facebook公開予定のお知らせ!

_______________________

下記の提案はみなさんに検討していただいた結果、撤回させていただきます。

真剣に考えていただいて、ありがとうございました。

________________________

ここでみなさんにお知らせです。

先日、このブログの200万アクセス突破を機に、新たな展開を試みるつもりですとチラッと言いました。しかしそれがうまくいくのかどうかはまだ自分でもわかりません。しかしとりあえずやれることはやってみようと思います。

そこで考えたのがfacebookページでの展開です。

このブログ「対話を求めて」というのは、これまで創価学会員として活動をしてきた方が、その活動内容の理不尽さに疑問を感じ、たまたまネットで検索した結果としてこのブログにたどり着いた方だけが知りうる情報でした。それでもこうして多くの方に賛同していただけるのであれば、みなさんから寄せられる真実の声をもっと多くの人に知ってもらったほうがいいのではないかと思うようになりました。創価学会の問題は、内部の会員だけの問題ではないということが、特に最近の集団的自衛権や安保法制にからむ政治問題にも大きく関係していることで感じたからです。創価問題は単に会員の信仰の問題として収まるような生易しいことではないと思うわけです。創価学会は会員から騙しとってきた莫大なお金を使ってマスコミや法曹界を黙らせ、公明党を通じて政治権力を傘に自分たちの悪事を封じ込めています。そのことに多くの学会員が気づいて、今では衰退の一方ではありますが、それでもまだ多くの人たちが創価学会の詐欺に騙され、人生を棒にふっているという悲しい現実があります。

これまでのこのブログを読んでいただければ、創価学会がどのような手段を用いて人々を欺き、卑劣きわまりないことをやってきたのかは一目瞭然です。ただ悲しいかな、一般の人たちはこれほどまでの悲劇の実態になかなか気づくことはありませんでした。それはこれまでの創価学会は徹底して会員だけに向かって詐欺行為を繰り返し、外部に向かってはあたかも「善良な宗教団体」を演じてきたからです。またほとんどの創価学会員も宗教的な心理操作によってそのように信じ込まされてきたが故に、自分が被害者であることの自覚がありません。ですからこれからも疑問を持たなければ創価学会の実態を知ることなくお金と労働力を貢ぎ続けて死んでいくのです。そうした日本人がこれまでに何百万人もいたのです。「創価学会は宗教ではない。詐欺団体だ。」このことに気づく創価学会員がひとりでも増え、ひいてはそうした認識が一般社会にも広まっていけば、いままで気づかないで搾取され続けてきた人の心も開くことができるのではないかと思っています。

ということで、今回は「対話を求めて」の新たな試みとして、facebookページによる拡散をやってみたいと思います。

まずはみなさんが後日公開するfacebookページ「対話を求めて」に移動して、そこの「いいね!」を押していただけると、みなさんそれぞれのfacebookのタイムラインにこのfacebookページの紹介が表示され、それを見たみなさんの「お友達」がそこからブログ「対話を求めて」のリンクを押してもらうことでこのブログにたどり着くことになります。一旦これが広がると、一気にこのブログの存在が創価関係者はもちろん、それ以外の方にも拡散していくことになるわけです。もちろん創価問題に関心のある人でなければ、リンクがあってもピンとこないとは思いますが、それでもこのブログの存在がこれまでとは桁違いに広まるのではないかと思います。要は、facebookページの「いいね!」を、ここに来られるみなさんの1000人が押していただけると、それが一気に10万にも100万にも拡散していくというわけです。これは創価問題に悩んでいる学会員さんに一人でも多く届けることも目的の一つですが、さらにこれまで創価とは関わりのなかった人にも、深刻な社会問題として創価問題があることを知っていただくきっかけとなることを目指しています。それにみなさんからの「いいね!」によってたくさんのファン数が表示されます。するとそのファン数の多さによって、そのfacebookページも、このブログの信憑性も高まり、これまで創価問題に関心のなかった人にもこのブログを読んでみようかなという気持ちになってもらえると思うのです。

すでにfacebookページとしての「対話を求めて」は作っていますが、まだ公開はしていません。あらかじめこのようなことをやることを皆さんにお知らせした上で、公開の時期を前もってお知らせしておいて、いちにのさん!で一気に「いいね!」を押してもらうことで、facebookの効果を見てみたいと思います。公開時期はこのブログの総アクセス数200万突破の時期を考えています。時期が近づいてきましたらあらためてお知らせします。『◯月◯日◯時◯分から24時間以内にこのアドレス「◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯」の「いいね!」を押してください!』というふうにお知らせしますので、どうかご協力をお願いします!

一般的なブログもfacebookページもそうなのですが、常に新しい情報を更新していかないと、すぐに忘れられますので、今回公開するfacebookベージは、単にこのブログへのリンクを貼っているだけでは効果は見込めないと思います。したがって、このブログにはあえて入れなかった、他の情報…つまり他のアンチブログさんの紹介やリンク、創価の真実を伝える書籍の紹介やなど、信頼できる内容であると判断したものはできるだけ積極的に紹介していこうと考えています。つまりこれまでは皆さんからの実体験に特化して載せていたこのブログはそのままにして、facebookではいろんな角度から創価の実体がわかるようなフレキシブルなページにしていければ、facebookページ本来のよさも活かされ、このブログの信頼性も強化できるのではないかと思います。あくまでこのブログはこれまで同様に、何も変わらず進めていきます。変わるのは、facebookページによってこのブログの露出度が決定的に増加するということです。ですので、皆さんはこれまでどおり、自分の体験をこのブログのコメント欄に書いていただければありがたいです。何も変わることはありません。あるとすれば、ときどき「facebookページ対話を求めて」に行って、「いいね!」を押すこと。これだけでいいんです。それだけでこのブログが今までの100倍にも1000倍にも広がっていきます。

これがうまくいったらツイッターとの連動もやろうと思います。そしたらみなさんは、ときどきツイッターに行って「フォローする」や「お気に入り」をポチッとしてくれるだけで、どんどん皆さんの声が世界中に広がっていきます。

こうしたことを考えるようになったのも、みなさんのおかげでこのブログがこんなに盛り上がることができて、10000を超えるコメントと、もうすぐ200万を超えようとするアクセスがあったればこそです。それだけみなさんのコメントが真実の声であると認められたからではないでしょうか。今ではもうほとんど「ウンコタレちゃん」は来ません(笑)。これも皆さんが圧倒的に真剣なコメントだからだと思います。ほんとうにありがたいです。結局私がいちばん救われています。こうしたみなさんの協力がなかったら、今の自分はどうなっていたかわかりません。

みなさんとともに、この恐るべき創価問題を日本の社会問題として陽の光に晒すこで、ひとりでも多くの人が創価の魔の手から逃れられるようにできればと思っています。

どうかみなさん、今後ともよろしくお願いします!m( _ _ )m

facebook公開予定のお知らせ!」への43件のフィードバック

  1. 私もフェイスブックのアカウントは持っていますが、ほとんど稼動してない状態なので、友人も十名そこそこと少数で、そのうち半分ぐらいが仕事関係の連絡用だったりします。ですがそこに学会員の友人もあまりフェイスブックは利用していないようですがいますので、何とか勇気を出していいねクリックしようかなと思います。本名だし、仕事関係の人には「今まで何の反応もなかったのにいきなりどうした!?」と思われそうで、ちょっと怖いですが(笑)。それでも一人でも覚醒してくれる人がいることを信じて、友人の人数的にあまり大規模に貢献は出来ませんが、いいねさせていただきます!

  2. ブログ「白バラ通信パンドラの箱」の希望です。シニフィエ様がお考えになられたことは、素晴らしいの一言に尽きます。
    時の符号とは、実に面白いものです。現在、私も新しい試みを企画しています。創価学会池田カルト一派の致命的な弱点を突くとともに、戦前へ回帰しつつある日本の現状を一変させる試みです。
    シニフィエ様が実践されようとしていることに比べると、私の企画は、ある意味では極めて古典的なものです。準備が整った時点で、シニフィエ様にご連絡申し上げます。
    季節の変わり目です。シニフィエ様の御健勝を心よりお祈り申し上げます。

  3. にゃんこ丸さん、さっそくのお返事ありがとうございます。
    facebookは基本本名なので知り合いに関係者かと思われるのはやだなと思う人がいるかもしれないという懸念はあったのですが、スタートの日時を決めて、いっきに大勢の「いいね!」があればそれも心配しなくていいだろうと思っています。最初にある程度の数で拡散すれば、どこでどう広がったのかはわからなくなりますからね。ですのでスタート時点でどれだけ「いいね!」を獲得できるかがポイントだと思います。

    希望様、さっそくありがとうございます。
    最初にこのブログの来訪者のほとんどが「白バラ通信」からでした。それがなかったら今のこのブログもなかったと感謝しています。これからもよろしくお願いします。

  4. signifie さんお久しぶりです。最近は仕事疲れもあってコメントも消極的でしたが、毎日ブログは読んでいました。
    実はその陰で、 facebookをやっていまして、友達も数十人できました。大歓迎です。
    楽しみにしています。
    お体を大切に!無理をなさらぬよう。

  5. ブログの記事更新、Reコメントだけでも大変な作業なのに、FaceBook、Twitterまで連携させるなんて、すごいです(@@)。その情熱と行動力に頭が下がります。Signifieさんは自営業者さんなのかな、サラリ-マンではなかなか記事やコメントを書く時間も制約があって、これほどは出来ないと思いました。

  6. 北斗七星さん、けんじさん、ありがとうございます!
    幸い、私は自営業なので、サラリーマンとはちがって自分で時間を調整できます。ただうつ病になってからは集中力がなくなり、仕事自体も以前のような効率を望めなくなりました。正直に言いますと、このブログに依存してしまっているところもあるようです(笑)。

    もちろんこれからもこのブログを基本にして、さらに問題提起をしていければと思っていますが、何もかも自分一人では限界があります。ですから、このブログでの皆さん同士のお話は、できるだけ皆さんで進めていただけるとありがたいです。幸い「ウンコタレちゃん」はほとんどやってこないので助かっています(笑)。

    できればみなさんのfacebookアカウントを通してこのブログを大拡散していただけるとうれしいです。そうすれば新たな展開が見えてくるのではないかと思います。

    じつはこれもたまたまfacebookからの情報なのですが、現役学会員が集団的自衛権や安保法制に対する公明党の態度について批判的な対話の場がミクシィで広がっているのだそうです。やはりいくら洗脳されているとはいえ、今回の安保法制関連に関しては学会員にも疑問を感じている人は少なくないようです。ただ現場で面と向かって組織に意見するような人はいないようですし、いたとしてもさらりと握りつぶされるだけでしょうから、ミクシィのようなところで意見交換がなされているようです。

    これまでの創価のように金や権力で政治やマスコミは封じ込めても、ネットには手の出しようがない。だから創価は今でも「ネットはデマ」と会員に言い続けていますが、もうネットがどんなものなのかを知らない世代は非常に少なくなっていますし、いい悪いは別にして、いまやネットの情報無しでは普通の生活すらできなくなっています。もう「ネットはデマ」など通用しない時代になりました。聖教新聞だって無料ネット配信にすれば、購読料なんていりませんし、地区の人が配達や集金の心配する必要もないんです。でも新聞購読料と、広告掲載料で創価には莫大なお金が入ってくるわけですから、こんな美味しい金蔓を捨てるわけがないんですね。創価のやっていることはすべて金のためです。会員から金を巻き上げるための宗教ですし権力です。学会員さんにはぜひこの機会に気づいて欲しいですね。

    それで、facebookページを公開するにあたって、矢野絢也氏や島田 裕巳氏など創価学会を知るためにおすすめの本があったら紹介してください。
    私はこの手の本はほとんど読んだことがないし、読む暇もありませんので、私が紹介するわけにもいきませんので、みなさんが実際に読んだ本で「これはおススメですよ」と思われるものをこのスレッドに紹介していただけると、公開するfacebookページへ順番に紹介できます。
    また、また出所が確実で説得力のあるネット上での資料やYOUTUBEの動画も教えていただけるとありがたいです。これに関してはガセもありますので注意したいと思います。こうした情報を載せるのは、あくまでfacebookページを通じて多くの人にこのブログにたどりついてもらうための方法ですので、いたずらに創価を批判したり煽ったりすることは避けたいと思いますので、確実なところの情報をお願いします。

  7. シニフィエさん

    素晴らしいです!
    ツイッターで拡散しますね!

  8. facebook公開決定おめでとうございます。

    以前、甥っ子に言われてアカウントだけは取得していたのですが、まったく利用してませんでした(汗々)
    なんていうか、会ったこともない人から「友達になりましょう」っていう感覚になじめなかったので、食わず嫌いを通してました(笑)

    いずれそういう方向にいくんだろうなぁ。と、思ってはいましたが、扱うテーマがテーマだけに、signifieさん大丈夫?というのが正直な気持ちです。
    察するにsignifieさんは映画製作とか番組制作とかに関わってらっしゃいますよね?
    そっち方面って創価がのさばってるってよく耳にしますからねぇ…(いらぬ心配でしたか…)

    できうる限りの応援はさせていただきますが、どうかくれぐれもお気をつけ下さいませ。

  9. シニフィエ様、いつも大変お世話になっております。
    私は知識不足でfacebookのことはよくわかりませんが、できますことは協力させていただきたいと思っております。頑張ってください!

  10. シニフィエさん、こんばんは。

    とうとうここまで来ましたか、facebook公開!しちゃいますか?

    何だか、ロードショー公開!全米が震撼!みたいな感じでありますか?シニフィエさん…だだだ大丈夫ですか?💦

    ここは、開き直りまして賛辞を述べたら良いやら、それとも未曾有の旅立ちをなさるシニフィエさんに迫り来る危険を案じたらよいやら、何だかとても複雑な気持ちなのです…

    うーん(-ω-)実は、私も、昔はメディア関係の仕事にも携わっていただけに、シニフィエさん…心配です(*_*)

    もう、遅かれ早かれ言う時もあるかと思いますので、言ってしまいます。

    因みに私…創価では、文化本部、文芸部員でした……💦

    シニフィエさんの御身が、とても心配です……。

  11. facebookはバリ活ですが、会社のメンバーもたくさん登録していて、
    いいねをすると、◯◯さんがいいねをしました。といって、拡散されるので(友達の友達の設定か、公開の設定の場合)、仕事のメンバーに元創価というのが知られるのも怖く、今のところ、ロムる感じで参加すると思います。
    ツイッターは会社の友人は一人しか登録していませんので、
    ツイッターのほうでは拡散していきます。順次ツイッターもしていかれるとのことで、
    楽しみにしています。

  12. Facebook素晴らしいですね!
    創価風に言えば
    新時代到来です。笑
    楽しみにしています‼️

  13. SNSに関しては疎いので、あまりよくわかりませんが、出来る限りの協力をさせていただきます。
    ただ、アンチ情報を拡散するにあたり 何らかの形で signifieさんに圧力がかからないか心配です。
    そのようなリスクをおかしてまでも、創価学会の悪事を世の中に知らしめることを決意されたsignifieさんの正義感に敬意を表します。
    史上最悪の宗教詐欺団体撲滅に向け、またこの団体の呪縛に苦しむ方々の解放に向けて、皆様共々に一致団結しましょう。

    お題目三唱いたします。
    気合いだー!! 気合いだー!! 気合いだー!!
    以上で 突撃大会を終了いたします。
    (^.^)/~~~

  14. わたし Facebookは退会したばかり、なんです。

    Facebookに加入していない人もイイネって押せますか?書き込みもできるのかな。。?
    それが出来るなら、イイねポチっとやりますよ。(=´∀`)人(´∀`=)

    Facebookをやるということは、シニフィエさんの本名と所在地も公表するということでしょうか。。?

    それをやっちゃうと、なにげにストーカー被害にも遭われるのでは?と心配になります。
    Facebookではプライバシーは守られないですから。。

    Twitterは鍵かけてやってますが。。
    アラシやるような輩ウロウロで。。そのブラックホールに遭遇しないように日々呟いているのですが、シニフィエさんの記事はバンバンRetweetしちゃいますね🎶

  15. ご存知のようにフェイスブックは基本的に多くのユーザーが本名登録であり、リアルでの知人、友人との繋がりを大切にしています。
    個人あるいは法人が各々の責任の元で情報を発信するという信頼性のために世間から支持されているのでしょう。
    匿名掲示板や後期のミクシィ等の誰だかわからない相手とのコミュニケーションにウンザリした方がフェイスブックに流れたと言う経緯も多くあります。
    私はフェイスブックがまだ英語でしか登録出来ない時から使っていますが当時からプライバシー(個人情報)丸出しなのでかなり抵抗はありました、これはあまり流行る事は無いだろうなと私は思いましたけど(笑)
    しかし匿名でのやり取りに疲弊された人々も多くいたのでしょうか予想外に受け入れられていつの間にか市民権?を得るまでに成長してしまいました。
    いわゆる“ぶっちゃけ”と言うんでしょうか?フェイスブックはバーチャルだけどリアルです。多分日本人の感覚ではフェイスブックをバーチャルの世界とは考えていないでしょうね、友人や知人とのリアルなコミュニケーションの1つだと思っています。
    最近では多くの企業もフェイスブックに参加するようになって来ました。
    さて、このリアルなコミュニケーションに創価問題を持ち込むとどうなるかですね。
    「いいね」で拡散は確かに素晴らしいと思います、この創価問題を世間に知らしめるためには非常に有効な手段ではあると思います。
    しかし、誰が猫の首に鈴を付けるかじゃありませんがここの常連さんが今までと同じスタンスでフェイスブックに創価問題を書き込む事が出来るでしょうか?
    実際は躊躇せざるを得なくなるでしょう。何せフェイスブックは基本が本名ですから。
    wordPressのブログには匿名で書き込みフェイスブックには本名でいいねを付けると言うことになりますよね、多分現時点ではそれが限界でしょう。

    ま、話しが長くなってしまいましたが現時点では匿名でしか扱えない創価問題をフェイスブックで世間に知らしめると言うことはフェイスブックの本来の趣旨に沿わないと私は思います。

    ただし、シニフィエさんや常連さんがどこの誰であるかをキチンと提示して自己責任において世間に問題提起をして行くと言う事が可能ならば、ネット云々じゃなくて創価問題を一気にリアルな社会現象にまで持ち上げる事になるでしょう。

    結論を言えば人権擁護の目的でNPO法人を立ち上げるなどをしてからフェイスブックを活用すればより効果的な運用ができるものと私は思います。

    ただ、今はその時期では無い気がします。

    ネガティヴな書き込みばかりで本当に申し訳ありません
    誰の責任において情報を発信して行くのかというところでフェイスブックの利用に違和感を感じてしまいました、何せ私もアラカンですのでかなり頭が硬いのでしょうね、困ったもんです(笑)

  16. ツイッターでフォローします。頑張ってください。
    今月末で新聞止めました。あと二日です。ヤッター!大白とあわせ年間約25000円。
    これからは貯金します。とてもうれしいです。ありがとうございました!
    騙す方も悪いけどなにも調べず入ってしまった自分が情けなくとても虚しいです。
    自分が一番大馬鹿者です。
    脱会の準備をしたいけどおっくうです。ゆっくり進めます。
    カラーコピー本尊と縮小白黒コピーお守り。いらないです!

  17.  signifieさん、私は心配です。
    ブログの運営だけでも相当に労力をさいているのに、フェイスブックとなればsignifieさん自身に有形無形の圧力がかかって心身ともに疲弊してしまうんではないかと。
     私はフェイスブックをやっていないのでフェイスブックでの協力はできませんが、このブログでは引き続き協力させていただきます。

  18. フェイスブックですね。。。
    このブログは匿名で心を癒せる場としてとても重宝しております。
    フェイスブックは、実名登録が基本です。
    匿名と実名では大きな違いがあります。
    社会的に創価問題を扱うのも今までどこの団体もしてきました。
    日蓮正宗もしていますよね。あらゆる手段で。
    共産党も。また全国雑誌も・・・
    エジプトで革命ができたのも、インターネツトをうまく利用したからですが、裏で莫大な資金(国際金融資本)が動いていました。

    フェイスブックで友人が、「いいね」をするのをよく見られます。
    車の広告とか、○○出版だったり・・・
    友人に興味があるので、広告はほったらかしにしています。

    創価問題に悩んでない人は、正直興味ありませんよね。

    まだまだこのブログの認知度が低いと思います。
    わたしは、このブログの利用者が、創価問題に悩む友人知人、また愚痴の出てきた活動家さんたちにそのブログの存在を伝えていくほうが、結果として多くの人々が創価問題に気づいていくと思います。

    このブログの力を過小評価しないでください。
    読んで数日で覚醒できるのですから!

    ただ、実名登録のフェイスブツクでの展開も面白いと思います。
    全世界へ向けての、「学会宣言」ならぬ「脱会宣言」「アンチ創価学会宣言」ですね!(*^^*)

  19. SNSは人によってリスクが違うかなと思います。私みたいにフェイスブックは連絡用でほとんど休眠状態で友達も少ないと、いいねもしやすいですが、仕事関係の人が多いといいねが出来ない人もいるかなと思います。
    私も仕事関係の人は何人か友人登録していますが、たぶん何か聞かれても話せば分かってくれるだろうという人たちばかりなので、この話が進めばフェイスブックではいいねするつもりです。
    それに、学会員の友人が数名友人登録していたり、最近連絡を取り合っていない学会員の友人やかつての部員さんがたまに「友人ではないですか」リストに出てきたりするので、そういう人ももしかしたら見に来るかもという希望もあり、いいねをしたいと考えています。
    でも、いいねが出来ない人がいるのもとても納得できます。
    覚醒したことを隠さなければならない人も、フェイスブックでは難しいかもしれません。メールアドレスから身バレする可能性もあるので、たとえ新しいアカウントを作って参加したとしても、自分であることがバレる可能性もあると思います。
    私の場合、フェイスブックではいいねさせていただきますが、ツイッターのほうになると難しいと思います。
    ツイッターは稼動しているアカウントは仕事の時の名義で、仕事の宣伝等にも使っているので、そこに政治と宗教はいっさい持ち込まないというポリシーでやっています。なので、ツイッターでのリツイートは出来ないということになります。
    逆にツイッターなら出来ますという方もおられるようですし、やっぱりそれぞれの環境によって随分変わってくるのかなという気がします。

  20. 私は今まで通り、ここで淡々と書き込みを続けます。
    Facebookの参加はいろんな人から散々誘われてきましたが、全部お断りしていました。
    携帯も未だガラケー愛用者です。
    これが今の私の生活にいちばん快適なのでそういう選択をしています。

    創価問題は外部より、ともかく活動家に訴えたい。
    外部の方には伝えるとしたら
    「今創価は脱会者が続出していて、おそらくあなたのお知り合いの学会員さんもとっくに退会しています」
    「彼らは既にあなた以上にずっとアンチになっています」
    「このカルト教団を潰そうと、現活動家に必死の説得をしている元学会員が後を絶ちません」
    「彼らの声はもう無視できないところにきているので、教団を撲滅できるのは実質彼らでしょう」
    「またそういった個人、個人はその自分の過去を悔い、傷ついているので思いやってあげましょう」

    非常にムシがいいでしょうが、拡散させるならこれを伝えたいで~す。

    ところでAkiraさんが私よりずっと年上の方とはびっくりです。
    勝手にすごく若い方をイメージしていましたが(笑)、文章がいつも素晴らしいので言われてみれば納得ですね。

  21. 私はFacebookもツイッターもやっておりません
    やり方が解らないためです
    でも一代決心とはいえ実名をさらすということは、今までの学会のやり方から見てとても危険すぎるような気がします。ここまで盛り上がってきたブログですがシニフィエさんの身辺が気になります
    Akiraさん雪風さんの仰るように今はまだその時期ではないような気がしますが
    皆さんの心の内もお聞きしてはいかがでしょうか

  22. akiraさん、ありがとうございます。
    akiraさんのような詳しい方のご意見が欲しかったのでありがたいです。
    私もそのことが一番ネックでした。akiraさんのご心配はごもっともな話で、つまり下手すると身バレしたり、リアルな人間関係に悪影響を及ぼしてしまうということですね。そうなると言いたいことも制限されたり、ウンコタレちゃんたちが炎上させたり、ほかにもリスクが大きすぎて、場合によってはリアルに危険な場合も考えられます。
    単純に私が実名のアカウントで登録したFacebookのタイムラインに皆さんが実名で創価問題を語ることは危険すぎるので、それは考えてはいません。
    いま考えているのは誰がつくっているのかわからないFacebookページに、皆さんが「なんかこんなのが話題になってるけどどうなの?」とか「ちょっと衝撃的なんでいいね!しました」みたいな感じで、いちにのさんで一斉に「いいね!」で拡散することをイメージしています。
    それで私が予想しているのは、そうやっていったんFacebook上に乗れば、ここの皆さんの「いいね!」に反応した人の様々なリアクションが考えられます。もちろんそのタイムラインへのコメントには創価スイッチの入った学会員からの批判的なものもあるでしょう。外部からの反応もあると思います。たしかに「いいね!」を押した人の実名がわかるというリスクはありますが、「いいね!」を押した人のリストは時系列で表示されませんし、皆さんが「いいね!」した直後から、いろんな立場の人が「いいね!」を押したり実名でコメントして、それがどんどん拡散していくことになると思います。それがかなりの数で展開される中では、最初にいちにのさんで「いいね!」を押した皆さんの存在はすぐに薄くなって、あとは実名でも構わないという人たちの議論の場になるのではないかと思うんです。ただしそれがまともな議論になるとは思ってませんが、とりあえず実名での議論なので、そこに注目が集まってさらに拡散する機会も生まれます。それはこっちのブログとは完全に性格の異なるもので、言わば世間に開かれた場所での実名での議論の場所となります。そうなると管理もまた大変になると思いますが、創価問題が社会問題として取り上げられる糸口になる可能性も大きいと思うんです。あくまでこっちのブログへ誘導するための呼び水としてのFacebookページです。
    誰が創価問題に鈴をつけるのかではなく、数百人がいちにのさんで鈴をつけて、世間というステージにポンと押し出す。皆さんが実名で登場するのは最初の数百人の中の1人として一瞬だけということになります。あとは世間の人たちが実名を付した上でそれぞれの責任での議論がなされれば理想的だなと思いますが、そこまでは期待していません。
    あるいはそうした議論の調整管理が困難な場合には「いいね!」だけで、コメントができない設定にしておいて、このブログへ誘導するだけという方法も考えられます。
    何れにせよ、皆さんがFacebookページ上に実名が載るのは、一番最初にいちにのさんで「いいね!」を押した大人数の中の1人というだけで、あとはその人数が増えるだけですから、ほぼ匿名と変わらなくなると思います。
    Facebookページは基本匿名で運営できますので(これ違反じゃないんです。そういうシステムだそうです。私もこれがわかったのでこの発想が出てきました)、私も身バレすることはありません。
    もちろんそれでも「いいね!」を押すかどうかはそれぞれの判断です。できれば最初のいちにのさんの「いいね!」の数が多ければ多いほど影響力は大きいし、皆さんの匿名性は担保されますので、できるだけ多くの方に協力していただけるとありがたいです。むしろ皆さんはFacebookページ上ではコメントしない方がいいと思いますし、皆さんはこのブログで今まで通りそれぞれのHNでコメントしていただけるとありがたいです。
    いまのところこんな感じでイメージしています。
    皆さんの意見をお願いします。

    あ、それから実名が問題になるなら手っ取り早く匿名のツイッターで拡散することも考えたのですが、それだと単にブログが荒らされる機会を作るだけのような気がして、いまのところは考えていません。あるとすれば匿名のツイッター上でFacebookページをどんどん紹介拡散させていくことでしょうね。

  23. 私もsignifieさんに協力して差し上げたいのはやまやまなのですが、Facebookは職場の人と繋がりが多く、親戚とも繋がっているので、実際のところいいね!は出来ないと思います。ごめんなさいm(_ _)m
    Twitterは利用してなく、時々好きな人のTwitterを覗きに行く程度です。
    こちらのブログでは匿名で書けるので、安心して自分の体験を書けるという点があります。バーチャルの世界といいますか…。
    でも、Facebookはやはり実名なので、リアル世界ですよね。
    signifieさんの勇気に敬意を表します。でも、皆さんが心配されているように、私もsignifieさんの御身が心配です。
    たぶん、その辺のところもよく考えての決断だと思いますし、賢いsignifieさんの事なので、何かお考えがあるのかと思います。
    私も考え過ぎなのかもしれません。小心者でごめんなさいm(_ _)m

  24. Akiraさんのコメントをうけて、フェイスブックについて調べてみました。
    SNSについては疎いので、フェイスブックは友達作りには便利な半面、個人情報が筒抜けになるリスクが高いことぐらいしか知りませんでしたが、この情報をもとにストーカーなどの犯罪が起こりうる可能性もあるみたいです。
    また、自分の意図しない場所で個人情報が独り歩きする可能性もあるようです。

    創価学会に都合の悪い情報に関しては、マカフィのロックがかかったりするので、ことさらこうしたアンチの情報については、ハッカーによっておかしな操作をされないとも限りません。
    昨年の教義変更により、一般の活動家は創価学会の宗教としての矛盾に気付きつつあり、アンチを攻撃するモチベーションもダウンしているようですが、首脳部をはじめとする 末端会員を騙して金を巻き上げている輩は、こうした都合の悪い情報の火消しに躍起となるでしょう。

    自分が一番心配していることは、フェイスブックの情報をもとに signifieさんに圧力がかかり、せっかく立ち上げられたこの素晴らしいブログが閉鎖に追い込まれることです。
    最近では特に、新来者が増加傾向にあり、このブログに救われましたというようなコメントが毎日のように寄せられています。
    これは画期的なことだと思います。カルト団体により精神的肉体的に傷付けられた方々が、行き場を無くしてやっとの思いでたどり着いた奇跡の場所だと思います。
    個人的には、今後確実にやってくる「X デイ」をはじめ、創価学会がこっぱ微塵にぶっ壊れる その日まで、このブログが存在し続けることを望んでいます。
    前回のコメントで述べましたが、そのようなリスクを覚悟の上で創価学会の悪事を世の中に知らしめる決意をされたsignifieさんを尊敬しています。
    ただ、流れ星さんの件もあるので、このことに関しては慎重に慎重に進められることを望みます。
    signifieさんの決意を挫くコメントになってしまい申し訳ありません。

    Kickeyさんをはじめ、SNSに詳しい方々に、この件に関しての率直な意見をお願い致します。
    m(__)m

  25. 先ほどのコメントを書いているあいだに、朝からにもかかわらず、たくさんのご意見とご心配をいただき、本当に感謝しています。皆さんがこのブログを真剣に、そして大切に思ってくださっていることをあらためて強く感じました。本当にありがとうございます。もう、涙もんです(照)
    やはり皆さんへはわずかなリスクであってもかけられないなと思いました。
    Facebookページに関しては時期も含めて、もっとじっくり考えてみることにします。そのためにもこのスレッドではブログ拡散についての皆さんからのご意見をお聞かせください。

  26. おはようございます!
    Facebook公開すごいですね!
    私はアナログ世代でまだ無知なせいか、やはり危険を感じます。
    興味を持ってFacebookのやり方をぐぐってみましたら、signifieさんがおっしゃっているように、必ずしも架空の名前が規約違反というわけではないとのことでした。
    それでもまだ慎重に、なされた方がよいかと思います
    signifieさん、睡眠もほとんどとられていないのでは?
    心配しています。

    前スレでコメントいただきましたマグさん、ポトスさん、ボレロさん、コージさん、
    あたたかいお言葉ありがとうございました!
    真面目に活動しているのが、だんだんばからしく思えてきちゃいました!

    これだけ真剣にsignifieさんがご尽力していただいている姿に、私も頑張っていかなければと強く思いました!
    ありがとうございますo(^-^)oワクワク

  27. やまとだましいさん、ご提案ありがとうございます。
    すみませんが、せっかくですが今回は見送らせていただきます。

  28. おはようございます。
    シニフィエさんの決断すばらしいと思います。
    決心されるまで、いろいろ考えたり、悩んだりされたのではないですか。
    私はどうしょうもない時代遅れのアナログ人間なので、フェイスブック、ツィーター、アカウントさっぱりわかりません。
    携帯も今だにガラケイです。こちらにコメントさせて頂きたくて、アイパッドを購入しましたが、こちらへのコメント以外使っておりません。この年になると、新しいことを覚えたり、一人で設定をしたりということができません。20代、30代の方ならフェイスブックもあたりまえなんでしょうが、私の年代になると、フェイスブックとかやってる人、少ないのではないでしょうか?
    私は、こちらのブログ大好きです。kickeyさんのコメントは、とくに好きです。東北暮しは長いのですがもともと関西出身なのでノリ、ツッコミ大好きです。
    替え歌で笑わせていただいたりHNと文章だけで、この方はこういう感じの人なのかなぁ〜とか、想像を膨らませながら、いつも楽しみに読ませていただいています。正直、難しいことはよくわかりません。
    もう少し、今のままではダメですか。

  29. Facebookの件ですが、中には全く個人情報を明らかにせず、顔写真も小犬のイラストなんて人もいますが、そんなにビビることもないような気がしますけど・・・。どうなんでしょうか。

  30. みなさん、短期間の間にこれだけたくさんのご意見をありがとうございます。
    これは多くのみなさんの積極的な合意での「いちにのさん」がなければ、ただ単によくわからないリスクを負うだけのことになってしまいますので、今回は見送らせていただきます。
    みなさん、ありがとうございました!m( _ _ )m

  31. シニフィエさんの正義感は素晴らしいと思います。
    私も、加奈子さんと一緒でアナログ人間で、未だにガラケイです。
    フェイスブック、ツイッター利用したことがなく、さっぱりわかりません。

    ラザリスさんが仰るような危機感はあり得ると思います。
    創価は目的の為には、手段を選ばない組織だからです。
    詐欺集団というより、雪風さんが仰ってた、犯罪組織という方がふさわしいかもしれません。本当に恐ろしい組織です。

    私にとって、ここのブログは唯一の心のよりどころになっているのです。
    私のことを理解してくださるのは、ここの皆さんしかおられないのですから・・
    そして、シニフィエさんも、皆さんも絶対に失いたくないから!
    今のままでもいいかもしれませんね・・
    すみません、何か大袈裟な表現になってしまいました。ごめんなさい。f(^ー^;

  32. 書き込み途中で寝落ちた外部のJanneです。
    決起してFacebook登録して、起きたら廃案になってました(笑)
    でも、見送りで良かったと思います。
    Janneは嵐の悪質な嫌がらせを良く知っているからです。
    だから個人情報の特定を警戒し、Facebookには登録しておりませんでした。
    嵐は意味を持ちません。罪悪感もありません。対象が困惑したり、精神的に追い詰める事を快感として日々獲物を探しています。個人でもあり、集団でもあり、その結束は固いです。
    私が危惧していた内容は皆さんも説明されているようですが、追記で、Facebookをインストールする時に、本名以外での登録も可能です。しかし、後修正は出来ないようで、変更なく登録したり、現在利用されてる方は本名での動きになりますのでやはり、リスクは高いかと…。

    このブログの存在は本当に大切です。そして集う皆様も、かけがけのない人達で、ここを守り続けるからこそ、一人一人の真実の声が読者へ届き、目を通すことでそれぞれが価値を見い出し、創価の実態を世間に伝える事にも繋がるのではないでしょうか?
    これからも、迷われている方にとっての覚醒への道標であり、覚醒後の心のケアや拠り所であって欲しいという希望があります。
    (私が言わなくとも主様が一番理解しているから見送られたと思いますが💦偉そうに今更すみません💦(すみま)
    微力ですし、出来る範囲ですが、これからも、私なりの協力と応援はさせて下さい。

    それでは、シニフィエさん、そして、ここに集う皆様も、それぞれ抱えるモノや悩みは尽きないと思いますが…今を大事に、自分を大事に、くれぐれもお身体ご自愛くださいませm( _ _ )m

  33. 私は30代ですが、自分も知人もフェイスブック、ツイッターをやっている人はほとんどいません。皆、パソコンは持っていますが。ですから、私はフェイスブックが始まってもこちらだけに投稿していようと思っていました。
    白バラ通信のかなり古い記事に記載がありましたが、教授が取り上げられた日記は創価の本部がプロジェクトチームを結成して内容(登場人物等)を解析しているとのことでしたので、やはり、創価問題を扱うのには、フェイスブックはなじまないとは思っていました。

  34. Janneさん

    これ、最高でした↓

    >決起してFacebook登録して、起きたら廃案になってました(笑)

  35. facebookでいいねが押せるのは、最初にsignifieさんに友人申請を出してお友達関係にある人のみになるので、いいねを押した人はこのブログから参加した人ということがバレバレになります。そして公開設定にしている場合、fecebookに登録していない人も誰がいいねを押しているのかを見ることができるようです。facebookは匿名でなく本名と顔写真で登録している人も多いので、いいねを押している人が誰かという特定から、創価によるアンチ狩りにならなければいいなと心配でした。facebookよりも匿名のツイッターのほうがリツイートなどで紹介しやすいと思います。ツイッターにこちらのブログのタイトルが更新されたときに、随時タイトルとURLを貼ってお知らせするというのはどうでしょうか?検索でひっかかりやすいように何かキーワードを入れておくといいかもしれません。

  36. みなさん、すみません。私が思いあまって暴走したばっかりに、よけいな心配をかけてしまいました。
    それから皆さんからの身に余るお言葉、ほんとうに余ってしょうがないです(笑)
    私はてんでダメ人間です。
    ぜんぜん思慮深くもなく、行き当たりばったりで、妻にも呆れられているし、息子も「オヤジの言うことは話半分に聞いといたほうがいいぞ」と思ってるみたいだし(笑)、でも息子は優しいので私のダメ人間ぶりも含めて慕ってくれます。昔はそんな息子にも偉そうにしていたように思います。やはり創価の癖なんでしょうね。「お父さんの言うことを聞いていれば間違いない。ちゃんと言うことを聞け」みたいな。でも今は私がただただ反省をして偉そうな自分を戒めています。
    このブログも感情にまかせて始めました。こうでもしなければアタマがどうにかなりそうだったからです。今でもこのブログがなければ平常心ではおれないのではないかと思うくらいです。こうして言葉にしていくなかで、やっとなんとか人の心を保っている状態です。
    このブログが賑わっていて、たくさんの皆さんに注目されているのは、やはりここに集う皆さんの真実の言葉があるからだと思います。パソコン上のテキストだけでも気持ちの共有ができるんですよ。何も取り繕ったりしない、ありのままの思いを、ときには辛い気持ちでさらけだし、ときには思い切った自分を褒めてもらいたくて報告したり、いろんな皆さんのそれぞれの悲喜こもごもが折り重なっているからだと思います。基本的にみなさんがお互いにどこの誰かも知らないというのに、こうして辛いことや楽しいことをわかちあえる場にしていただいたことが、私にとって何よりの癒しであり希望でもあります。正直ここまでの対話ができるとは思いませんでした。うれしい誤算です。みなさんが何らかの形で創価によって心に傷をもったり、大切な人を失ったりした方たちばかりです。また常連さんの何百倍ものロム専の方も、皆さんの真実の言葉によって救われていると思います。
    これからもこの調子で、地道にみなさんと対話を重ねていくことが一番なのかなと思いました。
    Facebookのことは忘れてください(笑)。お騒がせしました m( _ _ )m

  37. あっっほんとだ!廃案になっていた〜
    みなさんツールを使いこなしていらっしゃってすごいなあ…と指をくわえていたんです。
    いろいろなリスクが伴うことが、今回よくわかりました。

    管理人さんとしては、もっといろいろ言葉にしたいことがたくさんむずむずあるのに、
    私ついだらだらとじゃましているよね、と反省したりとも思いました。
    ひとこと言わせていただければ、もう少しゆっくりスレ立て(っていいますか?全然知識0)
    して頂いてご自分の時間を大事にしていただいても、…また荒れるようなことがあれば
    常連さんの後ろにひっついて及ばずながらお役に立てたらと思います、信頼して下さい、
    ご自身のペース優先でじっくり継続して下さると有難く思います。
    ご家族との団らんの時間をお過ごしのご様子、ほっとしました…

    あちらこそ廃案にならないかな〜
    現役活動家さんの心は揺れ動いているのかもしれませんね→→覚醒へ

  38. わたしもsatouさんのご意見に賛成します。。

    Twitterは匿名で参加できますし、それぞれの人のフォロワーさんも、あらゆる人がいます。。

    わたくしのフォローしている方の中では多くのジャーナリストもいますし政治家さんもおられます。。
    Twitterはフォローする人を間違えなければ幅広い確かな情報が得られるツールです。

    『対話を求めて』
    のそのままのnameで登録されて、ここの場に集う仲間の投稿を公開されれば、より多くの方が創価学会の事実にも気づかれることでしょう。。
    もちろんジャーナリストの目にもとまることでしょう。。

    気になる情報はスピードを持って様々な方へと拡散されて行きます。
    匿名でされている方がほとんどの場です。
    だからこそ、シークレット情報もすんなり流れてきます。そこが凄いところです。

    アラシで来たようなフォロワーさんは、どんどんブロックしちゃば済むことですから。。

    Twitterで、このブログが紹介されるようならRetweet惜しまずさせていただきますよ。(^_−)−☆

  39. facebookのいいねはお友達関係でなくても、相手が公開にしていれば押せるようですね。先ほどはfacebookに登録してる人に仕組みを聞いて書いたのですが、違っていたとの事です。すみません。訂正しておきます。

  40. 連投すみません。拡散ということであれば、facebookよりもツイッターのほうが何倍も拡散能力があると思います。facebookでいいねを押すよりも、ツイッターのリツイートをするほうがハードルが低いと思いますし、拡散も簡単です。先ほどの繰り返しになりますが、ツイッターでこちらのテーマ更新とURLのお知らせだけでもいいと思います。今の何倍も拡散が期待できると思います。ちなみに私の場合、ツイッターでのフォロワーさんでリアル友人はほとんどいませんので、何をリツイートするにも気兼ねがないです。相手がどういう人か、ほとんど分からない人が多いので、中には創価の活動家がいて、フォローをはずされるかもしれませんが全然かまいません。是非ツイッターでのご検討をお願いいたします。

  41. Facebookはアカウント乗っ取られた友人が何人もいます。
    実名が前提ですし凡ゆる面で危険だと思います。
    私はsatouさんの意見に賛成です。

  42. こんばんは、雪風です。

    昨日は、こちらの素晴らしいサイトが、あのあまりにも有名なSNSサイトと連携されると、どうなってしまうのか、本当に色々と考えてしまった一日でした。

    徒然なるままに書き込んでいますため、御覧になられる方にとって、もしも不愉快な表現や、誤字脱字などございましたら、どうか…ご容赦下さい。

    また、此方のどなたの事を悪いと責める内容の文章でもない事を、はじめにお断りしておきます。

    創価学会の悪を糾弾出来る、夢のfacebook拡散運動。

    対話を求めて、をきっかけに、

    日本政府が、創価学会を悪と判断し、民と官が一致団結して創価学会に法の裁きを下す!

    そんな日が来るのなら、確かに痺れる程に素晴らしいです!

    しかし…

    当の日本政府は、未だに創価を悪とはみなしていません…。

    日本政府は、誰の味方なのか?

    表向きは、民を大切にしている体裁ですが、実際は…政府に都合の良い存在に対しての味方ですね。

    では、政府も国民の味方ではないの?

    あくまでも噂ですが、facebookは、日本政府やCIAなどに監視されていると聞きます。

    その懸念から、facebookの呼び掛け作戦に対して、当然、創価ハッカー(クラッカー)からも、待ってましたとばかりに、こと細かく解析に監視にウイルス攻撃に、乗っ取りにと、やりたい放題の状況になるのでは?と思いました。

    しかし、万が一知らない方の為にお知らせしますが、たった一回のいいね!クリックだけで、驚く程の個人情報が相手に見られてしまいます。

    (確認くん、と言うサイトに行くとビックリします!こんなに知られているわけね…IPアドレス、今居る場所、何のOSから打っているか、どこのサイトから来たか、などなど、エンジニアがその気になれば、解析すれば何だって分かってしまうのです!)

    私は、シニフィエさんが、どなたであるかの特定より、
    シニフィエさんが、三年もの間、創価の被害にあわれた皆さんの気持ちを大切にされながら信頼を勝ち取って来られた姿に敬意を表して、こちらに投稿する決意を固めたのです。

    当然、シニフィエさんご自身も、セキュリティの強化に努めてこられたと感じますし、

    日本の運営する巨大ブログサイトからではない、WordPressで独立したドメインを取得されて一から立ち上げられた運営をなさっていらっしゃる事も、並々ならぬご苦労も、賞賛に値します。

    更に、私は、シニフィエさんなら、こっひどく裏切られた人を、これから更に裏切って、知りえた情報をむやみに公開したり、利用する事はしない(であろう)と、誠に勝手な根拠なき希望的憶測で、頼っているだけに過ぎないかも知れません。

    しかしこれからは、facebook公開と聞いて、

    ええっ( ̄□ ̄;)!!

    私は、まるで我が事のようにテンパってしまいました(汗)

    どうしよう?💦

    てことは…プライバシー全公開!

    ど、どこまで知られてしまうのか?

    学歴、仕事歴、病歴、創価歴、交友関係エトセトラ…facebookで、例え非公開にしても、悪意あるプロのハッカーにかかれば、解析、特定、情報搾取などは朝飯前です、IPアドレスだけで、わかるんです。

    なぜなら、IPアドレスが、個人情報そのものなんです。

    携帯会社に個人情報を渡してありますから、そこにハッキングをかけて、全て調べられてしまいます。ひとたまりもないでしょう。

    私はこれまで、匿名性を隠れ蓑に、輪郭をぼやかして、自分の経験を書いては来ましたが、都合上ちょっと違う表現はあれど、ほとんどの投稿内容が事実に基づいていると思います。

    しかしこれらの内部告発情報と、こちらのサイトとfacebookの関連情報がリンクする事で発生するデメリットの高さは、今はまるで想像出来ません。

    いずれは、文芸部であったということも、明かす時は来るけれど、

    いえ、むしろ昔は、誇りを持って、自分の役職は堂々と周囲に言っていたのに…

    もう覚醒してしまった今となっては、真逆の立場になると、ただのブロパガンダに利用されただけの、憐れで情けない人間にしか過ぎません。

    悔しいやら悲しいやらで、吐き気がするくらい泣き崩れました。

    なぜなのか…今の時代、警戒心が強くなりすぎて、いざ、本名公開となると、かなり勇気が要りますね…。

    公開すれば、そりゃ何でもかんでもばれますけど、

    皆さんが、堂々と本名でツイートするとしたなら、

    私も創価の被害は、確かに皆さんに知ってもらいたいんです。

    でも、創価のハッカーも、怖いんです。

    自分のその、揺らぐ感情の拙い覚悟が、ギリギリの中での投稿と言うことをここに伝えたく思いました。

    その昔、ネット環境など無かった時代、住所や電話番号の公開なんてごく当たり前な時代がありました。

    メディア関係の仕事をしていたからと言って、昔は仕事の内容を説明しても、その業界を目指していない方にとっては、あまり意味も分からなかったでしょうし、それほど興味も持たれなかったし、今ほど突っ込んで来る人も居なかったし、

    創価の初めて会う幹部さんが、

    「あ—雪風さんて、なんのお仕事してるの?」

    と挨拶程度に訪ねて来たら、

    「はい、えーと…〇〇〇の、〇〇〇です…し、知らないですかね…?」

    と、私は答えていました。

    すると幹部さんは、

    「は?カタカナの何だか聞き慣れないお仕事よねぇ?ま、いいわ!それより明日の会合の設営の件でね!うんぬんかんぬん…」

    つまり幹部さんは、学会の会合の事以外、私に全く興味なし。

    「……まあ、別に、特に知らなくても、生きて行けますけどね…(どーでもいいなら、私の仕事の事なんか聞くなよ…)」

    私は、いつもため息…

    ヤレヤレ…活動は大事かもだけど、私には興味すら持ってくれないとはね…

    こんな感じの時代でした。

    要は、個人情報を集めて悪さする人は、今ほど居なかったから、平気に思えていたんです。

    でも、時は進み、通信衛星やコンピューターがどんどん発達し、誰が頼んだか知らないが、人類総監視システム(IT)が構築され、

    これから始まるマイナンバー制度だって、デメリットだらけで、どん引きしています。

    何処でも誰とでも繋がる世の中に、まともなプライバシーがなくなりつつあります。

    一般人が、有名人でもないどこの誰とも分からない、ごくありふれた一般人に、ネットを通じて異常に興味を持ちすぎる世界…

    職業上の事情があって一人暮らししていると、

    当時の創価幹部が、私の生活に過剰な干渉をして来ました。

    「いつ、どこで、あなた、誰と、何してるの?

    会合の連絡に来ても、あなたいつも居ないわね!電気も消えてるし!寝てるし!出て来ないし!

    迷惑だから、合鍵を作っておいてね!当然よね!」←これ、マジです。創価の幹部っても、所詮は赤の他人なのに全く信じられない💢👊

    知らず知らず、人間が人間を互いに監視する世界になっていることの恐怖を知って下さい!

    創価学会員が、歪んだ信仰を理由に同じ創価学会員を執拗に監視する世界なのです。

    宗教の名のもとにデータ解析、

    アクセス解析、

    スケジュール管理、調整、

    財産に、仕事に、家族に、親族に、幼い子供の教育に、家庭環境に、恋愛に、結婚に、妊娠中に、出産に、葬式に、お墓に、読む本からとる新聞、見る映画やレジャー、交友関係、テレビ、DVD、ありとあらゆる生活に介入、プライベートでもネットでも、しつこすぎる過干渉をされる恐怖の世界!(拡大解釈と言われても、違うとも言えない事実があります)

    昔持っていた雑誌や本や漫画をざっとあげるだけでも、

    少年抄
    指導の泉
    牧口先生
    戸田先生
    少年とさくら
    アレクサンドロスの決断
    レ・ミゼラブル
    ブッダ
    三国志
    希望の友
    コミックトム
    花の三丁目地区
    パンプキン

    宇宙と仏法を語る
    香峯子抄
    人間革命
    新・人間革命
    劇画・人間革命
    聖教新聞
    公明新聞
    創価新報
    聖教グラフ
    まだまだあるよ!

    おまけ、四コマ漫画、バリバリ君

    組織的管理サイコパスに変質する学会員たち。

    ただでさえ、今の時代、何でもないひとが、ネットストーカー犯罪に巻き込まれかねない危険性への懸念…

    けれど、ほんとうは、人をそんなに追跡調査して管理するなんて異常です。

    そんな不気味な創価の被害を実名で言える場所があれば、凄く嬉しい…

    けど、また、その事で様々なトラブルが発生したりしたら…怖い!

    でも、こんな不安、ほんとうは全部、私の取り越し苦労だったらいいのに……。

    堂々として、王様の耳は、ロバの耳!って叫びたい!

    けど…や…やっぱり危険?⚠

    複雑な気持ちながら、facebookの呼び掛け作戦が実行された場合、これからは、シニフィエさんも、皆さんも実名になるのね!心配だけど…不安だけど、いろいろもうどうにでもなれ…!

    みたいに思ってしまいました。

    シニフィエさんは、凄くヤル気満々でしたのに、水を差してしまってごめんなさい!

    皆さんも、お気遣いのコメントを色々寄せて下さって、有り難うございました!

    でも、諸事情あって…facebookは今していません。mixiも、LINEも、していません。(全部退会しました。)

    だけど、別に何も悪い事してないのに、単に創価学会と関係を断ったというだけで、世間一般でいう犯罪者みたいに、どうしてこんなに残念な気持ちで、こそこそビビってるんだ、私は?

    罰や脱会の恐怖に怯えるなど、トラウマの刷り込みの結果じゃないか!

    日本に暮らしているというのに、これではまるで、北朝鮮から命からがら脱北してきた拉致被害者みたいじゃないか(涙)

    今までもっと、堂々と生きてきたはずなのに、

    これからだって、生きてきた事に後悔なんてしたくないのに…

    どうしたらいいんだろう?

    やっぱり、実名で被害を訴える時は…今なの?

    わ…若くないのもばれますし(汗)

    などなど、考えがぐるぐる頭を回りました。

    …あくまで、私の想像の範囲のみの感じ方になって恐縮ですが…

    カルトにしても何でも、犯罪に巻き込まれた被害者の保護に関して、日本という国…いえ、もうありとあらゆる国々の法整備は、遅々として進まないどころか、無いに等しいのかも知れません。

    ですから、こちらのブログによって、救われた方は、すごく大勢いらっしゃいます。

    たまたま、こちらを訪れた方々の、創価や公明党に対しての危機意識は、日々高まるのですが、

    現状として、国民の安全や自由を脅かすカルト勢力(こちらの場合、創価)がありながら、それらを何十年も野放しにし、全く問題解決に動かない、現状の国の体制下(もしかすると、創価の悪質な詐欺を容認?)において、

    今にも増して、強力に自力救済を促すネット自警団のような活動を、早急に迫られる何らかの状況が、シニフィエさんの身に、突然降り掛かった?のでしょうか?

    例えば、

    今は、facebookの時代さ!

    と、お知り合いから、ごり押し

    の様な感じなのでしょうか?

    facebookから、まとめてアンチ創価狩り…

    で…出来てしまいますね!

    その、間近に迫り来る何らかの危機…

    私は、勘ぐってしまいます。弱った身体で、咳き込みながら、現状あまりにも無力な自分が、とても情けなく感じました。

    色々な事を、考えさせられました。

    正義は勝たない…

    いやいや、勝たなくていい…

    巨大な敵は、我々を餌にしか思っていません。

    ですから、全力で逃げましょう!

    逃げろ、

    生き延びろ!

    それから、考えろ!

    今、そいつと全力で戦っても負ける…

    だから

    逃げるのは

    負けじゃない!

    これは

    戦略的撤退なのだ!

    ですね!

    何だか、上手くまとまらなくて、すみません。

    本当に出過ぎた事ばかり書き込んでしまい申し訳ございませんでした。

    長文、乱文、大変失礼致しました。

  43. 雪風さんが、すごく思慮深く考えてらっしゃることに感心し、
    そして管理人さんが慎重にこだわって運営管理されていることを、
    あらためて認識しました。
    いつも気ままにコメントしてしまい、反省しきりです。
    ネット上ではいろいろ気をつける点があるのですね

    ただ、こちらに寄せられるのはリアルな事実がほとんどであって、
    懲らしめられるのを恐れてマスコミが触れようとしない真実だと思います。
    そうでないと、私のような学会二世の半生は、まったくのデタラメで
    この世に存在しなかったのか、というぐらいになってしまいます。
    そこへ感情的に非難とか言われても、だってほんとだもん、としか言いようがない…

    この世は不条理だなあと、思ったり…
    日本政府もアメリカも恐慌に陥らなければ、という判断じゃないでしょうか、
    金がまわっていって儲かれば、思想的なものはあまり歯牙にもかけない
    のかも、絶対的信者さんの側に立っているわけでもない。

    あえて宝塚の1789ですが、フランス革命もギロチンで解決されたわけではないのです。
    その後うようよといよいよはびこり、本当の自由が提言できるようなったのは近年です。

    戦略的撤退…!いいな、雪風さんのそういうフィーリング(古い?)好きです

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中