学会員のジュンペイさんへ

前スレのコメント数が増え過ぎたのと、話題が多少ずれてきたので、新しいスレッドを立ち上げます。先日から数人の学会員さんのコメントをアップしています。ここ数日のアクセス数の急増でもわかるように、きっとあの番組でかなりの学会員さんがこのブログにたどり着いたんでしょうね。その中のひとりであるジュンペイさんに関しては、皆さんからのコメントを許してしまうと、過去の荒れた頃の状況が目に浮かびます。もうそんなふうにはしたくないと思って、皆さんからジュンペイさんへのコメントは控えていただいていました。
これまでの経験上、学会員さんとの対話の場をつくっても収集がつかなくなるだけでしたので、私もジュンペイさんへのコメントを書きはしましたが、まだアップしていません。さらに他の学会員と名乗る方からもコメントがありましたので、どうしたものかなと思案していました。

そういうわけで、ジュンペイさんへのモニカさんとぽっけさんのコメントはこのスレッドのコメント欄に移動させていただきました。ご了承ください。

私が書いたジュンペイさんへの返事は、さきほどコメントされたモニカさんともぽっけさんともほぼ同じです。ジャンヌさんが遠回しに一般論として言ってくださっていますが、やはり対話がなりたたないのは目に見えています。なので、最初から私はみなさんのジュンペイさんへのコメントは控えるようにお願いしてきました。

しかし、近頃はほかにも学会員と名乗る方がコメントしてきています。大半は挨拶も自己紹介もなく、汚い言葉で罵っていくだけの、まあ、いかにも「自分たちだけが正しい」と信じ込まされている学会員らしいと言えばそうなんですが、そんな中でもジュンペイさんはまだ穏やかに話をされていますので、こうしてコメントもアップしています。ただ内容は人の話を聞けなくなっている典型的な創価脳のようですので、やはり対話が成立するとも思えません。

そこで今回は、あえて、このスレッド「学会員のジュンペイさんへ」を立てます。皆さん、あえて学会員さんへ話をしてください。ただし質問が一人に押し寄せてもどうしようもありませんから、質問はできるかぎりしないでください。

私としてもこのスレッドは冒険です。もし荒れるようでしたらその時点でスレッドを閉じます。

せっかくの機会ですので、皆さんの学会員さんに言いたいことが何なのかを、それが決して「中傷」ではないということを、はっきりと述べていただけるといいなと思います。
ところでジュンペイさんにとっては、ここに述べられている私たちの創価時代での実体験が単なる「中傷」にしか受け取れないのですから、どんなに客観的な事実を述べたとしても、それは彼にとっては「中傷」でしかないわけで、そんな人といくら話をしても何の意味もありません。それは仕方がない。ジュンペイさんの考えが変わるかもなどと期待してません。安心してください(笑)。

ただ、これは私たちの学会員に対するスタンスをあらためて伝えるいい機会だなと思うのです。
ぽっけさんがおっしゃるように「中傷」とは、ありもしないことをでっちあげて世間に吹聴し、特定の人物や集団の立場や尊厳を故意に貶める悪意の行動です。もちろん私たちはありもしないことをここで述べているのではありません。悪意どころか、いまだに創価に騙され搾取されている学会員さんにはやく気づいて欲しいからこそ、創価の実態をこうして述べ続けているのです。実際に創価学会員として体験してきた事実を述べています。作り話などいっさいありません。当然、これはまったく「中傷」とは違うのですが、ジュンペイさんにとっては「中傷」でしかないんですよね。もうここで話が成立しない。もし私たちが「中傷」にあたることをやっているのであれば、批難されて当然ですが、実際はそうではない。とくに管理人の私としてはその点、つまりコメントするにあたっては「自分の実体験を話してください」と特にお願いしています。宗教についての一般論や、宗教の優劣とか、教義の内容について議論する場ではないと、いつも口を酸っぱくして言ってます。このブログをずっと読んでいただいている方にとってはきっと耳タコだと思います(笑)それと挨拶と自己紹介ですね。
このブログは「創価での実体験」についてを報告していただき、そのことを創価を信じていた頃はどう感じていたか。そして創価が詐欺だと気がついてから、その実体験をどのように思うようになったかを述べていただいています。だれもありもしないことを述べたり悪口いって面白がっている人など一人もいません。むしろ自分が犯してしまった辛い過去をあえて告白しています。自分が創価学会員だったなどと、ほんとうは誰にも知られたくない隠しておきたい過去です。それより自分で思い出すだけでも精神が不安になるようなことを、それでもまだ騙されている学会員が真実に気がつくキッカケになってもらえればと、自分の傷をえぐるようにしてまで話されている方もいらっしゃいます。それでも学会員にはそうした話が「ただのでっちあげ」としか映らないんですよね。それは、普通にみなさんのコメントを読めばわかることです。しかしジュンペイさんにはそれが「中傷」であり、つまり「ありもしない悪口を言うのは人としてどうなんですか?」と言われています。

それもわかります。だって私も創価は正しいと信じていたんですから。創価を批判するなんて「中傷」でしかないと思っていたんですから。でも違った。創価は宗教ではなく、多くの会員を騙して人生をめちゃくちゃにしてしまう凶悪な詐欺集団だった。以前はそれに気がつかなかった。気がつかなかった頃の自分と、ジュンペイさんがそのままダブります。だからわかるんです。ジュンペイさんはべつに悪気があって言ってるんじゃないってことも。ここの人たちにはよくわかるんです。かつての自分だったからです。だからこそそんな人に何を言ったところで聞く耳はもたないということも、自分の体験としてあるからよくわかります。

私ジュンペイさんに「ここでは決して中傷などしていませんよ」ということを長々と小学生でもわかるような言葉で説明したにもかかわらず、返ってきた返事は、最初とまったく同じでした。予想はしてましたけど、ものの見事に予想通りでした。かつての自分がそうだったからよくわかるんです。結局ジュンペイさんは私たちが創価を中傷しているという観点から一歩も踏み出すことなく、自分の言いたいことだけを言っていますよね。

前スレでも書きましたが、学会員は対話ができない。なぜなら相手のことを考えることができないから。相手のことを思って創価の信心をさせようとする気持ちはわかるんです。でもそのときに相手がどんな気持ちになっているのかをまったく考えないのが学会員の特徴です。つまり相手のことを考えているような気になって入るけれども、じつはまったく考えていない。考えているのはそうすることによって自分にも功徳がもらえるだろうという、じつは何の根拠も実績もない思い込みだけで、人を強引に学会員にしようとします。「常に自分は正しい」そこから一歩も踏み出さないから。そこでちょっとでも相手と対話をしようという気持ちがあれば「いったいどうしてこの人たちは創価のことをボロクソに言うんだろう?」という疑問が浮かんでもいいはずなのに、「創価への批判=中傷」としか受けとめきれません。それ以外考えられない。「自分は正しく他人は間違い」という思考から離れられない。絶対に反省などしない。反省したら負けだと思っている。何事も常に勝負だと植え付けられている。
そもそも、創価とまったく関わりのなくなった私が、どうして5年間も毎日毎日ブログで創価を中傷する理由があるんですか?私はそこまで暇じゃありませんよ(笑)。全国に自分と同じように創価で苦しんできた人が何十万、何百万人といるからでしょう。同時に創価で人を苦しめている学会員が何万何十万人といるからでしょう。だから「創価の現実はこうなんです」ということを言い続けているんです。これだけの数のいい大人がネットで悪口言って楽しんでると思うんでしょうかね?このブログを読んだ皆さんも同じような体験をしてこられたからこそ「自分もそうでした。創価は宗教ではありませんでした。悪どい詐欺でした。まだ気づいていない方は、一日も早く気づいて、ほんとうの幸せをつかんでください」という話をしているんです。これのどこが「中傷」なんですか?学会員さんにはやく幸せになってくださいと願い、自分の辛い体験を吐露することで、ひとりでも救うことができればという思いでコメントされていますよね。これのどこが「中傷」なんですか?

何度も言いますが、何の根拠もなく悪口を言うなら中傷でしょうけど、私たちがここで述べていることは、確実に自分自身が体験してきたことに基づいて話をしているんです。人から聞いた話とか、こんな噂があるとか、そんな話をしているのではありません。全部、自分が体験してきた事実を述べています。それを「中傷」と決めつける根拠がどこにあるのかをジュンペイさんに答えて欲しいものです。ここに集まった15000以上のコメントを「中傷」だと言い切るその根拠は何なんですか?

ということで、今回のテーマは「学会員のジュンペイさんへ」ということで、表向きはジュンペイさんという、私たちがこのブログで「ネチネチと創価学会を中傷している」としか思えない学会員さんに対して思うことを述べていただくスレッドですが、総じて(創価用語?笑)皆さんから一般の学会員さんに伝えたいことを具体的に述べてもらってけっこうです。

もちろん学会員のジュンペイさんもコメントしてください。ただ、ジュンペイさん一人に対しての大勢となりますから、ジュンペイさんへのいろんな質問はできるだけさしひかえてください。このままではおそらくたくさんの質問が殺到するでしょう。そしてそれにジュンペイさんが答えたとしたら、その答えに対しての多数の意見やさらに多くの質問が押し寄せることになります。そうなるとなんだかブログでアンチが学会員をさらし者にしていると見られるのもいやですからね。このブログでは白いブランコさんに次いで2番めのまともな?現役学会員さんですので、これを機会にみなさんが学会員さんに言いたいこと(本部職員ではありませんよ)一般の会員さんに対して言いたいことを書いて下さい。質問がある場合は「どうしても」ってときだけにしてくださいね。

きっと本部職員が見てますよ(笑)

「どうかこの学会員がアンチに言いくるめられて覚醒しませんように〜食い扶持が減りませんように〜」って御本尊に祈ってるかもしれませんね(笑)

広告

学会員のジュンペイさんへ」への142件のフィードバック

  1. ジュンペイさんはじめまして。
    コメントありがとうございます。
    >顔の見えない匿名のネットで、実在の人物や団体を中傷してもいいという理由にはならないと思います。

    へえ?そうですか?
    企業のお客様アンケートなどはこれを目的にしていますよ。
    ネットショッピングの口コミもこれを参考にしませんか?
    誰が言ったかではなくて、どう思っているか正直な感想、真相が知りたいんですよ。
    私もどこの誰べえが言ったなんてことは全く興味ありません。
    ジュインペイさんがどこのどなたかも詮索しません。
    そんなことは大切な個人情報でしょう?
    誰に悪用されるかわからない情報をなぜ公開しなくちゃいけないんですか?

    >単なる悪口やデマや中傷を、匿名で言ってもいいなんてことが許されるわけがないんです。

    デマ???
    なぜデマを書く必要があるのですか?
    申し訳ないけどそんなことして遊んでいる暇はないですよ。
    デマを面白おかしく刺激的に書いてお金にしてるわけでもないのに、なんでそんなボランティアを???
    ここの書きこみの多くはむしろ恥を忍んで、自分の耐えがたい過去を参考のために告白しています。
    自分に都合のわるいことはデマであってほしい、という気持ちはわかりますが、デマであってほしい、きっとそうに違いない=デマと言い切ってしまう学会員さんが多すぎます。まあ聖教会報誌のこれでもかというリフレインの影響でしょうけどね。

    創価については、自分の身元を明かした上で告発する人もいますが、それで大変な思いをした人もいっぱいいます。
    完全に犯罪になる嫌がらせや脅迫が後を絶えないし、創価はそれを実際「見せしめ」としてきました。
    例えばS大出の某ジャーナリストは、個人情報一切を洗いざらい詮索され、「人として生きていけないようにしろ」と新聞に書きたてられました。
    よくもそんな言葉が思いつきますね。完全にキ〇ガイですよ。
    陰湿だのいじめだのの比ではないです。
    創価は個人情報を握ったら最後、何するかわからない団体ですね。

    末端でさえ住所や電話番号を知ったら平気で連絡もなく押し掛けるし、そこら中に何でも言いふらして共有するのが大好きです。
    覗き趣味は創価のもはや文化ですよね。
    これに嫌気がさして引っ越しする人、電話番号を変える人が後を絶ちません。

    もっとも私は顔を知っている人とは何度も何度も対話しました。
    知らん顔してこっそりネットに書いてるわけではありません。
    中には私をモニカと知っている人もいますよ。
    またネットに書くのは活字にするためでもあるんです。
    話すのとはまた違った効果があるからです。

    >またいろいろ話をすり替えてくるのかなとも思いますが、こんな単純なことが理解できないなら

    話をすり替えていますか?
    単純なことを理解していませんか?
    この程度のことを理解せずして書き込みはしてないつもりです。

    それから「集団で祈る姿が気持ち悪い」ですが、これもよくよくなぜだろう?と私は考えてみましたよ。
    大勢が祈りを捧げる映像なんて他宗でも山ほど見たことがあります。
    それを信者でもない自分が、心を打つように感じることがあります。
    美しいと感じる。
    気持ち悪いと感じる。
    悪口を言おうとして言ってるのではなく、双方同じく感じることを言ってるまでです。

  2. こんにちは、外部のぽっけです。
    ジュンペイさん、初めまして。あなたの反論を読ませていただいての感想です。

    >顔の見えない匿名のネットで、実在の人物や団体を中傷してもいいという理由にはならないと思います。

    確かに中傷はよくないです、だって「中傷」=「根拠のないことを言いふらし貶めること」ですから。
    でも、ここに集う人たちは、根拠あっての発言です。ネットの匿名性により、本音を言えたりすることもあるのですよ、特に傷ついた人や危害を恐れる人は。
    なぜそういう人たちの声を全て「ただの悪口」「デマ」「中傷」と決めつけるのですか?
    仏法を学んでおられるのなら、自分は良いと信じている創価のせいでなぜこんなにも傷ついた人が多いのだろうかと、思いを巡らせる程度の気持ちはあってしかるべきです。

    被害者の立場として反論する前に、今まで創価学会というものが個人のみならず社会にどれほどの悪影響を与えてきたか、このブログを最初から辿って読まれることをお勧めします。
    一部分だけかいつまんで読んでわかった気になって反論すると、発言そのものが陳腐なものになります。

  3. ごくふつーに考えてみましょう。
    「100万円出したら幸せになれて、しかもあとで何倍にもなって返ってくる。さ、100万円出しなさいよ」
    と、近所のおばさんに言われて100万円出す人がいますか?
    でも創価学会員は出すんです。
    不思議ですね〜
    ってか異常ですよね〜
    しかも100万円だしても幸せになるどころか、普通の人より貧しい生活を強いられて、もちろん100万円は返って来ない。
    でも「私は幸せです〜、幸せになる途中なんです〜」って言ってる学会員さん。
    じゃあ、いつ幸せになるんですか?何倍にもなって返ってきた人を知ってますか?
    みんな「私は幸せです〜、幸せになる途中なんです〜」と死ぬまで言い続けて死んでいった学会員ばっかりです。
    もう典型的な宗教詐欺の代表。トップオブ宗教詐欺じゃないでしょうか?
    いや、いいんです。その人がそれでよければ何も言いませんよ。
    でも生まれた時からその考え方しかできないような環境で子どもを育てるのって
    犯罪じゃないでしょうか?
    ものすごい人権侵害じゃないでしょうか?
    アムネスティに訴えられても仕方ないんじゃないでしょうかね?
    そんな団体が政治を動かしてるんです。
    民主主義の対極をいってるカルト団体が選挙違反しまくって改憲に突っ走ってる。
    しかも改憲がどういうことかもわからない多くの学会員が
    ありもしない功徳欲しさに選挙活動に走り回っている
    恐ろしい状況です。
    偉そうに北朝鮮を批判できないですよ。似たようなことを学会員がやってるんですからね。
    しかも何の自覚もなしに。

    さあ。これが学会員にとっては「中傷」なんだそうです。
    >「100万円出したら幸せになれて、しかもあとで何倍にもなって返ってくる。さ、100万円出しなさいよ」
    これ普通に幹部が学会員に「指導」してますよね。事実ですよね。
    >「私は幸せです〜、幸せになる途中なんです〜」って言ってる学会員さん。
    これも事実ですよね。「功徳なんかないじゃん。現実を見ろよ」と言ったら必ず
    「今は人間革命の途中だから」と言いますよね。これも事実ですよ。
    事実しか言いません。その事実に対しての感想しか言いません。
    これ「中傷」ですか?

    創価は投票日に組織をあげて一般人を投票所に車で連れ出しています。これ選挙違反です。
    投票日にかたっぱしから投票したかどうかを電話確認します。
    これも完璧な選挙違反です。これも事実ですよね。
    これを選挙違反していると言うのは「中傷」ですか?
    創価に都合の悪いことを言うのは「中傷」でしょうか?
    いえ、質問しているんじゃないです。
    どう考えても「中傷」ではなく、事実に基づいた批判をしているんです。
    でも、もしこれが「中傷」だ、人としていかがなものか?というのであれば、
    選挙違反を見逃すのが人の道だと言ってるようなものですよね。
    広宣流布のためなら法律だろうが憲法だろうが関係ない。
    実際に学会員はそう思っています。
    法律よりも憲法よりも創価の仏法が正しいのだから、法律違反しても憲法違反してもいいという考えを学会員に徹底的に植え付けているからこそ、学会員は平気で選挙違反もするし、憲法が変えられるとなっても何の興味も示さないんですよね。
    言ってることが「中傷」かそうでないかといったレベルの問題ではないでしょ。
    「中傷」だなんだと言ってるほうが平気で選挙違反したり人権を無視するんですからね。
    この矛盾に気づかないんです、学会員は。
    なぜかというと「自分は絶対に間違っていない」という何の根拠もないことを信じ込まされているからです。

  4. 奄美大島からこんばんは (^_-)
    学会員さんにうかがいます。
    戸田第二会長が常々言っていた。
    敵は内部
    これについてどのようにおもわれますか?
    教えてください!

  5. ジュンペイさん、はじめまして。
    二世として育ち非活になって15年強のココアと申します。

    ジュンペイさんはこのようなネット上のブログで匿名にて学会批判がされていることを問題視されているようですが(それも批判ではなく悪口、デマ、中傷ですか)、ネットの世界を見渡せばそのようなことはいたるところで見られるわけです。ネットニュースのコメント欄などみなさん匿名でバンバン思ったことを書き込んでいますよね? 中にはそれこそ根も葉もない噂レベルのことを取り上げて中傷まがいの書き込みも多々見受けられます。

    例えばある俳優さんの記事があって、それに対して「彼は演技がほんとにひどい」というコメントが匿名であったとします。書き込んだ人はその人を演技を見て感じた気持ちを率直に書きました。でもその書き込みを読んだ俳優さんのファンの人は「そんなことはない!」と反論します。ですが、おそらくその議論はネット上でお互い匿名ままされることで誰も「匿名性」を問題にする人はいないでしょう。

    もしそのようなネット上の批判(もしくはある芸能人が叩かれている状況)を学会員が目にしたとして、ひどいなぁぐらいの感想は持つかもしれませんが、匿名でそのような中傷はやめましょう!それはデマです!と声を上げる人ってそういないと思います。ネットでよく見る風景ぐらいにしか思わないと思います。

    学会員さんはそれがこと学会へ向けられたとたん、この世の唯一無二の絶対神を傷つけられたかのように大騒ぎします。それは悪口で、デマで、中傷以外なにものでもなく、ましてやネットで匿名でやるなんて言語道断!!!
    モニカさんもおっしゃっていますが、これ、わたしの親に直接ぶつけても同じようにそんなこと嘘!この信心は絶対なんだから!と繰り返すだけで対話になりません。
    おそらくこの「絶対正しい」と「信じる気持ち」が否定的な意見に対する反発を生むのだと思いますが、その反発はさらに攻撃的になっていくことも多いです。
    創価新報の宗門に対する口汚い罵りなどはその最たるものですね。「絶対正しい」学会が「悪」である宗門に新聞という公の場で言うなら何を書いても許されるのでしょうか?(宗門に対してはいまだに攻撃的な記事があるようですが、宗門問題勃発当時は本当にひどくて当時高校生だった私はそれこそ理解不能で気持ち悪かったです)
    あれらの記事の中には後に裁判でそれこそ「デマ」だったと認められたものもあったと思いますが、そのことを学会員はきちんと把握して謝罪したりしたのでしょうか?

    匿名か匿名でないかが問題ではなく、そこで訴えられている内容を一端受け止めてなぜこんなにも元・現創価学会員がこのブログにコメントをしてるのか考えてみてください。お願いします。

  6. ・出来ることなら学会員だと知られたくない
    この感覚がある方はまだ自分を取り戻すチャンスがあると思います。創価学会がインチキであると分かった後は個人差はあれ精神不安に陥るようです。しかし大抵の方が気付いて良かったと仰います。私もやせ我慢から解放されました。

    なぜか創価学会をかばって40年も生きてきました。何をしてもらった訳でもないのに、学会員の家に生まれた事を受け入れる努力をし、信者になるために痩せ我慢を続いていたのだと思います。

    もう良いでしょう、会則変更に組織の衰退(現証)と辞める理由はいくらでもあります。退会の話し合いで私が質問責めにすると圏長はあっさり「分かりました」と反論すらしませんでしたよ。

    名付け親が池田名誉会長の為(たぶん職員です)、ある意味で創価学会と無関係になる事は無いですが、その事すらも笑って話せる日が来ることを夢みています。

    自民党に見放され、財務が底を突き、マスコミが騒ぎ出した時ではもう遅いですよ、今のうちに創価学会とは何なのか自分で調べてみてはいかがですか?中学生でも知ってることを大のおとなが耳をふさぎ目を瞑ってトボケてはいけません!!
    全て自分の人生、家族子供の人生のためです。

    私が分かったこと、世間の評価は思った以上に最悪レベル、それもそのはずインチキだった、残っているのは高齢者ばかり、残念です。(–;)

  7. こんにちは
    コメオと申します(正統キリスト教会に通っているキリスト教徒です)

    「私が言っているのはとてもシンプルなことです。
    真っ当な意見や批判は、言論の自由で保障されるべきです。
    そんなの当たり前ですよね。
    しかし、単なる悪口やデマや中傷を、匿名で言ってもいいなんてことが許されるわけがないんです。
    話をすり替えない方がいいと思います。
    実名で堂々と創価学会を批判している人は星の数ほどいますよ。
    また、学会を自分の意思で脱会している人もたくさんいますよ。
    集団で祈る姿が気持ち悪いとか、単なる悪口でしょう。
    あなた方のやってることはネットいじめと変わりませんね。
    またいろいろ話をすり替えてくるのかなとも思いますが、こんな単純なことが理解できないなら、残念ながら、対話は成り立たないのではないかと感じました。」

    上記のコメントは そっくりそのまま 貴方に申し上げます。
    つまり わたくしには貴方の独り言に見えます。

    ワカリマスカ?

    貴方にとって大切なことは 事実 現実を 貴方の目で見ることだと思います。
    そして 貴方にとっても大切なチャンスになりうる とも 思います。

  8. 外部のホリデイズです。2月26日付の週刊朝日に元創価学会の職員3名
    (神奈川在住の小平秀一氏38歳・滝川清志氏37歳・野口祐介氏37歳)が実名で告白して次のような記事がのっていました。聖教新聞に毎日掲載されている「新・人間革命」「池田先生からのメッセージ」「わが友に贈る」や、外国の著名人との対話に至るまで、代行であると、他の人間が書いているのだと。
     週刊朝日の記事の一部を紹介します。

     毎日の聖教新聞の「新・人間革命」や「わが友に贈る」も、師匠は弟子に一任されている。聖教新聞社の記者から下書きの内容が送られ、第一庶務の中心者がチェックをして完成させる。
     こうした作業は、部門ごとにチームが置かれ、多くの本部職員がかかわっていた。会員への激励品の書籍などに池田氏の印を押す作業なども含めると、100人をこえるスタッフが従事していたという。小平氏と滝川氏は、「第一庶務」の下にある「会員奉仕局」という職場に配属されていた際、直接見聞きして実情を知った。
     また、月刊誌「潮」で連載されている池田氏の海外識者との対談の多くも、直接に対面してではなく、池田氏が聖教新聞の幹部に大方針を伝え、それを受けて記者が作成してきたという。11年から13年まで「潮」誌上で対談したドイツの環境学者ヴァイツゼッカー博士は3人の問いかけにメールで、
     「対談集は、直接名誉会長とあって作っている訳ではなく、ドイツSGI(創価学会インターナショナル)が間に入ってくれて作っている。池田先生とは数年前に創価大学の卒業式で一度会っただけなのです」
    以上、引用終わり。

     この3人のブログが週刊朝日に掲載され、多くの人の目にとまることになりました。
    週刊朝日2月26日付の広告にはこういうタイトルがついています。
    「創価学会元本部職員が衝撃告白、池田先生が利用されている。お言葉作成の陰にスタッフ100人」
     もし、この記事が事実でないとするなら、創価学会は、この3人と週刊朝日を相手取って、裁判でもおこし、名誉棄損で訴えるべきです。事実だからそうはしないでしょうが。
     みなさんは、池田名誉会長が自分自身で書いていると信じて読んでいる、信じて勧めている、信じて配っているのですよね。それが、そうじゃなく、ゴーストライターが書いているというのです。みなさんは、嘘をつかれている、また、みなさんも嘘が書かれている新聞を勧め、配っているのです。どう思いますか?
     

  9. ジュンペイさん初めまして。

    バリ活男子部の彼氏がいる外部のえつこと申します。
    外部の立場からジュンペイの意見に対して感想を言わせて頂きます。

    まず最初にジュンペイさんは間違いなく学会員さんですね。
    なぜ確信を持ったかと言うと、このブログに書き込む学会員さんって皆さん揃って書き込み方がまーったく同じなんですよ。
    少なくとも私は同じだと感じてます。
    外部、脱会者、まだ学会員だけど批判をする人を完璧に見下した「そんな事もわからず書いてるんですか?」と言った上から目線の文章。
    書いてる内容は違ってもこの点だけは皆様一致してます。
    こちらのブログにお世話になりはじめて月日が浅い外部の私でもわかるくらい学会員の皆様は人を見下した書き込み方をする事に感してはどう思われますか?

    あと私はこちらのブログの皆様が学会を中傷しているとは全く思いません。
    むしろ自分が学会員としてやってきた事を正直に書き込み過去ときちんと向き合う皆様の強さは本当に敬意を示します。

  10. ぽむぽむです。
    ジュンペイサン、ありがとう。
    ほんじつ、18:40のシニフィエさんのコメントさえてました。
    ほんとうに、洗脳された人の悲しいかな、の状態が浮き彫りです。
    2世として育ち、覚醒不可能となった人たちへのコメントです。
    私も悲しいです。買うせい不能な夫をもち、今後、老後をどう過ごしていけばいいのか???
    途方にくれます

    でも、そんなことにんか負けても仕方ありません。自分のやりたいことはやって、時が来たら、それに対処するしかありません。

    創価崩壊が先か???
    憲法9条改正日本が戦争可能な国になるのが先か???

    そのどちらかが来た時に自分の進退を決めたいと思います。
    後者でしょうかね??じゅんぺいさん??あなたのような方がいる限り、日本は浮かばれませんね。
    わたしは、いつか夫と一緒にいられない日を迎えるのです。

    私は「池田」を嫌いです。
    憎みます。
    麻原より憎いです。
    気づいていながら、近づいた原因は、
    「心底嫌いで潰したかったからだと思います」
    崩壊に至らせるまで、活動します。

    小学生の頃、公明党のポスターを見て、宗教を語った怪しい政党と思っていた感覚を思い起こします。
    むかし、反原発や、水俣活動をしていた人に惹かれなかった自分に愚かさを、感じています。

  11. 「白バラ通信パンドラの箱」の希望です。
    創価学会は、インターネットを監視しています。その中心者は、女性問題で池田大作氏から「ケダモノ」と罵倒され、役職を解任された人物です。
    なぜ、この人物が「ケダモノ」と罵倒されたのでしょうか。私に情報提供して下さる創価学会の最高幹部は、この人物が池田大作氏の「真似」をしたからだと言われました。池田大作氏の「ハーレム」に潜入したからとのことです。
    では、なぜ、この人物が池田大作氏の「真似」をしたのでしょうか。その理由を、最高幹部は「学会本部に勤務するようになってから、池田大作氏の真実の姿を見て失望し、その反動からの行動だったと言われました。
    では、この人物をインターネット監視の中心者に据えたのは誰でしょうか?「ケダモノ」を「抜擢」した方は、かつて池田大作氏から罵倒されていた創価学会の最高幹部です。
    現在、信濃町の創価学会本部の幹部だけではなく、方面幹部も「粛清」されています。役職が解任された職員は多いようです。少なくとも、10名の副会長が役職を解任されました。
    先日のフジテレビのニュースでは、創価学会の専従職員を2500人と報じていました。数年前までは、本部職員は3000名でした。
    そう遠くない将来、池田大作氏の真実が明らかにされることでしょう。そうなれば、今、このブログで話題となっておられる方も「動執生疑」を起こされるはずです。

  12. こんばんは、nekoです。
    いやはや、コメントに時間差があるとは、知りませんでしたm(__)m
    そしてココを見て、何度も何度もテストのコメントがあり、顔が赤くなりました。
    皆様、本当に失礼いたしました。

  13. 外部のホリデイズです。ジュンペイさん、シンプルな疑問です。匿名を問題にしているあなたも、匿名。おかしくないですか?

  14. 学会員のnekoです。管理人さんへ

    全国に自分と同じように創価で苦しんできた人が何十万、何百万人といるからでしょう。
    ここに集まった15000以上のコメントを「中傷」だと言い切るその根拠は何なんですか?

    上記は抜粋した管理人さんの言葉ですが、これはさすがに・・・。
    こんなヘンテコな数をもし私の前で幹部が言ったら、そしてそれをごまかしたら、喧嘩になりますよ。

    全国に何百万人と、管理人さんと同じ苦しみ(どの様な事か分かりませんが)があったとしたら、今頃創価学会はもちろん、公明党など吹き飛んでどこかに霧散しているでしょう。

    ココにコメントしている方が感じたことを書くのは自由だと思います。ですが、管理人さんがこんな方だとは・・・・。
    失望ですよ。しっかり批判してください。創価の被害者を減らすと思っているなら。

  15. 学会員さんへ
    真っ当な意見や批判をキチンと受け入れてくださいね(^^)
    半ば強制的な財務、おかしな新聞啓蒙、選挙違反バリバリの活動、不幸の多い学会員さん達、全て経験してきたことですので。

    テレビの集団で祈る姿が気持ち悪いと私自身も感じました。これは私が感じたことです。ホンマに気持ち悪いと感じたから気持ち悪いと言うだけです。あんな集団の中によく入れたなーとある意味ビックリしましたよ。

    学会員さん、「お願いだから、気持ち悪いなんて言わないで」という前に自分の言動を見つめてください。
    こんなこと言ってもわからないだろうなあ。経験者だからそういえます。
    目の前のお年寄りに席を譲るよりも学会活動が世界で1番尊い活動ですもんね〜
    学会員さんは、対話が成り立たない相手なので何を言っても無駄でしょうね。洗脳されてるから。
    1つの疑問を「創価が絶対正しい」ということを一旦横に置いて、常識と照らし合わせて自分の頭で考えると良いのですが。
    たとえば
    「選挙違反はいいことなんだろうか?」
    「1人で複数の聖教新聞とるのはどうなのか?」
    「財務100万すれば幸せになれるという指導は、果たして正しいのか?」

    疑問を持たない限り、自問の扉が開けないのでしょうが。
    創価脳を治す薬があればノーベル賞ですね(^◇^)

  16. 逆にネットが実名社会だったら、えらいことになりますよ。
    そんなこともわかりませんか。いえ、わかって言ってますね。それか、単に何も考えず言ってますね。
    単に問題点をすり替えて気に入らないことに関して反論する。
    何もわからず何も考えず、単自分の考えに反することを言われると異常に反論する。学会員の特徴です。なぜそんなことがわかるかって?私も学会員だったからです。
    ここの常連さん達は、内部も外部も知ってます。事情に基づいた発言ですが。はい。

  17. 四十代婦人部非活動の古生物です
    ジュンペイさんこんにちは

    アマゾンのレビューだって
    漫画の感想だって名前なんか書かないし
    仮にここで名前名乗って、身分証明書は?
    検証しようがない事は置いときますな

    私ね、学会2世の夫と結婚しました
    信心強情な義父母と一緒に住んで
    子供産んで、産院から帰宅した日に
    すでに座談会に参加してとかね
    休んでしかる時期ですよね~
    当時、ヤングミセスの産休もなく
    コレおかしい、アレはないわと幹部に相談
    今はヤングに産休できましたね

    安静言われた妊婦に
    歩いて幹部面接受けに来いとかね
    行きましたよ、
    その方の家知らないもんで、近所で聞いたら
    このハラで呼びつけるってアホかと心配され
    幹部宅そばで軽く大騒ぎになりまして
    私を面接する為に呼びつけながら会合中wで
    遅れて来たなんかすごい幹部に見つかり
    呼び出した幹部さんが叱られてみたりね

    そこまでして
    わ〜れらのセンセイ〜って尊敬しようにも
    テーブル叩いて
    私だけがやりました、
    私だけがお守りしました
    弟子が書かないから新人間革命書くとか
    せめてあんなに自画自賛しなかったなら
    恥知らずなんだなとか
    ただの主婦に思われなかったろうに

    聖教新聞、毎日同じ様な話ばかり
    賞とりました、名誉市民なりました
    …5行ですむよね
    新聞としての価値はないでしょ
    大作日報で無料で十分

    学会員でいる事に価値が見いだせませんでした
    あなたも知ってると思しき一言をアレンジして
    学会にたくさんお金を使ってしまった
    これからは家族で使おうな!

    これが私の実感です

  18. いわる中傷記事、というものを知ったのは宗門問題の時です。
    写真をねつ造したり作り話を流して、自分の都合のいいように事実を捻じ曲げること。
    後にそのからくりを知った時、なるほど情報というのはいくらでも作れるんだと思いました。
    「要はもっともらしく書き信じさせること」

    例えば自分に不都合ができた。
    何かをしくじっていまって、周りにその失敗を見られてしまったなど。
    ふつうは自分を反省し、自分で解決するなり立ち直るなりしますよね。
    そうではなく、いやあれはアイツが悪いんだ。実はアイツはあんな奴なんだ。
    あることないこと書きまくって大勢を注目させ、自分を正当化しようと名誉挽回に必死になります。
    そのためなら何でもやります。
    異常とも思える執念で中傷を開始します。
    本を出版させ、全国で講演し、くりかえしくりかえし言ってきかせることで中傷を「事実」にさせました。

    池田がやったことはシンプルにそういうことです。
    オレ様尊しも、もう病気の域ですね。
    この事実を理解して以来、私の中で池田は無関心から軽蔑になりました。

    中傷とはそういうものを言います。
    そういう中傷にうんざりして、その中傷運動に加担させらている学会員に呼びかけているブログになぜ、同じように「中傷」を書く必要があるのでしょうか?

  19. 結婚と同時に入会し約30年後2014年末に退会、その後夫も脱洗脳、今は後遺症?にさいなまれている、にゃんころころです
    脱洗脳といってもまだまだなので、色々な話を継続中です。

    「入会直後に、変だな〜違和感感じるな〜納得できないな〜ということなかった?」の問いに対して

    確かに疑問点等々あった!でも、サークル活動的に忙しくしているうちにウヤムヤにしてしまった。そして、結婚相手(私の事)にそうかへの入会を強要しその後退会希望も拒み30年もの年月大変な思いをさせてしまった。

    サークル活動的にワイワイやってると末端のお人好しの人達との時間がヌルく心地良いものになり、入会時の本来の目的が違っていることに目をつぶる事になっていませんか?入会時、その直後の違和感や疑問点等々思い出してください。それ今はどうですか?

    そして、にゃんころころが活動をしていなかったら、今回の退会も認めなかったかもしれない。「まだまだ、信心が足りない。活動もしていないのにソウカの事をわかった様に批判して欲しくない」って言っていたかもしれない。
    あー恐ろしい!「絶対」って思うとこんな恐ろしい事が起きるんです。
    他者(家族も含めて)を巻き込まないでくださ。

    私にとって最も説得力を持った事実は、副会長の方々の納税額です。今は納税ランキング非公開ですが、昔は上位は公開されていましたからデータはそうそう間違っていないでしょう。これもネット上のデマでしょうか?もっとも、覚醒前の夫は「色々な経理上の都合でそういう処理したのかもしれない。会社にストックするより給与として出した方が、会社運営の都合上うまくいくってこともあるでしょう」と言っておりました。トホホです。

  20. あまにぃ さん 2016年2月16日 18:58
    >戸田第二会長が常々言っていた。  敵は内部

    に応えて、ニクオさんが >山友 竹入 矢野 福島 乙骨 たち…

    と、書かれてますが、時系列的に考えて有り得ないでしょう。(戸田会長⦅1958年(昭和33年)4月2日(58歳)没⦆が言ってたんでしょう?)。
    挙げた人達の著書を最低でも一冊づつでも読まれましたか?。違いますよね?、詐欺中枢(センセ)が云ってますよネ。それをそのまま鸚鵡宜しく、何も考えずに“口に揚げてるダケ”ですよね?。
    逆に各、上記著、をじっくり読み込んで行き“実態と考え合わせれば”、自ずから、
    >敵は池田だった。という事が解ると思います。

    「創価を知るための参考本を紹介してください 投稿日: 2015年7月12日」に、感想・サワリの部分が載ってますので、先にそちらを読まれて下さい。何も知らずに信濃君が言うウソ?(洗脳?)を、只闇雲に信じてても、オウムならぬ鴨の儘ですよ。まだ若い方みたいですから“出直しは効く”と思いますよ。年金世代以降になり、周りは学会員一色になればドーニモならん!。と、臍を噛みますよ。(語源:「ほぞ」とは「へそ」のこと。自分で自分のへそ を噛もうとしてもできないことからいう。)

  21. おはようございます。ふみです。
    アメリカ&関西合同総会の中で池田大作氏は「お世辞を言えば、広布基金が増える」等の発言をされています。これが創価学会員に対しての率直な池田氏の思いだと思います。本当に学会員の事を思っていたら、こんな発言は出て来ませんね。。
    池田氏、創価に対してはこの様な問題発言の他にも沢山矛盾やおかしい事があります。ジュンペイさんやまだ創価を信じながらブログを閲覧している方々は色々創価の矛盾とかについて調べてみるのが良いと思います!自分達が所属してる団体について調べてみるのは別に悪い事ではないですよね。それどころか今後自分達の団体を調べてみる事によって折伏等の時に役に立つかもしれないですよ?自分の信心の強さを試す良い機会にもなるかと思いますので是非調べて見て下さい!先ずはアメリカ&関西合同総会で調べて池田氏の発言を確認してみるのが良いと思います。
    前スレでは少し荒れてしまい、まだ創価を信じている方々にとってはちょっとキツイ発言があったかもしれないですね。自分も親族の殆ど学会員で創価について話す時は何時迄も平行線で話し合いにならなくて怒鳴り合いに発展した事も多々ありますが、このブログでは如何に現在も騙されてしまっている学会員に真実を知って貰うか、覚醒して貰うかに重きを置いてなかなか難しいですが、出来るだけ親切丁寧な感じで学会員の方々にブログを通して説得していけたら良いですね!
    直に会っての話し合いだとお互いにプッツンしやすいですが、ネットだと割と冷静でいられるのがネット対話の良い所ですね笑

  22. ホリデイズさん、とても興味深い記事サンクスです☆
    ん〜、朝日もフジテレビも冴えてきたっっ☆☆ …冬は必ずスプリングす、hasかむ
    朝日といえば、橋下氏が春から朝日系列にレギュラー決まりました、
    戦々恐々としてきましたね……選挙日程早まるかもしれませんね
    それにしても、お三人さん今後どうなることでしょう?

  23. 出た!学会お得意の『恩知らず』。この言葉こそ、呪縛の言葉のように思えます。

    詐欺団体とは知らずに所属していて、その活動内容に疑問を抱き、もしかしたら自分はとんでもない組織にいるんじゃなかろうかと。これはイカン、みんなに気付いてもらい早く止めさせなければ!!と『ほんとはこの組織は詐欺団体です。皆さん騙されてますよ!!』と親切に自分の良心に従って訴えているのに、逆に『この不知恩の輩』呼ばわりされる。

    良く考えてみてください。『恩』があるから間違っている人に『それは間違ってますよ。悪い事ですよ。』と親切に教えてるんです。
    ほんとに恩など無ければ、黙って知らないふりをしますよ。

    何を基準に間違っていると指摘されるのかわからないんですよね!?

    簡単です。『人の道に外れた行為かどうか』
    常に自分の心に問いかけて見てみれば分かるはず 。

    シニフィエ様、その他の皆様。
    まとまりの無い文になり申し訳ありません。

  24. このごろはさらに新しくコメントされる方がたくさんいらっしゃいます。
    そこで、あらためてお願いですが、このブログのトップには「コメントのルール」を書いています。
    ______________

    コメントのルール
    このブログへのコメントは自由ですが、最低限のルールとして、初めてコメントされる方は、一般常識としての挨拶と自己紹介をお願いします。なおコメントは承認制ですので、公開まで時間がかかる場合があります。
    _______________

    誰でもコメントできますが、ある程度読んでから、このブログの内容を理解した上で、責任あるコメントをお願いします。
    たとえば初めての方が挨拶や自己紹介をすることなど、わざわざ言われなくてもするのは常識だと思いますが、とりわけ学会員さんはこの常識が欠落しているので、こうしてトップに書かなければいけないわけで、それでもあいかわらずルール無視で、ろくに読みもしないで言いたいことだけを言う学会員があとを絶ちません。自分の発言を聞いてもらいたかったら、相手の意見を聞くのは当然ですが、学会員さんにはそれさえ理解できないようです。そんな人に宗教だの信仰だの世界平和だの言う資格はないと思うんですが、それをいくら言っても無駄なようです。なにしろ「創価を信じている自分がいちばん正しい」ですからね。自分の子どもにも生まれた時からそんな価値観を植えつけて教育するんですから、まともな人間になるわけがありません。創価学会にしたがっていれば法律も憲法も無視して当然だと、身をもって子どもに教えているのが学会員です。そうやって育てられた二世三世四世だけでも百万人はいますよね。
    創価学会は会員数を公表しません。公表している世帯数はこれまでに会員に下布した本尊の数だそうです。SGIメンバーは1200万人以上いると創価学会公式ホームページには書いてあります。この記載が事実ならば創価学会は今でも1200万人以上の人を騙して不幸にしているということになります。
    いくら何でも1200万人は明らかにウソですよね。でも少なくとも200万人の学会員は存在します。みんな騙されてお金を貢がされ、世の中のルール無視のとんでもない価値観を絶対だと信じこまされ、人生をメチャクチャにされています。ただ多くの学会員は洗脳されているから自分の不幸に気がつけない。幸せになっていなくても「自分の信心が足りないんだ、人間革命の途中なんだ」と都合よく自分で自分に言い聞かせて納得しています。救いようがありません。自分にたいしてもこうなんですから、他人に対しては言わずもがなです。他の方も言われているように、みんな面白いほど同じように独善的でキレやすく、他人を見下すのが学会員の特徴です。そういう人たちと対話が成り立つわけがありませんよね。

  25. 許山様 はじめまして。
    前スレでの質問ですがこちらでコメントさせて頂きます。

    学会員はとにかくお喋りで詮索好きで、よその台所事情から何まで一切を掌握してないと気が済まない人たちです。
    個人情報とかプライバシーなんてものは戦後のまま止まっています。
    温かいとはそういうもの。
    家族とはそういうもの。
    悪気はないにせよ、そういう価値観を植えつけられています。
    これは普段から他人の家にどやどや押し掛け我が家のように振る舞ったり、そういう人を見たり、他人のあけすけな話を聞いたり告白し合ったりするうちに自然に培われていくものに思えます。

    知り合いの家族ならその人も私の知り合い。
    何を知るも当然の権利と思っています。
    共有だの同感だの同苦だのを前面に置けば何でも通る。それの何がいけないの?
    という感じでしょうか。
    知ってることは何でもしゃべります。
    学会員の前で何かしゃべると、アッという間に複数人に筒抜けです。

    詮索好き、噂好き、他人と比べるのが大好きな人にはたまらない世界なんでしょう。
    確かにそれでバカにする人はいないし、うんうんと聞いてくれるし、慣れてしまうと自分も距離感というものに鈍感になってきます。
    ただそうなると自分も気づかないうちに「そういう人」になっています。

    許山さんの場合は完全に、入会のターゲットに狙われています。
    その詮索能力、伝達能力で徹底的に人を調べあげといて、「わかるよ。わかってるよ。もっと何でも話して。私たち見方だから」と取り囲みに入っています。
    気をつけて下さいとか言えませんが、毅然とした態度で接してください。

    それにしても毎回不思議なのは、学会員さんって私が知る限り聞き上手でしたよ。
    まっすぐ目を見て「うん、うん」と頷きながら話を聞く姿勢はすばらしかった。
    なのになぜ、挨拶と簡単な自己紹介してくださいね、という簡単な話が聞けないのでしょうか?
    簡単ですよね?
    うっかり忘れるほど難しいことですか?
    ちらっとでも聞いていればわかることですよね?

    これでは質問に答えたり、批判に回答して対話に応じようとする気持ちがなくなります。
    気持ちというよりそのまま対話を始めたら、話が成立すること自体が無理ですよ。
    だって相手は言うだけ言うけど、こちらの話は聞かない人ですよ。

    創価ではちゃんとできていることが一般社会ではできない。
    それは何故なんでしょう?

  26. 日本でもっとも創価脳密度が高いと思われる
    奄美大島からこんにちは(^_-)
    ガガテツ様返信ありがとうございます、。
    現役の学会員さんに質問致します。
    故人戸田第二会長が常々言っていた。
    青年よ政治を徹底して監視せよ。
    この発言をどう捉えどのように実践していますか?
    具体的に教えて下さい。

  27. 41歳男パニックスです。(昨年末退会)

    私はこちらのブログを利用させてもらい、憂さ晴らしをしています。書き込む内容は創価学会の批判です。時に悪口レベルの事も書いていますが事実に基づき現状を正確にと心掛けています。

    時間を見つけてはせっせと書いています。もう病気の域です、出来れば創価学会のことを最初から無かったことにしたいですよ、私だって。
    出来たら苦労しません、創価後遺症の恐ろしさです。でも気付いて良かったと思ってます、やせ我慢から解放されました。いままで創価関連でどれだけ作り笑いやカラ元気を見せていたか数え切れません。

    書く人には書く理由があり、書かれる方も同じよね?このブログ以外でも物凄い数のアンチ掲示板があります。表立って言えない空気を作ったのは創価学会ですよ、それも戦略的に各方面へ人材をはり巡らしてます。指揮したのはもちの論池田氏です。

    学会員さん!社会の嫌われ者の自覚が足りないですよ、私も甘く見てましたから良く分かります。

  28. 他人のプライバシーも、法律や憲法に違反するような人権侵害も、「広宣流布のためなら」と何とも思わないような恐ろしい団体を、実名で批判したら何をされるかわかったものではありません。そりゃそうでしょ。一般の人が暴力団の事務所に「おまいら麻薬を一般人に売りやがって」と殴り込みに行きますか?ネット上で「暴力団はいけないことしてるよ」って言うのが「中傷」なんでしょうかね?創価批判を「中傷」と決めつけるのはそれと同じですよ。

  29. 創価の衰退はいよいよこれからですよ(^^)

    池田さんと創価官僚が巧みに人間の心理に付け込んで、ここまでホントに上手に発展させて来ました。
    ある意味凄いことです。

    今まで限られた人間関係であったり、限られた情報空間であったため創価の闇の部分が公になりませんでした。

    しかしインターネットが発達した上、情報の入手、発信が容易になりました。今私も手のひらのスマホで親指一本で発信、アクセスしています。これが世界中に発信されている、欧州の方もこの発信をご覧になるんです。そういう時代です。今までの限定的な人間関係、アナログ的な情報の入手方法とは訳が違います。

    このブログに出会い、「こんなにも同じように、創価で疑問に思ったり辛い目に会った人がいたのか!」とビックリしました。そうですよね?

    全国同じように選挙違反したり、同じように100万の布施をしつこく何回も迫られたり、「辞めるとバチが当たるぞ!」と脅されていたり、組織内のトラブルなどなどホントにたくさんの事例がありますね。

    「ここのブログが真実なら、創価公明はとうにふっとんでいますよ!」と仰る方がおられますが、いよいよこれから衰退し吹っ飛ぶんですよ!今までうまく隠しとおせていたものが隠せなくなりました。

    大きな組織ですので、1年2年のスパンでなくて、もっと長い期間で見るとよくわかると思います。
    20年後の座談会、どうなっているでしょうね?

    池田さんがそんなに長くないと思いますし、宿坊の何とかとか例の3人組さん見てますと、今の執行部が求心力無いのは見え見えです。

    活動家の皆さんが創価が発展していると思われても、実際の現場は衰退明らかです。
    男子部の人材グループの牙城会みても、着任回数増えたり、一回あたりの人数減ったり、壮年部の王城会に頼ったりしてました。

    創価の皆さんには、「現実をしっかり見据える。感情抜きに」されることをお勧めします。
    東京の執行部の方々はその辺り現実をしっかりと見ておられるとおられますよ。

    先生亡き後も団結して頑張ってくださいね!
    世界広宣流布のために!(職員からすれば、「俺たちの飯の種のために!」)(^^)

  30. 非活の学会3世 婦人部 ジンジャーです。

    ホリデイズさん
    記事の情報ありがとうございました。
    いままで自分もずっと不思議に思ってたのです。先生が本幹に出られなくなってからも、海外の識者との対談などか新聞に載っていましたし、新人間革命の執筆、我が友に贈る、などあれだけの指導を毎日書き続けるのは難しいのではないか、また大きな会合には長文のメッセージ。薄々先生が書いてないということは感じていました。年齢的な事を考えても無理ですよね、、。活動家のみなさんも、薄々は感じているのではないでしょうか。。
    私は地区婦になってから、学会の真髄(本性)を見た気がします。およそ世間一般では考えられない非常識の連発。このまま続けたら気が狂う、、、狂う寸前までいきました。幹部のみなさんはその異常さに慣れてしまっている、特に婦人部の幹部は非常識極まりない無神経な方が多かったです。これは私の実体験に基づくコメントなので、悪口とか中傷ではないです。
    自分が気が狂いそうになっていたとき、たまたまこのブログに出会いました。そこで皆さんの意見を読み、自分と同じ気持ちで苦しんでいる人がいることを知り、やりたくなかった財務も放棄できたし、非活宣言し、罰論に怯えることもないんだ、と普通の生活を取り戻すことができました。
    自分が学会でおかしいと思うことの一つに、新聞配達のことがあります。配達を会員にやらせてますが、自分は代配で1日30部前後配達してました。日曜公明も配ってましたが、販売店からもらう手数料は1日約250円でしたよ。日曜だけの配達だから1カ月の手数料は1000から1250円くらいです。こんな安いお金で毎週日曜日、雪や、雷、大雨の中配りましたよ。代配なので正の配達員さんの苦労はこんなもんじゃないと思いますが、フルタイムで仕事して休みの日に5時に起きて、かなりしんどかったです。なかなか配達員は辞めさせてもらえないですし、、。でもこれっておかしくないですか?何故会員にこんな安い手数料で配達させるの?配達を辞めたくて苦しんでいる人たくさんいるんです。新聞に関することが地区ではものすごく負担なんですよ。新聞配達やりたくて配達が楽しくてしょうがない、とゆう人に私は会ったことないです。
    ジュンペイさんのように、このブログのコメントが悪口だとか中傷だとかいってくる人は、組織で本当に苦労したことがないのかなと思います。ここのブログにコメントされてる方は皆さん、学会活動に命をかけて、学会に尽くし抜いてきた方が大半だと思います。大げさですが自分も命をすり減らして、身命を賭してやってきたつもりです。
    その命懸けで配っている「先生のお手紙」と称されている聖教新聞が実は先生が執筆してないんですよ。これは許せないことではないでしょうか。
    真実を語るのに匿名とか実名とか関係ないと思います。
    自分と同じように苦しんでいる方がいると思うし、自分もやっとマインドコントロールが溶けてきたところなので、このブログのお世話になりながら気持ちの整理をさせていただいています。
    管理人のシニフィエさん、いつもありがとうございます。

  31. 学会員さんへ
    ここのブログに集まっている15000以上のコメントは、嘘でしょうか?
    私は、体験した事実をそのまま載せております。
    学会員で半世紀を創価に捧げた強信者であった父が首つり自殺したこと、バリ活の母がガンで悶絶する苦しみの中息絶えたこと、座談会終了後に会場提供者の婦人の方が、息子さんに包丁でメッタ刺しにされて死亡したこと、男子部員に執拗に10万貸せ!と迫られたたこと、かなり年上の女子部に付きまとわれたこと、組織のいうままに選挙活動していたら、選挙違反であったこと、ポイントを上げるため贈呈という形で3か月間友人に聖教新聞をタダ読みさせたこと、家庭訪問の時にマンションの玄関ドアのポストを開けて中の様子をうかがったこと、電気メーターの動きで在不在を確かめたこと、部員さんの帰宅を待ち伏せしてたこと、「財務は2倍になって返ってくる」との指導を受けたこと、知り合いの幹部が一日20部の聖教新聞をとっていること、名簿に載っている男子部員が実在が2割ぐらいだったことなどなど全部「ありのまま」を載せております。
    信仰があなたの支え(というか学会風に言えば「生命力の源」)になっていると思いますが冷静に見て、考えトンデモ無い組織であることがわかりますよ○○○でした、

  32. neko suki様はじめまして。
    脱会済の元婦人部、モニカといいます。
    neko sukiさんは学会員です、とのことですが女性でしょうか男性でしょうか?
    女性の印象を受けますが婦人部でしょうか青年部でしょうか?

    >私も含め、自殺を考えるほど苦しみの境涯にいた人が、創価学会に出会い救われた方が大勢いらっしゃることも否定できないと思います。

    そうかもしれませんね。
    ただずっとそう思い続けているのではなく、そののち「あ!騙されてたんだ」と気づいた人も大勢いることをお忘れなく。
    結婚詐欺に会い、最初は天にも昇る気持ちで「救われた」「なんて幸せ」と思っていたのが真相を知って愕然としたと考えてください。
    その時自分だけでなく、他人の人生も巻き込んでしまって取り返しのつかないことをしてしまっていたら。
    一時救われたなんて思っていたことは全く無意味です。もっと酷いです。
    なら最初から知らなかった方がどれだけよかったか。

    >救われた方が大勢いらっしゃる

    それは永遠に決定ですか?
    あまりに甘いコメントで、正直ズルッときましたよ。

    >全国に何百万人と、管理人さんと同じ苦しみ(どの様な事か分かりませんが)があったとしたら、今頃創価学会はもちろん、公明党など吹き飛んでどこかに霧散しているでしょう。

    はい、そういう日も近いでしょう。
    創価がらみの問題は同じではなく人それぞれですが、学会員さんが考えているより深刻で圧倒的な数字があります。
    内部ではその逆の話をこれでもかこれでもかと擦り込まれ、絶対に耳に入れないのでにわかには納得できないだけと思います。
    私も内部に居た頃は、そんな数字聞いたことも見たこともありませんでした。
    言われたら喧嘩したかもしれません(笑)
    逆に「何百万人が創価で救われいる」という創価の言い分は毎日浴びるほど聞いてましたから、それはすんなり納得できました。面白いですね。

    一度だけ本部幹部が言った(脱会直前でしたが)、「平成〇年以降、ゴソッとよ。ゴソッと抜けてるの」のたったこの一言が、私が内部で聞いた唯一のネガティヴな言葉でした。
    そこにいた地区婦が目をまるくして一瞬ポカンとしましたが、本部幹部も空気を読んでかその話は一瞬で終わりました。
    とにかく何が隠ぺいされているって、数字が隠ぺいされてるんですよ。
    財務の金額もそうですが、数字っていろんなことが読み取れますよね。
    だから何より隠ぺいします。誤魔化します。
    会合で「脱会届けが連日です」なんて話絶対言わないでしょう?

    neko sukiさん、あなたの座談会の出席人数は何人ですか?
    複数の座談会に出ている幹部は一人とカウントします。
    そしたら10人もいますか?昼間の座談会なんて3、4人です。
    これが実際の学会員の数字です。
    ひとつの町にごくごくたったそれだけ。
    イメージ操作で創価の作ったコマーシャルばかり見てると「創価は巨大組織」という石のような印象が定着してるのかもしれませんが、現実はこのくらい衰退してるんですよ。

    それから外部の本音です。
    面と向かって学会員を傷つけるようなことを敢えていう人はあまりいないでしょうが、言わない=思ってないとするのは大間違いです。
    できれば積極的に聞いた方がいいでしょう。
    学会員さんは自分が主張するほど人の話は聞きませんから、そこが残念です。
    neko sukiさんも、こういうブログを読むと「幹部に読ませたい」と思われますよね。
    そこにまだ救いがあります。
    でも幹部ほど読みません。
    何も知らないし、知ろうとしない人が圧倒的です。
    そういう人に囲まれて活動しているうちは何を聞いてもピンとこず、具体的な数字を言ってもアクセスカウントを見ても、
    「>こんなヘンテコな数」
    としか思えないでしょうね。

  33. 脱会済みの配偶者を持つ、外部のAnnです。
    このブログのコメントのどこが誹謗中傷というのでしょう。自身の体験された事に対する後悔、苦悩などから何とか自分の人生を取り戻そうと絞り出すような言葉のどこが誹謗中傷?言葉は、ちゃんと使いましょう。外部の人間として、パートナーの洗脳からの壮絶な脱却過程を見てきたから、ここのコメントの数々は心に響きます。それに比べ、相も変わらず上から目線の金太郎飴のような画一的創価ロボット達のコメントは、何の響きもありません。
    誹謗中傷とは、聖○新聞上の宗門攻撃などの、とても人の目に触れさせたくない汚い言葉の羅列などをいうのです。

  34. 平成11年時点で故西口関西長が脱会者は1000万人だと「朝まで生テレビ」で言ってしまったそうですから、創価学会で苦しんだ方々はそれに加えて今も増え続けていると思います。何百万人でもたりない気がします。
    内部から変革などとおっしゃる方がおられますが、確信犯に対してそのような無駄なことをしている暇はございませんので。

  35. こんにちは。
    2世でバリ活20年ユル活4年非活1年40代壮年部のミドリムシです。

    ジュンペイさん、ニクオさんがどれくらいの活動歴であるのかは存じ上げませんが、私は少なくとも20年間はバリ活として頑張ってきました。
    財務もトータルで¥10000000以上やりました。本流も3人しました。選挙も勇説隊をはじめ、F取り連れ出しやりました。男子部では部長、牙城会では主任、会館守る会、派遣隊やりました。
    そして20年やって来て非活になったのです。
    昨日今日学会に入会して闇雲に批判している訳ではありません。
    ちなみに私が本流した方々には覚醒後に私が非活になった事を伝え、現在対話中です。

    さて、そんな私が覚醒したきっかけは、あの東日本大震災です。震災後に性狂珍聞に掲載されたバカ丸出しの記事(被災されて苦しんでいる被災者の方への『家や財産が流されても池田先生と皆さんの絆は永遠ですよ!』)に違和感を覚え、その直後の統一地方選での我が地方の公明党候補のトンデモ発言(『放射能は良い面もある』)に更に不信感を強めました。
    そして地方選後の5月、私は被災地へ個人的にボランティアに行きました。計3日間、瓦礫の撤去や側溝の泥出し等をやって来ました。作業の合間に同じくボランティアに来ていた方たちと会話すると、日本全国、更には海外から様々な人達が来ていました。中には公明党=創価が敵視する共産党の機関紙『赤旗』がボランティアを募っていたのを見て、応募して来た方もおられました。
    そこで私はあるアイディアを思いつき帰ってからの男子部部長会で提案をしました。
    我が部の男子部の有志を募って、ボランティアに行きたい。強制では無くあくまで行きたい人だけで。その方が選挙の時に全国交流なんて言って縁もゆかりも無い所に行くより余程世の中のためになるのではないかと。
    すると数日後、壮年男子の幹部から呼び出されました。
    『ボランティアは認められない』と。
    理由を聞いてみると、
    『そもそも日蓮大聖人はボランティアを認めていない』と言うのです。
    どういう事かと聞くと、
    『御書には極楽寺良寛を否定する文言が書いてある。極楽寺良寛は橋を懸けたり、道路を整備したりして、人々からは生き仏と崇められていた。しかし、本性は大聖人を苦しめた極悪人である。また、橋を懸けたり道路を整備しても世の中の不幸の根本的解決にはならない。この信心を広める事こそが最高の善行なのだ。だからボランティア等やるのは無駄だ』
    しかし、私は池田の著書(と思っていた)『青春対話』にボランティアを肯定する記述があるのを知っていたので反論すると
    『君は先生の本当のお心がわかっていない』
    と破折されてしまいました。
    まさに、他の方も書かれているように、電車で席を譲るより学会活動する方が良い事だと思っている創価脳の典型です。

    勿論、たまたま私が関わった幹部連中がそうだっだけで、全ての人が当てはまるとは思いません。
    しかし、この出来事により益々創価への不信をました私は更に覚醒に近付いたのです。

    これを読んでジュンペイさん、ニクオさん、そして現バリ活創価脳の方々がどう思うかは自由です

  36. お昼間のコメントがうまくいかなかったようで、職場の休憩室の電波環境が悪くて。
    何が今1番言いたいかというと、集団的自衛権が行使され、自衛隊が国防軍にかわり、
    ちょうへいせいになったら。。。
    学会員さんよ、自分の旦那、お父さん、息子さん、誰でもいいのですが、戦争になったときに、徴兵されてしまったら、どう思いますか?平気ですか?
    そういうことを実現させようとしているのが自公です。
    知らなかったから支援してしまった!で、済まされることですか?
    そのときになって泣いても、自分の蒔いたタネですよ。

    そんなことにならへんでー。っと思っているのんきな、学会員さん、
    そんなことにならないという保証もありませんし、世界が荒れてる今、可能性のあることです。

    これを言ってもまだ支援する人は、もう、痛い目に合わないとわからないんでしょうね。

    自分の功徳を追う幻想のために、他の国民を道連れにしないでください。
    あ、徴兵されてもへいきなんですね?

    え?そんなことも全く考えてない?公明のすることだから信じてる?
    もう、この思想いいかげん卒業してください。

  37. ジュンペイさん

    はじめまして。paroleと申します。
    私は1957年に入信し、青春のすべてを信仰活動に費やし、
    壮年部副支部長になって、2015年5月に脱会しました。

    ジュンペイさんの仰りたいことは、
    「言いたいことがあるなら、顔と名前を出して、堂々と批判しろ」
    ということでしょう?
    それができないで「ネチネチ、中傷」するのはみっともないと、
    感じられるのでしょう?

    たぶん、このブログに報告されている、壮絶な体験をひとつも読まれないまま、
    「みんなのニュース」のコメントだけ見て、
    そんな印象を抱いたのではないですか?

    実はね、ジュンペイさん、
    私もこのブログの存在を知ったのは最近のことで、
    創価学会に疑問を抱きつつも、信仰者としての矜恃を持っていた時期でした。

    そのときの気持ちは「いったい、どんな悪口を書いてるんだろう?」という、
    好奇心から、そっと覗いてみたのです。

    しかし、このブログのスタートにあるsignifieさんの自己紹介を読んで、
    私は、自分の薄汚い気持ちに心底反吐が出て、実際にトイレで吐きました。
    そして幾多のすさまじい体験談を読み、心を震わせ、涙を絞りました。
    匿名ですら、ここまで書くのは、大変な勇気が必要だったろう。
    もし実名で書いたなら、どんなに恐ろしいことになるか。
    また、脱会したくともできず、パートナーや家族、親族との軋轢から、
    現在もなお、苦悩のただ中にいる人たちの声が、
    このブログにはあふれています。
    創価学会とは、こんなにも非道な組織だったのか。
    私は自分の無知を呪いました。

    ここは、不満のはけ口にすぎない、いたずらがきのような、幼稚なブログではありません。

    管理者のsignifieさんや、スマイルさんの体験を読んでみれば、
    ご自分が、いかに軽率な書き込みをしてしまったか、
    後悔されることでしょう。

    そんな声を知ってもなおかつ、
    「匿名でネチネチ、中傷」だと思われるなら、
    ご自分が顔と名前を明らかにして、
    ここにある体験、暴露、コメントを
    真正面から論破してみてはいかがでしょう。

  38. ニクオさん、もし自分が活動していた慈善団体が、悪どい詐欺団体だったとわかっても、あるいは暴力団と繋がって、影で犯罪のし放題の団体だとわかっても、ニクオさんはその団体に止まって、ちゃんとした慈善団体に改革できるまで頑張るというのですか?ちゃんとした慈善団体になるまで犯罪は繰り返されても仕方ないと思いますか?思いますよね。思うのが学会員ですよね。
    創価学会はけなされて当然のことをやっているからけなされているんです。根も葉もないことでけなしているのではありません。けなすのではなく、揺るぎない事実をもって警告しているんです。ニクオさんはスマイルさんのお父さまの話を読みましたか?それでも創価学会に止まって改善しろと、ニクオさんはスマイルさんに面と向かって言えますか?言えるんでしょうね。言えるのが学会員ですよね。それが創価学会の正義なんですよね。
    どうぞ頑張って創価学会を内部から改革してください。そう考えてやり始めた本部職員の3人組がどんな目にあったか知ってますよね。真面目に情熱的にすべてを創価学会のために、センセーのためにと捧げてきた3人の本部職員でさえあんな顛末なんです。創価学会を改革しようなんて思う人間は、創価学会にとっては脱会者よりもやっかいな反逆者なんですよ。ちょっとそんな動きをしようものなら、すぐに「あの人は魔に負けて頭がおかしくなったから関わらないように」と孤立させます。本部職員の3人組は地方に飛ばされたあげく除名処分されました。安保法案反対のデモに参加した学会員は「脱会されてけっこうです」とはっきり言われました。創価学会を少しでも批判すれば、簡単に切り捨てられます。金にならん会員はいらないってことです。創価学会が変わったんじゃなくて、もともとそういう詐欺団体なんです。改革だの変革だのといった話ではありません。創価学会が詐欺団体だと気がつくかつかないかの問題です。ある時点まで、私たちもニクオさんやジュンペイさんと同じ考えで活動していたんです。そしてある時点で私たちは気がついた。ニクオさんやジュンペイさんは気がつかない。それだけの違いです。

  39. nekoです。モニカさん初めまして。

    えーと、本音で語りますが、モニカさんの文面から、学会員である私を救いたい。また、犠牲者(でいいのかな?)を増やさないために、私に語りかけているのか、それとも、居丈高に私を押さえつけたいだけなのか、判断が付きかねます。

    先ほどの、クマさんからは、前者のご意見だと受け取ることができなたのですが。

    どちらにしても、すみません。私が返答をすると、ただ荒れるだけかと思われます。返答はやめておきます。

  40. nekoです。誤字がありました。訂正いたします。

    先ほどの、クマさんからは、前者のご意見だと受け取ることができたのですが。

    誤) 先ほどの、クマさんからは、前者のご意見だと受け取ることができなたのですが。

    失礼致しました。

  41. このブログのおかげで非活になりました、元白ゆり長のピノコです。
    恩恵を受けたのであれば、恩知らずと言われても仕方ありませんが、ここに集う皆さんは、恩どころか、非情な体験、被害、思い出すのも辛いような体験をした方ばかりです。
    創価学会がまっとうな宗教団体であれば、悪いところを直そう、正しい道へ変革させようとも思うのでしょうが、なにせ創価学会は宗教でもなんでもありません。世界平和をうたうサークルでもありません。詐欺団体です。犯罪集団をどう変革すれば良くなるというのでしょう。元学会員だったという過去を消し去りたい、創価学園出身という経歴を抹消したい!そんな方ばかりですよ。恩もヘチマもありません。ニクオさんのコメントの意味がわかりません。
    あ、もちろん、解ろうとしていませんので、返信は結構です(^-^)

  42. ニクオさん
    >悪い部分があっても内部から是正する努力をすべきでしょう。
    >脱会をすすめるのではなく内部から変革するように応援したらいかがでしょうか?

    そう思うならあなたがやればいいのではないでしょうか?
    なぜやらないんですか?
    あたなは「創価は嘘が多く、活動も新聞も続けるのが嫌になった」と言ってそれをやらず、辞めてますよね。
    活動をやめ新聞をやめることを創価では「恩知らず」と言うのだそうですよ。
    悪い部分があっても内部から是正する努力をしない「恩知らず」ってことですね。

    neko様 レスありがとうございます。

    >モニカさんの文面から、学会員である私を救いたい。また、犠牲者(でいいのかな?)を増やさないために、私に語りかけているのか、それとも、居丈高に私を押さえつけたいだけなのか、判断が付きかねます。

    困って悩んでいるならともかく、幸せに思っている人を「救いたい」なんて思いませんよ(笑)
    ただそう思ってよかれと思って活動をしている人が、これ以上犠牲者を増やすのは嫌です。
    それを奨励するトップはもっと嫌です。
    nekoさんのような末端がやりたくてもできなくなるよう潰れてくれたら嬉しいです。

    誰もがそれであなたのように感謝するわけではないのです。
    圧倒的な確率で迷惑します。
    私もそのような人を縁して、創価に入れられた一人です。
    後に人生最大の迷惑を実感しました。
    やるならどうぞ一人でやってください。
    誰も押さえつけませんよ。
    一人の成人した大人をどうやって押さえつけるのです?
    誰にそんな権利があるでしょう?
    ただしそうやって今後も人を巻き込んでいくなら、私じゃなくても多くの人が「迷惑です」とははっきり言うでしょう。

    ご自身で「荒れる」という意識がおありということは、反発を招く、それを荒れないように説明する力、度量が自分にも創価にもない、ということを言ってるように聞こえます。
    何か言うと「荒れる」
    そういう世界に身を置くか置かないか。
    それが支持されるかされないか。
    それは個人の価値観の問題ですよね。

  43. 四十代婦人部非活動の古生物

    自分を嘲笑う事で自分を保っている
    情けない母親です

    内部から改革?
    家が家事なら逃げましょう
    だって仕方ないじゃない
    安全で清らかで幸せになれるはずが
    本当はとんでもない伏魔殿と分かったから
    それも少し活動から離れて分かった事
    家の外から叫びますよ
    そこは危険だってね

    中にいたら心が死にます
    思考停止してないと思うなら
    せっかくだから
    たくさんの声を読んで
    どう感じたか考えて欲しい

  44. 「改革」でたーーーーーーーーーー!
    出ました学会員さんの18番。
    学会員さんは改革って言葉好きですよねー。
    どうしてもう、こんなふうに判で押したような言葉を言うんでしょう。

    そんなもん、とっくにお試し済みです。

    あのですね。ここに来ているほとんどの常連さん、元会員は、
    あなたたちの大好きな改革とやらを提案したりして、
    改革どころか、キ◯ガイ扱いされて集団で無視したり、
    散々信心がないだのこき下ろされたり、提案した人間を潰しにかかる。
    そんな経験されてる人ばかりです。私もです。
    直近のコメントで言えば、ミドリムシさんが書かれたコメントなども衝撃ですよね。
    ボランティアも却下するなんて。どこが宗教ですか?
    どこが民主主義ですか?全体主義の命令のごとく却下してるじゃないですか。
    近所の早起き会の人たちのほうが、よほど人のために頑張ってますよ。

    改革が無理だから、そんなことできもしない組織だと知って、
    みんなここで体験を話しています。コメント読みましたか?いろんな人の体験を参考までに読んだ方がいいですよ。
    読みもしないで、ここのブログを批判するのはお門違いかと思います。

    もう一度言います。
    創価の辞書に改革の文字はない!

  45. こうやってジュンペイさんやニクオさんが一般的な感覚からかけ離れた非常識な発言を平然としてくれるので、創価学会がこれほど人間をおかしくしてしまうことが、多くの人に明確に紹介できて助かります。彼らが言うことと私たちが言ってきたことを、このスレッドのコメントだけを読んでもわかるので、お礼すら言いたいくらいです。本部職員は地団駄を踏んでいることでしょう。
    「な、なんてこったい!あの野郎、余計なことしやがって、これじゃますます覚醒者続出じゃねえかよ。頼むからオレの食い扶持減らすんじゃねえよ、このアンポンタン!」
    ね、本部職員さん♫
    でも仕方ないですよね。ジュンペイさんもニクオさんも正直に話をされていることもよくわかります。ただそれが一般的に
    通用するかというと話は別というか「なんじゃコリャ?」って感じであることが本人はわからないんでしょうね。残念ですね。

  46. こんばんは
    外部で無宗教の風太郎です
    まったく外部の私から見て、最近、学会員には2通りの会員様態が
    あるように思えてなりません

    宿坊の掲示板をたまに覗きますが、配達などの現場の苦労の
    話などはまったくといってよいほどそこでは話題にされていません
    おそらく配達された新聞をくわえタバコで読む立場の人達でしょうか
    そして御書とか先生の著作、理論を振りかざして先生、先生の連呼
    ここの人達は老人ばかりの地域の座談会にポツンと男子部として1人で参加して
    いるのでしょうか?
    参加すれば、当然、新聞配達の役目や役職などが回ってきて、その
    あまりのつらさに愚痴のひとつも出そうなものですけど、
    そういう気配はまったく感じられません
    そういう末端活動には参加せずただひたすらに理論構築とお祈りに専念?
    おそらく3人組さんもそういう意味では同じ仲間かな?

    一方、ここのブログでは雪や雨の中での配達の苦労と役職の押し
    付け合い、F取りや財務の話題等々、学会活動末端での出来事を
    通した矛盾の数々の報告

    はたから見ていてまったく立場を異にする会員のあり方だと思いました
    (まったくの外部ですのでもしかしたら活動に対する私の誤解かもしれませんが)
    参考までにジュンペイさんやニクオさんはどちらの立場に近い会員でしょうか?

    それにしても、テレビ放送以来、連日1万アクセスが続き、どうもこのまま定着し
    そうな感じですね
    これは一度このブログを覗いたら、それなりに引き付けられるものがあるということの
    確たる証拠ではないでしょうか?
    つまり、このブログに一度呼び込むことに成功しさえすれば、固定読者→覚醒→崩壊への
    道が開けるということです
    TVや例の3人組の話題で飛躍的にアクセス数が伸びましたけど、どちらかと
    いうとタナボタ、他力本願です
    何かもっともっと飛躍的に、そうですね1日で10万アクセスになるくらいに
    宣伝、拡散する方法はないものでしょうかね?
    それだけの魅力のあるブログだと思いますし、皆様のせっかくの書き込みが
    悩める人の目に触れず、埋没してしてしまうことが残念でたまりません
    バリ活100万(?)から見たらまだまだ少数派です

    孔明党のHPによれば、今年に入って公認を立てた選挙が13回行われ
    なんとそのうち5回も「過去最高得票」を獲得しています
    得票数なので投票率とかは関係ありません
    選挙上手というか、必死というか衰退とは裏腹にまったく侮れません
    そういった意味でもこのブログを大いに育て、早期崩壊につなげたいものです

  47. 非活の元白ゆり長です。
    このブログの監視中心者は、あの、けだもの呼ばわりされた元男子部長とは驚きです。私大学時代彼を見てましたが、あのようなけだものだったことを覚醒する頃に知り、失望しました。夫はとうに知っていたのですが、あまりにもゲス過ぎて私にも言わなかったとか。監視お疲れ様です。私も白ゆり長をやるなかで、創価勝利拡大の裏工作を見て、また公明党が推し進めた子宮頸がんワクチンの副作用に苦しむ若い女性がいるのも知り、覚醒するに至りました。だから、中傷とかデマ目的でここに参加しているのではありません。

  48. ニクオさん。

    内部から変革するようにしたらどうかとの事ですが、創価が一般の会社や財団法人なら、それも可能でしょう。
    しかし、創価は宗教団体なのです。もちろん私や管理人のシニフィエ様、そしてここに書き込んでおられる多くの方々は最早、創価が宗教団体だとは思っていません。でも表向きは一応、宗教団体なのです。
    私も青年教学一級まで合格しましたが、創価がまだ宗教だと信じていた頃は、組織の矛盾やおかしな所は自分なりに変えようと努力しました。

    しかし覚醒後は創価の教学だけでは無く、外部の本や宗教に関する書物文献、それからいわゆる反逆者と言われる山友元弁護士、矢野元委員長の著書も読みました。
    そして創価のウソっぱち、更には日蓮の大間違い及び大勘違いによる法華経解釈も知りました。

    自分の信じる宗教が正しいと信じているならば、なんとか内部から良い方向に変えようと努力するでしょう。でも、そもそも宗祖日蓮から間違っていたなら…タイムマシに乗って鎌倉時代に行き、日蓮に
    『ちょっと、アンタ間違ってるよ。おまけに700年後にアンタの教義を利用されて、多くの人が迷惑してるよ』
    と言うしかないのです。
    でも、そんな事は出来ないので、創価の崩壊を皆願っているのです。

    それから繰り返しになりますが、ニクオさんの活動歴や年齢は存じ上げませんが、ここに書き込んでおられる皆さんは、それぞれ長い年月を創価に尽くしてこられた上での結論を書いているという事を認識して頂ければ…と思います。

  49. 以前コメント致しましたセイロンと申します。学会員の方が口汚く罵る事があっても感情的にならず、事実を冷静に淡々と話されるブログであり続けて欲しいと思います。
    人間革命の冒頭にありますが、「天に一つの太陽しかないように、正しい宗教も一つなのである」

    ここからもう間違ってるんですよ、太陽の恩恵を受けているのは学会員だけなのですか?キリスト教徒もイスラム教徒も、ヒンズー教徒も、他の仏教徒もすべからず太陽の恩恵を受けていますね。

    不完全な人間の作った物に完全無欠の思想宗教などありません。だからこそ相手の考え方を尊重する、管理人さまの仰る対話を求めてが重要不可欠なのではないでしょうか?以前、管理人様推薦の動画でイスラム教、キリスト教、仏教の方が、タスキを繋ぎリレーをする動画を拝見しました。あれこそが世界平和への道に繋がると確信しましたね。人間の心が皆同じに出来ているなら、宗教の本質は慈悲なのでしょう!

    信濃平和会館で導師をされたある副会長の方!考え事があったのかも知れませんが、十如是を2回で終わらせてはいけませんよ。給料を貰っているのに全国から来ている会員に失礼じゃないですか、もっと真剣にやった方が宜しいと思いますよ!

  50. なにやら、ブログがざわついているようですが・・

    「恩知らず」ですか!?
    これまで散々創価に尽くしてきたのですから、「恩知らず」ではありませんよ。
    創価は、組織から離れていった人間のことを「恩知らず」とか「裏切り者」など
    と言って罵りますよね。
    それこそ、異常ですよ!(○_○)!!

    ボレロも子どもの頃から、母や組織のいうことを信じてずっと突っ走ってきました。
    覚醒したのはここ数年になってからです。
    役を受け活動をやっていくなか、幹部や組織に対して不信感を抱くようになりました。(`ヘ´)
    本当に悩み、苦しみました。幹部に相談しても、親身になってくれませんでした。
    本当に冷たい人達でした。
    協力性なんて全くありません。
    つくづく、こんな組織が嫌になりました。
    今は、役を辞め完全非活になりましたが、どの様にしてこれから生きていったらいいのか、洗脳が解けるまで本当に大変だと思います。(/o\)

    誹謗中傷が得意なのは、創価のほうですよ!(。・`з・)ノ
    活動しているときも、汚い言葉で中傷されましたよ!
    組織の仲間や幹部から・・
    そして、役を辞めてからも・・
    創価に改革なんて望めませんよ。

    これが、創価の内情で真実ですよ。(/。\)

  51. ぽむぽむ さん 2016年2月16日 23:28
    >創価崩壊が先か???
    >憲法9条改正日本が戦争可能な国になるのが先か???

    kickey さん  2016年2月17日 17:51
    >自分の功徳を追う幻想のために、他の国民を道連れにしないでください。
    >え?そんなことも全く考えてない?公明のすることだから信じてる?

    多分kickeyさんが云われる通り >痛い目に合わないとわからないんでしょうね。

    2015.10.04 戦争推進の創価学会公明党に抗議するデモ!最終回(考える人)より、
    youtu.be/zS76F4tzLaY

    51:54秒と長いですが、手造り感満載で、本気度がバンバン伝わってきます。
    垂れ幕・プラカード(シュプレヒコール)は、以下のようです。
    自公の安定日本の破壊—公明党議員は辞職しろ/公明党に仏罰を/公明党は恥を知れ

  52. neko sukiさん初めまして。
    2世とお付き合いしております外部のジャンヌです。
    単刀直入に申し上げますが、neko sukiさんの文章の意図と意味が私には全く読み取れません。
    結局何が言いたいのですか?

    >上記は抜粋した管理人さんの言葉ですが、これはさすがに・・・。
    こんなヘンテコな数をもし私の前で幹部が言ったら、そしてそれをごまかしたら、喧嘩になりますよ。

    ヘンテコな数字とは?
    それを誤魔化したら??何をどう誤魔化したらですか??
    それと、シニフィエさんの何に対して期待していて、何に対してガッカリしたのか教えて頂けませんか?

    学会員さんの考えは、正直外部には理解しかねます。なので含み言葉は汲み取り辛いので不要です。何か言いたい事があって対話に来ているのですよね?
    宜しくお願い致します。m(_ _)m

  53. ニクオさん、すみませんが、もうここにコメントするのやめてもらえませんか?
    ニクオさん、マジでボケかましてるんですか?
    なんかバカバカしすぎて、脱力してしまいました。
    もしかしてそれが狙いなんですか?
    どっちにしてももういいです。
    そうそう、創価ほど自由で開かれた宗教はありません。そのとおり!
    あんたが大将!そうやって創価の自由を謳歌してください。
    私たちとは違う世界の方ですので、べつにニクオさんに言いたいことはありません。
    あなたが人の話を聞かずに、自分の言いたいことだけを言い続けるなら
    それにいちいち対応してくれる方の時間の無駄です。
    いい大人が何やってるんですか?失礼にもほどがあります。
    きっとそんなこともわからないんでしょうね。
    もしかしてウンコタレの新ボケバージョン?
    とにかくここでのコメントはご遠慮願います。

  54. シニフィエさん。ニクオさんはホントに学会員さんでしょうか?
    なんかウン◯タレさんのように思えてきました。
    さっきの書き込み、明らかにノータ◯ンですね。
    「創価はいいよー」と◯◯の一つ覚えのように連呼するだけ。
    「創価の世界から追い出される」という表現を見ると学会員さんっぽいですが。
    もう少し様子見してみます(^◇^)
    いつもありがとうございます。

  55. スマイルさん、私もちょうど同じことを考えてコメントしたところでした。
    ウンコタレかノー◯リンだと思います。
    どっちにしろ、相手するだけバカみたいですので、みなさんもそのつもりで。

  56. 最近バ〇が多いですね。読むのも疲れてきました。
    signifieさん、大変お疲れ様です。
    寒くなったり暖かくなったり不安定な季節ですのでおからだご自愛ください。

    ジャンヌさんの意見と同じく私もneko sukiさんのコメントもわけわかりません。何かいてんの?
    ニクオさんのコメント、もう論外です。

    管理人様常連の皆様おやすみなさい。

  57. Nekoさんも変ですね。
    このブログの信ぴょう性を落とそうとしている発言。
    またロクにブログを読みもせずにいることが明白。

  58. ホリデイズさん、コメントありがとうございます。

    >外部のホリデイズです。ジュンペイさん、シンプルな疑問です。匿名を問題にしているあなたも、匿名。おかしくないですか?

    とのことですが、私は「匿名の者が、実在する人物や団体を中傷することは許されない」と言ったのですよ。
    私がいつ実在する人物や団体を中傷したのでしょうか?
    私の文章をきちんと読んでいただけましたでしょうか?

    もしも、気にさわる言い方でしたら、申し訳ありません。
    よろしくお願いいたします。

    「匿名の者が、実在する人物や団体を中傷することが許されない」
    という意味がなかなか理解していただけないようですね。

    この理由もとてもシンプルなものだと思います。

    理由:実在する人物から、匿名の者に対して正式に反論するチャンスがないから。または、極めて反論することが難しいから。

  59. 管理人さん、このような場を与えていただき、ありがとうございます。

    しかし、やはりズレてますね。。。

    >みんな「私は幸せです〜、幸せになる途中なんです〜」と死ぬまで言い続けて死んでいった学会員ばっかりです。

    管理人さんの周りの学会員さんってみんなこんな人だったんですか?
    本気ですか??

  60. 2世、壮年部、完全非活で快適生活のコージです。

    私は、創価脳の乱入者の方は正直言って嫌悪感というか「興味がない」ので、
    創価シャッターならぬ「覚醒シャッター」が下りてしまって、
    創価脳の臭いのする方々の書き込みは、基本、すべて読み飛ばしています。
    なので、ここではあくまで個人ではなく
    創価脳全般のネット利用の方々に向けてという形となりますが・・

    私も、覚醒前は創価脳でしたので、乱入して意見を言いたがる人間の気持ちも
    分からないでもありません。
    ただ、こちらは巨大掲示板とかではなく、あくまでも個人のブログですので、
    こちらに参加したいのであればキチンと覚醒してから来い!!というのが
    私個人の率直な意見ですね。

    こちらのブログを一通り読んでもまだ覚醒しないのであれば、
    それはかなり中毒症状の進んだ創価脳と言えます。
    インターネットはすべて謗法だから!とまで言う重度の創価脳の高齢者会員よりは
    検索するだけ少しはマシな人間かな、という程度ですね。

    マシとは何だ!上から目線で言うな!とか言われそうですが、
    そもそも、宗教団体にのぼせ上がってる事自体、愚かで滑稽なんですよ。
    宗教団体なんて、教祖とその取り巻きが良い思いをするために作られた物ですからね。
    アナタ方信者は、単なるお人好しのロボットでしかありません。

    私は以前にも書きましたが、覚醒して非活や脱会された方々と言うのは、
    「普通の一般人の感覚を取り戻す事が出来た」人々なんです。
    決して、「魔に負けた」だとか「退転して後ろに転んだ」だとか、
    そんなマヌケな話ではないんですよ。
    こちらに書き込みされている、学会員の経験のない多くの外部の方々の意見をご覧になっても
    それは分かりますよね?

    なので、こちらのブログに来てあーだこーだ論ずる前に、
    大人しく仏壇の前で恨み節でも唱えながらナンミョーでもしてたらどうですか?
    ネットで余計な検索などされずに、創価の金集めサークル活動に没頭してなさい。
    長い時間が経過して、ああ、やっぱりあのブログの方々の意見が正解だった!と
    しみじみ思う時が必ずやってきますよ。
    どうしてもこちらに仲間入りしたかったら、書き込みしたかったら、
    一般社会人と同じように、覚醒して普通の感覚を取り戻してからおいでなさい。

    覚醒したフリだけの文章を書いて欺こうとしても無駄ですよ。
    すぐに分かりますからね。
    覚醒しないと気が付かない事は、とても多いです。

    モニカさん、おいなりさん、Kickeyさん、コメントありがとうございます♪

    (  ̄(エ) ̄ )今日も日本列島 寒いクマね~

  61. ジャンヌさん、ありがとうございます。じつはneko sukiさんの日本語が理解できなくて、何の返事もできないでいました。やっぱりみなさんにもわからなかったんですね。安心しました(笑)
    創価の被害者が何百万人というのが根拠のない数字だと言ってるのかな?と思って、いちおうそのあたりは書いたつもりですけど、やっぱり何を問題にしているのかわかりませんでした。
    ニクオさんも同様に、わけがわかりません。あまりにもわけわからないので、こりゃウンコタレが暇つぶしに来てるのかなと思ってます。

    みなさんから学会員に言いたいことが、あらためて浮き彫りになりましたね。そして学会員がいかにものを考えずに盲信しているかということも、あらためて実感できました。きっと外部の方にもよくわかっていただけたと思います。
    創価学会は宗教ではなく詐欺団体だ。
    その証拠は数えきれないほど、実体験としてみなさんが語ってくださってます。
    これほど説得力のある実例集は他にはないんじゃないでしょうか。
    出版して売り出したいくらいです(笑)
    残念なことに出版するとなると、どうやっても身バレしますから、怖くてできないですけどね、今は。
    本部職員さん、安心してください。出版しませんから(笑)
    出版するとなると「池田大作全集全100巻」ぐらいの量になるんじゃないでしょうか(笑)

  62. ジュンペイさん

    >理由:実在する人物から、匿名の者に対して正式に反論するチャンスがないから。または、極めて反論することが難しいから。

    申し訳ありませんが失笑です・・・

    ネットで匿名で書き込みしている人たちは実在しないとでも言いたいのでしょうか?
    反論があるならこの場ですればいいじゃないですか。場は開かれてますよ。
    それとも小樽問答みたいに顔と顔をつきあわせないと議論もできないのですか?
    許されないって誰がどう許さないのか、何ルールなのですか?
    どなたかも書いていましたが、ネットで本名名乗ったところで本名かどうか証明しようもなく。
    まさか批判的な意見を書くのに身分証明書でも提示しろと?
    ましてや中傷などしていませんとみなさん書いているのに、そこは完全にスルーなんですね。

    どっちにしてもここに書き込まれている方は別に学会本部や学会員から正式な反論を望んでいるわけでもなく、書き込まれている「内容」についてあなた自身の経験に基づく考えを述べるつもりがないのなら書き込みを控えたらどうでしょう?

  63. 学会二世去年脱会ずみのおっとっとです。
    ちょっと前スレのドラミさんのコメントが気になったので失礼します。

    ドラミさん
    <欧州からの創価大学への留学希望の生徒は「内部であろうと外部であろうと」学力に関係なく軽い面接を受ければ、学費、寮費は一切無料で、お小遣いも月2万円程出るということです。>

    これはかなり臭いますね。腐った臭いがします。そしてこれは世界中に広がると思います。
    学会はお金は腐るほどありますし、もし池田が自腹をきっていたとしても、その池田に入ってきている本の印紙代にしても本当は他人に書かせているのですから、もともと彼のものではないし、
    なけなしのお金をはたいてその本などを買っているのは、何も知らない会員です。
    つまり、全く池田のお金ではないのです。

    ちなみに、私の知り合いが言ってましたが、日本の場合、私生児や母子家庭の子は基本的に創価大学には入れないと聞きました。学費も高いのでそういう人達は無理と言うのもあるでしょう。
    それだけでも私は高尚な建学の理念にそぐわない学生選考の基準だなと首をかしげたものです。
    ちなみに欧米では戸籍というものがないと思いますので、ある宗教やある特定の価値基準にもとづいている集団については例外ですが、基本的には子供の生まれについては社会からの差別は日本ほどは無いと思います。
    子供を持ち一緒に暮らしていても結婚してないカップルもたくさんいるのを外国の友人を通して私は現実に見たり聞いたりしています。

    つまり欧州などから創大生を募る場合、もちろん金銭的にもこれだけ優遇があるならどんな境遇の人でも受け入れるという事です。つまり世界に門戸を大きく開いたという事です。
    日本の生徒達は厳しい審査の基に選考され、親は高い授業料を取られ、おまけに寄付金も取られているでしょう。
    その側で外国からできるだけ多くの青年を受け入れる体制を強化している。そして日本のそういうお金が海外の生徒に回っているのは明らかです。

    創価は昨今全ての宗教の壁を取り払って、何でもあり、誰でもあり、の複合思想団体で実際の名前は日蓮世界宗創価学会といいます。
    それが本当に真摯な哲学の研鑽や、謙虚でしかし気骨のある人権闘争の基本とその実践からくるものならまだ望みもあります。
    そういう組織には開かれた対話の風潮が築かれているはずですから、ここの板の皆さんの様な苦しみ、組織悪の部分にはすでにメスが入っているべきですよね。
    一方で世界平和と寛容の精神を説き、他方では会員を集金と集票の為だけに利用する。宗教的な中身は空っぽでも池田教になっているので池田へ忠誠心だけがあればいいので分かりやすい。
    世界宗に合うように日蓮の教義を変えても、組織が基本にする教義はすでに「池田思想」に移行しているのでほとんどの会員はどうせ何とも思わない。
    しかし形をどんなに繕っていかにも懐の広い団体に見せかけようが、いつか近いうちに「全体主義」「ファシズム」のつめが露になるでしょうが、その力がまだ小さい内に止めなければ世界も
    日本の二の舞になりかねません。

    結局学会の本当の組織の意図とは数を増やす事であり権力、金力を増大する事です。
    そして創価大学はそんな未来を築く為の若者を教育(創価の価値に洗脳する)する拠点地です。
    これからの世界の未来の人材を創価脳にする為、又、学費無料を利用しての学会への忠誠心、感謝などの心理を利用して彼等から世界へ波紋を広げていく計画、つまり彼等流の「広宣流布」の一環です。

    しかし、たぶんこれも学会が数百億円を払っていかに利益のあがる組織にするかを20年以上?(年季は定かではありませんが)も指導を受けてきたビジネスコンサルタントの会社アクセンチュアの指導
    によるものでしょう。
    つまり学会はビジネスです。宗教の名の下に、より高いビジネス、パフォーマンスを追求しているのです。

    ちなみに下記は学会が組織運営の指導を受けている「アクセンチュア」のウェブサイトの冒頭部分です。

    「アクセンチュアは、ストラテジー、コンサルティング、デジタル、テクノロジー、オペレーションズの5つの領域でサービスを提供する総合コンサルティング企業です。お客様がより高いビジネス・パフォーマンスを達成できるよう、
    お客様と協力して革新の実現に取り組ん …」

    私達は智慧をもって真実を見抜く力をつけないと学会は世界までも破壊しますよ。

    レモンさん
    ご主人の
    「それがどうした?何がおかしいんだ!池田先生が創立された大学なんだから、どのような条件で留学生を招いたとしてもいいに決まってるだろう!留学生に創価大学で思う存分に勉強してほしいというセンセイの心遣いだ。
    その何が悪いんだ!センセイの気持ちもわからないくせに知ったような事を言うな!」

    残念ながら先生の気持ちが分かってないのはご主人の方ですがね。
    そしてその創価大学で思う存分に勉強した生徒達はどういう人間になるのでしょうか。
    去年の安保法案反対の戦いに他の大学が活発な中、特に創価大学の法学部の先生方や学生の態度はどうだったでしょうか。

  64. 管理人さん、neko sukiさんの文章の意味は難しくなく、むしろ私は好感さえ覚えていますが、私がそう思ってしまうのは支離滅裂な盲信者の非常識で気持ち悪い学会員だからでしょうか?

    私も管理人さんには失望しました。。。
    というよりは最初から対話はできないだろうと思っていました。
    思った通りでした。。。

  65. 雪風です。

    シニフィエさん、皆さん、大変ご無沙汰しております。

    (以前の違う機種の、ガラケーから投稿しています(*^_^*))

    三百万アクセス突破!!(◎-◎;)凄いの一言ですね!

    安心して下さい\(^O^)/ちゃんと見ていますよ!

    去年まで創価のせいで尋常じゃないぐらい精神的に不安定でしたけれど、また時々訪れますね。

    えーと……構って欲しいだけの創価脳現役バリバリ活動家(かな?)学会員さん、からかうだけなら二度と来ないで下さいね。

    こちらに勇気を持って書き込みをされた皆さんの悲鳴にも似た一言一言に、せめてちゃんと向き合って下さい。

    シニフィエさんが、迷惑してますよ!

  66. ああ、もう疲れちゃいました(笑)
    ただでさえ年度末のめちゃめちゃ忙しいときに時間を割いて
    多少は荒れるの覚悟でブログ管理をしているのに、
    やっぱり学会員さんとの対話など所詮無理なんですよねえ。
    白いブランコさんとの対話がなつかしいわ(笑)
    いまだにあの人だけですね。
    あるていど対話ができたのは。

    あ、ジュンペイさんの話ですけど、
    何度も言いますが、まず人の話を聞いてない。
    自分から話しかけておいて、言いたいことだけ言って、こちらからの質問に答えない。
    答えるとやばいと判断したからか、
    根っから人の言うことが理解できないのかわかりませんが、
    とにかく質問には答えませんね。
    「わかります」とか言いながらも答えない。

    例えると
    「キャッチボールしようよ」と自分から言い寄ってきて、やりはじめたはいいものの、
    ボールを投げるだけ投げて、こちらからのボールは決して受け取らない。
    で、言うことが「こんな簡単なこともできないなんてやっぱりキャッチボールになりませんね」
    (笑)
    ジュンペイさんの態度はそういうことですよね。
    で、やっと答えたかと思ったら全然別の話。

    ジュンペイさん、

    いいですか?

    もう一度お尋ねします。

    これが最後かもしれません。

    創価学会がこれだけ問題があると言う事実を、
    これだけの人が実例をあげて説明していることを中傷とは言わないと思います。
    それが匿名であることに何の問題があるのか私には理解できません。
    ひょっとして
    匿名=無責任=下劣 
    と決めつけてるのでしょうか?

    ここで語られる創価学会の現実の描写を
    ジュンペイさんがウソだと言い切るのであれば、
    これらが根も葉もない中傷だと断定できる根拠を示してください。

    と尋ねているのに、
    それにはまったく答えようとせずに
    ホリデイズさんがちょっと発した素朴な疑問の言葉尻をつかまえて
    それに自分勝手な解釈を盛るだけ盛って
    「私がいつ実在する人物や団体を中傷したのでしょうか?
    私の文章をきちんと読んでいただけましたでしょうか?」
    って逆に質問してくる。

    質問は、私がしてるんですけど(笑)

    ちなみにホリデイズさんがあなたに
    「実在する人物や団体を中傷した」と言いましたでしょうか?
    ホリデイズさんがジュンペイさんに言った言葉は

    >外部のホリデイズです。ジュンペイさん、シンプルな疑問です。匿名を問題にしているあなたも、匿名。おかしくないですか?

    とこれだけです。
    でもそれに対してジュンペイさんは

    >私がいつ実在する人物や団体を中傷したのでしょうか?

    ジュンペイさん、ホリデイズさんはあなたが誰かを中傷したなんて言ってませんし、
    この文脈からは、
    どう考えても、
    どういじくりまわしても
    そのような意図はくみとれません。
    こういうの「いいがかり」って世間では言うと思いますよ。

    いったいどこをどう判断したら
    ホリデイズさんが「ジュンペイさんが誰かを中傷した」かのような質問になるのでしょう?

    わけわかりません。
    でもそう言うと、
    「私のこんなにシンプルな言葉を理解できないなんて、全く話にも何もなりませんね」
    とか言うんでしょ(笑)

    ジュンペイさん、この際その匿名がどうのこうのはもういいですから、
    このブログにある15000以上の創価の実態の話が
    「グチグチと創価を中傷しているだけのものだ」
    と言い切る根拠を説明してください。

    このブログの管理人としては、聞き捨てならないんですよ。
    私は中傷ブログの管理人ですか?(笑)

    いや、答えなくていいです。
    さっきの大きな質問以外については、そのあとにしましょう。

    ジュンペイさんは最初のあたりで

    >またいろいろ話をすり替えてくるのかなとも思いますが、
    >こんな単純なことが理解できないなら、残念ながら、
    >対話は成り立たないのではないかと感じました。

    私は話のすり替えなど絶対にしません。
    すり替えてるのはジュンペイさん、あなたでしょ。
    あなたがこの私の「シンプルな(笑)」質問に
    きちんと答えてくれるまでは、
    この質問をし続けます。
    絶対にぶれません。
    この論点だけは絶対にうやむやにはできません。
    何度でも訊きます。
    このブログにあるみなさんのコメントが「中傷」であると言い切る根拠を明示してください。

    まずは、この質問に答える気があるのかどうかを、

    「ある」
    「ない」
    で答えてください。

    「ある」のであれば聞きましょう。
    あなたがどう答えるかは、ここにアクセスする一日10000前後の人たちが見てますよ。
    「ない」のであれば、もうあなたとの話は終わりにします。

    だって私のブログを訪れるなりクソよばわりした人となんで話さなきゃいけないんですか?

    私はべつにあなたにお願いして話をしてもらっているわけではありませんからね(笑)

    ちなみに、私のこの質問に答えずに、
    ホリデイズさんのちょっとした疑問に
    ああだこうだと難癖をつけてくるのは
    「すり替え」と言われても仕方がないのではないでしょうか?
    ま、いいですけどね。
    それは読者が判断することです。

    ジュンペイさん、何を言ってもかまいませんし、
    私にどれだけ失望してもいいですけど、
    結局はこのブログを読んでくれる読者が判断することです。
    読者には創価で大変な被害を受けた人もいれば
    創価がまだ宗教だと信じて疑わない人もいれば
    たまたま先日のテレビ番組を見てたどりついた
    創価について何もしらない人もたくさん来られるようになりました、
    そんなさまざまな読者がどう判断してくれるのかがブログのすべてだと言ってもいいでしょう。
    毎日毎日数千人の人がこのブログを読んでくれているんです。
    私はそのことを十分に意識をしながら
    このブログの管理をしています。
    管理者がいい加減なことをちょっとでも言ったら
    たちまち失望されますよ。
    途端に誰も見向きもしなくなります。
    しかし嬉しいことに
    このブログのアクセス数はまさにうなぎ上りです。
    それだけ皆さんからのコメント
    つまり創価学会の実態の告発に真実味があるから
    説得力があるから
    迫真に迫るものがあるからでしょう
    ちょっとでもインチキ臭かったらこれほどのアクセスには絶対になりません
    そう思いませんか?
    だからジュンペイさんもここにたどり着けたんですよ。
    私はそれだけの責任を感じながら文章を書き、
    みなさんのコメントを管理しています。
    あなたのおっそろしく高慢な言動が読者にどのように映っているのか
    考えたことがありますか?
    好むと好まざるに関わらず
    いまあなたはこのブログでは創価学会会員の代表みたいな立場で見られています。
    あなたには創価の代表であるという意識はないかもしれませんが
    このシチュエーションでは自動的にそうなってしまいますよね。

    最初のジュンペイさんのコメントはこうでした

    >皆さん初めまして。
    >創価学会青年部のジュンペイと申します。
    >よろしくお願いします。
    >ところで、顔の見えないネットでネチネチとこれほどの中傷を繰り返すなんて、
    >陰湿ですよ。
    >学会にダメージを与えるのが目的なら効果があるとは思いますが、
    >まともな人が見たらおかしいと感じると思います。
    >人間の行為として下劣ですよ。
    >みっともないのでこういうことはやめたほうがいいと思います。

    会ったこともない初対面の大人をつかまえて
    いきなり「人間として下劣ですよ」
    ときたもんだ(笑)

    つまり私のブログは下劣な人間の集まりだと。
    流行で言うとゲスブログだと。
    やめたがいいと。

    そこで私はどう答えたかと言うと

    >ジュンペイさん、はじめまして。
    >コメントありがとうございます。
    >このブログで、あなたの立場で、あなたのようなコメントをすると、どのようになるのかの予想もつかない人なんだなあと思いました。

    これはぶっちゃけて言いますとね
    「うあわ、ブログが荒れるかも〜」って思ったのと同時に
    この人、自分がどれだけの人を敵に回してるのかわかってんのかなあ
    ってことでした。
    つまり、結果的に創価の評判をどんどん落としていく起爆剤になってるっていうことまで
    考えが至らない人なんだなあということです。
    これまでも似たような高慢チキこの上ない学会員のコメントはありました。
    結局、言えば言うほどその物言いが世間の人から総スカンを食ってしまう。
    「やっぱり創価はこれだもんな どいつもみんなおんなじクソの金太郎飴や」
    それでも昔は一日2000とか3000のアクセスでしたが、
    今はもう一日10000アクセスですよ。
    そしてこのようにバトル的な(笑)会話があると
    さらに物見雩山の読者がどんどん集まって
    このブログだけではなくて、ネット上のいろんなところで話題になるんですよね。

    万が一つにもジュンペイさんが創価の正義を信じて
    このブログを批判しているのであれば、
    余計なお世話かもしれませんが(笑)
    もうちょっと真摯な態度で臨んではいかがでしょうか?
    きっとあなたは私の息子ほどの年齢なんでしょうから
    大人の言うことは聞いとくもんですよ(笑)
    他人のブログにやってきて
    開口一番に
    「人間として下劣ですよ」
    ですからね。
    そんな若造に
    「失望しました」
    なんて言われても痒くも何ともないです。
    むしろ気持ちがいい(って、変態じゃありません(笑))

    なにしろジュンペイさんのこうした言動が
    創価の信用を地に落としていることがわかりませんか?
    あ、答えなくていいです。
    まずは私からの質問に答えてください。
    「ある」
    もしくは
    「ない」
    このどちらかです。
    当然ですがこのブログの管理者は私ですから
    私が仕切らせていただきます。
    この質問にジュンペイさんが「ある」と答えたときにだけ
    そのあとに「このブログが中傷である」ということを明確に証明してください。
    いいですか?
    「あるでもなければないでもない」なんてなしですよ。
    禅問答ではないですからね(笑)
    よろしくお願いします。

  67. ジュンペイさん

    批判をされると、どうしてもカーッとなったり
    してしまうと思うのですが、ここは一旦互いに冷静になりながら
    お話をしましょう。
    ソーカを一旦外して、お考え下さい。

    まず世の中には 「宗教ビジネス」 というものがあります。

    宗教は儲かります。100万人が1人1万円寄付をしたら
    それだけで100億円です。
    幹部は信者から吸い取ったカネ、そこから寄付をしている。

    ただ信仰する側も、メリットが無いと誰もやりませんよね。
    そこで宗教ビジネスは ”願いが叶う” というエサを用意します。
    10万円寄付をしたら、運が良くなるよ
    100万円寄付したら、成功するよ。
    といった感じです。

    ただもし本当に願いが叶うなら、
    10万以上寄付した方々、全員がそうなってないと
    ただダマされているだけですよね?
    願いが叶う宗教なら、周りを見ると答えがあるでしょう。
    信者のカネを吸い取る側、
    ではなく、カネを吸い取られてる人達で
    願いが叶ってる人はどれだけ居るでしょうか。
    宗教ビジネスなら9割の人は願いが叶って無く
    ただ吸い取られてるだけです。
    1割ぐらいなら、別にどんな団体でも
    願いが叶う人ぐらい居ますよね。

    あと宗教ビジネスは、やたら敵を作ります。
    なぜ闘争心を煽るか、内部批判から目をそらさせるためです。
    なのでやたら戦いだ! 憎め! と言ったワードを多様するのです。

    以上が宗教ビジネスの、 カラクリ なのですが。

    ソーカ信者の方々は財務を強いられて
    ほとんど願いなんて叶ってない所を見ると
    宗教ビジネスの ”詐欺” にひっかかってると
    言われてもし方が無いと思います。

    ジェンペイさんから見て、
    ソーカの現状はどんな感じでしょうか?
    差し支えなければ、教えてください。

    散々寄付した方、10年以上選挙活動した方
    長年頑張ってる信者皆さんの願いは叶ってますか?

  68. 「創価の世界から追い出される」とのニクオさんの表現ですが、上から目線ですよねー

    私たちは、「自分から自分の意志で創価から去っていく」のです。時には「命からがら逃げるように」。
    愚行を繰り返す創価脳の配偶者との離婚を覚悟までして「命がけで創価から離れる」方もおられます。
    家族のしがらみや人間関係のしがらみで創価から抜けれないまでも「心はすでに離れている」方も多くおられます。

    それほど酷い団体なんですよ。
    もし功徳満載でまともな組織ならだれもやめませんよ。
    会合だけ参加してお客さんなら居心地良いと思いますよ。ニクオさんのおっしゃる自由な組織です。そんなこと百も承知です。
    創価の財務は自由?何回も何回も「広布部員申込書を書いてくれ」と迫って来ますよね。そうです。自由です。その執拗さに耐えることができれば。「広布部員申込書だけでも書いてくれ」と懇願されてイヤイヤ記入したが最後、何回も何回も執拗に「財務はまだですか?振り込みはまだですか?」と。これに耐えることが出来れば自由なんですよ。
    執拗な勧誘に耐える耐えないすべて自由です。
    アホらしいのでこの辺にしときます。
    こういうしつこい奴らを「創価ゾンビ」というのです。

  69. シニフィエさん
    本当にブログ管理お疲れさまです。
    じゅんぺいさん・ニクオさん・nekoさんのコメント読んでいると、創価を信じている人って、パターンは違っても本当に思考がみんなそっくりなんだな~と改めて実感。

    シニフィエさんが例えてかかれていますが
    >例えると
    「キャッチボールしようよ」と自分から言い寄ってきて、やりはじめたはいいものの、
    ボールを投げるだけ投げて、こちらからのボールは決して受け取らない。

    まさにそれ!!ですね。
    モニカさんがnekoさんに「男性か女性か、婦人部か青年部か?」の質問されていましたが、それすら答えない。
    創価か否か以前の問題で、普通対話を成立させたいと思っている人は、最低限それぐらいの自己紹介してからコメントしますよ。
    ご自身の自己紹介すらキチンとできないのに、意味不明な言いたいことだけ言って「返答はいたしません」って、ネットの向こうで失笑した人がたくさんいたと思います。

    創価脳の人にありがちだなと思って読ませて頂いていました。
    すぐに話をすり替える、創価で擦り込まれた事だけを一方的に言う、自分の言いたい事のみを言って、相手の話を全く聞かない。
    そんな人達とまともな会話などできないと思います。

    相手を理解したいという気持ちがあってこそ、対話は成立すると思うのですが、創価脳の人には、覚醒した人の気持ちを理解したいという部分が欠如しています。
    相手の話は聞きたくないけど、自分の言い分だけは聞いてほしい。
    そんな身勝手さです。
    こちらが、対話のボールを相手の1番返しやすい所に投げても、いきなりその球を空高く投げて「どうだ、お前にはこの球を受けとれないだろう!」とふんぞり返ってる。
    『キャッチボールってね、相手に投げ返すんだよ』と幼稚園の子でもわかる事を言っても伝わらない。
    創価のMCって、そんな思考回路になってしまうんですよね。

    私が辞める時に、最後に面談した総区婦人部長もそんな人でしたね。
    私がいくら質問しても、その球を一切受け取らず、自分の球だけを延々と投げては悦に浸っている。
    そして、対話なのにすぐに攻撃に転じられるような戦闘モード。
    一部員さんとの最後の会話も戦いなんですか?って感じでした。

    覚醒した人達は、勝つとか負けるとか本当にウンザリなんですよ。
    そして、長く現場の中で創価のMCを浴び続けてきて、創価脳の思考もわかりすぎるほどわかっています。
    今さら「創価は開かれた自由な宗教です」と言われたところで「は~?」ですよ。

  70. ぽむぽむです。
    「出版して売り出したいくらいです(笑)」
    シニフィエさん、出版はできなくても、もっと多くの人にこのブログの存在が知れ渡る日がきます。小さなことでも、こつこつ広めていきましょう。ひとりでも多くの方に創価のおかしさにきづいてもらうために。

  71. ジュンペイさんの言われるのは
    「このブログのコメントはすべて匿名ニックネームで本名で無い、どこの誰だかわからない」
    「創価は実在する団体」

    だから、「どこの誰だかわからない奴が、匿名で実在する創価学会という団体を非難するのはおかしい」
    「批判するなら実名をキチンと出して出所をキチンと出して批判するべき」ということだろうと思います。
    ジュンペイさんのおっしゃることよくわかりますよ(^^)
    雑誌の記事にも「文責◯◯◯◯」とありますよね。

    私は匿名なのはシニフィエさんのブログの運営方針なので利用者がいちいち言うことでは無いと思います。
    (学会員さんはニブイので翻訳すると「匿名の運営方針が嫌なら見るなよ」ということです)

    実名を公表して書き込みするのもアリかと思いますが、そうすると実生活にマイナスの影響が出ること必至です。感情的になった学会員から様々な事をされかねません。
    私たちが創価で体験してきた非常識なこと、犯罪行為、様々な苦労、受けてきた傷、これらを癒すためにこのブログは存在すると理解しております。匿名だからこそ出せる事実、辛い思いがあります。
    あまりにも酷い体験をしたので、どうしても「創価バカヤロー」とか悪口が出たりしますが、心の叫びと捉えていただけるようにお願いします。(翻訳しますと、「気が狂うくらい創価関連で酷い目にあったので、創価に対して怒り心頭です」ということです)

    対話を望むなら「創価バカヤローとは酷い言い方ですね。どうしてそんなに酷い事をいうのですか?」とまず「相手を理解する」事が対話の始まりだと思いますが。
    創価の活動家さんは私もそうであったように、いきなり御自身の価値観を突きつけてくる傾向がありますね。

  72. シニフィエさん。匿名でブログを運営する理由を示してあげたらジュンペイさんも納得されるのでは無いでしょうか?

  73. 学会二世50代副しらゆり長のハナ子です。

    10年前に亡くなった母は、純粋に信仰する真面目な人でした。
    趣味も特技も手に職もないので、新聞配達を最高の使命ととらえ、池田先生のお手紙を届けるのだと毎日毎日張り切って配達していました。
    父が入院したときも、当時の病院は24時間看護ではなかったので、母は病院に寝泊りして病院から配達していました。
    私は高校生でした。
    父が亡くなってからも、母は新聞配達を続け、60歳で定年だからと言われましたが、どうしても30年やりたいと63歳まで配達しました。
    父が亡くなった直後はさすがにがっくりきてましたが、学会活動に励むうちにどんどん元気になって、別人のように相も変わりましたよ。

    そして配達員を終えて、これからは自由に旅行できると旅行することを楽しみにしていたのですが、難病を発症してしまい、旅行はかなわぬ夢となりました。
    それでも「病魔に負けてたまるか」といつも新聞啓蒙に励んで、賞状やら押印やらたくさんいただきました。
    入院したときは秋谷会長(当時)から激励のお葉書もいただきました。

    いちど死にかけて、息を吹き返したときは、病院の医師も「この状態から生き返った人は見たことがない」と驚かれ、看護婦さんたちには「看護のしがいがある」と喜ばれ。
    ICUのベッドでは、意識不明になっている隣の人にお題目を送っていました。
    「祈りは必ず通じるからね」と。

    亡くなる直前、脈がどんどん速くなって、医師に「有り得ない」と不思議がられましたが、私はきっとお題目をがんがん上げているにちがいないと思いました。
    使命を果たし切って、見事に霊山浄土へ旅立ったと今でも思っています。

    師弟不二なんちゃらではなく、私は母の姿を通じて創価学会は素晴らしい、お題目にも力があると信じてきました。
    ところが、婦人部の異様な選挙活動に疑問が生じ、会合を欠席するようになり、2年前に偶然このブログにたどり着きました。
    すぐに覚醒はできませんでした。
    母の姿、子供の頃から親身になってくれた同志の皆さん、恩は裏切れない、退転は地獄・・・
    いろんな思いが頭を駆け巡りました。
    創価学会が詐欺団体であるはずがないと拒否反応もありました。

    しかし、自分で創価の事実を調べていくうちに、詐欺団体であると認めるしかなくなりました。
    いちばんショックだったのは、ゴーストライターの件です。
    母が30年間雨の日も嵐の日も配達し続けた聖教新聞が、ゴーストライターの手によるものだったとは。
    池田先生のお手紙、なんて真っ赤な嘘。

    母の信仰心は本物だったと思います。私は母を尊敬しています。
    ですが、だから創価学会という組織が正しいということにはならない。
    個人の信仰心と組織は別物、とようやく切り分けて考えられるようになりました。
    信仰はあくまでも個人の心の中でやるものであって、組織・団体でやるものではない。
    本部職員の存在も考えれば考えるほどおかしい。
    お金を提供する側と棚からぼたもちのようにもらえる側の線引きはどうやって決まるのでしょう?
    同じ信者なのに不公平です。
    企業ではなく宗教団体なら、職員は任期を決めて入れ替え制にして、会員が順番に受け持つべきなのでは。
    もちろん新聞配達も交代制で。

  74. シニフィエさん
    学会員さん相手にするのはホントに疲れます。
    何かに取り憑かれているようで、いきなり人を見下した発言をしたり、同じことを機械のように繰り返したり、意味不明な発言をしたり。。。
    あと質問に答えずに自己主張を繰り返す。。。
    場の空気を読まないとかも。
    それと意見を言う時に誰でもよくわかるようにキチンと説明をすることができないし説明を求めても、まわりくどく何かを述べたあと明確な自分の意見が出てこない。こちらとしたら「だから一体何言いたいのですか?あの〜もしもし〜」状態
    創価の活動していくと、私も経験していますが、まともなコミュニケーションできなくなってしまいますね。
    「学会員は最高にエライ!」との選民思想。
    「折伏」と言って「相手の主張を折り伏せて自分の主義主張に屈服させる」
    「とにかく創価は正しい!」との頑固な盲信。
    学会員さんとの対話は生命力が削がれます(*_*)
    いつもお疲れ様です(^^)

  75. 風太郎さん、そうだと思います。
    某掲示板等は
    >配達などの現場の苦労の 話などはまったくといってよいほどそこでは話題にされていません
    >おそらく配達された新聞をくわえタバコで読む立場の人達でしょうか
    >理論構築とお祈りに専念?

    このような人たちは創価が宗教団体と思っています。
    商売のためにテキトーに言ってるだけの教義をあーだこーだこねくり回して、まだ一筋の思想なり哲学の断片を夢見ているのでしょう。
    池田を思想家か何かと本気で信じてるんでしょうね。
    無償で新聞配達をしている実態を見ればただの金儲けと解りそうなものですが、この手のタイプの人というのはそういう現実的なことにはどうでもいいのです。
    自分がやってないければ、知ったことではない他人事なんです。
    そんなことより、ああだこうだ教義の解釈を論じていたいのです。
    難しいことは考えず金を貢いでせっせと奉仕して、功徳、功徳、福運、福運…と頭がいっぱいの会員とはまた違う創価の副産物です。
    個人的にはくだらない思想を押し付けたがる、いちばんめんどくさい人種と思います。

    創価脳の共通はスルー。
    これに限りますね。
    「ここは中傷の場で見苦しい。そういうシンプルなことしか言ってない」
    というから、
    「中傷とは根拠のない悪口ですよ。皆の実体験が中傷なの?」
    とシンプルに訊いてるのにスルー。

    nekoさんも似たようなものです。
    「対話を求めて」というブログにきて、しっかりと質問やら批判をするので返答したら、
    「荒れそうなので返事やめます」

    納得しましたので返す言葉がないです、なら解ります。
    そうではなく返す言葉はあるんですよね?
    あるんだけど言いません。
    なら言いがかりみたいなことやめて貰えますか?

    あるんだけど、どうせ言い返されてヒステリーになって支離滅裂になることしか返せません。
    とうてい対話になるような話はできません。
    私にそんな説得力のある話はありません。
    つまり悔しいからイチャモンはつけるけど、
    「ならばこうじゃないですか?これはどうなんですか?」ときちんと対話されると言えないです。
    私にできるのは悔し紛れの、ムキーッというイチャモンだけなんです。

    そう解釈されてますよ。
    あれば遠慮なく対話をどうぞ。
    あなたにどのくらいの対話力、説得力、言葉の明確さ、信仰者としての礼節、常識があるか見せて頂きたいものです。

  76. >みなさん誤解されているようですが学会は開かれた自由な宗教ですよ。
    > これほど自由な宗教がありますか?
    >自由なだけではありません。
    >学会には現代日本が失った人間関係があります。
    >学会の庭から追い出されることは不幸ですよ

    でも私は辞めました(^^)/
    新聞も活動もちょっとやっただけでやめました(^^)/
    創価でいう忘恩です(^^)/
    でも皆さん忘恩はいけません(^^)/
    脱会したり文句をいう暇があったら改革すべきです(^^)/
    でも私はそんなことせず辞めました(^^)/
    そんなことするよりこうやってネットで遊んでるのが楽しいからです(^^)/
    創価バンザーイ(^^)/
    ネットバンザーイ(^^)/
    ウンコタレバンザーイ(^^)/

  77. …日本語が理解できなくて……
    私が学会の会合に参加した最後の頃は、
    外国から働きにきていて入信した方とかが多い印象でした。
    創価の問題がなかなか切り崩せないのも、戦時中からをも含む
    日中韓にわたる深刻な状況ゆえからかもしれませんね。
    公明党の党員になる条件に、日本籍は問われないのですから、
    …偏見でのコメントではありません、リアルな状況への率直な感想です。

  78. ジュンペイさんの話を整理すると

    ●ジュンペイさん
    「匿名がダメとは言ってない。匿名で中傷するのがダメと言っている」

    ●返しのコメント
    「中傷というのは根拠のない悪口のことである。ここに書かれているのは自分の実体験であり中傷ではない。中傷というなら根拠をあげてください」

    ●ジュンペイさん
    スルー。
    根拠はないけど、あくまで中傷だということで話をもっていきたい。それが前提でないと「やはりあなたは対話ができない人ですね」になる。

    創価云々の前にシンプルに理論が破たんしています。
    では100歩譲ってここのコメントが「中傷」ということにしましょう。

    ●ジュンペイさん
    「キモイなんてただの悪口。そんなもん中傷以外何ものでもない」

    ●返しのコメント
    「では陰湿、 まともな人が見たらおかしい、人間の行為として下劣、みっともない、は悪口じゃないの?いきなり他人の家に入ってきて開口一番に。
    キモイが中傷ならこれこそ中傷じゃないですか?でもあなたの中傷が匿名になってますよ?」

    またシンプルに理論が破たんしています。
    結果今のところこうなっています。

    ●ジュンペイさん
    「理論なんかめちゃくちゃでもいい。スルーでいい。とにかく創価を批判=中傷である。それが通らないなら、おまえは対話できない奴だ」」

    ●返しのコメント
    「(・・;)…………」

  79. 完全非活まだ4カ月の加奈子です
    どういう流れになるのかなぁと、ずっと読ませていただいていました。
    うんっー?って思う方は、やっぱりうんっー?って感じですね
    文章力のない私でも、何回読んでもわからない
    非常に読みづらい(すらすら読めない)

    ずっと、気になっていた方のコメントがありホッとしました
    お元気そうでなによりでした
    「皆さんの悲鳴にも似た一言一言に、せめてちゃんと向き合って下さい」とのこと

    私も心が悲鳴をあげ限界でした
    真面目に向き合えば合うほど、心と身体と精神のバランスを崩します
    なんとか精神のバランスを保つために、こちらに参加させてもらったり、皆さんのコメントを読ませてもらいながら、自分で自分を勇気づけている毎日です
    こちらで好きかってな事を上から目線で言われている方には、きっとわかってもらえないでしょうね、こういう気持ち。。
    こちらが、いくら歩み寄っても対話にすらならないのですから、悲しですね
    だから、「早く自分で気づいてください」としか言いようがないですね

  80. おはようございます。
    昨年末に脱会済の元二世、ナオです。
    学会員のジュンペイさん、場違いな所に来られましたね。
    一度このブログを最初から熟読された方がいいです❗️
    大変な人数の方達が、創価で哀しい人生を送っている事は事実であり、私の周りの学会員さんだけを見ても、幸せな人は見当たりませんが、、、
    小さな偶然で遭遇した事を、功徳だ、功徳だと座談会等で発表しますが、その人の境遇を見た時、「あなた、そんな事で喜んでる場合じゃないよ〜」と強く思います。
    ジギョウケタですから、邪宗から人々を救うと言いますが、あなた達自身が救われていないのに他人を救いようが無いじゃない!
    ジュンペイさんは、学会員でいて幸せですか?場違いな場所にコメントして、アンチと戦っているとの満足感に浸っているのではないですか?

    年明け、外部の友人に逢い創価を脱会したと伝えました。
    いつも選挙のお願いをしていた事を謝罪した所、自ら覚醒した事を賞賛され、大変喜んでくれました。
    あまりの喜び様に、こちらがビックリです。
    友人が言うには、創価は上層部がお金集めの為にうまいこと言って、善良な末端を操っているだけで、一般的には宗教とは思われてないよ!ですって。
    私には、まだまだ、謝罪しなくてはいけない大切な友人がいるのです。
    それだけ、迷惑な行動ばかりしていた自分を責めて、まだ心が落ち着きませんか、優しい外部に助けられています。

  81. こんにちは~、外部のぽっけです。
    外部の私が、創価脳の友人と話していて、その感覚にびっくりした場面がいくつもありました。ここで見かける活動家と同じです。例えば、

    ① 友人宅の飼い犬に対して「こいつバカだな、お座りもしないよ。所詮、犬畜生だからなあ」

    犬にとっては突然やってきた知らないおっさんですよ。言うことを聞けというのがそもそも間違い。逆にお利口さんでしょ。
    しかも「犬畜生」という汚い言葉、創価の機関紙でよく敵を罵倒する言葉として登場してましたよね、もう慣れ過ぎちゃってなんとも思わないんでしょうね。
    友人の家族同然であるペットに対して、こんな無神経な発言ができるなんてと、驚きました。
    言われたご夫婦、笑顔が引きつってましたよ。

    ② 富士山登頂している友人3人に向かって、唯一登った経験がないのに「富士山の事は誰よりもよく知っている。情報として知っているから」

    あたかも熟知しているかのように得意気ですが、失笑ですよ。「お前、自分で経験してないのに」と言われても「登ってないのに知ってる自分がスゴイ」と言い張る。意味わかんない。
    どんな時でも、自分の経験はゼロでも、「誰よりもエライ」という立場で上からものを言う。
    勝利・選民思想にこだわる創価脳のなせる業ですね。自分の持ってる情報が全て。どんなに実体験を語られても、創価シャッターが下りて受け付けない。
    そのくせ「自分は現場主義だから、自分の目で見たものしか信じない」とか言ってる。矛盾しまくり。

    ③ もう何年も前に離婚して、今は楽しく安定した日常を送る友人に対して「元旦那を拝み倒そう。徹底的にやっつけないとダメなんだよ」

    離婚した本人は、とっくに自分で乗り越えて今は幸せに生活しており、離婚の事も穏やかに振り返る余裕もあります。
    なのに、いきなりの戦闘態勢。敵を作り上げて闘う方が拝み甲斐があるってことでしょうかね?(笑)
    「何年も経って元オットにはもうなんの感情もないのに、今さら拝み倒すとかオカルトじみたことするなんて。そもそもアンタ関係ないでしょ、気持ち悪い!」と憤慨されてました。

    ④ 選挙の時に公明党議員のチラシをもらいました。「本当はダメなんだけど」と言いながら。違反と知ってるってことですよね。

    公明新聞と聖教新聞しか読まないため、他党の政策については無知。ただ「あいつらはみんな馬鹿。全然ダメ」というだけで、何が馬鹿でダメなのか聞いても答えられません。
    「今日もうちの党の候補者が一面にデカデカと載ってた!」と嬉々としていたけど、そりゃ公明新聞ですからね、載るでしょうよ。
    こちらとしては目が点どころじゃありません。アナタの頭の中は大丈夫?という感じです。

    とにかく、感覚がずれてるんです。
    私は、創価脳に染まった友人とどう接したらいいのか迷っているうちに、このブログにたどり着きましたが、ここにやってくるウンコタレと友人の思考回路が、悲しいことに同じなんです。
    相手を見下す、根拠のない自信、敵を作ることで結束、狭い世界の偏った価値観が全て。
    哀れです。

  82. 全く。

    話をすり替えるとか、
    最初から対話などできるとは思ってませんでしたとか、何なんー?
    全部あんたが原因やんか。わからんのかよ。

    人の家に上がりこんで、一方的に自分の言いたいことだけ言って、
    相手の話を一切聞かずスルーして、対話になりませんねー。という珍客が迷い込んで来たのと一緒ですよ。珍客、もちろんあなたのことです。

    イチャモンだけつけに来たと思われても仕方ないですよ。
    イチャモンと思われない方法はひとつ。
    Signifieさんの質問にきっちり答えましょう。

  83. 結婚と同時に入会し約30年後2014年末に退会、その後夫も脱洗脳、今は後遺症?にさいなまれている、にゃんころころです

    管理人さん、お疲れ様です。梅の一枝をお届けしたい気分です。

    ハナ子さん、ありがとうございます
    「母の信仰心は本物だったと思います。私は母を尊敬しています。
    ですが、だから創価学会という組織が正しいということにはならない。
    個人の信仰心と組織は別物、とようやく切り分けて考えられるようになりました。」
    そうそう!これこれ!!

  84. 以前数回コメントさせていただきました元地区部長のランドリーです。未だ脱会には至っておりませんので副支部長のままですが…。
    コメントしようかどうしようかと迷っていましたが、やはりコメントしようと思い書かせて頂きます。

    前の記事に対するコメントと今回のコメントにも書かれている、某さんの自由な宗教団体という事。
    活動も新聞購読も選挙活動も組織運営も配達も自由だと言うのでしょうか?
    それが許されるのは殆ど未活に近い、ごく、たまーに新年勤行会とか本幹衛中なんかだけに参加される方たちではないでしょうか?

    入会にあたっての入会三原則。
    1.座談会2回以上の参加 2.勤行が出来る事 3.聖教新聞を購読している事。

    確かに一昔前は上の三原則に合致しなくても入会できた事もありましたが、現在では3つ揃わなくては入会及び御本尊申請書を受け取るどころか面談すらできないはずです。
    つまり、シバリは存在するのです。
    折伏戦最中とか組織の成果主義によっては若干の変化があったりしますが。

    そもそも自由で開かれた組織だと言うなら、どうして内外の新聞啓蒙をしなくてはならないのでしょうか。ウンザリするF目得目、AU.ZU、マルK K、選挙区別F数なんかを報告しなくちゃいけないんでしょうかね。
    誰もが嫌がる配達を受けなくてはいけないのでしょうか。
    創価班、牙城会、白蓮、王城会、宝城会、香城会、が着任しなくてはいけないのでしょうか。
    確かに喜んで着任する人もいますが、理由はどうであれ仕方なく着任している人もいます。
    自由にしたら崩壊しますって。
    ただでさえ青年部が少ない現状で自由に立ち振舞れたらどうにもなりません。
    だから半ば強制でも着任させる訳です。
    辞めるとなれば何かと波風が起きます。
    故に致し方なく活動している1がいます。

    組織運営のごく1部ですらシバリは存在するのです。
    ここにどうして自由があるのでしょう。

    そう、ある意味自由が許されるのは…
    組織にとって、いてもいなくてもどうでもいい人。いては困る人。そういう人達です。

    役職を持ち、真剣に創価活動を行おうとすれば、自ずと我慢する事が多くなります。自由に振る舞うなんて事は出来ません。
    先生の為、同志の為、家族の為と言い聞かせて頑張らざるを得ないのです。

    それが信仰という名の洗脳であったとしても。

    もう一度書きます。
    創価には、末端活動家には自由はありえません。
    そんな組織を内部から変革するなんて事は出来ません。
    例の諮問委員会に掛けられ、破門除名、更迭、接触禁止となります。
    変革しようとしても、某一派と同じ扱いとなるのは目に見えています。

    イエスマンの幹部のみ生息する創価は名ばかりの宗教法人です。

  85. 非活 学会3世 婦人部のジンジャーです。

    学会の活動家の人って本当に人の話に耳をかたむけないですよねぇ。話してて疲れるんですよ。婦人部のば幹部どももそうだったなぁ。話にならないから、二度と話したくなくて、電話番号やメールアドレスを変えて非活になったわけですが、、、。
    母校をけなすのが恩知らずとゆうコメントがあり私のこと?と思ったのですが、私、S短大時代のことをコメントしてますが、けなしたつもりはありませんでした。真実をありのままコメントし、今の自分の思いを述べただけです。けなしているように思わせてしまったのであればお詫びいたします。自分の母校をけなしたり、けなされて喜ぶ卒業生はいませんから。卒業生のみなさん、申し訳ありませんでした。短大時代の友達や先生方の事、大切に思っています。ただ、非活になった今、卒業校の名前を出すと、自分が創価学会というのがバレちゃうから嫌だし、普通とは違う学会活動一色の師弟不二を追い求める短大生活だったなぁ、なんだかなぁ、、とは思っています。良い先生方との出会いもあり、好きな英語の勉強もできたし、よかったこともたくさんありますよ、、。短大に関する気持ちはまだ整理できてないですね。。
    またどなたかのコメントで母子家庭の人はS大に入学できないとありましたが、私は母子家庭でしたが、S短大に入学できました。私以外にも母子家庭の子は何人もいました。S大についても同様です。母子家庭とかそういう事が、入学の合否に関係はしていないと思います。学費については、今から約20年前で短大は1年間で約100万円で他校と変わりませんでした。大学は1年間で80万未満で他校に比べ多少やすかったですね。
    現在の学費はどうなっているかわかりません。留学生についても私がS大で知り合った子たちは、優秀な子が多かったです。
    創価についておかしいと思うことはたくさんあります。でも出会った人達は良い方が多かったから20年も活動してきたんだと思います。今の地域に引っ越してきてから、あれ?おかしな人がいるなぁ、、と思い、地区婦になってからは組織のトラブルが多発し、周りの幹部どもが酷い人が多く、組織活動もおかしいと思う事が多かったです。
    今の地域に引っ越してこなくて、地区婦にならなかったら、まだ学会活動やってたと思います。クズな幹部に出会わなかったら、罵倒されなかったら、理不尽な言いがかりをつけられなかったら、ずーっと信じてたんじゃないかなと思います。
    S短大を卒業していること、短大時代に師弟をガッツリ植え付けられたことが、非活になることを食い止めていました。おかしいと思っても、創価の学び舎を卒業しているため、簡単に活動から足を洗えないんです。活動を辞めたら自分の人生を全て否定してしまうことになるから、すごく勇気がいったし、母も晴天の霹靂状態です。絶対辞めないと思っていた娘が非活になったのですから、、、。
    自分でもまさか非活になると思わなかったから驚いてます。いずれ退会しようと思ってます。性格的に白黒はっきりさせたい方なので、今の状態が嫌なんですよね。
    ゴーストライターの話はショックですよ。退会への決意が固まりました。

  86. 聖教新聞辞めましょう
    一ヶ月 2,000円
    1年 24,000円
    10年 240,000円
    20年 480,000円 ・・・・・・・
    凄い金額ですよ(多部数購読は親戚にいます)
    これだけ読んでも得るものなど何も無かった
    デタラメだもんね!
    仏教って何?
    日蓮て何?
    それに創価のマインドコントロールが組み込まれて
    本当に精神破壊させる気なんだと思う
    適応できて、疑い持たず、心底信じられる人がうらやましいわ、逆に!
    私は昨年末に辞めました
    スッキリしてます、もう見たくありません

  87. ニクオさん、もうコメントしないでくださいと管理者の私が言いました。あなたと話すことは何もありません。

  88. ジンジャーさん、また創価大学短大出身のみなさん、
    私のような地方出身の者には、東京での学生生活に憧れて、
    たまたま創価に進まれたんだな〜、ぐらいの感覚ですよ、
    言うほど地方での認識は高くないと思います、たくさん宗教系の学校あるし、
    なのであまり気にしないで下さい…変な言い方でごめんなさいね。
    みなさん創価とは別に充実した青春時代も過ごされたと、感じています、
    私の女子部の部長もかわいらしい人でした…。

    創価大学は先頃スーパーグローバル校の指定を受けているので、
    助成金を含む資金の使い途について国から監視対象に入っているはずです、
    公明党が与党でなくなればシビアなものになるでしょう。

  89. Signifieさん お疲れ様です。じつは私マリーは学会員さんの発言を読むのも聞くのもアレルギーがでてしまいそうなので今回のスレはチラっと覗く程度だけにしてました。
    学会員さんの返答は相変わらずの創価脳お花満開✿なので、めまいがしました。
    (@_@;)めまいしすぎて何度も白眼がでました。(笑)

    ハナ子さん
    私も盲信者だった亡き母のことを思い出し、思わず涙があふれました。

    我が家は父の稼ぎが少なかったので母は持病もちながらも仕事も人一倍頑張り、財務は毎日コツコツ積もり貯金をして出すのがやっと。(毎回夫婦喧嘩)幹部に煽られ父に内緒で借金までして3ケタした時もありました。(あとでバレて父は大激怒!!)
    新聞配達だけはせずにいましたが健康体であれば間違いなく引き受けていたと思います。
    数々の病気と闘っては乗り越える母の姿をみて学会はほんとに正しいんだとずっと信じてきました。誇りでした。
    でもある日突然倒れ、担ぎ込まれた病院で家族のお題目の甲斐もなく数時間後に亡くなりました。母の遺体は(出血多量)病院の霊安室で引っ越し荷物のように頭からグルグル巻きに梱包され、テレビドラマで見かけるような遺体の頭上にロウソクや線香などひとつもない倉庫みたいな所に置かれてる姿を見て、あんなに信心頑張っても最後はあっけなくこんな終わり方って・・・・と、ただ茫然としてました。
    知り合いの婦人部が「家族に迷惑をかけずに旅立ったことはお母さんの家族への思いやりだよ」と言い母を讃嘆してるのを精一杯の励ましだと受け止めてましたが
    家族からすれば迷惑かけてくれてもいいから最後に言葉を交わしたかった。
    せめて「ありがとう」の一言だけでも言って送ってあげたかった。と思いましたね・・・。
    母が「絶対に学会から離れてはだめだよ」と言ってた言葉を胸に母の思いを受け継ぐように、私も活動家の道を走ってきましたが、やはり婦人部の違和感あふれる言動や組織の矛盾に嫌悪感が拭えませんでした。

    ナオさん、私も脱会してから友人に脱会宣言とお詫びをした時、思っていた以上にみんな喜んでくれてびっくりポン。ほんとに涙ぐむ人もいましたよ。。

    折伏してその後音信不通だった友人から偶然にも脱会後連絡がきて、謝罪できるチャンス!と思い、事情を話すと、
    「心配いらないよ~入会してから違和感だらけでもうずっと何もしてなかったから、逆に申しわけなく思っててて・・・、でもマリーはこれからはもっと幸せになれるよ~」と、まさかの激励(*_*)

    学会員のみなさん、外部の友人は温かいですよ。選挙も嫌な顔しないでOKしてくれるから日頃の自分の祈りで学会の理解者になってくれてるんだわ~お題目ってすごい♪と
    思ってたら、大間違い!
    みんな気の毒に思って、傷つけないようにあえて優しい笑顔で接してくれてるんですよ。
    ≪恩知らず≫とはそういう人たちに上から目線で外部の数取りと功徳欲しさを目的にあれもこれもお願いして利用しようとする学会員さんのことをいいます。

    レモンさん、前スレで優しいお言葉ありがとうございます。(ウルルン(ToT)/~~~)
    脱会してもマリーさん全然元気でやってるし!罰なんて本当に当たらないのかも?と地区の学会員さんが思ってくれたらいいな~♡

    おいなりさん、
    うちの主人が大好物の稲荷寿司を思い出し、勝手に親近感わいてますw
    (きつねさんのおいなりさんだった失礼(*^。^*))
    未活への出発!応援してます!

    コージさん、クマさんキャラ可愛いクマね~(笑)じわじわとハマってきますw 
    いっそ、「対話を求めて」オリジナルのゆるキャラ作ってほしいで~す(●^o^●)

    お肉さん、いや、ニクオさん、修羅界は学会員さんに多いです!

  90. ジュンペイさん、私の質問の答えは
    「ある」か「ない」かのどちらかです。
    ご多忙とは思いますが、よかったらそれだけでも答えてもらえませんか?
    こっちの都合で急がせてすみませんが、そろそろ次のスレッドに移るころなんですよ。
    ジュンペイさんの答え次第で次のスレッドのテーマが変わってくるんです。
    よかったら「ある」もしくは「ない」で
    シンプルに(笑)答えてくださいね。
    そんなに考えるようなことではないと思うし、
    2文字打つのに何秒もかからないと思うんですけど。
    よろしくお願いします。

    ジュンペイさんはこのブログに来るなり
    匿名で「人間として下劣ですよ」と言われました。
    それって、匿名での中傷ではないのかな〜?って思っちゃうし、ホリデイズさんの素朴な疑問もそのことじゃないかなぁって思っちゃうんですけど、
    そこでジュンペイさんが
    「私がいつ実在する人物や団体を中傷したのでしょうか?私の文章をきちんと読んでいただけましたでしょうか?」って言ったもんだから、誰もが
    「いま言ったじゃん。このブログに関わる人に対して『人間として下劣ですよ』って言ったじゃん」って呆れてましたが、そこはほら、みなさん大人だから、大人の対応してあげてるんですよ、ジュンペイさん、わかってましたか?(笑)
    あ、わかってますよね。ジュンペイさんはなんだってお見通しだもんなぁ〜
    なにしろ創価学会青年部のジュンペイさんなら誰に何を言っても許されるんですもんね。
    破門された創価学会が写真を捏造までして、ありもしないことをでっちあげて宗門をボロクソに叩きまくったあげく、訴えられて裁判で負けたわけですが、それでも絶対に謝らないのと同じで、創価学会は誰にどんな暴言を吐こうと正義なんですよね。それは中傷じゃないんですね。
    あ、匿名じゃなかったら創価新報みたいに何を言ってもいいんですね。宗門の法主に「酒と女に狂ったエロ坊主」と新聞に載せても、創価学会がやれば中傷ではなく、正義の闘いとなるんですよね。匿名じゃないし。
    でもジュンペイさんみたいに匿名で私たちを「人間として下劣ですよ」と言うのも中傷じゃないんだ。
    創価学会はこの世で唯一の正しい宗教だから、その信者であるジュンペイさんも初対面の人に「人間として下劣ですよ」と言ってもいいのが創価学会の特権なんですね。さすが!創価学会
    世界中の人をこんな考えにすることを広宣流布って言うんですよね。こんな考えの人間になることを人間革命って言うんですよね。
    すごいですね〜〜(^◇^)
    お返事まってます♫

  91. ニクオさん、もうコメントしないでくださいと管理者の私が言いました。あなたと話すことは何もありません。
    何度も言わせないでください。
    ここはあなたが来る場所ではありません。
    あなたのコメントを承認するのもこれが最後です。
    それではお元気で。

  92. ジンジャーさんそうですよね。
    短大生活本当に楽しかった。

    「視線は!?」
    「(センセーが座る)ロイヤル!」
    「心は!?」
    「ひとつ!」
    「 白鳥祭りが始まった!
    「さぁいよいよこれからだ!!!」
    この掛け合い何度もしてね(^^;)

    学会が学校を作ったのは正解です。
    学校がなければ衰退は今の数倍の早さだったでしょう。

    楽しかった短大が
    洗脳部隊を育成する機関だったと
    思えば相当ショックです。
    しかも多くの卒業生がその現実を
    受け入れられないでいる(。-_-。)

    学校は親の会も作ります。
    親達はわが子を創価の学舎に
    入学させられたことを
    誇りに思わせられます。
    そして子が覚醒した後でも
    猛烈信者の親はせっせと寄付を
    させられるんです。

  93. シニフィエさん
    ニクオさんのおっしゃることが訳わかりませんので、しばらくニクオさんに対するコメントは差し控えさせていただきます。時間の無駄ですので。
    またジュンペイさんやネコさんに対することもコメントもいたしません。
    レベルの低い仮面を被って何かを探ろうとしておられるかもしれませんし、本当にバ◯なのかσ^_^;

  94. ニクオさん
    もともと私は菩薩ではありません、私の場合は、もともとは、クマです。
    でもお祈りクマさんではないです。
    僕はクマクマ〜です。宇多田です。
    なんか、いつも思うのですが、すべて決めつけてますよね〜。
    すごく、狭い、人間ってそんなに単純ではない
    ある時は菩薩ある時は阿修羅してその実態は
    愛の戦士キュウティーハニーだったりしてもいいのではないのでしょうか?
    すみません、本題からちょっとずれてしまいました。
    上から目線? どこからその見せかけの自信がくるのか
    よくわかりません、余程狭い価値観が無いとその自信は勝ち取ることができ無いです。
    おっとここで、祝電です。

     ニクオ君勝利おめでとうございます。これからも、くれぐれも。よろしく。

    池田くんからみたいですね、ソンテジョクもさぞ喜んでいますよ。
    ついでに、ジュンペイさんにも言いたいのですが、
    思いっきり学会活動をやってみれば、よくわかると思います。未活ではなく。
    それでも、わから無いなら、どうぞよろしくお願いします。(学会員風返事)
    しかも、シンプルと得意がって、返事していますが、
    私から言わせると、なんにもジュンペイさん返答は全然シンプルで無い
    わかりにくく、説明が、へた、今後も学会をやっていくなら
    直したほうがいいかと、、、。
    または、とか、から、で終わらせるとは笑止千万、または、を使っている時点で
    複雑、しかも最後はとか?とか?とか?てか?(吉幾三てか?)
    せめて、私はこのように思っています とか?言うのが普通ではないですか?とか。
    しまった、とかを、使ってしまった。とか。
    例えるなら、エレベーターで、すかしっぺ、をしてすぐ降りて、いなくなった感じ
    すごく無責任、で残った人たちを不快にさせる、そんな共通点が
    学会員にはあります。nekoさんにも、くれぐれも冷静になって
    全体を見てください、荒れるとかそこまでわかっている、あなたになら
    このただならぬ雰囲気も、わかってらっしゃると思います。
    現実を受け入れるのは、時に自己否定につながります。すごくつらく
    逃げ出したくなる。
    でも、時には、それもありだと、もっと言うなら、そんな人たちがここには、
    沢山いますよ。
    そう私は、思っています。

  95. スマイルさん、安心してください(笑)
    ニクオさんはもう二度と登場しません。
    ニクオさんもネコさんも新しいタイプのウンコタレちゃんみたいです。わけわからないのでこのへんにしときます。
    あとはジュンペイさんがウンコタレか盲信者か、ノー◯リンか、もうすぐわかるでしょう。

    思うんですが、歳とっても創価脳というは悲惨ですが、いまどき若いのに創価脳っていうのは、さらに悲惨な気がします。あの3人組はたしかまだ40前なんですよね。本部職員としてある程度裏側のことも知っていながら、除名処分されてもなお洗脳が解けないばかりか、ますますのめり込んでいる。「退路を断つ」という言葉がありますが、彼らの場合、前にも後ろにも道はない。退路も進路も自分で絶ってしまったような気がします。創価問題は自分で気がつくしかないとつくづく思います。

  96. ハナ子 さん  2016年2月18日 06:21
    >「祈りは必ず通じるからね」と。

    ハナ子さんが  >お題目にも力があると信じてきました。
    と、書かれておられるように、昔はソコソコの力が有ったと思います。(破門前迄は)
    日蓮(正)宗に限らず、真言・浄土・真宗・禅宗他。でも同じで、真っ当に修行すればソコソコの力は皆あると思います。
    但し、創価は破門以後は仏教ではないので何の力も無い。だけなら良いんですが、仏教を騙っての池田師弟の道とか、宇宙のリズムに呼吸を合わせるとか、選挙活動、新聞拡販等々が、破仏法なので「拝んだら駄目」なんですよ。幸の反対=不幸になって行くのですよ。
    (破門後に、“正宗26世日寛師作の御本尊”を拝んでも、そりゃニセ本尊と謂われよう)

    自己啓発書の嚆矢とも言える「思いのままに」(1902年)ジェームズ・アレン著。
    …全ての「原因」は、心のなかにあり、自分を変えることで、自らの運命をコントロールし、人生をより良い方向へ、喜びに満ちた「結果」へと導けるとするものです。それは、夢や希望を持って生きようとする人にとっては、座右の銘となり、人生という道に迷う人にとっては、まさに進むべき道を照らす灯火となってきました。だからこそ、100年以上前に書かれた書籍が、いまだにロングセラーとして世界中で読まれ続けているのです。
    (以上「ジェームズ・アレン全一冊」の“はじめに”より─平松洋)
    続いて、12p……口の悪い人たちのなかには、世の自己啓発本のほとんどは、アレンの「思いは叶う」というシンプルなメッセージを、「運命を引き寄せる」や「思考は現実になる」などと表現を変え、具体的な事例を付加したに過ぎないと言う者もいます。(以下省略)

    ハナ子 さんのお母様が言われてた  >「祈りは必ず通じるからね」~
    と、同じではないでしょうか?

    「平和の道」(1901年)より
    99p…人は、いつかは消えてなくなる教義を作り上げ、それを真理と呼びますが、真理は作り上げられるものではありません。それは、言葉で言い表せるものではなく、知性のはるか先にあるものなのです。真理は日々の実践によってのみ体験されるものです。真理は、汚れない心や完璧な人生となって現れるものなのです。どんな状況下においても、忍耐強く、冷静で優しく、そして許しの心を持っている人は、真理を体現している人です。真理は、言葉による議論や論文によって証明されるものでは決してありません。限りない忍耐力、つねに許す心、そしてすべてを包み込む慈愛の心に真理があるということを理解できない人に、言葉でそれを証明することは不可能なのです。
    (以上引用終了。※どうしてもキリスト教的考え方・表現にはなりますが、言いたい事は分かります)

    >子供の頃から親身になってくれた同志の皆さん、恩は裏切れない、退転は地獄・・・

    とかイケダが“縛り”を掛けてますが、逆なんです。脱会させることが「地獄行きを阻止する早道で、まさに恩返しでしょう?。日蓮からの退転は、「池田以下の池田の弟子(とイケダが洗脳した盲信者)が行く先(地獄)」なんですよ。

    >個人の信仰心と組織は別物、とようやく切り分けて考えられるようになりました。

    よくお解りになりましたね、その通りだと思います。
    宗教組織でマトモなのは、ほんの一握りなのが現実でしょう。(葬式宗教もそれはそれで、良くも悪くもないので、少なくも創価・幸福・オーム等のマイナスよりは善い)

    「明解 法華経要義」本多日生著・土屋信裕現代語訳・編集/昭和4年(原本)平成25年4月・海鳥社
    143p……また、頑迷固陋な方では日蓮正宗などという派が誤った勝劣を唱えて、愚にも付かぬ偽書などを作っては独善排他的に派別の観念を強くし、「日蓮大聖人が本仏である」などと下らないことを言っては今なお醒めない。それどころか、その元信仰団体の創価学会が日本最大の宗教団体となり、「釈迦も釈迦の仏法も役に立たぬ」と、政治・経済・教育に大きな影響力を持っている有様ですから、この国には何時何が起きても不思議では有りません。
    (以上引用終了)

    「訂訛 日蓮聖人伝」倉沢啓樹 のあとがきに
    …十九歳から、何故に異体同心を誡めておられる宗祖に背いて平然たる日蓮門下の亡状が改まらぬかと思い続けてきましたが、ようやく八十八歳に垂んとして断案を得ましたので、同門にこれを披瀝しようと思いました。(以下省略)
    ※言いたい事はオビに書いてあります。
    「日蓮を悪しく敬まはば國亡ぶべし(種々御振舞御書)
    ─日蓮聖人をカリスマとして(引用者註:本仏とか超絶者とか祭り上げて)
    尊敬しているならば、國は滅びるであろう。─

  97. ジュンペイさん、まだかな〜〜(^◇^)
    もう次のスレッド行っちゃうよ〜
    ここは進行が早いから
    すぐに過去スレになります。
    このスレッドもご覧のように
    3日経ってないのにコメントが100超えました。
    ちょっといかげんなことを書いたら見向きもされなくなるネットの世界で、ここまで賑わうのは、ここに集まるコメントが根も葉もない中傷ではなく、真実の叫びだからです。
    読者の数が証明してくれてます。
    ジュンペイさん、もういいんじゃないかな。
    これでお開きにしましょうよ。
    あなたがいくら中傷だと言ったところで、読者のみなさんはそんなこと思ってもいませんよ。
    これ以上はもういいんじゃないですか?
    私もなかったことにしてあげるからさ♫

  98. ジンジャーさん、巴里さんを始め、S学園出身の皆さんに対して、配慮のないカキコミをしてしまい反省しています。
    皆さんそれぞれが青春を過ごした時期、得ることもたくさんあったでしょうし、恩師や友人との出会いもあったのに、考えが及びませんでした。
    本当に申し訳ありませんでした。

  99. お呼びでない輩が好き勝手言って、ブログのムードを台無しにしてますが、我々のことを「不知恩」だの「退転者」だの「修羅」だの、何と言おうと構いませんが、静かに創価を去ろうとしている人間の足をひっぱるのはやめてもらいたいです。迷惑です。
    アンチブログで醜態を晒す暇があったら、日本が戦争国家にならないように、題目でもあげててください。
    バイバイ

  100. 41歳男パニックスです。(昨年末退会)

    学会員さんは一昨年の会則変更で武器を全て失いました。法論戦なんて出来ないし、会員世帯数なんて嘘っぱちだし、池田氏は書いてないしで、地区会員の和くらいしか自慢できないのが現状です。その創価家族も選挙支援しないと言ったたけで村八分にされてしまいます。

    もう何も無いんですよ、立派な仏壇に大量生産の偽装曼荼羅ぶら下げて拝んでも幸せになれません。幸せは仏壇の中でなく日常にあります、仏壇の扉をしめて心の扉を開きましょう(^^)

  101. 答える気は「ある」
    しかしこのブログでは答える気は「ない」
    です。

    理由は、こちらにいる人たちのほとんどが相手を理解する気がないのか、話の意味や内容を全く理解できないからです。(失礼な言い方で本当に申し訳ありません)

    「匿名で実在の人物を中傷」云々の話もこのブログで実在するのは「希望さん」だけということに気づいていないんですね。

    すみません、こんな言い方する私はとても傲慢な人間なのかも知れませんね。
    それでも言わせて下さい。

    また、私が「ネットで実在する人物を中傷することが陰湿で下劣」だと言ったことに対しても、「それも中傷」というのは何とも幼稚な話です。
    あなた方がどれ程口汚く、またデマもきちんと検証もせずにネット上で垂れ流し続けていますか?
    池田大作筆頭株主の件もそうですよ。

    泥(デマ)を相手の顔に投げつけておいて、「こんな泥(デマ)を作った人は誰?」っていうのはとても恥ずかしいことじゃないでしょうか?

    これだけ執拗に創価学会や学会員をバカにし、見下し、嘲りつづけておきながら、私が一言「ネット上で中傷するのは陰湿で下劣だからやめた方がいい」と言っただけで「そんなことを言うあなたこそ中傷してるじゃないか」なんて、よくも言えますよね?
    繰り返しになりますが、正当な批判や意見は当然保障されるべきです。このブログの中にも真っ当な意見はたくさんあると思います。しかし、管理人さんの言葉はあまりにも悪意に満ちています。
    「創価学会員はみんな幸せになる途中ですと言いながら死んでいく」とか
    「創価学会員は功徳のためなら法律違反も喜んで犯す」とか
    「学会幹部が選挙違反を犯すように指示している」とか、明らかに事実とかけ離れた中傷じゃないですか。人をバカにするにも程があるんじゃないですかね。

    また、ここで話をしても無駄だと思った理由は、管理人さんの目的が創価にダメージを与えることだとわかったからです。管理人さんはこのブログで人助けをしているみたいなことを言っていますが、本当の目的は違うんですね。管理人さんはもしこのブログの読者が実生活で苦しもうとも、家庭がめちゃくちゃになろうともそんなことは知ったことではないんですよね。脱会者が増えて創価にダメージを与えることができればそれでいいんですね。だから、いくら創価学会員が正当な主張をしても、都合が悪くなると承認をせず、1部だけを切り取って揚げ足取りをするんですよね?

    私は何を言われても平気ですよ。管理人さんが言った通り、どっちがまともかは読者が判断しますから。

    このコメントを承認するかどうかは管理人さんにおまかせいたします。
    よろしくお願いいたします。

  102. ピノコさん
    ピノコさんが何を書かれたか
    遡ってしまいました(^^;)

    学歴のことですね。
    確かに消し去りたいですよ。
    その通りです(*^▽^*)
    でも過去は変えられないので
    私の使命は学友を1人でも
    覚醒に導くことかなー。

    私は覚醒が始まった頃に
    履歴書を書く事が多くて。
    その後も仕事上の事情で履歴書の
    出番が多かったんです。
    もうね、恥ずかしくて恥ずかしくて(/-\*)
    もう、高卒でいいよ!!!と
    思っちゃうくらい。
    履歴書の下に
    創価学会の活動は一切しておりません
    って書きたかったです(。-_-。)

    活動辞めて生き直してるところですが
    本当に幸せを実感します。
    体験発表、いっぱい出来ますよo(^o^)o
    覚醒者、同窓の集いをしたいですね☆

  103. 四十代婦人部古生物

    ない、で、ええでしょ!
    はっきりしなさい!

    信心継続したいんでしょ?
    迷いは無いですよね?
    時間を無駄にせず唱題しましょう
    time to chantです

    私は創価なしで
    今がちゃんとする時ですから
    どうぞお気遣い無く

  104. 元婦人部二世のケセラセラです。(昨年退会済み)

    ジュンペイさんが「ない」と答えたので、このスレッドは終了ですね。
    シニフィエさん、お疲れ様です。

    次のスレッドのテーマは何かな~(^-^;

  105. ジュンペイさん、回答ありがとうございます。

    私言いましたよね。
    >「あるでもなければないでもない」なんてなしですよ。
    >禅問答ではないですからね(笑)

    なんかそのまんまですね(笑)

    つまり、簡単に言うと、
    ここのブログに集まった元学会員さんの真実の体験談は、単なる中傷(=根も葉もない嘘八百で創価を陥れようとするだけのもの)であるということを証明できるんだけど、管理者の私が悪意に満ちたムカつくやつなんで、ほんとは言えるんだけど言わな〜いってことですね。
    そうですか、わかりました。
    読者が判断するでしょう。
    ここで言う気がないのであれば、あなたがここに来る理由はなくなりましたので、
    これで終わらせていただきます。

    これが最後なので、正直言いますね。
    たぶんジュンペイさんはほんとはいい奴なんだと思います。
    しかもとっても心優しい青年なんだと思いますよ。
    今さら持ち上げてどうするって話ですが(笑)
    でも悲しいかな創価に洗脳されてるから、私のちょっとした煽りにも
    ものの見事に創価スイッチが入っちゃうんでしょうね。
    ここにコメントされている方の話にも、創価の彼氏はふだんはとっても優しいのに
    創価を批判されると、人が変わったように攻撃的になる。
    どうしたら大切な彼を創価から救い出してあげられるでしょうか?
    といった相談もあります。
    また夫婦間でも、創価の話になると普段優しい夫や妻が豹変するという話もたくさんありました。
    まさに創価スイッチですよ。
    もうわかりやすすぎます。
    かく言う私も、20代の頃、交際相手の母親から、私が創価というだけで結婚に反対されて、
    それでめげなきゃいいのに、私のほうが創価スイッチが入っちゃって、
    「親が創価を批判するなんて、所詮自分にはふさわしくない人なんだ」
    と、ものすごい負け惜しみを自分に言い聞かせて、勝手に彼女を見下してしまって、
    私のほうから一方的に別れてしまったという、
    覚醒した30年後にそのことがわかってショックで鬱病になった経験があるので、
    ジュンペイさんがほんとはいい奴なんだということはよくわかるし、
    さきほど創価スイッチマックスで書いてきたコメントの中にも
    本来の人間らしい優しいジュンペイさんが見え隠れしているのもよくわかります。
    だから私はあえて煽るように返事をせかしたんです。

    >ジュンペイさん、まだかな〜〜(^◇^)
    >もう次のスレッド行っちゃうよ〜

    ってね。
    そしたら面白いほど創価スイッチオン!でやってきましたね。
    このコメントでも、ほんとの優しいジュンペイさんと
    創価で洗脳されたマジキレ創価ジュンペイが葛藤してるじゃないですか。
    こんなに怒る自分は何なんだ?と、自分でもちょっとビックリしながら
    それでもその怒りを抑えきれずに、創価に楯突く奴は許せねえ!
    オレさまがたたっ斬ってやる〜ッ!って爆発しちゃうんですよね。
    二つの真逆の人格が見えますよ。
    もちろんほんとの人格はやさしいジュンペイさん。
    もうひとつの凶暴なのは創価ジュンペイさん。
    ジュンペイさんはまだ若いので、生きているうちに創価が詐欺団体だということが白日の下に晒されると思います。
    そのとき私たちが、なぜこれほどまでに叫んでいたのかがわかると思いますよ。
    今のジュンペイさんならしょうがないと思います。
    洗脳されてますから。自分の体験としてわかります。中傷じゃないです(笑)
    でもそれでもまだほんとのジュンペイさんが顔を出しているところが見えるので
    いつか自分で気がつく日が来るかもしれません。
    その日が来て欲しいです。ほんとですよ。
    だからジュンペイさんには、その日のためにも、
    ここで自分が何を言ったかよく憶えていて欲しいんです。

    ジュンペイさん、わざと煽ってごめんなさい。
    ジュンペイさんのそのワンパターン創価スイッチがはっきりしたので安心しました。
    いつかほんとの優しいジュンペイさんに戻れる日を願っています。

    それではジュンペイさん、お元気で。m( _ _ )m

  106. ジュンペイさんへ

    パニック状態におなりですね。

    少し落ち着きましょう。

    パソコンなどに向かわないで、深呼吸した方がいいです。

    出来れば、お水など飲んでください。

    お題目は済ませましたか?

    こちらの何処の誰かも分からない不特定多数の方々に立ち向かって噛み付いても、しんどいだけでしょう?

    あなたの敵は、ここに居る皆さんじゃありません。

    敵は、いつもあなた自身の心の中に居るのです。

  107. 何回かコメントしたことがある外部のホイホイと申します。その時ちゃんと言ったか自信がないのであらためてはじめまして。管理人様 皆様よろしくお願いいたします。

    ナオ様 マリー様 はじめまして。
    私も何人かの学会員の方から勧誘 選挙のお願い 新聞のお願い 会合へのお誘い等いろいろ受けました。 一緒に題目を唱えたこともあります。 会合は合計10何回は行っています。 数えていませんが20回を超えているかも知れません。 今もお付き合いのある人もいれば全く音信不通の人もいます。 いつか私もその人達からお詫びを言ってもらえるのかなあ と思いました。

    お付き合いのある熱心な会員の方が今年に電話を下さり これからパソコンを習うと言っていました。 このブログを見てくれるといいなあ と思います。 でも一方でその人は疑いを持たずにやっている様子なので その人の心を乱すことになることを望む私はいけずかも知れないな とも思ったりします。 内容がスレッドとずれていて申し訳ありません。

  108. 外部の読者でAkiraと言います、たまに書き込みも致します。

    それでは読者として判断します。

    まともなのはsignifieさんです

    以上。

    やっても意味が無い提案ですが次のスレッドにてどちらがまともか多数決投票でもしてみますか?ジュンペイさんに同意する学会員がどれほどいるのか知りたいもんです。

  109. 外部のあかりです。
    ジュンペイさん、まさかうちの弟??
    って思うくらい、似てました。
    いろんな意味で悲しくなりました。

    ここを訪れた「ジュンペイさん」たちがいつか気づいて本当の自分に戻りますように願っています。

    シニフィエさん、お疲れさまでした。
    敬服の一言です。

  110. ジュンペイさん、あなた皆様のコメント内容本当にちゃんと読んでからコメントしてますか?

    外部で私自身は直接創価学会に関与した事がない立場の私から断言します。
    シニフィエさんをはじめこちらの皆さんがまともです。

    よくもまぁこちらの皆様のコメントを一つ一つ読んで「デマ」なんて言えますね。
    ご愁傷様です。

    あとジュンペイさんの
    >管理人さんはもしこのブログの読者が実生活で苦しもうとも、家庭がめちゃくちゃになろうともそんなことは知ったことではないんですよね

    意味がわかりません。
    つまり脱会すると確実に不幸になるって事ですか?
    へぇ〜!宗教ってやるのもやめるのも自由なのだから当然やめる人がいてもおかしくないと私は思うんですよね。
    じゃぁジュンペイさんは折伏する時に相手にちゃんと
    「いつでもやめていいけど、学会はやめると確実に不幸になるよ。地獄に落ちるよ」って当然説明してあげてるんですよね?じゃないと宗教は自由だから自分に合わなきゃすぐやめようってくらいの気持ちで入会した人はただやめただけで不幸になるなんてたまったもんじゃないですもんね。

    余談ですが最近図書館で借りたマインドコントロールについての本に書いてあったのですが、統一教会は教会をやめるくらいなら
    「死ぬか殺すかしたほうがいい」
    と何度も教えてるそうですよ。
    あれ?やめると不幸になる結末だけは統一教会も創価学会も全く一緒ですね。あ、ただの偶然かな(笑)

    シニフィエさんもし書き込み内容に問題があったらすみません。
    承認はお任せします。
    ブログの管理本当にお疲れ様です。
    いつもありがとうございます。

  111. でもそういえば以前はジュンペイさんみたいな創価スイッチ全開の「殴り込み」がけっこうありましたね。そのころは私も慣れないものだから、真正面から反論したりしてました(笑)そりゃもうダラダラと思いのままを書き連ねました。でもそんなことしても話が通じないんだからしょうがない。ちょっとは大人になったかもです(笑)
    えつこさん、お気遣いありがとうございます。
    創価スイッチって、我ながら名言だなと思いました。商標登録しようかな(笑)
    そしてジュンペイさんには申し訳なかったですが、こうして典型的な創価スイッチを多くのみなさんに紹介できたのもよかったと思います。ほんとみんなソックリですよね。みんな騙されてるっていう証拠です。学会員はみんな同じようなメンタルにされて、右向け右で動くようにセッティングしてあるんですよね。新聞とって、財務でお金を巻き上げられて、選挙違反を強制させられて、外からの批判には、本人が驚くほど顔を真っ赤にして怒り狂う。みんな一緒です。おんなじように騙されている。だからもうジュンペイさんみたいな人から下劣だとか、失望したとか言われても、ニコニコと笑っていれるんです。だって騙されて言わされてるんだから、そこに何言ってもいっしょです。何を言っても理解しないのもその証拠です。
    私はジュンペイさんに「これが中傷だと言う証拠を見せてみろ」と言うことで、戦いを挑んだのではありません。創価スイッチを披露してくれるように仕向けたといったら聞こえが悪いですが、まあそんなとこです。だからここまで完璧に乗ってきてくれたんで、ちょっと気の毒なくらいでした。「これが創価スイッチでございます」的な。ジュンペイさんは身を以て自分が洗脳されていることを証明して見せてくれました。中傷だ匿名だ下劣だとか、はじめからどうでもいいんです。まさに「騙るに落ちる」とはこのことですね。でもいざこうして披露されると、なんだかほんとに気の毒になってしまいました。まだいい若者なのになと。

    >(失礼な言い方で本当に申し訳ありません)
    >すみません、こんな言い方する私はとても傲慢な人間なのかも知れませんね。
    >それでも言わせて下さい。

    これちょっと泣けてくるじゃないですか。
    そして
    >管理人さんはこのブログで人助けをしているみたいなことを言っていますが、本当の目的は違うんですね。管理人さんはもしこのブログの読者が実生活で苦しもうとも、家庭がめちゃくちゃになろうともそんなことは知ったことではないんですよね。

    ジュンペイさんは、ほんとに創価をやめると人が不幸になると本気で信じてます。そのへんの功徳が欲しいだけの学会員じゃなくて、創価じゃないとほんとに幸せになれないと思っていますよ。純粋に。それだけに返す返すも残念ですよね。
    そして私が多くの人をたぶらかして創価をやめさせている極悪人みたいに思ってます。
    とんだ扱いされたもんです(笑)
    戦隊ものに出てくる怪人じゃあるまいし(笑)
    わざわざそんなことして何になるかって考えれば小学生にだってわかるでしょ。

    でもいいんですよジュンペイさん。
    私はあなたがどうしてそんなに怒り狂っているのかがよくわかります。
    経験者だからです。
    私言いましたよね。昔の自分とダブルって。
    当然、腹も立ちません。
    ああ。あのころ自分もこんなだったよなあ〜って。
    ジュンペイさんはほんとは優しい人だから、自分の親ぐらいの見ず知らずの人に向かって、悪態をついてしまった。自分としたことが〜と、自己嫌悪の部分もちょこっとあるかもしれません。でもすぐに創価スイッチでそんな気持ちもかき消されてしまうでしょう。
    ジュンペイさんはきっと「自分のこの心の横ぶれは何なんだ?」と考えてくれているかもしれません。もしそうであれば嬉しいですね。覚醒のキッカケとなってくれればいいなと思います。
    もちろんすぐには絶対無理です。
    自分で考えること。考えることまでも創価に依存しないこと。そうすればいつか必ず気がつく日が来るんだと思います。ただし死ぬまでに来るかどうかはわかりませんけどね。
    三人組みたいに、あんな目にあってさえも気づかないこともあるんですからね。頭の中が小説人間革命なんですもんね(笑)

  112. ジュンペイさんの
    >こちらにいる人たちのほとんどが相手を理解する気がないのか、話の意味や内容を全く理解できないからです。

    はい、残念ですが理解しようとする気もないし、覚醒した今は理解できません。
    理解なんていたくもありません。
    声を枯らして訴えても無理です。
    他の学会員さんにも言います。
    無理です。
    時間の無駄です。
    嫌われるだけです。
    ここまではっきり言いますから、理解者を増やそうなんて止めた方がいいですよ。

    学会員さん、理解させようと頑張るより、なぜここまで言われるか考えた方がいいですよ。
    残りの人生を、こうやって中傷?され、嫌われ笑われ迷惑がられる方を選ぶか、なぜそこまで言われるか考えるかの二者選択です。

    ここまで言われて初めて、自分たちがしてきたことを知ればいいのです。
    いろんな角度から説明し、説得し、例を挙げて噛み砕いて説明しても、わからないのだから仕方ないです。
    わかる人はここまで言われなくても、それ以前の丁寧な説得で解りました。
    ですがジュンペイさんのような人は、それができませんでした。
    できないどころか返ってきた言葉が

    >よくも言えますよね?
    >人をバカにするにも程があるんじゃないですかね。

    あーあ。
    ジュンペイさんのような人は「言われる方」になると敏感です。
    黙っていられれません。
    でも自分たちがしてきたことで相手が同じように、或いはその何倍も不愉快だったことはスルーです。
    そこまで腹が立つということは、それだけのことを自分がしてきたってことですよ。
    それをすっかり忘れているのです。
    そうでしょうとも。
    自分は正義に酔いしれて見てなかったからですね。

    何気なくやっていた友人の連れ出し、得々と語った自論。
    友人は嬉しそうに聞いていた…なーんて思ってたもんね。
    ちょっと驚いた顔したくらいなら、さほど気にもしなかったもんね。
    本当は「はらわたが煮えくりかえってた」かもしれないんですよ。
    同じものを見ていても、それに気づいているか気づいてないかの違いです。

    ジュンペイさん、はっきり言ってこのブログ、全然やさしいですよ。
    もっともっともっと言われても不思議じゃないくらいなんですが、皆過去の自分を思って押さえてるくらいなんです。
    仕方なかった…という自分の弁解をもって甘く批判しているくらいです。
    これっぽっちで腹が立ちますか(笑)
    びっくりぽんですわ。
    世間はもっと怒ってますよ。
    元創価がそれを静めるべく、代わりに先に謝ってるんです。

    そのくらいのことを創価学会はしたと思ってます。
    ここまで言っても更に世間を、或いは誠意を尽くして謝っている元学会員を怒らせたいなら、どうぞやってください。
    但し何かあっても助けてくれる人はいませんよ。

  113. いまさらのコメントで申し訳ない。
    Q.デマや中傷はやるべきではないとおもいます。(ジュンペイさんの主張)
    A.そもそもデマでも中傷でもないですよ(主催者さんの回答)

    ただこれだけの話だとおもいます。

    ジュンペイさま
    はじめまして。外部の雑草です。

    >私が言っているのはとてもシンプルなことです。
    しかし、単なる悪口やデマや中傷を、
    匿名で言ってもいいなんてことが許されるわけがないんです。

    >ところで、顔の見えないネットでネチネチとこれほどの中傷を繰り返すなんて、
    陰湿ですよ。

    つまり、シンプルにまとめると、

    Q.デマや中傷はやるべきではないとおもいます。(ジュンペイさんの主張)
    A.そもそもデマでも中傷でもないですよ(主催者さんの回答)

    2行で書けます。
    これ以上に明快な回答など存在しないとおもいますよ。
    それで答えを補足する形で、そもそもデマとは~中傷とは~と述べてあるでしょう?

    あなたの中ではこれが、
    >またいろいろ話をすり替えてくるのかなとも思いますが、

    これが話しをすり替えてるとあなたには認識されてるのですね?
    すりかえてないですよ、これ。
    マトモに答えてます。

    みなさん、もう、お互いにさんざん、リアルでも電脳でも経験されたかとおもいますが、
    これが、まさに こ れ が、

    「 創 価 シ ャ ッ タ ー 」
    です。

    都合の悪いことは、全く認識されなくなる。
    なんの意味もないこととしてはじかれてしまい認識されない。

    思い出すぜ・・・・。
    私の知人にそっくりです、ほんとに。

    あと、
    >まともな人が見たらおかしいと感じると思います。
    人間の行為として下劣ですよ。
    みっともないのでこういうことはやめたほうがいいと思います。
    >しかし、失礼な言い方かも知れませんが、
    ずれていると言うか、いまいち本質がわかっていないのかなと思います。
    >あなた方のやってることはネットいじめと変わりませんね。
    >またいろいろ話をすり替えてくるのかなとも思いますが、こんな単純なことが理解できないなら、残念ながら、対話は成り立たないのではないかと感じました。

    きまりましたね、必殺技の「上から目線」が。
    私は正しく、聡明である。
    そしてアンタラは低劣である。
    アンタラは、そんなことも理解できないのかい??と

    ああ、これは、とても特徴がよくでてますね。
    ネットですんで、本当に創価の所属なのか、あるいは特徴をとらえた成りすましなのかわかりませんが、なりすましなら、まことよく特徴をとらえている。
    まさにこんな感じです、創価学会員は。

    あとこの、同じやりとりなんべんすんだってのも特徴でした。

    中傷うんぬん 中傷じゃないですよ理由は~ 中傷うんぬん だから中傷じゃないだろ
    中傷云々 いい加減にしろなにも聞いてないのかなんべんすんだこのやりとり

    これもうリアルの学会員そのものでした・・・。
    結局、最後まで一切話しきいてませんでしたね。

    しかし、まだ若い若者とおもうと、これは胸が痛みます。

    本当に罪な団体です、創価学会とは。
    過去に一体、どれくらいの数の人間を巻き込んだのか?破滅させたのか?
    そして今現在、このような若者さえ生まれている。

    ジュンペイさん、
    たったひとつだけ、「外部の資料や外部の人と交流してみる」ことからでもはじめてみてはどうでしょうか?と提案してみます。
    創価の内部でいいきかされることがあったら、それを外部側の資料でも確認してみる。
    照らし合わせて違いを確認する。
    それだけでも何かが変わるとおもいます。

  114. 今晩は!

    雪風です。

    シニフィエさん、昨日は、見事なブログ進行の御采配でした!

    替え歌、VeryGoodですよ!

    皆さんも、お疲れ様でした!

    憤懣やるかたない感じでのジュンペイさんでしたが、私は昨日からどうしても少しだけ気になっていた事があります。

    >池田大作筆頭株主の件もそうですよ。

    ↑ジュンペイさん、こんなセリフを言っていましたね、私には、どうも違和感があります。

    アンチならまだしも、活動家なら、「池田大作」などと軽々しく呼び捨てでは書かないですし、何だか変です。

    私が学会員ならば、どんな場合でも絶対に何が何でもとことん「池田先生」と書きますね。

    それが、呼び捨てとは?

    本当に、学会員だったのか?

    ちょっと……ただならぬ違和感がありました。

    学会員でないなら、別にいいんですが、気持ちスッキリしなかったので……

    余計な詮索でしたら、申し訳ありません。

    P.S.

    ラザリスさん、ジャンヌさん、加奈子さん、宝星さん、コメントありがとうございました〜(*^_^*)ずーっとさかのぼって読んで見て、ご無沙汰しております、ご心配いただき申し訳ありません。

    (・∀・)ノでは!

  115. 皆さんの反応は予想通りでした。

    管理人さんが、話がかみ合わないのをすべて私のせいにするあたりは、凄いなと感心しました。
    そりゃ創価学会の考えとそぐわなくなるわけだわ。

    nekoさんの数字の間違いに対する指摘もスルーですしね。
    「あなたこそスルーしてる」とかも、やめてくださいね(笑)

    少し前にハナ子さんの本当に素晴らしいお母様のエピソードが載っていましたね。これを読んで私は感動して泣きそうになりましたが、管理人さんの「創価学会員はみんな幸せになる途中だと言いながら死んでいく」というトンチンカンな中傷がハナ子さんのお母様をどれだけ冒涜しているかもわからないんですね。凄い感覚です。
    ハッキリ言います。あなた方のやっていることは陰湿な中傷以外の何者でもありません。

    ゴーストライター云々の話も、先生の心がわかっていれば、そんなことで不信を抱くこともありません。会員を思っての「チーム池田」というだけの話でしょう?どんな世界でも、側近が仕事をサポートするなんて当たり前じゃないですか。
    我が地域には、第一庶務出身の、素晴らしい人格の先輩がいますから、先生の側近としての振る舞いも、先生の会員に対する思いもすべて聞いています。
    押印和紙を側近が押してることなんて誰でも知っていますよ。それでも、先生の指示で「会員さんのために真心で押印しなさい」と言って押されたものなら、先生が押印したのと一緒でしょう?
    人間革命の執筆を側近が手伝ったとしても、先生がすべて目を通し、手を入れて決済したのなら、先生が書かれたのと一緒でしょう?

    このブログで、もう何を言っても無駄だとわかったので、この「対話を求めて」というブログを正当に批判するためだけを目的としたブログを私の手で開始しようと思います。
    何も言わずにブログを開始して、「あなたこそ陰湿で下劣だ」と言われないように、ここで、ブログを開始することをきちんと告知いたします。
    そのブログでは、実在の人物や団体に対する中傷が起きないように、きちんとルールを決めて運営しようと思います。
    もちろん、ルールさえ守っていただければ、こちらの常連さんも参加可能です。
    「対話を求めて」ブログがどうダメなのかだけを話し合う場、正当な批判や意見を言い合うだけの場にしたいと思うので、閲覧数を競うようなことも一切いたしません。
    初めてのブログですので、上手くいくかわかりませんが、
    2週間後くらいを目標に稼働を開始しようと思います。よろしくお願いいたします。

    それでは、短い間でしたが、ありがとうございました。
    いろいろコメントをいただきましたが、個別にお返事をできなかったことをご容赦下さい。
    また、私の登場で気分を害されたというコメントもたくさんありましたが、このブログ自体がどれだけ多くの実在する人々を傷つけているかということも、このブログの常連さんは忘れないで下さいね。
    このコメントを載せるかどうかも、管理人さんにお任せいたしますが、一部だけを切り取って紹介するのだけは勘弁して下さいね。それでは私の思いが正しく伝わらなくなってしまいますので。

  116. 昔……ヒューマンさんとか言う方がいらっしゃいましたが、その方の文章に似ている気がします。

    やたら、ありがとうございましたとか繰り返し言う方だったような……

    そもそも、学会員なんでしょうか?

  117. 外部のAnnです。
    最新スレッドのモニカさんのコメント読んでみて下さいね。勝負!勝負!ってですか?
    はは、管理人さんはそんな考えないですよ。
    自ら気づいた方々と自由な未来の方向を見ておられますよ。ジュンペイさん、贈る言葉は、”はい、頑張ってくださいね。ぼく。”
    それだけです。

  118. ジュンペイさん、1週間ほどの短い間でしたが、多くの人に学会員の典型的な思考法やメンタルを披露していただいてありがとうございました。とってもわかりやすかったです。
    その創価スイッチ、恥ずかしかったんじゃないですか?
    私たちから見たら「お〜、これこれ、これだよね〜」って感じなので気にしなくていいですよ。恥ずかしいですけど、学会員なんだからしょうがないです。みんな知ってます。
    少なくともこのブログの読者がジュンペイさんをどのように評価しているかは、一般の方の感覚では想像がつくかと思いますが、何を言われようが、どんな事実を示されようが「創価が正しい」としか思えないような学会員さんは、まるで違った風にしか受けとめることができないのでしょうね。
    ジュンペイさん自身が、これからこのブログを糾弾するブログを立ち上げると言うのですから、創価の実態に気づいた方や、創価についてほとんど知らない一般の読者も含めて、現役学会員の感覚が一般常識とどれだけかけ離れているかがはっきりとわかることになると思います。私としても「どうぞ勝手にやってください」といったところです。

    ここ「対話を求めて」には毎日数人の「はじめまして」の方がコメントしてくださっています。
    みなさん一様に「創価学会をやめてよかった」「どうしてこんな詐欺に気づかなかったんだろう」「やめてから充実した人生を送ることができました」「早く気づけばよかった」「まだ気づいていない学会員さんも、一日も早く気づいて欲しい」との声ばかりです。「たまに」じゃないんです。毎日、複数の方が初めてコメントされている内容が「創価は詐欺だった」というものなんです。これが「中傷」なんでしょうか?「実体験」ですよね。創価のことを何も知らない人が勝手に悪口を言ってるんじゃないんです。創価は人を不幸にしてきたという事実を、自分自身の体験を通じて、毎日毎日全国から教えて下さっています。これらの声は創価の活動を真面目に何十年もやってきた方の結論なんです。一般の方がこれを読んで『どうしてそれをジュンペイさんは「中傷」としか言わないのか?』という素朴な疑問がわくでしょう。「ジュンペイって考え方おかしくね?」って普通なら思うとこですよ。だからこそ、一般の人にもわかるように「このブログに書いてあるコメントが「中傷」であると主張するなら、その根拠をきちんと示してください」とお願いしました。そしたら「示すことはできるし、示す気はあるけれども、このブログでは示す気はない」という答えでした。これ読者の神経を逆撫でする回答ですよね。一般の人なら「何勿体つけてんだよ。そんなに自信があるならサラッと言えばいいじゃん」って思ったでしょう。創価の洗脳の実態を知っている私や、このブログにコメントしてくださる方は、ジュンペイさんの洗脳されぶりを自分の体験として知っていますから、こんな言動も「まあ、仕方ないか」って感じなんです。

    以前、白いブランコさんという現役の地区部長さんがここで真摯な対話を試みられました。私たちもそうとうな譲歩(創価が正しい宗教団体であるということを仮定とした議論、つまり一旦相手の立場に立ってものごとを考えてみる、対話を試みる)をして対話をしたことがあるのですが、それでも白いブランコさんとの対話には何の成果も見られませんでした。どんなに具体的に創価がやっていることの矛盾を事実として指摘しても「それでも創価学会は正しい」ということを一環して主張されていました。それはこのブログの2015年3月4日のスレッド「白いブランコさんとの対話」と3月16日「白いブランコさんとの対話 2」にありますので、よかったら読んでみてください。
    そしてその白いブランコさんの考えは「今の創価は政治活動に関しては納得できないこともあるので、自分としては納得できない政治活動はまったくしていない。しかし基本的に創価は正しい宗教団体なのだから、自分たちのような末端の会員が内部から組織を改革することで、よりよい宗教団体にしていこうと思う」といった主旨のことを話されて、白いブランコさんは実際に自分が地区部長として受け持っている地区の座談会で、創価の改革について意見を聞いたり、アンケートを集計したりしたものを、自分で立ち上げたブログ「創価ルネサンス~創価学会改善活動~」に掲載して頑張っておられました。ところが座談会でそのような提案をしても、学会員さんはほとんど見向きもしない。ブログの反応もほとんどない。私もこのブログで白いブランコさんのブログを紹介したりして、最初はこのブログから見に行った方で数百のアクセスがありましたが、ひと月ほどでほとんど空き家状態となってしまいました。つまり白いブランコさんの「創価学会改善運動」は誰も見向きもしなかったんです。コメントする人も5人ぐらいでしたか。
    白いブランコさんは、とても紳士的で、包容力があり、私がわざと過激な言葉でつついても(先日ジュンペイさんに放ったように(笑))そこは若いジュンペイさんとは違い、年の功といいますか、決して動じることもなく(創価スイッチオンにならず)常に冷静に対話を続けることができていました。しかし学会員のいつものパターンで、こちらからの肝心な質問に対しては一環してスルーされ、まるでガリレオみたいに「それでも創価は正しい」と、頑として自分の主張を再検証するといったことはありませんでした。結局はものわかれで対話は終了しましたが、その後に白いブランコさんがおこなったのが、さきほど紹介したブログ「創価ルネサンス~創価学会改善活動~」だったのです。

    http://blog.livedoor.jp/soka_renaissance/

    白いブランコさんはほんとうに真面目な方だったんでしょう。私なんかよりもはるかに人格のできあがった方だと思います。ほんとですよ。ジュンペイさんといっしょで、創価に出会ってさえいなければ、おふたりとも素晴らしい人生を送ることができた方だと思います。白いブランコさんは創価の現場でも一生懸命に創価学会の改革について訴えていたようです。そして3ヶ月後に白いブランコさんはそのブログにてこのように書いておられました。
    「久しぶりの記事になりますが、ここ一か月の心境・信条、考え方の変化について、書いていこうかと思います。時間的に余裕がないため、スローペースになると思います。」
    「6月の初旬にライン役職の1つ上、2つ上、3つ上の長の方々と話をいたしました。
    簡単に結論を申し上げますと、自分の今現在の考え方は、今現在、所属している創価学会組織のなかでは受け入れられない考え方ということを再認識しました。気になったこととは多々ありましたが、そこに労力を費やすよりも、もっとほかの方法、方向にシフトするようにしました。
    約1月前にライン役職の4つ上の長の方と話をしました。こちらの言いたいことは聞いてくださり、また、ネットで話題になった件も、回答してくださり、有意義ではありましたが、方向性が変わることはないと思いました。抽象的な文章で済みませんが、結論としては組織活動からは離れます。こちらのブログも近いうちに閉鎖するようになります。」
    その後ブログは公開はしているものの、昨年末に
    「随分と時間が経ってしまいましたが、様々なことがあり、ある程度整理がつき始めたのでまたコメントいたします。ブログは閉鎖する予定でしたが、書いておきたいこともありますので、前言は撤回させていただき、形は若干変えて続けていきたいと思います。」
    とコメントされてからは、まったく更新もされることなく今に至っています。
    最後に白いブランコさんの言う「書いておきたいこと」とは何なのでしょうか?
    もう組織活動はされていないようですし、脱会したかどうかもわかりません。

    白いブランコさんは、これまで私のブログに来られた現役活動家では、唯一対話のできるすばらしい方だと今でも思っています。だからこそ私は白いブランコさんのブログに、たくさんのコメントを残しています。「その後、白いブランコさんにどのような変化があったのか、お話ししていただけませんか?」と何度もお願いしたのですが、まったく返事もなく、今ではコメントを投稿することもできない状態です。あれほど真面目に真摯に対話をして来られた方が、自分のブログでさえ放ったらかしにするほど、何かしらの変化があったものだろうと思っています。

    ジュンペイさんにとっては余計なお世話かもしれませんが、たぶん、これからジュンペイさんがたちあげるブログも、誰も相手にしないと思いますよ。(すみません、ほんと余計なお世話ですね(笑))最初は私やここの皆さんも見るとは思いますが、それが終わったら白いブランコさんのブログと同じことになるのは目に見えてます。それか面白半分でやってくるウンコタレのかっこうの遊び場になるでしょう。
    ジュンペイさん、一般人の趣味のブログとはちがって、宗教思想のブログって魑魅魍魎のえさ場みたいなものなんですよ。とくにこれだけ悪評高い創価学会を「正義だ」と主張するブログがまともに運営できるわけがないじゃないですか。ジュンペイさんにとって創価学会は正しい宗教なのでしょうけど、一般の人にとっては気持ちの悪いカルト集団なんです。まずその認識を受け入れない限りは、誰も相手にしないです。相手にするのは同じような盲信者か、暇つぶしのウンコタレぐらいです。あなたみたいに純粋に「正義のために!」って思ってるような人ばかりが来るような世界ではありません。経験者としてアドバイスしますけど、やるのは勝手ですが、きっと途中でいやになってやめます。まあ、そうやって気が変になりそうなところまで経験してみれば「創価って何?」って考えるキッカケになるかもしれませんね。「自分の信じてきた創価」と「一般人が見ている創価学会」がこんなに違うとは、いったいどういうことだろう?というところまで考えが及べば、そのブログを立ち上げる意味はあるかもしれません。
    だって一般の学会員さんにしてみれば、そんなことどうでもいいんですよ。ジュンペイさんは『「対話を求めて」は学会を「中傷(ありもしない悪評を吹聴して相手を貶めること)」して、学会員を惑わせる悪魔のような存在だから、「対話を求めて」を糾弾するブログで創価学会の正義を正々堂々と主張してみせるぞ』と思っているのでしょうけど、ジュンペイさんはそうでも、一般の学会員にしてみれば、そんなことどうだっていいんですよ。
    ジュンペイさん、そういう意味ではそのブログはやってみる価値はあるかもしれません。でもあなたの直属の幹部に相談してみてはいかがでしょうか?
    『これこれこういうわけで、僕はこの「対話を求めて」どうしても許せないんです。創価の正義を証明するためにも、このブログをコテンパンに論破するために、自分でブログを立ち上げて戦います!』
    幹部といっても少なくとも総県レベルですよ。そこらの壮年支部長とか、
    「ネットはデマだから見るなって言われてる。そんなネットにあることに目くじら立てるジュンペイさんほうがおかしいんじゃないの?」って言われると思います。
    で、総県レベルとなると
    「ジュンペイくん、そんなことしてる暇があったら、Fのひとつもとってきなさい。そんあわけのわからない退転者を相手してたら君まで魔にやられるぞ。関わるんじゃない。先生がそんなことを望むと思うのか?喜んでくださるとでも思うのか?君がやるべきことは、そんなことじゃないだろ」とかなんとか、ネット上の創価の実態を知られることを拒んでくるでしょう。もし私が総県幹部だったら、そう言ってジュンペイさんを創価の真実から遠ざけようとすると思います。
    試しに実際に総県幹部に聞いてみたらどうですか?聞いたら、きっとその幹部はジュンペイさんの直属の幹部にジュンペイさんがどんな状態なのかさぐりを入れると思います。「ジュンペイって、ちょっと危険だぞ。注意してみとけよ。ジュンペイがおかしなこと言い出したらすぐ報告するんだぞ」ってまわりの男子部に釘を刺すでしょう。
    白いブランコさんの例で明確に結果が出てます。座談会で白いブランコさんが「組織を改革しましょう」と言っても、地区の会員さんは「正直いって迷惑です」ってはっきり言ってるくらいですからね。多くの学会員さんにとっては創価学会員であるのは、自分に功徳があればそれでいいんです。憲法も法律も原発も戦争も知ったこっちゃない。だから法律違反を承知で選挙活動ができるんでしょ。そんな人たちがやってるんです。そして学会の最高幹部が会員にそうさせているんです。それは学会員が「創価こそが正義だ」ってやってるのではなくて「功徳があるなら何でもいい」ということでやらされているだけではないですか?…あ、ないですか?ってジュンペイさんに訊いても無駄でしょうけど(笑)。
    まあ、せいぜい頑張ってください。むしろジュンペイさんが現実に目を向けるキッカケとなるのなら応援したいですね。
    ここに来られる一日10000のアクセスの方たちが、ジュンペイさんのブログで展開されることをどのように判断されるのか、少しは興味ありますよ。もちろんそこでは「対話を求めて」に掲載されている15000以上の創価の実態のコメントが、すべて『中傷』であるということも、明確に証明してくれるのでしょうから、楽しみにしています。まずはそこからですね。ジュンペイさんはそこまで言い切ったんですから、最初にそれを明確にしてください。また「あるといえばある、ないといえばない」なんてなしですよ(笑)

  119. 雪風さん、ショーさんがそうだったのか私もよく憶えていないのですが、これまでここに来たウンコタレのほとんどが、このあいだのニクオの名前で来ていた、たったひとりの異常者です。私が庇うのも変な話ですが(笑)ジュンペイさんはそんな異常者ではないと思います。ただ多くの学会員と同じように見事に洗脳された、でも根は純粋な若者だと思っています。他人の意見を聞かずに高圧的な口調で脱会者を卑下するのも、みんな創価の洗脳の賜物です。ジュンペイさんはあんなふうに言ってはいますが、それは創価が言わせてるんで気にしないでください。ちなみのその異常者ニクオは今も別の名前でアンチを装おってコメントをしています。私としては相手するのもめんどくさいのでほっぱらかしています。
    みなさん、コメントがちょっと変だな〜と思っても噛みつかずにスルーしてください。ウンコタレはリアルで誰からも相手にされないもんだから、こうして相手にしてもらいたくてネットを彷徨っています。わざとおかしなこと言って相手してもらおうとしてます。そりゃ迷惑な話なんですが、本人にとっては暇つぶしというよりも、アイデンティティを保つための必死の行動なのだと思います。本人も気づいてないでしょうけどね。
    とにかく「おかしいな?」と思ったらスルーです。噛みついてもらいたくてウズウズしてるんですが、あきらかにおかしいと最初から承認されないし、普通にアンチを装ってると誰も気がつかなくて逆に噛みついてくれなくてつまんないって思ってるようです。…プッって感じですね(笑)ウンコタレも大変ですね(笑)
    ってことで、みなさん、よろしくお願いします。

  120. ジュンペイさん
    >このブログで、もう何を言っても無駄だとわかったので、

    ああやっとわかって下さいましたか(^^)
    うれしいです。
    そうです。無駄です。それわかるの大事ですよ。
    このブログは外部のいわば代表です。(元創価で気持ちはわかる人が多い分、かなり贔屓して優しいですが)
    ここで何を言っても無駄ということは、どこへいっても無駄ということです。
    外部では一切無駄です。
    もっと酷いこと言われますよ。

    どうぞ新しいブログを立ち上げなさい。
    以前もあなたと同じような方がここに不満をつのらせ、ここを批判するためのブログを設立しました。
    結果はどこもいわずもがなでしたが。
    根底に「負けまい」という池田の洗脳がある限り、見えるものも見えませんよ。
    池田はそのために(見えては困るので)、闘争心をたきつけたんです。
    まんまと乗せられちゃって…あーあ。
    次はそれを解ることですね。
    でも一つわかったんだから一歩一歩ですね(^^)/

  121. そうなんですか、何ていいますか、前にもコメントしに来た方のパターンに余りにも似ていたもので、これが……創価脳……改めてびっくりしている次第です。

    前にコメントされに来た方とは違うのですね、失礼しました。

    ただ……ジュンペイさんね、私からも一言、言わせてください。

    創価学会に家族を殺されてしまったら、ジュンペイさんのように、創価は正しい、池田先生は正しい、は言えなくなってしまいます。

    私には、信仰の自由は無かった。
    前に、文芸部に居たんですよ。

    私、先生のスピーチの原稿書かされてました。

    先生のスピーチだってゴーストです。

    先生は、自分の言葉で喋っていないですよ……

    シニフィエさん、承認、お任せ致します……

  122. ジュンペイくん。これから「くんよばわり」させていただきます(笑)
    だって親子ぐらいの年の差なんだし、私のブログを糾弾するためだけのブログを立ち上げるって言うんだから、そんな闘志むき出しの息子ぐらいの若者を「ジュンペイさん」と呼ぶのも気持ち悪いしね。

    で、聞いたか?ジュンペイくん。モニカさんのわかりやすい言葉。

    >このブログは外部のいわば代表です。
    >(元創価で気持ちはわかる人が多い分、かなり贔屓して優しいですが)
    >ここで何を言っても無駄ということは、どこへいっても無駄ということです。

    これ、よ〜く憶えておくことだよ。
    このブログの皆さんは、ジュンペイくんに、とっても贔屓してるし、優しいんだよ。
    わかってんの?ここのみなさんは、創価のことを何にも知らない人にくらべたら、とっても優しいんだよ。なんで君が頭に血が上っているのかも、よ〜くわかるからさ。
    誰かも言ってたよね「ジュンペイさん、少し落ちつきましょうよ」って。世間一般ではそんなこと言ってくれないよ。「あ〜あ、またキモいカルトが発狂して叫んでるよ、キモッ!」
    これだよ。わかる?わかんねえだろうなあ(笑)
    ここの皆さんは、そんなキモいカルトでも、どうしてそうなったってことがわかるから相手してるんだよ。いろいろわかるようにと実例をたくさんあげて噛み砕いて説明してあげてるんだよ。
    普通の人ならしないよ。すでに「創価」っていうだけでドン引きだよ。ジュンペイくんも公明党を友人に頼みにいったら愛想笑いで受け流されてるだろ。あ、わかんないか?みんな波風立たないように空返事してるのわからない?そうだね〜、わかんないかもね〜。「よっしゃっ!Fひとつゲット〜!」って喜んでるから、相手の顔の表情とか、相手の気持ちなんか考える余裕ないもんね。でもね、実際はそうやって外部の友だちから距離を置かれてるんだよ。ジュンペイくんのまわりにしてみれば、ジュンペイくんはカルト教団の盲信者でしかないんだよ。そんな人が立ち上げるブログに、まともな人間が来るわけないじゃん。来ても「うわっ、やっぱキモいわ」ってなるだけだよ、悪いけど。つまり、ジュンペイくんは、わざわざブログを立ち上げてまで創価のキモさを宣伝しようとしてるってことなの。
    私にとっては、このブログの宣伝にもなるし(それほど広まらないだろうからたいした宣伝にはならないけどね)、それこそどうだっていいことなんだ。どうぞ、やるだけやってみってとこですよ。

    ジュンペイくん。わざわざモニカさんが言ってあげてるように、創価学会にとっては、創価学会以外は敵なんだよ。いや、まわりは何とも思っちゃいないよ。イケダが学会員にだけ「まわりはみんな敵だと思え!戦え!勝利しろ!」と言ってきたんでしょ。
    ちょっと考えてみ。イケダは学会員にだけしか言葉を発しない。これまでいっぱい有名人に合ってきたって反論するかもしれないけど、あれ、ただ会ったってだけで、話はみんな別人がうまいこと書いただけのもの。本人は挨拶と世間話程度だったって、現場にいた本部職員も言ってるよね。つまり、みんな学会員を「センセーはすごい」と思い込ませるだけのためのパフォーマンスなんだよ。イケダが学会以外に向けて何か言ったか?何かしたか?何にもしてないでしょ。東日本大震災のとき動いた?チラッとも動いてないでしょ。もうすぐ日本の平和が根本から崩れる集団的自衛権が施行されようとしているのに、顔一つ見せないだろ。イケダは世間に何一つ言わない、言えない。何の影響力もない。どこが偉大な永遠の師匠なの?何をもって偉大なの?自分で考えたことある?上から言われてることをそのまんま反復してるだけだよね。何?「一人立つ精神」って?要は「敵に負けるな」「敵に何を言われても動じるな」っている思考停止の呪い文句だよね。
    それを真に受けた学会員が、そろって「敵だ敵だ戦え戦え勝利だ大勝利だ」と壊れたロボットみたいに叫んでるんだよ。まるで安っぽい三流SF小説だよね。それもただ単に自分への功徳欲しさに。
    もちろんまわりは創価を敵だなんて思っちゃいないし、多少は知人や家族を通じて知ってる人だって「きもいカルト集団」ぐらいのことでしか知らないから関わりたくないんだよ。そう、関わりたくないの。私や元学会員が関わってるのは、創価があまりにひどい詐欺団体だということがわかったから関わってるの。ジュンペイくんみたいに騙されてる人を見過ごせないからさ。なのにそんなまわりの態度を見た学会員が勝手に「オレはいま試されている。負けないぞ〜。オレは法華経の行者だ!負けるもんかっ!絶対に負けるもんか〜っ!センセ〜っ!センセ〜っ!」って、三人組みたいにチームイケダが書いた小説人間革命の世界に浸っているんだよ。三人組は除名されてもまだコッテコテの創価脳なんだよ。もちろん君もね。
    もう目が点だよ(笑)鼻から牛乳なんだよ(笑)でも過去の自分もそうだったから、そんなの可哀想だから見てられなくて言ってあげてるんだよ。
    そこよろしくね ♪

  123. シニフィエさん、私……なんか……泣けてきましたよ。

    誰にも言えなくて、ずっと苦しくて胸が張り裂けそうでした!

    池田の指導なんて全部ウソです!

    他人に書かせて、自分が書いて来たなんて、冗談じゃない!

    池田に心なんて、ないですよ!

  124. まだこちらのスレッド進んでたんですね(^^;)

    ジュンペイくん、ブログ頑張ってね(^^)
    こちらのブログのタイトルをそのままジュンペイくんのブログタイトルに入れるのかな?そしたら閲覧数が初日から期待できるね。
    その場合はsignifieさんにことわっておいた方が良いですよ。
    ブログ遊びに行きますね~楽しみです。
    アンチは厳しいよ~(>_<)

  125. 雪風さん、貴重な告白を本当にありがとうございます。
    雪風さんの作詞はプロの文章だなあと思っていました…

  126. 雪風さん、それは大変でしたね。
    もう隠す必要なんてないんですから、あらいざらい吐き出して
    胸の内をスッキリさせてください。
    誰かは「ゴーストライターだってチームイケダなんだから何の問題もない」とわけのわからないことを言ってますけど、雪風さんみたいに誰にも言わないようにさせられて書かされていたんですから、何の言い訳にもなりません。
    よかったらその「文芸部」のことを具体的に教えてくれませんか。
    それがチームイケダとして何の問題もないのか、会員がそれらを「先生から自分へのお手紙」として信じていることをわかっていて隠していたことに問題があるのかないのかは、やはり読者が判断します。
    無理は言いませんが、それで雪風さんの気持ちが晴れるのであればそうしてください。
    それで多くの方が「やはり騙されていたんだ」ということの確信が持てるようになると思いますよ。
    学会員は「創価に逆らうと罰があたる」と植え付けられていますから、創価が詐欺だとわかっても、「もしかしたら悪いことが起るんじゃないか?」とか、たまたま起った悪いことの原因をそのことに結びつけて考えてしまうんですよね。それはもうオカルトの世界です。いいことがあったら創価の功徳。悪いことは逆らった罰。願いが叶わないのは自分の信心が足りないから。私は道で転んでも「あ、今日は朝の勤行サボったから」なんて本気で思ったりしましたよ(笑)。自分の身に起ったことのすべてをそういう何の根拠もない創価フィルターに通してしか捉えられなくなります。ものすごい偏ったご都合主義の人間になるのですが、その判断基準が罰と功徳なので、なったら最後、なかなかその思考から抜け出せないというか、それは思考を超えて心の底にこびりついて広がるがん細胞のように、考え方一つの問題ではなくなります。常に恐怖を植え付けられているからでしょう。「逆らったら怖いぞ」と常に脅されています。創価の指導は「何も考えずに、いっさいを創価に託して、すべてをまかせて活動に邁進してください」と言った言い方をします。それだけではなく「ただし、この線路からはずれると、とんでもない不幸がまっています」としっかりと脅されます。これがいちばんタチの悪い洗脳ですね。雪風さんは、覚醒してもなお、その「逆らった怖いぞ」という恐怖心に縛られてきたのではないでしょうか。だから今まで文芸部でゴーストライターをしてきたことを言ったら恐ろしいことになるという、無意識の恐怖心で自分の心を抑えつけて辛かったのではないでしょうか。でももう安心してください(笑)罰なんかありませんよ。ただの詐欺です。自分の心を解き放ってください。何でも話していいんですよ。何が嫌だったのか。何がよかったのか。今まで言えずに我慢してきたことを全部吐き出したら、今まで見えなかったものが見えてくると思います。
    私も数人の人に、今まで創価学会員であるからということで抑え込んできた自分のことを語ったときには、涙が溢れて止まりませんでした。自分はこんなにも自分にウソをついて、自分の心を抑えこんでいたのかとびっくりしたくらいです。きっと多くの方がそんな経験をされたと思います。
    いいことも悪いことも誰にだってあります。そしてそれは全人類に共通することであって、創価だからとか、日蓮だからとか、まったく関係ありません。戦後の日本史に登場した宗教詐欺の一つ。それが創価学会です。それだけです。
    創価学会ができて世の中がよくなりましたか?なりませんね。それどころか公明党は日本を戦争のできる国にしようとしています。創価が原発について何かコメントを出しましたか?出してませんね。ちなみに公明党は原発推進派です。全国の原発の再稼働を認めています。福島原発事故で住むところを追われた学会員さんも、原発推進の公明党の票を取って回らなければいけないんです。これひとつだけでもおかしな話ですよ。甲状腺がんが爆発的に増えている福島の子どもたちの親にも学会員さんがいるはずです。子どもが原発事故によって甲状腺がんが見つかっても、その親が学会員であるというだけで原発推進の公明党を支援しなければならないんです。
    本来、個人の自由であるはずの投票を、創価学会員というだけで特定の政党の支援をしなければ「罰が当たる」と脅されるんです。恐ろしいですよね。オカルトです。

  127. 雪風さんへ
    文芸部でのスピーチの件等、とても興味があります。
    よろしければ教えていただけませんでしょうか。

  128. シニフィエさん、皆さん、ありがとうございます。

    私でよろしければ、私の知っている事をこちらに書き込んで、皆さんになるべく知って頂きたいと思います。

    まず、

    文芸部と言うのは、プロの小説家、詩人とカテゴリーされる作家や出版、記者、時に漫画家などで構成された組織です。

    文化本部と言う、特殊なくくりになります。

    芸術部と似ています。

    私は、出版社の方から、文芸部の文化人カードと言うのを書き込むように言われて、著作物を二点以上提出するように言われました。

    ……話すと、とても長くなりますので、頭の整理をして……後で、必ずもう一度まいります。

  129. 雪風さん、お久しぶりです!
    コメント拝見して嬉しくて、嬉しくてコメント入れた次第です\^o^/
    それにしても…代筆の件ですが、やはり間違いないようですね。話して下さりありがとうございますm(_ _)m
    私もコメントを入れる事で負担を軽くさせてもらっております。
    雪風さんも、マイペースで、くれぐれも負担のないようコメントされて下さいね!

    にしても…またしても復讐の鬼と化した人が誕生したみたいですね…。あらら。
    シニフィエさん、程々にd(^_-)ー☆笑

  130. 雪風さん、ありがとうございます。
    ほんとうに無理しなくていいですから、思い出したところだけでも、ゆっくりと話をしていただければと思います。
    それから、これはとても貴重なお話ですので、このスレッドではなく、いちばん新しいスレッドにお願いします。
    雪風さん、気持ちを楽にしてポツポツでいいですからね。

  131. ありがとうございます……

    しかし洗脳とは恐ろしいです。今になって、何だか胃がキリキリしてきました……

    罰なんて当たらないのに……

    分かりました。

    書きなさい、

    今は亡き母は、そう言っている気がします。

  132. ねこのとうさんです。
    何のための信仰なのでしょうか。自分中心のエゴを実現するために、宗教は有るのだろうか。
    人のためと言って功徳や名誉を欲する人間がいる。
    それ自体がどれだけ人間を貶めたか。信仰を貶めた事か。
    大自然の美しさと同じ様に、人の心にも美しさがある筈だ。
    万物の霊長とは、悲しき称号。

  133. ジュンペイ さん  2016年2月18日 21:38
    >デマもきちんと検証もせずにネット上で垂れ流し続けていますか?
    池田大作筆頭株主の件もそうですよ。

    と書かれてますが、確かに、「池田筆頭株主」と、「秋谷脱会」の二大デマは有名であり、何年も(私は約50年)創価ウオッチしてる我々には常識ですが、初心者は引っ掛かるかもね!。
    ですが、 二郎 さん 2016年2月16日 01:40 が、
    >私が見る限り、アンチ創価のネット上の情報については、80~90%は正しいですが、たまにガセネタが混入しています。

    と、すかさずフォーローを入れて、それに対して、

    クロッカス さん 2016年2月16日 17:24 は、
    >二郎さん、ご指摘ありがとうございました。筆頭株主の件はガセの可能性が高いということですね。外部の友人が信じ込んでいたので、つられてしまいました。

    と、反省されてるじゃないですか。それを、「鬼の首でも取ったみたいに、説教口調かい!」。
    日蓮正宗との裁判沙汰でも創価は7~8割方負けているのを正直に聖教に載せましたか!。
    違いますよね、100%創価が全勝みたいに書いてますよね!。
    >都合が悪くなると承認をせず、 云々とか、書いてますが、「>本気ですか??」
    は、そっくり速攻でお返しします。

    「創価学会・公明党の犯罪白書」山崎正友/2001年8月・第三書館の、
    25P 座談会や会合で、“功徳”の体験発表ができるのは、信仰心のすぐれている証とされ、逆に、“功徳”が得られなければ、“信心が足りない”と批判される。そこで、ウソの体験発表が横行する。
     そういう集団の中にどっぷりつかって、毎日洗脳されていれば、人格に異常をきたすのも無理からぬことである。世間でも、「ウソは泥棒のはじまり」というくらいである。
     また、創価学会による財務募金(※私に云わせれば⦅出さんと地獄へ堕ちるという脅しによる⦆ただの強請(ユスリ)にしか見えませんネ)や出版物の割り当て販売、民音の興行券の割当て等による激しい搾取、そして昼夜を問わぬ学会活動や選挙運動へのかり出しといった活動は、会員に重い負担を強い、経済や家庭の破綻の原因となっている。
    ……
    39p  吉展ちゃん誘拐殺人事件(小見出し)
    40p この、小原保は、熱心な創価学会員であった。
     そのことが判明して、マスコミの批判を受け、池田大作は、『週刊新潮』のインタビューに対して、「残念なことですが、吉展ちゃん事件の小原のような男や、会員間を詐欺して回るような女が入ってきたことも事実です。
    ……
    41p  元警官の学会員による強盗殺人事件
     昭和五十八年十一月、千葉県船橋市・創価学会前原支部総会で、元警察官で熱心な創価学会活動家の沢地和夫は、
     「入信したおかげで、思わぬ収入を得、借金を返すことができた。大きな功徳をいただいた」と体験発表を行ない、満場の拍手喝采を受けた。
     だがこの時、沢地和夫は、宝石商と金融業者の二人を殺害し、死体を埋めて隠した上、現金や宝石を強奪していたのだった。
     強盗殺人で奪った金で借金を返済し、これを支部総会で
     「創価学会の信仰の功徳だ」
    と体験発表したのである。
     この沢地和夫は、池田大作言うところの「会合にも出ない」「教学も勉強していない」という“はぐれ会員”とは正反対の会員だった。……
    43p~47Pに渡って 「多発する学会員による凶悪犯罪の数々」…(以上引用終了)
    として、実例が何十人も載っていますよ。

    以上、山崎正友(実名)著の書籍。であり、ジュンペイさん言われる「ネットのデマ」ではないですよ!。これなら真実なんですよネ。↓も実名書籍

    又、次期会長に最も近いとも謂われてた(故)福島源次郎さんの「蘇生への選択」には、
    288p~289p
     学会はあらゆるところが病み、土台のところから腐蝕し始めています。いくら顔だけを厚化粧や整形で美しく装っても、体が病んで生気と力を失っては何の意味がありましょうか。影はどうみても、明らかに斜めになっています。とすれば体が曲っているのです。その体──その中心部、その根本を辿れば、名誉会長という「師」以外の何物でもないではありませんか。
     この「師」が私達にみせている、装いをこらした虚像の裏にある実像を、何とか皆さんに判っていただきたく、ここまで書き綴ってまいりました、かっての私がこの虚像に魅せられてきた切実な体験がある故に、私にはそれが書けるのです。いよいよこの章の最後の結論を述べるところにきました。
     名誉会長の能力は、いったい何なのでありましょうか。私達有志の結論は次の二つです。
     一つは、ずば抜けた人心収攬術です。恐らく当代随一かもしれません。歴史的にも有数の部類に入るでしょう。各人の機微を知り、弱点・性癖・嗜好を察知し、その人・その時に応じて、その人の心をとらえていく能力と技は、他の追随を許さぬもので、天才的ともいえます(勿論この術が通用しない人もいます。反感や軽べつで接してくる人には、当初から修羅界の気分で、下し軽しめる行為に出るため)。理想を求め憧れる青年や女性に対しては特にこの収攬術は威力を発揮します。
     もう一つは、自らを偉大に見せていく演出力と演技力が抜群です。修羅界の強い人は、誰しもそれなりにこの能力を持ち合わせていますが、名誉会長のこの能力は、これも天才的といえるほどみごとであります。これを巧まずして生地のように行う迫真の演技力がすばらしいのです。私も心からすばらしいと感激したことが数知れぬほどありました。相当の目利きのジャーナリストやわが国有数の一流経営者さえ、生地そのものと信用するくらいですから、やはりたいしたものです。
     でも演技はあくまで演技で、本物ではありません。…
    (以上引用終了)
    ※ジャーナリストや一流経営者でさえ騙されるんだから、若い学生・青年や女子は、簡単に手玉に取られるんでしょう。(-_-;)

    *一番のデマは360°どっから見ても「センセはお元気です」。これでしょう。
    一般人の、100人中95人まで(5人位はどちらとも言えないさん)が、デマと思ってる「カラゲンキ?」を“皆さんの前に出て来て、僅か10分~20分だけでも良いですから喋って、元気な事を証明して後”すべての話は始まるのでは?

    「対話を求めて」では、そもそも“体験・感想”を語っているのに「デマな訳が無い」でしょう。ちょっとした思い違いや、年代のズレ(勘違いや記憶不鮮明)という事は有るでしょうが!。
    Signifieさんへお任せで、何も云う気は無かったのですが、—
    >皆さんの反応は予想通りでした。…
    の上から目線に、どうしても一言書き込みたくなりました。2週間後が楽しみ(^_^;)

  134. カガテツさん
    いつも貴重な資料ありがとうございます。
    カガテツさんや二郎さんの的確な資料紹介は、いつもとても参考になっています。

    雪風さん
    お久しぶりです。
    体調は大丈夫ですか?
    無理のない程度で教えて頂ければと思います。
    私がいた本部内にも、文芸部の幹部がいました。
    幹部指導で登壇する際に、文芸部だからこそ知り得るセンセイのスピーチを皆さんに話してあげますよ!の上から目線のスタンスで、イケダ廃人の言葉などをみんなの前で読み上げていました。
    でも、今となればあれは自分達(文芸部)で書き上げていたのを本人も知っていたということですね。
    「名字の言」の話もよくしていて「00日の名字の言は私が書いたんですよ」と言っていたのを思い出します。

    じゅんぺいさん
    創価脳ではあるけれど、活動はしていない方なんでしょうかね。
    今、現場のバリ活たちはアンケートや署名、支持者カード、Fの報告など次から次へと球を投げられて、ブログを立ち上げるような余裕など見られないですよ。
    そもそもアンチブログなど覗いている暇などないと思います。
    そんな暇があったらFとるために奔走してますよ。

  135. 皆さん、初めまして。
    身内親族が学会員で取り囲まれている、「希望の光」と申します。
    幸い、わが家だけは全員学会員ではございませんが、事あるごとに身内親族を通じて
    自宅近隣の他学会員を使って何かと我が家に絡んでこられます。
    あの手この手といかなる手段を使ってでも、仲間に引き入れたい気持ちが理解できるのですが
    しまいには、害を及ぼしてまでも引き入れる手段に我慢なりません。
    そこで、創価学会とは?学会員とは?の本質を覗く為には、嘘偽りのない脱会者のコメントが
    一番と思い、訪問させてもらいました。

    このブログを通して一言、「創価学会⇔一般社会」の間の代弁役なんだなと感じました。
    学会員の事は無関係な一般人には理解できないし(本音は関わりたくない)
    一般人の事は学会員は理解できない(学会が全て正しいから他は認めない)

    私でさえもすごく共感できたことは下記のコメントでした。
    モニカさんのジュンペイさんに対するコメント(モニカ 2016年2月20日 17:34)です。
    (モニカさん引用失礼させて頂きます。)
    <ジュンペイさん>
    >>このブログで、もう何を言っても無駄だとわかったので、

    <モニカさん>
    >そうです。無駄です。それわかるの大事ですよ。
    >ここで何を言っても無駄ということは、どこへいっても無駄ということです。
    >外部では一切無駄です。
    >もっと酷いこと言われますよ。

    正に、モニカさんのコメントは外部者の反応でさえも理解されております。
    >「ここで何を言っても無駄ということは、どこへいっても無駄ということです。」
    →組織内で常に徒党を組んでいれば得られる情報も、ごくわずかで視野の狭い活動できないんです
    日本社会の組織の大半は創価学会員だけで構成されている訳ではありません。

    >「外部では一切無駄です。」
    →そうなんです。陰で「あの人創価の人だってさ!ってコソコソ広められ一線置かれるのがオチです」
    でも、モニカさんはジュンペイさんの気持ちも理解されておられます。
    それは、過去に同じ釜の飯を食べてきたから

    だから、ジュンペイさんもマウントポジションは取らずに平行線の立ち位置で
    モニカさん他ここのコメント者の意見を頭の片隅にでも入れてみる事はしてはいかがでしょうか?
    常に勝つ必要はないので、平行線なら負けていないのだからできると思います。
    脱会を思い悩んでおられる方も、勇気を出して平行線の立ち位置で受け入れはしなくても、
    耳を傾ける位できるようになれば良いですね
    (日本の90%以上は創価学会員では無い事実を見極めた上でてね!!)
    以上、ブログ主様並びに常連様の方々の皆様、長文失礼致しました。

  136. お久しぶりです。。流れ星です。。

    朝からやっと、このスレッドだけ読み終わりました。
    これから、この前スレッドの終わりのほうと次スレッドを読んで行こうと思います。読むのが、やたら遅いです。。

    最近は、日常のアレコレに熱中していまして。。
    それはともかくとして。。

    シニフィエさんの言われるように。。
    ここにカキコミに来られる純粋な学会員の方々は、ここへのカキコミで覚醒への因を積んだのだと思います。(学会風に言えば。。)
    いつか、どのくらいの時間が掛かるかは分かりませんが覚醒への扉は開かれるでしょう。。
    自分がそうだったから、よく分かります。

    このサイトが、こころに引っかかって仕方ない。。ということがそもそもの証、ですね。
    自分のなかに因は、あるんですよね。激しく反発するのも、そんな訳からです。。

    ちなみにわたしは、Twitterでここのサイトのアドレスを毎日貼り付けて拡散させていただいています。

    過去、Twitterでとても嫌な思いをして鍵を掛けていましたが(過去の常連さん達はご存知かと思います。。)それも取り外しました。

    日本ののっぴきならぬ状況と、それに創価学会が深く関わっていると気がついたので。。覚悟しました。

    でわ、次読み進みます。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中