おめでとうございます!
    よかったですね~。本当に。
    魔の連鎖。創価にいるほどんどん精神を病んでいく。
    それを打ち切った。本当に良かったです。
    今後もこちらで一緒に創価の悪事を暴いていきましょう♪
    おめでとうございました。

  75. おぉ!あまにぃさんも脱会完了ですね。
    おめでとうございます。
    すごいですね。次々と脱会の報告、多くのみなさんに勇気と希望を与えてくれます。
    ほんとすばらしい!
    まだ覚醒してない学会員さんも、なにかしら感じることがあるのではないでしょうか。
    これからもよろしくお願いします。

  76. あまにぃさん、脱会おめでとうございます。
    宗教団体を辞めるなら、残念な気持ちもこころの片隅にあるかも知れませんが、悪徳詐欺団体から足を洗う訳ですから、これほどめでたいことはありません。
    paroleさん、あまにぃさんに続き、このブログをROMされてる方々が、ドンドン創価学会を静かに去って行かれることをこころから願っております。
    (^.^)/~~~ Take it easy !

  77. また例によって寝られない。
    日曜日は睡眠が足りてるからか?
    もしくは・・・。
    一日も早く創価がつぶれることが、私の楽しみです。

    脱会以降、ラインのブロックや、FBの創価友人が私を削除、などなど・・・。
    やっぱりうすっぺらな組織だけのつながり。人と人のつながりなんて嘘っぱちです!
    今さら仲良くしてほしいとは言わないけど、脱会して「人」を「人」と見ない仕打ちはないでしょう?
    脱会したからって明日から私が人間やめるわけではないんです。
    普通の人間です。
    でも、組織のロボットたちは私を「悪人」に仕立てあげ、
    くちをきかないよう、連絡を取らないよう仕向けているのでしょう。

    お前らこそ、悪人やろ。偽善で集まってるから本当の人間とのつながりができないんじゃ!
    それでよく世界平和とかほざくな。聞いて笑うわ。わははーーー。
    まともに人と付き合えないくせに。大きな顔して人を悪人扱いするなよ。

  78. 「ぶっちゃけ寺」が早くもゴールデン進出だそうです。
    http://www.asahi.com/articles/ASH5M32S1H5MUCVL001.html
    良し悪しは別にして、近ごろ日本の伝統宗教が注目されてきてますね〜(^_^)
    これまで他宗をクソミソに罵倒してきた創価ですから、今さら何を言っても相手にされないでしょう。創価は完全に孤立したカルト新興教団であることが理解できないのは末端会員だけとなりました。本尊が破門されたお寺の改ざんカラーコピーでOKで、選挙活動が一番功徳があるというのが世界で唯一正しいと言い張ってるんですから、頭おかしくないですか?と言われても仕方ないと思いますけどね〜。

  79. コージさん

    十字架のおもちゃを自宅に持ち帰り、お母様にとんでもなく怒られて捨てられたのですね。
    私も同じような経験があります。
    父親に、破魔矢をバキバキにおられたり(弓矢のおもちゃにしたったのですごく残念です)、受験合格祈願にいただいた太○府天満宮のお守りを母親に取り上げられたり。。。

    父は感情的にブチ切れたのと、母は「こんなのでうちの息子が受験落ちたらたまらない」とのおもいでしょう。

    ソーカの洗脳は、徹底的に「他宗を邪宗」ということでしたね。

    今は「このままだったらやばい」と思ったのか「他宗」といってますね。成熟だかなにだか知りませんが、筋が通ってないです。

    昨日、実家の整理をしていましたが、創価の方から、「拠点に使用していた仏壇がほしい」「ソファーや椅子がほしい」「信心の書籍がほしい」といわれました。

    「そうですね。うちのニンゲンカクメイの本は昔のお山の記述があるのでプレミアですよね」と少し嫌味を言っておきました。

    活動家の方々は教義変更とか、本尊がカラーコピーであるとか、そんなの気にしていないようです(゚д゚)!「そんなのかんけーねー、そんなのかんけーねー! 」「御本尊にかんしゃよりも、イケダセンセイに感謝、創価学会に感謝」

    もうなんかわけのわかんない状態になっています。

    感謝すべき御本尊は、カラーコピー。
    異口同音に「池田先生に感謝」
    これって「生き仏を拝む」のと同じですやん。

    御書をひいても、絶対に「池田先生の指導に。。。とあります」になるし、

    拝む対象も、教義も完全に「池田教」です。

    活動家は「そんなことはない!御本尊と御書根本!」と言いますが、
    感謝の対象と、参考にする指導が池田さんになっています。

    巧妙にすり替えが起こっています。

  80. スマイルさん
    >ソーカの洗脳は、徹底的に「他宗を邪宗」ということでしたね。今は「このままだったらやばい」と思ったのか「他宗」といってますね。成熟だかなにだか知りませんが、筋が通ってないです。

    これは筋が通る通らないどころの騒ぎではなく、日蓮仏法を頭から否定してることだと思います。
    日蓮は自らを末法の御本仏だとして、衆生救済の目的のために凡夫の姿になって現れた上行菩薩の化身だと言いました。そして末法の衆生の不幸の原因は邪宗にあるのだと。そのために御本仏の出世の本懐である三大秘法を顕わし、破邪顕正の闘いを託されたのが地湧の菩薩たる創価学会員なのだと言ってきたわけです。その御本仏の御遺命を「時代に合わない」という理由で簡単に覆したんです。そして今度は破門されて金蔓の道具だった御本尊が下付できないとなって、本門の本尊の解釈まで自分たちで勝手に変えてしまいました。ご都合主義なんてもんじゃなくて、もうメチャクチャです。メチャクチャなのは知ったことではないのですが、このメチャクチャに何の疑問も持たずに信じ込まされている学会員さんには、是非気がついてほしいと思います。

  81. 信仰の根幹である教義を変えるのは、そんなものどうだっていいと思っているですよね。
    それ以外に何があるんです?
    な・ん・で、宗教の要である教義を180度、変・え・る・の・で・す・か????

    商売道具にすぎないからですよね。
    「日夜、お供え物をして大切に敬ってるのは末端のみで、トップは信じているふりをしてるだけ」
    この事実を何度言っても、活動家は信じません。
    人一倍疑うことを知らず、どんな奇想天外なことでも信じてしまう素直な信者がです。
    日蓮が釈迦を超えた「御本仏」であることは信じても、人間革命を始め膨大な執筆はすべて池田のものと信じても、ヤクザと関わったのは山崎正友が勝手にやったこと言われれば「そうなんですね」と信じても、これだけは信じません。
    はあ~、ため息ですよ。

    日蓮の教えがそれほどのものではないと知っているのは、誰でもない。
    「絶対です!」と指導している池田他、大幹部です。
    池田のふりしてこっそり人間革命やら教学本を書いている面々です。
    彼らは日蓮の教えが、盲信するにはとんでもないと知ってるからこそ平気で商売に使えるのです。
    本尊も改ざんできるし、教えも捻じ曲げられる。
    むしろそのまま教える方が危険で厄介なことを知っている。
    だから敢えてまともには布教しないのですよ。

    先日白いブランコさんのブログで、創価の存在価値を聞いたら
    >普段は何でもない人がピンチに陥った時に手を差し伸べてくれるところだと思います。逆境の人に寄り添う、利害関係ではなく本物の信頼関係、それを見返りを求めず行うところです。

    という返答を頂きました。
    これって創価だけですかね?
    ここはそんな創価の「アンチ」が集まっています。
    それでも「ありがとう、救われました」って声ありますよ。
    書き込みをする人たちに利害関係なんかありません。
    まったく素性のわからない人たちに何の見返りを求めるんでしょう?

    そんな世界は創価じゃなくても、日蓮など用いなくてもいっぱいあります。
    たいていは改善など全く要らない問題のない世界です。
    それって当たり前のことですよ。
    改善しなければならないような悪しき問題のある団体に、なぜ執着しなくちゃいけないんでしょうね?

  82. シニフィエ様、みな様おはようございます。社長会の内容が衝撃的でした。
    私が個人的に知っている方が登場していました。今はもう亡くなられていますが、確かに商売をしていました。
    裏では昔からあんな会が平然と行われていて、末端の会員を罸で脅かしながらお金を巻き上げていたんですね。
    デー作の異常な性格を見せつけられました。
    恐ろしすぎて吐き気がしました。
    皆さんが次々脱会に踏み出す中、私自身は身内の事情で今すぐ脱会はできない状態ですが、未活の主人と先週末話しあいまして巨大仏壇は処分して構わないと納得してもらうことが出来ました。
    業者も学会員なのだと思うと気が重いのですが、頑張って処分したいと思います。

  83. 十字架のおもちゃ可哀想でしたね、…そんなことありましたね。

    私は、娘が英語の勉強ができるキリスト系の学校に進学するにあたり、
    初めて(みなさんも未体験の方いますよね)礼拝形式を体験しました。
    入学日まで、どうしよう…と、そわそわ生きた心地がしなかったんですけど、
    学校内の簡素な十字架と祭壇を前に、パイプオルガンの前奏、賛美歌…と、
    淡々と進行されました。
    礼拝の言葉も慈愛に満ちた語り口で、すっかり感心しました。
    帰り道は、なんだか晴れ晴れと清々しいような、
    なにを自分は恐れていたのだろう、なんて頑なで慢心な人生だったんだろうと、
    身近なところに優しさはあるんだと、なんだかな〜、という気落ちでした。
    宝塚で十字架を前に踊ってる場面とかも、
    うっとり楽しめるようになりました……♪

    他は邪宗だ、なんてイキガっているのは創価学会ぐらいなもんです。
    なんで勝負にこだわるのやら…これからどうするのやら…

  84. にゃんこ丸さん、はじめまして。
    ヒステリーとか浮気は創価とは無関係ですよね。
    願いとして叶わざるといいますが、ヒステリー、浮気、病気、暴力、ギャンブル、経済苦が学会活動をしたことを理由に治らないのを、私もこの目でよくよく見て知っています。
    本人はもちろん「そういうことをされて悩む方に宿業がある」とされ、悩んでる方が祈っても同じく効果はありません。
    1か月、半年、1年、2年、10年、20年…そして40年、人一倍愚直に活動して、新聞配達を代配なしで歩いて20年やって、結果「ぴくりとも変わらず」覚醒した人を知っています。

    創価は体験、体験と言いますが、これにもからくりがあります。
    叶わなかった体験は絶対に扱いません。
    聞こえないふりをして完全に無視します。
    何かが好転した人だけの話を取り上げて、それの因果関係を勝手に創価と結びつければいいのです。
    因果関係か創価なんて誰にも証明できませんが、断固そういうことにすればいいのです。
    それなら幾つでも話を作れますよね。
    できるだけもっともらしく、ドラマチックに書けばいいんですよ。

    幸・不幸の原因は創価のいう理屈とは完全に無関係です。
    「法華経を誹謗したから不幸になり」
    「新聞啓蒙をしたから幸福になった」
    なんてこじつけもいいところです。
    原因はまったく別のところにあります。
    上記の例で「願いが叶わなかった理由」もまったく別にあります。
    決して「法華経を誹謗した罪業が深かった」わけでも「信心が足りなかった」せいでもありません。
    それには言及しませんが、気付いた人は創価になど関わらなくても解決させています。

    創価はどうしてもそのこじつけを、「法華経の誹謗のせい」と「創価の信仰による福運のおかげ」にしたいだけなのです。
    だってそれで商売を成り立たせているんですもん。
    理由はそれだけのことで、これが本当かは別の話なんですよ。

  85. 続きです。
    某婦人部は折伏経典がそのまま頭に入っている人だったので
    「世の中の不幸は過去世による法華経誹謗のため」
    「宿業はこの信心でないと解決できない」
    「例えば夫の暴力で悩む宿業の妻がいたら離婚・再婚しても無駄」
    「命の中にそれで悩む業が切れてないなら、再婚しても同じことで悩む」
    「策や方法じゃないの。信心なの」
    と言いました。

    私がこれを聞いたのは小・中学生頃でしたが、「え~?離婚して再婚してうまくやってる芸能人とかいるじゃない?」
    と単純に疑問でした。
    難しい理屈はわかりませんでしたが、私はこれに関しては絶対に違うと思いました。

    いやしかし今思うと、なんと脅迫的な息苦しい考え方なんだろうと改めて思いますね。
    こんなふうに思うだけで閉塞感で運気が落ちる気がしますね。

    ちなみにそう言い放った婦人部はご主人を早くに失くし、息子さんは離婚しましたよ。

  86. 今では婦人部は『池田塾』という会合があります。小説新人間革命を1万円くらいで買わされて教材にして学ぶのです。御書を学ぶのならともかく池田さんのウソっぱち小説を学ぶなんて私には嫌でたまらない。

  87. こんにちは。ひらがな打ちで頑張っている加奈子です。
    シニフィエ様
    創価のほんとうの情報が見れるように信頼できるサイトが必要ですね。このブログもよくあるアンチサイトではなく「信頼できる創価の情報源」となれるようがばります。とのこと
    もうなられてますよ。
    それで救われた私も一人ですから。
    私はときどき精神のバランスが取れなくなる時があります。それは学会の人と接すると必ずそうなります。だったら接点を持たなければいいだけの話ですが、それができなくて苦しんでいます。
    最初にコメントさせて頂いた時も、精神のバランスを崩していた時でした。真暗闇の中で、手探りで、自分の気持ちを文字にして送信させて頂きました。こちらのルールもやり方もなにもわからなかったので、変な文章を変なところに送信して、迷惑をかけたのではないかと、ずっと気になっていました。
    覚醒したものの、問題は山積みです。それらの1つ1つを、こちらに寄らせていただく事で、頭と心の整理を少しずつさせてもらっています。シニフィエさんの御言葉皆さんの御言葉、心に響くものであふれています。ここは私の心のよりどころとなっております。シニフィエさん、お身体気をつけて、これからもよろしくお願いいたします。

  88. ガスの消し忘れや水の出しっぱなし、等に気をつけながら
    高齢者は日々の生活を送っていくだけでも、必死なのです…。
    そこへきて、教義やら本尊の定義やら、コロコロ変えてしまったら、
    混乱することぐらい、身になって考えたら分かるでしょう〜

    宗教団体どころかインチキ詐欺団体で悪質なのです、
    創価学会って組織は、高齢者を対象にした詐欺団体になりつつあります。

  89. シニフィエさん

    そうなんです!「メチャクチャ」なんです(^^)
    これが言いたかったんです!
    うまく整理して書けませんが、とにかく教義から何からメチャクチャで、頭が7つに割れた状態ですね!

    胸に七つの傷があるのなら正統な伝承者ですが、頭が7つに割れてるのはただのキ○ガイ
    にすぎないですね。

    様々な面において「破綻」を来しています。
    だから会員の人生も「破綻」するのですね。

  90. あまにぃさん、脱会完了おめでとうございます!良かったですね!
    次々と脱会報告、素晴らしいですね(^_^)
    やはりこちらのブログは素晴らしい!
    管理人のsignifieさん、皆さんに感謝です。

    私の言いたかった事、モニカさんに解説していただいてスッキリです!
    どうも私は自分の気持ちを文字にするのが苦手なようで。語彙力も乏しいんでしょうね。
    山崎正友の件は、常識で考えれば勝手にやったなんて考えられる筈もないのに、マインドコントロール恐るべしですね。
    主人には学会幹部の納税額も見せましたが、無反応でした。
    ネットはデマ、ウソばかりという頭で見るからなんでしょう。
    ネットで買い物はするのに…
    私が洗脳ツールと言った洗脳新聞を毎日読み、題目を上げ、自分に洗脳かけてます。
    こんな主人とこれからずっと暮らしていくのかと思うと気が重いです。

    前にコメントしたかもですが、主人は小さい頃に近所のお祭りに出掛け、山車を引いてしまい、その夜背中が赤く腫れ上がり熱が出たという話を聞いた事があります。
    これって罰の話として聞いたと思うのですが、お忘れですか〜⁈

  91. スマイルさん
    そうなんです、昔は特に、他宗を邪宗と決め付け、そのアイテム的なものも
    すごく忌み嫌ってましたね
    破魔矢とかお守り、そうそう、同じような事をする学会員の家庭は
    結構多かったと思いますよ~
    最近は昔よりは、少しは考え方が緩くなった?のかも知れませんが、
    心に染み込んだトラウマや傷は、なかなか消えませんよね(^_^;)

    宝星さん
    娘さんが、英語の勉強が出来る学校として、キリスト系の学校を選んだんですね!
    いいじゃないですか、学校の選択は自由だし、
    希望する道に合った教育がのびのびと受けられるべきですよね。
    うちの親戚の女性も、ほぼ非活の学会員なんですが、相手先の強い希望で
    キリスト教の教会で結婚式を挙げました。
    中は荘厳な雰囲気で居心地も全然悪くなく、丁寧な良い結婚式だったですよ。

    しかし、昭和の時代から他宗を邪宗と一方的に決め付け、会員にも徹底的に邪宗は悪だと刷り込ませ、
    攻撃的な思考を全員に植えつけて、徹底的に叩く事を正義だの勝利だの叫んでいる訳ですから
    本当に怖い教団ですね・・・
    しかも、相手が反発してこようもんなら、「仏敵だ!」「魔が競い起こってる!」とかいって、
    更に攻撃と追撃の手を緩めない・・・・・・  
    どんな悪党集団デスカ?? (;゚д゚)

    しかも、もっと呆れるのは、創価学会は近年、すっかり商売優先?の思考に切り替わり、
    世界広布の時代なんだから、まあ他宗もどんどん認めた格好にして、
    我らの度量の大きいところを見せてますよ~ってパターンなんでしょうかね?
    そして、世界広布のフリをして、優雅に海外旅行ですか?
    邪宗と戦うより、優雅に海外で旨いもん食って、写真撮って遊んでくる方が楽しいんですもんね~
    散々、会員を長年に渡りおかしく洗脳してきて、バカじゃないのか??

    末端の高齢の会員は、昔ながらの邪宗アレルギー全開で、自分でも苦しみながらも
    大昔の学会の狂信的な教えをそのまま実行、信仰しているというのに・・・
    その会員たちは、聖教新聞をちゃんと読んでいるのかどうかもよく分かりませんが、
    そもそも聖教新聞自体が、相も変わらずセンセーの顔写真と会合風景ばかり載せているので、
    高齢の会員たちも、何も思考も変わる事無く、今日も邪宗と戦っているのでしょう。

    ところで、最近の聖教新聞の会合風景、やたらアップの作り笑顔が目立つと思ったら、
    前列数列分を映した写真が、なんか多いですよね。
    きっと、会合に集まる人数が少ないので、前になるべく詰めさせて、
    アップで撮っているのでしょう。
    そのうち、まるで会場が満席になっているような、不自然な合成写真が出てきたりして・・・・・・・

  92. 本日、有給休暇でございます。
    (^_^)
    何年かぶりに、自分を覚醒に導いてくれた本
    『魂の絆』マイケル J ローズ 著 (徳間書店)を読み返しています。
    『神との対話』とともに、自分のバイブルとなっております。
    この本を読んだ時、創価学会の陳腐な人生観や世界観や価値観が瞬時にして、木っ端微塵にぶっ飛びました。素晴らしい本です。この本のなかに、
    「我々は論理に頼り、理由づけすることによって偽りのものを真実にしようとし、それを信じこむようになる。すると今度はそれが現実を作り出して我々は虚偽の現実に安住する。やがてその欠陥がさらけ出されたとき、やっとのことで真理に出会える…暗闇の中の一筋の光として!これが人間の生き方なのだ!僕もこうして生きてきたのか!」
    自分も創価学会の罠にはまり、過った価値観や人生観で悩み苦しみながら生きてきて、その間違いに気づくことによって、真理に近づくことが出来たのだと理解できました。
    この本のなかの主人公は、数々の過酷な体験をする中で、ハイヤーセルフから「何を学んだかね?」と尋ねられます。
    人生は苦難の連続ではありますが、その苦難を一つ一つ乗り越えることによって、知恵を磨き、真理を知ることができ、本当の自分にたどり着くことができるような気がするのです。
    その旅に、もはや創価学会の過った教えに頼る必要はないし、頼ってはならないのです。
    そのことに気づいた我々が、未だ創価学会の罠にはまり、呪縛に苦しむ方々を助けようとするのは、ごくごく自然なことだと考えます。
    今後はさらにパワーアップしたコメントで頑張っていきます。
    スレ違いのコメントで失礼いたしました。
    (^.^)/~~~

  93. マゼンダさん
    池田塾、こちらでは『白ゆり大学校』という名称で同じことやっています。
    マゼンダさんのおっしゃる通り、あんなインチキ小説から何を学ぶっていうのでしょうね。

    話変わりますが、地区婦人部長から、今年の任用試験受験対象者リストが配られました。うちの子どもたちの名前がガッツリ書いてあります。
    ゾッとしました(-_-;)

  94. コージさん、コメントありがとうございます
    その後、娘はまた違うキリスト系の大学へ進学し、英語を学んでいます。
    言語によって、思考の仕方もこんなに変わるんだと、話してくれます、
    もし日蓮が英語等学ぶ機会があれば、また違う見解を示して、
    改訂版とか著すことがあったかもしれないですね。

    誰にでもそれぞれ訪れるであろう
    人生の苦難に対して、横から「それは罰よ」と口出ししてくる
    態度は実はずいぶん傲慢なことではないか、と思ったりします。

    ラザリスさん、いい休日をお過ごし下さい、
    いつもありがとうございます、こちらに集うみなさまも…

  95. 一生罰に怯えて暮らす自分の人生に疑問も持てないまま、5年も安否のわからない名誉会長が言ってきたとすることを真に受けて、自分ばかりか周りの人をも不幸にしているのに、どんなに矛盾した現実を突きつけられても、創価学会は正しい宗教だと言い張っている創価学会員だけが、いまの創価を存続させています。
    罰が当たる地獄に堕ちると言われ続けてもなお、そこにどうしようもなく疑問を感じ、創価のおかしさ、創価の理想と現実とのギャップに納得できなくなって、創価の実態に気づいてこれた皆さんの真実の声を、多くの学会員さんにも聞いて欲しいです。

  96. 池田デー作が、信心の功徳で弱かった体がここまで生きるまでに回復した。これは世界広布のために世界をまわっておられたからだ!と、会員は信じています。
    しかし福島源次郎の文章読んでますと、デー作の体をメンテナンスというか、治療・管理するのに、教団の金を公私混同していた。要するに創価の金を使っていたということで、なーんだ、それなら理解できると思いました。
    功徳でもなんでもなく、お金を使えば最高の治療できますって!
    よく、世間では「天皇陛下や皇族は至れり尽くせりのお金と人をつぎ込んで治療してもらえる」と言われてますが。きっと天皇陛下、皇族なみに最高のおもてなし治療をしてもらっていたことでしょう。そして今はその罰で「隠れなければいけない姿」になっているのです。

    人の不幸の上のお金で自分の健康を築いていたんです!ゆるせんジジイ。

    以前、信濃町に行ったことあります。デー作の家って見てきました。
    バ幹部が「なんてことのない、普通の家でしょ?先生は贅沢されないんよ。質素な生活されてる。」って私に言いました。しかし、説得力なし。その家を見るに、十分大きいし、東京都内であの大きさだと、びっくりする金額になると思います。それで、贅沢されないっていう発言。どこまでお花畑なのか、ぞっとします。
    しかもデー作が関西に来る!っていえば最高のプレゼントを探して関西文化会館に届けるのです。それのどこが質素なんでしょう?質素な先生なら、受け取らなければいいでしょう?受け取るから会員も届けるんですよ。
    しかも、何か忘れたけど、地区でプレゼントと地区のアルバム(絶対見てもらえないのに)を届けると、私に包装紙のいいのをもってるかと聞いてきた。
    ありあわせで、割とカラフルで包装仕方によってはきれいにできる包装紙を持って行った。
    結局、ありあわせは却下になり、「わざわざ」高級包装紙(紙すきの和紙か何かだった)を買ってきて、きれいに包装してました。(ばかじゃね~の、そんなもん包装紙なんて見てくれてないし、中身だって会館の職員が整理整頓するだけ)
    こんなアフォなことに時間とお金を使って、それが師弟不二って。笑ってしまいます。
    包装紙に選ぶ時間とお金かけるなら、もっと他にすることあるし、題目のいっぺんでもあげてはどうですか?会員さん?
    ちょっとスレ違いになってしまいましたが、一事が万事バカなことばかりしていて、功徳なんてありません。逆に道徳から外れたことしていることが多いので、人間としての報い(一般的な因果の理法)を受けるでしょう。その結果、会員は総罰の対象になることでしょう♪
    そうそう、この間偶然自分ちのマンションで会ったハゲジジイ、私が脱会する前から私を夫婦で無視していた。「縁を切ってほしい。会っても他人のふり。マンションで会ってもあいさつしないでほしい」宣言をされ、当然挨拶もなし。こんな非道徳的なこと、しているんですよ?
    普通、会員とか非会員とか、関係なく、同じマンションの人と会ったら挨拶しませんか?
    あ~あほにつける薬はないです。せいぜい夢のような功徳を追いかけて、抜ける髪もない今からさらにつるつるになる日に「間違いだった」と気づいても遅かったかもしれないという日が来たらいいのにって思うのでした。

  97. >治療・管理するのに、教団の金を公私混同していた。
    >世間では「天皇陛下や皇族は至れり尽くせりのお金と人をつぎ込んで治療してもらえる」と言われてますが。
    確かにそう思います。
    天皇陛下でも、体調を崩され入院されると、宮内庁などが国民に報道を通じて告知します。我々の税金で賄われているからでしょう。
    しかし、会員の寄付金で賄われていると思ってもおかしくないセンセイの現状と言えば・・・・??

    ▼センセイや香峯子さんは保険に加入しているのでしょうか??

    予測ですが、創価の設備でドクター部の自前医師の医療行為を受けているとされるのであれば、創価コネクションなどで薬剤や医療機器などが調達できそうで、保険云々も関係なさそうですね。

    結局センセイも治療中ということは、「信心で病気にならない」といった創価理論はなんだったのでしょうか。恐らく本来存在しないはずの「ドクター部」が対応しているのでしょう。

    創価側からしてみれば「病気=仏罰」と言った理論が根底にあるとすれば、「センセイはお元気です。」「執筆活動でお忙しい。」のアホの一つ覚えのオウム返しになるのは必至でしょう。センセイ自体が「仏罰状態」になってしまえば矛盾しますし、特に、創価を敵対視する他宗教や団体に対するカムフラージュ的要素も高いと考えます。

    創価脳の人は、「自身がが病気であることを隠して強がらなければならない使命」があるとすれば、うかうか病気なんかしてられませんね。健康保険の類にはじめから加入しなければいいのにとも思います。国民の負担も楽になります。

    それこそ、センセイがかつて言っていた「創価王国を作って私が守ってあげよう。」や「慈悲の団体だから。」の精神で、会員とされる方々を、扶養家族に入れたらいいのにと思います。
    (まあ、できるわけないと思います。センセイは公人でもなく民間人で、創価コンプライアンスも「臭いものには蓋」みたいですし・・・・)

  98. kickeyさん
    あいさつしない宣言ってほんとに社会人として非常識ですね
    学会員になったらこんな非常識な人間になるという見本ですね。情けない
    それにしても、いつも笑わせてくれまんな~ kickeyさん おもろい!

  99. 同僚がいってました。

    「天皇陛下もご病気になられる。心筋梗塞、前立腺がん、これらってストレスが原因としか考えられない。食事も管理され、最高の医学をもって健康管理されているのにね。」と。

    池田さんは、飲食の欲が強いみたいですね。S大学の弟(弟も内情を知って非活です)がいってましたが、「プリング○ス」というポテトチツプ大好きらしいです。

    池田さんの体型をみても、どのような食生活をされているのかよくわかりますよね。

    池田さんは「飲食節ならず」のための罰の脳梗塞。今頃「ウンコタレ」なのでしょう。

    池田さんの「蝋人形写真」みました。 創価の中枢はどこまで馬鹿なのか?

    昔、中国の鄧小平は、水泳をしている姿をビデオでながさせていました 。せめて、近況の「動画
    」があれば池田さんの体調報道に関して不信を抱いている多くの会員は納得しますよ。
    奥様が、スマホで撮影して、HP上にでもあっぷすればいいんです。
    できないんだったら、側近にSNSでつぶやかせたり、動画をあっぷさせたらいいでしょ?
    これだけIT発達しているのに、音声参加とかでごまかすなよな。音声なんていくらでも修正できるのでは。写真なんてなんぼでも合成できますしね。
    裏を返せば、これだけ写真修正の技術が発達しているのに、あの程度の写真しか載せられないのはよほどひどい状態なのでしょう。
    正直に告白すればいいんです。

    罰があるなら、池田さんの今の姿が「罰そのもの」です。

  100. 創価が宗教ではないということの客観的な事実がここまで明らかになっているというのに、活動家の皆さんは自分でメチャクチャな理由をこじつけてまでそれを認めたくないがために「創価の現実」は池田氏の意図に反した勝手な暴走であり、あくまで創価は正しいと言い張っています。創価の発展に生涯を捧げてきた福島副会長は、創価学会改革派の旗手だったと思いますが、この人さえもが諸悪の根源は池田氏だったと述懐していることなんか全く無視できる神経がわかりませんよね。
    副会長をはじめ、多くの会員さんが改革や改善を試みては反逆者扱いされ、ボロボロにされて捨てられてきました。そんな事実さえ見えないで何が改善なんだろうって思います。
    ただただ創価は正しいと思わなければ自分の人生を否定しなければならなくなる。それが怖くてできないでいるだけにしか見えません。
    改善改善って言ってますが、そんな改善をすれば創価は会員からお金がとれなくなるんですから、それはすなわち創価の存在を否定することなんですよね。だからこそこれまで改善しようと声をあげてきた側近たちはことごとく潰されきたんです。潰されてはじめて池田氏の悪人ぶりに気がついて暴露本を出すんです。
    元側近さえそうなんですから、白いブランコさんがはじめた改善策など、単に無視されて終わるでしょう。といいますか、そんなのただのゆる活とひとつも変わりませんよ。選挙活動をしないゆる活地区部長、以上、終わり。そんな学会員、全国にいっぱいいますし、適当にスルーされてます。さすがに副会長クラスのような組織に影響力のある幹部は徹底的に潰して「ほら創価に逆らうと副会長でもあんなバチが当たるんだ、怖いぞー」って会員を脅す材料にしてしまいます。

  101. こんにちは。組織から離れてからなんだか生きづらくなりました。どうしても、自分を責めてしまいます。みんなに笑い者にされ、悪口を言われているのかと思うとたまりません。体調も悪いし、最悪です。主人にさえもバカにされて・・自分が悪いにしても情けないです。(・・;)

  102. ボレロさん、こんにちは。
    ボレロさんは組織から離れたことに対しての「罪悪感」がどうしても気になって苦しんでいらっしゃるんですね。コメントにもずっとそのようなことがありました。
    それは辛いですよね。
    笑われる、バカにされる、悪口を言われる……そのことが自分の心のなかでどんどんふくらんでいるのだと思います。
    今も組織の方から何か具体的に言われることがあるのでしょうか?
    それともそう言われたり思われていると考えただけで罪悪感を感じてしまうのでしょうか?
    それからご主人は組織から離れたあなたに対してバカにするようなことを言われているのでしょうか?
    ボロレさんがそうやって悩んでいらっしゃることに対して理解しようという態度ではないのでしょうか?
    よかったら教えてください。

  103. シニフィエさん、わざわざありがとうございます。私が組織から離れた理由は前のスレにも、コメントしましたようなことです。組織からは全く何も言われません もう私は心の病なのです。創価の人に出会っても挨拶は気持ちよくしてくださいます。主人は、私が離れたことに関しては何も言いませんが、心良く思ってはないと思います。自分でも被害妄想的なところがあると思います。辞め方もあまりよくはなかったので、恐怖心で一杯になります。すみませんこのようなことです。

  104. ボレロさん
    人間誰しも感情の波があり、偏りがあって当然です。承認願望や所属願望があっても、それがそのまま悪いこととも言えません。その気持ちをバネにして仕事に対する意欲を出している場合も多いです。ボレロさんの場合、それがマイナスに働いてしまっているんだろうなと思います。もっとそのままの自分を自分で受け入れることが大切だと思いますし、ご主人はそのことを理解すべき立場だと思います。が、もし今のご主人が創価脳では価値観がおかしくなっていますから、ボレロさんの悩みに寄り添うこともできないのだろうと思います。そこは創価のせいっだとはっきり言えます。創価脳になると、何よりも創価の金儲けが最優先の思考回路になります。どうやったらたくさんのお金を貢ぐことができるか。これが自分たちの幸せのための優先順位の基本となっています。「何もかもを創価に貢ぐことでしか幸せはあり得ない」という、常識では考えられない特殊な世界です。ボレロさんはそんな特種な世界からいったん抜け出すことができたのですから、ほんとなら喜ぶべきことなんです。そんな異常な世界から笑われようがバカにされようが、まったくどうでもいいことなんです。でもそれが気になってしょうがなくて悩んでしまうんですよね。ボレロさん、ものごとの優先順位を一度整理してはいかがでしょうか。そしてそれでも創価から抜け出した不安感があるのであれば、なにか宗教以外のコミュニティで自分の能力を発揮することが、気持ちの整理と切り替えに役に立つかもしれません。たとえばボランティア団体に所属して、困った人のために自分が何かしらの役に立っている実感を掴むことができれば、創価のときの自分がいかに特種で異様な世界にいたのかがわかると思います。これまで創価の活動に使っていた時間があったのですから、文化サークルに所属してみるとか、ボランティアに参加するとかでもいいと思います。文化系の趣味の教室でも、スポーツジムでもいいと思います。いままで学会活動で埋まっていた心の領域がすっぽりと抜けて空洞ができた状態のままだから「笑われている」とか「バカにされている」などといった考えがふくらんで自己嫌悪に陥っているのだと思います。被害妄想なところもあるのだと思いますよ。今のボレロさんに必要なことは、利害関係のない人間関係の中で自分を活かせる実感を掴むことなのではないかと思います。あせらず頑張ってください。

  105. シニフィエさん、私の為にアドバイス頂きまして有り難うございます。全く仰るとおりだと思います。創価に依存しすぎていた部分があったと思います。何か生きがいのようなものを見つけたいと思っています。不安が少しとれました。有り難うございました。

  106. ボレロさんやKickeyさんや脱会の道を自ら選択された方は、
    本当にしんどい思いをされていますよね、それだけ大変な勇気ある決断です。
    ご主人は身内であって他人でもあるし、なかなか分かってくれないというか、うちもそう。
    …それに女性って更年期もあるし、どうしても被害妄想なります、
    とにかく自分を追いつめることは全然ないです、そんなことあります。

    ボレロさんは「愛と哀しみのボレロ」という映画をご覧になったことありますか?
    最初静かに緩やかにそれぞれの人生が描き出され、だんだんと力強いエンディングに
    向かっていく…ボレロの調べにのせて
    私は中でも、哲学者のお二人が行ったり来たりしながら対話を重ねているシーンを
    よく記憶しています、もうずいぶん昔の映画になってしまいました。
    以前、宝塚のシーンでも力強く踊ったのに感動……あ、また脱線してしまいました

    いまこうしている間にも、静かに時は動いているのです、
    悪いことばかりじゃないです、
    ボレロの調べは不思議な力を蓄えている

  107. ボレロさんの気持ちがものすごくわかるkickeyです。

    時々、わぁーーーーーーーーーーーーー!!!!!
    と、わめきたくなる時も。
    全ては創価にいて無駄な時間を過ごした上に、
    近所のバ会員からは、完全無視され、挨拶もするなと言われ、
    縁を切ってくださいと言われ、ものすごい悪者にされてます。
    今でも次々と、友達だった会員が、LINEをブロックしたり、
    フェイスブックの削除、いろいろされてます。
    たかが脱会で。

    創価にいる人間、特にバリ活は本当に心が狭くて、独善的。自分たちがぜったい正しい、
    Kickeyが間違っていて、頭が狂って信者でなくなったから、付き合うなとでもいろんな会員に
    言われているのだと思います。それでなければ脱会のタイミングで、いろんなコミュニケーション削除されたりすること、ありえません。おかしいです。

    Signifieさんも言われていますが、私もなるべく、そんなくだらない、うんこみたいな組織の人間に悪く言われても悲しむ必要なんてない、って思うようにしてるんですが、どうもうまくいきません。
    だからよくわかるんです。
    けど、ここで書き込み心の整理をするしか今は思い浮かべられません。
    それほど病んでます。
    でも、みんなここでは同じ気持ちです。みんながわかってくださるので、時々ここで気持ちを聞いてもらいましょうね。私も聞きます。そして聞いてください。

    というわけで。。。
    サラマンダラさん、アフォな事いわんと、やってらへんなー。とか思って時々おもろい事書いてます。受けていただき有難うございます。
    では、ボレロさん、頑張りましょう、一緒に。

  108. 赤十字、ユニセフ、あしなが募金、盲導犬募金云々
    被災地へのボランティア、海外協力隊云々
    世界には、人々の助け合いの組織や基金がたくさんあります。

    創価脳では「そのような活動は偏頗な活動。創価学会のしている活動の方が、幅も広い。そして、妙法を広める広宣流布こそが最高最善の活動」
    「赤十字募金とかするより、創価に財務をしたほうが、広宣流布をささえるため有効に使用される。だから募金なんかより、財務の方が世の中のためになる」

    こんな考えをもって生きてきていたんですね(◎_◎;)

    いろいろなMCがあらゆるところにあります。

    そして、創価脳でいきている人がたくさんいると考えると恐ろしくなりますね。

  109. ボレロさん、kickeyさん、(他の皆様も)不安定な心の状態を赤裸々に書いてくださりありがとうございます。なかなか自分の気持ちを言葉で表現するのは難しいのでまるで代弁していただいているようです。どうかご自分を責めたりしないでください。悪いのは向こうです。

    モニカさんのコメントの中に白Bさんの
    >普段は何でもない人がピンチに陥った時に手を差し伸べてくれるところだと思います。逆境の人に寄り添う、利害関係ではなく本物の信頼関係、それを見返りを求めず行うところです。
     という言葉がありましたが本物の信頼関係ならば組織から抜けたとしても無視したり悪口言ったりしないはずですよね。

  110. 宝星さん、いつも温かく思いやりに溢れたアドバイス有り難うございます。そうですよね!私だけではなく、皆さんが辛く苦しい思いをしておられるのですよね。[愛と哀しみのボレロ]ですか、懐かしいです。ボレロの調べのように・・そうですね!ホントそのとおりです❗
    Kickeyさん、貴方の200円財務の体験はとても衝撃的で、私に勇気を与えてくださいました。とても個性的で、お茶目で明るくて度胸がおありだと思います。可愛いわ~何故そんなkickeyさんを、組織が疎外するのか分かりません。私も、疎外されたことがありますが、あの人達は人の気持ちというものがわからないのだと思います。本質的なものは私はよ~くわかってますから・・
    Kickeyさん、有り難う❗そしてお互い頑張りましょう!

  111. マヨイさん、有り難うございます。そうですよね、居心地が良ければ、組織にいると思うのですが、悪いから抜けたのですものね。
    創価の組織は村社会だといわれます。私には、合わなかったのだと思います。
    ここにお集まりの皆さんは、自分をもっておられるのだと思います。しっかりした意志がある・・創価がもっとも嫌うものです。
    マヨイさん、有り難う❗少し元気がでてきました。

  112. 自分のバイブル、『神との対話』『魂の絆』に共通する教えに、
    We are all one.
    すべてはひとつ (すべてでひとつ)
    というものがあります。
    究極的には、すべてのものは同じ源から出発した「尊き者」であるという教えです。
    これに対し、創価学会の教えは「仏と魔」「仏と凡夫」「内部と外部」「内道と外道」「求道者と退転者」のように、とかく自らの組織の独善性を強調します。
    つまり、人々を結びつけるための教えではなく、人々を分断するための教えであるということです。カルトとされる所以です。不完全な教えであるということです。
    kickeyさんのコメントにあるように、組織から離れた人間を差別したり、特別扱いしたり、ましてや憎んだりするような教えが、本物の宗教であるはずはありません。
    創価学会が宗教団体ではなく、宗教を利用した詐欺団体であることの客観的な証明になると思います。
    ゆえに ボレロさん、創価学会から離れたことを悲観する必要はありません。
    100%正しい選択です。
    (^_^)

  113. ボレロの調べ
    ジョルジュ・ドンのボレロ今も脳裏にしっかりと焼き付いています
    ボレロさんここに来られる皆さんは全て応援をしていると思いますよ
    一人ではありません、あの心揺さぶられる曲のごとく自分に自信をもって
    立ち上がってください、あの曲を聞けば勇気が湧くじゃ~あ~りませんか(^_^)
    弱気にならず頑張ってください

  114. ボレロさん、お辛いですね・・・
    なんと言っても、創価は会社組織とかではなく一応は宗教団体ですから、
    「辞めるというのは有り得ない!魔に負けたんだろ!?」とか、「邪宗に感化されたのか?」とか、
    「人としておかしくなったのか?」などなど、もう失礼で非人間的な言葉のオンパレードで
    脱会した方を容赦なく責め立てますよね・・・
    日本全国、どこでもこんな感じで脱会者、退転者を責め立てます。
    本当に酷い組織です。
    なので、脱会にまで進む勇気がなくて、どうしても躊躇してしまい、
    非活止まりの方々も全国でかなりの数に及んでると考えられます。

    でも、安心してください、
    創価は、功徳もまったく無ければ、罰も1%も無い、単なる金集め&選挙支援団体ですので、
    1日でも早く抜け出せて良かった~と考えて、気持ちを楽にした方がいいですよ~
    創価学会は、ネットの力も借りて、今、急速に衰退の道を突き進んでいます。
    今、学会組織の中で、あーだこーだ言ってる連中は、マインドコントロールに掛かっているだけの
    愚かな連中なんです。
    kickeyさん風に言えば、脳のおかしい団体なんです(笑)
    (kickeyさん最高です!)

    なので、signifieさんはじめ、ここに集う皆さんも一緒に見守っていますので、
    どうか安心して、普段の暮らしを丁寧に、優しい気持ちで穏やかに暮らしてみてくださいませ。
    必ずや、創価学会は衰退し、壁にぶつかり、池田の身辺も含めて嘘が次々バレて、
    少ない信者は右往左往する時が来ますよ。
    その時に、ざまあみろ!と心の中で笑ってやればいいんです。

  115. マヨイさん、そうですよね。
    >普段は何でもない人がピンチに陥った時に手を差し伸べてくれるところだと思います。逆境の人に寄り添う、利害関係ではなく本物の信頼関係、それを見返りを求めず行うところです。

    これ創価の場合、残念ながら条件付きです。
    麗しき同志の間では、そうでしょう。
    が、ひとたび意見が分かれたら同じ人物か?と思うくらい豹変しますよね。
    利害関係なし、見返りを求めないということは、脱会しようと変わらないってことですよ。
    同じ地区の〇〇さんが今度手術するから集まって祈ろう!はできても、脱会した人に同じことができますか?
    池田先生の乗る飛行機は揺れないように祈るけど、日顕が乗った飛行機ならぐるんぐるんに揺れてもいいわけでしょ?

    祈るどころか挨拶すらできなくなる人もいるんですって!
    これが「本物の信頼関係」?
    残念ながら賛同はしてもらえないでしょう。

  116. 皆さん、おはようございます。励ましのお言葉をいただきまして、有り難うございます。
    ラザリスさん、色々勉強されていて、知識がおありなのですね。活動家であるころから不信な点は感じていましたが、ホント仰るとおりだと思います。
    サラマンダラさん、いつも温かいお言葉頂き有り難うございます。そうですね❗ボレロの調べのように・・ 勇気だしましょう❗
    コージさん、有り難うございます。すみません、私はまだ、脱会はしておりません。組織とは距離を置いた状態で、脱会も申し出たのですが、受け入れて貰えませんでした。そこまできましたので退会したようなものですが、いずれは、決着をつけなければと思っています。会合でいくら、正当なことをいっても、ご自分たちの行動が伴わなければ説得力ありませんよね。
    ラザリスさん、サラマンダラさん、コージさん、本当に有り難うございました。

  117. モニカさん、本当にその通りです。手を差し伸べてもらうには条件付きです。一緒に騙されてお花畑の住人になること・・・
    みんな、早く気づいてほしいです。その親切は無条件ですか?会合に出なくても、新聞とらなくても変わりませんか?

  118. はじめまして、サカナといいます。
    現在学会員で、去年まで活動していました。
    現在は地方に逃げるように引っ越し、未活動です。

    一世です。
    心が弱ってるときにシャクブクされました。
    初めは創価学会の人間はとても暖かい人のように思えました。が、役職があがるごとに、内部が見えてきて、あれは演技で結局は数字。
    数字がとれない、どやされ、詰められ、無償でブラック企業に勤めている感じでした。

    協議会というのがあり、そこで未活動の人間をどうするか話したりするのですが、組織ぐるみでの集団ストーカーに唖然としました。
    が、僕も洗脳されていたので、疑問をもちながら、活動に参加していました。

    正直、創価学会の活動内容は地域によって、違いがあり一概にこうだとはいえませんが、
    僕の所は酷かったです。

    もっと活動に集中できるような仕事に変えるべきだと、仕事の変更まで進められました。

    洗脳されていたときは、これも自分のためと、言い聞かせがんばってきたのですが、見活動の人間をバカにしたり、外部の人間を見下す仲間の姿に違和感を覚え、中には部員に手をあげる部長もいました。

    耐えきれなくなり、僕は嘘をつき、引っ越しをしたのですが、住所を聞き出そうと、常識はずれの電話が毎日かかってきました。
    僕は恐怖しました。すぐさま電話番号をかえてそれ以降連絡はないのですが、いわゆるカラーコピーの御本尊に恐怖を覚えます。
    捨てたくて仕方がないのですが、いわゆる不幸が起きるんじゃないかって。
    未だ捨てられずにいます。
    できれば脱会もしたいのですが、もし、創価の人間に捕まり、集団で説得された場合、僕は引き戻されるでしょう。
    なぜならそのような現場をみてきたからです。
    彼らに太刀打ちはできません。

    どなたか、相談にのってもらえないでしょうか?
    よろしくお願いします。

  119. サカナさん、はじめまして。ラザリスです。
    自分も一世です。二十歳で入会し、その後20年ほど活動した後、創価学会のイカサマに気がつき非活動となり、現在はバリバリのアンチです。アラフィフです。
    そもそも、創価学会は宗教団体ではなく極悪詐欺団体であり、首脳部に末端会員が騙されながら金集めのパシリをさせられているだけのことです。
    ゆえに、学会活動しようがしまいが、罰も功徳もありません。ご安心下さい。
    もしも創価学会が仏様の集まりで、イケダセンセイが本物の偉人で世界平和に貢献している人間であるなら、毎日毎日このブログで創価学会を貶しまくっている自分なんぞは、今頃頭が七つに割れて精神病院に入院中であるか、はたまたあの世に旅立っていることと思いますが、実際のところは仕事も充実し家庭も円満で健康にも恵まれ、バリ活だった頃の10倍も楽しく有意義に人生を歩んでおります。
    カルト団体を離れて、本当に良かったです。

    こちらは西日本の地方都市であり、とくに青年層の人材が激減しているみたいなので、10年ほど前のように学会から離れる人間にストーカー行為をしたり、嫌がらせをしたりする人間もおりません。
    サカナさんが学会を離れるにあたり、もしもそのような行為を受けるようでしたら、それは「信仰の自由」を脅かす行為ですので、迷わず警察を呼んでください。
    ただし、活動家の彼等も首脳部に騙されてるだけの可哀想な人間なので、許してあげてください。

    自分もそうですが、創価学会の洗脳から解放される過程は精神的に不安定になり苦しい時期もありますが、このブログで心の整理をされて元気になってください。仲間はたくさんおります。
    ご安心下さい。
    (^.^)/~~~ Take it easy !

  120. サカナさん
    はじめまして。スマイルです。私の体験は「ニンゲンカクメイつてなんですの?」の70-80番目の私のコメントを見てください。

    ここのブログで、創価に関して、辛かったこと、疑問に思ったことを素直に書いていけば、洗脳なんて簡単にとけますよ。はじめは精神的に不安定になって悪夢を見たりしましたが。
    創価は宗教を利用した、池田大作の「カネと権力、名誉・欲望」のための組織です。巧妙にそのように洗脳しているだけです。

    カラクリがわかれば、面白いように創価の欺瞞が見抜けますよ!

  121. サカナさん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    今はいろいろ辛いと思いますが、ここのみなさんのお話を聞きながら、ご自分のこともどんどん吐き出して、気持ちを軽くしてください。ここには驚くほどサカナさんと同じ気持ちの方がたくさんいらっしゃいますよ。サカナさんの誰にも言えなかったことは、ここのみなさんも自分で体験されていますから、すぐに理解してもらえます。今はとにかく心を軽くすることが大事だと思います。そしたら罰とかなんでもなくなります。ただの思い込みですから。あとから考えると、なんであのときあんなバカなことで悩んでいたんだろうと必ず思うはずです。
    これからもよろしくお願いします。
    それから、コメントは一番新しいスレッドにお願いします。テーマと多少あわなくてもかまいませんので。

  122. 皆様、初めまして。
    つかさと申します。
    入信は2年前の立宗の日でした。
    信頼していた部下に折伏され、入りました。
    後からですが、その人が旭日大学校で、まず新聞啓蒙やりましたと発表していたのを知り、本当に信頼していた部下だったのにと、初心者の私は本当にショックでした。
    あれほど私の幸せを願ってといいながら、裏では単なる成果発表だなんて。
    入ってすぐに協議会に出され、あの人が病気になったから、チャンスだなど、およそ常識人には聞くに耐えない会話を気持ち悪く感じています。
    なにより気持ち悪いのは、池田さんですが。
    本幹の中継でも、よくわかります。私の身体が強烈に拒否します。
    今は、やめようか思案中ですが、ここに来ると本当に心が軽くなります。
    皆様に、感謝。
    これからもよろしくお願い致します。

  123. つかささん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    そうですか、2年前に入信されたんですね。
    でもはやく気がつけてよかったと思います。
    一日も早く脱会の手続きをすませたほうが良いと思います。
    すこしでも躊躇するようなところを見せると、どこまでもつけこんできますので、
    脱会の意志は絶対に変わらないんだということを紹介した部下にも、幹部にもはっきりと伝えるべきです。
    伝えるときには御本尊も渡したほうがいいと思います。ただのカラーコピーなのでシュレッダーにかけてもいいんですけどね(笑)
    とにかく創価は宗教なんかじゃありません。ただの詐欺団体ですから、少しもためらうことなんかありませんよ。在籍すればするだけ時間とお金の無駄遣いなだけです。
    まだ聖教新聞をとっているのであれば、電話一本で解約できますから、まずは是非そうしてください。
    創価がそのへんの詐欺団体とちがうのは、一般の会員さんも騙されているということです。おそらく創価を紹介したつかささんの部下も悪気があったわけではないし、よかれと思ってのことです。創価をひとに勧めるほどに洗脳されていますので、彼にどんなに創価がおかしいのかを説明したところで無駄ですので、それはあきらめたほうがいいと思います。つかささんは洗脳される前に創価のおかしさに気がついたので本当にラッキーだと思います。
    まだ何かしっくりしないことがありましたら、なんでも訊いてください。
    それから、できればコメントはいちばん新しいスレッドにお願いします。
    それでは今後ともよろしくおねがいします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中