外から見た創価学会

毎日どんどん新しい方が来られたり、脱会できました、未活になれました、新聞やめましたなどの報告をいただき、ほんとに嬉しい限りです。また、ここにコメントされる皆さん同士でいろんな話をされ、励ましあったり、疑問に答えあったりと、とてもいい感じで広がっていると思います。それと同時に、いよいよ私の手に負えなくなったような気もしています(笑)。
あ、大丈夫です。このブログはよほどのことがない限りは続けていきます。ただ一人ひとりにお返事していくことがますます不可能な状況になってきました。なのでこれまでも何度も言ってきましたように、私のことは気になさらずに、みなさんでどんどんおしゃべりを続けていってください。皆さんから私に対してとても気をつかっていただいて、ほんとに恐縮です。「寝てないんじゃないか」「知らないところで苦労されてますよね」「どうかゆっくりされてください」と、皆さんからいつも気遣っていただいているだけでも私は幸せ者です。
このブログにもいろんなことがありました。新しいところではとんでもないナリスマシが言いがかりをつけて荒し回っていきましたね。あれには私もまんまと乗せられてしまい消耗しました。でも結局、あの荒らしのウンコタレちゃんをのぞけば、このブログはそれほど大した荒らしには会ってないんですよね。一人で何役もナリスマシてただけだったんです。で、今はそれもなくなりました。また、ときどきわけのわからないコメントもあるにはあるのですが、これがほんとうに日本語にもなっていないようなものなので、速攻削除しています。以前、アンチ創価関係の掲示板などを見たりもしましたが、ほんとうに吐き気のするようなところばかりだったので、これは絶対関わってはいけないとこなんだと、すばやく封印しました。また創価シンパのブログも、私が覚醒した頃にコメントしたブログをはじめ、読んでいてアタマがおかしくなりそうなところも、金輪際絶対に関わらないぞと決めました。
それでこのブログを立ち上げたときは広告の出ない日本の「はてなブログ」を利用しました。それとコメントも承認制ではなく、どんなコメントもすべてすぐに表示されるような設定にして、アンチブログのリンクも貼ってました。そしたら最初はうまいこと行ってたのですが、だんだん魑魅魍魎が出てきて、シッチャカメッチャカになってしまい、私も精神的にそうとう消耗して中止せざるをえなくなりました。それから数ヶ月しての再開にあたっては、コメントは承認制とし、おかしなコメントは片っ端から削除していく方法をとって、だんだんちゃんとした対話ができるようになり、次第にアクセス数も増えるようになりました。それでもときどき現れる巧妙な荒らしに、よせばいいのにまともに相手をしたりして、やはり荒れた感じになったことも何度かありました。ただ、現役学会員さんとの話になると、やはりバトルのようになりますから、そこでいきなり爆発的にアクセス数があがるんです。だからこれもある程度はこのブログが拡散できていいのかなと思ったりもしたのですが、バトルが終わるとまたもとに戻るんですね。だからこれはやっても消耗するだけで意味はないなと。それからはもう徹底してバトルのようなことはやめようと思いました。さいわい近頃はおかしなコメントすらほとんどありません。もうここに書いても無駄だと思ったんでしょう。
それで、みなさんのコメントの内容も、昔からすればずいぶん変わってきたように思います。最近は特に。どう変わったのかというと、いろんな意味で「明確になった」ということです。昔は話がとりとめのないような感じになることもありましたし、コメントされる方の温度差もかなりありました。でもこのごろは何かすごい「一体感」のような、なんかとても頼もしさのようなものを強く感じます。先日の私のFacebookの提案という暴走(笑)にしても、しっかりと静止できる力があるということです。なんか嬉しいやらすばらしいやら。「あ、ここもう自分いなくてもいいのかな?」って思えるくらい。そういう意味で、もしかしたらこのブログこそ「世界公布新時代」に突入したのではないかと(笑)。「創価学会を静かに去るために」はあながち的外れではなかったなと(笑)。
これからも「対話を求めて」は、創価学会に戦いを挑むのではなく、創価に苦しんでいる方が一刻も早く解放されることをめざして、みなさんの真実の声を多くの人に届けられるように頑張っていきたいと思います。
金と権力に狂った創価に戦いを挑んだところで無駄です。私たちは戦いに勝利することなんて何の価値も見出しません。くだらない詐欺の魔の手から逃れることが先決です。逃れた人は逃れられない人に手を差し伸べましょう。そんな人が増えれば、創価の被害者が確実に減っていきます。私たちにできることはそういうことではないでしょうか。いくら創価の矛盾を指摘して得意になったところで、被害者の耳には届きません。創価学会が宗教ではなく詐欺団体だと言うことを被害者にわかってもらう。そのために自分の体験したことを如実に語り積み上げていく。このことに徹したいと思います。みなさん、これからもよろしくお願いします。

ということで、今回のテーマは「外から見た創価学会」にします。
私たちは学会員としての活動の中で、実際に感じてきたこと(感じることができなかったことも含めて)の話をしてきました。おそらく現役学会員さんは、外部の人が学会員さんをどのように見て、どのように感じているのかがまったくわからないのだと思います。私もそうでした。まわりが何と言おうと自分は正しいとしか思えない自分でしたから(トホホ)、外部の人間がどう見ているのかを知る術がないです。また組織が意図的にそのように仕向けてきたのですから、仕方がないと言えばそうなんですが「気がついて初めてわかる自分の愚かさ」ですよね。自分で気づかないようにさせられているんですから、気づくわけがないんです。でもそうやっていくなかでも、欲に眩みすぎた創価があまりにもアホなことをするので、どうにもこうにも説明のつかないおかしなところが出てきて、人それぞれに少しずつ気がついて脱会にまでたどり着いているんですね。とくに近年ではちょっと疑問に思ったところに、答えを教えてくれるネットが登場したことで、この動きが格段に強くなりました。ネットの登場で世界の途上国の民主化が急速に進んだように、創価学会の内部でもこのネットによる覚醒の度合いはめざましいと思います。もうこの動きは止められないでしょうし、私もネットがなければ今も覚醒していたかどうかはわかりません。またこのブログの存在によって背中を押されて脱会した方が次々と現われていることも、このネットの力だと思います。
あ、また話がそれましたね(笑)。

「外から見た創価学会」つまり、みなさんのまわりにいる外部の人たちが、かつてのあなたをどう見ていたか。また覚醒したあなたをどう見るようになったか。そんなあなたのまわりにいる外部の人が今の創価学会をどのように見ているのかの話をしていただけるとありがたいです。

おそらく盲信者はそんな話は信じないでしょう。あくまで創価は正しい、自分の信仰に間違いはないと頑に信じています。正しいのは自分で間違いはお前たちだといった発想から抜け出せない。なぜ正しいのかという理由が「日蓮大聖人がこう言ってるから」「池田先生がこう言っているから」「日蓮大聖人こそ末法のご本仏だから」「池田先生こそ人類最高の指導者だから」こんななんの根拠もないことを真顔で言える盲信者の神経は、外部の人に通用するわけがありません。「あたりまえ体操」の替え歌ではありませんが「マジキチ!」ですね(笑)。
はい。今回も長くなってしまいましたが、テーマは皆さんが感じてきた「外から見た創価学会」をお話ししてください。よろしくお願いします。

広告

外から見た創価学会」への177件のフィードバック

  1. 完全に覚醒してからまだ間がないので、覚醒前後の私を他人がどう見ていたのかということは、まだ分かりません。でも、迷惑がられていただろうなということに関しては確信があります(笑)
    いつかそれを聞ける機会があったら、また書かせていただきたいと思います。
    私が覚醒を始めるきっかけとなったある婦人部の圏(県かも?)幹部のお話を紹介させていただきたいと思います。
    その方は夫婦そろって創価大学卒のバリ活で、どちらもそれなりの幹部です。私が高等部と女子部の始め時代に地区婦人部長をしておられ、その頃にお世話になったりしていました。
    ただ、会合に出てないときは優しい声で誘ってくれるのに、いざ会合に行くと、「ちょっと早くお茶出してください!」などと命令調になるので、あまり好きな人ではありませんでした。
    数年前に私が地元のほうに戻ったときに再会し、連絡先を教えてもらったりして、多少の交流がありました。その過程で、長年住んでいたマンションを引っ越されるという話を聞きました。
    ある日、娘さんが犬を飼ってきたそうです。ペット飼育禁止の分譲マンションなのですが、その犬の鳴き声があまりにも酷く、マンションを出なくてはいけなくなったんだそうです。
    それで次に住む場所を探したそうなんですが、格安で中古住宅を見つけ、そこに引っ越されました。
    犬のことでマンションを追い出され、格安の住宅を買えたことをその方は「功徳」だと仰いました。
    その瞬間、私の頭の中にハテナマークが浮かびました。
    そもそもペット禁止のマンションに娘さんが勝手にとはいえ犬を飼ってきたことは問題ないのでしょうか?
    それに、犬は愛情を持ってちゃんと躾をすればむやみやたらに吼えなくなります。躾をするのは飼い主の役割のはずなのですが、私が家に招待されたとき、その犬はものすごいギャン鳴きでした。これはご近所の方は相当ストレスになるんじゃないかと思うほど、周囲に響き渡るほどの酷いギャン鳴きでした。
    聞くと、ペット飼育可の一軒家にも関わらず、ご近所からかなりの苦情が来ているということでした。
    それでその方はお題目をあげ、どうしようか考えたそうです。それでひらめきました。家を留守にする時は車の助手席に乗せて出かけるようにしたそうです。
    私を迎えにきてくださったときも、その犬は助手席に乗っていました。でも、落ち着きがなく、運転がかなり危険でした。これを「ご仏智」と言ってしまわれたので、またしても私の頭の中はハテナマークでいっぱいでした。
    ふと不思議に思ったので「ちゃんと躾はしてますか?」と聞くと「ふふふ」と笑っておられました。たぶんしてないんでしょうね。「散歩は行ってるんですか?」と聞くと「まあ……行けるときはね。出来る限りでね」と答えます。すごく悲しくなりました。
    ワンちゃんがギャン鳴きする理由も分かる気がしました。
    今は完全に非活なのでその幹部の方とは交流がないですが、あの調子でギャン鳴きを続けていれば、いずれまた家を出て行くか、もしくは犬を手放すかの選択をしなければならない気がします。
    学会活動が忙しくて散歩や躾どころではないのでしょうが、ワンちゃん一匹ちゃんと愛情を持って育てることもできなくて、何が幹部だと思います。

  2. 活動家の頃、友人に言われた理解できない学会員の言動(さんま御殿風)

    ・その場限りの発言

    折伏セミナーの後で友人を幹部たちと囲んで折伏。幹部たちは、こぞって友人の個人情報(住まいや会社)、趣味やら好きなことを聞いていた。その一例が以下。

    <友人>カラオケ好き→<幹部>私も!!今度みんなで行こうよ!
    <友人>私の家〇〇駅近く→<幹部>わぁお!!うちから近いよ。今度遊びに来てよ!

    それらすべてその場しのぎの会話。同調してやたらニコニコしていた自分。今思えばぞっとします。ごめんなさい、友人よ。許してください。囲むなんて私も聞いてなかったの。怖かったよね、きっと。後日友人より「幹部さん親しげに話してくれたけれど、その場限りの話だよね?」私、当時は口ごもるしかなかったけれど、今なら言えるよ。その通り「間違いない!!」(長井さんギャグ)

    選挙の時だけ急に友人が増える、親しくなくても名簿片手に電話や突撃訪問と同じですね。その場限りの言動。

  3. 世間での創価の評判は最悪のようです。
    葬儀の話しになり、学会の葬儀の導師は幹部がやっている。みっともない!
    本来ならば、お坊さんを呼ぶのに・・など、何故これ程までに悪く言われなければならないのか?穴があったら入りたかったです。

    モニカさん
    >覚醒したら何の責任を感じることなく辞める自由があります。
    信仰は自由ですからね。周りもそれを当然とするべきです。
    任期も何も信じられなくなったら任期は終わり、これは任期も何も死んだら終わりと同様、大前提として認識すべきです。
    役職のある皆さん、信じられなくなったら即辞めましょう、降りましょう。

    この言葉にとても救われました。役を降りた私。それから、会合には出ていかなかった・・意思のないものを、何をどう説明するのでしょう。今更悔やんでも仕方ないですよね。幹部からは、~さんざん迷惑かけて、辞めなさい!~と言われました。私、最低です。
    けどやはり、役職を辞めるのは、自由だと思います。創価はそれを許しません。
    さんざん叩いてやらせる。以前から疑問❓でした。結局は、やる人がいないから。何も私が望んでやったことではないのに・・
    脱会もそうです。何故、辞めれないの?
    全く自由なんてない!自分の意思がもてない!言うことさえ許されない!
    組織に背いたが為に、ズタズタにされた。そんな創価は、絶対に許せない!

    ピノコさん
    配達、ついにやりましたね❗
    幹部の説得に屈することなく、ご自分の意思を貫きとうしてください。
    応援してます❗(‘ー’)/~~

  4. レイラです。

    今の創価=公明党・選挙でしょうね。

    破門される前はもう少し
    仏教色(笑)はあったと思いますが。

    友達はきっと選挙がくる度に
    私の事思い出す人もいるのでしょうね。

    でも、多くの人が快く受けてくれました。
    友達でいてくれました。

    ありがたいです。

    これからの人生は宗教を超えたお付き合いを
    していきます。

  5. 外部のさんすくみです。
    小学生の時一瞬だけ入会していたようです。(両親の離婚で、アンチの父に引き取られたので学会から離れました。)母方の叔母一家が、バリバリの活動をしていて、成人して母親と住むようになってから、また創価に関わることが増えてきました。2つ年下のいとこから創価からでている小冊子を「読んでみて」と渡されたり、母が無理やりとっていた、聖教新聞に目を通してみたりもしましたが、読んだ感想は違和感だらけです。
    宗教関係の新聞なのに、なぜ、人(日蓮宗のお坊さん)を口汚く罵るのか?平和を目指しているのになぜ『戦う』とか『勝利』の文字が新聞にこんなに載るのか、特に座談会?の内容は気分が悪くなる内容で、まともではないなと強く感じました。
    いい年をした、おそらく組織ではいい地位の人たちが子どもでもしないような悪口大会をして、それを誇らしげに新聞にのせているというのがあの新聞を読んだ印象です。あと、新聞の一面にイケダ先生がドコドコ大学で表彰されたと書いてあっても、すごいなぁとは全く思いませんでした。なぜ表彰されたのか詳しく新聞にはかかれていなかったので、「お金でもたくさん寄付して(表彰も)貰ったんだろうなあ」とおもっていました。
    そんな中でも一番幻滅したのが、叔母の夫である叔父の発言です。
    詳しくは長くなるので書けないのですが、自分の一人息子が相手の無謀な運転で若くして亡くなった時、知らせを聞いて駆けつけた私たちに折伏をし始め、最後に「この子(息子)が亡くなったのは宿命だったんだ」と目を輝かせて(私にはそう見えました。)私たちに言った時です。
    亡くなったいとこは叔母一家の中でも唯一非活でした。いとこの無念な気持ちでさえもないことにされるのかと本当に創価がいやになりました。

    こちらにたどり着くようになったのは、叔母一家の執拗なF票依頼と、バリ活ニートのいとこの暴走に対抗するため創価とは何か知りたかったからです。
    ここで、創価の本当の姿を知ることができました。
    私のHNのさんすくみ…はあるマンガからとったものです。
    神社の息子、お寺の跡継ぎ、教会の息子が友達になり、互いにの宗教にも理解を示し協力もします。
    それが本当の宗教なのではないでしょうか

  6. こんばんは。
    外部の方が自分をどう思っているか…は、正直分かりません。
    親友には大昔に学会宣言(笑)していますが、あえてお互いその事には触れず。
    選挙の時に意を決してお願いした友人達とは、その後疎遠になり、連絡先すら
    分からない状態です…(泣)もう、言わなきゃよかったの一言に尽きます。

    代わりに…といっていいのか、

    内部にいた頃はよく「学会の理解者はどんどん増えている」
    「世界の多くの識者は学会を理解している」「世界中が学会に注目している」
    といったことを聞いていました。しかしいざ離れてみて客観的に見るとどうでしょうか。
    世間の誰も、学会なんて注目どころか、相手にしていませんよね。

    いつか選挙前に、夫婦らしき二人のこんな会話を耳にしました。
    「○○さんからこの前久々に連絡来たのよ。久しぶりーって。なんとなく分かってたけど、
    昨日またあらためて電話が来て、やっぱり選挙のお願いだったわ。公明党」
    「あぁ、いきなり選挙の電話だけしちゃ嫌がられると思って、事前に連絡してきたんだね」
    「そうみたい。前もって交流しておいて、頼んでくるのよね。はいはいって言っておいた」
    「熱心だなぁ」
    「すごいねー(棒)」
    「すごいよねー(棒)」

    頼んだ学会員さんは「Fが取れた!対話で相手が理解者になった!祈りが通じた!」
    とさぞや大歓喜でしょうが、外部の方はきわめて冷静です。

    にゃんこ丸さん
    なんか学会員って、ずれてるというか、常識外れですよね…
    古いアパートで確実に壁薄いのに、とんでもない大声で唱題したり…
    都合よく功徳だ仏智だと解釈できるのはある意味幸せ者だなと感心しますが…
    わんちゃんがお気の毒ですね。

  7. signifieさん、皆さん こんばんは

    レモンさん
    おめでとうございます。
    後々のことまできちんとされての活動停止とは。なかなかできることではないと思います。覚醒してからの活動では、葛藤もあったかと思いますが、晴れてすっきりさっぱり。本当に良かったです!
    『絶対に大丈夫』この言葉が心に響きました。

    ボレロさん
    創価ゾンビ、本当にしつこいですね。家庭訪問をやんわり断ったら、嫌み?とも思えるようなメールがありました。もうやりとりしたくないので返信はしないことにしました。

    せーやさん、 マグさん
    声かけてくださってありがとうございます。
    お二人も、お身体を大切になさってくださいね。

    ルナさん
    はじめまして。わが家も、主人は未入信、子供たちとともに脱会が目標です。
    ルナさんは三世とのこと、ご家族ご親戚とのご関係など、一世の私とは比べものにならないほど大変だと思います。お身体を大切になさってください。
    私も40代(40代半ばです)同世代ですね。これからもよろしくお願いいたします。

    テーマの外から見た創価学会ですが

    入信前、学会員の友達と約束していても、よくドタキャンされました。理由は会合。なのに、選挙と新聞のお願いのときは、約束厳守。それがすごく嫌でした。

    先日(覚醒してからの出来事です)、学生時代からの友人(内部でユル活)が深刻な悩み事を抱えていて、私ともう一人の友人(バリ活)に、会いたい。といってきました。体調がイマイチでしたが、友人のことのほうが心配でしたので、すぐにOKの返事をしましたが、もう一人の友人(バリ活)は、会合があるから~ごめんね~。でした。
    ここでも、やっぱり友達より会合が優先なのか…と寂しく感じました。

    先に約束していようが、深刻な事であろうが、そんなことより学会優先、それでいて、選挙や新聞のお願いのときだけニコニコされてもね~というのが外部の方の本音ですよね。

  8. のぞみさんのおっしゃるとおり、
    >世間の誰も、学会なんて注目どころか、相手にしていませんよね。
    まさにこれですね。相手にされてない。
    相手にしているのは、創価と利害関係のある企業とか政治団体とか暴力団とか、そんなのばっかりです。
    それが学会員にはわからないんですね。
    原田会長が「世界公布新時代」といえば「あ〜そうなんだ〜」と何の疑いもなく思ってしまう。
    「センセイはお元気です」といえば「あ〜そうなんだ〜」と信じる。
    「いやどう考えても5年以上も顔を見せないのはおかしいでしょ」と言っても
    「いえ、センセイはお元気です。私たちにすべてを託されたんです」と自分で勝手に辻褄を合わせようとする。何を言われようが、どんなに現実を目の前に突きつけられても、あの白いブランコさんのように「創価学会は正しい就航団体です」と絶対に譲らない。その根拠はと訊いても聞こえないフリをする。まったく話になりません。
    「そうは言っても世間一般では創価は気味の悪いカルト団体だとたいていの人が思ってますよ」と言っても、絶対に認めようとはしない。認めるどころか、心配して言ってくる人間を蔑み、場合によっては攻撃までしてくる。
    自分たちの異常さがまったくわからないんです。まさに「マジキチ」です。あ、これかつての自分のことを言ってます。他人を攻撃してるんじゃないんです。自分の「マジキチ加減」に嫌気がさしてるんです。そんなマジキチさんたちを、普通の人たちが相手にするわけがないじゃないですか。選挙を頼みに来ても「あ、選挙ね、わかった、頑張ってね〜:」とは言ってもほとんど口だけですよ。でもいいんです。頼んでる本人も「頼むだけで自分の功徳になる」と思ってますから、頼んだ相手がほんとに入れようが入れまいが関係ないです。お互い様です。頼まれたほうも波風立てたくないし、関わりたくないから「はいはい」と返事だけしてるので、それで成り立ってるんですね。結局827万世帯いるという創価学会員なのに、公明党の得票数が7000万票を切っているのはそういうことです。でもそんなこと学会員さんにとってもどうでもいいんですよ。Fの数をたくさん報告できれば功徳になると思ってるし、中枢部でもFの数なんてなんのあてにもしてません。Fの報告をさせることで会員のMCが強化できればいいだけの話です。みんなそれでうまいこと成り立ってるんですね。みんな騙していて、みんな騙されている。滑稽な団体です。

  9. 覚醒した立場で改めて創価学会の組織を見直してみると、ぴったり当てはまる言葉は「打算的な人間関係」です。
    彼等の行動の基本が「自らの功徳」であるため、その「自らの功徳」にとって有効か無効か、計算しながらの人間関係になってしまうのです。
    (かつての自分もそうでした。)
    折伏できそうな相手か、聖教新聞を購読してくれそうな相手か、公明党に投票してくれそうな相手か、セミナーに参加してくれそうな相手か…。
    人間関係のスタートがこの理由です。
    相手もこうした下心を察してか、表面的な付き合いにならざるを得ないと思います。
    こうした理由から、創価学会に在籍している限り、組織を越えて真の友情関係を築くのは非常に困難だと思いました。
    こうした点でも、創価学会は数多くの人間の人生にとって、非常に大切なものを失わせ続けてきたと言わなくてはなりません。
    それから、ゴーストライターが執筆した『人間革命』などに書かれていたりしますが、「妙法で結ばれた麗しい師弟関係なんたらかんたら…」とかありましたが、これも嘘っぱちですね。
    牙城会任務をしていた際には、幹部同士のオンシツや愚痴のオンパレードでした。
    また、自分がバリ活の部長時代のバリ活部員は、今は人生の落伍者だらけです。
    そして何より、「永遠の指導者」が、生きてるか死んでるかはっきりわからない状況のなか、全てを託されたとか、こじつけの理由を押し付けられて活動に励むオメデタイ活動家の方々…。
    一般人から見たら、異様に映るのはあたりまえ(体操)でしょう。
    うん、ま・ち・が・い・ないっ!!

    追伸
    レイラさん、コメントありがとうございます♪
    自分は、クラプトンの『クロスロード』と『ティアーズ イン ヘブン』が好きです。
    (^.^)/~~~

  10. こんばんは、外部のぽっけです。
    外部から見た学会員さんの印象は、その人とどう関わっているかによって微妙に違ってくる気がします。

    5年ほど前、同じアパートに住んでいた老夫婦がいきなり訪ねてきて、私を何かの集まりに誘いました。
    ろくに顔さえ知らなかったのに、です。
    最初は創価学会ということを隠して「とても素晴らしい講演だから気が向いたら来てみて」「仕事があるので行けるかどうかちょっと・・・」というやり取りだったのに、だんだん本当に参加するかどうかの確約を取ろうと何度もうちに来ては聞くのです。
    さらに「名前と電話番号をおしえて」と。(住所はわかってるので)
    「え・・・?お客さんの名前と連絡先を全部控えるんですか?」と聞いたら、「一応ね、ほら、またお知らせすることもあるから」と言われ、なんだか面倒になったのと不気味になって「行けるかどうかお約束できないので、やっぱりお断りします」と言った覚えがあります。

    あとから(というかわりと最近)あれは創価学会の会合だったとわかり、行かなくて本当に良かった、と。
    素性を隠してニコニコと近づく創価学会員、なんだか怖くてできれば関わりたくないな、と思いました。

    また、このサイトでも何度かコメントしてますが、同級生が奥さんに折伏されて入会し、人柄が豹変しました。
    素直な性格が災いして、典型的な創価脳へシフト。
    ここで皆さんのいろんな体験談や創価サイドの主張はこんなに非常識だという話は、まさに友人の脳内そのままです。
    去年、私が創価の矛盾を突いたことをきっかけに脱会したのですが、思考回路はそのまま。活動が嫌で辞めただけ、非活と同じではないかと思っています。
    時々集まる仲間の1人なので、まったく関わらないというわけにもいかず、イライラしたり哀れになったり会う度に悶々としています。
    奥さんは相変わらずのバリ活婦人部幹部なので、完全な足抜けは難しいのかもしれません。

    ここでの皆さんの覚醒・脱会の報告を、外部のひとりとしてとても嬉しく思います。
    おかえりなさい、という気持ちでいつも読ませていただいています。
    シニフィエさん、お忙しい中このような場を提供してくださってありがとうございます。勉強になります。

  11. 日々新しい方が書き込みをされたり、このブログの存在で覚醒された方が続々と現われているようで…本当に意義あるブログですね!
    活気があって、なかなかROMが追いつかない時もありますが…^_^;いつも勇気をもらえます。
    管理人さんとしての心労は図り知れませんが、どうかお身体を大切にしてご無理のないように運営なさっていただきたいと願っております☆

    さて、今回のテーマですが
    一年前には、今の自分になる(覚醒する)とは微塵も思ってなかったので、外からみた学会などと考えた事すらありませんでした。

    非活になって、冷静になればこそ色々考えさせられました。
    選民思想の狭い世界に居た自分が嫌になり途方に暮れました。全てが嫌になり毎日モヤモヤして、生きる意味を考えたり…気が狂いそうでした。

    まだ今は、様々なしがらみがありますが、ともかく『関わりたくないから構わないで!』と言う気持ちしかないです。世間的にもきっと同じように関わりたくないと思っている方は多い事でしょう。
    はたまた、選挙屋・拝み屋というイメージもあると思います。

    現代はネットが存在するので、昔みたいな罰論で縛る脅しはもう通用しません。
    自分自身で情報収集し、精査して必要な部分を取り入れれば良いと思うのです。

    私は、信頼していた幹部の人格等で、気づく・考える きっかけをもらえました。その人はただのビジネス創価だったのでしょう、言葉や態度 何を取ってみても、人の心により添えない…数字だけの人でした。幹部だって人間だし、宿業があるんだから…と自分に言い聞かせながらやり過ごしていましたがストレスは溜まる一方でした。
    なぜもっと早く気付かなかったのか、、と悔やまれます。このきっかけの主は、※創価飯(ソウカメシ)生活の一人です。
    ※→意味は“池田センセイお元気ですか?”のスレ 6/13 18:57投稿 Heartのところに書いてますのでご参照ください。

    何度も書いていますが、若い年代は今の中枢部のやり方には付いて行かないでしょう。
    素直に打ち出しに従う会員さんは、ネットを見ない高齢者と以前このブログに殴り込みをかけて来たような類いの会員達でしょう。

    中枢部からみれば、末端会員は働き蜂です。
    役職・新聞配達・その他様々な役割には→
    ○功徳・・・その人の悩みにつけ込み、願っていそうな事を叶えられるから!と言って引き受けさせる。

    ○財務・・・境涯革命の時だよ!と学会に使ったお金は何倍にもなって返ってくるとの個人的体験談を植え付けさせる。

    気分良く?労力やお金を差し出させるシステム。事あるごとに、金、金、金…
    本当に良い?システムを考えましたよね。

    これを【宗教ビジネス】と呼ばず何というのでしょう?

    少々話が脱線しちゃいましたが(^.^;

    勝利!勝利!って何に? って会合に連れ出したり、機関紙を取ってくれてる友人達によく言われたものでした(笑)
    覚醒した事を言って廻る元気は、今はありませんがいつか言えたら良いなと思っています。

  12. 雪風さん、コメントありがとうございます。
    ノープロブレムです。大丈夫ですよ。
    このブログでよければいつでも思うことを書いてください。
    いまはそれが大切な時期だと思います(^^)

  13. おはようございます。外部から入会の加奈子です。
    ずいぶん昔で、いつ、誰に言われたか、忘れたのですが、「お香典を全部持っていく人達」と教えられたことがあります。今は「選挙の時だけ来る人達」ではないでしょうか。
    私の友達は、小さな団地に住んでいるのですが、よく「たぶん加奈子さんと同じ宗教の人だと思うんだけど、なんか変なんだよね〜なんか変なんだよね〜」と連発します。「変な人」
    変な人だから、関わらなようにしよう。へたに、関わると面倒だから。外の人からは、そんなふうに見られているのではないでしょうか。
    入会する前の、私がそうでしたから。
    それが、すっかりこの通りコロっと、騙されてしまいました。

  14. モニカさん、わらしさん、ボレロさん
    コメントありがとうございます(*´∀`)
    先月の大啓蒙月間のせいで配達部数が増え、今朝も雨の中配達してきました(>_<)
    配達辞めたい宣言したものの、幹部からは『なしのつぶて』なので、いったいいつ辞められるのやら…。
    『早く配達を辞められますように』と御本尊に祈りたいぐらいです(笑)
    配達部数が増えたといっても、半分はマイ聖教や、贈呈。後は親戚が学会員だから、とイヤイヤとらされている外部ばかり…。
    集金のたびに「ほんとはとりたくないんだよ」と愚痴られます。
    外部からみたら、聖教新聞なんてカルト会報にしか見えないのでしょうね。

  15. ポトスさん
    ありがとうございます☆
    こちらこそ よろしくお願いいたします(’-’*)♪

    昔 友人に「ルナは信仰や生き方の話になると自信満々でいいんだけど 時折上からな物言いになってるの気づいてる?」とたしなめられた事がありました。
    その当時はショックでしたが覚醒した今はショックを受けて悩んで題目あげてたあの頃の自分の姿が滑稽に思えます。
    創価から離れた時 一番最初にこの友人に打ち明けました。
    「自分で気づけて良かったよ!」と喜んでくれました。
    こんな私を避けるどころかマメに連絡をくれて声をかけてくれる有難い友人達に感謝です。
    一人一人に心を込めてごめんなさいm(__)mを伝えていきたいと思います。

    大確信(独りよがりの思い込みにもとれますが)に
    溢れる先輩幹部の口癖は「法華の慢は許される」でした。
    創価的魅力はあったのかもしれませんが人間的な魅力は感じたことはありませんでした。

  16. >私は創価学会は、公明党との提携関係を生かした優良宗教ビジネスだと思っていますよ。 ただ、昨年11月の会則変更で、肝心の宗教の教義がとっちらかったんで、問題は深刻だなと思っているんですよ。

    >私は創価学会に関しては互助組織ネットワークとして優良だから、いるんです。 宗教としては、辻褄さえ合わせてくれれば、それ以上は望みません。

    長井〇和さんに言いたい。
    「肝心の宗教の教義がとっちらかった」ということですが、そんなもん昔からとちらかってしましたよ。
    日蓮の教義はかくかくしかじかである。故に正しい。
    その日蓮のいうモノサシも素っ頓狂だし、ただのオカルトです。
    信じる方がどうかしています。
    だけど検証できる資料も整理されていない時代、もっともらしいことを言ったら、藁をも掴みたい無学な信者は騙せた。
    それだけのことです。
    オカルトのままじゃ現代には通用しない。(過去に法華経を誹謗したことがこの世の不幸の根源で、他宗を邪宗と言って責めない以上真の幸福はないなど)
    騙せなくなって、実はこうだったああだったと出したりひっこめたりしてしてるうち、もう何を言ってもおかしくなってしまって収拾つかなくなってしまった。

    行きががり上使って正しいんだ言い出した以上、日蓮を手離せないのはわかります。
    が、日蓮に固執している限り、教義なんてオカルトのまま通すか、懸命に修正してとっちらかすかしか選択はありませんよ。

    長井さんのように日蓮信仰などさして興味がなく、優良な相互ネットワーク組織に魅力を感じる人が多いのなら、ポンコツ宗教など捨ててもっと優良なコミュニティを作ればいいでしょう。
    私は使っているポンコツ宗教が嫌いなのです。
    これに問題があると思っています。
    いくら修正してアレンジしようと日蓮を使う限り、会員の独善的な性質、カルト気質はなくなりません。

    白いブランコさんも「創価は本来的にすばらしい組織だと思います」と仰っていましたが、使っている教えが日蓮でなければ或いはそうだったかもしれないと思いますよ。
    まあ何を使おうと、金や権力が目的のビジネスだといえばそうでしょうけど、ビジネスと割り切って教えを買うにしても、日蓮は頂けません。
    人の迷惑を省みず選挙や新聞の押し売りにあれだけ厚かましくなれるのも、根底に独特のスピリットがあるからです。
    人を危険にしてしまいます。
    オウムにしても人を危険にしてしまいましたが、ネットワークにカルト宗教を使うのは問題ですよね。

  17. 私側の身内には、親兄弟はじめ親戚にも創価学会員はいません。
    そんな身内と会うたびに、創価が世間からどう見られているのかを常に聞かされていました。
    「一般常識に欠け非常識な人が多い・世間からズレていて嫌われている団体」だそうです。
    これは、創価の中だけで通用するような創価ルールで生きているからでしょうね。
    最初の頃は、「それは誤解だよ、本当の創価学会を知ってほしい」とMCそのままに折伏したいと思っていました。
    でも、活動していくうちに、私は本当にこんな活動を親や兄弟にさせたいのか?と自問自答するようになり、いつの頃からか私から創価の話をしなくなりました。

    幹部からは「親御さんを折伏するのが最大の親孝行よ」と言われ続けてきましたが、どうみてもその幹部達よりも、私の両親のほうが幸せな人生を送っているのです。
    経済面でも健康面でも悠悠自適な生活で、沢山の友人と趣味を楽しんでいて老後を謳歌している。

    反対に周りの年配の活動家たちは、ひいき目にみても健康面でも経済面でも幸せな老後だとは思えない人が多い。
    その理由として、死ぬまでノルマ漬けの日々な上に、年間を通して常にお金と自分の時間を差し出すような仕組みになっている事で、何もかもに余裕が無くなっている。
    自分の人生を楽しむことにさえ罪悪感を植え付けられ、創価の活動以外に生き甲斐を見いだせなくなり、そのような生き方こそが最高の教えだと植え付けられているからでしょうね。

  18. 連投失礼します。
    昨日、遠く離れた地に住む子にも報告したところメールが届きました。
    そのメールには「俺はお母さんが間違った判断をしたと思わないよ。過ぎた時間は取り戻せないけれど、逆に今気がついて良かったと思えばいんだよ。10年後に気づくより、10年早く気づいたんだからね。今から何かを始めるのだって全然遅くないんだから。まずは、体をゆっくり休めてください。俺はいつもお母さんの味方でいるのをお忘れなく」とのメールに泣けてしまいました。
    私が活動家だったばかりに、少なからず彼も創価の影響を受けたはずなのに。
    活動家だった頃より元気で幸せなオバさんになるように頑張るぞ!と誓いました。

  19. 7月になったのに、こちらは梅雨寒です。

    外から見た創価学会
    ○以前主人に言われたこと
    「池田会長は、どうやって生活しているんだ?」
    「オウムと同じだ!お布施!オウム!」
    「幹部っていくらお金貰っているの?」
    私は、外部は何もわからないから…と黙っていました。
    ○昔友人に言われたこと
    「その一番正しい宗教というのが、おかしいのよ!」
    「何でも病気が治るなら医者はいらない」
    ○最近友人に言われたこと(覚醒前)
    「ネットでは、ビジネスだと書かれているよ!」etc.
    信じ切っていた私には、ピンときませんでした。
    今年になって覚醒してからは、これらの言葉が全部理解できましたね。
    仲良しの友達は、選挙はよく協力してくれました。
    時代先取りで、世の中が良くなるような事しか言いませんからね。
    実態を知ってからは、もう二度と頼みません。
    本当に今まで申し訳ない気持ちです。
    間違いだと気づいた事を話し
    「もう選挙は、頼めないと思う」と言うと
    親友は、「頼んだって頼まなくたってどうでもいいよ。せーやさんが、いい人だからこうして付き合っているんだよ」
    と言ってくれ嬉しかったです。
    きっと創価について、外部の方はあまり関心はないと思います。
    でも私があまりにも一生懸命だったから協力してくれたのだと思います。
    家族も親友も………
    今思うと、当時の自分はやはり何かにとりつかれていたみたいです(>_<)

    真実さん、お子さんは部活に励まれて、今は就活とのこと。
    少しずつ気づいた事を話されて、今後一切関わらないようにしてあげて下さいね。
    私もそうしていきます。

    わらしさんは、20代とは思えないくらいしっかりされていますね!
    ・子孫を変な宗教から守りました。
    私も自分の代で終わりにします。

    マグさん、ポトスさん、ありがとうございます!
    いつとは言えませんが、こわい検査が近付いてきてドキドキです。
    マグさん、私と考え方似ています。
    今まで不安な時は、題目でしたが今は、「大丈夫、大丈夫」です(^-^)
    家族のために頑張っていきますね。

    レモンさんもありがとうございます!
    レモンさんの姿をお手本に、一つずつ降りていきます!
    昨日もヨガ教室兼ガマン大会!汗だくで辛かったです。
    拠点が日達さんのご本尊なので、「あ~懐かしいな。鶴マークの下は家紋?」とか雑念を抱きながら………
    本当に時間の無駄です。
    たまにはツッコミを入れながら、気持ちを軽くしていきます。

    signifieさん、昨年のスレッド読み返したら、やはりsignifieさんのコメントが所々にありました。
    最近は、なかなか難しいですか?
    私には思い切りコメントする以外何も出来ませんが、これからもよろしくお願いいたします。

  20. こんにちは。マグです。
    モニカさん、皆さん、どうしてこちらのブログは、こんなにたくさんの素晴らしいコメントの嵐なのでしょう!!
    オカシイ、ヘンなのは私の方じゃなかったのだと、朝から大確信で(学会風?)、さらにスッキリ♪です。

    モニカさん、こんにちは。 モニカさんのコメント、いつもバンバン私の心に響いてきます。
    学会風に言うと、私の弱い命をズバッと切ってくれる(すみません。まだMC中でしょうか~呆~)んです。

    ポトスさん、体調はいかがでしょうか。
    私も、よく学会の友人からドタキャンくらいます(これは、私が脱会する前からですけど)。
    その人は、私の中では、もう来ない人です。
    そんな私も、子どものころは、ドタキャンする方でした。
    友人との約束が先でも、会合を欠席することは、母親が許さなかったのです。こんなんじゃ、友達から相手にされなくなりますよね(悲)

    せーやさん、お元気ですか。
    私なんて、1年以上も前から、僅かに受けていた役も、そぉ~っと目立たないように下ろさせてもらって、こっそりフェードアウトしようと目論んでしたのでした。
    せーやさんも、ポトスさんも、それぞれのお立場で、できる限りのことをしようと頑張っていらっしゃるのですよね。
    偉そうなことを言ってしまい反省しています。
    ごめんなさい。

    とっとと脱会できたマグですが、気軽には行くことのできない遠い山の奥のお墓に眠る父母のことや、我が家の家計からすると立派すぎる仏壇をど~したものかなど、現実には問題がまだまだ残っています。

    こちらの方々のコメントに、元気をもらい、知恵も頂きながら、一つ一つ解決していきたいと思っています。
    これからも、よろしくお願いします。

  21. ボレロさん
    >幹部からは、~さんざん迷惑かけて、辞めなさい!~と言われました。

    創価の幹部の言いそうなことですね。
    辞められて迷惑なら、嫌になったのにまだ仕事をおっつけられる会員は迷惑じゃないわけ?
    その仕事、あなたが契約してあなたが雇ってる人に言ってるわけ?
    信教は自由なんですよ。
    強制なんか誰にもできない。
    もちろん貴方にもそんな権限はない。
    知りませんでしたか?

    活動家曰く、脱会者は「すべてを人のせいにする」そうです。
    ならば人のせいにしないあなた方は、ある日突然新聞配達員がいなくなっても、その人のせいにしてはいけないでしょう。
    ある日突然配達員がいなくなって困るあなたやあなたの組織に、そうなった原因があるということでしょう。
    あなた方がそういう境涯ということです。
    ついでに、正本堂が木端微塵にされたのも人のせいにしてはいけません。
    創価がそんな嫌がらせをされる境涯なんでしょうから。

    新聞配達他、創価の雑用は「福運をつめる」「やらせてもらってる」ことだそうですね。
    ならば奪い合いになるんじゃないですか?
    どうぞ幹部同士、バリ活同士で奪い合ってください。
    辞める人はそう信じるあなた方に譲ってくれたんじゃありませんか。
    感謝しなくっちゃ。
    有難いことですよね。
    信じる人がどんどんやればいいのです。

    これから益々非活、脱会者は増えます。
    「福運が積める」というお仕事、役職は置き土産としていきますので、残って信じる人はたっぷり福運が積めますよ♪

    本部は会員が激減しているのは掌握しています。
    想像力と思いやりがあれば現場がどんな状況かも理解できるでしょう。
    でもおそらくその両方ともないので、対策は一向に講じません。
    例えば新聞配達。
    「職員が請け負う」「報酬を大幅アップする」「購読はネット配信に切り替える」
    など素人でも思いつくような案は絶対に出しません。

    いやいやこんなの所詮、仏法も慈悲も知らない脱会者のタワゴトなんでしょうね。
    きっと仏道修行は厳しいんだってこと、厳父のような心で教えているんでしょうね~。
    じゃあ益々福運つきますね!
    これからも「魔」に負けず残る人、がんばって~(^^)/

  22. マグさん、コメントありがとうございます。
    私脱会する時、いろんな幹部と話したんです。
    そしたらものの見事に誰の心にも刺さらなかった。
    ツルンとした壁を相手にしているようでした。
    それでネットにいって文章にしようと思ったんです。

    私、書くけど喋れませんってタイプでもなくて話しても率直だと思うんですが、でも文章の方がより考えて言葉も工夫して発信できると思ったんです。
    相手が泣き出したり耳を塞がれて言えなくなるってこともないし、と。(本当にあれは困った!)
    文章に残すことで冷静に読んでくれて、少しでも伝わってくれれば本当に嬉しいなあと思いますね。

  23. あえて、学会員に敬意を表します。
    「え?何のこと?皮肉ですか?」と思われるかもしれませんが、そうではありません。本当に感心することもあるんです。創価学会ではなくて、一人ひとりの学会員についてです。
    今、PTAや町会などなかなか役員のなり手がなくて大変ですよね。
    でも、そんな中で学会員の方は積極的に役員を引き受けている場合が多い。
    場合よっては地域の神社の夏祭りのお手伝いまでも(笑)
    これって学会の方針なのでしょうか。
    一方で、ちょっと問題もあります。
    地域の懇親サ-クルに学会員の方が入ってきたのは良いのですが、
    選挙の数ヶ月前にサ-クルに入会して、「公明党候補の話を聞く会」のお誘いをサ-クルの一人ひとりにしていました。
    それで、選挙本番の忙しい時期にはピタッとサ-クルに来なくなってしまいました。
    選挙が終わった今は再び参加してくれています。
    なんかサ-クルを公明党の選挙に利用しようというのが見え見えで嫌な感じがしました。
    私は学会員の方が信仰によって幸せ感を得られるならそれはそれで良いと思っています。
    ただし、かつて行われていたような「しつこい勧誘」や
    私の生活に直接利害を及ぼしている政治に、公明党支援を通して影響されるのは迷惑です。
    公明党議員が議会でどんな動きをしているのか、今の政治の動向がどうなっているのかよく知ろうともせずに、上から言われたことを信じ切って選挙活動に邁進されることは腹立たしくてしかたありません。
    小学校時代の同級生だとか、名前も知らないような先輩や後輩を名乗って、選挙になると電話や遠方からの訪問を受けるのも迷惑千万です。
    きちんと政策を語ってくれるのならそれでもわかりますが。「自民党の暴走のブレ-キになります」とか「平和を目指す党です」「軽減税率を目指します」とワンパタ-ンの抽象的な標語を並べられても支持する気になれません。今の政権が議会で絶対多数を握って驕り高ぶっていられるのも、創価学会の支援なくしてはありえないことだからです。言うことを聞かないマスメディアは「懲らしめればいい」などと言論抑圧につながる発言が自民党議員から出てくるのも、自公選挙協力の成果ですよね。

  24. 外から見た創価学会 村尾行一 著 第三文明社
    http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%96%E3%81%8B%E3%82%89%E8%A6%8B%E3%81%9F%E5%89%B5%E4%BE%A1%E5%AD%A6%E4%BC%9A-%E6%9D%91%E5%B0%BE-%E8%A1%8C%E4%B8%80/dp/4476061915

    半世紀にわたり創価学会を研究しつづけた著者が、その歴史・思想・世界に広がる運動を解説し、現代に生きる宗教の実像に迫る。弱者を強者に、愚者を賢者に変身させる人間革命の場をわかりやすく綴る。

    だそうです。

  25. 私は2世ですので、外部からみた創価のことはよくわかりません。

    素直に
    「日蓮大聖人の仏法が一番すごい!」

    「創価学会は人類唯一の正義の団体!人類の最後の希望!」

    「池田先生こそ人類の永遠の指導者!池田先生の言う通りにしていけば永遠の世界平和、人類の永遠の幸福が築かれる!」

    「南無妙法蓮華経のお題目は宇宙根源の法で、これに合致していくことが幸福の直道」

    「学会活動こそ、宇宙根源の法にのっとる方法!」

    元活動家の皆さん、わかりますよね(^◇^)
    本気でこんなこと信じていたのですよね。

    まあ、題目100万遍あげて、うまくいけば「題目のおかげ」 うまくいかなければ「宿命云々」
    題目うんぬんより、人間として正しい道、生き方をしていてどうかということで判断するしかないと思いますが。。。

    親から、「池田先生はすごく偉い人。お父さんより偉い人」と言われれば、子供ながら素直に信じますよね。池田の欺瞞を見破ることができただけ、成長したかな?両親とも気づかないまま亡くなりましたが。

    折伏するために友人とあっていた自分が情けないです。

    選挙の票を取るために非常識な行動をしていた自分が腹立たしいです。

    「これが正義だ!」と創価と池田を信じこんでいた自分が情けない!

    でも、「気づいてよかった!」(^◇^)(^◇^)(^◇^)!!!

    魂が檻から解放された感じです!思想信条の自由がうれしいです!

  26. 葬儀の話しの追加です。
    遺影の横に池田会長の写真が飾ってある。学会は会館を次々と建てている。みんな金儲けだ。~これ本当に生の声です。世間は本当に創価を嫌っています❗

    ポトスさん
    創価ゾンビは、まだ嫌がらせメールを送ってくるのですか❗
    体調くれぐれもお大事にしてください。

    ひろたんさん
    創価脳幹部のことなど気にせず、ご自分の生活を大切にお過ごしください。

    モニカさん
    さっすが!モニカさん!切れの良いコメントに救われます。ホント、素晴らしい!

    創価の非常識なところ
    勝手に了解もなく、家に上がり込んでくる。みんな幹部でした。
    夜9時過ぎに訪問する。
    何かあると、頼んでもいないのに、余計なことをしてでしゃばる。
    何かにつけ、すぐ指導を受けなさい、と言う。

    また思いついたら、コメントします。(*^^*)

  27. PTAは毎年のように引き受けていましたが(単にくじ運が弱いから)、
    学会員さんが一緒だったことには気づかなかったなあ、どうだったんだろう?
    確かにいろんなママがいますが、年々やることは誰でもこなせるよう無難に改善されてきてる
    ように思います、上の子のときは大変な行事が多かった、地域性もありますね。

    私ドライに参加してただけなので、選挙とか頼みにくかったのかな??
    創価学会歴長かったのにね…、うまく覚醒できているということかな。
    かって自分が頼んでた頃は、「すごいね…」と返してもらうことが多かったな、すまん。

    「懲らしめてやる」発言について山口代表が苦言を呈していますね、
    どの口が言うか〜、いまの日本をややこしくしている責任はないんかい

  28. 「外から見た創価学会」どこかで聞いたことある言葉だなと思ってましたが、本で出版されてたんですよね、二郎さん 紹介ありがとうございます。
    創価の恩恵を受けている外部による創価賞賛の話だろうと想像つきますが・・・

    大百の後半で 社会的地位のある外部さんの創価賞賛の記事が連載されてましたが(今も連載されてるのかな?)、そんなに褒めるなら入会すれば~?と思ってたものです。(学会員で社長さんの方もたまに載ってたような・・・)

    外から褒めるのなら 誰にでもできる、実際 中に入って末端役職で疲弊して、
    それでも褒めれるのなら褒めてもらいたいもんです。
    社会的地位があるから 内部MCのためにちやほやされ、「創価すばらしい~」なんて言ってもらいたくないです。

  29. シニフィエさん、ペコリ((。´・ω・)。´_ _))お疲れ様です。
    お体は大丈夫でしょうか?ご自愛下さい。

    素晴らしい伸びですねー。驚きです。
    新規の方が続々と増えていますね。シニフィエさんの努力の賜物ですね。本当にお疲れ様です。

    さて外から見た創価についてですが、
    創価の事を嫌っている人は80%以上はいるでしょう。
    身近なオウムの様なカルト教団ですね。
    何十年もあっていない人が卒アルをたよりに公明党を頼みに来たり。
    聖教新聞を取ってくれと頼みに来たり。
    関わりたくない。これが本音です。
    自分が創価というのを伏せて、創価の事を聞いてご覧なさい。すごい意見が出てくるから。
    ボロクソに言う事が大半です。

    原田を初めとする信濃町の連中は広宣流布をやろうなんて考えていません。
    金集めと、創価(信濃町の連中)を守るために公明党の票が必要なだけ。
    それを外部の人は冷ややかに見ていますし、池田が死ぬ事を待っています。

    地区部長から一転して脱会した、ぴろんでした。

  30. モニカさん、こんにちは。
    何事によらず、冷静に率直に対話ができるということは、素晴らしいことですね。
    私も見習いたいです。

    今回、地域の幹部ちゃん(とても仲良しでした)に会った時、まずは、会合には出ないことと、新聞を止めると伝えるだけのつもりだったのに、話しているうちについ興奮?してしまい、もう財務もやらないし、公明党には絶対投票しないし、もう私の中では宗教とはいえなくなった団体にはついていけないんだから~!!と思い切り訴えてしまった私…(汗)。
    全く冷静さを欠いていましたね。お恥ずかしいです。
    その幹部ちゃんは、あまり学会脳じゃないところがあって、言いやすかったんだと思います。
    全く逆ギレすることもなく聞いてくれました。
    ただ、彼女は「学会に入って、ほんとに幸せになれた」と思っている人なので、「詐欺団体だと知ったから足抜けする…」とは言えなかったです。
    今までは、あれこれと役を押し付けられている彼女のボヤキを聞く立場の私だったのですが…。
    それでも「学会に入って、私は幸せになった…」って信じている彼女に私は何と言ったら良かったのでしょう。

    今回のスレッドからは、ズレた内容ばかり書き込んでしまい、signifieさん、申し訳ありません。

    あ、そうそう…。
    私が学会と距離を置き始めてから感じた選挙時の感想です。
    上記の彼女とは別の幹部さんですが、選挙が近づくと、「一緒に投票依頼に地域を回りましょう!」とメールが来ました。断っても断ってもメールが来ました(笑)
    普段はナシのつぶてなんですけどね。
    「今回の選挙戦は宿命転換の戦いだから」って(毎回、宿命転換の戦いって言ってますが?)。
    …っていうか、選挙のF取りで宿命転換て何?一体どんな宗教なんだか(呆)。
    選挙の時だけ連絡してくるということが、外部の方にとって、どれほど迷惑で不快に感じられることなのかは実感できました。

    少しはスレッドに沿った内容になりましたでしょうか(汗)。失礼しました。

  31. 2度目ましてなのですが、HNを変えましたので改めましてクロニクルです。
    30代後半の外部から結婚を機に昨年7月に入会しました。
    5月31日の記事の最後の方にコメントさせていただき、メガネさんにお返事で背中を押して貰った者です。
    その時は、ここのブログの勝手が分からずコメントだけさせてもらいましたが、全部の記事を1ヶ月かけて読んで、やっと最新記事に到達した次第です。
    もっと早くこのブログに出会いたかったと悔しい思いですが、洗脳される前に分かって良かったと今は思っています。

    外部から見た創価学会員ですが、私は去年まで外部だったので私から見て凄く違和感のある集団でした。
    旦那がまず創価脳•創価スイッチ•創価シャッターの持ち主で尊敬するのは池田大作、ネットや週刊誌はデマ、創価学会の矛盾や問題点を話すと顔色が変わり都合が悪くなると喋らなくなる…

    私が退会したいと言うと、学会入会が条件だったので「じゃあなんで逆プロポーズしたんだ!」と言われました(・_・、)
    一度プロポーズされ学会には結婚生活に慣れて納得するまでは入りたくないと言ったらアッサリ破棄され、好きだったので理解しようと本部に連れて行って貰ったり池田大作の軌跡という本を読んだりして、ネットで言われて居るような囲まれる事が無かったので名前だけならと逆プロポーズした結果がこれでした…
    創価学会とは簡単なものではありませんでした。
    入会勤行会で凄く会員の方に違和感を覚え、このブログを読み進めていくうちに答えが出ました!
    一度、有名なネットワークビジネスのセミナーに付き合いで行った事があるのですが、その時の人達の顔と一緒だったんです。
    キラキラした顔をしているのに目が笑ってないというか何とも言えない違和感…
    あと皆が口を揃えて言うのが「この信心に出会えたから間違いない!」という根拠のない言葉。
    私が辞めたいと思ったきっかけは、パニック障害とウツの治療をしていて心療内科の先生に将来子供は産めますか?と聞いた際、年齢的に絶対に育児ノイローゼになるしお勧め出来ないと言われ旦那に伝えたところ「医者が見放した時がチャンスだ!祈ろう!」と言われた事でした。
    「俺がついているから諦めずに他の方法も考えよう」という言葉が欲しかったのに祈りかよっ!と…
    それから学会が怖くなりました。
    一年も経ってない私がこんなに苦しいのだから、シニフィエさんをはじめ、ここにいらっしゃる皆さんは覚醒してもっと苦しいと思います。
    盲信してる方は外部から見ると猪突猛進状態です。
    視野が狭く周りが見えていません。
    皆さんのように覚醒して静かに去る方が増えると嬉しいです。
    私も静かに去る準備をしています。
    文章が苦手なので皆さんみたいに上手く伝えれませんが私も何か出来ればと思っています。
    よろしくお願いします。

  32. すみません。テーマは「外から見た学会」ですが、「外から見たSGI」から話を発展してもいいですか?ちょっと想像してみました。

    SGIの勤行唱題は日本と同じですよね?だとすると、SGIメンバーは日本式の勤行唱題をしなければ幸せになれないってことですよね?なんか変です。
    もし私が外国人だったら「なんで自国の言葉を唱えるのではダメなの?」と思います。
    とくに漢字圏の中国、香港、台湾の人たちは自国の読み方ができるのにあえて日本式でやるとしたら酷な気がします。まるで戦時中の植民地支配みたい。
    それでも、メンバーがいるってことはよほどの親日家か不幸のどん底で藁をもすがる気持ちなのでしょう。
    もしも「今日から漢字の経本を中国語で唱えればもっと幸せになるよ」といわれても私は絶対にしないですよ。だって、日本人だもん。
    そもそも、私は一世でしたので、一般人がお経をひたすら唱えることに当初は違和感がありまくりでした。今でこそしていませんが、同居家族が朗々とやっているのを聞くと本当に苦痛です。

  33. シニフィエさんへ

    今わたしは創価学会の事考えると、単純に自分を消したくなります。

    しかし、はたと気がついたら、ナイフの様な言葉しか出てきません。

    この国が、健全ではないと気がつきますと、何も希望が見えなくなるのです。
    副島隆彦氏の本を読みました。
    概ねこの世の中は、このような感じがします。
    冷静でない私は、ナイフのような言葉しか書けなくなり、人を傷つけるだけだと思います。
    ですから、シニフィエさんが、まずいな、と感じられる私からの投稿は、ばんばん削除して下さい。
    ご迷惑お掛けして、本当に申し訳ありません。
    シニフィエさん、ありがとうございました。

  34. 雪風さん、大丈夫ですよ。いま雪風さんはちょうど不安定な時期なんです。気持ちが不安定なので社会の矛盾と自己を同一化してしまっているのだと思います。雪風さんは何も悪くはありません。そもそもいい悪いで社会と自己を同一化して判断するものではありません。自分にとっての大切なものをイメージしてください。その大切なものに囲まれている自己をイメージしてください。意識して深呼吸して、気持ちをゆっくりとさせてやってください。そして言いたいことはどんどんこのブログにぶつけてください。公表できないものかどうかは私のほうで判断します。思い詰めるのがいちばんいけません。こう見えて、私もかなり不安定なんです。でも深呼吸でなんとか保っている状態です。無理なんかしなくていいんですよ。自分を責めても何もいいことなんかありませんよ。わけもわからず自分を否定したい気持ちもよくわかります。ストレスで脳内ホルモンのバランスがちょっと崩れているだけなんだと思って、静かな気持になれるような空間に自分を置いてください。ゆっくりと深呼吸するだけで気持ちが変わってきます。
    副島隆彦さんはかなりきつい言葉の方ですし、確かに言ってることは鋭いし、それだけに救いがないようにも思います。ですから今の雪風さんには強烈すぎるかもしれません。本を読むとすれば今の雪風さんには社会問題の論評よりも、自己肯定や心を解放してくれるような本がおすすめです。このブログで何度も紹介していますが、中村元氏の『「仏教の真髄」を語る』は、私が覚醒への道を歩むきっかけとなった本であると同時に、2世として生まれ育った自分が覚醒することによって、自分で自分の人生を否定するしかない辛さを救ってくれた本でもあります。もしよかったら読んでみませんか?

  35. レモンさん
    久しぶりに覗いて、皆さんのコメントからもしやと思い、遡って見てみると・・・
    本当におめでとうございます!!!
    そして羨ましーーー!!!

    それにしても、ご主人が支部長とは!!
    ここにたどり着くまでのご心中いかばかりか(>_<)

    私も早く後に続きたいです!
    実は、4月に引っ越しをしました。ただ、いわゆる法戦真っ只中だったため、人事は後回し。
    5月に面接を受け、6月に支部副になりました。
    が、後任がなかなか決まらず。やっと決まったと思ったら、その方の事情で、発令は7月の座談会となりました。支部副になったのも未発表です。なので今現在も地区婦として指揮を取っています。

    ちなみに後任の方は、現在、支部副で、正社員として働いている、よその地区の方です。高校生のお子さんを筆頭に、年子のお子さんが3人いて、確か地区婦の時にパニック障害になってしまったと聞いているので、私としては大変心苦しいです。
    私の前の方も派遣の地区婦でしたので、この方で3代続けて派遣の地区婦となります。
    今のソーカは、本当に人材が枯渇しています。
    週2日ではありますが新聞配達と、集金もしていますが、今はその後任の人選で頭を悩ませています。
    地区婦としてお願いに行くのですが、私としてはこんな無意味なことを誰にもやってもらいたくないので、本当に胸が痛みます。

    ソーカで地区婦になってからは、責任とストレス、そしてとにかく時間に追われて、本当に心身共に疲弊します。

    今は、とにかく地区婦から解放される日を支えにして、日々の業務をこなしています。

    あぁ~私も早くレモンさんのようになりたいです!!

  36. ケセラセラさん
    この本が出版されたころ、私はバリ活でしたが、この本は組織で紹介されていましたよ。世間の人は学会を評価していると。

    わらしさん
    >私個人としては読む価値がないと判断しました。

    いや、誰が見ても読む価値はないでしょう。ゴミみたいな本を紹介してしまって申し訳ないです。

  37. 今日からやっと新聞が入らなくなりました。
    そしてやっと、ご本尊を巻くことができました。皆さんが仰っていたように、本当にペラペラのカラーコピーだったので、しばらく呆然としてしまいました。こんなものに向かって今までどれだけの時間、必死に拝んでいたのかと思うと……。ちゃんと本部に送り返そうかと思っていたんですが、これならもう燃えるゴミに出してもいいかなとさえ思えてしまいました。
    バリ活だった頃の自分を冷静に見れているつもりでも、なかなか冷静に分析するのは難しいですね。
    今やっと普通の人の感覚というものがこういうものなのかと実感できている気がします。
    何の打算もなく、下心もなく、ただ話したいから話す、話したくないから話さないという行動が、出来てなかったんですよね。
    すべての行動の裏にFだとか、会合に誘うだとか、展示を見に行くだとかの目的があって、そういう目的なしに何かの行動をするということで出来なくなっていた気がします。
    今思えば、本当に不自由な暮らしをしていたなぁと(笑)。
    以前は美容室がすごく苦手でした。美容室へ行っても、後々の選挙でFを頼むことを考えてたので、良い人に思われないといけないとか、そういうことを常に頭に置いて話をしていたように思います。だからすごく疲れるんですよね。友達と会うときもそうです。疲れるんです。
    でも、そういうの一切考えなくなると、美容師さんとも好きなことを喋って、何も考えず会話を楽しむことが出来るようになりました。
    これが普通の人の当たり前なんだ~ということを、今は少しずつ実感しています。
    そういえば、かつてちょっとした知り合い程度の友人に選挙を頼んだことがあったんですが、その翌月ぐらいに呼び出され、アムウ○イの勧誘を受けました(笑)。5人ぐらいに囲まれて、「入りません」というと責任者らしき人が急に冷たくなって、「さっさと帰れば?」みたいな態度を取られました。その時は腹が立ったんですが、後で考えたら学会も似たり寄ったりのことをしているなぁと。だからきっと友人も、私ならアムウ○イに勧誘しても何の罪悪感もないわと思って呼び出したのでしょうね。お互い様でした。っていうか、最初に私が選挙を頼んだので、どちらかというと私のほうが悪いのだなと思います。

    のぞみさん
    ワンちゃんのことを考えると、本当に胸が痛みます。その後のことはあまり考えたくありません。どう考えても、ちゃんと躾とか散歩と化していると思えないし。虐待にも近いことをしていながら、忙しいから仕方がないで済ませているその神経が信じられません……。

    わらしさん
    「夫婦そろって創価大学卒のバリ活」を見ただけで非常識さが分かってしまいますか(笑)。私が高等部の頃はものすごく輝いて見えたのですよ。神々しささえ感じました。あまり好きになれそうにはないと思いつつも……。MCって怖いですね。

  38. マグさん、いえいえ私そんなに冷静じゃありませんよ。
    文章にしても血の気多いですし。
    すぐなんだコノヤローと。(あ、コージさん、またやってしまいました(笑))

  39. こんばんは。マグです。

    学会脳じゃなくて、創価脳でした。
    間違えてしまいました。
    失礼しました。

  40. ピノコさん
    配達の件で、幹部から返事はきましたか?
    配達に関しては、「福運が積める」だの「センセイのお手紙を届ける尊い修行」だの言っていますが、本音としたら誰もやりたくないのが実情ですよね。
    当然ながら幹部が「わかりました、私が交代しますよ」と言うはずもありません。
    もし、今も返信がないようでしたら、体調不良を理由に期限をつけてもう配達はできませんと言ったほうがいいかと思います。
    何とか早く交代できるといいですね。

    創価は、本当に卑怯な組織で体裁を保つためには何でもします。
    私自身、幹部に宣言し後任も決めて止めましたが、支部や地区の人達に本当の事を言う事を止められました。
    みんなに動揺や衝撃が走ってはいけないという理由で。
    表向きには、役職交代という理由になっています。

    本当は、paroleさんが5月の座談会で地区の皆さんにお話したように、私も心のうちを地区幹部以上の人達と地区の人には、止める理由を全部話すつもりで内容も考えていました。
    最後に支部の地区部長会に出て、話をするつもりだと言ったら、幹部が全力で止めてきたのです。
    それを話す事は貴女のエゴであり、純粋に活動家する達の心を乱さないでほしい。
    もう会合にはこのまま出なくていいからとまで言われ、本当に腹が立ちました。
    結局は使えなくなった駒の気持ちよりも、創価の体裁を保つ事が大事なんです。

  41. 日本で創価の活動をしていると、海外のSGIがとてもうらやましく感じました。

    だって、新聞啓蒙ないし、選挙もないんですよ!

    会合で幹部がうらやましそうに話していたし、わたしも、とてもうらやましく思ってました。

    当時は、「純粋に勤行・唱題して、宗教活動に専念し、そして、文化活動もできるSGI」がとてもうらやましく思っていました。

    「日本は権力者が腐っているから、政治に広宣流布しないといけない!」 と創価で教え込まれてきました。

    海外でも腐った政治家いてますけど!日本でも立派な方は立派です!

    世界平和を歌いながら、SGI提言で少しだけ提言したり、国際会議に出席したりで具体的な行動が全然ないですね。
    池田さんが阪神淡路大震災の時に現地に行ったのは2年後のことでした。
    また、その当時はハワイに出かけていました。「私はどうしても行かねばならぬ行事があり・・・」 とかいってましたが、関西に来て陣頭指揮とっているなら、ハワイの方も理解しめしてくれたでしょうね。
    東日本大震災のあとも一度も姿見せないですしね。

    いい加減欺瞞だらけの組織が腹立たしく思います!

  42. 雪風さん、どうか自分を責めないでください。雪風さんの替え歌にはとても和ませてもらいました。私はギャグを入れたコメントはしないタイプなのに雪風さんやコージさんなど常連さんのコメントが面白くて…この間思わず長井さんのギャグを入れてしまったんですよ(笑)

    最近コメントの多いヤングミセス非活輝子です。夫に折伏されて入会したのですが、理解できない学会員の言動。夫及び義父(夫の父親)編。

    ある日のこと、夫が旅行がてら某テーマパークのチケット付ホテルを予約。ホテルをチェックアウトしテーマパークに向かっていたところに事件は起こりました。
    <夫>「輝子、テーマパークのチケットは?」→<私>「え?私、持ってないけど」
    そうです。チェックインした時にチケットをもらったのは夫なのです。急いでホテルに連絡し、何回かの電話のやりとりの末にチケットが見つかり、手元に返ってきました。その時の夫の一言「功徳やな!!」
    今なら言えるよ。それはあなたの不注意です。
    <私>「これからはすぐにしまうようにしようよ」→<夫>「そうだな」

    そして、これを後日談として義父に伝えました。<義父>「見つかったのが功徳ではなく、今度はすぐにしまうようにしようと気づけたのが功徳やな!!」
    今なら言えるよ。それは教訓です。

    なんでも功徳と言いたがる夫及び義父なのでした。

  43. 雪風さん、誰もあなたを責めたりしません。
    何一つ心配する必要はありません。
    大丈夫です。
    苦しければ、その苦しい気持ちのまま、コメントを寄せてください。
    我々がすべて受け止めます。
    雪風さんが、悩み 苦しみながらしっかり生きてること自体、ものすごく価値あることだと思います。
    気持ちを楽にして、ゆったりした時間のなかで自分自身を解放してあげてください。
    (^_^)

  44. PTA役員の話題がありましたので、私からも少しネタを…。

    ひょんなことから子どもの幼稚園の役員を引き受け、そのまま小学校→中学校→高校と、子ども3人分の役員をずっと続けていました。

    婦人部の活動との両立は正直大変でしたが、自分としては、学会以外のコミュニティを求める気持ちが強かったのだと思います。

    私は人に学会宣言するのがイヤだったので、一切学会の気配を消して?役員活動していました。
    そのうちPTA会長の声もかかるようになったのですが、私が創価学会だからという理由で、ある圧力がかかり、辞めさせられたこともありました。
    その時は、情けないような、悔しいような、なんとも言えない悲しさで泣きました(T^T)
    外部からみれば、怖かったのかもしれませんね。
    今振り返ると仕方ないかなと思います。

    選挙や啓蒙の度に、ピノコちゃんは役員の人脈があるんだから、もっと頑張れるはずでしょ?とハッパをかけられるのがイヤでした。もちろん、絶対役員仲間には、なにも頼みませんでした!
    (`へ´*)ノ フンッ

  45. 雪風さん
    ボレロは雪風さんのユーモアたっぷりのコメントが大好きですよ😃
    また、楽しませてくださいね🎵
    私も常に自分を、責めてしまいます。しょうがないか❗と割りきっています‼
    雪風さんは、何も悪くありません❗
    絶対に悪くない!悪いのは、ここまで貴女を追いつめた創価の輩です❗
    私も自分は価値のない人間だ、と思うことがあります。
    常に自分との戦いです。ここの皆さんに励まされて何とか自分を保てているような状態です。
    創価になんぞ負けずにいきましょうよ‼お互いに❗(^ー^)

  46. レモンさん
    アドバイスありがとうございます!
    真剣に考えて下さって本当に嬉しいです。
    今だ幹部からはなんのリアクションもありません。
    以前書きこみしたことがあるのですが、私がすぐに退会できない理由は、同居している信心強情な義父母の存在です。息子(私の主人)が亡くなってからは、一緒に住む孫達が生き甲斐のようです。私が協議会や座談会などに一切出なくなったのは、仕事が忙しいせいだと思ってくれていて、決して強要はしません。

    配達もすっぱり辞めるには、体調不良を訴えるのが一番良いのでしょうが、同居の義父母に仮病を続ける自信がありません(>_<)
    レモンさんの勇気ある行動、本当に尊敬します。
    私は一刻も早く創価から子ども達とともに抜けたいと思いつつ、いろんな事情を理由に中途半端な状態です。
    変な話ですが、非活の白ゆり長なんて、あちら側にとってもすごく迷惑な存在ですよね?ズルい考えなのはわかってるのですが、私が脱会できるのは義父母が他界してからなのかな…と…。
    どなたかも書いていましたが、早くXデーがきて、創価学会が潰れてくれないかなぁと毎日思っています。

  47. クロニクルさん、改めましてよろしくお願いします!

  48. いえいえ、二郎さん、
    一般人に嫌われてる創価としては 有識者の書いた創価賞賛本を内部MCのために作ってると知ることは意味あることと思います。

    ところで 先ほど サイコパスのドラマをみましたが、MCの手法が創価に通じるものに感じて ゾッとしました・・・

  49. signifieさん、そうですか、こちらのブログも、開始時から色々な事があったのですね・・・・・・
    色々な事を乗り越えて、こんなすごい、素晴らしいブログに発展してきた事、敬意を表します!

    外から見た創価学会・・・・・うーむ、なかなか難しいテーマですね(^_^;)
    なんと言っても、2世として生まれてこのかた、この信仰しかしてないもので・・・
    あ! でも1つ、面白い体験?というか、心の変化がありましたね。
    それは、まだ半年前までは、私はゆる活とはいえ覚醒などはしていなかったため、
    例えばネットなどで、「創価はカルト教団だ!」「完全な詐欺集団だ!」なんていう書き込みを見つけると、
    「そんな事はない!君は、実際に中に入って確かめたんか?」とか、「それはアンチのデマだよ!」とか、
    今にして思うと、かな~~~~~~~り恥ずかしい発言をしていましたね(;´Д`)
    でも、こちらのブログのおかげで完全に覚醒してからは、同じようにネットで「創価はカルトだ!」なんて書き込みを見つけると、
    「うんうん、そうそう!もっと言ってやって!」とか、「仲間がいてよかった~」とか、思うようになりましたね(笑)

    レイラさん、 横からですが、そうでしたか、エリッククラプトン! 懐かしいです!
    昔は、ほんとよく洋楽を聴いていました、特定の誰のファンと言う訳でもないんですが、
    小林克也さんの「ベストヒット・USA」とか、毎週欠かさず観ておりました^^

    輝子さん、 >さんま御殿風! あるあるですよね~
    折伏セミナーとか、その場で上手い事話を表面上だけ合わせて、何とかその気にさせようとしますよね。
    なんと言っても、学会での成績 = 功徳だと信じて疑わないですもんね。 厄介な人たちです。
    その場では、友人に良かれと思った事が、逆に大迷惑に繋がって反省する事、私も多いです・・・・・

    のぞみさん、
    >内部にいた頃はよく「学会の理解者はどんどん増えている」
    >「世界の多くの識者は学会を理解している」「世界中が学会に注目している」
    これ、創価の特有の、痛い思い込みというか、もはやそう信じないと信仰上も組織上も成り立たないのでしょう、
    本当に、哀れな団体だと思います。 反論だけは必死ですけどね。

    ラザリスさん、 
    >一般人から見たら、異様に映るのはあたりまえ(体操)でしょう。
    >うん、ま・ち・が・い・ないっ!!
    創価の間違いを上手くギャグにした映像やコメントって、本当にいい息抜きになりますよね(*≧∀≦)

    クロニクルさん、 初めまして、
    家族、特に配偶者が創価脳だと、本当に辛いですよね・・・・・・・・
    旦那さんは、ここのブログを読む、なんて事はないのでしょうか、読んでも覚醒は難しいかな?
    とにかく、少しずつでも旦那さんの心が創価から離れ、徐々に普通の心を取り戻されるよう願っています。
    クロニクルさんも、体調に気をつけて、こちらのブログで元気を貰ってくださいね。

    雪風さん、 創価の悪影響で、ほんと辛い心境に陥る事、多いですよね・・・・・・
    こちらのブログで、色々自由に気持ちを吐き出して、またお互いギャグでも書き込みましょう!^^

    にゃんこ丸さん、
    >以前は美容室がすごく苦手でした。美容室へ行っても、後々の選挙でFを頼むことを考えてたので、良い>人に思われないといけないとか、そういうことを常に頭に置いて話をしていたように思います。だからすごく疲れるんですよね。
    創価学会って、ほんと会員を利用してコキ使って、金銭面は勿論の事、何の功徳も与えない・・・・・
    とにかく、覚醒した人たちは、今後は自由で楽しい時間、及び良好な人間関係を作って貰いたいです・・・

    モニカさん、  >すぐなんだコノヤロー
    モニカさんの、イケイケで男前?なコメント、胸のすく思いですよ^^ これからも元気ください!

    それにしても、MCが解けるってすごい事なんですよね、なんか不思議な脳体験?みたいな感じです。
    逆に、覚醒してからは、「あれ? 意外と創価への批判って、ネットでも少ないじゃん?」とか、
    「もっともっと言ってやろうよ、創価の疑問や間違いを!?」とか、そんな気持ちになりますよね。
    世間では、もはや創価学会など 興味も無い、どうでもいいような「小さな存在」なのかもですね。
    世間では、創価学会など世界宗教でも何でもなくて、その他大勢の雑種の団体の1つに過ぎないんですよ。
    創価の中だけで必死で活動している会員の方々は、そういう事に早く気がついて欲しいですね、ホント。

  50. わらしさん、先輩幹部さんの「久しぶり」発言面白いですね。活動家だったら「先輩さすが!幹部になればそういう会話術で相手を魅了するのね!」って思ってしままっただろうな。なんて盲信な私。外部の人にとってみれば「え!?(何を急に!わぁ…ドン引き)」(笑)
    この温度差が「創価の常識は世間の非常識」なのですね。創価の活動にどっぷりだと何気ない所作で「あの人変わってる?」と思われてしまうし、外部やアンチの方と親交を深めれば「創価って変かも?私もその中の一人?」と自覚するし、盲信活動家にならないと病んでしまう組織だと実感。

    さて、またまたエピソードです。すみません、たびたび。先日とある団体の勧誘が家に来ました。「朝早く起きて集会場に集まりませんか?」と。インターフォン越しに断りましたが冊子をポスティングして帰られました。冊子を読むと「なんだ宗教じゃん!こんなのによく入る人いるなぁ…」と冊子をポイ捨て。
    そして、あれ?私の周りにも同じようなことして
    る人いるよ!しかも、有料で。ローラーと称して地区内をくまなく訪問してる。聖教新聞啓蒙だ!と気づいてしまいました。
    きっと贈呈された新聞たちも私の冊子のように扱われているのだろうな。そういえば、うちの親(未入会)も知り合いの婦人部からよく贈呈で新聞を入れてあげてた。「あれ自腹なんだよ」って親に言ったら「なんて無駄なことにお金使ってるのかしら」と嘆いていました。

  51. signifieさん、皆さん こんばんは
    せーやさん
    ありがとうございます、そうですね。
    子供には、タイミングを考えながら、少しずつ話そうと思っているところです。
    今、気がついた事は、意味があるんですよね。

    わらしさん
    わらしさんからの激励コメントを読ませていただいたら、思わず涙が出てきてしまいました。
    かぞえうたも、聞かせていただきました、とても素敵な歌ですね。
    優しいお心使い、ありがとうございます。
    気持ちを少しずつ切り替えて、前を向いて行動していきたいと思っています。
    やはり、気持ちの切り替えが、大変だったのではないでしょうか。

    コージさん
    ありがとうございます。
    現在は会合に出ていませんし、色々な事があって行きたいとも思わなくなりました。
    組織とも距離をとっていますので、以前より自分の時間が持てる様になって良かったです。

    外から見た創価学会についてですが、お金の収支がわからない不透明さが気になります。
    会館は豪華でしっかりした作りですし、財務や新聞や書籍や墓苑等他でも、かなりの額の収入があるのではないでしょうか。
    ネットでは、池田氏の資産額の事や、本部幹部の一部は、高収入をもらっているとか書かれていて、驚きました。
    末端会員が知らない事は、もっと色々あるのではないでしょうか。

    最近は、仏壇の前に座らない事も、違和感なく慣れてきました。(笑)
    今まで誰にも話せなかったんですが、皆さんに気持ちを聞いていただいて共有してもらえる事によって、心の中が少しずつ整理されていく様な気がしています。
    皆さんの様々なコメントが、今の私には、とても励みになっています。

  52. 私にとって創価とは一体何だったのか?
    創価の活動をするようになって読書をするようになったのが大きな成果。
    でもほとんどが、学会関係の書籍。
    何冊も、何度も読み込んできた。刷り込むように。。。

    創価以外の思想が信じられなくなっていた。
    「低級な考えだから」
    「偏頗な考えだから」
    日本の識者や世界の識者の書籍も読まない。
    だって「池田先生が一番の識者!」だったから。
    日本の「小島の主ども」が何を言っても、地球規模での戦いをされる池田先生の足元にも及ばない。だから小さな識者のいうことを学んでも一緒。
    自分で自分をどんどん創価にのめりこんでいった。

    「この仏法はすごい!」
    だって日蓮が一番の仏法僧だから。一切の経文を何度も読破して、行き着いた先が「南無妙法蓮華経」
    だから南無妙法蓮華経こそ正しくて、あとは正しくない。

    南無阿弥陀仏は自殺宗教。首つり宗教。身投げ宗教。本気でそう信じてきた。
    妻のおばあちゃんが、病気を苦に妻が高校生の時に首つり自殺をしていたこと。初めてのデートの時にそのことについて妻(当時彼女)がぽそっと話したが、わざと無視した。とのときは「暗い話はやめよう」と思ったから。自分自身人の感情に寄り添うことができていなかった。未熟だったのかな。活動家になる前だった。
    創価の活動をするようになって、「浄土真宗(念仏)の宗教のせいだから。やっぱり念仏はいけない」と切り捨てていた。
    自殺した御祖母さんへの思いやりの気持ち「苦しかったんだろうな。つらかったのだろうな」、発見した高校生時代の妻のショック、自殺で唯一の親族である母を失った義母の悲しみ、妻の兄弟の悲しみ、などに同苦する気持ちは微塵もなかった。
    ただ単に「念仏のために生命力が弱って自殺したんや。念仏の被害者や」との思いのみ。「だから念仏の害毒から妻の一家を救い出さねばならない!」と。
    妻を折伏するときには、「念仏の害毒から、地獄女を何としてでも救い出すんだ!」と「このままでは、彼女は地獄の生命のまま終わるぞ!何としても救い出さねば!」と本気でそう思い、創価に入信することこそ彼女が幸せになる唯一の方法だと。過去の結縁で、念仏でくるしむ彼女を俺が救い出すんだ!と。
    一体何様???
    人間としてまず一番大切な感情が抜けていませんか?
    「死んだ人へ思いをはせること。悲しみを感じている人に、寄り添う心」
    動物でさえ、死んだ仲間を悼むでしょう。ゾウが死んだ仲間に草をかけたり。。。
    人間としてとても大切な感情を持っていなかった自分自身にショックを受けています。
    日蓮信仰のためか、自分自身の性質のためか。わからない。
    でも、いいところに気づけた。このブログに感謝。シニフィエさんありがとう。

    創価から覚醒するにつれて、「人として大切なことは何か?」がどんどんわかってきます。
    創価の教えは、価値基準をゆがめます。
    ある出来事があったときに、まっさきに「創価の教え・日蓮の教え」に照らし合わせ、反射的に自分自身がどのようにその出来事をとらえ、どのように解釈し、どのように思考し、どのように相手を解釈し、どのように接するのか? を判断し、時には行動、時には黙っておく。などの反応があります。

    創価の信仰をしていると、創価の価値判断基準で物事を考えるので、本人は自分自身で考えていると思っているのですが、人間性が失われている部分が非常に大きいです。
    考えているつもりで考えていない。
    創価の人間は「自分は洗脳されていない」といいます。「マインドコントロールされていない」とも。
    「洗脳」「MC」という言葉は、定義があるようですが、とにかく「すべて創価の教えの価値基準で判断してしまう」人間になります。

    創価の信仰だけでなく、日蓮正宗もそうでしょうし、他の宗教もそうでしょう。科学者もしかり。
    人として大切なものがあるのか、ないのか?
    悲しんでいる人に寄り添う心。苦しんでいる人に同苦する心。喜びを分かち合う心。
    創価の信仰はこの部分をおかしくします。
    おかしい人間が信仰するから余計におかしくなるのか?
    教え自体がおかしいから、おかしな人間になるのか?

    全国的な創価の被害実態からいうと「教え自体がおかしいから、おかしな人間が量産される」のがよくわかります

  53. 雪風さん
    悪いのは良い人の弱みにつけ込んで騙してきた学会です。
    雪風さんも皆さんも被害者です。
    だから自分を責めなくていいんですよ…
    ここでお互いに色々と吐き出して心の中を整理していきましょう。

  54. PTAにしても何かしら役員を引き受けた際に、創価の活動に利用しちゃうという
    のは、バ幹部の短略的な考え方だけども、常識的に考えて絶対ダメでしょう…!
    年々引き受けるにあたって私が気をつけたのは、特別なものにせずどんな保護者でも、
    無理なくせっかくだから子供やママのいい経験になるよう、引き継ぐことでした。
    公私混同については、年々あってはならないと思うようなりました。

    飛躍しちゃうけど、公明党議員はどうなのかな?
    宗教を語る前に、人として理念に磨きを掲げて政治に臨んでいるのかな?
    公私混同して利用されることを、当たり前の日常にしていないかな?

    雪風さん、「戦略的撤退」よかったけどな〜、ガンダム世代のおばさんとしては

  55. トールさん

    お久しぶりです。
    地区婦の後任が決まったようで、本当に良かったですね。
    7月の座談会をもって交代となるんでしょうか?
    そうだとしたら、あともう少しですね。
    配達集金に関しては、盲信している上の幹部がやってくれたら一番いいのですが、あれこれ言い訳つけて絶対にやりませんよね。
    なんとか後任が決まり役職と共にスムーズに交代できますように!
    小さいお子さんを抱えての地区婦業務は、本当に激務だったと思いますので、これからはお子さんと共に色んな想い出を作ってくださいね!
    まずは、目前の夏休み、楽しんでください。

    ピノコさん
    そうでしたね、ご主人のご両親と同居されているんでしたね。
    そうなると、体調不良という理由は不自然ですよね。
    でも、考えてみたら配達や集金はあくまでもボランティアなので、「もうやめます」だけでも充分な理由なんですよね。
    私自身も、何か正当な理由がなければ止められないものだと思い込んでいました。
    これは役職にも言える事なのですが、長年のMCによってそう思い込まされてきてしまったんですよね。
    見えない鎖のようなものに縛られていました。
    みんなやりたがらない奉仕を代表して「やってあげてる」事だったのに。

    >私は一刻も早く創価から子ども達とともに抜けたいと思いつつ、いろんな事情を理由に中途半端な状態です。

    本当に色んなしがらみが沢山あると、すぐに退会宣言ができないですよね。
    よくわかりますし、それでもいいのではと思います。
    私自身、幹部に退会宣言をしましたが、組織上の扱いとしては非活の支部副婦人部長として、私の都合で活動には出てこられなくなったので役職を交代にしたという扱いにされてしまいました。
    組織にとって都合よく隠蔽ですね。
    正門から正々堂々と去りたかったのに、裏口から追い出されてしまった形です。

    でも、今となっては、もうそんな事は正直どうでもいいです。
    所詮、そんな非情で冷たい組織だったという事です。
    ピノコさんも、退会宣言ができないことで、そんな事を気に病む必要はないと思います。
    同居されているご主人のご両親の事もあるのですし、非活というアクションをすでに起こして組織活動から離れているのですから、それだけでも充分凄い事ですよ。
    気持ちは既に脱会者と同じです。
    私自身もそう思うようにしています。

  56. わらしさん
    コメントありがとうございます。
    脱会も申し出たのですが、上手いこと丸めこまれてしまいました。
    幹部が責任を問われるのが、怖いのですかね⁉
    しかし、創価はわらしさんのような人材を失ってしまったのですね❗(^_^;)

  57. 「外から見た創価学会」
    これは脱会して改めて活動家のブログなどを読むと、いちばん分かりやすいですよ。
    彼らは一様に「人を救いたい」「誰か一人でも救うことが目的」「人生の疑問を解消させてあげたい」
    とご立派なことを言いたがります。
    言ってみれば自分は人生の達人、とでも言いたいみたいですね。

    ところがですよ。
    そんなに慈悲深く智慧があり、利他の精神に溢れてるのかと思いきや、ちょっとアンチに何か言われると人が変わったように自分を出してきます。
    攻撃、嘲り、ふざけ…自分の感情のコントロールさえできません。
    憎悪となって人一倍忘れることもできません。
    人を指南し、救おうと思っている自分が逆に意見されることが耐えられないみたいですね。
    宗門と揉めた時や、選挙時の多党への悪口、アンチとのネットバトルを見てもよくわかります。
    手段を択ばない態度に出ます。
    あれま、看板の「いい人」はどに行ったの?
    「人を救うことで頭いっぱい」のあなたはどこへ行ったの?
    信仰で説くところの忍耐、智慧、慈悲、思慮はどうしたの?
    一気にふっとんだみたいですね。

    そんなことでは当然非難されます、注意されます。
    平和どころかトラブルメーカーとなりますよね。
    そんな人生の達人いませんよ(笑)
    創価も例に洩れず、トラブルや裁判多いですもんね。

    毎日坊さんのようにお経を読んでも、このような自分をコントロールする力さえ、あなたにもあなたの信じる教えにもないということです。
    人に何か施す以前に、です。
    どう言い訳しようとこの現実の前には通らない。
    そうでしょ?

    私は創価時代、ネットのアンチ記事を読んだことがなかったので正直世間がどのように思っているかは疎かったです。
    たいていの人は学会員に面とむかって、そこまで(アンチ記事ほどは)言いませんからね。
    だからネットを見た時、本音はこれなんだ~!とつくづく納得しました。
    本音を知りながらそれでも創価に居る人、その本音にすら言い返す人は、よほど厚顔で独善気質が強いんだと思います。
    スマイルさんの言われるように、「価値基準がすべて創価になってしまった人」ですね。
    価値基準がひどく偏った人間になってしまった…
    活動家もいつか「外から創価学会を見れるようになった時」気づくことと思います。

  58. テーマと関係ないんですが、ちょっと気持ち悪いことがあったので、報告させてください。
    先月末で聖教新聞の購読中止したので、昨日から聖教新聞が入らなくなったと喜んでいた私だったんですが、入ってました。昨日も今日も……。
    昨日は悪天候で外に出なかったので確認しなかったのですが、今日ポストを見たら入っていたので販売店に抗議しました。
    一度中止の手続きをしたのだけど、「啓蒙用紙」が新たに届いていたので、入れさせてもらったとの返事でした。
    ナニソレ……?
    啓蒙用紙なんて書いた覚えもないし、書きましたという連絡ももらってない。私が中止したのにまた別の人が勝手に新たに入れるという手続きをされていたようでした。
    私の場合は口座振替なので、私の意志ではなく支払う形になってしまうのでちょっと問題があるので調べますと販売店の人は言っていました。その結果がこちらに報告されるのかどうかは分かりませんが、現在、その啓蒙用紙を探しておられるそうです。
    もしかすると隣の地区の母かしらと思ったりもしましたが、もし違う人だと怖いなと思います……。
    たとえ母だとしても、隣の地区の娘の新聞の状況まで報告されてしまうのかなと思うと、それも怖いです。
    とりあえず販売店の人は「もう絶対に入れませんので、大丈夫です」と言ってくれたので、大丈夫だろうと思うけど、本当に成果のことしか考えてない人たちだな~と呆れてしまいました。

    コージさん
    ありがとうございます!生まれた時からの二世で気がつけば四十数年を無駄に過ごしてしまいましたが、今からまた人生を一から楽しむつもりで頑張ります(笑)

  59. にゃんこ丸さんの聖教新聞の件、ちょっと怖いですね…迷惑ですね
    ストーカー犯罪に近いものを感じます、新聞店さんの常識ある対処を待ちたいです。

  60. にゃんこ丸さん

    気持ち悪いですね。
    自分の意思で書いてもない啓蒙用紙など無効です!それ本当に問題ですよね( ・`д・´)

    私が新聞止めた際、新聞店に連絡した後、地区の担当者からすぐにメールで「来月から停止ってなってるけど、なんかのミスで単なる間違えだよね~」って。 (だからまた新聞入れちゃうからね)って言いたいわけなんです。

    そういう思考なんですよ!
    ですから、にゃんこ丸さんの地区の人が勝手に書いてる可能性もあるかも知れませんね。

    以前、友人に新聞啓蒙した際にも
    友人が住んでいる地区の婦人部が、新聞店から友人の携帯電話番号を聞き出した?啓蒙用紙を盗み見た?かなんかで家庭訪問したいと連絡があったそうです。
    一般常識もまるで無い。頭おかしいです。

    当然この友人は新聞すぐやめました。

    個人情報なんてあったもんじゃないです。

  61. 「党への手紙」  ウエダ
                           
    はじめまして、先日偶然このブログを見つけました。
    小生は宗教家でもないし、当然創価学会からみれば外部と呼ばれる人間です。
    このブログはいい意味でのショックでした。
    創価学会に距離を置こうとしている方々の真面目で誠実な告白や励ましや、議論にとても感じるものがあります。
    なぜなら小生は皆様とはかなり思想信条が異なりますが人間の幸せを追及したい気持ち、そのために誠実な努力を傾けたいという気持ちは皆様と全くと言っていいほど同じだと思えたからです。
    私の父は68才で他界しましたが1972年に共産党に送ったと思われる手紙が手元に残っていたので、この場で紹介させていただきます。
    このブログの読者の方々には理解いただけるのではないかと思うからです。
    そして正反対の思想の中にも共通する夢や誠実な努力が存在するこことも理解していただけたらと思うのです。
    そしてこのブログに参加している方々にとって、何か新しい新鮮な、別の角度からのヤル気を生み出していただく一助になればとの思いから投稿させていただこうと決心しました。
    ブログ管理者の方が不適当だと思えば本小文は不掲載にしていただいて結構です。

    ・・・・手紙はここから(抜粋)・・・・・
    「革命の原点にかえって理論を作り出そう」        
    ★日本共産党指導部えの要望
     正しい理論にもとづいた、正しい戦略や戦術を党が打ち出す為には、党はいつも社会や時代に正しい姿勢で対処していなければならない。
    社会や時代及人民に対処する正しい姿勢の中の苦悩や喜の中よりこそ正しい理論や戦略、戦術が創造されるのであって、この姿勢を前提としないで正しい理論や行動を期待することは不可能である。
    この姿勢を抜きにしてマルクスやレーニンの古典をどんなにヒネッてその理論に準拠しようとしても、それはますます独善とドグマに陥り、本人が自信をもてばもつ程人民大衆と乖離してゆくであらう。
    時代の流れの中で、まづ正しい姿勢を堅持し、そうしてこれに対置する正しい理論の創造こそがマルクスレーニン主義の真髄である。
     私の論文は具体的な戦略や戦術には余りふれない。それは必要に応じて創り出せばよいのであって、その根本にある姿勢に就いて論じようと想うからである。
    或いはこの姿勢こそが革命の哲学そのものでありませう。
    そして「長期的観点よりみた人民の幸せえの限りない奉仕」こそがこの革命哲学の命題である。党のあらゆる戦略、戦術はこの命題によって厳しく点検されなければならないし、あるいはもっと大胆にこうも規定したい「党は人民に奉仕する為の道具の一つであって党自身が吾々党員の最終忠誠対象ではない」

     以上の命題と、党と人民との規定が正しくあってこそ党の戦略戦術は素直に正しく成長し党は又人民にとって必要不可欠の要素となるであろう。
    スターリン主義、毛沢東主義の逸脱は党を人民大衆の上に置き、党の絶対化と人民大衆の忠誠を要求した、、、、、、党こそ人民大衆の忠誠に徹しなければならないのに、、、、、。
    党の絶対化と党の権力者の絶対化は紙一重の差であり、同一誤謬の半歩前進に過ぎない。

    以上の前提にたって、以下私の論文は展開する。

    以下は私の28年の党員生活の中で自分で築いた哲学観であり、又この哲学観が私の最低の党員としての節操の保持を可能にした源泉である。
    幼稚ではあらうけれど実践の中より生み出した私自身の言葉である。

    単なる抵抗集団として粗野な憎悪で階級意識をあほるのではなく、時代の主人公とし  て妥協のない憎悪の対象は極めて限定し不正に対しては怒りを堅持し多くの諸階層に  は寛容と善意を中心とする、要するに主人公としての風格を持ち、人民解放のビジョンと理論を打ち出して欲しいのである。

    党の経営体(目的をもって組織を運営すると言ふ、広義の意味に於いて)の欠陥に就いて立派な指導部によって運営される党にも成長発展するものとしての、当然の欠陥はありはしないか。例えば党はトップ層と日常大衆に接する下部党員に於いて立派であるが、中間各級機関に於いて未成熟さがありはしないか。この状態は急速に発展する組織体がもつ欠陥の一般的パターンであって、党も又残念ながら例外ではあり得ないでせう。勿論、中間各級機関の同志達が生活の苦しさにもめげず、党を守り抜いた功績は高く評価される可きであるが、機関内の生活が人生の総てとなりいつのまにかその生活を守ることが目的となり、これが官僚主義の保身と無責任の源泉となりはしないか。党はその決定に下部党員大衆が服すると言ふ現実からみれば、明らかに一つの権力機構である。この権力の座にいる人たちは下部党員大衆に対する深い責任感をもたねばならない。下部党員大衆の誤りも自らの指導のあやまりとして自覚し自らのケガを覚悟で下部党員大衆を守らねばならない。下部党員大衆に検察官として望むのはたとえ言っていることが正しくとも全体としマイナスでありケガと責任を恐れて行動しないよりケガと責任覚悟で下部党員大衆と行動を共にしてこそ党は正しく成長するでありませう。これは党が単なる抵抗集団から主人公の集団に脱皮するに必要な作風の前進でありませう。

    党の組織原則の考え方も見当を要しないか。何か事をしようとする時、困難や失敗はつき
    ものだ。この時現在の作風では余りにも組織原則と防衛の名の許に、中間機関の無能をイ
    ンペイし、機関自身の保身につながっていないか。あらゆる経営体は上から下迄、組織構
    成員の責任が明らかになり、殊に各級の長はその出所進退があきらかでなくてはならない。
      
    ソ連や中国の革命史に何か偶然のアキシデントがあって路線が少しく曲がった、、、、、  等々では説明がつかないでせう。10億以上の人々が偶然の出来事であんなに曲がる  とは考えられません。何か深い重大な誤謬が存在していないかと考える方が自然であ  りませう。「世界の共産党の歴史に深い重大な誤りがあった」と言ふ仮設の上にたって私なりに少しく追求してみたいと考へえます。
    このような仮定にたたない人には私の論文は無用のオシャベリに聞こえるでせうが、  先人の作った歴史に深い尊敬を捧げながら、その間違いを点検するのこそ、人類の正しい歴史の敬称の仕方であり、私共の義務であり、この姿勢こそ生きた弁証法でありませう。そうして私なりの間違いの指摘に私は100%自信をもっているわけではないが、間違いはなかったと言ふ開き直りには私は断然100%抵抗します。
    「革命に役立つものは総て善」と言ふレーニンの発言は恐らく革命戦の一刻の躊躇も許さ
    れない決戦の山場の発言でありませう。革命の準備期や決戦後の建設期では「人民の幸に
    たつものこそ真の革命」であり革命自身を自己目的化してはならない。この戦術的表現と
    戦略的命題の主客テントウの把握がスターリンのヒ劣な党の操縦を可能として革命を守る
    為に止むを得ないとして古参党員のアキラメを強要したのではないか。
    連合赤軍事件も以上の極めて幼稚な把握がもたらした惨害の一つである。

    革命家にとっては革命のなる迄は現象的には失敗の連続である。
    この一見みじめな失敗の時期をたえ忍び尚且つこの失敗より将来必要な理論を作り出し、
    革命えの情熱を失わずにいるのはロマンチストでなくては出来ない事だ。科学的であると
    言ふ名の許に人間性をソウ失した戦術がどれ程党と大衆を傷つけた事か。科学や技法は
    吾々のロマンやポエム等人間性追及過程の手法の一つであって吾々の真の奉仕の対象では
    ないのだ!!
    ・・・・・・手紙はここまで・・・・
    以上

  62. ウエダさん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    ウエダさんのコメントはこちらのスレッドがふさわしいと判断しましたので、こちらに移させていただきました。ご了承ください。

  63. メガネさん
    こちらこそ、よろしくお願いします。
    あのコメントで救われました。
    ありがとうございます。

    コージさん
    旦那は今のところ学会に疑問を持っていないので、このブログを受け入れてくれるかは難しいです…
    退会の手続きをしてくれると言ったので任せましたが支部長に言ってあるから大丈夫だろうと確認もなかなかしてくれません。
    ネットで調べたやり方でやると言ったら「ネットは知らん!」と一蹴されました(・_・、)
    ここの皆さんのように少しでも疑問を持ってくれるといいのですが。

    学会問題はとても特殊です。
    皆さんは長い間、信じ続けて覚醒されたのでショックは大きいと思います。
    でも、外部や内部の人よりも、この問題について誰よりも考え、他人を思いやる心が大きいと感じました。
    救われている人は沢山いると思います。
    私もその一人です。
    だから、自分の事をどうか責めないで下さいね。

  64. シニフィエさん
    毎日1300人とはすごいですね。この調子だと300万アクセスなんてすぐですよ。1000万アクセスを目標にしたほうがよろしいかと。そういえば創価でよく言ってましたよね、1000万の連帯って。今でもまだ言ってるのかな。アホくさ。

  65. クロニカルさん
    はじめまして。
    先月で活動停止した元地区婦のレモンと申します。

    >旦那がまず創価脳•創価スイッチ•創価シャッターの持ち主で尊敬するのは池田大作、ネットや週刊誌はデマ、創価学会の矛盾や問題点を話すと顔色が変わり都合が悪くなると喋らなくなる…

    我が家の主人も全く同じです。
    クロニカルさんのご主人のように喋らなくなるのならいいのですが、主人の場合は激昂し話し合いにすらならない事が多々ありました。
    最初の頃は、それこそ取っ組み合いになりかねないほどの大バトルも繰り広げていたほどです。
    それでも、1年かけてタイミングを見計らっては、創価の実態について話をし続けていくうちに、私の脱会の意志や活動停止に関しては「勝手にすれば」というスタンスまでに変化していきました。
    こちらのサイトで相談することで、皆さんが良いアドバイスをしてくれると思いますので、一人抱え込んで悩まないでくださいね。
    何といっても入会1年しないで覚醒できたのですから、クロニカルさんはそれだけでも超ラッキーですよ。

    にゃんこ丸さん
    その啓蒙用紙、一体だれなんでしょうかね。
    それにしても、その販売店の人もすっとぼけてますね。
    啓蒙用紙が見つからないなんて白々しいです。
    実際に7月から入っているのですから、販売店は配達一覧表に紹介者を打ち込んでいるので、PCの管理表をみれば一目瞭然なのに。
    勝手に啓蒙用紙を回して入れるなんて許せないですね~

  66. 皆様今晩は。外部のJanneです。
    スマイルさん、
    >人間としてまず一番大切な感情が抜けていませんか?
    「死んだ人へ思いをはせること。悲しみを感じている人に、寄り添う心」

    読んでいて泣けてきました。
    残念な事にまた共感してしまいました…。
    いくら自分の意思や考えと言われても、創価に関わる人達の共通点…。信じたくないけど、皆さんの書き込みに目を通す度に自分の声を文章に表してもらった様な気持ちになります。
    私自身が感じた事、思った事があまりに皆様との共通点として多い。だから信じるに値するのです。
    本来のスマイルさんは、人の気持に寄り添える人だと文章から読み取れます。なので、創価の都合に合わせる事によって、辻褄を合わせる為に眠っていただけではないでしょうか?だから創価と離れる事。辻褄を合わせる必要が無くなった事で、眠っていた自分が目覚めていくのでしょうね。まさに覚醒。
    スマイルさん自身が気付けた事が何よりです。
    ゆっくり本来のスマイルさんを取り戻される事でしょう^^安心して陰ながら応援しています。

    雪風さん、
    お声掛けするのは初めてですm(*_ _)m
    実はJanneも創価を知るにあたり、自分の精神のバランスを崩しました。
    創価、公明党。その延長線にある政治。知れば知るほど日本という国家に絶望しました。
    私はきっと、頼りすぎていたのだと思います。
    日本という国を。創価に対しても宗教だからと何処かで理想をあてはめていました。
    しかし実際はあまりにひどい現状。
    原発問題もしかりです…。
    そして誰も足掻こうとしない。諦める。
    おまけにその後押しをする学会員(大切な人)…。嫌になりますよね…。自分もなんて考えたら更に病みそうです。
    でも、私は諦めません。シニフィエさんと皆様とが集うこのブログを、一筋の光を見付けたから。
    一人ではないと知ったから。
    直接顔を合わせる事はなくとも、通じる部分があり、勇気を持って書き込む人がいる限り、いつの日か全てが明るみに出て、それぞれの正しき判断の元、創価が報いを受ける日がきっときます。雪風さんは創価の真の姿に気付けたのだから。それは本当にすごい事なんです。
    学会員が身近にいるJanneは、外部ながらもそのすごさが良くわってしまいました。

    雪風さん、今はゆっくり身体を休められる時です。
    身体を休めれば、きっと心も徐々に癒えてゆきます。

    私もこのブログに出会えて、安心感から徐々に回復してゆきました。まだ完全にではないですが…。
    今はそんな気にはなれないかもですが、外部の友達と話したり、音楽を聴いたり。時には気分転換も必要ですね^^

    沢山共感出来ることや、お声掛け等書き込みたい事がありながらも、Janneはスマフォなので、どうしても時間を要しまい、なかなか書き込む時間がなかったりします。
    拙い文書で、不快に思わせてしまいましたらごめんなさいですm( *_ _ )m
    あ、テーマである外部の人間から見た創価ですが、正直関わりたくないが一番です。
    オームやら、北のお国やら、プロパガンダなどJanneの周りにも聞いてみたらそんな印象です。実際、座談会や全国大会?やら参加して目で見た人程そうおっしゃってました。
    ちなみに池田大作という名を知る人もほぼなしです。私も知りませんでしたから(笑)
    外部から見た創価は良い印象はないですし、会員さん自身も外部にその魅力が説明出来てないです。
    勲章や地位や名誉?学会員さん、与えられた意味知って言ってますか?結局は金と権力。池田大作より、アンジー見習って欲しいです。自分で稼いで財産から寄付しようよ。
    創価や池田大作よりもっと素晴らしい事は沢山あります。
    ご自分の目で耳で調べてみてください。それが社会の創価への評価と現実だと思います。

  67. 創価学会の首脳部に尋ねてみたいのですが、いったい いつまでにコウセンルフなるものをやり遂げるつもりなのでしょうか?
    ひと昔前は、勲章コレクターのじいさんの目の黒いうちにとか言ってたような気がしますが、気のせいですかね?
    仕事をするにせよ、勉強するにせよ、明確な目標がない限り 期待するような成果を出すことは不可能です。
    創価学会の組織も超高齢化を迎え、この調子で行けばコウセンルフなるものは、一万年かかっても無理でしょう!!
    明確な対応策さえ示すことも出来ぬまま、馬鹿のひとつ覚えみたいに、折伏だの仏法対話だの新聞啓蒙だの公明支援だのやっててもらちがあきませんね。
    題目をしっかりあげて、ナンミョーズ ハイの頭を使って フォローアップを図ったらいかがですか?
    まあ、金さえ集まればどうでもいいってことでしょうが。

    創価学会の衰退状況と反比例するかのように、このブログもいよいよ活気にあふれてきましたね。
    創価学会ふうに言えば、「リーダーの一念」ってことに尽きると思います。
    本物の正義感から始まった偉大な仕事に、宇宙が味方をしているのでしょう。
    無償労働や財務を募ることもなく、偉大な仕事は数多くの方々の賛同を得ながら、着々と進んでいきます。
    (^.^)/~~~

  68. わらしさん
    身内に言われるのは辛いですよね…
    ましてや血が繋がっている、お母様からだともっとお辛いと思います。
    私も好きな彼がやっているモノだから何とか信じようと騙し騙しやってきましたが無理でした…
    名前だけならと入った自分が馬鹿でした。

    レモンさん
    完全非活宣言おめでとうございます!
    お互い一歩ずつ進めると嬉しいです。
    レモンさんの旦那さんは止まらなくなるんですね…
    私は口では勝てないので無理です(・_・、)
    なので事後報告ですw

    旦那もうつ病を治療中で付き合っている時も症状が酷い時は私の実家の宗教の事をボロクソに言われました。
    でも、具合が悪いから今だけと我慢して、私もパニック障害で苦しんでいたので2人で良くなるならと信じようと思いました。
    けど、結婚して旦那から聞いた言葉は「夢が叶った!クロニクルを折伏出来た!」という信じられない言葉でした。
    元々、ブログで知り合って、その時に私が苦しんでいるのを「救わないと!」と思ったそうです。
    彼はそれが目的ではないと言いましたが私は彼を信じられなくなり結局は結婚=学会なのかとショックで今は実家に帰ってます。
    母に私が死んでも学会葬はしないで欲しいと書いた遺言状を預かってもらいました。
    一年も経たないでこんな事を親に頼むような結婚は果たしてして良かったのか?と毎日苦しんでいます。
    今はここで救われています。
    私の違和感は間違ってなかった…
    学会は宗教団体じゃなかった!

    旦那には他にも酷い事を言われたので修復は難しいかもしれませんがせめて私との事をキッカケにこのブログに辿りついて覚醒してくれるといいなと思っています。

    ずっと我慢していたので重い内容の長文になってしまいすいません(T_T;)
    また少しずつ吐き出させて下さい┏oペコ

  69. 女子サッカーのなでしこJAPAN、決勝進出、すごいですね! こうなったら、優勝して欲しいですよね。
    さて、RBBTODAYというニュースサイトで、60歳以上のシニア層の携帯電話利用動向調査、というのがありまして、
    それによると、「通話」と「メール」は、ともに「毎日使う」が3割を超えたそうですが、
    「インターネット」(主にサイト閲覧など)については、「毎日使う」が1.2%、「2~3日に1度使う」が2.6%で、
    あわせても4%未満で、「ネットはまったく使わない」は70.8%となっているそうです。
    そう考えると、全国の多くのシニア層の創価学会員は、身近な人か同じ学会員とばかり連絡を取っている人が大半で、
    これでは、なかなか覚醒するチャンスもほとんど無いのかも知れませんよね。
    そういう人が、こちらのブログのようなサイトを見るキッカケがあれば、また少しずつ変わってくるのでしょうけど・・・
    やはり、家族の中の若い世代の人による覚醒への働きかけが、とても重要なのかも知れませんよね。

    輝子さん、 うちにも2人組とかで、他宗教の勧誘の女性の方が、小冊子などを置いていかれる事があります。
    そういう時は、学会員の場合は 「うちは創価学会ですので」と言って断る訳ですが、よくよく考えると
    創価学会の折伏や新聞啓蒙の方が、ずっと迷惑で悪質ですよね・・・(苦笑)
    なんたって、新聞なんて毎日の事ですし、ましてや有料だったら、申し訳ないの一言に尽きますよね・・・

    真実さん、 仏壇の前に座らない事も、段々と慣れてきますよね、癖というか習慣みたいなものです。
    仏壇の前に長時間座っていた時間を、みんなで有意義に使いましょう!

    にゃんこ丸さん、 うわ!! (;゚д゚) それはちょっと、すごい気持ち悪いですね!
    せっかく販売店に頼んで、忌まわしい新聞が入らなくて安心していたのに、まさかの再配達、ガックリですよね。
    しかも、問い合わせたら、啓蒙用紙が新たに届いていたなんて、恐怖ですし、大迷惑ですね。
    なんでそこまで図々しいというか、そこまでしないと気が済まない団体なんでしょうかね?怖い話です・・
    今度こそ、新聞が勝手に入らないといいですね!

    ウエダさん、 初めまして、
    共産党の事は、よく分からないのですが、思うところあれば、また書き込みをしてください。
    もし良ければ、個人的に創価学会をどう思われるのか、池田名誉会長をどのように思われるのかも
    お聞かせくださるとありがたいです。

    クロニクルさん、 一緒に暮らす家族が創価脳の活動家だと、ほんとストレスも溜まると思いますが、
    ここで色々書き込んで発散してみてくださいね。

    わらしさん、 ほんと公明党は安保法案も含め、一体どういう方向に進みたいんでしょうかねぇ・・・
    どういう結果になっても、「いや自民党が進めてる事だから」とか言うのでしょうかね?
    与党の議席が欲しいだけ、という事なのでしょうかね。

    そうそう、宝星さん、
    >「戦略的撤退」よかったけどな〜、ガンダム世代のおばさんとしては
    今日のニュースで、中国国営放送での、日本の自衛隊を紹介する番組で、
    なんと一瞬だけなぜか「ガンダム」の映像が流れてしまったそうで、中国国民も驚いたそうですよ。
    中国のネットユーザーは、
    「やはり日本はガンダムを持っていたのか」「これでは中国は日本に絶対勝てないな」
    などと、情報通の中国ネットユーザーらしいユニークなコメントが多数寄せられているそうですよ。

  70. こんばんは。レス下さったみなさま、ありがとうございます!

    みなさまのお話を読んでいるとなんだか悲しくなってきます。
    本当に、なんのために存在している団体なのだろう。信心って何だったんだろうと。
    「折伏したい」「功徳がほしい」ばかりに、他人の不幸を探してるんですよね。
    友達が辛い目にあった、悩んでいる、病気になったとあれば
    「折伏して救ってあげなきゃ!」…まったくどこから目線でしょうか。
    広宣流布なんていいながら、生活が安定している人、裕福な人、充実している人を
    折伏することってないですよね(笑)
    人の弱みにつけこむのだから、卑怯だなぁと思います。

    そして他宗教に対する絶対的な差別…

    私、子供の時からキリスト教の文化にとても興味があるんですが
    中等部でそれを正直に女子部のお姉さんに話したことがあります。

    さすがに時代とともに、昔ほどの攻撃性はなくなっているのかもしれません。
    「教義と文化は別だから、信仰心がなければ大丈夫」みたいなことを言われました。
    しかし続いて言われたのが「でもその人達(キリスト教などの信者)って
    かわいそうだね!正しい教えに巡り会えず、間違った宗教を信じてるんだから…」と。
    なんという傲慢。

    以前どこかのスレッドで「友達にお守りをもらったら親に怒られた、捨てられた」という
    非活2世3世の辛い思い出話が書かれていましたが(あるある話になってた)
    子供やその友達の気持ちを踏みにじるような宗教になんの価値があるんでしょうね。

  71. signifieさん、皆さん真夜中に失礼いたします。
    こちらのサイトにアクセスが増えてきていらっしゃるとの事、素晴らしいですね。
    今後もますます増えていく様な気がしています。

    クロニクルさん
    自分を責めても仕方がない事なのに、
    時々、自分を責めてしまう気持ちが出てきてしまうんですよね。
    33年間もやってきましたから、心の整理には時間が必要ですよね。
    配偶者の方が活動家ですと、大変な部分があると思いますが、
    ご主人が、少しずつ話を聞いてくれる様になると良いですね。

    わらしさん
    覚醒した時に、もし活動家の家族が同居していたら、色々大変だったかもしれないし、
    一人暮らしで良かったですね。
    財務を投資して増やそうとしていた事が事実なら、本当に酷い話ですね。
    毎年かなりの額になる財務も、実際にどう使われているのかわからないですね。

    ネットを見ていると、創価学会についても様々な情報が載っていますが、
    金と権力の問題は、計り知れない事があるのではないでしょうか。

  72. 皆さん、ありがとうございます。
    昨日は結局、啓蒙用紙を書いたのが誰だったのかという連絡は来ませんでした。もしかすると、もう来ないのかもしれません。
    レモンさんの「販売店は配達一覧表に紹介者を打ち込んでいるので、PCの管理表をみれば一目瞭然」というのを見て、ああ、そうか~と頭がさめていく感じでした。
    私また騙されかけてたんですよね。この販売店の人は悪い人じゃないのかもって。でも、「啓蒙用紙を探しているけど、かなりの数があって見つからない」と言っていたんですが、よく考えればおかしな話です。
    もしも仮にパソコンがなくて啓蒙用紙でアナログで管理しているのだとしても、普通に考えれば、配達区域ごとに別れているはずで、それがすぐに見つからないはずはないと思うのです。そこまでの数ではないと思うし。先月の話だし。本当にすぐに見つからないのだとしたら、どれほどずさんな管理をしているのかという問題も出てくると思います。
    私はもしかすると隣の地区の母かも……と思いましたが、母ではないと確信しました。販売店の人にも「ひょっとすると母が……」ということを言ったのですが、その時に何も反応がなかったからです。もし母であったなら、昨日のうちに販売店からも連絡があっただろうし(母のせいにしてしまうのが一番簡単なので)それがなかったということは、おそらく地区のどなたかなのでしょう。
    こちらに越してきてからはほとんど活動していなかったので、地区にどんな方がいるのかもあまり知らず、誰が地区婦人部長なのかも知らないので、本当に気持ち悪くて仕方がないです。
    久しぶりに軽いパニック状態になり、情緒不安定になり、今回のこの件はもう今後新聞が入らないという状態であれば追求しないことにしました。
    少なくともこの場で、ライブ状態で、創価の変な実態をひとつまた晒す事が出来たことで由としたいと思います。

    宝星さん
    確かにストーカー犯罪を思い起こすような気持ち悪さでした。え?なんで?自分の知らないところで?そんな気持ちがずっと頭をぐるぐると回っていました(笑)

    Heartさん
    「来月から停止ってなってるけど、なんかのミスで単なる間違えだよね~」これも酷い話ですよね。どんな気持ちで購読中止にいたったのか、まったく考えも及ばないんでしょうね。お友達のお話もとても気持ち悪いです。創価の人たちは人の個人情報を何だと思っているのでしょうか。

    わらしさん
    今回のことで創価の人たちは想像以上に怖いということを思い知らされました。本当に勝手に何かする人たちだったんですよね……。

    レモンさん
    具体的なお話をありがとうございます。おかげさまで目が覚めました。ここの地域はちょっと独特だと以前から考えていたのですが、本当に想像以上におかしな地域だったみたいです。学会員以外の人は皆良い人ばかりなんですけどね~。

    コージさん
    もう本当に気持ち悪かったし、今も気持ち悪いです(>_<)7月1日の私を思い返すと、まさにぬか喜びとはこのことだなと思います(笑)。昨日は販売店主に「絶対にもう入れない」と約束させましたので、今後は大丈夫と信じたいです。

  73. 私の中での聖教販売店は、鵜飼の鵜匠のような位置づけです。
    鵜(配達員)が獲物(配達・集金)をもぐって獲ってくるのを、ただ手繰り寄せて吐き出させるだけ。

    配達員の代配が見つからず困って相談しても「全て組織のほうで信仰で解決してください」の一点張りで、そういう類の相談には一切のらないスタンスを貫いていましたよ。
    配達員たちは、この態度にみんな憤怒してましたね。
    こちらの販売店の店主夫婦は(夫婦で副本)当人たちが所属する地域で代配の欠員がでて、その地区の地区婦が困ってご夫妻のお子さん(30代独身の息子・娘)に打診したのですが、自分の息子や娘たちに絶対に配達をさせる事はなかったですね。
    この事にも、配達員達の怒りをかってましたよ。
    まずは自分の子どもに代配ぐらいさせろよと。
    自分達は完全なるビジネスだと割り切って、配達員に対しては「信心で受け止めて」という矛盾。
    思い出すだけでもムカムカしてきます。

  74. 本来お人よしの学会員さんが、この教えのためならいくらでもえげつなくなる。
    やはり「教えに問題がある」としか言えないですよね。
    創価を改革するなら「日蓮も題目も捨てる」
    これに限りますね(^^)/

    活動家は「仏性を引き出す」とかいうことに魅力を感じて執着したがりますが、断った新聞を細工してまで入れるようなことが「仏性」ですか?
    そこまでしたら念願の「宿命転換」で「慈悲」が手に入りますか?
    いい加減目を覚ましなさいって。
    そこまでして手に入るのは「金」でしょう。
    中枢部に入る金。

    創価を改革したがる人。
    迷惑行為さえやめれば教えは素晴らしいという人。
    迷惑行為は一部のバ幹部だという人に言いたい。
    迷惑行為の根源は「教え」です。
    迷惑をかけると幸せになれるという教えなんですよ。
    世法では迷惑かもしれないけど、仏法という深いマナコから見たら「慈悲」「人を救う行為」という教え。
    信心強情になって人を救いたいと思うほど、相手には迷惑になります。
    必ずこの矛盾に当たりますよ。

    この矛盾をしのぐには、教え通り
    >世法では迷惑かもしれないけど、仏法という深いマナコから見たら「慈悲」「人を救う行為」
    を信じ続けて実践するしかありません。
    このふつうでは納得できない独特の実践を、悩むことなくずっと続けられますか?
    本当にこの教えが正しいと信じ続けられますか?

    できるわけないでしょう!!

    と皆気づいて脱会してるんです。
    こんな独特の教えでニンマリしるのは、これを商売に使っている中枢部だけですってば。

  75. おはようございます!

    にゃんこ丸さんの啓蒙の件で、今朝思い出しました。
    にゃんこ丸さん、よろしくお願いします!
    おそらく、地区の方がポイントゲットのために用紙を出したのでは?
    5、6月は大啓蒙でしたからね。
    内部購読率も出さなきゃならないし。
    結局、ノルマ達成のためです。
    本当に迷惑ですよね!
    新聞受けに「S新聞お断り」と書きたいくらいです。
    私の地区でも、勝手に新聞入れられたという話けっこうあります。
    外部でも内部でも……
    私はクレーマー係のように、集金の時に苦情を言われその度謝っていました。
    何で私が謝らなくてはいけないんだろう?と思いながら……
    断りもなく啓蒙用紙を出す人の気がしれませんね(´`:)
    ポイント出せば、後で断られてもいいということでしょうか(x_x)

    きのうは、午後から激務でした(>_<)
    最近またいろいろあり、皆さんにお話したいことがあります。
    でもタイムリーな話であり、身バレの可能性あるので別の機会にコメントします。

    雪風さんも大丈夫かな………
    気になっています。

  76. signifieさん、200万アクセスが目前とのこと、凄い!と感動しつつ、こんなにも多くのかたが創価に悩んでいるのかと思うと、驚いています。

    テーマにはそわないのですが…
    創価風に言えば…
    元気一杯、決意発表させていただきます…(苦笑)

    昨日、今度は地区婦からメールがきました。(*T^T)

    内容は、今月のグループ開催日が決まったら連絡してきてください。
    というものです。

    昨年度の途中から、仕事+役員を引き受けて多忙+副作用が辛い。の理由で、グループ長をお休みすることに成功したのですが、役員が終わった途端に、勝手にグループ長復活させられていたようです。(だから、先月の婦人部総会の企画について連絡があったんだ…) お伺いと言うか、何か連絡でもあるかと思っていたのですが…そんなのは一切なしで、これです。ここは、腹を決めて、『辞めます。』という意思を伝えるメールを送ろうと思います。

    これまで、あれこれ言われてきたことを、無理です。出来ません。と言っても、あまりのしつこさに根負けして、引き受けてきたパターンでしたから、メールだけですんなり辞められるかどうかわかりませんが…。

    覚醒している中、心と反することをするのは物凄くストレスを感じます。皆さんも、多くのストレスを抱えて活動されている時期があったでしょうし、まさに真っ只中の方もおられますよね。お気持ちお察しいたします。創価から解放される日が一日も早くきますように。

    私もまた一歩、踏み出します。

  77. 引き続きコメントすみません。
    新聞購読停止は、新聞店より配達員さんにお話した方が早いかもしれませんね。
    新聞店と配達員さんの連携が、きちんと取れていないことも多いですし。
    では、偉そうな意見失礼しました。

  78. おはようございます。
    遅れてしまいましたが、わらしさん、コメントありがとうございました。
    私は、文章力もなく、内容も皆さんのようなきちんとした情報の持ち合わせが無く、いつも薄っぺらい内容と愚痴で終わってしまっているのに、ちゃんと読んでくださってたんですね。
    私は以前、幹部の人に「あなたが、不幸で悩みがいっぱいあるのは、あなたのお父さんとお母さんが、邪宗をしていたせいよ」と言われたことがありました。この時は、ほぼ覚醒していたので、何かを言っているんだこの人は!やっぱり頭狂っている。そう冷静に思いました。
    もし覚醒していなかったら、そうなんだ!じゃあもっと信心一生懸命して、活動も頑張らなきゃ!
    と思い毎日、親への恨み、つらみで生活していたでしょう。
    スマイルさんの「人間としてまず一番大切な感情がぬけていませか」「死んだ人への思いをはせること悲しみを感じでいる人に寄り添うの心」
    その言葉が私の胸に深く刺さりました。
    書こうかどうしようか迷ったのですが、私もスマイルさんのお父様と同じように、母を亡くしました。
    最初の数年は、「何で!何で!」という思いで、母の死を受け止めることができませんでした。
    時が過ぎて、自分もだんだん母の亡くなった年令に近くと、やっと母のことも理解できるようになりました。父も他界しておりませんが、いろいろな苛酷な状況の中で私達子供を育ててくれたことに、感謝しています。
    両親への感謝する気持ち、そんなあたりまえな事も、邪宗ということで切り捨てしまう、本当に恐ろしいマインドコントロールと団体です。
    アクセス数200万突破の日楽しみにしています。
    これからもよろしくお願いいたします。

  79. 皆様お久しぶりです。流れをきってすみません。
    数ヶ月ぶりでしょうか。有難いことに充実した日々を送っており、こちらに顔を出すことも中々できずにおります。

    前の記事のコメント欄の最後の方でsignifieさんが言われていた通り、脳科学的なトリックは何かしら隠されていそうだと思っています。
    大学時代の情報科学系の講義で、「同じワードをずっと聴き続けると人はどうなるか」という実験をした学者の話を聴いたことがあります。
    その結論は忘れてしまったのですが・・・笑

    ちなみに、セロトニンは瞑想でも分泌されるそうですよ。

  80. 外から見た創価学会について…Janneさんのコメントにあった、北の国に似た印象といった
    ようなもの…私もここを切り離して考えることができないですね、世間でもそうでしょう。

    いま現役活動家の方とかは、そういった印象についてどう思われますか?
    全然違う国の話として認識している、あるいはやはりどこか類似点から目をそらすことが
    できない、というのであれば矛盾を抱えながらの活動を無理することになりそうです。

    北朝鮮の歴史の経緯をみていくと、戦前戦後の日本の状況と密接であったなと、
    思想的なものに大きな影響があっただろうなと、思うのです。
    拉致被害者の交渉について進展がない中、安保関連法案の成立に猛進する…
    この政府の状態を現役活動家はどう考えますか?
    7.16は創価学会にとっても大事な日なのですね、
    横田夫妻はクリスチャンだと語っておられました、
    だから他人事だと関係ないとお考えなのですか?

    コージさん、コメントありがとうございました
    ガンダムのBGMが頭に流れてしまうことがあるんですよ〜
    ガンダムに宝塚、私どれだけエンタメに救われているんだか…
    創価学会にまつわる問題は深刻になりがちですが、
    わきまえつつもどこか軽妙に、♪トレインつなげていきましょう〜キックオフ

  81. 皆さんこんにちは。レイラです。

    昨日は「経営の講演会」という事で
    倫●●●会の主催の会に誘われて行ってきました。
    (過去にも某黄色い帽子の会社関係の方の講演で
    ここの会の催しは行ったことあります。
    もともとどういう団体なのかは知っております(笑))

    講演会なのに行ってみるとだんだん新規を入会に導くような流れ。

    やたらハイテンションな人が「今日あたらしく来た人はぜひ入会してください!」
    講師の方は「私が講演した日に入会した人はラッキーです」
    「目の前のチャンスは5パーセントのタイミングだけ!」
    「たった今●●さんが入会を申し込まれました!(拍手)」

    どっかで見たことがあるような光景・・・・・(笑)

    もちろんこのハイテンションの雰囲気に私違和感ばりばり(笑)
    「学びましょう!」とうたっているこの会・・・
    はい。創価でもう人の人生の3倍以上は学びました・・・(笑)

    外部の人からみたらこの会も創価も同じような感じなんでしょうね。
    私は創価からの覚醒体験やこのブログの皆さんの投稿のおかげで冷静に客観的に
    「からくり」や「しくみ」を見れるようになりました。

    ですのでどんなにハイテンションで素晴らしいことを言ってても
    レイラは「サイン」や「入会」はいたしません。
    よくよく冷静に見ると「見えてくること」ってありますよね。

    それなのに同テーブルの男性は「入会します」と
    言ってましたが・・・(苦笑)

    でもまあ、入るのも自由ですけどね。。

    ★クロニクルさん
    >「「夢が叶った!クロニクルを折伏出来た!」という信じられない言葉でした。
    元々、ブログで知り合って、その時に私が苦しんでいるのを「救わないと!」と思ったそうです。
    彼はそれが目的ではないと言いましたが私は彼を信じられなくなり結局は結婚=学会なのかとショックで今は実家に帰ってます。」

    辛い思いをされたのですね。
    私も又少しずつ投稿して語っていきますが
    私を折伏したのは高校時代の時の彼です(ここでは元カレX(エックス)とよびましょう)

    元カレXも「レイラを救おう!」と今から考えると上から目線(苦笑)
    私が入会してから彼も「女子部の子とつきあってみたかった・・・」
    その言葉に違和感を感じましたが、疑ったらホウボウと思っていました。

    まあ、確かに当時は家の事で悩んでいましたが
    それでも決して「不幸」ではありませんでした。

    折伏されてから私は家族から暴力いじめを
    受けるようになりました。

    その事は人生でかなり・・・かなり傷ついたことでした。
    (またこの事はすこしづつここで語って行きますね)

    ところで私は元カレXの性格が嫌で嫌で・・・
    別れたのですが(この別れた時と別れてからの事ももう大変でしたが
    これも又シェアしていきます)
    別れた時彼がある男子部に「レイラさんとはどう?うまくいってる?」
    ときかれた時言った言葉

    「お互い信心をとりました。」

    は?私はあなたの何だったんでしょうか?
    キレイごとを言ってるけど、
    「俺は性格が悪くってフラれました。」って言えないのかな?
    どこまでおめでたいんだろうって思いました。

    ★のぞみさん

    私もキリスト教の美術や音楽は
    幼い頃から好きだったのですよ。
    たしかに・・・・宗教としてはキリスト教は???ですが
    ヨーロッパ旅行に行ったら世界遺産を
    見に行くのはホウボウなのか??
    ツアーでキリスト関係の名画の前では目をつむらないと
    いけないのか(笑)???
    フランダースの犬の最後のシーンで泣くのは
    ホウボウなのか(笑)悩みました。

    友人の結婚式で賛美歌の時は貝のように口を閉じ(笑)

    あと、鳥居の下をくぐらず
    一人列を外れて遠回りしたことも
    今となってはお笑いです(笑)

  82. 職員がアクどい商売として創価をやってることが、ピンとこない人は08:17のレモンさんのコメントのS新聞販売店を考えてみましょう。
    販売店といえば末端かもしれませんが、新聞の販売は商売でやっています。
    これで生活しています。
    創価の活動の一端が信仰心ではなくお金に換算された時、いくら信心強情でも割り切る気持ちが出てきます。
    会員の気持ちだの事情だのを考えていたら、商売なんてあがったりだからです。
    無理やりでもこじつけでも、
    「この新聞は素晴らしい」
    「強引な新聞啓蒙して結果を出すことが信心である」
    と言い聞かせなければやってられません。

    仕事は皆そうだと思います。
    その仕事をやることですべての人が満場一致で賛成する、なんてことそうないんじゃないかと思います。
    意識してなくても自然破壊をする場合だってあるだろうし、ライバルを廃業に追い込むことだってある。
    皆、デメリットを感じる人のことなど考えず、必要とする人たちのことだけ考えて敢行しますよね。
    創価でご飯を食べている人も同じでしょう。

    会員は同志なんかではありません。
    顧客です。
    会員がここを理解してないからややこしくなるのです。
    商売に対してお金を払っている会員はいつ辞めるも何を断るも自由なのに、商売側はそこに信仰心を持ってきて巧みに騙します。
    辞めると不幸になるだの、仏様の集いに迷惑をかけると罰が当たるだのと脅します。
    本来、お金で繋がっているドライな関係を「同志」だの「師弟」だのと説き伏せて縛ります。
    都合のいいところで信仰心をちらつかせるわけです。
    会員は自分たちを顧客ではなく「信者」だと思ってますから、これを出されると従うんですよ。
    盲信者の幹部もはりきって動きますしね。

    ここが宗教ビジネスの強みですよ。
    全部手法です。
    ビジネスに宗教を利用しているならではの手法である、ということをどうか見破ってください。

  83. レイラです。連投失礼いたします。

    ★加奈子さん
    >「私は以前、幹部の人に「あなたが、不幸で悩みがいっぱいあるのは、あなたのお父さんとお母さんが、邪宗をしていたせいよ」」

    私の母は独身時代入会し、結婚後に父に大反対され未活になりました。

    元カレXに
    「いちばんやってはいけない事は退転といって辞める事とご本尊様を
    お巻すること。だからレイラの家は不幸なんだ」
    「レイラ家にはこの信心は必要なんだ!」といわれました。

    ですので私の入会は「恐怖」からです。

    2年前に心のカウンセリング&ヒーリングを受けた時に
    だから「あなたにとって創価とは?」ときかれ咄嗟に出た言葉が
    「オカルト」だったんですね。

    長年母を不幸の根源としてきました。
    ケンカ、争いが絶えませんでした。

    でも15年前から私は覚醒はじめ
    離れて暮らすようになって親のありがたみがわかり
    争う事はなくなりました。

    母は友人数名と静岡に旅行に行った時
    友人の一人が「創価の総本山にいってみよう」と
    未活後何十年ぶりに大●寺へ。

    すでに破門されていて正本堂やにぎわいがなくなり
    幽霊が出そうな雰囲気にかなりショックをうけていました。

    「若い頃正本堂の為にどれだけ仕事を休まずにがんばり
    お金を貯めて寄付したか・・・・」

    母が晩年もう話すのもしんどそうな病床で私に言った事は
    「(学会の)信心はしないほうがいい・・・あれは・・・・宗教じゃ・・・ないよ・・・・・」でした。
    これは母から私への遺言だとおもっています。

    それからまもなく母は亡くなりました。
    母の死は夫である私の父、私たち兄弟、孫はもちろん
    母の兄弟、職場の人、皆が悲しみ涙を流し
    そしてお礼を言ってました。

    よく信心をやめた人の死相は悪いといいますが
    母はそうではなかったです。

    ほとんど身内だけの質素なお葬式でしたが
    綺麗にお化粧をしてもらい
    お花いっぱいで、病で食べれなかったので
    母の好きだったものをお供えし
    棺を閉じる前に父が母の額にキスをし
    母は旅立っていきました。

    もし私が覚醒していなかったら
    病魔に侵されているのに信心しないほうがいいとまだ言う?とか
    題目を唱えたら治るわよとか、信心してたら
    病にならなかったとか、信心しなかったから
    平均寿命よりはやく亡くなった、とかいってたかもしれません。

    でも母は余命数か月と言われていましたががんばって
    1年半のばし(母は弱音を吐くことなく泣いてる孫たちに
    おばあちゃんは強いから大丈夫よ!と言ってました)

    自分の死期を知っていたので
    あとあともめごとがないように
    お金の事やいろいろな事など終活していました。

    ですので、そんな無慈悲なご本尊様ではないよね?と
    自分の中で言い聞かせてたり
    母を信心につかせていたら病にならなかったかも、
    未活になったから病は罰だったのかと自分を責めたりしていました。

    (母が手術の時にお題目をおくりますと言ってくれた
    地区の婦人部の方々には感謝はいたします)

    晩年は母に「苦労してきていろいろと大変だったと思うけど
    不幸じゃなかったよね??」ときくと
    「不幸じゃなかったよ。子供たちがこうして無事に成長できて
    もう十分。何もいらない」と言ってたのが母の人生の答えだったと思います。

    母の晩年にはもうほぼ覚醒していた私ですが
    バリ活だった時は母に対して
    本当にごめんなさい、ごめんなさい
    でも、私はこの信心をしたら母や家が
    よくなると思ったから理解してほしかったのという
    気持ちでいっぱいです。

    今後の人生は母が生んで育ててくれたことを
    感謝をし、自由に生きていきます。

    (テーマから反れた内容で失礼いたしました)

  84. 目的のわからない、唱題の数の集計の件、他の地域でもあるんですね。
    幹部の信仰ごっこ、本当にその程度でしょうね、
    フランス国営テレビのカルト信仰創価学会を取り上げたYouTubeのまとめを見ていたら、
    “カトリーヌさんは、毎日ぬりえをさせられていた、1マス20分とし、塗りつぶしていく、
    全部塗り終わると、願いが叶うというのだ”
    というのを見つけて大笑いしました。
    日本だけじゃなく、SGI海外でも、そんなことをさせてんだって(笑)
    唱題表をぬりえと例えているのがおかしいです(笑)

    タイトルに戻りまして、とくに選挙はやっぱり・・・
    結婚して、出産まで働いていた、パート先の出来事ですが、隣町の町議員選挙があったときです。
    座談会などで、「○○町に友人、知人いる方、F勝ち取りましょう!」と活気ついていて、
    勤務地も隣町、隣町住まいの知り合いがたくさんいましたので、チャンスと思い、
    私の宿命転換だ、絶対勝ち取るぞ!と意気込んでました。
    昼休みに、今日こそは、と決意を固めた瞬間、
    あるおばさんが、「ねえ、もうすぐ選挙あるわね」と話出しました。
    別の人が「じゃ、また○○さんうちにくるわね」
    「あなたのところもくるの?」「選挙のときばっかり」
    「うん、うん、わかる~、本当に迷惑、なに考えてんのかしらね、あの人」
    すんごい悪口言われてました。私の決意は、スーと消え、言わなくてよかったぁ、
    とほっとしました。
    話では聞くけど、そこまで悪口言われ、嫌われているなんて・・・
    自分に置き換えたら、ぞっとしました。
    いままで、友人もそう思っていたのか、と思うと。
    電話では「いいよ」とか言っても、影では迷惑だったよね・・・
    って思い知った出来事でした。
    嫌われたって、勇気を出してFを勝ち取れたほうが大事、自分も相手も功徳、福運になる、、
    そんな思考回路嫌です。

  85. にゃんこ丸さん
    大変でしたね。
    私も以前、断ったのに勝手に新聞を入れられてた時期ありました。
    今は全く入ってませんけどね。

    私の地域でも、内部、外部とはず勝手に新聞が入っていて苦情が結構あったみたいです。
    本人の了解も得ずに、新聞入れるなんて、ホント信じられませんよね‼
    それが、創価の手口です❗
    ノルマ達成の為か?資金源の為か?

    未活、非活のところでも、定期的に新聞を取らされてるみたいです。
    今の創価は新聞啓蒙に必死ですから・・

    ポトスさん
    ホントしつこい創価ゾンビ達ですね❗
    はっきり意思表示されたら良いと思います。
    やんわりと断って、退散するような輩ではありませんから・・
    余計なことを言ってすみません。(^○^)

  86. 最近心理家運セラと精神科の医師にカウンセリングを受けています。
    物事に対する認知と反応の仕方が、人間関係構築、自身のメンタル、夫婦関係等に悪い影響を及ぼすとのことで、知人の勧めでカウンセリングを受けることにしました。

    やはり創価の悪影響が大きくあるようで。。。

    もともと父は、祖父が亡くなったことをきっかけに創価に入信しています。19歳の時でした。
    祖父を失った深い悲しみの中、「念仏無間」に言葉で入信したそうです。
    父の住んでいた村は、浄土真宗念仏のお寺の檀家さんでした。
    父の折伏の親も同じ村でした。
    おそらく、そのかたも何らかの深い悲しみや痛みを契機とされて入信したと思います。

    父の場合、祖父を亡くした深い悲しみ、悔しさ、つらさ、嘆き、不安、恐怖等々の感情が渦巻く中、「念仏では地獄に落ちる。お前の親父も堕地獄!念仏無間じゃ!」と言われて入信した。
    もともと頭が良くて有名大学に通学しており、そこで創価として格好の人材⁽洗脳対象)。それはそれはチヤホヤされて、希少な職にまでついた。父にとって自己重要感を満たされていたと思ういます。池田さんと何十回と面会していたようです。

    時代背景を振りかえると、敗戦後、雨後の筍のように新宗教が誕生した。
    人々は「幸せになりたい」一心で新しい宗教を求めた。
    そんな中創価も教団の勢力を伸ばした。
    人々の苦悩を解決するために(人々の苦悩に付け込んでが正解でしょう)

    父の紹介者も、父も、人生の苦悩の最中に創価に入信した。
    父は母を折伏し、結婚。そして私が生まれ兄弟が生まれた。
    父は父なりに「幸せになるのは創価学会」との思いでいたと思う。

    日蓮は人々を救うために「南無妙法蓮華経」を打ち立てた。
    法然も同じ理由で「南無阿弥陀仏」を広めた。
    釈尊も「生老病死」の四苦からの解放のため修行の旅に出た(という)
    すべて、「人々を救うため」との動機。
    創価の会員も「目の前の一人を救うため」

    でも。根本的なところに気づきました。
    根本的な問題、それは「創価で幸せになる」とか簡単に言えば、何かにすがっているんです。
    南無妙法蓮華経と唱えれば自分の中の宇宙の生命が出てくる云々。
    南無妙法蓮華経にすがっています。

    苦しいとき、何かにすがりたい! そこに付け込まれた。。。

    結局、「安心安全」を与えると教祖。与えられる方は「信者で搾取される」でしょう。

    必要とされるのは、「安心安全を自分の中から引き出すこと」と「他人の安心安全を引き出す手伝いをすること」だと思います。
    このあたり、折伏と非常に似た表現になりますが、180度違います。
    全然違います。
    表現が非常に難しいですが、すごく大切な視点だと思います。

  87. 外部から、じっとり見てるぱこです。
    恋人は二世ユル活。でもがっちり創価脳です。

    創価を外からみてみよう!
    私の知人友人の認識をすこし……
    ・え。池田大作って生きとるのか?!
    ・新聞勧誘で功徳?ウケる!日蓮の時代、新聞ないじゃーん。
    ・「悪いこという人もいるけど。学校もあるし海外にも広まってるんだよ」という「いい子」が、かわいそうで何もいえない。
    ・どのへんが仏教なの?他の宗派を罵倒したり、犯罪おかしたり。
    ・ほかの宗教を否定したらだめだよ。それは宗教じゃないよ。
    ・名前はきいたことあるけど。関係ないから、どーでもいい。騙されるほうが悪い。
    ・きもちわるい、ただの新興宗教。
    ・幸福の科学とどちらがマシか、わからない。どちらもおなじ。
    ・ねずみ講にはまって不憫。なにもいってあげられない。
    ・なんであんなものに騙されるの?

    気を悪くされる方がいたら、ごめんなさい。
    私は、創価についての知識はゼロでなかったにせよ、「仏教風味」「日蓮ベース」とは思いもしませんでした。やってることが、似てもにつかないから。
    あと、大聖人の「大」ってナニ?とか、つましい暮らししてるはずの指導者は、なんであんなに太っているの?とか思いました。
    会ったこともないから、日蓮がどんなひとかわからないけど、本を読んでると、戦闘性を除いた彼には、魅力的な部分もあるのだろう、とは思います。
    豊かでない善良な民から、布施とりまくって、タダ働きさせて、あなたの弟子だと名のってる人間が日本国にあまたいますけど大丈夫?って、教えてあげたいですね。

    覚醒中の方も、「これはデマだ!」と思いたい方も、このブログにたくさんきてくださるとうれしいです。
    デマだと思い込んでる方は、こなくていいけど……。

  88. 連投になるかな。思いついたことをコメントします。
    創価は「自分教」といいます。キリスト教や浄土教を「神様依存型宗教」とも。
    神様に救ってもらうか、自分で自分自身を救うか?たしかに大きな違いですよね。
    内外相対というのでしょうか。教学なら離れているので忘れてきました。
    本当に創価は「内道」なのでしょうか?
    物事の原因を自分自身に求めるのはいいと思います。
    でも、創価は本当に自分教なのでしょうか。
    何かあったら「題目にすがる」「池田さんの指導にすがる」「御本尊にすがる」
    宿命転換したいから、功徳がほしいから折伏、新聞啓蒙をする。

    あの・・・・・
    自分の行動で解決したにしろ、おすがり信仰とかわらないのでは?

    「何があっても信心があれば大丈夫!」
    「信心さえ失わなければ大丈夫」

    池田から信仰心をとっても何も変わらなかった。結局「信心ゼロ」

    「御本尊様ありがとう」・・・やっぱり頼ってるのでは?

    結局のところ「創価の信仰を貫くと幸福、途中でやめると堕地獄」
    南無妙法蓮華経しか、宇宙の法則に則れない。

    大阪から東京に行くのに、新幹線しかない!
    あの・・・
    飛行機あるじゃん。
    バスもあるじゃん。
    歩いてもいけるやん。しんどいけど。

    この信心しか本当の幸福はない!
    あの・・・
    たくさん悲惨な目にあってますけど!

    お父さんは「創価だけ。創価だけしか幸せはないんだ。おじいさんが死んだときの悲しみを癒してくれたのは創価なんだ。貧乏な一学生にしか過ぎない私をここまでしてくれたのは創価のおかげなのだ」と考えておられたことでしょう。
    兄弟が信心のことを悪く言うととても悲しそうだった。
    そりゃ子供が地獄に落ちると思ってるから当然でしょう。
    結局は「弱り目」に付け込まれただけだったのでしょう。

    父の紹介者の悲しみ、父の悲しみ。。。
    悲しみを避けるための檻でスマイル一家は過ごしてきました。
    皆に幸せになってもらいたい。との父の思い。
    父に認められたい。信仰しないのはまともな生き方をしていないという罪悪感。
    信心して活動している自分は「とてもえらい!とてもすごい!」
    「創価である私はえらい!すごいんだ!世界最高の哲学を実践しているんだ!」
    宗教がない人間は、家に柱がないのと同じ。

    何をしんじるか?何におすがりするか?より、もっと大切なことがあるでしょう。
    大切なこと、それは、自分の力をしんじること。自分がそのままで偉大であること。

    行き着くところ、「死生観」。人は必ず死ぬ。
    「まず、臨終のことを習ってあとに他のことを習うべし」と日蓮の言葉。
    習うのはいいでしょう。
    自分なりに自分の力で自分の感じるままに「死生観・生死観」を確立すること。
    そこに本当の安心がある。
    日蓮にしろ、法然にしろ、スピリチュアルにしろ、他人の死生観に依存している限り、本当の安心はないと思います。

    死後のことなんてぶっちゃけ「わからない!」
    わからないからそ、人間に生を受けた意味を一生かかって問い続け、「いかに生きるべきか?」と問い続け、人間としてあたりまえのことを思い、実践していきたい。
    決して「お前の不幸の原因は謗法だからじゃ」なんていうことなく。
    人間として、先に「つらいよね・・・」と同苦する。その中で、相手に安心安全を感じてもらうべく寄り添っていくだけで十分ではないでしょうか。
    本尊や題目を与えて安心させるのでなく、個人の中から生きる力を引き出していくことさえできればいいのではないでしょうか。
    「真に安心安全」を感じている人間が増えれば世の中はもっと平和になるでしょうね。

    とりとめのない話ですみませんでした。

  89. にゃんこ丸さん
    啓蒙用紙の原本は、最終的に新聞店から各正配の配達員のところへ行きます。啓蒙用紙を探そうと思えば、その地区を担当する配達員さんに聞けばすぐに分かることです。たくさんあって探せないなんてことはあり得ません。新聞店はなにをとぼけたこと言ってるのでしょう?
    もしかしたら、他部数とっている活動家の新聞や、予備に置かれている1部を使って、勝手にポストへ入れているのかもしれませんね。

  90. コージさん、真実さん、レイラさん、わらしさん
    コメントありがとうございます。
    もしかして抜けている方がおられましたらすいません…
    私みたいに殆ど外部で内部が分からない者に本当にありがとうございます。

    旦那とは距離を置いて考えてみます。
    レイラさんの元カレさんは酷い人だったのですね…
    私も付き合っている時に同じような事を旦那に言われたので凄く分かります…
    自分の事を言われるのは、まだいいのですが、自分の家族の事を言われるのが悲しかったです。
    邪宗だから辛い目にあってるんだ!というのは勿論ですが、妹が具合が悪かった時に写真を見て「妹さんお稲荷さんに行ってるんじゃないの?狐に憑かれたみたいな顔してるよ!」と言われた時には唖然としました(・_・、)

    スマイルさんが言うように学会は自分教だと言いながら他力本願ですよね!
    御本尊に祈れば叶うのは他力本願じゃないの?ってずっと思ってました。
    仏壇に叶えたい願いが書いたメモがあるのですが、ある時ふと見たら「借金がなくなりますように」と書いてあって呆れました…
    自分で作った借金ぐらい、自分で努力して返せよ!そんなこと叶うなら学会員は皆金持ちじゃ!と心の中では思っています。

    あと、御本尊を巻くときは素手はダメでおシキミを口に加えてと言っていましたが、ここで本尊はカラーコピーだと知ったので素手で手に取り思いっきりフーフーと息を吹きかけてやりました!
    別に何も悪い事は起きていません。
    本人が知ったら発狂するかな?

  91. 創価の御本尊はカラーコピーなので、近所のコンビニに持って行ってカラーコピーして丸い棒に貼り付けるだけでいくらでも量産できますよ。逆に創価の御本尊の芯を外せば、どれがホンモノかわからなくなるでしょう。バリ活のいる家の御本尊を、こっそりコンビニのコピーとすり替えておいて、一年ぐらい経ってから「この御本尊に祈って功徳がありましたか?」って訊いても、たぶん「もちろん、この御本尊があったからこうして何事もなく暮らしてこれたんじゃないか。やっぱり素晴らしい御本尊だ。この信心に間違いはない」とかなんとか言うでしょうね。
    楽天ショップで売ってる仏壇のおまけでついてる日蓮のマンダラとこっそり入れ替えたら、「このごろうちの御本尊が妙に立派に見えてきたんだけど、これもお題目が上がってきた功徳の証しかな。やっぱりこの信心は間違いなくすごい!」などと感激するかもしれませんね。
    どっかのインチキ宗教の印鑑や壺より原価は安いんですけど、それを息がかかっても罰が当たると恐る恐る扱っていた自分が本当に情けないです。あ、私の場合は日蓮正宗の御本尊でしたから、もう少し原価は高かったかもしれませんが、どったみち似たようなもので、結局は詐欺の道具でしかなかったんですからね。日蓮正宗は創価の詐欺に利用されていたとはいえ、被害者にとっては共犯者みたいなものだと思います。何十年も一緒にやってきながら、甘い汁を吸いつつ、創価の言いなりだったんですからね。

  92. クロニクルさん
    はじめましてスマイルです。

    投稿の
    >あと、御本尊を巻くときは素手はダメでおシキミを口に加えてと言っていましたが、ここで本尊はカラーコピーだと知ったので素手で手に取り思いっきりフーフーと息を吹きかけてやりました!
    別に何も悪い事は起きていません。
    本人が知ったら発狂するかな?

    メッチャ笑っちゃいました!(*^^)v
    ご主人が知ったら、確実に発狂します。そして、クロニクルさんに罰が当たらないか心配されます。

    妹さんの件、ひどいですよね。ご主人は口に出していうだけまだ素直?でしょうか。
    創価の場合、心の中でかなり邪悪なことを考えていますよ。

    私の場合、妻の実家が浄土真宗だったので、妻のおばあさんが自殺したと聞いたとき、「念仏やから自殺したんや。宿業の深い家庭やな。地獄家族や。」と思いました。
    先日の投稿にも書きましたが、亡くなったおばあさんの苦しみに対する同苦の心や、親族が自殺した妻の家族の気持ちを思いやることは全くできていませんでした。
    妻が、ネガティブな考えを持っていたら、「この地獄女め!念仏やから地獄や!」とも考えていました。妻を創価に入信させたのも「地獄の命を救いたいから」でした。
    カードに「本流1」とのるのですが、一人の人間を本当に救った!との誇りでした。

    創価にいると、ほんとに知らず知らずのうちに傲慢になっていきます。
    おそらく父も母もそうだったのでしょう。認めざるを得ません。
    人として大切な思い・大切な感情が出る前に、創価の価値観で物事を判断してしまいます。
    ほんとに恐ろしい。。。

    日蓮の「念仏無間」の言葉が何百万の人々を傷つけました。
    創価による折伏で傷ついた人々、そして仏壇を壊したり焼いたりしていました。中には位牌を捨てたりして、その方のご先祖様まで傷つけていました。
    日蓮は念仏無間の言葉をどのような思いで発言したのか、今は知る由もありません。文献等でいろいろ言われていますが。
    しかし、創価が「念仏無間」の言葉を利用して、信者を増やし、多くの人々を傷つけてきた事実は変わりません。当人たちも入信した人間も「自分たちは正しい」と考えているのでどうしようもありません。

    私も「念仏無間」の言葉を信じ、そしてその言葉のまま価値判断をしてきました。
    本当に傲慢でした。
    このことは、覚醒したあとにも当てはまります。宗教をやっている人をみて、笑い飛ばしたりするでしょう。「馬鹿が宗教をやっている!」と。確かに創価のやっていることは悪い迷惑行為ですので非難すべきですが。
    宗教をもつ持たないにかかわらず、一人の人間が、どのような思いを持ち、どのような考えで、どのような願いをもち、どのような感情で生きているのか? に思いをはせることなく生きていくことが大切だなと。

    創価は確実に心をむしばみます。
    いや、魂をむしばみます。
    創価に毒された人間が、何百万人もいるのです。
    本当に怖い世の中です。
    人間の想いの集まりが、社会に反映されるといいますが、創価の邪念が強く反映されているのも、創価は現代社会のそれこそ「一凶」でしょう。

    このブログのテーマ「静かに創価学会を去るために」のように創価には「静かに無くなってもらう」のが一番いいですね!人数が多すぎるので大混乱おきそうですので。
    でも、創価がぶっつぶれるのも見てみたい!(*^^*)

  93. 広宣流布など今だ信じている末端の皆さん。
    号令をかけている人たちはゆめゆめそんなこと思ってませんよ。
    ただただ金儲けでやってるんですよ。
    中枢部はこう思っています。

    信者をその気にさせれば、彼らは嬉しがってしこたまお金出しますからね。
    本気で信仰して新聞も買うし、勧誘もしてくれる。
    こっちとしてはそれに応えるべく、強情に信じられるように精一杯工夫して提供しましょう。
    それが宗教界の王者たる看板を背負った責任ですよ。
    だからいいじゃないですか、それに見合ったお金くらい頂いても。
    その代わりに我々は夢と希望を与えてるんです。
    これ簡単なようで難しいんですよ。
    今の時代、誰がここまで信じあえるコミュニティがつくれますか?
    私たちも決してサボってはいませんよ。
    お客様が精一杯信じて活動することに対して、我々は精一杯信じさせることが仕事。
    かっちり働いてますよ。
    はっきりいってこれがかなり激務なんです。
    頭も使います。
    神経も消耗します。
    やばいことだってしますよ。
    でも大切な客様の幸せのためですから、がっかりさせてはいけませんよね。
    ええ、これが我々の責任です。
    ビジネスは信用第一ですからね。
    都合の悪いことは隠ぺいもします。
    プロですから当然ですよ。

  94. モニカさんの書いた「幹部のつぶやき」が、村上春樹さんの小説「1Q84」に出てくる主人公の天吾と青豆を調査する、私立探偵の牛河のセリフのように思えました。あの小説でも怪しいカルト宗教教団とその教祖が出てきますが、あの教団組織の底知れぬ恐ろしさは、作者の村上さんは現実には創価学会を指しているのではないかと思いながら読んでいました。上のモニカさんの「幹部のつぶやき」は、まさに人を人とも思わないカルト宗教教団の非情さを表していると思います。まあ、創価はカルトのような神秘がかったものではなく、たんなる大掛かりな詐欺なんですけどね。

  95. 『1Q 84』それを読んでいた時はまだMC 中で
    オウムの世界だ〜と思っていたんです。
    で、今日、外部の友人に
    『あなたには創価学会が全く理解出来ないからマインドコントロールから脱却する大変さは
    わからないと思うけど、本当に1Q 84の
    世界感なのよ』と言ったばかりです(^_^;
    で、シニフェさんが書かれていたので
    なんかやっぱりそうよね!!!
    と、思わず投稿(*^▽^*)
    今、読めばリアル感半端ないんやろうなと
    思います(*_*)

  96. スマイルさん
    爆笑させちゃいましたかw
    本当は何回も破いてしまおうかと思った事があります。
    シニフィエさんが言うように楽天とかで買ったのとすり替えておこうかしら?

    ここに辿りついて吐き出させて貰って随分気持ちが楽になりました。
    話す事で心の中でグチャグチャだった物が整理整頓されています。

    外から見たらバリ活若しくは創価脳の人は池田教の人が多いですね。
    婦人部の人に入会勤行会で声をかけられた時に「今度、家庭訪問で人間革命を勉強しましょうね」と言われ引きました…
    なんで日蓮の勉強じゃなくて池田なん?って…
    そこで活動は一切断ろうと決心しました!
    トップに立つ人が自画自賛の小説を書くのはおかしくないか?と前々から思っていたので。
    人の弱い所に漬け込んでMCする学会はおかしい。
    皆が被害者(旦那も義母家族も)なんだなぁ。
    ここの皆さんも。
    皆が気づいて、静かに去って無くなってしまえばいいですね。

  97. シニフィエ様、皆様こんばんは。
    未活のミニーです。最近とても忙しくこちらのブログを読むのが精一杯でしたが、新しいメンバーも増えて活気にあふれていますね!
    すごく嬉しいしシニフィエ様に感謝です。
    私は、元々選挙活動が嫌いでしたが、公明党の役もやっていた為、選挙のたびにそれなりの友人にお願いしていました。
    私が未活になってからはもちろん選挙をお願いに行くことも無くなった訳ですが、外部の友人数名から連絡が来て「最近選挙の時に来ないけれどどうしたの?」みたいな感じで心配されてしまいました。
    いま思えば本当に素晴らしい人たちだと思います。
    ウソをつく必要も無いので、今は未活になったと話すと、みな口を揃えて「やっと気がついてくれたんだね」と喜んでくれました。
    そしてこれからは一緒に色々と楽しもうよとまで言ってくれる友人までいました。
    やはり、外部から見ると活動家の生活は異常な忙しさに見えるようです。
    それでも友人として、私がそれで幸せならせめて選挙やリーフなど出来ることは協力しようとおもってくれていたようでした。
    人間的に心が広いのは友人たちの方だったのだと改めて思い謝罪しました。

    あと、先日独身時代からの内部の友人から久しぶりにメールがきて、学会バ幹部に対する不満が書いてあったので、思い切って今の私の状態と時期を待って脱会するつもりだと伝えました。
    何回かやりとりするうちに、こちらのブログも紹介しました。
    そして昨日その友人から連絡があり、本尊を外して巻いたけれど、どうやったら早く脱会できるかと連絡がありました!!
    その友人も私より前から精神的に病み、今も通院しています。
    でも、今回胸につかえていたものがスッとしたと晴れ晴れとした様子でした。
    本当に創価の中にいると、精神的に追い詰められ逃げ道もみつからず、自分を責めておかしくなってしまうのが現実だと思います。
    今も活動家は減る一方だと思いますが、早く1日も早く創価が今の体制ではどうにもならなくなる日を私は待っています。
    このブログに参加しているみんなの目で見届けたいですよね。
    皆様の状況を読ませていただいて、私自身本当に気持ちが楽になってきています。
    今まで口にしてきた安っぽい希望ではなく、本物の希望を見いだせてきたようにも思います。
    これだけアクセスがあるブログの存在に創価も怯えているのではないでしょうか。
    これだけ沢山の人が苦しんで苦しんで、大切な時間を無駄にしてしまった事実を認めさせる為にも、シニフィエ様のご苦労は続くと思いますが、みんなで声を上げていきたいと思います。

  98. 先日、うちの地域の人形店(雛人形や五月人形を扱う系の人形店)の折込みチラシ広告が入っていました。
    表側には、季節柄「盆提灯」が多数掲載されていたんですが、裏面を見ると、
    「各種宗派の掛け軸、ご本尊を取り揃えております」の文字が・・・
    で、掲載された多くの商品を見ていくと、・・・ありましたよ、私たちのお馴染みのご本尊が(笑)
    日蓮曼荼羅と名前が付いていたその掛け軸本尊は、どっからどう見ても、創価のカラコピ本尊とは違う、
    豪華でしっかりとした作りの商品でしたね。
    ぶっちゃけ、創価学会の安い本尊を捨てて、それと交換した方が功徳が出るんじゃね? とか思いましたよ(^_^;)
    そのチラシの下の隅に、「掛け軸・本尊の表装直し・修理も承っております」の文字もありました。
    活動家の創価脳の皆さん、創価のカラコピちゃんを持って行って、グレードアップしてもらったほうがいいかも?
    でも、持って行って見せたら、「何ですか?このペラッペラの本尊は?」「お手製ですか?」
    とかスタッフに言われそうですが(笑)
    しかし、人形店で売ってあるご本尊って、どういう方が買われるのでしょうかね?まあ外部の方でしょうけど。
    さすがに、勤行唱題は絶対にしないとは思いますが・・・・・・

    のぞみさん、 
    >以前どこかのスレッドで「友達にお守りをもらったら親に怒られた、捨てられた」という
    >非活2世3世の辛い思い出話が書かれていましたが(あるある話になってた)
    私も、子供の頃、色んな物を親に捨てられましたよ~(^_^;)
    お守り、キリストの十字架、幸運の鈴の置物、七福神的な置物、さらには、打ち出の小槌まで・・・・・
    打ち出の小槌って、邪宗的なアイテムだったのかな?  謎ですが・・・
    ほんと、創価の狂信的・排他的な教えは、学会員の子供たちの心にも暗い影を落としてきていますよね。

    りみさん、 
    確かに、セロトニンは瞑想や腹式呼吸、ヨガなどでも出ますよね。
    むしろ、自分のペースで、お金も使わずに、誰にも命令されないで瞑想でもしてた方がずっといいですね。

    ぱこさん、 初めまして、
    >・え。池田大作って生きとるのか?!
    >・新聞勧誘で功徳?ウケる!日蓮の時代、新聞ないじゃーん。
    >・どのへんが仏教なの?他の宗派を罵倒したり、犯罪おかしたり。
    ほんと、外部の方々が見ても、意味不明で理解しがたい教え・活動ばかり、それが創価学会です。
    しかも、それに加えて 「財務が少なかったら功徳が出ない、全力で無理してでも財務しろ」って、
    おいおい、今までの活動では功徳は出ないのかよ!っと、思わず突っ込まざるを得ません。
    まことに呆れるばかりの、理不尽な金集めカルト団体ですよね。

    スマイルさん、
    創価は確かに、学会員として活動すれば 死後や来世も安泰である、みたいな教えをしていますが、
    そもそも何の根拠も証拠も無いし、何より、インチキ金集め団体の創価にいるほうが、余計に罰が当たりそうですよ。
    それよりも、人様に迷惑など掛けず、穏やかな心で善行を積みながら生きていった方が、
    ずっといい来世に繋がると思いますよね。

    にゃんこ丸さん、
    >少なくともこの場で、ライブ状態で、創価の変な実態をひとつまた晒す事が出来たことで由としたいと思います。
    まったくその通りですね!
    みんなが辛かった事、理不尽な事をこのブログでリアルに吐き出す事こそ、1人でも多くの迷える会員を
    覚醒に繋げ、救い出す事が出来るのではないかと思いますよ。
    それがそのまま、創価学会の衰退にも繋がって行きますし。 
    決して辛い体験を無駄にはせず、みんなでどんどん晒して行きましょう~

    それにしても、末端の会員たちが、本気で功徳が出るとか仏道修行だとか信じて毎日やっている事が、
    そのまんま上層部や新聞配達店の金儲けに繋がっているだけ、というのは、本当に腹が立ちますね。
    長年の創価の指導とMCが、絶妙に歯車が噛み合ってしまい、古株の会員たちはなかなか覚醒しない、
    それを最大限に利用して、上層部はニヤニヤと次の財務の札束の使い道でも考えているのでしょう・・・

    今までの財務、1割でもいいから返せや!!  ムキ~~~~~~~~~!! (*`Д´)ノ!

  99. 皆様のコメントをまとめますと、創価学会の組織は、嘘や自己欺瞞、虚栄ならびに他人の迷惑の上に成り立っていると言えると思います。
    しかも、末端のお人好しの会員はこの事実に気付かず(気付こうとせず)、首脳部の金儲けの便利なツールとして、馬車馬のごとく使われているのです。
    なんともやりきれない事実がここにあります。
    ┐(‘~`;)┌

  100. 創価で活動しなくなってからしばらくして、自己啓発セミナーに泊りがけでいったことがあります。
    6泊7日で参加費が100万円しました。

    参加案内のパンフレットには、ビジネスで成功している人の推薦の写真付きの言葉が多数掲載されてます。
    いかにも「このセミナーに参加すれば、自分が変わって、そして金銭・人間関係・健康・人生の使命の成功が得られる!」ということをインストールするんです。
    確かに意識の高い人々が集うのでそれなりに成功している人もいますし、何回もそのセミナーに参加しながら全然成功していない人もいました。
    「俺たちは、このセミナーの参加者なんだ!向上意識の高いエリートの集まりなんだ!ふだん会社で接する意識の低い、低レベルな人間たちとは違うんだ!俺たちは成功するんだ!」との意識が植え付けられます。というより、そういう意識を自然と持ってしまうんです。

    毎日のように各界で成功している人物がゲストで来ていました。
    ガンジーの孫とか、ビジネス界で成功している人とか・・・

    ほとんど寝ずにセミナーに参加します。睡眠は1時間とか3時間寝れたらいいほうです。
    フラフラの状態で、同じチームの人とは仲間意識が生まれます。

    どこぞの宗教団体とすんごく似ています。
    「選民思想」「有名人を広告塔」「海外の識者とのつながり」「体力の限界まで追い込む」「仲間意識」
    属している間は本人たちは楽しいかもしれませんが。

    人が変わる瞬間というのは、さまざまなパターンがありますよね。
    もちろん自己啓発セミナーで変革する人間もいれば、宗教で変わるひともいる。
    たまたま出会った街角のおばあちゃんの一言で変わったりもしますし、事故や病気で苦しんである日自分自身気づきがあって変わるときもある。1000人いたら1000人違います。
    創価の「人間革命」のうたい文句。仏様のようにキンキラした人格になるそうです。40年属していて、いまだ見たことがありませんが。
    「信心していると、そのひとの良い面が強調されて、悪い面は自然と隠れる」と人間革命の小説にありました。全然そんなことないですよね! 創価の思想に乗っ取られて、他人の感情を思いやれなくなり、人を傷づける言葉を平気で吐いたりする人間が、何百万人います。わたしもそうでした。
    その何百万の人間が、創価の価値基準で思考し行動している現実。。。怖すぎます。。。
    また、創価だけでなく、さまざまな宗教があります。エ○バの証人とか幸○の科学とか、その信者もその宗教独自の独善的な考えで生きているのでしょう。
    そりゃ、世界乱れるわな。。。

    幸○の科学でおもいだしました。
    昨年、ある世界的に有名なマーケティングのセミナーに参加しました。
    全国的に有名な美容外科の理事長や、大会社の役員も参加されていました。
    参加者同士で名刺交換するのですが、そこには、その宗教団体の政党の広報部のチーフが来ていました。
    「宗教団体もマーケティング学ぶんやな」と。
    モニカさんのおっしゃる通り、「宗教はビジネス」ですね。

    それにしてもよくできています。
    以前、本部幹部会の本番に参加したとき、池田さんは「坊主は商売している」と言っていました。
    その言葉、そのまま池田さんに返してやりたいですね!

    勤行様式変わった時の、教本の不足も、今はやりの「欠品ビジネス」かも。
    一冊50円で、一人数冊で100万人が買ったり、活動家には家庭訪問のネタに買わせて・・・
    単価×顧客の人数×購買頻度
    50×100万人×2.5冊=1億2500万
    うーん、あまり金にならないな。。。。。
    そうだ!お守り本尊を売りつけよう!云々。

    これくらいにしときます。

  101. 幹部との話合いの中で、イケダ不在の話もしましたが、幹部は大真面目な顔で「何言ってるのよ、今でも実態に会っている人はいるのよ。表に出ない理由は、私が考えるには、センセイが亡くなった後でも、みんなが大きな動揺を受けないように、今のうちから居ない状態に慣れておくためだと思うのよ。先生はそこまで深い慈悲で配慮なさっているのよ」と。
    はぁ??本気で言っているその姿に、思わず失笑でしたね。
    都合の良いようにしか考えられなくなっている脳。
    いやそこまで都合よく捉えられる脳だからこそ、幹部でいられるわけですね。

    その時にすごく感じたのですが、総圏・総県・総区などの上のほうには、当然ながら脱会希望者との対応マニュアルがあるようですね。
    ◎はじめは、相手の気持ちを一旦は受け止めるふりをする(貴方の気持ちに気がついてあげられなくてごめんねみたいな)

    ◎その後、創価独自の持論をMCのままに展開し悦に浸っている。

    ◎それについて反撃すると、目つきが変化し脱会段階(まだ少し疑いを持っているぐらいの段階だと1.完全に脱会の意志だと5みたいな)を見極める。

    ◎5の完全なる脱会希望者だとわかると、仏敵対応にシフトし、口封じを念押しされる(自分の立場わかっているんでしょうね。本当の理由を周囲に漏らすことは絶対に許さない)と。
    この部分に関しては、かなり言われました。
    「部員さんに、色々な事を考えさせてしまうのは無慈悲なこと」という表現を使っていましたが、覚醒者が変換すると「部員さんの思考停止を解除させてはならない」となることでしょう。

    ◎これで話し合いを終わりにすると、脱会希望者の怒りのみをかう可能性があり、口封じの甲斐もなく組織内から脱会者が続く事になるかもしれない。
    その為に「辞めてもいつでも味方でいるわよ」という言葉を付け加えるのも忘れない。

    と私の場合は、こんな感じでした。

    一人を大切にという言葉とは、まったく正反対な組織ということです。

  102. コージさん、ありがとうございます。
    >新聞なんて毎日の事ですし、ましてや有料だったら、申し訳ないの一言に尽きますよね・・・

    そうなんです。以前、地区婦人部長が「やりたくないんだけどね、勇気を出してローラーしたことで境涯が広がるのよ。楽しいわよ!」ですって。「やりたくないならやらなきゃいいのに」って言いたかったけれど怖くて言えませんでした。ところで、最近一般紙の勧誘がきた時に「うち聖教なので…」と言ったら「聖教さんはどんなサービスあるんですか?うちは米もビール、洗剤もありますよ」だって、サービスなんてあるわけないじゃん(笑)奪い取られるだけです。

    わらしさん、創価の協調性のなさを詳しく教えていただき、ありがとうございます。
    >「自分こそが正しい」との確信から、傷つけられた側が間違っているという論理がまかり通ってきました。

    そうですね。悲しいかな、宗教紛争。教えがひとつしかないと排他的になるんですね。
    驚いたことに創価では内部同志でもそうみたいです。活動家のブログをいくつか見ての感想です。相談コメントに寄り添う言葉はおろか「自分が変わるしかないのよ」とか「先生の指導や御書を読みなさい」とか、自分こそが正しいのオンパレード。究極はナリスマシ疑惑まで。アンチサイトには罵詈雑言。そういうことは、あなた(=活動家)のブログが200万アクセスくらい盛況になってから言ってくださいな。こちらのブログが盛況なのには理由があります。罵詈雑言は破邪顕正ではないと私は思います。

  103. レイラさん
    フランダースの犬まで(笑)たしかに、テレビ観てたり音楽聴いてたりして
    教会とかお寺とか神様とか出てきたときの後ろめたさというか、罪悪感って
    ありましたよね…

    わらしさん
    仏教以外を外道として批判する時点で、それは仏教の教えに沿っているのか?という
    感じですね。鎌倉時代のままの価値観なんて…化石でしょうか(笑)

    クロニクルさん
    本尊にフーフー、かわいすぎます(笑)
    おしきみくわえて、ものすごく真剣に巻き巻きしてたのがばかばかしいですね…

    コージさん
    コージさんも辛い思い出がおありなんですね〜。
    でも打ち出の小槌はどうなんでしょうね(笑)
    私も子供ながら、おみやげによくある幸運の石や招き猫などもダメかと思ってましたが…

    そういえばこの前
    おばあちゃん(といっても50代くらい)とお孫さんらしき二人が
    お地蔵さんの前で「大きくなれるようにお祈りしようね」と手を合わせていました。
    とてもあたたかく、日本的な美しい光景だと思いました。
    活動家だった頃なら「あんなものに祈っても叶いはしないのに」とか「境涯が低い」とか
    蔑むような憐れむような目で見ていたことでしょう。
    心の狭い人間にならなくてよかったです(笑)

  104. レモンさんのイケダ不在の幹部との話……私も同意します。
    私もかなり、幹部とは話し合い、同じように思いました。
    今、私の創価学会への揺さぶり行動として、やっている事は、
    20年も配達員をしてきているので、聖教新聞を外部で購読していた方に、
    私は、創価学会をやめました。今まで、本当にごめんなさい。と、謝る事。
    そして、創価学会について、外部の方の本音を聞くこと。
    公明党の支援を頼んだことのある子どもの学校のお母さんに謝る事、本音を聞くこと。
    先日、「脱会するには、どうすればスムーズにできるの? 」 という 脱会の仕方の質問状を持って、
    地区協議会に行きました。
    私たち家族の確実な脱会ができているかの確認と、
    信仰が自由なら、辞める自由もあるのだから、個人のプライバシーを守るために、折伏の親や、家族に確認しない事ができますか?という内容を文面にし、渡しました。
    まあ、地区協議会、参加の幹部は大騒ぎでした。
    創価学会を家族全員が辞めてから、1年経ちました。
    気づいた事は、外部の方は、私が創価学会の時も辞めた今も変わらないで付き合ってくれてますが、
    創価学会の方は、あんなに仲良かったのにと思う方も離れて行く事です。
    でも、彼らも思考停止、洗脳されているだけですから、仕方ありません。
    私は、変わりなく、彼らと付き合うスタンスで生きていきます。
    憎むべきものは、末端の会員ではなく、創価学会という組織そのもののあり方だと思ってます。

  105. 最近、新しい方達のコメントが理知的で、素晴らしいので、自分の薄っぺらで軽薄なコメントに自己嫌悪し、ロム専になろうと思ってたラベンダーですが、やはり黙っていられなくなっちゃいました(笑)

    凛々子さん、私の職場でも選挙の時期、財務の時期になると創価の話題になります。
    「選挙の時になると電話かかってくるのよね〜」「普段はいい人なんだけどね〜」「あんなことして友達なくしますよね。私学生時代の友達にいましたけど、もう付き合ってないですもん」
    あぁ、世間の人にこう思われてるんだと肩身が狭かったです。
    私の母もアンチ創価です。
    創価が嫌いというより、学会員が嫌いなのです。
    外部の人はこの崇高な教えが分からないからではなく、難が競い起こってる訳でもありませんよ。
    学会員の独善的で押し付けがましい態度が嫌われているんです。
    みんな迷惑がっていますよ。

    スマイルさん
    >時代背景を振りかえると、敗戦後、雨後の筍のように新宗教が誕生した。
    人々は「幸せになりたい」一心で新しい宗教を求めた。
    そんな中創価も教団の勢力を伸ばした。
    人々の苦悩を解決するために(人々の苦悩に付け込んでが正解でしょう)

    戦後の日本、貧困や病苦に喘ぎ悩んでいる人々が辿り着いたのが宗教だったんでしょうね。
    義母も、色々な悩みがあって、自分から宗教を探し求めていたようです。
    近所に幸せそうな一家が住んでいて、その家から「南無妙法蓮華経」の声が聞こえてきていたので、「南無妙法蓮華経」の宗教を知りませんか?と尋ね歩いたらしいです。
    そして辿り着いたのが創価でした。
    でも、きっとこの頃はまだ創価は宗教だったんでしょうね。
    信仰心の無い池田氏が三代会長になってから、おかしくなっていったんではないでしょうか。トップが信仰心無かったら、宗教じゃないでしょう。
    今の日本は生活も豊かになり、医学も日々進歩しています。
    創価脳の主人は今この生活があるのはこの信仰のおかげと思っています。
    でも、宗教に入ってなくても、世間の人たちも確実に生活は良くなっているでしょう。
    むしろ創価じゃない人の方が幸せな人多いのでは?
    「この信仰を持てない人は不幸」とか思わないで下さい。
    日本は無宗教の国と思われていますが、ちゃんと神仏を崇める気持ちはありますよ。
    若い女性が鳥居の前でお辞儀をし、手を合わせて鳥居をくぐっていました。
    信仰心の無い池田氏よりよほど信仰心あるでしょう。

    なんだかまとまりの無い文章でごめんなさいm(_ _)m
    創価脳の主人は、もう覚醒はしないだろうと思うようになりました。
    淡い期待はしてたのですが…。
    創価の活動に少しでも疑問がある人に気付いてもらいたくてコメントのお手伝いをさせて頂こうと思います。
    文章力無いですが、よろしくお願いします。

  106. 私もきのうから、何だか情緒不安定になりました。
    子育てのストレスもあり、娘に八つ当たりしてしまい自己嫌悪になってます。

    どうしてたくさんの人が、こんなに精神を病むほど悩まなくてはいけないのか。
    私の中で浮かんだことは、「簡単にやめられないから!」でした。
    覚醒前も、「簡単にやめられないなんて恐ろしい組織だな。」と思ってた。
    役職関係なしに、簡単にやめることができたらどんなに楽か……

    実家に行ったら、仏壇にご先祖様の位牌も大切に置いてあり、宗教が絡んでいるから本当に厄介だと思いました。
    もう既に宗教じゃないのに。

    今日の新聞には、*最前線の「ブロック」が焦点 と書かれてあり創価長、白ゆり長に本が贈呈されるとのこと。
    いらないです!!

    にゃんこ丸さん、その後大丈夫でしょうか?
    新聞が入らなければ、もう追求しないことにしましたとのことでしたが。
    私が余計なこと言ってしまって、また考えてしまったのでは?と気になってしまいました。

  107. 私も自分の覚醒前の行動を思い返すだけで、ど〜〜んと気分が落ち込みます。考えたところでどうなるわけでもないのに「なんていやなやつだったんだ自分」といやでも自分を責めてしまうことがよくあります。それは一人で考え込んでるとそうなりますね。昔の自分を知っている友人にすべてをさらけ出して謝罪したい気持ちでいっぱいになりますが、そんな友人はてんで気にもしていないのが現実です。創価でなくても傲慢だったり非常識な人間はいますからね。ただそれが自分自身であったと言うことが、自分ではとても大きな問題だし、とりかえしのつかないことだという考えで頭がいっぱいになるんですよね。だから謝罪したいという自分の気持ちは、あの頃の自分を許して欲しいというワガママでもありますが、そこまで言われるほど他人は気にしていない。逆に謝られても困るといった感じではないでしょうか。そうするとこの謝罪しないと気がすまないというのも、自分が勝手に背負った罪悪感を拭うための口実でしかないのかもしれません。覚醒するまでの経緯が人によって異なるので一概には言えないと思いますが、おおむね外部の人は創価に興味があるわけではないし、遠目からは愛想はいいけど、ちょっとでも関わると変に傲慢で非常識で偏った考えを持っている集団だというくらいにしか思っていませんね。だから学会員の知人から選挙の時だけお願いに来られても、当たらず触らずで適当に対応しているのがほとんどなんですね。とったFの数が100だの200だのと言ってる学会員さんは、まわりから適当にあしらわれていることも気づかないし、たとえ気づいてもさほど気にしない。それはFの数が自分の功徳になると本気で思ってるから、自分の選挙活動が実際にどれだけ票の数になるのかまで気にしないんですよね。それとうちの地区ではFの目標がこれだけ達成できたとか、支部でこれだけ、圏でこれだけやれました〜っというのしか頭にないから、公明党が何をやっているのかさえ知ろうともしません。
    まわりから自分がどう思われているかの判断さえも、上から「このように思いなさい」と植え付けられていますから、けっして自分の傲慢さや非常識が理解できないんですよね。だから当然気遣いなどなくなりますね。そんな親に育てられた子どもはかわいそうです。悲惨です。完全にまちがった価値観の人間ができあがります。創価大学がすばらしいところだなんて思っているのは創価脳の親と、小さい頃から創価学園で育てられてきた純粋培養の子どもたちだけです。まわりの人間は「創価大学出身です」と聞いただけで一瞬言葉につまり、距離を置くことを考えます。ちょっとした会話の中に「創価」が出てくるだけで、なんとなく「この中に学会員がいるとやばいんだけどな」と変な空気になりますよね。私が学会員であることを知らない人たちの中での会話の中に「創価学会」の話題が出てきたら、最後まで自分が創価であることは伏せたまま、彼らの本音を聞いていました。あからさまに非難することはありませんでしたが、たいてい「近づかないに越したことはない」といった空気になったものでした。
    先日、私が創価から覚醒したことを告げて謝罪した昔からの友人の反応も「まあ、こうして気がついてよかったじゃない。べつに何にも気にしてないし、何にも変わらないよ」と言ってくれたのは、彼にとってみれば素直な気持ちだったろうし、私のほうが勝手に自分の中でいっぱいいっぱいになっていたんだなと思ったくらいです。
    でも、少なくともこれから数人には直接会って謝罪しないといけないと思っています。たとえそれが自分の責任逃れのための自己満足な行為であったとしても、それを受けとめてくれる場所がなければ、大げさではなく生きていけない気がしています。
    どこまでワガママなんでしょうね。自分でも嫌になります。
    このブログを運営しているのも、責任逃れをしたいというワガママなのかもしれません。それはいつも感じています。今さら何をしようが自分の人生を取り戻すことはできないのですが、せめて自分の行動でほんの少しでも早く創価の間違いに気がついてくれる人がいればというのが、せめてもの救いになっています。これは多かれ少なかれ、創価の間違いに気づいた皆さんが背負っている荷物なのではないかとも思います。みなさんの体験を語りづくことが、創価から静かに去る人が増えるきっかけとなると思います。
    あと2日か3日で200万アクセスです。これは単に数が多いから嬉しいということではなく、この積み重ねが確実に創価の被害を少なくしているんだとの希望の数だと信じています。
    みなさん、これからもここにたくさんの真実の声が積み重なるようにご協力をお願いします。

  108. 安保法制について、維新から合憲での対案が提出されたりと、
    憲法改正には議論が及ぶことなく、成立へと運ばれるのかもといった状況ですね。
    憲法改正については、公明党は加憲でとしてましたが、政教分離へ触れられることも当分なく、
    首の皮一枚つながったか…という印象ですね。
    沖縄の報道規制への発言問題についても、言論の自由が制限されることがあってはならない、
    と山口代表が苦言を呈し、自民党からの謝罪をなぜか受け入れて、スタンスを死守したという。

    こういうところで、狡猾に立ち回るのが得意なんですよ、素人には想像もつかない…
    とにかく体制が維持できればよしとしている、現役信者のことなんかそっちのけ、
    こんな組織団体に、いつまでもぐずぐずしていても、何の解決にも至りません。
    自分から、自由に脱ける権利を大事にしなければなりません

  109. せーやさん

    ありがとうございます。ちょっと気持ちが不安定な状態が続いているので、ロムっぽい感じが続くかもしれません。でも、少し時間が経ったらまた元気になると思います♪お気遣い、ありがとうございます。

    いろいろと大変だと思うのですが、娘さんに優しくしてあげてくださいね。たぶん娘さんはお母さんの行動が「八つ当たり」だとは今は認識できていないと思います。「自分が悪いんだ」「私が悪い子だから、お母さんは機嫌が悪いんだ」「私のせいだ」って思って悲しんでいると思います。
    実際に私がそうでした。そして、ある年齢を超えると「あの時のあれは私が悪いんじゃなくて八つ当たりだったんだ……」と気づいて愕然とします。私もそうでした。
    私の場合は酷い虐待状態で、おまけに「お母さんが喜んでくれるように」と学会活動に励んでしまったのでもうどうしようもないですが、せーやさんの場合は覚醒もされていることですし、まだ娘さんはとても幸せだと思います。
    どうか娘さんに愛をいっぱい注いで上げてください(^^)

  110. こんにちは。
    一つのテーマに一回だけのコメントをさせて頂こうと決めていたのですが、最近の皆さんのコメントを読ませて頂くと、うん、うんと納得することばかりで、また書いています。
    コージさん
    「何ですか?このペラッペラの本尊は?「お手製ですか?」もう爆笑してしまいました。
    シニフィエさんも、こちらの皆さんも、カラーコピーの偽物と何回も言われていたので、私も今日まじまじと裏も表も見ましたが、皆さんのおっしゃるとおり、お粗末な物ですね。
    震災の時、津波が来るから高台に逃げろ、と言われて着のみ着のまま、財布も持たずに高台を目指しました。何も持って逃げられない状況の中でも、ご本尊様だけをふところの中に入れて、逃げた会員さんもたくさんいました。途中で気がついて引き返した人は・・・
    本当に、この薄っぺらいただのカラーコピーの紙は、罪深いです。
    私は以前、学会に対して批判的なことと、疑問に思ったことを口にした時すぐに幹部指導が入りました
    最初は徹底して聞き役にまわります。
    こちらの言いたいことを全部吐かせて、そこで、いちばん弱いとろを見極めて、その部分だけを、ガンガン攻めてきます。最後には、私自身さえも否定されていました。
    辛くて、涙がポロポロ出て、「どうもすみませんでした。」と頭を下げたことがありました。
    レモンさんの、脱会者への対応マニュアル、その通りですね、納得しました。
    今度は、泣きません!

  111. 自分の責任逃れで、創価の事を人に話しているわけではないと思ってます。
    今まで正しいと思い込んで話してきたことの間違いに気がついた。
    それを伝えたい。それだけです。
    傲慢だとかでもないと思います。
    なぜ創価学会を世間では嫌っているのに、
    公明党は与党になり、
    国税局、外務省、裁判官などもたくさんの学会員がいて、
    他の新聞もイケダの世界交友録など、取り上げたりしているのかなど
    疑問を感じていました。
    私たちだけが、騙されているのか?
    世間の一部の人たちは、カルトな創価学会を知っていながら、潰しません。
    創価学会を上手く利用しているのではないかと今は思ってます。
    創価学会の存在は、私たち創価学会員だった人間たちだけの問題ではないと思います。
    このようなカルト的宗教を利用する人がいるから
    今まで続いてるのではないですか?
    創価学会ではない人は、自分のことではないから関係ないと思っているようですが、
    政治の事だけでも、今、与党になってる公明党の存在が、創価学会員ではない方にも
    関係してしまってる事を伝えたい。と思ってます。

  112. にゃんこ丸さん、ありがとうございます!
    うちの娘は、もういい年の大人なのですが、いつまでも私に甘え過ぎなんですよ。
    やっと先ほど仲直りしました(^-^)
    外部の友達にも言われました。
    「娘さんが、結婚する前に覚醒できてよかったね。」と。

    にゃんこ丸さんは、つらい思いをされてきたのですね。
    でも、お母さんのことちゃんと理解されていて凄いです。
    動物もお好きなようで、優しさが伝わってきます。
    気持ちがつらい時は、お互い動物に癒されましょうね。

    ては、また元気になって戻ってきて下さい!

  113. 公明党を創設した理由。
    表向きは、「仏法の理念を政治に反映し・・・」
    本音は「創価を守るため(池田を守るため)」

    公明党がしてきたこと、していることをみればわかります。
    商品券とかに惑わされてはいけません。

    新進党のときに池田の証人喚問を阻止するために、議員がピケをはりました。
    かわりに空き家(秋谷)会長が証人喚問にでました。
    権力の魔性がいよいよ牙をむいてきた!と教えられてきました。

    安保法制も、本当に「殺を否定」するなら、それをきちんと貫くのがいいでしょう。
    ようは「スジを通せ!」ですね。

    池田というアキレス腱を握られているので、従うしかないでしょうね。

    マスコミも結局は世界的などこぞの資本が大株主ですし、日本のニュースネタもロ○ター通信とかが大本ですし、この方々が、やりたいように日本の世論を誘導しているだけなので。創価はただ単に利用されているにすぎません。けなげにFとりしているのがあわれですね。


  114. 最近、私がはまっているネット情報です
    ラッキーでたらめ放送局。
    水曜日配信です
    たくさん配信しているうちの一つ紹介します。
    創価学会を辞めてからの私は、子宮頸がんワクチンの真実を知って、大泣きしました。
    でも、今は泣きません。
    自分の頭で考え調べ選別し、生きていく覚悟をしました。
    母に、私、学会やめたよとつたえたら、
    あなたのことは何も心配していなかったけど、創価学会にはいったことだけが心配だった。
    良かったと言ってくれました。
    母は、去年なくなりました。母に伝えるの間に合いました。
    会える時に会える人を大事に、本音で話して生きていきたいと思ってます。
    自分のダメな部分もさらけ出して理解されなくても、うまくいかなくても、無駄なようでも
    嘘や洗脳する力には、挑み続けるつもりです。
    シニフィエさんのブログにも助けられました。

  115. あわわっ!あと8613で200万アクセスです(^^;)
    このぶんだと月曜か火曜ですね。
    みなさん!その時はなにか一言、お願いします。初めての方も、自己紹介無しで承認します!
    よろしくお願いしますm( _ _ )m

  116. signifieさん、常連さん、新しい方、ロム専の方
    脱会から半年過ぎた、にゃんころころです
    ブログ、すごい勢いですね、お祝いスタンバイ👍

    春に外部の友人Aに脱会した事を伝えました。
    Aとは区婦人部長と3人でPTA活動することがあり
    子供たちは大きくなりましたが
    「ランチしようか」とかって時、一緒に行く事が多かったので
    伝えておいた方がいいだろうという思いからでした。
    伝えた日の夜Aからメールがあり
    「主人が久しぶりに、にゃんころころさんと話がしたいって言ってます。近いうちに我が家に遊びに来てください」

    遊びに行くと
    「僕はにゃんころころさんが、学会っておかしいって思ってた…」
    その後は今まで聞いていなかった
    A一家の親兄弟の悩み等々

    子ども同志が仲良しだったこともあり
    これまでも色々な話をしてきたつもりでしたが
    ある一線を引いてお付き合いされていたのだって…

    当たり前ですよね
    弱みや悩みを出すとそこに付け込まれるかもしれない
    新聞啓蒙・選挙のお願い他、したことなくっても
    外部の方からみたら
    もしかしてって要警戒人物ですよね

    先日スーパーの出入口で
    幹部の方とすれ違いました。
    私は買い物終わり車に乗るためサングラスしていたのですが
    思いっきり睨まれました!まるで化け物でも見るように。
    いつも、にこやかで常に満面の笑みをたたえていた婦人が
    あんな顔するんだって、また一つ勉強しました。

  117. このグログを2011年12月にスタートしてから、3年7ヶ月経ちました。
    この間、現役創価学会員の方が何人もコメントされましたが、どなたもいわゆる「創価スイッチ」が全開の方で、まったく話になりませんでした。また、脱会者の方の中にも、ちょっと変わった方がいらっしゃいまして、創価はおかしいが、自分だけは日蓮の本当の信仰を知っていて「自分こそが正しい信仰を貫いているのだ、わかったかコノヤロー、。おまいらみんな何にもわかっちゃいねえんだよ、かわいそうなアンチさんだね〜」といった創価をやってもやめても同じような困ったちゃんがけっこういらっしゃいました(笑)。ほとんど学会員と見分けがつきませんでしたが、最近ではそんな方もパッタリと来なくなりました。
    そんな中、あの白いブランコさんだけは、ある程度まともな会話ができる唯一の方でしたので、私はできるだけきちんと対話ができるようにと場を設定し、2ヶ月以上に渡って対話を試みました。過去ログで「白いブランコさんとの対話」でご覧いただけます。この方との対話は、かなり細かいところまでやったつもりですが、最終的には白いブランコさんは「創価学会は正しい宗教団体である」という主張。私は「創価学会は詐欺団体である」という主張で、かみ合うことはありませんでした。その白いブランコさんは、自らの信念に基づき、創価学会は本当は正しいんだけれども、一部の幹部が池田氏の言うことを聞かずに暴走することによっておかしなことになっているから、末端会員の改善活動によって創価学会全体を本来の「正しい宗教団体」に戻す運動を始めます。と宣言して、自ら「創価ルネサンス〜創価学会改善運動」というブログを立ち上げて、自分の地区の学会員さんと、創価学会の改善点についての話し合いをされました。その様子はこちら↓からご覧いただけます。
    http://blog.livedoor.jp/soka_renaissance/

    私も議論が盛り上がるようにと途中までコメントしたり、こちらのブログからも何人かの方がコメントされていましたので、一日に200程度のアクセスはありました。
    しかし学会員であるyさんと言う方が、私に対して「コメントはご遠慮ください。用がある時はこちらから声をかけます」と、なぜかブログ主でもないのに言ってきました。それで私はコメントを控えていたのですが、そのうちyさんをはじめ、誰もコメントしなくなりました。さらにブログ主である白いブランコさんさえまったく更新しなくなりました。ブログがスタートしてまだ2ヶ月ほどのことです。
    それで私としては、あれほどこちらのブログで創価の正義を視聴されていた方が、なんで突然自分のブログをホッパラかしにしているのか、なんだかずっと気になっていたので、先日からコメントを再開しました。7月2日まではすぐにコメントを公開してくださったので、白いブランコさん自身はブログを管理できる状態にあることはわかりましたが、それでもコメントに対する返事はいっさいありません。それで昨日書いたコメントはまだ見られていないのか、公表はされていませんでした。そこで先日からの私の白いブランコさんへのコメントを下に転載します。
    皆さんから「もういいじゃないの」と言われそうですが、私としてはやっぱり気になってるんです。なんかあったんじゃないか?ブログを続けられないことが白いブランコさんに起きているんじゃないか?って。それが外部からの要因か、白いブランコさんの考えによる「ブログのボイコット」なのかはわかりません。白いブランコさんは現役の活動家でありながら選挙活動は自分一人ボイコットする方ですので、もしかしたら自分のブログまでもボイコットしたのかもしれません(笑)冗談はともかく、あれだけ誠実に真摯に私と対話を続けてこられた方が、自分の一大決心で立ち上げられたであろう創価学会改善活動のためのブログを、どうして2ヶ月足らずでほっぽり出したのか、それが気になってしょうがないんです。とんでもないアウェーであるこのブログに飛び込んできて、あれだけ自分の意見をはっきりと主張されてきた白いブランコさんが、どうして何の説明もなく自分のブログをほっぱらかしているのか、これはやはり何かあるんじゃないかって、本気で心配してるんです。
    「創価学会改善活動は無理だとわかりました」ならそれでいいじゃないですか。これまでも福島副会長をはじめとして、大幹部から末端会員までさんざん「改善活動」の声を上げてきては、まったく聞き入れられなかったんですから、選挙活動を自分一人ボイコットすることの何が改善に繋がるのかということもさんざん話はしてきたつもりでした。
    いま、白いブランコさんはどうしているんでしょう?
    まだ地区部長として頑張っているんでしょうか?
    それとも改善活動に誰一人賛同する人がいなくていじけてるんでしょうか?
    賛同者がいたとしたら、決して変わらない創価に幻滅して、また、反逆者とかキチガイ扱いされて追い出されるのがオチです。
    白いブランコさん。どうかその後に何か心境の変化などがありましたら、ぜひ自分のブログ上でけっこうですから、お答えください。少なくとも私は心配しています。
    ________________________

    2015年06月22日 17:27
    白いブランコさん、ご無沙汰しています。

    yさんから「ご遠慮ください」と言われましたのでコメントしないようにしてきましたが、「ご遠慮ください」と言っていたyさんさえ見えないので、どうしたんだろうと思ってコメントしてみました。

    このブログはもう終わったのでしょうか?

    白いブランコさんがあれほどまでに言われていた創価学会改善運動はもう終わりですか?

    せめて終わるのか続けるのかぐらいは言ってもらわないと、これまでコメントされてきた方にも失礼ではないかと思うのですが、いかがでしょう。

    それとも白いブランコさんの身の上に何かしら起って、ブログの運営ができない状態なのでしょうか?

    他の方もコメントししているけれども、承認できない状況なのでしょうか?

    できましたら何かしらお返事をいただけるとありがたいです。

    2015年06月30日 13:05
    白いブランコさん、こんにちは。
    先日はコメントの承認ありがとうございます。

    前回もお訊きしましたが、こちらのブログはもうやめたのでしょうか?

    このブログ、つまり白いブランコさんによる創価学会改善活動を進めていく上で、なにかしらできなくなるようなことでもあったのでしょうか?

    それとも単に白いブランコさんがやる気がなくなったということでしょうか?

    白いブランコさんはもう3週間以上もこのブログの更新をされていません。

    私としては白いブランコさんの創価学会改善活動がどのように展開されるのかとても興味があったのです。もちろんそれは容易なことではないし、これまで幾多の方が挑まれて失敗したことか。福島副会長をはじめとして、大幹部から末端の会員の多くが創価学会改善活動を試みては挫折し脱会していきました。私は個人的には改善など基本的に無理だと思っています。それは創価学会が宗教団体ではなく詐欺団体だとわかったからです。創価学会の目的が会員を騙してお金を巻き上げることであれば、改善などお門違いだと言うことの辻褄が合います。もし白いブランコさんが言うように創価学会はほんとは正しい宗教団体なのだとすれば、白いブランコさんが立ち上がらなくとも、もうとっくの昔に改善されていてしかるべきだと思うのです。しかし現実は違いますよね。会員に対して創価はきれいごとの建前しか言わないし、会員の言うことを聞くような組織ではないことは白いブランコさんもわかっているのではないでしょうか。だからこそ選挙活動もボイコットされたんですよね。白いブランコさんが疑問に思っている公明党への支援活動にしても、創価の態度は決して変わることはありませんよね。いま本当におかしくなった安倍政権に対して公明党は何も言いません。

    2015年06月30日 13:05
    先日、自民党が朝まで生テレビをドタキャンしたら、公明党も「足並みを揃える」と言ってドタキャンしました。こうまでしても公明党は自民党に「足並みを揃える」んです。どんな政策だろうが自民党と足並みを揃えなければならない「負い目」があることがわかりませんか?それとも集団的自衛権や安保法制は日本の平和にとって欠かせないと公明党や創価学会は本気で信じていると思いますか?そしてそんな創価学会を白いブランコさんは「正しい宗教団体である」と心底信じていけるのでしょうか?おかしいとは思いませんか?創価学会が正しい宗教団体であることを裏付けるような現実がどこにも見当たりません。創価学会が詐欺団体であることを裏付ける事実はいくらでもあります。いちどそのことを考えて欲しいです。
    白いブランコさんはこのブログを立ち上げて、数週間で黙ってしまわれました。黙った理由もなにも言ってません。突然6月09日 07:03のコメントを最後にほったらかしのままです。ということはこれ以上白いブランコさんは創価学会改善活動をする気がなくなったと考えていのでしょうか?私はそれを知りたいんです。やる気があるのかないのか。せめてそれだけでも教えていただけませんか?

    2015年07月02日 14:05
    白いブランコさん、こんにちは。
    私のブログはあと5日で200万アクセスを突破します。
    1日に5500〜6000のアクセスをいただいています。それだけ創価学会に問題意識を持っている人が多いと言うことと、創価学会は正しい宗教などではなく、巨大な詐欺団体だと言うことに賛同する人がここまでいるんだということの表れではないでしょうか。
    こちらのブログは1日のアクセス数は、もう50にも満たないですよね。これがどういうことか白いブランコさんもわかるでしょう。創価学会改善運動なるものに誰も興味を示さないと言うことですよね。なんらかのリアクションがあればいいなとは思いましたが、また、あるとも思えませんでした。それは私は最初から言ってきたと思います。
    私は自分のブログを自慢するためにこんなことを書いているのではありません。そんな暇はありません。私は白いブランコさんに、この決定的に動かしがたい事実についてどう感じているのかをお訊きしたいんです。黙ってるなんて白いブランコさんらしくないのではないですか?白いブランコさんが提唱され、ブログまで立ち上げられて頑張ろうとしてきた創価学会改善活動なるものを、今、白いブランコさんはどのように行動し、その結果どのように感じておられるのか。そして今後どのようにしていこうと思っているのか。ぜひ訊かせていただきたいんです。このままほったらかすつもりでしょうか?まじめにコメントされてきた方に失礼ではないですか?ブログ主としての考えを述べないことには、はじめからその程度の気持ちだったのかと言われても仕方ありませんよ。あるいはこれが白いブランコさんが主張されてきた「正しい創価学会のやること」ということで判断していいんですね。
    私のコメントを承認する気持ちと時間があるのであれば、ぜひ白いブランコさんの考えを聞かせてもらえませんでしょうか。どうかよろしくお願いします。

    2015年07月03日
    白いブランコさん、こんばんは。
    私のコメントを承認していただいてありがとうございます。
    私のコメントは白いブランコさんにとっては耳が痛いと思います。それでもこうして承認してくださるのは、白いブランコさんの人間性の素晴らしさだと思います。
    それでも私からの質問には答えてはいただけないのでしょうか。

    それからこのブログを我がもののように仕切っていたyさんの姿も見えません。
    あれだけ大きなことを言っておきながら、どうしたんでしょう。
    yさんにとっての創価学会改善活動も、結局はその程度のことだったのだと判断せざるを得ません。また私などからすれば、yさんは単に白いブランコさんの邪魔をしただけのような気がします。
    立ってなことを言うだけ言って、体勢が悪くなると、とっとと姿をくらますような方だったのだと思います。そうとられても仕方ありませんよね。結局、白いブランコさんの誠実な思いをyさんがひっかきまわして、ブログ自体の信頼性までもぶちこわして知らん顔して逃げていった。このブログの大きな敗因はyさんの存在もあったのだと思います。

    白いブランコさん。あなたが地区部長をしているの地区は、いまどうなっていますか?選挙を一人ボイコットしたあなたに創価学会の組織を束ねるリーダーシップがあるのでしょうか?あなた以外に地区部長になれる人材がいなくて、組織に疑問を感じている白いブランコさんが仕方なく地区部長の役をしておられるのでしょうか。あなたの地区の顔ぶれを思い浮かべてみてください。そのうえであなたの地区から創価学会は改革できると思いますか?できるできないにかかわらず、それでも改善運動をやるべきだと考えますか?でも白いブランコさんは「やりたい人だけがやりたいことだけをやればいい組織」にしたいんですよね。そういうのを組織と言えるのかどうかは知りませんが、少なくともそれが白いブランコさんの理想の創価学会の姿だと理解しています。だから地区の人にも「こうしなさい」とは言わないんですよね。ただ自分はこう思うからそうする。思わない人はしなくていい。その考えを端的にこのブログが表しているとは思いませんか?何の説得力もないんです。白いブランコさんの地区の活動家はこの信仰に力があって、功徳があって、自分もその功徳にあやかりたいと思って新聞啓蒙や折伏や選挙活動に走り回り、1円でもたくさんお金を出せば功徳をたくさん貰えると信じて活動をしているわけです。そこに地区のリーダーである白いブランコさんが「やりたい人だけがやりたいことだけをやればいい」なんて絶対に納得できるわけがないでしょう。彼らは功徳欲しさに活動しています。功徳があると信じているからいやなこともするし、お金も出すんです。それをリーダーが「そんなことしなくていいよ。やりたい人だけやるのが信仰です」と言われても、彼らの耳に届くわけがありません。「この地区部長はいったい何を言ってるんだろう?」と理解に苦しむでしょう。それは彼らの望むところが白いブランコさんとは決定的に違うからだと思うんです。だからこのブログにしても、あなたの地区にしても「笛吹けど踊らず」の状態です。創価学会の改善なんて地区の人にとってはどうでもいいんです。自分に功徳があれば、創価の組織がどうなっていようと、自分がどうこう言うことではないし、言ったところでどうなるわけでもないし、そんなことしたらせっかくの功徳がなくなってしまうと恐れているかもしれません。学会員さんはそんなふうに教えられていますから、組織に歯向かうなんてもってのほかです。せっかくやってきたことが水の泡です。これまで出してきた財務のお金をドブに捨てるようなものですよね。あなたの地区に理解者はいなかったのではないですか?直接は言わなくても、遠回しにあなたを避けているんじゃないですか?私には最初から想像できていました。というか、私に限らず、創価が現実に気づいた私のブログに来られるたくさんの方は、そんなことみんなはじめからわかっていましたよ。それがなぜ白いブランコさんにはわからなかったのか。それは白いブランコさんが「創価学会は正しい宗教団体だ」ということを信じて疑わないからです。その一点を譲らないがために、こんな簡単なことが見えなくなってしまっているんですよ。「創価学会は詐欺団体だ」ということをにわかに信じがたいという気持ちはよくわかります。私だって信じたくはなかった。しかしそう考えたときに、すべての創価学会の矛盾がきれいに解き明かされるんです。見えてくるんです。もちろんそれは私だけではありません。私のブログに今も毎日のように増えている脱会者さんからのコメントとして、その事実が山のように寄せられています。それがあと2、3日で200万アクセスのブログに到達するんです。この事実を白いブランコさんはどう考えますか?もし白いブランコさんが信じて疑わない「創価学会は正しい宗教団体である」というテーゼを、この事実とどう噛み合わせることができるのでしょう。
    このブログを白いブランコさんがほったらかしていると言うことは、白いブランコさんは、そのことにうすうす気がつき始めているということではないでしょうか?だから目の前の事実を理論だって説明することができないで戸惑っている。違いますか?
    何も無理をすることはないと思います。白いブランコさんのもともと持っていらっしゃる誠実な人柄で、ありのままに現実を受けとめて、それを自分の頭で考えて、創価学会はどういう組織なのかということを、もう一度考えてみてはいかがでしょうか。
    これまで私は白いブランコさんに何度も言ってきましたが、一般的なことは普通に話せるのに、創価のことに関してだけ自分の考えではなく創価の表面的な建前しか話さなくなりましたよね。白いブランコさんの中で、そこにだけ強烈なバイアスがかかっているように見えます。そこだけ特異地帯なんです。外から見るとそこだけ異様な世界なんです。それ以外では私のような人間とは比べものにならないくらい誠実で寛大な心の方だと思っています。
    どうでしょう。ここまで言っても重い口を開いてはくれませんか?白いブランコさんの今現在の創価学会に対する思いを聞かせてはいただけませんでしょうか?
    _____________________

    以上、転載終了

  118. のぞみさん
    機会があったらフーフーしてみて下さいねw

    シニフィエさん、あと少しですね!
    他のブログも見ていますがこんなに沢山の人が見ているのはここだけじゃないでしょうか?
    皆さんの切実な想いが伝わって周りに広がっているのだと思います。
    相談したくても出来なかった人も、ここで同じような事で悩んでいる人の話を聞き思わずロム専からコメントしまう人が多いのではないでしょうか。
    私も思わずコメントしてましたから。
    200万アクセスの時はまたお祝いコメントします☆

  119. 加奈子さん、辛かったですね…。
    幹部指導、本当上から目線ですよね。何様⁈
    本人達はこれが正義だと思って大真面目なんでしょうけど。
    レモンさんの脱会希望者マニュアル、きっとあるんでしょうね。

    私も脱会する前、幹部4人に囲まれました。
    「どういう風にブロックまわってるの?」と。
    ブロック座談会が終わった後でした。
    最近はブロックまわりも億劫になり、連絡はポストインで済ませていた私。連絡もメールやLINEで済ませていました。
    そしたらなんと、部員さんの参加がゼロでした!。幹部の冷ややかな目といったら…。
    もう馬鹿らしくて途中で投げ出したかったけど、最後まで頑張りました。
    そして案の定、「ラベンダーさん、ちょっといい?」と。
    「今は何も悩みもなく幸せそうだけど、何かあった時の信心なのよ」「これからきっと何か起こるかもしれない」
    何かってなに?
    そりゃ人間、生きていれば病気にもなるだろうし、明日事故にあうかもしれない。
    でも、私はそれも自分の運命だと思って素直に受け入れようと思います。
    何かあるかもしれないと怯えながら生きるより、生かしてもらっている今を大切にして、生き生きと生きていきたいと思います。
    創価の活動で縛られるのなんて金輪際お断りです!

  120. こんばんは。
    先日、友人(折伏の親)に会って来ました。非活になってから3回目です。少しずつ創価の真実(まずは本尊のことと会則変更から)をゆるく話して来ましたが、今回は友人の方から池田センセーはどうしているの?会合でメッセージだけは読まれるけど、何やってるの?家庭訪問に来る人は皆同じ事しか言わないし、反抗しようものなら100倍になって返ってくるし、黙って聞き流して早く帰ってもらってると言ってました。
    執筆もメッセージもゴーストライターが書いてるんだよと話したら「ゴーストライターが書いてるの?」と目を点にしてました。頭に入って行かない様子でした。

    全て突き付けてほら間違いだし嘘だったんだよ、と言っても長年頼れるものは御本尊と池田センセーだけだったから、シャッターは自然と降りてしまうと思うんです。なので少しずつ彼女に合わせて話していこうと思っています。
    また彼女は今新たな悩みが出てきているので「題目しかない、でもまた毎日3時間はできない」と泣いていました。今はもう「私もお題目送るからまた一緒に頑張ろう」と言ってあげられないけれど、30年以上の付き合いなので、ただ友人として励まし支え合って行けると信じています。

    6月で新聞その他の冊子止めました。半年前までは新聞を止める日が来るなんて夢にも思ってなかったのですごい開放感です。
    今思えば啓蒙をしながらも、自分が聖教新聞を取っていることは世間に知られたくない気持ちがありました。
    「この人創価学会なんだ」と知人に思われるのを心の奥では嫌だったんですね。
    あからさまに、異様なものを見る目や、バカにした態度に相手が変わるのを何度も経験しましたし、連絡取れなくなった友人や、「何故創価学会に入ったの?本当の友達なら勧誘とかしないよね」と言った友人もいました。

    レモンさん、退会理由の段階の話し参考になりました。私は一切接触せずに消え去りたいです(汗)

    signifieさん、本当にもう少しで200万アクセスですね!楽しみです☆

  121. スマイルさんの組織の方が言われた
    >権力の魔性がいよいよ牙をむいてきた!と教えられてきました。

    証人喚問が権力の魔性(^_^;)
    はい、きっと魔性なんでしょうね。
    でもその魔性に勝つのが学会精神なんでしょ。
    池田センセイがその堂々たる獅子のように?戦うところ見たかったな~。
    そしたら、世間の悪しき噂も払拭できたじゃないですか?
    わざわざ本部幹部会の中継に友人を誘わなくても、ブラウン管で偉大な師匠を宣伝できたじゃないですか?

    いいえ、会員も本当はわかっていたと思います。
    証人喚問は、王国でも何様でも特別扱いしません。
    センセイがそんなところに引っ張り出されて、ツッコまれてシドロモドロになって惨めな醜態を晒すのは見たくない!
    センセイはスーパーマンでも仏様でもない。
    具体的な現実を突きつけられた時、ハッとそう思いましたよね。
    そう、普段はそんな現実に目を向けないように、会員がそんなリアルなことを考えないように、絵空事の話をしているんです。
    世界の要人と並ぶ位置にいるとか、宇宙規模の思想家だとか。
    そんな話ばっかり明けても暮れてもして、現実の池田を考えないようにさせているんですよね。
    考えてはいけない、勘繰ってはいけない。
    姿を見せなくなっても厳しい現実は想像してはいけない。
    「センセイはお元気で執筆活動されている」

    現実は証人喚問にパニックになって逃げ回るような男です。
    学会員さんも痛いところを突かれると別世界に逃げてませんか?
    見ないように考えないように。

  122. おぉ!200万アクセスまでもう少しなのですね! 本当にすごいブログですね。
    達成したらお祝いの投稿で、また盛り上がりますね!

    食玩(オマケ付きお菓子)の精巧なフィギュアで有名な「海洋堂」から、「動く仏像」なるものがヒットしているそうです。
    動く仏像と言っても、動力で動くのではなく、アクションフィギュアの要素を取り入れた仏像のフィギュアで、
    手や足が可動し、自分の好きなポーズをつけて飾っておける仏像フィギュアなんです。
    その仏像に合った武器を持たせる事が出来るモデルもあるそうですよ。
    例えると、特撮ヒーローものに出てくる強敵キャラ、みたいな感じですかね。
    しかも、動きだけでなく、造形自体が非常にリアルなので、仏像マニアの方にも好評だとか。
    興味のある方は、ネットで検索してみてくださいませ。

    ミニーさん、
    そうですか、内部の友人を覚醒させる事に成功したんですね!おめでとうございます!
    説明と合わせて、こちらのブログを紹介すると、より一層効果的ですよね。
    ほんと、創価がどんな形でボロが出て、衰退して崩壊していくのか、高見の見物で見届けたい気持ちもありますよね。

    レモンさん、
    脱会者引きとめ工作マニュアル、酷い内容ですね・・・・・(;´Д`)
    もう、脱会希望の人を仏敵とか反逆者扱いで、「勝手に地獄に落ちろ!」とでも言わんばかりの対応ですね。
    これが、長年、創価のために働いてきた人間に対する仕打ちでしょうか??
    何が「平和、教育、文化」の団体でしょうか? 「口封じ」的な部分が、もう悪の秘密結社以外の何物でもないですね。
    仏敵も何も、創価についていけないから静かに脱会したいだけなのに・・・ 恐ろしい話です。

    ラベンダーさん、
    >自分の薄っぺらで軽薄なコメントに自己嫌悪し、ロム専になろうと思って
    何をおっしゃる! ダメですよ!ロム専なんて! (^_^;) 
    ラベンダーさんも、分かりやすくて理知的な文章じゃないですか!
    ここの皆様のコメントは、確かにみんなすごい丁寧で理知的で、感心する事ばかりですよね、
    私も、見直しながら、書きながら消しながら修整しながら、の繰り返しですよ~~
    ラベンダーさんも、ロム専なんて寂しい事言わずに、1~2行だけでも、元気な顔見せてくださいよ^^

    宝星さん、 輝子さん、 のぞみさん、 加奈子さん、 レスありがとうございます。

    ところで、今日の聖教新聞に、「モスクワ大学で学術シンポジウム  SGI会長がメッセージ」
    まあ、いつもの事ですが、今回は3面の大部分を、池田SGI会長のメッセージが占めているんですが・・・・・
    池田SGI会長って、同姓同名で2人いる、なんて事はないですよね?(笑)
    海外を巻き込んで、大々的に書いちゃって大丈夫なんですか? ゴーストライターではないんですか?
    内部の回覧板ならまだしも、外部にもたくさん売りつけている新聞でしょ?
    今後、例えば、池田名誉会長が亡くなった報道をした時に、池田SGI会長より弔電メッセージが届いております、とか
    大失敗をやらかしても知りませんよ?  いやほんと、マジで知りませんからね!

  123. 日蓮さんの教えが完璧で、創価学会がその完璧な教えを受け継いだ世界唯一の宗教団体であるとするなら、豊富な資金力と優秀な人材力を生かし、またインターネットを駆使しながら急ピッチで コウセンルフが進んでも良さそうなものですが…。
    それと、創価学会が仏意仏勅の世界唯一正しい宗教団体であるとするなら、いい加減にイケダセンセイを上回るカリスマ性を備えた、会員をバリバリ引っ張っていけるような後継者が現れても良さそうなものですが…。
    年老いてヨボヨボになった師匠に来る日も来る日も長文のメッセージを書かせるのは酷だと思いますがね~。甘えてないですか?活動家の皆様!!
    まだまだ会員の題目が足りないのでしょうか?はたまたコピー御本尊に問題があるのでしょうか?
    聖教新聞では相変わらず、「大勝利」だの「大躍進」だのと、オメデタイ言葉が踊っているようですが、「大丈夫」ですか!?
    白いブランコさん、酷いブランクさんになっとる場合ではないデスヨ!!
    まあ、我々にとってはどうでもいいことですが…。

    200万アクセスまであとわずかですね。
    なつかしい方々からのコメントを楽しみにしてます。
    (^_^)
    スレ違いにて 失礼しました。

  124. レモンさんの脱会者対策マニュアル。。。聞いてあきれました。

    昨日、子供が通っていた塾の本部から電話がありました。
    「はじめまして。○○塾本部のAと申します。このたびは○○さんが、○○分校を退塾されたとうかがいまして、その件につきまして、サービス向上のためのアンケートのためにお電話さしあげました」と。

    創価と全然ちがいますよね。

    塾の場合、また一般企業の場合、顧客がはなれたら、自分たちのサービス等を改善しようとします。
    創価の場合、「自分たちは絶対に正しい」のでこれっぽっちも改善しようとしません。
    こういうところが「独善的」なんです!

    そして「心が狭い」!
    にゃんころころさんのスーパーでの出来事を知りびっくりしました。いくらなんでもにらんでくるなんて・・・
    いまどき街角のワルでもそんなことしませんよね。
    悲しいですよね・・・
    自分の行動が相手にどのような感情をもたらすのか、思いやりがない証拠です。それでいて、創価の活動家は「私は慈悲の心を持っている」と思い込んでいます。

    このブログで皆さんが受けた苦痛をおききしていると、自分自身の当時の考えがよくわかります。
    「この仏法は人を幸せにして、全人類を幸せにして、世界平和をもたらす力のある唯一の教えである」
    「この教えに人々を帰依させていくことが、慈悲である」
    「私はこの教えを人々に教えるという崇高な活動をしている」
    「脱会者は、不幸になる。いま不幸にならなくても、将来不幸になる。この世で罰がくだらなくても、未来世は堕地獄である。途中でやめる罪は、初めから信心していない人の何億倍も罪が重い」
    創価脳からすれば、このブログに集まっている方々は「どうしようもないほど罪深き人間」らしいですよ!(^O^)
    カキコしながら、笑っちゃいました!やっぱり創価はおかしいです。

    心理カウンセラーに宗教の問題を打ち明けた時、普段は聞き役の先生がめずらしく、おかしな点を並べ立てられてました。そして、私の物事の認知の仕方が歪んでいるのも「宗教にある」と暗に指摘されました。その時はわからなかったのですが、自分自身を見つめていると少しずつわかってきました。

    心を整理するために思索に入ります。
    もともと、我が家は、父が創価に入信しました。父の父(祖父)が亡くなったためです。
    もともと浄土真宗の檀家程度の信仰。「念仏無間」の言葉で父は入信。
    父は祖父を亡くした深い嘆きと悲しみの中の入信でした。「祖父の本当の供養のためには創価の信仰しかない」「祖父が病気で苦しんで死んだのは、念仏信仰のせい。」などの思い。
    念仏の否定と、祖父への思いやりの心。幸せになりたい心。

    逆に祖父の思いは何だったのだろう。祖父は妻(祖母)と子供たち4人を残して死ぬ。上の姉二人は嫁いでいる。下の長男(叔父)と次男(父)。父はまだ19歳。
    それはそれは心配だっただろう。自分自身が死ぬ恐怖、そして祖母へのすまない思い、一番下の父がまだ半人前、心配。叔父に「おまえは長男だ。しっかりしろ」叔父はその言葉を受け継いだ。
    父へは「すまない。立派になれよ。強く生きろ。なにかあったら兄(叔父)に相談するんだよ。兄弟力を合わせていきていくんだよ」と。
    祖母へは「先に死ぬ。すまない。子供たちを頼んだぞ。」
    祖母の思いは「子供たちを守る。家を守る!」
    等々。

    祖父の死後に父が創価に入信。叔父も祖母も入信した。
    父は池田にはまり、先祖代々の土地さえも創価にお布施しようとした。叔父はそれを阻止。
    父の思いは「これだけ悲しい思いをしたのは、念仏信仰のせい。創価の信仰で、一族は栄える。そのためにこの素晴らしい信仰を兄(叔父)と母(祖母)に教え入信させる」

    簡単に言えば、父は祖父を失った悲しみの原因を、念仏に原因があるとしたのでしょう。
    今の私、「父が苦しい思いをして亡くなったのは、創価の信仰のせい」

    おなじ構図だな。。。

    父からすれば、念仏を含め既存の葬式仏教は人をまもる力がない。幸せは創価の信仰をもとに自分で勝ち取るもの。現世利益的にも、本当の生命観の上からも。。。。。
    父は浄土真宗をきちんと学んだことはなっかったでしょうね。

    父が亡くなったのは、確かに創価の信者関係が引き金だったかもしれない。創価の信仰に父を守る力はなかった。創価は父を利用した。逆に父も創価の紹介のおかげで事業が発展した。。??
    しかし、当時の父の事業は希少価値があったので、創価があってもなくても発展していただろう。
    結局は創価あるなしかかわらず、父の事業は発展していただろう。

    ともあれ父は祖父を亡くした悲しみの原因を念仏信仰にもとめ、解決を創価の信仰に求めた。

    創価の信仰は役立たず、母は癌の壮絶な苦しみの中先立ち、父も深い悲しみの中、冷たい家の中で首つり自殺をした。葬式にきた幹部は父の提供した会場の心配をしたりしていた。追剥のように個人会場内の物品をあさる人々。。。愚かな姿。。。

    そして、息子が気づいた。「創価はただの宗教ビジネス詐欺集団」と。「創価の信仰には全く力がない。信仰活動は逆に不幸せになる活動だ」
    「対話を求めて」のブログには同じようなつらい思いをした方々の証言。。。

    父は念仏否定。創価肯定。
    息子は念仏嫌い(創価の洗脳のため色眼鏡で見ているから)。創価否定。
    それでは私のとる道は?
    とりあえず創価学会ならぬ創価脱会でしょう。

    天国の祖父は何を思っているだろう。
    「スマイル。違うよ。創価はおかしいよ。天国からみれば下界のマチガイがよーくわかるよ。お前のお父さん(私の息子)はずっと気づかなかったけどね。ここにきて気づいたみたいだよ。お前の母さんも(嫁さんだな)。冷静にまわりを見てみろよ。おかしなやつらばかりだろ?えっ?聖教新聞にいいことかいてある?現実の地元創価を見てみろよ。それが答えだよ。お前のまわりの創価が本当の創価の姿だよ。お前が体験してきたことが本当の創価の姿だよ。どうだい?」

    天国の祖母は何を思っているだろう。
    「スマイル。私が死ぬ前に会いに来てくれてありがとね。その時に連れてきた彼女が今の嫁さんやね。おばあちゃんが死んでから、題目あげるようになって創価の活動にはまったんやね。創価の活動あわないの?無理にすることないよ。でもね。ここにきて(天国にきて)わかったけど、おじいちゃん悲しんでるわ。お前のお父さんが若い時におじいさんが死んで、悲しいのはわかるけど、そして私もすごく悲しくて不安だった。お前のお父さんはとても優秀だったし、叔父さんも創価に入ったし、そのほうがいいと思って入信したけどね。天国にきておじいさん悲しんでいたよ。「お前たち、違うよ。念仏は関係ないよ。念仏で不幸になったの違うよ。それでよりによって、なんで創価やねん。あかんよ。お前たち。」って。おばあちゃん、死んだときに「名誉なんとかいう称号(名誉支部婦人部長?)」もらったけど、あんなの役にたたんわ。こっちきたら宗教とか関係ないけど、創価はあかんで。やってることが間違ってるよ。だからみんな苦しいんだよ。まわりの人も苦しんでるやろ?お前の父さん(私の息子)も苦しんでいたやろ?お母さんも苦しんだやろ?間違ってるんや。創価は。」

    天国の父は何を思っているのだろう。
    「スマイル。ありがとう。そっちいてると地獄やったわ。こっち来て気づいたわ。なんであんなもの信じてたんやろな。ウソつきの大悪党のあつまりや。わしは間違ってたわ。おじいさんに叱られたわ(たぶんフルボッコされた)。おばあさんも「騙された!」と言ってるわ。オカンも言ってるわ「悔しいよ!」って。叩かれまくったわ。みんなお見通しやわ。創価はやめろ。お前たち兄弟を入信させたので、わしは後悔している。もしお前が気づいたんやったら、兄弟につたえてやってくれ。できれば兄貴(叔父さん)にも。みんなに謝らなあかんわ」

    天国の母は何を思っているのだろう。
    「スマイル。Tのおじいちゃんとおばあちゃん(母の父母)、「仕方ないなー」って言ってるよ。正直怒ってるけどね。私も死ぬ間際まで題目上げていたけど、全然効果なかったわ。私死んでから、あの世からお父さんのこと叩きまくってたの。「なんで、創価みたいなウソを教えたのよ!おかげで死ぬときめっちゃ苦しかったやん。」って。信心は意味ないし、学会の人はあまり大きな声では言えなかったけど、「変な人」多いでしょ。関わらないほうがいいよ。そういえばあの上司(学会で同じ会社の人)どうしたの?犯罪犯していたみたいやね。みんな「池田先生、池田先生」いうてるけど、おかしな人ばかりやったわ。学会なんてどうでもいいんとちがう?Nちゃん(s大卒の弟)かわいそうやな。他の2人は信心する気ないので大丈夫やけど。A子のこと(妹)頼んだよ。」

    長々とありがとうございました。気が付くと朝でした。
    深夜早朝の思索。とても心が晴れます。
    創価は悪縁。結論です。

  125. シニフィエさんからの白いブランコさんへの呼びかけ
    こちらのブログに1番最初に白いブランコさんが書き込みしていたとき、ご自身で覚醒しつつあるという表現を使われていたと記憶しています。
    それは、選挙をボイコットしているだけであったわけですが、創価に対して何がしらの矛盾を抱えていたからこそ、こちらのブログに書きこんでいたと思います。
    奥様が支部婦人部長と書かれていましたので、我が家と同じ組み合わせだっただけに(支部長と地区婦・支部婦と地区部長)バリバリ創価脳の配偶者との生活は大変だろうなと勝手に想像してました。
    白いブランコさん、きっとこちらのブログも読んでいると思いますので、シニフィエさんの呼びかけに是非答えてほしいですね。

    モグワイさん
    私も創価と縁を切った事を両親と兄弟に報告するつもりです。
    大喜びしてくれると思います。
    それから、私も覚醒してから長年表彰の無冠の額縁、中の色紙は捨てて額縁は不燃ゴミに出しました。
    当時は嬉しかったけど、今となっては随分長く都合よく使われていたんだなという思いしかありません。

    コージさん
    >今後、例えば、池田名誉会長が亡くなった報道をした時に、池田SGI会長より弔電メッセージが届いております、とか
    大失敗をやらかしても知りませんよ?

    ありえますね(笑)
    コージさんのコメントには、いつもPCの前でプッと吹いて笑ってしまいます。
    笑いは癒しですね~

    今の私が強く感じているのは、創価の活動家は結局は使い捨ての駒なんだという事です。
    どれほど創価に尽くしてきても、創価に反旗を翻した者は、広宣流布の妨げとなる魔という扱いになってしまうんですよね。
    疑問を感じながら活動していた時も苦しく、覚醒しながら活動していた時は更に苦しく、非活になった今も苦しい。
    どうしてもっと早く気付けなかったんだろうと自問自答してしまう日々です。
    創価と関わってきたばかりに、こんな思いをこの先も抱えて生きていくことになるでしょう。

    それは、私だけはなく、こちらに集っている皆さんもきっと同じ思いだと思います。
    皆さんの書かれているコメントを読みながら、辛い思いがすごく伝わってきますし、気持ちがすごくわかります。
    書いても書いても、創価の毒は心の底に沈殿しています。
    心の回復には、そのような思いが共有できるこちらのブログの存在が本当に大きいですね

    200万アクセス、あと7千アクセスぐらいですから今夜か明日の朝あたりでは?
    本当にすごい事です。

  126. モグワイさんこ
    「らっきーデタラメ放送局」私もだ〜〜い好きです。
    最近見た中で、第154回『独断~仕組まれたっぽいトリックワード』は秀逸です。

    ここのブログテーマにも沿っているかも?
    このブログで「言葉」を知ったのです。

  127. 久しぶりの投稿です。
    2世で元地区婦、現在完全否活のセイコです。
    毎日ロムしてましたが、レモンさんにひとことお祝い申し上げたく、でてきました。
    冷静に自分の立ち位置をみつめ、着実に前に進まれ、いつも的確なコメントをされるレモンさん。
    こちらに寄せられる皆さんの投稿を読んでていつも思うのですが、創価って本当に優秀な人を手放してますよね。
    自分で気づいて、自分で調べて考えることができた人が離れていくのは当然でしょう。

    一切の活動から離れて、1年半くらい経ちますが、至って平穏に暮らしております。
    同居の母を訪ねてくる会員さんもいますので、心がざわつくこともあったりしますが、今ではあの題目の声がうっとおしいまでになりました。
    母は2~3時間毎日題目をあげる人ですが、そんな時間があるならもっと他にやることがあるだろう、と思いながら昔の自分を思い出して思わず苦笑してしまいます。
    たくさんの時間を無駄にしてきました。
    今はハーブを育ててお菓子や料理に使って楽しんでます。
    ずっと、仕事子育て学会活動と、そんな余裕なんてなかった。
    この年になって、自分は何も知らないんだと、あらゆることで感じてます。
    言われるままに信じて活動して、それでも世間の中にいると思ってました。
    覚醒してみると、全てが創価の価値観、思想にうまってただけなんだと、改めて思い知らされました。
    生き直し中ですが、いろんな発見があって、楽しいですよ。

    テーマからはずれついでに、最近あったこと。
    近所においしいパン屋があるのですが、ここは支店で本店は隣まち。
    今でもつきあいのある他地区のユル活白ゆり長さんがその店のパンを買って訪ねてきました。
    聞くと隣町まで行って買って来たとのこと。
    本店のほうが種類も多いからかなと単純におもったんですが。
    彼女のいる地区では、近所である支店のパン屋さんは新聞もとってくれないし、選挙も非協力的なので、そこでは買わないことになってるそうです。
    そんな理由で買わないのは変じゃない?と聞いたら彼女の未入会のご主人も同じことを言ったといって、考え込んでました。
    お店ひとつとっても下心ありありでしたよね。
    新聞とってくれるお店は良いお店、学会に非協力的なお店は問題あり。
    判断基準がまちがってるっちゅーねん。

    それから、広宣流布についてですが、2年くらい前に本部幹部に聞いたことがあります。
    広宣流布とゆうのは、こうなったらだとか、いつまでにとかではなくて、今現在こうやって学会活動をして広げていることが広宣流布なのです。
    ???ですよね。
    以前は3分の1が信仰して3分の1が理解者でとかなんとかいってませんでしたっけ?
    ある意味ズーっとできないと認めてるような。すごいいいわけですよね。
    それで納得できる盲信バリ活さんは一生広宣流布と走り続けてください。

    改めましてレモンさん、似たようなお年頃かと思えますが、ここで気づけてよかったですよね。
    女の人生ここからです。(いつも、ここからです)
    健康に留意しながら、日常を楽しみましょうね。

    シニフィエさま
    楽しみにしています。
    そして、いつも応援しています。

  128. ラベンダーさんのコメントからですが
    >「今は何も悩みもなく幸せそうだけど、何かあった時の信心なのよ」「これからきっと何か起こるかもしれない」

    これ創価の脅し文句でよく使われる指導ですよね~。
    でも、学会の信仰って、正しすぎるゆえに魔が競うって言われてましたから、要するにやってるために難が襲ってくるって事ですよね。じゃあ、やらないほうがいいわけです。わざわざ学会信仰することで難を招いて、さあ難が来ました!戦いましょう。ってなんだかおかしいです。だから疲れてしまうんです。
    難が襲いかかって、それと戦うことで宿命転換?いえ、学会辞めたらその分の余計な難は来ませんて理屈ですよね。わざわざ招く必要などないってことです。悩みは時間で自然と解決する場合もあるし、知恵と行動力で解決する場合もあるし、題目3時間もあげるなど時間の無駄ですよね。だいたい、センセイ自身が勤行唱題嫌いな人だったようですし。世界の人が幸せになる方法が学会の信仰をすることしかない!という考え自体が傲慢この上ないですし、しかも、学会に入っただけでは駄目で、幸せを獲得する為の条件が多すぎる!新聞とって、センセイを崇拝して、会合でて、学会教を勉強して、人を何人も勧誘して、仏壇に何時間も向かって、お金を貢いで、会員が離れていかないようにあれこれ指導に回って、もろもろのノルマを消化する為にさらにお金を出して、家庭よりも学会活動を優先して、公明党支援の選挙活動頑張って、票取りして・・・・いえ、それでもまだ幸せになっていない人も多いのです。ノルマが多すぎて常にまだまだなのです。宿命転換なんて出来てます?人間革命の途上だから?一生途上で終わるのでは?そこまでして駄目なら、会員になどなって苦労するのはまったくのお金と時間の無駄です。お金がかからないといいながら、会員は非会員に言わないだけで、年間創価にかなり貢いでます。ちょっとでも疑ったら、それまで幸せになるために積み上げた功徳が一気にゼロ超えてマイナスに落ちるそうで、またまた最初から学会活動に励まなくてはならないようです。バカらしいです。そもそも創価学会など知らない人の方が多いのに、この信仰だけでしか幸せになれないってよく言うよです。しかもやってるのは「幸せになりたい人」ばかりで「本当に誰がみても幸せになった人」どれだけいます?センセイの家族は幸せになりましたか?一時願い叶った!幸せ!なんて言ってても、一時だけで続かないでしょ。人生山あり谷ありです。そんなの創価でなくたって世の中の人みんなおんなじです。やめたら、お金も時間も心も本当に自分が必要なことに使えます。お人よし会員さんたちは、創価にお金も時間も心も体力も貢ぐのは本当にもったいないことなので、やめたくなったら、お人よしはやめて、自分のことだけ考えてわがままにやめましょう。あなたがやめたら周りが迷惑する。で縛るのも創価の洗脳です。新聞配達困るなら、腐るほどある資金でアルバイトをお金で雇ってなんとかしろです。やめたい人までただ同然に使うなと思います。

  129. 白いブランコさんのブログ、がらんとしてますね…

    何か思うことがあったのでしょうか?なんかほっておけないものがありますよね

    思うに感情を押し殺すことなんて、必要ないと思うんです。
    MCが強くかかっている方は、ほんと自分の感情に左右されず、私利私欲を捨て、
    理路整然とひたすら邁進する努力を怠らずに活動してきてしまう傾向があると思います。
    でも何かしらそれまでとは違う本当の目的を感じたとき、
    それはごく自然な感情から気持ちから涌き上がってくるのだと思います。

    歴史が生き生きと次の時代へと動くとき、
    それは自信の正直な感情から、そして多くの人と交わされる言葉で決定的になっていき、
    有意義なものとなっていくと思います、論理的な面は後から展開がついてきます。

    もし自らの感情に戸惑っておられるなら、待ちたいと思います…

    私はこちらの場が理論先行の場なら、見過ごして通り過ぎてしまったと思います。
    管理人さんの温かな人間性、そしてみなさんの思いやりあふれる対話…出会えてよかった

  130. 加奈子さんやラベンダーさんのお話を聞いていると、自分も辛くまた憤りを感じます。
    どこにでも、上から目線の方いるんですね。
    私は、部員さんに指導なんてできない信心うすーいペラッペラ(カラーコピー?笑)でしたが、覚醒前はそんな自分を少し責めていました。
    白ゆり長になって2年未満で覚醒しましたが、もっと早く気づきたかったです。
    そしたら絶対役職受けなかった。
    そんな私を、上から目線の幹部はきっと強く非難したでしょう。

    相変わらず今朝の新聞には、安保関係の記事はどこにもありません!
    コンペイ新聞(笑)にもなしです。
    最近私の身の回りで、高3の子供に自衛隊募集のパンフが送られてきたようです。
    うちにも年頃の子供がいるので、本当に先が不安です!
    昔から送られていたのでしょうか?わからないです。
    選挙の時期、今の政治情勢に疑問を持った私は、大幹部に質問しました。
    すると「平和の党だから!」で終わり。
    消費税増税議論の時、自民のいいなりになった時もおかしいと思いましたが、
    「信じるしかない!」と言われ、覚醒前だったので思考停止してしまいました。

    今朝は、リアルな夢を見ました。
    勝手にうちが拠点となって、皆が家に上がり込んでいて
    大変な役を一方的に押し付けられ、ついにプッツンして非活宣言した夢。
    言いたいこと堂々と話して脱会宣言できれば、どんなにスッキリするだろう。
    でも家族や、身内にかなりの迷惑がかかる………

    日曜日の朝に、いろいろコメントしちゃいました。

    いよいよ200万アクセスですね!
    七夕に達成でしたら、ロマンチックですね~☆ミ
    近所では、七夕飾りがあちこちで見られてます(*’▽’*)

  131. モニカさんの仰ってるように
    証人喚問の話が持ち上がったとき、心ある側近の幹部のみなさんは内心喜んでいたんだと側近副会長が言われてました
    これで世間の悪しき噂を先生が払拭してくださると
    堂々と創価の正義を獅子吼されると期待していたと
    あにはからんや、俺も出なければいけないのか、俺を守れ、俺を守れと逃げ回っていたそうです
    日蓮が弟子は臆病にては叶うべからずなんて御金言そっちのけでしたアッチャ~
     
    庶民の王者、世界の指導者、人生の師匠指導者、桂冠詩人、etc
    せめて、国会で我日本の眼目とならん、くらいのことは言ってほしかったな~

    学会員さん一日も早くイカサマに気付いていてください

  132. アクセス数を見ると、何でも話し合える創価家族だとか、麗しい連帯だとかがウソだったことがわかります。
    それはおとなしく信じているうちだけの話。
    疑問を持ったら終わりです。
    疑問は溜めてないでどんどん上に話しましょうと言いながら、話したところでラチがあかないんですよ。
    前にある幹部が
    「私は疑問に思ったらすぐ聞きます。即です。それでも納得いかなかたったらその上。それでもダメだったらその上」
    と得意気に言ってましたが、それで納得したのならホワーイ?ですよ。
    私も言われる通り同じことしてみましたが、上にいくほど完全にイカレてるとわかりさっさと覚醒できました。
    皆さんもマンツーマンでよくよく話してみるとわかります。
    ふだんのにこやかでものわかりのいい人が「え?」ってこと考えてますよ。
    「ある部分」がふつうの人と明らかに違います。
    それに気付いたら覚醒です。
    逃げてください。

    ちなみに私はその中で一人だけ、実は全部わかっている人を見つけました。
    男の人でしたが事情があって「ふり」をしてたんでしょう。
    私は気付いてその人を見つめましたがその人もニヤリとしました。
    お互いそれ以上話をせず止めました。
    強かな組織です。

  133. わっ、わっ!どうやら200万アクセス達成は明日になりそうですね。
    常連の皆さん、ロム専のみなさん!用意はいいですかあ〜?(笑)
    なにか一言でいいですのでお願いしますね。
    あした公開する「祝!200万アクセス」のスレッドに限り、どなたでも自己紹介無しでコメントできます。
    みんなでお祝いしましょう。
    タチの悪いへんな詐欺から抜け出せたことを喜びあいましょう。
    まだ抜け出せない方にエールを送りましょう。
    一人で悩んでないで、みんなで知恵を出し合って、勇気をもらって
    そして静かに創価を去りましょう!
    以前は「この調子で行くと9月後半には200万アクセス行くかもしれませんと言ってたのが、なんとこんなに縮まりました。今では月に15万から18万アクセスとなりましたので、300万アクセスは来年に2月か3月になります。もっと勢いがつけば1月。もしかしたら年内にってことにも(笑)
    とにかく一人でも多くの人に「創価学会は詐欺団体だ」ということを知ってもらうことが、創価による不幸な被害者を減らすことになります。
    この連帯の輪を、ネットを通じて確実に広げていき、いずれは来るであろう創価学会崩壊の日を一日でも早くしましょう。
    みなさん、ご協力、よろしくお願いしま〜す!!

  134. セイコさん
    本当にお久しぶりです。
    嬉しいです、ありがとうございます。
    穏やかな日々を送られているようで、何よりです。
    昨年の今頃、同じ役職経験者のセイコさんのコメントにいつも励まされてきました。
    コメント欄にセイコさんの名前を見つけ、コメントを読むとホッとしたのを覚えています。
    今の私は、非活になったものの、組織から離れた理由を組織の人たちに公表することを口封じされているので、スッキリしない日々です。
    でも、支部長として指揮をとる主人の立場もありますし、暫くは支部全体の動向をみながら、信頼できそうな人には話をしていくつもりです。
    女の人生これからですか?
    そうですよね。
    人生を生きなおすつもりで、楽しみを沢山見つけていきたいと思います。
    優しい言葉をありがとうございました。

    モニカさん
    >ふだんのにこやかでものわかりのいい人が「え?」ってこと考えてますよ。
    「ある部分」がふつうの人と明らかに違います。

    幹部との話合いで、それをすごく感じました。
    私は、すごく冷めた気持ちで会話していたので、幹部の普通の人と違う部分をいくつか感じたのですが、その1つは人の話を無意識にすり替えてしまうんですよね。
    こう言われたらこう言い返せ、という創価の指導が刷り込まれていて、常に戦闘モードに切り替わる創価回路が組み込まれているせいか、話し合いに来ているはずなのに、私の言葉尻をつかまえて突然に攻撃モードのスイッチが入る。
    それを遮って「ちょっと待ってください。私が言ったのは一つの例えの話ですよ」と言うとハッと我に返る。
    そんな繰り返しだったように感じます。
    そんな創価脳に自分では気がついていないからか、自分がいかに視野が広い人間かということをアピールしていましたね。
    「私は常に広い視野をもって、物事を考えているのよ」なんて言いだすから、????になってしまいました。
    その幹部は、創大から本部職員になりそのまま結婚し、専業のままトントントンと幹部になったという人です。
    私からみたら、創価ルールの中でしか生きてこなかった極端に視野の狭い人間だと思うのですが、自分で「視野の広い人間」アピール姿が、すごく残念でもあり滑稽でした。

    悩みがあったら我見の信心をしないで、上にすぐ指導をうけろと言われていますが、逆ですよね。覚醒するためには、指導をうけてはいけない!自分を信じろ!が正しいでしょう。

  135. 創価のニセ本尊は、相当の魔物らしい。
    霊脳者の鑑定の結果、半分は池田豚作の顔、後半分は悪鬼魔神の顔が見えたそうだ!😨

    私達がこんなに苦しいのは、長年偽本尊を拝み、間違った宗教をやってきたせいかもしれない。
    創価が悪い!いや自分も悪い!長年罪悪感を消し去ることができなかった❗
    これも、凄まじい洗脳故か?
    本当に苦しければ、シニフィエさんやモニカさんが仰るように逃げてもいいのだ‼

    相手は、信者を苦しめる極悪カルトなのだから!ヽ(♯`Д´)ノコリャーッ

    駄文失礼しました❗(^ー^

  136. ボレロさん、なかなか愉快な方だったんですね(笑)
    学会員さんはそうなのですが、脱会した方の中にも「御本尊に何らかの力がある」とか「あっちの本尊はこっちの本尊よりも力がある」とか「あの宗教はこれを拝んでるからろくなことがない」とか、とにかく宗教的なことに自分の運命を委ねてしまって、そうした依存体質の発想からどうしても抜け出せない人っているんですよね。だから創価がインチキだとわかっても御本尊には力があると信じたり、べつの宗教に鞍替えしては、こんどはその信仰の功徳とか御利益がどれくらいあるのかにしか興味を示さない。まるでアウトレットモールを駆け巡って買い物しまくるオバちゃんたちのようです(笑)。どの宗教だろうが御本尊を御利益製造機ぐらいにしか考えてなくて、宗教そのものが何なのかなんて初めからどうでもいい人たちなんですよね。
    宗派によっては仏像を拝むところもあれば、チベット仏教のように四六時中ブツブツとマントラを唱えているところもあります。たとえば仏教でいえば何かの対象物に向かってお経を唱えるというスタイルがどの時点で始まったのかを知れば、自分がやっていることがどういうことなのかを考えることができるでしょう。キリスト教にしても、最初は素朴な戒律だけの教義が、ときの権力者が国を治めるために教会の権力を利用して、ギリシャ哲学をとりいれた教義をあとになってつくりあげたものを、ヨーロッパの大航海時代にアジア・アフリカ・アメリカへの植民地支配の勢いとともに広まったんですから、宗教と言えどもいろんな歴史の変遷のなかで、様々にそのときの都合で変化していったわけです。仏教もインドから追い出されて中国に伝わる間にどんどん変化していって、日本にたどり着く頃には儒教が半分以上まざった中国仏教だったわけだし、鎌倉仏教に至ってはそれもまたひっくりかえしたわけです。ついでに言うならば、日蓮はその中でもとんでもない異端だったし、さらにその中でもまったく孤立していたのが日蓮正宗だったわけで、昭和になって本来の仏教とは似ても似つかないものを創価学会は外護団体としてやっていたわけです。そしてそんな異端中の異端である日蓮正宗からも見放されて、世界のどんな宗教からもほど遠い、本尊も教義もコロコロ変わるわけのわからないカルト団体になったのが今の創価学会です。だから功徳欲しさにそんな創価学会のペラッペラのカラコピ本尊を拝む姿は、完全に「マジキチ!」なんですけどね(笑)。
    あの「あたりまえ体操」の替え歌の『マジキチ!」が頭から離れなくて、頭の中に鳴り響くたびに笑ってしまいます。

  137. 散歩大好きさんが紹介して頂いた
    ラッキーでたらめ放送局の言葉の話。
    まさにインチキ創価のことじゃないですか!!!
    びっくりฅ(๑⊙д⊙๑)ฅ!!した
    でも座談会でこれ流しても
    創価脳に掛かれば
    ほんとよね〜言葉で騙される人って
    たくさんいるわよね〜って
    他人事に
    変換されるんでしょーね(^_^;

  138. レモンさん、実は先ほどの

    >ふだんのにこやかでものわかりのいい人が「え?」ってこと考えてますよ。
    「ある部分」がふつうの人と明らかに違います。

    のコメントの後、実は最初はカッコ書きで(幹部とたくさん話されたレモンさんはおそらくわかっておられるでしょう)と書いて、余計なことかなと削除したんですよ(笑)
    その通りですよね。
    一生懸命聞いているようで、もう話のシナリオは決まってるんです。
    そこから外れると即刻訂正にかかります。
    ふつうは話をしていて、自分が思ってもみないことを言われると「へえ」とか「なるほど」とか「考えもしなかった」と、その考えを自分も一度は考えてみます。
    それでも自分の考えと違った場合、自分は賛同はできなくてもそういう考えもあるんだなあと思います。
    でも創価の場合、答えは一つ。
    絶対に一つ。
    何が何でも一つ。
    それ以外は即刻却下です。認めません。
    否定しなくてはいけないのです。
    否定して決めつけなければいけないのです。

    例えば私は
    「モニカちゃん、どうしてアナタそんなふうに思ってしまったかわかる?」(覗き込むように、諭すように)
    と疑問をもってしまった理由もいきなり決めつけられました。
    「魔に負けた」のです。
    それ以外ありません。
    絶対にありえません。

    あとは何を言っても顔はふんふん頷いてて、心の中は「魔ね、魔ね、ああ魔だわ、すごい魔だわ。残念だわ…」とそれだけがひたすらリフレインしています。
    この頑なな法則ありきで話を聞くので、耳は確かに聞いてはいるんだけど頭の中は「いかにして否定するか」しかありません。
    文字通り「相手の言い分、心に寄り沿う」なんてどっかにすっ飛んでしまってます。

    おそらく創価に入ってなかったらこの人もこんな欠落はなかったでしょう。
    創価というところは人の気持ちより、「教義として正か邪か」を優先させることを教えます。
    その方が本当の愛情である、慈悲であるとしているためです。

    スマイルさんが再三書かれていることもこういうことだと思います。
    私は最後に多くの幹部と「一対一」或いは「一対二」(ペアで来ますからね)で徹底的に話し込んだ時、つくづく感じました。
    大勢でキャッキャッと活動を楽しんでる時はなかなか気づかないかもしれませんが。

    以前アンチの掲示板で
    「創価学会は確実に僕を人間のクズにしました」
    という書き込みを見たことがあります。
    覚醒する前は意味がわかりませんでしたが、今はもそういう面はあると思っています。

  139. signifieさん、200万アクセス、まもなくですね!楽しみです。

    わらしさん
    ありがとうございます。辞退させていただきますメール送りましたよ!
    簡単にはいかないようですが、意思表示はしていこうと思います。
    家庭訪問にそなえてそのような原稿を用意していらしたなんて…すごいですね。

    ボレロさん
    ファイト一発!の勢いでぽちっと辞退させていただきますメールを送信しましたら…ゾンビぶり発揮!とばかりに、やれるときが来たらまたしてもらうので、そのままにしておきます。と地区婦より返信がきました
    (*T^T)

    さっきは、一緒に本かん行きませんか?とお誘いメールもきましたよ…

    地区婦も嫌でしょうね。
    そんなメール送ったところで、期待しているような返信が来るはずもないことなどわかっているでしょうに…

    上からの指導だったのでしょうか。
    だとしたら、お気の毒に。
    間に挟まれて苦しい立場でしょうが、早く気づいてほしいです。

  140. 結婚を考えている彼氏が創価で、折伏セミナーに誘われていると書かれていたriroさん、あれからどうしているでしょうか?その後書き込みがなかったと思うのですが見落としでしょうか?気になっています。
    以下riroさんの彼氏の言い分
    ————————————————————
    ・私が学会に不信感を持つのは、学会の本質をまだ知らないから。
    ・彼が私に信心を進めるのは、周りの人や出来事から幸せを感じるのでなく、 自分自身で幸せを涌現させる強い自分になって、人生を謳歌してほしいから。
    ・宗教・無宗教は個人の自由だが、間違った哲学や考えをもって生きることはその人の可能性を潰してしまう。学会の教えは、宇宙レベルで「生命」について解き明かしている唯一の宗教である。
    ・世界平和のためには、一人ひとりの信心では及ばない部分がある。だから学会活動や選挙活動も大事。
    ・学会の教義は他の宗教と違い、「他力本願で神や仏に願いを託すこと」ではなく、
     「一人ひとりが仏を持っていて、その仏(自らの命・生命力とも言っていました)を磨いていくもの」である。
    ・学会の教えは宇宙の真理だから、全て根拠があって一つ一つ説明してあげることもできるが、理屈で頭で理解するだけでは足りないので実際に祈って「実感」してほしい。
    ・まず、今年いっぱい一緒に祈ってみて、それで何も変わらない・納得できなければ入会しなくていい。
    ・結婚したら自分は信心を生涯貫き通すが、私や子供はそれぞれの意思に任せるし信仰を押し付けない。
    ————————————————————
    一見なんだか立派そうなこと言ってますが、突っ込みどころ満載ですよね。外部の何も創価のことを知らない人が聞いたら、そうなんだ~と丸め込まれそうですが、覚醒した立場からこの言い分を聞くと、外部の人はこんな創価洗脳の屁理屈に騙されないで欲しいと思いますね。今年いっぱい祈ってみて、何も変らない、納得できなければ入会しなくていいって・・・えらそうな・・・(笑)。
    人生生きてたら、何か変ることくらいあるでしょう。それ創価のおかげに全部もってくんですか?ほら!祈ったおかげで変ったんだ!って言うのでしょうか?100歩譲って、カラーコピー本尊に一緒に拝んだせいで何かいいことがあったんだとしましょう。でも、だったら入会しなくたっていいじゃないですか。ただ祈れば結果がでるんでしょう?なぜ入会が必要なんでしょうか?結局ただ祈られたって、お金取れないですもんね。何かにつけお金をだしてくれて、ただ働きしてもらって、人を勧誘してもらうには、入会してもらって創価信者として活動してもらわなくてはなりませんから。創価をよく知らない外部の方々は、本当に創価にはかかわらないほうがいいです。やっている人達がまじめで悪意が無くても、その人達も創価の正体を知らないだけですから。

  141. コージさん
    ありがとうございます、これからもっと時間を大切に楽しく使っていきます。

    わらしさん
    騙される人を、これ以上増やさないためにも、
    本当に、早く創価学会の全てが明らかにされると良いですね。

    レモンさん
    はじめまして、非活の真実です。
    結局活動家は使い捨ての駒のお話や、幹部とのやり取りのお話等、様々同感です。
    幹部との話は、上から目線で言われるし、かみ合わず話し合いには、ならないですよね。
    創価の事、私も、どうしてもっと早く気が付けなかったんだろうと、答えが出ないのに、
    時々、自分自身に問いかけている自分がいます。

    辛い気持ちはありますが、皆さんのコメントを読ませていただいたり、こうしてコメントで気持ちを書かせていただいたりしていく中で、少しずつですが、気持ちが整理されていますし、前向きな気持ちになってきている様に思います。
    signifieさんはじめ、皆さんに心から感謝です。
    仏壇もずっと閉めた状態ですが、何か起こったりも無いですし、特に変わりありません(笑)

  142. 先ほど実家に行きました。きちんと父のキンキラ本尊と、お守り本尊、母のお守り本尊が返却されていました。
    あらためて、自分のカラコピ本尊をみました。表面を触ってみるとほんとにカラコピでした。カラコピの紙をうまいことプラスチックの棒に巻き付けてありました。

    文字の部分を触ったりしてみました。
    クロニクルさんは フーフーされたということですが、私はにおいをクンクン嗅いでみました(^O^)
    よくわかりませんが、ただの紙のにおいでした。
    中心の「南無妙法蓮華経」の部分は特別なにおいで・・・・・ なわけありませんでした((+_+))
    活動家の方が聞いたら失神しそうですね。
    あほらしいので破こうかと思いましたが、この本尊を大切にされている活動家の方もいますので、おいときました。脱会の時に返却予定ですが、そのまえに捨ててしまうかもしれません。

    「ホンマに良くこんなもの大切にしてきたよなー。あほらし。」

    宗教詐欺ビジネス、うまくできていますね。あきれてものが言えません。

  143. このあいだから、まったく承認されないのにもかかわらず20回以上も長いコメントをしつづけているA.Uさん。気味が悪いのでブロックさせていただきますね。お大事になさってください。

  144. シニフィエさん、皆様こんばんは。
    そして、白いブランコさん、こんばんは。外部のJanneです。もしかしたら今お一人で苦しんではいませんか?
    誰にも話せずお一人で悩まれてはいませんか?
    ちゃんと眠れていますか??
    それともJanneの取り越し苦労でしょうか?

    シニフィエさんのブログでも、白いブランコさんご自身のブログでも、どんな形でもよいので、今思うありのままの心情をお聞かせ願えないでしょうか?
    宜しくお願い致しますm(*_ _ )m

  145. 本尊がカラーコピーか…確認したいけど、巻いてどっかに入れっぱなしなのを
    いちいち出すのも面倒だなぁと思っているところです。
    みなさんフーフーしたりくんくんしたり、活動家が聞いたら卒倒しますね(笑)

    でも大昔に読んだ「青春対話」に、「ご本尊様はコピーなのに効力はあるのか」みたいな
    質問がすでにあったような…回答は忘れましたが…
    あ、そうそう「お金だってコピーだけど貨幣としての力や価値はある。それと同じだ」
    みたいなこと書いてあったような! 屁理屈……笑

    日蓮正宗を破門された時、私はまだ小学2〜3年でした。
    子供ながらに異様な雰囲気と、いろんな変化を感じました。
    それまで毎年のように親戚一同で行っていた「お山」にはもう行けないんだと言われ、
    つまんないなぁと思った記憶。それからほどなくして、「ご本尊様が新しくなる」
    と言われ、不思議に思ったものです。
    好みの問題かもしれませんが、昔の本尊の方が字面が整っていたと思います。
    今のはなんか、ごちゃごちゃっと書いてあって個人的にいまいち…
    誰が書いたのかすら忘れましたが…
    母に「前の方がよかった」みたいなこと言った記憶がありますが、聞き流された気がする(笑)

  146. ポトスさんよっよかったですねぇ~❗(#^.^#)
    幹部は絶対に責任はとりません❗ので、ポトスさんの体調を第一に考えられて、意思表示されていかれたら良いと思います。

    ★とある日の地区での光景
     会合に呼び出され
     地区に出てみれば
     創価おばば達が取り囲み 😵
     奇声をあげて
         吊し上げ! ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!

  147. あるサイトを閲覧してたら、昭和32年の大阪大会での池田氏のスピーチのことが話題になっていました。昨日の本幹でそのDVDが流されたそうですね。
    驚いたことに、創価学会現執行部は池田氏のスピーチの一部を改竄したようです。『大御本尊』→『御本尊』。そこまでやるかぁ〜。すごいですねぇ。本幹出た方いらっしゃいますぅ?
    こりゃジョージ・オーウェルの『1984』の世界ですね。
    会員の皆さん。いいかげん逃げましょう!!

  148. おぉ!200万アクセス、もうすぐなんですね! ドキドキしますね。 専用のスレ、楽しみに待ってます!

    本日の聖教新聞の1面、大きな青空の写真でしたね。
    ネタが無くなってきたんでしょうかね? 今後は風景写真でも毎日載せた方がいいんじゃないの?
    7.11男子部結成の日なんちゃらへの池田名誉会長からのメッセージをポエム風?に組み合わせて、
    情報遮断状態の創価脳人間向け紙面に、上手に?作ってありますよ。
    聖教新聞をすでに辞められた方や、ご覧になった事がない方も多いかと思いますので、
    何か気の付いた紙面を見つけたら、ここで報告させてもらいますね。
    春に非活宣言してから、少しゴタゴタもあり、まだ当面は新聞は辞めれそうにないので(^_^;)

    ところで、先日のsignifieさんがおっしゃった、創価脳の家の本尊をこっそりアンチ製のコピペ品に交換するというネタ、
    すごく笑わせてもらいました。
    どうせなら、お手製でコピーする前に、保存データを少し改変して、まったく新たな「アンチご本尊」を作り出すのも
    面白いかも知れませんよね。
    例えば、周りの守護神の文字ところを、「お前は創価脳のお馬鹿さんだ」とか、「嫁さんは大迷惑だよ」とか、
    崩し文字で小さく書き足しても、まったく気が付かないんじゃないのかな?(笑)
    最近、「勤行してると、誰かに笑われている気がするんだよね~」とか、
    「勤行してると、なんか、お前に申し訳ない気持ちになるんだよ~」とか、言い出すかも知れませんよ。

    夕凪さん、
    折伏の親である友人さんへの覚醒への努力、ほんと大変だと思います。創価シャッターも強力ですし。
    自分が折伏した場合よりは、申し訳ないという気持ちは少ないにしても、なかなか創価脳は崩せませんよね。
    でも、ゴーストライターの件も含め、信頼関係があれば、話はどんどん入っていくと思いますよ。

    スマイルさん、
    >にゃんころころさんのスーパーでの出来事を知りびっくりしました。いくらなんでもにらんでくるなんて・・・
    >いまどき街角のワルでもそんなことしませんよね。
    街角のワル・・・・・(*≧∀≦)  ちょっと吹き出しました
    創価は、なんと言っても「人生のワル」ですからね、タチは何百倍も何千倍も悪いですよ~

    セイコさん、
    本当に、創価脳の活動家は、生活がすべて創価基準、Fとか新聞とかで付き合いを決めたり、まさに異常な世界です。 
    損得も人間関係も、すべて創価としての行動を認めてくれるか否かで決めているんでしょうね。

    satouさん、
    >新聞配達困るなら、腐るほどある資金でアルバイトをお金で雇ってなんとかしろです。
    >やめたい人までただ同然に使うなと思います。
    まさにそれ!ですね。 信心だからと辛抱せず、みんなが強く訴えるか、思い切って放棄するかですよね。

    ボレロさん、
    >創価のニセ本尊は、相当の魔物らしい
    日蓮正宗系の寺院のHPでも、痛烈に創価のカラコピ本尊を批判していましたよ。
    日蓮の教義の良し悪しは、まあ置いておいても、あの酷いカラコピ失敗作はないですわ。
    低コストで安っぽいにしても、ほどがありますよね。

    ラザリスさん、宝星さん、signifieさん、
    白いブランコさんは、ブログを放置してどっかに行ったんでしょうかね? 
    またゆっくり、自分探しで読書の旅でもしてたらいいですけど。
    誰も乗らなくなった「寂しいブランコ」になっていなければいいですけど・・・
    公園の白いブランコに乗って、ゆっくりと読書されてるのかな?  暑い時期ですけど。。

    レモンさん、 真実さん、コメントありがとうございます、
    嫌な過去も含め、こちらのブログで軽く笑い飛ばすのも、いいですよね。

    しかし、20回以上も長いコメントしてるという、A・Uさん? 何なんでしょ?(笑)
    あれ? おっかしーなー? 全然承認されないぞ? あんな面白いギャグなのに? 
    パソコンの調子が悪いのかな? ボタンの押し方なのかな? えい!これでどうだ? ちゃうか? とか、
    色々試しているのでしょうか・・・?   
    不気味な話ですね (^_^;)

  149. コージさん、ありがとうございます!恐縮ですf^_^;)
    コージさんの明るいコメント、好きです(*^_^*)
    因みに私が好きなLINEゲームは、ポコポコです(笑)

  150. 皆様お久しぶりです。時々しかコメントできなくなっている私です。
    今日、片付けていたら変なご祈念用コピー(上から配布されたもの)が、出てきました。

    コピーには
    1.ご本尊様ありがとうございます。心より報恩感謝申し上げます。
    2.私の過去世の大謗法、先祖代々の大謗法をお許しください。心よりお詫び申し上げます。
    3.広宣流布のため頑張ります。
    4.すべて私の宿業です。私の罪障をすこしづつ軽く出して消していただいてるのですね。ありがとうございます。
    5.私の願いをかなえてくださるのですね。ありがとうございます。
    6.1日1日のお題目で福運を積むのですね。ありがとうございます。
    7.私の妙法を湧現し、ご本尊様と同じにしてくださるのですね。ありがとうございます。

    以上7項目です。

    ひとこと、
    バカか!!!!!!!!!!!!!!!
    こんなもの大事に仏壇に飾って祈っていた過去の自分が気持ち悪い。
    このコピー見るだけで自分がキチ◯イになりそうです。
    実は最近ロムっていますが、なんとなく鬱々しているからです。

    5月に脱会手続きしたけど、組織でちゃんとしてもらったか不安なので、
    ご本尊確かに受け取りましたという一筆と、脱会手続き済んでますという一筆を
    どなたかに書いてほしいということをお願いしていました。
    今日「そういうことは一切できません」というメモが入っていました。

    まあ、期待はしていなかったのですが、
    そんな一筆書くわけないけど、対応を試したかったのです。
    そんな誠実な組織とちゃうのはわかってるさ。バーカ。

    そして、もう一つ、
    新品同様の数珠とか欲しい人がいるときもあったので(過去に)
    良かったらどなたか使ってくださいって書いたメモを入れて、
    その壮年部のポストに入れていた結果、
    「ご自分で処分してください」だって。

    それに対して私は「ごみを処理してくださいって頼んだわけではありません!以前廃棄寸前の数珠でも欲しいという会員がいたので、多くの会員と接する◯◯さん(その人の名字)にそういう人へと託したまでです。そのようにメモを書いたはずですが。心外です。まあ、欲しいという人がいなかったと解釈しておきます」と返しました。

    このバカも前々から頭悪いと思っていたけど、基本、会員のほとんどが頭悪い確率高いよね。自分で考える習慣がないから、脳が退化しているんでしょう。きっと。あ~疲れる!!
    テーマに沿わなくてすみません。ちょっと気持ちがしんどかったので。思い切り書いてしまいました。

  151. 散歩大好きさん、ウォーキングとトレッキングが好きなラザリスです。
    そうですか、イケダセンセイのスピーチの改竄まではじめちゃったのですか!?
    事実なら もはや、教義も会則も破れかぶれって感じですか!?アホ丸出しですね。
    たしか日蓮さんがゴショの中に、「漆千杯に蟹の脚一本なんちゃらかんちゃら…。」って言ってたような気がしますが、これは謗法を諫めて、教義に関しては峻厳であらねばならず、妥協は許されないという意味ですよね。
    大御本尊と御本尊では、意味がまったく異なると思いますが、ポンコツ教義ではどちらも同じということなのでしょう。
    「これでイイのだ!!」バカボンのパパみたいに、会長以下首脳部が納得してるのでしょうか?(笑)
    そのうちに、ゴショも改竄され、日蓮さんが仮の仏でイケダセンセイが本仏だとか言い出したりするかも…。
    まあ、どうでもいいですが。
    いずれにせよ、こんなイカサマ団体から脱出できて良かったです。
    \(^_^)/

  152. 真実さん
    はじめまして。
    活動歴は33年と書かれていましたので、私もほぼ同じような感じです。
    本当に色々と考えてしまいますよね。
    考えても考えても堂々巡りだとわかっていても、一体自分の人生は何だったんだろうと考えてしまいます。
    これだけ長く活動していたら、当然の感情でしょうね。
    でも、そんな時、こちらにコメントを寄せられている方の心の変化は、とても参考になります。
    色々な方が、覚醒し非活になった当時は心が不安定だったけれど、その後時間と共に徐々に穏やかな日々がおくれるようになったと書かれているので、その言葉が今の私の支えであり励みです。
    いつか「創価学会?そんな組織と関わった事もあったっけ」と思えるほどに、未来の自分が充実した日々をおくれていたらいいと思いたいです。
    今、現在の心の状態は、非常にシンドイ時期です。
    主人は私の脱会の意思をわかっていますが、心の拠り所となる存在ではありません。
    創価脳なのですから、脱会したい気持ちに寄り添えるはずもないのでしょうし、私の気持ちもわかろうとも思ってません。
    当然と言えば、当然ですね。
    それでも、様々な感情を抱えながら、とにかく前に進むしかないと思っています。
    そうすれば、必ず「今は落ち着いた日々です」という感情へと私も辿りつけるんじゃないかと思うのです。
    お互いにゆっくり進んでいきましょうね。

    睡眠がうまくとれなくて、早朝覚醒が続く日々です。
    起きてすぐに200万アクセスいったかなと見にきちゃいました(^^)
    あともう少しですね!

  153. またまた出遅れてしまったでしょうか。

    アクセス数、すごいですねっ。
    最近は、初めましての投稿もふえたみたいで。。ほんとうに良かった(((o(*゚▽゚*)o)))

    ここは、創価学会の組織で違和感を感じ独り悩んでいる人たちにとっては灯台のような存在ですね。

    わたしは脱会して数年あとに、この場にお邪魔するようになったのですが、バリ活動歴が長かったせいか、脱会しててもまだマインドコントロールは完全には解けていないということをこのサイトで実感させられたことが度々でした。。

    ここで、みなさんと共に書き記していく中で、少しづつ創価脳からふつーの思考力を取り戻してきた、という感じがしています。

    ここは、創価で心が傷ついた人、マインドコントロールで苦しむ人たちのリハビリテーションと言えるのかもしれませんね
    *・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

    脱会したからもう終わり、とはならないのかもしれません。いろいろと心の葛藤もあり時には不安感でいっぱいになったり。。

    その意味で、この場はとても貴重であると思います。わたしの体験からもそう思うのです。

    そんなわたしも6月29日で脱会して満9年になりました。なので、10年目に入ったということかな。。

    あの学会の組織に居て、いつも心が騒ついていたのが嘘のように、いまは、心が静かで清々しています。

    最近は、霊性に自分を見つめられるようになりました。まだまだな自分がそこにはいます。よりよく生きよう、という自分がそこにいます。欺瞞に満ちた自分ではありません。

    過去には、創価学会に居て人間革命ができた気になっていましたが、嘘っぱちでしたね。ほんとうの自分から目を背け一生懸命化粧を塗りたくるように嘘と欺瞞で自分が良い人間になったように化けていただけだったんですね。

    脱会するということは、この化けの皮を剥がしていくことであり、真からの自分を取り戻すことでもあるのかもしれません。

    そう言った意味からも、この場はとても貴重です。苦しかったら、どんどん吐き出しましょう。あなたと同じ想いをしている方はたくさんいます。

    あの宮崎駿アニメの千と千尋に出てくるカオナシのように毒をためないで吐き出しましょうね。

    脱会がゴールではない。
    脱会してからが新たなスタート。。
    さて、どんな人生を生きますか。。(^_−)−☆

  154. はあー
    嫌な夢をみました
    やはり恐怖心がどこかにあるのですね。。。
    本尊クンクンのせい?いやいや疲れでしょう。
    恐れる心と冷静に分析して否定する心。
    昨日は午前3時に起きて、夜の23時まで起きてました。
    根深いです。。。
    お墓の問題とか、父母の供養の仕方とか、わからないことだらけです。
    父母が創価のまま亡くなって、子供である私が覚醒した。
    勤行・唱題するのが供養なのか、ただ単に手を合わせるだけでいいのか?
    墓地の問題、生前父が購入した創価の墓苑にするか、近くの先祖代々の墓地にするか?

    父が祖父が亡くなった時に、うまく悲しみを処理できなかった付け(父の悲しみに付け込んだ創価が原因でもある)を今かぶっています。
    人の弱みに付け込んで、ひろまる宗教。
    自分が変わらないと、何も解決しないよ と言いながら、宗教という根深いところに原因追及の目を向けさせる手法。
    自分が変わる宗教 といいながら 変人にしてしまうだけ。
    悲しみや苦しみは、自分自身がきちんと時間をかけながら向き合い、対処していかないと。
    苦しんでいる本人自身に感情の消化をさせることなく、邪宗が原因! と答えを与えてしまう弊害。
    悩みをもった個人の中で消化不良となった感情が、子孫にひきつがれてしまう。

    何でも、邪宗が原因! なのでなく、その人の生き方であったり、考え方であったり、生育環境であったり、現在おかれている立場・環境であったり・・・
    いろいろなものが原因のはず。
    そこを突き詰めれば、人間は感情の生き物なので、感情をどのように認識し、向き合っていくか?

    今回の私の場合にもあてはまる。
    父母が悲惨な死に方をしたのも、創価を原因としていないか?
    ただ、創価は人の考え方、生き方を歪んだものにするうえ、社会的に弊害がある。
    創価は単なる「宗教詐欺ビジネス護送船団集団」に過ぎないので、そこから抜けることは当たり前の行動。

  155. おわっ!
    200万アクセスまであと828!
    カウントダウン始まりました。
    今日、確実に達成します。
    みなさん、準備はいいですか〜〜?(笑)

  156. おはようございます。
    あともう少しですね!
    ワクワクします。
    創価の輩がショックを受けるのは間違いないですよ。
    今日は目が離せません。

  157. 200万アクセス楽しみです!
    姉妹の中で一人創価に残った姉の事は心配ですが
    討論するつもりはありません。
    仏壇も処分したので、宗派共通の過去帳に亡くなった先祖の
    名前を書き写しお水とご飯をそなえて毎日手を合わせています
    もちろん、ご先祖様にお願い事もしませんし、なんみょう~もいいません。
    ただ、感謝とお礼だけです

    あるホームページに
    引用です⇩
    この世での苦労をちゃんとこなして徳を積んだ人は、あの世でも位置も上の方に上がれます。
    低い位置に行ってしまう人は、この世での修行を怠けたり、償いがちゃんとされなかった人達で、宗教に固持して生きた人の魂程、あの世での位置は低いものです。

    「信心したのに・・・ 何故?」 と思いますか?
    それは、宗教に依存して頼りっぱなしで、自分の努力なく、強欲や淋しいからとかだけで、それを神頼みするだけの人が多いからです。

    自分ではなんの徳も積まず。
    お願いして拝むだけ。
    「お金を払えばそれだけで何とかなる」と思ってる人。
    「他の人より幸せになりたい」とか、余計な欲をかく人。
    こんな人達がしている事が、『信心』と言えますか?
    だから霊位も下がってしまうのです。
    以上

    創価の人は良くお金の話をします
    会合であの人はクルーズに行けたとか
    とてもいいところにお嫁に行けたとか
    旦那さんは高収入でマンションの最上階に住んでいるとか
    会合にそんな話必要ですか?
    そんなことが功徳なんですかね~
    財務の時は生活が苦しくても3人でおしかけて
    経済革命だとつめより、財務を承諾するまで帰らない・・・
    活動、財務、選挙、しゃくふくをしないとお題目だけでは
    願いは叶わない・・ま~よく都合がいいことを言えます。
    特別に宗教団体に属していなくても
    一人でも人のためにできることはあります。
    自分ができる中でやっていくのが徳をつむ事だと思います
    学会の中にいると強欲になっていき、妬み嫉みひがみが
    心の隅に住み着いてしまう気がします。

  158. 友人の叔母は学会員だった。10年ほど前に亡くなっている。独身女性で公立小学校の校長だった。友人によると、「晩年、介護状態になった叔母のところへきた学会組織の人間はいない。認知症になり、友人が成年後見人になって、財産管理をしたが、退職金等の預金はなくなっていた。(創価学会に寄付?とられたのだろう)」と、いう。その話をきいたときは、私は少し創価かぶれをしていたので、「叔母さんに問題があったのでは?」と失礼なことを思っていた。(創価かぶれをしてたからこそ友人は話してくれたのだ。)
    こちらのブログを読んでそのような金銭被害にあった方は多くいて、いやな思いをしたのだと。ひどい亡くなり方をしたのだと。真実なのだと。

    私の夫は学会員。その友人とは、アンチの目線で話は弾むが、「創価学会にはかかわりたくない」と心底思っているようだ。それだけ、友人の受けた被害は大きい。(叔母以外のかかわりもふくめて)

    私も創価かぶれをして、ナンミョウズハイも体験したし、本幹も夫婦そろっていきました。(ちょうど池田が生映像ででなくなった時からで、残念と思ったり、ほどなくおかしいと気づきました)選挙も昔の知人を訪ねてしまいました。(年末におわびに行きました。そのままでは年賀状が出せなくて。)財務も一口財務ですが、してしまいました。今年1月の財務(寄付)は夫に勝手に振り込まれ、領収書がありました。「私はユニセフ募金か、震災寄付の領収書を財務の代わりにだしたい」と、言っていたのです。強く抗議しました。退会していないと7月の財務申込み用紙?がくるんですか?ちょっと心配です。

  159. コージさん
    いつもコメントありがとうございます。
    未だに幹部ちゃんから、連絡ありますか?
    ボレロは、シニフィエさんやコージさんと同世代のアラヒィフです。
    新聞、早く止めれたらいいですね!
     
    🐷豚作ちゃんへ
     豚作ちゃん、お元気ですか? 何年もお姿がみえないので、心配しておりました
     ドラム缶のような体、がんもどきのような手、しわがれた声
     大~好きでしたよ!
     豚作先生の言われることは絶対間違いはありません❗前進あるのみです‼
     血気盛んな幹部ちゃんのこの言葉を信じ、何十年も真面目に走り続けてきました❗
     でもある時、ふと気がついたのです。な~んか、おかしいと⁉
     会合では、いかにも正論をふりかざす幹部ちゃん!でも、行動が伴ってないので
     す!
     締め付けきついし、嘘が多いし、幹部ちゃんの言うことはあてにならないし‼
     な~んか、この組織、まともじゃない!おかしんじゃない!って思いだしちゃい
     ました❗😦
     本尊も魔物で偽物だし、会則も勝手に変更しちゃて!
     まぁ、なんやかんやで不信になり、組織からは完全に離れました。
     ご期待に添えなくて、ごめんなさいね!豚作ちゃん!🐖

      駄文失礼しました❗(〃^ー^〃)

  160. スマイルさん
    本尊クンクンしたせいじゃありませんよ。
    スマイルさんの壮絶な体験は数日でスッキリするような事ではないです…
    余りにも自分の事しか考えていない人達に囲まれていたら人間不信になりますよね。
    これから皆で少しずつ取り戻していきましょう。
    あと少しで200万!私も記念日にする為に行動します!

  161. 学会の役職なんか、いきなりやめてしまえばいいんですよ。
    やめるのが無理なら、非活動になってしまえば自然にくびきってくれますよ。
    無理しなくていいのではないでしょうか?
    「私、今この瞬間から活動やめた!」でいいのではないでしょうか。
    私が男子部の部長やめたのはそんな感じでした。
    ある日突然、「俺、もうこの地域での活動やめる!」てな感じ。
    何があっても無視ムシムシ!
    はじめは仕事忙しいと理由つけて。
    いろいろ事情あるかと思いますが、どうでもいいと思いますよ。

  162. うんうん、私もスマイルさんと同意見です
    こんな悪徳団体に借りをつくった覚えがないなら、主体性をもって座を降りていいはず。
    ご自分のこと大事にして…!

  163. 今日の聖教新聞に池田さんが勤行している姿があります。

    どうみても「別人」なんですが・・・

  164. スマイルさん
    大作ちゃんは、復活されたのですかね⁉

    Oh ! My God ! ( ̄□||||!!

  165. うわ!! ( ̄□ ̄;) ほんとだ~
    今日の聖教新聞の1面に、勤行する池田名誉会長夫妻?のカラー写真が・・・・?
    昨日撮影の写真って、マジですかい?
    別人のようにも見えるし、恍惚(こうこつ)の人?みたいにも見えるし、何なんでしょうね?

    新聞が手元にない方のために、簡単に説明すると、
    東京牧口記念会館の仏壇の前で、夫妻がそれぞれ椅子に座った状態で、勤行のポーズしてますね。
    斜め後方の奥さんは、手を合わせていないような?
    そして、池田君は、明らかにサイズの合わない大きな上着(創価班みたいな青い上着)を着せられて、
    口から両手を離して、何かを唱えているような感じには見えます。
    頭は白髪頭で、この写真では、重篤ではないようにも見えますが、どうなんでしょ?

    ただ、父親が介護施設に入居していた経験から言うと、自分の意思では動けないお年寄りを
    強引に椅子に座らせてポーズを取らせたような、そんな風にも見えますね。(本人であれば)
    なぜ今、こんな怪しい写真を掲載したのかは謎ですが、このまま池田君を隠しっぱなしでは
    内部からも疑惑の念が強まるんじゃないかと危惧したのですかね?
    ん~、謎ですね・・・・・・・

  166. スマイルさん、ボレロさん
    私も今朝の配達で見ました。
    この写真に写っているのが本人だとしても、別人(蝋人形?)だとしても、どっちにしてもコワイです……(-_-#)

  167. 新聞やめたので見れない為、せいきょうおんらいんで確認しました~!

    うーん、別人にも見えますよね~( ゚д゚)
    はたまた、アンドロイドでしょうか?笑

  168. コージさん、自分が思うにはイケダ老人が勤行が出来てなおかつ長文のメッセージが書けるくらいなら、本館で過去の映像ばかり流さずに、1分でも会員を励ます生のメッセージを贈ったらいいのにと感じてしまうのですが、どうでしょうか?
    それが出来ずに怪しい写真ばかり載せるのは、つまり彼が言語障害か痴呆の症状が有って人前に出せないという意味でしょう。
    彼の紺色のズボン、白いポロシャツ、スカイブルーのブレザーはかつて聖教新聞に載った時のセンスの悪い格好と同じ服です。
    金が有り余っている割りに一張羅とは、つまり元気な時にまとめて写真を撮り、それを小出しにしている可能性が高いですね。
    まあ、彼の健康状態には興味ないので、どうでもいいのですが、側近の方々もご苦労なことです。
    (^o^)

  169. 200万のスレッドが盛り上がっているので、心の整理のためにこちらに投稿します。

    今後していくことをまとめます。
    ・職場でとっている新聞とグラフの停止
    ・入会に導いた友人への謝罪と彼の脱会
    ・妻との話し合いと家族4人の脱会→脱会したことを兄弟に報告
    ・兄弟を脱会に導く。2人はいいが、1人は渋っている。
    ・妻の両親への報告・謝罪
    ・友人への報告、謝罪
    ・創価関連の本の処分、数珠・教本の処分
    などなどかな。
    とりあえず、自分と家族の脱会が先やな。

    よくよく思索。
    父は祖父を亡くした悲しみと死への恐怖の癒しを創価に求めた。「念仏無間」と入会後の「チヤホヤ対応」
    チヤホヤされたのは、職業地位と、財務を膨大にしていたため。
    うつで活動できなくなった晩年の創価の対応はそれはそれはひどいものだった。現実として。そして、死んだあとも搾取。

    私自身、2年前に母を今年1月に父を首つり自殺で亡くした。この悲しみ・嘆き・後悔を、創価のせいにしていないか?
    創価に責任を擦り付けていないか?
    確かに創価は「おかしい集団」
    創価で活動するようになり、いや生まれ育った環境が創価だったので、「思考回路が独特」
    「思考回路が独特」とは「創価の教義が価値判断基準になり、人の感情・気持ちを思いやることができなくなる」ということ。「人としての大切なものがぬけ去っていく」ということ。

    それじゃ、人の気持ち感情が思いやれる創価学会員だったらよいのか?
    全く非活動で、創価の互助組織に属しておく。財務・新聞はとらない。選挙は頼まれて「公明にいれました」とうその報告をして、活動家の方を喜ばせる。互助組織の利用のために属しておくか?
    いまの状態をつづけるか?

    判断基準をどうしていくのか? それは「人として大切なもの」を判断基準。
    創価に属し、創価の互助組織を利用していいのか? 何かあった時の保険?

    そこが、おかしい!

    「宗教詐欺ビジネス創価」
    「癒しをあたえる代わりに、お金を巻き上げるシステム」
    「末端は使い捨て、池田大作をはじめ中枢幹部の金と権力のため」これは明白!!!

    スッパリと縁を切ったほうがいいのではないか?

    サプリメントのMLMの「ノルマのないサプリメント愛用者」でいるのか、ノルマのあって収入のある会員でいるのか?
    そんなレベルよりひどい。
    宗教は人の根本的なもの。そこがおかしくなってしまう。
    思考がおかしくなり、行動がおかしくなり、人生が狂う。

    創価に頼ったり、創価を利用して生きていくのか?
    スッパリと縁を切るのか?

    そこだけの話です。答えは明白です。

  170. 創価現場では、座談会も協議会も閑古鳥状態で、一体活動家達はどこに消えたのか??と思われている事でしょう。
    かつての活動家たちは、ここにいますよ~~

    ロム専の方達のコメントを読んで、何だか胸がいっぱいになり感動してしまいました。
    これを機会に、皆さんとコメントを交わしたいですね。

    バリ活と呼ばれる活動家の中にも、きっと私たちと同じように苦しみ疑問をもちながら活動している人は沢山いるんだろうなと思っています。
    自分で考える事により、活動を停止し脱会へと繋がると思いますので、どんなきっかけでもいいので、このブログに辿り着いてほしいですね。

    池田さんの勤行の新聞。
    私もラザリスさんと同じように、昔に撮った写真をいかにも今現在の姿のように紙面に載せているのでは?と思いました。
    この調子だと、10年後の97才でもこの写真が使われるかも!!

  171. 池田氏の勤行のお写真について
    先日のテレビ「報道特集」での沖縄のご婦人の勤行の放映と同様に、
    創価学会は勤行唱題に励む平和的な宗教団体ですよ〜、
    と印象づけたいようなメッセージに感じられます。
    見かけだけスタイルに徹してもねえ…もう中身はグラグラきてます、まるでなし

  172. おはようございます。
    新聞の情報ありがとうございます。さっそくオンラインで見てみました〜
    記事が小さくて本人か影武者か(笑)どうかもよく分かりませんけど、
    大きすぎるジャケットがとにかく気になります。ぶくぶくだった頃のを着てるんでしょうか。
    富士美も視察したって?ほんとか〜?
    百歩譲って本当だったとしても
    「創立者はしばし、美の歴史に輝く傑作を見つめ、ルネサンスの巨匠に思いを馳せた」
    なんかボケたじいさまを車椅子で無理矢理連れてきたけど、なんだか分からずに
    ぼんやり遠くを見ている様子を、美化して表現したような感じ…

    でもきっとみんな大感動大歓喜しているんでしょうね。
    切り抜いて仏壇に飾って、コピーして会合で配って…

    ほんと、レモンさんのおっしゃるように10年経ってもこの写真載せて
    「ご健在です!」なんて言いかねないですね(笑)

  173. レモンさん
    祝!200万アクセス達成スレッドにも、返信コメントをさせていただきましたが、
    念の為に、こちらのスレッドにも投稿させていただきますね。
    ありがとうございます。
    うちの家族の場合は、入会していますが、信心に興味も無く、完全非活な状態です。
    現在は、一家全員非活です(笑)
    33年もずっと信じてきたのに、急に、騙されていた事がわかったんですから・・驚愕しました。
    題目の時間も計算してみたんですが、入会してから、20000時間位、貴重な時間を、
    無駄にしていました・・。
    私だけなら良いのですが、子供を創大に入学させてしまい、現在は就活中です。
    まきこんでしまった事が子供に申し訳なくて、辛い気持ちのままです。
    創価の事、子供には、タイミングを考えて話そうと思っています。

    ご主人が役職ある活動家の方との事、大変な部分もあると思いますが、
    少しずつでも、話に耳を傾けてくれる様になると良いですね。
    睡眠時間は大丈夫ですか、私の場合、睡眠時間はとれていますが、
    色々考えてしまうからか、夜がすぐ眠れないんですよね。
    どうぞお身体を大事になさってくださいね。
    私もこちらのサイトに巡り合って、皆さんのコメントに励まされたり、元気をもらっています。
    一人じゃないんだと思えて、嬉しかったです。
    これからをどうするかを前向きに考えながら、少しずつ行動していけたらと思っています。
    そうですね、お互いに、ゆっくり行きましょうね。
    これからもよろしくお願いします。

    私も、様々なロム専の方がいらっしゃる事に、驚きました。
    学会員の中には、まだ気が付かない人もいるでしょうが、
    矛盾や疑問を持ちながらも、一応活動している人が多いのではないでしょうか。
    1日も早く、創価の実態に気がついてほしいと願うばかりです。

  174. >スマイル さんの
    2015年7月7日 08:35
    今日の聖教新聞に池田さんが勤行している姿があります。
    >コージ さんの
    2015年7月7日 22:48
    うわ!! ( ̄□ ̄;) ほんとだ~
    今日の聖教新聞の1面に、勤行する池田名誉会長夫妻?のカラー写真が・・・・?
    昨日撮影の写真って、マジですかい?
    別人のようにも見えるし、恍惚(こうこつ)の人?みたいにも見えるし、何なんでしょうね?
    >Heart さんの
    2015年7月8日 00:16
    新聞やめたので見れない為、せいきょうおんらいんで確認しました~!

    以降も何人かの方が不振がっておられましたが、
    私もオンラインを見て、どこかで見た記憶が有ったので、ネットを調べたら(ヤフージャパン)

    “池田大作の近況wwwww 死亡してねーじゃねーか!!!げいのーの壺【2013年画像あり】1: ユキヒョウ(芋) 2013/07/13(土) 12:22:47.07 ID:NEd2lecT0●
    【写真省略】 6日 創価学園恩師記念会館で──(聖教新聞は7/13日の分か?)

    の写真に「眼鏡を掛けさせて、背広を着せて、カネコさんの位置をチョットずらせば」
    ……
    まさに7日の御大=D作になりますね。椅子も同じのようだし、文机もトリミングの切り取り方が違うが同じようだし
    ……
    調子の良かった時、いろんなポーズや、眼鏡・服その他の小道具を“何パターンか”撮っておき、何かの折“生きてますよ”をさりげなく、吹き込んでいるのでしょう。か?

    【写真偽造は仕事の一環
    *偽造写真事件とは1992年(平成4年)11月から創価学会が機関紙上に偽造した出所不明の宴席写真を掲載し日顕を批判、その後日蓮正宗と係争および訴訟に発展した事件である。】

    図書館で聖教新聞一面の写真を確認してきましたが、2年前(か、それ以前)に撮ったものと、歳が2才違うにもかかわらず→どこから見ても同日の写真だろう。

    代作さんお隠れになって、この5年以上に亘って聖教に載っている写真を見比べたらオモシロイ事が分かるのでしょう。私の場合、新聞等創価発行物は40年前から取ってないし、オンラインはスグ見れなくなりますので検証できませんが。

    そもそもロンですが?何で2人とか!数人しか!居ないの?創価信者総数って数百人~数千人が実態か~~。残りは皆な世界へ羽ばたいて行ったのか~~。

  175. はじめまして。
    私の場合、父親が熱心な学会員で、物心つく前にいろいろな会合?に連れて行かれていたと・・・記憶しています。
    意味もわからず、ただ手を合わせ、お経を覚えて毎日唱えていた断片的な記憶があります。

    5歳くらいのときに、あれ?なんか変だぞ?と思うようになり、自然と離れていきました。
    その後も、ことあるごとに勧誘が酷く、大学受験の前日とか、一番心の余裕がないときに電話で誘われ、反感だけが強くなっていきました。

    知らない間に内部に入らされていたけれど、一度も信じたことがない外部の人間ですが、正直に言えば、「なにこれ?きもちわるっ」

    というのが正直な感想でした。不快に思われた方がいたら申し訳ありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中