学会員さん、安保法案に賛成ですか?

image

安保法案可決の際の公明党議員の態度です。
(動画上のツイッターへのリンクは当ブログと何の関連もありませんのであしからず)

//platform.twitter.com/widgets.js

彼らは何がそんなに嬉しいのでしょう。野党議員の泣きそうな態度でしょうか。
創価学会員の皆さんが血眼になって票をかき集めて国会に送っている議員たちは、この日本の歴史が変るまでの重要な悪法を、ヘラヘラとせせら笑いながら眺めているんです。
これが公明党であり、創価学会中枢部がやっていることです。公明党のどこが「ブレーキ役」だと言うんでしょう。これまで公明党が自民党の政策のどこの部分にブレーキをかけたでしょう?
創価学会員のみなさん。なんかおかしいな…とは思いませんか?
こうした公明党を、創価学会中枢部はなにひとつ異論をはさみませんよね。学会員さんが安保法制の撤回を求める署名を学会本部に持っていったときに、創価は「いやなら辞めてもらってけっこうです」ととりあいませんでした。学会員さんは「公明党が創価の意志に反している」と勘違いをされているようですが、実際は創価学会は公明党に安保法制を成立させるように公明党に指示をしているのです。創価学会は現政権の8割を占める極右翼組織「日本会議」の言いなりでしか動けないのです。5年半も姿を現さない池田大作はすでに廃人です。いま創価学会を動かしているのは日本会議であり、そのバックにいるアメリカです。公明党が自民党の言いなりになれば、日本は憲法を無視したまま、どんな法律だって成立させられるということが証明されました。見方を変えれば、創価学会員の公明票がこのような軍事独裁を許しているということです。もはや日本に民主主義などありません。まして平和主義など消滅してしまいました。つまり、創価学会が日本から平和主義を消滅させてしまったんです。これから自衛隊員はアメリカが関わっている戦場に駆り出され、他国の人たちを殺すことになりますし、自衛隊員も確実に死ぬことになります。それを学会員が公明票をかきあつめる行為によって現実のものとなったわけです。それでいいんでしょうか?
これから自民党はマニフェストに掲げてきたように、自衛隊を国防軍に改変して、本格的な軍隊を組織することになるでしょう。当然日本の軍事費ははねあがります。これはすでにアメリカと約束していることです。
もし、創価学会が安保法案に反対すれば、当然公明党も反対したでしょうし、成立しなかったでしょう。つまり安保法案は創価学会員が成立させたということです。
学会員さん、安保法案に賛成ですか?反対であるなら、なぜ公明党を支援するのですか?
それ以前に、なぜ創価学会は安保法案に賛成するのか不思議に思わないんですか?
学会本部は「安保法案に反対ならば創価学会を辞めてもらってけっこうです」とはっきり言っています。創価学会の態度ははっきりしているんです。創価学会も公明党もあくまで安倍政権の政策を推し進めるために動いているということです。安保法案も、秘密保護法も、集団的自衛権も、すべて創価は賛成してきました。これ以外もすべて自民党政権の言うとおりにしてきました。そしてあのようにせせら笑いながら安保法案も通しているんです。
学会員さんは、創価学会も公明党も平和のために動いていると信じていますよね。でも現実を見てください。公明党のどこが平和の党ですか?創価がそんな公明党を批判したことがありますか?
創価学会はなぜ安保法案を成立させた公明党に何も言わないのか?ぜひ自分で考えてみてください。

ということで、今回のテーマは「学会員さん、安保法案に賛成ですか?」にします。
とうとう安保法案が成立してしまいました。上に書いたように、学会員が公明党を支持しなければ防げたことです。なのに学会員は自分が日本の軍国化に加担しているなどと考えもしません。もとより自分でものごとを考えることをしないのですから当然かもしれません。
ありもしない功徳に目が眩み、何も考えずに言われたとおりに動き、ありったけのお金を貢ぎ続け、あげくのはてにボロボロの人生のまま死んでいく。私はそんな自分の親も含めた創価学会員をたくさん見てきました。
創価学会員であるということは、安保法案を後押しするということです。日本の自衛隊が何の恨みもない外国で人殺しをする法律を創価学会員が成立させたということです。この事実をどう理解しているのでしょうか。
これは是非、現役の学会員さんにお聞きしたいです。
もし、ネット上の最低限のマナーを守れるような学会員さんでしたら、ここで対話をしたいと思っています。「それでも創価学会は正しい」と考えていらっしゃる現役活動家の学会員さん。私もしくはここにいらっしゃるどなたかと対話をしてみませんか?

image

学会員さん、安保法案に賛成ですか?」への140件のフィードバック

  1. 初めまして。私は脱会こそしてませんが、ずっと長い間内部アンチをやっていて数年前から
    完全に現在の地元の組織と関係を絶ち、機関紙もやめあらゆる書籍を破棄した学会2世です。
    そしてここ5~6年、リチャード・コシミズ独立党とゆう勢力に注目しております。
    政党ではありません、1ジャーナリストとその支持者の勢力です。
    http://richardkoshimizu.at.webry.info/
    彼らの分析によると、過去3回の国政選挙は全て大掛かりな不正選挙が行われ、しかも
    その偽票を書いたのは創価学会員であるとの見解を示しております。
    しかも内部告発も出ており、ネット上にも数々の証拠、情報が拡散されています。
    コシミズ氏らは全国展開で数々の不正選挙裁判を起こしておりますが、司法もすべて
    権力側の輩ですので、悉く却下結審。まあ、至極当然でしょうが、これだけ大掛かりな
    不正選挙が行われたとゆう事実が中々国民に浸透しないのは、テレビ新聞のメディア等が悉く
    国家権力とグルで、国家総がかりで国民を欺いているからです。
    そしてその国家権力の背後にいて様々な悪行を日本政府に行わせているのは、米国の
    デヴィッド・ロックフェラー率いる金融ユダヤ資本
    (軍産複合体、多国籍企業、米戦争屋、イルミナティ、金融マフィア、
    ハザールマフィア等、色々有りますが)であり、その配下のCIAジャパン・ハンドラーズの
    マイケル・グリーン、リチャード・アーミテージ、ジョセフ・ナイなどの面々。
    安保法制の目的は日本を戦争できる国に変え、中国と戦争させお互いの国の
    経済力を弱体化させ、天文学的な負債を抱える米国の経済破綻を防ぎ
    基軸通貨で有るドルを延命させるドル防衛であります)
    彼の創価学会の中枢もしっかり彼らに掌握されているようです。
    しかもコシミズ氏は、創価学会の膨大な資金力は、覚せい剤や麻薬密売の
    マネーロンダリングに流用されているとの理論を展開しております。
    (宗教団体は免税特権で課税逃れをやってるので証拠が掴めない)
    もしこれが事実だとすれば誠に恐ろしい事です。誠実な学会員さんからの財務が
    悪しき勢力の資金源になってしまってる。平和の為、良かれと思って日々活動している
    誠実な学会員さんの活動が、この国を滅ぼしかねない邪悪な勢力に加担しているとゆう事。
    1日でも早く、一人でも多くの学会員さんがこの事実を知り、悪しき権力への加勢(結果的に)
    から解き放たれる事を願って止みません。とりとめの無い文章で失礼します。
    機会を見て又、書かせていただきます。  取り急ぎ。

  2. 非活2年を迎えた元白ゆり長のエレナです。

    想学檀林の運ちゃんさんのツイッターを読んでいたら
    「元創価学会職員3名のブログ」
    という興味深いブログを見つけました。
    被害者3名の先生への思いはさておき
    ほんとに本部は腐っているんだな・・と良く分かります。

    スレ違いですが、ご紹介まで・・・。

  3. signifieさまお仕事いそがしいなか本当にありがとうございます
    息子に生まれてすぐの入会を辞めるのでなく取り消して欲しいといわれているコスモスです。こんかいの安保法の内容も国民の聞く耳をもたない総理のたいども公明党も何もかもはらだたしいです
    私は10年以上前のイラク特措法のとき平和の党を標榜する公明党が賛成すると知り驚いて学会本部に「公明党に賛成しないように」電話をしました。電話のむこうで職員の老人は「いち支持団体の創価学会が公明党にそんなこといえませんよ」とで半分笑った声でいいました。 わたしその場にしばらく座り込んでしまいました
    その電話が私自身心がこわれてしまい、いまの完全非活のきっかっけでした
    それからは総区婦人部長、地元議員、都議会、衆議院議員に何度も何度も質問のやりとりをしましたが納得できる回答は1度もありませんでした
    高木陽介衆議院議員は当時から集団的自衛権に賛成していましたので再三抗議したら最後には「自分は賛成だが党の方針に従います」と私書が電話をしてきました
    高木はじめ、平和学を学んだという遠山清彦どちらにも1票入れ人にまで頼んだことたこと悔しいです
    国会前で「この法案に賛成した議員は次の選挙は落としましょう」と言っている人がいましたが私も落とす運動に協力したいです

  4. たそがれ影同心さん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    申し訳ありませんが、リチャードコシミズ氏に関して知らないわけではありませんが、この方の考えや活動を話題にしますと、このブログの主旨から離れた議論になってしまう恐れがあります。このブログでの過去の経験から、金融ユダヤ資本と創価を結びつけて論ずるとなると、ネット上にあまたある都市伝説と同レベルに見られてしまいますので、あえてそこには触れないようにしています。もちろんそのような権力によって世界が動かされていることは承知していますし、たそがれ影同心の仰ることに間違いはないと思っています。が、かといって私たち一般庶民がどうこうできるものではないし、ここで論ずべきものではないと考えています。このブログでは創価学会員が、創価が詐欺団体であることに気がついて、静かに創価から離れていくためのお手伝いができればいいという考えのもとに運営しています。
    ここでは、創価の間違いに気がついた方が、一日も早く創価の被害から逃れるように、それぞれの身近な体験をお話ししていただいています。どうかご理解ください。

  5. 集団的自衛権に反対する署名集めをした学会員さんが行動を起こすきっかけとなったのが、たしか
    イケダセンセイが反対している立場だからという理由だったと思います。
    それにも関わらず、学会本部が「安保法案に反対なら、創価学会を辞めてもかまいません。」という立場だということは、つまりイケダセンセイの統率力がなくなっているという意味ですね。
    signifieさんが言われているように、いまや廃人になっていると考えるのが妥当でしょう。
    会員のMCが解けないように、聖教新聞で適当におだてながら、組織の維持のために「お飾り」にされていることになります。
    独裁者の末路は悲惨ですね。
    現在のような会員を騙すシステム、つまりゴーストライターが本やメッセージを本人に成りすまして書き、会員に届ける行為は、本人が植物人間に成ろうと脳死状態に成ろうと続けることは可能ですが、物理的に考えてあと10年が限界でしょう。
    ただ、こうした嘘を重ねていけばいく程、創価学会の崩壊に拍車がかかることに気が付かないのは愚かですね。(気付いているけど、やめられないのかもしれないが…。)

    集団的自衛権の問題についてですが、実際に自衛隊員がアメリカの戦争に駆り出され、民間人を誤って殺したり、無惨に殺されたりした後に、愚かな選択だったことに気付くのでしょうか?
    そうした情報は、うまくコントロールされてニュースに成らない可能性もありますが、そうなってからでは遅すぎる気がします。
    我々に残された道は、間違っていることを間違っていると正直に認め、声をあげ続けることだと思います。
    ともあれ、いろいろな意味で創価学会はこりごりですね。ただの粗大ゴミ団体です。リサイクルも不可能な汚染物質です。
    (/_;)/~~

  6. 法案成立の署名を集めた学会員さんもいますよね?
    これ、公明党があくまで反対の意見を通したらどうでしたか?
    「いかなる理由があろうと、どんな詭弁が通ろうと断固許すわけにいかない!」
    もし、山口代表がそう言ってその態度を貫いたらどうしてましかたか?
    それでも署名しましたか?
    創価がどうだろうと公明党がどうだろうと、断固自分の頭で考えたのがその結論ですか?

    婦人部なんか愉しげに、戦争法案なんて通す自民は許せないと唱和したでしょう。
    仏敵とばかり、組織を挙げて罵倒したでしょう。
    目に浮かびますよ(笑)
    「公明党が言うから」
    しょせん、これが全てですよね。

    アンチは自由です。
    公明党が何を言おうと、またシニフィエさんが何を仰ろうと、自分の頭で考えます。
    支持政党も思想も誰にも押し付けられず、それによって「個人的な宿命転換が叶う」などと素っ頓狂なこと考えていないからです。
    政策と個人的な悩みを強引に結び付け、その恐怖心や欲によって一つの政党、政策に肩入れする。
    それがどんな的外れことか、今回の経験で気付けば幸いですよ。

  7. 創価は好きでも選挙活動の嫌いな学会員さんいますよね?
    多いです。
    でも創価は今や、折伏や御書何やよりずっとずっと選挙が大切にされています。
    いつの間にかそうなっています。
    そう、創価得意の「いつの間にか」
    もはや、支援活動の合間に信仰している。
    公明党の支援を頑張らせるために都合のいい信仰を教えている、といっていいですよね。
    ははは、だってこれが目的なんですもん。
    それが頑張った結果、この結果になりましたね?

    ああもう公明党の理念についていけなくなった。支援は止めて信仰だけしよう。
    なーんて思ったところで、スッカスカの教えしかないですよ。
    役に立つとしたら「やっぱり公明党っていいんじゃない?」と洗脳される程度の教えですよ。
    実際そのための教えなんですから。
    それでも創価にしがみつきますか?

  8. 安保法案成立、 本当に残念です。
    あの馬鹿にした笑いも、確実に上から目線で見ている証拠です。
    抑止力が高まり、戦争を未然に防ぐためと説明されても納得できません。
    戦争ができる国になってしまったのですから。

    でももし民主党が与党だったとしても、法案が成立したのかな?と思ったりしています。
    まだまだわからないことがたくさんあります。

    これまで私は、平和のため、庶民のためにと頑張る公明党を信じて支援してきました。
    それなのに、このような日本になってしまったのは心外です!
    公明党は、創価と全然関係のないような態度も取っていましたね。
    支持母体の学会員や国民さえも馬鹿にしているということが、よくわかりました。

    今の私にできることは、今後公明党には絶対投票しないことと、語れる人に公明党の実態を訴えていくことです。
    消費税アップ分の税金は、福祉に使われると信じきっていましたが、きっと軍事費に回るのでしょうね(>_<)
    公明党は、平和と福祉の党ではありません!
    来年の参議院選挙、公明票がどれだけ減るのか見ものです。

    どこかのデモのプラカードに、「不安倍」と書かれてありましたが、本当にこれからの日本が不安です。

  9. はじめまして。生まれてこのかた一度も不信感を持たずに創価の道をひた走ってきました。
    この度の安保法案成立で非常に気持ちが揺らいでいます。9月度の座談会では平和についてビデオを
    観たり語ったりしていましたが、こんなに白々しく感じたのは初めてでした。安保法案についての説明も全く納得できないものでした。人生を賭けて信仰している活動家の自分としては、党及び学会組織に対する不信感と、そんな自分に対する後ろめたさで、心が押し潰されそうです。夫・子供・親兄弟‥親戚一同が学会員な為、誰にも相談できません。誰よりも熱心な活動家はこの私なのですが‥‥。こんな気持ちで新聞啓蒙や折伏など出来るわけがありません。

  10. 民主党・福山哲郎議員の反対討論を聴き、こんなに国民の声に耳を傾け、代弁して下さる議員がいるのかと、国会中継を見ていて初めて涙を流しました。

    公明党の議員さんこそが国民に最も近い、庶民の声を政治に反映してくれると言い聞かされて育ちましたが、まったくの嘘だったことが分かりました。ブレーキ役でもなんでもありません。「公明党を信頼していれば間違いない」なんてこともありません。これからは私たちがブレーキ役とならなければいけないと思います。
    公明党の国会議員のツイッターがまとめて見られるよう、リストを作成しました。良心ある
    皆さん、学会員の是非一緒に監視をして下さい。

    【公明党国会議員リスト】
    ツイッターアカウント(濱地雅一氏からブロックはされたので39名分)
    https://twitter.com/caetla_k/lists/list
    ツイッターアカウントなしの15名分、公式HPやFacebookなど
    http://bit.ly/1OnMRf0
    合計55の公明党の議席を少しでも減らせるよう、ご協力下さい!

    リストを作成していて分かったことですが、1人1人のツイートやブログを遡ると、安保法案が合憲であるとの説明している議員は片手で数えられるほどでした。するべきこともしていなかったのに、法案成立後に「理解をしていただけるよう説明をしていく」ではプロセスを間違えすぎではありませんか。平和の党、福祉の党として信頼していた時期が私にもありましたが、もう騙されません。

    来年は参院選が控えています。安保法案に賛成した議員には投票しない、そして投票させない。悔しさを決して忘れず、新たな戦いをスタートさせようではありませんか!(体験発表風ですね)

    匿名さん、初めまして。
    私も生まれた時から学会員、家族全員学会員、友達全員学会員(学園生でしたので)という身でおかしさに気付き、誰にも相談できず一人苦しんでいました。ですがネット上で調べてみれば、同じように苦しんだり脱会された方が多く、1人じゃないのだと勇気づけられました。今では家族と縁を切り、学園の友人とも連絡を絶ちましたが、選挙や財務と無縁の人間らしい生活を過ごしています。匿名さんと同じく、安保で不信感を持ち始めた学会員がたくさんいます。1人であありません。匿名さんが間違っていないのだと確信できるまで、調べてみてください。デマや妄言ばかりだと教えられてきたネットの中にも真実はありますよ。

  11. もとそのこさん、コメントありがとうございます。
    水を差すようで申し訳ないのですが、民主党の福山議員の演説は上手かったですが、あのあとは自民党のヒゲの隊長とニコニコと談笑したあと、二人でどこかにいなくなりました。このスレッドの本文に写真を載せておきます。民主党の議員全般に言えることですが、私はあまり信用できないと思っています。

  12. エレナさん
    ブログの紹介ありがとうございます。
    運ちゃんさんのブログは以前から拝見させて頂いていましたが、ご紹介されていた「元本部職員」のブログは初めて知りました。
    興味深いですし、今後さらに元本部職員という立場だった人達が声をあげ、職員しか知り得なかった真実が表に出てくることを望みたいですね。

    匿名さん
    初めまして。
    >人生を賭けて信仰している活動家の自分としては、党及び学会組織に対する不信感と、そんな自分に対する後ろめたさで、心が押し潰されそうです。

    私自身も、30年近く自分自身の人生を賭けて創価の活動家として生きてきました。
    そんなある時、組織への疑問が大きくなった時、こちらのブログに出会い、今まで感じていた違和感の謎が解け覚醒し完全非活に転じました。
    役職も責務も全ておりました。
    匿名さんと同じく、夫も義家族もその親戚一同も全部創価会員の四面楚歌状態です。
    覚醒した後、私には戻れる場所はなかったかもしれないと、夫の態度や言動に心打ちのめされる事もありますが、こちらのブログに同じような思いをしている方も沢山いらっしゃることで本当に救われています。
    そして、何より自分の心に嘘をつくことなく生きていけることが嬉しいです。

    匿名さんは、今回の安保法案は1つの大きなきっかけとなった事と思いますが、これを機会にこちらのブログをお時間があるときに遡って読んでみてはいかがでしょうか?
    本当の創価の真実を知る事ができると思います。
    知ることで、今まで創価で活動してきた事が全て間違っていたんだとその事実を受け止める事になるかもしれませんが、上からの打ち出しをそのまま「真実」だと思い込んでしまっている創価会員のオカシサに気づくと思います。

  13. 安保法制への意見は敢えて言いません。
    政策というものは、このようなものだと言っておきます。
    何度も言ってますが、実質の議席をとっているのは婦人部で、なぜ婦人部がそこまで選挙だけ抜きんでて必死になるかというと、「法戦は何より功徳があるから」です。
    なぜか、子どもの受験が上手くいったり旦那の仕事が成功したりするそうです。

    そうやって支援した結果、憲法の根幹を揺るがすような事態が起こりました。
    政策など見もしない考えもしないで「公明党!センセイ、功徳、キャーキャー」と票を頼みまくった結果です。
    選挙はそのまま数、政策が全てなんです。
    あなたの個人的な家庭の事情なんて無関係なんです。
    これが骨身に沁みて解りましたか?
    解ったら二度とこのような考えは止めてください。
    そして、こんな滅茶苦茶な理屈を言って会員を利用した、創価という組織の正体を見破って下さい。

  14.  公明党に騙されたという学会員さん達、自分達を被害者だと思ってはいませんか?そうであれば、それは大間違いですよ。
     よくよく考えてみて下さい。自分達がどういう動機で支援活動していたのかを。選挙は功徳が大きい、宿命転換の好機などと幹部からたきつけられ、功徳ほしさに活動していたのではありませんか?政策の善し悪しなど考えることもなく、上から与えられた情報を鵜呑みにして活動していたのではありませんか?
     あなた方の長年にわたる無分別な支援活動の結果がこれです。この意味において学会員には大いに責任があります。
     私もつい最近まで同じようなことをしていたので忸怩たる重いです。とてもじゃありませんが被害者面なんかできません。
     もしかわずかでも疑問を生じたなら、罰を恐れてそのその気持ちにふたをしてはいけません。今こそ考えていただきたい。自分が所属する創価学会とは何か?公明党とは何か?これまでの当たり前を一度全部0にして考えていただきたい。
     このブログの膨大な書き込みが必ず助けになります。活動の中で疑問に思っていたことの殆どに答えが与えられるでしょう。

  15. 思えば確かに、自分でも創価脳の頃は、公明党こそ平和のために活動してくれてる政党なんだ、と本気で信じてましたね。
    他国と戦争!?という事態が迫っても、池田センセイと公明党が必ず動いて、戦争は未然に防いでくれる!とか・・・
    世界は平和になるはずだ!功徳も出るはずだ!なんて素晴らしい選挙応援活動なんでしょう!とか思ってましたね。(苦笑)
    まあ、洗脳状態のアホだった訳ですが、今でもこういう思考の現役活動家は多いはずです。
    どうですか?今の気分は? 最高ですかー? な訳はないですよね?
    本当に平和を追求する政党ならば、野党に下ってでも学会員と共に安保法案に反対するはずですが、違いますか?
    「公明党がブレーキ役になっているんだよ、うへへ」などという子供騙しのワンパターンな言い訳を押し通し、
    今後も自身の保身と創価を守る事、そしてオイシイ利権でも狙って、好き放題に与党としてのさばりたいんでしょう。
    ここを閲覧している現役創価脳活動家さんがどれくらいいらっしゃるのかは分かりませんが、
    今後も、こんな呆れたインチキ政党のために、功徳も平和の保障も無いのに無料奉仕で必死でF活動に走り回りますか?
    選挙前になってから、活動拠点にペコペコしに来るだけの公明党議員は、普段は学会員を小馬鹿にしていますよ。
    私も過去に、選挙以外での公明党の議員の、学会員に対する横柄で見下したような言動を何度も体験してますし。
    そもそも、支持母体である創価学会自体がカネ集めと政治利用だけの困った詐欺的宗教団体なんですから、
    そんな組織が作った政党がインチキなのは、至極当たり前の話なんです。
    功徳も世界平和の保障も1%もないのに、毎日ナンミョーナンミョー言って無意味なお祈りして願ってないで、
    まずは創価と縁を切る事から始めましょう。
    そして、今まで、無駄に公明党なんぞの支援に使っていた時間と資金を、自分と家族の将来のためにお使いくださいね。
    そして、余った時間を活用して、平和のために何が出来るのかをゆっくり考えればいいのです。
    ていうか、それが人間として本来の当たり前の姿ですよ~(^^)

  16. シルバーウィーク脱力企画
    【 こんな創価学会は嫌だ! パート2 】

    ・次期会長は、センセイのCDに付いてる投票券で決まる
    ・幹部の役職は、リアクションの大きさで決まる
    ・壮年部幹部が全員、ガクランにリーゼント
    ・婦人部幹部が全員、スケバン刑事
    ・本部幹部が全員、ゆるキャラ
    ・座談会が、覆面座談会で公明党の悪口
    ・座談会が、みんなで温泉に浸かってセンセイの悪口
    ・選挙期間中は、24時間ハチマキ
    ・選挙期間中は、「こうめいとうよろしく」以外会話禁止
    ・選挙期間中は、「F取った?」と「え?太った?」は聞いてもOK
    ・選挙終了後は、華麗なるエアー報告優勝者決定
    ・幹部指導が、ギターの弾き語り
    ・幹部指導が、華麗なるマジック
    ・幹部指導が、ラッスンゴレライ
    ・幹部指導が、ねばーる君
    ・幹部指導が、正しい机の叩き方講座
    ・幹部指導が、「自分で出来る!カラーコピー本尊の作り方」
    ・同時中継が、唱題2時間、音楽隊5秒
    ・同時中継が、婦人部幹部の嫁の悪口2時間
    ・同時中継が、原田君と山口君の大喧嘩
    ・同時中継が、センセイの搬入2時間、センセイの雄たけび5秒
    ・同時中継で、センセイが机を叩くと原田君にタライが落ちる
    ・同時中継が、センセイの捜索ドキュメント

  17. signifieさま
    福山議員談笑の画像、真意は分かりかねますが、あの反対討論がパフォーマンスだったという可能性も持ちながら、彼の今後の言動に注視していかなくてはなりませんね。ありがとうございました。

  18. ついにイスラム国の日本へのテロ実行が現実味を帯びてきましたね・・・。
    ISの機関紙「DABIQ」が日本にもテロ攻撃を行えと各国にいる同志に呼びかけているようです。
    http://wedge.ismedia.jp/articles/-/5383

    ISのネット英字機関紙「DABIQ」 PDF版(P46-P48の記事に掲載)
    http://www.clarionproject.org/docs/Issue%2011%20-%20From%20the%20battle%20of%20Al-Ahzab%20to%20the%20war%20of%20coalitions.pdf

    どうせやるなら首相官邸にしてほしい(震え声)

    テロが実際に行われたら政府は、
    「ほら、やっぱり戦争準備は必要なんだよーん、安保法案成立して正解でしょ♪」
    と嬉々として、自衛隊を日本軍に仕立てるのでしょう。
    日本とアメリカの軍需産業を盛り上げて一部の特権階級だけが潤う。
    そして近い将来は第3次世界大戦が勃発・・・?
    最悪のシナリオへ向けて着々と進んでいるのでしょうか・・・。

    どんどん日本もきな臭いニオイが鼻につくようになってしまい、
    日本に住んでいる限り戦争に巻き込まれることはないだろうと、他国の悲惨な内戦を見て、
    日本に生まれてよかったと思っていた自分は過去のものとなりつつあります。

    母は、安保法案に関しては、公明党がやることだから間違いないと思っていたようですが、
    今回のISテロ記事を見せたところ、少し疑問が生じているようです(たぶん)
    完全にマインドコントロールが溶けるのは至難の業だと思いますが、
    創価や公明の発言を鵜呑みしている思考停止の姿勢を少しずつでも変えていって
    いけたらと思っております。

    創価学会・公明党に一途な会員さんというのは、
    「背中にてんこ盛りのネギをしょったカモ」でしかないのです・・。

  19. Signifieさん、みなさん、いつも鋭い切り口とともに笑いを届けて下さり、ありがとうございます。
    学園卒、白ゆり長の者です。最近、頭痛や胃痛がありうつっぽいなーと感じていましたが、みなさんの替え歌、川柳などに本当に癒されています。
    7月にこの安保法案が衆院通過したときに幹部に自分の意見を表明、役職下ろしてほしいと訴えても、華麗なるスルーでズルズルと引き伸ばされてます。
    あの委員会での強硬採決は、速記にも記載不能の酷いものでしたね。公明の立党精神でしたっけ「民衆と共に生き、民衆と共に死んでいく」とは正反対。雨のなか民衆は叫んでましたよ、私たちの声を聞いてくれって。全く聞く耳を持ちませんでしたね。
    そんななか、私たちの地元では新聞啓蒙の強化月間でした。あと何ポイントで目標達成!だの、贈呈できました!だのウザイメールが一斉メールで毎日届いたりしてました。盲信者には余計なことは考えさせないいつもの作戦ですが、それでもいいかげん考えましょうよ、自分たちが必死でかき集めた票の結果を。
    選挙のときには「私たちは選挙屋じゃない、こうやって政治に関わり監視して、民衆を賢くしてる」などと言っておきながら、国の根幹を揺るがすような大事なときには完全スルー。
    でもまた年明けから、なに食わぬ顔で夏の参院選に向けて動いていくんでしょう。頭のなかは、自分がもらう功徳で一杯…。
    こんな組織から、早く静かに足抜けすべく、がんばります。

  20. 連投失礼します。
    新聞啓蒙で思い出しました。
    前に、やはり新聞強化月間に目標まで足りないというときに幹部に誘われ、地区の未活の部員さんに新聞を取ってもらうべく訪問したことがありました。(もちろんアポなし、非常識!)その幹部は、まぁ軽く世間話をしたあとに「今、聖教新聞がキャンペーン中でお金は要らないので、ポストに入れさせてもらっていい?」と切り出したのです。
    相手は無料ならと承諾。家を後にしてから、何ヵ月入れるんですか?と私が幹部に聞いたら「相手がもう入れないでと言うまでずっと。強化月間のたびに啓蒙用紙を起こしていく(ポイントの成果にしていく)」というのです。そのときは活動家でしたがビックリしました。こんなやり方をするんだー、すげぇなって。
    その贈呈のお金、私が出すことになりそうでしたが経済的に厳しかったんで、ポイントの成果と共にその幹部にお譲りしました。だって、年間24000円ですよ、しかも他人が、読むかどうかもわかんないのに!しかも半永久的に!!
    頭がどうかしてなきゃできませんよ。
    本当にバリ活のときにも思ってました、何でも無料体験や無料キャンペーンとかあるんだから、聖教も初めて取る人にはキャンペーンやってくれればいいのに、って。でも、聖教はビタ一文出しませんでしたね、年に何回かPR版が地区にこれでもかーって部数が届いてましたけどね。
    スレ違い、失礼しました。

  21. コージさんの「こんな創価学会は嫌だ!」 ウケました!
    ドリフの大爆笑で、もしもこんな○○○があったら・・というシリーズがありましたが、
    もしもこんな創価学会があったら、というコントをどこかの劇団かなにかで
    実現できたら楽しいでしょうね。

    池田駄作さんとゴーストライターさんのやり取りのシーンとか。
    バ幹部さんと迷走信者さんとの日常とか。

    実現するなら私もぜひ参加したいです♪

    私の独り言でした。

  22. 学会二世で生まれた時からマインドコントロールにかかり育ったアラフォー主婦のぽんきちです。
    脱会して一年、今回の公明党の姿で、はっきり詐欺団体であることがわかりました。そして、国民、学会員を明らかに小馬鹿にしてるあの態度、許せません。
    騙されてきた人生失ったものはあまりにも多すぎます。でも、モニカさんや、キリコさんのおっしゃってたように、被害者でもあるとともに加害者でもあることにとてつもなく責任を感じます。残りの人生どう生きようかと模索しています。

  23. あの国会のゴタゴタは、ほとんどが茶番劇と思えてきました(>_<)
    私も民主党頑張れ!と期待していたのですが…
    数年前から感じていましたが、野党は与党を反対する立場だから何でも反対。
    いつも議員の発言の揚げ足を取るだけのお粗末さ。
    だから政治離れ、選挙離れ。

    選挙活動に功徳なんてありません!
    最初は功徳を信じて活動していましたが、だんだん功徳なんて無いことに気付いていきました。
    白ゆり長になってからは数に追われ、なるべく高いパーセンテージを出すことだけに必死になっていたというか、上から煽られました。
    公明党への内部投票率8割以上とか、いろいろとノルマがありました。
    嫌がっている未活動の部員さんに、地区外の仲の良い人を使って無理に投票を依頼したりしていましたね。
    そして選挙時期になると、必ず体調が悪くなる活動家がけっこういましたよ。
    ストレスからくるものだったのかな…

    コージさん、また笑わせていただきました。
    ねばーる幹部君も面白いですね!

  24. 公明党は、とある事情から、安保法案に反対することができなかった…
    創価学会の支援者をつなぎとめるために、功徳としての軽減税率対策を提言してきたが、
    財務省や与党からあまり相手にされることなく、棚上げ事実上先送りの感がある、
    さらに子宮頸がんワクチン接種による被害者の救済に乗り出したが、実績をあげにくい。

    今回の一連の経緯を見ていて、よくわかったでしょ、
    公明党ってこういう党なんです〜〜
    ご都合でうるわしく語る平和とは、世間とはズレたイメージ…、
    今回のように現実的な政策になると途端に口が重くなってしまうのです。
    平和の党という看板をかけた生活弱者のための党、
    それも自分たちが金儲けをするのが目的の、なんでしょう。

    シルバー川柳その後の駄作

     大勝利 ハタから見れば 花畑
     敗北を 認めないわよ 創価脳
     創価脳 脱いでしまえば やわらかに

  25. 不正選挙、あながちデマでもないと思い始めています。。安倍政権になってからずっと。。

    こんなにデモがさかんになっても、また、政権支持率がジリジリと落ちようが、戦争法案に反対の声が60%を超えようが、一向に気に留める風もなく、国民の声に耳を傾けるでもなく、あまりに強気なのが不思議なくらいです。。

    それは、次の選挙でも勝てる自信があるからとしか思えないですよ。
    それは何故。。?

    もちろん、創価学会員の組織票もアテにしているのも事実ですが。。

    選挙当日、開票が始まってすぐに当確が次々と決まるのはオカシイとは思いませんか?

    投票所では多くの人が投票所に向かうようになってきた実感があるのに毎回マスメディアでは投票率が落ちたという。。

    なにかがオカシイ。。

    シニフィエさん、そうですね。
    わたしも民主、維新は基本、信用できないです。。

    民主党の野田さんの豹変ぶり、もうみなさん忘れましたか。。?
    維新は特に大阪維新の橋下がいるじゃないですか?

    政治家って嘘を平然と言う。。

    忘れない、大事だと思う。

    テレビの数多の情報に流されて煽られて、いつの間にか大切なこと忘れてしまう。

    もう、なんどもなんども繰り返してきたことなんです。。

    忘れない、肝に銘じたいです。。

    ブレない党が、初めて野党共闘を提案してきました。
    真剣なればこそ、です。。
    応援したいです。。(と言っても心のなかで)

    安保法案、集団的自衛権に関しては、賛成の方も少なからずいるのが事実です。

    抑止力のために、痛みを分かち合う、日本だけ平和呆けしてる場合じゃないとか決まって言いますが。。

    わたしは、日本が戦争をする国になって欲しくなかったです。。日本の若者が戦場で人殺しをするような国になって欲しくなかった。。

    日本の平和憲法、誇りに思っていました。
    この誇りを多くの国と分かち合える、そんな世界になればいいのに、と願ってきました。

    それを破壊したのは、紛れもなく創価学会員のおひとりおひとりです。。

    いつまで学会員やっているのですか?

  26. こんにちは
    大変遅くなりました。
    せーやさん、ボレロさん、流れ星さん、暖かいアドバイスありがとうございました。
    ぴよさん、スレッドが新しくなっていて、見落としました。暖かいコメントありがとうございました。
    あれから、ゴタゴタありましたが、今は少し落ち着いています。
    後は、財務を断わるだけなのですが、いつ来るかいつ来るかと、待つているのですが、来ません。もう来ないのでは?んな訳ないですよね〜。
    先日、少し話しをする婦人部の人がいて、この方は、二世さんで、自分の家族も、親、兄弟も、親戚もみんなバリバリの創価一族です。その方の姪っ子さん、この姪っ子さんも、女子部のバリバリの活動家なのですが、もう公明党は、支持しないと、親や周りを困らせているとか、この姪っ子さんの親は、この夏、市議選で、公明党から、新人で立候補され当選しました。身内から、公布の人材が出たと、皆さん大喜びだそうですが、実の娘が、親の所属する党を支持しないとは。
    若い人は、煩わしい人間関係や、しがらみがない分、考え方が、柔軟なんでしょうか?思った事はパッと口に出して、行動に移す。
    連日、デモに参加されてる学生さんたちのように。
    テレビで、ある方が、デモも続ければいいと、1日、100日、一年、二年と、続ければ、安倍さんも、何か手を打たなければいけなくなると、でも私はそれを見届ける事が出来ません。もう81才ですからと、おっしゃっていました。
    功徳と福運、何を言っても、「公明党は、正しいことをしている」と言って聞く耳を持たない人は、ほっておいて、ごく一部の若者かもしれませんが、自分の頭で考えて、立ち上がっている若い人達の何か、後押し出来ることはないか?そんな事を考えていました。
    安倍さんは、法案が決まったら、さっさっと別荘に行き毎日ゴルフざんまい。
    法案が決まっても、誰も議員の居ない、国会前で、デモをして訴えている人達、テレビの映像ですが、対象的で腹が立ちました。

  27. いつもバリ活男子部の彼氏のことで相談させて頂いてる外部のえつこです。いつもお世話になってます。

    少し前に相談させて頂いたSIGセミナーの誘いは断る事が出来ました。
    そしてこのブログの「白いブランコさんとの対話」の一部と「これからのこと」を彼氏に読んでもらう事に遂に成功しました!

    SGIセミナーに関しては「私はどうしても無宗教から何かを信仰する自分になるのが受け入れられない。」と断ると「わかった」と言ってくれ、断った事に関してはどう思ってるのか質問すると「残念だなとは思うけど無宗教でいたいって意思は尊重してあげたいから。いつかもし気が向いたら来てほしい。」と言ってくれました。

    セミナーを断った翌週に彼氏に「私はどうしても何かを信仰する自分が受け入れられないから入会出来ないけど、だからって学会の事は私は一切知りません、勝手にしてくださいってのは嫌だからちゃんとどんな所で彼氏がどんな活動してるのかちゃんと理解したくて私なりに調べてみた。そしたらどうしても彼氏に見て貰いたいブログに出会った。見てもらって彼氏の意見を聞きたい。私も彼氏も納得出来る真実を知りたい。」と伝え見てもらいました。彼氏は私が学会についてきちんと知っておきたいと言う気持ちは凄く嬉しいと言ってブログも快く読んでくれました。

    予めシニフィエさんやブログの皆様は2世3世の方や活動家だった皆様ばかりだと説明したうえで読んで貰い、今回はこのブログの存在を知って貰うだけで良いと思い、創価を否定せずに一緒に読みながら純粋に私がわからない事に関して質問するという形で質問に答えて貰いました。
    (財務などかなーり答えに困りそうなことばかり聞きました)

    結論から申し上げると質問に対して返ってくる答えが基本白いブランコさんと同じでした^^;
    (池田先生が現われない件についてはあとは任せると言う趣旨だからあえて現れないんだ、財務で経済破綻したり活動のせいで一家離散したりといった事はそんな事になるまで放っておく地区の責任者が悪いんだ、本当はそんな事になっちゃいけない…etc)
    ここまで同じかと恐ろしくなりました^^;
    それでも白いブランコさんとの対話を読みながら「要はこの管理人さんは白いブランコさんが言ってる事があなたの考えてる事じゃなくて学会が言ってる事をそのまま言ってるだけだ、学会の建前じゃなくてあなたの意見を聞きたいって事を凄く言いたいんだよね?」とすぐに理解したうえで考えて答えてくれました。

    ブログを読むと抵抗感が凄くて読んでて良い気分はしないけど、でもこれからも読んでほしい物があればちゃんと読むし、えつこちゃんがわからない事があればどんどん質問してねと言ってくれました。

    これからも彼氏の様子を伺って疲れさせないペースで読んで貰って「これに関しては彼氏はどう思うの?」「わからないことがあったからおしえて。」とあくまで疑問に対して質問して考えて貰うという形で進めたいと思います。
    既に次に読んでもらいたい内容はもう大量にコピペしてあります。

    今回ブログを読んで貰って質問した結果、答えに困ってる様子はだいぶ伺えました。
    そのせいか何かにスイッチが入ってしまったのかブログを読んだ直後に日頃から面倒でサボってると言ってた勤行?を「寝る前に祈らせて貰います。」と言って始めました。5分もしないうちに終わりましたが。(翌日の朝は何もしなかったです)
    お題目に関しても質問したら精神統一によってお題目をあげてる間は悩まなくなるような効果がある事と、たまに家でもやるけど10分くらいやると時間の無駄に気付いてやめちゃうと言ってました。

    まだまだこれからですが、このブログを読んで貰うと言う目標を達成出来て大変嬉しく思っています。
    シニフィエさんや皆様のアドバイスのおかげで読んで貰うことが出来、大変感謝しております。
    これからもたくさん相談させて頂くと思いますがよろしくお願いします。
    いつも外部の私にも丁寧にアドバイスして頂き本当にありがとうございます。

    そしてSGIセミナーを断ってブログを読んで貰ってしばらく経った本日、また来月の外部向けのセミナーに誘われましたがその場で断りました。
    私の意思を尊重したいんじゃ無かったの?と思いながらも悪気があって誘ってるんじゃないと信じてハッキリ断りました。

    いつか創価に少しでも疑問を抱いてくれる日が来ることを願って、このブログを読んで貰いながら頑張ります。

  28. ついに転んでしまったおっとっとです。
    安保法案には反対です。
    戦争好きなアメリカの決定で有無をいわさずに戦争にでかけるようになるのは目に見えています。
    抑止力を高めるといいながら、現実にはこの件で中国や韓国などの国の感情を逆なでし日本の事を疑心暗鬼に思わせているようで逆効果ではないですか。最も、それが意図なのかもしれませんが、、。それが本当なら恐ろしいことです。

    白百合長をしている妹に言っておきました。
    もし来年にでも自衛隊が戦争に行き捕虜に取られたり死んだりしたら、あなただけでなくあなたの子供達までも世間から非難されるかもしれない。
    その時になってからでは遅いので、今の内に公明党反対宣言を周囲の人達にほのめかしておいた方が安全だと。
    幹部なんかに非難されるよりも、世間様に非難される方がもっと怖い。
    軍需産業トップの三菱関係企業で繋がっているであろう三菱銀行をメインバンクにしている学会の財務も今となっては考えたほうがいいと。
    幹部の立場である妹は苦しそうでしたが、こんな風にしてメンバーをくるしめる組織が許せません。

    日本の軍需産業と戦争法案について
    http://blogos.com/article/117792/

    そして沖縄の辺野古問題はその事自体も安保法案と関連があるわけですが、何といってもここまでやるかというほどの
    海上保安庁の態度。まあ仕事だといえばそれまでですが、自公政権の横暴さがこういうところにも凝縮してますね。

    辺野古テント村損壊事件に沖縄メディア、SEALDsが注目 警察対応に批判も
    http://matome.naver.jp/odai/2144273267304535501

    もみ合いで顔面を殴られ頸椎(けいつい)捻挫のけがをした男性(49)は「目の前でバンバン壊されているのに警察は対応せず、
    逆に止めようとした私を抑えた」と強く批判した。

    1月には海上保安庁の過激な行動を批判した沖縄共産党の赤嶺議員の抗議にとぼける公明党太田国土交通大臣

    これらの事は公明党太田国土交通大臣がトップで責任を取る事だと思いますが、自公政権の独裁によって、日本の
    法治国家は終わりの兆しが見えますね。
    アメリカの知識人の方達の方がよっぽど日本に警告をならしています
    http://peacephilosophy.blogspot.com.au/2015/08/the-world-is-watching-international.html

  29. 安保法案には勿論反対です。
    気が付けば、このままでは日本は破滅への道を歩いているように思えてきます。
    公明党の政策も怪しいことばかりだし、自民党にすり寄ってご機嫌伺いしているようにしか見えません。
    11・18を待たずに辞めようかなと思います。

  30. 未活のミニーです。今回の安保法案でやはり現在の学会、選挙活動など一切宗教でもなんでもないことが明白になりましたね。
    私は鬱になってから未活になり現在は社会復帰していますが、5年間自分と向き合い何が苦しいのか、納得がいかないのかじっくり考えてきました。もし日蓮が正しいとしたら御書に書いてある事を今の学会はことごとく裏切った教義に変更していますね。これもバリ活だったら忙しくて発見できないでしょうね。私は人間として正しい方向を向いて生きていきたいと思いバリバリバリ活として走り抜いてきましたが、平成3年以降の学会はジワジワと方向転換して今までとは違う方向に向かっているように思えてなりません。
    約20年かけて、ついに戦争賛成まで持ってきたわけですね。
    残念ですが現実なので、現在の活動家が気がついてくれるのを待つしかないのでしょうか。

  31. この件に関してだけはみなさまと意見が反対の私です。

    本来自民はマニュフェストで、憲法を改正して国防軍にして、当然集団的自衛権も認める立場でした。
    ガチ右の私からするとそうして欲しかったのですが、今回解釈でかえることとなり、改正が遠のきました。私からみると公明が邪魔したとみてます。
    立ち位置を変えてみると、思った以上にブレーキ踏まれてる気がします。田母神はんも同じこといってた。
    ←たぶん現役会員はこの論法で納得させられてるはず、、、。

    ついでにいうと野党の付帯決議もついちゃったし。本来はあんなの公明からでないとダメでしょう。
    元々民主も賛成の考えですから、本当に反対となると社民か共産しか選択肢がないです。

    学会やめるのは良いですが、アカにかぶれるのだけはやめていただきたい。よろしくお願いします。

    あと、公明が自民と裏でズブズブなのは今に始まったことではないです。昔からそうです。
    一般的には反自民で勢力伸ばして、裏で繋がってて権力延命してるんですよね。
    国税から逃れたいから。そろそろばれるんでないの。

  32. えつこさん
    スマイルです。彼氏さんにこのブログを読んでいただいたとのこと。よかったですね(*^_^*)
    私も、バリバリの活動家だったので彼氏さんの発言、よくわかります。
    結局、創価=自分 なので、否定できないでいました。
    組織内で、どれだけ矛盾したおかしなこと(たとえば100万円の布施をあおってきたり)があっても、「それはおかしな幹部・会員がしていること。創価は悪くない」との発想になります。
    だれでも「自分は正しい」と思いたいですので。
    早く目覚めてくれればいいですね。ブレずに頑張ってください。
    特に人生で、困難があった時に創価は付け入ってきます。気を付けてくださいね(^^)

    安保法案が通るのは仕方ないですが、公明党の議員のあの態度、セセラ笑う態度、非常に腹立たしいものがありました。日本の若者を戦場へ送り込む法案、厳粛な態度で臨むべきです。

    このお彼岸中に、父母の納骨が終わりました。ひと安心です。
    バリバリの活動家だった母は、ガンで悶絶しながら死にました。
    創価を守りに守り、2億円以上の財務をした父は、提供した個人会場で座談会の真っ最中に、会場の隣の自宅で首つり自殺をしました。

    そんな中、このブログに出会い、思いを吐き出す中で、心の整理ができています。シニフィエさん本当にありがとうございます。

    しかしまあ、創価の陳腐なプロパガンダによくも騙されていたかと思うと、、、我ながら恥ずかしい限りです。

    創価の信仰、日蓮の信仰は「宇宙のリズムに則った法則」だから信心から離れることは、宇宙のリズムから離れること。不幸になるよ。
    信心から離れてはじめは大丈夫でも、あとでえらい目に合うよ。
    巧妙なウソです。
    人生山あり谷ありです。 信心から離れて困難が来た時に「あっ?ひょっとして信心から離れたからではないか?」と思わせるんです。
    座談会でも、「信心に励んでいたが、離れたら不幸になって、再び信心にはげむようになった」という体験発表がよくなされます。
    どこかに「他に頼りたい心、助けてほしいという願い、創価の信心が正しいという思い」などがあるのでしょう。

    どこが「宇宙のリズムの法則」やねん?
    幸福にならない会員はとてもおいしいカモネギですね!お得意様です。

  33. 創価を辞める時、最後に
    ①「どうして政策を選ぶ選挙に『あなたの宿命転換を賭けましょう』と言うのですか?意味わかりません」
    と地区婦人部長に。

    ②「『票を頼むと頼んだ方だけでなく、頼まれた方にも功徳がいく』って何ですかそれ?」
    と支部婦人部長に。

    ③「『選挙戦を闘うと功徳がある』って何ですかそれ?」
    と区幹部に尋ねました。

    三人とも百単位でF報告をする人でした。
    区幹部は決起大会でハチマキをしてマイク片手に「Fをとるぞー!負けないぞー!かちどき用意~!エイエイオー!そらエイエイオー!」と号令する人でした。

    ①の回答
    「わかりません」と一言でした。
    その人は入会する時、意味なんかわからなくていい。上から言われたことはとにかく「はいはい」と素直に聞いていれば立派な家に住めると聞いて、それ以来一度も口答えせず、言われたことは「はい」というのが信条だそうです。

    ②の回答
    気持ちよく話していたところにそんな質問が入ったのが気に触ったのか、途端に機嫌が悪くなり「あると思いますよ!」と、「あります」が「あると思いますよ」に変わりました。
    「思いますよ?」私がそれをそのまま言い返したら睨まれて、それ以上何も言いませんでした。

    ③の回答
    「選挙は功徳がある。そのままだと誤解されるの。選挙で戦うことによって題目をあげ、こうなってああなってと間にいっぱいいろいろ入るの。昨日今日信心した人ならともかく、わかってる人の前では省略しているだけよ」
    ちなみにその人に①の質問もしてみました。その回答は
    「そんなこと質問するに人初めて会いました。わかりません!」と即答されました。
    更にその話を②で怒った支部婦人部長にそのまま話したら
    「区幹部でも、わからないことはわかりませんと素直に言うのね。さすがだわ。すばらしいわ。謙虚だわ」
    とうっとりされました。

    私が脱会したのはそれから間もなくでした。

  34. おはようございます。
    安保法案が可決され、まだまだ国民の怒りはおさまりそうもありませんね。
    安保法案反対署名を学会本部に届けた『ひとり学会員さん』は、「今の学会はおかしい。正しいことを言う者が苛められる!」と強く訴えておられました。
    本当に、その通りだと思います。
    署名に参加した婦人部は、デモに参加すると幹部から「嫌なら学会員をお辞めになったらどうですか」と鼻であしらわれた。「選挙の時は集票マシンとして使いモノを言うと排除するのは失礼です」と仰っていたそうです。

    この方達が、公明党に指示を出しているのは創価であることが解った時、どのような反応を示すのでしょうか!?
    それでも、創価を信じ続けるのでしょうか!?
    本当に、創価はしたたかな、タチの悪い教団です!!
    平和の党であるはずの公明党がイラク戦争に簡単に賛成した時、幹部に疑問をぶつけると、「そんなことは、上には言えない!」と言われました。
    その頃から、すでにおかしかったと思いますが・・
    今さら気付いても遅すぎますよ~!創価員さ~~ん!( ̄ヘ ̄メ)

    加奈子さん
    ひとまず、落ち着かれて良かったですね!(^ー^)
    財務、やっぱりきますかね~!
    ボレロのところには、諦めたようでもう来ないようです。
    体調に気お付けてくださいね。

    匿名さん
    はじめまして。
    私も匿名さんのように活動家でしたが、組織に疑問を持ち不信になり、完全非活になりました。
    ご自分の気持ちに正直に生きてください。

    せーやさん、いつも心のこもったコメント有難うございます!
          本当に、癒されます。(*^-^*)

  35. みなさんこんにちは。
    1千万財務し
    幼少期から優等生活動家だったのに
    ご本尊をゴミ箱にポイした
    巴里です(^^)
    毎日全て読んでおります。

    スレチですが報告です。
    【退会届】本部に送りました!!
    が、2ヶ月経っても地元組織から何もありません。
    退会届受領書を添付したんです。
    ここで得た情報から
    「絶対、寺止めの書類には押印せんぞ!」と
    思いながら待っているのですが(^^;)
    9月って統監ですよね。
    無事に削除されたのか不安です。

    このブログに出会うまでは
    詐欺だという観念は全くなく
    とりあえずEランク非活を貫いていたんですが
    もう、在籍しているだけで
    悪に加担してしまうんだと確信することができ、
    退会届を出す決意が出来ました!
    感謝の思いでいっぱいです(学会風~)
    親にばれたら相当な悲しみを与えてしまいますが。
    組織の誰かが漏らさない限りはばれないのですがね。
    なんせプライバシーなんてないところですから。

    隣国と友情の架け橋を渡していて
    たくさん勲章を頂き、賞賛の嵐の
    素晴らしい世界のリーダーイケダ氏が
    動けば、攻撃される恐怖なんか簡単に
    払拭できるはずですよね、学会員さん。
    こちらが軍事を強化する必要なんかないですよね。
    なんせ、「ガンジー・キング・イケダ」ですもんね。
    なのに何故?ってどうして思わないの???

  36. 連投失礼します。
    かすみ草さん
    >役職降ろしてほしいと訴えても、華麗なるスルーでズルズルと引き伸ばされて
     います。
    幹部は自分の面子と組織のことしか頭にないのだと思います。
    かすみ草さんのことは、考えてないと思います。
    役職をぶん投げて、早く組織から離れてください!
    ボレロも役を辞めて、それから会合には出ていかず組織から離れました。
    ご健闘を祈ります!( ´ ▽ ` )ノ

  37. 今日の聖教新聞、「全国で秋季彼岸勤行法要」
    池田名誉会長は総本部の恩師記念館で勤行、原田会長は東京・江東文化会館で勤行、ですって。
    で、写真は原田会長と参加者の勤行の様子のみ、掲載されています。
    いやいや、聖教新聞をお金を払ってまで読む層は、池田センセイの写真を見たいんじゃないんですか?
    なぜ天下の名誉会長の勤行の写真が無いのですかね?
    もう、ほんと、嘘なら嘘って、ハッキリ言いましょうよ。
    最近も、毎日毎日、名誉会長からメッセージメッセージと、しつこいくらい1面に書いてますし・・・
    仮に、100歩譲って元気だと仮定しても、あんな量のメッセージを毎日掲載出来ませんから。
    完全無料で本部から直接郵送で配布してる、とかなら、まだ分かりますけどね・・・
    お金を毎月徴収して、学会員に悪天候下でも配達させておいて、嘘八百はいけませんよ。
    センセイが元気というのが嘘じゃなかったら、明確な証拠を出してくれればそれでいいんですよ。
    同時中継で、センセイに勤行をしてもらうとかね。 指導とかは別になくてもいいですから。

    巴里さん、 退会届を本部に出されたんですね、でも何も言ってこないと、やはり不安ですよね・・・
    ちゃんと受理されて事務手続きされた事を願っております。
    財務、いくらかでも戻ってくればいいのに、と思いますよね・・・

    せーやさん、ほもさぴえんすさん、 コメントありがとうございます!
    創価のモヤモヤは、ギャグや替え歌などで笑い飛ばすのが一番ですね。

    連休も終わり、疲れが出たり秋バテのシーズンでもありますので、
    皆様 体調管理に気をつけましょう~ (^^)

  38. スレ違いになり申し訳ありません。もし不適切でしたら、投稿はお控え下さいませ。

    巴里さまへ。
    はじめまして。バリ活1年、非活1年で、先月脱会しました杏奈と申します。
    本部への退会届について、私の経験になりますが、少しお話させてください。
    私は、実は記憶してるだけで4回、本部に退会届を送っています。他のブログで拝見した書き方で送りました。正式に承認された?のは、3、4回目と思います。実際、その後の先月、地区の退会届を学会員さんの前で記入し、退会になりましたので、3、4回目のも、効力があったのかは謎です。。

    昨年に初めて本部に2回送りましたが、以降も地区の学会員さんから活動に関する連絡が続いていました。ですので学会員さんに、本部に退会届を提出した旨伝え、一切連絡を途絶えていました。しかし気持ち悪かったので、東京を訪れた際、本部に足を運び、旭日会館(名前がうる覚えですが、学会員が相談できる建物)で、きちんと退会できてるか確認して欲しいと伝えましたが、「こちらで確認してみますが、すぐには分からない。」と濁されました。

    一年経ち、知人の学会員さんに学会活動を誘われました。大きい恩もあり、やはり戻るべきかとその時は考え、再度学会活動をする流れになり、元々の地区の学会員さんに話しました。すると「名簿調べたところ、杏奈ちゃんの名前、ちゃんとあるよ〜。」と言われ、すんなり活動が再開できました。
    ということは、去年、本部に退会届を2度も出し、東京の会館まで足を運んだにも関わらず、何の処理もされていなかったということです。

    巴里さま、もし気になられるようであれは、可能であればそれとなく、地元地区の学会員さんに確認取られるのも、良いかもしれません。本部への退会届がすんなり受領されているケースもあるのかもしれませんが。。
    巴里さまが力を振り絞って書かれた退会届が正式に受領されることを願い、微力ながらメールさせて頂きました。至らないコメントで恐縮ですが、巴里さまのお役に立てれば、大変幸いです。

  39. 安保法案についてはいろいろな意見があると思います。
    やまとだましいさんの意見があるように、一つになるわけないと思います。
    誰だってテロの標的にされるのは嫌だし、中国に海洋でやりたい放題されるのも嫌だし、石油は安全に運んでほしいし、あれもこれも一つの法制で解決するなんて無理ですよね。
    それは仕方ないでしょうが、何も考えず「公明党に入れさえすれば功徳がある」だの「平和の理念を持つ唯一の魔法のような団体が創価であり公明党だ」と、それしか言わない発想を省みてほしいのです。
    これ、そんな婦人部に言ってるんですわ。

    議席をとるという重要なことを、簡単に「挑戦しようよ!」
    「〇日が報告日だから頑張って!」
    「一つでもいいの!」
    「それを戦ったというんです!」
    「壮年部なんかね、いろいろ考えちゃってダメなのよ。面子とかねえ」
    「先生にお応えしてるのは婦人部だけよ。婦人部が走るのよ!」
    「まず目標を決めるの!」
    「公明党は勝った。でも自分は勝たなかった。今回も戦わなかった、じゃ意味ないの」
    とにかく票さえ頼めば「あなたは勝った!」「殻を破ったわね!」
    創価の現場なんてこれ一色ですよ。
    これについてこそ、いろんな意見があって然りですか?
    アホの一色ですわ。

    かつてのワクチン推進問題でも「署名を取れば偉い」
    その先は知らない。
    誰も口にもしない。
    それなのに「平和よ!平和!平和!平和!」とこれだけ絶叫する。
    バランスが滅茶苦茶なんですよ。
    選挙というものを「あなたの宿命転換」とか「功徳」という滅茶苦茶な理屈と結びつけているからです。

    いくら法案を論評したところで「私は今回の選挙で功徳を頂きました」な~んて書き込みをしてことのある活動家のいうことなんて、全く説得力ありませんね。

  40. こんにちは、足軽ドリブラーです。

    以前任用試験で質問した件です。
    僕の負け、彼女側の勝ちになってしまいました・・・。

    彼女のお母さんから晩御飯に食べに来てよと誘われました。
    お父さんの誕生日が9月なのでお祝いするとのこと。
    その際、何らかのアクションがあると覚悟はしていました。

    メンバーはお父さん、お母さん、彼女のお姉さん夫婦、彼女、僕
    お姉さんはほぼ活動はしていません。
    (新聞は取っているが一切読んでない、仏壇も持っているがクローゼットの中、座談会も行ってない)

    家に上がらせてもらうといきなり久本雅美のビデオデマンドを見せられ、ご飯を食べながら感想を聞かれてもなぁ・・
    『さすが話し上手ですね、一つのテーマでこれだけしゃべる事が出来て凄いです』
    これでは誤魔化せませんね(笑)

    お父さんが学会の話をします。
    きました!お母さんから任用試験の話が!

    姉旦那さん『うーん、受けよっかな』
    僕『えっうそーん』(心の声です)
    お姉さん『私受けた事ないよ』
    お父さん『そんなはずない、絶対受けてる』
    お姉さん『私勉強嫌いだから、受けてたら記憶にある』
    お姉さん『それか昔受けたけど、勉強してなかったから落ちたか。だから記憶にない』(笑)
    お姉さん『まぁ○○が受けるんなら私も受けよっかな・・あっ要らない事言っちゃった。あぁーめんどくさい。でも一回言ったから受けますよ。けどそのかわり晩ご飯出してね。ここで勉強するからそれが条件』

    ここで受けないとは言えない雰囲気です。
    僕『すぐ返事しないといけませんか?』
    とりあえず即答は避けました。
    旦那さん、お姉さん2人受ける発言。想定外でした・・・。

    再度帰る間際に聞かれます。受けると言わないと帰れない雰囲気。
    少しパニック状態でこう言ってしまいました。
    『ごめんなさいどうしても受けたくありません。ただ彼女の信仰がどういうものか知るため勉強会のみ参加はダメですか?』
    オッケー貰えましたが、これもあちゃ~発言ですよね。

    こういう形になってしまいましたが、また相談させて下さい。
    宜しくお願い致します。

  41. シルバーウィークの旅行中、大きな三色旗を掲げたお店を発見して🚩(◎-◎;)、少し気分が悪くなりかけました(苦笑)
    覚醒前だったら、ここのお店の人も学会員さんなんだなぁと、嬉しい気持ちだったのですが…
    まさか自分がアンチになるとは、夢にも思っていなかったです。
    三色旗知らない人は、ルーマニア国旗と思っていたりして?
       三色旗 自信ありげに たなびくが
       不気味でこわい 独裁の旗
      
    今回の法案採決の件で、地区副の姉にどう思っているのかを聞いてみました。
    やはり幹部が説明したことを、そっくりそのまま返してきました(-_-;)
    覚醒の糸口になればと、公明党と財務の実態を話してみましたが無駄でした。
    話の最後には、
    「役職を降りて活動を休んでいても、座談会や本幹には出席しなきゃダメだよ。」とお叱りの言葉(||゜Д゜)
    財務も断ったなんて言ったら、かみなりが落ちそうなので、そこは黙っていました⚡(-_-#)
    信心以外は分かり合えるのに、本当残念。

    両親は、学会批判ばかりしている私を心配していますが、私が非活になってから以前より夫婦仲が良くなったのを目の当たりにして、何かを感じている様子です。
    「活動に縛られることなく、いつだって行きたい所にも行けるし、毎日自由で幸せだよ。」
    と私が言うと、母は安心した表情をしてうなずいていました。
    活動しなくても、信心を忘れなければ良いのだそうです。
    私が信心をなくし、勤行もやらなくなったと知ったら悲しむだろうな…

    かすみ草さん、心配です。
    これ以上お身体に支障をきたす前に、なんとか白ゆり長を降ろさせてもらえるといいのですが…

    加奈子さん、少し落ち着いたご様子で良かったです。
    財務は、あきらめたのかもしれないですね。
    もし、また来たとしても断っちゃって下さい!

    えつこさん、賢く努力されていますね!
    これからも焦らず冷静に、彼氏さんとお過ごし下さい(^_^)/

    ボレロさん、コメントありがとうございます(^-^*)
    ボレロさんは、人の心の痛みがわかる優しいお方だといつも思っています。

    コージさんも、ありがなっとうございますねば~(ねばーる君風)
    明るくて楽しいコメントを、いつも楽しみにしている方がたくさんいらっしゃると思いますので、これからもよろしくお願いしますねば~☆

    signifieさん、お忙しい中ブログ管理をいつもありがとうございますm(_ _)m

  42. モニカさんのコメントを見ていて思い出したことがありました、
    私は未来部から学生部の頃だったかな?すごく担当の婦人部さんかな?に
    よく理屈っぽいこと言って困らせて嫌われていたなと……えこひいきが露骨だったのです、
    …選挙に関しては、??おかしなことばかりですもんね、犯罪ギリギリだし、
    けっこう支援はお願いにまわっていたんですけどね、無理してたな〜
    自分の頭で考え出したら、おかしな組織ですよ、創価の仕組みって。

    やまとだましいさんと多少意見は違いますが、私もどちらとも言えないというか、
    北朝鮮からミサイルが実際に飛んできたら、尖閣で何もできなかったから、とかおいといて、
    …今回なんでこんなに拙速に決議しないといけなかったのかな?そこがギモンでした。

    学会員の方を心配に思うのは、思想信条に気持ちが走ってしまい、
    リアルな現実からかけ離れてしまうこと…
    デモをするには夜ひんやりしてくるようになりましたので、
    お身体冷やさないように、…頭は少し冷やして考えるにはいい季節。

    ちょっとだけ🎤聞いて下さいな、こりないんですよ〜

     しぶガキ隊「NAI NAI 16」より(またまた懐メロ)
     ………
     ジタバタするなよ!
     世紀末がくるぜっっ!
     (功徳が)欲しけりゃ 今すぐ 活動だ〜!
     ナイナイナイ 宗教じゃない
     ナイナイナイ 罰はない
     ナイナイナイ 創価 あぶない〜〜

    いつも中途半端で、ごめんなさい♫ リメイク待ってます〜

  43. はじめまして。

    ゆき、と申します。
    よろしくお願いします。

    学会2世、S大卒。
    転居先での組織不信、幹部不信で
    積もり積もってか、退転状態です。

    もう、退転して5年になります。
    一切の活動から離れています。

    男子部青年部幹部として
    仕事ほっちのけで、
    日夜学会活動?に没頭。

    元妻から三行半、
    離婚。先方様も大幹部。
    ご理解もあるや、
    こうなったら信心も糞もありません。

    先方様の
    学会は何も面倒見ないよ、との指導?のもと
    元妻の病気を契機とし、
    転職、引越、宿命転換?と
    必死に頑張りました。

    勤め先も、経営者が内部とのことで
    甘えておりましたが、くせものでした。

    理解はあるものの、やっぱり、
    自分のことは自分で守る!精神か
    仕事、活動を真面目にやったところで
    影なる批判が重なり、退職と全くいいことなし。

    経営者は自分の側で働けて福運あるなと
    励ましいただくも、ワガママ。
    裸の王様?気取り!

    私の中で、何かプッツンと
    切れてしまい、退転となりました。

    私がいけない、と
    考えることをやめ、
    今は、仕事に集中して
    落ち着いております。

    このサイトに触れ、
    自分の気持ちを誰かに伝えたく、
    思うがままに、
    書きました。

    スレ違いなら申し訳ありません。
    言葉足らずもすみません。

    日々、読み、考えて行きたいと思います。

    ゆき

  44. 杏奈さん
    アドバイスありがとうございました(o^^o)
    4回も出されたのですかฅ(๑⊙д⊙๑)ฅ!!
    入会はあんなに簡単なのに
    退会の大変なこと。
    まさにカルト(;゚Д゚)!

    たま〜に外で白ゆり長に
    会うので、喋りたくないけど
    聞いてみます。
    末端会員さんの為にも
    分母を減らしてあげないと駄目ですよね。

  45. 昨日、聖教新聞での池田センセイのメッセージ連発の件を書きましたが、
    今日は、アメリカ東部方面総会に向けて、池田SGI会長が万感のメッセージですって。
    池田センセイは、アメリカに机を叩きに行かないんでしょうか?
    自宅にずっと引きこもってメッセージばっかり書いていても、運動不足で頭もハゲますよ。
    「サンキュー!」「マハロー!」「もう5分いい?」
    この3つと、いい音のする机を持って行けば、世界中どこでも指導できるでしょ?

    足軽ドリブラーさん、
    >家に上がらせてもらうといきなり久本雅美のビデオデマンドを見せられ、ご飯を食べながら感想を
    公明党を よろちくび~~~~~~~~~~!!とか言うのでしょうか?
    ご飯も噴出しますよね。
    楽屋で強引な折伏をして煙たがられる学会の芸能人の話をよく聞きますが、
    よろちくびさんも、そうなのかな・・・?
    学会員いわく、今活躍している学会の芸能人は、信心の功徳で売れたのよ、とか言いますが、
    いやいや、信心してなければ、もっと幅広く売れていたかも知れませんよ。
    信心なんかしないで売れた芸能人のほうが圧倒的に多いですしね。
    あ、そうそう、任用試験の話ですね(^_^;)
    そうですか、受けそうな雰囲気になってしまい、とりあえず勉強会に参加のお返事ですか、
    ほんと、学会一家の渦に巻きこまれると、なかなか大変なんですよね・・・
    相手方はすべて功徳や幸福に繋がると思ってるから、余計断りにくくなったりしますよね。
    とりあえず、きっぱり断るのが理想ですが、柔軟に対応しつつ学会の件からは距離を取っていくのも大事かも?

    せーやさん、 いつもありがとう^^
    ねばーる君、ふなっしーの真似とか言われながらも、独特な個性と味がありますよね。
    ご両親、せーやさんの姿を見て、少しずつ考え方も変わっていってるみたいですね。
    信心は忘れてないよ、と言って安心させる程度であれば、今の時点では良いのかも知れませんね。
    少しのキッカケで覚醒にも繋がる場合もありますし、期待してみましょう。

    宝星さん、 シブガキ隊、いいですね!
    ちょこっと替え歌も、お手軽で楽しいですもんね。
    よし! ではわたくしも、ちょこっと替え歌をば!
    上田正樹さんの「悲しい色やね」の後半部分です(笑)

    アホ~みたい! センセイはどこでーす?
    ここ5年ほどは アンタ見ないけど
    アホ~みたい! あんな机さえ
    叩けんように~ なったんか~?

    アホ~みたい! 創価は詐欺でーす
    俺の脳は創価か? 旦那 聞く~けど
    アホ~みたい! そんな事さえ
    分からんように~ なったんか~?

    お粗末さまですた~~~(;´Д`)

  46. ボレロさん、
    温かいお言葉ありがとうございます。本当に幹部は自分の面子と組織のことしか頭にないようです。
    面倒くさいやつの相手なんかしてられるか、こっちだっていろいろ打ち出しがあって忙しいんだよ、これが幹部の本音ですね。

    私の公明に対する反対の気持ちを知ってるはずの地区婦から、今日アポなし訪問&公明党員に今年もなってくれないか、という話がありました。「えっ!私の意見はこの前話しましたよね、この上、党にお金なんて払う気ないです」と言ったら、「右翼は、公明に法案が骨抜きにされたと言っている、公明がいたから暴走を防いだ証拠だ」と、まさに先日やまとだましいさんがおっしゃった通りの反論を受けました。

    >本来自民はマニュフェストで、憲法を改正して国防軍にして、当然集団的自衛権も認める立場でした。
    ガチ右の私からするとそうして欲しかったのですが、今回解釈でかえることとなり、改正が遠のきました。私からみると、公明が邪魔したとみてます。
    立ち位置を変えてみると、思った以上にブレーキ踏まれてる気がします。田母神はんも同じこといってた。
    ←たぶん現役会員はこの論法で納得させられてるはず、、、。

    あたりまえですが、やまとだましいさんがこう仰っても、何も嫌な気持ちが沸いてこないのですが、地区婦のように大して自分で考えていないのに、それを押しつけるように言われると、本当に腹が立ちます。なぜ、人の政治信条まで指導されなきゃいけないんでしょう。なぜ、土足で入りこんでくるのでしょう。
    もちろん、公明にビター文払う気はありません!

    せーやさん
    ご心配頂きありがとうございます。実は最近、少し涙もろくなったり、自分はダメだ~と思ってしまったり、ヤバイなぁと思っています。こんな時こそ、笑いと癒しが大事ですね。(みなさま、ありがとうございます)
    あとは、無条件に私を必要としてくれる子供の存在に助けられてます。

  47. すみません、さきほど9月26日 00:47のいコメントされた方は、お名前がありませんでしたので承認できませんでした。IPアドレスでもどなたかが確認できませんでした。よろしくお願いします。

  48. 初めまして、40年近く創価学会と関わりのなかった者です。最近社内で創価学会員の方がいて選挙ではもちろん公明党投票宜しくやその他いろいろありどんな団体か調べたらここにたどり着きました。
    ここで創価学会の人間の考え方が理解できました。できたつもりです。
    ただ、今回のテーマは?と、やまとだましいさんの投票の内容をほとんどの方がスルーされてましたから投票してしまいました。
    皆さんが平和平和、安保法案は悪法とおっしゃいますがなぜ今日本が平和なのか考えてらっしゃいますか?
    アメリカ軍が駐在してるから日本を攻める国が無いだけじゃ無いんでしょうか?
    数年前の尖閣諸島の不法侵入の海上自衛隊の対応や赤珊瑚の密漁の対応、何もできない日本に憤りを私は感じました!
    他国から侵略された際、どのように対応されるといいんですか?話し合いですか?
    私の内容はサヨナラ創価学会と話題がかけ離れてます!ただ、もう少しだけ今回のテーマでの安保法案を吟味してほしいだけです!
    しかし私は創価学会と公明党は支持しません!
    今回のマスコミの片寄った報道は????です。
    駄文すいませんでした。

  49. 世良田二郎三郎様、はじめまして。
    安保法案の賛否については意見がいろいろあって当然と思います。
    ただそれを討論する場でないと思い、踏み込んでは書きません。
    どの意見も見る角度によって一理ありとなるでしょうが、公明党一筋。支援しないのは人に非ず、正しいに決まっている。
    初めから、そうやって思考を任せてる人に言いたいのです。

    単純な思考で、ナンチャッテ仏教にさえひっかかる。
    偏ったマスコミしか見ない。
    他はシャットアウトする。(と言いながら大好きな聖教新聞でさえ実は読んでない)
    教義の変更など難しいことは面倒だから、幹部が噛み砕いで教えてくれるのをポカンとして待っている。
    そんな人たちがなぜか安保法制だけは圧倒的な世論も無視して、裏を読み、論評したがる。
    利害などなくデモに参加した学生にまで得意になって罵倒する。
    あれれ、いつもの単純な思考はどうしちゃったのん?
    平和大好きはどうしちゃったの?
    全部、お任せしてるからですよね。
    そんなもん公明党がノーと言えば一斉に従うだけの話ですよ。

    こういう支援団体をもつ公明党は、与党にとっては都合のいい存在ですよね。
    公明党も支援者なしでは街頭演説すらできない政党です。
    「池田のために支援している」おばちゃん軍団に、オンブに抱っこしてもらわねば、発言する場さえ取れません。
    しょせんこういう政党だということをまず考えてほしいと思います。

  50. 世良田二郎三郎さん、外部の方の貴重なコメントありがとうございます。
    私は主人との結婚を機に脱会することができましたが、
    創価学会がエセ宗教団体だと認識し、本来の自分を取り戻す覚醒に至るまで、
    じつに20余年かかってしまいました…、こちらの場で管理人さん、みなさんの
    コメントに出会えたからこそ、はっきり覚醒の道に立てたと思っています。

    こちらの場は、私以上に信心に邁進しバリバリ活動に走ってきた方、
    それも人生の大部分において長年ひたすら費やしてしまった方が多いです。
    なぜそんなに打ち込めたのか?
    創価学会組織指導部のマインドコントロールMCの手口に巧妙に取り込まれてしまった、
    …嘘のような、でも戦時中を彷彿とさせるような、実は恐ろしい社会問題です。

    私も実家ではずっと組織について、何の疑いをもつことも許されない、
    閉鎖的な状況の中、信心活動してきたので、こちらに寄せられるコメントで
    あんなに平和提言をしてきた池田会長の創価学会がこんな決議に至るという現実が
    受け入れられない、という心情も痛いほどよく伝わってくるのです。

    できれば、これをきっかけにマインドコントロールMCを背景とした
    創価学会の組織としての在り方にも目を向けていただければ、と思います、
    …もちろん同情してほしくて言っているのでは決してありません、ここは断言します。

    どうもぶしつけな文章になってしまい申し訳ありません。
    外部からの現実的なコメントとして、覚醒につながるきっかけになると有難く思います。

  51. こんにちは。
    あるカルト宗教に勧誘された方の体験談を読みました。
    その方は、カルト宗教に強引に勧誘され、何度か集まりに出向いていくうちに断りづらくなっていった。ある時、数人に車で別の場所に連れて行かれ、講義を受けさせられた。このままいくとヤバイと思い、瀕死の思いでやっと抜け出した。

    本当に、恐ろしい!と思いました。
    勧誘の手口から洗脳のやり方まで創価に似通っています。
    ボレロもかなりMCは深く、未だに恐怖と不安が襲ってきます。
    はたして、おさまる時は来るのでしょうか?(ー。ー#)

    匿名さん
    返信コメント有難うございます!(^ー^)
    >それを押しつけるように言われると、本当に腹が立ちます。
     なぜ、人の政治信条まで指導されなきゃいけないんでしょう。
     なぜ、土足で入り込んでくるのでしょう。
    全く、仰っる通りだと思います。
    あの人達のもの言いは、押しつけです。
    こちらの考えを受け入れようとはしません。
    公明党員の話し、はっきり断られて良いと思います。

    足軽ドリブラーさん
    >勉強会のみ参加はダメですか?
    本当に、パニックになり大変でしたね!
    なかなか、彼女さんの家族が絡んでくると厄介ですね。
    任用試験を受けさせ、なんとかして入会にもっていきたいのかもしれませんね。
    勉強会のみの参加は、相手の思うつぼになり最終的には、試験を受けさせられる羽目になると思います。
    なかなか、断りづらいかとは思いますが、嫌なら嫌とはっきり意思表示されてはいかがでしょう?
    頑張ってください!(^ー^)ノ

    ゆきさん
    はじめまして。
    私もゆきさんと同じく、組織、幹部に不信を抱き組織から離れ完全非活になりました。
    いろいろなことがあり、大変でしたね!
    今は、仕事に集中して落ち着いておられるとのこと。
    良かったです!
    また、いらしてくださいね~。お待ちしてます。(^ー^)

    せーやさん
    いつもコメント有難うございます!(*^-^*)
    お母様は、せーやさんの幸せを一番願っておられると思います。
    私の父も、ボレロが「脱会したい!」と言った時、気持ちを理解し受け入れてくれました。創価一族の中で、ただひとりの理解者です。
    ご夫婦の仲が良くなられたのなら、なによりだと思います!

  52.  私自身は安保法制の整備自体は必要だと思います。ただ、そのやり方にはとても納得できません。集団的自衛権を容認するという大転換であれば、本来なら憲法を変えるのが筋だと思うからです。それを無理矢理な憲法解釈の変更をごり押しし、あまつさえ世論を無視して法案を成立させてしまいました。
     こういう無茶苦茶が何故まかり通るのか、自公が安定多数を確保しているからです。その安定多数を支えているのが創価学会です。
     学会員は、ありもしない功徳欲しさに目を曇らされ、政策の善し悪しを自分で考えることもなく、上からの打ち出しを疑いもせずに票集めに奔走する。こういう無分別で無責任な支援活動の結果が先般の安保関連法の成立です。
     学会員は、「公明党に騙された」と、自分達を被害者のように思うでしょう。けど、違いますよ。今般の結果はあなた方の無分別で無責任な支援活動によってもたらされたのです。大いに責任があるのです。 これを機会に、自分が所属する創価学会と支援してきた公明党について熟考してみるべきではありませんか?これまでの当たり前をすべて0にして。

  53. 先日、脱会した友人に会ってきました。
    彼女も私と同じ役職だったのですが、ある日を境にプツッと出てこなくなり風の噂で脱会したらしいと聞いていました。
    かれこれ10年ぐらい前のことです。
    先日久しぶりに会ったときに、「脱会届は出したの?」と聞いてみたら脱会届は出していないとのことでした。
    彼女に言わせたら「そんなもん、どうでもいいよ。幹部に今後一切活動もしないし、辞めると宣言して、それ以来一切関わりを持っていないんだから辞めたのも同じでしょ。そんな手続き上の事は創価の都合だし、辞めた人間にしたらどうでもいい事だわ」とキッパリ。
    そして「レモンに会って久々に今の学会の話を聞いたけど、10年も経つとそんな活動もあったな~ぐらいの遠い記憶になるわよ」~と笑っていました。
    私も10年ぐらい経てば、そんな組織に属してたな~と思えるのかな。
    彼女の所も、ご主人は活動家でバリバリで支部幹部です。
    そのあたりのことを聞いてみると「主人とは私が辞めたことで、最初の数年はいろいろ摩擦があったけど、今はお互いに創価の話は一切しないようになった。会合の話も活動の話も主人も私も一切しない。それぐらい我が家では徹底して家に創価を持ち込まないってことになったのよ。子供たちも一切組織にはついてないしね。ただ勘弁してほしいのが、家で主人があげる題目よ、あれだけはマジで勘弁してほしい。うるさくてしょうがないわ」と。

    そんな彼女の脱会した理由は、池田大作は素晴らしいと思っているけど、いまの組織も公明党も腐っているという理由からでした。
    でも、今回の安保法案には賛成だと言っていましたね。
    私が組織から離れた理由とも違うし、安保への意見も違うものでしたが、それでいいと思っていますし、それが普通なんだと思います。
    人の数だけ色々な考えや思いがありますし、自由です。
    それを創価では、何が何でも創価の打ち出し通りに会員を従わせてしまうという事が、オカシイんですよね。

  54. 9月26日00:47匿名さん?へ
    もう頑張り過ぎは、良くないです。
    私のまわりにも、辛い役職を一生懸命こなしてうつ病になってしまった方が何人もいるのです。
    このことは、覚醒のきっかけの一つでした。
    前にもコメントしたのですが、私のもう一人の姉(非活の元地区婦)は、酷いうつで入院しました。
    今は落ち着いていますが、やはり波があります。
    「精神的に不安定なのでカウンセリングを受けたい」と幹部に話して下さい。
    私もそうしました。(実際まだ行っていないですが)
    そこまでしないと、わかってもらえないと思います。
    可愛いお子さんのためにも、早めに組織から離れられるといいですね。

    ゆきさん、はじめまして。
    辛い思いをされてきたのですね。
    これからは、お仕事とプライベートを充実させて、楽しく生活していきましょう。
    辛い時や困った時は、コメントをして気持ちを軽くして下さいね。

    コージさん、ボレロさん
    こちらこそ、いつもありがとうございますo(^-^)o

    コージさん
    替え歌最高です。特に♬アホ~みたい!のところ素晴らしいですね。

    ボレロさん
    心の広いお父さんですね。
    ボレロさんの気持ちをわかってくれて本当に心強いですね!

    な、なんと!
    一番会いたくなかった幹部と、ある場所でバッタリ会ってしまいました。
    ガーン( ̄□ ̄;)!!
    ちょっと長めの会釈をして、無言で立ち去りました。
    会いたくないから、いつも時間を見計らって行っていたのに。
    私に時間を合わせた可能性もあるかも。
    考え過ぎかな…

    27日(日)は、十五夜ですね。
    いつもより大きめのスーパームーンだそうです。
    きれいに見れるといいな。
    宝星さんも、きっとお月見楽しみにしていることでしょうo(^-^)

  55. モニカせん、宝島さんはじめまして。
    貴重なご意見ありがとうございます。
    この掲示板や皆様のご意見から私の人生を振り返ってみたら私は創価学会に影響受けませんでしたが、若い時期はマインドコントロールされた人間であったと感じました。
    と、いうのも私は広島出身で小学生、中学生、高校生のころは平和学習の勉強がありました。ただその勉強の結論は日本人は非常に酷い人間だから懺悔しなさいということ!マインドコントロールされてたと思います。
    マインドコントロールされた幼少の私は日本人はなんて酷いことした民族などと卑下しとこともありました!ただ広島をから離れいろいろな情報が入るようになり今はそれをソシャクしながら考えるようになりました。
    今創価学会に入会されててこれはおかしいと感じたなら、これを機会に考えていただきたい。
    追伸
    替え歌をと考えていますがなかなか難しいです。
    ガンダーラの替え歌は最高でした。

  56. 今日の聖教新聞、シカゴで中部方面総会、池田SGI会長が祝福のメッセージですって。
    毎日毎日、ものすごく精力的なジジイですね! (笑)
    信濃のメッセー爺と名前を変えたほうがいいんでないの?
    それよりも、シカゴの中心地に「池田大作通り」(DAISAKU IKEDA WAY)のカラー写真が掲載されています。
    ここの道路整備のために、学会員の財務の中からかなりの金額を勝手に使われたのでしょうかね。

    ゆきさん、 初めまして、
    男子部の方・・・で宜しいですか?
    創価学会は、真面目に没頭すればするほど、理想と現実の乖離に悩み、苦しむ事が多いようです。
    今後は、創価を離れてリセットし直した人生を歩まれてくださいませ。

    世良田二郎三郎さん、 初めまして、
    >皆さんが平和平和、安保法案は悪法とおっしゃいますが
    >なぜ今日本が平和なのか考えてらっしゃいますか?
    いやいや、ここの論点は、そこではないですよ?
    ここのスレッドのタイトルは、「創価学会の活動家の皆さん、安保法案に賛成ですか?」というタイトルです。
    つまり、ここの常連の皆さんに、ではなく、一般の洗脳された創価の活動家に向けての提言です。
    公明党は結党以来、平和だ和平だ庶民の味方だと言って、創価学会員に選挙協力を必死でお願いしておきながら、
    今回の安保法案の強行な可決を見て、学会員さんたちは内心どうお考えですか?まだ公明党の協力をしますか?
    という意味合いのスレッドです。
    なので、安保法案自体の論議、ましてやアメリカがどうの、近隣諸国がどうのは、ここでは関係ないのです。
    創価学会の活動家の皆さんは、まだ公明党や創価を平和の団体と信じて応援しますか?という問いかけのスレなんですよ。
    逆に言えば、元々公明党が戦争大好き、軍隊大好きな党ならば、このスレは必要ないんです。
    それならば、安保法案可決と意味が繋がってきますから、応援している学会員に問いかける必要はありません。

    安保法案自体は、こちらの常連さんの皆様方も、それぞれの意見や考え方がありますし、ぶっちゃけ賛否両論あると思いますよ。
    でも、それを議論する場ではない、という事です。
    あくまでも「活動家」に対し、こんないい加減な創価学会と公明党を、これからもまだ信じて行くつもりですか?
    まだまだ選挙協力なんかしていくつもりですか?という問いかけのスレッドなんですよ。
    何となくでも理解して頂けましたでしょうか?

    ところで、新聞によると、明日は教学試験1級だそうですね。
    「日蓮大聖人の人間哲学を学んでこられた事は、一人一人の不滅の歴史として輝きわたります。」
    なんて書いちゃってますけど、こんな事を書いて、日蓮自体を否定する日が来たとしたら、
    本当に笑ってしまいますよね・・・・・・
    どうなります事やら・・・

  57. すっかり秋になりましたね。
    風邪ひきさんも、ちらほらいるようです。。季節の変わり目お気をつけくださいね。。

    やまとだましいさんから、ちくんと言われたような気がしていますが、わたしはアカ(差別用語ではありませんか?)にかぶれているわけでもなく左寄りかもしれませんが左でもありません。。

    安保法案に関しては、それぞれ考え方も違うし、わたしもはっきり申せば、自分の考えを押し付ける気持ちもさらさらないですよ。

    それは4年前から原発事故の内部被曝云々に関することでも、みんなそれぞれ考え方も違うし、その溝は埋められないものだと理解したくらいから、100人100様。。もう自分の考えを押し付けるのはやめようと思うに至っています。。

    正直もうして、国歌斉唱は誰よりも高らかに歌いますし、天皇制もいまの日本には必要だと思っていますし天皇家は心から敬う気持ちは持っています。。

    それに、デモとかも一度も参加したことはありません。。
    あれはあれで、何かに煽られているような感覚がどうも拒否反応を感じてしまうのです。。
    前からお話ししていますが、なにかに群れて行動するのが苦手なのです。。

    少しわたしが話しただけで、アカにかぶれ。。云々とは、ちょっと引っかかってしまいました。

    ひととひとをそのような理由で線を引き分断しようとする考え方には賛成できませんね。

    アカでもピンクでもムラサキでも構いませんが。。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

    ちょっと気にかかってます。。
    レモンさん他、非カツになられて気持ちがブルーになっている方が多いような気がしています。。

    わたしが組織から離れてすぐにしたことは、原付きの免許をとってヘルパーの資格を得て働き始めたことです。。

    毎日、忙しくしていたので感傷に浸る暇も無く自分が必要とされている充実感もありました。

    婦人部の組織は働くことを由としていませんでしたが、わたしは年齢を重ねるほど働くほうが元気でいられるような気がしています。。

    というわたしは、今現在あまり丈夫ではなく働いてはいないのですが、周りをみると高齢でも働いているひとは、みなさん、ほんとお元気です。。

    部員さんや組織に必要とされていたみなさんだからこそ、いきなり辞めるとその喪失感は、もしかしたら自分が自覚する以上に大きいかもしれませんから。。

    社会参加、してみては如何でしょう。。
    ( ´ ▽ ` )ノ

  58. ゆき と申します。

    皆さま、また、ボレロさん、
    温かいコメント、感謝です。

    S大時代は、
    自身の本意もあり
    秘密結社で戦い抜き、
    自身を大きく成長させていただきました。
    感謝の思いは生涯忘れません!

    私が学んだ、教えて頂いた、
    思慮を深める言葉が
    あります。

    強信と狂信
    であります。

    言葉ひとつですが、
    様々において、
    考えて行動することは
    諸先輩方に教えていただきました。

    先日のSP一面の新滝山寮の記事は
    感慨深く拝見いたしました。

    私の父は、SP販売店主33年勤め上げ、
    57歳にして、病気で他界しました。

    この信仰は、父の背中で感じました。
    私の両親が信仰する宗教、尊敬する方を
    実際に見たく、S大を志望しました。

    まだまだ思慮が浅いですが、
    思索の日々です。

    また、まいります。

    拝 ゆき

  59. signifieさん
    大変失礼しました。26日00:47の投稿は、私でした。携帯を修理に出しました。お忙しいなかお手数おかけして、本当に申し訳ありません!

  60. 連投失礼いたします。
    ボレロさん、
    名前を入れ忘れ、匿名での返信、大変に失礼しました。はい、公明党員の話、もしまた言ってきたら、バッサリ断ってやります。ついでに、何で地区婦が必死に政権政党の党員集めをやってんですか?おかしくないですか?って言ってやりたいです。

  61. フォルクスワーゲン社の不正が世界的に問題になっています。
    信頼ある企業が顧客を騙すことの重大性を思い知らされます。
    ドイツの質実剛健な国民性は日本に似ていると言われたりしますが、問題点を明らかにして、一日も早く信頼を回復されることを望みます。
    ところで、自分は時計が好きで、安い時計をいくつか持っていますが、日本のSEIKO、CITIZEN、オリエント、カシオなどすごい技術力を持っているといつも感心します。安い値段であれだけの精度を持つ時計は、日本人にしか作れないと思います。
    こんな素晴らしい国民性を持つ日本なのに、政治家に関して質が低すぎるのはとても残念です。

    戦後の日本の歴史を振り返ってみれば、創価学会という巨大モンスターが、政治の分野で暗躍し、国をいかにおかしな方向に引っ張ってきたのか思い知らされます。
    今回の安保法案の問題によって、そのことが明確化されました。
    宗教は自動車などと違って心の分野なので、明確な不正があっても、それをデータ的に裏付けることは困難ですが、近い将来 必ずやその悪徳詐欺団体としての証拠が出揃う日が来ると信じています。
    その時には、トップが替わるのではなくして、組織が壊滅されることを強く望みます。
    明るい日本の夜明けに向けて、日々セリ矢のコメントを打ち込んで参ります。
    スレ違いにて失礼しました。
    m(__)m

  62. 実体のないものを、あたかも実体のあるもののように信じこませてお金を出させることが詐欺だとしたら、創価学会は立派な詐欺ですよね。創価が「これは絶対に間違いのない世界で唯一の正しい信仰だ」という謳い文句でやってきましたが、破門されたから、今まで「絶対に間違いのない世界で唯一の正しい信仰」と言ってきたことを否定しなければならなくなった。だから今まで真っ黒な世界に、唯一真っ白だと言ってきた日蓮正宗の信仰をが、じつは真っ黒で、それ以外の信仰が真っ白だったんだと、完璧に手のひらを返してしまいました。それでもこの手のひら返しに何の疑問も持たずに、あるいは悪いのは一部の幹部のせいだということにして、あくまで創価は正しいと言い張る活動家の皆さんたちです。「絶対に正しい」と言い続けてきたものが、ある日から「絶対に正しくない」ということにしたんですから、まず言えることは、今まで言ってきたことは「まちがいでした」ということを認めるのが人として当然のことだと思うのですが、創価は決してその間違いを認めることはありません。あくまで「教義、会則の変更」ということで、こっそりと済ましてしまっています。そしてその矛盾に対して活動家の人たちは何も言わない。思っていて言わないのか、思ってもいないのか知りませんが、ある日、いままで絶対に白と言っていたものを黒といい、絶対に黒と言っていたものを白と断言したにもかかわらず、それが単なる「会則の変更点」で済んでしまっている創価学会って、いったい何なんだろうと、活動家さんは思いもしないんでしょね。いたい何が「絶対」何でしょう。この信心で必ず願いが叶う。絶対的幸福境涯を得ることができる。と言いながら、その絶対に正しいことの内容が完全にひっくり返っているんですからね。創価学会のそ信仰の実態とはどこにあるのでしょう?活動家さんたちは、いったい何を「絶対だ」と確信しているんでしょう。破門される前まで、富士大石寺の弘安二年の大御本尊が、本門の本尊であり、それがある大石寺が本門の戒壇であったわけですが、今となっては、そのことを完璧に否定するどころか、諸悪の根源とまで罵倒し続けています。そして創価で勝手につくった改ざんコピーの曼荼羅を本門の本尊だということにしています。場合によれば、創価はこれから日蓮信仰さえ否定しようと言う動きもあるようです。もう一度言います。実体のないものを、あたかも実体のあるもののように信じこませてお金を出させることが詐欺だとしたら、創価学会は立派な詐欺ですよね。

  63. 先日実家に帰った時、捨ててなかった人間革命の第9巻(未読でした)が残っていたのでパラパラとめくると、小樽問答のことが書かれていました。小樽問答って信者には有名な話ですが、私も内容を詳しく知らなかったのですが、日蓮宗身延派とのすごい法論バトルだったのだろうと想像していましたが、内容は、小樽問答小樽問答と騒ぐほどのものでもなく、ただ、日蓮正宗こそ絶対に正しいという創価の鼻息の荒さだけが伝わってくるものでした。創価さん、日蓮正宗以外は邪宗で、不幸の原因はそこにあると言っていたあの勢いはどこへ行ったのでしょうか?弘安二年の大御本尊でなければダメだったのでは?一番大事なその部分を、イケダが破天荒すぎて破門されちゃったんで、こっちからもバイバイして捨ててやった。信者はみんな創価についてくるから問題ない。で済ませていいんですか?以前の創価から見ると、一番の邪宗になってるんじゃないですか?一番不幸になる信仰になったんじゃないですか?自分たちがあれほど日蓮正宗と騒いできて全部撤回。こんな宗教団体って他にあるでしょうか?会員さん、こんなに180度言ってることが変わる組織について行って本当に幸せですか?
    足軽ドリブラーさま、勉強会参加を断れないということは、結局、この先全ての創価関連の誘いも断れなくなります。そして、結局、入会しても活動しなければいいのでは?となり、気がつくと、創価の活動しないと不幸になるという洗脳スパイラルに取り込まれることになります。だから、最初の一歩がとても大事なのです。信教の自由を認めてください、私は創価学会の信仰をする気はありませんので、勧誘はしないと約束してください。とがっつりと言わないとダメです。強引に出れば聞いてくれると思わせると、いつまでもしつこく食い下がるのが創価です。折伏すると願いが叶うとか、功徳があると洗脳されてるので、可能性のある人には食い下がるのです。もちろん身内のものが信者になってくれたら嬉しいという単純な気持ちもあるでしょうけど、でも、それだけならここまでしつこくはしないでしょう。くれぐれも蟻地獄に落ちないように、甘い顔しないほうがいいです。

  64. signifieさんのコメント、とても説得力がありました。
    創価は詐欺だということ…
    詐欺から替え歌浮かんじゃいました(^-^;)
    魔法使いサリーより途中から

    サギー サギー
    ナンミョーの言葉を となえると
    夢とお金が とびだすの
    サギー サギー
    阿呆使い サギー
    サギー サギー サギーちゃう?
    日曜の朝から失礼しました。
    替え歌、夜中の3時頃ひらめいてしまいました。
    最近、ぐっすり眠れません。
    ずっと家にいて、体力をあまり使っていないからでしょう。

    流れ星さん、はじめまして。
    現在非活中の元白ゆり長のせーやと申します。
    よろしくお願いいたします。
    私は、ロム専の頃から流れ星さんのコメントを興味深く拝見しておりました。
    流れ星さんの仰るように、私はできることなら社会参加したいです。
    これからやってみたいことも、たくさんあります。
    やろうと思うのですが、実行に移せません。
    病気持ちということで、働くことに主治医がOKを出してくれないからです。
    今は、家事を一生懸命やるしかありません。
    それでも唯一カルチャースクール(としておきます)に週1で通っています。
    しかしそこには、私の一番苦手な幹部も通っているので、なるべく会わないように時間を調整して通っていました。
    2ヶ月は会わなくて済んでいたのに、最近バッタリご対面してしまい、ブルーになっています。
    受付の係の人に、いつも私の来る時間帯を聞いて、わざわざ合わせた可能性もあるのです。
    そこまで詮索してしまう自分もどうかと思いますが、ストレスになるのでいっそのこと通うのを辞めようかとも考えています。
    シルバーウィークは楽しく過ごせたのに、気分が落ちました。
    本当に引越したい気持ちです(T-T)
    地元の学会員さんに、普通に接することができるまで、まだまだ時間がかかりそうです。

  65. 創価脳夫を持つアンチ妻のpomupomuです。
    皆さんのコメントは、流し読み状態ですが、ごめんなさい。吐き出させてください。

    夫は「公明党は応援していて絶対大丈夫」と○○市会議員さん(公明党)が言っていたと。だから「大丈夫」とのこと。
    ここで「大丈夫」というのは、「自衛隊がたとえ武器を持って海外に出ても、人を殺さない」ということ?ですよね。
    うちの夫は一般論に置き換えて「誤って殺してしまうこともある。人は必ず死ぬ」みたいなこと言ってました。すでに公明党の「抑止力」はないと心得た発言です。自分で疑問に思わないかな???私の用事で話は中断されたのですが、今朝も勤行はいつもより長め(# ゚Д゚)勤行の間にコメントです。

    中秋の名月ですね。 
    実家では窓際に机を置いてススキとお団子と秋採れた農作物をお供えしてました。なんか、そういう風習すら夫に遠慮して(忙しくてそれどころでなかった時も多々ありました)しませんでした。今年は、昨日のうちにススキをとってきて、果物とサツマイモをお供えしてます。お団子は夫と買いに行きます。愛犬のエサもちと供えました。(エサに困ることがないようにと)
    月に神様がいるとも思いませんが、自然の美しさを日本ながらのとらえ方で感謝する風習を大切にしたいと思います。

    えつこさん、がんばってますね。応援してます。
    コピペの方法を調べて、私もいよいよ、このブログを紙ベースで用意したいと思います。
    みなさん、シニフィエさん、感謝です。これからもよろしくお願いします。

  66. 流れ星さん

    >レモンさん他、非カツになられて気持ちがブルーになっている方が多いような気がしています。。

    そうですね。
    私がいうのも何ですが、創価から抜け出したあと、誰もが必ずたどる道なのかなと感じています。
    どの方も人生の大半を正義だと信じて真剣だったからこそ、その反動が大きく心の整理が簡単にはつかないのだと思います。
    白ゆり長時代は罪悪感を感じつつ外での仕事、地区婦になってからは、活動を優先するため、在宅で仕事をしてきました。
    でも創価からの脱出の心の虚無感は、仕事で埋められるようなものではないなぁと感じています。
    このような感情は、主婦だからというよりも、世帯主となって仕事をしている壮年の方でも青年部の方でも、誰でも陥ってしまうのでは?と思っています。
    支部のど真ん中に住まいがあり、毎日のように組織の人に会ってしまう煩わしさ、活動家の旦那の事で創価と完全に無縁になれない、それらに対する心の苛立ち、ザワつきがマイナーな感情となり押し寄せてきては払拭しての繰り返しです。
    組織から離れて数か月ですが、浮き沈みする心の立て直しに四苦八苦して、情けないですが今ももがき続けています。

    それでも、これからの人生を何とか充実させていこう、そうすれば、いずれ今の惑いも気にならなくなるのかもしれないと自分に言い聞かせることで、生きる気力を奮い立たせ、落ち込み萎える心と戦っている感じです。

    今は、なるべく外部の友人に会ったりして、気持ちを吐露でき心が安定できる場所をいくつか確保するようにしています。
    自分が創価のようなインチキカルトから抜け出せたとしても、共に暮らす人が強烈なカルト脳の場合、今後どうやって気持ちを立て直していくのがベストなのか全くわかりません。
    暗中模索状態です。
    でも、皆さんのコメントを拝見することで、そこに希望とヒントを見出していきたいと思っています。

  67. 足軽ドリブラーさん
    きっぱり断る人には何も言わないのが創価です。
    きっぱり断った時の態度と、ほんの少しでも愛想笑いした人への態度が180度違うのが創価です。
    大丈夫です。
    きっぱり断っても他はニコニコくしていればよいのです。
    きっぱり断わる人に彼らは決して意地悪しません。
    意地悪するのは、ほんの少しでもなびく姿勢を見せたのに気が変わった人へなんですよ。
    何十年どっぷり創価でどんなに尽くしても、相手がアンチになると豹変する彼らを見ればわかるでしょう。

    創価は1%でも愛想笑いをすると「可能性がある」と付け入りますよ
    鼻先でバタン!とドアを閉められると諦めますが、1cmドアをあけるとそこに足を挟み、しつこく粘るセールスマンと同じです。
    崖っぷちの営業マンがどうしても売りたいと執念を燃やすように、どうしても創価に入れたいのです。
    そうすると「崖っぷちの悩みが解決する」という教えだからです。
    執拗に誘う人は、どうしようもない悩みを抱えてると思ってください。
    また「福運を積んでおかないといつか人生が破たんする」という勝手な不安を植えつけられ、脅えていると思ってください。

    信者はこうすれば大丈夫という安心感、確信がほしいのです。
    なるほど世間には創価みたいに「これが絶対だ」なんてものはない。
    皆「人生先のことなんてわからない」といいます。
    信者にはこれが耐えられないのです。
    怖いのです。
    ところが創価にいくと「絶対大丈夫」と言い切れるものがある。
    皆口をそろえてそう言ってる。
    へえ、すばらしい教えじゃないか!
    外部から見るとそんなものを簡単に信じられる方がおめでたいでしょうが、信じてしまえば、この世間にはない安心感がたまらなく、手離せなくなるんですよ。

    そんな幻想にしがみつかなくても、ふつうは皆自分を信じています。
    確信、確信と言いながら、肝心の自分に確信を持てないのが学会員です。
    自分に自信がもてないから(自分なんて仏性を引き出さない限り、ゴミみたいな存在だと習いますからね)夢中で何かにすがりたくなるのです。

    引きずられるのは創価の方。
    雰囲気に呑まれてしまうのは創価の方。
    実は毅然と話せば、そのくらい自信のない人たちだなって解りますよ。

  68. 創価の体験発表の基本。
    自分はこの仏法に縁するまで(入会するまで)カスだった、ゴミだった。
    これ、外せませんねえ。
    発表者自ら言いたがります。
    発表させる側もこういう言い方こそ大歓迎です。
    だって創価の基本は「、創価の曼荼羅に題目を上げるまで人間はカス」
    これが基本ですもん。
    「最高の智慧」だの「無限の力」だの人を尊重するようにいうのは、あくまで題目を上げて仏性とやらを出した人限定。
    たとえば震災でわが身を省みず献身した人にさえ、それは「菩薩」といって確かに偉いだけれども創価の曼荼羅に題目を唱えた人は「仏」であり更に偉い。ランクがひとつ下なんだ。
    なんていうふうに。

    脱会した今、私は創価のこういう考えが何より嫌いです。

  69. signifieさん みなさん こんにちは

    一つ前進で、今でもドキドキしています。

    以前、新聞の購読を断る件で質問させていただき、アドバイスいただきました。その節はありがとうございました。
    せっかくのアドバイスも、2ヶ月口座にお金をいれておくのを忘れていたので、集金になってしまったという情けないことになっていました。集金の前に購読をやめたら、集金のときに面倒なことになりそうでしたので、今日までズルズルと新聞がはいっておりました。
    地区のかたが集金に来たら即、購読中止の電話!と決めておりました。ついにその日が来ました。
    地区の方にお金を渡し、即行で、販売店に購読やめます。ついでに、大白も。と電話をしました~。

    販売店のおばさま(婦人部ですよね…)、私のこと外部と思ったらしく、何か不手際でも?と、購読やめる理由を聞きたかったようですが、こちらの都合です。と言って電話をきりました。

    ようやく。ようやくです。
    ゆる活から非活になっても、中々新聞をとめられなかったですが、創価無しの生活をしていくうちに、そんなにビビらなくてもいいんじゃない?と思えるようになりました。このところの、替え歌や川柳で笑い飛ばせていたのも大きな原動力となりました。
    ありがとうございます。

    足軽ドリブラーさん
    はじめまして。非活で一世のポトスです。
    私は、独身の頃、友達から入会の勧誘がありました。ご飯食べに来ない?のいつもの軽い誘いに、ノコノコ行ってみたら、家族みんなに囲まれて信心の話。のらりくらりとかわしているくらいでは、帰してもらえませんでした(T^T)
    みなさん仰っていますが、脈ありと思われたらとことん食らいついてきますから、きっぱり断った方がいいですよ。
    あと、あれこれ言うと、その何倍にもなって返ってくるので(^^; 手短に言われるのがよろしいかと思います。

  70. せーやさん、レモンさん言葉足らずで配慮の足りない流れ星でごめんなさい。。

    創価学会から離れても容易にならない現状を抱えているみなさんのケアになればとの思いから発した言葉ですが、驕りのコメントかもしれなかったですね。ほんとうにごめんなさい。。

    逃げ足の早いわたしはキッパリ組織とは縁が切れましたが、旦那がそもそも創価学会員ではなかったことも良かったのですね。

    お仕事をただ勧めたわけでもなく、何か好きなカルチャーでも構わないし、ボランティアでも構わない。独り旅でも外部のお友だちと会うことも、とにかく創価学会に染められた毒を解毒できる環境を積極的に作られたらいいなあ、と思っています。。

    考えてみたらわたしは、正式に脱会する3年ほど前から非カツ状態で、脱会してから10年目に入りましたから、すでに十数年は組織から離れていたんですね。。

    大丈夫です。
    みなさんの選択は決して間違ってはいないです。。日薬という言葉もありますが徐々に時が解決してくれます。

    この十数年、正直申して。。脱会したわたくしとバリ活さん、どちらが幸せそうか。。と客観的に観察してみると意外とそこには大きな差を感じています。。言葉にするといやらしいのでこれ以上は言いませんが。。

    いつか、さばさばと創価学会?もう関係ないわ、と言えるようになって欲しいです。。

    レモンさんの辛さは想像を絶していて、わたしでしたらとても耐えられないです。。
    きっと、実家に逃げて帰るかもしれません。。別居してるかも。。無責任ですみません。

    わたしが言えることは、成るように成る。
    あれこれ心を傷めても仕方ありません。
    自分を信頼して生きていけば、必ず良い方向へ向かっている自分を自覚できると思います。

    自分の好きなこと心からワクワクすることを選択してくださいね。
    思ったよりも短い人生です。。楽しまなくちゃもったいないです。。( ´ ▽ ` )ノ

    もし違う人生だったら、こういうことがやりたかった、ってことないですか?
    いま、それを始めてみませんか?
    せっかく脱会して自由な時間がこれほどできたのですから。。生まれ変われるチャンスですよ。。( ´ ▽ ` )ノ

    またちょっと上からの物言いになってしまったようで申し訳ないですが。。

    最後に自分を信じて。。
    自身のマインドに正直に生きて。。

  71. 安保法案については皆さんいろいろな意見があって当然だと思っています。
    なので、この場で安保法案に対して議論をするつもりではありませんが、このテーマの流れとして私の考えですが少し書かせて下さい。
    創価脳夫に以前、この法案は違憲ではないか?と質問したところ、あっさりと「違憲だよ」と答えていました。
    でも、どうして違憲である法案を憲法を考え直すこともせずに通さなくてはいけなかったのか、そこまでは考えないようです。
    創価お得意の「何か深い考えがあっての事なんだ」とでも思っているのでしょうか?

    一部の情報によれば、公明はアメリカから創価をセクト指定すると脅されていると言われています。
    情報の出所がはっきりしている訳でもなく、真偽のほどは分からないので、ここで書くのも躊躇しましたが、私はあり得る話だなと思いました。
    もしアメリカでセクト指定されれば、アメリカ創価大学もありますし、SGIの大きな拠点でもありますし、創価にとっては大変な損害になるでしょう。
    この際、セクト指定でもなんでもされてしまえばいいのにと思ってしまいますが…。

    イケダセンセイの精神に反すると懸命に反対デモや署名集めをしている学会員さんの姿を見ていると、逆に私はマインドコントロールの恐さを感じてしまうのです。

  72. 先日書き込みさせて頂いたバリ活男子部の彼氏がいる外部のえつこです。
    皆様、暖かいコメントありがとうございます。
    返信が遅くなり申し訳ありません。

    本日、彼氏から今朝の会合では最近同じ地区で新しく入会した30歳くらいの男性が入会したお祝いを皆でしてきた話をされました。「良かったねー!おめでとう!」と皆で祝ったそうです。(非常に失礼ながら私からしたらその男性が気の毒です)

    この話をされて何となく来週末の外部向けのセミナーはまた誘われそうだなと思いました。諦めてないなと^^;
    まぁまた「私は何かを信仰したりは出来ないから」とキッパリ断りますけど、本当にここまで毎度誘われると断るのも大変です…
    悪気は全く無いと信じてますが大変です…
    信仰する気も入会する気も一切無いので断るしかないのですがね^^;

    スマイルさん
    ありがとうございます^ ^
    ずっと彼氏にどうしたらこのブログの存在を知って読んで貰えるかと考えていたので無事に読んで貰えて嬉しく思っています^ ^
    やはり「創価=自分」なのですね…
    「創価=自分」な以上、創価を否定するような発言だけは出来ないな…と話の持って行き方も非常に難しいですが、これからも諦めずに少しずつ頑張ります^ ^
    本当にどんな些細な事でも良いから創価に疑問を抱いて覚醒して欲しいです。

    せーやさん
    ありがとうございます^ ^
    このブログをこれからも読んでもらう為にはどうしたら良いか…などいろいろ考えると大変な時もありますが、諦めずに焦らず頑張ります^ ^

    pomupomuさん
    ありがとうございます^ ^
    私は今回はコピペは文章をスマホ内のメモ帳に貼って軽い感じで「こんなブログを見つけたんだけど」と言って読んで貰いました。
    pomupomuさんにコメントを頂いて私も紙で渡したいなと思いました。
    コピペは簡単なのですぐに覚えられると思いますよ^ ^

    シニフィエ様、皆様、いつも本当にありがとうございます。

  73. 連投すいません。
    ボレロさんの話を読んで思い出した事があります。
    実は学生時代、統一教会に入らされそうになった事があります(苦笑)。
    都内のある場所で友人と二人で歩いていたところ、笑顔のさわやかな青年に声を掛けられました。
    「ディスコ大会(年代が分かる(^_^;))があるから来ないか?」と誘われました。
    その後ディスコ大会なるものの記憶はありませんが、彼に連れて行かれた所は「ビデオセンター」と看板がかかっていました。
    そこでは無料でコーヒーが飲め、個別のブースに区切られた所で好きな映画のビデオが観られ、手相も見てもらえました。
    ただ、行くと必ず決まったビデオを一本観せられるのです。
    聖書に関するビデオでした。
    何度か通ううちにどこか個人のお宅に泊まりで行く事になり、そこでは幹部と思われる方の講義を受けさせられるのです。
    可愛らしい家で、美味しい食事も用意され、アットホームな雰囲気でした。
    また、2泊程で小型のマイクロバスに乗って合宿に参加した事もあります。
    費用は何千円か出した記憶があります。
    勉強会が終わった後は感動してか泣き出す人もいました。
    今思えば、どこか孤独感を感じる若者にアットホームな雰囲気で温かく包み込み、うまく洗脳されてたように思います。
    私達を誘った青年も優しいお兄さんのような方で、ついいろいろ相談したくなるような方でした。
    教義も聖書の解釈を都合のいいように変えられたものだったと思います。
    創価と同じです。
    この頃、主人と交際中でしたが、このビデオセンターの話をすると、「それってもしかしたら統一教会かもしれないよ。韓国行って合同結婚式させられるかもよ」と言われ、すぐに友人と一緒に辞める事ができましたが、まさかその主人が最大かつ最悪なカルト創価に入っていたとは、もう笑ってしまうしかありませんね(泣)_| ̄|○
    スレ違い、失礼しましたm(_ _)m

  74. レモンさん、久しぶりに旧友と交遊を温められたようで、
    なんだかホッとしみじみしておりました……。
    私は、こちら関西に主人の転勤でついていてからは、
    慎重に創価学会につながりそうなものは排除してきたので、
    私の実家が創価で悩んでいる、なんて話せる人は一人もいません、
    そういったことが語れる友人がおられるのは羨ましいです…よかったです。

    ところで、ご友人の考え方「創価が一方的に統監などこだわっているだけで、
    自分には関係ない…」といった感じだったでしょうか、うろ覚えすみません、
    私は多いに共感するところです…!!
    つねづね何の権限があって人の籍云々にこだわってくるのか、
    異常だし、腹立たしいことだし、なんでまともに取り合う必要があるのか、
    …非常識なのは創価なんだから、みなさん毅然としてればいい!と思っていたのです。
    でもレモンさんは役職をきちんと全うされていたのであったのですし、
    すごく配慮の行き届いた方だなあと、いつも敬意を抱いております…、
    それゆえ悩みも深いことでしょうが、きっと大丈夫と思います。

    そして流れ星さん、あの恐らくやまとだましいさんは、多くの人にあてて、
    アカにはご注意ください、みたいに(またうろ覚えすみません)だったと思います。
    ちょっと私もいきなりデモとかどうなのかな?と思っていたので、
    あまり気持ちが走ってしまうとどうかな、とか思っていたり、
    …うまく表現できないのですが、ですがそう思っています。
    それと投票に関しては、操作されていると私も感じるところがあります、
    先回の大阪の都構想に関する住民投票はどうもその感が否めません、
    票差も全体から見ればわずかだし、最後の最後の開票で逆転はどうも??でした。
    外国のように、透明のハコで実施してみたらどうなんでしょうね…?

    安保法案に関してですが、日経新聞かいつまんで思うところは、
    いまの米中の関係は、かっての米ソの冷戦状態に近いようで、もう緊迫状態であるようです。
    経済上において、熾烈な争いは始まっているようで、中国の領海を無視した開発等、
    人海作戦というよりは兵力誇示をすることで戦闘状況に近いものがあるようです。
    また日本は安保法制による自衛費の増強にあわせて災害対策費の強化を計っていくこと、
    戦後からいままでの大規模ハコもの開発計画から移行していくようです…、
    となると国土交通省のやり方も変わってくるわけで、業界での学会の位置づけにも
    影響が出てきて、まあ、いままでのようにはいかない歪みも出てくるでしょう…。
    公明党またまた中国韓国へ出かけるのですね、ビジネス?安保の説明よりも

    せ〜やムーンさん、スーパームーンまぶしいくらいでした…wao!

  75. 流れ星さん、お返事ありがとうございます。
    こちらこそ、流れ星さんに謝らせてしまい申し訳ありません
    私も出来ることからはじめてみたいと思います。
    せっかく自由を手に入れたのですからね(^-^*)
    近場へのひとり旅とか、家族とグルメ旅もいいですね!
    ちょうど友達からも日帰り旅行を誘われています。
    これからの楽しみが見えてきました!
    レモンさんと同じで、まだ浮き沈みの激しい自分がいますが、時が解決してくれることを信じて生きていきたいと思います。
     
    ポトスさん、新聞購読停止頑張りましたね~(^_^)v

    宝星さん、私も昨夜のお月見まぶしかったです(^_-)-☆
    昨夜の月は満月ではなく、今夜が本当のスーパームーンだそうです。
    また今夜も楽しみましょう🌃

  76. みなさんこんにちは。
    シニフィエさんお忙しいなか管理ありがとうございます。

    流れ星さんのコメント
    >もし違う人生だったら、こういうことがやりたかった、ってことないですか?
    いま、それを始めてみませんか?
    せっかく脱会して自由な時間がこれほどできたのですから。。生まれ変われるチャンスですよ。。( ´ ▽ ` )ノ

    ほんとにそうですよね。そう思ってはいるのですがなかなか何をしたらいいのかわからずにいる私です・・・(>_<)
    でも日々のなかでバリ活の時には感じなかったものがたくさんあります。
    昨日はスーパームーンでしたね。ベランダに出てお月様を見ていると心が癒されました。
    そんな何気ないことなのですが創価にいた時はそんなこともわからず過ごしてました。
    活動で忙しくて月を見上げるってこと忘れてました。
    今は平凡な毎日ですが季節を感じ、創価の毒を少しずつ癒しています。

    以前、シニフィエさんが創価ギャランということで青雲の替え歌作ってたので
    私も森田公一とトップギャランの「青春時代」の替え歌で「創価時代」歌いまーす

    覚醒までの半年で 答えを出すというけれど
    活動していた歳月をどうやって癒せばいいのだろう
    バリ活時代が夢なんて 後からアホだと想うもの
    創価時代の真ん中は 道を誤っているばかり

  77. レモンさん

    私も同じです。

    まだ非活宣言して、1カ月しかたっていませんが、
    レモンさんのお立場に比べれば私など足元にも及びませんが、それでも、20年近く活動していました。
    夢にまで見た、非活宣言、活動にも、会合にも、縛られない自由な生活とはうらはらに、変な後ろめたさのようなもに、苛まれる日々。
    どっちに転んでも悩むのか。。。
    藁にもすがる思いで入ってしまった学会
    自分の軽はずみな行動と、未熟さの代償がこれなのか。。
    一生忘れることも、消すこともできない。
    そんな事ばかり考えていました。
    流れ星さんが、仰っていた「日薬」
    この言葉は、亡くなった母が私によく言ってくれた言葉でした。
    何か悩みがあり、相談しても具体的なアドバイスはしてくれず、いつも、「時間薬だよ」と「大抵のことは時間が解決してくれるよ」と。。
    本当に心が落ち着く言葉は、題目でもなく、学会指導でもなく、母の言葉でした。

  78. レモンさんのお友達のお話、考えさせられますね。
    夫婦間においてはお互いに創価の話は一切しないとの事。
    確かに、創価の話さえしなければ、夫婦仲良くやっていけるのかとも思います。
    10年も経てばそんな風になっているのでしょうか?
    お友達のご主人は奥様が脱会しても10年も覚醒せず信心を続けているという事ですね。
    奥様もそれは仕方の無い事として受け入れたという事なのでしょう。
    ただ、レモンさんのご主人のように多額の財務をしてしまう場合はどうなのでしょうか?
    これも黙って見過ごすしかないのでしょうか。
    金銭に関わる事は家庭生活において大問題ですよね。
    レモンさんのお友達は、創価というより組織に疑問を持って辞められたという感じですね。こちらのブログに来られる方達は創価は詐欺という考えです。
    だから、創価には本当はビタ一文払いたくはないのです。
    先日、私は主人に「勤行しようが会合に行こうが構わないけど、一口一万と決められた財務だけはオカシイと思っている。だから、子供の財務はやめてほしい」とはっきり伝えました。
    主人は「分かった」と言っていましたが、どうなることやら…。
    脱会届けにしても確かにもともとがインチキカルトなのだから、正式な脱会方法は無いのでしょう。
    私の脱会届けも保留中となっていた事から、一時期は感情的にもなりましたが、今は組織から何も言ってくることも無く、平和な毎日を過ごしているので、もうその事に関してはどうでもいいと思うようになりました。
    時々道で会う学会員さんには、満面の笑みで会釈しています。
    創価脳夫を持つ脱会妻の立場としては、レモンさんも言われているように、私も日々心の浮き沈みに悩まされ、本当にこのままでいいのかと暗中模索中ではありますが、これからの残りの人生、楽しみながら大切に生きていきたいですね!

  79. シニフィエさん、いつもお世話になっており有難うございます。m(._.)m

    創価の役職・・任期制にすればよいと思います。
    どなたか仰ってましたが、会則では二年だとか・・
    良心的なところは任期があり、続けられるかどうか聞きますよ。
    任期があるのにそれを隠し、本人の意思の確認もせずに続けさせるとは!
    本当に、悪質です!
    それを無視して無理矢理続けさせるから、辞めたい!という人が出てくるのではないでしょうか!?
    まあ、それもできないかっ!なんせ、活動家の数が少ないので・・( ̄^ ̄)

    流れ星さん
    コメントを読ませていただいているうちに、なんとなく心が温かくなりました。
    有難うございます。これからも宜しくお願いします。(^ー^)

    レモンさん
    長い間、地区婦人部長をされ新聞配達までされており本当に大変だったと思います。本当に、凄い方だなぁ!と以前から思っておりました。
    私なんぞ足元にも及びません。
    ボレロの場合は、主人は未活のような状態ですので、わりと理解はあるようで創価
    のことはなにも言いません。
    レモンさんのところは、ご主人はバり活さんで回りの状況も本当に大変だと思います。
    お互い環境は違いますが、創価の呪縛から抜け出していけたらと思います。(^ー^)

    かすみ草さん
    なんとなく・・気になります。
    先日は、つい煽るようなコメントしてしまいました。ごめんなさい。
    地区婦はかすみ草さんを引き留めたくて、公明党員の話しをされたのかもしれません。悪気はないかもしれませんね・・押し付けはよくありませんよね・・
    信頼できる幹部さんがおられたら、役を降ろしてもらえるようにお話されてはと思います。その方が、早いかもしれません。
    余計なことですみません。(^ー^)

    ポトスさん
    遂にやりましたね~!おめでとうございます!( ´ ▽ ` )ノ
    これで、非活決定ですね!
    鬱陶しい訪問や、電話もなくなるでしょう!よかった~!

    匿名さん
    その話し、実は「真理研究会」と言って「統一教会」の下部組織だそうです。
    大学生さんを、ターゲットにしているみたいです。
    ご主人、創価でしたか!本当、オカルトですね!( ̄□||||!!

  80. 安保法案が可決されてから早いもので10日ほど経ちますが、未だに安保法案についての詳しい説明は何もされてませんね。
    「安保法案は可決されました。まぁ、そういう事ですから~」と議員達が勝手に事を進めて、国民が置いてきぼりを食らっている感じがちょっと否めません。
    安保法案が可決されたからには、これからの事を含めてそれについての説明をしっかりして欲しいと思うのは私だけでしょうか…

    satouさん。
    私の祖母は小樽問答の参加者でした。
    祖母に聞かされた話では、身延派の人間と創価の人間が集まって法論合戦をし、身延派が「日蓮大聖人のお骨はこちらにある!だからこちらが正当だ!」みたいな事を言ったようですが、それに対して「それはどこの馬の骨だ!嘘を言うな!」と創価側が思いっきり野次を飛ばし、答えられなくなった身延派を四方八方から責め立てての創価の勝利だったとのことです。
    しかし、これだとまるでいじめですね。
    これはあくまでも参加した祖母の話ではありますが、私が生まれる50年以上も前の話です。もしかすると嘘も混じった話を聞かされていたかもしれません。

    pomupomuさん。
    私は今まで、中秋の名月のお供えを一切した事がありませんでした。
    やはり創価一族という家柄故、そういう日本古来の風習事はなかった事にされていた気がします。
    pomupomuさんが仰るように、私もこれからは日本人が古来から行なってきた風習を大切にしたいと強く思いますね!

  81. 今夜の月も、昨日に引き続き真ん丸なスーパームーンですね。
    配達員時代、真冬の朝に地上まで降りてきそうな位置に大きなホワイトムーンを時々見ることができたのは、唯一の楽しみでした。
    月は、厳粛な気持ちにさせてくれますね。

    流れ星さん
    >大丈夫です。みなさんの選択は決して間違ってはいないです。。日薬という言葉もありますが徐々に時が解決してくれます。

    心強いコメントありがとうございます。
    脱会、非活になった人達のだれ一人として「組織に戻りたい」という声を聞いたことがないというのが答えですよね。

    宝星さん
    ありがとうございます。
    先日会った友人は、私と同じ役職経験者で元内部の友人だったこともあり、内部しか知りえないおぞましいノルマ地獄や財務のこと等と話すことができたのでスッキリできました。
    彼女はとっくの昔に活動を停止していますが、私が活動家だった頃は、お互いに遠慮して連絡をとっていなかったので久々に会えて本当によかったです。
    外部の友人には、創価をやめたことを話せても、そこまでは話すことはできないですよね。

    組織の現場では、安保法案どころではないようです。
    毎度のごとく下半期スタート直後から、何も考えさせないようにするために次から次へと打ち出し地獄のようです。
    先日の1級試験・財務の申し込み用紙の集計・来月の支部総会・地区総会の準備・休日ごとのセミナーの友人連れ出し・10月の新聞啓啓蒙大大キャンペーン・11月18日までに折伏の達成と、創価脳旦那の電話のやりとりを聞いてるだけで反吐が出そうです。
    こんな活動のどこが宗教団体なんだと疑問に思わないのが本当に不思議です。
    年が明けたら、すぐに来年夏の選挙に向けて選挙態勢に入るんでしょうね。

  82. 安保法案は本当に日本を守る為ならやはり必要なのかもしれないと思うこの頃です。
    ただ今回の中身は問題山積みだし、反対です。
    石破さんが次の総裁選に名乗りを上げているようですし、集団的自衛権には賛成しているようなので期待してもいいのかどうか
    右でも左でもない人の話が聞きたいなと思っていた時、武田邦彦さんの話を聞いて興味をもって少しずつ聞いています。
    政治の混乱を招いているのは小選挙区制になったこととマスコミの腐敗とのこと。
    自民、公明一人勝ちは反対派の意見が反映されないので危険が多いけど、対する野党がしっかりしていないので投票できる党がありません。棄権すれば結局自民、公明を利するだけだし。
    最近ネットで福島の子供たちの甲状腺がんが増えているとあちこちででているけど本当なのですか?NHKは報道しないのでしょうか?
    創価学会がスポンサーになって都合の悪いことは報道させない、自民も報道に圧力をかける 金と権力があればなんでもできるんですからね。

    創価学会によって戦争ほど残酷なものはない戦争ほど悲惨なものはないと教育されましたが、日本の戦争は日本の繁栄とアジアの独立を果たし、インドネシアはフランスからの植民地解放、マレーシアはイギリスからの植民地解放、フィリピンはスペイン、アメリカからの植民地解放、インドも独立を成し遂げたのは日本のお蔭だと中国と韓国以外は今でも感謝しているようです。
    反日のインテリと反日日本人はアメリカの影響だとか。
    大東亜戦争は侵略戦争では決してなく、自衛の為の戦争だったと敵国司令官のマッカーサーの英語の文書があるそうです。日本に資源がなく石油の輸出を禁止して日本を植民地にしようとたくらんでいたアメリカに対し、負けることはわかっていたけど戦わずして植民地になるなら戦って負けたら日本には精神が残ると決断したとのこと。トルコが親日国なのは日露戦争で日本がソ連に勝ったからトルコが植民地から解放されたから。
    当時は白人は有色人種より上に置かれていて日本が日露戦争に勝ったということで日英同盟が結ばれたとか。日本の軍人が規律正しいと他国からも評価されていたからだとのこと。
    植民地になると大変だそうです。婦女子は誰でも乱暴してもいいことになっていて有能な人は手を切られるとのこと。
    今までの戦争は白人が一方的に植民地にしたい国に押しかけて行って戦争をしかけ、住民を殺害してその国を乗っ取ることが4000年前から行われていたって。

    でも、人生は冥土までの暇つぶしぐらいの気持ちでいたら何があっても乗り越えれるかな

  83. 芸能界も世界情勢も、様々なニュースで悲喜こもごもというか、色々な事が起こってますね。
    世間でどんなニュースが起きようとも、池田のセンセイは、創価しか興味がないんでしょうかね?
    まあ、世間のニュースに対して何かメッセージを出しても、それはそれで迷惑な話ですけど・・・
    そう言えば今日の聖教新聞の1面、先日お伝えしたように、昨日日曜の教学試験1級の内容だったんですけど、
    池田センセイからの~~~メッセージ!・・・・・かと思ったら、
    ま、まさかの「名誉会長が受験生に伝言」ですって・・・・・・・・・・・・
    おいおい、そこはメッセージだろ!! (*`Д´)ノ!
    伝言って、お前は留守番電話かぃ!!

    ポトスさん、
    聖教新聞の断りの件、大いに参考になります、ロム専門の方も、参考にされると思います。
    私の場合、今年の4月に非活に転じて以来、まだ新聞だけは取っていますが、
    新聞は母親の代から契約していますし、先日の財務の申し込みも、割りと簡単に断り出来たので、
    まあ新聞は、もう少し後でいいかな、みたいな感じですね・・・ えぇ、ヘタレなもので(汗)
    勿論、スパッと断れる方は、どんどん断るべきです! 必要性はまったく無いですからね。
    その分、聖教新聞上で何か気になる事がありましたら、私がここで突っ込みを入れて紹介しますんで(笑)

    流れ星さん、
    >せっかく脱会して自由な時間がこれほどできたのですから。。生まれ変われるチャンスですよ。。( ´ ▽ ` )ノ
    いい言葉ですね! 落ち込んだり、モヤモヤしている場合ではないですね。
    新たな事、新たな趣味など、どんどん始めてみるのもいいですよね。

    えつこさん、
    >信仰する気も入会する気も一切無いので断るしかないのですがね^^;
    その気持ちを強く持って、是非ともキッパリと断ってくださいね!
    お付き合いと宗教は、関係ないですよ! そんなものを条件にされる必要性など、まったくありませんからね。
    こちらの皆さんも、応援しておりますよ~

    せーやムーンさん!
    スーパームーンですよ! 見ましたか? 写真撮りましたか?(・∀・)
    うちの地域は、あいにくの曇り空のため、ほとんど顔を出してくれませんでした・・・

    しかし、創価脳の活動家って、自分自身が最高の仏法に出会って幸福なのだ! 一段高いステージなのだ!とか、本気で思っているんでしょうね・・・
    ランクが高いのだ! センセイは最高なのだ! これでいいのだ! 賛成の反対なのだ! とか、
    まあ実に上手い事、洗脳されていますよね・・・
    「でも功徳ないじゃん?」と突っ込まれても、「いやいや君ぃ~、目先の幸運ではなく、生命の境涯のランクが上がっているのだよ」と、
    意味も訳も分からない「My説法」が始まります。
    大事なお金をみんな創価に注ぎ込んで、毎日のようにタダで奉仕活動しても、
    「俺は(私は)最高のブッポウで最高のステージに立って、今こうして余裕で歩いてるのだよ(歩いてるのよ)」みたいな感じでしょうか。
    単に、洗脳されて、利用されて、ナンミョーズハイで高揚してるだけなのに・・・・・・・・

    冷静に考えてみてください。 世界的な宗教学者や哲学者が、日蓮、ましてや創価学会なんぞを評価していますか?
    「最高の仏法に、世界がまだ気がついてないだけなんだよ!」  ハァ??
    そんな戯言、何十年前から言ってるんでしょうか? 評価する価値もないから、評価されてないだけなんですよ。

    宗教なんかでは幸福にはなりません。ましてや宗教団体に属するという事は、単に利用されるだけなんです。
    そんな事よりも、身近な1日1善のほうが、よほど大事な事なんですよ。
    早く気がついてくださいね~(笑)
    それにしても、「伝言」って・・・・・(*≧∀≦)
    そのうち、「つぶやき」とか「いいね!」とかになるんでしょうかね? センセイ?

  84. ごめんなさい、27日21:41と22:30のコメントは私のコメントです。
    久しぶりにコメントしたら、名前が入ってなかったようで、失礼いたしましたm(_ _)m
    訂正のコメントを送信したつもりがされなかったようで、ややこしくなっちゃいました。
    ボレロさん、よくご存知ですね。
    主人は原理研究会と言っていました。
    もう30年前の話です。
    今でもこんな活動しているんでしょうかね。

  85. レモンさん、創価学会では相変わらずノルマ地獄の打ち出しが続いているようですね。
    洗脳されてこの組織にいる限り、宗教の押し売りや、洗脳新聞の押し売りや、自民の飼い犬政党の投票依頼などを法律を犯しながらやりきり、なおかつナンミョーズ ハイをやらないと人間のクズみたいに言われますが、例えば、仕事に真剣に打ち込んで社会のために貢献したり、子供を一生懸命に育てて一人前にしたり、宗教に勧誘する下心無しで友達の悩みに共に苦しんだりすることだけでも十分に人間としての生きる価値はあるし、尊いのだと思います。
    創価学会は看板では人間の尊厳性を高める素晴らしい団体だということになっていますが、実際にはまっとうな生き方をしている真面目な人間を蔑む、ヒューマニズムとはかけ離れたカルトでしかありません。
    こんなポンコツ団体に貢いでも、なんの功徳もあるわけはないし、辞めても罰など当たるはずもありません。
    創価学会を離れて普通に生活をしていると、こうした当たり前の真実に気付く瞬間がありますね。
    さんまさんの「生きてるだけで まるもうけ」
    この言葉が心に響きます。
    スレ違いにて、失礼しました。
    m(__)m

  86. 加奈子さん、ボレロさん、ラベンダーさん、ラザリスさん
    コメントありがとうございます。

    創価から足抜けした後は、色々と不安定になる時期が過ぎたあと、少しづつ呪縛が解けて楽になっていくのかもしれないですね。
    創価の事は忘れたいし関わりたくないと思ってはいても、創価を通じて知り合った人との繋がりというのは、町内会や子供関係など様々な所で複雑に絡み合っています。
    そのあたりも、スッキリできない要因の1つですね。
    でも、こちらでコメントされている方々で、先に脱会や非活の道を歩いている方々を見ていると、そのような時期が過ぎ去た後は、落ち着かれているように感じますので、自分にもいつかそんな時期がくるから大丈夫と思うようにしています。

    ラベンダーさん
    >お友達のご主人は奥様が脱会しても10年も覚醒せず信心を続けているという事ですね。

    そうです。
    我が家と同じで、ご主人は隣の支部の支部長です。
    抜ける直前まで、本部ごとの地区部長会でよく見かけていましたし、バリバリ活動家です。
    最初の3~4年は揉める事が多く離婚や別居も考えたと言っていましたが、今は完全に割り切っているようです。
    ご主人も家での勤行・唱題以外は、一切創価の話をしないようですし、財務に関しても小遣いの範囲内でしてるようだと言っていました。
    その辺りが、我が家の場合と違いますね。
    今年も大口財務をするようですので、見てみないふりをするわけにもいかずバトルになるでしょう。

    私は、創価から離れてから、自分自身の思い上がった心に気がつく事が多々ありました。
    それは、今まで創価に対してこれだけ尽くしてきたんだから、辞めたとしても自分は大丈夫なんじゃないかと。
    でも、それは自分自身の思い上がりだったようです。
    どれだけ創価に身も財も尽くしてきたとしても、一旦創価に対して反旗を翻した者に対して、創価という組織は容赦しないということです。
    逆に活動家であればあったほど、組織の内情に詳しいわけですから、裏切り者となるわけで、その人に対して根拠のない情報操作をします。
    それを人を通じて知った時は、すごくショックだったのと同時に、自分だけは大丈夫という思い上がった感情が心の中にあったのだと気がつきました。
    創価は、常識など通用する組織ではありませんし、残った会員が逃げ出さないようにする為には、何でもする組織です。
    そして、改めて使い捨ての駒だったという事と、後に残された地区の心配していた自分がどこまでお人よしの馬鹿だったんだと痛感しています。

    組織では、新入会の獲物を狙うがごとく10月、11月と折伏座談会やセミナーが開催されます。
    折伏年間目標のノルマを11月18日までに達成させようと、ハイエナのように獲物を狙う作戦会議を日々練っています。
    その餌食にならない為にも、外部の皆さんは任用試験、セミナー、座談会には絶対に足を運ばないようにお気をつけください。一旦目をつけられると、ずっとずっと付きまとわれます。

  87. また愚痴になってしまいます(>_<。)
    昨夜協議会のはずなので増上慢幹部には絶対会わないだろうと、遅めの時間にカルチャースクールに行ったのですが……
    再びのご対面…( ̄□ ̄;)!!
    見つけた途端、心臓バクバクで逃げ出そうと思いましたが、そこまでできず普通にしていました。
    向こうも、私の気持ちを察したのか、軽い会釈だけでした。
    私の時間に合わせてるかも?とか被害妄想になっていて、とてもストレスなので今後どうするかは、よく考えて決めていきます。

    きのうの新聞一面に、「一閻浮提第一の本尊」と書かれてありました。
    あれ?本尊とだけ書くのですか?大御本尊でもなければ、御本尊でもない?
    言い方変えたみたいですが、もう迫力も感じませんね。
    以前、散歩大好きさんもおっしゃっていましたね。
    大御本尊から御本尊に変えたこと……
    学会員さんは、新聞を見て変だと思わないのでしょうか?
    忙しくて気が付かないのかな。
    それとも、どうでもいいのでしょうか?

    コージさん、バカボンのパパの口調おもしろかったです(@^▽^@)
    スーパームーン見れなくて残念でしたね。
    こちらも曇り空でしたが、雲の切れ間からきれいに見れました!
    写真は、撮らなかったです(_ _)
    赤っぽい大きな月は、タイミング悪く?見られませんでした。
    見たらちょっとこわいかも。
    私ももっと強くなって、「スーパーせーやムーン参上!」
    といきたいですわ(^_^)/~

  88. 創価の役職の話
    そういえば「人間革命」に「役職を断ったら腹が痛くなって、悶絶していたけど、役職を受けたら腹痛がおさまった」との趣旨の内容がありました。
    役職を受けるときの殺し文句は
    「使命だよ」
    「創価の役職は断ることが仏法に反する。罰を受ける」
    「役職を受けて大変なことがあったら私も手伝うから(実際にそのようなことはありません)」
    などなど。

    簡単に言えば「創価の役職の話が来たとき、断ったら不幸になるぞ!お前!」との脅しです。

    罰と功徳での条件付け。

    さまざまな「痛みと快楽」での 「調教と餌付け」

    知らないうちに「飼い犬」ならぬ「飼い人間」になってます。

  89. 聖教新聞やSGIを見て、若者が活躍しているとおめでたいことを言っている活動家。
    そういうあなたの地区で青年部が陸続と生まれていますか?
    毎年、毎月、新来者が会合に訪れ部員が溢れ返ってますか?
    地区も支部もいっぱいになって分断されてますか?
    逆でしょう?
    どんどん縮小され統合されているでしょう?
    役職は年配ばかり。
    毎度同じ顔ぶれ。
    青年部なんてとんと見ない。
    あの人もこの人も気がつけば出てこなくなった。
    だから新聞を見て安心する。
    うちは「たまたま若い子がいないだけ」で、全国的、世界的に見ると活躍がスゴイんだわ♪
    アホですわ。
    ホントに若者が活躍してるなら目の前でうるさいほど活躍してますよ(笑)
    新聞を見たくらいで当たり前すぎて何とも思いませんよ。
    ほら見なさいよ!すごいでしょ!と必死のアピールが痛可笑しいというか…

    それにしても青年部は言論戦で負けるな!と言われてきたのに、ここの書き込みにたまに文句をつけてくるのは皆中年層ですね(笑)
    若者は創価アンチなどもはやどうでもいいレベルなんですよ。
    当たり前すぎて気にも障らないんでしょうね。

  90. 安保法制は考えれば考えるほど難しい……
    もし私が子どもが小さければ不安に駆られてデモに参加したかもしれないし、
    もし私がビジネスにおいて中国と事業展開していれば抑止力を切望するかもしれない、
    ……そこを政治家があらゆる側面に立って調整をはかっていってほしいと思うわけであります。

    創価学会の場合、会員一人一人の立場なんて考えていない、
    会員の方から賛成にまわってほしい、嫌なら出て行ってくれ→→ てなもんです、
    …いやあ、私たちいつの間にか有無を言わさず公明党支持にされてたわけで、
    これからは自分でじっくり考えていきたいですから、これからは。

      絶対が 絶体絶命 創価学会
      洗脳すすめ カルトの道へ 

    🌙スーパームーン明るかったですね〜、みなさんのこと想いました……

  91. こんにちは。
    先日、カウンセリングを受けました。
    カウンセラーが、「あなたは、あの人達から虐待を受けたのです!」
    私、「でも、私も会合に出て行かなかったから・・」
    カウンセラー、「もし、会合に出て行ったなら、攻められて大変なことになっていたかもしれない」
    出て行かなかった自分をずっと攻め続けてきました。それすら出来なかった自分が
    情けなく、腹立たしいです。今さら、悔やんでも仕方ないですが・・

    ぎん千代さんの、>そう思ってはいるのですがなかなか何をしたらいいのかわか らずにいる私です・・
    加奈子さんの、>夢にまで見た、非活宣言、活動にも、会合にも、縛られない自由な生活とはうらはらに、変な後ろめたさのようなものに、苛まれる日々
    どっちに転んでも悩むのか
    ボレロも、全く同じことを考え、悩んでいました。
    けど、カルトからなんとか足抜けできただけでも「まだマシかなぁ」と思うようにしています。(ー。ー#)

    ラベンダーさん
    コメント有難うございます。(^ー^)
    その方は、何年か前の体験のようで、今もその様な活動をやっているのでしょうかね~?よくわかりませんが~
    しかし、その様な強引な勧誘をしていることに全く罪悪感を感じていない人達は本当に恐ろしい!と思いました。
    ボレロもラベンダーさんと一緒で、組織というものに馴染めませんでした。
    それで、このような結果に至ったのかもしれません。 

  92. くまもんさん
    その通り!
    日本の近代史を正確に知るべきですよね
    侵略だなんて日本はそんなに悪い国家ではない
    白人はインディアン、アポリジニを虐殺しまくりました
    日本だって戦わなければ同じ運命だったのです
    話があらぬ方向に逸れてますね
    失礼しました

  93. 戦時中、食糧難も酷くなり、年寄りも子どもも戦場に駆り出され、激しい爆撃も続いた。
    だけど新聞には「日本軍快進撃」と書いてある。
    だから「日本軍はどんどん躍進している。優勢なんだ」と信じたおめでたい思考がありました。
    政府がウソなどつくはずがない。
    新聞にデマなど載せるはずがない。

    その比に及ばず、まともな忠告も徹底して無視するカルト信者相手ですよ。
    池田は死にませんといったら本気で信じるレベルです。いや冗談ではなく。
    はりきって適当なこと書きますわ。
    だって何を言っても張り切って信じてくれるんですもん(笑)

  94. せーやさん
    匿名あてにお返事頂き、ありがとうございました。子供たちとの時間を大切にしていきます。

    ボレロさん
    ボレロさんから頂いたコメント、心強かったです。ありがとうございます。全然煽ってなんかないですよ。

    いつもここでは、背中を押してもらっています。
    信頼できる幹部は思いつかないし、こっちからわざわざ連絡とるのも、指導を求めてるって思われたら嫌だし、とにかく拒否、拒否、拒否でやってみます。

  95. こんばんは。
    日蓮正宗を徹底的に攻撃していますが、正宗は御本尊も教義も全く変わっていません。
    変わったのは創価のほうです。創価が勝手に変えたのですよね。
    その昔は、身延を邪宗だ!と言って攻撃してましたよね。
    今は正宗ですか?ころころと対象がよく変わりますよね。
    邪宗、邪教は創価のほうですよ!!破壊的カルト集団!(。・`з・)ノ

    かすみ草さん
    返信コメント有難うございます。
    かすみ草さんのやり方でやってみてください。
    子供さんを可愛がってあげてくださいね。
    応援してます!(^ー^)ノ

    せーやさん
    カルチャースクールで幹部に出会った件、ただの偶然にしてはおかしいような気がします。
    苦手な幹部なら余計会いたくないですよね!
    充分、気お付けてくださいね。(*^-^*)

    さくらさん
    はじめまして。(^ー^)
    覚醒されてよかったです。
    ボレロも、もう公明党には入れません!
    また、いらしてくださいね。

  96. おはようございます。
    久方ぶりに投稿させてもらいます。
    昨日(9/30)の夕方突然、婦人部の上の方の責任者と40代くらいの男性の支部長さんが我が家に来ました。
    創価学会の池田先生の自然との対話?の大きな写真カードを持参しての訪問です。
    私は「結構ですからいりません。」と言いました。
    いろいろ婦人部の幹部のひとから話がありましたが、
    私から二人の幹部の人に「馬鹿」(関西ではアホー)の話をしました。
    馬と鹿の区別がつかない人を馬鹿と言います。
    馬を見て、上の人が鹿だといえば「その通り鹿です」と答え、また鹿を見て上の人が馬だと言えば「その通り馬です」と返事をする人を、
    「馬鹿」と言うそうです。
    自分で考えない人、または自分で考えられない人を言うそうですと!
    私の話に幹部の人は何も反論しませんでした。
    今回の投稿は以上です。
    タイトルからはづれてすみません。

  97. Tさんありがとうございます。
    いつもスレ違いのレスで空気読めてないって感じですみません。

    長い間創価学会を妄信してきて公明党のF目標100を掲げて最後には道歩く人にも必死で公明党を訴え、無視されたり、嫌われたりしても目標100までいくまではとあきらめなかったことがなつかしいです。
    最近は政策が出るたびこの政策の本当の狙いは何だろうとネットで調べる癖がついてきています。
    秘密保全法案も簡単に通っているし、創価学会が最も嫌う治安維持法ってことでしょう。
    今回の安保は中身が出鱈目で純粋に日本の為の安保でないので速攻廃案にしてほしいです。
    シールズ宛に殺人予告の文書が送られてきたり、本当に怖いです。
    被爆国広島県で公明党以外は党派問わず共産党も自民党も安保反対の声明を出したのに公明党だけが入ってないなんて本当に創価学会 公明党が平和団体なのって疑いますね。
    昨年までは地方議員は全員反対していたんじゃなかったの?
    鶴の一声でコロッと変わる組織なんて本当に危険だと思いますが、主人は全然馬耳東風です。
    でも29日の国連で安倍総理はオバマさんから無視されたようですね。
    強行採決までした安保法案歓迎されてないって?
    プーチンさんがIS撲滅の声明を出したようだし、シリア派遣目的の安保なら意味なかったとか

  98. せ〜やムーンさん、その後どうですか?
    ちょっと替え歌にのせて、気分転換にならないかなあと考えてみました、
    みなさんも🎤よかったら唄ってみましょう〜〜さあさあ

    松任谷由実ユーミンで「Destiny」(いつも懐メロになってしまう…)

     モヤモヤの気分 抱えて〜 街を行く 
     True love , my true love
     本当に信じていたんだと……
     バ幹部 気にもとめずに 背を向ける
     True love , my true love
     アポなし訪問 のため〜

     ♪むちゃくちゃ言われ〜
     い〜つかは 見〜返す つもりだった〜〜
     それから 創価の人に〜 心を許せず〜

     今日わかった〜 また会う日が〜
     避けられぬ 悲しい Destiny

    ぺこりと 頭を下げる〜 気持ち隠し
     Sure love , my sure love
     昔より バリ活なみたい……
     みがきのかかったドレス 背を向けて
     Sure love , my sure love
     人の気も知らないで〜

     ♪むちゃくちゃ言われ〜
     い〜つかは 見〜返す つもりだった〜〜
     それから どこへ行くにも〜 スキなど見せずに〜

     どうしてなの 今日にかぎって
     安い サンダルを はいてた〜
     (今日わかった〜) むなしいこと
     戻らない 創価に〜 Destiny

    昔こっぴどく失恋した時やたらユーミンを聴いたりして、失恋ソングが多かったような…
    ちょっと次元が違いすぎて申し訳ないですが、お洒落気分でやり過ごせないかな、と
    …いつも懐メロばかりになってしまい、すみません、みなさま^〜^

  99. コージさん
    ありがとうございます^ ^
    そうですよね。お付き合いと宗教は全く関係ないですよね。宗教は自由ですよね!
    これからもずっと断り続けます^ ^

  100. チョパーさんの
    >自分で考えない人、または自分で考えられない人を言うそうですと!

    創価はここが反対なんですよね。
    「自分で考える人が馬鹿」という教えです。
    なぜなら活動家の言い分に以下のようなものがあります。

    「日蓮仏法はつまり、知ろうが知るまいが、信じようが信じまいが、仏になる法である」
    「日本国憲法もそうだが、法について説明するのに、元の文を引用しないことなどあり得ない」
    「法を説明するのに原文を引用しなければ、ただの感情、我見という、全く聞く価値のない戯言になってしまう」

    根本に「信じようが信じまいがこのような法理がある」と勝手に決めつけて、これを世の中全員に当てはめてからスタートしてるんですよね。
    そんなもん信じる者だけのルールでしょ、で終わるものをスタート地点が断固ここだから噛み合うはずありませんわ(笑)

    信じる自分たちにはその法の原文(文証?)とやらを引用しなければ、「ただの感情」「我見」「聞く価値のない戯言」となるんですよね。
    自分で考えるなんて馬鹿。
    日蓮仏法から引用しないこと以外は「戯言」だと。
    でもそれ信者だけのルールですよ。
    一般には自分で考えたことを話すんですわ。
    考える判断材料や基準は世の中の常識やモラルや自由やいろいろありますが、少なくとも信者のいう「日蓮仏法」ではないんですよね。
    これを引用してないから「我見」だの「聞く価値のない戯言」にはならないんですよ。

    ここを理解しないことには一生平行線ですね。

  101. signifieさん、みなさん、こんばんは

    せーやさん、ボレロさん、コージさん
    いつもありがとうございます(^^)
    今朝は、聖教新聞なしの清々しい朝でした!
    これまて、読まずにごみ箱ポイッ!としていた日々。それもなくなり、すっきりです。
    電話一本で止められます。止めるのは、簡単でした。多分…面倒なことはこの後なんではなかろうか?と思っています( ̄▽ ̄;)

    メールと電話です。
    販売店に断りの電話をいれた翌日、圏婦人部長からメールがきました。メールには、新聞のことにはふれていなかったので…恐らく…本部長のアポなし訪問のときに、題目あげてません。といい放った報告が回ってきたので、メールしてきたのだと思います。いつもの激励+指導のメールでした。

    返信の必要はなさそうなので、無視しました。

    すると、昨日の仕事中に電話がかかってきました。(出なかったけど(^^;))タイミング的に、新聞止めたことについての、電話だと思います。

    圏婦人部長、愛想はいいのにすごーく強引なので苦手なの(´ε`;)ゞ、もうしばらく様子をみることにします。

    せーやさん
    カルチャースクール、せっかくの楽しみが、嫌な印象に、なってしまうのはつらいですね。何かいい方法が見つかるといいですね!

    ボレロさん
    私も組織には馴染めませんでした。
    昨日まで挨拶程度しかしてこなかった人達に、急に悩み事なんて話せないですよ。

    コージさん
    突っ込み聖教、楽しみにしています!
    笑い飛ばしてしまいましょう!(ノ*^▽^)ノ┫オリャ

  102. 久々に投稿させて頂きます。親は現役のバリ活で私自身は完全非活です。
    今回のスレッドを読ませて頂きましたが、学会思想と安保の関係についての話はあまり出ていなかったように思います。私は今は非活ですが、福子で生まれて学生部までしましたので、一応ひと通りの「学会の論理」は分かっているつもりです。

    私が疑問に思うのは学会思想と今回の安保法案は相容れないのではないか?ということです。もし学会が真実の仏意仏勅の団体だとしたら、「尊極の仏性」を備えた「生命」を破壊する戦争には徹底的に反対すべきではないでしょうか。世良田二郎三郎様が問題提起された「日本の安全を守る」重要性は勿論言うまでもありません。しかし尖閣やサンゴ礁はこれまでの憲法解釈で認められている「個別的自衛権」の強化で充分対応できると思います。日本には世界でも有数の防衛力を誇る自衛隊があり、イージス艦を何隻も持っていますよね。「個別的自衛権」を強化すること自体は私を含め多くの国民は賛成だと思います。

    しかし今回の安保法案の問題点は「集団的自衛権」の名のもとに自衛隊が南シナ海や中東まで出掛けて行って米軍と一緒になって「武力」を行使する可能性ではないでしょうか。世界の紛争の解決に「武力」を用いるのは憲法にも学会精神にも反しています。先生がこれまで言っていた「ソフトパワー」「対話」はどこへ行ったのでしょう? 公明党は「ハードパワー」路線に転向ですか? 日本だけが殻に閉じこもっていてはいけない、それはその通りだと思いますが、世界の紛争の解決の為に日本まで「空爆」に加わる必要はないでしょう。日本は「紛争解決に武力を用いない国」として独自の貢献ができるのではないですか。「ガンジー、キング、イケダ」と並べるなら、前の2人は非暴力の平和思想家です。「武力」が根本的な解決にならないのはユダヤとパレスチナの2000年を超える争いや、アメリカが起こしてきたベトナム戦争、アフガニスタン戦争、イラク戦争、ロシアとチェチェンの紛争等を見れば明らかですよね。「武力」で解決しようとしても必ず「報復の連鎖」になります。日本が中東で米軍と一体化したら日本がイスラムテロの標的にされるかもしれません。

    また今回の国会答弁で政府はことさら「中国の脅威」を強調して中国を「仮想敵国」みたいにしていましたが、これも先生の言っていた「文化大恩の国」とは相反するのではないですか? 八王子の「周桜」「周夫婦桜」、中国各地の大学の「池田大作研究所」、etc、学会と公明党は本来は日中の平和的友好を促進する団体ではないですか? 外交力や民間のパイプを駆使して尖閣付近を「平和の海」「友好の海」にするべく努力するのが本来の姿ではないですか? そもそも公明党の結党の理念は王仏冥合、仏法の平和思想や人間主義を政治の世界に反映させる為ではないですか? 今みたいな状況の時に身体を張って「あなた達の考え方は間違っている」と安倍を諌める為に国会に議員を送り出しているのではないですか? 大聖人は命を懸けて国家諫暁したというのに。

    長々と書いてしまいましたが、ここをご覧になっている学会員さんに言いたいのは、「今の学会と公明党は本来の学会精神や仏法精神を忘れて変質して自民党に迎合するだけの存在になった」ということです。私としては今の学会は崇高な精神性など捨て去った「票とカネ」の利権団体に過ぎません。

  103. また壊れています。私自身です。
    創価は心に害毒しか与えません。
    素晴らしい宗教なら願いが叶うんでしょ??
    世界も、一国も、近隣も、家庭も。

    嘘つけ!

    害毒を払うのに苦労してんのじゃ!
    つぶれろ!いつまでうそやってんじゃ。
    わしゃ、ここまで心壊れたんじゃ。今日は寝られん。
    ボケかす。

    すみません。ネットだけでなく、実際でも暴れました。
    精神的に壊れてます。失礼しました。

    こうならないように、平常心の間に早く創価から抜けましょう。
    スレ違いですみません。

  104. 夕顔さん、小樽問答の貴重なお話ありがとうございます!どこの馬の骨だ?というおちょくった言い方、創価らしいです。本質的な法論戦というよりも、揚げ足取りみたいな、え?そこ?みたいな突っ込み攻撃だったのでは?と想像してしまいました。

    創価のいう、創価は絶対に正しいという理由として聞かされていたのは、この宗教は人を救い、幸せにする力があるから正しいのだということでしたが、そもそも創価が言う「幸せ」ってなんなのか?疑問に思います。何があっても負けない力とか言いますが、何があってもどんな状態にあっても不幸と感じない鈍感力を身につけることとも言い換えられそうです。未入信の友人を創価の人達に会わせたとき言われた、「幸せそうな人がいない」との言葉、世間的に幸せそうに見えなくても、会員にとっては、今は幸せになる途中であって不幸ではない。ということなのでしょう。常に幸せを目指して、なれると信じて、目標にして生きてゆける。その過程の苦労も生きがいになる。そんな感じなのでしょう。でも、それならば、特別、選民意識を持つほどのことでもないのでは?と思ってしまいます。鼻息荒く絶対に幸せになれるんだから!と人に幸せに「なれる」押し売りをするほどのものでもないでしょう。非会員で普通に生きている多くの人々も、同じように頑張って生きてますから。
    モニカさんがおっしゃってるように、創価は自分で考える人が馬鹿。まさしくそうですね。
    凡夫が何考えたって仏知に及ばずってことなんでしょうけど、創価の中枢部の人達は仏じゃないですし、その人達のやっていること、言っていることに疑問を持つことは、仏法を疑うことでもなんでもなく、仏法とは無関係のこと。それがごっちゃになってますよね。宗教的教義を利用していいようにやられちゃってるんですよ。自分たちのおかしなところを隠すために、うまく宗教がらみの恐怖心で押さえつけられてるだけです。
    また、公明党が自民党のストッパーになっているように見えるとしたら、それは、国民の為のストッパーではなく、自分たちの為だと思います。選挙の為にパフォーマンスとして少し自民党に申し入れすることはあるでしょう。それをストッパーとは言わないと思います。

  105. 今日は朝からジメジメしていて、また熱くなりそうです。
    皆さん、体調には充分気を付けて下さいね。
    最近の中国情勢も気になっています。
    爆弾騒ぎや日本人がスパイ容疑で逮捕されたことなど…

    ボレロさん、宝星さん、ご心配いただきありがとうございます!
    とても心強く、感謝しています(^-^)

    ボレロさん、私もただの偶然にしてはおかしいと思っています。
    私の心を読まれている?みたいな(x_x)
    スクールティチャーや一緒に通っている友人にも相談しました。
    二人とも「たまたまだよ!」と言ってくれたので、そう思うようにしています。

    宝星さん、ユーミンのDestiny♬めっちゃ好きです!
    私の今の気持ちにピッタリで感動しちゃいました♡
    そう、なんか元カレとの再会のような気まずさを感じていました。

    辞めるか、クラス移動を考えていましたが、クラスティチャーの提案(詳しいことは伏せます)で、何とかクリアできそうです。
    それでもまた何かあったら、その時は即移動します。

    一緒に通っている友人は、非活で名前だけの内部(彼女の身内から折伏された)です。
    私が今年初め覚醒した時すぐに相談したのですが、彼女も学会を辞めたいと言っていました。
    最近ランチした時は、学会批判がヒートアップしていて、私が必死に抑えていたくらいです。
    関係者に聞かれたら怖いですものね(-_-#)

  106. 公明党が信用できなくて、11・18を待てずに本日付で脱会届を送りました♪
    何だかスッキリしました(=^-^=)

  107. ヒカン三世さん、コメント有り難うございます。
    おっしゃるとおりだと思います。
    ただひとつだけ

    >今の学会と公明党は本来の学会精神や仏法精神を忘れて変質して自民党に迎合するだけの存在になった

    はたしてそうでしょうか?私はそうは思いません。もともと創価に仏法精神など存在しません。あるのは仏教のふりをして会員を騙しお金をもぎとるだけの詐欺団体だったと捉えています。公明党もにしても「王仏冥合」だなんて、ただ単に会員を騙すための言葉であって、そこに思想などありはしません。創価は「仏法精神を忘れた」のではなくて、もともとそんなものはなかったということです。学会員さんはこのことを認めてしまうと、自分の人生を否定しなければならなくなるが故に、どうあっても「創価は正しい」というところから離れられないでいるということも、以前の白いブランコさんとの対話でもはっきりしたと思います。

    >私としては今の学会は崇高な精神性など捨て去った「票とカネ」の利権団体に過ぎません。

    少なくとも私は「創価に崇高な精神など初めからなかった」と理解しています。
    創価は途中で道を踏み外したのではなく、もともと宗教でもなければ平和思想の団体でもなかった。
    このブログに集う皆さんは、このことに気づいたからこそ自分の人生を否定することになったとしても、勇気を出して本当の人間らしい生き方を望んでいらっしゃいます。そして悩み苦しみ、そして乗り越えようと頑張っていらっしゃいます。

    ヒカン三世さんが、このブログで「学会と安保の関係の話が出ない」と感じられたのは、おそらくこの視点の違いによるものではないかと思いました。
    違っていたらすみません。

  108. 皆様のコメントにありますとおり、創価学会では創価の思想や組織や活動に疑問を持って、自分で考えることを悪だとして排除して来ました。
    しかしながらこの考え方は、聖教新聞によく出てくる人間主義とかヒューマニズムとはかけ離れたものであると思います。

    自分たちの組織の考えに逆らうものは悪であり、存在する価値がない。よって、社会から抹殺されて当然である。だから我々が神に代わって彼の罪を償わせる。(社会的に、肉体的にポアする。)
    神に祝福されるのは我々である。

    これは、オウムやイスラム国がやってきた残虐行為を正当化する理論です。
    創価学会も全く同じことをやってきましたね。
    聖教新聞や創価新報での罵倒等々…。
    こんなポンコツ組織が支援する政党が、まともな政策を打ち出せるはずもありません。
    解りきったことです。

    人間は失敗を重ねながら自分の頭で考え、試行錯誤しながら真剣に生きていくなかでのみ、自身の成長もあるし、幸せを実感できるのだと思います。完全無欠の絶対的な教えや宗教など はじめからないということです。
    創価学会は、末端のお人好しがピラミッドの頂点付近の人間に騙されて、金を巻き上げられるだけの悪徳詐欺団体です。カルトビジネスです。
    日蓮さんのエセ仏教を巧くネタにして、恐怖感を与え、組織を維持しているだけの話です。
    早く気付いて逃げた人間が得をします。
    騙され続けて一生を台無しにするのは愚かです。

    さて、今日も仕事がんばるっす。
    (* ̄∇ ̄)ノ

  109. 創価は仏法精神を忘れて変わったのではなく、最初からそんなものなかった。
    私もそう思います。
    これ白いブランコさんのブログでも書きましたが、「変わったのではなく、もともと詐欺だったのが露呈されてしまった」
    それだけのことです。

    改革したいと思っている人は「本来の宗教団体に戻そう」という発想ですが、本来からそんな団体ではなかった。会員だけがそう思いこまされていただけです。
    これに気づくかどうかが大事です。
    信者が一心不乱に曼荼羅にお経を唱え、体験発表をする姿は「宗教団体」に見えたでしょうが、「そう見えるようにしていること自体が詐欺です」

    創価の手口である「騙されている人を使って騙す」が功を奏したんですね。
    気付いた会員が本気で暴こうとしたら、騙しきれない事実がどんどん露わになりました。
    言い訳できない証拠が白日の下に晒されました。
    ここまではっきりして尚、デマだと意地をはるのはもはや滑稽というものです。

    それが信者はなぜ、そこまで事実が露呈しても信じられないのか?
    会員は「信じる、信じない」で生きてきたので、自分が信じたことならば真実。信じないことは戯言というふつうとはずれた感覚なんですよね。
    物証や客観性などはどうでもいい。
    例えば「日蓮は久遠の昔に釈迦を超えた仏だった」なんてことも、自分の頭で信じればそれは事実。
    公示であろうと裁判記録であろうと、信じられないことは「デマ」
    この独特の感覚です。
    そうやって自分の信じたいことが真実で、認めたくないことはデマにしてしまう思考こそが、詐欺に狙われてしまう所以です。
    お人よしに多いので、会員は確かに根は人のいい人が多いですよね。
    そういう人が今度は騙している意識がないまま「騙す側」に回るので、あの人が騙すわけがないというスパイラルに入るんですよ。

    認めたくないという気持ちは解りますが、ここをよくよく考えてください。

  110. ヒカン三世さん、私は結婚を機に脱会した2世の宝星と申します。
    管理人さんほど、私は論理的に文章にすることができず、思うままで拙いものになりますが、
    私は中国へのたびたびの交流訪問には、何かしら裏事情があるように感じます。

    中国は共産党一党支配の共産圏であって、宗教の布教についてはまったく認められない、
    先日アメリカで国連総会があった折にも、中国でキリスト系の寺院が大々的に破壊されたことに対して大きな抗議デモがあった、といったようなTV報道があったかと思います。
    中国では、人々が特別な思想や宗教に触れることを、極端に制圧しているのです。
    そんな国事情があるところに、なぜ創価学会や公明党はのこのこ出かけていくのでしょう?
    勲章や桜の木をもらったところで、実際どんな対話がされているのでしょう?
    私には、どう考えても合点が行かないのです…

    Kickeyさん、いつも大阪の街に出かけるたび想っています♡
    関西の拠点は見るからにどっぷり創価の重鎮という感じがして…私は脱会していて
    よかったと通り過ぎながら思っていました、私のようなヘタレでは怒られっぱなしで、
    身も心も持たないぐらい、日々ぐったりしてしまっただろうな、と想像がつきます。
    優秀にやってきたほど、傷ついていることと思います、こちらでの多くの方もそうだし…。
    もうしばらくしたら京都辺りへ紅葉とか見に出かけようと計画してるんです、
    私は娘の進学のときキリスト系の行事に触れてすごく目からウロコだったので、
    Kickeyさんも、どこか気軽に拝観できそうな神社仏閣に出かけてみませんか?
    よその宗教って、そんなにすぐ信者になれなんて言ってこないし、
    なんだ、私何を意地はってたんだろうって、ストンとすっきり感じましたよ。
    関西どこ行っても人多いですけどね〜
    でも文化につながるエネルギーがあちこちにあって大好きですよ♡

  111. ヒカン三世さんにとって、以下のsignifieさんのコメントは、なかなか受け入れがたいことかもしれません。
    >今の学会と公明党は本来の学会精神や仏法精神を忘れて変質して自民党に迎合するだけの存在になった。はたしてそうでしょうか?私はそうは思いません。もともと創価に仏法精神など存在しません。あるのは仏教のふりをして会員を騙しお金をもぎとるだけの詐欺団体だったと捉えています。

    ヒカン三世さんが叩き込まれてきた学会精神、仏法精神とやらの原点をもっと調べてみてください。
    欄外で紹介されてる本でもいいですし。本来の学会精神とかけ離れてきたからと、非活になって立ち止まったままでは、いつまでも本当の創価学会という組織の姿は見えてきません。自分自身が信じ込まされてきたものが一体なんだったのか?知るのは怖いかもしれませんが、本来の自分自身を取り戻す為にも知ったほうがいいと思います。どんなに言葉巧みに仏法や世界平和を語ったところで、心の無い指導者のすることはボロが出ます。創価は会員が本気で知ろうとすれば、ボロだらけです。それに目を背けさせる為に、考えるな、惑わされるな、罰があるぞと脅してきたのです。世界平和や人類の幸せを願う素晴らしい組織のはずと思い込んできたのに、その実中身は空っぽ、仏法精神など見せ掛けでしかなかった。ただ膨大な資産集めに利用されてきただけ。という事実を突きつけられる恐怖と向き合うことはなかなか出来ないことかもしれませんが、この先の人生を棒に振らない為にも、自分自身の恐怖心と向き合って真実を知って欲しいと思います。

  112. 瑠璃は瑠さん
    退会おめでとうございます(*˙︶˙*)☆*°
    スッキリしましたね。

    多くの方が親族、ご近所のしがらみを
    解いて退会出来る事を願います。
    分母を減らせばノルマが減るので
    創価の減収になりますからね(*^▽^*)

  113. こんにちは。
    創価による安保法案反対運動ですが、学会中枢部が水面下で、こうした動きを起こすよう指揮したのではないか?と疑われるフシがあるようです。
    ~安保法案と公明党には批判を向けるが、その母体たる創価には批判を向けない一握りの学会員の活動は、結果的に「公明党は、平和を求める創価を裏切ってしまった。創価はあくまでも平和と文化の団体である」と内外に印象付けて、創価の世間における評価を高め、同時に、公明党に不満をもつ会員達の〃ガス抜き〃の役目を果たしているのである。
    こうした本質を見誤って、マスコミが〃学会員が公明党に反旗を翻した〃と取り上げることにより、ますます創価の狙いどおりの効果が上がっていく、といってよい
    創価というのは、それほど食えない団体なのだ!ということを認識しておくべきであろう。~
    シニフィエさんの仰っる通りでした。さすが!鋭いです!
    『反逆者学会員さん』も創価本部の仕掛けでしたか!?
    本気で信じていたボレロは、オオバカです!!(。・`з・)ノ

    ポトスさん
    本当にしつこい輩ですね!
    しばらく、様子を見てみますか~!
    応援してます。負けるな~!ポトスさん~!( ´ ▽ ` )ノ

    せーやさん
    スクールティチャーやお友達がおられるので、心づよいと思います。
    なんとかのりきれたら良いですね!(*^-^*)

  114. 「願いとして叶わざるなし」
    こと、誓願という創価の発展のことなら叶わないはずがない。
    としたことが、全会員を挙げて宗門撲滅を祈ったのにまだ撲滅しない(笑)
    あれから何年経ったかしら?
    100万篇の題目どころじゃないですよね?
    叶えたいことがあったら100万篇、じゃなかったんですか?
    池田の乗った飛行機が揺れないようには、数時間で叶うのになんで~?(笑)
    日蓮の雨乞いも数日だったのになんで~?(笑)

    アンチの書き込みなんか宗門以上ですよ?
    憎っき週刊誌以上ですよ?
    撲滅させなくていいんですか?
    しっかり祈ってますかー?(笑)
    なんでアンチが一人残らず、頭が狂って死なないんですか?
    元気にキーボードが打てるんですか?
    電光石火(池田の好きな)で罰が出て消えないんですか?

    信心プラス努力してますかー?(笑)
    決めて、祈って、努力すれば結果。これどうなりましたかー?(笑)
    百日祈って結果が出なければインチキ。どうなりましたかー?(笑)
    魔は退散しませんけど、どうしてですかー?(笑)
    またスルーですかー?(笑)

  115. 最近天候不順で気温の変化が激しいですね。風邪が流行っているようですが、皆さん体調崩されてはいませんか?

    今回のテーマから矢野絢也氏による「乱脈経理」より、一部引用します。
    1991年、国税局による税務調査に追い詰められた創価に対し、矢野氏から秋谷会長に進言する場面です。

    >PKO協力法案に公明党が賛成に回り、それと引き換えに政府・自民党に税務調査に圧力をかけさせるという、例の「ウルトラC」である。税務調査とルノワール事件の膠着した事態を打開するためには、もはや公明党の市川氏が提案していたウルトラCを実行に移すしか道がないように思えた。

    >自民党と公明党が衆院国際平和協力特別委員会でPKO協力法案を強行採決したのだ。公明党はこれまで「平和」と「戦争反対」を唱えてきたが、一転して自衛隊の初の海外派遣につながるPKO協力法案に賛成したのである。自衛隊がカンボジアに派遣された場合、自衛隊員が死傷し、日本が紛争に巻き込まれる可能性が指摘されていた。学会本部や公明党には強行採決に学会員から抗議の電話が殺到した。

    24年前のPKO協力法案の時も今回の安保法案と同じ流れですね。
    今回も何らかの裏での取引があるように思えてなりません。
    PKO協力法案の時には、主人も反対し、夫婦であんなに幹部に抵抗してたのに、気付かなかったんですね。
    学会は正しいけど、公明党は間違っているとでも思ってたんでしょうね。

    最近、こちらの組織ではまた編成替えがあったようです。
    こちらに移り住んで20年程ですが、その間3〜4回の編成替えがありました。
    本当に色んな事がコロコロ変わる組織ですね。

    そして、主人が担当している地区の地区部長さんが3ヶ月程出張されるとの事で、主人がその間代わりを務めるようです。
    副本部長が地区部長の代理だそうです。
    普通地区幹部か、いなければ支部幹部じゃないでしょうか?
    それだけ人がいないという事なのでしょう。
    今までは副役職の為、協議会も出ず、座談会は担当幹部で呼ばれた時だけだったり、会合行ったり行かなかったりの主人ですが、これからはどうなる事やら…。
    党員費の3000円の徴収もあったようですが、少ないお小遣いからそっと払ったんでしょうね。
    早く気付いてほしいところですが…(−_−;)

  116. シニフィエ様

    コメントの承認とご返信有難うございました。管理人様が「学会は最初から中身の無い空っぽだった、全部嘘だった」というスタンスをされているのは承知しております。この辺は人によって意見が分かれる所かなと思っております。学会は昭和5年の創立当初から詐欺集団だったと考える方もおられるでしょうし、途中からおかしくなったと考える人もいると思います。安保問題が人によって意見が分かれるのと同じだと思います。学会員でも安保法案に賛成の人もいれば反対の人もいるし、非学会員でも賛成・反対に分かれますよね。

    私の個人的見解では、学会は少なくとも牧口先生や戸田先生の初期の時代はまともというか比較的純粋な信仰集団だったのではないかなと思っています(その信仰が正しいか正しくないかは別として)。その根拠の1つは戦時中に学会幹部が投獄され、退転すれば釈放してやると言われてほとんどの幹部は退転したのに対し、両会長は最後まで退転しなかったことです。もし両会長が宗教ビジネスの詐欺師だったらうわべだけ退転して釈放され、戦争が終わるまで大人しくしていることもできた筈ですが、獄死するまで信仰を捨てなかったのは何かを語っているように思います。まぁこれも諸説あるのは承知しております。当時の学会は靖国参拝もしていて、投獄された理由は「日蓮仏法でなければ戦争に勝てない」と言う狂信者だったから、など。しかし仮に常軌を逸した狂信者だったとしても、少なくとも退転と釈放を交換するほどの実利主義者・世俗主義者でなかったとは言えると思います。

    また旧人間革命の最初の方に書いてある、戸田先生が終戦直後に清原かつ氏や和泉氏ら牧口門下を引き連れて行った那須弘教のエピソードです。戦後の混乱期で衣食住もままならず生きて行くだけで必死な時代に、時間とお金と労力を掛けて汽車を乗り継いで那須まで日蓮仏法を広めに行ったのは、宗教ビジネスの詐欺の為だけだったのでしょうか。やはりそこにも何かしらの純粋な信仰心が見えるような気がします。まぁこれも人革は史実と懸け離れている創作という批判がありますが、那須弘教の話に関しては全くの事実無根のでっちあげという訳でもないと思います。

    誤解しないで頂きたいのは私自身は日蓮仏法に功徳があるとは全く思っていません。そもそも日本人である日蓮が紙に漢字で書いた曼荼羅に日本語の発音で題目を唱えると世界中のあらゆる民族の人が幸せになるというのが全く非科学的だと思います。単に昭和20年代までの学会のまだ純粋だったであろう信仰心を客観的に見ているだけです。イスラムの人達がメッカに巡礼する姿を見て「信仰熱心だなあ」と思うのと同じことです。

    やはり学会は途中から変質したように思います。今のような「選挙・財務・新聞啓蒙」重視の3本柱は戸田先生の時代とは全く懸け離れているでしょう。近い将来の名誉会長のXデー後は学会は「池田本仏論派・池田家世襲派」と「政治とは距離を置いて牧口・戸田先生の静かで純粋な時代に還ろう派」に分裂するように思います。

    以上書いたのは私の個人的な考えで、学会がいつからおかしかくなったのか、設立当初からおかしかったのか等は人によって考えが異なるだろうと思います。1つ確実に言えるのは「現在の学会はおかしい、完全に間違っている」ということで、この点については管理人様や他の投稿者の方と意見は一致するだろうと思います。長文失礼しました。

  117. 夕顔さん

    初めましてやまとだましいです
    小樽問答のそのやりとりは本当ですよー
    むかし小樽問答誌っていう冊子もでてたんですよ。
    会館で見た事があります。
    秋谷さんは城栄と名乗ってました。

  118. すっかり涼しくなりましたね、秋バテ?というか、微妙に秋風邪?気味で、調子もう一歩ですが、
    皆さんは体調いかがですか?
    9月以降急に涼しくなって、9月末の電気代が予想以上に安くてちょっと助かりましたよ(^_^;)
    昨年などは、9月いっぱい蒸し暑かった記憶がありますもんね。

    えつこさん、 ポトスさん、 コメントありがとうございます^^
    聖教の突っ込み、笑いを交えてぼちぼちやっていきますね。

    せーやさん、
    カルチャースクールで幹部に遭遇したのですか? 活動家がいないはずの時間帯で遭遇するとは、
    気分も滅入りますよね・・・
    でもそれって、もしかして、相手も非活に転じてたり・・・? なんて事はないですかね?(^_^;)
    せーやさんの、明るく前向きな所を見ていれば、相手も本当に非活に転じたりして?

    それにしても、近年の聖教新聞って、体験発表も含めて「お涙頂戴記事」がとても多いですね。
    家族が病気になった、亡くなった、寝たきりになった、事業に失敗した、等々、とにかく不幸の記事が多く、
    それにくじけずに信心で乗り切った、センセイの言葉で感動した、みたいな内容が多いです。
    結局、この信心に「功徳」などは一切無く、いかにして偽物の感動を上手に作り上げ、
    「信心で乗り切れた」ように錯覚させるか、という洗脳の技術を上手く発揮しているに過ぎません。
    本当にこの信心にすごい功徳があるのなら、そもそも不幸にはならずに、順風満帆、追い風の人生でなければ意味がありません。
    「それが間違いなんだよ!本当の功徳と言うのは、不幸を与えられて、それを乗り超えるところにあるんだよ」
    ・・・はぁ?  いやいや、そんな、マイナスの転落からゼロに戻るかどうかの宗教なんて、
    必要ありませんから!
    普通に苦労を抱えて、それを信心で乗り切るだけなら、個人的な「内得信仰」で十分です。
    一般世間の人がうらやむような人生でなければ、こんな大変な宗教活動をやってる意味もありませんし、
    何より、財務だの選挙だの新聞だの、創価を喜ばすだけの内容で、
    どうして重い病気や経済苦や様々な不幸がV字回復するのでしょうか? 回復する訳ないですよね?
    そこで、お涙頂戴のシステム発動で、不幸に遭遇して辛かったけど、センセイや同志の励ましで、それを何とか乗り切って笑顔を取り戻せた、
    これが功徳なんだ、と錯覚して歓喜する、実に都合の良いシステムなんです。
    これは、たまたま乗り越えた人だけがそう思ってるだけで、亡くなった方、潰れた方は、そのまんま、です。
    亡くなった方、潰れた方は、信心が足らなかった、今世で宿業は消えた、そう言って誤魔化されるだけです。

    創価脳の活動家の皆さん、一度試しに、非活に転じてみませんか?
    少なくとも、学会活動なんかしている以上の不幸には見舞われませんので、安心してください。
    まだまだこんな呆れた活動なんかする気ですか?
    1年くらい、まったく活動せず休んでみたいと思いませんか?
    夢の中へ~ 行ってみたいと思いませんか~? うふふ~ (笑)
    なんか、陽水さんの替え歌の失敗みたいな感じになってきましたので、ではまた・・・

  119. ヒカン三世さんのコメントは、とても重要な論点だと思います。
    これを機会に、この問題に対してもう少し議論を深めていけたらと思います。
    これに対するモニカさんの意見が、私の意見のフォローとしてだけではなく、とても重要であると感じました。
    「創価はもともと宗教団体であったのかどうか?」もっといえば「牧口戸田時代の創価は宗教だったのか?」つまり「宗教であった創価が池田に乗っ取られて詐欺団体に成り果てたのか?」という論点です。
    そこであらためて考えてみました。牧口戸田時代の創価教育学会および創価学会が宗教であったか否か?これをはっきりさせることにどんな意味があるのだろう?ということです。
    つまり創価の被害者は、池田創価学会によってつくられているという現実を見れば、そして池田不在の現在の創価の現実を見た上でも、たとえ牧口戸田時代の創価学会が本来の宗教としての役割を果たしていたかどうかの検証に、どんな意味があるのだろうかと思った次第です。
    たとえ牧口戸田創価学会が宗教であってもなくても、現実の創価学会は池田大作による大規模な詐欺だったということに変わりはないという事実が、この問題に対する圧倒的な答えではないかと思います。さらに言えば、公明党の存在も、この池田創価の詐欺をカモフラージュするための存在だったという解釈をすれば、創価の建前に逆行する公明党の態度もすべて合点がいくと思います。
    見方を変えれば、牧口戸田創価学会は、もしイケダダイサクがいなければ、今でも現われては消えていく無数の新興宗教団体の一つ、もしくは日蓮正宗の信徒団体のひとつで終わっていたのではないかとも思うのです。今の私たちが知り得る牧口戸田創価学会についての情報は、そうたくさんはありません。小説人間革命など、池田創価を正当化するために池田がゴーストライターに書かせたものであるに過ぎないと思います。そういう意味ではもしかしたら牧口戸田創価学会は、まだ宗教的要素があったのかもしれませんが、それは想像の範囲を超えるものではありません。それと同時に、牧口戸田創価学会は、当時現われては消えていく無数の宗教団体の一つに終わっていたのではないかとも思うのです。つまりそうであれば現在の創価学会が生み出した膨大な被害はなかったのではないかということです。
    注目すべきは池田以降の創価学会の犯罪行為ではないでしょうか。
    創価の規模ほどはないにしても、日本にはとんでもない新興宗教団体がたくさん存在します。また、そうした組織が巨大化すると、その利権や影響力欲しさに、いろんな方面からの搾取や圧力があります。むしろ問題はそこではないかと私は考えています。創価が持つ得票数は約700万。創価が自由に操れる700万票と約270人の議員数をもつに至った公明党も、単にイケダダイサクの野望の一端だと解釈しています。
    これに関しては、みなさんのご意見をお聞きしたいですね。

  120. コージさんのおっしゃる「お涙頂戴システム」のこと、自分も全く同じことを考えてました。
    義理母から聖教新聞や大白蓮華などを借りて読んでみると、身内の事故死や病死や会社の倒産など悲惨な体験談のオンパレードです。
    日蓮正宗側の人間が読んだら間違いなく、「偽本尊と、真の法華経の行者を誹謗する罰である。」とか言われるでしょう。
    金と労力を巻き上げられられ、マイナスの人生からゼロに戻るだけの功徳(?)に歓喜する姿は、例えば、北の将軍様の国でわずかな食料を与えられながら命懸けの肉体労働を課せられて、それでも歓喜しながら栄養失調で死んでいく、あわれな国民の姿に酷似しています。
    そんな ならず者国家でさえ、刈り上げ小僧のハチャメチャオヤジが死んだ時には、くたばった姿を国民に正直に晒したのに、創価の将軍様の健康状態を偽り続ける姿勢には呆れるばかりです。
    「どんだけ~!」あっ、また古いか!?

    それから、モニカさんのコメントにありますように、我々アンチの鋭いコメントに比べたら、日顕さんの「C作戦」など 可愛いものです。
    そんな日顕さんを20年以上にわたり呪い続けているのに結果(?)が出ないのは、祈り方が間違っているのではないですか?
    そろそろ組織の名前をリニューアルしませんか!?

    創価(怨念)学会

    ん~。Good job !
    (/_;)/~~

  121. >「創価はもともと宗教団体であったのかどうか?」もっといえば「牧口戸田時代の創価は宗教だったのか?」つまり「宗教であった創価が池田に乗っ取られて詐欺団体に成り果てたのか?」

    これについてですが、創立当初は当時多く誕生した新興宗教のひとつで、そんな意識はなくとも今でいうカルト教団として発足したんでしょう。
    牧口、戸田らは金儲けというより良かれと信じ、思想に価値を見出したんだと思います。
    が、どっちにしろ問題です。
    金は二の次の教団でも思想が危険で、この思想のためなら信者は金も常識も家族も投げ出してしまう。
    世間から迫害され投獄されても、これこそが唯一の正義だと独特な思想に酔い溺れてしまう。
    そんなものが正しい宗教と呼べるはずもなく、露骨なビジネス団体となる代わりに教えをマイルドにして会員を操っている今の創価とどっちもどっちです。
    草創期だろうが、実態が変質した今であろうが、とんでもない団体である実態は同じです。
    むしろ金でいろんなことを覆い隠し、さわやかに会員を騙している今の方がしたたかですが平和に運営されてる面があります。

    「トップ自らが狂信者で会員を危険思想に誘導した」か「カルト思想に見切りをつけて完全な野望の下、会員を騙しにかけたか」
    変わったにしろどうにしろ、迷惑千万な組織であることは同じです。

    昔の創価の方がよかったという
    「>「政治とは距離を置いて牧口・戸田先生の静かで純粋な時代に還ろう派」
    がいたとしてももはや、露骨なビジネスの代わりに思想をコロコロ変えず、徹底追及するカルト思想が許される社会ではありません。
    露骨なビジネスや詐欺が横行するより、世間はカルト思想の方にもっと厳しいのです。

    創価に分裂や改革を望んでも無駄です。
    木端微塵になるまでアンチは声を上げ続けるでしょうし、金がすべての今の創価に思想的な力はありません。
    信者でさえ思想というより、設備の充実した居心地のいい会館や仲良しのコミュニティ目当てで会合に足を運んでいます。
    資金源が立たれればすべて終わりです。

  122. 私は管理人さんやモニカさんのように断定的にこれと言えないのですが、
    自分が子どもだった頃に参加した座談会の温かさは否定するほどのものには思っていないし、
    2世で有無を言わせず創価学会の活動に取り込まれていた自分には、
    もともと何でも願いを叶えてくれる宗教として思い入れたり期待してことはなかった…
    親のためにも守っていってあげなければ、みたいな気分だったように思います。
    いつから悪徳団体になってしまったか?といえば、以上に述べたように、ぼんやりと
    義務的な存在だったので、自分にははっきり言うことができません。

    なんとなく利用しやすい団体組織だったところに飛びつかれ、
    いま大きな被害をもよおし続けるところに社会的問題を感じ、憤っているのであり、
    そこは何とか根本を解明して食い止めたい、そこに重大な関心をもっています。

    コージさんの「お涙頂戴システム」記事うなずけるものがあります〜
    なんか波乱万丈な人生をうまく記事に仕立てているというか…
    外部に出てみると、人生ってそんなに次々とはいかないですよね〜
    主婦の仕事ってまるで単調な毎日の繰り返し、でもなんとか積み上げていって、
    明日につなげていくというか、ささやかな日々を暮らすことがいかに大切であるか…
    そういったことを大事に年を重ねていきたいな、これからの自分は。

    創価学会って離れてみると、えっ?こんどは何っ?っていう落ち着きのなさが感じられます、
    まともに人生送りたい人にとっては支離滅裂に感じますね…

  123. 今年の夏は特に異常気象でしたが、温暖化対策はどうなっているんでしょうかね?
    昔必死に政治学習したのを思い出しました。
    環境ホルモンって肉のホルモンじゃないよ~とか(>.<)

    前回の私のコメント、誤字が多く
    ①熱×暑○です。
    ♬アーチチ アチ 燃えてるんだろうか~の歌になりそう。
    ②ティチャー➡ティーチャーでした。
    ずいぶん発音良さげでしたヾ(゚д゚;)
    自分のコメントにツッコミいれちゃってます。

    ポトスさん、ボレロさん、
    ありがとうございます。
    何かあった時は、相談することが一番だと改めて思いました!

    コージさん、ありがとうございます。
    その幹部、あの後急いで協議会に行ったのかもしれません。
    たぶん非活にはならないと思います。
    コージさん、体調は大丈夫でしょうか?
    私も、体が暑いのか涼しいのかわからなくなっているみたいです。
    こんな時は、食欲でカバー(^q^)
    コンビニスイーツとホットコーヒーはもちろん、肉まんもオススメです。

    kickeyさん、昨夜のテレビ番組で、♪アホの坂田の歌を聴きました。
    kickeyさんのこと思いました~(*^-^)
    私もそうですが、気持ちに波がありますよね。
    宝星の仰るように、気分転換にパワースポットのある場所に行かれてみてはどうですか?

    ラベンダーさん、ご主人久しぶりの協議会出席で何かを感じ、覚醒の糸口になれればいいですね。

    私が覚醒した今年初め、牧口氏の時代から実は戦争賛美だったというネット記事を見た時は呆然としました。
    当たり前ですが、創価がひどく変わったのは破門されてからだと思っています。
    解散するどころか、お寺側をひどく敵対視させて会員を騙し、今日まで生き延びているのですからね。

  124. 牧口戸田時代は、まともであったのか否かということについて、極めて信憑の高い資料を掲示させていただきます。結論から述べますと、当初から詐欺集団でした。
    昭和51年に、月刊ペン社から出版された「邪教集団・創価学会」という本に、その記述があります。この本に記載されている内容は、その後、かの有名な、月刊ペン事件に発展します。以下、P96~97引用
    ------------------------------
    東洋物産の前身、東洋精工光は戸田の手によって創設された。戸田は自ら日用雑貨を販売して歩き、「売れば功徳がある。買えば功徳がある」と会員に強制し、買わない者には罰論まで持ち出して恫喝したという。日用雑貨はいつのまにか高級電化製品に変わっていた。常識では考えられられ価格で大量に仕入れられ、利幅は
    四割、五割。高い値段、しかもアフターケア不備のため、本部への苦情が殺到したという。「だが、戸田は「組織販売で、十万人の会員を握れば大成功だ。宗教は儲かる商売だ」と語ってはばからなかったのである。

    『聖教新聞』発行についても、外部からの資金調達に際して、「これから始める新聞は記者も配達人も信者だから、経費は紙と印刷代だけだし、購読料も信者の班組織を通じて集金するので確実である。こんな確実な事業はない」と説得していたという。

    一部省略

    この学会の一貫した会員搾取、利益追求の特性を、第3代会長と幹部たちは、戸田と比較にならぬ熱心さ、残忍さをもって、組織化し体系化することに成功したのである。
    いまや学会の欲望は、日本という範囲を超えようとしている。東洋物産を称して池田は「日本の3大商社のひとつにする」と豪語してきたそうだが、事実、東洋物産は日中友好商社に指定された実績を持ち、中国貿易の足場を確立しようとしてきた。池田の訪中、周恩来や鄧小平との会談は、単なる平和外交ではなかったのだ。公明党議員団訪中とともに、すべて商売の布石につながっていたのである。
    と同時に、ヨーロッパ市場、アメリカ市場に対しても、池田は躍起になって進出を狙ってきた。EEC(欧州経済共同体)の生みの親グーデンホーフ・カレルギーをとおしてヨーロッパ市場に、キッシンジャーをとおしてアメリカ経済を支配する、ユダヤ資本にコンタクトをつけようと努力してきた。

    -----------------------------------
    上記はほんの一部であり、このようなことがたくさん書かれています。他にも引用しようとしたのですが、長すぎて断念しました。戸田が戦後まもなく、不正に入手した紙を闇市場に流して大金を手に入れた話だけ、以下に簡単に示します。

    「人間革命」には、戸田が終戦後すぐに通信教育の事業を始め、終戦直後の紙不足で事業継続が困難になったところ、お題目のおかげで紙が手に入り、事業が継続できて功徳だ、という内容がありました。その真実が書かれています。簡単に述べると以下の通りです。
    戦後は極端な紙不足であった。当時、新聞雑誌に対する紙の供給は、占領行政のもとで、政府の用紙割当委員会が民間の窓口になり、GHQが決定していた。当時のGHQは日本を反共の思想にしようとしており、 戸田は、自身の出版する雑誌において、反共キャンペーンを行うという約束の下、有力政治家古島一雄に近づき、GHQ宛の紹介状を手に入れ、それをもとに大量の紙を手に入れた。しかし、雑誌は2万部なのに20万部分の紙を入手し、戸田は余剰分を闇市場に流して莫大な利益を手に入れた。これにより、戸田は、GHQ・CICからマークされ、彼の身辺調査を行った調書の写真までが、本には掲載されています。その調書の内容はひどいものです。
    ①ペテン師である
    ②自分の利害ひとつで、なにをしでかすかもわからない危険分子である。
    ③酒癖、女ぐせが悪くて、友人間の信用もない
    ④扇動家、煽り屋である
    ⑤計算ずくで動くタイプの人間だから、ことさら日蓮正宗・創価学会の信仰に狂信的であることはない

    それから、「狩野川物語り」(昭和36年出版、著者・野木治朗、出版所・アジア総合研究会出版部)という本の内容が引用されていて、そこに柴田登志子(東京都杉並区方南町在住)・方位学研究家の証言が載っているのですが、牧口と戸田が創価設立をするに至る経緯は、そもそも金儲けするところから出発していたことがわかります。これは興味深い内容であり、ここに引用したかったのですが、長いので断念しました。

    戸田に関しては熱心な信者であったという評価をする人もいますが、信者を獲得するために、演技をしていたと考えれます。つまり、上記⑤のとおり、計算してのことだと思います。

  125. 二郎さん、ありがとうございます。
    さすがですね。
    創価の実態に気がついて、自分で創価のことを考えるようになり、創価についての客観的な判断力を取り戻すようになると、創価がはじめから徹底した詐欺集団だったということの想像は簡単につくようになりますよね。そしてそれが事実であることの裏付けを二郎さんがきちんと示してくださいました。ありがとうございます。また、気づかない人には、どんな事実を見せても「デマだ」とか「魔が競った」などと、上から言われていることでしか反論できません。まさに思考停止させられていることが露呈されます。
    いったん気がつけば、それまでどうしてこんな胡散臭いものを信じていたのか、自分で自分が理解できないです。おそらく戸田は人生の早い時点で、人を宗教詐欺によってどうとでも騙すことができることに気がついたんだと思います。それを実際に利用して悪事を働くかどうかは、その人の人間性に依るものなのでしょうが、そんなとんでもない詐欺師をさらに騙して利用して、桁違いの詐欺を働いたのがイケダダイサクだったということがわかります。
    「自分が騙されていることに気づかせない」これが詐欺の鉄則なんでしょうね。

  126. 二郎さん、資料の提示をありがとうございます。
    流石ですね。(*^3^)/~☆
    創価学会の始まりから、詐欺団体としての匂いがプンプンしますね。
    このブログでの定説、つまり、創価学会が日蓮さんのエセ仏教をネタにして、末端に騙しあいをさせ、金と権力が上部に集まるブラックボックス的なシステムを駆使している事実が証明されたことになりますね。
    宗教、とくにカルトは、仏像や紙に書かれた文字や石やなんかを高く売り付け、信じれば功徳があり、信じなくなれば罰を受けると洗脳し、結局は金目当てで信者を増やそうとします。
    実際、藁をもつかむような思いで信者になった人間にとっては、エセ仏教であっても、プラシーボ効果みたいなものが起こり、功徳と感じる部分があるのかも知れません。そうして知らず知らずのうちに負のスパイラルにハマる訳です。
    その最悪な成功例が創価学会なのかも知れません。
    ともあれ、創価学会に入会する時に、日蓮さんがメインアクトで釈尊がオープニングアクトだと説明を受けた時には、はっきりとした違和感がありました。俗にいう「虫の知らせ」みたいなものです。
    人生における大事な場面では、必ずこうしたメッセージがありますね。
    このメッセージを無視して、創価学会で大事な青春時代を無駄にしたことをとても悔やんでいます。
    このブログにたどり着いた方々、創価学会に早く見切りをつけて、逃げるが勝ちですよ!!
    (^_^)/~~

  127. 二郎さんのコメントから、中国への度重なる訪問が東洋物産等によるビジネスにもとづくこと、
    理解することができました、大変勉強になりました、ありがとうございます。

    「戦争ほど悲惨なものはない…」
    この書き出しも、裏を返せば戦意を高揚させるものが感じられますね。
    戦時中の出版物の書き出しはこういった手法を用いて興味を引き、
    売り上げにつなげ、世論を煽り誘導した面があったというようなことが、
    書かれたものを読んだことがあります。
    ネット上はクールな地帯だそうです…創価には向かないのでしょう〜

  128. 二郎さん、興味深い資料をありがとうございます。
    牧口、戸田時代から確固たる金儲け目的で、創立者は狂信者ですらなかったとしたら大笑いですね(笑)
    実際現会員で、牧口、戸田をじかに知る人は殆どいないと思います。
    彼らについては確かに会員は創作された人間革命によって人物像を把握してたにすぎず、池田が繰り返しまくしたてていた「偉大な恩師戸田」の言動も、あくまで「池田の手法により語られていた戸田」に過ぎません。

    平気で事実を捻じ曲げ、ねつ造し、隠ぺいし、シラを切る詐欺師のいうことなど何も信用できませんよね。
    一つウソをつく人は顔色ひとつ変えず、あらゆることをもっともらしい芝居打って固めますからね。
    よく使う手口に「証言」といって、自分以外の騙された人を使い客観的な事実のように仕立てます。
    実際に見ても聞いてもいないことも、まるで至近で目撃したように細かなエピソードを交え、資料を作り、真実のように言ってのけるのが基本です。

    こそういう人は一人では極端に弱いです。
    そういう人いますよね?
    「私は一人で戦ってきた」という勇ましい池田が、一人で立つ証人喚問に震えた素顔を見れば、虚像とのギャップがわかるというものです。

    前にも書きましたが、気付いた会員が本気で暴こうとしたら更に実態が詳細に暴かれていくことでしょう。
    歴代会長の正体や教え自体の正体が。
    創価など、発足時も何時代もどこを切ってもろくでもないシロモノだった。
    戻ったところで何もありません。
    末端が座談会で温かったと感じたのは、騙されていながら信じた末端の感情がホンモノだったからです。
    とんでもないイカサマに涙し、笑い、本気になったものです。
    トップはサイテーの人間です。
    潔くこれを認めて、未練を忘れるしかありませんね。

  129. 二郎さん
    東洋精工の話は本当です。
    婆さんから聞いたことあります。

    その時売りつけられた⚪︎⚪︎がまだ祖母宅あります。
    ネズミ講の様に色々売ってたみたいです。

  130. 巴里さん
    ありがとうございます♪
    何だか、心の中の霧が晴れたような気分です♪
    来年は、何年かぶりに元旦に初詣行きます。

  131. ほとんどの学会員は、書籍の中でしか池田大作も戸田城聖も知らないから。。

    わたしなんか特に小説人間革命の人材グループにお引越しするたびに入っていたので、もう人間革命は何度も繰り返し読みました。なので、正直言って戸田城聖は、わたしの中では神格化されてしまっていた感が否めないです。いま二郎さんのお話しを読んで、そうだったのか?と驚いています。

    いまの活動家のほとんどが、小説人間革命により、MCされたと言えるのかもしれませんよね。。?違うかな。。?

    だから、昔は良かった。とか、いまの公明党はおかしい、とデモや署名活動する学会員が出てくるのかな。。

    それなのに、創価学会をアタマの中で理想化して信じてるから、公明党がおかしくなった、と言う割に足元が見えていない。

    池田大作は素晴らしい師匠、というわりに実際に池田大作に会って話したことも指導を受けたことすらない。。
    小説人間革命の中の池田大作を信じているだけだ。(いえ、実際に会ったといっても個人として会って話した人って、そうはいないよね?)

    いつ頃から創価学会がおかしくなったのか?と聞かれたら、ハッキリとした変わり目は、あの宗門問題からとの実感があります。
    でも、裏を返せば、宗門から縁を切られたことによって本性があらわになった、と言えるのかもしれませんね。

    あのデモや署名活動した学会員が出てきたことにより、創価学会の中ではいいガス抜きになったのかもしれません。

    わたしの母なんか嬉しそうに話してましたもん。。いまの創価学会に疑問を持っても、それを組織に言える人は、そうはいない。誰かが言ってくれただけで、さらに創価学会は、やはり素晴らしい。。と思い直す人がいてもおかしくないですよね。

    話しは変わりますが。。
    いま巷にあふれてる、なんちゃってスピリチュアルも結構なお金儲けしているんだなあ〜って最近、しばしば思うことがあります。
    法外な料金をとるようなところは特に気をつけましょうね。

    kickeyさん。。眠れてますか。。?
    お仕事が忙しくてお疲れではありませんか?
    よく寝て適度に食べる。。健康の基本ですね。
    これが、ちゃんとできていないと不調になったりしますから。。これ大事です。

    たまにはリラックスして自分の好きなことをする時間を持ってくださいね。
    温泉にでも行って、ぼーっとゆったりするとか。。独り旅オススメ〜( ´ ▽ ` )ノ

  132. 私は常々、戸田城聖と池田大作はなぜ高利貸しなる商売が出来たのか?と思っていました。
    利益と無関係に、純粋に人々の幸せ、国家の幸せを願うために身命を惜しまない団体のトップなら、高い利息で貸し付けたお金の取立て屋までするということに、まったく違和感があったからです。でも、わかりました。最初から創価学会の動機はそこにあった。でなければ、組織化して利益を自分たちに集中させる必要はなかったはずと思います。純粋に日蓮正宗を貫く信徒団体として地道に布教していればよかっただけです。でも、組織化して、新聞を作り、書籍を出し、政党を作り、急速に強引とも言えるやり方で会員を増やし、利益を集中させるシステムを作った。本当に純粋な信仰心だけでそうしてたとは思いがたいです。でも、純粋な信仰心を強調すべく作られたエピソード満載の小説「人間革命に」よって、会員は勝手に、「純粋」と思い込んでいった。 と考えると、本当にバカバカしいですね。私は会員のときに、創価から与えられるイメージの戸田城聖が好きで、全集も買ったりしてました。でも、you tubeで生声を聞いたとき、あれ?なんだか思っていたのとイメージ違うな~と思いました。今思うと、勝手に想像して描いたイメージの中で創価を理解していただけと思います。それが真実の姿だったわけではなかった。ということが、どんどん分かってきます。本当に創価って何だったんでしょう?

  133. 流れ星さんの仰るとおり、学会員のほとんどは牧口戸田池田の3人については、会員のMCのために書かれた小説人間革命での記述、もしくはそれを読んだ人の受け売りでしか知らないということですよね。金儲けのために書かれた小説と、それに合わせて捏造された日蓮仏法を組み合わせて、会員を騙しながら法外な金と権力を我がものにする。そのために人を欺くことに対するためらいなど微塵もなかったのが戸田城聖というペテン師であり、そのペテン師をも利用して前代未聞の詐欺を働いてきたのがイケダダイサクだということではないでしょうか。それを証明するだけの根拠も二郎さんが紹介してくださいました。
    しかしここまで明らかなインチキ団体であることがあきらかになってさえも、「創価は正しい」というところからどうしても抜けきれないのが学会員です。それは小説人間革命に書かれたことを真に受けているからですが、これを疑えば功徳がなくなる、福運を消す、地獄に堕ちる、といった思考も含めてMCなのだということを認めきれないからでしょうね。それは同時に自分の人生を否定することになる。何度も言いますが、白いブランコさんが創価の矛盾に気がついていながら、どうしても「創価が正しい」という立場から離れられなかったのは、自分の創価に関する知識が、小説人間革命に書かれていることを事実だとして信じてしまっているからなんだと思います。それは白いブランコさんだけではなく、おおかたの学会員がそんなふうに思っていると思います。
    『創価は正しい、そう思いたい、そうでなければ自分の人生は間違いだったことになる、そんなわけない、創価は正しいし、それを信じている自分の人生も間違いであるはずはない、日蓮は末法の御本仏であり、その日蓮仏法を正しく信じている唯一の団体が創価学会であり、自分はその創価学会員の一人であるのだから、このまま創価の信仰を貫くことだけが幸せをつかめる唯一の方法なのだ、それ以外の人生なんて考えられない、公明党がおかしいのは創価に背いたからだ、創価の指導に矛盾があるのは、幹部の一部の暴走に過ぎない、本来の創価は絶対に正しいのだし、それ以外、この世で人間が幸せになる方法は絶対にない。』
    この世で幸せになるには創価学会員でなければならないという考えが、度はずれた選民思想であることにさえ気づかないでいます。ゲルマン民族の優位性を理由にユダヤ人を根絶やしにしようとしたナチスと同じ思考であることに気づかないんです。
    創価学会員しか幸せになれないのであれば、人類のほとんどが幸せになれないということです。創価学会員よりも幸せな人は圧倒的に多いのが現実ですが、学会員はそんな現実を見ようとはしません。学会員である自分はいつか幸せになれる。幸せに見える学会員以外の人は、いつか不幸になると信じているんです。自分が他人の不幸を願うような人間になっていることにすら気づかないで、他人の不幸を願うような自分こそが幸せになれるんだと信じています。狂ってますよね。それもこれも、みんな小説人間革命の内容を真実だと信じているからではないでしょうか。

  134. せーやさん、流れ星さん、ありがとうございます。
    毎日バタバタしていたので、睡眠も安定でした。安定して寝られるようになりたいです。もう少ししたら、いろんな行事が終わりますので、落ち着いてくれると思ってます。

    旅行もまた考えてみようかな。

    ところで、戸田ジジイの件ですが、これも若干ショックでした。
    狂ったのは、池田ジジイからだと思い込んでいたからです。
    いや、そう思いたかったんですね。きっと。

    とにかく戸田ジジイは、何度も改名して、最終ジョウセイで、落ち着いたらしいです。
    だけど、信者には迷信とか占いは信じるなとか指導してたらしいですね。
    改名ってじゅうぶ、それらに当てはまるかと思いますが。
    それと、戸田ジジイが、虚空絵の儀式を、そのまま体験した!私は、その場に確かにいたんだ!とか言うのを信じていたんですが、今考えたら、クスリか何かしてたんじゃないでしょうか?
    池田ジジイが、清澄寺の樹木に、ひさしぶりだねー。と言うのと、狂気さは変わらないですね。あー、最初から詐欺だった。ショックで、しばらく病みそう。

  135. 作られた人物像と実際の人物像。
    何を信じようと頑張っても、このギャップは動かしがたい事実ですよね。
    わかりやすいのは実際の池田の動画と、人間革命の山本伸一を比べてみればいいのです。
    小説人間革命に出てくる山本伸一こと池田は、上品で博学で場をわきまえ、言葉も明確で、彼が指導を発するとなぜか誰でも聞き惚れ圧倒され、魔法のようにすべてが上手く運びます。
    小説の彼なら、証人喚問の呼び出されても圧倒的な弁舌で視聴者を魅了したことでしょうね。

    実際の池田を同時中継を見ると、モゴモゴして何を言ってるのか聞き取れず、話は要領を得ず、退屈で聞いててあくびが出る。
    まずいところをカットし、真剣に聞き入る聴衆の顔のアップや笑顔やうなづきを入れて編集してこれですよ。
    池田を尊敬するという人は百人が百人とも、彼が書いたとされる書籍を理由にします。
    同時中継に行って圧巻のスピーチに魅了された、って人いますかね?(笑)

    では、明確で気持ちのいいという戸田の指導を想像してユーチューブを見てみる。
    同じく何を言ってるのかさっぱりわからない。
    ただの酔っ払いが大声で喚いて自己満足しているようにしか見えない。
    懸命にひいきして耳を傾けても、「万人を惹きつけた」「偉大な恩師」とかという人柄も魅力も伝わってこない。

    そういうわけで会員が歴代会長センセイを尊敬してやまないのは、ゴーストライターによって書かれた活字。または創価からの伝聞によって知り得たエピソードからです。
    「ああ平和外交のため、ただそれだけのために世界を飛び回ってるんだ」
    商売の布石のため、とは教えませんからね。
    女癖の話などおくびにも出さないどころか、何が怖いのかどんな手段を使ってももみ消しますからね。

    それから活動家の皆様。
    アンチが「公平で誠実な創価発信の情報」より「どこの馬の骨ともわからぬ魔にたぶらかされたネット」の方を信じるには、ちゃんと理由があるんですよ。
    創価であれ、創価のいう三流週刊誌であれ、一度ウソをつくと、信用はされませんよね?
    散々ウソついといて「信用しろ」はないでしょう?
    創価は何度もウソをついています。
    いえいえ、末端じゃないですよ。
    〇〇地区婦じゃないし××白ゆり長でもないですよ。
    皆まじめないい人です。そんなこと言ってるんじゃないんですよ、誤解なさらないように。

    創価の配信した教えの根幹である教義も大嘘でしたね?
    デマを書きながら謝罪もせず、絶版にしてすっとぼけていますよね?
    これあなた方が責める三流週刊誌以下じゃないんですか?
    創価が師弟不二じゃないと仏法ではないとまで仰る、大センセイも大嘘ついてますよね?
    池田大作として出版している本なら、本当に池田代作が書いてなきゃダメでしょう?
    つい魔が刺したのなら、せめて佐村河内守みたいにフラッシュバンバン焚かれて釈明しなきゃ。
    原田会長曰く、「とってもお元気」なんでしょうから。

    え?ネットなんかデマですか?
    ええ、ネット情報にもいろいろありまして、例えば創価の世帯数が827万人とか明らかに大嘘書いてるサイトもありますよ。ありますけどそれだけじゃないんですよ。
    ちゃんと選んで見てますから。

  136. お久しぶりです。
    S高S大出身のりみです。

    コージさんに同意です。
    凄いお涙頂戴システムですよね。

    周りの(一般の)友人を見ても、みんな色々な苦労を抱えながらも日々を懸命に生きています。
    むしろ、そういう方々の方が「強いな」と感じます。
    しっかりと自分を持っていたり、心から信頼できる人がいるからこそ、頼らずに生きていけるのだと思います。

    若干流れをぶったぎってしまい、失礼致しました。

  137. 2代会長戸田氏と池田氏の師弟関係についての話は覚醒する前、それこそ創価の組織にいた頃から疑問には思っていました。
    池田氏は何かある度に「他の人は去って行ったが、私だけは戸田先生の為に残った!私一人で師匠をお守りしたんだ!」と、しつこいくらいに言ってましたよね。
    戸田氏の話になると必ず【私だけが~】、【私一人で~】のオンパレード。
    まるで「だから私はすごいんだよ!みんな私を崇めろ!」と言っているようにしか見えなくなってしまい、池田氏の話は果たして本当なのだろうか?と思う事が多々ありました。
    そしてそれを言い続ける事により「だからお前達も私を守れよ!」と暗示をかけているようにも見えました。
    モニカさんも仰っていましたが、今現在、初代会長の牧口氏と2代会長の戸田氏の事を知る者は創価内では皆無でしょう。
    恐らく、今の60代~10代に至る人は戸田氏に会った事すらないと思います。
    初代会長と2代会長の事を知れるのは、閉鎖した組織内においては人間革命と池田氏の話によってのみです。
    真実を知る者がいない今、池田氏が自分の都合の良いように話を作り上げ、如何に自分がすごく優れた者であるかを皆に吹聴している可能性もあるだろうと考えていました。

    しかし、やはり創価の人間にはそんな事は言えません。
    勿論それは思考停止してしまっている創価脳の親や、我が一族達にも同様です。
    彼等は池田氏の話を愚直にも信じていますから…

    なので私は創価がこのように変化していったのは、皆にある事ない事を吹聴していた池田氏の代からなのかと思っていましたが…うーん、最初からそういう狙いだったんですね…これにはびっくり!
    牧口氏と戸田氏だけはきちんとした法華経信仰をしていたと今までずっと思っていただけに、驚きも大きいですね。
    その姿さえも虚像であったとは…

    やまとだましいさん。こちらこそ初めまして!
    小樽問答の話(どこの馬の骨の件)は本当だったんですね…!
    創価の人間は自分達の正当性の為ならば嘘も平気でつく者がほとんどです。
    血の繋がりのある身内を疑わなければならないのは実にツライ事ですが、悲しい事に小樽問答に参加した私のバリ活盲信の祖母はそういう人間でしたから…

  138. そういえば、戸田さんについて私たちが聞かされてきた情報は、創価学会からの情報だけでした。
    治安維持法に反対し、戦後焼け野原から壊滅した創価学会の組織を再建した。と。

    外部からの情報はゼロでした。

    おかげで「信心剛盛な戸田先生」というイメージができました。

    これっておかしいですよね。

    創価にいる限り、創価からの情報は、池田が正しい、戸田が正しい、牧口が正しい、矢野、竹入、日顕、山崎は極悪。。。ですものね。

    外部から見た情報ほど参考になるのものはないですね。

  139. kickeyさん、仕事がお忙しかったのですね。
    落ち着いたら、たっぷり睡眠をとって下さい(^_^)/
    戸田氏の名前、城聖の前は甚八?だったのは、何かの雑誌を見て知っていました。
    改名のことは、組織では話題にもなりませんでした。
    知らされていたのは、カネさん➡香峯子さんぐらいですかね。

    牧口戸田氏はどちらも教育者だったのも魅力的でした。
    創立時、学会は教育者のみの団体だったというのも、はたして本当のことだったのだろうか?
    疑問が尽きなくなります。
    数年前、「新・人間革命の読破」という指導があり、真面目に月一冊を一生懸命読んでいました。
    読むなかで、矛盾も感じましたが、多少フィクションとのことで、深くは考えられなかった。
    会合での指導も、聖教新聞、大白蓮華、新・人間革命、潮、灯台から学び、人生のすべても学べるなんて思っていました。
    狭い視野の中で、いつも学会とセンセイはスゴイ!と感激していた自分は、まさしく洗脳されていました。
    信心即生活=洗脳即生活?

    そういえば、昔たまにテレビに映る(ものまね番組だったかな…)東海林太郎さんが戸田氏そっくりで、幼い私はてっきり戸田氏?と思ってみていました(・・;)

  140. 思い出しましたが、牧口先生(というタイトルだったか?記憶曖昧)だけど、漫画があったんですよ。
    けっこう巻数があって子どもの時読みました。
    子どもの頃の名前?本名?が確か「長七」で彼の生涯を描いた漫画。
    そうやって子どもから徹底して人物像をすりこませましたよね。
    石井いさみの「ざくろの花」なんてのもありましたね。(今の希望ジャーナルが小学生文化新聞だった頃連載されてました)
    会ったこともない人間を「こうなんだ」と思い込ませる手口が、創価は本当に徹底してますね。

    このように繰り返し繰り返し、あの手この手でシャワーのように聞かされた人物像ですが、出所は当然創価です。それだけです。
    この教えはスゴイ、正しい、あの人は偉大だ…言ったのは創価です。それだけです。
    大勢が興味を持ち、注目し、話題になり、いろんな角度から検証し、総意がまとまったのではありません。
    誰も知らないことをただ一人が独善で計画して流したことです。
    学会員はそこをぼんやり「大勢が素晴らしいと言っている」としか受け止めていません。

    いざ大勢が注目し、専門家や学者が検証したならば、あれもこれも化けの皮が剥がれました。
    内部告発も溢れました。
    ひた隠しにしてあったヤバイ資料も表に出てしまいました。
    創価を信じるのは自由ですが、ならば多くの資料を調べてからにしなさいな。
    一方的な情報を信じてしまったのはマスコミに制限があったからです。
    かつてマスコミはそれを操れる一部のものでした。
    今はだれでも発信も入手もできます。
    それでも尚、「聖教新聞以外読まない」信者さん。
    創価が信じられない人をナンチャラの無明だの害毒だの得意げに言いますが、真っ暗な闇にいるのは自分たちの方ですよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中