それって自分が可愛いだけじゃないんですか?

皆さんからのコメントの数が、あっというまに100を超えてしまうので、すぐに新しいスレッドを書かなきゃ〜っってなるんですが、毎回新しいテーマを4・5日ごとに考え出すのもたいへんになってきました(笑)。それでもそれだけ皆さんが言いたいことがたくさんあるってことで、とってもありがたいと思って頑張ってます。これだけたくさんの人が覚醒して、創価に関する同じような悩みや不満を抱えているのに、創価脳の学会員さんたちは、何があろうと気づかない人は気づかないんですよね。今回の安保法案に関しても、普通に考えればどう考えても創価の指示で公明党が動いているのは明らかなのに、創価が悪者になっては自分の都合が悪いために、全部公明党のせいにしてしまうんですね。まったくおめでたいと言うか…。どこまで自分がかわいいんだか(笑)

で、今回のテーマは「それって自分が可愛いだけじゃないんですか?」ということにします。学会員さんはどうあっても「自分が正しい」「創価に間違いなどあるわけがない」「創価が批難されるのは魔の仕業だ」などと、何の根拠もないことを自信満々に平気で口にします。突っ込まれると聞こえないフリをする。いや、私の経験からすると、あれは聞こえないフリではなくて、聞こえてないんですね。反論の声は音として耳に入っては来るけれども、その声が創価フィルターを通ると意味不明の音になって消えていくんです。すごい濾過作用をもった創価フィルターですね。自分の都合のいいことしか入ってこないんです。これ学会員さんをコケにしてるんじゃないんですよ。自分の経験を話してるんです。そしてこのブログでもこれまで何人かの現役活動家さんと話をしてきましたけど、そりゃあ見事な濾過機能の創価フィルターの持ち主でした。私以上にものわかりがよくて分別があるであろう白いブランコさんでさえ、都合の悪いことや説明できないことになると、完璧にスルーしてましたので、完全創価脳の学会員さんなど取りつく島などあるわけがありません。
これって、結局「自分可愛さ」なんじゃないのかな?って思います。いや、べつに「自分可愛さ」っていうのが悪いことだとは言いません。それが度を超して他人を見下すところまでいってるから問題なんだなと思います。今度も結局は公明党を見下してるんですよ。政治的な理念を主張しているんじゃなくて「仏罰→」のプラカードでもわかるように、他人を貶めることによって自分を肯定し、自分が正しいということを主張するような人間になってしまっているといううことです。学会員のデモの姿は平和を訴える市民の姿ではなく「公明党のくせになんでオレたちの言うこと聞かないんだ。そんなことすると罰が当たるぞ」という発想です。ふだんから創価に逆らうと罰があたると脅されているからか、何かにつけて罰が当たる、地獄に堕ちるという発想になるんですね。その裏には「自分は創価の信仰をしているから幸せになれるんだ、どうだまいったか」みたいな優越感に浸ってるんじゃないでしょうか。もちろん彼らには表立ってそんな意識はないでしょうけど、思考回路が「功徳か罰か」の二元論ですから、創価以外は地獄に行って当然、不幸になって当然、自分たちは幸せになって当然と信じきっています。しかし現実は違うことも、どこかで感じているから、なんかどこかビクビクしてるんです。一人では何も言えないんです。ああやって集団だからできても、一人になったときに創価の正当性をきちんと理路整然と話すことができる学会員を、私は一人も知りません。創価の指導では「一人立つ精神」などと言ってきましたけど、だれも一人では何にもできないのが創価です。その根底にはやはり異常なほどにふくれあがった「自分可愛さ」があるからではないでしょうか。つまり人を思いやる気持ちがないんです。人を思いやっているようでも、結局は自分への見返りのためにやっている。創価の活動はみんなそうです。みんな功徳とか福運とかって見返りがあるよと言われて、それにまんまと乗せられて、やりたくもない新聞啓蒙や折伏や財務や選挙活動もやってるんですよね。やりたくない気持ちが出てきたときには「これは世界平和という崇高な使命のためにやっているんだ」などと、むりやり自分に言い聞かせて、自己洗脳しながらどんどん深みにはまっていくんです。

このスレッドでは、自分の経験でも、身近な学会員さんのことでもいいです。「ああ、そういえばこんなこともやってきたけど、肚の底では自分可愛さでやってたよなあ」ってことが思い当たると思います。私もいっぱいあります。普通なら、ただ単に親切でやれることが「これをやっておくと選挙が頼みやすい」とか「ここでいい顔しとけば新聞断れないぞ」っていう腹黒い自分がいたと思います。親しい友人にさえも偽りの偽善的な態度をとってしまわないといけなかったことがあると思います。それって、あとから考えると、ほんとに辛いんです。どうしてあんなふうにしかできなかったんだろうって、めちゃめちゃ悔やみます。偽りの自分を装ううちに、どれがほんとの自分なのかさえわからないような学会員さんいますよね。「ああ、この人、学会員じゃなければほんとにすばらしい人なんだけどな」と思う人もたくさんいます。ほんと残念ですね。

今回の一連の政治不信の出来事がきっかけで「こんなことしてていいのだろうか?」と悩んでいる学会員さんもたくさん出てきたと思います。あと一歩。「創価学会は宗教ではないとしたら」「じつは創価学会が詐欺団体だったとしたら」この仮定にもとづいて、今までの自分の人生を振り返ってみると、どんどん今まで考えたくなかったことの疑問が解けていきますよ。「なるほど!そういうことか!」とそれこそ眼から鱗です。なぜ公明党が安保法案に賛成したのか。創価は平和を求める宗教団体ではないからです。なぜ秘密保護法も集団的自衛権も容認したのか。創価学会が宗教ではないからです。なぜ自衛隊をのイラク派兵させたのか。創価にとってはどうでもいいからです。

現実に創価や公明党がやってきたことの説明は、みんな「創価は宗教団体ではない。会員からお金を搾取するだけの詐欺団体だ」ということで、すべてつきます。詳細はこのブログの過去の記録を読んでみればわかります。そうやって気がついた人がどんどんこのブログに書き込んでいただいています。たんなる絵空事じゃないんです。ここには実際に体験してきた事実と、それをどう捉えてきて、それがどうのように変わってきたのかが克明に記されています。ここに記された10000にものぼる真実の声を読んで、何は本当のことなのかを自分の頭でしっかりと考えていただきたいと思います。

それって自分が可愛いだけじゃないんですか?」への112件のフィードバック

  1. 元カレXに折伏され、バリ活歴16年、非活歴15年のレイラです。

    私が入会した時は家族に猛反対されました。
    元カレXいわく、これは正しい信心しているから襲ってくる「魔」なのだと。

    家族からは暴力をうけたりいじめをうけたり
    辛かったです。

    元カレXいわく「すべてご本尊様はみているから!」

    そして親戚の中で学会員で
    自殺をしてた人がいました。

    信心猛反対の母はその話を私に責めるように言います。
    「信心しているのに何故自殺をしたのよ」と。

    何も反論できない自分。元カレXに相談。

    元カレX「それはきっとどこか信心がおかしかったに違いない」と
    半分笑って言われました。

    同じ事そのまま母に言うと
    その親戚を信心に導いた人(奥さんになった人)は
    役職を持ってた人で信心頑張ってた人だったとの事。

    それでも元カレは「信心おかしかった」
    「魔がおそってきたんだ」と言ってましたが。

    今となってはこの心にひっかかっていた事が
    クリアになりました。

    親戚が自殺したのはもうかなり昔の事に
    なりますが、つらかったと思います。

    ご冥福を祈ります。

  2. 毎日暑いです。Signifieさん、疲れはたまっていませんか?ハイペースなので心配しています。
    まあ、最近はSignifieさんの代わりにコメント返しをしてくださる読者の方も出て来たようで、これもこのブログの 素晴らしい点だと思いました、
    さて、今回の記事ですが、どうも私には引っかかります。創価学会員の方が自分の頭で考えて、安保法正反対のデモをしていること、私は素晴らしいと思うのですが・・・「公明党のくせになんでオレたちの言うこと聞かないんだ。そんなことすると罰が当たるぞ」という受け止め方はいかがなものでしょうか。私は、一般の学会員の方はまじめな方が多いと思っています。牧口氏、戸田氏など戦時中、弾圧された歴史を知っている学会員の皆さんは今の情勢に危機感を感じて行動されているのではないでしょうか。反安倍の声が学会の中で大きくなって、結果として学会による公明党に対する「トカゲの尻尾切り」になったとしても、それは日本国民の幸せにつながります。公明党批判によって学会組織が守られたとしても、池田氏の動静のこともあり、いずれ学会の凋落は避けられないと思っています。今は子どもや孫が再び戦争の惨禍に遭わないこと、これこそが私の願いです。創価学会員の皆さんが、信仰と平和を結びつけて自分の頭で考えて行動してくださるなら、私は外部の者として学会員の皆さんと手をたずさえて、安保法制に反対していきたいと思います。

  3. けんじさん、こんばんは。
    ご意見、ありがとうございます。
    また、私へのお気遣い、ほんとうにありがとうございます。ほんとにハイペースにいなりました(笑)
    私がいろいろ言わなくても、みなさんでガッツリやっていってもらってますので助かっています。私はできるだけみなさんが読みやすく、コメントしやすくなるように調整役をしていけたらと思っています。
    今後ともよろしくお願いします。

    私が気になるのは、末端の会員さんも公明党はおかしいと思えるのに、それが創価のせいではないと信じていることです。今回の公明党の暴挙によって、もしかしたら創価がおかしいんじゃないかといった考えにたどり着くならいいのですが、どうもそうではないようだから、ちょっと過激かなとは思いましたがこのテーマました。
    私の父は公明党の議員でした。「議員というだけで給料(歳費)をたくさんもらえていいじゃないか。誰のおかげで議員をさせてもらっているのかわかってるのか」といったことを学会員は子どもの私にでさえ言ってきました。「議員というのは選挙のときだけ頭を下げる」とも言ってました。公明党の議員の場合、実際に生活費に充てられるお金は少ないんです。国会で「P献金」というのが話題になりましたよね。当時の代表(冬柴さんだったかな?)が国会で追求されてシドロモドロになった件です。結局はその疑惑もいつのまにかうやむやにされてしまいました。公明党の議員というのはまわりの学会員の手前、財務の3桁以上は当然です。父が議員を辞めてから、私が大学を卒業するまで母はパートに働きに出ました。信じられないかもしれませんが、それほど生活が苦しかったんです。もちろん私の兄弟4人とも両親から結婚資金などいっさいもらえませんでした。そのかわり数百万単位の財務の領収書がみつかりました。おそらく両親にしてみればそれが家族にとっての幸せに繋がるんだと信じていたのでしょう。学会員さんは必死で選挙活動に走り回ります。それはもうめちゃくちゃやりますよね。人間関係も壊してまで票をとります。それはべつにその議員のためなんかじゃなくて、公明党が正しい政党だと信じてのことでしょう。実際に議員には「自分たちがこんなに苦労してるおかげで議員をやってられるんだ」というのを口に出して言うんです。もちろんみんながみんなではありませんけどね。
    牧口・戸田の2人が戦時中に投獄されたことをいいことに、小説人間革命で完全に美化された作り話を信じているから「戦争ほど悲惨なものはない……云々」が創価の基本理念であるかのように末端会員さんは信じてしまっているんだと思います。だからそんな平和の団体が必死で支援しているのに、あの議員たちがやっていることは何だ?!と憤るのは無理もない話です。しかしすべてはみんな作り話を信じ込まされて騙されているんです。学会員は公明党の責任を追求してもしかたないことです。もともと創価は平和の団体なんかじゃありません。末端会員さんはそこがわからないから「自分たちの努力を無にするようなことをやるとはけしからん!」となるんだと思います。公明党のやってることが創価の指示であることが理解できないんです。理解できないように仕向けられて、ちょうど今回のように「悪いのは公明党であって創価ではない」というふうに末端会員の矛先を公明党に仕向けていて、それにまんまと乗せられているじゃないかというのが問題ではないかと思います。これが公明党をそのように仕向けている創価がおかしいんじゃないかと末端会員が憤るのであれば、話は違います。それは大いに憤るべきだと思います。会員さんは公明党に騙されたのではなく、創価に騙されているんですから。公明党はただ言われたままをやってるだけ。公明党に創価を超えての決定権など微塵もありません。公明党は自民党のポチである以前に創価のポチなんです。創価のポチだからこそ自民党に逆らえないんです。公明党は平和を追求する正統であるなら、イラク派兵も秘密保護法も集団的自衛権も安保法案も徹底的に反対しているでしょう。しかし反対どころか推し進めているんです。今回も公明党が反対すれば安保法案が強行採決されることはなかったはずです。そうすれば自民党は公明党に脅しをかけるでしょう。脅しというのは「創価の正体がばれてもいいのか」ということです。それをさせないがための安保法案可決です。安保法案可決は創価の意志だった。それが学会員さんにはわからない。そのことを学会員さんは決して認めないでしょう。認めれば自分が信じてきた創価学会は間違いだったということを認めなくてはいけなくなりますからね。その真実に決して向き合おうとしないから「結局、自分が可愛いだけなんじゃないの?」というテーマにしました。つまり問題の捉え方が違いますよっていうことを言いたかったんです。

  4. こちらのスレッドでは初めまして。

    「創価学会に勧誘されようとしてる彼氏さん彼女さんへ」に初めまして書き込みさせて頂いたえつこです。
    そちらのスレッドで最新スレッドを教えて頂きました。こちらでもご相談させてください。
    「創価学会に勧誘されようとしてる彼氏さん彼女さんへ」の内容と重複になってしまう点もありますが、昨日1日こちらのサイトを拝見させて頂いて文章も多少変わるかと思います。
    長文になってしまいますが、どうかよろしくお願いします。

    バリ活男子部の彼氏がいます。
    仕事はごく普通の仕事で今のところ仕事より学会を優先している事は無さそうです。
    ご家族も全員学会員、彼の母は結婚後に入会、彼氏は創価大学を卒業していて今もほぼ毎日会合に行ってるようです。

    私は宗教に無縁な人間で家族もそうです。

    彼氏が学会員である事は知り合ってわりとすぐ教えてくれました。初めて一人暮らしの彼氏の家に遊びに行った際に「ある宗教をやってまして、この仏壇はそのためです。」と。本当は嫌われるのが怖くて言いたくなかったそうです。
    教えてくれてからは私に学会活動を一切隠さなくなり今でも彼氏が会合に行ってる間は彼氏の家で待つ事がよくあります。

    知り合って半年間、今まで学会の良さを語られたり会合に誘われたりという事は一切無かったのですが、先日初めて今度の日曜日に開催される外部向けの催しに軽い感じで初めて誘われました。

    「もし良かったらえつこちゃんも来ない…?学会員以外の人向けだから…今回僕はやらないけど他の学会員さんが盛り上げるために一発芸みたいな事もやるよ…」と。

    私は何が何でも行く気はありません。行ったら最後だと思うからです。やる気も全くありません。

    彼氏の事は本当に大切で一緒にいると幸せで、この人と結婚したら幸せだろうなと感じるくらいです。
    私は学会員である彼氏を否定する気は全くありませんし、学会が彼氏の幸せなら活動も続けて欲しいです。

    しかし私が学会がらみに誘われるとなると話は変わってきます。
    結婚を考える相手だからこそ私が全くやる気もなく仮に結婚したとしても入会する気が無い事は理解してもらわなければなりません。
    この事を話して関係が終わるのなら悲しいですが縁が無かっただけです。

    私の意見としては仮に結婚し、子どもが出来たとして
    ・私は入会しない。関与しない。
    子どもは自分の意思で決めさせる。
    ・私と子どもを一切学会に関与させないのであれば好きなだけ活動して貰って構わない。お金に関しては常識の範囲で(出来ればお布施などしないでほしい。個人の意見としては金がかかる時点でちっとも救われていないうえに宗教では無くただのビジネスである)
    ・ただし、私と子どもを一切関与させない、入会させない事を守り抜いてくれるのであれば冠婚葬祭や行事は全て学会式で構わない。結婚した以上は選挙も協力する。(私の親戚に何故か学会員が多く葬式、法事の学会式は何度も見てるので抵抗が無いのと、選挙も祖母に頼まれたりしていたので多少は仕方ない事もあると割り切れる)

    話し合いになった場合はこの事を話すつもりです。
    本当に学会の事が無ければ迷う事が無い素敵な彼氏です。
    どうか良い方向に話し合えると良いなと思っています。

    学会の事を否定しているわけでも無く、学会活動をしている彼氏はそれも含めて彼氏だと思っている、関与さえされなければ好きなだけ活動して貰って良いと思っている、なのに将来を考えて、うまくいかなかった時の事を考えるとこんなに悩む…将来の事なんてどんなケースでもわかるわけないのに…何だか自分が悲しいです。

    最後まで読んで頂きありがとうございます。

  5. 安保法案を全体的にとらえて考えることは大変な作業だと思います。
    「自分が可愛い」…ちょっと強烈かなとは思いますが、私はそうだよね、とうなずけます。
    なんというかアプローチの仕方が自分中心で、いろいろな方向からの視点に多少欠けている、
    反対賛成に感情的に左右されて拙速に結論を出すのはもちろんよくない、と思うのです。
    ひょっとしたら戦争は既に始まっているのかもしれません、経済を頂点として…。
    いまはむしろ無差別テロのような国境を越えた侵略活動や、ドローン等最新鋭の技術を戦略的兵器として使用する、治療困難な病原菌の意図的な流行といったような、私達には考えが及ばない戦闘状態も想定されると思うのです。
    そういった様々な事態を専門家から説明を聴く機会があったり、それに対する政治家各自の考えを聴いたりして、時間をかけて論議を進めるべき重要法案だと思いますし、その経過はまた抑止力となるでしょう。
    創価学会員はどうしても結論を求めたがる傾向があります、
    功徳を意識しながら長年にわたり信仰を続けても、なかなか充足が得られないからと思います。
    そして創価学会の実態はあくなき経済先行に基づいていると思います。

    管理人さん、ほんとうにご自身のペースを尊重してよろしくお願いします。

  6. シニフィエさん

    P献金ではなくても、財務は無言の圧力があるんですね、、、やはり。

    今日生活保護費を共産党費にしてたってのがニュースになってましたけど、議員を使って税金を組織に還元するロンダリングですね、、、。
    すごい資金源ですね。実はこれが目的だとしたら、相当悪どいですね。

  7. 「白バラ通信パンドラの箱」の希望です。シニフィエ様の問題提起の鋭さに感服しております。ただただ素晴らしいの一言に尽きます。
    私は、真正面から創価学会池田カルト一派に挑みます。シニフィエ様は、「ゲリラ戦」を縦横無尽に展開なさって下さい。
    本日、「錦の御旗」の骨子が完成致しました。そう遠くない将来、池田大作氏の真実を日本国民が認識するはずです。
    猛暑の日々が続いています。シニフィエ様と、このブログをご覧になっておられる皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます。

  8. 宗教ビジネスと気付かれないように
    他人(非信者)を敬う気持ちを消すように
    信者に指導してるんですよね。

    100万人が1人1万円寄付したら、
    それだけで100億円です。
    幹部は信者から吸い取ったカネで
    そこから寄付をしてる。

    それがバレたらまずいので
    敵を作って、内部批判から目をそらす。

    このカラクリに気づける人
    なかなか居ないんですよね〜。

    寄付が3倍になって帰って来ると
    信者を引っかけるも
    周りを見ると、長年頑張ってる人も
    全く幸せに成ってない。

    ただただ、カネを吸い取られてるだけなんです。
    宗教ビジネスですね。

  9. えつこ様
    はじめまして。スマイルと申します。私は学会2世、バリ活動家でした。現在結婚してますが、妻と付き合ってた当時、妻を入信させそして結婚しました。

    私は、彼氏さんと同じ立場にあったので私自身の心理をおはなしいたします。

    まず、彼氏さんのご家族が創価一家ということ。彼氏さんも完全に創価脳ですね。
    創価脳ということは、「創価の信仰が絶対唯一最高で正しい素晴らしい!」との考えです。

    私も妻を車の中で待たせて、会合に参加したことが何度かありました。今同じことをするとシバかれますが(*_*; 大好きな学会活動をして大好きな彼女に会う。。。最高に幸せでしょうね。
    おそらく、待たされる彼女さんの気持ちとかを考える発想とかあるでしょうか?私はありませんでした。もし、「創価の会合と私とどちらがだいじなの?」と聞いた時点で、魔にやられた人間です。

    外部向けの会合は入会に導くことが目的なので、彼氏さんはえつこさんに入会してもらいたいのでしょう。100パーセント断言できます。彼氏さんがえつこさんに「本当に理解された」「私のすべてを好きになってくれた」と思うのはえつこさんが創価に入会して、信仰活動にはげまないとそのようになりません。

    仏壇について理解してあげたということは、彼氏さんからすれば「受け入れられた」との気持ちがあると思います。創価はとにかく「私たちは正しいことをしているのに、世間は濁悪だから理解されないし、むしろ迫害される」との思想ですから。日蓮さんもそうでしたので。

    創価を否定することは、彼氏さんのアイデンティティーを否定することになります。「私は創価学会員である!」との誇り。宗教という非常に深いところの価値観。
    えつこさんが、創価に入信しないことは、彼氏さんからすれば、「心から俺のこと好きでない」と受け取るかもしれません。だって創価は彼氏さんの一部ですから。しかも人間としての中心部。

    彼氏さんが旦那さんになったとして、未来永劫、創価からの勧誘がつづくでしょう。彼氏さんの実家がバリ活動家ならなおさらです。結婚前、結婚直前、結婚後、子供が生まれたとき、、、、何かの折に、彼氏さんの家族から、彼氏さんから、そして、新居の地区の創価学会員から執拗な入会勧誘攻撃にあうでしょう。それとしつこい選挙の確認とか。
    子供の入会について。配偶者や本人に内緒で入会させることなんてよく聞く話です。
    お葬式も創価学会式、お墓も創価の安物のお墓かもしれません。

    えつこさんが入会しないのであれば、彼氏さんからすれば「俺はえつこさんを信心させるのが使命なんだ!」とか考えるでしょう。「過去に、えつこさんが「今度生まれたときは私を折伏して」と言っていた」とか「もし、私が信心を忘れていたら、あなたが思い出させてね」と過去世で約束したとか。もうそれはもうわけのわかんない妄想です。でも本気でそう思いますので。御書(日蓮の著作集)読めば知らずにそのような発想になりますので。

    財務も絶対します。だって財務することが幸せになることだから。財務したお金は何倍にもなって返ってくると信じてますし。日々、少しずつお金をためたら、一年で一万円くらい作れるでしょう。毎日500円のお昼を我慢すれば、毎月1万、年間で10万円はたまります。そういうことをしてでも、財務しますよ。だって財務すると功徳があるからです。自分自身のみならず、えつこさん、うまれてくる子供、すべてに功徳があり、幸せにつながると考えるからです。

    私は今の妻に入会を勧めるとき、入会しなければわかれるつもりでいました。創価に入会しないのであれば、「今世での使命のない子」と考えていたからです。
    バリ活で、創価であることが最高のアイデンティティでした。
    そんな私ですが、見事に覚醒し、「創価は池田大作の「金と権力と名誉欲・その他の欲望」を満たすために作られた、非常に巧妙な宗教詐欺ビジネス」と結論付けています。

    カネ・・・財務をはじめとする金集め。
    権力・・・公明党。仏法の理念を政治に反映なんて嘘。やっていることは創価を守ること。商品券とか権力のおこぼれにあずかって、会員の目をくらましている。
    名誉欲・・・大学の名誉博士号とかいろいろ。金で買えという指令の証言有。著作もほとんどが代作。
    その他の欲望・・・池田の女性問題、立派な専用施設。裁判で証言されています。私の住む地域の会館にも池田専用の施設があります。ほとんど公開されないのですが、足が沈み込む絨毯に豪華な調度品があって、文化遺産のたくさんある市内を一望できる全面ガラス張りの超豪華な部屋もあります。ちなみに彼氏さんの敬愛する池田大作は、ほとんど勤行しないですよ。裁判記録でそのようにきちんと証明されています。
    詐欺・・・「南無妙法蓮華経」には何の功徳もないからです。
    ビジネス・・・見ての通りです。

    創価については非常に根深いので、このくらいにします。
    私の母は、創価の信仰を貫きました。そして、ガンでとても苦しみながら死にました。それはもう地獄の様相でした。壮絶な呼吸苦の中、「ゼエー ゼエー 南無・・・ ゼエー ゼエー 南無・・・」といいながら、声も出なくなり、、、、、息を引き取りました。
    私の父は、立場上、創価を守りに守って、池田大作を守り抜きました。創価の汚い裏の仕事もしました。お布施も数億しました。時間も体もすべて創価に捧げました。創価関連の仕事が引き金となってうつ病になり、そして首つり自殺しました。葬式では「最近お父さん、会合にでてこなかったからね。信仰活動していなかったから突然死したんやね。しっかり信仰活動していたらこんなことにならなかったのにね。」という趣旨のことを言われたり、「提供されている個人会場はつかえますか?」と葬儀の場で聞かれたり、個人会場を売りに出した後、追剥のように会場内の書籍や、会場の庭の鉢植えまで持っていかれました。

    えつこさんが感じておられるあまい組織ではないです。
    彼氏さんも、だれも気付いていない。
    創価という危険思想に。
    気づかないうちに「人の感情をおもいやることができなくなる」
    日常でおこる種々の出来事、人間関係、すべて「日蓮・創価の答えが用意されている」
    人間として一番大切な感情が、日蓮思想・創価思考に乗っ取られてしまうんです。
    「信心しないと本当の幸せはない(入会しないと本当幸福はない)」
    「信心してもやめると、堕地獄(やめると地獄に落ちるぞ)」
    本気でそのように信じています。

  10. 創価の教えを実践すると、智慧が湧くんですって。
    無明が晴れ、物事の本質がよく見えるようになるんですって。
    生命が清らかになり、善知識だけが寄ってくるとか。
    ならばなぜ宗教ビジネスひとつ見抜けないんでしょうか?
    都合のよい隠ぺい工作にもころっとひっかかるんでしょうね?
    嘘もねつ造も簡単に真に受けてしまう。

    単に視野の狭い、思い込みの激しい、そして意固地な人間にはななっていくようです。
    脱会してよかったことは貴重な時間を他のことに使えることもそうですが、偏った価値観から解放されたこと、頭も心も柔らかくなったことです。
    「ふうん、そうなんだ」
    これが圧倒的に増えました。
    今まではあれもこれも否定することが多かったんですが、何ともったいない人生だったことか。

    >本気で支援しないと、功徳も境涯革命にも繋がらないんだよ

    例えばこんな価値観、これ以外は否定する価値観。
    こんなくだらない価値観に縛られてはもっともっと広い智慧にも発想にも出合えませんよ。
    聞こえても出合っても素通りして入っていきません。
    それは本当にもったいないことです。

  11. シニフィエさんのスレッドの 鋭さに 書きたいことは次々浮かぶものの、どう表現していいのか、悩むことばかり。
    今は、過去の皆さんのコメントを2012年当初から読んでいるところです。
    もう少し考えがまとまったら、創価学会の社会悪がしれるところとなったら、書きたいです。

    (車の故障が立て続けに起こり、愚かながらも「退会届け」「フェイスブック書き込み」のためのいやがらせか?とビビってしまいました。もともとアンチなのに。いえ、アンチだから狙われるのですよね)

    えつこさんの相談が切なくて、応えてあげたいのに、自分にも「答え」がなくて、つい涙です。未來のことは分かりません。自分で開いていくしかありません。
    私も30年前に夫と出会いました。
    恋愛もマインドコントロールの世界ですかね。
    これだけの情報化社会ですから、どんどんしらべて結婚前に疑問は解消しておくのが良いかと思います。友人にも家族にも疑問を投げかけていいと思います。自然に「答え」の出る社会に早くなって欲しいし、していきますよ。
    あと、離婚の原因は創価のみに限らないかもしれませんが、離婚したいと思ったときに離婚できる経済力はあったほうが良いと思います。

  12. 最近、毎朝4時ピッタリに目が覚めてしまいます。
    きのうは、広宣部(男子部)に目をつけられ、カッターで手を傷つけられるというリアルな夢を見てしまいました(-_-#)

    テーマですが、どうしても傲慢幹部の言動振る舞いを思い出さずにいられません。
    その幹部、私には白ゆり長をある意味脅しの言葉で強制しましたが、当の本人は役職(地区婦)を断っていたそうです。
    信じられません!
    自分には甘く、他には厳し過ぎです。
    そして自分の言うことは一番正しいみたいな………
    他人の家庭の問題にも、上から目線で口を出してくる。
    パワハラ、モラハラと一緒です。

    さて、先ほど集金の件で電話したいと現地区婦よりメールがあったので、OKと返信したにもかかわらず、1時間以上かかってもまだありません!!
    頭にきたので、今後連絡はメールにして下さいと返信しました。
    本当は一切関わりたくないのですが、集金の後任も気になっていたし、集金台帳(集金するための領収証など)がうちのポストに入っていたらどうしようかと心配していたのです。
    さらに不信感が加速してきました。

    ついでに定期購読していた潮も止めました!
    少しずつバイバイです。

    前スレッドでお声かけていただいたjanneさん、ありがとうございます!

    ランドリーさんも、今はご自分のお身体第一に考えて下さい。

    コージさん、いつも明るいコメントに心が癒やされています。
    暑気払いの当たり前体操も、おもしろかったです。
    首、背中、肩甲骨がまだ痛くて寝返りも辛い私ですが、根性で治します!
    ♢キソニンもいいみたいですね。

  13. えつこさん
    こんにちわ。
    このブログを熟読され、理解された上で
    彼が活動するのには文句ない。
    自由にしてもらう
    と言うのなら仕方がないですが。
    今の時点で毎日会合と言うことは
    これからどんどん役職が上がり
    もっと多忙になります。
    彼が43歳くらいまではほぼ家にいないです。
    休日にスーツで出かけていきます。
    結構近所から不審がられます(^^;)
    1月1日も朝からいないです。
    もしも不幸なことがあれば
    えつこさんが信心してないからだと言われます。
    幸運なことがあれば、やっぱり旦那さんが
    信心頑張ってるからだと言われます。
    大丈夫ですか?

    恋は盲目です。
    Annさんも言われていたけど
    恋愛と結婚は全く別。
    恋愛中は本当に「あばたもえくぼ」なんです。
    ご存知のようにお金も掛かります。
    これがまだ宗教なら良いのでしょうが
    彼は詐欺に遭っている被害者です。
    でも人から言われて簡単に覚醒するものではありません。
    自分で気が付くしかないのです。
    恐らく彼はネットは嘘だと刷り込まれているので
    調べたこともないと思います。
    このブログを読んでもらってみてはどうでしょうか?

  14. アニメのサザエさんに出てくる断片的なセリフが定期的に上がるサザエbotというツイッターがありまして、
    「ワカメ?あなた幸福になるためじゃなく、 幸福だと人に思わせるために四苦八苦してない?」
    というのがありました。
    そっくりそのまま学会員さんに言いたいです。

  15. こんにちは、雪風です。

    完全なる夏バテに突入して凹んでいましたけど…

    宝星さん、ボレロさん、せーやさん、 コージさん、ラベンダーさん、janneさん、(もし他にもいらっしゃる方がありましたら、この場をもって✨御礼申し上げます)7月に入って、ちょろっとしか登場していない私に、こんなにも多数の方のレス、がっつりありがとうございます!✨✨

    皆さんも、お身体を大切にお過ごしください!(うぉ!?ちと、D作ぽかったですか?)

    シニフィエさん!以前のレスでも書きましたが、レスの伸びがスゴいですね!

    もう、すでに、どなたがどんな方やら、混乱してしまうぐらいに大盛況ですね!

    そしてあっという間に、新たなるトピが立ち、どんどん流れてゆく過去のレスですね!

    疾風怒涛の如くです。置いて行かないで〜(☆。☆)

    取り急ぎ、ご挨拶程度の書き込みになってしまいまして恐縮です。
    また、脳ミソのリハビリも兼ねて、寄せさせて頂きますね(^.^)b

    P・S せーやさん大丈夫ですか?私も、何かあったらすぐ、はぁ!?好戦部じゃねぇの!?と、警戒したりうなされたりしとります(@_@;)
    仮に、カッターで切り付け→これ、罰と言うより、もはやテロリストとか工作員ですよね💦

    で、以下のように↓↓↓

    .┌○┐
     │お|ハ,,ハ
     │断|゜ω゜ )  お断りします
     │り _| //
     └○┘ (⌒)
        し⌒

    No!!創価学会!!金輪際お断りだあああああぁあ!!

    もし何かの間違いで生まれ変わっても、俺は創価なんかある星にぜーってぃ生まれてなんか来るかよ!

    よう、創価!!こんなんでいいわけねぇだろ!!

    俺は、嫌だね!!!!!!

    ………また、来ます(いつもスミマセン(T_T))

  16. えつこさん
    はじめまして。
    私も、他の皆さんと同じ意見です。
    創価脳バリ活一家と生活していくことは、生易しいことではありません。
    多分周りから、勧誘されるでしょう!今人材不足ですしね。
    どうしても彼氏さんを手に入れたければ、覚醒させてあげるのが一番かも・・
    よ~く考えてみられてください!

    せーやさん
    本当に対応するだけでも、かなり疲れますね!
    これから、まだまだ大変だと思いますが、何とか切り抜けてくださいね!
    応援してますから!
    相手もいい加減なのだから、適当に対応しておけばいいと思いますが・・
    お体大切になさってくださいね!(o^-^o)

  17. えつこさん
    初めまして。
    私も結婚する時に主人の折伏により入会し、人生の一番良い時期を夫婦で活動家となっていましたが、私は最近活動を辞めました。
    失った人生の時間は約30年間。
    創価での活動家人生は、後悔しかありません。
    でも、もしあの時入会していなくても、主人やオール創価の主人側の親族一同から事あるごとに入会を迫られていただろうなと思いますので、結婚時に入会していなくてもどこかの段階で入っていたかもしれません。
    結婚時に入会しないと約束しても、彼氏さんやその親御さんから常に入会をせまられ、組織からも未入会の家族がいるということは、成果1になり得るターゲットになっているということです。
    活動家と結婚するということは、そういう事なんだと思います。

    男子部の活動家となると、夜も休日も全て活動にあてて活動中心になります。
    付き合っている時と違って、ともに生活をし家庭を築いていくとなると、家族を大事にしてほしいのに、家族団欒の時間も全て活動優先となります。
    また、いくら自分は創価と無関係だといっても、創価会員の出入りがあったり、金銭的にも創価はかなり巧妙にお金をふんだくっていきます。
    子どもができても全て活動優先となり、創価活動に時間の比重をあててますので、家族団欒は活動家になればなるほど無くなります。
    自分が活動を一生懸命することで妻子の分も福運をつけているんだ!
    これが俺の使命なんだ!と思い込んでいますので、家族の事も考えるようにさせようとしても言い争いになります。
    活動=家族の福運という脳の思考回路です。

    今は大分男子部もソフト路線へと変更になっていて会合数は昔よりは減っているようですが、同時に男子部の活動家も減っているので、彼氏さんへの負担も相当かかってくると思われます。
    結婚しても常に家庭に不在、休みの日も不在。
    どんな事も「創価で活動することが広宣流布のため」と言っている人が配偶者となることに耐えていけるのか・・・
    うちの旦那さんは、強烈な活動家でしたので、本当に全く家にいなかったです。今もいませんが、男子部時代はかなり過激でしたので本当にいませんでしたね。
    子ども達の出産の際も、夜に産気づいた時、当然ながら旦那は会合で不在でしたので自分でタクシー呼んで1人で病院に駆け込んで産んできました。
    ギリギリで産み落とす寸前でした。
    産み終わったあとに、旦那は会合先から駆けつけてきた感じです。
    一時が万事そんな結婚生活でしたので、彼氏さんと今後の事についてじっくりと話あってみてくださいね。
    今は昔のネットになかった時代と違って、創価の情報もネットで様々分かる時代ですので、色々と参考にして彼氏さんとの今後をじっくり考えてみてくださいね。

  18. えつこさん、こんにちは。
    なんだかたいへん申し訳ないのですが、もうみなさんがおっしゃるとおりだと私も思います。
    厳しいことを言うようですが、結局、毎晩のように家を空けて家庭をおろそかにしてまで何の活動をやっているのかというと、創価のカネヅルをどうやって増やすのかってことを日々集まってやっているんです。およそ宗教なんかじゃありません。悪質なネットワークビジネスのボランティア社員みたいなものです。だからパートナーが毎日そんなことをしているのがわかっていて平気で知らんフリできるとは思えないんです。宗教活動なら信教の自由として個人の考えを尊重するのは悪いことではないと思いますが、結婚相手が日々家庭をほっぽり出して詐欺の使いっ走りをさせられていることを容認できるでしょうか。並の神経では無理だと思います。
    みなさんの話にあるように、学会員は学会員以外の人を無意識に見下しています。おそらくえつこさんも入会しないかぎり彼氏さんからは「かわいそうに。いつかこの信心につかせて幸せにしてあげるからな」って思っているはずです。結婚のために最初はえつこさんの条件をのむでしょうけど、結婚しているかぎりは、よほどのことがないかぎり諦めないと思います。創価の信心をするしか幸せはないと信じきってますからね。自分が諦めたらこの人は幸せになれないとまで思っていますよ。かつての私がそうだったからこんな話ができるんです。そういう思考回路になってしまうのが創価学会の洗脳なんです。これは創価がやってきた会員を増やす手口です。会員同士を騙させて増殖させる。会員同士は真面目に真剣にやってます。人を騙そうという考えなんてこれっぽっちもありません。でも結果的にみんな騙されてしまってるんです。
    彼との幸せな結婚を望むのであれば、彼があなたを創価につかせようとする以上の、彼を創価から救い出すという決意がなければ難しいのではないかと思います。みなさんからのアドバイスが厳しいものばかりになって申し訳ないのですが、やはりまずはこれが現実なんだということを知っておいて欲しいと思います。

  19. せーやさんの>自分には甘く、他には厳しい…というコメント、
    とりわけ創価学会には当てはまりますね、言われてみれば…確かにそう。
    今回プラカードもってその気になって、
    ??「自分が可愛い」あー当てはまるな〜、と思ったわけですが、
    いままでの活動もそんな雰囲気ありましたね。

    今回の強行採決で問題意識を持ったことはとても大きな前進だと思います。
    しかし、なぜその意識がいままでの自分の振り返りにつながらない?
    正しいと思ってきたけど、どこかおかしな点があったから、認められないのです。

    平和という言葉は、実はいろんな意味を幅広くもたらすと思います、
    戦闘状況に至っていないから平和だとは言いきれないでしょう、
    相変わらず世間では家族や親密な関係にどうしてそんなことが、と思うような
    犯罪が発生しています、それこそどうしたら平穏になるのでしょう?
    それらは全然別の遠いところで起きてるから関係ない、と割り切れますか?

    創価学会がもたらす不和で起こってくる問題は少なくないです、
    こちらの場でも、いままで実に多くのリアルが勇気をもって語られました。
    そんなことはお構いなしにして、
    公明党が戦争法案に賛成だから今回は自分で平和をうったえる…
    ?その気持ちは、別の団体と同じシュプレヒコールに紛れさせてしまえばいいのでしょうか?
    少しだけ違うと思うんです、創価学会も原因だったのではと多少考えてほしいのです。

    問題意識に立てたことは素晴らしいと思っています…

  20. えつこさん、こんにちは。
    バリ活の学会家庭に育ち、創○高校にも通い、今は脱会済のもとそのこと申します。
    2つ前の安保法制の記事に初めて投稿させていただき、まだこちらに訪問させていただくようになって間もないですが、どうぞよろしくお願いいたします。

    私には弟が二人いますが、どちらも結婚でもめています。
    母は結婚相手には入信してもらうことを条件としていました。
    弟はどちらもほぼ未活でしたが、学会は素晴らしいところだと刷り込まれて育ちましたので、肝心なところで母にNOと言えず、結婚と同時に奥さんも入会しています。

    下の弟は今でいう授かり婚だったのですが、嫁入りするのだから仕方ないと、嫌々ながらも奥さんは学会の方針に合わせています。けれど、毎年の公布部員(いわゆる財務です)のことや、聖○新聞や会合を強制される度にけんかになっていると言います。子供も生まれてすぐ入会、七五三は会館で済ませ、お正月には初詣ではなく新年勤行会。子育ての節目節目でも揉めるようです。

    上の弟は、奥さんのご両親が大の学会嫌いで猛反対だったところ、私の両親も「お嬢さんを大切にしますから」と挨拶しに行き、奥さんだけならという条件で入会し、紆余曲折を経て結婚しました。奥さん自身も学会は大嫌いなのですが、子供は絶対に入会させないというのなら自分が我慢すれば良いだけだから、と折れてくれました。それなのに、私の両親は熟年離婚(バリ活の母が家庭をないがしろにしてきたことが原因だと思っています)し、奥さんのご両親は「だから反対したんだ」と怒っておられるそうです。弟も徐々に覚醒してきたおかげで、話が通じない母の面倒を見る気はなく、奥さんの実家への婿養子になるつもりだと言い出しました。

    私も母とは7年前に絶縁し、子供たちに会わせていません。母は現在、好きなように学会活動をしているようですが、私たち兄弟からも、母の兄弟からも距離を置かれています。レアなケースかもしませんが、我が家は学会のせいで家族の絆をバラバラに砕かれました。私は学会の家庭に生まれたことは不幸だったと思っています。

    どちらの弟も、結婚前にも揉め、結婚後も揉め事が絶えません。学会員と非学会院の結婚がうまくいかない話は本当にたくさん聞きます。私の同級生の学会員たちは、たいてい学会員同士で結婚しています。「結婚するなら(学会)内部の人」を条件として掲げている友人も多かったです。付き合っている相手を折伏したいという話もよく聞きました。

    身内だけではなく、地域からの干渉もあります。どこへ引っ越しても「統監カード」というのがついて回り、勝手に聖○新聞が届けられていたり、地域の婦人部の方から会合へのお誘いがあります。彼氏さんがえつこさんと子供さんに干渉しなくても、「あそこの奥さんははガイ(学会外部)だから幸せにしてあげなきゃ」と、周りの学会員がほっとかないでしょう。

    一人暮らしの家に仏壇があり、会合にもよく行かれている様子だと十分活動家だと認識します。えつこさんが魅力を感じておられる彼氏さんの中心には学会の思想があります。知り合って半年で学会宣言(外部の人へのカミングアウト)をするくらいには熱心なのでしょう。いつかはえつこさんを折伏しようと思っておられるのではないでしょうか。学会ごと彼氏さんを受け入れるか、彼氏さんを目覚めさせて決別してもらうか。外部のまま学会員と結婚するのはイバラの道だと思います。

  21. はじめまして mitt といいます。30台半ば会社員です。
    この度、妻と義父との学会についての事をずーっと悩んでいて、どうすることも出来ず、このブログを見つけて、藁わもすがる思いで書き込ませて頂きました。

    妻は2世の学会員です。
    私は付き合ってある程度時間が経ってから妻が学会員だと知りました。
    当時、妻はほとんど活動はしていませんでした。

    ところが、最近婦人会に参加するようになりました。
    その裏には、活動に熱心な義父の存在があります。
    義父は地域の会長?くらいの活動熱心な方です。
    私のも以前、2回もハッキリ断れず集会に誘われ出ました。
    その後、私は家の宗教(浄土真宗)があるのでもう来ません。と義父に伝えました。

    その後も私が病院を患ったときに、入信したら良くなる、幸せになる、ふく運が付くと言われましたが、曖昧に返事をしてその場を凌ぎました。

    またもし、子供が出来たら学会に入信させるんじゃないか、その時はどう断ろうかと悩んでいました。

    そんな義父が私達の住むアパートの近所の学会員に声をかけたことから妻が誘われ婦人会に出るようになりました。

    そして先日、我が家に婦人会の方が来る、と妻に言われました。
    私はびっくりして、しかし強く即断で反対すると喧嘩になることは分かっていたので、控えめに来ないで欲しいと言いました。
    しかし、当日、私が仕事中に二人ほど婦人会の方が来ていたようです。
    机の上には聖教新聞と小さい経典のようなモノがありました。

    私はそれらを見つけ、やはり学会員が家に来たことで不機嫌になり、妻になぜ不機嫌なのかを問い出され、婦人会の方が来たからだ、と言いました。
    それに対し妻は、昨日来るって言ったじゃない、と。私も反対したことを言いましたが、もうふたりとも頭がカッとなって言い合いになってしまいました。
    そして、私は、
    『こんなんだと、これからも同じように言い争いになるから、いっそあなたには同じ信仰の相手が良かったんじゃない?離婚しようか?』
    と言ってしまいました。
    その後は学会の事だけでなく、今までの不満の言い合いになってしまいました。

    妻からは、
    『今後も活動するし、婦人会の方も家に迎える』と言われました。
    そうなると、このブログで知った財務というお布施?もやっていたのかと疑問に思ったり。

    学会さえなければ、私達は仲の良い夫婦でいられるはずでした。
    離婚することになってしまうでしょうが、事実私はまだ妻を愛しています。
    妻は一度嫌いになると変わらない性格なので、もうダメかもしれません。

    遅かれ早かれ、こういう結末になるべきだったのでしょうか。
    なんかとても悔しいです。
    できれば修復して元に戻りたいとも思います。

    もう何だかわからなくなってしまいました。
    何かアドバイスを頂けたら、と思います。
    よろしくお願いします。

  22. 結婚というおめでたい話のはずなのに宗教がらみで悩む方(私もです…)の話を聞くと
    本当に悲しくなります。どれだけの人がこの事で悩み、不幸になっているか…
    相手や家族に入信を迫られる、本尊安置を迫られる、子供の入信を迫られるなど。
    バリ活は夜や土日の一家団らんの時間帯に会合で不在、家族のイベントよりも会合を優先です。
    もし夫婦して活動家になったとしたら、子供が寂しい思いをします。
    毎晩のように会合で不在の親、「先にごはん食べてなさい」は日常茶飯事。
    (逆に9時まで夕食を待ってることも多く、健康的とは言えません)
    これが働いているためなら理解のしようもありますが、たかが宗教活動ですよ?
    それで「一家和楽」を看板に掲げているのだから笑っちゃいます。
    家にいても夫婦の会話は常に会合・会員への連絡・新聞の集金などの話題ばかり。
    それで言い合いになることもしばしばです。
    食事時だろうが平気でかかってくる学会員からの電話連絡。これがほんとにうざい!
    子供の頃、せっかく家族で食事しているというのに電話がかかってきて
    母が席を外す事が非常に多く、その度にイライラしていました。

    あ、途中から自分の親への文句になってしまいましたが…

    自分がかわいい、その代表的なのがなんといっても池田氏です。
    師弟の絆をなにかと主張し、挙げ句に「師を守れ」
    よくまぁそこまで恩着せがましいというか、自分でそこまで言えるなと思いますが。
    MCした会員達を盾にし、お金もざくざく集まり、その金で「識者との対話」と称して
    世界中を旅行し…さぞかしぬくぬくと居心地がよかっただろうと思います。
    公明党も結局はその池田氏と創価の野望のために動かされている組織ですから
    そう考えると、仲間に仏罰扱いされた山口氏のことも哀れに思えてきます。

    そういえば冬柴さんって、いつの間にか亡くなってましたよね。
    公明党員ってなんか、いつの間にかひっそり寂しく亡くなっている人が多い気がします。

  23. コメントされる皆様の体験を読んでいると、創価学会は本当に辛いことばかりで、目が潤んでしまいます。
    signifieさん、いつもありがとうございます。

    えつこさんへ
    私、彼氏の紹介で2011年に入信して今年退会して、彼氏とも別れた花子と申します。
    えつこさんへのコメントを読んでいると、もっともだ!その通りだ!!と思うことばかりです。
    私がえつこさんへお伝えしたいことは、彼氏が創価学会の活動をしているということは、えつこさんと過ごす時間もすっっごく減ってしまうということです。
    一緒に過ごす時間が少ないということは、えつこさんが人生で辛い時、彼氏が話を聞いてくれたり、側にいてくれることはとても少ないと思います。

    私が実際そうだったし…
    仕事で辛いことがあって相談しようとしたら
    『これから会合があるから後にして』
    とか言われたり

    あと、えつこさんのご両親や親戚の方は創価学会に対して好意的でしょうか?

    私の両親は実は創価学会が大嫌いっていうことを、彼氏と別れてから両親から伝えられました。

    結婚を考えていっらっしゃるなら、えつこさんのご両親のご意向も伺ってみた方が良いと思います。

  24. mittさん、はじめまして。
    アラフィフのラザリスと申します。
    つらい立場をお察しいたします。
    創価学会によって、平和な家庭が無惨に引き裂かれる話を聞くたび、なんともやりきれない気持ちになります。

    奥様に対して愛しい気持ちがあるのならば、離婚の決心をするのはまだ早いのではないですか?
    お互いに冷静になって、今後の二人の将来について真剣に話をしたほうがいいと思います。
    二人で結論が出ない時は、お互いの家族を交えて話をしてもいいと思います。
    それから、奥様は最近になって学会活動に参加するようになられたとのことなので、まだMCが浅い可能性があります。なので、創価学会の真実を理解してもらう為に、このブログを紹介して読んでもらってみてください。案外、すんなりと覚醒に至る場合もあると思います。
    縁あって結ばれた二人ですので、そう簡単に別れる必要はありません。ましてや、創価学会の信仰(?)が原因で別れるというのは、なんとも悔しいではありませんか!!
    願わくば、奥様を覚醒させて、お二人でたくましく人生を切り開いて行かれることを強く願っております。
    創価学会の奴隷となり、金集めのパシリとしての人生をおくり続ける限り、本当の幸せをつかむことは不可能です。
    このブログの一万件以上のコメントがそれを証明しています。
    最後の最後まで、創価学会なんかに負けず、自分と奥様の人生を明るいものにして見せるという強い意思とともに、希望を持ち続けてください。
    心から応援しています。
    (^.^)ノ Good Luck !

  25. mittさん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    私もラザリスさんと同じ意見です。
    創価の活動をしていると、客観的な視点を失います。ですからここはmittさんがしっかりと冷静になるしかありません。奥様はものごとが見えなくなっています。奥様はそれが正しいとしか思えなくなっているので、論争してもモノ別れになるだけで決して理解することはないと思われます。それは奥様が悪いのではなくて、そう仕向けている創価のせいです。
    たとえば奥様は流行病にかかっていると考えてはどうでしょう。病気が治れば、もともとの元気な奥様なんですよ。一度病気になったからといって別れるなんて変な話ですよね。悪いのは病気であって奥様ではないはず。ただ奥様は自分が病気だという自覚がないのでやっかいです。病気の自分こそが健康だと言い張ってるようなものですので、同じ土俵で討論するよりも、もっともっと大きな器で包み込んであげるような接し方をしてはいかがでしょうか。創価の非常識でおかしなところを頭ごなしに否定するのではなくて、ど〜んとゆったりと構えていてくれたほうが、mittさんの存在の大きさに気がつきやすいと思います。うまく言えませんが、mittさんが動揺してしまっているように見えますので、まずはmittさんの揺るがない奥様への想いを落ちついて伝えられるような空気をつくることが先決だと思います。
    人は他人に対しては見事なほど正論を話せるものですが、自分のこととなるとそうはいかないものですよね。こんな話をしている私も、自分のこととなると、てんでダメなんです。偉そうなことを言ってすみません。でもmittさんは、まず自分の気持ちを落ち着かせることが大事だと思います。

  26. signifieさま
    >「ワカメ?あなた幸福になるためじゃなく、 幸福だと人に思わせるために四苦八苦してない?」
    学会員は、頼まれもしないのに、幸せなフリを無理に作り出し、それを周囲に見せびらかせ続けなくてはならなくなり、矛盾で矛盾を重ね続けて、精神に支障をきたしてしまう「無間地獄」を、自身で生み出してしまっていることを表しているピッタリな文章です。勿論、学会は責任を取りません。

    こんな文章は今後成り立つのでしょうか?

                 「信心のおかげで、徴兵を免れることができました!」

    戦争に加担する、自称・平和の党「公●党」と、そのポチ学会員。
    「平和を望むけど、自分が可愛いから戦争へは行かな~い」というのがオチだと思います。
    戦争に加担しておいて、結局逃げる・・・、アフガニスタンやイスラムに平和会館の類がないのも頷けます。
    センセイも名誉博士号の量産国である中国・韓国や、観光旅行かと思いたくなる欧州や北米、相続税対策(?)とされる「ブラジル銀行」のある南米ばかりの遠征と思うのですが・・・。

    会員減を阻止するため、学会員を戦争に行かせないように目論むのではないでしょうか?
    徴兵されるのは、仏敵・邪宗とされる都合の悪い者だけにするでしょうか?

    画像検索をすると、早速、話題のポスターが幾種かありました。
    削除される前に、参考までに広宣流布させていただきます。



    Y口・K側の両氏も、自分が可愛いので、戦争には行かないのでしょうか?
    将来、葬儀も密葬で、香典も「P献金」もせず、戒名があるのでしょうか?
    承認、お任せいたします。

  27. 皆様たくさんのご意見ありがとうございます。本当に感謝いたします。
    まとめてのご返信をお許しください。
    長文をお許しください。

    皆様、貴重なご意見をありがとうございます。お一人ずつ何回も読ませて頂いています。何故か涙が止まりませんが悩んでいた事に皆様が丁寧に答えてくださり気持ちが落ち着いてきました。

    皆様にご意見を頂いてまず思ったのが、創価脳の心理の怖さです。思考も言動も普通ではまず考えられません。
    学会の家庭に生まれた彼氏もある意味被害者なのですね…

    私を入会させたがっているのはやはり間違い無いですよね。入会を断って別れると言われればそれは仕方が無いので別れを受け入れます。
    ありのままの彼氏を受け入れたいから今まで何一つ否定もせず会合なども全て快く受け入れてたのに「僕を理解してくれてない」になってしまう可能性が大いにあるって悲しいですね…

    仮に入会しなくて良いよと言われたとしても皆様がおっしゃっていた
    活動でほぼ家にいない、家庭より学会、財務、入会するまで周りからのしつこい勧誘、どこか非会員を見下している…しかもそれは詐欺団体からの洗脳によるもの…
    非常に大きな壁です…
    彼氏は本当に大切だけど大きすぎる壁です。

    ちなみに私の両親は本心ではきっと嫌がりながらも最終的にはおそらく私が幸せならばと「後悔だけはしないでね」と入会も結婚も許すと思います。
    無宗教の両親には昔から他人が信仰している宗教だけは絶対に悪く言ったり口出ししてはダメだと教えられて育ちました。
    その教えがあったからこそ、彼氏にカミングアウトされた際も否定せず受け入れようと思えたのかなと思ったりもします。

    皆様のご意見を参考にさせて頂きながらちゃんと納得するまで考えてゆっくり答えを出します。
    本当に何かがきっかけとなって覚醒してほしいですが、彼氏の人生とも言える学会をそう簡単には絶対無理でしょうね。
    私が全てを受け入れて入会し、一緒に活動する事こそが本当の愛だと言われればそれまでですが、どうしても入会も活動もしたくありません。

    学会一つでこんなに悩む自分が本当に悲しいし辛いです。

    そんな中、このサイトを見つけられて本当に良かったです。
    これからもよろしくお願いします。

  28. mittさん
    はじめまして。スマイルと申します。奥様が学会活動に目覚められましたか。。。
    大変ですね。
    いろいろと悩みがあるのかもしれませんね。

    人は様々な悩みを抱えています。創価は弱点をついてきます。
    例えば、「金銭的な悩み」「健康の悩み」「人間関係の悩み」が多いと思います。

    「お布施をすれば経済革命ができて、お金に悩まなくなる」とか、
    「新聞配達すれば子供を授かれる」とかメチャクチャな理論を振りかざしてきます。
    メチャクチャなんですが、切実に悩んでいたらすがりたくなるのが人間です。

    私は、非常に熱心に活動していましたのでよくわかりますが、今の奥様は「本当に幸せになりたい」との切実な思いでいらっしゃることでしょう。mittさんのことも「一緒に信心して幸せになりたい」とお考えでしょう。

    対話の基本は「相手を理解すること」です。
    「理解してから理解される」のです。

    また、ご自身の感情に向き合ってみてください。私も創価問題で悩み、心理カウンセラーにカウンセリングを受けています。
    mittさんは、奥様が創価の活動をすることに対し、どのような気持がありますか?おそらく「怒り」が出てくるでしょうが、怒りは二次性の感情です。その奥には「恐怖」とか「不安」「悲しみ」などがあります。
    例えば奥様が、年間10万円のお布施をしたらどのように感じられますか?怒りですか?どうして怒るのですか?「10万円のお布施をしたら、経済的にゆきづまる恐怖感」「せっかく稼いだお金をお布施に使うなんて悲しすぎる・・・」などなど。ご自身の感情が理解できれば、余裕が出てきます。

    次に奥様の感情を理解してあげてください。

    奥様の行動には「何かの理由」があるはずです。

    創価の問題で幸せを壊されるなんてナンセンスです。

  29. mittさん はじめまして
    6歳の時親に入会させられ、脱会して1年半のくまもんと申します。
    奥様の入会は子供の時からなのでしょうか?
    私は小さい時から入会していたので活動していない時も学会を捨てる気はありませんでした。
    悩んだ時学会の書物で元気になったとか会合でちょっといい話を聞いたとかそんな事が積み重なって学会はいいと思ってました。
    学会で活動するようになって他のことは受け入れられたのですが財務の強要は耐えられなかったんです。何度も創価学会の本部に電話したり、会館に行って相談したりしてました。
    でも、明確な答えは返ってこず財務は功徳が大きいからねとか言われても納得できなかったんです。
    私が非活になることができたのはネットのお蔭なんです。
    生き生きと元創価学会の活動家の方が交流しているので引き込まれました。
    私が財務を疑問に思っていること間違いではなかったんだ
    こんなにたくさんの学会をおかしいと思っている人達がいたんだと思うとうれしかったです。
    mittさんはやはりこのブログを奥さんに見せることが一番だと思います。
    私の主人は活動はしないくせに創価学会の事をいうと仁王立ちになって怒ります。
    そして主人は脱会するなら離婚するといいます。
    主人は悩んでいた時会社の友達に折伏されたようです。主人なりに学会に救われたと思っているようです。
    奥様が心の奥深いところで学会があるのかもしれませんね。
    奥様と言い合いになるのは得策ではないと思います。
    私も主人と言い合いになっても主人は変わりません。
    主人は聖教新聞を取って、朝の超特急勤行して夜はやってません。財務は年末2万で最近は会合にも行っていません。
    でも、創価学会のことを悪く言うとものすごく怒るんです。
    という私も学会のことを言われると何時間も言い返していた時もあるんです。
    創価学会は絶対に正しいから。公明党は民衆の為にあるからと必死でくらいついていました。
    でも、ネットで簡単に洗脳が解けました。
    奥様と別れるのはもったいないと思います。
    学会のことを言い合うことは避けた方がいいと思います。
    奥様のいいところ 悪いところを書きだして自分が奥様と一緒にいたいと決断したなら当面は新聞や本人が会合に出るぐらいは容認しないといけないかもしれないですね。

  30. 私は今年3月にこのブログに出会って覚醒し、4月に非活になったウブな新人なものですから、(笑)
    とりあえず聖教新聞はまだ辞められない(恐ろしい地区婦人部長に辞めると言い出せない)、
    ヘタレのコージです。
    と言う訳で、今日もイヤイヤ買ってる枚数の薄い聖教新聞より、ネタ探しを・・・    ありました。
    今日の「寸鉄」の3番目、
    「苦労しない人間に、いったい何ができるのか ― 恩師   青年が全責任を担い立て」 ですって。
    この「恩師」って、自宅でゴーストにメッセージ書かせてる池田の事?
    おいおい、青年部の貴重な人生を奪った挙句、創価の全責任を押し付ける気なの?
    その青年部が、将来、人生に絶望したり、家庭が崩壊したりしたら、池田や学会は責任が取れるの?
    苦しんで学会を辞めたり、友人や家族も、自身の健康も失ったボロボロの青年部に対して、
    池田や創価の大幹部たちは、その人の破壊された人生の責任が取れるの?
    お前たちが、たくさんの青年部の将来の全責任を担い立てるの? ねえ?
    「信心が弱かったからだ」「信心がおかしくなったんだろ」「自身の過去の宿業だから仕方がない」と
    まるで他人事の責任逃れに終始するんじゃないんですか?
    宗教団体とは、まったくもって便利に出来てますよね。 なぜこんな組織が非課税なんでしょうか??

    えつこさん、 
    結婚を考えている相手が創価脳の活動家だと、本当に心労が絶えないですよね。
    相手がそのままの創価脳の状態で結婚してしまうと、お察しの通り、苦労の連続かと思われます。
    もしも、彼氏を覚醒させられる可能性がありそうなら、結婚を少し遅らせてでも、努力されたほうがいいです。
    それが難しそうなら、結婚の段階で、えつこさんの希望する条件を強く切り出し、念書でも書かせた方がいいかも?
    それすら拒否するようなら、やはり縁が無かったと思って、結婚は諦める(と相手に言って様子をみる)
    という姿勢で臨むしか無いのかも・・・?
    また、何かありましたら報告くださいませ。

    mittさん、 初めまして、
    奥様だけでなく、義父もバリバリの創価の活動家だと、非常に苦労されている事と思います・・・
    私の考えとしては、ここはやはり離婚などはすぐには結論は出さずに、mittさん自身ががドンと構えて、
    「私は自分のペースで生活する」という強い意思表示をして、奥様とは極力言い合いなどはなさらずに、
    少しずつ覚醒へ向かうように、こちらのブログを参考にしながら説得されてみた方がいいかも?
    とにかく、こちらの皆さんみんな応援していますので、落ち着いて、奥様を取り戻すお気持ちで
    ゆっくりと穏やかに進んで行かれる事を望みます。

    せーやさん、 
    創価の人間は、活動を断ったり役を辞退しようとすると、すぐに創価スイッチで戦闘態勢になり、
    連絡手段すら傲慢な態度でスムーズに行かなかったりするので、非常に厄介です。
    せーやさん、とても優しい方なので、えい!とブン投げる事もしたくないだろうから、とても心配しています。
    とにかく、少しずつでもバイバイして行く事、願っています。 
    ありがとう、○キソニン、試してみますね^^

    しかし、先の寸鉄の件、何なんでしょ?
    このブログを見ている、まだ活動されている学会員の皆さん、どうか1日も早く、自分と自分の家族の
    大切な人生を取り戻す決意を、固めてください、
    アナタ方が今、覚醒して創価を辞めたところで、学会本部は金ヅルとしての引止め工作を命令するだけで、
    実際は学会本部は何も困る事はありませんし、ましてや心配の欠片もしてくれませんよ。
    学会本部は、残った幹部の尻を叩き、部品のように新人を捕まえてきて補充するだけですから・・・。

  31. ラザリス様、
    signifie様、
    スマイル様、
    返答頂きましてありがとうございました。

    あらためて私はまだ妻といたいと思いますし、義父のことも尊敬しています。

    私は皆様ほど、学会自体に関わり、被害を受けてはいませんし、学会の本質に興味がありません。
    ただ、本質に興味がない、というか昔から毛嫌いしています。

    ただ、だからこそ、悔しいのです。

    ラザリス様

    妻はもともと頑固で、信心以外でも『自分は間違ってない』そんな思いが強い人間です。
    そのため、このブログを紹介してもまず、見ませんし、何より自分の父が間違っているとも思わないでしょう。

    義父もそうでしょうし、流石に義父に正面切って間違っている、このブログを見てください、という勇気はありません。

    辛いです。

    signifie様

    おっしゃられる通り、妻は物事が、生来が見えなくなっています。
    そのため、何を言っても、論争になりすし、私も論争なんてしたくありません。
    義父に対しても。

    かと言って、どーんと構える余裕も私にはありませんし、動揺もし、悩み、冷静さも欠いています。

    婦人会の方に家に入られるのも嫌ですし、子供ができたら、妻もろとも守りきれるか、自信がありません。

    小さい人間です。

    明日、ふたりで話合う予定ですが、落ち着いてられるか、分かりません。
    極論が出ても、致し方ない、そうなってしまうかもしれません。

    やっぱり、悔しいです。

    スマイル様

    私は今、病気と、転職と、弱みがたくさんあります。
    義父に、妻に、
    『とりあえず入ってみれば良くなる』
    『○○君が入れば、娘(=妻)も幸せになれる』
    と何度も言われましたが断りました。

    だったらなぜ、生まれてこの方、学会員のその娘は学会を嫌う私を選んだのか、そもそも学会で幸せならば、すべて上手く行くなら、学会員通しで結婚していれば良かったんじゃない?

    妻は私と結婚する前から、病気も抱えてますし、信心しているのだから病気になんてならないはず。

    話はもどりますが、スマイル様の言う通り、自分達のことには完全に盲目です。
    私はそこは敢えて本人たちには言いません。
    どうせ聞く耳持たないでしょう。

    また、『相手を理解すること』
    ですが、今の私は怒りと悲しみが先行しています。
    妻は恐らく、怒りだけです。

    お布施の話であれば、10万円も出したら、怒りでしかありません。
    なぜ、生活だけでギリギリなのに10万円もお布施したのか?と妻に問いても、
    『私は幸せの為に正しい事をしてあげた』
    それで終わり、それ以上は聞く耳はやはりないでしょう。
    結局、お互いに言い合いになり、怒りで終わるでしょう。

    ただ、私も妻も、そして義父も思うことは、『皆が幸せでいたい。』
    それだけだと思います。

    神社の御守りも、厄除けも、学会のお布施もある意味では同じなのではないでしょうか。
    自分たちの大切な人たちと幸せに暮らしたい。
    その思いのカタチが違うだけで。

    またわからなくなってしまいました。
    スイマセン、頭悪くて。

    ただ、 やはり婦人会の方に家に入られるのも嫌ですし、子供ができたら、妻もろとも守りきれるか、自信がありません。

    今後も夫婦で生活できるなら、その度に喧嘩になるのなら、やはりいっそ、彼女らの幸せが学会にしかないのなら、妻は学会員の方と結婚すれば幸せになれるのなら、悔しいですが、私は退こうと思います。

    これ以上、妻にも怒りの感情を持ちたくないので。

  32. 元バリ活地区部長だったぴろんです。
    シニフィエさん。くれぐれもお体をご自愛ください。

    さてパートナーがバリ活で大変お悩みの方がいらっしゃいますね。

    バリ活の人は自分が洗脳されていることに気づいていません。
    パッと見は面倒見の良い人なのですが、それは仮の姿です。
    本性は福運を積み功徳を欲しがっている創価ゾンビです。
    本人は創価ゾンビの意識はありません。
    でも創価の一員なんです。創価に金と票を集めるだけに生きるように洗脳されています。
    見た目や甘い言葉に絶対に騙されてはいけません。
    創価に入会させて、あなたを創価ゾンビにすることしか頭にありません。

    ご自身が創価ゾンビにならないためにすること。
    1関わらない。近づかない
    2助けることは不可能と諦める。一度創価ゾンビになると普通の人間に戻すのは困難。
    創価に入会すると、金と票を集めるまで貴方がゾンビになるまで執拗に洗脳しようとします。
    決して妥協してはいけません。幸せになれません。曼荼羅に題目を唱えると何でも祈りが叶うといいますがウソです。
    それはあなたを創価ゾンビにするめの罠なんです。

    洗脳されて創価ゾンビになった人は救えません。
    でも貴方に責任はありません。創価ゾンビの道を選んだ人は後悔していないからです。
    先日私のいた本部の本部婦人部長が非活のご主人に三行半を叩き付けられ離婚しました。
    朝昼晩晩と活動をして家庭を放置していたのが理由だそうです。
    一家和楽?出来てない。今は大好きな活動を止めて働いています。創価は一切ノータッチです。これが創価の実態であり末路です。

  33. くまもん様
    コージ様

    返答ありがとうございます。

    くまもん様

    妻がいつから入会したかは聞いたことはありません。
    くまもん様と同じように、集会で良い話を聞いた、ということは本人から聞いたことはあります。

    財務については、妻に聞いたことはありません。
    聞いて、『してる』という答が出たら、その後、自分を押さえる自信がありません。妻を説得できる自信もありません。

    仮に義父がその財務をしていたとしても、それは私にとっては問題ではなく、妻がしていたとしたら、やはり押さえられません。

    ネットでも、何でも妻がくまもん様のご主人のようになれたら、こんなに嬉しいことはないでしょう。

    けれど妻は頑固ですし、活動を拒む私がどんなにこのブログが素晴らしいと言っても、それは火に油。
    火を見るより明らか。
    どうなるかは目に見えています。

    くまもん様の言う通り、容認できる点はするつもりです。

    現に妻が近所の婦人会に出ることには何も言っていません。

    けれど、自分だけの家ではないのに、承諾も得ずに、婦人会の方々に家に入られたくありません。

    まして財務となれば尚更。

    やはり、私は小さい人間なのでしょうか、、、

    コージ様

    『ドンと構える』
    ほんと男だったらそうありたいモノです。
    明日、(もう今日ですね)ふたりで話合いますが、私が冷静さを欠いて“離婚”の言葉を出してしまった為に、
    妻は怒り、(自分は正しい事をしているのになぜ、離婚なんて言われなくてはならないのか)状況は最悪です。

    私としては、
    ・今後も私は入会する意思はない
    ・子ができたら(この期に及んで)入会はさせたくない
    ・財務したいのなら自分の小遣いからすればいい
    ・妻が婦人会に行くのは構わないが、家はふたりの共有のモノだから、家には入れて欲しくない

    今思い付くのは、それくらいです。

    ただ、妻は頑固で、怒り心頭なので、おそらく私の言葉は聞かないでしょう。

    明日、冷静に、かつ優しかった妻を取り戻せる自信がありません。

  34. 皆様今晩は。
    えつこさん、初めまして、元2世の彼氏とお付き合いしている外部の者です。
    Janneの場合は、私キッカケで創価を中道から見直すとなり、取り敢えず脱会には至りましたが、まだまだ彼の脳内革命中です。

    創価学会員とお付き合いすると、今までに無いほどの困難を感じるかと、存じ上げます。
    あまりに根深い問題過ぎて、次もし恋愛するなら信仰宗教がない人を条件にしたい位ですよね。
    私はそれ位えつこさんが不安に思っていたり、悩んでいる事は彼氏さんに伝えた方が良いかと思います。
    いずれにせよ、意見がぶつかるのは遅いか早いかの問題と思うのですがいかがでしょうか?
    それに、Janneの個人的な意見ですが、えつこさんばかり悩ませて、彼氏さんがスッキリして活動しているのはなんだか癪に障るのです。
    それこそ自分に甘くないか?って感じてしまうのです。
    そしてこちらのテーマに上がるくらいですから、やはりJanneの身近なあの人にも、自分可愛さって所が心当たりがありまくりなんですよね…。誰とは言いませんが…本当、先が思いやられますε-(´д`; )

    何はともあれ、創価と言えど、信仰心の深さや性格もひとそれぞれなので、彼氏さんに悩みは打ち明けられて尋ねられた方が、いらぬ心配もしなくてよいし、
    それぞれの立場での主張や意見を交わす中で、互いが必要とするならば、入会or決別以外の別の選択肢が考えられるようになるかもしれません。
    なので、まずはお2人で、よくよく話し合われてみて下さいね。
    彼氏さんとの関係は、えつこさん次第と思います。
    決して楽な道ではないですが、応援しております^^

    コージさん、ロキ〇ニンの件ですが、薬剤師さんがいらっしゃる所でも購入可能です。
    医療機関でない所で販売されているのはロキ〇ニンSで、効能は同じです。
    但し、胃が弱い場合や、不調がある場合は薬剤師に相談の上ですが、胃薬と併用された方が良いかと思います*˙︶˙*

  35. こんばんは、雪風です。

    こんな時間に、申し訳ありません。眠れないので、また、替え歌を投稿させて頂きます。今回のは、ちょっと切ない感じでお送りします。

    雪風・発〜替え歌コーナー

    (ノーザンクロス シェリル・ノーム starring May’n・Version)

    ウソのはじまりはもう思い出せない

    産まれたら 創価だった
    教義が破けて 未発見まやかし
    感じる眼がハテナになる

    たぶん失うのだ
    命がけの憲法9条
    戦うように布教した
    ひたすらにFを取った
    その平和を守りたかった
    君の事 裏切りたくなかった

    誰か右翼の公明党をとっとと否定してくれないか
    胸の鼓動にけとばされて転がり出た民衆の叫び
    だけど 政府は 応えがない
    宿命にはりつけられた家族一同が泣いてる
    彼女に票頼んで困らせた
    なのに 優しく笑うとこ 切なかったよ

    君がいないなら意味なんてなくなるから
    教義は全部消えればいい
    愛がなくなれば心だっていらないから
    この創価も消えてしまえ

    ずっと苦しかった
    命がけの脱会
    もがくように発狂した
    やみくもに精神薬(クスリ)を飲んだ
    あの幹部が怖かった
    脱会届け 出したかった

    誰か普通の感情で俺を導いてくれないか
    世間の常識にはじかれて破り捨てるだけの創価本尊
    それが むき出しの傷みでもいい
    宿命に呼び戻された子供が泣いてる
    どうせ 人生を生き抜くなら
    精魂尽きるまで脱会して死にたいよ

    そして始まるのだ
    命がけの終わり
    戦うように反発した
    バラバラに仏壇を壊した
    その罰は無かった
    君の元 戻りたかった

    誰か空虚の合掌を泣いて止めてくれないか
    創価の題目にかき消されて
    救えなかった愛のことば
    だから モウイチド 応えがほしい
    宿命にはりつけられた創価魂が消え失せる
    君を折伏して困らせた
    なのに 可憐に笑うとこ 好きだったよ

    君を大事にしてこなかった
    だから 一緒になること 無理だったよ

    —End—

  36. 今日はケータイからなので、過去スレやレスをあまりみられないので、返信できていない方がいましたら、申し訳ありません(>_<)

    引越しを機に、7月の座談会で正式に地区婦から支部副になりました。

    引越しは4月にしていたのに、やっとです。
    でも配達、集金はまだしています。代わりがなかなか見つからないからです。8月もやらされそうですorz

    それでも、昨日 区婦人部長に非活宣言しました!
    まぁ最終的には「とにかく題目をあげてみて!」と言われました。また「トールさんのこと、私も祈るから!」とも。

    私にとって本当の闘いはこれからなのかもしれません。

    きっと区婦人部長は区内の主だった幹部に「トールさんが活動したくないって言い出し、あげくの果ては信心の必要性を感じないとまで言ってる!」とメッセージが飛び回るでしょう(笑)

    ちなみにバリ活の主人には特に何も話していません。

    なんか色々言われたな…
    ちゃんと病院に行け(パニック障害の一歩手前までいったと話したから)とか、魔にたぶらかされているとか…あと、今はわからないけど、10年後には現証として出るからとか。

    10年後…幹部から例をあげられて、これを言われると、ハートがチキンなトールは、ちょっとビビります(^_^;)

    男子部時代、区の書記長して、今は地区部長兼任で副本している主人の耳にはいつ入るかしら?
    70過ぎてもいまだ現役な義父やそれなりに活動家の義母の耳には?

    色々考えると胃が痛くなりそうだし、そもそもソーカの事を考えること自体がホント煩わしいので、もうやーめた!

    今日から旅行なので楽しんできます☆

    旅行行く前に、吐き出させていただきました。

    昨日なんとか非活宣言ができたのは、signifie様を始め、こちらに書き込まれている皆さんのお言葉があったればこそ。

    本当にありがとうございます!!

    あ、そうそう安保のことも話題に出したら、「昨日聞いた遠山議員の説明がスゴく分かりやすくて良かった!30分くらいかかるけど説明しようか?」と言われたので、お断りしときました。

    いま常勝関西でも三色プラカードに「バイバイ公明党」とか書かれたものを持って、デモに参加している会員サンもいるようなので、党も必死なのでしょうね。

    区の婦人部長、昨日も夜会合と言っていました。この時期に区幹部以上の会合となれば安保系かなと。

    長くなってしまいましたが、バリ活になると、たかが非活になることすら本当に大変です。

    創価には関わらないが一番です!!!

  37. えつこさん、mittさん はじめまして。
    昨年、結婚を機に名前だけの入会、今月脱会したクロニクルです。
    結婚の条件が入会で活動はしなくていいからと言われ名前だけ入っていました。
    でも、創価の事で揉める事が多く、決定的だったのは病院の先生に子供を生むのはお勧め出来ないと言われた時に旦那が「医者が見放した時がチャンスだ!祈ろう!」と言われた事でした。
    これがチャンスか?と…
    私は死刑宣告されたぐらいショックだったのにチャンスだと言われ、この人には人を思いやる心は無いのか?と…
    仏壇の祈願したい事メモにも私との事はなく自分の事ばかり。
    さすがに「借金がなくなりますように」という項目にはアホらしくなりました。
    結婚したら生活に毎日創価が入り込んできます。
    避けようと思っても目につくし相手が覚醒しない限り上手くはいかないと思います。
    私は怖くて人間不信になり外出困難になりました。
    今は実家に帰って来ています。
    付き合ってて好きだった気持ちは、相手の悪気のない一言で一瞬にして冷めました。
    自分は創価に疑問があって、相手が覚醒する気がない場合は恋愛も結婚も継続するのは難しいと思います。
    創価脳の人は本当に自分だけが可愛いのです(・_・、)

  38. 日本全国の活動家の恋人や配偶者がいる人のコメントを読めば読むほど、活動家である恋人や配偶者も相手を不幸にしたいと思っているわけではなくて、自分も相手も幸せにしたいし、なりたいと思って創価の信仰をしているはず。
    相手に対する想いは本物だと思うのです。
    でも、その信じているものが創価だった。
    その事が、日本全国で本当に数多くの人が、本来なら1番心ウキウキするような結婚の決断の時やこれから家庭を築きあげていこうという時期に、悲しい現実と向き合う事になっていますよね。
    それなのに、それを現場の幹部に指導をうければ、大切な人は魔扱いにします。
    「魔はあなたが1番大事にしているものに姿をかえて、あなたの信心を妨げようとしているのよ。貴方の本当の信心が試されているのよ。いよいよ本当の信心をするときがきたのよ、紛動されてはダメよ。今までのような生ぬるい信心ではなくて本気で活動に励みなさい。必ず相手も理解してくれるようになるから」といったような指導がされることでしょう。
    どれだけ残酷で無慈悲な団体なんでしょうね。
    えつこさん、mittさん
    どうか早まった決断をせず、よくよく話合ってみてくださいね。
    応援しています。

    ピノコさん
    近いうちに配達変われるかもしれないんですね。
    本当に良かったですね。
    この暑い時期は、配達員にとって早朝から心身ともにに消耗する時期ですから、どうかお体をご自愛ください。

    そういえば、私が全て降りるとき、トップの幹部の方と対峙した際に「仏道修行なのですから、役職は関係ないはずです。私の地区の配達をしてください」と言ったら「それは私が決めれることではない。自分の地区で決めてください」というので「配達経験したことあるんですか?」と言うと「あるわよ」と。
    「何年ですか?」と突っ込むと「え~と、何年かなぁ、忘れたわ」とすっとぼけてました。
    この人、配達経験ない事は知ってて聞いてみました。
    帰り際に「あなたの家庭が今幸せなのは、長い年月の配達と地区婦としての福運のおかげなのよ。戻りたくなったら、いつでも組織に戻ってきていいからね」と上から目線の捨て台詞を吐いていきました。
    福運のおかげでもなんでもなくて、私の努力のおかげで幸せなんですよ。誰が戻るか、ボケ。といったところでしょう。

  39. mittさん、はじめまして。
    私は、未入会の主人を持つアラフィフの婦人部です。
    主人は、私が信心し活動することは認めるけど、自分には勧誘はしないでほしい!が口癖でした。
    そのせいか、身内からも強く入会を勧められませんでした。
    もう20年以上たちましたが、離婚せずに暮らしております。
    その間離婚の危機は多少ありましたが、学会のせいではありませんでした。
    家族全員が入会するのが、一家和楽で幸せと教えられています。
    奥さんも義理のお父さんも、mittさんに入会してもらって幸せになってもらいたいと本気で思ってくれているのでしょうね。
    奥さんを愛しているのに、離婚を切り出してしまってお辛いことと思います。
    うちの主人が参考になるかはわかりませんが、
    ①奥さんが信心、活動するのは認めるが、自分には勧誘しないでほしいと言い続けて下さい。
    (家事、育児を優先してもらう)
    ②学会のことをあまり非難せずに、できることは協力すると伝えて下さい。
    ③お子さんの入会は、できるだけ反対して下さい。
    せっかくご縁があって結婚されたのですからね。
    信仰のことで、揉めたくないですよね。
    頑張って下さい。

    えつこさん、はじめまして。
    こちらの常連さん達のコメントは、とても貴重なアドバイスです。
    どうか良い方向に、進みますよう願っております。

  40. コージさんが紹介して下さった寸鉄…
    とんでもなく意味不明ですね!え、若者に責任転嫁??
    上層部こそこんなに多くの傷ついた元&現会員を作って責任取れという感じです。

    恩師とやらのその言葉も…(恩なんてないです)
    自分だって苦労もせずぬくぬく過ごしてたくせに!
    よくその“恩師”が「昔は病弱で貧乏で散々苦労した」という話を聞きましたけど
    30代かそこらの頃の、母親と映ってる写真だったと思いますが
    お相撲さんか!というくらいでっぷり太っていた記憶があります。
    まったく説得力なかったです。

    仏罰のプラカード…
    なんか、人の写真に「仏罰」なんて平気で書けるって、冷静に考えたら
    恐ろしいですよね。その人になにか悪いことがあったら
    「ほーら仏罰だ、ざまぁみろ」って喜ぶわけでしょ。
    「平和の団体」といいながら人の不幸を願い、喜ぶ恐ろしい集団なんですね。
    今さらですがしみじみ実感してしまいました…

  41. 本日2回目のコメントです。

    集金の後任が決まり、今月からやめることができそうです(^_^)v
    こちらに初コメントさせてもらい、1ヶ月たちました。
    7月の友好期間までに何か1つでも役を減らしたいと思っていましたが、signifieさんをはじめ皆さんのおかげで、こんなに早くすべての役を降りることができました!
    本当に感謝です。ありがとうございます!
    前スレのピノコさんも、配達やめられそうとのこと。
    良かったですね(^_^)/

    雪風さん、
    ご心配いただき、ありがとうございます。
    なぜリアルな夢を見たのか、自分でもわからないのです。
    でもこちらの支部に真面目で好青年がいるのですが、その男子部は駐車整理している時いつも鋭い目つきをしていて、こわかったです。
    そのせいかもしれません。
    師匠のために死ねるか?との指導も恐ろしいですよね。
    私も生まれ変わったら、創価には絶対入らない!と覚醒前から思っていました。
    アスキーアート、いつも上手ですね☆
    私は、不器用なので簡単には作れません(*_*)
    替え歌も、いつもすごいです!

    ボレロさん、
    いつもあたたかいコメントありがとうございます。
    すごく心強くなって、安心できます(^-^)
    ボレロさんも、お身体気をつけて下さいね!

    awakeさん、
    画像ありがとうございます。
    なかなか探せずにいたので、見れて良かったです。

    コージさん、
    ついに私も
    役職なんて、おりゃ~!!(ノ`∧´)ノ
    守る会や集金なんか、おりゃ~!!(ノ`∧´)ノ
    思い切りぶん投げちゃいました!
    ↑↑↑ずっと書いてみたかったです。
    あースッキリした。
    ありがとうございました\(^o^)/

  42. mittさん、はじめまして。
    未入会の夫と結婚して、強情な活動家をやりながら(自分で思ってるだけですが)、創価のことでは喧嘩なしで二年ほど前に脱会したモニカと申します。
    「未入会のご主人に対して信心のことで喧嘩してはいけない」
    婦人部にはちゃんとこういう指導があるんですけどね。

    創価に限らず、何事も両立するには努力と工夫が要ります。
    私の場合は、夫が嫌がることは割り切って一切やりませんでした。
    何はともあれそれは優先しました。
    一言でいうと創価のためにお金を使うことと、二人の時間をそれで奪うことをやらなかったんです。
    パートナーと揉めるのは「時間とお金」です。
    これは夫婦、家族になった以上、当然夫を優先します。
    その範囲でできることを精一杯しました。
    思想そのものは、そうやって相手に迷惑をかけない限り尊重されるものだと思います。
    押し付けない限り、そんなもの自由ですよ。
    「時間とお金を奪わない」「思想を押し付けないこと」
    これを守ればまず揉めません。
    もし自分が逆の立場でも、夫がお金と時間は私に最大限注いでくれで、その上で彼が誰を尊敬していようがどうでもよかったと思います。

    ところが創価というところは、それでも何かと巧みに理由をつけて、そのお金と時間を奪い、価値観を押し付けるようにしむける団体です。
    その場その場の指導でごまかしても、教えそのもがそうなのです。(当然です、信仰じゃなくて商売なんですから)
    たいていの人はその空気、威圧、または魅力に負けてその両立に悩み、いつしかパートナーを怒らせるか、秘密やわだかまりを作ってしまうのです。

    そんな中で私のように、自分のスタイルを貫く会員は「自由な活動家」「活動をチョイスする勝手な活動家」と言われてしまいます。
    まあ、もっと言えば「魔に負けてる」「本当の信心じゃない」とかね。
    でも面と向かってそれも言われたことはないです。
    その分誰よりも題目を上げたり、折伏したりしましたから。(壁に頭を打ち付けたい後悔だけど(>_<))
    でも好きでそうしていたわけじゃありません。
    せっかく信仰してパートナーと上手くいかなくなるのはつまらない。
    創価が家庭の責任をとってくれるわけじゃないから、その辺は割り切って上手くやっていただけです。

    奥様はまじめなんですよ。
    でもよく考えればわかるはずです。
    幸せになるために信仰しているのなら、なぜ夫婦円満くらいうまくできないの?
    そんな願いは叶わないの?
    なぜ自分の怒りをコントロールできないの?
    智慧は湧かないの?
    「夫婦ともに創価に入会して活動家にならなければ、真の幸福はない」というワンパターンの発想から抜けられないの?
    宇宙を説いてるなんて壮大な教えが、ずいぶんと小さく枠にはまっていて窮屈な教えだこと。
    宇宙大の哲学ってそんなに偏狭なもんかい?
    そりゃインチキじゃないの~ん?

    これを解らせるのは旦那様の力量だと思います。
    自分は弱い人間だとか勇気がないとか自信がないとか、そういう言葉は口にすべきではないと思います。
    人は思うことがそのまま現実になってしまうと思います。
    愛する人のために男が本気になった時、本気でぶつからなくてどうするの?と思いますよ。
    何も喧嘩しろとは言ってないんです。
    女の私でさえ、本気で向き合い智慧を働かせましたよ。
    愛する人のためなら、創価のゾンビごとき恐れることはないですよ(^^)/

  43. kickeyさん
    >私なら、ある日突然辞めます。おうかがいもなく。
    のコメント、最高です!kickeyさんらしいですね。(o^-^o)
    少し、元気をもらいました!

    せーやさん
    全ての役を降りることができて、本当によかったですね!ヽ(*´∀`)ノ♪
    これからも色々あると思いますが、お体大切にされてください。

    ピノコさん
    よかったですね!
    ご健闘をお祈りいたします!(〃^ー^〃)

             

  44. えつこさんも、mittさんも、彼氏さん、奥さんと話し合うと考えると気持ちが憂鬱になったり、不安でいっぱいだと思います。
    話し合うのには勇気が必要になると思いますが、花子はトイレの影から見守りながら応援しております。

    あと、思ったことがあるのです。
    某スーパーのCMソングで
    『どこにあるのか幸せ
    きっと気づいてないだけ』
    という歌詞があるのですが、そもそも幸せってなんでしょうか?
    私、創価学会を辞めてから
    料理してる時や
    外で虹をみたときとか
    色々なことで『幸せ』を感じるのです。
    『幸せ』って人それぞれあると思いますが、創価学会にいた時と、辞めてから『幸せ』の感じ方・考え方など変わった方もいらっしゃると思います。
    皆様に『幸せ』について聞いてみたいなと思っております。
    signifie様、もし宜しければ『幸せ』をテーマにとりあげ て頂ければ嬉しいです。

  45. signifieさん 皆さん
    結婚を機に入会し約30年後の昨年末退会
    夫は4月に退会したもののガッツリ池田教のままの
    にゃんころころ です

    せーやさん おめでとうございます☆

    たくさんの方々がコメントされていて
    皆さんのHNがごちゃごちゃになっています。
    (スクロールして上に行けば確かめられますが
    オバちゃんであることを理由にごちゃごちゃのままで居ます)
    パートナーやお付き合いしている大切な人がソウカ脳だからといって
    離婚とか別れるとか
    早まらないでください
    ここの皆さんのコメントやアドバイスで冷静になり時間をかけて
    ご自身の人生を大切にしてください
    別れる事がダメとは思っていませんが決断は慎重に

    以下、直接ソウカとは関係ありませんが
    ここに来られたどなたかの参考になればと思いコメントします
    (もしかして、当事者の方が読んで不愉快になられたらごめんなさい。それは、私の表現力不足からですのでご勘弁ください)

    夫はアスペルガー症候群(今は自閉症スペクトラムと表現するそうですがこの方がわかりやすいかと思いこの表記にします)でした。

    ソウカの事を話すのに話が噛み合わない、メチャクチャ頑固
    他のことでは優しい
    集中したら声をかけても聞こえない…etc

    もしかしてと思い「大人の発達障害」を扱う病院を先日受診しました。
    60歳を過ぎているのに受診し心理テストを受けてくれた夫に感謝です
    この発達の特性とお付き合いしていく技をこれから模索し
    脱池田教を目指します。

    夫の場合は
    信じやすい
    一度入った情報は変更しにくい
    耳から入った情報は受取りが弱いが
    文章等(紙)で論理的に納得すれば受取りやすい
    場の空気を読めない
    言葉を表面上しか受け取れない

    これらの特性が池田教まっしぐらに繋がったのでしょう
    そして、他人との付き合いになんとなく不具合を感じていた夫にとって
    学会の新入会者に対する「よくおいでくださいました♡」は
    本当に心地よかったであろうと思います。

    診断が出たからといって現実が急に変わるわけではありませんが
    脱イケダ教作戦が立てやすくなった気がします。
    どなたかの参考になれば幸いです

  46. レモンさんのコメントに出てくる幹部夫人は
    創価王国の立派な貴族階級でいらっしゃるのでしょうね…、
    うちの母は愚かで要領が悪かったのでしょう、なんであんなボロ団地に
    最終的に暮らしているのか、ただただ地道に真面目にやってきたのに、
    本当に哀れで気の毒、でもプライドはがっちり創価でうめつくされてます…。
    創価学会と人生を共にすることが、こんなにも影響を与えてしまうこと、
    よくよく考えて判断していただきたく思います。

    awakeさん画像とても参考になりました
    あんなにしっかり作成されてたなんてビックリ…あとあと大丈夫なんですかね?
    気持ちは分かるけど先走っているというか、法案が反対や破棄につながったとしても
    まだまだ議論は続行されなければならないし、財政再建がなおざりになっているのも、
    いずれ学会員の生活を一般の人と同じく脅かすことになるだろうし、
    問題は他にもいろいろあると思うんですが、…うらで上手く考えている人がいるのかな?

    mittさん、私は主人との結婚を機に脱会して20余年経つ宝星と申します、
    せっかく結婚されたのだし、時間をかけることができるといいと思うのですが…。

    私は脱会してからも、20余年近く創価学会を否定することはできませんでした、
    この宗教が間違っているということは、なかなか受け入れられないのです。

    けれども、もう創価学会は社会問題として見過ごせないところまで追いつめられてます、
    学会員は気持ちを打ち消さないと信仰を続けることができません、
    追いつめれば、弱い犬がごとくギャンギャン吠えるのはしょうがない…くらいの
    気持ちでやり過ごされるのも、一つのやり方と個人的なには思います…。
    mittさんはご自分で仰るより、ずっとしっかり考えてらっしゃるようにお見受けします。

    思ったより時間がかかるかもしれません、
    いろいろな方のアドバイスが参考になることを願っています。
    どうぞお身体にはお気をつけ下さい、奥様も、…暑い夏がまだ続きますから

  47. 公明党の支持率が格段に落ちているとのこと。次の選挙が楽しみですが、それまでに創価は必死になって学会員の票取りを指示するでしょうね。でも安保法制は通るだろうし、自衛隊もどのみち海外に行くでしょう。あの公明党バイバイのデモをやっていた学会員はどうするんでしょうね。白いブランコさんみたいに「創価は正しいが公明党は一部の反逆者が勝手にやっていることだからボイコットする」って言うんでしょうか。公明党が創価の一部の反逆者がやっているなら、はやいとこ創価の中枢部が反逆者を排除して、本来の公明党に戻すべきというか戻すはずでしょう。でもそれやりませんよね。それはなんでなのか?ってデモをやってる学会員さんは考えないんでしょうかね。なぜ創価は公明党のやりたい放題を黙認しているのか?という疑問は学会員からは出てこない。これも「自分が可愛いから都合の悪いことにはシャッターをおろしておこう」ということで山口代表をあたかも創価の反逆者であるかのようにアピールして、自分が創価であることを正当化して安心しているのではないでしょうか。
    公明党の支持率が落ちれば、自民党は公明とを利用するメリットがなくなりますし、メリットがなくなるだけではなく、あんな恐ろしいカルト団体と手を組んでいることが一般の人に知られたら、それこそデメリットのほうが大きくなります。安倍内閣は創価が詐欺集団だとわかって手を組んでいますから、票を取れなくなった公明党なんて、ただのやっかいなお荷物でしかなくなります。むしろ維新の会を丸め込んだほうがメリットなわけです。これ以上公明党の支持率(得票数)が落ちれば、自民党がなにがしかの動きをするんじゃないでしょうか。そうなっては創価としてはほんとに困りますから、何としても公明票を維持していかなければなくなります。さて、創価は公明党バイバイと言ってる学会員をどうやって丸め込むのでしょう。これからも「公明党がいたからこれくらいで済んだ」と言い張るのでしょうか?「公明党は生まれ変わりました」とでも言うのでしょうか?でも自民党の軍国路線はこれからますます露骨になってくるでしょうから、いったん公明党バイバイと言い出した学会員にはそんな言い訳ではききませんよね。
    公明党の支持率がこのままどんどん下がっていって、自民党が公明党を切り捨てる日がくるといいですね。そしたら公明党は他の野党とも絶対に手を組むことなんかありえませんから、完全に孤立します。自民党からの恩恵もない。国会内での発言力もなくなる。そのうち「諸派」ってことになれば、もはや公明党の存在する意味がなくなります。
    そのときが創価の悪事がボロボロと世の中に溢れ出すことになるでしょう。学会員から騙しとった莫大なお金をつかって得た権力があっという間になくなるってことです。そしたら学会員も自分たちが貢いだお金がどんな使い方をされてきたのかがわかるでしょう。まあ、そのとき気づいて怒ったとしても遅いんですけどね。そう、遅すぎるんです。そのときはもう自衛隊は国防軍になって、三菱がつくっている最新戦闘機が世界を飛び回っていますよ。

  48. バリ活の方々が一般人の感覚を失って、一般人がなぜ創価学会を忌み嫌うのかを理解できないように、一般人が外から見るだけで学会員の思考を理解出来ることもないと思います。バリ活と一般人の夫婦で創価問題が起きたとき、そのままでは話し合いは到底出来ません。
    愛し合う夫婦がお互いを理解しようとするとき、どちらの立場もわかっている皆様が集われるこちらのブログはとても助けになると思います。
    ブログを読んで欲しいと言うよりも「私の気持ちも理解して欲しい。その答えがここに書いてある」では駄目でしょうか。

  49. またまた投稿のレイラです。

    私の母は結婚前に入会、バリ活でした。

    母は父の生い立ちを知って
    「かわいそうな人」「私が折伏をしなければ・・・」
    (これも創価独特の上から目線なのですが・・・)との思いで
    結婚したそうですが(まあ、愛してた気持ちもあるとは思いますけど)
    信心の話をすると父は怒り、猛反対をし、
    聖教新聞を見たら怒鳴る、仏壇を投げる
    しばらく母は隠れて信心していましたが
    「信心してもいい事ない。悪くなるばかり・・・」と
    非活になりご本尊様をお巻きしてどこかへしまってしまいました。

    あ、だからと言ってパワハラで辞めさせようとは
    しないでくださいね。

    父はそれくらいの思いがあったのでしょう。
    (人とのコミュニケーションが言葉でうまくできない人ですので・・・)

    それから数年後
    私は当時の彼氏(ここでは元カレXとよんでますけど)に
    折伏(創価に入会させられること)されます。

    当時私は家の事(父母の夫婦関係と母の健康)で悩んでおり
    母が非活になった事を知った元カレX(それまで私に創価の
    勧誘話をしてきてましたが、私が拒んでいた)は
    今から考えると罰という恐怖を使ってきました。

    「家を救えるのはレイラが入会して
    又、母を活動家にし、一家を折伏し、皆で信心する事だよ」と。

    当時まだ未成年だった私は信じてしまい
    一人で入会(一人立つと思いっ切り持ち上げられたものです)しました。

    でも家族の反対はそれはそれはすごかったです。
    暴力、イジメ・・・
    それまで仲良かった家族なのに・・・・悲しかったし
    最近までこの事はトラウマになって私を悩ませました。

    今から冷静に考えると
    確かに両親の事、母の病(ぜんそく)のことで悩んでいましたが
    決して我が家は不幸ではありませんでした。

    経済的にはうまくいっており
    大変失礼な言い方ですが、元カレXの家よりも
    経済状況ははるか上でした。

    両親は別居していましたが、パワハラ独裁者の父です。
    不在で皆のびのびと暮らしていましたし、母は父への感謝は忘れずにと
    私たち兄弟を横道それない様に育ててくれました。

    でも当時の私にとっては父や母、家族は
    信心を妨げる「魔」だったのです。

    でもその時に私の思いは
    この信心が正しいと純粋な心で思っていた。
    (今から考えるとMCなのですけどね)
    「いい娘に」との教えからどんなに家族に猛反対
    暴力を受けても反発せず、ぶたれ続け、黙って耐えてきた・・・。

    だから創価脳の家族の思いもわかります。
    「愛する家族を信心につかせること
    家族皆で信心をする事が最高の幸せなのだ」と。
    反対する家族は「魔」なのだと。
    お題目をあげて、新聞推進をして(笑)、選挙活動をして(笑)
    財務をして(笑)、そして乗り越えていけるのだと。

    そんな私がなぜ覚醒できたか・・・・

    1)引っ越しして環境が変わり、前地域の役職がちゅうぶらりんになっていた。
    2)新しい地域がなじめなかった。歓喜がなかった(※信心過疎地域ではない)
    3)当時仕事が突然解雇されて大ピンチにおちいっていた
    4)その時に座談会で指導に来た幹部に相談したけど何か口だけだったと感じた。
    5)その座談会の帰り、その幹部が立ちシ●ンしていた!!!!(笑)
    6)突然解雇のショックの気分転換に行ってた趣味や参加してる仲間が楽しくて
     題目や会合よりもそちらの方が気持ちを明るくしてくれた。
    7)創価の記念すべき日に私は皆で学会本部に行こう!と提案すると
    「一人で行ってください」と言われ地域に疑問を持った。
    8)信心以前の個人的な約束事をまもれない部長さんに腹がたち疑問を持った。

    以上・・・何か信心の歓喜というのを持てなくなった事が積み重なり
    徐々に離れて行きついに会合に全く行かなくなりました。

    それプラス

    池田先生の通訳をしていた人が覚せい剤で逮捕された
    (憧れの人だったのに・・・衝撃的でした)

    池田先生が姿を見せなくなったのにメッセージや連載があるという事実

    それでも新聞は購読(お義理で)、選挙は公明に投票(面倒なので)
    でも5月に申し訳ない思いがありましたが聖教新聞を引っ越しを理由に
    止めました。

    そして6月にここのサイトをみつけ・・・
    疑問が解けスッキリしている自分がいます。

    創価の活動を辞めても別に大罰はおきていません。
    主人(アンチ創価)とも幸せな夫婦生活を送っています。
    (かといって創価の話を悪口いう事も話題になることもない)

    実家の家族とも信心している時よりも仲良く平和です。

    あまりまとまってない長文になりましたが
    何かの参考になればと思いシェアをいたしました。

  50. はじめまして、
    私は学会員ではなく部外者です。最近匿名で2~3回コメントさせていただきましたが、これからノイノイというHNで参加させていただきたく、よろしくお願い申し上げます。
    昔、学会からひどく攻撃されましたので学会にはずっと反感を抱いておりましたが、10数年前から公明党にも非常に疑問を抱くようになりました。
    それは1999年に成立した通信傍受法(いわゆる盗聴法)に対する公明党の対応です。当初公明党はこの法案に対して絶対反対の立場をとっていました。女性議員のH氏などが理路整然と反対意見をのべていたのを記憶しています。
    ところが、ある時突然賛成に回ったのです。と同時に自民党と連立政権を組むために与党入りをしました。当然ですが、誰かの鶴の一声があったのでしょう。当時の自民党は小渕内閣でしたが、この時期に盗聴法だけでなく、国旗国歌法なども成立しました。すべて公明党が賛成に回ったためです。
    さて、問題の盗聴法ですが、安保法案の陰に隠れて目立たないのですが、最近盗聴の条件を緩和する改正法が国会に提出されていることを知りました。
    いままで捜査機関が盗聴をおこなう際には重大な犯罪(薬物、銃器、組織的殺人、集団密航の4種類)にかぎり、しかも、通信事業者の常時立ち会いを必要とするなど厳格な手続きが必要でした。しかし、改正法では窃盗、強盗、詐欺などの普通の犯罪にまで対象範囲を拡大し、しかも通信事業者の立ち会いも不要とのことです。
    したがって、捜査機関が通信事業者の施設にいかなくても盗聴ができることになります。つまり警察などがその気になれば、ちょっと怪しいと睨んだ人物の電話などを容易に盗聴できることになります。戦前戦中の特高警察を思い出し、背筋が寒くなるのを覚えます。
    16年前に危惧していたことが現実になりつつあります。
    このように法律はいったん成立してしまうと、成立当初の適応条件は厳しくても、あとでいくらでも緩和できるものであり、安保法案についてもおなじことが言えるのではないでしょうか。
    以上のことからも公明党は確実に日本のファシズム化を推し進める旗振り役になっていると思います。なぜそうなるかは、公明党と学会は表裏一体であり、学会の体質が民主主義とは正反対のファシズム的な体質であるからだと思います。
    私は今まで、なぜ主張していることが突然180度変わるのか、平和を看板にしている学会や公明党がなぜ安保法案に反対しないのか、ずっと疑問に思っていましたが、このブログを拝見してやっとわかりました。
    要するに一人の独裁者にとって有利か不利かということがすべてなのですね。
    16年前に与党入りしたのもそのためでしょう。安保法案に反対しないのも連立から離脱するのが怖いからでしょう。
    おかげですべての疑問が解けました。
    シニフィエさん、まことにありがとうございます。
    これからも陰ながら応援しますのでよろしくお願いします。

  51. やはり、創価脳である以上すぐには覚醒できないんですね
    誰が何と言ってもどんなブログを見ても・・
    私がそうでしたから、一番よく分かってるんですけど(笑)
    気長にまちましょう
    間違いが自分の頭に響くまで・・・
    マインドコントロールの怖さが良くわかりました。

  52. 雪風・発〜替え歌コーナー

    (中島みゆき・EAST ASIA・Version)

    降りしきる雨は霞み タックス・タワーは空まで

    幹部二人歩いてゆく 票を頼みに

    どこにでも住む婦人のように 団地を訪問しながら

    創価とでもきっと 合わせて生きてゆくことができる

    でも心は誰のもの 心はあの池田のもの

    大きな力にいつも従わされてる

    外部の心は笑っている

    こんな宗教だけで 心まで縛れはしない

    党の名は公明党 黒い闇の党

    むずかしくは知らない でも独裁政権

    宗教の名は創価学会 黒い噂の団体

    むずかしくは知らない ただ詐欺団体

    朝焼けに抱かれて 地平線は揺れる

    その光を編んだゆりかごで 悲しみ揺らそう

    どこにでもゆくアーミーに姿を変えて

    どんな大地でも きっと戦ってゆくことになる

    でも心は帰りゆく 心はあの家族のもと

    山より高いウソが築きあげられても

    賢いひとたちは 笑って越えてゆく

    ペテンだけで 心まで縛れはしない

    宗教の名は創価学会 黒い噂の団体

    むずかしくは知らない ただ詐欺団体

    創価の発展を教える新聞は

    何時でも 創価が世界一だと言い張る

    創価の詭弁をどこかに捨てて 多くの人々は

    くすくす笑いながら 立ち去ってゆく

    宗教の名は創価学会 黒い噂の団体

    むずかしくは知らない ただ詐欺団体

    —End—

    P・S

    せーやさんや他の皆さんがご質問の、アスキーアートの件ですが、実はあれ、適当なAA使用許可サイトで拾い物して貼ってます(笑)

    作ってないです(笑)ゴメンナサイ

    あれ本当に作ったら、行頭スペースや改行作業が、ブラウザやキャリアごとにズレまくって大変なコトに(笑)

    私も作った方スゴいな〜て敬意を表して、お借りしています(^ω^)

    雪風でしたm(__)m

  53. 初めてコメントするカルパスです。
    統監上は、壮年部に籍のある現在未活(組織では退転状態といってるだろう)の
    50代です。
    私の妻は、未入信です。
    私は他の人と比べて相当晩婚で3年前に結婚したばかりです。
    ちなみに晩婚の理由は、カミングアウトにためらいがあったのと
    女子部活動家とは生理的に合わないというのが原因でした。
    で、当然カミングアウトした時に妻に言われたことは
    「あなたが信心するのは構わない。でも、私はしないし、勧誘もしないでほしい。」
    ・・・よくある展開ですよね。
    でも、私はこれを最大限尊重(というか利用)してます。
    基本的に会合は出ません。
    S新聞は取っていますが、K新聞日曜版は来月からやめることになっています。
    当然、K党への批判です。(少しずつフェイドアウトしていくつもり)
    民音の購入もしません。
    家庭訪問も断っています。
    仕事上、K党の議員には悪い顔はできないので愛想はしてますが、投票は当然し
    ていません。
    組織的には、妻には「悪者」になってもらい恐縮していますが、
    これを理由に気持ち的にすっきりとした生活になっています。
    子供も授かりましたし、現在は幸せです。
    私の経験上、まず組織批判をできるだけしないこと、なまくら返事を繰り返すこ
    とで、組織は関わり具合を緩めてきます。

    ちなみに今のところ脱会はしておりませんし、するつもりもありません。
    入信今年で50周年、S大卒、教学は教授、男子部では副部長、壮年部では副支
    部長でした。(今はどうなっているのか、自分でもよく分かりません)
    かつてバリ活だったわけでもありません。
    会合での、絶叫調決意発表が大嫌いな私です。
    なんとなく、活動のふりをしてたらこうなったという感じ。

    私の入信は、母と一緒で、その母が私の病弱を気にしての動機でした。
    で、今のところ健康なので(先は誰にもわからないが)、その面では精神的開放
    はあったと思います。
    この50年間の間に、学会は変節してきました。方便の連続です。
    しかし、会員数はほとんど増えず、今は実質減少状況。

    たたかなくても、そのうちK党はもちろん、学会も将来は怪しいものです。
    ただ私も「自分がかわいいだけ」の人間なので、こういう状態なのかもしれません。

    未入信の方が、活動家と結婚するのはしんどいと思いますよ。
    「私のことを本当に愛しているなら、学会での出世はあきらめなさい。」・・・
    これが一番かな?

  54. せーやさん、はじめまして。

    そうなんです、信仰のことで離婚なんて私の人生には絶対に無縁なことだと思っていました。

    国が違えばそれが原因で殺し合うところもある時代ではありますが、テレビの世界のことだと思ってました。

    せーやさんのご主人のケースですが、私も同感です。
    そこに
    家には入れない、
    財務は自分の小遣いで最小限なら、
    を付け足せば特に文句はありません。

    が、聞き入られそうにありません。

    モニカさん、はじめまして。

    「思想を押し付けないこと」
    その通りですよね。

    けれど私たちの場合、
    家に婦人会の方を迎えることを私が拒否したら、

    なぜか
    『私の行動範囲を狭めないで!』

    ??です。

    拒否することが、押し付けることに取られ、呆気にとられてしまいました。

    勝手に暇な時間に婦人会に行くのはいいですけど、家は自分だけのものじゃないし。
    押し付けてるのはどっちなんでしょう。

    そんな盲目になっている彼女が哀れでもあり、そんな風に見てしまう自分も嫌です。

    >自分は弱い人間だとか勇気がないとか自信がないとか、そういう言葉は口にすべきではない

    確かにその通りなんですが、根っからネガティブな性格と、都合良すぎる位のポジティブで負けん気が強く、人の意見に耳を貸さない性格なのです。

    いつも言い合いになると言い返せず、向こうが矛盾なことを言っていると分かっていても、黙り込んでしまいます。

    それでも私から意見したいときは結局、カッとなってしまいます。
    やっぱり、情けないですよね。

    上手く言えないまでも、なるべく冷静に、結論を急がないようにしてみたいと思います。

  55. 宝星様、はじめまして。

    お気遣いありがとうございます。
    確かに、言い合いになるまで、ずっと悩んで悩んでいました。

    そのひとつの答が、
    彼女のことを思うなら、私とは別れて
    同じ信仰の相手と結婚すれば彼女は幸せなんじゃないか?
    ということ。
    そうすれば義父も喜び、子供も当然、生まれながらに入会でしょう。

    場合によっては学会のおえらいさんから名前でも付けてもらうんじゃないでしょうか。

    そうも思っています。

    結局、私も弱い(怒られる?)ので他力本願でここに助けを求めている次第なのです。

  56. 雪風・発〜替え歌コーナー

    (関白宣言・さだまさしVersion)

    ☆男子部幹部宣言☆

    お前を嫁にもらう前に 言っておきたい事がある

    かなりきびしい話もするが 俺の本音を聴いておけ

    俺より先に寝てはいけない

    俺より後に起きてもいけない

    子供は創価に入れて、財務は四ケタしろ

    マイ聖教で構わないから

    忘れてくれるな指導も出来ない幹部に

    部員を守れるはずなどないってこと

    お前にはお前にしか できない役職もあるから

    それ以外は口出しせず黙って俺についてこい

    池田先生と俺の親と どちらも同じだ大切にしろ

    婦人部幹部かしこくこなせ たやすいはずだ信じればいい

    創価の悪口言うな聞くな

    それからつまらぬネットはするな

    俺は脱会はしない たぶんしないと思う

    しないんじゃないかな ま、ちょっと覚悟はしておけ

    会館は先生が 建てられるもので

    公明党が汚職して つくろうものではないはず

    お前は俺の処へ 邪宗を捨てて来るのだから

    帰る場所は無いと思え これから俺がお前の仏法

    子供が育って 幹部になったら

    俺より先に死んではいけない

    例えばわずか一日でもいい

    俺より早く逝ってはいけない

    何もいらない創価の友人葬で

    涙のしずく大量にこぼせ

    創価のお陰でいい人生だったと

    俺が言うから必ず言うから

    忘れてくれるな 俺の愛する創価で

    愛する師匠は 池田先生ひとり

    忘れてくれるな 俺の愛する宗教で

    愛する師匠は 生涯先生ただ一人

    —End—

    (結局、奥さんや家族に愛はないの〜?)

    ↑あぁ〜書きながら、ムカついて来ました(;^_^A

    こんな創価男子は、嫌だ!
    (あえて苦情は受けません)

    いくら健康的で顔が良くて、やさしそうで創価優良企業に勤めてたって、誰がこんなバリバリ活動家と結婚するか!てな感じであります。

    外部の旦那さまから見た、婦人部Versionも、考えてみます。

  57. mittさん、見ず知らずの方にこう言っては失礼かと思いますが、率直に言いますと、奥様が創価学会であるなし以前に、mittさん自身が自分よりも奥様を幸せにできる人が他にいると本気で思うのであれば、mittさんのほうから早くそのことを告げてあげたほうがいいのではないかと思います。mittさんの悩みは創価の問題以前に、お二人の問題であるような気がします。たまたま創価問題がきっかけになって関係がこじれてしまって、そのこじれに対してmittさん自ら解決しようとする気持ちが感じられません。mittさんに奥様を創価から守る気持ちがないなら、奥様がかわいそうです。困ってるだけでは何も解決しないと思いますが。いかがでしょう。

  58. signifie様

    確かに学会問題以外にも夫婦間に問題はありました。

    お互いに腹をわって言いたいことを言えていなかった、そのことも問題ではあります。

    しかし、以前より、学会に対して私がずっと悩み、妻に、義父にハッキリ言えずに我慢し続けてきたのも事実です。

    解決したい、困っている、そう思うからこそ、このブログに悩みを打ち明けました。

    ただの悩みを愚痴るだけなら、某知恵袋に載せて終わりです。

    私だって妻を守りたい、その気持ちは強くあります。

    ただ何の疑問も持たない、聞く耳を持たない人間に対して、どうすればいいのかアドバイスが欲しかったのです。

    結果、いろいろな方からアドバイスをいただき、気持ちも軽くなったのも事実で、ある点まで妥協することが私なりの守り方だと思いました。

    signifie様のような勇敢な人ばかりではありません、気持ちはあっても上手く伝えることもできない、不器用な弱虫だっているんです。

    失礼しました。

  59. mittさんレスありがとうございます。
    >勝手に暇な時間に婦人会に行くのはいいですけど、家は自分だけのものじゃないし。

    そうですね。
    これは信仰以前の問題で、思いやりの問題だと思います。
    これ、活動家によくよく聞いてほしい。
    拠点になっている家の方。
    家族が満場一致で賛成していますか?
    特にお子さんの気持ちを考えていますか?
    池田の写真や三色旗や、デーンとした仏壇のある家に子どもは友達を呼べるでしょうか?
    私はインテリアが三度の飯より好きなので特に気になるのかもしれませんが、家は家族そのものですよ。
    小物一つ、使い方一つが住む家族の感情を左右するものです。

    >根っからネガティブな性格と、都合良すぎる位のポジティブで負けん気が強く、人の意見に耳を貸さない性格なのです。

    ここに創価が入らなければ、ベストカップルだと思います。
    立場が反対でもそういうご夫婦はたくさんいらっしゃると思うのです。
    問題はここに創価が絡むってことなんですよね。
    創価の教えが、信仰のことで言い合いして負けるのは「魔に負けること」
    言論戦で勝て!
    それが本当の意味での慈悲なんだというものなので、当人は無意識にでも安心して、或いは調子に乗って得意になって、正義と信じてそうしてしまうのです。
    傍から見たら本来の性格が増長して暴走しているようにしか見えません。
    人間革命というならまずここを注意して直してほしいですよね。
    「人の意見をよく聞くこと」(反論材料を探すためにではなくて)

    すぐ具体的なよいアイデアが浮かばずすみません。
    もうちょっと考えてみます。

  60. 皆様、たくさんのご意見ありがとうございます。
    このブログに出会えて本当に良かったです。
    出会えていなかったら1人で悩み続けていたと思います。
    皆様のご意見を読ませて頂いていると心が落ち着きます。
    本当に感謝いたします。

    コージさん
    初めまして。やはり創価脳のままだと苦労は絶えそうにないですよね…
    まずは焦って決断だけはしない事を頭に入れておきます。
    覚醒の可能性…活動熱心な彼を見ていると難しそうですが、何かしらがきっかけとなって覚醒してくれれば…と願ってやみません。
    また進展がありましたらご報告させて頂きます。

    janneさん
    初めまして。彼氏さんはjanneさんがきっかけで覚醒されたのですね。羨ましいです。
    どのような事がきっかけで覚醒されたのでしょうか?
    彼氏にこの不安と今後に関する悩みは伝えます。
    つい先日までは「個人の自由だから」と本気で感じており全く不安に思って無かったので彼氏に話した事は一度もありません。話したら相当驚くと思います。
    しかし、外部向けの催しに誘われたのをきっかけに「この人は無宗教の私は受け入れてくれないの?」と不安になり、運良くこのサイトに出会い初めて創価学会が宗教では無く詐欺組織と認識出来ました。
    きちんと話し合って、お互いちゃんと納得して入会or決別以外の選択が出来る事を願ってます。

    クロニクルさん
    初めまして。相手が覚醒する気が無いとうまくいかない…やはりそうですよね…
    皆様のコメントを読ませて頂いて強く感じております。
    結婚となると創価は避けたくても避けれませんよね…

    レモンさん
    初めまして。早まった決断だけはしないように冷静を心がけます。
    相手を不幸にしたいわけじゃなく、幸せにしたいと思っている…でも創価だった…
    相手はむしろ良いことをしていると感じているのですね…難しいです…

    せーやさん
    初めまして。皆様のコメントは何度も読ませて頂いています。
    本当に有難いです。
    良い方向に向かうようにしっかり考えます。

    トイレの花子さん
    初めまして。話し合うのはとても不安です。でも話し合わなければならない問題なので後悔の無いようしっかり話し合います。応援ありがとうございます。

    にゃんころころさん
    初めまして。絶対に早まらないようにします。ゆっくり時間をかけて彼氏にとっても私にとっても1番良い方向に向かうと良いなと思っています。

  61. バリ活彼氏とのこれからの事で相談させて頂いてるえつこです。

    皆様、また相談させてください。

    こちらにご相談させて頂いて、彼氏にぜひこのブログを読んでほしいと思うようになりました。

    そこで質問なのですが、創価家庭に生まれバリ活の彼氏にこのブログを紹介する事は逆効果でしょうか?
    紹介した時点で私はもう彼氏とって悪者になってしまうでしょうか?

    紹介する際は
    「私と貴方にとって1番幸せになれる方法を見つけたくて検索してたらこのブログに出会ったの。このブログでアドバイスして下さる方々は私と貴方の両方の立場がわかる方々ばかりなの。ちょっと読んでみてほしいな。」と話してみるつもりです。

  62. 最近特に、家の玄関周りなどに、蜘蛛の巣が非常に多くて困っています。
    とりあえず、巣を撤去して、蜘蛛用の殺虫剤などを玄関周りに散布すると、数日間は大丈夫ですが、
    じきにまた豪快に巣を張っちゃってくれてます・・・・・(;´Д`)
    あと、アシナガバチも多いですね~  ふと上を見ると、巣を作ってハチがたくさん集まっていたりします。
    私、虫であっても殺生などは嫌なので、虫がいない時に予防の殺虫剤を散布するようにしていますが、
    ハチに関しては、刺激を与えないように、もう放置状態です。
    幸い、スズメバチと違いこのハチは温厚なので、今のところケンカなどはしてませんが(笑) 
    皆さんのお宅はどうですか?
    しかし、カブトムシなどの貴重な昆虫は自然界ではどんどん数が減っているのに、
    蚊や蜘蛛、ハチ、ゴキ野郎などは、時代が変わっても全然減らないですねぇ・・・・・・ なぜなんでしょ?
    要らない、必要ないのに、家に押しかけてきて、住人を嫌な気分にさせる・・・・・
    あれ? どっかの宗教団体と似ているような・・・・・・?

    mittさん、 
    ん~、奥様は、いつもそんな感じで、普段から怒りっぽい言い方をmittさんに投げかけるのですか?
    それとも、創価学会の事に限って、強硬な性格になってしまうのでしょうか・・・?
    普通、一般的には、旦那さんが非活で、しかも学会員には家に来て欲しくない時は、
    奥様が気を使って学会員を家にはあまり来させないものですが・・・
    奥様は、何か他の事でも、イライラ来ているのかな? ちょっと分かりませんが・・・
    とりあえずは、学会以外の事も含めて、じっくりと奥様と会話したり、気晴らしにどこかへ一緒に言ったりして、
    様子を見ながら、mittさんの率直なお気持ちを、ゆる~く伝えられてはどうでしょう?

    janneさん、 
    ロキ○ニンの情報、ありがとうございます、参考になります!
    鎮痛剤は、やはり胃腸を荒らすので、胃薬も必要ですよね。

    のぞみさん、 
    >30代かそこらの頃の、母親と映ってる写真だったと思いますが
    >お相撲さんか!というくらいでっぷり太っていた記憶があります。
    池田君が、学会員を丸め込むための苦労話をどんなに上手く語ったところで、
    贅沢な生活による?外観は、隠しようがないですよね(笑)
    まるで、どこかの将軍様親子?気取りかも知れませんよね。

    雪風さん、 
    替え歌なかなか良くできてますね~~!
    知ってる曲の場合は特に、思わず口ずさんでしまいますよ。

    せーやさん!
    ついに、役職や集金や守る会、
    おりゃ~ (ノ`^´)ノ ~┻━┻・..。;・’、。   しちゃいましたか!!
    おめでとうございます! そして、本当にお疲れ様でした! 
    (n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*!!!☆
    今後、もしもまた頼まれるような事が仮にあったとしても、断固拒否しちゃってくださいね!
    その時は、「あれ?創価学会は世界に大躍進してるんじゃないの?人は余ってないんですか?」って言って
    突き放しちゃってください!(笑)
    今後は、ゆっくりと自分の大切な時間を楽しんでくださいね。

    ノイノイさん、カルパスさん、 初めまして、よろしくお願いします。

    それにしても、宇宙飛行士の油井さん、無事、宇宙へ飛び立ちましたね。
    国際宇宙ステーションに到着し、地球がすごくきれい、とのメッセージを発表されていますね。
    本物の、宇宙からのメッセージ、すごいですよね。
    あれ? どこぞのお方は、ゴーストにメッセージを書いてもらって忙しそうですが・・・
    ていうか、
    カラーコピーした漢字をプラスチックの棒に巻きつけたものを、正座して手を合わせてる人たち・・・・・・
    「これで宇宙のリズムと自身の生命の中の仏性がなんたらかんたら! どうだ! すごいだろ!」
    ・・・・・・・・・って、いい加減にしてください(笑)
    宇宙は、そんな薄っぺらなものではありませんから~ 残念~~~~~!!

  63. 白いブランコさん組織活動を辞めるみたいですね。
    ご本人は悔しさや色んな感情が入り乱れておられるのでは、と感じました。

  64. signifieさん みなさん こんばんは。
    親知らずの炎症がひどく、絶え間ない痛みで辛かったのが少し回復してきましたポトスです。

    せーやさん
    気にかけていただいてまして、ありがとうございます(^^♪ お察しの通り、痛みで食べるのも辛い日々です。痛みどめも効かないため、氷水を数分おきに口に含んでおりますので水分補給はばっちりです。Xデーのお祝い、やりましょう!

    宝星さん
    毎週の歯医者通いでケアはしてきているのですが・・・免疫がおちているのでしょうかね^^; 季節の変わり目や不安定な気候で歯茎が痛んできます。そして、ストレスも関係ありなんですね。←思い当たることがありすぎです・・・!今日もアポなし突撃家庭訪問、やられました((ヾ(≧皿≦;)ノ_))きぃぃぃぃっ!←こういうのがよくないのでしょうね(^_^;)

    ボレロさん
    余計なことなんて・・・そんなことないです!いつもありがとうございます!
    新聞購読中止は、もちろん考えています!
    ボレロさんも、お体気を付けてくださいね\(^o^)/

    先日、主人(未入信)に現在の私の心境をぶちまけました!学会のことで話がある。と切り出したので、ものすごーく身構えて(勧誘話かと思っていたらしいです)いましたが、話し終わる頃には、緊張がほぐれ穏やかな顔つきになっていました。それからは、主人が家にいるときにインターホンが鳴ると、主人が対応してくれて、婦人部らしき人物だと、『出かけてていません』と応対していますが、いつまでもこのままにはしておきたくないので、せーやさんのコメントにもあるように、きっぱりと断ろうと思います。

    振り返ってみると、会合会合と出歩いていた頃、活動を理由に家事をいい加減にしたら良くない。と、会合行く前に夕飯の支度をして出かけていましたが・・・。会合が終わり家に帰ると、ひとりぽつんと食事をしている主人がいました。当時は、やることやってから出かけているから。と、自分可愛さに主人のさみしさを気遣うことができませんでした。・・・が、心の奥では後ろめたい気持ちを感じておりました。家事を頑張ることは、学会活動を正当化する行為であったように思います。心も体も無理していたなぁと思います。今はそんな縛りから解き放たれて、ずいぶんと楽になりました。

    雪風さん
    はじめまして。
    婦人部version、楽しみです。きっとうちの旦那が激しくうなづくことと思います(笑)

  65. 公明党の支持率が劇的に下がり、共産党の約1/3ほどらしいです。中道政治だの庶民の味方だの平和主義だのと散々わめきたててましたが、今回の安保関連法案で化けの皮が見事に剥がれてしまいました。
    結局は、創価学会の悪事を揉み消す為だけに存在する「ダミー政党」だったということですね。
    自分は覚醒以来ずっと、批判票として共産党に投票して来ましたが、同じような考えの人間がますます増えそうですね。
    それにしても、安倍政権はとんでもないならず者政権ですね。
    奴らの愚かな政策に加担した公明党も同罪です。
    日本を軍国主義に導いた奴らのことを脳裏に焼き付け、いつか子供たちが政治に興味を持ちはじめた頃、説明せねばなりませんね。
    この ジュパニーズ ヒットラーのことを。
    その頃は創価学会もこっぱ微塵にぶっ壊れて、日本の歴史の負の遺産と化していることでしょう。
    「創価飯し」を食らって、のほほんと暮らす方々、失業保険は掛けてますか?
    資格を持ってないと再就職は厳しいですよ。
    ちなみに青年教学一級とか × です。
    さて、今日もこのブログをお借りして「セリ矢」をハンマーで叩きますかね。
    カーン カーン カーン …
    「うん、だいぶヒビが入ってきたぞ!!」
    (^o^)v

  66. ぴろんさん、情報ありがとうございます。
    いま見てきました。
    白いブランコさんはいろいろ思い悩んだんでしょうけど、私が思うには、結局のところ自分のこれまでの創価人生を否定するまでの勇気がないままに組織を離れるしかないという煮え切らない選択をしたということではないでしょうか。これからあの人が脱会までできるかどうか知りませんが、少なくとも頭は創価脳のままなんでしょうね。創価の建前にあれだけ固執していましたからね。いまでも白いブランコさんにとって創価は正しい宗教でなくてはならないのに、今度またしても公明党は安保法案を強行採決した。またしても自分が思い描く正しい宗教とは違う現実が現れた。4つ上の幹部が何をどう説明したのかわかりませんが、白いブランコさんが言ってたような「一部の反逆者が公明党を操っていた」のではなく、安保法案の強行採決は創価の教義に即した、つまり仏意仏勅だと言われて、自分の考えとは完全に違うことをいやでも思い知らされたんだろうなと思います。創価の幹部の言うことなど、その場しのぎのワンパターンでしかないのに、それすら気づかないんじゃどうしようもないですね。
    明らかに創価はおかしいと感じていても、それを認めきれないのは、やはりこれも自分可愛さ故のことなんだろうと思います。自分の間違いを認めきれない。どうしても「ごめんなさい」が言えない子どもっていましたよね。いま白いブランコさんは自分の中の創価の位置付けがわからなくなって悩んでるんじゃないかと思うんです。創価は詐欺団体だとわかればすべての疑問がきれいに解けるのに、絶対にそこは譲れないんでしょう。創価を信じてきた自分の人生を否定しなければならない辛さは、このブログにコメントをくださる多くの方はよくわかっていらっしゃいます。それに耐えられなくなって心が壊れても、みなさん互いに励ましあって、これからの人生を立て直そうと一生懸命に頑張ってますよ。この悩みは自分だけじゃないということがわかっただけでも、どんなに救われることか。まだ脱会にまでたどり着けていない方も、その決意と努力の言葉だけでも、多くの方に勇気と希望を与えてくれています。白いブランコさんはそこに踏み込めきれないまま1ヶ月以上も自分の頭の中で創価がグルグル回っていて落ち着き場所を見つけきれないでいるんだと思います。創価脳でいる限りグルグル回り続けるでしょう。
    ここの多くのみなさんのように、認めちゃえばいいんですよ。そりゃ辛いですよ。頭がおかしくなりそうなくらい苦しいし、悔しいし、かと言って過去の過ちは消えません。若いときならまだしも、人生そろそろ総仕上げの準備かなというときに、「はい、これまでのあなたの人生間違ってました〜」と宣告されるんですからね。他人からじゃなくて自分で自分の人生にレッドカードを突きつけなくちゃいけないんです。白いブランコさんとみなさんの違いはその勇気があるかないかだと思います。
    私はこのブログでの白いブランコさんとの長い対話で、何度となく目の前の現実を見ましょうよと呼びかけてきました。しかし最後まで創価の現実を見ることはありませんでした。おそらく4つ上の幹部の態度によって、白いブランコさんは皮肉にも創価の現実を知らされたのでしょう。でもそれでも自分の人生の間違いを認めきれないでいる。それも辛いでしょうね。逃げ道も目標も失ったのですから。白いブランコさんの思い描いていた創価学会はどこにもなかったことがやっとわかったんです。あとはみなさんが体験してきたような自分の人生を真っ直ぐに見ることしかないと思います。
    もう白いブランコさんは私と話す気は無いようですし、私ももうありません。あれだけ真摯に対話ができたというのに、正直言って「いい大人が何やってんだ」っていう気はします。残念ですが仕方ないです。
    白いブランコさん、お元気で。

  67. 雪風です。

    シニフィエさん、連日本当にご苦労様です!粗茶をどうぞ🍵

    シニフィエさんが、連日のように心を砕いて、大切に対話を重ねて来られた白いブランコさんが、あのように幕引きしてしまう結果となって残念ですね…恐らく、白いブランコさんの気持ちは、白いブランコさんにしか分かりませんので、もどかしいですね…。

    しかし何となくですが、今…きっと白いブランコさんは、悲しいはずです。

    にわかにあのような挑戦的なサイトを、酔狂で立ち上げたとも思えませんし…創価改善サイトの閉鎖は、もしや…余程絶望をされてのことなのかもしれません…。
    いろいろ憶測になってしまいますが、ちょっと気になりますね…。大丈夫かな…?

    コージさん(^O^)こんばんは!
    ゴキブリは、ゴキジェットで(笑)゜。(p>∧<q)。゜゜いつも替え歌反応ありがとうございます☆ヽ(▽⌒*)

    ポトスさん(^O^)はじめまして!
    あぁ〜婦人部Versionリクエスト頂きありがとうございます(≧▼≦)今しばらくお待ちください!

    パートナーが困ったバリ活でお悩みの方々へ。

    彼氏彼女に、今すぐ創価学会に入れと強要されたなら、

    じゃあ、あなたは今すぐ創価学会を脱会出来るのか、と試しに聞いてみて下さい。

    多分、出来ないと言うと思います。

    どうしてそんなひどいこと言うのかと言われたら、

    「当たり前でしょう?私が今すぐ創価に入るという事は、あなたが今すぐ創価学会を脱会する事と同じくらいに残酷で、辛いことなのよ!

    ただでさえ不安な気持ちなのに、あなたの言いなりで、私だけ一方的に入会なんてあり得ないわ!

    自分の強い気持ちだけ押し付けないで、
    少しは私の気持ちも考えてよ!」
    と、返しましょう。

    何しろ、そもそも、カルト創価に入会すると言う状況は、後々、一生後悔するかも知れない一世一代の決断ですから、パートナーに、これぐらいは言っても言い過ぎではないと思います。

    創価に入会すると、一生創価ゾンビです。

    出口なしです。脱会しても、脱会名簿を作って、奴らは、また、やって来ます。

    創価ゾンビになった人間って、本当に残酷ですよ…。

    あと…こちらに来られる方々は、多分……もともと強い方なんて一人だっていません。

    人生の崖っぷちって、ありますよね。

    病気とかケガとか経済的弱者とか振られたとか結婚で離婚で子供で老いで、とか、その他もろもろ…

    生きてると最悪な状態になった!そんなこんなで、やっとすがりついた駆け込み寺とおぼしき創価が、詐欺団体にして余りにもひどい組織だった。

    何もかも絶望して脱会した方は、いやが上にも、全方位警戒モードで、必要以上の精神エネルギーが要求されてしまうんですよ。

    みんな、辛いんです。

    余剰エネルギーなんて、沢山あるわけありません。

    そんな精神力の残りカスまで絞り出して、まだ、続々と湧き出る創価ゾンビと闘っているみたいになっていて、本当に辛いんです。

    だから、みんな、同じですよ…。
    きっと…。

    辛いけど、今を一生懸命生きる人がこちらのサイトに集って、カルト宗教からの脱出のために、まるで麻薬を抜くダルクのように励まし合ったり、弱音を吐いたりしながら、人生の時間を取り戻すために生きています。

    パートナーの思いがけない豹変ぶりに、大変心細いお気持ちをなさっている方々も多いでしょう。

    しかし、創価問題などに限らず、何かのやっかいな問題に立ち向かうときは、結局は一人で決める時がイヤでも来ます。

    だけど、一人じゃないことも分かりますよね?

    こちらのサイトで、どうにもならないカルト宗教から精神的に救われた方々って、沢山いるんですよ。

    シニフィエさんのサイトって、そんなふうな願いがこめられていると思いますが、違いますかね……?

    長々と、失礼致しました。

  68. 雪風さん、ありがとうございます。
    関白宣言の替え歌、メッチャ享けました〜(^○^)
    これ現役男子部が聞いたら感激して愛唱歌にするって言いだすんじゃないですか(笑)

  69. トールさん
    フリー役職になれたようでおめでとうございます。
    それにしても、引越ししても配達・集金は交代させてくれないなんで酷いですね。
    販売店の店主よ、お前がヤレヨって思います。
    旅行楽しんできてくださいね。

    雪風さんの男子部愛唱歌 
    いいですね~
    吹き出しました~
    >俺より先に死んではいけない
    例えばわずか一日でもいい
    俺より早く逝ってはいけない
    何もいらない創価の友人葬で
    涙のしずく大量にこぼせ

    のくだりは、「もちろん先に死ぬつもりはないわ。私が先に死んだら創価の友人葬にされてしまいそう。あなたより1日でも長く生きてあなたを家族葬で見送るつもり。あなたを本当に愛していた人達と涙のしずくを大量にこぼして見送ってあげる」と返したいですね。

    白いブランコさん
    きっと一大決心をして幹部に疑問や改革を話したんでしょうけど、結果は当然のような感じでしたね。
    創価が一会員の声など聞くわけないんですよね。
    組織活動から離れるということは、内得信仰をしていくんでしょうかね。
    白いブランコさんのように、創価を信じてはいるけれど、色々なくすぶった思いを抱えたまま非活に転身してしまう方はとても多いんだろうなと感じています。
    誠実な人柄が文面から伝わってきた人だけに、何だか不完全燃焼のような終わり方で気になります。

  70. 雪風さん、私も関白宣言爆笑しました^^;

    >婦人部幹部かしこくこなせ たやすいはずだ信じればいい

    >創価の悪口言うな聞くな

    >それからつまらぬネットはするな

    ホント、センスありますねえ!

    コージさん、私は屋外清掃はプロです。
    もともと掃除が好きでそれで守る会も立候補したくらいなんですが、今はそれで小遣い稼ぎしてますよ。
    クモは20分もあれば立派な巣を作ります。
    とにかく巣はこまめにチェックして張らせないことですが、よく見ると壁と天井の隙間に白いまゆのような塊があります。これが卵です。
    これを先手でとって下さい。
    固いほうきの先で取れます。
    女の人は買い物してストレスを発散する人が多いですが、私はものを買うより捨てる方に喜びを感じるタイプみたいで、うっとうしいものが目の前から消えることに喜びを感じます。
    抱えてる役職もうっとうしい荷物。
    執着や何やもうっとうしい荷物。
    捨てるとスッキリしますよ。

    ところで名医に出会い、激痛だった肩や背中、腕の痛みが三回の治療で消えました。
    湿布や薬や電気治療など皆無で、です。
    思い立ったら行動。
    自分が可愛いとか、過去のこだわりとか、それも大切な面はありますが、それにいつまでも縛られていたら苦しいだけの時があります。

    白いブランコさんも面倒くさいことはパッと忘れて気持ちを切り替えればよいと思います。
    ブログを削除もスッキリしていいと思いますよ!
    よかった!と私は思っています。

  71.  私にとっての学会活動はまさに「自分がかわいい」だけのものでした。
    世界平和、法のため、一人の人のため、社会のため、師弟共戦、弟子が一切をに内達、こういう美辞麗句を見聞きするたびに「ああ、自分にはこういう気持ちはないな」と、本心との乖離を感じて自己嫌悪や罪悪感や不全間を抱いていました。
     それでも、当時立ち上げた自営の仕事を軌道に乗せたいという動機で活動してました。けど、折伏では、何をどんな風に語ればいいのか、二世の自分には自信を持って語れるような功徳体験がない、折伏したら人間関係が壊れる、人の弱みにつけ込んでると思われるなどあってほんま嫌でしたね。またこんな風に感じてしまう自分が情けなくて嫌でした。
     選挙では、何年も会ってないような知人に電話をかけるのが嫌でしたね。何しろ選挙の時にしか電話しないわけですから相手の反応が予測できます。相手の番号をプッシュして着信音が鳴っている間はいつもドキドキしていて、出なかったらいいのに、と思ってました。それでも、とりあえず選挙を頼めたらF獲得とばかりに報告をしてました。今にして思えばこんな自己中な話はありません。
     学界が過去に起こしてきた数々の犯罪や、仏教史を知ることで、学会指導がインチキで嘘っぱちであること、いわゆる日蓮仏法が超異端であり、もはや仏教とさえいえない代物であることがわかりましたよ。
     親兄弟がまじめに信心してたから悪いものではないんやろうと信じてやって来たのに、まったくあほらしいわ。
     キッキーさんじゃないですけどあほんだら~~~~ですよ。

  72. 白いブランコさん、ブログを閉じられるそうですね。何か思うところがあったのでしょう。創価の地区部長の白いブランコさんが大事にしてきた創価は、二代目会長が組織化し、イケダダイサクがそれをさらに拡大しビジネス化した組織です。宗教という催眠術をかけて自分を崇拝させ、会員から搾取してきた組織です。また、公明党は国民の為にあるのではなく、創価学会の為にある政党。表向きは、庶民が喜ぶ政策を見せていながら、水面下ではがっちり創価利益のための根回しがされていたわけです。
    今公明党の支持率は、共産党よりも下がったようです。今後創価学会は、共産党のイメージダウン作戦に拍車をかけると思われるので、共産党の議員さん要注意です。創価学会は、選挙では、共産党の誹謗中傷がセットでしたからね。今後もそうすることで、公明党への批判を少しでもそらそうとするでしょう。
    イケダダイサクさんのことも、会員のみなさんはずいぶん尊敬されてるようですが(私はまったく尊敬できませんでしたが)、本当に立派な人が自分のことを知的ですばらしい人間だというようにわざわざ人前で自画自賛するでしょうか?虚飾で飾られたまったく尊敬に値しない人物をひたすら崇拝し、まったく国民の為にならない党を、手弁当で必死に支援する。一番大切にすべき家庭を放り投げてでも活動する。創価学会の司令塔は、自分かわいさだけで会員を動かしています。
    本部職員など、財務は二万円でいいといわれてるそうです。組織から高額給料もらって、財務は二万円。創価学会は、世界平和だの大きなことを言っていても、結局動機は、自分かわいさに行き着きます。自分がかわいいのは別に罪ではないですが、そのために人を利用したり、迷惑をかけることを正当化しないでいただきたいと思います。白いブランコさん、思うところがあったのなら、辛いかもしれませんが、徹底して創価学会という組織の正体と向き合ってみてください。今後の人生は、自分の自由な意思で生きてゆきませんか?

  73. この信仰をしていればいつかきっと幸せになれる
    脱会した人にもまた信心するように働きかけよう!!
    その人の幸せの為に。。。
    辞めてしまって私は心配しているの、だからもう一度話をしたい
    ご本尊を持たせてあげたい・・
    そうすればその人も救われて私もとてもいいことをしたと
    優越感にひたれるの(内心そう思う)

    人の幸せを本当に願う事とは
    その人にそっと寄り添うことではないでしょうか
    信心の話をきかせたり、曼荼羅を持たせようとしたりすることでは
    決してないんです!!
    創価の信心の話を100%ぬきで本当にその人の幸せを、願い、寄り添い、話を一生かけて聞くことができるなら
    それが本当に人の幸せを願うということです。

    洗脳どっぷりのそこの会員さん、それがあなたにできますか?
    それは無理というのならそれが洗脳されているということですよ~

    どうか、私をこれ以上、情緒不安定においこまないでください
    信心の話なんてしないでください。
    私をかわいそうと思わないでください
    信心の話を持ち出すときのハイテンションな声、
    ただただ、怖いです・・・・

  74. ボレロさん、にゃんころころさん、コージさん、
    ありがとうございます!
    おかげ様で、穏やかに夏休みを過ごせています(^_^)v

    雪風さん、ポトスさん、
    元気を取り戻されているご様子で何よりです。
    これからも暑さが続きますので、無理はしないで下さいね!

    mittさん、コメントありがとうございます。
    ・家には入れない
    ・財務は自分の小遣いで最小限なら……
    未入会のご主人を大切に!と私もいつも指導されていましたので、やはりmittさんの思いを言い続けて下さい。
    ちなみにうちの場合は……
    主人が、仕事でいない時に婦人部を家に入れていました(>_<)
    財務も最初は主人の言うとおり一口でしたが、年々増やしていってしまいました(T-T)
    財務は家族とよく相談を!と指導があります。
    でも会合に出ると、なるべく多くの財務をすれば守られるとの体験発表や、幹部指導があります。
    私も年々増やしていくことが、家族も守られると信じ切って喜捨してしまいました。
    財政難で、一口しかできないこともありましたけどね。
    ほぼ私のお小遣いからでしたが、主人には内緒でした(x_x)
    本当に主人には申し訳なかったと思っています。
    義理のお父さんもバリ活のご様子なので、大変そうですね。
    それでも、今こそご自分の意志をしっかり伝えて下さいね。
    ご実家の宗教(浄土真宗)を簡単に改宗できない!と言ってもいいのでは?
    頑張って下さいね!
    奥さんは自分を広い心で受け止めてくれるmittさんだから、結婚相手に選んだのだと思いますよ。
    私もそうでしたが、パートナーというのはお互いにないものを求めるのでは?
    その方がうまくいくことが多いと、最近気付きました。
    これからも創価に入会する気がないのであれば、
    ・創価を信じきっている時の奥さん
    ・普段の生活の時の奥さん
    を別にして考えて、ある意味割り切って生活していった方がうまくいくかもしれませんね。
    あくまでも私の意見でした。

    えつこさんも、コメントありがとうございます!
    バリ活の彼氏さんにこのブログを紹介することは逆効果では?とのご質問ですが。
    おそらく、ネットはデマと信じきっていますから今の時点では難しいのではと思います。
    彼氏さんが、創価公明組織は何かおかしいな?と感じ始めた時に紹介するのは、もしかしたら期待が持てるかもしれません。

    それより早く悪事が世間に知れ渡り、解散勧告されて消滅すればいいのにと強く思います。

    カルパスさん、はじめまして!
    私もカルパスさんと同じような考えです。
    パートナーがバリバリ男子部なのは、やはり生理的に受け付けられませんでした。
    今では今の主人でよかったと思っております。
    ただ子供のために、近い将来脱会したいと考えています。

  75. ポトスさん
    突撃訪問ですか!!(((((゜゜;)
    私も、訪問され付きまとわれだんだん精神が病んでいきました。
    ご主人に協力を求められたことはとても良かったと思います。
    信頼できる幹部ちゃんに、ご主人もまじえてお話されたらどうでしょうか?
    ご主人が、外部の方なら効果があるかもしれません。
    創価は外部には、弱いですから・・
    上の幹部ちゃんには、地区婦は何も言えないですからねぇ!
    私もトップの幹部ちゃんに、お話してから訪問はなくなりました。
    つい、他人事とは思えないので、すみません!

    雪風さん
    >彼氏彼女に、今すぐ創価に入れと、強要されたら、じゃあ、貴方は今すぐ脱会できるのか試しに聞いてみてください。
    このコメント、最高です!
    本当そうですよね!
    替え歌も、楽しませてもらってます!(〃^ー^〃)

  76. キリコさんのコメントにしても誰かのコメントの中に自分と同じ思いを見つけるたび、
    ああ、あのとき違和感を持っていたのは自分だけではなかったんだ、
    それこそが本心だったんだと、素直に受け入れることができていきます。

    おもむろに声高に見せつけるように平和を語る創価学会のデモンストレーション、
    そのウラでの野心実現のための用意周到な計算し尽くされた隠密な行動…、
    会員はただ数となって踊らされているだけです、ハイテンション状態で。
    動きを止めるのはかえって辛いですが、立ち止まって考えてみて下さい。

    せーやさんのmittさんへの語り口やわらかでいいですね〜
    少しこちらがセーブダウンして応じると、創価スイッチの入った瞬間に気づきますから、
    その時は「あ〜これはひょっとして、いまうわさの創価スイッチ…!」と
    やり過ごしてみてください。
    奥様が結婚を決めた時点で、なんだか創価に頼ってばかりでは人生やっていけないし、
    と感じている気持ちの部分があったと思います、そこを大切にできるといいと思うんですけど…

    白いブランコさんブログたたまれるとのこと、残念ですがその方がいいように思います。
    思っていたよりも、バリ活さんのコメントが突っ走っていたような印象だったので…
    バリ活さんの発言の言い方は直接言われても悔しいんですけど、書き言葉にしても、
    コメントがすごく超越してしまっていて、冷静に目にできなくなってくるんですよね。
    白いブランコさんは何より誠実なお人柄だと思っています、お疲れ様でした…

    日経新聞斜め読みより、公職選挙法について公明党と合意なく自民党野党賛成多数で採決、
    先ほど可決されたようです、連立以来はじめてとのこと。
    そして日経新聞がイギリス有力経済紙FTを買収、デジタル化が加速されるそうです。
    難しいことはわかりませんが、これからのメデイアはネット普及にあわせて再編が
    すすむようです。ネットはデマだという方針を出していた創価学会本部はこれからどう対応転換していくのでしょう?ひょっとしてサイバー対策に費用がかなりかさみそう?そして聖教新聞の製作コストはますますかさむばかりで利益につなげるのは難しい?経営やいかに?

    つらつらと長文になってしまい申し訳ありません

  77. えつこさん、こんにちは。
    彼氏さんにこのブログを読んでもらったらどうかというお尋ねですが、私が思うには、いきなりこのブログを読ませても、生理的な拒否反応があるだけではないかと思います。いわゆる創価脳になってしまっている人は、その人が本来どんなにいい人で、優しさと思いやりのある人であったとしても、創価を否定されることには、まったく耐性がありません。耐性というよりも人が変わったように攻撃的になります。これをこのブログでは創価スイッチと呼んでいます。それまで普段の温厚な性格の人が、ひとたび創価を批判された瞬間から、まったく人が変わったように激怒することが多いです。これまでのこのブログのコメントにも、実際にそのような場面に遭遇した方の話がたくさんあります。私も創価を信じている頃は、創価の批判をされると自分でもどうしたんだろうと思うくらい、批判する相手を見下してしまっていました。洗脳された学会員さんの特徴として、創価の信仰以外は見下してしまうんです。
    このブログにも、承認制にする前までは、そのような創価スイッチが入って罵声をあびせるだけあびせて去るような活動家のコメントがたくさんありました。
    えつこさんの彼氏さんも、普段はとてもいい人で魅力のある方なんだろうと思いますが、ことバリ活男子部であるが故に、創価スイッチが入る可能性はかなりあるのではないかと思います。
    彼氏さんはえつこさんを最終的には創価学会に入会させようとしていると思います。それがえつこさんを幸せにできる最高の方法だと信じているからです。彼氏さんにまったく悪気はありません。ほんとうにえつこさんのことを思えば思うだけ、なんとしても入会させなければと、男子部の会合で決意発表までしているかもしれません。創価とはそんな団体なんです。夜な夜な集まっては、どうやったら会員を増やせるか、どうやったら非活動家を活動家にできるかを話し合っています。そして池田大作がどんなに素晴らしい人間で、尊敬に値するかを、書籍や新聞記事などを読みあったり、感想を言いあったり、みんなで一緒にトランス状態に陥るほど唱題をしたりしています。まさにカルト集団です。彼氏さんは幹部から「君の彼女はいつになったら入信するんだ?」「はい!今度のセミナーに誘っていますから、そのときになんとして入会決意をとって見せます!」「よし!その目標に向かって、みんなで◯◯君の彼女が無事に入会できるようお題目をあげようじゃないか!」「はい!(全員)」などと軍隊のような会話がされています。
    えつこさんはまだつき合って半年だそうなので、彼氏さんも恐る恐る、創価の印象を悪くしないように、ちょっとずつ創価との距離を縮めているのではないでしょうか。いや、彼氏さんのことを悪く言ってるのではないんですよ。いい人であればあるほど、創価を信じています。信じれば信じるだけ世間の常識から離れていくことを自覚できなくなります。連日の活動の中で、日々洗脳を強化されています。仏壇に向かって勤行・唱題を一心不乱に唱えて「どうか彼女がこの信心につきますように」と毎日一心不乱に祈っているはずです。
    そのような人に「創価学会は宗教ではなく詐欺団体だ」と何百人もの人が寄ってたかって言ってるブログを見て「ああ、そういうこともあるんだ」などと冷静にいれるわけがないと思うのです。このブログを読んでまったく相手にしないのであればまだしも、彼氏さんがえつこさんに自分の人生を否定されたと思ってしまうと、そこで完全に創価スイッチオンになります。彼氏さんは愛するえつこさんといえども人として見下してしまうと思います。「こんな人とはつきあえない」と思ってしまうかもしれません。
    えつこさんが仰る「私と貴方にとって1番幸せになれる方法を見つけたくて検索してたらこのブログに出会ったの。このブログでアドバイスして下さる方々は私と貴方の両方の立場がわかる方々ばかりなの。ちょっと読んでみてほしいな。」というのは、すごく常識的で、まっとうな考え方です。ふつうならこうした話が通用しますが、おそらく今の彼氏さんには通用しないのではないでしょうか。下手すると単に嫌われるだけになると思います。嫌われるというより「かわいそうに」と見下されます。すみません。30年前の私がまさにそうだったんです。私の場合、それで覚醒した30年後になってはじめて自分のした愚かなことに気がついて心が壊れました。当時の彼女が創価を否定したのではなく、彼女の母親が「創価学会の人との結婚は反対だ」と言われたと彼女から聞いただけで、なぜか当時の私は「こんな人は自分にふさわしくない。もともと縁がなかったんだ」と完全に思い込んで、私から一方的に別れを告げました。それが自分の間違いであったことがわかるのが覚醒した30年後だったんです。
    えつこさんの彼氏さんが必ずそうなるとは言えませんが、創価を100%信じている活動家にとって、このブログは悪魔の巣窟のようなところです(笑)。なにしろ世界で唯一人間を幸せにできる信仰だと信じている人に向かって「それは単なる詐欺にひっかかっているだけだよ」と言っているのですからね。正しい信仰を邪魔して、他人の幸せを妬んで地獄に引きずり込もうとする恐ろしいブログだと思うかもしれません。学会員は創価を否定するものはすべて「魔の仕業だ」と教えられています。創価の活動をして幸せなら何も言いません。みんな悲惨な人生を歩んでいるから、こうして体験者が真実を告発しているんです。でも活動家にはそうは映りません。ちょっとでも疑問を持たない限りは、このブログは逆効果だと思います。

    これはえつこさんだけに言っているのではなくて、おそらく創価のことを知らない外部の方は、創価は宗教だと思い込んでいる人がほとんどなので、このような言い方をするのですが、創価学会は決して宗教なのではありません。詐欺なんです。そこを勘違いしてはいけません。たとえどんなにおかしな教義であっても、それが宗教であるならば、それを信じる人の信教の自由は保障されなくてはいけません。私たちがここまで創価を否定しているのは、これが宗教ではなく金銭詐欺だからです。宗教であればそれこそイワシの頭を拝めば幸せになれるんだと信じている人であっても「そうですか、頑張ってくださいね」としか言いません。自由なんですから。しかし創価は違います。詐欺です。それも巧妙に法の隙間をくぐり抜けている悪質な詐欺です。だからこそここまで否定しているんです。法をくぐり抜けるために政党をつくり、政権の言いなりになってどんな危険な法案でも平気で通すのです。実際に創価で幸せになった人などいません。幸せだと思い込んでいる人はいますけどね。それはほかの新興宗教と同じです。新興宗教でなくても、伝統的な宗教でもさほどかわらないでしょう。なにか特定の「本尊」みたいなものを拝んだ人にだけラッキーなことが起るなんてものは、所詮宗教なんかじゃありません。仏教にしてもそんなものではないし、詳しくは知りませんがキリスト教もイスラム教もそうでしょう。創価は特に「創価にお金を出せば出すほど幸せになれますよ。創価以外にお金を出すから不幸になるんです」というのが創価学会の教義です。これどう考えても詐欺じゃないですか。でも学会員はそんなことさえ判断がつかなくなって、一心不乱に活動にのめり込んでいるんです。幸せになれる特別な魔法を手に入れたような気になって、じつは身ぐるみ剥がされて捨てられるんです。
    創価学会は宗教ではない。これはここに集う何百人もの人が、1万件以上のコメントとして書かれています。創価を宗教だと思うところがあるから「この人の信仰も尊重してあげないと」なんて思ってしまうんですね。違うんです。創価学会員は詐欺の被害者なんです。詐欺の被害者に「それもあなたの自由だもんね、尊重しなくちゃね」なんて言うのはおかしいでしょ。「あなたは騙されてるのよ。これこれこういうわけで、上手い具合に騙されて、お金を貢がされてるだけなの。お願いだから早く気づいてくださいね」というのが普通ですよね。

  78. mittさんの場合、奥様と直接対峙するのは避けたほうがよいかもしれません。
    奥様に『学会に対してもう少し理解をしたいから、あなたの信頼している幹部の人と話をしてみたい』と声をかけてみませんか?
    奥様はまずそこでmittさんに対する警戒心をいくらかゆるめると思います。理解しようとしてくれてるんだ、と。おそらく今までのやり取りでかなり警戒されてると思うので。
    そして実際に幹部と会うことになると思いますが、その時には批判めいたことは絶対に口にせず紳士的に穏やかにお話を聞いてみます。
    そしてここからが本題ですが、『学会については様々な噂を聞いてますが、おそらく誤解に基づく噂などもかなりあると思われますのでいくつか確認したいことがあります。まずはお金に関する事なのですが、年に一度財務と言うものがありますよね?そこで100万とか法外な金額をするように言われたりするというのは本当ですか?うちもしなければならないのですか?』『一家で何部も新聞を取らされたりするのは本当ですか?うちも・・以下同』『偉くなると忙しくて毎日のように活動すると聞きましたが本当ですか?うちもそのようにしなければならないのでしょうか?』など、決して批判めいた言い方ではなく噂の確認という形で一つ一つ念押ししていくんです。活動家は外部の人にえげつない実態を知られたくないので『そんなことはありませんよ。財務はあくまでも本人の真心が大事なのですから金額を決めて寄付を迫ったりすることなどありませんよ』などと言うと思います。そうしたらニッコリして『それなら良かった。安心しました。私に内緒で高額の財務とかするようになったらどうしようかと心配だったんです』と言ってあげれば(ああ、ここのお宅には高額財務を推進するのはちょっと控えたほうが良さそうだわ)なんて思ってくれるかもしれません。そうやって常識的な回答を引き出しては一つ一つ念押ししていくんです。そして最後に『私はこの信仰はしませんが、うちの奥さんの信じているものなので尊重したいと思ってます。出来ることは協力もしたいと思ってますのでどうかうちの奥さんの事よろしくご指導お願いします』と締めくくれば良いと思います。
    こういう風に幹部の人にお願いしておけばあまり非常識なご指導はしにくくなります。
    レモンさんみたいな幹部に当たれば安心だし、逆におかしな幹部だったら後で必ずおかしな事を言い出して奥さんの覚醒につながる可能性もあるかもしれません。おかしな人に同化しておかしくなっちゃう可能性もあるのですが・・・。その時はもうあきらめるしかありませんけども。
    で、そういう幹部とのやりとりを奥さんも交えて行った後、奥さんの落ち着いたところで最低限の確認というか決め事をするんです。絶対に隠れてお金をたくさん出したりしないこと。家族の時間もきちんと大切にして毎日少しでもいいから夫婦の会話の時間を持つこと。くらいでしょうか。条件をあまり付けすぎないようにしたほうがいいと思います。
    そして、学会にかける金額も具体的に決めてもいいかもしれません。
    例えば『モルモン教では年収の1割を寄付すると決まってるみたいだけど、学会の場合はどうなの?お金がかからない宗教だと聞いたけどやっぱり1割くらいかかるの?年収が500万なら50万円必要ってことだよね?そのくらいにする?その代わりその金額でやりくりしてね。あなたのおこずかいとしてそのお金はあなたが自由に使ってください』と言って思い切った金額を提示するんです。新聞代もそこから出してもらうようにして。多いと感じるかもしれませんが、なんだかんだ言って学会活動してればそのくらいかそれ以上お金がかかりますから、かえって決めてしまったほうが奥様もお金のことを意識すると思います。『学会はそんなにお金かからないよ~~~』なんて言うかもしれません。でもあえて『いいからいいから。君のおこずかいも兼ねてるのだし。』って。
    実際に金額を決められると計算すると思うんです。新聞でいくら、書籍でいくら、年末の財務の為にいくら残さなきゃ!って。そして初めて学会ってお金がかかるんだ!って気づくかもしれません。
    学会にかけるお金を勿体ないと思うでしょうが、奥さんと円満に暮らしていくための投資だと思えば良いのではないでしょうか。

    相手から得たいものがあるなら、こちらも与えなければならないものです。理解は出来ないし、条件ばかりだと奥さんはいつまでも心を閉ざすばかりだと思います。
    どうか縁あって一緒になった奥様と末永く円満に暮らせるよう願っております。

  79. 過去にも「創価は詐欺団体」という意見に対して「いや宗教団体だろ」「詐欺なら司法に訴えろよ」と、あくまで宗教団体にしたい人たちがいました。
    テコでも曲げません。
    ただ言い合いに負けたくないという意地だけで。

    これに対して、シニフィエさんも私も、その他多くの人が何度も説明しています。
    表向きは宗教法人の登録はしてあるでしょう。
    末端の信者もあてがわれた教えに対して信仰心は持っています。
    ですが、運営している側は勤行すらしていません。
    頭っから信じてないのです。
    上の上の上の幹部…
    白いブランコさんのコメントにあるように、上に行けば行くほど偉くご立派であろうと末端は夢中で指示を仰ぎたがります。
    そして言いたがります。
    「自分は上の上のその上の幹部と話したんだ」と誇らしげに。
    たどり着く最上階には大どんでん返しが待っているというのに。

    日蓮が異端ということも承知、その教えがどうアレンジしても厄介なのも承知。
    まして創価の配信している教えなど、実はデタラメで素っ頓狂なのも百も承知。
    ただ行きががり上盲信させる手管を巧みにして、金儲けに使っているにすぎないんです。

    結婚詐欺師が愛してもないのに愛してるふりをし、振り込め詐欺師が困ってもなにのに困っているふりをしているのと同じです。
    信じてもなにのに信仰に、生涯を捧げる大芝居をうってるのが創価執行部です。
    使っているものが恋愛か、親子の絆か、日蓮宗教かの違いで、どれもナンチャッテのイーミテーションです。
    偽物です。ダミーです。商売道具です。

    結婚詐欺でも騙された方は恋愛感情を持っていますよ。
    ですがこれを「恋愛」と呼べますか?
    これと同じで末端が一心不乱に祈ったとして、ただ踊らされてるだけですよ。
    「新聞啓蒙をすれば宿命転換ができる」というその祈りは、誰が拾ってくれるんでしょう?
    どこに通じているんでしょう?
    これが「宗教」ですか?
    ただ悪徳グループの詐欺団に遭って、お金を貢がされているだけですよ。

    ただ詐欺団ですからね。
    恋愛や宗教は「愛してる」「信じてる」と言えば本心の証明は難しいですよね。
    ここをつかれてるんですよ。

  80. バリ活歴16年、非活歴15年のレイラです。
    今日ネットでこんなのを見つけました。
    (そのままのせます)
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    【イラッときたらこの一言!夫婦喧嘩が劇的に減る「魔法の言葉」】

    「夫婦げんかの一因は、パートナーに対するちょっとした不満。たとえば、話を聞き流す、事前連絡なしに午前様になるといった夫の“イラッ”とくる行動に対して、あなたはどのように反応していますか?

    もちろん、不満をためこむのはよくありません。でも、夫に対して怒りをストレートにぶつけても、まともに取り合ってもらえなかったり、逆ギレされたりで、ろくな結果にならないのではないでしょうか?

    そして、夫がまた同じことを繰り返すので「何度言ったらわかるの? もういい加減にして!」と怒り爆発……。そんな悪いループからは一刻も早く抜け出しましょう。

    今回は、話し方講師の野口敏さんの著書『誰からも大切にされる女性の話し方』をもとに、夫婦げんかが劇的に減る魔法の一言をお届けします。

    ■ストレートに不満や怒りをぶつけるのは完全に逆効果!

    まず、夫の言動に“イラッ”ときたときに、「むかつく」「ひどい」「最悪」などの言葉で相手を責めたり、「はぁーっ!?」と詰め寄ったりなど、攻撃的な態度をとるのは得策ではありません。その理由について、野口さんは以下のように解説しています。

    「自分の思いを相手がすぐにわかってくれないからといって相手を責めてしまうと、相手も自分を守るために攻撃的にならざるをえません。また専守防衛のために押し黙るという手をとることもあるでしょう。

    これが夫婦やカップルの距離が離れはじめる第一歩です。どんなカップルも初めは仲がよかったはずですが、やがてその関係が冷めていくのは、互いの間に起こったトラブルをうまく処理できないところに原因があります」

    夫に対する怒りや不満をストレートにぶつけても、その思いは夫には全く伝わらず、夫婦仲を悪くすることにしかならないのですね。

    ■夫の心に響く魔法の言葉は“悲しい”“寂しい”“つらい”

    「もっと●●してほしいのに」という夫に対する不満を伝えたい場合、怒りをぶつけるかわりに、「悲しい」「寂しい」「つらい」という言葉を使うことを野口さんは勧めています。たとえば、「帰宅が遅くなるときに連絡をくれないのは悲しい」というふうに伝えるのです。

    あなたが夫に対して怒りを覚えるのは、“夫が自分の思うように動いてくれない=夫は私の気持ちをわかってくれない=夫は私のことを愛していない”というふうに考えてしまうからではないでしょうか? 怒りの根源にあるのは、“夫に大切にしてもらえない”という思いです。

    夫の側は、まさか自分のせいで、妻をそんな気持ちにさせているなんて、ゆめゆめ思っていません。男女の性差もありますし、また、育ってきた環境なども違うのですから当然です。なぜ妻が怒りだしたのかわけがわからないので、押し黙ったり、逆ギレしたりなど、火に油を注ぐような対応しかとることができません。

    ですから、夫に対して“イラッ”ときたときには、その怒りの根源にある素直な気持ち「悲しい」「寂しい」「つらい」を夫に伝えてみましょう。

    これらの言葉は、相手を攻撃するものではないので、「自分のせいで妻をそんな気持ちにさせていたのか」と夫に気づかせる効果があるといいます。本来、男性には「愛する人を喜ばせたい」という本能的欲求がありますから、夫も「妻のために何とかしよう」ときっと思ってくれることでしょう。

    以上、夫婦げんかが劇的に減る魔法の一言をお届けしましたがいかがでしたか? 

    「もうこの人には何を言っても伝わらない!」と諦める前に、夫に対する不満はぜひ「●●されると(してくれないと)悲しい(寂しい、つらい)」というフレーズで伝えるようにしましょう。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    いかがでしょうか?
    「君が会合ばかり行って一緒にご飯食べれなくて寂しい」
    「幸せになるはずの信仰が原因で離婚になったら悲しい」
    「君と一緒に旅行とか行きたいのに、そのお金がお布施で消えてしまったら辛い」
    など・・・・

    お題目あげるよりも夫婦喧嘩は減るかもしれませんね。

    以上ご参考まで。

  81. はじめまして。
    200万アクセスのときに初コメントさせていただいたキタコと申します。
    六年前、精神的に病みそうになって、絶対に入るわけがないと思っていた学会に入会してしまった者です。幼なじみに折伏されました。
    そのときは本当に救われました。とても感謝しています。でも、精神的に立ち直ってみると、あんなにキラキラ輝いていた学会が、逆に気分を暗くさせる存在になってしまいました。
    新聞啓蒙、仏法対話、花友報告日、選挙、
    「すごいね」の褒め言葉と拍手、命がキレイ、
    先生を褒め称える新聞……など、本気ですか!?と言ってしまいたくなるような実態。
    私は外部が長いので、やっぱり噂通り変なところだったんだ、と確信いたしましたー!

    ただ、助けてもらったのは事実なんです。折伏されたのが幼なじみというのも、完全な非活になった私がまだ脱会に踏み切れない理由です。一時期本当に信じていたから、「やっぱり変だ」と思いはじめたときは辛かったです。
    信じられるものに出会えたのに、と悲しくもなりました。でも、こちらのブログを読ませていただいて、信じられるものに出会えたのではなくて、自分で考えなくて良くなったから、楽になれたと思っていただけなんじゃないか?と思いました。考えなくていいのは楽です。でもやっぱり、それだと腑に落ちなくて具合が悪くなる。いつもモヤモヤする。
    それを気づかせてくれたこちらのブログには本当に感謝しています。ありがとうございます!
    私は11月に脱会届けを出そうと考えています。

  82. せーや様、返答ありがとうございます。

    > 未入会のご主人を大切に!
    > 財務は家族とよく相談を!

    そんな事もあるですね。
    “大切に”の本当の意味はどうなんでしょうかね。
    財務のことなんてこのブログを見るまで聞いたこともありませんでした。

    とにかく、自分の意思をハッキリ伝えます。
    おそらくまた言い合いになりますが。

    せーや様のアドバイスのように、私は出来るだけ、普段の妻と、学会員の妻と割り切る為にも、ハッキリとお互いの妥協案を提案して話し合ってみます。

    宝星様

    > これはひょっとして、いまうわさの創価スイッチ…!

    そうなんです、ちょっと活動を反対するとスイッチが入り、優しかった妻が豹変します。

    先日家に婦人会を入れたことを反対され、離婚を口出された怒りから、ずーっとスイッチはオンのまま。

    私側の信仰の批判から始まり、私の新しい仕事先を完全に上から目線で非難、今までの私に対する不満、そして私の性格根本をも批判。

    昨日、このようにボロクソに言われ、もはや信仰うんぬんどころか、人間として疑ってしまいました。

    私は本当にこの人とやっていけるのか?
    結婚てなんだったんだ?
    自分は何を見て、何も知らなかったのか?
    それでもこの人を守れるのか?

    30台半ばにもなって涙が出ました。

    signifie様の説明を呼んで納得しました。

    あぁ、やっぱり妻もそういう人だったのか、人を見下す人だったのか、と。

    メガネ様、はじめまして。
    回答ありがとうございます。

    妻に、
    > 信頼している幹部の人と話をしてみたい
    と言えば、まず100%、義父との話合いになるでしょう。
    メガネ様のアドバイスの通り、冷静に会話できる自信がありません。

    妻には、
    ・無理に勧誘しない
    ・出かけるのは自由だが、家に活動関係の人や、モノを入れない
    ・活動にお金が掛かるなら自分の小遣い内でまかなう
    ・子供がもし出来たら子を活動に誘わない、勧誘しない

    このように提案するつもりです。
    スイッチオンが続く妻から強く反対が来るでしょうけど、断固ここは守ります。

  83. キタコさん、コメントありがとうございます。
    そうですか。大変でしたね。
    でも創価に洗脳される前に気がついてよかったですね。さきほども書いたばかりなのですが、末端の会員さんはほんとに創価がすごいと信じて勧誘してきますから、これが詐欺だとはなかなか気づけないんですよね。あとは毅然として、付け入るスキを見せないで、脱会の決心は絶対に揺るがないことをしっかりアピールすることです。新聞や書籍もきっちり断らないと、どこまでも食い下がってきます。11月に辞めるつもりでも年末の財務を申し込んでちょうだいなどと言ってくるかもしれません。とにかく新聞でも財務でも選挙でも、常識とかモラルなんか関係なく、ダメモトでなんだって言ってきますからね。欲に目がくらむとはまさにこのことです。悪気がないだけ余計にタチが悪いです。「私に何を言ってもムダ」というオーラをバンバン出しまくって、ちょっと気がつくかもってぐらいに思っとかないと、どうなるかわかりませんよ(笑)キタコさん、頑張ってくださいね。応援してます!

  84. せーやさん
    コメントありがとうございます。
    そうですか…今は難しいですか…
    彼氏を見てると学会に疑問や不信感は全く持って無さそうです。
    本当に創価学会が消滅すれば良いのに…と悔しくなります。

    signifieさん
    ご経験からのご意見ありがとうございます。非常に参考になりました。
    このブログはまだ見せないほうが良さそうですね…
    本当に創価脳が怖いです。

    創価スイッチも怖いですね…
    日頃の熱心な活動ぶりを考えると創価スイッチが入ってしまったら、とんでもない事になってしまいそうな気はします。

    私を入会させることに関して何一つ悪気は無いのですね…
    幸せを願ってる…
    いい人ほど創価を信じる…

    何となくですが、signifieさんのおっしゃる通り彼氏は会合で決意発表と言うものをしてしまっている気がするんです。
    先日、明後日の外部向けの催しに誘われた後に彼氏は会合に行ったのですが帰宅後に学会員さんと思われる方からの電話で「僕は今度の日曜日1人連れて行きますよ。」と間違いなく言っていたんです。
    最初は最近親しくしてる学会員さんの事かな?くらいに思ってたのですがsignifieさんのアドバイスを読んで私の事か…?と思ってきました…

    でも絶対に行きません。
    彼氏の事は本当に大好きだし大切だけど行きたくないんです。
    多分彼氏は私が来てくれると思ってるんでしょうね…
    くれぐれも学会は否定せず彼氏の事は大切な事を伝えて断るつもりですが、日曜日は少し修羅場を覚悟したほうが良いかもしれないですね…
    (催し前と催し後に出かける約束をしているので会合中は彼氏の家で待つ事は確定しています。)

  85. mittさんの状況もよくわからないままに余計な事を書いてしまいました。><
    っていうか、書いた後よくよく考えて詐欺団体にお金を出すのはやっぱナシだな!って思いました。宗教ならまだしも・・・。
    信頼できる幹部と言ったら、確かに義父さんが出てくるでしょうね。考えが及びませんでした。
    やっぱり身内が相手だと冷静に客観的に話すのは厳しいですものね。
    自分の受け入れられる部分と譲れない部分をきちんと話し合ってみるのが一番ですよね。
    でも、自分の要求ばかりにならないように奥さんの要望にも耳を傾けてあげて下さい。家に訪ねてきた学会員を客として迎えるのは我慢するけど、会合などはよそでやって欲しいとか。
    お布施なんかも常識的な範囲でならしてもかまわないけど金額は自分に秘密にしないでオープンにして欲しいとか。(詐欺にお金を出しちゃうのは超悔しいですが、詐欺だと言っちゃったら奥さんとの仲が終了しちゃいそうですから)オープンにするかわり絶対に金額の事で責めちゃだめですよ。そのかわりトンデモナイ金額をしちゃったときには、残った金額でどうやって生活をやりくりするかきちんと一緒に相談すると良いです。その段階で財務をこんなにしたら家計が回らない!とか気づくと思うので。何故か学会員って活動や財務に関わるお金に関してだけはどんぶり勘定になっちゃうっていうか、家計と切り離して考えてしまうと言うか尊い事に出してるお金だと思ってるからかな?書籍代、新聞代、民音代、党員費、交通費、通信費、などを細かく計算しようとしない人が多いような。だから協議会などで書籍やDVDを勧められればホイホイと買ってしまうし財務なども三桁ガンバローって言われたら後先考えずに出しちゃうんだと思います。私だけかしらん・・・。
    何か話が横道にそれちゃいました。すいません。
    何より奥様をいたわってあげて下さい。自分が大事にされてると実感できれば家庭を大事にしようと思うのではないでしょうか。

  86. 今日は土用の丑の日、という事で、ウナギを食べられた方も多いかと思います。
    それにしても、国産のウナギ、めっちゃ高いですね~(><)ノ
    私は、いつものように中国産を食べましたが、まあ色々不安もありましたが、販売店を信用して買いました。
    味はまあまあ美味しかったです、というより、国産の味をすっかり忘れてしまいました(^_^;)
    ところで、最近は高価なウナギの代替品として、色々研究されていますよね。
    定番のアナゴのほか、ナマズなども上手く調理すれば、ウナギの蒲焼にも負けない美味しさだとか。
    まあ、そうは言っても、食卓に「ナマズの蒲焼」が出されて、「今日からこれが我が家のウナギです」と言われたら、なんか微妙ですよね。
    まるで、「本物のウナギが入手できないため、今日からこのナマズの蒲焼を代りに信仰してください」
    「今までのウナギは、謗法なんです!これからは、このナマズの蒲焼に手を合わせて、ありがたく頂きましょう」
    う~ん、マインドコントロールされている創価脳の人は、ナマズでもありがたく手を合わせるんでしょうか・・・
    まあ、ウナギのカラーコピーを見ながら、タレだけでご飯を食べるよりは、ずっと栄養ありますけど。
    (*≧∀≦)

    モニカさん、
    >コージさん、私は屋外清掃はプロです。
    おぉぉ!さすが、わが隊長! 頼りになります、すごく参考になります!
    白いマユのような塊が卵なんですか、今度昼間に脚立を引っ張り出してきて、探して駆除してみます!
    >私はものを買うより捨てる方に喜びを感じるタイプみたいで、うっとうしいものが目の前から消えることに喜びを感じます。
    分かります!まったく同感です。
    物欲で物を買い揃えるより、もう必要最小限の道具だけ置いた、スッキリした部屋で、
    思いっきり手足を伸ばしてリラックスしてみたくなりますよね。
    私、いつも思うんですけど、夜寝ている間に専門の業者がやってきて、もう片っ端からゴッソリと物を捨ててくれないかな、などと妄想する事があります。
    そうすれば、あれこれ悩んで選別しなくても、忘れちゃってる間に処分してくれてる、みたいな・・・
    断捨離やトキメキの片付けとかもブームですよね~
    でも、業者に不用品の処分の依頼をすると、結構なお値段になるんですよねぇ~ (;´Д`)

    キタコさん、 初めまして、
    勿論、創価学会の入会のキッカケや動機も、人それぞれで、場合によっては、その時に助けられた、という場合も、少なくないのかも知れません。
    ただ、創価学会自体は、どんなに末端にいい人がいたとしても、まったく仏教的な価値も功徳もない団体なので、
    やはり、静かに活動から身を引き、静かに創価を去るのが、一番の正しい選択かと思います。
    一時は真剣に信じていた以上、色々モヤモヤしたり、辛く悲しくなる時もあるかと思われますが、
    こちらのブログと共に、ゆっくりと自分の人生を取り戻して行きましょう!

    わらしさん、
    それこそ、まさに創価脳の典型みたいな、不気味な餞別?の言葉ですよね・・・
    どちらにしても、引っ越してしまえば今までの組織とはとりあえず縁は切れますので、
    新天地でどうかゆっくりと平穏な生活を取り戻されるよう、祈っております。
    万が一引っ越し先で、まさかの学会員が尋ねて来ても、脱会オーラ全開で一切相手にしないようにすれば良いかと思います。

    そうそう、今日の聖教新聞の寸鉄、
    >個人経営の製造業8割が「後継者いない」優れた技術力守る具体策が急務
    >檀家減少等で全国の寺院消滅が加速と。信徒差別主義の日顕宗既に98%減
    はぁ??
    創価の後継者は、増えているの?ねぇ? 増加しているの? 何か具体策はあるの?
    全国の寺院消滅の証拠は?宗門98%減の根拠は?人の事を気にしてる場合?
    いくら創価脳向けの新聞と言っても、外部向けに有料で販売してる新聞が、テケトーな事を書くのは
    いかがなものかと?
    では、ちょっと訂正しますね。
    >個人経営の製造業8割が「後継者いない」負けじと創価学会も全国で「後継者いない」
    >檀家減少等で全国の寺院消滅が加速と。創価脳MC主義の青年部も既に98%減(泣)
    寸鉄は、アンチに書かせた方がいいんじゃないですか~~~(・∀・)ニヤニヤ

  87. 洗脳について改めて調べていたら、創価学会にあてはまることがらを見つけたのでコメントさせていただきます。

    「洗脳」とは何ら有益でないことを魅力的に思わせること。また、真に有益なことを魅力的に思わせないこと。

    ●天才詐欺師の池田大作を、世界平和に貢献する偉人だと思わせる。
    ●何万年かかるかわからない コウセンルフなるものを達成することが、人類の究極の目的だと思わせる。
    ●自民党の飼い犬に成り下がった、いや元々 創価学会の悪事を揉み消す為だけに存在する公明党を支援することが、自分の宿命を転換する最善の方法だと思わせる。
    ●池田大作ファンクラブ会報である「聖教新聞」をたくさん取ったり取らせたりすることが幸せにつながると思わせる。
    ●毎日毎日、意味もない会合に参加することが世界平和の為に大切なことだと思わせる。
    ●日蓮正宗から盗み取ったような曼荼羅のコピーに題目を唱え、ナンミョウズ ハイになれば生命力が強くなったと思わせる。
    ●未来部育成とかいいながら、子供の価値観や人生観を歪めることが、世界平和につながることだと思わせる。
    ●創価学会の教えを他人に強要し、他人の人生観や価値観を否定することが、相手の幸せにつながると思わせる。
    etc.
    ↓ ここにありました。
    http://rapt.sub.jp/?p=16414

    おやすみなさい♪
    (-.-)Zzz・・・・

  88. えつこさん
    >先日、明後日の外部向けの催しに誘われた後に彼氏は会合に行ったのですが帰宅後に学会員さんと思われる方からの電話で「僕は今度の日曜日1人連れて行きますよ。」と間違いなく言っていたんです

    彼氏さんは男子部から毎日のように会合で「次のセミナーで絶対決めろよ」と言われているんでしょうね。
    えつこさんが来た場合、誰がえつこさんを取り囲むかのシュミレーションもされていることでしょう。
    過去スレッドの2015年5月31日の「創価に勧誘されようとしている彼氏さん彼女さんへ」のスレッドはとても参考になると思います。
    まだお読みになっていなければ、ぜひ1度読んでみてはどうでしょうか。

  89. 本部幹部会の同時中継のことを思い出しています。
    私が活動を始めた15年前くらいは、池田さんもきちんとスピーチされていました。
    だんだんと衰えはじめ、「なにを言っているのかわからない」状態がでてきていました。
    江戸なまりかな?とか考えていました。
    姿を見せなくなる数年前は、本当にひどく、ろれつがうまく回らない状態で、スピーチしたあと、疲れたのか、長谷川さんに原稿を代読させてました。それにあわせて机をどんどん叩いてひとこと発言していました。なんかしょうもなく感じていました。
    いまは昔の映像をながしているそうですね。
    まあいいでしょう。どうせ、末端の会員は以前も編集された録画の放送を見るだけだったので。
    ほんとうに人前に出せる状態でないのですね。
    正直に報道すればいいのにね。

    話変わります。今朝、地区の壮年部の方が、新聞を配っているのをみました。いつもは地区か支部の婦人部長が配っているのですが。
    見ていてかわいそうになりました。つらい目をして、幹部のエサ代稼ぎをしているのですね。
    その人は以前脳梗塞で倒れた人です。
    人材不足ですね。

    池田さんは、信心深い名誉会長ですし、みなの模範。ですので、経文通り、晩年は悠々と生きて、最後の5年間で人生の総決算があらわるとのご本人の指導はどうなったのでしょうか?
    純粋な学会員は信じているのですよ。池田さんが、それはもう見事な最晩年と臨終であることを。
    池田さんとの一緒に写った写真を大事にしていた父は首をつってなくなりましたが。
    題目を信じた母は呼吸苦の中、必死に「南無・・」と唱えていました。「苦しい。。。助けて。。。苦しい。。。助けて。。。」との思いで。

    わたしは創価の父母のもとに生まれてきた身。。。。。。
    イスラム国の兵士の男女の間に生まれた子どもはどのような心境だろう。お父さんお母さんは純粋にイスラム国の教えを信じていた。イスラム国のために戦った。僕もそのようにしてきた。でも、僕は間違いに気づいた。僕はおとうさんおかあさんに、感謝の念をささげるが、イスラム国の教えにはこれ以上賛同できないし、いや存在自体が悪だ。。。。。
    離れよう!このままではいけない! と考えるのが人として当然あるべき道。
    「創価という宗教詐欺ビジネス」 父母はその被害者。「だまされた」と思わせないほど巧妙な手口。
    「本人が喜んでいたらそれでいいやん」で本当に良いのか?

    宗教の問題は本当に厄介だ!

    先祖代々のこと、亡くなった本人、残された家族、、、 
    人の弱みに付け込む宗教ビジネス!
    お前らの欲望とゆがんだ善意のために、何百万という人々が悲惨な目にあっている!
    本当に腹立たしい!

    おこっても仕方ないので淡々と進めないとね。
    ・父母のお墓の建立
    ・納骨は無宗教で
    ・脱会

    とりあえず、一つずつ進めます。

  90. mittさんの奥様スイッチ入りっぱなしですか…手強いなあ〜
    ふつうは現実生活との折り合いがつかないから、自然に電源offになることが多いですけどね。
    電源OFFのときに、二人の生活を充実させて、その時間を長く保てるといいんですけどね〜、
    まあ若い時はいろんなことで衝突するもんですよ、老いてくると体力温存におとなしくなる
    のかも…全然ケンカのない家庭というのもどこか冷たい感じがするものですよ。

    そのうち奥様の方が「最初はいいご婦人だと思ってたんだけど、だんだんね…」なんて
    冷めてくることがあったら、そうなの?とゆっくりお話し聴いてあげたらどうでしょう?
    そんな可能性もあるし、時間をかけれるところはかけてみても…と思います。

    私へのコメントはせーやさんやメガネさんに織り交ぜてで結構ですよ、大変じゃないですか?
    私はまとめてで大丈夫ですから、奥様との時間を大切にしてあげて下さい。
    こんなインチキ宗教団体まともに相手する必要ないですよ〜、ぜんぜん。

    コージさんやスマイルさんのコメントをみていて、
    神社仏閣やご供養の仕方などにわたり宗教にもてあそばれるのはもう散々だな、と思いました。
    日本は宗教にこだわらずに、平和や愛を実践していけたらどんなにいいのに、と思います。

  91. 皆様こんにちは。
    ネットでいろいろ検索していたら、池田氏の生の声が載ってるところがありました。
    有名なのかもしれませんが、海外メンバー向けの会合でのスピーチで
    オフレコで(通訳しないでねと言った上で)「こうしてお世辞を言っておけば、広布基金が
    集まるから」みたいなことを発言していました。笑いをとったのかもしれませんが、
    本音なんだろうなぁ〜と思いました。
    あとは有名な下ネタ発言もありましたが、気持ち悪くて聞く気になりません。

    雪風さん
    関白宣言の替え歌、最高です!
    絶妙にバリ活の気持ち悪さが表現されていますね…

    コージさん
    うなぎ、うちは高過ぎて諦めました(=_=;)いいな〜
    なまずの話…あれ、なんかものすごく聞き覚えのある…笑
    子供の頃、本尊と教本が突然変わった時に大人達から言われた台詞そのままです。

    スマイルさん
    私が同時中継に行っていたのは7〜8年前までだったと思いますが、
    確かに結構ひどい滑舌の悪さでした(もともとですが、さらに)
    四条金吾を「きんぎょ」と言ったり…みんな思わず失笑してました。
    ひたすら机ドンドンでごまかしたりして、威厳もなにもなかったですね。

    新聞配達は本当に胸が痛みます。
    うちの親も、おそらく3〜40年は関わっていると思います。
    定年すぎた今でも配っていますが、いつまでやらされるのか…
    今は田舎なので近所を車で配っていますが、東京にいた頃は
    父は出勤前に早起きして配達、母は自転車であちこち回って集金。
    義理で取ってくれている大企業のオフィスや薄暗い雑居ビルとか
    いろんなところに集金に行っていて大変そうでした。
    集金に行ってもいない人に何度も電話して、期限に間に合わないと立て替えて…
    無冠の王者とか言ってうまいことおだててタダ働き同然なことをさせるのが許せません。

  92. Signifieさん
    とても勇気づけられます。ありがとうございます!
    私は入会したことをまわりに知られないようにしていたから、相談相手がいなかったんです。だからsignifieさんのブログを見つけたときは本っっ当に嬉しかったです!!助かった……(涙)と思いました。精神的にも本当に楽になりました。ここで勇気をもらって、今年の二月末に新聞の購読をやめますという電話もできたんですよ~(≧∇≦)b
    今後幼なじみとの関係がどうなってしまうのかわからないですか……、でも、一切断っていきます。
    11月に脱会届けを出したら、またコメントさせてくださいね!

    コージさん
    お返事いただき、ありがとうございます!
    「学会はやっぱりおかしい」と思い始めたとき、暗い気分が何日も続きました。ふとしたときに泣きそうになり、情緒不安定でした。たった数年信じたときがあっただけの私がこれですから、何十年も信じていた方たちはどうなるんだろう?と、その苦しみの大きさははかり知れない……と思いました。ここまでひどい団体だなんて全く知らなかったです。詐欺団体とは11月に絶対オサラバします!

  93. mittさん、私はきついことを言ったかもしれませんが、mittさんの本心を知りたかったので、あえて「どうなの?本気なの?」ってことをお尋ねしました。だって「自分以外の男のほうが彼女にとっては幸せかもしれない」なんて、そりゃ奥さんが聞いたら完全に愛想つかされますよ。「じゃあなんで私と結婚したのよ」ってなるでしょ。他の人が聞いてもそう思いますよ。たとえmittさんが実際に思ったとしても、絶対に奥さんに言ってはいけません。
    で、mittさんが頑張ってみると言われたので、もう一つ言いたいのは、今後奥様が学会活動ができて、mittさんに影響がなければそれでよしという問題ではないことを忘れないでくださいね。創価学会は詐欺団体です。創価は奥様からお金と労働力を絞るだけ搾り取ろうとしてきますよ。基本的に奥様は詐欺に騙されているんですから、mittさんは夫として奥様を詐欺から守らないといけないんです。奥様が文句を言ってこなくなったのでよかった。自分もカッとならずに済んでるからいいや、では何の問題の解決もしていません。奥様のような創価学会員が全国に何百万人といるから今の日本の政治もこんなになってしまっているんです。これは夫婦間の痴話喧嘩ではなく、戦後最大の宗教詐欺事件であり、奥様はその被害者なんです。もちろんmittさんも被害者なんです。奥様が創価の詐欺に気がついて脱会しない限りは、宗教詐欺の片棒を担がされているということを忘れないでほしいと思います。

  94. はじめまして!Signifieさん、皆様。
     
    こちらに初めて投稿させて頂きます、今の所まだ学会員のぴよと申しますm(_ _)m

    いつも拝見させて頂き、私の様に学会に対して不信感を持っている方がこんなにおられたということに驚き、また皆様の言葉に勇気づけられております!ありがとうございます!

    ずっと悩んでおりましたが、脱会を決意し、昨日やっと幹部夫人から退会届をお持ちしますとの返
    答をもらいました!  
     
    きちんと退会届を受け取ってもらうまでは不安ですが、はっきり自分の気持ちを言えた事で、少し気持ちがすっきりしました。
      
    同じく学会で悩んでおられる皆様と一緒に、私も頑張りたいと思います! 
      
    乱文、失礼致しましたm(_ _)m 
      

  95. ぴよさん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    そして脱会の目処がついたとのこと、おめでとうございます。
    これでまともな人間の暮らしができますね(笑)。

    正式な脱会届の様式があるんですね。知りませんでした。
    創価の公式HPから誰でもダウンロードできるようにしてもらいたいですね(笑)

  96. >正式な脱会届の様式があるんですね。知りませんでした。

    正式な「本尊返納届」というものがあって、その理由に「脱会のため」という項目があります。(他に死亡などがあって〇をつけます)
    私はこれを持ってこられて署名、捺印し、本尊を返しました。
    だから正式な脱会手続き、本尊返納手続きはとれるはずなんです。
    私は本部幹部より上の幹部から持ってこられましたが、それ以下の幹部は知らないのか権限がないのか、どこかで止められるのかはわかりません。
    居留守を使わず、きっぱりと脱会の意思を直接そのライン幹部に伝えた者にだけ渡すんでしょうか???

    その幹部曰く、突然何も言わず会館宛てに本尊が宅配されたりする場合があって、それはとても困ると言っていました。
    ならば困らないように支部、地区幹部にその用紙を下ろして、広く知られるようにしてほしいですね。
    皆知らないからもっと困ってるんですよ。

  97. なるほどですね。
    私の場合は御本尊はもらったお寺の住職に直接手渡しまして、ふつうに受け取ってくれたので、気持ちもすっきりしました。創価の御本尊だと何も言われないならシュレッダーにかけても燃えるゴミに出してもいいんですよね(笑)。信じてないならただの紙切れですよ。一枚紙のカラーコピーですから、コンビニでコピーして、棒に張り付けたら、どれがオリジナルかもわからないですよ。
    そういえば先日、友人のお父さんの葬式に参列したんですが、お坊さんが日蓮宗で、お経が方便品と自我偈でした。でも短いやつでした(笑)。日蓮宗も「けっこう簡略化してるんだな」とおかしかったですが、そのときの御本尊はキンキラの表装のしてある立派なものでしたよ。ただ曼荼羅の下には日蓮の着色された像が置いてあって、あれ?日蓮宗って偶像崇拝だったの?どっちに向かってお経あげてんの?ってわからなくなりました。なんか葬式だからありがたみがある感じの演出なのかなと思いましたけど。で、お経のなかでお坊さんが「日蓮大聖人」と言ってました。「大聖人」という呼び方は日蓮を本門の本尊とする日蓮正宗だけなのかと思っていたらそうでもないんですね(笑)。ま、どうでもいいんですけど。
    で、お坊さんの方便品の声に、心の中で思わず口ずさんでいた自分にまた笑ってしまいました。
    信じれば宗教。信じなかったらヨタ話。不思議な力もなにもあるわけないです。もともとそんなものに惑わされるなというのが釈迦の教え(アドバイス)なんですからね。

  98. モニカさんのコメントを読んで思い出しました。
    「本尊返納届け」ありますね。
    地区内で同棲していた女子部と男子部のカップルが別れた後、女性がご本尊を置いて出て行きました。
    その後、彼女から脱会の意思を確認したので、私が彼氏の部屋においていったご本尊を会館に返しに行きました。
    もともと彼氏の折伏だったので、別れたら創価も彼氏もどうでもよくなったのだと思います。
    書類には支部長・本部長・返却者の名前を捺印する箇所もあったと思います。
    地元の会館に、ご本尊返納届と一緒にご本尊を会館の受付に渡して返却、その返納届のコピーを持ち帰って完了でした。
    「脱会届」も地区統監をする際の書類と一緒に保管しているので、各地区にあるんですよね。
    沢山コピーして、会員に渡しておけばいいのに。

  99. Signifie様、早速のコメントの承認ありがとうございます!これから宜しくお願い致しますm(_ _)m

    本当ですね(笑)これでまともな暮らしが出来ます!
      
    私も正式な用紙がある事を全く知りませんでした。

    モニカさんはじめまして!ぴよと申します。これから宜しくお願い致しますm(_ _)m

    そうですよね!すぐに脱会出来ると幹部は口をそろえて言いますが、それならきちんとみんなに分かるように脱会方法まで伝えるべきだと思います。

    非常識幹部に期待するだけ無駄ですね(笑)

  100. レモンさん
    アドバイスありがとうございます。
    「創価学会に誘われようとしてる彼氏彼女さんへ」は読ませて頂いてます。
    絶対に今日の催しには行きません。

    普通に考えれば信仰する気が無いのに行くほうが失礼ですし、私が行ってしまったら皆様に教えて頂いた男子部と彼氏の祈りが叶ってしまった事になってしまいます。

    彼氏にはどんな事がきっかけでも良いから少しでも不信感を抱いて欲しいので、そのためにも私は絶対に言いなりになってはいけないと個人的に思いました。

  101. signifie様

    >自分以外の男のほうが彼女にとっては幸せかもしれない

    確かに言ってはいけない言葉なのかもしれません。
    けれど、まだ夫婦になって日が浅いうちに、彼女も若いうちに他の男と結婚すれば幸せなんだろう、というのは半分は本音です。

    もし私達に子供が出来たとしたら、その子も含めて全力で守らなければならないし、その時に妻とも、義父とも、うちの家族側と揉めることになって、不仲になることは皆にとって幸せなことなのか?

    せっかくの子供、両方の親の孫、本当なら誰もが祝福するべき子供が揉め事の種になるのなら。

    そこで妻にも、義父にも私より学会員の男性なら、好きなだけ活動も出来るし、子供が出来れば産まれながらに入会させ、物心着く前から集会やらなんやらに心置き無く連れ回せ、いかに公明党が、学会が素晴らしいかを、教え込めるでしょう。

    それが妻に、義父にとって幸せなことならば、また私と同じく学会を嫌う私の身内も嫌な思いをしなくて済む。

    私達ふたり以外の事を考えると、仕方ないのかな、とも正直、思うんです。

    学会うんぬんでなくても、子供を産める時間が女性には限られていますし。
    妻も30台半ば。
    早ければ早いほど、妻の体の為でもあるとも。
    (実際に私達は不妊治療を受ける予定でした。)

    詐欺から守るというのは本当に辛く長い戦いですよね。
    しかも身内をも巻き込む。

    今は妻のスイッチは一時止まったようですが、まだ私からの今後の学会活動と、子供が出来ても入会させないで欲しい、という提案は出来ていません。

    その提案をすれば、また間違いなく、スイッチが入り、完全に上から私を非難し、私に関わる人をも非難してくることが目に見えます。

    今までも喧嘩は少なからずありましたが、婦人会が家に入ることを断ったこと、つまり学会活動を否定した時に、人が替わったようかの様にになったのは初めてです。

    正直スイッチが入った妻には正論は届かず、私が小さいからか、支離滅裂な言い分に堪えられません。

    妻も相当なストレスを感じ、体調が悪くなった、とも言いました。

    こんな事が、この先も続くのが本当にお互いに幸せなことなのか、それでも夫として我慢することが詐欺から守る事なのか、という問いに今、自問自答し、決断できないでいます。

  102. mitt さんへ
    横から失礼いたします。
    奥様さまとのこと大変お悩みのようですが、この先どうするかなかなか決断できないとのことでしたら、一旦自分の気持ちは置いといて、奥様がどうしたいと思っているのかを聞いてみてはいかがでしょうか?学会を受け入れられないといえば創価スイッチが入って、夫を見下す言葉を吐く。あなたは、この先どうしたいと思っているか?この先も自分は創価学会に入会することはないけれど、そういう状況で、どういう家庭を作っていくつもりか、今の気持ちを話してくれと。創価のことで不機嫌になったり、見下すような態度をとられるのはこちらも辛いと。もし、離婚したいならしてもいいと言い出したら、あなたは離婚したいのかと。こちらがどうしたらいいか?の前に、奥様がどうしたいのか?をまずもう少し聞いてみてはいかがでしょうか?

  103. mittさん
    >こんな事が、この先も続くのが本当にお互いに幸せなことなのか、それでも夫として我慢することが詐欺から守る事なのか、という問いに今、自問自答し、決断できないでいます。

    はっきり言って、その問い自体がおかしいです。
    また失礼なことを言いますが、やはりmittさんは自分のことしか考えてませんね。このスレッドのタイトルと同じ「それって自分が可愛いだけじゃないんですか?」そのもののように思います。
    「こんな事が、この先も続くのが本当にお互いに幸せなことなのか」って、こんな事がどれくらい続いてきたんですか?10年ですか?20年ですか?mittさんどれだけ奥様の幸せを思って我慢しました?
    奥様からいろいろ文句をいわれるごとに自分が我慢しなければならないくらいなら、奥様が一生詐欺に騙され続けたほうがいいんじゃないかと思ってるんですよね。じゃあ、正直に奥様に話したらどうでしょう?自分の考えを包み隠さず洗いざらい言ったほうがいいと思います。奥様も何を考えているかわからないような人に我慢されてまで一緒に暮らしていこうとは思わないでしょう。そしたらmittさんがああだこうだと迷わなくても、たぶん奥様からすぐに結論を出してくれますよ。「自分はどうしていいかわからない。人に相談したけど納得できない。君は学会員と結婚したほうが幸せだと思うよ。でも僕には決められないから結論は君が出してくれ。そしたら僕も諦めがつくし、それで離婚しても僕のせいじゃないってことになるし。僕は君に幸せになってほしい。でも僕が何か言えば人が変わったように怒り出すだろ。だから僕は思ってることでも我慢して言わないようにした。ただそれが2人にとって幸せなことなのかわからないんだ。僕には何をどうしていいかわからない。何も決められない。だから君が決めてくれよ。」
    こんなふうに正直に言ったら奥様が決めてくれるから楽ですよ。mittさんの悩みは奥様の本当の幸せについてではなくて、奥様と揉めたくないけどどうしたらいいかわからないと言ってるだけのように聞こえます。本気で奥様を幸せにしたい気持ちがあれば、そんな発想は出てこないと思いますけどね。だから私は「これは創価以前に二人の問題ではないでしょうか?」と言いました。はっきり言って、奥様が創価にのめり込むのもmittさんのこのような態度に原因があるのではないですか?考えたことありますか?

  104. 連投すみません。たぶんmittさんは、創価を理解しないことで奥様に見下すような態度を取られ続けているうちに、守ってあげなくてはという気力さえ奪われてしまったのではないでしょうか?確かにそうなった原因は創価以外のものもあったのかもしれませんが、人から見下されるとかなり気持ちが萎えます。壁を作られると自信も無くなります。今更俺がと前に出て行きたくても、何気負ってるの?と言われそうですし。愛する気持ちがあっても、気持ちが前へ出て行かない。という状態ではないでしょうか?騙されているとわかっていても創価脳の身内と距離を置くしかない人も多いですし、言い合えばお互いに疲弊するだけだし、まだお子さんもいないとのことなので、つい、離婚したほうがという考えになってしまうのも分かる気がします。でも、それでも、愛情があるなら、騙されてる被害者の奥様にドーンとぶつかって、自分の気持ちを訴えるのは、本当に愛情がある気持ちを示す意味で大切なのかもしれません。その上で駄目ならしょうがないことですが、不完全燃焼、どっちつかずで右往左往して立ち往生してては、お互いに不幸なことかもしれません。創価の伴侶ともめない為に自分は入会しないまでも、黙って受け入れていくか、徹底して、覚醒させるべく向き合っていくか、相手がそこそこの活動しかしない人ならまだしも、バリ活の場合そのすべてを受け入れられるのか、本当に難しいですね。横から余計なこと言ってすみませんでした。

  105. mittさん
    奥様は、揉めようが不仲になろうが体調を崩そうが、創価を悪く言われたら言い返す方をとりますよ。
    創価を辞めることによって、夫婦円満、幸せが手に入るとしても拒むでしょう。
    もはや「私は創価」というそれ自体が幸せなのです。
    本来幸せになるために始めた信仰のはずが、辞めるくらいなら不幸になった方がマシ、となってしまってるんですよ。
    地獄のような苦しみを味わっても「私は創価を捨てなかった」というプライドが自身を救います。
    盲信者の末期症状です。

    お話を聞いていると奥様はそうだと思います。

    多かれ少なかれ、アンチがパートナーの信者はこう思ってますし、実際そういう態度を取ります。
    だって夫婦で体調を崩すほど言い争うなんて、明らかに不幸ですよね?
    それでも創価のためなら言い争う方を選ぶわけです。
    創価の悪口に妥協するくらいなら、夫婦で言い争って体調を崩す方がマシ。
    破たんしてでも険悪になっても、創価のことは譲れない。
    そういうことですよね。

    明らかに狂ってますよ。
    この教えは究極がこれなんです。
    他のことはいいが、この信仰に関しては親兄弟でも妥協してはいけない。
    それが深い意味で慈悲なんだと。
    この教えがとことん染みついた信者は厄介ですよ。
    半端な態度じゃ覚醒させられません。
    はっきり言って、今のようなmittさんの心境では無理だと思います。

    奥様がどれくらいの信者かはわかりませんが、ちなみに盲が狂になった方は、これだけの指示を集めているブログの一人一人の声を舐めるように読んでながら尚、目が覚めないんですよ。
    読んで尚憎しみを燃え上がらせ、燃えたぎる信仰心の薪にしてるんですわ。
    真夏にゾクッときますよね。

    それで、ですよ。
    ではここの人たちは、自分の友人や家族や、いや見知らぬ人も含めて闘うのを諦めていますか?
    関わらない方がいいと知らんふりしますか?
    そうだったら書き込みなんかしないでしょう!
    ふざけんなよ、おめえら!と果敢に戦ってるではないですか(笑)
    いやでも、別に喧嘩してないですよね。
    智慧をわかせて、せっかくだから楽しくもやってるんですよ。
    まして愛するパートナーのことなら、なぜいつまでもしみったれたことを言うのか私にはわかりません。

  106. 今回の「それって自分が可愛いだけじゃないんですか?」というテーマは、なにも自分が可愛いのが悪いことだと言っているわけではありません。もちろん自分が可愛くなければ生きてきけませんし、とくに近代以降の個人主義の社会における芸術活動は自分可愛さが人一倍なくてはできないことだと思います。自分が可愛い、大いにけっこう。ただ自分だけが可愛いではいけませんよね。これを普通は利己主義って言います。そんな利己主義が集まると選民思想になります。創価はこの極端な選民思想を会員に植え付けることで、歪んだ優越感と他人を平気で見下す人間を量産してきました。会員は自分たちだけがこの世で唯一正しい信仰をしている。他の誰よりも幸せになれる切符を手に入れた。これを知らない人間は人として劣っている。だから自分たちがかわいそうな人たちを救ってあげなければならない。それが自分がこの世に生まれてきた理由であり使命なのだ。と、思わせるには日蓮の、それもとくに日蓮正宗の極端な選民思想がうってつけだったわけです。
    創価学会はまず何をしたか。マスコミや司法や行政や警察や大企業を金の力で黙らせる前に、日蓮正宗を黙らせました。おそらく日蓮正宗は早い段階で創価学会が詐欺団体だと気がついたでしょう。しかし、伝統仏教の小さな一宗派でしかなかった日蓮正宗がみるみる檀家が増え、大量の学会員の登山と、末寺を雨後のタケノコのように寄進され、そこから上がってくる参拝料やらご供養やら、冠婚葬祭にかかるお金によって、創価を拒むことができなかったのでしょう。日蓮正宗が創価のさしだすお金に目がくらまなければ、そこで創価の野望も消えていたかもしれません。そういう意味では日蓮正宗も自分だけが可愛いかったんだろうと思います。その後の創価のあまりの暴挙に破門するに至りますが、それまでに日蓮正宗がどれだけの創価学会員を不幸にしてきたかの責任はあると思います。日蓮正宗が、いかにも創価学会から裏切られたような顔をして、被害者づらして創価学会を批判しているのは筋ちがいであり、どの時点で創価が詐欺だと気がついたのかをきちんと公表して、謝罪があって当然だと思います。なのに創価と訴訟合戦をしてみたり、檀家が創価と似たような汚い言葉で罵ったりするのを黙認する姿は、これが果たして伝統仏教のとるべき行動なのかと首をかしげてしまいます。詐欺だとわかっていっしょに会員から何十年にも渡って暴利を貪っていたのに、それに関しては一言も聞いたことがないのは私が知らないだけでしょうか?日蓮正宗は破門前の創価学会員に謝罪したのでしょうか?少なくともイケダダイサクが会長になってからは詐欺だとわかったはずです。それとも破門直前まで気づかなかったとでも言うのでしょうか?
    さらにこのことについて日蓮正宗の檀家たちが誰も追及しないのもおかしな話だと思います。日蓮正宗については理解しがたいことがありますが、場違いですのでここではこれ以上の言及はしません。しかし日蓮正宗も我が身可愛さ故に創価の詐欺を黙認したとしか思えません。もし反論のある方がいらっしゃいましたらお聞かせください。

  107. 自分を大切にすること、そこが行き過ぎて自分可愛いに気持ちがおもむいてしまうこと…
    こうしてみると中庸をとらえて、自己を肯定的に生きていくことは、なかなか難しいものです。
    このようなときに、何かヒントになる宗教思想であってほしいものですが、
    創価学会の活動の実態は、全くかけ離れていて、
    かえって自己を見失う危険性があります。

    管理人さんの破門の時点での日蓮正宗への分析、なるほどです。
    対立構造を軸に非難合戦をアピールして、いたずらに一般の信者を翻弄することは
    もういい加減やめてほしいですね。

  108. 昨日、「退会届をお持ちします」と言っていた幹部夫人から連絡があり、さらに上の幹部に聞いた所、「退会届なる正式な用紙はないとの事なので、レポート用紙などの紙に手書きで退会届を書いて下さい」との事でした…。
     
    出先での電話だったので、ゆっくり話が出来ず、記入内容など、また詳しく聞かなければならないのですが…。

    幹部でも、本当に上部の人しか正式な退会の様式を知らないのでしょうか。

    皆様まで混乱させてしまいまして、大変に申し訳ありませんでした!

    脱会の主旨を知らせた時に、「名簿から名前がない人の幸せは祈ってもらえないけど、それでも良いのかな~?」と言われました。
    この一言で、やはりSignifie様の言うとおり、創価学会は宗教なんかではないと確信しました。

    私に学会を進めた友人も学会で知り合った婦人部の人も、私が一人で脱会の事で悩んでいた事を知っても、何も言ってきません…。

    創価脳になると、人を思いやる当たり前の気持ちを忘れて、自分が一番の功徳のためだけに生きる人間になってしまうのでしょうか。悲しいです。

    長文、失礼致しましたm(_ _)m

  109. ぴよさん、そうですか。
    手書きでよければネット上にフォーマットがたくさんありますから、それをもとに書いたらいいですよ。その中に」今後いっさいの家庭訪問や電話およびメールなどでの連絡、選挙の投票依頼をお断りします。万が一守られない場合は、法的手段をとらせていただきます」ぐらいのことは書いておいたほうがいいかもしれません。なんか言ってきたら、そのコピーを見せればいいです。退会届けを出させるのですから、確実に退会手続きが完了したことを証明する書面を要求したらどうでしょう。
    組織の途中で握りつぶされている場合が多々あるようですので、そこは要注意です。脱会者が出ても、動揺させないようになのか知りませんが、まわりの学会員には知らせないようです。たとえ知らせても、あの人は頭がおかしくなったとか、魔にやられてしまったとか、これで末代まで深い宿業を背負っていくことになったなどと、とんでもないことを言って会員を脅します。
    「名簿から名前がない人の幸せは祈ってもらえないけど、それでも良いのかな~?」っていうのも脅しですよね。創価は会員名簿に載ってない人の幸せは祈らないんですね。ものすごい偏狭な選民思想だってことを平気で言う人たちです。ヘイトスピーチやってるレイシストと同じ発想です。そんなことにもきづかないで、何が平和だ世界広宣流布だなんでしょう(笑)そんな人たちが公明党バイバイとか言っても笑われるだけですよ。所詮洗脳ロボットでしかありません。

  110. ぴよさんへ
    シニフィエさんが書いておられるように
    今後は家庭訪問や電話およびメールなどでの連絡や勧誘行為や嫌がらせ行為、また選挙の投票依頼をお断りします。万が一守られない場合は、法的手段をとらせていただきます
    とみたいな文言を入れたほうがよいですよ。
    私はネットで拾った文章を使いました。

    脱会して3ヶ月以上経過しますが一切のコンタクトはありません。
    子供にも女子部から連絡はないと確認しています。
    街中で学会員と会っても向こうから逃げていきます。
    脱会の意向を確認しにきた壮婦本部長に5年以上姿を見せない池田の事と
    改ざん本尊の事、教義変更の事を質問して嫌がられたのでしょう。
    私に池田や改ざん本尊や教義変更の事を質問されるのが怖いのでしょう。
    だって明快な答えを持っていませんから。
    今なら安保法制も質問材料になりますね。
    結局は自分が攻撃目標になりたくない。自分が可愛いから自分を守るために逃げ腰なんです。
    破邪顕正が聞いて呆れます。

    支部ダイアモンド会議で議題になったそうです(笑)完全に反逆者扱いです。
    まぁアンチだから反逆者の肩書は否定しませんが(笑)

  111. シニフィエさん、ぴろんさん、アドバイス本当にありがとうございます!

    分かりました!ネットを参考にしながらアドバイス通りに書いてみますね!

    退会がきちんと完了したという証明書が欲しいという事も言ってみようと思います。

    そうですね。会員を動揺させないためか、私が脱会しようとしているとは言わずに、魔にやられ、精神的におかしくなったとでも言ってるんでしょうね(笑)  
    自分たちの地区から脱会者を出したなんて、会員に不信感を抱かれるかもしれなくて都合悪いから言えないんでしょうね…。

    本当ですね。創価学会は世界平和と人々の幸せを願う団体じゃなかったんですね!
    騙されました!非常識な上に、非人間的な酷い団体です!
    一人でも多く、1日でも早く、創価に騙されている方が覚醒する事を切に願います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中