閑話休題

すみませ〜ん(笑)、ちょっと先走ってしまいました〜。許してください(笑)。

そんなこんなで「落ち着け自分」ということで、ちょっと閑話休題としたいと思います。

さて、先のスレッドで「まず勤行唱題をやめてみる」というテーマでいろんなお話をしていただきました。自分の中に生まれた創価の疑問を解くには、やはりまずは勤行唱題をやめないことには話にならないと思います。それでやっと当たり前の思考といいますか、やっと「自分で考えること」ができるようになると思います。それができればあとは、自分の気持ちの整理をつけるには何をしたらいいのかを考えればいいことであって、勤行唱題をしているうちには、その考えること自体に罪悪感や恐怖感を感じてしまって、いつまでたっても自分で考えることができないのではないかと思います。

それでは勤行唱題をやめて、しばらくして、なんとか自分で考えることができるようになったかなと思ったときに何をすればいいのか。おそらく自然と答えは出てくると思います。だから焦らずに勤行唱題をしなくても平気でいられる自分になる努力をするべきだと思います。勤行唱題に依存してきた自分を客観的に見ることができれば次のステップが自然と現われてくるのではないでしょうか。それは人によって様々だと思います。すぐにいろんなことが見えてくる人もいれば、勤行しなくてほんとに大丈夫なんだろうかと、いつまでも創価の落とし穴にはまったまま出られない人もいるでしょう。私はそのはまったまま出られないでいた恥ずかしい人間です(笑)。なんだかんだと屁理屈をつけて「創価はおかしいがこの信心にまちがいはない」などと自分に言い聞かせて、未活になった後のほうが真剣に勤行唱題に励んでしまいました。いやはや今思い出してもおはずかしい。創価からは抜け出せても、日蓮仏法の網に絡めとられていたんです。そうやって10年も覚醒が遅れたんです。せめてあのときに気づいていたら、まだ40代前半の私は、今とは違った人生になっていたかもしれません…とぼやいてみてもしょうがないんですけどね(笑)。

とにかく勤行唱題で自分を思考停止させていた。「これできっとうまくいく」「予想だにしないラッキーが舞い降りてくる」などと、いい歳したオッサンが夢みたいなことを真剣に考えていたんですね。バカですねえ(笑)。思考停止は現実逃避でもあります。そういう意味でも日蓮の思想は危険だと思います。自分は特別な人間だと思い込んでしまいます。学会員さんの、あの自信満々で横柄な態度はここから来るんでしょうね。創価スイッチも創価シャッターもこうやって作られてくるんでしょう。ほんとはいい人なのに横柄で人を見下す人間になってしまう。人がいいだけ信じやすく、信じたばっかりにとんでもない人間になって、その自覚がないためにまわりから変人扱いされて嫌われる。嫌われても自分のほうが偉いと思い込んでいるからなんともないんですよね。「かわいそうに、私がなんとか救ってあげなければ」などとこれまたとんでもない上から目線で話すもんだから、まわりは当たらず触らずで適当にあしらってるんです。そんな周りの人のことも、勤行唱題さえしなくなれば次第に見えてくるんです、たいてい。すべての人がとは言いませんけどね。私は今でもちょっと切羽詰まった事態に陥ったときには、思わず題目が脳裏をよぎります。もう生まれてずっと教え込まれて、3年半前までの53年間ずっとそんな思考でしたから、やっぱり「思わず」出てくるんですね。ほんと悲しい性です。いままでにいったい何回お題目をあげたでしょう。何億とか、何兆とか、そんなもんじゃないでしょうね。それがいっさい無駄なことだった。何の役にも立たないどころか、自分を自分で思考停止させていただけだったと考えると、なんかそれだけ気が遠くなってきます。

さてボヤキはこれくらいにして(すみません長々と)、去年(今年?)見た映画で「インターステラー」という凄い映画がありました。これです。

http://wwws.warnerbros.co.jp/interstellar/

3時間の映画を最後まで身を乗り出して見切ったことはこれまでにそうそうありません。最先端の宇宙物理学理論を見事に映像化して、すばらしいヒューマンドラマに仕上げたSF超大作です…というと何が何だかわけがわからないと思いますが(笑)、もうわけがわからないくらい凄い映画でした。そしてそのなかで最先端の宇宙物理学の結論と言うのは、なんと般若心経にある「色即是空、空即是色」ということだったんですね。これをわかりやすく解説したサイトを見つけましたので紹介します。つまり何が言いたいのかというと、本来の仏教と言うものは、何かにおすがりして功徳をもらってラッキー♪とか、これに逆らうと不幸になって地獄に堕ちるぞといったものではないということです。結果的に宇宙の真理を解いたものではあるけれども、何かの呪文を唱えるとその宇宙の真理にマッチするとか、マッチできないと恐ろしいことになるとか、そんなものではないということです。最先端の宇宙物理学が出した結論とは「この世は存在しない」ということです。これはまさに「色即是空、空即是色」の概念ですね。もちろん仏教ではこれだけを言ってるわけではありませんが、最先端の科学がやっとのことで導き出した理論が、すでに2500年もの昔にブッダや老子によって明らかになっていたということです。映画「インターステラー」では仏教の話はまったく出てきませんが、見ているうちに、なるほどこれは仏教の理論だと気がつきます。そしてネットを見るとやっぱり同じようなことを考えていた人がうまいぐあいに説明してくれていたんで「あ、これこれ〜」と嬉しくなりました。

http://blog.kanjutsu.net/entry/2014/12/02/235854

いま、この「インターステラー」のDVDを借りてきたので、もう一度見て見ようと思います。

このブログでは、あえて仏教の是非を議論することは避けてきました。ここで問題にされるべきは創価学会の詐欺行為についてですので、どの宗教がよくてどの宗教が悪いなどといったことは、創価問題を考えるにあたっては基本的に関係のないことです。それは「創価学会は宗教ではないから」という答えがすべてを言い切っていると思います。どこの宗派がこうだから云々かんぬんと言った話はここではしません。ただ創価は日蓮仏法を上手いこと詐欺に利用したのであって、なかでも実際に利用された日蓮正宗が詐欺に利用されるような落ち度があったことも否定できないなと思います。日蓮正宗も創価学会の拡大に準じて、ずいぶんと甘い汁を吸ってきた同じ穴の狢だと個人的には思っていますが、ここはそのことを糾弾する場所ではありません。とにかく今でも創価学会に騙されている人に対して「はやく気づいてくださいね」というメッセージを発信していければと思っています。

また当分はこの調子で、みなさんからの切実な体験を語ってもらうことによって、ひとりでも創価学会の間違いに気がついて、静かに創価学会から去ることができればと思っています。みなさん、ひきつづきご協力をお願いします。

世間では安保法制をめぐる自民党の度重なるオウンゴールでシッチャカメッチャカになっていますね。「朝まで生テレビ」に自民党議員がドタキャンしたら「足並みを揃える」といって公明党がドタキャンしました。自民党議員は体調不良を理由にドタキャンしたのに、その体調不良に「足並みを揃える」と言ってドタキャンした公明党も笑わせてくれますよね。司会の田原総一郎さんが「公明党は自民党の子分じゃあるまいし」と痛烈な皮肉を言ってましたね(笑)

まあ、その前に自民党の若手議員がとんでもない暴言を吐いたので大騒ぎになったすぐだったんで、とにかく若手議員をテレビに出すな!ってことになったんでしょう。こんな自民党内閣の支持率がいまだに40%代だということが信じられないです。でもそこで公明党がなぜいっしょにドタキャンしなくちゃいけなかったのかも不明ですね。もしかしたら公明党内部でもそうとうもめてるんじゃないでしょうか。なんで平和の党がここまで安保法案をごり押しするんだろうか?という疑問は誰でも持つでしょうし、これに面と向かって屁理屈を言える面の皮の持ち主は山口代表ぐらいしかいないんじゃないかと思いますけどね(笑)。個人的にはあのいつもの薄ら笑いで何を言われてものらりくらりと話をかわす山口代表はいつ見ても気味が悪いですが、あの人もいつかはこれまでの公明党の代表のように使い捨てにされる日がくるんだろうなと思います。

もしかしたら自民党は近いうちに維新の党と組んで、公明党を切り捨てるんじゃないかという噂もあります。公明党としては何としても自民党を見方につけておかなければ自分たち(創価)の悪事が表に出たり、宗教法人の課税までされたんではたまったものではありませんからね。もはや自民党の言いなりになるしかありません。かたや創価の内部でも「公明党はおかしいんじゃないか」といった声がポツポツと上がっているくらいですので、そうとうな板挟みになっているようです。本音と建前がこれほど食い違っている政党も珍しいんじゃないでしょうか。いずれにせよ早いとこ没落して欲しいです。学会員さんに言いたいのは、公明党は日本の政治のためにあるのではなくて、創価学会の目隠しのために存在しています。小説人間革命でうまいこと書いてますが、あんなもの会員を騙すための嘘っぱちです。もちろん今でも公明党は創価の悪事を隠蔽するための組織なので、安保法制だの集団的自衛権だのどうだっていいんですよ。どうだっていいから自民党の言いなりになっているんです。学会員の手前、自民党のブレーキ役だなんて今でも言ってますが、これまでブレーキになったことが一度でもありますか?ないです。最初は反対のポーズをとっても最後はすべて自民党の言いなりでした。今回もそうです。学会員さん、公明党がどのように立ち回っているかを、自分の目でよ〜く確かめてから考えてください。そしたら公明党がまともな政党ではないことがすぐにわかりますよ。

はい。ということで今回はこれといってテーマを設定しません。もし皆さんの中から「これについて皆さんの意見を聞きたい」という方がいらっしゃいましたら、それをテーマにしましょう。いつも私がテーマを決めなくてもいいですよね(笑)。

みなさんからのテーマはいつでも募集中です。また素朴な質問もいつでもOKです。「いまさら聞けない創価のここんとこ」みたいな感じでもいいですよ(笑)。私もちょっと走り過ぎた感もありますので、気持ちを切り替えて、ちょっとゆっくりと構えたいと思います。みなさんもリラックスしてお話ししましょう。よろしくお願いします。

広告

閑話休題」への93件のフィードバック

  1. これからも質のよいコメントを書いていきましょう(^_^)/~
    現在、あらゆる権力と金を持っている巨大組織が、「たかがネットの個人ブログ」(管理人様には失礼な表現ですがお許しを!)に翻弄されることを私は面白く見ています。
    あくまでただの個人ブログだからこそ、私はスゴイと思っています。

    管理人さんの尽力には頭が下がりますが、ここは誰も無理して頑張ってはいません。
    号令も指導も、役職も上も下もないし、ノルマもありません。
    広告も打ってないし、スポンサーもいないし、集金もしてないし、バックに政党もついていません。
    題目も上げていません(笑)
    皆、好きな時間に思い思いに好きなことを語っているだけです。
    ふつうに考えたら相手にもされない存在なはずです。
    それなのに天下のソウカガッカイから、一人二人と離れていく。
    活動家の得意のせりふ「じかに会って励ましてくれるリアルの人こそ真実」
    を振り切って、どこの誰が書いてるかもわからない方に耳を傾けて信用してくれる。
    なぜでしょう?

    ここは宣伝しなくても間違いなく注目されます。
    アクセスも更に増えていくと思います。
    おもしろおかしいゴシップやスキャンダル、罵声、喧嘩なしでここまで人気がでるブログは希少ですよね。

  2. signifieさん、純粋な正義感のもとに決意されたことを挫くような展開になってしまい、申し訳ありません。
    ただ、このブログはレベルが高く、その存在意義も大変大きなものとなっております。
    我々にとっては 無くてはならない存在です。

    ネットは「諸刃の剣」であり、使い方を誤れば大変な被害を被ることに繋がります。
    ネットバンキングから他人のお金をまんまと盗み出すような輩がゴマンとおります。
    signifieさんと、このブログに集う皆様が、こうした被害を受けない為に、慎重の上にも慎重に行動すべきだと思いました。

    「インターステラー」のDVDを借りて観てみます。難しいことは解らないのですか、直感的に『神との対話』で語られている内容と重なる部分が多いと感じました。
    貴重な情報をありがとうございます。

    それではひき続き、創価学会の呪縛に苦しむ方々の解放につながるようなコメントを寄せていきます。
    (^_^)

  3. シニフィエさん、いつもありがとうございます。
    最も信頼のおけるこのサイトが、いつか何らかの形で世間へ拡散されることを願っております。

    さて、フリーのテーマということで、ちょっと聞いて頂きたいことが…。

    この前、同じブロックの婦人部の方が亡くなり、非活とはいえまだ白ゆり長の私は、葬儀の受付をお手伝いしました。
    もう高齢の方だったので、参列者は御親戚と数名の近所の方、そして学会員だけの葬儀でした。
    壮婦本部長を始めとする幹部も数人来たのですが、お香典を出しませんでした。
    幹部は会員の葬儀に出る回数が多いから、お香典無しでいいのですか?
    一般常識としてどうなのだろうか?と考えてしまいました。
    その昔、学会は香典を根こそぎ持っていってしまうだとか、学会友人葬はお金がかからないから香典もいらない、などといった話もあったと聞きますが…。
    主人の葬儀の時は、お香典を持っていかれるなどということはなく、当時の私は『ああ、やっぱりデマなんだ。友人葬はお坊さんにお金払わなくて良いし、戒名代もいらないし、良心的だ』と思っていましたが、今振り替えれば、主人が亡くなった年に3桁財務をさせられたわけですから、お香典を持っていかれたのと変わりませんよね(>_<)

  4. シニフィエ様の柔軟な発想に対して、心より敬意を表します。
    最優先すべきことは、シニフィエ様のブログの存続です。シニフィエ様は、このブログをご覧になっておられる皆様の希望の星です。その意味からは、今回のシニフィエ様のフェイスブック見送りのご決断は、現時点では最善だと存じます。
    創価学会池田カルト一派は、「池田先生」のためと称して、どんなことでも行います。危険なことは、私が引き受けます。このブログをご覧になっておられる皆様が、文字通り喝采されるようなことを準備中です。
    シニフィエ様には、私の「後方支援」のためのお力添えを賜れば、ありがたい限りです。

  5. 活動家の不思議なところ。
    「こんないいこと言ってる」
    「こんな素晴らしいこと言ってる」
    知ってますねん。
    何年もいたから、そんなことよーーーく知ってます。

    だからね、
    そういうキラキラ言葉を表看板にして、裏で何をしていたか。
    それを話してるんだってば。
    キラキラ言葉自体はいいのよ。
    いいんじゃないキラキラしてて。
    そんなの創価じゃなくても、どこにでもあるけどね。
    表向き歯が浮くようなこと言って、裏でとんでもないことしてる人いるでしょ。
    いわゆる偽善者ですよ。
    いくらいいこと言ってても、それが真相のカモフラージュのためだったら皆、軽蔑しますよね。
    当然です。
    表も裏も悪い方が騙してない分マシですよ。

    活動家ってその「裏」の部分「真相」の部分を突かれると聞きません。
    聞こえなくなるのか頭が真っ白になるのか突然理解できなくなるのか、完全スルーします。
    「私はこの人にお世話になった」
    「だから悪口など聞きたくない」
    「不愉快だ、やめてくれ!」
    まあこんな心理が働くんだと思いますが、そのような話になるとシャッターです。
    そしてまたニコニコとキラキラ言葉を出して「いかに素晴らしいか」を語り出します。
    やれやれです。

    私は信心して180度変って幸せになりました。
    あっそ。
    180度変わって迷惑した人もいるんです。
    そこスルーですよね。
    またシャッターが下りました。
    とにかく自分にとって都合のいい部分しか聞かない。
    ふつうの人は自分には良くても、皆によくないと聞くと考えます。
    また上っ面がよくてもそれだけを全てにはしません。
    悲しきかな世の中には偽善者がいっぱいで、自分がひっかかるだけならまだしも他人を巻き込んでは責任が生じますからね。
    人に勧めるとはよくよくのことです。
    要するに、いろんな人の意見を聞くべきところは聞き、慎重を期します。
    頭はそのためにあるのですから。

    それができないということは、一言で言って思いやりがないんです。
    想像力が足りないんです。
    この二つすごく大事なことだと思いますよ。
    この二つを奪われているのが創価の活動家。
    残念ですがそう見えますね。

  6. ピノコさんにこのコメントとても重要です。
    >主人の葬儀の時は、お香典を持っていかれるなどということはなく、当時の私は『ああ、やっぱりデマなんだ。友人葬はお坊さんにお金払わなくて良いし、戒名代もいらないし、良心的だ』と思っていましたが、今振り替えれば、主人が亡くなった年に3桁財務をさせられたわけですから、お香典を持っていかれたのと変わりませんよね(>_<)

    創価は「絶対に」取るんです。会員が貧しかろうが、夫を亡くしようが、被災して財産失おうが、とにかく取れる人からは取るんです。あれこれ言って、出さなければならないように仕向けるんです。心理的に追い込むんです。貪欲ですね本当に。お金に汚いというか。すべてお金お金です。
    こんなに会員の今後の生活の心配もなにも関係なく、非情にお金を取れる組織が世界平和など笑えます。

  7. signifieさん、気持ちの切り替え大変ですね。
    たまには、自然とふれ合ってきてはいかがですか?
    ゆっくりDVDを観るのもいいですね。

    私には、組織の中にずっと疑問だった方がいます。
    その人を増上慢(ゾージョーマン)と呼びますね。
    基本的には、正義感あふれる世話好きのいい方だと思います。
    でも自分が一番正しいと思っています。
    活動のやり方が気に入らないと、誰彼構わず批判の嵐です。
    関係のない人にまで言います!
    私にも突然電話を掛けてきて、気に入らない人の悪口を言います。
    不快で本当に疲れます。
    いつも上から目線。人を見下している!
    まわりには厳しすぎる言動。
    そのくせ、自分や家族には甘い。
    一体何様のつもりなんでしょう?
    「私がここまでやってきた!」
    池田会長と同じです!
    上からの指導通りに活動すると、こうなってしまうのでしょうか?
    性格もあるかとは思いますが。
    何かにつけ、「しらゆり長なんだから!!」とプレッシャーかけられます(+_+)
    私が消極的だからか「自覚を持ってもらわないと!」と陰口たたかれました!
    偶然私は、聞いてしまったんです(T-T)
    もうショックで、翌日体調不良で寝込みました。
    他にも唱題会での声が小さいから「もっと大きな声で!」と言われ、頑張り過ぎて目がチカチカしちゃいました。
    もう!言い出したらきりがありません。
    でもずっとこれからも関わっていかなければいけない。
    ストレス、ストレスです!(♪♪ストレスが~私をダメにする~)

    明日から会合、唱題会、報告、集金………………
    集金、コージさんがおっしゃっていたように、ドローンにでもやってもらいたいです!

    ピノコさん、白ゆり長は何でもかんでもやらされますよね!
    部員さんの生き方全てに責任持たされてしまいます。
    すごい重圧感ですよね。
    こちらでも、学会葬は原則お香典なしです。
    たまに、違う宗派での時は出したりしていましたが…
    あとは、お付き合いとかもありますし。
    真心で行っている儀典長さんも、もしかしたらお金貰っているのかな?
    と思いました。

    まだまだ話足りないですので、またコメントさせて下さい。
    いつもスッキリしちゃいます(^-^)
    こちらのブログ、長く続きますように!
    Xディ後、いつの日か皆さんとお会い出来たら………
    名札にHN付けて(^.^)乾杯☆
    でも危ないですかね。

  8. 私もこのブログがなければ聖教新聞、勤行唱題がやめれなかったと思います。
    創価学会と池田センセイが間違っていることにもまだ気づけなかったと思います。
    もしかすると、いつか組織に戻って組織を浄化しよう!とどこかの方のように考えてしまっていたかもしれません。
    このブログに出会えたことは、私のマイナスだった人生を大きくプラスの方向に動かしてくれました。
    ですので、これからも出来る範囲でコメントを書かせていただいたり、何か出来ることがあれば喜んで参加させていただきたいと思っております。
    管理人様もご無理をなさらぬようになさってください。それが一番大切なことではないかと思います。

  9. 基本的に 創価の葬儀では、創価学会間では香典は無しでしょう。
    故人との付き合いによりますが、基本的にはなしです。
    香典を持っていかれた方、デマといいますが、真偽はわかりません。
    友人葬は基本的にお金がかかりません。
    導師も儀典部から数名が来られます。心付けも一切拒否されます。
    末端だから、お金が入らないようにできています。
    中枢は、他の方法(財務など)でお金を吸い取ります。
    戒名はパソコンの戒名ソフトで坊主はつけるそうです。
    わたしもそうする予定です

  10. 1つご報告させてください。
    こちらのブログは私にとって、出口の見えない暗い闇の中でみつけた一筋の光のような場所でした。
    様々な疑問を抱え疲労困憊しながら活動していたとき、辿りつくことのできたサイトです。
    初めて書き込みをさせて頂いてから、ちょうど1年。
    シニフィエさんと皆さまのコメントのおかげで、今日をもってようやく創価の活動を完全停止することができました。
    背負っていた様々な重たい役務の全てから解放されました。
    役職や配達、その他の創価活動全てです。
    4人の子どもの産前産後以外は、ずっと配達していたことになりますので、配達歴は正配が20年に少し欠けるぐらい。
    代配もいれたら20年以上。
    役職は、正配の年数と同じです。
    その他に支部の責任役の数々。
    本当にどれだけ創価の使いっぱしりだったのでしょうか。
    ただ、ただ仏道修行のためと広宣流布と思い込んできた活動家人生です。

    勤行唱題はスッパリ止められた私にとって、問題は役職とパートナーとの問題でした。
    でも、1年という期間をかけて会話するなかで、私の気持ちに一切揺るぎが無いという事でパートナーも認めざるを得ないと、創価脳ながらに変わっていったように感じます。
    役職は、これが本当に厄介で覚醒したからといって突然一切を放棄することは、自分の性格上どうしてもできませんでした。
    幹部と話をし後任も決まり、やっと今日という日を迎える事ができました。
    数か月は、次々くる訪問者などの対応で色々とダメージを受けるかもですが、そんな事は足を洗える喜びに比べたらどうってことないです。

    今はもう解放感でいっぱいです。
    もしも、こちらのブログに出会う事がなければ、きっとこの先もずっと苦しみ疲弊しながら、倒れるか死ぬまで創価の中で活動を続けていたかもしれません。
    シニフィエさん、皆さま、本当にありがとうございました。

    今もロムしている多くの方が、創価のなかで苦しんでいると思います。
    色々なものを背負っているから「脱会宣言」はできないと思い込んでいる方もいると思いますが、必ずできますから大丈夫ですよ。
    すぐに身を引く事が出来る人もいれば、関わった年数や其々の立場や環境で、時間のかかる人もいるかもしれません。
    でも、こんなにもドップリと浸かり、雁字搦めでしがらみだらけの私でさえ抜けられたのですから、絶対に大丈夫です!

    「創価は詐欺だってわかったから、6月28日は足抜け記念日」(俵万智風)

  11. はじめまして、レイラと申します。

    5日ほど前に「たまたま」こちらのサイトにたどりつきました。
    (このたまたまというのが意味があると思うのですが)

    私は年齢は40代後半、最終役職は支部で女子部長でした。

    今は結婚して夫と二人暮らしです(夫は外部の人です→どちらかというとアンチ)

    15年ほど前に地方から引っ越してきて環境ががらりと変わりました。
    新しい場所は皆さん優しかったのですが
    信心の温度差をすごく感じ、魅力を感じなくなったのです。

    そしていくつか疑問が出てきて(大幹部と言われた人のふるまい)
    色々な事が重なり、それが結果として私を未活にしてしまいました。

    途中「引っ越しするから」といって新聞を止めましたが
    地区の婦人部の人が「お金はいいから」と入れてくれました。

    1年ほどたった時に、流石にお金を払わずにいることに
    罪悪感を感じ、私がお金を払いますといって再び購読をはじめました。

    しかし会合には14年くらい出ていません。
    勤行唱題は10年以上はやっていないと思います。(出かける時に
    題目3唱くらい。今は仏壇は別宅にあります)

    選挙は一応公明には入れています(お義理という感じですが)

    でも新聞は5月で「引っ越すから」といって止めました。
    (実際私は結婚して別の所に住んでいますので)

    会合にしばらく行かない間にまず教本のご祈念の文章が変わったのにびっくりし、
    いつのまにか五座三座の勤行がなくなったのにもびっくり、
    で、聖教新聞を詳しく読んで無かったので(笑)ここのサイトを見て
    初めて知ったのですが、会則まで変わったのに更にびっくりしています。

    聖教新聞を止めた時は心が大変痛みましたが
    タイミングは間違っていなかったのかな。。。と思ってしまいました。

    そして池田先生(まだ先生以外で呼ぶことに抵抗がある事。。。ご理解ください)が
    5年近く表れないこと・・・これが私の中で決定的でした。

    本当の事をおしえてほしい。
    これが私の率直な意見です。

    ところで・・・
    私は2世や3世ではなく、高校時代に当時つきあっていた彼に
    折伏されたのです。

    私の場合は家族は大反対(猛反対)で、色々な意味で大変でした。

    未入会猛反対の家族との事、
    ほとんどの人が悩む未入会の彼氏彼女の事・・・

    話せばかなり長くなり、まとまらないので
    ひとつひとつ・・・整理しながら語っていきます。

    私は学会よりも「折伏の親」だった元カレのトラウマが
    かなり大きいです。

    学会員でいる限り元カレの名前が
    カードについてまわる・・・それが
    嫌で嫌でたまりませんでした。

    色々とカウンセリングに行ってトラウマは
    だいぶ小さくはなりましたが。

    ですので、私は学会や日蓮正宗、公明党、そして池田先生の事
    悪く言うつもりはありませんし、信じている人は信じていたらいいと思います。

    「学会を卒業する時が来た」という表現が
    一番自分の中でしっくりきます。

    数年前に母が亡くなった事も関係してきますが。

    正直ココに投稿する事色々な意味で
    非常に勇気がいりました。

    でも外部である主人や家族に言っても
    きっと理解できないでしょうし(仕方ないと思いますが)
    活動家の人からするときっと信心が足りないだので
    理解されないでしょう。

    何だかまとまらなくなってきましたが、
    ここに投稿する事によって
    自分の気持ちを整理して静かに静かに
    笑顔で「卒業」したいと思います。

    (ですので「卒論」でしょうね)

    ところで、私は活動しなくなって15年
    勤行しなくなって10年くらいたち
    外部の人と結婚しましたが、今の方が人生がラク!です。

    今の方が自分らしく生きています。

    信心していない人と結婚すると
    不幸になると言われてきましたが、なりません!

    恋愛&結婚については得意なテーマですので
    またその辺もシェアできたらと思います。

    よろしくお願いいたします。

  12. シニフィエさんの正義感と勇気に敬意を表します。
    これからもお体大切にされて、この意義ある素晴らしいブログを運営されて下さい。
    他のブログにはないものがこのブログにはあります。魅力があるのです。

    創価によって傷つけられ、被害にあった人達の真実の声がこのブログにはあります。
    私と同じように創価に苦しめられた人がいる!その体験を知り、救われ癒されました。悩み事があれば、皆さん親切にアドバイスしてくださいます。
    本当に救われています。これからも宜しくお願いします。( ´ ▽ ` )ノ

  13. レモンさん、心から、おめでとう!
    *・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*
    身の引き方が素晴らしいです。
    わたしには、とても出来ない。。飛ぶ鳥跡を濁さず、ですね。。
    それもこれも活動家のご主人さまがいらっしゃる故でしょうか。。

    よかったですね。
    これからが自分の人生です。。
    愉しみましょう。。

  14. レイラさん
    こんにちは、はじめまして。これ、大変興味ありますので、よろしければ
    今度教えてください。

    >恋愛&結婚については得意なテーマですので
    またその辺もシェアできたらと思います

  15. レモンさん、よかった〜¥(’~`)…流れ星さんみたいな絵文字ができない、けど
    おめでとうございます!! お身体だいじにしてください
    どんどん婦人部女子部の方あと続いてほしいなあ、ほんと大変だもの
    よかった、よかった、よかった〜  乾杯セレブレーション
    お疲れ様でした

  16. 友人葬。
    香典がかからないって疑問です。
    だって不要なのはお坊さんの読お経や戒名代のみ。
    会場を借りるのもお花だって棺だって、斎場への送迎のバス代だってお金かかります。
    棺なんて燃やしてしまうのにそれだけで何十万、100万近くかかる場合もあります。

    私は一度だけ地区の方のお葬式に出席したことがありますが、それがすごく疑問でした。
    親戚ではないので、斎場へは行かず食事などの席もありませんでしたが、費用は完全に身内だけになるんですよね。
    身内、親戚が殆ど学会員は香典はどうなるのですか?
    香典は費用のためだけのものとは思いませんが、それも故人や家族に対しての気持ちです。
    香典を包むって当然のマナーの一つでもあると思うのですが。

    お経はボランティアで会員にやらせるだけの話を、「香典はいらない」なんて葬儀屋でもない中枢部がなんで勝手に決めるんでしょうか?
    私には理解できないことの一つです。

  17. レモンさん
    私も、心からおめでとうございま~す!!と言いたいです。
    もう、抱きつきたいくらいです。

    覚えてらっしゃらないと思いますが、昨年の夏頃、白ゆり長から非活になり
    地区副打診の幹部の訪問を前に悩んでいたとき、レモンさんから温かなコメントを頂きました。
    お陰さまで、地区副になることなく、白ゆり長を降りることができ
    新聞購読停止までこぎつけることができました。
    婦人部のグループも、仲の良い副白ゆり長に名簿を見せてもらったら
    長ではなく、グループ員の一番最後に載ってました(笑)

    会合、打ち出し、ノルマに縛られない生活は最高ですヽ(´▽`)/
    思う存分謳歌してください。

  18. レモンさんおめでとうございます!
    レモンさんが活動から完全に手を引いて、充実した日々を送ればもしかしたらご主人も何かを感じ取ってくれる日もくるかもしれませんね。
    一日も早くその時がきますように・・・!

  19. せーやさん、なかなか大変ですね❗
    ストレスも大分たまっているようですし、体調も心配です。

    体調不良でしばらくお休みさせていただきます❗と、上の信頼できる幹部の方に言われてはどうでしょうか?なかなか難しいかもしれませんが・・・
    意外と向こうは、休まれては困るので、折れてくるかもしれません。
    お話を聞いていると、幹部が大分傲慢な印象を受けます。

    私は、役を降りてから会合には出ていきませんでした。根っこには幹部の嫌がらせ苛めがあったからです。私は自分勝手だったのかもしれません。
    今は誰も来ないですし、組織から完全に離れています。
    余計なことを言ってしまいました。ごめんなさい。でも、せーやさんのことが心配です❗(^o^;)

  20. signifie様 皆様はじめまして。
    40代 3世のルナと申します。
    昨年の5月頃 日々の活動に疲弊しきって体を壊し そのまま活動休止しました。
    そんな時このサイトに出逢い毎日ここを訪れては貪るように全ての記事を読ませていただいておりました。
    勿論コメント欄も全て。
    なかでも同じ役職のレモンさんのコメントには自分を重ねてしまい特別な思い入れがありました。
    コメントしようにも頭も心も整理がつかず ずっと陰ながら応援させていただくばかりでしたが 今回レモンさんが晴れて全ての活動を停止されたとの事で 一言 おめでとうございます!とお伝えしたくて初コメントさせて頂きました。
    レモンさん! 本当におめでとうございます!

    管理人さま 常連の皆さまのおかげで完全に覚醒出来ました。ありがとうございます!
    今後とも宜しくお願いいたします。

  21. 連投すいません。
    最近安保法案のことで学会員から反対の声が上がってる、みたいな報道を目にするようになりましたが嘘くさい~~。
    世論の反発が強くなってきたから保険掛けとこう、みたいな?
    平和の団体なんだから一応アピールしておこう?
    学会だって一枚岩じゃないんだぞ、みたいな?
    もう、何を言ったって疑いの目でしか見れません!
    本当に反対だって思うなら、公明党に支援打ち切るくらいの事を言って実際に行動させて下さいよ。法案通させちゃ意味ないよ。本気かどうかは法案の行方をみればわかるから。
    ってか、閣議決定しちゃった段階でもっと騒ぐべきじゃないですか?
    選挙でガッツリ応援しておきながら、今になって反対するフリされても。
    法案は通しておきながらアリバイ作りで反対の声も上げさせて、責任取らせる形で議員たちの首を切って次の選挙で新しい候補を立てるという作戦かな?
    私もホント疑い深くなっちゃって・・・。やーね、ですわ。

    でも、本気で法案を廃案に出来たら少しは見直しますよ。と言っても閣議決定を許した罪は重いですが。

  22. レイラさん、はじめまして。ラザリスです。
    アラフィフのオッサンです。よろしくお願いいたします。
    HNの レイラ は、もしかしてエリック クラプトンにちなんだものでしょうか?だとしたらうれしいです。

    ところでレイラさんは、イケダセンセイや日蓮さんに関してはまだまだ思いがあるようで、それは仕方のないことだと思います。
    自分は、バリアン(バリバリアンチ)ですが、東京で独り暮らしをしていた 男子部の地区リーダー時代の男子部長の人間性を今でも心から尊敬しています。
    イケダセンセイの現在の様子については、このブログに集う方々や末端の活動家も、真実を明かして欲しいと思っているはずです。しかしながら、物理的に無理だろうと思われる度々のメッセージが聖教新聞に載るばかりで、謎と疑惑が深まるばかりです。

    結婚するにあたり、外部の人間を選んだり、信心から離れたりすると必ず不幸になると、活動家時代に指導されてきましたが、あれも嘘っぱちですね。
    信心から離れてみて、やっとのことで自分らしくイキイキと人生を切り拓いて行っている自信があるし、リアルに幸せを感じています。
    これからもコメントを出来る範囲でお願いいたします。

    それから レモンさん、大変にお疲れ様でした。
    役職の後釜を探してからの活動停止、素晴らしい行動だと思います。
    自分もこのブログに参加させていただくようになり、八月で一年になりますが、覚醒したまま組織の中で孤軍奮闘するレモンさんの姿にいつも勇気をいただいておりました。
    これからも自分らしく、たくましく、自らの人生を切り拓いて行かれることを心からお祈りいたします。
    (^.^)/~~~ Good luck !

  23. レモンさん、おめでとうございます!

    バリ活のご主人がいる状態で、完全に足を洗うのはホントに大変だったと思います。
    覚醒していて地区婦をするのはさぞお辛かったでしょう。
    いつも(勝手に)心配&応援していました。
    なのでとても嬉しくて…

    これからは、どうかご自分の心のままに伸び伸びと過ごされて下さいね。

  24. うわ!ほんの1日の間に、色々な事があったようですね・・・!
    facebookの件、確かに、ちょっと危険かも・・・?と思っていましたので、とりあえず中止、という事で
    正直なところ、ホッとしています(^_^;)  
    私も、パソコンとスマホで色々顔を出すのが好きな割りに、facebookとツイッターは、まだやってないんです。
    で、一番好きなのは、身内親戚や友人知人とするLINE&LINEの無料ゲームだったりします。
    「ツムツム」とか「ポコパン」とか、みんなで競い合ってます、  おっさーんだけど・・・・・・・(*≧∀≦)
    signifieさん、どうか自分を責めたりせずに、またゆっくり考えて、いろいろ提案してくださいませ~
    ここのブログを、もっともっと色んな方に知ってもらうのはとても重要で、かつ素晴らしい事ですよね。

    ボレロさん、
    ほんとに創価学会は、油断も隙もないですよね! お互いに気をつけないと!
    創価脳の連中は、功徳と妙な使命感で、人生突っ走ってますから、ほんと怖いですよね・・(^_^;)

    せーやさん、
    ほんと、集金だけでもドローンにやってもらいたいですよねぇ・・・
    或いは、ホンダのアシモ君みたいなロボットもいいかも? (*≧∀≦)

    レモンさん、
    創価の活動停止、良かったですね!大変にお疲れ様でした!
    今後は、選挙も含め、来訪者や電話などでストレスの掛かる場面もあるかと思いますが、
    どうかぼちぼちと無理をされずに、ゆっくりと対応していってくださいね。

    レイラさん、初めまして!
    そうですか、高校時代に折伏されたんですね、また色々と辛い事も多かったでしょう・・・
    出掛ける前の題目三唱とか、義理で選挙に公明党、よく分かります!私も、結構そんな感じでしたから・・
    溜まった思いをここで吐き出して、色々お話を聞かせてくださいね。

    ルナさん、初めまして!
    そうなんです、学会活動なんて、功徳が出るどころか疲弊して身体を壊すのが関の山なんですよね・・
    それなのに、まだ盲信している活動家も結構いるのが、不思議でなりません。
    と言いながら、私もこちらのブログで完全に覚醒させてもらったので、やはりこういうサイトは非常に重要なんですよね。
    今後とも、宜しくお願いします。

  25. レモンさん、おめでとうございます\(^o^)/
    なんだか自分の事のように嬉しいです!
    同じ頃同じように活動家のご主人に折伏された同年代のレモンさんに親近感がありました。
    ご主人もレモンさんの揺るぎない決意に負けましたか。良かったですね。
    私達、人生かなり創価の為に損してしまいましたね。
    これからは自由を満喫して下さいね。
    まずは何処かに旅行でもいかがでしょう(^_^)

    signifieさんの「インターステラー」の話、面白かったです。私はDVDで観ましたが、なかなか難しい話だなと思いながら観ていました。
    内海昭徳さんのお話も難しいですが、とても奥が深いですね。凄い分析力だなと思いました。
    創価とは関係ないでしょうけど、こういう話好きです。ありがとうございます。

  26. モニカさん、
    確かに創価の友人葬は、近年、学会員からの香典などは、ほとんどないですね~
    そういう通達?みたいなものが出ている、と聞いた事があります。
    まあ以前から、学会員の場合は1人千円(茶の子のお返しのみ)というパターンが多かったです。
    ぶっちゃけ、友人知人と疎遠になり、創価学会しか知り合いがいない、なんていう場合は、
    香典はほとんど集まらないのが現状だと思いますよ。
    葬式費用は、当然ながらローンを組む訳にもいかないので、出費はかなり厳しいものとなります。
    世間一般の常識からみても、こういう事を本部が勝手に決めるというのは、どうなんでしょうね??

    そうそう、うちは母親も父親も、私が覚醒前という事もあり、どちらも友人葬で済ませてしまったのですが、
    母親のみ、池田大作の名前で香典が1万円来ました。
    ですが、父親の時は、一切なかったです。 
    確かに父親はずっと非活だったんですが、それでも創価に入信している事は間違いないのに、
    なんで?と思っていたんですが・・・・・    謎が解けました。
    私と母親は、「広布部員」で財務をしており、父親はずっとしてなかったんです・・・
    同じ家族でも、財務してない奴に香典なんかやらねーよ、という事みたいですね・・・

  27. レモンさんへ

    ご無沙汰しております。
    以前お声を掛けて頂いたしゅうえいと申します。

    全ての創価・活動完全停止
    おめでとうございます!!!

    私の母も数か月前に全役職を降りる事が出来ましたが
    それまでの幹部からの数々の圧力を目の当たりにして来たので
    レモンさんのご苦労が並大抵の事でなかったのは
    とてもよくわかります。

    静かな時を手に入れたと思ったら
    イベントごとに(選挙や婦人部総会等々)幹部から
    しつこいアプローチはありますが
    母も逞しくなり、かわし方が上手くなりました(笑)

    やっと手に入れた自由な時間
    レモンさんがいきいきと過ごされる姿を見て
    ご主人や地域の部員さんも
    きっと「何か」を感じられると思います。

    私の話で恐縮ですが
    脱会してから地域の部員さんと会うのが怖かったです。
    でも最近では開き直って
    「ほら、辞めても普通に生活してるよ?ね?」って
    堂々と街中を歩いています。

    幹部に会うと必ず「元気?」のお決まり文句が出ますが
    そんなに元気確認したいのか?と思いつつ
    満面の笑顔と挨拶を返します。
    (部員さんの方が今まで通り普通に接してくれます)

    シニフィエさんのブログがきっかけになり
    皆様の足抜け記念日が訪れますように!

  28. レモンさん、よかったですねえ!
    では私も一句。
    「『学会にはいれよ』だなんてただの詐欺、ノルマで言ってしまっていいの」

    ところで覚醒しても、責任感から役職をすぐ降りられないという気持ちはわかります。
    私は会館の掃除くらいしか担当してませんでしたが、覚醒した時点で「掃除は掃除」
    信心とは無関係な無償労働と割り切って、単純に共同作業なので迷惑をかけるのが申し訳なく、任期まで続けようかと思いました。
    が、区幹部の判断で「そういう気持ちの人に大切な仕事を任せられない」と即、クビ?にしてもらえました。
    これ前にも書いたことがあるんですが、役職にまつわる雑用は創価ではそのまま「信心」ですよね?
    あれもこれも功徳がある「仏道修行」ですよね?
    だったら覚醒したら何の責任を感じることなく辞める自由があります。
    信仰は自由ですからね。
    まわりも、それを当然とするべきです。
    任期も何も、信じられなくなったら任期は終わり。
    これは任期も何も死んだら終わりと同様、大前提として認識すべきです。

    信じられなくなったのに、創価のために何が楽しくて時間や労力を使わなきゃいけないの?
    レモンさんはそれが本当に辛かったと思います。
    今後、全国でこんなことはどんどん起こるでしょう。
    役職のある皆さん、信じられなくなったら即辞めましょう、降りましょう。
    突然、役職に穴があき右往左往する会員。
    好きなことしかしない自由な会員も、困る時だけは皆と足並み揃えて文句言うのでしょうか?
    でも役職の仕事がそのまま信仰だと教えたのは創価ですよ。
    いつ辞めるのも自由なのです。

    さて原田会長によると快進撃を続けている創価ですよね。
    現場ではささいな役職の後任さえままならない現実をしっかり体験した方がよいでしょう。

  29. 白ゆり長の時の話(昨年かな)です。
    マニアックな話なので、わかる人にしかわからないかも知れませんm(__)m

    ある時、
    ○○総区婦人部で唱題の数を集計します、と年明けに、1マス5分で塗りつぶす、唱題表が配られ、三ヶ月後に地区ごとに集計したのですが、
    一人一人に、何万偏できたか?電話で聞きました。
    全部塗りつぶすと、『世界公布新時代 大勝利』と文字出来上がります。
    当時、私は5分あげる暇もなく(笑)ぜんぜん進みません。しかし、真面目に何とか一日5分くらいはしないと、と取り組んでいました。
    最終集計の時、『新』くらいのところまでしか出来ず、罪悪感、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
    それで、皆の集計をとったら、殆どの人が、 『新』か『時』くらいのところまでしかできてません。
    「なかなか、題目あがらないの、これくらいでごめんなさい」とか、「1枚くらい塗りつぶせるかなと思ってたら、なかなかねぇ…」と申し訳なさそうにいうのです。
    集計してる私は、なんだ皆一緒かよ!と真面目に考えていたことがバカらしくなりました。
    しかも皆はマス数を数えて○○偏できた、と報告してくれたら、足すだけで楽なのに、「うーと、まん中くらい」とか、「『時』の文字まで塗ったよ」とかです。それを○○万偏と数えるのもバカらしく、地区婦に報告の時「皆の合わせて、6枚と時のあたりです」と言ったら、「はい、御苦労様ね」で電話きられ、えっ?そんな適当でOKなんだ、と逆に驚いてしまいました。
    しかし、何が目的?マスを埋めるのが目的になってしまい、意味のない題目、集計する意味もわからない、それを真面目に受け止めて取り組んでいた自分もワケわからない。
    後に、大きな会合で『○○総区の婦人部としては○○万偏の題目をあげることができました、皆さん、ありがとうございました』と幹部から話があり、皆、拍手。何のためだったか理由は言いませんでした。それっきりです。

    これほど、くだらない、バカらしい、これが宗教のやること?題目って一人一人、願いのために題目あげるものでしょ、数とってどうするの?
    あぁ~くだらな~い、くだらな~い、
    白ゆり長ってこんなバカくさいことするの?つくづく嫌だわ、と思いました。

    覚醒して思ったのですが、○○総区としてはってことは、他と競いあってたわけです。
    これ、総区幹部の昇進のためだったりして、あなたの区にはどれだけ熱心な会員がいるか、数が多い区幹部に評価をつけるためとか。
    ビジネス宗教だもん。ありえそうです。
    3月が最終集計ってのもあやしいです(笑)
    題目の数にまでこだわるのも、さすがビジネスだわ。私のところの県だけかもしれないですが、実際にあったことです。
    ほんとに脱会してよかったです。

  30. 御無沙汰しています。随分前にコメントをしたヤングミセス非活1年未満の輝子です。

    最近やっと…

    白ゆり長、やめました。
    新聞、やめました。

    私は白ゆり長になってすぐに組織のやり方、幹部の振る舞いについていけず、心の病気を理由に非活になりました。「役職を辞退します」と宣言してから幹部の方の数回の訪問の後、さっぱり連絡がこなくなりました。最近ようやく心の病はすぐに治るものではないと話をして、役職を解任されました。私の後任はおらず、地区婦人部長が兼任するとのこと。某アイドルみたいですね。今やどの地区も新しい白ゆり長が見つからないと幹部の方が嘆いていました。これが現実です。今、非活になりたいけれどなれない方、勇気を出して心の病と宣言しましょう。後のことは功徳欲しさでいっぱいの活動家さんに任せて。池田先生だって「逃げるが勝ちの時もある」って言っていましたよ。

    新聞は地区婦人部長にメールしたのですが、なかなか返信がこないのでこちらの書き込みを参考に販売店に電話しました。啓蒙月間にもかかわらずすんなりこなくなりました。思ったより簡単です。

    また、非活になっていっさい題目をあげていません。良いことも悪いことも題目は無関係なので、あげていないことへの不安もないです。
    併せて、うれしい気づきがありました。それは活動家は上から目線で人より自分が幸せだとアピールしたい性分(=修羅?)だということです。私も組織の中にいた頃はすごく偉そうな話し方をしていました。先生の指導や御書を引用して、それこそ全て、生きる指針、正解…激励という名目で人に価値観を押し付けていた自分。本当に恥ずかしいです。これからは身近な一人を大切にできる自分になりたいです(笑)←これって創価の目指すところだったのでは?

    長々とすみません。

  31. レモンさん、おめでとうございます!
    本当に長い間、大変だったと思います。
    Janneも学生の頃新聞配達をしていました。短期間でしたが、毎朝眠くて、眠くて、寝ぼけて路駐していた車に突っ込んで派手に転んだ事もありましたね~( ´;゚;ё;゚;)
    レモンさんは責務は十二分に果たされたのですから心置きなく身体を休められて下さい。
    本当にお疲れ様でした!!

    次郎さん、笑えるでしょ?私らしいと思いました(笑)
    アカウント削除完了♪
    基本ROM専時々コメントのスタンスですが、毎日必ず目を通しております。これからも、何卒宜しくお願い致しますm(*_ _ )m

    ちなみに友人葬でもお布施をしている人達も中にはいるみたいです。聞いた話では末端同士しか確認しておりませんが…地域柄ですかね?

  32. レモンさん
    完全活動停止記念日おめでとうございます。
    レモンさんのコメントにはいつも勇気づけられます。

  33. 創価の友人葬に関してですが、付き合いはなかったけれど同じ所属だったので知っているという程度の人の場合でも、葬儀参列の声がかかってました。みんなで題目をあげて送ってあげよう。ということだったと思います。その場合、香典はいらないからとにかく出てと言われてました。世間一般では香典出さずに参列ということはないのでなんだか申し訳ないような気持ちでした。ですが、個人的に付き合いのあった会員の関係ですと、葬儀場ではなく個人宅に届けたりでやり取りしていたようで、それに習って私もそうしていました。ただ、金額は創価の香典は3000円だからと言われてました。でもみなさんだいたい5000円くらいでやりとりしていたようです。にしても、家族が亡くなった後降りる保険狙いなのか、その年の財務を遺族に煽る組織の体質は許しがたいです。

  34. シニフィエさま。いつもありがとうございます。
    私はこのブログのデザインがとても好きです。ごちゃついてなく余計なものがなく
    皆様のコメントもおちついて読む事が出来ます。
    HNの水色がかわいいです。
    常連の方々が素晴らしいので頼って、たまにはほっぽらかすくらいの気持ちで気楽に過ごしてください。

    なんて。。偉そうにすみませんでした。

  35. レモンさん、足抜けおめでとうございます!
    覚醒しながらも、バリ活な身内、正役職もありで大変だったことと思います。
    聡明なレモンさんのことだから 必ずや良い方向にもっていかれることと信じてました。
    サラダ記念日の替え句、ナイスです(^^♪

  36. お声がけ頂いた皆さん、温かい言葉の数々、本当にありがとうございました。
    嬉しくて胸がじ~んとしました。
    脱会宣言をしたことで、創価の活動はもちろんですが、財務や選挙とも一切関係なくなります。
    主人が同じ支部内でバリ活でなかったら、後先考えずに去っていたと思うのですが、やはり残される主人の身も案じての決断でした。
    主人は支部長をしていますので、統監上はしばらく幽霊会員として置いておくことになり、フリーになった時に私と子供の分は落とす事になると思いますが、そんな事はもう正直どうでもいいです。
    見えない鎖から脱出できたことが、この上なく嬉しいです。

    ルナさん
    初めまして。
    いつもコメントするときに、心のどこかでロムをしているであろう同じ立場の人達に届くようにと思って書き込んでいましたので、声が届いたようで嬉しいです。
    実は、私がこちらのサイトに書きこむきっかけとなったのも、同じ役職であった「ひろたんさん」の書き込みを2014年5月に読んだ事がきっかけだったからです。
    半年ほどロム専だった私が、ひろたんさんの書き込みを見た時に「私も同じ立場で同じように苦しんでいます」と思わず書き込みをしました。
    そこから、現在に至りシニフィエさんや皆さんの言葉やコメントに励まされてきました。
    創価によって同じ傷や痛みを経験した人達の言葉だからこそ、気持ちが共有でき心から救われてきたのです。

    今後も、創価に苦しむ人達が少しでも自分の人生を取り戻す事ができるよう、微力ながらコメントを寄せていきたいと思っています。
    まずは、何とかこのブログまで辿り着いてほしい!そう願うばかりです。

  37. こんにちは。いつも 皆様のコメント読ませて頂いて 勇気又勉強させて頂いてます。
    昨日は 旦那の実家(アンチ創価)の地鎮祭に行ってきて 神主さんにシャカシャカやってもらいました。今はもう平気。土地の神様に感謝さえします。
    思い出した事があります。昨年の折伏の戦い(たまたま会合にでていた)の時に 婦人部長が 『創価学会では 嘘もご仏智という言葉もあるのよ。折伏のときは 嘘もいいの』と言うのを聞いて はぁ?と思いました。
    そんな 言葉初めて聞きましたよ?と婦人部長に言ったら 大真面目にそれが あるのよ。と言うので 思わず大笑いした記憶があります。
    本当に心底呆れました。
    新聞も早く辞めたい。旦那からは いつ そのプロバカンダ新聞止めるんだ?と聞かれます。
    池田氏の写真を見ては このおじさん 死んでるかもしれないのに まだ載せてるんだ?と言ってます。
    外部の旦那は もう死んでると思ってるんですよ。外部の人は死んでると思ってるのが多数なんですかね。生きてようが 死んでようが あまり興味無いですよね。

  38. レモンさん、おめでとうございます!
    本当に長い間お疲れさまでした。
    正直今の私には衝撃的でしたが、レモンさんの姿励みになりました!
    もう少しヨガ教室に協力していきますが(笑)
    自分の気持ちに正直に生きていきたいです。

    ボレロさん、心配していただきありがとうございます!
    嫌がらせ、苛めなんて酷い人達でしたね。
    それが、人材育成ですかね!?怒ってきちゃいます。
    信頼できる幹部なんて、昔からいませんでした(+_+)
    何でも話せる同志ならいるのですが、話の最後には「頑張ろうね!」となってしまいます。
    たぶん私は、遅かれ早かれ病気を理由に活動ができなくなると思います。
    それでも幹部は、訪問して来るんでしょうね。
    それまでに、うまく逃げたいです。

    マグさん、ポトスさんも体調いかがですか?

    白ゆり長経験者の皆さんのコメント、励まされます。
    凛々子さんの話も、わかります!
    こちらも部員さんの唱題数を把握しておくようにと言われてて……
    そんな強制的なことできないからスルーです!

    モニカさんの言葉にも勇気づけられます!
    逃げてもいいんですよね。
    いつも、はっとさせられます。

    わらしさん!面白かったです(≧▽≦)
    朝から笑っちゃいました!

    では、せーやアシモロボット(コージさん、使わせてもらいます)集金に回ってきます!
    (゜◇゜)カクカク

  39. レモンさん、おめでとうございます(≧∇≦)私がいつも悩んでいた時、適切なアドバイスをしていただき、本当に感謝しております。

    私は主人がゆる活ですが、ゆる活ですら創価の事を話すとこんなに話が噛み合わないのに、バリ活のご主人との生活は本当に大変だと思います。創価以外では本当に尊敬しているんですが、、、。少しでも創価に対し疑問を持ってくれ!と思います(~_~;)

    話は変わりますが、先日も安保法案に対して主人にどう思うか聞いたところ、やや賛成のような感じだったので、「もし公明党が安保法案に絶対反対!だったとしても賛成する?」と聞いたら「・・・・。」でした。なんでも公明党と同じで自分の意見はないのかい⁇

  40. レモンさん
    おめでとうございます☆
    手にした時間をユルユルと自分のために使ってください

    凛々子さん
    唱題数の集計、ありましたよ。
    目的がわからないからずーっとゼロで報告を上げていました。
    それでも幹部指導も入らず
    県レベル辺の幹部の自己満足?のためだけだったのではないでしょうか?
    他にも目的不明の報告多々ありました
    信仰ゴッコしているのでしょうね

  41. 友人葬の香典のやりとりは、satouさんのように、うちの実家の母から、
    あとで個人的に持っていっているように聞いたことがあります。
    主人は仕事の関係で、友人葬に参列したことがありますが、
    やっぱり香典を本部に全て持っていくのかと思っていたらそうではなかった、
    …と、この話は全国どこでもあるようですね。

    レモンさん、おめでとうございます、お疲れ様でした  乾杯〜😊

  42. 管理人さま コメントの承認ありがとうございました。
    これからは少しずつ投稿させて頂きたいと思っています。

    コージさん わらしさん お声かけありがとうございます。本当にこちらのブログは素晴らしいですね☆

    友人葬についてですが こちらではある時期を境に
    友人葬での香典は一切不要と口頭連絡がありました。
    地域的にご高齢の方が多く支部内では毎月のように訃報の連絡があり実際 支部幹部も大変だったのだと思います。
    その度に立場上 地区の代表として参列を強要されましたが正直 ほとんど知らない方の通夜 告別式への参列は
    時間的にも経済的にも負担が大きく苦痛でした。
    ある時どうしても参列出来なかった事があったのですが
    事情を詳しく伝えたにも関わらず後日「どんな時でも学会の事を優先できるように もっと福運つけてね!」と支部幹部に叱られました。
    納得出来ませんでしたが自分が悪いんだと思い込み ますます唱題と活動に励んでました(ToT)

  43. レモンさん、おめでとうございます!
    ほんとうによかったですね。覚醒しているのに活動を続けないといけない状態って、考えただけでも具合が悪くなるのに、レモンさんの冷静で確実にものごとを進めていく姿にはほんとうに尊敬します。私ならどっかでちゃぶ台ひっくり返していたかもしれません(笑)。一歩一歩確実に創価から去る。このブログを見ている多くの脱会希望者の方に、大きな希望と勇気を与えていただきました。ありがとうございます。…って、なんか感謝状を棒読みしてるみたいですみません(⌒-⌒; )でもほんとすごいなと思います。これからもよろしくお願いします。

  44. レモンさんへ
    ありがとうございます(;_;)/~~~
    レモンさんの心遣い溢れる とても誠実なコメントに何度も勇気をいただいておりました。
    私も退会手続きはまだ完了していないのですが
    S大を卒業させてしまった子供(半覚醒状態)の事もあり
    家族揃って(主人は未入会です)きっぱり退会する日を目標に今は自分に出来る事を精一杯やっていきたいと思います。今後とも宜しくお願いいたします。

  45. 私も一言。。。

    レモンさん、ほんとうにおめでとうございます。
    これまで多大なご苦労がおありだったと思いますが、自分の信念を貫き通したこと素晴らしいです。
    私は婦人部になって白ゆり長の役をもらって1年もたたないうちに逃げたヘタレです(>_<)
    (それが却ってよかったのかもしれませんが)
    これからはゆっくりとご自分の時間を楽しんでください♪

  46. みなさまこんにちは。
    実家に帰ったついでに、せっかくなので(笑)大白を読んでみました。
    小樽問答…いつの話だっつーの!
    ン十年前の武勇伝?を何度も蒸し返すのが大好きですよね。
    虐待を受けて育った方の体験談。
    なんか…大変な思いをなさったんだろうなとは思うのですが、言い方悪いけど
    「分かりやすい感動」なんだろうなと…こういう方が折伏されたという話が。
    この手のものを読んで「あぁやっぱり学会は素晴らしいんだ」と思ってしまうのでしょうね。
    あとはもう、巻頭から巻末まで「池田名誉会長」のオンパレード。
    よくまぁ飽きもせず、って感じです。

    昔、小さな地区の座談会や女子部の集まりの時に毎回「先生への招待状」を
    書いたりしましたが、ちゃんと「直々のお返事」が来るんですよね。
    大きい会合だとお菓子などの「さしいれ」なんかがあったりして。
    あぁいうのも「先生」を身近に感じさせるうまいやり方だなぁと思ってました。
    全国の何万何十万と存在する小さな地域一つ一つに、一人の人間が
    いちいち対応できるわけないでしょうに。
    いったいどれくらいの黒子さんが働いてらっしゃるんでしょうね。

  47. おはようございます。
    レモンさん本当に良かったですね。私もレモンさんの後に続きたいです。
    覚醒してからの活動、ほんと、キツイですよね。
    特に、苦手な幹部との接触は、冗談ぬきで、心と身体を病んでしまいます。
    私は、地区内では、「いつまでも外部気分のぬけない人」という位置付けでした。なので、役職は全部おまけみたいにくっ付いてくる副ばかりでお気楽でした。
    ところが、一年前、正の役職の人が非活宣言しました。もう皆さん、想像できますよね〜そうなんです。その方が、丸投げしたもの全部私のところに来ました。
    事あるごとに「あなたが、副なんだから」「もっと自覚を持ってやってちょうだい!」「あの人の分まで頑張ってね」と言われ続けてます。
    私いつも思うんです。
    学会の人間関係、上手く出来てるなぁ〜って
    複雑に、縦の糸と横の糸で結ばれているような。
    横の糸を解けば縦の糸が邪魔する
    縦の糸を解けば横の糸が邪魔する
    今は、縦の糸と横の糸で、ダンコ結びで何個も結ばれているような、誰か、このダンコ結び、簡単に解ける方法あったら教えて下さい。

  48. 「インターステラー」・・・初めて知りました。是非観たいと思いました。紹介して下さりありがとうございました。私はNHK-BSで木曜日に放送している「コスミックフロント」(NEXT)の大ファンです。現在進行している天文学・宇宙物理学の最先端の研究成果を映像を多用してわかりやすく紹介する番組です。先週は、宇宙の果てについてでした。
    私は、前にも書きましたが、無信仰の途です。一応、法事は曹洞宗なので、大彼岸などでお寺に行くと「般若心経」と「妙法蓮華経」を檀家のみなさんと唱読しています。でも、意味の分からないお経を唱えるのが嫌で、お経に書かれている内容を知りたいと思い、解説書やネットで調べています。シニフィエさんがおっしゃっているように、お釈迦さんは宇宙の有り方について洞察されたのでしょうね。自然科学は、観察-仮説-検証という手順を踏んで真理に迫ります。でも人間には洞察という迫り方もあります。古代の哲学者デモクリトスが「万物は原子でできている」と主張したのも洞察によるものでしょう。観念論哲学者ヘ-グルが「世界は絶対精神が様々な姿として現れたもの」言っているのも、「絶対精神=時空のエネルギ-」として捉えればまんざら的外れでもなさそうです。沸騰したお湯の中で、気泡が急に生まれ急激に大きくなる相転移の現象は、気泡=宇宙と考えると、宇宙の始まりを理解するのにとてもわかり易いです。「色即是空」「空即是色」など仏教の概念、あるいはマルクス・エンゲルスの唯物弁証法哲学も宇宙の在りようについて現代科学が到達した物質世界の存在様式を説明しているなあと感心します。

  49. 私の方面では大きな会合があったそうで。
    知人が活動報告していました。完全に創価脳です。
    大体11111世帯の折伏なんて、あんなもの後から適当につくったにすぎないですよ。
    そのときの入会した人間の全員の顔写真でもあるのでしょうか?
    創価の作り話、だんだんと見えてきました。あんなもの信じていたらほんとにバカですね。
    小説の人間革命が代筆なので、すべてがすべで作りごとでしょうね。

    まあ、信じたい人たちだけでやればいいと思いますが、創価の場合、外部に迷惑をかけるのがいけないです。それと、内部の人間も搾取されまくる・・・

    誰が創価で幸福になったのでしょうか?

    レモンさん、とても聡明な方ですね。同じように覚醒しながらの活動家のかたもたくさんおられるでしょうし、疑問を抱きながらも「愚痴は福運を消す」と脅され活動している方なんて、何十万人もおられるでしょう。

    うちの地域では、婦人部の方が、毎朝しんどそうに新聞配りをしています。明るい笑顔でペダルも軽く! なんてほど遠い姿です。見ていてかわいそうになります。頑張って早起きして、新聞を配るのに、ほとんど読んでくれないし、、、、、喜んでいるのは一部の活動家と、本部の幹部ですよね。
    創価の活動家って、ほんとに悲惨ですよね。
    「いい加減気づけよ!」ですね。

  50. 友人葬の香典について。

    白ゆり長から副白ゆり長に降格して組織に迷惑をかけているヤングミセス非活の輝子です。たびたび失礼します。

    友人葬で受付の香典係(受付で預かった香典を集計する人)をやりました。友人の親族の葬儀でした。葬儀社からの指定で「香典係は、親族ではなく地区の学会員ではなく信頼のおける人」と言われて私がやることになりました。

    数年前の話。いざ葬式をやることになって、葬儀社とのやりときの時に私も偶然その場に居合わせました。友人を慰めに行ったのですが…
    すると、葬儀社の方が喪主の方に「香典どうしますか?」と聞いていて、「ありでお願いします」と言っていました。選べるようです。ありだったので、香典返しの準備やお清めの飲食もあり、読経以外は一般的な葬儀と大差ありませんでした。

    ただ、私が香典係としてお金を回収するにあたって葬儀社の方から「受付が終わるまで絶対に離れないこと、喪主以外に絶対にお金を渡さないこと」と事前に言われました。学会は香典泥棒ではないということも強調。「もし何かあったらそう言われてしまうから本当に気をつけてね」と念押しまでされました。

    私の時はこんな感じでした。

  51.  レモンさん、おめでとうございます。ご主人とのことがあるでしょうからまだまだすっきりとはいかないでしょうが、まだまだこれからいくらでも自分の人生を楽しめると思います。お互いがんばりましょう、じゃなくて楽しみましょう。
     私も皆さん同様学界に疑問を抱きいろいろと調べているうちにここへとたどり着いた口です。おかげで不透明な財務、ただ働き同然の新聞配達、マインドコントロール、虚飾に満ちた池田氏や幹部達、世界広布と謳いながら衰亡する組織の現状、会員も殆ど気づかないうちにこっそりと変わっていた教義と会則、活動が家族間に抜きがたい不和を生じていること等々、この数ヶ月で多くのことを知って覚醒が進みました。
     おかげさまで、今では会合不参加、選挙のエア報告、、財務の停止、勤行・唱題の停止、新聞購読停止など、金も時間も労力も一切提供しないバリ非活学会員になりました。
     このブログを読むことで私みたいにアクションを起こす人がたくさんいると思います。シニフィエさんには管理運営の労がかかって大変かとは思いますが、このブログが長く続きますよう切望します。

  52. こんにちは。レモンさん、私からもお祝いを言わせて下さい。
    6月28日創価足抜けおめでとうございます!長い間地区婦人部長としてのご苦労、本当にお疲れ様でした。
    地区婦で覚醒途中の全国の皆さんの希望の星ですね☆

  53. 前テーマへの答えが難しく書いちゃー消しを繰り返している間にまたまた乗り遅れてしまいました。

    何はともあれ、レモンさん、良かったですね。これからはご自分のために時間を使ってください。責任感の強さに改めて敬意を表します。秘かにうちの地区婦だったらいいのになーと思っておりました。残念ながらうちの人は2世さんなので違いましたが。

    本音を言えば身近に創価への疑問やMCからの覚醒を話せる相手が欲しいです。でも、どの人が話せる相手なのか見抜けないので、こちらのブログだけが頼りです。signifieさんは承認作業や変な人の対応とか大変でしょうけれど、どうか長く続けていただけるようよろしくお願いします。改めてこのブログにコメントをされている皆様、主様に感謝いたします。

  54. 改めて皆さんのコメントに感謝でいっぱいです。
    活動で疲弊しきっていた頃はあまりのシンドサさに「このまま倒れてしまえば活動しなくて済む。いっそこのまま倒れてしまいたい」と何度も思っていました。
    これからは自分の事も少しは労わって、今までできなかった事を沢山楽しんでいきたいです。

    それにしても、お金よりも活動で費やした人生の時間が本当に惜しくて仕方ないですね。
    特に子ども達が小さかった頃に、もっと色々な場所に遊びに連れていってあげたり、一緒に旅行に行ったりして沢山の想い出を作ってあげたかったなと懺悔する日々です。

    脱会を考えている皆さん、夏は友好週間があるので脱会のチャンスです。
    友好週間明けに活動家がゴッソリ消えていたという事は、充分ありえますよね。

  55. レモンさん、お久しぶりです!ずっとロムして応援していました。
    この度、やっと創価の活動から離れられたと知り、涙が出そうになりました。本当におめでとうございます!レモンさんが一日も早く活動から離れられるよう願っていましたので、自分のことのように嬉しいです。一年前、私もレモンさんや他の方の励ましを、涙をボロボロこぼしながら読んでいたことを思い出します。今はすっかり元気です!
    私は幸い、心療内科の診断書を見せて半月ほどで、ヒカツになることができたので、よかったのですが、レモンさんは、いつまで活動を続けなければならないのだろう、と本当に切ない気持ちでコメントを読んできました。本当によかった(T_T) ゆっくり休んで自分の人生を取り戻してくださいね!
    私のその後ですが、ヒカツになったら、どうやら幹部たちが組織で、私には会うなと言っているらしく、学会員が家にくることはほとんどないです。旦那が壮年部なので、ある地区幹部が行事予定だけ義務的に届けに来るくらいです。婦人部はほとんど来ません。選挙と財務の時だけです。(金と権力だけ)
    財務は申し込んでボイコットしました。
    私と真摯に対話をしようとする幹部は皆無です。使えなくなったら、ポイ捨てです。
    「一人を大切に」「人間主義」なんてまったくの嘘です。幹部は自分たちのノルマしか頭にないです。
    こんな薄情な組織とは思いませんでした。一部の部員さんだけ、心配してコンタクトをくれますけどね。
    脱会は、私の父が亡くなったタイミングで父の分と私たち世帯の本尊を本部に返却しようと思っています。ですが、今はほぼ脱会した生活と変わらないと思います。
    嬉しいことに私の一番仲良くしていたの後輩(違う地区の白ゆり長)が、私の話と、ここのブログを紹介したことで、覚醒し、ヒカツになることができました。本当に、シニフィエさんと皆様に感謝です。ありがとうございます!

  56. レモンさん、おめでとうございます(^-^)
    穏やかな日々が訪れますように。

    こちらのブログに出会って数ヶ月たちました。
    外部の私にとっては、みなさんの証言に驚き、呆れそして怒りを禁じ得ません。
    まだまだ創価を信じ切っている弟夫婦にも早く気づいてもらいたいです。

  57. いつどこに書き込みしたかわからなくなってしまったタカコです。
    次の書き込みは脱会報告にします、と書いたと思います。
    無事に手続きできました。
    こちらのブログと、こちらにも書き込みされているしゅうえいさんのブログに勇気をいただきました。
    久しぶりに広げてみた巻物は確かにカラーコピーでした。巻いた時に気がついて無かったのが不思議です。
    手続きはドキドキでしたが、今はスッキリしています。長年喉に刺さっていた魚の骨が取れた感じです。
    ブログ主のシニフィエさん、書き込みされている皆様に感謝しています。
    ありがとうございました。

  58. 初めまして、英斗です。
    私は中学三年生のまだ成人していないただの学生です。創価三世?(祖父祖母両親ともに入信しているので多分あってると思います)として物心つく前に入会、今まで生きてきました。
    正直言ってつい一年前までは創価学会というものに興味がなかったのでネットで調べようなどとは思いませんでした。同じ部活の子で、母親が入信していて父親は別の宗教の子がいました。その子はネットでよく見るマインドコントロール?洗脳?は特になく、反対にしつこく勧誘されるのを嫌がっている子でした。その子と話してみて、今まで生活の一部だった創価学会が自分の中でいわゆる宗教団体の位置づけになりました。
    今まで親に言われるがまま座談会などに出席していましたが体験談を聞いていても功徳だとかお題目のおかげというよりもその本人の努力がすごいなというぐらいにしか思いませんでした。他にも大人たちが言っていることは綺麗事と流していましたし、行っていることは「へぇ~」ぐらいにしか感じませんでした。ファミリー大会の司会なんてものもやらせてもらいましたが、もともと性格がひねくれていることもあってか熱心に活動するふりをしながらめんどくさい気持ちでいっぱいでした。
    上記にもあるようにきっかけは同じ部活の子です。その子と話してから創価学会について調べるようになりました。そこで出てきたものは犯罪やらカルト集団やらといった悪評で、いよいよ創価学会という団体はオカシイのではと思い始めました。また、このサイトもそういった経緯で発見しました。
    正直言って、私が見てきた活動と当てはまるところもあれば大げさにしすぎでは(これも洗脳でしょうか(笑))と思うこともありました。ただ、投票の勧誘?が創価学会の活動として行うのは違憲?ということは初めて知りました。小さい頃から祖父の友人をターゲットに選挙前に連れ回されることがよくありましたから。まぁ、私はほとんど手土産の和菓子が目的でついて行っていましたが(笑)。
    突然ですが、私は三兄弟の末っ子で、兄と姉を持っています。兄はもともとやる気がなかったんでしょう、両親もそれを理解してあまりその手の話はしません。が、姉は創価大学に進学しました。別に姉を否定するつもりはありませんがどこの大学へ進学したの?と聞かれると答えづらいです。
    結局、ここにもいろいろ書きましたがはっきり言って創価学会とは縁を切りたいです。今後の未来、特に結婚とかも考えて選択肢の幅が狭まるのはとても嫌ですし、なにより自分の意志とは関係なく入会させられた団体に貢献する意義はないと思っています。両親にはこういった考えはまだ伝えていません。まだ中学生のみですが、いつか伝えられるようにしたいです。高校からは何かと理由をつけて活動(とは呼べないかもしれませんが)から離れて生活して疎遠からの自然消滅を目指して生活していきたいと思っています。
    長々とコメント失礼しました。

  59. わおっ!ひろたんさん、おめでとうございます!逆折伏できたんですね(笑)あ、折伏じゃないですね、折り伏せるわけじゃないですから(笑)。こうやって脱会の輪が少しずつ広がっていくのはほんとうれしいです。もうこれは少しずつではないですね。覚醒する人がどんどん増えていますよ。
    タカコさんもおめでとうございます!いやあ、こうして毎日のように脱会の報告があるなんて、当初は夢にも思いませんでした。なんだかちょっと急いでいた自分が馬鹿みたい(笑)。みなさんのおかげでこのブログをやっててほんとによかったと思います。この調子でどんどん脱会の輪を広げていきましょう。ありのままに生きていけるように、地道に、静かに、創価から去りましょう。

    そういえば、私の友人もfacebookのアカウントを乗っ取られてたいへんな思いをしたんでした。思い出しました。映画関係の人間だったんですが、あるときから変なセールスをしはじめたんで「何だろう」と思ってたら乗っ取られてたんですね(笑)。facebookやらなくてよかったです。みなさんありがとうございます。 (・ω<) ほんと心強いです。

  60. レモンさん、非活宣言おめでとうございます❗
    良く頑張っておられるなぁと感心しておりました。
    ゆっくり、休まれて下さい。

    タカコさん、脱会おめでとうございます❗
    私も早く脱会したい!

    ひろたんさん、貴女のコメントを読んで、その後どうしておられるだろうと気になっていました。
    キリコさん同様、超バリ非活となりました、ボレロです。
    私も、退会したようなものです。今は、もう誰も来ません。
    こちらから、もう訪問は控えてもらうようにいいましたので・・
    時期をみて、脱会しようと考えています。ホント使い捨てですね❗(・・;)

  61. 「権力は腐敗する、絶対権力は絶対腐敗する」を身を以て歴史上証明したのが池田大作だったね。だが、仏教をダシに使ったため(利用したため)、ここ5年間は地獄の様相を皆さんに見せてる訳だが……
    嘘を平然と言う安倍を見てると、池田の一番弟子か、若しくは義兄弟かと思えてくる。
    これに橋下を加えて“大嘘三兄弟”と云ってもいいだろう。

    まあ、これほどの愚劣な人物を多くの日本人が支えているのだから2020年以降(オリンピック終了後)、地獄を見るのは明らかだと思います。

    ★阿修羅♪>投稿者 mainau 日時 2013 年 2 月 22 日
    <低気温のエクスタシーbyはなゆー>- ワイマール共和国はまもなく滅亡する。
    – 映画「ヒトラー最期の12日間」より: 
    「ソ連軍に包囲される前にベルリン市民を脱出させるべき」という進言を退けたヒトラーは、平然と「国民の自業自得(自己責任)」だとうそぶく。「(ドイツ)国民が地獄を味わうのは当然の義務。われわれを(選挙で合法的に)選んだのは国民なのだから、最後まで付き合ってもらうさ」……(以上阿修羅コピペ終了)
    *今は、最初有った上記の謳い文句は(安倍政権の脅しを怖れてか)消えていますが(-_-;)

    多分派遣社員とか先の見えない若者達が、戦争を起こして日本そのものを滅茶苦茶にして自分と一緒に道連れに滅ぼそうとしているのだと思います。
    そう考えると安倍を必死で支えて国民皆を地獄へミチズレの行動もそうだろな!と思います。その位先の見えない若者が多いと言う事です。
    『公明党が政権入りして果たして来た“結果とは”何だったのか?』翼々考える必要があろう。

    加奈子 2015年6月28日 11:34さん>携帯も今だにガラケイです。
    と仰っていますが、私なんかは携帯そのものを持った事が有りません。よって使い道もワカリマセーン。

    法華講の樋田昌志さんには常時数名のストーカーが付いてきて、家の前には小動物の死骸とかゴミなどが置いてあるそうです。(最新はどうなってるかは知りませんが)
    樋田さんの場合、日蓮正宗・法華講という組織と、カメラを使ってのyoutubeアップという武器があるから対抗できると思いますが、個人では無理だと思います。
    フェイスブック見送りは正解だと思います。これだけの嬉しい脱会報告がありますもの。
    無理をせずに良く謂われてた(もう50年も前の話なので今はどうだか分かりませんが)
    “水の流れる信心”て奴でボチボチ行ってもらいたいです。

  62. シニフィエさん、コメントありがとうございます^_^ ご無沙汰しておりました。
    私の後輩は、理解が早かったです^_^
    私と同じで二世ではなく、結婚を機に入会した方なので洗脳が浅かったんだと思います。それでも、初めて創価の実態の話をしてから、完全にヒカツになるまで、半年近くかかったと思います。新聞配達を止めるのが、1番厄介でしたが、2人で知恵を出し合いながら、なんとか配達も止めることができ、それから完全に活動を停止することが出来ました。だだ、彼女も、旦那様が創価脳らしく、脱会はしばらく無理のようですが、子供達はすぐに理解してくれて、創価大学に行く目標を取りやめたそうです。
    その後輩が、今日レモンさんの書き込みに私のことが書かれているよ!と教えてくれて、2人でレモンさんのことも喜び合いました。
    ここに書き込みしなくても、こうして影ながら応援していた人もたくさんいたことと思います。本当の人間主義は、こちらですよ‼︎ 新しく書き込まれる方が後を絶たないので、このブログの力と勢いは、どんどん加速していると思います!
    壮大なうねりとなって、創価を壊滅させられそうな気がします‼︎

  63. レモンさん、いつもレモンさんのコメントを励みにさせていただいていた、チョコラと申します。
    このたびは本当に本当にお疲れさまでした!!すごいです。本当に尊敬です!!
    なんだか、また新しい光が見えた思いです。
    私は非活になって一年半ですが、まだ地区婦やら支部婦はあきらめてないようで、しつこくコンタクトをとって来ます。以前から話しても平行線でしたのでずっとそういう話ならしたくないので、と避けてきましたが、勇気が出ました!私もこれからは、逃げないでいこうと思います。
    わたしが非活になったことを、親や兄弟は知りません。
    しかし先日子どもが私の母に、ママは学会やめちゃったんだよーと話してしまいました。
    特に母には悲しませたくなくて言いたくなかったので、そのときはやめてないよ、とごまかしてしまいましたが、やはり逃げないで気持ちを話していこうと思います。

    レモンさん、本当にありがとうございました。

    またシニフィエ様、このような場所を与えていただき本当にありがとうございました。

  64. 初めて書き込みさせていただきます。
    信心は33年程、人並みにやってきて、人事の事から、幹部不信になり、学会員の人間性や会合に行くのも何もかも嫌になって、勤行唱題も辞め、非活になったばかりです。
    最近、創価学会についてネットでいろいろ調べていたら、こちらのサイトに辿り着きました。
    他のサイトも拝見していたら、創価学会や池田先生の資産の額や、顕彰の実態や、他にも色々と知らない事があって、愕然としました。
    自分が信じて一生懸命やってきた事が、裏切られた思いがしました。
    最近の創価学会は、折伏か選挙か財務の繰り返しで、会合は楽しくないし、参加者もだんだん減ってきているようです。
    私が一番後悔しているのは、子供をS大に入学させた事です。
    子供は他の大学に行きたがっていましたが、先生の元へとの思いから、私が強くS大入学をすすめました。子供に申し訳ない事をしてしまい、本当に後悔しています。
    非活になったばかりで、動向をみながら、今後について検討しているところです。
    どうぞよろしくお願いします。

  65. 本日の聖教新聞より
    本部幹部会・関西総会開催  池田名誉会長よりメッセージと和歌が贈られ、心より祝福された、ですって。
    連日、ゴーストさん?大忙しですね。
    もう、ゴーストが本人として扱われ、逆に本人が別人として治療でも受けてるんでしょうかね?
    ゴーストが本人で、本人が幽霊部員?(笑) ややこしや~
    本物がやがて幽霊になって学会本部に出ても知りませんからね。

    わらしさん、 当たり前体操創価バージョン、面白いですね!
    文章にするとピンとこないネタでも、知っている音楽ネタに乗せて聴くと、吹き出しますね!
    なかなかブラックなネタもあって面白いです、これからも宜しくお願いします。

    輝子さん、 白ゆり長退任と新聞の解約、おめでとうございます、いくらかでも肩の荷が下りましたね。
    やはり新聞の停止は、販売店に直接申し出るのが一番良さそうですね。
    香典のお話も、ありがとうございます。

    のぞみさん、 池田名誉会長からの直接のお返事、差し入れも、みんな陰で誰かがやっているんでしょう、
    今でもメッセージも含め、差し入れなども、相変わらず池田氏の名前で来てるようです。
    昔からそうだったから、本部幹部たちも何の疑問も持たずに代わりに業務をやっているんでしょうね。

    スマイルさん、 創価は人間革命も含め、もう何もかも作り事かも知れませんよね。
    むしろ、池田が直接関わった事のほうが、非常に少ないんじゃないかとすら思いますよ。
    だからこそ、聖教新聞上でも、悪びれずに池田からのメッセージです、とか平気で言うんでしょうね。

    ひろたんさん、 脱会の前の段階という意味も含め、非活宣言されている方は結構多いと思いますが、
    街や近所でばったり会ったりした時、ほんと気が重いですよね・・・
    功徳もない活動するのも気が重いし時間も無駄だし、非活になったらなったで、連絡とか指導もうるさいし、
    偶然外で会っても気が重いし、ほんと、どうしようもない団体ですよね。
    そんな中でも、こちらのブログで勇気を貰えるのが、ほんと心強く、救いです。

    タカコさん、 そうですか、脱会おめでとうございます!
    手続き完了で、肩の荷が下りましたね! 今後は、ゆっくりと楽しい時間をお過ごしください。

    英斗さん、 初めまして、そうですか、中学生の方ですか!
    創価学会は、学会員の家に生まれた子は、2世3世の福子と呼んで、小さな子供の頃から
    生活の一部としての学会の信仰を実質強制的に教え込みますから、非常に厄介ですよ。
    まだお若いのに、自分の意思で覚醒へ大きく進まれた事は、大変に意味のある事だと思います。
    今後も、こちらのブログを参考にされて、創価学会と距離を置きつつ、家族と共に本当に有意義な時間を
    過ごしてくださいね。

    友人葬と香典について、コメントしてくださった方々、ありがとうございます!
    香典に関しては、地域や生前の付き合い方、お世話になったか、仲良しだったかなど
    状況によって個人の判断によって自由にされているようですね。
    そうそう! 
    母親の葬儀の時も、父親の葬儀の時も、お通夜に公明党の議員の方が顔だけ出してくださったんです。
    それぞれ、別の議員さんが顔を出されたんですが、実は、すぐに選挙を控えた候補者の方だったんです。
    つまり、選挙依頼の一環で、人の集まるお通夜に顔を出しただけで、
    それ以外では、一切来る事はないという事です。
    まあ、創価と公明党は、そんなもんですよ。 選挙と金しか脳がない団体ですから。

  66. ちょっとおそくなってしまったけど、
    レモンさん完全非活おめでとうございます!
    これからは有意義な生活をしてくださいね。

    タカコさん、脱会手続きおめでとうございます!
    私も5月に完了し、本当にせいせいしています。
    これからは変な束縛に憂慮することなく、有意義な生活を送ってくださいね。

    それから加奈子さん、私の関西のノリを気に入ってくださりありがとうございます。
    最近あまりこまめにコメントできていないのですが。
    また今後ともよろしくお願いします。

    それから常連さんたちも最近来られた方たちも、
    よろしくお願いします。
    体調や仕事などが落ち着いたらまたいろいろコメントします♪
    最後にひとこと、さっさとつぶれてください創価&公明!

  67. 覚醒、脱会していく皆さんの報告に、元気をもらってます。
    どんどん、ハードルが下がっていってます。私もいつか、脱会します。
    その前に、創価学会崩壊がうれしいけど。
    安保法制反対の話題の中に、2005年放送のドラマ「女王の教室」の一部が取り上げられています。
    そのセリフは
    「いい加減、目覚めなさい。
    日本という国は、そういう特権階級の人たちが楽しく暮らせるように、あなたたち凡人が安い給料で働き、高い税金を払うことで成り立っているんです。そういう特権階級の人たちが、あなたたちに何を望んでるか知ってる?
    今のままずーっと愚かでいてくれればいいの。世の中の仕組みや不公平なんかに気づかず、テレビや漫画でもぼーっと見て何も考えず、会社に入ったら上司のいうことをおとなしく聞いて、戦争が始まったら、真っ先に危険なところへ行って戦ってくればいいの。」
    です。

    吹き替えたいなと思うのですが、後半が難しいです。

    「いい加減、めざめましょう。
    創価学会という宗教法人は、そういう幹部の人たちが、楽しく暮らせるように、私たち末端会員が安い給料の中から、高い財務を支払うことで成り立っているんです。そういう幹部の人たちが私たちに何を望んでいるかしってる?
    今のままずーっと愚かでいてくれればいいの。創価学会のしくみや不公平なんかに気づかず、・・・・・・・」

    それぞれにさまざまな文章が浮かぶのではないでしょうか・?
    覚醒にも程遠い、学会2世の我が家の夫はさておいて、
    ここで、覚醒していく皆さんは、日本の政治の在り方にも、疑問をもっていくことと思います。自分で「命のたいせつさ」「平和」をかんがえていきましょう。

    signifieさん、ここに集う皆さん、ほんとに感謝しております。
    身体を大切にしてください。

  68. ひろたんさんの逆折伏(?)が、我々に出来る脱会運動の理想形であるような気がします。
    草の根運動的に、創価学会に苦しめられて疑問を持ち始めた友達などに、「創価学会について真面目にメスを入れたブログがあるから読んでみない?」みたいに気軽に、このブログのROM専の方々を含めて広がっていけば、かなりの影響力になると思います。
    Xデイが過ぎたあたりに、satouさんの案にあるように ツィッターで拡散すれば、効果絶大かなと思います。
    ここらへんは、賢明なsignifieさんのご英断に従います。

    それから、英斗さん はじめまして。ラザリスです。アラフィフです。
    英斗さんはまだ中学生とのことですが、文章力が素晴らしいので、オジサンはびっくりしました。
    たぶん成績も優秀な方だと思います。
    若いうちに気が付かれて良かったです。
    20年程前の話ですが、自分の組織の先輩に根津さんという人間性も頭脳面もずば抜けて素晴らしい方がおりました。たしか全国幹部まで登りつめた方です。
    不幸にもその先輩は、広宣部という創価学会の犯罪分野を統括する組織に在籍していたこともあり、全国的なニュースになるような犯罪を犯してしまいました。
    現在もまだ創価学会に在籍しているかどうかはわかりませんが、根津さんが創価学会員でなかったとしたら、その優秀な頭脳を生かして世界的に活躍されるような人材に成れていたと思います。
    創価学会という宗教詐欺団体に、人生を根本から狂わされてしまいました。
    英斗さんには同じような過ちを繰り返してほしくありません。
    家族のこともあると思いますが、何とか創価学会を静かに去って、自分自身の素晴らしい人生を切り開いて行かれることを切望します。
    これからも勉強の合間に、出来る範囲でコメントを下さると嬉しいです。
    じゃあね~。
    (^.^)/~~~ Take it easy !

  69. わらしさんの紹介してくれたあたりまえ体操、笑いました!笑いましたけど、これ作った人の怒りも伝わってくるようでした。私自身も笑いつつも、そうだよ!創価学会は本当にそういうとこなんだよ!本当にこれがあたりまえのとこなんだよ!と腹も立ちながら聞いてました。
    きっとこれを作られた人はただのアンチじゃなくて、元学会員とか覚醒した人なのだろうなと思いました。

  70. ひろたんさん
    本当にお久しぶりです。
    思えば、ひろたんさんの書き込みに勇気をもらって、先日の活動停止に繋がりましたので、本当に感謝しています。とても元気そうなので良かったですし、嬉しいです。
    また後輩の白ゆり長さんも活動停止されたとのことで、本当にすごいですね。
    実は、私も自分の騒動が一段落した後に、こんな私を慕ってくれていた白ゆり長さん達を覚醒させようと考えています。
    これについては、着々と準備を進めていくつもりです。
    うまくやらないと、全てオジャンになってしまうので、慎重に動いて活動停止へと導いていきたいと思います。

    輝子さん 
    白ゆり長から降りられたとのこと、良かったですね。
    上の幹部は、暇を持て余しているのですから、フリーの盲信幹部が穴埋めすればいい事ですので、輝子さんは何も心配しなくていいと思います。
    タカコさんも脱会おめでとうございます。
    脱会記念日ですね^^

    皆さんのおめでとうの言葉が、本当に心に沁み込みます。
    宣言する前、苦悩する私を見ていた子の1人が「お母さんが創価に反旗を翻した事で、じいちゃん、ばあちゃん(義父母)も00伯母ちゃんも00伯父ちゃんも(義姉・義兄)も組織の人も、これからはみんな敵にまわしてしまうことになるね。完全なるアウェー状態になってしまう。誰か1人でも脱会している人がお母さん側について味方になってくれたらいいのに。近所に脱会した人はいないの?」と心配してくれていました。
    近所ではないけれど、これだけ多くの人が喜んでくださる事が、私にとって勇気100倍です!

    長年関わってきた配達・集金業務が完了して、何が1番嫌だったかといえば、配達もそうですが集金ですね。(せーやさん、お気持ちわかりますよ)
    特に、酔っ払いの集まるスナックや居酒屋の集金が、泣きたくなるほど嫌でした。
    お金を投げられたり、酔っ払いにからまれたり。
    中でも、ある職業の方が大勢住むタコ部屋のような寮への集金は独特の恐ろしい雰囲気があり、恐くて防犯ブザーを握りしめて、何があってもすぐ逃げられるように緊張していっていました。
    真っ暗で2階へ上る階段は、ミシミシと音がしてベタベタして汚いのですが、そんな事よりも南京錠のかかる各部屋から誰か飛び出してこないかとにかく怖かったです。
    お金を集金したら、一目散に逃げかえりました。
    まるで、コントですが今思い出しても、ワースト1に輝く恐ろしい記憶です。
    一人暮しの男の人の処への夜遅くの集金も同じですね。
    今思えば、何故こんな身の危険を冒してでも、集金していたのか・・・
    やはり仏道修行だと捉えていたんですよね。
    何かあってからでは遅いのに。
    内部の方は、口座振替が可能ですが、外部へは集金なので(手数料を聖教新聞側が払いたくないらしい)今も全国の無償ボランティアの配達員の方達がこんな思いをしていると思うと、本当に何とも言えない思いです。
    一日も早く交代できるよう願ってます。

  71. 友人葬についてのたくさんの情報、ありがとうございました(*´∀`)
    地域によって様々なようですね。
    つくづく『創価の常識は世間の非常識』を痛感しました。

    この前、意を決して支部幹部へ『配達を辞めたい』とメールしました。理由は簡潔に、精神的、肉体的な苦痛とだけ伝えました。
    いつもは即返信が来る幹部なのですが、一切返信無しです。スルーされたのでしょうか(笑)
    レモンさんや、その他、学会から抜け出すことができた皆さんの体験等を参考にしながら、私もがんばります(´-ω-`)

  72. どんよりした天気で、気持ちも落ち込みそうです。

    真実さん、はじめまして。
    私は、先週はじめてこちらにコメントしたものです。
    お子さんをS大に行かせてしまったとのことですが、現在お子さんのご様子はいかがですか?
    元気に通っていらっしゃるのでしょうか?
    親思いの優しいお子さんなのでしょう。
    実は私、嫌がる子供を無理やりオープンキャンパスに連れて行ってしまった経験者です!(>_<)
    当時は本当に信じていたんです。S大に行けば、絶対子供のためになると………
    子供に入学をすすめると、「あんな評判の悪い所なんて行かない!」と言ったんです。
    私は、ただただ驚きでした。
    そして、禁断のネット検索が始まり覚醒につながりました。
    私の場合は、ギリギリセーフでしたが………
    今も在学中であれば、話し合って転校を考えてはどうでしょうか?
    納得いくまで話し合ってみてはどうかと………
    すみません。偉そうに意見してしまいましたが、他人事とは思えませんでした。

    こちらにたくさんコメントさせていただき、ずいぶん落ち着いてきました。
    と同時に、なんともない顔をして地区に顔出している自分に嫌気もさします。
    現状維持がラクですからね。アクションは、エネルギーいります。
    どんな形であれ、少しずつ離れていきます。
    外部の友人二人は、「気がついて良かったんだよ」「よく気がついたね!」と言ってくれました。
    私も大げさですが、死ぬ前に気づけて良かったと思っています。

  73. 続いてコメント、すみません!

    レモンさんも、私よりもっと危険な場所行かれていたんですね(T-T)
    何事もなくてよかった。
    でも忘れられないですよね!
    レモンさんの方のような方が近くにいれば、一緒に退会できるのに。
    でも結局、自分で決めないと……ですね!

  74. レモンさん本当に良かった。
    私も役職を持ちながらこの組織はオカシイ
    との思いで活動していた時代が
    一番辛かったです。
    レモンさんのお子様との時間、
    本当に悔しいですよね。
    私も貴重な子ども~青春時代を
    全て捧げてきたことが。゚(゚´Д`゚)゚。。
    子ども時代は家族旅行は大石寺のみでした(´×ω×`)

    退会された皆様の投稿に勇気を頂いています。
    昨日の洗脳新聞の一面見たのですが
    まだあんなたくさんの人が会合に
    集っているのですね。
    でも昔は圏幹部以上という設定だったのが
    今は地区幹部以上とかになっている
    のではないでしょうか。
    これを見て思い出しました。
    【ヤングの幹部会】
    子連れ禁止なんですよね。
    預け先を探さないといけない。
    これも≪訓練≫なんですって!!
    で、会場よりも 遠い義母の元へ
    1時間かけて預けに行きました。
    で、会合終了後またお迎えに行って。
    服装もスーツなので近所の友達に
    見つかりませんように~と思いながら。
    ほんと、一日仕事でした。まったく無駄な。
    ほんまに≪訓練≫って何やね~~~~ん!!!
    幼少期から受けてきたこの≪訓練≫
    ≪訓練≫だからと納得してきた自分。
    あほやがな~┐(‘〜`;)┌
    騙されてた自分が情けないです(;o;)

  75. >いつもは即返信が来る幹部なのですが、一切返信無しです。スルーされたのでしょうか(笑)

    ピノコさん、これそうですよね~!
    都合の悪いことはダンマリ、スルーはトップから末端まで共通のようですね。
    思うに学会員さん、あれだけ「確信、確信」と言ってるのに、強気なのは盲信者の前だけです。
    信者の前ではあれだけ堂々として自信満々なのに、信じてない人の前では別人のように小さくなります。

    アンチと活動家の決定的な違いはここです。
    アンチは創価の前だろうが外部の前だろうが態度は変わりませんよ。
    仮に100人の学会員に囲まれようが痛くも痒くもないし、一人で堂々と意見が言えます。
    「魔に負けずがんばろう!」なんて力入りませんし(笑)
    なーんにも力まず、肩の力を抜いておだやかに喋れますよ。
    学会員さん、これ逆でもできますか?
    登壇してドヤ顔で語る学会員さんが、一人の外部の前ではオドオドし、一人のアンチの質問にも答えられず逃げますよね。
    たまに逆上する方もいますが。
    すごく構えて力が入ってしまうんでしょうね。
    「確信」なんて大嘘です。
    学会員の前だけです。

    二言目には懸命に「勇気」って言い合う活動家。
    要するに「勇気」を振り絞らないといけない「うしろめたさ」があるんですよ。
    ここをごまかさず、よく直視してください。

    ここのコメントは自然体です。
    勇気なんてとってつけなくても、自然に出る言葉だからです。

  76.  こんにちは.パートナーが脱北者ならぬ脱会員のAnnです.
     このブログのアクセス数の驚異的な伸びの原因を,自分なりに考えてみました.
     管理人さんの冷静で真摯な態度と,コメントされる方々の実体験からくる重い言葉,その負担軽減のための軽妙な表現,これは大きな要因と思います.品性の問題ですね.
     ”・・・・の品性”とかいう品の無い人の本があったような.笑)
     それと真逆で,コメントされる方達もお互いの立場,信条を大事にし,対話のルールをきちんと守られています.
     読んでいて胸にスッと入ります.不快感なく.
     そのことで過去のスレッドまで読んでみようかと思い,読んでいるうちに,”まったくそうなんだよねー!!”という共感ROMとなり,疑問に思っている会員さんが覚醒の門をくぐるという例も多々あるのも頷けます.
     品性に欠けるブログは読んでいて気分不良となり,結局同じような人の集まりとなって,勝手な言い合いに終始しています.

     次に,これが一番大きな要因と思いますが,目的が非常に明確なこと ⇒ 静かに去るということ.
     この方法論がいかに優れた選択か,感心しきりです.
     会員からの搾取による財力,その財力を生かした権力行使,日蓮というおっさんの教義の負の部分(独善性,攻撃性)を確信犯的に利用した集金システム,犯罪を犯罪とも思わない学会の性格を考えると,真正面からの攻撃はうまくないかと.
     しかも相手の最前線をみると,配置されているのは,何とほとんどが撃つべき相手ではなく,被害者とも呼べるMCされた,人の良さげな,おっちゃん,おばちゃん達ではないですか?子供達や学生さんまでも混じってる.
     撃つべき相手は,奥深い安心な場所で札束数えながら,”またアンチの馬鹿が攻撃してきた.血の気の多い末端会員かヤクザ雇ってつぶさせよう.問題起こっても本人達が勝手にやりましたで済むし.イッヒヒ”なんて図でしょう.
     こういう相手が一番嫌なこと.資金源(金),権力源(票)を断たれること.
     つまり貢ぐ会員が減ること.これを地道にやっていくこと.静かに,静かに.静かに・・・・確実に.
     地道だけれど,口コミ(ネットコミかな?)でひとり,またひとりと,この場所にたどり着き,覚醒の道へと(決して強制ではなく対話で)自分の頭で考え,自分の足で歩み始める.
     覚醒途上で起こる,激しい自己嫌悪,後悔,巻き込んだ親族,隣人,友人へのすまなさなど,創価呪縛の荷物を降ろすのに伴う様々な苦痛の受け皿ともなっていただいてます.
     地道ですが,確実に前に進んでいると思います.これも管理人様の尽力と誠意ある常連サン達のおかげかと.

     一人去り,二人去り,・・・・・・・・そして誰も居なくなった!!.
     残ったのは裸の王様とそのおこぼれを頂いていた人達.
     国民のいない王国は亡ぶしかありません.
     その日を夢見ています.
     配偶者は会員経験者ですが,自分は未経験の外部の人間です.
     しかし,配偶者の脱会に伴う苦難を思い返すと,この組織はつぶれて欲しいと切に思います.

  77. 謗法への布施を止めよ!→日蓮は念仏宗をはじめとする諸宗に対して言われましたが、創価についても言えますね。

    NO!財務!から始めよう!

    すみません。NO!新聞! といいたいのですが、突っ込みどころ満載なところが面白く、またクライアント対策でとってしまっています。。。一貫性なくてすみません!

  78. こんにちは。
    先々週こちらのブログにたどり着き、今まで抱いていた疑問が一気に解決し、
    先週、とっとと脱会したマグです。
    温かいお声かけと、皆さんの真実のコメントに元気をもらい一気に覚醒しました。
    呆気ないくらい簡単な脱会だったわ…と思っていましたが、今週はなんだか重たいものがズ~ンと心の中にのしかかってきています。
    子どもの頃から唯一絶対に正しい、と教え込まれてきた宗教が、こんないい加減な団体…というか、すんごい詐欺団体だと自分の脳が理解してしまったのだから、来るべきものがきたという所でしょうか。

    ここ最近はユル活だったので、大したことはないのですが(それでも色々ありますけど)、子どもの頃のことや、多少は頑張っていた学生時代のことが、あれこれと思い出されてくるのです。
    あ~んなことや、こ~んなことも全部ウソだったんだあ~と知ると、正直凹むものですね。

    巴里さん、はじめまして。
    私も子どもの頃から、いわゆる、「訓練」…たくさん受けてきましたよ。
    一体なんだったんでしょう。純粋だった若かりし頃の自分…結構哀れ(涙)

    活動がこの程度の私でも、結構ダメージがあるので、signifieさん始め、深く深く学会に関わっていた方々の苦悩はいかばかりのものでしょう。
    申し訳ないのですが、ユル活の私には想像もつきません。ただ、こちらのブログの存在がなければ、私はまだ確実に学会員です。
    拙い私の感謝の言葉でも、signifieさんや、こちらのブログを訪れている方々のお役に立てれば嬉しいです。ほんの少しでも。

    せーやさん、ポトスさん、体調はいかがですか。
    いざとなったら学会が守ってくれる訳ではないのです。
    やりたくないことは、やらない!!出来ないことは、出来ない!!と大きな声で主張しても、私は、全然構わないと思いますよ。
    今一番大切なことは、ご家族のためにも、ご自分の病気と全力で戦うことですよね!
    (これって学会風?でも、病気と戦うって世間一般でも言いますよね?)
    お二人とも、私とは違う病とも思われますが、どんな病気でも戦うには、とてもエネルギーが必要ですよね。学会のことなんかに関わっているのはパワーの無駄使い。もったいないです。

    新参者のマグが偉そうにごめんなさい。失礼しました。

  79. Annさん、はじめまして。
    その通りですね。
    ネットにも血の気の多い末端がきて喧嘩したがります。
    札束を数えている人は絶対にきません。
    彼らはネットのアンチの相手などしません。
    同じくここの人たちも、信濃町に乗り込んで殴り込みをかけたりなどしません。
    会員の一人一人が去っていくことが最良の選択なのです。
    会員が減り、資金源が断たれることが信濃町の一番の痛手です。

    双方の知恵比べなんですが、一方でその知恵のないのが血の気の多い末端の会員です。
    ネットでのアンチと対決したがる会員は、実は両者の全く場外にいて影響力ゼロなんですよ。
    (或いは皮肉にもアンチ以上に創価の崩壊に協力してしまっています)

    中枢部は金儲けを明確に計算していますから、感情では動きません。
    計算して損を被ることは絶対にしません。
    騙せる層、ターゲットも絞っています。
    だから絶対にネットでアンチと対峙などしないのです。
    中枢部と末端は全く別物。
    何度も言っているそれは、ここからも見てとれます。

    そんな中枢部を自分たちと同じ信者と疑わず、懸命に擁護する末端は滑稽としか言えませんね。

  80. 間違いない!の長○さんが、フェイスブックで創価について発信されています。自身のスタンスを問われた回答として
    以下引用

    >私は創価学会は、公明党との提携関係を生かした優良宗教ビジネスだと思っていますよ。 ただ、昨年11月の会則変更で、肝心の宗教の教義がとっちらかったんで、問題は深刻だなと思っているんですよ。

    >私は創価学会に関しては互助組織ネットワークとして優良だから、いるんです。 宗教としては、辻褄さえ合わせてくれれば、それ以上は望みません。
    で、その辻褄が合ってないんで、私は異議申し立てを創価学会にしなければいけないな、というスタンスです。
    (引用終わり)

    信濃町本部に出向く用意もあるようで一緒に行ける同志の方を募っているようですね。

    宗教ビジネスとわかった上で、旨味があるから属している人達も沢山居るという事ですよね。

  81. モニカさんのおっしゃること、よくわかります。

    結局、やくざまがいの利権・権力集団なんですね。宗教マフィアとも呼ばれたりしてますね。
    末端の信者はうまく使いこなして、金を貢がせ、会員を増やさせ、選挙運動をほとんどただ働きでさせて、新聞云々。。。すべて「金と権力」に結びつきますね。
    日蓮大聖人の仏法の精神を社会に体現云々、きれいごとに過ぎない。
    「一人を大切に」といいながら、このブログには、創価の活動に疲弊し、ボロボロになった方々がたくさん集ってる現実。

    「創価は詐欺団体」、結論はそうなりますが、一言で言い表せないほど、創価問題は根深く、それぞれの方々の人生まで狂います。
    人間革命の方程式の逆バージョンで、
    「一人の人間の人生がめちゃくちゃになれば、地域もめちゃくちゃになり、一国もめちゃくちゃになり、全人類も滅茶苦茶になる!」

    いま、まさにそのような方向にむいていないでしょうか ?

    TPP法案や、安保法案改正云々、世界的に大きな権力の意向云々はさておき、身近な創価の問題を解決していかねばなりません。

    まず、私の家族、兄弟から創価問題を片づけて、親戚・知人に広げていくしかないと考えております。そのためには、このブログの存在ほど大きく心強いものはありません(^◇^)

    シニフィエさん(あえて「様」と呼ばないのは神格化のイメージが「様」にはあるからです)はじめ常連の方々に励まされながらここまで来ることができました。

    本当に良いご縁・感謝の思いにつきません。

    シニフィエさん、体調にはくれぐれも気をつけてくださいね。

    このブログの存続こそが、人々の人生を大きく大きく良い方向に向けてくれています。

    それでは(^◇^)

    今から仕事に入ります!

  82. レモンさん
    おめでとうございます。私もとてもとてもとっても嬉しいです。
    お子さん、ご主人のことなどまだあるとは思いますが、真の一家の太陽として輝いてください。
    私も自分の意地として、創価が実質的に潰れる前に先に辞める決意ができました。ありがとうございます。潰れて自動的に辞めるなんて悔しいです。なんとしても自分の意思で辞めたいです。

    私思ったのですが、覚醒するときの役職ですが、未活を除いて、役職が低い人ほど鋭い感性をお持ちなのではないでしょうか。上に上がるほど創価の矛盾を突きつけられるのですから、覚醒のチャンスはたくさんあったと思います。
    私の偏見かも知れませんが、高役職ほど感性が鈍い上に創価の悪業を積んでいるのですから、とても長い葛藤期間が必要な気がします。
    こちらのブログでも明白なように、白ゆり長や地区婦で覚醒された方々に大人財が多いと思います。
    創価は本当に人の無駄づかいをしています。無能な人だけ残っていればよいというのが本音かも知れませんね。

  83. 先月、父を友人葬で送ったばかりのリンです。
    ここ何日か忙しく、タイムリーな話題だったにもかかわらず、コメントが書けませんでした。
    友人葬で、学会に恩義を感じたのか、未活だった弟が、先月から座談会に参加しているみたいなんです。
    ダイニングテーブルの上に、同中やら会合の予定表と大白が置いてあったり。
    大白は、座談会に参加した時に、隣に座った人に見せてもらうのが嫌だったみたいで、取り始めたようです。
    活動家の姉は、私が活動をやめたことは、薄々気付いていて、私に、弟には余計なことは何も言わないでと口止めされました。
    友人葬も困ったものです。こんなことになるなんて、想像もしていませんでした。
    母が、認知症で、2年前から施設に入所しているので、一人暮らしの寂しさも重なったのかわかりませんが。
    弟は、律儀なので、年末の財務が心配です。書き込みにあったように、ガッポリ持っていかれるのでしょうか?
    認知症を予防するには、勤行唱題、声に出して聖教新聞を読み、会合で、みんなと語り合う、学会活動が一番と言ってた幹部がいましたが、嘘ばっかり。
    母が、認知症の初期の頃、お金のかからない宗教は無いっておばあちゃんが言ってたけど、本当だね、と私に言ったことがあります。三桁の財務もしていたこともある母ですが、何かに気付いていたのかも知れません。
    母は、忘れいくことが怖かったのか、ノートにいろんなことを書き留めていました。
    子供たちには、迷惑はかけられないと、何度も書いていました。
    姉と仏壇の整理をした時にノートが出てきて、涙が出そうになりました。
    私は、姉と弟を脱会させ、母の葬儀は、友人葬で送りたくないです。
    コージさま、温かい励ましありがとうございます。

  84. スマイルさん、理解して頂けて嬉しいです。
    活動家はここを理解できないとずっと騙されてしまいますよ。

    中枢部は長井さんのいうように企業ですから、当然客層を絞って商戦しています。
    客層は時代や創価を取り巻く状況によって変わります。
    それに合わせて戦略も変えます。
    ふつうの企業と同じですよ。
    具体的にいうと今は「ネットを見ない」「アンチ情報は信じない」という盲信者層を相手にしています。
    今やここまで情報が洩れ、すべてを見抜いている脱会者、ネットのアンチを相手にしても勝算なしなのはわかりきっています。
    そんなことしても一円にもなりゃしない。
    かまう分だけボロが出てイメージダウンになり、騙せる層まで失ってしまう。
    相手にするわけないでしょう。
    「ネットなんてデマです。相手にしないように」
    信じている会員にはそう言うのが確かに最善の選択です。

    血の気の多い活動家がアンチに噛みつくたび、それが公開問答のような形になり、逆に嘘も矛盾もわかりやすく解説されてしまう。
    これを創価のためと本気で思ってるとしたらつくづくご苦労さんなことです。
    創価がここまで衰退したのはネットにおけるアンチの発信が大きいですが、それに噛みつく活動家がアンチのコメントに説得力を持たせていることになぜ気づかないんでしょう?
    創価を擁護したいならアンチなど相手にせずsokaネットを真似て、誇大広告でも何でもぶらさげて(国連から表彰だの827万世帯だの)「いかに素晴らしいか」だけひたすら配信してる方がまだ効果がありますよ。

    末端は信者なので、信仰を否定されると感情が抑えられないんですよね。
    それより何より「破邪顕正」することこそがこの信仰ですもんね。
    この精神を忘れたら日蓮信仰は終わりですもんね。
    ではなぜ中枢部はあなたのように勇んで「破邪顕正」しないんでしょう?
    そんなことしたら今の時代、商売あがったりですよ。
    信仰心など微塵もありませんからね。

  85. わらしさん、コメントありがとうございます。
    焦らずに、自分自身と向き合っていこうと思っています。
    こちらのブログに出会えてほんとうに良かったです。
    これからもよろしくお願いします。

  86. お声がけ頂いたお一人お一人にお礼の言葉を述べたいほど、感謝でいっぱいです。
    温かい言葉、本当にありがとうございます。

    これからは、Annさんの仰っているように「創価呪縛の荷物を降ろすのに伴う様々な苦痛」が待ち受けていると思います。
    関わった年数ほどかかるようですから、全て解き放たれた頃には花の80代。
    そのころに寿命があるかわかりませんが、創価の崩壊だけはこの目でしっかり見届けたいと思っています。

    せーやさん
    >なんともない顔をして地区に顔出している自分に嫌気もさします。

    私も同じでした。
    でも、覚醒できた事自体がスゴイのですから、自分を責める必要など一切ないですよ。
    会合は適当に理由を作って休みながら、虎視眈々とその時を待って、いくぞ!となったら一気にGO!です。

    まりこさん
    ありがとうございます。
    婦人部でいうと白ゆり長さん、地区婦あたりが最も過酷な最前線でしょうね。
    次々降りてくる打ち出しをひたすら受け止めなければならない。
    上の幹部は、話のわかる支部幹部あたりにポンと落とすだけですが、受けとめる白ゆり長さんや地区婦は、話の分からない、通じない部員さん達にその投げられた球1つ1つを伝えにいく。
    その繰り返しの活動に加えて、配達や守る会など無償労働も引き受けている。
    そんな中で、元気になるどころかドンドン疲弊し何かオカシイと疑問を持ち覚醒していくのかもしれない感じています。
    トントントンと苦労もせず幹部になっていった人は、要領がよく末端がやっているような無償労働とは無縁だった人も多いですし、今も楽なポジションに居座っている。
    ついでにネットも使えないから、覚醒のしようがないのかなと思ったりもしています。

  87. 長○さんの、お笑い関係のライブすごい人気だそうですね…!
    それもどうかと思ったり…したたかというか、たくましいというか、
    創価学園こんな現象につながるなんて、想定されてましたか?関知せず?
    うちの娘がドライに教えてくれました、…けど若い人で逆に盛り上がる人もいるでしょうね、
    なんだかな〜

  88. せーやさん、わらしさん、色々ご心配いただいて、ありがとうございます。
    せーやさん、お子さん入学せず、ギリギリセーフで、本当に良かったですね。
    わらしさん、創大出身で、脱会された方がいらしたとは、正直驚きました。
    誰にも言えない気持ちを、皆さんに聞いていただいて、嬉しかったです。
    子供は、自宅から通学しており、普通の部活で、時々、学会や先生等についての学習会はありましたが、楽しく活動しておりました。
    現在は、就活中で、日々頑張っています。
    入会はしていますが、元々信心に興味がなく、勤行唱題もしませんし、会合もほとんど参加していない状況です。その点は、今となっては良かったと思っています。
    最近、創価学会の色々気ずいた事は、まだ子供に話しておりません。
    中にいると全くわからないですね。距離をとって見てみたら、色々な事がわかって・・。
    私の今までの33年間は何だったんだろうと考えると、辛いものがあり、この衝撃からまだ立ち直れないでいます。
    仕事を言い訳にして、組織から距離を置いている所で、嫌な配達も、体調を理由にして、しばらくできないからと言いました。
    学会の組織は、当たり前にゴリ押ししてきたり、結局自分が良ければ良いみたいな人や、自分の誤りを認めない人が多くて、困ります(笑)
    今回はこのへんで・・それでは、また訪問させていただきます。

  89. シニフィエさん、私の自分本意のコメントにもかかわらず承認いただきありがとうございました。フェイスブックではありませんが皆さんのコメントに私の中で日々「いいね!」連発です。

    レモンさん、お気遣いありがとうございます。遅ればせながら完全非活おめでとうございます。レモンさんの正々堂々と立ち向かう勇気、ただただすごいと思いました。

    私なんて波風をたたせたくなくて嘘ばかりついています。心の病なんて言っときながら病院にすら1、2回通っただけでもう行ってません。子供たちと笑いながら楽しく日々過ごしています。自分らしくいるための宗教なのに、保身のために嘘をつき続ける自分。旦那はゆる活で問題と向き合わないタイプ、婦人部からも一切連絡なしがせめてもの救い。次くるとしたら、きっと財務でしょう。スマイルさんのおっしゃる通り「NO!財務」を貫きます。もし強引なら「強制があなた方の真心なのですか?」とアンチシャッターをおろします。

    コージさん、ありがとうございます。「新聞停止は販売店へ」と教えてくださった方にも本当に感謝です。たぶん販売店の店主は顔見知りの壮年幹部だったかもしれませんが電話口で何も言ってなかったし、もう会うこともないしどうでもいいです。ただ、壮年、男子部のメンバーが新聞やめるにはちょっと面倒かもしれませんね。

  90. ラザリスさん、ボレロさん、コージさん、わらしさん、レモンさん、
    コメントありがとうございます!
    私の後輩も、無事非活になれたことを、皆さんが一緒に喜んで下さったことに、喜んでおり、感動しています!
    思えば、私が非活になったことを風の噂で聞いて(地区が違うのでタイムラグがありました)真っ先に会いに来てくれたのが、この後輩の彼女でした。
    私が役職を降りてから、一切の会合に出なくなったので、
    「あんなにひたむきに頑張っていたひろたんさんがどうして!?」
    と真摯に向き合ってくれたのは、彼女だけだったのです。その行為を幹部は
    「疑いを持っているみたいだから、会わないほうがいい、地区の人に任せなさい」
    と言ったのです。(地区の人も来ませんが(+_+))
    その幹部の姿勢にまず彼女が疑問を持ったこと、そして私が、(彼女なら私の本当の気持ちをわかってくれるかもしれない)と、思いきって本当のことを話したのです。絶対にすぐに受け入れてくれるとは思いませんでしたが、心のどこかで、彼女なら、わかってくれるかもしれない、という気持ちがありました。
    そして話し終えたあとで、
    「ひろたんさんに私も続きます」
    と言ってくれて、手を取り合って泣いたことを思い出します。
    その後、このブログを紹介し、読んでいくうちにどんどん覚醒が進んだようです。
    内部の人を覚醒させるのは容易なことではありません。他の人には一切、本当に非活になった理由は話していません。下手すると組織内で呪詛されますからね(^_^;)
    レモンさんもお気を付け下さいね!白ゆり長さんへの覚醒運動、うまくいくよう願っています。
    今では、学会員の方と買い物などで出会っても、笑顔でにっこり挨拶します。この方たちが悪いわけではないのですから…。みんな幸せになりたくて入ったはずなんです。いつか気づいてほしい、と願いながら、お世話になり感謝はしていますが、私にとってはもう必要のないところ。卒業という言葉が、ぴったりです。

  91. >二郎さん 
    はい。恋愛と結婚で悩んだ方もたくさんいると思います。
    「外の人と結婚しても幸せにならない」そして折伏できずに別れる・・・
    そういう経験もあります。
    私は「同志」とお見合い結婚はちょっと勘弁・・・でした。
    ぽつりぽつり話していきますね。

    >ラザリスさん
    はいあたりです!クラプトンの曲からです。
    創価にはいい人もたくさんいました。
    私が失業した時いはげましてくれた部員さん。
    彼女は組織という繋がりではなく人として
    心配してくれました。
    それからすっかり未活になりましたが、彼女が結婚すると
    いう噂をきいて、あの時の事が忘れられずにお祝いの言葉をおくりました。
    今でも年賀状は送っています。

    創価だから、外部だから、他宗だから。。。いい、悪い、と言いたくないですね。
    ひとつの宗教にとらわれずに自由に生きていきたいとおもいました。

    >コージさん 昨年カウンセリングを受けた時に
    「あなたにとって創価とは?」という質問に咄嗟に出たのが
    「オカルト」という言葉でした。
    自分でも驚きでした。

    レモンさん新しい人生の出発おめでとうございます。

    私は結婚前に非活になったので女子部しか知りませんが
    婦人部は本当に大変だったのですね。

    婦人部の活動プラス
    育児や主人の事、仕事を持ってる人は仕事
    人によっては介護とかありますよね・・・

    これからの創価はどうなっていくのでしょうね・・・。

  92. なんだか、最近特に、怖い事件や事故が連日、ニュース報道されてますね。
    創価学会の活動家は、「信心していれば守られる」「学会に入信してないから難を逃れられない」なんて
    勝手に勘違いしている人も多いかと思いますが、
    創価学会に入信していても、酷い事故や事件、病気になって命を落とした人は山のように存在します。
    むしろ、カラーコピーの巻物を信じ切って、それが結果的に油断に繋がってしまう事の方が怖いですよね。

    レモンさん! 
    >特に、酔っ払いの集まるスナックや居酒屋の集金が、泣きたくなるほど嫌でした。
    >お金を投げられたり、酔っ払いにからまれたり。
    >中でも、ある職業の方が大勢住むタコ部屋のような寮への集金は独特の恐ろしい雰囲気があり、
    >恐くて防犯ブザーを握りしめて、何があってもすぐ逃げられるように緊張していっていました。
    >真っ暗で2階へ上る階段は、ミシミシと音がしてベタベタして汚いのですが、
    >そんな事よりも南京錠のかかる各部屋から誰か飛び出してこないかとにかく怖かったです。
    (;゚д゚)
    そんな大変な思いで集金業務をされてたなんて、私、長年信心していて、まったく想像すらしてませんでした・・・
    まったく、創価の幹部連中は、そういう現場の大変さを認識しているんでしょうかねぇ?
    幹部だ昆布だと威張っていないで、集金業務くらい、幹部がやれよ!と思いますよ(怒り)
    功徳があると信じてんでしょ? 仏道修行したいんでしょ? だったら、幹部自らが汗を流せばいい!
    それが嫌なら、学会は金をたくさん持っているので、専門のプロを雇え、って話ですよね。
    ここを読まれている同じ境遇の学会員の方、どうか1日も早く覚醒して、業務から卒業する事を切に願っています。

    真実さん、 初めまして、
    ほんとに、創価学会と言う所は、宗教団体の看板上げてるくせに、折伏と選挙と新聞と財務の金集めだけ
    熱心に指導?して信者たちに押し付ける、呆れるばかりの組織です。
    とりあえず組織から距離を置いて、自分の時間を大切にしてくださいませ。

    kickeyさん、 体調はどうですか?
    またkickeyさんのパンチの効いた投稿、いつでも楽しみにしてますよ~

    pomupomuさん、 
    >その前に、創価学会崩壊がうれしいけど。
    まさに、その通りですね! 私も、とりあえず新聞だけ義理で取ってる非活の者ですが、
    大変な思いをして脱会まで行くのも勿論いいけど、創価が崩壊して大混乱していくのを聖教新聞紙上と合わせて、
    高見の見物させてもらうのもアリかな?などとも思っています。
    真剣に信じてきた創価脳の活動家は、どういう行動に出るのか、興味のあるところです。

    Annさん、 初めまして、
    ほんとに、ここのブログに縁して、創価のインチキに気がついて、どんどん覚醒していかれる方が増えるのは
    大変に喜ばしいし、心強い事ですよね。
    ネットの存在、ネットの力が、これほどありがたい、心強い、と思ったのは、今までにない体験でした。
    みんながどんどん覚醒して、創価学会には、もはやネットも知らない脳のしぼんだ老人だけになるかもですね。

    Heartさん、 間違いない!の長○さん、なかなかやりますね!(笑)
    実は、もう覚醒してて、有名人の関係上、上手にオブラートに包んでいるのかも知れませんよね。
    むしろ、他の芸術部の学会員とか、かなり危ない?かも? 楽屋で強引な折伏とかも週刊誌に書かれてますし。
    また情報、楽しみにしております。

    そうそう! 私は個別レスを多用していますが、返信などは基本的に、お気を使わないようお願いしますね。
    私は、家のパソコンを使い、スレッドを2つ立ち上げてから、
    1つのスレッドで本文を読みながら、もう1つのスレッドで、書き込み文を作っています。
    そのため、個別レスの方が時間節約で楽だったりします(^_^;)
    なので、レスなどは気にせずにお願いしますね^^

  93. レモンさんの聖教新聞に伴う集金業務ひどすぎます…完全なるブラックです。

    こういった業務をリスクを度外視してやらせることは非常識ですし、
    回収するのは事実上困難ということで、無理せず解約につなげた方が、
    組織として懸命な判断なのではないでしょうか?
    個別に判断して無理をすることは絶対にあってはならないし、
    こういう時こそ上層部が自ら判断を下すべき問題だと思います。

    配達することで数の統制につなげている、という組織の都合でしかないです。
    現場を見直して、縮小整理にいそしむことこそ改善だと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中