池田大作先生という会則

創価学会仏が世間一般の感覚からすれば、ただの笑い話ってことに学会員さんが気づかないのは、気づきたくない、あるいは気づいてもなかったことにする。都合の悪いことには慌てて蓋をするのが学会員さんの特徴ですね。自分の体験として痛感します。「もうあれこれ考えないようにしよう。日蓮仏法は絶対に正しいのだし、凡夫の自分が考えて判断するようなことじゃない」と、まさに思考停止状態でした。思えば、まわりの学会員さんはみんなそうでした。今考えると本当に気味の悪い集団です。

創価学会仏に輪をかけてもっとお笑いなのが、池田名誉会長を池田大作先生と呼ぶことを会則にしたということですね。これも一般常識では考えられないことなんですが、創価の常識は世間の非常識と言われてきたように、それほど驚くようなことでもないかもしれません。「先生と呼ばれるほどの馬鹿でなし」ということわざもあるように、馬鹿丸出しな会則変更には、幹部も「はやまったかな?」と後悔してるかもしれませんね。

ということで、今回のテーマは「池田大作先生という会則」とします。「創価学会仏」も含めて、今回のお笑い会則変更を通じて、会員がいかに洗脳状態にあるか、皆さんの過去の体験などのお話しをしていただけるとわかりやすいと思います。

よろしくお願いします。

広告

池田大作先生という会則」への45件のフィードバック

  1. 国会証人喚問で騒いでいた頃「学会が正しいならいつものダミ声でジョーク交じりのスピーチすれば、国民も納得するのでは?」と思っていました
    幹部の答えは「仏は民衆の集まるようなところには登場しないんだ。選ばれた人の集まる本幹だからありがたいお言葉を聞けるんだ」という意味のことを言われました

    今回先生になられたということはいよいよ正式に仏になって、一般民衆の前に姿を見せることはなくなる
    先生という架空の人物(仏)として崇拝されていくのかな?と思いました

    ちなみにあのジョークで笑ったことがない自分が間違っているのかと真剣に悩んだ日々もありました

  2. 会則に「池田大作先生」ですか((+_+))

    わかりますよー 創価脳からすれば、
    信仰の対象は「宇宙の根本法則である南無妙法蓮華経」
    信心の指導者は「池田先生」
    ですから。

    池田をあえて「教祖様」と呼ばせないのが巧妙ですね。
    どう見ても「池田教」なのに、信者はそのように思っていない。

    教祖様であれ、先生であれ、永遠の指導者であれ、呼び方が変わっているに過ぎない。

    結局、「戸田先生はこのように言っていた」とか「池田先生はこのようにいっていた」とか、組織に都合の良くなるように利用しているにすぎません。

    昔、会合で次のような指導がありました。
    「創価の中では、「先生」は私(池田)だけだ。医者だからと言って「先生」と呼ぶな。弁護士だから、議員だからといって「先生」とよぶな。そのように特別扱いをすることにより、魔性に食い破られ、信心がおかしくなっていく。だから、みんな「○○さん」と「さん付け」で呼び合うようにするんだ」と。

    「皆の清らかな信心を守るため」に「社会的に立場のある人を「先生」と呼ぶな」
    「創価の中では「先生」は私(池田)だけだ」
    と。
    覚醒したからわかりますが、「ただのやっかみ」「コンプレックス」の塊ですやん!(^^)

    本尊というものを置いて、池田の指導に完全に従わせるシステムです。
    なにかあったら「広宣流布のために」、悪いことがあっても「意味があるんだ」、と言い換えすり替えしているだけです。心理学てきな手法をうまく使っています。

    話は変わりますが、シニフィエさんの「創価は初めから詐欺だった」の意味が本当によくわかります。
    人間革命の小説で
    戸田は「これからは宗教の時代だ」と。
    「宗教法人法ができたし、信教の自由を認められたから、これからは宗教で金儲けする時代だ」
    といかえればよくわかります。

  3. 学会員である友人に先日聞きました。

    「そういえば池田先生ってもう6年以上みんなの前に出てきてないよね。なんでだろうね?』

    すかさず、「ほら、日蓮大聖人だって最後は身延にこもられたじゃない。だから先生も最後は弟子に託して執筆活動しながら会館にこもられてるの。」・・・・・マジか・・・・というか、身延にこもったっけ?身延から最後は下山して、弟子の家で亡くなったような。。適当なんです。

    別の学会員は、「毎日ご執筆されてるの。あれだけのものをご執筆されるのだから、相当体力を使われるの。言ってももう88歳よ。」

    「でも、少しでも会員さんの前に出てこられたらみんな嬉しいでしょ?」

    「1回でも皆さんの前に出てしまったら、他の会合もいつもみんなが先生が出られるのではと期待してしまうでしょう。言っても先生もお年よ。いつまで先生をこき使うの。私たち弟子に託されてるの。」

    最近では先生が出れない理由は「老人」で「弟子に託しているから」だからだそうです。

    「会則また変わったんだねー。名誉会長じゃなくて先生だって〜わざわざ会則に今さらする?」

    「いいじゃん、先生は先生なんだから。将来のために先生のお元気なうちに基盤を作られてるの。」

    。。。まーそうですけど。どうでもいいらしいです。

  4. 41歳男パニックスです(昨年末退会済み)

    創価学会仏

    笑えるネーミングですが、執行部は大真面目で考えたのだと思います。
    池田大作先生死亡まで待ったなしの現在、没後の組織維持は最優先課題でしょう(~o~) 

    関係無いのですが今月ひと月だけ聖教新聞取ってます(>o<)
    老いた母の頼みを聞いてあげました、勿体ないので読もうと思ってましたがそのまま積み上がってます。薄いのが不幸中の幸いです。

  5. 元白ゆり長、現在非活中のピノコです。
    「池田大作先生」と聞いて、自分が入会した頃を思い出します。牧口先生は教師だったから先生と呼ぶのはわかるけど、なんで戸田先生、池田先生なんだ?違和感でいっぱいでした。バンバン叩くだけのピアノ演奏、チンドン屋のような踊り、クセ字で気持ち悪い字(書)…それらを「素晴らしい!」と称賛する学会員にドン引きでした。

    この前地区の新聞長から「池田先生がお元気なうちに、また新聞をとってもらえませんか?」とメールがきました。なんのこっちゃ。って感じですね。

    同居している義父は、会則や教義が変わることに全然違和感を感じていません。むしろ、時代の流れに合わせ、寛容で、生きた宗教だと感心しています笑

  6. 一般常識で考えたら、本物の偉人に対して「◯◯先生と呼べ」とか、「◯◯さんと呼ぶべきではない」とか、どうでもいい話です。
    何と呼ばれようが、その人物が本当に尊い生き方をしていれば、その価値が変わるはずもありません。
    こんなくだらないことを考えて、会則に盛り込むようなおバカな連中が、貧乏人から金を巻き上げ、税金を優遇されて、一流企業なみかそれ以上の報酬を得ているとは何とも情け無い世の中です。

    地震や水害で大きな被害を受けられた方々に、こうした連中の給与をカットして分け与えてあげたいものです。

  7. こんばんは!三枝です。
    今回、池田大作先生と通常、会員が慣れ親しんでいる池田の呼び名が会則に組み込まれ明記されたことは会員には、何の抵抗感もないでしょう。
    脱会して30年以上経った私自身でさえも「池田先生」と言う呼び名、呼び方、表記が会則に入ったという事は何の抵抗感もありませんので、現役の学会員であれば池田先生の作られた組織なんだからそれくらい当然でしょ!ってな感じでしょう。
    しかし、外部から観れば今まで会内会員間での尊敬の対象だ、敬称だとして使われている「池田先生」の表記、呼び方をそのまま利用して「会則」に書き入れるという事は歴代会長、今後の続く会長との差別化を図り、創価学会にとって「池田先生」は特別な存在であり池田個人の組織であると内外にはっきりと宣言したことになります。
    今までアンチに「池田教」とか揶揄されても「池田教ではない!創価学会だ!」と言い張っていた会員をも黙らせてしまう堂々たる新生池田教の新興宗教宣言をしたことになると思います。

    それは、いずれ近いうち訪れるであろう池田の死亡までにこの事実を作っておかねばならなかったのでしょう。

    そして、池田が亡くなれば、創価のお抱え坊主集団辺りから創価学会にとっての大功労者であった大作に大層立派な「法名」が与えられ、その法名の付いた「池田大作」がまたまた改変されるであろう勤行経典の中で「神」とも「仏」とも表記されない微妙な立ち位置でしかも特別で唯一絶対の立ち位置で(○○○○池田大作先生○○○○)として朝晩の勤行でご祈念される対象となってくるんでしょうね。

  8. 学会三世、失踪した元バカ活の「はや太」と言います、皆様宜しくお願い致します(^-^ゞ

    ねこのとうさん、初めまして!前スレのコメントに共感しました(^^)

    >思想について絶対的な正義を打ち立てると言う事自体が,とても危険な試みだと思います。

    特にこの部分、とっても考えさせられます(^^)
    私バリ活時代は「絶対正義の学会がある事が世界の希望なんだ」って論理でした。絶対正義だから多少の非常識も許せる…と

    私が創価の人材グループに入校した時は小説人間革命を全巻読み切ることが必須科目でした、
    そのバイブルの中で法律を犯した会員が活動を頑張ったお陰でその罪を問われなかった不思議なシーンがあります、王法より仏法が勝ると言うやつです。

    自分の行動を振り返って見ても…、
    折伏の時に大勢で1人を囲って入会を迫ったり、
    全く連絡とってなかった知人を訪問して公明党を頼みこんだり、
    経済苦で首が回らない男子部員に「経済革命するには財務しかないんだ」とトンでもない指導したり…

    絶対正義に乗って理性のストッパーを外して言う事やる事どんどんエスカレートしていきました。

    アイヒマン効果でしたっけ?特別な権威を与えてやると普通の人間でも理性が外れ、命令1つで権威下の人間に対し残酷な仕打ちが出来るようになる…
    以前TVで実験映像みた時は衝撃でした、見てない人は是非見て欲しいです。

    これ見てて、なんか唯一絶対正義の存在を信じて、自分らは絶対の使命を担う立場って、このアイヒマン効果と同じ作用を起こすんじゃないのって思ったんです。

    先の「創価学会仏」「池田先生」がすんなり通っちゃうのも、唯一絶対正義の学会が決めたんだから全くおかしくないって理性が働かないんですよね。

    いま東京の美術館でダリ展やってるんですけど、この前観に行って来ました。
    なんか観てて楽しかったんですよ!
    オレが生きてきた絶対的な世界観と違う…生き生きとした多様性の世界観って感じでした(^^)。

    ポスターにダリの言葉が書いてありました、
    「完璧を恐れるな」です。
    創価の後遺症ある方は是非観に行って下さい(^^)/”””

  9. 「池田大作先生」がお元気な頃、私は本部幹部会の会場に何度か参加させていただきました。
    初めて「池田大作先生様」を見かけたときは本当に嬉しかったです。家に帰ってバリ活の家族に伝えると母は泣いて喜んでいました。

    本部幹部会で特に印象に残っているのは、「池田大作先生」が当時の会長だった秋谷会長のことをボロクソに「馬鹿が!」とか、厳しく言ったり、時にはみんなの前で土下座もさせていました。
    その時は地方の会合に行った時に接待を受けていたことに激怒していたようでした。
    そしていつも先生は「全部私がやってきました」と。その時の私としては、それだけ池田先生は広宣流布に対して真剣に戦っているんだと。自分も臆病を排して命を懸けて戦わなければと。MCどっぷりです。

    本当におっかなかったです。ダミ声で。誰も何も言えない。いや言わせない。その場の空気はカッチカチ。また「池田大作先生」が入場する際も、決まって秋谷会長の話が終わった後。
    しばらく沈黙。緊張感が会場全体に。そして司会が「池田先生が入場されます!」とスタート!
    全員総立ち!会場はドーンと大拍手!演出最高!
    ピースで入場する先生!演出完璧ですよ!

    先生気持ちいいっすか?先生何者っすか?
    いやぁ先生楽しすぎですよ!

    それに比べて今の本部幹部会は超つまんねぇっすよ!やっぱ「池田大作先生」がいないと。
    けど、未活のメンバーが今でも同時中継を見に来るんですよね…本当不思議です。超つまんねぇのに。

    この前実家に行った時、兄と母に「これから学会どうするんだろね。毎回毎回、本幹で昔の先生のビデオ流して」と私。
    するとチョイ活の兄が「あれを流すとお年寄りの方は今でも先生がお元気なんだと思い込むんだよね」と。初めて兄もそう思ってたんだと知りましたが、肝心の母は聞こえていないふりなのか、無言。あるある創価脳ってやつですね。でも母も分かってると思います。

    そういえば、「創価学会仏」の地区部長が、広布部員、すなわち財務の振込用紙を持って来てくれました!それも私と、妻の分もです。
    原田会長〜!今年はビタ一文払いませんよ!
    しかし凄い大胆な集金の仕方ですよね。だって用紙に振込のご案内って書いてますよ。モロ金よこせって感じバリバリで。
    でも50円位の、ノートがついてますよ!超嬉しい! って、舐めんなよ「池田大作先生」。こんな私ですが、実は昔、三桁の財務したことがあるんですよ。
    そうこの、振込用紙に、1000000と書きました。
    MCどっぷりです。兄もやってました。三桁。
    凄いところです創価学会。
    悪しき天才です「池田大作先生」。

  10. お久しぶりです。
    あまり無理をなさらぬ様にして下さい。
    退会してから、関心など無くなっていました。
    けど大笑いですね。
    せんせー、センセって呼ばれるものほど俗物でしかないのに。
    それに頭が七分裂した人が考えたのかな?
    創価学会仏って。
    末期症状ですね、まさしく。
    いっそ日蓮から脱却して、大胆に新興宗教路線に転換した方がマシって感じですね。
    霊言は二番煎じですから、他のを考えた方がいいでしょう。
    笑うしかないですね。

  11. おはようございます
    無宗教の風太郎です
    三枝さんの解説は非常にわかりやすいですね
    本部ではもうまったなしの状態だと思います
    宗教に一番必要なのはカリスマの存在
    このカリスマが存命のうちに外堀を埋めておく必要が
    あったのだと思います
    逆に言うとセンセイの跡継ぎが居ないということの証であり
    危機感であり幹部連中の総懺悔であるかと思います
    ま、これでセンセイ亡き後も会が存続する基盤を造らせてしまった感じが
    し、残念に思います
    センセイ亡き後の内部分裂を大いに期待していましたが、昨年の人事で
    その芽は摘まれたし、今回の会則変更で追い討ちをかけられました
    3人組のような細々とした離反者は出ると思いますが、大勢は決まったように
    思えます
    あとはXデー後にセンセイを大御本尊に祭り上げる作業だけですから、だれが
    会長になっても遂行できます
    ただ、世の中は「アマゾンのお坊さん便」のように宗教離れが加速度的に進ん
    でいますので、継承率がますます低下し、残った会員に過重な負担が
    おおいかぶさり、配達制度・座談会が崩壊したり、会館の維持ができなくなったりと
    自然崩壊は間違いなく進むと思います

  12. 元地区婦のルナです。
    4年ほど前「今はピンと来ないでしょうけど将来は凡夫の私たちも創価学会仏として その名を遺す時代が来るのよ」と県の会合で全国幹部が話していたのを覚えています。
    バリ活だった当時でさえ意味がよくわからずいました。
    皆さんのコメントにあるように先生と呼んでいいのは池田先生だけ!とよく指導されました。

    活動する中で理不尽だなと思う事があっても
    「訓練させていただいてるのよ!」
    「必ず意味があるのよ!」etc.
    最後の方は それらが相手に寄り添う言葉というより
    心の無いただのセリフにしか感じられませんでした。

    今は本当に心が開放的になり心は勿論 全てにおいて自由を満喫しています。
    罰論に縛られていた自分 ほんとにオカルトそのものでしたね 笑

  13. 東京に住んでる 八子です
    こちらを拝見して 私や 私の周りの
    友人と同じ考えの方がいるんだと
    驚きました。

    学会三世 バリ活20年非活動10年 昔の友人のお母様は
    創価を池田先生を信じて
    題目1日5時間 丑寅勤行をやりきった
    草創期の功労者の孤独と貧困 食べなくても
    電気ガス止めらても 財務をして
    宇宙銀行からお金がふってくるのを
    信じてました。
    4人の息子は 立派な学会員 嫁も幹部
    でも 貧しい 汚いゴミ屋敷を
    嫌い 脳卒中で入院しても お母様を無視でした
    その息子は創価大卒業 外国の大学の
    助教授になりましたが
    女を騙し あっちからこっちから
    現金を 借り 返さない
    借金にあててました 昔は立派なスポーツマンが

    今は ビクビクして 金 金と
    魔界人になって 人はこうも変わるのかと悲しくも恐怖を感じてました
    今も創価大に生徒を連れて 研修にきてます
    池田先生は 愚かな 弟子を信じて かわいそうになった 愚かな自分がいました。

    盲信の私 は 覚醒するまで
    恐ろしい現実を目の当たりにしながら
    創価と池田先生を信じてましたが

    学会員の純粋で真面目で盲信な
    信者の 哀れな最後が 気の毒で
    かわいそうで
    御本様様助けてあげてください!

    叫び
    覚醒しました。

    財務三桁やったら
    宿命転換できるよ 一回やってみたら?
    新しい帽子をかぶれば ムダ使いしないで財務したら?

    無冠の友もやってました12年 幹部は
    配達やりたくないから
    もめるんですよ

    まさしく 自分の青春も自由もお金も
    すいとられて 身体壊れて
    ポイ捨ての現実

    創価大の教授や 創価企業の 方は
    安心安全な生活が 守られてます
    その方が 無冠の友 三桁四桁の財務を
    やられたら 良いでしょう

    初めてのコメント 長くなりすみません

  14. 創価学会員は自分たちが行っている“カツドー”が、どういう結果を齎すかを考えた上で、選挙活動を始め“カツドー”をやってますか ?¿?。↓以下を行っています。(一部)

    TPPをはじめ、“嘘つかないという嘘つき”安倍の
    大嘘「原発はアンダーコントロールされています」。は、事実が否定しています。

    ★阿修羅♪ >保険会社幹部、死因や癌増加の驚愕データに恐怖⇒ ”被爆が原因の場合、保険金の支払いが拒否される” 投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 5 月 19 日
    http://www.asyura2.com/14/genpatu38/msg/260.html

    【いかに政府とマスコミが隠蔽しても】
    【保険会社というものは細かい正確な地点でどこに死者が出て
    その死因はなにか?ガンが増えだしたか、実に正確な情報が入ってくる。】
    その驚愕のデータをみて、金融、特に保険系の幹部クラスが
    恐怖してどんどん退職し、東京や日本から逃げ出している。
    (以下省略)
    同じく★阿修羅♪ >
    「米保険大手AIG、日本の生保事業から撤退 損保は継続」 (朝日新聞 2016/11/15)
    …なぜ撤退するのか、説明するまでもないでしょう。……
    (*私が住んでる地域にも一時はアフラックからのtel押し売り?が五月蠅かったが、一切この頃掛かってこなかった理由が、これで解った)

    同じく★阿修羅♪ >
    ≪現実≫青森の高校の先生「安保法制以降は自衛隊志望者が減り、この秋にはほぼいなくなった」(報道特集)投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 11 月 20 日
    (*戦争法案を必死で推し進めた公明党=創価。が代わりに自衛隊へ行かざるを得ぬ。
    「創価高校・大学生」の進路は、自衛隊100%を目指すのか?)

    「ジャーナリスト同盟」通信 2016年11月21日
    安倍外交大挫折<本澤二郎の「日本の風景」(2543)

    安倍・自公外交は、中国対決のための金銭外交が突出した。中国包囲網のために周辺国にばらまいた資金は、ものすごい金額をはじき出している。
     軽く1000兆円を超える世界最大の借金大国・日本である。国民生活は疲弊、貧困化は極端に進行している。数々のデータが証明している
    (以下省略)
    【参考:安倍政権が外国にばらまいた金額一覧】
    https://matome.naver.jp/odai/2140534172534430801

    (*勝手に年金積立金を株へぶち込んで「損したら年金減額!」公務員の給与は3年連続増加…アーmo~言い出したら止まらなくなりそう。)

    続く、2016年11月22日
    13億中国を裏切った公明党創価学会<本澤二郎の「日本の風景」(2544)
    も、
    中国側の“対創価への考え方の変化”をレポートされてます。

    以上、創価公明が行っている結果の幾らかを私なりに考えてみました。上からの“打ち出し”通りに動くゾンビ人間から、普通の人間へ進化しましょう。。

  15. 非活元白ゆり長です。先生といえば
    ♪せんせえーせんせえーわれらのせんせえー♪
    婦人部の「今日も元気で」のサビと変な指揮が気持ち悪く思い出されます。私も20年近く前、まだヤングの頃聖教新聞の代配やっていまして、記念品として今日も元気でのメロディーの目覚まし時計を貰いました。これで目覚めて頑張って新聞配れってわけです。
    会則で先生は池田センセーだけと決められたのは、学会員の求心力がほとんどないという事態への危惧でしょうね。

  16. 遅くなりましたが、今回はブログ再開おめでとうございます。以前に何度かこのブログに投稿しました。再開にあたり簡単に私のことを説明します。数年前まで創価の中では男子部の地区リーダーとして創価班にも在籍さらに地区の部員さんも引っ張り真面目に活動していたら今頃は部長になっていたズンドコベロンチョです。

    私が数年前まで創価に真面目に活動していた
    時は散々と創価の幹部からかなりな嫌がらせをうけて嫌気をさし未活動家となった何度かここに投稿したことがある者でまた今年の参議院選挙のときにここに投稿しました。

    自分が創価から離れてからもうどのくらいか?気づいたらもう2〜3年ってとこなんですが、5年ほど前まで創価の活動家していたときはかなり法戦の時や折伏さらに財務もかなりしてきました。そんだけ自分は創価に依存してました

    今の創価は完全に支離滅裂ですね。
    創価学会仏?池田大作先生の会則

    はぁ、何それ?

    今の自分からしたら創価は全くわけわからないです。このブログ読んでるだけではっきり言って創価は宗教団体でなくインチキ集団だということだけは、はっきりとわかりました。笑

    まだ年齢的にアラフォー手前の男子部ですが
    先日に男子部の幹部がいきなり家庭訪問に来ていきなりズンドコベロンチョ君ゲットだぜ!と意味不明な発言をしてきました。

    その創価の男子部幹部はポケモンGOにハマっているせいか(実は自分もハマってますけど)あの発言に呆れました。

    そんな見方をするならこっちは創価に狙われてるから相当かなりなレアすぎな未活動の脱会を目指すポケモンになります。爆笑

    しかしその創価から逃げ回るポケモンゲットするには毎年必ず3桁以上の財務と折伏は10人以上の入会が最低条件です。

    まぁ、今の創価のレベルでは無理でしょう

    かなりレベル低すぎでおバカすぎなお話でしたが、そのくらい創価は落ちぶれたカルト集団にはかわりないとわかりやすく説明しました。

    最後にそんな創価にあわせわざとかなりバカげた話をしましたが軽く流してください。

    あと創価の男子部でどこにでも暴力団顔負けのいかつい奴がいるのは何故なんでしょうか?うちの地区は柔道の有段者の通称KONISHIKIくんという男子部でかなり上の幹部がいます。そんなKONISHIKIくんからこの間家庭訪問きた時にポケモンゲットだせといわれました。ちなみに僕は剣道部でした。笑

  17. こんにちは。
    元彼が三世でバリ活男子部長だった外部のえつこです。
    このブログが休止前はまだ交際中でたくさん相談させて頂いており、休止中に決心して別れました。

    今回の会則変更ですが、外部の私からすると「そんなのわざわざ会則にしなきゃならんことかー!」の一言です(笑)
    一体なんの意味があるのでしょう(笑)
    そもそも外部から見たらしょっちゅう教義が変わったり会則変更される組織なんてまず信用出来ませんが…(笑)

    多分元彼も会則変更されようと何とも思わないと思います。
    何度か対話してて思いました。こちらの皆様がおっしゃるとおりで「創価学会は正しい」というのが大前提での対話になるので何を問いかけても疑問を抱かないのです。
    創価脳にとって答えにくい質問を何個もして返答に困っても「創価学会は正しいから創価のやることは間違ってない」といった意味のわからない返事が返ってくるのです。

    外部から見てもこんな会則変更をわざわざする創価学会はもう限界に近い気がします。
    このネット社会ですから創価学会のことを何もしらない外部が折伏されそうになったとしてもネットで一度は調べるでしょうから新規会員ももうほぼ望めないと思いますし。創価学会がとんでもない組織だってことは一回ネットで検索すれば充分すぎるくらいわかります。←経験者(笑)

    学会員さん、もう外部を折伏することすら無理です。どうか早く気付いてください。
    きっと学会がらみの人間関係とかも不安でしょうけど外部は覚醒したと言ってくれればきっと皆様いつでも喜んで迎えてくれますよ。

  18. バリ活歴16年、非活歴15年を経て昨年脱会しましたレイラです。

    ルフランさん別スレでコメントありがとうございました。
    HNは曲名からですか?(ちなみに私のHNはクラプトンの曲からです♪)

    ルフランさんのおっしゃるように私も創価バリ活時代って
    何だったのだろう・・・幻だったのかな?と感じます。

    スケジュール帳にはもう会合だらけ。
    今のように携帯電話やメールやLINE、SNSの無い時代
    家の電話もしくはポストに手紙を入れるのが伝達の手段でしたね。

    またそういう「思い出話(笑)」はまたすこしづつ・・・
    私もここで心のリハビリをしています。

    私が信心を始めたころはすでにすっとこどっこいだいさくさんは名誉会長で
    5代目の秋谷会長で、なぜだいさくさんだけこんなにヨイショされるのか・・・??
    せんせ~せん~せ~い♪わ~れらのせんせ~♪とだいさくソングはあるのに
    大聖人様ソングは無いんだろう???

    人間革命も自分で書いててなんで自分の事をあんなにいい風にかけるんだろう?
    (まあ、ゴーストライターが書いていましたが)

    バリ活時代、創価の広告塔になってるとある芸術部員の方がビデオで
    「ご本尊様はしゃべらないけど、先生はお話ししてくれるから・・・」
    え!?そこまで言っていいんかい???

    色々と疑問はありましたけど、すべて
    「いや、こう思ってる自分の心は魔に侵されている。
    お題目をあげないと。」

    Xデーの後、これからご本尊にかわりに
    センセの写真曼荼羅を拝むという
    会則になったりして。(笑えないジョークですね)

  19. 以前投稿したことがある、真実を求めてと申します。
    現在脱会済みです。

    祝!

    再開してくれて感謝、感謝です。 無理をなされずに。
    つかれたら、休んでください。

    管理人さんのコメントで、日蓮さんの誇大妄想癖のある人だときずくことができました。、
    自分の力では、きずかなかったと思います。

    ところで、創価学会仏って、ほんとうですか?しりませんでした。

    ネットで検索してみたら、以下の記事がありました。
    引用開始
    \\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

     「大白蓮華」2007年3月号(NO.686)の
    「池田名誉会長の 生死一大事血脈抄講義」中で、
    「創価学会仏」という言葉が初めて登場した。それで
    は、その「」の項を紹介しよう。

     「三代の師弟によって示された広宣流布に戦う根本
    精神が異体同心の組織の中に脈動していくとき、創価
    学会は民衆救済する仏の大生命力を恒久的に持ち続け
    ることになります。
     その力は民衆の苦悩の暗闇を破り、勇気と希望を与
    えてゆく『慈悲の大光』として輝きます。悪を打倒し、
    正義を叫び抜く『獅子吼』となって響きます。宿命を
    転換して、自他共の幸福を築く『大確信』が一人一人
    の胸中に開かれます。
    \\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
    引用終了

    >創価学会は民衆救済する仏の大生命力を恒久的に持ち続け

    イラク戦争を支持する。仏。人殺しを支援す仏。

    そんな、創価学会仏をだれが、尊敬するのですか?(笑い)

    戦争を支持する仏は、いません。(笑い)

    Graphic +18 The Brutality of War: Moments of Death | Footage from Syria, Iraq, and Yemen

    +18! The moments of death, war is hell

    ここの大部分の方が、創価学会を非難しています。純粋にほめるところは、ないのか?
    私は、あると思います。そこでほめるところをあげたいと思うます。
    別の言い方では、ほめ殺しともいいますが、(笑い)

    十如是 生命の実相を説いたもの。

    如是相(にょぜそう) そのものの外に現れている姿、形
    如是性(にょぜしょう) そのものの内に具えている性質、性分
    如是体(にょぜたい) そのものの実体、主質
    如是力(にょぜりき) そのものの及ぼす力、功徳
    如是作(にょぜさ) そのものの作用、構造
    如是因(にょぜいん) 変化を起こす原因。習因
    如是縁(にょぜえん) 因を助けて変化させるもの。助因
    如是果(にょぜか) 因と縁によって起こる結果。習果
    如是報(にょぜほう) その果が他に及ぼす作用。報果
    如是本末究竟等(にょぜほんまつくきょうとう)

    この分析法は、本当に優れていいると思っています。この創価学会のすぐれた考え方で、創価学会を分析してみた。

    >創価学会は民衆救済する仏の大生命力を恒久的に持ち続け

    と創価学会がきれいごとをいっても

    創価学会のイラク戦争支持、原子力発電支持(如是相 そのものの外に現れている姿、形)
    創価学会が、民衆救済などなにも考えていない(如是性 そのものの内に具えている性質、性分)

    という結論が簡単に道べき出されます。

    これは、創価学会がいっているから間違いない真実です。(笑い)
    私のように初級の任用試験しかうかっていない人でも簡単にわかることです。
    こんな簡単な学会の教学もない幹部は、すぐに首にすべきです。

    創価学会人殺し団体に対しての反論の投稿、を2点あげておきます。

    コメントをクリックしたらよめます。

    創価学会員のみなさん、それでも公明党をしえんしますか?自民党を支援しますか?

    創価学会員のみなさん、あなた方は、奴隷なんです。 金ずるなんです。ねぎを背負った,かもなんです。
    \\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
    池田先生と学会がよぶことに関しての私のコメント

    人間誰しも一人では生きていけません。だれとも会わずにひとりでいきていけますか?
    6年近くだれともおおやげに対話しないで、人間いきては、いけません。

    こんな常識だれもわかることです。池田さんは、重病人なんです。

    そのことを創価学会員だれも池田さんのことを気にもしません。

    今日も元気で:白百合合唱団♫ ①

    池田さんを創価学会がたたえようとしても、会員の興味は自分の功徳なんです。幹部は自分の給料です。
    幹部から声が上がらないのは、よくわかるのですが、会員からも池田さんを心配する声もあがってこないのは、どうしてでしょうか?

    創価学会、公明党、池田さんにたいする無言の不信があるのでしょうね。
    公明党が政権とってから、」政治がわるくなっていることを実感している会員のかたが、増えたと思います。

    誠諫(せいかん)の書 福島源次郎

    くりっくすると創価の財務の実態が読めます。
    上記の創価乃元幹部がばらしていますが、創価の財務のひどさです

    引用開始
    \\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
    一、地区幹部は少なくとも十万円以上すべきである。そうしない幹部は個人指導せよ。

    一、現在もっている預貯金全部を出すのは当たり前だ。それにどれ程上乗せするかが信心の戦だ。

    一、各支部で十万円以上出す人を三十人以上作れ。

    一、一口、二口しか出さない人は信心がない証拠だ。

    一、支部内で百万円以上の大口を何人作るかが、支部長、婦人部長の戦いだ。

    一、個人指導、家庭指導で三口以下の財務部員がいないようにする。

     このような指導(?)が、県・圏の幹部から公然と行われています。県(圏)で目標額が設定され、
    それが本部から支部に割振られ、それを目ざして支部幹部等が悪戦苦闘するという図式は、
    今や大半の県でなされているようです。納金日直前になると、各組織で各人の納金額読みをして、
    集金額予測を行い、最後の上積作戦を協議する姿もあちこちに展開されているようです。
    どこかの政党の票読みに似て何という醜状でしょうか。あるいは売上げ目標に向って社員にノルマを課し、
    頑張らせている企業の営業活動とどこが違っているのでしょうか

    \\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
    引用終了

    >県(圏)で目標額が設定され

    会員の皆様は、ねぎをしょった鴨なんですね。(笑い)

    創価の幹部、池田さんが、きれいごと(如是相 そのものの外に現れている姿、形)を言っても
    会員は、内心(如是性そのものの内に具えている性質、性分)では、何かおかしいと感じている。

    それが、6年間、重病人の池田さんを誰も心配しない理由でしょう。

    創価学会の教学で分析にすると、創価学会は詐欺であることが、明確になる。
    創価学会は、すばらしいです。

    創価学会は、詐欺団体です。

    創価学会の教学から判断できますから、間違いないです。(笑い)

  20. 初めまして、学会3世のラッコと申します。
    再開の直前期にこのブログに出会い、過去レスを読んで覚醒し、翌日脱会届けを郵送しました。

    管理人様、遅ればせながらブログ再開おめでとうございます。
    私もこのブログ人間に助けられた1人です。
    すみません、脱会記念に、幼少から抱えてきた創価に対する本音を含めちょっと叫ばせてくださいませんか。少々汚い言葉になりますが、どうかお許しください。

    ちっくしょおおお
    出てきただけで拍手されて
    話すだけで感謝されて
    常に大絶賛されるような人が
    いるわけないじゃん!!!!!

    素のその人を知らないのに
    身近で接したこともないのに
    尊敬できるわけないじゃん!!!!!

    ちょっとしたお菓子とかジュースとかもらって
    欲しいわけでもない本を一方的にもらって
    なんで感謝しなきゃいけないの!!!?
    感謝できなきゃ間違ってるの!!!?

    創価学会が絶対的に正しいなら
    創価学会以外は絶対的に間違ってることになる
    だから結局学会員は学会員以外を見下すことになる!!
    「この信心を知らない人は可哀想」って、
    なんちゅう驕りだよ!!!!!

    創価学会員がみんな悪い人じゃないけど
    でも(私含め)自己中な人が多いよ!!(私含め)他人そのものには無関心な人が多いよ!!!
    世間の人の方がもっとあったかいよ!!!!

    全然あったかい世界じゃない
    学会の世界に受け入れられてもそれは
    「私だから」受け入れられてるんじゃなくて
    「学会員だから」受け入れられてるだけ

    創価が素晴らしく見えるのは表面だけ
    自己中心的な人が多い 心の醜い人が多い
    だって自分たちだけが世界で唯一正しいっていう教えだもん!!
    自分たちの殻に閉じこもる教えだもん!!
    他を馬鹿にする教えだもん!!
    他を見下す教えだもん!!
    「万人に仏性がある」けど、結局は
    「仏性を開くにはこの題目しかない」んだもん!!

    ちくしょおおおお
    騙された!!!
    生まれた時から!!!
    ちくしょおおおお
    洗脳された!!!
    幼い時から!!!
    ちくしょおおおお
    こんなどうしようもない人間に育っちまった!!!

    創価の見せる「美しい世界」が実在するんだと思い込んでた!
    その「美しい世界」を信じきれない自分は駄目なんだと思い込んでた!
    その「美しい世界」とは違う現実の社会は間違ってるんだと思い込んでた!
    そんなことないのに!!!
    ちくしょう!!!!
    世間は必ずしも素晴らしくない。
    けれどそれで間違ってる訳でもないじゃん!!

    どうしてこんなことにずっと苦しんできたんだ
    生まれた時から与えられたものが正しいと信じたかったから
    でもどんなに考えても信じきれなかった
    それでも自分を偽って創価を貫いて生きようとした
    けれど、詐欺だと指摘されてそれが崩れてしまった…
    ちっくしょー!!!!

    どうしてこんな邪見の家に生まれちゃったんだろう
    どうしてこんな思想で長年生きてきてしまったんだろう
    染み付いた思想は簡単には抜けない
    ちっくしょー!!!!!

    長々と失礼致しました。創価3世・心の叫びでした…ありがとうございました。
    強く生きていきます。

  21. 大百蓮華の12月号がテーブルにあったので、「どれどれ」と、めくってみた。金太郎飴のごとく、私が読んでいたころと何も変わっていない。「池田先生」の活字がいたるところにみられた。文字による洗脳?元気に活動しているならば、写真一枚載せれば済むのに、できないから「池田先生、池田先生」と文字にして、会員の目に入れる。単純にしてよく考えられた方法だ。

    「創価学会仏」も書いてあった。興味ないから、中身は読まなかった。
    「創価学会仏?」「創価がっ、かいぶつ」「創価が怪物」???
    「白バラ通信パンドラの箱」の希望様が「想像を超えた」団体と、コメントなさっていました。
    確かに創価学会は「怪物」です。
    創価学会本部職員さんの「駄洒落かな?」(いや、「創価学会仏」は以前からあったそうですね)
    それにしても
    「座布団一枚です」(ぱちぱち)

  22. 本学会三世のねこのとうさんです。

    はや太さん。コメントありがとうございました。
    普段,自分の思いを文書にすることがなく,拙い内容ですが,どうぞ今後とも宜しくお願いいたします。

    私も人材グループにおりましたので,人間革命は読了しないと,卒業できないということで,読みました。今思うとあんな意味のない小説に学会の真実があるんだと思っていた自分が情けないし,今振り返ると,悲しいとしか言えません。

    >私が創価の人材グループに入校した時は小説人間革命を全巻読み切ることが必須科目でした、
    >そのバイブルの中で法律を犯した会員が活動を頑張ったお陰でその罪を問われなかった不思議>なシーンがあります、王法より仏法が勝ると言うやつです

    「王法より仏法が勝る」,確かに人間革命に書かれていましたね。

    その当時は,まるで社会の法律や常識が,ことごとく不正義のような印象を受けました。
    そのためには総体革命という,日蓮仏法を中心とした社会を建設しなければならないという結論になるのだと思いました。そのための政治活動だという事になるのでしょうか。

    「王法より仏法が勝る」は,人類が戦争や貧困を乗り越えるために,互いの血を流し,社会制度を完成させようとした歴史やその過程で生まれた社会規範を守るための知恵をやすやすと捨て去るような印象を受けます。

     確かに日蓮が生きていた鎌倉時代は国家権力が今よりは恣意的に発動されていたのかもしれませんが,日蓮が流罪になった経緯は,あの当時としては理にかなったものです。
     北条氏だって,地方から突然やってきた見ず知らずの常識はずれの人間に,「お前は地獄に落ちるぞ」と脅かされ,執拗に法華経を国教化してくれないかと言われたら,警戒すると思います。これは法華経故の法難だからとかじゃなくて,危険人物だと思うのです。しかも,国家の中枢に対して執拗に迫り,幕府の中にも信者が増えている状況では。でも日蓮が赦免を受けた理由は,幕府として罪の類型に該当しないということだと思うのです。辻説法や殺人,幕府の顚覆が目的では無かったということだけだと思っています。
     だから日蓮が言う「王法より仏法が勝る」は間違った認識です。国家による刑の執行に値しないが,社会的に見て倫理やルールに反する行為であることは間違いないのです。今であれば罪ではないが罪に値する。宗教ストーカーみたいな,あるいは悪徳訪問販売のような。鎌倉幕府の要人は日蓮のことを大変に迷惑がっていたでしょう。ちなみに今の社会では犯罪になると思います。
     なお,日蓮は人格的におかしいと思います。彼は自分の手紙の中で,今で言う中国やその周辺国で仏教とは関係がない預言者の言葉を引用して,今で言うところの日本に救世主が現れるとしきりに,あの御書の中で書いてます。多分,自分がその救世主だと傍証しているのだと思います。
     これに影響されたのは有名なところでは田中智学だと思います。創価学会の歴代会長も影響を受けていると思います。自分が救世主だと確信し,あらゆる出来事,良いことも悪いことも,自分が救世主であると言う理由にしている。これは心理学的に見て自己愛性パーソナリテー障害と言う人格障害です。人格障害は精神病ではないので治りません。その大きな舞台装置に巻き込まれたのが私たちです。

    長々すみません。

  23. signifie様

    先ほどは思い余って今回のテーマと関係のない投稿をしてしまい、申し訳ございません。signifie様のご判断で、掲載して頂かなくても構いません。お目汚し失礼しました(^^;

    「先生呼び」の会則については、
    学会員としては、これまで当然だったことを文面化しただけという感じで、特に違和感はないのではないでしょうか…(^^;
    学会内では「先生」と呼ぶ暗黙のルールが以前から存在していたと思います。
    私はS大生の頃、意識して「池田先生」ではなく「創立者」と呼んでいましたが、本当に尊敬しているなら自発的に「先生」と呼べばいい話です。

  24. ラッコさん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    ラッコさんのコメント、ぜんぜん問題ないです。と言いますか、私もほとんど同じ気持ちでした。「ちっくしょ〜っ!!」でしたよ(笑)
    これからもよろしくお願いします。

  25. 私が思ったのは、創価は法人運営を縮小する段階を踏んでおり、
    比較的に状態のいい創価学園の維持を努めることとして、
    先生という敬称をわざわざ取り立てて発表したのかな、‥‥と感じました。

    宗教界からは総スカンで今更とても居場所がないでしょうし、
    学校法人として存続をはかるとしても、活動と称する常識はずれな学生指導は
    迷惑千万! ごめん被りたいものです

  26. signifieさん再開ありがとうございます。
    娘の命を救えず仏教書を読み漁り覚醒しました。訳あって四年後に退会します。
    退会したら信濃町の実態を暴露する約束でしたね…。
    ラッコさんの魂からの叫びに強く共感しました。私も全く同じ心情です。
    ちくしょおおおお…まんまと騙しやがって(笑い)
    既に学会は充分な資産を持ちました。Xデーも近いです。会員数も減少傾向だしこれ以上の拡大は望めません。宗門とも和解せず独自路線を歩むしかなく、法人の縮小路線は既定事実として進んでいます。したがって「創価学会仏、池田大作先生」は開き直って池田教に転換するってことですよ。一連の会則変更で離れて行く会員の数やXデー後の会員数まで読んでのこと。Y弁護士T理事長一派は、縮小しても池田教徒と一緒に生き残る算段なのです。残念ながら新興宗教池田教は存続するのです。そんな中、このブログ再開の意義は大きいです。一人でも多くの学会員を覚醒させるにはなくてはならないブログです。応援させてください。

  27. 連投失礼します。
    創価学会仏、池田先生ってなにいってんのって感じ。

    創価学会員って、本当の馬鹿なんですか?(笑い)

    リンクのページを失敗したので、再度投稿します。

    創価学会人殺し団体に対しての反論の投稿、を3点あげておきます。

    コメントをクリックしたらよめます。

    創価学会員のみなさん、それでも公明党をしえんしますか?自民党を支援しますか?

    創価学会員のみなさんは、放射能まみれの食料が、お好きですか?

    私は、思う。 創価学会は、その成立の昔から今に至るまで、「反戦・平和」などとは、およそほど遠い団体だったのである。

    くりっくすると創価の財務の実態が読めます。
    上記の創価乃元幹部がばらしていますが、創価の財務のひどさです

    誠諫(せいかん)の書 福島源次郎

  28. 創価の最上層部だけが会員を騙していることの自覚があり、そんな自分の人生で良しとしている。世の中の理や人の道を説くのが宗教の役割だとしたら、宗教的観点からしても最低最悪の人生だとわかって歩んでいるのが創価の最上層部です。これだけの数の人を不幸にしているという自覚がありながら、どんな手を使っても、どこまでも騙し続けようとする創価学会幹部の精神構造は、とても理解できません。一般会員は騙されていることに気づかないでやっているので、仕方ないといえばそうなんですが、最高幹部はわかってやってるんです。そして自分の人生はそれでいいと腹をくくっているんですね。騙されているという意味では、地方の副会長レベルでもそうです。騙されている側ですね。創価では副会長と言っても地方組織を仕切るだけの支店長みたいなものです。私の地域の副会長は草創期からの父の友人だったし、従兄弟は総県長なのでよくわかりますが、彼らも完全に騙されています。本気で創価は正しいと信じています。覚醒した自分から見たら、可哀想でなりませんが今更何を言っても聞く耳を持つはずがありません。私の両親と同じように、創価を信じたまま人生を終えるしかないのだと思います。
    このブログでは、このように創価を信じて疑わない方をどうこうしようという気はありません。過去の自分のことを振り返れば、聞く耳を持たないということがどういうことかがわかっているからです。創価が正しいと信じている人にとっては、目の前の現実も、物事の理屈も通用しないこともよくわかるからです。このブログでは、自分で「もしかしたら創価はおかしいんじゃなあいか?」とちょっとでも疑うことのできた人、つまり自分の頭で自分の人生について考える機会に出会った人のために、できるだけ多くの創価の現実を知ってもらえればという趣旨で運営しています。創価が正しいと思っている人と議論するつもりはありません。以前はそうした試みもしましたが、やはり徒労に終わりました。そんなことに時間と労力を費やするよりも、創価が詐欺だと気づき始めている人にとって有意義なブログにできればと思っています。「創価学会仏」や「池田大作先生」をテーマにするのも、単に笑いものにしているのではなくて「創価について冷静に考えたら、おかしなことがいくらでもあるよ」ということの例を示すためのものです。決して学会員さんをバカにしたりしているのではありません。創価に騙されていることに気づかな愛でいることが、いかに愚かなことなのかを、具体的にいろんな事例によって気づいて欲しいという考えのもとにしています。創価がやっていることは、集金人の拡大運動です。自らお金を差し出し、さらにお金を差し出す人間を自分たちで増やしている。それが最高の人生だと信じ込まされて、ただそれだけのことをしているんです。尊いことでもなんでもないです。宗教を道具にした金銭詐欺の拡大運動というだけの話です。ただそうやって集められた莫大なお金が実際に何に使われているのか、一般人では想像もつきません。単に最高幹部の懐に入っているだけのものではないことは明らかですが、その辺りを話題にすると、単に陰謀論として片付けられてしまうので、これには触れないことにします。白バラ通信の希望さんが仰っていた「創価学会はとてつもない闇を抱えている」といったことは、そうしたことなんだろうと思います。
    とにかくここでは会員さんが一人でも「創価学会は詐欺だ」という現実に気づいてもらえることが目的です。それと気づいたら心が折れます。気づいたからといってすぐに脱会できない人もたくさんいらっしゃいます。そんな方が今後どうすればいいのか、どのように立ち直ればいいのかを、同じような経験を持つ方どうしで対話をすることで、創価によってぶち壊された自分や家族の人生を立ち直らせていくための足がかりにしていただければと思っています。
    創価が詐欺だと気づいた時、本当に「ちっくしょーっ!!」でした。それもそんじょそこらの「ちっくしょーっ!!」ではありません。創価は両親の人生を丸ごと奪ったのですから。創価にによって、もうどうやっても取り返しのつかない人生を送らされた人が何百万人もいるんです。この現実を受け止めろということ自体がどれだけ酷なことか。だから白いブランコさんもきっと苦しんでおられると思います。あの三人組も、現実を受け止められることができずに「本来の創価は正しくて、現在の創価がおかしくなっている。だからなんとかして創価を本来の正しい姿に改革するんだ。それが自分の使命なんだ」という自己正当化をするしかできない人も現れるのだと思います。そこまでなると、もはや創価の是非ではなく、自分のこれまでの人生の是非を問題にしているとしか思えません。「創価は最初から詐欺だった」この現実を認めると自分の人生を否定しなければならない。恐ろしすぎてそれができない。したくない。細かい事情はあるのかもしれませんが、結局のところそのためのサイレントアピールだったり、座談会だったり、告発本の出版だと私は思っています。あれだけの行動力があるのであれば、目の前の現実を冷静に見つめなおして欲しいものだと思います。

  29. 会則と言えば、以前フライデーに登場した男子部長は退会してませんね
    会則に照らし合わせれば除名のはずなんですが
    除名されても元男子部長として記事を書けば生活はしていけると思います

  30. シニフィエ様、こんにちは。

    昨日より、夫が体調不良らしいです。はっきり、どこが不具合とは言いません。
    食欲がない。
    今日は、先ほど休暇を取って帰ってきて、ただいま寝ております。
    さまざまパターンを考えてみました。

    ①ただの疲れで、寝て覚めれば、今後も変わらず、創価洗脳のまま。
    ②重大な病気で入院、治療?長生きしてねって看病できるかな?夫のことは好きですよ。いてほしい存在ですけど。本人はどう病気をとらえるのかによって、私はどうおもうのでしょうか?
    ③財務で一口では済まなくなって追い詰められて、困っているのかな?疑問を持ち始めたのだろうか。どうなっていくのだろうか!

    私としては、③に期待を寄せております。いつも、はずれですけどね。
    茶化しているわけでないことは、わかっていただけると思っております。
    読んでいただいてありがとうございました。

  31. レイラさん、お返事ありがとうございました。
    エリック・クラプトンのレイラでしたか。好きですよ、ロック。いいですね。いい曲ですね。
    私のHNは、1970年代、森山良子の「さよならの夏」の二番の歌詞にフランス語でルフランという歌詞からとりました。綺麗な曲なので聞いてみてください。
    意味は色々で、英語でリフレイン、繰返しという意味です。何度でも、立ち上がって前に進もうと決め、違う意味では自由とも何かに書いてありました。本来の自分を生きる願いをこめ、自由に何度でも、立ち上がって自分を生きたい、そう思ってつけました。4年に一回のドリカムライヴも桑田佳祐のライヴもうん良くゲットできた時はノリノリに発散しに行っています。、、でもだんだん、体力が、、、(笑)

    s30年代、小学生だった兄が騙されて?仏壇代わりの菓子箱とご本尊をお寺から男子部と一緒に持ち帰って来ました。両親は大反対でしたが、気がついたら私も両親も入信していました。それでも、父は大反対で母は命がけでご本尊を守っていました。入信から10年後、52歳の父は胃ガンで今ほど医療が進んでいなかったので、苦しみながらこの世をさりました。
    父、他界から2年後、兄は生きることに疲れ、精神科に入院中に首を吊ってこの世を去りました。
    トレーラーに轢かれ、一命はとりとめたものの、脳障害の後遺症に苦しみ24歳の若さで生きる希望を無くした決断だったのでしょう。幹部はこの世の使命を果たしきって逝ったのよ、功徳よ、来世は今世の宿業を断ち切った姿で生まれてこれるのよ!
    しばらく、悶々と哀しみに暮れていた母はある日を境に気が狂ったように学会活動に明け暮れ始めました。
    縦線だった時代にお金がないので、10キロの道を幼い私の手を引いて、、♪濁悪のこの世、行く学会の、、、♪と歩いて大声で歌いながら拠点闘争の毎日でした。
    親子ほど年の離れていた私の姉たちは猛烈に反対でした。それっきり、母と折り合いが悪くなり、親戚とも昔ながらの友人とも疎遠になり、母の居場所は組織だけ、、、。
    今、10年も認知症になり、施設のお世話になっています。一番なりたくなかった病気です。生きて恥をさらしている毎日です。もちろん、創価の人は頼んでも母に会いに行ってくれません、冷たいものです。
    今回、結婚し、3人いる娘のうち、二女は私と共に脱会届けを出しましたが、S大出身のバリカツ長女はやはり、逆上し、まったく話が出来ない創価脳、創価シャッター全開でした。疎遠状態です。3女は非活ですが、ご本尊をもっている方が安心だそうです。新聞、財務はしていないので不幸中の幸いですが。
    16年前、夫は40代で胃ガンのため、この世を去りました。そのあとの壮絶な生活は想像どうりです。
    創価に助けてもらったことなど、ただの一度もありません。
    親子で協力し、寝ないで働き、無事に子供たちを大人にしてきました。
    すべて、努力と行動と運だけ。父も夫も苦しんで若い命を落とし、ご本尊を持ってきたきた兄は自死。
    いつも貧困、一家崩壊、これが信心にささげた我が家の黒歴史でした。疑問にもつのは、業が深いから、題目が足りないから、福運がない、凡夫には計り知れないから、など、よくも簡単に他人の家の苦悩をわかりもしないのに簡単に言ってくれましたね。

    タイトルからそれてしまい、すみません。

    職業幹部は定年後、年金が貰えるまで、末端の会員を心にもない言葉で騙し続けてゆくのでしょうね。
    人間のクズです。詐欺師です。孤独な地獄のような末路でしょう。

    今度、道端で創価に会ったら言ってやろう、、、「私、騙されないので!」(笑)

  32. ルフランさん、大変なお話をしてくださって恐縮です。

    それから「私、騙されないので」いいですね(笑)
    あまりテレビを見なかった私ですが、このごろ気晴らしにドラマを見るようになりました。見て思うのは、面白いドラマと面白くないドラマの差が激しすぎるような気がします。印象に残っているドラマは『ロクヨン』『フジコ』などのシリアスなものや『家売るオンナ』『ドクターX』などのコメディです。やはり「私、失敗しないので」はいいですよね(笑)NHKの『夏目漱石の妻』もついつい見てしまいました。映画界ではたくさんの日本アニメが佳作を連発しているようです。人気のあるドラマやアニメの条件ってなんだろう?って考えると、やはりリアリティじゃなかろうかという気がします。シリアスものはもちろんですが、ドタバタコメディにも、普段言いたくても言えない正論をズバッと言ってくれてスッキリするところに水戸黄門的な快感があるんでしょうね。アニメの場合でも、アニメならではのぶっ飛んだ設定の中にも、登場人物の気持ちの変化の機微に、とてもリアリティがある。感情移入できる。アニメなのに大の大人が感動して涙する。もうアニメが子ども向けの娯楽ではなくなって、完全に表現媒体としての地位を確立したのだと思います。
    創価と関係ないような話ですが、このリアリティについて、学会員さんはどのように感じているのだろうか?とふと考えたんです。学会員さんは創価学会員でなければ不幸になると思い込んでいます。信心しない人を「かわいそうに」と哀れんでいます。それは日蓮の教義やら、師弟がどうたら、地涌の菩薩がどうたら、宿業だの宿命転換だの、いろんな言葉によって、自分の幸せが創価なしでは考えられないことになっています。それどころか、創価に逆らうと地獄に堕ちると、たとえ死んでも永遠に地獄の苦しみから逃れられないなどといった脅し文句に震え上がって、目の前にある現実を完全に無視します。彼らにとってのリアリティとは目の前の現実ではなくて、組織から教えられるわけのわからない「宇宙の法則」なんですよね。鎌倉時代に地球が丸いことはもちろん、アメリカ大陸やアフリカ大陸やオーストラリア大陸や、南極や北極の存在も、エジプトやヨーロッパ文明の存在も知らなかっただろうし、関東甲信越と関西ぐらいまでしか行ったことのない日蓮が、なんで宇宙の法則を解けたのでしょう。っていうか、あろうことか自分が末法の御本仏だと宣言しました。過去に釈迦を教化したのも自分なのだと、まるで大川隆法と同じことを言ってるのです。というか大川隆法が日蓮をパクったんでしょうけど(笑)。学会員さんにとってはそんな大川…いや、日蓮のいうことにリアリティを感じるのでしょうね。目の前に見えるものにリアリティを感じるのではなく、800年も前のとんでも坊さんの言うことにリアリティを感じる。あるいは6年も姿も見せなければ声も聴かせない池田大作大先生(笑)が書いたり言ったとされることにリアリティを感じる。実際は創価に逆らったら地獄に落ちるという恐怖で心をがんじがらめにされているのに「創価の信仰に出会えてこれほどの幸せなはい、池田大作先生ありがとうございます、一生ついていきます」と、涙を流してお金を差し出す。このメンタルは例の三人組も同じですね。本部職員として創価がとんでもない組織だと目の当たりにしても、彼らにとってのリアリティは目の前の現実ではなく、池田大作大先生がゴーストライターに書かせた池田ヨイショの小説人間革命のお花畑なんです。

  33. signifieさん

    はじめまして。念仏宗のKarappoと申します。
    好きになった方が学会三世で、創価学会の実態を知りたくなり、あれこれ調べてるうちにこのブログに辿り着きました。
    9月から拝読させて頂いております。お陰様で、創価学会の全体像は理解できたと思います。
    彼女にも、このブログを見てもらいたいところですが、信仰がどの程度なのか掴みきれていないこともあり、静観しています。

    「池田大作先生、創価学会仏」と言う会則、外部の者から見ると本当に噴飯ものですね。
    わざわざ会則に盛り込んで来たと言うことは、みなさんも考察されているように日蓮から離脱して大作教にするための布石なのかも知れませんね。
    学会員の方はこんなものにも疑問の声を上げられないことには、憐れみの気持ちしか湧いてきません。

    私見ですが、学会で信心している人は真面目で純粋で従順なのだと思います。
    「ドアの向こうのカルト」と言う本で、エホバの証人の元信者だった著者も似たような考察をしています。

    生活の足しになるかと始めたマルチ商法。その集会がエホバのそれとそっくりで、マルチ商法の主催会社の多くがモルモン教徒の多く住むユタ州に集中していることに気付きます。
    著者はマルチ商法とカルト宗教の類似性に気付き、エホバを辞めることになります。
    曰く1.純粋性、2.絶対性、3.選民性、4.布教性、であると。
    1.私達の製品以外は信用できない!。2.これが絶対の製品!。3.私達の製品は選ばれたものにしか理解できない!4.ビジネスパートナーを作ろう!
    根が真面目で純粋なエホバの信者にとっては、マルチ商法もとても心地よい環境になるようです。

    これって、創価学会にもキレイに当て嵌まりますよね。
    洗脳されていることにも気付かせない巧妙な組織運営のあり方には、外から見てると戦慄を覚えます。

    私としては、彼女に気付いてほしいと願っていますが、signifieさんが常々仰っているように「自分で気付くしかない」んでしょうね。
    今度「創価学会仏って何?」って聞いてみようと思います。
    時間は掛かるでしょうが、創価学会の内部に居ては湧いてこない疑問を彼女にぶつけて、気付くきっかけを作っていこうと思っています。

    今後ともよろしくお願いします。

  34. 始めまして、只今未活動です。日本を取り巻く状況に不安を抱きます。戦車の映像が怖いです。スーダンの自衛隊派遣で、自公が同意に「矛盾を感じない」と、仰せの学会員さんもおいでです。質問すると何故なのか説明もなく、他に財務や疑問となる事を伺い、「もう対話したくない。」と言われました。本当に、世界に誇る宗教や政治団体は、どんな質問にも余裕を持ちその様な経緯の説明や対話があっても良いと思います。穏やかに言葉を選び質問し、喧嘩口調の口汚ない罵しり方で、宗教問わず職場でも同僚に聞かれた事で激昂すると、ところ構わず罵ったりするのか?恥ずかしい幼児性に壮年の学会員でも、良い大人なのにと心がコントロールされてなく驚きます。

  35. Karappoさん、結婚を機に脱会した2世の宝星と申します。
    私は外部の主人と結婚して徐々に覚醒することができましたが、
    人それぞれ色々と事情を抱えていることがあり、なかなか難しいようです‥‥、
    こちらの場で、少しでもリアルに創価を問題視することができれば、と思います。
    また、よろしくお願いいたします⭐️

    池田先生と神格化することで、今後どんな会長になったとしても、
    その時々の風潮に合わせた活動方針をランダムに発信できるでしょうから、
    もう宗教としての一貫性を追求しようとしないでしょうし、
    金と数になるとなれば、理解に苦しむような変更もありでしょう、
    現場の末端の信者の了承などまったくおかまいなしに‥‥

    宗教団体というよりも、思想統制を強いるエセ宗教団体という認識です

  36. 武さん
    はじめして。スマイルと申します。
    現在、未活動とのこと。創価の活動家は対話が成り立たないことを身にもって体験されたのですね。「自分で気づくしかない」ので何を言っても無駄ですので、相手にしない方が良いかと(^○^)
    学会員は話を聞くだけで喜びますので、かなりキッパリと言わないとだめですね。
    「二度と来ないでください」という言い方でも生易しいくらいです。
    1ミリたりとも歩み寄る姿勢があれば、どんどんいいよって来られます。
    「触ると爆発するぞ」と思わせないとしつこくやってきます。
    あと質問攻めにするのも撃退効果あるかもしれません(^○^)
    学会は矛盾だらけですので。

    Karappoさん
    はじめまして。
    >著者はマルチ商法とカルト宗教の類似性に気付き、エホバを辞めることになります。
    曰く1.純粋性、2.絶対性、3.選民性、4.布教性、であると。
    1.私達の製品以外は信用できない!。2.これが絶対の製品!。3.私達の製品は選ばれたものにしか理解できない!4.ビジネスパートナーを作ろう!

    ご指摘の通り、創価とまったく同じですね。
    私も創価の活動をしていましたので、まったく当てはまります、穴があったら入りたいくらいです( ;∀;)

    かれらの言い分は「創価は絶対正しい!宇宙の根本法則の南無妙法蓮華経は絶対法則である!」と。ここは揺るがないので、他の宗教の根本の部分が偏頗なものとみなしています。

    ほんとに自分で気づくしかないです。
    私の場合、気づいても、本尊を仏壇から外したりすると、しばらく悪夢にうなされました。
    夢でも創価関係でうなされたり。。。
    今思えば、懐かしいですが、それほど洗脳は深く入っています。

    ここにたどり着いた方々も、様々な思いがおありかと思いますが、私の場合、ここにすべてを書き込むことで乗り越えることができました。

    シニフィエさん、皆さまありがとうございます。

  37. シニフィエさんコメントをありがとうございました。
    私こそ恐縮です。
    シニフィエさん、結構テレビ見ていますよ(笑)これだけ、精神力を使うブログの運営をし、仕事、読書をし、いつドラマを見ているのか?、、、すごいです!「ドクターXのあの言葉」流行語大賞ものですね。
    最近、「君の名は」を見て、映像の美しさ、内容に感動しました。テーマソングも良かったです。リアリティあるいい作品、がっかり作品様々ですね。
    前にシニフィエさんが紹介されていた、「女王の教室」もリアリティありましたね。紹介されていた言葉もそうですが、こんな言葉もありました、「願い続けていれば夢は叶うなんて、うそです。誰でも夢がかなったら、野球少年はみんなイチロウになってしまう、、」あぁ、そうだよねと妙に引っ掛かって、放送作家は何を伝えたかったのだろうと興味がありました。
    ピカソのゲルニカも、なに、この絵、変なのと見る人もいれば、この作品の中で人間の生の全てが凝縮しているんだとの視点を持つ人もいる。色んな感性を人は持つものです。
    創価人間は、統制されていますから、本来の人間らしい様々な個性を出すことが許されていません。皆、同じ、見た目も考え方も。おかしな事を会則にしても、おもしろいように信じてついてくる。平気で、創価学会仏やら、今更、池田大作先生と呼ばせ崇めさせている。馬鹿にされているんですよ、会員は。

    本来、私は哲学や、宗教は好きな方ですが、シニフィエさんのこの場所ではっきり、仏教の本来の目的が理解できた気がします。
    偏屈で辻説法好きな乞食坊主の日蓮など、なんの興味もありません。
    そもそも、宗教に願いが叶うも叶わないもないと思います。

  38. こんにちは  組織外の者です  人権侵害を受けていても警察にも家族にも話すことはありません 相手にしてくれません 闘えば 失うものの方が大きいです sinigfie様のブログ素晴らしいです 他にも優秀な方たちのブログ「創価学会にはアキレカエル」などなどよませていただいています とても励みになっています 解決するには 自分自身の内面の力です いろいろな方面から学びつつけ光の方へと導かれました 友人もたくさんできました 多くの方たちが創価の現実を知り気つくことが出来ますように そのためにもこのブログはとても大切な役目を  
    担っています いつまでも このブログがつつきますように 有難うございます パソコン   不慣れです 

     

  39. ルフランさん お辛い告白ありがとうございました。

    私はここのブログを読むようになってから、
    「裏体験談」が多いのに驚きました。

    聖教新聞や、座談会などでは本当に「表体験談」しか聞きません。
    「苦難がありましたが、先輩や幹部に指導を受け、お題目を唱え、先生のスピーチを読んで
    乗り越えました!」(わーい、パチパチパチ~←お決まりのパターン)

    たまに●●さんが亡くなったときくと
    「魔」と片付けられ、「あなたの信心を試されているのよ!」でした。

    らっこさん 3世の魂の叫びありがとうございました。
    私は2世、3世と違って猛反対の中自分で自ら入会しました。(今だったら絶対しないです)
    バリ活時代は2世、3世の人がうらやましく感じましたが、
    「信心の無い世界」というのを知らないってどういう感じなんだろう・・・と
    考えた事がありました。

    追伸:「ルフラン」は昭和のアイドル・井上望さんのデビュー曲からと
    思っていました、って年がばれますが・・・(笑)←ここらへんのネタに飛びついて
    きそうな方がいるような気がしますが。。。(笑)

    ウィキで調べたらモト冬樹さんの御兄さんのエド山口さんと結婚されているようです。
    全く関係ないお話し失礼いたしました。

  40. ルフランさん、そうですよね。
    >そもそも、宗教に願いが叶うも叶わないもないと思います。
    まったくその通りだと思います。宗教は魔法のランプじゃないんですからね(笑)
    学会員はカラコピ御本尊をハクション大魔王みたいなものと考えてるんです。自分だけラッキー♪って。
    「あなたにだけに、特別に幸せになる魔法の壺をお譲りしましょう。はい100万円」
    そんな詐欺に簡単に騙されているんです。でもそれが宗教だと思い込んでいるので騙されていることに気がつかない。一旦騙されると、騙されている自分を認めたがらない。認めると無くすものが大きすぎるから、何としても認めるわけにはいかない。そうやってどんどん創価の思う壺にはまっていきます。

    キリスト教などの一神教ではどうなのか知りませんが、少なくとも何かをすることで願いが叶うというようなことを信じてはいけないというのが本来の仏教だと思います。物事に執着する心を戒めたわけです。欲望に振り回される自分から脱しましょうと言っているのに、創価は「財務をたくさんすればするほど幸せになれる」と会員の欲望を煽ってお金を騙し取ります。何かにつけて見返りを求めるような創価に都合の良いだけの価値基準を植え込みます。はたから見れば小学生だってわかるような詐欺の手口が学会員にはわかりません。よその新興宗教団体でよくある、高額な印鑑や壺を買うと幸せになると信じている信者とまったく同じです。人間の欲につけ込んだ単なる詐欺でしかありません。よその新興宗教に関してはハナから興味ありませんので、いろいろは言いませんが、壺を買わせて思う壺(笑)と同じで、カラコピ拝ませ思う壺です。数ある悪徳新興宗教団体の一つです。

    創価が詐欺だとわかったから活動はしないけど、日蓮仏法は正しいから勤行唱題はやり続けるという人もいると思います。私も10年間ぐらいはそうでした。でもそれも冷静になれば違うということがわかります。なぜわからなかったのか。それはやはり自分の間違いを認めることが怖かったからです。これまでずっと言ってきたことですが、日本は信教の自由が保障されているので、何を信じようが自由です。だから誰が何を信じようとも、それを非難する気はありません。たとえイワシの頭に向かって朝晩コーランを唱えている人がいたとしても、それは本人の自由なんです。そういう意味では学会員がカラコピ御本尊に拝み倒せばなんでも願いが叶うと信じることも、それ自体は誰からも非難されることではありません。信じる信じないは本人の自由。ただ信仰の条件として組織的にお金をむしりとられるのは信教の問題ではなく犯罪です。私は宗教の如何を問題にしているのではなく、創価学会という犯罪を問題にしています。本人の意思で創価にお金を貢ぐことは、法律上犯罪ではありません。しかし本人が言われるがままに幸せの代償としてお金を出していて、実際には幸せになれる保障など何一つないのだから、創価は意図的に会員を騙してお金を巻き上げていると言えます。本人が騙されているという自覚がないかぎりは犯罪の立証ができないだけです。
    まだ創価が宗教だとか、いいところもあるなどと、自分の浅はかさを認めきれないでいる人は、どうかもう一つ冷静になって考えていただきたいです。創価自体がボロクソに言ってる日蓮正宗の御本尊を無断で改ざんしてカラーコピーしてばらまいたやつを拝んで幸せになれると思っている自分に疑問を持てない現実を、冷静に見つめてみて欲しいんです。なんでこの盗品のカラーコピーが宇宙根本の法則で、それを拝んだら誰よりも幸せになれると信じている自分の姿を、一度少し離れたところから眺めてみるといいです。もしくは100万円で買った壺に向かってくしゃみをするとハクション大魔王が出てきて、なんでも願いが叶うことができると信じている隣のおじさんがいると考えてみてください。そしてそれが自分だとしたら。
    そして100歩も1000歩も譲って、本当にハクション大魔王が出てきて、自分の願い事を何でも聞いてくれたとしたら、それが自分の人生で満足ですか?ハクション大魔王が死ぬまで何でもやってくれる人生を、本当にあなたは望んでいるのでしょうか。そしてそれが人間の本当の幸せだと本気で思えるのかどうか。
    最初に戻りますが、ルフランさんのおっしゃる
    >そもそも、宗教に願いが叶うも叶わないもないと思います。
    まったくその通りだと思います。
    創価のカラコピ御本尊と、ハクション大魔王が出てくる魔法のランプのどこに違いがあるのでしょう。魔法のランプはおとぎ話。創価のカラコピはただの詐欺。宗教なんかじゃない。それだけの話です。

  41. スマイル様、御返信ありがとうございます。外部でさえ、政治の話題でたとえ、双方で意見が食い違っても喧嘩口調で、「もう対話しない。」と言われた事がないです。残念ですが外部以下の対応 に、言葉を選び彼には世間常識や、穏やかな会話の運び方を学ばれ、影で慕われる人にと老婆心から心配し続けてました。仰る通り毎回話がかみ合わず、関わるだけ無駄でしょうか。確かその方は50代と伺ってましたが、
    60才越え、ますます頑固になり周囲に疎まれないと良いです。観察する限り学会は会合中、年配幹部の吐く暴言や、ワガママな対応には、組織は見て見ぬフリです。若い人には将来があり、まずい点は注意をしてくれます。年取ると、依怙地になり性格は変わらず、地区では座談会の連絡と同時放送の券だけ配り、あたらず触らずで、周囲に嫌われる年寄り幹部を度々見てました。
    シニフィエ様、拙い文章を載せて頂き感謝致します。寒くなりましたので、どうかご自愛下さいませ。

  42. こんにちは。
    外部の雑草です。
    とても共感したので書き込ませてください。

    Karappoさま
    初めまして。外部の雑草と申します。
    私は知人が創価に所属していて、軽い監禁勧誘みたいなことをされてしまいました。
    それ以降、一体創価とはどんな団体なのかと疑問を持ってこちらにお邪魔している者です。
    スマイルさまと同じ個所になってしまいますが、

    >著者はマルチ商法とカルト宗教の類似性に気付き、
    エホバを辞めることになります。
    曰く
    1.純粋性
    2.絶対性
    3.選民性
    4.布教性
    であると。
    1.私達の製品以外は信用できない!。
    2.これが絶対の製品!。
    3.私達の製品は選ばれたものにしか理解できない!。
    4.ビジネスパートナーを作ろう!。
    根が真面目で純粋なエホバの信者にとっては、マルチ商法もとても心地よい環境になるようです。

    もう、まったく、その通りです。
    そのものズバリだと思います。
    創価だけでなく、武術関係にも完全に一致します。
    このまんまなんです。
    宗教と武術、2分野で適用できるだけで、すべての分野に通じるといってしまうのは強引で乱暴な結論ですが、通じてしまうと思います。この4つは。
    分野に関係なく、この4つがでてしまっているところは、まずイカンと思います。
    どんな場所でも・・・ とても良さそうなもの、例えば官公庁、人間国宝などなど・・・・。
    そういうすばらしい肩書、すばらしい会社にあっても、その4つが出た時点で、
    もはやいかがわしいものになり果ててしまっていると思います。
    割とそういうの多いんですけどね・・。

    この4つ、ただ4つの項目ですが、普遍的に通じる教訓であり、私自身改めてハッといたしました。
    とてもためになる書き込みありがとうございました。

  43. >そもそも、宗教に願いが叶うも叶わないもないと思います。
    ➡まったくそのとおりだと思います。「功徳」とかですぐに目がくらんでしまう。創価は「現世利益」をエサに拡大しました。
    「人間革命] 六根清浄こそ最高の功徳。 といいながら、
    どこにも人間革命された高貴な方など見当たりませんでした。

    >そもそも、宗教に願いが叶うも叶わないもないと思います。
    ➡名言です(^○^) はっとさせられました。

    ありがとうございます。

  44. スマイルさん、コメントありがとうございました。
    スマイルさん、すごく気になっていたかたです。コンタクトがとれて、光栄です。私の、人生は、すでに生まれた時にプログラムされていて、不遇なことがあっても、自分の境遇は受け入れざるえないことは承知しています。問題はそのへんの弱点をついて、「医者が見放したらしめたものだと思え」などと、会員をあおって、出すだけお金を巻き上げ、奴隷のように、折伏マシーン、財務、新聞啓蒙、選挙などに駆り出され、利用され、結果、最悪の事態で終わったことに、MCの恐ろしさを痛感しています。それでも、これも、功徳だなどと、言われ、納得してきた自分を覚醒した今、冷静に客観的に分析作業をしています。
    スマイルさん、カガテツさんたちが、様々な情報を提供してくださったので、今年11ヶ月勉強出来ました。
    そして、私のやり方で退会をしました。堂々と自信をもって、創価と決別できたことは、ここの皆様のおかげです。日一日と気持ちが落ち着いてきました。昨年の今頃はまだ、勤行していたのです。今年1月から勤行をやめていますが実りの多い年でした。良いこと沢山ありました、もちろん、罰など、あるはずもなく。
    今後とも宜しくお願いします。

  45. レイラさん、ありがとうございます。

    井上望、知りませんでした。まだ、胸をはれる年代ですよ。レイラさんは(笑)
    創か人間の思考は、時々、腹立たしいこともありました。

    血を吐くような努力が実ると、「わあ、すごーーい、これも功徳、守られたねぇ!」
    いえ、私の頑張りなんですけど、、、。

    何か、良くないことがあると、「お題目たりてる?まずは100万べんに挑戦、魔に負けないように!」
    いえ、いえ、人生は、良いことも悪いこともあるものですってば、、、。

    仏教は本来、人間の生き方を説いたもので、人はいかに生きるべきかの道しるべであって、煩悩全開で欲まみれの、願いを叶えてくださいなんて求めること事態の根本が大間違いだったのだとわかりました。

    世界は広いです。良書も、素敵な魅力ある人も、人間的に尊敬できる方も多くいます。
    成長できる場所なんていくらでも、あります。
    職場であったり、ご近所付き合いであったり、友人関係であったり、色々と。

    もう、縛りもなく自由に生きてゆきます。

    特定の組織なんてうんざりです。
    今後とも宜しくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中