「10年後の創価学会」という視点

みなさんのコメントから、10年後の創価学会の話が出ました。
そうですね〜
これから10年後の創価は、かなり様変わりしてるでしょうね。
まずまちがいなくイケダダイサクはこの世にいないでしょう。この世からいなくなるのはイケダダイサクだけではありません。今の執行部のほとんどが、たとえ生きていても後期高齢者、あるいは要介護の老人です。また組織の末端でも、いま座談会に出てきている70歳から80歳くらいのお年寄りは顔を見せなくなるでしょうし、現在の地区部長、地区婦さんが今のお年寄りの場所にいるでしょ。で、男女青年部が各地区にどれくらいいるのか知りませんが、その方たちが中心となりますよね。で、そのときの男女青年部はリアルイケダを知らない。そのとき未来部の子どもたちはいるでしょうか?イケダセンセイって何?食べられるの?って感じでしょう。座談会と言っても、昔から変わらない人たちがそのまま年をとって集まる老人会のようなもので、協議会にしても新聞啓蒙数だとか書籍や民音のチケットはだれが引き受けるのかとかって、あいかわらずやってるんでしょうけど、違うのはみんな歳とったうえに、毎年の財務であり金もはたいてしまっているので、老後の蓄えもなく年金で細々と暮らしている老人が集まって慰めあってる老人会のようなものになってるでしょうね。たまにやってくる幹部もみんな年寄り。あいかわらず毎年同じ御書講義が大白蓮華に載っていて、「この信心を疑ってはいけない。疑うと大変な目にあう」といった同じようなことしか書いていないのに、何の疑問も持たずに「うんうん」とうなずきあっているお年寄りの座談会。

では、20年後、創価はどうなっているでしょう。イケダダイサクのいない創価が20年ももつわけがありませんね。やはり「創価学会はもって10年」ではないでしょうか。少なくとも創価がこれから10年間、現状維持できるわけがないと思います。幹部連中はそれがわかっているからイケダダイサクがまだ元気なことに無理やりしているんでしょうね。誰もイケダダイサクが元気だなんて思っていないんじゃないでしょうか?でも活動家としてはそれをおもてだって言えない。だれか座談会で「イケダ先生は5年以上も会員の前に姿を見せませんが、ほんとにお元気で執筆活動をされているんでしょうか?」と訊いてみればいいんです(笑)。幹部は脂汗を垂らしながら「先生はお元気です!こうして毎日のように新聞にメッセージを出されているではないですか。『疑う心なくば自然に仏界に至るべし』ですよ。絶対に疑っちゃいけません。せっかく積み上げてきた福運がいっぺんで消え去ります。われわれこそが末法に出現することを誓った地湧の菩薩なんだと信じて、イケダ先生にお応えできる人材になりましょう。地域で実証を示しましょう!」なんて、年寄りばかりの座談会で言うのも笑い話でしかありませんよね。
会員は金を出すだけのカモ。しかしどんなにお金を出しても幸せにはなれない。そんなこと小学生だってわかります。ところが幸せをお金で買おうとしているのが学会員です。たくさん財務をすればするだけ幸せになれる。しかも出した財務は何倍にもなって必ず返ってくる…としこたま刷り込まれる。でも実際にはお金を出すだけで、いつまでたっても貧乏です。財務が倍になって返ってくるなんて言葉を信じてお金を出している学会員って、架空の投資詐欺にひっかかる人とまるきりいっしょですよ。「ありもしない株の儲け話」が「ありもしない功徳」になっただけです。少なくとも戸田・池田の2人はそのつもりで創価をつくった。これはまちがいないですね。株やらベンチャーよりも宗教が確実に人を騙せると踏んだのでしょう。もともと高利貸しやポルノ雑誌で稼いでいた2人ですから、もっと儲かりそうないかがわしい宗教に目を付けたのも納得できますね。お金儲けのためには何だってやるような冷血漢だったんです。そしてイケダは戸田を上回る冷血漢でした。人の不幸をエサにして金と権力を我がものにすることが人生の目的でした。それほど人間不信だったのでしょう。イケダはその生涯のうちで誰も信じていなかったんでしょうね。まわりの人間は自分がのしあがるための道具でしかなかった。そして口先三寸で人を騙し、物質的に好き放題に贅沢三昧をしたあげく、ある日、身も心も機能不全に陥って廃人になった。誰にも会うこともできなくなった。イケダダイサクと会える人間は、イケダダイサクが廃人であることを他言しない人間だけです。ほんの数人でしょう。なんという人間の悲惨な末路でしょう。全国の盲信者は5年半も顔を見せないイケダに対して『先生はお元気です』と言わなければいけない。『先生はほんとにお元気なんだろうか?』なんて口に出そうものなら「地獄に堕ちる」と脅される。創価学会の同志とはそんな人間関係なんですよね。
10年後の創価学会は、おそらく誰の目にもあきらかに衰退しているでしょう。そして20年後にはほぼ消滅していると、私は思います。
できれば私が生きているうちに消滅してほしいですけどね(笑)

ということで、今回のテーマは『「10年後の創価学会」という視点』です。『という視点』とあえてつけたのは、「10年後の創価学会がどうなっているのか?」という視点を現役の学会員さんが考えることで、そこから現実の創価の実態を見る機会になるんじゃなかろうかという淡い期待によるものです。創価の活動家さん、つまり自分で考えることをやめてしまった盲信者さんのことですが、今自分が活動している創価の組織の実体をもとに、これから10年後にどうなっているのか?ということを考えてもらえると、おのずと創価が確実に老朽化し絶滅していっているという現実を見ることができるのではないかと思ったからです。逆に、そんな視点をもたせないがために、聖教新聞ではあたかも創価が世界にひろまっているかのようなSGIの様子を載せていますよね。国内の会合でも、みんな同じような格好で、同じような表情の笑顔の写真ばかり。外部の人が見たら気持ち悪いだけの写真も、盲信者が見ると「幸せいっぱいの学会員」としか見えないんですよね。そんな学会員さんも、たとえば創価とほとんど見分けのつかない顕正会の会合の様子には、たいへんな嫌悪感を感じるんですよ。それは盲信者にとっては「憎き邪宗の輩」ですが、外から見ればどっちも「目くそ鼻くそ」の似た者同士のカルト集団なんです(笑)。
おそらく10年後もなんらかのかたちで創価学会は残っているでしょう。しかしそれは世間からはカルト集団としての烙印をはっきりと押された創価学会だと思います。20年後ももしかしたら存在するかもしれません。でも宗教としての認識はすでに終わっている。巷に数ある怪しい新興宗教のひとつでしかないと思います。
盲信者のみなさんは、そこまでは考えられないでしょうけど、少なくともこれから先に、創価学会が今よりも会員が増えたりすると本気で考えられるでしょうか?創価学会が世界に1200万人もいると本気で信じているのでしょうか?
創価学会の公式HPには、いまでも「1930(昭和5)年の創立以来、日本では827万世帯、海外にも192カ国・地域の会員が日蓮大聖人の仏法を実践し、各国の繁栄と平和を願い、活動しています。」と記載があります。さらに「創価学会インタナショナル(SGI)は、世界192カ国・地域に1200万人以上のメンバーを擁する、日蓮大聖人の仏法を信奉する団体です。」とあります。
もうここからすでに嘘っぱちですよ。日本だけで827万世帯あるのに、なぜ国政選挙で公明党が700万票しかとれないのでしょう?世界に1200万人もSGIメンバーがいるのに、世界中の戦争や内戦やテロに対して、なぜ何一つ影響力がないのでしょう。SGIといえば、ときどきどこかに集まってお祭り騒ぎをしているのが聖教新聞に載るだけですよ。
『「10年後の創価学会」という視点』とは、冷静に今の創価の現実を見てみませんか?という問いかけです。10年後の創価を想像するには、今の創価の現実を見ることでしかできませんよね。今の創価学会、とくに末端組織(地区や支部)の現実から、自分たちがいる10年後の地区や支部を想像してみてください。はたしてどんなメンバーが座談会に顔を見せているでしょう。たくさんの若き男女青年部が意気揚々と組織を牽引している姿を想像できますか?未来部の子どもたちがたくさん参加している座談会場を想像できますか?いま座談会に出席している地区の皆さんの顔ぶれで、これからの10年間に世界に平和がもたらせると想像できますか?一度真剣に考えてみてください。これまでの学会員さんはどれだけ創価にお金をつぎ込んできたか。それによってみなさんの生活はどのように変化したか?そしてこれから同じように創価にお金を貢ぎ続けて、自分たちは10年前よりも幸せになっているのかどうか?今の現実をよく見て、これから10年間もお金を創価に貢ぎ続けてどうなるのか?そのとき自分は何歳になっているのか?そのとき自分の家庭はどうなっているのか?創価とはまったく関係のない隣近所の人たちとどんな違いがあるのか。10年前の自分と、今と、10年後の自分。10年前の隣近所と、今と、10年後の隣近所。創価であることとないことの、10年前と今と10年後。その違いは創価にお金を貢いだか否かの違いだけであって、ほかに何か違いでもありますか?自分の家族のためにお金を稼いで使ってきた隣近所の人たちのほうが、はるかに豊かな暮らしをしていませんか?お金だけではありません。学会活動で自分の時間などない人生を送ってきたことに後悔はないのかもしれませんが、その結果、自分の家庭がどうなったのか?ということを、冷静に考えてみてもいいのではないでしょうか。そしてこれからの10年も、創価にお金も時間も、つまり人生のすべてを貢ぎ続けることで終わる自分の一生を思い描いたときに、それが人間の本当の幸せなのかどうかということを、10年前、今現在、10年後の自分を思い描きながら考えてみてほしいと思います。

「10年後の創価学会」という視点」への116件のフィードバック

  1. 「白バラ通信パンドラの箱」の希望です。
    今回のシニフィエ様の問題提起は、素晴らしいの一言に尽きます。感服しました。
    これまでの私の裁判は、まさに連戦連敗です。その理由は明白です。公明党と自民党が連立しているからです。最高裁判所は、完全に政治的な判断をしています。
    しかながら、このような状態が続くはずがありません。私と訴訟代理人弁護士の生田暉雄先生は、再審まで射程に入れています。まさに、シニフィエ様が提起された10年後まで念頭に置いています。
    人生の出会いとは、実に不思議なものです。私のブログに、シニフィエ様がコメントを連続投稿されたことが昨日のような気がします。
    シニフィエ様のますますのご活躍をお祈り申し上げます。

  2. 活動家の頃、「創立100周年を目指して頑張るぞ!」と本気で思ってました。

    でも覚醒して良かった(^^)

    もし、活動を頑張っていたら、家庭はおろそかになるし、お金も布施でとられるし、折伏で人間関係も崩壊し、変態扱い、危ないやつ扱いされていたと思います。

    今でこそ高齢化しているのに、10年後はもっとひどいことになっているでしょう。

    昔、「共産党は衰退していて、活動家は高齢者ばかり」とバカにしてたのが、今度は創価そのものが衰退・高齢化ですね。

    それにしても宗教ビジネスは強い!
    税金がかからない、非常にやすく優遇されている、使途が明かさなくていい!
    経営者として、こんなにありがたいことは有りません(*^^*)
    天の神様は見ていると思いますよ(^^)

    組織、社会人には、春夏秋冬があるといいます。
    産声をあげる春
    発展の夏
    衰退の秋
    地獄の冬

    今は衰退の秋。
    池田のエックスデーが創価の「終わらない冬」の始まりです(^^)
    御書に「冬はかならず春となる」とあるのにですね。

  3. 10年後、今よりも確実に衰退しているでしょう。
    でも、反対にMCは より一層強化されていくんじゃないかと思います。
    詐欺会社の社員も沢山抱えているわけですし、少ない会員からいかにして搾取できるかと今から手を打っているんではないでしょうか。
    今年の春から現場に地区1でおりてきたモバイルSTBもその手段の1つと思われます。

    というのも、現場で活動していて10年前と今どう違ってきたかを感じたままに書かせて頂くと、この10年間で会合に出てくる人は減ったのに、それと反比例して会合の数は増え人材Gも増えました。
    唱題会は「題目で人材を呼び寄せる」という名目で、人材Gは「活動家を育てる・人材を掘り越す」という名目でいくつもの人材Gが発足されました。

    無駄な会合がどんどん増えることで、それだけ繰り返しMC指導される機会は増えますしノルマや報告漬けの中に常にいることになり、視野はどんどん狭まり、疑問をもてなくなっていきます。
    会員の負担も疲労度も増えて、まともな正常判断ができなくなっていきますよね。
    それもこれも少ない人数で維持していくためのMC強化だったのでしょう。
    これからの10年、さらに残された活動家の負担も増えていくと思います。

    盲信者の人に一番問いたいのは、そんな中にあなたの1番大事なお子さんたちを放り込んで平気なんですか?ということですね。
    10年後は、間違いなく今のヤング世代や青年部、未来部世代に大きな負荷がかかってきますよ。

    コージさん
    >もっともっとコテンパンに言ってやってください!

    本当はもっとボロクソな事を書いていたのですが、シニフィエさんのブログの品位が下がっては申し訳ないと思い、あのような表現止まりにしておきました~。
    本当はまだまだ言い足りないぐらいです^^

    ラベンダーさん
    そうなんです、配偶者は一旦フリーになって一息ついていただけに、再び正役職に返り咲いたことで大変みたいです。
    でも、覚醒の気配もないですし、私が創価の事を言うと一触即発の雰囲気になります。
    それぐらい忙しさで殺気立っていますね。

    ポスター貼りは、こちらのほうでは地区婦と地区部長の役目になっていましたね。
    住んでいる近所(地区内)を挨拶に回りながら貼っていましたが、選挙戦の際に議員を連れて近所に挨拶周りするのと匹敵するぐらい嫌な活動でした。
    自分が住んでいる近所を、創価学会の看板背負ってまわる例えようのない思いは、幹部や職員にも味合わせてやりたいですね。
    このように自分の意に反する活動の数々もしてきた挙句の覚醒。
    覚醒したからって引っ越せない。
    本音をいえば家なんか売っぱらって引っ越したいです。

  4. テーマに合わない上に、外部の私が、
    余計なおせっかいでしょうけど、
    またまた出てきちゃいました、
    ちーたんです。

    私が、学会に残ってる人たちに言いたいのは、

    お金と時間は、大事に計画的に!
    自分の為、世の為人の為に使いましょう!
    です。
    それが出来ない人が、学会に残ってるんじゃないですかね〜。

    私は、所謂、良いか悪いかは別として、
    (どちらかと言うと悪いかな)
    思った事はハッキリ言う、
    竹を割ったような性格だとおもいます。
    ただ、人さまには迷惑かけず、
    自分の微力な力でも、
    多少でも、世の中にお役に立つ人間でありたいと思っています。
    そんな私にとって、
    生れながらなら兎も角、
    創価学会に入信する思考回路は、
    理解できません!

    ごめんなさい!
    言いすぎでした;^_^A

  5. 管理人さん、このテーマいいですね…!
    短略的になりがちな創価脳にはグッタイミングな頭の体操のように思います。

    希望さま、いつも感心申し上げております、本格的な裁判となると大変なのですね。
    どうぞ心身ともにお健やかであられますように。

    この先10年の間も公明党は与党の地位に甘んじ続けるつもりなのでしょう、
    与党として政教分離に徹するため、創価学会のメンバーの思いも冷淡に打ち砕き、
    組織温存のため利権にしがみついた政党運営を続けていくつもりでしょう。
    …いつまでもそんな時代は長続きしない、
    時代が動いていることに、どうして時の政権にありながら
    分かろうとしない?知ろうとしない?
    偏狭な宗教観に汲々と照らし合わせているのだから、ムリもございません〜。
    11月に向けては軽減税率…増税推し進める
    どうしてこうなったんでしょうね?社会保障について軽く扱ってたとか…

  6. 〉世界に1200万人もSGIメンバーがいるのに、世界中の戦争や内戦やテロに対して、
    〉なぜ何一つ影響力がないのでしょう

    シニフィエさま:

      愚にもつかぬ私のコメントを御採録御掲載賜り、恐縮至極に存じます。上に引かせて頂いたお言葉で思い当たることがございます。それは海外の会員は日本国内の会員にもまして、自分の民族の都合を優先しがちだということであります。具体的な例として香港のスターで2世会員のチョウ・ユンファ(周潤発)氏が挙げられましょう。中国人としてよりも香港人としての立場を大切にする彼は、非民主的な中国政府を批判し、その気骨を香港や台湾のマスコミから讃えられております。ただ、中国大陸では今現在彼が主演を務める作品は上映できないか、かなり困難になっているはず。

     チョウ氏はご自身のお母様や、さらにその上なる池田センセイのみこころを慮り、本来ならば池田センセイと一緒になって
       「中国政府のほうが正しいのです。香港人は中国政府の言うことを聞くべきなのです」
    と連呼すべきところ、現実の彼は香港の民主主義のほうへ強い思い入れを発揮したのでした。彼以外にも何かの大きな政治的事件に際し、創価信徒としてよりも自己の属する民族(たといそれが香港のような地理的規模自体は小さな街であっても)としての立場のほうを重んずる海外会員は、今後創価組織の衰退に伴い、増えこそすれ減ることはありますまい。

      チョウ・ユンファですよ。中国中央政府の議員にもなったジャッキー・チェンのほうじゃありません。念のため。

  7. ご無沙汰しております。
    二世未活動婦人部三千代です。
    私のところにはあいも変わらずアポなし訪問があります、もちろん出る気は全くないのでいる時はたまに話しもしますが本当ウザッたくて仕方ないです。早く辞めたいですが親戚関係でなかなか難しいですが少しずつ進めていくつもりです!
    でもあの人たちは本気で信じて部員周りをいつまで続けるのかなぁと思います。やはり私の地区でも活動家がいないのかいろんな所から派遣で来てるようです。活動家の子供たちで頑張ってる人なんて全然聞きませんね。もう座談会も会合もずっと行っていませんが活動家の若い子なんているんでしょうか?私の子供たちは友人がたくさんいますが、子供たちの友人で創価の子なんていないし選挙さえ一度も頼まれたことないみたいです。昔じゃ考えられませんよね。衰退は目に見えていますね。

  8. 10年やっても20年やっても30年やっても40年やっても50年やっても何も変わらない。
    その言い訳はちゃんと用意してありますよね。
    「愚痴をいうから」
    「嫌々やってるから」
    「喜んでやってないから」
    ははは、なら愚痴を言わず嫌々でなく喜んで「非創価」をやりますよ。

    おかげで気持ちは穏やか。
    欲に溺れて戦うこともなく、人を見下すこともなく、創価のいう餓鬼や修羅の命が出る場がありません。
    その分時間があるので、仕事や遊びやボランティアや、家族とのコミュニケーションや友人付き合いに没頭できます。
    結果、創価のいうネットワークが広がり、信頼も得られます。
    家事も丁寧にでき、家の中は片付きます。
    そういう日常を送っていると運気も上がるんではないでしょうか。

    かけずりまわり、正座して題目をあげ、選挙支援や新聞販売に「殻を破って」挑戦し報告する…それで得られることが、何々?
    「物事を前向きに捉えられるようになって」
    「世間から信頼を得て」
    「福運がつく」
    あらら、非創価でもできちゃいましたね。
    むしろ創価にいながら、次々と打ち出される理不尽なことを心穏やかにやって信頼を得る方が無理があるのではないでしょうか?
    実際皆さん無理してます。
    何たって「闘い」ですからね。
    目を吊り上げて喚いてるか、疲労困憊しているかのどちらかですよね。
    事実、現場へいってもネットを見てもそうです。

    では創価の言うまま、愚痴を言わず喜んで活動したらどうなるか?
    たまに本気でニコニコしながら、満足そうにやってる人も確かにいます。
    創価にいて心底幸せなんだそうです。
    めでたく「愚痴を言わず喜んでやった」成果なんでしょう。
    目も文章もイッちゃってて、世間からは「マインドコントロールの顔した狂信者」って見られてますが。

    10年後、相変わらず何も変わらないか、言われるまま愚直に活動して自分は満足な「狂信者」に変わるか?
    だったら創価を離れて、ふつうに幸せになった方がいいと思いますけどね。

  9. 10年、って長いようでアッというまでしょうね、過ぎてしまえば。。

    わたしが創価を脱会して10年目に入りましたが、その当時といまの違いといえば。。
    やはりネットのチカラでしょうか。。

    公明党がイラク人道復興支援と言ってた時、そのことに疑問を抱いた学会員は少なかったけれど確実にいました。。

    でも、それは点でしかなかった。

    でも今回、安保のこと集団的自衛権のことで異を唱えた学会員の一部は、ネットのチカラでテレビでも取り上げられることとなりました。。

    池田大作の過去の指導を真摯に実践すればするほど、いまの組織や公明党のありかたに矛盾を感じ違和感で非活動家になる人がこれからますます増えて行くでしょう。。

    ネットのチカラで創価学会の真実を知るに至り目が醒めていく人も増えていくと思います。
    純粋に活動している人ほど組織の中で悩み苦しみ心を病んでいく人も増えるかな。。

    若い人は、ほんとうにカルトに溺れ全てを捧げてもいい、くらいのアタマがおかしくなった人しか残らないか、創価でお金儲けしているような割り切り型の人ばかりが残るんじゃないでしょうか。。

    とにかく、インターネットのチカラで、どんどん創価学会の隠しきれないことが暴露されていくことは間違いないと思う。。

    レモンさんの言われるように活動家は減っても上記のような純粋培養か創価学会で飯を喰ってる人ばかりになるんじゃないかな。。と思います。

    しかし、創価学会のエリートたちは、あらゆる組織に潜り込んでいるから怖いですね。。

    司法の場や政治経済、警察マスメディア、医療諸々。。
    それが、ちょっと怖く感じます。。

    でも、自民党が公明党と縁を切ったら、すべてのオセロのコマはひっくり返ると思う。

    そうなればいいのになあ。。

  10. 10年後の創価学会・・・ ほんと、どんな風になっているんでしょうかね?
    確実に言える事は、さすがに池田が元気だと思っている会員は少ない、という事でしょうかね。
    それ以前に、池田の死亡のニュース発表で混乱しているか、その発表時期のタイミングを間違えて、
    創価の中が大混乱に陥っている可能性もありますね。
    逆に、あまりにも地方の創価が急速に衰退してしまい、もう池田の事など
    みんなどうでもよくなっている可能性もありますよね。
    少なくとも、今までの10年間よりも「創価にとって厳しい時代」になっているのは間違いないかと。

    流れ星さん、
    >いまはまだ、創価毒が溜まっている状態なのかもしれません。。
    >心の想いをどんどん吐き出してくださいね。自分に正直になるだけです。。
    ほんと、そうですね、皆さんと一緒に、心の想いをここで吐き出せる事、大変感謝しております。
    そうですか!流れ星さんは、ネット等を見る前にすでに独自で覚醒し脱会されたんですね!すごいです。
    >今日、旦那に。。
    >池田大作。。2012年2月2日に死んでるって噂あるよ。。
    >と言ったら。。
    >もう関係ないでしょ。創価学会と。。
    >なんでまだ気にしてるの。。
    >と言われてしまいました。
    私が同じ事を言われたら、「えぇ~~~? マジで? L(゚□゚)」オーマイガ!  あのメッセージの数々はゴーストライターなん?? L(゚□゚)」ウヒョー! 」
    とかリアクションしちゃいそうです(;・∀・)

    せーやさん、
    >公明新聞は、手抜きなのでしょうか?
    >番組欄の下に小さく「前日優勝時には違う番組」と書かれてありましたが。
    公明新聞は購読した事はないんですが、そんな状態なんですね・・・(;ーー)
    そう言えば男子部時代、聖教新聞もスポーツ欄の結果が一般紙の1日遅れで、
    例えばプロ野球の結果なんか、前の日の新聞から拾ったのか!ていう状況だったと記憶しています。
    おとといの結果、という事ですね。
    さすがに、その数年後には改善されたようですが・・・
    公明新聞までも購読されてたせーやさんは、かなりの強信な学会員さんだったという事ですね。
    焦らず、タイミングを見て断る形でいいと思いますよ^^

    ラザリスさん、
    >横浜のマンションの基礎杭の問題がニュースになっています。
    >創価学会の組織との共通点を感じます。
    >基礎をごまかして、いかに立派な建物を作ろうとも、インチキがばれれば解体せざるを得ないのです。
    まったく同感です、 創価は、池田の健康問題やゴーストライター問題が発覚した際、
    どのような言い訳をするつもりなのか、何も考えていないのでしょうかね・・・?
    謝罪という概念すらなくて、有り得ないような言い訳をぶつけてくる可能性もありますよね。

    ちーさんさん、初めまして、
    創価は、外部の方から見ると、本当に奇妙で不思議な洗脳団体かと思われます。
    今後も、竹を割った性格で、どんどん斬り込んでくださいませ。

    それにしても創価脳の活動家たちは、10年後は国内会員1000万人突破!世界200カ国突破!とか、
    まさか本気で思っているんでしょうかね?
    ぶっちゃけ、地区座談会は消滅して、支部座談会に数人が集まる程度だと予想しておきます。
    これだけネットも普及してますし、昭和のイケイケ盲信の時代じゃないんですからね・・・

  11. 「信心して何も変わらないならやらない」
    学会員さんは皆そう言います。
    かつて私も思っていました。
    確かに愚痴を言わず一生懸命にやっている人は変わります。

    テンションが上がって何にでも意欲的になって、何でも見えてるような気にもなって、何も怖くなくなって、自分はいい気分になれます。
    ただ自分では気づいていないんですよね。
    他人から見て魅力的ではありませんよ。
    池田がよく「他人にどう思われるからじゃないんだ。自分がどうあるかなんだ」(カモにはこうあってほしいですからね)と言ってましたが、どう思われるかも大切ですよ。

    支援活動なんかいい例です。
    公明党に味方するのは正しい。
    だから自分は支援する。
    頑張ると思わぬ人に頼めたりして「やったー!」とウキウキする。
    だけど頼まれた人はうんざりする。
    内心うんざりしてる人の気持ちなどどうでもよい。
    うんざりなんてしてないよ。だってニコニコして「いいわよ」って言ってくれたし。と、あくまで自分の都合でしか見えなくなる。(ちゃんと見えたらできませんからね)
    想像力なんてどこにいったんでしょう。
    トップは金と権力がほしいわけですから、末端がそのために友人を失おうが傷つこうが知ったことではない。
    「友人を失った?そのくらいの人なんだよ」
    「悪口言われた?じゃあその分、業がとれたね」
    ここにも想像力など皆無です。
    そんなもん想像する価値もないくだらないことなのです。
    自分とこのルール以外はシャットアウトです。

    このように確かに変わります。
    自分は愉しく幸せになるかもしれません。
    でも失っているものはたくさんあります。
    世間はそれを心で笑いこそすれ、忠告や指摘はしません。
    学会員同士はそれに気付いてもいないどころか、お互いに褒め合います。
    だから本人だけはずっと気付かないんです。

    覚醒した時、顔つきの違いまで気づいた時はアッと思いました。
    「変わった人」は最後には表情まで独特になるんですよ。

  12. レモンさんのコメントからMCの強化ぶりがよくわかりました。
    ネット上で熱く語るバリ活さんの言い方に接して、いまはこんなに理論に強い人
    でないとやっていけないのかな、私が知ってるかっての大人は選挙や新聞には
    厚かましいけれども、ふだんはあまり突き詰めて考えるような人いなかったけどな…
    (たまにスゴい人まわってきましたけどね)、と感じていたので。
    …うちの実家の母なんか内心ついていけなくてうんざりしてるかも。

    一般世間に常識で不意をつかれても対抗できるような
    理論武装できる人材を育てて維持しようという必死さが伝わってきますね…
    そこまでして続ける意義があるのかな?
    2世、3世で生活がかかっていたら必死に祈って当座の知恵がひらめくのかな?
    10年のうちには、だます材料もどんどん風化していくわけだから、…池田センセー
    の興隆も過去の話、縮小整理してカルトとして生き残るしかないでしょう
    金につなげることを考えているから、維持しようとするんでしょうね〜
    与党にいなければ金につながらないしね……金、金、金 むなっし〜

  13. 10年後の自分を想像してみました。
    (ずっと元気でいたいです^_^)
    定年退職後の主人と行きたい時に旅行に行ったり、かわいい孫の面倒もみているかもしれないです。
    とにかく創価の活動をしなくていいのですから、いつでも自由に行動できるのは幸せなことだと思いました。
    今現在、覚醒したもののいろいろな事情で活動から離れることができない方には申し訳ない気持ちもありますが…

    最近、平家物語の祇園精舎…が思い浮かびます。
    学生の頃、暗記しましたね。
    ~途中から抜粋~
    おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。
    たけき者も遂には滅びひとえに風の前の塵に同じ。

    世に栄え得意になっている者も、その栄えはずっとは続かず、春の夜の夢のようである。
    勢い盛んではげしい者も、結局は滅び去り、まるで風に吹き飛ばされる塵と同じようである。

    江戸時代徳川家は260年くらいも続いたようですが、イカサマ創価は、さっさと滅び去ってもらいたいですね。
    10年後、創立100周年を目前にして、創価は意地でも存続させるでしょう。
    池田氏の存命は推測できませんが、何かあったとしてもずっと生きていることになっているかも…
    現場は明らかに会員数が減って、地区支部の合併も増えていると思います。
    高齢者と若い活動家がほんのわずかだけ残っているくらいでしょう。
    こちらの地域では、もはやヤングミセスや未来部の活動家は皆無です。
    私がヤングミセスの頃(20年くらい前)がピークで、後は年々減少していきました。
    高齢者の活動家は、「信心に定年はない」という指導をずっと信じて最期まで活動を続けるのでしょうね。
    聖教新聞には、最近やけに高齢者の活動家の記事が目立っています。
    びっくりするくらい大きな、どアップ顔写真付きです。
    10年後も、ほぼ毎日このような記事が載るのかな?
    ますます新聞もネタ切れしそうな感じですね。

    コージさん、公明新聞日曜版は苦手な幹部に無理やりとるように言われて、仕方なく取り続けていました。
    圧力というか、断れない怖さがあったのです(T^T)
    活動も消極的な私だったので、いつも注意されてばかりでした。
    でも覚醒してからは私も多少強くなり、上手に言い返ししてましたけどね。

    公明党もいつまで与党にいられるのか、わかりません。

    組織の衰退を早めるために今出来ることは、必ず自分の代で創価をやめることです。
    あとは、今役職を持って活動に悩んでいる方は、これ以上役職を引き受けないで欲しいですね。
    断ってはいけないとか、いろいろと脅されても、自分の気持ちを第一に考えて断って欲しいです。
    そして副役職、フリーになったら徐々にうまくフェイドアウトできればいいのですが…
    正の役職を引き受ける方が誰もいなくなれば、きっと組織の衰退にもつながるはず。
    残された活動家は、よけい負担がかかってしまいますが。

    ラザリスさんもスキーに行っていたのですね!
    あの頃のゲレンデは、しきりにユーミンの曲が流れていましたね。
    パジェロやサーフ、懐かしいです。
    人気の車種でしたね。
    車にあまり詳しくなかった私でも覚えています。
    当時車に詳しい友人が、フォルクスワーゲンゴルフをボロクソワーゲンゴルフと言ってたのを思い出しました(笑)
    あれから約30年も経ったなんて信じられませんね。
    10年ひと昔と言うなら、30年は何て言うのでしょう……

  14. 同じ内容のコメントですが、何度でも繰り返します。
    学会活動は理不尽です。
    慈悲といいながら「迷惑行為」をしなくてはならないからです。
    世間でいう「常識はずれ」をやらなくてはいけない。
    まともな神経でそれを通すには、創価でいう勇気(ヤケクソ)が要りますよね。
    恥をしのぶ忍耐も要ります。
    当然、そういう無理をしてるんだから「疑問、不満、愚痴」がでます。
    まともな人なら当たり前ですよ。
    でも活動家いわく、
    「そんな疑いや愚痴をもってやったのではダメだ、弱い。幼稚だ。そんなんだから功徳も出ないんだ」
    となるそうです。
    だから福運が片端から消えていくそうです。

    書いてて吹き出しそうになる理屈ですが(笑)、(これ宗教ではなく、詐欺師の騙しのマニュアルですよ、念のため)、まだ続きがあります。

    功徳をもらうには、心からそれを楽しいと思わないとダメなんだそうです。
    つまり(迷惑行為を)辛いとは微塵も感じず、そうではなく楽しみながらやれるようにならなきゃいけないんですって。
    すごいですね!
    どうやったらそんな厚顔で独りよがりになれるのでしょうか?
    やっぱりあれですかね。
    基本はスルーですよね。
    人の話は頑として聞かないことが最も大切ですよね。
    ああ、創価シャッターってやつですね(^^)/

    そうなると境涯も大きく開けるそうですが、ある意味そうかもしれませんね。
    世間の感覚との距離も大きく開けるでしょうねえ。
    誰が何と言おうと、どう思われようと自分は幸せですからねえ。
    中傷も非難も痛くもかゆくもない。絶対的幸福でしょうねえ。
    池田もこんな境地でしょうか?
    おめでとうございます。
    勝利者の姿ですね!

    でもそんな幸せ誰もいりませんから(^^)/~~

  15. 11月18日、創価では創立記念日ですが、このブログでは「創価をやめる日」です♪

    創価のおかしさに気がついてもなお、いろんな人間関係のしがらみで「なかなかやめられない」と悩んでいらっしゃる皆さん。ここはひとつ11月18日に目標を定めて、思い切ってすっぱりと縁を切りませんか。ここにいらっしゃる皆さんも、実際に創価をやめても何の問題もなかった、自分の取り越し苦労だったという方がほとんどです。創価を辞める方法は簡単です。組織の上の人に「今日で脱会します。新聞も止めてください。今後一切の連絡はお断りします。家庭訪問もしないでください」と伝えればいいんです。それができない人は学会本部に退会届を出す。心配な人は内容証明で出してもいいでしょう。とくに決まった書類はないとのことですので、「私、◯◯◯◯(住所、組織など)は、平成27年◯月◯日をもって創価学会を脱会します」との内容が記載してあればいいんです。聖教新聞に関しては直接販売店に電話して「今日で聖教新聞の購読をやめます。今日までの代金を払いますので金額を教えてください」と言えばいいのです。何で辞めるのかとか、もう少し続けてみればなどとは言ってきません。「はい、わかりました」とあっさりしたものです。当然ですけどね。余計な心配しなくていいです。

    創価のまちがいに気がついていても脱会できない方の悩みの多くは、配偶者が盲信者である場合が多いようですね。相手は創価を辞めたら夫婦ともに地獄に堕ちると思い込んでいますから、相手のためにも断固阻止しようとしたり、創価脳特有の創価スイッチが入って、まったく話にも何もならないことも多いようです。この「話にならない」というのがいちばんやっかいですね。つまり創価脳はコミュニケーションが成り立たないんです。普段は仲のいい夫婦であっても、創価に関してのことになると、話し合う余地がまったくなくなるんですよね。創価脳の典型です。対話ができない。このブログのタイトルを「対話を求めて」としたのは、このようなコミュニケーション不全に陥っている学会員さんが、なんとか対話の重要性に気がついて、創価以外の考えの方との対話が実現できれば、おのずと創価のまちがいに気がついてくれるのではないかという願いを込めてつけました。対話さえできれば、創価に対する冷静で客観的な視点をもつことができる。逆に言うと、対話ができない状態だから創価の間違いにも気がつけない。

    このブログで唯一対話ができかけていた白いブランコさんは、結局は肝心なところになると対話を拒否してしまいました。ただ白いブランコさんは創価のおかしさにも気がついたようだし、ほんの2ヶ月でしたが創価を改善していこうと座談会で創価の問題点を問うてみたり、自分でブログを立ち上げて意見を聞こうと頑張っていましたが、残念ながら2ヶ月で簡単にあきらめたようです。あそこまで「創価学会は正しい」と主張していた自分の信念での行動を、たったの2ヶ月であきらめ、組織からも離れ黙り込んでしまったのは、自分でも「創価は正しい」と思えなくなったのでしょう。その後、私もずいぶん白いブランコさんに対話を望みましたが、いっさいの返答はありません。私は今でもときどき白いブランコさんの立ち上げたブログ「創価ルネサンス~創価学会改善活動~」をのぞいたりしますが、7月23日の「組織からは離れます」というコメントが最後でした。

    いま、白いブランコさんはどうされているんでしょう。安保法案を強行採決した公明党の行動も、白いブランコさんの意見からすれば「公明党が創価を無視して勝手にやったこと」になるのでしょうけど、それをほっぱらかしにしている創価のどこが「正しい」と思っているのでしょうね。地区部長だった白いブランコさんは、今は組織から離れても「創価は正しいのだから自分の人生に間違いなどあるわけがない」と必死で思い込もうとしているんじゃないでしょうか。しかしどう考えても無理がありすぎます。創価が正しいというのなら、そして公明党が間違っているというのなら、その正しい創価学会はなぜ間違った公明党をほっぱらかしにしたまま創価学会員に支援活動をさせるのか。おそらく来年の参院選にむけて、創価は公明党支援を全面的に打ち出して活動させるでしょう。今回は安保法案のごたごたで公明党への不支持を表明した学会員が相当数出ましたから、以前よりも強力に公明票の獲得に必死になるでしょうね。そうしないと自民党は公明党との連立は旨味がないとして、見捨てられますからね。だから何が何でも自民党の言いなりにしかならない公明党しかいません。あいかわらず創価学会員が支援するのは、日本が憲法を無視して戦争できる国にしようとする自公政権です。それでも白いブランコさんは「創価学会は正しい宗教団体だ」と信じているのでしょうか。つまりは「創価学会に捧げた自分の人生に間違いはなかった」と言い張るのか。私はなんとかそこを訊きたくて彼のブログに問いかけていましたが、いっさい返事はありませんでした。普通に考えれば白いブランコさんはあきらかな自己矛盾を抱えてしまっているのですが、本人はどうにもこうにも引くに引けないのだろうなと思います。きっと一人で苦しんでいるのではないかと。

    私がここまでいうのは、このような自己矛盾を抱えて悩んでいる学会員さんもそうとういるんじゃないかと思うからです。こんな悩みは他人には言えない。言うと創価を否定してしまうことになる。同時に自分の人生も否定することになる。でもどう考えても辻褄が合わない。公明党や創価の一部の幹部を悪者に仕立て上げたところで、創価が正しいということの理屈が成り立たない。逆にもともと創価がおかしい、あるいは創価学会は宗教団体ではなく会員を騙してお金を巻き上げるための巨大な権力集団であると仮定すると、すべての辻褄が合ってしまう。だからここは認めるしかないわけだが、そうなるとこれまでの自分の人生が間違いだったと認めることになる。そんなバカな。……さあ、そこから一歩も動けなくなった。フリーズしてしまった。白いブランコさんのように中途半端に覚醒してしまうと、ほんとうに辛いだろうなと思います。そして今回の安保法案のことで、そんな中途半端に覚醒してしまって、どうにもこうにもできなくなった自分に悩んでいる学会員さんがたくさん出てきたんじゃないかとも思います。

    ではどうすればいいのか。私はやはり「対話」だと思います。学会員はあらゆる方法で対話をできない状態に洗脳されていますから、対話をすることができる人間になりさえすれば、つまりは人間として当たり前になれば、どうしようもない自己矛盾と言う地獄から抜け出せるんだと思います。

    白いブランコさん、もしこのブログをまだ読んでくれているのであれば、私と対話をしましょうとは言いません。せめて自分が信頼のおける人との対話をなさってはいかがですか?創価が正しいという思いがあるのであれば、そう言うのもいいでしょう。でも創価にもおかしなことがあると言う思いも伝えましょう。そして何より自分の考えが現実とずいぶんかけ離れてしまっていることを正直に誰かに話してみることが大切なのではないでしょうか。いつまでも自己矛盾を自分一人で抱え込んでいては心が壊れます。創価が正しいと思っている自分と、創価が間違っている思わざるを得ない現実とのはざまで、白いブランコさんはたった一人で苦悩しているのではありませんか?

    白いブランコさんを例に挙げて書きましたが、全国には第二第三の白いブランコさんがたくさんいらっしゃると思います。創価の都合でコロコロと変わる教義をどうやったら信じられるのか、今の私から見れば、どう考えてもおかしなことだと思いますが、信じている人にとっては教義がどんなに変る信仰でも何の疑問ももたずに信じていけるものなんですよね。人が何かを信じることに理屈はいらないってことです。信じてしまえば信仰です。まさに「イワシの頭も信心」です。そこに目を付けて人を騙してお金を巻き上げてきたのが少なくとも戸田・イケダの創価学会です。今はイケダなき創価学会がどこまで生き延びるのかわかりませんが、創価に騙され、自分の人生を棒にふらされたことを認めるだけの判断能力をとりもどすためにも、対話を求めることのできる人間になる勇気を持ってもらいたいと思っています。

  16. 配偶者がバリ活さんの、レモンさんや他の方にお伺いします。
    「非活」ならまだいんでしょうか?
    言い合いになって険悪にもなるかもしれない。
    でも「脱会」となると離婚沙汰になったりするんでしょうか?
    親子でもそうですか?
    「非活」は許されるけど、「脱会」したら勘当とか授業料を止められるとかあるのでしょうか?
    バリ活さんにとって、「非活」と「脱会」はどんなふうに違うんでしょうか?

  17. おっとっと

    久しぶりに投稿します、学会二世非活のおっとっとです。

    たらこ唇の天使様
    私はよく海外に行った時に現地のメンバーに会ったり、海外のアンチSGIブログを読んでいるので、海外のSGIの状況はよく知っているつもりです。
    私が見たり聞いたりしている限りでは海外SGIの衰退ぶりはめざましいものがあります。
    特になんといっても海外のSGIの中心核でもあるアメリカの会員数は最高時の10%ほどしか残っていません。90%程のメンバーは非活か脱会か除名
    されています。他の国でも似たり寄ったりと思われます。

    私が感じるところでは、最大の原因は4つあります。

    ひとつ目は、徹底した師弟不二をふりかざす池田教への違和感。
    かつて日本の本館のビデオを見せていたようですが、その雰囲気が北朝鮮を思い浮かべるようで、西洋人のメンバーは途中で席を立つ人もみられたようです。
    とにかく池田に心を合わせてない人は組織にいる必要はないという雰囲気の中でみんな一生懸命に同化しようとしているようですが、個人崇拝の為に入会したのではないと思う人は何のうしろめたさもなく会合にでなくなるようです。声をあげるまでの意志もないようです。

    ふたつ目は正宗に対しての仏法者とも思えないひどい態度に多くの方達が疑問をもっています。
    全ての人に仏界があると説いていながら、とことんまで口汚く罵り、話し合う態度が一切ない。
    言っている事と、やっている事がぜんぜん違う組織は信頼できないと思うようです。
    その事に強く疑問を投げかけて除名になった人もブログでみられます。

    三つ目、学会が変貌してから入会したメンバーはそれなりの人達なので問題ないが、現地の草創期のメンバーたちには、学会の今の方向性は物足りない。
    外国人は宗教心が強いひとが多く、特に西洋諸国ではキリスト教に疑問を持った人達が、仏法の輪廻や宿業の神秘な話に魅せられて入会した人達が多いのに、そういう教義を放棄し、浅い友好関係で世界平和を築こうとする今の学会にいる必要がないと思う。

    四つ目はもういわずと知れた、あまりにもひどすぎるリーダー達の権威主義。これは日本と一緒です。
    上記のような事を意見として声をあげると、反逆者とか破和合僧といわれ、孤立させられる様です。
    対話の姿勢はほとんどないようです。

    いわゆる組織の存在としての核になるものがない。
    正宗から脱却しようとして全てを捨てて、すってんてんというところでしょうか。

    私はSGIの寿命も日本の創価がくずれれば、運命を共にするとおもいます。
    何故なら、人数の超多い国は別ですが、大多数の国では国のリーダ達の給料や会館の建設費、維持費などはその国の財務で賄えるはずもなく、日本の純粋なメンバーの財務が海外に
    いっているのです。そいう意味で、日本のメンバーももっと自分達のお金が悪用されてないか、しっかり見張る必要があると思います。
    ですから、日本のメンバーが財務をしなくなれば海外のたくさんの国は組織の形をかえなければ生き残れないでしょう。

    私はSGIがこのまま詐欺のような事をしているよりは、いっその事全部つぶして、メンバーの為の組織を一から又作り直したほうが、まだ人道的だと思っています。

  18. おっとっと
    ひとつ書き忘れましたが、アメリカに関しては、かつて、道でつかまえた人をむりやり折伏し、すぐにでも御本尊を持たせる、という強引な折伏をやっていたそうで、それでいきなり部員数が増えても、結局は後が続かなかった、ということも、メンバー激減の一つの理由です。
    でもそれにしても激減すぎます。

  19. 昔、世界広布にと単身アメリカに渡られ
    海岸で口に小石を含んで英語の勉強をされたというエピソードをお持ちだった
    貞永さんという方は今はどうされたんですかね?
    誰かご存知ですか?

  20. モニカさんのコメント
    >「非活」ならまだいんでしょうか?
    言い合いになって険悪にもなるかもしれない。
    でも「脱会」となると離婚沙汰になったりするんでしょうか?

    我が家のパートナーの場合ですと、脱会と非活は創価脳の中では雲泥の差があるようです。
    以前も書いたかもしれませんが、盲信者の脳の中では「脱会」は戸籍が抹消されるのと同じぐらい悲劇的なことという捉え方をしています。
    これは、たぶん盲信者特有の考え方でしょう。
    支部内でも、本部へ脱会届を送り付け脱会した青年がいましたが、学会本部から現場へ連絡がありそれを知った親御さんが統監だけは落とさないでと抱え込んでいるケースがありました。
    わが子を幸せの軌道からどうか外さないでという思いからのようですが。

    我が家では、創価の話題、とりわけイケダの事は地雷ポイントのようでそこを踏むと爆発しますので、険悪にもなりますし攻撃的にもなります。
    シニフィエさんが今日のコメントで「対話さえできれば、創価に対する冷静で客観的な視点をもつことができる。逆に言うと、対話ができない状態だから創価の間違いにも気がつけない。」とありますが、まさにこれです。

    本当に対話ができません。
    まったく聞き耳を持たない。

    普通まっとうな人は、相手の言い分を聞いて自分の意見をいうのが通常だと思うのですが、創価脳と創価の話をしようとしても、まずこちらの言い分は一切聞きません。
    人の話を聞こうとしない。
    相手の話を全否定する。
    自分の意見を押し付ける。
    これが絶対なのだと決めつける。
    極めつけは最後に「退転者のいうことなんか信じられないね」です。
    これの繰り返しなので、ホトホトうんざりですし、夫婦でありながらお互いに信頼できなくなっています。
    こんな感じなので、配偶者と話し合いをして脱会しようとは思っていません。
    配偶者には事後報告にするつもりです。

    今ですと脱会届を出しても支部に戻ってきたときに、統監を管轄している支部長の主人がもみ消ししてしまう可能性大なので、再びフリー役職になった時が、その時だと虎視眈々とそのときを待っています。

  21. せ〜やさん、私も「平家物語」のこと思ってました…みんな思いはつながってる!
    …娑羅双樹の花の色
    …盛者必衰のごとし
    …ええと、なんだったかな

    それと今日はバックトウ•ザ•フューチャーでの30年後の10月21日なんですね!
    管理人さん、知ってらしてスレ立てたのですか?さすがです…☆
    いろいろと実現されている物もあるとのこと、あの映画は何度も見てたのに、
    その未来が今やってきて結構実現されていて…時を読んでいる人ってスゴいと感心、
    そして時を読もうともせず、いつまでも頑なにこだわっている創価の浅はかさ…

    関西においては11月22日の大阪同日選挙まで1ヶ月となりました。
    公明党は自主投票、自民党の応援にもまわらないのか…自分でも空回りしていて
    作戦が立てられないのでしょう、矛盾だらけですもの。
    赤っ恥かいても本音で語ろうとしないから…あほらし

    おおっとっとさんのコメントとても興味深いです
    自称「イスラム国」に巻き込まれることがないかも心配になってきました…

  22. ジョージウィリアムス アメリカ初代理事長ですね

    passed away peacefully the morning of 11/12/2013
    2013年11月12日 午前 安らかに亡くなられたそうです。
    理事長をやめて脱会してから、彼をしたっていたたくさんのメンバーも脱会したようなので、
    アメリカの歴史はいろいろありますね。
    最近新編集された新人間革命には彼に対しての美談は消されているとの事。

  23. モニカさん、初めまして。
    いやーモニカさんの話を聞くと
    ホント盲信のお方は大変そうですなf^_^;)

    うちの主人は、話す余地ありと言うか、
    小さい頃から無理にやらされて、
    イケダも大嫌いみたいでした。
    聖教も付き合いで一部のみでしたし。
    全くの非活でしたので。

    で辞めた後、何も変わった事なかったですよ。何か悪い事でも起こるんですか⁈

    外部の私にとって、10年前も、今も、
    10年後も、
    創価の人達には近づかない。困った事があったら相談してね。とか言われたても絶対しないし、他の外部の人にする。
    只、反論すると面倒なので、適当にあしらい、断るべきものは断る。主人の親戚はお金に困っているようなので(財務のし過ぎですか?)、余計近づかない。
    まあ要は、外部の人は、わかってるから、完全に表面でしか付き合わないでしょうね!

    ごめんなさい!
    またまた言い過ぎでした;^_^A

  24. おっとっと さんありがとうございます
    貞永さんの美談は本当によく聞きました
    彼が一番頑張っているなんて当時の駄作はよく言ってましたね
    やはりまともな頭に戻れば脱会せずにはおられませんよね。 よかった、よかった
    死ぬまで駄作の手先で利用されるなんてまっぴらですよ。
    一体だれの人生なんだよ、先生にお答えしょうなんて?
    踏ん切りのつかない皆さん11月18日目標に騒がず静かに詐欺組織から足を洗いましょう
    結果が楽しみです

  25. 10年後は、メッセー爺さんも98歳で、“連日の執筆”にはさすがに猿でも“オカシィキャ”と気づくでしょー??

    【You-Tube】天野達志さんスピーチ 安保法案に反対する国会前抗議行動 SEALDs・総がかり行動実行委員会 ー固定カメラ  2015/09/17 に公開 4:46

    を、書き起こしてみました。(挨拶・署名提出報告・お礼等の前半部分は省略してます)
    先生のタテマエを信奉している“所謂、お人善し”の代表。として 
    ……1:05~
    私は生まれた時から創価学会員でした。
    こんな事をね、皆さんの前で、私は創価学会員でしたって云う事ありませんよ!普通は
    何でこう云う事を言わなけりゃならなくなっちゃたんですかぁ……
    わたしはね(有難うございます)私はね公明党を応援していました。
    公明党と云うのはね、本来平和の党で、人権と○○○(命?)を守る、戦争は絶対反対だって、
    そういう仏法の根幹の生命を持って、公明党が誕生したんじゃありませんかー
    しかし、今の公明党は何なんだーー
    私たち学会員は騙されたんだーー
    オカシイじゃないかこんな法案!戦争法案じゃないかー
    何で私たち学会員がこんな戦争法案を進める公明党を応援しなくちゃいけないんだー
    フザケンナー

    私は先週、公明党の本部に立ちました。9月の8日火曜日から、9日、10日、11日
    4日間も立ったんですよ…(笑い事じゃないですよ)
    公明党職員はね、誰も私に、顔を見せてくれませんでした。この3日間
    一人の声を聞く公明党、小さな声を聞く公明党、いったい何処へ行っちゃたんですかー
    オカシイじゃないですかー
    私たち、当たり前のことをやってる筈です。
    戦争は反対、人の命が大事、小さな声を聞く、それが民主主義でしょう
    そういう私達の声を無視して、何で強行採決が出来るんですかー⦅そうだソーダー⦆
    私怒っています。私達学会員ももっと怒らなけりゃいけません、本当は
    でもね、皆さん、聴いて下さい(おっしゃる通り)
    学会の中ではね、正しい事を言おうとする人が今、イジメられてるんですよ!
    これは本当のことなんです。

    私はね全国から9100を超える署名を集めるさいに、色んな方々からお手紙を頂きました
    そのお手紙見ると、私もう涙が止まりません
    大きな組織に成りましてねー 
    地元で、コレは違うんじゃないか
    公明党のやってる事オカシイじゃないか
    仏法と違うんじゃないか
    池田先生の教えと、教えている事と違うんじゃないか?
    そういう事をね、語る人が廻りから村八分にされているんです
    これは問題があります

    私はこの運動を通じて、本来あるべき創価学会、それから公明党に戻って欲しい
    だけども、それが叶わないんであるならば、私は、公明党は
    来年の参院選は、私は、公明党を応援しません…
    もし、ここで、強行採決するようであれば、わたし、私達支持者の声を願いを踏みにじることがあれば、私はもう、落選運動に転じますよ~≫
    私達のね、創価学会員の切なる思い、これは当たり前の事なんです
    誰も殺さない、誰も殺させない
    この戦争法案を阻止するために連帯をします
    どうも有難うございましたー
    (以上。書き起こし終了。部分的に聴き取りにくい処も有ったのでチョイ違ってるカモ?)

    聴衆の中の一人に白いブランコさんも居るんじゃないかなー?なんて考えながら見ていました。
    ─学会の中ではね、正しい事を言おうとする人が今、イジメられてるんですよ!─
    ─廻りから村八分にされているんです─
    …のくだりを聴いてる刻は、涙が溢れてきますね。
    【*なんちゅー情けない組織に成り下がったの。(元々タイシタ組織じゃなかったケド)】

    *但し、世界に向けてy-tは発信されてますので、戦争法案は強行採決されましたので、“参院選はイヤでも(脱会してでも、除名されても)公明党は落選”運動をヤルしかないですよ~

    2015/09/11“ 岩上安身による天野達志さん緊急インタビュー!”も参考になると思います。
    動画の貼り付け、のやり方が分かりませんので、タイトルから検索して見てください。
    天野さん頑張ってますよ。(本当は早く覚醒して、“吸血詐欺本部”の真実を見抜いてもらいたいのですが、中々……本人が気づくしかない)

  26. 十年後の創価・・どうなっているでしょうね?
    Xデイがきたらどうなるだろう?と考えていました。
    きっと、大混乱になるでしょうね。
    創価もその日が来るのが怖いのかも!?
    少しずつ衰退はしていくでしょうが・・
    なにせ、シタタカな創価のことなのであの手この手を使って生き延びるでしょうね!
    今、信濃町は分裂しているようですが、創価が二つに割れるということもあり得るのでしょうか?
    早く崩壊してくれることを望みます!(。-`へ´-。)

    シニフィエさん、ボレロは創価に籍があることが苦しいです!
    これは、ずっと悩み続けてきたことなのですが・・
    新聞を辞め、財務も辞め、電話も訪問もありませんので、もう創価を辞めたようなものなのですが、自分の名前が残っていることがたまらなく嫌です!
    だから早く楽になりたいのです。
    秋谷会長が脱会されたという情報がありますが、本当でしょうか?

    せーやさん
    公明も聖教も早く辞めれたらいいですね!(*^-^*)
    覚醒したら新聞なんて読まないし、早く止めたい!と思いますよね。
    おいおいにですよね。

    三千代さん
    本当、訪問は鬱陶しいですよね!( ̄^ ̄)
    訪問御遠慮ください!って言いたいですよね!
    ボレロは、メールで打ちましたが・・

    過去のコメントに目を通していました。皆さんのコメントに勇気を頂きました。
    このブログに救われています。シニフィエさん、有難うございます!(^ー^)

  27. おおっとっとさん:

      わかりやすくて読み応えあるコメントをありがとうございます。松戸行雄という創価の御用教学者が20年近く前に、日蓮正宗を批判した本を出しておりました。その中で日蓮正宗がヨーロッパで受け入れられるはずがない理由のひとつとして、おおっとっとさんが上で指摘なさった4項目の四つ目「あまりにもひどすぎるリーダー達の権威主義」が挙げられておりました。ほかの3項目も、おおっとっとさんとは表現こそ多少異なってはいても、指摘されておりました。この松戸という人はドイツ語に明るく、久しくドイツに住んでいた人です。入信のきっかけは、精神不安定になっていた知人の日本人留学生がある日ネッカー川(学園都市ハイデルベルグを流れる川)に入水自殺し、自分も精神不安定になっていたところへ、日本人女性である現夫人が現れ、「忘れかけていた日本的なもの」を感じたが、その女性が学会員だったというものでした。理知的な人物であり、それだけに20年前は新たな創価教学を考え出してくれるであろうホープと期待されたのでしょう、2冊ばかりなかなか内容のある本を出しています。ただそれら書籍の中の法主批判は、そのまま代作、おっと大作さん批判に応用できるのが哀しかったですよ。取り急ぎ御礼まで。

  28. 久々に投稿いたします。
    バリ活歴16年、非活歴15年のレイラです。

    非活→またバリ活に復帰する可能性がある。
    脱会→地獄に落ちる人生烙印

    ていう感じでしょうか?

    >レモンさん
    本当に対話ができません。
    まったく聞き耳を持たない。

    「対話こそ わが人生」とイケダセンセイは
    言っておられるのに、ホント言ってることと
    やってる事が????ですよね。

    覚醒してしまった今となっては???もありませんが・・。

    >おっとっとさん

    初代アメリカ理事長、お亡くなりになられていたのですね(合掌)
    私が入会した時に、NSA(当時はこう呼んでいましたよね)ってすごい!って
    思いました。
    文化祭でもNSAの参加人数は飛びぬけて凄かったですよね。
    今は10%ほどですか?(驚き)

    >その雰囲気が北朝鮮を思い浮かべるようで、
    西洋人のメンバーは途中で席を立つ人もみられたようです。

    そうなりますよね。

    いつのまにかウィリアム元理事長は表に出なくなり
    宗門に行ったという噂を知り、覚醒前はショックだった事がありました。

    センセのおそばにいた幹部の人って
    どうしてこう裏切る事が多いのだろう・・・なんてね。

    「センセに近い人は業が深いから」なんでしょうか?

    動画はティナ・ターナーのも気になりました・・・。

  29. こんにちは。
    いつもバリ活男子部の彼氏の事で相談させて頂いてる外部のえつこです。

    テーマとは異なりますが、気持ちの整理も兼ねて近況の報告をさせてください。

    先日彼氏と将来結婚したとして子どもが生まれるのを前提とした話し合いをしました。
    私の希望を全て話し、ネットで活動家との結婚で一家離散してるケースをたくさん見た不安なども話し冷静に話し合いが出来ました。
    彼氏としては入会に関してはこれだけは強要するものじゃ無いと思ってるから私の希望通りで良いとの事。
    ただ理想としてはいつか私が学会を理解してくれる日が来て私も子どもも入会して家族で信心出来たらと思うとの事。
    一家離散に関しては自分の地域ではうまくいってるところと不仲といろいろと。活動に関してはとにかくその時の状況で話し合うしかないねと。
    彼氏の家族は父親と兄は非活で兄の奥さんと子どもは未入会、結婚を機に入会した母親はバリ活との事です。
    結構突っ込んでいろいろ聞きましたが今回も冷静に話し合いが出来て一先ず安心しました。

    今のところ毎度冷静に話し合う事が出来てます。
    私が学会を理解しようとネットでいろいろ調べているのと、調べて疑問に思った事は質問してくれるのが凄く嬉しいと快く対話に応じてくれています。またいつでも質問してほしいと。(私が調べているのは覚醒方法とは絶対言えませんがね^^;)

    この対話を求めてのブログを毎日読み、他にもカルト宗教から脱会させるためのサイトを読み考えましたが、しばらくは創価を一切否定せず対話に応じてもらえる状況を徹底的に維持して定期的に対話を求めてのブログ内容をお借りして質問して考えてもらう形を取りたいと思います。
    本当にほんの少しで良いから創価のおかしさに気付いてほしいんですけどね…せめて会合に行く回数を減らすとか…諦めずに焦らずゆっくり進めたいと思います。

    私は10年後に創価学会が衰退しきって会員が疑問を抱き活動家も財務する人もいなくなっている事を本気で願います。10年後と言わずすぐにでもなって欲しいですがね^^;

    シニフィエさん、お忙しい中ブログの管理お疲れ様です。
    いつもありがとうございます。

  30. 10年後の創価学会は、確実に衰退していると思います。カルト団体として細々と生き延びているのがやっとでしょう。
    青年部は、どこの組織でもスカスカになり、絶滅寸前でしょう。
    牙城会と創価班は、婦人部に乗っ取られたりするかも…。(笑)
    組織の最前線である支部や地区では人材不足が慢性化し、役職をブン投げてエスケイプする人間や、ストレスから鬱病などで現場を離れざるを得ない人間が続出するでしょう。
    それでも聖教新聞では、「大勝利」だの「大躍進」だの「世界広布」だのといった、オメデタイ言葉が並んでいることでしょうが…。
    新聞の枚数はますます減り、新聞広告の面積は今の2倍くらいになり、なんのための新聞なのかますます分からなくなると思います。
    創価飯を食らう輩もリストラされる人間が増え、ぬるま湯で育ってきた連中に再就職できるような職場もあるはずもなく、そのことの不満が爆発し、組織の不正を暴露する人間も現れる可能性が高いですね。
    もともとが詐欺団体として始まった創価学会ですから、いかに取り繕ったところで、今後の発展の可能性はゼロですね。
    これが「歴史の方程式」ってやつです。
    平家物語のフレーズがぴったりですね。

    せーやさん、排ガスの不正の問題で本当に「ボロクソワーゲン」になってしまいましたね。
    カブトムシ型のビートルは好きですが…。
    日本のマツダのように、クリーンディーゼルの分野でフェアに闘って欲しいものです。
    (^.^)

  31. モニカさん、我が家だけを考えると、私と未活の娘以外は外部なので、脱会について何も問題はありません。
    さっさと手続きしたいところなのですが、近くに住んでいる身内がネックで、なかなかできないでいます。
    「何ぐずぐずしてるんだよ!」といつも自分自身に言いたくなってます。

    非活と脱会の違いですが、レイラさんと同じ考えです。
    覚醒した私からみると、非活≒脱会。
    バリ活(私の場合姉とします)からみると明らかに、非活≠脱会のようです。。
    非活…いつかまた立ち上がる時がくるかもしれないから、それまで待っていてあげよう。お題目も送ってあげる。
    脱会…退転だ!地獄行き決定。今まで頑張ってきたのにもったいない。組織の方にはお世話になったのに恩知らず。身内としては肩身が狭い。自分が一層頑張らなければいけない。
    という感じでしょうか。

    統監に名前が残るか消えるかだけの問題なのに、レモンさんがおっしゃっているように、きっと統監が一番重要なのでしょう。
    金づる、票づるが減るわけですからね。
    あとは権力誇示。
    signifieさんが、いつもおっしゃっているように創価の世帯数は827万世帯でずっと変わらないままなのですからね。

    先ほども言いましたが、脱会について、私の場合は両親と姉兄家族がネックです。
    母親から言われた「脱会だけはやめて」の言葉も引っかかっているので、両親を悲しませたくないのが一番の理由です。
    できれば説得したいのですが、難しいです。
    内緒でこっそり脱会するかもしれません。
    引っ越しして脱会するのが理想ですが、簡単には引っ越しできないので、今はタイミング待ちです。

    宝星さんも、平家物語考えていたのですか(^_^)/
    本当つながっている感がすごいですね!
    オリオン座流星群☆彡こちらは、あいにく曇っていて断念しました。
    バック・トゥ・ザ・フューチャー私も好きでよく見ていましたが、未来に行ったり過去に戻ったりで、パート3からは理解不能になりました(?_?;

    ボレロさん、ありがとうございます。
    新聞やめられたら本当にスッキリするだろうなと思っています。
    たった一部だけやめるのにこんなに悩むなんて…
    多部数の新聞からみたら、一部くらい止めても大したことないはずなのに。
    秋谷会長が脱会されたというのは、デマのようです。
    以前レモンさんがおっしゃっていたのを記憶しています。
    昔本幹で、池田氏が秋谷会長をバカにしてるのを見て不快な思いをしたことをはっきり覚えています。

    ラザリスさん、巨人選手の野球賭博問題も気になりました。
    創価も早く世間に悪事がバレるといいのに!といつも思ってます。

  32. ちーたんさん、初めまして。
    元婦人部二世、この春脱会したケセラセラと申します。
    同じくアラフィフです(^^♪
    前スレにて非活のご主人が脱会されたとのこと、良かったですね~
    非活とはいえ、在籍してるだけでも胸糞悪いですもんね。
    コメント、言い過ぎだと謝られてますが、全然そんなことないですよ~
    至極 全うな意見、むしろ言い足りないくらい(笑)

    私のように時間もお金も貢いでも、脱会したら「忘恩の輩」扱い・・・
    ちーたんさんのように一度も入会したこともない純粋な外部の意見なら、創価人も 少しは耳を傾けるかな・・・なわけない!
    彼らは迷惑行為を慈悲だの勇気だのに、変換しますから、あ~かつての私・・orz
    親戚の迷惑行為に負けずに頑張ってくださいね!

  33. レモンさん、レスありがとうございます。

    >脱会と非活は創価脳の中では雲泥の差があるようです。
    >「脱会」は戸籍が抹消されるのと同じぐらい悲劇的なことという捉え方をしています。
    >幸せの軌道からどうか外さないでという思いからのようです

    「脱会は幸せの軌道から外れることだから」
    学会員さんは皆、そういうマニュアルがあるように断言します。
    ところが同じ人が
    「人の話を聞こうとしない」
    「対話が成り立たない」
    「退転者のいうことなんて信用できないという」
    「攻撃的にもなる」
    これが「幸せの軌道」でしょうか?
    幸せの軌道から外れてるのは脱会者じゃなくて、明らかに活動家の言動の方ですよね。

    脱会者は「幸福の軌道から外れるのが可哀想だから阻止する」なんて怪しいものです。
    確かに折伏する時はそういう気持ちはあったかもしれません。
    だってちゃんと相手の話をいて「対話」しましたよね?
    何を言われても辛抱強く話を聞いて、攻撃なんてしませんでしたよね?
    相手を思ってのことだったからですよ。
    それが「脱会」となると手の裏を返したように対話を拒否する。
    本当に相手を思い、救いたい気持ちがあるなら、どんなに大変でも粘り強く対話するはずです。
    入会させた時と同じように、必死に頭を使い、工夫し、諦めないはずです。

    活動家にとっての「脱会者への本音」とは、
    「自分の大切な創価、池田センセイを、完全否定をされる。それがくやしい。我慢ならない」
    「そんな奴は罵倒して力づくでもねじ伏せたい」
    ただそれだけに見えます。
    慈悲どころか自我の塊が押さえられなくなってしまう。
    朝晩お経を唱え、懸命に祈りをささげる信心深い人誠実なはずの人がそうなってしまう。
    教えがインチキだという証拠ですね。

    ちーたんさん、コメントありがとうございます。
    全然言い過ぎじゃないですよ。
    外部から見ると、バリ活の言動なんてびっくりぽんや!ってやつでしょうね(笑)
    私の場合は家族ではなく地域の学会員にびっくりぽんが多かったですが、彼らの場合は、ネットのアンチ記事なんか知らない読まない、読んだと聞いただけでうすら笑いをしてバカにするタイプの人たちでした。
    しかしながらネットに来てみると、更に上いく盲信者がいて驚きましたよ。
    彼らはアンチ記事を熟読した上で、それらを受け入れず自論を展開するんです。
    その自論がおもしろくておもしろくて。
    私は主に中枢部の実態を知って覚醒したんですが、最近はそれより何より、この信者らの言い分を聞く方が覚醒にはもってこいかもしれないと思います。
    そのくらいおもしろいです。
    だから読んでは紹介するようにしてるんです。

  34. カガテツさんのコメントで天野さんのご様子よくわかりました…
    ただただ正直で真っすぐな思い、悪く思うことはできませんね、
    同じ2世としては笑うことができない気持ちです、なんと言っていいか。
    これを機に意味のない捨て票の数が激減して、公明党の影響力が衰退すれば、
    創価の組織の解体整理に、おのずとつながりそうで、そこを期待したいです。

    ボレロさん、とりもなおさず身辺は静かではあるのですね…
    私は主人との結婚を機に脱会できましたが、母親任せ(入会もそうだし)だったので、
    統監となると心配ではありますが、どうせ選挙ぐらいしか言ってこないだろうし、
    それ以上やれば個人情報の濫用と突っぱねる思いでおります。
    公明党は支持しない!とはハッキリ言ってあり、
    それに対して母はシュンとしておりました…、
    ネットで威勢良く声を上げるバリ活さんのような気力はないようです、
    そんな姿を見るとあわれに思うばかりで、どうしたもんだか。

    数を握っているところで、何ができるんじゃい〜、と思うと、
    私なんかふんと鼻で笑えてくるところですが…
    きっとそのうち、大したことなく思えるような日が来ますよ

    えつこさん、なかなか大変そうですね♡
    私事ですが、最近とくに平和を語る前に愛が大事と思うんですよ。
    自分の身の回りに愛を感じることが、たしかな平和につながると思うんです、
    …相手を悪く言ったり、よそを悪く罵ったりするような体質の創価が
    いきなり世界平和を語り出すのは、??ちょっと待て待て、って感じなんです。
    おばちゃんになって思うのは、愛を感じることが結局は大事だってこと、
    それを知らずして金で孤独を埋めようとした会長周囲に??疑問を持ちます。
    それはともかく、おいといて
    くれぐれも心身ともお大事になさって下さい。
    私の青春の恋にくらべて、なんとしっかりしてらっしゃることか…

  35. ガンジー、キング、池田…皆さまには腹立たしいかもしれませんが、よくよく考えますと共通点がないわけでもありません。まずガンジーと池田氏。激しい差別を受けて来た人々を本当の意味で救ったとは言い難い。

      まずガンジーは確かに、不可触民を憐れみ、「ハリジャン(神の子)」という名称を贈りました。ただ、彼は弁護士でありながら具体的になにか法律的救済措置を執ったわけではなく、その仕事は、自身が不可触民出身であったアンベドカル氏(インドの初代法務大臣)を待たねばなりませんでした。そしてアンベドカル氏晩年の仕事を引き継いでいるのが日本人僧侶・佐々井秀嶺師ですが、同師は少年の日に、創価に狂う母親を諌めようと、御本尊サマを川に投げ捨てたというエピソードがございます。池田氏が会長だった頃の創価学会は、全国の多くの同和地区に信徒を得ました。これは毎日新聞社(影の創価学会支援マスコミ)がちょうど40年前に出した『宗教を現代に問う』第1巻にはっきりと記されています。ただ、だからといって同和地区の福祉が学会の布教以前に比して格段に進展したとは思われません。

      さて、キング牧師と池田氏との共通点。それはやはり「強い性欲」でありましょうか。女性も御覧になるこのコメント欄にあまり生々しいことは書けないのですが、それでも敢えて下品を承知のうえで書かせていただきます。シニフィエさま、女性読者の皆さま、お許しください。
      キング牧師は黒人解放運動に取り組んでいらした間も妻ある身で一度ならず買春し、時には一度に2人の娼婦を相手にしたこともあると聞きます。また、窓際に立っていたところを銃撃された彼は、たばこを手にしており、斃れた彼を見て、運動仲間は彼の清廉なイメージが崩れぬよう、最初にしたことは、そのたばこを指から離すことでした。池田氏も昔はかなり煙草を好んだと聞きます。そして吸ったタバコを信徒や職員へ下げ渡したとも聞いております。池田氏はもっぱら第一庶務の女性を侍らせており、この点、玄人志向のキング牧師とは異なりますが、性欲の強さという点では相通ずるものがございましょう。

      下品ついでにこの際だから言わせて頂きます。岸本加世子さんは、デビュー前は西城秀樹さんのファンであり、ある日、秀樹さんのコンサートで昂奮のあまりふらふらとステージへ昇り、秀樹さんの名を連呼していたところ、秀樹さんは彼女を叱るどころか親切にもプロダクションを探してあげたとか。秀樹さんもかなり性欲が強く、15年前に結婚される以前は、ネオン街でキング牧師に似たような振る舞いをなさっていました。20~30年前は『アサヒ芸能』や『週刊大衆』『週刊実話』の「芸能人夜の御行状」特集などで、毎度のごとく、彼のそうした行状が面白おかしく取り上げられていたものです。ただ、岸本さんに対する態度は長く特筆と賞賛に値しましょう。
      にもかかわらず、岸本さんが秀樹さんに意を尽くして感謝した例(自叙伝などで10ページ以上特筆するなど)をまだ聞いたことがありません。私の浅学寡聞ゆえに、まだ見た事がないのかもしれません。どなたか御存知でしたら、御教示くださいませ。私は女優としての岸本さんを高く評価してやみませんが、彼女が学会の組織や池田氏へ向ける感謝を、今からでも遅くないからもっと秀樹氏へ表明されるよう強く期待してやみません。今の彼女は
              「恩人秀樹さんに出会えたのもセンセイのお蔭!」
    と信じこんでいらっしゃるように思えてなりません。長々と失礼致しました。

  36. signifie様 皆さまこんにちは 友好期間中に退会した 元2世ミキと申します。
    退会届を出す準備はしていたものの どう地区の人に言うかがなかなか難しく延び延びになっていましたが、友好期間が終わると財務だ座談会だと言って来られるので、自分で新聞店に連絡し購読中止 本部に退会届を配達証明書で送り受領書が戻って来て まず 白ゆり長に言いに行きました。

    私    「 創価学会を脱会しましたので・・・」
    白ゆり長 「 じゃあもう財務もしないの? 座談会もでないの?と きつい言い方されまし       た。」
    私    「 もう脱会届 出しましたから 当然出ません」

    その後 区の幹部の方が来られましたが 意外とあっさりしたものでした。
    又 古くからの友人の区の幹部が来ましたが、 話を聞いていると 池田教だ~~~
    と つくづく 感じました。 池田先生が書籍を書いてその売り上げで会館を建設してくださった 池田先生はすべての事がわかっておられる・・・
    もう 話 聞いていてもこりゃ ダメだ!  
    まだこうした妄信婦人部が全国のいたる所にいるのでしょうね。

    10年後 この世代も後期高齢者になり 勢いはなくなると思います。
    いたる所の会館も維持管理できなくなると思います。

    モニカさんの的確なコメント、レモンさんの地区婦人部長だったからの素晴らしいコメント
    毎回 感心しながら拝見してます。 

  37. 初めましてここに投稿させてもらいます。
    簡単な自己紹介なんですが、数年前まではかなりバリ活していた
    カエルの王子という者です。本当にこの信心は間違いなく創価は絶対だと
    確信していました。また男子部でも役職をいただき家庭訪問 選挙の時も
    FをZに変える戦いそしt何よりも折伏とこういった感じで仕事と学会活動だけ
    しかやらなかった日々でしたほんの数年前まではこんな感じでした。
    20代から30代は学会活動にどっぷりとはまりこんでしまいました。
    今考えればもったいないことをしてきたなと思います。

    あることがきっかけで創価にかなり不信感を持ち35歳あたりから
    活動をすこしずつ離れていくようにしました。

    不信感とは、ずばり池田がいきなり公の場から姿を消した
    それと同時に幹部連中は先生はお元気ですと言い出してから
    これはおかしいと感じ始めました。
    さらに役職が上がるにつれて会合の強制参加また創価班の着任
    が増え続けストレスもたまる一方でした。ついにうつ病になり

    かなり上の幹部に相談したら
    お前の信心のやり方が間違っている
    先生を求めていないからお前はダメな奴なんだ
    信心が足りないからこうなったんだ

    この言葉で頭が切れてしまい活動から離れることにしました

    話はそれましたが今回のテーマなんですが、10年後の創価ですか?
    衰退してるのは言うまでもないです。実際に僕が男子部で活動していた時に
    ボロボロと退転者でてきたのをたくさんみましたよ、未来部もほとんどいな
    いなんじゃないんですか?親が創価で子供まで入りたくないのに
    物心ついたときには創価に籍があったのが殆どですから
    僕もそうでした。やりたくもないのに勝手に入らされ池田先生は素晴らしい
    と親から散々言い聞かされ育ちますが

    逆にこれって子供には良くないんですよね。訳も分からず池田先生が云々
    よけいに反発しますよ。まぁ未来部は期待しないほうがいいです。
    これからは創価は年寄だらけの集まりで年々会員は減る一方
    そのうち消滅するのは時間の問題
    それと学会の奴らはなんであんなに態度が偉そうなんですか?
    年下の奴(こいつは幹部)からため口 普段から傲慢な態度
    自分は創価のエリートだからなんでもできるんですか?
    創価ってある意味凄いとこです。

  38. 自分の地区やブロックを見れば創価の実態がわかると思います。
    過去10年で人が増えたのか?
    これから10年で更に増えるのか?
    原田会長が本幹で叫んでいる「全国で陸続と新メンバーが増え」とか、新聞の「SGIのめざましい発展」が嘘であるとわかるでしょう?
    戦時中の配給と、ラジオや新聞のニュースがちぐはぐだったとの同じです。
    「嘘じゃないわ!妄想よ!」というのは自由です。
    信じるのは自由ですからね。
    説得力があるないは別にしても、尊重しましょう。
    ただ自由なんだけど、気持ちもわかるんだけど、でもそれが嘘じゃないという理由にはなりません。

    戦時中も「日本は実はヤバイ」は妄想と言われました。
    言ってはいけないとまで言われました。
    警察で取り締まられる対策まで講じてありました。
    でも「快進撃」が事実かと言えば違いました。
    事実かどうかは別問題なのです。
    事実は事実として時には冷酷でも存在するんです。

    信者は「こうあってほしい!」「私はこう信じる!」という信念と現実を一緒にしたがります。
    信じるというのはそういうものなんでしょうね。
    証明できないものは或いはそれで通用するのかもしれませんよ。
    「私が〇〇になったのは、偶然でも他でもない。この信仰の力なんだ!」と言えば、そうなのかもしれません。
    ただ、世の中には突き詰めれば証明できるものがあります。
    そういう目に見えない説明のできないものではなく、暴けば証拠も論拠も明確になるものがあります。
    宗教の出る幕ではなく、実態として証明できる分野がありますよね?

    〇SGIが発展しているのか衰退しているのか?
    〇国内の会員は本当に827万世帯なのか?
    〇池田が本当に元気でメッセージを書いているのか?
    そういうことは、暴こうと思えば現実に暴ける分野です。調べがつく分野です。
    嘘か事実か判別できるんです。
    宗教ではない。
    信じる信じないの領域ではないんですよ。

    信者は教えを信じるあまり、あれもこれもごちゃまぜにして断定してしまいます。
    だから「盲」信者と言われてしまうんですよ。

  39. コージさん、ケセラセラさん、モニカさん、そして、皆さん、
    あまり創価学会の事を知らない、失礼な私に、暖かいお言葉をいただきありがとうございます!

    主人が、脱会してから、学会の方の訪問全くありません!ヤッターV(^_^)V
    主人が籍を置いてた時は、近所の学会の人達がきてましたね!そうそう、選挙の為に。
    ウザいし、胸糞悪かったです(笑)
    でも、近所も主人の親戚も、一回も折伏はありませんでした!
    そう言えば、財務も言われてないです!
    別に貧乏ではなく、普通の生活してますが(笑)
    私が怖いんですよ(笑)
    口では負けませんから(笑)

    聖教新聞も断っても、配達の人が、
    あきらめきれなかったみたいで、その後も、入ったりしてたので、クレームじゃんじゃん入れたら、とまりました(^-^)/
    あ、選挙、公明入れませんから(^-^)/

  40. 現在の創価の会合って、例えば県長会や支部長会や座談会に至るまで、イケダセンセイの健康状態について、「裸の王さま」の童話みたいな感じなのでしょうか?
    イケダセンセイが、元気で執筆活動やメッセージを書き続けているはずもないのに、「バカと思われる」=「信心がおかしくなったと思われる」のが怖くて、イケダセンセイが元気であるという幹部の言葉を、無理矢理に信じ込もうとしているのではないでしょうか?
    だとしたら、これほど間抜けな組織もありませんよね。
    童話と同じで、未来部の正直者の子供が「イケダセンセイは、本当は病気で死にかけてるんじゃないんかい?」という言葉から皆が嘘をつきあうのをやめて、「王さまは裸だ!!」=「イケダセンセイは病気で人前に出られない!!」ってなったらドラマチックですね。
    ひとつの嘘を隠し続けるために、百の嘘が必要となるように、イケダセンセイが偉大な平和主義者だという嘘によって、創価学会の全ての悪事が始まっているように思います。
    逆に、イケダセンセイの本性が暴かれることによって、創価学会の崩壊への糸口がつかめるような気がするのです。
    (^.^)

  41. せーやさん、ミキさん、コメントありがとうございます。

    そういえば詐欺団体って名簿命ですよね。
    高額で売買されたり、取引されてるし。
    カモは名簿で囲い、その中から獲物を物色する。
    確かに名簿、大事ですね(笑)

    それに宗教をからめて騙すとなると、非活は「名簿」があるからまだ地獄には堕ちない。
    「名簿」から名前が消えると地獄行き決定ってことにしましょう。
    わかりやすいですね(笑)
    要するに詐欺団にとって重要な情報データなんですよ、統監って。
    アホらしいからさっさと削除(脱会)させましょ。

  42. 創価を衰退させるには、新聞購読を辞めましょう!財務を辞めましょう!
    活動をいっさい辞めましょう!
    そうすれば、創価は衰退します!

    今日、外部の知り合いといろいろ話していたら、「どこで調べたのか、学会の人が勝手に私の携帯に電話してきて選挙を頼んできたことがある。番号は教えてないのに!会館に抗議してやったわ!」とのこと。
    選挙になると毎回頼みに来るそうなので、「今度からははっきり断わったらいいですよ!」と言っておきました。本当、不愉快だわ!

    これからは、身内や外部の人に創価の実体を話していき、新聞や選挙は断るように訴えていこう!と思っています。妨害かい!?
    本当、完全なアンチになったボレロで~す。(。・`з・)ノ

    せーやさん
    いつもコメント有難うございます!(*^-^*)
    非活宣言され、財務も断わられているのでとても勇気ある行動だと思います。
    新聞1つと思っても、身内のこともありいろいろなしがらみがありますから・・
    悩むのが、当然のことだと思います。
    せーやさんが、いい時に・・でいいですよ。

    宝星さん
    コメント有難うございます!(^ー^)
    今のところは、とても静かです。訪問も全くありませんし、財務もなにも言って来ませんでした。でも、監視はされているでしょう。
    選挙は頼みに来るでしょうが・・
    来年の参議院選挙どうするか?と考えているところです。

  43. signifieさん、皆さんお久しぶりです。
    以前、何度か書き込みさせて頂いたコロ助と申します。

    会合に行く回数を減らしたり、わざと勤行が終わった頃を見計らって参加したりしていますが、まだ非活にはなれてないので、とても苦しいです。

    先日、地区総会に参加しましたが、ここ数年 新しい部員さんが来るわけもなく、外部の方も来ない、いつもの老人会の様な顔ぶればかりです。一応、地区総会なので座談会よりは柔らかい内容ですが……支部のわずかな男女青年部が各地区を回り、出しものをする光景は、とても人材が育っているとは言えません。
    3人の方が体験発表をされましたが、どれも10年以上も前の事ばかりで、特に最近功徳が出た!という人は地区には一人もいない感じです。

    私は、結婚を機に今のところに来て7年ほど経ちますが、今まで活動家は一人も入ってこず、訪問不可・新聞不可の人ばかりが引越してきます。

    今でも創価が衰退してるのは肌で感じていますが、10年後はさらに衰退して 連日テレビで創価の悪事が報道され、木っ端微塵になっている事を願います。

    長々と失礼しましたm(_ _)m

  44. ラザリスさん
    >牙城会と創価班は、婦人部に乗っ取られたりするかも…。(笑)

    今でも昼間の本幹や会合に任務に着任する、創価班の婦人部バージョンがあります。
    グループの呼び名は全国で違うようですが、私も白ゆり長時代にそのグループに入っていて会合の際には出動していました。
    昼間の本幹や様々な会合の場で着任するのですが、本幹着任の場合始まる30分前に集合、終了後は会館の清掃まであるので、3時間ぐらい時間をとられてしまい本当に大変でした。
    昼間の会館受付に数時間座ってるという牙城会バージョンのグループもありました。
    座っているだけで体力使わないので、フリーの副本たちが交代で座ってました。
    土日や夜の任務につく創価班の男子部は足りないので、数年前より40代の比較的若い壮年部も任務に就いていますね。

    近い将来、現役を引退した壮年部が夜の創価班の任務につくようになるんじゃないのかなぁと思っています。シルバー創価班って感じでしょうか。
    今は、仕事を理由に選んで会合に出ている活動家の壮年部の方、引退したら仕事は理由にできないので車の送迎から会館任務、日曜日の会館掃除、ついでに配達集金とあれこれ使われちゃいますね。
    創価は死ぬまでコキ使うんですから、覚悟しておいたほうがいいと思います。

    おっとっとさんの海外のSGIメンバーの話
    とても興味深く読みました。
    組織の現場では「海外では創価学会に入りたい人達が順番待ちをしている」と総区幹部が会合の際によく言っていました。
    それに対して、みんな「すごい~」と感嘆の声をあげていましたっけ。
    毎日のように聖教紙面にのるSGIメンバーの写真も、それを信じこませる演出なんでしょうね。

    ミキさん
    コメントありがとうございます。
    シニフィエさんのサイトに甘えさせて頂き、今まで自分がしてきた愚かな活動や思いを吐き出させて頂いています。
    そして、その事で私自身が救われています。

  45. サラマンダラさん  2015年10月21日 16:31
    >貞永さんという方は今はどうされたんですかね?
    誰かご存知ですか?

    に、おっとっと さんが 2015年10月21日 18:19
    >ジョージウィリアムス アメリカ初代理事長ですね…

    と、応えておられましたが、脱会・亡くなられるかなり前の事情を、もう少し補足させて下さい。
    「創価学会・公明党スキャンダル・ウォッチング―これでもあなたは信じますか」
    内藤国夫(創価ウォッチ25年、随分長いお付き合いになりました)/日新報道 (1989/06)
    177p~179p
     池田はかって「海外の組織は学会の庭先の植木のようなもの」といった。これは「海外の学会組織は飾り物にすぎず、とりわけて自分自身を飾る道具だ」といっているのに等しい。池田批判の火の手が日本中の学会組織に広がると、池田の名誉を飾り演出をしてくれるのは日本の状況に疎い海外組織しかなくなる。「世界のプレジデント池田」を演出するのがアメリカの貞永、フランスの山崎鋭一、香港の高木、ブラジルのシルビア斉藤たちである。

     ジョージ・M・ウィリアムスと聞くと、いかにも米国に根付いた日系二世のように思いがちだが、ウィリアムスこと貞永昌靖は純然たる日本人である。貞永は、昭和三十二年頃、米国に留学で渡ったのが最初。その時「米国に創価学会を作ってこい」とハッパをかけられ、自力で米国創価学会を作った。これが現在のNSA(日蓮正宗。オブ・アメリカ)の前身となった。米国の創価学会は貞永が作ったという意味で、なかなかの頑張り屋である。
     そのNSAが今、惨憺たる状態に置かれている。原因は池田だ。池田は頻繁に米国に出かける。そして、演出をこらした、数々の歓迎、熱狂、名誉を独り占めにする。日本のマスコミの袋叩きにあってはいても、(*引用者註、池田が世間から批判されてた当時の話)世界が池田先生を認め、求めている、というお祭り騒ぎを日本の学会員に持ち帰るためだ。だが、この無理な演出のために現地の学会員がどれほどの苦労を強いられることか。名誉市民の称号を得るために使われる多額の工作資金。派手な文化祭にむりやり駆り出される地元学会員、マスコミの好意的な報道を得るための多額の賄賂贈呈など、数えあげたらきりがない。
    (*座談会では「向こうが勝手にセンセの行動を評価して持ってくる」とか言ってますがウソです。実態は寄付、賄賂……で買っています。ここを熱心に見ておられる読者の方にはイワズモガナの解説でした)
     もともと、米国での学会への入信の仕方は大変プラグマチズム的である。「効き目があるから(功徳があるから)入る。効き目がなくなったらやめる」という会員が多く、組織への定着率がきわめて悪い。減るのに見合うだけの新たな折伏を、盛んに行わなければならない。その上に池田のわがままな演出が強いられれば、組織がだめになるのは当たり前だ。
    NSAは公称二〇万人といわれるが、実数は十分の一の二万人を割り込むほどである。

     貞永の悩みは尽きない。一時、米国では池田より貞永の方に人気があった。池田が入る現地の会合では、池田に対する拍手より貞永への方が大きかったこともある。また、池田の長男博正が米国に留学した時も、米国人は世襲を日本人以上に嫌うため、博正の受け入れに熱心になれなかった。それも、池田にとっては気に入らなかった。池田は貞永を日本に呼び付け、どなり散らした。一時は、貞永をパージしようと真剣に検討した。頑張り屋の貞永も、これでは報われない。
    (以上─御用済で池田からポイされかねない─ジョージ・M・ウィリアムスの項オール引用終了)

    レイラさん  2015年10月21日 23:30
    >センセのおそばにいた幹部の人って
    どうしてこう裏切る事が多いのだろう・・・なんてね。
    「センセに近い人は業が深いから」なんでしょうか?

    *違います。単純に長い時間近くに居て池田が、“大嘘つき・品性愚劣・守銭奴等々”を身近で見て、心底嫌気がさして“もう一秒も側に居たくない”と呆れ果てたからです。
    参考↓(常識化してるほど。なので出典はあげません)
    『法華経を唱えるヒトラー』(人を見抜く眼、が凄かった)田中角栄の池田評
    『悪しき 天才、巨大な俗物』(作家だけに流石のフレーズ)石原慎太郎の池田評

  46. ちょっと寝込んでいる間に、ものすごい勢いでコメントが進んでいますね。
    嬉しい限りです。
    ちょっと最近季節の変わり目に負けているkickeyです。

    10年後なんて創価は絶滅危惧種、レッドリストでしょうね。

    ま、絶滅してくれたらええけどな。

    どこかのゾーンか県かが、セミナーをするらしくて。
    ◯本リンダが来るらしいんです。
    創価大嫌いな知り合いが、創価知人に誘われたらしく・・・。
    その誘い文句が「友人を連れて行かないと私自身も会場に入れない。だから一緒に行って」
    だって。ペア参加が条件だそうです。

    ぶあはははは!
    きっと会場なんてガラガラで、最終的に誰でもオーケー!って状態になると思うけどな。
    いつもそうでした。私のバリ活時代でさえ。
    数年前より今のほうが衰退しているに決まってるから、ペア参加なんて条件で会合開いたら、
    来るわけないよ。人なんて。
    ま、10年後なんてもっとだろうね。

    あ~秋のぶたくさアレルギー、くしゃみがひどくて・・・。

    最後に以前作って、ここに書き込むことのなかった替え歌を
    書き込んでおきます。
    アラフィフのみなさん~池田ジジイがだ~いすきなアグネスで~す。

    アグネスはアラフィフ世代のアイドルでしたね~

    アグネスの草原の輝きの替え歌

    「金満の輝き」
    いねむりしたのねいつか
    いやいやなんみょーしてて
    かね子が呼ぶ声がして
    今 目が覚めた
    卑しい気持ちをすべて 勲章に代えてきた人
    池田元気かと聞くと
    皆 くち閉じた

    今 笑いをかくして
    カネ数え~
    雲隠れを続ける
    カネがすべてのデー作

    失礼しました~チャンチャン

  47. 今日も、ていうかほとんど毎日ですが、聖教新聞紙上では、池田センセーの顔写真付きで
    メッセージだの表彰だの、対談集だの、今日は写真展の開催ですか、
    ほんと、池田君にどんだけ依存しているんでしょうか?
    カガテツさんのおしゃるように、10年後は、池田のメッセー爺さんは
    到底毎日メッセージを書けるはずもないような年齢に達する訳で、
    創価学会は、一体どういう対応するつもりでしょうかね・・・?

    ラザリスさん、
    VWの排ガス問題、車好きとしては、本当にガッカリな話ですよね。
    その分、日本のメーカーが有利になるとの話もありますが、それ以前に、いい話で競争をして欲しいですよね。
    ちなみに、クリーンディーゼル、すごく興味があります、低速からトルクがあるエンジン、しかも低燃費だし、
    次は乗ってみたいなぁ、などと思っています。

    せーやさん、
    確かに、親とか身内、親戚とかが創価脳の活動家だと、良かれと思って信心をやっている以上、余計に厄介ですよね。
    そっと脱会して創価と縁を切りつつ、親には内緒で過ごす、という事が上手く出来るといいんですが・・・
    とにかく、タイミングを見て、可能ならやんわりと説得を試みたりして進んでみるのもいいかも、です。

    ミキさん、 初めまして、
    脱会おめでとうございます、創価脳の活動家は、全国どこの地域でも、同じような対応・問答して来ますよね。
    創価シャッターを閉じて、都合のいい事しか言おうとしないので、対話にもなりません。
    今後は、普通の人と同じ、穏やかで平穏な生活を取り戻してくださいませ。

    カエルの王子さん、 初めまして、
    創価というところは、ほとんど活動してない人には、お客さん的な扱いをしますが、役職が付いたりすると、
    もう徹底的にコキ使いますからね、非常に厄介で面倒くさい組織です。
    1円の給料も、1%の功徳もないし、ほんとアホらしいですよね。
    学会の活動家たちは、何の成長も功徳も無いのに、勘違い的エリート意識だけは妙に高いのも特徴です。

    ちーたんさん、
    すいません!お名前を間違えて書いてしまいました(><)ノ
    オッサンなのにドジっ子ですが、宜しくお願いします。
    ちーたんさんみたいに、スパッときっちり断る方が家にいれば、創価も簡単には
    財務や新聞も強くは頼めない訳で、大変に素晴らしい事です。

    たらこ唇の天使さん、 おっとっとさん、 いつも興味深い投稿、ありがとうございます、
    キレのある投稿、いつも楽しみに読んでいます。

    それにしても夜は寒くなりましたね、創価の10年後の協議会とか座談会は、参加者激減で
    もっともっと寒くなるんでしょう・・・(笑)
    それでも、創価が世界広布に躍進していると勘違いしている御老人たちが、
    池田の黒い髪の時代の映像を観ながら、あーだこーだ言ってるんでしょうかね・・・
    まあ、その前に創価が崩壊して、解散宣言が出ているかも知れませんけど。

  48. レモンさん、コメントありがとうございます♪
    やはり、婦人部頼りの流れになってるのですね。
    自分が牙城会を卒業してから数年後に、王城会なるものに誘われましたが、ソッコウで断りました。「年寄りを頼るな、たわけ者めが!!」ってね。

    コージさん、車お好きですか?
    自分も、車とバイクと自転車の乗り物全般好きです。
    今は、トヨタのエコカーに乗ってますが、マツダのデザインとエンジンもなかなかいいと思います。日本人の技術力はすごいですね。

    カガテツさん、いつも貴重な情報をありがとうございます。
    ジョージ ウィリアムスさんの名前は、昔よく聞きました。アメリカで創価学会を発展させた方でしたが、イケダセンセイの本性に気付き離れられたとのことで良かったです。
    ご冥福をお祈りいたします。

    kickeyさん、替え歌 good job っす。
    笑いました。
    週末、ゆっくり休んでね~。
    コメント楽しみにしてます。
    (^_^)/~~

  49. 手元に、11/1の未来部員会の案内があります。
    第6回なので、二か月に一回なのでしょうか?
    以前は、男子部・女子部が主体で、毎月開催されてましたよね。
    いまは、壮年部・婦人部(といっても70過ぎた老夫婦)が主体で開催しているようです。
    これだけ見ても、創価の衰退が見て取れます。

    創価を衰退させるには、未来部員を徹底的に創価に触れさせないことも一つの方法でしょうね。

    昨日小学生の息子に「ナンミョーってどうなん?」ときかれました。
    速攻で「宗教を利用した非常に悪質な詐欺団体や。多くの人をだまして、人生をダメにしてきたんや」
    「この宗教をすれば、幸せになれるとかいいながら、一番しっかり信仰しているはずのイケダセンセーが、脳の病気で倒れて人前に出れない状態。ウソつきや。ボケてウ○コ投げつけてるといわれてるよ」
    「あんなもんに関わったらあかん。悪質な詐欺やで」

    我が家は引っ越しを機に退会します。妻が言うには「引っ越し前に退会すると、陰で何を言われるのかわからない」らしいです。なんという慈悲深い組織でしょうか!

    10年後の創価学会・・・
    我が家は4人全員が退会。兄弟3人も退会しているでしょう。

    最後に疑問。
    念仏は自殺者が多いとうたい文句で破折しながら、どうして父は念仏から創価に信仰を変えたのに自殺したのですか?
    病床に池田の方便品・寿量品講義を読んでいた母が、ガンで悶絶しながら死んだのは何でですか?
    方面幹部のお医者さんが、殺人にかかわった病院の院長職であったうえ、自らも交通違反で医業停止を食らっていたのはなぜですか?

    創価が邪宗であるからですよね。宗教を利用した詐欺団体だから。詐欺の片棒を担いだから悲惨な目にあうのですよ。かわいそうに。
    どれだけ、純粋な心であろうとも、邪悪な創価に貢献すれば、結果として「悪に加担」しているので悲惨な結果が表れますよ。

  50. コージさん

    名前間違えてましたか?
    アラフィフなので、老眼が入ってて、
    気が付きませんでした(笑)

    私も、ドジっ子、というよりボケてるかもしれないです(笑)
    こちらこそ、よろしくお願いします(^-^)/

  51. pomupomuです。
    ここ一週間ほどかけて、過去のコメント(昨年8月から3月)まで読みました。3月の自分の初のコメントを見たときには恥ずかしかったです。独りよがりなコメントでした。スミマセン。
    読む中で、おつきあいしている方と別れる決意をなさった方々、子供を連れての離婚を決めた方のお話がありました。皆さんおっしゃるように「今は辛くとも、新しい道は開けますよ。カルトの洗脳が解けない人との生活は辛いですよ。」と、私も思います。

    10年後の創価学会は、衰退でしょう。池田カルト教として存続しますかね。

    我が家の夫は体もぼろぼろで早期退職を考えています。そのとき、レモンさんのコメントの状態になってしまうのでないかと背筋が寒くなりました。牙城会とやらを若い頃していた夫です。喜んで奉仕する姿が目に浮かんでしまいます。レモンさん、いつもありがとうございます。

    レモンさんのコメントから
    >近い将来、現役を引退した壮年部が夜の創価班の任務につくようになるんじゃないのかなぁと>思っています。シルバー創価班って感じでしょうか。
    >今は、仕事を理由に選んで会合に出ている活動家の壮年部の方、引退したら仕事は理由にでき>ないので車の送迎から会館任務、日曜日の会館掃除、ついでに配達集金とあれこれ使われちゃ>いますね。
    > 創価は死ぬまでコキ使うんですから、覚悟しておいたほうがいいと思います。

    kickeyさん。替え歌最高です。久々、笑いました。ありがとうございます。
    私は鬱状態を永く過ごして疲れやすいところがあります。お大事になさって下さい。

    モニカさん、ラザリスさん、コージさん、お名前挙げられないけどここをお読みのみなさん、いつも、励まされています。ありがとうございます。
    えつこさん、冷静な話し合いを重ねていて素晴らしいです。「覚醒」するまで、納得するまで話せる事は素晴らしいです。応援しています。

    シニフィエさん、ブログの管理本当にありがとうございます。
    肌寒くなってきました。みなさん、健康に留意してお過ごし下さい。

  52. カガテツさんの引用文

    >日本のマスコミの袋叩きにあってはいても、世界が池田先生を認め、求めている、というお祭り騒ぎを日本の学会員に持ち帰るためだ。

    これよくわかります。
    今の創価の洗脳ネタはSGIの写真を持ってきてみせびらかし、騙すしかありません。
    国内では、熱心な会員さえ感銘させるようなことはもう皆無だからです。
    右を向いても左を向いても衰退の一途。
    昔のように夢物語を大げさに語っても、自分やその近辺を見渡すとしらじらと醒めてしまう。
    ああ今一歩、インパクトのある洗脳がほしいですね。
    そんな時にジャジャーンと取り出すのがSGIの写真です。
    お年寄りは、肌の色の違う人たちが数珠を握りしめてる写真だけで満足します。
    詳細な実態や工作を明かす必要はなくイメージで充分。
    むしろ理屈ではなく、感覚で訴えるイメージが重要なんです。
    こと婦人部はこれが大好きですからね。
    実際、「勲章」とか「世界が称賛」という短い単語の横に、ただメンバーの笑っている顔写真が効果抜群です。

    宗門問題の時もそうでしたが、お人よしでマインドコントロールされた信者は細工した写真一枚でおもしろいように操れますよね。
    ブラジルでサンバの゙の歓迎を受けただけの写真を「ヌードダンサーとランチキ騒ぎ」と一行書けば、未来永劫「坊主は堕落」と思ってくれる信者相手ですもんね。

  53. こんにちははじめまして、パニックスです。
    先ほど、それでもまだ財務をしますか?というページに投稿していまいました。こちらが最新のようでしたので、また携帯電話で入力しています。

    長女の未来部員会出席をなんとか食い止めたいと思っています。
    無理やり入信させて、ヤングで作物書いてる妻共々年内の脱会を目指します。(妻にはまだ何も‥話してませんが)
    財務も毎年1万円だけしています、今年はもう終わってのでしょうか?妻に任せきりで恥ずかしながらわかりません。

    肩にのった大きな石を下ろして、身体に染み込んだ創価の臭いを早く取り除きたいです。
    でも、正直言って仏罰はよぎるし、母親の事を考えると、なんだかいたたまれなくなります。

    みなさまよろしくお願いします。

  54. 創価の総資産ってどれくらいのもんなんでしょうね?
    一応宗教法人だから、税では優遇されてるし、今年の財務も大金出す人いるだろうから、かなりのもんなんだろうな。
    莫大なお金により、「先生はお元気です」演出や、「SGI発展してます」演出がいくらでもできちゃう(-_-;)

    お金の面では まだ10年もつ気がします。(会員からたんまりむしり取ってるからね~)
    でも、人材の面では、どうかな?
    活動家はどんどん減り、後継は育たない、自分にばっかり負担が来る、いくらMCされてるとはいえ、身体も心も悲鳴あげたら・・・

    「そして(活動家)は誰もいなくなった」
    10年後の創価です!(非活の幽霊会員は残ってる)

  55. 衰退している創価の現場で、会員が逃げ出さないようにMC強化のために今年の春頃から取り入れられたモバイルSTB。
    毎週月曜日の協議会や座談会はもちろんですが、婦人部の人材Gや小Gなど会合に出られない会員たち(老人や未活)に見せるための映像が沢山入っている機器です。
    「SOKAチャンネルVOD番組ガイド」で検索すると1番上でヒットするので、お時間あるときに是非見てください。
    会員が、今創価の現場でどんなものを常に見せられているのかよくわかります。
    信仰体験や海外SGIメンバー教宣での宗門の映像など、創価に都合よく作られています。

    これは随時新しいものが、現場の機器にダウンロードされてどんどん増えていくのですが、最近のイケダの映像も肉声も一切なしです。
    イケダの映像や指導は昔のものばかりです。
    あれだけ随筆やメッセージを書いているんだったら、肉声で読み上げてもよさそうなのに・・・
    これに対して疑問すら持たない、持てなくされているんですよね。

  56. 朝の通学路で交指導員(昔で言うみどりのおばさん?)をしている婦人部大幹部を見かけました。
    きっと学会の名誉のためにと、地域貢献しているのでしょうが、はつらつさは感じられず無理をしているような表情でした。
    学会活動の他にも、毎朝神経を使った交通指導は大変そうです。
    10年後は、こうして頑張る婦人部幹部も減るのかな?

    秋谷会長脱会か?の件で思い出しましたが、私はずっとネットでの柴□理恵脱会?の記事が気になっていました。
    実際、この夏何かの会合で柴□理恵が来るらしいと、知り合いが言っていたので、脱会はしていないと思いますが。
    ネットは、わけがわからないものが多いです。
    でもこちらのブログは、皆さんの真実のコメントをsignifieさんが運営管理されていますので、本当に素晴らしいですね!

    ボレロさん、コージさん
    ありがとうございます(*^-^*)
    いつもあたたかいお言葉身にしみています。

    コロ助さん、地区総会のご様子、こちらの地区と似ています。
    覚醒してからの活動は、よけい辛いですよね。
    コロ助さんの詳しい状況は、わかりませんが…
    経済的に苦しいので、フルでお仕事を始めることになりました!と言って、組織から距離を置くことはできませんか?
    私が副役職の時、正役職の方が仕事を始めたので、私が出来ることは協力していました。
    私のコメント、的確なアドバイスではないかと思いますが、コロ助さんのことが気になりました。

  57. 創価によって被害にあった人、少しでも疑問や不満を持っている人、どんどんこのブログに書き込みしましょう!
    このブログで、訴えてください!
    それが、創価崩壊につながっていくから・・
    管理人さんのようなせりふを言ってしまいました。シニフィエさん、ごめんなさい。m(._.)m

    社会悪、極悪カルト犯罪詐欺集団!はやく崩壊してくれ~~!ι(`ロ´)ノ

    コロ助さん
    少しでも早く役職をぶん投げて楽になってください。
    コロ助さんを苦しめているのは、組織です。
    応援してま~す!(^ー^)ノ

    カガテツさん
    いつも貴重かつ詳細な情報有難うございます!(^ー^)
    ひとり学会員さんの天野さん、勇気ある方だと思いますが、創価が後押しているらしく創価の世間の評判を高めるためでは?との情報もあるようですが・・
    大作先生の側近達は全て離れていきましたね。
    よっぽど、性格が悪いのでしょう!

    パニックスさん
    はじめまして。
    子供さんがまだ小さいので、洗脳されないうちに早く抜け出してください。
    財務の申込みはもう終わっているはずです。納金は12月ですが、取り消しできるかな?地区に聞いてみられたらよいと思います。

    レモンさん
    いつも、詳しい情報有難うございます。(^ー^)
    その様な、機器を使って会員を洗脳しようと企んでいるのですね!
    あの手、この手を使って・・まったく呆れます。
    レモンさんに吐いた幹部の言葉、許せません!

  58. soka yuoth web 見たのですが、ありえない話ばかりですね。
    http://www.sokayouth.jp/question-and-answer.html
    Q 創価学会とは
    A 人々の幸福を願って仏法を実践する団体です
    実際は→月1回の衛星中継において、机をバンバン叩きながら他人の悪口を述べる人の話を聞いて、拍手したり万歳したりする怪しい集団です。

    Q 組織ってなんだか怖い
    A 創価学会の組織は「励まし」のネットワークです
    実際は→折伏・新聞啓蒙・毎日の活動によるストレスで「禿げ」が「増し」ます

    Q 聖教新聞てどんな新聞
    A 生きる希望と勇気を送る新聞です
    実際は→池田大作が購入した勲章を自慢する新聞です

    Q ネットに○○と書いてある
    A ネットは、有益な情報がある一方で、一部の悪意を持った人間が匿名で作為的にデタラメな情報を垂れ流しているケースもあります
    実際は→創価のインチキがばれるといけないので、一部の本部職員が必死になって、昼夜、ネットはデマだ、と、匿名で作為的にデタラメな情報を垂れ流しています

    Q 学会員はどんな活動をしているの?
    A 「勤行・唱題」と「励ましの対話」です
    実際は→功徳欲しさに強引な折伏をしたり、選挙のときだけ大して親しくもない知人に連絡をしたり、人から嫌われるような活動をしています

    Q なぜ、政治に関わるの?
    A 現実社会を変革していくことこそ、宗教の使命だからです
    実際は→脱税をもみ消したり、宗教法人に課税されないようにする必要があるからです

    Q 「座談会」って何?
    A 老若男女が集まって語り合う「励ましと決意の場」であり、創価学会の活動の根幹です
    実際は→活動から離れられないようにするために、会員同士で相互監視したり、辞めたら不幸になると洗脳する場です

  59. レイラです。

    >せーやさん
    ですよね。非活はまた活動家になる見込みがある。
    今ちょっと寝ているだけ。お題目をあげて復活をご祈念♪

    脱会はもう犯罪者に近い扱いかと。

    >カガテツさん
    ありがとうございます。
    イケダセンセのそばにいてた人はセンセを嫉妬し
    手のひらかえして裏切る人が多い。
    だから私たちはどんな事があっても師匠を守ろう!
    なんて、先輩幹部からMCされてきました。

    センセに近い人は正体を見た!という感じだったのでしょうね。
    センセは友達はいるのでしょうか?余計なお世話ですかね(笑)。

    私もMCされていた一人ですが
    折伏されての入会者だったので、バリ活中でも正直学会やセンセに対して
    ???な所がありました。

    1)お忙しいのになぜ全国から送られてくる会合のご招待状に
      印を押す時間があるのか?→私は影武者が絶対いる!と思いました。

    2)学会本部に行って広布基金をすると必ずセンセからの
    決まり文句のご伝言→お忙しいセンセは実際見ていないのではないの?

    3)本幹でいつもセンセが会の途中から入ってくる。
    →これはセンセが特別!というMCバリバリできる演出と感じました。

    4)本幹いつも原稿を読んでいる。
    →センセ自身が書いてる気がしなかった。

    5)↑なのであまり自分の中で響かなかった。
    正直本幹はいつも眠たくなりました(笑)。館内も照明を落とすせいもあったかもしれませんが。
    スピーチが終わったらやれやれ・・と思っていました。
    その後の会館での幹部指導も長かったですが・・・(苦笑)

    その他やたら水をごくごく飲む音、机バンバン、ハイルヒ●ラーのように
    やたら同意を求めて皆に手を上げさせる。→完全にMCさせている

    6)毎日の戦い戦い→誰と戦うのでしょうか?敵は誰なんでしょう?
    宗門?他党?邪宗?アンチ学会の組織?山友氏???
    平和を願う団体なのに、戦うのではなく何故「そちらはそちらでがんばってくださいね
    お互いそれぞれの教えでがんばりましょうね」とならないのかと思いました。

    7)聖職者に見えなかった→特に50代くらいの頃の写真。
    ギラギラしてて目が泳いでいる。

    8)一度もお会いしていないのに「人生の師」と言われてもピンとこなかった。
    しかも末端は先生が来られる会合は参加できなかったし。
    センセの生の声をきいたことがない。文化祭でもスピーチ一言もなかった。

    >カエルの王子様さん はじめまして。

    「不信感とは、ずばり池田がいきなり公の場から姿を消した
    それと同時に幹部連中は先生はお元気ですと言い出してから
    これはおかしいと感じ始めました。」

    私もです。引っ越ししてきた支部&地区になーんかなじめず
    徐々に組織から離れて行った私です。
    それでもセンセは間違いない、正しいと信じており(笑)
    疑うのは魔にやられているんだと思い(爆笑)何があっても
    センセを裏切らないでおこう、ババア(笑)になって一人になった時は
    組織に戻ろう・・・なんて考えていました。

    でもある日から・・・センセは表舞台に出なくなりました。
    お忙しい?私たちにバトンタッチ?
    半年、一年、二年・・・・どう考えてもおかしいでしょと私も思ったのです。
    たまに新聞に出るうつろな目にセンセを見て、これは元気ではないと
    素人の私でもわかりました。

    そしてここのサイトを知り、「創価は詐欺」ショックでしたけど
    出てこないセンセはお元気ですと新聞にのせている自体もう詐欺決定!になりました。

    ~~~10年後の学会は~~~
    未来部は毎月小・中・高合同で開催。
    組織は支部制→それも危うい??

    センセは間違いなくこの世にいない・・・はず・・・ですが
    ニ●ケン氏がまだ生きていたら・・・・センセはまだ「生きている」かもしれませんね。

    私、戦いばかりの人生なんて歩みたくない、幸せじゃないて思いました。
    非活になった時は心が軽く自由を得て更に幸せです。

  60. 初めてコメントさせていただきます、ミントと申します。
    これまで私自身は創価とは全く無縁の人生でしたが、結婚を前提にお付合いしている彼が創価であることを打ち明けられ、色々と調べる中でこちらのブログへたどり着きました。
    彼の覚醒を願ってやまない者として、いつも大変興味深く読ませていただいています。

    彼の両親とも創価で、亡くなったお父様は創価の墓地で眠っているそうです。
    彼も毎日勤行を行っているようですし、聖教新聞を1部購読、月1の会合は仕事の都合であまり参加できていないとのことですが、時々は参加しているようです。
    覚醒とは程遠いというのが正直な気持ちです。
    気が早すぎる話ですが、もし結婚したら、いずれ創価のお墓に入るなんて!!と、今まで考えたこともないお墓の話を考えてしまいました。

    繰り返しになりますが、私は創価とは全く無縁の人生でしたが、両親は創価嫌いなこともあり、私はよくわからないながらもネガティブな印象だけは持っていました。
    ですので、彼から創価であると言われた時は別れも覚悟しました。
    しかし、簡単に割り切ることもできず、迷いの日々を過ごしています。
    まずは創価の実態とは何なのかを知ることが大事かな、と。
    両親にはもちろん相談できないので、仲の良い友達数人に話すと、みんなが口を揃えて考えた方がいい、と言います。
    彼には正直に、友達から反対される度にありのままを伝えて、やはり付き合うことは難しいと迷っていることを伝えます。
    そして、ネットには悪いこと(というか事実!?)がたくさん溢れていて、それを見てもやはり不安になると言っても、そんな情報を信じないで、疑問に思ったことは自分に聞いて欲しいし、自分自身を見て欲しい、と言います。
    結婚したとしても、私は創価に入らなくていいし、子供も入れなくていい、新聞も1部とってるからいいし、もし家に人が訪ねてきたら(不在がちなのでほとんど訪ねてこないと言いますが…)挨拶くらいしてくれれば、と。
    ただ、自分のやっていることを理解はして欲しい、と言います。
    どの程度理解を示せるのかと、自問自答の日々です。
    彼の家に行っても、まだ彼の部屋にあるという仏壇は見ていないし、お経を唱える彼の姿も見ていません。
    しかしそれを目の当たりにした時に、嫌悪感以外ない気がしてこわいです。
    財務は一体どのくらいしているのか、というのも気になります。
    (私に迷惑は掛けないと言いますけど。。)

    創価の盲信者であること以外に彼を拒否する理由はないし、とても大切に想ってくれているだけに、悩みは深いです。(しかし、創価の盲信者である、ということは非常に大きな問題)
    家庭を犠牲にしてまで活動はしないし、自分も歳を取ったから(壮年部ということかと)そんなに活動することはないと言ってます。
    彼の周囲に、夫婦のどちらかは創価に入っていなくてもうまくやっている人もいれば、夫婦共に創価でも別れる人もいる、だからオレたちもうまくやっていける、というのが彼の理論です。

    きっと学会員ということで、彼自身辛い思いや失ったものも色々あるだろうに。
    両親が熱心であれば疑問に思うこともなかったのかもしれませんが、信心というのは恐ろしいと感じています。

    私の本音は、やはりいずれ創価が衰退して、彼が覚醒してくれることを願っています。
    ですので、今回の「『10年後の創価学会』という視点」に、私自身は大変勇気付けられる思いがしました。
    取り留めもなく思いの丈を綴ってしまい、失礼しました。

    今後もこちらで色々と実情を教えていただきたいと思っています。
    どうぞよろしくお願いします。

  61. 『人間革命』のなかの言葉、「一人の人間における偉大なる人間革命はやがて一国の宿命転換をも為し遂げ、さらに全人類の宿命の転換をも可能にする。」とか何とか…。
    その「一人」とは、イケダセンセイのことかと思いますが、実際はそんな大それた偉業を為し遂げた人間には見えませんね。
    様々な国を偉そうに行脚し、相手をおだてるだけの対話をしながら勲章を買い漁り、それを聖教新聞で自慢しまくり、自分を批判した側近や坊さんを悪人に仕立て上げ、虫けら同然に悪口を言いまくり、若者を洗脳して未来を奪い金をまきあげ、政治家を操り悪事をもみ消し、自分の子供を体裁の為に見殺しにして、人生の最終章では雲隠れしながらメッセージを書いていると皆を騙し…。
    どちらかといえば、冒頭の言葉と正反対のことを為し遂げた人間ではないかと思います。
    詐欺団体の親分でなければ成し遂げられない「偉業?」だと思います。

    最近のテレビで、単身で外国に渡って苦労しながら貧しい国の人々を助け、現地で生き抜いておられる日本人のことを紹介した番組があります。
    そうした方々が本当の偉人だと思いますが、我々庶民のように、貧しいなかで仕事と子育に追われながら日々を一生懸命に生きる人生にも立派な価値があると思います。
    一日一日の中にも様々な出会いがあり、葛藤があり、心ない人間の言葉に傷つき、あたたかい人間の言葉に励まされ、あたりまえに生きていく。
    創価学会のバリ活からすれば、つまらぬ人生だと言われそうですが…。

    冒頭の立派な言葉に騙されて、人生を無駄に過ごすより、平凡な人生を一生懸命に生き抜いていくなかにも立派な価値があることに気付く人間が一人でも増える「創価学会の10年後」でありますように。
    (^.^)ノ

  62. おはようございます。
    外部の雑草です。

    退会という思考に何故かいかないことについてお話させてください。
    本人が学会活動は大変で時間もかかる・・・と疲労困憊の様子なのになぜか退会という選択肢がないのが不思議だった件です。

    勧誘されたとき、
    「私や(雑草の)知人さんをみていれば学会活動がどれだけ大変かわかるでしょう。時間も労力も。そんななかで勧誘してくれてるんだから、その気持ちをくんでやってくれよ」
    などといってきて、まあ話が無茶苦茶なんで一蹴したわけですが、ここで言いたいのは、なぜ、それならとっとと辞めないのか?ということです。

    そのひとは、自分は子供のころ散々だったけど創価の信仰のおかげでここまで立ち直れましたと何度も強調していた。そしてそれと同時に、学会活動は時間も労力もとられて大変で大変で・・・という。
    普通に考えて、ならば創価を辞めてそれで浮いた時間を問題解決にあてればいいじゃん、なんでやらないの?って思います。辞めたらさらによくなるでしょう。

    武術で、素振りがあります。
    素振りやれば気づきはいっぱいあるでしょうけど、人間関係がよくなったり、テストの点数がよくなったりはしませんよ。
    当たり前です。素振りとなんも関係ないんだから。棒振り回して人間関係やテストの点数が改善するわけがない。
    稽古が大変で家族と向き合えない、勉強ができないというなら稽古休むか辞めればいい。
    そしてまたやりたくなったら稽古すればいいし、そのままやめてしまってもいいと思いますよ。いずれにせよ、大変なのに稽古優先しても破綻するだけです。棒ふりまわして解決するわけがないですからね。
    極論すれば、もはや稽古なんぞどうでもいいですよ。そんなことやってる場合じゃないでしょう。

    創価学会の活動も同じことだと思います。
    牙城会なる役目で労働力を供出する、座談会をする、お題目を唱える・・・・。
    なんにも関係ありませんよ。
    テストでいい成績になりたければ対応する勉強をされてください。
    人間とうまくいかないならば、いったい、なにがひっかかってしまっているのか観察されてください。

    ところがその当たり前のことをやらずに、現物をみないで、学会学会いって問題を放置する。
    んで破綻。
    それは当たり前ですよ。
    ナムミョウホウレンゲキョウっていえばすべてがかなう・・・わけがなく何もかなわない。
    もう捨てちまえよ、そんなもんは。
    極論すれば、学会活動なんぞどうでもいいと思いますよ。そんなことやってる場合じゃないでしょう。

    なんというか、彼らの脳細胞の一部が破壊されてしまっている感があります。
    話がまったくつながってないのです。
    学会活動が大変で時間がなく苦しいというならさっさとやめるべきですよ。
    だけど何故かそこには行かないんだね。

    あのまま、搾取されたまま、年老いていく。
    彼らの人生とはいったい、なんだったのか。
    年老いた彼らが、ガラガラになった会場で無意味な学会活動を続けることを思うと・・・。
    恐ろしく冷え冷えとしてどうにもならないと感じます。
    最後まで残ってしまうのかな、彼らは・・・・。

    彼らに、やっぱり自分で気づいて欲しいと思ってしまいます。
    8年間、ずっといろんな角度から話しても何一つ聞いてなかったから可能性はないですけれどもね・・・。学会が世界で唯一正しいと根拠なく確信していて、その迷惑かつ危険極まりない思い込みで、まったく話を聞いていない。
    ブレーキが壊れてアクセルしかついていない、壊れた車のようでしたねえ・・・・。
    しかも何故かブレーキが壊れていることを誇らしく思っている様子なのですね。

    そんな車で走られたら事故るし迷惑だし、誰も乗りたくないです。
    実際、方々で事故を起こしまくりだ。
    どんなにトラブろうが怒られようが法律上で敗訴しようがカルトと国家機関に認定されようがアクセルしかついてないこの暴走車はとまりはしない。
    自分に非があると理解できない。まさに狂信者です。
    確信100%というのは、怖い状態です。少し自分に対する疑念があって正常であり、それでこそ間違いが起きた場合修正できるのだと何故わからないのだろう。

    こういう確信と疑念についての話も、本人にしてましたがまったくのスルーでした。

    単なる愚痴で申し訳ない。

  63. 連投すいません。
    雑草です。
    みなさまのコメントで、私自身もやられたことがありましたのでコメントさせてください。
    次の2つの作戦は私もやられました。1、モバイル作戦と2、著名人で釣る作戦です。

    1、モバイル作戦
    レモンさまのお話にでてきたモバイルSTB。
    私の家に器具をまでもってきてしつこく一緒に見ようと勧誘してました。
    断りましたけど。
    何故、特定の組織の機関紙を見なければならないのか、わからない。
    NHKとかのダーウィンが来たやディスカバリーチャンネルでもみようぜという話なら見ましたが・・・。それは娯楽としても楽しく、時々有益な知識も得られるもので。
    それになによりNHKやディスカバリは、基本的には特定の組織をヨイショしたりするものではないですから。
    モバイルなんたらのゴリ押しは本当にいやでした。断ってもしつこくきましたし・・・。

    2、著名人で釣る作戦
    kickeyさまの文章
    >どこかのゾーンか県かが、セミナーをするらしくて。
    ◯本リンダが来るらしいんです。
    創価大嫌いな知り合いが、創価知人に誘われたらしく・・・。
    その誘い文句が「友人を連れて行かないと私自身も会場に入れない。だから一緒に行って」
    だって。ペア参加が条件だそうです。

    これとほぼ同じ話もされましたね。
    私のときは久本雅美氏だったそうです。
    芸能人の人に会える機会なんてない。今じゃなきゃ会えない。などと強硬にいつもの感じで独善的に勧誘。私は興味ありませんと断っても、ペアじゃなきゃ入れないといいました。
    私が行きたいから付き合ってというのならば、まだしも好感が持てました。
    いや、ご期待に沿えずもうしわけないと本心からいえましたよ。
    だけどあなたにも功得がうんたらとかこちらのためにといってくるのにうんざりしました。

    そういうことならあのひとはどう?と共通の知人(創価の人)の名前を挙げると、いや、学会同士のペアでは入れず、外部の人とペアでないとはいれないと。
    そういってもう、20件ぐらい着信いれられましたね、断っても。

    「外部の人とペアが入場条件」
    この時点でもうミエミエすぎてうんざりして内容のいかんにかかわらずいく気がしません。

    今から傲慢なことを書きます。
    それは私以外に私の課題を解決できるものは存在しないということです。

    どれだけ高名な方であろうと、現在私がもっている問題を解決できるひとはいません。
    仮にお釈迦様そのひとが目の前にあらわれたとしたらありがたくお話を拝聴いたします。
    しかしながら、お釈迦様でも、私の代わりに私の体を動かし、解決することはまったく不可能です。
    稽古と同じで、誰かが私の代わりに考え、私の代わりに私の体を動かし、そして私の代わりに私の感覚をつかうことはできません。
    本当に素晴らしいかたであっても例外はありません。
    久本氏が素晴らしい話をしようとも、そんなものは不要です。解決しませんから。
    まして吹けば飛ぶような下らぬ動機での催し物、素晴らしいどころかまがい物の代表格である創価の如きがなにを語るというのか・・・・人生の残り時間の無駄です。

    ほんとうにうんざりしたのを覚えています。

  64. soka yuoth web
    いかにも創価らしい広報ですね。
    ①自分たちに都合のいい情報しか載せない。
    ②にもかかわらず「それが全て」という発信の仕方をする。
    ③都合のわるいことには触れない。事実無根として切り捨てる。

    これは繰り返し使われてきた創価の手法の定番です。
    ああまたかのワンパターンで、さすがにもう通用しないんですよ。

    〇例えば創価がデマとするネット記事は殆どが「元創価の活動家」によって発信されています。
    中にいて事情を知っている者が、実体験を書いているわけです。
    この圧倒的なアクセスのあるブログもそうです。
    「おもしろおかしい記事を書いて金儲け」とも無関係です。
    「デマ」というならデマである根拠を挙げねばならないのに、そこはスルーです。

    〇そんなにすばらしい団体なら世間も存続を願いこそすれ、なぜここまで叩くのでしょうか?
    創価がいうところの「デマだと主張せねばならない苦痛な情報」を「悪意をもって」、これほどまでに書かれるのは何故でしょう?
    批判は他に類を見ない異常な数ですよ。
    自分たちにそこまで叩かれる理由は皆無なのでしょうか?

    こういった説明には一切触れません。

    soka yuoth webの文面に
    >東日本大震災の時も避難所にいる被害者情報が素早く手に入った一方で、「精油所火災で有害物質の雨が降る」「放射線に備えるためにうがい薬を飲め」等のガセ・デマ情報も流れました。情報の量ではなく、情報の質を見極めることが重要です。その意味でも、実際の自分の目で確かめてください。

    とあります。
    自分の目で確かめる?
    じゃあなぜ、あれもこれも隠ぺいして確かめられないように頑張ってるんでしょう?
    財務の収支から職員の給与、池田の健康状態まで「自分の目」で確かめられないように必死ですよね?(笑)
    文書で問い合わせしても電話をしてもスルーです。
    尋常じゃない隠し方です。
    職員の給与は納税額の公示によって「自分の目で確かめました」が、そうすると信者たちが「ガセよ!デマよ!」とこれまた喚きます(笑)
    側近は創価のマスコミではなく、「自分の目で確かめています」
    そうすると「気が狂った」「悩乱した」と言います(笑)

    こんな広告で、信者が増えたり創価を見直したりするでしょうか。
    ツッコみどころが満載なのでまた書かさせていただきます(^^)/

  65. みなさんこんにちは、40代3世のパニックスです。
     
    地区拠点を提供している母に、‘‘子ども達には未来部活動をさせない’’ことを伝えてきました。

    …あ然としてました。
    何が起きているのかよく分からない様子でしたが、三時間くらい話すと私の考えは分かった様です。

    10年後の問に母は、
    母「老人クラブだろうね~、何人か亡くなってるから茶菓子が少なくすむかも!ウフフフフ」

    池田先生は本当に元気だと思ってるの?には
    母「メッセージが、新聞に載ってるから話は出来る状態じゃないかな~!?」

    教義がコロコロ変わって、カラーコピーの本尊を拝んむことになってるのを、疑問に思わないの?には
    母「え!あれ白黒コピーでしょ!?まぁ気持ちの問題よね~お母さんは日達猊下の字が好きなんだけど、」

    母は池田創価が大好きだそうです。(知ってましたが)
    傲慢な幹部は嫌いだが、画面上、紙面の池田先生で十分幸せなんだと‥(知ってましたが)

    母「婦人部はね、いろいろ考えないのよ、都合の悪いことは聞かないし、やらない!折伏は幹部の仕事」「男は若いときに、のぼせて活動して、壮年部になった途端に抜け殻でしょ」「核家族化社会を生き抜く互助会みたいなものなの、邪魔しないで!」

    ……したたかと言うか、卑怯というか、この集団が、創価を延命させている真犯人という事を、改めて実感しました。

    母「脱会するならご自由にどうぞ」
    拍子抜けと同時に、怒りがこみ上げて

    私「さんざん創価教育で、恐怖心を植え付けて…」「修学旅行で寺社仏閣も回れず…ぅぅぅ

    まだまだ言いたいことはありましたが、うまく言えませんでした。

    また活動報告出来るように、頑張ります。

  66.   このコメント欄は教義的に立ち入ったことを相談し、お返事を賜る場ではないようですが、かれこれ10数年来どうにも気になってならぬことがあり、皆さまの御教示を仰ぐ次第であります。今はなき「久遠のふるさと正本堂」(「パパさん音頭」歌詞)の向かって左手に、「数息洞(すそくどう)」という建物がかつて存在したはず。昭和40年代発行の大石寺の複数の写真集では、はっきりと境内図に掲載しております。正本堂内の他の部分と同様、おそらくは日達師が名付け親と思われますが、何の用途で建てられたお堂だったのでしょうか。

      「数息」とは明らかに爾前迹門の教えに過ぎぬ天台宗で、いわゆる止観行のはじめに行う、息を数えつつ定に入るという行法を指しておりましょう。命名者は唱題行の際に呼吸にも注意せよという思いを込めて敢えて爾前迹門の教えそのものというべき「数息」を持ち出したのでしょうか。学会組織で冷や飯を食わされるはめになった石田次男氏が晩年、止観法門に煩悶解決の道を模索した理由もなんとなく理解できます。

      かなり狂信的な学会員は唱題行の際、往々にして「な(む)みょうほうれんぎょきょう」の(む)を飛ばした、いわゆる「むなし(=空し,「む」無し)の題目」になってしまうと聞いたことがありますが、本当でしょうか?「やったぞ題目百万遍」も実態が「むなしの題目」の寄せ集めでは、いかにも空しいものと思われます。

      学会員を対象にした大阪梅田の結婚相談所の社長さん(いくら探しても会社のサイトが見当たらない。どうしたんだろう!)、それから、いわゆる「ディプロマミル」として知られる羽目となったイオンド大学の創立者さん(ご子息の本名は「伸一」)……会を離れたにせよ、とどまっているにせよ、なんらかの企業を起こした学会員さんはおしなべて勲章や賞状が好きな、それを自己のサイトで自慢したがる、小型ダイサクが多く、悲しくなります。また、「小太り・めがね」の議員多しとされる公明党議員も、やはりこうした小型ダイサクのバリエーションかと思われます。心に思うことが体に現れるという思想は差別の温床ともなりかねませんが、上の「数息洞」のことともども、10年来どうも気になってしかたがありません。それではまた。

  67. レモンさんの言われている創価班の婦人部バージョン、私も代理でしたが、何度か頼まれて行った事があります。
    駐車場の整理や、横断歩道の緑のおばさん。
    上が白、下が黒の服を着てくるように言われました。
    私が行った日は晴れの日ばかりでしたが、雨の日はさぞ大変だった事でしょうね。
    守る会(会館掃除係)もありましたね。
    ワークになってからは、少しずつこれら無償労働から遠ざかりましたが…。
    本当に創価は真剣に頑張れば頑張るほどいいようにコキ使われますよね。

    せーやさん、今日の聖教新聞に、レモンさんの言ってたSOKAチャンネルのVODセミナーに柴○理恵さんが追加されたとありましたね。
    だから、たぶん柴○理恵さんは脱会されていないのでしょう。

    カガテツさん、そうですか、天○達志さんは4日間も公明党本部に行かれたのですね。
    なんだか切なくなっちゃいますね。
    彼も今回の安保法制をきっかけに覚醒に向かってくれるといいですね。
    でも、やはり学会二世さんの洗脳は深いのでしょうね。なかなか「創価は正しい、センセイは正しい」から抜け出すのは大変なのでしょうね。
    我が夫もそうですから…(−_−;)

    先日、仕事帰りに壮年部の方とすれ違いました。ブロック長(今は広宣長さんでしたか?)さんです。確かに目が合ったので軽く会釈しようとしたら、慌てて目をそらされました。
    いつも会合で明るい方なのですが、なんだか表情が険しかったです。
    そうですよね、私は彼等からしたら「裏切者」なのですから。
    私はいつもと変わらないんですがね。
    ただ、極悪詐欺団体から足を洗っただけですよ。

  68. きのうの私のコメント、交指導員→交通指導員でした

    ラベンダーさん、そうなんです!
    今朝の聖教新聞一面に、『SOKAチャンネルに新番組♢VODセミナー♢女優柴田理恵さん』と書かれてありましたね。
    柴田理恵について、きのうコメントしたばかりなので、びっくりしました(゚o゚;
    やはり脱会はされてなかったようですね。
    ネット情報では、逮捕されたから除名処分とか、選挙支援が理由と書かれてありました。
    結局は釣りだったのではないか?ということでしたが。
    こうなると、やはり「ネットはデマ」と思わされてしまいます。
    バリ活姉にも「ほら!やっぱりネットはデマでしょ!」としょっちゅう言われています(x_x)
    ネット上でも巧妙に騙すやり方は、本当に許せないですね。

    レイラさん、コメントありがとうございます!
    こちらでは、すでに未来部は小、中、高合同開催になっています。
    それも本部ごとに数ヶ月に一度です。
    10年後の未来部の存在は危ういですね。

  69. レイラさんのコメントより、
     6)毎日の戦い戦い→誰と戦うのでしょうか?敵は誰なんでしょうか?

    結局のところ人生は自分との戦い、だって思うんですよね、年とともに…。
    池田センセーやその側近の方々は、自分自身を直視する勇気がなかった、
    私たち以上に…だから仮想の敵を次々と作り出していく。
    ま〜、つきあいきれないですよ

  70. たらこ唇の天使さんのコメント、「小太り、メガネ」の公明党議員で思ったのは、
    そういえば公明党議員は顔が色白な方が多いよね…ということです。
    創価の会館や会合に入って選挙を頼むことが殆どなんですものね、
    炎天下で無数の一般大衆に向かって雄叫びをあげるなんてこと余程ないですもんね、
    女性議員にとっては日焼けの心配もないでしょう、
    MCづけの会員に向かって有無を言わさず選挙支援を頼んでまわれるのですから…

  71. みなさんこんにちは、パニックスです。

    明日は子ども達をテーマパークに連れ出して、未来部員会の参加を阻止できそうです。
    母が会館に連れて行く予定だったようですが、子ども達に希望を尋ねるかたちでひっくり返せました。

    ボレロ様、コメントありがとうございます。
    とてもうれしかったです。

  72. せーやさん、ボレロさん心配して下さり、ありがとうございますm(_ _)m

    主人は未入会なので問題ないのですが、主人を両親に紹介した時「この信心だけは続けさせてやって下さい」と父から言われた事を気にしているらしく「お義父さんからの唯一の結婚の条件やから、きちんとご両親に説明して納得してもらってからにしなさい」と言われていて、それが一番厄介なんです(-。-;
    両親と揉めたくなくて、私が尻込みしてるだけなんですけどね……

  73. 続けての投稿すみません。

    女子部の時はバリ活で最終役職は圏幹部でした。そんな信心強盛な娘が、未入会の旦那と結婚した途端 辞めたいと言い出した。
    両親にしたら、旦那に色々吹き込まれた→魔にやられた→旦那が悪い!となると思います。
    両親から主人を悪く思われる事が一番ツライです。

  74. ラザリスさん、私は最近『人間革命』とはマインドコントロールのことだと訳しています。
    「一人の人間における迷惑なるマインドコントロールはやがて一家、一国のカルト問題をも為し遂げ、さらに全人類まではいかないにしても、数ヶ国のカルト師弟をも可能にする」ってね。

    コロ助様、はじめまして。
    お父様には
    「夫は関係ない。あくまで自分の意思です。夫はむしろ義父の気持ちを何より優先していました」
    ときちんと伝えるのが良策かと思います。
    すばらしい旦那様と思います。
    各々それぞれ違った問題があると思いますが、上手くいくように願っています。

  75. ラベンダーさん、壮年部の方にシカトされたこと、気にしないで下さい。
    彼らは、ナンチャッテ仏法の偽ヒューマニズムを実践している(させられている)かわいそうな人間です。
    次回に会った時には、こちらから挨拶する必要もないし、選挙を頼まれることもないと思います。
    自分の人間性のレベルに合わなくなった人間は、おのずと遠ざかっていくものです。
    プラス思考でいきましょう♪

    モニカさん、『人間革命』のテーマの本来の姿(マインドコントロール的解釈)、お見事です。
    そのとおりだと思います。
    ゴーストライターが書いた、こんな迷惑な洗脳用教材本、皆がインチキに気付いてBOOK・OFFに持っていって欲しいものです。
    あっ、今は売れないか!?(笑)
    創価学会が撲滅したら、例えばナチスの蛮行を忘れてはならないように、この歴史的悪徳詐欺団体の親分の蛮行を忘れない為に、残すべき「証拠物件」になるかも知れませんね。
    後世の人間が、同じような過ちを繰り返さないように…。

    それでは皆様、楽しい休日をお過ごしください♪
    (^_^)/~~

  76. 雑草さん
    >なんというか、彼らの脳細胞の一部が破壊されてしまっている感があります。
    話がまったくつながってないのです。

    その通りかもしれませんね。
    創価のために身も心も銭も捧げるようになる為に、正常な細胞の一部が破壊され創価にとって都合のよい回路ができているのかなと思います。
    雑草さんのご友人がしつこく誘ってきたセミナー・モバイルSTBを見せにくるための誘いも、全てノルマがあります。
    セミナーは、当日までに誰が誰を連れていくのか、終わったあと誰がその連れてきた外部に接触するのかという所まで、ご友人は幹部に詰められていたと思います。
    内部O名参加・外部O名参加(友人名)という感じで前日には報告がありました。

    それにしても、久本さんやリンダは、かなり精力的にセミナーに駆けまわってますね。
    年に数回、こちらにもこの2人は来ています。
    外部を誘う文句も同じです「外部とペアでしか入れない」云々・・・
    あとアゴ勇や木根なんて時もありました。

    パニックスさん
    初めまして。
    お子さんの未来部参加阻止出来て良かったですね。
    小学生ぐらいのお子さんだと、信じているとか信じていないとかではなく、本当は行きたくなくても行ったほうが親が喜ぶからという理由が大きいかと思います。
    なので今後は「もう行かなくてもいいんだよ。行かなくたって罰なんか当たらないんだよ」という事を話してあげると「あ~良かった~本当は行きたくなかった」と安心するかもしれませんね。
    お母様へも話されたようで、これから奥様へも話をするのかと思いますが、頑張ってくださいね。
    あと財務を心配されていましたが、9月頃に申込用紙の記入をされていると、振込用紙を地区の責任者が持ってくると思います。
    時期は、来月中旬ぐらいです。
    振込期間は、通年です11月の下旬あたりから12月の中旬までなので まだ終わっていません。
    来月に入り振込用紙が渡されると思いますが、振込なんてNONONOーーー!!ですね。

    それにしても、財務の締切日は毎年12月15日の年金支給日の後なんですよね。
    16~18日ぐらいが締切日になっています。
    これって、慎ましく暮らしている年金暮らしの人からもトコトン搾取しようとそんな締切日になっているんでしょうね。

  77. カルト師弟×→カルト指定だったんですが、どっちでもいいですわ。

    パニックスさんの
    >……したたかと言うか、卑怯というか、この集団が、創価を延命させている真犯人という事を、改めて実感しました。

    よくわかります。
    創価はバリ活だけではなくそういった気に入ったところだけをちゃちゃっと利用して、お守り程度の感覚や友人関係を楽しんでる人が支えています。
    全員がバリ活じゃなくて全然いいんです。
    おとなしいけどうんうんと頷いてくれる人、世間に響く声でまで悪口を言わない人なら大歓迎でしょう。
    そういう人の方が世間との摩擦もおこさない。
    かといって皆がそんなユル活でも困る。
    2割のバリ活と、それを囲む8割のユルい兵隊がいればいいんですよね。

    ユル活はめんどうくさいことはやってもらえるからラクです。
    でもそれももう終わりますよ。
    自分がそれらを一手に引き受けてまで創価にいるのか疑問です。
    ゆっくり寝てる間に新聞が届けられ、グラフを開けば海外の会員がカラー写真でにっこり。
    宮殿みたいな会館にうっとりして呑気にしていられる。
    「だから創価はすばらしい」

    活動家はやりこめられる度、ヴァンガードの演奏やらSGIを持ち出しては自慢しますが、それがなくなったら何を自慢するんでしょう?
    そんなことより何よりあなた自身で自慢できるものはないのですか?
    自分が汗水たらして奉仕する立場になってもすばらしいんですか?
    ユル活は覚醒しにくいといますが、そうなったら脆いもんですよ。

  78. はじめまして。創価大学の卒業生です。時間はかかると思いますが、ブログの記事とコメントを全部、読みたいと思っています。創価学会が宗教を販売する企業であることに気づき、頭が崩壊ちゅうです。呆然としています。どうして今まで気づかなかったのか、いろいろな思いが、噴出中でパニツク状態です。創価学会関係者がノーベル賞など、とても考えられないです。配達員さんは、無給に近いようなわずかな賃金で毎月、聖教新聞を配っていますが、聖教新聞社の社員さんも無給に近いボランティアのような賃金なのでしょうか。他にも、おかしなことが創価学会には多すぎることに、今ごろ気づき、そんな自分に頭の中が、真っ白です。私は赤ん坊の頃から、活動家の両親から創価の世界を教えられたのですが、同じように赤ん坊の頃から創価を教えられた私のきょうだいは、大人になるにつれ、創価を拒否するようになりました。家族の中でいつも浮いていたあの子のほうが、本当はまともで、おかしかったのは、こちらのほうなんだ、と呆然としてます。そのきょうだいは、創価まみれの家族から孤立して家から出ていき、もう20年以上、私も両親も顔を見ていません。家庭崩壊です。両親は今も熱心な学会員です。

  79. みなさんこんにちは、40歳3世のパニックスです。

    10年後の創価と言うことで、思い出したのですが、個人が特定されそうでしたら削除修正お願いします。

    5年くらい前ですが、国立高校の運動部の先輩が○○男子部長(聖教新聞に月1で載るレベルの規模の組織長です。)になったときに、創価の将来について話をしてくたことがあります。

    聖教新聞社に転職させてもらい、活動の時間を確保してもらえたので、存分に創価のために働けると、たいへんよろこんだ
    寮生活の懐かし話などで、かなり気をゆるしてくれて、本音が出ていたと思います。

  80. 何故創価が、非活になることや脱会を阻止するのか?
    全て組織を守る為であり、本人のことは思っていません。
    組織の衰退を防ぐ為です。
    恐怖で洗脳し、脅してきたのです。

    ★ニセ宗教を見分ける10項目
    1、信者から最大限の財産を寄付させるか否か。させている教団は全てニセ。
    2、死後のことばかり説いて「いかに生きるべきか」を説かない教団。
    3、終末論を説いて「うちの教団に入った者だけが救われる」と説く教団。
    4、権力を志す集団。
    5、出家者。つまり人間のあいだに上下の差別を認める集団。
    6、自分の「うちの宗派によらなければ救われません」と説く教団。
    7、教祖自ら「わしは悟った」とか「私は仏陀の生まれ変わり」とか「私は釈迦の生まれ変わりである」と公言する教団。
    8、教祖自らは信者に対して修行生活を要求しながら、教祖自らはその修行生活を実践していない教団。
    9、世の不幸を救うための行動をおこさない教団。
    10、世の不幸を己れ自らの責任として自覚しない教団。
    2番目意外は全て創価に当てはまります。
    ついでに付け加えれば、「戦争の党」なのに「平和の党」と自称する集団。
                             これもニセ。

    パニックスさん
    部員会阻止できて良かったですね!( ´ ▽ ` )ノ
    創価は自由を奪います。
    未来ある子供さんをのびのびと育ててあげてください。

    コロ助さん
    女子部時代は、幹部さんでバリ活さんだったのですね。(^ー^)
    モニカさんの仰る通り、お父様に素直に気持ちを話されたらわかってくださると思います。

  81. 我が国における総人口の長期的推移 – 総務省
    我が国の総人口は、2004年をピークに、今後100年間で100年前(明治時代後半)の水準
    に戻っていく。この変化は、千年単位でみても類を見ない、極めて急激な減少。
    2004年12月ピーク12,784万人~2030年=11,522万人~~2050=9,515万人へ減

    アゴラ – ライブドアブログ(2015年2月16日9衰退する日本の新宗教 — 島田 裕巳
    ……*信者数推移の部分……
    ただし、『宗教年鑑』の平成24年版では、単立法人と言って、その下に教会などをもっていない包括法人でないところについては、信者数が載っていない。したがって、すべての教団について数字をあげることができないが、分かる範囲で述べれば次のようになる。最初にあげる数字が平成2年版のもので、後が平成24年版のものである。
    (*多すぎるので100万人以上のみコピペします。)
    天理教 180万7333→   119万9652
    立正佼成会 633万6709→ 323万2411
    霊友会 316万5616 →  141万2975

    今あげた数字を見てみると、信者数を減らしている教団が少なくないことが分かる。しかも、100万人以上の信者数を誇っていた大教団であるほど減少は著しい。霊友会など、175万人も減少し、55パーセントも減っているのである。
    天理教も60万人、立正佼成会も310万人近く減少している。そうした教団に比べると目立たないが、生長の家でも、20万人以上減っている。世界救世教の数字が変わらないのは、それが実情を示していない証である。(以下省略・引用終了)
    と。
    創価、幸福(国内1100万人+海外100万人)以外は正直に減少を発表してますね。

    創価学会は信者数を827万世帯と発表している。なぜ個人単位でなく世帯単位なのか。
    島田氏は言う。「学会に入ると、その証しとして御本尊の曼陀羅が一家に一つ授与される仕組みになっている。827万世帯というのは授与された御本尊の数。
    途中で信仰をやめてしまった世帯もカウントされているので、実際の世帯数はもっと少ないはず」※SAPIO2013年3月号(※一世帯当りの平均人員は、2010年時点で2.46人。)
    ・「公明党」の比例得票数の推移と分析結果→2014衆議院 727万票(ネット参)

    【参考:創価学会本部で広報室や広宣局に勤務されていた小多仁伯氏の『池田大作の品格(日新報道)』p148によると、昭和55年の正月勤行会参加者(アクティブメンバー+記念行事のみに参加する人)が全国で180万人だったそうです。そこから類推して、小多仁氏は実世帯は150万から230万くらいではないかとしています。】

    聖教新聞も“550万部発行”と云ってますが、一世帯に一部じゃなく“一人一部とかフザケタ押し売り”をしてるようだし、各図書館はじめ寄付してる数を引いて、世帯平均2部取っているなら250万世帯、平均3部取っているなら(無料贈呈で取っている分も含む)170万世帯の計算になります。

    以上の公平な数字から10年後に日本の総人口は500万人位減少してるでしょう。し、団塊の世代が寿命を迎える10年後~20年後は、毎年100万人以上の減少が続くでしょう。
     そのなかで「創価はドンドン発展している(聖教新聞報道)」??んな訳ない。
    私に謂わせれば、「827万世帯」とか大嘘をシレーと発表してる時点で、その事だけでも“詐欺師の手法”です。
    *参考【「脳梗塞の後遺症による発語障害があり、完全看護の車椅子状態。認知症も進行し、大幹部の顔すら分からなくなっている……。池田大作重病説は日を追って真実味を増し、Xデーへのカウントダウンも始まったと言われる。(*週刊ポスト2012年1月1・6日号)】
    こんな状態で、執筆が出来る訳がないだろ。XデーならぬPデー作さん。
    多くの人が、ここまで言ってるのに“何故姿を現わさない??”世界の七不思議(古過)

    今はほとんどやって無いのか?、知りませんが、“日顕・山○・……撲滅祈願”、とかありましたが、過去は消えませんので、呪詛やってた人々は“懺悔滅罪”をしっかりやらないとエライことになりますよ!。

    【参考:日蓮宗の呪詛観】(「日本呪術全書」1998年9月・原書房より)
    善行を損なう三種の煩悩、つまり貪欲・瞋恚(怒り)・愚痴を三毒というが、……
    他人を怨んだり、妬んだりすると、その念が呪詛となる。……
    呪詛はそれを行なった者も、またそれを受けた者にも災いがあるとされる。呪詛を行なった者は死んでも成仏せず、苦しみに悶え邪霊や悪霊と化す。……
    *ただ怨んだりの、念だけでさえ呪詛になる。と云うなら本格的に仏壇に向かって“撲滅祈願呪詛”なんかを、熱心にやってた人は“やれと言われた”じゃ済みませんよ(免罪符にならない)。

    肝心の10年後予想ですが、Xディ公表、若しくは、裏でやってきた犯罪系が明るみに出れば、一気に壊滅するでしょう。それまでは、詐欺に気づいた人から“順々に徐々に”辞めて行くのでしょうね。

    「天は自ら助くる者を助く(自助独立の精神)」(※世界的名著「自助論」S、スマイルズ)
    であって、
    「詐欺センセを助くる者は、最後は、スッテンテンに裸にされて、放っぽり出される」

  82. 数息洞は洞やら、おっと、どうやら大化城に同じく、正本堂参詣者のための休憩所であったように見受けられます。皆さま、お騒がせ致しました。恐らく正本堂と運命を共にしたものと見られますが、ご縁あらば在りし日の姿を写真などで見たいものです。

       さて、多くの女性がご覧になっていることを重々承知の上で、言葉遣いに気をつけつつ、それでも質問させていただきます。高瀬廣居氏が昭和37年(1962)に弘文堂から出版した『第三文明の宗教:創価学会のめざすもの』は、その後の創価学会よいしょ本のお手本として長く記憶されております。冷静なルポルタージュを装いつつ、巧みに創価の宣伝を行っている点、敵ながらあっぱれと言わざるを得ません。

       この本ではしかし、63,68,71,194頁と実に4度にわたり、この当時、「夜の蝶」や「ストリッパー」といった社会的にどうしても低く見られがちであった女性たちが、任用試験を目指して一生懸命勉強したり、果てはお店の中や深夜の電車の中で一般男性を相手にじわじわと巧みに折伏なさる姿が描かれております。皆さまの記憶される限り、このような女性たちは本当に存在したのでしょうか? 

       昭和37年といえば、創価学会がそろそろそれまでの人の縁を利用したタテ線の布教から、地域ごとのいわばヨコ線の布教へと大きく方針を転換しつつあった頃かと存じます。このような女性たちは、それゆえ、ヨコ線型になった組織内ではとかく男性会員を誘惑する存在として婦人部あたりから最後は排斥されてしまったのではないか? そんなふうに思われるのですが、私のこの見方は誤っているのでしょうか。どなたか御教示いただければ幸甚に存じます。

       かのビートたけしさんは平成2年(1990)に至り、小説『教祖誕生』を発表、ゴーストライターの力を借りず、自分自身の言葉で幼少期からの宗教に対する考えを表現し切っていらっしゃいます。その中に、川崎の高級ソープランドで主人公の若者(ひょんなことから新宗教の2代目教祖に祭り上げられる)が、教祖就任の前祝いとして軍師役の幹部・司馬(映画版ではビート氏自身が演じた)から。いわゆる女体接待を受ける、という場面がございます。

      相手の女性はしかし、明らかに創価学会の信徒とおぼしいように描かれており、
    「わたしたちの仕事って不安定でしょ? お題目あげるとパワーがみなぎってくるのよ」
    と語りつつ、教団の書籍『人生の変革』(人間革命がモデルか?)を主人公の若者へ渡しているのです。3年後の平成5年に公開された映画版では、単にソープランドの個室での悦楽の場面が描かれているばかりで、相手の女性が新宗教の信徒であるという設定は削除されております。

      思うに「創価学会を怒らせてはならない」という映画会社側の当然の配慮に加え、平成に入ってのちは、ソープランド嬢はおろか、「夜の蝶」や「ストリッパー」が「清浄な学会」(弓矢氏を指弾なさった際のセンセイの怒りのお言葉)に在籍しているということ自体が稀有となっており、小説をそのまま映画化するとリアリティーを欠くのではないか、とビート氏が考えたからではないかと私は見ております。以上、下品な語彙を幾度か用いざるを得なくなりましたが、ひょっとして学会の大規模な崩壊とともに歴史的な事実も忘れ去られかねぬこととて、敢えてこの場をお借りしてうかがわせて頂いた次第でございます。

  83. 始めてコメントします tammtaといいます。学会員ですが学会の違和感を感じ、今は非活です。どんな人間も間違いを犯すし、完璧な人間などいません、キング牧師と池田大作の共通点を挙げられたましたが、探せばどんな人間も共通点ぐらいあります、キング牧師も浮気という間違いを犯したが人種差別に深く貢献したことには変わりない、間違いだらけの池田大作氏とは違います。ちょっと一言申したかった、まあ創価が消滅してほしいというのは私もそうです

  84. 頭が崩壊さん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    お気持ちはわかりますが、そのHNではみなさんが呼びづらいと思いますので、ふつうのHNに変えていただけませんか。よろしくお願いします。
    ここのみなさんのお話を読んでいくなかで、動揺している心をおちつかせて、自分の中のモヤモヤを吐き出してしまってください。冷静な判断力を取り戻してください。ここにコメントされている多くの方は、あ頭が崩壊さんの気持ちをよくわかる方ばかりです。実際に体験されています。そしてこれが自分の歩んできてしまった人生であることを一度しっかりと受けとめることが大切だと思います。多くの方が創価の被害を実感されて、一度は打ちのめされますが、これは避けて通れない現実でもあります。もううろたえても仕方がありませんから、ここの皆さんと一緒に、今後のことを考えていきましょう。今後ともよろしくお願いします。

  85. tammtaさん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    私もそう思います。
     ガンジー、キングとともに偉大な人権指導者と肩を並べるかのような表現を自分でするようなイケダがまともであるわけがありません。ダライラマを中心としたチベットの仏教僧たちを徹底的に弾圧・殺害することで中国共産党の中で名をあげた胡錦濤を「我が友」だと絶賛したイケダです。自己の功名心のためならどんなことでもやる異常者です。日蓮仏法以外の宗教を否定していたイケダが、外道であるはずのガンジーやキング牧師と肩を並べたがること自体、おかしな話なんですよね。どこまでも汚いのがイケダです。

  86. ミントさん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    ミントさんの抱えている問題は、私がかつて彼氏さんのような立場であったがゆえに、他人事とは思えなくて、これまでも似たような境遇の方が話をされるたびに、どう返事をしていいのかわからなくて考え込んでしまう私です。
    かつてといっても、もう30年以上も前のことですので、今の創価の状況もずいぶん変わっていると思いますので、一概には言えないと思いますが、いつも私が言ってますように、創価は宗教ではなく詐欺だと言う認識を忘れないようにしてほしいということです。わかりやすく言うと、彼がそれとはしらずに暴力団の組員を喜んでやっているような状況だということです。
    彼氏さんは「迷惑はかけない」と言っていますし、もちろんそのつもりだと思いますが、実際には夫が暴力団員で、家族に迷惑をかけないでいることがありえないのと同じことです。それくらい問題は深いです。こんなことを言うと「それはいくらなんでも言い過ぎだろ」と思われる方もいますが、これは決して言い過ぎではないことは、ここにいらっしゃる皆さんの体験を読んでいただければわかると思います。そしてこんな創価ごときで自分の人生を左右されることもあってはならないと思います。私など完全にそれで左右されて、この歳になってはじめてその愚かさに気づかされたくらいです。ミントさん自身が創価と関わらないことはもちろんですが、彼氏さんとの結婚を考えていらっしゃるのであれば、どうにかして彼氏さんが創価の真実に気がついてくれるような話し合いをもてるようにすることが大事だと思います。昔ならいざしらず、この後に及んで創価学会員ななるなどといった人生の選択はありえません。ハッキリ言いますが、創価であるということは人生をドブに捨てるようなものです。何らかのかたちであれ、創価と関わるということは、それくらい大変な問題なのだということを知っておいて欲しいと思います。
    いきなり厳しいことを言ってしまいましたが、創価学会とはそういうものです。

  87. カエルの王子さん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    創価のおかしさに気がついてよかったですね。
    みなさんといっしょに、これいじょう創価の被害者が出ないように、真実を発信していきましょう。
    今後ともよろしくお願いします。

  88. カガテツさん、いつも貴重な資料を紹介してくださってありがとうございます。
    やはり今の創価学会員はせいぜい200万人くらいなんでしょうね。それでも日本人の約60人に一人が創価だと思うとゾッとします。今でも200万人の人生を狂わせている。これからもどんどん衰退するとしても、この犠牲者の数はハンパじゃないですよね。このブログを通じて、みなさんの真実の声が一人でも多くの創価の犠牲者の心に届くことを願いっています。

  89. 新しくコメントされた方へはできるだけお返事をさせていただいているつもりですが、それでもまったく追いつきません。もし私が返事をしていなくても、それは無視したりしているのではありませんので、誤解のないようにお願いします。近頃はとくにみなさんのコメントを読んで承認するだけでいっぱいいっぱいの状態です。できれば皆さん同士での対話をよろしくお願いします。
    さて、『11月18日創価をやめる日』がどんどん近づいています。この日を機に創価学会からキッパリと縁を切ろうと思っている方、準備はいかがですか〜?!もうあれこれ考えたっていいことはありません。まずは思い切ってやめてしまうことをお勧めします。意外とあっさりしたものですよ。カゲでいろいろ言われるかもしれませんが、それも洗脳されて頭のおかしな人たちの言うことですから気にすることではありません。11月18日には『今日創価を脱会しました』の報告を受け付けるスレッドをたちあげます。ぜひ多くの方からの嬉しい報告をお待ちしています。みなさんでお祝いしましょう!待ってますよ〜(^^)

  90. コメントにお返事を下さり、ありがとうございます。おかしなHNをつけてしまい申し訳ございません。『ひなた』にしました。お忙しいなか、アドバイスを下さりありがとうございます。コメントさせて頂いて、よかったと思いました。 なにか浮上するきっかけを掴んだような気がしました。ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

  91. こんにちは。
    バリ活男子部の彼氏の事でいつも相談させて頂いてる外部のえつこです。
    いつもお世話になってます。

    宝星さん
    いつもコメントありがとうございます。
    いえいえ^^;全然しっかりしてないですよ^^;でもありがとうございます。そう言って頂けて嬉しいです。
    愛が大切ですか^ ^
    心身へのお気遣いありがとうございます^ ^彼氏の洗脳を解きたいと考えながらも、そればかりだと私が壊れてしまうのであくまでも対等な立場である、主体性(相手では無く私がどうしたいか)、不安になったら話す、絶対に盲目にはならず現実を見ることだけは守っていこうと考えてます^ ^

    pomupomuさん
    いつもコメントありがとうございます。
    応援して頂き本当にありがとうございます。嬉しいです。
    これからも対話だけは出来る状況を作っていきたいと思います。
    相手にも何故私が対話を求めるのか少しでも考えてみてほしいものです^^;

    今日は彼氏がパラパラ見ていた聖教新聞を後ろからチラチラと見ていたのですが、(日頃あまり読まないらしいです^^;)約10年ほど前の池田大作の写真が本当に本当に小さく載っていました。
    こちらのブログを読ませて頂いて姿を現さない事や聖教新聞に昔の写真ばかり載っている事も知ってましたが、初めて実際に見たら何故か拍子抜けしてガタっと倒れそうになりました^^;
    外部の私が言うのは失礼を承知で言わせて頂きますが、新聞って最新の情報が載ってるのが普通だと思うんですけど^^;わざわざ10年前の写真を載せてて肝心の本人は姿を現さないって…どう考えても死んだか何がなんでも信者の前に姿を出したらマズイ状況になってると考えるのが普通ですよね^^;
    話では知ってても現物を見て本当なんだ…と強く実感した日曜日の朝になりました^^;
    MCって怖い…

    今回のテーマはとても勇気付けられます。
    どんどん衰退して1日でも早く現実となる日が来てほしいです。
    衰退するためなら協力出来る事があれば協力したいです。
    1人でも多くの学会員さんが覚醒して新たな人生を歩めますように…

    外部の私がいつもボロクソに言ってすみません。
    外部の私もこちらのブログに本当に支えられています。
    いつも吐き出させて頂き本当にありがとうございます。
    シニフィエ様、皆様いつもありがとうございます。

  92. tammtaさん、私のコメントが不快感を与えてしまったのであれば、幾重にもおわび申し上げます。私の本意はあくまでも、池田さんごときをガンジーやキングと並べるのはおかしい、というに尽きます。私もむろんあなた様と同様、「創価が消滅してほしい」と願うものであります。そして創価が無事消滅してのち、間違っても顕正会であるの、日蓮正宗であるのに宗教難民と化した相当数の元学会員が押しかけぬよう念じてやまぬものであります。

       以前、オウム事件で失脚なさった島田裕巳氏が『民族化する創価学会 ユダヤ人の来た道をたどる人々 』などというびっくりする題名の本をお出しになりました。(少数)民族になどなってもらっては困る人々です、創価の皆さんは……クリスチャンや共産党員ならば長い歴史の中で日本の主流的文化に対し相当の貢献をしてくれたけれど、創価という「人類史上最後最大のフェティスト集団」には、日本文化に悪影響を与えぬ程度にまで衰えてほしいというのが正直な気持ちです。

      「フェティスト」というと、現在ではエロティックな意味合いが強いですが、本来の意味はコロンブスらがアメリカに到着した際、現地で目にした原住民の姿にちなんでおります。彼ら原住民は、大きな石や大木、あるいは巨大な木像、石像など(総称して「フェティコ」)を神そのものとして崇め奉っていたのです。ちょうどどこだかのお寺に鎮座まします、やたら故障の多い「幸福製造機」クンとおんなじです。そういうものをつい20数年前まで崇め奉っていた人々が、今のところ日本の政治的な前途を左右しているとはいかにも嘆かわしい限りです。願わくは11月18日、少しでも多くの人々が精神的なバスティーユ監獄から解き放たれんことを!

  93. 連投すみません。
    ただの対話内容ですが書かせてください。

    先日、彼氏との話し合いの中で学会員であった私の母方の祖母と叔父の話をしました。
    祖母は妹夫婦の毎日の家庭訪問によるしつこい勧誘により入会したと聞いてます。叔父はおそらく奥さんに合わせて形だけかと思われます。(叔父が学会員だったことは葬式で初めて知る形となりました。妹である母も知りませんでした。)

    何気ない会話の中で「おばあちゃんは病気を機に植物人間になって約10年弱施設で過ごして植物人間だっだが故に長男に先立たれた事すらわからぬまま入居先の施設で亡くなったんだよ。
    おばあちゃんは植物人間になる前は大きい仏壇も買って毎日お題目をあげて家も座談会の場として提供しててね。
    おばあちゃんの長男にあたる叔父さんは肺癌を2年ほど誤診されたせいで病院を変えて発覚した時は末期で65歳の若さでおばあちゃんよりも早く亡くなってしまったんだよ。」と会話の流れとしてごく普通に話すと、それまではきちんと返事をしていた彼氏が黙り込んでいました。少しでも何か思うところがあったなら幸いなのですが>__<

    長文失礼致しましたm(_ _)m

  94. たくさんの新しい方々のコメントもどんどん投稿され、ますますスレが賑わっていますね~
    10年後の創価学会、本当に、どうなっちゃうんでしょうね。
    池田君ロボとか登場して、「やあやあ おまいらマハローだバカヤロー!」とか言いながら
    机をドンドンと叩くんでしょうかね? (前にもこんな事を書いたような・・・)
    しかし、10年後と言えば、池田メッセー爺は90代後半ですか?
    その頃にもまだ、聖教新聞にメッセージとか伝言とか、バンバンと載せまくるんでしょうかね?
    長いものは、新聞1ページにも及ぶ場合もあるし、普通に考えても、仮に爺が元気でも無理でしょ?
    30代や40代のゴーストライターが毎日、池田君の代わりにメッセージ文章を考えて新聞に掲載して、
    やっと追いつくかどうかでしょう・・・
    一体、いつまで偽りの「池田教」を続けるつもりなのでしょうかね? 
    まあ、宗教団体でも何でもなく、池田の幻影を利用して、活動家を金集めと組織維持に利用してるだけですが。

    パニックスさん、初めまして、
    今日は子供さんたちに楽しい予定を作ってあげて、未来部会合の参加を阻止したんですね、 良かったです。
    大切な子供たちの人生を守ってあげてくださいませ。

    ミントさん、ひなたさん、tammtaさん、初めまして、宜しくお願いします。
    ラザリスさん、コメントありがとう御座います、また車とバイクのお話しましょう、
    kickeyさん、調子はどうですか?季節の変わり目で、しかも気温の上下も激しいですよね。

    それにしても、モバイルと有名人を使いまくっての勧誘大作戦ですか・・・・・・
    なんとまあ、創価はEGEつないんでしょうかね。
    外部の人とのペアじゃないと入場できない(笑) どんだけ必死なんでしょうか?
    誘って誘って、誘いまくれ~! 勝って勝って、勝ちまくれ~!
    日本中の残った活動家の創価脳の方々、見事に洗脳されて踊らされていますよね。
    本部にいいように踊らされている事を、センセイに期待されている!とでも勘違いしているんでしょうか?
    そんな哀れな活動家の魂の中から、「センセイ」を抜いてしまったら、それこそ抜け殻みたいになってしまうんでしょうか?

    しかし、あんな華やかな生活の中に生きている芸能人の会員がなかなか覚醒しないのは、なんか不思議な感じもしますが、
    自分の成功体験を、創価の功徳だと思わない事には自分自身が成り立たないんでしょうかね・・・?
    いっそ、思い切り覚醒して、派手に創価をギャグにして欲しいんですが・・・

  95. 久しぶりにコメントさせていただきます、結婚を期に入会、脱会と共に離婚したクロニクルです。
    ミントさんのコメントを読み他人事とは思えず久しぶりにコメントしました。
    結婚を前提にお付き合いしている彼が学会員だということでしたが、私のように好きだから、結婚したいからと妥協して入会ぐらいならいいかと、軽い気持ちで入会はしないで下さい。
    創価学会は他は邪宗で自分達が一番正しいと思っています。
    私達、無宗教の人間とは価値観が余りにも違い過ぎる発言が多々あります。
    創価の中では当たり前な事かもしれないけれど外部では非常識に当たる事も多いです。
    平和を願うと勤行の本に書いてあるのにも関わらず常に誰かの悪口を言っていた元旦那が理解出来ませんでした。
    離婚してからは直接ではなくSNSで私に対する不満などを吐いていて打倒!日顕!のように私の事もそうやって仏壇に祈ってるんじゃないかと思うと毎日悪夢で眠れません…
    シニフィエさんも昔同じような経験をされて今は覚醒されて悔いてらっしゃいますが、元旦那は更にヒートアップしています。
    その分かれ目はなんなんでしょう?
    少しは自分や学会のせいかも?とは思わないのでしょうか?
    それが洗脳なのか、元々この人はこういう人だったのか分からなくなってしまいました。
    ミントさん、どうか好きなら自分の意思を貫いて学会は拒否して下さい。
    10年後衰退している事を願いますが実際は衰退どころか抹消したいです。

  96. 今一番悲しいのは学会員が公明党の政策を考えず自民や公明党の選挙依頼をすることです。
    今の公明党は自民党と同じで日本の為に働いていません。全部グローバル企業の為の法案を通しています。ここが一番悔しい。でも、あきらめるしか道はないです。
    田原総一朗さんがどこの新聞を取ったらいいかという学生の質問に対して読売と産経は主張が似ている 朝日と毎日は全く正反対のことを書いている。今は情報化時代だから簡単に情報が取り入れられる時代だからネットでも新聞は読める。マスコミは真実を流さないと言われてました。以前宗教と政治ということだったでしょうか。名誉会長参考人招致問題で大騒ぎになっていたとき地方紙は社説で反対でしたが大手は賛成していたので大変違和感を持ちました。
    まあその時は先生は間違っていないと真剣に思ってました。
    今は小選挙区制になって日本がどんどん外国の手に渡ってしまっていることを知り、本当に悲しいです。共産党は与党じゃないし、小さい政党だからいうことはわかりやすくまともなこといっているとのこと。それと地味だけど参議院や衆議院のホームページを確認して意味を調べたら安保法案の陰ですんなりグローバル企業渡る法案がどんどん通っているんです。
    医者の権限がなくなって株主の権限が強くなるようになってきてます。外国人の投資家が多いから国がなくなってしまいます。
    労働者派遣法改正で労働組合はなくなり株主の権限が強くなるそうです。
    特区制度も通過しましたが、株式の権限が強くなって日本の権限がなくなるとのこと。
    全部全部公明党と自民がマスコミに圧力をかけ、すんなり通っているんです。
    2017年には国債を全部つぎこんでいるからリーマンショックよりもずっとずっと強い株の暴落が必ずあるそうです。今までバブルが崩壊しなかったことは一度もないということなので。

  97. ラザリスさん、あたたかいお言葉ありがとうございますm(_ _)m
    そうですよね、私は全然悪い事はしていないのですから、気にせず堂々としていれば良いのですよね( ̄^ ̄)ゞ

    今回のテーマから逸れますが、先日、私がいた地区で入会式があったようです。
    地区では本流1達成!とばかりに喜んだんでしょうね。
    だいたい今時、創価に自分から入ろうとする人なんているんでしょうか?
    たぶん、子供の独立にともなってご本尊を持たせるとか、判断力のない孤独な老人を誘ったといったことでしょうかね?

    来年の選挙に向けての準備ももう始まったようですね。
    主人のところに、何か出版物の申込が来ていて、地区で○冊だの誰が頼んだのかを報告するようにとありました。

    今年の2月頃までこんな活動していたんだと思い出すと本当に吐き気をもよおします(−_−;)
    創価のインチキに気付いた方は、さっさとこんなアホらしい活動から離れましょう!

  98.  おはようございます。先週から兄弟に転がり込まれてストレスいっぱいのキリコです。
     以前にも転がり込んだことはありましたが、今回は私が覚醒してしまったのでほんまにストレスいっぱいです。それでも家が無駄に広いおかげで勤行してないことはばれてません。けど、非活を貫けるかは微妙ですね。
     先般の安保方正について兄弟と少し話しましたが、学会は正しい、池田先生は正しい、公明党はがんばっている、という典型的な創価脳思考です。多少酒が入っていましたが、悲しさと空しさが心に吹き上げてきて一気に酔いが覚めるようでした。
     兄弟の気持ちはわからんではありません。貧乏で家庭不和だった我が家がこれまでになったのは信心のおかげだという強い実感を持っているからです。そんな兄弟にとって学会、先生、公明を疑うなどあり得んということです。
     覚醒した今となっては、学会の人間関係や教義などにまったく執着はありませんが、この創価脳兄弟のことはすっぱりとは行きません。悲しい。

  99. ほとんど半世紀に及ぶ学会人生に、先日終止符を打った学会二世のおっとっとです。

    私は組織に対する批判精神が旺盛で、周りにもそういう言葉を何年間も撒き散らしていたので、幹部にとってはずっと目の上のたんこぶでした。
    そしてここにきて、学会の幹部達の(これはもちろん池田から来ているのでしょうが)、あまりにも全体主義的な、権威主義な態度が公明党にまで
    反映しており、一国どころかアメリカを通して世界を戦争に導くような基礎固めに関与している様な組織に身をおく事も罪に感じ、御本尊を返し、脱会しました。

    組織の勢力というのは、金の力というのもありますが、それにも増して数の力というのも大きいです。
    日本人は「赤信号、みんなで渡れば怖くない」などと言って、数の多いところに身を置く事によって安心感を得る傾向がありますから、自分の会員在籍そのものが
    その組織の勢力に一役かっているのであれば、私もなんだかんだ言っても無実ではないと感じたからでもあります。

    予測どうりに幹部には何も言われませんでした。たぶんうるさいのがいなくなったと、せいせいしているにちがいありません。
    今、組織の一新に全神経を傾けている上層部の大幹部にとっては、古い会員はどうせ邪魔です。
    どうせ11.18の特別な日に又とんでもない事を言い出すでしょうから、何でも受け入れる羊の様な会員しか必要じゃないのです。
    もしかしたら池田も知らない内に、組織の中枢部は、三代会長だって使うだけ使ったらもうすぐお払い箱にするかもしれない。何せ過去の指導のほとんど全てが今の学会の方向性と相容れなくなっているからです。
    私は中枢の大幹部の本心はほとんど池田をきらっていると推察します。皆さんもご存知のように、池田は容赦なく大幹部を公然で堂々と侮辱します。人権無視です。
    その人達がいつか仕返しをしようと狙っているだろうと推察するのは私一人だけではないと思います。
    しかし、かといってそういう幹部達は、今現在の組織では池田なしでは自分達は飯にもありつけないという事も又、よく承知しています。

    学会は近い内に創価の名も返上して世界宗教だとか言う名前に一刻も早く変身したいのが本音ではないでしょうか。
    創価には犯罪の匂いがつきまとっていて、この名前のままでは変身に無理があるのは大幹部こそよく解っているでしょう。
    ある掲示版に下記のリンクが貼ってありました。
    自分で確認してないので真偽の程は確かではありませんが、皆さんで確認してみて下さい。
    ただ私の個人的実感としては、ありえる、というところです。

    >練馬区投票所襲撃事件
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%B4%E9%A6%AC%E5%8C%BA%E6%8A%95%E7%A5%A8%E6%89%80%E8%A5%B2%E6%92%83%E4%BA%8B%E4%BB%B6

    私が脱会した事について、ただひとつだけ心配だったのは、82歳になる先生大好きの母の事でした。私の組織批判には母はずっと何も言いませんでしたが、こと先生の批判をすると目に涙をためる母です。
    母には脱会した事を内緒にしておくつもりでした。最近では足も弱り外に出ることもなく、軽いウツも患っている母と、その側で癌の手術の後めっきり弱り、ほとんど一日中寝たっきりの父
    との二人きりの年金生活です。住んでいる所はかなり離れているので大丈夫かとは思いますが、私の事が母の住んでいる地域に広まって、両親や妹などにいやがらせがいかないか心配です。

    先日電話をした時に話の勢いで脱会した事を話してしまいました。しかし、驚いた事に母は私を一切批判しませんでした。
    以下が母と私のだいたいの会話です。

    母「最近は私も座談会もいけなくなってね。あんまり歩けないし、みんなに迷惑かけるから  
      ね。」
    私「行かなくていいよ。家でゆっくりテレビでも見てればいいんだよ。もう60年も頑張っ
      たんだからいいんだよ。」
    母「最近は新聞も読めなくなってしまったよ。前は寝床で寝る前に聖教新聞読むのが日課
      だったのにねえ」
    私「あんなの最近は読む価値もないんじゃない。読まなくていいよ。ところで財務はどう
      するの」
    母「いつもあきこ(私の妹は旦那さんは学会員でもなく、子供が三人もいて経済的に大変
      なので、母が財務の援助をしている。)に10万円あげているからね」
    私「やめなさいよ。母さんたちみたいな年金暮らしの老人が、なけなしのお金を財務に回し
     ている側で大幹部などが何千万と言う給料をもらっているとしたら、こんな馬鹿な事は
      ないよ。  おまけに母さんもあきこも借金までして学会のお墓を2基も買っている
      んだからもう充分過ぎるほどだよ。だいたい生命は永遠だと教えているはずだから、
      お墓にあまりにも執着する事自体があやしいし、60年も書籍も買い続けて新聞も
      何部も購読したんだからもうそろそろいいよ。部屋も本だらけでしょ。
      財務はもういいからおいしいもの食べに行ったり、カラオケに行ったり、残りの人生を
      楽しく生きなきゃ。」
    母「そうだね、選挙活動ももう疲れたよ。あんまり急がし過ぎて病気にもなるよね。」
    私「そうだよ、公明党はみんなを裏切っているんだから、助けたら悪い宿業作るよ。」
    母「本当にいいのかね。何もしなくても。罪の意識を感じるけどね。」
    私「罪の意識を感じるべきなのは組織の方だよ。母さんは60年も身を粉にして、
      なけなしのお金もはたいて組織につくしてきたんだから罪の意識感じる必要ないと
      断言しておくからね。(心の中で涙)」
    母「そうだよね。もう疲れたよ。」
    私「、、、、」

    疲れているんです。だから私の事も批判しないのです。
    草創期から60年全てを捧げて頑張って疲れて、そして年を取って思うように活動できなくて、又今度は罪の意識の足かせです。
    一刻も早く開放してあげたい。特にそういう人達を。しかし又皮肉な事に組織がその人達の精神の拠り所ともなってしまっている。
    全く罪の深い組織です。

    signifie 様のこのブログのおかげで命拾いをした方も多数いらっしゃると思います。
    大変多忙な中この様な大仕事、心から感謝します。

    どうか、お体をお大事になさって日々をお過ごし下さい。

  100. ひなたさん、ようこそです〜
    私は2世でありながら、主人との結婚を機に脱会した宝星と申します。
    どうして、頭が崩壊とネーミングしてしまったか、わかるような気がします、
    こちらの場などにて、創価のウラの事情をかいま見た時、私も相当ショックでしたから…。
    …でもリアルな気持ちで、みなさんのコメントに接して自分なりに考えていくことが、
    創価へのつじつまの合わない諸問題に対抗していく一番たしかな道に思います。

    10年後の創価学会…聖教新聞はもう経営管理できていないはずですよね。
    「新聞」という媒体自身が、もういまの情報ツールには適していないので、
    一般の新聞社にしても利益を期待することは将来的に困難と見きわめ、
    多角的な経営に乗り出していて、形を変えようと工夫しているぐらいですから。

    新聞啓蒙なんて、サギ行為の資金稼ぎに手を貸しているのと同じくらいに、
    ナンセンスになっているのです、戦後はともかく現代社会には通用しません。

  101. えつこさん、はじめまして。
    彼氏様とはどんどん対話してください。
    前にも書きましたが、学会員は相手が入会前だとそりゃ辛抱強く対話します。
    まして恋人ならちゃんと話を聞くでしょう。
    「未入会」と「脱会者」は非創価ということで同じなのですが、学会員の対応は全く違いますから。
    未入会の人には
    「信仰は自由で強制しない。するものではない。そんなのおかしい」
    と力説しますが、辞めると「おかしいのは脱会者」だと言います。
    言ってることが真逆になります。
    軽蔑の目で見ます。
    百年の恋も冷めます。
    メールで質問しても無視です。
    対話ができなくなるのです。
    未入会の人が同じ質問をすると懇切丁寧に返信するでしょうに。

    そんなふうに創価がおかしさを最も炸裂させるのは、脱会者の前です。
    一般の人の前ではふつうを装っていますが、内部、或いは脱会者の前でみせる顔はおそらく未入会の方は知らないでしょう。
    見ない方がいいです。
    だから絶対入会してはいけません。
    入会しない限り彼氏様は、少なくともえつこさんの前では愛想のいい顔、常識的な行動、対話ができる感覚は持っていてくれるでしょう。

    パニックスさん
    前回書きました「実は創価を延命させているユル活という真犯人」について再度考えました。
    本当にその通りですね。
    「自分はバリ活じゃなかったからいい。悪いのはバリ活だ」
    「ユル活はまだ罪がない」
    という意識がある人も多いと思いますが、バリ活にせよバ幹部にせよ盲信者にせよ、それを支えているのはユル活です。
    ユル活が「バリ活」「バ幹部」「盲信者」らのポテンシャルを上げているといいましょうか、ユル活が彼らを燃え上がらせるんです。
    彼らがいないとダメなんです。
    「あの人を人材にしなければ」
    「あの人は一口しか財務をしないけど私はもっとやるわ」
    「幹部がまず率先して、自ら実証を示そう!」

    ユル活はユル活で
    「さすが」
    「凄いわ」
    「自分にはできない」
    と感嘆し拍手を送る。
    自分はやらないけど、バリ活の非常識を止めるわけでもなく、崇めて拍手していい気持ちにさせる。
    これがあるからバリ活は励みになる。
    ユル活の人畜無害なイメージにより世間から守られもする。
    「でも、あんないいふつうの人も創価だもんね」と。

    適材適所で役割が違うだけ。
    そんなもんいっしょくたに創価組織ですよ。
    うまく機能していますね。

  102. みなさんこんにちは、40歳3世のパニックスです。

    レモンさん、財務の件、教えていただきありがとうございます。妻に聞いたら、一万円する予定だけど用紙がまだ来てないとのことでした。なんとか阻止します。

    実家に行った際、母が子ども達に題目三唱を強要しませんでした。またまた拍子抜けしましたが、いがみ合うより良いかと思ってます。

    前回投稿した際、途中で送信に手が触れてしまい、中途半端な文になり申し訳ありません。内容的には、5年くらい前に現役九州男子部長が、「創価学会も成熟期に入ったので、無茶な折伏はしない方がよい、世間様から認められないと…」と
    とにかく会館に連れてこいって圏男は言ってたのになぁ~と思って電話を切った思い出です。

  103. モニカさん、アドバイスありがとうございますm(_ _)m

    おっしゃる通り両親には「創価は宗教ではない。と気が付いただけで、主人は関係ない」と話をしなければならないですよね…

    揉めたくなくて、あれこれ理由を付けて逃げてても問題解決しないですもんね(>_<)

  104. 私は創価をガチで信じてきた一人です。ドキメント北朝鮮を看て、池田が金日成とあまりにもよく似ていたので、目が覚めました!この信心しかないとの思いで今日まできましたのに
    金銭は身ぐるみはがされるように、奪われてしまいました。それが間違いだったなんて悲しくて
    なりませんでした。おかしいと思うことも自分で打ち消してきました、なぜ貧しい者をもっと
    貧しくして苦しめ、自分たち上層部は栄華を誇り嘘偽りで塗り固めているのか?一番最初おかしいと思ったのは、十代の時、今から大異変がおきる死んではならない有名な人が落ち無名の人が出てくる、・・・・(よく覚えてないのですがこんな文章だったと思います。)それが20数年
    たって同じ文書が某婦人部長からだとメモ書きで組織を回った事、こんなおかしなことが有るでしょうか、これに気づいた人も多いと思いますが、誰もこの事を言う人もいません、
    私はなぜこの時脱会しなかったか、悔やまれました。そもそも平等だと言って、軍隊なみの上下関係をつくりその人の私生活まで入ってくることは、本当に恐ろしい団体です。
    脱会した後も、自転車は盗まれ、(証拠が有りませんが)地獄に落ちるといったり、七代祟るとか言われたり洗脳がいかに激しいとはいえ、外の人達の方がよっぽど常識もあり経済的にも豊かで、全体を見ているかわかります、今でも搾取されている人がいますので。一日も早く目が覚めてほしいです。

  105. signifie様
    お忙しい中、お気持ちの伝わるお返事をいただきありがとうございます。
    過去のコメントも少しずつ拝見していますが、さらに読み進めていこうと思います。
    暴力団員のたとえに、背筋の凍る思いがしました。
    自分の考えがいかに甘いか、改めて認識しました。
    彼はかつて創価ではない方と結婚していますが、泥沼の結末を迎えたのは、創価の問題も大きい気がしてなりません。
    そのことが原因とは言わないし、一度失敗しているから次こそは失敗したくないという思いが強いようですが。
    ベストな解決策は、彼が犯罪の片棒を担いでいるということに気付いてもらうことですね。。
    そう考えることはショックだし非常に険しい道のりですが、こちらのブログでお知恵を借りつつ、この大きな問題に立ち向かっていきたいと思います。
    真実に気付いた皆さんの力が大きなうねりとなること願い、私にもできることを実行していきたいです。

  106. くまもんです。
    いつも創価学会から逸脱したコメントを書いてしまって申し訳ありません。
    創価学会員の選挙活動が自民党や公明党の政策を理解した上でないことに強い憤りを感じていますが方向違いの動画及びコメントは削除していただいていいです。
    ごめんなさい。

  107. こちらのサイトのおかげで、新聞、新聞配達、役職、その他もろもろを全て辞め、現在非活中のピノコです。
    昨日我が家に顕正新聞が入っていました。
    まさか、非活になった私宛てということではないと思いますが…囧rz
    今までは、すぐに幹部に報告して読まずに渡していましたが、面白そうなので 読んでみました。
    内容は、聖教新聞と目くそ鼻くそですが、浅井某氏が顔色も良く、元気そうに登壇して演説しているだけマシでしょうか?笑
    創価学会から覚醒して顕正会に入ったという壮年部の体験談も、ある意味興味深いものでした。
    創価同様、10年後が楽しみな団体ですね。
    私は理由があり脱会のタイミングを見計らっています。在籍している限り、創価からの訪問や会合等の参加要請、子ども達へのアポ無し訪問は仕方ないと思っています。いつか脱会するまで、のらりくらりとやり過ごす日々です。
    早くXデー来ないかなあ〜(・ω・)

  108. たらこ唇の天使さんの本意わかっております。共通点うんぬんは池田氏に対して皮肉を込めて書かれたのでしょう。キング牧師を尊敬する一人として、私もそのことになるとちょっと、すいません。

  109. ネットがなぜ信用できないのか尋ねると、
    「どこの誰が書いてるかわからないから信用できない」
    学会員さんは習ったマニュアル通りはりきって答えます。(暗記してるので反射的に(笑))
    じゃあどこの誰が書いてるか表記すれば信用するの?
    創価の仏敵「週刊新〇」
    版元の住所も電話番号も明記されてるけど、信用してないよね?
    人間革命他、池田大作と署名があります。
    本当は誰が書いてるんでしょ?

    自分の頭で考えれば気づくはずです。
    「ネットなんて誰が書いてるかわからないから信用できない」という、どこの誰が流してるかわからないマニュアルをすっかり信用してしまってるのは誰か?
    学会員さんが「信用している」という創価も、どこの誰か知っているのは実は近所の〇〇さんたちごく一部だけ。
    あとはネットと一緒で「どこの誰かわからない」はずです。
    でも「信用している」んですよね?
    判断基準はそこじゃないでしょ?

    マニュアルじゃなくて自分で思うことを言わないから、つきつめると答えられなくなるんですよ。
    本当はネットショピングだって大好き。(どこの誰が運営してるか知らないけど)
    スマホやパソコンがないともはや自分は生活できない。
    創価だってサイトを立ち上げてる。

    信用できるかできないかなんてことは習うもんじゃありません。
    自分で判断するものですよ。

  110. くまもんさんのコメント、いつも興味深いです。
    公明党が与党でなくなれば、世の中はずいぶんスッキリ動き出すように思います、
    将来どうなるかは分からないけど、次の参議院選挙ではハッキリ結果がでて、
    時代が進んでほしいです。
    悔やまれるのは、これも親孝行と思い、無分別に投票支援してしまったことです…

    おっとっとさんのお母様とのコメント、涙してしまいました。
    うちの実家の母は、私がきつい言い方になってしまうので、
    黙り込んでしまい、うやむやに電話を切ってしまいます。
    親孝行はしたいんですけどね…

    創価なんで知らん顔できる?スルーできる?
    これらの問題をなかったことには、許されませんよ(><)

  111. えつこさん、ごめんなさい。
    「はじめまして」じゃなかったですね。
    ボケボケですみません!

  112. 10月26日15時ごろ、歌手・浜崎あゆみさんのツイッターアカウントからスタッフが管理、運営するという内容のツイートが投稿され、過去のツイートは全て削除された。……
    (以上ヤフーニュースより)
    ネットの怖い処は、いきなり見れなくなったり、“パーソン・オブ・インタレスト”じゃないけど、総てのネット上の記録を把握されてるのじゃないのか?
    の二点ですけど、…
    自公政権を支持する力が強まると、今でも“アベ様の犬HK”と謂われてる位ですが、反抗する人々へは“力で以て弾圧してくるでしょう”(来年の参院選の結果次第だろう)

    学会員さん、安保法案に賛成ですか?
    投稿日: 2015年9月21日 投稿者: signifie さんの
    “創価学会の皆さん、公明党支持者の皆さん、 真剣な議論の中でのこの議員達の態度をしっかり見て下さい。 pic.twitter.com/NtZPEgS0kz”
    ……に関連しますが、
    ★阿修羅♪掲示板
    <劣化>公明党山口代表が「ニセモノの学会員に騙されるな!」とヤジ?戦争法の最終国会で談笑する姿も  投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 9 月 19 日 21:40:05

    のコメント【18.  2015年9月20日 10:24:30 : qF4T1YwunA
    ●「本物の学会員は”愚か者”であり続けなければならない。」(山口那津男)
    山口は典型的な東大法学部卒の二枚舌ヒラメ議員!
    創価学会員は信者として金をとられ、国民として税金をとられ、そうして育てた公明党にやがて子供達の命もとられる。
    なんという愚かなことであろうか!
    この愚かさこそが山口那津男の求めるものだ。】

     見るからにお人好しの天野さんでさえ「私怒っています。私達学会員ももっと怒らなけりゃいけません」と。
    (*本部謀略部隊は、“共産党の成りすまし?”とか云って“平和主義の学会員をコケにしています。)
    *私、不思議でならんのは「奴隷でさえ怒るだろう」としか思えないほど“馬鹿・阿保・コケ”にされてるのに、“ヘヘーと這いつくばってる”のが8割も?、信じられん!。

    珍しい(昔の)書籍が見れたので報告です。

    『創価学会に関する48問答』秋谷城永/昭和39年4月・明文書房・¥320
    (*戸田城聖二代会長の頃は気に入られて城永を名乗っていたが、池田に「城の字は名乗るな」と怒られて“栄之助”に改名させられマシタわ。─「フザケルナ太作(大作の本名)」⦅秋谷さんの本心を代弁しました⦆)

    問2 
    いわゆる新興宗教、例えば立正佼成会、メシャ教。PL教などと根本的に異なっているところを説明してください……八
    ……
    8 しかるに、立正佼成会等の新興宗教は、…教祖が新しい教義をつくり、立正佼成会では庭野日敬、メシャ教では岡田茂吉、PL教では御木徳一などが教祖になっているのです。立正佼成会では、本尊を何回も取り変えて平然としています。釈尊の教えを立てるのでもなければ、日蓮大聖人の教えを立てるのでもありません。庭野日敬の教えなのですから、仏法でもっとも大事な本尊すら、毘沙門天とか、大日如来とか、総戒名とか、ニセ曼荼羅とか、釈迦仏像とか、次々と変えているのです。すなわち仏法の哲理を盗んでいる宗教企業といわれてもやむをえないでしょう。
    (*ソーカも池田が教祖になってるし、本尊も平然と変えてますよね!⦅聖教に小さーく、1回きり?載ったラシイ⦆)
    ……
    9 しかるに、立正佼成会等の新興宗教は、口は重宝ですから何とでも口マネができますが、現実は金もうけの宗教企業以外の何物でもないという姿が現実なのです。本尊を取りかえるたびに莫大な金をとり、光という字を一字書いては金を出させる。金を出せば功徳が出る等という教義は、まことに人をばかにした話です。
    (*ソーカほど“金ダセ強制”はしてないダロガ!¿。/昔の本を紐解くたびに、こうして、次から次ぎへと矛盾が噴き出してきますね)
    ……
    11 ところが、立正佼成会等の新興宗教では、ほとんど婦人層のみが多く、青年がひじょうに少ないという傾向にあります。ですから、学会の組織では支部長といえば全員壮年ですが、立正佼成会等はほとんど婦人によってしめられています。
    (以上引用終了)
    (*マサニ“吐いた唾が、天から己へ降ってきた”状態が、今のソーカ)

    誰かが書いてましたが「新人間革命が完了した時点(30巻で完結される予定)で、センセはお亡くなりになる予定では?」
    確かに、本尊でさえソーカが認定するのだから、センセの死亡日も認定するのかな?。

    これも誰かが書いてましたが、「ノーベル平和賞辞退の理由は、あの世からは受け取りに来れないから!」と。
    (*此処まで色々云われてるんだから、出てきて十八番の威風堂々を元気に舞うて欲しい)

  113. 3日間ほどブログが更新されてなかったようで、え?まさか創価のサイバーテロ攻撃?と
    一瞬、不安になりました(^_^;)
    もしかして私の端末だけの問題だろうか、とも考えましたが、今日の午後に新しい投稿が入っており、
    大変に安心しました。
    もしもsignifieさんがお忙しいためでしたら、どうか無理をなされず、時間のある時での承認で宜しくお願いします。

    では、改めてまた投稿させてもらいます^^

  114. クロニクル様
    はじめまして。コメントありがとうございます。
    今もお辛い日々が続いているご様子に、私も心が痛む思いです。
    かつて好きで一緒になった相手を罵倒するなんて、悲しいし、やりきれませんね。
    いただいた親身なアドバイスをしっかり受け止めます。

    彼から創価のことを打ち明けられた際、入会しなくても結婚したら時々は会合へ一緒に行って欲しいと言われましたが、私は「創価って何??」という状況だったので、何の返事もしませんでした。
    それ以降、私の創価に対する否定的な考えを理解した為か、会合の話はされていませんが、もし次に話す時には、結婚しても私は創価のことには一切関わらないということをはっきり伝えるつもりです。(創価の墓地にいるお父様のお墓参りはさすがに拒否できませんが。。)
    signifie様やクロニクル様のコメントやこちらのブログに出会えたおかげで、創価の恐ろしさを知ると共に、一切関わりを持たない強い意思を持ちました。
    クロニクル様のかつての旦那様の性格や行動が、洗脳なのか、元々の人格なのか、という疑問は私も同感するところです。
    私のお付き合いしている彼は、少しでも早く結婚して子どもを持つことを望んでいて、今までお付き合いした誰よりも私のことを大切にしてくれて、愛してくれていると感じます。
    単なるおノロけに聞こえるかもしれませんが、でも彼は創価だから…、もしかしたら今は仮の姿なんじゃないか、とどこか信用できず、人格まで否定しそうになる自分が悲しいです。
    10年後は衰退どころか抹消したい、という強いお言葉も同感です。
    彼が創価でさえなければ…、それはもしかしたら彼のアイデンティティに関わることなのかもしれませんが、創価でさえなければ私たちのように苦しむ人もいなくなるのに、と思います。
    クロニクル様の1日でも早い苦しみからの解放を願わずにはいられません。
    お互い、幸せになれます様に。。

  115. コージさん、ご心配をおかけしました。大丈夫です(笑)
    万が一、このブログを妨害されたとしても、いくらでも再生します。万が一の時は「対話を求めて」もしくは「シニフィエ」あるいは「signifie」で検索して見つけてください。突然の閉鎖があるとすれば、私以外のところが原因で閉鎖されたと思って結構です。いずれにせよ何の予告もなしにこのブログは閉鎖しません。

    ミントさん、彼氏さんはきっと創価でさえなければ素敵な方なのだと思いますよ。どうか、徹底的に対話を試みてください。前にも言いましたが、学会員はまともな対話ができない状態にまで洗脳されています。とにかく自分の頭で考えてものごとを判断することが、ごく当たり前のことなんだというこに気づかせてあげてください。創価ではそんな普通の人には当たり前のことができないようになっています。そのことを前提に話をしないと、こっちの頭がどうにかなりそうです。創価はそれほどまでに会員を思考停止させています。大変だと思いますが、ミントさんの彼氏さんへの思いを創価ごときに邪魔されないでほしいと思います。なにかわからないことがありましたら、何でもこのブログの皆さんに訊いてください。

  116. 宝星さん、ありがとうございます。宝星さんのおっしゃるとおり、自分なりに考えていきたいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中