ふたたび、そして最後にジュンペイくんへ

ジュンペイくんがこのブログを批判するためだけのブログを、
二週間後を目標に立ち上げるって宣言しましたが、
もう2週間はとっくに過ぎてます。

ジュンペイくん、結局は口だけのデマカセだったんだね。
いやいや、べつに君を責めてるわけじゃないから、安心してください(笑)

ただ結果的に、君の創価の正義に対する確信は結局その程度だったと、このブログに来る一日数千人の人に広まっちゃったよ。
君は創価ってその程度なんだって、自分で証明しちゃった。
あ〜あ、創価スイッチが入った勢いでいいかげんなこと言っちゃったんだよね〜。
ま、そういうことで、私も気にしてないし、もともと期待もしてなかったからべつにいいよ。
ここのブログのコメントがみんな中傷だなんてことを証明できるわけないじゃん。
だってここのみなさんは自分の体験を話しているだけなんだから。
「話しているだけ」と言っても、そこには想像を絶する大変な苦悩がともなっていることなんて
君にはとうていわからないだろうね。
これだけ多くの人が、これだけ具体的なウソをつけるわけないでしょ。
このブログに寄せられるみなさんの体験談が、どれほどの苦悩を克服しての言葉なのか、
君には絶対に理解できないだろう。
人によってはもう思い出したくもない自分の忌まわしい過去なんだよ。

血を吐くような思いで話をしてくれていることがわからないだろう。

そりゃジュンペイくんにとっては、このブログに書いてあることがみんな嘘っぱちでなければ、創価が間違っていて、自分の考えも間違いだということになるから、何が何でもこのブログに書いてあることがウソでなければならないってことなんだよね。
でも、どこをどうひっくり返しても、このブログに書いてあることは真実なんだよ。

ってことは、ジュンペイくんが、ここの15000以上のコメントがウソだと証明できない限りは、ジュンペイくんが信じている創価学会のほうが間違いだということを、わざわざ自分で言いに来たってことになるんだよね。わかる?
でも君ははっきりと「できる」と言い切った。
ただし、ここでは言わずに、自分のブログで言うってことも言い切った。
でもいまだに君はそれをやってない。
ウソ?
あれはウソだったの?
このブログに書かれていることがすべて中傷だと証明できると君はこのブログにはっきりと書いたの憶えてるよね。
忘れた?
ジュンペイくん、このブログで自分が何を発言し、それがどういうことを意味するのか?ってことを考えなさいよ、って私は最初から何度も何度も言ったよね。でも君はそれを聞こうともしなかった。
こういうのを「墓穴を掘る」って言うんだよ。
「語るに落ちる」とも言うのかな。
我を忘れてついうっかり馬脚を現したってこと。
君を煽って創価スイッチを入れさせたのも、はやくそのことに気づいて欲しかったからだけど、それもまったく聞かなかったよね。
君みたいに何が何でも他人の意見をシャットアウトするのが君のような創価脳の典型なんだよ。
それをこのブログでは創価シャッターって呼んでる。
それくらいこのブログを読んで憶えておいて欲しいな。
創価脳、創価スイッチ、創価シャッター。
これを新創価学会三大秘法って言うんだ(笑)
日蓮正宗から破門されてから、創価は日蓮の三大秘法を語れなくなったからね。
だからここのみなさんで新三大秘法を決めてあげたんだよ。
次の教学試験に出るかもね(笑)
創価では今となっては三大秘法はウヤムヤにしてるよね。
かつての創価は本門の本尊は弘安二年の大御本尊だと言ってたのを、破門されてからは「じつはあれは違う」って言い出した。そしてあろうことか、「どこの御本尊もみんな一緒だよ〜、他の宗派の御本尊もみんな同じ力があるんだよ〜」って言っちゃったよ。つまり「どこでもドア」ならぬ「どこでもほんとの御本尊」なんだよね。「身延のお寺の売店に売ってある曼荼羅も、ネット通販で売ってる曼荼羅Tシャツも、創価のカラコピ御本尊と同じ力があるんだよ〜」って、原田会長が聖教新聞紙上に正式に発表したんだよね。べつに創価でなくてもいいんだって。ジュンペイくんは、創価学会が正式に発表してるの知ってるよね。
すると「広宣流布」の意味も、まったくなし崩しになっちゃったんだけど、そこには触れてない。それどころか原田会長は「いよいよ世界公布新時代の到来です」などとすっとぼけてる。
つまり創価の信仰を世界に広めるという意味の「広宣流布」は、創価学会の究極の目的である世界平和を実現することなんだけど、「もう創価の御本尊でなくてもいいよ〜」って宣言しちゃったんだから、べつに創価学会員であることと、創価でないということの間に、たいした違いはないってことを宣言したんだよね。ジュンペイくん、それ、どう説明すんのさ?

創価に対していろいろ言いたいことはあるけど、言ったところで聞くような相手じゃないことは、ジュンペイくんひとりを見てもわかるよね。だからこのブログで学会員と議論はしないって、いつも言ってる。
でも、そんなこのブログに、ジュンペイくんは勝手に殴り込みをかけてきたんだよ。創価スイッチ全開でさ。
「このブログに書いてあることはみんな中傷だ!」と何の根拠も示さずに、ひとりでギャーギャーさわいだよね。
「じゃあ、このブログのどこがどう中傷だと言えるのか?」って聞いても答えなかった。
だから言えるのかどうかを聞いたら、はっきりと「言える」って答えたけど、君はいまだに言えてない。
勝手に「批判するためだけのブログを立ち上げる」と言い放って、そのあげくにそのブログを立ち上げることすらできないままでいる。
ブログの立ち上げ方がわからないのかな?(笑)
結局はさ、引っ込みがつかなくなっただけの話だろ。
まったくみっともないよね。
それが創価学会青年部の正義なの?
それが学会精神?
それが池田大作の真の弟子の姿なんだ。
って、ここを訪れる何千人、何万人って人が思っただけになっちゃったんだよ。
いつも言ってるけど、私としては君みたいな純粋培養の創価脳に話すことは何もないんだよ。
でも君があんまり突っかかってくるから「じゃあ話してみな」って言っても、逆に君が黙ってしまったんだよね。だろ?
ちょっと失礼過ぎやしないか?
ってか、みっともないよね。
創価の顔まるつぶれじゃん。
いいんだそれで?

ひとりで創価にドロ塗りまくっても平気なんだね。
池田大作の真の弟子は、ただの血の気の多いだけのウソツキでしたって証明しちゃったんだよ。
せめて、ブログ立ち上げたらどうなの?
そこで言いたいこと言いなよ。
それにどれだけの人が反応するのかを見てみなよ。
それで少しは自分の言ってることがいかにスットコドッコイかがわかるんじゃないかな。
君はまだ若いんだから、今からでもいくらでもやり直せるんだよ。
「やる」と言ったことはとことんやって、その結果をしっかりと受け止めていくことが大切なんじゃないのかな?
ブログやれよ。
楽しみにしてるよ♪

 

ということで、今回のテーマは、例のジュンペイくんとのことにきっちりと終止符を打たんがためのテーマです。あれだけの捨てゼリフを吐き捨てていった創価学会男子部のジュンペイくんが、いまだにブログを立ち上げることもなく、このブログのコメントが中傷(創価を貶めるための根も葉もないウソ)だと証明できると言ったまま、だんまりを続けています。ここのみなさんをウソツキ呼ばわりしたまま去って行ったジュンペイくんは、きちんとここのみなさんのコメントがウソだということを証明するか、それとも自分の発言(ウソツキ呼ばわり)を謝罪するかしなければならないと、私は考えます。

もうどう考えても謝罪するしかない状況がくるのは、最初から目に見えてたので「いい大人がそんなこと言うもんじゃないよ」ってずいぶんと忠告はしたつもりですが、彼の創価スイッチと創価シャッターは純正品だったようです(笑)

で、いつまでもこの問題を引きずっていてもしょうがないので、ここでピリオドを打つために「ふたたび、そして最後にジュンペイくんへ」というスレッドを立ち上げて終わりにしたいと思います。

若き創価学会の戦士として純粋培養された一人の若者の可哀想な姿がここにあります。私たちは、もうこれ以上こうした悲劇の戦士を育ててはいけないと思います。

そういう意味でも、皆さんから「ジュンペイくんへ最後のひと言」を送ってあげてください。

もし、ジュンペイくんが創価が詐欺だと気づく日があれば「そういえばあのブログでたくさんの人が言ってたことは、ほんとのことだったんだ」と思い出す日が来るかもしれません。あるいは創価が完全に崩壊するまでは気づかないかもしれません。でも、創価が詐欺だと先に気づいた先輩として、ひと言だけでもジュンペイくんに言葉を送ってあげてください。そしてこのブログでのジュンペイ君に関することは完全に終わりにしたいと思います。

みなさま、あまりいい気分はしないと思いますが、彼の若さ故の可能性に希望を託しながら、ひと言メッセージをお願いします。

ふたたび、そして最後にジュンペイくんへ」への81件のフィードバック

  1. 池田がスピーチなどでよく「電光石火」って言ってました。
    ジュンペイ君、「電光石火」でブログを立ち上げて、自分の主張を述べたらどうかな⁉︎
    2週間をめどにということでしたが‥‥。
    このブログによって心を傷つけられた人間が存在するということなので、そうした方々がジュンペイ君のブログを楽しみにしてると思います。
    これからは、自分の言葉や約束に責任をもったほうがいいと思います。

  2. ぽむぽむです。
    新しいスレッドのシニフィエさんの文章に胸をえぐられる思いになって、文章表現つたないとわかりつつ、書き込みたくなってしまうぽむぽむです。
    血を吐く思いでここに書かせてもらってます。夫が見たら、却って覚醒しないんじゃ、ないかと思います。見てほしい思いと矛盾しつつも、どこかに吐きださずには、いられないのです。
    辛いです。明るくふるまっていても、今は涙があふれてきます。
    私のこのつらい気持ちが、夫には伝わらないのです。
    活動は制限し、家族に尽くしてくれる夫であっても、根本が「池田創価脳」なのです。
    一家離散、家庭崩壊、離婚あっても仕方ないです。
    子供たちが創価脳に育たなかった。それだけは私の唯一の安心です。子供たちはノンポリですが、時代もあってのことで、それなりの理由があると思います。仕方ありません。
     マゼンタさん、がんばってください。大丈夫です。父親だけの考えに染まって創価脳になってしまうことはないでしょう。マゼンタさんは覚醒したのです。いろいろな経験をともにして、自分で考えることを大切にできればいいと思います。

  3. ジュンペイさん

    私はあなたを個人攻撃して、さらし者にしたいわけではありません。
    ただ、以前にも言ったように、ここは口から出まかせが通るような場所ではないんです。
    このスレッドの序文を読まれましたか?signifieさんは文字通り命を懸けてこのブログの運営に取り組んでおられるし、皆さんもそれに共鳴して、それぞれ真剣なコメント、あるいは勇気ある告白をなさっているのです。それには責任が伴います。

    >このブログで、もう何を言っても無駄だとわかったので、この「対話を求めて」というブログを正当に批判するためだけを目的としたブログを私の手で開始しようと思います。
    何も言わずにブログを開始して、「あなたこそ陰湿で下劣だ」と言われないように、ここで、ブログを開始することをきちんと告知いたします。

    そう言ったからには、実行してください。
    それができなくなったのなら、その理由を明示してください。
    やる気はあるが、実現まで時間がかかるというなら、
    それでも結構です。現在、どんな状態なのか教えてください。
    そのくらいの説明責任はあると思いますが、いかがですか。

  4. ジュンペイくん、君は私たちの発言のすべてをウソだと言い切った。
    そしてそのことをきっちりと証明できるとも言った。
    そして2週間後を目標に自分のブログでそれをやると言った。
    間違いないよね。
    そして、このブログにそのことをきちんと告知するとも言った。
    君には2週間過ぎてもまだその告知がなされないことの説明をする責任があるんじゃないか?
    じゃないと君は「自分たち創価学会は平気で嘘をついて知らんふりする卑怯者です」ってわざわざ言いふらしてるようなもんだよね。
    何度も言うけど「読者が判断する」んだよ。
    ここの読者の数を知ってるだろ。
    君がこのブログに書いてあることをどうやってウソだと証明できるのか、
    一日何千人もの人が待ってるんだよ。
    創価学会員ってどういう人間なのかが、君の発言に委ねられているんだ。
    君はそのことをしっかりと認識する必要があるし、君が言い出したことなんだから
    その責任は君にあるんじゃないのかな?
    ジュンペイくん、もう君はこのブログでは個人としているんじゃなくて、
    外部の人たちをも含めた多くの人たちが
    「創価学会員とはどういう人間なのか」
    もっと言うなら「創価が会員は平気でウソを言える人間なのか」を判断する
    わかりやすい記号、もしくはアイコンになってるんだよ。
    君は創価を代表する「ミスター創価学会」なんだ。
    君が今のまま約束を反古にしてダンマリを続けるなら、それなりの判断を読者はするだろうし、
    君が自分のブログの立ち上げが遅れていることの釈明すらしないことも、
    すでに読者はそれなりに判断しているんだよ。
    君は約束を反古にして逃げるのか?
    それが創価学会員のやることなのか?
    そんな態度の君に、このブログのコメントがみんなウソだと言える資格があるのか?
    どうなんだ?
    何も答えないのか?
    答えられないのか?
    今後君がどのような態度をとるのか、あるいはとらないか、すべてを判断するのは読者だよ。
    わかってるよね。

  5. こんにちは。
    外部の雑草です。
    これはスマイルさまのコメントへの感想であり、そしてジュンペイさま問題にも言えることです。
    でも関係ないとおもわれたならば削除お願いします。
    どうも私はいつも関係ないコメントをうっている気がします。

    スマイルさま

    普遍的な問題ですよね。
    私もまた自責そのものの思考パターンでした。

    「特定の思想や技術を、絶対だのこれしかないとだのいう輩はその時点でまず駄目である」

    >物事には
    「自分に責任がある(自責)」「他人に責任がある(他責)」「誰のせいでもない(無責)」
    という考え方があるそうです(^^)

    往々にして、そのうちのひとつの色が正解みたいになってしまう。
    例えば赤黄青があるとする。
    赤をベタッと、紙全体に塗りつけて、これが絵だ!みたいになってしまう。
    まさにかつての私ですね。
    ところがよくみてると、赤とひとことで言っても、赤の濃度が違う場合があります。
    グラデーションがあります。
    薄い赤など、もはや色がなく別の色にみえますよ、赤といっても。
    グラデーションがあるだけで、たいへんなバリエーションがでます。
    ましてやグラデーションだけでなく3色も組み合わせてつかうとなると、
    それこそ無数の立ち位置があります。
    ところが繰り返しになりますが、紙全部に赤を塗ってこれが正しいとか、
    これが真理とか始めてしまうんですなあ。
    紙をすべて同じ濃度でべたっと塗ったくった紙。
    それは色見本ではあっても絵じゃないだろう。

    >これに気付いた時、
    「一念三千論」は「一念三千」「論」、
    「100%自分原因説」は「100%自分原因」「説」
    あくまでも、沢山ある考え方の1つであり、
    これらの考えが「宇宙のすべてを司どる法則」ではないことを悟りました。

    あくまで「論」であり「説」なんですよね。
    説や論のひとつでしかない。
    ところが複数あるうちのひとつであるにもかかわらず、
    それこそ知人の口癖、
    「これしかないんだよ」
    になってしまう。

    私も自責タイプですが以前よく思っていたことがあります。
    それは自責って、ある意味自意識過剰なんじゃないかということ。
    どれだけ力がある人間だとおもってるんだ自分のことをと。

    自分の行いに必ず結果がある、悪いことがおきたら自分のせい。
    ある意味では有意義な習慣といえますがある意味ではおかしな習慣です。

    だって、なんでもかんでも自分のせいだったり影響なわけないでしょ?
    あなたはどんだけ影響力ある人間なんですか?
    たとえば社長とか天皇陛下みたいな身分なんですか?
    そういう身分ならたいへんな影響あるでしょうけど、
    よくかんがえたらそんなもんあるわけもない。

    傲慢そのものだったほうの創価知人は、

    「自分が変わらなければ変わらない!
    君の先生はそんなことも教えてくれないのかい?
    だとしたらかわいそうだね」

    などといっていました。
    文脈としては現在の近況を話してるときに、
    愚痴だの感謝だのいつもの単語のオンパレードが出た流れでです。

    んなわきゃないだろう。
    不謹慎なたとえかもしれませんが、たとえば津波がきたとする。
    きた津波にたいしてこちらがなにかおもったり行えば津波がとまるんですか?
    聞くだけバカらしい。とまるわけがないよ、そんなものは。
    ただバチャーンと流されて終わりです。
    ようするに自分の影響で変わることもあるし変わらないこともある。
    自分の影響もあるしとっとと移動しないとどうにもならんこともある。
    自分のせいだったり、他人のせいだったり、どちらでもなかったり、運がないとしか表現できないほど大きな単位のできごとだったり。さまざまですよ。
    それをすべて自分の影響でかわるなどと、思い上がりも甚だしい。
    あんたは神様ですかと。
    まあそのひとは自分自身を創造主ぐらいにおもってましたが。

    ようするに100%自分のせいなどとおもうなど、もはや思い上がりだとおもいます。
    基本的には自責は美徳と扱われるのですけども、
    これまたどんな場合にもよいといえる習慣ではありません。

    あと自分を創造主くらいにおもってた創価のひとは、
    そのすさまじい思い上がりと自分が絶対と信じて他人を攻撃することから、
    著名な会社をクビになり精神病院にいっていました。
    そらそうだ。
    まさに自業自得です。
    それこそ自責するべきなんですけど、そこは気づかない。
    肝心なときに自責が機能しないというのも、いったいなんたる皮肉なのか・・・。
    おまえさん、自分の主張と、現在の結果とをみてなにも思わんのかいな。
    そこは創価シャッターですけど。

    いつもの、
    「特定の思想や技術を、絶対だのこれしかないとだのいう輩はその時点でまず駄目である」
    これにいきついてしまいますなあ。
    もちろんこれもまた状況次第であてはまらないこともあるんでしょうけど、
    まず絶対とか真理といった時点で危険ですよね。
    これは真理でも絶対的な公式でもなんでもないですが、経験則のひとつだとはいえると思います。

  6. シニフィエさん
    お気遣い本当にありがとうございます(^^)私も創価脳から離れるにつれて「人の気持ちが理解できる」ように、なってきました。ですので、今回のスレッドも、私たちに対するお気遣いである事がとても伝わってきました。重ねてありがとうございます。

    純粋なジュンペイさんへ

    私も数年前まで貴方と同じ思考回路でした。現役活動家からすれば、退転者とか誓いを破る者などなど言われるかもしれません。
    一向に構わないですよ(^^)
    今は全力で学会活動に取り組んでいくのが1番良いかもしれませんね。(ジュンペイさんの友人は迷惑かもしれませんが)

    男子部の活動のおいしいとこだけやるのはダメですよ。
    会合で集まって、威勢の良い決意発表して、学会歌歌って気分高揚させて、、、楽しいことばかりしていてもこのブログのことわからないですよ。
    選挙に全力あげて、新聞啓蒙も結果出して、折伏もドンドンしてください。
    毎週の協議会にキチンと出てくださいね。
    男子部だから、男子部の会合だけ出るなんてことないですよね。
    キチンと座談会、毎週月曜日の協議会、男子部部員会、支部幹部会、家庭訪問して、もちろん未来部の育成してますよね。
    創価班とか牙城会もやりましょう。文化班は今もあるのかな?
    それと聖教新聞の配達してみたらどうでしょうか?
    見ず知らずの人の家に集金にいってください。雨の日も雪の日も氷点下でも配達してみてください。
    筆舌に尽くせないほど大変だと思います。

    ジュンペイさんは本尊流布してますか?ブログ1つ立ち上げられないような口先だけの人間なんて信用できないので、友達から信頼されてないんじゃないの?
    本尊流布大変だよね。全身全霊で相手の幸せを祈り、やっと御安置できた喜び。そして育成する大変さ。
    完全に上手いこと洗脳されてるだけだけど。カモがカモを捕獲し太らせるシステム。カモたちは何も気づかずに喜んでやっているけどね。

    私たちが創価を批判するのは、あなた方でいう「慈悲」の心からです。本来はジュンペイさんのような方はほっとくのですが、いつかこのブログに「あの時のジュンペイです。私も創価の誤ちに気づきました。当時は酷いことを言って申し訳ございませんでした。」と出てくることを期待してます(^^)

  7. 昨年11月に家族で脱会した坂東太郎です。
    じゅんぺいさんに、、、、。
    太郎の気持ちを書きます。

    始めたころの気持ち
    太郎は19歳で入会し、その後友人知人を折伏、本尊流布をしてきました。
    東京城南の地域は当時学会員も多くいて地域の公民館を使い青年大会を開くなどの活発な活動を繰り広げていました。地域の同志は面倒見もよく、創価学会は世界の平和と個人の幸せを真剣に考えている団体と真剣に思っていた青年部のころの自分がいました。

    非活になったころの気持ち
    宗門から破門されて・・・・・なぜ破門されたのか、その後の創価の対応はひどすぎます。信仰者である事を打ち消すような宗門に対する悪口や罵倒の数々。太郎は宗門にもすでに興味はないですが。

    脱会する時の気持ち
    創価での人生の全てを一度否定してでも、創価の悪事に加担していることが許せない自分になったこと。家族に脱会の意思を伝えるときは、場合によっては離婚の騒ぎになることも覚悟をしました。でも大丈夫でしたけどね。

    現在の気持ち
    まだ、まともな団体だと創価を信じていた頃の自分もあったので、じゅんぺいさんの気持ちがよく解ります。
    前のスレッドにも書きましたが、
    創価脳からみた、このブログは
    遭いがたき最高の仏法にやっと巡り会えたのに、その本質と深さを理解できずに魔に粉動されて負けた。愚かで哀れな退転者の集まり。謗法の罪罰で無限堕地獄間違いなし、、、。太郎も本当にこんな考えでいたんですよ。
    純粋な信仰心、これを利用しまくる創価の中枢幹部こそがまさに、謗法の罪罰で無限堕地獄間違いなし、、、。なんですけどね。でもそんな考え自体がおかしいことに、はやく気づくに越したことはない。ただそれだけです。

  8. ジュンペイさんはじめ、来ないと思いますがそれを擁護したい学会員さん。
    挑発に乗らずもうネットに来ない方がいいですよ。
    人って気が変わります。
    その時、この気持ちは永遠だ!と熱くたぎっていたのが突然醒めたりするものです。
    ノコノコとネットに来て意気揚々と書いちゃって、のちに「ああなかったことにしたい!」なんて悔いてもずーっと残るんですよ、ネットって。
    中には張り切って、顔写真、声、映像、本名を出して得意になるバカ丸出しもいます。
    変わらないものなんてこの世にないのに、自分の見立ては永遠と自信満々に思ってる。
    つける薬がないとはこのこと。

    気がかわろうと後悔しようと、これからもネットではなく現実を生きていかなくちゃならないんですよ。
    匿名がどうちゃらなんて息巻いてましたが、ジュンペイさん、書くなら匿名がいいですよ。

  9. おはようございます。
    昨年末に脱会済。元二世のナオです。
    学会員のジュンペイさん、本当に純粋に創価を信じていないのではないかなぁ?
    そうでなければ、ここの皆さんのコメントを、けがらわしいアンチの言葉として、スルーするだろうと思います。
    それを読んで、コメントまでしたということは、シニフィエさんをはじめ、常連の皆さんと、接したかったのではないですか?
    私の息子の友人に、創価の音楽隊に所属している青年部が二人いますが、二人とも一見したところ、真面目で気さくな好青年です。
    その二人が、息子を学会の会館に連れて行く為に、嘘の理由を使います。
    騙して、幹部に遭わせたり、会合に参加させます。
    私が創価脳だった頃は、嬉しくて、もっと誘ってくれればいいと思ってた。
    脱会した今から考えると、友人を騙して勧誘するという行動の異常さにイライラします。
    息子には、出来るだけ創価には関わらないようにとアドバイスしています、、、
    ジュンペイさんはじめ、学会員の方達、お願いだから関係ない友人を詐欺団体に勧誘しないで下さい。これ以上創価のせいで悲しい思いをさせないで下さい。
    やりたければ、一人でいつまでも、どこまでものめり込めばいいんです。
    そして、最後には私たちのように、気付くのよ!
    「やっぱり創価は詐欺だった、静かに静かに去らなくちゃ」ってね〜❗️

  10. 皆様おはようございます、41歳男パニックスです。(退会済)

    去年、いろいろあったときに地区から離れたくて、転勤希望に○をつけた事を忘れてました。

    3月の辞令でビックリ転勤です。初めての転勤であたふたしてます。
    もう脱会したから転勤しなくてもいいと妻も言ってますが辞令は絶対ですの前向きに引っ越し準備してます。
    新生活を脱会の功徳と言えるように準備がんばるぞ~(^^)

    準備と言えばジュンペイくん、ひと言謝った方がいいよ~!(^^)

  11. 非活2世アラフィフのマヨイです。
    テーマとずれるので承認の可否ははおまかせします。
    スレ違いでのこのこ出てきたのは、ナオさん(3月13日11:34)のコメントの、青年部が嘘をついて連れ出しするという件に私もほとほと嫌気がさしているからです(うちは子供にもまだ籍だけはあるので状況が違うかもしれませんが)。部員宅でのたこ焼きパーティ、外食ランチ(その後で本幹をちょっと見て帰ろうよ)、等、正面きって〇〇の会合があるから参加しませんか?と誘ってきたためしがありません。学校時代の同級生なので会合と言われなければ断る理由もみつかりません。堂々と誘えないということは何か後ろめたいと、ご自分でもわかってらっしゃるのではないですか?そんな騙し打ちのように参加させてまで数を集めたいですか?誰もかれもノルマに追われてお気の毒です。疲れ果てている活動家の皆様、早く抜け出して楽になってくださいませ。

  12.    じゅんぺいさんをはじめバリ活学会員の皆さんへ
     あなた方が功徳と称する体験や自慢とする学会員のコミュニティの暖かさを否定はしません。あなた方にとってはそれこそがよりどころでしょうから。しかし、だからといって学会は正しい、とする根拠にはなりません。ついでに池田先生は世界平和のために識者と対話しているとか、海外の何ちゃら大学や何ちゃらという都市から名誉教授や名誉市民称号をもらっているなんていうのもだめですよ。
     それからそれから日蓮仏法は世界中のどの宗教よりも哲学よりも優れているなんていうのもだめですよ。日蓮の教説は法華経をよりどころにしてますが、その法華経は釈迦の言葉ではありません。
     ここへコメントを寄せる人達は、現実の結果を目の当たりにしたことで、学会のいうところに疑問を生じ、あるいは信じられなくなったからこそ、こうやって書き込みをしています。間違っても中傷などではありません。みんなそんな暇人じゃありません。
     まあ、無駄かもしれませんが、ここの書き込みをはじめからとはいいません。去年分のコメントを読んでみて下さい。普通に読めばここの書き込みが非難中傷の類いでないことがわかるでしょう。

  13. 創価が衰退しているということは、創価流の考え方で言うと、創価が魔に負けてるってことですよね。
    座談会も年寄りばかりで、地区も合併しないと座談会すらできなくなっている現状を、学会員さんは「創価は魔に負けてる」とは思わないんでしょうかね(笑)
    「願いとして叶わざるはなし!」そう言って貧乏人と病人に声をかけで会員を増やしてきた創価学会ですが、もうそんな子ども騙しが通用する時代ではなくなりました。
    いったん入会させて、辞めるとなると「地獄に堕ちるぞ」と脅すのは、ヤクザよりもたちが悪いですね。ヤクザの場合はそういう世界の人たちですからしょうがないにしても、創価が一般の人たちをネットワークビジネスと同じ方法で片っ端から勧誘して回ります。ネットワークビジネスでは目に見える商品と利益がついてきますが、創価の場合についてくるのが目に見えない功徳と罰。このあるかどうかもわからない功徳と罰を商品にして、一般庶民からお金を巻き上げているのが創価学会です。どう考えても詐欺でしょ。創価の御本尊は伝統仏教とは何の関係もないただの改ざんカラーコピーです。それを拝むとどんな願い出も叶うっていうんですから、こんなもん誰が信じるかって話なんですが、これが簡単にひっかかったりするのが人間の弱さなんでしょうね。人の欲につけこむ。人の気持ちの弱さにつけこむ。まあ、これが詐欺の王道ですよね。
    「あなたの不幸の原因は、ちゃんと先祖供養をしてこなかったからだ。しかしこのありがたい印鑑を買えば、先祖供養ができて、とたんに幸せが舞い込んできます。さあ、この20万円の印鑑を買って、きちんと供養して幸せになりましょう。」
    こんなことを言われて信じる人がいるわけないと思いますが、病気になるは、事業は失敗するは、奥さんには逃げられるは、まるでいいことがない人にとっては、藁をもすがる気持ちでその印鑑に人生をかけてみようと思ってしまうんですよね。ほかに何も頼るものはないし。
    創価もそうやって「この信仰だけが世界で唯一正しい」ということを謳い文句に「折伏」を展開してきました。折伏……文字通り人の心を折り伏せてしまうこと。人の心を支配するということですよ。ジュンペイくんも完全に心を創価に支配されていますよね。創価脳というのは心を支配されている人のことです。「自分の考え=創価の考え」「創価の考え=正しい」「創価以外の考え=間違い」だから「自分の考えは正しい」つまり「おまいらみんな間違った考えの哀れな人間だからオレらが救ってやるよ」という目線で一般の人を見下すようになります。いったんこのような創価脳になってしまうと、人を見下すことに何の違和感もなくなります。
    人の言うことは完全に否定して、自分の考えだけが正しいとしか言わないような人間が、まともな社会生活を送れるわけがありません。いやですよね、そんな人が身近にいたら。でも実際に親が、兄弟が、夫が、妻がそんな人間になって、近所からも白い目で見られるのは辛いです。
    「あ〜、あそこは創価だから」
    学会員さんはそんなふうに距離を置かれていることにすら気がつきません。たとえ気がついても自分が正しいと信じきってますし「悪いのは創価のすばらしさを知らない哀れなまわりの人間なんだ」という考えしかできません。創価は会員にそうした自覚ができないように、来る日も来る日も徹底的に「創価は正しい」と刷り込まれます。会合に、新聞に、選挙活動に、いつもギリギリの活動ノルマを課せられて、自分で考えるスキを与えないようにしています。役職もそのシステムのひとつです。すべては会員が持っているお金を何の疑問も抱かずに貢がせるための手練手管でしかありません。よくできているといえばできてます。しかしいちばんガタガタなのは創価の教義です。創価の教義がまったくの子ども騙しなのは小学生が見てもわかります。しかもそれがコロコロ変わるんですから、これに気づかないのですから、どんだけ思考停止してるのかってことです。実際に学会員さんにとっては教義なんてどうでもいいんですよね。功徳があると信じてますから、その仕組みがどうだろうが関係ないのでしょう。
    創価学会創立以来、Aだけが正しくて、これ以外は間違いで、人が不幸になるのは、このAを信じなかったからだ。と、ずっとそれを基本に広宣流布をやってきたのに、正宗から破門されたら、今度はまったく逆のことを言い始めた。「A以外もみんな同じです。ただし創価学会はAだけは受持の対象としない」おいおい、宗教においていちばんの基本である信仰の対象の解釈がここまで変っていいのか?ってか、変るなんてもんじゃなくて、まったく真逆になってどうすんだ?って話なんですが、もっと不思議なのは、ここまで教義がガラリと変っても、学会員が何の疑問も表に出さないということです。そりゃ疑問に思って当然のことですから、疑問に思う学会員もいるでしょう。でもそんなことを口に出して言おうものなら、とたんに反逆者、あるいは精神異常者あつかいされます。「あの人は頭がおかしくなったから関わらないように」との通達が組織に広がります。場合によっては学会員が経営する精神病院を紹介されて通院歴を公開されます。「やっぱりあの人はおかしくなったんだ。きっと罰があたったんだ。怖いよねえ」そんな話がまことしやかに広まります。そうやって他の会員も創価を疑うことにとてつもない恐怖感を抱くようになりますから、創価に疑問を持つなんてとてもできなくなるんですよね。恐ろしい洗脳詐欺集団です。
    こんな話を創価脳のジュンペイくんのような人間が聞くと、とたんに創価スイッチが入って頭に血がのぼって殴り込んでくるんですよ。創価の活動をするとまともな思考ができなくなって、創価を批判されると感情を抑えきれなくなる。これは自分がいやというほど実感していることです。そのおかしさ、不条理さに自分で気づくまでは、そんな自分に何の疑問も持ちません。ちょっとでも「おかしいな」と思う自分を必死でかきけしてしまうもう一人の自分がいました。そうやって50年も生きてきたのかと思うと、やはり凹みます。特に学生部時代、男子部時代はほんとにいやな奴だったと思います。何しろ「オレがいちばん正しい」ということをまわりに言いふらすような人間だったんですからね。そりゃ嫌われますよ。まわりの友人たちの寛容さに今さらながら頭が下がりますし、それでも見捨てないでいてくれた友人のとこを思うと涙が出てきます。ジュンペイくんのあの高慢なものいいが昔の自分とダブっていて、ほんと自分はいけすかない奴だったんだと情けなくなります。いやはや…

  14. こんにちは。
    バリ活男子部の彼氏がいる外部のえつこです。

    シニフィエさんブログの管理お疲れ様です。
    ウンコタレを見てるとある意味本当に可哀想になります。

    前回スレッドへのコメントです。
    ゆぴーさん
    大変お辛い状況ですね…悲痛な思いが伝わってきます…
    でもね、生まれた時から学会員だった事はゆぴーさんは本当に何も悪くないからね。
    そこは彼氏さんも理解してくれると思いますよ。
    それにゆぴーさんは一切活動もしてないし彼氏さんに強要する事もないでしょうから大丈夫だと思いますよ^ ^
    ただ、私個人の意見だといち早く彼氏さんに伝えたほうが良いんじゃないかな…って思います。
    まず彼氏さんは信頼されてたと思ってたのに「隠し事をされていた」と言う事実を受け止めなければなりません。
    それを考えると隠していた期間は短いに越した事は無いと思います。
    どうしても今までの言えなかった理由を明確にしてきちんと謝罪すればきっと彼氏さんも理解してくれるのではないでしょうか。

    私は外部ですが彼氏が学会員だと伝えられたのは交際直前です。
    まぁ理由は一人暮らしの彼氏の家に初めて遊びに行く事になって彼氏が「家に招く以上は仏壇があるから隠しきれない>_<」と思い込んで自ら告白したのがきっかけでしたがね^^;
    外部としては仏壇があっても学会員とは結びつかなかったのに(笑)
    彼氏が活動家のため問題は山積みですが、理由はなんであれ交際前にカミングアウトしてくれたことだけは彼氏に感謝していますよ。

    ジュンペイくんへ
    あれだけ失礼な発言をしてブログを立ち上げるって宣言したのなら、早く立ちあげなよ。
    それが出来なくなったならシニフィエさんとこちらの皆様にきちんと謝罪すべきだよ。
    このままじゃシニフィエさんの言う通り外部の人間にまで全ての学会員の評判を大いに悪くしたままになっちゃうよ。

  15. 昨年末に脱会済の元二世ナオです。
    マヨイさん、嘘をついてまでの連れ出し、本当にウンザリしますね。
    ウチも、高校時代の吹奏楽部の友人で、あわよくば折伏からの音楽隊入隊を期待されているようです。
    聞いた話ですが、創価の音楽隊は次の大きな会合までに、一人以上の折伏を義務化されているようです。
    彼らは、仕事と練習と学会活動と折伏で、ヘトヘトで、何も考える時間も余裕もない状態です。
    それでも、幹部には、頑張っているポーズを見せるため、嘘までついて連れ出し行為をしているのだと思います。
    まるで、操り人形が上の思惑通りに動いているのと同じようです。
    未来ある若者の、そんな姿を、本当に哀れだと思いますが、ウチの息子に太刀打ちできない巨大なバックがいるので、今はその友人達の誘いには、乗らないでとひたすらお願いしている、母です(^_^;)
    もう一度言います。
    ジュンペイさんをはじめ、学会員の方達、どうか、どうか、関係ない友人を、異常な世界に勧誘しないで下さい!
    そして、あなた達のしていることは、大切な友人を無くすことと、気付いて下さい!
    創価脳の間違いは、自分の中の功徳が欲しいと言った欲深さを、慈悲や修行と勘違いして、悦に入っているだけなのですよ。
    創価の、操り人形にならないで、自分で考える事は、悪い事ではありません。

    すでに社会人の息子を学会から守る方法を、考え中です。

    クマった、クマった。(コージさん、使わせてもらいました)

  16. じゅんぺいさんのように創価スイッチが入ってしまう人って、単に創価は正しい、イケダセンセイは素晴らしいと思っているだけでなく、signifieさんがおっしゃるように「潜在的に、創価を疑うことにとてつもない恐怖感を抱いてる」んでしょうね。だからすぐにでも否定すべくスイッチが入る。そうすることで、私は一切疑ってないというスタンスでいることで安心したい。創価の会員、創価信者って、この恐怖心が常に付きまとってますよね。創価の会員を外部の人から見ると、一見何か信念をもっていて、何事にも前向きで、親切、そんな人の勧誘だから、話聞いてもいいかな~う~ん、親には言えないけど、創価に入ってもいいのかな~とか思う人もいるかもしれません。でも、表向き明るく振舞っている、あの会員も、この会員も、みんな心の奥底には恐怖心を持っています。創価は会員を恐怖心で縛っています。これが現実です。功徳福運に動かされてる反面、功徳福運を求める気持ちよりも、実はこの恐怖心のほうが大きい。この恐怖心を隠すために「私は頑張っている。創価に批判的な意見やマイナスな意見には一切耳を貸さないし認めない。」と自分を位置づけることで恐怖心から逃げている。創価は勧誘のときはいいことしか言いません。お金なんかわずかしかかからないしとか、願いが叶う凄い力があるよとか。で、一度足を踏み入れたら、今度は恐怖心を徐々に植えつけて、疑うことも、やめることもできないような心理にさせられます。願いが叶わなくても、どこか頑張りきれてない自分を責めるような思考になります。そして、会員でいる限り、組織の為の活動を頑張らないと幸せになれないような気持ちにさせられていきます。創価は間違いない、正しいんだとどんなに信じたくても、所詮人が作った組織。人間の欲の深さを考えたら、創価とて例外なく、欲に駆られた人間が、欲を求める人間たちを操っている組織だと思います。じゅんぺいさんが、裏の無い単なる創価脳人間なのだとしたら、自分を怒りに駆り立てたものが、正義感ではなく、実は恐怖心だったと認めたほうがいいです。だから、こちらのブログを攻撃して大きなこと言ってもそれで終わってしまうんです。会員でなければ、もっとのびのび生きられるのに、会員でいるが為に、功徳福運よりも、むしろ恐怖心との戦いで人生が終わってしまう。そんな生き方は実に無駄じゃ無駄じゃと言っておきます。

  17. 私は20代の前半から創価の活動を思いっきりしてきました。だから20代、30代は立派な創価脳(*_*)

    人生で1番パワーに漲る時代を創価に捧げてきたと考えると、ホンマに凹みます。

    でもまあ良いです!気づいただけでも儲けものです!

  18. じゅんぺいさんの気持ちよくわかります。
    私もじゅんぺいさんと同じように学会の批判は絶対許せませんでした。
    私の中では一番苦しい時、創価学会なくしては生きられなかったという気持ちが強かったです。
    青春時代、重い病気を抱えて自信を失っていた時にいつも池田先生の本に励まされ、負けないぞ
    絶対前向きにがんばるんだ そう言い聞かせて生きてきました。
    私一人になっても池田先生についていく そう決めていました。

    年を重ねるに連れて創価学会に対する違和感は増えていきましたが、それでも一番苦しい時に創価学会に助けられたという思いはどんな違和感よりも勝っていた時もあります。
    学会活動を経験していなかったら今でも気持ちは変わらなかったかもわかりません。

    折伏、新聞啓蒙、選挙活動 私にはとっても負担が大きかったけれども精いっぱいがんばっていました。
    一番衝撃だったのは友人を誘っていた座談会でいきなり県幹部が三桁の財務をしないと将来へびになるとかいう話をされたことです。
    でも、それだけだったら許せたのですが、家庭訪問にきてすってんてんになれ、はだかになれ
    と柏原ヤスさんが出せと言われた口調と同じように言われ、その当時は銀行振り込みではなかったので家庭訪問に来た婦人部長が財務の納金をチェックしているから出さないわけにはいかないとすごく辛かったです。
    子供時代は赤貧の生活でしたからお金についてはシビアだったからよけいです。
    財務をきっかけに信心がんばっていたら三桁の財務をしないといけないと思って今までの前向きな活動から一歩後退したけれども子供は鼓笛隊に入れ、大学は創価大学のパンフレットを取り寄せ、創大に行かせるつもりで創価脳は変わらなかったです。

    小さい時から創価しか知らなかったけれどもネットでいろいろ調べるうちに納得できることもたくさんあり、元活動家とネットでコミュニケーションを取ることができ、私が感じていた創価学会に対する違和感が間違いじゃなかったとわかり、うれしかったし、創価脳からの脱却につながりました。

    今ではなぜ自分の意志を持たない小さい時に入信させられたのかと思ってここが一番
    許せません。
    学会は悩んでいる人に目をつけて取り込んでいき活動家にしたてていくのではないか
    学会は狙って取る 取ったもは脱会したら地獄に落ちるなどのことばで脅して逃がさない
    逃げたものは退転などと言って反逆者扱い。
    公明党や創価学会の目まぐるしい変わりように創価学会にいたら心が壊されると思いました。

    脱会して後悔どころかなぜもっと早く脱会できなかったのかと思っています。

  19. マリーです。(2世、脱会済み)
    夕方、エホバの人がピンポンしてきました。
    インターホン越しでしたが、学会の壮年部のアポなし訪問を思い出し、
    気持ち悪くなりました。(-_-;)
    キッパリと、「宗教関係一切お断りしてます!」と言いましたが
    「今日は聖書の紹介ではなく、ごにょごにょ・・・」(聴き取れない)
    へっぴり腰のくせにねばってくるので、「けっこうです!」とインターホンをガチャ切りしました。
    創価もこんな感じで今だに未活動者のアポなし訪問してるんでしょうね。

    ジュンペイさん、あなたがここへ書き込みしてきてから、今日でちょうど、1か月ですね。
    どうやらブログもまだのようですが、正直、諦めて、
    このままネットで、ゆっくり創価の実体を自分なりに調べてみてはいかがですか?
    ここを覗きに来たという事だけでも、あなたに何かしらの心の迷いがあるからではないのかな?と感じます。

    たとえば、もし 恋人に不満があり、もう別れたいと思うような時でも、
    他人にその恋人の悪口をちょっとでも言われたら、何だかやたらと腹がたちます。
    人って皆そんな感じです。もしかしたら、それに近い感情だったのでは?

    ただ、ジュンペイさんが絶対に何がなんでも創価を正義の団体だ!と信じて微塵も疑ってないのなら、どうぞ、とことん気のすむまで、学会活動に専念してください。
    このブログではみんな、組織から言われた活動をとことんやってみたからこそ、
    気づいた、目が覚めたという経験者がたくさん集ってます。
    このブログによって、傷ついてる人がいると言ってましたが・・・・?
    じつはそれはジュンペイさんなのではないですか?
    私たちはその逆で、創価によって、傷つき、苦しんできた心をここでやっと解放され、
    真実を知り、自分自身を取り戻す事ができたのです。

    人様のブログへ「エホバ」や「創価」のようにいきなり訪ねてきて、勝手な言い分を吐きにくるのは ただの押し売りです。迷惑です。
    各家庭の主人が違うように、ブログにもそれぞれの管理主の主義主張があって運営してるのです。
    一人の人間として、創価の人間として、何を語りたいのかを明確にしないまま
    「対話を求めて」へのただの「ブーイング・ブログ」などは何の影響力もないでしょう。
    世間のまともな人達からは、創価に毒された若者か・・。お気の毒様だこと・・・。と
    判断されるのみです。
    ましてや、学会員の同意を求めても、アンチブログなどを見てるあなたの方が
    「魔に負けてる証拠だ」と一喝されるだけです。
    まだ、お若いと思うので、いずれ創価の真実に気づいた時、自分の人生をやり直せるよう、今から準備しておいたほうがご自身の為ですよ。
    どうか、一日も早く、ジュンペイさんが覚醒される日が訪れますように・・・・。
    マリー。

  20. 嘘をついて、勧誘したり、会合に誘うで思い出すことがありました。

    まずは、ヤングミセス時代。年に一度、町内会館など借りて外部の友達を呼び、学会理解の輪を広げるっていう目的。
    ママ友が対象になるので、内容は、育児サークルみたいに、手遊びコーナー。読み聞かせなど、盛り上がったところで、創価学会関連や池田のDVDを見せる。
    最後に御書の一文や先生の指導を、可愛らしいしおりにしてプレゼント。
    私は、ママ友に知られたくなかったので、ただの部員の時は、外部の友人は呼びませんでした。
    しかし、ヤング長になってしまい、自分が主催者となり、部員のお手本にならなくてどうする?と言われたり、自分も殻を破らなければ、と公園のママ友さん5人に「育児相談や手遊びコーナーなどやるので、よかったら」とチラシを渡しました。
    でも、チラシに創価学会のその字もない。
    「育児相談や手遊びコーナー、楽しいことあるよ♪ お茶、御菓子も用意してあります。
    ○○月○○日 △△会館 10時30分~
    主催者 ひまわりママの会」
    誰も創価学会なんて思わない!へ~、面白そう、行けたらいくね~と返事もらいつつ、心の中では、来ませんように、と祈ってました(笑)
    このチラシは私が考えたわけじゃなく、創価学会のやり方です。以前からこんなです。女子部や男子部にもあることですね。

    結果は、外部は一人も来ずに、ヤングメンバー三人と地区婦と担当幹部の婦人部と暇な婦人部が手伝いとしてきただけ。
    スッゴくホッとした私。
    夕方、公園でチラシを渡した何人かあって、ごめんね、用事があって‼と。
    創価学会とはバレてなかったみたいです。

    四者でやるパターンもありますよね。
    年に一度、地区やブロック単位であり、
    内容「健康セミナー
    ○○医院の△△先生の講演、(その先生は学会員)リフレッシュ体操もあるよ♪
    主催 いきいき友の会」チラシはこれしか書いていません。
    最後には、創価学会や池田のDVDをやっぱり流す。
    学会宣言してる友人ならいいけど、私が学会と知らない友人は絶対に誘いたくありませんでした。
    私が逆の立場なら、は?創価学会とか池田先生?何これ?宗教?
    ただの育児サークルじゃなかったの?
    健康セミナーだよね?と不信感ありあり。
    今後、距離を置きたくなりますね、きっと。主催に、はっきり創価学会と書かないズルさ。騙してる感が嫌でした。
    その時は自分の命が弱いだけ、信心が足りないダメな自分と責めてました。
    今は、そんな苦しみから解放されてスッキリしてます。

    素晴らしい宗教、最高の仏法、世界に広がってる宗教と誇りに思えるなら、
    そうやって、主催を創価学会だというのを隠して、やる必要があるのか?
    当時は、外部の友人を誘うための仏の知恵、自分が殻を破る戦いのためと洗脳されつつ、堂々とできない自分との葛藤に苦しめられ思い出したくもない。
    ただの詐欺の誘いの手法じゃないですか。

  21. 前のスレッドでコメオさんが書いてくださったキリスト教の洗礼までの条件を読んで目から鱗でした。

    よくよく考えてみればいくら両親が信仰してる宗教があっても生まれたばかりの何もわからない子どもを入会させるのは本人の意思じゃ無いうえにその宗教の事を何一つ理解してない人が一人増えるだけです。
    普通に考えれば宗教に限らず何かの組織と言うのは基本やる気の無い人に数を増やしたいから入ってほしいなどと思わないのが普通の感覚ではないでしょうか。
    一生懸命やりたいと言う人だけに来てほしいはずです。

    ますます創価学会が宗教では無く詐欺団体なんだと理解出来ました。

  22. 四十代婦人部、非活の古生物から
    ジュンペイさんへ
    おばちゃんが20年、見てきた話

    個人会館にはしなかったけど、
    地域でも大きな会場提供してた義母は
    グランドピアノを会場に置きました

    此処にセンセイが来て、ピアノを弾いて下さる
    それが、夢なのよ
    笑顔で私に話してくれたのを思い出します

    財務でもの凄いお金を毎年使い
    病気になるまで新聞配達して
    一家和楽を夢に見ながら、懸命に唱題する
    …なんの瑕疵もない信心でしたよ

    財務に使ったお金を後悔する事なく
    今は、難病の身体で題目三昧
    一家和楽は叶いませんでした
    子より宗教が、大事なのだなと
    義母の子供達は、義母を見限り、
    唯一信心してる息子(私の夫)ですら疎遠にしています

    信心していなかったら、の、たらればは
    無駄な事ではあるけれど
    働いて、お金ためて
    無理しないで、病院へ行き
    子供との時間を持っていたなら
    今頃もっといい環境にいて
    子供と孫に囲まれていたかもしれない

    もし病気に、ならなかったなら
    こんなに題目は、あがらない
    絶対的幸福境涯だと言う義母に
    その信心ってのは詐欺で
    嘘つきデブのたわごとだとは言えないの

    大事な孫に、信心に基づいて話した事は
    頑張って賞状もらったら、信心のおかげ
    悪い事があれば、信心足らないから
    成長した孫は、何も義母に話さなくなりました

    どんなに、拙くとも、
    言葉はその持主の心から出て来るべきで
    他人の言葉でしか語れない人間は歪だと思う
    ジュンペイさんも
    そんな人間に、なってほしくない
    おばちゃんはそう思うのです

    創価なんかもう祈らない夫ですが
    やめたら、他の劣った宗教なんかムリだと
    多分、一生このままです
    私が、退会すると言うと
    家の中の物が壊されます

    引き返すなら早い方がいいのよ

  23. やっと冬も過ぎて暖かくなったか(^_^;)。と調子に乗って投稿してみたら、寒のぶり返し(世の中そんな甘くない!)。で、風呂上りには即布団を敷いて“極楽モグラ状態”で積ン読の、積み木崩し、…(パソコンテーブルへの距離は相当遠い)ヤット3日ぶりに閲覧しました。

    スマイルさん >自分で勝手にドンドン洗脳していたことに気づきました(*_*)
    と有りましたので、それで、昔読んだ本を読み直してみましたら

    「ダマされない技術」間川清/法研 (2014/8/28)の、
    92p
     なぜ人はダマされて、相手の思うような行動を自分からとってしまうのでしょうか?
     その答えは、「想像力」です。
     人は想像力があるために、自分で自分をダマしてしまうのです。
     そしてその想像力には、プラスのイメージとマイナスのイメージの二つがあります。この二つのイメージによって、自分で自分をダマす結果を招いていることを理解してください。
     一つ目のイメージは、プラスのイメージ。自分にとってメリットがあることや欲が満たされた状態を思い描いてしまうのです。
     たとえば、よくある詐欺の手口では、ロト6などの宝くじ必勝法詐欺があります。
    全然当たりもしない、価値のない「必勝法」が数十万円という高価な金額でネット上で売られていたりします。いかにも怪しい宣伝内容であるにも関わらず買ってしまう人がいるのは、その情報を使って宝くじに大当たりし、一獲千金を得た自分を想像してしまうからです。
    93p
     そういった情報を掲載しているウェブサイトは、ロト6の必勝法を魅力的に見せることはできますが、無理やり被害者にボタンをクリックさせ、クレジットカードの番号を入力させることはできません。それをしているのは、ネット上のセールストークを読んでバラ色の未来を想像した本人なのです。
     また、マイナスのイメージとは、将来の恐怖を想像することです。たとえば、よくある霊感商法。怪しげな占い師が、「このままでは数カ月先、命に関わる不運があなたに襲いかかる」と告げます。ダマされる人は、ここで死んでしまうかもしれない自分の不幸な未来を想像しているのです。その結果「それを防ぎたければこの100万円の壺を買いなさい」と言われ、財布からお金を出してしまいます。ここでも占い師が無理やり現金を本人の財布から取り上げているのではありません。
     このように、ダマされる行動をとってしまうのは、自分の想像力が直接の原因であることを理解してください。
    (以上引用終了)
    正にこの説明を一言で云ったら 
    >自分で勝手にドンドン洗脳していたことに気づきました(*_*)
    ですよね。(なかなか気付けないのが普通ですので困るのです)

    ─…今回テーマの「ふたたび、そして最後にジュンペイくんへ」。…─
    signifie さん 2016年2月18日 01:34
    >…このブログにあるみなさんのコメントが「中傷」であると言い切る根拠を明示してください。
    まずは、この質問に答える気があるのかどうかを、
    「ある」
    「ない」
    で答えてください。…
    に対して、回答は!… 
    ジュンペイ さん 2016年2月18日 21:38
    >答える気は「ある」
    しかしこのブログでは答える気は「ない」
    です。
    理由は、こちらにいる人たちのほとんどが相手を理解する気がないのか、話の意味や内容を全く理解できないからです。(失礼な言い方で本当に申し訳ありません)…
    >また、ここで話をしても無駄だと思った理由は、管理人さんの目的が創価にダメージを与えることだとわかったからです。…

    もうここで、“瞬間湯沸かし器”全開でしょうカ?

    管理人さんの目的は、~金と票を盗る(活動時間=人生も)のが仕事?の、「詐欺・犯罪組織の創価から、一日も早く創価の本質を見抜いて去り、自分の当たり前の人生を充実して生きましょう」~と、繰り返し綴られています。
     結果的に創価にはダメージでしょうが、去った方々は蘇生でしょう。それが証拠には「脱会して善かった助かった」の人々で溢れ返っていますよ。ね。
    創価がそんなに良い団体なら→「賢い人なら戻るでしょう?」…それが戻るどころか、己が入会させた知人や親類に、なんとかして脱会してけれ!。と祈る人が圧倒的。という事実を、ジュンペイ君は、何故?と考えてみましたか!。

    創価が「言ってる事」じゃなく、『やってる事を見なさい』。と、私からのアドバイスです。
    ●読む価値ゼロ(というよりマイナス)、の聖教(という名の)洗脳宣伝紙の拡販
    ●公明党は平和の党と云いつつ「戦争法案」「憲法改悪」(参院選後予定)の潤滑油
    ●財務という名の上納金強奪
    ●民音割り当てその他諸々…多すぎるので省略

    例えば、「いやー初めましてSと申します、世界平和の為にお互い頑張りましょう」と言いつつ、ポケットから財布を抜き取っている人に対し、
    ジュンペイ君は「Sさんは平和活動家で偉い」と云うのでしょうが、
    signifie さんは「オイオイ財布抜いてんじゃないよコラ」と、行動を見て判断されてるのだと、私は視ます。
    どっちがドウのコウのの、判断は読者の方がされるのでしょう。

    元職員3名ブログ 2013/03/12 “安保法制に対する私たちの考えと決意”より、
    一、…会長の原田氏、理事長の長谷川氏、主任副会長の谷川氏は辞任すべきである。
    一、…学会本部は安保法の白紙撤回へ向けて戦うべし。
    …谷川主任副会長の完全無視。その振る舞いに、今の創価の元凶を見た思いがしてならなかった。…

    “斧節”2016-03-12 兵糧攻め
    … 創価学会の周辺から聞こえてくるキーワードは査問・戒告・処分・活動停止・役職解任・除名・粛清……そんなのばっかりだ。静かに、だが確実にスターリニズムの風が吹き始めている。…(斧さん、コピペ笑って許してね)

    愈々(現執行部)創価も、剣ヶ峰を迎えている様で、7月(予定)の参院選の結果次第で“分解”するのかも?
    ─末端の会員は「脱会するなら今が最後のチャンス」と、私はそう思う─
    ─参院選で負けた瞬間に詐欺が明るみに出るのでは?。─
    ─若しくは、センセーが表に出て来た瞬間に(その貌を見たら)“創価の真実”が明らかになるだろう。(地獄堕ちはどっちだったのか!明るみに出るのだ)─

  24. 創価は会員をエセ仏教で脅しているというのは本当です。
    私が返す返す不愉快なのはこの思想の洗脳です。

    例えばろくでもない夫がいてギャンブルとかDVとか離婚されて当然という状況でも、子どもを虐待する酷い親がいたとしても
    「宿業は命に宿ったことだから逃げても環境を変えてもダメ。宿命転換しない限り、来世にまたそういう夫婦で生まれてくる」
    だの
    「そういう親を持つ宿命を転換しないと生まれ変わってもまた親子よ」
    とかしたり顔で言いたがる幹部。

    それアンタが勝手に信じてることだよね?
    それを勝手に宇宙の法則にして人にも押し付けて、一体何がしたいわけ?

    私の母は非活にはなっていますがこの根本の洗脳は解けていません。
    だからこの脅迫のような思想に脅えて、今だ愛情のない男の介護の面倒をフラフラになりながら看ています。
    私にはっきり愛情がないと言いきっています。
    愛情がないからやってて辛いだけなんです。
    あまりに疲れ切ってもう心なんてとっくに壊れていますよ。
    先日も電話がかかってきて、どうしたのかと思ったら
    「不吉な夢を見てね。あなたが(私のこと)とてつもない深刻な悩みを隠していると言われてね。お告げだと思ってかけてみたの」
    とか意味不明なことを生気のない声で言うんです。
    は???
    休みでこれから家族で愉しく遊びにいくところだったのに、本当にわけがわからない。
    もう夢も現実も妄想も何が何だかわからなくなってしまってるんです。
    完全にヤバイなと思いましたよ。

    「なんでそんなことでフラフラになってるの?なんでそんなことでお金や労力使ってるの?」
    そしたらやっぱり洗脳なんです。
    「アンタはせっかく仏法を学んだのにそんな考えなの?」

    こんな調子なのでもう話すのも疲れるんです。
    こういう四角くてバカ正直で疑うことが苦手で、発想を変えたり飛ばしたりすることができない人は恰好の創価のカモです。
    こんなエセ教なんかに洗脳されなかったら、母はもっといろんな人の意見を聞いて、週刊誌を読んだりネットもやって発想も自由になって恐怖にも縛られず、離婚して違う人生を歩んでたかもしれない。

    私が小学生のある年の夏。
    いろいろあって悩みのどん底にいた母に
    「あなたのその不幸は過去世からの法華経誹謗が原因です」
    「それを詫び、罪障消滅して法華経をひろめない限り、あなたの悩みは永遠に解決しません」
    と言い放った学会員。
    そう言って歩けば功徳が貰えると思ってやったことなんですよね。
    でもね、あなたのその軽い一言が一人の人生を滅茶苦茶にすることもあるんですよ。
    その重さを知って死ぬべきです。

  25. 非活15年50歳の壮年部です。ここで覚醒しました。

    ジュンペイくんとその愉快な仲間たちへ!
    申し訳ないけど
    ネットなんか見ているレベルで創価を語るな!
    それこそ10年早い!
    もっと戦ってから物を言え!
    ここに書いてある事がデタラメであるはすがないだろ!
    これが創価学会の実態ですよ!真実です。
    君も愉快な仲間たちも、そんな事も理解出来ないレベルなんですよ!まだまだ遊んでるレベルですよ。
    と私は言いたい。

    確かに、ここを見ている活動家の中には
    内容を理解しつつ
    『ヤバいブログが拡散しているなぁ~』と苦虫を噛んでいる人間もいるでしょう。
    本部の元チョメチョメ男子部長とか広報室とか男子部の広宣部とかもね・・・

    でもね、仕方がないですよね。
    ここでどんどん真実が明かされていく!

    そして、誰もが自由に見られるんですよ。
    本当にいい時代になったと思いますよ。

    最後に
    ジュンペイくんに、もう一言

    創価の男子部らしく戦いなさい!
    先輩からの忠告です(笑)。

  26. 雑草さん
    いつもありがとうございます(^^)深い洞察、楽しみにしながら学ばせていただいております。

    私の場合の「自責」「物事の原因は自分自身にある」は、「全能感」というより、どちらかと言いますと、子供が「ボクって悪い子」とか「お母さんが怒るのは、ボクが間違えたことをしたからだ」みたいな感じなんです。
    40歳越した、良い歳した大人がこんな事言うなんて変かと思いますが、心理カウンセリング受けていく中でわかったんです。

    幼少時に、よく絵を描いてました。
    画用紙の右下の方に、犬を書くんです。すでに端の方に追い込まれている犬。
    そして上の方には、爆撃機(*_*)
    犬の周り(上方と左側)を壁で覆って、「これで爆弾落ちてきても大丈夫」
    そして爆弾を実際に描くのですが、だんだんと爆撃激しくなるので、犬の周りの壁をドンドン厚くしていって、、、最後は画用紙全体を黒く塗りつぶして終わり。

    カウンセラーの先生にお話したら、幼少時の事がかなりの影響を持っているようで、出来事に対する私の心の反応が「攻撃されている」「怖い」と無意識で捉えているようです。

    出来事に対する「認知の歪み」があるので、カウンセリング受け始めるまでは、とくに人間関係大変でした。
    そこに加えて、「日蓮思想」「学会指導」で物事を裁く。白か黒しかない。
    会社のスタッフも「敵か味方か?」に分別してました。そこで無意識が「敵」とみなしたら、どれだけ心を説き伏せても深層心理で「敵」とみなしてるので、いろいろな理由つけて排除しようとするんです。
    サイテーな奴でした。
    自分でも、苦しくて何が何だか分からないままも会社を進めていかないといけない。その中で、良き出会いがあり、私の中の幼児性を見抜いた方の勧めにより心理カウンセリングを受けました。
    今もまだ様々な問題があるのですが、自身の感情を見つめ、創価の思想を、切り離す事で上手くいってます。

    とりあえず。。。

  27. 創価って霊感商法をケチョンケチョンにけなします。
    印鑑や水晶や壺の脅すような売り方とか金儲けとかボロクソに言うわりに、自分たちも脅したり供養と称して集金したり、透視ができるわけでもないのに「あなたの過去世はね、来世はね…」なんてしたり顔で説法。
    霊媒師か?
    同じです。
    言っとくけどまーーーーーーったく同じ。

    私の過去も未来も誰にも見えないし決めつけられたくないし、そういう信じる信じないの話をまるで動かぬ事実のように講釈したがる創価脳。
    そんな退屈な話はノーセンキューです。

    私はもう宗教なんて興味ないですが、なんとなく掴んだ感覚が少なくともエセ教よりは役に立ってます。
    まず嫌なことはしません。
    人生の中で一分でも「嫌だなあ」と思うのが嫌なんです。
    そんな要素を積み重ねていいことなんてない。
    嫌なことは一切、すっぱり。まあできるだけ関わりません。
    でも嫌でもやらなければならないことがあるとしたら…その時はとことん楽しみます。
    何か考えて楽しみを見つけます。
    そういう時は、発想力が役に立ちますよね。
    これは一つの思想、パターンに縛られてたら難しんですよ。
    これは〇〇だから、ねばならない……制約されてたらできません。
    そんなふうに何でも楽しんでいたら、そのうち本当に楽しいことしか来なくなる。
    機嫌よく暮すことが機嫌よく暮せる環境を呼び寄せる…まあ簡単にいうとそんな感じでしょうか。

    学会員ってこれが逆。
    こうなんだ、あーなんだとマニュアルをこれみよがしにひけらかしたり押し付けたりしたがるけど、その当人は不幸そうで上から目線で魅力なし。
    ざっくりですが、創価を辞めてから感じた結論のひとつです。

  28. 元婦人部二世のケセラセラです。(昨年退会)
    モニカさんのお母様が幹部連中に言われたこと、そっくりそのまま私の母も言われてましたね。
    それでも一番大変だった頃に地区婦だった人は、母の身近にいたせいか見かねて離婚をすすめましたが・・・すでに「宿業はにげても追いかけてくる」との洗脳母の耳に届かず(泣)
    あの時の地区婦はバリ活でも人間らしい心を持ってたんだなと思います。
    最終的に介護が必要になった伴侶をフラフラで母は介護しました。
    今、母に残ったのは地域の創価コミュニティのみ。(脱会はムリ)

    最後にジュンペイくんへ
    人の人生に最後まで責任持てないなら、おかしな思想をまきちらさないでください。

  29. 41歳男パニックスです。(退会済)

    ひと月ほど前にテレビで伝言ゲームをやってました。それも外国人5人くらいだったと思います。

    10秒位の文章を通訳の外国人同士で伝言していきます。狭いスタジオでたった1分のゲームです。
    結果は主語と述語すら正確に伝わりませんでした。一人ひとり確認すると、それなりに伝わってるのですが最初と最後は別の話になってます。

    日蓮が釈迦の教えと思い込んだ法華経を思い出しました。遠いインドから1500年以上かけて数ヶ国をまたぎ、数ヶ国語で翻訳を繰り返し日蓮の手元にやってきた一切経、たった10秒の文章が1分後にメチャクチャになるのですから、諸行無常のはずが宇宙唯一の南無妙法蓮華経に変わったのも解る気がします。

    ジュンペイくん、創価の宗旨である日蓮もまた我の強い坊主に過ぎませんよ!
    正義を振り回す奴ほど危ない人間はないと言うではありませんか!?あなたの正義は他人にとって只の迷惑になってますよ。
    そう言う私も半年前まで似たような奴でしたが(>_<)

  30. 外部のホリデイズです。signifies様、皆様、たいへん興味深く読ませていただいています。スレちがいかもしれませんが。
    国会の予算委員会をみていましたら、公明党の議員がでてきて、認知症の方に対する詐欺被害の現状は、対策は如何に などと質問していました。
    今現在、詐欺をしている本人が詐欺被害の現状は? 対策は? だそうです。

  31. ホリデイズさん、ありがとうございます。
    きっとその議員も創価が詐欺だとは思ってもいないんでしょうけど、滑稽ですよね。

  32. スレッド違いですみません。^^

    創価学会員には、なぜ病気になったり事故にあう人がとても多いのか、
    その理由には大雑把に言って2つあると思います。

    ひとつは、毎日の学会活動で溜まる疲労による免疫力の低下。

    仕事等による日々の疲れを回復させる、その大切な時間さへ活動に搾取されることによって
    体力が低下して、病気が起こりやすくなる体質になってしまうのだと思います。

    また、その疲れによって、注意力や判断力も鈍くなってしまうために
    必然的に事故につながることが多くなってしまう、とも言えましょう。

    私が以前暮していた地区に暮らす母に、時々電話をするのですが
    その度に「つむじ風、地区部長のOOさん知ってる? ガンで亡くなったんだよ
    まだ60代なのに」
    といった感じで、電話のたびに学会員の亡くなった話を聞くのです。

    先日も、そんな話になり、以前の地区部長もガンで亡くなり、一年で
    二人も立て続けに役職を持った方たちが亡くなっているのでした。

    その方たちは座談会などの時に、いつも『疲れた~、疲れた~・・・』と
    言っていたそうです。そして『なんで学会活動ってこんなにいっぱいやらんきゃ
    ならんことあるのかなぁ~・・・』とこぼしていたとのことで、歓喜も何も無く
    ただやっていれば、いつか指導通りの幸福境涯とやらになれると思って
    そのひとたちは信じていたのでしょうね・・・。

    また、まだ若い男子部の人が、寝不足を抱えながら夜中まで活動に走り回り
    居眠り運転による事故死をしたひとや大怪我をしたひとを何人も見て来ました。

    本当になんだかかわいそうになってきます。

    学会員になぜ病気や事故で亡くなる人が多いのか、2つ目は
    詐欺団体でありながら、宇宙の法則だの、何だのと言って
    ウソばかり並べ悪の片棒を知らずにも担いでいる会員さんたちには
    本当の宇宙の法則・真理みたいなものが、『早く気づきなさい!』と
    戒め的な力が働いている、その現象の表れなのかもしれません。

  33. 白ゆり長だった婦人部です。
    ジュンペイ君に言いたいのは、青年部で思考を停止して無我夢中学会活動していても、20年も経つと学会の孕んでいる矛盾と欺瞞に怒りを感じるようになるということです。壮年部になって組織を回すようになると、よくわかります。地区部長の夫もそれは感じると言っていました。それでも夫は学会を離れないといっていますが。私が退会届出したことが夫の耳に入ったとき先述の話をしましたが、私が非活でももう責めないし、構わないから退会だけはしないでくれとお願いされました。退会は握りつぶされたけども、退会届に併せて書いた私の分のマイ聖教の配達は止まりました。

  34. ぽむぽむです。
    すべてのコメントを読めているわけではないのです。時間に追われています。
    モニカさん、お母様のことを考えるとつらいですね。
    私も自分の老後は?いろいろ考えます。

    スレッド違いですが、初歩的な質問です。
    学会において「外部の妻」って、どんな存在なのですか?
    夫にとって、私はどんな存在なんでしょうか?他人様に聞くことではないのは承知ですが。
    夫に聞いても「質問の意味が分からない」そうです。
    でも、とても知りたいことなのです。

    久しぶりに仏壇を覗いてしまいました。「3月6・13・20日 日顕宗法華講員訪問 〇〇男子部長報告 ❕」みたいなメモがありました。意気揚々としたメモです。
    まだ、創価脳だったか?
    疲れました。私がブログを見れば見るほど、覚醒から、遠のいている気もします。

    我が夫婦は両目を閉じて付き合えってことかな。今夜は協議会だそうです。
    私は、犬とおいしくお酒をいただきます。

  35. こんにちは。
    外部の雑草です。
    主催者さま、これはスマイルさまへの感想ですが、うーん、議題とあまり関係していません・・。
    削除でもかまいません。

    おもいつく有効な手段は、「去る」と「違和感」

    「親との関係性は、詐欺への抵抗力はもちろんあらゆる場面に影響する」
    ということだと思います。
    対処法は、正直、その場から「去る」こと、
    そして「違和感」に気を配ることぐらいしか思いつきません。
    違和感を気にするのはそれによって、
    自然に快適な状態になったり危険を避けれたりしたからです。
    ほかの有効な対処があればぜひ知りたいです。

    スマイルさま
    >私の場合の「自責」「物事の原因は自分自身にある」は、
    「全能感」というより、どちらかと言いますと、
    子供が「ボクって悪い子」とか「お母さんが怒るのは、ボクが間違えたことをしたからだ」
    みたいな感じなんです。

    それは私にも確実にありますね。
    私もまたカウンセリングを受けるべきなのかもしれません。
    そして私が先ほどのような考えをしたのは、ひとつには自分自身がその呪縛から逃げるために、自責もあるけどそれだけじゃねーだろと自分自身に言い聞かせてる部分があります。

    私の幼少のころのイメージは、

    「蜘蛛の糸にからまって身動きや逃げることができない状態で、
    一方的に殴られ刺され食い破られ続ける絵」です。

    どんな攻撃もだまってうけつづけるしかない。
    いかなる自分の行動も意味がない。
    ただ、攻撃され続けるしかない。
    こちらは一方的になんの意味もなく体を毀損され続ける。
    私は母親の満たされないであろう、望んでるであろう行為や言動を読んで、
    それにかなう振る舞いをして、相手を満たさなければならない。
    いったいどっちが大人なんだろう、なぜ私は、
    いったいいつまで拷問されなければいけないんだ?
    生まれたときからなぜ拷問されつづけているのか?
    わからなかった。ただ苦しみしか感じていなかった。

    なんだか、にてますね・・・。
    私の母親は、サイコパスとかボーダーとかいわれてるような精神疾患状態の人でした。
    もちろん比喩であり正式な病名ではありませんが。
    子供に対する要求も無茶苦茶。
    いった言葉に何の意味もない。
    話すだけ無駄。

    私もそのような、わけのわからない根源的な罪悪感を刷り込まれておりました。
    いかなる人間でもお釈迦様だろうがなんだろうが実現できるわけのないことを言われておりました。
    親の毒ですな。
    口汚くののしられ、こちらのせいにし、そして自分が愛情もってるのよとかあなたのことを想ってるだとか、
    わけのわからない大義名分をいいながら平気で、

    「あんたね、面倒見てもらって当たり前だとおもってるかもしれんけどね、
    面倒見る必要なんてね、ないんだよ」

    などと繰り返しておりました。それが口癖ですね。
    抵抗手段のない子供にね。
    散々義務だのなんだのいっておいてそんなんでしたよ。
    日本国の法律で親と子供に関することはきめられておりますが、
    そんなことは関係ないのですね。自分のいったことや主張は関係ない。
    頭が分裂してるのかと。

    こうやって育てられると、
    学習性無力感
    まさにこのものずばりの状態になっていきます。
    冷静に見直してみた場合、
    母親の影響でどれだけの悪手をうち苦しんだのかわかりません。
    なんでもかんでも自分が悪いと思い込まされた人は
    それこそ私のかかった悪質武術詐欺師や創価のような悪質詐欺に
    きわめてかかりやすくなる心理状態になる。
    カモそのものになってしまう。

    私のとれた対処はたったひとつだけ、

    「情報を与えない」

    これ以外は思いつかなかった・・・。今は完全に親との関係を絶っております。
    数十年、思いつくかぎりの対応をしても無駄で、
    ああ、これは自分の人生の時間の無駄だなと思えたので絶ちました。
    数十年もトライすればもう十分だと感じられたのも理由です。

    それこそ創価学会への対応と同じですね。
    去る。
    ただそれぐらいしかおもいつかない。
    暴力団を内部から改革して社会貢献する組織にしましょうっていっても無駄なように
    その人から去るしかない。
    むしろ改善しようなんていうひとはこちらを馬鹿にしてますよね。
    んなもんできればとっくにやってるわい。
    脳みそがなにもついてないカスだとでもおもってるのかいな、私のことをと。

    親との関係性は、詐欺組織に対する抵抗力に直接関係があるのだとおもいます。

    だけどそんなこといってもイカン親に育てられたひとやイカン組織に育てられてしまった人などいくらでもいるわけでその人たちはどうすればいいのか・・・・

    解決ではありませんが、「その場から去る。」
    それぐらいしか思いつきません。あとは「違和感」に気をつけていくこと。
    違和感にきをつけていくと自然に快適な状態になったり危険を避けれたりしたからです。

    >私の中の幼児性を見抜いた方の勧めにより心理カウンセリングを受けました。
    私も幼児性だらけなのでしょう・・・
    私の年齢なら、人様のお役に立ちたいだとか貢献したいとか、
    悩まれ、弱っている方々のお力になりたいだとか、そういう動機を感じたいものです
    だけど実際はそうではなく、自分を理解したい、自分が状況をしりたい、自分の苦しみをやわらげたい、自分のことばっかりなんです。
    私は大きな子供、歪んだ成長をした子供なのでしょうね・・・。
    いやぜんぜんまとまらず議題と関係ないコメントしつれいしました。

  36. ナオさん、入会させて入隊させようなんて、音楽隊も人手不足なのですね。音楽隊や鼓笛隊は花形だったのに。そのうち外部でもOKとかなったりして。なんだか境界線をゆる~くして、わからないように若者を取り込んで、今以上にへんてこで危険な団体になりそうで怖いです。

  37. 哉文さん、コメント読ませていただきました。
    しかしあなたのコメントを承認するわけにはいきません。それは、あなたのようなコメントを載せると、変な人たちが勘違いをして「あ、ここはこういうこと書いてもいいんだ」と思って、結果的にブログが荒れてしまうからです。
    これまで何度も何度も書いてますが、このブログは学会員と言い争いをする場所ではありません。創価に疑問を感じた人が、その疑問が正しいのか間違いなのか、他にも同じような疑問を抱えている人がいるのかどうかがわかるようになるためのブログです。ジュンペイくんのように「創価は絶対に正しい」と思っている人と議論する気はさらさらありません。だからといって頭から学会員と対話をしないというのではないのです。しかしほとんどの学会員さんはジュンペイくんのように、人の話を聞かずに、自分の言いたいことを言うだけ言って去っていきます。あなたがジュンペイくんにここでアンチと戦えなんていう資格はありませんよ。あなたはこの場をまったく理解してませんよね。そもそも戦いって何ですか?私たちは自分の体験を騙っているだけです。創価を批判こそしますが、学会員をたたきのめそうなんて思ってませんし「できれば早く創価が詐欺だと気づいたほうがいいですよ」と親切で言ってあげてるだけです。そこに創価スイッチ全開のジュンペイくんが、いいがかりをつけてきただけの話です。
    ということで、あなたの意見はまったくのお門違いということと、あなたのコメントのようなものを承認すると、おかしな人が寄ってきますので、非承認とさせていただきます。このブログを全部とまでは言いませんが、ある程度読んでもらえれば誰にでもわかると思います。

  38. 四十代婦人部古生物です

    以前、うちの子から聞いた話
    創価大学オープンキャンパスに参加
    その時に駅伝について聞かされた事

    皆様の題目のおかげで、見事予選突破しました!!
    会場拍手喝采
    結果、最下位だったのは言わなかったそうです

    皆さんの題目のお陰で完走致しましたとか
    言えばいいのに…
    勝つか負けるかしか興味ないんでしょうね

    スレ内容に関係ないので
    承認は管理人さまにお任せします

  39. signifie様
    承知いたしました。
    あまり読まずにコメントしてしまい、失礼いたしました。

  40. 古生物さん。いえいえ関係ないことはありません。
    たとえ関係ないことでもぜんぜんいいです。

    学会員さんの思考って、たとえばある人にいいことがあったとき
    それが学会員の場合だと、功徳だわ!やっぱりこの信心に間違いはない!って言うくせに、
    それが脱会者にいいことがあっても「いずれ悪いことがおきる。ろくな死に方はしない」
    などと、他人に向かって恐ろしいことを平気で言います。
    人の幸せを喜べない人間になっていることに気がつかないでいます。
    逆に学会員に悪いことがあっても「きっとこれは深い意味があるのよ。御本尊様があなたの信心が本物かどうか試されているんだわ」と好き勝手に言い放ちます。
    そして脱会者に悪いことがあると「ほ〜ら、罰が当たったんだわ」と鬼の首をとったかのように勝ち誇ります。
    で、どうにもこうにも弁解ができないほど学会員にオチドがあったときには何も聞こえないフリをします。
    なんか浅ましいですよね。人として。
    学会員は学会員だけが幸せになれると信じきってますからね。学会員以外が幸せだと理屈に合わなくなる(笑)
    でも現実には学会員より幸せな人のほうがはるかに多いということはスルーするんです。
    こんなふうに思い込まされているんですよね。だから喜んで財務をしたり、選挙活動もできるんでしょう。これをやれば功徳がある、幸せになれる、お金も何倍にもなって返ってくる。
    こんなのどう考えたって典型的な詐欺じゃないですか。
    壷や印鑑がカラーコピーに変っただけのチンケな詐欺ですよ。
    陳家だけならいいけど、これでたくさんの人が目に見えて不幸になっているという現実は見逃せません。
    せめて自分で「おかしいな」と気づいた人たちだけでも、確実に覚醒できるようなブログになってほしいですね。
    そしてこんなブログがわんさか立ち上がるともっといいですね。

    そういえば、ジュンペイくんはもうあきらめたのかな?
    それとも自分の愚かさにちょっとは気づいたかな?
    いや、あのこってこての創価脳は、そう簡単には緩まないでしょう。
    現実を完全に見失ってますからね。まだ若いのになあ〜
    これからもずっと創価の餌食になって干涸びていくんでしょうね
    あ〜もったいない

  41. 初めまして。学会員じゃないですが、職場で集団的な嫌がらせをされ、とうとう職場を去ることになりました。(大手企業のT社です。)
    自分がされてきたことに対し、どうしても不条理を感じ、色々と調べてみたら、創価学会の集団ストーカーにたどり着きました。

    どうやらT社は学会員が多いことで有名だったみたいです。。
    本当に、人を追い詰める最悪な集団です。
    そういうことをするのが、恨みを買って余計に不幸を呼ぶことがわからないのでしょうか?

  42. ダイナムです。
    お早うございます。
    ジュンペイくん初めまして、ダイナムです。
    グログはいつ立ち上げるのですか?
    楽しみにしていますよ。
    それとも詐欺かもと、少しは気が付いたかな?
    すこしでも詐欺と思ったなら改めて対話しましょうよ。
    ある情報ですがこの夏の選挙が終わると学会は崩壊なるかもと情報が入っています。だから悪い事は言わないから、ジュンペイくん
    詐欺創価と認めて脱会しましょうよ。
    ジュンペイくんは若いから今ならやり直しができます。
    頑張れ、ジュンペイくん。

  43. おはようございます
    ジュンペイさんへ
    一年程度創価の活動を休んで外から学会を見てみるのはいかがでしょう?
    多分あなたも「あれ?ここおかしいな。。。」と思う事が一つ位は出てくると思います。更にその一年で今までと大して変わらなければ創価はインチキということになります。

  44. 話しても無駄という人には「関わらない」「去る」
    私もこれが正解と思います。
    創価もその一つですがそんなものいっぱいありますよ。

    私の母がなかなかエセ教から脱却できないのは、長い間、創価以外の本、映画、ネット、コミュニティ…そういうものを頑なに、あまりにも頑なに拒否していたことも大きいのです。
    もともと本も映画も遊びも付き合いも、要するに自分の世界を広げることが嫌いな人でした。
    身近なことでも例えばですが、自転車に乗れない、乗ろうとしない。
    車も乗らないし、自転車は乗れた方がいいよ、便利だよ。
    いくら周りがそう言っても「私はこれでいいの」
    電報を打つ時にふうふう言いながら一生懸命坂道を登って郵便局まで行く。
    電報は電話でできるんだよ。なんでそんなことするの?
    「私はこうやって歩いて全部やてきたの」
    そういうことを言うとものすごーく、不機嫌になります。

    創価時代、本棚は一冊残らず創価本。
    レコードは学会歌以外、全く聴きませんでした。
    「他はガチャガチャしてうるさくてくだらない。創価さえきいてればためになるの」
    親戚や友達の付き合いを絶ってオンリー創価付き合い。
    「学会員は見栄をはらなくていいからラク。他は疲れるの」
    当然、週刊誌もネットも一切拒否です。
    たまには映画を観たり、他の友達とお茶したりすればいいのに、
    「そういう気分になれない」
    「そういうことはね、生活や気持ちに余裕が持てないとする気が起きないの」
    要するに気分転換が嫌いなんです。
    生活に何が大切かって「切り替え」ですよ。これがいいわけがない。
    でもどっぷりと自分の価値観、感情の中だけに浸って生きたいんです。

    前にも書きましたが、携帯電話を持たせるだけで数年。
    楽しみにしていた孫もできて、メールを打つ、写メを受け取るに関しては声を枯らして説得しましたが、諦めました。

    こういう人は恰好の創価のカモですよ。
    こっちに来てさえしまえば、外部から知恵がつけられない。
    見ようともしない。
    聞いてもあっと言うまにシャッターを下ろす。
    新しい発想なんか生まれないし、そういうことはしようとも思わない。

    こんな人に40年間、唯一信じられる大切なものを与えた。
    「私が不幸なのは過去世による宿業だ」
    「宿命から逃げないで、素直にいうことを聞かないと来世も同じ運命になってしまう」
    「それが逃れられない仏法の法則なのである」
    これがストンと落ち、これだけ信じて励みにして頑張ってきたんです。
    そう思い込んだら何を言ってもシャッターです。

    それを今さらそんなもの放り投げなさいよ、なんて言おうものならもう大変です。
    「自分の宿業を放り投げる」「去る」ということはこの世で一番やってはいけないと思ってます。
    舌を噛んでもこれだけは譲りません。

    母は非常に責任感が強く誠実な人ですが、責任感が強いなら私だってそうです。
    約束、時間、お金…そういったことにルーズな人とは付き合えないしそれは解るんですが、物事はいろんな面を見なくちゃいけない。
    それはいろんな価値観を広げることが嫌いで、そうしてこなかった人には通じない話なんですよね。

    40年前「あなたの不幸の原因は、過去世による法華経誹謗が原因です」と言ってのけた学会員ですが、果たしてそうですか?
    なわけないでしょう(笑)
    あまりにも頑なで頑固な性格が、良い面ならいいけど、そうではない面に作用し利用されてるからですよ。

    勧める学会員さんも勧められた学会員さんも、価値観を一つに染めたらダメです。
    広い見識を持って多様性を持たないと騙されます。不幸ですよ。
    こんなエセ教で幸せになどなるわけがない。
    ただの詐欺なんだから最初から「幸せ」なんて考えてないんですってば。

  45. 雑草さん
    いろいろとありがとうございます。
    「去ること」
    「違和感を感じること」
    創価の組織にも当てはまりますね(^^)
    雑草さんのコメント、とても参考になる事ばかりでいつも学ばせていただいております。
    これからもよろしくお願いいたします。

    素朴な疑問
    イケダセンセイが投票したところを見た事もなければ聞いた事もない。
    これだけ学会員がたくさんいて、池田ファンなら誰か見てるでしょう。
    これだけ国政選挙があるのに。
    おかしいですよね。

  46. 二世、昨年脱会したリンです。
    くまもんさん、私も、悩んでいる人を活動家にしていくに、まんまと引っ掛かった一人です。
    私には、障害を持った子供がいます。
    子供に障害があるとわかった時、どうやって育てていったらいいのか悩み、眠れない、食事も摂れない鬱状態になりました。
    会合の後に、幹部指導を受けると、「その子は、あなたの宿業を全部背負って生まれてきたのよ。」の言葉に、えっ?私のせいで?・・・子供に申し訳なく涙が止まりませんでした。
    「産んでしまった以上、もうお腹に戻せないんだから、宿業を断ち切るために、あなたが、
    信心で立ち上がりなさい。必ず、その子の道が開けて来るから大丈夫。あなた今、役職付いてないのなら、グループ長になりなさい。」と言われました。
    結婚する時に、主人に、家庭を優先させることと、役職は、持たないことを約束させられましたが、そんなこと言っている場合じゃないと、引き受けてしまいました。
    今でも腹が立つのは、「お腹に戻せない」と言われたこと。
    お腹を痛めて産んだ我が子、障害があると告知されても、愛情なんて少しも変わらない。
    お腹に戻したいなんて思ったこともないし、不幸だとも思っていないし、本当に傷つきました。
    私の友人にも、昔、同じ個別支援級の人に、ファミレスに誘われて行ったら、学会員が同席してて、学会の話をしつこくされて、折伏されそうになったと怒っていました。
    創価は、障害を持った子供がいる人を、カモって思っているんでしょうね。
    言ってる本人は、慈悲だ、救ってあげたいって余計なお世話です。

    凛凛子さん、私の支部でも、町内会館を借りて、子育てサークル擬きの、読み聞かせ、リトミックなど、遊んだ後に、イケダの指導を読み上げ、実は創価学会でした、ってやってました。
    同じ地区の人で、片っ端からママ友に声を掛けている人がいて、大丈夫?と心配になりましたが、その2〜3週間後、知らない間に引っ越しされてました。
    一緒に声掛けを誘われましたが、しなくて良かっです。

    前スレで、レモンさん、モニカさん、コージさん、コメントありがとうございました。

  47. >どんな攻撃もだまってうけつづけるしかない。
    >いかなる自分の行動も意味がない。
    >ただ、攻撃され続けるしかない。
    >こちらは一方的になんの意味もなく体を毀損され続ける。

    この文章を読んで創価の幹部指導かと思いましたよ。
    「相手を責めちゃダメなの」
    「あなたの宿業なの」
    「そうされるあなたに宿業があるの」
    「逃げちゃダメなの」
    男に殴る蹴られされ、金を巻き上げられてもその人はわるくない。
    悪いように見えて、あなたの宿業を教えてくれてるんだ。
    宿業から逃げてはダメ。
    「逃げたって来世にまた最初からよ」←トドメ

    そう言えばバリ活のブログにもよくありますね。
    「相手のせいにする人ね」という上から目線の嘲笑。

    平和に暮らしてきて暴走車が突っこんでも
    「そういうことされる原因が過去のあなたの行いにあったのよ」
    津波が来ても「報いだね」
    思うのは勝手ですが、
    「得意になって言わずにいられなくなるする」のが創価です。

    この独特の教え。価値観。性質。
    独特としか言いようがありません。

    これでそうですかと納得できればいいですよ。
    スッキリしてニコニコといければいいですよ。
    でも苦しい。
    どうしたって不条理だ。
    題目でカンフル剤を打ち、持ち直してもまた愚痴が出る。
    当たり前ですよ。
    そういうネガティブな愚痴、言葉、態度…言霊というものがありますがそれこそが人を不運にしていきます。
    何が過去世の報いだ?
    さっさと行動を起こせば済む話ですよ。

    根本から狂ってるんです。
    狂ってるも何も詐欺のマニュアルですから(笑)
    逃げてはダメ…これって創価から逃がすかってことですよ。
    そのためにもっともらしく作られた指導です。

  48. こんにちは、足軽トラベラーです。

    数日前の聖教新聞です。キルギス共和国の大学から名誉博士号を授与したと記事がありました。普段なら気にも留めないのですが、キルギスという国が気になって大学名で検索したんです。

    2013年6月24日にも同じ記事があるんですけど・・・。
    3年前に貰った博士号を今になって授与式?
    これ外部にも進めているんですよね。ネタ切れなんでしょうか。ちょっとひどいなぁ。

  49. 何度もすみません。画像を張るのを忘れていました。

  50. 非活3世のアンパンマンです。
    以前、○○選挙活動の際の、(関東の)創価の会館内での出来事です。
    突然、会館内のロビーにて、卒業アルバムが渡され、
    「これは私の妹の卒業アルバムです。私の妹になりすまして、携帯電話から全員に選挙のお願いの電話をしなさい。」とのご指示がありました。
    この指示をしてきたのは、(当時)公明党国会議員の秘書をされているという(女子部幹部)の人でした。
    私は、渡された卒業アルバムを前に置いて、ロビーに正座したまま、一切電話をせずに拒否をしました。
    こういうやり方って、○○になりすまして、学会員以外の方に選挙のお願いをする事で、一般の有権者から票を集めるってことですよね?
    ジュンペイさん、こういう行為って、一般的に合法でしょうか?
    今でも、創価内では、こういうやり方を普通にやってますか?
    創価の会合でも、別の女子部幹部(当時、S大職員)が「嘘も方便ですからねぇ~」と、皆さんの前でお話しされていましたので、「なりすまし」なんて普通なのかなぁ~っていう疑問が、未だにあります。ですので、最後に、ジュンペイさんに教えて頂けたら有難いです。

    ポムの木さんへ。
    創価は、びっくりするような理不尽なことを、集団で且つ長期間に渡ってやって来ます。
    私の場合のお話しで恐縮ですが、おかしな動きや出来事については、時系列でメモを取り、人権相談にも行きました。
    裁判記録では、確か「オリンパス事件(集団ストーカー)」などが参考になるのかと思いますが、
    創価は、人権問題になる様な事柄について、問題の解決を図ろうと努力するような団体ではありません。逆に、団体の起こしている問題の「隠蔽」のための努力を必死でやって来ます。
    以前、亀井静香さんという議員の方が、「創価の嫌がらせ行為」について、国会の場でお話をしています(youtubeにて拝見しました)。
    つまり、「創価の嫌がらせ行為」の存在について、宗教法人の監督官庁も知らない訳ではないという認識で、私個人は考えております。
    私は、一応創価の人間ですが、被害にあっている者として、創価の卑劣な行為を許すつもりは、一切ありません。

    少しお話がずれてしまっていたら、本当に申し訳ありません。
    一昨年、2014年12月の「衆議院解散総選挙」の最中、室外と室内の「公明党のポスター(2枚)」が刃物で切られた時、
    警察の方が、「本当なら、大きなニュースになる事件なんですよ」って話しておりました。
    当時、全くニュースにならないどころか、捜査をしている様子もなかったので、2課に問い合わせた所、「データは保管してあります」という説明でした。
    その後、何だかおかしいと思い、警察に相談に行ったのですが、「被害相談」という形で、個室に通され、警察官の方(頭の毛がない中年男性)が突然、
    「私は創価学会員ではないのですが、創価学会はいいと思いますよ~、心の拠り所っていうかねぇ~・・・」と話しだしたんですが。
    今の時代は、警察官が公務中に「創価の宣伝」が出来る時代なのかな~って、不思議に思っておりました。そういう時代なんですかね。っていうか、誰が、そんなこと言わせたんだろうと、
    疑問に思っております。
    勿論、「静岡公明党」が被害届を提出したのかさえ、未だに分かりません。

  51. こんにちは!
    三世副しらゆり、ヤング役職持ち、
    1カ月前こちらのブログにて覚醒いたしました神に挑む場所です。

    前スレのゆぴーさんの気持ちすごくわかるんです。
    私も親との今後や組織とのことを考えると苦しくて、苦しくて、、
    主人や姑に打ち明けることはできたけど、私と同じようには大して考えてくれてないし
    ああ、もういっそこんなことに気づかない方が幸せだったのか?
    なんて気づいてしまったことに嫌悪したり。
    だけど前スレを読み返して、活動を止めることに自分を責めなくていいんだ。。。
    そんなに自分の思想が変わってしまったことに悪いと思わなくていいじゃないか!
    とラクにさせてもらえました。
    そうですよね、日本人てへんなとこ律儀ですね。
    外国の方を見習わなきゃ!
    私も変わらなきゃ!という気になってきました。

    凛々子さん、私もヤングなのでありましたよ~。
    トップランナー大会っていうの?外部の方を呼ぶの。。
    メチャクチャ嫌でした。まぁ、呼んだことはないけど、それについての
    出し物や何するか考えたりの打ち合わせも頻繁でかなり億劫でした。

  52. 前記事、日付訂正です。元職員3名ブログ ×2013年、○2016年でした。寒くて校正しませんでした。失礼しました。(暖房でエライ目に遇って後、一切点けないのでさぶい)

    ジュンペイ君はどう考えてるのか? ワカリマセンが、結果的に創価の活動は(自民党の一派閥化している)、“公明党議員(当選)選挙活動”を通しての、自民党の政策を支えてるだけの“活動”なんです。大企業・公務員・富裕層にとっては、願ったり!でしょうが、多くの創価員にとっては「自分で自分の首を絞めてる(間抜け)」だけ。なんですね。学会員の中には、この理屈に気付いた方もおられるようですが、…

    ネットサーチしていたら、…
    “かわしまん”(ツイッター )
    創価学会員です。戦争法案や貧困問題など疑問に思うことを市会、県会、国会議員にきいたりしてました。埼玉の公明党の県会議員に「公明党の原点にかえってほしい」と訴えたら、「あなたに公明党のなにがわかるのか!」と逆切れされて目がさめました。平和・福祉の党と思ってたのは幻想だったと・・

    ↑なんてのが有りました。天野達志さんや“内部から見た創価学会”(2015年11月9日を最後に、消されてるようで、最新は見れなくなってます→「このページは存在しません。」)
    等々。消されても、また別の人が現れては、立ち上げて来てるようです。
    “沖縄の平和を願い行動する創価学会有志の会”とか!

    【自民党の政策】とは?
    “世相を斬る” あいば達也 の、
    市民が出来る“安倍カウンター” 事実を語る言論人を応援しよう/2016年03月14日
    …再び、有権者が騙されるのか、大変に興味深い。…
    ≪ 首相、参院選に向け改憲封印か 党大会で一言も言及せず
    … ただ、これは安倍政権が繰り返してきた手法だ。首相が重視し、国論を二分しかねない政策について、選挙が近づくと「ブレーキ」を踏むように発言や公約での表現を抑制。選挙で勝利すると、白紙委任を得たかのように一気に進めるやり方だ。
     特定秘密保護法や集団的自衛権の行使を認める閣議決定は2013年参院選の公約に直接触れず、選挙後に推進。安全保障法制も14年衆院選の公約ではわずかに言及しただけで、翌15年の国会で成立させた。…
    ●「優しい社会」だってさ(笑)増税、年金カット、正規の非正規化 2016年03月15日
    安倍自民党の今夏参議院選挙の公約の基本方針が決まったのだそうだ。何もかもが嘘八百は先刻承知だが、国民を痛めつけ、格差を拡大させ、安全を守ると言いながら、国民監視体制を強化し、自衛隊員を戦場に送ろうと画策する。このような国家に、一億総出で鋭意努力せよ。赤ちゃんから爺ちゃん婆ちゃん、お母さん、勿論少年の君も、社会貢献、活躍ですよ!無論、物価は何%でも上げますよ、日銀があらゆる手を尽くします。ですから、必ず諸物価を上げます。インフレです!でも、そのインフレに見合って賃金は上がりません。
    インフレは、国家の借金を小さくするためです。そうして、我が国国債は格付けが上がるのです。つまり、日本の皆様への、国際評価が上がるのです。巡り巡って、過疎地の津々浦々まで、その評価は滴り落ちます。気持ちの良いものですよ。褒められるって。いいですか、介護保険の保険料も青天井で上げますから、控除額が増えるのです。そうです、その分、介護施設を増やして、建築産業を活発にしなければなりません。介護士は殆どいませんけれど、冷暖房完備、高級ホテル並みの介護施設です。隣接した火葬場の裏には、太陽燦々の墓苑も用意いたしました。是非ご贔屓に。
    (以上コピペ終了)

    “日刊ゲンダイ”の2016年3月12日号7面の、
    これから始まるドレッシング相場/クジラは5兆円を投入(見出し)。を要約しますと、
    …GPIF(年金積立金)の15年4月~12月の状況は-5108億円。
    16年3月迄の年間運用損益発表は7月上旬。よって運用余力の5兆円を投入して株価を吊り上げ、年間で少なくもプラスに、持って行こうとしています。4月以降の成績は参院選終わってるので、選挙前迄ソコソコの株価を維持してりゃそれで良い。
    *選挙対策に税金(低年金世代に3万円ばら撒き)、また、年金・日銀・郵貯等で株価操作!。後で泣きを見るのは庶民大衆。アイスクリームも値上げだ。発泡酒も値上げだ。

    有名になった… 2016-02-15 ■保育園落ちた日本死ね!!!
    何なんだよ日本。
    一億総活躍社会じゃねーのかよ。
    昨日見事に保育園落ちたわ。
    どうすんだよ私活躍出来ねーじゃねーか。
    (コピペ終了。以下省略)

    “健康になるためのブログ”に、(柳の下の泥鰌ねらいタイトル?)
    【年金下がる日本死ね!!!】政府が年金支給額を抑える法案を提出。高齢者に打撃。
    公開日: 2016/03/12
    …現在、国民年金は保険料を四十年間払い続けた人で月約六万五千円。現行でマクロ経済スライドを実施すると約三十年後に約三割目減りする見通し。(約四万五千円に下落)…

    朝日新聞DIGITALに、
    水道代、地域格差10倍 老朽化・人口減、各地で値上げ
    花野雄太、編集委員・堀篭俊材 2015年9月7日

    等々がまさに、創価学会員が、(功徳があると洗脳されて)死に者狂いで、髪振り乱して?カツドーしている“結果”なのです。
    *自分が活動している“意味と結果”を“ナーンモ考えずに”動いてるのが哀れ。そのくせ「良いことしてる」と、感違い。(創価中枢が言ってるだけのロボット化)
    一度(簡易)座禅でも組んで、自己の頭だけで“世間と己”の有り様を見つめ直して下さい。
    参考:「日常生活で仏になる方法」齋藤孝/2012年9月・草思社
    19・20ページ
     では、悟りのバロメーターは、いかにして高くなるのでしょうか。必要なのは自分の偏ったモノの見方や思いぐせを捨てていく心のトレーニングです。そのトレーニングの先には、なにものにも惑わされることのない平常心と安心、バランス感覚にすぐれた判断力が備わります。
     わたしが「ブッダの教えを学ぼう」ではなく「ブッダの直弟子になろう!」と呼びかけるのには理由があります。
     今、わたしたちに伝わってきている仏教とは、日本にやってくるまでに儒教や道教、あるいは土着の宗教などと混ざりあってできたものです。たくさんの人の手を経るにしたがって、思弁的になりすぎたり、いろいろな考えが混ざったりして、“ブッダ本人が体験して得たもの”から少し離れたものになってしまっている部分があります。
     もっと直接的に、ブッダという人はこの世をどうとらえたのか、生身の人間としてどんなふうに悟りを体感したのかを、この本を通じて誰もが会得できるようにしたいとかんがえているのです。(以上引用終了)

    追記。リンさん、モニカさん、皆さんの投稿を読んでますと、創価の「屁理屈」「イイ訳」「脅しの手口」等々“洗いざらいの詐欺手法”を纏めて“整理・分類して”発表しなくちゃ!、と感じますね。
    昔から、体験談発表も1を10に膨らませたり、嘘かホントか確かめようが無い事をこれ幸い(財務の「功徳有ったの煽り」はほとんど創作だと、私は睨んでいます。)言いたい放題。題目じゃなく放題を唱えてるのが幹部の日常か?(怒)

  53. つむじ風さんのお話で思い出しました。
    私も連日の学会活動に疲れ切ってて、睡眠時間も足りなくて寝不足でした。
    会社でしょっちゅうあくびしてて今思えば超恥ずかしいです。
    そして居眠り運転もありました!幸い対向車も通らないくらい遅い時間に走ってたので、センターライン超えて走ってたのに何とか無事故で家に帰ることが出来ました。
    眠ければ路肩に駐車して仮眠を取れば良いのでしょうけど、女一人人気のない真っ暗な夜道に路肩駐車して眠るわけにもいかず・・・。本当に事故にあわなくて幸いでした。
    あと、会社でぼんやりしてて階段から転げ落ちた事もありました。この時も奇跡的に大きなケガもせず、ちょっとあざが出来たくらいですみました。『守られた!』なんて勘違いしてましたが。
    聖教新聞にはよく睡眠をきちんととって無事故で、みたいに書いてますが、学会活動を真面目にやってたら睡眠時間をきちんととることは不可能です。学会員が事故を起こせば自己責任にされるんですよね。そして魔が出た!とかね。
    寝不足で体もへとへとでしたが、考える余裕も与えてくれないので心も疲れ切ってました。
    私はそんな生活を一生続けるのが絶対的な幸福だと言われても、もう幸福じゃなくてもいいからこんな生活から抜け出したい!って心底思いました。
    今は幸せの意味が実感できるし、ずっと自信がなかった自分の事も自分である程度認めることが出来て気持ちがとても楽になりました。学会活動で追い立てられてると自分の事もよくわからなくなりますからね。

  54. はじめまして。
    バリ活創価脳の夫を持つ、外部の主婦ファインと申します。
    去年の夏頃からたまに拝見しては、覚醒された方々のリアルな意見、そして前向きに生きていこうとしている姿に、いつも勇気をいただいております。
    そんな中、ジュンペイさんの出現や言動を見ていると、自分の夫を見ているかのようで、本当に落ち込む日々です。
    こちらが疑問を投げ掛けても、意味不明であったり、実際に祈っていれば現象として現れる、自分は守られている等々、余計にモヤモヤするだけで話にならず、ちょっとでも批判しようものなら、お得意の創価シャッター、創価スイッチですぐに離婚を迫る心の狭き夫とジュンペイさんが重なって見えて仕方がないのです。
    ここでコメントされている方々は、内部で活動なさって来て、それでもやっぱりおかしいと気付かれ、早く離れて!と警告して下さってる人ばかりです。
    ただ、ジュンペイさんの良いところは、ネットは嘘や誹謗中傷ばかりだから、見るな!という迷信を未だに信じている夫のような考えではないところです。
    まだ、いろいろな方の意見や経験を見聞きし、一個人として考えられる場所にいることです。
    創価の中で創価の人々からの話しか聞くことが出来ない人は、小さな世界に閉じ込められているだけでかわいそうです。
    本当は私も夫に直接言ってあげられたら、一緒に考えてあげられたら、どんなに幸せなことでしょう。
    しかし、 残念ながら夫は重いシャッターを閉ざしたまま、創価の活動を青筋たてながら半ば私へ対する意地か当て付けのように頑張っています。
    だからこそ、私はジュンペイさんに言いたいです。
    こんなに多くの方から叱咤激励を受けて、本当に幸せだと思いますよ。
    こういう場でもなければ、創価の方に本音でぶつかってくれる人なんてなかなかいないですよ。
    どうか、今一度立ち止まって、よくよく考えてみて下さい。
    一歩下がって遠くから冷静に見てみると、見えてくる世界がきっとあるはずです。

  55. 引き続き書かせてください。

    震災で大切な人を失った人が言っていました。
    なぜ、なぜ、なぜ、なぜ、なぜ、なぜ…!なぜあの子が…
    なぜを100万回自答したといいます。
    知ってますか?
    線香と死臭が立ち込める中、小学生が体育館いっぱいに並んだ棺を一箱一箱を泣きながら開けて両親を探していたこと。

    「それはかくかくしかじか因果応報というものがありまして」
    これで「ふうん、そうなんだ」
    納得しますかね?

    創価ってナンチャッテの生死論みたのをかじったくらいで、すぐ理屈を言いたがります。
    それは因果論で逃れられない法則なんだとかナンチャラカンチャラ。
    私が気に入らないのはそこです。
    なぜを100万回くりかえす。理不尽さを嘆き苦しむ。
    だからダメなんじゃないです。
    そうやって叫んで年月をかけて救われていく人もいるんです。

    ああそれって宿業ってやつね。
    そんなこと知ったっところで救われないんですよ。

    でも学会員は言いたい。
    だって自分は勉強して知ってるからね。(上から目線)
    そして得々と説法する。
    それが唯一の救いの道だと胸を張る(上から目線)
    一緒に題目を上げよう。
    題目を上げるなら相手の心に寄り沿います。
    だけど受け入れなかったら同苦しない。
    所詮、相手を自分の思い通りにしたいだけです。
    功徳目的。いや露骨にそうは思わなくても自分の信じる通りにしたいだけ。
    違いますか?

    創価を辞めてからずっと考えていました。
    違いますか?学会員さん?

  56. 外部ジャンヌです。2世の彼氏とは仲良くお付き合い継続中です^^

    ジュンペイさんへ、
    初めてコメントを拝見した時から、偉そうに見下した発言が鼻につくなと感じておりました。ハッキリ言う性格なので御免なさいね。
    思想も私の彼氏と同じ、ソーカのコピーロボットだと感じておりました。
    なので、当時、彼と言い争った嫌な記憶は蘇るし、ジュンペイさんとは関わりたくないなと思っておりました。
    また、ジュンペイさんが立ち上げるとのブログについては多分立ち上げないだろな。と、全く期待しておりませんでした。良くて立ち上げてすぐ終わるだろうな位。
    それは、ソーカ脳のジャンヌの彼氏も期限をつけて宣言しては、いつも約束を果たせないでいたからです。それに、本気でやる気がある人なら直ぐにでも実行しますからね。笑
    今頃ジュンペイさんは当時約束を果たせなかったジャンヌの彼の様に、反省するどころか、出来ない理由を付けてそれを正当化して開き直っているような気がします。笑
    別に出来なかったからって私は期待もしていなかったので、どうでも良い事なのですが、そんな自分嫌にはなりませんか?
    私だったら例えソーカが原因とは思えず自分の個性だと思っていたとしても、そんな自分が嫌だし、改善したいと思うのですが…。
    ジュンペイさんも、ジャンヌの彼氏もソーカへの思想がよく似た人で、どちらもソーカ学会員。白いブランコさんも、今までこのブログに現れた人みんな似たり寄ったりなのに、ソーカに要因がないとは言えませんよね?
    ちなみに、私の彼氏はそんな自分が嫌で改善したいと思っているので、ソーカに因果関係があるとは自覚は未だないものの、ジャンヌに指摘され続けた事で、ソーカを断つ努力をしています。本人は自覚がなくとも遮断する事で何か変わるのではないかと、考えて、考えて、考え抜いた先に、その考えに辿り着いたからです。とにかくやってみようと。。
    そして、ソーカを断ってから、変化ぎあります。当時の彼お得意のソーカの三大秘法は今は見当たりません。視野も広がり、柔軟性もあり、背伸びもしない。何より人の気持ちになって考える思いやりを感じるようになってきました。
    勿論成果に至っているのは彼の信念と努力あってこそです。
    ジュンペイさんは今の環境で満足しているならそのままで良いと思います。
    ただ、自分で変えたいとか、変わりたい気持ちが今後出てきたら、騙されたと思って、ソーカと距離を置いてみて下さい。新たな世界が開けるかもしれません。
    ジュンペイさんがこのブログで意見を発せないので呼びかけもしないつもりでしたが、最初で最後。ほんの少しでも気に留めて頂けると幸いに存じます。
    ………………………………………………
    私は今も、これからも、もしこのブログにまたソーカ脳の人が現れても、進んで対話はしないと思います。
    何故かと言えば、私の彼ですら、何百時間という位対話をしてきて、一年たった今、ようやく進歩したかなと感じてきた位だからです。ここまで来るのにお互い傷付き、傷付けあっての成果ですが、実体験してきたからこそソーカ脳との対話はもう懲り懲りで、対話を見ているだけでもトラウマのように、当時の嫌な記憶が蘇ります。それでもなんとかここまでやってこれたのは、このブログの皆さんが居てくれたからであり、互いに大切な人だからこそです。

    だから、切実な訴えには何とかしたいという気持ちにはなりますし、何か力になれたらと出来る事はしてあげたいと思うのですが、ただでさえネットね中の見ず知らずの人なのに、いきなりブログのルールも守らず、上から目線で聞く耳をもたない嫌味な人で、トドメに大嫌いなソーカを主張してくるような嫌味な人には自分の時間と労力を費やしてまで何かしてあげたいとか、力になれたらとは思えないのです( つω<。 )

    そして、学会員さんが接触する外部の人も、表ではいつもニコニコして感じが良くても、恐らくソーカの話は適当に流しています。多分私と似たり寄ったりの思いがあります。
    面倒だし責任持てないし、疲れるだけだから相手にはしない。
    それを口に出さないだけなんです。

    逆に、シニフィエさんやブログの常連様は見ず知らずのいきなり偉そうなソーカ脳の人にもコメントを入れ、目を掛けている。
    これは本当に凄い事なんです。
    当人が三大秘法全開で拒絶しているのが私から見てよく分かるので、とても残念なのですが、この意味をジュンペイさんや、ジュンペイさんに同調している学会員さんが見ていたらよくよく考えてみて下さい。
    誰だってその人が信じているモノを否定などしたくはありません。怒らせたり嫌われたりするのは目に見えてますから。そして何より疲れます。笑
    でも、言わずにはいられない。目をつむれない余程の事があるんです。
    何でも共感する人程、案外薄っぺらい人間関係かもしれませんよ。
    是非、否定されたから拒絶するのではなく、相手の視点に立ち、自分で考えて見極めてみて下さい。
    長文失礼致しました。

  57. スレ違いでごめんなさい。
    日曜に座談会があったのでそれについて話したいと思います
    まず男子部(30代)の方が交通事故で右足を骨折した話をしてこう言いました「信心のおかげで骨折程度で済んで良かったです」
    まぁ、学会特有の悪いことが起きればこれ位で良かった、良いことがあれば信心のおかげ。の定型文
    私は思った事をすぐ口に出すタイプなので「信心してたら事故に会わないんじゃないか」と言ってみたら近くに座っていた婦人部の人に「あらやだ、犬も歩けば棒に当たるって言うでしょ?信心してても事故に会う事もあるに決まってるじゃない」
    信心してなくても事故に会わない人が大多数ですよね。。。
    それよりも犬は前を見ていれば棒には当たらないので前方不注意って事ですよね?

  58. インフルでダウンしてました、壮年部2世非活野郎のコージです
    (;´Д`)
    とにかく全身の強烈な痛みと寒気で、これはもしかして日頃から
    池田大作センセー野郎の悪口ばかり書いてるから仏罰でも当たったのか?と思い、
    ナンミョーズハイで宇宙のリズム合致作戦で治してやろうかとも思いましたが
    余計悪化しても嫌なので、大人しく安静にして薬を飲んで寝ていました(笑)
    やはり、これが一番ですね(^_^;)
    皆さまも、暖かい日でも油断せずに気を付けてくださいね。

    え?池田名誉欲会長の悪口なんて、大した事は書いてませんよ!
    そんな、土の中から出てきた池田師匠が埼玉の文化会館に突然現れて、
    ピアノを弾きまくった後に会館職員たちと「スリラー」を踊った!なんて、
    そこまでは書いてませんよ!
    情に薄く、ツラの皮の厚いメロン大好き池田名誉欲会長さまは、
    まだまだ弟子檀那や創価脳旦那たちのために、しぶとく元気であられます!
    (知らんけど)

    足軽ドリブラーさん、聖教新聞の過去の重複記事?発見、ナイスです!
    何となく「あれ?」と思いつつも、つい読み流してしまいそうな部分ですが、
    一面にデカデカと昔と同じ記事を使うとか、完全に読み手を馬鹿にしてますよね。
    ネタ切れでワザとなのか、ボケていたのか、よく分かりませんが・・・
    そう言えば今月12日土曜の聖教新聞にも、池田センセー野郎が
    震災復興祈念のため総本部の創価学会第2別館で勤行唱題をしたとか書いてますが、
    関連記事が2面にあるとの事で写真を期待してめくって見ましたが、
    誰が書いたか分からない長文のつまらんメッセージは掲載されてましたが
    肝心の池田大作名誉欲の塊会長の勤行する写真などは、1枚も無かったですよ。
    写メくらい誰も撮ってないんかーい!
    お祈りクマちゃんとの2ショットもないんかーい!
    こんなもん、どうやって信じるんじゃーい?
    いくら、信じる事がブッポーよ! 信じる事がマハローなのよ!って言っても、
    そりゃないぜ セニョール!!
    それに、聖教新聞は外部の方もたくさん読んでる全国紙ですぜ?
    内部向けの無料のオカルト学級新聞じゃありませんぜ!、
    嘘八百を書いたとしたら、とんでもないお話じゃあーりませんか?
    「嘘だらけ 頭に来た 聖教しね」とかネットに書かれますよ。

    桜子さん、ぎん千代さん、野路菊さん、ナオさん、リンさん、
    コメント&クマ、ありがとうございます~

    えっと、今回のお題、ジュンペイ君の話ですね(笑)

    ジュンペイくん以外にも、創価脳の困った来訪者も色々いましたね。
    ここに勝手にやって来て、ここで反論するだけならまだしも、
    ここを批判・糾弾するためのブログを立ち上げるとか
    大層にケンカを売ってしまった形になっている訳ですから、
    無責任な形でトンズラで逃げるというのは、いかがなものか?
    匿名で批判ばかりしてる、みたいな言い方を勝手にしておきながら、
    自分は言った事すら守らなくて、匿名を利用して逃げてたら
    日本中のロムされている方々に笑われますよ。

    もし、「無責任なのが匿名のネットの醍醐味だろ?」とか思ってるとしたら、
    今後はいい加減な気持ちでこちらのブログなどに関わらない事ですよ。
    ここは、冗談や替え歌も和みの材料として登場はしますが、
    中身はとても真剣かつデリケートな内容ばかり集まった、
    非常に意義の深いサイトなのです。

    創価に対する誹謗中傷ではなく、創価の現実での苦悩、悲しみ、後悔、怒り、
    それらが「涙の雨」として降り注ぎ、新時代の電子の活字となって、
    多くの人の手の届く場所へ当体を現した崇高なサイトなのです。
    皆様の真摯で真面目なコメントを読めば分かるでしょ?
    創価脳のロボットが暇つぶしするためのサイトではありませんからね。

    そもそも、君たちは、本当にこんな信心なんてものにすごい力があるとか
    本気で思っているのかな? 思ってないよね?
    思ってたら、ここに来ずに、澄み切った気持ちで題目でも上げるよね?普通?

    創価こそ最高!池田師匠こそ最高!我々こそ最高!とか言いながら、
    心の中の本音では、
    ナンミョーしてても活動してても、ちっとも功徳が出ないから、
    ヤケクソで反創価のブログを叩いてイジワルして気分転換したい、
    ただそれだけの事じゃないのかな? 違うかな?
    それなら、どうぞ思い切って批判ブログを立ち上げてみなさいな。
    無視されるか、笑い者にされるか、どっちかですよ。

    無礼で非常識で頭空っぽで、上から目線なのに馬鹿で、
    ほんと、どうしようもない生き物なのが創価脳の会員なんですよ。
    覚醒すれば、本当はいい人かも知れませんけどね・・・
    勇気と根性と良心があるのなら、信心信心寝ぼけてないで、
    自分の人生と一度、真面目に向き合いなさいな。

    そうそう、もしここの批判ブログを立ち上げるのなら、
    単にここを批判するだけのオバカブログなんて、
    あまりにつまらな過ぎて誰からも相手にされませんから、
    ちゃんと内容のあるブログにしてくださいよね。
    誰が読んでも笑えるようなトークでここを批判するとか、
    創価の裏情報を独自で調べて暴露しつつ、ここを批判するとか、
    笑いが止まらない替え歌をぶちかましつつ、ここを批判するとか、
    そういう「読ませる批判ブログ」でお願いしますよ~

    (  ̄(エ) ̄ ) 期待してるクマよ~

  59. ぽむぽむです。

    モニカさん、「同苦」って言葉は夫にはわからなかった。「自分の信じるとおりにしたいだけ」
    そうなんです。聞く耳ありません。
    ファインさん、お辛い状況ですよね。私も同じです。
    ここを覗く学会員さんはラッキーです。一歩踏み出してますから。

  60. 春うらら~
    今日は創価の記念日3.16でしたね~
    じゅんぺいくん、青年部として何か記念の会合があるのでしょうか?
    まだブログ見てるかな?
    創価青年部と名乗るあたり20代でしょうかね。
    人生の基盤を築く大切な時ですよね。
    創価の活動によって、無駄で無意味な時間を割かれ、大事な時間を失ってしまうのは本当に悲しいことです。
    その時間が長くなればなるほど、覚醒した時にそこから立ち直るのに相当な覚悟が必要になります。
    そして、覚醒したとしても、あなたが関わってきた人の人生を、どれほど狂わせてしまったのか気が付いた時のショックは相当なもので、正気でいられないかもしれません。
    私にもあなたぐらいの年齢の活動家の子がいるんですよ。
    私たち夫婦が生まれてから入会させてしまいました。
    他の子たちは、創価に対して全く関知せずなのに、1人だけが活動家です。
    覚醒した今、激しい後悔の念に苛まれ考えない日はありません。
    創価スイッチ全開の主人と違い、スイッチもシャッターも作動させない穏やかな性格の子なので、対話はできますが創価脳であることに違いないんです。
    遠く離れた地で、仕事が終わったあとや休日には活動しているようです。
    悲しい事に「お母さんのいう事はわかった。でも自分は信じてるから好きにさせて」と言います。
    1番大切にしたい人の人生を巻き込んで狂わせてしまうのが、この創価学会なんですよ。
    主人もそうですが、この子を何としてでも覚醒させない事には棺桶に入るわけにはいかない。
    その気持ちを常に持ち続けて接しています。
    じゅんぺいくん、1度立ち止まってみてはどうですか?
    自分の体験している創価学会は、人生を賭けてまで情熱を注ぐものなのかじっくり調べてみてからでも遅くない。
    人生の時間の大半を棒に振ってきた者として、あなたぐらいの年齢の活動家の子をもつ親としての心からの助言です。

    野路菊さん
    コメントありがとうございます。
    Superfly、私も好きですので今度聞きながら歩いてみますね。
    思わずスキップしちゃうかもですね!^^

    ファインさん
    初めまして。
    創価脳旦那のいるレモンと申します。
    元活動家です。
    ファインさんは、外部でありながら、創価脳のご主人と支えていくのは相当大変なことでしょうね。
    活動の内容や活動家になってしまうMCなども、外部の方には到底理解できないかもしれません。
    それでも、奥様として支えていらっしゃるご様子に頭が下がる想いです。
    こちらのブログには、創価脳の配偶者をもつ覚醒者や、外部でありながら創価脳の恋人を支えている方が大勢います。
    その方たちの賢明で相手を理解しようとする姿勢に、私自身もいつも学ばせて頂き参考にさせてもらっています。
    私が覚醒してから1番感じた事なのですが、覚醒してから1番の支えになっているのは外部の友人や身内の存在(私の場合は外部の姉妹)です。
    こちらのブログでも、覚醒してから外部で見守っていてくれた配偶者の存在が大きかったと書き込みされている方が多いように、戻れる場所があるということは、この先の人生を生きていくうえで大きな心の支えとなります。
    覚醒したとしても、組織からは退転者というレッテルを貼られ、心が不安定な状態になるのが覚醒者です。
    そして、今まで信じてきたものが全て間違いだったと受け入れなくてはいけない事は、本当に辛い事です。
    そんな状態になった時に、外部である奥様の存在が本当に大きな心の支えとなると思います。

    とはいっても創価脳の配偶者との対話は、宇宙人と話しているようで気が狂いそうになりますよね。
    私もそうです。
    覚醒して心がグラグラなのに、創価ミサイルを連射されてぶっ倒れそうになる事も多々あり。
    そんな時は、ここで心を吐露していきましょう。
    私もそうさせて頂いています。
    お互いに頑張りましょうね。応援しています。

  61. シニフィエ様、皆様こんにちは。
    バリ活歴31年、未活歴半年の杜若です。スレ違いではありますがご報告させてください。
    先程、脱会届と本尊を本部に送りました。覚醒したはずなのに、心臓がドキドキして手が震え、
    涙が流れてきました。
    32年前、入決カードを書いた日付と脱会届の日付は、同じ日にしました。
    広宣流布のバトンが青年に託されたとする日です。豚汁の日です。(笑)
    思えば1984年に入信して32年、昨年の秋までバリ活で走り続けていました。
    他の誰が脱会しても自分は絶対に学会を辞めない、池田先生を裏切らないと強く思っていました。
    女子部時代は会社から会館へ直行の日々でした。
    婦人部になって程なく副B担(当時)B担と同時にヤングの地区責、支部責、本部責とたくさんの役職がつきました。新聞の正配も代配もやりました。B担時代はB長がいなかったのでブロックの書籍の責任者、民音の責任者も兼ねました。党員にもなりました。会合のない日はほとんどありませんでした。おまけに婦人部の合唱団にも入ってました。今思えば本当に超バリ活でした。
    色々あって離婚してワークミセスになり、仕事と活動でいっぱいいっぱいでした。
    呼び名もB担から白ゆり長になり嫌々ながらも地区婦人部長になりました。
    選挙の数、新聞の数、座談会の数、本幹の数、セミナーの数、書籍の数、数数数に追われて疲れ果てていました。1度役職を受けたら何年も何年もやらなければなりません。
    辞めさせてください。と何度お願いしたことか。
    悶々としても仏罰が怖くて活動を続けていました。そんな時にネットで見つけた言葉・・・
    「仏罰はありません。」この言葉に本当に救われました。特にこちらのブログには崩れそうな心を励まされ、背中を温かく強く推していただきました。
    シニフィエ様、皆様、本当にありがとうございます。
    文章力のない私ですが、今活動に悩み苦しんでいる方のお役に立てるよう、時々コメントさせていただきたいと思いますのでこれからもよろしくお願いします。

  62. 非活15年50歳壮年部です

    モニカさんへ。

    >震災で大切な人を失った人が言っていました。
    >なぜ、なぜ、なぜ、なぜ、なぜ、なぜ…!なぜあの子が…
    >なぜを100万回自答したといいます。知ってますか?
    >線香と死臭が立ち込める中、
    >小学生が体育館いっぱいに並んだ棺を一箱一箱を
    >泣きながら開けて両親を探していたこと。

    本当に悲惨な事です・・・
    想像したら胸が痛くなってしまって・・・涙が止まりません
    もう30年近く昔の事ですが。
    妹が17歳で事故死したトラウマが
    昨日の事のように蘇りました。

    明るくてとても可愛い妹でしたが
    葬儀にも色々な学校からの友達が1500人も来てくれて、
    皆に愛されていた妹でした。
    そんな妹は、大型ダンプに巻き込まれてしまい
    顔なんて一部部分しか見せられない状態でした。

    出棺の時の、障害を持った母親の叫びを思い出すと
    胸が痛くなります。

    妹は、毎日勤行もしていた・・
    信心をしているのになぜ?なぜ?なぜ?

    この気持ちを
    必死に封印していた自分をハッキリ覚えています。
    残された兄弟もきっと同じだった・・・

    当事、色んな方が来られて激励して下さったと思います
    イケダセンセイも息子さんを亡くされて・・・
    すぐに生まれ変わって広宣流布の為に・・・等云々

    心の中で
    自分が退転したら妹が地獄に落ちる・・・
    これ以上、親を悲しませてはいけない・・・
    試されているんだ・・・
    妹の分まで戦わないといけない・・
    苦しんだ分だけ、人の気持ちがわかるんだ・・・
    苦しんでいる人を救う使命があるんだ・・・
    イケダセンセーは、見ていて下さっている・・・

    そんな風に自問自答しながら、
    学会活動に没頭していく自分がありました。

    スレ違いのコメントになってしまいました
    吐き出す事で、トラウマを1つ1つ消化できるような気がして
    皆様ご免なさい。

    創価学会の活動家の方へ

    冒頭のモニカさんのコメント引用部分の
    『震災』という文字が
    『戦争』『紛争』という文字に換わらないように
    一人の人間として本当に考えて欲しい。

    元本部職員3人組の事は、
    「センセー」「センセー」って痛々しいしいけど、
    それこそ師弟不二でも良いですよ。
    創価の掲げる『平和』について、もっと考えて行動しましょうよ

    ね!
    ジュンペイくん!

  63. さて、そろそろこのスレッドも終わりにしようと思います。
    結局、ジュンペイくんからは何の返事もありませんでした。
    ジュンペイくんはウソツキの創価学会男子部だったという結論を出してもかまわないと判断させていただきます。
    おそらくここにいらっしゃる一日数千人の読者の方も、この結論に異論はないと思います。
    そして創価学会男子部はおしなべてこうしたものだと思われても仕方がないということです。
    べつに私が言い出したことではありません。
    何度も言いますが、私やここにコメントしてくれる方は、学会員を攻撃しているわけではありませんので、一方的に殴り込みに来られても迷惑なだけです。

    はじめてこのブログを見る方のためにも、ちょっとおさらいをしておきますと、
    ジュンペイくんがこのブログにやってきて、このブログに書いてあることはみんな中傷(根も葉もないでっち上げ)だと決めつける発言をしたので、このブログのみなさんの発言がウソだということを証明してみてくださいと言ったら、「できるけど、ここではしない。自分のブログを立ち上げてからやる」と言ってきました。そして2月20日90:09に、以下のようにコメントしてきました。
    ____________________

    このブログで、もう何を言っても無駄だとわかったので、この「対話を求めて」というブログを正当に批判するためだけを目的としたブログを私の手で開始しようと思います。
    何も言わずにブログを開始して、「あなたこそ陰湿で下劣だ」と言われないように、ここで、ブログを開始することをきちんと告知いたします。
    そのブログでは、実在の人物や団体に対する中傷が起きないように、きちんとルールを決めて運営しようと思います。
    もちろん、ルールさえ守っていただければ、こちらの常連さんも参加可能です。
    「対話を求めて」ブログがどうダメなのかだけを話し合う場、正当な批判や意見を言い合うだけの場にしたいと思うので、閲覧数を競うようなことも一切いたしません。
    初めてのブログですので、上手くいくかわかりませんが、
    2週間後くらいを目標に稼働を開始しようと思います。よろしくお願いいたします。

    それでは、短い間でしたが、ありがとうございました。
    いろいろコメントをいただきましたが、個別にお返事をできなかったことをご容赦下さい。
    また、私の登場で気分を害されたというコメントもたくさんありましたが、このブログ自体がどれだけ多くの実在する人々を傷つけているかということも、このブログの常連さんは忘れないで下さいね。
    このコメントを載せるかどうかも、管理人さんにお任せいたしますが、一部だけを切り取って紹介するのだけは勘弁して下さいね。それでは私の思いが正しく伝わらなくなってしまいますので。
    _____________________

    ジュンペイくんがこのコメントを書いてから今日で25日になります。2週間後くらいを目標に立ち上げると言いながら、2週間どころか3週間経っても何の音沙汰もない。ジュンペイくんにとっての「2週間後くらい」っていうのは1ヶ月以上も含まれてるのでしょうか(笑)

    >何も言わずにブログを開始して、「あなたこそ陰湿で下劣だ」と言われないように、ここで、ブログを開始することをきちんと告知いたします。

    と本人が言ってますけど、ここまで言いながらそのブログを立ち上げないなんて、ただの大ボラ吹きでしかありません。
    立ち上げないならないで、その理由や事情を説明するべきでしょう。

    私は何度もジュンペイくんに「読者が判断することです」と言ってきました。
    私たちのこのブログでの言葉がウソなのか、ジュンペイくんの言葉がウソなのか、もうすでに読者が判断しています。

    ジュンペイくん、君がそこまでいいかげんな大ボラ吹きだとは思わなかったよ。
    がっかりだな。今の創価学会男子部ってみんなそうなのか?
    みんな君のように、すぐに頭に血がのぼる、いいかげんな大ボラ吹きなのか?
    でも君の行動はそう思われても仕方がないよね。
    このブログの読者がどれほどの数か知ってるか?
    君一人がこれほどまでに創価の正義を主張しても、君が正しいという学会員からのコメントはひとつも来なかったよ。学会員から誰一人何のリアクションなかった。
    これどういうことかわかるかい?
    君の味方は一人もいないってこと。
    だからたとえ君がこのブログを批判するためだけのブログを立ち上げたところで、だれも君の味方になってくれる学会員はいないと思うな。
    君のやっていることは創価学会員であっても誰も相手にしてないってことなんだよ。
    君は創価学会の正義を訴えたかったんだろうけど、君以外の創価学会員から見たら、ただのアホな男子部員でしかないってことさ。
    そして言うだけ言って実行しないのが君なんだよね。
    このブログを一方的にウソツキ呼ばわりして、それはどこがどうウソなんだと訊いても返事もしない。
    君がやったのはただそれだけのこと。
    今回のことで、せめて自分が何をやったのかくらいのことには気がついて欲しいな。
    このブログでここまで大恥かいちゃったんだからね。少しは学んだらどうかな。
    自分が思い描いている理想と、創価の現実を、あらためて自分の頭で考えてみろよ。

    ジュンペイくん、言いたいことがあるなら、これが最後だぞ。
    このまま何も言わない、何もしないなら、そのままを読者が判断するだけだ。
    それでいいんだね。

  64. こんにちは。
    現在日活、2世しらゆり長のなつです。

    足軽トラベラーさんのコメント読んでビックリしました!
    キルギス共和国のウズゲン工科教科大学?からの授与、確かに以前新聞で読みました…。
    何故覚えていたかというと、以前ネットでそちらの大学が実在しないのでは?という記事を読みまして、自分でも気になって調べてみたことがあるのです。結果、英語だらけのサイトばかり出てきて、よく分からないままでしたが…(^_^;)

    創価は詐欺団体だ!と覚醒しているはずなのに、嘘でしょ…と愕然としてしまった自分がいます…。昔からバリバリの創価脳の父が「聖教新聞だけはデタラメの一切ない、本当に正しい新聞だ!」と言っていて、ゴーストライターとか受賞はカネで買っている等の問題はあるにせよ、記事自体は流石に嘘は書けないのでは?…と思っていた自分が居たんだと思います。嘘を書けばいろいろな所から叩かれて直ぐに露呈するはず、との親の考えを無意識に信じてしまっていたんですね。MCって怖い。

    で、またまた気になってネットで創価学園のホームページにある「創立者池田大作先生、世界からの名誉学術称号」という所を覗いてみました。

    …2016年3月13日の名誉博士号授与については既にサイト載っておりましたが、数年前の授与に関してはキレイサッパリ消されておりました。

    …ジュンペイさん含め、創価をまだ信じてる皆さん、これについてはどう考えますか?
    これでもネットはデマだ、創価は何があっても正しいと思いますか?

    こんな団体が、本当に世界平和や1人1人の幸福を導いていけるのでしょうか?

    騙されているんですよ!
    あなたが信じて守ってきたのは、ただの詐欺団体なんですよ!

    疑いを持つのは悪いことではないんです…。
    その考え方が既に創価の都合の良い刷り込みなんです。

    今まで、私は覚醒したけど親は創価にいて幸せを感じているならそれで良いかな…と思っていました。
    でも、詐欺団体に生涯を捧げ、選挙活動で人間関係を壊し、財務で財産を取られ、毎日の活動で仕事から帰宅後の一家団欒の時間を潰している両親のことを考えると涙が出てきます。

    本部は末端の純粋な創価脳会員がいる限り、もはや何をしてもバレないと思っているのかもしれません。あまりにも巨大な組織になりすぎたので、ネットで真実を叫ばれても大したダメージはないという考えなのでしょうか?
    でも、必ず崩壊する日は来るでしょう。
    その日を1日でも早めるため、こちらのサイトをより多くの未覚醒の方に見ていただきたいです。

    シニフィエ様、いつもありがとうございます。このような場所がある事で、私のように創価から離れ、救われる人も大勢いるはずです。
    こちらのサイトの管理はきっと言い表せない位のご苦労があるかと思いますが、お体に気をつけて、これからもどうぞよろしくお願い致します。

  65. コージ さん 2016年3月15日 23:41
    >インフルでダウンしてました、

    大変でしたねー、まだコージさんは(私より)若いので自然治癒力があり、お元気になられたようで、安心しました。
    男も70歳~75歳にかけてガックリ弱ってくるらしい。(もう数年後の見たくもない現実)ので、無理が利かなくなります。私も大雪の時に寝込んだときは、朝、目が覚めるのだろうか?(このままあの世行きかも)と不安になりました。多分75歳過ぎてヒドイ病気等で寝込んだら「朝が来るのか?」と寝るのが怖くなるのかも?。

    そういう老人倶楽部向けに「創価グッズ」を通販・実販してるのか?
    成程これなら、寝込んでも“お祈り (  ̄(エ) ̄ ) さん”に念珠を持たせて、“造花 シキミ” “キャンドル(電子ローソク)”“香炉”の万全体制であれば、電気さえonにしておけば、水を替える位で、相当寝込んでも「拝んだ気」になるだろう。要するに“票と金”さえ“差し出せ”ば、(信濃にとって)「それでいいのだ!」

    それだけに、創価詐欺に引っ掛かって“財産スッテンテン”になる前に覚醒されるよう、冷静に物事を判断されることを祈っています。(病院へ行く金も無くなる前に)(-_-;)

    Forum21 2016年3月号 より、抜粋
     そして安倍政権を支える創価学会・公明党は、集団的自衛権の行使容認・安保関連法案への賛成や、本尊・教義の変更についての内外の批判をかわし、組織の求心力を高めるために、いま、元外務省の主任分析官で作家の佐藤優氏の著作物を教材にしての理論武装をはかり、レーゾンデートル(※存在理由、存在価値)崩壊の危機を乗り越えようと腐心しています。
    「創価学会は日本発の初めての世界三大宗教になる」「創価学会は公明党首班政権をめざすべき」と、その内容は驚くべきものばかり。詳しくは特集記事をご参照ください。

    特集/稀代のトンデモ本・佐藤優著『創価学会を語る』を裁く

     佐藤優氏。同志社大学大学院神学研究科終了の元外務省職員。本書『創価学会を語る』の対談相手である創価大学出身の元日蓮正宗僧侶・松岡幹夫東日本国際大学教授によれば、「宗教的な視点で社会の動きをとらえることのできる、日本でただ一人の有識者」なのだそうだ。
     ともかく、本書を読み進めるうちに、不思議な錯覚にとらわれてきた。
    「自分はいま、聖教新聞を読んでいるのではないか」
     池田氏をひたすら讃え、創価学会の過去と現在を正当化するということだけではない。その語り口や切り口、論理の組み立てと展開の方法が聖教新聞にそっくりなのだ。すり替え、レッテル貼り、事実と歴史の隠蔽・改竄……。そんな言葉がピッタリだからなのである。

     池田氏の「猛省」は世間を欺く天才的な戦術だったと讃えるのだ。語るに落ちるとはこのことだろう。
    「天才的戦術的退却」の裏で、創価学会は密かに言論出版妨害事件を国会で厳しく批判した日本共産党の宮本顕治委員長宅の電話を盗聴していた(70年5月~7月)。本書の対談者はいっさいこれには触れていない。
     すべてを山崎正友元創価学会顧問弁護士らの個人的犯罪にして学会史から消し去るつもりかもしれない。だが東京高裁判決(88年4月)はこれを創価学会の組織的犯行だと認定している。

     前段では池田氏の平和主義が学会員に浸透しているといい、後段では池田氏の教えを行動の理由にしてはいけないとなる。池田礼賛の前提に縛られたあげく、支離滅裂の議論に落ちてしまうのだ。─柿田睦夫(かきた・むつお)フリージャーナリスト
    (以上コピペ終了)

    いやーyear「支離滅裂ここに極まれり」“砂糖マ猿”にペンネームは変えたがいい程の“トンデモカルト本”。増々↗↗創価も逆エリート集団(褒めてません)の「脳ー空(カラ)万華鏡」的、奇天烈団に↘↘成り下がる。
    まともな人々は“早く逃げろー”「三十六計逃げるに如かず」「逃げるが勝ち」とは、昔の人は良くぞ云った。(^_^;)

  66. 3年前に受賞決定で、この度やっと授与されたんでしょう。結構期間が経ってるので、報道できない紆余曲折があったのでしょうか。
    池田がいくら名誉称号もらおうが、本尊がカラーコピーである事に変わりないし、教義変更し、今までの大御本尊を否定してのも事実だし。
    座談会終了後に婦人部の方が包丁でメッタ刺しになって死んだのも事実だし。強信者で池田を守りに守って2億円布施した父が首吊り自殺したのも事実だし。母がガンで悶絶死したのも事実。
    池田がなんぼ名誉市民になっても、創価学会員による迷惑な家庭訪問は無くならないし、マンションのドアのポストをあけて中を伺われる不快な事も無くならない。
    池田がいくら賞賛されても、末端の学会員の行動はゲス以下。
    ジュンペイくんのように、師匠の顔に泥を塗る嘘つきや創価脳、迷惑な奴らばかり。
    あー、早くカラコピ本尊を破り捨てたい!

  67. 杜若さん
    初めまして。
    そして、脱会おめでとうございます!

    杜若さんが初めてコメントされたときから、バリ活歴や役職歴がほぼ同じで、いつも自分と重なっていました。
    今まで本当にお疲れ様でした。
    今日は、お祝いですね!

  68. こんにちは。
    外部の雑草です。

    モニカさまスマイルさまコメントありがとうございました。

    ジュンペイさま

    「外部の資料や外部の人に触れてみる」

    たったひとつだけ、これをやられることを推奨いたします。
    前回と同じことの繰り返しですが。

    創価の人間に説明される外部ではなく外部そのものに触れてみる。
    ミソは、ここですよ。
    創価の人間に説明される外部のことを聞いて、外部のことをわかったと思い込むんではなくて、
    「外部そのものに触れる」、ここがミソですよ。

    ここで、私自身のやらかした、いかに私が馬鹿かを証明する話があります。
    その話と、重なる部分が多いと思うので書き込みます。
    こんな話、関係者にきかれたら羞恥以外の何者でもないですが。

    私はかつてある素手武術、仮にHSとしますか、HSに所属しておりました。
    これはデタラメの詐欺流派です。

    私ははじめてHSの本をよんだときまだ子供でした。
    そして書いてあることを真に受けた。
    大変長く続く伝統ある流派だということも。紹介されていた各種の武勇伝も。
    評論も、鋭く間違いがなく、来歴も経験も理論もすばらしい人だと思い込んでいた。
    それは真っ赤なデタラメでした。
    そのときのことが恥ずかしいですね。

    HSの内部で、あるいはHS創始者の語る他流のことを聞いて他流がわかったなどと思ってた。
    HS創始者は多種多様な流派を批判していましたから。
    たとえばボクシングなどのポピュラーなものもケチョンケチョンにいってました。
    それを真に受け、HSのほうが、それらのポピュラーの欠点をなくした、それらより進歩した、
    すばらしいものだと思っていた。
    HSのほうがすごいんだぜ、おまえらよりとか、変な優越感みたいな気持ちもでていたはずです。
    ところが実際はもう・・・・。

    たとえばポピュラーな競技のひとつ、
    ボクシングのプロライセンスをもっている知り合いがいますが、まったく違う。
    とてつもない洗練と技術。HSなんぞ単なるゴミといっても過言でもないLVです。
    HS創始者はボクシング批判していましたが、とんでもない・・・
    そのポピュラーな競技に、理論も実績も技術LVもまったく及ばなかった。
    HSこそ、端にも棒にもかからない、どうしようもない粗悪品だったのです。
    ありふれたポピュラーなものよりはるかにはるかに悪く、問題にもならないシロモノだった。

    実際に他流そのものに触れたり交流したりするのではなく、垂れ流されるものを妄信していた。
    なんと滑稽かと。
    馬鹿としか言いようがないと、思い出します。

    「自分の脳で考える」 そんなこともできなかった私です。
    まったく、なんたるアホか。そのアホこそ私、雑草です。

    「実際に他流そのものに触れたり交流したりするのではなく、
    内部で垂れ流される他流の説明を妄信していた。」
    これこそがこの話のミソです。

    創価問題にも同じことが言えませんか?
    他宗のことを知るとき、創価の指導者や幹部が垂れ流す説明を鵜呑みにして、
    それで他宗についてわかったと思っていませんか?
    他宗そのものに学びにいったり、教義や活動などについて学んだことはありますか?
    検証したことはありますか?

    ないよね、その様子だと。

    完全に、創価の中での著作しかよまないで、あるいは創価の人間の説明を聞いただけで、
    外部やほかのことがわかったと思ってしまってる。
    アホな私と同じ状態ですな。

    まずはそこを壊せれば、あるいはそこで違和感を感じることができれば・・・。
    おそらく主催者さまの考えなどがよくわかるようになると思います。

    「外部の資料や外部の人に触れてみる」、そして違和感を感じたら大事にしてみてほしい。

    まだ若いあなたなら間に合います、十分に。

  69. 体調が悪い時私は、近くの墓地へ日向ボッコに行くのですが、流石に本職の猫さんが一等地から順々に寝てますので、真坂、力で退(ド)かす訳にはルール上と、後の恨みを考えると出来ませんので、場所だけ覚えてて次回は私が先に陣取ろう!と、阿保な事を慮っています。(還暦過ぎた方はお陽様の功徳は承知と思います)

    図書館へ歩きがてらサトーさんの、何か、名は体を表すにピッタリの呼び名はないかな~。と考えてたら西田幾多郎の哲学の小径じゃないけど、ぴったりが浮かんだので、次からは“邪道勝(マサル)”で、(私は)統一する心算です。猿なんて云ったらお猿さんに悪いし。

    邪道さんへの一番の対処法はスルー(無視)だそうですが、それは学会員以外ならそれで済むのですが、創価の場合上から押しつけて来るのでそうも言ってられません。
     しかしこれほど“論理が支離滅裂な人の頭の中”は、私には理解できません。
    おそらく本人的には、権謀術数でしてやったり。位の感じかも痴れませんが、ナンノコッチャのレベルで、ここらが書籍になるようでは、(池袋)芳林堂さんも倒産しますわな!。

    ジュンペイ君とは何の関係も無くて「スレ違い」と怒られそうですが…
    (ジュンペイ君は幹部から「人の噂も七十五日」と指導されているのかな?)
    以上終了。では短いので

    「池田創価学会の政権奪取を斬る―国民的な反学会戦線を築かなければ日本は危ない 」
    山本 峯章/1995/11 ・日新報道。より、抜き書き

    30p  ◍池田の『人間革命』は国家転覆のための「洗脳の書」

     池田大作と麻原彰晃は<教祖の原型>というべき日蓮の「攻撃的性格」と「万人成仏」をコピーして個人崇拝の教団をつくったわけだが、日蓮が、万人成仏(=個人の幸せ)をとおして立正安国(=国家の幸せ)を求めたのに対し、池田とオウム真理教の麻原は、万人成仏をとびこえて国家の改造を図ろうとした。池田は選挙、麻原は軍事力という違いはあるものの、個人崇拝でファシズム体制をつくり、最終目標を国家乗っ取りに求めた点では、大差がないどころか、まるで一卵性双生児である。
    91p
     創価学会は、お題目を唱えるだけで現世利益が得られるという。
     病気も治るし、カネも儲かるというのだが、これこそが、妄想と現実の境界線が溶解した“心の力”の欠如なのだ。創価学会は、妄想を吹きこんで“心の力”を殺し、衰弱した心が御本尊にすがらなくては生きてゆけない状態をつくりだした上で御布施(=財務)を徴収し、選挙のたびに献身的な無料奉仕を要求するのである。
     彼らが社会に有害なのは、社会を支えている「心の力(=常識)」を破壊するからである。
     現実と空想の区別がつかないオカルト人間が世間をわがもの顔で仕切り始めたら、日本が営々と築き上げてきた過去の文化的遺産は木端微塵に吹き飛び、まさしく「世も末」となってしまうはずである。

    105~110p  ◍池田と麻原を魔人に仕立てた心理メカニズム10の秘密

     池田と麻原は、人の心理を読み、その心理の裏をかいて君臨する、恐るべき天賦の才をもっていた。それを十の特質に分類し、友人の心理学者の見解を交え、紹介する。
    ① 「悪行に対する無神経さ」で魔人のイメージを与える
    ② 「自己否定と法悦」「功徳と現世利益」の蟻地獄でまちうける
    ③ 「恥を知らない動物的精神」を「超能力」だと錯覚させる
    ④ 「疑うことを許さない」思考停止を「心の安らぎ」と錯覚させる
    ⑤ 「支配欲と顕示欲」にひれ伏させてマゾヒズム的快感を与える
    ⑥ 「地獄に堕ちる」という恐怖心で信者の心をがんじがらめにする
    ⑦ 「閉鎖社会」を形成して信者を神経症的な心理に追いこむ
    ⑧ 「社会に対するコンプレックス」を洗脳によって戦闘心理に変える
    ⑨ 「自己中心性」「自己空疎感」を妄想世界に解放させる
    ⑩ 「内の世界」に立て籠り「外の世界」を否定して意識変革を行う
    (一々の解説は長くなりますので省略します)(以上引用終了)

  70. 杜若さん。おめでとうございます。
    私はバリ活地区部長でしたが、一年前に脱会しました。
    罰なんてありません。もし悪いことが合っても脱会とは一切関係ありません。
    むしろ自分の時間が出来て幸せです。

    ジュンペイくんは、約束を守れない典型的な創価脳でしょうね。
    題目を唱えて、いつかは必ず叶う。
    と信じているのでしょうが、
    自分自身が行動しないと何も叶いません。
    こういう単純な事が創価脳には理解出来ないのです。
    叶いもしない信心に依存して、現実から逃げてるんです。
    だからブログを立ちあげることすら出来ない。
    もし、直ぐにブログを立ちあげる行動力があれば、白いブランコさん様に
    「あれ?おかしいぞ!」
    と気付くでしょうね。

    いつかは叶う!信心していれば守られる!
    と言う甘えに依存していのです。
    お金や時間にルーズな人が多いのも会員の
    特徴ですね。
    結局は他力本願になってるんですよね。

    脱会して本当に良かったと感じます。

  71. こんにちは。退会済みの杜若です。

    レモンさん、ぴろんさん、コメントありがとうございます。
    ぴろんさん、叶いもしない信心に依存で現実逃避。全く同感です。
    仏罰なんかない!!先日32年ぶりに神社の鳥居くぐりました。
    何もないです。「やったぁ」って感じです。

    こちらのブログを読むようになった頃、役職歴、年齢などから勝手にレモンさんに親しみを感じて、レモンさんのコメントを追って読んだりしてました。勇気をたくさんいただきました。
    お互い、アラフィフ世代、まだまだ若いですよね(えっ?!笑)
    これから色んな事にチャレンジしたいと思ってます。(^^♪

  72. 未だ男子部のミルミルと申します。
    皆様のお陰で完全未活です!
    さて本日ラジオを聴いていたらビックリ!

    佐藤優氏が中国、創価解禁などと申しておりました。
    ただの戯言だと信じたいです。

  73. 非活婦人部のジンジャーです。

    杜若さん
    はじめまして。退会おめでとうございます。長い間、本当にお疲れ様でした。
    私も地区婦をやっていましたので、お気持ちわかります。

    私も活動をやめても、退会しても罰はありません、という言葉にすごく救われました。このブログのおかげで人間らしい生活を少しずつ取り戻しています。
    毎日数の報告に追われ、仕事から帰宅したら全て学会活動に時間を費やし、休みの日も学会活動中心でした。我が家で協議会をやっていたこともあります。仕事から急いで帰宅して家の掃除をして協議会をやるなんて、今では信じられません。

    活動をやめてから、自分を見つめなおす時間がとれました。正役職になってから6年間、掃除をする時間もあまりなかったので、キッチンを掃除したり、クローゼットを整理したり、不用品を処分したり、家が綺麗になりました。また、家計簿をつける時間もなかったのですが、それもできるようになりました。
    正役職になってからどんどん悪化していく事があり、活動しているときは、信心で解決するなどと馬鹿げたことを考えていました。当たり前ですが、解決するわけないです(笑)ひどくなる一方です。
    ですので、先日、思い切って弁護士さんに相談しました。今は弁護士さんも無料相談を実施されていますので、無料で相談し、無事解決の方向に進んでおります。もちろん無料相談のあと、代理人として対応して頂くので、費用はかかりますが、思っていたより安い費用で安堵しています。財務なんかでお金使って信心で解決するとか考えていた自分が恥ずかしいです。

    創価の中にいると、まともな考えができなくなってしまい、人生がめちゃくちゃになってしまいました。仏法の眼で見れば、、とか、世法で考えちゃいけないよ、とか、馬鹿馬鹿しいです。もっと早く創価が詐欺だと気づいていれば、もう少しまともな人生だったのかな、と悲しくなってしまいます。たくさん書きたい事はあるのですが、長くなるので今日はこの辺で、、。

    追伸、シニフィエさん、いつもブログの管理ありがとうございます。

  74. ぽむぽむさん、009さんコメントありがとうございます。
    創価脳については厳しく書いていかなければならないと思います。

    >「実際に他流そのものに触れたり交流したりするのではなく、 内部で垂れ流される他流の説明を妄信していた。」
    >これこそがこの話のミソです。

    雑草さん、ホントこれです。
    そのまま「ネットはデマ」の学会員さんのそれです。
    そんなことをいう学会員さんってパソコンを触ったこともなければ、ネットショッピングすらしたことがない。
    そこまでなーーーーんにも知らないのに「ネットは〇〇よ」と言うわけです。

    非活になったけどネットアレルギーの母は、パソコンもタブレットもガラケーもスマホも区別がつきません。
    エクセル、ワード、アマゾン、楽天…もちろん知りません。
    ネット、メール、ライン、ツイッター、フェイスブック、SNS、ユーチューブ、ブログ…すべての意味がわかりません。
    そ・れ・な・の・に
    先日もこんなやりとりがありました。
    「あんなものはね、有害なのよ!恐ろしいのよ!ロクなもんじゃないのよ!」(吐き捨てるように)
    なぜそんなこと言うの?触ったこともないのに、なんでそんな断言ができるの?
    「知らないんじゃないわよ。私だっていろいろ聞いてるのよ、噂とかいろいろ…」
    噂って?
    いろいろって?
    「もう!うるさいわね!私はそういうことアンタと議論したくないの!」
    あっと言う間にシャッターです。
    すごいでしょ?(笑)
    でも笑っている学会員も同じですよ。全く同じ。
    人のことはよく見えるでしょうから他の例で言ってるんです。

    世間で問題になっているいわゆる「ひきこもり」を、学会員さんは笑えませんよ。
    内部にいると正座して人の話に大きく頷いているのに、外部となるとガラガラ~!と一気にシャッター。
    自分の受け入れるられることだけ受け入れ、他は耳を塞ぐ。
    そうね、そうねと言ってくれる人だけを置いて、注意する人は徹底して締め出します。
    精神的な引きこもりですよ。

    たまに「対話」という学会員さんがくると、言いたいことだけはまくしたてます。
    が、こちらかの質問には見事に答えません。
    これは一人残らずそうでした。
    そうする人に限って「意見の違う人は閉めだずのか?」と言います。
    それも共通でした。
    締め出されたくなかったら質問にきちんと答えましょうよ。

  75. ジュンペイくんについては、これで終わらせていただきます。
    結局、創価学会男子部のジュンペイくんは血の気の多い大ボラ吹きだったってことでおしまいです。
    ただたんに創価学会員のおかしさを露呈するだけに終わりましたね。
    せめて自分が言い出したブログの立ち上げぐらいやればいいものを、それすらしない。
    こうしたあまりの無礼さから、ジュンペイくんはただのウンコタレだったのかなと私は今でも思ってます。
    まあどっちでもいいですけどね。

    ジュンペイくんへのたくさんのコメントありがとうございました。
    今回のことで、私たちが創価を攻撃しているのではなく、騙されている学会員に、なんとか目を覚まして欲しくてコメントしているんだということが、外部の方にもよくわかったのではないかと思います。こんなに学会員さんのことを心配できるのは、創価が詐欺だと身にしみてわかっている私たちしかできないことです。創価と何の関係もない人にとっては、最初からどうでもいいことだし、よっぽどのことがないかぎり、自分から詐欺団体に関わる人などいるわけがありません。
    せめて学会員さんがまともに話ができるような方であればいいのですが、新創価三大秘法である「創価脳」「創価スイッチ」「創価シャッター」によって、完全に思考停止され、ちょっとでも創価の批判に出くわすと人が変わったように頭に血がのぼり、自分たち以外の世界を片っ端から敵と決めつけてスクランブルしちゃうんです。ジュンペイくんはその典型的なパターンでしたね。彼のコメントからは人の話を聞こうなんて最初から微塵もありませんでした。とにかく私たちを親のカタキのように敵視し、見下し罵倒する。そのあまりの言動に対しての根拠を問いただすと、ひと言も答えられない。これが学会員の実態です。大言壮語なわりに、中身は何もないのが創価学会です。もともとインチキ団体ですから当然です。いろんなところから美辞麗句を繋ぎ合わせてもっともらしく並べてきただけですからね。すべてが偽物、すべてが詐欺の材料。会員を集めて、ありったけのお金をしぼりとる。ただそれだけのインチキ集団です。会員は騙されているだけ。そのことに会員が気がつかないように、あの手この手で操っているわけです。そんな操り人形に何を言ったところでどうなるものでもありません。だから私は盲信者と対話をしようとは考えません。聞く耳をもたないどころか、創価を批判する人を見たら親のカタキのようにしか思えない人にどうやって話ができるでしょう。ちょっと煽っただけでも完全に頭に血がのぼるようなジュンペイくんに、あえて「ほら、そうやって簡単に頭に血がのぼる自分ってどう思う?」って訊いたつもりでしたが、それも無駄でした。

    ジュンペイくんがいつか「創価は詐欺だった」と気づく日。彼はまだ若いから、その日がきっと来ると思います。自分で気づくことはできなくても、社会がいやでも気づかせてくれるでしょう。
    きっとそのときには多くの創価学会員がアイデンティティ崩壊の憂き目を見るのではないでしょうか。インチキ教団の崩壊はいくらでもありましたが、創価ほどの規模が崩壊するとなると、社会問題になるでしょう。とうぜん公明党も消滅するでしょうし、政局も変わってくると思います。創価学会は単に自爆するだけではなく、大きな社会問題となる爆弾をも抱えているということです。
    多くの学会員が自分の人生が間違いだったということにいやでも向き合わなくてはならなくなります。私たちはすこしだけ早くそのことに気がついて、いまこうやって自分の人生に向き合うことができた。言ってみればほんのちょっとの違いです。昨日気づくか、明日気づくかの違いだと思います。じゃあ、いつ気づくのか?そりゃ……今でしょ(笑)

  76. 長年、あるいは生まれたときから知らないうちに創価学会員として育てられ、創価がおかしいと疑うような機会をいっさい奪われたまま、世界で唯一の正しい信仰に巡り会ったことに感謝しながら、人生のすべてを創価のために捧げることこそが最高の幸せなのだという世界観だけを植え付けられたまま大人になって、人生の終盤になってやっとそれがただの詐欺だと気づいた。そんな人がたくさんいることが、このブログに集うみなさんの証言によってあきらかになりました。

    そう、もうこれは動かし難い事実なんです。もう創価が詐欺であることは、誰にも否定できない事実としてここに存在します。

    ジュンペイくんは、わざわざここにやってきて、そのことをはっきりと証明してくれましたね。私たちの言うことに間違いはないと、現役の創価学会男子部がこうやって証明してくれたんです。

    そういう意味ではジュンペイくんに感謝したいくらいです。

    ジュンペイくん、ありがとう。君のおかげで創価がとんでもない詐欺団体だということが、ものすごい数の人たちに伝わったよ。君はほんとはそのために殴り込んできたんじゃないか?(笑)

    「あなたたちが言うとおり創価は詐欺です。私はそのことにひと言も反論できません」

    結局のところ、君はそう言いにきたんだよね。ここまで言われても何も言わない、何も行動しないところを見ると、そういうことだよね。

    いつかジュンペイくんが、創価の実態と、自分がやってきたことの意味がわかることを願っています。どうかそれまでお元気で。

  77. さっきジュンペイの名前でのコメントがありました。
    このコメントがウンコタレのいたずらではないことを証明できたら承認するよ♪

  78. ジュンペイくんは、言い訳なんてコメントしないでブログ開始の報告とアドレス乗っければそれでいいんです。
    あとは立ち上げたブログを全力で発展させていく。
    イケダセンセイも「私は言葉を信用しない。行動を信用する」と仰ってるでしょ?行動しろよ。
    以上。

    話題を変えて。
    「お山の大御本尊は受持の対象にしない」との会則変更。
    「受持」の意味は「教えを、しっかりと心に刻んで忘れないこと」。
    要は日蓮の教えをしっかりと心に刻んで忘れないこと。

    日蓮の出世の本懐である大御本尊を否定してますよね〜

    創価は「受持の対象にしないだけであって、大御本尊を否定しているわけではない」とか苦しい言い訳をしてましたが(*_*)

    あかんヤン

  79. 杜若です。
    ジンジャーさん、コメントありがとうございました。
    自分の為の時間なんてなかったですよね(泣 笑)

    本当に仏眼だとか何だとか当時は信じてました。
    会合会合戦い戦いで縛り付けて考える事をさせない。恐怖心で縛り付ける。
    創価に費やした時間は返って来ないけれど詐欺だと気が付けて良かったです。

    ジンジャーさんの抱えている問題が無事解決するように応援しています

  80. 学会員の経験はございませんが、コメントよろしければ書かせてください。どうしても書きたかったことですが、まったくの自分語りになるのでそぐわないと思えば削除して下さい。

    私の地元にも創価の方がいます
    一家全員学会員のお宅が二、三件あります

    私の友人にもそこの人がいて、他の方のお話にもあったように嘘で呼ばれて勧誘を受けました

    小学生時代からの友人で、小中では私をいじるような立場にいたのですが、高校生(学校は違いましたが)になると人が変わったように、穏やかで話が合うようになりました

    私がよく話す死後どうなるか、や、人の感情、仕草の原理なんかの話を興味深く聞いてくれ、また、面白い(趣深い)返答をしてくれるようになりました

    私が専門学生時代、夏休みで帰省したときのことです、彼の実家で大学の友人とバーベキューをやるからこないか、と誘われ、俺なんかいいのかなと思いつつせっかくだからと行きました。友人一家と、同じくらいの年の二、三人の男子が集まっていました

    話を聞いていると学校は違うが共通のサークルで知り合ったといわれ「ん?」と思いつつ、まあちょっとした言葉のあやだろうと気にしませんでした

    みなさんとても明るくて、感じの良い方ばかりでした

    料理をいただいたあと、部屋に案内されて、友人たちと世間話そこそこに唐突に本を渡されました

    正座して、といわれ、よくわからないままペラペラとページをめくります

    そこから池田大作大先生と言わんばかりのべた褒めがはじまります

    創価、いや、そうか、これ学会員の集まりだなとうすうす感づいてきます

    三十分ほど話を聞いたあと、「〇〇くんも、どうかな」といつのまにか集まってきた友人一家の父にいわれましたが、私は生涯無宗派の理念を貫きますのでと断り、せめてといわれ南無妙法蓮華経を三回みんなと唱えたあと帰りました

    私はそのとき初めてその友人が一家で学会員だということを知りました

    両親は知っていて、帰って勧誘された話をしたら笑ってました

    大変悲しく感じました
    なぜはじめから正直に言ってくれないのかと
    言ってくれれば納得した上で遊びにいったろうに、と、裏切られた気分でした

    また、後日選挙が近くなった時、お母さんに公明党に一票をと伝えてね、と自宅に婦人二、三人でやってきました

    学会の方針だから嫌な顔しては可哀想だと笑顔で受け答えしましたが、やはりなんだか悲しくなりました

    こちらのブログの皆様のお話を拝読させていただきました、当事者でも辛いのだなと分かり、皆様の苦労、また友人の苦労を思うと悔しくて涙が出てきました

    一見、場違いなうえ長文で申し訳ありません
    皆様の本当の幸せと安定を心から願います

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中