もう気づかなくてもいいよ、三人組(笑)

さきほど「除名三人組」に関するスレッドは立ち上げません。と書いてしまったシニフィエですが、彼らの言い訳がましいブログを読んで、テーマとして取り上げるのがいやになったことがいちばんの原因だったのですが、ひとつだけ注目すべき箇所がありましたので、あえてこの部分に特化してテーマにしたいと思います。どこかの教義みたいにコロコロ変ってすみません(笑)

あらためて紹介します。ブログ「元創価学会員3名のブログ」です。

http://harunokoime20150831.blog.fc2.com/

文字通り元創価学会員の3名は元創価学会本部職員さんです。彼らが言うには、今の創価学会本部組織は「師匠である池田名誉会長を利用して暴走している」と白いブランコさんと同じことを主張しています。奇遇ですね(笑)

とくに注目すべき点とは、彼らが本部職員として実際に手がけていた「会員奉仕局」と「第一庶務」の存在とその業務内容のくだりです。なかでも「第一庶務」についてはこのように暴露しています。

>会員奉仕局への指示元であり、師匠の秘書業務を担う第一庶務には、師匠の代行で、「メッセージ」を作るチームがあった。そのチームは、全国、全世界の会員の方々に師匠からのメッセージを発信する。

(中略)

小平と滝川(3人組の中の2人で、ともに会員奉仕局員)は第一庶務のそのチームが会合へのメッセージを作成している現場を見てきた。毎日の聖教新聞の「新・人間革命」や「わが友に贈る」も、師匠は弟子に一任されている。聖教新聞の記者から下書きの内容が送られ、第一庶務の中心者がチェックをして完成させる。また、師匠と世界の識者との対談集の作成も、師匠から弟子に任されるようになっている。小平(3人組の1人)は、師匠と対談を組まれているローマクラブのヴァイツゼッカー博士と平成25年12月17日に名古屋でお会いした。その後、氏とメールでやり取りをし、「池田名誉会長との対談集は、直接名誉会長と会っている訳ではなく、ドイツSGIが間に入ってくれて作っている。池田先生とは数年前に創価大学の卒業式で一度会っただけなのです。」と教えて下さった。こうした師匠と海外の識者との「対談集」についても、実際は師匠が聖教の局長、部長クラスの新聞記者に著書の大方針を伝え、その後は担当した弟子(記者)が作成している。私たち(3人組)が知る限りでも「会合等へのメッセージ」「新・人間革命」「わが友に贈る」「対談集」などは、師匠が弟子に託されている実態があった。師匠の執筆活動や対話の活動スケールは非常に大きく、百人を超える本部職員が陰で行なっていた。

さあ、みなさん。これは実際に仕事に携わっていた本部職員が見てきたことを告白しています。池田は実際に対談していなかった。対談集も会合でのメッセージも職員(記者)が書いたものだと、はっきり書いています。しかも100人以上の本部職員が「陰で」書いていると。昨日の新年勤行会で発表された池田名誉会長のメッセージも、印刷された和歌も、その本部職員が考えて書いたものだということです。

3人組は、このことを悪気があって述べているのではありません。本部職員が一丸となって師匠の思いを会員に伝えていると言いたかったのでしょうけど、実質的には本部が一丸となって会員を騙しているということを告白しているに過ぎません。どんな言い訳も通りません。だって、会員は「先生からのメッセージ」だと信じています。本部職員もまた「これは自分が書いたもので、先生が考えた言葉ではありません」とは死んでも言わないでしょう。そりゃそうですよ。やってることは佐村河内なにがしと新垣なにがしと同じです。会員を騙してます。タレント本じゃないんだから「こんなことは一般の出版業界でもよくあること」みたいな言い訳は通用しません。池田名誉会長は、そのへんの新人タレントではありませんからね(笑)

これってほぼ想像できていたことではありますが、こうやって実際に本部職員が「やってました」とはっきり言ってるんですから、もうどんな申し開きもできませんよ。

いいんです、三人組さん。これに関しては3人組さんはぜんぜん悪くないですよ。むしろ立派なことをしてくれました(笑)。私たち脱会者が言うのと、実際にその現場にいて見てきたあなたたちが言うのとでは、まったく説得力が違います。もういっそのこと「暴露本」出して印税ガッポリいただいちゃったほうが利口なんじゃないですか(笑)。ただしどこかの映画監督みたいなことにならないように気をつけないとね。もうしっかり顔も名前も出して言っちゃってますからね。こんどの9日にも本部前でサイレントアピールするそうですが、私が言うのもなんですが、気をつけて下さいね。相手は毎年何百億円というお金を動かしている極悪詐欺団体なんですから、その利益を奪うような存在をどうするか、あなたたちのほうがわかってるんじゃないでしょうか?あなたたちは本部に何を言っても無駄だと踏んだから、一般会員に訴えるためにサイレントアピールをしたり、グログを立ち上げたんでしょう。創価の恐ろしさはわかってるはずです。そしてそんな恐ろしい創価をつくったのが池田大作なんですけど、それを認めちゃ自分の人生があまりに虚しすぎるから、それだけはできないんですよね。べつに師匠のためじゃなくて、自分可愛さで師匠を崇めてるだけなんですよね。だから師匠の矛盾にはひと言も触れませんよね。5年半も姿を現さない師匠に「師弟不二」を語る資格などないと思うんですけどねえ。いかがですか三人組さん?

二転三転しましたが、今回のテーマは「もう気づかなくてもいいよ、三人組(笑)」とさせていただきます。最初は「気づくんだ、3人組」にするつもりだったのですが、彼らのブログを読んでいるうちに「だみだこりゃ」と、匙を投げました(笑)。「もう勝手にサイレントデモでもアピールでもやってろ」って気になったからです。ほんと自分のやったことは棚に上げて、ダラダラダラダラ言い訳ばっかり。最後は「先生!先生!」って、おまえは森昌子か?ってなもんです(笑)

今さら驚きもしませんが、まだ創価を少しは信じている人にとっては、けっこうなショックではないでしょうか。昨日の新年勤行会でもらった池田名誉会長の和歌のカードも、顔も名前も知らないオッサンが考えたものなんですよ。「新・人間革命」も聖教新聞の記者が書いたものなんですよ。聖教新聞に載っている「先生のメッセージ」も、ことごとく知らないおじさんが書いたものなんです。脱会した私たちにとっては、そんなこと今さらどうだっていいんです。どうせそんなことだろうと思ってましたからね。べつにそれでいいならいいんですけど、これらをみんな「先生が私たちのために書いて下さったんだ〜ありがたや〜」と信じていた学会員にとっては、やっぱりショックでしょ。裏切られたって気持ちはないですか?……あ、ないですよね。洗脳されてますから、何があっても何とも思いませんよね。何があっても微動だにしない信心ですもんね。それが学会精神なんですよね。自分で考えたりしたら地獄行きですもんね。わかります。わかりますよ〜(笑)。いっつもそうですもんね。教義がどんなに変っても、ご本尊がカラーコピーでも、何とも思わないんですから。先生のメッセージや対談集がみんな知らないどっかのおじさんが書いたものだとわかっても、なんの疑問も矛盾も感じませんよね。それでこそ偉大なる師匠の弟子です。除名3人組も、そこは何の疑問も感じないそうですから。謹慎処分になっても、地方に飛ばされても、懲戒解雇されても、除名されても、池田先生は永遠の師匠だと言い切るところは、白いブランコさんや全国の現役創価学会員と少しも変わらないですからね。

ということで、テーマ的には例の3人組についてではなく、「創価学会本部は第一庶務でゴーストライターをやっていた」ということがはっきりしたということについて、多くの人に知ってもらいたいと言う意味でテーマとしました。3人組さんたちは、安保法案に関する創価公明の態度は師匠の意に反しているが、師匠に了解を得てのことなのか!と、鬼の首をとったかのように息巻いておりますが、問題はそこじゃネエだろって話です。そのあたりについて、みなさんのご意見を伺えればと思います。

また、もし現役学会員(とくに幹部)に接触しなければいけないような立場にいる方は、このイケダゴーストライターの話が「疑惑」ではなく「事実」であるということをどう思うのかについて尋ねてみてほしいと思います。

それにしても例の3人組は、正月三賀日に本部前でのサイレントアピールをすれば全国から来る多くの学会員さんに効果的にアピールできたはずなのに、どうして1月9日に予定しているんでしょうね。正月は家でゆっくり休みたいのかな(笑)

小平秀一さん、滝川清志さん、野口裕介さん、もしよかったらここで話を聞かせてくれませんか?こちらはいつでも大歓迎ですよ。そちらのブログは一日のアクセス数が200ほどのようですが、こちらは一日4000から5000のアクセスがありますから、あなたたちの言いたいことが、一気に全国に広がりますよ。決して悪い話ではないと思います。私と対話をしてみませんか?現在の創価がおかしいというのは一致しています。違うのはその原因が今の組織にあるか、イケダ自身にあるのかというところです。池田名誉会長が絶対に正しいという信念があるならば、私との対話に物怖じすることはないはずです。私はこのブログで常に言ってますように「創価学会は宗教などではなく、もとからただの詐欺団体だ」ということに気づいた人間です。ここにはそのように気づいた何百、何千という人たちが集っています。その人たちに、ご自分の信念を思い切りぶつけてみてはいかがでしょう。もちろん、お互いに冷静に、客観的な事実に基づいて真摯に対話をするというのが条件です。あなたがたの純粋な信仰心はよく理解できます。かつて同じように信じていたのですから、決して対話ができない相手ではないと思いますよ。

お返事お待ちしています。

(3人組さんへは、彼らのブログへ直接対話の申込みをしています)

もう気づかなくてもいいよ、三人組(笑)」への100件のフィードバック

  1. シニフィエ様、貴重な問題提起、ありがとうございます。
    「白バラ通信パンドラの箱」の希望です。
    ゴーストライターの記事を、私も読んでおりました。
    しかしながら、シニフィエ様のご指摘を拝読するまで、
    裁判に活用出来るということを思い付きませんでした。
    池田大作氏のゴーストライターが記事を書いているとの実
    態が明らかにされたことで、聖教新聞社などを「詐欺」で
    訴えることが可能となるかもしれません。
    池田大作氏の記事を掲載した一般の新聞社も新聞倫理綱領
    に違反しているとして、何らかの訴訟を起こすことが出来
    るかもしれません。私一人ではなく、集団訴訟を起こした
    いものです。
    シニフィエ様の問題提起の鋭さに心より敬意を表します。
    凄いの一言に尽きます。
    このブログをご覧になっておられる皆様方も、「詐欺」訴
    訟に関するアイデアをコメント欄にお寄せ頂ければありが
    たい限りです。
    新年早々、「宗教法人」創価学会を解散に追い込むアイデ
    アの手がかりが得られそうです。嬉しいことです。

  2. バリ活男子部の彼氏がいる外部のえつこです。

    シニフィエ様、皆様あけましておめでとうございます^ ^
    昨年はシニフィエ様と皆様に本当に大変お世話になりました。
    今年もよろしくお願いします^ ^

    私も学会本部の3人組さんとの対話をぜひ読みたいです。
    大変貴重な対話となるのではないでしょうか。
    対話しに来るんだ!3人組!
    むしろ自分たちが正しいと主張したいのなら色々な立場の人が集まるこちらのブログは本当に好条件な場ですよね。
    来るんだ!3人組!

    ジャンヌさん
    前のスレッドではコメントありがとうございました。
    お返事が遅くなり申し訳ありません。
    ジャンヌさんの彼氏さんと私の彼氏はご本尊についての質問に対する返事が同じなんですね。本当にマニュアルでもあるのかって思いますよね^^;
    でもジャンヌさんの彼氏さんは脱会してくれて新聞の事など頑張ってくれてるって本当に凄い事だと思います。

    ナオさん
    コメントありがとうございます。
    ナオさんのコメントでとても癒されました。
    彼氏の活動の事を責めたりしたら、多分もう警戒されて対話どころか活動の事も隠されるようになる…という思いからそこに関しては一切責めないようにしています。(たまに行っちゃったら寂しいくらいは言いますが(笑))
    今のところ手帳は見せてくれるので活動スケジュールは大体把握してます(笑)
    やはり幹部から信心が足らないって言われてるんですね…
    外部からすると本当に凄い指導だな…って思います^^;
    これからもなるべく責めないようにして対話のチャンスを増やしていきたいと思います。

  3. 新春おめでとうございます。

    >「先生!先生!」って、おまえは森昌子か?

    で初大笑いをして、今年もよい年になればいいなあと思います(^^)/
    ゴーストライターの件は、実際の本部職員が具体的な部署名や手口を詳細に明かし、やっとそうなんだーと驚く会員もいるかもしれませんが、そうやっていくとペースは遅くなります。
    もう告発を待つまでもなく、挙がっている資料から全部読み取れますよ。
    執行部が日蓮仏法などこれっぽっちも信じてない、なんてことは完全に明白、明解です。
    本人の口から「私は会員の前でのパフォーマンス以外、勤行などしていません」という言葉を一生待つつもりですか?
    そうやって待ってる間に、創価は音を立てて崩壊していきますよ。

    三人組さんは意識してか知らずか、このブログの最大の協力者となりました。
    ここまで「センセイはわるくない」と言い張る純粋な池田門下生が、何を根拠にそこまで主張するのか、つぶさに検証したいと思いますね。
    そして、やがて事実に気づくであろう過程をしっかり見届けたいと思います。

    ネットを封じるの毎度の殺し文句は「どこの誰かが成りすまして、テキトーなことを書いている」でしたが、今回は活動家の聖地信濃町の、正義感あふれる元本部職員。
    現在も筋金入りの池田門下生の告発です。
    さながら小説人間革命の、若き日の山本伸一くんを地でいくようなキャラクターです。
    実名も写真も公開されています。
    「ゴーストライター?ネットの話でしょ?どこの誰が書いてるかわからないのよ。だからデマよ」
    散々言ってきましたが、もう黙るしかなくなりましたね。

    そしてもし彼らが、過去の大幹部同様、晒し者にされ「人として生きていけなくされてしまったら」、創価がそういう組織だということも動かぬ事実となります。
    ここまで注目されている彼らに指一本触れたら大変なことになりますよ。
    ともあれ多くの視線が彼らに注目しています。
    目が離せませんね。

  4. ぽむぽむです。
    あけましておめでとうございます。
    年明け早々に、意義あるスレッドの立ち上げ、ありがとうございます。
    三人組さんの覚醒は難しいけど、こうやって話題になり、表立っていくことで、覚醒する人は確実に増えます。
    ただ、気づける人には気づいてほしい限りです。

    300万アクセス、目指しましょう。
    今年もよろしくお願いいたします。

  5. 新年おめでとうございます。
    元旦に書き込みができず出遅れましたが、意義のあるスレッドに感動し、
    モニカさんと同じ個所でバカ受けしまして、初爆笑でいい年になる予感のkickeyです。

    signifieさんと皆様も、この一年よき年、意義のある年になりますよう。
    本年もよろしくお願いいます。

    ここまで事実をさらけ出した人が3人も出現したら、草加はもう、何も言えませんね。
    ネットはデマなんですよね?草加さん?
    でも、元本部職員(いまだに池田崇拝)が話しているのですよ。どうでしょう?
    3人だけが気が狂ったとでも言い訳しますか?www

    今までのデー作先生の書物やメッセージ等、すべて「顔も名前も知らないオッサン」wwが、考えたものだったんですよね。他の情報からも知っていましたが、ここにきて3人さまが告白したのですよ。ハンドルネームだとネット上のデマで済まされるから、きっと実名で立場を明かしての告白だったのでしょう。えらい!あなたがたはえらい!
    signifieさんもおっしゃるように、気を付けてくださいませ。

    しかしモノは言いようですよね。「一任されていた」「託されていた」などと言われるところがいまだにデー作崇拝の証拠ですよね。
    きっとデー作崇拝もなくなった暁には(そういうときが来るかわからないが)
    一任、託されの言い方が→「会員にうそをつかされていた」「書かされていた」などと変わるでしょう。私からみたら、詐欺団体の「会員だましチーム」としてゴーストライター課のゴーストライト係として働いていたようなものに見えるだけです。しかしまだ本部職員は給料という報酬があったから、それはそれでいいじゃないですか。会員が悲惨ですよ。騙されてとられっぱなしなんですから。そこを考えて3人さんもお話をされてくださいませ。
    あなた方本部職員が知ってか知らずかしていた「会員だまし」の行為の陰には何百、何万と「騙され続けてとられ続けて見返りも何もなくそれでもさらに騙され続けている会員」がいるということを。
    ここに集うコメントするメンバーは「草加=詐欺」と「やっと気が付いて」気が狂いそうになりコメントをすることにより、救われています(私)

    ま、じいさん崇拝は何を言っても無理でしょうが、少なくともここに書いているコメントすべては本当だということ。
    まあでもよく事実を公表してくださいました。3人の勇気に感謝しています。

  6. 「新年勤行会 参加」で検索すると、yahoo!ではここのブログが最上位に来ますね。
    ニヤニヤ (・∀・)

    それにしても、ネット上の質問コーナーみたいな場所などで、
    創価のやり方に疑問を投げかけるような質問をするゆる活の学会員がいると、
    決まって、待っていたかのようにくだらない創価脳の活動家が偉そうにしゃしゃり出てきて
    まあ意味不明な指導的な言葉を並べ立てて上から目線で説教していますね。
    あの連中は、本気で自分たちが王者のブッポウの弟子、とか思ってるんでしょうかね?
    あまりにもこんなカルト宗教に全力でのめり込んでいると、覚醒した時に非常に苦しみますよ。
    乱入して創価脳の奴をからかってやろうかと思う事もありますが、まあ面倒なのでしませんが・・
    さすがに承認制のこちらのブログに乱入する事は、不可能に近い訳ですけど、
    うっかり乱入したらコテンパンですけどね(笑)

    さて、例の 気付くんだ!いや気付かなくていいぞ!3人組!!(笑)ですが、
    池田以外の別の部門が対談集やメッセージを作ってきた、という事を元内部職員の3人組が暴露したという事は、
    すでに指摘されているように、創価が長年に渡り、露骨に会員を騙し続けてきた行為を証明してしまったようなものですね。
    聖教新聞紙上でも、「池田名誉会長よりメッセージ」「池田SGI会長より伝言」などと、
    まるで本人が語っていたかのように何年も言い切ってアピールしている以上、
    「センセーの意志を受け継いだチームが、正式な代理として新聞などに掲載してたんだよ~」では通用しませんよね。
    全国の洗脳会員たちは、池田自身が毎日メッセージを発信していると信じてるからこそ、お金を出して購読してる訳ですし。
    まあ、何年も表に出れない90歳近い爺さんが、あんな英語を交えた長文スピーチを組み立てて掲載したりするのは
    あまりにも不自然でしたけどね。
    創価脳の洗脳会員は、自宅で優雅に執筆されているんだと本気で思っているのでしょうか・・・

    前スレですが、レモンさんの
    >ポスターは地区00枚という割り当てで配布されてきていたので、
    >新しく貼れる場所を常に開拓するようにと組織からは言われて
    悪徳な創価は、功徳だ人間カクメイだとニンジンをぶら下げながら、会員にこんな事まで強要させてたんですね。
    大金が余ってる創価本部が直接契約して、看板でも立てればいいじゃないですかね?

    ナオトさん、 新年勤行会参加報告、ありがとうございます。
    その、1月2日に入会予定の壮年の方も、なんか怪しいですね。
    世間では、高齢者で創価に入会する人間は、生活保護の申請を公明党に協力してもらうため、という噂も根強いです。
    選挙期間以外は、学会員などまったく眼中にない(これ結構露骨)ケチ臭い公明党の議員連中が、
    学会員のために無料で動くとは到底思えませんけどね。
    まあ、実際のところその壮年の方の動機がどうなのかは分かりませんし、ここだけの話ですけどね。
    創価に利用されるばかりにならないといいですが。
    1月2日に入会して、1月3日にここのブログに出会って、
    1月4日には脱会して欲しいですね。
    気付くんだ! 壮年部!(笑)
    ヤッホー! \(^o^)/

  7. kickeyさん、今年もパンチのきいたコメントよろしくお願いします(笑)
    そうですね、3人組には創価功労賞を授与したいくらいです。
    うちの実家に親がもらった創価功労賞の賞状があるので、名前のところを改ざんしたカラーコピーを3人組に贈呈しちゃおうかな。あ、3000円で(笑)

    それでは、おまたせしました。
    お正月らしく新春替え歌大会〜!一発目いきま〜す!
    「お前は森昌子か?」がちょっと享けたみたいなんで調子こいて

    せんせい(師匠)

    インチキ創価を やめた日は
    3桁財務の あとでした
    ペラペラコピーの ご本尊
    ひとり見つめて 泣いていた
    幼いころから 叩き込まれ
    慕いつづけた ひとの名は
    先生 先生 それは先生

    声を限りに 叫んでも
    5年以上も 雲隠れ
    合成写真の 死んだ目が
    うつろに宙を 泳いでる
    誰にも言えない インチキと
    胸をいためた ひとの名は
    先生 先生 それは先生
    名もなき民の しあわせを
    根こそぎ奪った ひとの名は
    先生 先生 それは先生

    次いってみよ〜(^^)

  8. やはり、ゴーストでしたね。私は覚醒した時に、話し合いましょうと言ってきた地区婦人部長と県婦人部長に、「池田先生の写真を見ると、目も虚ろで焦点もあってなくもうまともな状態ではないから、人間革命とかメッセージは本人が書けるわけない、絶対池田先生に成り済ました誰かゴーストライターがいる」と言ってみました。地区婦人部長には「池田先生の様子は歳をとられたからであって、お元気で執筆されている」と全否定されましたがね。それはそれで、池田先生の意を汲む忠実な弟子がいるわけなので、学会的には師弟不二でゴーストは何も悪くないというところでしょう。

  9. このブログの画像に、ミケランジェロの『ピエタ』と『ガンダーラ仏』を載せたのは、創価の教義が宗教を基盤とした芸術文化までも否定しなければならないことへの矛盾を皮肉ったものでした。しかしこの数年で創価の教義がコロコロと変わり、この皮肉が成り立たなくなってしまいました…orz。。なにしろあれだけ「邪宗こそが不幸の原因だ」として、日蓮正宗以外の宗教を徹底的に罵倒してきたのに「日蓮正宗以外ならなんでもOKだよ。とくに日蓮の曼荼羅ならなんだって同じだよ。でも日蓮正宗の曼荼羅も創価の曼荼羅も同じ力があるのは変わりない。ただ創価では日蓮正宗の曼荼羅は『受持しない』(???)」という、これまたわけのわからないことを言ってます。「認めない」と言い切ってしまうと、「じゃあ、いままでのは何だったんだ?」と突っ込まれるので、わけのわからない遠回しな拒否の仕方をしてるんでしょう(笑)。
    もっとわかりやすく言うと、「この世の中でAだけが正しい」と言ってたのが、Aから否定された途端「Aだけが間違い」と言ってのけたのが創価です。そんなこと言う人を信じられますか?普通信じられませんよね。でも何百万人もいる創価学会員はそれを信じてるんです。もしくはそんなこと言ってることすらしらずに「正しい」と思い込んでいるんです。要するに、教義なんかどうだっていいってことです。
    結局のところ、今の創価学会はご本尊なんてなんだっていいし、宗教も何だってOKだよ〜。かつて『宗教は自由です。人それぞれですから』と池田名誉会長もインタビューに答えてます。ただ創価ではお金いっぱい出したら出しただけ幸せになれるよ〜。どんどんお金持ってきてね〜って言ってるんです。ここまで言うことが変わるか?って言うこと以上に、ここまでどうでもいいってどういうことですか〜?って言いたくなりますよね。でも学会員さんは、すっかり洗脳されきってますから、それはそれで「正しい」と思っちゃうんです。どんなにめちゃくちゃなことを打ち出しても、何も考えることなく「はいそうですね」とお金を出し、タダ働きをし、公明党の票取りに自腹で奔走するんです。それってただのアホですよね。どんな理由かなんて、どうでもいい。考えるな、考えると罰が当たるぞと脅され続けています。だから功徳があるならご本尊が何になろうと、他の宗教と同じだろうと違おうと、どうだっていいというのが今の創価学会の教義であり、創価学会員の信仰心です。
    要するに、創価としては会員が文句を言わずにお金を出しさえすれば良くて、会員としては功徳があれば何だって信じまっせ〜!ってことです。たがいに持ちつ持たれつの関係ですね(違うか(笑))。破門される前は日蓮の言葉通り「オレの言うことだけが正しい宗教だ」ということが基本になっているから、どんな宗教だろうが上から目線でケチョンケチョンに罵倒していました。それこそ神社の鳥居をくぐるだけで不幸になる。交通安全のお守りとか持ってるだけで交通事故に遭うなどと、ものすごいネガティブ思考なんですが、逆に学会員が事故にあったり病気になっても「この信心をしているからこれくらいで済んだんだよ、良かったね〜超ラッキー〜♥」という、ここだけは超超ポジティブ思考なんです(笑)。ご都合主義にもほどああるんですが、これも学会員さんは「なるほどもっともな話だ」と納得しちゃうんですね。恐ろしいです。こんな恐ろしい宗教詐欺が今の日本でまかり通っているんですから。だから一般世間から完全に嫌われてきたんです。できるだけ関わらないように、腫れもの扱いされています。学会員が選挙の時だけ友だちのような顔をして公明党を頼みに来たら「うん、わかった、いつもの公明党だね、頑張ってね」とその場しのぎの空返事しかしません。でも学会員さんは「これで自分の宿業がキレたぞ〜!これで幸せになれる!ご本尊さま〜ありがとうございました〜!」と喜んでいます。キレたのは宿業なんかじゃなくて、人間関係なんですけどね(笑)残念!それでも会員は「自分だけは功徳のもらえる信心に出会った」と信じ込まされてますから、お金をねこそぎ持っていかれても、そして実際に幸せになっていなくても、「まだ人間革命の途中なんだよ。ここで不信を起こせば、いままでの苦労もお金も水の泡さベイビー♥」と言いくるめられて、ますますのめり込んでいくというのが盲信者の典型的なパターンです。今の創価学会員さんはそんな人ばっかりです。つまり、学会員は決して幸せではなくても「幸せだ」と思い込まされているんですね。まあ、よくいえば超超ポジティブというか、完全に金目当ての詐欺にひっかかっていることに気づかない、ただのおめでたいお人好しなんです。悪気なんかないです。誰よりもいいことをしてると思ってます。誰よりもいいことをしていると思わせることが創価の詐欺のポイントですからね。

  10. こんにちは。
    ダイナムです。
    森昌子の替え歌面白かったです。
    自在会でも、森昌子の歌をギター伴奏で良く歌いました。
    ゴーストライターが書いた話は去年知り合いから聞きました。
    ほんとでしたね、確信しました。
    知り合いの話だと、昔、池田・本山の僧侶と、居酒屋で飲んだ時、池田が職員に
    書かせて居ると言っていたようです。
    聞いた時はほんとかなと思いました。
    コメント書く前に、知り合いに確認しました。
    3人が内部告発した事を、知り合いに話をしました。
    知り合いは今思うと30年前にバラセば良かったかなと言っていました。
    でも何でバラさなかったのと聞きました。
    ばらしたら怖いと言っていました。
    3人組みが、創価に殺されないかと心配です。
    創価は、手を出さないで、電磁波攻撃で殺すと話を聞いた事がありますが、
    ほんとだろうか?
    三人さん、電磁波攻撃の事がほんとかどうか分かったら教えてください。。
    知り合いにも何か聞いてみます。

  11. パニックスさん、おちよさんへのお返事でしたので、前スレに移しました(^^)

  12. 学会員さんはいつの間にか、本尊やら教義やらではなく、これまで「いろいろな人(まあ要するに同志ね)と共に戦い、涙し笑い、お世話になった」ということを信じてるんです。
    この歴史、雰囲気、空気、思い出、学会歌、隣の〇〇さん…このようなものを信仰してるんです。
    ま、コミュニティにまつわる体験ですよね。

    詐欺集団はお人よしのカモたち、こと屋台骨を支える婦人部たちが、小難しい理屈より、こういう雰囲気、イメージ、感覚が大好きなことをよく知っています。
    要するに「集まってお茶してぺちゃくちゃすることが何よりも好き」というおばちゃんの習性を利用してるんです。
    おばちゃんは「何でも話せる人と」「ズケズケと距離感を縮め」「覗き趣味を満足させ」「他人と比較し」「心ゆくまでしゃべる」ことが、この世で何よりも好きです。
    創価にはそれがあります(笑)
    教えなんて付録です。

    おばちゃんの習性として、そうなると「仕切りたい人」が出てきます。
    そういう人が幹部になり、さらにお節介度を増し、覗き趣味をマックスに充実させ、ただ口を挟むんじゃなく「上から目線で口を挟める場、そういう権力」を手に入れるともう辞められません。

    お三人さんはおばちゃんですか?
    もうちょっと違う生き物でしょ?
    洗脳大学とはいえ大学まで出て理論的な思考ができているなら、どうか気づいてください。
    まだ言語が通じると期待しています。

  13. シニフィエ様、皆様
    新年明けましておめでとうございます(^^)
    本年もどうぞよろしくお願いいたします(*^_^*)
    昨年、このブログに出会い、はじめは戸惑いながらも自分自身の思いを吐き出すうちにドンドン毒が抜けていくのを実感しております。
    シニフィエ様をはじめ、多くの方々に励まされここまで来ることができました。本当にありがとうございます!

    さっそく本題に入りますが、「もう気づかなくていいよ、三人組!」のタイトル、吹き出してしまいました^o^

    ⚪︎⚪︎につける薬はないといいますが、その言葉通りですね。20年前の私に同じことを言っても聞く耳持たなかったと思います。
    ドリフでいう「ダメだこりゃ」ですね(;^_^A

    代作について。
    聖教新聞やその他写真集等にも何回も池田さんが会員の激励のために筆を取る姿の写真が載せられてますよね。
    「執筆中の著者」
    「会員の激励のための押印をする先生」などなど。
    池田さんがすべてやってる!というのが創価の言い分でしょ?
    「腕が上がらなくなるほど激励の揮毫をした」など言ってましたよね。
    アホらしいのでこれ以上は指摘しませんが、創価は組織的に会員を騙していることが白日の下にさらされました。
    純粋な人間の心をもて遊ぶ「極悪非道なペテン師野郎」です。
    「悪事は必ずバレる」と言いますね。

  14. signifieさん、替え歌♪楽しませていただきました!

    三人組さんのブログのプロフィールに「平成○年創価学会に入社」と書かれてあり、違和感を感じました。
    改めて創価学会は、宗教ではなく企業だと思いました。
    (株)創価学会?

    総本部の風景、懐かしいです。
    入り口付近、工事してるみたいですね。
    次は、何を造っているのでしょう…

    三人の勇気ある行動は、すごいと思います。
    創価崩壊の糸口になればと強く願います。

    レモンさん、前スレでお返事ありがとうございました。
    お正月なのに、ご主人とは別に勤行会に行かれていたのですね。
    全国でも、家族より部員さんを優先している幹部さんが多いのでしょう。
    「一家和楽」と言っても名ばかりですね…

    Kenjiさん、公明党のポスターの件ですが、こちらでは、ユル活さんでも公明党に協力的で人の良い部員さんのお宅には、いつも貼られていました。
    バリ活でもポスターを貼っていないお宅もありましたし、いろいろでしたね。
    最近は、やはり高齢者の部員さんの家に貼られていることが多いです。
    あとは、道路沿いとかにも貼られています。
    外部では、居酒屋さんの建物の外壁やナイトクラブの隣りの建物(事務所?)にポスターが貼られてあるのを見ました!
    ナイトクラブの隣りにポスターとは、驚きです。
    他に貼らせてもらう所が見つからなかったのかもしれません。
    何でもノルマがありますから…
    ちなみに私の家は、主人が未入会のため、ポスターを貼らせてほしいと頼まれたことは、一度もありませんでした。

  15. スマイルさん、あけましておめでとうございます。
    スマイルさんがこちらに来ていただいたときには、まだ覚醒のショックのまっただ中におられましたよね。なかば放心状態でした。おまけに心ないウンコタレに名指しで反逆者扱いされたりして、ほんとうに踏んだり蹴ったりでした。それは今でも申し訳ない気持ちでいます。スマイルさんの壮絶な体験談は、ウンコタレとしてはよほど衝撃的で、なおかつ気に入らなかったのでしょう。
    でもスマイルさんはウンコタレの暴挙などものともせず、急速にショックから立ち直られ、このブログにはなくてはならない存在となっていただきました。ほんとうに感謝しています。
    とはいえ、スマイルさんの気持ちが完全に立ち直るには、やはり創価崩壊をこの目で見なければならないのではないかと思います。スマイルさんほどではないにせよ、私も同じような思いでいます。
    昨日、私は実家で盲信者の兄夫婦と顔を合わせたとき、なんともやるせない気持ちでいました。私が覚醒してから、正月に兄夫婦と顔を合わせるのが辛いです。青を合わせても互いに創価の話はしません。互いにそのことで争ったところでものわかれになることがわかっているからです。兄夫婦はこのまま創価を信じて一生を終えていくんだなと思うと、自分の無力感に落ち込んでしまいました。兄にしてみれば私は創価の幸せのレールを踏み外した可哀想な弟なんです。
    たとえばあと10年で創価は詐欺団体だと社会が認めたときに、兄夫婦は80歳に近い年齢となります。80歳で「いままでの人生は間違っていた。ただただ騙されていただけの人生だった」と宣告されることの残酷さを考えると、もうこのままのほうがいいのではないかと思ってしまいます。どっちが幸せなんでしょうね。いや、結局、どっちにしても不幸なんですよ。気づかない不幸か、気づく不幸。どっちに転んでも不幸であることには変わりはない。もう幸せなんかないんです。このように創価学会は金のためにどっちに転んでも不幸にしかなれない人を何十万、何百万人とつくりだしてきた。何も知らずにひたすら真面目に正しい宗教を信仰していると勘違いしている兄夫婦の姿を見るたびに、「違う!それは詐欺なんだよ!騙されてるんだ!」と大声で叫びたくなります。しかしそれを言ったところで聞く耳をもつような人ではありません。たとえ話を聞いて気がついたところで、もう人生のやり直しができるような年齢ではありません。財務に全財産を貢ぎ、生死を彷徨うほどの事故にあい、あとをつぐ子どももいない老夫婦です。兄夫婦にとって幸せとは何だったのでしょう。自分の時間のほとんどを創価の活動に割き、選挙活動に走り回り、生活を切り詰めて貯めたお金のほとんどを財務に貢ぎ、いいことがあったら信心のおかげだと言って回り、悪いことがあっても、これくらいで済んだのは信心のおかげだと言って回る。そんなもの創価の中でしか通用しない話です。世間ではタチの悪い新興宗教にはまった可哀想な老夫婦としか見られていません。しかしそんな世間をも見下して、自分たちのほうが幸せだと勘違いしています。兄夫婦に限らず、今や全国の創価学会員の大半はこのような老人です。この信心をここまでやってきたのだから、幸せでないはずはない。これが幸せというものなんだ。きっとそう思いたいのでしょう。そしてきっとそう思いながら、つまり一生騙されたままで死んでいくのが、兄夫婦のせめてもの幸せなのかもしれません。
    暗い話になってすみません。ひとりでも多く、一刻もはやく、創価の詐欺に気がついてくれる学会員が増えることを願って病みません。

  16. せーやさん、今年もよろしくお願いします。
    >三人の勇気ある行動は、すごいと思います。
    >創価崩壊の糸口になればと強く願います。
    そうですね。自分たちのやったことが創価崩壊の糸口になって、永遠の師匠イケダの化けの皮を剥ぐことになったとしたら、三人組は開いた口がふさがらないでしょうね(笑)
    穴があったら入りたいどころではありません。

    私も「入社」にはあれっ?と思いました。創価は会社だったんか?聖教新聞社も社はつくけど、べつに会社じゃないんですけどね(笑)
    いずれにせよ、彼らはどこかの時点でイケダが師匠などではなかったことがわかる日が来ると思います。というか、彼らにとっては師匠なんでしょうけど、イケダにとっては端金で雇っているただの捨て駒です。師弟不二などただのまやかしです。そんなまやかしに三人組は命も捧げる勢いです。可哀想ですよね。師匠じゃなかったとわかる日。それは自分の人生を全否定される日でもあります。この日こそ彼らが自業自得という言葉をかみしめるのではないでしょうか。自分たちが本部職員として会員にやってきたことが何だったのかをしっかりと受けとめてほしいと思います。

  17. 3人組さんたちは、あの安保法案で公明党に反旗を翻してデモした、ツイッターの、ひとりの学会員さんとまったく同じなんで驚きが隠せないです。

    あのデモした学会員さんもいまだに池田大作を顕彰するツイートをたまにしています。
    公明党に怒りを感じるベースが、池田大作のいままで指導されてきたことに公明党が反しているという信念のもとに行動しているのですよね。同じなんだなあ。。

    わたしが脱会したばかりの当時、組織のある熱心な婦人部の方も、その当時の組織の新聞啓蒙のありかたに疑問を感じて、ひとり組織改革のために奔走し、贈呈や単なる帳尻あわせの新聞啓蒙は組織の中でやめさせようとしましたが、その彼女の口癖が、これでは池田先生に申し訳ない、でしたね。

    わたしは、池田大作が、その当時は既に組織からあがってくる数字しか信じていないことを知っていましたので、彼女にそのことを言おうかな、と思いましたが、ああ~彼女には、とても通じないだろうなと思い断念した記憶があります。
    全国の組織には、そんな純粋な方々?が多いのでしょうね~。。(ふつーでしたら、すでに気づかれていてもいいのに、いまだに騙されているって?危機管理能力なさ過ぎですよ。。残念。)
    池田大作を自分の中で限りなく理想化して酔いしれている学会員さんたち。。
    とても罪深いですね。。自他共に、ですよ。

    きょう、創価脳の母と会って来て、その3人組さんの話しをしようとしましたが、話しかけた途端に、そんなこと知ってるよ前から、テレビでやってたよ。。とあのデモ活動した学会員と混同して、人の話をまともに聞こうとしないのには参りました。

    挙句の果てに、お前がいろいろ損をしているのは、創価学会を辞めたからではないか、と言う始末。
    わたしが、たまに家族のことを愚痴るのを母は、流れ星は創価学会をやめて不幸になっている、とアタマのなかで変換してしまっているようで驚くと同時に、もう、わたしムリ!と思いました。

    母の頭の中では、流れ星は、創価学会をやめて不幸になっていく、という確信があるようです。
    そんな創価脳の母とは、もうまともにはつきあえないと思うに至りました。。

    呪の祈り。。母の根底にある思いを見つけてしまいました。。
    ほんとうに申し訳ないけれど。。。母とは、もうこれ限りです。

    全国の創価学会バリバリのお母さんたち、あなたがたは知らず知らずのうちに我が子を深く傷つけていることをご存知ですか。。いまは、そうやって我が子たちを平然と虐げて生きていられるようですが、いずれ年老いて我が子から捨てられ寂しい老後になるということ、少しは自覚されたほうがいいと思います。。

    そして、創価脳の親たちに苦しむすでに覚醒されつつある方々。。
    毒親を捨てる勇気を持ちましょう。。
    いつまでも付き合っていると、あなたが苦しむだけです。。

    親をも愛せぬ人が人を愛せるわけがない。。(誰が言った言葉でしたっけ?)
    。。とかいう呪縛も葬り去りましょうね。。

    そして、ある意味、ほんとうの親孝行とはなにか。。
    深く考えて生きたいと思います。

    話しがまたまた違った方向へ向かってしまい申し訳ありません。。

  18. 三人組さんのイケダ崇拝は、読んでいて痛々しいものがありますね。でも、是非、この場で対話して頂きたいです。

    三人組さん、だいじょうぶですよ。ここに集う方々は、創価幹部とは違い、お話をちゃんと聞く方達ばかりですから。(笑)
    イケダ崇拝、ゴーストライターの件などでは、コテンパンに突っ込まれる心の準備をされた方がいいとは思いますが(笑)、いまだ創価に洗脳され、騙されている方々が、今後、一人でも多く一秒でも早く覚醒出来るよう、本部内の真実を、全て公表して頂きたいものです。その際は、創価の嘘に加担しながら、会員さんの財務で飯を食い続けてきたにも関わらず、最高責任者であるイケダをいまだ師匠などと仰いでいるあなた方自信の謝罪もお忘れなく。

    サイレントアピールなどをする勇気があるのなら、詐欺団体の黒幕がイケダだと言っているこのブログで、堂々と、いや、それは違う、俺たちの師匠は偉大なのだと、証明なさってみたらいかがでしょう。

    さて、なぜ創価には、三人組さんのようなイケダ命、みたいな人が現れるかって、創価の洗脳作戦以外、何ものでもありませんよね。

    「先生は私達のことを、すべてご存知」
    「先生はあなたの生命をすべてお見通し」
    「先生は、何百年も先の未来のために、既に手を打たれていらっしゃる」

    こんな超人偉人ネタが、まことしやかに語られる内部ですからね。
    だいたい何百年も先の事に手を打てるなら、目の前の社会問題をなんとかせー、って話ですけどね。あら、失礼しました、創価自体が社会問題でしたね。(笑)

    こんな組織にいましたので、入会後、生イケダ氏に会う機会がある度、毎回、驚きました。(笑)
    お目通りなどめったに叶わぬ立派なお師匠さまとやら、どれほど聖なる雰囲気の聖人君子登場なのかと思いきや、 どう見ても品があるようには思えない中年男が、オレってビッグ?の傍若無人のお振る舞い。(苦笑)

    「人の心がわからない人。」

    これが私が率直に感じたイケダ氏の印象でした。
    もちろん、そんなことは、内部で口になど出来ませんが。

    ココアさんが目撃された情景も、ほんとうに創価独特の気持ち悪さ満載ですよね。貴重な体験談、本当にありがとうございました。

    イケダセンセも、 普通のおじさんとして取り扱われていたなら、しょもないオヤジですんでいたのかもしれないのに、 組織も本人も、あまりにも神格化しすぎましたね。
    イケダが表舞台から消えて久しいのに、今だ彼のカリスマ性に依存し、ちゃっかり利用しながら、なんとか続いている感、丸出しの現組織。

    「永遠の師匠」なんて言っちゃったもんだから、ボロを隠すための嘘の上塗り作業も、永遠に続くってことなのでしょう。すぐバレる合成写真作ったり、いまだにせっせと代行業、ほんとに、お気の毒なことです。まあ、御本尊の意義をコロコロ変えて平然としていられる団体ですからねー、そのうち、永遠の師匠も変えちゃうかもですね。(笑)

    以前にも投稿しましたが、現在本部執行部のトップ大幹部になった壮年を、青年部の前で容赦なく吊るし上げる、パワハラ師匠の姿を見た時の衝撃は、 生々しい記憶として今だに心に残っています。録画取りのない密室、師匠が弟子をネチネチ虐め、罵声が轟く非公式会合。。。。

    最中同時中継かなにかで、一代前の会長さんだったかな?を虐める姿を見たこともありますが、 編集なしの生遭遇は、その衝撃がさらに大きいです。とてもではありませんが、洗脳でもされてなきゃ、まともに見れられたもんじゃありません。

    でも、それさえも、イケダ信者の先輩からすると、「池田先生は、幹部が増上慢になって大切な会員にイヤな思いをさせないよう、私達を守るために、 敢えて大幹部に厳しくしていらっしゃるの。 先生の御慈悲なの」なーんていう、世にもおめでたい解釈になるのですけどね。

    三人組さんが告白してくれましたが、指導も、「やはり」代作だった。
    他人の頭が考え、他人が書いたものを、ただ読んでるだけだった。。。どうりで心にひとっつも響かないわけです。

    今や創価は、ついに言い逃れ出来ない所に来ましたね。

    私自身もそうでしたが、会員が先生、先生、と心酔するのは、膨大な書籍やら、メッセージやら、代行押印やら、識者との対談などを、すべて、先生ご自身のものによる、と信じきっていたからですよ!
    非活になり何年も経ち、創価から完全に心が離れ、イケダにはゴーストがいるであろうと思っていた私でさえ、あの告発文は、ショックでした。二言目には、正義だ正義だと大騒ぎする団体ですが、創価は、今後、どう説明し一体どう責任を取るつもりなのでしょうか。

  19. 流れ星さん、
    >池田大作を自分の中で限りなく理想化して酔いしれている学会員さんたち。。
    そうそう、それですよね。カルト宗教に陥る典型的なパターンが教祖を自分の中でどんどん理想化していくところですよね。その点ではオウムも幸福の科学も同じです。グルとかエルカンターレとか、不思議な力の持ち主だと勝手に思い込んでしまうんですよね。創価はそうした宗教の陥りやすい神秘主義的なところを上手く使って考えられた大掛かりな詐欺です。騙すほうは最初から宗教だなんて思っちゃいません。いかに宗教のように思わせるかがポイントの悪質な詐欺です。詐欺に悪質も良質もないんでしょうけど(笑)

    覚醒した人でもたまに「昔の創価はよかった」なんて言う人がいますけど、とんでもないです。それは騙されているもの同士のコミュニティが心地よかっただけの話です。そこはさきほどモニカさんがズバリ書いて下さいました。創価学会は最初から宗教なんかじゃない。いきがかり上、牧口常三郎と戸田城聖が日蓮正宗の檀家になったことがきっかけで創価学会がはじまったような言い方をされてきましたが、牧口の思想的な背景もかなり怪しいようですし、戸田との出会いも、今となっては闇の中です。なにしろ「小説人間革命」なんてすべて真っ赤なウソのかたまりです。実質的には戦後に戸田城聖が「創価学会」をはじめたところからが創価の始まりだと考えていいのではないでしょうか。創価学会は1992年に破門されるまで、あくまで日蓮正宗の信徒団体のひとつでした。戦後、戸田城聖は次々と事業に失敗していく中で、イケダと知り合います。そのあたりのいきさつが実際にどんなものだったのかはわかりませんが、結局のところ、アル中のエロジジイとサラ金の取り立て屋が組んで、高利貸しとエロ本出版で食いつないでいたところ、戸田お得意の口八丁で会員を増やしてお金を貢がせた。それを見ていたイケダは「これはいけるぞ」と創価学会乗っ取り作戦を企てたというわけです。そのような過去の汚点を払拭するためにも「小説人間革命」という理想的なフィクションをつくって会員に刷り込む必要があったわけです。実際にはアル中のエロジジイとサラ金の取り立て屋による事業失敗談が、なぜか世界平和をめざす宗教家と病弱な文学青年が運命の出会いを果たし、前代未聞の宗教革命を起こしていくというミラクルストーリーになってしまうんですから、そのあたりの対応は見事なものです。すべてはウソウソウソ、カネカネカネ。ウソでカネ釣る創価学会です。そうやって始まった創価学会に「昔は良かった」もへったくれもありません。良かったと思わされていただけです。おそらく数十年後には「戦後最大の宗教詐欺事件」として語り継がれるでしょうね。やはく過去の歴史になってほしいものです。

  20. 三人組のブログでの告発により、膨大な数の著作やメッセージや和歌や対談集が、(まさかあの老いぼれじいさんが一人で書いている訳はないと薄々感じてはいましたが、) 代作されている実態を実務に携わった者が暴露したことにより、会員を長きに亘り騙し続けている事実が明らかになりました。
    あとは、とどめに誰かが、イケダが実際は廃人同然であるにも関わらず、そのカリスマ性を利用して、会員が組織から離れるのを防ぐために、「元気なことにされていた」ということを暴露されたら、創価学会も The End ですね。
    遅かれ早かれ、その日が来るのは間違いないのですが、世の中の混乱を防ぐ意味でも覚醒している人間が一人でも増えていることが望まれますね。
    ただ、三人組の方々の無事を何より願っています。
    相手は宗教の仮面を付けたマフィアです。
    なめてかかったら大変なことになります。
    まともに太刀打ちできる相手ではありません。
    くれぐれもお気を付けて!!
    (/_;)/~~

  21. 3人組さんのブログを眺めると
    「ゆりかごから墓場まで」
    という言葉を思い出しました。
    イギリスの社会福祉政策のスローガンみたいですが、以前某自動車メーカーの福利厚生を揶揄したコラムで目にしました。

    トヨ○系産科で生まれ、トヨ○系学校で学び、トヨ○系企業に就職し、豊○市に納税、そしてトヨ○系病院で亡くなる。といったモノでした。
    思想までは奪われないし、家族愛に満ちた生活がある気がします。

    創価は病院は保ちませんが、家庭教育から学校教育を経て、創価学会に入社し全てを尽くす。
    この王国の住民が、一般日本国民と同等の自己形成を成してるとは思えません。そこから弾き出された3人組は、言わば『創価難民』だと思います。
    右も左も分からない、signifieさんが語りかけた言葉も理解出来ないで居るのではないでしょうか?

    程度の差はあれ、この『創価難民』が増えていくような気がします。こちらの様なブログの存在意義は否が応でも高まりますね。
    創価に関わった一員として、コメントを続け創価崩壊を見届けたいです。その日までよろしくお願いします。

  22. 12月19日付の三人組のブログより抜粋

    「今の本部は、師匠のお心とあまりに違いすぎる。そう感じれば感じるほど、師匠の仰せに反すると思うことは、断固言い切っていかなければならない。我が身を守れば、創価が護れぬ。我が身を守れば、師匠が護れぬ。御本尊様、どうか我が身を守ろうとする僅かな命も断ち切らせてほしい。弱き自分を乗り越えたい。祈れば祈るほど、師匠への感謝に自然と涙がこぼれてくる。正義のために、正義のために死んでやる!我が命を断じて捧げぬいて!!」

    完全に酔いしれてますけど、気は確かでしょうか?
    御本尊様って、神様なの?
    >正義のために、正義のために死んでやる!
    って、なんでそこリフレインかい?
    正義のために死ねば、御本尊様が助けにきてくれるって言う訳?ってか、それ期待してるの?
    忠臣蔵?
    「止めてくださるな妙心殿〜! 落ちぶれ果てても平手は武士じゃ〜 男の散り際だけは知っております 行かねばならぬ そこをどいて下され 行かねばならぬのだ〜」
    「人生劇場」の歌詞
    「やると思えばどこまでやるさ それが男の魂じゃないか 義理がすたればこの世は闇だ なまじとめるな夜の雨 あんな女に未練はないが なぜか涙が流れてならぬ 男ごころは男でなけりゃ 解るものかと諦めた 時世時節は変ろとままよ 吉良の仁吉は男じゃないか おれも生きたや仁吉のように 義理と人情のこの世界」
    まるっきりこのあたりの世界に浸りきってますよね。どっかから引っ張ってきてますよね。
    三人組さん、ちょっと頭冷やしたらどうでしょう。
    三人組さんはまだ創価が仏教だと思っているのであれば、せめてその御本尊を神様みたいに思って泣いてすがるのは間違いだと気づいてほしいです。
    教学試験うけましたか?
    仏法は道理なんでしょ。法則ですよ。世の理(ことわり)ってやつ。
    義理と人情に厚い白いひげをはやした仙人みたいなおじいさんが雲に乗ってやってくるわけじゃないんですから(笑)。
    御本尊にすがってるのか、イケダセンセイにすがってるのか?
    でも先生を護るとか言ってますから、すがってるわけじゃないんだ。
    五年半も姿も見せないセンセイを護るのに、カラーコピーの御本尊に泣いてすがってどうすんの?
    戦後最大の巨大詐欺組織である創価学会に反旗を翻したんだから、泣いてすがってる場合じゃないと思うんですよね。三人で創価劇場を演じながら、創価が知られたくないことバラしちゃったんだからね。自分たちがやってることの意味がわかってないんじゃないですか?山口組に素手で殴り込みやっちゃったようなもんだよ。大変だよ。
    今の創価を変えたいと本気で思うのであれば、そんな自己陶酔する前に、このブログに来て、みんなの話を聞いてみたらどうですか?元幹部だってたくさんいますよ〜。
    たった3人で「死んでやる〜」って凄んでも始まらないでしょ。
    まったく、巨大詐欺団体の中で純粋培養された人間は、自分のやってることの意味すらわかってないんだから、も〜(笑)
    3人で太刀打ちできるようなタマじゃないことぐらい、さんざんわかったでしょ。それとイケダセンセイはもうなにもわからない、ひとりで歩けもしないおじいちゃんになってるんだから、あなたたちの手紙が渡ったところで、なんにもわかりませんよ。そこわかっててスルーしてますよね。本部職員だったんだから、それくらいのことはわかってるでしょ。そこはなかったことにしてるんですか?

  23. シニフィエさん、返信コメント有難うございます。(^ー^)
    ブログの管理、運営大変だと思いますが、お体大切にされて続けていってください。

    三人組さんの勇気ある告発により、創価の真実が明らかになりました。
    これから、益々内部による告発が増えていくように思います。
    内部が混乱、崩壊していく・・正に、自戒本逆の難ですね!

    会則を変更し、教義を変え、これから本尊まで変えようとしている・・
    今まさに、大ほう法団体となりさがってしまいましたね~!

    三人組さん、ぜひ、このブログにいらしてください!
    お待ちしています!( ´ ▽ ` )ノ

  24. 池田の大きな会合での自由奔放な振る舞いや、今で言うパワハラやモラハラ?みたいな言動も、
    創価脳の人間から見ると、きっと「師匠」として脳内で辻褄を合わせようと必死なんでしょうね。
    「センセーのあの叱り方には深い意味があるんだ」とか「センセーの深い思いやりが隠れているのだ!」とか、
    何としても意味のある言動だと信じて、そう思い込もうとしているんですよね。
    そうしないと、池田を疑ってしまう方向に心が傾くのが怖くて仕方ない、みたいな感覚でしょうか。
    当の池田本人は、天狗になって好き勝手な振る舞いして、机叩いて叫んでるだけなのに・・・
    マハロー! \(^o^)/

    それにしても、気付いてもいいよ!3人組!さんたちは、ここに来て語る事はないのでしょうかね・・・?
    別に、コテンパンにするつもりはないですが、やっぱりコテンパンにしたい気持ちもありまして、
    池田教から抜け出せるようにお世話したいというお節介な気持ちも沸いてきたりもします。
    徹底的にコテンパンにした後で、仲良くなりたいですね。

    まあおそらくは、こちらのブログの存在を知ったとしても、参加する事は無いんでしょうね。
    あそこまで池田に心酔している以上、こちらの皆さんに同調する可能性の方が低いでしょうし、
    やはり、オバカはオバカ指導者と一緒に、泥舟で沈むのが本望なんでしょう。

    それにしても、今まで創価の給料で飯を食ってきた立場の内部関係者の3人組が、
    あそこまで露骨に創価のあんな事やこんな事を暴露して、身の危険とかは大丈夫でしょうかね?
    「池田センセーが守ってくださる」とか、まさか本気で思っているのでしょうか?
    池田は、どう考えてもアナタ達3人組の事など、物理的にも仏法的にも守る事など有り得ませんよ?

    どうせなら、もっと色んな創価の核心的なヤバい情報を、どんどん世間に晒して欲しいですね。
    それで創価から消される事があっても、胸を張って師匠と一緒に消えて行けばいいんです!
    それが、師弟不二なんです! ブッポウは勝負なのです! 獅子吼のように吠えるんです!
    追撃の手を緩めるな!です!  戦って、戦って、大勝利してポンッ!と消えていくべきです!
    安心してください! 骨は拾いませんが、題目三唱なら送りますよ!!
    イケイケどんどん! (・∀・)

    いや、まあ、あまり無理はしないでいいですけどね(^_^;)

    signifieさんの、「せんせい」の替え歌、素晴らしいですね!
    歌詞もすごく良くて、ぜひ創価脳の学会員たちにも口ずさんで欲しいと思いました。

    では私も、お正月という事で、・・しょーもないギャグを(汗)

    【 こんなご本尊は嫌だ! 】

    ・日蓮の悪口ばかり墨で書いてある
    ・カネコが、池田の悪口ばかり墨で書いてある
    ・日顕が、赤い墨で添削している
    ・職員がイモ版画で刷っている
    ・お守りご本尊が、プリクラ風シール
    ・ご本尊画像データ付き複合プリンター新発売
    ・リ○ちゃん人形サイズの本尊と仏壇セット新発売
    ・○カちゃん人形サイズの池田も新発売(着せ替え付き)
    ・ひな人形サイズの池田とカネコも同時発売
    ・仏壇が買えなくても大丈夫の「仏壇ごとカラーコピー」
    ・仏壇のお供え物もカラーコピー
    ・いっそ、勤行している池田ごとカラーコピー

    おそまつ様でした m(_ _)m

  25. 3人組さんたちは、名前も顔もさらしているわけですから、もし仮になにか事件に巻き込まれるような事があったら、みなさん。。わかりますよね?
    怖いですよね~創価学会って。。そういうことになりますよね。違いますか。。?

    じつは、わたくしも本名も住所もあるアンチブログ主に知られているのですよね。
    ですので、もしわたくしがなにか事件に巻き込まれるようなことがありましたら、よろしく、です~(笑)

    彼ら3人が、敢えて本名と顔をさらしたのは却って自分たちを護るためだと思いますけど、わたし。。
    それだけ、創価学会がブラックな組織であるということではないでしょうか。。
    わが身を護るための智慧でしょうね。。
    たぶん、命がけなのだと思います。

    わたしは基本、かれらを応援したいです。。
    彼らを糸口として、創価学会にほころびが生じてくるとしたら、それが多くの創価学会洗脳者が覚醒に至るきっかけとなるからです。
    それに、かれらが池田大作信奉者であるということも多くの創価学会洗脳者の共感を呼ぶことでしょう。却って、それが効果的であると思ったりします。そういう意味からも彼らの言動をこれからも注視していきたいです。

  26. コージさんの、いいですね。じゃ、私も。
    こんな池田大作は嫌だ。
    1.自販機の前を通るたびに、つり銭のところを確認する
    2.そんで、10円を見つけて喜ぶ
    3.クレーンの運転免許を取ろうと思って、教習所に通う
    4.でも、10回以上落ちて自暴自棄になり、うまい棒をひたすら食べまくる
    5.かねこ婦人に、「あんた、新人間革命、少しは自分で書いたらどうなの」と注意される
    6.大晦日、実は、ダウンタウンの笑ってはいけないを毎年録画して見ている。
    7.財布の中が、マクドナルドのクーポン券であふれている。
    8.年賀状が3枚しか来ないと嘆く
    9.インターネットに書いてある自分の悪口に対し、必死になって自演で擁護をする。
    10.電気屋でテレビを買うのに、他店はもっと安かったと必死になって値切る。
    11.その結果、店長がでてきて、「もういいですから」と帰される。

  27. 明けましておめでとうございます
    久しぶりに投稿させていただきます
    複数のお寺や神社に初詣に行ってきました
    宗派も関係なく(日蓮宗も含む)楽しみました
    「ぶっ●ゃけ寺」の影響か中高生や大学生などが増えたような気がしました

    センセイ盲信者の人ってこういうことではないかと思います

    「私は外国産のA社の食べ物は食べたくないので、国産のB社の食べ物を食べます」と宣言したものの、実はB社の国産が加工は国内というだけで、原料は結局A社と同じ外国産だった・・・という表示的にスレスレなことをされていることに気づかない、つまり結局売り手の都合良く、外国産を食べている方々
    と思ってなりません
    その他、(開設も表現も自由ですが)同類の某サイトもこのような感じの方々が集まっておられますが、我々の見地からすれば、「自分で気づくしかない」と言うことでしょうし、脳科学的にそういう回路が出来上がっていると言われればそれまでかもしれませんが、科学的に解明された方が根拠があります

    ps
    センセイの誕生日だそうですが・・・
    ギネスはその都度更新されますが、センセイの年齢と「長寿ギネス記録まであと●年●か月」とかHPに表示すると画期的と思いました

  28. 昨年11月に脱会したレイラです。

    今日は親戚の家に新年のご挨拶に行き
    母の兄弟から亡き母の入会動機を初めて聞く事ができました。

    昭和30年代の事です。
    当時田舎から都会に出てきた母
    今のようにネットやコミュニティはなかった。
    そんな時、同じ故郷出身の同じ年代の女性から
    同郷の集いがあるからと行った母。

    そこはソウカの集まりで当時めちゃくちゃな折伏をしていたソウカ
    何でも自分で頑張っていた母は、同じ年代の女子部が集う場所が
    より所になってしまった。。。

    母が入会したことを知って猛反対した祖母
    辞めさせようとやってきたものの
    ソウカの組織の人に阻止された。
    という事でした。

    母は活動しなくなってから後に
    自分の兄弟にこう漏らしています
    「ソウカに入った事が人生最大の汚点だった」

    そして娘の私が折伏され入会した時
    ひどく嘆いていた・・・

    ごめんなさい。お母さん。
    安心してください。レイラはもう辞めました。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    シニフィエさん センセーの替え歌
    笑えました!

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    3人組様

    私が人生で忘れられない原点となった日は
    文化祭でセンセを舞台から小さなセンセを「チラ見」できた時でした。

    これが私が生センセを見た
    最初で最後の日となりました。
    もう20年以上前の話です。

    でもこの日の事をずっとずっと大事にしてきました。

    なので、私は覚醒し始めた時
    「悪いのは組織や一部の幹部」
    「ソウカの集計や選挙などは嫌だけど
    センセは悪くない。言ってることは正しい。」
    と思っていました。

    そうしないと、私がずっと大事にしてきた事を
    否定する事になりますから。

    学会に入会したことで
    家族や親せきからボロクソに言われののしられ
    暴力まで受けてきました。
    「でも必ず正義は勝つ!今に見ておれ!」
    と歯をくいしばった事。

    それを間違いだったと認めないといけない。

    ショックでしたが

    5年もセンセが表に出てこない。
    あの大震災があった時でさえも。
    安保の事・・・・・もう認めないといけませんでした。

    白旗を上げた時
    猛反対をしてきた身内や親せきは
    私を責める事も嘲笑する事もなく
    黙って受け入れてくれました・・・・

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    財務でお金を奪われ、代わりの人が押印したものを
    「センセが私たちの為に押してくださった・・・」と
    宝物のようにずっと大事にされる会員さん・・・
    末端の会員はチラ見どころか
    センセに一度もお会いできなかった人も
    たくさんいます。

    学会本部で見てきたこと、聞いたこと
    ありのままを一度ここで
    お話ししてほしいです。

  29. 三人組さん、ここでは大人気ですね。尊敬さえされてます。
    一方、創価ではとんだ嫌われ者ですよ。
    これどう思います?
    「なんだかな〜」って感じじゃないですか?
    ここでお話ししましょうよ〜
    「死んでやる〜」とか物騒なこと言ってないで、冷静に、おだやかに、
    人間の生き方について、じっくりと話ができるのは、創価ではなくこのブログですよ。
    私もきついこと言いましたけど、決して憎くて言ってる訳じゃない。
    あなたがたが向かう先は創価学会総本部じゃない。
    良識のある世間一般の人たちに、創価学会の実態を公表することです。
    それで初めて自分たちが正しいのか間違っているのかがわかるというものです。
    この5年半ものあいだ、どこで何をしているのかさえわからないような老人のどこが師匠なんですか?
    あなたたちが正義の告発をしたがために学会本部から疎まれて、もう8年も経つんでしょ。
    あなたの大好きな師匠は、もう8年もあなたたちをほっぱらかしてるんですよね。
    あと何年したら師匠があなたの前に出てきてくれると思っていますか?
    あなたたちが知っている創価の真実をあらいざらい公表することで、創価の膿が絞り出されるのです。
    どこまでが膿かは絞ってみなければわかりませんけどね。
    そしたらあなたがたは創価の救世主です。それこそが師匠を護ることですよ。
    師匠にお応えすることではないのですか?
    もしかしたら創価を救い、師匠を護ることができるのは、あなたたち三人組かもしれません。
    ほら、現代の熱原の三烈士ですよ。
    日蓮が熱原の三烈士の登場で、末法の世に広宣流布の種が根付いたと悟ったように、
    師匠はあなたたちの登場を待っていたのかもしれません。
    だったらここで一気に創価学会の真の姿を世に示すのは、
    あなたたちの使命であり、師匠の最後の悲願なのかもしれません。
    すごい時の符合じゃないですか!
    現代の三烈士こそ、小平秀一、滝川清志、野口裕介なのかもしれません。
    このブログで、創価のすべてを語り尽くして下さい!

    って、無理だろうな(笑)

  30. こんばんは、ちびりんごです。

    コージさんの【 こんなご本尊は嫌だ! 】
    想像して吹き出してしまいました❗
    どれも際どくて❗
    特に、御守りご本尊がプリクラ風シール
    なんて、ソーカの本部の人が聞いたら、
    「おっ、その手があったか❗」とか言いそうと思ってしまいました❗f(^_^;

    17日以来、勤行唱題をしていません。とにかく、過去スレ等、目を通すのに必死で、気にも止めていませんでした。

    しきみを用意したけど、バケツにつけたままです。
    御供え用に購入した和菓子なども、供える気になれず子どもとおやつにいただきました。
    あんなに毎日ガンガン唱題しまくっていたのに。
    どんなに遅くなっても、勤行唱題をせずには寝られなかったのに。
    良いことがあると全て功徳だと感謝し。
    悪いことがあると題目があがってないからと思い。
    祈りの根本に広宣流布の誓願の祈りがあることが大切 などという、
    今となっては、全くもって無意味な祈りを毎日1~2時間していました。
    でも、やめられるものですね❗

    内部事情を全て判っていて、それでもイケダセンセだけは信じてるって、
    信じてないと、自分を保てないのかな?
    イケダセンセが今どういう状況か、判っている、でも、
    本当の事を認めると、自分の今迄の人生何だったのか?って事になりそうで。
    だから信じてる。

    心配ですね。
    あまりにも、向かって行っている相手が大きい。
    小説の読み過ぎの戯言ですが、
    駅のホームの端に立つなよ
    夜道に気を付けろ
    なんていうセリフが頭に浮かびました。
    失礼しましたm(__)m

  31. 活動家の頃、「池田先生を守るということは、会員さんを守ることである」と教えられました。

    三人組さん、もしこのブログを御覧なのであれば対話をしてください。

    あなた方の対話で、多くの会員さんの脱会を阻止することが、引いては池田先生を守ることになるのではないでしょうか?

  32. 3人組さんは、次回サイレントデモを無事に決行出来るのでしょうか?

    「代筆の記事は本当なのか~!?」って言い寄る学会員さんとか出そうな気がするんてすが…
    私が信濃町近郊なら行きますね!!缶コーヒー3つとあんパン3つ買って行きます。

    なにしろ元本部職員の暴露ですから、学会側も何かしらアクションを起こすと思います。くれぐれもお気をつけ下さい。
    9日は延期した方が良いと思います。
    こちらでざっくばらんにお話しましょう!!

  33. YouTubeでたまたまある動画をみつけました。
    その動画では、日蓮正宗の寺院が火事になったことなど日蓮正宗では不幸ごとが相次いでいる!という趣旨でした。作成者は創価の方の様でした。

    あの、、、

    人として、まず火事にあった方に対する同情からはじまるのではないでしょうか?

    また、日蓮正宗の方の動画で、日蓮正宗の信仰をして亡くなった方の「成仏の相」として亡くなった方の御遺体をアップロードしているとのもあるようでした。吐き気がするので見ていませんが。

    創価にしろ、日蓮正宗にしろ私からすれば「キチガイ」です(*_*)

    自分たちの信仰が正しいと主張するがあまり、人として大切なものを失っています。そういう風に悩乱していく教えなんですよ。

  34. 一貫して無宗教で外部の風太郎です
    3人組さんが大人気ですね
    私は流れ星さんの見解に賛成です
    1月9日は決行させたほうがベターではないでしょうか?
    もしかしたら同調者が現れてひとつのうねりになるかもしれません
    宿坊の掲示板に先日、本部職員の間に動揺が広がり、転職先を探す動きが
    公然の秘密として書かれていましたが、まんざら全くのうそとは
    思えません
    崩壊を早めるには、内からと外からの揺さぶりの
    組み合わせがベターと思います
    もしかしたら東海地方の例の9000名余の署名を集めた人なんかが
    合流するかもしれません
    もし、このような動きがあるならマスコミにリークして当日、
    取材に赴かせるような流れを作ったほうが公になって幸いかと思います
    彼らはある意味で純粋で、酔いしれたところがありますが、最大の功労は
    名前と顔をさらしているということです
    そうした意味では匿名の私たちとはまったくことなります
    実名を公開している彼らと匿名の私たちでは、不公平感を感じます
    そうした意味では、一定の敬意を表しつつ彼らの行動を見守るのも
    手だと思います
    希望様がネットで氏名を公開されているのも層化から身を護るための
    一種の保険だと思っています
    彼らももしかしたら顔の公開に及んだのは保険の意味合いが
    あるのかもしれません
    1月9日は折角事前予告してるのですから、本部もまったくの静観と
    いうわけにはいかないと思います
    どういう対応をするかも見物ですし、どういう同調者が現れ、どういう
    マスコミが取材に訪れるかも興味がわきます
    彼らの今の計画が揺るがないように、9日までそっとしておいてあげたら
    いかがでしょうか?

  35. signifieさんが抜粋して下さいました三人組さんの過激な文面ですが、元信濃町の三烈士さん達、ほんとうに、お気は確かですか?

    こういう洗脳化で書かれた先生雄叫びバージョンの文面は、読むと頭が痛くなるので、私は「先生だの師匠だの」いう言葉が見える部分は、かっ飛ばしますゆえ、読み損なっておりました。signifieさん、引用して下さり、ありがとうございます。同じ森昌子のセンセでも、替え歌は大好きでした。(笑)

    それにしても、あんなことまで言っていたのですか。。。正義のために死ぬの、死なないのって、尋常ではありませんね。イケダへの洗脳も、もう、かなりの末期状態ですね。。。。我が身を守らず、わずかな命を断ち切ることが、弱気な自分を乗り越えることになるだなんて、真剣に思っているとしたら、相当、精神的に、行き着くところまで行ってしまっていると思います。

    言い変えれば、イケダ崇拝の完全版を見せて下さっているのですから、三人組さんの貢献度は、ほんとうに凄いです。

    正義のために死んでやるだなんて、ふと思ったのですが、三人組さん、もしかして、希望さまこと高倉先生がされたように、脅されたのですか?(皆さんが身の危険を、案じてらっしゃいますが、私もです)
    どなたかがおっしゃっていましたが、実名と身分を敢えて明かしたのは、逆に、我が身を守るためだったのかなと、私も思いました。別の言い方をすれば、そういう組織であるということを、お三人は内心、分かっていたからですよね?それとも、師匠の心を失った今の組織にやられるぐらいなら、自分らで自決してやるわい、のやけっぱち殉職ですか?大切な命を捧げるだなんて、四条金吾ごっこをして、命を粗末にしている場合ではありませんよ。

    ラザリスさんが、おっしゃっています。
    >>そのカリスマ性を利用して、会員が組織から離れるのを防ぐために、「元気なことにされていた」ということを暴露されたら、創価学会も The End ですね。

    三人組さん、あなた方が、今の本部はあなた方が命を捧げてもいいほど愛してやまない師匠を、利用している、師匠の心を失っていると言うのでしたら、真実を公表することによって、その本部にとどめをさしてあげることが、あなた方の真の師弟愛、組織愛になるのではないんですか?命は、捨てちゃだめですよ。

    イケダ劇場で、自作舞台を演じ、酔いしれてる暇があるなら、
    ここに来て、暴露するんだ、三人組!

    実は、偉大なるセンセはナンモ書いていなかった、対談もしていなかった、していないどころか、その内容さえ人任せだった、メッセージも書いていなかったし、判子も押していなかった。それは全部、ソーカ商会に「入社」し、会員さんの汗の結晶、財務でご飯を食べている、どこの誰ともわからない人がやっていた。

    それを、本部さんは、今までずっと、会員に、イケダセンセから、メッセージが届きました!イケダ先生は、こう仰っています、うんぬん、と言い「きって」来ました。執筆中のセンセの写真も見せてきましたし、高熱を押して口述筆記で執筆作業を続けたのなんのっていう美談もありませんでしたっけ?それが、具体的な本部内の部署まで名指しで晒されてしまった。これは、執行部にとってイチバン、公にされたら困ることの一つでしょう。

    その痛いところを見事に突かれてしまった人達が、代ちゃん盲信の元ショクイン三人組さんを傍観し、野放しになどすることなどないと考えるのが普通です。これ異常、バラされたら困ることが、まだまだ一杯あるはずですから。

    三人組さん、どうぞ、お気をつけて下さいね。
    世間は、監視していますが、くれぐれもご用心なさって下さい。

  36. コージさんのこんなご本尊は嫌だ、爆笑でした。 もう、最後には仏壇ごと、お供えも、ついでに大ちゃんも、ぜーんぶカラコピーって、おかしすぎます!(笑)

    間髪入れず、二郎さんの
    >>5.かねこ婦人に、「あんた、新人間革命、少しは自分で書いたらどうなの」と注意される。これにも爆笑!

    新年早々、楽しい笑いをありがとうございます。(笑)

  37. スレ違いとなりますが、ちょっと頭の中を整理させて下さい。
    創価学会では、大石寺の大御本尊について、現在は謗法の地にあるから受持の対象としないということにしています。
    では、創価学会が大石寺側を謗法だとする理由は、日蓮さんの教えを広めてきた創価学会を嫉妬して、一方的に破門したからだということでしょうか。
    日蓮さんの生きていた時代、もちろん印刷機やコピー機やカメラもありませんし、そんな便利な物が後々の時代に現れることを想像すらしなかったことでしょう。
    だから、誰かが信者のために手書きで日蓮さんの曼荼羅を書き写す作業が必要になる訳ですが、その役を日蓮さんの教えを引き継いだ、日蓮正宗の法主が引き受けてきて、全部を手書きで書き写すことに限界があるため、仕方なく印刷やコピーをして必要な数を揃えてきた訳ですね。
    それでは、その大元の大御本尊と印刷やコピーされた御本尊との関係性については、宗祖の日蓮さんの意向を確認しない限り、同じように有難いものかどうかについては不明だということです。
    一般的な常識としては、創価学会が日蓮正宗から始まった訳ですから、破門された時点で日蓮正宗の御本尊も手離すべきだったのでしょうが、何だか訳の解らぬ理由をつけて、会員に新しい御本尊に買い換えさせて金儲けしました。
    それからまた、会則の変更によって全ての御本尊が、同じように有難いものだということになっています。
    それなら、日顕さんの書写した御本尊も有難いものだったということになりますが、そんな有難い御本尊を気持ち悪いと言って、口車に乗せられて替えたことは、大謗法ではないのかと思います。
    何だかますます訳が解らなくなってきましたが、結局は創価学会にとっては御本尊など、単なる金儲けのツールでしかなく、はじめから詐欺目的だったと考えれば辻褄が合うってことです。
    (/_;)/~~

  38. awakeさんも書かれていますが、昨日はイケダ老人のBDだったんですね。
    88歳になったようですが、どんな事があっても日顕さんより早く逝くわけにはいかないので、今年も紙面を飾る画像は加工三昧になるんでしょうね。
    次の画像がでるのは3・16あたりでしょうか。
    そうそう、今年からゴーストライター組が、新たな章の人間革命の連載をはじめましたね。
    毎日毎日紙面に載るのに、しかもゴーストライターが書いたのに11月18日に発刊の際にまた買わされちゃうなんて本当に気の毒すぎます。

    30~40年前に青年部だった今も頑なな心をもつ創価の中心の老活動家の人たちへ。
    あの頃 今のような人生を思い描いていましたか?
    イケダ老人がイケイケだったあの時代、活動を続ければ老後には夢のようなユートピアが待っていると散々聞かされてきたのでしょうけれど現実はどうですか?
    今のイケダの姿、そしてご自身の今の状況は、創価の信仰をしていなかった人達と比べてどうなのでしょう?
    創価の信仰をしていたからこそ手にいれられたものはありましたか?
    私からみたら、長いこと創価の信仰をしてきた人ほど、相手の意見を受け入れられない、聞き入れられない、偏屈で偏狭な人間になっていくように感じます。
    外部の人はもっと柔軟な心をもっていて、しなやかに生きています。
    少し言葉が過激かもしれませんが、創価の洗脳はキチ0イを増産していくように感じてなりません。
    身近な創価脳の人をみていても、本気で「脳が破壊されているのでは?」と疑問を感じる事がたびたびあります。
    それほど、創価脳に完璧に仕上げられています。
    脳も老化していくので、年を重ねてからの気づきは難しいかもしれません。
    それでも、どうか気づいてほしい。
    そう願うばかりです。

    ソウカより ふつうに ダイサクが好っき~~!な三人組さんへ。
    顔出ししているので皆さんおっしゃるように色々な意味で気をつけてほしいですね。
    そして、卒業された年齢で計算すると30後半になると思うので結婚されている方もいるかもしれません。
    実名顔出しをしてアピールするのはある意味自己責任ですが、配偶者や家族の事も考えてくださいね。
    ご自身は自己満足の正義を訴えて気持ちいいかもしれませんが、その陰には家族がいることをお忘れなく。
    創価脳にありがちな「創価の正義のためには、何をしても許されるんだ」という思想は、傍から見たら身勝手なだけです。
    創大から本部職員というコースを歩んでいるようなので、極端に視野が狭く世間知らずな人達という印象ですが、まずは色んな人の意見も聞き入れる耳をもってもらいたいなと感じます。

  39. 三人組さんの告発・・
    間違っていることは、仰ってないと思います。
    とても、勇気があり、正義感があると思います。
    創価の組織は、組織に意見するものを攻撃し、切り捨てるところです!(`ヘ´)

    三人組さん、ボレロも長年に渡り創価の中で信仰してきて、
    本当に大作先生を崇め奉り、信じてきましたが、幹部、組織に矛盾、不信を感じ
    組織から離れました。
    組織から受けた仕打ち、元側近の方の告発本等から、
            悪の元凶は池田氏であることを知りました。( ̄□||||!!

    >除名された今も、公明党を支援します。
    それは、創価を支持することになりますよ!

    勇気ある行動は素晴らしいと思いますが、皆さんが仰っているように
            くれぐれも身辺に気お付けて下さいね!
     
      がんばれ!三人組!!(^ー^)ノ

  40. 3人の方は、すでに24時間監視体制となってるのではないでしょうか。
    ぎりぎりのところで法律に違反することはしませんが、おそろしい教団ですので精神的においつめられないように気をつけてほしいです。

    話は変わりますが、何年のデータが忘れましたが全国の地方議員数のなかで公明党が一番多いというのを知った時は、恐ろしくなりました。一般人は、地方選挙とか行かない人が多いので知らず知らずの間に日本が占領されていたのですね(大げさに言えばw)
    東京都知事選で舛添さんが当選したときも、あーー終わったと思いました。
    かなりの権力を持っているので、それを当てにしている人やその甘い汁をすすっている人は、脱会しない(または脱会できない)のではないかと思います。
    また、有名企業でも取締役や部長クラスに入り込んで、同士を優遇しています。なかなかその方たちは、辞められないかもしれません。
    ほんと恐ろしいことになってる日本!

  41. >今の本部は、師匠のお心とあまりに違いすぎる。
    >そう感じれば感じるほど、師匠の仰せに反すると思うことは、断固言い切っていかなければならない。>我が身を守れば、創価が護れぬ。我が身を守れば、師匠が護れぬ。
    >御本尊様、どうか我が身を守ろうとする僅かな命も断ち切らせてほしい。
    >弱き自分を乗り越えたい。祈れば祈るほど、師匠への感謝に自然と涙がこぼれてくる。
    >正義のために、正義のために死んでやる!我が命を断じて捧げぬいて!!」

    論調が「若き日の日記」や「人間革命」の山本伸一くんソックリですね(笑)
    なりきり山本伸一くんですね。
    小説人間革命ならその後、山本伸一くんが周りを変え、あっと驚く奇跡の大逆転が起こったでしょうにねえ。
    だから敬愛する池田センセイは、そうやって恋焦がれるように演出されてたんですよ。

    「師匠のお心」って何?
    手紙ひとつ自分では渡せない、遠い関係のあなた方が池田の心を知り尽くしているとでも?
    エスパーですか?
    きっとあなた方を除名した、あなた方よりずっと池田の側近にいる方々が知ってるんじゃないんですか?そのお心♡

  42. うっかり迷い込んだ創価村。
    最初は親切な村かと思っていたら、何もかもおかしい。
    気付いて逃げたら「でも池田は正しい」
    これを振り切ったら「でも日蓮大聖人様は正しい」「御本尊様は絶対」
    次々にゾンビが現れるんですよね。
    そんなゲームみたいですね(笑)

    ゾンビは闘うのが大好き。
    あちこちで潜んで待ち構えては狙いをさだめ、ニヤニヤしながら攻撃してきます。
    皆目が独特、臭いも独特のもを放っています。
    キ〇ガイゾンビにされちゃったんですね。
    やられたらあなたもゾンビですよ。
    さあ逃げて逃げてさっさとゴールしましょう。

    外に出たら見えるはずです。
    果てしなく広いと思ってたのは狭い箱庭で、そこで皆宗教ごっこしてたんだあと。

  43. 今朝の10:22のコメントにお名前がありませんでしたので公開できません。お知らせください(^。^)

  44. ココナッツさんもコメントされていたデー作論
    >「先生は私達のことを、すべてご存知」
    「先生はあなたの生命をすべてお見通し」
    「先生は、何百年も先の未来のために、既に手を打たれていらっしゃる」
    これって昔から思っていたのですけど、
    実現を見届けられない不確か&不可能なものばかりですよね。
    要するにごまかしの利くものばかりだということです。

    「先生は私達のことを、すべてご存知」→じゃあ昨日の私の晩御飯知ってる?

    「先生はあなたの生命をすべてお見通し」→私の過去世と来世の姿を教えてください

    「先生は、何百年も先の未来のために、既に手を打たれていらっしゃる」→何百年も長生きできる人間って今のところ物理的、生物学的に不可能ですよね。じゃあ誰も確認もできないし、その数百年あとは自分もいない。要するに「わしゃ知らん」の世界ですよね。

    こんなバカなたわごとに「師匠!」なんて命をささげる茶番劇に付き合ってられませんでした。はい、草加会員当時も今もです。

    さらにココナッツさんと同じく「師匠」だの「先生のため」などの文章が、頭痛くなる原因となるため、流し読みです。なので、隅から隅までは読んでいません。あの三烈士ブログ。

    しかしここで引用される文については読んでます。が、なんと申しましょうか。誰か〇〇につける薬、用意してちょ~。

  45. 信濃の三烈士殿〜〜っ!
    お気を確かに〜〜(^◇^)
    と、明るく言ってはいますが、問題はそうとう根深いですよね。こうして会員でもないのに、いまだにカルト思考から抜け出せないでいるんですから、こうなっては正気に戻る機会がないんです。生まれたときから「イケダ命」で純粋培養され、大学も創価。一般社会を知ることもなく、よろこんで本部職員として詐欺の歯車になった。創価だけの価値観の中で、何の疑問もない世界の中で生きてきた。ところが今度はその唯一の心の拠りどころからシャットアウトされたんです。本人にとってはアイデンティティを丸ごと否定されたようなものでしょう。彼らには今さら創価以外の価値観などは存在しないわけで、だから残されたのは自分の中で膨れあがった妄想上の池田大作しかないものだから、出てくる言葉までが「若き日の日記」のようなナルシシズムどっぷりになってしまうのでしょうね。そこに泣いてすがりつくしかないのです。生まれたときから創価だけを与えられて育ち、挙げ句の果てにその創価を根こそぎ奪われた彼らが、何もかもわからなくなって迷走してしまうのは仕方のないことかもしれません。彼らの頭の中は、小説人間革命に描かれた虚構の戸田城聖であり、山本伸一なのでしょう。まったく哀れな姿だと思います。完全に創価の被害者です。知らなかったとはいえもちろん加害者でもあります。でも彼らには自分が加害者だとはつゆとも思っちゃいません。悪いのは師匠を裏切った会長以外の本部幹部たちということになっています。今後、たとえ創価が崩壊したとしても、それは師匠を裏切った本部幹部たちが悪いのであって、師匠と自分たちだけは正しかったのだと言い張るでしょう。もうどうしようもなく救い難いですね。せめて今のうちに創価の悪を洗いざらい暴露して、少しは世の中の役に立ってくれればと思います。

  46. 連投失礼します。
    皆さんがコメントされていた23世紀なんちゃらって言う草加の考えも、
    デー作の思想と同じく「無責任以外の何物でもない」考えからですよね。
    2世紀先、200年後なんて誰が何を確認することができるのでしょうか?

    かなーり前ですけど、年金問題が出てきたときに、コンペイ党が「100年後のなんちゃら」って政策を立てていましたよね。これも同じですね。100年後なんて誰が確認するんですか?
    その時に真っ先に思いましたけど、この100年後政策ができたとしても「おぎゃ~!」と生まれた赤ちゃんでさえ誰も確認できない政策です。
    まったく国民をバカにしている政策です。その時にも思いましたが、デー作自体があんなだから、党もああなるのはうなづけますね。
    要するに100年とか200年とか言って、ごまかしているだけです。
    こんな風にバカにされてるんですよ、私たち。会員も本部職員も頭に来ないのか?
    やっぱり脳がいかれてるんでしょう。
    signifieさんおっしゃるように、三烈士さん、気を確かに持ってくださいよ。

  47. こんばんは。
    ダイナムです。
    朝バリ活から電話がありました。
    ご本尊を持って来たらと言いました。
    友達に3人の暴露を読ませました。
    暫く言葉が在りませんでした。
    でご本尊持って来たよね、はい持ってきましたと
    言ったので、実験をしました。
    左に、本山のご本尊持って貰い右手の親指と人差し指で丸を作って貰います。
    こちらが相手の指がひらく開かないかどうかの実験です。
    お互いに力が入り指は開きませんでした。
    次にコピーご本尊を持って貰い同じ実験をしました。
    偽物なので持った本人の指に力がはいらず簡単に指は開きました。
    オーリングテストです。
    本人もたまげて騙されたと怒りだし、脱会を決意しました。
    ブログの皆さん、検索で、オールイングで検索すれば詳しく書いてあります。
    学会の書物を手に持って貰い実験です。
    いんちき書物なので指には力が入りません。
    本人またもやビックルイです。
    実験のやり方を良く教えて帰ったら学会員にやって見るように言いました。

  48. るかさん、コメントありがとうございます。
    るかさんは初めてのコメントでしょうか?
    初めてコメントされる方には、このブログのルールとして自己紹介をお願いしています。PC画面ではトップの右端、スマホ画面では下のほうに「コメントのルール」を書いています。およその年齢と性別、そして創価との関係を(例えば、非活動歴10年、アラフォーの元白ユリ長で、主人がバリ活です)書いた上でコメントください。

  49. ダイナムさん。。それ正統な昔からの風水の本にも書かれてありました。。
    あるブロックバスターの方にも体験上、お話を聞いたことがあります。

    ほんと、人智は摩訶不思議です。。
    きっと、誰もが魂の底のほうでは真実を見極めているのかもしれませんね。。

  50. ダイナムさん、こんにちは。
    オーリングテスト面白いですね!!
    オカルトチックですが、下意識でもって真贋を見破ってるんですかね!?バリ活さんも薄々気づいてたんじょうねきっと

    新年会の余興で使えそうなんでアレンジしてみます。(笑)

  51. 皮肉なことに、中枢部の暴露がアンチではなく、創価を愛してやまない人たちから告発されてしまいました。
    それも池田を貶めようとしたためではなく、全く逆で、護ろうとしたことによって。
    飼い犬に手を噛まれたような思いがけないこの失態。
    おもしろいですねーー。
    念を入れて職員まで騙していたのに、それが仇となってしまいました。
    (子どもが無邪気にポロッと喋っちゃった感じでしょうか?)

    職員の中にも「あのバカ、何まじめに洩らしちゃったんだよ。おとなしく金もらってればよかったじゃねーか。青臭い正義感なんかふりかざしやがって。気づけよタコが」
    なんて思ってる人多いでしょうねえ。
    いろんな立場での「気づけよ」があるんですよ。

    ex:騙されてないでさっさと池田の正体に「気づけよ」
    ex:俺たちはそれで飯食ってんだよ。本気で信じて生き甲斐にしてるのは末端だけでいいの。ここにきたら「ふり」が大事なの。「気づけよ」
    わかりますか?3人組さん。

    ともかく実名でしゃれにならない身元も明かし、この件はデマでは済まされなくなりました。
    後に「気づくんだ事件」とか呼ばれて歴史に刻まれるかも(笑)

  52. signifieさん。あけましておめでとうございます。
    この三人組が証たことで、すべての著作がゴーストだった事が、明るみになりましたね。
    とても、大きな事です。
    signifiesさんと同じく、私も三人組のブログには少し呆れてしまいます。
    あの文体で、自由散文詩に滲んでいる師弟感が、今の創価学会の信仰の本質だと思うのです。
    信仰の本質は師弟教以外にありません。日蓮の言っている事は、全て修正されます。今、先生がこう思われているから、時代の要請だから等。全て修正が許されているのです。
    今の創価学会の本質とはそういう意味で、池田師弟教ですね。
    新人間革命世代とでも言ったほうが良いのかな。
    作られた師弟ワールドを信仰だと刷り込まれてしまった世代。
    彼らとの対話のプロトコールは、自由散文詩で書かないと、リードエラーになりそうです。
    さすがに尊敬する師匠の定型的な表現は使わないのでしょう(「ああ、おお、人華」など。)が、あのフィクションに満ちたエセヒューマニズムが、鼻につきますね。
    そして、自分たちは至極の存在だとする。リクルートされる時に、ある程度は知ってから就職するんだろうし、今さら何言ってんの、と言うと言いすぎでしょうか。僕の知人は創価学会の組織はヤクザと似ていると言って、さらにゴーストの実情も見せられてから、最終面接に臨んでましたよ。学生部の先輩は創価学会の組織は信仰心が強いメンバーを採用しないんだと嘆いていた事も有りました。

    あの三人組も知っていると思いますが、私が池田大作を最後に見た会合で、池田大作はこう言ってました。「今の学会は、私の事を聞かない。」「全て、勝手にやっている。」その後、原田会長が出てきて、こう言って会合は終了しました。
    「今回の会合の内容は口外しないでください。外に出てしまうと疑問を持たれてしまうので。」
    それから2年ぐらいで、池田大作は見えなくなりましたが。
    こんな事書くと、池田大作がクーデターでやられたみたいに見えますね。
    クーデター起こす方も起こされる方も、どうしようもないってことです。今に始まったことじゃないです。全て権力闘争の結果です。戸田の時もそうだったみたいですし、そうでなければ戸田会長夫人が日蓮正宗にいた理由も立たないでしょう。
    あと蛇足ですが池田大作がこんな事も言ってました。「この中で私を第六天の魔王と思っているものが、いる様だが…」詳しく覚えていないのですが、自分は第六天の魔王じゃないと言っていたと思います。
    誰につくかが自分の人生を決めていた世界なんです。利用し利用されただけです。誰かを裁くために人を使おうとした人が裁かれているだけです。それを知っている連中なんです。多分、魔の巣窟だと言うことは十分承知なんです。それを知らないふりするのが信仰と言う事です。

  53. 宿坊というブログ覗きました。
    なんか熱く信心されてますね。

    でも3人組さんの件はあまり興味が無いようでした。代筆も対談集や御書指導まで及ぶというのに「先生を感じて」みたいに収めちゃってるのが不自然に感じます。その「先生を感じて」の元になるのが代筆だし、先生自体作り上げられたら虚像だと思わないんでしょうか!?
    いろんな見方があるんですね。
    創価の崩壊に繋がるコミュニティーなら、それはそれで有意義なことですが…

    完全スレ違い失礼しました。承認ダメかな~!?

  54. ダイナムさん
    オーリングテストですか!^o^面白いですね!
    昔通っていた歯医者さんが、オーリングテストしてました。不思議なものでオーリングテストで選んだ痛み止めの方が、一般的に強いと言われている痛み止めよりも良く効きました(*^_^*)
    本尊鑑定でカラコピちゃんは「体に悪いもの」と判定されてしまいましたね。
    こんなものに向かって毎日必死こいてナムナムしてたんですね。滑稽極まりない。・゜・(ノД`)・゜・。

  55. こんばんは、ちびりんごです。
    いままではスマホで閲覧してましたので、過去ログ、関連リンクを読むのが手間でした。
    今日は子どもからノートの奪還に成功。一日パソコンの前に居ました。
    改めて、反創価、脱会に関する書き込みの多い事に初めて気が付きました。
    本当に、今まで全然知りませんでした。 いーや、違う!
    イケダ教に都合の悪い事柄は無意識のうちにスルーだったんだと思います。
    自分で考えて動く事をしないから。
    これが洗脳の怖さですね。
    2016年、ぼけっとしておれません!
    脱会に向けて動きます。
    …といいつつ、明日早朝から聖教新聞の配達です(-_-メ)
    スレ違いで申し訳ございません。
    これからは、脱会に向けてのアドバイスをお願いすることもあると思います。
    signifie様はじめ、皆様、改めてよろしくお願いいたします。

  56. 追記ですが、昨日の投稿で
    >センセイの年齢と「長寿ギネス記録まであと●年●か月」とかHPに表示すると画期的と思いました
    と提案させていただきましたが、個人的に調べた結果ですが、過去最高齢とされるのは、
    122歳164日生きたフランスのジャンヌ・カルマン氏らしいので、広宣流布してみます
    122-88=34年間は、かくれんぼと執筆活動多忙などによるメッセージなどの「34カ年計画」を行うのでしょうか?
    ちなみにスターリンは「5カ年計画」でした

    例の3人組の方がサイレントメッセージを行っている画像を見ましたが、これまでの彼らの経歴を改めて見ても「創価」と言う文字は、残念ながら消えないんでしょうし、正直「何を食べて生きてるんだろう?」といった宇宙人を見る感じです
    「公明がダメで創価はOK」らしいですが、原材料が同じということに気づくことは無いでしょう・・

  57. はじめまして るか と申します。いきなりのコメント失礼しました。
    以下、簡単な自己紹介というかなぜここにたどり着いたかです。

    私は、教団となんの関係もありませんし、その他の団体にも所属していません。

    いつ亡くなってもおかしくない年齢(昔の平均寿命くらい?)となり「死んだら
    どうなるんだろうか」「この世界は、なんなんだろうか」と考えるようになりました。

    答えは、宗教が教えてくれるのではないか!

    旧約聖書、新約聖書、仏教聖典、仏教入門、スッタニパータなどなどを読みふけっています。(イスラム系も読んでみようと思っています)

    ネットでそれ系をググっているうちに「日本で最大の教団」、「公明党と教団の関係」、「仏教で宗派は、日蓮正宗」、「日蓮正宗の在家同士の争い」、「石原さとみが所属しているw」「黒の手帳」などを知り興味を持った次第です。
    現時点の宗教と教団について考え:
    ■宗教はOK
    良いことを教えている。
    ■宗教団体はNG
    同じ思想の人間が仲良しクラブを作るとベクトルが恐ろしい方向へ向かう!コンビニでたむろしてる若者と一緒。内部から異論を発言できない状況に陥る。コミュニティに入るとお世話になっているからなかなか抜け出せない状態に陥る。

    あ!それから、最初の答えは、「死んだときにすべてがわかるだろう」です。
    以上

  58. 遅まきながら明けましておめでとうございます。
    昨日6歳の時入会して以来初めて神社に初もうでに行ってきました。
    子供が初もうでに行きたいと急に言い出したので外出したついでに行ってきました。
    まずお水で手を洗って参拝し、おみくじを引いて終わりって流れだったけど夕方でも参拝客が絶えなかったです。
    まあご利益があるとは思えなかったけど学会が神社仏閣は絶対ダメって洗脳されてそれを信じてきたことが後悔の至りです。
    四箇格言で念仏宗、禅宗、真言宗などを邪宗と言って念仏無間、禅天魔、真言亡国、律国賊と批判してきたことを信じてきたことがあほらしいです。
    町内会の神社に納める会費も勇気を振り絞って他のところに使う会費はいくらでも出すけど神社仏閣だけはだめなんですと断ってきたことを思い出すと嫌になってきます。
    ころころ会則が変わる創価学会に振り回されない生き方ができるだけでも幸せな気持ちになります。

  59. ご無沙汰してます。元婦人部のまるです。
    新年明けましておめでとうございます。
    昨年5月に脱会して以来、仕事もプライベートも忙しいものの、充実した日々を送っています。
    シニフィエさんはじめ、皆様にとってもよい一年となりますように。

    三人組さんのブログ、時折拝見しています。
    この純粋培養っぷりが懐かしいです。大学にはこんなのあちこちにいましたね。
    学会側からガス抜きのために上手いこと泳がされている感もありますが、どうなんでしょうか。

    代作がばれたところで、気にしない人は一定数いますよね。「先生のお膝元の本部職員なら、師匠と同じ心で思いを込めて書かれているはず」って。
    普通はそういうのは、池田大作監修と表記しなければならないと思うのですが、そういうのは重箱の隅をつつくような、いやらしい指摘だそうです。問題意識の持ち方が違うので、指摘しても噛み合いません。
    彼らは、事実が発覚しても動じずに受け止めることが信心だと思ってるんですよね。都合よく解釈するのは「柔軟な発想」。つける薬はありません。

    三人組さんがどんな思いでブログを綴っておられるかはわかりませんが、少なくとも名前を公表して創価学会に反旗を翻した、その勇気には敬意を表します。これでいいのか!?と自問自答しながら本部にお勤めだった間は、さぞ辛かっただろうと思います。
    ただ、未だに師匠の指導から離れられないのはお笑い草ですね。自分たちで代作だとばらしてるくせに、往生際の悪いことです。
    哲学を持て、という呪縛でしょうか、大きな思想(のようなもの)に寄りかかって生きているような安易さを感じます。

    私が、創価の同窓で未だにバリ活の友人たちに抱く嫌悪感もこういうところです。とにかく考えが足りない。平和やら文化やら教育やら、普遍性の高いスローガン的なものにすぐ巻かれて、現実の足元を見ようとしない人間が多すぎます。
    だから人生全般、浮わついています。手厳しいようですが、異性関係にだらしなかったり、借金抱えたり、活動にのめり込んで留年したり、そういうのが多かった。そしてどんなダメ人間でも同志、人間革命の途上、そんな言葉でごまかして物事の本質を見ることから逃げてきた、そんなパターンが多かったです。
    もちろん創価卒でも、立派に社会に貢献されている方はいますので、全員に当てはまるわけではありませんが、私の見てきた限りでは、会合などでやたら弁の立つ人間に限って、私生活がだらしないのはよくある話でした。まあ活動にのめり込んだら、生活が疎かになるのは当然と言えば当然ですが、元にしている思想が安易ですから生き方も適当になるのか…と感じています。

    話は逸れましたが、三人組さんももう少しよく考えれば、自分たちの発言に矛盾があることくらいわかると思います。あなたがたが批判している創価の組織は、あなたがたの尊敬する師匠が作ったものです。そこはあえてスルーなのか、池田哲学(笑)を人生の指針としたいのかはわかりませんが、いい加減そこから離れましょうよ、と思えてなりません。
    申し訳ありませんが、池田哲学のような「いい言葉の羅列」程度ならそのへんの自己啓発本でも読めます。偉人の箴言集でも十分です。
    執着しているものを手放したら、見えてくるものも大きいと思いますがね。

  60. 明けましておめでとうございます。
    創価2世(脱会済み)未覚醒の彼とお付き合い継続中の外部のジャンヌです。
    本年も宜しくお願い致しますm(_ _)m

    まるさん、初めまして。
    「先生のお膝元の本部職員なら、師匠と同じ心で思いを込めて書かれているはず」
    文章で表すのが苦手で表現に迷っていた所だったので、助かりました!
    まさにコレという表現です。有難うございましたm(_ _)m

    残念ながらジャンヌの彼も、例の3人衆についてほぼ同じ見解でした。ほんと、付ける薬ないですよね…。そして、3人衆がホントウに本部職員か疑う始末…(ーー;

    ジャンヌの彼は自称未活で去年4月に脱会したのにまだこの汚染思考。
    一対一でこの思考回路がおかしいと説明する事は非常に難しく、毎度長時間の対話となるので正直疲れます(つД`)
    なんでもネットで調べる癖に、ソーカに関してのネガティヴな情報だけ信じてもらえません。ソーカとコンペイトウ寄りな自分にも全く自覚ないので余計にタチが悪いんです…。
    挙げ句の果てにオームと違って人を殺めていないとか、判断基準が底辺過ぎて生涯のパートナーとしてこの人でいいのかと悩んでしまいます。
    努力して改善しようとする気持ちは素直に感謝しておりますし、嬉しいのですが、根本の部分が何かズレている。
    ソーカが崩壊しない限り絶えずこの思想の人間がもれなく誕生するかと思うと言いようのない不安と気持ち悪さで吐き気がします…。
    ソーカ学会は存在する事で十分外部に迷惑掛けてますよ。
    どんなに形を変えても受け入れ不可の組織です。知らないからじゃなくて、事実と体験に基づき迷惑しているからこそ忌み嫌われてるって学会員さん達は自覚して欲しいものです。

  61. まるさん、お久しぶりです。

    >代作がばれたところで、気にしない人は一定数いますよね。
    >「先生のお膝元の本部職員なら、師匠と同じ心で思いを込めて書かれているはず」
    >普通はそういうのは、池田大作監修と表記しなければならないと思うのですが、そういうのは重箱の隅をつつくような、いやらしい指摘

    いかにも創価らしい言い方ですよね。
    ああ言えばこう言うだけの、ただ「アンチのいうことは負けずに否定しなくちゃいけない」と躍起になるタイプです。
    世間を騒がせた音楽家なども、当人の注文を真剣に聞き、当人以上に「思いを込めた」と思いますがそれはいいのか?(笑)

    こういう人はとにかく自分を正当化し相手を否定することだけが目的なので、内容なんかどうでもいいのです。
    実際、犯罪だろうが殺人だろうが気にしません。
    見なきゃいい。信じなきゃいい。話題にしなきゃいい。
    そしたらなかったと同じことなんです。(滅茶苦茶な理屈ですが実際そうです)
    同じことを他宗だとか他党がしたら鬼の首を取ったように騒ぎ、つつけばいいのです。
    創価批判の週刊誌がデマを書いたら。
    公明党以外の政策でワクチン承認で問題が発生したら。
    気にします、つつきます、マイクロフォン片手に絶叫します~(笑)

    >池田哲学のような「いい言葉の羅列」程度ならそのへんの自己啓発本でも読めます。偉人の箴言集でも十分です。

    これも全くその通り。
    時々活動家のブログで池田の?詩だの何だの紹介したがる人がいますが、不思議でなりません。
    仏教と何の関係もない、そこらの学校や塾の先生でも言いそうな訓話程度のことをもったいつけて自慢してるからです。
    「苦労した分だけ後で美しい花が咲く」とかなんとかみたいな話です。
    これも同じく、池田以外の人が言ったらわざわざブログには書かないんでしょう。
    内容じゃないんですよね。
    立っても座っても「池田代作」ならキャーキャーのぼせ上ってしまう。
    ま、催眠なんてこんなものなんでしょうね。

  62. オーリングテストけんさくしてみました。
    医学でも使われてるみたいですね。

    ところで、オーリングテストではないのですが、昔、私が過激にナンミヨーしてた時代に、うちの先代のネコが、ナンミヨーが始まると、毛を逆立てて、気持ち悪がり、走り回りました。まるで基地外のように。
    それも、毎回です。
    もう、三年前に亡くなりましたが、ある意味警告に思えてなりません。動物の本能でしょうか。
    ちょっと思い出したので。

  63. 元本部職員3人の熱血赤裸々な告発によって、池田名誉会長の著作物やメッセージ、和歌に至るまで、すべて本部職員が書いていたことを、組織ぐるみで隠してきたということがはっきりしました。さらに池田名誉会長が人前に現われなくなった5年半前からも、ひきつづき「先生はお元気です」と言いながら、あたかも名誉会長の意思によって教義や会則の変更が行われたかのように嘯いています。これまでもゴーストライターの告発などはありましたし、おおかた知られていたことでもありました。しかし今回の3人組の告発は、決定打といえるほどだと思います。これはあきらかに会員を騙しているという動かし難い証拠です。今の本部幹部が会員を欺いていると主張するのであれば、3人組は自分たちの不当解雇も含めて法的措置に出るという方法もあるでしょう。
    しか〜しです。私がどうも不可解に思うのは、実名を出してここまで創価の不正を告発しておきながら、懲戒解雇されて3年経った今になってやっていることが、本部前で横断幕をひろげて黙って立ってるだけのサイレントアピール程度のことしかやっていないということです。ことの大きさの割に、やってることがしょぼ過ぎやしないか?とんでもない大きなリスクの割には何の見通しもないのではないか?いったい3人は何をしたいのだろう?ということです。世間知らずの純粋培養だとこうなってしまうのか。まだ洗脳されていて本気で創価の正義を信じきっているから、このような中途半端なことしかできないのかということなのでしょうか。創価にとっては赤子をひねるようなものでしょう。というか、もし私が幹部だったとしても放ったらかしときますよ。「まあ、これ以上なんもできんだろうな。3年前にクビになった人間が今さら何言っても痛くも痒くもないべ」って感じでしょう。
    ただ彼らがどういう腹づもりかは別としても、さらに今の学会本部の実態をネット上でも告発し続けていけば、彼ら3人だけの問題ではなく、創価学会が詐欺団体であることの事実確認が確実にできあがってくると思います。ここは少しは期待したいところですが、彼らは自分たちがやっていることは創価の正義のためだと完全に勘違いしているようですし、やり方にしても問題が多いような気がします。一部で言われているような「じつは盲信者になりすまして、身の安全を担保しつつ創価の撲滅を図っているのではないか」などといったふうにはとても思えません。そこまでやれるんだったら、懲戒解雇される前に有効な手を打てたと思います。今になってなんでサイレントアピールなの?ってことです。
    創価の真実を世に問うのであれば、もっともっと世の中にアピールできる方法はいくらでもあるはずです。それを「副会長はイケダセンセイにボクの手紙を渡してくれなかったよ〜、センセ〜(涙)死ぬぞ〜死んでやる〜」って御本尊に泣いてすがるのが精一杯って何なんでしょうね。
    もったいないなあ〜
    3人組のブログが更新されてました。
    池田名誉会長の指導は本部職員が書いてるって自分で暴露しておきながら、その指導を載せてひとりで感動しまくってます(笑)
    気は確かですか〜 気味悪いですよ〜

  64. 3人のブログ見てたら気持ち悪くなると同時に、イライラしちゃってコメント撃ち込んじゃいました。

    >小平さん、本部から完璧に相手されてませんね。
    なんでサイレントデモなのですか!?さっさと訴訟起こせば良いと思います。
    不当人事に不当解雇で勝てるんじゃないですか?
    有効な一手を打って出るのも賢者ですよ!

    ちまちま手紙渡すあたりが臆病何でしょうね!?
    せっかく顔出して頑張ってるんだから、ドカンと行って欲しいです。急げ3人組!!

  65. 3人組さんのブログ更新されてますね。
    池田さんの指導、著作が代作と暴露しながら、代作の文章を引用しちゃってます(^_^)

    会社の方針に納得のいかない社員が社長や中央執行部批判しまくって左遷されたということですね。
    この社員の言動は顧客(カモ会員)に不満不信を抱かせる可能性がある。要は「会社ぐるみの悪事をいちいち指摘するなよボケ!カモに余計な情報与えるなよ!俺たちの食い扶持がなくなってしまうやろ?黙っておけよ」ということでしょうか?
    会員への背信行為をしていたという意識が皆無。ただただ「俺たちが正しい!」を繰り返しているだけ。読んでいて疲れます。

  66. 池田が書いてもいない文を引用して「センセイはこう仰っている!」
    ふつうに考えたら頭大丈夫か?となりますが、百歩譲って
    「池田センセイは書いていないんだけれども、思っているであろうことを弟子が汲んで(百人以上に及ぶ体制で)書いているから、イコールそれはセンセイの言葉なんだ」
    という理屈でしょうか?(笑)

    では池田センセイは「思っていることを書けない」んですね。
    なんで書けないんでしょうか?
    忙しくて書けないんでしょうか?
    世界の要人と逢ったりしてるから?
    でも実際は対談などしてなくて、側近がメールでやりとりしていて原稿作ってるんですよね?
    じゃあ何が忙しいんでしょ?
    会長さんたちは「執筆活動に専念している」と言ってましたね?
    では「執筆活動に忙しいから」思ってることを書けないですか?(笑)
    何を執筆してるんでしょう?(笑)

    もう言い訳も滅茶苦茶ですが、これが「重箱の隅をつつくようなもの」なんですかね?
    隅も何も単純明快な真ん中しか言ってませんよ。

    いえね、会員だって別に「センセイの意思は、弟子が師弟不二の心でもって代筆してるんです」(実は最初から(笑))と正直に言えば納得するんですよ。
    実際、それなら問題ないんだとバリ活は口を揃えてますよ。
    そうではなく、「あくまで池田が一字一句身を削って書いてる」と嘘をつくからここまで言われるんです。

    嘘をつき、隠ぺいする。
    暴かれると聞こえないふりをするか怒り出す。
    いつの間にか暴いた人が消えている(コワッ!)
    これがカルトとされる一因なんですよねえ。

    ふつうはあったことは正直に話しますが、創価はその「ふつう」が嫌なんですよね。
    神がかりのような、ふつうを超越した力があるように見せたいんですよね。
    特別で王者で、よそと一緒にされちゃ困るという存在でいたいんですよね。
    でないと「よそでは考えらえない金」集まりませんもんね。
    実際に力のあるなしではなく、力があるように、絶対王者に「見せせなくてはならない」
    そのためには「細工」するしかないですねえ。

    ただね、今まで散々自分とこ以外を「デマ」呼ばわりした「世界でいちばんウソがない創価」が実はここまで大嘘で塗り固めてたとなると、まわりに黙ってはもらえませんわ。
    自分たちがやった分くらいのことはやられるでしょうねえ。

  67. やまとだましいさん、あけましておめでとうございます。
    紹介していただいたサイトは巨大掲示板並みの汚いレスでいっぱいですので、この場にはふさわしくないと判断しました。ご了承ください。

  68. シニフィエさま、キリコさま、ダイナモさま、レイラさま:

      それぞれに心温まるご教示、ありがとうございました。3人組さんに一番似たような精神構造を持つ人々を歴史のうちに探し求めるならば、まず226事件の青年将校たちが念頭に浮かびます。彼らは勝手に昭和天皇の大御心をこころの中で想像し、

      「陛下は必ずやこうお考えに違いない。その陛下の尊い大御心に逆らう、堕落した首相や閣僚どもは許せんっ!」

    といきり立って歴史に名高い騒動を起こしたのでした。ところが肝心かなめの陛下は、青年将校らの振る舞いに激怒され、
       「朕が老臣を殺戮す。何の恕すべきものあらん。朕みずから平定せん。馬ひけっ!」
    と仰せられ、せっかく苦心して決起した反乱もまもなく平定されたのでした。
                        (昭和天皇の言葉は当時の侍従の日記より)

      3人組さんにとって幸か不幸か、いや不幸なことには、肝心のセンセイがもはや廃人に近いありさまであり、昭和天皇のように激怒してくれる可能性さえゼロに近いことであります。激怒ならば説得のしかた次第で納得してもらうことも不可能ではないが、意思表示ほぼ不能の高齢の老人では、現職のゴーストライターが慈悲を発揮してセンセイのお言葉を代作でもしてくれない限り、3人組さんに未来はありますまい。ああっ!

      さて、特にキリコさまに申し上げとうございます。ご縁あって真宗や曹洞宗のお寺へ足を運ばれ、「私の宿業でこのように全盲に…」
    なんて言おうものなら、普通の御住職である限り、
      「前世の悪業の報いで盲目になったなんて、あなたは思ってはいけません。私も宗教者としてそのような考えを表明することは許されないのですよ」
    というお返事が返ってくるはず。

      日本ひろしといえども、部落解放同盟から激しい糾弾を受けかねない前近代的な思想を平気で無造作に垂れ流している宗教団体は、もはや創価学会と日蓮正宗とがあるばかりです。創価は確実に部落解放同盟から大目に見てもらっているのでしょう。1962年、高瀬広居氏が史上最初の創価学会ヨイショ本『第三文明の宗教』を出した当時は、創価学会員は京都の被差別部落ではまだまだか弱い少数派でありました。

      ところが13年を経過した1975年に出た『宗教をf現代に問う』第1巻に載ったルポルタージュでは、新大阪駅近くの被差別部落では10軒に1軒が学会員であり、それゆえ、その地区の婦人会の会合では絶対に創価の悪口を言ってはいけなくなっていたことがうかがい知られます。

      もうあと数年で創立100週年を迎える年部落解放同盟さんも、今後より多くの国民から継続的に支持を得られたいのであれば、もうそろそろ創価学会が社会的弱者への折伏に際して乱用する「前世の悪業の報い」うんぬんの思想を、きちんと糾弾していただきとうございます。日蓮正宗の僧侶は、僧形でこうした前近代的思想を流布しているという点で、創価と同罪であり、いや、それ以上に罪は重いものと存じます。にもかかわらず、梅原正紀氏が1980年代に数度批判したっきりで、彼に続く批判者を見かけません。

       「この人が身に障がいを負っているのは、そこに神の栄光をあらわすためである」

    キリスト教はあまり好きになれませんが、牧師さんからこの『聖書』の名言を聞かされて、大きな活躍をなさったクリスチャンの障がい者は少なくありません。たとえば、日本点字図書館の創立者さんとか。以上、くだくだしくていかにも恐縮ですが、今年もどうかよろしくお願い致します。
    梅原氏が日蓮正宗の時代錯誤的な宿業観を批判した論文の中でもとりわけ出色の1篇です。↓
    論題 社会を活性化させる宗教を–「業」論をめぐって
    著者 梅原 正紀 他.
    特集等 宗教の差別体質をいかに克服するか
    請求記号 Z6-574
    雑誌名 部落解放.
    出版者等 大阪 : 解放出版社, 1968-
    巻号・年月日 (通号 347) 1992.09
    巻号・年月日 (通号 347) 1992.09
    ページ p13~27

  69. 今日更新された記事読みました。でも全く目新しい内容ではありませんでした。相も変わらずこの3人組さんの主張は文脈が乱れていて、最後まで読むのは苦行です。その手紙を何度も渡されたJ 女史もうんざりと言ったところではないでしょうか。めんどくさいから放置ですよ。創価で純粋に生きてきたから、ただただどこまでもご本尊頼みな支離滅裂ぶりです。サイレントデモしても放置されて何も変わらないような予感がします。

  70. kickeyさん、ありがとうございました。
    「先生は何でもご存知」
    等々の都市伝説が、末端組織にまでしっかり流れてきて、指導する立場にいる幹部の口からまことしやかに語られてきたというところが、 あの組織の洗脳の恐ろしさですよね。

    執行部としては、薄っぺらい内容だろうが、根拠もない嘘っぱちだろうが、言っちゃったもん勝ち、ころころ変わる教義にも、信じるカモがいて、組織に貢いでくれりゃ、それでいーんだ、てなもんでしょうか。 あの組織は、自分たちが言った言葉の内容に責任さえ取りませんよね。

    もう怒りを通り越して、心底、あきれ果てました。
    だーみだこりゃ、も通り越した、人生感じたことのないような失望感です。。。。非活になった数年前、既にあきれてはいましたが、ここまでひどいとは。

    センセは、 書いてませーん、識者との対談もしてませーん、他人が書いてまーす、なんて暴露しちゃった直後の最新記事で「師弟とは、人間の究極の道である」云々!(名誉会長指導) なんてのを、冒頭にかかげるちゃう三烈士さん。

    辻褄、合ってませんよ〜。

    S新聞さんも、新年勤行会にセンセがメッセージと句を贈ったって、相変わらず一面の見出しで、。まー、どうしたら、そんなことを平然と言えちゃうんでしょうか。心配して下さい、もうバレてますよ。(笑)

    もう、ほんとうにつける薬はないです。

  71. 組織で意図的に作りあげられた池田先生像
    先輩が自身でつくり上げた池田先生像
    自分自身で作り上げた池田先生像
    自分自身の理想と池田先生を重ね、人間の良心を池田先生に重ね、人間の可能性を池田先生に重ね、池田先生を万能の天才と勝手に祭り上げ、「池田先生!」と。

    ちょっとアタマを働かせて考えれば分かることですが、「信ずることが大切」「不信は地獄」「我見は成仏できない」などと言われるし、「素直に信じた方がラク」
    考えない分、教団に人生を蝕まれていく。

    こうやって何百万の人々が人生と引き換えに、他人の迷惑を考えない自己満足的な幸せを得ています。

    昔所属していた地域の学会員の奥様が亡くなられたと聞きました。まだ若いのに可哀想です。
    日蓮正宗からすれば「創価という謗法団体のニセ本尊のバチが当たったんだ!」
    創価からすれば「何か意味がある。成仏は間違いない!」
    お互い自分たちの信仰を正当化するために躍起になるでしょう。
    あのさ、妻に先立たれたご主人、お母さんを亡くした子供たちの気持ちに寄り添うことはできないのですか?
    人として大切なことが、宗教で失われていってないですか?
    イケダセンセイもハーバード大学での講演で「宗教を信じることがその人を良くするのか?悪くするのか?それがその宗教の良し悪しを決める」と言っておられますね。
    日蓮正宗の信徒さんが事故死したりガンで死んだら嘲笑うかのように会合で発言ありますよね。
    創価の人が同じように亡くなったら「使命を果たした」

    創価の信仰は、人として大切なことを見失わせます。
    多くの会員を見てきてそのように結論です。

    イケダセンセイの講演での判断基準でも「創価は邪宗」です。

  72. そういえば去年『池田大作全集全150巻完結』ってありましたけど、これほとんど『知らないおじさん全集全150巻』なんですよね。これ買わされた学会員さん、可哀想〜
    http://www.sokanet.jp/topics/kmav7s0000002gio.html
    3人組さんも、これが『知らないおじさん全集』だって知ってて会員に売られた利益で飯食ってたわけでしょ。そこ何とも思わないんですか?

  73. まるさん。こんにちわ。そうか同窓のねこのとうさんです。
    あの三人組がどうしてそういう考えになるかは、創価教育の名の下に集ったものであるが故にわ分かる発想です。とても馬鹿げたことですが。
    創価学会に就職してすぐに事件が起きて、10年近く干されていた。そして退職。
    池田大作に君たちだけしかいない。君たちが本当の後継者だと言われ続けた学生時代。
    心の拠り所が池田大作だったんでしょう。そうするしか、自信を保つことができなかったのでしょう。働けない社員はどこにいても無駄です。退職するよう仕向けられたのも仕方ないことです。

    もっと早く気づければ、僕もこんな人生を送らずに生きて行けたかもしれないと、悔しい思いだけですが、生まれた環境が創価学会では、どうすることもできません。
    そういう意味では、三人組には同情できるのですが、本当に早く気付けよと応援したいものです。

    三人組が自分は破滅しても仕方ないから創価を守るというのは一見して美しいですが、命をかけて守るべき内容もないことに気づいて欲しいですね。
    ただ十数年前の出来事を今更書くのかというのが、解せないですが。ひょっとすると、罠ですかね。反創価を寄せ付けて、メルアドを収集しているのかも。

    まあ、憶測だけではどうにもなりません。とにかく三人組には池田大作の思想はうすっぺらな日蓮の考え+ニューエージ思想だということに気づいて欲しいですね。多分、代作している人間にニューエージ思想にかぶれた人がいるんでしょうね。
    宇宙は振動している。全ては振動だとか。題目を唱えると宇宙に共鳴するとか。人によっては日蓮の考えをさらに展開しているんだとかいう人もいました。大自然に意思があるとか。もともとニューエージ思想にはそのようなことは言っています。
    多分、トルストイとかガンジーの思想の淵源がそういったニューエージ思想に感化されているので。あと森の生活を書いたソローもある意味ニューエージ思想ですね。
    ニューエージ思想が良いとも悪いとも言いませんが。

  74. 「池田」という名前をYAHOO!で検索してみたら、
    「池田エライザ」と言う人が一番上に出てきました。
    全然知らなかったんですが、ファッションモデルの人だそうで。
    ハーフの、可愛らしい女の子です。
    まあ、ただそれだけの話ですけど・・・

    本日の聖教新聞、全国で新年勤行会が晴れやかに開催
    池田SGI会長がメッセージと句を贈る、ですって。

    で、2面にその池田からのメッセージが載っているんですけど、
    もはや、池田が元気とか寝たきりとか、そんな次元じゃないですね。
    あれ、どう見ても若い奴が書いてるでしょ?(笑)
    なんですか、あの男子部幹部のようなノリノリの文章は?
    あれを見て、88歳の池田が自宅で書いてると本気で思っている学会員がいたとしたら、
    かなりアブナイですね。

    もう、バレたからいいや、みたいな「開き直りの文章」としか思えませんよ。

    3面に、先月9日に撮影されたと書かれた池田とカネコ夫人の写真も載っていますが、
    なんか合成と言うより、別人に見えます。
    大田池田文化会館の1室で、普通に机に向かって何か執筆しているような写真です。
    ソックリさんの壮年部をどこからか探して来て撮影したのでしょうか?
    そんなにソックリさんでもないですが・・・
    今月2日に88歳の誕生日を迎えたのに、先月の写真を載せていますが、
    昨年の12月の事なのかどうか、何も詳しくは書かれていません。

    ちなみに調べてみると、先月9日(12月9日)は、ネパールの写真家協会が来日し、
    信濃町の創価世界女性会館にて池田に与える称号授与式が行われています。
    当然、池田はいなくて代理の人間が受け取っています。
    が、今日の新聞の3面では、12月9日に大田池田文化会館で撮影されたとされる
    元気そうな池田とカネコの写真が掲載されています。
    そんなに元気なら、同日の信濃町の称号授与式に出るべきではないでしょうか?
    称号には興味が無くなっちゃったのかな?

    二郎さん、 ちびりんごさん、 ココナッツさん、 
    ギャグに笑っていただいて、ありがとうございます!

    二郎さんも、ギャグを作るのがお好きなんですね! 爆笑でした!
    またぜひ定期的に宜しくお願いします♪

    ちびりんごさん、早く聖教新聞の配達から卒業される事を願っております!
    どうか無理はなさらないように・・・

    ダイナムさんのオーリングのお話、昔から色々なパターンが存在していましたが、
    まさか創価の本尊にも当てはまるとは! すごい驚きです。
    色々な方法で、多くの迷える会員が覚醒に向かえば、素晴らしい事ですね。

    ねこのとうさんさんの、池田クーデター説も、興味深いお話です。
    今にして思えば、池田は内部の大幹部にもイライラを募らせていた?のかも知れませんよね。
    それが、あの奇妙な奇声や机叩きにも現れていた・・?のかも知れません。
    どうなんでしょ?

    それにしても例の3人組、池田の指導やメッセージは代理の職員が書いていると言いながら、
    その池田の指導を引き合いに出して感動に震えて泣いてるんでしょうか?
    なんか、滅茶苦茶と言うか、不思議ちゃんを通り越して薄気味悪ささえ感じますね。
    目的が何なのか、私にはさっぱり分かりません・・・

    もしかして、私たちは3人組におちょくられている、なんて事はないですよね?
    (;・∀・)
    時間と手間を掛けた、しょーもない寸劇の一コマだったりして・・・・・

  75. モニカさんやコージさんが指摘されているように、「弟子に一切を託された」とかいうわりには、「執筆活動で超多忙」だったり、そうかと思えば、「メッセージ作成チームが100人いる」とか、「どこぞの会館を訪れて写真におさまった」という時期に、自らに与えられる称号の授与式に欠席していたり、不当解雇が癪にさわるのなら堂々と法的手段に出てアピールすればいいものを、「サイレント アピール」などとちまちまやっていたり、しかもどこぞの文才のあるオッサンがイケダに成りすまして書いたメッセージに酔いしれて、世間知らずの自分達の行動を正当化しようとしていたり、etc.
    全く、支離滅裂で話になりません。
    こういうのをもしかしたら、
    「頭破作七分」とかいうのでしょうか?
    こんな滅茶苦茶な団体の幹部の給料が、総理大臣の給料よりも高いって、どういうこと?
    極悪詐欺団体としか考えられないでしょう!?
    (/_;)/~~

  76. コージさん
    では、新ネタ期待しています。テーマも色々ありそうですし。

    それにしても、3人組さんには厳しい意見が多いですね。数年前までは、私も含めて似たような心境だった人が多いと思うのですが。今頃、どこで何をして生きているんだろうって思います。可哀想でなりません。

  77. そうなんですよね~
    3人組も信じて信じぬいてるんですよね。
    今出来る(思い付く)精一杯の行動をやってるんで、応援したい気持ちもあるんですが…

    判子押してたんですよね!!
    ここが、げせないんです。俺は先生と異体同心もはや池田だ!!てな感じで、会員宛ての色紙にポンポン判子押してたんですね!!
    この件への反省がないと凡人の私には同情出来ません。
    急げ3人組!!

  78. 三人組さん他学会員さんには厳しいというより、ここは末端にはめちゃくちゃ優しいと思います。
    世間は絶対ここまで教えてくれません。
    ニヤニヤ笑って心の中でバカにするだけです。
    私も活動家の頃、ここまで明解にわかりやすく説明してくれる場があったら、ここをこんなふうに突いてくれたら、とつくづく思います。

    三人組さん他、末端の学会員さん、ただ嘲りたいのだったらからくりは教えませんよ。
    世間は何も教えませんよ。
    あなたへの感情の本心さえ。
    カルトに対してそんな優しくないですよ。

  79. 3人組さんのブログ、面白いですね。

    幼少時から純粋培養され、あこがれだった本部職員になったまではよかったが、理想の職場だったはずの処が、じつは伏魔殿・悪の巣窟だったことにやっと気付いたというところでしょうか。
    給料を貰っているのだから、少々のことは「見ざる、言わざる、聞かざる」でいけばよかったものを、幼稚な正義感をふりかざして突っついたものだから、左遷され、挙句の果ては解雇されてしまいました。

    わたしの心配は彼らがこれからどのようにして食べていくかということです。もう30代の後半でしょうから生活がかかっていますよね。
    履歴書をみれば普通の企業では敬遠されるのではないでしょうか。
    いっそのこと独立して、便利屋さんでも始めてはいかがでしょう。
    当面の仕事は、「○○学会脱会手続き代行します」などもいいかもしれません(笑)。安くすれば当面は仕事に困らないでしょう。

    しかし、どうせ名前もわかってしまったことですし、思い切って不当解雇を争点に裁判に訴えるのもいいと思いますが。

  80. 昔決意文集なるものを作成して、東京の池田さんあてに代表が新幹線使って訪問し接遇センターにて池田さんのお届けしていました。
    1-2か月してから、押印された決意文集が返却されていました。
    三人組さんたちが押印していたのですね(・。・;
    ありがたそうに、押印をコピーとって、折り曲げないようにと持ち帰らされました。
    以後、大切に保管していたのですが、、、、、、、、、、、
    人を馬鹿にするのもええ加減にせえよ!コラッ!三人組!
    多くの会員さんに知れ渡ったら、フルボッコでしょうね(^◇^)

  81. あけましておめでとうございます。
    外部の雑草です。

    議題の3人組さんのページを拝見しました。
    なんというか・・・支離滅裂ですね。
    何を言ってるのかわからない。その一言です。

    まず、彼らがいうには100%間違いなく代筆はしてたわけですね?
    会員奉仕局なる部署があり、メッセージをつくる部署もあったと。
    その現場に居合わせて、代筆は疑う余地がないと。
    彼ら自身もそれに加担したと。
    えーと だけれども昔は先生の意思があって、代筆していた。
    いまは意思がなく代筆しているってことなのでしょうか?

    そのあと、聖教新聞の内容が変化して、
    先生が意思表示されてるとは思えないという記述がきます。

    何をいってるんだ? もともと代筆してて池田氏はかいてないんでしょ?
    わけがわからない、なににひっかかっているのか。
    自分で創作したものを真に受けてあれはおかしいって、どういうことですか?
    だから自分で偽造してたと明言してるわけでしょう。
    内容の変化もなにも最初から存在してないと自分でいっているでしょう。
    もうさっぱりわからない。
    仔ネコの片眼遮蔽実験のようなものでしょうか?
    http://www.brain-mind.jp/newsletter/09/story.html
    脳の一部に制限がかかったように、都合の悪いところが本気で認識されていません。

    そしてそのあと、先生は自分で意思表示できない容態にあるとしか思えないと。
    そして、もの言えぬ池田氏を利用するのはやめるべきだと。
    池田氏を利用するかしないかが論点なのでしょうか。

    一言でいえばどうでもいいでしょう、そんなものは。
    そんなことより、創価のやっている迷惑行為を停止するのが大切なのでは?
    まあ、詐欺で集金しようとの目的の組織が迷惑行為をやめるわけがない。
    最初からだまくらかして金とるのが目的なんですから。
    ハナから悪意を持ってやってる組織が改善もクソもない。
    改善もクソもなく、とっとと捨てる、それしかないでしょう。

    都合よく池田氏の矛盾は気づかないみたいです。
    「創価シャッター」もう、本当にウマいこといった単語です。
    ほんとうに都合よく見えてないですね。

    「いやよく考えれば教義の移り変わりといい、
    最初から話しがムチャクチャだぞ。
    この親父、バカではなかろうか」
    っていうことは全く思わないわけね。
    見事な洗脳システム、これは完成された洗脳システムですわ。
    「単なるチンピラじゃねーか、この親父」ともおもうことはないとは・・・。

    いや、これは怖い話です。
    このような状態になるように意図的に創価学会は学会員にしむけているのでしょう。
    もはや犯罪組織といっても過言ではないと思います。

    あと、これは理論ではなく私の感情ですが、
    先生!先生!ってはっきりいってすごく気持ち悪いです。
    失礼ですが、病としか思えません。

    年明けでいきなり乱暴な言葉づかいで申し訳ない。

  82. 連投失礼します。
    雑草です。
    これは単なる感想です。
    素でいることを過剰に怖がるのが問題なのかなと思ったことです。

    先生!先生!と気持ち悪い連呼をすることについて思いました。
    何故、そんなに他人にすがらなければならぬのかと。

    自分を徹底的に無力なものを考えているのでしょう。
    自分は本来何の価値もない人間だと思い込むあるいは思いこまされる。
    だけどここにひとつの真理があると。
    それが創価学会であり、それに従う限りあなたは正しく、そして疑うことはもつなと。
    完全にカルト手法の定番のひとつですね。
    他人や外部の団体入れば自分が何者かになれると思う、ここが誤りの始まりですよね。
    素でいいではないですか。何故背伸びをしようとするのですか?

    プロと素人というのがあります。

    要するにプロのほうがかっこよく、素人がダサい。
    そうとでも思っているのでしょうか。
    そして創価学会という組織に所属すればプロ・・・ 真理であったり他者より正しい位置にいる。そしてそれ以外のやつは間違っている。
    急に尊大になる。
    実際はただの生ゴミをつかまされてるだけなのにこれは真理とかそれで激怒したりする。

    素になれない。

    素人・・・といえば聞こえはわるく、なにか見下されるニュアンスがあるかもしれませんが、
    私はこの単語好きですよ。
    何故いちいち、何者かであろうとするのか。
    何故いちいち他者に正当性を主張しなければならないのか。
    何故他者より正しくあろうとするのか。
    何故私のほうが正しいからと他者を攻撃までしはじめるのか。

    わからない。

    捨てちまえよ、そんなもんは。
    そんなものはいらねえ。
    外部の知識だのなんだので自分を装う必要ないでしょう。
    ただの等身大の自分でいいではないですか。

    等身大から外れることが、すがる心理の一因であると思いました。   

  83. 学会2世50代婦人部のハナ子です。

    私は3人組を笑うことができません。
    私も似たようなものでした。

    20年以上前から業務でインターネットを使い、
    ネット上に創価学会の噂がいろいろ流れているのを早くから目にしていたにも関わらず、
    全部「デマ」だと切り捨ててスルーしていました。
    組織の言うことを鵜呑みにしてました。

    今思うと、明らかに洗脳状態ですね。
    自分が洗脳されているという自覚はまったくなかったですが。

    私の目が覚めたのは、裁判に負けている事実、芸者写真が捏造だったという事実を知ったからです。
    これは噂ではなく「事実」。
    そこで、ようやく創価学会が実は隠蔽体質だということに気づき、ゴーストライターの件も納得できました。すべてが池田氏のカリスマ性を強調するための脚色・演出だったと。

    それにしても3人組・・・
    ネット上にあふれる「池田教」という言葉を目にするのが本当に嫌だったのですが、今回の3人組のブログを読んでみたら、まさしく「池田教」でしたね。。。

    30代以下の学会員さんたちは、日蓮正宗と一緒だったときの記憶はほとんどなくて、「永遠の指導者」「師弟不二」が命に染まっているんですね。。。
    御書根本に育った世代には違和感ありまくりです。日蓮仏法はどこいっちゃったんでしょう。

    余談ですが、亡き母が入院したとき、秋谷会長(当時)から激励のお葉書をいただきました。
    まさかそれも代筆なのでしょうか。もうどうでもいいですが。

  84. 「師のお心を 我が心とし
     師の叫びを 我が叫びとし
     尊き我が命を尽くし抜き
     断固として正義を叫び抜く!」
    あ〜〜きしょくわる〜〜((@O@;))
    ビョーキですか〜?
    だ〜か〜ら〜、あんたたちが聞いてきた「師のお心」って、
    じつは知らないおじさんが書いてたって、自分で言ってんじゃん。
    じゃあ、どれがほんとの師のお心で、どれが知らないおじさんのお心なの?
    「師の叫び」は、じつは知らないいおじさんの叫びだったよって、
    自分でネットに暴露したんでしょ。
    それは師のお心だったの?
    師の著作が昔からゴーストライターが書いたものだったということを暴露することが
    「師のお心」だったんだ。へえ〜
    「尊き我が命を尽くし抜き 断固として正義を叫び抜く!」って言っても、
    サイレントじゃん(笑)
    叫んでないっしょ。
    そんなに言いたいことがあるなら、ちゃんと声に出して言ったらどうなの?
    解雇は不当だと訴えりゃいいじゃん。
    それでは師のお心に背くことになるの?(笑)
    だから尊き我が命を尽くし抜いた姿が本部前に何も言わずに突っ立ってる姿?
    会社で役に立たないからクビになったのを逆恨みしてネットに会社の悪口書いて、
    「シャチョー!シャチョー!私が会社をお守りします〜!」って泣き叫んでる男を見てどう思う?
    頭おかしいんじゃないの?って思うよ普通。
    気持ち悪すぎて誰も近づかないよ。
    『うおぉ〜〜、父ちゃん!オレは今、猛烈に感動しているっ!』って、
    目の中で炎がメラメラしている星飛雄馬じゃないんだからさあ。
    完全にイッちゃってるよね。
    いいかげん正気に戻れよ、もういいオッサンなんだから。
    「すべては勇気だ!全部勇気だ!
     そして勇気は自分が出すんだ!
     何ものも恐れる必要はないではないか!
     なぜなら
     師匠は我が胸中に厳然とおられる!!
     我が命に厳然とおられるのだ!」
    お〜〜、まるで知らないおじさんが書いた小説人間革命に出てくる「牛乳瓶の蓋のお数珠をもみくちゃにしながら虚空会の儀式に参加している自分の姿を見つけてひとり獄中で感動の涙を流している戸田なにがし」のようですなあ〜(笑)
    「なぜなら」でわざわざ改行するあざとさ(笑)
    もうすっかり師(知らないおじさん)と異体同心ですなあ〜
    自分たちの師は、じつは知らないおじさんでしたってバラしちゃったんだもんね。
    そう、勇気だねえ。自分で勇気を出して、目の前の現実を受けとめてごらん。
    会社をクビになってヤケクソになってる妄想オヤジがそこにいるよ。

    もう気づかなくてもいいよ、3人組!(マジで)

  85. そう笑えないんです。
    創価ロボットF型(最終系)なんですね。
    洗脳程度は個人差があるようですが、気持ちいいくらい振り切ってます。

    ここは不当解雇で訴えるのが賢明で、裁判となれば創価側もダメージが少なかれあります。
    なぜなら
    裁判記録が残るからです!!

    とにかく急ぐんだ三匹!!

  86. 世の中は三日見ぬ間の桜かな!。
    やっと日刊ゲンダイの切り抜き5か月分終わりました。フー♂
    もう40,50年も昔に読んだ「詞集たいまつ」の著者・むのたけじ(直撃インタビュー15/11/27)に…日本人の悪い欠点なんだけど、神様、仏様と全部、人様頼み。そして、そういう苦しい社会状況を助けるのに「解放」という言葉がある。「解放」には2種類あって、ひとつは「解き放つ」、もうひとつは「解き放ちやる」。「解き放つ」は苦しむ人たちが自ら縄をブッタ切ることで、「解き放ちやる」は英雄を待って解き放ってもらうこと。これまではずっと「解き放ちやる」できたけれど、それじゃあダメだ。…(以上。

    流れ星 さん  2016年1月2日 22:07
    >わたしは基本、かれらを応援したいです。。
    彼らを糸口として、創価学会にほころびが生じてくるとしたら、それが多くの創価学会洗脳者が覚醒に至るきっかけとなるからです。
    それに、かれらが池田大作信奉者であるということも多くの創価学会洗脳者の共感を呼ぶことでしょう。却って、それが効果的であると思ったりします。

    私も流れ星さん同様、洗脳強くて“対話に見向きもしない狂信の方々への覚醒につながる”と思います。
    覚醒出来なくても、次善の策として“タテマエの綺麗事のみを唱えたら”良いと思います。当の池田センセですら「絶対平和・文化・教育・世界市民」の前には、頭を垂れるしかないのだ。シ、詐欺中枢も反論できません。~兎に角“公明議員を減らす”のが第一。
    (先生師匠は、選挙が終わるまでは「死んでも生きてる」予定表。)

    残念ながら、石井紘基さんは「今度の国会で爆弾発表して、皆の度肝を抜いてやる」なーんて、受けを狙ってたから殺されて、バッグの書類を盗られたんです。さっさと同僚議員にも、雑誌社にも先に発表すれば殺されなかった(可能性が高い)。
    3人組も→『知ってる事は残らず発表した方が身の安全ですよ』。←詐欺中枢が、口を塞ぐ意味が無くなるから。(なるべく3人で連携取って、ホテル(*)や、ビルの高層階(※)へは行かないで)⦅註*森本晃司(M元理事長派)。※東村山市議(反公明急先鋒)⦆

    因縁の言葉が有りますが、3人様の顔出しアップが縁となり、(私の考え)法華講の方も今までy-t画像にはブロックが掛かっていたのが、(樋○氏・青○氏等除く)素顔を出して街頭折伏へ打って出てきたと思います。(「除名された元創価員でさえ素顔を晒してるのに、60万人もいる正宗信徒が顔隠してドースルよ!」と言ったかどうか?は不明ですが)
    仙台市講演街頭折伏 創価学会の悪事を大呵責 2015/12/6 他

    “創価の風 ”M元理事長は今何処に  2015-12-31 10:36
    ……
    この11月の人事で、健康状態を理由に辞任、副役職にとの発表でしたが、
    最近、入ってきた話によれば
    御本人はいたって健康ですが、にもかかわらず
    関連施設への出入り禁止、会員との接触禁止、の軟禁状態にあると
    云う人もあります
    本当とすれば、何があったのか
    残念でなりません…
    (以上コピぺ終了)
    ※残念じゃなく、「こういう噂があるがM理事長に会わせてくれ!」位の事を言ってみたら?。信濃が何と答えよるか?…「お元気です!」ってか!

    【創価学会の現実 】より
    “注目の反創価ブログ” 2015-07-09
    私が今、最も注目している反創価ブログは『対話を求めて』というブログです。
    こちらのブログは、私がインターネットを始めて間もない頃、創価の実態を知らされたブログの中の1つですが、
    いくつもある反創価ブログの中で、今最も反創価運動の大きなうねりを巻き起こしているブログではないかと思います。…
    (以上コピぺ終了)

    ※ブログ主様は勿論、常連さんに論客が多く居ますので、罵詈活が個人で来ても、“アッ”と云う間に撃退されるでしょう。それだけに詐欺中枢から見たら、何とか捻り潰したいのは山々なんだが、みのもんた氏・岸井氏・古館氏みたく、企業のトップに命じて“権力で以て失脚させることが出来ない”のが“痛し痒し”で、歯噛みしてドーニカナランカと、脳八分で考えてることだろうな!。……どういう風に出るかお手並み拝見って処か?。

    それにつけても、「創価学会内部改革派憂創同盟」のミフネさんは、″ページが存在しません″と、消されても、消されても、、モグラ叩きの土竜宜しく復活して、お墓の中より立ち上げて来る執念は凄い。
    「僕を殺したら僕宛に宛てられた常軌を逸した激しい批難中傷のメール本一冊以上分がドイツ連邦警察公安部より発行されるので僕を殺してはいけません。インターネットでドイツSGI最高幹部(ドイツ連邦警察公安部の内部スパイ)にその資料は渡っています。」と、
    
極悪中枢へ警告文を掲載して、ヨカラヌ動きを牽制しています。
    …そこまで防衛しなくちゃイケナイって、“マフィアの世界か!”…

  87. なんでサイレントデモなんでしょう?
    (以下は個人見解です)
    なんか格好いいようで実は無意味。
    ブログでぶちゃけているも大多数の学会員は、ビクともしない若しくは知らない。
    マスコミも動かない、動いても週刊誌。
    ネットでも創価ネタを扱うとこだけでとどまる。

    本部としたら痛くも痒くもないのでは?
    実名顔出しでやる事でない気がしてきました。
    なんで9日(土曜)なのでしょう?どうせなら2日(米寿)にやればよかったのに、3人のスケジュールが合わなかったのかな?

    吼えてる内容からすると法的手段が最適だと思います!!なんだかんだ言ってクビになって困ってるんでしょう!? 

    なんかトロいですよね!!熱く吼えてるわりには遅い!!師匠の教えて通り電光石火で行かなければ!!
    急ぐんだ3人組~!!

  88. 「懲罰や人事を使って制裁を加える学会本部の実態」というタイトルで、自分たちがいかに不当な扱われ方をしてきたのかを長々と書いていますが「なぜ我が師匠はそんな学会本部を8年間に渡って放ったらかしにしているのか?」という疑問は湧かないんでしょうかね?
    三人組さん、なぜ自分たちを師匠は放ったらかしにしていると思いますか?
    弟子を見捨てるのが真の師匠ですか?
    「恩師に報いる 正義の道ではあるまいか!
     恩師に報いる 弟子の道ではあるまいか!」
    って書いてますが、恩師が弟子のあなたたちにしたことは、
    「おまいら弟子でも何でもないよ」と宣言して除名したんですよ。
    あなたたちは師匠に追い出されたのに、勝手に「先生!先生!」って叫んでるだけですよ。
    わかってんの?
    相手にされなくて当然です。師匠でもなければ弟子でもないんです。
    あなたたちはもう3年も前から弟子どころか、本部職員でも創価学会員でもない、ただの知らないおじさんなんですよ。
    そこどう思いますか?
    勝手に妄想をふくらまして創価にいいがかりをつけてつきまとっているストーカーでしょ。

  89. どうせストーキングするなら、打撃を与えて欲しいんです。ガツンと気持ちよく!!

    やさしいと言うかヌルいと言うか(‘_’)

    急ぐんだ三匹!!
    決めろ3人組!!

  90. まだ在籍しており新聞も取らされている者ですが、家族が強情で私にも強要してくるので嫌気がさしております。
    活動をやればやるほど深みにハマって行く家族の姿は情けないです。学会の単なる都合の良いコマですね。
    財務、会合、試験に参加するほど洗脳され、表向きは平和のため国民のため そして自分のためとイイ顔しておきながら騙して騙して金を貪る。恐ろしい団体です。

  91. D作の詐欺、ゴーストライター・・
    亡くなる前に家宅捜査でもしてもらって逮捕されるレベルではないかと思うほどです。殺人はなくとも、やってることや詐欺した金額は麻◯の悪行と並ぶぐらいタチ悪いですよね。

  92. 拝啓、元本部職員の3人組様

    サイレントアピール予告における、アピール決行予定日から5日が経ちました。

    さて、1月9日は勇気を持って本部前に立ち尽くしたのでしょうか?
    そもそも勇気が必要ですか?

    9日の夜に創価学会系のネット掲示板を確認しましたが、どこもあなた方を話題にあげていません。興味がないのです。

    第1回目のアピールの時は3日後に写真をアップなさっていたので、今回も楽しみにしております。よろしくお願いします。

    もう少し創価中枢が慌てふためくようなアピールをテンポ良く出来ませんか?陰ながら応援しております。

    急ぐんだ3人組!!!
    決めろ3人組!!!

    http://harunokoime20150831.blog.fc2.com/blog-entry-18.html

  93. 拝啓 3人組様

    ついに座談会を開催されるのですね、なかなかやるではないですか!!!

    妨害は必至でしょうが是非とも成功させてもらいたいですね。地域組織までかき乱す運動になれば覚醒者も増えそうです。
    マスコミも動きだせばさらに面白いことになると思います。

    3人組さんと同じ様なスタンスのブログもあるようですので積極的に呼びかけられては如何でしょうか?

    signifieさん、こちらで拡散してあげるのはどうでしょう!?敵の敵は味方ではないですが、創価本部は騒がれるのが一番嫌なのは間違いないと思うのですが…

  94. パニックスさん、ご報告ありがとうございます。
    見てきました。
    彼らの頭の中は、いったいどうなっているのでしょう?
    小説人間革命がイケダが会員を騙して服従させるためにゴーストライターに書かせたでっち上げ小説であることを知っているはずなのに、彼らの頭の中では、その小説が事実となって駆け巡っているんですよね。牧口戸田池田が彼らにとってはほんとうに永遠の師匠なんですね。もうわけわかりません(笑)
    正直なところ私としてはもう関わりたくないんです。ほんとアホらしくってやってらんねえって感じです。彼らの脳みそは小説人間革命だけでできあがってるんですよ、きっと(笑)よくまあここまで騙されるもんです。ここまで酷い目にあっておきながら、まだ未練があるんですからね。彼らには創価以外に依って立つものが何もないんでしょう。そういった倒錯した熱血感動ドラマの中に浸っていなければ何もできないんだと思います。
    パニックスさん、彼らはまだ創価に完全に洗脳されていますから、彼らが何をしようが、創価は痛くも痒くもないですよ。彼らが現実を直視するようになれば話は別ですが、ある意味お花畑で鼻歌うたってるようにしか見えません。ただの学会員よりももっと覚醒できないタイプかもしれません。
    ってことで、せっかくですが、ここで彼らを支持するつもりはありません。みなさんおわかりのように、彼らは問題を完全にはき違えてます。彼らは正義を貫いているつもりになっていますが、自分を正当化したいだけの「オレが間違ってるわけないだろ」の世界です。可哀想ではありますが、大人として未熟過ぎます。自分がこんな目にあっているのは、何かしら自分に間違いがあったからではないか?普通の大人ならそれくらいの「反省」はしますよ。彼らはそこがない。「池田先生を信じてきたオレに間違いなどあるわけがない。間違っているのは今の創価のほうだ」この発想から1ミリも出られないものだから、というか、そう考えないことには、今までの自分のすべてを否定しなきゃいけなくなる。それをやりたくないが故の「子どもの悪あがき」だと思います。ずいぶん厳しいことを言いましたが、きちんと自分の人生に立ち向かい、それまでの自分を否定することに、完全と立ち向かって現実を切り拓こうとしているここの皆さんとは、比べものにならない「おこちゃま」だと思います。若いならまだしも、もうすぐ40になろうかという大の男が、こんな目にあってさえ目の前の現実を見ようとしないのですから、デモだろうが座談会だろうが、みんな自分を正当化するためのパフォーマンスでしかありません。自分の殻からでることはないと思います。これぞ筋金入りの創価脳だと思います。

  95. 見てきました。まあ、彼らの行動は、創価学会にとってはマイナスにこそなれど
    プラスにはなりませんから、その意味では頑張って欲しいとは思いますが、
    学会本部は間違っていても3代会長は正しいというスタンス
    ですから、我々とは進む方向は全く異なりますよね。
    3代会長こそ諸悪の根源ですから。この認識が異なれば、彼らをここで応援する
    こともできないでしょう。ただ、なかなか興味深い展開ではあると思います。
    もっと、色々暴露して欲しいですね。財務の使途なんか、つつけば何か出てくる
    んじゃないかと思います。とんでもないことにも使っているはずですよ。

  96. signifieさん了解で~す。

    たぶん彼等は「平成人間革命」を出版する予定でしょうね!?
    私もウォッチだけ続けます。

  97. 二郎さんが以前のコメントで、創価の中国との結びつきが切っても切れないものであること、
    なるほど、そうして考えてみると公明党の傾向が良く分かるのです。
    安全法制に対しての姿勢も、そうしてみると決定されてくると思います。
    北朝鮮のミサイル準備がされた今、お三人のような方は、どう考えるのでしょう。
    国会が思わぬところから潮目が変わりそうな現在、創価の不可解な影響があれば心配です。

  98. パニックス さん  2016年1月29日 22:51
    >敵の敵は味方ではないですが、創価本部は騒がれるのが一番嫌なのは間違いないと思うのですが…

    の、提案に対して
    signifie さん 2016年1月30日 00:32
    >せっかくですが、ここで彼らを支持するつもりはありません。みなさんおわかりのように、彼らは問題を完全にはき違えてます。

    と、至極真っ当に応えられて、その通りだと思います。が、パニックスさんの提案も個人的にはアリだと思います。もし、私が関東近辺に住んでいたら、3人組さんの処へ行って次の活動目標を提案したい。

    1、先生の絶対平和の考えを捻じ曲げる、現会長以下の執行部の総退陣。
    2、自民の下駄の雪となった公明党支援選挙活動のボイコット。
    3、銭・金執着の現執行部と違い、聖教新聞はネット上で何時でも只で見れるようにすること。
    4、財務は一人上限1万円にすること。
    5、その為に、今の執行部の追放署名活動10万人(最低)を目標に、活動すること。
    (参院選前の5月一杯迄を目途に)

    等々を訴えて、活動に励んでもらいたい。元々、正木VS谷川は、5分5分だった筈なので少なくも数十万人の支援者が(潜在的に)居る筈なんです。
    もしこの活動が、早期に潰されずに万人単位で盛り上がってくれば、その戦いにイヤケが差したり、辞めるタイミングを狙っていた多くの会員が「これ幸い」と、脱会出来るでしょう。

    パニックス さん  2016年1月30日 10:55
    >私もウォッチだけ続けます。

    見るべき動きが有ったら、ご報告待ってます。よろしく (^_^;)

  99. 拝啓3人組様

    最近お忙しそうですね!?
    益々のご活躍、喜ばしくウォッチさせていただいてます。  敬具

    天野さんまで連れ出しておおごとになってきましたね!?これならマスコミも動くかもしれません。
    なんでもいいから脱会覚醒者が増えるに越したことはありません。

    signifieさんそうなると、このsignifieさんの「対話を求めて」の出番ですね。覚醒して不安定になる会員さんに、少しでも安心してもらえるように私も書き込み続けます。私のモチベーションは「母の覚醒を祈って」です。

  100. パニックスさん、私も見ました(笑)
    もう、笑っちゃいけないと思っても笑ってしまいます。
    いつもの「名字の言」みたいな感動的な詩もますますエスカレートしてますね。
    完全に浸りきってますね。
    これで戸田・イケダがただの悪徳高利貸しが始めた宗教詐欺だとわかった日にゃ、
    そりゃもう立ち直れないでしょうね。
    それが普通の末端会員よりもよくわかる立場にいながら、あの洗脳ぶりはお見事です。

    三人組さん、もうね、師匠はいないのよ。いてもボケちゃってるから、なあ〜んにもできないの。
    本部職員にさえ姿を見せないでしょ。メッセージとかなんとか別の幹部や記者が書いてるの知ってるって言ってたじゃん。
    ただイケダが元気なことにしておかないと、末端会員を騙せないから「センセイはお元気です」って幹部が口だけ言ってるんでしょ。それもこれもわかってて、幹部や記者が書いてる師匠の指導で、どうしてそんなに盛り上がれるのか、不思議でしょうがないですなあ。
    やればやるほど後で確実に赤っ恥かくことになると思うんだけどなあ。
    もうちょっと確かめてから人を呼ぶなり議員に話をしてもらうとか考えたほうがいいんじゃないかな。
    まあ、いずれわかることだから、今の自分のやってることをよく憶えておくことだね。騙されているのは誰なのか。
    会員は創価に騙されてきました。
    でも三人組さんたちは、べつに誰が騙してるわけでもないのに、自分で勝手に騙されちゃってるんですよ。これもあとでわかることだけどね。
    自分たちが何をしたのかがわかったときに、自分たちのサイトは閉じないでね。ちゃんと読み返して反省するんだよ。いったいどこでどう間違ってしまったのかを振り返るための資料としてとっとくんだよ、三人組。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中