恐怖心で縛られた学会員の心

前のスレッドも、はやくもみなさんからのコメントが100を超えてしまいました。ひとつのスレッドのコメントが100を超えると、画面をスライドするのもつらくなるので、コメントが100になるのを目処に更新するようにしてきたのですが、近頃はひとつひとつのコメントの内容がとても充実していて、管理人の私でさえすべてをじっくりと読むことができないくらいです。
ただこの形式は変えないほうがいいかなと思っています。いちおうスレッドごとにテーマがあって、テーマに沿った話や、もちろんそうでない話も大いに結構です。多少は脱線したほうが、次のテーマが飛び出したりするので助かっています。
それにしても皆さんのコメント、ほんとに素晴らしいです。「このブログをやっててよかった」とつくづく思います。みなさんのコメントによって多くの方が創価の悪に気がつき、「おかしいと思っていた自分が間違っていなかった」と心が救われています。創価の詐欺のもっとも汚いところは、宗教的な「人間が抗えない不思議な力のようなもの」を持ち出して脅して、覚醒させないようにしているところです。少なくとも本来の仏教は、そのような摩訶不思議な力を否定しています。創価も「仏法は道理だ」などと言いながら、「ご本尊様に本気で祈れば敵わないことはない」などと、一神教と変らないことを平気で言います。これに限らず創価の言う教義なんて、ほんとに出任せのインチキでしかありません。会員が喜んでお金を出すための何とでも言いますし、教義などどのようにでも変えていきます。言ってみれば「宗教を騙った詐欺、恐喝、かつあげ」です。それも一度騙したら最後、死ぬまで徹底的に搾り取ります。盗れるものがなくなったら簡単に捨てます。都合が悪いことはすべて知らんぷりです。どうにもならないことは政治と暴力団の力を使って闇に葬ります。そんな血も涙もない世にも恐ろしい恐喝集団にいることに気づいたら、一日もはやく縁を切りたいと思うのが当然だと思います。こう言うと「そうは言ってもなかなか人間関係が難しくて、簡単にはいかない」と言う方もたくさんいらっしゃいます。それもよくわかります。私も年老いた母には「創価は詐欺だったんだよ」とは言えませんでした。そのうち母は認知症が進み、今では私が誰かもわからないようになってしまいました。一生を創価に捧げ、何も知らないまま死ぬのを待っているような状態です。兄夫婦は60代後半ですが、あいかわらず支部の中心者として活動をしています。おそらく社会的に創価が詐欺だったということが明らかになるまでは信じ続けるでしょうし、私が何を言おうが聞く耳をもつような人ではありません。そういう意味では私は母も、兄も見捨てているということになります。創価が詐欺だとわかっていながら、そこから親兄弟を救ってあげることができないということの苦悩といいますか、後ろめたさといいますか、何ともやりきれない気持ちです。
これが単なるおかしな新興宗教であればまだいいです。人は何を信じて生きても、他人からとやかく言われる筋合いはありません。憲法で保障されていますからね。でも創価はそれとは違うんです。オレオレ詐欺に引っかかっている親兄弟を見て見ぬフリをしているようなものです。それは相手がパートナーの場合も同じでしょう。妻がバリ活で、何を言っても聞き入れてくれない。夫に創価を批判すると離婚の話までいきそうだ。離れた場所に住んでいる親兄弟よりも、問題はもっと深刻なのだと思います。さらに子どもの教育についても大変な軋轢を生むことにもなります。
創価学会が会員に及ぼしている害悪は計り知れません。このブログだけでも、どれだけの人が創価の被害に会ってきたかがわかりますよね。これだけの人が不幸になっている創価学会を、「世界で唯一の正しい宗教」と信じている学会員さん。創価のおかしなところを具体的にどれだけあげても絶対に認めない学会員さん。来る日も来る日も活動に明け暮れて、組織にお金を貢ぐことをひたすらやり続けながら、それで自分は幸せだと思っている。では今の生活が創価の信心をしていない人と比べて、そんなに幸せなのか?ということは考えないんですよね。「創価は正しい」と信じていることと同じように「自分は幸せだ」と信じている。では、いったいどこが幸せなの?いつ幸せがやってくるの?と訊いても答えられません。決まって「今は人間革命の途中だから」とか「この信心をしているから未来永劫の幸せを掴んでいるのよ」などと、日蓮仏法の基本である現世利益の思想などどこかへ吹っ飛んでいます(笑)
まあ、創価のおかしなところをあげればきりがないし、それをいくらこと細かに説明しても、当の学会員さんはまったく聞く耳を持たない。そう、この「まったく聞く耳を持たないようにさせられている」というところが創価のいちばんやっかいなところです。創価の組織運営は、このことを徹底してやっています。「とにかく疑うな」「疑ったら最後だ」「ちょっとでも疑うとすべては水の泡どころか、恐ろしいことになる」といつもいつも脅されています。だからちょっとやそっとでは人の意見を聞くようなことはありません。それがたとえ愛する妻や夫であったとしても。いつも引き合いに出して申し訳ないですが、あれだけ創価のおかしさに気がついて、冷静な判断ができそうだった白いブランコさんが、最後まで他人の言うことをまともに聞くことができなかったのは、こうした徹底した日々の洗脳の結果だと思います。(今ごろどうされているんでしょうね)
ということで、今回のテーマは「恐怖心で縛られた学会員の心」ということにします。
みなさんが活動家だった時のことを思い出して、その信仰心の底に「恐怖心」がなかったかどうかのお話をしていただけたらと思います。私はありました。ちょっと悪いことがあると「今朝寝坊して勤行をサボっちゃったからだ」と普通に考えてします。何かいいことがあると信心のおかげだ。ピンチな場面で思わぬラッキーがまいこんできたときに「やっぱりこの信心のおかげだ」と思い込んでしまっていました。活動家の心の動きは、いつもこの信心によるラッキーとアンラッキーのせめぎ合いではなかったかと思うのです。考えてみたらこんなの信仰じゃないです。そして「自分はこの信心をしているのだから、普通の人とは違って特別に守られている」と完全に勘違いの人生を歩んでいきます。そしていつのまにか創価でない人を見下すようになります。凄いですよね。人を見下すような人間になる宗教なんですから。自分がそうなっていることに何の疑問も持たない、持てない。「創価以外はカスだ」「キリスト教は二重人格だ」「念仏は地獄行き」などと平気で口にします。「ろくな死に方はしない」「この信心を知らないなんてかわいそうに」そんな思考しかできない人間に、まともな子育てができるわけがないんです。学会員をこのような人を見下す思考停止人間にさせたのも、池田大作が金と権力を我がものにするためだけにしたことです。そしてそのおこぼれをもらって、創価の悪を知っておきながら見て見ぬしてきた最高幹部たち。人の心を恐怖で縛って金を巻き上げてきたのが創価学会です。しかしどんなに会員にあくどいことをしても、当の会員はそのことに気づくことはない。自分で考えない限りは気づかない。恋人が、妻が、夫が、親が、子どもがどんなに創価のおかしさについて、具体的に説明し、どうか気がついてほしいと懇願しても、本人が自分で考えることをしないかぎりは無駄です。たとえ多少気がついて考えるようになったとしても、その現実に耐えられなくて、また居心地のいい思考停止状態に引きこもってしまう人もいます。まったく一筋縄ではいきません。心の問題はほんとうにやっかいです。
「恋人や配偶者が創価の悪に気がついてくれない」というのは、一般的なコミュニケーションの問題などとはレベルが違います。そしてこれはとても恐ろしい犯罪でもあることを当事者は自覚すべきだと思います。創価のこのような洗脳は「詐欺」などと言った言葉で済まされるような生易しいものではありません。多くの人間の一生をダメにしてきたんです。イケダダイサクというひとりの愚かな人間がとんでもないことをしでかしてしまった。おそらくそう遠くない時期に日本の凶悪犯罪の歴史に名を残すことになるでしょう。

広告

恐怖心で縛られた学会員の心」への82件のフィードバック

  1. ちょっと話しは逸れますが。。Twitterで、あの安保法案反対デモをしたという「ひとりの学会員」さんをフォローしているのですが。。

    時々、彼は池田大作の指導や御書の一節他の学会員らしき人たちのTweetをRTするのですが。。

    どれもが理想的な言葉ばかりで正論めいているのですよね。。
    かなりの池田大作信者さんです。。

    ああ、そうそうこんな指導で、わたしも若い頃理想に燃えて世界平和、とか本気で思ってたんだわ。。

    なんて思いつつも、正直言って反吐でそうなくらいとても不快な気分になるのですが。。

    この「ひとりの学会員」さんの信心強情な?生きざま、というか言動の変遷を見たくて内心、よっぽどフォロー外そうかとの想いを殺して彼を観察中です(笑)

    彼は、安保法案反対に対して、池田大作の指導と公明党のやっていることは違う!

    どうやら、ここが原点のようなので筋金入りの池田大作信者なだけだった。

    つまり、池田大作を宣揚するために公明党に反旗を翻した。。ってオチだったんですね。
    なあんだ、って感じがしつつ。。
    いつになったら、ほんとうのことに気づくのかな?と思いつつ。。

    話しはお題に戻ります。。

    恐怖心、これがとても厄介です。。
    これがある故に学会員さんは、創価学会に対しての批判めいた話しにはシャットアウトするんだと想う。。

    確か幹部の指導に。。
    学会の悪口や批判を相手に言わせたら相手が地獄に落ちるから可哀想だから言わせてはダメよ。。って昔、聞いたような記憶があります。。

    わたくしの母は、そういう学会の批判めいた話しを聞いただけで自分が地獄に落ちる、との恐怖心に駆られ昔は、わたしが少しでも話そうものなら耳を塞いで叫び半狂乱になる有様で、とても尋常な神経じゃない感じでした。。

    でも、ただの批判とかぢゃないんですけどね。。
    ただ事実をありのままに話しているだけなんですけどね。。

    また話しは変わりますが。。
    今日、旦那と話してて創価学会の話しになり。。
    学会員のいろいろな犯罪があるけれどマスメディアは、それを学会員だって言わないよね。。
    学会から圧力があるからかな。。?

    。。とわたしが言ったら。。
    旦那が。。
    日本は信教の自由があるから。。

    。。って言うから、わたし。。

    『創価学会は宗教ぢゃないよ』

    旦那、返す言葉なし。。( ´ ▽ ` )ノ

    創価学会を宗教だと思っているから罰論とかも信じちゃうんぢゃないのかなあ。。

    オウム真理教なんかよりも相当タチが悪い組織、なんだよ。。

    創価学会の何処が宗教と言えるでしょう。。?

    会合に出て幹部の話しを聞けば一目瞭然でしょ。。

  2. みなさんこんにちはパニックスです。
    母は地区拠点の実家で、地域の多宝会メンバーと宗教ごっこを楽しんでいます。

    そんな母も以前は熱心な信者でしたので、私もしかっかり創価教育を受けてしまいました。

    どんなに偉い人や、世界的に評価された人でも、日蓮正宗創価学会の会員出なければ、尊敬できない只のひと。隣の家で昼からお酒を呑んでる壮年部のおじさんの方がよっぽど得があるのだと。

    小学校のころ友達と、神社にぶら下がった縄をフリフリして、鈴を鳴らしす遊びをした夜などは罰が怖くて寝つけなかったり、ひょうきん族の懺悔コーナーごっこをした時も、帰宅後いっしょうけんめい題目をあげたりと、身の回りに転がってる他宗教のもの全てにビクついて生活してたような気がします。今は信仰の対象としなければ問題ないと他人ごとのように母は言いますが。
    いまだにぬけ切れてないないのが現状です。

    今日か明日、支部の男子部長が本尊の意味を説明に来るそうですが、このブログに出会ってしまった今、そんなことどうでも良くなってしまいました。
    だいたいその説明も予測できるし、話も噛み合わないだろうから、聞くだけ聞いて後日回答にしようと思ってます。

    恐怖心はひとそれぞれでしょうから、玄関から一歩も外に出来なくなった人がいてもおかしくないような気がします。被害者であり加害者として答えを探していきたいと思います。

  3. 前スレでコージさんが紹介してくれた記事を読んでみてください。
    最高幹部ってふだん何してるんでしょうね?
    〇〇派、××派と権力争いに明け暮れてるみたいですね。
    一生懸命題目上げたり、新聞啓蒙してると思ってましたか?(笑)

    彼らは当然罰も功徳も曼荼羅も信じてませんよ。
    そんなオカルトより怖いのは失脚。
    身の保身で頭いっぱいですよ。

    末端だけが言われるまま、オバケを信じて脅えてるようなもんです。
    今月新聞啓蒙にチャレンジしないと、金回りませんよ~
    借金とりがきますよ~
    旦那の会社危ないんでしょ?
    健康診断で白い影見つかったんですって?
    出てきましたね、宿業。
    怖いですね、苦しいですね。わかりますよ、わかりますとも!
    ここで一歩も引いちゃダメですよ。
    闘う、とまず腹を決めるんです。
    決めた時点でもう半分勝ってるんです。
    宿命はよそでは治りません。これしかないんです。
    私も題目送るわ!

    全国で何千回、何万回と繰り返された会話。
    弱みに付け込んで脅す。
    何もなくても脅す。
    「福運はね、使うと切れてしまうの。お金と一緒」
    「その時になって泣いては遅いの」
    「そういう時こそ感謝のお題目よ。今のうちにいっぱい貯金しておくの」(だから今月新聞啓蒙よ!)

    人の不幸と覗き趣味が大好きな学会員さん。
    末端は覗きと脅しと下世話な会話に明け暮れて、中枢部は権力争いと札束を数える日常。
    双方たいした尊い仏様ですわ(笑)

  4. 初めてコメントさせていただきます。少し長くなりますが読んでいただければ幸いです。

    かつて本部長、白蓮グル-プ班長までやった私ですが、一切の活動をやめて5年が経とうとしています。
    「恐怖心」は、今考えると常にあったと思います。私は小学生の頃から母親に、「あなたは信心をしないとダメになる」「信心してやっと人並み」「信心から離れたら罰が当たる」というようなことを言われて育ちました。毒親でした。まさに恐怖心を煽る形でしか、母は私に信心について教えたことはありません。
    信心してやっと人並みということは、私は生まれながらにして他人より劣っているのだと、自分に劣等感を植えつける原因となりました。
    また、信心から離れたら罰が当たるということについて。自分から望んで学会員の家に生まれたわけでもないのに離れたというだけで罰が当たるのならば、特別良いことは起こらなくともせめて罰の当たることはない外部の人間の方がマシなのではないか?と。これについてはバリ活時代から疑問でしたが、幼い頃からの創価の洗脳によって封印されていました。活動をやめたら自分は堕ちるところまで堕ちて大変なことになるんじゃないかと、ずっと思いながら活動してきました。
    普通の人の方が自由で幸せそうだと羨ましく思うことも多々ありましたが、そこは管理人様の書いている通り、「信心している自分の方が幸せなはずだ、そうでない人の人生は本当の幸せではない」と、まさにどこかで人を見下していました。いや、そんな風に思わなければあんなキツい活動なんてやっていられなかったのかもしれません。

    活動から離れた最初のきっかけは鬱状態となったことでした。私は「これを理由に活動しなくてもよくなるのでは...」と思ったんです。(当時はもう副役職となって一線を退いていたため、というのもあります)その時私は封印していた自分の気持ちに気づきました。私は本当は活動なんてやりたくなかったんだと。この先自分がこれほどアンチになるとは思いもしませんでしたが、とりあえず活動できる状態にないので一旦お休みさせてもらうことにしました。
    時を同じくして、信心面だけでなく子育て面でも恐怖心を煽る形を続けてきた母親との関係が表面化し、私の精神は異常をきたしてきました。その頃、私が睡眠薬と安定剤を服用していたことを知った母親は、私に向かってこう言い放ちました。「何でこんな物を飲んでる!信心から離れるからどんどんおかしな方向に行ってるじゃないか!」と。泣きっ面に蜂でした。娘が精神的にボロボロになっているというのに心配の言葉一つなく、私を責め、信心を強要する母。この時に、信心とは学会活動とは一体何なのかと疑問を持ちました。そして、私にこれほどの酷い仕打ちを与えた母を満足させるための学会活動なんてもうやるものか、と決心しました。

    信心から離れたら罰が当たると言われてきましたが、活動をやめてから悪いことなど何一つ起こっていません。
    それどころか、自分を心から理解してくれる生涯のパ-トナ-と出会え、彼の誘いで音楽活動を始めるようになり、新たな知り合いが数十人も増え、今までの自分からは想像もつかないような充実した生活を送ることとなりました。あのまま活動を続けていたらそれは絶対に得られなかったでしょう。活動家の言う「信心していれば幸せに」は結局観念でしかない、自分自身が本当に幸せと感じているかどうかが一番大事なのだと気づきました。学会活動で得たことが一つもないとは言えませんが、外に出て色々な人と関わる方がよっぽど社会勉強になると感じます。精神面でも、「こうでなければ」みたいな呪縛が解かれ、考え方が随分と自由になりました。恐怖心に縛られていた今までの人生は一体なんだったのかと。。。呆気にとられる思いです。

    自分が幸せでないことを薄々感じているに違いないのに、「信心していれば幸せなはず」と思い込んで未だに題目をあげている母を見ると哀れです。管理人様の言われている通り、母は創価によって完全に思考停止した人間なので何を言っても話にならないから放っておいています。

    本来、宗教というのは、心の平安を求めるため、自分がより良くなっていくために自ら進んで、もっと穏やかに行うものではないでしょうか。恐怖心を煽って組織に縛りつけるなどもってのほかです。縛りつけた後はプライベ-トの時間もろくにとれないほど組織のために働かせ、目標という名のノルマを課してプレッシャ-を与える...常に恐怖心との戦いのような気がしてなりません。創価の活動のやり方はとても「信仰」と言えるものではないと思います。

  5. ぽむぽむです。

    >「恋人や配偶者が創価の悪に気がついてくれない」というのは、一般的なコミュニケーションの問題などとはレベルが違います。

    しにふぃえさん、ありがとうございます。その通りです。
    どれだけ、このコミュニケーションの問題に悩んできたことか。愛情さえ疑い、自分がおかしいのか(実際心療内科に通っていたのは私です)、相手がおかしいのか、何が問題なのかが、わからなく、なっていました。悩んだ挙句に活動に参加しても、問題は解決せず、面倒見のいい地区副婦人部長に「せっかく信心したのに夫との距離が縮まらない」と泣いて訴えてしまったこともありましたね。その方も困ってましたね。(笑笑)

    ブログで、いろいろ、教えていただいて、本当に救われています。

    クロニクルさんの、状況を読みまして、創価の恐ろしさを再確認しました。
    「離婚して創価に惑わされない新しい生活を生きなおしたい」なんて、常常、ついつい、思ってしまうのですが、そうそう簡単ではないのだなと。
    夫に関しては、後々嫌がらせをするような人ではないと、思っていますが。深刻なケースも多いことでしょうね。
    クロニクルさん、何もできなくてごめんなさい。
    かつてのクロニクルさんの決断に勇気をもらったぽむぽむです。ありがとうございました。
    「静かに創価学会を去る」方々が増え、いずれ悪が裁かれる日がきますよう願ってやみません。

  6. コージさん、ありがとうございます(^-^)
    なつさん、少し元気になられたご様子で、何よりです。

    テーマ『恐怖心で縛られた学会員の心』まさしく私は活動家時代、恐怖心で縛られながら活動していました(T_T)
    苦手な幹部が言ってた言葉を思い出します…
    「あの部員さん、最近活動しないでいるけど、後できっと何か(悪いこと)起きるわよ!」
    「イケダセンセイの側近で、反逆した○○氏は、物凄い死に方をしたのよ!」
    *物凄い死に方…具体的な表現は怖すぎるので伏せます。
    こんなこと言われ続けていたら、本当に恐怖で、嫌でも活動しなければならなかった…
    今では何とも思いませんが。

    最近、高校時代に友人が言ってた言葉もよく思い出します。
    私の高校時代は、信心しているクラスメートが複数いたのです。
    よく創価のことが話題になりました。
    家族全員で信心している友人、祖母だけが信心している友人、そして脱会した友人もいました。
    脱会した友人が言っていた言葉は、
    「うちは、やらないと罰が当たる!と言われて、父が頭にきて学会やめたんだよ」でした。
    友人のお父さんが、幹部に厳しく指導されたのかもしれませんね。
    私は内心、「えーっ!やめちゃったの?これから大丈夫なのかな?それにしてもずいぶん平気でいられるなぁ」と思っていました。
    祖母だけが信心している友人は、
    「悩みがある時、祖母と一緒にお題目あげるけど、信心のことで家族内でもめごとがおきたりするから、気を付けた方がいいよ」と話していました。
    当時私の家は一家和楽で、子供ながら幸せだと思っていたので、なかなかこの友人の言葉が理解できずにいました。
    今となっては、よくわかります。

    それにしても、こちらの地区では「組織は、おかしい!」と言いながら、それでも「何があろうとやらなくてはいけないんだ!」と頑張っている人が何人かいました。
    やらなくてはいけない…??
    昔のスポ根アニメでアタックナンバーワンの歌
    ♪苦しくったって~悲しくたって~の世界みたいです…
    中には、うつ病の方もいました。
    心に無理をし過ぎて、いつか爆発してしまうのでは?と心配しています。
    レモンさんもおっしゃっていましたが、多くの地区幹部やブロック幹部は自律神経をやられていると思います。
    私も活動などで外に出ると常にハイテンション、でも家にいるとグッタリで何もしたくなかったことが多かったです。
    楽しく活動しましょう!と指導がありましたが、楽しいと思ったことなんてありませんでした。

    今日のS新聞三面に、池田氏と戸田氏の写真が載っています。
    ぱっと見、戸田氏はアル中患者、池田氏は暴力団員のようでした。
    事実、池田氏の実弟は○○組だったらしいですね?
    本当なのでしょうか…

    前回の私の替え歌、創価能×創価脳○でした。
    Oh NO!!(*゜ロ゜)

  7. 流れ星 さん 2015年11月13日 02:11
    >どれもが理想的な言葉ばかりで正論めいているのですよね。。
    かなりの池田大作信者さんです。。
    >わたしも若い頃理想に燃えて世界平和、とか本気で思ってたんだわ。。

    二重人格で有名な『ジキル博士とハイド氏』という物語をご存知だと思いますが、まさに、
    “イケダ博士と大極悪”。という処ですが、ここが稀代の天才詐欺師たる所以であり、今創価に残って本部中枢と闘おうという方々は、皆天野さん的“勘違い地涌の菩薩の方々”のようです。それが今もって、唯一の正しい宗教だとの信念の元、続いている方々なんです。
    (後は、ナンカオクレさん?)
    しかぁし、中枢部は大極悪なので、二重組織はいずれ別れるか、一本に纏まるか、白黒つけないと、末端・幹部の凡人は精神が分裂します。
    だから…、まともな人は“静かに去る”のが一番の選択なのでしょう。去ったあとですら、かなり長期に亘って鬱その他色々苦しんでおられる方々が将にココに集われておられる。

    >創価学会の何処が宗教と言えるでしょう。。?

    末端(ソコソコ幹部さんも含む)で日蓮教学を頑なに信じている人々の“脳内の認識”が宗教なのでしょう。

    *(国の力ではあったが)、オウム真理教も解体されたが、名称を→
    ○アレフ(Aleph)2000年2月4日~村岡達子、2002年1月30日~上祐史浩、2003年10月~旧長老部~野田成人、~上田竜也と松下孝寿…信者1500人程度?
    ○ひかりの輪(仏教哲学サークル)2007年5月7日~上祐史浩…信者150人程度?
    →と変え、続いていますね。(*以上Wikiを参考に、まとめてみました)

    創価の場合も、“強信(狂信?)派VS謀略派”の戦いになるのでしょうけど、堕落坊主とか日顕宗とか喚いていたし、実際そう信じていたのだろうから、今さらお寺へ行く気も起きないだろうし、表の顔の“平和・文化・友好等”を今も信奉してる学会員も数万人~数十万人は居るでしょうから、理事長・副会長クラスが数十人規模で旗を振れば、分派も可能でしょう。迫害あるほど“真の法華経の行者”でしょうから、頑張って極悪詐欺中枢に打撃を与えて下さい。社会・信徒に害を与えない組織なら“信仰は自由”なので、良いと思います。(一番の利点は、創価謀略派の力を大幅に削げる点です。但し、立ちあがる幹部は居ないでしょう、それだけの根性のある大幹部はトックニ脱会しています。残念。)

    「クリティカルシンキング (入門篇)~あなたの思考をガイドする40の原則」
    E.B.ゼックミスタ、J.E.ジョンソン(著), 宮元 博章、道田 泰司& 2名 (訳) 北大路書房 (1996/09)
    内容(「MARC」データベースより)
    現代をよりよく生きるために「よい思考」が必要。大切なのは、よく考えようとする「態度」である。頭の良し悪しでは決まらない、「ものの考え方」自体を系統的に解き明かし、実用的な思考力を身につけるための方法を解説。

    176p  2 ◍ 信じる? それとも疑う? オカルト信念の強固さ …の項目から一部

    181 人々は、自分がだまされていたという事実をなかなか認めたがらない。そのような事実に直面した時には、4章で述べたように、自己防衛バイアス、あるいは認知的不協和解消のための合理化といったメカニズムが働く。ESPのような超常現象に見えるものが、たんなるトリックだったり、科学的に説明可能であるということは、ESPが実在するというわれわれの信念が間違っていることを意味する。クリティカルに思考する態度を欠いている多くの人は、自分の誤りを認めたり、事実を客観的に考えたりすることができない。彼らはこのような状況で、自分こそが本当に正しい、つまりその出来事はESPによるものだと信じることで認知的不協和を解消しようとするのだ。正直な手品師がトリックだと言ったり、心理学者が合理的に説明しているにもかかわらず、彼らはESPは実在するのだという考えを持ち続ける。このようにして認知的不協和を解消すると、自分たちがだまされ得ると 182
    いう事実を認める必要がないので、彼らにとって都合がよい。ランディが指摘している通り、多くの人は自分がだまされるほど愚かだということを認めたくないのである。人はいつでも自分の事はよく考えたいものなのだ。だまされているわけではないと考えることができれば、自分が知性的で洞察力に優れ、簡単にごまかされたりしないという自己概念をもち続けることができるのである。
    (以上本文引用終了)
    (↓巻末付録、まとめより)
    クリティカルシンキングのための原則90(クリシン原則)のうち、洗脳系をあげてみます。
    17 自分の属する内集団の人の成功は内的に、失敗は外的に帰属し、逆に外集団の人の成功は外的に、失敗は内的に帰属する差別的な帰属錯誤を改めよ。
    21 人は自分にとって好ましい自己概念を保つために、しばしば偏った情報処理を行う。それは、自己高揚バイアスと自己防衛バイアスである。
    5章
    31 あなたのもっている信念は、必ずしも正しいとは限らない。先入観や誤った直観によって形成されたものでないか、常に吟味せよ。
    38 たんなる偶然(偶然の一致)こそが、しばしば最も有効な説明原理である。
    39 人は自分が期待している通りにものごとを見てしまう傾向がある。
    40 われわれの信念は、もともと嘘であっても、自分の期待と一致するように自分自身や他人の行動を導くことで、やがて現実となる場合もある。
    6章
    41 人は、同じ情報を繰り返し示されると、真偽にかかわらず、それを正しいと信じるようになるので注意せよ。【*嘘も100回言えば真実になる。がイケダの座右の銘?】
    47 絶対的思考よりも条件つき思考、二元論的思考よりも相対的思考をせよ。
    8章
    64 人生の複雑な問題には、明確な正解など存在しない。
    9章
    80 義務の主張(~ねばならない)と許可の主張(~でもよい)を区別せよ。許可の主張に過ぎないものを義務であるかのように偽装している主張が多い。

    (実践編)の、─カバー裏─には、…
    クリティカルな思考の基本は「疑う心」、つまり「懐疑心」だ。
    しかしそれは、むやみにケチをつけ、人を小馬鹿にするためではない。
    正しいこと、信ずるにたることを見極めるための懐疑であり、批判なのだ。
    あなた自身のあたたかい心を支えるためにこそ、クールな思考を役立てよ。

  8. シニフィエ様 皆様
    お久しぶりです。しばらくロム専していました2世のミニーです。
    わたし、ようやく脱会しました‼︎
    スッキリしました。
    こちらのブログに出会ってから、みなさんのご意見を読ませていただきながら、かなり私自身の気持ちを整理できました。
    本当に感謝しています。
    脱会を迷っている方、迷うことなどないのです。早く脱会してしまいましょう。
    親子だってなんだって、脱会で付き合い方が違ってくるのであれば、それはそれまでの付き合いなんですよ。
    学会の凄さを外部の一般人として早く見て下さい。

  9.  モニカ様の下記のコメントは絶妙ですね。
     「彼らは当然罰も功徳も曼荼羅も信じてませんよ。
      そんなオカルトより怖いのは失脚。
      身の保身で頭いっぱいですよ。」
     「人の不幸と覗き趣味が大好きな学会員さん。
      末端は覗きと脅しと下世話な会話に明け暮れて、中枢部は権力争いと札束を数える日常。
      双方たいした尊い仏様ですわ(笑)」
      モニカ様のように、私も、創価学会の本質を一言で暴露できるようになりたいものです。モニカ様の鋭いコメントを楽しみにしております。
      創価学会を批判しても「罰」などは全くありません。池田大作創価学会名誉会長らを訴えている私が元気一杯なのが、その「現証」です。

  10. こんばんは、ねこのとうさんです。
    まず、創価学会の最初の恐怖とは。
    勤行をしないと不幸になる。勤行していれば幸福と刷り込まれる。
    自分で自分を洗脳する。洗脳の内容は「僕は勤行しているから守られている。」
    今日はちょっとヤバいことがあった。でも、勤行しているから少しはマシになった。
    いや、守られたんだ。
    座談会でヤバかったことを発表。「よかったね。ご仏智だよ。守られたんだよ。」
    そうだよな。そうに違いない。多分、僕はとてもラッキーだったに違いない。すべてに意味があるんだよ。よしもっと信心に励もう。
    (思考停止に追い込まれた僕はもう勤行をしないとダメな人間になってしまう。人生を踏み外して、不幸になるのが怖くて、勤行だけは欠かさない。)
    二番目の恐怖。破和合僧。
    「三代会長が創った創価学会は仏意仏勅の団体です。この組織を攻撃するものは、悪知識であり、魔の眷属であります。」
    そうか、僕を救ってくれた御本仏が、作られた団体なのだ。確かに学会にはいい人が多いな。すごく人間味あふれる幹部や学会員。池田先生も面白い人だし、信じれるな。この人たちは僕にとって宝だ。共産党、民主党、なんだよ池田先生がお創りになった公明党に敵対しやがって。お前らは悪の眷属だ。日蓮正宗、お前らも仏意仏勅の団体である創価に敵対しやがって。
    幹部たちも言っているよ。創価新報に坊主は犬畜生以下だと書いているぞ。僕は創価学会を、池田先生を、人生をかけて守る。
    (極悪と戦う人間は極善だと思い。信心に励んだ僕は日蓮正宗や公明党の敵とは戦うことが、正しいことだと思っている。ましてや退転した輩は極悪人だと思っている。自分はそんな不名誉な人間にはなりたくない。)

    三番目の恐怖。入阿鼻地獄。
    やっぱり幹部の話は退転したあいつのことだな。大幹部だったのに。弁護士だったんだ。頭いいのに、魔に魅入られたんだよな。しかも死んだ。とんでもない死に方だ。やっぱり信心している人を苦しめると。堕地獄だ。晩年は本当に不幸だな。ザマみろ。
    (反逆した大幹部が晩年不幸になってしまったのを面白おかしく聞く僕。実は僕は笑っているが、地獄に落ちたのは自分だと気付くはずもなく、貴重な人生を無駄に過ごしている。)

    この三つの恐怖は、信仰の根本である日蓮が書いた御書に考え方の根源がある。功徳と罰が表裏一体であるからこそ、人間をコントロールしやすいとも言える。牧口、戸田が作った幸福製造機とは自分達の幸福を約束する「創価=幸福製造機」のことだ。

    最近思うことは、法華経はキリスト教を知らない仏教徒に、原始キリスト教を説くために成立した経典だと思われる。法華経信解品の長者窮子の譬えは新約聖書ルカの福音書に似たようなエピソードがある。どちらが先なのかはわからない。また法華経の行者に対する敵は「外道の論議を説く」と法華経の行者を非難すると言った言葉があり、外道と言われるのは仏教以外の教えにとても似ているからこそ、そのように言葉が残っているのではないだろうか。

    そんな日蓮の残した御書と聖書を比較して読むと、聖書の方が知恵に溢れていることに気づく。
    日蓮は自分を天台の沙門と言っていたが、全くその通りだと思う。渓嵐拾葉集という天台宗の仏書がある。読むと分かるが、内容はかなりカブっている。日蓮の言いたいことは、かなり天台宗だと思った。
    こんな何でもありの日蓮の考えからは、何でもありの創価学会が生まれ。
    池田大作と著名人との対談は著名人がいっぱい話をして、池田は「そのとおりです。仏教には…」、こんな対談集も創価を支える舞台装置でしか無い。
    消えた著名人も多い。チャウセスク、ノリエガ将軍などなど。

    韓国には池田大作と同じぐらい、表彰や勲章を受けた宗教者がいる。統一教会の文鮮明だ。
    なんかすっごく似てるのが、自分を複雑な気持ちにさせる。
    統一教会を馬鹿な宗教団体で、信者も馬鹿だと言っていたが、気がつけば似たような宗教団体に人生をボロボロにされた。履歴書には、信心やめても創価の文字が刻印されてる。
    笑える話じゃないか。

  11. 希望様、コメントありがとうございます。
    いえいえ「明るく楽しく元気よく」書いているだけですよ(笑)

    私がおもしろいと思うのは、カガテツさんが紹介して下さった
    >今まさに上層部の「暴走」に気づかず、このまま『組織信仰』を続けるならば「生き地獄」へ落とされる宿命だ。
    など書いている末端信者です。

    末端に日蓮だの本尊だの教たのはトップですよ。
    そのトップ連中が、教えなどデタラメだと承知している。
    いかに夢中にさせることができるかだけを考えて配信しているというのに、そのトップをけなしながら教えだけは信じている(笑)
    なんじゃそりゃ?

    >この数年の急激な学会員の変貌は早すぎている。
    >このように仕向けているのは、指揮している「最高幹部」にあると判断するしかない。

    変貌も何も創価は最初からデタラメですよ。
    最初から「仕向けて」ますよ。
    それが露呈してきただけのことが、信者にとっては「変貌」に見えるだけの話。

    >現在の最高幹部により、念仏・浄土を信仰してるも同然の団体へ変えてしまったのでは『邪宗化』を意味してるものだ。
    >なぜ『邪宗』に魂を売り渡すことができるのだ?

    念仏・浄土を信仰しているも同然=邪宗?
    あのですね、トップはそんなこと思ってませんよ。
    どうだっていいんです、そんなこと。
    そう言えばウチの曼荼羅だけが売れて儲かるから言ったまでのことです。
    彼らの魂なんて「日蓮」にも「邪宗」にもありませんよ(笑)

    >冗談ではない。
    >今後は『裏切り』には厳しく対処します。
    >それは『最高幹部』だろうが例外ではないということ。

    だから裏切ったりなんてしてないんですよ(笑)
    最初から思った通りのことしてるだけです。
    信じていた末端が勝手に「裏切り」と思ってるだけのことなんですって。
    厳しく対処?
    詐欺にどうしようって言うんです(笑)
    騙されていたことに気づいて、厳しくても現実を認めることが対処ですわ。

  12. 追記します。

    >人々は、自分がだまされていたという事実をなかなか認めたがらない。
    >そのような事実に直面した時には、自己防衛バイアス、あるいは認知的不協和解消のための合理化といったメカニズムが働く。
    >クリティカルに思考する態度を欠いている多くの人は、自分の誤りを認めたり、事実を客観的に考えたりすることができない。
    >彼らはこのような状況で、自分こそが本当に正しい、つまりその出来事はESPによるものだと信じることで認知的不協和を解消しようとするのだ。
    >正直な手品師がトリックだと言ったり、心理学者が合理的に説明しているにもかかわらず、彼らはESPは実在するのだという考えを持ち続ける。
    >人は自分にとって好ましい自己概念を保つために、しばしば偏った情報処理を行う。
    >それは、自己高揚バイアスと自己防衛バイアスである。
    >あなたのもっている信念は、必ずしも正しいとは限らない。先入観や誤った直観によって形成されたものでないか、常に吟味せよ。
    >人は自分が期待している通りにものごとを見てしまう傾向がある。
    >人は、同じ情報を繰り返し示されると、真偽にかかわらず、それを正しいと信じるようになるので注意せよ。

    カガテツさん、すばらしい本を紹介して頂きました。
    「信者」という者、その思考は独特です。
    どうしても「自分のいいようにいいように」考えてしまいます。
    自分が「信者」であるなら、上記の文章をよくよく考えてほしいです。
    最後の

    >クリティカルな思考の基本は「疑う心」、つまり「懐疑心」だ。
    >しかしそれは、むやみにケチをつけ、人を小馬鹿にするためではない。
    >正しいこと、信ずるにたることを見極めるための懐疑であり、批判なのだ。
    >あなた自身のあたたかい心を支えるためにこそ、クールな思考を役立てよ。

    私もこれも改めて身に着けたいと思います。

  13. ミニーさん、脱会おめでとうございます!
    確か 私への脱会お祝いコメントに「脱会に向けて静かに静かに事を進めていく」とありましたが、無事静かに決行できて良かったです!(^^)!

    ふふふ(*’▽’)
    執行部さん、あなた方が迷走してる間、水面下での脱会へのベクトルは止まらないのよ~

  14. 2世で現白ゆり長のなつです。
    活動はとりあえずしていますが覚醒済みです^_^;

    椿さん
    はじめまして。
    私の両親もそんな感じです。
    「信心していないとダメ人間になる」と脅されたもんです。
    信仰以外では、あまり言う事を聞かない娘でしたので、何か行き詰まると「ほら見ろ、やっぱり信心から離れると人生の軌道から外れるんだ!」とドヤ顔されましたよ。
    昔は「親の言う通り、私は信心しないときっと人生を踏み外して不幸になるんだー!」と震えていましたが、よくよく考えてみると、何が幸せで何が不幸かって結局自分が決めるものですよね。
    他人にどうこう言われるものじゃない。
    そして、理想の生き方をしないと人生の軌道から外れてる、と勝手に思い込んでしまう のもいいお節介です。
    うちの親は「センセイだってこう言ってるんだよ」と女子部や婦人部に向けた指導を引っ張りだして、自分達の意見が正しいと説明します。
    結局は、娘にこうなってほしいという勝手な思いを、信仰に当てはめ、自分達の思い通りにしようとしているだけなんです。

    信仰は自由なはずなのに、何故強制されなければならないのか。
    退転をすると、紙を一枚一枚重ねるようにしてきた福運が一瞬で無くなる、と言われますが、そんな薄っぺらい福運ならいりません。

    でも覚醒する前は、本当に罰が怖かった!
    自分ならまだしも、家族に事故が起こるかもしれない。大切な人が半身不随とか、不治の病になるのを見るのは辛いぞ〜逃げられないぞ〜と脅されると、何かあったらどうしよう!と不安になりました。会員の「いっぱいそういう人を見てきてるのよ」という言葉も追い討ちになりますよね。

    …だけど、これもよくよく考えると不思議なもので、病気や事故は誰にでも平等に降りかかるリスクです。
    学会辞めても辞めなくても、みんな同じなんですよね。何故悪い事が起こると言い切れるのか?そこのところ、誰か説明出来る方おりますか?あ、もちろん学会の教義とか抜きでの説明をお願い致します。

    学会の中にいると、「こんな素晴らしい宗教はない!アンチが言っている事も◯◯にはこう書いてるし、センセイも仰ってるし、全部論破できるもんね!」と思っていましたが、外部の人に言わせると「穴ぼこだらけの宗教」だそうです(笑)
    そりゃそうですよね。
    学会員は一般常識ではなく、創価の教えの中でしか物事を考えることが出来なくなってますから。
    これって本当に怖い事です。

    そんな会員を生産している宗教が世界平和?
    実態をよく見て欲しいです。

  15. 創価の振込用紙が配偶者の元に届きました。
    11月26日から12月17日までと書いてあります。
    必ず締切が年金支給日の後。
    年配の人達の年越すお金まで搾り取る締切日。
    配偶者も大事そうに仏壇の上にお供え?してましたね。
    創価のカモネギ番付大口の常連です。
    悲しいですがここまでくると、相当な重症者でつける薬はありません。
    私待つわ~じゃなくて、私去るわ~の気分です。

    創価会員は自覚がある無しに関わらず、心は常に恐怖心で縛られて支配されているんですよね。
    創価の陣列から外れてしまえば、自分の力ではどうにもならない事がおきたときに大変な事になってしまう。
    ここまで活動してきたのに、疑いを持てばそれらのすべてを台無しになってしまう。
    私自身は、無意識にそんな思いに支配されていたように感じます。
    せーやさんが書かれているようにまさにスポ根ですよね
    MCされていた時は、苦しくて逃げだすのは愚かだという気持ちがずっとありましたので、過酷な活動もひたすら耐えて踏ん張っていましたが、色んな意味でズダボロでした。
    幸せな軌道にのっているはずと思い込もうとしていたけれど、心のどこかでこんな理不尽な活動を一生続けなければいけないのか?という疑問と辞めたいという葛藤のせめぎ合い。
    そんな時の創価の指導は、どんなに苦しくても大変でも、今こそ信心が試されている!
    例えどんな結果になろうとも、信心しきって出た結果ならそれが最善の結果!
    考えるより祈れ!
    これ等の創価の指導、もう反吐がでますね。
    そして、辞めて1番気がついたことは、心が穏やかでいられた事など全く無かった。
    常に戦闘モードで走らされているので、穏やかでいられるはずがない。
    自分のしてきた活動を思い出すだけで、どれだけ吐き出しても心のど真ん中に黒く重いものがどっしりと居座っていて重苦しい気持ちになります。

    子の1人が活動家なのですが、子の住む街の近くで仕事帰りに2人で会いました。
    家だと主人がいて、話ができないので。
    一切聞く耳を持たない主人と違い、子は静かに私の話しを聞いていましたが最後に「自分が好きでやっているんだから、いいじゃない」と。
    この言葉、自分が言い放っていた言葉だからよくわかるんです。
    組織の中にいるから、そう思い込まされているんだということが。
    自分もやらされているんではない、自分が好きでやっているんだと思っていたけれど、洗脳下の中にいて同じような思考停止人間ばかりの集まりにいるので、そう思い込んでいただけなんですよね。
    本当はやりたくてやっている人など皆無でしょう。

    主人との会話とは違った意味での、大きな悲しみと落胆を抱え帰路につきましたが、帰る途中で「幸せになってほしいと願っていた子が創価の活動家となってしまっている」という激しい脱力感に襲われましたね。
    それでも、静かに組織から離れていくようにとこれからも根気強く対話をしていきます。
    生まれたときに入会させてしまった親としての責任です。

    創価に深く関わった人は、自分だけが覚醒して逃げればすむという話ではないんですよね。
    創価では常に繰り返し繰り返し「一家和楽」と言い続けていますが、この事によって何世代にもわたって不幸の連鎖が続いてしまっている。
    恐ろしくあまりにも不幸で残酷すぎますね。

  16. みなさまこんばんは

    ケセラセラさんありがとうございます。
    脱会してみると、創価の恐ろしさにゾッとします。よく今まで籍をおいていたなぁと思いました。

  17. 私の場合、どうやって中枢部(大元イケダ)が“会員を恐怖で縛り付けているのか?”、その手口・手法に興味があり、研究・分析しています。
    その一端としてクリシンもある訳なんですが、モニカさんのツボに嵌ったなら、よかった(^_^;)。でも、これ読んですぐ理解できる人は最初から入会しないでしょうネ。
    つくづく、親が勝手に物心つかない子供の(人権を無視して)入会させるのは“憲法違反”の犯罪と呼べる行為だと思います。

    そもそも論理的に考えれば、…ねこのとうさん 2015年11月13日 23:12
    >最初の恐怖とは。
    >勤行をしないと不幸になる。勤行していれば幸福と…

    最初からして、科学的因果関係、もしくは長年の統計的証明は皆無なんですね。(あるのは、トンデモ日蓮の御書だけですよね。勤行で幸せになるのなら、750年間で世界中がやってますって、ヤルナと言ってもやるよ!。折伏も不要な筈)
    勤行をすると、“長くするほど足が痺れる”は、科学以前に皆さん実感されてますよね。私の場合それに加えて(扁桃腺が弱いので)、喉が痛みます。
    ただ、一心不乱に唱えてる間は、脳内が空っぽになるので“ちょっとスッキリした”感じにはなるでしょう。特に悩み・心配を抱えていた場合。【そこに付け入ってるのか?】

    >二番目の恐怖。破和合僧。
    > 「三代会長が創った創価学会は仏意仏勅の団体です。…

    “言ったもん勝ち”の世界で、根拠も文証も無い。【“嘘”を、さも当然のように、一片の恥じらいも無く、良心の呵責も無く、平然と言ってのける処が、詐欺師と云うより、私から見たら“精神に異常を来してる”としか思えない。】

    >三番目の恐怖。入阿鼻地獄。
    >反逆した大幹部が晩年不幸になってしまった……

    これも大嘘で、反逆した大幹部の人達の入滅の相は、皆さん“満足された穏やかな相”と云うのが、私の調べた実際です。山崎正友、福島源次郎。原島嵩さんら元最高幹部の皆さんが云われてる事は、「池田大悪に加担した罪で、地獄堕ちは覚悟している。それでも少しでも仏への罪障消滅の為、血涙をもって真実を訴えて行く」という決意でした。
    …葬式の刻の親族の方々の言葉は皆「安らかな死相だった」。と、言われてますね。
    それに引き替え、現最高幹部の方々の葬儀のほとんどは、“家族葬”であり、しかも葬儀が終わった後に(聖教に)小さく載ったり、載らなかったりの事実があります。
    【仏意仏勅の団体が、“ヤクザを使って反対者を脅し”たり、脱会者を「自殺まで追い込め」とかいう訳が無い。(「私の言う事に反対する者は滅ぼせ」と、仏が言う訳が無い)】

    私、闘病記もよく読んでますが、自分が病気に罹った時、医者の話より、実際に“病気に罹り、闘病後回復した人の記録”を読むのが一番参考になると思います。
    そういうことで、創価学会で体験したアンナことコンナ事を聞くのが、一番の“真の理解”の早道だと思います。どんどんお聞かせ下さい。

    ただハッキリ言えることは、「ヤクザより性(タチ)の悪い創価を脱退しても、福こそあれ過は有りえない」と云うことは、断言できます。

    「柔訳 釈尊の言葉 第1巻」谷川太一/電波社 (2015/8/25)
    33p   6 天上天下唯我独尊
    (独自の訳)
    悪事をした人は、コノ世で心配して、アノ世でも心配し、
    二つの世界で心配ばかりする人となります。
    この人は、二つの世界で自分がした悪事を繰り返し思い出して、
    心配し悩むこととなります

    善行をした人は、コノ世で安心しており、アノ世でも安心しており、
    二つの世界で安心する人となります。
    この人は、二つの世界で自分がした善行を思い出し、
    それを喜び楽しむこととなります。

    35p(解説)…
    無理して善行などをしなくても大丈夫です。
    要は、自分の良心(内在神)に恥じない生活をしていれば、ほんとうに大丈夫なのです。
    最大の恐れるべき相手は、他人や閻魔様ではなくて、ほんとうの自分である自分自身の良心(内在神)だけです。
    (以上引用終了)

  18.   かねがねこのコメント欄で皆さまにうかがいたく願っていたことなのですが……「東洋哲学研究所」や、「創価大学国際高等仏教学研究所」のこと、とりわけ、そこで働く非学会員の研究者を皆さまはいかがお感じになられますか?二つの代表的な研究機関のうち、後者には実は少なからず「邪宗」のお寺の子女もいらっしゃるはずなのです。皆さまはいかがお感じになられますか? 
      
      人によっては良い研究をしている人もいるように思われますが、彼らの給料は要するに他の創価大学の教員のそれと同様、カルト教団が自らの洗脳した会員たちから搾取したお金であり、長い目で見れば決してほめられた話ではない……私はそう考えておりますが、私は考えすぎなのでしょうか? 大学や大学院の知人で、このての創価の息がかかった研究機関と縁を結んでしまった人が数人いるのです。私は幸か不幸かお声がかからなかったのですが、今後そう遠くない将来、お声がかからなくて幸運だった! と言える時が来ることを念じてやみません。

      お釈迦さまが『維摩経』をお説きになった「奈氏苑」は、実は高級娼館を経営する、自身も名高い娼婦であった女性アンバパーリーが寄進したと聞いております。いや、実は、つい近年まで、全国のまともなホテルなら客室に『聖書』ともども備え付けていた『仏教聖典』には、はっきりそう書かれていましたよ。ここ10数年来はたぶんフェミニズム団体からの抗議を懸念してでしょう、まず日本語版からは削除され、ついで英語版や中国語版からも削除されてしまいました。でも、削除するほうが史実を葬ろうとする、よほどよくない処理方式だと思います。吉原や金津園には女性のソープランド経営者が私の知る限り10指にあまるほどいらっしゃいます。そういう人々が何かの拍子に釈尊のみおしえに関心と敬意を寄せないとも限らないじゃありませんか!

      ついでながら、『仏教聖典』とゆかりの深い会社(ミツトヨ)がココム規制違反で以前、家宅捜査を受けるという事件がありましたが、あれなどはあの当時与党だった公明党が嫌がらせをしたんではないか、という思いを払拭できません。「高等」(!)「仏教学」(!)研究所を設けるいっぽうで、創価の最高幹部の中には釈尊のみおしえを「腐ったご飯」とさげすむ人が、やはり少なくないのではないか…そんなふうに考えております。とりとめのない文面で恐れ入りますが、意のあるところをお汲み取りいただければ幸いに存じます。

  19. 椿さん
    私も、女子部では本部長やってました。同じですね。
    うちの両親特に母親も全く同じでした。
    私は兄弟の末っ子だったため、よく上の姉を引き合いに出して「お姉ちゃんは、未来部の役職を断ったから、将来必ず子供で苦労する」とか活動やらないとどんな不幸が待ってるか、みたいな話を散々聞かされて育ってきました。
    婦人部になって、鬱を理由に活動から離れた後、我が家で問題が起こったときには「これで逃げられなくなったわね」といい放たれました。あの時、電話だったけど、ドヤ顔してたんだろうな。私も即刻思ってました、罰が当たったんだって。その時は、もうその思考回路しかなかったから。
    イケダさんが、いつも いつも「お母さんによろしく、親孝行してね」なんて未来部に言いますが、二世三世たちがどれだけ親からの精神的呪縛に苦しんでるか、ま、縛るために言ってたんでしょうけど、心から怒りが沸いてきます。

    レモンさんの活動家のお子さんの話も、グッと心にきました。今はお辛いと思いますが、お子さんより先に覚醒されて、ホントに良かったと思います。
    お子さんが何か違う…と思ったとき、一番にお母さんに相談できる、帰れる場所がある、それってお子さんにとって一番安心できますもん。私たち毒親に悩む者からしたら最高のお母さんです。
    お子さんの幸せを願ってきたレモンさんの気持ち、いつか通じると思います。

  20. ミニーさん脱会おめでとう。。
    良かったですね!

    ほんと、そうなんですよね〜。。
    脱会すると何か憑き物が落ちたみたいにスッキリさっぱりするんですよね。。

    気持ちは晴れ渡った青空のようにさわやか♬なんですよね。。

    うちはレモンさんと違って息子たちみんな全然活動していなかったし、笑えるのは幹部が来て正式に脱会の署名した時に、幹部の方からお子さんたちは、どうしますか?って催促するように言われたので。。

    あっそうだ、息子たちもお願いしますって署名したくらい☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

    それだけ組織にとってのお荷物になってたんですね。。

    非カツの方に言いますけれど、いつまでも新聞をとっていたら学会やめさせてはくれませんよ。。

    わたしは徐々に組織と距離を置いて。。
    まず会合に一切出なくなる。。
    次に新聞を辞める。。
    そして公明党には入れません、とハッキリ言いました。
    財務をやめたのは一番最後だったかな。。

    学会は宗教ではないというのは、ここです。すべてが活動、という名の下に数字で牛耳られているのです。

    幹部をやれば誰でも分かると思いますが、すべての組織活動には数字の報告が毎回あります。
    だから、わたしのように徐々にでもやめていくと報告の時組織の数字の面でお荷物さんになってしまうんです。。

    一番は新聞でしょう。
    これをやめなければ組織の人は、いつまでもあなたに期待し定期的訪問を受けることになると思います。。それと公明党かな。。

    贈呈で、と言われたらゴミになるから、と言いましょう。。

    でもこれも組織によって違うと思います。
    わたしはお引越しが多かったので、地域との密接な繋がりが薄かったのもあると思います。

    それに学会の中での人間関係よりも外部の友達との人間関係の方が多かったんです。

    また都合がいいことに組織の編成が大きく変わり上の幹部もガラガラ入れ替えになったのもラッキーでした。

    やめたいのにやめられない、って人の参考になるかと思い話させていただきました。

    創価脳の母には事後報告でしたよ。
    やめると組織に宣言してから、母にやめたから。。と言いました。

    母は確かに驚いたし悩ませたかもしれませんが、娘が幸せになって困る親はいませんよね。。
    いまはもう何も言いませんし、いつの間にか母も会合にあまりでなくなってしまいました。。(^_−)−☆

    でも、組織の人は、なんとか母を繋げておこうと思うのか、母にやたらモノをくれるみたいで。。
    母は、とてもいい人なんだよね〜。。
    と言ってますが。。

    母は独り暮らしで、いずれ自立した生活が困難になったら旦那とも話してて、母を引き取ろうと思うので、母が組織をやめられるのは、その時かと思うんです。

    時が解決、するかな。。

    いま親御さんが厳しく言ってる人も、いずれは歳をとり子どもを頼るようになるんです。。
    そうなった時、毒親さんたちはきっと後悔することになるんでしょうね。。

    親からの精神的虐待で傷つけられた子たちは。。言わずもがな、ですよ。。

  21. ミニーさん、脱会おめでとうございます!
    ほんとおめでとうございます!
    よかったら今後もミニーさんの脱会前と脱会後のリアルな気持ちをコメントしてください。
    よろしくお願いします。

    やはりみなさんからの脱会の報告がいちばん嬉しいです。とても他人事には思えません。創価学会員がこの世から一人でも多くいなくなること。創価問題の解決はこれしかないと思います。創価はもとから詐欺団体なのですから、改革とか改善とか絶対にありえません。いつも言うように、暴力団がどんなにひっくり返っても慈善事業団体にはなりえないのと同じです。
    とにかく脱会する。創価の悪事を学会員に訴えたところで何の足しにもなりません。聞く耳を持ちませんからね。人としてのまともな判断能力を根こそぎ奪われてしまっていますから、まさにホラー映画に出てくるゾンビみたいなものです。創価の被害から逃れるには脱会以外にありません。改革も改善もありえないことは、皮肉にも白いブランコさんが証明してくれました。創価を改革しようとするものは、創価にとっては反逆者でしかありません。結局は白いブランコさんのように組織からつまはじきになるだけです。白いブランコさんとしては創価を信じて創価のためを思ってはじめた「創価学会か以前活動」ですが、わずか2ヶ月で誰からも相手にされずに頓挫し、組織から離れてしまいました。創価にとって白いブランコさんはただの反逆者でしかありません。創価について自分で考えることを地区部長が会員に促されては、創価としては困るでしょう。創価の実態に会員が気づいてはまずいですからね。会員は何も考えずにお金を労働力を貢ぎ続けるだけの存在です。それ以外のことをされては困りますから、白いブランコさんのように体よく組織からはずされたわけです。そういう意味では白いブランコさんは創価のおかしさを身を以て証明してくれたので感謝したいのですが、あれ以来うんともすんとも返事がありません。白いブランコさんのブログこそまだありますが、まったく更新されずにコメントすらできない状態です。あれだけこのブログで「創価学会は正しい宗教団体だ」としきりに訴えていた人がこれですよ。このことだけでも創価がどのような団体かがわかるというものです。
    今でも「創価学会は正しい宗教団体だ」と信じている学会員さん。一度、自分で考えることをしてみてはいかがでしょうか。「創価をが正しいという判断は自分で考えた結果だ」と言うかもしれません。きっと言うでしょう。でもね、普通の人間の感覚からすれば、学会員さんの考え方も行動も異様なんですよ。常識もモラルもまったく無視しているから煙たがられているんです。でもその煙たがられていることすら自覚できないから、自分で考えていないこともわからないんです。知らないうちに恐怖に縛られながら創価に貢いでいることに気づかないでいるんです。……などと、いくら言っても無駄でしょうけど。

  22. さあ、11月18日の「創価をやめる日」まであと4日となりました。
    この日は、コメントフリーにします。自己紹介とかもなくてかまいません。実際に脱会してもしなくても、どなたでも「創価をやめる日」について「ひとこと」メッセージをください。これから毎年11月18日の「創価をやめる日」をお祝いしましょう。実際に創価をやめた人へのお祝いと激励のメッセージを送りましょう!大丈夫!罰なんて嘘っぱちです。創価のすべてはデタラメです。インチキです。自分が騙されてきたことを受け入れるために、みんなで確認し、それでも生きていける、大丈夫だという自信をもてるように、みんなで確認しましょう。実際にこの日に辞めなくても、この日に「辞める決意」をするだけでもいいんです。とにかくこのブログを一人ひとりが脱会へむけて行動するために、みんなで頑張れる場所にしましょう!このブログはそのために存在します。ひとりでも多く創価の地獄から抜け出し、自分の人生を取り戻すことができるように、みんなで体験を共有し、これからそれぞれの立場で生きる勇気をもてるように、意見を交換しましょう。辞める勇気をもてるように悩んでいる人に声をかけましょう。11月18日は創価をやめる日。一人でも多くの方の温かいコメントをお待ちしています!よろしくお願いします!

  23. 今日14日の聖教新聞、創価学会「総本部」のホームページが充実ですって。
    記念撮影や休憩場所などの施設内の検索をはじめ、「Q&Aよくある質問」コーナーなども充実してるそうです。
    Q&Aコーナーが充実しているのなら、池田君が今、本当に元気なのかどうか
    質問したらちゃんと答えてくれるんでしょうかね?
    「元気に決まってんだろコノヤロー!」とか返って来るんでしょうか?(笑)

    モニカさんの、
    >最高幹部ってふだん何してるんでしょうね?
    >〇〇派、××派と権力争いに明け暮れてるみたいですね。
    ほんと、最高幹部連中ってどんな1日を過ごしてんでしょうかね? すごく気になりますよ。
    高級車で学会本部に重役出勤し、地方の幹部の報告に舌打ちしたり指令文を作成したりして、
    腐るほどある財務の中から政務活動費みたいなのを引っ張り出して、夜は料亭にでも繰り出して
    「ねえ、新しい座談会の洗脳法ある?」とか言いながら皆で会食でもしているんでしょうか?
    来月12月は財務の振り込みですしね、高級クラブで酒でも飲みながら、財務の使い道をあれこれ計画してるんでしょうかね?
    まあ、あくまでも勝手な想像ですけどね。

    レモンさん、
    >必ず締切が年金支給日の後。
    >年配の人達の年越すお金まで搾り取る締切日。
    相変わらず、金集めに隙のない創価らしい周到さですよね。
    何が仏の功徳なんでしょうか(笑) ヘソがウーロン茶を沸かしますよ。
    高齢の活動家の洗脳が解け難いのをいい事に、骨の髄までしゃぶり尽くす魂胆でしょうか。
    活動家のお子様との会話、胸の痛む思いです。
    どうか、旦那さんとお子さんが、少しでも覚醒に近づくよう願っています。
    取り急ぎ、旦那さんの財務、ほんと止めれるものなら止めさせたいですよね・・・
    少しでも額を減らすとかしてくれるといいんですが・・・

    ミニーさん、脱会おめでとうございます、
    これからは、こちらのブログを楽しみながら、ゆっくりと平穏で充実した日々をお過ごしくださいね。

    椿さん、 始めまして、
    創価に強固に洗脳されてしまったお母様との確執、大変お辛いですね、分かります。
    >娘が精神的にボロボロになっているというのに心配の言葉一つなく、私を責め、信心を強要する母。
    >この時に、信心とは学会活動とは一体何なのかと疑問を持ちました。
    これが、一家和楽の信心などと言って、全国の創価の家庭に押し付けている信心の実態です。恐ろしい話です。
    お母様は、簡単には覚醒には行かないかと思われますが、そんな中、勇気を持って距離を置かれて幸せを掴んだ椿さんの勇気と決断は、本当に素晴らしいと思いますよ。
    今後は、椿さんの幸せな姿を見せて行く事で、少しでもお母様が何か気付いて自分で考えるようになって行く事を期待したいですね。

    椿さんの、
    >「信心している自分の方が幸せなはずだ、そうでない人の人生は本当の幸せではない」と、まさにどこかで人を見下していました。
    >いや、そんな風に思わなければあんなキツい活動なんてやっていられなかったのかもしれません。

    「このブッポウを持ってない一般人は、仮の幸せに違いない、今は苦労しても自分たちこそが真の幸せなんだ・・・」
    創価の洗脳教育は、本当に弱い民衆の心の中に、巧妙に付け入ってコントロールしていますよね。
    ここをご覧になっている、いまだ創価に利用されて活動している学会員の皆さん、
    今一度、自分の大事な人生を、自分の幸せを、真剣に考えてみてはいかがでしょうか?
    創価学会の発展なんぞの視点で考えてはいけません、あくまでも、自分自身の幸福という視点で考えてみてくださいね。

  24. 「御本尊様に本気で祈れば敵わないことはない!」と言いますが、毎日必死こいて祈っていても私達は生身の人間ですから風邪だって引きますし、虫歯になる人もいれば親知らずが痛んで抜く人もいる、中には大病を患ってしまう方だっていらっしゃいます。
    それなのに「御本尊様に祈れば大病なんてしない!親知らずも痛まない!守られるんだ!」というのはとても無理のある話だよなと、最近になってふと考えます。
    勿論、こんな事を言われたら心が揺れている人なら誰だって入信しますよね。なんとまぁ、恐ろしいスピリチュアル商法です。

    創価でない人を見下す……という点においては、確かにその通りだと思います。
    この点で厄介なのが、そうやって育った人間は創価でない人のみならず他の人も見下すようになる人が稀に居る事です。
    「由緒正しい創価学会の家柄に生まれた」→「自分は生まれながらにして御本尊の力で守られている福子である」→「だから自分は尊い」→「そんな自分の悪口を言ったりするやつは必ず現証が出る」
    ……という風に、何故か自分がすごい尊い人間であると錯覚して成長してしまうんですよね。
    変な教えは人間の人格形成においても多大な影響を及ぼしてしまいます。
    創価以外の宗教の教え方はとても偏ったものです。このスレの冒頭部分と重複しますが、
    ・キリスト教は二重人格
    ・門徒は根暗で門徒無限地獄である
    ・禅宗はお喋りが多く、早死にが多い
    ・念仏は長男(や男系一族)が育たず、障害持ちが多い
    とのことを、私は小さい頃から教えられてきました。
    ちなみに上から2番目の【門徒無限地獄】についてですが、これは門徒の人間は次から次へと問題が起きるという意味らしく、例えば立て続けに身内が亡くなったり、借金問題が次々と出てきたかと思えばその渦中に身内に大病が見つかったり……などの不運と不幸の連鎖の事を言うそうです。
    ですが、こういう不運と不幸の連鎖は創価の人間が一番多いし、失礼ですが障害持ちが多いのも創価なんじゃないかとつくづく思います。門徒無限地獄だなんて、他宗に対しての罪のなすりつけもいいところですよ。
    ましてや、門徒は根暗とか禅宗は早死にとかこれはもういちゃもんレベルです。そもそも門徒や禅宗と大雑把にしか分けていないので、何がどの宗教に当たるのか未だに分かっていない部分もあります。
    何はともあれ、これらの教えは全くあてにならないと言う事ですね。

  25. 認知科学者、計算幾科学者をはじめ様々な肩書きをもち、いろんな分野に多くの学術的な功績を残し、オウム信者の洗脳を解くような仕事もしていた苫米地英人氏ですが、近頃はやたらとメディアに登場して、その爬虫類的な風貌に引いてしまう人もいるようですが、私はそうとうな評価をしています。人並みはずれた天才的な行動力と影響力をもつ彼の発する言葉のどこまでが真相なのかがわからないところもあったりしますが、確かに他の追随を許さないほどのリーダーシップがあることは否定できないと思っています。そんな彼の言葉の中に「悪どいカルトの手法として信者を恐怖で縛る」というものがある」というのがありました。彼は原始仏教を最高の思想哲学だと評価しています。そしてカルトの実態も熟知して、洗脳の分野としては最高ランクの位置づけだと私も思います。そんな彼だからこそ「人の心を恐怖で操ることができる」ということも熟知していて、創価学会もその最たるものであることもよくわかっているようです。彼曰く「人を恐怖で縛るのはいちばん危険なことだから決してやってはいけない」とはっきり言っています。まあ、そりゃそうだとは思いますが、彼の場合、オウム信者をはじめとして多くの洗脳被害者の治療してきたので、その説得力はハンパではありません。創価は決してやってはいけないことで多くの人を不幸に陥れてきました。このことも苫米地氏はよく知っているのだと思います。恐怖で心を凍りつかせ、人としての自信をなくさせ、何かに依存しなければ生きていけないんだということを頭にたたきこむ。これが創価学会のやり口です。非活の人の中には「とくに被害はないからそんな集団の一員であってもいいや」と当たらず触らずの学会員もいるようですが、そんな人は結局は一生洗脳されたまま生きていくということになるのだと思います。それでもいいやという人には何も言えませんが、できればことの深刻さに気がついてほしいと思います。最終的に名実共に創価から去ること。ぜひ自分の人生の大きな問題として考えていただきたいと思います。

  26. なつさん、椿さん、はじめまして。スヌーピーです。
    お二人のコメントを自分のことのように、読ませていただきました。
    私も、幼い頃から、信心しないと不幸になるとか、この信心は絶対とか聞かされて育ちました。
    母に褒められたい・・・一心で、小学校から勤行唱題に励んで、母の期待に応えようと頑張って
    生きていました。母は、まわりの学会員さんから「スヌーピーちゃん頑張ってるわね。すごいね。」
    といわれるのが、うれしかったみたいでした。
    今から思うと、私は、母のロボットだったな・・・人形だったな・・・と思います。
    罰があたるとか、不幸になるとか恐怖をあたえ、洗脳、支配していたんだなと思います。
    まさに、毒母ですよね。流れ星さんがおっしゃっていましたが、精神的虐待です。
    でも、どれだけ頑張っても、頑張ってあたりまえで、逆に親孝行を求められていました。
    池田氏がよく「親孝行しなさい」とか、「お母さんを大切にね」と言ってたのも苦しかった。
    椿さんも心を病まれたんですね。
    私も鬱になって、精神科の薬を飲んでいることを、信心しないから、罰がでたんだって、
    ののしられました。
    母は「よかれと思って、言っている」のかもしれませんが、成人して大人になったのだから、
    一人の人格ある人間として、私をみてくれていたら、信心しようが、やめようが、とやかく
    言わないと思うのです。ここが毒母の怖いところだと感じます。
    なつさん、椿さんは、私よりお若いようですし、よきパートナーもいらっしゃるようなので、
    これから幸せな人生を歩んで行ってください。
    私も脱会めざして、がんばります。

  27. 苫米地氏の「戦争論」……あなたの教わった戦争の歴史はすべてウソ!世界の真相がわかる
    広瀬隆の「赤い楯」ロスチャイルドの謎……4巻 地球上の人類がどのような謎と葛藤し、どのような立場で対峙しているかを探りながら、我々自身の姿を解き明かそうとしている。
    これらの本は、創価学会も、この社会の支配する側とつながっているのかを、気づく事になりました。
    なぜ、創価学会はできたのか?何をしようとしているのか?真剣に考えると、一刻も早く、やめたくなります。
    イケダが、対話した、ローマクラブのペッツェイは、人口削減を指示する人間ですよ!
    ワクチンを宣伝していますよ!ワクチンの恐ろしさを知ると、震えがくるほど、怒りがこみ上げてきます。公明党も推進していたワクチン、皆さんご存知でしょう。
    歴史学者のトインビーは、RIIAのトップです。タビストック人間科学研究所とも関係があります。
    タビストックは、マインドコントロールなど、様々、研究しています。
    イケダがハーバード大学で講演した時の関係者、ジョセフナイは、安倍に、
    集団的自衛権推進するように仕向けた輩です。

    創価をやめて、一個、洗脳が取れた〜と思っていたら、社会も洗脳のオンパレードな事に気づき、がっかりな私。
    ハロウィンに浮かれ、テロに資金提供している金貸しどもの正体を知ろうともせず、テロが悪い!などの通り一辺倒の情報しか流さないマスコミ、テレビ、新聞。
    そして、テロ報復のための戦争の必要性を訴え、戦争に巻き込まれる様な日本の政治に加担している、いや、率先してやってる公明党!くそったれ!
    郵政民営化、派遣社員作りの小泉、竹中は、日本の格差社会を作り上げてしまった。
    消費税?本当に必要?ソフトバンクは、経常利益いくらだったか忘れたけど、税金、500万しか払ってないんですって!どういう事?
    小泉応援したよな〜( ̄▽ ̄)公明党!創価!

    こんな事に加担してきた自分!クッソタレ!と何度、後悔したか。。
    とにかく、創価学会とは、何なんだ〜!と考えて!
    一生懸命、信仰しているお母様、ご主人、お子様は、洗脳されています。
    私がそうだった様に。
    でも、本質に気づけば、皆、愛する方たちばかり。
    ご家族の創価脳に悩んでいる皆さん、諦めないで。ご家族を助けてあげてください。
    きっと、きっと、気づいてくれます。

  28. 「大聖人のお叱りが怖いぞ!」
    「池田大聖哲のお叱りが怖いぞ!」
    「ワシはアホや!」
    創価につくし抜いたあげく首吊り自殺した父がよく言っていた言葉です。

    創価から離れる=宇宙の根本のリズムから外れる=不幸になる
    勤行をしない→勤行は宇宙の根本のリズムに則る修行だから勤行をしないということは、宇宙の根本のリズムに則らない→不幸になる。1日うまくいかない。

    不幸になることを脅しに使っていることが多々ありましたね。アホらしい。

  29. 創価学会の恐怖を植え付けることば、「ホウボウ」「タイテン」「オンシツ」「ニセホンゾン」「ハワゴウソウ」etc.
    これらは、日蓮正宗から出発した創価学会がすべて宗門に対してやってきたことです。
    (別に、宗門の見方をする訳ではありませんが。)
    巧みな言い訳を駆使しながら、会員をだまし続けて、洗脳が解けないように相互監視で縛りあげている恐ろしい組織です。

    signifieさんのコメントにあるように、「人間革命」とか「宿命転換」とか「人間主義」とか「仏法」とかいいながら、創価学会に依存しなければまともに生きられない人間を大量生産して、金と労力を詐取してきた罪は重いと思います。
    そんな極悪詐欺団体のリーダーが、どのような最期をとげるのかしっかり見届けたいと思います。

  30. おはようございます。
    外部の雑草です。

    議題と関係なくて申し訳ない。
    創価学会を名乗る別の団体がいるという説を聞いたのでその話についてお聞きしたいのです。

    先日、その人自身は外部であるが創価の知人はいるという方と話しになりました。
    私は自分自身の創価学会の知人6人くらいについて、悪徳ビジネスそのものだった件を話しました。
    すると、ああ、それはいかんわ。もう縁きりな、といいながらも、それは創価を名乗る偽者ではといっていました。
    会話の内容ですが、

    ・創価はたしか日蓮から破門されたよな?ときくといや違うそれはほかの団体と。
    ・しつこくアポなしだの勧誘だのしてくるよな?と聞くとそれも騙りだと。
    ・会館だの自宅だのにいかないといってるのに、一方的に反故にして急に騙してつれてった挙句、複数で脅すように入会させようとしたんだけど?というと、そんなやりかたを創価学会はしてないよと。
    ・入会を希望される方にとかかかれた黄色い紙に書かせるようにいわれたんだけど?というと創価の紙は黄色じゃなくて白じゃない?と。
    ・あの連中、自身と自身の団体のみを無根拠に正しいとし、他を間違いだのなんだのと攻撃するよな?というとそれもちがうと。
    ・そのひとは創価学会そのものは真面目に仏教にとりくむところで、日蓮正宗などの関係団体は全部だめで、創価学会のみが正しい仏教をやっている唯一の団体だと繰り返しました。

    私は、友人でも自分の思うことを言わないのは違うと思ったので、いや、私の身に降りかかったことを考えるに創価は宗教詐欺ビジネスとしか思えないと言い切りましたが、相手は納得いかない様子でしたというのが、先日起きたことです。

    混乱していますが、創価を騙って創価に入会させようとする団体など存在するのですか?
    相手は間違いなく創価の会館につれこもうとしてましたし、池田大作氏の著作を読まされたこともあるので創価に疑いなしと思っていましたが・・・・。
    すいません、どなたかわかる方いましたら教えてくださいますでしょうか。

    ただ、個人的な見解としては、その外部の知り合いは、その知り合いの創価の人にいいように吹き込まれてる感があります。

    いつも同じパターンで恐縮なのですが、説明のひとつ、
    「日蓮正宗などの関係団体は全部だめで、創価学会のみが正しい仏教をやっている唯一の団体だと繰り返しました。」
    ここがすでにおかしいと感じます。
    これ、武術などでも散々でまくった詐欺団体の典型のひとつなのです。
    もちろんすべてとは言い切れませんが・・・・・。
    ほぼ詐欺といって間違いない悪質な口上のひとつなのです。

    「他は紛い物ですが、自分のみが本物」
    まともな団体ならまずいわないのです。
    いわない理由は、ほかにまっとうなところがいっぱいあるからです。
    当たり前だ。自分だけなぜか一方的に正しい、そんなわけがあるかいな。

    と思いますが、いったい実態はどうなんでしょうか?

    自分は創価学会ではないが、創価学会を騙って創価学会に入会させようとする、強引な迷惑団体など存在するのでしょうか??

  31. はじめまして!学会3世 副白ゆり長に
    なったばかりの 心と申します。
    夫と娘の3人暮らしで専業主婦です。
    実母と親戚がバリ活 実父は 勤行題目
    のみ 主人の両親と娘は未入会なので
    毎度毎度 折伏しなさいと言われ続けて
    おります。
    とりあえず 聖教新聞はとってますが
    勤行題目はやめてます。
    月1座談会もなんだかんだ言って
    欠席をしてますが何故か
    最近 ほぼ強引に副白ゆり長に
    昇格されてしまったので この先
    どうしようか悩んでます。
    脱会すると 実母が自殺でもしそうな
    勢いなので そこまでは考えてませんが
    少しずつ フェードアウトして行こうと
    考えてますが しつこいくらいメールが
    くるし もちろん 家にもやって
    くるので ちょっと最近は
    病んできてます。
    こんな私ですけど これから どうぞ
    よろしくお願い致します。

  32. かすみ草さんもおっしゃっていましたが、池田氏は、よく「親孝行しなさい」と言っていましたよね。
    私も信心=親孝行と思って頑張っていたところがあります。
    では脱会(退転)=親不孝?
    これも私にとっては恐怖心になります。

    私がやっとの思いで非活になったことを、姉兄達はようやく理解してくれたようです。
    「精神的に参っている時は、無理に活動をやらなくていい。あたたかく見守ってあげよう。」
    と言ってくれていたこと、母を通じて知りました。
    でも身内とはいえ、心の底では、「せーやは魔にやられたかわいそうな人」と思っているのかもしれません。
    バリ活姉は、幹部から「せーやさんが退転状態なのは、せーやさんじゃなくて、あなたの問題」と指導されたそうです(T_T)
    姉の立場を考えると申し訳ない気持ちもあり、姉と話すたびに謝っています。
    姉妹の絆をこわしたくないのです。
    財務を断ったことは、まだ言っていませんが、そのうちバレるでしょう。
    こんな状況ですが、新聞の断り方も常々考えているところです。

    レモンさんのコメントが気になりました。
    「待つわ」じゃなくて、「去るわ」の気分なのですか?
    創価から「去るわ」じゃなくて、まさかご主人から「去るわ」ですか…?
    レモンさんの御両親には相談されないのでしょうか…
    きっと御両親を心配させたくない気持ちもあるのでしょう…

  33. パリで前代未聞の大規模テロが発生しました…
    ことの重大さに言葉が見つからないような気分です。

    おそらく犯行に及んだとする自称イスラム国ISは、
    人々を恐怖に巻き込んで、自らの主張を強引に押し通す。

    創価学会も、指導と称しながらまったく根拠のない恐怖心を植え付け、
    矛盾だらけの自らの野心を果たすためのだけに、支配下におく。

    両者にはそら恐ろしいまでの類似性が感じられます…
    学会は取り合ってくれないだろうけど、そのメカニズムを否定することもできないです。

    それぐらい恐ろしい洗脳が目的なだけのエセ宗教団体に自分は関わっているんだと
    いうことを、よくよく頭で考えて認識してほしいです。

    公明党は今回のテロについて言及しないのでしょうか?
    いつも平和を旗印に活動を繰り広げる創価学会を支持母体としながら…?
    与党での公明党の役割はそれではない、ということ。

    雑草さん、
    コメントちゃんと理解して読んでないままになってしまいますが、
    末端の会員の勧誘活動には、統一されたものはないと思います。
    うちの実家の母は、あまり常識的でない折伏には関わろうとしません、
    …だから役職も今ひとつで下流老人のような生活なんでしょうけど〜
    グイグイ折伏にもっていこうとする積極的な人もいれば、
    まあなんとなく皆にしたがって無難に活動しようという人もいます。
    創価学会上層部は全体の数さえ押さえればいいだけなので、
    そうした現場のトラブルは取り合わないで頬被りもいいとこです。
    恫喝さながらの指導を押し通すばかりで、会員のことを親身に考えてはくれません。

  34. ぽむぽむです。
    11月15日3:03のモグワイ様のコメントに溜飲が下がる思いです。
    しかし、我が夫は社会問題さえ「思考停止」です。フランスのテロの映像を見ても、私たちに会話はありません。

    仕事を得て、収入を得ることで、独身の頃やっていた「フォスターチャイルド」を始めます。フェアトレード、様々な活動へのカンパに参加していきます。

    畑違いの話で申し訳ありません。「フォスターチャイルド」などへの寄付にだ税金の控除が受けられます。初めて公明党支援の「陣中見舞い」なるものを持って行ったときに「控除は受けられないの」と聞いてしまいました。世間知らずな私でした。
    良心的なH市会議員の○○さん、会計報告いただきたかったです。

  35. 以前、「脱会させてください!」と幹部に言った時のこと・・「不信みたいなことを言って!」「明日から皆に白い目で見られてもいいのか!」
    「とにかく、よく考えてみなさい」等と言われ阻止されてしまいました。
    ペンダントのニセ本尊も持って行ったのですが、受け取ってもらえませんでした。
    最後には、泣きつかれてしまいました。
    何故そこまで脱会を認めないのか?(。・`з・)ノ
    ボレロには全く理解できません!
    衰退を防ぐ為なのか?幹部が責任を問われる為なのか?本当で本人のことを思っている為なのか?
    何がそんなに問題なのでしょう!?
    不信になったから、脱会するのに・・

    主人には「お前は大変なことをしでかしてくれた!もし俺に何かあったら、葬儀は
    どうするんだ!」と言われました。
    相手が創価の場合、葬儀の問題もあります。
    主人には、私が創価と距離を置いたことで申し訳ないことをしてしまったと思っています。
    脱会するにあたっては、主人とのこと、実家のことがあります。
    本当に創価のしがらみというのは、厄介だと感じます。
    もう、ボレロは組織には必要ない存在なのに・・

    早く創価の悪事が世間に晒され、暴かれることを祈ります!(^ー^)

  36. 雑草さん
    そのあなたを混乱させるお友だちから速やかに離れたほうが良いとわたしは思うな。。

    その方、相当な創価学会洗脳信者か心を病んでいる人ではないかな?と見受けられます。。

    先日の安保法反対デモに学会の三色旗を掲げて参加した学会員にも学会の内部から、あれは共産党のヤラセ、みたいなデマが飛びましたが。。

    その方のおっしゃることは、それと似ているような気がします。

    自分たちに都合の悪いことは創価学会ぢゃなくて他に名乗る悪い組織がやったから。。と言いたいようですが。。
    すべて、それらは創価学会の現場で起きていることですよ。。

    そのお友だちと関わりすぎると雑草さんまでが病んでくるのではないか、と心配です。。

    その方、外部のフリしてますが生粋の創価学会員かもしれないと思うのは、わたしの考えすぎでしょうか。。

  37. みなさんこんにちは、パニックスです。

    今日の七五三の会合をパスできました。
    写真館だけに行ってきます。

    話せば分かるなんてことは、学会員さん相手には通用しないことが改めて分かりました。
    今後は、静かに去ることだけに力を注ぎたいと思います。

  38. なつです。

    スヌーピーさん
    こんにちは^_^
    >一人の人格ある人間として、私をみてくれていたら、信心しようが、やめようが、とやかく言わないと思うのです。
    本当ですよね…。人権侵害が家族の中で起こっているので、なかなか気付かないのが問題だと思います。創価の親に毒親が多いと思うのは私だけですかね?

    こちらのブログには、苦しみを打ち明ければ耳を傾けて励ましてくれる方が沢山いらっしゃいます。
    私もまだまだ解決していない事も多いし、お世話になりっぱなしです(´ω`;)

    でも、一人じゃないって考えると心強いですよね。一緒に頑張っていきましょう(^o^)/

    雑草さん
    こんにちは^_^
    創価を騙って創価に入れようとする団体…?すみませんが、私の周りではそのような話聞かないですね…。
    とりあえず、創価は詐欺団体なのは間違いないので、あの手この手を使って良いように吹き込んだりはあるかも…?と思いました。

    今日の午前中、地区婦の母と家庭訪問してきました。(私はまだ家族に本心を話していません泣)
    もちろんアポなしの突撃訪問ですが、なにせ皆さん80歳過ぎの高齢者なので大抵お家にいらっしゃいます。
    ただ、家族が未入信なので、行くと嫌な顔をされますけどね(´ω`;)当たり前だ…

    大白の御書のページをコピーしたのを渡して、財務のお願いをしてきました。すっごくストレス溜まりました…。
    私には子供がいるので(シングルマザーです)一応連れて行ったのですが、会員のおばあちゃん達は喜んでくれ、よく来たねーとお菓子を沢山頂きました。
    その時に母が「ほら!学会活動をやると良いことあるでしょ〜!これも功徳よ!」と言っているのを見てガッカリしました…。あぁ、私もこうやって洗脳されてきたのね、と。

    帰りの車の中で、再婚を考えている彼を折伏しろと念押しされました。「する気が無い人を折伏してどうするの?」と言えば「あんたの信心次第なのよ!」と…。
    あと私には他県に、姉夫婦がいるのですが、その義兄は結婚を機に親に入会しろと言われ、しぶしぶ折れた人です。全く信仰してません。でも帰省の時には形だけでも勤行唱題をします。
    その義兄を引き合いにして「お義兄さんみたいにとりあえず入会すれば納得するの?実家に来た時に勤行一緒にできればそれで認めてもらえるの?」と言えば「あんた何が言いたいの⁉︎」と声を荒げる始末。
    …っていうか、私の質問に答えてよ(苦笑)

    「最近のあんたはおかしくなっている!」と捨て台詞を言われたので、近いうち実家の父に呼び出されるでしょう。
    私の戦いはこれからです(´ω`;)

  39. 2世非活のマヨイです。新しい方や無事に脱会できた方、相変わらずの賑わいでうれしいです。

    恐怖心、ありました。とにかく罰イコール悪いことが起こるのが恐ろしくて、退転(覚醒)してはいけないと自分自身を縛っていました。学会の会合では罰と功徳の話をさんざん聞かされるんですから。たいして恵まれた状況でもないのに、「いや、もっと悪くなる可能性がある」との思いが強くて離れられませんでした。ちょっと冷静に考えればいいことも悪いことも誰にでも起こりうることだとわかることなのに、まさしく恐怖心からの思考停止状態でした。

    「必ず不幸になる」、「必ず叶う」、叶おうが叶うまいが何の責任も持たない人々が自信を持って言ってきます。ええ、ほぼ確実に、順風満帆で悩みのない人生を送れる人もいないだろうし、生きていて全く一粒も喜びを感じることのない人もいないでしょうから、ある意味正解なのかもしれません。待っていればいいことや悪いことが起こるでしょう。それを、そらみたことかと、活動の有無や題目の数(時には新聞啓蒙の数、財務の金額、選挙の票数)に対する功徳だの罰だのと説明すればいいだけです。ああ~、特に括弧内と功徳の関係を考えると本当に自分がどんなにバカだったか思い知らされてつらいです。いつも疑問を持ちつつ何となーくごまかされて納得したような気になって、というかそこをうやむやにしないとやってられなかったです。もし、今疑問を持っている人がいらっしゃったら、どうか、うやむやにせず徹底的に納得いくまで調べてください。

  40. かすみ草さん、コージさん
    温かいコメントありがとうございます。
    勇気100倍です!!

    家族が創価を信じている人達に、山下達郎さんの「希望という名の光」で替え歌を作ってみました。
    大好きなミュージシャンで、ライブで生で聞いたときは心震えました。

    この世でたった一つの命を削りながら
    走り続けるあなたは 活動家という名の駒
    底知れぬ闇の中から やっと逃れる事ができたのに
    今も愛する家族は 創価の洗脳の下
    だからどうぞ 目を覚まして
    どんなに愚かな団体であるのか
    魂で語りかけるよ
    あなたの為 何度でも語るよ
    いつか覚醒した時のために
    いつでもここで待ち続ける
    傷ついた心には
    愛という名の絆を

  41. 脅す教えは皆カルトですよ。
    カルト大好き人間はどこいっても一人になっても、この叩きこまれた「カルト精神」「学会精神」が抜けませんね。
    邪宗に祈れば地獄に堕ちる。
    法華経を誹謗すればロクな目に遭わない。これでしか成仏できない。
    ニセ本尊に祈れば不幸になる。現証が出るetc…

    創価及び、創価の親戚はどこもそうです。
    脅してびくつかせて「だからこっちにおいで~」
    アンタらみんなお互いをけなしながら仲良しや♡
    違うと思ってるのは自分たちだけで、傍からみたらまとめて仲良しナンミョー一派ですわ。

    こんなカルト思想、まともに信じるなんてアホくさ。でもせっかくだから上手く使って一儲けしようとしたのが創価のトップです。
    「上手く使う」んだから当然、まずいところは使いません。
    それはそれは「教えが魅力があるふうに」並べ立てて布教しました。
    いやがおうでもやってみたくなるように作り込みました。
    創価のあくどいところに気づいても今だ教えは素晴らしいと思っている人は、この部分の洗脳だけが解けてないのです。
    (実質、例えば宗門の活動家は全員が元創価です。彼らは法主の布教で目覚めたのではありません。『宗門の教えが素晴らしいと創価で習ったから』その肝心の騙しに気づかないまま、宗門に行ったんです)

    創価はなぜ日蓮の思想を「素晴らしい」と言ったのか?
    あくまで金儲けの戦略の一つです。
    金儲けに使おうとして後付けしたんです。
    儲けるんだから半端な「素晴らしい」じゃダメなんですよ。
    それこそ「この上なく素晴らしい!」じゃないとダメ。
    「唯一無二」じゃないとダメ。
    調子にのって宇宙法則とまで言ってしまいましたが^^;

    騙されたというのは、どこを騙されたのか?
    ここに気づいていないカルト一派がたくさんいます。
    再度よくよく見破ってください。

  42. せーやさん
    御心配頂きすみません。
    去るわ~の意味は、御察しの通りです。
    その事で、覚醒後に何度か話し合いも持ちましたが、あちら側が頑として応じません。
    「一家和楽」だと思い込んでいたのに、それが崩れ去るということは、きっと耐え難いのでしょう。
    立場上、会員さんにもそんな姿は見せられないといったところでしょうか。
    それならばキチンと向き合って対話をしてほしい、そして財務はしない、立場上どうしてもしなければいけないのなら1口でも充分すぎるという話さえも聞き入れず、毎年毎年三桁という大金を財務として貢ぎ続ける。
    ここまでくると重症な洗脳患者です。
    このような姿を一緒に暮らしながら見続けていくことに、自分自身がいつまで耐えられるのかわかりません。
    ここまで重症だと創価と心中してしまうのもやむを得ないのかなと思いますが、未来ある子だけは何としても覚醒させなくてはと思います。
    先ほどの替え歌は、そんな思いからでした。

    自分の両親には、辞めたことは言いましたが、創価の恐ろしい実態、その中で活動してきた内容、辞めたあとのMCの苦しさ、創価に差し出してきたお金の総額、夫婦のこじれた関係などは一切話していません。
    元気な両親ですが、余計な心配させたくないという気持ちからだけですね。
    娘が創価から離れた事で、オール創価の主人側の親族の中で一人孤立しているとなると、どれほど胸を痛めるかと思うとどうしても言う事ができません。

    皆さんのコメントを読みながら、いつも元気や知恵を頂いています。
    本当にありがとうございます。

  43. なつさんのコメント
    >大切な人が半身不随とか、不治の病になるのを見るのは辛いぞ〜逃げられないぞ〜と脅されると、何かあったらどうしよう!と不安になりました。
    >会員の「いっぱいそういう人を見てきてるのよ」という言葉も追い討ちになりますよね。

    学会員さんてホント、脅迫大好きですよね。
    私のまわりの非創価の人は、そんなことまず言いませんよ。
    これ、学会員さん自身が常に脅迫されてるからですよ。
    事実そういう教えですもん。
    だからそんな不安を人にもついつい言ってしまう。
    これに気付いてますか?

    大切な人が半身不随とか不治の病なんて、学会員さんでも幾らでもいますよ。
    むしろ学会員さんの体験談って、半端ない悲惨な宿業とやらが満載ですよね。
    (その赤裸々ぶりに、隣の台所事情、噂、覗き趣味が大好きな婦人部を充分満足させてます)

    自分たちが悲惨な目に遭う合うと
    「宿命転換させて頂けるチャンス!」
    と必死になって叫んでまわるのに、あらま、他人が同じ目に遭うと
    >辛いぞ〜逃げられないぞ〜

    で?
    へえ、自分たちは何が起こっても平気なんだ。
    宿命なんか勇敢に転換できるから?
    だけど創価でないあなたが心配?
    大きななお世話です(笑)
    本当に何が起こっても平気かどうか?
    宿命転換できるのかは、キャンキャンわめかなくても周りがちゃんと目をあけて判断してますから。
    決めるのはアンタじゃない。

    本当に幸せそうに見えたら、黙っていても皆が憧れて秘密を探りにきますよ。
    結果、そうやって人を脅してばかりいる学会員さんが誰より不安そうで、幸せそうに見えないんですよ。

  44. みなさんこんにちはパニックスです。

    今日、実家に私の地区の婦人部長から電話があり息子さんが脱会しそうで心配と言われたそうです。男子部長は、地区の壮婦は動揺するのでパニックスさんの話はしないと言ってたはずなのに婦人部長には言ってたみたいです。
    その男子部長から、週末に総県長が説明してくださるのでいかがですか?と会館へ誘われましたが断るつもりです。家族5人の入信日でもある1月2日付けでの退会届提出を目指します。11月18日は妻の反対で叶いませんでしたが、一日も早く無関係になりたいです。

    こころさん、はじめまして
    娘さんがおいくつ分かりませんが、創価教育は人生を狂わせると思います。
    私も一番上の子が未来部に誘われたのがきっかけで、このブログに出会い、似た境遇の方のコメントで勇気をもらってます。またコメントさせてもらうことでストレス発散もさせてもらってます。こころさんも創価のとんでも体験談を投稿されてはいかがですか!?

  45. 活動家の頃、真面目に頑張っていたのですが幹部からの苛め、嫌がらせ、何かあれば地区に呼び出され吊るし上げのようなことをされました。
    今思うと知らず知らずの間に恐怖を刷り込まれていたと思います。
    役もやりたくないのに無理矢理続けてやらされました。
    役を「辞めさせてください!」と言うことでさえ、とても恐怖で勇気のいることでした。
    ついには辞めて組織から離れたのですが、電話攻撃、訪問攻撃、付きまとい、監視、ストーカーをされました。
    側近の方の告発本を読み、ボレロも同じようなことをされたので側近の方が告発されている内容は「本当のことで真実なのだ!」と思うようになりました。
                         ❨側近の方ほど酷くはありませんが❩
    いずれ、組織が何をしたか、全てを暴露する日が来るでしょう!
    おかげさまで、恐怖の呪縛から逃れることはできません。
    罪悪感、恐怖、不安、虚無感、怒り等の感情が込み上げてきます。
    結局は、恐怖で縛り上げていたのですよね!
    本当に、恐ろしい組織です!(ーー;)

    こころさん
    はじめまして。(^ー^)
    本当に、メールや訪問は鬱陶しいですよね。
    メールで、「最近、体調がすぐれませんのでメール、訪問は控えていただけませんでしょうか。」と打たれてもよろしいかと思いますが・・
    なかなか勇気がいりますが、こころさんの体調の方が大切だと思います。
    厚かましいカルト団体に遠慮することはありません。
    少しずつ、フェードアウトされていってください。

    せーやさん
    お姉さまとの関係、本当に大変で苦労されてますね。(*^.^*)
    ボレロの場合は、新聞中止も財務を止めたことも、主人や親戚は何も言いませんでした。ほとんど未活動のような身内ですから・・
    その点では、楽だったと思います。
    せーやさんの気持ちを「どうしたいのか?」を大切にされてください。

  46. 活動家の言い分に
    「世間の人が苦しむのは、自分の宿業を宿業と捉えることができず、逃げたがったり人のせいにしたりするためだ」
    とありました。
    いえいえ、この反対ですよ。
    そうとは言えないケースはいくらでもありますとも。
    「宿業」なんて教えられてそう捉えたから創価の人、苦しんでますよ。あの人もこの人も。
    「そんなのね、あなたの宿業なの!旦那も子どもも悪くないの!アンタの宿業の役を引き受けてるにすぎないの!原因はアンタなの。だから相手を責めてもダメよ。逃げても無駄よ。愚痴もダメよ」
    と言われ、明らかに悪いことをしてる相手に不満を言うこともできず、言うと怒られ、自分を責め、卑下し、自信も誇りを無くした人いますよ。
    傍から見て、信心してイキイキするどころか「自分は業が深い、業が深い」が口癖となりました。

    こんなこと言って皆が皆、ニコニコして元気になりますか?
    そうなんだと思う人もいるかもしれないけど、ならない人もいるのです。
    ではニコニコしない人がわるいのですか?

    そうやって「ああ人じゃない。自分が悪いんだ…」と思いながらも、でもそれが好転していくならと一生懸命祈った。
    希望を持って祈り、言われるまま素直に活動もした。
    だけど今度はこれまたちっとも好転しない。
    それでも疑わなかった。
    一度信じたら簡単には捨てない、裏切らない、バカがつくほど愚直だったからです。
    そして言われるま何十年やってみたけど、結果、全く変わらなかった人もいるのです。

    事実です。
    さあ、ここなんです。
    活動家は得意になって「必ず」とか「絶対」とか言います。
    自分がそうなら、世界中例外なく自分と同じと思ってます。
    そう習いましたもんね。誰の中にも仏性があるとか何とか。
    だけど全く、本当に全く、効果がない場合もあるのです。
    絶対だったらこんな声はあり得ないはずですよね。
    大地を的として外れることがない、とまで言い切ってますから。
    でも「じゃあこれはなんで?」というと黙る。
    私はなぜか明確に答えられますよ。

    活動家は答えられません。
    習ってないからです。
    せいぜい「業が深いんじゃない…?」とか言うんでしょうかねえ?
    そう言ったら更に相手は辛くなりますよ。
    あれれ?更に幸せから遠のきますよ。
    幸せにできる唯一の教えじゃありませんでしたっけ?

    「世間の人が苦しむのは、自分の宿業を宿業と捉えることができず、逃げたがったり人のせいにしたりするためだ」
    いーえ、宿業なんて知らないし、知ったことではないと思ってるけど、苦しまない人も世間にいっぱいいますよ。
    なぜでしょう?
    活動家はこれにも答えられません。

  47. ぽむぽむです。
    レモンさん、苦しいですよね。我が家の夫はユル活ですが、朝晩の勤行を欠かさないB長です。
    >このような姿を一緒に暮らしながら見続けていくことに、自分自身がいつまで耐えられるのかわかりません。

    まったく、同感です。
    レモンさんは、私よりはるかにつらい状況です。
    レモンさんに平穏な日々が訪れることを願っています。

  48. 創価の人たちはこの宗教こそ世界の中で一番と思っているので
    そうではない人を見下す傾向があります。
    なんせ、自分が一番なんですからね。
    心配してるとか、幸せになってほしいとかって平気で言えるのは
    見下しているからですよ、これが一番なんてこの世にはないと思います。
    実はISやヒトラーが考える思想と変わりないんですよ
    この世で一番の自分たち以外は認めない、
    これが根底にある限り、不幸になる人も増えるでしょう。
    また、これがあったからこそ戦後ここまで大きくなったのではないでしょうか

  49. …レモンさんの替え歌に涙してしまいました。
    レモンさんは聡明でどう行動すべきか懸命に行き届いていらっしゃる、
    お子さん達もうちなんかより早くにしっかりとした大人に成長されている、
    創価の家庭であっても懸命にきりもりされたレモンさんの様子がうかがわれます。
    ご主人はついつい甘えていらっしゃるだけのように感じられます、
    2世である私にはどうしてもご主人のことを悪く他人事には思えず、
    希望としては、ある日堰を切ったように本当の気持ちが溢れ出すような気がしたり、
    ……が、レモンさんを苦しめることになるようで自重しなければと思いますが、
    …よければ、ご主人のことをどうか救い出してあげてほしいと思います。
    でも、レモンさんご自身の幸せを大事にしてください。勝手言ってすみません

    ボレロさんの脱会はとても難しい状況なのですね…
    本当に地区によってさまざまなのですね、困難な状況である場合も少なくない。
    創価は絶えず不可解な活動をもたらし混乱を引き起こし続けるでしょう、
    何度も脱会のタイミングは巡ってくると思います。
    心身ともにお大事にしてください

    週末のパリの夜
    テロの被害にあった人々の多くは
    人生を慈しみ愉しみ、その時を過ごしていたことでしょう。
    そうした人々に、どうして過激な思想の刃が向けられなければならないのか?
    私にとっての幸せ、家族や数少ない友人やささやかな愉しみ
    やっと与えられた人生への感謝を忘れることなく
    …そうしたものも妬みや嫉妬と対象となりうるのか?

    創価学会の過激な言動はどこで受けとめるべきなのか?
    どんな寄り添う気持ちであれば心が通うのか?

  50. レモンさん、そうでしたか…
    私には、レモンさんにお掛けする言葉が見つからないくらいです。
    お子様が早めに覚醒されることを心から願っています。
    あとは、自由な日々を楽しみながら穏やかに生きていきたいですね。
    私もそうしていきます。
    以前にも言われていたように、私たちの選択は間違っていないのですよね。

    ボレロさん、ありがとうございます。
    ボレロさんも、ご主人に申し訳ないと思われていたのですね。
    本当に、しがらみさえなければ、すぐにでもやめられるのに…
    ニセ本尊のペンダントもあったのですか…
    私は見たことありませんが、本尊をアクセサリーにしてしまうなんて、やはり悪質ネットワークビジネスですよね。
    >せーやさんの気持ちを「どうしたいのか?」を大切にされてください。
    このお言葉、私の心にしみました!
    ありがとうございます(*^-^*)

    心さん、はじめまして。
    副白ゆり長さんなのですね。
    専業主婦ですと、すぐにでも正の白ゆり長のターゲットにされてしまうと思いますので、気をつけて下さいね!
    何を言われても正の白ゆり長にならないで下さい。
    私は副白ゆり長歴が長かったのですが、その頃は協議会や夜の会合は出ていなかったので、覚醒も遅れました。
    こちらのブログで、皆さんのアドバイスを参考にされて、少しずつフェードアウトしていけるといいですね。

  51. 世の中にはいろんなタイプ、考え方の人がいます。
    これを教えれば100%、全員が幸せになる、なんて法はないのです。
    幸せの価値観だって人それぞれなんです。
    創価の教え、池田の指導をなるほどと思う人もいるでしょう。
    それなしでは生きられない人もいるでしょう。
    聞くと力が湧く人もいるでしょう。
    だけど、それが世の中すべての人に賛同されるなんて有り得ないのです。

    活動家はそれがわからない。
    自分がそうだから自分と同じように「世界中」が同意する。
    そうに決まっている。
    思わない人は業が深い、可哀想なひねくれた人だ。
    これしか頭にないんです。そう習ったから(笑)

    バイブルの人間革命を読んでも、話を聞いた皆が吸い寄せられるように教えに夢中になり、反論していた人もやがて理解者となっていく。
    やがては地球も呑みこんでいく勢いで(笑)
    聖教新聞だってそう。
    創価に賛同する声ばかり。
    飛行機に乗って世界に飛んでいくと、有識者たちは皆池田を賞賛する。
    そんな閉鎖された情報ばかりシャワーのように浴びて嬉しくなる日々。
    ああ気持ちがいい。
    創価の会合、創価の活字の中では皆、実にスムーズにうまくいってるんです。
    これが当たり前だと思ってしまう。

    これ創価ワールドですからね(笑)

    ところが実際は違います。
    アンチなんて山ほどいるし、本部幹部会の中継を見ても「眠たくなった」「キモイ」という声が満載。
    創価ではあんなに溢れている体験談が、ピタリと聞こえてこない。
    それどころか「活動したら自分がクズになった」という王国では絶対聞かない、載せない声がふつうに満載。

    活動家はおもしろくありません。
    そんなはずはない。
    そう思うのは奴ら全員、命が汚れてるのだ。
    可哀想に、魔にやられてしまったのだ。
    アンチだって題目をあげれば仏界は出るんだ。
    皆等しく尊い地涌の菩薩なのだ。
    誰だって本気で信じて祈れば効果は100%なんだ。絶対なんだーーーーーっ!

    ……汗。
    ISだってナチスだって自分の思想は絶対と思う信念くらいは持ってる(いた)でしょう。
    だけど世界中、一人残らずこの思想に賛同する。賛同すべきとまで思っているかどうか?
    学会員さんの厚かましさ、我儘さ、妄想には敵わないのでは?(笑)
    創価の活動家の妄想は病気のレベルですよ。

  52. やっと非活2年になった元白ゆり長のエレナです。

    こころさん
    >ほぼ強引に副白ゆり長に
    昇格されてしまったので この先
    どうしようか悩んでます。

    納得いきませんよね。心中お察しいたします。
    副の段階では、それほど心配しなくても大丈夫だと思います。
    若くて素直なこころさんを「次の人材に」と目をつけていると思うので
    未入会のご主人を理由にして、のらりくらりと、非活に転じてくださいね。

    お子さんはおいくつでしょうか?
    私は、乳児の頃から連れ回し、入園と同時に勤行をさせ、座談会の司会をさせ
    母校の学園創大に連れて行き
    今から思うととんでもなくエリート洗脳教育をしてしまいました。

    「お母さんはね、創価学会を信じられなくなったから
    これからは学会活動をしないよ。公明の支援もしないよ。
    でも、おばあちゃんのことがあるから、籍だけは残しておくよ」
    と告げた時、娘はポロポロと涙を流していました。

    6月に新聞をやめ、財務を断り、すっかり訪問がなくなりました。
    その一言をいうまで、大変に苦しみました。

    子供が友達に意地悪をされた時
    「嫌なことは『嫌だ』とはっきり言うんだよ」と教えますが
    これって今の自分にも当てはまるな~と思いました。

    嫌なことは嫌だ。やりたくないことは絶対やらないと。

  53. レモンさん
    夫に折伏されて、結婚1年後に入信し、一生懸命活動してしまったモグワイです。
    私は、洗脳されていましたが、創価の活動のおかしさに気づき、夫、子供達に、ママは、学会を、こう言う理由で辞める。みんなは、どうしますか?
    と、聞いたところ、
    自分で、答えを出す。
    と言い、先ずは、私のみ、辞めさせてもらいました。
    その後、結果的に、全員脱会しました。
    夫と、レモンさんの事、語っております。他人事のようには感じられません。
    今、レモンさんだけでも、活動しないでいられるなら、
    先ずは、ご主人や、お子様のこと、待ってみてあげてほしいと、私は思います。
    ご主人が、別れてほしいというなら、
    その時に、きちんと、向き合うことができるのではないでしょうか?
    話し合うこともできるのではないでしょうか?
    創価学会と結婚したわけではないと思います。
    ご主人の人間性に惹かれて結婚したでしょう?
    待ってあげて。。。
    洗脳なんです。
    洗脳が解ければ、もともと、いや、もっと、素敵な方のはずです。
    お子様は、そんな親を客観的に見ています。
    親の真剣さは、必ず、通じます。
    私は、そう思ってます。
    創価学会だけが、洗脳ではありません。
    社会は、様々な、洗脳だらけです。
    経済至上主義の洗脳。
    学歴社会の洗脳。
    マスコミの垂れ流しニュースの検証をせず、そのまま、信じてしまう事。マスコミ至上主義の洗脳。
    戦争時、国のため信じて死んでいった私たちの祖父母。
    でも、まだ、私たちは生きている。
    洗脳されているけど、生きている。
    生きてるなら、今、まだ、やれる事あるのでは。
    レモンさんの思いが伝わる日が来るのでは。
    皆、同じ辛さを感じています。
    このブログのコメントの皆さんに、助けられた私がいます。
    レモンさんの事、応援してます。

  54. なつさん

    初めまして。我が子を学会活動に生きる人材に育てることが幸福なんだと指導する組織そのものが、もう間違っていますよね。我が子に何か悪いことが起きた時に、「ほれ見たことか、だから信心しないと…」なんて言うのは、子供の不幸を信心させる口実としているとしか思えません。そこに一ミリたりとも慈悲なんてありませんよね。「信心している自分が一番幸せに決まっている」という考え方は結局、他人の幸せを喜べないということに繋がります。逆に他人の不幸は折伏の格好の的。幸せそうな外部の人間、未活の人間を疎ましく感じる。だから見下す。それが親子の間でも行われている(私の家庭のように)だから、恐ろしいことです。活動をやめて幸せになった私を母は妬み、キツく当たります。自分の幸せを実の母親に妬まれるなんてとても悲しく辛いですが、今は耐える時だと思って頑張ります。

    かすみ草さん

    初めまして。私のように本部長までやった元活動家がこのサイトを訪れることはないんじゃないかと思っていましたが、同じ境遇の人がいて驚き、また嬉しい限りです。役職を持っていても、「明日から活動は個々の自由です。会合に出る出ないも自由です」と上から言われたとしたら一体どれだけの人が出てくるのかと疑問ですね。若い人材の育成が滞っているのか、かつての自分の後輩が30代に入ってもいまだ一線で活動しているのを見ると、大丈夫なんだろうかと心配になります。本人が本当に好きでやっているのなら構わないですが、そうでないなら早く離れるきっかけに巡り合えたらと願うばかりです。
    かすみ草さんも鬱で苦しまれた過去があるのですね。そんな時に「これで逃げられなくなったね」などと言う組織の人はどうかしてますよ。学会が宗教の一つとして慈悲の心を持っているならばそんな言葉は出てこないはずですよね。苦しんでいる人を見て心配する、力になってあげる、それが人として当たり前の事なのに、学会員は人の不幸を組織に縛りつけておくためのチャンスと捉えるのですから。学会は世界平和などと大きなことを口にしていますが、末端の組織でやっていることとあまりにかけ離れていると思います。

    コージさん

    初めまして。「一家和楽の信心」何度となく聞かされてきた言葉ですね。
    だったら、親が幹部で一生懸命に活動している家庭ほど幸せであるはずですよね。だけど、実際はそうではない。おかしな家庭も結構あります。会合で人に指導などしている幹部が、我が子さえまともに活動家にできないのはどうしてでしょうね。
    私が幼少時代から仲が良く、一緒に少年少女部員会に行っていた大幹部の母親を持つ友達は、忙しい母親にろくにかまってもらえず、いつも毛布の切れ端を噛んでいました。寂しかったんでしょうね。もちろんその友達は大人になってから一切活動などしていません。(ある意味彼女は幸せだと思います)
    学会に、親に、洗脳されるがまま活動に奔走してきた人達には、そこから離れることは物凄く勇気のいることだと思いますが、自分の人生を生きるためなら親と絶交しても構わない、それくらいの気持ちで離れる決意をした方が、自分のためだと実感しています。

    スヌーピーさん

    初めまして。スヌーピーさんも鬱で苦しんでいた過去があったのですね。
    母親のロボット、私も正にそれでしたよ。
    親も洗脳されているということを考えると、本人は子供のためを思って色々言っているつもりなんですよね。だけど、学会の家庭の場合、「自分の子供」としてではなく、「組織の後継者」として見てしまうという所が、怖いことだと感じています。信心するしないは子供の自由であるはず。その前に人間として我が子をどう育てるかが大事なのに、そこがすっぽり抜け落ちているんですね。信心する子はいい子、そうではない子は悪い子、と。。親に一人の人間として認めてもらえない悲しさって物凄く辛いですよね。

  55. レモンさんのコメントを読んで不思議に思うことがあります。
    このパターンが逆の場合、つまり奥さんが信心強情で夫が反対の場合ですが、創価では厳しい指導があります。
    確か「新・人間革命」にもあったと思うんですが、夫を不愉快にさせて信心なんて何も立派なことではない。
    家事も夫の世話も完璧にして、充分気を使って、文句を言われないように活動するのは当たり前。
    それはこまごまとした具体的な指導があり、信心が原因でケンカなどもってのほか。
    夫を不愉快にさせるなど言語道断なのです。
    そんなことちっとも偉くないと。

    壮年部ではそんな指導ないみたいですね。
    文句いうなんて奥さんがわるい。
    自分はやりたいだけ思い切りやりたいことをやる。
    奥さんなど放っぽりだして好きなだけ時間も金も創価に使い、傍にいても構わず題目を上げ、悩ませても怒らせても構わない。
    それどころか罵倒もケンカもOKで、それを咎めるものも注意する者もいない。
    そうやって家庭を不穏にしている者を、平気で幹部にして人前で「指導」などさせる。

    四者の前では「奥さんを大切に」などととってつけたことを言ってますが、それはどこへいったんでしょう?
    創価の「奥さんは大切に」って、奥さんは婦人部限定ですか?
    「人の不幸の上に自分の幸せを築くな」と言ってますが、人ってのも創価限定ですか?

    この辺りが薄っぺらいインチキがばれるとこなんですよね。

  56. ぽむぽむさん、宝星さん、せーやさん、モグワイさん
    温かく真摯なコメント本当にありがとうございます。

    盲信者は、マインドコントロールによって、創価にとっての都合のよい幸せの価値基準を擦り込まれているだけ。
    そのマインドコントロールによって、自分こそが正しいのだと思い込まされているだけなんだと理解しているはずなのですが、共に生活していくとそう簡単に割り切れない場面に出くわして、不毛な言い合いになるという繰り返しでした。
    最近だと財務のことですね。

    ぽむぽむさん
    同じように創価脳の配偶者をもつ方は、こちらのサイトにコメントを寄せる人だけでも本当に多くの人がいますよね。
    気持ちが共有できる方がいる、それだけで心強く有難いです。

    宝星さん
    いつも心和むコメントありがとうございます。
    こちらのサイトで2世の方達のコメントを読んで、成人してから入会した1世の私には計り知れない苦しみや辛さを知りました。
    そんな方達のコメントを読ませて頂きながら、2世である配偶者の接し方も少し変えていったほうがいいのかなと思うようになっています。

    せーやさん
    本当に心穏やかに過ごしていきたいですね。
    そうでなければ、何の為に辞めたのかということになりますものね。
    戦いや闘争という事とはもう一切無縁に、本当の意味で平穏に生きていきたいです。

    モグワイさん
    ご夫妻で心配して頂いてるようで恐縮です。
    洗脳だとわかっていながら、主人は元々このような性格だったのか、それとも創価によってこのような性格になっているのか、それさえも最近はよくわからなくなっています。
    でも、皆さんのコメントをよみながら、洗脳されている人の言葉をまともに受け取る私自身も気持ちに余裕がないんだろうなと思いました。
    対話のテーブルにつくまで待つ。
    それがくるか来ないかわからないけれど、とりあえず今はそれを信じて待ってみようかと思います。
    いつか一家で脱会されたモグワイさんのようになれたらいいなと思います。

  57. シニフィエさん、ブログの管理いつも大変お世話になっております。m(._.)m
    シニフィエさんのレジでのハプニング、ボレロには分かるような気がします。
    これからも、お体大切にされてください。

    昨日のコメントの続きです。
    離反した側近幹部に対して徹底して苛めぬいた池田会長。
    告発本を読み、命令をくだしているのが池田会長だと知り嫌悪感を抱くようになりました。
    離反者に対して、嫌がらせ、付きまとい、監視、ストーカー等行っていた・・
    今も日本全国、創価組織のなかで行われているであろう現実・・
    これは、重大な犯罪です!
    何とか、法で裁くことはできないものでしょうか!?(。・`з・)ノ

    宝星さん
    いつも、気に掛けて頂き有難うございます。(^ー^)
    脱会を申し入れたのが、一年くらい前になります。
    主人とのこと、親戚とのこと等クリアしなければならないことがまだまだありますが、慎重にタイミングをみながらということになると思います。

    せーやさん
    いつもコメント有難うございます。(*^-^*)
    ペンダントの本尊とは、お守り御本尊のことです。
    五千円でお守り御本尊を買わされました。
    当時、創価があちこちに声を掛けていたようです。
    明らかに、悪徳金儲けビジネスです!
    まだまだ課題はあると思いますが、お姉さまもご両親もいつか必ずせーやさんの気持ちを理解してくださる時がくると思います。

    エレナさん
    新聞と財務断ることができて良かったですね~!(^ー^)ノ
    本当、断るのは勇気いりますよね~
    これからも宜しくお願いします。

  58. 公明党と自民の安倍政権の政策で日本が二度と立ち上がれなくなりそうです。
    郵政民営化で日本国民の稼いだ金が外資に渡り、秘密保全法案で監視社会になり、アベノミクスは失敗に終わり、日本国民の年金もつぎ込んでいましたが返ってくるのでしょうか?
    昔、公明党は中道と聞かされていたけど実は公明党は安倍自民と一心同体ということですよね?
    右翼、左翼とよく言われるけど結局目的は同じ日本をつぶすことといういとらしいです。
    安倍政権は極右と言われているけど創価学会、公明党も極右ってことで妙に納得してしまいます。
    下記のサイトの記事も納得できてしまいます。
    もっと赤裸々に記載されていたのですが端折っています。

    池田大作は、若かりし頃、戦後(太平洋戦争後)、『協友会』という読書サークルに参加しており、東大出身のリーダーを中心に政治・経済等の意見を発表しあい知識の吸収に励んだ、 と「人間革命」の第二巻を中心に載っている。

     しかし、これは偽りであり、実際は「郷友会」という右翼の集団に参加していたと言うことが真実である。

    多くの人が集まって、お題目を唱えたり、唄ったり、踊ったりすると、
    人間はアドレナリンが出ます。

    そうすることで気分が良くなります。

    気分が良くなると宗教信者は教祖様のおかげと思ってしまうのです。

    こんな簡単なものに人はあっさりと騙されて洗脳されてしまうのです。

    信者を集めて洗脳し、奴隷化し、寄付金を集める。

    決してお金を出せとは言ませんが、出させるように仕向けるのが、この手のカルト宗教団体の手口です。

    また様々な活動や仕事を無償でやらせるのも彼らのやり方です。

    創価学会は戦後、左翼運動が非常に活発化していて、
    一般大衆が左翼の方に流れてしまう傾向にあったのを抑えていました。

  59. 久しぶりにコメントします。kickeyです。
    日頃の疲れもあり、土日ごとに寝込んでました。
    病み上がりにコメントや諸々するとろくなことありませんン。が、
    ひとこと、
    何を言っても創価はキチガイ集団、詐欺集団だ!ってこと。

    前スレでしたっけ、ロムっていた時に、モニカさんがコメントで、
    死ぬまで人間革命の途上、と言って死んでいく・・・。というような趣旨のがありましたが、確か電車の中でにやりとしてしまいました。まさに思っていたことなので。

    疑ったら「罰が当たる」の次は必ず、「幹部だって会員だって人間革命の途上だ!君だってそうだ、おかしいことがあっても仕方がない」とかなんとか。
    おかしすぎるやろ?

    私は誰にでも「人間革命の途上」でごまかされていたので、(正式にはごまかされているふり)このモニカさんのコメントには万々歳したものです。

    ロムっていた時間が長い上に、病み上がりでろくなこともかけないので、ここらで終わりますが、こんな、寝込みやすい私を見た地域のやつらは「罰」とみるでしょうね。本当に罰でしょうか?いえいえ、会員の時ですら「よく寝込んで」いました。脱会してから急にこうなったのではありません。私の体質でしょう。というか、なんでも叶う信心のはずが、数十年の信心の間に健康体にならずに今に至るのはなんででしょう~~~~~???力がないだけですよね?
    それともなんでしょう?人間革命の途上で健康になるにも毒素を出していかなければならないのでしょうか?もう、かれこれ数十年毒素出してますよ。ホースの原理です。あほらし。

    学会風に言うと、なんでもかんでも死ぬまで、◯◯です。
    ◯◯に人間革命途上とか、罰とか、転重軽受とかの語録を入れてみてください。
    文章にしたら、ず~っとこのまま変わらないって風に読めませんか?死ぬまで◯◯。
    創価の教えだからね。

    要するにインチキだから。それで、最初の言葉に戻ります。
    キチ◯イ集団、詐欺団体と。
    じゃまた。最近疲れて失敗ばかりです。ここでも失敗しないうちにさいなら。寝ます。

  60. フランスで恐ろしい同時多発テロ事件が起きましたね、非常に怖い、悲しい出来事で、言葉もありません。
    こういう事件が発生しても、世界平和を謳っているはずの創価は他人事のように知らんぷりなんでしょう。
    それどころか、創価なら安心!創価のような宗教をするべき!などと、会員を洗脳するのに
    むしろ都合がいいとさえ思っているのかもしれませんね。
    テロリストに利用された戦闘員たちは、テロ行為を実行し亡くなる事で天国(楽園)行きが約束されると思い込まされているようですね。
    いかに人間の心は弱く、洗脳されやすいかという事でもあるんですよね。

    雑草さん、
    その創価の知人がいるという人のお話も、多分、創価学会で間違いないかと。
    創価は基本的には、強硬な事まではしない場合がほとんどで、創価を強く信じている創価脳の人間ほど、
    強引な勧誘や会館への騙しての連れ込みなどは否定するはずです。
    >「日蓮正宗などの関係団体は全部だめで、創価学会のみが正しい仏教をやっている唯一の団体だと繰り返しました。」
    ここがすでに、コテコテの創価学会員の意見ですね。
    その方は、創価は強引・強制的な事は一切しない、対話と友好ムードの団体だ、と強調しているはずです。
    逆に、強引な事をするのは、日蓮正宗系の他の団体だ、と思い込んでいるのでしょう。
    創価学会ではないのに、創価学会に入会させようとする、などという事は通常は有り得ません。
    その場合も、創価学会員で間違いないと思われます。
    創価も、地域や状況によっては強引であったりソフトな勧誘であったり、様々だと思われます。
    強硬・強引な連れ出しはしないまでも、回数を重ねて洗脳を掛けて、徐々に勧誘や指導をしてきますよ。

    こころさん、 初めまして、
    ご両親のうち、どちらかでもバリバリの活動家だと、非常に厄介ですね。
    地域で強引に副白ゆり長に任命された、という事は、家庭環境も考慮して決められたんだと思いますが、
    やはり、強い意志で、キッパリと活動を辞退された方が良いかと思いますよ。
    理由は、何でもいいですので、何とか平穏な生活を守られた方がいいです。
    1%の功徳も人間革命も、そこには存在しません、普通の一般世間の人と同じ生活を目指すべきですよ。
    またいつでも報告や感想など、宜しくお願いしますね。

    レモンさん、本当にお辛いですね、
    覚醒した後での、身内の三桁財務の強行というのは、想像を超えた悔しさ、悲しさだと思われます。
    配偶者や家族がどう思おうが、どんな状態になろうが、知らんぷりで高額な財務をさせる創価学会、
    これが「一家和楽の信心」というのですから、呆れ果てて言葉もないです。
    替え歌、本当に素晴らしいですね。魂の歌詞が心揺さぶられます。

    ボレロさんも、本当にお辛い経験の中、覚醒して戦っていらっしゃるんですね。
    創価の上層幹部は、自分たちが恐怖で支配、洗脳しているという自覚がどこまであるのか知りませんが、
    結果的に、純粋で真面目な方々を恐怖でコントロールし続けている訳で、
    大変に厄介で悪質な組織であるという事を改めて痛感します。

    ここでレモンさんやボレロさんはじめ、皆さんの辛い思いをどんどん書いて伝えていく事で、
    同じような境遇の多くの読者の方々に大いなる勇気と決断の機会を与える事と思います。

    それにしても、今回のフランスのテロに関して、安倍総理が相変わらずのワンパターンで
    「テロに屈しない」「テロを許さない」みたいに言ってますが、(言ってる事は正しいですが)
    日本の総理が、あえて今、テロ組織を刺激するような事は言うべきではないような気もしますが、どうなんでしょ?
    フランスに対して、しっかりと哀悼の意を表して国民へ寄り添う意思を表明するだけでもいいような気もします。

    ところで、フランスでカルト指定されちゃった創価学会は、今回の件でフランスに哀悼の意を示す事もないのでしょう。
    ていうか、どこの国の戦争やテロであっても知らんぷりの、自称平和団体ですし。
    所詮、金集めと洗脳ロボットを増やしたいだけの、池田ファンクラブですもんね。

  61. 病み上がりのkickeyです。ずいぶんロムしていました。
    恐怖と言えば皆さんおっしゃる、やめたら地獄云々。今よりひどくなるとか。
    それが怖くて長年首を繋がれていた感じです。

    でも、ちょっと待った!

    最近また私は、体調壊して毎週末に寝込み、なかなか自由な時間がなく、しんどいのですが、よくよく考えたら、創価にいる時から、ずっと同じ。
    願いが叶うなら、今私は、数十年の活動の功徳で健康なはずでは?

    これも、この程度で済んだとか言うのか?

    活動して、時間やお金を創価にささげても、功徳どころか、活動疲れで体調も壊して、寝込む事も多々あった。
    もともと、小さい頃から、体は丈夫ではないのだ。だから、はっきり言って、仕事だけで精一杯。それを、活動に時間回してたんだから、体調も壊すよ。
    入会するときに、今にすごく丈夫なあなたになりますよ!と、確信のバ幹部。

    嘘が証明されました。

    そもそも願いが叶う!の指導と、
    叶う叶わねえは信心により候、なんて指導、相反するよね。

    こんな矛盾すら、わからんかったマインドコントロール中の私でした。

    信じられない場面があっても、疑いは地獄と、考えさせられたから、半分恐怖でしたね。疑った瞬間、明日何か悪いこと、起こるのかとか、思った。

    インチキ、詐欺、洗脳させて、末端を使う。上はあぐらかいて見てるだけ。
    ISも、通じるとこ、ありますよね。
    皆さん言われてる。私も同意です。

    武器を使うか、言葉で攻撃するかの違いで、創価もISも、変わりません。

    あと、前スレで、一生人間革命の途上と言い続ける、創価の事かかれていたモニカさん、激しく同意しました。詐欺だから、人間革命完成したひと紹介しろ、と言えば皆さん途上です!
    なんて言うのかな。

    ひさびさで皆さんとかみ合ってないコメントでしたらすみません。

  62. みなさんこんにちは、10年非活40歳男三世パニックスです。

    最近、退会に向けて進めてはいるのですが、母親や地域生活など、悩みどころ満載です。

    自分の意志で入会したわけでもないのに、と思ったりもしますが、創価のおかしさに気付いていながら非活に甘んじてた結果だと受けとめています。

    パニックス家の宗教だからと、妻を巻き込んだ事も悔やまれますが、子ども達が未来部の活動に参加させられる前に、このブログにたどり着けことが救いです。

    最近、子ども達が立て続けに風邪でダウンしてます。みなさまもどうぞお身体ご自愛下さい。

  63. >「信心している自分が一番幸せに決まっている」という考え方は結局、他人の幸せを喜べないということに繋がります。
    >逆に他人の不幸は折伏の格好の的。幸せそうな外部の人間、未活の人間を疎ましく感じる。だから見下す。

    椿さんのこのコメント、すごくわかります。
    いや幸せを喜べる人たちもいます。
    自分と同じ思想を信じる人です。
    自分に賛同してくれる人です。
    そういう人の前と、そうでない人の前では別人になります。
    異常なくらい面倒見がよくて愛情深い面と、それと同じくらいの人を嘲り蔑む面のギャップが滑稽です。
    本人は気付いていませんが。

    思想がインチキなら信じた者もそのままインチキになるというものです。
    では自分の信じる教えがホンモノかどうか実験してみましょう。
    自分の胸に手を当てて「人が幸せなことが素直に自分も幸せか?」考えてみましょう。
    あーだこーだ理屈ではなく単純に心に嬉しく感じるかの一点で、です。
    自分の思想をよく思わないアンチにも、です。
    これができないと、まこと滑稽な偽善者です。
    どうがんばっても、教えも自分も「偽」ということです。

  64. signifieさん、いよいよ明日11.18ですね。
    今朝の新聞には、11.18を迎えて「勤行要典」を新たに制定とのこと、少しびっくりしました。
    11年ぶりに、また勤行の方式や御祈念文が変更されるそうです。
    近いうちに、新しい勤行本の販売もはじまるのでしょう。
    もっと大きな発表があるのかな?とも思っていたのですが…
    やはり世界宗教をアピールしていました。
    池田氏は、夫妻で16日に大誓堂で勤行唱題を行ったそうです。
    明日あたり写真が載るのかな……

    レモンさん、ボレロさん、
    お返事ありがとうございます!

    ボレロさん、
    お守り御本尊、そういえば昔実家で見たことがありました!
    五千円は、高いですね。
    うちは主人が未入会なので、お守り御本尊はすすめられなかったのかもしれないです。
    身内ほとんどが学会員の中、私一人だけが覚醒という厳しい状況ですが、あきらめないで脱会に向けて頑張っていきます(o^-^)

  65. みなさんこんにちは、パニックスです。

    私が創価批判を繰り返すことで、母親が精神的にまいってるみたいで、正直かわいそうになってしまいました。母にとって覚醒は地獄だと思うのですが、それでも残りの人生を創価抜きで孫たちと楽しく過ごしてもらいたいです。(母親は66歳です。)

    本尊も変わり、教本も変わり、墓も変わり、変わってないのは日蓮くらいだと思うのですが、マインドコントロール下に置いては、どれもとるに足らないんでしょうね。(泣)

    またもや教本が新しくなるみたいなので、疑うきっかけになれば願っています。

  66. 学会員がどんなにがんばっても「人間革命」が永遠に途上のわけ。
    いくら祈っても活動しても、これだけが永遠に変えられないからですよ。

    あなたの以下のような心です。(創価風でいうと命か?)
    〇同志には愛情をもてるし、これから同志になる可能性がゼロではない外部にも慈悲は持てるけど、脱会者やアンチには不幸になってほしいと思う心。
    〇脱会者やアンチに罰が下らず幸せだと妬ましく、面白くない心。
    〇何かとケチをつけたくてたまらない心。

    これは残念ながら、祈れば祈るほど、活動すればするほど増していきます。
    だから一生かけても、創価のイメージする偉大な人間革命など無理なんですよ。
    これに気づかず、一生懸命「人間革命しよう」なんて言い合ってるの見ると可笑しくて可笑しくて。

    あ、でも「ドヤ顔で偽善者になって滑稽に見えるように」が人間革命なら、超お勧めですよ。
    そんな人ならよく見ます。
    全然途上じゃないですよー。
    立派に人間革命されてますよ(^^)/

  67. 最近コメント投稿してなかったので、クッキーが解除されてたのか、投稿したあとの画面が何だか前と違うため、コメント投稿失敗したと思って、昨日の晩と今朝と、同じような内容のコメントしてしまいました。

    またまたお昼休みに、モニカさんのコメントにある、信心してクズになった。に、爆笑。
    ほんま、その通り。
    クソ活動にささげた時間を資格取得とかにまわしたかった。そうしたら、今の自分の立場も変わっていたでしょう。

    これから、と言うには遅いし。
    ま、頑張るけど。これで終わってたまるか!創価漬けだったまま、終わりたくないしね。

    明日、どうなるでしょうね。世の中で、潰すべきはISだけじゃないよ。
    創価も潰しましょう、皆さんと一緒に。
    脱会してよかった!

  68. モニカさん
    本当に創価の指導って、今思うと実に都合よく作られていますよね。
    これが逆バージョンでも、未入会の妻だったりすると違ってくるのでしょう。
    「家庭の平和が1番大事です、財務も奥さんとキチンと話し合ってからしてくださいね」ってな具合に。
    所詮、見せかけだけのはったり指導なんですよね。

    コージさん
    温かいコメントありがとうございます。
    財務は、創価の活動の中でもダントツの馬鹿馬鹿しさですね。
    1口財務をするだけでも止めさせたいのに、支部内でも高額財務をする人がいまだにとても多いです。
    毎年、3桁、4桁とする人がそれなりの人数でいます。
    財務の時期になると徹底して財務の会合を開き、体験談を聞かせ、幹部が煽りに煽りその気にさせて、その様はまるで悪徳商法そっくり。
    表沙汰にならないだけで、財務がもめごとの原因になっている家庭は日本全国数えきれない事でしょうね。

    パニックスさんとせーやさんも書かれていましたが、今日の聖教一面をみてビックリです。
    「勤行要典を改定」と大々的に書いてありますね。
    「世界宗教として大きく飛躍していく時」と恥ずかしげもなく書いてあり、その為に「勤行の方式とご祈念文」を変えるようで、新たに創価バージョンの教本を販売するようです。
    よくも次から次へと金儲けを考えますねぇ。
    それにしても世界どころか日本人からも相手にもされていない創価学会が「世界宗教」なんて言う事自体が恥ずかしいかぎりです。

  69. レモンさんなるほど。
    奥さんにも、「婦人部の奥さん」「未入会の奥さん」「アンチになった奥さん」とランクがあり、それによって扱いも違うんですねー。
    創価ってランク付け好きですもんね。
    外道がいちばん下。仏教でも念仏はダメ、真言も下。かつての恋人正宗はカスなど。

    新しい教本。
    これでまたいくら儲けるんでしょ。

  70. kickey さん 2015年11月17日 08:02
    >そもそも願いが叶う!の指導と、
    叶う叶わねえは信心により候、なんて指導、相反するよね。
    こんな矛盾すら、わからんかった……

    ああいえば上祐ってのがありましたが、昔から“理屈と膏薬はどこへでも付く”の、例え通り、…マトモに議論する相手ではない。

    “フーテン学会員の独り言”(2015-11-11 )によりますと、
    11・18に御祈念文の変更の発表か?京都乃鬼新聞より…
    普通に考えて一週間後の11・18に聖教新聞辺りで御祈念文を変更の発表となるんじゃないかと。
    ○ 諸天供養のご祈念文が無くなる
    ○ 「一閻浮提総与の大御本尊」の削除
    ○ 「日目上人に報恩感謝申し上げます。」の削除
    (以上コピペ終了)

    “聖教新聞 一面だけは読んでやる”!2015年11月15日08:29  心に希望の哲学は光る

    人間の真の偉さは、
    その心に
    何を持っているかで決まる。
    財産でもなければ、
    肩書きでもない。
    最高無二の哲学を持つ人が、
    最高に尊貴なのである。

    以上の文言で!、何が云いたいかといえば、生活に必要な最低限以外の金は“創価へ差し出せ”と、言いたい訳です。

    ボレロ さん 2015年11月16日 22:19
    >これは、重大な犯罪です!
    何とか、法で裁くことはできないものでしょうか!

    とのことですが、「その為、創価員を公明党は勿論、裁判官・警察…その他へ潜入させて、裁けないように、又、マスコミから批判されないように宣伝費を与えています」
    その金の出所の財務が、レモンさんの旦那サンじゃないけど、“洗脳された鴨葱さん”から出てる訳なんですが、幾ら言っても分からない。{何で分からないのかが、私には解らない}(実際はそれだけ洗脳が上手=それを、“天才的詐欺師イケダ”とアンチは言ってる訳です)

    コージ さん 2015年11月15日 00:20
    >Q&Aコーナーが充実しているのなら、池田君が今、本当に元気なのかどうか
    質問したらちゃんと答えてくれるんでしょうかね?

    “創価学会内部改革派憂創同盟”よりコピペ
    1)池田太作は未だに死んでいません。池田太作は東京の創価学会が買い取った病院の最上階に狂人として生きています。数人の医師が付ききりだそうですから、なかなか死ぬことはないと考えられます。
     これは私が反池田大作に成ったことを知らない、ある信頼するべき筋からのもので間違いはありません
    (*と有りますが、残念なのは、日付が無い為、11月17日現在かどうか?。は、不明です。恐らく2012年の2月頃から、生物として生きてはいても要介護5とかの状態なんでしょうね?。多分18日以降出てくる写真も、“何とか見れる状態の時に撮り溜めた数百枚とか、数千枚とかの写真を色々加工して出して来ると思いますよ。)

    本当に“毎日何時間も執筆できる”ほど元気なら、直接皆さんの前に出て来ないとオカシイだろうが!!!。

  71. 池田センセーどうしてるんでしょうね?
    3.11の東日本大震災のとき一切コメントしなかった、
    今回のパリのテロ11.13についても何も発信しない。

    平和を唱えながら、肝心なときはスルー
    失望なんてものじゃない……

    勤行要点を変更して世界宗教へ??
    ISに目を付けられて利用されるリスクはどうするの

    11.18を起点にして静かに離れましょう

  72. レイラです。

    明日退会届を出すことにしました!

    本当はXデーにと思っていましたが
    私自身非活は組織に所属していると感じたので
    綺麗にしていこうと思いました。

    さっきお守りご本尊を「プチプチ」にくるみ
    そしてご本尊をそろりと外しました。
    正直少し・・・ドキドキしました。

    罰があたらないかとか・・・思いますよね。
    私は裏切り物なのだろうか・・とか
    脱落者なのだろうか・・・とか生涯不退転と言ってたのに
    魔にやられているのだろうか・・とか。

    でも「お元気なイケダセンセ」が5年も
    全く出てこない。

    これが現実です。

    今ここで一歩前進しないと
    変わらないまま。
    勇気を出してエイやっ!といきます。

    ご本尊をお巻きし、同じように「プチプチ」にくるみました。
    「長い間ありがとうございました。そしてさようなら・・」と言いました。
    自分には「約30年間、しんどかったね」と。

    本当は今日出そうかなと思いましたが業務が入ったりして
    明日になりました。
    最期の最期まで退会を勧めた母が11.18に導いてくれたのでしょうか・・・

    昨日アンチの主人に伝えました
    「貴方には関係ないことだけど、私には大事な事なんだけど・・・」
    主人「どうした・・・?」
    私「明日か今週中にでも学会を退会しようと思って」
    主人(ほっとした顔して)「まだやめてなかったんかい!!」

    (学会の人が)家にきたら、「まだそんな事やってるん??て言うたる!」
    と言ってくれました。

    以前も投稿しましたが私の主人は元カレXの同級生で
    折伏されしばらく一緒に勤行してたものの(元カレXが超上から目線だったらしい)
    「ご本尊て一体なんなのだ?」と疑問を投げかけても納得いく返事がもらえず、
    退会しようと伝えたら元カレX&先輩幹部に囲まれ
    「君はX君の気持ちがわからないのかっ?」と言われた事に腹が立ちぶち切れ
    「帰れ!かえってくれ!」と喝!

    それ以来主人はアンチです。(しかも元カレXは主人にお金を借りたまま返していない!)

    皆で明日一緒に退会しましょう!
    もちろんそれぞれタイミングとかありますので
    明日まだ退会届を出さない人も
    何かひとつ止めてみるのもいいかもしれません。

    追伸:レモンさん、モグワイさんの投稿読んでると
    涙でそうです。。。。

    私は信心大反対の家族の中で一人闘ってきました。
    それも又悲劇でした。

    いずれにしても創価で幸せになる人は
    いないと思います。

  73. 2世、現しらゆり長のなつです。

    今日、母から「勤行の仕方が少し変わりました!新しい教本が手元に行くまで、新聞切り抜きして使ってね」とメールが来てビックリしました。
    家に帰って新聞を読んでみると「創価学会勤行要典を新たに制定 三代会長を永遠の師匠と仰ぐ」との見出しが。
    ホント、先生先生って…気持ち悪い。
    何やってんだ、この団体は。
    永遠の指導者って言葉を多用し始めた理由は、池田氏が死んでも会員を繋ぎとめようという魂胆からきてるんでしょうね…。

    そして、それを会員の人は何も疑問に思わないのでしょうか?
    世界宗教に相応しい教本に!って感じでしょうか…。
    他の宗教で、こんなに教義や教本がコロコロ変わる宗教ってありますか??

    何故、教本を変更したのでしょうか。
    私はあまり頭が良くないので^_^;創価が何を考えているのかわかりません…。
    とりあえず新しい教本は活動家なら各家庭に何冊か買うでしょうから、それなりの財源になりそうですよね。

    どなたか、今回の教本の変更の意味を分かりやすく教えていただけないでしょうか?
    何か創価側にメリットでもあるのですか?

  74. 池田会長の現状を隠蔽し、多額の財務をむしりとり、過酷な無償労働をさせる創価
    今度は、教本の改正ですか!?本当に呆れます!
    以前、雪風さんが仰っていましたが、一体創価とはなんのために存在しているのでしょう!?

    コージさん
    コメント有難うございます。(^ー^)ノ
    理解して頂きとてもうれしいです。
    組織は人権侵害もしてきました。許すことはできませんでした。
    1人でも多くの方に覚醒して頂きたく書き込みさせていただいています。

    カガテツさん
    コメント有難うございます。(^ー^)
    いつも、貴重な情報提供して頂き楽しみにしております。
    創価は警察司法の場とも繋がっており、本当にシタタカで悪質な組織ですね。
    早く崩壊してほしいです!

    kickeyさん
    ボレロも後遺症がかなり酷いです。(・・;)
    組織の人達からは、組織から離れておかしくなったらしい等と言われているでしょう。
    本当、悔しいです~~!

    せーやさん、いつもコメントありがとうございます!
    お互い、脱会に向けて少しずつ進んでいきましょう~!(*^-^*)

  75. せーやさんの紹介してくださった、聖教新聞の記事、さっそく見てみました、
    『 創価学会 「勤行要典」を新たに制定 』の記事ですが、ざっと内容を確認したところ、
    大きく3つのポイントがあるようです。
    ○ ご本尊への報恩感謝
    ○三代会長への報恩感謝
    ○世界広布の祈念と回向
    とりあえず、自分の持っている創価学会の教本と比べると、以下の部分が変更されたようです。
    ・諸天善神へのご祈念が削除されている
    ・日目上人への報恩感謝の部分が削除されている
    ・初代、二代に続いて、三代池田会長の報恩感謝が追記されてる
    などが、主な変更点のようです。(抜けている箇所もあるかも知れません)

    今までは初代、二代会長の追善供養だけだった部分が、三代池田会長の名前も記されていて、
    3人の、死身弘法の報恩感謝・・・と明記されてますね。
    てか「追加でご祈念しなさい」ではなく、新たな教本を販売するので皆さん買いなさい!というのが
    いかにも商売上手というか、まあ洗脳会員相手ですけどね・・・・・・

    カガテツさん、 貴重な資料ありがとうございます、
    確かに池田君は、どこかの病院の最上階で完全看護状態、というのはどこかで聞いた事があります。
    ほんと、どういう状況なんでしょうかね? 今現在は・・・
    永遠の師匠として、剥製かロボットにでもするつもりでしょうか?

    kickeyさん、
    >最近コメント投稿してなかったので、クッキーが解除されてたのか、投稿したあとの画面が何だか前と違うため、
    そうなんですよ、2週間くらい?前から、投稿直後の画面が、承認待ちの状態で反映されないんですよ、
    皆さんそうだと思われます。
    一瞬、投稿が成功したのかどうか、ちょっと不安になるかも・・・
    kickeyさんのクッキーさんを解除した訳ではないと思われます(;・∀・)

    レモンさん、 コメントありがとうございます。
    レイラさん、明日ついに退会届を出されるんですね、お疲れ様でした、またコメント待ってます。

    それにしても、池田三代会長を永遠の師匠と仰ぎ、死身弘法の恩徳に報恩感謝申し上げますって・・・
    これって、もしかして、池田センセーはすでに亡くなっているの?とか思う人も出てくるかも?
    或いは、池田センセーが亡くなったとしても、ずっと永遠に発表しないつもり?なのかも知れませんね。
    さすが、宇宙のリズムを支配する永遠の師匠、といったところでしょうか?(笑)
    どーなんでしょ?

  76. つくづく「創価学会って「商売だな」」と感じる今日この頃です。
    今日は創立記念日とか。
    どうでもいいですわ。
    本尊、もう少しいいものにしろよ。
    昔は、日蓮正宗の箔のあるものだったのが、今は・・・・・
    まあ、日蓮自体が私にはどうでもいいですが。

  77. こんにちは。
    外部の雑草です。
    流れ星様、なつさま、宝星さま、コージさま、返信ありがとうございました。

    宝星さま、
    >末端の会員の勧誘活動には、統一されたものはないと思います
    そうした現場のトラブルは取り合わないで頬被りもいいとこです。

    勧誘活動にマニュアルがない上に、トラブっても取り合いもしないのですね・・。
    幹部にいえばとりあってくれるのかと思っておりました。

    なつさま、
    >創価を騙って創価に入れようとする団体…?
    すみませんが、私の周りではそのような話聞かないですね…。

    なるほど・・・。やはりそのような団体は聞かないですか。

    流れ星さま、
    >自分たちに都合の悪いことは
    創価学会ぢゃなくて他に名乗る悪い組織がやったから。。と言いたいようですが。。

    そのとおりです。
    まさにそういっていました。

    >すべて、それらは創価学会の現場で起きていることですよ。。

    うーん、やはり、そのような団体はいませんか。
    創価学会以外の団体が創価学会を騙って、
    創価学会にいれようとするなど、やはりおかしな話でしたね。
    やはり創価学会そのものだったのでしょうね。
    破門されてないといったり、調べがつく話すら否定してましたからねえ。
    やはり話はおかしかったですよ。

    >その方、外部のフリしてますが生粋の創価学会員かもしれないと思うのは、
    わたしの考えすぎでしょうか。。

    その可能性がありますね・・。
    外部のひとが、いったいなぜ創価学会のみが正しい仏法を実践する素晴らしい団体などといったのだろう。
    外部が入手できる創価の情報って、すごい数の訴訟沙汰とか強引な末端信者な迷惑行為とかで、基本的にいい印象ないのにね。
    創価学会会員そのものか、あるいは身内にいて洗脳されてしまっているのかもしれません。

    コージさま、
    >その方は、創価は強引・強制的な事は一切しない、対話と友好ムードの団体だ、と強調しているはずです。
    逆に、強引な事をするのは、日蓮正宗系の他の団体だ、と思い込んでいるのでしょう。

    もう、まったくそのとおりです。
    コージさまのおっしゃるとおりの、ピッタリのことを繰り返しておりました。

    ああ、なんと・・・・。
    外部といっていたが創価学会会員だったとは・・・。

  78. 結婚と同時に入会、退会して離婚したクロニクルです。

    ぽむぽむさん
    過去のコメントを読んで気にかけて下さりありがとうございます。
    私の場合、結婚期間が短く遠距離恋愛からの結婚だった為、慣れない都会で創価にすぐ耐えられなくなり離婚に至りました。
    離婚後の元旦那の態度をみて離婚して正解だったと思います。
    創価以前に人としてダメだったのか、創価のせいでこんな人間になったのかと考えましたが、こちらのブログを読んで皆さんの話を聞いてみると、元旦那は元々がダメだったんだと思います…
    今は解放されて心身ともに元気なので安心して下さいね🎶

    昨日は皆さんドキドキの1日を過ごしていたのではないでしょうか?
    私もやたらとネットサーフィンしてしまいました。
    教典まで変わるとは…
    池田教になってしまったのですね。

    脱会や何かしら辞めれた方、今から何か辞めようとしてる方、創価に疑問を持った方、色々な人がいると思いますが辞めても罰は当たりません。
    御本尊は素手で持たず息がかからないようにおシキミをくわえると元旦那が言ってましたが、仕事行ってる時に素手で外し御本尊にフーフー息を思いっきり吹きかけましたが罰は当たってません(笑)
    むしろ信心している元旦那の方が具合悪くて苦しんでいるようです。

    少しでも皆さんの心が軽くなりますように。

  79. ぽむぽむです。クロニクルさん、お元気とのこと、何よりです。お返事ありがとうございます。
    世界情勢がこんなに危なくなってきているのに、まだ、創価詐欺に気づかない夫に衝撃を受け続けています。「創価のせいでこんな人間になったのか?」私も考えます。

    ここまでくると、いやそうではない、もともとなのだと、思います。それを半分知りつつ、結婚した自分の責任だと。。そして、その責任の取り方を考える時が近づいたのだと思っています。
    友人が面白いたとえをしてくれました。「生活に支障のない範囲で、浮気されていると思えばいいじゃない。」たしかに、浮気をどうとらえるかですが。友人と大笑いしました。

  80. ねこのとうさんです。皆さん、いつもありがとうございます。
    財務で思い出すのは、組織でちょっとした問題になった事件です。
    財務を推進していた人が、地域の婦人部に保険金を解約して財務させたということがありました。保険契約の返戻金を財務に当てたのですが、財務が終わってから苦情が組織から上がったようです。
    とても馬鹿げたことです。すっからかんになるまで頑張るという言葉があったようです。
    本当にすっからかんになってしまったということでした。

    あと気になるのは、ここ数年、創価学会の会館が街の中心部に建ち始めていることです。
    いろんな理由をつけるのでしょうが、耐震性とか、そのような理由で、昔の会館跡地は更地になってしまっています。大切な財務で建てた会館なら大切に使うのが本当だと思うのです。
    でも、関係ないということなんでしょう。まあ耐震性が理由になるんでしょうが。

    あとどうでもいいことですが、日本の土地に対する投資がバブル時に匹敵するほど、投資されているようです。リートなどのファンドの資金で土地が高騰しているようなのです。多分都市部だけですが、まあどうでもいいことですが、高値で土地を手にいれた創価学会は、数年後バランスシートが非常に悪くなると思うのです。

    そこでどうするのか。土地を簡単には売れないと思うので、より一層、財務に力を入れるのではないかと思います。まあ、中国の経済が目に見えるほど悪くなるのは、来年の2月頃だと思いますが、そんな時に中国は対外資産を売却しまくるでしょう。それで、このアベノミクスバブルが弾けなければいいのですが。まあ、どうでもいいですね。

  81. 初めましてチョッパーです。初投稿です。
    文章が苦手で読みづらかったりするかもですが頑張って書きますので宜しくお願いしますm(_ _)m
    信心15年、私は3世で副しらゆり長です。
    1年 半覚醒かも、でも本人は覚醒だと思ってます。
    ネット検索で創価学会では何回かみてたのですが、あ!脱会の内容も見てました。
    福運てなんだったんだろうと思って検索したら、ここのブログに辿り着きました。

    ここ半年私はマインドコントロールされてたんだとショックを受けてました。
    友達はかなり減ったし…今はほとんど居ません…創価の為に知り合いも友達も今考えれば売りました泣
    友達を創価に誘う事は出来ないと昔言ったら元圏の女子部長さんに獅子王はとか慈悲が無いとか色々言われ本当にお馬鹿な私は友達売りました…それが本当の優しさだと思ったのです…
    福運ないからこうなるんだよ。もっと幸せになれる。絶対なんだ!という言葉に涙ながら絶対幸せになるんですか?と聞いたら私の命かけていいと言われ本当に信じました。お馬鹿過ぎて過去の自分は書きたくないです…忘れたいし、自分の人生やり直したいです。

    覚醒に至ったのは、引っ越しして新聞読まないのに新聞取りたくないから始まり、仕事柄学会とは口が裂けても言えない職業で引っ越し先に学会の人が来て欲しくないと思って新聞を止め、新しい住所は職業上学会の人が来て欲しくないので教えません。だから実家にカード送って欲しいと頼んでから前々の地区に連絡とったんですね。
    いきなり連絡来て、近々話ししたいと来ました。
    まだ返事を返してませんが、疲れたと思ってここに投稿させて頂いてます。
    皆さんの投稿を読んで、創価の実態を知ってまたまたショックを受け、ここ3日立ち直れてません…自分の馬鹿さに。
    引っ越し先に仏壇を置いてません。
    大型ゴミで出そうとバルコニーにあります。仏壇の中身もダンボール一箱にぽつんと部屋の隅にあります。ご本尊も。今年中にダンボール片付けます。
    脱会します!来年かも。子供も入信させたので責任もって脱会させます。未活に近いので子供達に謝って許してもらえるまで頑張ります。
    信心で福運着いたって勘違い返して欲しいです。私の素の力でここまで来たんだよ!って今自分を褒めてる最中です。
    池田とかご本尊凄く信じてたのに泣
    お金いいから思いを返して欲しいです。
    グチャグチャですいませんでしたm(_ _)m私、産まれ変わったつもりで生きていきます。

  82. チョッパーさん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    チョッパーというHNはすでに別の方が使っていらっしゃいますので、できれば別のHNでお願いします。
    それと、コメントは最新のスレッドにしないと読んでもらえません。
    このブログでは一つのスレッドに80から150近いコメントがあるので、二つ前のスレッドのコメントでも、みなさんが読む機会は少ないと思います。
    せっかくですので次回は別のHNで、いちばん新しいスレッドにコメントください。
    よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中