私はこうやって心を持ち直すことができました。

ということで、みなさま、大変お騒がせしました。

これでもう騒ぎは終わりです。いつものように、静かに創価を去っていく人のために、いろんなお話をしましょう。

学会員さんとの対話の試みはもういいかな…ですね。

あのものすごい上から目線に出くわすと、かつての自分もこんなだったのかと愕然となります。あらためて創価の罪深さを感じるこの3日間でした。

たった3日でも創価脳との対話はぐったりと疲れます。コミュニケーションがまるでとれないからでしょうね。前にも言いましたが、決してボールを受けようとしないキャッチボールです。グローブさえ持たずに、片っ端からボールをこれでもかっ!と投げてくる(笑)それもマウンド上とかじゃなくて、2階の窓からたたきつけてきますよね〜。で、本人はと言えば創価を愚弄する不届きものめ〜成敗してくれる〜!って本気で思ってますよ。可愛いといえば可愛いんですが、やっぱり可哀想ですよね。彼が覚醒したら本気なだけに落ち込むでしょうね。

そこで今回のテーマですが、「私はこうやって心を持ち直すことができました。」とさせていただきます。

大なり小なり、創価がおかしいと気づいて、非活になる、脱会するということは、とても勇気のいることだと思います。いつも言うように、それまで「絶対に正しい」と信じてきた創価と、絶対に正しい生き方をしている自分が間違いだったということを受けとめるということですから、そう簡単なことではありません。いまでも立ち直れていない方がこのブログにコメントすることで、少しずつ立ち直っているという報告を聞くのは、とっても嬉しいです。こういう私も、まだ完全には立ち直れていません。ときどきわけもなく自己嫌悪感が襲ってきます。日常のちょっとしたことが、耐えられないほど辛く感じることがあります。でも少しずつ少しずつ、確実によくなっているという実感があります。グラフにするとジグザクながらもじわじわ上昇しているって感じです。

ここはそんなみなさんの休憩所になってくれればいいなと思っています。

そしてみなさんが口々に仰るように、一人でも多く、一日も早く、創価の魔の手から逃れるようになっていただきたいと思います。ジュンペイさんが信じているような「創価から離れると不幸になる」という呪いの宗教から脱出してもらいたいと願っています。ほんとうの自分の人生を取り戻して欲しい。近頃ほんとに心からそう思うようになりました。ちょっとは大人になったかな(笑)

また話が長くなりましたね。みなさん、前スレのことは、きれいさっぱり忘れて、またいつもの「対話を求めて」のいい感じに戻りましょう。

お騒がせしてすみませんでした。

「私はこうやって心を持ち直すことができました」

それぞれに辛い創価体験があると思います。でも今はこうして頑張れてます。

あるいは、まだまだ立ち直れてませんけど、自分の忌まわしい過去はこんなふうに思うようにしています。などなど、またみなさんで頑張れる体験談をお願いします。

どなたかもおっしゃってましたけど、過去に自分が折伏した友人に謝罪行脚にでかけたという方もけっこういらっしゃいましたよね。じつは去年、私も出掛けました。学生時代、さんざん創価の話を夜通ししていた友人の自宅に泊まり込んで、お酒を飲みながら「あのときはほんとにどうかしてた。許してくれ。すまん!」と頭を下げました。友人は笑って「許すも許さないも、そんなことひとつも気にしちゃいないよ。それにしても気がつけてよかったなあ」と心の底から喜んでくれました。謝りにいったつもりが励まされました。不覚にも涙が止まりませんでした。カタルシスってやつでしょうか?私はまだ少なくともあと何人かに謝らなくてはなりません。相手はそれほど気にしていなくても、自分が許せないんです。許してもらおうという虫のよさが、さらにまた自己嫌悪となるのですが、でもやっぱりこれはやらないとと思っています。以上、私からの報告でした。

みなさま、よろしくお願いします。

 

 

私はこうやって心を持ち直すことができました。」への192件のフィードバック

  1. おはようございます。
    おいなり改め
    神に挑む場所 です。

    私にとってこの場こそが
    「神という名に成り代わろうとしている魔」に挑むために奮起する場所
    だからです。
    ずいぶんだいそれた名前ですが、
    某アニメのオープニングテーマに使われている歌詞の一節です。
    最初は、神に祈る場所じゃないの?と
    違和感を感じて心に残っていたのですが、
    今の心情にピタリと合っているため拝借させていただきました。

    おいなりなんてのんきな名前でいられないな、、
    でもマリーさんが親近感わくって言ってくださったのに
    急に変えてしまってスミマセン。
    皆様も、HN変えたりしてわかりずらくなりますよね、
    管理人さん不都合がおありでしたら教えて下さると助かります。

    私は約一週間前にこちらに出会い今まで疑問に思っていたことなどが次々明らかとなり、
    (それは内部の者にしか分かり得ない情報、呼び方、境遇が載ってるからです。何も知らない人には絶対に作ることの出来ない話です。)
    ある程度確信を持ち苦しすぎて未活の主人に相談。
    主人は、
    初めから分かってた、でもお前が言うことだから深くは考えず入会はしてみた、
    でも嫌だと思うことは一切せずにきた、そもそも組織と思想は切り離して考えている、
    俺は選挙や財務や色々おかしいと思うことは今までも言ってきたじゃないか!
    (選挙のF取りのことは主人にほとんど言わずに活動してきました。財務に至っては、
    初めての時に「会館運営やらでお金ないとみんな活動に困るから10,000円いるんだって~」
    →その時は一口だけでいいから…と地区の方に言われました。
    と正直に話したら、そんなのしなくていい!今回はもうするって言っちゃったんなら
    もういいけど、二度とするなよ
    とたしなめられ、でもその翌年からはもう財務のことは言えない、
    でもすごい福運のつくことだっていうし、、しないと損だよなぁ、、
    指導を受けたとこによると毎月少しずつでいいから広宣流布のために使ってほしい、との思いでする事が大事だって言われたし、、
    内緒は心苦しいけどと隠し貯金箱に毎月千円ずつ貯め、
    主人の働いたお金だし沢山は出来ないけどと一応理性を持ってそれから毎年数年内緒でしてました。
    良いことだと思ってたとはいえどんなに苦しかったか。。
    だけど二桁、三桁の方々の心情を思うと本当やりきれない)
    それを今になってやっぱり間違ってると思うって何だソレ!
    俺の言うことは聞く耳も持たなかったじゃないか!
    と怒りをあらわにされました。
    それは今思うと本当に悪かったけど、生まれてすぐからその刷り込みをされ続けて
    おかしいと思うことすら自分の中にはなかったんだ、
    と涙ながらに話し、
    お前には俺がいるし、なんでも言えよ!活動も嫌だったらしなくていいんだから!
    ということで落ち着いたのが数日前。

  2. signifieさん、いつもありがとうございます。
    前スレでの対話、本当にお疲れになられたことでしょう。
    こんなに、現役学会員さんとの対話が成り立たないとは…
    本当に驚きでした。

    私が覚醒したのは、活動に疲れ果て、たまたまスマホで「創価」を検索したのがきっかけでした。
    当時は、かなりショックで、家族や身内に向けてエンディングノートを用意しておいたくらいです。
    (持病で、いつどうなるかわからないので…)
    今では、破り捨てましたけどね。
    私も、気持ちが不安定な時は、昔から「書くこと」で気持ちを整理していました。

    あとは、外部の友人に次々に会って相談をしました。
    みんな親身になって話を聞いてくれ、心が軽くなりました。

    そして、昨年奇跡的にこちらのsignifieさんのブログにたどり着きました。
    過去のスレッドと最新のスレッドを合わせて読み進めていくうちに、次第にマインドコントロールも解けていきました。
    数ヶ月後、勇気を出してコメントさせていただき、signifieさんや皆さんからの温かいお言葉やアドバイスで、夢の非活になれたのです(*´▽`)v
    もし、こちらのブログに出逢わなかったら、今でも自分の気持ちにウソをついて嫌々活動していたかもしれません。

    今では、たま~に幹部からメールがありますが(スルーしてます)、毎日穏やかに過ごしています。
    何よりも家族と一緒に過ごせる幸せを日々実感しています。
    signifieさん、皆さん、本当に感謝しています(*^-^*)

  3. 長くなったので一旦切りました。

    そんなことがあって、昨晩はちょくちょく来る近所に住む義母に気持ちを吐露しました。
    義母は学会員の友人も何人かいて、実の母が過去に入って退会したこともある経緯もあります。
    いい印象は持っていなかったものの、主人が私が学会員だから入ってみると報告した時も、
    特に止めもせず私にも今まで特に何も言わずにずっと見守っていてくれました。

    昨晩打ち明けたら、
    あ、そうなの?じゃあやめたらいいんじゃない?
    といたって楽観的!
    私が親のことが一番ネックであると話すと
    それが気になるんなら、理由をつけて断り続けるのがいいのかもね?
    でも新聞ももう取りたくないって思うのわかるし
    何か言ってきたら私を悪者にしていいよ!
    私そういうの平気だから♪
    何かされるかもー?ナイナイ!
    と。。(;_;)
    主人も、
    何か話しようとしてきたら俺の居る時間に来いって言え!

    …不謹慎ですが、本当に学会家庭でないところに嫁いでよかった、、
    と思いました。
    グルリ取り囲まれていたら、私どうなっていたことか。
    でも取り囲まれている方々を思うと、それこそ戦いですね。
    何とかしたいと思わずにいられません。

    それに私もまだ戦いは始まろうとしているところです。
    まずは自分で、信念強くいきたいと思います。
    悩んでる方の希望に少しでもなれるように、また折をみて報告させてください!

  4. 四十代婦人部、古生物です
    早く、元、ってつけたい

    私の場合は、おかしいと思いつつ、日々活動
    会合に自宅提供、パンフ、アンケート、署名
    これらは誰かを巻きこまないでいられない
    興味無い話をしに来る近所の親しく無い人間
    気持ち悪いだろうな、でも、打ち出しだし
    …断れば良かった、他人にも自分にもしたく無い事をさせた

    今、我が家へ続くアプローチの公明看板は無くなり
    隣の奥さんと世間話出来てます
    あの看板の材料費は誰が出してるんだろう?
    もしかして部員さんの、ポケットから?

    私の立ち直りは美術館巡りです
    結婚式から20年、見られなかった仏像、神像、絵画
    創価はもう、クリスマスしていいし
    寺社仏閣もいってよくなりましたが
    夫は謗法は良くないと認めず、我が家は禁止のまま 

    だから博物館と美術館に行く事にしました
    宗教の歴史からでなく、美術史から
    文証は人が書くもの、ですよね
    ならば理証は都合良くこじつけたもの
    現象に至っては、確率統計の世界
    祈って幸せになった人しか残らないし
    叶うまで祈れって言えば、祈ってる人と叶ってる人しかいない
    よく出来た話ですね

    夫の反対を押し切り、クリスマスにはツリーをかざりました
    題目あげない事にしました、そんな時間他に使うわ
    …同じ効果がでました、子供が喜ぶ
    近所のおかあさんみたいにおやつ作って、ツリー飾って…
    今までごめんなさい

    財務も折伏も、思い出すとのたうち回る
    バブル期のお宝保険解約したし
    大事な友人折伏して、無くした
    これは抱えて行くしか無い
    もう連絡も出来ない人に詫びるとしたら
    全うに生きる努力をするぐらいしか思いつかない

    私が20年祈って来たご本尊さまは
    おかたぎご本尊貰えるからと返却させられました
    変えたくなかったですよ、そのままでいいと伝えました
    夫含め、幹部に説得されて交換
    不思議な事に、
    その日から仏壇前に座る事は無く、
    勤行しない事をつらく感じる事も無くなりました
    コピーかどうかは知りません、見てないから
    他所の家で安置されてる本尊変えるって
    意味が分からないままです

  5. こんにちは!
    以前何度かコメントさせていただいた3世非活1年の虹ママです。

    私は創価関連の書籍と書類、本部から貰った賞状や記念品、あらゆる創価学会に関する物を全て処分しました。あとは仏壇だけですが、いつかシニフィエ
    様のようにノコギリでバラバラにできる日が来るかしら(^^;;小さい仏壇ですがビンボーな我が家にとっては車に次ぐ高い買い物だったので、未だに躊躇しています。踏ん切りがついたら思い切って処分しようと思います。

    新聞も財務もやめて会合も行かなくなって、家庭訪問も拒否して感じたことは、無駄な書類がぐーんと減ったことです。毎回毎回日程表やら選挙や民音のパンフレット、上からの打ち出しなど大量の書類を会合から持ち帰り、家庭訪問でも置いて行かれ、さらにいらない書籍を買わされると創価関連の紙が部屋の中を占領していましたが、今は家の中もずいぶんスッキリし、視界から創価色がなくなると気持ちも軽くなりました。

    もう一つは、自分が嫌なことはきっぱり断るという当たり前のことができたこと。以前は役職は喜んで受ける、愚痴は福運を消す、いつも笑顔で、常に勝利と、ネガティヴが許されない環境でした。表向きは自由の看板を掲げているかも知れませんが、この無言の圧力で真面目にするほど精神的にも物理的にも自由を奪われていることは間違いないと思います。
    活動していた頃は、内外問わず他人に対してカラ元気と愛想笑いで精神をすり減らしていましたが、非活になり嫌なことは嫌だと思っていいと素直に認めていくうちに、本当に楽しいことや好きなこと、自分のやりたいことなどもクリアに見えるようになりました。

    大学3年で部長になり初めての就職で先輩から指導を受け祈ったことは
    ①残業なし
    ②家から15分以内で通える
    ③日曜祝日お休み
    今振り返ると狂ってるとしか言いようがありません。全て広布のお役に立つため。自分の希望など考えたことがありませんでした。その指導した先輩も、私が本部長に上がった時にやっと結婚できると喜んでいました。何だかなー見事に利用された気がします。その先輩も今は地区婦人部長。こうやって人材という名の奴隷が使い回されていくんですね〜抜け出せてよかった。
    今は仕事も子育ても会合の時間やスケジュールも気にせずに取り組めるので、気持ちにも余裕が生まれてイライラも減りました。

    最後は、お金に対する罪悪感をなくしたこと。学会は金持ちと権力者を敵視させ、清貧こそが真の幸せと言わんばかりの指導を繰り返します。私の母は入信前全共闘で火炎ビンを投げていたくらいの極端な権力嫌いだったので、そういう指導をすんなり受け入れたんだと思います。なのでいつも聖教新聞に書いてある宗門への過激な権力批判や妬み嫉みとしか思えないような金持ち批判を繰り返し母から刷りこまれました。でもこれも信者にお金を差し出させるための詭弁で、言ってる本人と取り巻きは権力にすがり他人から搾り取った金に溺れてたんだからこんなに腹立たしいことはないです。
    本当に社会で成功されている方ほど慈善活動や社会貢献をしっかりされているし、それが当たり前なんだと今更ですがまともな認識に至りました。
    今年は少ないながらも財務に回していたお金を先日の台湾の地震義援金に寄付しました。

    私も外部の義母にお詫びをした時は、義母の懐の深さに涙が止まりませんでした。
    大学時代に遊説隊で多くの友人に公明支援を当たりました。本当に後悔しています。恥ずかしいです。今度はお詫びのために勇気を使っていきます。

    テーマとずれた部分もあるかもしれませんが、久しぶりに吐き出させてもらいました。

  6. 前スレで学会員さんが
    >こちらにいる人たちのほとんどが相手を理解する気がないのか、話の意味や内容を全く理解できないからです。(失礼な言い方で本当に申し訳ありません)

    と言われましたが、この文章を改めて読んでクスクス笑っています。
    失礼も何も元創価の場合、これしか解ってませんでしたよ。
    おそらく若いあなたより理解してましたよ。
    これを理解してることが唯一の取り柄みたいに理解してましたよ(笑)もう長い間。

    理解できないんじゃなくて、理解するのを辞めたんです。
    それをせっせと講釈して再び「解らせる」つもりですか?(笑)
    1+1=3だと思っていたのが2だと気づいて改めた人間に
    「失礼ながらここの人たちは1+1=3だということを全く理解できないんです」
    い嘆いているようなものですよ。
    だから一生無理です。
    アンチに忠告しよう、説教しよう、改めさせよう、理解させようなんて無理です。
    そんな情熱があったら、なぜアンチからここまで言われるのか?
    どうしたら言われない自分たちになれるのか?
    それを考えた方がいいですよ。

    実際アンチが活動家に説得されて創価に戻ったなんて話ありますか?
    逆に創価からは脱会者が止まりません。
    創価のいうことを理解したら大変なことになる、と気づいたからです。

    私は「理解していたつもり」の多くのものを捨てました。
    言われるまま、ろくでもない思い込みをしてたものです。
    例えば「どんな親切も根本から宿命を変えることではないから題目よりランクが下」みたいなトンデモ教義などは真っ先に捨てました。
    「そのうち世界宗教になる」だの「法戦の功徳は絶大」だのなんてのもソッコー丸めてゴミ箱です。
    あれも捨ててこれも捨てて、破いて燃やして紐で縛って、とにかく捨てまくったらさっぱりしましたねえ。
    世界が広くなりました。
    捨てた分、いろんなものがまだまだ入りますよ。
    もともと捨てるの好きな性分ですからね。楽しみながらルンルンでやりました。
    荷物を捨てて部屋が広くなるのと同じです。

    というわけで私の場合は、不要なもの、使えないもの、無駄な場所取りしてるもの、あったら皆が迷惑するもの…そんな思想、発想、思い込みを捨てることが何より効果がありました。
    短期間に一気にやるか、ちょっとづつかは自分のペースで良いと思います。

  7. 41歳男パニックスです。(昨年末退会)

    立ち直ったのかはまだわかりませんが、私は南無妙法蓮華経を振り払うことで創価学会を見切れました。

    地区の皆さんや母の揺るぎない信仰を見ると、もしかして創価学会は何だかんだで本物なのでは!?なんて頭に浮かぶ時期がありました。

    幼少期に抱いた疑問を思い出し冷静に考えたら当時の疑問こそ確信だったのです。

    ・なんでお釈迦様の悟りの本質が漢字なの?
    漢字なわけないですよね!?せめて日本の風土に於いては、くらいの事でないと無理ありすぎます。
    こねくり回して五字に収まるなんて言ってますけど世界の誰からも相手にされてません。挙げ句にSGIでは信仰の自由まで謳ってますから言葉を失います。平和団体に寄付して功徳あるならユニセフの方が健全だし明朗です。

    日本仏教を完全否定するわけでは無いですが、宗旨を振り払って史学に基づき仏教を学び直す時期だと思います。釈迦の教えと宗祖の教えをそれぞれに学び、現代に仏教の本質を蘇らせれるのも既存仏教だと思います。

    話が逸れましたが、こちらのブログのコメントに同感し、また書き込む事が立ち直りになっております。signifieさんと皆さんに感謝です。

  8. 外部のぽっけです、こんにちは
    古生物さん、初めまして。
    何度かコメント拝見していますが、今回はとても胸がいっぱいになってしまいました。

    後悔したり、抱える心の荷物も多いかと思いますが、どうかご自分を責め過ぎず、覚醒できたことを喜びとして、お子様の笑顔を大切になさってください^^
    本格的に創価を離れる日が来るよう心から応援しています。
    おうちが近ければぜひお茶でもしたいくらいです^^

  9. 非活 婦人部のジンジャーです。

    シニフィエさま、いつもブログ管理ありがとうございます。前スレでの対応、本当にお疲れ様でした。
    創価スイッチ、すごくわかりやすい表現ですね。私も以前は創価スイッチが事あるごとに入っていた気がします。今では考えられないですが、、(笑)

    前スレで宝星さん、巴里さん、ピノコさんからコメントを頂きましてありがとうございました。

    宝星さんのおっしゃる通り、気にしないのが1番ですね。
    巴里さんのコメント読んで、すごく懐かしくなりました。
    「さあ、いよいよこれからダァ」
    懐かしいフレーズですね。
    私も巴里さんと同じで、履歴書書くときに補足として「一切学会活動はしておりません」と書きたいです(笑)
    ですので、ピノコさんのおっしゃる通りなんですよ♪
    Facebookに出身校を書く欄があるのですが、私はその部分書いてないんです。なんか知られたくなくて(^_^;)
    皆様からコメント頂けて嬉しかったです。ありがとうございました。

    新しいテーマについてですが、自分が心を持ち直すことができたのは音楽ですね。音楽を演奏すること、好きな音楽を聴いていることで精神を保つ事ができました。音楽がなかったら、どうなっていたかわかりません。学会活動で追い詰められ、暴言、様々なトラブルに苦しめられ、死にたいってずっと思ってましたから、、。
    音楽が好きな人達と、純粋に音楽の話だけをする、お互いを尊敬し合う、認め合う、このことで学会の異常さに気づき、一切の活動を辞めることができました。
    古生物さんも美術鑑賞で立ち直られたそうですので、私と似ているかもと思いました。
    今まで学会活動を優先してきたため、好きなミュージシャンのライブも突然行けなくなったりしたこともありました。でももうそんなこともないから、快適生活です。

    ちなみに学会活動を辞めてから、辛かった動悸がなくなり、不眠症も解決しました。ものすごく無理して毎日過ごしてたんだなぁと思います。

    今日はポカポカ暖かい1日ですね。非活になった今、毎日が穏やかで充実しています。

  10. 2度目コメントさせていただきます、
    元バリバリ活→現未活のくりぼうと申します。
    私の場合は、女子部時代にバリバリ活動をし、その流れでお見合い結構。
    創価一族のところに嫁ぎました。
    初めのうちは、幻想の一家和楽で3桁財務も達成し、穏やかでした。
    (とはいっても正社員での勤務に加え、婦人部になった途端[新聞の代配][会館守る会][しらゆり長]など体はヘトヘトでした。)
    そんな中、ひょんなことからインターネットで創価の実態を知り、疑問が生じました。
    そこからは地獄でした。夫はじめ義家族から、[魔が入った][恩知らず][傲慢]等々、前トピの創価脳の方々との対話同様、全く話し合いになりませんでした。
    その後、離婚し今は穏やかな日々を幸せに過ごしています。
    私の場合疑問を持ち始めてから、今まで見ることのなかったインターネットや一般書籍などを沢山読みました。
    そして、紅茶を飲みながらゆっくり考える時間を持って自分と向き合いました。
    いろんな気持ちの葛藤と現実的な周囲の方々とのやり取りに、疲れてしまう時もあるかもしれませんが、残りの人生の為にこちらのような場をお借りしながら、みんなで励ましあって癒しあって、覚醒の道を1人でも多くの方々との1歩ずつ進んでいけたら嬉しいです。
    管理人様のご苦労は計り知れませんが、このような素晴らしい場を維持して下さり本当にありがとうございます。

  11.  シニフィエさん、前スレッドではお疲れ様でした。シニフィエさんの深慮と懐の深さに心から敬意を表します。
     さて、私の場合は、身体にハンディがあったために戦力とは見なされなかったようで、それ故組織とのつながりや活動は他の皆さんに比べるとユルいものだと思います。
     そんな私でも、学会の欺瞞を知ったときには、かなりの衝撃を受けました。正直一時は精神の平衡を保てませんでした。けど、衝撃が収まり、事実を受け入れられるようになると、それまで感じてきた疑問や矛盾の殆どが解消されました。そして自分のような、いやそれ以上の苦悩を抱えている人があまりにも多いということを知りました。
    私はこのブログで心を立て直すことができました。コメントを書き、皆さんのコメントに共感したり啓発されることで心を整理しています。たとえ文字だけの交流であっても画面の向こう側に確実に人がいる。それだけでもありがたいのです。救われるのです。
     このブログが長く存続しますように。

  12. 初めまして、昨年秋から完全未活、11.18に聖教新聞、公明新聞、大白、創価新報の購読を辞めた地区婦人部長歴5年以上10年未満(今は他の方に交代したと思いますが)のアラフィフの杜若です。
    地区婦受けるの嫌でした。でも人革に役職を断ったら罰があたる!みたいな事が書いてあって断れませんでした。仕事を持っての活動が負担で苦しくてどうしようもなくて・・・地区婦人部長になって役職降りた人なんているのかなあ?私変なのかなあ?命汚れてるのかな・・とネットをさ迷いはじめ・・・結果、勢いよく覚醒に向かいました。(笑)仏罰が怖くて身動き取れなかった自分の背中を押してくれたのは元学会員の方のブログでした。特にこちらのブログには本当に勇気をいただきました。細かな仏具、学会の書籍は一切処分しました。わけのわからん書類は全部シュレッダーにかけました。近々脱会します。思い出すと色々な感情があふれて泣けてきます。またコメントさせていただきますのでよろしくお願いします。ちなみに杜若の花言葉は「幸運が必ずくる」「幸せはあなたのもの」です。(^◇^)

  13. こんにちは。すいません、議題とズレているコメントです。
    外部の雑草です。

    キリコさま,パニックスさま、返信ありがとうございました。

    キリコさま
    >学会の師弟は『人間革命』などの書籍や、
    新聞に時折掲載される「随筆・新人間革命」、
    更には本部幹部会での池田氏のスピーチなどを通じてすり込まれます。

    >どの話も自分こそが師匠に仕えた、自分だけが師匠を護った、自分が師匠の構想を実現した等々、師匠をだしにして自分を
    美化しえらく見せようとする話ばかりです。
    しかも、どの話も嘘っぱちであり、ゴーストライターに書かせたものです

    パニックスさま
    >元々、日蓮大聖人と信者の関係の絶対性を御書(日蓮からの手紙)に書いてあるものを、
    創価学会(戸田ー池田ー信者)に応用して信者をガンジガラメの池田の虜にする詐欺手法です。
    そもそも御書に色心不二という言葉はありますが、師弟不二は有りません。
    戸田ー池田の師弟関係も怪しいものです、信者を騙すためなら創価はなんでもやりますから、まともに相手をすればするほど痛い目に遭います。

    あとこれは違う方への返信の中の記述ですが
    >ジンジャー さまの発言:
    2016年2月16日 13:39
    もう一つよく言われたのは
    『いざという時には、家庭も全て投げ捨てて、先生の元に駆けつけなさい!』です。
    とにかく師弟というものを植え付けられました。
    卒業後はS短大卒とゆうことで、組織でもすぐに部長になったし、
    2年くらい前までは、先生のために!という思いでずっと生きてきた気がします

    なるほど・・・。
    書籍・新聞そしてスピーチやら幹部やらのしつこい賛美。
    これをひたすらやることで刷り込むわけですか。
    御書(日蓮からの手紙)にもあったが、色心不二という言葉はあっても、師弟不二の言葉はないと。
    むずかしい経典をダシにするやりかたも入ってるわけですね。

    うーん、どれほどキテレツであっても繰り返せば信じ込んでしまう・・・。
    創価でいる限り、逃げ切れない環境にあると。
    本当に恐ろしいことですね。
    あらかじめ洗脳するように計算してつくっているとおもいます。
    いろんな手法がありますねえ・・・・。

    プロの詐欺集団だとおもいます。

  14. 皆さん、はじめまして、lecca と申します。

    私も、以前、学会の会員でした。
    今さらですが、ふと思うと私も同じような事していて、友達を苦しめていたと思います
    会員の時、私は創価学会のリーダーや27期創価班、布教という名の嫌がらせをしてたと常々思います。

    今、脱会をし素直な気持ちで、自分自身を見つめ直した時、不幸を自ら招いていたのだと感じています。

    現役学会の会員の方が、たまに入り直してなどと言ってきますが、私は、はっきりと言います。

    自分の幸せと感じる事を、破壊してまで、学会のあゆみをしたくありません、あなた方のあゆみは、不幸に転じるあゆみだと。

    そして、ある日の事、他のの宗教のダメ出しをし、学会のあゆみをしていれば大丈夫と言っていた、学会のある幹部が、他宗教の門をくぐり、お参りをしているではありませんか。

    それを見て、私は、学会を辞めて本当に、良かったと思います。

    それを知らされていない学会会員の方に、どうか目を覚ましてほしいと、思います。

    今ならきっとやり直しができる事を、わかってもらえる事を信じて。

  15. signifie様 大変お疲れ様でございました。 お茶でもどうぞ~( ^^) _旦~~。
    いつものスレに戻ってマリーもほっこりしております。

    神に挑む場所さん。美味しそうなお名前のおいなりさん(まだ言ってるw)も好きでしてが、今回のHNからは強い決心があらわれてますね!(^^)!
    何よりご主人とお義母様が素敵な味方です! 安心して未活の道へと進んでって良いと思います。影ながら応援していますね(^_-)☆

    ホイホイさん、外部の方でも普通にご近所付き合いとして会合などに来てくれる優しい方を学会員は「学会を理解してくれてる。」と勘違いして、ましてや題目も一緒にあげてくれちゃうと完全なる理解者としてリストアップしてるのでご注意ください。(~_~;)
    PC教室行った方も何か学会に疑問がない限り頭の中で「創価脳セコム」が作動してるため創価に批判的なサイトは遮断すると思います。ホントにせつないですわ~。(悲)

    私は昨年の春にこのブログで覚醒して2世の自分にとっては人生最大の衝撃!!
    すぐさま逃げるように脱会したものの・・・少し急ぎすぎたか?と後悔しそうになり、
    その後は毎日のようにここを訪れて過去スレ全部読みつくし、脱会は間違ってなかったと何度も確認しては何とか自分自身を支えてきたので、ここが蘇生の場所でした☆
    皆さんのコメント読んで泣いたり笑ったり、ご飯粒吹きだすほど面白い替え歌も掃除しながら唄ってました~♪♪(笑)
    コメントしようにもトラウマが邪魔してできなかったのに今はこうしてコメント書けるまで元気になり心の傷が癒えてきてるのは間違いなくこのブログのお陰です。。。。
    感謝の気持ちでいっぱいです。
    思いを文字にしてみることも解毒効果ありますね。解毒されて毎日が笑顔です(^o^) 
    主人も組織で仕方なく役職もってましたが心はゆる活だったので脱会後は無駄に学会活動してた時間を夫婦でドライブや旅行して美味しいもの食べ歩きしたり趣味を楽しんだりする時間に使ってます。財務なんかしなくていいので貯金もできます。

    私個人では気の合う友人とホームパーティーしたりお店でランチしたり
    常に「嬉しい!楽しい!」と素直に心が喜ぶことを率先してやってます。
    来年は人生初の まさにほんとの「初詣」に行ってこようかな~♬
    人生をやり直すスタートとして脱会を選んだことに今は微塵の後悔もありませ~ん(^o^)これからも人生いろいろな変化もあるかと思いますが、ぶっちゃけ、覚醒した今のほうが地に足が着いてる気がします。頭の中もスッキリ!

    自分の人生は自分の頭で考え行動しゆくものなのですね。(やっと人間になれた?)
    創価脳 バイバイ!!(^◇^))”

  16. はじめまして。
    外部のうちひろと申します。
    一ヶ月前に二世の彼にフラれてしまいました。
    だめんずな彼なのに、まだ好きな気持ちが残っていて、どうにか気持ちを断ち切れないかと、ネットで探していたところ、過去スレの『創価の彼氏・彼女がいる方へ』(←名前違ってたら、スミマセン)を見つけて、ここにたどり着きました。

    彼は牙城会に入っており、副部長とやらをしていると言ってました。
    青年教学一級も持っているとブログのコメント欄に書いてありました。
    双極性障害(躁うつ病)も患っており、障害者手帳も持っています。
    今の会社も障害者枠で雇用してもらいました。

    付き合っている時から、早く覚醒してほしいと思っていましたが、創価の話になると狂ったように反論して来ました。
    いつもは穏やかにのんびり話す彼が、突然攻撃的に早口で話すのを見て、とても驚きました。

    財務の話になった時は「お金がなければ、出さなくてもいい。オレはそうだったから。でもお金が出来たら今までの分も合わせて出せばいいんだ」と言っていました。
    結局払うんじゃん、と思った事を覚えています。

    中学の頃、学校行事のスキー教室にお金がなかったから行けなかった、と言っていました。
    今、思えばお母さんが財務のやり過ぎでお金がなかったのでは?と納得できました。

    ケンカをした時には「うちひろは信心しないと」と言われたり「一緒に題目をあげよう」と言われたりしました。

    彼のお母さんに電話で話した時も「うちひろさん、座談会に来て他の人の話を聞いたらいいわ。そしたら、私の悩みなんて大した事ないって思えるから」と誘われたりしました。
    「そうですね…」と言葉を濁して座談会に行く事はありませんでしたが。

    一度、別れ話になった時は(…何度も彼から別れを告げられ、私からお願いしてやり直してもらってました)「オレと一緒にいたいなら、学会を一緒にやらないと」と言われ、弱い私は毛嫌いしていた創価をやる、と承諾してしまいました。
    しかし、次のデートの最中に「これなら初心者のうちひろでもわかるよ」と池田本を渡された時に吐き気に襲われ、やはり無理だと思いました。
    彼に「一緒にいたいと思ったから創価に入ると言ったけど、やはり私には無理。だから一緒には、いられない」と話したところ「これからは創価に入れとはもう言わないよ」と言ってくれました。

    しかし、しばらくして些細な事でまたケンカをした時に「これで終わりにします。僕には関わらないでください。さよなら。」と一方的にLINEが来て、電話もメールもLINEも全ての連絡を着信拒否されてしまいました。

    突然の事で、訳も分からず…。
    それから私がうつ状態になってしまいました。

    入信しなかったから、フラれたのかな…?と思ってます。
    お母さんからは「うちひろさんとは別れた方がいい」と何度も言われていたそうです。
    入信しない外部の彼女はお母さん的にNGだったんでしょうね、きっと。

    彼との電話中に後ろでナムナム…と声がした事がありました。
    彼から「聞こえる?母親が題目あげてるよ」と言われました。
    もしかしたら、お母さんが祈っていたのは私とのお別れだったのかもしれませんね。

    彼には早く覚醒してほしいと思いますが、彼に連絡をする術がないので、このブログの事も教えてあげる事も出来ません。

    もう少し早くにこのブログに出会っていたら…と後悔してます。

    はじめましてなのに、長々と書いてしまい、申し訳ありません。
    皆様のコメントを読んで、学会員の彼を早く諦められるよう、頑張っていきます。

  17. こんにちは。
    元ゆる活婦人部だったマグです。昨年、脱会しました。

    いつの頃からか、ゆる活ながら組織のおかしさに違和感を感じ始め、悶々とする日々を過ごしていました。
    組織がおかしいのか、おかしいと感じる私がおかしいのか…と。
    そんな中、昨年、自分の中でどうしても受け入れられない事があり、怒りが大爆発(自分の心の中でですが)。
    おかしいにも程ってものがあるだろうと思い、何か情報はないかとパソコンでサクサク検索。
    そして、こちらのブログに辿り着きました。
    それまでは、ソーカはヘンな宗教になっちゃった感じ、くらいに思っていました。
    まさか、詐欺だったとは。呆然。

    こちらのブログに辿り着けなければ、脱会なんてことに考えが至るはずもなく、いつまでも悶々とした日々を過ごし続けることになっていたと思います。
    物心付いた時から、すでにソーカの中にいて、この信心じゃなければ幸せになれない、退転したら地獄に落ちるetc…数々の刷り込みをされて育ちましたので。
    そんな自分が脱会できたのは、ひとえにこちらのブログのおかげです。
    ブログの運営をされているsignifieさん、コメントをしてくださる皆さんには、どれだけ感謝してもしたりないです。一人一人に直接会って、お礼が言えないのがとてつもなく残念です。

    そして、私が心を持ち直すことができたのは…
    数年前に大きな病(手遅れになれば、確実に死に至る病気です。この病気で亡くなった方の記事を目にすると胸がザワザワします…)を経験していたからでしょうか。
    まだ完治の診断は下りていませんが、せっかく、病を克服しつつあるのに、ソーカなんかに自分の心身を壊されてたまるもんか!という強い思いがありました。
    せっかく覚醒できたのだから、これからの人生を大切に生きていきたいという思いが強いです。
    病気が見つかったとき、自分が数年後にはどうなっているかわからないという現実を突きつけられました。
    真正面から自分自身の命と向き合わざるをえない状況にいきなり置かれて、私も少しは強くなれたのかもしれません。

    とは言え脱会した当初は、ゆる活だった私でも気持ちに浮き沈みがあり、不安定に感じることもありました。
    ソーカは宗教じゃなかったんだ、と頭では理解したつもりでも、長年のMCはそんなに簡単に解けるものではないんですね。
    何かあったら…という不安。罰…散々刷り込まれてきましたので。

    今はとても落ち着いています。
    気持ちを落ち着かせることができたのは、こちらのブログのコメントを読ませてもらうことができたからだと思います。
    本当にありがとうございます。

    いつもまとまりのない文章で申し訳ないです。
    皆さんのようにキレッキレのコメントが書けなくて、自分の文章力のなさが情けないです。
    こんな私ですが、これからもよろしくお願いします。

    創価に苦しんでいる方々が、一日も早く創価から離れることができますように、と願っています。

  18. こんにちは。
    元婦人部二世のケセラセラです。
    心を持ち直すことができたのは、正にシニフィエさんのブログのおかげですね。
    覚醒できたのも、非活になったのも、脱会できたのも、不安定な期間、ずっと皆様のコメントが支えでした。

    いまや「詐欺団体やめて、なんで罰あんの?」って感じ(笑)
    創価以外にも世の中気を付けないと、スピリチュアル詐欺、ネットワークビジネス詐欺など危険なものいっぱい!
    創価にいたことをなかったことにはできないけど、巨大詐欺に騙されてたという貴重な(←貴重ではないかあ・・・)体験を持つ身として 何かお役に立てることもあるのではと考えてます。
    時おり襲ってくる不安定さも焦らず克服していきたいです。

    ブログを訪れる方もとても増えてきてますね。
    一人でも多く、覚醒できますように・・・

  19. 2015年の夏から冬にかけて、全国13カ所を巡り、
    私が直接折伏した友人のうちの18人に謝罪し、脱会報告をいたしました。

    10年以上連絡を取っていない人もいましたが、
    お互い、白くなった頭を笑いながらの再会。昔話に花が咲き、
    そのあとで「実は……」と切り出すのは、正直、つらかったです。

    18人の信仰状況は、バリ活3人、ユル活8人、非活5人、
    そして既に脱会した人が1人いました。
    残念ながら、ユル活のまま亡くなった友人も1人いました。

    それぞれのお話をすると長くなるのでやめますが、
    私は友人たちに謝罪し、脱会を進める中で、自然と心を持ち直すことができました。

    ユル活、非活の友人たちと話をしていて発見したのは、
    一般社会では、創価学会の活動なんて、ほとんど気にもとめていないということです。公明党の支持母体で、選挙になるとやってくる。普段何をやってるのか知らないし、興味もない。その程度です。

    何しろ、5歳のときから創価の空気を吸って育ったもので、
    全人類の宿命転換、人間革命を目指す壮大な目標に向かって驀進する、
    宗教界の王者という錯覚に痺れきってましたから、
    少なくとも、この日本で創価の活動に注目しない人間などいないと、信じ切っていたんですね。

    たとえて言うと「クラシック音楽は好きだ。でもベートーヴェンなんて知らない。モーツァルト?だれ、そいつ?」とか、
    「絵画は趣味だよ。だけどゴッホなんて初耳だ。ルノワール?喫茶店かい?」
    てなもんです。「そんなバカな!」ですよね。

    ユル活、非活の友人たちのを目を通して見える、社会の反応は、
    「広宣流布?どーでもいいじゃん」という、
    私にとって「そんなバカな!」そのものでした。

    この前の「みんなのニュース」でも、創価学会なんて知らないという若者がいましたね。
    あの姿が如実に示すように、創価のやってきたことなんて、
    日本社会に大した影響など与えてこなかったのです。少なくとも日常生活の目線で見れば。

    立正安国という使命感に燃え、責任感すら感じて青春を過ごし、生涯、革命に生きるのだといきり立っていた私の人生って何?

    殴られても仕方ない、どんな非難も受けようと「覚悟」して構えていた私に、
    友人たちは「気にするなよ」と笑ってくれました。その、あまりのあっけなさ、あっけらかんとした態度に、私は脱力し、そうして今更ながら、洗脳の恐ろしさに愕然としたのです。

    洗脳と言えば、バリ活の3人の、すさまじい洗脳ぶりにも圧倒されました。
    signifieさんの三大名言「創価脳」「創価スイッチ」「創価シャッター」。それはまさに、インプットされたプログラムのように炸裂しました。友人たちは申し合わせたように一様に驚き、怒り、心を閉ざし、そして蔑み、哀れみの目で私を見るようになりました。

    彼らに対してこそ、私は心底謝罪しなければならない身です。
    でもそれは、私が赦されたいだけという、わがままなのかもしれません。
    気づいてほしいなんて、彼らからすれば傲慢この上ない言い方でしょう。

    しかしだからと言って、今現在も詐欺に遭い、詐欺に加担しているのを「仕方ないよ」と済ますことは、私にはできそうもありません。今後もバリ活3人に対しては、冷静に話を進めていくつもりです。

    その勇気をくれたのは、ユル活、非活の友人たちの笑顔でした。
    「無理すんな。結局は自分で気づくしかないんだから」
    既に脱会した友人は、そう言ってくれました。

    今年の夏、私はまた、心を持ち直した感謝を胸に携え、謝罪の旅に出るつもりです。

  20. どうやって心を持ちなおすことができるのか。
    自分にとっても、これから生きていく上での大きな課題で模索中です。
    30年近くも、バリバリの活動家として生きてきたのですから、覚醒した今 この苦悩と苦しみと罪悪感が癒される時がくるのかさえも今の段階ではわかりません。

    創価脳のパートナーと一緒に暮らしていると、ジュンペイさんとのやりとりのような事が日常茶飯事で繰り返されます。
    創価スイッチが入った途端に何か得体のしれないものが、彼に憑依したんじゃないかと思えるほど豹変します。
    まるで修羅のようです。
    その毒は強烈で数日は疲弊しますね。
    相手を創価理論で無理矢理ねじ伏せてやろうという姿勢は、イケダ廃人の滅茶苦茶な指導の賜物でしょう。
    敵とみなしたものは、徹底的に打ちのめせ!と脳が勝手に反応してしまうんでしょうね。
    それが例え家族だとしても。
    創価弾をつめこんだ銃を常に小脇に抱えて、敵と感知した瞬間に乱射している感じで、とにかく「どんな手段を使ってでも勝つ」という姿勢は、創価思想そのものです。
    じゅんぺいさんは青年だけにまだまだ可愛らしいもんだなと思えるほど。

    娘たちは、そんな主人の様子を見て「お父さんは、お母さんが創価学会の話題を話そうとした瞬間に、形相が変わってどんどんヒートアップしていくのがよくわかるね。自分で勝手に興奮している感じ。相手の話を聞かずに自分の言い分だけを一方的に大声でまくしたてている。あれじゃあ、会話にならないわ~。」と呆れた様子。
    「ほんとだよね~創価って困ったもんだね~」と娘たちと話してます。

    2014年に覚醒してすぐに勤行も唱題も止めました。
    でも、活動をストップするのには時間がかかりました。
    もちろん自分の心の整理や役職の関係もあったけれど、何より1番は支部長の主人に対しての配慮もありました。
    「たられば」を言っても仕方ないけれど、主人が未活や外部だったら自分の気持ちのままに非活や脱会はもっと早くできたのかなと思います。
    でも、主人は立場的に組織の人達から色々と聞かれて大変だろうという事、また組織の事も考えて、覚醒からだいぶ経ってから非活宣言をして組織から去りました。
    でも、そんな気持ちさえも、創価脳の主人には全く伝わらないんですよね。

    今後、どうやって自分の心を平穏に保ち、生きる喜びを見つけて気持ちを保ち続けていくのか。
    活動家時代は、自分の心を押し込めたり、無理矢理発奮させてやりたくないことも沢山してきたので、これからは自分のしたいことを沢山していこうと思っています。
    そうでなければ、何の為に生まれてきたのかわかりませんからね。
    失った30年よりも、今後の30年を楽しんで生きていきたい。
    そう考えながら、なるべく心を浮上させる努力をして心を持ちなおそうとしています。

  21. 私、レモンさんのコメントを読む度に思うんです。
    創価脳に悩まされるケースは友人、知人、身内いろいろあれど、亭主関白な夫に奥さんが喚かれるほど辛いことはないだろうな、と。

    気に入らないと、怒鳴る、喚く、威圧する、暴れる、暴力(レモンさんのご主人様がそうだとは言ってないです!ホント誤解なきよう!)を振るいまくる男が創価だったら…これは経験しないとわからない恐怖でしょう。
    あの牛のように強情な創価脳が、更にバイオレンスだったら?
    ただでさえ疲れて発狂しそうな会話に、気にいらないと遠慮会釈ない態度に出られたら…?
    ネットでさえこの有様です。
    現実には隠されてるだけでどんな壮絶なバトルがあるのかと思うとゾッとします。
    だって男子部の半端ない血走った目を見ると、反逆者は殺しかねない勢いです。
    そういう人は、例えそれが女、子どもになっても容赦しないでしょう。
    そんな男に力づくで支配され、奴隷のようになっている家族がいたら可哀想です。

    知り合いで奥さんがパソコンに触ろうとしただけで「見るな!」と怒鳴りつける壮年を知っています。
    普段は穏やかなだけに怖いです。

  22. 管理人さま、皆さま、はじめまして
    学会2世、まっしろな闇と申します。
    未活10年になります。脱会してたら、「元」と言えるのですが、まだ学会に籍はありますので、現役の男子部地区リーダーになります。
    未活なんだから、地区リーダーを外してくれと言ったら、組織の士気が下がるからそれは出来ない!そうです。まぁ未活の生活さえ送れたらそれでいいので男子部卒業まで幽霊部員ならぬ、幽霊地区リーダーかな(笑)
    ここのブログへは創価の真実と検索して昨年末にたどり着きました。凄く共感を持ちました。ので全部読んでからコメントしようと思ったのですが15000もコメントがあり多すぎて僕には読みきれませんが、皆さんの実体験に裏付けされているコメントに、自分と重なる部分があり僕もコメントしようと思った次第です。
    本当に功徳や罰などはナイですね。未活になって自分らしく生活できる毎日に感謝してる所です。
    このブログを読んで脱会した人生もありかなぁと思い始めました。また未活に、いや非活になった経緯でもお話できたらと思ってます。
    なんせ、言いたい想いがたくさんあって上手くまとめられず、文章を書くのも苦手で、どう言えばいいかわかりませんが、とりあえずよろしくお願いします(笑)
    本当にまとまりのない文章で申し訳ない!

  23. シニフィエ様、皆様
    前スレでは大変お疲れ様でした(^^)最後にジュンペイさんが創価スイッチ入って、「おおっ!これが創価スイッチか!」と、とても良いものを見せていただきました(^◇^)
    新たにコメントする方がどんどん増えてますね(^^)
    嬉しいです*\(^o^)/*
    創価がおかしいと感じてからこのブログに出会い、今まで疑問に思っていたことを書き込みすることで心の整理ができてきています。
    カラコピ本尊巻いてしまっただけで、悪夢にうなされたりしました。その話をカキコすると、すぐさま常連の皆さんに励まされました。皆さん悪夢にうなされていることを知り、安心できました。
    カラコピ本尊は実家に放置していますが、感覚的には「珍しい爬虫類捕まえたので、逃さずに置いてる」という感じです。ハサミでジョキジョキすることもできますが、とりあえず放置している状況です。
    書き込みするたびに、押さえつけられてきた毒が抜けていく感じがします(^^)
    創価で色々な体験をしましたが、おかしいことに気づかないなんてホントにバカでした。
    そういや会合帰りに追突事故にあったり、その2ヶ月後に今度は座談会帰りに自分が事故を起こしたりしたこともありました。
    牙城会優先して、仕事をほっぽり出して帰って、とんでもないことになっていてずっと後ろめたいことになっていたこともありました。
    あのわけのわからない牙城会の無遅刻無欠勤がどれだけ社会に悪影響を与えていることでしょうね。
    どんなボランティアより学会活動が1番尊いという教えですからね〜
    おかしくなるのも当然です。
    辞めたり誹謗したり弾圧すると「はじめは何事も無いがあとで酷い目にあうぞ!」と日蓮が脅しをかけてますよね。人から「お前は不幸になる」と言われたら心が傷つきますよ。創価の人間は平気で人を傷つけます。

    そういや座談会で読み上げられる出所不明のお涙頂戴の体験談、そういうのを創作する部署もあったのでしょうか?

    なんであんな子供騙しに騙されていたのでしょうね?(*_*)
    気づいて良かったです*\(^o^)/*

  24. 学会3世であり、昨年9月頃から非活のおんです。
    私が心を持ち直すことができたのは、まずはここ、シニフィエ様のブログのお陰です。膨大な数の覚醒に至った体験を読むことで、創価に対して明確に疑問を持つことができ、晴れて非活に転じることができました。本当にシニフィエ様をはじめ、皆様に感謝です。ありがとうございます。

    またもう一つあります。それは職場の先輩です。その先輩に対しては非活になった後に創価だと打ち明け、脱会したいが親が熱心すぎてやめれないという悩みを話すことができ、そして創価に対する不満やこれからの不安など、ほぼ全部を聞いてくれた初めての人でした。その人は創価の友人もおらず、今まで関わってきたことがなかったので的確なアドバイスはできないといわれましたが、それでも、「お前が創価に生まれた時からいて、今まで熱心にやってきて、もちろん両親も他家族も信仰している中で、自分自身が歩きたい道をはっきりと持ててることがすげーよ!」と励ましてもらえました。それは創価の激励の何十倍何百倍、何億倍(←どこかのトップが言ってたような・・・)の力を持つ言葉で、その時感じていた不安は今ではほぼ解消されました。今までは創価の中だけでしか悩みを相談できないと思っていただけに(←悩みを持ってないと怠慢だと言われたので無理矢理作った悩みが多かったです)、また外部の人はまだ南無妙法蓮華経を知らない人たちだし、世法でアドバイスなんかされたくないしと上から目線が普通だったこともあり、その分感動が大きかったです。というより本当に感謝しかないんですよ。創価の人に対しては生まれなかった心から感じる感謝です。

    そういえば創価であれば功徳だと感じるような出来事を非活後に感じたので箇条書きにしてみます。
    ・彼女ができた
    ・同僚との仲違いがあったが、その先輩のお陰で解消→今まで以上に仲良しに
    ・非活に転じてから仕事の成果がUPと共に評価もUP
    ・頼るものがなくなった代わりに責任感が増したのか、経済面も向上
    ・1ルームでユニットバスの築35年くらいのマンションから1Kで7畳のロフトがあり新築で家賃プラス1.5万円のアパートに引っ越すことができた(←今までいた土地から離れたらダメと強要されていたため)

    こんな感じでしょうか。
    多分探せばまだまだあるとは思いますが、パッと思いついただけでこれです。しかも非活に転じてから約半年の間にです。創価にいた時には間違った宗教を信仰していると生活が不安定になったり、まあとにかく不幸になるよと教えられていたのですが、その間違った教えとは創価のことだったのだと強く感じています。

    そして最後ですが、最近心も落ち付き始め、親に対しても自分の意見をしっかりと述べることができるようになったので、そろそろ脱会をします。その一歩として曼荼羅を破いてしまいました。若干不謹慎なのかな?と思ったり、悪いことが起きたらどうしよう、破いて切り刻まれて死んじゃったらどうしよう(←創価の中では曼荼羅は自分自身と教えられ、水に流すと水死、燃やすと焼死すると教えられていました)と思いましたが、少しだけピリッと端を破いてみると普通の紙だと理解でき、そのあとすぐビリビリに破り、ゴミに出してしまいました。その日のうちは捨てきれない不安がありましたが、今ではそれもなくなり穏やかです。今の所自分の体には切り傷一つありません(笑)

    話が途中でずれてしまいましたが、結果、心を持ち直すことができたのは創価ではない(または信仰心がない)人のおかげでした。純粋な人の力ですね。ここのブログも、職場の先輩も。だからもう創価に戻ることは一切ありませんし、後悔もありません。すっきりしています。改めてここの皆様、そして先輩に感謝です。ありがとうございます!!

    なんだか創価の体験発表のような感じになってしまったので、ここらへんでやめておきます(笑)

  25. こんばんは〜。
    昨年末に脱会済のナオです。
    まだまだ、心がざわつく事がありますが、学会員だった約半世紀のつらさを思った時、今の幸せを心から喜ぶことができるようになってきています。
    ◎楽しい事をしても、罪悪感がない。
    ◎お金を使っても、罪悪感がない。
    ◎友人を一票と思わなくていい。
    ◎広布の役に立っていないなどと、悩まない。
    ◎唱題表を塗る為に、無駄なナンミョウをしなくていい。
    ◎自分の気持ちを、人に伝える事ができるようになった。
    ◎一般常識な行動を普通に行える。
    などなど、数え切れないほどの自由があふれています。
    一体、どれだけ自分を抑えて生きていたのか!
    これからは、自分に正直に、今迄創価だったばかりに我慢して来た事を少しずつ、自分に許してあげたい(^^)
    急には変われないかもしれないけど、本当の自分を見つける事が、とっても楽しみです。
    つくづく、脱会して良かった。
    前スレの、学会員さんの様子を見るにつけ、覚醒出来て本当に良かったと思います。

    シニフィエさま、皆さん本当にありがとうございます。

  26. モニカさん
    >創価脳に悩まされるケースは友人、知人、身内いろいろあれど、亭主関白な夫に奥さんが喚かれるほど辛いことはないだろうな、と

    普段の主人は、亭主関白とかそういうタイプの人ではないんですよね。
    ただ、創価の事になると、異常な人格に豹変して手がつけられなくなります。
    スイッチONになるんでしょうね。
    覚醒した当時は、何とか主人も覚醒させたいと努力していましたが、一切聞く耳もたずに自分の言いたい事だけを言うので、今はウンザリしてそんな話合いもしなくなりました。
    ただ、先日創大への留学生の件で、久々に創価の話題したら案の定・・・でしたね。
    興奮して血走った顔つきは、何かが憑りついているようで本当に気分が悪くなりましたが「なるほど、ニンゲンカクメイするとこんな修羅のような顔になるんだな~」って冷静に見てました。
    キチンと会話のキャッチボールができるのなら、話し合いも有意義ですが、そうでないのなら無駄なエネルギーを使うだけだ・・・とこの1年で学習しました。

    >現実には隠されてるだけでどんな壮絶なバトルがあるのかと思うとゾッとします
    もう無数にあるでしょうね。
    親子関係、夫婦関係、恋人関係・・・
    創価脳は、それを正義だと思っていて一歩も引こうとしないからタチが悪い。

    爆風スランプのリゾラバの替え歌で「全部嘘さ~創価は嘘さ~創価家族は全部まぼろし~~」と
    歌いたくなります。

  27. 初めて書き込みをしましたという方がちらほら見られて嬉しい限りですね!

    私は、活動をしばらく休ませてもらうことにしたのがきっかけでした。女子部の本部長・白蓮G班長の任務を終えて副役職となり、未来部の担当をしていたのですが、ある日部員会の打ち合わせに出かける直前に行くのが怖くなり、衝動的に先輩に電話をかけ(相談したことなど一度もない先輩でした)、「怖くて会合に行けません、担当を下してください」と泣きながら訴えました。体の震えが止まりませんでした。後でわかりましたが鬱状態になっていたようです。幸い私の願いは聞き入れてもらえました。女子部サイドにも話は伝わっていたようで、会合に出なくても何も言われることはありませんでした。結局、そのままフェードアウトしました。鬱状態となったのは学会活動だけでなく様々な要因が絡み合っており、その問題解決・克服のために2年ほど費やしました。自分の人生で一番というくらい暗黒の2年間でしたが、その後解決の糸口が見え、時を同じくして運良く新しい人間関係に巡り合えたことで生活も自分自身も一変しました。
    疑問に思ったのはここからです。この2年間、学会活動も勤行すらも全くしていなかったのに罰と思えるようなことは何も起きてないじゃないか!祈りとか学会の力を借りなくとも、自分自身で解決できたじゃないか!と。「この信心から離れて幸せはない」なんて嘘だったという事がわかってしまったんですね。

    ネットで創価の事を調べ始めたのは去年から、シニフィエさんのブログにたどり着いたのもその頃です。初めはよくあるアンチブログかと思ったのですが(失礼しました!笑)、読んでみるとかなりバリバリの活動家・元活動家の方が自分の思いを吐露していてびっくりしたと同時に安心しました。活動家時代、本当は学会活動をやりたくないと思っている自分の気持ちを無理矢理押し込め、「自分は信心が足らない、自分だけみんなと違う」と感じ後ろめたい思いがあったからです。そして、今まで「創価のおかしさ」について自分の中でぼんやりしていたものが段々とはっきりしていき、更にネットや本で創価の内部事情を知ったことで、完全に覚醒できました。

    後遺症は思っていたほどありません(自分でも不思議です)。覚醒までの道程が徐々にだったからかもしれませんが・・・。活動に奔走していたかつての自分を思うと、時間を返せとも思いますが、それよりも一番に思うのは「バカバカしい」です。この信心こそが正しい、離れたら幸せはない罰が当たるという教えを信じ込まされその恐怖に怯えながら活動していた自分。世間から嫌われている創価学会の会員でありその中でもバリバリの活動家であることで、自分もどこかで嫌われているんじゃないか、周りのみんなと何か違うんじゃないかと思い、常に何となく肩身の狭い思いで孤独を感じていた自分。これも全て創価のマインドコントロールによって作り出された自分自身であったんですね。

    20代という一番楽しい(であろう)10年間を学会活動に費やしてきたことは非常に勿体ない限りですが、「普通の人にはできない人生経験を積んだんだ」と思うことにしています(もちろん本来ならしたくはないことですが)。創価から離れたことで本当の自分自身を取り戻せたと感じているので、当時を悔やむ気持ちよりも今こうして楽しく生きていられる幸せの方が大きいです。

    この体験をある友人に打ち明けた時に、「それでいいんじゃないの、だって人間は自由なんだからさ!」と言われたことを思い出します。
    活動家の頃、自分が不自由だなんて思いもしなかった、、というのは今思えば嘘で、不自由だと感じながらも「これが正しいから!」「幸せなはずだから!」と無理矢理思い込んでしただけでした。活動をやめて、「普通の生活ってこんなにも自由で楽しいんだ!」と思いました。時間的にも精神的にも自由を奪い取る創価は悪以外の何物でもありません。これ以上犠牲者を増えないことを、一人でも多くの方が覚醒してくれることを願っています。

  28. シニフィエ様、皆様、はじめまして。
    外部の野路菊と申します。不慣れゆえ、失礼がありましたらどうかお許し下さい。私も先にうちひろさんがコメントされておりました「創価に勧誘されようとしている彼氏さん彼女さんへ」がこちらのブログとの出合いでした。我娘が学会3世の方とお付き合いしていましたが、しばらく前にお別れし、傷心しております。こちらのブログを拝読し、初めて学会の実態を知りました。それまでは、選挙の時くらいしか関わりがありませんでした(笑)学会員さんとの恋愛は、驚くほどパターンが似ていますね。純粋に相手を想う気持ちとは裏腹に、必ず「祈伏」という似つかわしくない怖い言葉が登場します。「学会を理解してほしい。気軽に話を聞いてみて。そうでなければお付き合いできない」と。もちろん、どんなに娘が悩んでいても、脱会する気持ちも迷いも微塵も感じられませんでした。今は少しずつ時間が流れて、娘の心が癒され、笑顔が戻ることを願っています。うちひろさん、そして、コメントされている皆様の苦悩が和らいでいくことを心から祈るばかりです。春はもうすぐそこまでやってきています。

  29. ココアです。
    シニフィエさん、前スレでの見事な対応すばらしいの一言です。
    ご本人は怒り心頭なのでしょうが、シニフィエさんの言葉には愛情すら感じられ改めてシニフィエさんのお人柄に感服いたしました。久々の創価脳に反応してでしゃばったコメントをしてしまい失礼しました。
    毎日本当にお疲れ様です。そしてありがとうございます。

    私は若い頃に海外に出る機会がありそのままずっと海外暮らしなもので、ここに来られる方々と違い日々の活動に疲れて・・・という経験は正直ありません。海外に出るちょっと前に女子部での役職の面談などあり、ずっと創価的に優等生で生きてきた私でしたがその頃には活動に抵抗を感じる心が芽生えていて、このまま役職を受けたりしたらがんじがらめにされてしまう危機感を抱きました。
    日本を離れることになったのは偶然ですが、創価から離れるのもその大きな目的のひとつだったと言っても過言ではありません。そのくらい思いつめていたと思います。結果ほぼ学会から離れることに成功したのですが「私は学会から逃げた弱い人間」というレッテルを自ら張ってはがすことができないでいました。しばらくして意を決して親に電話で信心を続けるつもりはないと告白したときはものすごく怒られて一方的に電話を切られました。創価ってなんなんだろうって心底思いました。
    そんな中救いを見出せたのがこのシニフィエさんのブログです。悶々としていた思いは自分1人だけのものじゃなかったとわかって、心が本当に軽くなりました。本当に感謝しています。
    諸事情から脱会はまだですし、毎日のようにこちらをのぞいてしまうのはまだまだ完全に創価から離れられていないのだとは思いますが、いつか卒業できるまでこれからもお世話になるつもりです。

    巴里さん、ジンジャーさん
    最終学歴ではありませんが、私も履歴書には創価の文字が入ってしまうので
    同じく補足で「一切活動はしていません」って書きたいなと思っていました。同じですね(笑)
    でもそんなこと書いて面接の人が学会員だったらどうしようかとまで考えたり・・・ほんとこちらが思っているより世間はそれほど気にしていないのかもしれませんが、私は海外の狭い日本人コミュニティーて生活していて学会員であることは隠しているのでつらいです。
    実際その昔日本で就活していたころは集団面接で「学会員なの?」って聞かれて恥ずかしい思いしたり、こちらで仕事していたときは別支店の支店長と公明党が関わる仕事の話してたら、突然「公明党って創価でしょ。あなたやめなさいよ~」って言われたことも。上の方で勝手に話題にされてたんですかね?履歴書ほんと怖いです。

  30. レモンさんやぽむぽむさんや、創価脳のパートナーに悩まされる方々はお辛いことでしょう。

    私の場合は実家の母がどうしようもないのですが、主人がそっとしておいてくれたこと、
    多くのみなさんが、家族や身近な人の思いやりに支えられて、気持ちを取り戻していった
    ように、いつか気持ちが開かれることを願うばかりです……。
    男の方は色々つきつけられると、意地を張ってしまうようなところがないですか?
    何か素直に受け取ってもらえそうな部分はないでしょうかね〜
    創価はこうしてみると意外とスキだらけで、突きやすい面があるとは思うのだけど
    …でもお二人ともご夫婦の会話がちゃんとあって、素敵だなと感じています。

    あと趣味には助けられました、…私の場合はHNにちなんで宝塚であります☆
    気づいてみたら、世界はなんて彩り豊かなんだろう…と生きていることに感謝です

    みなさんの、素直なコメントにとても心動かされます、感謝

    >仏壇の扉は閉めて、心の扉を開いてでしたっけ? → パニックスさんナイス!!

    雪風さん、ご無沙汰でした^〜`

  31. 皆さんの素晴らしいコメントに、このブログにも暖かい春がやってきたような
    とってもいい雰囲気ですね〜(⌒▽⌒)
    ほんとありがとうございます!

    そこで余興にひとつ
    替え歌作りました〜
    家で掃除機かけながらでも歌ってください。
    曲は吉幾三さんの伝説のラップナンバー
    「オラ東京さ行ぐだ」の替え歌で

    「俺ら創価を出るだ」です!
    声に出して歌うとスッキリしますよ〜(⌒▽⌒)♬

    ♫功徳も無エ 罰も無エ
    財務出しても返ってこ無エ
    歓喜も無エ 和楽も無エ
    ナンミョー教義はぐーるぐる
    毎朝起きては 勤行し
    聖教配って30年
    センセーの お手紙は
    知らないおっさん書いていた

    ※俺らこんな詐欺いやだ 俺らこんな詐欺いやだ
    みんな騙されてるだ
    外に出てから初めてわかった
    洗脳詐欺集団 ※

    功徳は無エ 絶対無エ
    生まれてこのかた見だごとア無エ
    罰も無エ そりゃそうだ
    ただのカラコピご本尊
    婆さんと爺さんと数珠を握って座談会
    イケダはい無エ 5年も見無エ 毎日載るのは昔の写真

    俺らこんな詐欺いやだ 俺らこんな詐欺いやだ
    創価を出るだ〜
    創価を出だなら お金も貯まるし
    友だちできる

    姿も無エ 声も無エ
    イケダダイサク何者だ?
    新聞に載るけれど
    動く姿は見だごとア無エ
    うれしく無エ めんどくせェ たまに来るのはアポなし訪問
    幸せ無エ ある訳無エ 創価の村にはウソばかり

    俺らこんな創価いやだ〜 くそカルトいやだ
    創価を出るだ
    創価を出だなら お金も貯まるし
    嫁にもいける〜

    (※くり返し)

  32. シニフィエさんナイス(・∀・)ノ
    オラも、クソカルトは嫌ですっ\(^O^)/

    便乗して、クソカルト川柳書きます!

    本尊を ドンドン替える 池田教

    仏とは 日蓮なのか 釈迦なのか?

    曼陀羅も 今や紙切れ 価値はゼロ!

    本尊は お返しせずに シュレッダー

    ツイッター 下手な書き込み アカ消され

    机はね 太鼓じゃないよ 池田くん

    気まずくて ドロンしますと 地区部長

    博愛で めしが喰えたら 詐欺師なり

    ウソつきは 創価のはじまり 気をつけて

    次、替え歌です!

    元ネタの曲→【勇者王誕生!

    作詞:米たにヨシトモ
    作曲:田中公平】

    ガガガッ ガガガッ ガッカイはー!
    ガガガッ ガガガガッ ガッカリだぁー!!

    怒れ! 財務被害者たち
    Woman・イトマン・金満子
    功徳とやらは それ・ウソーン
    創価の財源 砕くため
    今こそ 立ち上がれ
    人の心の幸せを
    壊すイケダー許せない

    創価ッ 創価ッ カネしだいー!
    イケダッ マハロ〜 バカヤロウー!!

    ファイナル・アンサー承認だ!
    今だ! 異体同心だ!
    思考湾曲!
    ヘル・アンド・ヘヴンー!

    奇跡? 神秘?
    功徳? 夢?
    誕生! リスキーな
    ドでかい偽善者
    社会のメイワク!
    ガッガッガッガッ ガ・ッ・カリダー!!

    夜中にウルサクて本当ごめんなさい(=・ω・)/

  33. signifieさん、前スレでは大変な心労でしたね、お疲れ様です。

    私はぶっちゃけ、創価脳の人間の書き込みは、すべて読み飛ばしています。
    すこし文面を見ただけで、覚醒シャッターみたいなのが下りしてしまい
    非常に不快、不愉快な気分に陥ってしまいます。

    そもそもこちらのブログは、
    創価に疑問を持った方、創価の現場で悩み苦労している方、
    創価の同志や幹部に嫌悪感を持った方、創価脳のパートナーに苦労されてる方、
    創価を非活になって不安な方、創価を離れても尚、苦しんでいる方、
    そういう方々のための、非常に貴重かつ神聖なブログなんです。
    そういう方々のための、安らぎの場所でもあるんですよね。

    自分の頭では考えもしない、強固な創価脳の洗脳ロボットたちには、
    正直言って閲覧して欲しくもないですね。
    ましてや、鼻息荒く勝手に乱入してきて、
    自分の言いたい事だけ書き逃げするような荒らし行為など
    迷惑千万、言語道断ですよ。

    対創価脳用の前スレに書き込みされていなかった常連さんの方々やロムの方々、
    もしや心に傷が付いてしまった方や、心がざわついて心労を抱えてしまった方も
    もしかしたら多いのではないでしょうか?
    そのあたり、個人的に心配しております・・・・・

    おっと、前スレの話題、長くなりすいません、

    どうやって心を立て直したか、という事ですが、
    私は正直、男子部から壮年部に移行した頃から、何か脱力してしまって
    完全にゆる活に転じてしまっていました。
    宗門から破門された後の創価(というか池田)の異常なまでのヒステリー攻撃も、
    ハッキリ言って もうウンザリ、という感じでしたね。
    その後も、異常なまでの選挙応援の幹部指導だとか、財務指導だとか、
    役職や新聞配達の醜い押し付け合いなどなど、
    もはや地域の会合にも出る気を無くしかけていた頃の、
    こちらのブログとの出会い・・・

    もう、目から鱗というか、創価がインチキな金集め集団と分かって、
    むしろ背負っていた邪魔な荷物がふわ~っと飛んで行って、
    肩の荷がスーッと取れたような感覚でしたね。
    覚醒した後の解放感みたいなものに包まれて、自然と心も立ち直りました。
    ひとつには、他人に創価を強く勧める「バリ活」タイプでは無かった、というのも
    幸いしてたのかも知れません。
    もちろん、signifieさん始め、こちらのブログの皆さんが
    とても優しくて素晴らしくて、ユーモア溢れる方々、というのも
    大変にありがたかったです。

    あのまま創価に付いていくべきか悩んでいた状態がずっと続いていたら、
    もっと深刻な心身の不調を起こしていたような気がして、ゾッとしますね。

    脱会もまだですし、聖教珍聞もまだネタ探しに(笑)購読してますが、
    今はとにかく、近隣や地域の創価脳の人々が創価の衰退に疑問を感じ
    1人でも非活に転じて覚醒に近づいてくれる事、
    そしてこちらのブログをご覧になってる全国の悩める創価の方々が、
    1日も早く覚醒して完全非活、そして脱会される事を
    強く願ってやみません。

    正直、心のどこかで、諸天善神が守ってくれるといいなぁ・・みたいなのは、
    今はまったく無い、と言えば嘘になります(笑)(^_^;)
    まあ、自分教?として、自分が楽しみながら仏教などを勉強して、
    自宅で自己流で祈るくらいならアリなのかも?知れませんね。

    どっちにしろ、くだらない宗教団体の金集めに加担なんかするよりも、
    人や動物に優しくしたり、地域や社会に貢献したりする方が
    よっぽど神さまや仏さまは ちゃんと見ていると思いますね。
    それが、当たり前の事なんですよね。

    そんな当たり前の感覚が、春風のように頬を撫でてくれる
    今日この頃です・・・

    (  ̄(エ) ̄ ) まだ寒いけど灯油が安くて助かるクマ~

  34. シニフィエ様、皆様お疲れ様です。
    私は、約30年前に高校時代の元カレの紹介で自ら入会し、別れた後も親の大反対を押し切り学会を続け男子部の主人と結婚し現在に至ります。
    未入会家族の中でしたので皆様程の活動はしていなかったのですが、別れた際の元カレの余りにも不誠実な対応に私は発狂寸前、組織内の人間不信に陥り、両親は怒り、母親は「学会の為に産んだんじゃない!」と泣き叫ぶ中で幹部の方に保証人になって頂き借家を借りて頂いた時期もありました。
    元カレとの7年の付き合いの中で学会及び幹部一族、公明党議員という特殊な世界を垣間見て思った事は「幹部程腹黒い」という事でした。
    ただ、私の元カレ一族だけ…とずっと思ってました。学会本部は信頼できるってずっと思ってました。
    ここ数年ネットを見るようになって私の体験した事が全国共通、しかも学会本部にもあるなんて…本当にショックだし、何でバレるような幼稚な事を長年してきたのかが未だに理解出来ません。
    両親には正直に話しました。やっと分かってくれたんだ…って喜んでくれました。
    後は主人と今後どのように折り合いをつけて行こうか…新たな悩みが出来ました。
    また、書き込みさせて頂きますので、皆様、よろしくお願い致します。

  35. 何度か書き込みさせていただいております、
    未活の男子部地区リーダーです。

    2011年9月に覚醒。
    2009年にリストラに遭い、無職になったと同時に目前の衆院選を戦いきって良い職場に再就職できるよう朝から夜中まで戦いましたが結果は落選。
    そして、その後見つかった会社はいわゆるブラック企業。

    周りの学会員も家庭不和、病気、夜逃げ、経済苦の人があまりにも多く、学会に対する不信感がつのってきたある日、家のポストに日蓮正宗の新聞が入っておりました。
    そこから『コピー本尊』のことが気になり正宗のお寺に何度か通い住職と面談させていただきました。
    正宗に入ろうかとも悩みましたが、結局は入らずでしたが学会への不信感は募るばかり。
    学会幹部にもコピー本尊の事を質問すると、あれよあれよと幹部達に話が筒抜けており、とある男子部の会合にて『お前の信心はフニャフニャや!』『池田先生の為に死ねるか!?』などと恫喝されたところで学会に対する思いが一気に覚めました。

    覚醒の手本となったのは、地区の未活のメンバーや友達でした。
    仕事もプライベートも充実している様子をみて『学会のない普通の生活ってすばらしい』と実感することができました!!
    そのような外部の人達を見下し『邪宗の都♪』などと歌って、会合へと誘ったり選挙の票取りをしていた自分がどれだけアホだったか今考えると恥ずかしいかぎりです。

    今では、仕事が多忙なのですが初詣に行ったり、伊勢神宮にお参りしたり、自分が支持したい政党に自由に投票したり『日本人のこころ』『学会のない普通の生活』を満喫しております。

    が、たまに近所で出くわしたり家にアポ無しで来る学会員達が煩わしくてイライラします(-_-#)

  36. 創価が教えたのはデタラメ仏教だけじゃないです。
    それだけならまだよかった。
    厄介なのは池田の言論「戦」には勝て!
    仏法は勝負だ。負けたら惨めだ。何としても勝つことだ。勝ったら痛快だ!
    退転者は敗北だ。
    これです。
    これがあるから、学会員はなかなか創価から離れない。

    ナンチャッテ仏教の実態や職員の不祥事を知ったら、ふつうだったら驚きますよね。
    ごくごく素直にそうなんだねと。それはダメだよねと。
    ところがその時ムクムクとバリ活の頭をもたげるのは、他でもない「勝ち負け」なんです。
    あまりにも強いこの勝ち負けの意識。
    とにかく一切が勝ち負けなんです。
    職員が大金を隠していて竹藪から見つかったとしましょう。
    認めたら負け。
    それに驚いて騒いだら、動揺したら負け。
    創価にとってプラスにならないあれこれに関しては、モラルに反してようと法に触れようと、そんなことを話題にして追及したら負け。
    おかしいと思うことがあっても、それに引かかったら負け。
    人間関係もそうです。
    とんでもない人がいて無茶苦茶やったとしても、文句を言ったら負け。

    なんでこんなところに勝ち負けーーー???
    ていうくらい、学会員はあらゆるところに勝ち負けを持ってきます。
    そもそも入会が「勝利」で脱会が「負け」ってなんで???

    そして何より重要なのが「負けてはいけない」こと。
    正しい、正しくないじゃないのです。手段じゃないのです。
    「負け」がダメなんです。
    譲ったり引いたりが絶対ダメなんです。

    これは池田が身をもって徹底して教えました。
    何でも勝ち負けにしてしまう独特の自論。
    正義は勝ってこそ証明される。
    勝負し、勝たなければ意味がない。
    勝って王者になったら、他はひれ伏しなさい。
    そのために絶対負けてはいけない。

    これが闘争心の強い人にはたまらないんでしょうね。
    論破大好き、破折大好き。
    隣で「うちはいいですよ」って言ってるのが目障りで目障りで、闘いを挑まずにはいられない。
    征服して「どうだまいったか」と言わないと気がすまない。
    有名な小樽問答などもそうですが主張することが自分とこと違っても、今ならそれが何か?ですよ。
    いろんな宗派があって、いろんな見方、考え方、用い方があって、だから何だっていうんです?
    よそと戦って相手をねじ伏せる必要がありますか?
    皆好きやればいいじゃないですか?
    信者さんはそこから自分がいいな、と思うものを選べばいいだけの話でしょ?
    なんでこんなことにも勝ちまけーーーー???

    落ち着いて考えれば根本がミステリーです。

  37. おはようございます

    外部で無宗教の風太郎です
    主催者様
    前スレ本当に本当にお疲れ様でした
    成果と言えば、MCの怖さを多くの人が再認識したことと、論戦ということで新規
    の読者を呼び込めたという点では少しは効果があったのかもしれません
    私は一貫して外部なのでMCのことはわからない、というよりは何でこんなのに
    騙されるのだろうと、今でも不思議に思います
    「円天」やねずみ講、投資話の類とまったく同じと思っていますので。。。。
    20年以上も前ですが、関係の薄い、というよりはやや険悪な関係の人から新聞の
    勧誘を受けましたが、「この人は学会に入って金銭、時間、労力的にも非常に後悔し
    ており、抜け出すに抜け出せなくてしゃくにさわるから、私をこの組織に引きずり
    こむ事によって、自らの憂さ晴らしと私に対する怨念を晴らそうとして勧誘してい
    る」ものとさえ思っていました
    後日、彼がMCで本心から学会を素晴らしい宗教と思っていたことを知ったときは、むし
    ろ意外にさえ感じました

    ところで、1月27日に300万 2月9日にお310万 2月20に320万とアクセス絶好調ですね
    TV放送の効果は一時的と私も当初思ってましたが、うれしい誤算のようですね
    すっかり1日1万の大台が定着しつつあります
    2月28日の例の3人組の集会については、先日、週間朝日が掲載しましたので、当日は
    もしかしたら他社の取材も入るかもしれません
    場合によっては、取材、掲載をきっかけに、また読者が学会についての検索を始め、ここにたどりつくこ
    とも十分想定されます
    学会のことが、その良し悪しの意図にかかわらず、社会的にクローズアップされる度に、ここの
    ブログが検索にひっかかり、読者増につながるという流れの定着が見えてきたようです
    主催者様におかれましては、今後益々忙しくなりそうですが、くれぐれも無理され
    ずに運営をお願いします

    これだけ活況になると、もはや、本業を抱えてのこのブログの管理は日々寄せ
    られるのコメントを一読し、掲載の是非を判断するので精一杯だと思います
    新規に書き込みされる方に対するお礼や挨拶は、このところ常連さんがさりげなくやられる
    ことが定着しつつあります
    以前も主催者様が書き込まれていましたが、この種の業務からは離れられて、ブログ全
    般の管理とスレ立てに専念されることもやむを得ないと思います

    思うに、こうしたこのブログの最近の活況を支えているのは、参加のみなさんの実体験の赤裸々
    な告白、そしてさりげないホローの輪とその層の厚さだと思います
    お互いをホローし合う輪が幾重にも重なり、そして互いに覚醒が進んでいくいくというすばらしい
    多重構造になっています
    他のブログは管理人さんの主張がいくら素晴らしくても、称賛は管理人との間の単発に終わり、ここの
    ように、読者間で議論のいくつもの輪ができるというような、多重構造をなすような仕組みにはなってい
    ません
    そういった意味では、他に類をみない本当にすばらしブログだと思います

    ここに来て、またまた新しく書き込みをされる人が増えてきました
    新規の人の書き込みは、ある種の非常な新鮮味があります
    恐らく常連の方も、その書き込みを見て、「あっ自分の去年の春ごろに似て
    いる。私の家と全く同じ境遇。わかるわかるその迷い、つらさ」などと、自分の過去を振り返
    るとともに新鮮味をもって拝読されてるものと思います
    私はこうした書き込み者1人の後ろには10人いや100、1000人規模の悩める
    読者が控えているものと確信しています
    諸般の事情で、書き込みをするにまでは至ってないが、熱心に読み返し、覚醒への
    道を確かに歩み始めてる人が大勢控えていると思います
    そう言った意味で、ここの活況こそ学会崩壊への早道だと思っています
    こうして覚醒者が一人、二人と確実に増えることは、本部にボディブローのように
    効いているのは確実です
    右翼のような団体がスピーカーの音量を一杯に上げて、街頭で「学会の打倒」を呼びかけたり
    してますが、一般人は眉をひそめるだけで、同じ穴のむじな程度にしか考えません
    地道ではありますが、こうして個々人の境遇に即した体験をもとに覚醒を進めることが
    急がば回れで確実な方法と思います
    日本の諸悪の根源である学会の早期崩壊を願うものとして、主催者様の益々の
    活躍を祈念しております

  38. 3回目の投稿をさせて頂きます。皆様、宜しくお願い致します。
    皆様の書き込みを読ませて頂いておりましたが、どんだけ長期間、言うに言われぬ苦しみ、苦悩をされて来られたのか、と思うと、心が痛みます。
    私も、創価からは、今も酷いことをされ続けています。
    例えば、創価側に携帯電話を半ば強制的に没収されたり、創価幹部に選挙活動を強要され、自宅を朝から夜まで出されたり、勿論、宗教活動を強要され、威圧・恫喝被害は、昔から数知れずです。
    私は、家族や親族も含め、周辺のほとんどが創価の面々ですが、
    皆様の書き込みを読ませて頂いたり、いろいろ参考にさせて頂いたりしていくうちに、
    結局、「日本国憲法」さえ守れない宗教団体とは、関わらないのが一番いいなぁって、考えられるようになりました。
    私の場合は、未だに地域にも悪評が流され続けており、いわゆる「口封じ」をされている最中ですが、早めにご縁が切れるようにと思っています。

  39. モニカさんのコメントにあるように、創価は勝負にこだわりますよね〜〜
    うちの主人も、学会って大勝利がスローガンなんだろ?☆ と呆れ顔です(^^;)
    外部の人もうすうすわかっていて、ヘキエキしてるわけですよね…

    風太郎さんのコメント中にありましたが
    「学会の打倒」をスピーカーで呼びかけてる団体があるんですか…う〜む(##)
    関西は静かな気がしますが、大阪ではヘイトスピーチ条例が制定されたし、
    こちらの人は自分の考え言う人がけっこういる土地柄のようで、
    決して無関心ではないとは思うのですが…そこまではどうなんでしょうね〜

    日経新聞によると、先頃太田前大臣が「改憲は焦点にならず」と述べたそうです。
    安倍さんが改憲を口にするのも、公明党への牽制をひけらかしているように感じますね。
    …公明党は与党の甘い汁が忘れられないから必勝必死でしょうね〜

  40. 完全非活をめざしてるナナです。
    人生で一番悩んでいるときに『気づいた』ので いろいろやりきれない気持ちになりました。そんなときは、
    空を見たり海を見に行ったりしてました。きゅーっと視界が狭くなっているのが ぱぁーっと開ける感じがして落ち着きました。
    本部で題目を追い込むようにあげる。この逆のような感じです。

    そして、仲のよい友達3人に話しました。そして謝りました。
    以下は友達が言ってくれたことです。
    「強引なことなかったし。時々ためになる話ししてくれたし。」いえいえ、セミナーに連れてったり、期日前の連れ出ししてました。。
    「うちらは、そういうの超越してるしー、とか思ってたよ。むしろ信仰の自由の枠を超えて、仲良くなれた事を誇りに思ってたよマジで!」ありがとう。ごめんね。宗教でさえもなかった。。
    「色んな宗教にあるけど他の宗教は否定したりとか。そんなんはおかしいとは思ってた。」彼女が創価を否定することはないので、それに甘えてました。。
    実際、非活にむけて動き出したときの心の支えは 過去に創価で活動されていた方々のブログです。
    『気づいた』あとは 婦人部からの連日のメール、アポなし突然訪問が まるでストーカーみたいに思えてきて。家にいないフリをするのが しんどかったです。 そんなときは ひたすらブログを探しては読んでました。そして こちらのブログにたどり着きました。現在は完全非活に向けての支えに なっています。
    心を持ち直すには やはり 人ですね。話を聞いてもらったり、ブログで体験談を見たり。みなさんに とても感謝しています。

  41. こんにちは。
    外部の雑草です。

    うちひろさま
    はじめまして。外部の雑草です。

    >「オレと一緒にいたいなら、学会を一緒にやらないと」
    この発言に違和感を感じたもので書かせてください。
    こういうことは、外部ではそもそもあんまりないぞとおもいました。

    大変な思いをされましたね。
    恋人がいきなり消滅するのは、
    なんだかぽっかり穴があいたような気分になることかとおもいます。
    これからは、どうか少しでも安らげる時間をもたれてください。

    彼の発言で引っかかった部分があります。
    それは、
    >「オレと一緒にいたいなら、学会を一緒にやらないと」
    という発言です。
    うーん、外部でもあることはありますね。
    長く続く家業があり、家にはいって継いでくれないか?というパターンですね。
    その結果、家業がどうしても合わず、そして相手に結婚するなら家業継がないと駄目だよなんて、いわれることもあるかもしれません。
    だけど、正直直接見聞した範囲では一例も知りません。

    直接見たり聞いたりと、うんと幅を広げて人間関係を思い出してみた中でも、
    婿養子に入ったのは3人だけ。
    そもそも婿養子自体少なかったですね。
    うち2人は婿だけど好きにやってよとたいした強制されてません。とくに家業をつげとは言われてないですね。

    残りの1人のケースはやや特殊ですが、娘さんが、とある職業の代表の娘さんで。
    んで、その職種につとめてる人の中から、好きな人と結婚したと。
    んで、そのとき婿にはいってくれないかということです。
    ただ、この場合、もともとその職種なわけでして、そこが違いますよね。
    それに娘さんの苗字なのってるけど、さして強制されてないんですよね・・。たんに子供をうんで普通に生活してるだけで。

    うーん、まとまりませんが、
    >「オレと一緒にいたいなら、学会を一緒にやらないと」
    この発言は、やや変だとおもいますよ。
    そういうもんじゃないとおもいますよ、カップルなり友人でも、異性でも同性でも。

    この強制的に入会させようとしてくる、これも大きな創価問題のひとつだとおもいます。
    幹部の連中にとって貢ぐひとが多いほうがいいので、増やすようにプログラムされてるのでしょう。
    もちろん、くそったれな「指導」や支離滅裂な「教義」を通して増やすようにセットされていて、直接集金しろとは言われてませんが・・・・。

    うちひろさまに非があったとは思えません。
    ご自身を責めることはないとおもいますよ。
    どうか楽しいと感じる時間を増やしたり、安らげる時間をすごされてください。
    まとまらず失礼しました。

    ここからのコメントは主催者さま判断で削除お願いします。
    前のスレ、最後にまたしても書き込まれるとは・・・。
    載せる主催者さん、フェアプレイの精神がすごいなとおもいましが、
    それ以上に笑い話になってない・・・。
    ほんとに創価シャッター下りてしまってる・・・・。
    認識されてない。
    これは深刻だ・・・。
    心底から信じ込んじゃってる。
    疑問を感じるべき要素や話と食い違うことは認識じたいされなくなる・・・。
    私の知人もこれで、ついに付き合いやめるしかなかったのですが、
    一体こんなのどうやったら・・・・・。
    正直 震えがくるぐらい恐ろしいことです。
    あのスレッドでのやり取りだけで、ここまでリアルに現れるとは・・・・。
    これ、創価に少しでもかかわった人間ならフラッシュバックみたいに記憶が蘇ってしまいますね・・・。

  42. ぽむぽむです。
    この四月からも、引き続き仕事ができるかもしれません。
    経済的な自立は大切です。
    仕事と「このブログ」を読むことで「毎日、心を保っています」
    シニフィエさん、本当に感謝しています。

    のやさん、私も伊勢神宮に行ってみたいです。3年前に伊勢に行きながら、夫に遠慮した面もありますが、自分のこだわりも少しあって行かなかったのです。昨年、友人が伊勢神宮、熊野神社などを旅したと聞いて「変なことにこだわらずに行けばよかった」と後悔しております。近い将来、「京都・奈良」とともに訪れたいものです。

    さて、その旅行好きの友人に誘われて3月末に「沖縄・辺野古」へ行ってまいります。夫は反対しません。飼い犬の世話を頼むので、ありがたく思います。

    人生永遠ではないですから、やりたいことはやっておきたいものです。

  43. 風太郎さん、お気遣い痛み入ります。
    ほんとうにありがとうございます。
    毎日新しい方がコメントされていて、本来ならみなさんにお返事を書かなければけないところですが、もはやそれは不可能な状況になりました。
    ただ、常連さんがそのことを察知して、しっかりとフォローしてくださってますので、私としてはほんとうにありがたく、感謝しております。
    お互いにどこの誰ともわからないもの同士が、何の打ち合わせもなく、それぞれを思いやって、きちんと役回りができているという、みなさんのご協力によって理想的なブログにしていただいていると思います。ほんとありがとうございます。
    特に、先日ひと波乱あった前スレにおいても、なんの申し合わせもないのに一糸乱れぬチームプレーができたことは、人って顔も名前もわからなくても、会ったこともなくてもわかりあえるものなんだなあと、感激しています。
    私は管理者としての役回りを徹底します。みなさんはそれぞれに思うようにコメントしてください。皆さん同士での対話を深めていただければ、もうそれで十分だと思います。
    聞けば、先日の熱血男子部ジュンペイくんが、このブログを糾弾するためだけにブログを立ち上げるのだそうです。「あらら〜」って感じですが(笑)、まあ、それも創価脳だからしょうがない。おじさん許して あ・げ・る(笑)
    たぶんオウンゴール専門チャンネルになると思います。言えば言うほど創価のおかしさを宣伝することになる。いや宣伝できればまだいいけど、まともな人間は誰も相手にしないだろうし、おかしなウンコタレの遊び場になるんじゃないかなと、糾弾される立場の私が逆に心配してしまいます。「ジュンペイとウンコタレと愉快な仲間たち」みたいな。
    私としてはジュンペイくんが「ある」と言ってた「このブログが『中傷』であるという証明」をまず第一番にしてくれたらありがたいと思っています。こまかい言い回しのあら捜しはいいから、ジュンペイくんが最初から最後までずっとスルーしてきた「『対話を求めて』が中傷だと断言する根拠」だけは、さっさと示していただきたいですね。もうそれだけ書いてくれればいいんだけどな。もしそれが読者に納得できる内容でなければ、他に何を書き連ねたところで何の説得力もなくなりますからね。ジュンペイくん、楽しみにしてるからね〜!(笑)

  44. signifieさん、皆さん、初めまして

    バリ活20数年、未活5年、一昨年無事脱会しました「ちゅん」と申します。
    最終役職は白ゆり長です。

    今、SGI195か国以外の国に暮らしていますので、学会とは完全に縁のない生活をしています。
    学会の事はまるで違う世界の事のようになっていましたが、先月ふとしたことからこの場を知り一気に読ませて頂きました。
    signifieさんが仏壇を叩き壊す場面では泣きました。

    私は6~7年ほど前に、疑問を感じるようになってネットを彷徨い、運ちゃんさんの「想学サロン」に巡り合い覚醒しました。
    そこで皆さんに助けられたこと、本当に感謝しています。
    こ のブログの最初の頃にコメントを寄せられていた「kanさん」という方にも大変お世話になり、お名前をここで発見した時にはとても嬉しかったです。

    私が運ちゃんさんのブログで助けられたように、きっと今悩んでいる方にはsignifieさんのブログが心の支えになっていることでしょう。

    さて、今回のテーマ「心の持ち直し方」ですが。。。
    私がラッキーだったことは、引っ越しをする数か月前に覚醒できたことです。
    引っ越しとともにすべての役を降りました。
    新しいところでは未活ですと伝え、すんなりと活動停止。
    それを知った女子部時代からの友人には「地獄に落ちる」と洗礼を受け、少々ナーバスにはなりましたが、私は一人信心(家族親族で私だけ)だったので周りのフォローがあり、切り抜けることが出来ました。

    その頃、思いもかけない自分の趣味に気づき、あれよあれよと趣味のブログを開設し、たくさんの友人ができました。
    下心なし(笑)の関係がこんなに楽しいものかと感じました。
    この人たちには選挙頼まなくてもいいのよね。。と(^_^;)
    この趣味のおかげで、すっきりと学会から離れることが出来ました。
    現在、その趣味から少し距離を置くようになったのですが、趣味に没頭することで自分のバランスを保っていたのではないかなと今となってはそう思います。

    波風立てずこのまま未活でもいいかと思いましたが、統監カードが気になり脱会に踏み切りました。
    以前、会合でカードをまわし見し、「へぇ誰々さんってこんな歳なのねぇ~」等とお茶を飲みながら噂話をしていた婦人部たちを思い出したからです。
    脱会は思ったより簡単に出来ました。
    かつて、結婚1年目で「信心をこのまま続けたら離婚する」と夫に言われ、信心をとって離婚した私がバカみたいに思えるほどあっけない終わりでした。
    いや、みたいでなく「大バカ」だったんですが。。

    取りとめのない話になり、失礼しました。
    これからもこのブログが、賑やかに暖かく楽しく続けていかれることを心より願います。

  45. うちひろさん初めまして。2世とお付き合いしております外部のジャンヌです。
    お気持ち、、痛い程わかります…。

    そして元彼さんに脱会の選択肢が無かった事がとても理不尽で残念に思いました。
    最初から立場は対等ではありませんでしたね。
    入会が条件とか…笑かすなボケ凸(´Д` )…と思います。(汚くてゴメンなさいね。)
    やはり自立した大人とはいえ、お付き合いされている方が活動家との同居だと外部との成就は難しいようです。
    きっと元彼さんは、ソーカも自分の個性のひとつと捉えていて、私の全てを受け入れて欲しい!…と思っていたのです。しかし、ソーカは彼氏さんの良いところ全てを呑み込んでしまう程強烈に嫌悪するものなんですよね。外部なら当然拒絶してしまいます。これは仕方がない事なんです。でもソーカ脳は自分の視点からしかモノを見る事ができないよう洗脳されている。これもまたソーカ脳がゆえ仕方のない事。
    元彼氏さんはきっとソーカだけを切り離して考えた事すらありません。その選択肢というか、そもそもその考えとなる思考回路がないので想像さえつかないのです。
    だからソーカを受け入れられないという事は自分も否定されたと感じたのだと思います。
    違うんですけどね。理解し合えないのは悲しいですね。外部とは分かり合えなくなる程ソーカは人に影響を及ぼします。

    好きな気持ちは簡単に消せません。ですが、ベストを尽くした上で、今のお二人の環境や状況では仕方がなかったのだとジャンヌは思いますよ(つД;`)
    加藤ミリヤさんの曲に『ありがとう』という曲があります…。
    私が以前失恋した時に良く聴いていた曲です。良かったら聴いてみて下さい。今はゆっくり心休めて充電して、また頑張ろうと思えたら前に歩んでゆきましょう!!
    応援しています。

    先程の思考回路の件ですが、これを想像させるようにするには、自覚した上でトレーニング(対話)する必要があります。何度も繰り返し刺激することで今まで無かった思考回路を作ってゆくのですが、せっかく道筋を1度作っても、退化する事もあります。
    なので、かなりの根気と体力と覚悟が、当事者にも対話相手にも必要です。簡単に説明しただけでは不可能です。それは、ソーカ脳と対話をした事があれば想像できるとは思いますが、それは心を病む程大変であり、対話を続ける事自体がとても難しい事です。だから当人が気付いて、新たな思考回路を作り上げる意欲をもつ。そして進んで脳を刺激する事が覚醒への近道となります。説明ベタですが、少しでも知識としてふまえて頂ければ、ソーカ脳を理解する糸口になるかと。
    本当に覚醒した皆さんも、ささえたご家族も凄いなぁと感じる今日この頃。
    彼のカミングアウトから10ヶ月。。
    密に対話してきたけれど、まだまだ時間は足りないみたい。でも確実に前進しています♪
    ブログの皆様、シニフィエさん、これからもよろしくお願い致します!
    このブログがあるから、みんながいるから頑張れる\^o^/

    スレ違い失礼致しましたm(_ _)m

  46. こんにちは
    外部のコメオと申します(正統キリスト教会に通っているキリスト教徒です)

    立ち直りについてですが、キリスト教徒としてわたくしなりにコメント致します。
    私は幼少期を正統キリスト教会併設の幼稚園で過ごしました。幼稚園を卒園してから30年以上、キリスト教とは全く関係ない生活をしていました。私には犯罪歴は全くありませんが、他人様の幸せな生活を壊してしまったことを知り、道義的に深い罪の意識を持ち、神様に赦しを願うために洗礼を受け、キリスト教徒としての歩みを始めました。
    (キリスト教は、一般的に赦し(許し、ではない)の宗教、とも言われています)
    現在、私は教会学校でキリスト教徒ではない中学生や高校生に聖書の学びの場を与えられています。彼ら、彼女たちがキリスト教徒でなくても、事前に聖書をよく読み、調べた上で先生として説明するわけです。教会学校で子供たちに教えているときに、私は気がつきました。「私はキリスト教に洗脳されている」。30年以上前に、2年間通っていただけにもかかわらず、旧約聖書の教え、イエスの教えが、自分の意識の深いところに既にあったことに、です。少なからず驚きました。驚きましたが、「まー、いいや」とも思いました。なぜかと言いますと、旧約聖書、新約聖書の教えは、一般の人向けに分かりやすく言えば 、
    「盗むな」、
    「殺すな」、
    「姦淫するな(結婚以外のセックスをするな)」
    です。少なくとも、間違った教え、良くない教えではない、と思ったからです。幼少期に受けた教育が、30年以上前であっても、意識の深いところに根付いているのかもしれない。ブログ管理者さんを含め、2世、3世の方々の思いを、今、私は、自分に重ねております。
    もし、自分が、幼少期に「良くない教えを受けていたなら、今の自分があっただろうか?。。。」
    私の見方、考え方がイイか悪いかは、信じている
    貴方次第です  (関 暁夫 ?)

  47. このところ、皆様のコメントが多いので、読むのが間に合わなくなりそうです。
    Signifieさん、ブログの管理をありがとうございます。
    スマホでは読みづらいので、アイパッドに変えました。

    テーマについてですが、ありのままの自分を受け入れることで、心を持ち直すことができました。
    落ち込む自分、嬉しい自分、悲しい自分、怒った自分、楽しい自分、すべてこれでいいんだと。
    日々の葛藤のなかで必死にもがきながら、それでも家族のため、自分の為に歯を食いしばり生きている。
    人間として立派にバージョンアップしている自分を認めてあげること。
    それが大切なんだと思います。
    創価時代は、題目が足りないだの、会合に参加出来なかっただの、任務に間に合わなかっただの、
    Fが少ないだの、財務が足りないだの、自己嫌悪ばかりの自分でした。
    まだまだ、この後遺症は残っていますが、このブログに集う皆様から力をいただきながら頑張っていきます。いつもありがとうございます。

    雪風さん、お元気そうで安心しました。
    明日はやっと休めそうです。

    *\(^o^)/*

  48. シニフィエさま

    非活の男子部学会2世のまっしろな闇です。
    承認ありがとうございました。嬉しい限りです。
    現役の~なんて紛らわしい言い方で書いてしまったので、もしかしたらと承認されないかもと思いまして……
    本当にありがとうございます。

    同じ学会に属してても、洗脳されてる人間と非活や脱会した人間では、あまりにも価値観や考え方に違いがあり過ぎます。
    違う人間だと言う事をよくよく理解した上で関わり方を考えていかないと、こっちが参ってしまいます。と言うか僕にとっての心を持ち直したり、穏やかに過ごす方法は、創価の人や物、考え方に一切関わらない様にした事が一番良かった事でした♪(笑)

  49. そうですね。
    やはり心を立て直すということは、自分の中に封じ込めていた「言ってはいけない」とか「思ってもいけない」といった禁忌事項を吐き出してしまうことではないでしょうか。このブログを始めたキッカケもそうでした。「自分のこれまでに人生はまちがっていた」ということが嫌でも襲ってくる。受けとめることができるような精神状態ではない。というか、おいそれと受けとめられないからパニックになっているわけで。とにかくこのままでは頭が変になってしまいそうだから、言葉にしようと思って書き出したのがこのブログです。それから5年。どれほどの言葉を書いたのか、もちろん、これほど文章を書いたのは生まれて初めてのことです。私は本来ビジュアル人間ですので、自分の思いを言葉にするのは苦手でした。私がいまだに小説を、いや本を読むこと自体が苦手なのはそう言うことなのかもしれません。どうも左脳の出来がよくない(笑)そのぶん右脳でカバーしてるのかなと(笑)冗談ですが、かといって思考はやはり「言葉」ですから、言葉で今の自分の状況を確認するしかない。そうやって、長い自己紹介をはじめたのが最初です。
    今考えると、この方法を選んでいなければ、今ごろどうなっていたかわかりません。他人のせいにして現実逃避していたかもしれません。心が壊れたまま社会生活ができなくなっていたかもしれません。それほど創価学会が詐欺だとわかったときのショックは強烈でした。ここに来られるみなさん同士の気持ちが通じるのは、きっとこのショックを共有できるからなのだろうと思います。それぞれに状況の違いや程度の差はあっても、自分の人生が間違っていたということを受けとめることの非情さ、辛さ、救いのなさ…そして自分がまちがっていただけではなく、家族や友人にもこの間違いをおしつけて、人生を踏み外させてしまったことへの後悔は並大抵ではありません。また創価を批判したというだけで恋人や配偶者を見下して別れてしまった人にとっては、覚醒後の自己嫌悪たるもの、計り知れないと思います。
    まずは、そんな自分の心を保つために私がいてもたってもおれずにやったことが文字にするということでした。これは5年経った今でもやらなくては自分を保てないと思います。
    おかげで以前よりも文章を書くのが早くなりました。仕事の面でも助かっています。プレゼンの原稿もわりとサラサラと書けるようになりました(笑)私の仕事はライターではありませんが、仕事によってはライター的なことを自分でやってしまうことも多くなりました。
    あ、話が脱線しましたね(笑)

    創価に疑問を感じてこのブログにたどり着いた方。その疑問を言葉にしてコメントに書いてみませんか?そしたら自分は何を考え始めたのか?これまで何を考えて創価を信じていたのか?このモヤモヤをどうしたらいいのか?そんなことの整理がついてくると思います。また創価に関わった方これだけ多くの方がいらっしゃいますので、きっといいアドバイスもあると思います。
    そして言葉にするだけで、心を浄化させられると思います。素直な自分になれると思いますし、心の中に抱えてきた誰にも言えなかった重い荷物をおろすことができると思いますよ。
    このところ毎日新しい方がコメントされています。そしてあのテレビ番組の影響による一時的なアクセス増と思っていたのが、そのまま下がることなく一日9000から10000がベースとなりました。もはやこのブログは私のカタルシスのための独白ブログではありません。脱会者による創価崩壊の記録になると思います。静かに創価学会を去る。これが創価崩壊のいちばんの早道だと言う考えは、5年経った今でも変りません。
    このブログにたどりついた悩める子羊たち(笑)。おもいの丈を正直に述べてください。それがまた次の人の覚醒の一歩となります。
    よろしくお願いします。

  50. 41歳男パニックスです(昨年退会)

    うちひろさん、こんにちは
    災難ですね、彼氏さんは創価脳もさることながら若さ故の非情さを感じます。
    日薬と言うんでしょうか時が悲しみを和らげてくれると信じます。

    ジャンヌさん、先日からありがとうございます(_ _)
    なんだかジャンヌさんも前を向かれている雰囲気が文章に出てる気がしますよ。選挙ぼろ負けすれば彼氏さんの覚醒に役立つかもですね(^^)

  51. ジャンヌさんのコメント

    >ソーカ脳は自分の視点からしかモノを見る事ができないよう洗脳されている。これもまたソーカ脳がゆえ仕方のない事。
    元彼氏さんはきっとソーカだけを切り離して考えた事すらありません。その選択肢というか、そもそもその考えとなる思考回路がないので想像さえつかないのです。

    うちひろさんへのコメントでしたが、私自身にも刺さりました。
    この1年創価脳主人との対話のたびに、まったく対話にならない相手に「もう勝手にしろクソオヤジ」と思うほどウンザリしていたのですが、ジャンヌさんの冷静に創価脳を分析するコメントに「なるほど」と納得しまくりです。
    創価を切り離して考える思考回路が無いんじゃ、そうなりますよね。
    新たな思考回路を作るには、本人が気がつくしかないにしろ、対峙した時の私自身の心の持ちようが違います。
    30年近くも苦労を共にしてきた伴侶ですので、なんとか死ぬまでに覚醒させてあげたいんですけどね。
    色々と勉強になりました、ありがとうございます。

  52. 宝星さん、コメント拾っていただきありがとうございます(_ _)やる気出ちゃいます!

    モニカさん、前スレでありがとうございます。最近初めての方も多く大盛況ですね(^^)

  53. 創価による後遺症は、本当にすさまじいです。(/o\)
    このブログでかなり、救われていると思います。
    完全に心は壊れていますので、どうやって生き直していったらいいのか?
    今、模索中です。(・・;)

    せーやさん、創価からまだメールがあるのですね~!
    本当に、しつこい輩ですね!(`ヘ´)
    ボレロは、着信拒否、訪問禁止にしたので誰も来ません。
    でも、監視はされているでしょう。
    本当、厄介な輩です。

    雪風さん、本当にお久し振りです。(^ー^)
    どうされているのか、気になっておりました。
    お元気そうで、ボレロは嬉しいです。
    よろしければ、ここで雪風さんの思いを吐き出されていってくださいね。

  54. 今日の聖教新聞、「あす21日 未来部の日」ですって。
    おいおい、本人の意向も無視して、勝手に入信させて
    無理やり会合に出させてるだけじゃねーか!(*`Д´)ノ
    まったく、少子化の時代に、未来ある子供たちに
    なんて事をしてくれてんでしょうか?創価というところは?
    テレビで、このあたりの問題をぜひ切り込んで欲しいですね。

    杜若さん、レッカさん、うちひろさん、まっしろな闇さん、野路菊さん、ちゅんさん、
    初めまして、宜しくお願いしますね。

    signifieさん、吉幾三さんの替え歌面白いですね、掃除機掛けながら歌いますよ!
    雪風さん、お久しぶりの川柳も、いいですね!
    マリーさん、コメントありがとうクマ~♪

    >先日の熱血男子部ジュンペイくんが、このブログを糾弾するためだけにブログを立ち上げるのだそうです。
    やっぱり、創価に毒された人間って頭がおかしいというか、攻撃性が尋常じゃないですね。
    このブログを糾弾するとか考える前に、家の仏壇の前に座って横にお祈りクマさんでも置いて、
    自分の命よりも大切なカラーコピーに向かって世界平和でも祈る方が
    よっぽど大事なんじゃないですかね?
    論破されて悔しいのか、ストレス解消なのか、池田の仇でも打ちたいのか、
    必死で何度も書き込んだのに承認されなくて悔しくて夜も眠れないのか、
    戦って戦って勝って勝って勝ちたいだけなのか、真意は分かりませんが、
    このブログの妨害をしようなんてあまりにも不毛でバカげた思考です。
    ナンミョーのやり過ぎで幻覚でも見てるんでしょうかね?
    そんなブログを立ち上げたところで、開店休業の毎日で、
    結局ここばかり見てるという、創価脳にとって虚しい日々が始まりますよ。

    ていうより、君がいずれ覚醒してすべてを理解して苦しんだら、
    一体どこでケアしてもらうつもりなのかな?
    当たり前だけど、覚醒してしまったら創価は絶対にケアしてくれないぞ?
    創価の幹部に地獄に落ちるぞ!と脅されて、辞めるも続けるも出来ずに苦しんで、
    結局このブログに泣きつくっていうオチなんじゃないの?
    その時に泣いて謝罪したからといって、簡単に承認してもらって
    ちゃっかりお仲間入りさせてもらえるとでも思ってるのかな?
    甘い、甘いの甘納豆じゃい!(なんじゃいそりゃ)

    まあ、立ち上げたブログで、遠回しにこちらのブログの宣伝を
    宜しくお願いするクマね~(笑)

    (  ̄(エ) ̄ ) 

  55. 外部のホイホイです。

    マリー様  ご心配ありがとうございます。 若い頃のことなので 今は全部お断りしています。

    ここにコメントをしていらっしゃる方の多くは一度はいわゆる創価脳という状態になっていたのに断ち切れている方がたくさんいて 強さに驚きます。 私は信者にはなっていません。 ただ学会の考え方は何度も何度もいろんな人から聞きました。 身体は外部でしたが 脳はだいぶ洗脳されたと思います。 特に罰という思想にわりと最近までしばられていたと思います。

    私がしばられたのは勧誘してきた学会員の言葉よりも 創価や池田氏を批判する本の方です。 昔コメントさせていただいた記憶がありますが 福島源次郎さんの蘇生への選択という本を読んで 著者の純粋さと真面目さに感動しました。 私は初めて名前を聞いた時から今も日蓮さんをいいとか好きとか正しいと思ったことは一度もありません。 にもかかわらず 福島さんの本を読んで日蓮の罰と功徳の思想に毒されました。

    池田さんのご長男が若くして亡くなられたことが本に書かれていました。 それは仏罰だと書かれていました。 それを素直に信じました。 今思うと読まない方が良かったです。

    日蓮の思想から自由になったきっかけは キリスト教の思想です。 恵みは神からの一方的なもので その人の信仰の故ではない という日蓮とは全く正反対の考え方を知って 気が楽になりました。

    以前ここのブログで 日蓮さんをどう思いますか? というスレッドを設けて下さいました。 その中で 私の記憶によれば 日蓮はただのお坊さんの一人 という結論を出していただいとことで すっきりいたしました。

    そういうわけなので 管理人様 皆様 ありがとうございました。  以前のコメントと重複しているかも知れませんが お許し下さい。

  56. 雪風さん
    お久しぶりです!コメント、替え歌待ってました(^^)
    無理の無い範囲でお願いします。

    あと、ジュンペイさんが新しいブログを立ち上げるそうですね。
    私たち末端は「人間革命の原稿は池田先生が直接書いている」と信じ込まされてきたわけです。執筆中の池田の写真が何種類もあるし、会合で幹部がそのように言ってたし、「高熱が出ても一枚一枚、正の字を完成させるように書いた、口述筆記した」とか言われてました。

    押印和紙も激励の揮毫も「池田先生が直接私のためにしたためてくれた」と思い込まされるわけです。池田が押印したり激励の揮毫したためる写真が新聞とかによく載ってました。

    まあね。「池田先生からです」と言って幹部は渡して来ますからね。
    「池田先生があなたのために直接押印、揮毫してくださった和紙よ。書籍ですよ。」とは言わないですからね。
    「池田先生が直接手をかけてくださった」と勝手に思い込んだ自分がバカなだけでした。
    創価のプロパガンダではそのように思い込ませるようになってますがね。

    もし「池田先生が多忙なので、秘書の1人に押印させて
    あなたのために作成した和紙ですよ。でも心ははいってますよ」と聞いてもありがたく無いですやん。
    「池田先生本人が、1人の学会員のために。直接押印なり揮毫なり手間をかけているから価値がある」んですよ。

    それが代作がバレるや「チーム池田だと良い」。
    単なる開き直りですよ。
    まあね〜。私自身もこの前、出版社から電話とファックス入って、「専門分野で本を作りませんか?300万くらいの費用です。ライターが原稿を仕上げるので大丈夫ですよ。チェックしてくださったらオーケーです。」みたいな話が有りました。高いので断りましたが。

    妻の愛情手料理と思って食べてたらスーパーの惣菜だった。何十年も信じてた。でも妻のこと好きだから許せちゃう。みたいなものか?

    要は学会と池田さんの事が好きだから「何でも許せちゃう」「選挙違反も許せちゃう」「新聞たくさんとるのも許せちゃう」のでしょうね。
    アバタもエクボのお花畑思考です。
    その陰で、沢山の人々が泣いてるんですよ。世の中は迷惑しているのですよ。
    それがわからない洗脳お坊ちゃんには何を言っても無駄でしょうね。
    シニフィエさんのおっしゃるように「世間一般の認識と創価の認識が如何にズレてるかを示す、、オウンゴール連発のブログ」になる事かと思います。
    創価脳思考がわかってしまうので楽しめそうですね。
    行き着くところ、「俺たちは創価脳だ!何が悪い!俺たちが絶対正しいんだ!お前たちは間違っている!絶対正義は俺たちなんだ!俺や他の会員は人間革命の途中だから間違いもあるかもしれないが、この信仰だけは間違いないんだ!」「日蓮大聖人の正統血脈である創価学会の信仰で南無妙法蓮華経と唱えれば幸せになるんだ!それ以外に真実の幸せは無いんだ!」
    ⇨どうみてもアホですやん!地球人口70億人として、創価が1000万人として、69億9000万人は真実の幸せがないまま死んでいくのですよね(^◇^)
    思いっきりカルト思想ですやん!

  57. ぽむぽむです。
    レモンさん、「30年近くも苦労を共にしてきた伴侶ですので、」と、言えるところがうらやましいです。
    私も、共働きで、家を購入して、ふたりでがんばってきたはずなんです。
    わたしが鬱で入院した時も父子家庭して支えてくれました。
    でも、夫の心は常に仏壇?池田?勤行?にあったのです。
    洗脳という言葉を知らなかった、創価の仕組みを知らなかったから、何が夫をそうさせるのかわからなかった。夫がほかの人と違うことは「創価」であること。

    私も揺れる心ですが、退職後はできるなら、夫と「たのしく」すごしたいです。
    本当に「洗脳詐欺集団」おそるべし。
    シニフィエさんの「オラ、こんな詐欺嫌だ」大うけでした。
    カラオケに行く時間がないので、掃除機かけながら、歌いたいです。

  58. 気分を変えて替え歌いきます♫
    春も近いので明るい曲のメドレーでいきます。

    ●てんとう虫のサンバ

    あなたと私が詐欺の国
    町のデカイ会館で入会カード書きました
    ひいてる私にカモたちが
    ナンミョーせよとはやしたて
    そっとカラコピくれました

    赤青黄色の旗をふりふり
    バ幹部たちがしゃしゃり出て
    軍歌に合せて踊り出す♫

    ●およげたいやきくん

    毎日毎日ぼくらは創価脳
    ノルマに追われてイヤになっちゃうよ
    ある朝ぼくは地区のバ幹部と
    ケンカしてネットに逃げ込んだのさ

    はじめて目にした詐欺の腹
    とっても黒いときたもんだ
    ネットはデマとは聞いたけど
    対話ができるぜ 心がはずむ

    「対話を求めて」シニフィエさん
    ぼくの話を聞いてくれたよ♫

    ●一本でもニンジン

    1! 1口でも一万
    2! 2歳でも入会
    3! 3篇でも題目
    4! 4部でも聖教
    5! 5枚でもチケット
    6! 6度でも七変化
    7! 7票でも必死
    8! 8割でも非活
    9! 9人でも囲んで
    10!10時でもアポなし

    アポなし、一万、入会、題目、聖教、チケット、七変化
    必死、非活、囲んで♫

  59. 日蓮の功徳とバチという思想、やっかいですね。
    信じて広めたら功徳、非難したり辞めたり愚痴を言ったら罰があたるのですから。
    しかもその根本が「慈悲」ときてるからこれまた厄介(*_*)
    「日蓮、創価を非難したり辞めたり愚痴を言うのは、その人が幸せの軌道から不幸になるのが目に見えているので外れていってるということだから、その人のために慈悲の心で対話して破折する!」とか。

    そういうのを「あなたの勝手な思い込み」「余計なお節介」というのですがσ^_^;

    人の恐怖心を煽ってる時点でダメですよ。
    毒太鼓の縁とかいって、「日蓮を非難したら一旦地獄に落ちて思いっきり長い間すんごく苦しんだあと成仏する、どうだ?すごいだろ?日蓮は褒めれば幸せになるし、けなしても一旦地獄に落ちてから長い期間くるしんで、でも日蓮に縁したので成仏するんやぞ!でもな、慈悲の心で言っとくけど、お前がメッチャ苦しむの可哀想やからはじめから日蓮を賛嘆しろよ!だって日蓮は宇宙の真理を仏の悟った真理を悟った、宇宙の真理そのものなんやから」

    とにかく「日蓮が唯一の真理」なんですよねー
    そして、「池田が唯一の真理の現代の体現者で、人類の永遠の指導者」なんですよねー。

    子供のころ「嘘つきは泥棒の始まり」という言葉を聞いたのですが。
    「人を幸せにするためについても良い嘘」があるんですよねー?

    子供に「そんな事したらオバケがでるよ」とは次元が違います。

    おかしいよ。

  60. 気分を変えて替え歌いきます♫
    春も近いので明るい曲のメドレーでいきます。

    ●てんとう虫のサンバ

    あなたと私が詐欺の国
    町のデカイ会館で入会カード書きました
    ひいてる私にカモたちが
    ナンミョーせよとはやしたて
    そっとカラコピくれました

    赤青黄色の旗をふりふり
    バ幹部たちがしゃしゃり出て
    軍歌に合せて踊り出す♫

    ●およげたいやきくん

    毎日毎日ぼくらは創価脳
    ノルマに追われてイヤになっちゃうよ
    ある朝ぼくは地区のおばちゃんと
    ケンカしてネットに逃げ込んだのさ

    はじめて目にした詐欺の腹
    とっても黒いときたもんだ
    ネットはデマとは聞いたけど
    対話ができるぜ 心がはずむ

    「対話を求めて」シニフィエさん
    ぼくの話を聞いてくれたよ♫

    ●一本でもニンジン

    1! 1口でも一万
    2! 2歳でも入会
    3! 3篇でも題目
    4! 4部でも聖教
    5! 5枚でもチケット
    6! 6度でも七変化
    7! 7票でも必死
    8! 8割でも非活
    9! 9人でも囲んで
    10!10時でもアポなし

    アポなし、一万、入会、題目、聖教、チケット、七変化
    必死、非活、囲んで♫

  61. ボレロさん、ありがとうございます。
    穏やかに暮らしている時に、幹部から突然メールがくるとすごく動揺します。
    いつも信心の話は全然なくて、私の体調を気遣ってくれる内容のメールですが、返信してしまうと後々会合のお誘いに繋がってしまいますからね…
    申し訳ないと思いながら、スルーするしかないのです。
    携帯の番号を変えたい!と何度も思いました。
    今後の様子をみて、遅くても今年中には変えるかもしれません。

    実は、先日コメントした直後、その幹部にスーパーでバッタリ会って話しかけられてしまったのです(>_<)
    ずっと地区の方に会わないようにしていて、最近は誰にも会わなかったのに…
    一瞬、どうしたらよいか迷いました。
    でも逃げるわけにもいかず普通に接しました。
    私は、メールの返信が出来ないことなどをひたすら謝るしかありませんでした。
    「元気ならいいのよ」と言ってくれましたが…
    こんなことがあって、少し気持ちがへこんでいたので、ボレロさんからのコメントがとても嬉しかったです
    o(*゚∀゚*)o

    できることなら、本当に引っ越ししたい。
    地区の方に会わなければ、心の傷は時間が解決してくれると思います。
    忘れかけた時に、メールや再会があると、また気持ちが逆戻りします。
    子供の独り立ちに合わせて、私も一緒に引っ越ししたい気持ちもありますが、子供に迷惑はかけられません
    (ノ_・、)
    この場所に住んでいる以上避けられない問題ですが、私ももっと神経を図太くしないと、この先やっていけないな…と思っているところです。

    マグさん、雪風さん、お久しぶりです!
    マグさん、落ち着いているご様子で何よりです。
    雪風さん、少しずつで大丈夫ですので、無理はしないで下さいね。

  62. 池田におかしいところがあっても、「池田先生も人間だから」とか「深い意味と意図がある」とか言いますね。

    創価の集団として、何らかの幻想に酔っているような。。。

    一体何なんでしょうね。

  63. こんにちは。
    こちらのブログのおかげで昨年脱会することができました、元ユル活婦人部だったマグです。

    signifieさん、いつもありがとうございます。
    毎日、皆さんから元気をいただいています。

    せーやさん、お久しぶりです。
    せーやさんが、トカゲに遭遇?した同じ日に、カナヘビに遭遇したマグです(覚えていて下さいましたか?)。
    せーやさんがお元気そうで、私はとても嬉しいです。

    古生物さん、初めまして。
    私も美術館・博物館めぐり始めました!
    行きたくもない八王子方面の美術館に行かなくていい幸せ…を感じています。
    唱題会や守る会やその他もろもろの日程なんて関係なく出かけられる自由♪
    自分が観たいなと思う展覧会にいける幸せ…癒されてます。
    博物館の年間パスポートも買っちゃいました。ささやかですが(笑)
    でも、ささやかなことに幸せを感じることができるのは、心が健康だから、と聞いたことがありますし。
    いいんです、私はささやかで(笑)。

    京都・奈良のお寺めぐりにもはまっています。
    私は、美術を学んだことのない素人なので難しいことはわかりません(汗)が、奈良、平安の時代からずっと人々に大切にされてきた仏像たち(←信仰の対象としている方々からすると、失礼な言い方になるでしょうか)に、遥か昔の時を思い、勝手に?癒されています。

    それと、財務のためにやっていた500円玉貯金はまだ続けていて、覚醒できた自分へのご褒美を買っちゃおうかと密かに目論んでいます。
    財務で減ることがないので、結構貯まりました(笑)

    もう50代になっちゃいましたが、まだ50代!と考え、これからの人生はソーカに煩わされることなく大切に過ごしていこうと考えています。

    過去は変えられないんですもの、仕方ないわ…と思いつつも、まだモーレツに腹が立ってくることもあります。
    ユル活だった私でさえこうなのですから、しっかり役を受けて活動されてきた方々の辛さに心が痛みます。

    創価に苦しんでいる方々が、一日も早く、創価から静かに去ることができますように、と心から願っています。

  64. 活動家と脱会者の両方が解る今、私は重要なのは脱会者の力だと思います。
    脱会者の力量がとにかく必要と考えました。

    私も活動家の時、思えば非活者の言い分をなんだかんだ聞いたことがありましたが、今思うとちゃんとわかるように話してほしかったというのがすごくありました。
    気付いてたくせに上手く説明できなかった、その人がわるいと思うくらいです(笑)
    自分の理解度を棚上げして言わせてもらいますが、その後ネットを見ていろいろな事実を知った時、真っ先に思ったのはそれ。

    なーんだ、こういうこと?
    こんな簡単なことが言いたかったのね(・・;)
    ならそんなふうに言えばいいじゃないかーーーっ!
    あれじゃ伝わらないわーーーーっ!
    なんてヘタクソなんだーーー!
    ホワイ ジャパニーズ 脱会者ーーー!

    失礼……

    でもつまり、まずこうやってプロセスを踏む。
    次にこれを使ってこう説明すれば解りやすい。
    こうする方が断然説得力がある…
    そんなことをひたすら考え続けました。

    何を言ってもポカーンとか暴れ出すツワモノ・暴信者は別ですけど、平均的なごくふつうの会員ならこれで理解できます。
    納得してもらえるような言葉、説得力、創意工夫、誠意、研究、努力…私も今だ格闘してますが、少なくともそうあろうとする意識は大事だと思います。

  65. こんにちはーpiです。
    株主の件、勘違いでした。申し訳ありません。

    さて、このスレは、ちょっと違和感があります。

    なぜなら、オギャーと生まれた時から、創価の洗礼を受けた私には、まともな、通常の、ノーマルな普通の生活が、なんなのか良くわからなかったからです。持ち直す以前に、何も持っていない人間なのです。

    母から、「あなたは生まれた時から福子だから、福運が違うの!」とか

    「目と鼻の先に地区婦人部長の家があるなんて、あなたは恵まれてるね〜。」とか

    『私って、そんなに恵まれてるんだ。へー』って感じです。何が幸せなのか良くわからなかったです。

    私は、この信心が、すごい、他人に教えたい。って思っていたのは、10代の一時期です。活動が本格化するに連れ、辛くなっていきました。自分の信心が足りないと自分を責める時間が、30年続きました。その頃、自分で自分の気持ちにウソをついていたんだと思います。

    脱会してから、ある日、仕事中、急に咳が出ました。ヨガや中国医学に詳しい方は、ご存知かと思いますが、咳は心のデトックスと呼ばれています。今まで、我慢していた感情を捨て去る時が来た。と確信しました。その日の帰宅途中、胃の中が空になるまで吐きました。

    だから、やっと自分の人生を、この手に取り戻したところです。さぁてと、今日は天気がいいから山にでも行ってきます。

  66. 物心付いたときから、5座3座の朝晩勤行、
    日蓮正宗の信徒ですよって、家には聖教新聞が5部も配達され、少年部員会が
    嫌で嫌で仕方ありませんでした、当たり前のように、他人の家に遠慮もなく上がり込んで、完璧な洗脳ですよ。本当に信じていたんですから、以来何十年も、もう取り返しつかない人生です。シニフィエ様のサイトがなければ、
    騙されたまま、私死んでいたと思います、数々の赤裸々なコメントの一言一言に救ってもらっています。今日も明日もリハビリです、後遺症に
    負けず、新しい真っ当な自分を大事にしたい。
    個を限りなく消滅させるのが創価の教えであり、しまいに鬱病になる、
    もしくは物凄く尊大になり、相手を馬鹿にし利用する。
    人によってどちらかに分かれるみたい。

  67. こんにちは、2度目の投稿をさせて頂きます。lecca です。

    皆さんのコメントを拝見し、私もその苦悩をお察しいたします。
    先日、用事を済ませ電車で帰宅途中、見知らぬ方が、声をかけてきたので、「何のご用意でしょう?」と答えると、その方が「実は良い教えをしてくださる場所があり、貴方もその場所に行きませんか?」というのです。

    「私は、貴方の家族でも友達でも知人でもありませんので、ご一緒するのはできません」と話し最寄り駅で降りると、その方も降りてきて「実は創価学会の会員で、貴方は良い人そうなので1度、創価学会の事を知ってもらい」と話しをしてきました。いわゆる《しやくぶく》(入信)を勧めてきたのです。

    私は、その方に「貴方のしている信仰とは、信仰と言える活動ではありません。人知の哲学や方便といった教えを説いていて、人を傷つける教えなのです。その活動をする事で、自分自身の愚かさをわかる時が、今なのです」と伝え、私はその方と別れました。

    まだ若い方でしたので、きっと良い方へ動いてくださる事を信じています。

    私が、創価脳より立ち直った様に。

  68. たびたびすみません。
    元ユル活婦人部だったマグです。

    せーやさん、ほぼ同じ時にお声かけいただき、マグは、さらに幸せ倍増です。
    免疫力UP!間違いなしです(笑)。
    私は、完全寛解から、もうじき4年。
    悲しいかな年齢的にも他の病が出てきても不思議ではないトシになってきてしまいましたが、まずは完治を目指します。
    せっかく覚醒したのですから、なんとしてもこれから先の自分の人生を楽しまなくては!

    せーやさんも、お身体お大事になさってください。

    signifieさん、お忙しい中、たびたびお手数をおかけして申し訳ありません。
    よろしくお願いします m( _ _ )m

  69. 朝から読み始めて、やっとイマに追いつきました。。流れ星です。(もうそろそろ夕餉の支度の時間ですね。。汗)

    世界の中心が創価学会だった頃。。
    そして、その組織に疑問を感じはじめ、そんな自分を責めていた頃。。
    そして少しづつ組織から距離を置きはじめた頃。。
    わたしはよくおおぞらを見上げていたなあ~と思い出しました。。

    空たかくのその先の宇宙にまで思いを馳せていったとき。。果てしない宇宙から地球を見下ろす感じで想像をふくらませていったとき。。地球上に人類が誕生してからの歴史とか。。自分ってちっさいなあ。自分が死んだら、この宇宙に溶け込んでいくのかなあ~、とか。
    考えていったら。。創価学会の歴史なんて、ほんの一瞬で、日蓮が誕生してからの時間もほんの一瞬なんだって気づかされたんですよね。悟った、というか。。そうしたら創価学会から離れても怖くない、と思えるように自然となりました。

    その頃は、アンチブログも知らなかったし身近でそんな創価学会の悩み事を話せる人もいなかったから、ほんと孤独だったんだと思います。脱会できたのは、あるひとがそっと背中を押してくれたからですが、前にも話しましたが、日蓮の教えはもう古いんだよ。。とその方は言いましたね。

    ある日突然、きょう、もう辞める。。と思い立ち、脱会に至りましたが。。
    脱会しても尚、わたしの洗脳は解けていませんでした。。(いま考えるとですが。。)
    脱会してからよく立ち寄ったアンチブログ。。運ちゃんのブログでは、まだそんな中途半端な洗脳状態のわたしの書き込みが多かったように思います。。シニフィエさんのこの場で、こんな頑固なわたくしでも創価脳の悪しき洗脳が徐々に解けていったように思いますね。時間も必要かもしれませんよね。。

    2011年に、なんかおかしいと思い始めてから5年。そして2006年に正式に脱会してから10年。あわせて15年の年月がかかってしまったのですね。ちなみにバリ活歴は35年。。(いま計算しました。笑)
    でも、これからのひとはもっと速やかに覚醒に至ると思います。このブログがいい例ですね。さまざまな冷静に精査した情報や、多くのひとの生の体験があふれているから。。ここには思いやりと励ましもあります。孤独ではないですね。。

    もう脱会して10年になるので、そろそろ外部の流れ星です、とかって名乗ろうかな~と思ったりもしますが(笑)どこかまだアンチという身内意識なんですよね。それだけいのちの深いところでまだ創価学会の傷が癒えていないのかな、とも思ったりします。
    それよりなにより、わたしが熱心に創価学会の活動をしていたことで子どもたちのこころに大きな傷を遺してしまいました。創価学会を辞めて恩をあだで返した、とかいわれるよりも、そのことのほうがよほどわたしにとって辛いことです。

    若いひとは早く気づかれてくださいね。。
    人生、もったいないですよ。こんな組織でたいせつな時間を消耗していくなんて。。
    さっさと逃げましょう。。
    逃げるが勝ち、ってあるんです。
    なにも闘っているだけが人生なんかぢゃないんです。。

    へんだな、おかしいな。。そう思うあなたの想いが確か、なんですよね。
    その違和感、たいせつにされてくださいね。

  70. みなさんも前スレで読まれたと思いますが、ジュンペイくんが

    >このブログで、もう何を言っても無駄だとわかったので、この「対話を求めて」というブログを正当に批判するためだけを目的としたブログを私の手で開始しようと思います。

    ということらしいです。

    これを読んで「あれ〜?」って思うのは私だけでしょうか?

    ブログ「対話を求めて」に対して「何を言っても無駄」と言うのに、「対話を求めて」を批判するブログを自分で立ち上げて、いったい誰に向けて批判するんでしょうね?
    それもしかして学会員に対して「ほら退転者の言うことはこんなに話にならないんだぞ」と言うためなんでしょうか?
    学会員に対して「ほら『対話を求めて』ではシニフィエがこんなこと言ってるぞ〜、ちゃんちゃらかしいわ〜」とかですかね?
    「ほ〜らみろ、オレの言ってることが正しいだろ〜」って?
    でも学会員は「ネットはデマだから見ないように」って、上からありがたいご指導をいただいてるんだよね。
    だったらそんな学会員さんに対して今さら「『対話を求めて』はデマだし「中傷」なんだよ。それはね、これこれこういうことで、全く話にならないだろ、へそが茶を沸かすわ〜」とか言って何になるの?
    それとも「対話を求めて」を読んで「創価が詐欺だ」と気づく学会員が増えないように、「いやいやこいつら脱会者の言うことなんかみんな嘘っぱちだぞ。それはねこれこれこういうことだからさ、わかった?」っていうのをダラダラ書くわけ?
    その「私の手で開始しようと思います」というブログは誰に対して発信するつもりなんでしょう?
    あ、それとも外部の人?
    外部の人が創価学会盲信者のブログを読んでくれるとでも思ってるんでしょうか?(笑)
    たとえ百歩譲って外部の人が読んだとして、そのブログにどれだけ興味を示すのか想像したことあるんでしょうか?
    第一、外部の人はこの「対話を求めて」にも興味ないっすよ(笑)ヾ(・・ )
    そりゃそうでしょ。自分とは何の関係もない元創価学会員の告白を読んでも、まず創価学会が何なのかも知らなければ…いやいやそれ以前に興味がないんです。だからそんな人たちは「対話を求めて」を読むこともなければ、ましてやそれを批判する学会員のブログを読もうとする外部の人がいたら、よっぽどのマニアか変態じゃないですか?(笑)
    あ、ジュンペイくんはそんな珍しい変態さんのためにブログを立ち上げるんだ。
    暇だねえ〜(笑)

    ジュンペイくん、君は根本的なところで大きな勘違いをしているよ…と言ってもわかんないんだろうけど、外部の人って、創価に興味はないんだよ。ってか、何度も言ってるように、創価みたいなキモいカルトには関わりたくないんだよ。選挙の時だけ友だちづらして公明党の票をお願いしにくる人間の言うことを信用するわけないでしょ。
    カラーコピーの曼荼羅に向かって何時間も絶叫してトランス状態になってるような人たちの言うことを一般の人が興味を示すとでも思ってんの?
    こう言う表現が「中傷」だとジュンペイくんは頭に来るのかもしれないけどさ、
    これって「事実」なんだから「中傷」じゃないって何度も言ってるでしょ。
    ジュンペイくん、そこまで上から目線で「この『対話を求めて』というブログを正当に批判するためだけを目的としたブログを私の手で開始しようと思います。」ってドヤ顔してるの、端から見てるととっても恥ずかしいんだよ。今の君にはわかんないだろうけどさ。

    話を戻すけど、君が立ち上げようとしてるブログはどんな読者を想定してるわけ?
    「対話を求めて」は、トップページの説明にこう書いています。
    「このブログには『創価学会は宗教ではなく詐欺団体だ』と気づいた創価学会員と元創価学会員の切実な体験のコメントが15000件以上寄せられています。創価に疑問を感じている学会員のみなさんは、ぜひこの真実の叫びを読んでいただきたいと思います。」
    つまり、『創価に疑問を感じている学会員のみなさん』に対してのブログなわけ。
    べつに創価と関わりのない外部の人に読んでもらおうと思ってないし、創価の盲信者に読んでもらおうとも思ってないの。
    あ、創価風に言うところの『対告衆』だね。それならわかるでしょ(笑)
    ジュンペイくんが立ち上げようとしているブログ「アンチ対話を求めて(仮称)」の対告衆は誰を想定してるのかな〜?
    学会員?⇨創価の幹部から「ネットはデマだから読むな」と指導されている学会員に対して、ジュンペイくんはネットの『対話を求めて』と『アンチ対話を求めて(仮称)』を読めっていうわけ?
    外部?⇨そもそも「対話を求めて」にすら何の興味もありませんから〜
    「対話を求めて」?→「もう何を言っても無駄だとわかった」って言ったよね?

    あれ〜?ジュンペイくん、君はいったい誰のためにわざわざブログを立ち上げようとしてるの?
    ひょっとして、創価を批判されて腹が立ったからどっかで文句を言いたいんだけど「対話を求めて」で文句言ったら話にならなかったので、この憤懣やるかたない気持ちをどっかにぶつけたいということのためだけにブログを立ち上げたい!ってことなのかな?
    ちょっと大人げなくね?
    いわゆる「腹いせ」?「復讐」?「報復」?
    退転者ごときに凹まされたから?

    ジュンペイくん。こっからはマジなことを言うからよく聞いとくんだよ。
    そういう人間の感情をうまく利用して戦争をおこして武器弾薬を売りさばいてきたのが近代以降の人間の歴史なんだよ。
    世の中がいつまでたっても戦争がなくならないのは、ジュンペイくんみたいに簡単に闘争心を煽られて感情を操られる人間がいるから戦争もなくならないんだよね。
    このあいだこのブログでも紹介した池上彰さんのテレビ番組にもあったように「戦争はビッグビジネス」なんだよね。
    戦争は宗教や思想の違いを争うことが原因じゃなくて、宗教や思想の違いを意図的に争いに発展させて武器弾薬を売って儲けたり、石油の利権を獲得するためにやってるスーパードライジネスなんだよね。
    つまり思想や宗教は利用されてるだけなんだよ。
    創価も同じこと。
    ビジネスのために日蓮の教義を利用してきたのが創価学会なんだよ。
    創価学会が宗教ではなく詐欺だと言う根拠はそこにある。
    そしてその根拠を裏付ける膨大な事実がこのブログに集まっているというわけだ。
    つまりビッグビジネスの原料は人間の愚かな闘争心なんだよ。
    今のジュンペイくんは「対話を求めて」を読んだばっかりに、創価スイッチが入って闘争心むき出しになって、なんとか「対話を求めて」を凹ましてやる〜!ってことで頭がいっぱいになってるだろ。だから誰に対してブログを立ち上げようとしているのかさえもわからずに、とにかく自分の中からわき上がってくる怒りにまかせて行動しようとしてるんだと思うよ。
    ジュンペイくんは、自分が知らない間に闘争心を煽られるとすぐにキレて「戦闘モード」になるように洗脳されてるんだってことに気づいて欲しい。
    だから私はわざとああやって君を煽って創価スイッチをオンにさせたんだよね。
    「その創価スイッチは本当の正義なのか?」
    これを考えてもらいたかったんだけど無駄だったね。
    それどころか『「対話を求めて」を批判するためだけのブログを立ち上げます』
    それって単なる感情の暴走なんじゃないの?
    はたから見てると、ものすごくみっともないんだよ。
    「ムキーーーッ!\\\\٩(๑`^´๑)۶////くやしーーッ!」
    それって「おまえのかーちゃんでーべーそー!」って悔し紛れの捨てゼリフを吐いて泣きながら逃げていく小学生みたいですけど(笑)

    あのさ〜、もうちょっと落ちついてものごと考えたらどうなの?

    もう一度言うよ。

    判断するのは読者だよ。このブログや君が立ち上げようとしているブログの読者は誰なの?
    君のブログを誰が読んで、どう思うのか、いちど落ちついて想像してごらんよ。
    実際にはこの「対話を求めて」は創価に疑問を感じてたどり着いている人がほとんどだよ。
    そんな人に向かって「創価は正しいんだ!コイツらの言うことなんかみんなデタラメだーっ!ムッキーーーッ!こいつらに何言っても無駄だから、自分でブログ立ち上げてコテンパンにのしてやる−ーーツ!みてろよーーーーッ!」って感情むき出して怒ったら、読んだ人どう思う?

    「怒りの感情にまかせて闘争心むきだしになるのが学会員なんだ〜。どこが世界平和を目指す正しい宗教団体なの?」って思われるのが関の山だよね。
    わかる?
    わかんないか〜
    だよね〜( ∩ˇωˇ∩)

    要するに、ジュンペイくんは創価に感情を操られてるの。
    ジュンペイくんだけじゃなくて、学会員はみなさん操られて、知らない間に創価スイッチを埋め込まれて、創価が批判されると理屈も何もほっぱらかして怒り狂うようにセッティングされてるの。
    だからそういうのを「洗脳」って言ってるの。
    いったん洗脳されると、本人は絶対「洗脳されてる」っていう意識がないから、よっぽどのことがないかぎりは気づかなくなる。
    逆にそんなことを言われれば言われるだけ反発するよね。
    その状態がこのブログでのジュンペイくんの言葉にそのまんま現われているわけ。
    だから読者(創価はなんかおかしい気がするな〜と少し疑問を感じてここにたどり着いた学会員)は、こうしてジュンペイくんの発狂してる姿を見ると「あ、やっぱ創価っておかしい」って気がつくんだよ。だからジュンペイくんは、そんな読者に対して私以上に説得力のある「脱会のススメ」をアピールしてるってことなんだよ。
    私にしてみれば逆にありがたいんだよね。そうやって疑問を持ちはじめた学会員の脱会への後押しをやってくれてるんだから。
    それもわざわざ自分でブログを立ち上げてまで応援してくれるなんて、何とお礼を言っていいものやら(笑)

    こないだも言ったけど、いちど幹部に相談してごらんよ。
    「こんな不届き千万なブログがあるから、僕がそのブログに正義の鉄槌をくらわせるブログを立ち上げてギャフンと言わせてみせます」
    って言ってごらんよ。
    幹部はジュンペイくんに絶対に言うと思うよ。
    「やめとけ」

    なぜだからかる?

    幹部はわかってるから。さっき私が言ったこと。
    君がやればやるほど創価のおかしさがネット上に広がる。
    いやネット上に広がるのはいいけど、創価に疑問を感じている人が脱会を決意する決定打になるってね。

    ああ、なんで私がいきなり名指しで「下劣」と言い放ったジュンペイくんの心配をしてあげてるんだろう(笑)
    そのままほっとけばジュンペイくんは脱会者をたくさん出してくれるトップセールスマンになれるっていうのに。

    でもね、それでも言いたくなるんだよ。
    みっともないことはやめなよってね。
    あとから後悔するよってね。
    まあ、後悔はあとからしかできないけどね(笑)

    ジュンペイくんにあらためて言っておきます。
    このブログを批判するブログを立ち上げて頑張るのは自由だし止めもしないけど、
    結局はジュンペイくんが後悔することになると、
    おじさんはアドバイスをしておきます。

    以上

  71. 外部の前期高齢者kenjiです。コメントはご無沙汰しておりましたが、毎日訪問しておりました。
    最近、初コメントの人が増えていて嬉しい限りです。とくにこのブログで脱会に至ったという人のコメントが多くなっている印象です。詐欺の被害者の方が1人でも多く救われますように・・・。

  72. 坂東太郎です
    19才で入信して40年、昨年家族で脱会しました。みなさんが覚醒に至る切っ掛け、気付きは様々にあると思いますが、太郎の長年浸かっていた創価毒は簡単にはなくならないです。

    今まさに、創価に疑問をもってここを見ている現役学会員さん、功徳と言う勘違いを冷静に考えてみてほしいのです。生活の基盤と仕事による収入などは人それぞれの普通の努力が有って成り立っています。創価を辞めるとが罰が!、いえいえバチに怯える必要は全くありません。いやいやそんな事はない、太郎の浅い信心が退転の理由だ!と創価のトンデモ教学をもとに再構築する事自体が無駄なのです。創価の様々な悪事や教義の破綻は蔽い隠すことができません。太郎の覚醒の切っ掛けは、創価は信仰の名を借りた詐欺に。やっと気付いたからなのですが、その前にもあった気付きの機会を創価脳が蔽い隠していました。創価に疑問は有るが、本尊は正しい、、、、 など。

    心の解毒は、趣味や旅行など快適な状況を積極的に奥さんとつくるようになれた事が一番ですね。

  73. ジュンペイくんしかりその他ここに来る創価脳の人は、たいして活動してないと思う。

    深く入り込んでやればやるほど気がつくってもんよ!もっと頑張りなー。

    男子部ならラインでは部長以上、青か赤の人材グループ本部担当、広宣部か言論企画、選挙の裏対策
    こんくらいやってから初めて意見いいなさいよ。

    ここに来て文句言うだけの人中途半端なんだよね。
    だから良いところしか見えてないんだと思う。

    本部担当とかやってたら職員のだらしない姿なんてたくさん見るわけですよ。そんなの見たことないんだろうねー!頑張りなー!

  74. 久しぶりに投稿いたします。学会3世のもちです。
    現在創価と名のつく学校に通っています。もうすぐ卒業です。
    家族親戚一同、友人までもが創価脳ばかりです。

    選挙活動について疑問を感じ始めた2011年ごろから非活ぎみになり、
    2014年にこのブログに出会ってからは完全非活となりました。
    幸い完全創価脳、ヒステリーを起こす家族からは離れて暮らしていますので、
    非活だとうすうすばれながらも(統監カードの帰省先をみて連絡していたようです)
    両親の目の黒いうちはまだ脱会はできないなと思っています。

    正直、心を持ち直すことはまだできていません…
    学歴に創価の名がついてしまったことへの後悔、創価の親友に自分の本音を言えない辛さや家族を裏切っているかのような罪悪感などなど…ふとした瞬間に不安や悲しみが襲ってきます。
    そのようなときはこちらのブログへきて、書き込みを読むと心が穏やかになります。
    最近は外部の友人もできて、この悩みを打ち明けることもできました。
    (外部の人がこんなに創価に無関心、若しくは触れたくないカルト宗教と思っていることに驚きました。)
    卒業後は徹底的に創価との関わりを絶つつもりです。

  75. こんにちは。
    外部の雑草です。
    またしても議題とズレているコメです。

    特定の感情や言葉を表すことが禁じられていることが、人間を追い込むことについてです。

    >虹ママ さまの発言:
    2016年2月19日 11:15
    >もう一つは、自分が嫌なことはきっぱり断るという当たり前のことができたこと。以前は役職は喜んで受ける、愚痴は福運を消す、いつも笑顔で、常に勝利と、ネガティヴが許されない環境でした。表向きは自由の看板を掲げているかも知れませんが、この無言の圧力で真面目にするほど精神的にも物理的にも自由を奪われていることは間違いないと思います。

    なんだか急に、ひびいたので書き込ませてください。
    とてもよくわかります。
    なぜか指導により、特定の選択や感情が許されないことになっている。
    そんなことはおもってはいけないとかいってはいけないだとか。
    これは普遍的にある問題で、特定のスタンスがとることが許されないことがあります。

    当然、
    >活動していた頃は、内外問わず他人に対して
    カラ元気と愛想笑いで精神をすり減らしていましたが

    このように精神がヤスリですられるようにゴリゴリ削られていく。
    長期間、継続的に何年という単位で行っていると、理由もなくすべての行動ができなくなってきて、なんて俺って駄目なんだろうとおもいながらも全く動けない。
    その状態で甘えだの気合だの精神論をいわれるともう、たっているのがやっとなのに答えられない。
    もう冗談でもなんでもなく自殺を考える心境になる。
    私は敵前逃亡のような不名誉なことだといわれていながらそのような状況から逃げて、
    そして本気で死のうとおもい死ぬのを待ちました。
    なぜか助かってしまったのですが、そこまで本気で追い込まれます。

    主催者さんの
    >やはり心を立て直すということは、自分の中に封じ込めていた「言ってはいけない」とか「思ってもいけない」といった禁忌事項を吐き出してしまうことではないでしょうか。

    といわれることがよくわかります。
    そのいってはいけないというのは、組織からこういうふうなことをいうなよだとか、おもってはいけないとか言われていたことをいったんチャラにして考えるということが大切なのだとおもいます。

    それを抜きにして、ありのままの自分の感情を見つめる。
    とてつもないゆがんだ壊れた姿が見えるかもしれない。
    だけどそのまま見続ける。
    それによって、精神が、前よりはきつくなくなった気がします。

    この、特定の感情だとか言葉だとかをあらわしてはいけないというのは、
    にんげんを追い込みますなあ・・・。

    もちろん、健全な理由でそういう縛りがあることもありますが、かなりの健全な理由で縛っていたとしても、やはり問題が起きる気がします。
    おもった感情を吐露できない、○○すべきなどといって精神に強制する。
    これらは本当に人を追い込んでしまうとおもいます。

    ほんとは、人間、多層で当たり前だろう、
    いいとことだめなとこ両方あって当然なんだぜ、いいことだけをやれば一番いいなんてもんじゃあないんだぜ、いいことわるいこと、よいことだめなこと、
    対極のものが両方必要なんだぜ、
    という風潮が社会にも会社にも組織にも生まれればこういう病がすくなくなるのですが、
    現行の社会や商取引ではそれは夢物語ですねえ・・・・。
    基本悪いと定義するものは排除というのが現在の風潮です。
    いや、全くの脱線失礼しました。

  76. こんばんは、元二世で元クソ文芸部員だった雪風です(はい!脱会済みだし、今はただの外部です)

    クソ文芸部の秘密をバラすと死ぬだの殺されるだの、色んなデマが飛び交う、かつバチ論で脅されまくったせいか、昨日は頭がおかしくなりかかって、のたうち回りました。

    しかし、起きて水を飲んで一息ついて、こちらにログインしたら、なんと!温かいコメントが沢山あるではないですか!

    有難いです本当に……

    モニカさん、替え歌!凄く面白いですよ!赤青黄色の旗をフリフリ〜笑いましたよ!マジ才能キラッ!輝いてますよ!

    ジャンヌさん、お久しぶりです。お元気ですか?現在彼氏さんを正気に戻すの大変ですね……だけど本当に聡明な方なんですね!泣けますよ……

    二郎さん、いつもちょこっとコメントなさるシャイな方と言うイメージを勝手に持っていました(笑)二郎さんのご経験された体験も、貴重かも知れません。

    コージさん!熊熊クマーの絵文字可愛いですよね(笑)お祈りクマサンとか、カルトなステイショナリーかまして来ましたね博文堂!なんじゃありゃー!そのうち、クリスマスコスの大作人形でも売り出すつもりかよっ(◎-◎;)

    ボレロさん元気ですか?ホッコリしたボレロさんのコメントは、凄く癒されますね……私も多少テンションがおかしいですが、大丈夫、生きてますよ\(^O^)/

    レモンさん、こんばんは!そうなんですね、文芸部のバ幹部をご存知でしたか……なら、威張りくさって凄くマウンティングしそうですね!俺って偉いだろ?凄いだろ?アピールが半端ないですよね……幹部なんて多分みな、そんな感じてす。

    スマイルさん、お久しぶりです〜スマイルさんのご経験、並大抵の事ではありませんでしたよね、毎日寒いですが、本当に充分にご自愛くださいね(^.^)b

    せーやさん、ご無沙汰です!まだ創価さんがウロチョロ出没しますか?お辛いですね……余りにしつこくなれば、警察へGo!でも宜しいんじゃないでしょうか?

    後れ馳せながら、初めてこちらのサイトにたどり着いた方、ようこそおいで下さいました(・∀・)ノ

    お茶は出ませんが、ごゆっくりコメントをなさって下さいませ!(シニフィエさん、こんな感じで宜しいでしょうか?)

    後で、又投稿しに来させて頂きますね(=・ω・)/

  77. 一般会員を操る側の本部幹部は、外部の人たちが創価にどのような印象をもっているかをわからせないための思考停止をあれやこれやと張り巡らしています。聖教新聞は会員からお金をまきあげるための道具であると同時に、会員を思考停止にするための最大のプロパガンダでもあります。会員は自分が出したお金で思考停止を余儀なくされています。また、会員から集めた財務のかなりの額を使ってSGIに楽しい集会をさせて日本国内の学会員が知り得ないことをいいことに「創価はこんなに世界に広まっている」という印象を与えたり、日蓮の功徳と罰の教義を使って、批判や脱会を精神的にできないように恐怖で縛り上げています。
    外から見れば何のことはない単純な詐欺なんですが、いったん引っかかると、どんなおかしなことでもまったく疑問に感じない人間になるばかりか、ジュンペイくんみたいに、誰が見てもおかしな部分をおかしいと言っただけで、我を忘れて激高してしまうような人間になってしまいます。私たちは学会員の人格そのものを否定しているのでは決してないのに、客観的な創価批判を、感情的な人格否定としか捉えられなくなっているんですよね。
    カルトのカルトたる所以がそこにあるわけですが、世界中のカルトによくあるように「自分たちだけが幸せになれる方法を知っている」という自分が特別に選ばれたすごい人間だという刷り込みで、人の心を縛り上げ、お金も労働力も、すべてを神、仏、グル、といった絶対的存在に捧げることが唯一の幸福であると信じて疑わなくなります。ほんとに単純な詐欺なんですが、悲しいかな人間と言うものは、場合によっては簡単にひっかかるものなんですね。
    オレオレ詐欺にしても、あんなもんに引っかかるなんてバカじゃないの?って言ってる側から、いざ自分に電話がかかってくると、「我が子や孫の一大事!」とばかりにあわててATMかけこむおばあちゃんが絶えないのと似たようなものではないでしょうか。
    「まさかこの自分が騙されていたなんて」
    このブログにたどり着いた方は、多かれ少なかれそうしたショックを受けてから、なんとか立ち直ろうと頑張っている人たちだろうと思います。

    ジュンペイくんが自分のブログで何を言おうが、私はいっさい関わるつもりはありません。おそらく誰にも相手にされないことがわかったら消滅するでしょう。創価脳とチャンバラごっこをしている暇はありませんからね。
    さきほども書きましたが、このブログは「創価に疑問を感じはじめた学会員さん」に対して、そうですよ〜、その疑問があたりまえなんですよ〜、間違ってませんよ〜、ほら、こんなに多くの人が同じように疑問を感じて、創価が詐欺だとやっと気づいて、こんなにたくさんの人が創価から離れていってるんですよ。心配いりません。創価をやめても罰なんかあたりませんよ〜。それも詐欺の手口のひとつなんですよ〜と呼びかけています。
    バリ活創価脳の人にも、それから創価と全く関わりのない人にも、このブログは発信していません。ただし外部の人であっても、恋人や家族が創価に騙されている人にとっては他人事ではありませんから、ともに創価問題について情報交換したり、励ましあったりできればと思っています。

  78. 雪風さん、やっぱりクソ文芸部(笑)では、そうとうなバイアスがかけられていたんですね。ちょっと心配していたんですが、ほんとに何の心配もいらないですよ。暴力団が弱みにつけこまれないように凄みをきかせて虚勢を張ってるようなものです。
    雪風さんの無理をしない範囲でクソ文芸部のお話聞かせてくださいね ♪
    その脅しの言葉の内容ってどういうものなんでしょう。
    やっぱり「メッセージはイケダが書いてないってバラすと地獄に堕ちるぞ」ですかね(笑)
    それだと「麻薬の入手先をチクったらどうなるかわかってんだろうな」っていう暴力団と同じレベルですよね。

  79. 結婚と同時に入会し約30年後2014年末に退会、その後夫も脱洗脳、今は後遺症?にさいなまれている、にゃんころころです

    昨日TVを観ていたら、渡辺和子さんがでていました。2.26事件でお父様を目の前で殺害された方です。
    「父を直接殺した人が敵だとは思わない、ゆるしの対象ではないです。表に出ず後ろで糸を引いていて、いざとなったらしらを切り通す人、その方達がゆるしの対象です」こんな旨を話されていました。
    未熟者の私は悔しさと情けなさと怒りから、時々藁人形作って釘を打ちたい気分になることがあります。
    もし、実行するとしたら(やったらスッキリするかな(⌒-⌒; ))

    藁人形の名札は「いざとなったら、しらを切り通す人々」

    30年ソウカに浸かる努力をし、この2年はマインドコントロール解除の骨の折れる日々。夫退会に向けた対話に全エネルギーを使い果たした感じです。この頃脱力感等々が突如押し寄せて来ることがありますが、庭の植物や野鳥を眺めぼーっと日なたぼっこ、ゴロゴロし、皆さんのコメントで気持ちを立て直しているこの頃です。

  80. 雪風さん、プロの物書きの方とお話しができて嬉しいかぎりです。

    >クソ文芸部の秘密をバラすと死ぬだの殺されるだの、色んなデマが飛び交う、かつバチ論で脅されまくったせいか、昨日は頭がおかしくなりかかって、のたうち回りました。

    なるほど。創価にとってはこれこそがアキレスってことですよね。
    そこまで脅すってことは、これが最大の弱点ってことですよ。
    その殺してでも隠したいという弱みを、しかと拝見したいです。

    雪風さん、その才能は実になることに生かすべきです。
    くだらないことでのたうちまわることはありませんよ、アホらし。
    どうかその文才をここで使ってください。
    本当にもったいない!
    創価はどこもそうです。才能をいかにくだらないところに使っているか。
    こんなことが人一倍気になるモニカです。

  81. 前のスレッドでお見苦しいコメントをしてしまいました。すみませんでした。
    近況報告などを少々書かせていただきます。

    先月本部統監部長をようやく降りる事ができました。
    各地区から上がってくるいい加減な記入にうんざりしながらの10年でした。
    後任の方も苦労することでしょう。
    そして先日王城会 最後の着任でした。2月で切り替えでしたので切のいいところまでは着任しました。
    その最後の着任日が区の記念総会でした。
    もうほとんど外部の目?で参加者を観察していました。
    高齢の方が多い事といったら….。もっとも私も50を越えてるんですがw
    青年部があまり見かけないのは当たり前として、同世代の参加者も少なくなってる。
    平均年齢は65を超えてるんじゃないかと思いました。総括も同様に感じているようです。(彼は私の後任の圏男でした)
    役員、参加者足しても600名少々。随分と減ったものです。活動者会ではないですからね、記念の総会ですから…。
    私達が圏男等をしていたころは1000にも届こうかとしていたんです。ロビーにまで人が溢れていました。それが今は駐車場も無券であっても余裕で対応。
    譬えは悪いですが老老介護ならぬ老老連れ出し。創価班も怖かったでしょうね。
    会合終了後、担当の方面副会長と総県長が「600名も参加ですか!すごいですね!」の言葉を聞いた時は、他も少なくなっているんだなと思いました。結集掛かっていたはずですが、600名とは。
    (こちらの区では昨年区長、区書記長がそれぞれ更迭、降格の処分となり、総県総合長が区長、県書記長が区書記長を兼任。その他総県幹部が支部、地区に担当に入るといった前代未聞の状態でした。)

    地方の組織ではありますが、衰退しているのは明らかです。どこに会長の言う青年が大躍進、大発展している青年学会があるのでしょうか?

    これで、私の係わることは全て終了しました。
    自分なりに最後まで義理だけは通そうと思いましたので、今日までかかってしまいました。
    着任終了時に総括が「王城会、また帰ってくるんでしょ?」と聞いてきましたが「ありません!」と答えました。戻るつもりなどさらさらありません。
    区内の方がこのブログを見たら、ランドリーってあいつじゃん!と身バレする内容だったかもしれません。別に査問されるどころか、組織ではどうでもいい人になっていたでしょうから。
    会合には出ない、新聞も取らない、財務もしない、勤行すらしていない私ですので、県総合長からは「ほとんど退転だな」って言われてましたからねW

    全ての鎖が外れ、ようやく自分を見つめ直し、これからを考える日々がやってきました。
    多くの方々が書かれていますが、失った時間は取り戻せない。これからを大切に生きていこうと思います。若い時にしか出来ない事はもう叶いませんが、今までやりたくても出来なかった事をすこしづつ….。

  82. どうやら創価にとっての「チームイケダ」の存在はどうしても隠したいことだったみたいですね。
    死ぬとまで脅してでも隠したかった。
    ジュンペイくんは、そんなこと知りもしないで
    「ゴーストライター云々の話も、先生の心がわかっていれば、そんなことで不信を抱くこともありません。会員を思っての「チーム池田」というだけの話でしょう?どんな世界でも、側近が仕事をサポートするなんて当たり前じゃないですか。」
    とか自分で勝手に解釈して言ってますけど、ジュンペイくんにとっては当たり前のことなのかもしれないけど、実際の現場では「バラしたら死ぬぞ」とまで脅す理由がなぜあるのでしょうね。
    そこもジュンペイくんのブログできちんと説明して欲しいですよね〜♪
    それともジュンペイくんにとっては雪風さんの話は「中傷」だと自分の都合よく決めつけるんですかね。
    これから語ってくれるであろう雪風さんの文芸部での実体験と、ジュンペイくんが言う「チーム池田として当たり前のこと」とどっちが信憑性があるか、読者はすぐにわかると思います。

  83. にゃんころころさん
    わたくしもその番組を拝見しましたよ。。
    日曜早朝5時、Eテレで放送になった番組で再放送もあるようです。

    あの2.26事件で幼い頃父親を目の前でめった撃ちにされ殺された渡辺和子さん。
    のちにキリスト教の洗礼を受けシスターになります。彼女の本も読んだことがありますが、励ましの言葉が随所にあり涙なしには読めませんでした。
    そして父親を殺した兄を持つ家族と後に会います。
    2.26事件をおこした若者たちは、うらで糸を引くひとたちに操られて、あのような行動を起こしたことが後に分かりました。でも、そのうらで糸を引く人物たちは罪に問われず、だったのですよね。。

    創価学会でも、犯罪ぎりぎりの行為を行う部署があるようですよね。
    彼らも被害者。。それらを指揮するほんとうの悪、はどこにあるのだろう?
    もう、これいじょう若者たちに罪を犯させないでほしいと願わずにいられません。

    ジュンペイ君は、ちょっとしたただのチンピラのたぐいかな、とわたしは思います。
    相手にすることもナイト。。ごめんなさいね、チンピラなんて言って。。
    それよりもそのまえに出没してたニクオ君のほうが確信犯めいていましたよね。
    nekoさんは、たぶん組織でも疑問をあれこれ感じてきている方かな~と感じました。でも、池田大作への確信は強い方なのかな。。だから気になって見ているのでしょうね。そして思わず言わずにいられなかった、といったところでしょうか?

    雪風さん。。はじめまして。いちおう常連の流れ星です。
    いまは無理に言うこともないと思いますよ。。
    きっとまだおのれの気持ちも定まっていないのでしょう。そういうときに無理に発信するのは、あとで自分のこころが疲弊し傷つくだけだと思うんです。恐怖心も半端なくあるようですし。。
    ほんとうに、こころの底から言いたい!という気持ちになったときに言えばいいことです。そういう気持ちになったときに開放してくださいね、自分の気持ち含めて。。
    ここの場のみなさんは、そのときを気長に待っていると思います。
    そして、これからもまたこころのリハビリ兼ねて書き込みをよろしくお願いしますね。

  84. シニフィエさん、皆さん、大変お待たせいたしました。

    改めまして……

    では、本筋に進みます(長文です)

    まず私は、随筆や告発文などの文章能力が特に優れた人間ではありません。

    なのでこれから書く文章に誤解をされる表現や誤字脱字等も多少ある事を、始めにお断りさせて頂きます。

    誤字脱字等あれば、遠慮なく突っ込みを入れてください。

    これを読んで、脱会を決意する人もいれば、しない人も居るでしょう。

    人によっては、なぁんだ、そういうことかぁ!今更ですよ、と特に驚く内容でもないかも知れません。

    別にいいんです。

    私がこちらに何を書き込んでみたところで、現在の創価学会にメリットを感じる人向けには書いていませんから。

    人の表層だけを見て、あの人は、本当に素晴らしいと感じるならば、創価学会のイメージ戦略は、既に大成功していますから。

    ハリボテの外側を、偶然にも見てしまったなら、もう信じるどころの騒ぎではないのです。

    まず、

    文芸部と言うのは、プロの小説家、詩人とカテゴリーされる作家や出版、記者、時に漫画家などで構成された組織です。

    文化本部と言う、特殊なくくりになります。

    芸術部と似ています。

    私は、出版社の方から、創価学会文芸部の文化人カードと言うのを書き込むように言われて、(統監カードのような書類)著作物を二点以上提出するように言われました。

    私は、今の文芸部がどうなっているのかは知りません。

    文芸部員自体、全体数が何人居るのかは、はっきりと公表されていません。

    まず、知らされる事もありません。

    ただ、会合に来る文芸部の人数は少数で、いつも閑散としたものでした。

    会場には、詩人、小説家、漫画家、出版業界の人、様々な立場の作家が集い、語らい合っていました。
    その会合の状況を、作家カテゴリーのサークルと言えば、そういう雰囲気でした。

    売れている先輩作家が、そうでない作家を創価学会の信仰を通して励ます……

    もっと信心と折伏頑張って、世の中に認めて貰えるベストセラー作家になろうよ!それが広宣流布の闘いに繋がるんだよ!と、そんな感じの励ましが定番でした。

    人によっては、その励ましが有難い?のかもしれませんが、プライドの高い人なんかは、マウンティングされる事を嫌いますし、ある意味、余計なお世話だと無言で眉を引きつらせたりしている様子の人も少なくはありませんでした。

    作家の世界もカースト制度です。売れてない人は、当然引け目を感じます。で、もっと頑張って皆のハナをあかしてやる、と奮起して、信心にのめり込むのです。

    会館に集う人数は少ないものの、そこの雰囲気は一種独特で、何だかギラギラした、ベタつきがちな空気が漂っていました。

    「いゃあ私なんかは大した事ないですから……」

    大概の文芸部員は、そういうセリフを口にはするものの、私の方が偉い、私の方が売れている、私の方が優れている、と、

    決して口には出しませんが、会場に集う作家は皆、そのような眼差しで自信満々の含み笑い(半笑い)をしているように思いました。

    向上心、努力、団結、友情……普通に聞けば確かに良い言葉ではあるんですが、その言葉を創価組織は、最大限に利用します。

    必ず、絶対に、勝ち続ける!

    常勝!大丈夫!必ず病気は治るよ!

    まぁ……麗しの絆と言えば、そう言えなくもないが……それは相手が自分に誠実に接してい・れ・ば、の話です。

    大概の場合、会員の自己陶酔を煽り、承認欲求を高め、褒め称え、成功者のビジョンを植え付け、高揚した会員から、功徳を餌に金を出したくて出したくて仕方ない気分にさせるのです。

    させている本人も、それが詐欺に直結しているとは、まるで気が付いていない……

    創価学会が一点の曇りも無い崇高なる平和の団体だと言うイメージを、会員は骨の随までたたき込まれているのだから、始末に負えないのです。

    それは、文芸部であろうと同じでした。

    良く考えて見て欲しい。

    完全無欠な神様みたいなパーフェクト・ヒューマンが居るだなんて、何だかおかしいと思いませんか?

    親が言うから?
    皆が言うから?
    著作物が売れに売れているから?新聞の指導に感動したから?
    スピーチが素晴らしいから?
    勲章が沢山あるから?
    会館が立派だから?
    世界中に広まっている(?)から?

    その作られた偶像を崇拝して、酔いしれる事が本来的な人生の目的なのでしょうか?

    自分の本当に譲れない「核」の部分とは、何ですか?

    命を定義づけて分かったつもりになったとしても、死後の確証なんて、どこにも無い……生まれ変わる保証だって、どこにも無い。

    前世や来世を信じるのは勝手かも知れません。

    しかし、信仰が必要無い人だって、大多数居る!

    ごり押しで信仰を勧めるのは、本当に余計なお世話なんです。

    創価学会員の誰がそこまで羨ましいくらいの地位や名誉や財産を築き、未来永劫まで幸せになっているというのだろう?

    池田老人は……本当に生きているのだろうか?

    奴らは、えらく綿密で、時間と手間のかかるテクニックで、私を少しずつ、少しずつ、騙しているのだと……そしてこのシステムに気付くのは、並大抵の事ではない……例え私以外の者であっても一度、死にかける位じゃないとこの複雑な洗脳の仕組みに気が付く事が出来るかどうか分かりません。

    中央の人間は、会員の事を、単なる家畜を飼うようにしか感じていないでしょう。

    金と言うノルマを回収さえすれば、あとは末端の問題……

    金をとことんまで絞り取られた末端の会員の心が、スカスカの絞りカスのようになったところで、自殺しようがどうなろうが、とどのつまり、知った事ではないのです。

    集団は、時に狂気を内包する……一人一人は個人的に話せば確かによい人だけれど、集まるとあの集団は、何をするか分からない、そう感じる時があります。

    何もかもが嘘でインチキの様に感じます。

    池田先生のお手伝いをして欲しいと言われた私は、文豪トルストイや、フリードリヒ・ニーチェ、サムエル・ウルマンなどの著作物を渡され、感性を研ぎ澄まして、感動的かつ共感した文章を出来るだけ書き出して欲しいと頼まれました。

    私は、その指示に従い、継ぎ接ぎに、でも、一生懸命書き出してゆきました。

    そして、その記録媒体を、文芸部の幹部に渡す作業を繰り返しました。

    意味が分かりませんでしたが、一応やる事はやりました。

    ある日の会合での事……私の打ち出した文章が……そっくりそのまま壇上の池田大作に読まれている……

    私は、何と言えない気持ちになりました。

    人目も憚らずその場で、ぐぇっ!と吐き気を催しました。

    そう……池田大作の指導が全て過去の文豪や偉人、哲学者、大企業の社長や著名な作家や無名の作家を含むコピーの羅列であり、テンプレート(定型文)の使い回しだったとは……

    そこで活動のからくりが、見えてしまいました。

    創価の活動は、究極の現実逃避でしかないと。

    やられた……ここで、私がいくら本当の事を言っても、誰も信じはしないだろうと。

    なぜならば、池田先生のイメージは、ここでは絶対なのだから。

    池田先生が言った言葉は、例えば仮に、どんなに売れてない無名な作家の定型文でも、感動してしまう人間たちが、沢山居るという狂気……

    誰が書いたかは、どうでもよく、あくまでも、「先生」が、声を出してスピーチする事が重要ポイントだったのです。

    瞬時に消し飛ぶ、自分自身のアイデンティティー……

    それほど有名でない私は、ただ利用されて、使い捨てカメラみたいに毎回リサイクルに出されるだけなんだろうと思いました。

    「もう一回い〜い?」

    「頼むね!ありがと!サンキュー、サンキュー!」

    そこの部分だけは、確かに池田の台詞でしょう、しかし……

    パクりの天才、これこそ、池田先生という方なのでした。

    この世の中は、バランスを取りながら成り立っていると思ったし、少なくとも今までは、そう思って来たつもりだった……

    だけど、世の中は、始めっからバランスなどとり切れていないのだと言う事に、ある日気が付くのです。

    どこまでも平等な世界などあり得ない。

    恒久平和など、あり得ない。

    絶対的に平和な世界など、机上の空論だと思いました。

    株価の乱高下が全くない世界だって、普通考えたってあり得ません。

    世の中は、何かに対して、何かが犠牲になる事によって、成り立っていると言う事に、早く気が付くべきだと思いました。

    勝つ者がいるから、負ける者が出る。

    損害を出す者がいるから、得をする者が出る。

    だから、世の中の人間が全員、常に勝ち続けるとか言うのは、利にかなうはずがないのです。

    例えば、

    どんなに願ってみても、

    どんなに祈りを捧げても、

    世の中の人間全員が全員、トップアイドルにはなれない。

    センターを勝ち取るのは、ただ一人だけ!

    負けた人間は、勝ち続ける人間の犠牲でしかない。
    こんなにシンプルな構造……

    世の中の夢は、9割は叶わないように出来ている。

    けれど人間は、みんなが幸せになりたい!

    負けた人間はどうなるの?

    いつでも勝ちたいし、利益を得たい。

    一人残らず、幸せになりたい!

    けれど、完全に不幸をなくすことなど現実的には無理なのです。

    大いなる矛盾。

    当時は、こんなにちっぽけな自分でも信仰を持ち、修行をする事で、そうした不平等が作り出す犠牲を限りなくゼロに近づける事が出来ると信じていました。

    いや、あまり信じていないまでも、信じる努力はするべきなんじゃないか、と考えていたし、または活動家になり、人から言われるままに行動する事で、世界中が平和でいられたりしたらいいと思っていました。

    正義の名のもとに、何回同じ事を、馬鹿のように繰り返して来た事でしょうか?

    それは、全くの無駄、徒労に終わってしまったと思い知りました。

    積み上げて来たと思っていた宝の山は、実は山ではなく、底の見えない落とし穴であり、又は蟻地獄のようなものでした。

    私は、知らず知らずに、人を罠にかけるための落とし穴を、真剣に掘ってしまっていたのです。そしてそれはまるで地獄の深い深い釜の様相を呈していました。

    尋常ではない勘違い……

    その後、何を見ても聞いても嘘くさく感じるジレンマに陥り、何か現実と虚構の世界の境界線が非常に曖昧になってしまいました。

    「池田先生」と言う人物は、自分の為なら何でも利用する人……

    余りの騙しの手口の鮮やかさに、茫然自失となってしまいました。

    「全部私がやりました!」

    「頼むね!」

    「文化に国境はない!」

    「何事も、一番になりなさい!」

    「自分自身に勝て!全て自身の弱い心との闘いだ!」

    池田大作名誉会長の虚構と狂気の台詞が、私の今にも崩れそうな脆弱な心に、骨の随まで虚しく響き渡りました。

    後にも先にも、もう戻れない……
    詐欺に遭った……騙された……

    もう、二度と立ち直れないかも知れない……

    私の目は、節穴だった……何かを極めたつもりで生きてはいたが、実は何も本当の事が見えてはいませんでした。

  85. もちさん、はじめまして坂東太郎ともうします。
    創価学歴の事ですが、太郎が履歴書を今お世話になっている会社に提出する時は、バリバリの創価脳でしたので自信をもって書いた記憶があります。がいま思えば恥ずかしい限りです。

    ただ仕事は出た大学の事よりも。その仕事に精通していきながら、会社にとって居て欲しい人になる努力を積み重ねれば、太郎の経験の範囲では大丈夫です。いまの若い方達の就職は厳しいなか大変ですが、イノチを取られる会社でない限りは、楽観論に聞こえるかも知れませんが乗り越えて行けると思います。

    家族一同が創価脳とのこと、おおいに悩むところではありますが、、、、。

  86. もちさん、コメントの追加です。
    坂の途中にあった。学は光、の文字まで恥じる事はありません。まだあるのかなあ??

  87. 雪風さん、ありがとうございます。
    辛かったですね。
    ここまで耐えられたのだから、もうあとは大丈夫ですよ。
    雪風さんの勇気ある告白は決して無駄にはしませんから。
    ほんとうにありがとうございます。

  88. マグさん、コメントありがとうございます!
    マグさん、お元気かな?と時々思っていました♡
    こちらのブログで、またお話ができて、私もとてもうれしいです。
    私が役職を降りる時、本当に心配して応援していただいたこと、今でもよく覚えています(*^-^*)
    トカゲの話も懐かしいですね~

    マグさんも、お身体大切にして下さい。
    美術館・博物館・お寺めぐりのお話も、また聞かせて下さいね。

  89. シニフィエさん、とんでもないですよ、本当にこちらこそ、有り難うございました。

    こちらの皆様も、大変長い拙文をお読み頂き、誠にありがとうございました。

    流れ星さん、ご挨拶遅くなりまして申し訳ありません、ご心配いただき、有り難うございます。

    投稿後、何だか気持ちがすぅ、と軽くなったような気持ちがしました。

    本当に、本当に、有り難うございました。

  90. ぽむぽむです。
    雪風さん、ありがとうございます。
    私など、ただの外部のようなものですが、雪風さんの辛さが伝わってきます。胸をえぐられる思いです。もっと多くの方がどんどん吐き出せる場に、このブログをしていきたいです。
    雪風さんの苦しさが自分の過去の鬱状態の苦しさに重なります。くるしいです。雪風さんのお話しは、ゆっくりまちます。無理なく、お願いします。

  91. 雪風さん、ありがとうございます。雪風さんの作った文章を
    池田大作が読み上げたというのはすごいですね。
    また、いろいろ聞かせてくださいませ。

  92. 雪風さんの告白に深く心が痛みました。
    長い間とても辛くて苦しい悔しい思いをされていたのですね。

    実家の未活の父(ほんの少し覚醒気味)に見せてあげようと思います。
    今でも聖教新聞と公明新聞だけは読んでいるので、未活であっても池田のことは疑ってません。
    日蓮や創価の罰論に心をまだ縛られてる状態なので、素直に見てくれるかどうかはわかりませんが、覚醒へのきっかけのひとつにできればと思います・・・・。

  93. こんばんは〜piです。

    雪風さん、ありがとうございます。

    それを読んで、思いだしました。

    以前、先生に仲間で研究論文を提出したことが、ありました。私の友人、数人が書いたものです。それが、あろうことか池田先生のスピーチに大々的に使われてしまいました。後で、こっそり、友人が教えてくれました。その内容に決定的な間違いがあったにもかかわらず、そのまま引用されていたと。先生は、なんでもわかっているはずなのに、変だな。と思いました。

    もちさん、私もSの名前を一生背負っていかなければなりません。辛いけど、大丈夫ですよ。外部の方が、優しいからね。

    学会の中にいると、『世界は、厳しくて辛いことばかり』と認識してしまいます。色メガネで世界を見てしまいます。思い込ませるんです。怖いですよ、学会は。

    あと、もう一つ、学会の『幸せ感』は、辛い階段を一つ一つ登るイメージですね。いつか、安穏の日々がやってくる。と

    私がいつも、イメージしていたのは、金持ちか有名になるか、あと、立派な人、世間から誉めたたえられる人、そういう人にならないとダメって考えてました。目標は四条きんごでした。今は、普通でいいと思えます。本当、ラクです。

  94. 雪風さん…
    圧巻のコメントでした。脱帽です。
    自分の頭で考え、心から発せられる言葉というのはこうも力があるものなんですね。
    活動家の方はこの自分の魂から発せられたコメントを聞いてどう思われたでしょうか?

    我見はいけない。
    くだらない自我を捨てて、センセイの心を自分の心にしなさいと言われ、聞いたままの言葉を真似るロボットを創価では腐るほど見てきました。
    皆ごりっぱな、でも薄っぺらい言葉を声を枯らして叫んでいました。
    文中にあったまさに「コピーの羅列、テンプレートの使い回し」との差です。

    雪風さんの告発と、つるんとした聖教新聞の言葉の羅列のどちらに「真実」を見るでしょうか?

    >麗しの絆と言えば、そう言えなくもないが……それは相手が自分に誠実に接してい・れ・ば、の話です。
    >大概の場合、会員の自己陶酔を煽り、承認欲求を高め、褒め称え、成功者のビジョンを植え付け、高揚した会員から、功徳を餌に金を出したくて出したくて仕方ない気分にさせるのです。
    >させている本人も、それが詐欺に直結しているとは、まるで気が付いていない……

    こんな言葉、作っては絶対に書けません。

  95. 雪風さん、辛い体験を告白して下さりありがとうございました。
    雪風さんの勇気ある行動によって、数多くの方々が創価学会のイカサマに気づき、覚醒につながると
    思います。
    自らの欲望のために、数限りない人間の人生を破壊し尽くした 池田大作を、決して許す気にはなれません。
    彼の最期と創価学会の最期を、心して見届けたいと思います。

  96. こんばんは。
    昨年末に脱会済の、元二世、ナオです。
    雪風さんの勇気に感動しました。
    身体中に鳥肌が立ちました。
    私が脱会する前に、哲学書を沢山読んだ時期がありましたが、本幹で聞くメッセージは、ほぼ何処かで見かけた内容だと不審に思ってましたが、今、はっきりとわかりました。ありがとうございます。
    おかげさまで、脱会の罪悪感が薄れていきます。
    雪風さんの苦悩は、私などとは比べ物にならないほど深く大きいと思いますが、必ず癒える時が来ると思います。
    ご自愛くださいね。

    あまりにも、凄いコメントにいてもたってもいられず、書き込みいたしました。
    乱文をご容赦下さい。

  97. 雪風さん、あらためて凄い文章だと感動しました。
    心が震えました。
    きっと他の皆さんもそうだと思います。
    もうこれで十分です。
    これ以上の真実の叫びがあるでしょうか。
    ほんとうに無理をしないでくださいね。
    日本中の創価に人生を奪われた人たちが
    雪風さんの言葉に救われていると思います。
    感謝しています。
    ありがとうございます。
    このブログをやっててよかったです。

  98. 今日の聖教新聞の寸鉄、
    「学会は無私の行動で世界に平和と慈愛をもたらす―識者」
    ですって。
    いやいやいや、学会なんか無視!の行動こそ、
    世界に平和と慈愛をもたらす、の間違いでしょ?
    その、誰なのかも分からない識者とやらに再度、聞いてみなさいって。

    モニカさん、 替え歌絶好調ですね!!
    てんとう虫の、
    >ひいてる私にカモたちが
    >ナンミョーせよとはやしたて
    >そっとカラコピくれました
    たいやきくんの、
    >ネットはデマとは聞いたけど
    >対話ができるぜ 心がはずむ
    最高です(笑) 思わず吹き出しました(*≧∀≦)
    紙芝居のような感じでバックで替え歌を歌って、
    動画で披露したら、すごい再生回数になるかも?

    せーやさん、
    >穏やかに暮らしている時に、幹部から突然メールがくるとすごく動揺します。
    あー、すごく分かります!
    メールの差出人を見ただけで、「何?なになになになになに??」みたいな感じで
    (俺は鈴木奈々か?) すごく嫌~な気分になりますよね・・・
    家庭訪問でもそうですけど、「こっちは用事ないから!」というのが率直な気持ちですよね。
    冷たいと思われても、やはり心を許さずにスルーするしかないのかも・・・

    マグさん、お久しぶりです、
    マグさんと せーやさんとの会話、同じ時期にこちらに参加された事もあり、
    読んでてすごく和みます^^

    雪風さん、 クソ文芸部からの脅しですか?酷い話ですね!
    こちらで遠慮せずにどんどん吐き出してください!
    そして、心を軽くして不浄なる創価の垢を洗い流してくださいませ~

    それにしてもジュンペイザメ君、本気でここを糾弾するブログを立ち上げるつもりですかね?
    ほんと、一体誰に向かって語り掛けるんでしょうか?
    肉男くんとかに向かって書き込むんでしょうか?
    地域の創価脳の人間に向かって、こういうブログを立ち上げました!とか言っても、
    「ジュンペイ君、ネットとかに惑わされずに真面目に信心しなさいよ」
    とか言われて冷笑されるだけですよ?
    創価の本部から見ても、「ジュンペイ君の勇気はすごい!功徳が出る!」なんて言う訳ないよ。
    あ~あ、バカな青年部がややこしいブログを立ち上げた・・・
    そんな事よりも新聞啓蒙と選挙支援、真剣にやってくれないかな~てなもんですよ。
    単に自分の自己満足と創価脳特有の戦闘欲求を満たしたいだけなんでしょう。

    戦って戦って戦って戦って、
    勝って勝って勝って勝って、
    勝手口から勝手にすっ転んでなさい(笑)

    どんなに創価の代表選手みたいな顔してネットで虚勢を張ったところで、
    いずれ、1000%虚しくなり後悔する時が来ますよ。
    自分の心に余計に深い傷を負ってしまうだけです。
    信心が最高だと思うんであれば、穏やかな気持ちで仏壇の前で祈ってはどうですかね?
    ここは大人の紳士・淑女たちの集まりですので、
    創価脳の青年のブログを急襲して荒らして邪魔をするような暇人はいませんので、
    まあ、飽きるまで勝手にやればいいですけどね・・・

    てか、創価脳の人間は自己紹介もせず、嘘っぱちも多いので
    ジュンペイ君、ひょっとして60代の地区部長とかだったりして・・・・

    (  ̄(エ) ̄ ) 怖いクマね~

  99. 雪風さん
    勇気あるコメントありがとうございました。
    今まで本当に辛かった事と思います。

    本幹でイケダが原稿を読みながらスピーチをしている様子を見るたびに、バリ活ながらも「あの原稿は誰かが書いているのを読んでいるだけ?」とぼんやりと頭をよぎる事がありました。
    それぐらいイケダが自分自身の言葉で話している感じがしなかったんですよね。

    コメントの最後に「投稿後、何だか気持ちがすぅ、と軽くなったような気持ちがしました」にホッとした思いです。

  100. 外部のホリデイズです。親戚にバリ活がいて、私の父親が、自分の甥が学会に入ったということに腹を立て、本尊をトイレに捨ててしまったことから、疎遠になり、交流はありません。30年ほど前のことです。我が家は、それによって、地獄に墜ちたということはありません。普通の生活です。幸も、不幸も、自己責任です。
     雪風さん、すごい告白、その勇気、みんなが受け止めていると思います。

  101. ジュンペイくんは誰のためにブログを作るのか?
    面白いテーマですね(笑)
    同じソーカ脳に呼びかけて
    「ね、ね、僕さ、間違ってないよね?」
    「おかしいの『対話を求めて』の方だよね」
    「そうだって言ってよー」
    とかやりたいのでしょうか(笑)

    ジュンペイさん、ネットわかってますか?
    本当にまじめな創価の活動家ってネットに関わらないんですよ。
    こんなとこうろついてる活動家って、活動家とは名のばかりの癖のあるろくでもない連中なんですよ。
    創価脳なだけでもなく、厄介な人が多いんです。
    或いはこのブログの悪口を同じように言ってジュンペイさんを喜ばせるかもしれませんが、だからってその実、あなたを信頼して近づいてくるわけじゃないんですよ。
    あなたが期待する誠実性のある人はまず来ないと思った方がいいでしょう。
    迂闊に歓迎したりすると最後にはとてつもなく辛くなりますよ。理由は…まあいいや。今は何言ったってわからないでしょう。
    はー。(ため息)

    それより雪風さんのコメントをよく読むことです。
    アンチだの何だの、そんな読み方じゃダメです。

    >奴らは、えらく綿密で、時間と手間のかかるテクニックで、私を少しずつ、少しずつ、騙しているのだと……そしてこのシステムに気付くのは、並大抵の事ではない……例え私以外の者であっても一度、死にかける位じゃないとこの複雑な洗脳の仕組みに気が付く事が出来るかどうか分かりません。

    ジュンペイさん、あなたはここまでの覚悟を持ち、肝を据えて創価を信じてるとでもいうのですか?
    ちょっとここで何か言われたくらいで「じゃあ新しいブログ作ってそこで書いてやる」
    そんな軽薄なただの負けず嫌いが、雪風さんの言葉と比べるとあまりに幼稚で滑稽で、本当は何を言う気も失せたんですけどね。
    ただ一回は一応忠告しましたからね。

  102. 非活ゆるゆる会員すざくです。
    雪風さんこれほどまでに辛い体験、告白していただきありがとうございます。
    私は文芸部なるものを知りませんでした。
    創価は多方面でのプロフェッショナルグループを作って、散々利用してきたということがわかりますね。その中で文芸部は創価の根幹を司るグループですね。
    雪風さんの告白は、とっても貴重です!今後も少しずつでよろしいので、またお話していただければと願います。
    ここのサイトで、池田さんのゴーストライターがいるってことも知りました。
    そこから、またネットで検索しながら、創価の実態の一部を知りました。
    私は覚醒期間はまだ短く、去年の末位からネットで検索!検索!を繰り返し、
    ここのサイトを知り薄皮をか剥がれていくように、覚醒して行きました。
    そうはいっても覚醒して2ヶ月位しかたってないので、まだまだ赤ん坊です。
    それでも、ここのサイトが救いです。皆様の体験が自分の体験と重なり、
    思い出しては怒り、そして創価の実態に呼吸がおかしくなるくらいになり、それでも皆様の辞めても何もなく、返って精神的に安定しているとの書き込みに、救われ、時に吹いたりしてます(替え歌など♪)。
    シニフィエさんの呪いって言葉に大きく頷いてしまいました、創価に対してはもう呪いとしか言いようがないです。
    創価対応の今後のビジョンを計画しております。新聞のやめどき、ちゃんと非活宣言!そして脱会!まだできていないのが、自分の弱さかとも責めたりもしてます。脱会は親族会議になるなーと思ってます。私には兄姉がいますが、末っ子なので、家族会議では私フルボッコになると思います。
    まーそもそも兄姉になんか言う権利はないんですけどね、親が勝手に入れてるわけですから、親には多少言われるのは致し方ないですけどね。
    冷静に考えて、こんなにあれこれ考えないと辞められない、団体ってどんだけだーって思ってます。
    あーそいえば、未来リーダーだかの話が家の子に来ました。その時うちのこがインフルにかかり、私もうつり、我が家はインフルの感染地帯でしたので、メールで連絡きましたが、インフルなので家には来ないほうがいいですよと伝え。
    行間をして、うちのこ忙しいので未来リーダーだかお断りしますと伝えました、
    私は気付かなかったのですが、訪問もしていたみたいです。
    まーその時はわかりました。担当幹部に話しておきますと、返事がきたので、この話は終わりだと思ってたのですが、またしばらくしたらメールがきてこの間の未来リーダーの話しに訪問したいとの内容でした、ので、その日は無理です!って言うかお断りしまはずですが?って答たら、勘違いしました、わかりましたとのことでした。ちゃんと読め!ってイライラしましたが、すきあらば私がこんな状況なので、うちの子のほうに魔の手が!
    ちゃんと組織に非活宣言していない私が悪いと反省し、対策していきます。
    子供にたいして私の親が犯した事を私もついこの間までしてました、子供に創価の事で悩ましたり、若いうちにしかできない事を狭め、それらも創価は詐欺と気付かないと子供にも強いていたんですよね。ここのサイトには本当に感謝です。
    って言うか未来リーダーってなに?私は中高時代は非活だったので、未来部の役目よくわからないんですが、昔そんなのあったかなーと。
    うーん創価内も少子高齢化で、素直そう子に何かしら役を与えて、使役しようと思ってるのかな?
    いつも短くコメントしようと思いつつ、長文になってます。すみません。
    シニフィエ様今後もここのサイト運営よろしくお願い致します。
    前スレのやり取りは本当にたいへんでしたね。私も前はあんなんだったんだろうなーと、返って思い知らされました。
    また、よろしくお願いします。

  103. 雪風さん
    一気に引き込まれるように読ませていただきました。
    とても辛い思いをされたのですね。でも大丈夫ですよ!思いを吐けば吐くほど楽になりますから!(経験者は語る)

    それにしても。19日に新しいスレができて、わずか3日で100件に迫るコメントですね!凄いです!嬉しいです!

  104. ぽむぽむです。雪風さんの
    「投稿後、何だか気持ちがすぅ、と軽くなったような気持ちがしました。」のことばに癒されました。
    創価を取り巻く時代が変わってきていることを感じます。
    こんな状況になっても「覚醒」できない人もまだ多いのです。切ないものです。

  105. 本部幹部会での演出、うまくやってましたよね。
    会長といえど、前座でした。
    ときには、会長の話し中に割って入場してきて、「お前の話は面白く無いよ」とか言ってました。
    秋谷会長の時でした。
    スピーチや著作など他人に書かせておいて「私が書きました。書いて書いて書きまくりました!」と自分の功績にしてたんですね。
    雪風さんの告白、創価脳なら「私の文章が池田先生のスピーチに使われていた。嬉しい。」となるのでしょうね。
    雪風の告白、単なる言葉の流用では済まされない話だと思います。
    ある刀匠が、精魂込めて作製した刀剣を本部幹部会で池田が「私がつくりました!」と言ったら刀匠はどう感じるでしょうか?もうビックリですよね。
    私の場合に当てはめたら、年単位の研究をして精魂尽くして書き上げた学術論文を提出したら、執筆者(実際の執筆者)の名前がスマイルから池田にそっくりそのまま変わっていた。驚きとともに悲しさ、怒り、やるせなさ、無力感、様々な感情が沸き起こるでしょう。それを「信心でうけとめろ」と言われて無理矢理感情を押し殺すのでしょうか?
    創価では感情を押し殺す場面が多々ありました。
    疑問を感じても「凡夫の頭ではわからないから、信心で受け止めなさい」と。
    今思えば、「創価は正しい」ということを、自分自身で必死に正当化しようとして、自己洗脳をしていたように思います。「この信心は正しい」「池田先生は正しい」「南無妙法蓮華経は宇宙の法則」「創価学会は正しい」と。そして都合の悪いことは「見ざる。聞かざる。言わざる」「この創価に対するネガティヴ情報は、信心を破る魔だ!」と。不祥事起こした幹部や公明党の議員、創価学会員がいたら「不祥事を起こす本人が悪い。信心は何もおかしく無い!」と必死に自分自身のアイデンティティを正当化しようとしてきました。

    「創価がおかしい」と気付き始めた時、爆泣きした時が有りました。「俺は創価学会員だ!人類始まって以来の最高の宗教を信奉しているんだ!」とのアイデンティティが壊れていく、自分自身が壊れていく、脳が壊れていく、怖くて、悲しくて、生きていけるのか不安で、また今までの人生に対する後悔「俺なにやっててん?」、信じていたものに裏切られた悲しさ、それでいて「ウソであってくれ」と淡い期待をする感情、様々な感情が渦巻きました。
    生まれてこの方ずっと創価で、名前も池田につけられた(そのような作業部署の職員がつけた)と信じていた。大好きな両親も創価。我が家は創価とともにあった。新年は必ず会館での新年勤行会。毎日の父の勤行の声、頻繁に訪れる創価の幹部。創価があるのが日常でした。
    創価が心身の一部になってしまってます。
    なかなかしぶとい心のシミです。

  106. バリカツ歴20数年の元地区婦人部長、 現在非活のココナッツです。

    さて、ジュンペイ君騒動では(笑)、創価脳人間の文面を読むだけで、あまりの温度差に気が遠くなり、頭が痛くなる数日でございました。昔、心身を壊す原因となった、池田盲信者幹部たちの異様な思考回路がフラッシュバックして、気分が悪くなってしまい、何度もコメントしようと試みたのですが、書いては消し、書いては消し。。。結局、心優しいブログのみなさまが、熱血ソーカ宣伝部長のジュンペイ君の相手をしてさしあげている様子(笑)を読んでいる間に時は過ぎ。。。はぁ〜、そうですか〜、反論ブログを立ち上げるとは、これまた、ご苦労さまなことですね。

    signifieさまをはじめ、皆さまの秀逸なコメントの数々を読みながら、完全に快復いたしましたので、遅ればせながら、ですが、ええっと、なんですかー、あの方の言い分は、匿名での書き込みには、正式に反論するチャンスがないだの、ここの皆さんのコメントは中傷だのデマだのって言いたいみたいですけど、なーにを、とんちんかんないいがかりをつけてんでしょ。だいたいねー、ジュンペイさん、モラルもへったくれもない団体が、いまさら何をどう正式にお話してくださるってんですか?

    「正式」って、すみません、もしかしたら、あなたの年齢より活動歴が長いかもしれないオバさんの目は点になりましたよ。あの団体ほど、正式だの、正しいだのいう言葉が、宇宙一似つかない人たちはいませんよ!(笑)そもそも、面と向かってまともなお話し合いが可能な団体なら、このようなブログだって生まれませんでしたよ。

    あ、遅ればせながら、雪風さん、初めまして。たまに顔を出してコメントしているココナッツと申します。貴重なお話を語って下さり、本当にありがとうございました。どうぞご無理をされず、すこしづつ、色々と教えて下さいね。

    ということで、雪風さんの魂の叫びを読まれましたか、ジュンペイくん!
    創価に洗脳されてしまっているあなたに、今は何を言ってもムダかもしれませんけど、池田の大ちゃんは、雪風さんのように、文才あるプロの方々の書いた文章を、そのままちゃっかり頂戴して 、全部自分がやった〜、ボクは偉大!って、称号やらなんやらをジャラジャラ見せびらかしながら、自分のお手柄にしちゃうような人なんですよ。

    みんなそんなの知ってるですって?知りませんよ!センセーセンセーと絶叫しながら、なけなしの財産を財務として上納している末端の婦人部のおばさまやら、「池田先生のお手紙を配達させて頂く」なんて思いつめて、早朝、せっせとせいきょう珍文を配達してる人たちに、聞いてごらんなさいって。押印だって、ああ、池田先生が執筆活動に激務の中、わたしのために〜って、そう思うから、みんな額に入れて、家の壁に飾るんでしょ。数々の伝言だって、ああ、池田センセが、わたしたちのことを思って書いて下さった〜っ。識者と対談されるなんて、さすが、我らの先生、って、こうなってるわけでしょーが。

    「チーム池田」?ごじょーだんでしょ。チーム池田だからいーんだとか、そんなの他でもやってるとか、開きなおっちゃってますけど、なんですかそれ、雪風さんのように優秀な方と品格もクソもないあのオッサンを一緒にしないで頂きたいです!

    まさか雪風さんのように真のエキスパートの方と、人に書いてもらった文章を自分の指導ということにしてもらって、会員の面前で大幹部をいびり倒して悦に入ってるようなあなたがたの師匠が、師弟不二とやらで、心が 一体化していたとでも言うのですか? 第一庶務でしたっけ、大ちゃん代行業者の人間たちのすべてが、「いけだ先生のお心」とやらと寸分たがわない心で、文章のすみからすみまで、書けるとでも言うんですか。キモチワルイ、そんなの、ありえんでしょ。

    雪風さんの文は、雪風さんに才能があり、スバラシイから書けるんです。それを使わせてもらうなら、ちゃんと言えよ、バーローって話ですよ。池田の思いがどーたらこーたら、なんて、信者騙しのための常套句です。

    それに、この世の中、個人情報がどれほど大切か。 ましてや、ここで語っているのは、 張り込みだの、尾行だの、盗聴だのする部署があり、退会者は地獄行きなどと、師匠が会合の壇上で吐くような、およそ宗教だの平和だのとは似ても似つかぬ詐欺団体について語っているのですよ。

    それにね、実体験は実体験、匿名だろーが、身分証明書をさらして書こうが、大事なのは「何が語られているか」でしょ。
    そして、それを読者の方がどう判断するか、でしょ。匿名うんぬんを、 論点にされる必要など、ありませぬ!

    ということで、すみません、siginifieさま、いまさらのコメントですので、承認はおまかせします。行き過ぎの表現がありましたら、ごめんなさーい!

    最後に、ジュンペイさんは、他人さまのブログに来て、あそこまで言っちゃったんですから、反論ブログとやらでは、びしっと身元を明かした上で執筆業に励まれるのでしょうねー。がんばってね。

  107. こんにちは。
    外部の雑草です。
    感想がほかの分野との比較になってますので、これは違うだろと思われた場合は削除お願いします.

    雪風さま
    はじめまして。外部の雑草です。
    大変な思いをされましたね。
    今はどうか、安らげることや、楽しい時間をすごされてください。

    >向上心、努力、団結、友情……
    普通に聞けば確かに良い言葉ではあるんですが、
    その言葉を創価組織は、最大限に利用します。

    まさに定番のやり方です・・。
    この美しい言葉で、もっともらしくいう。
    一見反論できないような整った言葉。
    これが、武術や宗教や組織で、どれだけ悪用されたことか。
    私は今はもう、美しい言葉きいたら、裏を確認するようになってしまってます。

    >大概の場合、会員の自己陶酔を煽り、承認欲求を高め、褒め称え、成功者のビジョンを植え付け、高揚した会員から、功徳を餌に金を出したくて出したくて仕方ない気分にさせるのです。

    もう、付け加えることはありません。
    まさにこんな状態でした。
    私の経験したいくつかの武術団体でも、まさにこれが行われていました。
    なぜここまで共通するのか・・・・。

    >完全無欠な神様みたいなパーフェクト・ヒューマンが居るだなんて、何だかおかしいと思いませんか?
    その作られた偶像を崇拝して、酔いしれる事が本来的な人生の目的なのでしょうか?

    まさに私に突き刺さる言葉です。
    この、誰かを尊敬させるということ。
    良質な英雄や偉人、賢人をたたえることでさえ、かなりの危険を伴います。
    なぜなら自分がなくなるから。自分の頭や感覚がなくなっていくから。
    ようするに偉人やすごい人を見に行くまでは普通のひとだったが、見に行った後、バカになって帰ってくる、そういうことがあります。いい影響だけじゃないんです、悪い影響が普通にあるんです。
    そして往々にして、
    自分はカスだがしかし相手に従っていればマシになるというような精神状態になってします。
    もちろん競争がありますので他者との比較は必要になることがあります。
    比較によってよい効果を得ることもできます。
    だけど、ほんとは、そもそも自分と比べる必要なんてたいしてないはずなんです。
    なんで偉人を自分を比べて苦しまなきゃいけないのか?
    偉人の動機だって詳しく見ればロクでもないものが多いのにさ。

    >中央の人間は、会員の事を、単なる家畜を飼うようにしか感じていないでしょう。

    そのとおりです。
    支配者層はそうです。
    数としか見てないです。
    カッターナイフの替え刃やシャーペンやボールペンの芯ぐらいにしか思っていません。
    替え刃も芯も完全に規格化されたものです。どれも同じ。そうすると交換に便利だからね。
    その同じ寸法、思想、感情に人間を仕立てちまう。
    前スレでのジュンペイ氏の反応があんまりテンプレートすぎたのがそのわかりやすい例です。
    鯛焼きみたいだ。まるきり同じ規格品だ。
    だれもかれも同じ反応だ。
    カッターの替え刃みたいに、全国共通だ。
    都合のいいように、都合にいい反応しかしないように作りかえられちゃってるんだな、支配者層に。
    壊れたら?いうまでもないこと。
    捨てればいい。
    こないだのTV動画創価学会副会長 岡部高弘氏の「自分の意思でやっているのでお答えできない」
    これがよい証拠です。こうやって切り捨てるだけ。

    >そう……池田大作の指導が全て過去の文豪や偉人、哲学者、大企業の社長や著名な作家や無名の作家を含むコピーの羅列であり、テンプレート(定型文)の使い回しだったとは……

    これは知人に池田氏の著作を渡されたとき真っ先に感じたことです。
    ひとつひとつのエピソードがどこかで聞いたことの集まり。
    そしてなにより整合性がない。
    よい話風に仕立てているが、その話と創価の活動との関係がない。
    どうみても活動と関係ないだろとしか思えない。
    まるでスーパーに売ってる魚の切り身みたいに、
    あらかじめ結論を決めて言っているというのも強く感じたことです。
    はなからパッキングされちまってる。
    ヘイ、いい話いっちょ上がりという感じが濃厚でした。
    ほかの解釈いくらでもあるのに、なぜか学会に結び付けてしかいわねーなこの本はと。
    めいっぱい好意的に解釈しても、その池田氏が甘いもすっぱいもかみ分けた男だと思うだけ。
    それは結構だけど、なんで入会せんといかんの?
    入会の意思など沸きませんでした。
    作り話でしたか、そもそも事実自体がないと。
    文芸部というところでそのようなことを。

    >完全に不幸をなくすことなど現実的には無理なのです。

    まったくそのとおりです。
    よくみたら誰かが勝ったときその代償はほかの負けた人がはらう。
    そのせいで死んだり一家離散の憂き目をみたひともいただろう。
    いま、現在生活できない人がおおいのもその一例です。
    おしみなくむしられていく。
    そもそも生きるということはほかの生き物を殺しその体を食べること。
    自分が生きるために殺してるわけです、誰もが。
    だからせめて、できる限り共生したいと思う。不必要な攻撃は控えようと思う。
    だけど競争自体不平等自体はとめることはできない。
    攻撃することもされることも、生きてる以上なくなることはない。

    問題は創価のひとにこういう話をしようもんなら、お得意の
    「これしかないんだよ」
    を言い放ち創価にいれようとすることです。

    >私は、知らず知らずに、人を罠にかけるための落とし穴を、真剣に掘ってしまっていたのです。そしてそれはまるで地獄の深い深い釜の様相を呈していました。

    こうなっていました。もたざるものからさらにむしりとり破滅させる道をすすめてくる。
    もともと恵まれぬものを洗脳しむしりとる、そのあと捨てる。
    入れる前よりはるかにはるかに悪い境遇にしようとしてくる。

    雪風さま、なぐさめになるかわかりませんが、まさにこんな思想にはまっていた一人が私です。
    私もまた節穴の一人です。いまだに節穴だと思います。
    が、詐欺にあったとしてもまだ生き続けるしかないかなと日々をすごしております。
    この問題に正解も解決もありません。私にも、どうすればいいのかわかりません。

  108. ジュンペイ君
    君のやっている宗教は何でも祈りが叶うんだろ。
    このサイトが廃れるようにでも祈ってみたらどうだい?
    以前、日顕さんが撲滅するように組織を挙げて祈っていたが
    全然祈りが叶っていないようだがね。
    法華経の行者の祈りがかなわないことはないって教えが
    いかにインチキかわかるよ。
    100万遍やってみて結果を報告してくれ。

  109. おおはようございます。
    昨年、こちらのブログのおかげで脱会できました、マグです。

    せーやさん。
    私はなかなか書き込みできませんが、せーやさんのコメント、読ませていただいています。
    これからもよろしくお願いします。

    コージさん、お久しぶりです。
    こちらに参加した時期まで覚えていていただいて感激です。

    雪風さん、初めまして。
    昨晩、読ませていただきました。
    あまりのことに言葉を失いました。
    こんな酷いことがあったなんて。
    末端会員の私でも、完全に覚醒する前から、書籍・本・メッセージetc…本人が書いてないんだろうなとはうすうす感じてました。
    例の3人組さんみたいな人達がいる部署が作成しているのかと思っていました。
    仕事として割り切って。
    そんな単純なことではなかったのですね。
    告白してくださった雪風さんの勇気に敬意を表します。
    告白されたことで、お気持ちが少しでも軽くなられますように。

    私は文才がないうえに、最末端にいた人間なので、中枢部と深く関わって傷を受けた方からすると、軽々しく言っているように聞こえてしまったらごめんなさい。

    でも、雪風さんの告白が、私の心の奥深くにずっしりと突き刺さったのは紛れもない事実です。
    もう絶対に抜けません。
    改めて創価の闇の深さを垣間見た思いがしました。
    この恐ろしさは忘れられません。

    雪風さん、本当に、ありがとうございました。

  110. ココアです。
    雪風さんの勇気ある告白に心打たれました。
    三人組のブログにあったように(更新されていましたがまたなんともすごい師弟劇場ですね)てっきり本部の職員たちが意気揚々とせっとゴーストやっているのかと思っていたら、雪風さんのように何も知らされないままその才能を利用されていた被害者の方々がいらっしゃったのですね・・・なんとも卑劣なことです。
    そのような犠牲の上に成り立っていたあのスピーチの数々を読んではこの世の真理を学んでいるかのように錯覚しありがたがっていたのがこの自分だと思うと、生まれたときからそのようにMCされてきたとは言え、なんともいえない脱力感に襲われます。学生の頃は感化されてスピーチに引用される世界の文豪の作品やらを読み漁ったものですが、当の本人はきっとそんなもの読んでもいなかったんでしょうね。ただただ虚しいです。

  111. こんにちは、皆様!希望の光と申します。
    このタイトルにも参加させて頂きます。
    部外者でありますが、父の意向次第では皆さんと同じ境遇だったかもしれない
    退会者(退転者)の方々のコメントの中に家族も学会員だからすぐに辞められないという
    コメントを拝見しました。
    私の父はネットが無い環境化で私が生まれる前から、創価脳に洗脳されている親兄弟達と
    縁を切ってでも学会との繋がりを絶ちました。(縁を切って40年以上今でも交流していません)
    おかげで、私は3世にならず部外者として生活をしております。
    父は親類縁者を頼る事は一切せずに家庭を守ってくれた事に感謝しております。
    きっと、ここのブログを見ている方々にも生まれてから既に2世・3世という方も多いと存じます。
    次に繋がる世代の事を考えると、やはりここで流れを止めた方が良いタイミングかもしれませんね!
    ネット社会で詐欺団体という本質がバレて、学会員を洗脳して人生を奪う汚い手法は
    部外者の私でさえも許しがたい怒りを感じます。
    代弁して声を大にして言いたい!!
    「学会に捧げた人々に人生・時間・金銭・人間関係を返してあげて下さい!!」
    そして、「詐欺団体への勧誘活動は即刻止めてもらいたい!!」

    話を今回のタイトルに戻しますが、「私はこうやって心を持ち直すことができました。」
    について、父の決断を自分の心の支えとし如何なる苦難でも乗り越られるようにしています。
    学会員で既にお孫・お子さんがいる方、これから結婚されようとされている方
    そう、「学会所属に関しては、自分だけの問題ではない」という点です。

    部外者達も、創価学会の本質について把握すべき状況なのではないだろか?
    退会者の「真実の叫び」をお花畑感覚でスルーしないで、暖かく退会者の皆さんを全力で支援する必要性が不可欠だと感じます。

  112. ゴーストライターを「チーム池田」と言ったジュンペイさん。

    >どんな世界でも、側近が仕事をサポートするなんて当たり前じゃないですか。
    >執筆を側近が手伝ったとしても、先生がすべて目を通し、手を入れて決済したのなら、先生が書かれたのと一緒でしょう?

    それの何が悪い?と思われていたでしょうが(多くのバリ活もそう言いたがりますが)、実際はそんな美しいものじゃありませんでしたね。
    以下、雪風さんの告発文です。

    >先生のお手伝いをして欲しいと言われた私は、文豪トルストイや、フリードリヒ・ニーチェ、サムエル・ウルマンなどの著作物を渡され、感性を研ぎ澄まして、感動的かつ共感した文章を出来るだけ書き出して欲しいと頼まれました。
    >私は、その指示に従い、継ぎ接ぎに、でも、一生懸命書き出してゆきました。
    >そして、その記録媒体を、文芸部の幹部に渡す作業を繰り返しました。
    >意味が分かりませんでしたが、一応やる事はやりました。
    >ある日の会合での事……私の打ち出した文章が……そっくりそのまま壇上の池田大作に読まれている……

    >私は、何と言えない気持ちになりました。
    >人目も憚らずその場で、ぐぇっ!と吐き気を催しました。
    >そこで活動のからくりが、見えてしまいました。
    >やられた……ここで、私がいくら本当の事を言っても、誰も信じはしないだろうと。

    いいですか?
    雪風さんたちは何も知らされてないんです。
    池田の執筆やスピーチに加担するなんて聞かされておらず、懸命に書いていただけなのです。
    池田はそれを当然のように盗用し、自分の言葉として浴びせてたんです。
    それらが偉大なる池田の魂から湧き出た言葉と信じて、一言一句聞き漏らすまいとする信者に対して。
    これがあなたの誇る「チーム池田」の正体です。

    >池田先生が言った言葉は、例えば仮に、どんなに売れてない無名な作家の定型文でも、感動してしまう人間たちが、沢山居るという狂気……
    >誰が書いたかは、どうでもよく、あくまでも、「先生」が、声を出してスピーチする事が重要ポイントだったのです。

    要は誰の言葉でもどんな言葉でもいい。
    マッハローでもバッハローでも池田が声を出して発すれば、コントロールされたあなたのような人間は狂気乱舞する。
    だから利用できるものは全部利用してたんです。

    実際、あなたが狂気して涙ぐんでた言葉は「池田センセイ」の言葉ではなかった。
    なんとこの「気に食わないブログにいるろくでもないアンチ」の言葉だったんですよ(笑)
    どうですか?今の気分は?
    まんまとやられましたね。
    そういうのを節穴というのです。

    節穴と認めるのは苦しいでしょう。辛いでしょう。
    ですが認めていくしかないんですよ。
    でないとあなた、一生コントロールから逃れることはできませんよ。
    自分の大事な感性も意識も、鎖でつながれたままの奴隷で終わりますよ。

    雪風さんの
    >死にかける位じゃないとこの複雑な洗脳の仕組みに気が付く事が出来るかどうか分かりません。

    これはそういうことです。

  113. 雪風さん凄いお話ありがとうございます
    今まで誰も話されたことのない超一級の内容ですね
    いつも思っていました。お体が弱くお忙しい先生がいつあれだけの読書をされるのだろうかと。
    雪風さんのお話で全て納得できました
    かつて福島源次郎元副会長が言ってましたよ
    学会は何をするにもすべてプロ集団がすることだから太刀打ちはできませんと。
    しかしバカにするにもほどがありますね。天才詐欺師。何もかもすべてインチキでした。
    学会員のみなさん、雪風さんのお話読んでまだ学会にとどまって師匠としてついて行くのですか
    もう、いい加減に覚醒しなはれや、え~か え~か あんたは騙されてまんねんで!!!!!

    シニフイエさんいつも素晴らしいテーマとわかりやすいコメントありがとうございます
    最近のみなさんのコメントは対話に相応しいすばらしいコメントばかりでロム専しております
    年が明けてからのシニフィエさんは何か憑き物が取れたような軽やかでいて、アクティブなコメントとても気持ちがいいです

  114. マリーです。
    今回のスレで皆さんの久しぶりの替え歌♪♪や川柳はやっぱり楽しい~♪と思ってたら
    雪風さんがまさかの文芸部だったとは・・・驚きでした。
    苦しい胸の内を告白してくださり本当にありがとうございました。。
    以前に他のサイトで 男女青年部の中で語学のあるメンバーに世界の偉人や著名人の名言などを探して翻訳させるグループなるものがあり、それを池田のスピーチに使うという話をチラリと読んだのを思い出しました。池田から「いつもありがとう。」とお礼の言葉があるとかなんとか。。。(テヘペロかよ!)
    毎回、本幹でただそれをメガネとっかえひっかえしながら滑舌悪く読み上げて、
    行間に「これが仏法です!」ってその時だけ顔あげてみんなに池田視線ビームをギラリ。
    自分の言葉でしゃべることと言えば自画自賛とネチっこい幹部いじり。
    早めに切り上げたがるのも会員が疲れないためじゃなくて、どうせ終了後にマグロのトロやメロン食べに早く行きたいだけだろ!!
    そうやって[裸の王様劇場]に私たちは付き合わされてきたんですね。orz

    脱会したとはいっても時折襲ってくる過去の創価脳だった自分の苦しみ・・・・・。
    ふとした出来事の判断基準がまだ創価脳?と思ってしまうことも・・・・。
    主人は昔の職場の先輩に折伏され入会したので、いざ創価の真実を知った時は、やっぱりか・・・と、あっさり元の一般人の考え方に切り替えることができたみたいですが、
    2世の私にはその感覚を生まれつき持ち合わせてないため、まるでいきなり断崖絶壁に立たされ後ろには決して戻ってはいけないゾンビ集団が待っているかのようでした。
    結局、このブログを主人に見せたことで世間一般の意識が主人によみがえり
    私という創価脳ゾンビの子供も人間の主人から解毒剤をもらい人としての生き方や考え方をごく普通の人と同じ日常生活をして学び直し、ようやく身も心も人間になれたという、なんともアンビリーバボ体験。
    自分のことなのになんだかホラー映画か妖怪人間ベム? 
    早く人間になりたーい!(―□―)!! と、心が必死で叫んでたのをやっと気づけた感覚です。
    この前、主人から 私はバリ活のままで自分だけが先に覚醒したとなったらどうしたか?と聞かれ、「未活になって一度冷静に考えてみたかも」とカッコイイ返事をしたものの・・・・・(^_^;)
    実際は硬式ボールを2階から投げつけるどころか、至近距離からバズーカーで何発も砲撃したかも・・・wすまんぼw
    そのくらい創価の家に生まれ落ち洗脳教育された子供たちはどんなに表面的には大人になっても思考回路は幼稚な創価脳のまま生きていくハメになるんです。

    でもすべては自分で「気づく」時がきて初めてわかることで、その「気づく」時がいつかは個々によって違うため、周りから正しい事実をいくら突き付けられてもなかなか全員が目覚めることは難しいけれど 創価の中にいれば必ず人は行き詰る時がくる。
    その時こそ、このブログに辿り着いてほしい!!。
    もう今は辿り着いた人がたくさんますね。。
    豪華客船を装った泥船に乗ってる学会員さん、ここに救命ボートを浮かせて私達みんなが待ってますよ!!(^^)/~~~
    ジュンペイくん、これから君は泥船どころか、お椀に乗って航海しに行くようなもんです。お達者で・・・・・・。

  115. 41歳男パニックスです。(脱会済)

    心の立て直しというか創価を冷静に観る為に、活動家のブログやアンチ執行部、アンチ創価など日蓮の庭で雪合戦している人々を観察しています。

    雪の玉なので双方怪我はしてませんが、端から見たら服はビチャビチャ足元ズブズブ鼻水ズルズルで駆け回ってます。
    あそこに自分が居たなんてイヤだイヤだ、声が出てしまいます。

    正宗系(顕正会、妙観講)は酷いですね、創価に絡まれてそうなったのかもしれないですが他の日蓮系と比べても、醜さは群を抜いてます。
    その醜さの頂点に君臨するのが創価学会池田大作です。その池田大作に命名されたことに成ってます。
    時が経って出来ることなら名付け親を探してみたい。そしてなんでこんなダサい名前にしたのか聞いてみたい(–;)(半分本気です)

  116. こんにちは。
    学会員さんとの失恋から立ち直り中の娘を見守る外部の野路菊です。
    皆様には快く受け入れて下さり、ありがとうございました。
    シニフィエさん、モニカさんの替え歌に「ぶっ」と吹き出してしまい、雪風さんの川柳に「上手い!」と心の中で拍手喝さいを送っております。

    外部の私が、皆様のこれまでの辛い体験を通した共感に入っていくことはできないと思い、今までコメントすることができませんでした。でも、こちらのブログに出合えたから、私は騙されずに済んだということは紛れもない事実です。相手の学会員さんが盲信しておられることが切なかったし、私は「寄り添ってあげなさい」と娘の背中を押すことができませんでした。

    皆さんの言葉には尽くせないご苦労には、想いを馳せることしかできませんが、同じこの時代に頑張って生きていることにかわりはありません。「あ~何かいい事ないかなー」って毎日思ってます。(信心が足りませんね笑)

    立ち直り中の娘が今、よく聴いている曲があります。
    手嶌 葵さんの「明日への手紙」という歌です。
    また、お時間がある時に一度聴いてみてください。
    とりとめもない内容で失礼致しましたm(__)m

  117. 雪風さん、なんと申したら良いのか…
    下手な表現で申し訳ないのですが、コメントに魂こもってました。読み始めから決意、気迫が伝わり、正座して心して拝見しました。
    しっかり汲み取りましたよ!
    思い出すのもお辛いでしょうに…。
    貴重な体験を教えて頂きありがとうございます。あとは読み手がそれぞれ受け止めてゆくと思います。
    これから湧き上がる感情も、少しづつ吐き出して軽くしてゆきましょうね。
    ネットとはいえ、考え書き込むのも人間。眼を通し想うのもまた人間という事を私達は理解し、これからもこのブログで支え合っていけたらと思います。
    あ、私は決して聡明な人ではありません。笑
    ただ、自らの人生を振り返れば決して楽な道ではありませんでした。いじめ、詐欺など皆様とは比べようもありませんが、私なりに色々ありました。
    だから人の痛みには敏感な方かな?という位で、実際は少し喜怒哀楽の激しい、普通女子です\^o^/
    こんな私ですが、これからもよろしくお願い致しますm(_ _)m

    レモンさん、立場は違えど、想うところは似ています。何度私も彼氏を偏見視し、罵倒したことか…。
    そしてまたそんな汚い言葉が出る自分に自己嫌悪し、好きな人を奇人変人扱いする自分が間違いではと、何度も自問自答しました。
    彼には悩んでいるのはジャンヌだけじゃない!自分の考えだけが正論なのか⁈と浴びせられ…それ以上にひどい言葉もありましたが、何度も傷つき、傷つけ合いました。
    相手の思考が分からないから精神的にも苦痛で、眠れなかったり、深夜買い物に出て彼と口論になり、一目をはばからず、わんわん涙したりしました。
    でも、えつこさんが、以前他スレで洗脳とマインドコントロールについて示していた事があり、改めて調べてみたんです。そしてYouTubeに分かりやすく解説をしているものがあり、講習の様に見て学びました。
    それは目から鱗。私は今まで洗脳やマインドコントロールについて、違いはおろか、分かっていたつもりでいただけだったのです。
    それでは確かめないソーカ脳と同じです。

    この知識を学び、いかに洗脳を解除させる事が困難か認識しましたが、ソーカ脳を理解する事で、今までのような不毛なやり取りは激減しました。それは、レモンさんがおっしゃるように、心の持ちようが変わるからだと思います。
    私が話すより、プロからの説明を見た方が、理解も早いと思いますので、日々お忙しいとは思いますが、お時間のある時にでもYouTubeで調べてみて下さい^_^

    パニックスさん、返信ありがとうございます。
    今は前向きですが…またすぐ後ろ向きになるかもです。笑
    その時は又こちらのブログにて、吐き出してスッキリしに来ますので、お目汚しご勘弁下さいね〜(´д` 人)

    バタバタ書き込んだので、誤字脱字ありましたらごめんなさい(汗)
    それではまたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  118. 皆さま初めまして。
    元白ゆり長、現在非活で40代のcielです。

    学会活動に疑問を覚え非活になったのですが退会したら不幸になるのか心配になりネットをぐるぐる周りここに昨日たどり着きました。
    まだスレッド全部は読めていないですがかいつまんで読みました。
    (元)バリ活なのにこんなにたくさん悩んで覚醒された方が居るのに驚きでした!
    少し自己紹介も兼ねての私の経緯をお話させてもらいます。

    私の実家は亡くなった母方の祖父母が信心深く母は何かあったときだけ題目あげて会合も出ないユル活。父は外部、姉と私はいつの間にか学会員です。
    結婚して子供を生むまで法事等でしか学会員に触れることはありませんでした。
    女子部が来ても隠れてましたし全く興味もなかったです。
    結婚して婦人部になって定期的な家庭訪問も気が向けばドアを開ける程度でした。
    でも環境とは恐ろしく、大好きな祖母や母がたまに仏壇に向かう姿、家に祈るものがあるとゆうので自然と刷り込まれていたのでしょう。
    結婚生活の悩みや不安が大きくなればなるほど祈りたくなって自分の家にご本尊を安置しました。
    地元に住んでいたので昔馴染みの学会員はそりゃ大喜びでしたよ。
    でもユル活も間近で見てきた私には学会歌を合唱する会合が気持ち悪くて怖かった。
    幸せになりたくて祈りはじめ、仏教の本質が解らないと否定も肯定も出来ないと思い教学を中心に取り組みました。
    やってみないと解らないから挑戦してみよう!幸せになりたいし!
    そんな気持ちもあって旦那と子供を入会させご満悦になってました(泣)
    その急激な頑張りが目立ちエスカレーターに乗って気が付けば白ゆり長(笑)
    凄いですね。
    昔は学会って「池田教やろ?」とか文化祭のビデオを見せられ「北朝鮮やー!」って思ったのに、じわじわ創価脳に洗脳されていくんですね。
    今思うとホントに怖い!

    初めは白ゆり長の仕事が嫌で辞めさせてと泣いてお願いしましたが、1度受けた役職は引っ越しでもしない限り辞めれないと言われました。
    話を持ってきた時はそんな事一言も言ってない!何か騙された感が半端ない!と不審感が出てきました。
    でも悩みやストレスはその不信感を凌駕するんですね。
    活動前から自律神経失調症を患っていた私は
    その頃からじわじわとパニック障害・躁鬱が出始めました。
    信心が足りないから、財務が少ないから、お題目が1000万べんに届かないから、不審を抱くから…
    だから安定した幸せが来ない…
    完全に逝ってますね(笑)
    頑張りました。「自分が変われば周りも変わる!」を信じて。
    自分が変わっても学会員の態度がフレンドリーに変わっただけで夫婦間の心の溝は埋めれず更に沼に飲み込まれるように活動に励み今まで自分がされて嫌だった新聞啓蒙もしました。
    創価脳に変わっただけですよね(笑)

    活動してても政治と仏教は別と思って選挙期間は大人しくしてた私でしたが離婚を目前にした頃大きな選挙があり「選挙で結果を出してやる!勝って離婚するんだ!」
    と完全な創価脳に染まってました。

    選挙が終わり離婚もして人生に勝ったと思い込んだ創価脳の私に幸せなんか来ませんでした。

    母子家庭になって働きながらの活動でくたくた、本格的に鬱の薬を飲みながらの仕事が上手く行くはずもない。
    幹部は愚痴は聞くけどありきたりな答え。会合にこれてるから元気だろう。位にしか思われてない感じでした。
    何だか心に響くものがなくなってきました。

    1年ほどが経ち隣町の公営住宅に転居することになり、やっと白ゆり長から解放されやっとぺーぺーに戻れてユル活だと思いきや創価の情報網は甘くなくて早速役職を持って来ました。
    転居後、鬱が酷くなり仕事も出来ない位弱っている私には宿命転換なんてどうでも良かった。

    この辺りから気付きはじめました。
    訪問にくる白ゆり長のおばちゃんの心ない言動。
    宗教家なのに弱ってる人を思いやれないんですか?創価の慈悲の心って何?って。

    考えれば考えるほど
    ・信心してなくても成功したり幸せを掴んでる人はごまんと居てる
    ・公明党の配布物のあたかも公明党の手柄のウソ

    こんな簡単な事にやっと気付き、そしてこのサイトで自分への裏付けが出来ました。

    しかし祖母の供養はしてあげたい。
    退会したら母も困るんだろうなぁ。
    でも不信感はもう払拭出来ないです。

    下の子が成人したら今の住宅を引き払い他県の彼氏と住むことが決まっているのでそのタイミングで家族揃って退会したいと思うのですが、実家がある地区は以前私が白ゆり長をしていた地区なので親が残ってると退会すると大事になりそうで怖いです。

  119. 雪風さんの
    >私の目は、節穴だった……何かを極めたつもりで生きてはいたが、実は何も本当の事が見えてはいませんでした。
    雪風さんほどの衝撃的な体験や苦悩とは比較になりませんが
    私の目も節穴でした、それに完全にきずいた後はもう糸が切れたふわふわの状態でした
    気が付いたことだけでも幸せな事だと今は思えるようにはなりましたが・・・
    創価の気持ち悪い嘘つき笑顔の仮面をつけなくても自然のままありのまま
    前に進もうと思い始めて3年、創価とそうではない世間のギャップに苦しみ後遺症に苦しみ
    インプットされた思想に苦しみ自分で考えて自分で決めて行動する事にも戸惑いました
    でも前に進もうと思いました。
    このままでは終われない。2世として歩いてきた自分の人生を脱会という形で終わらせた今は
    本当の自分に戻りたいと思うばかりです。
    雪風さんの体験、聞かせていただけてありがとうございました。

  120. ジュンペイくん、このブログで人気者だよ。
    みんなジュンペイくん、ジュンペイくんって声をかけてくれてるよ。よかったね。
    これでジュンペイくんのことは学会員よりも脱会者のほうがはるかにたくさん知ることになったね。
    池田大作のスピーチや著作物を書いている「チーム池田」で、どのような人たちが書いているのか知りもしないで「そんなことは当たり前です」なんて言ってたのは撤回するかい?それともやっぱり「これこそ創価の正義だ」と言い張るかい?何を言ってもいいけど判断するのは読者なんだからね。あ、君のブログの読者が誰なのかは知らないけどね。

    仏壇に「打倒!対話を求めて」って書いて、百万遍に挑戦しなよ(笑)
    祈りとして叶わざるはなしなんだろ。
    退転者が寄ってたかって創価を中傷するのが許せないんだろ。
    「ムキーーーっ!許せねえーーーッ!」だよね。
    ジュンペイくんに訊いてみたいんだけど、君がお題目をあげているであろうそのカラコピ曼荼羅は、君の願いを叶えてくれるハクション大魔王みたいなものなの?
    ハクション大魔王とどこがどう違うのか教えて欲しいな。
    去年の創価の教義の変更で、他の宗派の曼荼羅もみんな「効き目は同じ」って発表されたよね。
    なんか温泉の効能みたいな感じだけど(皮膚病やリュウマチも治るらしいから(笑))、それまでは全く真逆のことを創価学会創立以来85年間も言い続けてきて、学会員も信じてきたんだよね。去年その教義がひっくりかえるまでに亡くなった学会員さんっていっぱいいるよ。うちの父親もそうだけど。結局さ、
    「創価の御本尊だけが願いを叶える力があるっていってたのはウソだったぴょ〜ん(笑)」
    っていうのが去年原田会長が聖教新聞に発表した「教義の変更について」の内容だったんだよね。違うの?
    「創価以外の本尊なんかを拝むから不幸になる」というのが創価学会が創立以来言ってきたことだし、そりゃ日蓮もそれを根拠に布教や諫暁を展開してきたわけだ。学会員は世界中の人が創価の本尊を拝めば世界平和がやってくる。これが広宣流布なんだって信じてた。でも、去年、「どの宗派の御本尊も同じだぴょ〜ん」って言っちゃったんだよ。もうこれで創価は「日蓮の言うことだってウソぴょ〜ん」って宣言しちゃったんだよね。知ってる?おまけに「弘安二年の大御本尊がとくに三大秘法の本門の本尊ではないぴょ〜ん」とも言ったよね。アンチ日蓮にもほどがあるよね(笑)
    ジュンペイくんは、そのことについて「ああそうですか」って納得したわけ?じゃあ、今まで多くの創価学会青年部が青年教学で一生懸命学んできたことって「ウソぴょ〜ん」で済まされちゃったんだけど、それも何とも思わないのかな?
    「時代は変わるんだよ」でおしまいか?
    その宗教たるもの、そんなに本尊が変ってもいいの?それも「当たり前」なの?
    キリスト教でいえば「イエスは神の子じゃありませんでした〜よろしく〜」ってなもんでしょ。
    創価もそのうち「御本尊じゃなくて十字架に南無阿弥陀仏を唱えても効能は同じだぴょ〜ん♪」って言っても「ああそうですか」って信じるわけ?
    すると「ハクション大魔王にお願いしても願いは叶うんだぴょ〜ん」って言い出すかもしれないよね。
    だから訊いたの。
    「君がお題目をあげているであろうそのカラコピ曼荼羅は、君の願いを叶えてくれるハクション大魔王みたいなものなの?」ってね。
    ためしに君の御本尊に「御本尊さま、どうかあのクソシニフィエを黙らせてください」って祈ってごらんよ。
    え?もう祈ってるって?
    そうか、自分の気に入らないものを呪い倒すのが創価の正義だもんね。わかる。わかるよ〜。
    「打倒撲滅!ニッケ〜〜ン!」って、ふつうのおばさんたちが昼間っから集まってトランス状態になるまで呪いの呪文を叫び続けるんだから、そりゃ近所の人は気味悪いだろ。こんなの見て「キモッ!」って言ったからって、「そんな中傷は下劣だ」と言われてもねえ。正直な感想を言ってるだけだよ。

    で、私はご覧のとおり黙らせてないけど。ってか、もう絶好調だよ〜(笑)
    ジュンペイくんさ、今まで君が御本尊になにか願いごとして叶ったってことあるの?
    御本尊に願わなければ絶対になしえなかったであろうことっていうのを証明できるの?
    できないでしょ。どこの誰にもできないんだよ。
    人間、生きていればいいことも悪いこともある。だよね。
    それをたまたまいいことがあって、それを「おお!御本尊への祈りが通じた!すごい!やっぱりこの御本尊の力は本物だ!」って感動に打震えてただけなんじゃない?あの三人組みたいにさ。
    だから、創価のカラーコピーにお願いごとしても、ハクション大魔王にお願いごとしても、いいことがあったら「御本尊のおかげだ〜」と思うのと「ハクション大魔王のおかげだ〜」って思うのと、どこでどうちがうのかわかんないでしょ。証明のしようがないわけよ。本人がそう思えばそうなんだよね。
    で、実際に君のまわりにいる創価学会員がどれだけ幸せになってるか。つまり学会員と学会員じゃない人の幸せ度の違いがあるのか実感したことある?聞いた話じゃなくて、実際に自分が知ってる学会員さんが、そのへんの普通の人とあきらかに幸せになってるっていう状況があるのかな?ちなみにね、私のまわりの学会員さんは普通の人以下にしか見えないよ。幸薄そう〜だよ。うちの近所の地区婦は私が小さいころから知ってるけどさ。もう少なくとも40年は地区婦やってて、いっつも会合会合で忙しくて、ただ同然で何十年も聖教新聞の配達と集金やらされて、チーム池田が書いた書籍や民音のチケットを売りさばくのにウンザリしていて、ろくに家事もできないから家の中は雑然としていて、学会員が時間も関係なくどやどや上がりこんでくるし、毎年毎年財務で貯金ができるわけもなく、選挙となると君も知っての通り、交通費も電話代もみんな自腹で朝から晩まで公明党の票取りにかけずり回ってるよ。それが創価の言う幸せなの?絶対的幸福境涯?学会活動を40年やり続けて得た絶対的幸福境涯がこれなのか?それともまだ人間革命の途中だから、これからびっくるするような幸せな生活が待ってるの?「人間革命の途中」で癌で苦しみ抜いて亡くなった県婦人部長と、その息子は事業に失敗して無一文で夜逃げして行方不明になった圏男を知ってるけど、そんな学会員のことは組織内では誰も口にしない。みんな知ってるけど、組織内で言うのはタブーなんだよね。そんな都合の悪いことは言っただけでも罰があたるって思ってるから。
    結局さ、カラコピ御本尊に祈っても、ハクション大魔王に祈っても同じじゃね?ってこと。
    「創価に騙されたまま死んでいった学会員がたくさんいる」っていうのは事実であって中傷じゃないんだよ。その事実をジュンペイくんは見ようとしないから、簡単に「中傷」だとか決めつけて「話にならない」とか「ずれてる」とか平気で言えるんだよ。うちの父親も人生のすべてを創価に捧げて、突然死んだよ。母も子どもも死に目にも会えなかった。遺品を整理してたら家が二軒は立つほどの債務の領収書が出てきたよ。娘2人が嫁ぐ時でも父親は一銭もお金を出さなかった。その年にも数百万の財務の領収書が出てきた。娘たちは唖然としたよ。これどう考えても父親は騙されて死んでいったとしか思えないよね。
    うちだけじゃない。そんなことが何十年も全国であるんだよ。私が「創価に騙されたまま死んでいった学会員がたくさんいる」と言ったのは、そうした事実を言ってるんであって、でっち上げの中傷なんかじゃないってことぐらいわかってもいいんじゃないかな。
    ジュンペイくんには、なぜそれがわからないのかを考えて欲しいんだよね。なぜ創価が正しいという前提でしかものごとを考えられない人間になってしまっていて、さらに創価の批判を見ただけで、自分でも抑えられない怒りの感情が爆発してしまうのか。それはなぜなのか?ってことをゆっくりと落ちついて自分で考えてみてみないか?
    君が立ち上げようとしているブログに、そんな自分で考えたことを書くんだったら人は読んでくれるかもしれないよ。
    ただただ「対話を求めてはくだらんアンチのたわごとだ。退転した下劣な人間の集まりだ」みたいなこと書いて、いったい誰が読むんだっつ〜の?

  121. 皆様 こんにちは。
    大変興味深く拝見させて頂いております。

    私は学会2世であり、19歳で活動を始めて以来、学生部の幹部を経て最近まで男子部部長として活動しておりました。現在引越しを機に、冷静に今後信心を続けていくかどうかを深く検討しております。

    私がどの程度まで活動していたかと申しますと、聖教新聞やSGIグラフに私の体験が載ったこともあるぐらいなので、一線で活動していたことをご理解頂ける思います。学園出身者でもあります。

    私は現在、完全に活動に出ず(引越しでまだ掌握されておりませんので)勤行等もせずに、ごく冷静に信心の継続について検討しております。当面、学会や日蓮仏教を辞めるつもりはなく、その点で皆様とは違う立場となりますが、もし可能であれば実りある対話が出来ればと思います。

    私が皆様の意見を見まして感じたことは、「本当にそうだな」という点です。ほとんどのコメンントに対して理解できます。ただ現在のところ、脱会等には至りません。しかし可能性としては考慮しております。本当にあくまで自由に冷静に慎重に深く検討していきたいと考えております。

    前回のスレッドにありました、ジュンペイさんという方の意見はあまりにも幼稚なものだと感じます。私は例え、自分が今後一線の活動家として復帰したとしても、このサイトの有用性は感じます。このサイトは中傷などによって構成されるものではなく、真面目な学会員として活動を続けた人からの意見が多く、論理的にもまた感情的にも真に人間らしい意見が多いからです。

    皆様のコメントの中から共通して感じることがあります。

    まず退会に至った方は真剣に真面目に活動に取り組んでおられた方が多いのではないかということです。ゆえに役職の多さ、選挙の戦いにしても我慢し続けることが多かったのはないかと思います。

    次に私も含め、2世の信仰感というものが学会において大きく間違っているのではないかということです。私は幼少時よりとある病気で辛酸をなめました。なので性格としては余りに複雑な子供でした。それにより信仰を素直に信じるということはありませんでした。青年期に病気が再発し、その後活動家として一線を走りました。
    しかし、幼少期より信仰を素直に信じるということがなかった私でさえ、両親が熱心に取り組んでいた信仰に対して強い「タブー感」がありました。
    2世は自分で始めた信仰ではないため、「まず自分というものがあって、プラスアルファとして信仰始めた」というスタンスにはならず、自分というものを規定するものとして、自分の存在について強く縛り付けるものとして信仰を捉える傾向にあるのではないでしょうか。
    ゆえにずっと未活状態であるならともかく、活動家としてそのタブー感に恐れ活動を続けることの心身の疲労感は計り知れないものがあると思います。

    すいません、長くなりましたのでまた続けさせて頂きます。

  122. 創価のなかで、多くの優秀で才能溢れる人達が、知らず知らずのうちに創価学会に利用されているのかと思うと、改めて怒りがこみあげてきますね。
    その才能を創価なんかに利用されていなければ、世の中の為にもっともっと力を発揮できたはず・・・と支部や本部内でも想い浮かぶ顔が何人もいます。

    野路菊さん
    初めまして。
    アラフィフの元婦人部レモンと申します。
    年頃の娘をもつ同じ母として、娘が悲しむ姿を見るのはどんな理由であれ辛い事ですよね。
    幾つになっても、母の心は子どもの心にシンクロしてしまうものなのかもしれません。
    親としてはそっと見守る事しかできませんが、どうか元気だしてくださいね。
    手嶌葵さん、いい歌ですよね。
    ご存知かもしれませんがHYの「366日」も沁みます。

    ジャンヌさん
    私自身、この1年で(特に非活になってから)心が色々変化していきました。
    自分が覚醒した直後は、ものすごく不安定だったと思います。
    やっとの思いで創価の洗脳地獄から逃げ出す事ができたのに、家の中には強力な創価脳がいる。
    創価の事で言い合いになる度に、この人と一緒にいる限りは、私は一生心が安らげる場所はないんだとまで思い、主人の顔を見るのも口を聞くのも嫌になった時期があります
    今にして思えば相手を理解しようという気持ちも欠けていたけれど、自分自身の精神状態がまだ相手のマインドコントロールを解けるような状態ではなかったんだと思います。
    1世で30年弱のMC期間の私でさえこの状態なのに、生まれてからずっとMCされ続けてきた50代2世のMCを解くとなると、やはり仰るように専門的な知識が必要なのかもしれないですね。
    マインドコントール、色々調べて参考にしたいと思います、ありがとうございました。

    Piさん
    初めまして
    >あと、もう一つ、学会の『幸せ感』は、辛い階段を一つ一つ登るイメージですね。いつか、安穏の日々がやってくる。と

    本当にその通りですね。
    しかも一生懸命登れば登るほど、色々な重荷を背負わされていくので疲弊し疲れ果てるだけ。
    誰も頂上に辿りついた人など見たことないのに、下りることなど考えられなくなる。
    そして何よりここまで登ってきたのに、今さら下りれないという思い込み。
    幸せになりたければ、あれも背負いなさい、これも背負いなさい、そして自力で登れない部員さんも背負って登りなさいと常に言わつづけている。
    周りを見渡せば、みんな疲弊し疲れ切った同士ばかりが、休むことなく黙々と登っている。
    でも、勇気をだして休んで登るのをやめてみると、そんな階段を上っていたのは創価会員だけだったと気がついた。
    見えない山の頂上目指し、延々と登らされていただけなんですよね。

  123. 管理人様、ラザリス様はじめ他皆様
    昨年9月ぶりでご無沙汰しております。
    ここの掲示板でその時ご相談いたしましたポンポコリンです。

    突然ですが昨日ついに悪い予感的中してどこで嗅ぎつけて来たのか知りませんが前住所から100km以上離れてるのに訪問して来ました。
    その時丁度玄関先で作業してて誰か来る音してすぐ玄関閉めて小さい穴から覗いてましたが学会員の連中でしたので唖然としました。

    もちろん居留守にしましたがその後興奮して鼻血まで出る始末です。

    親戚も学会員な手前脱会するのにも躊躇してます。

    考えられるのはバリ活公務員自身がコンピューター操作じゃなくてしばらくはその役所との国保関係のやりとりもしなければならなかったのでその国保関係の職員にメモを頼んだとも考えられます。

    (家族の)携帯だと当時の大家さんに番号伝えただけですが、昨年末にその携帯に学会員から電話あって、誰にその番号聞いたのか?と家族の者が聞いたら大家さんからって。
    もちろんその携帯番号も解約しました。

    大家さんにも誰にも言わないで欲しいと念を押してたのにおそらく自分の身内とか嘘でも言ったのでしょう。
    まるで警察と同じで、自分は非活なのにどこまで追及して来るんですかね?

    弁護士とかにも相談してみたいけどはっきり言ってお金はないし、これ以上どうしていいか分かりません。
    ただでさえ今入居してるアパートでもトラブル続きで頭抱え込んでるのに追い討ちかけられたみたいに。

    長文お許し下さい。

  124. 以前書き込みさせていただいておりました2世の婦人部です。
    覚醒途中の以前の書き込みが恥ずかしくなり、しばらく書き込みできずにおりました。
    申し訳ないのですが名前を『あいす』と改名してまた参加させていただければと思います。
    名前を変えたので改めて自己紹介をさせていただきます。(書いてみたら長くなってしまいました。退屈な人は飛ばし読みしてください。学会活動家から現在にいたるまでの心境を綴っています)

    熱心な学会員の母と祖母を持つ2世として生まれました。経済的に厳しい中信仰を心の支えに一家を支えてきた母は今でも純粋に信仰に励んでいます。母は学会の信仰をまじめに頑張ってきましたが家庭をおろそかにすることもなく、地域の人からも信頼されているのでその母の姿を見てきた私は学会に一つの疑いもなく育ちました。地域の人たちも温かい人ばかりで未来部の時は優しいお姉さんにお話を聞いてもらったりしてたので、社会人になったときそのお姉さんに誘われて活動に参加するようになったのは自然の成り行きでした。女子部の部活は当時は御書の勉強に真摯に取り組んでいたので、そういう勉強会に参加して和気あいあいとするのはとても楽しかったのを思い出します。同時中継にも参加して最初はなんかちょっと変な感じだなぁと思ってましたがすぐにその雰囲気にも慣れて呑気に万歳三唱して喜んだりしてました。
    女子部になって1年で白蓮の話がきました。信頼する先輩からのお誘いだし、成長できると聞いて自己評価が低かった私は白蓮のお話を素直に受けました。
    白蓮になって守られる側ではなくて自分が会員さんを守る側にならなくてはいけないと意識がかわり主体的に活動に取り組むようになりました。そしてそれまで考えたこともない外部への働きかけもするようになりました。自分がまだ信仰に対する確信もつかんでいないのに外部の友人に信仰の素晴らしさを語るなんて出来ない!と思い抵抗がありましたが、この信仰は素晴らしいのだから外部の人にも縁をさせてあげるのは慈悲の行為だという前提での先輩からの押し出しがあり、それに対する明確な自分の考えがまだなかったのであまり考えるいとまもなく折伏活動をするようになりました。活動の目的が信仰の確信をつかむためになってました。そしてこの活動を通して自分が成長していけるのだと思っていました。
    白蓮で訓練を受け始めると今度は女子部の役職がついてきます。役職の話は断ってはいけないと言われていたので次々にくる役職の話に内心自分の信仰心が伴わないのに役職を引き受けてしまっていいのだろうかと自己卑下しながらも信仰心が足りないならせめて一生懸命やらせていただこうとただただ必死に活動に駆け回りました。立ち止まってゆっくり考える事など出来ませんでした。
    役職が上がるにつれて地元の組織を超えていろんな地域を見たりいろんな人も見てきました。地元で感じたようなアットホームな温かい組織ばかりではないということもわかりました。何よりも中央に近づくほど人情味も感じられない官僚的な感じを受けるようになりました。地元でずっと和気あいあいと活動してたら私は今でも活動家だったと思います。
    私は自分の学会への考えが固まらないうちに取り込まれていったので心の中で疑問や不満を抱えたりすることもなく言われるがまま素直に女子部時代を駆け抜けました。ただ、自分の信仰心が伴わないのに壇上で確信を持ってるように振る舞わなければいけないのがとても苦痛で、どうしてじっくり自分と向き合う時間をくれないのかそれだけが嫌でした。あと、結婚に関して女子部の幹部が干渉してくるのを目の当たりにしてたのでそのことについてもおかしいと思っており、自分が結婚するときには幹部には一切相談をしませんでした。
    学会1世の主人と結婚してからは、落ち着いた時間が持てるようになりましたがそれも一時期の事。女子部で幹部をしてたのですぐに役職の話がきてしまうのだろうと半ば諦めてはいたものの、自分で思っていた以上に活動漬けの人生が続くであろうことに絶望感に近い気持ちを持っていたことに気づきました。幸い子供が産まれたので副白百合長からのスタートでしたが会合に出るのがとても気が重くなってました。結婚してから主人のパソコンでネットをするようになってましたが、創価のことを調べたりすることは全くなかったです。
    あるとき主人を折伏した人のところにお邪魔したとき学会本部の男子部最高幹部の醜聞を耳にしました。組織的には一切聞いてなかった話です。先生に近いところにいる人でもヤマトモみたいな人物だって出るのだからその事に関しては疑問は感じませんでしたが、組織的にそういう不届きな輩を糾弾するような話も一切なかったのであれ?と思いました。
    帰ってからネットで会員に知らされてない不祥事がほかにもあるのかな、と軽い気持ちで検索をしてみたらビックリ!学会を誹謗中傷する(と当時は感じました)ありとあらゆるサイトが出てきたのです。こんなのを見てたら毒される!と思いすぐに閉じてしまいましたが個人の体験をつづったブログなどもあることを知り、学会を退転した人がどんな気持ちで離れていったのか興味があったのでそういうブログから読むようになりました。すると、学会でいろんないやな思いや理不尽な仕打ちにあって離れていった人たちが思ってる以上に多いのだとわかりました。でも自分はそういう事では学会を疑ったり離れたりはしないぞ、とも思いました。
    ところで、主人は自らこの信仰を選んで入会した1世で素直に信仰をしているほうですが一般人的な感覚でおかしな活動の事を時々揶揄したりする人でした。私はそんな発言を聞くと何だか恐ろしくなったりすることも度々でしたが(罰が当たらないかと思って)人として尊敬できる人なのでそれ程反発もせず徐々にそういう一般目線を受け入れていってました。
    そのころ公明党のことにちょっと疑問を感じるようになって、ある人に公明党への疑問を口にしたところ『それはあなたの信心がおかしい』と一刀両断されてしまいました。本当にそうだろうかと思い公明党について色々調べ始めました。すると公明党の在り方についてかなり疑問を持つようになりました。そして平野貞夫さんの著書を読んで確信しました。学会は一般庶民の為に政治をしているんじゃない!学会のため、それも一般会員の為ではなく学会本部(先生)を守る為に政治をしているんだと。学会本部は広宣流布の大事な要なのだから、守るのは当然ではないか!と思う人もいるのかもしれませんが、私はそうは思えませんでした。庶民を守るため、世の中を良くするためと信じて今まで嫌いな選挙活動もやってきてたし外部の人にとってみれば学会本部を守る為に利用されてたなんて迷惑な話じゃないか。先生を守るために庶民を苦しめる政策に妥協するなど許される事じゃない!と思ったのです。公明党が庶民のための政治をしてその為に学会が迫害を受けるならそれは喜んで立ち向かうべきだったのではないかと。
    公明党が庶民を苦しめる存在だと確信し、学会が公明党を信仰の名のもとに支援させている事に怒りを覚え、私は今後一切支援活動はしない!と主人に宣言しました。
    すると主人は『だったら折伏をしなさい』と言いました。私はそれを聞いてとても悲しい気持ちになり、『折伏って怒られてやらなければいけないものなの?』と感情をぶつけました。主人はすぐに謝ってくれましたが、私はその一言で支援活動だけではなく一切の学会活動をやめることにしました。それからは会合に一切出ていません。最初は罰が出るかもと不安もありましたが、世の中の為にならない活動をやめてそれで罰が出るならそれも本望だと思いました。
    でも不安な気持ちをどうにかしたくて本当に学会の信仰は正しいのだろうかと改めて調べてみようと思いました。それでも学会誹謗系の(誹謗じゃなかったのですが)サイトはどうしても見れなくて、教学系のサイトをむさぼり読みました。そこで日蓮本仏論の呪縛から解放され、学会の信仰は唯一正しいものだという勘違いに気づけました。罰の呪縛から解放されたのです。
    その次の呪縛は家族でした。中でも母親に知られて何と言われるかが怖かったです。今でも怖いです。既に私が活動してないことは知れているようですが、お互いその話には触れないのでどう思っているのかわかりません。もしその話になったら『身内同士だと感情的になってしまうからその話は○○婦人部長とするから』と言おうと思ってます。家族と直接対決して良い結果になどなるわけがないので。
    活動停止してから10年超えましたが、創価の呪縛から解放されて本当に良かった!鎖に繋がれたような人生から自由になれた!としみじみ幸せを感じています。
    公明党の昨今の動向を見ると怒りの気持ちが抑えられなくなりつつありますが、こちらのブログで思いのたけをつづらせていただいて、少しでも多くの人に気づいてもらえればと思います。
    こちらのブログは恨みつらみ愚痴、誹謗中傷のブログではないです。
    一人でも多くの人に気づきを与える貴重な場所だと思っています。
    これからもよろしくお願いいたします。

  125. 雪風さん
    お辛い中、本当にありがとうございました。解放された真実の心の叫びが、これ以上ない説得力で文章化されたことに心が震えました。
    池田先生のスピーチでは、特にカタカナを詰まりながら読む姿を何度も見ておりましたし、高尚な文章の合間に入るアドリブの下劣さとのギャップから、きっと原稿は別人が書いているものと疑っておりましたが、やはりという思いです。晩年はその代筆文章すら側近に代読させていたのですから、どこまで腐りきったペテン師先生なのかと思います。
    決して身バレのない範囲で、また追々お話をお聞かせいただけたらと思います。重ねがさねありがとうございました。

  126. 以前、新年勤行会の時にコメントさせて頂いたコングと申します。着々と辞める方向に進んでいますが、 人が悪いのかウオッチをして内心楽しんでおります。アレコレ悩んでいたのがウソみたいなんですが。
    テーマにそぐわないと思いますけど、
    最近感じるのは、今年のホーセンで定数が増え選挙区にも立てているのに勢いが感じられず、本当に静かと思います。
    皆さん、墓園の問題はどのように対応されているのでしょうか?
    バブルの時に母が購入して、父はそこに納骨しています。キネンと名のつくトコです。
    脱会は内容証明を送りつける、タイミングをみて思いますけど、墓園の権利関係はどのように処理されたのでしょうか?
    勿論、弁護士会などの法律相談も考えてはいますけど。購入した経緯やその他諸々がよくわかりませんので。
    勿論、母の死後に直面する問題と考えておりますが。
    ご教示願いたいです

  127. 雪風さん。
    勇気ある告白、ありがとうございました。感動いたしました。

    えらそうな言い方かもしれませんが、
    雪風さんが最初に書き込みをされたときから私は、
    「この人は、何かえらく大きな悩みを持ってるんだな」と感じていました。

    そうだったんですか。文芸部……。
    私も、学生部のときに文芸部でした。短期間ですが、部長(そのときの呼称では委員長)を務めていたこともあります。

    その後、社会人になり、男子部になって、
    文芸部出身の先輩から文芸部入りを誘われ、
    面接を受けたことがあります。
    面接官に暴言を吐いたとかで、入部できず、
    その先輩には迷惑をかけてしまいましたが。

    あのとき、文芸部員になっていたら、
    雪風さんと同じ苦しみを味わうことになっていたかもしれません。

    私の場合は、テープ起こしという仕事上で、
    チームイケダの捏造文書に加担することになり、
    後にパニック障害からうつを併発しました。

    この辺のことは、
    いつかお話しできたらと思いますが、
    守秘義務もかかわっていますので、なかなか難しいものがあります。

    でも雪風さんは、
    何のためかを知らされずに文章を書いて、
    それが利用されたんですから、ショックは大変なものだったでしょうね。

    モニカさんもコメントされていましたが、
    雪風さんの言葉は、本心の叫びであるがゆえに、力があり、皆さんの胸を打つのです。

    ノーテンキな活動家や、星飛雄馬バリに「おれは今、猛烈に感動している!」と自らに酔っているナルシスト三人組たちを除けば、
    雪風さんの言葉は、脱会に向けて悩んでいる、多くの人に勇気を与えたと信じます。本当にありがとう!

    今後はまた、
    あの軽妙洒脱な文章力で、川柳や替え歌をお願いしますね!

  128. はじめての方がどんどんコメントされています。
    ありがとうございます。
    一つのスレッドのコメント数が3日も経たないうちに100を超えるようになりました。
    とても私一人では対応できませんので、みなさんよろしくお願いします。
    私はコメントのできるだけはやい承認と、あとはそのときそのときの自分の思いを書かせていただきます。

    また、雪風さんの言葉はとくに多くの方に読んでいただきたいと思いますので、
    もうしばらくこのスレッドのままにさせていただきます。

    雪風さんの言葉をもってしても心が動かないとか、これまでも中傷と言い放つような人間は、それこそ「てめえら人間じゃねえ!たたッ斬ってやる!(by破れ傘刀舟)」ですよ。

  129. レモンさん、心温まる励ましのお言葉ありがとうございました!
    私もアラフィフでございます。親ばかです。
    レモンさんやジャンヌさんがパートナーの方と暮らしながら、マインドコントロールと対峙しようとされている対話を幾度となく拝読しております。娘も元彼とずーっと平行線の大喧嘩を幾度となく繰り返しておりました。「創価の話にならなければ、とても良い人なのに」と何度泣いていたことか・・
    初めて私がブログを訪れた過去スレで、祈伏されようとしている彼氏・彼女さんへ「どちらかが非学会員の場合、相当な覚悟が必要」とアドバイスされておられましたね。
    長い間の実体験から滲み出る言葉ほど、説得力のあるものはありません。
    皆様から色々な事を学ばせて頂き感謝しております。
    人と人との「対話」の大切さを心に刻んで毎日を過ごしていきたいと思う今日この頃です。

  130. くりかえし言いますが、
    >どんな世界でも、側近が仕事をサポートするなんて当たり前じゃないですか。
    >執筆を側近が手伝ったとしても、先生がすべて目を通し、手を入れて決済したのなら、先生が書かれたのと一緒でしょう?

    そんなこと末端が勝手に言ってるだけです。
    そうでしょ?
    いつ創価の中枢部がそんな公式発表しました?
    彼らがなーんにも言わないから、仕方なく末端が苦し紛れに代弁してるのがこれじゃないですか。
    中枢部の公式発表はこれです。

    「全部、池田が一人で書いてきました」

    ははっ!
    さすがに苦しいですよね(笑)
    どっかの芸能人の弁解みたいですよね。さすがに通用しない。
    だから末端が懸命に弁解してるんです。
    でもね、トップはこんなこと弁解になると思ってないですよ。
    実態は違いますから。
    決裁も何も丸投げですから。
    盗用ですから。

    「ばらしたら殺される」
    脅して口封じするだけですよね。
    それを告発することがどんなに苦しいか、彼らはそこまでコントロールしてます。
    そこを突破した雪風さんはどんな思いだったでしょうか…

    雪風さん、あなたの勇気にはここの書き込みが全面的に護ります。
    助けます。力になります。
    感謝しかないですよ。

  131. バリ活歴16年、非活歴15年、昨年11月に退会いたしましたレイラです。

    シニフィエさん、前々回くらいのスレでコメントありがとうございました。
    ずっとお礼が言いたかったですが、言うタイミングを逃しておりました。

    そして雪風さん辛い経験でしたね。
    でも勇気を出して語ってくださってありがとうございます。

    さて、今回のテーマ「私はこうやって心を持ち直すことができました。」
    私の場合はやはりここのブログの存在でした。

    心の休憩所でもあり、トイレでもあります。
    (あ、汚い意味ではないですよ。我が家はトイレはお花畑のようで居心地良く綺麗にしています)

    自分の人生で一番感動の涙を流した
    センセが来られた文化祭。
    あの事を人生の原点とし、何があってもあの時の事を忘れずにいこうと思ってました。

    引っ越してきた地域に疑問をもち非活になっていましたが
    (まあ、それだけではなかったです。学会は疑問もたくさんありましたが
    我見で考える事許されないですから)
    それでも「悪いのは学会の一部であって、イケダセンセは偉い人」と
    思っていました。

    でも、センセが全く表に出てこない。
    それが真実でした。

    元カレXに「レイラ家を救うのはレイラしかいない!」と
    「そそのかされて」入会し(本当は一番救わなければいけなかったのはX家(笑))
    一家和楽のため、そしてご本尊を守る為
    家族からのいじめや暴力に耐え
    傷つき、涙を流し、文化祭で見えた小さなセンセに
    「師匠との原点」と涙を流した事は一体なんだったのか?

    それは夢、夢の出来事
    幻・・・幻想の又別の世界だった。
    「人生ああいう時もあったっけ。」

    これからの人生
    心がラクになる為に必要だった出来事。
    脱会はその卒業式。
    (そう思わないとやっていけない)

    非活歴が15年たってたものの
    自分の特にバリ活時代の人生は間違いだったと
    認める事は勇気いりました。

    でも、軽く済んだのはすべてここのブログと皆さまのおかげです。

    「心のトイレ」で吐く。
    吐く時はしんどいし、勇気がいるかもしれませんが
    吐いたあとはすっきりして気持ちがいいもの。

    ひとつひとつ吐くことで
    身体の中にある不要物を
    軽くしていってます。

    そして「心の休憩所」で皆の投稿を読み
    うんうんうなづきながら休憩する。

    管理してくださってるシニフィエさん
    改めて感謝いたします。

    また色々と吐いたり休憩したりしに来ますが
    皆さまよろしくお願いいたします。

  132. 外部のホリデイズです。スレ違いですが、いよいよヤフーに
    イケダゴーストライターが。
    創価学会元職員の告白ブログが話題
    という表題で週刊朝日の記事がのりました。
    三人組は、相変わらず、イケダセンセイがただしく、今の学会はセンセイの意志に背いているなどとバカなことを言っていますが、イケダ書いたものが全部、代作と告白したのはえらい。
    それが、いよいよヤフーにも登場。
    dot.asahi.com/wa/201602100068.html?page=2

  133. 4回目のアンパンマンです。皆様、宜しくお願い致します。
    ジュンペイさん、新しいブログを立ち上げるそうですね。
    こちらに書き込みをされている皆様がご経験された、余りにも、辛く、苦しく、悔しい思いを
    どのようにご理解頂けていらっしゃるでしょうか。
    宗教でありながら、怒鳴られ、貶され、頑張らされ・・・脅された挙句には、使えなくなったら「ポイ捨て」です。
    (こちらに書き込みをさせて頂いても良いか、私には判断できないのですが)あえて、書かせて頂きます。ジュンペイさん、ネットで、「木更津レイプ殺人事件」と検索して、一度、この出来事をご覧になって下さい。

  134. ジュンペイくんは、「対話を求めて」を批判することに特化したブログをつくるそうだけど、
    ってことはこのブログを常に見に来るわけだ。学会員なのに。
    ダメよ〜ダメダメ(あの人たちどうしてるのかな?)
    そんなことしたら罰あたるよ(笑)
    これだけ多くの退転者と呼吸を合わせてたら、
    そのナムナムとかいう宇宙のリズムから脱線して、
    絶対的幸福境涯への道が断たれちゃうんじゃないかなあ(笑)
    もしかして……地獄に堕ちるぞおぉぉぉぉ(笑)
    ってか、そんなことやってる暇があるの?
    法戦はいいの?
    君の同志たちは選挙モードなんじゃないの?
    公明党の議席が減れば自民党は見放しちゃうんだよ。
    自民党は維新の会と協力して憲法改正やっちゃうそうだから。
    そしたら公明党は用済みだね。
    自民党が公明党を見放しても、自民党は今までどおりやっていける。
    でも見放された公明党は、今さら野党の仲間入りなんかできるわけがない。
    なにしろ裏切り者なんだからね。
    わかる?公明党は国会の裏切り者なんだよ。
    まったく信用ないんだからね。
    ジュンペイくんみたいな戦闘部隊が率先して選挙違反バリバリやってくんなきゃ
    公明党は勝てないんだからね。
    なにしろ学会員の数より公明党の得票数は少ないって言うじゃないか。
    学会員すら公明党に入れてないんだから
    うかうかしてらんねえぞ(笑)
    誰が見るかもわからないようなヘイトブログやってないで
    もっと公明票をかきあつめて憲法改正に突進しなきゃね。
    自衛隊を国防軍にしないと創価の目指す世界平和は実現しないんだろ。
    せっかく公明党のおかげで安保法制が4月に施行されて、
    自衛隊が胸を張って北アフリカや中東の戦場で戦えるようになったんだから、
    ここで一気に自衛隊を国防軍にできるように憲法九条をなくして
    緊急事態条項も成立させて、国会審議もしないで内閣総理大臣の一存で海外派兵ができるような法律をつくるんだろ。
    でもさ、公明党は今度の選挙に憲法改正を争点にしたくないのが見え見えだよね。
    でも安倍内閣は何が何でも憲法改正を選挙の争点にしたいらしい。
    とにかくまずは自衛隊を海外の戦場にバンバン送って、国防費もバンバン上げたいらしいよ。
    そりゃそれで儲かる連中が指図してるから安倍ちゃんは逆らえないんだろうけどね。
    で、そんな連中のために創価学会は全面的に自民党を支援してるわけだ。
    ジュンペイくん、わかってる?
    公明党を支援するってことは、安倍政権にやりたい放題させるってことなんだよ。
    いままで公明党の山口代表が安倍政権に楯突いたことある?
    いちおう形だけは最初に言うけど、結局は言いなりだったろ。
    あれデキレースだよね。
    「公明党は安倍政権のブレーキ役として政権につきます」と言った手前、
    最初はダダをこねたみたいなポーズをとるけど、
    最終的には完全に安倍ちゃんの言いなりになってきたよね。
    原発再稼働もそうだし、秘密保護法案も、集団的自衛権もそうだよね。
    これだけじゃない。公明党の謳い文句だった福祉なんかもうひどいもんだよ。
    もう老人は死ねといわんばかりのしめつけ法案をこっそり通してるのが公明党だよ。
    公明党は最初にブツブツ言っても、いざ法案を通すときになったら途端に右向け右なんだよね。
    公明党のどこがブレーキ役なの?
    アクセル踏んでるじゃん。
    そんな公明党を支援しているのが創価学会。
    ってか創価学会が公明党にそうさしてるっていうのが本当だよね。
    原発再稼働も、秘密保護法も、集団的自衛権も、みんな創価学会の法戦のおかげです。
    そして今度の選挙で自公政権が勝利したら、確実に憲法改正に突っ走るでしょう。
    そのときはどうする?
    万歳三唱か?センセー!我々は勝利しました〜!ってか?
    ジュンペイくんの子どもが成人するころ、日本はどうなってるだろうね。
    自公政権のおかげで日本はすっかりテロの標的となってるだろうね。
    やったね、ジュンペイくんはそんな日本を望んでるんだろ。
    じゃなきゃ公明党を支援する意味がないもんね。
    ここ数年、まったくなくても全然困らなかった原発エネルギーの再稼働も公明党のおかげです。
    福島の学会員さんも、公明党のおかげで日本はふたたび原発大国となりました。
    そればかりか、外国にまで原発を売り込んでいます。
    商売繁盛だね。景気もよくなるはずだ。大企業だけね。
    軍需産業と原発産業だけは潤うよね。
    それもこれもみんな創価学会員さんの命懸けの法戦のおかげです。
    だからジュンペイくんも、みっともないブログとかやらないで、
    公明党の支援活動やらなきゃ、日本に軍隊ができなくなっちゃうぞ〜。

  135. 外部のあかりです。
    20年以上前に学会へ入った弟がいます。
    今はそれぞれ家庭を持ち、離れてくらしています。

    雪風さん
    雪風さんの初登場を覚えています。
    ご自分のことを卑下しているような…
    そんな印象をもちました。
    壮絶なご経験とお気持ちは察するにあまりあります。
    どうか無理をなさらず、穏やかにお過ごしください。

    私の弟は、生まれたばかりの子どもを入会させました。
    何とか阻止しようとしましたが駄目でした。
    2世3世の方々のコメントを読む毎に心配でたまらなくなります。

    雪風さんの渾身の体験談を弟にも読んでもらいたいと思っています。

  136. ジュンペイ殿いろいろと
    若くて活力にあふれて、
    みんなの、役にたつ活動?言動?
    時々訳のわからないコメント。
    ありがとうございます。
    ある意味すごく感謝しています。
    池田君もさぞかし、良い弟子を持ったと
    喜んでいると思います。大勝利おめでとう。
    多くの人にいろいろ、考えさせていただける機会を
    与えていただき感謝の言葉しかありません。
    ぜひ、新たなブログにもこのような問題提起を
    与えていただけることを期待しています。
    活発な意見交換ができると良いですね。

    本当にありがとう。違った視点で、
    新たな意見を聞けることを楽しみにしています。

  137. コングさん
    初めまして、スマイルと申します。ご質問の創価の墓園の件ですね。
    私は、3年前に母、昨年に父が亡くしました。
    父は生前、創価の○○記念墓地公園でお墓を購入しているときいておりました。
    そこで、墓園の申込書や契約書が残っていましたので、そちらの方を読んでみました。
    かいつまんで言いますと、「お墓の使用権利を購入したので、解約しても一切お金は戻ってこない」と書いてありました。
    私が学会活動バリバリしていたら、父母を墓園に埋葬していたと思います。
    覚醒してから、結局はお墓参りがしやすいように、親戚一同が眠る念仏寺院の管理する墓地にしました。

    契約書が残っているはずですので、そちらの方を確認されたらよろしいかと思います。
    また、墓園に直接電話してお聞きになられてもよろしいかと。

    参考になりましたら幸いです。

  138. 雪風さん。。
    昨晩コメントを書いては消して、消しては書いて。。で結局投稿できませんでした。。
    とにかく読み進むにつれて手が震えてくるありさまでした。
    創価学会のやっていることの一端かもしれない現実に、ただただ空恐ろしくなりました。
    雪風さんは、きっとその後も多くの苦痛と困難に直面されたのではないか、と思いをめぐらせていたら。。どうか、ほんとうに無理なさらずに、いっぽいっぽでいいから、と願わずにはいられない気持ちになりました。徐々にでいいですから、この場でこころを軽やかにされていってくださいね。

    そして創価学会には、まだまだ他に闇の部署があるのだろう。。と確信しました。
    以前、広宣部の活動の一端をお話しされていた方もいましたね。
    みんな守秘義務を強要され、いのちの保証もないほどの恐怖に怯えて公言できないのでしょうか。
    でもいつか、きっと堰を切ったように、そのような創価学会の闇の悪ともいえる部分も公の下にどんどん晒される時代が来ることは間違いないとわたしは思います。

    そして、雪風さんにつづき、勇気のある投稿を切に願っております。
    いつまでも、こころの裡に重たいモノを抱えてることを卒業しませんか。。?
    自分のいのちを守るには、とにかく、晒す晒す晒す。。わたくしは、そう考えています。

    ポンポコリンさん
    怖ろしいですね、創価学会のネットワーク。。まるで、どこまでも追いかけてくるゾンビ、みたいです。でも、きっとそれは、ポンポコリンさんがただただ怖がって逃げているだけだからかもしれません。
    いちど思い切って、面と向かって対峙されてみては如何でしょう?
    自分は今後一切、創価学会と関わりたくはありません!とはっきり宣言する。
    そして、今後またこうやってコンタクトを取ろうとするのであれば警察に通報します。もう来ないでください!電話も困ります!!
    もし、これを言える勇気がまだないのでしたら、信頼できる外部の友人に来てもらって、そばに居てもらいましょう。でも、これは大事ですが、この意思表示は自らの言葉できちんとはっきり!と言うことです。他の人に言わせると、相手の学会員は、まだポンポコリンさんは、きっと違う気持ちなのに違いない。この友人にたぶらかされているのだ、くらいに考える言ってみれば図々しい輩ですからね。
    逃げてばかりいると、相手はどこまでも追いかけてくるものです。
    いちど思い切って、きちんと対峙しましょうよ。その覚悟があれば、もう2度と来ないとは思います。警察への通報もじっさい大事です。がんばって!応援しています。。
    そしてまた、ここに報告してくださいね。。みんな応援しています。

    あいすさん。。はじめまして、流れ星ともうします。
    とてもまじめなお人柄と拝見いたしました。。
    ちょうどわたくしが脱会した時期と、あいすさんが非活になった時期と同じであり、そしてわたくしが脱会にいたる原因となった公明党への不信感と同じような理由からと知り、とても親近感を感じました。

    わたくしは、公明党がいまの日本の社会を悪くしている癌、であるとはっきり気がついたので、いまは、このシニフィエさんのサイトが創価学会の現実を知る唯一の場であると思うので、ひとり拡散させていただいています。

    昨年末から、公明党の支援する地方選は、ほぼ勝利しているとのことです。
    創価学会は、時期選挙に相当の力を注いで安倍政権を支えていくつもりです。
    わたしのなかでは既に次期選挙でも自公政権が勝利するような気がして仕方ないのですが。。もし、そうなったら間違いなく、憲法9条は危ういものとなり、自衛隊も前線に戦争へ行く国防軍となることは間違いなく。。あらゆる形で徴兵制に関わることがなされていくでしょう。
    自分の子供たちや孫たちに、そんな日本を遺してしまっていいのか。。
    創価学会員、ひとりひとりに考えてほしい。。
    でも、無理だと思う。
    無知で無理解で無自覚な創価学会員により、いまの日本は崖っぷちです。
    創価学会員の組織票により、日本の70年続いた平和が壊されていくのです。
    なにが世界平和、ですか。。笑っちゃいますよ。
    あなたの支援する政治家、まさか人柄だけで判断されているわけじゃないですよね?
    あの二股だか、奥さんが妊娠出産中に不祥事を起こした政治家、よくよく聞くと創価学会が支援していたというじゃありませんか。。!?

    10年、20年、30年後。。
    2016年、自分はなにをしていたのか。。
    子や孫に恥じない自分でありたいと強く想います。。

    いまは戦前の日本と酷似していると多くの戦争体験者の知識人は語っていますよ。
    みなさん、その自覚はありますか。。?
    創価学会は、日本を戦争の出来る国へと向かわしめるために選挙活動をしているのですよ。
    もう、いいかげんに気がついてください。。

  139. ホリデイズさん、ありがとうございます。
    これですね。
    http://dot.asahi.com/wa/2016021700068.html?page=1
    普通ならイケダが姿を現さないことの疑問が、創価自体の疑問に繋がってよさそうなものなんですが、三人組はイケダを信じたいというよりも、自分の人生を否定されたくないという思いが津用のではないかと思います。

    同じアエラのサイトにこういうのもありました。
    http://dot.asahi.com/aera/2016022200093.html
    これも三人組と同じで、悪いのは一部の幹部であって、センセーは悪くない。
    つまりセンセーを信じる自分が正しいということなんでしょう。
    組織にいるかぎり、こうやって騙され続けるんですよね。
    組織から除名処分されても気がつかない三人組がいるくらいですから。

    人間、いかに自分の間違いを認めることがしんどいかってことなんでしょうね。

  140. 外部のホリデイズです。先程のヤフーの記事のアドレスが違っていました。正しくは
    dot.asahi.com/wa/2016021700068.html
    スマホからなのでうまくいきません。

  141. 今晩は。
    学会3世、今は未活の婦人部エビ杏です。
    シニフィエ様始め皆様の投稿が真剣でかつ内容がとても充実してて、仕事をしている上に読むのがとろい為、いつもテンポが遅くてずれた投稿ばかりになってしまって申し訳ありませんm(__)m

    先日久しぶりにアポなしで支部婦人部長が訪問でやってきました。
    お得意のアポなしですよ・・・
    そこでちらっと言われた事、
    以前、本幹同中は毎月ありましたけど、今は2か月に1度に間隔が空いたとの事。
    これは事実なんでしょうか?
    事実だとすれば、間隔が空いたという事は、やはり学会は少しずつでも衰退している証拠にもなるのかな?と。

    それと、長らく聖教新聞もずっと嫌々ながら取ってきましたけど、ネット配信がスタートしましたよね。
    それを機に、やっとネット配信を理由に、辞める事が出来そうです。
    ずっと無駄にしてきた聖教新聞の購読料。ヤレヤレです。
    でも、多分内部ではネット配信の事は言われていない様な気がします。
    やはり、学会の資金源が減ってしまうからでしょうね。

  142. 間違いを認める事は非常に勇気がいりました。

    家族からののしられても、殴られても、腹や顔を蹴られても
    熱いお茶を顔にかけられても、髪を鷲掴みされ
    引きずりまわされても

    「この信心が正しいとわかる時が
    必ず必ずやってくる。私が間違っていなかったて事が
    皆にわかる日が必ずやってくる。」と
    涙を流しながら歯を食いしばって耐えていました。

    でも、間違っていたのは自分だった。

    正しかったのは私に暴力をふるった家族。

    私がソウカを辞めたと昨年電話で伝えた時
    「わかった。レイラはそれでいいんだね。」
    「よく辞めれたね???(だいじょうぶ?ソウカはなかなか辞めれないのじゃないの?)」

    鬼のように私の入会を怒っていた父なんかもあっけなかったです
    「え?どうしたんだ?(何があったのだ?)???」

    誰も私を責める人はいなかった。

    私は家族を長年「魔」と思っていましたが

    家族はずっと家族でいてくれました。

    ソウカはやたら「敵だ!」「正義だ!」「勝利だ!」とか言いますけど
    敵って誰?ニッケン?共産党?ヤマトモ?ヤノ?タケイリ?

    あの方がたも人間。批判されたり中傷記事を書かれても
    「ハイハイ、そちらはそちらの道でがんばってくださいね。」では
    ダメなのでしょうか?

    流れ星さんのコメント
    >みんな守秘義務を強要され、
    いのちの保証もないほどの恐怖に怯えて公言できないのでしょうか。

    昔、センセの通訳をされていた方で
    覚せい剤使用で捕まった人・・・とても聡明で美しい方で
    そんな方が何故!?何故!?と思いましたが
    薬物を使用したくなるほど何か事情があったのでしょうか?

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ソウカを辞めたからといって罰もないです。
    その証拠に非活になり最期病床で
    私にソウカを辞めるように言ってた母の顔はキレイでした。

    人生いいこともそうでないこともあります。
    ジェットコースターがずっとまっすぐだったら面白くないですよね!
    下がったりあがったりする事をどうせなら声をおもいっきり出して
    目を開けて景色の変化を見て楽しんだ方が更に楽しめます!

    PS:3人組さん集会ももうすぐありますね(行きませんけど)
    センセから「集会の大成功お祈りしております。皆様によろしくお伝えください」と
    メッセージとパンと牛乳の差し入れは来るのでしょうか(笑)。

  143. 皆さんとても優しいですね(^◇^)
    表現悪くしますと
    「人生経験のまだまだ浅くて、たいした苦労もしていない頭でっかちの、まだまだケツの青い創価の青二才ごとき」に対して、「何とか覚醒してほしい!」との思いが感じられます(^◇^)

    創価のトリックなんて気づいてしまえば何のことは無いんですが、雪風さんの指摘されるように「死ぬ程のことがない限り気づかない」のでしょう。

    パクリの天才の継ぎ接ぎだらけのコピペ文章で感動していた自分が情けないです。
    聖教新聞の文章と雪風さんの文章の言葉のもつ迫力、全然違います。

    創価の活動家、どこに言ってもまた誰でも同じような言葉をしてました。関西から九州に引っ越した時も、同じような座談会、同じような会合でした。
    「金太郎飴みたいやなー」と感じてました。
    独身時代、ネパールに旅した際、たまたま男子部の会合に参加したこともありますが、カラコピ本尊と勤行も同じでした。
    日本のような殺気立った腐った感じはしませんでした。皆純粋に信仰活動しているように見受けられましたが。
    その後はわかりません。
    日本の学会員はカネと票集めのための単なるカモです。
    青二才さん、いつか気付いてねー

  144. 雪風さまの経験談を読まして頂きました。
    ありがとうございました。
    何度言っても言い足りないぐらいです。

  145. 流れ星さんコメントありがとうございます。
    逃げてるだけではダメなことは分かりますが本当に顔も見たくない相手です。
    今回の件で一層恐ろしくなりました。

    本来なら殴りつけてやりたいけど昨日来たのは婦人部の連中でしたのでそう言う訳には行かなかったです。
    今住んでるアパートもトラブル続きで近々結論も出るのでおそらくは出ることにはなりますが全く知らない土地にでも引っ越そうとも考えてます。
    相手も簡単にはいそうですか。と引き下がらないのは分かってるのもありますし。

  146. シニフィエさん、このスレッド凄い勢いで進んでいますね~!
    いつもブログの管理、御苦労様です。m(._.)m

    雪風さん、苦しかったでしょう、辛かったでしょう。(ノ_・、)
    勇気ある告発、本当にありがとうございます!
    雪風さんの告発は、多くの人の心を掴み覚醒させることができるでしょう。

    ボレロは、会長指導は全く信じていました。
    それまでも、人が考えたものだったとは・・
    人間ではありませんね!泥棒、盗人ですわ!(。・`з・)ノ

    雪風さんは、素晴らしい才能をもっておられるので他のところで生かされていかれたら、と思います。(^ー^)ノ

    せーやさん、そうですね。創価の人に出会うのは本当に嫌ですね。(/o\)
    地域でも、買い物してても出合いますものね。
    ボレロは、もう割り切るしかないか!と思っています。
    この間も、新聞と会合に誘われましたが、断りました。
    本当にしつこい輩です。(`ヘ´)
    余計な話しはしないほうがいいかもですね!
    お互い、気お付けましょう!(*^-^*)

  147. コバルト様はじめまして

    >退会に至った方は真剣に真面目に活動に取り組んでおられた方が多いのではないかということです。ゆえに役職の多さ、選挙の戦いにしても我慢し続けることが多かったのはないかと思います。

    いえ、そんなことはなく、私の場合は我慢とか疲労はなかったです。
    人間関係でもありません。
    信仰の在り方について悩んだとかそういうのでも全くありません。
    嫌になったとか疲れたとか、やり方が納得できなかったとかじゃないんですよ。
    単純にトップのインチキを知ったからです。
    教えがデタラメで、騙して金儲けしてるだけとわかったからです。
    シンプルにそれだけです。

    それまで創価からの情報しか見聞きしなかっただけで、それ以外の情報を読んだら、あらま!そういうこと!とあっさり理解しました。
    ネットを見て三日もあれば退会を決めるに充分でした。
    あとは、この明確な答えをいかに明確に伝えるか、これに心を砕いているだけです。

    創価を続けるのは心の持ちようとか、捉え方とか、信仰の仕方とか、そんなことは全く無関係です。
    論じようとも思いません。

    デタラメだから辞めなさい。
    詐欺だから辞めなさい。
    騙されてるから辞めなさい。
    これ以上は全く言うことがありません。

  148. 雪風さん、勇気ある告白、ありがとうございます。
    覚醒した時のような、衝撃を受けました。
    よく池田先生は、「私はたくさん本を読んでいる、皆さんもたくさん本を読みなさい」とか言う、指導もありましたよね。
    当時の私は、スピーチ内容が引用文ばかりだとしても、先生は読書家であり勉強家であり、先生が素晴らしいと感じたものを、学びなさい、勉強しなさい、とご指導してくださってる、素晴らしいことを何でも吸収することが大切、立派な人になるために。と高校生~女子部バリ活期には思っておりました。
    「皆さんは、どんな凄い大学よりも、最高の哲学を学んでいるんです」とか指導もよくありました。
    私、素晴らしい哲学学んでいるんだ!
    と目をキラキラ輝かせてました。
    私は読書もあまりしません。頭もよくないので教学もないので、文豪トルストイなんて知りませんから、先生のスピーチで感動し、まるで自分が本を読んだ気持ちでいました。池田マジックにかかってましたね。

    覚醒し頭ではゴーストライターによる原稿と知ったにしても、雪風さんの告白によって、時々訪れる創価への揺さぶりみたいなものを払い退けることができました。
    これで、二度と揺さぶられないことと思います。
    ありがとうございますm(_ _)m

    創価への揺さぶりは、両親と会うと起きてしまいます。土曜に両親がきました。
    覚醒した私を心配しています。悪魔が創価に戻れ~、両親が悲しんでる、ずっと信じてきたことを捨てるのか~みたいな、心の奥深くに問いかけられます。
    もう少し、両親には娘を信じてほしいな、と思います。
    「女子部時代一緒だった、Aさんいたろ?派遣で支部婦人長になってな、御書講義してたな、立派になったよ、旦那さんも活躍して、お子さんも会合に出てしっかり勤行してる、立派だよ」なんていつも言われます。
    立派、立派、何がどう立派?創価王国でしか通用してませんよ、と思いつつも、
    娘は堕落してしまったみたいな言い方されると、本当に悲しいです。
    創価学会の中で活躍することが一番の親孝行と刷り込まれ、悲しませたくない、一番の親孝行したいとの幼少頃の思いが、揺さぶりの原因だと思います。
    でも、すぐに創価王国になんて二度と戻るか💢と思うし、きちんと子育て、家族大切にしてますし、親不孝なこと何もしてません、と自分に言い聞かせ、両親の話は右から左、はい、はい、そうですかと聞き流すようにしています。

  149. 流れ星さんコメントありがとうございます!
    流れ星さんの書き込みを拝見するたびに考え方が似ている方だな、と思っておりました。
    公明党は日本の癌。本当にその通りだと思います。
    活動停止したばかりの頃は学会に対してそれ程憎しみを持ってませんでした。自分がついてけなくて離れたのだから、と。わだかまりなど持たないで学会の事など忘れて生きていくのが精神衛生上よろしいと思ってました。
    でも今は違います。公明党は影武者です。悪の本丸は学会です。
    信者からお金と時間を奪うだけでなく信仰心を利用して日本の政治までゆがめてしまいました。
    いま日本は戦争できる国になる一歩手前まで来ています。今度の選挙で支援活動をしてしまった人は後々悶絶するほど後悔することになるでしょう。(憲法改正に賛成の人は別ですが)
    学会の同志には何の恨みもありません。ですが学会という組織には激しい憎しみを感じます。
    純粋な学会員の信仰心をこれ以上利用するな!学会員の無知を良いことにおかしな政治思想を吹き込むな!個人の政治に対する考え方に干渉するな!
    ここを見ている現役学会員の皆さま。ここで繰り広げられている批判はあなた個人に向けられたものではありません。時に激しい言葉で傷つくような事を言われた、と感じることもあるかもしれません。でもそれはあなたを騙している学会本体に向けられたものです。あなたがあまりに頑なだとついあなたに向けて言葉が発せられる事もありますが、あなたを憎んでいるわけではないのです。どうか私たちの批判を問答無用にシャットアウトしないでよく考えてみてください。
    私たちの立場になって少しでも考えてみてほしいのです。

  150. つい熱くなりすぎて、溶けそうです。すいません(汗)

  151. すごい勢いでスレが進んでいますね(^_^;)
    書き込みした後で、ゆっくり読む事も多いので、
    反応がワンテンポ遅れる場合も多々ある、2世オッサンのコージです。
    パンダと猫と甘い物が好きです。

    cielさん、コバルトさん、初めまして、宜しくお願いします。
    マグさん、コメントありがとうございます~

    雪風さん、改めて読み直して、単なるゴーストの暴露などという話ではない、
    とてつもない内容で、私も色々と考えさせられました、
    本当に、苦しかったですよね・・・

    以前、雪風さんのコメントをいくつか拝見した時、
    この方はなぜここまで苦しんでおられるんだろう?みたいな気持ちがあったんですが、
    世の中には、ここまで創価に苦しめられた人が少なくないと知り、
    今、愕然とした思いでいます・・・
    こういう凄いお話までも読めてしまう、こちらのブログというのは
    もう想像を遥かに超えた貴重な存在になったんじゃないかという想いです。

    それにしても創価の闇って、恐ろしく深いブラックホールのようなものですね。
    一般の、子供騙しの詐欺事件がものすごく幼稚に思えてしまいます・・・

    もしかして創価の本部幹部や職員(聖教のライターも含む)というのは、
    創価は本当は金儲けだけの詐欺団体だと認識してはいるんだけども、
    会員を騙すために、創価の信心を本物の信仰だと「暗示」を掛けた状態で、
    日々の仕事をしているんでしょうかね?
    池田の師匠に対しても、創価の金儲けの長期安定のためだけに、
    本当の師匠以上の思い込みで自分自身に暗示を掛けていたのかも?
    もしもそうなら、他人へのマインドコントロールも
    「相手への思いやり」として嘘偽りなく直球で掛けられますし、
    非常に手の込んだ、恐るべき偽宗教団体と言わざるを得ません。

    宗教団体がすべてインチキだと仮定して、創価学会という所は
    まさに究極の宗教団体なのかも知れませんね。

    そう考えると、例の気が付かない3人組も、そんな創価に利用された
    哀れな戦闘員だったのかも知れません。

    仮面ライダーで、自分を作り上げたショッカーを最後まで讃嘆し、
    やられて爆発していく怪人みたいなものかも?
    ちょっと違うか?(^_^;)

    (  ̄(エ) ̄ ) 創価もクマったもんだクマ~

  152. 雪風さん、辛い中思い切って告白していただきありがとうございます。
    驚きでした。本当に。びっくりびっくり。
    何も聞かされずトルストイなどの文学の感銘受けた文章書いていた。
    それがある日デー作がそのまま読んでいた。

    これ、泥棒ですよね。版権とかの問題は?人の文章は引用するとき出典を書くのが筋でしたよね?それをせずにあたかも自分が書いたようにするって、泥棒以外の何物でもないです。

    会合で使わせてもらいますというのを納得の上、文章を作成したならともかく。
    何に使うか目的も言わず、何も知らされず、ある日突然、自分の書いた文章が同時中継で
    デー作が読んでいたら・・・・。
    ほんまに吐き気しまっせ。よ~我慢しましたね。心がかなり砕けたと思います・・・。
    思い出しても吐き気がするでしょうが、公開していただき、本当にありがとうございます。

    このスレのテーマとしては、私はまだ心を持ち直すことができてないのですが、
    しいて言えば、毎年何の縛りもなく(活動なんかの日程も気にせず、座談会週間に旅行したらだめとかそんなことも気にせず)旅行に行ってることで、自分が「自由に」「生きてる」と実感できること。その瞬間心の癒しになっている。また、ペットの存在も大きいです。今の子の前の猫の時は留守も多くて、寂しい思いをさせてしまいました。会合が続くとペットもかわいそうです。
    今の子は、くだらない会合で留守になることもなく、一緒にいてあげられます。

    しかし、数十年間、な~んにも得るものもなく、あほらしい日々を悔やむときは多々あります。
    モニカさんのようにあっさりできない私。(うらやましいです。私は粘着型なのかな?)

    ふとした時に、創価の活動や本(キョウガクやデー作の本、人間革命など)を読むのが忙しくて(当時はそれが最高だと思っていたからそれしかしてない)創価以外の書物の読書やキョウガク以外の勉強をしていなかったので、今、苦労している。
    私が創価にどっぷりはまっている間に、世間の私と同世代の女子は「課長代理」や「課長」に上がっている。私はもともと勉強嫌いじゃないから、もっと若い時に世間で通用するいろんな勉強やっておけば時間もあっただろうし能力的にも若いころのほうが効率がよかっただろうに。
    創価に入ってからやめるまでの間、いいことは全くありませんでした。
    いらぬ人間関係、自分の首を絞めるような忙しさ、財務ですってんてん、など。

    創価の活動をしんどいってバ幹部に相談したら仏道「修行」だからしんどくて当然だと言われた。なにそれ。

    まだまだ書きたいことあるけど、そんなこんないろんな思いをここで書き込み、心の整理させてもらえるのがとても助かってるから、ぶっ壊れなくて済んでいるのかと思います。

    次の目標は母です。高齢の母にはいまさらってところはありますが、私が思うに、うちの一家離散は創価の嘘つき曼荼羅のせいだと思います。家庭内の細かいことは書けませんが、母がいなくなったら私はきっと身内に殺されるでしょう。それほどいろいろあり、今は母がいるから守られているのです。
    あ~しんどくなってきた。中途半端ですが。ここまでで・・・。続きはまたの時に吐かせてください。創価なんて魔の住みか!あんな悪魔を信じるから一家離散やその他の不幸が起こるんです!はやくつぶれろ。ば~か。

  153. こんばんは〜piです。

    レモンさん、共感してもらえて、うれしいです。
    本当、学会の山は降りた者勝ちですね。『21世紀の山なんか登ってたまるか』です。{外部の方はご存知ないかと思います。『青年よ 21世紀の広布の山を登れ』というやたら長い学会歌があります}

    以前、聖教新聞に懐かしい顔が載っていました。橋口さんとか、色々。その顔面には、苦渋がにじみ出ていました。その写真を見て、つくづく思いました。やっぱ辞めて正解だったと。

    今は、本当ラク。この一言に尽きます。

  154. 最近思うこと
    つい先日、300万アクセスを突破したばかりだと思っていたら、
    その後、もう既に23万アクセスですよ。400万なんてすぐですね。
    創価学会からしたらここは 謗法の場所なのに、ますます発展しているという‥。
    創価学会の公式ホームページよりもアクセス多いんじゃね?と真剣に思います。
    学会も信者数と新聞部数を発表しているのだから、HPのアクセス数
    を公表すればいいのに。まあ、発表したところで2倍増しくらいに水増しするん
    だろうけど。

  155. 流れ星さん、補足ありがとうございます。「学会を守るために!」ってエネルギーを使っている方々、理由は何であれ今の日本で許される行為かどうか、その行為を別の団体の人がやっていてもOKなのか吟味してください。仮想外敵を作ることで、内部の矛盾に目がいかない様にしているだけです。「守る」私カッコイイ!って自己陶酔でストップしないでください。何れにせよ、後ろで糸を引いている人達はいざという時しらを切り通します。

    雪風さん、自分が書いた文章・自分の作品が突然目の前で他人の作品として披露される。そして、抗議や異議申し立てができない。……言葉が見つかりません。真実を教えてくださってありがとう。

    才能や肩書きを利用し尽くす。夫も私も折セミの人寄せパンダ的な部分を担ってしまいました。本当に悔しい!どなたかのコメントに「階段」の文字がありましたが、上がってると思ったら下ってるソウカの階段は騙し絵の階段ですね。

  156.  ここ数日の寒暖差に風邪を引いてしんどいなのキリコです。
    雪風さん、辛い体験の告白、ありがとうございます。文章からもその辛さが伝わってきます。辛い体験を語る、増してや文章にするということはそのときの辛さと向き合うということであり、まだ傷も癒えてはいないだろうと思うと、その勇気に敬意と感謝を禁じ得ません。
     告白して気持ちが少しは落ち着いたということで、私も少し安心しました。ゆっくりゆっくりと歩いて行きましょう。

  157. Kickeyさん、ありがとうございます。
    >モニカさんのようにあっさりできない私。(うらやましいです。私は粘着型なのかな?)

    いやでも私、巻き込んだ人については悩みましたよ。今も悩んでいます。
    このブログに書きこみを続けているのは、その人たちにメッセージを発信し続ける責任があるからです。

    ところでジュンペイさん他、学会員にはっきりしてほしいのは、いわゆるチーム池田のことです。
    最初は頑なにゴーストライターなど否定してたのにこれができなくなると、次は決裁があるなら先生が書いたも同じだの、師弟不二として先生と同じ心で書いてたらいいだの、そこまで啖呵きってましたよね?
    今度は何て言うの?

    池田は会員など自分の所有物であるかのように、「会員の才能は俺のもの」「会員の作品なら俺のもの」とばかり堂々と盗用し、公で使っていることがわかりました。
    これを創価では決裁と言うの?
    盗用っていうんですよ。

    そして活動家さん。
    あなた方は「池田先生のおっしゃることはさすがだ。すばらしい」と言ってましたが違いましたね。
    池田先生のおっしゃることではなくて、「他の誰かのもっと才能のある別人が言ってること」が素晴らしかったのです。
    あなた方はただ、池田の口から出れば「さすがだ」と思わされていたにすぎない。
    同じことを無名の誰かが言ったらどうでしたか?
    本当に話の内容が「さすが」なら、誰が言ったって「さすが」でしょう?
    でもそうじゃなかった。

    私は昔、池田のスピーチで「政治家や権力を持っている人は国民の公僕だ」と言ったことに対して、あまりにもまわりが褒め称えて、さすがは先生だと連呼するので言ったことがあります。
    「そんなこと他の人も言ってたよ。私この間、加藤シズエさん(加藤タキさんのお母さんで元衆議院議員)の本を読んでいたら、その人も若い時先輩にそう教えられたと書いてあったよ。なんで皆は他の人がいうとそこまで騒がないの?」
    まわりは一斉にスルーしました。

    池田が埼玉に来た、と思い込んだだけで埼玉の空がきれいに晴れ、埼玉の高速道路が空いたと本気で思ってしまう創価脳。
    池田ならば立ったり座ったりするだけでキャーキャーとなり、下手なピアノも名演奏となるんだから騙すのは簡単ですね。
    実際はそれを利用し、利用するものは盗んででも手にいれる男でした。
    それを否定するスピーチや書籍も盗用でした(笑)
    もうお話になりませんね。

    ジュンペイさん、学会員さん、きっちり反論してみてくださいな。

  158. コメントの数が多過ぎて、スマホだと最新のコメントにたどり着くのにいっぱいスクロールしないといけないので大変ですが、もうしばらくこのスレッドでいかせてください。よろしくお願いします。

  159. signifieさん、いつもお世話になります

    マグさん、
    こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。
    マグさんが、いつも私を見守って下さっているようで、とても心強いです。

    雪風さん、
    その後大丈夫でしょうか?雪風さんの文章力は、本当に素晴らしいですね。
    また替え歌や川柳も、お待ちしています。
    個人的には、アスキーアートもお気に入りです。
    特に、ゴキジェットプシュー (–)/占==3 がもう一度見たいです。
    ご都合の良い時で大丈夫ですので、お願いします。
    携帯からでは難しいかな…?

    コージさん、
    コメントありがとうございます。
    くまさんの顔文字可愛いですね!
    ロムしてる時から、コージさんの明るいコメントに元気をいただいていました。
    昨日、家の子供部屋で突然大きな物音がしたので、私も思わず「何?なになになになになに?」と鈴木奈々ちゃん風に叫んでしまいました(笑)
    彼女も明るいですよね~
    テレビ番組「騙された大賞」クイーン鈴木奈々VSキング中岡は超最高に面白かったです。
    お笑い番組を見て大笑いすることも、ストレス発散になりますね。

    ボレロさん、
    ありがとうございます。
    ボレロさんも、新聞や会合のお誘いがありましたか。
    本当に迷惑ですね…
    信じられません。
    私は、これからもなるべく会わないようにアンテナを張り巡らして外出しようと思います。
    この間は、私自身ちょっとボーッとしていましたので…
    油断大敵です。
    気をつけていきますね。

    皆さんのコメントを拝見していると、私も辛くなってきます。
    特に今回のkickeyさんのお話、心にしみました。
    ペットにもかなり癒されますよね。
    ペットって飼い主さんの気持ちをわかってくれていますからね。
    私もうちのペットに、いつも愚痴を聞いてもらっているんです。
    言葉は話しませんが、何か見透かされているような感じで見つめられています。
    とっくに寿命を過ぎていますが、できるだけ長生きしてもらいたいと思っています。
    kickeyさん、何もできない私ですが、応援していますね。

  160. 雪風さんのお話は貴重なお話だと思います。
    私はゴーストライターの話についてはどういう実態なのかよくわからなくて判断ができなかったんです。
    池田センセをサポートする『チームイケダ』的な部署はあるとは思ってました。あれだけ忙しい人が全ての著作作業を自分でやるのは無理がありますので。ただ、色んな古今東西の感動的なエピソードや偉人の言葉などの引用はあくまでも先生が自分で読んだものからピックアップして、ご指導の中で引用するには正確に記述する必要があるからその部分を口頭で指示してチームイケダに原典を当たらせて抜き書きさせてそれを引用しているのだと思ってました。そういうサポートならアリだと思ってました。
    ところが雪風さんのお話によると全く違いますよね。
    チームイケダに本を読ませてそれぞれに感動した部分を書き出させて論文みたいに完成されたものにちょっと自分の言葉をくっつけたり言い回しをちょこっと変えたりしてそのまま使う・・。
    自分で読んだわけじゃないじゃん!他人の感性を利用してただけじゃん!
    っていうか、そもそも引用が多すぎじゃん!
    そしてせっかくの感動的なエピソードも結局は『だから正義は勝たねばならない!』『悪は徹底的に攻め抜け!』的な話に結論付けするために利用してるんですよね。
    本当に素晴らしい師匠なら、弟子に書かせたレポートをその弟子本人に発表させてくれると思いますよ。そして『私もその部分に感銘を受けたんだよ。そして私はこう感じたんだ。』と一段深い話をされる・・・。そんな場面を見た事ありますか?ないですよねー?
    本部幹部会の同中なんか見てると、古今東西のいいお話を引用しまくってるのは先生だけで、あとの人はそういう哲学的な話は一切ありません。多分そういうのは許されてなかったのでしょう。『師匠より良い話をしたらダメ!』みたいな感じでしょうか。他の人に許されてるのは先生のスピーチか、大聖人の言葉からの引用くらいだと思います。だから話に深みがない。
    それも今思えば先生神格化の手段だったんだろうなぁ。少なくとも先生一人でやったわけではなく、誰かブレーンがいてそういう演出を考えてるんでしょうけど。先生は自己顕示欲が強いから気持ちよく乗せられてたんでしょうね・・・。
    何か改めて書いてみると最低な人だなぁと思います。
    大体、他人に書かせた文章を自分の名前で発表してそれが後で書籍化されたら印税は全部自分の懐に入ってきますよね。がめつい!

  161. 素直な人・洗脳の浅い人は、雪風 さんの 2016年2月21日 19:18
    >では、本筋に進みます(長文です)~

    を、読まれただけで“創価の本質”が理解できると思います。

    ジュンペイ さん  2016年2月20日 09:09
    >もちろん、ルールさえ守っていただければ、こちらの常連さんも参加可能です。
    >2週間後くらいを目標に稼働を開始しようと思います。よろしくお願いいたします。

    と、予定されてるようですが、>「対話を求めて」というブログを正当に批判するためだけを目的とした……と云う以上、少なくも
    「シニフィエのブログスタートです。 投稿日: 2011年12月6日」。の最初のスタートから「私はこうやって心を持ち直すことができました。 投稿日: 2016年2月19日」迄。
    最低でも、コメントを含め、通しで一回。“正当に評価する”には、間違いが無いように、出来れば2・3回読んでから、最初の書き込みをアップされたが宜しかろうと老婆心ながら申し上げておきます。(読み通す内に覚醒する筈)

    おそらく創価会員の方も「対話を求めて」、を5割方読まれた段階で半数の方が、8割方読み通された方の8割方が覚醒されると思います。全部読了された方の90数パーセントの方が覚醒されるんじゃないでしょうか?。(例外のない法則は無い!そうな)

    >以前、白いブランコさんという現役の地区部長さんがここで真摯な対話を試みられました。(それはこのブログの2015年3月4日のスレッド「白いブランコさんとの対話」と3月16日「白いブランコさんとの対話 2」)
    し・か・し  >ひと月ほどでほとんど空き家状態となってしまいました。

    白いブランコさんの場合は、ここの常連さんの方も「何とか覚醒して欲しい」。という思いから「創価ルネサンス~創価学会改善活動~」を訪れておられたようですが、結果は?
    白いブランコ  2015年07月23日 21:52
    >6月の初旬にライン役職の1つ上、2つ上、3つ上の長の方々と話をいたしました。
    >約1月前にライン役職の4つ上の長の方と話をしました。
    >抽象的な文章で済みませんが、結論としては組織活動からは離れます。

    私は、真面目(過ぎる?)な白いブランコさんがその後、鬱その他ガックリ病で腑抜けの様に成ってるのじゃないかと心配しております。

    ジュンペー君の「ルールさえ守っていただければ、こちらの常連さんも参加可能です」の、上から目線に誰も相手する暇人は居ないと思いますよ。

    参院選を目前に、創価中枢から見たら一番の“がん細胞”の「対話を求めて」です。
    何とかして潰したい。という事で「ジュンペイブログ」へ誘導し、……
    シニフェさん始め常連さんも「承知の介」だと思いますが、少なくも参院選までは、誰も訪れない方が良いでしょう。尤も3か月と持たないでしょう。残念。
    もしジュンペイブログが立ち上がったとしても、「対話」で感想スレッドを立てればそれで済みますし。池田廃人(ハイト?)とはいえ。騙しのテクニックは引き継いでいるでしょうし?。難儀やな~

  162. 非活のジンジャーです。

    日々すごいコメント数ですね。

    雪風さん
    はじめまして。貴重なお話、ありがとうございました。今もまだ雪風さんのお話が胸に突き刺さっています。信じれないくらいショックで、許せないことですね。どんなにかお辛かったかと思います。
    私はなぜこんなに池田先生を師匠とし、リスペクトしていたのか、今はよくわかりません。小さい時から、母や学会の人に「池田先生はすごい人なんだよ」とずっと言われてきて、新聞のスピーチや人間革命などの書籍を読み、自分で勝手にイメージを作り上げてしまったのかもしれません。極めつけはS短大の理事、学生部長からいかに創立者が偉大であるか、植え付けられたことかと思います。
    池田先生と直接話したこともないですし、本当はどのようなお方なのか知らないのに勝手に師匠と崇めてしまったんですね。。真実を知ってすごく悲しい気持ちでいっぱいです。
    ただ昔から変だなと思ってたのは先生のピアノ演奏です。自分はピアノをやっていたので、やはり先生のピアノ演奏はおかしいなぁと思ってました。どう聞いてもメチャクチャに弾いてるとしか思えないし、心に響くもの、感動が全くありませんでした。なんでみんな先生がピアノ弾くとあんなに涙流して喜ぶのかわかりませんでした。。
    あとS短大で記念撮影した時も、先生のスピーチがありましたが、「恋愛しちゃダメだよ」とかちょっと下世話な話が多く、18歳の私には衝撃的な内容でした。そのときトルストイとかキュリー婦人の話とか偉人の話はなかったです。
    それにしてもショックな話をですね、、、、。
    全てがアホらしくなってきました。。

  163. こんにちは
    雪風さん、勇気をふるっての辛い経験の告白、いや告発ですね。読みましたよ。
    池田のドヤ顔から発する心魂の腐りきった詭弁と、純粋な会員の心を支配するためなら何でもありの詐欺❗の創価、悪の頂点から転げ落ちるのは時間の問題。
    過去の経緯から秋谷、原田は池田に対して怨み積年。痴呆の池田を利用してさらに財務を煽り、海外送金して財産確保、最後はとんずらするつもりか?

    阿部よりも先に死ぬことが許されない池田。罵倒されてきた池田の最後を見届けるまではなにがなんでも死ぬことが嫌な、執念の秋谷。それに連なる中枢の金の亡者たちめ。ぷんぷん(笑)

  164. 以前、バリ活の両親のことについて書き込みしておりました、3世で現白ゆり長のなつです。(バッチリ覚醒済☆)

    最近はずっとロムっておりましたが雪風さんのコメントに衝撃をうけ、久しぶりに書き込んでみました。

    本当にすごい話です…。
    覚醒したつもりなのに、何故かショックで震えました。
    「先生は今もお元気で執筆活動に忙しい!」と目を輝かせながら話していた両親に聞かせてやりたいです。
    …まぁネットの情報だから、と聞く耳持たないのでしょうね。

    大勢の人生をめちゃくちゃにした創価が憎いです。
    もっと創価の実態を世間に晒してほしい…。
    もっともっと多くの方に、こちらのブログを読んでほしいですね。

    しかし残念ながら、私の両親は覚醒出来なさそうです。
    私には婚約者がいるのですが、相手が未入信のまま籍を入れる事を伝えると縁を切られました。
    一昨日の話です。

    創価を信じない男と結婚は許さない。そんな娘に育てた覚えはない、と。
    池田先生は親孝行しなさいと指導しているのに、なぜ親の嫌がることをするのか…

    こんな理由で親子の縁が切れました。
    信じられますか?
    でも、これが創価脳の姿です。
    家族の絆は信心の条件付き。ショックでしたね…。

    でも!これで学会活動とオサラバできそうです(*^_^*)
    今までは同じ地区で親が幹部をやっていたので、無理矢理活動していました。これからは親の顔色を伺いながら活動しなくてもいいので、夢にまで見た(笑)未活にやっとなれます!
    まぁ、いろいろ複雑なところもありますが…。

    創価で悩んだ時、いつもこちらのブログを読んで心を持ち直しています。
    本当に本当に本当に救われています。

    これからも、どうぞよろしくお願いします。

  165. こんにちは。外部の野路菊です。
    雪風さんの心の底から絞り出すような告発を
    拝読し、「こんなことがあって良いのだろうか」
    と外部の私でさえ衝撃を受けました。
    そして、こちらに集う皆さんが雪風さんを支えようとしていらっしゃる姿に心打たれます。
    以前、シニフィエさんのご家族のご苦労や恋のお話にも涙いたしました。
    本当にもっとたくさんの人に知ってもらいたいです。

  166. こんにちは。
    二世で退会済みのマコです。

    同時中継が始まり、生センセーのスピーチを聞いた時、
    伝え聞く話や著書などから受けたセンセのイメージと随分違うなと大きな違和感を感じたのを覚えています。

    センセの著書では心に響くものもありましたし、人革では師弟の話など涙して(ここですっかり騙され)感銘を受けたりしました。

    しかし、本幹でのセンセは、ちょっと品がないような気がする…笑

    話もよくわからなかったので、
    後日新聞に載るスピーチを読むと、別もののように雰囲気が違う。

    無駄話がカットしてあるせいかと思っていましたが、
    本人の言葉ではなかったから、本人の印象とスピーチが乖離していたんですね。

    どこまで他人を利用しまくるのでしょうか。その全てが早く明るみになってほしいです。

    テーマについてですが
    覚醒したのは2年前です。それまで創価についておかしいと思うことは沢山あったけれど、まさか悪どい団体とは夢にも思わず、人生最大級のサプライズでした。
    すでに非活が長かったですが、勤行は続けていたので、
    信仰をなくし虚しいような大きな喪失感もありました。

    私は、非学会員の夫や義母に話をきいてもらいました。自分の気持ちなどより創価に関するいろいろな話を。
    創価に関心はなくても、闇に隠されていることやお金に関することは興味津々に聞いてくれました。笑
    たまに盛り上がることもありました。

    あとは、普段手に取らないエッセイなどを読みまくりましたね。

    人生経験の長い方の(創価脳ではない)人生観に触れるのは新鮮で、創価脳が洗われるようでした。

    104歳の日野原重明医師のエッセイは今も繰り返し読みます。
    長い様々な経験から発せられる自然体で豊かな言葉は心に沁みます。
    (ちなみに、日野原先生は敬虔なクリスチャンのようです。)
    昨年、安保法制への反対も強く訴えておられました。

    退会して1年半。
    いつの間にか、心の喪失感はなくなっていましたが、まだ心がザワザワすることはあります。
    創価への強い憤りは消えませんし。

    こちらに寄らせてもらって、気持ちを整理したり、共感して慰められたり、力をもらったりしています。

    シニフィエさん、休憩所を作ってくださって、本当にありがとうございます。

  167. 話変わりますが…
    次の選挙で創価を勝たせない簡単な方法があります。
    票を頼まれたら、「露骨に嫌な顔して」「きっぱり断って」そして「二度とそんなこと頼みにこないで!」とはっきり言って下さい。
    そして(ここが重要ですが)何食わぬ顔して、満面の笑顔で話題を変えます。
    その後もニコニコして変わりなくお付き合いを続ければ角は立ちません。

    ともかく選挙に対しては、いいですか。露骨に嫌な顔して「二度と私にそんな話しないで!」
    ですよ。
    入れないでも「適当に相槌ってハイハイ」
    これが彼らを元気にさせるのです。
    悦びいさんで「よっしゃ!次行こ!」になるのです。
    「やったね!やっぱり御本尊様はすごいわ!」になるのです。
    このように適当にかわすと、相手を喜ばせ士気を高めさせてしまいます。
    勝手に「笑顔で入れると約束してくれましたーーー!」ということにされ、華々しく会館で発表され、それを聞いた人をやる気にさせてしまうという「カルト喜ばせ罪」という罪にすらなります(笑)

    明らかに報告にできないリアクションだった(泣)
    戦意喪失で倒れてしまう(*_*;
    消えたくなった…
    そうやってダメージを与え、彼らに一票も取れない(報告できない)現実を味あわせてください。
    あんなに題目あげたのにダメだった…
    諸天は護ってはくれなかった…

    下手な鉄砲、数撃ちゃ票になるのです。
    鉄砲を撃たせてはなりません。
    皆さん、はっきり冷たく断ってください。
    「入れないのにここではいって言うのは失礼でしょ?だからはっきり言うね」
    そういう言い方でもよいです。

    今までの曖昧なスルーが、どれだけの学会員を厚顔にさせ、図に乗らせ、鈍感にさせ、頭をわるくさせたことでしょう。
    これ以上曖昧に対応すると、彼らは完全なクルクルパーになってしまいます。

    このコメントを読んで賛同くださった方はどうかご協力ください(_ _)

    PS
    なつさん、お久しぶりです。
    大丈夫です。それはそれ、これはこれです。孫でもできたら元に戻りますよ。

  168. 皆さん、本当に沢山のコメントを頂きまして、誠にありがとうございます。

    皆さんの真心のこもったコメントに対しまして、お一人お一人に御返事を差し上げられない非礼を、お許し下さい。

    思いの外、反響が大きいので、多分、文芸部というセクションの存在自体にも、賛否両論あるのかも知れません。

    超巨大企業の食品偽装や薬物の重篤な副作用を告発したような気分でした。

    毒が混ざっている食品など、これからは食べなくていい、飲まなくても大丈夫だからとの思いでの発言でした。

    ……ですが正直、大変に複雑な気分でした。

    似非宗教団体の作り上げたカリスマを、何十年も心から信じてきた方たちに、紛れもない事実を言うという事は、時にとても残酷で、言う方も聞く方も、憤懣やるかたない失意の念に苦しむ事にもなりますし。

    でも、結果的には、告発して良かったのだと自分自身に強く言い聞かせています。

    まだまだ、お話したい事はあるのですが、いかんせん、なかなか気持ちが安定せず、申し訳ありません。

    一先ずは、失礼致します。

    又、後ほど必ず参ります。

    雪風 拝

  169. こんばんわ。
    外部の雑草です。

    雪風さま、大変お疲れ様でした。
    お気持ちが安定されないのなら無理せず、
    いったん創価のことやこのサイトのことを、考えずに離れてみるのもひとつの手かもしれません。
    無理はされず、今はご自愛ください。
    どうか、少しでも安らげる 楽しい時間をもたれてください。                

  170. レイラです。

    >なつさん
    池田先生は親孝行しなさいと指導しているのに、なぜ親の嫌がることをするのか…

    なつさんが幸せに、幸せになる事が
    本当の親孝行です!

    私はバリ活女子部時代
    バリ活男子部と結婚する事が幸せと思っていました。

    外部の男性と交際する→反対される→本人がんばってても会合行きにくくなる
    →生まれてきた子供も「お父さんが信心ダメだっていうもん」と未来部にもでない
    →そして本人だんだん非活になる→今はいいけど、だんだん地獄いき
    →だから外部との結婚は幸せになれない

    こんな方程式を刷り込まれていました。

    私は外部の男性と結婚しましたが、とっても幸せです!
    もちろん価値観の違いや経済的な事などで離婚の危機がありました。

    でも、信心しててもしていなくてもそれはあることでしょう。
    学会員全員が離婚せず、お金に困らず豊かか?そうではないですよね。

    私は主人に「二人で一緒に乗り越えようよ」といい
    更に絆が深まりました。もちろん日常でささいな夫婦げんかもありますが、
    健康で笑っていられて、幸せです。

    私が父に紹介したい人がいるのと言った時に
    信心猛反対の鬼だ、魔の存在だと思っていた父は電話でこう言ってくれました。

    「あなたがその人と結婚して幸せになるのだったら、そうしなさい。
    あなたが選んだ人なんだから、私は何も言いません。
    子が幸せになるのが親の願いです」と。

    (↑オヤジィ~と心の中で泣きました)

    なつさん!
    外部の人と結婚すること
    最高の親孝行だと私は思います。

    私に暴力をふるって信心を反対した母。
    母の非活が我が家の不幸の始まりと思っていましたが
    そうではなかった。母は家をまもってくれた。
    それに気づいた時はもう母はいませんでしたが。

    最愛の婚約者さんと一緒になって
    幸せになってください。

    色々と勝手な事を書いてしまいまhしたが
    ついつい伝えたくって・・・おせっかいお姉さんからでした。

    >雪風さん!

    わかりますわかります。(こんな簡単な言葉で申し訳ございません)
    私がここに初めて投稿した時でさえ
    「これでよかったのだろうか・・・」
    ご本尊を学会に郵送した時
    からっぽになった仏壇を見て「本当にこれでよかったんだろうか・・」と
    思ったものです。

    私はここのブログで感じたことを書くことによって
    ゆっくりゆっくり心のリハビリをしました。

    少しづつ、少しづつでいいです。
    吐きたくなったら思いっ切り吐いてください。
    ここの皆は(あ、たまにウ●コタレがきますけど・・)
    雪風さんの仲間です。

  171. 雪風様
    読ませていただきました。過去は変えられないとしても、未来に育ってゆく幼い人たちの為に、大変意義のある告白だと思っています。
    幼稚園も存在するのですから。一刻も早く気が付いて逃げて。そう願っています。

  172. 学会3世のおんです。
    昨年9月頃から未活です。

    スレ違いかとは思いましたが、出来るだけ早くに報告したいなと思い、コメントいたします。

    結論から申し上げますと、私事ではありますが、2月21日付けを持ちまして晴れて脱会することができました。未だに実感はありませんが、ここまでの経緯を少しだけ書きたいなと思います。

    辞めるきっかけに至ったのは親の身勝手な行動です。
    昨年9月頃から学会に対する疑問を考え、こちらのブログにたどり着き、読み漁り、未活になりました。12月には新聞も辞めることができ、御本尊も置いてないし、実質脱会したも同然だなと、安心していました。この時、離れて暮らしている家族には未活だということは打ち明けており、メールなんかで池田D作さんの言葉なんかを送ってくれたりしていました。しかし私の脱会する決意は固まっており、親には申し訳ない気持ちもあったのですが、親にとっての良い返事を返してあげることもできず、そうなんだとの一言ぐらいしか返してあげることができませんでした。親不孝といえば確かにそうかもしれないのですが、子にも考えがあり、尊重をしてほしいなという想いがありました。

    今年に入り、脱会を本格的に考えていたのですが、ここはしっかりと親と直接会い、話をしようと思っていました。もちろん自分の意思を変えようとは思っていませんでしたが、それを伝えてから脱会をしようと考えていたわけです。なんとなく勝手にこっそりとやめてしまうのは嫌だったんですね。創価が、アポなし訪問やったり、オートロック付きのマンションに裏口から入ったり(当時の先輩に連れられ、鍵がかかってないから入ろうとなりました。これってやばいですよね)、イエスと答えるまで家に帰してもらえなかったりと非常識だったので、私が親に伝えずに隠れてやめてしまうことにずるく感じ、ちゃんと手順を踏もうと思っていたんです。

    しかし最近になり、親から連絡がありました。
    「新聞入れるように組織の人に伝えておいたから」
    このメールを見た瞬間、親に対しての怒り…というよりも、創価に対しての怒りがガアーッとこみ上げ、血管が1、2本破けました。

    私の了解も得ずに、勝手に新聞を入れる手続きを取っていたことに、ふざけるなって話です。そんな結果だけを言われ、はいそうですかとはいきません。腹が立ち、脱会した後は家族とは今までと同じ関係ではいられないなとか、裏切るようで申し訳ないなとか、いろいろ思ってましたが、そんなのは関係なくなりました。ありがたくも向こうがそれを崩してくれたお陰で、すぐに辞めようと思い、本部に脱会届けを送り、創価から抜け出すことができたわけです。

    なんだか愚痴を言ってしまい、シニフィエさんのブログを汚してしまったかもしれません。申し訳ありません。またこのコメントを読んでいただいた方の中にも「なんだ、ただの愚痴じゃねーかよ」と不快に思わせてしまったかもしれません。申し訳ありません。

    とにかく、脱会できましたと一言言いたかっただけなのです。
    まだ親には脱会をしたことを伝えてないので、今後どうなるかはわかりません。怒り狂って幹部とともに家まで押しかけてくるかもしれません。電話が鳴り止まない日々が続き、メールも気がおかしくなるくらい送られてくるかもしれません。そんなことを考えて不安になるばかりです。

    このブログを自分自身のために利用してしまっているようで申し訳ないのですが、改めてすごくいいブログだなと実感します。不安がある今でも、心安らぎます。そんな場所です。
    シニフィエ様、皆様に感謝しても仕切れません。本当にありがとうございます。

    もしまた何か進展があれば報告しますね。

    今後ともよろしくお願いします。
    長文失礼いたしました。

    雪風さん
    コメント読みました。創価はこんなことまでやっていたのかと驚きました。怒りが収まらないですね。また同時に、私自身、辞めて正解だったと感じることができ、本当に心の支えになっています。ありがとうございます。

  173. こんにちは〜piです。

    凛々子さん、

    私の母のセリフかと、思いました。創価の母は、全国共通ですね。他人と比べて我が子をコントロールしようとする、達人です。

    一度、母に、「私はあなたが望むような人間にはなれない。もう、無理なの」と悲痛な心の叫びを発したことがあります。共感して欲しかったんです。子どもの頃からありのままの自分を受け入れてもらえなかったから、せめて一度でいいから私を認めて欲しかったんです。でも、やっぱり無理でした。私に共感することは、謗法だからでしょう。もう3年以上会っていません。

    なつさん、

    私も、池田先生出席の会合で、言われましたよ。繰り返し何度も、『親孝行』って。
    その時は分からなかったけれど、『親孝行』って結局のところ『依存』を作り出しますね。『創価家族』とか『師弟不二』も同じです。創価にいると、自分が、やるべきことと他人が取り組むべきことがゴチャゴチャなんですよ。

  174. 学会員のnekoです。
    学会の活動楽しいですよ。「世界平和と、一切衆生の幸福のために」なんて、宗教をしていないと、祈るどころか、思いもつかないでしょう。そんなことを思い祈れる自分が好きです。もちろんいろいろ苦労もありますけど。
    ここにコメントしている方の幹部が悪かったのか、それとももともと学会の精神に合っていなかったのかわかりませんが、私は楽しくやっています。

    学会にも嫌な人が沢山います。そしてよく分からない人もいます。それは、ご近所に、仕事場に、友人にと、言い出したらきりがないと思い割り切っています。

    あと、創価の大幹部が贅沢していると言う話もあったので、創価大出身者や、上の幹部に、ここでの話はどうなのかと聞きました。私の結論ですが、贅沢はしていないことは分かりました。そんな人がいたら、まず創価学会に就職した職員がついていかないと言っていました。大手銀行や大企業に勤めることができた人が、その企業以下の給料しかもらえないのを分かっていて、あえて選択している現状もお聞きしました。

    ここにコメントしている内容が間違っているとは思っていませんが、できればまた学会員さんと一緒に、すべて人の幸せを祈り、広宣流布をやっていこうという方がいらっしゃることを望みます。
    圏長さんなどは一般の仕事について、無償で寝る間も惜しんで活動を笑顔でしていらっしゃいます。そんな姿を見て、私もできるかぎり頑張ろうと思っています。だって楽しいから。楽しくなくなったら休憩したらいいんじゃないでしょうか。充電期間が必要なのは、皆さん知ってますから(^^

  175. モニカさん
    ありがとうございます(T_T)
    創価のことで親と面と向かってぶつかったことがないので、正直これから先どうなるかビクビクしてましたが…
    時間が解決することもあるのかもしれませんね…

    レイラさん
    その方程式、以前の私も信じておりました笑
    でも彼と知り合う前に覚醒出来たので、創価に引き込まずに済みました(;^_^A
    レイラさんのお父様のお言葉、心にしみました…。私もそんな言葉を身内からかけてもらいたかったなぁ(._.)
    励ましていただき、ありがとうございました!
    私、幸せになってみせます!(*´д`*)

    piさん
    親孝行をしなさいと、実の親に言われて吹き出しそうになりました笑
    それ、親が言う言葉じゃない…と笑
    創価の親子はバリ活になればなるほど、強く依存しあっていく気がします。
    その代わり、どちらか一方がバリ活でもう一方が覚醒してしまっていると、分かりあうことは難しいですよね…。
    創価では親子関係で悩む人が大勢いる気がします。

  176. こんばんは〜piです。

    おんさん、ちっとも愚痴じゃないです。脱会おめでとうございます。魂の独立記念日ですね。(どっかで聞いたような)

    おんさんのお母様、信心のことになると、子どもの意見を聞かずに勝手に判断するところ、私の母にそっくりです。

    以前、整骨院に行ったら、たまたま母がいました。私は、先生と話していたところでした。
    そこで母が一言
    「娘は連れて帰ります。」
    私になんの、確認も無く、勝手に決め付けました。
    ちなみにこの時、私33歳です。まるで年長さん扱いですよ。この頃から、母の異常さ、金の無心、過干渉にウンザリしていました。自分でもなんとかしなきゃなーって思いながら、ダラダラ依存関係は続き、10年の月日が流れました。
    しかし、転機は突然やってきました。
    どうしても許せない事件が起きたのです。母が、あのバリ活の母が、あろうことか私の新聞啓蒙先を奪おうとしたのです。外部の方には、なんのこっちゃって感じだと思います。学会員にとって、新聞啓蒙先は、命と家族とお金の次に大事なものなんです。これだけは許せませんでした。母に反抗したことない私でしたが、ばっさり、関係を絶ちました。
    お陰でやっと母の呪縛から逃れることができたのです。何をやっても上手くいかない人生でした。自分の気持ちと母の気持ち、どっちを優先すべきか?いつも悩んでいました。二人羽織の人生がやっと終わりを告げたのです。

  177. またコメいたします、すざくです。
    おんさん 愚痴なんてぜんぜんですよ、とても気持ちわかります。愚痴だなんて思わないで下さい。おんさんの脱会までの経緯が、今も悩んで一歩も進めずにいる人たちにしたら、とても励みになります。
    とても勇気ある行動だと思います。私は聖教もまだとめてません。脱会は本当に難しい立場にあります。親族が同じ市内で、母が女子部の頃から知っている学会員が
    市内にけっこうおります。市外からまた地元に戻り会合に参加したら、○○ちゃんの娘さん?(私離婚して旧姓の為)って言われる事しばしばでした。
    いい歳して○○ちゃん呼び、そうなんです母が女子部時代から知ってますって方が多くて(ToT)段々減ってはいますけどね。学会のなかではサラブレッド呼ばわりです、私。サラブレッドって・・、アホかって思いますよね。実際は我が家は裕福でもなんでもなく、親族みなビンボーです。
    まーあまり詳しく話すと身バレしそうなので・・・離婚して子供もまだ小さく母や兄姉のいる地元に戻って来ました。10年以上になります。とても助けられたし、今でも困った時は本当に助けられてます。なので、母に対して脱会は背信行為だと思っております。それでも、学会の実態、雪風さんの告白やここのブログの皆さんの言葉で、また元の通りにはならないです。何がいいたいのかわからなくなりましたが、おんさんこれからもまたきかいがあれば、ここでの告白お願いしますね。
    凛々子さんはじめまして。
    立派、立派。笑いました。本当何でしょうね、親のあーいうの。学会の中だけの話なのに、一般世間では通用せんって話ですよね(笑)
    どなたかが言っておりましたが、自身が心から幸せかどうかが、親孝行。
    本当に心に染みました。
    話はかわりますが、昨日nhkでやってましたが、小泉政権時のやり過ぎた規制緩和の影響で、保育士や行政事業でも、その影響があり、賃金が大幅に下げられ、工事を受け持っても、大変な状況の建設関係の業者さん等、あの時一緒になって応援していたのが、苦しくなりました。一概にそれだけが原因ではないかもですが・・・
    そのあと自民、公明が惨敗したとき、母が自民が悪いと言ってました、兄と私とで、公明党も与党なんだから、責任はどんな理由であれ一緒だと論しました。
    会合でも、婦人部は幹部自らそんなことほざいておりました、私内心なんて都合のいいこと言ってるんだろうと、あきれてました。
    何か都合が悪くなると、自分達は悪くない!あの無責任さ。また選挙です、民主もあんな体たらくだし、共産党は論外だし。まともなとこないなー。
    自国が大好きで、本当にいい国になってほしいと願ってやみません。
    またの長文ごめんなさい(>_<)シニフィエさんすみません。都合悪ければ未承認で。

  178. 3人組のブログには、名誉会長指導なる格言めいた言葉が
    頻繁に引用されていますが、彼らが心の支えとするその言葉も
    雪風さんたちの作ったものだろうと考えると滑稽ですね。

  179. ブログ、もう少し見やすいとありがたいかも。
    タイトルだけの目次を見があれば、、

  180. このブログで雪風さんの告白ほど反響のあったコメントは未だかつてありませんね。雪風さん、本当にありがとうございます。ゆっくりと心を落ち着かせてください。

    雪風さんの告発をお聞きしてから、創価ネットの池田氏の「ゲーテを語る(創価大学にて)」を見ました。
    池田氏が、自分の言葉でない原稿を読んでいるだけの事がよくわかりました。他人が書いた原稿を読みながら、自分の言葉を挟んでいるのがミエミエです。
    洗脳されていた時は全く気付きませんでしたが(;^_^A
    池田氏が称賛を浴びている陰で、雪風さんの様に堪え難い苦しみを味わっている人々がいると思いを馳せると怒りさえ覚えます。
    「パクリの王様」は、人を利用しまくった分、どこまでも利用し尽くされて死んでいくのですね。哀れな人生ですね。

  181. 二十数年前、側近の幹部から池田は勤行などほとんどしてないよというのを聞いて驚きましたが今回の雪風さんの勇気ある告発はそれ以来の衝撃でした
    これで宗教者でないことが明らかになりましたね。一流の詐欺師、代作、贋作でした

    >限りなく本物に近い偽物であるがゆえに見破りにくいのだ<  元超側近副会長

    でもこれで化けの皮はがれてしまいましたね。
    すべてが多くの人をだまし金を巻き上げるための演技だったのですね
    誰が書いたかもわからん池田代作全集なんて書棚に並んでるだけで恥ずかしい
    全部処分したけどね!!   スッキリしました

  182. おはようございます。
    3世、元白ゆり長、現在非活のcielです
    2回目の投稿です。

    雪風様
    >紛れもない事実を言うという事は、時にとても残酷で、言う方も聞く方も、憤懣やるかたない失意の念に苦しむ事にもなりますし。

    いやいや、苦しみ葛藤しながらの事実を告白していただけて更に目が覚めた思いがしました。
    背中を押された気持ちにもなりました。
    ありがとうございます。

    自分が非活と思ってのらりくらりと家庭訪問をかわしてきたのですが、かわしてきただけでちゃんと非活宣言していません。
    新聞や大百もとっているし僅かでも財務の貯金を続けていました(実際貯めているだけで何年か財務はしていません)
    何とも中途半端な自分に本当の覚醒は未だなのかと思いました。

    ここで背中を押される数々のコメントを読み
    一歩でも前に進もうと思います。

    月々貯めていた財務の貯金は家の貯金に移し、
    新聞も辞めてそのお金は子供や自分の目標の為に取っておきます。
    そしてちゃんと非活宣言をする。

    それを言ったときの相手の出方を想像すると怖いですが、このままモヤモヤとしながら居留守を使ってビクビクするよりはっきりさせた方が精神的に健康になるのでは?と思ってます。

    まずは創価にお金を流さず完全な非活を目指します!
    私と同じように非活の入り口でモヤモヤしてる方もいらっしゃると思います。
    少しずつ完全覚醒に向かって頑張りましょ(*^^*)

    自分の事ばかりでスレッドのタイトルから少しずれていたらすいませんm( _ _ )m

  183. おはようございます。
    脱会スミ、S大出身、最近、ハマっている歌は『駆けろ!スパイダーマン』のpiです。

    今日は、仕事休みです。
    昨日の続きを書きます。

    母と疎遠になってから、ダムが欠壊したみたいに、次々と事件が発生し、詳しく書けませんが、幹部の『創価家族は、どこまでも一人を大切にしているのよ。』アピールにウンザリしました。(どこまでも追いかけて来るから)と同時に、初めて人間らしい感情を体感する不思議な体験を何度もしました。学会活動は鬱を理由にお休みしました。『学会活動は、もうしたくない。でも、池田先生は、ホンモノ』そんな複雑な感情を誰にも相談できず、3年が過ぎました。そこで、出会ったのがこのブログです。今までの疑問が一気に一本の線でつながりました。signifieさん、本当にありがとうございます。

    因みに、駆けろ!スパイダーマンの歌詞。婦人部みたいなフレーズがあります。

    “安らぎ捨てて 全てを捨てて
    悪を追って 空駆ける

    君はなぜ 君はなぜ
    戦い続けるのか 命をかけて”

    本当、学会が詐欺って気付いたのが、80歳じゃなくて良かったです。全てを失うところでした。

  184. おんさん、お気持ちよく分かります、…心身ともにお大事に生きてまいりましょう〜
    piさん、私も、もう実家の親には会いたくありません。

  185. >紛れもない事実を言うという事は、時にとても残酷で、言う方も聞く方も、憤懣やるかたない失意の念に苦しむ事にもなりますし。

    雪風さん、ガチガチの創価脳にはいいジャブですよ。
    大丈夫です。人は立ち直るようにできてますし、ましてこのようなことは残酷というより快方に向かう治療のようなものです。
    治療すれば治る病気を持ったまま告知もされず、診てももらえず、放ったらかしにされてる方が残酷です。

    テレビで報道してほしいのはお祈りクマちゃんじゃなくて、こういうことですね。
    もっともっと暴かることがあるでしょうね。
    創価脳な皆様。その時に泣きわめくんだったら今のうちに覚醒した方がラクですよ。

  186. nekoさん、そうですか、楽しいんですね。
    それではこれからも楽しくやってください。
    私たちは楽しい楽しくないという判断基準で創価を批判しているわけではありません。
    このブログを読まれてそれがわかりませんか?
    もちろん楽しく感じないのは当然ですが、そんな話をして要るんじゃないことがわかりませんか?
    多くの人が人生をめちゃくちゃにされているという事実をもとに批判をしています。
    学会活動が楽しいからやってますと言う人に何も言うことはありませんし、
    これだけ悲惨な事実が集まったブログに「創価は楽しいからまたやりませんか」などと書いてくるあなたの神経が理解できません。
    先日の雪風さんの告発でもわかるとおり、実際にたいへんな苦悩を抱えている方がたくさんおられるという事実をスルーしてでもnekoさんは「創価は楽しいですよ」と言うのは
    同じ創価で苦しんでいる人をバカにしているとしか思えません。
    あなたのコメントの内容は、わざわざこのブログに書き込むことではないと思いますがいかがですか?
    あなたのコメントはずっと意味不明でしたが、ここにきて
    やはりあなたはまともに対話をしようと言う意志は感じられません。
    nekoさんはこんなブログにかまわず勝手に楽しくやられたらいかがでしょうか。
    これ以降のコメントの内容如何によっては承認しない場合もありますのでご了承ください。

  187. 2世非活まっしぐら、盲信母が同じ支部内にいるので新聞大白を断るすべを模索中の(多分まだ)副しらゆり長のマヨイです。

    心を持ち直す・・・非活1年以上になりますが、人様にアドバイスできるほど乗り越えられてはおりません。皆様と同じくこちらのブログが折れそうな心の支えになっています。MCの被害者であると同時に、外部の方や、会合などでの発言で内部の人を煽ってきた加害者でもあり、(選挙のたびにうんざりしていたであろう友人はもちろん、学会員さんにとっては裏切り者の退転者なので)どちらにも相談する相手がいないのです。今、なんとかやりすごせているのも母をはじめ、どの幹部も「そっとしておいて」くれているからだと思っています。たまーに会合の連絡などにおなじみのアポなし訪問がありますが、そのたびに「数字的なことでの協力はできません」とお断りしています。活動家時代も結局のところ数字でしたから。参加率、票、書籍、民音、財務・・・題目まで。数字としてどうしても必要になればあちら側も本気で攻めてくるかもしれませんね。戦い好きな方たちとやり合うのは望みませんので、このまま静かにフェードアウトできたら一番いいのですけど。

    テーマ違いですが選挙を頼まれた外部のみなさんはいい人ぶる必要はありませんよ。
    モニカさんのおっしゃるとおり、
    >今までの曖昧なスルーが、どれだけの学会員を厚顔にさせ、図に乗らせ、鈍感にさせ、頭をわるくさせたことでしょう。
    本当にそうなのです。選挙中の会合での体験発表を聞かせてあげたい。その微妙な笑みをとんでもなく読み違えて戦い(これも外部の方には理解できないですよね)の糧にしてます。社交辞令で「電話ありがとう」なんて付け加えちゃうと、勇気をふり絞って電話して良かった~さあ、次行こう!ってなりますから。
    ←これ、過去の私です。
    覚醒するということは恥に気づくことです。心を持ち直すのは容易ではありません。ネットがある今の時代に感謝です。ひとりではどうにもできなかったでしょう。signifieさん、過去の自分をさらけ出してくださるみなさん、ありがとうございます。

  188. こうたろうさん、ご意見ありがとうございます。
    とりあえず目次代わりに右側の「最近の投稿」に表示できる最大数の150に設定しました。
    このブログのスレッドは309ありますので、それでも半分しか表示できません。
    これよりも過去ログをお読みになりたい方は、その下の「過去のスレッドへはここから」から入っていただければと思います。
    よろしくお願いします。

  189. 学会員さんのまたまた面白い投稿ですね(^◇^)
    ノータ◯ンとはこの事ですね〜
    読みながら笑いとまりませんでした。
    アホすぎます。。。。。
    「ダメだこりゃ(*_*)」
    こんな方が沢山いるのでしょうね(^◇^)
    創価には人材(ジンザイ)いないのか〜?
    いてますよ!
    人罪(ジンザイ)ばかりですがσ^_^;
    人罪教育ばかりしてますやん。
    選挙違反に付きまとい、行動監視などなど
    人の気持ちがわからなくて、一方的に自分の言いたい事を言い続けるロボットみたいですね。

  190. 元バリ活→現未活のくりぼうと申します。(3度目の投稿です)
    nekoさんの投稿を読んでの感想です。

    私自身、創価お花畑脳の女子部幹部だった頃、nekoさんの様な女子部員さんを褒めて褒めて褒めまくって、可愛がることが人材育成だと思い込んでいました。
    楽しくやろうね♪素直で偉いね♪命の汚れたかわいそうな人達の事祈ってあげよう♪
    ってな具合に。創価にとってはnekoさんの様な方、人材ですもの。(勝手に女性なイメージを持っていますが違いましたらすみません。)

    みんないい子でした。
    洗脳団体、創価には怒りしかありません。
    あの時の女子部員さんたちも、1日も早く覚醒しますように願うばかりです。

  191. くりぼうさん、コメントありがとうございます。
    基本的にnekoさんの言うことはここのどなたも相手にしてません。
    相手にされなくて当然の文章の書き方をしているからです。
    自己紹介も満足にできないで、幹部が言ったことを鵜呑みにしたことをならべて
    こうですよ〜ああですよ〜って言ってるだけです。
    結局は何を言いたいのかわからない。
    ここで何が問題になっているのかにふれようとはしません。
    それが創価脳の特徴と言えば特徴なんですが、
    それ以前に、nekoさんの言うことは理解不能といいますか、
    何のためにここにコメントしているのかさっぱりわかりません。
    気は確かですか?って訊きたいくらい(笑)
    訊きませんけどね。
    ウンコタレも含めて、変だな〜と思うコメントは相手にしないのがいちばんです。
    腹を立ててもしょうがないですからね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中