私が脱会できない理由、あるいはできなかった理由

さて、いつまでも盲信者の相手をしている暇はありません。

本来の「対話を求めて」に戻ります。みなさん、よろしくお願いします。

今回のテーマは、みなさんのコメントの中でも、とくに深刻なのは同居する家族が盲信者であるケースです。夫が、妻が、親が、子どもが創価を信じきって、まったく話にならないことの悩みと言いますか、ある意味、そこから一歩も逃げられない苦悩と、先の見えないことの絶望感というものが、常に覆い被さっていると思います。私の場合は妻が外部で、入会を条件に結婚した「よくあるパターン」で、その後は活動にのめり込む前に創価のあまりのおかしさに、形だけの学会員でしたので、私が創価が詐欺だと気づいたときにも、とくに脱会を拒んだりしませんでしたので助かりました。子どもも生まれてすぐに入会していますが、地元の未来部担当者が手薄で(笑)ほとんど活動に参加したことはありません。なので、脱会の際には何の問題もありませんでした。

このブログにコメントされる方のなかで、やはりいちばんの悩みは「盲信者の夫とどう暮らしていけばいいのか」ということだと思います。創価が詐欺だったと妻が先に気づいたばっかりに、夫婦だというのにいちばん根底になる価値観がまったくちがうことに悩まなければいけない。いや、これは価値観の違いではなく、夫が詐欺に騙されていることにまったく気づいてくれない。気づかないどころか、こっちを悪者にしたり、見下し蔑んだ目で見るようになる。お互いに相手のことを思えば思うほど距離が広がっていく。こんな悲しいことはありませんよね。長年寄り添い助け合って家庭を気づいてきた、何もかもいちばん知り尽くした相手の心が離れていくのを目の当たりにしながらも、つねに一緒に生活していかなければならないというのは、やはり当事者でなければわからない苦悩があるだろうと思います。

また、盲信者の親が元気なうちは、創価がいかに理不尽なことを要求してきても脱会できないという悩みを持った方も多いですね。今すぐにでも脱会したいが、親をはじめとした親戚一同からどんな目で見られたり、何をされるかわからないという悩みも多いです。

そこで今回のテーマは「私が脱会できない理由、あるいはできなかった理由」ということで、創価問題の根深さについて語っていただければと思います。悩みはとにかく吐き出すことが一番だと思います。とくに創価についての悩みは、誰に打ち明けようもないということもあります。外部の友人に話しても、いまいち理解してもらえないのが現実なのではないでしょうか。どうして新聞を何部も取っていることを拒めないのか?どうして嫌われるのがわかっていても必死に公明票をかき集めなければならないのか?カラーコピーの紙切れに拝んだだけで病気が治ったり金持ちになったりすると信じてこれたのか?どうして坊さんでもないのに毎日何時間もお経を唱えるのか?どうして毎年ありったけのお金を寄付しなければならないのか?……もう、外部の人にとってはわからないことだらけです。外部の人にとってはこれだけでもおよそ見当もつかない不思議な世界なので、そこで「創価は詐欺なんだけど脱会できないんだ」と打ち明けられても、さらに不思議が増すばかりなのではないでしょうか。

だからこそ、このブログで吐き出しちゃってください。創価のおかしさも悩みも、本当に理解できるのは、実際に創価で活動をしてきたあげくに気づいた方だけだと思います。逆にそんな悩みを外部の方が打ち明けられても、返答に困るでしょう。それほど創価学会というのは一般常識からかけ離れた理不尽な世界です。そしてそれだけ覚醒した人間の苦悩も深いんです。

ということで、今回はとくに脱会したいんだけれども盲信者の家族がいるばっかりに脱会もできなければ、愛する家族との心が通じないままの生活を強いられている方の悩みをあらかにしながら、そこをどうやって乗り越えたのかというアドバイスをしていただける方のコメントもお待ちしています。どうかよろしくお願いします。

広告

私が脱会できない理由、あるいはできなかった理由」への120件のフィードバック

  1. signifie さまへ
     50代の一般家庭に育ち、暮らしている2児の母です。実は、大学生の娘が、半年程前から交際を始めたお相手が創価学会員一族であることを、Faceboookで知り驚愕と不安、怒りの中で眠れぬ日々を過ごしております。お相手は娘より一回りも上の業界人です。娘とはあるライヴハウスで知り合い、私もお会いした時は感じの良い方だと思っていたのですが、兄姉は創価高校出身お名前も兄弟姉妹全員、池田大作からいただいたものという事も知りました。
     つい先日、主人とお相手の家に出向き、娘は今就活中の大事な時期なので、家に帰してくれるよう、お願いに上がったのですが、「わかりました、真剣に結婚を考えています。脱会します。」と言われました。
     娘には、なぜ創価学会員との交際に反対なのか、私なりに説明をし、客観的な創価の情報をネットや本で得るように説得を試みたのですが、反発するばかりです。
     お相手は、お願いに上がった翌々日に、なんと娘を他県の実家に連れて行き、一族の両親に会わせ、「勧誘はしないからね。」と言わせ、娘にお土産を持たせて帰すような事をしたので、私は、怒りが収まらず、深夜でしたが、その紙袋を持って相手の家に行き、「こんなものをいただく理由はない。家は、創価学会とは絶対にご縁を結べる家ではありません。娘は初めての恋愛で盲目的になっています。どうか、私たちを不幸にしないで下さい。」と土下座してお願いしました。何時間も説得したのですが、「すぐに答えは出せない。」挙句の果てには、「親が悲しむし、脱会の必要性がないように思える。」などと言い始めました….。(つい先日、私たちの前で脱会宣言したはずなのに!!!)
     恋愛の自由と信仰の自由とか、いうことで、抱き込んでいるのでしょう。 
     愚かな娘ですが、何よりも大切な娘です。
     もうどうすればいいのか、苦悩に苛まれている毎日です。
     「学会と暴力団は、お断り」が私の父の一つの教えでした。
     どうか、何かアドバイスをお願いいたします。

  2. 先ほど、相談を記入したものです。
    お返事いただけないでしょうか。
    お願いいたします。

  3. はじめまして 
    章雄です。
    脱会する踏ん切りがつきません。
    親戚にしつこく勧誘されて仕方なく入会しました。脱会すると親戚とトラブルになりそうでやめるケツダンができません。

  4. 仕事が忙しくここ最近ブログをチェックできていなかったのですが久しぶりに来てみたらスレッドの速さとコメントの多さにびっくりしています!嬉しい限りです。

    脱会については少し前に真剣に考えたことがありました。ただやはり面倒なのは家族との関係です。私は両親に今後一切活動しない旨を伝えていて、両親も諦めてもう何も言ってはきませんが、脱会となれば別ですから、また激しい言い争いになることは必至です。それを思うと脱会する気が萎えます。両親との不毛な言い争いにはほとほと疲れ果てているので、もうそのことにエネルギ-を費やしたくないのです。

    もう一つは組織の事。
    会合に出ないのだからやる気がないというのは組織の人もわかっているでしょうが、未活と脱会って雲泥の差がありますよね。「もう創価と一切関わりたくありません」という意思表示をすることになりますから、勇気がいります。特に自分が育ててきた女子部の後輩達のことがネックです。後輩達にも覚醒してほしいのが本心ではありますが、彼女たちはまだ何も知らず純粋にまだ現役バリバリで活動していますから、かつての先輩が脱会したとなれば大きな衝撃を受けることになるでしょう。それはさずがに可哀想だと思ってしまうのです。
    自分が役職もなにもない会員だったらよかったのですが、本部長、白蓮、未来部とやってきたので脱会すれば圏中に知れ渡るでしょう。退転者だ魔だと罵られるのは別に構わないのですが、正直もう私の事など思い出してもらいたくないので、それも面倒くさいなと...

    今お付き合いしている彼が、私のこの話を両親に話したそうです。すると彼の両親は「そんなに面倒なことなら無理して事を起こすことはない。そういうのはとぼけて時間がたつのを待っていればいいんだよ」と言っていたそうなので、それもそうだなと思い脱会は見送ることにしました。自分としては脱会してけじめをつけたい気持ちはありますが、今はほとんどメンバ-も訪ねてはきませんし、連絡メ-ルはスル-すればいいだけ、来年からの財務ももうお断り済みなので特に生活に支障が出ることはないので、まあいいか、そう思いました。

  5. 脱創価脳、未活2世すざくです。紹介文変えました。
    最近なりすましも多いので、紹介文変えるのもどうかと思いましたが、シニフィエさんすみません。
    脱会できない理由は、やはり母ですね。家族みなしてますが、1番ネックなのは母です。
    覚醒して間もないのもありますが、最強で最悪な砦!ラスボスは母です。
    こんな書き方をしたら化け物みたいですが、歩く創価学会見たい人なので、兄弟だろうが、子供だろうが、へたしたら自分の親だろうが、創価脳フルパワーで罰論を言ってきます。超超超めんどーな相手です。
    私は子供と二人で暮らしてるので、普段は苦労は無いです。ご主人奥様が創価脳だと本当に大変だと思います。それが原因で夫婦のなかに亀裂が入ったりなどしたら、なんだかそれでいいのかなーと・・・ここのブログで拝見してもとても辛くなります。皆さん頑張ってらっしゃる、私もへこたれられないと励まされます。
    しかし普段苦労は無いですが、この間は母に電話でキレてしまいました。
    原因は母の昔なじみの今地区担当の幹部!また何かの会合で運悪く母がその人の側に座ってしまい、話かけられたらしいです。
    「娘さん家に行ってもいないの、手紙いれてるのに、連絡来ないし、会えないの、今度一緒に行ってくれる~」って言われたらしいです。母の住んでるとことは圏違うのに、娘だからってそんなお願いしてきたことに私頭に血が上り、母に怒りをぶつけてしまいました。母はさすがに良いとも、駄目とも返事はしなかったらしいですが、しかも細かい話を聞くと、その人少々大袈裟に母に言ってましたね。創価婦人部の得意技です。
    その後母に会いましたが、やはり「今のままでいたら、福運なんてなくなる」だの、
    他にも言っておりましたが、何かあれば結論おなじ事ばかり繰り返し言ってるので、聞き流してしました。毎度ほぼ同じ内容の事ばかりなので、笑うのを堪えてました。「魔がおきて、とんでもない事になるよ、どんな罰がくるかわからないんだから、ちゃんとやらなきゃ駄目なんだから!」。
    「どんな罰来るか楽しみにしててください」と最後に一言私は言って終わりました。
    まーあの母の事なので、懲らしめるために軽い罰でもあたえてくださいナンミョーだろうなー。
    最近改めて、覚醒に至るまでの経緯をざっと考えてました。ここの前の地区では、しらゆりちょーやりながら、正配、一時期グループチョー、民責、香城会とあれもこれもで、さすがに大変になりどれか辞めさせてほしいと頼むと「すざくさんがやらないで誰がやるの?」当時の地区婦に言われ、確かに他にやれそうな人がいなかったですが、今思い出しても日々何をしてたかわからない状態でした。
    引越ししてから、その時の事を思い出すと「会合に真面目に参加しだすと又何か押し付けられる!」そんな恐怖感があったので、会合参加も前程出なくなり、ここ1年会合には全然出なく、勤行・唱題はしてましたが、あるとき悩みが出ていつもより唱題を長くあげようと誓い、唱題をあげててふと、「あれ・・私題目をあげていれば、それで満足してなにも解決してないのに安心してる・・それでいいのか!題目あげて絶対に叶うか保証ないのに・・」それから自分の頭の中でぐるぐるとブッポーってなんだ!創価学会ってなんだろう!そんな思いにとらわれ、創価学会を多方面から見ようと思い、勤行・唱題も今年になって辞め、ネットで検索の日々が、ここのブログにたどり着き、生の声がみれて目から鱗でした。そして色々調べてるうちに創価の実態をしり、そしてたんなる詐欺団体だと・・・その時はさすがの私もショックで。アンジェラ・アキの15の手紙でしたっけ、(誰の言葉を信じ歩けばいいのー)そこの歌詞部分があの時の私の心境だったなー15歳でもないのに。
    しかし自分は覚醒してスッキリはしましたが、今度亡くなった父の事が心配になり、亡くなった後どうなるの?どこに魂いくんだろう、成仏してるのかな、生まれ変わったのかな・・・そんな事を考えたりで、創価脳の時は無条件で死んだ後の安心保証してましたが(生命保険みたいだ)、覚醒して日蓮の教儀も狂信的だとしると、無条件安心保証も崩れ、父が無念になってしまったんですね。
    でも、生きてる私が今どうなのか、そしてこれからどう生きるか、父にあの世で安心させてあげる、それが大事だなーと。

    又又長文で申し訳ございません。愚痴ってしまって申し訳ないです。
    承認不可でいいです~(>_<)

  6. バリ活20年ユル活4年非活1年40代壮年部のミドリムシです。

    ご無沙汰しております。

    私も、まだ脱会は出来ておりません。私の場合は母親が池田大作大好き人間。叔母が元総県婦人部長で戸田門下の華陽会。兄弟が現役総県男子部長で創大卒。ここまでがバリバリ創価脳。父親はユル活という状況です。
    特に母親が厄介で、私が小学校5年生の時に
    『私がお前を生んだのは池田先生のお役に立つ為だ。お前は創価中、高、大と進んで将来は学会本部で先生のお側で働くのだ』
    と言われ、進学塾に通わされ、家庭教師(創価大生)をつけられ、大晦日にはまだ仲が良かった宗門の寺に丑寅勤行に行かされ、創価中学を受験させられました。
    馬鹿だった私は見事不合格❗その時の母親の怒り狂った様子は今でも忘れられません。
    前スレで話題になっていたバルサンで御本尊が真っ白になって部屋から坊さんが出て行く話も母親が色んな人に話しているのを聞いていました。

    なので脱会すると大変な事になってしまう、下手すると冗談では無く殺されてしまうかもしれないので、表向きはまだ信心があるフリをしています。
    幸い私は独身で家族とは離れて暮らしているので、地区の人達には男子部から壮年移行のタイミングで
    「仕事が忙しい。男子部時代にバリバリ活動したのだから少し余裕が欲しい」
    との理由で役職、人材グループを全て辞退。活動もフェードアウト。経済的理由で性狂珍聞は多数部を止めて1部のみ。財務は100円。家庭訪問はガン無視で今に至ります。
    ですので家族親戚にはネタ収集で読んでいる珍聞を元に話を合わせて対処しています。
    私は池田が死んだ混乱に乗じて脱会しようと思っていますが、母親と叔母に関しては覚醒はもうあきらめていて、出来れば池田と同じ頃に霊山に旅立って貰い、日蓮、牧口、戸田、池田と一緒に仲良く暮らして貰えれば…と思っています。
    冷たいと思われるかもしれませんが、これが本心です。
    後は兄弟ですが、なんとか覚醒して貰いたいと思いますが…難しいと思います😢

  7. 非活にはなれるのに脱会はできない、という声を多く聞きます。
    非活はそうではないのに「脱会」となると、おとなしい学会員さんが豹変し、タダでは済まないという圧力をかけてくる。
    そういうことですかね?

    つまり学会員さんは、非活になる分には見過ごすけど「脱会」となると痛くもかゆくもないどころか、痛い!!!
    痛くてたまらない!!!!ってことですね。
    要するに脱会。これが創価の「弱点」ってことですよ。
    だから騒ぐ。
    大騒ぎをするってことです。

    実際は非活の方が無駄に分母が増え、現場のノルマは大変になります。
    無駄な確認や無駄な案内や無駄な計算など、無駄な仕事も増えます。
    だけど、大変でもやろうとするバリ活がいる限りゼロにはならない。(代わりに新聞をとったりして一円でも金になる。統監の人数が減らないことでバリ活のモチベーションを保つなど)
    脱会はゼロになりますから、トップが阻止したいのはあくまでも脱会です。
    だから何しろ「脱会」を攻撃します。
    恩知らず、惨めな負け、罰が出る…
    たったそれだけのからくりを末端信者はまた騙されます。

    「非活はまだ仏性があるけど、脱会したら救われないわ」
    「何としても責めるべきは脱会」
    「阻止すべきは脱会」
    はー。
    毎度忠犬のように単純な創価脳。
    これで
    「怖い…ならおとなしく非活でいよう。この方がラクチンだし」も狙います。

    全員が脱会でも全員が非活でも、創価が機能しないのは確かに同じに思えるかもしれませんが、崩壊へのスピードは全然違います。
    脱会は残っている会員のモチベーションを明らかに落とします。
    厚顔でおめでたい活動家は
    非活→ちょっと疲れただけ。本当はやりたいのだ。などと本気で思い、まわりにそう言いふらします。
    脱会→疲れたのではなく、見切りをつけて喜んで去ったと認めるしかなく、ダメージを与えられます。

    何度も言いますが非活を責めてるんじゃないんです。
    脱会したくてもできない事情がある人には同情します。
    そういう人はその理不尽さをどんどん書いてください。

    私は幸い脱会への障害がなかっただけで他の頭痛ネタはあります。
    脱会についての推進コメントは引き続き書かせてください。

  8. sapphireさん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    sapphireさんの家庭の状況や娘さんとの関係がよくわからないので何とも言えませんが、相手の男性には「脱会がはっきりするまで娘の親として交際は認めません」とはっきり言っていいと思います。ただそれは親としての考えですので、娘さんがどう考え、どう行動するのかは娘さん次第です。要はsapphireさんと娘さんとの問題ではないでしょうか。
    真夜中にこうした逼迫した相談を書き込んでこられるほど悩まれているお気持ちはわかりますが、まずはsapphireさん自身がしっかりと気持ちを落ち着けて、娘さんと徹底して対話をすることのほうが先決だと思います。娘さんをしっかりと味方につけておかないと、sapphireさん vs 娘さん+相手の男性 となったら最悪です。相手の男性は先のジュンペイくんを見てもわかるように何を言おうが聞く耳を持たないゾンビですし、創価学会自体が暴力団よりタチの悪い詐欺団体ですので、そのことをどうやって娘さんにわかってもらえるかにかかっているのではないかと思います。
    このスレッドのテーマにもありますように、親族一同みな学会員の人間が「結婚したいから脱会します」なんて簡単にできることではありません。学会員は会員を増やせるならどんなに卑劣な手をつかっても許されると本気で思っています。ウソの一つや二つ平気でつけるメンタルに調教されています。「相手が来世で幸せに生まれ変わってくるように殺してあげるのが真の慈悲」といったオウム真理教の麻原の言う「ポア」の理屈と同じです。ですから「娘と交際したいのなら実際に脱会したという証明をもって来い」ぐらいのことは言って追い返していいんじゃないでしょうか。きっと相手の男性は脱会しません。娘さんとグルになって、その場しのぎのウソをつくかもしれません。学会員の非常識に対しては、それくらいの覚悟は必要です。相手の男性にしてみれば創価が詐欺だと気づかないうちは脱会する理由がないからです。無上の幸せを手放して地獄に堕ちると思っているようなことを簡単にやれるわけがありません。
    創価の実態を知らない外部の方には、こうしたことは想像すらできないかもしれませんが、学会員はそれくらい日々徹底的に洗脳されています。そこにまともに立ち向かっていっても無駄です。まさにゾンビです。わかってもらおうなんて思うのが間違いです。土下座しようがお土産を突っ返そうが何とも思っちゃいません。世間一般の常識などまったく通用しない恐ろしい世界です。暴力団と学会員の数を考えれば、創価が暴力団よりもたちが悪いということは誰にでもわかりますよね。状況としては娘さんは暴力団員と結婚したがっていて、その暴力団員はウソでも何でもついていいから娘さんを暴力団の家に嫁がせようとしているようなものと考えていいと思います。
    sapphireさんは、ひとまず相手の男性やその親族のことは放っといて、何より娘さんが今の現実をよく判断できるような対話をすることだと思います。まずsapphireさんが冷静になって娘さんとしっかりと向き合うことだと思います。夜も眠れないほど悩まれているようですが、これも娘さんとお互いに心のつながりを実感できれば解決すると思います。娘さんが相手の男性側についてしまったら、ほんとうにやっかいなことになりますから、大切なのは相手の男性についてではなく、娘さんとの信頼関係を強くすることだと思います。
    私からはこれくらいのアドバイスしかできませんが、いずれにせよまずsapphireさんがご自身の気持ちをしっかりと保つことが先決です。

  9. 四十代婦人部、非活の古生物です

    やめない理由について改めて考えてみましたら
    やはり罰が怖い
    仏罰とかじゃなくて、チーム地湧の菩薩の
    仏道修行とか言う名の善意からのナチュラルな迷惑行為
    白百合長を辞めたいと伝えたら、

    学会の人材だから、新たな役職として
    地区幹部の面接を受けて欲しい

    幹部が職場にやって来て、そう言われました
    今は、仕事中なので、そう言う話はできませんと
    お引き取りいただきましたが
    また職場にお話に行きますね♡
    と、メールがあった
    迷惑だよ!常識で考えてよ!!
    もちろん、お断りのメールは入れました

    たかが役職辞めたいでコレなら
    退会したら、善意の仏道修行の波状攻撃?

    もう一つの、理由は夫
    2世の夫の事が、もっと理解したくて
    学会に入りました。
    離婚覚悟で退会したくても
    退会の話をするだけで、暴れる、物が壊れる

    離婚と転職と引越フルセットでないと
    やめる事すら難しいのかとため息が出ます

  10. どうも、10代未来部のひじきです
    先日このブログのコメントを見て父に学会を辞めたいと言ってみたところ
    「お前はまだ未来部だ。未来部は学会の宝だとセンセイも言っているだろう!祖父も祖母も俺も学会を信じたら無病息災になったんだ。だから創価は詐欺じゃ無いんだ、わかるか?だから脱会は駄目だ。地獄に落ちるぞ、不幸になるぞ。」
    この手の盲信者(父ですが)相手に何を言って説得すれば良いのでしょうか?
    後、脱会は出来る年齢とかあるのでしょうか?

  11. 元地区婦、完全非活アラフィフのパルマです。
    読むのに必死でなかなかコメントできないでいます…>_<…すみません。

    両親が悲しむのが分かっているので脱会に踏み切れないでいます…
    創価脳だったばかりに当然の様に入会させてしまった三人の子供たち…申し訳ない気持ちでいっぱいです。せめて子供だけでも脱会させたいと思うのですが、別れた旦那にバレると怒鳴り込んでくる事が分かっているのできません。
    離婚を機に他区に出れば良かったのですが子供たちの希望もあり学区内の転居だったので、プライバシーもくそもない学会ですから情報は筒抜けです。恐ろしくて脱会させてやれません…

    一家和楽なんて大嘘です!
    別れた夫の実家は、一家和楽を祈り続けた盲信の義母の祈りも虚しくめちゃくちゃです。そして元夫は自らの手で自分の家庭も壊しました…
    別れてもその恐怖から完全に逃れられない私と子供達です。

    創価の一家和楽とは家族全員が同じ価値観で活動する事です。
    新聞啓蒙や財務、選挙活動で一家和楽?世界平和?おめでたいにも程がある(-_-)
    ただ創価に金が流れるだけやん…
    いい加減に気がつきなさいよ活動家さん達。

  12. こんにちは、3世非活のチャンユゥです。
    今回も寄せて頂きます。
    さて、こちらは両親のそれぞれの両親(祖父母達)が入信していた為、当方も面倒なことに巻き込まれてしまい、バリ活者が居ないだけマシだったという具合です。
    現在の生き残りは、当方と初老両親、遠方の高齢祖母でして、個々で学会歴が長すぎて信仰心を捨てきれないこともあり、家族皆他界するまでは、当方の脱会は不可能だと確信済みであります。
    運よくば、当方が一番先にこの世から失礼させて貰いたい気分です。
    一家和楽の信心とのことですが、祖父母や両親の夫婦仲は悪く、強いて言えば学会で繋がっている程度でして、代々家族関係は冷え切っております。
    両親はそれぞれ共通の学会員からの勧めで見合い結婚したとのことで、学会と土地柄(当方居住地は地方の田舎です)もあり、離婚もできなかった様です。
    最近の動向としては、未活で引きこもりの父が、ボケ防止にプチ活(会合とお祈り)を開始しまして、父から当方や母へ会合の誘いもありませんし、こちらも全く興味がないので学会の話はしていません。
    一時、学会以外で悩み相談すれば明確な答えが出るのではないかと、「生長の家」や「幸福の科学」等へ単独で乗り込んだこともありますが、結果は「祈れば変わる、あなた自身の心の問題です」とのことで、学会と言われることは同じで、悩みに宗教は何の役にも立たないと独断しました。
    当方長年の悩みであった答えは、数年前に読んだメンタル本によって「家庭破綻によるアダルトチルドレン」と解明されまして、現在もうつうつとしております。
    長く書き込みをしてしまい、愚痴こぼしで申し訳ありません。
    この場所を提供して下さっているsignifieさんに感謝しています。

  13. 初めて参加させていただきます小十郎と申します。非活歴54年の現役です。

    これまで折伏ゼロF取りゼロ少年部中等部高等部男子部時代は会合に誘われればたまに行くくらいのダメ学会員です。壮年部になってからは一度も座談会に出たことはありません。そんな非活の私でありますが勤行唱題は好きなんですね。子供の頃からほぼ欠かさずやってます。なんか元気が出るんで。自行化他でいうところの自行ばかりやってました。だから長年続けてこられたのでしょう。まあ呑気にいい加減にやってきたわけですけども、ここんとこ教義改正を堂々と言ってみたり安保法制を推進したりと、いよいよ学会も公明もヤバいぞと、いやそれどころか日本国が危ないぞと感じております。こりゃどげんかせんとイカン居ても立っても居られずコチラに寄らせていただいたという次第です。

    思いますに、脱会が難しいのはどうしても「ご近所づきあい」があるからでしょうね。それなりにお世話になってますから。私のような距離を置いてる者でも抜けるのは簡単ではないんですから活動者の方々が抜けるのは容易でないとお察しします。別居して暮らしてた母親も一年前に亡くなりました。生前はご近所の学会の方には随分とお世話になりまして感謝しております。こういうことなんですね。脱会し辛いのは。なかなか容易ではないです。その土地を離れるしかないような気がいたします。一番いい方法は、引っ越す機会があれば引越しと同時に退会届を出すことでしょうか?他に思いつきません。

    今まで何にもやってこなかった私なんぞはどうなってもいいですが懸命に頑張ってきた人たちには脱会して、どうか幸せになっていただきたいです。ホント泣けてきますわ。

    そう遠くない将来、学会は分裂崩壊となるでしょう。私は最後まで見届けてから離れようと思っております。その後は・・・正宗もなんだか面倒くさそうだし、親分無し子分無しの一本独鈷でやっていく所存でございます。

    恐恐謹言

  14. 私は「脱会」しています。
    なのにですよ。
    事情を知ってる幹部以下には「モニカさんはちょっと悩んでいて出てこれなくなってる」と知らされていました。
    ある時道でばったり会った末端から聞いて唖然としました。
    呆れて口をあんぐり\(◎o◎)/!

    本尊も黙って郵送ではなく、かっちり創価指定の「本尊返納届」に署名捺印し、最高幹部に手渡ししました。
    地区、支部、本部、区幹部とがん首揃えた前でひるむことなくかっちり話し、了承され、脱会届けを本部に送付しています。
    書面には名簿から削除するように明記してあります。
    身分証のコピーも同封しました。
    だから事務的には削除されてると思いますが、それでも幹部は末端には隠ぺいして頑張るんです。

    そのくらい「脱会」は弱点なんです。
    自らその弱点をはっきり晒しています。
    嘘をついてすっとぼけてでも隠したい。
    はい、残念でした。
    やればやるほど私はそういう事実を公表します。
    平気で嘘をつく人間、ということも告発します。

    >脱会すると大変な事になってしまう、下手すると冗談では無く殺されてしまうかもしれない

    そういうコメントもありましたが、創価とはこういう組織です。
    外部には「信教は自由よ♡」なんてすっとぼけてますが、詐欺の手下のいうことなど信じてはいけません。
    創価はトップがヤクザなだけで末端は善良なんて大嘘です。
    本当に善良なら嘘はつかないでしょう。
    長年池田のポチのように従っているうちに、当人も人間が腐ってしまったんでしょうね。
    上から下までまんべんなく腐った組織。
    今の創価はそれです。

  15. 脱会に躊躇している方は今さらナンチャッテの罰が怖いのではなく、もっと現実的な恐怖だと思います。
    コメントにあるような創価脳の夫場合、「怒鳴る、喚く、暴れる、物が壊れる」もれなくセットでついてくるのは容易に想像できます。
    教え自体がそういう性質のものですからね。
    婦人部を大切に。なんて紳士ヅラしてる男子、壮年なんて大嘘です。
    それは内部同士である時だけで、実際は威張りくさってる男多いですからね。
    暴力団から逃げても更に家庭内暴力団…最悪です(>_<)

    脱会を妨げているのはそういった現実でしょうね。
    他にも仕事のつながりであるとか親子関係とか。
    そういった方たちは非活に。
    仏罰に脅えているだけの人は、どうぞ安心して脱会して下さい。

  16. 結婚と同時に入会し約30年後2014年末に退会、その後夫も脱洗脳、今は後遺症?にさいなまれている、にゃんころころです。

    30年前退会できなかった原因の一つにジェンダーの問題がありました。「嫁は婚家の宗教に従う」ベキ。あーぁ。自分のバカ。

    皆さんの退会できない状況…同じ状況にない私にはなんとも言えませんが
    もしかしてご自身が《プチ広告塔》の役割を知らないままに担っていたとしたら…

    以前選挙が立て続けに在った時、子どもの小学生時代の恩師に選挙を頼む方がいらっしゃいました。何かの話の時に「あら!◯◯先生はうちの子もお世話になったのよ〜。ホントいい先生ですよね。よろしくお伝えください」ってアカンあかん事を言ってしまったのです。程なくして偶然出会った恩師は妙に冷たかった。「にゃんころころさんも、先生によろしくって」って選挙をお願いされたのでしょう。

    他でも、私から学会宣言していないのに、先方は知っている事が時々ありました。なぜ〜?

    イケダ脳だった父親と縁を切った子どものことで悲しい思いをしていましたが、毅然とした対処ができる立派な子どもだと誇りに思うことにします。

  17. sapphireさん
    初めまして、スマイルと申します。
    心中お察しいたします。
    まずは御自身が落ち着かれることが大切かと思います。
    創価学会員は、池田大作のカネと権力と名誉欲のため、また創価の本部職員が美味しい思いをするために洗脳されているだけのカモです。
    心は純粋に自分の幸せ、家族の幸せ、人々の幸せを願っているかたが多いのですが、ただ単に利用されているだけなんです。

    ちなみに昨年の「ニンゲンカクメイってなんですの?」の70番目くらいのコメントに自己紹介載せてますのでよろしければご覧ください。

    私の家庭も創価脳家族でした。
    私は結婚前に妻を入会に導き、創価式の結婚式をしました。創価バリバリの家庭でした。
    しかし父は池田を守りに守り、お布施も2億円した挙句首吊り自殺。母はガンで悶絶死しました。

    私も覚醒するまで創価脳バリバリでした。
    もし弟や妹が脱会するとかいいだしたら、絶対にさせなかったでしょう。
    例えば弟が勝手に東京の本部宛に脱会届けを出したとします。そうすると数ヶ月あとに、住んでる地域までその話が回ってくるのですが、必ず活動家である私の家族の耳に入るので、その時点で脱会を握りつぶします。
    本人がどれだけ嫌がっていても、統監といって創価に籍を置いとかせます。それが慈悲だからです。脱会したら2度とこの和楽の幸せな世界に戻らないと信じているので、何としても引き止めます。

    創価学会員は、「脱会するとバチが当たる。不幸になる」と洗脳されているので、家族が脱会して不幸になるのは我慢ができません。

    ですのでsapphireさんに是非オススメしたいのは、時間をかけてでも、このブログを始めから読まれること。また娘さんにも読んでもらうようにすることです。

    このブログに投稿される方は私も含めて、バリバリ創価で活動していて、間違いに気づいた方が多くおられます。
    娘さんの彼氏さんの御家族は「私たち創価学会は絶対に正しい。正しい故に迫害される。特に嫉妬の国日本においてはなおさらだ。sapphireさんはマスコミとかの悪口を騙されて信じていて、私たちのホントの正しい姿を知らないし知ろうともしない。時間をかけてでも学会を理解してもらおう。でも息子の嫁になる娘さんは何が何でも創価に入ってもらおう。そうでないと息子が不幸になる。外部の人間と結婚したら信心を破られて不幸になる。息子が不幸になるのは可哀想で見てられない。」と考えていると思います。
    また、彼氏さんの実家の地区の婦人部は、「彼氏さんが結婚するの?そしたら、奥さんも入会するから入会1、いっちょあがり〜!」と考えています。

    なぜそうなるのか?

    それは
    「創価学会員が自分の頭で考えていない。本人たちは自分の頭で考えていると言うが、思考回路は見事に全国どこでも金太郎飴のように同じσ^_^;」
    「創価学会員は辞めるとバチが当たると洗脳されている」
    「学会員は布教ノルマに追われている」
    などなど挙げればキリがありません。

    いくつか前のスレッドで雪風さんが喝破されたように、創価は「気付かれないように、ゆっくりと、いろんな方向から、様々な手段で洗脳してきます」
    オウムは軍事技術や心理療法などを駆使して強制的に洗脳していたようですが、創価は、それはもう巧妙に心を支配してきます(*_*)
    本尊の解釈変更など24年かけてるのですよ。

    彼氏さんも彼氏さんの御家族も被害者であり、また加害者でもあるんです。本人たちは全く気付かずに「私たちは良いことをしている」と思い込んでいるのがタチが悪いです。

    まずは落ち着いて、娘さんの事を理解してあげてください(^◇^)

  18. 二世の彼氏にフラれてまだ傷の癒えていない外部のうちひろです。

    前回は初コメにもかかわらず、あたたかいメッセージを送っていただいた、野路菊さん、雑草さん、パニックスさん、ジャンヌさん、ありがとうございました。
    メッセージを読みながら、涙が溢れてきて、いっぱい泣いてデトックスしました。

    元彼はなぜ脱会しないのか…?
    熱心なお母様のもと、家族全員でお祈りしてるからですかね??

    聞けば、元々外部だったお父様をお母様が折伏したんだそう。
    その後、彼が生まれ、弟さんが生まれ…。兄弟は生まれながらに学会員だったそうです。

    小学校の卒業アルバムにも友達は◯◯君だけだった、と書いていました。
    ちなみに◯◯君は学会員だったそうです。
    子供の頃から学会員同士ならば、仲は良くなりますよね。

    以前「創価と私、どちらをとるか?」と尋ねた事があります。
    私としては「脱会してうちひろだよ」と言ってくれるのを期待してましたが、元彼の答えは「どっちをとるじゃなく、どっちもとるよ」と。
    私が創価アンチな事を知っているのに、この答え。
    何があっても、脱会はしないんだろうなぁと正直ガッカリしました。

    付き合っている時に彼からたくさんのメッセージカードをもらいました。

    『勝つ事よりも負けない事』

    『昨日よりも今日。今日より明日』

    彼の言葉だと思っていた事は、全て創価の教えだったようです。
    感動していた私に後日彼がそう教えてくれました。

    「ネットに書いてある創価に関する事はデマだらけだから見ない」と、いつも言っていました。
    もし、そんな彼がこのサイトを見つけてくれたら…。
    『うちひろ』というハンドルネームが元彼女の私というのもすぐにわかるはず…。
    「ネットに勝手にプライベートな事、書いてるんじゃない!」と怒って連絡してくればいいなぁ、なんてちょっぴり思ってる自分がいます。
    それが彼の覚醒の第一歩だと信じてるからです。

    また長々と書いてしまいました。
    スレ違いの内容ですので、signifie様に承認はお任せします。

  19. ご無沙汰しております。昨年2月に脱会済、元白ゆり長のラベンダーです。
    昨年秋頃のコメント以来、ネットの書き込みに恐さを感じてしまい、しばらくネットからは遠ざかっておりました。
    私のコメントで不快な思いをされてしまった方々には、改めて心よりお詫び申し上げます。

    あの頃子供たちに「信じている人にとっては宗教」と言われてしまった私。
    signifieさんの言われる「いわしの頭も〜」のように私にとっては極悪詐欺集団でしかない創価も夫にとっては宗教なのかもしれない。いったい宗教って何?、仏教って何?
    いろいろな疑問が渦巻き、仏教本、創価批判本を何冊か買い、今も勉強中です。
    そして池上彰さんの「仏教って何ですか?」の本を読んでいる時、ダライラマ法王やチベットの高僧タムトクリンポチェさんのあたたかなお言葉に感銘を受け、そういえば池田はダライラマ法王にお会いしているのだろうか?(私の中では記憶に無かったので)と疑問を持ち、ネットで調べていたら、2013年11月23日のsignifieさんの『「対話で平和を」ダライラマ14世』がヒットしました。(もしかしたら読んでたのに忘れたのか…汗)
    さすがはsignifieさんです。
    素晴らしい見解と豊富な知識。こちらのブログが人を惹きつける所以でしょう。
    やはり池田はダライラマ法王とはお会いしていなかった。
    本物の宗教家に会ったら、自分のインチキバレますもんね〜(^。^)

    そんな訳でまたこちらのブログを読ませていただくようになりました。
    よろしくお願いします。
    「みんなのニュース」以降、訪れる方が急に増えたとの事。
    新しい方のコメントも増えましたね^ ^
    1人でも多くの方が創価のインチキに気付かれますように。

    私事ですが、我が家の創価脳の夫は相変わらずです。
    最近ではもう疲れてしまうので、創価の話題はしないよう気を付けています。
    つい先日も私が隣で本を読んでいただけで、批判本を読んでいると思われたのか創価スイッチ全開!
    理不尽な事で大声を出して怒鳴られました。その時の顔といったら…。あの顔は一生忘れません。私のトラウマとなりました。
    家を出て、1人で暮らせたらどんなにいいか…。創価とは縁の無い暮らしがしたい…。
    時々思うのです。私が脱会していなかったら、夫に創価に対しての疑問を投げ掛けられたのではないか?、もっと創価の事が話せたのではないか?
    創価のインチキに気付いた時、私はあっさりと脱会してしまいました。
    私自身はちょっとも後悔はしていませんが、その事だけが心残りです。
    夫は最近では活動は未来部くらいで、ほとんど会合に出席していないのですが、勤行唱題は欠かさず、逝狂新聞をバイブルに創価ファンタジーワールドの中にいます。
    都合の悪い物は見ない、聞かない。
    こんな人は覚醒は難しいでしょうね。
    時々仏壇をバキバキに壊して、コピー曼荼羅をビリビリに破りたい衝動に駆られます。

    すいません、久しぶりなのになんだか愚痴のようになってしまいました。失礼しましたm(_ _)m

  20. sapphireさんと娘さんへ
    私は娘さんの立場で子どもができたため結婚した者です。信者ではありません。

    妊娠後すぐに創価学会が宗教ではなく詐欺だと気づき、今日に至るまで子どもと共に自殺したいと思っています。
    死にたいです。子どもにとんでもない人生を歩ませる事になりました。
    親戚とも一部疎遠になりました。
    創価学会員と袂を分かつことがあってはなりません。
    好きでも愛していてもです、残念だけどとどまるべきです。辛くてもです。
    お葬式創価学会式でやりたいですか?
    ご家族から相続した不動産に創価学会員に出入りして欲しいですか?
    だめです。
    どんなに娘さんが頑張って苦労して報われたり、成功しても、全てはお相手さんの信心のおかげと言われます。これからの人生は長いんです。娘さんが病気になっても信心しろと言われますよ。お題目唱えれば治るのに…と。
    そう言われた時、悔しいですよ。本当に悔しい。通じ合うことが出来ないんですよ。
    私は離婚を申し出ていますが、先日とどまったはうが良いとのアドバイスをこちらで頂き、自殺願望を抱きながらも道を探っています。でも死にたいです、もういいんです。間違ってしまった。
    お願いです、お願いです、娘さんを守って下さい。
    こちらがムキになれば、さらに娘さんもムキになるお年頃かもしれません。
    娘さん、お願いです…
    結婚式は巨大仏壇みたいなものの前で
    出産後はお子さまの入会の儀式
    神社にじゃり銭握って祭りにいくわが子を見ることもできません
    ご近所からも避けらます
    お子さんの友達の範囲があなた達のせいで狭められることはあってはなりません

    好きでも踏ん張って、別れましょう
    残念だけど、頑張って。
    別れてもお相手には信仰がありますから、あなたと同じ苦しみは味わいません。
    私がこんなに苦しんでることを旦那には伝えているのに、先日私の両親の元に選挙のお願いの封書が届きました。本当に何も思わない人たちですよ。毎日毎秒創価学会について考えていて、自分は創価学会に支配されているようです。冗談を言うのが好きで友人も多かったのに、だれにも旦那のことを知られたくないし、笑顔もなくなりました。

    そもそも信仰の自由は、私たち国民が国に対して持つ権利です。
    国から宗教を押し付けられないまたは、脱信仰を迫られない権利です。私人同士の権利とは若干異なります。
    そして信仰の自由であってもそれが内心にとどまらず行動が伴う場合には制限を受けます。
    乱文すみません、でも力を振り絞りコメントしました。
    ハンドルネーム、テル改めコキヒにして下さい、事情がありました。

  21. 非活3世、30代男子部のエスニケです。

    以下の理由で、両親が亡くなる、もしくは創価学会が崩壊するまでは、脱会は難しいでしょう。
     ・大幹部故、息子である私が脱会した時の周囲の目が厳しそう
     ・脱会(=退転)すると、地獄に堕ちると洗脳されている
    ただ、現状、会合にも全く出ず、かつ家庭訪問も一切受けていないので、このままでもいいかなと思ってみたりしております。

    あとは、創価高校関連の人脈がほぼなくなるのが、ちょっと残念かもですね。
    創価シャッターを降ろしていない時は、いい人達ですから・・・

    >>パニックスさん
    初めまして!
    遅くなりましたが、”思い出すだけでも・・・”のスレッドで反応いただき、ありがとうございました。
    年齢は・・・お察しの通り、かなり近いですね。
    ガンガンには、さらなる暴露を期待したいです。
    そして、いつかは目覚めてほしいですね。
    こちらのブログに颯爽と登場してくれないかな~

    >>シカ蔵 さん
    初めまして!
    彼女さん自身が覚醒されたとのことで、本当に良かったですね!
    ”昔は自分もああだったなあ”のスレッドでの書き込みを読んで、彼女さんの状況が私と酷似(親が創価学会内で有名人・学会員以外との交際に理解有で、脱会が難しい、自身が覚醒等々)していたので、思わずコメントさせていただきました。
    何かアドバイスできることがあるかもしれませんので、何かありました遠慮なくコメント下さい。

  22.  40代非活壮年部、覚醒して1年半のキリコです。
     私勤行やめて1年経ちました。1年経ったことに気づかないほど日々忙しくしています。勿論、罰なんかありません。仕事はまあまあ順調です。体調もまあまあ。人間関係はしょうもないバイアスがかからないので実に気楽です。
     それからいろいろなご縁で思いがけず海外で仕事をさせてもらえることになりました。非活になってからの方が公私ともに充実と広がりが出てきました。
     さて、私が奪回できないのは、ひとえに我が兄弟がいるからです。自分1人ならすっぱりと奪回するんですけどね~。せめて非活宣言したいところですが、新聞やめたことでさえも即座に伝わってしまうのでそれもできないでいます。それに今や肉親と呼べるのは兄弟だけなので悶着は避けたいというのもあります。
     なので当分は消極的非活状態が続くでしょう。

  23. 脱会は(嫌がらせされるから)怖い。
    コメントにあるように脱会できない理由はシンプルにそういうことですよね。

    ではその嫌がらせをしているのは誰か?
    池田でも職員でも誰でもありません。
    トップはそんな人から非難されることをやりません。
    聞かれれば
    「何ですか?私たちは何もしてませんよ。信教は自由ですよ。誰が強制なんかしてますか?」
    と堂々と答えるでしょう。
    そんなくだらないことをやってるのは末端です。

    殴られるとか殺されるとか物騒なコメントがありますが、自分たちは指一本動かさず末端にやらせている。
    巧みにそうコントロールしている。
    選挙の票取り他、キ〇ガイ行動を自分たちは涼しい顔して全くやらず、末端にやらせてるのと一緒です。
    末端は滑稽に踊らされるだけ。
    踊れと言われれば踊り、歌えと言われれば歌い、脅せと言われれば脅す。
    大の大人が、笑い、怒り、真っ赤になって罵倒…ぜんぶ玩具のようにコントロールされています。アホらし。

    気付くべきはそうやって脅している会員です。
    自分は自分の意思で、誇り高い使命感で脅している(失礼、脱会を制している)と思ってることがいかにおマヌケかなことか、一日も早く気づいてください。

  24. 脱会届けを出さないかぎり、脱会と認められないって本当におかしなシステムですよね。
    組織に対して「信じていないので一切の活動を辞める」宣言をしハッキリと意思を示したわけですから、自動的に退会にしてもらいたいです。

    今、私と子供たちが脱会届を出したとしても、主人が支部長でいる限り、退会処理をしないようにストップさせてしまう事でしょう。
    スマイルさんも書かれていましたが、創価の統監とはそういう所です。
    以前、ある青年部の子が親御さんに内緒で本部に脱会届を出しましたが、地元の組織に連絡がきた為にバリ活親の知るところとなり、今も統監は存在しています。
    当時20代の青年部だったのに、統監上で年齢を重ねて今は壮年部となっています。
    本人は辞めているつもりでしょうが、籍は残っているし親御さんが本人の名前で財務もやっています。
    そんなケースはとても多い事でしょう。

    組織内にバリ活の身内がいると、統監は絶対に信用できませんね。
    「統監落とす=地獄に落ちる」と思い込んでいるのがタチが悪い。
    主人は副区長兼任の支部長ですので、再びフリーになり派遣で移動したときが、チャンスかもしれません。
    でも、必ず耳にはいるでしょうから、一波乱あることでしょう。

    仕事も超忙しい上に、組織では人手不足のため残っている活動家の負担が大きく、慢性的な睡眠不足状態が何年も続いているようです。
    休日も朝から会合が入っているので、寝不足で目が血走った状態で出掛けていく。
    仕事だけで大変なのに、あの年齢で活動家とて奔走するには無理がかなりかかっている。
    何十年もこんな状態なので疲労が蓄積し、今まで何度も過労で倒れ入院しています。
    なのに、今までの全ての結果が、創価のおかげと信じて疑わない。
    睡眠不足で疲労すればするほど、MCにはかかりやすいので、創価の活動システムは上手くできていますね。

    こちらで創価脳のご主人の事が何人かの方から書かれていましたが、わが主人にもあてはまります。
    同じような反応を示します。
    元々はそういう人間ではなかったはず。
    そうでなければ、結婚しているわけがない。
    それなのに、長い間の創価のMCとイケダの指導でそのような人間へと知らず知らずのうちに変化していったのでしょう。

    会合でいつも会っていた穏やかそうな壮年活動家のあの人も、この人も、妻が脱会するといったら家庭では同じような反応を示すのかもしれませんね。

  25. 外部で創価の動向に興味があるものです。
    もし、脱会したら、職場の学会員からの攻撃、地区の学会員からの攻撃を受けることを恐れて脱会できない方がいるのでは、と想像しているのですがいかがでしょうか。(勝手な想像)
    見せしめてとして、仏罰(実際は、学会員による企て)を当たったように学会員に知らしめる。
    外から見ると、学会は、学会員に気づかれないように、たくみに恐怖政治を行っている様に見えます。
    かつて中世ヨーロッパで行われたキリスト教の魔女狩りと同じ間違いを行っているのではないか。(ある思想の人が集団になると恐ろしい。内部からの歯止めが効かなくなるんですね。)
    自分なら怖くて抜けられないと思います。非活でなんの影響もなければ、脱会せず無難に過ごすかもしれません。

    話は、変わりますが、ネット検索してたらこんなの見つけました。
    集団的自衛権の時に、アメリカから公明党へ、アメリカでのカルト認定を切り札にされてたみたいですネ
    アメリカからカルト認定されたら一気に終焉となるでしょうから、早くアメリカでカルト認定してほしいものですw

  26. こんにちは。
    外部の雑草です。
    まったく内容がない書き込みですいません。

    大変深刻な状況のかたがおおいですね・・・。
    まさに解決がみあたらないですね・・・。

    章雄さま
    そうでしたか・・・。ついにこんなケースすらでてしまいましたか。
    正直、現段階で初耳の事例です。

    >入会するまで毎日訪問する
    >格闘技道場をやっていて
    生徒も無理やり会合に連れ出されてます。
    脱会したら危険を感じます。

    格闘・武道・武術関係者と創価の共演とは・・。
    もともと、武道団体で、創価と同じような状況のところはザラにあります。
    同じような手法で、そして生徒もまさに創価シャッターみたいな症状が出ます。
    だけど直接的に、格闘+創価の組み合わせとは・・。

    これはほんとうにまずいです。
    たしかここの方の書き込みでありましたか、世法より仏法でしたか、
    そんなような概念が武術にもあります。
    なんか武士道の概念を曲解したもので身を捨てて仁をなすとかそこらへんの用語ですね。
    つまり、法律違反でもなんでもかまわない、俺は自分の信じることをやるだけだ!!と
    一見立派にみえるかもしれませんね。
    でもただのクズなんですよ、一歩間違えると。

    状況によりますけど、その行うことが詐欺への加入ならびに己の私腹を肥やすことなんですから、
    単なるクズなんです。

    だけれどもいうことや概念は、立派なことをいいますよ、おそらく。
    そして自分自身がその言葉に酔っちまってる。
    己を正義とかへたすりゃ法に背くが善を行ってるみたいな酔いっぷりなのかもしれない。
    まさにザラにありまくるケースです。
    これは大変なことです。

    警察に通報とかしても、それを無視するあるいは逆上する可能性があるんですよね・・その関係者の場合・・。
    私も含めて武術・武道・格闘関係者って結構ザラにクズがいるのでやばいです。
    正直、一般のかたはもう、武術関係にかかわらないほうがいいんじゃないかと思っている
    今日この頃です。

    だめだ考えがまとまらない。
    支離滅裂で申し訳ない。

  27. 非活15年50歳壮年部です

    50年という一家の信仰の歴史に、どう決着をつければ良いものか
    正直、私一人が脱会するという事は、何ら意味を持たないような気がしています。
    親・兄弟・妻・子供たちに、どのように気がついてもらうか・・・

    ここを訪れるようになってから、その事が頭から離れなくなっています。

    障害を持つ80歳の父親は、昨年末、ある会合での体験発表の中で
      30年程前に、
      子供を事故で亡くしましたが、
      その事で退転しなかった事が、
      最大の功徳です
    ・・・と語っていた

    先日、その体験発表を綴った原稿を手渡され、その内容に愕然としてしまった

    それが、最大の功徳?
    それが功徳なのか?・・・

    救いようが無い・・・
    とは、こうゆう事でしょうか・・・
    自分の親の言葉を知り、一瞬頭が真っ白になりました。

    親族を含め、
    非活になっているのは私一人ですが
    私には、弟・妹夫婦、妻の兄夫婦もこれまで基本何も言わない。
    言い合ったところで解決しない事など暗黙の了解なのでしょう。

    父親に言わせれば
    「みんな題目を送ってくれているんだよ」という
    弟妹がいう事といえば、両親にとって
    「お兄ちゃんが活動する事が、一番の親孝行なんだよ」という
    私の妻は、創価に純粋培養されたお嬢様で
    「パパも気がつくから」と子供達に言っている。

    こんな環境にあって、
    唯一、気がついてしまった自分は、ある意味不幸なのかもしれないです。
    いっその事、非活のまま黙っていようか・・・
    その方が楽な生き方かもしれないし、平和なのかもしれない

    時折、そんな事も考えてみるものの

    創価脳の条件反射が身についているのか、
    創価からの覚醒の副作用なのか、
    怒りに似た感情が込み上げてくる。

    全スレの「ジュンペイくん」に対する最初のコメントなど、後から読み返してみると、
    「反創価スイッチ」が多少入っている(笑)

    これでは、
    本質的に創価脳から覚醒していないのだと、人知れず反省をしてみたりする自分がいます(笑)

    いま、自分の中で出ている結論として

    自分の子供たちには、
    親の責任として謝罪し、真実を伝えようという事。
    子供たちは、15年の私の姿を見ていて、何となく気がついていると思っています。

    私の長女は
    高等部時代、イケダ氏と対面している時のある写真が、新聞・大百・グラフ等に、長年に渡って何度も掲載され続けていて、地元でも有る意味で有名な女子部員です。
    その長女が、
    一度も内部の男性と付き合う事無く、女子部の部長を経て、外部の青年と結婚してくれた事は、不幸中の幸いでした。

    次に妻と話し合い
    家族としての結論を導きたいと考えています。
    第一段階としての目標は、家族全員で非活になる事です。

    親・兄弟・親族については、
    どうすべきなのか結論はでません。とても難しい問題です。

    「平和」と「幸福」を偽った虚像の組織の中で
    フィクションに綴られた主人公を、人生の師匠と仰ぎ
    役職を与えられ、組織に縛られていく
    そして
    その役職の持つ虚像の人格に知らずの内に陥り
    錯覚の中で、全てを達観したかのように振る舞っていく

    そしていつしか
    虚像の組織の中で、様々な事に直面していく
    「こんな事があっていいのか?」・・・
    しかし
    どんな問題であっても
    どんな疑問であっても
    どんなに理不尽な事であっても
    時には法に触れるような事であっても

    「すべて信心で受け止める・・・」

    この一言で
    自分の思考を止めて、なにも無かった事のように
    過去の記憶として上書きされていく

    そして
    創価学会の世界で行き着く処とは
    50年の信仰を続けた父親にして
    「何があっても、退転しなかった事が最大の功徳です」
    と言わしめてしまうのです

    質素な年金暮らしの生活に似合わない
    立派な仏壇と、その中に立てられている
    17歳で亡くなった妹の写真・・・
    それでも「幸福なんだ」と自分に言い聞かせているような
    そんな父親に、正直言葉が見つからないのです。

    本当に悲しいことです。

    ここに集う皆様一人一人にとって
    環境も経緯も状況も異なりますが
    抱えておられる本質的な問題は同じ物ですし
    難しい問題で有る事は、間違いありません。

    しかし、今後の創価を取り巻く環境は
    崩壊への光が差しているように感じている一人です
    これからも、皆様のコメントを読ませて頂き
    創価からの脱却に向けて
    諦めずに苦心していきたいと思っております。

    世間は三連休ですので・・・
    これから家族と父親を連れて温泉に行ってきます(笑)。

    皆様、長文になり申し訳ありませんでした。

    管理人のsignifie様
    多忙な中、運営ありがとう御座います。
    一言御礼まで。

  28. 創価が詐欺だと気がついて脱会できた方はまだ幸せなほうなんだなと思います。創価が詐欺だとわかっているのに、創価脳の妻や夫や親や子どもと暮らすのがどれだけ辛く苦しいものか。しかしそうした現実から逃げることもできない。話をしようとしても全く聞く耳をもたない創価脳。創価でなければ何の問題もない家庭が、誰かが創価を宗教だと勘違いしているばっかりにギクシャクとして言いたいことも言えない家庭になってしまっている。夫婦間では暴力沙汰にまでなったりする。いったい何のための信仰なのかという疑問すら創価脳の人間は至らない。幸せになるための信仰であるはずなのに、現実は幸せとはかけ離れている。その現実を見ようともせず、ひたすら創価にお金を貢ぎ続け、創価の批判に対しては感情的に攻撃することしかできない創価脳。
    一般常識で考えれば、どこをどう考えても創価は宗教なんかじゃありません。功徳や罰があるわけがないんです。ただのインチキ詐欺です。そのことが普通にわからないこと自体がすでにおかしいんです。あたりまえの思考ができない人間になっているということです。創価の活動のすべてが、そうした人間をつくりだすように仕組まれています。外から見れば誰もが簡単にわかることです。わからないのは学会員だけです。創価にとってはそれでいいんです。騙されてお金を貢ぐ会員が減らなければそれでいいんです。外部に何と思われようがどうでもいいんですよ。騙される学会員がいればそれでいいんです。そして多くの学会員がいまだに騙され続けています。そして自分が騙されて、現実に不幸であることにすら気づかないでいます。それが創価学会の現実です。家族の中で、自分一人がそんな創価の現実に気づいたとしたら、それは辛いでしょう。愛する家族がみすみす不幸になっているのをそばで見ていなければならないのだし、どんなに助けようと思っても聞く耳をもたないのですから。聞かないだけではなく、見下して怒りだす。家族の信頼関係が崩壊する。これこそが創価家族の実態です。創価の一家和楽とは、現実には家族崩壊のことにほかなりません。
    学会員は現実を見ないように、ひたすら創価の言う架空の理想の世界を夢見ることを強制されます。世界平和、広宣流布、一家和楽、現世安穏、常楽我浄、人間革命……みんなただの絵空事。目の前の現実などほったらかしで、理想の花園にいるかのように錯覚させられます。そして問題があれば自分の信心が足りないことにさせられます。創価学会員になることで理想の花園にたどりつくための切符を手にしたのだから、あとは創価にどれだけ貢ぎ尽くすかで無上の幸福を手に入れられるかが決まるのだ…などと信じ込ませます。すべては最初から創価に貢がせるためだけの絵空事でしかありません。そのことに気づいた人間と気づかない人間が家族として同居しているのですから、幸せな家庭が築けるわけがありません。

    創価は詐欺。

    学会員にとってこのことに気づくことがいかに難しいか、学会経験者でしかわからないでしょう。

    しかしこのブログではこれからも多くのみなさんとともに、創価が詐欺でしかないことを訴え続けていきたいと思います。

  29. 何度か投稿させて頂いております、非活3世のアンパンマンです。
    管理人様、皆さま、投稿を参考にさせて頂いておりまして、本当に感謝しております。
    私が「脱会できない理由」は、他でもなく、「脱会したら、身の危険がある」と考えているからです。
    その根拠の一つとして、
    「青年よ、仏敵を打ち砕け。
    学会迫害の悪人は厳罰で
    野たれ死ぬまで攻め抜け
    (04年11月18日付け聖教新聞「寸鉄」)」
    との、全国に配達される機関紙に掲載された「指示」です。
    「聖教新聞」という機関紙は、学会員だけでなく、外部の方も読んでいます。
    私の住む地域にある「市立図書館」では、聖教新聞も、誰もが閲覧出来る環境にて保管されています。(以前、図書館に行った際に、ありました)。
    この「青年よ、仏敵を打ち砕け。 学会迫害の悪人は厳罰で 野たれ死ぬまで攻め抜け」との言葉
    の中にある、「野たれ死ぬまで攻め抜け」という表現は、刑法上、問題があるのではないかと。
    つまり、単純に考えると「殺人予告」にしか思えません。
    こういう言葉が掲載されている「聖教新聞」が、「市立図書館」でいつでも誰でも、読める状態にある訳です。当然、外部の大人だけではなく、外部の未成年者だって、読めますね。
    それだけではなく、創価という団体が、どういう形で「個人情報」を取り扱っているのか?
    よく分かりません。
    創価で組織活動をされている方には、多くの公務員や福祉関係のNPO代表をされていいる方、介護関係者や、選挙関係では「確か、支持者カード?」というもので、個人情報が創価という団体で活動する人間側に行き渡ります。
    職業上、若しくは選挙活動上知りえた「個人情報」が、実際に創価という団体本体に渡っていないか(例えば、「連絡局」へ流されていないか)、また創価の組織活動(例えば、「広宣部」の活動)に利用されていないか、全く不明です。
    そんな状況で、「青年よ、仏敵を打ち砕け。 学会迫害の悪人は厳罰で 野たれ死ぬまで攻め抜け」との「指示」が全国的に行き渡っていたら、創価側に勝手に一方的に「仏敵」「悪人」扱いされた時点で、「創価をやめたくても、命の危険があってやめられない」というのが、現実ですね~。
    私個人の経験ですが、現実に創価側に「携帯電話を一週間没収」されていますし、本人に一切確認もせず「デマの流布」や「信用棄損」「人格攻撃」を行っている創価の方々には、地方公務員や福祉関係の代表者、金融機関関係者、法律事務所職員、多くのS大出身者やその親(多数の地方幹部)、その他、国家資格者が含まれていました。
    一番呆れた事は、私自身、ほとんど話をしたこともなく、顔も分からない婦人部員の方の悪口をネット上に流している・・・というデマが流れていたことです。
    創価の盲信人間の人間性(一般道徳)レベルは、底なしに低い、というか無いです。
    その為、「創価をやめる」だけの事でありながら、身の危険の心配もしています。
    多くの学会員ではない方にも影響している事かと思いますので、
    こういう状況の改善を、国(監督官庁側)でしっかりやって頂きたいと切に思っております。
    多くの「被害者の声」が、一刻も早く国側に届いて欲しいです。
    最近気になる出来事として、ここ半年以上前からですが、外出先での「不審車両による尾行」です。昨年秋頃は、バイト先の店舗前まで着いてきました。
    車種は様々ですが、車両ナンバーが「8888」「1111」の車が常に尾行してきています。
    これが、今後「現実の身の危険」に繋がるかどうかという点、今の所は様子見ですが、
    車種的に、以前は「軽乗用車」が多かった所、最近は「黒のボックス車」が多くみられるようになりましたので、「拉致でもされるのかなぁ~」という感じで観察しています。

    以前、投稿させて頂いた際に、
    創価の人は、「創価を守るためだから~」とよく言うけど、
    「創価を守るため」に「権力が必要な理由」について説明をしてもらえないと、書かせて頂きました。何でかなと、ずっと疑問に思っていましたが、
    憲法20条1項後段「政治上の権力の行使」、
    「政治上の権力」=「立法権・司法権・行政権」を「創価の人間」が持ち続けていかなければ、
    「創価という団体を守れない」・・・といった諸事情が存在するという所でしょうか。
    これはあくまでも、私個人の推測です。すみません。

    先日、2014年12月の衆議院解散総選挙の最中に、「公明党のポスター」が刃物で切られた事件、少しお話しさせて頂きまして、ありがとうございました。

    「公明党のポスター」が刃物で切られる前に、
    既に、2014年春には隣の創価婦人部員に婦人部の人間が3名(I・I・W)で「私の悪評(デマ情報)」を伝えに来ておりました。
    2014年秋には、地域の学会員宅(M)に、壮年男性(Iナンバー車)が頻繁に来ており、
    「公明党のポスター」が刃物で切られた事を警察に伝えた後には、M宅にIナンバー車が来ている様子が現在も含め、確認出来ませんでした。
    「公明党のポスター」が2枚刃物で切られ、警察に伝えた後(まだ選挙期間中)に、公明市議が家に来ましたが、ポスターが切られた件について、一言も話題にせずに帰りました。
    普通は、心配しませんか?「家宅内に入られて、大丈夫でしたか~?」とか。
    衆議院解散総選挙が終わり、間もなくして、地元の婦人部幹部経由で、「あきやえいのすけ」という「おじいさん?」が、突然親に接触してきました。
    年が明け、2015年1月になっても、「公明党のポスター」が刃物で切られた件について、
    誰も心配している様子がない為、不自然に思い、自分であっちこっちに問い合わせをしましたが、警察の2課の方に問い合わせた所、「ご両親がご納得されたようですので、被害届は提出されていない」と説明して頂きました。
    両親に、「誰かに、説得されたのか?」と聞いても、何故か一切答えませんでした。
    室外に張ってあった「公明党のポスター」を、強風の為、一時的に自宅にしまった事を、
    隣の創価婦人部員(無職)に伝えましたが(お昼頃)、その日の夕方、外出先から家族と帰宅した際に、玄関の鍵が開いていました。
    隣の創価婦人部員宅の外塀に張ってあった「公明党のポスター」も、刃物で切られていましたので、あの選挙戦の最中ですから、多くの関係者は皆心配して、被害届を直ぐに提出したり、その後大丈夫か?とお互いに気に掛けるのが自然だと思うんですが・・・。
    本当に、不自然な出来事が多いです。

    承認は、管理人様にお任せさせて下さい。申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

  30.  「白バラ通信パンドラの箱」の希望です。
     本日更新した記事で、シニフィエ様のブログにも言及させて頂きました。

  31. モニカさんがおっしゃるように、創価にとって一番のダメージは会員が減ることです。それ以外のことは何がどうなってもどうでもいいことです。だから教義がどんなに変わろうが、外部が何を言おうが、安保法案に反対してデモ行進する学会員が現われようが、会員が創価から離れない限りはどうでもいいんです。会員から金さえとれればOKなんですよ。詐欺の詐欺たる所以です。
    だから脱会者が出ることに関してはどんな手を使ってでも阻止する。しかし決して自分の手は汚さない。汚いことはみんな末端の会員にさせて、なにかあってもすべて会員が勝手にやったこととして切り捨てます。それは暴力団からも呆れられるほどの卑劣な組織です。しかし学会員はそんなことは耳に入らないようにされています。耳に入っても、すべてがデマだと思うように操られています。
    私がこのブログ全体のテーマを「静かに創価を去るために」としたのは、戦っても無駄な創価にいちばん有効な方法は、会員が創価が詐欺だと気づいたときに、静かに去ることだと考えたからです。中には自分が信じてきた創価が詐欺だなんて思いたくないがために「創価の悪いところを自分たちで改革していけば、名実共に世界一の素晴らしい宗教団体になって世界平和が実現できる」などとすっとぼけたことを言う学会員がいますが、それは自分のまちがった人生を認めたくないが故の苦しい言い逃れにしか過ぎません。どうしても目の前の現実を認めきれない、いわば臆病者です。厳しい言い方かもしれませんが、三人組にしても、白いブランコさんにしても、創価の悪をわかっていながらも自分を正当化することしか頭にない。つまりいい大人が現実を直視できないということです。そんなことで家族を護ることができるでしょうか?創価の間違いに気づいてもなお、創価は正しい宗教だと言い張るのは、ただ単に自分が一番可愛いだけだと言われても仕方のないことだと思います。
    創価が詐欺だと気づくことは、それを信じて活動してきた者にとってこんなに辛いことはありません。でもその辛い現実に向き合わなければ、どのみち創価が崩壊したときは、自分の人生が間違っていたことを他人から示されることになります。遅かれ早かれこれまでの自分の人生にNOを突きつけられるのは目に見えています。だったら早いとこ自分の間違いを自分で認めて、静かに去ったほうがいいのではないでしょうか。

    私のまわりには兄夫婦が学会員でいるだけで、他に学会員はいません。兄以外の兄弟もその子どもも孫も今は学会員ではないです。なので私の両親から始まった創価の家系は、子どものいない長男夫婦でとぎれることになります。草創期の地方の幹部であり、公明党の議員もやっていた信心強情といわれた両親の創価の血筋は、幸いにも長男の代で途切れます。おそらく日本全国でこのような状況になっているのではないでしょうか。新しく入会するものはいないし、生まれた時から学会員であることがあたりまえのように育てられてきた2世3世も次々に非活に転じ脱会しています。このブログでの各地からの報告を見てもわかるとおり、創価の衰退は確実に進んでいますし、もはやこれから創価が持ち直すようなことは断じてありえません。そんなことすら創価脳の会員は認めようとしません。聖教新聞に載る海外のことや、金太郎飴のような大勢の男女青年部が並ぶ会合の様子の写真を見て、創価が今も大発展しているなどと思い込まされています。高齢者ばかりで、それも人が減り続けて、地区を統合しないと座談会さえ開けない自分の地区のことに関しては、何の疑問も抱きません。現実が見えない、見ようとしない証拠です。上から与えられた虚飾の情報だけを鵜呑みにすることしか許されない創価脳の学会員だけが、あいかわらず組織の餌食になっているのです。

    創価が少しでもおかしいなと思う学会員さん。まずは目の前の現実を素直に認めることです。そして自分で考えることです。現実を見ていない自分に気がつくことです。それができれば創価の現実が見えてくるはずです。それは辛いことかもしれません。自分の人生を否定することだからです。このブログには、それでもありったけの勇気を出して、現実を直視し、死ぬほど辛いのを覚悟の上で、ほんとうの自分の人生を歩み出そうと、それこそ血を吐く思いで努力されている方が大勢いらっしゃいます。なにやかやと自分を正当化して逃げ回っているような人たちとは違います。

    話はそんなにフクザツじゃないんです。創価を信じてしまったばっかりに、単に騙されてお金をもぎ取られていたというだけの話です。そこに功徳だ罰だ地獄に堕ちるだといったオカルトを信じているからおかしなことになるんです。創価は宗教でもなければオカルトでもありません。ただの詐欺です。そんな詐欺団体から一日も早く去るにこしたことはありません。「家族が承知しない」「罰があたると思うと恐ろしい」「折伏した友人に申し訳ない」いろいろ脱会できない理由はあるかもれません。そう簡単にはいかないこともよくわかります。でも、だからといって、あなたの人生はそれでいいのでしょうか?自分の愛する家族が暴力団に拉致されても「いろいろ面倒だからそのままにしておこう」とほっぱらかしにできるものでしょうか?今すぐには無理でも、なんらかのアクションをとれることがあるのではないでしょうか。少なくともその努力はすべきだと私は思います。自分や家族の人生がいつまでも搾取されたままでもいいというのであれば何も言いませんが、かけがえのない大切な家族だからこそ、たとえ無駄だとわかっていても対話を試みるのが家族の絆だと私は思います。そうした努力を続けていけば、どこでどんなきっかけが生まれるかわかりません。何もしなければそのままでしょう。社会的に創価が詐欺だとはっきりするまでは創価脳は正気をとりもどしません。
    こういう私でも、これまでは盲信者となった兄夫婦のことはあきらめていました。ひとつは私がまだ鬱の症状があるために、面倒なことにはかかわりたくないし、あえて兄弟で波風の立つようなことはしたくないとしか思えませんでした。しかし次第に鬱の症状が軽減していくなかで、やはり実の兄が騙されたまま人生を終わらせることに黙っておれないような気持ちが大きくなってきました。それは父がまさに騙されたまま亡くなったことや、母は生きてはいますが認知症でもはや創価のその字もわからない状態です。もうじき70歳に手が届く兄夫婦にそうやって一生を終えて欲しくないという気持ちが出てくるようになりました。そう簡単にはいきませんが、これから何をどうしていけば考えてもらえるのかを模索していきたいと思います。

    考えても見てください。「脱会すると地獄に堕ちる」という脅しをいい大人が聞いて震え上がっているんですから、すでにこれだけでも訳のわからない世界ですよ。普通なら「ばっかじゃないの?」と一笑にふされてしまうような子ども騙しを信じ込まされているんです。
    「この御本尊(カラーコピー)にお題目を唱えるだけでなんでも願いが叶う。それはどの宗派の御本尊も同じようい願いが叶う。ただし日蓮正宗だけは別」
    これもいい大人が信じるようなことではありません。鎌倉時代の学校もない文盲ばかりの一般庶民相手ではないんです。世界のあらゆる情報が誰にでも即座に手に入るような現代においては、まったく笑い話にもならないようなことを、学会員は真面目に信じているんですからね。

  32. 2世非活中のマヨイです。
    創価脳の身内がいるというだけで脱会できない・・・なぜ?人権の保障された日本で?
    法律上はそうです。建前上も、たぶん、辞めたいと正式に申し出れば誰にも止めることはできないでしょう。
    でも、多くの方が書いておられますが、創価脳にとっては「不幸になる」ことなのです。自分の可愛い子供や愛すべき妻や夫がソウカを脱会することにより地獄に堕ちてしまう、それは何としても阻止しなければならないのです。ソウカとは価値を創造する、新しい価値観を持つ、というようなことを習いました。価値観を変えれば不幸といわれることも幸福のうちになってしまうのです。そして一番の幸福はこの仏法にめぐりあえたことであり、最大の不幸はその逆なのです。金持ちとか、病気とか、そんなことは二の次で、とりあえず御本尊を信じ、学会活動にまじめに励むことで絶対的幸福境涯(今思えばいわゆるお花畑状態)になると信じているのです。自分も活動しているときはそう信じていたから、よくわかるのです。
    うちの母親は私が非活であることに対して、直接何も言いませんが、きっと「自分の宿命としてとらえないと。今こそ自分の半世紀にわたる信心が試されている、生きているうちに正しい道に戻してあげないと。」とひたすらナンミョーしているでしょう。それを思うと脱会という言葉を伝えるのがかわいそうになるのです。本当にソウカひとすじ、他に友達や趣味もなく、決して裕福でもなく、病も持ち、私から見ると可哀想なのですが、本人は幸せだと言うので、それがまた痛々しいのです。バ幹部を何十年もやってきて、今更娘に裏切られ、つらいでしょうね・・・ソウカ的には最大の親不孝ですよね。
    そこにしか居場所のないお年寄りを覚醒させるのは酷だと思いますが、若い人達はぜひ気がついて離れてほしいものです。

  33. レモンさんのコメントを読んで思いました。
    本人がしっかり脱会届けを出してもう一切活動してないというのに、バリ活がむりやり統監を残してこっそりその名前で財務。これに何の意味があるの?
    そこまでして
    「ふん、統監があるんですもの。彼はまだ創価学会員よ」
    と勝ち誇りたいんでしょうか?
    バカも極まれりですわ。

    創価の実態はもうこんなものです。
    いるはずのない会員の分の金を払い、新聞をとり、会員が存在しているかのように思い込んでいる。
    諦めきれない幻想を必死に握りしめている。
    つまり統監に名前さえあれば満足なんでしょ?
    ならば最後の一人になっても827万世帯分の統監だけのこして、名簿だけ見ながら夢を見てればいいんじゃないですか(笑)
    一人じゃないのよ!ちゃんと827万世帯いるのよ!統監にちゃんと載ってるんですもの!
    もうコントのレベルですよ。

    それから池田の正体や本部の実態に気づいて脱会しても、「教えは必要」と思ってる人もいます。
    つまり脱会しても創価脳。
    非活になってもエセ教の信者。
    あの三人組だって除名されてるんだから統監に名前はない。
    脱会者と変わらない立場ですよ。
    でも脳ミソは創価。
    金も労働力も貢がなくなったけど、わけのわからない教えを振り回すのはそのままです。
    詐欺本部には加担してないものの、迷惑行為は似たようなものです。

    あれこれ根が深い創価問題ですが、創価はただのイカサマビジネスなんだと繰り返し発信し続けるしかないですね。
    他の意見も発信するのは自由ですよ。
    創価もまだまだあの手この手を打つでしょう。
    それも自由ですが、判断するのは読み手です。

  34. こんにちは〜〜
    今年1月脱会しましたpiです。

    sapphireさん

    初めまして、piです。私なりに考えてみました。良かったら参考にして下さい。

    まず、sapphireさんがジタバタしても、今は逆効果です。ロミオとジュリエットご存知ですよね。ご自分が媚薬になっている事に気づきますしょう。

    結論から言います。娘さんは、必ず帰ってきます。

    でも、すぐにとはいきません。

    時間がかかるかもしれません。

    言いにくい事ですが、ごめんなさい。sapphireさんの言動を見ているとsapphireさん自身が、しっかり自立していないと感じます。相手にお土産を返すところ、恋人に脱会を迫るところなど、完全に娘さんの気持ちは放ったらかしです。急に怒りが治まらなくなり、感情的になって深夜に押しかけるところなど、精神的に甘えがあります、幼いです。感情的に相手に話しても全く意味がありません。相手に何も伝わりません。

    はっきり言います。創価にはまる人は、言いようのない寂しさを抱えています。『人生って、自分の思い通りにならないんだー。』という絶望感を抱えています。娘さんも恐らくそうでしょう。sapphireさんは、娘さんを溺愛するあまり、娘さんの主張を抑えつけてきたのではありませんか?

    想像ですが、sapphireさんは娘さんの進路や友達関係、着るもの、食事と思春期過ぎても、あれこれ世話を焼いてきたのではないでしょうか?

    娘さんが、幼い頃から自分でできることは自分でし、自立していれば、創価に魅了されません。あなたが、娘さんをいつまでも、子ども扱いしていたから、娘さんは創価のトラップにはまったと思います。たとえ、創価に入らなくても、こういう人は、生き辛さを抱えて生きていきます。

    では、どうすればいいか?
    まず、腕のいいカウンセラーを探します。見つかるまで何件も行きます。薬は飲まないでね。そして、見つけたら、『私は、精神的に大人になりたい』と伝えます。sapphireさん.あなたが、自立するのです。時間がかかります。お金もかかります。そして、自立した思考、行動を身につけます。ネットや本の知識ではダメです。カウンセラーです。そして、自分の人生を思い切り楽しむのです。その間、娘さんは放っておきます。

    そうやっているうちに、一年も経てば娘さんは、恋人との蜜月時代が終わり、冷静さを取り戻します。創価の嫌なところもだんだん見えてきます。一方、母親をみると、創価学会に属していないのに、自分の人生を謳歌している、イキイキしている『なんかヘン』って気づきます。

    大事なのは、娘さんが気づくまで、辛抱強く待つことです。信じてあげて下さい。幸い、娘さんは、私達のように赤ちゃんの頃からマインドコントロールを受けていませんから覚醒も早くできます。

    娘さんと話す時も、キチンと娘さんの気持ちを尊重して、イヤミを言わない。創価の悪口を言わない。お茶を出して、優しく接する。甘えない。そうすれば、創価の人より、そうじゃない人の方が、一緒に居てなんか楽しいなって気づきます。創価はノルマ責めなので、一緒にいても、なんか居心地悪いんです。

    創価は、母親に構われ過ぎて、自立できない、母親が重い、そういう人が行くところです。ショックでしょうが、娘さんをそうさせたのは、あなたです。

    sapphireさん、まずは、自分の生き方を変えましょう。そして娘さんを自立させる。この2段階作戦がいいと思います。

    本当いうとこの問題、かなり重症です。生き方を変えるってシンドイから。ここまで説明しても、実際行動する人って10パーセント以下です。人間って、不幸な思考を身につけると、『幸せな自分が想像できない』んです。悲しいね。

    実は、最近、知り合った女の子がいます。22歳です。いつも厚手のパンツを履いています。みているだけで、暑苦しくて。きいてみたら、母親が心配性で無理やり、娘に履かせるそうです。かわいそうになりました。

    なので、他の人にも当てはまるとおもいましたので、今回、長々と書いてしまいました。

  35. こんばんは。三世非活のヒマワリの種です。
    バリ活の親の元に生まれ、幼い頃から創価と過ごしてきましたが、実は疑問を色々も持ちながらも本部幹部会に参加したとき、池田大作氏の日頃映像で見るのとは違う酷い様を目にし、完全に覚醒しました。
    それから、学会について色々調べ、三色旗の本当の由来・アメリカロサンゼルス&関西合同総会の動画での醜態(もしかしたら、今でもネットで見れるかも?)・小説の改変・暴力団とのつながり・戸田城聖氏のご家族の事・池田氏のスキャンダル掴んだりして利用してきた欧米勢力の存在・創価が長年封印してきた五井野正博士の存在等など知りました。 
    もしかしたら、関西合同総会辺りの動画をバリ活さんに見せてあげたら、覚醒する人もいるかもしれないですね。

    自分の親は子に創価由来の名前を付けたりしたほどのバリバリだったり、親戚もバリバリの学会員が多いので、今現在は脱会はかなり難しい状況です。でも、バリバリなのは親世代で子世代の従姉妹達や兄弟達は籍だけの幽霊会員だったりするので、今後どうなるか分かりませんが。まあ、一日も早くの脱会・・・できれば親戚一同の脱会を出来たら・・。自分の脱会が幽霊会員の親戚の脱会の後押しにつながったりできたらなあ・・なんて考えていたりします。
    まあ、まずは自分が脱会できるよう頑張ります!!

  36. 少し気持ちが落ち着かないときはこちらのブログにお邪魔させていただいております。10年以上前結婚と同時に脱会したダイアナです。

    脱会してもなお仲良くしていた高校時代からの友人はバリ活で、私に会った時は必ず創価学会の素晴らしさを語り選挙が近くなれば公明党応援DVDなど見せ続けました。お互いの子供同士も仲良く育ちましたがここ数年の公明党暴走の疑問を投げかけた途端、創価シャッターを閉められました。

    友人は根治不能の難病になってから学会にさらにのめり込んで行った様に思います。この信仰は絶対に正しい素晴らしい間違いないと…退会したら病が悪化すると考えてしまったのかも知れません。
    とても仲が良かっただけに脱会した私に創価の話をし、今も創価を信じているかつての友は…私を功徳に利用したのか?いや、そうじゃない友情はあったはずだと凄く辛くなる時が1年経った今もあります。

    スレッドから逸れてしまって申し訳けありません。皆様のコメントを読み、私だけが苦しいのではないとこちらのブログに励まされています。ありがとうございます。

    春ですね…。心を穏やかに持ち頑張らねばと改めて思います。

  37. たかだか組織を辞めるだけのことなのに、こんなにも苦しんでいるひとがいるのには心底驚かされます。
    親子の間柄であれ配偶者との関係にしても。。
    ほんとうは、もっとお互いを尊重しあってお互いの生き方を認めあえるのが家族なんじゃないかと思うのですが、創価学会の家族の現実は違うようですね。
    まずは親。。
    自身の信じる信条でもって我が子を支配し縛りつけようとしています。こんなことが現代社会であっていいものなのでしょうか!?これははっきり言って虐待ではありませんか。。愕然とします。
    また配偶者のモラルハラスメント&DV。。奥さま、旦那さんは、あなたのモノですか!?所有物でしょうか。。??もう、モラルが低すぎてあきれます。

    これは反乱を起こすしかないと、ほんとうにそう思いました。わたしなら、ですが。。
    あなたが、あなたの思うような人生を生きるにはどうしたら良いのでしょう。。

    いろいろ考えさせられました。。
    ここに投稿される方のなかには、家族を悲しませたくない。。とか、組織の後輩を悲しませたくない。。とか言っている方もいますが。。
    ほんとうにほんとうに、そうですか。。??

    たしかに、あなたが創価学会を脱会することで家族に反乱が生じるかもしれません。
    でも、ほんとうにそれだけが原因ですか。。?
    ほんとうに覚醒していたのなら、一刻も早くこの組織とは縁を切りたいと思うのがほんとうの気持ちではないでしょうか?真実、あなたを引き止めているものはなんですか?

    わたしは依存関係、ではないかと思いました。
    人間関係だったり、経済上のことであったり。。

    脱会せず、非活で組織に居続けるのも、きっと居心地が良いからでしょう?
    たま~に組織のひとが来てのご機嫌伺い。。
    なんか、見捨てられていなかったような感覚になったりしませんか。。?
    違っていたのなら、ごめんなさい。。

    そうではなかったとしたら、過去の自分自身の栄光を自分で否定できないのではないでしょうか。
    しっかり自身と向き合うことを無意識に避けているからに他なりません。
    後輩を覚醒させたいと心底願うのならば、あなた自身が先頭を切って脱会宣言すれば良い。それだけのことではないでしょうか。信頼関係のある後輩でしたら、きっと気づいてくれるでしょう。彼女らをまだ創価学会の魔の巣窟にいさせるおつもりなのでしょうか。。?

    DVやモラハラの配偶者と暮らす方々。。とても深刻だと思いました。
    ほんとうだったら、信頼しあって和やかに家族でいるのがあたりまえなのに、こと創価学会のこととなったら、まともに話すらできない。対話が成り立たない。こころが通じ合えない。
    相手は、自分を反逆者のように貶める。
    あり得ない世界です。。
    でも、これが創価学会の現実でもありますね。
    創価学会を脱会した人は反逆者である。忘恩の輩である。未来永劫地獄に落ちる。ことあるごとに会合や幹部指導やはたまた池田大作から、そう教えられてきました。

    子どもとの死をも覚悟されている方。。
    お子さんは、死にたがっていますか。。?
    お子さんには、未来がありますよ。。しあわせな未来がありますよ。
    お子さんは、あなたの所有物ではありませんよ。。
    どうか、どうか思いとどまってください。。
    こんな悪辣な創価学会ごときで負けないでください。
    絶対にしあわせになる覚悟で、この先を生き抜いてください。
    しあわせになれます。自分がそう決めることです。

    あなたもあなたの未来は自分で、どうにでもなれるはずです。。
    いまから、自分のなりたい未来のために考えてみませんか。。?
    あなたのなりたい未来には、もしかしたら?経済的な自立が必要かもしれません。
    もし、そう想うのなら、それに至るには、いま自分がなにを選択すればよいのか考え抜いてみてください。
    あなたの人生。。誰かに指示を仰ぐのではなく、自分自身で考え抜いてみてください。
    誰か信頼できる人に相談してみるのもいいのかもしれません。でも、さいごに決めるのは自分自身です。いま、あなたがすべきことは子どもと死ぬことではありませんよ。
    経済的自立のために、子どもの将来のために、いま選択すべきことを考え抜いてみてください。

    熟年離婚。。よくある話しですね。
    こころの通い合わない相手と老いてから、どちらかの介護をするようになる。
    考え出したら堪りません。わたしも、ときどきそんなことを考えます。

    もし、創価脳の相手に、ほとほと嫌気がさしたのなら、相手と縁切りする覚悟で物申すのもある意味、一つの手かもしれません。心底、怒ってみることも必要なのかな~と最近、考えるようになりました。でも、そこには長年連れ添ったという情がお互いにあれば、ですが。。

    この情というものがお互いにあれば、ストライキを起こして心底、ほんとうに心底怒ってみることも必要だと思います。相手との対話が成立しないのであれば、聞いてくれるようになるまで怒りまくる!!
    そこには縁を切ってもいい!という覚悟が必要ですが。。
    きっと、そこまでしないと永遠に気がつかないでしょうね~創価脳。。

    わたしは、そこまでして創価脳の母を変えることができました。
    娘として、母には分かって欲しかったのです。いつも喧嘩ばかりの母娘ですが、母のことを好きなのだと思います。母には、ほんとうのことを分かってほしかった。ふつーに会話したかった。創価学会の事実を知ってほしかった。母には、これ以上創価学会の悪事に加担して欲しくなかった。

    わたしは自分のことを時には残酷だと想うようなこともあります。
    きょう、投稿は2回目です。前に書いた投稿、勇気が出なくて削除しました。
    もしかしたら?また誰かを傷つけてしまうかもしれない、そう想って。。

    どうして、こんな悪でしかない組織を辞めることに、そんなに苦しまなくてはならないの。。
    どうして、家族や組織の人の顔色ばかりをうかがって生きていかなくちゃならないの。。

    いまの創価学会は政治の力で護られているようですが、いつかそのバランスも崩れるときが来るでしょう。そのときあなたの立ち位置はどこですか。。?

  38. 体調がなかなか元に戻らない、壮年部非活のコージです。
    体内の炎症(細菌増殖)が思ったよりしつこいです。
    聖教新聞の勧誘や公明党の投票依頼くらい、しつこいです(怖)
    皆さんも、十分に気を付けてくださいませ。

    sapphireさん、初めまして、
    う~ん、私どもに回答を求めるお気持ちは、痛いほど察しますが、
    娘さんが相手に夢中になってしまっているとすれば、
    もはや的確なアドバイスもなかなか難しい状況ですね。
    直接の母親が娘さんを止められないのに、
    私どもが娘さんの結婚を阻止出来るはずもありません。
    単なる勧誘を受けている、というレベルの話なら
    皆さんもアドバイスし易いかと思われますが・・・
    sapphireさん自身が、娘さんに対し、創価が詐欺である事、
    宗教として一切関わるべきではない事などを
    粘り強く話して聞かせる他に有力な方法がないのかも知れません。
    結婚自体はしばらく待ってもらうように約束してもらい、
    少しづつ説得する時間を持つようにされてはいかがでしょうか?

    カガテツさん、
    ほんと、50代より60代、70代と、年代が上がるにつれて
    インフルエンザとかの脅威も大きくなってきますよね、
    その分注意をして、早め早めの対処が大事かと思われます。
    それにしても、昔の中高年と、これからの中高年って、
    かなり環境が違ってくると思うんですよ。(いい意味で)
    アンチエイジングだとかサプリでの補給の発想も昔は無かったし、
    これからの中高年は、昔よりももっと若々しく元気でいられる可能性が
    大きいんじゃないかなぁ~?などと期待しております。

    それにしても、家族、特に同居の親や配偶者が創価脳であるが故の問題は
    非常に大きな問題であると言えますね。
    もう、創価脳として聞く耳も持たず、場合によっては家族、夫婦の関係すら
    ガタガタになってしまい、家族関係も崩壊してしまう事例も少なくないのでしょう。

    たとえ説得に成功して非活になったとしても、創価脳がまったく変わらないのであれば
    実質は、ゆる活動家とまったく変わらないですしね・・・
    しかも、内心は「お前のせいで非活になってしまった」とか思われているかも知れません。
    何とか創価脳の配偶者を覚醒させる、特効薬のようなものがあればいいんですが・・・
    こちらのブログを真剣に読むような状況であれば、覚醒に大きく近づけるかも知れませんが
    実際には、なかなか簡単には行かない部分も大きいようです。

    大抵の場合は、まるで自分自身の脳と心を守るかのごとく?創価シャッターを閉めて、
    自分の身を守るために逃走してしまうケースも多くて、そこがすごく厄介なところですね。
    創価に騙されているにもかかわらず、創価の間違いを知ろうともしない、
    いや、創価の疑問点すら目を向けようとしない、そんな問題は最初から存在しないと
    頑なに思い込む事で、自分自身を守ろうとしているんでしょうね。
    非常に悲しいお話です。

    脱会に関してですが、創価側が例えば1年以上の非活の会員を自動で退会にするとか
    そういう決まりにすれば、ありがたい話なんですけどね。
    創価も、功徳も何も無いのに金集めや選挙で会員を徹底利用したいから、
    非活だろうが悪口を言っていようが、退会まではさせたくないんでしょう。
    まったくもって、恥知らずのセコイ団体ですよね。
    しかも、こんなに世間から人気のないカルト宗教団体にも関わらず
    世界広布がますます発展しているかのように公言しているんですから、
    本当に恥ずかしい団体ですよ。

    ぶっちゃけ、かなりの人数が脱会に成功したところで、
    創価の言う「827万世帯」「192ヵ国」の表記は変わらない事でしょう。
    なんせ、馬鹿の一つ覚えですから。
    毎日の、あのくだらない聖教新聞の文面を見てれば、痛いほど分かりますよ。
    勿論、だからと言って、脱会してもしなくてもいいなんて事はありません。
    すぐにでも脱会出来る環境にある人は、静かに創価を去る方がいいのは
    言うまでもない事です。

    ただ、地域の組織の嫌がらせだとか、創価脳の家族の思わぬ反抗は、
    こればかりは本人でないと分からない辛さ・苦しみがあります。
    想像を超えた心労を抱え込む可能性も決して無くはないでしょう。
    ここはひとつ、皆さんとともに考え、いい知恵を出し合って、
    皆さんが穏やかに、静かに創価を去る事が出来るように
    考えて行きたいですよね・・・

    (  ̄(エ) ̄ ) 創価が早く閉店してくれないかなクマ~

  39. すみません。。
    先ほどのコメントですが、DVの怖さをよく知らずに書いてしまいました。
    あくまでもわたしの想いであって、ひとそれぞれ状況は違うと思うので。。
    浅はかでした。

  40. 学会員の弟夫婦がいる、外部のあかりです。

    学会員との恋愛や結婚問題に関するコメントが絶えませんね。
    一般の人に創価学会が詐欺団体で脅迫団体であることが広く知れ渡って欲しいです。
    知らないが故に、弟たちの「信仰」の自由を尊重してしまいました。
    また、創価学会の実態を知った時には、無駄に責め立てることで盲信者にしてしまいました。

    私もこちらでたくさんのことを初めて知りました。
    そして、あたたかいコメントのやりとりに癒されています。

  41. 脱会する時に最後の障害となるのが、身内の創価脳の存在だと思います。
    カルトに洗脳されている者のこころを、「一家和楽の信心」という言葉で、鉄の鎖のごとくがんじがらめに縛りつけているために、覚醒した者との会話は並行線をたどる以外にありません。
    そう考えると、身内の創価脳の存在に脱会を妨げられている覚醒組は、池田が亡くなった後にその混乱や分裂危機に乗じて続々と脱会することになると思います。
    そうした都合を見越して、創価の首脳部は池田の健康状態を隠し続けているのだと思います。

    ともあれ本当の宗教団体とは、信じたくなれば自発的に入会が許され、信じたくなくなれば自由に脱会できるべきものであると思います。
    日蓮さんの「謗法(退転)は地獄」という理屈を、創価は都合よく利用しましたね。
    この無責任な言葉にどれ程多くの人間が苦しめられてきたことか。
    残念でなりません。

    コージさん、回復されているみたいで安心しました。
    最近コメントが途切れていたので、心配してました。
    コージさんの丁寧なコメントを楽しみにしている方々も多いと思います。
    これからも無理のない範囲で、よろしくお願いいたします。

    それではみなさま、楽しい日曜日をお過ごしくださいクマー。
    ( – (エ)- ) 中国のミッキーみたいになってるクマー。(笑)

  42. 本人はやりたくない。興味ない。
    だけど親や配偶者が勝手に名簿に名前を残しておく。
    そうするとその人は地獄に堕ちない。(消すと地獄に堕ちる)
    紙にその人の名前を書いてお金を振り込むと、その人に功徳がいく。

    完全にオカルトですよね(笑)
    というかオカルトのレベルまでもいってない笑い話ですが、もっとすごいのは大の大人がこれを本気も本気で信じていること。
    笑おうもんなら激高し、離婚や絶縁も辞さないという事実です。
    外部にしてみれば呆気にとられて意味わからないでしょうね。

    何に悩んでるって、こんなアホらしいことで悩んでるんですよ。
    笑っちゃうでしょ。
    ところが誰もこれを止められないんですよ。
    この自由な平和な先進国にですよ。

  43. 初めまして。

    去年の秋頃にここに辿りつきました。
    現在40代の白ゆり長、無冠の友、親が元議員のベーグルと申します。

    ここのブログを貪るように読みました。
    気持ちは覚醒しているのですが、
    やはり組織から離れられずに現在に至ります。

    今回の内容が自分に合っているので、
    初めてコメントさせていただきます。

    バリ活の家庭に生まれ、名前も代作先生に付けてもらった昭和の古臭い名前。

    少年部員会にも毎回参加し、
    合唱団や文化祭にも張り切って参加。
    何も疑わず活動していました。

    親はバリ活だったため、
    いつも姉と二人で自宅で寂しく留守番。

    思春期頃色々な悩みを親に相談すると
    お題目お題目!と言われ、
    信心以外の言葉をかけて欲しかった私は
    それから少しずつ疑問を持つようになりました。

    10代後半頃に信心を辞めたいと親に言った時、
    それだったら親子の縁を切る!と言われました。
    その頃の私は親子の縁を切るなんて絶対に嫌でしたので、辞める事はできませんでした。

    親子の縁よりも強い思いにさせてしまう学会に対して、
    更に疑問を強く持ちました。

    結婚は、何とか外部の主人とできました。
    子供も是非入会!と言われましたが、拒否。
    家庭の中では私だけ信心している状況です。

    新聞も読んでないし、選挙もエアー報告。
    白ゆり長として、ただ部員さんに連絡するのみ。
    部員さんに何かを強制する事もしないし、
    縛り付ける事もしてません。
    座談会もうちのブロックで参加してる婦人部は私のみ。

    ユル活でも誰も何も言わないし、
    それが私のスタイルなので、このまま波風立てないでいくと思います。

    やはり組織やバリ活の親が絡んでいると辞められない、
    両親が死んだ後に静かに去る予定でいます。

  44. 学会の矛盾に気づきながらも、完全覚醒に至らなかったのですがこちらのブログで本当に目が醒め精神的ジェットコースターな日々を過ごしておりました。

    信心してた時にあった、私のネガティブマインドや鬱っぽい症状、罪悪感は、学会の洗脳から来る
    「題目が上がりきってないから何か不幸が起こるかも」という不安や、
    「しかし、例えこの信心をマックスまで精一杯やったとしても不幸からは逃れられない事実(池田氏の亡くなった息子のことを考えれば一目瞭然)」という創価学会の信仰の大きな矛盾から来ていたものだとはっきり自覚できました。
    その、「題目で奇跡が起きるかもしれないが起きないかもしれない」という何とも不安定な依存から決別できて今では明らかに気持ちが明るく前向きです。
    「題目という不確かな魔法のようなものは存在しないんだから、お気楽に前向きに生きるが勝ち!」
    と気付けました。ありがとうございます。
    また、全てを勝ちか負けかに考える学会の教えは精神的に大変危険だと思います。

    私にもバリバリ創価脳の家族が日本にいまして、私が信仰をやめることと、学会の矛盾、このブログを伝えましたら、思った以上の反応でした。
    「そんなデマブログに書き込みなんかして暇だねっ!」
    「もともと信心がしっかりしてなかったドラミに創価学会の何がわかるの?」
    「ご本尊はカラーコピーだよ。そんなの知ってるよ!それの何が悪いの?」
    など激怒。創価脳の親戚と組して、しまいには私の人格まで攻撃してきます。

    私は、創価学会の矛盾を言っているだけなのに、どうして怒りが私個人に向いているのか全く不思議です。
    それどころか、私の指摘する矛盾点についてのまもともな返答は一切なく(というか不可能なんでしょうが、、)
    「池田先生は歯が悪くて人前に出れないだけだよ。人間革命は口述してカネコ夫人が代筆してるんだよ!」
    と、どっかの幹部から聞いてきた、全く意味不明な都市伝説的反論をするのみで、後は学会の正しさを諭してくるわけでもなく只只激怒です。

    最近、こちら(海外のSGI)の幹部から、「IKEDASENSEIから私たちに3/16日のメッセージをいただきましたー!」と、興奮気味に英語と日本語でメールが送られてきましたが、

    何と、

    「世界広布新時代拡大の年」にあたり「3.16広宣流布記念の日」の新たな意義を止める◯◯SGIの◯◯の開催誠におめでとうございます!
    〜以下省略、、、〜

    と〇〇はそのままで全会員に送られてきました。
    つっこみどころ満載ですが、日本の創価学会から送られてきた定型文の◯◯(各国、各式典名は各自入れてね的な、、)をそのままに全員に送るなんてズサンすぎやしませんか?
    これで、「SENSEIは私たち会員の一人ひとりを真剣に考えてくださってる」とか発言する人が続出だと思うと、騙されてかわいそうだと同情する反面、一人ひとりもちょっとトンでも人間なんじゃないかなと呆れる気持ちも出てきました。。

  45. 花粉症でコメントも読むこともなかなかできなかったkickeyです。

    モニカさんのコメント
    >本人がしっかり脱会届けを出してもう一切活動してないというのに、バリ活がむりやり統監を残してこっそりその名前で財務。これに何の意味があるの?
    そこまでして
    「ふん、統監があるんですもの。彼はまだ創価学会員よ」
    と勝ち誇りたいんでしょうか?
    バカも極まれりですわ。

    本当に。バカみたい。お金ももったいないし。
    これ、財務がその人のためになるという洗脳が解けない人の特徴です。
    うちの母も弟のためにしていたけど、本人は創価大嫌いだから会員とも思ってないし、
    統監があるだけで、母も代わりに財務することが功徳につながると、騙されてるわけです。
    途中でやめさせました。はい。お金もったいないし!!

    思いついたので変えうた

    ひとりじゃないの(天地真理)

    あなたが統監を ひとつ残してくれて
    私がひとくちの 財務を していたら
    そのときが 創価の 詐欺の始まり
    ひとりじゃないって すてきなことね
    あなたの名前使い 創価が儲かる
    みんなで詐欺って すてきなことね
    いつまでも どこまでも

    若い人は知らないでしょう
    こちらをどうぞ http://www.uta-net.com/song/3833/

    私は連休明けに、転勤の辞令をもらう予定です。
    これ、創価でずっと祈っていたのにかなわなかったことです。
    私の部署と担当はめったに転勤がないと言われていたのですが、
    もう、あまりにも同じ部署で勤務が長いので地獄の苦しみだったのです。
    祈っても祈っても叶いませんでした。
    脱会して叶いました。
    さあ、創価脳の人たち、説明してもらいましょか!!
    「それはたまたまだよ!」は通用しませんよ。
    それをいうなら創価の功徳も「たまたま」ということになりますからね!

    要するに、創価の祈り、叶わないということです。

    覚醒してから脱会まで。
    数年かかりましたけど、
    私の中ではシンプルに「罰」が怖かっただけだと思います。
    洗脳っておそろし~~~~

    功徳ないんだから(転勤すらかなわないんだから)
    罰もありません!!

    転勤が叶わないのは意味があるとかいうのも、もうなしですよ!!
    本人が希望していることを叶えるのが「叶う」ということでしょ?
    希望していない方向に進み、それが意味があるって誰が証明するんですか?

    しかも今の職場になったとき、以前の部署よりもいいところになる!って
    バ幹部に言われたのに、実際仕事してみたら以前より最悪の部署でした。
    その部署で転勤なしで16年!異常です。
    あ~脱会してよかった。はやく創価つぶれてくださいね

  46. 詐欺だとわかったらただちに奪回すべし。
    これは全くその通りです。
    私自身は組織とのつながりは希薄なものでしたし、教義はインチキだとわかったので正直学会にいる理由はありません。
    しかし、兄弟が近所に住んでます。地区部長をしている兄弟は、組織に対して矛盾や疑問を感じてはいても、これまでの経験から、信心は正しい、学会は正しい、池田先生は正しいと信じています。
    そんな兄弟に本心を打ち明けたら悶着は避けられません。今や肉親と呼べるのは兄弟だけなので悶着は避けたいです。
    自分でも中途半端と思いますが、いまはとにかく金も時間も労力も票も差し出さない幽霊会員に徹します。

  47. 本尊をバキバキビリビリにしたくてウズウズしているスマイルです(^^)

    ドラミさん
    御報告ありがとうございます(^^)
    コピペのメッセージですね。しかも◯◯◯と開けてる部分まであったとはσ^_^;ホントにズサンすぎます!
    そんなもので歓喜してるとは憐れな。。。私も昔はそうだったのですが。

    kickeyさん
    転部署おめでとうございます(^^)創価を辞めると途端に良いこと起こりますよね。初信の功徳ならぬ、退信の功徳、覚醒の功徳、脱会の功徳、なんか良い表現無いかなクマ~

    覚醒してよかったこと沢山ありますねー
    「自分の心を思考を取り戻せた」のが1番良かったです。

  48. ベーグルさん、はじめまして。
    >新聞も読んでないし、選挙もエアー報告。

    ということですが、白ゆり長さんとのこと。
    読んでもない新聞を取っているということですよね。
    資金源を渡すことは何よりトップを喜ばせます。
    そして誰にも強制することもない代わりに、おかしいともノーとも発信しない。
    そうやってカルト教団を支えてるのではないでしょうか。

    すみません、厳しい言い方のようですが、私は池田を尊敬しましょうとかF取り頑張りましょうとか誰にも強制したことはありません。
    興味なかったし何とも思わなかったからです。
    でもおかしいよね?と周りに言ってまわって波風立てるようなこともしませんでした。
    そんな私のような人間が大勢いて、結果池田はやりたい放題できました。
    池田に限らず創価はそうやって巨大になりました。

    組織をここまでにしたのはバリ活だけではありません。
    それぞれ「これが私のスタイルです」というものがあったのでしょうが、創価は表立ってノー!と声を上げないものはどんな立場のものでも利用します。
    全て肥やしにしてムクムクと力をつけていきました。

    「ユル活でも誰も文句言わないからこのままでいい」というのは違うんじゃないかと思います。
    文句言ってる人は全国にいます。
    バリ活が暴走し、ユル活がそれを傍観し、創価が存在していることに文句タラタラです。
    おかしいと思ったらおかしいと声を上げない限り何も変わらないと思います。
    これは私が退会後に、ここのコメントを読んだり考えたりするうちにやっと気づいたことの一つです。
    やり方はいろいろあると思います。
    波風が立つなら、揉めるような人に直接言わなくてもいいんです。
    コージさんのようにここで徹底して書きこむ方法もあります。

    今回ここに書いて下さったことだけでも大きなアクションで、意味があると思います。
    できればこれからも書いて下さると嬉しいです。

  49. 41歳男パニックスです。(脱会済)

    私の場合は、こちらのブログで覚醒したのですが、興奮してあたふたしたのを思い出します。

    自分なりに調べたり、幹部に尋ねたりと3ヶ月ほどもがいた結果、脱会に至りました。

    その間もこちらのブログで、アドバイスや応援をしてもらってパニックス認定本尊まで作ったのは悪ふざけな思い出です。

    地区拠点でもある実家の母が、最後の障害となりましたが、納得してもらい現在は良好な関係です。

    脱会は周りに動揺と不安を与えれる武器です。
    創価に反撃を喰らわせる唯一の、そして最も効果的な手段だと思います。
    よほどの理由が無い方は脱会をお勧めします。

  50. 非活の元白ゆり長せーやです。

    覚醒した当初は、すぐにでも脱会したい!と強く思いました。
    しかし両親や兄姉の手前、無理でした。
    特にバリ活姉は、私が活動をやめたことだけでも「退転状態」と言い切りました。
    「進まざるは、退転」
    組織の中でもよく指導されましたね。
    じゃあ、どこまで頑張ればいいの?
    活動家の頃も、何となくモヤモヤと考え込んでいました。

    今の状態でも退転だと思われているので、脱会したら即地獄行き決定でしょう(笑)
    今でも、せーやの身は大丈夫かと常に心配されています。

    もし内緒で脱会したとしても、両親やバリ活姉は同じ本部内なので、情報は筒抜けになるでしょう。
    私を心配するあまり、両親が具合でも悪くなってしまったら……
    それこそ私は親不孝になってしまいます。
    兄姉からも非難されるのは目にみえています。
    想像すると耐えられません。

    なので、私もキリコさんと同じで身内と悶着を避けたいので、今は完全非活、幽霊会員に徹します。

    ラザリスさんの
    >ともあれ本当の宗教団体とは、信じたくなれば自発的に入会が許され、信じたくなくなれば自由に脱会できるべきものであると思います。
    本当にその通りです。
    以前、バリ活姉に「どうして簡単に脱会できないの?」と疑問をぶつけたら、とても悲しそうにしていました。

    ラベンダーさん、お久しぶりです!
    ずっと気になっておりました。
    ラベンダーさんのコメントは、皆さんへの配慮がよくわかりますので大丈夫ですよ(^_^)/
    私も、自分のコメントでどなたかを傷付けてしまったかも…と気になる時があります。

    kickeyさん、kickeyさんの替え歌、いつも私の心にすーっと入ってきます。
    早く花粉症の時期が過ぎるといいですよね。
    私も、今年は例年より花粉症の症状が重いです。

  51. はじめまして、ゆる活が20年で、非活になって20年以上、2世の50代の塩姉です。
    今年に入って、退会届を出しました。
    でも、ブログを読むと実際は学会事情で脱会できていないのかもしれませんが、知ったこっちゃありません。すっきりさっぱりしました。

    竹藪金庫事件で、疑問を感じて財務をきっぱり拒否し、聖教新聞も止めました。
    その後に、経本の観念文がころころ変わったのもおかしいと思っていました。
    それからは、ずっと非活だったのですがセンセーが死ねばなにか学会から連絡があると嫌なので、ずっと退会を考えていました。それに主人がすごいアンチ創価ですし。
    そんな時に、本当にひさびさに聖教新聞の勧誘に学会の人が笑顔で来られました。
    これって、グッドタイミング?
    思わず、「私、退会します。」と口から出ました。シュミレーションの賜物?
    その時の学会の人のバツの悪そうな顔がちょっと気の毒でした。
    聖教新聞の勧誘なのに退会を促すことになるとは。(笑)
    非活なので所属も何にもわかりませんが、とにかく退会届をひとまず貰って持っていました。
    さて、ご本尊をどうするか、けっこう悩みました。これが一番の難関です。大切なご本尊を郵便で送るなんて。ご本尊を粗末にすると怖いなぁと。罰があたるのでは?と不安がいっぱい。
    ネットでいろいろ検索して、「対話を求めて」に出会い、初めて小さい仏壇の中をじっくり見ました。恐々手で触ってみると、カラーコピーのちゃっちいもので「へ?」って感じ。怖さは薄れていました。仏壇も数珠もお経本も捨ててカラーコピーご本尊はくるくるっと巻いて、書類と共に茶封筒にいれて地域の穏やかな学会の人に返納しました。
    幹部の人に一度会って欲しいと言われましたが、拒否しました。              その後は特になにも言われなかったのは、非活歴が長いこともあるでしょうね。
    学会にとっては特に必要な人材でもなく、一円たりともお金を生まない学会員でもありますし。(笑)
    あまりにあっけなくてびっくり。
    脱会できて、本当にすっきり、さっぱり清々しい気分でした。
    学会とは今後一切関係なし!!

    仮面学会員の姉にも、しっかり情報を伝えましたが、マンション住まいの姉は周りの付き合い等で断念して、脱会は無理のようです。
    義兄が外部なので、いろいろ口実を作っていますが、財務1口と聖教新聞1部はやめられないと言ってます。これが一番悔しいです。
    両親も亡くなり、誰に気兼ねがなくても、周りの学会員に遠慮してます。盲信、狂信の人も存在するので、覚醒してもずっと仮面をかぶる姉に複雑です。なにかアクションをおこして欲しいと切望しています。

    signifieさん、いつもありがとうございます。

  52. マリーです✿(2世 脱会済み)

    私の覚醒は、 家族で一番の盲信者の母が他界した数年後だったので、
    残された非活の父と 姉(心は脱会同然)とは大きな摩擦もなく脱会できました。
    もし、signifieさんのブログに出会っていなければ・・・、あくまでも「静かに創価を去る」ということはできなかったでしょう・・・。(>_<)  (マリーは心から感謝しています♥)
    「冷静に静かに去る」これが一番大事なポイントです。実体験です。

    組織では脱会者がでることで、活動家が疑問をもち、覚醒して去っていくことが一番の痛手です。
    もし脱会者が寺側に戻ったなら、学会の嘘がバレ、たとえ無宗教になっても、
    影で学会員に創価の悪事をバラされたら都合が悪い。
    だから組織では脱会者の動向をチェックし、脱会者との接触を阻止するよう仕向ける。でも末端幹部はあくまでもそれを「仏と魔の戦い」だと洗脳されてるので、
    創価の悪事がバレない為にやってる行為とはまったく気づいてない。
    (これが創価脳の厄介な部分・・・) (-_-メ) 

    逆に誰も学会員が寄り付かなくて清々してるのが脱会者です。
    でも、それは 自分のまわりに学会員がいない、または非活の人しかいない場合のみ。
    大半は家族を含め、人間関係にあまりにも学会のしがらみが絡みついており、
    引っ越しをしない限り逃げ切れない場合も多い。日常生活をすべて創価に包囲された学会員の現実です。脱会を今すぐできない事情は様々であり、この事が覚醒した時の最大の難関であり、実に根深い呪縛です。

    お隣の国、北〇鮮に拉致されてる方を想像してみると・・・帰国できてない方で
    北の重要なポジションにいる人ほど、日本に帰ってこれることは皆無でしょう。
    もし、それでも強行に脱北したら・・・・その時は・・・?
    創価の組織もそれに近い構図です。上層部の幹部ほど脱会は困難でしょう。

    「ならず者国家」と言われるほど幼稚な「国家ごっこ」をしてる鬼畜豚将軍を
    国民には素晴らしい「将軍様」と崇めるよう洗脳教育している。(滑稽)
    脱会した人、外部のアンチの人達は創価に対してそれと同じ様な目線です。
    (創価が「北〇鮮宗教」と揶揄される理由です。)
    創価の洗脳によって学会員たちは ただの偏狭な「カルト世界」で単なる金集め集団の「宗教ごっこ」をしてるだけという事さえも現実として認識できないのです。

    外部の皆さんに知っていただきたいのは、生まれた時から、創価の中で、
    池田大作を「先生」「人生の師匠」として崇める洗脳教育されてきた2世3世では
    たとえ、本当の事を知ったとしても、創価にがっちり包囲された環境にいる場合、
    脱会するという事は脱北するほどの勇気が必要とされる人もいるということです。
    (けっして大げさではありません。)
    それぐらい、創価は厄介な宗教詐欺組織なのです。(ならず者宗教)

    でも、人の心も世の中の動きや価値観も、時間とともに変化しゆくものと思います。
    創価一族も世代交代を繰り返すことで、だんだんと途絶えていくことは間違いないでしょう。(明るい希望)
    今の時点で創価の詐欺に気づき、覚醒した人は 一日も早く組織から離れられるよう
    一人一人が考え、まずは行動するのみです!!
    その勇気をもらえる場が 此処なのだと思います。(^-^)

    コージさん、だいぶお元気になられて良かったですクマ~♡♡ 
    kickeyさん、信心してた時より願いが叶ったことで 創価インチキを証明しましたね~(^_-)☆

  53. 上の方で初めてコメントしたベーグルです。

    モニカさん、返信ありがとうございます。
    いつも理路整然とコメントされてるモニカさんから返信いただけて嬉しいです。

    モニカさんのおっしゃる通り、
    私のような者が学会にうまく使われ、組織にうまく使われ、
    今の学会の大きさに繋がっているのだと思います。

    正配もやらされ、白ゆり長もやらされ…。

    自分の事を文章にしてみると、
    第3者目線で見る事ができ、
    自分の中の中途半端さ、弱さが滲み出ていて、
    呆然と悲しくなりました。

    こんなんじゃ覚醒しないままの方がよかったのだろうか、
    このままユル活の人生でいいのだろうか、等々
    日々葛藤しております。

    ここでの皆様のコメントを読み、
    脱会したからと言って地獄に落ちない事は分かっております。

    バリ活の両親が同じブロック内、
    バリ活の姉が隣りの地区と言う環境、
    元議員の親が地域の皆様にお世話になった手前、
    ここでコメントするのが精一杯です。

    でも自分の思いを発信でき、
    すごくすっきりしている自分もいます。

    少しずつでも脱会の方向に向いて進んでいこうと思います。

    signifie様、ありがとうございます。

  54. 300万アクセスの時に初めてお祝いコメントしたサリです。
    2回目のコメントですが1989年に入会してMC前に半年くらいで脱会、本尊もお寺に返して殆ど外部のような者です。
    26年ぶりに創価問題を再度調べる事になったのは
    創価脳の姉がいまして、昨年この姉のおかしな言動のおかげで、亡くなった親の遺産を相続できない事態になったりその後も非常識なふるまいで酷い目にあいました。
    昔は真面目で聡明な姉でしたので色々と考えるうちに解った事は、30年以上創価のバリ活やってるとお金と時間を貢ぐだけで無く、心身ともにおかしくなってしまうんだと。
    これから、姉とは距離を置くことにしました。一生会わないかも知れません。
    共に暮らした祖父母、両親全て他界し、残ったのは姉だけです。生まれて50年以上中の良い姉妹でした。
    でももうおしまいです。一家不和の信心ってその通りなんですね。
    本題とは少し外れてしまい申し訳ありません。

  55. 2世や3世の方達は私のような1世よりなかなか退会は難しいのでしょうね。
    特に親御さんが幹部でバリ活なほど。
    親御さんが亡くなるのを待つしかないのかもしれませんね。
    退会したくても出来ない。本当にお辛いと思います。
    我が家の子供達も未活ですが、退会までは考えてないとの事。
    きっと父親の事を考えているのでしょう。

    >せーやさん、お久しぶりです!
    ありがとうございます。コメントを読んで思わず涙ぐんでしまいました。

    >レモンさん、我が家の夫も普段は優しいのです。だからこそ、あの変貌ぶりには驚かされます。
    本当に同一人物とは思えない。

    創価脳の相手とどう会話して、どうしたら覚醒できるのか?
    調べていたら、こんなページを見つけました。もしかしてどなたかと重複してたらごめんなさい。
    http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/mc/03mamoru.html

    こちらに書かれているカルト教団の特徴にまさに創価が当てはまりますね。
    まずは、「人間関係を良くする」これが大事なんだとか。
    そして相手が教団に対して疑問を抱くような質問をする。その為に自分が学習する。
    私の場合も夫の方が弁が立つし、知識もあります。
    だからこそ今仏教について学んでいます。
    仏教とは何か?、創価は法華経のどこから教義を曲げてインチキを作りあげたか?
    以前もコメントしましたが、私はもう宗教は懲り懲りです。
    特に何か別に信仰するものを探している訳ではありません。
    全ては夫の為です。
    夫に気付いてもらえるような質問をしたい。
    去年も何度か夫に創価に対する質問をした時があります。
    夫は「なんで俺が学会の事を何でも知ってると思うんだ?」と返してきました。
    これっておかしな返答だと思いませんか?
    50年信心してきても答えられない。
    これこそ創価がインチキな証拠じゃありませんか?
    30年前、私は創価がどんな宗教なのかも知らされず、夫に懇願され、仕方なく入信してしまいました。
    夫は義母に「相手の人には絶対に結婚前に入会させなさい」と言われたそうです。
    私は創価というよりも夫を信じて信心してきたのだと思います。
    「夫が信じているのだから、悪い宗教ではないだろう」と…

    宗教は自分から求めるものであって、人から勧められるものではないのです。
    勿論宗教が必要のない人もいるのです。
    悩みがある人は何かにすがりたくなる事もあるでしょう。
    人それぞれ環境も違うし、状況も違う。考え方も違う。
    人それぞれなんです。
    なのに創価では「異体同心」と言って少しでもみんなと違う意見を言えば、場の空気がおかしくなり、幹部からは白い目で見られ、溜息までつかれます。
    こうした状況を何度か経験し、次第に自分を押し殺して私も創価の中ではロボットになっていきました。
    今思い出しても悔しい思いでいっぱいです。
    創価は宗教などではありません。

  56. 家庭訪問させているだけで創価脳は喜びますね。
    何も言わずに頷いているだけで「何か勘違いしている学会員(*_*)」
    こっちはめんどくさいから頷いているだけなのに、何故か喜ぶ創価脳。

    キッパリと「迷惑です。連絡もいりません。二度と来ないでください!」という方が良いと思います。
    手紙やメモ、会合の案内をポストに入れる作業さえもさせないでおきましょう。
    メールや電話での連絡もさせないでおきましょう。

    もしチラシなどが入っていたら猛抗議しましょう。

    創価ゾンビは何度でも蘇ります。

    キツく言わないと分からないんです。全国どこでも。洗脳って怖いですね。

  57. こんにちは
    コメオと申します(正統キリスト教会に通っているキリスト教徒です)。
    外部の一般人としてコメント致します。


    ミルグラムのアイヒマン実験


    映画『コンプライアンス 服従の心理』日本版予告編映像

    みなさんの中にも、テレビなどで見て知っている方たちが多いと思います。
    外部の、少なくとも私の目から見ると、創価学会は、組織としてコレをやっているように見えます。
    ただし、具体的な手法は、幹部職員たちが、毎日のように、会議を重ねるなどして練り上げている、とも思いますが。

    この見方、考え方がイイか悪いかは、信じている
    貴方次第です  (関 暁夫 ?) (笑)

  58. ベーグルさん、コメントありがとうございます。
    >こんなんじゃ覚醒しないままの方がよかったのだろうか、 このままユル活の人生でいいのだろうか、等々日々葛藤しております。

    そういう気持ちもまた変化していくと思います。
    日々同じ気持ちでいる方が不思議です。
    思えば創価時代、気が変わらず何十年もずっと同じ考えだったことが信じられない。
    よっぽど来る日も来る日も同じこと言われてたんだろうな~(怖)
    これが未来永劫変わらない法則なんだとか、不変の真理だとか絶対だとか、もう一切がこれありき前提の教育…。
    私にはもう遠い記憶です。

    今はむしろ、絶対とか変わらないとか、そんなものの方を簡単に信じなくなりました。
    脱会の足枷になってるような人。
    そんな人も案外あっさり気が変わったりするもんですよ。

  59. 単純な疑問
    一昨年11月の会則変更読んで。
    御書根本をうたいながら、一箇所たりとも御書の御文が出てきませんね。
    ホントに会員を小馬鹿にしてますね。

  60. 黄色い鼻水を垂らしてる、非活2世そーねんぶのコージです。
    イエローな鼻水なんて、顕微鏡で見たらきっとすごい事になってそうで
    なんか怖いですよね
    でも逆を言うと、免疫が頑張ってくれて、菌を退治してくれているんですよね。
    人間の免疫システムってすごいですよね。
    鼻水も、数日前よりはかなり少なくなりました。

    ショーンKさんの学歴詐称の話題がニュースで賑わってますね。
    あの甘いマスクと美声は、男性の私でも、つい聞き入ってしまう魅力があります。
    学歴の無い私から見ると、人気と実力があるんならいいじゃないの?とも思いますが、
    報道番組とかコンサルティング関係とかでは、そうもいかないんでしょう。
    でも、ラジオのJ-WAVEとかで、女性のニュース担当者の噛みまくりのグダグダな後で
    ショーンさんの渋い美声を聞くと、なんかホッとするんですよね。
    あの美声で、創価の間違いをラジオで延々と訴えてくれたら、
    多くの創価脳のリスナーも覚醒するかも?(笑)

    ラザリスさん、ありがとうございます、
    ラザリスさんの、真摯で思いやりのあるコメントにいつも癒されます、
    そして、時に創価に切り込むコメントも素晴らしいです。

    モニカさん、投稿いつも楽しみにしています、
    脱会された方々ならではの、脱会を後押しする心強いコメントやアドバイス、
    そして脱会に向けて奮闘している非活の方々の、心を揺さぶられるコメント、
    その双方が、相乗効果によって、大変に素晴らしいブログになっていると
    痛感しております。
    この流れをもっと多くの人に知ってもらい、創価の間違いに1人でも多く
    気が付いていって欲しいと切に願います。

    Kickeyさん、天地真理の替え歌、最高です!
    思わず、ドーナツ盤のレコードを聴きまくってた小6の頃を
    思い出しましたよ(;・∀・)

    マリーさん、ありがとうクマ^^

    初めましての方々も、宜しくお願いしますです。

    今日の聖教新聞、全国で春季彼岸法要の話題ですが、
    池田師匠は20日、総本部の創価学会第二別館で勤行唱題を行ったそうです。
    が、写真は、なぜか四国と茨城の法要の写真しかありません。
    池田師匠は、いつから写真嫌いの恥ずかしがり屋さんになったのでしょうか?
    まさか、最初から師匠は勤行なんかしてない、なんて事はないですよね?
    そんな、あからさまな嘘を、有料の全国版の新聞で言わないでくださいよね?
    外部の方々も、お金を出して読んでいるんですからね。
    まあ、大半は創価脳の会員が肩代わりして支払っているのかも知れませんが・・
    本当に可哀想な会員の方々ですよね・・・
    自分のやってる宗教活動に疑問を持てる人間になってくださいね。

    (  ̄(エ) ̄ ) 早く気付くんだクマ~

  61. こんばんは。
    昨年末に脱会済。元二世のナオです。
    今回のスレッドについて、しみじみ考えました。
    思えば、二世でありながら小さい頃から池田大作を師匠とは思えない事に悩んでいました。
    学会活動を無理強いする、母親には嫌悪感さえ感じていました。
    それでも、親の期待に応える為に、学会活動をして、良い娘を演じていたのだと思います。
    それだけが、親から認められる手段だったのです(^_^;)
    それでも、内部の人を結婚相手にはしたくないと、強い想いがあり外部の夫と結婚し遠方へ嫁いだ事が幸いでした。
    でも結婚してから30年近く、脱会出来なかったのはなぜだ?

    何故に?何がそこまで?学会に留まる必要があったのか、長い年月、自問自答を繰り返し、人生を過ごしてしまいました。

    私の場合は「嫌われる勇気が、なかった」
    これに尽きます。
    褒められたい、認められたい、いい人でいたい。
    特に、親族をはじめ、周りの学会員達の反応が恐かった。

    アドラー心理学の「嫌われる勇気」という本を読んで、腑に落ちる点が沢山有りました。
    創価を脱会出来ない方々、、、貴方の人生や生き方は貴方の物です。
    自分で、動かない限り、本意ではない時間が過ぎて行くばかりですよ!

    脱会したからと言って、とやかく言う連中は、その人の責任で行動しているだけで、それは、脱会した人のせいではありません。

    親族から、冷たくされても、それはそちらの都合に過ぎなくて、脱会した自分のせいではないのですよ。

    自分の為に、まずは、行動しましょう!
    嫌われる勇気を持ちましょう!
    離れて行く人の事は、忘れましょう!
    また、新たな人間関係が待っています!
    創価の中だけではなく、広い世界が広がっています!

    自分が気付いたのだから、自分が動くしかないのです。
    こわいけど、過ぎて見れば、なんて事なかったって、きっと思えるようになりますよ。

    このブログの皆さんには、本当に勇気をもらいました。
    これからも、よろしくお願い申し上げます。

  62. 昨年このブログにたどり着き、非活になったピノコです。
    私は出産を機に渋々入会しました。

    私が昨年まで、イヤイヤながらも白ゆり長や正配などをやり続けた理由は、亡き主人を信じていたからだと思います。

    ラベンダーさんも仰っていましたが、私の主人も弁の立つ人で、私が創価について感じた不満や疑問をぶつけると、いつも穏やかに諭すように話しをする人でした。当時は創価は宗教だと思っていましたので、嫁ぎ先の宗教に合わせることは当たり前なのかなとも思っていました。

    もし、今主人が生きていたら…
    バリ活で、心身共にボロボロになってたのかしら。もしかしたら、覚醒して家族で脱会できていただろうか…

    今は結婚当初から同居している活動家の義父母の手前、すぐに脱会できない苦しい立場です。
    非活という立場が、なんだかとても卑怯なことのように思えて少し憂鬱になります。

  63. わたしが脱会したときは、アンチブログの存在も知らなかったしアンチ本を読んだわけでもなかったし、でも、そのときわたしのなかではもう創価学会に存在している自分が我慢ならなかったのですね。そこに至るまで組織の中でなぜ?なぜ?と感じる違和感が日々増大していって。。
    もちろん徐々に違和感を感じるようになっていったわけで、その年数は約5年ほどだったと思います。そのあいだわたしは、創価学会と違う世界の人との多くの出逢いがあり、そこに救われたようでもあります。価値観。。ちからいっぱい握り締めていた自身の価値観を打ち砕いてくれるような出逢いもありました。自分がこうあらねばならぬ。。その想いがそもそも厄介でした。

    わたしが脱会したときの気持ちは。。もう自分が地獄に落ちても構わない。そこまで思いつめていたんだったと思い出しました。脱会した時点では、ご本尊も信じていたし日蓮の教えもまだわたしのなかにあったし、池田大作への想いも消えていなかったのですから。。

    それでも、そのときのわたしのなかには、創価学会は間違っている。その確信だけはありました。なんのアンチ情報もなかったわたしですが、わたしの内奥でそう感じざるを得なかったのですよね。それは自分のなかでたしかに感じていたことだったので、誰かが言っていたからとか、そういうことではなかったのです。だから、自分だけの考えで決めたことだし揺らぐことはないものでした。

    だから、地獄に落ちても構わない。。と急降下、飛び降りるような気持ちで脱会したんです。覚悟の脱会でした。だから、冷静にあらゆることに対処していこうと気持ちは定まっていました。もちろん組織でも家族でも相談は一切しないで自分だけで決断したことです。

    わたしは創価学会2世です。それも母が入会し自分がお題目を唱えるようになったのは小学校1年生くらいからですから、生まれたときから創価学会というひととは違うかもしれません。それに入会したとき(高校生)から学会活動に必死に頑張ってきたので、生まれたときから創価学会にいてもゆるゆると活動してきた人とも違うと思います。また、親族で学会員は母だけでしたので、両親それも親族一同創価学会の大幹部、というような境遇とも大きく違うと思います。また、わたしの旦那は学会員ではなかったというのも他の人とは大きく違うでしょう。

    だから、気持ちがよく分からないんです。だから、時には苦言ともとれるようなことを言ってしまうんだと思うんです。もしわたしの言葉で傷つけるようなことがありましたら、ごめんなさい。

    ただ、ここに書き込まれる方々は、いつか脱会できたら。。との願いがあると思うので。。
    ここで自身の想いを吐き出すことで、自分のなかにある頑なな鎖がほどけていくとは思うのです。
    ただ、わたしには分からない。。
    覚醒しているって、ほんとうですか。。?
    ほんとうに覚醒していたのなら、創価学会にいる自分が自分で気持ち悪くないですか。。?
    ほんとうの親孝行ってなんですか。。?

  64. 外部のホリデイズです。
    コージさんの文できがついたことがあります。
    ”今日の聖教新聞、全国で春季彼岸法要の話題ですが、
    池田師匠は20日、総本部の創価学会第二別館で勤行唱題を行ったそうです。
    が、写真は、なぜか四国と茨城の法要の写真しかありません。
    池田師匠は、いつから写真嫌いの恥ずかしがり屋さんになったのでしょうか?
    まさか、最初から師匠は勤行なんかしてない、なんて事はないですよね?
    そんな、あからさまな嘘を、有料の全国版の新聞で言わないでくださいよね?
    外部の方々も、お金を出して読んでいるんですからね。”
    引用おわり
    イケダ代作は、自宅から車にのり、創価学会第二別館に行き、そこで、車から降りて、駐車場の中を歩き、別館の玄関につき、中に入り、廊下を歩き、部屋に入り、勤行をし、また、帰りは、反対のことをしたのですよね。その間、学会員には 誰にも会わないのでしょうか? 会ったら、会ったで、大騒ぎになるでしょう。何も起こらないはずがない、つまり、はじめから 来なかったということです。
    一人では、こないはずで、必ず、いわゆる「奥様」と一緒のはず、本当にきていたとしたら、人の目につかないはずはないのです。そうなれば、必ず、話題になる、話題にならないということは、うそということ。

  65. こんにちは
    コメオと申します(正統キリスト教会に通っているキリスト教徒です)。
    外部の一般人としてコメント致します。
    連投お許し下さい。

    16:25  「君には責任はないんだ」と言われて命令されると 人は何でもやってしまう

    幹部    「君は先生のおココロが分かっていないんだ」

    私には、いたずら電話の犯罪者と、創価学会の幹部が同じに見えます。

    この見方、考え方がイイか悪いかは、信じている
    貴方次第です  (関 暁夫 ?) (笑)

  66. 脱会すると周りが動揺するのは、脱会が実はものすごい勢いで起こっていることを「まったく知らないから」
    ということもあります。
    そりゃそうですよね。192ヶ国、827万世帯しか知らず、衰退してることすら露ほども知らず、脱会した人がいても「ちょっと出てこれなくなっただけ」と言われてる人たちにとって「脱会」なんて寝耳に水!青天の霹靂!
    そんな人いるの?ってレベルです。(私がほんの数年前までまさにそうでしたよ)

    実は年間でゴソッと、凄い勢いで脱会していることを知ったら、少なくとも「そうなの?」「なんで?」と次のステップにいくでしょう。
    怒り狂う人は本当に何も知らない、信じていないんです。(聖教新聞しか読んでいませんからね)
    なぜそこまで怒るかというと要するに「驚き」なんです。
    脱会なんて誰も考えもしない、有り得ない、聞いたこともない、ごくごく稀なこと!と思っているからです。

    教えについては「信じる、信じない」の話ですが、創価の会員が何名いて何名脱会したかなんていうのは現実に数字で出せます。
    煙に巻けるような話ではない。
    だからこそ創価は絶対にそんなことは発表しません。
    明確にしません。
    絶対だの嘘はないだの久遠の昔のお伽噺は断言するのに、いちばん簡単に証明できるはずのことはすっとぼけています。

    脱会でなんだかんだ言う人がいたら、ではこう言ってください。
    創価は近年すごい勢いで脱会者が出ている。
    知らないだの信じないだの頑張る信者を隠れ蓑にして、実は発表されてる7割、8割の実態がもはやないのではないですか?
    違うというのなら簡単に証明できるのに、絶対にそれをしない。
    それで信じろとい方がどうかしてますよと。

  67. バリ活歴16年、非活歴15年 昨年11月に脱会いたしましたレイラです。

    非活歴15年でなかなか脱会できなかった理由は
    やはり「罰」が怖かった事です。

    引っ越しを機に、組織に疑問を持ち
    非活になりましたが、自分がここの地域になじめないだけかもと
    思っていました。

    「センセーは悪くない、ご本尊は絶対。
    センセ―とご本尊があればいい。

    活動はしていなくても
    センセ―とご本尊は生涯大事にしよう。」

    そんな私もセンセーが表に出なくなり
    それでも「センセ―はお元気です!」
    大震災があっても激励に行かないセンセー。
    流石にこれは嘘でしょうと思いました。

    そしてある日検索しているとここのブログにたどり着き
    過去の投稿を見てショック&納得しました。

    ここのブログがなければ一人で悶々としていたと思います。

    罰なんてない。
    自分で勝手に恐れていただけ。

    私のあのバリ活時代苦しみ、そして
    センセ―と感動した涙はなんだったのかと思いますが
    今は生きてる間に気づけて人生がラクになりました。

    以下前スレになりますが↓

    杜若さん

    >先程、脱会届と本尊を本部に送りました。覚醒したはずなのに、心臓がドキドキして手が震え、
    >涙が流れてきました。

    >思えば1984年に入信して32年、昨年の秋までバリ活で走り続けていました。
    >他の誰が脱会しても自分は絶対に学会を辞めない、池田先生を裏切らないと強く思っていました。

    脱会おめでとうございます。
    私も同じころに入会しました。
    覚醒したはずなのに本尊を外す時、送る時ドキドキしましたよ。
    今までの事が色々と思い浮かんできて。

    そして何度も「これでいいんだよね。これでいいんだよね。」と
    心の中で繰り返しました。

    私も世の中私一人になっても脱会しない、裏切らないと思いましたよ。
    ですので自分の中では「永遠に卒業」として納得させています。

    レモンさん

    >悲しい事に「お母さんのいう事はわかった。でも自分は信じてるから好きにさせて」と言います。
    >1番大切にしたい人の人生を巻き込んで狂わせてしまうのが、この創価学会なんですよ。
    > 主人もそうですが、この子を何としてでも覚醒させない事には棺桶に入るわけにはいかない。

    私に暴力をふるってでも辞めさせたかった母。

    私も辛かったですが、母もきっと辛かったと思います。

    母が晩年病床でかすれた声で見舞いに行く度に私に言った言葉
    「学会、あれは宗教じゃないよ。。。。。辞めなさいね。。。。。」
    母もレモンさんと同じ気持ちだったと思うと胸が痛いです。

    既に非活になっていましたが、それでも罰が怖くて「辞めるよ」と
    はっきり言えなかった事が唯一悔やまれる事です。

    レモンさんのお子さんは私と同じように
    「自分が信心することで家と、お母さんを守る。
     お母さんもまたきっとわかってくれる。」と思っているのかもしれません。

    でも私のように、母の思いがわかる日がきっと、きっと来ると思います。

    009さん
    >子供を事故で亡くしましたが、
    >その事で退転しなかった事が、最大の功徳です

    天国の妹さんとだいたい同じ年齢です。
    17歳で天国に行った妹さん。
    これから楽しい事たくさんしたかったでしょうに・・・・
    胸が痛みます。

    過去投稿に書いていますが、私は元カレ(仮名でXとここでは呼んでいますが)から
    折伏されました。

    決して彼を愛していたからとか尊敬していたからではなく
    (私はもう別れたがっていた)
    私の母が非活になったという事で、罰論を言ってきて、一家を救うのは
    レイラしかいない!この信心しかない!と言われたことが入会動機です。

    元カレXは私とかなり結婚したがっていました。
    ですので元カレXとしては俺と一緒にいると信心一緒にできて幸せになれると
    言う感じでした。

    ある日学会のイベントで知り合った男子部と恋に落ちました。
    相手の男子部には「彼氏はいない」と嘘をついてしまいました。

    「ザ・学会員の嫌な所」集大成だったような(笑)元カレXと
    ずっとずっと別れたかった私。
    でも折伏の親と別れる事はホウボウになると思い罰が怖かったのです(そんなワケないですが)。

    ある日女子部お姉さまたちに相談。

    「そんなお義理で付き合う事ないよ。信心しあってても
    別れる男子部女子部もいるよ。本当に好きな男子部の人とつきあったらいいよ。」

    そうだよね。
    次の相手も男子部だから、元カレXも同志に対して
    怒ったりしないよね・・・。

    しかし、元カレXの怒りはすごいものでした。
    相手男子部の電話番号まで調べ、深夜に掛けたそうです。(相手は不在でしたが)
    →私に「奴の電話番号は●▲◆★ー○△◇☆だろっ!知ってるからね!」と言われた時 
     ぞっとしました。

    元カレXは他の男子部に相談し
    皆で一緒に私や相手の男性の事「変わってるやつだな。相手の電話番号調べて言ってやれ!」とか
    「そんな尻軽女なんか辞めとけ!」

    元カレXからも「レイラはヤンキーだ!」「報恩抄を学びなおせ!」と言われました。(笑)

    私が電話で「お願いだから相手の男性には何もしないで、私が勝手に好きになったの。
    殴るんだったら私を殴って。」と泣きながら、(もし電話でなければ土下座してたと思う)
    お願いしました。

    元カレX「付き合いの長いオレよりも、そいつを選ぶのか!?そんなに大事なのか!?」と又激怒。

    私が相手に本当の事言うから。
    まだ元カレと別れていなくても
    あなたと付き合いました。元カレを傷つけてしまいました。
    私は酷い女です。。。と。

    これでやっと別れてくれました。
    (その後も元カレXから別れて1か月しかたっていないのに
    「彼女ができたー」とか「お金を貸して」とか2年くらいかかってきましたが)

    相手の男性に真実を話すと
    「オレ、別に元カレXさんに殴られても
     それでXさんが気がすむんだったらよかったのに。」と言ってました。

    当時若くてまだピュアだった私は(笑)
    尻軽女呼ばわりされたこと(※新しい彼とはまだ手をつないだくらいだった)が
    ショックで信心でどう受け止めたらよいのか時間がかかりました。

    その後元カレXが男子部の先輩に「レイラさんとは交際順調なのか?」と
    聞かれた時、元カレXの言葉

    「お互い信心をとりました」と言ったそうですが(笑)

    後日元カレX新しい女子部の彼女の写真を
    わざわざ私に見せてくれましたが(地味な感じの美人でも可愛くもない(ごめんなさい!)
    人はよさそうで、そうですね、この子だったら私みたいに裏切らないかもね(笑))

    彼女が信心で?
    私は信心じゃなかったこと?

    学会2世の彼女は信心で?
    家で大反対されている私は信心じゃないってこと?

    違うショックを覚えました(笑)。

    >コージさん

    (  ̄(エ) ̄ )お大事にりらっクマ~♪

  68. 41歳男パニックスです。(退会済)

    ナオさんの「嫌われる勇気がなかった」と言うのがとても共感出来ました。
    親、親族はじめ近所の学会員さんに良く思われたいと思ってたんだと思います。結婚して独立してなければ、脱会出来てなかったかもしれません。
    脱会したくても出来ない苦しみは、カルトに洗脳された者にしか解らないんじゃないでしょうか?
    全く信じてなく逆に嫌悪感を抱いてるのに、創価学会員で居続けなければ為らない。
    私はオジサンですが、もし外見が妖艶な女性だとしたら、男達からジロジロ見られて外に出るのも嫌になりそうです。
    新年勤行会の駐車場で、創価班に「パニックスさんおめでとうございます、総仕上げ頑張りましょう!」と声をかけられた時も鳥肌がたちました。

    創価のイカサマが早くバレれば良いのに(>_<)

  69. ユル活かつて創価の幹部に散々嫌がらせ受けた少し前にここに投稿したピットマンです。
    脱会するには本部宛に脱会届えお出せば簡単に済むなどネットで書いていますが
    しかしそうはできない方が多いのが事実ですよね。脱会できない理由は自分もそうなんですが、
    嫌がらせの攻撃も創価のクズどもは平気でしてきます。警察に相談しないといけなくなったり
    そのくらい創価の連中は悪質な集団です。地獄に落ちるやら脅したりもしますね。

    そこで思ったのですが、彼らが言ってる地獄に落ちるっていったい何を基準に言っているのか
    全く意味不明ですね。先生を裏切って創価を辞めたから 創価以外の宗教を信仰したから
    挙句に日蓮正宗にいたから(ちなみに日蓮正宗も創価カルトの詐欺集団と同じとみてます)

    全くわけ分からないです。創価の連中は何が言いたいんですか?
    なんどもここで創価は詐欺とおしゃってるし自分も近いうちに辞めますが
    ただかなり創価の連中は嫌がらせやストーカー攻撃がひどいのです
    何度も警察に相談したほどです。タイミングを見計らいいつか脱会します。

    ちなみに自分の母と姉もかつて創価でしたが今は脱会してます。
    ただ姉は結婚を機に九州へ実家から遠くに離れ脱会に成功
    母はかなり創価のバカ幹部と大喧嘩をやらかし脱会しました

    それと父なんですがもう故人ですが何度か折伏受けても断固拒否
    続け最後まで入会しませんでした。父が亡くなったときも違う宗派で
    葬式をしました。そこの宗派でやって正解でした。いろいろお世話になりましたが
    創価でもしあげていたら財務や選挙云々でいやな思いがすると母はそう言ってました

    創価はお金のことしか考えていない宗教から遠く離れた詐欺集団とあらためて
    そう感じました

  70. マリーです✿(2世、脱会済み)

    私は 長年、創価のことで、姉と不仲だった時期がありました。(今は仲良し♡)
    姉は20年ほど前に離婚した際、勤行、唱題、活動を一切やめ、ずっと非活を貫いてきました。そんな姉を 私は母と一緒に「辛い思いをしたから」と可哀そうに思いながらも、
    「信心を捨てた姉」と、どこか心の中で蔑んでいました。

    姉からすれば、結婚する時に入会だけさせた夫のことを、いつか信心してくれるよう真面目に祈って活動してきたのに、ある日突然、宗門に破門された学会。(@_@;)
    その時点で、疑問が芽生え、ゆる活に。
    結局、悩みの種だった、お金にルーズな夫の金銭トラブルが原因で離婚。
    「ご本尊に祈っても何も変わらないし、寺側から破門されたのに、創価はそれでも宗教団体?」という違和感が爆発したという結論。
    今、考えれば、これは普通の疑問であり、当たり前の違和感。

    でも当時は、疑いをおこした姉が悪い。願いが叶わないのは信心が弱かったからだ。
    と私と母は創価脳全開でした。(-_-;)
    母は朝晩、勤行を 姉の分として2回する。(自分がしなきゃ意味なくね?w)
    新聞はもちろん姉の分も。(資源ゴミ用?w)
    財務も当然のように母が姉の名で1口する。(なりすまし?w)
    いき過ぎた母の創価脳行動に違和感を感じつつも、私は姉の分まで信心深めて
    母と共に姉へ題目を送っていました。必ず戻ってくると・・。(バカです)
    いつも、実家で信心の話題になれば、姉だけが疎外感たっぷりで、不機嫌。
    学会に対して姉に嫌みを言われたら、すぐ激怒する私たち創価脳組。(`´) (戦々恐々)
    ところが、母が亡くなってからは、姉は学会のことをピタリと何も言わなくなった・・・・・。(゜゜)どないしたん??
    こちらの話も素直に聞くようになった。常に笑顔になった。
    どんな時も私を心配してくれたり、優しくなった。
    創価には戻らないという強い決心だけはそのままで・・・。

    私が覚醒した時、すぐ電話をかけた先は姉です。
    姉は穏やかに話を聞いてくれ、バリ活としての私を案じて「信用できる婦人部だけに打ち明けるように」と促してくれました。
    (まさかこの私が、脱会するとまでは想像してなかったかもしれません。)
    姉自身はもう外部同然だから、いつでも脱会はできる。
    ただし、お墓の事や諸問題が残る今はまだ、正式な脱会手続きはあえてせず、最後に父が亡くなった時にする。と決めてたようです。
    あと出しジャンケンで先に私が脱会しちゃったようで何とも複雑でした。

    父は 昔、何年も地区部長やらされた時代もありましたが、引っ越しを機に組織から離れ、完全非活。仕事に専念してからは見事に大成。自営で定年がないことに感謝して今も頑張っています。
    相変わらず創価の罰論を恐れ、洗脳珍聞もとってる創価脳爺ちゃんですが・・w
    亡き妻が人生かけて信じてきたものを大事にしたい気持ちはわからないわけでもなく、
    これもまた複雑な心境です。
    今は私が父の前で学会批判をすると、姉はかつての自分を思い出してか?
    「人が信じてるものを悪く言わないこと。」と言います。(苦笑)
    歯痒い気持ちもありますが、実際、私は姉に創価を否定されなくなってから、
    冷静になり、覚醒しました。(バリ活には効果あり?)

    ラベンダーさんが紹介してくれたサイトを見て、洗脳を解く側にもいろいろ考えなくてはいけない部分も多いなと感じました・・・。(*^_^*)参考になりました。

  71. こんにちは。(こんばんは。かな) ^^

    時おり、気の向いた時にだけコメントさせていただいている
    つむじ風です。^^

    先日、古タンスの中をゴソゴソやっていましたら(笑)
    以前、この中に放り込んであった学会カラコピ本尊と
    チビ(お守り)本尊が目にとまりました。

    久々にくるくると紐とき、ポチっと開けて見てみましたが
    いゃ~、本当にお粗末な作りですよね~。

    3千円も5千円もぼったくりながら、こんな貧弱で安っぽい仕立てのものを
    平気で信仰者に授与するなんて。^^; 信仰の対象物をこれですからね~。

    百円ショップでも、こんな安物売っていないですよネ
    お客に失礼で。

    この一点だけを見ても、学会がいかに日蓮の仏法なんて
    本当はどうでもよく、大事に思っていないか、はっきりわかると
    いうものです。

    『大聖人の仏法をどこまでも大切に厳護し、流布しているのは
    我が学会だけですっ!』
    ↑こんなセリフ、よく言えますよねっ。聞いているこっちの方が
    恥ずかしくなってくるというもんです。^^;

    また、『ご本尊の文字はただの文字ではありませんょ。大聖人の魂ですっ。
    つまりご本尊は仏身そのものなのですー!』
    と、普段はさも日蓮敬い度No.1的なことばかり言っている創価ですが、その仏身であるはずの
    文字の書かれた本紙(イコール仏の身体)に、あろうことか、直接表装のデザインまでしてしまった
    学会・ボディペインティング本尊。

    いくら今、世界中で身体に衣服そっくりの絵柄やいろいろカラフルデザインをほどこす
    ボディペイントが流行っているからって、信仰の対象物にこれをやってしまうとは・・・。

    事の一念三千、宇宙の大法則・究極の当体がどーしたとか
    お堅い言葉いっぱいならべてベロンベロンに荘厳しまくっていたご本尊サマに・・・。

    イチネン三千論だかニチレン三千円論だか知りませんが、上から目線で立派なことを
    ペラペラ言っている、そういうのに限って、聞いておもわずズッコケてしまうようなことを
    なぜかスッゴイまじめに盲信しちゃっていますし。

    『ソウカは最早や世界宗教だ』と学会員だけが空威張り的に言っていますが
    仏サマに表装代わりのボディペした、コピペ&ボディペ曼荼羅を世界中の人びとが
    見たらなんと言うか・・・。

    特に仏教徒のひとがこれを目にしたら、『仏さまになんという罰当たりなことをーっ!』と
    怒りだすかもしれません。

    わたしは学会に懲りてからというもの、仏教を始め、宗教というものを一切信じていませんが
    それにしても信仰の対象物をこんな安上がりに仕立て上げて高額で売りつける、まさに不敬の
    極み&罰当たり的行為の最高峰です、スペシャリストです、ノーベル仏罰賞です、学会は・・・。^^

  72. 10代非活未来部?になるのかな?三世大学生Bです。汚い文書ですが読んでいただけると嬉しいです。
    初めてのコメントです。
    僕の名前は代作センセーにつけられた逝けだnameで学校でいじめられてました。学校では創価学会員であることを出来るだけ隠していましたが仲良くなった友達を親に紹介するとすぐにその友達とは縁を切られることが度々あり、創価学会について調べたところこのブログへとたどり着きました。
    両親はバリバリの活動家でもうどうしようもない状態です。脱会すると親に縁を切られ経済面で困るので大学を卒業するまで脱会できません。
    親もとを(創価学会から)離れたくて遠くの大学に来ましたが何度も学会員が家にきては逝去新聞を取らせようとしたり、アパートの玄関で創価スイッチONになったりと困っています。
    うちの家族はバリバリ活動家がほとんどなのですが、祖父母はガンにかかり、父はタバコの影響で肺が悪く、母は糖尿病で、兄も生まれつき足が悪く、信心がない僕だけが健康体です笑

    このブログは思っていることが正しい事だと再認識できる素晴らしいブログだと思います。

    善良な学会員さんが早く鬼畜詐欺団体を抜けられるとこを心からお祈りしております。←本尊以外に笑

  73. 非活15年50歳壮年部です

    「創価学会を辞めない限り、私の娘とは思わない。お前は、本当に親不幸な娘だ!」

    これは、創価学会が宗門から破門になった当事
    活動家の女子部の娘を一人残し、実家の地元組織から脱会して正宗に就いてしまった元B長さんが、一人娘の彼女に発した言葉です。

    そして10年後、一人娘の彼女の結婚式に、その元B長さんは姿を見せませんでした。

    そのB長さん一家は、当時実家(団地)のすぐ下の階に住んでいて、私の父親が紹介者となり入信した家族(5人家族)でした。
    入信する前からの家族ぐるみの付き合いでしたので、3人の子供も小学生時代から兄弟のような付き合いでした。
    地元の組織には宗門問題以前から、正宗寺院に関連する仕事をしていた地区部長さんがいた為、かなりの脱会者を出した支部でもあります。

    そのB長さんの事も地区部長さんもとても好きな方でした。

    当時私は、結婚して別の区圏に移転をしておりましたが、彼女からは「兄貴」と呼ばれ、個人的に恋愛の事や組織の悩みなどの相談を聞いていた状況と、自分が広宣部に所属していた事もあったので、組織をまたいで先輩と共に訪れ、その大好きだった元B長さんや元地区部長さんと何度か会って話した事もあります。結果は言うまでもありません。

    結局、彼女は実家を離れて一人暮らしを初めましたが、やはり親子の絆と創価への思いの間で不安定な期間が数年続きました。やがて私の紹介(責任取りました;笑)で男子部の方と籍を入れ、とてもリッチに幸せに暮らしています。今はその夫婦も完全非活です(責任取りました;笑)

    ただ、あの当時、
    どんな大義名分があろうと、宗門とイケダ氏の確執によって、なぜ末端の会員や家族が、こんな目に会わなければならないのか、広宣部という立場を超えて、内心ではもの凄く憤りを覚えていました。

    そもそも、宗教が原因となって、人と人とが争う事は、大きく観れば人類の歴史なのかもしれません。私の身近な人々に起こった不幸な現実は、信仰の世界でもなんでも無く、ただの感情のぶつかり合いでしかありませんでした。

    ここ数日、
    既に脱会をされている皆様のコメントを読み
    自分が一番恐れている事が、ハッキリと見えています。

    それは家庭が崩壊する事です。

    私個人が、
    脱会に向けて事を急げば、私はただの忘恩の輩と思われ
    恐らく離婚問題にもなるでしょうし、一族も対面があるので決して黙ってはいないし、私の家族に対しても組織も黙っていないでしょう。顔を合わせれば罵り合い、犠牲になるのは子供たちである事は、想像に難くない状況です。結果的には、一族とも縁を切る事になると思います。

    信じていた信仰が原因で
    家族や一族が崩壊する事は、私にとってはとても耐え難い事です。
    こんな愚かな事が起こらないよう、家族と常に寄り添いながら、期をみて対話をしていく。
    それしか、本人が目を覚ます方法は無いような気がしています。

    確かに、
    冒頭の元B長さんが娘に発したような方法もあると思います。
    言い換えれば、相手の事を本当に思えばこその発言でしょう。

    以前、どなたかのコメントにありましたが
    「創価学会には、信じさせる力がある」のだという事・・・
    この言葉が、とても身に染みます。

    引き続き、
    皆様のコメントに勇気を頂き、苦心して参ります。

    長々と申し訳ありませんでした。

  74. 創価の家庭訪問部隊と接しての感想
    さすがに「イケダセンセイはお元気です」とは誰も思ってないようです。
    父母の実家の支部長も、今住んでる地域で家庭訪問してきた壮年部2人、社会部でつながりのある方全員が薄々「池田先生は人前に出れないほどボケてるか重病か」と感じているようです。
    創価脳でも一応悟るどころはあるようで(^^)でも必死に「執筆活動している」とかの大本営発表を苦しそうに言ってましたが。

    素朴な疑問
    信心強盛なイケダセンセイが、どうして今のような姿になってしまったんだろう。。。
    この信心に力が無いのか、イケダセンセイの信心が曲がっていたからか。
    信心も正しくて、池田先生も純粋な信心をしておられる。池田先生も生身の人間だから、病気にもなるし、魔も襲ってくるんだから。。。
    物事をどのように解釈するかは、個人個人の問題です。
    ただ創価脳は周りを不幸にするので厄介です。

  75. 皆さんのコメント読んでいると、本当に人それぞれ状況が違うので、脱会まで一筋縄でいかないのがよくわかりますね。
    でも、脱会のチャンスは必ず訪れる!
    そう自分自身も希望を持っています。

    ベーグルさん
    初めまして。
    美味しそうなHNですね^^
    元地区婦のレモンと申します。
    大変な状況の中、覚醒出来て本当に良かったですね。
    ゆる活とコメントされていますが、白ゆり長と正配を受けているようですので、覚醒しながらの役職は本当に辛いと思いますし、正配達となると配達の他に毎月の増減表リストの作成等、気の休まる日がない事でしょう。
    私も覚醒してから完全に活動をストップさせるのに1年ほどかかりました。
    その1年の間に主人や子ども達、オール創価の義親族に「創価は信じていないから辞める」ことを打ち明け、創価を去る準備を進めていきました。
    そして、最後に組織のトップに覚醒した事実を話し、完全非活になりました。
    その間、こちらのブログが自分自身の心を保つのに大きな力となり前進することができたと思っています。
    ベーグルさんも、まずは心身共に負担の大きいであろう白ゆり長と配達を降りれるよう一緒に考えていきたいですね。
    非活、脱会に向けて一緒に頑張っていきましょう。

    ラベンダーさん
    サイトの紹介ありがとうございます。
    創価脳を理解したいと思いつつ、生まれながらの2世(主人)と成人してから入会した1世(私)では、かつては同じ創価脳だったとしても、どこか根本的な思考回路が違うように感じています。
    そして、会話をしていると骨の髄まで創価に洗脳されている人特有の言動があり、それに気がついていない主人が何だか可哀想になります。

    結婚と同時に入会した妻や夫というのは、今までどれほど活動家だったとしても、覚醒したら躊躇なく組織から離れる事ができる人が多いですよね。
    それは、覚醒した瞬間に入会前の外部だった思考回路に比較的早く戻る事ができる事と、自分の親や兄弟が外部である事もあると思います。
    それが、2世3世の方達の場合になると、自分自身が覚醒したとしても、親兄弟の血の繋がりが立ちはだかる。
    創価ゆえに、親としての愛情の注ぎ方が世間とは違っていたとしても、自分に対して愛を注いでくれていた事には何ら変わりない。
    その気持ちがわかるだけに、組織から離れる事で、その親御さんや兄弟を苦しめたくないという気持ちはよくわかります。
    親子や夫婦や恋人という大切な絆の部分を利用したカルト創価のシステムは、本当に計算しつくされているんだなぁとつくづく感じますね。

    レイラさん
    コメントありがとうございます。
    話し合いはできるので、覚醒した母だからこその助言を会うたびにしています。
    子どもといっても成人した大人ですので、冷静に創価の真実のみを話すようにしていますね。
    主人と違い創価シャッターを下ろす事もなく、話を最後まで聞いてくれるので、忍耐強く対話を続けていきたいと思います。
    全く創価を信じていない他のきょうだい達からも話をしてもらうようにしています。

    あ、それから入会時期は、私も杜若さんやレイラさんとほぼ同じ時期でした。
    同じ時代を活動家として過ごしていたんですね。

  76. こんにちは。
    コージさんと同じくインフルエンザの攻撃を受け、回復中の外部の野路菊です。早く元気になりたいクマ〜〜

    脱会できない、できなかった理由は、ご家庭の事情や近隣の学会員による嫌がらせなど、複雑なものがあることが、皆さんのコメントからわかりました。そして、モニカさんが仰るように創価の弱点は”脱会”だということも。。

    皆さんが活動や財務によって、かけがえのないものを創価に捧げてこられた事実。
    一方で、国の官僚や公務員、医師や弁護士など、エリートと呼ばれる学会員は、皆さんのような活動をしているのでしょうか?
    財務だけして、色々な恩恵にあやかっているのではないですか?
    組織の中で、学会員でいるメリットが大きい人は脱会なんて考えないですよね。
    同じ学会員でも階級があったりしますか?
    学会員の境遇の矛盾や理不尽さがあれば教えて下さい。もし、過去スレに答えがあったら教えて下さい。

    熱が下がったばかりで、とりとめもない内容になり失礼しましたm(_ _)m

  77. 非活 婦人部のジンジャーです。

    私が退会に躊躇しているのは、活動家の母がいるからです。未活の弟に退会したい旨を話したら、母が死ぬまで退会はしないでほしいと言われました。骨の髄まで創価を信じている母です。やはり退会となると母が相当ダメージを負うので、弟も母が死んだら退会すると言ってました。
    確かに、本当の親孝行は詐欺団体の創価から覚醒させることかと思います。でも母は創価を貫くことで離婚までしました。今から20年以上前ですが、父が事業に失敗し、母に働いてほしいとお願いしました。母が当時の地区担にこのことを相談したところ、パートで5時間働くなら5時間題目をあげなさいと指導されました。その通りに実行し、信心に大反対の父の前でも、ずっと唱題するようになりました。そして父は家を出て行き離婚しました。今考えると離婚になるのは当たり前ですよね。夫婦なんだから助け合わなきゃいけないときに、働かずずっと題目あげてるんですから、、、。40代になって、非活になってから、父の気持ちがわかるようになりました。当時の地区担が働かず題目あげろなんて指導しなければ、母が地区担の言う通りにしなければ、離婚にならなかったと思っています。
    また、婦人部は働かないで学会活動だけに専念しなさいという指導は10年くらい前まではよく言われていましたが、いま私の住んでるエリアは専業主婦の方は少ないので、フルタイムで働いてるけど、地区婦や白ゆり長やってます。働いちゃダメなんて誰も言わないですね。指導をコロコロ変えるのも一貫性がないですね。
    話がそれてしまいましたが、このように母は離婚してまでも選んだ創価学会です。何を話しても聞く耳を持たないですし、万が一、創価が詐欺だと理解してくれても、自殺したりするのではないかと心配です。そんな母がいますので、やはり退会はすぐには難しいですね。。

    最近、私も非活になった功徳(笑)がありました。リストラされてからずっと正社員になれなかった主人が4月から正社員で働けることになりました。学会活動してた時は全く主人の仕事はうまくいきませんでしたが、私が非活になってから、良い事が起きてます。他にも悩んでいたことは弁護士さんを介して解決できそうだし、本当に心が軽いです。桜の開花宣言もありましたし、今年は会合のことなど気にせず、お花見できそうです。

    ただ昨夜からベルギーで起きたテロが心配です。テロなどない平和な世界になってほしいと思います。

  78. 仕事が一段落してホッとしています。

    創価についてはいろいろ考えるにあたり、単純なことから一つ一つ考えていけばウソや隠し事、言い訳等々がよくわかりますね。

    しかしまあ、突っ込みどころ満載で(*^_^*)

    【イケダセンセイが5年以上も人前に出てこないこと】
    箱根まで駅伝のコース視察したり、埼玉文化会館に来て勤行する元気があるなら、1分でいいから、信者の前に顔をだせよ。

    【一昨年前の教義変更】
    御書根本と言いながら、原田会長の説明では御書が一節も出てこないこと。
    大御本尊でないといけないといいながら信者獲得してきたのに、大御本尊を否定していること。
    「受持の対象にしない」とは、「日蓮大聖人の教えを信じる対象にしない」ということ。
    ウンコタレですわ。

    【カラコピ本尊】
    日寛上人の書いた本尊をコンピューターで修正して、大量にカラコピ。
    あかんやん。開いた口がふさがらない。。。

    あげればきりがないです。。。。。

  79. こんにちは〜piです。

    流れ星さん、ナオさん、
    激しく同意いたします。

    ここしばらく、ブラック企業にいました。パワハラ、セクハラ日常茶飯事、毎日、サービス残業でした。

    そこで、思いました。『私、なんでこんな会社に長居してしまったのかしら?』

    よーく考えたら、これって創価を止められない人、DVの夫と離れられない人と同じ構造です。

    ブラック企業にいると、次々問題が起きて、上司が怒ったり、社員さんがフェードアウトしたりと、毎日がエキサイティングなんです。自分のもらっている給与と労働が不釣り合いなのは、明白なのに、周りと変な連帯感は生まれるし、つい本質を見失ってついつい長居してしまうんです。

    創価にいる時は、学会活動で、忙しくて本当に今、取り組むべき問題から視線をそらしていました。

    私は今、自分を縛り付けていた創価の鎖が解け、言いようのない変化を感じています。絶対、絶対脱会した方がいいです。

  80. コージ さん  2016年3月21日 22:53 (お元気ですかー?)
    >まさか、最初から師匠は勤行なんかしてない、なんて事はないですよね?

    “なんでも雑記”池田大作は勤行が嫌いだった。 2015-11-11 16:48:21に、
    …「月刊ペン」裁判の際に証拠として創価自らが提出した
    “池田大作の行動記録”に次のようにあります。
    「14時25分 勤行  14時35分 手紙二通書く」→勤行10分
    「13時15分 勤行  13時20分 食事 広間 原稿」→勤行5分
    「11時00分 勤行  11時00分 離れに行かれる」→勤行0分
    「14時04分 勤行  14時10分 終了」→勤行6分
    これは創価自らが裁判所に提出したものです。
    勤行の短さも驚きですが、朝の勤行か夕の勤行か
    開始、終了時刻をみれば「昼の勤行」ですね。…

    と、あります。『続・「月刊。ペン」事件』山崎正友の、
    165pに、…
    原島嵩に対する創価学会側の反証工作は、法廷以外に思わぬ波紋を呼びおこした。
     証拠として提出された“池田大作の行動記録”なるものが公表されると、池田大作が夜も早くに就寝しながら、朝は十時過ぎに起床し風呂に入ってから食事をとるといった、怠惰極まりない日常生活の一端が公表されるという結果を呼んだ。
     また、公明党議員や検事と会談をもっていたことも、知れわたってしまった。
     その結果、朝早くから夜遅くまで折伏や選挙活動に追いまわされる学会員と対照的に、池田大作は専用施設で、ぜいたくでゆったりとした毎日を送っていることを知り、不審の念をいだいて創価学会をやめる人たちも出た。
    (以上引用終了)

    自分で起こした裁判で墓穴を掘る、間抜けイケダの本領ここに健在ってか!(^_^;)

    以上から、師匠の勤行時間は、0分~10分の間と云った処でしょう。((`^´))
    本音は、勤行なんて一切する気は無いのだが、会員への(騙しの)手前、カッコだけはした事にして、「師匠の一篇の題目は、皆さん(末端会員)の、1万遍に匹敵する」とか、ふざけた言いたい放題を云ってましたよね!。(私は怒。婦人部は感動?)

    つむじ風 さん 2016年3月22日 22:49
    >『ソウカは最早や世界宗教だ』と学会員だけが空威張り的に言っていますが
    >わたしは学会に懲りてからというもの、仏教を始め、宗教というものを一切信じていませんが…

    世界宗教は愚か、“池田詐欺宇宙凶”としか、まともな常識人は思ってませんから!。
    「羹に懲りて膾を吹く」と、諺にありますが、イカニ創価が反仏教の、仏教そのものをコケにしているか。が如実に表れてる感想だと思います。
    (釈迦そのものは思想家としては優れ者だと私は思いますよ)

    「99%の日本人が知らない─日本が分割統治される人類最終戦争が始まりました」
    田村珠芳/2015年11月・徳間書店。に、創価の首脳部と末端の関係が分かり易く…

    118p~  奴隷の「上手な飼い方」に気づいた農場主たち(小見出し)

    …農場主は奴隷を買うときに、ある「法則」にそって買いました。
     普通ならできるだけ若い、働き盛りの男を大量に購入するのが商売上のセオリーだと思われるかもしれませんが、農場主は必ず「若い男女のペアで」買いました。
     実はこれこそ、成功の法則だったのです。
     男に比べて女は非力で、農場仕事には向きません。それでも女の奴隷を買うことは、大いに意味がありました。若い男女を同じ農園で毎日働かせていると、自然な成り行きでくっつきます。すると農場主は2人の結婚を許し、夫婦になったお祝いにと、農場の敷地内に2人だけの家、つまり「新居」をあてがってやるのです。
     一体なぜ、アメリカの農場主はそんなことをするのか?
     もちろん、温情などではありません。
     若い2人が結婚して新居に住めば、そのうち子どもがうまれます。その子どもたちは全員、農場主の「持ち物」となるのです。
    119p
     奴隷がケガや病気で働けなくなると、農場主は新たな奴隷を買わねばなりませんが、アフリカから連れて来た黒人奴隷は船賃もかかっており、奴隷商人への利ザヤも払わねばなりませんから初期投資が高いのです。
     それに比べて、奴隷に生ませた子どもはコストゼロです。
     やがて大きくなれば結婚して、今度は彼らが子どもを作りますので、そのサイクルを保つことで「永遠に無料で奴隷が生産できる」という。実に遠大な計画であると同時に経営面で巧妙に考えられた手口です。
    (以上引用終了)

    創価お得意の、“結婚相手は何があっても入会させよ!”。“子供は生まれた瞬間から福子(という名のカモネギ)”。へ
    以上の解説、結論。→「永遠に無料でカモ葱(奴隷)が生産できる」。ということ。
    (「馬鹿な親持つと苦労する?」フザケルナ!)
    生まれた子を即入会させる親の馬鹿さ加減は∞(無限大)。
    宗教は阿片である。アル中・ギャンブル中・借金中毒、よりタチが悪い。←子からの視点

  81. こんばんは。
    昨年末に脱会済。元二世のナオです。
    パニックスさん、共感していただきありがとうございます。
    パニックスさんとは、脱会した時期が近かったですね。
    とても印象深く感動した事をよーく覚えています。
    正々堂々と、幹部とやり合い、カッコ良い去り方でしたね。
    わたしなどは、気が弱いので、静かに静かに、誰にも気づかれないように郵送で、脱会したから、パニックスさんのような勇気に憧れます。
    それでもしばらくは、ドキドキが止まりませんでした。
    今でも、近所を歩く時は、出来るだけ学会員に会わないようにしている自分が居て、、、。
    何も悪い事をしてないのに、バカみたいですね。
    せっかく自分で手に入れた、自由でごく普通の生活を存分に楽しみたいと思います(^^)
    後は、創価が滅亡する日をこの目で見たいですね。まだかなぁ〜もうすぐかなぁー!

    すでに覚醒し、脱会を夢見る皆さん、やれば出来ますよ!
    こればかりは、周りの人の思惑よりも、自分の気持ちに正直になられることを、お勧めします。
    後悔のない、人生の為にね〜!

  82. コメオさん、貴重な動画の紹介をありがとうございます。
    きょうは時間ができたので、3つの動画をゆっくりと拝見させていただきました。

    ほんとうに納得させられることばかり、でした。
    「コンプライアンス」かならず映画を観てみたいと思います。

    また最初の、風をよむ。。と言う番組での紹介も興味深かったです。
    ほんとうに創価学会の現実を如実に物語っていますね。
    番組中。。街角インタビューに答える女性の。。
    「なぜ逃げ出さなかったのだろう。。」
    そのまま、わたしも言いたいです。。
    創価学会が間違いと分かっているのに何故逃げないの。。?

    みんな支配されていることが好きなのかもしれないですね。。

  83. はじめまして。うさうさです。

    チャンユウさんのコメントで「悩みに宗教は意味がない」とおっしゃってますが
    その通りです。

    うちは生まれた時から祖母が真言宗のお坊さんなのですが、祖母は大した修行してないせいか
    どうにも生臭坊主っぽく、最近はすっかり宗教へ幻滅してます。

    祖母は私たちが病気、怪我、結婚できないなどを帰省のたび、近況として聞き出しては
    不幸な点をほじくり返して「先祖供養が足りないから、先祖の不幸を受ける」といい
    一時が万事、これです。うかつに元気のない姿や現在の状況を見せられません。

    結局、これって脅迫ですよね。
    頑張れないのは、供養(祈り)が足りないせい
    だの
    お前(私の母。祖母はお姑さん)があまり信心深くないから、●●(私)が病気になった。
    だの。

    んなわけねえ。。私は先天性発達障害だったため、社会一般となかなか馴染めなくて
    一般の普通できる、が「できない」のに、一般人が難しいことが、「私には簡単」だっただけで。

    そんな医学的原因のうまくいかないことまで、先祖のせい扱いですよ。

    だから、おかしなのは創価だけじゃないです。仏教はブッダが開祖ですが、その時梵天に
    「3000年先まで救われるだろう」と言われ、ブッダは「では、その先はどうなってますか」
    と聞くと、わからない、と言われたと手塚版ブッダで読みました。

    だから、仏教ベースの宗教がいい加減制度疲労起こしてるんじゃないでしょうか。

    私は入会したこともない一般人ですが、祖母が信者なのに、うちは寄付はしてますが、無宗教です。
    それでも、仏罰が起きるどころか、家族も私も
    『今から考えたら、あの時ちょっと違ってたら、死んでたよね』(世の中の一面ニュースになった事件2つに絡んでます)
    という目に少なくとも10回以上あったのに、奇跡的に助かってます。

    2~3回助かってもその後大怪我とかなら、何かの呪いかなあ?と思いますが、
    なぜか、致命的な事態にはならないんです。

    霊感強い知人に『こういう神様がついてて、ホホホーって笑ってるよ』
    (烏帽子、狩衣か水干、釣竿持ってるが、魚は持ってない)と言われたことはありました。

    なので、脱会した人たちにも、仏罰なんてないとおもいます。
    あるとしたら、口裏合わせて此処バラバラ偶然を装って波状攻撃してくる
    集団ストーカーシステムを使って、人工的に不幸を作ってる外道がいるだけでしょう。

    統合失調ではなく、証拠を取らせないよう、一瞬のスキや、音、ガード役など、
    証拠が残りにくい方法で、ありえない演出をし、恐怖で恐慌に陥れ、
    ついで電磁波や悪夢で不眠症にし、会社に学会を送って、わざと激務を与えたり、
    眠らせない、不注意を起こさせる、周り全て敵と誤認させ、退職、引きこもり、障害者ルートにする
    人工的、戦略的に非常に綿密に、3次元4次元にまたがった攻撃をしてくるだけです。

    (この辺、『attack from 集団ストーカーズ』という同人誌にも具体的な手法をわかりやすく書いてあります)

    そして病院で集団ストーカーの言葉をいうと、ゲフン!とあの独特な咳を鳴らして
    (医者のオフィスに盗聴器があるようで、この咳を合図にストーカーが始まったりしてます)
    ストーカーでイジメ、病院で向精神薬を処方して、麻薬に近い治療薬を出し、
    依存症にし、廃人にするのが目的でしょうから。

    まあ、仏罰なんていう魔法はありません。
    あるとしたら、良心をなくした人間たちが、巨大な犯罪システムの一部だけ担って
    犯罪意識もなく、その割に録音や顔にスマホ向けたり、顔をじっと凝視したら隠すように逃げるくせに
    その程度の人間が、参加して監視されてる巨大犯罪システムですよ。

    小説版金田一少年の事件簿 電脳山荘殺人事件で、このシステムのしくみを
    ネタにしたトリックがでてきますので、ググってみてください。
    作者さとうふみやも、創価疑惑の人です。

    昔、この本読んだ時、ぞっとしたものですが、まさか現実の人間洗脳や、
    日本人が不正を見逃したり、会社でおおっぴらに近代史や、
    政治の核に触れる会話ができない理由がこの仕組みにあると気づいた時は、
    さすがにしばらくショックで不眠症になりましたけどね。

    それでもショック和らげつつ、調査していったら、
    日本はえらいことになってるって気づいた次第です。

    それが余命3年時事日記、はすみとしこ騒動、花王不買デモやら、
    保育園落ちた日本死ねなどに繋がってくるわけです。

    →でも、保育園落ちたと騒いだ人は、東京都知事が保育園用地を、
    朝鮮学校用に献上したっていうニュースについて『あれ?韓国に配慮したのかな?』
    と、今までの行動とプロフィールからは違和感ありまくりの、政治情報弱者みたいな変な反応をツイッターでやってましたね。

    (東京都内、仕事ができる奥さん。政治ももちろん理解してるだろう。
    大事な子供の教育場所を外国人に奪われておいて「あれ。配慮したのか」、で終わるタマじゃないだろ。
    デモするほど激しい人だし。
    夫婦共働きできない今回の原因が東京都知事が外国に土地を提供したせいなんだが、
    保育園不足なわけだが、なぜか「保育園落ちた!東京都死ね!」デモはやらないという矛盾

    あれれ〜? おねーさん、保育園欲しくないの? 一億総活躍できないよ?
    日本人なら、怒るとこでしょ)

    某新聞記者いわく
    「スキャンダルが起きてる時は、必ず水面下でもっと大きな事が起きてる時。
    そういう時こそ、新聞を隅から隅まで読んで、小さな小さな記事にある真実に気づいてください」
    だそうです。

    阪神大震災にとき、某所地下に武器庫があり、それが地震で見つかったのだが
    これを報道したのは産経新聞のみ。かつ、小さな小さな記事だった。

    紙面の大きさは、決して真実度も、政治的重要度とも比例してません。

    過去は変えられないけど、未来は変えられる。
    私たちにできるのは、未来の時間を使うことです。

  84. こんにちは。うさうさです。

    ふと思いましたが、地獄って古典で調べたら、この世の99%の人間が落ちるくらい
    だれもが無意識にやる行為で落ちる地獄もあるのですが

    (酒乱が落ちる地獄、嘘や空想を書いて金を得たら落ちる地獄、嘘つきの地獄、動物をいじめたら落ちる地獄など)

    もう生まれた時に人間は動物の犠牲の上に生きてる以上、生まれた瞬間に地獄行きみたいなもののはずですが

    私は、創価のせいで夫婦がケンカしたり、地域とうまくいかなくなったり、
    好きな趣味を極める時間もなく、無理やり笑顔を作ってるけど、
    声は明るいが、しゃべる内容が個人情報根ほり葉ほり聞くような、
    品性のかけらもない人間になってしまうこと。

    その人の24時間、一生をモニターで見たわけでもないのに、聞きかじりの情報で
    集団ストーカーし、実際人が死んでいること、殺人。

    そういう状態こそ、絵巻に書かれた地獄の、自分一人の心の痛みでは終わらない
    複数を苦しめ、実際死者が出る、地獄じゃないでしょうか。

    創価で苦しんでる方々は、十分に地獄を味わってますよ。
    これ以上ひどい目にあうことは、平和な日本社会()ではないはずです。
    脱会したら、甲羅から解放された悟空みたいに、世の中の軽さがわかりますよ。
    今まで、過労死寸前まで、奴隷のような働きをしてれば、世の中の仕事なんかちょろいですよ。

    今までよくみなさん、耐えてこられましたね。
    私は自分の人生が1番不幸だと思ってましたが、ここをみたら
    まだまだ幸せだと気づきました。
    ありがとうございます。

  85. カガテツさん
    いつも貴重な資料ありがとうございます。池田の勤行時間の短さ!しかも五座三座の時代にですかσ^_^;してるかどうかも怪しいですね。

    野路菊さん
    いわゆるエリート職種と雖いえども創価は洗脳してコマ使いにしています。
    創価にはいくつかの特殊な職種職域ごとにグループがあります。
    弁護士は弁護士ばかりで集まる「旭日グループ」だったかな?そんな名前の集まりがあるようです。そういうグループが優遇されるのは、池田からの激励品が多いぐらいと思います。激励品といっても、本部職員が代わりにサインや押印した書籍などですが。それでも「特別感」を抱かせるのに役に立ちます。
    また、公明党の議員から「超ややこしい顧客」を紹介されることが多いようです。知人の創価の弁護士はぼやいてました。「公明党関係はややこしいのが多い。議員はめんどくさいからこっちに振ってきよる。創価はろくなやつおらん。事務員も創価と聞いたらめっちゃ嫌がる。ホンマにサイテーや」と。その方はバリ活で牙城会もされていたのですが、創価学会員のあまりにも非常識で馬鹿さぶりに呆れて非活動になりました。
    あと、創価関連の裁判を、創価中枢と直結の法律事務所があってそこが受け持つそうです。夜中までたくさんの弁護士が集まり模擬裁判等の練習をしているとのこと。「信心で絶対勝つ!」と創価脳全開で(*_*)
    ちなみに弁護士夫人は「カトレア会?」というのがあるそうです。

    またドクター部というのがあって、医師、歯科医師、薬剤師、検査技師、柔道整復師やコメディカルなどが集まる分科がいくつかあります。医療関係者=ドクター部と考えていただければ良いかと思います。ドクター部でもキチンと会合に出ればやはり池田からの激励の書籍が回ってくることが多いようです。ドクター部だからといっても甘い汁はないようで。希少な存在だから、地区総会や支部総会で健康セミナーを頼まれることが多いようです。お医者さんの場合、ドクター部員というだけで創価の患者さんが増えるので「腕を伴わない名医」になれるくらいでしょうか。

    いずれにしろ創価はいわゆるエリート職種も使いこなしてます。人間なのでどんな職種でもうまくツボを押さえて洗脳するのでしょうね。

  86. ピノコさんの
    >非活という立場が、なんだかとても卑怯なことのように思えて少し憂鬱になります。

    私も同じです。
    元活動家で、やっとの思いで非活になられた方の多くは、きっと同じ思いをされていると思います。
    私も、憂鬱な時は気分転換をするようにしていますが、それでも気分が晴れない時もありますね…
    でも自分自身活動に縛られずに自由な時間をもてるようになれたので、よかったと思うようにしています。

    ピノコさんは、ご主人のご両親と同居されていて、すごいなといつも思っています。
    なかなかできないことです。
    様々な気苦労があると思います。
    同居を経験していない私が軽々しく言ってしまってすみません。
    母や姉から同居の大変さをたくさん聞かされてきたので、少しはわかっているつもりですが…

    ピノコさんも、やっとの思いで配達をやめられたのですよね。
    私もやっとの思いで非活になれました。
    脱会したくてもできない事情は様々で、本当の辛さは当事者でないとわからないと思います。
    今すぐ脱会は難しくても、今後もこちらのブログでお世話になり、最善策を見つけて頑張っていきたいですねp(^-^)q

    レモンさんがおっしゃるように、
    >脱会のチャンスは必ず訪れる!
    私も希望を持っていこうと思いました。

  87. 41歳男パニックスです。(退会済)

    活動家時代に、本物の宗教には「三証」が揃っている事が大切と、自信満々に幹部から指導を受けました。

    文証:法華経、御書
    理証:道理(弘安二年の大御本尊を究極と定めた辻褄)
    現証:広がり続ける学会(大勝利の連続)

    インターネットの普及は残酷でした。

    文証:法華経の変遷が明かされ、原型を留めていないどころか釈尊の教えではない。御書についても全文ではなく贋作、加筆が証明された上、日蓮正宗に都合の良い物しか採用していない。
    理証:究極である大御本尊の真贋の鑑定未決かつ一昨年の会則変更でその究極さえも手放した。
    文証:創価学会、日蓮正宗共に衰退し海外では危険団体として認定されている。

    学術的に証明されていることや、全国的に衰退していること、創価学会(池田)の悪事など今まで末端会員が知るすべもなかった事実が、ネットの普及により公開されてしまいました。

    もはや創価学会は詐欺でしかないのですが、それでも洗脳の深さゆえ認められない。自分は覚醒しても家族が残っていると辞めたくても止めれない。
    社会問題にもかかわらずマスコミを抑えてるので公にならない。

    今辞めたくても止めれない人も、近い将来必ずこの社会問題が表面化するときが来ます。それまでは希望を持って家族の本当の人格を信じて、暖かく見守ることが大切なのだと思います。
    創価ごときに家族の関係を崩してしまうと悔しいですよね、一家和楽(創価抜き)で人生を楽しめるように、覚醒した側が気持ちを強く持って優しさを出せれば心底笑える日が来るはずです。

    辞めたい人は退会準備に、辞めたくても止めれない人も、その立場を理解できる人は沢山いますので、笑えるその日まで頑張りましょう(^^)

    理屈っぽくなってスミマセン
    悪い癖なのですが勘弁して下さい(^^ゞ

  88. 皆さんこんにちは。バリ活歴31年、杜若(先日退会済)です。
    レイラさん、コメントありがとうございます。
    永遠に卒業。そうですね、本当にそうですね。悩み苦しみながら活動してる人に辞めても
    大丈夫だよ、役職?投げ出しても全然大丈夫だよと声をかけてあげたいです。

    私は、一人で暮らしているので脱会の妨げになるものはなく恵まれていたと思います。
    創価に入る時、親子の縁を切ると大反対だった母も途中からは娘可愛さからか
    選挙の協力もしてくれるようになってました。
    私が創価を辞めると話した時、静かににっこり笑って頷いてくれました。
    言いたい事はたくさんあったろうに黙って見守ってくれたんだなあと感じました。
    ありがとう、お母さん。

    私、子供(娘と息子2人とも社会人です。)が小さな時から思い切りMCしていました。(汗)
    娘と一緒に聖教新聞の配達をしたり、座談会には必ず一緒に参加してました。司会をさせたり紙芝居させたり、巻頭言読ませたりしてました。本幹にも連れて行ってました。
    息子の友達みんながお祭りの神輿を担ぐのに謗法になるから駄目と禁止したり(泣)
    2人が巣立つ時、それぞれに御本尊を持たせました。心から2人の幸せを願って・・・

    娘はユル活、息子はバリ活になりました。
    自分が未活を決意した時、娘はユル活だし、ゆっくり時間をかけて話そうと思いましたが、息子にはどうやってわかってもらおうかと悩みました。
    先に娘に自分の正直な気持ちを話し、ネットの情報を見てもらいました。最初は半信半疑みたいな感じでしたが段々と学会はおかしいのかも知れないと思うようになり、脱会しなくてもこのままユル活でいいかな・・・と最初は言ってました。
    さて、息子にはいつ話そうか悩んでいた時、息子から連絡が 幹部カードが来たと幹部の面接を受けるとの事。
    まずい!!大事な息子があんな軍隊のような扱いを受けたらたまったもんじゃない!(元、夫は創価班だったので軍隊のようなイメージがあります。)と思い未活になった事とその理由を伝えました。そして不振に思う事があればいつでもやめていいんだよ。と・・・
    息子は車で1時間半かけて帰って来ました。驚いたんでしょうね。私が地区婦人部長になって嫌で落ち込んでいた時励ましてくれるような息子でしたから。
    ひと通り話した後、息子は「お母さんの中に学会をやめると言う選択肢はあるの?」と聞いてきました。私は「最終的にはやめようと思っている」と話しました。

    息子「それなら、俺はもう会合出ない、お母さんが喜ぶと思ったし、親孝行になると言われたからやってただけだし。」
    私 「えっ?そうなの?」
    息子「そうだよ。昔からこれだけが正しいって変だと思ってた。何でもかんでもこじつけるし。」
    私 「えぇっつ!!本当にごめんね、お母さんのせいで (;’∀’)」

    息子はすでに退会済、娘も自分のタイミングで退会届を出す予定です。

    レモンさん、レイラさん入会時期、活動時期、現在覚醒済・・・
    創価風に言えば眷属でしょうか・・(笑)

  89. 脱会したら学費を渡さないとか勘当するとか、喧嘩するとか揉めるとか、要するにやってるのは末端ですよね。
    末端だけがそんなくだらないこと夢中でやっている。
    トップがそんなことを強要してるわけじゃない。
    繰り返しますが、活動家はここに気づかないと。

    トップ連中はおそらく一家和楽で楽しくやってますよ。
    大切な身内は創価になんかに入会さない。
    入会させても活動など強要しない。
    可愛い身内にそんな駒みたいなこと誰がやらせるか。
    可愛い子どもに誰がこんな大嘘の教えをすりこむか。
    子どもの学校も創価とは無関係のいいとこ入れてるでしょう。
    ちゃっかり上手いことやってますよ。

    それをまあ、いくら言っても信じないで必死に家族を罵倒する末端信者。
    目標は「一家和楽」ですよね?
    なら、ちゃっかり上手いことやってるトップ連中の方がずっと「一家和楽」じゃないですか?
    ね?一家和楽なんて創価を持ち出さなくてもちゃんとできるんですよ。
    創価と一家和楽は無関係です。
    むしろ思想が別れたら険悪になるエセ教など用いたら、家庭円満などずっと難しくなりますよ。
    単純に、騙・さ・れ・て・い・ま・す。

  90.  白か黒化、善か悪か、00なら00でなければならない。二者択一の固い思考では創価学会、殊に家族間の問題は語れません。1人1人状況が異なります。
     大事なことは、それぞれ異なる状況ではあっても、それぞれの立場、それぞれのやり方で非活、脱会へとわずかでも進んでいくこと。希望を捨てないことだと思います。
     私の好きな言葉にこんなのがあります。
     「希望は人を成功に導く信仰である。希望がなければなにごとも成就するものではない。」
      ヘレン・ケラー

  91. 脱会って、本当にエネルギーがいります。
    完全に洗脳から覚醒してしまったら、
    もうあのカルト世界の洗脳言葉など、二度と聞きたくもない。(鳥肌もん)
    すぐにでも組織から抜け出し、消え去りたいくらいなのに・・・・
    最後に 一度は必ず創価脳の幹部と話しをするハメになります。
    でも、最後の力をふり絞ってでも、キッパリと脱会する価値はあります。(実感)

    盲信の親がいる場合、亡くなるまで脱会を待つということは、親の死を待つという意味なので、なんだか悲しいものです・・・。けれど現実です。
    私も盲信母が他界していたからこそ、すぐ脱会できたわけですから・・・・。
    2世3世は完全非活になれたら、心は脱会と同じと思います。
    あくまでも創価の資金源になる協力はしない。(新聞、財務、その他・・)
    親や組織が「何を言っても、全然ダメだ」と諦めるような存在に
    自分が徹底して なり続けていれば、
    時は流れ・・・、いずれ環境も変わり、正式な脱会ができるチャンスは必ずきます。
    この「時間や環境による変化」を上手に活用するのもひとつの考え方であると思います。

    「コンプライアンス」 いたずら電話とわかっていれば、誰も相手にしないのに、
    警察だと素直に信じてしまったために起きた悲劇・・・・。
    オレオレ詐欺や創価の詐欺も一緒ですね。
    信用できるもの(家族、肩書き、宗教・・などなど・・・)を材料に
    人間の心理を利用して自由に操る手法。
    詐欺はよく勉強、研究してますよ。そういう人間の心理を。弱点を。
    創価のトップもそれが仕事なんです。
    宗教詐欺のスペシャリストとして君臨してるつもりなんですかね。(何様だ!)
    創価が詐欺という からくりが理解できたら
    池田の指導も幹部の指導も 全部いたずら電話の警察と同レベルってことも
    わかっちゃいましたね。(-。-)y-゜゜゜

  92. 去年脱会した学会二世のおっとっとです。

    もしかして脱会できない方の中には、まだセンセーの病的とも言える程の二面性を知らない方々が多数いませんか。
    センセーはもともと勤行なんか、ないがしろにしていた様ですね。
    有る元通訳の方がセンセーの事を暴露しているブログがありました。

    この中で矢倉涼子さんが言っていること。
    >「センセーがソ連に行く時は、共産圏で勤行ができないから、私がセンセーのために朝晩とも二回ずつ勤行するの。」

    又、筆者がこうも言っています。
    >センセーの口から怨念のように宗門誹謗が繰り返され、あげくは「五座の勤行はしなくていいんだ」などと言い出した

    会員には勤行を奨励して(どうせ別人が書いている可能性が高いのですが、少なくともそのスピーチを自分で読みあげているはず)
    自分は全く逆の事をして平気でいられるなんて、、、全く人格を疑いますね。

  93. 創価はずっと、宗教の多様性を認めませんでした。
    同じ日蓮系でも教義の解釈をめぐっては、教学試験まで設けて「これが正しい」「これが邪宗」と宗派の分裂すら認めませんでした。
    認めないどころか、誤った解釈を信じて手を合わせると不幸になると脅しました。

    これは単純に商売の戦略に好都合だったから利用したにすぎません。
    「唯一正しい」とすると驚く。
    宗教など特に信じてない者もとびつく。
    今までにない新鮮な戦略を打つことで、宗教を相当なビジネスにできると踏んだからです。
    あくまでもビジネス戦略としてよしとしたのであって、実際にそういう思想をよしとしてたわけではありません。
    それなのに末端信者はその思想こそを真に受け、聞きかじった教義をふりまわし、他宗、他流とみると破折する、論争をふっかけることに夢中になりました。
    人が集まって夢中になれば商売は発展します。

    他宗、他流というと喧嘩をふっかけることが楽しい選民意識に芽生えた信者相手に金儲けをした。
    それだけの話です。
    そして近年、今度は「これが唯一」という排他的な思想が受けなくなった。
    逆に「多様性」を売りにした方が人気で商売になる。
    だから戦略を変えた。
    たったそれだけのことに「幸福」だの「不幸」だの「仏教」だの「真偽の解釈」だの、アホらしくて付き合ってられませんわ。

  94. 脱創価脳、未活2世すざくです。

    皆さんのコメントを拝見して、辛く、胸が苦しくなりました。
    信仰が理由で、何故、夫婦、家族関係がぎくしゃくしなきゃいけないんだ!
    怒りの感情しか沸かないてす。創価学会は悪の巣窟ですね!
    昨日実家の近くに用事があり、母に会いに行きました。
    最初はいつものような、私と母の会話でしたが、後半帰る間際ある話がきっかけで、私の態度と言葉と話し方がきに食わなくなったのか、母が逆ギレに。
    そこから、口論になり、まー毎度の事ですが、私はわがままで自分の立場をわかってない。だから駄目なんだ!毎度そんな事を言われ続けてきました。
    帰った後、はっきりと自分はいつも家族の中で浮いていて、疎外感を感じていた
    今までもわかってはいましたが、自分で認めたくなく考えないようにしていましたが、昨日自分でもはっきりと認めました。こんなアラフォーになってから(>_<)
    子供の頃から冷静に創価を見る自分と(奥底の感情)、母に嫌われたくなく創価お花畑状態(表面)の自分がいて、その奥底の感情にいつも苦しめられたんですね。
    私は魔が働きやすく我見が強いから、魔にやられすいんだ!ナンミョー。
    そんな事を何十年も続けてきました。奥底の感情を偽りの蓋で覆っていたんですよね、今は覚醒をして本当に気持ちが楽になりました。
    今まで色んな蓋で覆っていたものが、ボロボロと出てきたように思います。
    でも、そんなことでうろたえる事はもうなくなったなー、覚醒してそれまでの偽りの自分ではなく、良いも悪いも私はこういう人間だ!と心底認められて良かった、
    ここのブログの皆さんにも本当に感謝しています。
    母の創価の教えの物差しで世間や家族を見て、尊大で傲慢で人を見下す、
    イケダそのまんまです。日蓮の教えをある意味実践してるとも思います。
    母と向き合って、私の創価に対する気持ちしっかり話し合わねば、もうごまかしていられない、母との決戦の火蓋を開かないと駄目になってると、考えております。

    私もついこの間まで高校生の娘にそうであったなと、反省と申し訳なさでいっぱいです。
    この間娘がこんな事実を話してくれました。
    「小学生の頃純粋に創価学会ってなんだろうと思って、ママがいない時ネットで調べたら、えっーーーこんな事言われてる!創価学会ってこんなとこなのー・・・」
    それから娘は全く信じなくなったらしいです。
    私は「なに、ママに言ったら否定されて、怒られるのわかってて何も言わなかったの?」「うん!」それから娘は私が覚醒するまで、偽りの娘を演じていたんだなーと、私は本当に母と同じ過ちを犯していたんですよね。
    創価学会はたんなる詐欺団体ときづけて良かったとしみじみ思いました。
    難しい年頃でもあったのでなんとも言えませんが、娘と私の間に薄ーい壁が私が覚醒するまで存在してたと思います、今はそんな壁もなくなったと感じています。
    喧嘩はしますが(^-^) 
    創価学会は親子関係をも歪ましてしまうんです、少しでも疑問に思っているかたがここのブログに一秒でも早くたどり着いてほしいと願います。
    そして、ここのブログにコメントしてくださる皆さんと管理人のシニフィエさんに感謝致します。

    いつもながら長ーいコメントすみません(-_-)

  95. 非活2世、鼻水がようやく透明になってきた鼻たれコージです。
    まだ鼻たれてんのかい!という話ですが・・・
    そう言えば、昔の昭和の頃は、青い鼻水たれてた子供が結構いましたよね。
    あれ、何だったんでしょ? 栄養状態とかの関係なのかな?

    それにしても、世界ではテロ事件とか北朝鮮のミサイルの脅威とか、
    その他色々な大きな問題があるというのに、
    相も変わらず聖教新聞紙上は、まったくの他人事ですよね。
    何のニュースにもならない平穏な国での池田賞賛記事ばかり掲載しています。
    さすが、平和、教育、文化をテーマにした世界広布の大新聞ですね(笑)
    あんなものを読んで、創価脳の人たちは楽しいんでしょうかね?
    楽しいんでしょうね。 かくも洗脳とは深くて厄介なものです。

    レイラさん、ありがとうクマ^^
    リラックマのキャラクター、のんびりしてて可愛いですよね~

    野呂菊さん、
    >組織の中で、学会員でいるメリットが大きい人は脱会なんて考えないですよね。
    >同じ学会員でも階級があったりしますか?
    本部幹部とか学会職員は、学会員でいるメリットも色々とあるのかも知れませんね。
    特に本部の幹部は、金銭的な面も含めて結構なメリットがあると思われます。
    ただ、地方の普通の学会員の場合は、地域の幹部程度では特にはメリットは無く、
    ただひたすら責任感と功徳を追い求めての日々の活動だと思われます。
    洗脳が解けない限り、毎日の忙しさを充実感と勘違いしてしまってて
    なかなか抜け出せないんだと思いますよ。
    野呂菊さん、インフルエンザの具合はどうですか?
    熱が下がったという事で、ホッとしていますが、無理はなさらないでくださいね。

    カガテツさん、貴重な資料ありがとうございます、
    池田師匠も、功徳なんて最初から信じていないとしか思えないくらい
    勤行とか唱題はいい加減だったんですね。
    自分は権力やお金を使う事で頭が一杯だったんでしょう。
    まさに、カルト宗教の教祖そのものですよね。

    さて、非活や完全非活、覚醒状態、脱会に向けての動きに関しては、
    人それぞれの感じ方や想い、事情などがあると思います。
    覚醒していても、創価を脱会するリスクや人間関係で思い悩み、
    しばらく脱会の動きは保留しておいて、少しずつ準備を進めたい、
    そのように思われる人も多いかと思います。
    私が男子部でバリバリ活動してた頃なんか、地域で脱会者が出たら、
    「あいつは可哀想だが地獄に落ちる」「以降、相手にしないように」と
    支部の部長や本部長、地域男レベルの人間までそういう言い方をしていました。
    やはり、その時代のトラウマ、恐怖のようなものも少なくはないと思われます。
    脱会は、創価脳の会員にとっては「退転」という認識ですしね。
    (勿論、地獄に落ちるなんて事は1000%ありません、念のため)

    何より、覚醒して今やっと非活に転じて落ち着いてきた方々というのは、
    今は色々な面で不安や創価への憤り、心細い状況などにある訳で、
    そういう弱い状況だからこそ、ここに皆さんが集って
    多くの方々のコメントを心の拠り所としている訳なんですね。
    皆さんの温かいコメントや体験談を読む事で、創価に背を向けても大丈夫なんだ、
    創価と縁を切って新たな人生を始めても、安心して楽しく生きていけるんだ、と
    明日への希望を見つけてスタートしていく事が出来るんですよね。
    覚醒して、ここには参加してないけど非活になりました、という方々でも、
    今の状態が本当に正しいのかどうか不安な人もたくさんいると思います。
    そういう方々も、こちらのコメントを日々、読んでいく事で、
    少しずつでも前へ進む事が出来るでしょう。
    勿論、脱会して大正解!スッキリしました!というコメントも、
    ものすごく励みになっているのも事実です。
    何をまどろっこしい事を言ってるの?と思われるかもしれませんが、
    塾や習い事を辞めるようには簡単にはいかない場合も多いです。

    すでに脱会した人にとっては、非活の状態を続けている方々に対し
    何でまだ居るの?と疑問を投げかけたくなる気持ちも良く分かりますが、
    そこはやはり配慮と思いやりを持って、同じ仲間として
    気長に待っていて欲しいなぁ・・・と感じます。
    仲間という意識も無くて、単に脱会自慢されているだけなら、
    まあ、何も申し上げる事はありませんが・・・・・
    (そんな人はさすがにここにはいないと信じたいですが)

    1日も早く創価の大嘘が明るみになるとか、池田絡みで混乱でも起きてくれたら、
    多くの方々が脱会に向けて、大きく行動しやすくなるはずです。
    早くそんな日がやって来る事を、私も仏壇にご祈念したいと思います。
    って、なんでやねん!!

    (  ̄(エ) ̄ ) 数珠の持ち方も忘れたクマ~

  96. 池田は勤行などしてなかったという証明になった、裁判に使われた「行動記録」
    このようなものこそ創価が一番隠しておきたいことでしょうね。
    「トップは教えなど信じてない」
    これが理解できれば全て理解できます。
    一切の騙しが通用しません。
    出版差し止め工作を始め、創価が湯水のように金を使って会員の目に触れさせないようにしてきたことはこれなんですよ。

    逆にいえば、教えなど信じてない池田がどれほど厚い信仰心があるかを、大嘘の演出で騙すこと。
    創価はこれに散財していたんです。
    信じられないくらいの、考えもつかないくらいの演出です。
    あれもこれもどれも全部芝居でした。ゴーストでした。ふりでした。工作でした。

    信じる信じないは自由です。
    実際三人組のブログなど見ると、彼らは池田に対して露ほどの疑いも持っていません。
    創価の思惑そのままに信じています。
    あとはどっちを信じるかですね。

    活動家は創価の出す資料を見て池田を信じています。
    アンチはそれ以外の資料も見て嘘を見破りました。
    次はあなたです。
    創価とかアンチとかこだわらず、〇〇であるべきとか好き嫌いではなく、冷静に考えて判断してください。
    創価に価値を見出しているなら、一度は向き合っても無駄にならない価値がありますよ。

  97. こんにちは。外部の野路菊です。
    シニフィエさん、いつもお世話になっております。

    スマイルさん
    外部の私の質問に具体的に答えて下さり、ありがとうございました! 創価には、旭日会とか牙城会、カトレア会など様々な会があるんですね〜。前にネットで外◯省内に大◯会という創価の派閥があるようなことが書いてあり、まさかと思っていましたが、本当にあるのかもしれません。
    本部から「特別感」を持たせてもらうために贈られる品が、偽サイン入り本っていらない感満載ですが、高いIQも洗脳には勝てず、上手く使いこなす本部側は優越感に浸っているのでしょうか。。高額財務を支払ってくれるお得意様ですね。病院の看板に創価系◯科って書いてほしいくらいです(笑)
    スマイルさんのおかげで、創価をまた違う視点から考えることができました。

    コージさん
    お見舞いのコメントありがとうございました。最近、病院で使われている吸入薬で以前より早く治った気がします。その薬が、からだの為に良いのかは疑問ですが(何らかの副作用があるかも)、50代になると楽を良しとしてしまいます(^_^;)

    >特に本部の幹部は、金銭的な面も含めて結構なメリットがあると思われます。

    本部の幹部職員は、やはり2世、3世の方でしょうか? S大卒の選ばれし民のみ、メリットにありつけるというシステムなら、理不尽ですね(怒)
    外部の私が知らないだけで、法曹や医療界でも創価の不正が色々あるのではと疑念を持ちます。

    モニカさん
    >トップ連中はおそらく一家和楽で楽しくやってますよ。
    大切な身内は創価になんかに入会さない。
    入会させても活動など強要しない。
    可愛い身内にそんな駒みたいなこと誰がやらせるか。

    モニカさんのご意見に思わず頷いてしまいました。トップ連中が本部職員に限られるのかはわかりませんが、私はエリート学会員の中にも「うちは普通の学会員とは違うのよ」という意識を持った人がたくさんいるのではないかと考えています。
    唯一から多様へ、時代を読みながら、利用できるものは利用して、姿を変えていく。人の苦しみなんてわかりっこないですね。

  98. “想学談林”【20160316】人材枯渇の創価学会- によれば、

    では創価学会はこれからも盤石この上ないかと言えば、もう二十年ほど前から衰退基調に入ってきています。
    今に至っては青年部の層も薄くなり、会館運営は壮年部人材グループが取り仕切り、未来部担当者も壮年・婦人でやらなければ組織として成り立ちません。
    あと二十年位したら団塊の世代のじいさん婆さん達も「霊山浄土」へとお帰りになるので、もう実態として組織は動かせなくなるでしょう。
    …(以上コピペ終了)

    と云う事で、残った会員に負担が熨し掛かってるようですが、この傾向は変わらないでしょう。そのうえ、「戦争法だー」とか言って創価中枢部を批判している会員は、静岡地方を中心に粛清の嵐が吹いてるそうです。
    【参考:you-tube [創価婦人部・脱会を決意するまでの体験記] 】

    >あと二十年位したら……組織は動かせなくなるでしょう。
    だけなら良いんですが、恐らくオウム以上の悪どさ。が表面化しててその時、“物心も付かない三つ子を親の一存で勝手に入会させてた場合”、親子の葛藤は、下手すっと「血みどろの闘い」となる、可能性が高くなります。ので、子供が成人して“本人の意思で入会する”ように、しておかないと、悲劇ですよ!。(創価じゃなくて親が悪いことにされますよ)

    コージ さん 2016年3月24日 23:05
    >塾や習い事を辞めるようには簡単にはいかない場合も多いです。

    コージさん云われるように、中枢に云われるが儘の人。日蓮と池田先生は信じてる人。日蓮のみは信じてる人。選挙の時だけ張り切る人(50年前もこんな会員居ました)。警察に口利きして罪を見逃して貰ったり、軽くしてもらうという経済合理性(損得づく)で入会している暴力団員。(公明議員に)生活保護を受給させて貰ったから辞められない人。なんとなくいる人。親族・家族・友人の柵(シガラミ)で辞めにくい人。お客さんは学会員が大半のパーマ屋さんで、退会したら店が潰れる人等々…、簡単ではないでしょうネ。

    パッと退会できる人はそれで問題ないでしょうが、「戦で一番難しいのは、撤退戦」です。ここを間違うと全滅させられます。
    私ら一家も完全非活で20数年間ホッタラカシで、母親が、「葬儀は僧侶に頼みたい」と云う事でお寺へ戻ったわけですが。(三周忌済むまでの4年間程)…

    例えば、今まで聖教3部取っていた人は1部に減らす。財務2桁捧げてた場合は1口・2口に減らす。役職は徐々に辞退する。座談会は極力出ない等々…、
    要は、お金と時間を貢がないように減らして行って、
    (こういう人が増えれば増えるほど、創価の力は弱って行きます。確かに警察・司法・外務省等に創価員グループが居ますが、実はその反対グループも居て、公明=創価の力が弱ってきたら、“トッチメテやる”と、創価グループの不正や不当利得etcの、証拠を着々と蓄えているそうです。-盛者必衰の理-)
    被害を最小限に抑えるようにして、周りの状況を見極めてやり過ごしていたら、いずれ脱会のチャンスは来ますよ。これが(歴史という)時代の流れと謂うものなんでしょう

  99. はじめまして。
    二世、ゆる活〜未活の花梨といいます。

    創価学会には子どもの頃から疑問を感じていました。
    バリ活の両親からは日々の題目や勤行・学会活動を強制され、「お前は信心をしないとダメな人間なんだ」と幼い私の人格を否定するようなことを言われ続けてきました。親にすれば愛情ゆえの言動だったのだとは思いますが。

    創価学会のことを考える時、親への恨みの感情が混じるので、冷静に考えられるようになってから続けるか辞めるかを決めようと今に至ります。

    外部の夫と結婚してからも仏壇をおかせてもらい、ゆるく活動してきましたが、新聞啓蒙や選挙活動は断わってきました。
    どちらも他人に迷惑をかける行為だと思っていたので。
    ですが組織内でそんな態度だと居心地悪いんですよね。何も出来ない人、勇気の無い人のレッテルを貼られますし。

    組織内に居続けたかったら自分の考えを捨てないといられない、疑うなと言われる、でもそれってどうなの?と何年も考え続けて、最近やっとこのサイトに出会いました。

    まだ私自身の結論は出ませんが、このサイトで皆さんの話は本当にためになります。ありがとうございます。

  100. こんばんわ。
    外部の雑草です。
    やや不謹慎な文があるので承認の判断はお任せします。

    ラベンダーさま
    >50年信心してきても答えられない。
    これこそ創価がインチキな証拠じゃありませんか?

     「自分の優位を守る」、「集金」このふたつが主に考えられる動機でした。
    あと、当然なかには良質な人間や真面目にいっている人もいることを申し添えます。
    (数字に確証はないですが)10~15年程度でひととおりのことができない場合、
    危険(インチキ)だと考えます。
    あと、目的と手段がサカサマになる倒錯が気になります。

    この件について分野違いですが書かせてください。
    もう頻繁に聞く口上だったもので。
    まさに武道の分野で,伝統武術の分野で、
    そして伝統技術とされる分野(工芸)で味わったことです。

    ラベンダーさまが、>50年信心してきても答えられない。
    とおっしゃられていると同じように、
    まさにそのままの言われ方をすることが武術であります。
    「数十年やらないと修得できない技術」だとか
    修練がたりないだとか言われる技術があります。

    これには疑問があります。
    私は剣術の人間で、かつて同じく剣術の人間で高齢ではありますが、
    本当に強い人に会って師事したことがあります。
    そしてその人もまあ、そんなようなことをいってた。
    つまり数十年やらないとできないとか、修練がたりないだとか。
    だけど、問題はその人と息子以外、まともに使える人がいないということです。
    弟子は何百人もいましたよ。武術は流派ごとに型というものがあり、
    それをすべて学び終えると「免許」というのがもらえるのですが、
    弟子に一回も免許を出していません。
    曽祖父の代から100年以上、そして弟子が何百人といた中でね。

    おかしくありませんか?
    昔本当に殺し合いがあった時代、剣術の技術が戦争に使われていた時代、
    もういつ実践になるかわかりません。
    数十年も稽古って、その間に戦争になったらどうするんですか?
    例えば相手が殺しにかかってきたとする。そのとき相手に
    「いや、あと20年くらい稽古させてください。そのあと改めて、私を襲って下さい」
    とでもいえば済むんですか?
    相手が引き下がって、こちらを殺さず帰ってくれるんですか?

    これは笑い話なんですが、あるとき痴漢に対する技術を
    TVかなにかで紹介した武術家がおりました。
    そして聞き手が、「ああこれで安心ですね」といったところ、
    「いや、生兵法はケガの元、10年20年稽古しないといけません」
    などといっておりました。
    まあ、笑い話を、それも女性に顰蹙買いそうな解説してもしゃあないですが、
    わかりますね、この話のオチは。

    20年もたったらそもそももう痴漢されないでしょう。
    若い女性ならともかくバアさんにセクハラしてどうする。
    それ以前に稽古中に襲われたらどうすんだ、身を守るのにそんなに待てないぞと。
    もう本末転倒というかなんというか・・・・。その話と似てますね。

    実際に戦った武士の習っていた技術は、ほんとにあんな技術だったんでしょうか?
    修練が足りないだとか
    術としての深みがうんぬんとか
    心がなんとかだとか。
    そういわれれば言い返せないですけど、
    そんなにごくごく一部の人しか修得できないものなのですか?

    もともとセンスがバッチリの人。
    選ばれた体格を持つもの。
    異様に道具の操作がうまい人。
    なんでもかんでも一回見せただけで本質を見抜きつぎの瞬間には真似できる人。
    教わっていない奥義も自得してしまう人。

    そんな極端な人間しか修得できない技術だったんでしょうか?
    それもその極端な人間が、なおかつ数十年稽古しないと修得できないんですか?
    そんな1000人に一人みたいな特別な才能が必要なんですか?
    じゃあそれ以外のひとはどうするんですか、死ぬのを待つんですか?
    これはおかしな話。
    とにもかくにも実効性があり、身を守るすべを学ばないといけないはず。
    修練がたりないのでしかたないなんていいながら死ねませんよ。
    身を守るのに数十年も待てないですよ。

    私は何人か今現代において実際のそのような現場に行った人と会話したことがあります。
    数十年なんて稽古したひとなんてひとりもいませんよ。
    早い人は初陣は6ヶ月です。
    それでいて、技は洗練されています。
    実用本位の洗練された武術の奥義に該当する技を6ヶ月の修練で修得しています。
    名を残した流派の始祖も、案外短期間なことがあります。

    数十年の稽古や信心が必要なんて話は、怪しいぜ。

  101. 連投失礼します。
    外部の雑草です。

    ・数十年の稽古(信心)が必要とされるといわれる理由:自己の優位保全・集金そして倒錯

    ではなんでそんなことをいっているのか・・・・。
    自分を神秘化させて現在や未来の立場を守ったり、当然生活がありますから、
    長いこと門弟から金をとれれば都合がいいわけです。
    つまり生活するためにわざと遅らせたり、教えなかったりする。
    あるいはおきてもいない冤罪をつくってなすりつけてそらす。
    ザラにある話です。

    うまいこと思考停止して貢ぎ続けてくれれば都合がいいでしょう?
    こんな話はザラなんです。武術の裏側なんてこんなもんで、
    決して立派な理想だの概念を真に受けきってしまってはいけませんよ。
    きたねえよ、武術だの伝統技術だのってのの実態は。
    基本的には、まともに精進だの修行だのをするようなところじゃないです。

    自分の優位を守るため、集金のため・・・・。
    数十年の修練だのなんだのという人は、実際はそういう動機が多いのだとおもいます。
    無論、いつまでも完成だの無欠などということはありえない、いつまでも修行が必要、
    死ぬまで稽古という考え方には賛同します。だけど案外怪しいモンなんです、この考えは。

    良心的なところもありましょうけど、
    基本的には数十年の稽古が必要なんてのは、怪しいです。
    もちろん一朝一夕にはできませんが、10年もやって、
    ある程度モノにならない技術は、だいたいおかしいと考えていいと思います。
    基本10~15年の間で教え終わらないとこはやめたほうがいいです。

    それは完全に宗教関連にも共通だとおもいますよ。
    あなたの努力がたりないだのなんだのと言われると突っ込めなくなるが、
    10年もやってるのにできない場合、単に教えのほうが腐ってる場合が多いとおもいます。
    何十年やってても悪いことしかおきないあるいは効果がない。
    もはやそれはマヤカシでしょう。
    何のための宗教ですか?
    幸福と感じたいから、有意義に生きたいからの宗教ではないのですか?
    つまり自分の人生を幸福にしたい、そのための宗教でしょう。

    ところがいつのまにかすり替わっている。
    宗教のために、創価のために人生を尽くせといわれる。
    創価(の上層部)を幸せにしろと。

    まさに倒錯です。

    まず貴方の(自分の)幸福や人生が優先されるんであって、その逆などありえない。
    邪魔になっているなら、宗教も武術もためらいなく捨てればいいとおもいます。
    この部分の倒錯を強調したいとおもいます。

    まず自分の幸福、それを満たす為の手段として宗教です。
    ということは幸福に益しないならば捨てるのは当然だとおもいます。
    自分の安全、身を守る手段としての武術です。
    ということは効果が見込めないならば捨て去るのが当然だとおもいます。

    倒錯。

    主催者さまの夫婦におきた出来事でしたか、奥さんが創価のひとに会うたび、
    「貴方子供はいつできるの?子供をつくって創価にいれるのがうんたらかんたら」といわれたと。
    まさに倒錯そのものです。

    子供や本人が、幸福になるための手段のひとつとして宗教があります。
    ところが宗教のために人間があることになっちゃってる。
    創価の利益のために、各人の人間があり貢ぐことが当然になっちゃってる。
    何故目的と手段が逆転してるんだ。

    数十年の稽古や信心が必要といった時点で、目的と手段が逆転してますよね。
    ここに気づいたら、すこしずつ洗脳が壊れだすのではとおもいます。

  102. 凛々子です。
    リンさん、神に挑む場所さん、前スレで、私のヤングミセス時代の愚痴に対して、
    コメント残して下さりありがとうございました😌

    バリ活だったヤングミセス時代、ママ友作りや子供の友達のためにと、勇気を出して公園デビューし、何人かママ友になりました。その中で幼稚園、小学校も一緒になり、今も親子共々、良好な関係で入られるのも、あの時、私が創価学会員とバレずに済んだお陰です(前スレで書いた内容の話です)
    その後も創価学会のことは絶対に隠しておこう‼と自分の判断に間違いなかった\(^o^)/と思えます。
    もし、創価脳全開で、また誘い、新聞やFなど頼んで、避けられるようになっていたら、今はありません。
    ましてや、後に宗教ではない!詐欺と知ることになったので、後悔しても仕切れなかったと思います。
    女子部時代に、折伏や選挙で友人に縁を切られたり、合コンでFを頼んだら、シラケられ空気が変わったことなど、この身の危険(笑)を感じる体験が、ヤング時代にいかされました(笑)それだけは、本当によかったと思います。
    一人言みたいで、すみませんm(_ _)m

  103. 私は春から高校生になる者ですが、創価学会を脱会したいと思っています。生まれた時から親に入会させられ、会合なども無理やり連れてかれます。
    母親は支部長、父も学会員、姉は創価大学です。
    私は二度と会合にも参加したくないし、勤行など聞きたくもないです。親に脱会したいと言っても、怒れるだけです。どうしたらよいでしょうか?

  104. 雑草さんの話で思いあたることがあるのですけどうまく文章にできるかどうか・・
    私は女子部時代はがっつり活動してきたので他の人から信仰心があると思われて色々な話を見聞きしました。例えば財務で三桁や四桁する人がいるけど、それはすべて本人が自発的に行ってるものだと思ってましたが実は信仰心が強そうな人をピックアップして幹部が指導してお金を出させてる場合もあること。このことはある支部婦人部長さんから聞きました。支部で何本しらゆり(三桁財務するひと)を出せるか。三桁を決意した人がいると嬉しそうに『しらゆり一本!』って喜んでました。でも、こんな話はある程度バリバリ活動してる人にしか言えない話だとか。
    活動歴の浅い人にこんな話をすると疑いを起こしてしまうそうです。
    後は新年勤行会の時のお寺の監視の話なども、本部幹部以上の人が集まる会合でしか聞けません。
    何を言いたいかと言いますと、それぞれの信仰(活動)の度合いに応じて少しずつディープな情報に触れる機会が増えてくるということです。
    よく『学会はそんなに悪いところじゃない、いい人がいっぱいいるじゃないか。アンチの人はよっぽど悪い人に縁してしまって運が悪かっただけでしょう?たくさんお世話になったのに悪口を言うのはどうかと思う』みたいなことを言う人がいるのは要するに学会の表向きの良い部分しか見聞きしてないだけだと思うんです。つまりそれなりの活動しかしてないということです。幹部の人はそういうのをきちんと見極めてそういう人には絶対ディープな話はしません。
    私の兄弟は親元から離れる時に無宗教でいくと決めて親も無理強いするとかえって良くないと思ったのかあまりうるさいことも言わず送り出しました。
    今でも信心はしてませんが、周りの学会員が良い人ばかりだったせいか学会に対して何の悪い先入観もなく、新聞を頼まれれば取りますし選挙も頼まれたら快くOKしてるみたいです。
    そんな兄弟に対して母は学会のディープな話は絶対しません。おそらく統監が親元にあって自分の名前で財務されてる事も知りません。学会がお寺の監視してる事や夜中に怪しいビラをまいたりする男子部の事も知らないでしょう。
    こんな変なことをしまくってる組織にいるなんて全然知らない呑気な人が結構いるんだろうなぁと思います。『学会ってネットで書かれてるようなそんな変なところじゃないよ!だって私だって会合でたことあるから知ってるもん!』何て外部の人に言ってみたりして。
    まぁ、そんな私もせいぜい女子部で活動やってたくらいなので認識が全然甘いなぁと反省することだらけですけれど。白バラの希望さんのブログを見て最初は『え~ウッソ~!いくら何でもちょっとそんなことあるわけないんじゃない?』と半信半疑だった私ですが、たかが地方幹部の私でも一般の人から見ると『ええ~~?』っていう体験をしてるのだから本部中枢に近いところにいた希望さんがもっとすごい情報に触れることは十分あり得る、と今なら納得できます。
    信仰の段階に応じて耳に入ってくる情報が違うっていうのがそもそもおかしいですよね。
    新入会の人には聞かせられない話、ってのがあるということが。

    うまく表現できず長ったらしい文章になってしまってすいません。

  105. あいすさん、よくわかりますよ。
    「末端の耳にはとてもいれられないまずい話」は幹部になるほど知ってますよね。
    このくらいになると何でも信心で受け止めるだろうということですが、要はMCが強ければ何を聞いても目が覚めないってことですか。

    役職に無縁だった私は新聞の多部数購読すら、誰も私の耳には入れませんでした。
    一定の役職の人たちが集まってコソコソやってました。
    今思うと順番に部数のノルマを回していたんです。
    「末端の耳にはとてもいれられないまずい話」と自覚しているってことは、心の片隅ではおかしい、理解されない、オープンにはできないやましいこと、という意識があるってことです。
    それなのに心をごまかして、いろいろ理由付けしてやってるってことです。
    この辺りから彼らもトップ同様、詐欺の仲間入りしてます。同じですよ。
    広宣部だって自分たちの行動を秘密にしている。
    公にして堂々とできるなんて思ってない。
    そうやってだんだん少しづつ表裏のあるというか、創価はキレイごとばかりじゃない、でも組織のためなら何をやってもいい、許される、意味があると言い訳する人間になっていきます。
    挙句、先生の決裁があればゴーストライターもいいとかね。
    でも何も知らない外部の前ではニッコリ笑って「嘘のない世界なのよ」

    私は会員の時は根からのお花畑で、そういう理不尽を抱えたことはありませんでした。本当に嘘のない世界だと思っていました。
    だから多部数購読程度?のことでびっくり仰天してさっさと覚醒できたんですが。
    その後ネット知ったあれこれなんて論外で、よくまあこんなこと知ってて活動できる人がいるもんだと感心しましたよ。

    ディープなことを知っていて(末端には言えないわと思っていること)、尚活動している幹部さんたち。
    あなた方は充分詐欺師向きです。
    末端もこの辺から怪しい詐欺団ですよ。

  106. あいすさん、すごくわかります。
    私も、部長から圏主任部長をやり、
    結婚してからは、ヤングミセス支部責から圏委員長。
    グループ長から白ゆり長と、役職に就いてきたので、すごく感じていたことです。
    役職につくことは、組織の運営に回ることですし、会社で言えば、部下を動かしていかねばならない立場ですものね。
    やっぱり、私も部員さんのことを、信仰心の強い人、弱い人のピックアップはしてました。そうしないと組織を回せませんし、
    報告もできませんし、長の一念が足りない‼と言われますしね。

    婦人部になって、もっとも疑念に思ったのは、財務する人のピックアップ。
    地区討議など、
    あの人は、お金のことにうるさいから、
    とか、あの人は、財務の話しなくてよい、とか、振り分けていることに、福運を積むためにと、大事な財務なのに、こちらで勝手にやる、やらない決めるの?
    と、疑問でした。
    でも、それで信心に疑いをもって、辞めてしまうなどになってしまったら、かえってその人が不幸になる。と、お花畑な創価脳な私でした(-_-;)

    白ゆり長になってからの新聞啓蒙にはウンザリでした。毎月、〆切間近に、新聞長から、「あと何部足りないの、白ゆり長なんだから、一部でも頑張ろう」と催促されるのが、苦痛でした。
    私より、地域の人脈ある部員さんいるから、そういう人に頼ってほしい!白ゆり長だからと、押しつけばかりと思ってました。そういうのもあと何部足りないとなり、はっぱかければやってくれそうな人をピックアップしているんですよ。

    正直いうと、信心が強い人、弱い人じゃなく、性格をみているんですよね。
    気弱な人、人が良い人、断られない人、と性格をみてるだけですね。

    ちょうど、覚醒した頃に、新聞長が、家に直々にきて、どーしてもあと何部なのよ、
    今日直接きたのは、凛々子さん、なんとかあと何部啓蒙お願いしたくて、と来ました。
    「自分が見てもいない新聞、人に勧められないし、啓蒙したいとも思いません。
    そのうち、新聞とめるつもりですから」
    と、キッパリ言ったら、ええ~、どうしちゃったの?疑いをもっては魔に負けるよ、
    人間革命の途上よ!白ゆり長なのに、しっかりしないと!など言われながらも、
    ハッキリものを言った私に驚き、退散していきました。
    覚醒して、創価学会に怒り奮闘だったタイミングだったのもありますが、普段はなかなかハッキリなんて言えませんよね(T-T)

  107. ぽむぽむです。
    昨年7月脱会したぽむぽむです。このスレッドのお題よりもsapphireさんの親として創価の人との娘さんの恋愛に関して動揺するコメントに私自身が動揺してしまいました。
    考えがまとまるものではありません。

    うちの夫は「末端の耳にはとてもいれられないまずい話」をされないタイプの人間なのです。多額財務、多部数購読はしていません。ユル活ならではの創価脳ですね。
    妻がアンチで役職ももらえませんでしたから。今は、民音役員?日顕宗の方の訪問?を任されて喜んでいるのかもしれません。

    先ほどスーパーで地区婦人部長?に声をかけられました。突然だったので申し訳ないけどひきつってしまいました。
    まだ、「池田先生と共に、お心を合わせて」とか言ってるのかと思ったら。
    ひきつりますよね~~(・_・;)
    早く、目覚めるクマ~~~

  108. モニカさん、凛々子さんにうまくフォローしていただけました(^^)
    ありがとうございます!
    私が例にあげたことは、活動してるときは自分では全然おかしなことだと思ってなかったんです。恥ずかしながら。
    世間に対してやましいことをしてるという意識は全くなく、信心してない人や信心歴の浅い人には理解できないこともあるんだ、って普通に思ってました。やっぱり生まれた時から学会員だったせいでしょうか・・・。もちろん、ディープな情報は活動家になってから知ったのは確かですがずっと面倒見てくれてた優しいお兄さんお姉さんおじさんおばさん達が当たり前のように受け止めてる事を自分もすんなり受け入れてしまったんですよね。
    だから学会一世の主人と出会った頃はカルチャーショックを受けました。
    ある時、時局講演会を地元でやることになって総県の方からPRのビデオが来たんですが、誰が製作したのかひどい出来で外部に見せるには恥ずかしい内容だったのです。でも総県から時局で流せと来たものを断る脳みそなど持ってる活動家は皆無で皆異論なく時局講演会で放映しようとしてたのに主人だけは『こんな酷いもの外部に見せれるか!総県から来たのだろうが何だろうがこんなの却下!』といって自分で公明党のHPからそれなりの映像を拾ってきて時局講演会で流したんです。(後で聞くと集まった内部の人からとても良いビデオだったねって褒めらたそうです。)
    でもこのときの私は県から降りてきた事に異論を唱える人なんて初めて見たのでギョっとしました。大丈夫かなぁこの人って。私は外部の人に見せるにはちょっと恥ずかしいなぁという気持ちがあったのに、ビデオをかけるという事には全く異論はなかったのです。外部の人に対してアクションを起こすことには何かしら心の中で抵抗がある、という感覚が当たり前のことだと思ってたんですよね。それが『魔』というものなのだろうって。そういう気持ちを乗り越えるのが自分に勝つことだと思ってました。
    後で主人には散々からかわれました(当時すでに交際中だったので)。『こんなの本当に外部に見せるのはおかしいと思わなかったの?』って。別れたほうが良いのかな、とちょっとだけ思っちゃいました。
    内部なんだけど外部みたいな感覚の人と出会って少しずつ考え方の影響を受けていったのが私にとっては覚醒への第一歩だったのかもしれません。

  109. 匿名希望さん
    まだ高校生とのこと。。
    未成年ですし脱会は厳しいかもしれませんが自分の意志で会合に出ない、という選択はできますよね?まずは、そこから始めてみませんか?

    わたしも脱会へのひとつのきっかけを与えてくれたのは自分の子どもだったように思います。
    受験合格のとき、わたしが「お母さん本部でお題目送ったんだよ」と言ったとき息子に反発されました。
    そりゃそうです。受験に合格したのは本人の頑張りでしかありません。わたしが祈った、などと今考えると情けないくらい子どもを傷つけていました。
    他にもたくさんあります。

    でも、我が子に言われるほど創価脳は傷つき反発し、あるいは逆上します。
    でも、後々我が子の言葉によって気づかされるのですよね。。
    いまは、ありがたいと思っています。

    匿名希望さんも、いますぐに脱会は厳しくても会合から遠ざかり創価以外の友人をたくさん作り青春を謳歌してくださいね。

  110. 今すぐにでも脱会したいと思っています。( ̄^ ̄)

    なかなかできないのは、主人とのことや親戚のことがあります。
    先日、父から聞いたのですが、創価の人が「会合に出てもらえないか?」と言って来たそうです。
    父は断ったのですが、何度も入れ替わり立ち替わりカルト信者が来たそうです。
    「本当にしつこい!」と言ってました。

    ボレロはその話しを聞いて怒り震盪になりました。ι(`ロ´)ノ
    これまで会合に出てない高齢の父に向かってすることでしょうか!?
    もしかすると、ボレロのことが原因かも?しれません。(/o\)

    ボレロは一度は幹部に脱会宣言しているので、もう辞めたようなものだと思っています。
    脱会したくてもさせなかったり、幹部や組織を批判すれば嫌がらせを平気でする
    ような輩が、まともであるはずはありません!(。・`з・)ノ

    一日でも早く、創価が崩壊して完全消滅することを願います。( *´艸)

  111. はじめまして! まりと言います。
    私は今大学2年生で去年サークルの先輩に誘われ断りきれず入ってしまいました。
    会合?には2回、もしくは1回くらい行ったのですが、その後数回誘われて適当に理由つけているうちに誘われなくなり活動など全くしていません。
    すぐにでもやめたかっのでネットなどで脱退の仕方を検索しているうちに内容証明郵便を送ってやめる方法があると知り送ろうとしたのですが、送った後、創価学会の方が家に押しかけてくるなどの嫌がらせを受ける可能性も知りました。
    当然私の親や兄弟、親戚には創価学会の方はいないので誰にも知られずに創価学会を脱退したいのですが家に押しかけられたら私が創価学会員だと知られてしまいます。
    私が断りきれなかったのが一番いけなかったのですが、どうすれば良いでしょうか?

  112. ぽむぽむです。
    先輩との関係がよくわかりませんが、脱会届を出しても、嫌がらせを受けることはないと思います。
    「断り切れなかったのが一番いけなかった」という言葉を自分に重ねてしまいました。
    大丈夫です。ネットで調べれば、内容証明に「一切かかわらないで」等の文章を入れた例文もあったはずです。
    信濃町には毎日脱会届は届いていることでしょう。事務的に処理してもらいましょう。

  113. まりさん、はじめまして。
    アラフィフのラザリスと申します。
    バリ活20年の後、創価のイカサマに気付きおさらばしました。
    まりさんは親や兄弟と同居されていますか?
    同居されているとすればとくに、隠し事をせずに正直に、創価学会に入会するという過ちをおかしてしまったことを打ち明けるべきだと思います。
    誰しも間違いをおかすことはあります。素直に謝りさえすれば、きっと許してくれると思います。
    それから、所属の組織に紹介者を通じて、信心の話で実家には決して行かないように釘を刺しておいたほうがいいと思います。
    あと、今後一切活動する気はないので、学会や選挙関係のことで連絡してこないでくれとハッキリ断ってください。
    嫌がらせやストーカー的な行為をして来るようであれば、すぐに警察に相談してください。
    取り急ぎ、参考までに。

  114. ぽむぽむさん

    お返事ありがとうございます

    サークルは学内のサークルではなく、ガクサーという全国のサークルが集まるサイトで個人的に見つけたサークルです。

    嫌がらせを受ける可能性がないこともあるのですね、知らなかったです(;;)

    一応行政書士の方に頼んで退行届作成・郵送代行で送るか検討しています(;;)

  115. ラザリスさん初めまして。
    お返事ありがとうございます

    私は親や兄弟と同居しています…
    やはり創価学会に入ってしまったことを正直に話した方が良いですよね(;;)

    本部の人と直接話し合うか行政書士の方に退行届作成・郵送代行をしてもらうか迷っています(;;)

  116. ぽむぽむです。
    入会してしまったことを間違いとわかっているのですから、正直にご家族に話して対処していくのがいいと思います。
    大丈夫ですよ。
    私は夫が創価脳バリバリでも、普通に内容証明郵便で脱会できてます。
    嫌がらせなどの行為が万が一にあったとしたら、警察に。
    ご家族と共に考えれば、簡単に解決しますよ。

  117. まりです。

    ぽむぽむさんお返事ありがとうございます。

    そうですよね、やはり家族に話すべきですよね;;
    相談にのってくださり本当にありがとうございました!

  118. グラです。
    日に日に退会への思いが強まり、慎重に行動しようと決めていた心が衝動で揺らぎます。
    学会三世につき、母と祖母との関係を懸念し、躊躇しています。
    昔親友(外部)が安産祈願にとくれたお守りを祖母がハサミで八つ裂きにして捨てた事を思い出しました。もう13年も前の話です。今でも一番辛いとき支えてくれるのはその時の親友です。

    いよいよ仏壇の処分に踏み切ろうと、粗大ゴミ受付を済ませました。
    来月頭に処分です。(運べるかな〜)
    ばれたら責められるかな・・。でも自分のお金で購入したものだし、文句言われる筋合いはないですよね。

    それから、子供たちが入会した際(2012年)の入会書が出てきました。
    そこに創価学会会員規程が記載されています。退会について書かれている箇所だけ抜粋して書きます。よろしければ参考にしてください。

    (退会)
    第六条 会員は本部長に退会届を提出し、本部長がこれを受理したとき退会する。
      2、会員が次の各号の一に該当するときは、退会したものとみなす。
      1)この会以外の宗教団体の信者となったとき。
      2)信仰する意志がなく、ご本尊を返却したとき。
      3)6ヶ月以上にわたり、理由なく会員としての活動をせず、また所在不明となったとき。

    いろいろと突っ込みどころ満載ですね。
    私は6ヶ月以上非活ですがどうなんでしょう。理由があるので対象外かな?

    いっそ引っ越したいです。でも子供の学校の関係などあり、それは非現実的・・。
    事を荒立てず、このまま幽霊部員で居た方がいいのかな。
    すみません。とりとめもない独り言を。

    どこにも吐き出せないので、このブログに救われています。
    感謝しています!
    管理人さん、ありがとう。

  119. グラさん、コメントありがとうございます。
    このスレッドは3月のものなので、読まれる機会が少ないと思います。
    ここでグラさんが紹介してくださっている「退会の条件」は、とても貴重な情報だと思いますので、勝手ながら、このまま一番新しいスレッドのコメント欄に転載させていただきます。
    よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中