明後日再開です。

今回、ブログを再開するにあたって、どんな風にやっていこうかといろいろと考えましたが、基本的に負担にならない形で、じわじわと続けていけるようにしたいと思っています。創価を信じて真面目に活動をやってきたあげくに、結局は大切な時間とお金をだまし取られ、友だちをなくし、社会的な信用もなくしてきたことがわかったら、本当に凹みます。凹むくらいならいいですが、失った人生や。家族や友人や仕事場の仲間に大変な迷惑をかけてきたことの取り返しのつかなさに立ち直れない人もたくさんいらっしゃると思います。逆にこのことを受け止められないばっかりに、変な理屈をこね回して「創価は変わってしまった」とか「自分が信じてきた創価を取り戻そう」などと、現実逃避に走ってしまう人も少なくないようです。例の3人組も、白いブランコさんも、その典型と言えるようです。どうにかして自分はまちがっていないことにしたい。ごめんなさいが言えない子供のようです。目の前の現実をきちんと受け止め、自分がやってきたことの過ちを素直に認める。それはたとえどんなに苦しかろうと、自分で乗り越えなければ先には進まないということだと思います。それは3人組のブログを見ればわかります。3人組はサイレントデモや集会を開催し、今度はほんまで出すそうです。ところで彼らのゴールはどこなのでしょう。彼らの行動で創価が心を入れ替えて正しい宗教団体に返信するとでも本気で思っているのでしょうか。それ以前に創価のどこが正しかったというのでしょう。創価は最初からただの詐欺団体だったということに気がつけば、すべての謎が解けます。つまり「自分は騙されていたんだ」ということに気がつくことです。自分が騙されてきたわけがない。そう思いたい気持ちは痛いほどわかります。でも現実を見なけれなならないのです。創価学会員は一人残らず騙されてきた。創価学会は最初から宗教でもなんでもない、ただの詐欺団体だった。そのことを受け入れて、なおかつ騙されてきた自分の現実も受け入れて、そしてこれからどうやって生きていけばいいのかを語り合える場にしていきたいと思っています。まずは11月18日に皆さんとの再会をお祝いしましょう。何かひと言でもいいですからコメントをお願いします。そして初めて来られる方も「なるほど創価ってそうだったんだ」とわかる場にしていければと思います。皆さん、どうかよろしくお願いします。

広告