私が『対話を求めて』にたどり着いた理由

年度末締め切りの仕事で大わらわのシニフィエです。

このブログにも様々な変遷があり、特に最初のあたりでは右往左往していましたが、今ではすっかりブログのカラーが定着し、多くの方に知っていただくことができました。本当にみなさんのおかげだと、日々感謝している次第です。

特に最近感じますのは、みなさんからのコメントによって、創価の実態が事細かに明らかになったということ。つまり「創価学会は宗教ではなく、ただの詐欺団体だ」ということの客観的な事実が立証されたものと考えられます。ここの積み上げられた創価学会についての事実を、もはや誰も否定することはできません。そして、今現在もなお、創価によって苦しめられ、悩み、脱会すらままならない方が多く存在するということも、動かしがたい事実なのです。

残念ながら、その一番の被害者である現役の創価学会員が、その事実を認めることができないという洗脳下にあります。これがいちばんやっかいな問題です。自分が創価によって搾取され、不幸にあっていることの自覚ができない。どんなに嫌な思いをさせられ、金銭を取り上げられ、思想的に偏り、一般人からは忌み嫌われ、まともな人間関係を築けない境遇であるにもかかわらず、自分が最高に幸せで、創価以外の人は今に不幸になるかわいそうな人たちなんだとしか思えないような人間になってしまっていることです。そしてさらに自分だけではなく、自分の大切な配偶者や子供や孫たちにさえも、自分の思想や生き方だけが正しいのだということを押し付けて、他人の人生までをも変えてしまっているという、とんでもない人権侵害を平気で押し通してきたことです。

そのような創価学会の恐るべき実態が、このブログに寄せられるコメントだけでも明らかになったと言えます。しかしながら、このことをいちばん知ってほしい現役学会員に伝わらないというジレンマがあります。逆に言えば、このことをいちばん知られたくないのが創価を操っているトップたちです。言い換えれば、創価の客観的な実情を現役学会員が正しく把握することが、創価のトップにとっていちばん怖いことなのだということです。これを阻止するための日々の会合であり、家庭訪問であり、聖教新聞であり、選挙活動です。とにかく外具からの情報を一切受け付けずに、トップから発進することのみをひたすら信じて、お金と労働力を貢がせる。一口で言うと創価がやってきたのはこのことだけです。会員を騙してお金と労働力を搾取する。このための様々な手練手管です。だから教義がどんなに変わろうと、公明党がどんなことをしようと、学会員が騙されてくれる限りは、どうだっていいことなのです。

このブログで常に述べているように、創価学会は宗教ではありません。宗教に見せかけることで会員を騙しているだけです。創価は最初から宗教ではありませんでした。ただの詐欺です。創価学会は、いわばこのことに気づけない被害者の集まりでしかありません。最初は宗教団体であった創価学会が途中でおかしくなったのではありません。最初からただのインチキ宗教詐欺だったということです。

そして、このブログの16700のコメントが、「創価学会は宗教ではなく詐欺団体だ」という証言をしてくれています。さて、創価学会の誰が、これらを否定できるというのでしょう。この事実をどうやって「嘘だ」「デマだ」と立証できるというのでしょう。できるわけがないじゃないですか。そしてこうした証言を、毎日毎日、数千人の人が読んでいるんです。ここに積み重なった動かしようのない創価学会に関する証言は、日々、多くの人に拡散されています。

このブログは、このまま多くの人に読んでいただければいいと思っています。一人でも多くの創価学会員が「創価学会は宗教ではなく詐欺団体だ」という事実に気がついていただければいいのだと思っています。

今さら「創価の活動のここがおかしい」とか「創価の教義のここが変だ」と言ったことの議論をするような段階ではありません。創価が宗教ではなく詐欺団体だということは、もうどうひっくり返っても動かすことのできない事実です。ましてや法華経がどうたら、仏教がどうしてこうしてなどといった議論は、創価学会が詐欺団体であることが前提である以上、何の意味もありません。

それと同じように、「創価学会にもいいところがある」とか「末端の学会員はいい人ばかりだ」などといったことも、もはや議論の対象ではありません。それは例えば「暴力団員にも、中にはいい人もいるんだから、麻薬やってもいいじゃないか。たまには街中で拳銃乱射してもしょうがない」というようなものです。

このブログを運営する中で生まれた言葉である「創価脳」「創価スイッチ」「創価シャッター」は、創価学会員の特徴を端的に表現する言葉として定着しました。まさに「上から言われたことしか聞こえない学会員」の特徴です。学会員は精神まで支配された奴隷です。そこに人権などあるわけがありません。

学会員さん、一刻も早く自分が創価によって支配された精神の奴隷であることに気づいてください。それが紛れもない事実であることが、このブログのコメントにあります。どこからでも読んで結構です。これは創価のことを何も知らない外部の人が書いている悪口ではありません。創価が正しい宗教だと信じて、長年活動してきた方の真実の声です。そうした方がどうしてここまで訴えているのか。何十年も真面目に活動してきた何千人もの方が、どうしてここまでのことを証言しているのかを考えながら読んでいただければと思います。

ということで、今回のテーマは「私が『対話を求めて』にたどり着いた理由」とさせていただきます。おかげさまでこのブログも350万アクセスに近づいています。新しくコメントされる方も格段に増えてきました。創価学会に何の関わりも興味もない方は、決してこのブログにはたどり着かないでしょう。たとえ偶然たどり着いても、何が書いていあるのかさえ分からないだろうし、たとえわかったとしても自分には関係のないことなので、読み進むようなこともないと思います。つまり、このブログにたどり着き、さらにみなさんのコメントを読むに至るには、何らかの「創価に関する問題点」を背負っている方だと思われます。

そこで今回は、みなさんがこのブログにたどり着いたそれぞれの経緯を語っていただくことで、創価の何が問題なのかを浮き彫りにできればと思います。

どうかよろしくお願いします。

 

私が『対話を求めて』にたどり着いた理由」への86件のフィードバック

  1. こんばんは。シニフィエさん
    米山士郎です。
    97.今、再びはやっている?創価スイッチ(笑) – 創価学会の信仰に功徳はあるか?
    http://blog.goo.ne.jp/soukagakkai_usotuki/e/642f800912e29fcb881238d5480b4d5a

    創価スイッチの発言は私の記憶では、今は失われているBBSで女性の発言が最初だったと思います。ハンドル名は忘れてしまいました。

    ではでは
    よねやま

  2. 初めて投稿させていただきます。
    大学3年生の創価3世、コスモです。
    テーマと違って申し訳ありません。
    聖教新聞についてお聞きしたいのです…。
    もし答えられる方がいらっしゃったらぜひ教えていただきたいのですが…
    私は実家を出て、一人暮らしをしています。信仰心はありませんが、親に強制的に仏壇をもたされ、毎月聖教新聞もとっています。仏壇は押入れに入れっぱなしです…。仏壇に関しては維持費が0円なので、特に気にしていないのですが、問題は聖教新聞です。わたしの口座から毎月2500円ほど落とされています。聖教新聞をとるときは親が連絡したようで、引っ越した次の月から勝手に届くようになりました。
    この場合、聖教新聞を止めたら親に伝わるのですか??
    毎日届いて、毎週ゴミに出すのも煩わしくて、困ってます。

  3. 米山士郎さん、初めましての方ですよね。
    コメントありがとうございます。
    以前、カガテツさんがこのブログで米山士郎さんの発言を紹介されていたようですが、おそらく米山士郎さんご自身のこちらでのコメントは初めてだと思います。違っていたらすみません。

    そうですか、「創価スイッチ」って過去にも使われていたんですね。それだけ学会員は批判されると異様に頭に血がのぼるメンタルなんだってことなんですね。

    これからもよろしくお願いします。

  4. コスモさん、初めまして。
    コメントありがとうございます。
    聖教新聞を断ることで親との関係が煩わしくなる代わりに、毎月2500円の納得できない負担や、読みもしない新聞をゴミに出す煩わしさを我慢するかを悩んでおられるということですよね。
    コスモさんは学生とはいえ、もう成人されているんですから、自分の思想信条を親によって捻じ曲げられるということは、立派な人権侵害を被っているということです。ここで我慢していても、あなたの親は亡くなるまでコスモさんに強要してくるでしょう。親御さんとしては我が子であるコスモさんに幸せになってもらいたいとの思いでの強要であり人権侵害なのですから、全くひどいことをしているという意識がないことはコスモさんにもわかっていると思います。
    選択肢としては、親の言うことを一生聞いて我慢するのか、きっちりと自分の考えを親に伝えて聖教新聞を断るのかということだと私は思います。新聞購読を断ったら親に知らされるのかどうかはわかりません。場合によってはそういうこともあるかもしれません。しかし問題はそこではないと思います。一人の成人男性が自分の意思とは違った親の言いなりの人生を歩んでいいのかどうかということを自分で考えて決断することではないかと思いますがいかがでしょうか。
    肉親に限らず、創価を信じている人は、ちょっとでも可能性があるなら、肉親だろうが他人だろうがどこまでも創価の信仰を強要してきます。それが何よりも正しいことだと信じ込まされているからです。創価の考え方に、人権とか平等とか自由はありません。彼らにとって創価の人間以外は不幸になるかわいそうな人たちなんですからね。もちろん民主主義の社会ではありえない独善的な創価の考え方に何の疑問も感じないようにさせられています。そんな人たちに人権だの自由だの平等だのと言ったとろこで何の意味もありません。当たり前の理屈など通用しません。世間の常識は、創価の常識に比べれば取るに足りないものなんです。何を言っても見下します。相手が自分の子供ならなおのことです。他人を見下し、我が子を見下し、子どもの生き方を頭から否定するような親を、これからコスモさんが我慢して生きていくのかどうかということだと思います。残念ながら創価脳とはこういうものです。相手が愛する妻や夫が相手でも同じです。創価脳を親に持つ二世三世には、多かれ少なかれそうした煩わしい問題が降りかかってきます。どこかできっぱりと「自分は創価を信じるような生き方をする気はない」と毅然とした態度を見せない限り、同じようなことで悩むことになると思います。どっちかが根負けするまで続きます。ですから、コスモさんがずっと我慢して生きていくのか、どこかできちんと自分の考えを親に伝えるのかを決断するか否かということではないかと思います。親の悲しむ姿を見たくないということで脱会に至らない方はたくさんいます。創価脳の夫に脱会すると言っただけで何をされるかわからないという恐怖に怯えている方もたくさんいらっしゃることは、このブログを読んでいただければわかると思います。
    このように、創価は本人が信じるだけならまだいいのですが、周りの人間にも多大な迷惑をかけ続けています。「創価にもいい人はいる」とか「こうした部分を改善すれば良い宗教団体になる」といったことではないということもおわかりいただけるかと思います。学会員は自分が騙されて搾取されていることに気がつかないだけではなく、自分も周りに多大な迷惑をかけていることにも気づきません。誰よりもいいことをしていると思っています。そこがタチの悪いところですよね。暴力団は自分たちの悪事をわかっててやっています。しかし創価は自覚がないのです。そして暴力団よりも創価学会員の方がはるかに人数が多いのです。暴力団と創価学会。どっちがタチが悪いと思いますか?人権無視の独善的な思想の団体が公明党を支援することでこの国の政治を動かしているんです。言い出せばきりがありませんが、残念ながら、コスモさんの親御さんはそのような団体の一員なのだということを認識した上で、これからも聖教新聞を取り続けるかどうかを判断していただければと思います。

  5. 非活?未活?歴54年の小十郎と申します。

    非活と未活は同じですか?違うんですか? 詳しい方、教えてください。

    私の場合、脱会する機会は二度ほどありました。学会が破門された時と御本尊を交換する時です。疑いながら、それでもなんとなく学会に付いて行ったのは、いづれ宗門と縒りを戻すだろうという淡い期待からでした。常日頃、対話が大事だと仰ってた池田先生なら対話で解決するだろうと。とうとう対話できなかったですねえ。汚い言葉で罵倒するばかりで。身近な問題を対話で解決できなくて世界平和を対話で実現できますかねえ?こちらのブログに来てる人たちの方がよっぽど対話できてますよ。

    学会の内部では対話は出来ません。学会は常に正しい学会が間違ったことするわけがないと。親分が白と言えば黒いもんでも白なんだと。これってヤクザじゃないですか。なかなか抜けられないってのも同じです。シノギは詐欺で組織体系はヤクザそのものです。

    52年問題の後に「日蓮正宗と学会が別れたらどちらに付いて行けばいいのか?」という質問を地区部長とかB長ら複数の人にしたことがあります。「迷わず学会でなければならない」全員が即答でした。今考えれば、此の頃もう既に活動者にはそういった指導が浸透してたんですね。計画は着々と進んでたんだ。知らぬは非活?未活?ばかりで。

    今月で聖教新聞やめました。対話の場を設けていただきありがとうございます。

    恐恐謹言

  6. お久しぶりですゾロです。
    以前、バリ活の友達にランチに誘われたので池田さんの事をいろいろ聞いてみます、とコメントしたのですが、‥‥結論は行くだけムダなランチでした。
    もう5年以上も姿を見せない事や、いろいろ突っ込んでみたのですが、私がおかしくなった、先生と呼吸を合わせて一生懸命活動してたゾロちゃんなのに‥などなど意味のわからないお答えをいただきました笑。
    やっぱり創価脳の人に何を聞いても答えは一緒ですね。
    先日、子供の部活の為朝早くに車で外出しようとしたら、近所で聖教新聞を配達している地区婦を見かけました。
    なんだか気の毒になり複雑な気持ちになりました。
    話がまとまらなくてすみません。
    私はこのブログに出会えて本当に良かったです。
    初めは創価に疑問を持ちながらも、ここで皆さんのコメントを読む事に罪悪感みたいなものがありました。
    でも、皆さんが体験してこられた苦労苦悩が私の心に刺さって、長い時間をかけてですが創価脳から普通の自分に戻る事ができました。
    今は、一緒に活動していたヤングの子達に早く創価のおかしさに気づいてほしいと思ってます。

  7. >「こうした部分を改善すれば良い宗教団体になる」

    良い宗教団体ってどんな団体?
    選挙やらない。新聞の押し売りしない。(ノルマがあるから押し売りになる。だからノルマ廃止)未成年の入会禁止。財務のノルマ廃止(金額は自由。申込み用紙廃止で誰がやった、やらないは不明にする)
    ノルマがなくなれば無駄な会合はなくなる。
    会館の管理、会合の運営、新聞配達などの雑用は給与を貰っている職員が担当。
    要するにこうしたいんですよね?
    そしたら会員もラクだし、家族、世間に迷惑もかけないと。

    だけど声を枯らして叫んだところで、そんなもの通りません。
    そういうシステムにはなりません。
    そんなことしたら儲からないからです。
    目的はトップが儲けることです。
    デパートにいって商品をタダにしてくれと頼んでも相手にされますか?
    改革、改革といってるのはデパート相手に、アンタは慈善事業だろ?と詰め寄って譲らないのと同じです。
    こんな単純な理屈なのに、なんでいつまでも駄々っ子のように頑張るのでしょうか?

    創価は世間から忌み嫌われる上記のようなことをしたら、功徳が貰え、生まれ変わっても変わらない、身にこびりついた宿業がとれるからそうしなさいと言ってるんです。
    大変なことだし迫害もあるけど、そうやって笑われ嫌われないと願いは叶わない。だから感謝して笑われなさい。大変な時は同志と励まし合って頑張りなさい。そういう理屈です、とはっきり言ってるじゃないですか?
    創価とはそういう教義なんですよ。
    だからそれを信じる人は、そうなんですかとやればいいんですよ。
    ばかばかしい、アホか?と思えばやらなきゃいいだけの話です。

    それを何ですか?
    そんなことしなくても功徳が貰える団体に改革しよう!って何ですかそれ?
    旨い話だな。願いが叶うとはいいな。
    だけどその条件は辛いなあ。
    ねえ、それやらなくても願いが叶うようにしようよ。
    その方がいいじゃない。

    教祖様がそうだと言ってるのにそれは違うという。インチキだという。
    インチキと思うなら辞めればいいのに、そうではなく内容を変えて願いが叶うようにしよう♫
    あなた教祖様ですか(笑)

    教祖様はそんなことしたって願いは叶わないし、金も儲からないこと知っています。
    でも今のままなら金はバカスカ儲かります。
    願えば何でも叶えてくれる、そんな都合のいいな宗教なんてない。
    宗教なんて本来そんなものではないんだけど、でもそう言えば信者が寄ってきて金が儲かる。
    だからやってるんです。
    改革して、願いは叶わないのはそのまま。金は儲からないじゃ今よりアホじゃないですか(笑)

    それが求める「本来のすばらしい宗教団体」ですか?

  8. シニフィエさん、いつもブログの管理御苦労様です。m(._.)m
    お久し振りにコメントします。

    ボレロが、対話を求めてにたどり着いた理由は、創価の組織から嫌がらせを受け
    その結果完全に心が壊れ、自分がしでかしたことの罪悪感、不安感、とてつもない恐怖感が襲ってきてどうしようもなくなっていた時に、ここのブログにたどり着きました。

    ブログを読みすすめていくなか、自分と同じように苦しんでいる人がいる!
    自分だけではなかったんだ、創価によって苦しめられ被害にあっている人がたくさんいるんだ!・・皆さんのコメントに勇気と希望をいただきました。(^ー^)

    最近は、その苦しみもすこしずつおさまってきたように思います。
    相変わらず、創価の人には会いたくありませんが・・(。-`へ´-。)
    今では、訪問も電話も全くなくなって、ホッとしています。

    コスモさん、はじめまして。(^ー^)
    シニフィエさんが、仰る通りだと思います。
    ボレロも、「新聞購読中止して下さい」と幹部に言ったのですが、自分の意思に反して勝手に新聞が入っていたことがあります。(`ヘ´)
    入っているからには、購読料を支払わなくてはなりません。
    結局、断ったのですが・・それからは入らなくなりました。

    創価というのは、そういう所です。
    こちらの意思は全く無視で、通ることはありません。(/o\)
    コスモさんが、はっきり意思表示されることだと思います。
    それでもダメなら、販売店にファックスで「聖教新聞の購読を中止にして下さい」
    とながされて良いと思います。

    どうか、頑張って下さい!(^ー^)ノ

  9. 41歳男パニックスです。(退会済)

    私は長女の未来部参加をきっかけに「対話を求めて」にたどり着きました。
    10年くらいユル活の創価脳だったのですが、幼少期の嫌な体験がフラッシュバックし凍りつきました。
    怪しすぎる大人達のご機嫌を伺ってた未来部時代、高等部の時は原因不明の円形脱毛症まで患いました。
    多感な子供達に、インチキを叩き込む集団は明らかに世の中の毒です。

    はやくバレて欲しいです。
    そして母を救い出したいです。
    皆さん気長に頑張りましょう(^^)

  10. はじめて書き込ませていただきます。
    私は数年前、創価学会員から折伏を受けたことがあるのですが、多少、仏教の知識があったので、
    折伏しようとした学会員を逆に言い負かしたところ、陰湿な嫌がらせを受けるようになりました。

    その後、創価学会がどんな宗教かを調べているうちに、貴ブログにたどりつき、ROMしておりました。

    私は、創価学会から受けた嫌がらせを許すことはできません。
    だからといって、なんの力もない私に大したことができるわけでもなく、現在は2chで創価批判の書き込みをしています。

    以下は私と同様に、折伏の被害を受けている非学会員の力になれればと思い、2ch用に作成したコピペです。
    ご家族が、創価学会に無理矢理入れられそうになっている方にとっては、参考になるかと思います。
    文体が常体で、やや失礼かもしれませんが、元は2chコピペ用として書いたものですので、その点はご容赦いただけると幸甚です。

    >>signifie様
    教義に関する内容ですので、貴ブログの趣旨に反しているかもしれません。
    そのように判断されるのであれば、書き込みを承認いただかなくても結構です。
    ただ、現在でも折伏をうけて新規に会員になる者がいる以上、そうした新たな被害者を少しでも減らすために、
    法華経や御書についての最低限の事実を啓蒙する意義はあると愚考し、書き込ませていただいた次第です。

    創価学会の教義の矛盾点 概略

     創価学会は、ウェブサイトで自らを次のように定義している。
    >創価学会は、鎌倉時代の日蓮大聖人(1222~1282)が説いた仏法を信奉し、現代に即して実践している団体です。
    >日蓮大聖人は、仏教の創始者である釈尊が目指した「万人の成仏」の真髄を説くのは唯一「法華経」であるとしました。

     しかし、創価学会の教義は、その「日蓮大聖人」や法華経の教えと大きく乖離している。
     以下に明白な矛盾を二点挙げる。

    1.創価学会は仏像を信仰の対象とすることを「偶像崇拝」として否定してるが、日蓮はそんなことは言っていない。
    2.創価学会は法華経が説く観音信仰を否定しているが、日蓮は「法華経を否定する者は地獄に堕ちる」と述べている。

     創価学会では、日蓮の遺文を「御書」と呼び、聖典としているので、以下に御書や法華経に基づいて、
    上記の矛盾点について、少し詳しく述べる。

    1.仏像を否定していること
     「妙法蓮華経 方便品第二」には、仏像について以下のように説かれている。

    >若し人、仏のための故に 諸の形像を建立し 刻彫して衆相を成せば 皆已に仏道を成じたり。
    >或は七宝をもって成し 鍮石・赤白銅 白鑞及び鉛・錫・鉄・木及び泥
    >或は膠漆の布をもって 厳飾して仏像を作れる かくの如き諸の人等は 皆、已に仏道を成じたり。
     (中略)
    >或は人ありて礼拝し 或はまた但、合掌のみし 乃至、一手を挙げ 或はまた小く頭を低れて
    >これを以て像に供養せば 漸く無量の仏を見たてまつり 自ら無上道を成じて 広く無数の衆を度し
    >無余涅槃に入ること 薪の尽きて火の滅するが如し
     (岩波文庫『法華経(上)』より、書き下し文を引用)

     仏像を作り、礼拝・供養する者は、仏道を成じるというのが法華経の教えである。
     また、日蓮の御書には、『四条金吾釈迦仏供養事』という文書がある。

     これは、日蓮が在家の弟子である四条金吾にあてた手紙で、内容は四条金吾から依頼された、
    仏像の開眼供養に関することである。その中に次のように書かれている。

    >されば画像・木像の仏の開眼供養は法華経・天台宗にかぎるべし (中略)
    >此の仏こそ生身の仏にておはしまし候へ、優填大王の木像と影顕王の木像と一分もたがうべからず、
    >梵・帝・日月・四天等必定して影の身に随うが如く貴辺をばまほらせ給うべし 

     法華経で開眼供養した仏像であれば、「生身の仏」と変わらないというのが、日蓮の教えである。

    ◎ 仏像に手を合わせることを「偶像崇拝」として否定する創価学会は、謗法の徒である。

    2.観音信仰を否定していること
     「妙法蓮華経 観世音菩薩普門品第二十五」には、以下のように説かれている。

    >若し復(また)人有りて、観世音菩薩の名号を受持し、乃至、一時も礼拝し供養せば、
    >この二人の福は正に等しくして異なることなく、百千万億劫においても、窮め尽くすべからざらん。
     (岩波文庫『法華経(下)』より、書き下し文を引用)

     観音信仰を説いた仏典はいくつかあるが、その中でもっとも重要で、影響が大きかった経典が法華経であり、
    その一部である観世音菩薩普門品の通称が、「観音経」である。

     日蓮も『四条金吾殿御消息』において、法華経から観音菩薩の功徳を説いた文言を引用している。
    >普門品に云く「刀尋段段壊」此等の経文よも虚事にては候はじ、強盛の信力こそありがたく候へ

     「普門品」とは、観世音菩薩普門品の略であり、法華経では「刀尋段段壊」の前に「念彼観音力」の文言がある。
     日蓮は、法華経を信じる者は観音菩薩に守られる、それは「よも虚事にては候はじ」と述べているのである。

    ◎ 観音信仰を否定する創価学会は、日蓮が「正法」とした法華経を毀謗している。

    創価学会の教義の矛盾点 結論

     実際に、創価学会員と接した経験をお持ちの方の多くが、耳にしたことがあるはずであるが、
    彼らはやたらと「地獄に堕ちる」と口にする。
     確かに日蓮も、「法華経を否定する者は地獄に堕ちる」という趣旨を述べている。
     その一例として、日蓮の主著、『立正安国論』の次の箇所を挙げる。

    >若し人信ぜずして此の経を毀謗せば即ち一切世間の仏種を断ぜん、乃至其の人命終して阿鼻獄に入らん

     この一節は、「妙法蓮華経 譬喩品第三」からの引用であり、ここでいう「この経」とは、言うまでもなく
    法華経のことである。

     ほとんどの学会員は、法華経の内容など知らないし、御書のごく一部を繰り返し刷り込まれているだけで、
    上述のような都合の悪いことは知らされていないが、実は創価学会こそが、法華経や日蓮の教えを毀謗しているのだ。

     もし、彼らの言う「日蓮大聖人」の教えが真実であるならば、学会員の後生はいかなるものになるのであろうか。
     経文は上記引用のとおり、日蓮が明らかにしているので、これ以上言葉を加える必要はないだろう。

    創価学会の言う、「御書根本」とは何か?

     創価学会が「南無妙法蓮華経」と唱え、「御書根本」を謳いながら、法華経や御書と矛盾する教義を持つ理由は何か。
     それは、「創価学会だけが唯一の正しい宗教で、学会員にはその教えを広める特別な使命がある」という、
    選民意識を植え付けるためには、伝統仏教の各宗派と同じものを拝んでいたのでは、不都合だからである。

     「創価学会だけが正しい。その証拠に他の宗教は、創価学会とは別の間違ったモノを拝んでいる」
    という主張はわかりやすく、漢文や古文など読めない(法華経や御書を自力では読めない)、
    大多数の学会員をたぶらかすのに効果的だった。

     「自分たちは特別」という選民意識があるから、学会員は財務やF取り、マイ聖教といった搾取を、
    「特別な使命」として甘受し、世間の反感を買いながらも折伏に励むのである
    (それらに達成感を見出している、洗脳されきった学会員も多い)。

     信者を囲い込み、騙して搾取するために、信仰の対象であるはずの「日蓮大聖人」の教えをトリミングし、
    都合のいい部分だけを洗脳の道具として利用している、創価学会の根本が御書のはずがない。 

     本来の日蓮の教えに、財務やF取り、「仏敵」に対する嫌がらせなどない。
     「御書根本」というのは、信者をたぶらかし、搾取するための欺瞞にすぎない。
     本当の意味での創価学会の根本は、「金と権力」である。

    コピペは以上です。
    貴ブログの常連には、御書を精読されている方も多くいらっしゃるので、そのような方には釈迦に説法でしょうが、
    知識がないために折伏に屈してしまったという向きには、お役にたてるかと思います。

    なお、上記文中で、「ほとんどの学会員は、法華経の内容など知らないし…」と述べたのは、私を繰り返し折伏しようとした連中が
    そうだったからですが、貴ブログに書き込んでおられるような自力で覚醒した方々には、これは当てはまらないかもしれません。
    無礼な物言いだと思われたかもしれませんが、他意はございませんのでご容赦ください。
    長文失礼いたしました。

  11. こまきさん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    創価学会員は自分でも知らないうちにとんでもない選民思想に染められ、他人を見下酢ような人間に仕立て上げられていますので、創価を批判するものに対して嫌がらせをするような行為を「正義」だと信じています。選挙違反も同様です。創価学会員はいい人が多いという話は聞きますが、それは折伏したり新聞啓蒙するときの上っ面でしかありません。猫なで声で勧誘していても、一旦批判されると例の「創価スイッチ」が入って鬼のように怒りだします。もちろん相手の話などはなっから聞く気はありません。創価以外は愚劣な人間として、最初から差別しています。人権無視。差別して当然。創価以外はカス。カスの言うことなど聞く必要はない。全人類は創価がいなくては不幸にしかならない。そんな風に本気で信じ込まされています。しかし、創価のトップは決しておおっぴらにそんなことは言いません。末端会員を洗脳して、すべては末端会員のせいにしてしまいます。嫌がらせも選挙違反もみんな末端会員が勝手にやったことになります。どんな悪辣な人権侵害行為をしていても絶対に組織は責任を取りません。そういう仕組みになっています。本当にどこまでも汚い連中です。創価はそうやって今まで生き延びてきたんです。
    だから学会員と議論して、たとえ完膚なきまでに論破したとしても彼らは屁とも思っていません。自分に都合のわるいことがあってもスルーして、場合によっては陰湿な嫌がらせをするような部署もあるようです。こんなのにまともに関わること自体がくだらないことなのですが、現実には自分の大切な家族がそのような組織に騙されていたりするので問題は深刻です。関わらないでいい人は決して関わってはいけません。そして止むをえず関わってしまった人は、1日も早く静かに離れることだと思います。創価脳に何を言っても無駄です。それから創価がおかしいと気づいても、日蓮の信仰は正しいなどと思って創価から離れられないでいる人も、基本的には同じ穴のむじなですね。こうした人は組織から離れていても、創価がまだ宗教だと信じたい人なんだろうと思います。創価は詐欺です。宗教なんかじゃありません。はっきり言うと、そこに気づくか気づかないかの違いだけです。創価が宗教だと勘違いさせるところから創価の詐欺が始まります。
    こまきさんのような仏教の知識がある方にとっては、創価の教義がインチキであることは一目瞭然なのでしょうけど、「これを拝めばなんでも願いが叶う」という言葉を信じてしまう人間の弱さ、愚かさは、人類共通なのかもしれません。そこにいつの時代にも新興宗教やカルトがはびこってしまう原因があるのでしょうね。このブログでは創価以外の詐欺団体については論及しませんが、宗教を利用した詐欺は洋の東西を問わず、昔からも、そしてこれからもなくなることはないのでしょうね。要は人の弱みに付け込むような良心の欠片もないような人間がいつの時代にもいるのだということをしっかりと心に留めておかなければならないのですよね。残念ですけど。

  12. 確か、こちらのブログはご本尊を返却し脱会してほっとした頃に出会いました・・
    それからは、こちらばかり読ませていただいております
    今まで知らなかった創価の悪事や皆さんの体験から内部を良く知る事ができたので
    ますます、脱会して良かったと思うばかりでした。
    宗教に対する概念も変わりましたね、
    宗教依存症だった自分も発見しました。
    創価の金儲けと権力好き、功徳を餌に都合よく洗脳して会員をだましているトップに
    腹が立ちますし、何かできることがあればと思うので自分の経験や思いをたまに
    こちらで書かせていただいてます。
    これからも書かせてもらいます。
    一人でも、あれっ、なんか変だときずいてくれれば・・・
    という思いです。

  13. こまき様、はじめまして。
    全然無礼じゃないですよ。

    「>創価学会だけが正しい。その証拠に他の宗教は、創価学会とは別の間違ったモノを拝んでいる」 という主張はわかりやすく、漢文や古文など読めない(法華経や御書を自力では読めない)、 大多数の学会員をたぶらかすのに効果的だった。
    >本当の意味での創価学会の根本は、「金と権力」である。

    その通りですよね。
    もとより創価は、仏教を正しく伝えようなんていう気はさらさらありません。
    金儲けに都合のいいことを「正しいと信じこませればいい」のです。
    目的は騙して儲けることですから。

    トップは自分たちが教えてる教義が矛盾してトチ狂ってるなんてのは承知してやってます。
    でもそれを信じ込ませる技術に卓越していました。
    これさえやってしまえば矛盾もヘチマもない。それをわかってたんでしょう。
    何だろう?五感に沁み込ませて訴えたのか、深層心理で恐怖心を植え込んだのか…底知れない恐怖すら感じますが、ともかくこの「信じ込ませた」というのが厄介なんです。

    創価はご指摘の通り、理論を突き詰めるとおかしなことになるエセ教を教えています。
    このエセ教の破折自体は簡単なんです。
    こまきさんのように徹底しいた理論をつくと脆く、ふつうなら「なるほど」と納得できる程度のうすっぺらいものです。(もともと失礼ながら無学なおじいちゃんおばあちゃんにでも理解できるように作ったものですからね)
    問題は理屈が通じない頭になってしまっているところですよね。
    なるほど、と理論で頭が動いたら負けなんです。
    そうならないために、ヤバくなるととシャッターが下りるように、スルーするように仕組まれています。
    これがいわゆる「創価脳」ってやつで、創価が施した「信じ込ませる技術」です。
    理屈なんかあっさりふっとばします。
    そして激高し、氷塊するどころかますます頑なになります。
    我々が手こずってるのはこの創価脳ですね。

    この創価脳ときたら難しい仏教学以前に、ごくごく簡単で単純明瞭な理屈でさえ跳ね返します。
    それが高学歴のインテリも何も関係ないんですよ。
    他のことは理論的で分別も判断力も思考力もあるのに、創価のこととなるとホントに漫画のように思考がピタリと止まるんですから。

    この理屈の通じない創価脳の治療。
    これは愛情とか何か…発想を変えなきゃダメなんだろうなあと試案しますね。

  14.  初めまして。バリ活歴5年、ユル活6年、非活8年目になりますLIARと申します。一世です。
     バリ活時は20代で、東京で独り暮らししてました。音楽活動をしていて、そこにつけこまれて入会致しました。
     古い友人からの折伏でしたが『夢が叶う信心だから』『芸術部というのがあって……』『実はあのアーティストも学会員なんですよ』『いい曲が書けるようになるよ』等、散々甘いことを言われた事を覚えています。
    数年前に離婚で世間を賑わせたあの方のビデオなんかも見せられましたね。
    ――やるからには組織にどっぷり浸かりなさいとの幹部指導に、創価班になり折伏も四人に本流。
    母も地元の婦人部長 の折伏で入会しました。
     入会して3年間位の間に、ガチガチの創価脳になっていました。そして友人も沢山失いました。
    今思えば、どれだけ自分が無かったのかと、後悔してもしきれません。
    回りのせいにしてみても、自分のせいにしてみても……今は苦しみだけが残っています。
    プロミュージシャンになれなかった事(こんな事は自己責任。祈りで叶うなら誰でもなれるわ)よりも、人間関係を壊してしまった事のほうが遥かに代償は大きかった。
    こんな事をして世間に認められる人間になろうだなんて頭狂ってたとしか言い様がありません。
    入会から5年程経って色々と、皆さんのおっしゃる組織に対する不満や疑問が私にも芽生えてきました。
    毎日のようにある会合や、選挙のFや電話作戦や中傷ビラ撒きや……作曲活動どころじゃありませんでした。入会前はもっと自由に創作出来ていたものが、全く出来なくなっていました。
    もしかしたら学会の信仰が……いやいや、そんなはずはない!自分の信心が足りないんだ……の繰り返しの毎日。
    ちょっとした弾みで借りた借金も消えることなく増え続け、やがてこの苦しみから逃れるにはもう此処を離れるしかない。そう考えるようになっていきました。
    一度地元に戻ってひっそり暮らそうとしましたが、統監が来てしまいまた幹部達がゾロゾロと……
    『創価班だったんだよね?』『四人も本流するなんて凄いね!』
    もう、連中は組織の事しか頭にありません。
    私がどんな思いで都落ちしてきたかなんて知りもせず……
    非活になった切っ掛けは、そんなこんなで嫌々ユル活していた頃に、外部の妻と結婚して子供が出来た事です。
    妻が母(バリ活)と上手くいかなかった事で、引っ越しする事にしたんです。
    その時、私は母に引っ越し先を教えませんでした。身内に住所を教えないだなんて非常識だと思います。でも、自分の心の奥底から″絶対に教えてはいけない″という心の叫びに従いました。
    とにかく組織との繋がりを切りたかったんです。

    それから8年。活動も勤行もしなくなってましたが、誰にも学会員である事を宣言する事もなく、地道に働いて借金も完済し、仕事も家庭も順調です。
    活動してた時間がいかに無駄だったのか。ちゃんと問題と向き合っていけば信心なんて関係ないんですよね。
    最近になってネットの情報で2014年に学会の教義が変更されたニュースを今更ながら知りました。
    どうせデマだろうと思ってたら、聖教新聞の記事も出てきてどうやらガチだと。

    おい母親。そして選挙の時だけ電話してくる幹部連中よ。
    何故にこんな大事な事を連絡してこない。

    教義の変更って、え?そんなん出来んの?今までの教義は何だったの?
    路線変更?他宗を散々こき下ろしてきたのは何だったの?悪いのは正宗の教義ですから~って事?それで今更学会がやって来た事がチャラになるわけじゃ無いでしょうよ……
    と色んな思いが込み上げてきて、創価サイト巡りをしていた所、先週、この素晴らしいサイトに出会いました。
    全部読破し、やっと今日に至りました。
    宗門問題の後の入信だったのでよく聞かされていなかったのもあります。都合の悪いことには答えない、いや、答えたくなかったのか。
    なので設立当初から詐欺団体だったという話を理解するまでに少し時間が掛かりましたが、元活動家の方々の言葉は涙なくしては読めない内容が多く、真実の言葉であると確信しています。
    まだまだ言いたいことはありますが、これからもこのサイトにお世話になろうと思っています。
    宜しくお願い致します。

  15. シニフィエ様
    年度末の大変な時期に新しいスレッドありがとうございます。

    私が、「対話を求めて」にたどり着いた理由。。。

    私は2世です。また父母は創価の強信者でした。しかし、母はガンで悶絶死、父は首吊り自殺をしました。

    もともと活動を始めてから、創価でおかしなことが重なっていたのがあったのですが、父母の死にざまを目の当たりにして、「いい加減、創価おかしいやろ?」と思い始めて、禁断であるネットで、「創価 自殺」等の検索をしていくと、このブログにであいました。

    このブログに引き込まれたのは、私自身が疑問に感じていたりしたことが、全国どこでもあったことです。違法な選挙活動、キチガイ財務、新聞啓蒙、家庭訪問のこと、とにかくおかしいなと感じることはあっても、ほかの組織と比べることができなかったのが、このブログでいろいろと明らかになり、覚醒しました。

    うまれた時から、ことあるごとに、またゆっくりと洗脳されてきたことがよくわかりました。

    創価での体験は、たくさんありますが、思い返してみると、まともな人間がいませんね。

    家庭訪問、折伏、聖教新聞の啓蒙、選挙活動での公明党の支援、そのほか学会活動すべてが自分をニンゲンカクメイする道だと信じて疑いありませんでしたが、全部嘘っぱちでした。

    生きているうちに気付けただけでラッキーです!ヽ(^o^)丿

  16. 3世で36歳、未活歴4ヶ月のユースケと申します。
    こちらの「対話を求めて」に出会いましたのは、
    以前このブログにも質問させていただいた
    牙城会の大学校を地区の幹部に誘われ、ネットをいろいろと検索していた
    末にたどり着きました。
    その後、こちらのブログを読み、他のホームページ等を見ながら
    徐々に、急速的に覚醒した次第です。
    そのきっかけを与えてくださった「対話を求めて」に深く感謝をしております。
    それまで3世ながらも、ほぼ活動していなかった私は
    ある日常の出来事をきっかけに、会合などに参加するようになり
    一人暮らしをする地域の学会員とつながりをもちはじめました。
    そして、ある日曜の唱題会の後、牙城会または創価班、大学校の誘いを
    もちかけられたのですが、その時に感じた「なんとなくイヤ」という思いに
    従ったことが気づきにつながったような気がしております。
    その後、惰性で任用試験を受け合格しましたが
    その頃には、創価学会のなんたるかに気づきはじめていたので
    合格した点数を全く教えてくれないことに、違和感を感じました。
    「対話を求めて」に出会うことで活動も短くてすみ、
    私の場合は友人などを巻き込まなくてすんだこと、財務も全くせずにすんだので
    ありがたい気持ちです。
    今も脱会はなかなか難しい状況で、先週の土曜日にも壮年部の部長?が
    部屋のドアをノックしましたが、かわいそうになあと少し同情しつつスルーしました。
    やはり自分で気づくしかありませんものね。

  17.  私がこのブログにたどり着いたのは2014年11月頃、祥蘭さんのブログを通じてでした。
     これに先立つ数年前、仕事で長年培ってきた価値観がぶち壊れる経験をしたことで、「物事100%ということはない。普遍のものはない」ということを思い知らされました。
     以来、何についても批判的精神を持って観るようになり、それは創価学会も例外ではありませんでした。
     このような目で学会を観始めると、学会のあらゆるものに違和感を感じ始めました。
     座談会その他の会合で「仏意仏勅」とか「大聖人直結」とか聞くと「お前らほんまにそんな風に考えてるんか?」という心の声が湧いてきます。
     池田氏が表に出なくなって久しいのに、幹部指導の中に「先生はこのように指導されています」とか「先生にお応えするために」など、やたらと先生、先生という言葉が出てきます。これにも「お前ら先生先生って先生がいなくなったらどうすんねん、だいたい自分の言葉で指導せんかい」という内なる声が聞こえてきます。
     新聞や大白では「拡大」とか「躍進」などと威勢のいいこと書いてるけど、自分のいる組織を観るとむしろ衰亡しつつあるのではないかと思えてきたのです。
     それで他の組織ではどうだろうかと検索を始めました。
     検索してみるといわゆるアンチ系のブログがたくさんヒットします。しかし初めのうちは意識的に見ないようにしてました。見てしまったら信心が揺らぐ。罰が当たるという恐怖と不安があったからです。
     活動家と思われるブログをいくつか読んでみましたが、どこも似たり寄ったりといった感じで組織は衰亡しつつあるようでした。
     そんなとき、アンチ系ブログがふと気になりました。これには恐怖と不安が頭をもたげてきましたが、「物事いろんな角度から観ないとちゃんとしたことはわからんぞ」という内なる声に突き動かされてブログを見始めました。
     するとあることに気づきました。以前(2000年頃)に見たときには、あきらかに何も知らなさそうな外部の人が書いたであろう誹謗中傷の類いが多かったのですが、今回は明らかに内部か元内部と思われる人によって書かれた生々しい記述が圧倒的に多い。
     自分だけではなかった。罰の恐怖はありましたが、同時に「これはきちんと向き合い考えなければならない」という内なる声に突き動かされ、断続的にアンチ系ブログを読みあさりました。
     そして、その中でも圧巻だったのが祥蘭さんのブログとここでした。特にここは良質のコメントが数年にわたって集積されており、ここで得た情報によって啓発され覚醒が進みました。
     今のところ脱会はまま成りませんが、このブログに寄せられるコメントを読み、コメントを書き続けることで脱会への希望を持ち続けることができます。
     というわけで、シニフィエさん、読者の皆さん、よろしくお願いします。

  18. 三世青年部 38歳(実質活動歴4~5年、現在非活1カ月目)

    皆さん初めまして。学会に関する過去録をウェブで探している際、こちらのブログにたどり着きました。現在過去問わず会員であった方も、学会に対し様々な疑問や憤りを感じておられたんだと、私も改めて考えさせられるきっかけとなりました。
    私は、祖父母からの学会員三世で、未来部時代は良く座談会に母子共参加していました。私が中学に入って以降は、母子家庭の為母は仕事で忙しく、私は登校拒否や、バイトしながらの定時制高校生活。の為、学会活動からは次第に離れていきました。
    20代の頃、私は交通事故で仕事もお金も健康も無くしました。今でも若干後遺症が残っています。その間、母は心身すり減らして養生している私を養ってくれました。下には、妹二人いるのに。様々な面で、本当に苦労をけたとあ今でも後悔する思いです。
    その時母は、親戚や他の学会員から、「因果のせい」「信心が足らないせいだ」等、多く叱責されたそうです。
    その母も、4年前に末期ガンで亡くなります。亡くなる前、親戚の女子部幹部の方が病室で、延々と先程記述した様な内容のことを厳しく言われたそうです。母本人は、身心共弱って大変な時なのに。
    葬儀の際も、私は普通の仏式葬を希望しましたが、開式直前で無理やり学会葬にされてしまいました(母の遺言で、絶対に学会葬は嫌だと言っていたのに。涙が溢れて止まりませんでした。今でも、考えると悔しい思いにかられます)。
    皆さん、どう思われますか?本人の遺言を無視してまで学会葬はありですか?私は、価値観はどうあれ、本人の意思を尊重すべきだと考えています。
    ちなみに私は、10代後半から様々な宗教や哲学、民族史を独学で勉強しています。学会以外の日蓮宗や仏教、キリスト教等。キリスト教の一部宗派の洗練もうけました。「人は何たるべきか」を模索する為に。
    今も、そのスタンスは変わりません。その中で今確信していることの一つは、各々の宗教や宗派は別として、大事なのは「人を慈しむことができる心 」を持てるかどうかです。
    まだまだ私は勉強不足、経験不足な所も多いですが、このブログの様々なコメントも参考に、これからも考えていきたいとおもいます。
    長文失礼しました。スレ違いでしたら更にすみません。このブログにたどり着いたことは、これも何かの巡り合わせだと考えています。

  19. 私の場合、幸いにして身近な親戚には学会員は一人もおりませんが、
    これまでの人生の節目節目で、学会員によって困難や苦痛(主に精神的なもの)
    をもたらされるということが一度ならずございました。それで自分なりに、
    学会の教義や歴史を批判的に見つめて参りました。ずっと昔に亡くなった祖父が
    藤原弘達氏の往年の名著『創価学会を斬る』の貴重な初版本を遺してくれたのも
    ありがたかった。

    これまで10年以上にわたるネットを利用した学会研究において特にお世話になったのは
    2世のチョンガーさんの開いていらした「創価学会員駆込寺」です。ずいぶん以前に閉鎖
    されてしまい、彼はこの広い空の下で元気でいるだろうかいつも案ぜられてなりません。
    シニフィエさんのこのブログは、チョンガーさんの往年のサイトの精神を見事継承発展
    させているすばらしい存在です。みんなで盛り立てとうございます。

    なお、ぶしつけながら創価の洗脳から目を覚まされた皆さまに敢えてうかがいたき事
    がございます。

           人間ほんとに「利」善美なのでしょうか?

    私の率直な感想は、たしかに凡夫なるがゆえに日ごろは「利」善美でしか生きられない。
    しかし人間は縁に触れて「利」善美を超越することも不可能ではない。超越というと
    大げさですが、

         「ああっ! またしても『利』善美しちゃった…」

    と気づくその瞬間だけは、明らかに「利」善美以上のものに昇華しているのでは
    ないか、と。「利」善美でございという顔をした人は他の宗教団体にもうようよいるが、
    どうも創価の狂信徒にそういう人種が最も多いように感ぜられるのですが…とりとめもない
    文面で申し訳ありません!

  20. こんにちは。みなさん。
    こんにちは。シニフィエさん。前回の書き込みでは失礼いたしました。

    脱会済四十代男の哉文です。
    聖教新聞の記載があったので、ひとこと書きました。「創価シャッター」についてです。
    「創価シャッター」を生み出しているのが聖教新聞です。ご存知のとおり?聖教新聞は「すばらしい」新聞で、すばらしすぎて、創価の悪事を忘却させるのには十分。毎日毎日、「前進」「大勝利」「池田センセーが勲章」「無事故で朗らかに」「会館が建った」「和楽の信心」「悪いのは宗門、学会は正義」とキレイな言葉ばかり目にしていれば、都合の悪いことはすっかり忘れてしまえるわけです。一人で新聞を二部とれば、キレイ語を目にする機会も二倍。人間の学習は、「目にする回数」によって格段に効果を上げるのですから。

    ・月刊ペン事件
    ・竹藪から金庫
    ・コーヒーカップ事件
    ・裁判に負けまくっていること
    ・不倫(地元婦人部幹部を風俗嬢のように利用していた)、隠し子疑惑
    ・「人間革命」で本尊模刻したら胃穿孔で死んだ「罰」が、本尊模刻した会長の息子に起こった
    ・証人喚問を逃げまくった
    ・教義の改竄と矛盾
    ・破門された実際の理由
    ・戸田家の脱会
    ・キンマンコ
    ・金玉じゃないよ
    ・マハ〜ロ〜
    ・お世~辞を使った方が公布基金がたくさん取れることを、私は声を小さくして言っておきます

    数え上げるとキリがない悪事や失態も、聖教新聞を毎日読む行為によって雲散霧消していくのです。上記のことなど、聖教新聞には書いてありません。書いてないということは、「事実ではない」ということになっているのです。学会が何をやっても、何が明るみに出ても、上からキレイな言葉を被せていけば良い。しかもそれらは教義に匹敵する価値がある。「以信得入」、「身口意の三業」、「無疑曰信※」(※「疑問を持つな」と言う意味の言葉では本当はないのだが、あまり探究されることもない)と、疑うと信仰上の悪事になります。だから「疑わない」というより「疑えない」が正しいのですが、キレイ語により疑問なんて何もなくなります。仮にも疑えば、「罰論」で逃げ場が塞がれているため、疑えるはずがありません。
    それでも、学会員たちが同情されることが少ないのは、聖教新聞によって作られる「創価脳」により、人を見下して攻撃するからです。
    学会員たちは、「反逆者」の言葉には耳を貸してはならず(矢野元公明党委員長の本は本屋から消された!)、ネットも見ないように指導を受けていますが、「創価シャッター」をちょっとだけでも上げるために、脱会した、またはしたい方々のここの記事を見て欲しいと思います。

    ちなみに、バリ活だった自分が疑問を持ってしばらくの後にたどり着いたのは、「芸者写真」のトリックを暴いたページでした。どこをどう見ても学会の方がウソ!裁判でも負けまくっているとのこと!「正義」も「大勝利」もウソじゃん!!

    それからしばらくして、ふとネットを徘徊すると、学会は「正義」どころか、「敵」に八方塞がれて見動きとれず。ただただ、創価公式ホームページに滑稽な「正義」が浮いてるだけ。そんなこんなで、Yahoo!知恵袋の議論のやり取りの中に、「対話を求めて」を紹介してる人がいて、見ると衝撃の告白の数々。そんなこんなが、私がここにたどり着いたきっかけでした。

  21. 鼻たれがようやく止まった、非活2世壮年部ののコージです。
    signifieさん、新スレ立ち上げ&新しいお客様への応対、お疲れ様です。
    新しい方がたくさん来られてますね。
    どうぞ、よろしくお願いします。

    こちらのブログにお世話になるキッカケは、約1年前の選挙戦後でした。
    選挙戦の最中から、当時の地区部長がしつこく電話や家庭訪問に来ていて、
    「この地区で応援する公明党候補の名前を言ってみよ」とか、
    「選挙区の場合は党名じゃなく候補の名前を書かせるよう友人全員に確認して」とか、
    とにかくウンザリするような状態が毎回のように続いていました。
    そして、何とか選挙も終わり、今度は地区部長の電話着信の嵐です。
    こっちも、着信履歴を見てウンザリして、出ない時も多かったですから。
    そして、数日経ってからまた電話の嵐で、仕方なく電話に出ると、
    「なぜ電話に出ないのだ?チミは?」みたいに言ってくるから、
    「用事はメールでお願いできませんか?」と言うと、
    「君は、高齢の私がメール出来ないのを知ってるだろ?」と・・・
    「それに、選挙の戦いでメールを残したらマズいだろ?」とも言います。
    創価の法戦の戦いが、かなりマズイ、犯罪スレスレの事をやってるのは
    こんなポンコツ爺さんでも一応は認識してるんでしょうね。
    とりあえず、電話に出れない事に関しては、
    「今とても忙しくてなかなかすぐに電話に出れないんです」という事を伝えると、
    「そんな心構えだからダメなんだよ!」的な態度で来た為、
    こっちも思わずカチンときてしまい、「はぁ? 何を言ってんのアンタ?」
    「一方的に電話を掛けてきて、自分の都合を押し付け過ぎだろ!」とブチ切れたら、
    相手が驚いて、ひとまずその場では一端収まりましたが・・・
    その後、ひとまず留守電設定にしておくと、後日にまた地区部長から
    「重要な連絡と、渡したいものがあるから会館へ」との留守電が・・
    ウゼ~~~~~~と思いながらも、嫌な予感もありながらも、
    仕方なく会館に行ってみると、奴の渡したいものは単なる月間行事予定表で、
    メインは「本部長」「ゾーン長」との面談による「説教」でした。
    これをキッカケに、一気に創価に対して怒りと不信に陥り、
    その夜、ネットで色々な創価関連のサイトなどを見て回るうちに、
    こちらのブログにたどり着きました。

    ここにたどり着いて、いくつか読み進めた時は、
    まさにここは救世主だ!という感じでしたね。
    そして、一気に覚醒へと向かいました。

    その地区部長も、創価の功徳?罰?地獄?何か知りませんが、
    現場には二度と立てなくなり、最近になってから
    新しい地区部長から交代しましたメールが来てました。
    知らんわい。 わいは完全非活や。 なんやねん。
    せいぜい走り回って、有りもしない功徳を追い掛けてなさいな。

    カガテツさん、フォローありがとうございます、
    野呂菊さん、コメントありがとうございます

    ちなみに、以前も書きましたが、
    ここに来る直前に見た、池田師匠のマハロー動画とか笑いましたよ。
    あの池田センセーを笑い飛ばす世界があったなんて・・・!と
    驚きを隠せませんでした。
    動画の配信サイトは、なぜ罰も地獄もないんだ?と思いましたよ(笑)
    その時は、まだ創価脳でしたから。
    創価脳って、本当に面白いというか厄介ですよね。
    え?今ですか?
    安心してください!非活ですけど覚醒してますよ!(笑)

    今年はまた大きな選挙もありますし、どこの誰に入れようか、
    それともボイコットしてやろうか、色々思案中です・・・
    今の政治家や政治団体って、消去法でも厳しいような
    まったくもって魅力のない政党ばかりですよね・・・
    なんでこんな事になっちゃったのか、ていうくらい、
    政治家・政党に魅力が感じられません・・・
    20歳未満の方々に選挙権を与えるのも結構ですが、
    その前にもっと色々する事があるんじゃないですかね?
    若い方々も、こんな政治状況で投票を迫られるというのも
    なかなか可哀想な話かも知れませんよね。

    (  ̄(エ) ̄ ) でもF取りしなくていいのは気楽だクマ~♪

  22. 初めまして。颯と申します。よろしくお願いいたします。

    私は、学会員ではないのですが、気さくに話かけて近ずいてきた学会員さんにされた事。言われた事。
    母が無理矢理会員にされていた事。父も会員にされかけた事。

    等が、悔しく、選挙では、寝たきりの母の選挙をなりすましで投票に行った事。
    全て、腹立たしくコメントさせていただきました。

    私が、された事は、自宅に来て、祈祷?みたいな事をされ、水子の祟りが。等と。
    私には水子はいないですが。と答えると地縛霊が。と。
    元々、私はそう言う事を全く信じていないので、帰って頂き、以後、縁は切れました。

    しかし、年老いた両親の自宅に違う会員さんが近ずき、お仏壇?まで購入していました。
    母が亡くなった時に父から学会葬にしようか。と言われ、私は激怒して、仏壇を
    会員幹部の方に突き返してやりました。

    嫌がらせ等は、何もないです。今のところ。

    どうしても抜けられなくて苦しんでいる方。『ご自分の心と正直に向き合って下さい。』

    ★仏罰なんてありません。そして、★信仰は個人の自由で強制されるものではありません。

    嫌がらせ等、されたら警察に通報しましょう。ファイトです。

    乱文失礼致しました。 颯

  23. 創価の犯罪や隠ぺい、ねつ造など哉文さんが挙げて下さったことを幹部に話すと、決まって返ってくるのが
    「それはそういうことをした当人がわるい。信心に幹部だとか職員だとかは関係ない。(でも教えは正しい)」
    という決まり文句です。
    そういう自分はちゃんと信心しているからそんなことはない。誰が見てようと見てまいと、役職など関係なく、ちゃんとやっている人にはそんなことはない、と言いたいわけです。

    こういう時私は言いたいことを、本人を前にしては難しいなあと思います。
    確かにその人は、悪事を働こうなんて考えていません。
    正義感が強く、常に正しくあろうとする道徳心は人よりあるかもしれない。
    「よかれ」と思ったことは骨身を惜しまず人に施そうとする、いわゆる「いい人」かもしれない。
    ただ思い込みが激しく、物事を一方的な角度しか見れないところがあるんです。
    ていうかそれが強いんです。
    おまけに頑固で、気に入らないことを言われるとお決まりのシャッターです。
    創価独特ものですが、もちろん本人は気づいていません。

    犯罪のようにあからさまに悪いことだと言いやすいのですが、こういうことは伝えるのが難しい。
    ただ言えることは「題目を上げると智慧がつき、物事の本質を見極められるようになる」というのは嘘です。
    物事の本質を見極めるには思い込みが強いとできません。
    だから「いろいろと問題を起こす人がいても教えが正しい」なんてのも嘘です。
    教えに力があったら、犯罪や悪事をしないのはもちろん、物事を幅広く見て判断する知恵くらいつきましょうとも。

  24. >>signifie様、モニカ様
    改めて、はじめまして。レスありがとうございます。

    「一旦批判されると『創価スイッチ』が入って鬼のように怒りだす」
    「理屈なんかあっさりふっとばし、激高する」

    私が折伏を受けた際も、お二方のおっしゃるとおりでした。
    学会員の矛盾を指摘すると、「そんなことは聞き捨てならない」と激高し、話がまったく通じませんでした。
    粘り強い対話により、このような人たちを覚醒に導き、救おうとしておられる皆様の姿勢には、本当に頭が下がります。

    創価学会からの理不尽な嫌がらせに苦しめられてきた私にとって、貴ブログで創価学会のために苦しんでいる方が
    ほかにも大勢いると知ったことは、おかしいものはおかしいと声を上げるべきだと決断する契機になりました。
    私の拙い文章で伝えられることなど限られていると思いますが、これからも声を上げ続けようと思っています。
    (主に2chでですが)

    signifie様や貴ブログの常連投稿者の皆様から、創価学会という巨大な理不尽に立ち向かう勇気を得ている方は多いと思います。
    皆様の勇気ある告発は、それ自体、立派な社会貢献です。
    外部の被害者にとっても、創価学会内部に疑問を持つ人が増えることは朗報です。

    私はROMに戻りますが、折に触れてまた書き込ませていただくこともあるかと思います。
    サイレントマジョリティーは、このブログの皆様の味方なのは間違いありません。
    これからもがんばってください。

  25. わたしが、この場にたどり着く前から話さなくては。。
    脱会の前後は、スピリチュアルなサイトやブログばかりを徘徊していました。
    そのころ、そのブログランキングの上位にあったのが、運ちゃんの前のサイトでした。いまはもう既にそのサイトは閉じられて、いま運ちゃんは違うサイトをされていますが。。
    その運ちゃんの前のサイトが気になり書き込みを始めたのが、わたしの創価アンチブログの初めての出会いです。
    そこから希望さんの白バラが紹介されていたので、そこにもたまに書き込みをしていました。そして、その白バラに書き込みをされていたシニフィエさんがサイトを立ち上げるというので、そこからの流れでここの場を知りました。
    白バラで書き込みをしているとき、ほんとうに怖ろしい思いをしました。あの時のことは忘れません。あるコメントの書き込み者から一方的に非難され、誤解だと分かっていても、わたしは怖くてその誤解を解く努力をせずにただ逃げました。いま思い出しても悔しいです。あのときわたし、何故かわたしのことが本部職員では?というような疑いまでかけられたんですよね。きっと未だにアンチのかたのなかには、わたしに疑いを持っている方もいらっしゃるかもしれません。いまさら事の成り行きを説明する気にもなれませんが。。ただ、これだけは今になって言いますが、あの時のわたしもいまのわたしも希望さんを批判したり非難したりする気持ちはさらさらなかったのです。ただ、その当時その批判している人の話をただ聞いていて、そうなんだ~と聞き流していただけなのに。。非難されてしまったのですが。。いまここに書き込まれている人たちは、なんのこっちゃ?のことなのでこれ以上は話しませんけれどね。。
    で、その前後にシニフィエさんのここの場も荒らされて正直、怖ろしかったです。あの当時は、まだ創価にも勢いがあったように感じられますね。アンチのやつらを根絶やしにしてやる、みたいな勢いが感じられました。いまは、どうなのでしょう?いまは、創価学会の中からも公明党に対する不信感から、いろいろな発信者が現れていますから、ひとつのアンチブログに関わっているどころではないのでしょうか?でもきっと創価学会の中には、ネット監視委員なる部署があるのだろうなということは、いままでのことから容易に想像できますよね。

    話は変わります。。
    あまりテレビのワイドショーとかはみない人なので、日本で起こる犯罪や事故に疎いわたしですが、たまたまきょうは午前中そんなワイドショーを見ていたら。。行方不明だった女子中学生が2年ぶりに見つかった、という事件をやっていました。
    このなかで2年という間逃げるチャンスはあったらしいのですが逃げられなかった、というところから、犯人からマインドコントロールを受けていたのでは?というくだり。。きっと、これからさまざまな医療チームが彼女の心のケアをしていくのだと思います。

    なんとなく、創価学会は間違っていると分かっていながらそこから脱出できない、というみなさんの思いとかぶりました。これもマインドコントロールのなせる業なのだなと。。ほんとうにマインドコントロールって怖いですね。。そして、そんなマインドコントロールされている家族と暮らしている方々の苦痛は、そうとうなものだと思いました。

    わたし。。過去に誰かに破壊力がある、って言われたことがあるんです。
    その意味が、どういうことかよくわからないでいますが。。ふと、ここに強烈な書き込みをして時々みなさんを悩ませているようなときがあるかもしれない自分を鑑みて。。ああ~わたしって、みなさんのなかにいまだにあるかもしれないマインドコントロールをぶち壊したい、って気持ちで書き込んでいるな、と思うに至りました。
    時々、配慮に欠ける書き込みをして傷つけているかもしれませんが、こういうキャラの流れ星がいてもいいのかな、と自分で思うことにしています。もし、シニフィエさんが困りますからそういう書き込みはやめてくださいと言われたら自重します。

    桜、の季節ですね。。
    創価学会員の方々は選挙活動に忙しくて桜を愛で友だちや家族とお花見とかされている暇はあるのでしょうか。。?わたしはもう2回、友だちと花見に出かけましたよ。まだ2回の約束が残っています。創価学会の方々は、もしかしたら?お花見も選挙活動に利用しているのかもしれませんよね。きっとお花見に行っても、この人なら選挙依頼できそうかもしれない、と虎視眈々と狙っているのかもしれません。
    加害者にも被害者にもなりたくはないですよね。

    木々や草花の芽吹く、そして桜咲く季節を純粋にたのしみたいですね。たのしみましょう!

  26. どうやら今週末に350万アクセス達成しそうです♪
    今年に入ってから、格段にアクセス数が増えました。
    1日12000超えた日もあります。過去最高です。
    私がこのブログのアクセス数にこだわるのは、別に自慢したいからではありません(笑)
    それだけ創価学会に疑問を抱いている方がこんなにいるということだからです。
    創価に問題がなければ、これほどのアクセスがあるわけがありません。
    そして毎日のように新しい方が創価の理不尽な実態。つまり創価学会が宗教ではなく詐欺団体だということを自分の体験を通じて告発されています。
    これほど説得力のある話は他にはないと思います。
    創価のことを何も知らない人が創価の悪口を言ってるのではありません。
    何十年もひたすら創価を信じて真面目に活動してきた何百人もの方が体験したことと、その結論がここに積み重なっているんです。そしてそれを読んだ方が「自分だけではなかった!」と創価が詐欺であることを客観的に確認し、創価を信じられなくなった自分を責めなくていいんだと安堵されています。そうです。創価を信じた方は、信じられなくなった時に自分を責めるんです。「悪いのは自分だ。バチが当たる」と恐怖でいっぱいになります。
    その時点ではまだ創価を宗教だとまだ信じているんでしょう。
    周りからはひたすら「信心が足りない」と責められる。自分でも自分を責めてしまう。
    しかし創価のやっていることはどう考えてもおかしなことばかり。納得できない。
    そうやって行き場を失った心は壊れてしまいます。
    創価がおかしいのか、自分の信心が足りないのか、今の幹部が悪くて、創価自体は正しいのか、それとももともと創価は宗教ではないのか、自分のこれまでの人生は何だったのか…
    悩みに悩んでこのブログにたどり着いた方も少なくありません。
    でも、安心してください。
    創価は宗教ではありません。
    だから罰なんか絶対に絶対に当たりません。
    単なる詐欺師に騙されていたというだけの話です。
    だから詐欺とはすっぱり縁を切って自分の人生を生きればいいんです。
    まずそれが大事です。
    親族が皆創価で、親兄弟も妻も夫もみんなガチガチの創価で、自分が脱会すると言おうものならどんな目にあうのかわからないという方もたくさんいらっしゃいます。
    それだけ創価がまともじゃないという確たる証拠です。
    世界で唯一幸せになれる宗教だという謳い文句で会員を増やしてきた創価学会ですが、一体どこに世界でいちばん幸せな学会員がいるんでしょう?
    一生懸命活動して、お金も全て創価に貢いで、少しも幸せにならずに死んでいった学会員はいくらでも知っています。創価とは全く関わりなく生きてきた幸せな人が私の周りにもたくさんいます。
    それでも学会員は「この信心だけが幸せになれる。この御本尊を拝まなければ幸せになれない」と自分の子供や妻や夫に無理強いする。反対すれば烈火のごとく怒り出し暴力まで振るう学会員もいる。創価のどこが幸せなんでしょう?何をもって幸せだと言うのでしょう?
    昨年、創価学会は「創価だけが世界で唯一幸せになれる宗教だ」という創価の表看板をいとも簡単に外しました。
    「日蓮の曼荼羅ならどこの宗派も同じだ」と聖教新聞紙上にはっきりと打ち出しました。
    つまり、創価学会は「この信心だけが幸せになれる」という自分たちの教義を否定したのです。さんざん不幸の根源だと攻撃していた他宗を「自分とこと同じだ」と正式に発表しました。じゃあ、今までのは何だったんだ?ってことなんですが、それには決して触れません。そして学会員もそこに疑問を感じません。恐ろしい洗脳集団だという証拠です。トップが「世界を救うために集団自殺する」といえば、素直に自殺する学会員だっているのではないでしょうか。学会員がトップのいうことに盲従します。盲従するようにいろんな手を使って洗脳されています。盲従することが幸せになれることだと信じ、心の底では逆らうと地獄に落ちると恐怖に震えています。そうやって一生を終えた学会員がどれだけいるでしょう。創価の被害者は暴力団による被害者とは比較にならないほど多いのです。そして根が深い。今もどれだけの人が自分の意思を奪われ組織に貢がされるだけの奴隷となっているでしょう。
    創価が詐欺だと気づいたとき、それはそれはショックでした。鬱にもなりました。でも今、気づかないままの自分がいたとしたらと考えると、ほんとうにゾッとします。創価に疑問を感じて非活にになってなお、10年以上も「この信心は正しい」と信じて勤行唱題は以前よりも真面目にやっていたくらいの自分ですから、創価がハナっからただの詐欺だったと気づいた時のショックは体験者でなければ理解できないでしょう。でもそのショックは乗り越えられます。自分の人生を生きていいんだという、ごく当たり前の人間の権利を持っていることを、この歳になって気づいたんです。学会員は身も心も創価に尽くすだけの奴隷です。それを喜んでやるように宗教的な神秘主義を使って洗脳しているに過ぎません。他にもたくさんある新興宗教と何ら変わりはありません。ただ騙し方のスケールが大きいので、なかなか気づきにくいのです。しかし蓋を開ければただのインチキ宗教です。

    学会員さん、早く気づきましょう。といっても無理ですよね。無理なこともよくわかりますから、そんな無駄なことはしません。勝手にやってください。一生奴隷で終わってください。ただし子どもを生まれた時から奴隷にしてしまう権利は親といえども無いはずです。そう思いませんか。そしてもしあなたが二世や三世であるなら、親からそんな人権侵害を受けたまま育てられたということです。そのことを少し考えてみてはどうでしょう。自分が信じるのは勝手です。しかし子どもにたったひとつだけの生き方を強制する権利は、少なくともこの日本においては無いはずです。でも創価の世界ではそれが基本になっているという事実をどう考えますか?本来、民主主義の社会にそんな思想が通用するということ自体がおかしなことなんです。気づきなさいとは言いません。学会員が自分の子どもも創価によって救われると考えていることもわかります。でも子どもにとっての創価は違うんです。決めるのは子ども自身です。創価以外の生き方を排除する権利は親には無いはずです。あっていいわけがありません。しかしこんな簡単な理屈さえ受け入れきれないのが学会員です。民主主義のルールを受け入れられないのが創価学会員です。そしてそこに何の疑問も抱かないのが創価学会員です。

  27. マリーです(=^ω^=) 
    昨年4月にこちらのブログに出会い5月に脱会済み。

    私がこのブログに辿り着いたきっかけは
    数年前に盲信の母が急死した後、大好きだった母の思いを受け継いで何があっても学会から離れない自分でいよう!決意してしまい・・・ orz
    当時、悩みごともあった私は「どっぷり組織につき活動してごらんなさい」と幹部に指導されたとおり活動してましたが、冷静に考えると、学会組織って、なんか無駄な苦労や犠牲を生んでない?と、どこか首を傾げたくなる感覚でした。正直、自己犠牲に快感を覚えてるような人にしかできなくないか?と・・・。
    それでも、まる6年間 学会活動に励みぬいた結果、見事に悩みは何ひとつ解決してない現実に「やっぱり、おかしくない?」
    昨年、選挙も終わり、体調も悪く、しばらく会合休んでいた時、幹部の口から、「池田先生はお元気ですって~」と聞いた瞬間の違和感をふと思い出し、何かに導かれるかのように私も「禁断のネット検索」(笑)
    いきなり、衝撃の嵐(@_@;) でる!でる!黒い創価。  
    哉文さんのように私も「芸者写真」のトリックに唖然!
    マハロー師匠の動画見た時はコージさんとまったく同じ感想!(笑)
    ネットは見ちゃいかん!嘘だ!デマだ!と創価が言いたがるわけも「ほとんどホントだから」ってことだと理解。我が家は親から創価のカモだった。私はカモ2世。知れば知るほど怒りで震えました。池田の神話も全部虚像で、ただの金満エロデブおやじだとわかった後はしばらく吐き気がしました。(オエーーーーーーー!!)
    池田と原田のへなまずるい顔が頭から離れず不眠になり、いろんな過去のトラウマがよみがえり、体調不良が続き、そんな辛かった時期をようやく乗り越えれたのもこのブログでのsignifieさんや皆さんのおかげです。
    心を支えてくれるものがなくなってしまった状態の時、皆さんのコメントを読むことで
    とても勇気を頂けました。(>_<)
    創価は詐欺・・!罰なんかないから大丈夫・・・!
    と、創価脳の自分の思考を上書きしまくり、不安からも完全に抜け出せたのです。

    先日、となり町でうちの地区の男子部(主人の男子部時代の後輩)が夕方になってから
    公明党の旗をもって、街頭に立ってました。主人が「大変だね~」と声かけたらひきつり笑顔だったそうです。(脱会者から声かけられちゃって怖かったかな?)(笑)
    夏の選挙はW選挙?公明はまたいつもの 最初は難色示しておき、あとでコロッと自民のポチになるお得意芸? WAON!www
    ちょこちょこ選挙あるより、まとめてWでやったほうが私達も後々ラクだし、功徳もWなのよ!とでも幹部がのたまうのでありましょうか・・? 
    こちらはW選挙で疲弊した学会員さんに疑問がごっそりでて、どんどん、このブログへと辿り着くことを心よりお待ちしておりますです。

  28. こんにちわ。
    福子としてしっかり洗脳され
    うっかり創価の学校へ行ってしまい
    友人に多大な迷惑をかけ
    嫌われ
    お金を一千万喜んで差し出し
    青春時代は遊ぶこともなく連日会合参加
    「大勝利の人生を!」とお花畑の脳だった
    巴里です(~~;)

    私がここにたどり着いた経緯は
    キリコさんとあまりにもそっくりで。
    婦人部になって会合が減り自分で考える時間が出来たときに
    ふと、学会って変?と思って検索。
    が、汚い言葉の羅列でとても見るに耐えないものでした。
    それ以降はネット検索することもなく
    すくすくと婦人部として洗脳教育。
    が、人生が大転落してしまった時に
    再び疑問が湧いてきま した。
    そして禁断のネット検索。
    祥蘭さんの「don’t trust」に出会ったのです。
    もう、これ私が書いたんじゃない?ってくらい
    同じ悩み、同じ思い。
    そのブログからこちらに辿りついたのが2014年。

    親を悲しませたくないという思いから退会は
    難しいと思っていたのですが
    こちらの皆さんのおかげで昨年退会届を出せました。
    本当にありがとうございました。

    公明のポスター張ってる家に
    このブログ見て!って手紙を入れたい衝動に
    毎日駆られています(^^;)

    私が兄弟の中で唯一のバリでした。
    なので覚醒したら退会しました。
    が、他の兄弟はゆるゆるや全く未K。
    その分、創価の悪を徹底的に調べてやろう!と
    言う気がなく。
    このブログを紹介 してもさらっと見た程度です。
    選挙も魅力のある政党がないせいもありますが
    「公明」に入れます。
    こういう人が何百万人もいて創価を支えているんですよね。

  29.   マリーです✿連投になってたら申し訳ありません。

    学会員さんで正役職になってから組織に疑問をもち、こっそり、こういったネットで創価の黒い情報等を見てもまだ理解できない人は、その疑問を幹部に相談してしまったりする場合がありますが、せっかくの覚醒のチャンスを逃してるとしか思えません。
    自ら、洗脳強化されるようにいくようなものです。

    私のまわりにもそういう人がいます。組織の矛盾は嫌というほど感じてるのに、
    つい、幹部に相談してしまう。あくまでも自分の頭では考えないようにする。
    人柄はとても良く、誰からも好かれるので、外部の人からも嫌な顔はされない。
    本人いわく、「組織は人間関係が一番大事」個人的な信頼関係を結んで、団結力を増す。信頼関係があるのとないのとでは、同じ指示をしても反応が違う。
    要は、親しい人からの頼まれ事は断れないものだ。という意味。
    これを組織の中でうまく利用しています。ぶっちゃけ、こういう人を創価では統率力のある優れた人材として、決して手放したくない。正役職にさせ、四方八方から幹部はその人を洗脳しまくる。そんな様子をずっと見てきました。
     本人は金銭的には困らない生活で、財務やマイ聖教も無理のない範囲でやってるので、得に何も創価に苦しめられてる自覚はなく、ただ、組織の矛盾がたまに頭を悩ます程度なので、考えない為に常に創価脳ヘッドギア装着なのです。(笑)
     そして今も後輩婦人部をやる気にさせて、本気で 部員さん全員に功徳を積ませてあげるためにと思い、組織の命令を優しく解説して、結果的に部員さんを組織の奴隷へと育ててることでしょう。
     創価脳が皆、トンチンカンなわけじゃなく、世間的に常識もあり、信頼されてるような人が幹部であることが、うまいこと創価インチキの一番の隠れ蓑になってしまってます。
    善行と思ってやってる行為が人を詐欺の手先に仕立ててるだけでなく、自他共に功徳どころか、悪業を積まされてることに早く気づいてほしいですが、メンタルも強いタイプの人は創価の鬼畜な打ちだしにもめげず、ミッション完了できてしまい、達成感を快感にして生きてるので、それもまた困りものです・・・。
     ストレスやプレッシャーに強く、説得力のある会話ができる人ほど、創価にハマってしまうと、達成感を得られる回数も多いため、誰も止められない創価脳ゾンビになってしまうのでしょうね。

    そういえば 最近はテレビで、昔の常識は間違いだったと、驚きの新常識を紹介する番組が多いですが・・・、
    まさか創価もそれと同じつもりで会則変更したのですか?(笑)新常識本尊?(笑)
    笑いごとじゃないですよね。(`ε´)おこ!

  30. 辿り着いた理由。
    長い間、創価のなかで活動すればするほどに抱える創価の矛盾と疑問が限界を超えて、ネットで調べ始めこちらのブログに辿りつきました。
    2014年の始め頃だったと思います。
    そこから、過去のスレッドまでさかのぼり、毎晩毎晩貪るように読みまくり、一気に覚醒できました。
    今まで感じていた違和感や矛盾の謎が解けた感じでしたね。
    その日からスッパリ勤行・唱題もやめ、ちょうど2年になります。

    あまりに理不尽な事だらけな創価の現場。
    意見をいえば「我見の信心だ」と言われ、愚痴を吐こうにも「愚痴は福運を消す」となり、自分の考えを言えば「策や法に頼らず祈りきれ」と、常に創価ルールのオンパレード。
    自分が自分で無くなるような日々でした。
    それがMCなんでしょうけどね。
    真面目に活動する人ばかりが負担が増え、ノホホン組や自己流組はいつもお世話をされお客様でいて、自分の生活を優先している。
    これって、絶対オカシイ!と思う日々。
    おまけに、上の幹部になればなるほど、嘘つきで要領がいい。
    そんな幹部を見るにつけ、一生懸命活動して行き着く先がこんな人間になるのか・・・と段々と冷静になってきました。
    そして、何よりも年配会員の老後の姿が、あまりにも寂しすぎる老後。
    財務や活動でお金をスッテンンテンにしてしまうせいか、生活に困っている人や身寄りのない独居老人の多いこと。
    一生をかけて創価に捧げてきた姿が、これではあまりにもオカシイと思うようになる。

    活動家だった人ほど「お金がない、年金だけではとても生活できない」と70過ぎても、生活苦の為にボロ雑巾のように働いている人が多かったですね。
    その年齢なので、条件の悪いところでしか雇ってもらえず、身体を酷使して生活するために仕事を続けているので、病気を患う人も多かった。
    生活苦の為のパートと、活動だけに明け暮れる老人たち。
    活動以外何もないので、楽しみもなく年老いていく人たち。
    また、生活保護の方も多かった。
    世間でもそんな老人はいっぱいいるでしょう。
    でも、創価学会では「生涯活動し尽せば、老後は悠々自適の境涯になれる」をウリにしてたのでは?
    創価に新聞や財務、党員費、公明パンフ、民音チケット、選挙の陣中見舞い、書籍等々で年間で数万円も払う金が無ければ、そんな年になって身体を壊しながら、仕事をしなくても生活できたはず。
    そんな時、そんな会員と自分の両親(創価ダイキライな外部80近い)の老後が全然違うことに気がついたのです。
    両親揃って健康で悠悠自適な生活。
    趣味や旅行を夫婦で楽しんで、健康で夫婦仲がとてもいい。
    20~30年前ならわからなかった老後の対比。
    もし、創価の言うとおりなら、創価がダイキライでずっと創価批判をしていた私の両親は、今頃はとっくに罰をもらって悲惨なはずなんでは?
    でも、実際はまったく逆な老後でした。
    私も両親のような老後を送りたいと思いますが、無理でしょうね。
    創価脳ゆえに、コミュニケーションも会話もできない夫と、そんな老後が送れるとはとても思えません。

    創価に関わってしまったばかりに私の人生台無しだよー!
    くっそーーー!!!と大声で叫びたい。
    でも、今日突然死んだとしても、死ぬ前に創価から去れたことに(非活だけど)悔いはなし!!
    何かあるたびに「創価の裏切り者」という主人ですが、私は「よくやったぜ私、よくぞ気が付けたよ!!」と自分で自分を褒めてあげたいです。

  31. 非活歴54年の小十郎と申します。

    今、学会がどうなってるかは内部の情報でわかるはずもなく、どうしても外部から得るしかありません。インターネット上には様々な情報があふれております。しかし、どれを見てもアンチと活動者が罵り合うものばかりで実りあるものとは思えません。まあ一番酷いのが聖教新聞の罵倒記事なんですが。根が優しい私としましては見るに堪えないのです。そんな折、コチラのブログに出会いました。「静かに創価学会を去るために」というのが気に入りましたので。そうですよね。静かにフェードアウトするのがベストでしょう。大喧嘩したりすると奴ら益々意地になりますから。ここにコメントされてる方々の切実な声。ここには真実があると思いました。そして私も勇気をもらいました。これからも悩んでいる方々の力になっていただきたいと願います。

    恐恐謹言

  32. レモンさんへ

    初めまして、最近こちらのブログを知りました、ヤンロンといいます。
    自分は介護職をやっていますが、確かに、高齢の学会員の方でも生活保護を受給しながら生活されている利用者の方々は、多くいらっしゃいます。
    お子さん達は悠々別で暮らし、保護を受けながら高齢者施設で独り生活しておられる方も多いです。
    また、ある施設勤務の時、持病で苦しみながら、ひたすら「ナンミョウ・・・」と唱えながら、ついには亡くなられた方もいます。本当に、人生、幸せって何だろう?と、憤りを覚えます。
    ある学会員の方に話したところ、

    「仏は様々な境涯、姿形で現れる」「その人も残念だったけど、何か意味があったのよ」「死を通して何かを伝える宿命だったのよ」

    等々。はあ!?って感じです。死んでしまったら何にもならないのに!
    そういうことがあり、更に婦人募り、やや鬱が悪化、今は若干回復しています。
    そういえば、自分の近隣の学会員の方は、やたら”宿命がなんたらかんたら”って言ってますね。
    ・・・つか、現実を見ろよ!って話。

  33. 非活2世マヨイです。
    私がこちらにたどりついたのは、14年の終わり頃、皆さんと同じように長年積み重なってきたソーカへの疑問、不満等がついに創価シャッターでは塞ぎきれなくなり、盲信母との関係に悩み禁断の検索へと・・・時々さまよったことはあったのですが、「これはソーカ嫌いの過激な外部の人が書いているのではないか?」と思うようなサイトばかりに行きついてしまっていたので、やはりネットは信用ならん、などと半ばあきらめていました。このブログで全国津々浦々で同じようなことが行われ、同じように悩んでいる人がいると知り、自分だけじゃなかったんだ、と安心しました。ネットで繋がるということに不安がありましたが、あまりにも同意したいコメントが多くて、ついに自分もコメントするようになりました。未だにドキドキしながらコメントをさせていただいています。
    このような場を作ってくださったsignifieさんに感謝です。私にはなかなかうまく言葉にできないことを代弁してくださっているかのようなコメントやブブっと吹いてしまうほど楽しいコメントを書いてくださる皆様方にも感謝しています。これからもよろしくです。

  34. 私の場合は2005年の選挙の時から一切活動をやめて、罰の不安に打ち勝つためにアンチブログや教学系のブログなどを読み漁り徐々に洗脳を解いていきました。
    こちらのブログも割と早い段階から読ませていただいておりましたが、最初の頃はまだ洗脳状態から抜け切れてなかったので『そんなのいくら何でもインチキじゃないの?この人怪しい!』とか『ちょっとこの人過激すぎるなぁ』などと疑いながらのロム専でした。
    でも次第に自分は体験してないようなひどい話でも、今まで活動してきた中で見聞きしてきた様々なことが一つ一つ繋がってきて『ああ、そういえばこれに似た話を聞いたことあるな。見た事あるな。』と思うようになり『もしかしたら本当にこういう事があるのかもしれない』とすんなり受け入れるようになっていったのです。勿論、匿名の場ですから有りもしない話を作ってる人もいるかもしれない、という気持ちは常に持っていますのでいまだに『これはいくら何でも無いでしょ!』みたいに感じる時もあります。でも、そのコメントした人がその後も様々書いていくものを読んでいくうちにその人の人柄が何となく伝わってきて『やっぱりこういう事もあるんだ・・・』と少しずつ現実を受け入れて行きました。
    こちらのブログはあくまでコメントされる一人一人が見聞きした体験を語ってるので自分でも思い当たる事があったりして色んな気づきをもらえます。
    センセイに関しても元側近の人の暴露本とか読んでも正直自分で聞いたわけでもない発言を丸々信じることは出来ませんが、こちらでは同中で普通に見ることが出来るセンセイの言葉や動作への一人一人の感じたままの感想などを聞いてくうちに、『ああ確かにああいう言動はおかしいよな。何で今まで変だと思わなかったんだろう?』と徐々に一般的な感覚に目覚めさせてもらえてます。会合に出たり学会員と話をしたり新聞を読んだりし続けてるとなかなかこの一般感覚は芽生えてはきません。私は一般感覚に目覚めるにしたがって洗脳から解き放たれたのですが、逆に一般人だった主人が学会にハマった感覚が理解できません。
    やっぱ一筋縄でいかないんだなぁという感じです。一人一人の気づきのポイントは違ってるんですね。
    こちらのブログに出会って最大の良かった点は、学会は詐欺だ!という事を理解できたことです。それがわからないと、何かの拍子にまた戻ってしまうこともあるかもしれなかったから。
    そして詐欺なら罰なんか全く関係ないので先の事を不必要に不安がる事もなくなりました。
    本当に出会えて良かったです!ありがとうございました!

  35. (前述の”婦人”→”不信”です。誤字すみませんm(__)m)

    マヨイ さん〉
    あいす さん〉

    初めまして。現在非活の者です。私も約1カ月前に非活になった時、その様な感じでした。アンチ的な内容の情報や書き込みが多く、反創価の方の嫌がらせでは?と何度も思いました。
    しかし、ウェブやツールで情報を集め、更にこちらシニフィエさんのブログにて様々な事情を知り、やはり情報は本当なのだなと確信するにいたりました。
    現内部でバリ活の方、一役職の方、知らされていない情報は本当に多いんだなと痛感しまさした。内部の方に、今の創価学会に対する、多くの方の生の声をもっと知って欲しいと、心から思います。
    また、今、創価学会自体が方針について会員内でもブレが生じており、公明党との食い違いも一部でてきている為、学会に見切りをつける良い機会なのでは?と感じています。

  36. 初めて書かせて頂きます。中一の学会四世です。自分は生まれながらに学会員でした。最初は親の真似をして勤行をしたりしていましたが、成長してくるにつれ「なんでこんなことしてるんだろう」と思いました。必至に毎日祈ってうけた中学受験。親に「毎日祈れば絶対受かるよ」とか言われ毎日一時間唱題。結果落ちました。そしたら親が「これが使命だよ」とか言いました。都合良すぎじゃないですか?祈れば叶うんじゃないんですか?と、思いました。嫌々未来部の会合に出て、毎日勤行をやらされ、学会の英語コンテストという宗教とは関係の全くないものに出され・・・。もうどうしていいかわかりません。これ以上俺の人生に関わってほしくないです。

  37. 以前ゾフと名乗りましたが、似た名前の方がいらっしゃるのでフェイと改めます。三世ゆる活婦人部です。よろしくお願いします。

    私がこのブログに辿りついたのは、副から正になってほしいと人事の話があったことがキッカケでした。
    子育てと就活を理由に断るつもりでしたが、幹部は「大丈夫」の一点張り。明日には発表なので急いでいると言われ、断りきれず受ける方向に。
    私は三世なので幹部になり苦労している親をずっと見てきました。役職が大変なことは知っています。それなのに明日発表なので、と心の準備をする間もなく…。
    納得できない気持ちが、ネット検索をさせました。確か「役職 嫌 創価」等で検索して、このブログに辿りつきました。
    まず、学会員の生の声に驚きました。ウソでもデマでもない、生きた声がこのブログには集まっていました。疑問があるのは自分だけではなかったのだ、と安心できました。
    詐欺やMCという言葉には、はじめは言いすぎではないかという違和感がありました。しかし、これまでネット検索をしなかった、する気にならなかったという事実が、MCされていた証明に思えました。仕事でも家でもネット接続環境にあり、何でもネットで調べる私が、創価についてだけは調べなかった。いま考えるととてつもなく不自然です。詐欺については、過去ログを読みながら徐々に納得しています。
    キッカケとなった正役職の話は、このブログとの出会いと夫(入会済ゆる活)の反対により、断ることができました。

    創価関連の書籍等を処分し、新聞他購読物も新聞店に電話して購読中止しました。
    その影響で家庭訪問の連絡がありましたので、しっかりと非活宣言しようと思っています。
    空気に流されやすい自覚があるので、ここで宣言してから立ち向かいたいと思い、コメントさせていただきました。

    signifieさん、コメントされているみなさん、本当にありがとうございます。
    このブログに出会えてよかったです。

  38. 創価。昨今の公明党の方針や例の除名の件をめぐって分裂してるようですね。
    物騒な分裂抗争って流行りなんですかね?
    またいつぞやの宗門VSソーカみたいに勃発ですか。
    ダイナマイトで木端微塵アゲインとかやめましょうね(笑)
    創価脳同士って、ヒートアップするとどっかの組も真っ青なことやりますからね。

    日蓮とか創価って唯一とか絶対とか言ってたわりにしょっちゅう分裂。
    ナンタラ細胞か?
    ナンチャラ派、ホンタラ派…思想から文献から教団から個人からいったい幾つあるんでしょ?
    で、おもしろいのが、どこも我こそが真の教えで他が堕落したんだ、偽物なんだ、ねじ曲がったんだと譲らないこと。
    で、お互いふっかけ合わずにいられない。
    ケンカ好きだよねー。
    同じナンミョー同士仲良くした方がいいんじゃないのー?
    はっきりいってみんな同じに見えるんですけどー。

  39. バリ活歴31年、元地区婦、杜若(先日退会済)です。
    仕事と学会活動の両立に限界を感じ学会活動の内容に矛盾も感じていました。
    学会活動が負担で逃げ出したかったのです。
    どうしたらよいのかわからずネットの検索ワードに「地区婦人部長辞めたい」と打ちました。ヒットなんかしないだろうと思いながら・・・
    ところが創価を辞めた方たちのブログにたどり着きました。そして偶然こちらのブログにたどり着きました。

    仕事中、立て込んで忙しい時にもおかまいなしに入る幹部からのメール「追加日程です。」「新聞目標達成まであと何部ですか。」「○○会合に△△婦人部長がお見えになります。」etc・・・
    高齢の婦人部からは電話も入ったり(勤務時間中)・・・ため息ですよ((+_+))
    新聞啓蒙目標達成のためにマイ聖教を増やしたり(私は1度もマイ聖教とった経験は無です)
    決まったメンバーが多数啓蒙して、やらない人は全くやらない。
    この新聞目標達成には何の意味があるのだろう?目標達成出来れば地域に福運がつくのかしら?なんて思ってました。
    選挙が入れば財務の振込期間が変更になる。何の団体なの?
    真心の財務は何故か一口1万円からだし・・・。

    初めはチラッと見る程度でしたが非活宣言をした後、真剣に読むようになり、創価以外が出す創価の情報にも触れ覚醒に至りました。中でも衝撃だったのは宗門との裁判結果(ほとんど負け)です。創価新報の大勝利の文字は何だったの?

    創価から発信される情報だけを真実と信じて活動する。情報操作されてる事に気付けず・・・。
    今は自分で自由に情報を探せる時代です。
    幸せになるための宗教なのに矛盾を感じたり苦しみながらの活動はおかしいですよ。
    私たちは宗教や組織の為にいるのではありません。
    目をつぶるのではなく耳をふさぐのではなく調べましょう。とことん!!
    何も怖くありません。何も恐れるものはありません。

  40. 私の場合創価系・反創価系ブログも、殆ど目を通したと思いますが、良質な個人ブログも結構あります。(挙げると創価に潰されそうで、迷惑掛かるとマズイので記せません)
    勿論「対話を求めて」も時々読んでましたが、15年3月に膀胱結石に罹り、痛みと血尿に悩まされて(20年来尿路結石には痛み付けられて来ましたが、「還暦過ぎたら、石を造り大きくさせる力が弱る」。とネット情報に有ったので油断してたら大敵でした)…

    ま、結石で命に別状は無いのは分かってますが、思い起こすと、近くに棲む中学時代の同級生が2人も50代で亡くなっていますし、当時同級生クラス46名の内5~10人位は、(知らないだけで)亡くなってるのでは?。そう考えると、
    生きてる間に、困ってる人の手助けになるようなことは何かナイカナー?、と考えてみると。そうだ“貪・瞋・癡(とん・じん・ち)の三毒に染まっている”創価員に「読むな」と云われてる、反創価系の書籍の紹介を通じて実態を知らせて、真っ当な判断の材料を提供しよう。と、思い立ちましたね。

    こまき さん 2016年3月28日 11:39
    >折伏しようとした学会員を逆に言い負かしたところ、陰湿な嫌がらせを受けるようになりました。

    大変でしたね、頭に来ますよね!。
    私の場合、親が60年以上前の戸田会長時代の入信で、皆さん後輩になるし、「唯一絶対正しい」とか吠えても、「唯一絶対なんてのは、人は必ず死ぬし、人類そのものもイヅレ絶対滅びる」。…教義持ちだして来て「宗教の五鋼がどうの、五重の相対、一念三千…」たら言っても「それは、日蓮が勝手に法華経・天台その他、己が学んだ教義を都合よく組み立てた丈の話で、他宗ではやはり似たような仕組みで、その宗が最高に落ち着く教義を組み立てているだけの話でしょうが?」云々。
    と、憎まれ口(ホントの事なんですが、学会員から見たら)を叩いても、怒らずに、というか「戸田会長の肖像画を掲げてる家は、退会して貰って結構、ほっとけ」くらいの幹部の言だったのかしら?、。寄り付かなくなりましたね。道で出会っても世間話するだけで宗教の話は有りませんね。(あったら遣り込めてやろう!、と待ってるのに)(-_-;)

    正宗へ戻るも、呆れる位創価学会化してるのも(目標達成率何%だの何だの)アホか!。だし、住職の御書講義もたいした事ないし(これなら、独学でやってた方が効率的)、母親は朝晩の五蓙三座だけは死ぬまで続けてました。しかし「お寺も金取り主義やったネー」と、失敗したなーという感じでしたね。尤も創価の詐欺団体とは根本が違いますが、(今は創価学会員の駆け込み寺ですが)いずれは針金宗に戻ると私は診ています。
    ─宗教団体そのものが必要なのか?という話でもある─
    法華講を脱講してからでさえ、早いもので20年近く過ぎましたね。私にとって、思想哲学の研鑽が一番自由で良いですね。(葬儀は自然葬で充分と思ってますので)

    “想学談林”【20160329】壊れ行く日本、かなぁ に、

    今の創価学会にはアクセンチュアという外資系のコンサルタント会社が入っているようですね。
    このアクセンチュアですが、世界中の名だたる企業に業務コンサルとして入ってますが、多くの目的が「業務効率化」であったり、より売り上げを挙げて収益率を上げるための組織改革なんかを行っています。
    まあ間近で言えば、アウディにもコンサルを行い、そこでアウディは組織改革を断行して収益率を上げたのは有名な話です。

    そんな執行部が指導する組織が日本の行く末を左右しはじめているのですから、日本の将来も暗嘆たるものです。

    創価学会への罵詈雑言が99あったとしても、褒め称える言葉が1あれば、組織内では活動体験として、それが百倍に膨らして会員たちを鼓舞する言葉になってしまいます。
    (コピペ終了)

    ※「対話を求めて」にも、コンサルの指導を受けての巧妙な投稿が紛れ込むやも?

    『懺悔の告白』山崎正友/1994年3月・日新報道
    135
     創価学会の金集めは、宗教上の布施や供養のレベルをはるかに逸脱している。ウソだらけの功徳話やコントなどで会員を騙し、集団催眠にかけ、煽り、あげくの果ては脅迫まがいのノルマの強要を行う。…
    136
     こうして集めた金は、東京の八王子や信濃町付近の土地を買い漁る他に、池田大作のノーベル賞取のための宣伝、いわゆる“世界広布”とやらに使われると、創価学会では発表している。……
    池田大作は、世界広布の名の下に、数十億単位の大金を投じて、海外の不動産を買い漁った。イギリスやフランスの城、大邸宅、アメリカの高級別荘や広大な土地。およそ現地の信者組織に比べれば、“貧乏人に馬”どころか、“猫に小判”“豚に真珠”の如く、全く不釣り合いな買物である。既に、海外資産は“兆”の台に乗ったという。
    137
    池田大作は、何としてもアメリカ大統領との会談を実現し、ノーベル賞へのステップにしたいとの考えを持っていたが、レーガン、ブッシュ、クリントン各大統領とも、池田大作との会談を拒んでいる。
    138
     矢野殉也氏の手記(「文芸春秋」平成五年十二月号)に、“黒柳氏がアメリカで云々”のくだりが何回か出てくる。公明党の外交部門担当者の黒柳明氏は、密かに渡米して、池田大作とレーガン大統領の会談実現の努力をしていたのだ。
     法学委員会出身の外交官や、金にあかせた大統領側近への工作も、ついに実を結ばなかった池田大作は、今年春訪米した際、アメリカの会員を集めた大会の席上、「クリントンは口がうまい男だ。口先だけで大統領になった」と、クリントン大統領をこき下ろして鬱憤を晴らした。

    179  「病理集団」から目ざめよ(小見出し)
     学会員はこうした現状を虚心に見つめ、「大功徳」「大福運」を連発する池田の言がいかに空虚なものであるかを、正しく認識すべきである。そして、池田の“天下盗り”の野望が業火となって会員をさいなみ続けた結果、学会は「人間の内面の深化」や「他者への思いやり」「地道に生きることの尊さ」を教える仏教教団とは似ても似つかぬ“病理集団”へと変質していったのである。
    189
     池田大作はいつも、『預金が少なくなると、財界や政界になめられる。いつも土地を買ったり建物を建てたりしていないと、周囲の勢力が創価学会離れを起こす』と考えている。だから、どんな時も、会員からの金集めをやめるわけにはいかないんだ。……
     また、土地建物に金をつぎ込むのは、池田大作には将来、会員が激減しても資産があれば何とか持ちこたえられる、というコンプレックスがあるからだが、宗教が建物にこり出したら峠の下り坂にかかったという証拠だよ
    (以上引用終了)

    フェイ さん 2016年3月30日 10:23
    >これまでネット検索をしなかった、する気にならなかったという事実が、MCされていた証明に思えました。

    まさにその通り。 >しっかりと非活宣言。 頑張ってください。私の感じでは「戦争法案はオカシイ!」が、効くみたいですけど?。…個別の地域事情はワカリマセンので、首尾よく行くよう祈ってます。駄目な場合も諦めなければ、孰れ遅かれ早かれ、非活・脱会は出来ます。。(「祈りとして叶わざる無し」の教え通りってか!)(^_^;)

  41. 先のコメントの続きです。
    かつての宗門問題の時散々聞きました。
    「このままでは日蓮大聖人様の精神に反してしまいます」とか何とか。
    あんなに仲良し同士だったのに。
    で今度は「このままでは池田先生の精神に反してしまいます」
    異体同心が自慢だったはずの創価が、あららまた内輪もめ。
    そういえば創価の皆さんが罵倒する顕正会も、もともとは仲良しの同じ創価だったよね?

    たった一つの教団でもすぐ意見が分かれて、それぞれが「譲れない」
    ともかく人一倍「譲れない」
    こればかりは「譲れない」
    そうでしょ?
    これで世界を同じ思想に統一しようですか?
    それが広宣流布ですよね?
    できるわけないでしょ(笑)
    根本が同じナンミョー同士であっても、ちょっと意見が分かれるとこの始末ですよ。
    どうやって世界を平和にするんです?
    たかが一つの教団内でも円満にやれないで。

    しょせんこの程度のことやっておきながら、何やらものすごい思想のようにいうのは滑稽です。
    むしろ平和とか仲良しだとか尊重といちばん遠くにいる人たちが、創価グループです。

    「この考えだけが正しい」じゃダメなんですよ。
    いつ気づくのでしょうか?
    仮に三人組さんたちの一派が支持者を集めて一つの集団を確立したとします。
    全員が理想に燃えた「譲れない者同士」です。
    そこでまた意見が別れたらまた揉めてまた分裂ですよ。
    全員「譲れない」んだから(笑)

  42. 衆参同時選挙に難色を示していた公明党の山口代表ですが、

    公明党・山口代表:「(解散は)総理の専権事項なので、総理のお決めになることについてとやかく申し上げない。総理が決断されれば与党としては対応する」
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20160330-00000044-ann-pol

    学会員さん、公明党のどこが「ブレーキ役」なんでしょうね?
    「とやかく申し上げない」んだそうですよ(笑)

    昨日、とうとう安保法案が施行されました。まずは自衛隊員は南スーダンの少年兵を殺しに行くんでしょうね。アメリカは大喜びです。公明党が安保法案に賛成しなかったら、自衛隊は外国に行って子供を殺したり、殺されたりしなくて済んだはずです。学会員さんが功徳欲しさに公明票を集めたばっかりに、南スーダンの少年兵は自衛隊員まで殺さなくてはいけなくなり、自衛隊員は否が応でも何の恨みもない子供たちを殺しに行くんです。
    学会員さん、あなたたちがやっている選挙違反ギリギリの活動によって、自衛隊員が外国で人殺しをすることになったのは平気なんですか?これも仏法なんですか?これが世界で唯一正しい宗教を信じている人がやることなんでしょうか?それとも公明党が創価を無視して勝手に安倍政権の言いなりになっているとでもいうのでしょうか?だったら創価は公明党に何がしかの抗議をするべきでしょう。でも現実にはしない。公明党は創価の言いなりです。当然です。そして公明党が自民党の言いなりなのは、創価の指示です。創価は自民党(のバック)に逆らえないんです。そしてあなた方創価学会員は、創価と公明党と自民党の言いなりになって選挙活動をしているということですよ。わかりますか?わかりませんよね。そんなこと考えもしませんよね。考えたりしたらバチが当たりますからね(笑)。何も考えずに言われたとおりにしていけば幸せになれると言われたことを信じてますからね。自分で考えないことを当然だと思ってますよね。自分の人生なのに、自分で考えることに罪悪感さえ持ってますよね。そして自衛隊員が外国で人殺しをする法律ができても、自分には関係ないことだと思ってるんですよね。でも安保法案は公明党が与党としての議席があったから通ったんです。つまり安保法案は創価学会員が通したも同然です。南スーダンの子供達が自衛隊員によって殺され、また、自衛隊員が外国で殺されるのは、創価学会員が自分への功徳があると信じて公明票をかき集めたからなんですよ。
    こんなこと言ってもわからないんでしょうね。創価学会員のしたことで自衛隊員を外国の戦争に送ったということを聞いてもなんとも思わないんでしょうね。

  43. ついに、転勤の辞令を手にしたkickeyです。ばんざ~い!
    前スレでスマイルさんの言われていた言葉の中で、「脱会の功徳」が、しっくりきました。
    ほんと、今まで叶わず苦しんでいたのはなんやねん。祈っても祈っても叶わんかったんじゃ。なんで脱会してから叶うねん。変なの!

    (あ、前スレだったか、マリーさんやせーやさん、コージさんなど私宛にコメントありがとうございます。そしてコメント返しがすぐできない不誠実な私をお許しください~。そしてこちらでコメント返しが漏れている人いらっしゃったらすみません。いつもコメントうれしく読んでいますので。)

    創価の願いなんてかなわないよ!!しかも教義もインチキすぎ。「祈りとしてかなわざるはなし」なんていっときながら、「叶うかなわないはご信心により候」って。都合よすぎるやろ。
    人をなめとんのか!おい。

    あー、もっと早くやめたら良かった。 洗脳溶けるのに時間がかかったから。

    キンマンマハロージジイが雲隠れしだして数年、さすがにおかしいと思い始めて、
    バ幹部に質問したら逆にキ〇ガイ扱いされたので、頭にきて、その後ネット検索しまくりました。

    このブログにたどり着いたのは、創価、インチキ、池田、などで検索しだした時だと思います。

    なぜか一番新しいスレにたどり着かず、確か『聖教新聞社のかたへ』と言うスレに着きました。そこには、ずっと私が疑問に思っていた、池田のインチキを隠した白々しい新聞の内容のことや、普通の感覚で、数年も会員の前に現れないのは、不思議で、誰も疑問に思わないようにしている組織がおかしい、など、私がずっと思っていたことと、書かれていたことがすべて私と同じ気持ちだったのに驚き、目から鱗だったので、しばらくロムっていた記憶があります。

    その後、へんなかまってちゃんが変なこと書き込み始めて、はぁ?と思ったので思わず初めましての書き込みをしてから今に至ると思います。

    私もそういえばネット歴は長いわりに、創価の悪いことは検索していませんでした。
    研究発表とか任されているときなどにSGIのページとか検索したかな~
    その程度。
    マリーさん、傑作です
    >ネットは見ちゃいかん!嘘だ!デマだ!と創価が言いたがるわけも「ほとんどホントだから」ってことだと理解

    そうですよね。ばれるからでしょうね。疑問に思う人も出てくるでしょうし。
    うそだ、デマだ、というなら堂々としていればいいじゃないか、と思います。

    見るな、なんていうほうがおかしい。見られたら都合悪いからですね。ということはほとんど本当のこと。ばれたらこまっちゃいます、中枢が。って感じでしょうか。

    私が脱会したこと知ってるはず(もしかして聞いてないのか?)なのに、
    うちの地域の市会議員(今回も候補)がうちに訪問してくる~~~~!
    あいにくいないときなどですが、名刺が入っているし、
    この間セールスかと思って出なかったインターホン、あとで名刺を見たら議員だった。
    議員と言っても、同年代で過去には男女青年部で一緒に活動していた知り合いなんですけどね。

    話をすることも、対応する気もないけど、安保法案のことはどう思ってるのでしょう。
    よくあんなに朝から駅で演説とかできるなあ。
    あ~、駅前で「kickeyさん!おはようございます!」って大きな声で言うなよな。
    もう、支援なんてしてないし。コンペイトウの旗を持った人からそんな風に声かけられたら周りから白い目で見られそう。だってだって世間では嫌われ者ですよ。もう、私は関係ないからいい加減、ほうっておいてくださいな。

    では、ちょっと眠たくなったのでこのへんで。
    みなさん、ごきげんよう。

  44.  シニフィエさん、ブログ読者の皆さん、40代非活壮年部のキリコです。
    今回はスレッドのテーマの提案に出てきました。例えばこんなタイトルはどうでしょうか?
     「私はなぜ覚醒できたのか?」
     学会やその組織について矛盾や疑問を感じてはいても覚醒する人としない人とがいます。この違いはいったい何によるのでしょうか?
     様々な要因があって一口に語れるものではないとは思いますが、自分はなぜ覚醒できたのか、自分の中の何が覚醒へとつながったのかを考えてみるのもおもしろいのではないかと考えます。

  45. 私が、対話を求めてに出会ったのは、公明党への疑問から始まりました。
    2年前、なぜ?公明党が行使容認したのか?先生のお考えに背いている・・学会は何もいわない、先生のお考えが知りたい。
    最初は、あの除名3人組と同じでした(笑)
    ネットで探せば、何か答えが見つかるかも!と(スマホ便利ですね~、サクサク検索)
    アンチブログや、元創価のブログをたくさん目にすることになり、そこは、不満や批判、先生の悪口が多く、行使容認についての知りたい情報が見つからず。
    しかし、あれ?こんなにも学会へ対する疑問をもち、脱会した人がいるなんて・・・
    と驚き、公明党がおかしいのではなく、創価学会もおかしいのか?と改めて思いました。
    更に、検索を続けていくと、「対話を求めて」に出会い、そこに私が知りたい全ての答えがありました。
    行使容認のこともです。
    先生のお考えも。
    池田先生・・・・世界の指導者、宗教者ですらない、詐欺師なのだ‼ということ。

    他のアンチブログや元創価のブログは、
    創価学会は宗教であるが前提というか、組織に対する疑問ばかりなので、私が知りたいのは、「創価学会そのもの」はいったい何か?でした。
    その答えも対話を求めてにありました。「詐欺団体」なのだ!ということ。

    創価学会は宗教団体という思い込みが抜けなければ、覚醒出来なかったと思います。
    組織や党に不満があり、非活になったとしても、宗教と思っている限り、心の奥に疑問を持ちながらも、あの3人組のような日々を続けていたかも知れません。

    創価学会は、宗教ではない!
    宗教を利用したビジネス、いや詐欺団体!
    それが、全ての答えなのです。

  46. 私がこちらのブログにたどり着いたきっかけは、まずスマホを持つようになり手軽に検索出来るようになったことです。

    そして子供に創価大学を勧めた時に、子供から言われた言葉
    「あんな評判の悪い大学には行かない!」
    この一言で、禁断のネット検索を開始しました。

    評判が悪い?
    いつも身近にいる子供から言われた一言は衝撃的でしたが、なぜかその時は怒る気持ちになれず、どんな風に評判が悪いのか知りたくなりました。
    昨年初めのことです。
    当時は活動に疲れ果てていました。
    一昨年の突然の解散総選挙で、私も創価・公明党にはかなり不信感があったのです。

    ネット検索をしてみると、それまで知らなかった創価の悪事が次から次へと出てきて恐ろしくなりました。
    そして私は長年騙されていたのだと気が付きました。

    とことん調べていくうちに、signifieさんの「対話を求めて」がヒットして目にする機会が多くなりました。
    最初は、どうやって読み進めていけばいいのかわかりませんでしたが、過去スレと現在進行中のスレッドがあることがわかりました。
    このブログは、真実があふれている!
    皆さんのコメントに頷き、涙を流しながら無我夢中で読んでいました。
    時には笑ってしまうコメントもあり、とても元気をいただきました。

    こうして私は、こちらのブログにたどり付きました。
    signifieさんと皆さんのおかげで、私は活動を一切やめることができて本当によかったです。

    signifieさんがおっしゃっているように、今まで衆参同時選挙に難色を示していた公明党代表の昨日の変わりようには、またか…という感じです。

    やはり創価・公明党はおかしい…と気が付く学会員さんが増えて、たくさんの方がこちらのブログにたどり付くことを願っています。

  47. バリ活歴16年、非活歴15年、昨年11月に退会しましたレイラです。

    私がここにたどり着いた理由は
    昨年の今頃だったと思います。

    すでに非活でしたが、イケダセンセは世界平和の為を考えてる人。
    とりあえずとってるセイキョウ新聞、書いてることも
    「いい学会員さん」たちの体験談、受賞された記事などなど
    色々と組織に対して複雑な思いをもちながらも
    セイキョウ新聞をみたり、配達してくれたりたまに日程などの手紙をいれてくれる
    組織の婦人部の人の事も考えると、断ち切れないんだよな~とおもいつつ

    でも!でも!
    何故メッセージはくるのにセンセは全く表に出てこないの?
    たまに載る目が焦点のあっていない写真「元気なワケないでしょ???」

    ある日何故か気になり
    「創価詐欺」「池田大作嘘」「池田大作詐欺」という言葉で
    【禁断の検索】をしてしまいました。

    もちろん中には「これどっちもどっちだよね~」というサイトもありました。
    どうやってここのサイトにたどり着いたかは忘れましたが
    「静かに創価を去る為に」という言葉が私の心にしっくりきたのです。

    静かに静かに・・・ドアを閉めるように
    そっと去って行きたい。

    そして同じような疑問を感じている人が実は多かった事。
    そういう「同志」の方の生の声を交換できる場所が
    今までなかったこと。

    過去の投稿をむさぼるように読んでいくと
    「創価は詐欺」もうショックでした。

    私が信心反対されて暴力やいじめをうけても
    「この信心は絶対。そして皆がわかる日が必ず来る」と
    歯を食いしばって忍耐した日々。

    センセを遠くからはじめて見て大泣きした日を
    人生の原点とした日。

    あれは一体なんだったの?????

    ゆっくりゆっくりここで書き込み心の整理をしながら
    静かに静かに去る準備をし、昨年11月におかげさまで
    静かに去る事ができました。

    シニフィエさん、みなさんのおかげです。ありがとうございます。

    >レモンさん、杜若さん
    別スレですが、コメントありがとうございました。
    「眷属」・・・・懐かしい学会用語ですね(笑)。

    丁度私たちが入会したあの頃は学会は華やかな全盛期だったかもしれません。

    草創期のように「貧乏人と病人の集まり」ではなく
    1世の福運???で守られている未来部青年部。
    センセもイケイケどんどんで(笑)大きな野外球場での華やかな文化祭
    イケダセンセのゴージャス海外巡り、芸術部の方の広告塔
    そして宗門問題前でしたので登山会(私的に新幹線に乗って、富士山見れて
    楽しい旅行気分でした)

    宗門問題があってからたしかに亀裂が入ったと思います。
    それから創価新報&セイキョウに「売○」とかとてもいやらしい言葉が出るように
    なりました・・・・

    それでも私は「創価やセンセは悪くない。創価についていく!」なんて思っていました。
    (もう宗教はこりごりです)

    >LIARさん
    はじめまして。
    私も行きたい大学、なりたい職業がありました。
    折伏の親である元カレXから「絶対に叶う!」と言われましたが
    結果は不合格、職業も数回チャレンジしましたが不合格。

    そういう時に決まって言われるんですよね。
    「ちがう所に使命があるのよ!」って(笑)。

    これって別に創価を信じなくても
    ポジティブシンキングでいいと思いません???(笑)

    不合格になったのは自分の努力、力不足もあると思うので
    すべて創価のせいにはしませんが、ただ、役職&活動で
    失った時間は大きいですね。

    脱会してからが本当の人生のスタートと思い
    今は生きてる事が辛くなくなりました。

    創価を背負った人生は本当に本当に重たく辛かったです。
    (バリ活時代はそう思わない様にしていました)

    >コージさんのパクリ
    (  ̄(エ) ̄ ) 脱会生活気楽だクマ~♪

  48. こんにちは、三枝です。
    最近レモンさんが老後の学会員の不幸さからおかしいと気づき始めたと言うお話をされていたのでいい機会だと思いまして久しぶりに書こうと思います。

    昨日から私の義父の介護が我が家で始まりました。2年ぶりの介護の再開です。今回は病状も悪化しているため最期の介護となります。寝たきりで私や妻の名前も分からないことも多くなりました。
    義父は長年(30数年)、入院するまで自宅を地区拠点に提供し続けました。寝たきり、デーサービスの
    通所、要介護状態になっても我々、外部の者が拠点返上を申し入れるまで拠点を変えない、めんどいことは引き受けたがらないと言う全国何処にでもある良くある組織の状況の地区拠点でした。

    義父は新聞の配達も突進歩行、転倒などパーキンソン症候群の症状を外部の私どもが訴え組織に注文を付けるまで30数年間変わらずに雨の日も配達を続けていました。(誰も配りたがらないからです。)
    組織では学会員の鏡とまで思えるような模範の「水の信心」を貫く壮年部でした。この姿は元学会員であった私も尊敬しています。

    拠点の部屋は読みもしない割り当てられて購入した学会書籍、ビデオ、DVD・・で溢れ返っています。本尊は拠点用の豪華な奴です。今は、給仕をする人もいないのでふすぼって埃が積りっぱなしです。

    長年、蓄えてあったであろう貯金の通帳残高も今月時点で10万円程しかありません。蓄えが無さ過ぎて月14~5万円する施設には入れないのです。

    昨日、退院した病院の支払いも9万円ちょっとで何とか10万円以内に収まることが出来たくらいです。
    その義父と共に創価の信心を貫いている義母も心臓にステントが入っていて自分で食事を作るのも辛いとのことで弁当の宅配サービスを民生委員の方にお願いして受けるようになりました。いざとなったら頼りになるのは町内会、社会福祉の自治体の人達なのです。学会員が必要として頼り??になるのは選挙の時の連れ出しと新年勤行会の連出しなど会合出席率アップ要員と財務だけです。

    そんな老夫婦なのに何故か毎月4000円程が聖教新聞代関連で引かれているようです。読みもしない新聞関連を2部取っているからでしょうか?
    「今の状況では必要ないからと1部にしないですか?」と言ってやりたいのですが言うとスイッチが入るでしょうから言えません。財務もしっかりしているでしょうから死ぬまで搾取され続けるのでしょう。

    こんな末端創価信者の実相、公明党の世話で生保を受け市営団地に入っている学会員は全国津々浦々にいるんでしょう。そのサポートをしているのは私のような外部になった者や税金を支払っている外部の人の存在があると言う皮肉のような現実があります。

    組織活動をしながら「おかしいなあ~??」と思うようになった人は気づいて欲しいものです。

  49. 非活の婦人部 ジンジャーです。

    kickeyさん
    転勤の辞令、おめでとうございます。よかったですね!

    私も祈っても、学会活動を死に物狂いでやっても、叶わなかったことが、非活になってから叶ってます(^ ^)創価学会をやっても願いなんて叶いません!本当に学会の教えはインチキです。

    コージさん
    コージさんのコメントを読んで、私も同じようなことがあったので、腹立たしい気持ちになりました。支部婦からしょっちゅう電話やメールがあり、うんざりする日々でした。
    忙しくて電話に出ないと
    「なんで電話にでないの?」
    着信を無視してると
    「なんで折り返し電話してこないの?」
    メールの内容がうざい内容だから無視してると
    「なんでメール返信してこないの?」
    としょっちゅう偉そうにお説教。
    我が家に上がりこんでは本部職員の旦那が構ってくれないとか、子供が兄弟喧嘩で包丁振り回して暴れて大変だったとか、しょうもない話に付き合わされて、本当にうんざりしてました。
    そんな嫌な支部婦とも3ヶ月関わっていません。本当に非活になってよかったです。

    私がこちらのブログに初めてきたのは、昨年の12月中旬にです。財務をどうしてもやりたくなくて、「創価 財務 嫌」で検索したと思います。
    こちらのブログのコメントを読んで、財務の振込はやめようと決めました。その後は支部婦から新聞配達の強要&暴言から一切の活動を辞めようと思い、非活宣言をして今に至っております。

    私も最初は創価は詐欺とか、創価脳とか、すごくビックリして、ちょっと言い過ぎなのでは?と思いましたが、コメントを読み続け、マインドコントロールが日々解除されるにつれ、創価は詐欺でインチキであることに気づく事ができました。罰論も嘘だったんだということもわかり、罰に怯えることなく、生活できております。本当にこのブログには感謝の思いでいっぱいです。シニフィエさん、またみなさま、本当にありがとうございます。

    巴里さん
    昨年退会済みなんですね。羨ましいです。よかったですね。私は昨日、全く活動してない弟に退会したい旨を再度話したのですが、退会はするなと頑なに言われました。活動してないけど、創価の人にはお世話になったという気持ちがあるようです。創価の学校に行ったくせになんで退会するんだ?とか、色々言われました、、、。私は退会はまだまだ時間かかりそうです。

    最近、日が長くなったので、会社の帰宅時もまだ明るいですが、学会のひとに会わないように、ビクビクしている自分がいます。悪いことしてるわけじゃないのになぁ。そんなビクビク感もあって早く退会して縁を切りたいと思う今日この頃です。

  50. kickeyさん。「脱会の功徳」ばんざ~い!  !(^^)!
    帰ってきた元気なkickeyさん♡ イエ~イ!です(笑)

    >創価の願いなんてかなわないよ!!しかも教義もインチキすぎ。「祈りとしてかなわざるはなし」なんていっときながら、「叶うかなわないはご信心により候」って。都合よすぎるやろ。
    人をなめとんのか!おい。

    ホントですよね!!  インチキ詐欺師の創価へ・・・・・
    <天童よしみ>さん から一曲。
    ♬ なめたらあかん~!なめたらあかん~!
    会員なめたら~ 見るぞ~!ネット~! ♬  (笑)

  51. こんにちは。
    外部の雑草です。

    「私が『対話を求めて』にたどり着いた理由」、それは創価の知人の暴走です。

    私には8年ていど付き合った創価の知人がいました。
    アポなし訪問や独善的思想の押し付け、
    騙して学会に連れ込むということがありましたが、
    まだ付き合いはありました。

    最終的には、とある件で一度もあったことがない創価の人と話すことになりました。
    外部の食堂で話すはずが強引に相手の自宅に変えられて。
    んでいったら議題完全無視で勧誘。
    しかも入会の紙を、これに名前書いてもらえるかな?祈るのに名前が必要なので。
    これにかいても入会にはならないのでと、そのときすら偽りの説明をしてきました。

    なにからなにまで騙まし討ちです。
    彼らのやったことは100%悪徳業者そのものです。
    悪質団体であることに疑う余地は全くありませんでした。

    そこで激昂して縁を切り、そして創価学会とは一体、
    どんな団体なんだとおもい検索した結果、
    こちらにたどり着きました。

    話を聞くうちに、どうも自分の分野である武術関係と、
    よく似ている傾向があるので、
    もし、自分の間違えたことや経験が役にたつならとおもい、
    コメントさせていただいています。

  52. 鍋樹さん
    中学1年生、とのこと。。
    こどな、の時期ですね。。
    子どもでもない、おとなともいえない。。
    だからといって、むりやり創価のレールの上に乗せようとする親に自分の意思表示はできますよね?
    やりたくないことは、やりたくない。。
    この気持ちをしっかり親に伝えることはできませんか?
    伝えなくても良いです。。
    少しづつ親の呪縛から距離を置き自分の思うように生きてみませんか?
    親からしたら、ただの反抗期ととらえられるだけのことです。。
    なんとな~く会合や勤行や出渋ってるだけ、でいいのですよ。
    いまから少しづつ反抗してゆきましょう。。
    いつか親も諦めますよ。。たぶん。
    良い子を演じるのはやめましょう。。
    それだけでいいのです。。
    いつか自分の力で自立できたとき、親から迷うことなく巣立っていけます。
    いまは、その助走であり力をためていくときです。。
    イヤだなと思うことを我慢してやっていったら、心を壊してしまいます。
    自分のほんとうの気持ちに正直に生きることです。
    会合なんか出ないで、そのぶん、信心していないお友だちと交流して部活して、いまというキラキラ輝くときを自分らしく生きていってください。
    応援しています。。ふぁいと!

  53. フェイさん、私もわかります。      
    私も親が正役職してた大変さを見てきてたので、絶対に「正」だけはやりたくないとずっと思ってて、実際にブロックの「正」の話があった時、持病の治療中だったこともあり、キッパリ断ったら、幹部から「こんな時(治療中)だからこそ!って引き受ける人もいるのにね・・・」と溜息をつかれ、(は?)後日、上の幹部を私に会わせたいと言ってきたので、どうせ 指導でもする気だろ!と思い、丁寧に断りました。
    私のハッキリした性格も十分知ってる幹部だったので、それでその話はなくなり、
    他の人が引き受けたのですが・・・
    フェイさんのように前日にそんな話をもってこられたら、キレちゃいますよ!
    卑怯な幹部ですわ! 時間がないという事で考える間を与えない詐欺の手と同じやん!
    堂々と「非活宣言」頑張ってくださいね!(^_-)
    組織はMCが効いてる人材を見つけると役職つけるために必ず狙ってきます。
    それがもう、とにかくしつこい!(-“-)
    うちの主人も数少ない壮年部なうえに、性格もよく言うこと聞きそうなポチっぽいので、(笑)即、ロックオン!され、 正のブロック長やらされてましたっけ。(哀)

    レモンさんや杜若さんのように地区婦をされてた方はどれだけ矛盾と疑問で苦しかった
    ことかと・・お察しいたします・・・。
    以前にも書きましたが、レモンさんと似てる私の大好きな地区婦もおそらく同じ疑問を抱いているはずです。(早く目覚めて~!)
    プライベートでもいつも仲良くしていたので、地区婦の組織の矛盾に対する疑問や愚痴などたくさん聞いていて、その度に 少しでも負担を減らしてあげれればと、協力を惜しまずしてきたつもりなので、まるで自分が地区婦?(笑)ってくらい大変さを目の当たりにしてきました。
    ただ、どんなに忙しくても昼の会合のあとは一緒にランチ。大丈夫?と心配しても、
    本人はいつも「全然~大丈夫!」と笑顔。
    今考えれば 私には唯一、本音を言えて、「でも、きっとそれはこういう意味なんだろうね~」と創価脳で変換して自分を納得させ、愚痴も笑い飛ばすことがストレス解消だったのでしょうね。(;_:) (そうしてお互い洗脳しあってたことに気づいて~!)
    地区婦のお母さんも外部で生活にも困らず悠々自適に暮らしていますが、
    反対に学会員の義両親は体も悪くいろいろ問題ありの老夫婦。(そこにも早く気づいて!)
    お姑さんや、幹部や部員さんからの頼みごとが重なり、パニックになることもしばしば・・・。
    地区婦は一度、正役職の話を断っていたのですが、再度頼まれ、断りきれずに引き受けたので、ハッキリ「正」を断った私を「真似できない。」と羨ましがっていました。

    幹部どもは人の性格をよくみて計算してますよね。断れない人をとことん狙ってくる。
    上の幹部ほど平気で嘘ついて要領よく振る舞うのも本当ですね。
    組織の打ちだし内容が無理すぎないか?と言えば「真面目に考えすぎるのよ~」って、
    いったいなに?真面目な人ほど損する宗教なんぞいらんわい!!
    そっか、宗教じゃないもんね。詐欺だった。創価ホラッチョ!!(笑)

  54. ○○さん、ぜんぜん気にしないでいいですよ♫
    ネットは無法地帯ですから、変な人も書き込んでくるのは仕方ありません。
    このブログにはいつものウンコタレ以外に変な書き込みが、たま〜にありますが、いちいち相手をしていては身が持たないということを、この5年間のブログ運営で嫌というほど思い知りました。ですから中にはあえてほったらかしてるのもあります。みなさんそれもよくわかっているようで、誰も相手にしてません。ですから○○さんも、ぜ〜んぜん気にすることないです。それにここは創価がテーマのブログなのに、ほとんどおかしな書き込みがないというのも奇跡のようなものです。でもやっぱりたまにはありますが、そんなの相手にしなきゃいいだけの話です。気に病むだけアホらしいですからね。「気にしない気にしない」の一休さんです(笑)

  55. キリコさん、「私はなぜ覚醒できたのか?」のテーマ、いいですね〜!
    ありがとうございます。
    毎回、テーマ設定には頭を悩ますんです。何しろもうここのスレッドは315にもなるんで、新しいテーマはもう出ないんじゃないか?って思ってるくらいです。
    そしてキリコさんの「「私はなぜ覚醒できたのか?」というテーマは、実は自分自身がいつも考えてることでした。こんな詐欺でしかない創価を自分が信じてきたことも驚きですが、ここに至って何が自分を気づかせたのか?色々と思い返しては見ますが、これ!という決定打には行き当たりません。おそらくいろんなことが複合的に重なった結果の気づきなんだろうなと思っています。
    まあ、そんなことも含めて、次のスレッドでは「私はなぜ覚醒できたのか?」というテーマで行かせていただきます。
    キリコさん、ありがとうございます!

  56. 今日が年度末最終日だというのに、まだまだ忙しい日が続きそうです。
    このブログで多くの人が覚醒し脱会に踏み切れた問いう報告がたくさんあります。
    本当にありがたいことです。
    学会員に言わせれば、こんなブログをやってる私など、地獄の底の底に落ちて、永遠に苦しみ続ける罪業を背負うやつだと思っているでしょうけど(笑)、私、今までで一番仕事が順調です。仕事の面で言えば、この3ヶ月で普通のサラリーマンの年収を稼いでます。さらに来年まではこの調子での仕事が確定してますので、仕事の面ではすっかり持ち直しました。でも私の仕事は言ってみれば「賞金稼ぎの一匹狼」みたいなものなので、終身雇用とか退職金とは無縁の人間です。いつぶっ倒れてもおかしくない年齢ですので、今のうちに稼いでおかなければ(笑)。遅くにできた子どももようやく大学進学できましたし、悩みといえば創価の真実を知ったために患ったうつ病の症状が残っているくらいで、人間関係もすこぶるよろしいです(笑)

    ねっ!バチなんか当たりませんよ。本当に創価に逆らったらバチが当たるなら、もう真っ先に私が地獄に落ちていることでしょう(笑)。ほらね、私、創価が詐欺だって身をもって実証を示しちゃいましたよ。
    それでもやっと創価ショックから心が立ち直りつつあるといったところでしょうか。じつは2、3年前は、創価ショックによるうつ病で、仕事に手がつかず、人に会うことすらできない状態が続いていました。ブログにはそのことは書いていませんが、けっこう凹んでたんですよ(笑)毎日毎日異様に長いコメントを書いていた頃は、自分でも相当重症な頃でした。何か言葉にしていないとおかしくなりそうな時もありました。自分の人生を自分で否定しなけばならないんですからね。だから仕事もまともにできるわけもなく、収入だって激減していました。一時はどうなることやらと、さらに落ち込んでいましたが、おそらくこのブログで、みなさんのコメントに励まされて、ようやく気持ちを立て直すことができたと思います。みなさんには本当に感謝しています。どこの誰とも知らない人同士が、こうして文字だけで気持ちをつなぐことができるなんて、ほんとに素晴らしいですよね。
    どうかみなさんで話しを盛り上げていってください。私はブログ自体の運営でいっぱいいっぱいです。コメントの承認だけでもけっこう大変です(笑)中には変なのも混ざっていますが、もういちいち対応しません。皆さんもそれをわかってくれているので、変なコメントはスルーしてくれてますよね。もうそれでいいと思います。変な奴はどこにでもいます。特にネットの世界はかまってちゃんがうようよして気持ちが悪いですが、それでもこうして皆さんが素晴らしいコメントを寄せてくださってるので、変な奴は近寄ってきません。いても、よほどのサイコパスが一人か二人です。ぜんぜん気にせずに、みんなで楽しくブログを盛り上げていきましょう。
    みなさん、これからもよろしくお願いします。
    そして400万アクセスの頃は選挙です。衆参同時選挙の色が濃厚ですね。もう自公政権を野放しにしてはいけません。やっとの事で野党も全国で連合を組み始めました。今度の選挙は「とりあえず自公以外で」ということで、公明党の影響力を激減させて、自民党から三行半を突きつけられるようにしましょう。そうすれば公明党は完全に孤立します。どこからも相手にされない党になります。あんな民主主義を頭から否定するような政党が日本に存在してはいけないんです。公明党って日本の中の北朝鮮みたいなものです。もちろん創価もそうです。学会員さん、早く気づいてよ!

  57. マリーさんの3月29日の17時59分のコメント
    全文、その通り!と同意しながら読みました。
    変な人もいるけれど、良い人も多くいましたね。
    想い浮かぶあの人この人、早く覚醒しないかな~。

    ヤンロンさん
    初めまして。コメントありがとうございます。
    介護のお仕事されているのですね。
    仕事柄、学会員の姿を目の当たりにして、他の方よりの色々感じる事もあるでしょうね。
    学会員であろうがなかろうが、人間誰しも平等に生老病死がくるので、学会員だけが避けて通れるわけではないですよね。
    でも、会員は日々のMCで「自分には特別な老後が待っている」と思い込まされてしまいます。
    1日でも早く気づいてほしいと願うばかりです。

    三枝さん
    お久しぶりです。
    お義父様の介護、大変ですね。
    奥様も三枝さんも、どうか無理をされませんように。
    私の支部にも、三枝さんのお義父様のように献身的に創価に尽くし抜いた方が、とても多くいました。
    私が入会当時は、その方たちは40~50代前後でバリバリと正役職についていて、意気揚々と活動し創価指導をしていました。創価の信仰によって心身共に護られた老後を送れると信じて疑わなかったと思います。
    時は経ち、その方たちの老後の様子や最期を見るようになり、創価が語る「夢の老後」など絵空事だったんだと疑問をもつようになりました。
    創価に尽くしてきた方達が、最後まで信じながら今世を去っていく姿は、残った者たちに色々な気づきを与えてくれますね。

    シニフィエさんのお子様、大学進学なんですね。
    おめでとうございます。
    以前、コメントの中で高3のお子さんがいらっしゃると書かれていたので、この春進学かなぁと勝手に想像しておりました。
    また皆さまのお子様も進学。進級おめでとうございます。
    kickeyさん、パニックスさんも転勤なんですね。
    新天地でのお仕事頑張ってください。
    私は、花粉症なのもありますが、子ども達が進学や就職で巣立っていき、当時見送って寂しかった事を思い出し、春は苦手になりました。
    さだまさしの「案山子」を聞くと、その時の気持ちを思い出してしまいますね。

  58. ご無沙汰しております。何かと忙しい外部ジャンヌですヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

    前スレになりますが、パニックスさん、野路菊さん、古生物さん、遅ればせながら、質問に答えて頂きありがとうございましたm(_ _)m
    やはりご本尊の破損に対しての明確な処分などはソーカで決められている訳ではないようですね。

    ジャンヌの彼はご本尊を破いたりした場合、破いたのが第三者であろうと、管理者の責任と前地区では教えられたようで、再入会への敷居は高いと思い込んでいます。

    でもソーカって所詮お金目的ですよね。だから普段活動してなくても新聞代と財務さえ納めてもらえれば、ソーカとしては最低限の目的は果たせるワケで、正直何をしようが再入会だろうが拒む理由は無いと私は思っています。
    拒んだり疎む人が居たとしても活動家くらいでしょう。だから地区にいる人柄で判断もそれぞれ。

    再入会出来なかった前地区の人を聞いたか見たかしたとはいえ、再入会の敷居を勝手に上げている彼氏に対しては正直呆れてしまうのですが、再入会は難しいと思い込んでもらってる方が私としては助かるので、その件に関しては敢えて触れないでいようと思います。笑
    急いで打ち込んだので、荒い文面でごめんなさい(つ_;)
    スレ違い失礼致しました。皆様、お休みなさぃ☆(u。u人)zzZ

  59. 未活2世すざくです。

    コージさん
    ジンジャーさん
    私も同じような経験しましたよ~ 私の場合メールでしたが
    私の相手は前の地区の人で、その人がしらゆり長の時は私部員、
    その人が地区婦の時私しらゆり長で、部員の時すぐメールの返事がこないからと
    文句言われ、仕事決まった事も伝えていて、仕事中だからすぐ返事ができないんですよって言ったら
    「えっ!仕事決まったの?聞いてないんだけど」ですもんね。
    当然そのあともめました。
    そして、その数日後地区婦連れてきて、その地区婦怒ってるし、
    なんで怒られてるかこっちはわからない状態で。
    その人が地区婦になった時は、メール病が更に進行したのか、
    「すぐ返事こないと私気になって本当に駄目なの!空メールでいいからすぐ返事ほしいの!んも~よこしてね!」ようは秒でよこせということだと思いますが・・
    相手がどういう状況なんてお構いなし、自分の気持ち優先、
    まわりにどう見られてるか、それしか気にしてないんじゃないかって思うぐらいの人でしたよ。ジンジャーさんのその支部婦さんと似てるかもです。
    ご主人の不満、舅姑の不満、プラス子供の自慢、もう本当に相手すんの
    面倒でウンザリでしたよ。
    こんな事も末端での状況ですもんね、中枢部の人間に躍らされて、
    どんな傍若無人な行いをしても正義で片付けて自己満!これが末端の実態です。
    あー思い出したら腹が立つやら、なんやらですー。
    マリーさん 確かにいわゆる創価学会員の間で非の打ち所がないと評価されるてかたは、創価にしたら、良い駒ですよね~。なんか納得です。
    ここのブログにきたいきさつは前スレにコメントしているので、ここのブログに
    出会って、そして何故ここを利用するに至ったかになりますが、
    やはり皆さんのコメントでもいっておりますが、生の声ですね、経験、体験
    しなければ、わからないような内容で、自分にも当てはまることなんですよね。
    他にも、創価批判のブログあり、そちらも拝見したことありますが、
    私には過激でちょっと・・・
    擁護している訳ではないのに、そういうコメントを見るやいなや、
    周りから叩かれてる感じで、ちょっと引いてしまい、で、他も見てみると、
    法華講のかたの創価批判ブログで、えっ!っていう内容で、それもドン引き・・・
    脱会者、非活、未活(どっちも同じ意味かな)外部のかたと、いろんなかたの
    コメントも拝見でき、なんか寛容なところだと思い、ブログにコメントなんて
    したことほとんどなかったんですが、思わずコメントしてました。
    今回のスレもロムのみにしようかと思いましたが、コージさんジンジャーさんの
    コメントみて、又しちゃいました(>_<)
    たまに、面倒なあらしなかたもいるので、それはそれでブログ管理人のシニフィエさんは大変でしょうけど、自由過ぎる発言のかたはとりあえず放置プレーとの事なので、今回の私のコメントも自由に都合わるければ、削除してくださーい。

    なんやかんや長文ごめんなさい(-_-)

  60. 非活のジンジャーです。

    すざくさん
    コメントありがとうございました。本当にうちの支部婦と似てますね(笑)同一人物かと思いました。私も「空メールでいいから受信確認がほしい」と言われたことあります。アホかって思いました(笑)

    ちなみに、支部婦からの電話にでない理由は電話が長くてなかなか切らせてくれないからなんですよ。30分くらいはくだらない話してますからね。本当に自分中心の人で、相手の気持ちや状況なんて全く考えない無神経な人でした。

    支部婦の旦那、義両親ともに大幹部なので、彼女もゆくゆくは本部長、区婦人部長になると思うんです。こんな人が人の上に立ち、リーダーとして取りまとめていくのですから、終わってます。
    学会の幹部で尊敬できる人、うちの区には一人もいませんね。

    すざくさんと気持ちが共有できてよかです♪

  61. 私の場合、熱心な信者の母親の為苦しんでましたから
    知りたかったのです。母の言動の意味を。それでブログで強烈なプロパガンダを繰り広げている巨大掲示板を見ていたのです。自己陶酔としか思えないブログにシニフイエさんがコメント寄せられて、それを目にしたのがきっかけでした。
    そしてこちら寄せられる元信者だった方々の秀逸なコメントは、非常に分かりやすく、創価学会が詐欺集団であるということを懇切丁寧に、素人の私でも簡単に理解できるように説明をしてくれました。
    結果、母親をある意味奪回に成功。というより母の過去の言動を理解する事が出来、私自身の心が解放された、救われたという方が本当のところかも知れません。
    今は普通の、元の母と再会できた事をとても嬉しく思っています。シニフイエさんのブログの存在のおかげです。本当にありがとうございました。言葉に表せないほど感謝しています。創価学会をやめても罰など当たりませんよ。母も先日「道徳的に悪いことをしなければ罰など当たるわけ無いのにね」と話していました。普通の常識を取り戻し、今後も入退院は繰り返すのでしょうが周りの人に感謝し、穏やかに暮らしています。
    覚醒は無理だと思っていた母でも自分を取り戻してくれたのですから、今迷いながらこちらのブログを訪れている人はきっと気が付かれる日が来ると思います。
    一人でも多くの人がこちらのブログに目を止めてさえくれたら。詐欺の実態に気が付かれるでしょう。
    母の知り合いの人が家族で脱会したと聞き驚きました。S大を卒業してる人がいるので、そちらから情報が入って脱会につながったのかなと思いました。衰退が確実に進んでいることは外で生きている私の耳にも入ってきます。
    シニフイエさんの近況も良い方向に向かわれているという事でとても嬉しく思っています。
    息子さんの大学進学おめでとうございます。
    これからもこちらのブログを訪れる人が一人でも多くなります様にと心から願っています。

  62. こんにちは。
    外部の野路菊です。
    シニフィエさん、いつもありがとうございます。

    4月に入り、私のまちでは桜の美しい季節となりました。
    お陰様で、娘が新しい職場に異動となり、学会員Xさんに出会う辛さから解放されました!
    が、未だ連絡が来るらしい〜クマったー
    (コージさん、使わせて頂きました)
    娘はやっと元気になってきたのに、離れ離れの時間が解決してくれますかね〜f^_^;)
    静かに去りたいのです。

    ご承知の方も多いと思いますが、私がこのブログにたどり着いたのは、娘とXさんとの恋愛がきっかけです。前スレでも、深刻な相談が寄せられておりました。ロムしておられる方の中にも、男女どちらかが学会員で、祈伏のトラブルを抱えている人が大勢いらっしゃっるのではないでしょうか。

    私は、ブログに寄せられている皆さんのコメントで、リアルな創価の真実を知ることができました。多様性を騙る教義変更、カラーコピーの本尊、3桁、4桁財務のノルマ、新聞や雑誌などの強制購入、選挙違反、人権侵害etc。。。宗教じゃないという確信! 本当に助けられました。

    X「僕がふったけど、君がいないダメージが大きすぎることに気づいた。期間限定でも良いから復縁してほしい。君のために毎日祈ってるよ」(ドン引き)

    娘「いつも一方的に自分の要求ばかり押し付けないでほしい!先に脱会してから言って」

    X「脱会したら、罰があたる。僕が事故にあったり病気になったりしたらどうするの」

    娘「誰でも、罰あたってるなーと思うときはあるわ」

    X「僕が脱会したら2度と戻れないけど、入信しても君なら辞めたい時はすぐ辞めれるから」

    こんな男性に魅力を感じますか?
    学会員さん、今、祈伏キャンペーン中ですか?笑

  63. スレ2回目の投稿のコージです。
    皆様のコメントが本当に素晴らしくて、いつも噛みしめるように読んでおります。
    何か参考になる部分や、核心を突いた言葉などは、
    そのままお借りして地域の学会員にメールしてみたり、
    或いは、匿名で地域幹部の自宅のポストに手紙に書いて入れてみる、
    という方法も、もしかして有効かも?知れませんよね。

    ジンジャーさん、 創価の地域幹部は、全国どこでもそんな横柄なんでしょうね。
    このブッポーが最高!などと信じてしまっているので強気なんでしょう。
    もしも覚醒したら、逆にすごく凹んでしまうかも知れませんよね。
    脱会は、いずれ必ずチャンスが来ます、
    とにかくここで、みんなで創価の間違いを発信して行きましょう。

    すざくさん、 メールでの「応答せよ」攻撃も、かなりウザイですよね・・
    相手の事を考えもせず、怒ってばかりなんて、
    それこそブッポーの考え方に反していますよね。
    忙しくて、そんな事をじっくりと考える余裕もないのか、
    返事の遅くなる会員を罵倒する事が、幹部指導と勘違いしているのか・・
    どっちにしろ、全部無くなってもまったく社会的にも困らない
    創価の用事なんかに、幹部は必死過ぎますよね。
    遠慮なさらずにどんどん投稿して、
    気持ちを軽くしていかれると良いと思いますよ~
     
    Kickeyさん、 脱会の功徳、確かにあると思いますよ!
    覚醒や脱会して、心身や人間関係がどんどん正常に戻って行けば、
    良い事も自然と後から付いてくるものと思われます。
    願いが叶って本当に良かったですね。
    体調にお気をつけて、また楽しいレス待ってます~

    レイラさん、 クマちゃん飼い慣らしてくださいませ^^

    さて、創価のやり方で悪質な指導の1つに、
    「蔵の財より身の財、身の財より心の財」というのがありますね。
    聖教新聞にも、ステマ?みたいに定期的にさりげなく出ています。
    財務などで散々に会員の貯金や財産を厳しく要求しておいて、
    その会員が生活苦に陥り困窮すると、
    今度は「蔵の財より身の財なのだよ」と言ってごまかす。
    そして、その会員が貧乏な上に更に病気や身体故障などすると、
    「身の財より心の財が大事なのだよ」と巧みに誤魔化す。
    これ、悪質な宗教風詐欺ですよね? 一体何が違うんですかね?
    功徳があるから!と明言しておいて、ここまで強引に誤魔化して
    果たして許される問題なんですかね?

    「この壺を買えば、悩みも貧困も病気も、たちどころに治る!」と言って
    高額な壺を押し付け、さらに友人にまで紹介させて、
    「壺を買ったのに、悩みが全然解決しません!」と苦情を言うと、
    「壺を買っただけで、お金が降ってきたり奇跡が起きたりする訳ない!
     壺を飾っておく事で、その心の卑しさが消えて悩みも消えていくんだよ!」
    こういうようなインチキ詐欺商法がありますが、
    創価と何も変わりませんよね・・・
    むしろ、創価脳の人間は、創価が怪しい壺を売り出したとして、
    「この壺を仏壇の横に置いて題目を唱えた後、クシャミすると
     第六天のハクション大魔王が現れて、アナタの悩みを解決してくれまーす」
    なんて言われたら、信じて3桁出して買っちゃうかも知れませんね。(笑)
    創価が売り出すんだから、間違いはないのよ!きっとすごい壺なのよ!
    ってなもんや三度笠(古いわ)

    聖教新聞によく載っているような、豪華絢爛な内装の建造物とか、
    会員の生活費や貯金を洗脳と説得で奪い取った金で作ったものでしょ?
    心が痛まないのかね? 本部幹部と池田大作は?
    「真心の財務」と主張するなら、別に10円でもいいんじゃないですか?
    心の財が一番最高なんでしょ?

    自分から勝手に出した金だ!奪い取ったんじゃない!とか
    そんなみっともない反論はやめてくださいよね。
    それなら、ご老人が自分で振り込んだオレオレ詐欺は罪にならないの?
    罪になるよね? バカでも分かりますよね?
    財務に振り込んだ金は、どういう形で戻ってきましたか?
    どういう形で、会員の生活を助けてくれましたか?
    財務の返金には一切、応じません。
    アナタの蔵の財は、身や心の財に変わりましのよ、テヘ!とか
    ほんと、ふざけんな!って話ですよ。

    患部「すごい功徳が出るから、3桁の財務をしなさい」
    会員「3桁の財務をしたのに、功徳が出ません!」
    患部「じゃ、選挙と新聞啓蒙に走り回りなさい!功徳が出るから」
    会員「選挙と新聞啓蒙に走り回っても功徳が出ません!」
    患部「じゃ、お題目をあげなさい、功徳が出るから!」
    会員「お題目をあげても、功徳が出ません!」
    患部「チミねぇ、功徳功徳って、功徳乞食かね?いい加減にしなさい!
     そういう気持ちが常にあるから、功徳が出ないんだよ!」
    患部「功徳なんかまったく期待しない事!そうすれば、心の財が輝くのだよ!」
    チャンチャン。
    功徳がまったく出ない事も、こうやって納得させるんです。
    これが、創価のインチキ指導の現実ですよ。

    会員たちは、そろそろ真面目に冷静に考えましょうね。
    何も難しい事ではありません。
    すごい功徳なんて、結局は「総本部の銀行口座」にしか出ないんですよ。

    (  ̄(エ) ̄ ) 騙されるんじゃないクマ~!

  64. レモンさん
    久しぶりに書き込んだので投稿の仕方も忘れていて匿名になっているのは慌てました。
    今回のお話しには落ちがあります。例の如く義父は300Km離れた創価の墓苑に100万円で墓を購入済みですから最期はそこへ納骨となるでしょう。生きている間もあり金のほとんどを創価に貢ぎ、当然、それを疑問にも感じていません。

    創価信者は、周りの人達の善意でフォローされているのも気付かず、自分たちだけが正しい!と信じて周りの人を巻き込んでいるのが分かりません。
    同じように義父も死してなお、300Kmも離れた場所まで残った親族に墓参りをさせるようになる事も何とも思わない、そんなことよりも創価の指導通りに創価の墓を購入することが尊いのだ!と確信しているのでしょう・・・そんな精神構造の人間に仕立て上げるのが創価学会の実態であると言う事をもっと世間の人に知って欲しいと私は願っております。

  65. >「脱会したら、罰があたる。僕が事故にあったり病気になったりしたらどうするの」

    野路菊さんがコメントに挙げられたこの言葉。
    この台詞が学会員のすべてを表していますね。
    根底にあるのは恐怖心です。

    羅針盤を持たずに航海するなんて溺れにいくようなもの。
    人には宿命という逃れられないものがある。
    逃げたら来世も同じ運命。
    信心しないで金が入ってきても福運がないとザル。
    女子部のうちにしっかり福運をつけいぇおかないと苦労する。
    信仰なしの配偶者と結婚したら、事故や病気やなどに遭ったら乗り越えられないetc…

    全部、手を変え品を変えの脅しですよね。
    「あなた根底にあるのは臆病だと名誉会長が言っている」なーんていう説教が大好きな学会員さんですが、誰よりも臆病なのはあなたですよ。
    ただの悪徳商売のコマーシャルにすっかり騙されて、世の中怖いことでいっぱいですね(笑)
    その脅え方、尋常じゃないですよ。
    自分で気づいてますか?
    よほど自分を否定され自信をなくてしまったんですね。
    子どもには自己肯定感を言われてますが、創価は反対です。
    徹底して自分の無力感を植えつけられます。
    その上で「でもこの信心さえすれば」と曼荼羅や教えを異常に持ち上げるやり方です。

    具体的に言えば
    「あ、今日勤行してないからなんだか怖いな」
    「財務をケチったから苦労するんじゃないか」
    日常でこんなふうに脅える習慣づけられてしまいます。
    本尊も曼荼羅も取り上げられたら、あんなに強気で上から目線の学会員はブルブル震えだします。
    「この信心た他力本願じゃなくて自分の本来の力を」などと言っていますが、本来の力ってソーカの曼荼羅なしじゃ出せないわけ?
    根底は根からの他力本願です。
    「御本尊にな何いってもいい。子どもがお母さんに甘えるように純粋に求めましょう」
    何かっていうと、ママー!大丈夫ママがいるから。ママに甘えればいい。
    男女限らず、こんな大人に魅力を感じますかって話です。

    成熟した大人なら、いろんなものの見方をします。
    感謝というと曼荼羅や同志で頭がいっぱいになってしまうのではなく、もっと複雑に絡み合った世の中のいろんなことに感謝するでしょう。
    創価の恩返しは同志や池田限定です。
    世の中それしかないみたいですね。

  66. 財務をしたら戻ってくる、経済革命したいから財務をする。
    もうこんな言葉は現場では死語になっているのでは?
    私が最後に話した本部幹部も財務というと「私は真心しかないわ!それだけよ」と言っていました。
    これだけ生活保護や相変わらず貧しい末端会員が多い現実をみて、「戻ってくる」なんて言えなくなった。
    経済革命したいという欲望から供養する、なんて浅ましい発想自体ツッコまれる。
    (イマドキこれを言ったらクルクルパー扱いです。たまにネットでもいますがちゃんとクルクルパー扱いされています)
    めでたく、いつもの「散々言っておいてなかったことにする」の殿堂入りですね。

    「なかったことにする」が通用した時代、創価はそれらを散々煽ってしこたま金を貯めました。
    毎度のことですが、正しいか正しくないかなんて問題ではないのです。
    通るか通らないか、受け入れられるか否か、信じてもらえるか否かでいいのです。
    通ったら通る間に金儲け。
    通らなくなったら「なかったことにする」
    儲けるだけのことを考えた商売の基本ですよね。

    それにしても豪華な施設や学校を創立したから「創価に福運がついた」とする会員はおめでたいですね。
    単純になけなしの金を吸い上げた結果ですよ。
    コージさんも仰ってますが、振り込め詐欺で吸い上げた金が「福運がついたから入ってきた」のでしょうか?
    肝心の寄付した会員全員にもれなく、その福運とやらがついてますかね?
    因果関係をあくまで創価にしたいならそのような甘い理論じゃクルクルパーにも程があります。

  67. Signifieさん☆ お忙しい中いつもありがとうございます。
    そして、お子様の進学おめでとうございます☆彡 
    さらに、お仕事も順調で3カ月間でサラリーマンの年収!素敵です!!(^_-)-☆
    やっぱり、罰論は嘘!創価は詐欺!という証ですね!!   !(^^)!

    我が家も脱会してからは主人が仕事に集中できるようになり、収入アップしました!
    仕事柄、普段は帰宅も遅く、休日はヘロヘロなのに、無駄な会合に出向いたり、
    MC御書講義の勉強などもう全部しなくていいので、ON /OFFの切り替えがとてもうまくできるようになり、趣味の映画鑑賞も堪能していますw
    私も猫を抱き、片手でワイングラスを揺らしながら、ゆっくり宝石の輝きを眺めてる・・・
    ってのは、妄想です(笑)でも、ちょっぴりホントかもwwww
    非活になったり、脱会しても何の罰もない現実を創価脳の学会員さんにも見てもらいたいもんですね~♪
    それでも「今世で罰がでないだけよ!」と、見えない来世の不幸を願うのでしょうか?(笑)
    日顕はんは地獄の苦しみで死ぬとか、生き地獄になるとか、虫けらのようになるとかw、幹部はボロクソ言ってましたが・・・・・
    池田はんのほうが 今や幽霊先生。亡霊師匠。なんで?なんでどす?(笑)

    レモンさん。
    コメントありがとうございます。ここは本当に誰もが同じ気持ちのような場所ですね。
    これは私が書いたんじゃ?とか、書こうと思ってた~!なんてww 
    私もいつも同感同感の連続です。(*^_^*)
    コージさん。
    「蔵の財より~」って、ほんと都合よく使われてますよね!
    人間革命、境涯革命、経済革命のうち、「経済革命は一番最後になる」と意味不明な指導を亡き盲信母がバ幹部から言われてました。
    そりゃそうだわ!創価がお金吸い取ってんだから死ぬまで経済革命なんてできっこない!

    学会員のみなさん。
    signifieさんが何度も言ってるように、いい加減もう目を覚ましましょう・・・。
    普段から洗脳珍聞や代作書籍やらを買わされ、会合で入場券や式次第だの、一回こっきりしか使わない無駄な資源を使ったり、民音や党員の会費、陣中見舞い金を要求され、選挙の度に、いくらガソリンや交通費かかろうが、それら全部やらせてる創価からは一円も支給されないばかりか、年末には財務を振り込ませる団体。
    そのおかしさを気づかせない為に責任職だとか言って役職をやらせ、会合漬けにして
    時間まで奪い、疲労させ思考力停止にする。
    そうして辛くなったら先生の代作メッセージを読んで涙して、カラコピ本尊に泣きながら「宿命転換させてください!」ってナムナムする生活にいったいどれだけの幸せが訪れるのですか?
    もっともっと大切にしなければならないものが目の前に溢れてるはずですよ。

  68. 私もスレ2回目の投稿になります、本調子に戻った (  ̄(エ) ̄ ) さん。ですね、文脈からお元気さ、が感じられます。

    創価の選挙活動の結果は何か?解ってますかー。F取三度笠の瓦解員さん。

    日本会議・靖国派の猛威<本澤二郎の「日本の風景」(2312)2016年04月02日
    <核武装を正当化>
     遂に、という思いである。日本核武装を正当化した自民・公明の連立政権に、改めて驚愕した国民とアジア諸国民は、多かったに違いない。すなわち4月1日の閣議で「自衛のための必要最小限度の実力保持は憲法9条でも禁止されているわけではなく、核兵器であっても、仮にそのような限度にとどまるものであるとすれば、保有することは必ずしも憲法の禁止するところではない」との政府見解を決定した。日本会議・靖国参拝派の猛威を裏付けた格好である。同日ワシントンでの核安保サミットを終えた後のオバマ記者会見で、日韓の核武装に真っ向から批判、自公政府との激突を予感させた。…
    (以上コピペ終了)

    ※(学会員は)親が子供を殺す状況に晒してドウ言い訳する気でいるのか?→
    「何ーも考えてない、センセーを勝たせるため」?・¿・?
    『行列の尻っ尾』木山捷平/2016/1/25・幻戯書房
    37・38p
    「ム、無茶をいわないでください陸下。一銭五厘で召集した百姓や漁師はもともと虫けら同然のもの、かかる輩に同情心をもっていて、何ではじめから戦争ができましょう。…
    (以上引用終了)

    ★阿修羅♪ >  一気に危機モードに入った日経平均(GLOBAL EYE)
    投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 4 月 01 日

    どこまで年金資金等を使ってPKO(※Price Keeping Operation=株価維持政策)を発動して日経平均を買い支えるかとなりますが、買い支えが成功したことはなく、かならず市場のしっぺ返しを受けます。
    その時、公的年金・日銀はとてつもない損を抱えて身動きが取れない事態になるかもしれません。…
    …コメント 
    2 「国民多数が営々と働いているのに、社会の上層部で見境なくお金を刷ったり(金融緩和万能主義)、みんなの年金を株で儲ける層の利益と政権維持のために使ったり(株価至上主義)…。そんな政権を成り立たせているのは、ほかでもない国民の投票と棄権。 」
    (以上コピペ終了)

    “在野のアナリスト” 雑感。たとえ話  2016年03月31日

    GPIFが15年度の年金運用実績の発表日を、7月29日にすると発表しました。理由は10年間分の分析し、保有銘柄の情報開示も検討、としますが、昨年の7月10日より遅らせる理由は参院選に悪影響を与えないよう、との配慮であることは明白です。保有銘柄の情報開示も、恐らくは行われないはずで、逆にいえばそれほど今年度の成績が悪い、ともいえるのかもしれません。…
    (以上コピペ終了)
    何かのブログで3月年度末の株価が、1万7千円を切ってたらGPIFの(含み)損失は約4兆円と書いてありましたが、これからドコマデ下がるやら?
    「損が出たら年金が減ります」とは、安倍ソーリイの言葉。 エッ\(。,)¬シラナンダ

    “世相を斬る” あいば達也
    2025年問題を考える 日本独自の価値観、創造は可能か? 2016年03月28日

     年金破綻を防ぐには、2025年まで、経済成長と毎年1・5%ずつの賃金アップを同時に達成しなければならないという。だが日本人の平均賃金はもう20年間も連続で下がっており、しかも働き手は減る一方だ。「かくなるうえは、消費税増税しかない」というのが財務省の理屈だが、消費税を1%上げても2兆円しか税収は増えない。10年足らずで15%も消費税を上げるというのは、とてもじゃないが、ムチャな目標である。
     「2025年というのは、今まさに行われている、60歳から65歳への年金支給開始年齢引き上げが最終段階にさしかかっている頃です。おそらく、年金の実質的破綻は誰の目にも明らかになっているでしょうから、『70歳への支給開始年齢引き上げ』も実行に移されるはずです」(前出・大曲氏)
    (以上コピペ終了)

    すざく さん 2016年4月1日 11:33
    >どんな傍若無人な行いをしても正義で片付けて自己満!これが末端の実態です。

    昔よく(暑さ、寒さ等の)我慢大会ってのがあって、最後まで残った人が我慢強い。のですが、創価の場合、「三毒の我慢大会」を行なっているように見えます。
    【suchitooの独り言 : <貧>は貧欲でむさぼりのことです。我欲や利欲を求めてやまないことです。 <瞋>は怒りのことです。利己の我侭や憎しみや恨みの怒りです。 <痴>は無知のことです。ただの無知識のことではなく仏法の教えを知らず悶々としていることです。愚か(愚痴)とも解釈されてます。/続いて、
    ⦅これらの三毒の心を清らかにし静め、平安の気持ちに入ることを仏陀釈尊は教えたのです。⦆←まさに、創価(=反仏教)の真逆。】

    ※何度も云いますが、「何を信じているかじゃなく、どういう振る舞いを行なっているか」に対して、“原因結果の、因果の法則は適用されます”ので、脱会して、マトモな行動に戻れば-(マイナス)から少なくも0には戻ったので、良くなる道理。 以上、学会員が“死に者狂い必勝ハチマキで独楽廻りして目指している”結果の参考コピペの資料でした。 (^_^;)

  69. こんにちは。3世未活のヒマワリの種です。
    自分が「対話を求めて」に辿り着いたのはtwitterのおかげです。自分が完全覚醒したのは2009年辺りでしょうか。本部幹部会に出席してから創価について色々調べまくりました。それで、昔リサイクル運動等で一時期注目されNHKの番組や朝日読売等の新聞紙で取り上げられた五井野正博士の事を知り、少しでも創価によって数十年妨害され続けた方を多くの人に知ってほしいとtwitterで拡散しようと思って活動していたのですが、ある時フォローしていた方から「対話を求めて」について書かれたツイートが流れてきました。それが、こちらのブログとの原点です。 
    ツイッターにもまだ信じている学会員やアンチがいますが、出来るだけ早い創価の解体を望むならSNS等で覚醒を促してあげるのもいいかもしれません。そういう方々もいるらしく、何処かの幹部は「ツイッターはやるな!」と言ったとか言わないとか(笑)

    創価がなければ、北方四島全島の返還や癌等様々な病の苦しみから日本国民が逃れられたかと思うと非常に残念でなりません。「この国は本物を認められない(世界は偽先生を認めるのに日本は中々認めないといった趣旨)」と学会内で聞いたこと事ある方もいると思いますが、それは子宮頸がんワクチン等の似非ワクチンが許可される一方医療大麻・博士のGOP薬の本当に人々に役に立つ薬等が中々認められない・・国民思いの良い政治家が潰される一方嘘つきばかりが上に来てしまうといった事なんですよ!

    シンフェニさん、管理ご苦労様です。テレビ番組等のお蔭でコメント数もどんどん増え、管理大変だと思いますが、応援しております!!

  70. こんにちは 2世元婦人部のミキです。
    私がこの対話に求めてにたどり着いたのは、池田氏がまだ本部幹部会に出られて居る頃
    あの原稿を読む時の態度です。その頃には当時の長谷川理事長がほぼ代読されていて
    時々 池田氏が言葉を発せられるのですが とても違和感がありました。

    ある時、秋谷さんが代読されたのですが途中「もういい!」「 長谷川だ!」とまた交代となり
    なんと!傲慢な・・・と思いました。

    その頃から会合で池田先生と共にとか池田先生のお元気な時に戦えるのは凄い事よ!
    等がとてもギクシャクした感じで 色んな方のブログを読んで数年後に偶然たどり着きました。
    読んでいるとウンウンとうなずく事ばかりで増々気持ちが会合に向かわなくなりました。
    それでもすぐ退会することはできませんでした。今思うとやはり近隣のコミニィティとして
    成り立っていたからだと思います。

    気持ちがついていかないのに会合に出るのはやはり違和感があり
    やっと昨年退会届を出しました。
    元々 親も幹部とかではないし私も副役職の身で親戚にも創価の人がいなくて
    バリバリの会員でなかったのが良かったです。

    今は財務、民音チケット、賛助会員費、新聞、大百、公明パンフ、新聞推進、選挙依頼等がなくなり ホント気が楽です。
    対話を求めて 本当にありがとうございます。

  71. 未活2世すざくです。2回目の投稿になります。

    ジンジャーさん
    うけました、わらいました(≧∇≦)似過ぎ~
    でも、その支部婦さんのほうが、よほどくせ者だと思いますので、
    ジンジャーさんのほうがご苦労されたと思います。
    何なんですかね~あの勘違い暴走婦人の巣窟(言いすぎかな)
    全ーーく信頼できないし、むしろ関わりたくもない幹部多過ぎ!
    働いていた先の婦人のほうが尊敬とまではいかなくても、そりゃあ嫌な人もいましたが、よほど素敵なアドバイスしてくれました。
    だって学会の婦人部は結論同じ事しか言わなーい(-.-)
    やれ福運、それ福運、題目、題目、もうウンザリですよ、アホです。
    同じこと共有できてうれしい限りです(^∇^)今後もよろしくお願いします。
    コージさん
    いつもコージさんのコメント楽しみに拝読してます(^-^)
    くまの顔文字めちゃかわいいですよね、私あの顔文字無いんです、残念(-.-)
    4月1日23:5のコメントのなかの、金の財より体の財のはなし面白かったです。
    選挙の時ある幹部が、「学会の活動はお金がかかるから、財の福運をつけていかないと!だから、ほうせんの戦いで福運をつけて行きましょう。」
    はぁ?ですよ。私の心の叫びは、心の財が大事なんじゃないの・・・
    そして選挙が過ぎ、折伏の戦いになると仏の境涯でって、
    なんだか支離滅裂ですよね  って言うか何戦いって!今だから言えるー
    お金使わして→文無しになる→活動すると福運着くよ→少しお金貯まる→お金使わせる→文無し→又活動させる  そんな繰り返しですよね。
    学会スパイラルで、少し貯まったお金もなくなり、結論財産を全部無くす。
    まぁ活動は日常に!ですけどね~ 中枢部の人がぬくぬくとして
    会員が自ら好きで出してるから そんな無責任な事をへーきで言えるんですよね。会館を見て素敵素晴らしいって喜んでた当時の自分に呆れます。
    これから遠慮なく書き込みます。今後もよろしくお願いくまです(^-^)/

  72. もう10年程前の話になりますが、自分が創価を宗教だと勘違いしていた頃、幹部の不正に気付いて方面に告発し、組織の改善を図ろうとしたことがあります。
    当然ながら、自分はキチガイ扱いされて仏敵に仕立てあげられました。
    同じ頃、聖教や創価新報で池田のインチキに気づいた人間を、汚い言葉で虫けらみたいに嘲笑うような記事が毎回のように載っていました。
    その頃から、この団体は偽物ではないかとの思いが強くなり、覚醒が始まったとおもいます。
    煮え切らない心のまま日々を過ごしていた頃、このブログに出会い完全に覚醒できました。
    「自分の直感は正しかった。」と感動しながらみなさまのコメントを読み漁りました。

    自分は創価のカモとなり、無駄な青春時代を過ごして人生を台無しにしてしまいましたが、二人の子供たちには同じ失敗を決して繰り返させないと強く決意しています。
    それがせめてもの償いだと思います。

  73. こんばんわ。
    外部の雑草です。
    これはまったく中身のない、読んだ自分の感想をかいているだけで、
    正しくもないし強制力もないコメントですが、
    いま書き込める状態でよんでいたら思わずかきたくなったので書かせてください。

    野路菊 さま
    >X「僕がふったけど、君がいないダメージが大きすぎることに気づいた。
    期間限定でも良いから復縁してほしい。君のために毎日祈ってるよ」(ドン引き)
    X「脱会したら、罰があたる。僕が事故にあったり病気になったりしたらどうするの」
    X「僕が脱会したら2度と戻れないけど、入信しても君なら辞めたい時はすぐ辞めれるから」

    もはや人間としてX氏はダメだと思います。
    自分のことしかいってません。相手への配慮がまるでないのです。
    これはもう縁をきったほうがいいと思います。
    異性同性関係なしに、人間関係は結べないと感じます。

    僕が振ったけど君がいないダメージがおおきいってそれこそ自業自得。
    しかも君のために祈ってるって気持ち悪いとしか思えません。
    あまりにも独善的すぎます。
    祈らなくていいよ、ほっといてくれといいたくなるとおもいます。
    祈るんじゃなくて、そんなことより、あなたの目の前にいる人間に配慮してくれと。
    なんで相手の意思を無視するんだ、意思を無視しといて、なにか貴方のためですよと思い込んでたり、
    直接あなたのためですなどといったりする。
    「嫌がる」という相手の感情を無視するのもまた創価の得意技だと思います。
    嫌がってるのを創価の知人に配慮されたことなど一度もありません。
    そんなん知ったことではないという態度でした。
    吐き気がする独善です。
    そして自分は脱会したら罰があたるけどあなたは脱会しても大丈夫(あなたは罰をうけても大丈夫)。
    もはやわけがわかりません。

    なんというかこれは宗教以前に、人間が腐ってしまっていると思います。
    娘さんに、メールや電話、電脳上のつながりなどは
    拒否・ブロックすべての連絡先を封鎖するように助言してはどうでしょうか?
    もちろんこれはその人の、ごく一部の発言を聞いただけですが事実このとおりの発言をするのならば
    もはや関わりをたつのがよい相手に思えます。

    繰り返しになりますが、ともかく、自分のことしかいっていない。
    それは勿論、相手の感情や感覚を100%共有することなどできません。
    だけどせめて、相手の立場に自分がいるならどう感じるだろうか?
    これだとはずれますよ、相手と自分の感覚は違うから。
    だけどやらないよりははるかにいいです。
    なぜならそこに自分以外の生き物を認めるスタンスがあるからです。
    そんな程度の共感すら、相手にしようとしない。
    「自分」しか存在してないんですね。

    「相手の感情への共感ができない、自分の言い分を相手に強制するだけ」
    「創価の人は、一方的にノックうってるだけ」

    これも創価あるあるだとおもいます。
    野球にたとえると、会話はキャッチボールのはずなんです。
    こちらが投げて相手が取り、そして相手もまた思うところである球を投げ返す。
    多少へんなとこに投げようともそれこそ人情でお互いに修正しながら歩み寄る。
    まして男女関係ならばなおのこと。
    ところが創価の人って、一方的にノック打ってるだけ。
    一方的に球を相手にたたきつけまくってる。
    それが異常な状態で、基本的には許容されないことだとは露ほども気づいていない。

    いや、どうみてももう縁をきって、次の恋に移られたほうがいいと感じます。
    もちろん未来予知など誰にもできない以上断言はできず、
    そして本人である野路菊 さまの娘さんの意思が最重要なのはいうまでもありません。

  74. 創価の人間を見ていると、大人になりきれてない方が多いと思います。
    様々な角度から物事を見ることができない。
    コメントの中で婦人部の幹部の話題がありましたが、男性幹部でも、「感情で動く人が多い」と思います。
    自身の言葉や行動がどのような結果をもたらすものか、しっかりと熟考してからの言動でなく、その場での感情で動く。そして判断基準は、自分の勝手な思い込みであったり、創価で与えられた御聖訓や指導。そして「私は正しい」「私は正義」との世間では受け入れられない正義。
    「世法より仏法が正しい」「あいつは悪だ!」
    「世の中は正義の学会に偏見を持っている」
    「正義は迫害される」
    感情を抑えて冷静に考えることができていない。
    絶好のカモです(^^)

  75. ぽむぽむです。
    350万アクセス達成おめでとうございます。
    私が「対話をもとめて」を知ったのは、友人に教えられてです。2013年8月です。友人は「覚醒してしまった」と恐る恐る告白してくれましたが、私もちょうど疑問を抱いたところで、おたがいに引き留めあうようなことがなくよかったです。
    一人でも多くの人に創価の悪事を知ってほしいものです。
    「創価NO!!」
    400万アクセスをめざしましょう!!

  76. 管理任さまはじめ、皆さま、お久しぶりです。
    バリ活→ゆる活→目指せ完全非活→完全非活達成の、ちびりんごです。😆
    3月で配達を卒業出来ました😆
    香城会も断りました。
    役職は副なので影響はなさそうで何よりでした。
    後は静かに去る事、とにかく、静かに静かに去りたいです。
    思い起こせば、昨年12月17日、財務最終日に、ジンジャーさんと同じような理由で、(創価学会 財務)で検索。こちらにたどり着きました。
    もうそれからは、連日こちらのブログを読み漁りました。リンク先にもお邪魔しました。(ロム専)
    今迄疑問に思っても、口に出す事の出来なかった事柄の答が有りました。
    その後、出版物も読み漁りました。
    ショックと、やはりインチキだったかと納得する気持ちとで、シーソーでしたが、それでもすんなりと、マインドコントロールは解けました。
    MCはとけても、やはり、葛藤はありました。
    当然ですよね、だって、人生のほとんどドップリがっつり、ナンミョーだったんだから。
    揺れ戻りそうな時は、今でも気になるタイトルのスレを読み返しています。
    本当に、こちらのブログには、どれだけパワーをいただいたことか❗

    子どもにも、こちらのブログを紹介しようと思っています。
    子どもを入会させてしまった責任があります。
    必ず子どもと脱会します。静かに去ります。

    signifie様、毎日のブログの管理、本当に大変だと思います。
    何年もかけて、ここまで積み上げてこられた数々のスレッド。
    確実に、覚醒への道しるべとなっています。
    これからも、長くながく、頑張ってくださいね❗

  77. 初めまして。創価2世の未活のシュガートーストです。創価大学卒業で、バリ活な時期もありましたが、
    いろいろ疑問があり、未活歴10年です。未活のきっかけは、先輩からの厳しいすぎる指導についていけないと思ったことですが、元々選挙活動や新聞啓蒙、会合の多さなど、疑問に持つことが多く、インターネットや告発本など読むようになって、未活になったというかたちです。でも親は活動家なので、結婚して世帯は別ですが、親の面目のため脱会はしてません。
    近頃は本当に公明党は悪だなと思います。与党になって、全然国民のための政治なんてしてない、与党に居続けることが目的なんだなと思っています。創価学会の人は公明党の投票を辞めてもらいたい。ますます増税と貧困、戦争に駆り立てられていくでしょうね。本当恐ろしいです。
    最近親から近所の学会員さんの話を聞きましたが、活動家だった70代男性と80代女性が癌で亡くなったそうです。夫の親戚も一人学会員がいたのですが、60代女性ある日突然自宅で倒れて亡くなりました。
    よく思うのですが、学会員だから病気が治るとか、お金持ちになれるとか経験的にないですね。
    人は亡くなるときには亡くなる。会合とかで話される話はだいぶ盛って話してますよね。でも創価の中にいるときは、常に次から次へと目標を立てさせられて、行動して、なんとなく自分は正しいと思わされてたので、それが無くなると、自由があるんですが、不安も感じることもあります。10年経ってもこんな気持ちになるのは、まだマインドコントロール抜けてないんでしょうかね。とりとめのない話ですみません。こちらのサイトはとても参考になります。いつもありがとうございます。

  78. こんにちは
    コメオと申します(正統キリスト教会に通っているキリスト教徒です)。
    外部の一般人としてコメント致します。

    流れ星さん、コメントをいただきありがとうございました。
    過去スレも読ませていただいておりますが、経験に基づいた的確なコメント、には素直に頭が下がります。

    今回のテーマについてですが、はっきりとは覚えていませんが、私が管理者さんのブログを知ったのは、「東村山の一件」を知ってからだと思います。先述致しましたとおり、キリスト教の幼稚園を卒園してから、私は30年以上キリスト教と全く関係ない生活をしていました。洗礼を受けてから、特にYOUTUBEなどで「宗教」「カルト」「海外」等のキーワードで検索して動画を見ていました。その中の一つに「東村山事件」がヒットしました。
    インターネットで調べるまで私はこの事件を全く知りませんでした。
    テレビでも新聞でも見たことがありませんでしたから。

    そこから、創価学会による犯罪に興味を持ち始めました。他にも、フランス国営放送による創価学会のカルト性を報道した番組や、暴力団の後藤組による墓地反対運動つぶし、なども知ることになりました。

    創価学会がどんな犯罪をしても、外部の人間には関係ないじゃん、と言う人がいるかも知れませんが、少なくとも、私はそうは思いません。
    この国は、法治国家の一つだし、罪を犯した以上は、責任を取らせる、罪を償わせるのが普通、と考えます。

    この見方、考え方がイイか悪いかは、信じている
    貴方次第です  (関 暁夫 ?) (笑)

  79. シニフィエさん、お仕事が忙しいのは何よりです。
    キリコさんの「私はなぜ覚醒できたのか?」は凄くよいテーマだと思いました。
    私も他に考えてみました。
    タイトルそのままじゃなく、こういったことを明白にしたいという漠然としたものですが。

    「体験談は思い込みでした」
    「創価にしか感謝しない学会員」
    「信教って自由じゃないの?」
    「学会員さん、それって脅しですよ」
    「魔に負けたは、創価学会員にだけ通じる理屈です」
    「外部の意見を聞きましょう」
    「独特な創価のマスコミを知ってますか?」
    「幹部ってここが変」
    「衰退の現実を見てください」
    「池田センセイの正体」
    「ネットはデマという創価の嘘」
    などなど。

    うーん、なかなか上手い言葉が出てきませんが(>_<)
    ずっと考えてこられたシニフィエさんはすごいです。
    どなたかもご意見お願いします。

  80. ファルシオンさん、せっかくですが、ヤフー知恵袋での創価の話題は、巨大掲示板と同様に低俗なものばかりで、このブログで紹介するような性質のものではありませんのでご理解ください。

  81. モニカさん
    コメントへのフォローありがとうございました。
    たった一人の学会員さんと会っただけですが、外部の私が感じたのは、モニカさんの仰るとおり、脅えを植え付けられたことによる自信の無さ、それを上から目線で覆い隠し、自分を守っているということです。ナルシスト、自己陶酔のようにみえました。

    職場では、その上から目線が災いし、本人だけが気づかないまま、関わりたくないと思われて、いつの間にか浮いてしまう。とても、もったいないと思います。

    2世、3世の方はまだ若く、いろいろな事を自分で見て考え、吸収し、社会のために役立つ人材になってほしいです!

    モニカさんが考えられたスレッドのテーマに「外部の意見を聞きましょう」というのがありましたが、
    「覚醒してわかった外部の感覚」
    「学会員さん、面と向かって言ってないけど、◯◯ですよ」などはどうでしょうか?
    参考になりましたら幸いです。

    カガテツさん
    いつも、貴重な資料を紹介して下さり、ありがとうございます。以前にコメントされておられましたが、いつか◯明党が与党で無くなる時、官僚の世界で、逆転現象が起きるのか、とても興味深いです。

  82. signifie様、皆様、初めまして。
    外部のひなみと申します。

    私が外部なのにこちらのブログにたどりついた理由は、
    結婚を考えている恋人が学会員だからです。

    一昨年、交際を私から申し込んだ際に
    OKの返事をもらえて舞い上がっていたところ、彼から『家族が創価学会なんだ』と言われました。
    彼自身は、『気持ちはもう学会員じゃないけど籍は残ってる』
    いわゆる非活さんでした。

    そのときの私は、創価学会と聞いて思いつくのは
    ・勧誘(折伏というのですね)がしつこい
    ・公明党の応援をしている、ポスター貼ってる
    ・ネットで悪し様に言われている
    くらいで、ちょっと関わりあいたくない団体だとしか思っていませんでした。
    ですので、学会が何をしているところか全く分かりませんでした。

    そこでとにかく情報を集めたい!と思い本を読んだり、ネットサーフィンをしていたところで出会ったのがこちらのブログでした。
    他の某掲示板や某知恵袋では成程と思う書き込みもたまにありますが、
    学会への賛辞も批判もどっちも信憑性が無いと感じておりましたので、
    貴ブログでの現・元学会員さん達の生の声はとても参考になりました。
    膨大なコメント数ですのでまだ完読はできていませんが、ちょっとずつ過去スレも読んでいます。
    (MC、活動の強制、はちゃめちゃ教義など読んでは頭を抱える日々です。マイ聖教、多部購買など笑ってしまいましたが、彼の御実家に遊びに行ったときに同じ聖教が2部あって戦慄しました…。)

    こちらのブログでは、創価学会のリアルが知りたいけど分からない!という私の様な外部にも知りたい情報が満載です(笑)
    signifie様、このような場を何年も継続されていることに感謝と敬意を表します。
    本当にありがとうございます。
    これからもどうぞ、頑張ってください。

  83.  こんばんは。非活8年目、今宵は七歳の娘と泡風呂で戯れていたLIARですw

     先日、紹介者に会いまして脱会宣言を致しました。学会はどう考えても間違っている事。ようやく洗脳が解けた事。
     このまま未活でダラダラ在籍している自分が許せないから近いうちに必ず脱会すると言いました。

     紹介者は初めは呆気に取られていましたが、ややあって自分も組織に不満があるという事を色々と漏らし始めました。彼もトータルで15年程未活動でしたので、私の言いたい事は解ると。
     何が解るのか解りませんでしたが、おお、これは何だか簡単に話が終わりそうだな、と思いました。しかし、やはり創価脳というものは本当に厄介なものですね。
     私が、創価は詐欺団体、と結論付けた瞬間に、皆さんが仰っていた創価シャッターを間近で見る事となりましたwww
    彼は学会三世です。
    自分より未活歴が長くても、勤行してなくても、池田大作を非難するとこうも人格が変わるものかと驚きました。
    『先生のメッセージは口頭筆記で奥様が代筆している。先生は今の組織の上層部に利用されてるんだ。俺は未来部で先生にお会いした原点がある。俺は中から学会を見張るつもりだ』といった内容を、高等部まで培ってきたであろう教学を元に、べらべらと捲し立ててきました。
    こっちがバリ活で頑張ってた時には何もしてなかった癖に、今更何を中から見張るというのでしょうか。ちょっと笑いが込み上げてきました。

    こちらのサイトを彼に教えました。
    もっと外の世界を見る事 、知る事、自分の頭で考える事の重要性を語り、俺は抜けるけどもこれ読んで感想聞かせてよ。また話しよう、となりました。すいません、活動報告みたいになってしまったwww

    次回テーマ、良いですね!皆さんの覚醒した話を沢山伺いたく思います。
    シニフィエさん。これからもお身体に気をつけて頑張って下さいませ。

  84. キリコさん、モニカさんの提案素晴らしいですね!(^^)

    体験談といえば、ザ虎◯竜の高◯ジョージさん。
    有名ですよね。当時、ビデオライブラリーになってましたね。人生はまだまだなので、今のところ何とも言えませんが、創価の信仰で人間関係良くなるのではなかったでしょうか?

    私がこの「対話を求めて」に出会い、1年が過ぎました。ほとんどのスレッドで何回もコメントさせていただきました。自分の中にあった創価に対する疑問、創価の活動をする中で悲惨な体験したこと、父母の死に様などなど、本当に色々と書かせていただきました。
    特に本尊を仏壇から外して巻いたときとか、何日も悪夢にうなされました。その度に管理人のシニフィエさんをはじめ常連の方々に励まされ何とかここまでやってくることができました。皆様、本当にありがとうございます(^^)

    数日前、腸炎になって寝込んでいるときに勤行をしている悪魔を見ました。夢の中でひたすら「勤行しとかなあかんから。方便自我ケをしとかなあかん」と本尊のない空の仏壇に無性に必死になって手を合わせて勤行をしているところに、妻が出てきて「なにしてるの?そんなん別にしなくていいのに」「でもなんか、しとかなあかんと思って。。。」

    また昔仲の良い友人が仕事でトラブルに巻き込まれたときに、公明党の国会議員さんの力を借りて解決していただいたことがあったことを思い出したり、しかしまた末端組織での3桁財務の執拗な要求や末端会員のめちゃくちゃな言動。。。

    もう頭の中がグチャグチャになってました。
    創価の中にはアメもあればムチもある。
    よく考えると、
    本尊はただの紙切れのカラーコピーだし、日蓮も到底宇宙の真理を体得した坊さんとは言えない現実。題目のマントラは脳内物質を出すだけの呪文に過ぎない。
    末端の婦人部の方の犠牲の上に成り立つ「ゆる活」
    活動すればするほど、時間も体力も人間関係もおかしくなっていく現証。でも先の議員さんの力を借りれたように普通では得られないメリットがあるそ議員さんへの恩もある。
    また会社の顧客にも創価の方がたくさんいる現実。創価脳だけれど素直な方々。反面、中枢は佐藤某のやうにキャバクラ通い。池田は会合で「お世辞を言ってた方が広布基金がたくさん取れる」「会館名はウーマン、きんまん、キン◯ンコ」。会員の見えないところでゲスな行動。人間革命をはじめ代作ばかり。

    最近、顧客からわけのわからないクレームが来た。一緒に国会議員の秘書みたいなのも来た。悩んでいた時、知り合いの国会議員に電話しようとしている自分がいた。「なぜ権力を使おうとする?なぜ自分の力で解決しないの?一般の大多数の人は普通に自分の力で解決するでしょう。できるように社会はなっているんだよ」と自問。
    普通に考えてすぐに解決できる問題だった。

    「権力が近くにある。守られている」という安心感。これも創価から与えられたアメ。

    今は完全非活動だけど、毎年1000円の財務と月々2000円の新聞代の「ゆる活」で選挙はエアー報告。座談会や同時放送に年に数回参加、社会部の会合にも幹部にされないように参加。
    マインドコントロールされた婦人部の方や壮年部の方々の本人と家族の犠牲の上に、自分だけ甘い汁を吸う生き方も選択できます。

    また仕事の面でも創価のクライアントが多数いてる現実。辞めるとそれを失うかもしれないという恐怖と逆に悪評立てられないかという恐怖。とくに創価は地域に根ざしているので余計に怖い。
    アメがあるということは、アメを失う恐怖感、そして組織をやめたときに徹底的に攻撃されないかという恐怖感。
    組織にうまく属してるとアメがもらえる。辞めるとフルボッコにされる恐怖。

    今できることは、職場と住んでる地域が都道府県が違うので、住んでいる地域では「NO聖教、NO財務、NO活動」を貫くこと、職場でも聖教関連の新聞と書籍を置かないよう創価に渡すお金をゼロにしている。
    今はそれが精一杯かな。
    弟を創価大学に勧めたことと友人を入会させたことの後始末もつけないと。

    世の中って生きるのが辛いですね。父がウツになったのも良くわかります。辛かったんだろうな。世のため人のため、社会のために頑張って仕事しながら、いろいろなストレス受けて、疲弊しきってウツになった。父のことを思うと涙が出てきます。「強くならねばならない」と思うと余計しんどくなるので、うまく生きていきたいですね。

  85. 迷いを持つ会員さんを見たので、皆さんが持つ知識で、効果的な意見をしてもらいたいと思い勝手なことをしてしまいました。失礼しました。

  86. こんばんは
    初めまして。4ママと申します。
    私は3月の終わりまで現役白ゆり長をしていました。親は離婚していますが父は支部長、母は地区副をしています。母は離婚して私と同じ地区になりました。私は2世で今までそれなりに活動していました。毎月の聖教新聞や選挙活動、財務もやっていました。だけど2年前に一番下の子が生まれてから3ヶ月後に地区婦人部長と県副がうちに来て復帰してくださいって言われました。私は半年は休もうと思っていたけれど、こちらの都合を聞くこともなく復帰させられたのが疑問をもつきっかけになりました。
    そして先月の新聞の締め切りの日にあと2部足りないから私がマイ聖教を出してくれとメールがきましたが、ただ勝手に決められた数をどうしてそこまでしてやらなければいけないのか?と思い、すぐに支部婦人部長にLINEでしばらく学会活動をやめさせて頂きます。と送りました。
    さっそくLINEがバンバンきて話し合いをすることになり約2時間話し合いをしました。私の言いたいことは言って相手も納得してくれたので今はほっとしています。
    こちらのサイトは2月頃から拝見させて頂いていますが本当に励みになり、やっと非活になれました。私にはまだ小さい子供がいながら仕事もフルタイムで働き、毎週月曜日の協議会、太陽グループ長会、白ゆり長だけが参加する会合、本幹に座談会、家庭訪問、苦痛でした。
    選挙が始まる前に非活になれて本当に良かったと思います。

    緊張していてうまく話がまとまらず申し訳ないですが投稿させて頂きました。

    テーマに沿わなかったら削除していただいても構いません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中