創価を疑うこと

一つのスレッドへのコメントが100を超える前に新しいスレッドをと考えていましたが、そうすると4、5日ごとに更新しなければならず、みなさんからのコメントの返事はおろか、承認だけで精一杯といった今日この頃です(半泣笑)
夕べはなぜか夜中に目が冴えてしまって替え歌2編をつくってしまうという、わけのわからないことをしてみたり、はたまた新しいスレッドのテーマが思いつかないで困ってみたりと、ちょっと不安定なお盆の始まりとなりました。

お盆と言えばコテコテの仏教の行事のイメージがありますが、実際のルーツはそうでもないんだそうです。興味のある方は調べてみてください。まあ、日本に伝わってきた仏教が、釈迦の時代からすると、1万キロの距離と1000年の時間と膨大な数の人の考えやその土地の風土や風習や文化の影響をさんざん受けまくってやってきたものですので、釈迦の思想がまともに伝わっていると思うほうがどうかしていますよね。1万キロの距離と1000年の時間というものは、現代人の感覚とはちがいます。今でこそ1万キロなんて飛行機でひとっ飛びですが、歩くか、馬か、船かしかなかった時代の1万キロなんてとんでもない距離ですよ。遣唐使の船だって命懸けだったんですからね。1000年の時間は人間の一生がたかだか100年にも及ばないと考えると、今でも永遠に近いほどの長さですしね。そんな距離と時間を経て仏教が日本に伝わった時点で、もうめちゃくちゃ変わり果てているのに、そのときの権力者がさらに国を自分の都合のいいように利用するために仏教を利用したわけですから、さらに変容をとげました。聖徳太子が日本に紹介した仏教は、その7割が儒教の内容だったそうです。そしてその数百年後の鎌倉時代のような天変地異の続く悲惨な世相の中で、仏教とは似ても似つかぬ新興宗教が仏教の名を借りて現われました。そのひとつが日蓮仏法だと言うことは、これまでにも何度も話をしてきました。日蓮は法華経を釈迦の教えだという前提で教義を展開しましたが、法華経自体が何処の誰が書いたものかもわからないものだということが、ずっとあとになってわかりました。もうその時点で日蓮は、というか日本仏教の多くが勘違いをしたまま伝承されているともいえます。それでも禅宗などは奥の深い思想として、中国から日本に伝わり変化していくことで磨かれてきたという部分もあるようです。そこから質の高い芸術文化が生まれたことも、ひとつの証左であるともいえます。だから仏教が釈迦の教えとは違ったものになったとはいえ、良い部分もあったということですね。
しかし数多く枝分かれしてきた日蓮宗派のその中でも最右翼とされているのが日蓮正宗です。何しろ「オレは釈迦より偉いんだぜ。オレが本物のホトケだよ。釈迦はオレのステージの前説でありオープニングアクト、つまり前座ってことさ。前座でもお客さんはそこそこ楽しんでくれた、しかし末法という本番では、メインアクトのオレが出なくちゃ話にならんのだよ、ワカル?釈迦だってオープニングアクトだからお客さんも許せた。しかし釈迦はメインのステージがこなせる器じゃねえんだよな。オレこそ本命のスターだ。だからオレを拝めば何でも願いは叶う。でもオレが死んだら拝めなくなるから代わりにこの曼荼羅を残しといてやるぜベイビー」と言ったとするのが日蓮正宗の教義です。つまり「絶対的に最高に偉いオレ以外信じちゃダメよ」という独善的思考回路を植え付けるのが日蓮正宗の基本的な考え方だと言っていいでしょう。でも日蓮正宗はそんな独善的な考えを一般大衆に強要するようなことはありませんでしたので、それはそれで人畜無害。しかし創価学会がこの独善性によって人の心を操れるぞと見抜いたがために、日蓮正宗を持ち上げるだけ持ち上げて、何でも信じて言うことを聞く奴隷のような信者を何百万人もつくりだしたわけです。そしてその奴隷信者にありったけのお金を「喜んで」貢がせてきました。この「喜んで貢がせる」ためのツールが宗教であり、とくに日蓮正宗の有無を言わさぬ教義がいちばんもってこいだったということですね。

破門されたからと言って創価の教義の基本はいまだに日蓮正宗です。日蓮正宗とは何の関係もないと言っておきながら、創価の大誓堂をはじめ、中心会館にある御本尊の元は日蓮正宗のものです。それも完全におかしな話なんですが、学会員さんは何の疑問も感じません。感じないようにされてしまっています。

まあ、ここで創価の矛盾をいまさら並べたところでどうにもならないんですが、とにかくその矛盾を矛盾と思えないような人間にさせられてしまっていることが一番問題だということですね。学会員さんに創価の矛盾を指摘してもスルーします。そのスルーの仕方もいくつかあって、婦人部の方は「私には難しいことはよくわからない」というのが多いです。実際によくわからないのでしょうし、それは頭が悪いからわからないのではなくて、考えてはいけないとインプットされているからです。考えることができれば、ここにコメントされているたくさんの元婦人部(失礼)の方のように、本来なら鋭く創価の矛盾を指摘できる方なのです。つまりもともと騙されるような人が騙されているのではなく、どんな人であっても創価の罠にはまれば奴隷信者になる可能性はあるということだと思います。これがMCの恐ろしさであり、ひとつは宗教の落とし穴だと思います。創価は宗教ではありませんが、宗教のそのような落とし穴的な要素を巧みに大胆に取り入れた恐るべき社会悪なのです。

別のスルーの仕方のひとつに「見ない言わない聞こえない」というものがあります。「いったい何を言っているのかわかりません」あるいは「…………」もう相手が何かを言っていることすら気がつかない完全スルー型ですね。創価の矛盾について問いかけても、何の脈絡もない別の話をしているパターンです。こっちの開いた口がふさがらないタイプ。バリバリの男子部時代を過ごした壮年部に多いです(笑)。

創価の矛盾にはうすうす気がついているけれども、今さらそれ一色でやってきた自分の人生を否定する勇気はないという学会員さんも多いのではないでしょうか。おそらく白いブランコさんもこのタイプですね(今ごろどうされているんでしょう?)。安保法案を通した公明党は許せないが、創価がそれに関わっているなどとは微塵も思わないタイプが、デモをしたり、返って創価が正しい宗教団体だという確信を強くするのもこうしたタイプなんでしょう。

ほかにもタイプは考えられますが、いずれにせよ学会員さんは「自分(創価)にとって都合の悪いことは見事にスルーする」という共通点があります。「このように問題点をスルーしてしまうじゃないか」という指摘もスルーしますので話になりません。

学会員さんがなかなか覚醒する機会が少ないのも、無意識に問題点をスルーしてしまう傾向は、もはや「体質」といっていいほど徹底しています。このブログでもパートナーや恋人が創価脳で悩んでいる方が多いですが、やはり問題点を真正面から受けとめようとしない。ただ拒否するのではなく「何が何でも自分(創価)が絶対に正しい」というところから離れられないということが最大の問題点ではないでしょうか。「創価は正しい。間違っているのはお前だ」ここから一歩も離れない。「もしかしたら自分も間違いだってあるのかもしれない」そんな人として当然の謙虚さが微塵もなくなっているのが学会員さんの特徴です。だから創価では役職が上がれば上がるほど謙虚さも思いやりもなくなるのでしょうね。これも本来のその人の性格ではなく、創価を信じてしまったからこその態度だと思います。覚醒さえすれば、本来の人としての謙虚さや思いやりのある振る舞いのできる人たちなのだと思いますが、その覚醒のきっかけである「創価を疑うこと」がいちばん難しいのが学会員さんが覚醒できない理由なのだと思います。

ということで、今回のテーマが書いているうちにやっとたどり着きました(笑)。
今回のテーマは「創価を疑うこと」です。つまり学会員さんが自ら創価を疑ってみること。それさえできれば覚醒への道が開けたということだと思うのです。これも「考えないと言うこと」と同じような意味合いなんですが、今回はとくに学会員さんにとって「創価を疑うこと」がいかに難しい環境なのかということを具体的にお話ししていただけると、もしかしたらそれがきっかけとなって「創価を疑うこと」にたどりつく学会員さんが出てくるかもしれません。また、なんとかして自分のパートナーや恋人に自分の話を聞いてもらうための方法論としてのアイデアが出てくるかもしれません。創価を疑うことをささないようにしているのが、やはり罰論ですよね。「創価を疑うと罰が当たる。福運を消す。地獄に堕ちる」この脅しは、一旦信じてしまうと、心から消し去るのは容易ではありません。恐怖心によって心を縛り上げる。覚醒したあとでも、この恐怖心は簡単には拭えません。それほど強烈なんです。これは体験したものでないとわからないと思います。覚醒しても、ちょっと何か悪いことが起きたら、やっぱりこれは罰なんじゃないかとか、何でもないことにもどこか怯えたり、それによって心が壊れてしまったりする人もいます。これも創価の害悪の大きな特徴ですね。人によっては脱会してもすぐには忘れられない恐怖心との戦いがあるということです。

こうしたことも含めて、「創価を疑うこと」をテーマに、みなさんが思いつく自分の体験などを中心にお話しいただければと思います。よろしくお願いします。

創価を疑うこと」への103件のフィードバック

  1. シニフィエさん。このブログの副管理人さんを選べませんか?このまま続けていたらシニフィエさん、お身体壊します。余計なお世話で申し訳ありません。どんな闘いも大将には優秀な参謀がいます。副管理人さんはmixiのコミュニティーでもよくみかけます。

  2. 創価学会員からの異例の異議申し立て「安保反対」で署名活動http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye2562545.html
    政教一致を自ら訴えていらっしゃいますが、この方、創価学会を疑うのではなく公明党を疑っていらっしゃる。創価と公明の裏側を知らないんだなあ。なぜ連立を組んだのかを知らないんだなあ。自民党から手を離されたら公明党なんて何の価値もない。与党であるときに反対するなら反対するべきだったのが、この方、分からないのかなあ。
    その前に安保法はなぜ採決され、賛成派もいれば反対派もいるのか、その辺りからお勉強ですね、この方。顔を出しているのは勇気がある方だとは思います。

  3. 創価を疑うことの根本は日蓮仏教を疑うことです。
    創価はおかしくなった。
    池田教なんておかしい。
    公明党は立党精神を忘れた。
    なーんて言葉自体も「でも御本尊様は絶対」という前提があるから言えることです。
    この根本こそが、一切の源なのにここだけは疑わない。
    最後の砦ですかね?

    創価がおかしい、池田がおかしいまで気づいたら「そんなおかしい団体が言ってることなどすべてがおかしい」と、最後まで気づきましょう。
    その「御本尊が絶対」も誰が言ったのかというと、どこでもない創価が言い出したんですよ。
    簡単にいうと、「創価の手にかかれば」「創価がこれを利用しようと狙いを定めれば」何だってあの手この手で「絶対」にしますよ。
    文証だ文献だと言ったところで、その文証が正しいとしているのは創価です。
    チンケな末寺を世界の法則にしたんです。念仏だってキリストだって「絶対」に仕立てあげますよ。

    「日蓮の教えが絶対だから創価が正しい」んじゃなくて、
    「創価の言うことをを鵜呑みにしちゃったから日蓮が絶対と思う」になってしまったんです。
    何度も書いてますが
    「正しいから信じるじゃなくて、信じるから正しいと思う」だけです。

    脱会する時幹部が真剣な眼をして、最後に叫んだのは
    「私には確信があるから揺るがない!」でした。
    その確信というのは、自分の中では強く信じているということです。
    それはウソではないでしょうが、だからと言って「言ってることの内容自体がデタラメではない」ということにはなりません。
    地球は平らなんだと教えられて、それをそのまま確信を持って言ってるようなものです。
    宗教の場合それを証明するのが難しいため騙されてしまうのですが、実態のない教えを信じることができたのなら、このスレッドのシニフィエさんの冒頭文を読んで再考してみることくらいできるでしょう。

    疑うことは魔に負けたことになる。
    これも「そんな法則がある」ではなくて
    「信じるからそんなヘンテコな法則があることになってしまう」ということです。
    すべては自分が頭の中で作り上げた幻想に操られているんですよ。

  4. バリ活16年、非活15年のレイラです。

    >せーやさん

    別スレでコメントありがとうございました。

    「およげ!たいやきくん」40年前に日本で一番売れたシングルのこの曲
    私もあまり深く考えず幼い頃歌っていましたが
    (まあ、「なんでたい焼きがけんかするねん!」とか
    「海の中にいたらふやけてしまうやろ!」とツッコミどころはありますが(笑))

    替え歌を作るにあたり、色々調べているとこの曲は
    会社に縛られているサラリーマンの悲哀に満ちた
    歌詞ではないかといわれているそうですよね。

    でもこれはもしかしたら
    学会の世界にもあてはまるのでは?と
    思いました。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    まいにち まいにち ぼくらは てっぱんの
    うえで やかれて いやになっちゃうよ ←●時間唱題、新聞啓蒙、F取り、財務、協議会

    あるあさ ぼくは みせのおじさんと ←幹部のおじちゃん、おばちゃん
    けんかして うみに にげこんだのさ

    はじめて およいだ うみのそこ ←世法。
    とっても きもちが いいもんだ ←学会活動のない世界は気持ちいい

    おなかの アンコが おもいけど ←今までのいろんな役職や学会人間関係
    うみは ひろいぜ こころがはずむ
    ももいろサンゴが てをふって ←外部の友達や家族。完全外野。
    ぼくの およぎを ながめていたよ

    まいにち まいにち たのしいことばかり
    なんぱせんが ぼくのすみかさ ←学会の人が来ても居留守を使わないといけない我が家。
    ときどき サメに いじめられるけど ←「信心しないと罰があたるわよ」と言われたりする。
    そんなときゃ そうさ にげるのさ←(笑)

    いちにち およげば ハラペコさ ←組織からの連絡をかわすのはストレス
    めだまも クルクル まわっちゃう
    たまには エビでも くわなけりゃ ←どこかでもやもやを吐かないと
    しおみず ばかりじゃ ふやけてしまう
    いわばの かげから くいつけば
    それは ちいさな つりばりだった ←「信心すると功徳がもらえる」というつりばり
    どんなに どんなに もがいても
    ハリが のどから とれないよ←学会組織
    はまべで みしらぬ おじさんが←会った事ないセンセ―や大幹部
    ぼくを つりあげ びっくりしてた←「この信心はすごい。何で脱会しようとするのかワカリマセーン」(笑)
                    「アナタは魔にやられている!」(笑)

    やっぱり ぼくは タイヤキさ ←所詮、学会の中でしか生きられない人間
    すこし こげある タイヤキさ ←それも多少、出来も悪い(疑う心がない)
    おじさん つばを のみこんで←(財務の金!金!逃がさないぞ)
    ぼくを うまそに たべたのさ ←所詮は「食べられて」しまう。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    >シニフィエさん

    敏いとうとハッピー&ブルーの
    替え歌最高です。

    昭和の歌謡曲系、替え歌しやすいもの
    多いですよね(笑

  5. くれぐれも無理のないペースで進めていただけると、大変ありがたいです。
    …こちらは夏の日差しの中にも秋の気配が感じられるようなりました、
    甲子園に漂う空気も終盤戦に近くなってきました。

    今回のテーマとてもタイムリーで関心があります…
    創価を疑う、という視点で安保法案に自分独自の意見を持つことは、
    いま学会にとどまるお一人お一人にとても有意義な機会になると思います。

    日蓮さんのライブ状況のようなくだり、面白かったです。
    いまだったら一世風靡したロッカーのような存在になっていたんじゃないかな〜
    と想像したこともあります、パンクかな?意外とビジュアル系だったりかな?

  6. signifieさんがいつも教えて下さってる日蓮さんのロック調のくだり、とても好きです!
    日蓮さんらしいですよね。
    私は覚醒する2年くらい前に、勤行唱題した後ふと日蓮さんについて思ったことがありました。
    日蓮の教えが一番正しいなんて言ってるけど、日蓮さんだって所詮鎌倉時代の一人の人間。
    一人の人間の教えが、唯一正しいって??
    なんか不思議な気持ちでした。
    当時は覚醒なんて思ってもみなかったのですが、覚醒の扉を開ける前にいたのかもしれません。
    その後一生懸命活動している学会員に限って不幸だったことや、子供の一言で疑問を持ちネット検索、そして覚醒につながりました。

    創価を疑うことは、確実に覚醒へとつながります。
    ですから幹部は必死に指導(罰論の脅し)をして会員を引き止めるのでしょう。
    「疑ってはいけない!」との指導は、新聞や書籍などで何度もありました。
    数年前大白蓮華の体験談で、ある日知人が頭がおかしくなり「創価に騙されていたんだ!」と言って辞めていった という記事がありました。
    当時私は、退転すると頭がおかしくなっちゃうのか?と恐怖でした。
    そうやって脅されていたんですね。
    その記事の辞められた方は、きっと覚醒されたのでしょう。
    今では、覚醒したからこそショックで心が壊れてしまったのだと理解できます。

    私は疑問に思っていても信心で受け止めて、何事も良い方向へ良い方向へと考えてきました。
    楽観主義でいることも指導でしたからね。
    •事故をおこしても命が助かったのは信心のおかげ
    •病気になってもつらくないのは信心のおかげ
    •毎日普通に暮らせているのも信心のおかげetc. ???
    こんなふうにすっかりMC(お花畑)状態でした。
    自分自身だけお花畑ならともかく、他人にも迷惑をかけるのはもってのほかですね。
    嫌な思いをさせて、しかも宿業を取ってくれるだなんて本当に大迷惑。
    「創価の常識は、世間の非常識」まったくその通りです!

  7. 創価を疑う事は簡単なように見えて意外と難しい行為です。
    と言うのも、疑いの心が生じても創価によって植え付けられてきた【疑いを持つ=仏罰(或いは願いが叶わなくなる)】という思考によって邪魔をされる、または組織の人間から頭ごなしに「疑問を持たずに素直な気持ちでやりなさい」と押さえ付けられるからです。

    親や身内、組織の人に疑問を問いただしてみた時に自分が納得のいかない返答や「人間革命を読んでごらん」「素直にお題目をー」など創価お決まりのマニュアル通りの指導が始まったら、もう二度とその人達に疑問を問いただしてはなりません。
    何故なら彼等は日本語が通じないからです。

    例えで言えば、韓国と日本で揉めている竹島問題のようなものです。堂々巡りで何も身になる結論が出ない上に話が纏まらない。
    それに創価の人に「もしかすると組織から心が離れかけているのかも……?」と勘付かれたりすれば、一気に引き戻しにやってきます。
    これも創価に対しての疑問を持てなくなってしまう一つの原因ですね。そう、彼等は休ませてくれません。
    そして引き戻しにくる時は必ず2人か3人でお話の場を設けようとします。もしかすると指導する時は2人か3人でと組織に教えられているのかもしれませんね。
    そうやって囲まれてしまえば、人間の心理というのは恐ろしいもので「やっぱり私の疑問は間違いだったのかな…」と自然と思ってしまうのです。
    そして引き戻されてしまう事が大半です。

    引き戻される事がなく、かろうじて非活になった状態でも1ヶ月に1回くらいのペースでアポなし訪問されます。
    これも組織から離さないという創価の恐ろしさです。
    そして聞きます。「何か変わった事はない?何か悩みとかあったら言ってね!」と……
    そうやって、自分は貴方の味方です!という態度を取って再び非活になった人を呼び戻しにかかるのです。そんな事をする時間があるくらいですから、彼等はよっぽど暇なんでしょうね。

    創価に疑問を持った時、これは私のように創価のMC教育を受けてきた方にとってはとても勇気のいる事かもしれませんが、まずは外の世界を知る事から始めてみましょう。
    勇気を出して鳥居をくぐってみる、神社に行ってみる、おみくじを引いてみる。仏罰も当たりませんし、思っていたよりも楽しいですよ!(むしろ私は臨時収入があって喜びましたが(笑)
    あとはこちらのブログのように客観的に創価の組織をみている方々の話を聞いたり、見たりする事です。

    簡単なようで難しい事は多々あると思いますが、少しでも多くの方が一日でも早くMCの呪縛から解放される事を切に願います。

  8. 学会員、とくに考えることや難しいことが苦手な男子部に人気のあるのが開目抄のこのくだりではないでしょうか。

    「我並びに我が弟子・諸難ありとも疑う心なくば自然に仏界にいたるべし、天の加護なき事を疑はざれ現世の安穏ならざる事をなげかざれ、我が弟子に朝夕教えしかども・疑いを・をこして皆すてけんつたなき者のならひは約束せし事を・まことの時はわするるなるべし」

    通解「オレもオマエタチも、どんな困難が押し寄せてきても、この信心を疑わなかったら成仏できるんだぜ。いいか、今の自分が辛いとか、どうにもならないことを嘆くんじゃねえ。つべこべ言うから成仏できねえんだ。オレがオマエタチに朝晩しつこく教えても、みんなこの魔法のランプを疑って捨てちまうんだよ。だいたいがな、一度約束したことを肝心なときに忘れちまうのがクソだっていつも言ってるだろ、わかったかこのスットコドッコイ!」

    あ、こんな感じで「現代語訳:猿でもわかる日蓮のゴショ」とか出したら売れるかも(笑)

    もうひとつ曾谷殿御返事から
    「謗法を責めずして成仏を願はば火の中に水を求め水の中に火を尋ぬるが如くなるべしはかなし・はかなし、何に法華経を信じ給うとも謗法あらば必ず地獄にをつべし、うるし千ばいに蟹の足一つ入れたらんが如し、毒気深入・失本心故は是なり」

    通解「謗法をやめないで成仏ばっかり望んでも、それは火の中に水を探したり水の中に火を探すようなもので、やっても無駄ってこった。それはな、どんだけ法華経を信じたとしても、ちょっとでも謗法になることをやらかしたらすべてが水の泡ってことよ。どんなにたくさんの漆があっても、そこに蟹の足を1本入れただけで使い物にならなくなるだろ。それと同じよ、わかったかこのスットコドッコイ」

    とこんなふうに、日蓮の御書には「とにかくオレを疑うな。ちょっとでも疑ったら功徳はおじゃんになるは、地獄に落ちるはでいいことないぞ」ってしつこく書いてあるんですね。
    こんなことを何も免疫のない子どもたちにも教えている団体です。まだものごとを疑うことを知らない子どもたちに、最初にこんなことをインプットしているのですから恐ろしい団体です。

  9. シニフェさんのスットコッドッコイ(笑)
    小学生から勤行の後に我並びに~を唱和してました。毎日です
    これで洗脳されないわけがないですね
    強力なマインドコントロールです。
    これこそ悪です。
    ほんとに今考えるとスットコドッコイです
    めちゃうけでした(^◇^)

  10. スマイルさん
    コメントありがとうございます。
    これはあくまで個人的な感覚なので人それぞれだと思うんですが、私は使った時間やお金はいいんです。
    その時、それらに価値を感じて自分が払った代償なんだから納得できます。
    でも自分が偏狭な思想をもっていたこと、他人を巻き込んでしまった罪悪感はなかなか払拭できません。
    ですが、そんな持て余す思いがここのコメントを書く原動力になってもいます。
    前向きな力に変えて清算していくしかないと思っています。

    そういうわけで私は金や時間は取られるのはもちろんですが、独善思想を聞かされるほど不快なことはありません。
    こういうものから一切解放されたすがすがしさは何ものにも代えがたいものあります。
    こういう平和な楽しい感覚を侵食してきたんだな、と罪を改めて感じますが、これに気づいた人は自分にも他人にも二度と同じ間違いは侵さないでしょう。

    創価の金や悪事には気づいて創価を非難する側にまわっても、これに気づかない人は厄介ですよ。
    創価の思想に失望した分、新たな独善思想に傾倒したがるからです。
    迷惑行為は、金や悪事だけじゃないんですよね。

  11. ダイアナさん、ご心配いただきありがとうございます。
    副管理者の設定の件ですが、技術的にどうやればいいのかもわからないし(笑)、何かと不都合なことも考えられて、かえって妙な気をつかいそうですので、当面はこのままでいきたいと思います。ご覧のとおり、面倒なのはときどきやってくるウンコタレちゃんです。でもそれもほぼ一人だけが懲りずにやってくるだけだし、今回のようにバカ丸出しのコメントしかできないようですので大丈夫です(笑)。
    心配していただいて、ほんとにありがとうございます。
    もしどうにもならないときは、こっそり誰かにお願いします(笑)。

  12. そういえば、私が任用試験を受けたのは中学一年生の時でした。そのときは学生部だった近所のお兄ちゃんの家に何人かで毎日行って、教学を教わりました。そのとき暗記させられたのが兄弟抄の「行解既に勤めぬれば三障四魔憤然として競い起こる。乃至随う可らず畏る可からず」でした。今でも憶えています(苦笑)
    解説「修行してオレの言うことがわかったら、必ず三障四魔という怖い災いが起りまくって大変なことになる。正しい信仰がまかり通ると魔が困るからよ。しかしこれこそが正しい信仰である証拠であって、こんなものに負けんじゃんねえ。怖がることなんかねえんだよ、スルーしな」
    こんなことを中学一年生の子どもに対して暗唱できるまでに頭に叩き込むんです。こんなの信じる子どもがそのまま大きくなったら、何を言われようが疑わないですよね。
    悪いことはみんな魔の力。良いことはみんな信心の功徳。なんでもそうとしか考えられなくなる。どんなにおかしなことでも、これですべてを納得して、創価最高ってしか考えられなくなる。創価ロボット製造の基本ですね。
    教学試験ももうほんとに試験の形式でやってたら誰も受けないから、講習会参加で教授認定ってことにしたんでしょうね。昔は筆記試験と面接までやってましたよね。

  13. 久し振りの書き込みです。みなさんこんにちは。
    私が女子部の時、支部婦からこんな連絡があったことがありました。
    用件は「今晩、党員の申し込みがあるので拠点に来てください。」
    「急に言われても困ります。今日は残業で行けません。」ちょうど出勤していた朝の連絡でした。
    「いやぁ、もう前から決まってた(会合)ことなんだけどぎん千代ちゃんに連絡しなきゃと思ってて今になっちゃった。今まで〇〇ちゃんが党員になってくれてたんだけど婦人部になったでしょ。女子部から支部で最低一人は出さないといけないのよぉー。で、ぎん千代ちゃんにお願いしたいので。来れないなら登録の3千円は私が立替えとくから。」
    は?ですよね。本人が了解していないのに強制です。
    当日の朝連絡してくるなんて確信犯です。
    公明を応援するのは(当時は)別に構わないけど党員になるっていうのはまた話が別だと思ってました。
    そしてノルマ的に絶対に青年部からも出さないといけないっていうのも納得いきませんでした。
    こうやって強制的に公明を応援させている創価に問題があるんです。
    公明党だけが悪いんじゃなくて、そうさせている創価がおかしいんです。
    よくよく考えてみればどうして党員になる(ならされた)のに3千円取られなきゃいけないんでしょう・・・今でも納得いきません。

  14. はじめまして。
    昨年5月に脱会済みの30代女性です。
    以前より読ませていただいておりましたが、コメントするきっかけがなかなかなく失礼いたしました。
    わたしはいわゆる「福子」さん、あの団体さんの大学卒ですが、
    変なひとがわんさか集まっていてくれた環境に行ったおかげで、「未活」とやらになりました。

    わたしは自分の親に「(あの団体さんの)批判ばかりして。良いことないよ」と
    事あるごとに言われ続けてきた歴の期間が長いと思います。
    おそらくもともとが、頭で考えるより以前に、変なものは変と感じる人間で、納得行かないことには応じられない、さらには自己主張が強いため、言いたいことを遠慮せず言っていたのが、あの団体さんに付け込まれなかった理由かと思われます。(むしろ頭がおかしい人間扱いを受けていたと思います)
    なにより、魅力のない人間がよくもこんなに集まっているなと、申し訳ないですが子供自体から感じておりましたが・・・

    洗脳解除(わたしの造語ですが、こちらさまでいうところの「覚醒」と同じとお考えください)後、これまでの30数年胸の上に漬物石でものしかかっていたような感覚が完全になくなりました。
    良いことないどころか、毎日普通に幸せを感じて生きています。
    あの団体さんの思考に侵されていると、「不幸病」とでも呼ぶほかない状態に、無意識にでも自ら進んで浸るため、楽しさ、幸せを素直に感じられる感度が異常に低くなる、もしくは鈍麻すると思いますね。
    ちなみに自分の身内とは一家離散状態ですが、困ったとは思いません。それもどうかと思いますが、異次元の住人と解りあうことはいっさい放棄したほうが、自分の幸せのためだと思います。というか、解りあえないです。

    おかしいと疑うのは、自分自身の声を無視するか大切にするかだと思います。外野がいくら横槍入れたところで、本人にその意識がなければ無力だとわたしは自分の経験から思っています。
    「活動家」歴がほとんどないわたしでも、植え付けられたとはいえ今までの価値観をまっさらにすることは、自身を否定することにもつながるため、極限状態の自分のメンタルが落ち着くまで、どうしてもっと早く気付かなかったかと悔しい思いをしました。毎日5~6時間飲み歩いていないと、それでも泥酔できないほどの神経の異常緊張状態が続いて、どうやって日々仕事に行っていたのか、たった一年前の話ですがよく覚えておりません。
    ですが、時間の経過は偉大なもので、いつだったか無意識に「こだわることがめんどくさいからどうでも良くなった」と、自分の口をついて出てきてから、まったく他人ごとに思えるようになりました。
    その前に、世間的にはこんな異常な話を世間話レベルで聞いてくれた相手の存在があったのが、一番の支えになったと思いますが。

    初コメントにもかかわらず、話があちこちした長文、たいへん失礼いたしました。
    signifieさん、いつも興味深い記事をどうもありがとうございます。どうぞご自愛くださいませ。また、コメントされる皆さまのお話もとてもためになります。ありがとうございます。

  15. 外部ながら、二度目のコメント失礼いたします。
    (先に…このスレッドへの書き込みとして適切でなければ承認いただけなくても構いません。)

    正直、管理人様は近々こちらのサイトをネタ切れに感じておられるのではないでしょうか?
    でも大切な課題があると思います。それは、創価学会員の皆さんが結局は公明党の言いなりで安保法案を通し掛けていることです。
    確かにこのページは創価からの旅立ち・ひいては飛躍をテーマにしているようですが、そろそろ戦争等の大きな問題にも取り組むべき時期に来ていらっしゃるのでは?…と。

    学会員の方達は創価=公明党ではないと主張する場面もありますが、創価の「意思」=公明党に成り下がっているのが実情ではありませんか。そして、ひとたびは息巻いて「党の言うがままには動きません!」と申されながらも、最終的にはずるずると投票してしまう…これが最大の矛盾なんですよね。しかし内部の方はここに気付かない、気付こうとしない。もしくはポーズだけ安保や戦争関連の法案に反対されている。だから只のカルトと言われるんです。

    大変お忙しいかとは存じますが、日本人として、人間として大切なテーマです。真の平和を目指す姿勢とは公明党の腰巾着になることではない…そのあたりを取り上げてくだされば幸いです。

  16. ラ・ポールさん、コメントありがとうございます。

    >そろそろ戦争等の大きな問題にも取り組むべき時期に来ていらっしゃるのでは?…と。

    いえいえ、私はブログで国政にまで言及する気は毛頭ありません。このブログはあくまで創価学会によって傷つけられた人の気持ちを整理する場所だと考えています。もちろん一日も早く創価学会の被害者が消える日を待ち望んでいますが、それ以上のことは考えていません。たとえばラ・ポールさんがおっしゃるような戦争などのテーマをとりあげて、ブログでああだこうだと言っても、実際には何もできないと思いっています。ときどき書いていることですが、世界は一部の人間が戦争を引き起こすことをビジネスとして支配しています。明治維新からその構図は少しも変わっていません。世界は巨悪に牛耳られています。創価学会もその巨悪のパーツに組み込まれています。だから問題が明らかになったところで一般人がどうこうできるようなことではないと思います。ただ創価学会の被害を減らすお手伝いはできそうな気がします。学会員が減ればいいんですからね。だからこのブログでは同じこととはわかっていても、ずっと同じように訴えています。おそらくこれからもずっと同じ内容だと思います。それしかできないと思いますし、それでいいと思います。

  17. ラ・ポールさん、はじめまして。
    公明党は創価の腰巾着になっているのか、公明党が創価の腰巾着なのか知りませんが、ふたつは一心同体です。
    政教一致じゃないとか、学会員でもどの政党を支持するかは自由だと言っている人たちは実質支援などしていません。
    本人でさえ公明党に投票しているとは限りません。
    戦力じゃないので影響力なし、無関係といってもいいかもしれません。
    議席を確保し政党を成り立たせているのは婦人部の盲信者です。
    彼らへの指導は
    「この戦いで宿命転換をしましょう!」
    「広宣流布を進めましょう!」
    がすべてです。
    選挙中は昼も夜も会館といい拠点といい完全に選挙事務所になり、パンフの配布や票や連れ出しの報告、PRビデオの鑑賞しかしません。
    (一方の公明党だって頭を下げるのは支持母体のみです。オンブに抱っこ。票取りは創価の仕事と思っています)

    そこにどっぷりつかっている人たちは「真の平和を目指す姿勢」とは=創価、公明しかないと思っています。
    政教一致なんて聞かれれば否定しても、頭の中はそのままこれです。
    今回一部の会員からデモは起こりましたが、多くの会員は言ってることと政策の矛盾をついたところで必死に弁明してきます。
    消費税であろうと戦争法案であろうと、何だって最後はそうなります。
    公明党=創価なわけだから、公明党を否定する=創価を否定になるからです。
    創価の教義の矛盾をついたところでスルーしたり弁解するのと同じスタンスです。

    これを否定するのは一心同体である信仰心を崩すしかありません。
    創価の正体に気づき、覚醒すればちゃんと「考える」ことができるようになります。
    結果的に「日本人として、人間として大切なテーマ」と向き合えるようになると思います。

  18. 創価を疑うこと
    末端の会員がこれをためらう理由の一つは、signifieさんがあげておられる 罰で脅すワンパターンなゴショによるものでしょうか!?
    ナンミョーズ ハイの頭に、こんな独善的な思想を繰り返しごり押しされたら、普通にトラウマになると思います。
    しかし、ナンミョーズ ハイを止めて、落ち着いて考えてみれば、日蓮さんのゴショが宇宙法則を完璧に解き明かした仏様の本だと誰が証明できるのでしょうか?
    それから、日蓮さんが釈尊を差し置いての「メインアクト」 だと誰が証明出来るのでしょうか?
    結局は、現代でいうところの「エルカンターレのおっちゃん」と似たようなものでしょう。
    創価学会であろうと悪魔教であろうと、そんなポンコツ教義を信じる者にとっては、ちょっとした不運が罰に変換されて見えてしまいます。
    無宗教の人間にとっては、ただの不運な現象にすぎないのです。よくあることです。
    「人生 楽ありゃ、苦もあるさ。涙の後には 虹も出る♪」
    (月曜日の夜、ナショナルの番組の名曲が言ってましたね。)
    ゆえに、罰など恐れる必要はないのですから、創価学会をどんどん疑って、そのイカサマぶりに気付いたならば、とっとと別の生き方を選択しましょう!!
    (^_^)/~~

  19. はじめまして。
    私は母方の祖母、母が同時入信した2世(3世?)になるアラフォー婦人部(バツイチ)です。
    今年の6月にこちらのブログを見つけて、最初からすべて読ませていただきました。
    すごいボリュームでしたが、みなさんのコメントに納得したり、再発見した事柄などもあり、とても勉強になりました。

    「創価を疑う」というテーマからは逸れるかもしれませんが、自己紹介を兼ねつつ、「創価を疑わない」母について書き込みたいと思います。

    私は2世とは言っても、バリ活の経験はなく、教義についても2度ほど試験を受けたものの全く心に響かず記憶にも残っていないのですが、物心ついたころからバリ活の母にいろいろ悩まされています。
    子供のころは言われるがまま、会合に参加したり、神社の鳥居をくぐらなかったりしていましたが、現在は母には内緒で初詣に行ったりしています。会合は仕事が忙しいという理由でここ10年ほど参加していません。
    母は、良く言うと「純粋」、悪く言うと「信じ込みやすい、思い込みが激しい」性格で、とにかく盲信しています。
    ちなみに、創価に限らず、健康食品などの効能についても書いてあることは全く疑いません。
    聖教新聞も多部数購読し、今は副本部長(?、よくわからないので間違ってるかも…)とかいう役職のようです。今も他宗教のことを邪宗と呼び、選挙となれば勝手に私の友達にもお願いに行っています。お陰で疎遠になった友達もいます。
    聖教新聞を切り抜いたり、マーカーをしたりしながら読んでいるのに、教義変更のこともきっと知らないと思います。
    こういう人は、「創価=絶対正しい」という根拠のない思考をし、福運を求め、罰を恐れ、家族にもその思考を押し付けます。
    根拠がないので、理屈で言い返してもびくともしないか、スルーされてきました。
    ただ、物事を自分で決められず、つまらない例ですが、ファミレスのメニューですら、私の真似をし、口に合わなかった場合は「あんまり美味しくなかったね」などと言います。その都度、自分で選べばいいのにと私が気分を害するのです。

    自分で考えられない、思い込みの激しい人を覚醒させるのは無理なんだろうな…とほぼ諦めていますが、私は脱会したくてたまりません。
    が、母の理解を得る労力を思うとなかなか現状維持から動くことができません。

    長文失礼しました。
    これからもロム続けたいと思います。
    よろしくお願いいたします。

  20. 今朝(14日)の朝日新聞デジタルより、
    ********************
    『 創価学会に渦巻く「安保NO」 署名・デモ…公明は苦心 』

    創価学会の池田大作名誉会長が創立した創価大と創価女子短大。教員や卒業生らが11日、安保法案に反対する「有志の会」を設立した。
    声明は戦時中に弾圧を受けて獄死した牧口常三郎・初代会長に触れ、「いかなる圧迫にも屈せず、民衆のために声をあげること。
    これこそが創価教育の魂」などとしている。13日現在、氏名を公開した学校関係者だけで200人以上が署名を寄せている。

    愛知県安城市の学会員、天野達志さん(51)は法案の白紙撤回を求める請願書をツイッターで公開中。
    広島など各地から署名が届いており、公明党の山口那津男代表に届ける予定だ。
    党の綱領には『常に民衆の側に立つ』とあるのに、なぜ『向こう側』に行っちゃったんだという思いです」と話す。

    東京・渋谷では千葉県の50代の公務員女性が署名を呼びかけていた。
    祖母の代からの学会員。公明党の選挙活動にも積極的に関わってきた。
    だが、2003年の自衛隊のイラク派遣を与党として支持した時から疑問を感じ始めた。
    今後、選挙活動には関わらないと決めた。
    ********************

    他にも、

    創価学会員の乱「連立の離脱も選択肢の一つ」 婦人部ソッポで集票組織が崩壊〈週刊朝日〉
    dot.(2015年8月5日)

    衆院選 創価学会票離れで自民議員約100人が改選危機の指摘
    NEWS ポストセブン(2015年8月11日)

    などなど、色々賑わせていますね。

    この安保法案の問題は、想像以上に創価学会員を動揺・混乱させ、
    今後の覚醒・非活・選挙や財務拒否などに繋がっていく可能性もありそうな気配です。

    仮に、学会員のあのデモ行進が創価が認めた「ガス抜き」だったとすると、
    創価学会史上最大の失敗?の可能性もありますが、どうなんでしょうね。

    私は4月以降、一切会合はおろか、学会員にも会っていませんが、
    もしかすると、地域レベルで学会活動の「シラケムード」が蔓延してるかも知れません・・
    最近、異様なくらい静かで、メモもメールも全然来ません。どうなりますやら~

    もとそのこさん、 初めまして、
    ご本尊を破損してしまった事で、かなり心を痛められた時期もあったようですが、
    ここに書込みされる方の中には、シュレッダーで細かく裁断された、という書き込みもありましたので、
    天罰的な事は、特に心配される事は何もないかと思われます。
    ただ、お母様のショックは相当だったと思うので、そちらが心配ですね。
    かなりの強心な活動家だったそうで、心身ともに問題が発生してなければいいのですが・・・
    それさえクリアしていれば、大丈夫かと思われます。

    signifieさん、 
    「敏いとうとハッピー&ブルー」の替え歌! 最高ですね!
    あの頃の昭和の歌謡曲は、じっくりとせつなく歌う曲が多いので、替え歌にはとても向いていると思います。

    レイラさん、
    泳げ!たいやきくんの替え歌、とってもお上手です! 楽しいですね!
    ポンキッキでしたっけ? あの番組のたいやきくんのコーナー、毎回、食い入るように観てましたよ。
    あの、紙芝居風のたいやきくんの動きとせつない歌詞の内容が、創価の替え歌に向いていますね!

    マイマイさん、
    脱会ではなく、退転・・・ 創価は、学会から離れた人間を、こうやって脱落者のように呼びますよね。
    可哀相に、説得しても聞かない退転者だ、とか本気で思ってるんですから、まったくもっておかしな団体ですよ。
    脱会した人間こそが、普通の正しい感覚を取り戻した人間なのですから、堂々と楽しく歩んで行きましょう。

    りんさん、 初めまして、
    >これまでの30数年胸の上に漬物石でものしかかっていたような感覚が完全になくなりました。
    >良いことないどころか、毎日普通に幸せを感じて生きています。
    まさに、これですね。 罰どころか、開放感と同時に幸福感すら感じられます。
    宗教なんて、わざわざ団体に属してまでするものではないです。宗教そのものを否定はしませんが、
    自分の中で仏の心を思い描いたり、善の気持ちを積んでいくだけでもいいと思いますよ。

    ラ・ポールさん、
    >正直、管理人様は近々こちらのサイトをネタ切れに感じておられるのではないでしょうか?
    >そろそろ戦争等の大きな問題にも取り組むべき時期に
    いや、それはちょっと違うと思いますよ。
    正直、創価学会と戦争問題に関する討論、ましてや、公明党みたいな「くだらない政党」なんか、
    ぶっちゃけ、どうでもいいんですよ。 
    あんな政党に、一体何を期待して、どんな改革を望むのでしょうか??
    さっさと野党に転落して、余計な事が出来ない様にして、ついでにさっさと消滅すればいいんです。
    戦争に関する問題は、しかるべき場所で、大いに議論すればいいと思うのです。

    このブログに集う私たちの願いは、創価学会が1日でも早く崩壊・解散する事であり、
    そのために1人でも多くの学会員が覚醒し、1人でも多くの学会員が非活や脱会に転じる事。
    それ以外には、ありません。

  21. 瑠璃玻璃さん
    初めまして!クロスペンダントしてらっしゃるんですね。
    憧れます!
    ゴールドのクロスネックレス、素敵だし、いつかほしいなぁ。
    お正月、家族と初詣っていいですよね。
    新年勤行会、本当になんであんなところに行ってたのやら。でも昆布と甘酒はおいしかった(笑)

    もとそのこさん
    曼陀羅破るとは、本当に辛い思いをされたのですね。
    私もよく破り捨てたいと妄想してます。バラバラに破かれてもしかたない事が家庭内でおこってると思います。
    はじめての妊娠、出産は精神的にも肉体的にも大変な時です。
    親御さんの助けがない育児は不安ですよね。私もものすごく育児頑張ってきたなーと我ながら思います。今は頑張り過ぎると辛いので、頑張り過ぎないようにのんびりやって行こうと思ってます。
    そうかだとばれないように嘘ついたっていうのはわかります。しかたないですよね。そうかだと表明してる同級生は無茶苦茶悪口いわれてましたから。
    子供はその矛盾に心が耐えられなくなって壊れちゃうと思うんです。
    その上自分の親まで失うはめになるとは、踏んだり蹴ったりですが。って暗いこと考えたりしてすみません(笑)
    私達の子供にはそんな事がないように、幸せに暮らして行きたいですね!

    コージさん
    優しいコメントありがとうございます!
    クロスペンダントはそうですね。
    ちょっとトラウマありますよね。
    私、まだ親の評価とか、キリスト教は二重人格だとか言われてたのが気になってるのかも。
    これからは、ただの磔をあんなおしゃれなデザインにまで昇華させた人類の歴史を尊敬したいと思います。

  22. なるほど、こちらのページでは創価からの覚醒を中心にしていく方針なのですか。納得致しました。
    あまり戦争自体についてまで深掘りする所ではないのかもしれませんね。

    ですが、他のみなさんの覚醒や気付きを促すことが、ゆくゆくは平和を考える契機になり得るともいえるかも?そうした事を(最終目的としては)目指す道にもしていけますね。

    というか少し出過ぎた話をしてしまい申し訳ありません(笑)つい熱くなりました。今後とも変わらず閲覧させていただきます!それでは…。

  23. きれいごとなんて何とでも言えます。
    「創価は宗教、公明は政治。創価は公明を支持するけど、公明は仏法の理念に基づいて、国民のため、世界の平和のための政治を推し進めてほしい」と。

    公明は誰のためにあるのか? 創立者のためですよ。 池田大作のためですよ。
    池田大作を守るため、創価を守るためにあるのですよ。

    創価大学の署名の件でも、「公明党が悪者」になっています。
    そのくせ、創価の中枢は何にも言わない。聖教新聞に安保の解説なんてまったくないでしょ。
    「都合の悪いことには触れない」常套手段です。ずるい。

    公明党の支持者である創価学会員は馬鹿だから仕方ないんです。「自分の考えがないから」
    そのうちに「忘れる」でしょう。

    悪いのは「創価学会の中枢部」である。公明党はその「創価の中枢部の意向をそのまま反映したに過ぎない」「創価を守るための行動をしているに過ぎない」

    これに気づかない限り、いくら創価大学で安保反対の署名をしたところで無駄でしょう。
    マスコミで「バイバイ公明党」とか「山口代表⇐仏罰」のプラカードもって創価学会員がデモしても無駄! マスコミもわかっていながら報道しているんです。マスコミ自身も安保法案を廃案にする気はさらさらありません。

    ところでマスコミは誰の方をむいてますか? いうまでもなく、株主、スポンサー企業、スポンサー企業を紹介してくれる広告代理店などでしょう。
    大手マスコミの大株主はだれですか?
    普通にお金の流れを考えればわかることです。行き着くところは「世界の支配者の愚民化政策」でしょうか。ブログの趣旨から外れるので、これ以上は論じませんが。

    「いやいや、われわれ創価学会員が手弁当でボランティアで支援している公明党は、しがらみがないから、国民のため、世界のためいい政治をしてくれる」のですか?

    子宮頚がんワクチン推進どうなりましたか? 近所の女の子、ワクチンうってから、ずっと体調不良ですよ。ワクチンの成分いったい何なのですか? 公開されていますか?

    100年安心年金プラン、どうなりましたか? 100年安心の前提となる成長率などの数字考えていましたか?

    関西の幹部会に参加したことがあります。ちょうど衆議院選挙が終わった後でした。小泉郵政選挙の直後でした。関西から当選した衆議院議員が全員、壇上に上がって90度のお辞儀をしていましたよ。「創価学会員様、ありがとうございます。私たちはあなた方のしもべとなります」みたいに。

    公明党は創価の中枢部の下僕。末端の創価学会員も創価の中枢部の奴隷。 奴隷が下僕を馬鹿にする構図。 ここでも「創価は、池田は世界平和を目指していて、絶対正義である」との洗脳があります。

    馬鹿はどこまでもばかですね。
    「創価は正しい。日蓮仏法は正しい! 池田大作は正しい!」この思考がある限り、何を言っても無駄です。

  24. 署名を集めている活動家に聞きたい。
    >『常に民衆の側に立つ』とあるのに、なぜ『向こう側』に行っちゃったんだ」

    はい、これ山口代表に聞く前に自分で考えましょうよ。
    なぜだと思いますか?
    なぜ自分で考えようとはしないのですか?
    山口代表が何か言ったら、そうなんだとそれを信じるために聞くのですか?
    決して自分では考えず、教えて教えてと言い、教えられたら「そうなんだ」

    イラクに進攻した時も、なぜだ?と聞きましたよね。
    そしたら「日本の自衛隊の給水設備設備は世界のトップレベルだから人道支援のために行くんだ」と言われました。
    「そうなんだ」
    終わり。
    いつもこれですよね。

  25. 自公連立は、心理学でいうところの「共依存」であると思い至りました。

    じっさい、最近の日本の政治は、公明党の動向で決まっています。というのも、有権者数に占める自民党の得票数から考えると、公明党の動向次第で、日本の政治はすべてひっくり返るといっても過言ではありません。というより、自公連立が解消されると、日本の政党は全部再編されると思います。

    ところが、政党を全部再編できるくらいの潜在的力がある公明党の自己評価は低いのです。たいして見返りもなしに(実は良く知らないけど)、奴隷のように安倍首相の個人的哲学(合理性から考えるとそうとしか)につきあっている。いったいなぜなのか。

    ほんらい、この安保法案こそ、公明党が自分の政治的影響力がいかに高いか、見せつけるいい機会なのです。いかなる法案も公明党が同意しなければ通らないのです。その逆に、自民党の公明党に対して何もできないのです。公明党を切れば、自分たちの選挙も危うくなるんですから。マスコミを通じて反宗教キャンペーンをやっても自分に返ってくる。

    ・・にも関わらず、どうして公明党は言うことを聞くだけなのでしょうか。これは、合理性ではとても片づけられません。

    たぶん、心理学でいう、共依存なのです。共依存と解釈するならばこうなります。自己愛が不十分な公明党が、自民党をお世話することに自分の存在意義を見出し、自民党が何をしようが許してしまうようになってしまった。自民は暴力夫だから、自分をどんどん傷つけているのに、ときどき見せる優しさに、自民党との幸福な日々を思い出して抜け出せない・・。

    まんま今の状況に思えます。自民党は暴力夫。妻・公明党は早く抜け出して離婚してください。

  26.  「ソーカ脳」と言うのは、結果的に、センセイと宗門、顕●会との代理戦争に、生活や、財産、機関誌購読までをも巻き込まれてしまい続けて、洗脳で雁字搦めになっている状況に見えてしまいます。

     「ソーカ脳vs公●党」の構図からしても、幹部にとって一番厄介なのは、皮肉にも自分たちが培養、増殖してきた金づるの「ソーカ脳」、次に我々アンチ群ということで滑稽です。

     そもそも幹部も洗脳はされていないでしょう。洗脳されているフリをして「ソーカ脳」を培養、増殖させることで、生業にしているに過ぎません。素面であるという点では、皮肉にも我々アンチと同じです。

    いずれにせよ、学会の内ゲバ化、それによるセンセイのフェードアウト化を図っているのではという強かさも、疑ってなりません。

    【追伸】
     終戦記念日です。最近テレビでも、軍歌特集をしていますが、「洗脳するには歌」ということは事実だったそうです。その中で、再掲ですが注目したいのが、「♪アイバとと●に」。
    件の軍歌と学会歌の歌詞を広宣流布しておきます。
    例のメロディーで唄ってみてはいかがでしょうか?
    私も「♪アイバとと●に」を覚えます。

    ♪アイバとと●に 【1941年2月】
    http://rekion.dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1325216

    (♪イフ●ドウドウの歌【1955年3月 京都】)
    http://www2.sokanet.jp/download/songs/comment/01.pdf

    1.
    あの時のタタカイで あのヤマで   
    (濁アクのこのヨ行く ガッ●イの)

    オレもお前も 拾ったイノチ
    (行くテをハバむは ナニ●ツなるぞ)

    ナでるタテガミも イトしくてならぬ
    (イフ●ドウドウと シンギョウ立てて)

    キョウもタノむぞ タイリクセンリ
    (ススむワレらの カク●ンここに)

    2.
    あのスソも夜がアけりゃ このアツさ
    (キョウもまたアスもまた シャ●ブクの)

    いくつコえても ハゲヤマばかり
    (コ●グン進めば チはワきあがる)

    アセのグンプクに 鼻押しアてて
    (イフ●ドウドウと ジャホウを砕き)

    ミズをねだれば カワイイじゃないか
    (タミをスクわん ワレらはこ●に)

    3.
    アメの日もユキの日も 弾のコト
    (ワレらスむニッ●ンの ラクド見ん)

    ウマとごろ寝の 露営のマクラ
    (ホクセン●ンガは ジャシュウの都)

    お前タヨりに ここまでキたぞ
    (イフ●ドウドウと ショウ●ウかざし)

    アスがダイジだ よくネておくれ
    (コマをススめば ク●キもナビく)
    以上

    ご承認は管理人様に委ねます。
    ※本日現在、某無料動画サイトYは、ミュート状態の動画のみ残されています。しかしながら、某HPでは聴けました。削除される恐れもありますので、勝手ながら伏せさせて頂きます。

  27. お盆の忙しいときに
    また替え歌を思いついてしまいました(笑)
    今回は大好きな泉谷しげる大先生の名曲
    「おー脳」の替え歌で「創価脳」です。
    皆さんでサビの部分を大合唱しましょう!

    ♫ 創価は中途半端に 開放されて
    功徳の欲望は盛り上がる一方
    あゝ つかのまの幸福が
    ナンミョーハイでもたらされ
    会員日増しに増えつづけ
    同時に財務もふえてきた
    脳にきた 脳にきた 創価脳でたよ おー脳
    おー脳 創価脳

    折伏の成果で功徳が増えるぞと
    数さえだせれば この際なんでもいい
    幸薄そうな人に 手を出して
    折伏教典の通り せめまくり
    創価以外に幸せの道はない
    脳にきた 脳にきた 創価脳でたよ おー脳
    おー脳 創価脳

    悔しいのなんのって そりゃあ もう
    まさか 詐欺だとは 思わなかった
    その”まさか”が命とり
    初めは 何とも思わなかったけど
    段々 お金をせがまれて
    10万 100万 1000万
    とうとう 創価脳のできあがり
    脳にきた 脳にきた 創価脳でたよ おー脳
    おー脳 創価脳

    信濃町の本部じゃ 壊れたセンセイを
    何年も ある所にとじこめて
    「センセイはお元気です」とウソをつき
    会合では偽のメッセージ読みあげる
    本当は君にも察しがつくだろう
    脳にきた 脳にきた 創価脳でたよ おー脳
    おー脳 創価脳

    笑えば 笑えよ 創価脳
    曼荼羅もらったあの日から
    宗教もへったくれも ありゃあしない
    取り囲まれて折伏されて
    脅したあいつが悪いのか
    気づかね私が馬鹿なのか
    頭の中はナンミョーまつり
    脳にきた 脳にきた 創価脳でたよ おー脳
    おー脳 創価脳

    馬鹿につける 薬なし
    今も昔も変わりなし
    好きな事して 脳にくりゃ
    文句は云えぬが 愚痴は云う
    ぱっと咲きます 三色旗
    脳にきた 脳にきた 創価脳でたよ おー脳
    おー脳 創価脳

  28. 私も替え歌ひねってみました

    懐メロ『ゲゲゲの鬼太郎』にて

    え?え?えええのえー?
    今日も朝からデモ行進
    楽しいな〜、ハイテンション〜😍
    理念も真実もな〜い!
    え?え?えええのえー?
    み〜んなでデモろう、うー た が わ ず〜

    けっこう字余りくるもんなんですね、技いるなあ…
    それにしても懐メロ過ぎちゃいました、おそまつさま

  29. おー替え歌!シニフィエさんは、泉谷しげる大先生で来ましたか!(^皿^)歌っちゃいました〜おー脳♪創価脳♪YouTube貼りつけてあってうらやましい〜です♪

    では、雪風も、参ります!

    元ネタ→【デビルマンのうた 〜TV・アニメ「デビルマン」〜
    歌:TV・アニメ主題歌 作詞:阿久悠 作曲:三沢郷】】てか作詞、あの阿久悠さんだったんだ……と今さら気が付いて感激w(°O°)w

    私は、ようつべ(YouTube)の貼りつけ方が分かりません!(笑)

    —イケダ教のうた—

    あれは誰だ 誰だ 誰だ
    あれはソーカ
    マジ基地〜♪ マジ基地〜♪

    ※広宣流布の 名を受けて
    すべてを捨てて たたかうおバカ〜♪
    四ケタ財務-は 当たり前
    婦人部幹部-は 地獄耳
    部員回りは-ストーカー
    法曹界-は カネ次第
    カ〜ルトの力 身につけた〜♪
    狂気の-イケダ教〜♪
    ソーカ脳 マジ基地〜♪※

    はじめて知った甘いワナ
    その愚かさに めざめた信者
    広宣流布は-パワハラで
    車座-正気じゃありません(車座→星座じゃありません♪)
    財務狂気の-すってんてん
    信者脱会-許せねぇ!

    悪魔の力 身につけた〜♪
    偽善のヒ-ロ-〜♪
    イケダD キモすぎ〜♪

    あれは誰だ 誰だ 誰だ
    あれはイケダ
    金マン ダボハゼ〜♪

    (※くり返し)

    (^皿^)替え歌の苦情は、あえて受けません!
    苦情はマジ基地ソーカに言ってくれ!(笑)

    以上です\(^O^)/

    P・S

    ラザリスさん、賛同いただき、ありがとうございます!

    創価は、いつでも自分たち以外の敵を勝手に「作って」怒りの矛先をそらし、信者を戦わせていますね。

    もう、自分たちが悪いと、テコでも認めない!

    そんな創価システムと、イケダDこそが、この世に一番要らないものです!

    おっと、創価の金魚のフン公明党も必要ないんじゃあ!

    雪風でした。

  30. signifieさん!「おー脳」はじめて聴きましたが、サビの部分を部屋でこっそり合唱しました♪
    盆踊り気分です。
    ……私も替え歌よろしいでしょうか?(≧▽≦)
    私も替え歌便乗で、すみません。
    渡辺真知子さんの「迷い道」より
    ♬♬♬
    現在過去世未来世
    絶対守られるなら
    私はいつまでも信じてると
    誰か伝えて
    まるで喜劇じゃないの
    一人でいい気になって
    醒めかけたあの人に
    罰が当たる!だなんて
    ひとつ曲がり門
    宗教間違えて
    迷い道くねくね

    今さら新聞に
    素敵な言葉ならべて
    イカサマメッセージは続く
    複数のゴーストライター
    あれからどうしてるの?
    今ごろどこにいるの?
    寝たきりになってると
    噂できいたけれど
    ひとつ曲がり門
    師匠間違えて
    迷い道くねくね

    捨ててしまったわ
    昔の信仰心なんて
    もしも許されるものなら
    きっと生まれ変わる
    まるで喜劇じゃないの
    バイバイ公明党
    プラカード掲げてるの?
    今も創価のために
    ひとつ曲がり門
    日本も曲がり門
    迷い道くねくね

    失礼しました。
    歌が大好きな私は、いつも頭の中で替え歌が巡っています。

    レイラさーん!
    「およげ!たいやきくん」の歌って奥が深かったんですね。
    感動しました(^_^)v

  31. 安保さん、創価の二世三世というのは入信動機がありません。創価が絶対に正しいという考えがデフォルトで生きることになるので、創価が間違いだとなると、それに代わるものが何もなくなります。創価が間違いだとわかることもショックですが、それに代わる価値観、人生観がまるで白紙になってしまうという恐怖に絶えられないということもあると思います。

    >学会が間違っていたなら両親もわたしも何をしてきたのでしょうか

    そうです。自分で考えることをはじめた学会員は、まずこのことを受け入れるのにとても苦しみます。だって自分のそれまでの人生を自分で否定しなければならないんですからね。戸惑うのも無理はありません。しかしそこで安易なほうに逃げてしまっては、一生自分を偽りながら生きていくことになります。とにかく目の前の現実をしっかりと受け入れる勇気を持つことが大切だと思います。創価の矛盾に目を閉じたまま生きていけば、表面上は楽かもしれません。何も考えずに言われたまんまのことをやって、お金や労働力を貢いで、これで正しいんだと自分に言聞かせながら生きていくほうが楽でしょう。でもいったん自分で考えて創価を疑う気持ちが芽生えたのであれば、自分で自分をごまかすのも限界があると思います。自分の本当の心を否定し続けながら生きていけば、どこかで壊れてしまうでしょう。偽りの自分であることに絶えきれなくなって、ものすごい自己嫌悪に陥ったまま、最後には自分で自分をコントロールできなくなることだってあります。私の経験では、一度壊れてしまうと、どんなに頑張っても決してもとのとおりには戻れません。常に自分の心の状態をチェックしながら、今の自分はどれくらいコントロールできているのかを見極めながら生活していかなければならないようです。調子がいい時でも、ちょっとした言葉によってどん底に落ち込んでみたり、なんでこんなふうに思ってしまうのかわからなくなるときもあります。正直な自分を抑え隠しながら、ごまかしながら生きていくと、どこかで壊れて、もとに戻れなくなるんです。
    安保さんにしてみれば、創価が宗教ではなく詐欺だという現実はすぐには受けとめられないでしょうが、かといって今までのように創価が正しい宗教団体だということも100%信じることができない状態だと思います。このブログに寄せられる元活動家の真実の声を、しっかりと受けとめて、これからの人生をどうするのかを自分の頭で考えてほしいと思います。

  32. み、みんな替え歌、飛ばしまくりですなぁ~~~~~~~~
    ウォー !! L(゚□゚ L) Ξ (」゚□゚)」 スゲー!!  
    お盆ですので、たまには堅苦しい話は抜きにして、楽しくやりましょうぜ! イエ~イ♪
    では、ちょこっと私めも、
    あの国民的アニメの「サザエさん」の替え歌です~

    有りそで なさそな 功徳を~ 追い掛けて~
    迷惑~ かけてる~
    不快~な  学会~員さん~
    みんなが笑ってる~   法主様も笑ってる~
    る~るる るる~る~
    今日~も 脳天気~~

    おそまつ様ですた。。 (ぺこりの顔文字)

    awakeさん、
    イフ●ドウドウの歌!いいですね~、ついつい歌ってしまいました、
    創価の学会歌って、ほんと軍歌そのものみたいな曲調の歌が多いですよね。

    signifieさん、
    泉谷しげるの「おー脳」 ← これも替え歌かと思ったら、これは正式なタイトルなんですね(笑)
    >脳にきた 脳にきた 創価脳でたよ おー脳
    >おー脳 創価脳
    何か楽しい! ほんとに、おー脳!ですわ(*≧з≦)

    宝星さん、
    ゲゲゲの鬼太郎の替え歌、安保法案バージョン、なかなか面白いですね!続きが気になります!
    アニメも子供の頃からよく観てましたよ。

    雪風さん、
    デビルマンの替え歌!これもテレビでよく観てましたから、つい歌っちゃいますよね。
    >広宣流布の 名を受けて  すべてを捨てて たたかうおバカ〜♪
    まさに悪魔の創価脳たちですよね!笑っちゃいました!

    せーやさん、
    渡辺真知子の迷い道!よく聴いてましたよ、懐かしいなぁ!
    >まるで喜劇じゃないの   一人でいい気になって
    >醒めかけたあの人に   罰が当たる!だなんて
    素晴らしいです! 上手過ぎです(*≧∀≦)
    次も、めっちゃ期待しますよ!

    ころろんさん、 初めまして、
    創価脳のバリ活の母親の説得、確かに容易な事ではないかも知れませんねぇ・・・
    そういう家庭は結構たくさんあります、とにかく、お母様とケンカになるような事は出来るだけ避けて、
    タイミングを見て少しずつ説得しつつ、自分は信心をしたくない、というスタンスをしっかり持っていた方がいいと思います。

    とんびさん、
    ゴールドのクロスネックレス、いいですね!大人っぽい色気と上品さも備わってると思いますよ、
    宗教的なアイテムであっても、ファッション性を兼ね備えていて広く普及しているのは
    確かにすごい事ですよね。

    今日の聖教新聞、終戦70年という事で、不戦、反戦、平和アピール一色です。
    創価学会は、今までこれだけ平和と不戦に関して必死で努力してきたんだよ!どうよ?
    というアピールがすごいです。  てかウザイです。
    しかし、「公明党」という文字は、ざっと読む限り、1行も出てきませんね。
    「創価学会はこんなに正しい」
    「創価学会はこんなに立派ですごい」
    「創価学会はこんなに平和活動に努力している」
    「公明党? たぶん、自民のブレーキ役で忙しいんだよ。そこは疑問や関心を持つな」
    って事みたいです。
    はいはい、みんなもうウンザリしていますよ。 
    聖教新聞なんざ、無料にして、9割を広告でいいんじゃないの?

    寸鉄の、「『随喜するは信心なり』 歓喜の生命こそが広布前進の原動力。勇み共々に」ですって。
    ちなみに、「随喜」とは、涙を流すほどありがたく思い、大いに喜びを爆発させること、だそうです。
    あぁ、気持ち悪い・・・  「大将軍様」は、5年以上も机を叩いてないのに・・・
    創価脳の学会員さん、他に、趣味とか楽しみとか娯楽とか、無いんですかね?
    財務の振込みや新聞のセールスで、「随喜」の涙を流せます?? 

  33. お盆 脱力企画
     【 こんな壮年部幹部は嫌だ! 】

    ・ネクタイが自分で締められない
    ・いつもズボンが短い
    ・ズラがズレてる
    ・靴下の裏に穴が空いてる
    ・会館から帰る時、靴が左右違う
    ・会合での幹部指導が「取り組み後の力士」
    ・会合での幹部指導が「落語」
    ・白蓮さんが水を持ってこないと1日フテる
    ・いつも地区婦に叱られる
    ・動きが「ふなっしー」
    ・火を起こすんか!ていうくらい数珠をこする
    ・親の仇か!ていうくらいリンを叩く
    ・題目三唱の導師で「あんみょ~ほ~れんげ~きょ」と言う
    ・幹部なのに、正座で足がすぐしびれる
    ・幹部なのに、オバケが怖い
    ・幹部なのに、「法華経」を「ほっけけい」と読む
    ・誰も求めてないのに握手したがる
    ・髪の毛は、ポマードで固めている
    ・UFOに連れ去られた事がある
    ・家に呼んでも、仏間以外は絶対に見せない
    ・仏壇が小さいのに、リンだけ巨大
    ・小さな孫が、お年玉の時しか寄って来ない
    ・家庭訪問でコーヒーが出るとテンションが上がる
    ・家庭訪問で、毎回犬に噛まれる
    ・活動報告で、やたら噛みまくる
    ・次の拠点に移動する時、「ドロンしますんで」と言う

    おそまつ様でした~~~

  34. 『日本の一番長い日』の映画を観てきました。
    別スレで、signifieさんもおっしゃっていたと思いますが、日本の戦後70年の歴史があるのは、祖国の平和と繁栄のために苦しみ、かけがえのない命を捧げて下さった幾多の先人達の尊い犠牲の上に成り立っているのだと思います。我々はこのことを片時も忘れてはならないと思います。
    自民党と公明党が平和憲法に逆らって行おうとしている政策は、この先人達の尊い精神と行動を踏みにじる蛮行だと思います。
    創価学会が、日本の政治や歴史を深く省みることもなく、セカイコウセンルフという出来もしない夢物語に浮かれ、有りもしない功徳に騙されながら公明党を盲目的に支援してきたことの結末を思い知るべきです。
    創価学会がやってきたこと、とくに池田教になってからは、謙虚な姿勢で政治や歴史を学び、自分の頭で考えて行動することのできない「創価ロボット」の大量生産でしかありませんでした。
    そのことが日本の健全な発展にとって、どれ程のマイナス要因になったのか はかり知れません。
    騙されて行動していたとは言え、創価学会の悪事に加担してしまった人間として、これからもこのブログをお借りして、せめてもの罪滅ぼしをさせていただきたいと感じております。
    m(__)m

  35. みなさん、ご心配おかけしてすみません。わかってます。先日Kickeyさんにお伝えしたとおり、そのつもりです。

  36. コージさん、【 こんな壮年部幹部は嫌だ! 】は笑いました〜(^◇^)
    いますいます!魚市場のセリのおっさんのようなダミ声で勤行する壮年幹部。地方から出たことないのに、本部幹部の真似をして指導のときだけ東京弁になる壮年幹部。とにかく偉そうに握手をしてくる壮年幹部。どこも似たようなものですね(笑)ステレオタイプに虚勢をはる姿はなんかかわいそうになってきます。

  37. コージさん私も思い出し笑いしました
    男子部の活動終了後長時間の題目闘争だんだん疲れてきて導師が、どう聞いても
    ナンミヨウホウレン、ネチョ~ ナンミヨウホウレン、ネチョ~  言うてましたね
    おい、おいっと思いながら合わせてやっておりました (^_^)/~
    これも加えておいてください

  38. 連投すみません
    創価をうたがうこと
    1965年、昭和44年に出版の創価学会を斬る、藤原公達、著を今読み返しています
    あれから50年も経っているのにここに書かれていることは全て今の学会の姿を言い当ています
    公達氏の慧眼に驚きです
    学会に任せておけばすべてよいなんて考えている方、一度疑ってみましょう

  39. 元バリ活地区部長のぴろんです。シニフィエさんお疲れ様です。

    男子部の区幹部と支部長と道で会い立ち話をしました。
    現役衆議院議員から安保法制についての説明があったそうです。
    とうてい納得できる内容ではなく、壮年部男子部から不満と疑問の声が上がったとのことでした。
    これを機に壮年部や男子部では支援活動を止める人が多いらしいです。
    支部長も役職を下して欲しいと県幹部に直談判に行って来た後だったようです。
    婦人部では、そこまでの話はないのですが、そもそも安保法制が理解できていないので、
    創価からすれば騙しとおせていると思っているのでしょうか。

    平和なんて会員を騙すための方便であり、目的はイケダをはじめとする幹部たちの私腹を肥やすための
    金集めが目的の詐欺集団です。
    いよいよ馬脚を現した創価です。平和なんて望んでいない欲しいのは【金・金・金】です。
    財務振り込みの確認をするなんて【金・金・金】
    いかなる屁理屈や詭弁を唱えようと、集金の為の確認でしかありません。

    婦人部本部長が離婚していたのは一年以上前だと聞きました。
    1年前だと私はまだ地区部長していたのですが、
    会合で「一家和楽の信心」とかほざいていたな(笑)
    お前、活動で家庭を放っておいたからダンナから愛想尽かされて離婚されてんじゃねーか。
    創価の教えが狂っているのが立証されてます。
    昨年の10時間唱題は離婚危機だったからとか(笑)なんじゃそりゃ(笑)
    活動を止めて一般水準並みの主婦をするだけで離婚を回避できたのに。
    学会活動>>越えられない壁>>>離婚 だそうです。馬鹿です。異常です。

    さっさと創価なくならねーかなー(笑)

  40. コージさん、聖教新聞、学会員の「私こそ誰より平和を願ってます」のアピール。
    ウザイの何のって、ホントそうですよね~。

    闘争だの戦いだの大好きなくせに、ヘソで茶が沸かせますって。
    「正義のために戦う」とか「絶対許さない」とか「地獄に堕ちる」とかそういう集団催眠にかかりやすい人たちが利用されて軍曹になるんですよ。(本人は使命感に溢れている)
    「私には確信がある」とか「絶対に退転しない」とかいう人も向いてますね。
    要するに疑うことを知らない人がいちばん利用されるんですよ。

    学会員のいう平和。
    仏敵が滅んで自分たちに都合のいい者だけが生き残ること。
    そうでしょ?
    こんな薄っぺらいことしか知らないのによくまあ、しゃあしゃあと平和なんて口にできること。

  41. バリ活歴16年 非活歴15年のレイラです。
    皆さんの変え歌面白すぎです!
    すばらしい!

    替え歌でふざけてるように?
    思ってる方もいらっしゃるかもしれませんが
    それ以上の悲しみや傷がありました。
    こうやって笑いでとばさないとやっていけない部分があります。

    では私も。。。コージさんの脱力企画を見ておもいついた
    【俺らこんな学会嫌だ】 もちろん吉●三さんの歌の替え歌です。

    ハア

    活動家無ェ 拡大も無ェ
    会合もそれほど人来無ェ
    常識も無ェ モラルも無ェ 
    訪問 毎日ぐーるぐる

    朝起きて 子供連れて
    2時間ちょっとの唱題会
    友も無ェ 家族も無ェ
    幹部は一日一度来る

    俺らこんなソウカ嫌だ
    俺らこんなソウカ嫌だ

    脱会するだ~

    脱会したなら
    銭コア貯めて
    違う所で家買うだ

    ハァ

    思考も無ェ 意思も無ェ
    生まれてこのかた 疑わ無ェ
    参加者無ェ 配達し無ェ
    新聞配達 俺一人

    婆さんと 爺さんと
    数珠を握って コピー拝む
    未来部無ェ 青年部無ェ
    たまに来るのは 多宝会

    俺らこんなソウカ嫌だ
    俺らこんなソウカ嫌だ

    脱会するだ~

    脱会したなら
    銭コア貯めて
    好きなことするだ~

    ハァ

    信念も無ェ 教義も無ェ
    イケダダイサク 何者だ?
    新聞には 載るけれど
    動くセンセー見だごとア無ェ

    新聞ウソ グラフもウソ
    たまに載るのは古い写真
    信用無ェ ある訳無ェ
    俺らの支部には 地区が無ェ

    俺らこんなソウカ嫌だ
    俺らこんなソウカ嫌だ

    脱会するだ~

    脱会したなら
    銭コア貯めて
    世界を旅するだ~

    俺らこんなソウカ嫌だ
    俺らこんなソウカ嫌だ

    脱会するだ~

    脱会したなら
    銭コア貯めて
    親孝行するだ

    PS せーやさん コメントありがとうございます!

  42. 創価を疑うこと…
    ずっと創価を疑いながら、自分では確信が掴めず、ただひたすらノルマに負われ、罰論に脅かされて嫌々活動していた私にとって、このブログに出逢えたことは本当に感謝です。

    前にも少し書き込みしましたが、この夏季友好週間が明けると、我が地区は、衰退による人材不足の為(幹部は、より良い活動環境を整えるため、と言ってましたが(@_@))合併統合することになりました。
    その流れで、私も白ゆり長、新聞の正配、新聞長等の役職から開放されることが決まりました!
    このブログに集う皆さんに勇気をもらい、幹部に活動が辛い、辞めたい、と言うことができたおかげです。
    おそらく幹部は、私が覚醒したことは知らないと思います。仕事を理由に全く会合に顔を出さなくなった白ゆり長では、迷惑だと思ったのでしょう。ほんの数ヵ月で私の環境がこんなに変わるとは…!退会したわけではないので、今後も公明党員の依頼や財務の強要などまだまだハードルはありますが、ひとつずつ、放り投げていきたいと思います。

  43. 皆さん、替え歌素晴らしいですね!
    年代が同じ頃なので、懐かしい曲もあり、思わず口ずさんじゃいます(^_^)
    コージさんの[こんな壮年幹部は嫌だ]笑えました。「あんみょ〜ほうれんげ〜きょ」いますね!寺の僧侶よりも読経が上手いとでも思ってるんでしょうね。

    昨日の法要勤行会は結局行きませんでした。
    子供達も行かなかったです。
    家で主人の部屋にあった紙ごみを整理していたら、鳳雛会の方の体験談が書かれた紙を見つけました。箇条書きにしてみます。
    ・社会人になってから未活の状態にあった。
    ・折伏した奥様は信心から遠ざかり遂には離婚された。(覚醒した?)
    ・お嬢さんが高校生の時(?)突然結婚する事になり、お相手の方も学会員だったそうで、お相手の方のお母様から折伏され、入会された。
    ・ご自身は鬱になり、薬とお酒で自殺未遂までに至った。
    ・お嬢さんの2番目のお子さんが重い心臓病で、手術するもわずか生後2ヶ月で亡くなった。
    お嬢さんも同じ心臓病で2歳前に手術している。
    現在はブロック長さんをされているようですが、どう考えても不幸としか言いようがないです。この体験を聞いて、学会員さんは「活動から離れたからだ」とか、「どんな事があっても信心で乗り越えるんだ」と自身に言い聞かせるんでしょうね。

    昨夜、娘と二人でお酒を飲みながら創価の事を話す事ができました。
    娘は「創価の人は普通の人に比べて不幸な人が多い」、「普通の人のように初詣に行って、おみくじを引きたかった」と言ってました。ごめんね、親の勝手で会館に連れて行ったりして…。
    娘のお付き合いしている方は外部の方だそうで、「○○が信仰するのは構わないけど、自分はやらないからね」と言ってるそうです。
    でも、自分は信仰心は無いので大丈夫と言ってるみたいで、もし主人が御本尊を持たせようとしたら、脱会する!って言ってました。
    良かった。安心しました。
    創価はただの金儲けの為のインチキ宗教だということも伝えました。
    娘が結婚する前に覚醒できて本当に良かったと思います。
    創価脳の主人がいる以外は今本当に幸せです。身体も以前より健康になり、風邪一つ引いていません。
    学会員の皆さん、ご自分の周りを良く見て考えましょう。体験談が素晴らしいと思う前に、世間の人と比べてどうしてこんなに不幸な人が多いのかを。

    signifieさん、ブログの管理お疲れ様ですm(_ _)m
    最近また多くなりましたね…。

  44. レイラさん、替え歌すごい!
    声を出して笑ってしまいました(^◇^)
    まさに創価学会の核心をつく歌は、覚醒する人が出るかもですね。それに呼応するかのようなピノコさんの地区合併の話は替え歌にリアリティを与えています。素晴らしい!
    ピノコさんも、脱会へ向けて着々と進まれているようで良かったですね。頑張ってくださいね。

  45. 「戦争ほど悲惨なものはない、戦争ほど残酷なものはない」と繰り返すのが大好きな学会員さん。
    あなたたち、日本が終戦してからも喜んで旗振って戦争したじゃないですか。
    宗門を罵り、呪いの祈りを捧げ、組織をあげてストーカー部隊を作り、晒と木刀を持たせ、盗撮、盗聴などをさせ、そのメンバー(兵隊さん)を護りましたよね。
    軍歌を唄って士気を高め、スローガンを掲げ、「仏敵は人として生きていけないようにしろ」と書きたてた特異な思想新聞を喜んで買いましたよね。
    全国で集会を開き、反逆者(王国では非国民ですね)を吊るしあげては「ロクな死に方をしない」と大合唱しました。
    ロクな死に方しないって、どんな死に方?
    残酷なことは嫌いなんじゃなかったの?
    戦時中とどこが違うの?

    いえね、終戦後ほとんどの日本人はこんな恐ろしいことしませんでした。
    戦争のからくりを見抜き、集団催眠になどかからなくなったからです。
    皆「考えること」「疑うこと」「見抜くこと」を学んだんです。
    学習しないと同じこと何度もくりかえしますからね。
    でも、どこかの団体だけはその「考えること、疑うこと」を再び止めてしまったんです。
    せっかく与えられた自由なのに、ああもったいない!
    案の定くりかえしてしまいましたね、醜い戦争。
    考えないって怖いですねえ。

    戦争映画観てると、戦後生まれはふつう「こんな思想の時代があったの?」とピンとこないものです。
    でも私は悲しきかな、ああ身近でさんざん聞いたよ、同じせりふ言ってたな、と覚えがあります。
    「貴様、それでも帝国軍人か~!」(貴様、それでもセンセイの弟子か~!)
    知らないでピンとこない側にいたかったですけどね。

  46. ラベンダーさん、娘さんのこと、とりあえず一安心ですね。よかったです。
    私がまだ男子部の活動をしているころ、同級生が男子部の支部長をしてまして、彼の題目はどう聞いても「なんも〜ほ〜れんげこ〜」としか聞こえなかったので、当時から「絶対功徳なんかあるわけない」と思ってました(笑)まあ、何と発音しようが功徳も罰もないのでしょうけど、結局彼は仕事にことごとく失敗して、借金踏み倒して、夜逃げ同然で街から去って行きました。もともと金持ちの親が出してくれるお金で無謀な事業を立ち上げては「信心でなんとかなる」と言っては失敗を繰り返して、挙げ句の果てに住んでる街にさえおれなくなったということです。創価脳でなければ普通に生きれたんだと思います。残念です。
    ブログ管理のお気遣いありがとうございます!最近多くなりました〜(^◇^)

  47. コージさん
    オカルト幹部ちゃん達から、やっと解放されましたか!
    良かったですね!
    まだまだ、財務の強要とかあると思いますが、頑張ってくださいね!(^ー^)

    ピノコさん
    配達辞めれて、良かったですね!(^ー^)
    これらも、少しずつですね。

    先日、幹部ちゃんから暑中見舞いのハガキがきてました。
    離れてから、何年かたつのに、今更何なのでしょう⁉
    本当に、しつこいカルトです!
    普段、会合でボレロの悪口を言っているクセに!
    本当、うざいわ~!( ̄^ ̄)

  48. ピノコさん、良かったですね。
    ワークの白ゆり長さんで新聞の正配(集金も)、新聞長はとてもきつかったと思います。
    覚醒されていたのですから、尚更辛かったことでしょう。
    お疲れ様でした。
    これから朝は、少しゆっくりできますね。

    ラベンダーさんも、良かったですね。
    うちの娘は、今思えば高校生くらいから覚醒していたみたいです。
    それも学校の先生の一言で……
    私も、早く娘と一緒に早く脱会したい。

    私は、また不思議な夢をみました。
    活動休止したのに、拠点に顔を出している夢でした。
    「あれ?私なんでここにいるの?帰らなきゃ!」と、不信な顔をする地区部長を横目に外に出ました。すると、入院しているはずの高齢婦人部員さんが拠点へと歩いて来たのです!
    その方は、人相がかなり変わっていました。
    おかしな夢、しかもはっきり覚えてるなんて!(>_<)

    コージさん、私も毎週サザエさんみてるので、今夜コージさんの替え歌思い出しそうです。
    お盆 脱力企画も楽しかったです。
    ふなっしーの文字に目が止まりました!
    ふなっしー大好きなので(*^^)
    なんと、こちらの例の婆さんはふなっしーの動き(体型かな)ソックリなんですよ。

  49. こんにちは。学会3世の婦人部のさくらです。
    かなり久々の投稿になります。仕事が忙しくなり、最近はなかなかこちらのサイトにこれませんでした。
    昨年の9月頃覚醒し、新聞をやめ、財務をやめたのですが、まだ脱会はしていません。
    近々、家を建て替えることになり、荷物の整理をしていたのですが、
    一番困ったのは、仏壇でした。以前なら、誰かにあげることにしたと思いますが・・・(10年以上前ですが結婚する前の一人暮らし用の小さな仏壇は、若い男子部の入会されたばかりの方に、あげました。)今は覚醒して、創価に騙される人を増やしたくない、と思い、主人に話して、バラバラに解体しました。
    御本尊をはずしてみると、本当にペラペラの安っぽい紙切れで、信じていたときのことを思い出してむなしくなりました。
    開放されて気分はスッキリしているものの・・・少し複雑な気分です。
    創価の書籍も、たくさんあったので主人が古本屋に持っていったのですが、一冊5円とか・・・ほんとに価値がないんだなぁ、としみじみ思いました。

    母に少し、創価のことを話してみたのですが、やはり創価スイッチ?というものが入って、まったく話になりませんでした。そんなに熱心な会員ではないのですが(笑)
    創価学会の2世、3世で苦しんでいる人がいることを話しても、「みんなまだまだ発展途上だから、人間革命の途中だから」とか・・・・
    教義がどんどん変わっていってることや、小説人間革命に書かれていることとぜんぜん違うことなど、話しても、「お母さん、人間革命読んでないから分からないもん」とか・・・
    それなのに「難しいこと言われても分からないけど、とにかく絶対正しい」と言ってみたり・・・
    「あんた、最近悪いほうへ言ってるんじゃない?よく分かんないけど、そんな感じする。昔と違う、素直さがなくなった、お父さんに似てきたね」と言われました。
    私の父親は、一応学会員2世だったのですが、会合などは参加していませんでした。お酒を飲んで、暴れたり、子供にも平気で手を上げる人で、母親とはもうだいぶ前に離婚していて、私ももう何十年も会ってないです。
     そんな父親に似てきたと言われて、一瞬腹が立ったのですが、そのおかげでもういいや、と吹っ切れました。母は、母。でも、私はもうまったく創価を信じてない、悩む必要はない、と思えました。(まだ脱会してないのは一人暮らしの母のためでしたが・・・)

    最近、忙しくて友達になかなか会えないのですが、会った人には創価をやめることを話しています。
    選挙などで迷惑をかけたことがあるので・・・
    外部の人のほうが、創価の人よりずっと寛容で
    「よかった、話すのに勇気が言ったんじゃない?言いにくい事話してくれてありがとう。」
    と、言ってくれました。ほんとに、器が違うなあと感じました。

    なんだか何を言いたいのか支離滅裂になってしまいましたが、またコメントさせてくだい。
    こちらのサイトで勇気をもらっています。いつもありがとうございます。

  50. シニフィエさん、こんにちは
    acaluliaのブログというサイトに、こちらのサイト情報が載っていました。
    こちらもシニフィエさんが管理されているブログですか?

  51. コージさん
    思わずブハッーと吹き出しました。
    いるいる~
    あるある~って感じですね。

    >・火を起こすんか!ていうくらい数珠をこする
    ・親の仇か!ていうくらいリンを叩く

    唱題に飽きてくると、数珠をやたらと揉みこんで火を起こす人いましたね。
    その人達は、かなりの確率で目を閉じてました。
    普通の一般家庭を借りているのに、ガーンガーンと思いきりリンを叩く人もいましたね~。
    そんな人は、人の家に上がるだけで部員さんを自宅に呼ばないからわからないんだろうなと思ってました。
    婦人部あるあるも作れそうですね^^

    ピノコさん
    良かったですね。
    今まで本当にお疲れ様でした。
    時々、配達やったことのない幹部が「早朝の配達は健康になるし功徳はもらえるしいいわよね~」と言ってるのを聞いた事がありますが、じゃあ、あんたがやれば?と言いたくなりますね。
    これからは、ゆっくり休んでくださいね。

    ラベンダーさん
    >娘が結婚する前に覚醒できて本当に良かったと思います。
    創価脳の主人がいる以外は今本当に幸せです。身体も以前より健康になり、風邪一つ引いていません。

    同感です。
    私は、元々風邪一つひかない頑丈な女なのですが、覚醒した今はさらに健康で長生きしたいと思うようになりました。
    創価脳旦那の問題は・・・・簡単にはいきませんね。
    創価の話をどう話しても心に届かないようなので、時々虚しくなります。

    安保法案問題は、組織では全く話がないようです。
    ぴろんさんも書かれていましたが、婦人部では疑問を思う人はまずいないと思います。
    教義変更したことも知らない人がほとんどでしょう。
    そんな事に目を向けられないように、ニンゲンカクメイの本の読み合わせ勉強会が昼夜と開催され洗脳強化、新聞啓蒙、折伏だと目先の戦いに追い立てられていますね。
    友好週間明けには、任用試験受験者のピックアップ、財務の申込み用紙の配布など実務に追われ、その後は支部総会・地区総会の開催と、活動家達は休む間も考える間も与えられず、次々と打ち出しに追われると思います。
    やはり、自分なりの気づきがないと覚醒へと繋がらないのかもしれません。

    昨日、TVで73才の萩本欽ちゃんがこの春に駒澤大学に入学して、授業を受けている様子をやっていました。
    その時、欽ちゃんが「授業でセンセイから、何でもまず疑ってみることを教わりました。これは本当に正しいのか?何でも言われたことを鵜呑みにするのではなく、まずは疑ってみることを教わったんですよね。勉強になりました」というような事を言っていました。

    創価にいる時は常に「信じ切れるかどうかだ」と言われ続けてきた私にとって、私に欠落していたのは、まさにこのスレッドの「疑うこと」だったと思います。
    「本当にそれは正しいのか?と疑ってみる」大事なことですね。

  52. さくらさん、はじめまして。夕顔と申します。

    さくらさんがお母様から「お父さんに似てきたね」と言われて腹が立った気持ち、すごくよく分かります。
    実際、私も同じ事を母から言われました。
    学会のおかしさや矛盾点や疑問を母にぶつけた時に父と同じ事を言っている、父に似てると……
    私の父は学会未入会の人でした。父と母は私が物心つかない小さい時に(母が原因で)離婚してしまったので、正直言って父の記憶は私にはありません。
    だからどういう人間だったのかも分からないのですが、そんな父を引き合いに出して「似てる」と言われて「ふざけるなこのクソアマ!」と激怒した事があります。
    親に対してなんて口の聞き方をするんだ!と怒られちゃいますね。口が悪くてごめんなさい。

    私もそれ以来、創価を信じる事をやめました。と言っても、それが本来の人間の姿なのかもしれませんけどね。
    そして私の母も「分からないけど学会は正しいから信じてる」派の人間です。
    例えで言えば「目の前にある得体の知れない爬虫類のような物の正体は分からないけど美味しいと思うから食べる」みたいなものですよ。

    何も理解していないのにそれが良いと思い込む。そうしている人に限って人間革命や池田氏などの創価関連の書籍を読みもしないのに無駄に買い込んで本棚に並べておくんですよね。
    ついでに言うと新聞も全く読んでいません。何のために新聞代を払っているんだと言いたくなりますが、きっと彼等に言わせれば「功徳のため」なのでしょう。

    学ぼうとせず、理解しようとせず、考えようとしないで何が「創価は正しい」なのでしょうか。彼等の思考はよく分かりませんね(笑)

  53. モニカさんもコメントされていましたが、創価学会のコウセンルフとは、世界の人口の 2/3 がイケダセンセイを永遠の師匠として神のごとく崇め、日蓮正宗からまんまと盗み取ったコピー曼荼羅に向かって祈祷師のごとく題目をあげて、自らの生活が豊かになるようにナンミョーズ ハイになり思考停止し、毎日毎晩会合と家庭訪問に明け暮れ、創価学会の会館は世界各地のあらゆる地域にバンバン建ちまくり、世界の大統領や国家主席がSGI のメンバーであり、日本の総理大臣や政府の首脳部が創価学会員となりゴショを根本に国内外の政策を運営し、国家予算も創価学会の自由な選択で使われるような世の中になることでしょうか?
    その世界の人口の 2/3 になるまでに、創価学会に反逆したり、反発したり、活動に消極的な人間は淘汰されて、病気や不慮の事故なんかでくたばってないと都合が悪い訳ですね。
    そんな世の中になるまでに何万年かかるか知りませんが、自分はそんな世の中になってほしくありません。
    そんな世の中は、言葉を代えて言えば一種のファシズムであって、人間の本質的な自由を抑圧するものであるし、社会の健全な発展にとって大きな障害になると考えるからです。
    このブログで明らかにされているように、たかだか数百万人の創価学会の組織で、これだけの矛盾点や秘密にされ続けてきたダークな部分がある訳です。
    ゆえに、創価学会の目指すコウセンルフは、ほぼ
    100% 無理だと考えます。

  54. シニフィエさん、ボレロさん、せいやさん、ありがとうございますσ(*´∀`*)
    これからは、友だちや子ども達と旅行にも行けるし、朝もゆっくり眠れます♪

    そうそう。私が一番変だなと思っていた題目は『池田先生』です。
    同中でスピーチの最後にお題目をあげるダミ声は『なんにょ~ほ~れんね~きょ~』にしか聞こえませんでした。しかも、最後は題目三唱ならぬ、題目四唱でしたよね。なんで?池田先生だけ特別に1回多いのか??と思ってました(笑)

  55. 真実さん、こんにちは。
    acaluliaのブログ初めて見ました。
    アタマよさそうなブログですね。
    私はこの『対話を求めて』ブログの管理でアップアップです(笑)ので、複数のブログ運営なんてとんでもないです。

  56. 安保さんがなかなか答えてくれないし、私もこんなことに時間をとりたくないので、先に言いますね。
    安保さん、あなたは30歳男子部だそうですね。
    すると弟さんは20代。弟さんとはどれくらい歳が離れているのですか?と訊いた意味がわかりましたか?
    あなたのお婆さまは戦時中の空襲で亡くなったそうですね。するとあなたのお母さんは、すくなくとも戦前生まれですよね。お爺さまはサイパンで戦死されたということですから、お母様がお婆さまのお腹に命を授かったのは太平洋戦争前。つまり少なくとも75年前ということになります。およそ75歳から80歳前後の女性に20代と30歳と30代の息子さんがいるということですね。いったい安保さんのお母さんは何歳なのですか?
    いえ、いいんです。亡くなったのは父方の祖父母で母方の祖父母は戦後生まれでとか話をつなげて暇つぶししようとしても無駄です。どうでもいいです。めんどくさいのでブロックしますね。ごきげんよう〜。

  57. シニフィエさん
    お尋ねしたブログ、様々な情報が載ってますね(笑)
    変な事うかがって、すみません。
    そうですよね、ブログを1つ管理していくのは、
    色々大変な事があるとお察しいたします。
    シニフィエさんのブログは続けていただきたいので、
    どうかご無理をされませんように
    皆さんの替え歌も楽しませていただいています。

  58. 替え歌、盛り上がりますねえ!
    これでスレッドひとつ作られてはいかがでしょうか(笑)

    雪風さん、デビルマン懐かしいですよね~。
    男の子がデビルマンなら、女の子はキャンディキャンディですかね♪
    一番(女子部編)
    二番(婦人部編)

    晩婚なんて 気にしないわ
    パステルスーツだってだって お気に入り
    ピンクのチーク だいすき
    池田はこれが だいすき
    わたしは わたしは 創価の華陽
    地区に青年いないの ちょっぴりさみしい
    そんなときこういうの 曼荼羅見つめて

    ナンミョー ナンミョー ひたすらナンミョー
    なきべそなんてサヨナラ
    ね 福運積むの 

    アポなしなんて 気にしないわ
    強引だってだって 功徳だもん
    新聞押し売り だいすき
    多部数購読 だいすき
    わたしは わたしは創価の婦人部
    三障四魔に負けるの ちょっぴりくやしい
    そんなときこういうの ほぺたつねって

    センセイ センセイ 我らがセンセイ
    疑うなんてサヨナラ
    ね 師弟不二よ  

  59. 雪風です\(^O^)/♪♪♪

    皆さん、夏の納涼替え歌大会!盛り上がってまいりました!

    皆さんの替え歌は、どれも甲乙つけがたいくらいにズバッと鋭く、ユーモアセンス抜群ですね!\(^O^)/

    またまたいきます\(^O^)/

    元ネタ→【おどるポンポコリン

    さくらももこ 作詞
    織田哲朗 作曲】

    替え歌(^皿^)

    —イケダポンポコリン—

    ソーカのマジ基地みんな
    イケダをおがんでいるよ
    ビデオの中からボワッと
    インチキダイサク登場
    いつだってブレてない
    ダイサクは偉い人
    そんな非常識〜♪

    *)タッタタラリラ

    ピーヒャラ ピーヒャラ
    いつもエラそぉ♪

    ピーヒャラ ピーヒャラ
    のどがかわき♪

    ドンドコ バンバン
    つ〜くえをたたく〜♪

    タッタタラリラ

    ピーヒャラ ピーヒャラ
    グ〜ビぐびび〜♪

    ピーヒャラ ピーヒャラ
    イケダポンポコリン♪

    ピーヒャラピー
    おなかが出てるぜ〜♪

    —二番—

    あの子もこの子もみんな
    急いで脱会するよ
    電信柱の陰から
    マジ基地男子部登場!
    いつだって迷わない
    ガッカイはカルトです
    そんなの常識〜♪

    タッタタラリラ

    ピーヒャラ ピーヒャラ
    ニ〜セモノだ!

    ピーヒャラ ピーヒャラ
    マジでヤクザ♪

    ピーヒャラ ピーヒャラ
    巻き物い〜らない〜♪

    タッタタラリラ

    ピーヒャラ ピーヒャラ
    安否不明♪

    ピーヒャラ ピーヒャラ
    イケダポンポコリン♪

    ピーヒャラピー
    ブタのプータロ〜♪

    タタタタタータタタタタ

    *)繰り返し

    P・S

    コージさん、コメントありがとうございます!(≧▼≦)

    いつも精力的に、愉快痛快かつ鋭くもある、素晴らしいコメントをなさいますね!本当に頭が下がります!m(__)m

    シニフィエさん(;^_^A

    安保さんは、やはり安保ンタン(アンポンタン)でしたか……フゥ(*_*)現在30才で、おじいちゃんが、サイパンで戦死?……おじいちゃんは、いつ子供を残して戦死?戦後ナナ十年経ってるのに?

    いやいや、なりすますにしても、戦死したおじいちゃんは老け過ぎですよ〜最低でも九十ぐらい過ぎてません?

    十代で戦死?子供は?

    ああ、もうありえん………(;^_^A
    ……シニフィエさん、お疲れ様でした(☆。☆)

    雪風でした。

  60. 夕顔さん、はじめまして。
    さくらと申します。
    夕顔さんの言われたとおり、うちの母は新聞もろくに読んでいません。私が、女子部の頃、新聞に矢野さんや竹入さんの悪口が書かれていて、秋谷会長や幹部のあまりの口の悪さに毎回呆れていた、と話したのですがが、そうだっけ?と言っていて、「新聞読んでる?」と聞いたら、「私は難しいこと分からないから、見出しだけチラチラ見てるだけ」と言っていました。
    学会の書籍も、地区の婦人部の方が毎回申し訳なさそうに、頼みにくるので、「1冊だけ買います」と、素直に買っていたのですが、一度も読んだことないそうです(笑)
    韓国の韓流スターのDVDは、寝る間も惜しんで、みているそうです。だから、時間がないわけではないのですが・・・学会にそれほど興味がないのでしょう。

    地区の人もいい人ばかりで、まったく嫌な思いもしたことない、と言っていました。
    選挙もたいしたことはできないけど、できることだけやらせてもらう、というスタンスなので、
    こういうタイプの方が、覚醒しにくいのかもしれませんね。
     
    そんなに学会のことを信じているなら、一度でいいから地区の協議会に出てみたら?もしくは選挙の時地区の勤行会に行ってみたら?と言いましたが、まったく行かないのです。私が女子部の頃、地区の協議会に始めて参加したとき、ほんとにビックリしたので・・・いつもにこにこしていた婦人部の裏の顔を見てしまい、ショックでした。幹部の悪口、部員さんの悪口・・・ノルマのため数字が飛び交い・・・唖然としました。
    気の強い婦人部の方は、「私たちは真剣にやっているから、愚痴が出るの!」「私たちは部員さんを守るため、だらしない幹部とは徹底してケンカもする!」と言っていました。
    母も本当は本能的に分かっているので、同時中継と座談会しかいかないのでしょう。”お客さん”でいたら、嫌なところを見なくてもすむので・・・・あと、参加するだけでも喜んでくれるので。(仕事をしているから、時間がないと言っていますが、ほとんどの人が仕事をしながら活動しています)

    こちらでも創価脳について、たくさんの方がコメントされていますが、ほんとに
    みんな同じことを言うのだなぁ、とビックリしています。

  61. 「戦争なんて悲惨だ、残酷だ」とあれほど人一倍叫んでいたはずが、気がついたら思想の違いくらいで大喧嘩してしまった。
    人を恨んでしまった。
    そして攻撃してしまった。
    敵ならいいと、残酷なことをしてしまった。
    それがなぜか、自らが口すっぱくダメだと言っていた「悲惨で残酷」なことだとは思いもしなかった。
    別だと思っていた。
    はたと気がつきませんか?
    そうです。
    子どもでもわかる簡単な理屈を思い続けていたはずが、いつの間にか操られてしまってましたよね。

    一方的な情報を鵜呑みにしてはいけない。
    聡明でいならなければいけない。
    苦しい戦時中の話を聞いていて、そう誓ってたはずですよね。

    カルト教団は怖い。
    マインドコントロールはやばい。
    オウム事件なんか見てつくづくそう思いましたよね。

    だけど気がつくとやられている。
    そうですよね?
    ここで創価とオウムは違うだの、戦時中と創価は違うなどと反論したらもっとやばいですよ。
    気付いてもいないことになります。
    「あ、騙された!」
    これよりやばいことになりますよ。気付いてもないんですから。

    考えることって思っているより大変ですよ。
    一生懸命考えなくちゃならないんです。
    ひろく、人の話も聞かなければなりません。
    思い込みにも気をつけなければなりません。
    冷静さも必要です。
    でも「気づいたら」できますよ。

  62. すごいなあ〜
    みなさん替え歌のセンス抜群ですね。
    長年の体験からにじみ出てくる言葉だからこそ、説得力がハンパないです(笑)
    そして全国同じようなことが繰り返されてきたということがよくわかりますね。
    みんな同じような手法で、同じように騙されていたんですね。ほとんど地域差がないのも驚きです。
    それだけ創価の組織管理が徹底していたということでしょう。
    コージさんの【こんな壮年部幹部は嫌だ!】はシリーズ化できそうですね(笑)
    壮年幹部編はまだ可愛げがありますが、【こんな婦人部幹部はいやだ!】と想像しただけでも凄まじいものがあります(笑)
    やはり創価学会は婦人部で成り立ってますからね。婦人部が選挙活動をやめれば、すぐに公明党は泡沫政党になり、自民党も見放して、創価自体が一気にしぼんでしまうんですけど、来年の参院選では、安保法案のことなんかすっかり忘れて、功徳欲しさに公明党の票をとりまくるんでしょうね。
    さっき公明党のFacebookを見たら、学会員と思われる人からのものすごいバッシングの嵐でした。でも片っ端から削除しているみたいです。そして公明党の公式HPにはどこを探しても安保法案についての記載は見当たりませんでした。どこまで汚いんでしょう。
    あの山口代表の修正しまくったニヤケ顔の写真はほんとにキモいです。いつもヘラヘラ半笑いで会見しますよね。創価のために自民党と組んでるのに、学会員からここまでバッシングされたら「やってらんねえよっ!」って腹では思ってるでしょうね。あの人もそのうち使い捨てにされるのに。

  63. 管理人さん、お手数をおかけしてしまい申し訳ありませんでした。

    さくらさん、夕顔さんのお母様のお話、うちの母も似たようなものです、
    人間関係が楽しくてやっているに過ぎないんだろうなあ、と思っています。
    私は「あんた、すっかり変わったね」なんて無邪気な一言を投げかけられました。
    そうはいっても、年老いてきて気がかりではあります、友人葬はともかく、
    それまでの介護とかは身内の出番であろうしどうするんだろう、と…
    この機会に、主人に創価のその辺りのややこしさを聞いてもらっていたら、
    半日かかってしまい、高校野球の最終試合も過ぎていってしまいました。

    🎶替え歌🎶納涼大会盛り上がってまいました〜 ドン☆どどん☆

  64. 毎日まだまだ残暑厳しいですね~(;´Д`)
    お盆休みは、皆様 いかがでしたか? 疲れは取れましたでしょうか?

    signifieさん、 サラマンダラさん、 ラベンダーさん、 ボレロさん、 
    せーやさん、 レモンさん、 皆さん、 
    コメント&お盆脱力企画に笑っていただき、ありがとうございます(^_^;)
    題目の導師へのコメントが多かったのは、興味深いです、
    そう言えば、会合での導師って、みんな壮年部ですよねぇ・・・?
    そういう決まりが伝統的にあるのかな? 

    レイラさん、
    >活動家無ェ 拡大も無ェ  会合もそれほど人来無ェ
    >常識も無ェ モラルも無ェ   訪問 毎日ぐーるぐる
    爆笑しました!! (*≧∀≦) なんか、哀愁の漂う学会員さんが目に浮かびます~
    次回作も期待してます~^^

    モニカさん、
    キャンディ キャンディの替え歌! 
    >ピンクのチーク だいすき  池田はこれが だいすき
    >アポなしなんて 気にしないわ  強引だってだって 功徳だもん
    素晴らしい!! 笑い過ぎて、腹筋がアタタタ (*≧з≦)ノ

    >闘争だの戦いだの大好きなくせに、ヘソで茶が沸かせますって。
    ほんと、それですよ、仏敵や信心を邪魔するものを「魔」と決め付けて、戦えだの闘争だのねじ伏せるだの、
    1年365日、子供からお年寄りまで、尻を叩いて闘争!闘争!ですからねぇ、
    文化会館内の壁にも、大勝利、前進、栄光、戦う、革命、そんな戦時中みたいな
    物騒な言葉のオンパレードですし。
    どんだけ好戦的と言うか、争い好きなんでしょ?? 
    昔は、「学会活動」ではなく「学会闘争」と、普通に言ってましたもんね、皆さん・・・・・・
    これで平和と文化の団体と言い張ってるんですから、呆れてモノが言えません。
    創価脳と言えども、普通は疑問に思わないほうが不思議ですよ。 恐ろしい団体です。

    雪風さん、
    >ピーヒャラ ピーヒャラ   のどがかわき♪
    >ドンドコ バンバン   つ〜くえをたたく〜♪
    池田ポンポコリン! すごいです! 池田君のコミカルな動きに実に合ってて、笑いました!
    皆さん、すごいなぁ~~~(*≧∀≦)

    そうですか、安保さんはアンポンタンさんでしたか(笑)
    それゆけ! 安保ンタン! とか、替え歌を作って参加してくるかも知れませんよ。
    もう、外部からの乱入者も、連日暑くてヤケクソになってるんでしょうかね?
    でも、多くのロムされている方々(学会員も含め)は、覚醒した方々のほうが人間味溢れ、
    感性豊かだなぁ、と感じている人は、多いんじゃないかと思いますね。

    signifieさん、レモンさん、 ほんと、「こんな婦人部幹部は嫌だ!」も楽しそうですよね!
    婦人部の会合はよく分からない部分も多いので、誰か作ってくださらないかなぁ(^_^;)
    こんな創価は嫌だ!と、壮年部幹部のシリーズ物、また挑戦しますね! 
    ありがとうございます^^

  65. signifieさん、せーやさん、レモンさんコメントありがとうございます。
    後は下の子です。なんとか機会を作って話をしていかないといけないと思っています。

    ピノコさん、おめでとうございます!
    地区統合ですか。私も代配でしたが地区の編成変えがあって配達を免れました。
    組織の衰退ぶりが分かりますね。
    正配、新聞長、白ゆり長、本当にお疲れ様でした。
    お友達やお子さん達と旅行、いいですね!
    楽しみましょう!

    レモンさん、私も欽ちゃん見てました。
    駒沢大学の仏教学部でしたよね。確か弟さんが創価小の校長先生で、ヤングミセスの時弟さんの「ボクだめな子じゃないよ」という題の講義のテープを聞かされました。
    家にテープもありました。
    欽ちゃんもこの弟さんに何かのメッセージを送っているのかもしれませんね。

    安保さんはあの成りすまし君と同じ人だったのでしょうか。文面がとても似ていたので…。ま、相手にするのも無駄ですね(^_^)

  66. ラベンダーさん、ウンコタレちゃんは一人みたいです。これまで10人以上のHNでなりすまして、かまってもらおうとしてきましたが、回を重ねるごとにヘタクソになってまして、近頃はもう最初の一言から「私はウンコタレです」ってバレバレになってきましたので、病気が悪化してるんじゃないでしょうか。ま、どうでもいいんですけどね。何でもいいからかまってもらいたいのと、多くの人に見てもらいたいという人格障害のようですので、もう完全に跡形を残さないように全部削除することにしてます。
    みなさん、ウンコタレはまた現れるかもしれませんが「こいつウンコタレかな?」と思ったら絶対相手にしないで完全スルーしてください。今回のように管理人の私がバカのフリをしてウンコタレと確認してから完全削除します。よろしくお願いします。

  67. シニフィエさん
    おつかれさまです。ウンコタレさんは初回の投稿でわかりますね。相手するのも時間の無駄ですね。
    仰せのとおり完全無視しておりました。

    皆さんの替え歌最高です!
    もともと歌謡には弱いので、超有名な曲だとよくわかります。 だから毎回ツボにはまります。

    一昨日は、父の初盆でした。早いものでもう7ヶ月がすぎました。
    このブログにであったのが、3月ごろでした。はじめはすごく衝撃的でした。父を失った悲しみと動揺の中、むさぼるように読み、そしてコメントしてきました。
    私自身が創価に対して持っていた疑問や、疑うことへの罰の恐怖、人格形成の問題、対人関係の問題など、創価が非常にマイナス面を持っていたことがわかりました。そしてそれを「唯一絶対正しい!」と信じて生きてきたこと。本当に「覚醒」できました。
    父の初盆に、父の所属していた組織の方からお供えが届きました。このように末端はおかしいながらも純粋なところがあるのでしょうね。その分、洗脳のおそろしさがよくわかります。「この方も被害者であり、加害者である」冷静にそのように思えます。

    モニカさんの適切なコメントに感銘し、また反省もさせられます。私の言いたくてまとまらないことを的確に言い当ててくれます。また気づいていないことに気づかせてくれます。ありがとうございます。

    組織の中には、レモンさんのように「おかしい」と思いながらも活動を続けている方が、何十万人もいると思います。おかしいと思いながらも「創価シャッター」のため見えなかったり。。。。。

    きんちゃんの「まずはじめは なんでも疑ってみるんだよ」との言葉、勉強になりました。
    世間の宗教、自己啓発、だいたい同じような構図ですね。

    人間てどうして宗教団体に属したくなるのでしょうね。私はもうこりごりですが。
    創価をやめて、日蓮正宗にいったり、他の宗教に属したり。。。。。
    国家主義に走ったり。。。
    世の中に「正しいこと」なんてあるのでしょうか? 十人十色、人の数だけ考え方の違いがあるので、よくわからないです。
    ただ、「人としての正しい生き方・考え方・感じ方」というのはありますね。これの追求が人生かもしれません。
    「人として、正しいことをして、この人生を楽しめればいいですね」
    「人生の質は感情の質」といいますが、感情というのを味わいつくすところに人生の醍醐味があるのでしょう。 「どこどこに旅行した!楽しい!」とか、「父が自殺した。悲しい!」とか、人生は出来事の連続です。出来事があると感情が芽生える。 人として「天の道理にのっとった思考回路、生き方」をしていく中での出来事とそれに対する反応。、、、、、、
    すみません!まとまりきりません。
    創価の場合、むりやりポジティブに考えさせようとします。「使命を果たした。」とか。 
    創価の場合、考え方が、人とずれています・日蓮がズレていたので仕方ありませんが。

    自分の人生は、すべて自分が責任をもたないといけません。ほかの誰かが責任をとってくれるわけではありません。
    宗教はその人の生き方の根幹をなします。そこに創価を持ってきた場合、人生がめちゃめちゃになります。また他人の人生もめちゃめちゃにしてしまいます。そしてその集団は社会もメチャクチャにしてしまいます。

    ともあれ、創価から開放されたおかげで、変な重圧感や疎外感から開放されました!
    さまざまな思想・哲学にふれてもよいという開放感! 
    自分自身で人生を切り開いていける充実感!
    本当に心からの「スマイル!」が出てきます!
    体と心が軽いです!

  68. おはようございます。
    お盆の最終日も盛り上がっていましたね!

    宝星さん、甲子園も早実の清宮現象でスゴイのでしょうね☆

    ボレロさん、暑中見舞い届いたのですか!
    感じ悪いですね(>_<)
    どうにかしてボレロさんを引き戻そうとしているのでしょうかね。
    私も手紙が届いたら、サーッと目を通して終わりにしてます。
    今のところ、先日の一度だけですが。
    信じられなくなると、ハガキや手紙、メモだけでも本当ウザいですよね。
    悪口、きっと私も言われてると思う。
    お互いに気にしないようにしましょうね。
    言ってる方が、かわいそうな人達なんですから。
    今週で友好期間も終わるので、財務の申し込み来るだろうなあ……
    キッパリ断ることが、今の私の課題です。

  69. 今日は、こちらは雨が降っています。
    この頃は、替え歌で大変盛り上がっていますね!(^ー^)

    せーやさん
    たまに、手紙が入ってますか?
    本当にうざいですよね!(`ε´ )
    ボレロも、たまに、地区の人たちの夢を見ることがあります。
    悪い夢ではないのですが・・なぜだろう⁉
    財務は、多分もうこないと思いますが、
    せーやさんも大変だとは思いますが、財務は、きっぱり断られたら良いと思います。
    あの人達は、毅然とした態度に弱いですから!
    頑張って~!(o^-^o)

  70. ボレロさん、ありがとうございます!
    先日幹部に電話、メール、訪問拒否を伝えましたが、また先ほど違う幹部からメールがありました。
    私を心配してくれている内容でしたが、再度シャットアウトしました!
    ついでに財務も断っちゃいました!
    早めに断ることができて良かった。
    グッドタイミングでした。
    これからは手紙攻撃になるかもですが、スルーしながら頑張りますね(^_^)v

  71. うちにも、幹部から恒例の暑中見舞いの葉書が届きました。
    私が会合に出なくなったからか、お元気ですかって書いてありました(笑)
    覚醒した今では、創価の全てが嫌になってしまいましたから、
    もう関わりたくないですし、返信もしません。
    創価は、表面では美辞麗句を言っていますが、
    洗脳して、上から言われた事を素直にやる人を利用するだけです。
    何でも数に追われてやっているし、絶対自分達は正しいと思っている人達なので、広布部員申し込みも、対応次第では何回も言ってくるかもしれません。
    どう断ろうか思案中ですが、
    財務は私も今年から絶対払わない事に決めています(キッパリ!)

  72. 創価の目的はお金ですから、会員が財務と新聞をやめれば自動的に消滅します。
    逆に財務と新聞購読という主な財源を確保するために、学会員さんの人生を犠牲にしているということです。簡単なことです。お金を出さない会員に用はありません。
    まず財務と新聞を断る。これが脱会への第一歩。
    「お金はびた一文出さないし、会合に誘っても批判的なことしか言いませんけどいいですか?」って言えれば、しつこくは言ってこないでしょう。幹部が無断で家庭訪問してきたら「これ以上無断で訪問したり電話やメールをしてくるのであれば警察に被害届を出します」と言いましょう。できるだけ上の幹部が効果的です。

  73. ここまで創価の実態が暴露されて尚、活動家にどんな言い分があるのか、盲信者の意見を拝聴してみました。
    すると夢中で叫んでいるのは
    「この信仰は幸、不幸を人のせいにしない」
    という点であるそうです。(これに対し、アンチは人のせいにするそうです)
    どんなに苦しい悩みがあろうとも、幸不幸を決するのは自分が変わること、成長することと説くそうです。

    「自分が変われば周りが変わる」
    これ創価の専売特許のように言いますが、そんなん誰でも言ってますわ。
    自己啓発セミナーの看板文句ですよ。
    巷のハウツー本にも載ってますよ。
    「自分が変わる」って言うは易しですが、難しいことですよ。
    まず自分のことは自分では見えないし、客観性がいりますよ。
    創価の教えがあれば、それが人よりできるようになるんですか?
    そのわりにおかしい人が多いんですけど。
    そういうと誰も彼もわれ先に「人間革命の途中だから」と言いたがります。
    ていうか、こればっかり延々言ってます。
    あらら、その偉大な教えをもってきても途中で止まってしまうんですね。

    一方で選挙だの新聞啓蒙だのしなくても、成長している人いっぱい知ってます。
    誰も「途中」なんていいわけしませんよ。
    つまり、題目や学会活動と「自分を成長させることにより、周りを変える」ことは無関係ということです。
    誰でもない学会員さんが束になって証明してるんですから。

    あ、創価の場合、人のせいにはしなくても「魔のせい」にするんでしたっけ?
    「あの人には魔が入ったから」
    これ、人のせいとどこが違いますの?
    自分が非常識なことをしたから批判された。
    これを決して自分が非常識でわるかった、ではなく「正しい故に迫害された」
    そういう法則があるみたいですね。
    人のせいではなく、峻厳な法則のせいですか(笑)
    創価はいつもこれです。
    トップがこればっかり言うからでしょう。

    なぜ創価が迫害されるのか?
    「それは本物だから迫害される」
    「本物であり正しい故に、苦しみを受ける責任がある」
    こんなこと言ってるうちは一生カルトですよ。
    自分が何を言ってるのか解った方がいいですね。

  74. パートナーが脱会(済)の外部のAnnです.
    財務の件でコメントを.
    ある県営住宅に住んでいた創価老夫婦.お決まりの近所迷惑無関心のゲキョゲキョ大合唱.
    隣の一人暮らし老婦人に強引折伏し,仏壇を勝手に取替えたのが,訪ねてきた息子さんに発覚し,怒鳴り込まれて元に戻すという騒動.
    財務・財務で蓄えがないため,奥さん亡くなったあと男やもめで生活立たず,生活保護申請.
    K党議員がしっかり動いて,生活保護,医療保護抜け目なく利用.
    さらに公営の介護施設入所まで世話してもらった.
    財務するのは個人の勝手ですが,そのために老後の蓄え出来ず,他人が汗水垂らして働いて納めた税金のお世話になる.これは,釈然としません.
    福祉は本当に必要な人達のためのもの.
    お金の流れを考えると,搾り取ったお金は学会に入り使途不明.
    その穴埋めを税金でしているようなもの.
    財務するなら,経済的に苦しくなっても人様のお金(税金)をあてにせず,野垂れ死にする覚悟でやれと思ってしまいます.ちょっと冷たい言い方かも知れませんが,自己責任という言葉は,こういう場合は使って良いのではと思います.もちろん,騙された人達より騙した人達のほうが悪いのは言うまでもないのですが.

  75. せーやさん
    財務、やりましたね!(^ー^)
    良かったです。
    今が、一番大変ですけど、オカルト幹部など、おりゃ~!ですよ!(ノ´ー)ノ

  76. 大きな虚脱感があります。
    中学高校時代は思い切り勉強していました。
    そして、大学入学とともにほんとに遊びまくりの生活になりました。
    そんな中、心は「むなしさ」を感じていました。
    「人生をかけるものがほしい」「全力を打ち込んでやるものがほしい」

    そんな中、祖母が亡くなりました。追善の題目を毎日三唱したところ、箪笥にほったらかしの本尊が気になり始め、安置し、新聞を購読し。活動にのめりこんでいきました。
    創価の主張していることに感銘を受け、本気で「世界を永遠に平和にするにはこの仏法しかない!」と来る日も来る日も学会活動にあけくれました。
    選挙も、「絶対に日本を民衆のために政治をする国にするんだ!」とキチガイのようにやりきりました。

    地区で婦人部の方が、息子さんに包丁でメッタ刺しされて死亡しても「この方は今世での使命を果たしたんだ!」
    女子部の方に付きまとわれても「創価家族だから・・・」
    男子部の部員に「10万貸せ!よこせ!」と恐喝未遂にあっても、「三世の使命の同志だから」と心の奥にとどめておいたり、、
    信頼する青年部の大先輩でもあり、お医者さんの方が、生活保護の方に必要のない手術をして死亡させた病院の院長だったり、、、
    信頼する先輩に悩みを相談したら、当事者に知れていたり、、、、
    座談会で聞くFAXの体験発表では、末期がんを克服した話をよく聞くのに、地元の組織ではどんどん高齢の方が、がんでなくなっていくのに疑問を持たなかったり。。。。。。

    書いても書いても書ききれませんが、ずっとずっと心の中で押し殺していた疑問や思いがこのブログで明らかにすることができました。

    本当に世界を平和にして、人類を幸福にする! との純粋な思い。 そのために、周りの人々に仏法を伝えて、折伏し、一人ひとりを幸せにする! そして公明党を強くして、政治の浄化をする!

    母がガンで苦しんで死んでも、父が創価に尽くした挙句、自殺しても、、、、、、
    それでも疑問を抱かないように、、、、、、、、、

    何が、このブログにたどりつかせてくれたのだろう。。。
    ホントに創価のためにつらい思いをした人たちの心の叫び。。。
    「ああ!こんなにも私と同じつらい思いをしている人がいるんだ!」と。

    自分で考えることをうながしてくださる管理人さん
    そして行き着いた結論。「創価は池田の金と権力と名誉欲などの欲望を満たすためにある!」
    それ以外、何がありますか?

    創価のプロパガンダは非常に巧妙にできています。
    どれだけすばらしい団体か! となります。
    でも、虚飾、、、、虚像、、、

    私の父は祖父の死の悲しみを癒すため、幸せを求めて創価に入りました。
    私は、自分を磨き、人生を世のため、人のために尽くすために創価の活動にのめりこみました。
    結局、父は入信50年目に自殺しました。
    私は活動を始めて、約20年目に創価のおかしさに気づきました。

    それもこれも、創価を疑うことなく、自分できちんと考えなかったからだといまさらながら思います。

    人生は自分で考え、自分の足で歩んでいくもの。

    創価から離れて、やっと自分の頭で考えて、自分の足で歩けるようになりました。

  77. ボレロさん、本当ありがとうございます☆

    財務おりゃ~!
    真実さんも一緒に頑張りましょう(^_^)/

    次は、新聞おりゃ~したいですが、これはなかなか難しい(>_<)
    新聞購読停止は、脱会と一緒になるかな。
    姉は文句言いながら、未だに家族分取ってます。
    お金と資源の無駄だよ~

    signifieさん、おかげ様で私もずいぶん強くなりました。
    いつもありがとうございます!
    これからもよろしくお願いいたします。

  78. 情けないのですが、どうも私はなりすましさんがピンとこないようなのです。
    実家でずっと信心を続けている母と長年暮らしてきたものですから、
    その言動が現実的でなく奇妙であることになかなか気づかないまま年を経てしまい、
    こちらで少し奇妙な発言に出会っても、なんとか気持ちに寄り添って理解して心が開くことが
    できないものかと、考えてしまいます。
    でも、これからは気をつけたいと思います。

    みなさん、せっかく組織から離れても、お手紙や電話攻勢がすごいのですね…
    うちの母も、私が結婚して実家を離れてからの方が干渉がひどくなりました。
    もちろん心配してくれてもいるのでしょうが、つなげ止めておきたいという必死さっ

    …こちらも自分の子が成長してくると、教育費の悩みや先々のことを十分聞いてやったりと、
    楽しいことばかりでなく、じっくり現実的に話をしたいことの方が山々なのですが、
    そういった面はまったく関心がいかないし、体裁が良い方がいいように思っているので、
    いくらいろいろ言ってこられても、噛み合うことは難しいです。
    近頃は、私が現実的なことばかり投げかけるようになったので、何も言ってこなくなりました。

    手紙やメールをもらっても、取りつく島もない文面ばかりなので、かえって心配に思います。
    血を分けた娘にさえも、本心を打ち明けることなく頑なになってしまう…
    創価学会組織のマインドコントロールとはこれほど恐ろしく不幸なものです。

    みなさん、いましばらくスルーして逃げ切って下さい…
    年寄りがころりとまいれば、こんな組織あっという間に滅び去りますよ、あと一つ〜◎   

  79. 皆様、こんにちは。
    アラフィフの壮年、つかさです。

    本日、脱会届を郵送しました。
    ご本尊もビリビリに破きました。

    もうあの吐き気のする本幹や毎週の営業会議(協議会)ともおさらばです。
    やったあ*\(^o^)/*
    すっきりしました。考えることをやめなくて良かったです。
    みんなで、幸せを満喫しましょうね〜。
    替え歌も元気をもらいました。

    本当にありがとう!

  80. つかささん、おめでとうございます!
    よかったですね〜!!
    ご本尊を破けるぐらいですから、すっかり覚醒できてますね。
    脱会できなくて悩んでいる方に大きな勇気を与えてくれます。
    これからもよろしくお願いします。

    それにしても破いてみればただのカラコピ。いい大人がなんでこんなものを恐れ戦いていたのか不思議に思えますよね。
    信じれば宗教。信じなければただの紙切れ。信じきれないならその時点で脱会するのが当たり前なのですが、創価の場合はそれが金儲けの道具なので、意地でも離さないように、罰だ呪いだと脅しまくります。功徳があると信じる分だけ罰もあるんだと信じてしまうんですよね。そこがこの詐欺の狙い目だし、詐欺の詐欺たる所以です。
    本当の宗教ならやめる人を脅したりしません。そしてやめた人を呪ったり「ろくな死に方はしない」なとど、およそ信仰を持つ人から出る言葉ではありませんよね。どこをどう見ても創価は宗教ではなく詐欺団体だと言う証拠であふれています。でも洗脳されている人にはそれがわからない。考えない。考えないほうが楽だし、考えると罰が当たると信じている。
    創価学会は会員をそうやって操ってお金を巻き上げているんですから、どう考えても詐欺以外は考えられません。

  81. シニフィエ様

    有難うございます*\(^o^)/*
    ほんと、学会員は何かあるとすぐ指導受けたがりますよね。まず、自分で少しは考えなさい。

    幹部もそうなので、ダメーよ会長の受け売りしかできない。うちの地区部長は、ついに、あいつらみんなニセモノだと言って、座談会での幹部の締め挨拶禁止を決めました。
    聖教新聞の副教学部長と飲みながら、話しました。
    師弟不二が学会をダメにした。本部はただのゴマスリしかいない、権威主義に成り下がったと。

    宗教奴隷、やめましょう。
    気付いてほしいな、本当に宗教団体じゃないから。

  82. 創価学会が、多少怪しくても、それが宗教であって、会員から集めるお金も強制(洗脳)でなければ、その教義がどんなに怪しかろうとぶっ飛んでいようと何も言う気はありません。世の中にはとんでもない宗教はたくさんあります。文字通り「信じられないような教え」を信じている人もいます。宗教に限ったことではなく、思想・信条という面で、びっくりするほどぶっ飛んだものだってあります。それは本人がそれでよければ他人がどうこう言うことではないです。勝手にやってればいいんです。たとえば先日の終戦記念日に皇居前で軍服を着て天皇に忠誠を誓うというパフォーマンスをしている変な人たちがいました。他人に迷惑にならない分には、べつにどうだっていいし「そんなの間違ってるからやめろよ」と言われる筋合いも全くありません。まわりを歩く通行人がどんな目で見ているのかが気にならないようだし、自分の思っていることが表現できてとても満足なのでしょう。
    創価はそのような変った集団というだけではありません。人に迷惑をかけています。人を恨んだり脅したり、おだててお金をせびったり。それも本人はそれをよかれと思ってやってる。パートナーにも子どもにも友人にもそれを押し付けてくる。公明党が何をしているのか知りもしないで投票依頼をしてまわる。このようなどう考えても社会悪なことを、それとはわからないままさせられながら、お金も時間も奪われて、家庭を崩壊させている人たちでいっぱいです。「本人がそれでいいって言うんだから放っといたらいいんじゃないの?」と思う人もいますが、自分の家族を暴力団に引き込もうとしている人に対して「ほっときゃいいじゃん」って言えませんよね。
    なんとなく宗教だと思ってしまうから、問題点がぼやけてしまうのだと思います。創価問題は暴力団の問題より深刻です。暴力団と置き換えて考えてみれば、その問題の重大さがわかるのではないでしょうか。

  83. 宝星さん、ここにときどき来ているウンコタレちゃんは、すべてがウソです。創価でも何でもないし、創価で悩んでもいないし、年齢、性別、家庭環境、すべてがデタラメです。ただかまってほしいだけのためにやってるんです。ただの愉快犯なのですから、心によりそうとかそんな話ではありません。おそらくよほど現実世界では誰にも相手にされない人なんでしょう。そういう人は他人に自分の話を聞いてもらいたいとかも思っていません。ただただかまってほしいがためにネットをうろついているだけです。ネットの性格上、そんなのも仕方がないことなんでしょうね。とにかくそれもシャットアウト。それ以外の対処法はありません。気にすることはありませんよ。

  84. せーやさん、ほんと、ずいぶん元気になったと思いますよ。初めの頃のせーやさんのコメントを読み返しました。ふらふらして立っているのがやっとって感じでしたもんね(笑)
    せーやさんが元気なると、まわりの人まで元気になります。あ、だからって無理しないでくださいね。誰にも波があります。私もドドーンと落ち込むことだってあります。そんな自分を認めることも大事なんだそうです。私は困ったことがあると、声に出して「困ったな〜!」と言うようにしています。困っている自分を自分で認めてあげるんです。そしたら次のステップに行けるんですよね。困ってる自分をいつまでも認めてあげないと、何処にも進めないまま壊れてしまいます。意外と「困ったな〜!」と声に出すと、それだけで20%ぐらいは解決したような気分になれますよ(笑)。

  85. 創価の活動をしていた理由。
    まっとうに生きたかったから。
    池田さんのような英知を身につけたかったから。
    池田さんのようなスーパーマンになりたかったから。
    世界を幸せにしたかったから。
    要は、ニンゲンカクメイをし、池田さんをお手本にして、世界の人々の幸福を願い行動する。こと。
    メッチャいい人ですやん!自分でいうのもなんですけど(*^^)v

    でも、実際は、自分の感情を押し殺し、いやなことに目をつぶり、おかしなことを平気でできるおかしな人間になることが、ニンゲンカクメイと信じ、池田さんには一点の曇りもないと勝手に信じ、創価でない人を「低級な思想の持主」と見下していたに過ぎない。

    見つめても見つめても、創価の時のおぞましい考え方、行動がどんどん出てきます。
    一体どれだけおかしなことをしていたのか?
    ここを少しずつ見つめていきたいと思う。

  86. 「白バラ通信パンドラの箱」の希望です。シニフィエ様とコメントを投稿されておられる皆様の鋭い問題提起とご指摘を興味深く拝読しております。とても勉強になります。ありがたいの一語に尽きます。
     さて、シニフィエ様にお願い致したいことがあります。「信仰を支える宗教的体験」(仮題)というテーマで、ブログの記事を書いて頂けないでしょうか。
     かつては、私自身、様々な会合で「体験発表」を行って参りました。おそらく、シニフィエ様やコメントを投稿されておられる皆様も、私と同じように「体験発表」をなさったことがおありではないかと存じます。
     しかしながら、最近、「体験」とは一体何だったのだろうかと考えるようになりました。
     創価学会池田カルト一派が、巧みなマインドコントロールをしていることは間違いありません。
     しかし、盲信の根拠を、単なるマインドコントロールだけに求めているだけでは不十分ではないかと考えるようになりました。
     上手に表現できないのですが、創価学会を盲信されておられる方々は、いわゆる「現証」がその根拠の一つになっておられるのではないかと存じます。
     シニフィエ様のブログで、「体験」と「信仰」の関係についての問題提起と考察をなさって頂ければ幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。

  87. signifieさん、ありがとうございます(^-^)
    思えば今年の1月中旬頃にこちらのブログを知り、過去のスレッドも一緒に読ませていただいておりました。
    2月になってからは、コメントしたくてしたくて毎日うずうずしてました。
    でも自分用のパソコンはないし、家族に相談してもOKもらえずに悶々としていて、近くのインターネットカフェでコメント送信しようと思っていたくらいでした。
    それでも行動起こせず、ひたすら皆さんのコメントを読んで勇気をもらっていました。
    そして先々月の6月、不思議とタブレットを購入する機会がありまして、勇気を出して初コメントさせていただきました!
    すぐにsignifieさんからお返事をいただくことができて、とても感動したのが昨日のことのようです。
    本当に感謝しております。
    自分の人生は自分のものですし、これからも自分の心に正直に生きていきたいです!
    私は、信心活動で真面目になり過ぎました。
    もともとは面白いことが大好きでひょうきんな人間だったのです。
    また、たまに替え歌を披露させていただきますね!
    「困っている自分を自分で認めてあげる」
    なかなか考えたことなかったですが、自分を大切にしていこうと思いました。
    signifieさんや皆さんに出逢えて、私は本当に幸せですo(^-^)o
    これからもお世話になります。
    signifieさん、くれぐれもお身体大切にされて下さいね。

  88. signifieさん
    新聞は、少し時間がかかるかもしれませんが、
    私も脱会と同時に止めようと思っています。
    財務は、もう絶対に払いません(キッパリ)
    確かに創価は、お金を出さない会員は、用が無いですね。
    アドバイス、参考にさせていただきます。
    創価問題は、本当に深刻な問題ですね。

    せーやさん
    財務断る事ができて、良かったですね!
    応援ありがとうございます^^

    つかささん
    脱会届を出されたとの事、おめでとうございます!
    本当に、良かったですね。

    スマイルさん
    創価のプロパガンダは、私も非常に巧妙だと思います。
    素晴らしい宗教と見せかけて、でも実際は違います。
    33年前に、私も幸せを求めて創価に入会しましたが、
    信じてきた宗教団体がお金目的で、まさか自分が騙されていたなんて・・驚愕しました。
    少し前に覚醒してから、私も虚脱感が、かなりありました。
    こちらの皆さんに気持ちを聞いていただいて、
    少しずつ、何とか自分を立て直そうとしているところです。

  89. 希望様、コメントありがとうございます。
    「信仰を支える宗教的体験」というテーマ、ちょっと難しそうなテーマですね(汗)
    創価での体験を「宗教的体験」と思いこんで、何かにつけて功徳や罰の現象として都合よく解釈することで「この信心に間違いはない」とか「この信心をしているからこそ守られた」とか「まだ功徳がないのは自分の信心が弱いからだ」とか「まだ人間革命の途中だから」などとしか捉えられなくなるということでしょうか。
    そうであるならば「なぜか功徳だと思ってたこと」あるいは「なぜか罰が怖くてやめられない私」というテーマで皆さんからコメントしていただくことでいいでしょうか?
    要は功徳も罰も、そう思いたいから信じてしまうのであって、しかしそれは自分の都合での単なる思い込みでしかないことに気がつかないだけなんだということですよね。そう思いたい人が集まって抱く共同幻想のようなもの。例えば夜空に光る何かを見た複数の人たちが「あれは間違いなくUFOだ」と信じて疑わず、そこにいた人たちがみな同じようなUFOの形を説明することがあるように、そうあってほしいという共通の気持ちが同じような幻想を見ることになり、さらに幻想と現実の区別がつかなくなるような現象だと思います。集団催眠にも近いのではないでしょうか。これは創価学会にかぎらず、カルトに見られる特徴のひとつだと思いますし、こうした心理的な現象を利用して意図的に誘導していくのが創価学会のマインドコントロールだと思っています。
    したがって創価学会での信仰体験といえども、意図的なマインドコントロールがつくりだした都合のいい共同幻想だと言えるのではないでしょうか。
    日蓮信仰の特徴である「正しい信仰を実践している自分たちだけが正しい」というのが基本に植え付けられていますから、あとは何であっても最終的にそこに落ち着く思考しかできなくなる。いや、そんなものは思考とも言えません。まさに洗脳ですね。どのスイッチを入れても、全部同じ電球しかつかない機械のようなものです。
    つまり創価学会の活動によって得られる信仰体験のようなものは、洗脳によって作り出された共同幻想であると私は思います。そこに自分で考える余地を与えないように、徹底して活動漬けにして、勤行唱題によって日々強化していく。挙げ句の果てには自分で考えることに罪悪感さえ抱くようになる。そうなるとみなさんご存知のとおり一般常識など全く通用しない人間になってしまいます。
    安保法案に反対して公明党を避難してデモまでやる学会員はまさに思考停止の創価脳だと思います。公明党を悪者にすることで「正しい信仰を実践している自分たちだけが正しい」ということに満足してしまって、なぜ公明党があのような態度をとるのかまでは考えないんです。自分たちが都合よく組織のガス抜きに利用されていることにも全く気がつかないんです。
    こうして学会員さんは自分の都合のいい単なる思い込みを信仰体験だと勘違いしたまま搾取され続けるんですよね。
    ということで、次のスレッドのテーマは『「なぜか功徳だと思ってたこと」あるいは「なぜか罰が怖くてやめられない私」』でよろしいでしょうか?

  90. お盆が過ぎると、そろそろ、忌まわしい公布基金の会員募集が活発化する頃ですね。
    昨年の今頃は、特に疑問もなく広布部員用紙に記入していたのが、何だか遠い昔の事のようです・・・
    SEIKYO オンラインより
    > 「学会のため、広布のために尽くす功徳は無量である」――かつて池田名誉会長は、力強く呼び掛けた。21世紀の希望と幸福を開く世界広布の推進団体こそ、創価学会であるからだ。
    >学会は永遠に、民衆救済の精神に立つ。大難を勝ち越えてきた三代会長と共に、どこまでも民衆の幸福のために歩む。その尊い平和・文化・教育の活動を支え、赤誠の財務に取り組まれる広布部員の皆さまの功徳は、計り知れない。
    ??? はぁ??
    創価は、一体どういう形で、民衆救済を実行したというのでしょう? 意味が分かりませんね。
    創価の利益だけに繋がるよう洗脳教育した会員を利用し、ゾンビのように新会員を増やしてきたに過ぎないのに。
    池田君も、無量の功徳を受けているのなら、5年も引きこもりなんかしてないで
    表舞台に出て、楽しそうに机を叩きまくればいいのに。
    それとも、あまりにも全国の学会員を利用し過ぎて、集め過ぎたお金を利用して世界中を遊び呆けたから、
    「無量の大罰」でも食らって、表に出て来れないのでしょうか?
    創価はハッキリと、「センセイは自宅で元気に多忙な毎日を過ごしている」と断言していますから、
    もしもセンセイが表に出て来れない悲惨な状況ならば、創価はすべての事に関して、
    嘘っぱちで塗り固められている事になりますね。
    「民衆の救済」だの、「民衆の幸福」だの、「無量の功徳」だの、実に虚しい、空虚な言葉です。
    21世紀の希望と幸福を切り開く世界広布とやらが、世界の民衆・識者・指導者たちに理解される日は
    一体、いつ来るのでしょうかねぇ・・・? (「・・)?

    せーやさん、
    おぉ!財務の誘いを断っちゃいましたか! さすがです! グッジョブです!
    私も今年は、当然ながらキッパリと断りますよ!てか、まだ何も言って来ないですけど・・
    このまま、何も言ってこない事を密かに願っている、ヘタレな私です(;・∀・)ニャ~
    聖教新聞も、私もまだまだ辞めるとまでは言い出せません、幹部とかぞろぞろ来たら面倒ですし・・・
    とりあえず当面は、新聞から突っ込みネタでも探そうかと思っている次第です。

    宝星さん、
    時々乱入するウンコタレは、単なるかまってちゃんだと思いますよ。
    創価脳として意見を言いたいのであれば、もっとストレートな表現で文句を言ってくると思われますし、
    覚醒したのであれば、覚醒特有の、分かり合える雰囲気が備わっているはずですし・・・
    まあ、こっちも集団で文句言うのもアレですので、怪しいと思ったらそっとスルーして、
    signifieさんにお任せするのが一番かと。

    つかささん、 
    脱会届の提出、おめでとう御座います!
    今後も、何か訴えたい、書き込みたい内容などありましたら、どんどん参加してくださいませ!

    今回の安保法案の件で、財務の額も大幅に縮小したら、笑っちゃいますよね。
    なんだ、財務しないほうが調子がいいぞ!予算が余っちゃったぞ!家族で何かに使うか?
    みたいな人が増えたらいいですね~

  91. シニフィエ様

    希望です。私の問題提起をご理解頂き、心より厚く感謝申し上げます。
    私が、学生時代に「創価学会入門」を読んで、唯一疑問を持ったのは、「文証、理証、現証」の箇所です。正しいという判断基準を、自分自身で設定すること自体が問題ではないかと考えたからです。
    すなわち、このような基準を設けることは、自身の主張を正当化するだけに過ぎず、客観的な基準ではないのではないかと考えたからです。
    にも関わらず、私は、日蓮正宗に入信し、創価学会に入会しました。今にして思えば、愚かの一語に尽きます。一言で述べるならば、私には、哲学と宗教に関する基礎的な教養と思考力がなかったからです。恥ずかしいの一語に尽きます。
    ところで、勝手ながら、私のコメントを、「白バラ通信パンドラの箱」に掲載させて頂きたく存じます。
    もちろん、私のコメントのみです。シニフィエ様のコメントは掲載致しません。ご理解とご寛恕の程、くれぐれもよろしくお願い申し上げます。

  92. お久しぶりにコメントいたします。
    広布基金の季節がやってくるのですね。
    しかしどんなに素晴らしい体験とか功徳とか並べ立てても、
    (先日も触れましたが)SGIメンバーの会合でつぶやいた池田氏の本音
    「お世辞を言っておけば広布基金が集まる」がすべてを物語っていると思います。

    一足お先に「功徳だと思ってたこと」になるかもですが…
    広布基金を初めてした時に「そのお金は必ずなんらかの形で自分に返ってくるから。
    財務とはそういうものなのよっ」と周囲に言われました。
    地区の人達の体験発表にもちらほらそんな話がありました。
    そしたらほんとにたまたまですが、職場の積立金か何かが年末に返金されて
    それが財務と同じくらいの額だったんですよね。笑
    「ほんとだ!ほんとに返ってきた!」とまぁ、偶然とは恐ろしいものです。
    しかし現実には何百万も財務につぎ込んで苦しんでいる人達が大勢いるのですから、
    言うまでもなく嘘っぱちです。
    財務なんてしなくたって、他の同僚にも返ってきてるんだし(苦笑)

  93. 財務の話。
    池田さんが超お元気な姿で本部幹部会に出られたらかんがえますよ!

    経文の話。
    法華経の智慧や御書を読んでいて、感じたのは、すべて釈尊の頭の中での幻想・幻覚、戸田さんの牢獄という極限状態での幻想幻覚(法会の座にいた云々)、日蓮の幻想幻覚、、、
    この方々が勝手に思い込んでいるだけではないでしょうか?
    そして、あくまで「個人的な体験」に過ぎないことを「万人共通の真実」と言い切り、「俺を信じろ!」ですよね。
    文証・理証・現証とか五重の相対、すべて自分に都合よく理論を運ぶための内容です。
    ディベートとかこんな感じなのでは?

    釈尊や日蓮や戸田の単なる「妄想」を「宇宙の真実」としているところがおかしいです。
    釈尊はそんな妄想とかの話しなかったかもしれません。後世の人が勝手に作ったのかも。
    しかし、戸田の場合は完全に「イカレている」でしょう。

    池田さんは「悟達を開いた」と本気で信じいましたよ。
    宇宙の真理を体感して、悟りを開いて、なんでもわかるし、なんでもお見通しだし、、、と。勝手に思い込んでいました。

    あほでした。

  94. 私が活動してるときもずっと疑ってたことがあります

    無条件な中国マンセー体質。

    中共のプロパガンダを日本人に洗脳してる役目を負ってたのでしょうか。
    誠に腹が立ちます。

    例えば
    南京大虐殺30万人とかの嘘。
    人口20万人くらいだったのにどうやって殺すんですか。

    こういったことからも信仰とは別の役割で利用されてたことがよくわかります。

  95. この仏法は他力本願ではなく自分で切り開いていく力が出る仏法といいながら
    財務、新聞、しゃくふく、選挙をすれば功徳があるというのは矛盾してませんか?
    そんなこと言うことが他力本願と言うのではないでしょうか?
    騙されていますよ!!

  96. そうですね。
    他力か自力かという以前に、創価の信仰以外には幸せになれないという寛容性の全くない独善的な考え方自体、仏教じゃないんですよね。もうその時点で宗教ですらない。オレたち以外は幸せになれないと信じ込ませる。これってとても危険な考えですよ。ナチスがユダヤ人を徹底して弾圧したように、かつてはこれしか幸せになれないと言っていた日蓮正宗を徹底的に非難し続けています。こんなのが宗教であるわけがないんですが、学会員さんにはわからない…というか考えないんですね。

  97. 広布基金(財務)の勧誘が始まっているのですね。私も昨年まではコージさんのように当たり前のように申込用紙を受け取っていました。遠い昔の話のようです。
    前回申し込んだものの日程が「選挙のため」延期になり結局納金せずじまいになったのですが、やはり一口でも集めたいから懲りずに今年もお願いされるのでしょうか・・・勧誘が来たら、非活になって以来初めての直接対決(意志表示)になります。かなりドキドキです。いつかは越えなくてはいけない壁ですね。
    「脱会した、新聞止めた、財務断った」との皆さんのコメントにいつも勇気をもらっています。皆さん凄いですね。おめでとうございます。

  98. おそくなりましたが、つかささん、おめでとうございます!

    真実さん、コージさん、
    コメントありがとうございます!
    広布部員申込書は、来週あたりから9月上旬くらいに声がかかるのでは?と思います。

    私も去年は、当たり前に財務をしていました。
    昨日幹部から広布部員申込書の話をされていないのに、早々と財務拒否した私です。
    この先どうなることやら……
    あの手この手を使って、記入させるつもりでいるかも。
    でも気持ちは、決まっているので大丈夫です!
    マヨイさんも頑張って下さいね。

  99. 活動家の時に、他の宗教のことを馬鹿にしていました。
    その宗教は「我々だけが天国にいける」と言っていました。

    創価は「日蓮仏法こそが唯一正しい宗教」だから「日蓮仏法でのみ成仏できる(天国に行ける)」と考えているのでしょう。

    750年前のおかしな坊さんの言うことをうまく利用しているだけです。

  100. やまとだましいさん、私も中国や北朝鮮に似た構造を払拭できないものを感じます。
    戦時中に大陸に渡った日本人が執拗に洗脳されて、共産思想等その後に影響を及ぼした、
    といったような話を最近耳にしました。
    創価学会の中国への平和交流と、公明党の対中国を意識した安保法案への同意…
    私が実家にいた頃に見ていたSGIグラフには中国要人との交流が繰り返し賛美されてました。
    こんな矛盾を抱えながら、創価学会を疑おうとしない活動家の精神状態は理解できません。
    安保法案については、あまり突き詰めて考えず、
    創価学会の正体が少しでも明らかになるよう、静観したいと思っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中