罰なんかなかったよ 2

今回の『罰なんかなかったよ』のテーマに怒涛のコメントありがとうございます。
創価が宗教ではなく詐欺だという覚醒にあたり、「功徳はない」と気づくことよりも、この「罰はない」という気づきの方が大きいとあらためて思いました。創価が宗教だろうが詐欺だろうが、功徳がないのは当たり前のことです。そもそも功徳欲しさで何でもしてしまうというのは、宗教以前に人として最低の行いであることに気づかないのがおかしいのですが、それよりも「罰が当たる」「不幸になる」という恐怖心によって操られていることに気づかない、気づこうとすることさえ恐怖心によってできなくなっているということの恐ろしさがあるということですよね。学会員は知らないうちに「創価に逆らうと不幸になる」と徹底的に刷り込まれていますから、どんなに創価がやっていることがおかしいと疑問に思っても、「不幸になる」「何か不吉なことが起こる」「一生幸せになれない」という恐怖心がもれなくついてくるので、「創価がおかしいわけがない」と自分に言い聞かせるか「凡夫の自分が考えたところでどうにもならないんだから考えないようにしよう」となってしまいます。思えば私もそれで10年は覚醒が遅れた気がします。
みなさんの実体験として、「罰なんかなかった」と声を上げることは、創価がおかしいと気づき始めた学会員にとっては、いちばん救いのある言葉ではないかと思います。実際に創価をやめてみてどうなったか。罰が当たったと思えるようなことがあったのかどうか、みなさんの実体験をどんどんここに披露して下さい。

今回のテーマは引き続き『罰なんかなかったよ 2』とさせていただきます。

広告

罰なんかなかったよ 2」への99件のフィードバック

  1. 以前お世話になったブラック企業があります
    市内で国道沿いにあるので、どうしてもその会社の前を通ることが多いのです
    以前から様子がおかしいと思っていたのですが、今日は真っ暗です
    ネットで調べたら子会社と合併して支社も合併のようです
    もう国道を通る時にあの頃を思いだすこともなくなります
    あの嫌な看板を見ることもなくなります
    きっとここで学会の悪口を書いた罰です。みなさんもお気をつけください

  2. 十数年前でしたか、聖教新聞で日顕さんや竹入さん、矢野さん、山崎さん、乙骨さんなどをボロクソに貶す記事が載っていましたね。
    秋谷さん、佐藤浩くん、弓谷くん、谷川さん、正木さん達の座談会風にまとめられた記事でした。
    創価の理屈からすれば、創価学会仏に反逆する輩はウジ虫以下のクソ野郎であって、法華経の行者の我々から攻撃されて当然だし、そうしたクズ野郎を蹴散らすことが池田せんせいを護ることになるということでしょう。
    しかしながら、日顕さんをはじめとした上記の方々が本当に悪人で、罰当たりな存在だとしたら、わざわざ汚い言葉で攻撃しなくても、放っておけば自動的に地獄へ落ちるのではないのでしょうか?
    そうした仏様の仏罰が生ぬるいと感じて、我々が仏様に代わって罰を与えてやるというような勢いだったのでしょうか。
    仏様の行動が生ぬるいと感じる、かの面々はたいそうご立派な人格者であらせられるのでしょうね。
    間違っても職場で女性問題を起こしたり、次期会長の派閥争いで他方を蹴落とすような野蛮なマネなどするようなゲスではないのでしょう。
    万が一にもそのようなゲスな行動によって、世間を騒がすようなことがあったとしたら、それこそ「罰」でしょうね。
    ないとは思いますが。
    (^。^)

  3. 元学会2世、おてもやん白蓮G経験の者です。

    ここでは、脱会後にどんな良いことがあったかを書いてみます。
    子供時代は、受験するにも「どうか合格させてください!広布のお役に立つ人材になるためにこの高校に合格させてください!」と祈るよう言われましたが、
    脱会したおかげで、私がそんなおかしな風に受験に向かわせることもなく、息子は楽しみにながら大好きな分野の勉強をできたと思います。
    「好きな研究はどんどんやんなさい!学びたければどんな本でも買ってやるよ」が私の口癖でした。
    という私のやり方が良かったかわかりませんが、息子はいくつも賞をもらってくるようになりました。
    ある大きなコンクールで受賞し、政府や学術分野、業界の偉いさん達のいる大きな祝賀会で美味しいものをたくさん食べました。あの時の場違い感は今も忘れません。
    高校も大学も難なく進みました。今は大学院の博士課程です。今は、研究肌の子供を持つ親の苦しみを味わっている最中ですが、それはそれで幸せな悩みです。
    尚、私の両親は、息子がどれだけ賞をとって来ようがテレビに出ようが、全く喜んでくれませんでした。
    退転者が幸せになるのを喜ばしく思わない人たちなのを知っていただけに、辛かったです。
    親から見れば我が子は仏敵ですから・・。

    私が子宮筋腫で手術をしたと報告した時は、急にテンションが高くなって「ほ〜れ、出てきたな罰が。退転は怖いのぉ!」などと、鬼の首を取ったかのように父は言いました。
    娘が痛い目をしたのを本当にあざ笑うんです。
    子宮筋腫全摘で今はすっかり快適なので、罰なんかじゃなかったんですよ!このカルト爺い!!

    ・・・と、絶縁して今はどうなってるかわからない父親に向けて、このコメント欄をお借りして叫ばさせていただきます。

  4. こんばんわ!

    罰とはなれてしまいますが、元栄光地区婦人部さん、すみません、おかしくておかしくて、涙と鼻水垂らしながら何度も読んでは大笑いしていまいました((爆笑))
    ホント、すみません!
    マリーさんといい勝負だと思いました。お二人にすみません!
    最初は怒っている印象だった、元栄光地区婦人部さんでしたからまさか、こんなに楽しい方だったなんて想像もできませんでした。母たち、二人に踊ってほしかったですね!ぷぷっ、あはは、邪宗の歌ですって?(笑)

  5. 何度も言います。

    創価は迷惑行為を平気でする集団。

    迷惑行為という悪い行いをする組織。

    だから、悪い組織から離れることは『良い事』

    『良い事をすると幸せになる』のが道理。

    創価を辞めたり非活動になるのは『良い事』
    ですので『バチなんて有り得ません!』

    話変わりますが、以前にもお話ししましたが、牙城会の時のことをお話しします。

    牙城会とは男子部の有志による会館警備。
    警備中に会館の各部屋を見回りに行くのですが、ある時、仏間の和室の畳の上にダンボール📦が置いてありました。
    『激励のための書籍かな?』と思い、中をのぞいてみると、そこにはどこかで見たような白い細長い封筒が何本も入っていました。
    ダンボールの中に仕切りがあって、そこには一体ずつ本尊が入れられていました。
    ちょうどカレンダーをダンボールに入れているように、仕切りの1つ1つに白い細長い封筒に入れられた本尊が入っていたのです。
    仕切りの数個はおそらく本尊送りのために空でした。
    『見てはいけないものを見てしまった』
    そのまま心に留めおきました。
    大切な本尊を、人生の全てをかけて全力で体当たりして題目をあげる対象が、無造作にダンボールに入れられて、床の上に放置されていたのです。

    創価って所詮こんな組織ですよ。
    創価脳は『そんなことはない。そんなことをした会館職員が悪い』としか考えられないでしょうが。

    創価の本尊なんて、くだらん『無駄に高い紙』です。
    切り刻んだ私から言わせてもらいますが、いろいろな字が書いてるのでメモ帳にもならないし、変に硬いからトイレットペーパーにもならないですよ。

    環境のこと考えて、プラスチックの棒をつけずに木の棒にでもしろよな。安く仕上げやがって!

    こんなバカバカしい紙に涙を流しながら祈っていた自分が恥ずかしいです。
    『御本尊様、広宣流布のための人材にしてください!』
    痛すぎます!^ ^
    『御本尊様、私の使命を教えてください!』
    『御本尊様、学会活動できて、給与が高くて、休みの充実した職場にしてください!』
    鼻から牛乳です(>_<)

    本尊は宇宙の法則を御図顕されたものらしいですが。
    →鎌倉時代はともかく、この現代で。。。噴飯モノです。

    洗脳時代はわからなかったんですね〜

    恥ずかしい。。。

  6. 学会員は知らないうちに「創価に逆らうと不幸になる」と徹底的に刷り込まれています

    本当にそうですね。特に2世は子供の頃からその恐怖と隣り合わせで育ってます。
    子ども時代に印象に残っているのはたくさんありますが、神社の鳥居をくぐらないように、級友たちの目を盗んで、横を通っていたこと、近所の『邪宗』のお寺やお坊さんを見るだけで震えていたこと、母親が脱会をした近隣の方を「○○さんが退転した!!大変なことになる!地獄行だ!!」と血相を変えていたこと。御本尊を大切にしないと、大変なことになる。。。。。思い返せばもっと色々と細かいことがありました。

    功徳とか願いが叶うことなんかより、恐怖が大きかったかもしれません。
    つい、最近のことなんですが、「貴女はリスをライオンだと思って生きてきたんですね」という言葉を聞いたときに「はっ」となりました。
    私は今でもそうなんですが、人様と会話する時にものすごく構えてしまいます。気を許すということができないのです。怖い。
    それがもともとの性格なのか、創価の洗脳による後天的なものなのか、
    あるいは両方なのか・・・・それは個々人で差異があると思うのですが、私は後天的なもののように感じています。不必要なまでに恐れるココロ。
    さらに学会活動に没頭すると学会宣言をしないといけない、仏法対話をしなくちゃいけないという変なプレッシャー。選挙を、新聞を頼まなくちゃいけない、なにもかもが怖く、それを「魔に負けるな!」という指導で、変に力を入れて生活を繰り返す・・・・最悪のメンタルでした。

    ああ、私はかわいいリスさんを「ライオンだ!!!」と思って生きていたんだなあ、と。
    創価に人生を振り回されて思考まで操作されて。なんて。馬鹿だったんだろうなあ。と。

    これこそが創価による罰だ!!と思います。
    覚醒できてから、少しずつ自分に自信が持てるようになったので、ほんとによかったです。
    自分で考えて選択した生き方は、普通に苦労はありますが、充足感を覚えます。
    さあ、生き直そう、残った人生の時間を生き直すんだ、といつも自分に言い聞かせています。

  7. ルフランさんへ
    喜んでいただいて嬉しいです!ありがとうございます。
    ここはとても品格もあり皆が大事に思っているブログなので、最初のコメントではなるべく粗相がないようにお行儀よくしていました。ちょっと文調が硬く萎縮させてしまってかもしれませんね(^^;) すみません。
    実際はお調子もので、座談会でも盛り上げ役でした。部員さんが暗い顔で集まっていれば明るい笑顔をしてなくては!と無理していたヤングミセス時代でしたよ\(;o;)/

    私自身、明るい性格は信心のおかげだと親に言われていたので、脱会したらそうじゃなくなるのかなあ・・・と心配してましたが、むしろ逆でした。ますます明るくなりました。
    今は50歳にもなるのに毎日会社から帰って家事を済ますとFPSゲームで若い男の子たちとドンパチ楽しんでます。

  8. 熊本の病院で「赤ちゃんポスト」ってありますよね。
    子供を産んでも育てられない方が、やむを得ず「赤ちゃんポスト」に赤ちゃんを入れていく。
    ご本尊をご不敬したら罰があたるかも?と思っていたり、今まで祈っていた対象物を生ごみと一緒に捨てるのはちょっと・・・と思う方の為に各会館に「ご本尊ポスト」があればいいですね。
    あり得ないけど、あればいいな~。
    昔、会館の守る会(会館掃除)をしていた時に、下駄箱からバラバラとご本尊が数本出てきた事がありました。
    捨てるのは罰が当たりそうで怖い・・という方が、会館まで来て職員用の扉のある下駄箱にコッソリと捨てていったのでしょう。
    あの時は、御本尊は自分の命を同じと信じていたので恐ろしかったけど、今なら気持ちがわかります。
    他にもご本尊リユース、御本尊下取りとか商売になりそう。

  9. こんばんは。こんにちは。一世、アラフィフ、四半世紀バリ活だったギルークです。

    テーマの「罰なんかなかったよ」というテーマ、目からウロコの視点でした。戦っても戦っても変わらないことに悶々とするより、更に一歩進んだ『自分らしさを取り戻す』有意義な思考だとあらためて思います。

    学会はよく『桜梅桃李』といって個性を活かした活動を標榜していますが、実態はいかに「軍隊」の一員になるかが評価されます。役職無しのメンバーには徹底的に優しく接し、中間の幹部には怒鳴る事も暴言も、下の幹部に「お前」「てめえ」などと言うことも日常茶飯事でした。以前、部長の胸ぐらをつかむ圏幹部を見ました。入会時にこんな実態を知っていたら誰が入会するでしょう?。

    自分も疑問を持ち活動・勤行から遠ざかると暫くは恐怖心がありましたが、ここ数年、本当に『仏法に違背したことの』罰など無いということを実感します。人として穏やかな生活を取り戻した時に「罰」なんて現象があるハズもありません。そもそも罰を振りかざすのは全く「人の気持ち」など大切にしていない強制であり脅迫です。皆様か書かれていた幹部や親の暴言を読んで「それが信仰者、いや社会人の言う事なのか…」と本当に怒りでワナワナしてしまいました。そんな組織を信じようとしていた自分が悲しくなります。

  10. 罰を与える側と受ける側、受ける側は人間ですね。それでは与える側は誰ですか?
    層化では「仏」というのでしょう。では仏には意思がありその意思を実行する手段がある。つまり73億人ひとりひとりの行動を監視し、仏に刃向かう存在をひとりひとり認識し、そのひとりひとりに相応の報い(罰)を与える。では「創価学会仏」にもそのように認識する意思と実行する手段がなければならない。おそらく層化の人は「仏には無限の智慧と力がある」と言うだろう。片腹痛いとはこのこと。人間社会では証明できない形而上学的な事を信じるのが「信心」なのであれば何でもありだよね。だからコロコロ教義を変えちゃうんだ。(笑)
    本来、仏教では罰は人間への戒めととらえていた。不殺生戒、不偸盗戒、不邪淫戒、不妄語戒、不飲酒戒、これを五戒といいました。人の道に外れた事をすれば天罰が下ると。人の道に外れた事をするのは、天に向かって唾を吐くようなものだと…。
    道徳的な概念が希薄だった大昔にあって、このような教えはある意味大切な教えであったろう。
    しかし、層化をはじめとした新旧のあらゆる教団は、教団運営の道具として戒律を作り、これを守らなければ罰が当たる。罰は教団運営にとってとても都合の良いもの。先達の経文を切文として再利用する悪質詐欺です。
    学会から離れて幸福はない
    学会から離れた人の悲惨な末路を私(池田)は知っている
    日蓮が魂を墨に染め流し書いた御本尊だから粗末にしては罰が当たる
    学会活動しないと宿命転換できない
    学会役職を断ると宿命転換できない
    学会活動に一切の無駄はない
    財務をしないと経済革命できない
    聖教新聞は先生のお手紙だから足で踏むな
    御本尊に足を向けると足が腐る
    …etc。まあ思い出したくもないけどよくもこんな大嘘を聞かされたものです。

    でも残念ながら、罰は与える側が存在しないのだから、受けることはできない。
    そこに気がつけばいいのだけれど、層化脳の人たちは考える力を失っているので、なかなか気がつけない。(但し仏の概念を否定するものではありません)

    私にとって罰とは、自分自身の思考と行動が間違いを犯した時に受ける報いだと考えています。
    つまり与えるのも受けるのも自分自身であって決して神や仏ではないということに、覚醒してはじめて気が付きました。
    長々と失礼しました。

  11. お久しぶりです。以前コメントを書いたTomです。ついにブログを再開されたとのこと、うれしく思います。機会があれば書き込みさせれいただければと思います。

    ここまで来ると、創価学会というのは単に詐欺とかインチキを通り越し、幻、悪夢ではないかと思いますよ。

    でも、学会員として学会活動の中にいると自然と脱会したら地獄行きと刷り込まれるのでしょうね。

    今日の聖教新聞の社説には「きょう統監部の日」で、大きな文字で「拡大へ 徹して一人を大切に」とあり、池田大作が統監部のメンバーの仕事が陰得を積む仕事で広宣流布の中枢の仕事で、陰得が陽報になると励ましたとか1枚の統監カードは1枚の紙にあらず1人の生命なりと池田大作がメッセージを発したとか社説に書かれてますが、こうしてシニフィエさんのブログにあるコメントを読むといかに聖教新聞に書いてあることがいかにウソっぱちでかるかを実感しますね。

    だいたい創価に逆らえば罰だの地獄に落ちるとか何の根拠があってそんな台詞が出るんでしょうね。ならば創価の勧誘を断った私なんかもうこの世に居ませんし、折伏を断った後の帰り際に「Tomさんの幸せを願ってます」と言った学会員君も罰が当たるのでしょうに、私はこうして生きていますし、とりわけひどい災難にあってもいません。

    今もこうして創価の実態に気付き脱会する人が増えればと切に願ってます。

  12. つきあっていた彼氏(元彼X)に罰論を言われ入会し
    バリ活歴16年、非活歴16年昨年脱会したレイラです。

    いつも皆さんのコメントをよんで考えさせられたり
    頷いたり、涙したり、大爆笑しています。

    今日は大型ごみの日
    仏壇とそれを置くために購入したチェストを捨ててきました。
    昨年脱会していましたが、仏壇捨てるタイミングを逃していました。

    仏壇といっても一番安いものです。
    しかし!この小仏壇とチェストが一番ごみ代を取られた!
    最後の最後まで創価はお金がかかるんですね。(;一_一)

    長年この仏壇に心を縛られていました。
    (同じように思う人、手を挙げて!「ハイっ!」(・・)/(・・)/(・・)/)

    チェストをどけると「●●栄光月間!(笑)」と書かれた
    新聞申し込み用紙(ご本尊の前に置いて取ってくれるよう記念していた)が2枚はらり・・・・

    1枚目→昔好きだった男性。一緒に信心できたら・・とそういえば祈っていたなあ。
    「●月より△部」の△の所に自分で「長期」と書いていた。推進したら一緒に信心どころか嫌われるぞ。思うだけでもああ、痛い!

    2枚目→兄弟。新聞頼んで嫌われてもあまり傷つかない人という事でむりやり兄弟の名前を書いていた。必死だったんだろうなあ・・・私。

    ほんとほんと学会員時代は苦しかった!!!しんどかった!!!!
    学会宣言、やりたくもない新聞推進、公明の票だのみ、タダでウグイス嬢、署名活動、
    公明党ののぼりの前で駅前で募金折伏、仏法対話、パンフなどの贈呈、長時間の唱題会
    大学の文化祭での研究発表、会合やイベントのお誘い、Fの報告、新聞代配、
    いつの間にか会館を守る会に加入させられてお掃除・・・

    新聞推進だーいすき!啓蒙に行くのがもう楽しくて楽しくて!もう大歓喜です!
    周りに感謝されています!友達増えました!っていう人っているの?

    創価大掃除最後は自分が写っていた&名前が載っている文化祭関係の写真集(その文化祭でセンセとお会い(正確に言うと見た)できた創価脳的にいうと「師匠との原点」)等は
    「さようなら、創価学会、さようなら、創価学会」と「題目」を唱えながら(笑)
    ゴミ袋にいれました。

    朝出した「人生の大型ごみ」は気が付くとすでに無くなっていました。
    写真集などは重たくて、街のゴミ箱に捨てた瞬間、本当に身体が軽くなりました!

    >まめさん
    前スレでコメントありがとうございました。
    正本堂の寄付は母はおそらく当時1か月分以上のお給料渡したかもしれません。
    「あの為に本当にお金を出したのに、もう正本堂を壊すなんて・・・・」

    誰よりも親思いだった母、そのお金で田舎の両親にもっと仕送りがしたいと
    思ったと思います。

    >ルフランさん
    前スレでコメントありがとうございます。
    私は元彼Xに非活になった母を「魔」や「罰」の存在として洗脳され
    母を見下げるような事をしていました。

    母は魔でもなく、又罰なんて受けなかったという事を
    ここに描くことによって証明し、懺悔をしています。

    学会員さんはよく「戦い切った人の最期はまるで生きているかのように
    柔らかくていい表情」→おくりびとさんが素晴らしかったんじゃないの?

    「邪宗の人の最期は死相が悪い」→見たことありません。

    「あなたのご本尊なんて私にとっては悪魔よ!」と言った私の身内
    →死んでません。悲惨な目にもあっていません。家族仲良く暮らしています。
    (当時は恐ろしい!罰が当たって大事故に遭うかも!と思いましたが、今きくと
    納得できる言葉であります)

    センセの次男さんが亡くなられた時→その頃大きな文化祭があり、「私たちの業をセンセは全部受けてくださったのよ」

    当時は信心を疑う余地はありませんでした。

  13. こんにちは。三世四十代ノジコです。

    ついさっき、郵便局で「退会届」を出してきました\(^o^)/

    日付は、まもなくやってくる弟の命日にしました。
    創価の信心に功徳はないことが証明された、絶望と深い深い悲しみを知った日なので。。。

    「対話を求めて」の皆さま、真実の学会の実態を教えてくださり、ありがとうございました!!

    母には脱会したなんて言ったら、心臓発作を起こしかねませんので、まず私が、罰なんてないんだよっていう実証を積み上げていくことが今は最善だと思ってます。静かに、母を見守っていこうと思います。

    最後に

    「罰?あてられるもんならぁ!あててみなぁ~~っ!!!」

    失礼いたしました(笑)

  14. そういえば小説人間革命に、役職を断った男性が腹痛でのたうちまわる記述がありました。そして、役職を受ける決心をすると不思議なほど腹痛が治ったと。

    柔らかなストーリーで、『創価の役職は断ってはいけない』との刷り込みをしていますね。

    また、南無妙法蓮華経と唱えている家庭は空襲でも不思議と家が焼けなかったとか。

    陳腐な作り話ですが、題目の力を信じきっているときはそのようなものを簡単に信じてしまいます。アホらし。

    あと、創価では座談会や会合で末期ガンとか大病を乗り越えた話が時々見られます。
    しかし、私の周りの学会員は、母を含めガンに勝利した人はいません。
    奇跡のような体験談も作り話でしょう。また体験談が載った後の事後の追跡もほとんどなしです。

    題目なんかに力無いですよ。本尊なんかに力無いですよ。

  15. 真実を求めてさん、たくさんコメントしていただいて恐縮です。ただ申し訳ないのですが、このブログのコメントとしては相応しくないのではないかと判断した結果、公表していません。おっしゃることはわかりますし、お気持ちもわかります。でもこのように自分以外の方の発言をたくさん引用することを皆さんがされると、このブログの意味が違ってきてしまいます。このブログはあくまで自分の経験に基づいた創価に関することをお話ししていただく場です。それが基本ですが、話の流れによっては自分の話が伝わりやすくするために他人の言葉や考え方を引用することもあるかとは思います。しかしそれはあくまでも自分の体験が基本であり、その補足のために誰かの言葉を引用したりする場合です。このブログはみなさんの実体験を語っておられるからここまで多くの方に読まれるようになりました。だからこそ話に説得力も生まれてきます。どこかの偉い人がこんなことを言っていますとか、創価の幹部がこんなひどいことを言っていたそうだといった又聞きの話を承認すればするだけ、このブログの特徴がなくなり、有ること無いことなど適当なことが書いてあるだけの幾多のアンチブログと同じになってしまいます。また、創価問題に直接関係のない思想家やその思想を紹介するというのも、その内容の良し悪しとは関係なく、やはりこのブログには相応しくはないと考えます。
    いつも言ってますように、日本は個人の思想信条に関しての自由を憲法で保障しています。自分がどんな思想を持つことにおいては他人がとやかく言う権利はないと明記されています。このブログでも宗教ではない詐欺団体の実態を、それぞれの実体験をもとに話をしていただいているのであって、何がしかの思想を訴えているわけではありません。宗教とは何かとか、人はいかに生きるべきかといったことは、ここで語られるべきことではありません。この思想が素晴らしいから知ってほしいなどといった、個人の思想信条に関することについて議論するような場ではないことを常々言っているつもりです。ですから先日も創価学会から日蓮正宗に移った方が、日蓮正宗の信仰を勧めるような発言をされていましたので、ここは特定の思想信条について書くようなところではないということを言ったつもりです。つまりここで問題にしているのは、誰がどんな思想や信念を持って生きていくのかということではなく、創価は宗教ではなく詐欺でしかないということに早く気づいてくださいということを、体験をもとに話をしているということです。話の流れの中で、場合によっては日蓮正宗のことが出てきたり、公明党と自民党の関係についての話が出てきたりするのはやむをえません。だからと言って、公明党も自民党も信じられないから共産党を応援しましょうとか、創価は問題だけど日蓮正宗は良かったよなどといった議論は、このブログには好ましくないということです。私が先日あえて日蓮正宗については触れないようにしていると言ったのもこういう理由からです。
    創価が詐欺だと気づいて、やっと人並みの思考を取り戻したときに、そしてこれからどうやって生きていこうと考えられるようになったとき、何を信じて生きていくのかは、人それぞれの個人的な問題なので、ここでは触れません。はっきり言いますと「そんなの自分で考えなさいよ」で終わりです。そこはもう創価問題とは関係の無いことだと思っています。
    ということで、真実を求めてさんのコメントを承認できない理由とさせていただきます。どうかご理解ください。

  16. こんばんわ!

    レイラさん、仏壇を破棄できて、おめでとうございます。さっぱりされたことでしょうね。
    と、いいながら、ポケットにバッグにと入場券やらが入っていて忌まわしい過去が残っていたりしてへこんでしまうときもあるかもですねぇ。

    うちは、和室、床の間に黒檀の重くてびくともしない大きな仏壇を100万円以上だし、ローンを長い間かけて買ったのがありました。
    夫の遺影をお供物を置く段に飾ったら、家庭訪問にきた婦人部幹部がいいました。
    「ご本尊様のおうちに旦那さんの遺影を飾るのはよくない」と。
    では、経机は?「そこは、ご本尊様の玄関だから失礼になるの」と。
    では、横並びでカラーボックスは?
    「横並び、、、、んーーー」どうかと思うと言われ、和室の隅へカラーボックスを置いてキャビネサイズの遺影を飾ることにしました。
    洗脳されている時は幹部に腹がたつとか、おかしいとか思わないんです。私の失礼で、夫が成仏できないことのほうが大問題ですから、幹部の言葉に従うこと以外の選択肢はありません。

    覚醒し、気がつけば、床の間にムダに重い仏壇とムダに高い紙、同じ部屋の隅には2000円のカラーボックスの上に夫の遺影、、、、ショックで言葉もありません。

    洗脳が完全にとけて、本来の自分に戻ったときは指導幹部に殺意すら湧きました。
    自分にも親にも誰彼となく腹がたって仕方がありませんでした。
    夫が建ててくれた家、床の間には、インチキ宗教の物体。
    部屋の隅には夫の遺影、、、、、。こんなこと許されないでしょう?

    婦人部幹部はムダに高い紙には手を合わせるのに、うちの夫は無視。
    すぐに、仏壇やに処分を頼み、今時の家具調で硝子ドアのついた仏壇を購入し、夫の遺影を真ん中に、過去帳をサイドにおきました。仏壇に合わせてアートフラワーを友人が作ってくれ、とてもいい感じになりました。そして、本来、夫がいるべき場所の床の間に安置したら気分が晴れました。

    ムダに重い黒檀の仏壇がある間中、友人が来ると襖を閉めてしまっていましたが、今はリビングと和室の間は開け放しで解放感でいっぱいです。

    本当に人を、故人を大切に思わない団体です。一見親切に見えますが、エゴイストの集団です。
    罰なんてあるわけありませんね。インチキなんですから!

    私も、夫に懺悔の意味をこめて、書きました。ごめんなさい。

    今回は1円財務が多く、退会届け、未活の数が半端ではないでしょうね。

    ノジコさん、退会おめでとうございます。
    弟さん、きっと、喜んで下さってくれていますよ。

  17. 元白ゆり長、現在非活のピノコです。
    どんなに新聞や人間革命を読んでも、同中に参加しても、池田大作が凄いとは少しも思えず、そんな自分を責めた時もありました。こんな私でも罰が怖かったのだと思います。主人が若くして突然死したのも、自分の信心が無かったからなのでは?これ以上、我が子に不幸が降りかかっては…と、必死に活動した時期もありました。
    役職もすべて受け、新聞の正配も15年近く続け、主人が亡くなった年には3桁財務もしました。
    創価を否定しながら、でもやっぱり罰を恐れていました。悔しいです。
    活動から離れた今、心と時間に余裕が生まれ、毎日落ち着いて生活ができています。皆さんに感謝です٩(ˊᗜˋ*)و

  18. こんばんは
    3世ヤング支部責の士毛です。
    ノジコさん、退会おめでとうございます!
    レイラさん、仏壇の廃棄おめでとうございます!
    清々しい気持ちで年を越せますね。
    私はとりあえず今年中に無駄に高い紙を巻こうかなと思っています。
    覚醒して3週間が経ちましたが、今日、夫が去年はなかったボーナスを持って帰ってきました〜♪( ´▽`)
    これも1円財務の功徳ですかね〜(笑)
    この3週間、無駄に高い紙を触りまくったり、ツンツンしたり、矢野さんの本を読み漁ったりしていますが、今のところ罰らしきものはないですね。
    むしろ、かなりギスギスしてた夫との関係が前より穏やかになっています。

    先日、年明けからの非活を宣言しました。
    同じ地元の区責さんが訪ねてこられ、しんどかったら一部員さんとして、会合に参加するだけでもいいよとか優しく色々話してくださいました。
    ですが、活動する気も指導を受ける気もないという事をきっぱり伝えました。
    婦人部の無責任な幹部は嫌いですが、正直ヤングの方々は好きだったので、心が痛いです。
    魔も業もないのに、私の事をこれから祈るんだろうなとか、なんの意味もない南無妙法蓮華経を一所懸命唱えるんだろうなとか…
    なんだか、相手を傷つけているようで、辛かったです。
    この先輩はこんなに純真に信心を貫いてきて、いつかすべてが明るみに出た時に、真実を受け止めきれるんだろうか?とか、鬱になってしまったり、最悪自殺でもしてしまったらどうしようとか…
    私が今考えても仕方ないのはわかっているんですが、どよーんとした気分と色々混ざって複雑です。
    支部で現在たった一人の部員さんには、非活宣言する前日に打ち明けました。
    「それでいいと思う」と背中を押してくれました(笑)
    彼女とは一生友達でいようと約束し、これからは普通にランチしたり遊んだりだけします。

    私はもともと勤行唱題が大嫌いで、けっこうサボってたんですが、最近気づいたのが、仏壇の前に座ってなくても胸中題目はかなりやってるって事です。
    1日に何度か、題目を唱えそうになって、おっとっと…!っとなってます。
    この癖が早く消えて欲しいです。

    とりあえず、みなさんがおっしゃるように、罰はないですね!
    ただただ、あー題目あがってないわーとか、対話がーとか新聞がーとか、そういうプレッシャーがない生活はとても身体にいい!と実感しています。

  19. おはようございます。
    ルフランさん、士毛さん、ありがとうございます(^_^)
    命日に間に合ったこと、弟が後押ししてくれたようでした。

    今日は家族でディズニーのクリスマスです。
    もう、「外道のお祭り」と思わなくていいので、心も軽く、楽しめそうです♪

    感謝の気持ちでいっぱいです!ありがとうございました(*^_^*)

  20. 非活約1年、二世、アラフィフのあにきです。
    創価の活動なんかしなくても罰は出ません。
    創価大学の説明会に行ったわが子は、池田バンザイのビデオ、学生生活の紹介だけしかなかった内容に辟易し、それ以来未来部の会合に出るのも止めました。
    もう一人のわが子も、県男子部長の心ない言動で会合に出るのを止めました。普通の宗教でないわが家を恨んでいました(しっかりしたいい息子です)。
    二人とも罰は出ていません。
    私が学生部のとき、ある体育会の部活(全国レベルではなく、地方の下位レベル)に入っていてほとんど活動していなかったメンバーがいました。その人は、真面目で、ちゃんとした就職もでき、罰を受けたようにはとても見えませんでした。活動しないと地獄に堕ちると私を脅した先輩は、体育会でしっかりがんばっているからいいんだ、と言っておりました。人によって言うことをコロコロ変えているのですが、バカな私は疑問を持つと罰が当たると思い、あえて考えないようにしました。
    法華経や日蓮の松野殿御返事では、不信などが地獄に堕ちる因として紹介しており、こうした考えをもとに学会では会員を縛っています。活動しないと、勤行しないと、財務しないと、信心がない、功徳がない、罰が当たるなどと言ってます。
    じゃあ、聞きたいんですが、池田は識者と対談していた折、仏法を信じないと堕地獄になるから創価に入ってはどうかと言ったか?今でも聖教新聞には外部の識者が学会を礼賛するコメントが掲載されているが、こうした人たちに罰、地獄を認識させているのか?
    そんなことはほとんどしていないでしょう。つまりは、池田を中心として、学会の中枢ほど教義から逸脱した行動を取ってきたのですよ。創価が宗教でない理由の一つです。まあ、地獄、地獄と煽った日蓮などの考えそのものもおかしいですが。
    こうした矛盾だらけの教団からは距離を置くことができ、今はスッキリしています。

  21. おはようございます。
    ダイナムです。

    みなさんのコメント毎日読んでいます。
    濮が脱会して、数日で父親が無くなりました。
    学会員が、バツだと言っていました。
    濮もバツかと思いましたが、
    人はいつかは死ぬのでバツとは思わないようにしました。
    家族で脱会したら、たまですがまどがらすに石を投げられられました。
    今は幸せですが、学会員はかならず不幸になると言っていますが56年に脱会しても幸せでバツはありません。
    今このブロ見ている方バツはありませんから安心して脱会してください。
    何方か言っているように、脱会して数日ごに禍があってもバツではありません。
    人生長生きすれば良い事悪い事があるのは当たり前です。
    この財務で友達が三桁しました。
    いまだに財務の金額が少ないとバツがあると怯えています。
    濮は学会に入会させた事を公開しています。
    自在会のみなこのブログを聞いているなら、
    バツはないから一日でも速く脱会しませんか?
    みんなで幸せになろうよ。

  22. 創価の本尊は『無駄に高ぇ紙』
    創価の仏壇は『無駄にデカイ邪魔物』

    私もルフランさんのように仏壇の処分をしましたが、とても部屋がすっきりしました。

    士毛さん
    もうすぐ本尊を巻かれるのですね。
    私も本尊巻くときはとても緊張しました。今まで丁寧に扱い、息も吹きかけてはいけない対象でしたし。
    私は鼻が慢性的に詰まっているので、シキミを加えながら本尊周りを掃除したりすると口呼吸できなくて息が苦しくてたまりませんでした。
    私は本尊巻いたとき、かなり悪夢を見ました。
    覚醒してからしばらくの間、悪夢を見ました。
    ここに来られている方も、覚醒後に悪夢を見る経験をされた方が多くおられます。
    『私も悪夢みたけど。大丈夫ですよ』と教えていただきとても安心した記憶があります。
    創価の活動は最悪最低の心のノイズです。これを一切やめることで、本来の自分に戻っていけます。
    創価と一切関わりを断つことが、人生の幸福には必要だと思います。
    創価という余計なストレスを取り除くことで心に余裕が生まれ、人間関係が好転します。
    ご家族の方の、よい点をたくさん見つけてたくさん褒めてあげてください^ ^

  23. 「罰なんかなかったよ 」
    ふと思い出したのが、小説人間革命から削除されたエピソードです。
    古い人間革命の2巻にあったお話です。うろ覚えなので多少間違っていたらお許しください。

    ある部員さんが、やっとの思いで友達を座談会に連れて来れました。
    ところが、その友達に対して幹部が横暴な態度をとり、結果的に友達は怒って帰ってしまいます。
    あとから部員さんが幹部に対して「ああいう態度はいかがなものか?」と意見しました。
    すると幹部は、「批判するのかね?」みたいな感じで全く反省しません。
    そのまま悶々としたまま部員さんが帰宅した夜、家で小さな火事が起こりました。
    咄嗟に「ああ!幹部批判をした罰だ!!」と、部員さんは心から反省をした・・・というお話です。
    この話は、なぜか新しい「人間革命」からはごっそり消えています。

    つまり、創価学会自身も「学会を批判して罰が当たる」とか本気では考えてないのでしょう。もし、本気でそう信じているなら幹部批判をしたら家がボヤ騒ぎを起こすという話を「人間革命」から削除するはすがありません。

  24. まず、罰・バチと前面に出すのは日蓮宗の中でも異端の、日蓮本仏系ですが他にも“悪霊に?とり憑かれたような考え”の方々。もしくは心理的に脅すためにゲスな人達が言ってるようです。
    ネットでみたら、そう云う事だろうな~という禅師の解釈がありました。
    臨済宗の星大晃師の回答には、(以下に肝心な部分を転載します)

    …徳は自分でするものです。だから善徳もあれば悪徳もある。
    自分のこころ次第で如何ようにもなるのです。
    それによって、自分に様々な形で返ってくるものがあります。
    善徳によっては、あいて等から「恩」が返ってくるかもしれません。
    しかし、悪徳によっては手痛いしっぺ返しがあるかもしれません。
    こうしたことを「罰」と言えるのではないかと思います。

    しかし、罰というものは元来仏教には存在しないものでもあります。
    なぜならば全て私たちにもたらされるものは「苦」だとしているからです。
    それをわかっていれば、実はこころはそんなに動かされるものでは
    ないとするのです。これを寂静といいます。

    自分の為したことによってどのような形で返ってくるかはわかりません。
    バタフライエフェクトといって、遠くで蝶々が羽ばたいたことで、
    戦争が始まるということもあるのです。
    すべては縁の為せるものです。自分がしてしまったほんのちいさな
    事であっても、なにも起こらないことはない、というのが縁というものです。
    ですからわたしはこう思っています「あとはおまかせ♪」

    わたしもきっとたくさんの悪いことをしているでしょう。
    私は受け入れるだけです。すこしでもお返しできるように、
    日々みなさまの幸いと、福がありますようにと祈っております。
    あまりばちというものを気にせずに、気になったならば
    徳、誰かへの祈りによる行いを致しましょう。
    (以上)

    この小文を読んだだけでも、如何に日蓮本仏系の教義が“仏教から外れているか!”が、解ると思います。

    どなたが仰ったか忘れましたが「瓶の中で三匹の蛇が絡み合って死闘を繰り広げている(正宗vs創価vs顕正会)」状態。だと(「私を忘れてないか」と正信会の苦情が聞こえてきそう、で怖い (^^))
    (異端である)日蓮本仏系宗派の中だけでさえこの態たらく。「広宣流布」などを唱えるのは聞いてるだけで片腹痛い!。と、いった処でしょう。

    【※本当は、時の猊下である日達さんが「広宣流布も達成していないのに、正本堂建立などは必要ない(無駄な金集めはするな)」と、毅然と断り、次に僧侶・信徒からの創価批判の声が上がった時、正信会・顕正会(今の呼称)を破門にするのじゃなく、さっさと“池田(と追随する創価員)を破門にしておけば”、もう少しは日蓮正宗への評価も上がり、社会も狂わずに済んだのにと思うと、池田の権力・金力に云われるがままに従った時の猊下の情けなさに涙が流れます。】

    “罰に怯えてる”方がおられたら、その時点で(悪意ある《もしくは本人も洗脳されてる》)誰かの洗脳の影響ですので、心静かに来し方を振り返って、バチバチ言ってる“真正の罰の当体”を観察してみられたなら、「成る程、云ってる本人がまさに罰に会ってる」と判られると思います。

  25. たびたびすみません。
    ギルークさんの胸ぐらをつかむというコメントを見て、思い出したことがあります。
    男子部のとき、部内の若いメンバーが別の組織のメンバーとけんかして、負けて、顔が腫れ上がりました。その親から私は抗議されたこともあり、やむなく、本人にも、その相手にも注意しました。
    その後、その相手の組織の上の幹部から会館休館日の夜にその会館に呼び出され、一人で行くと、10人以上いて、囲まれました。私の注意の仕方がきつかったのかもしれません。とにかく、その注意した若い相手に「あやまれ」とのこと。仕事も妻も子どもも抱えている私は、不本意ですが、謝りました。そうしないと、ぼこぼこにされたと思います。本当に怖かった。
    その後、その相手の若い子を会合などで見ることはありませんでした。私を呼び出した上の幹部は、だいぶ経ってからですが、不慮の事故で亡くなりました。

  26. 元栄光地区婦人部さんのコメントにあるボヤ騒ぎの話怖いですね‥‥

    私は、実家から遠くて☆聖教新聞は長年目にしていないんですけど、
    このような寒い冬の時期になると、火の用心、火の始末に気をつけて
    といった注意が紙面に大々的に載る、といったようなことを
    以前いろんな方のコメントで読んだ覚えがあります。

    現実に最近は、学会員で火災被災等に巻き込まれるお家も少なくないのでしょう、
    そういったことも含めて、削除をすすめているのでしょうかね〜

    まあ、しかしコロコロ教義や主張を変えるとなると変更削除も必死でしょうなあ〜〜
    何やってんだか‥‥素直に心から気づくだけのことですのにね☆

  27. こんにちは。杜若です。ここらで( ^^) _旦~~

    NAI-NAI16のメロディーでどうぞ(笑)

    ナイナイナイ 罰はない
    ナイナイナイ 怖くない
    ナイナイナイ もう騙せない~

    ナイナイナイ 罰はない
    ナイナイナイ 功徳もない
    ナイナイナイ 宗教じゃない~

    笑わせるぜ カラコピが 御本尊なんて
    百均の材料で すぐ作れちゃうね

    票をとれよ 財務しろよ 聖教とらせよ
    もし出来なきゃ 罰あたるぜ!

    でたらめ言うなよ!罰ばーち詐欺だろ!
    気ずいたら静かに 逃げ出そう~

    ナイナイナイ 罰はない
    ナイナイナイ 怖くない
    ナイナイナイ もう騙せない~♪

    大変お粗末でした。
    (/ω\) ハズカシィー・・・(/ω・\) チロ・・

  28. 杜若さん、ありがとうございます。
    テーマにバッチリの替え歌ですね♫

    この頃テーマが重くて、人によっては読むことさえ嫌になるほどシビアな内容なので、
    時々こうして気分転換させてくれる替え歌はいいですね〜
    今後ともよろしくお願いします。

    考えてみたら、一度やったら恐ろしくて抜けられない宗教をよくまあやってるなと思います。関わらなかったら何でもないのに、関わってしまったが故に一生怯えながら生きていく人生に疑問を感じないというのも、本当に恐ろしい。疑問を感じないというか、疑問を感じることが恐ろしくてたまらないから考えないことにしているといった方がいいですよね。学会員さんは疑問を感じないのではなく、怖いから考えないことにしていると見ると、何も訊いても答えないその様子のわけがよくわかります。恐ろしくて考えることをしないから、こちらが何を言っても無駄なんですね。

    いいことは全部クドク。悪いことは全部バチ。この世の全ては無駄に高い紙が操っている。自分たちはその無駄に高い紙の言うことを聞くことでクドクをもらえていると信じている。何も考えずに信じていればクドクがある。ラッキー!逆に無駄に高い紙の言うことを聞かないと不幸になる、地獄に落ちる、ろくな死に方はしない。オーマイガー!無駄に高い紙の言うことは創価の幹部が教えてくれる。教えてもらうには、ありったけのお金を出さなきゃいけない。お金を出せば出すほどクドクをもらえる。でも途中でちょっとでも疑ったらクドクはないどころか地獄に落ちる。とにかくちょっとでも逆らったり疑ったりしたら、人生のすべては水の泡。こうやって一生無駄に高い紙の言いなりになって、いいようにこき使われて死んでいく。実際にそうやって死んでいった創価学会員が何百万人もいるのに、幸せになったという学会員を見たことがない。

    さて問題です。こんな宗教団体を世界で唯一正しい宗教だと思いますか?この宗教以外を信じると地獄に堕ちるぞと脅してきた宗教団体をどうやったら信じることができるでしょう。でも創価学会員の皆さんは信じてきたんですね。なぜか?考えないようにしてきたからです。とにかく考えるなと教え込まれます。考えたら最後地獄行きだぞと脅されます。恐ろしくて考えることすらできないようにさせられます。そして学会員さんは言われた通りに恐怖で心を閉ざされてきました。これが創価学会の「手口」です。
    罰なんかありません。あったりまえです。詐欺なんですから。宗教じゃないんです。詐欺なんです。人を騙してお金をむしり取る。詐欺だとバレないように脅しまくる。「考えるな」「疑ったら地獄行き」そうやってバレないようにしてきただけの話です。
    このブログにコメントされてきた方の中にも、「御本尊」を破って捨てた、シュレッダーにかけた、燃やした、ゴミに出した、でも何一つ悪いことなんかなかったと証言されている方がいっぱいいらっしゃいます。

    どうやったら創価が詐欺だと気づくことができるのか。
    どうやったらクドクもなければバチもないことに気づくことができるのか。

    「自分で気づくしかない」というのもその通りなのですが、ではどうやったら自分で気づくことができるのか。

    それは自分で考えることです。

    簡単なことのようですが、学会員はこの「自分で考えること」を徹底的にできなくなるように教え込まれています。

    創価は信心の基本を「信・行・学」と言って、信とは「とにかく何も考えずに信じること」を教えます。行とは勤行唱題の励行です。つまり「何も考えずにひたすらお題目を唱えなさい」ということです。そして学とは日蓮の言っていることを学びなさいということですが、創価で教える日蓮の御書のほとんどは「とにかく何も考えずに信じれば成仏できる」といった内容のものばかりです。「信・行・学」のすべては「何も考えずに言うことを聞きなさい」ということです。そして「言うことを聞かなかったら、それはそれは恐ろしい目にあうのだぞ」という脅迫を続けます。来る日も来る日も言い聞かされます。脅されます。
    「考えるな」「創価の言うことだけを聞きなさい」「自分で考えると地獄行きだ」「ちょっとでも疑うと地獄行きだ」
    これが創価学会の「指導」のすべてです。

    つまり、考えさえすれば創価が何者かがわかるということです。
    でも考えようとすると、嫌でも恐怖が襲ってきます。
    だからその恐怖心を乗り越えることが創価が詐欺だと気づける自分になるということです。
    意識の奥にまで埋め込まれた「恐怖心」を取り去ることは簡単ではありません。頭ではわかっていても、理屈抜きに湧き上がってくる恐怖心にはなかなか抗えません。
    でもこの恐怖心さえ克服できれば、創価が詐欺だということは簡単に理解できます。この恐怖心がまともな思考を遮っていると言っていいのではないでしょうか。

    「バチが当たる」

    この言葉で学会員の心を雁字搦めにしてお金をむしり取る。これが創価学会の本当の姿です。
    創価に疑問を抱き始めたがために、恐怖を覚えているそこの学会員さん!
    ここの皆さんの「罰なんかなかった」という実体験をたくさん読んで、創価によって埋め込まれた恐怖心を取り除いてください。そしたら創価がただの詐欺団体だと簡単にわかります。「なんで今まで気づかなかったんだろう!」と叫びたくなるはずです。ここの皆さんがそうだったんですから保証します。現実を見ましょう。辛いかもしれませんが、現実に向き合おうとすることが第一歩です。きっと目からウロコの日がやってきます。
    このまま恐怖心に屈して一生騙され続けるのか、ここで勇気を出して現実に向き合うことで本当に自分の人生を自分で歩むのか。それこそ自分で決めることだと思いませんか。

  29. signifieさんへ

    ブログの内容がますます面白くなってきた気がします。
    みなさんの中で、こんな幹部指導を聞いたことがある人はいませんか?

    「罰とか宿命とか、そんな発想は今の学会はしないんだよ。それは日蓮正宗のもの」
    私が学会をやめる前、なぜか幹部達がそんな事を口にし始めました。
    罰などに対する強迫観念だけでは会員を操るのはいずれ破綻すると気がついた学会が、指導を変えようとしていたのでしょうか。
    これはあくまでも私の住んでいた地域(名古屋)で幹部から聞いた話なので、推測です。
    こちらの現状では、「罰とかそんな考えはない」と言いながらも、退転者には罰が出るという考え方が学会員の中で矛盾しながらも存在しているように思えます。
    現に私の親なども、「今は罰とかそんな指導はない」と言った同じ口で「退転は怖いのぉ」と平気で言ってのけています。
    他のみなさんの地域でも、これと同様に「罰論など今はない」と指導している幹部がいるのか気になりました。

  30. たしか創価の理屈によれば、末法に生まれた我々は過去世で正法誹謗の重罪があり、その罪を償うためにこの世に生まれ、創価学会の信心を真面目に貫けばその罪も軽くなり、幸せの軌道に乗ることができるというようなものでしたよね。
    せっかくその軌道に乗ったにもかかわらず、途中で逃げ出したら地獄に堕ちるということでしたっけ。
    そもそもその正法とは、ざっくり言えば宇宙の法則ということでしょうが、創価の考えにある宇宙の法則に背くとはどういうことなのかよくわかりません。
    我々が生まれて、両親の世話を受けて成長し、勉強やスポーツをしながら自己を磨き、友達や仲間とケンカしたり打ち解けあったりしながら人間関係の大切さを学び、病気や怪我や身内の不幸に心を痛め、それでも家族のために一生懸命仕事をしていって家族を守り、いつしか歳を取り、愛する家族に見守られながらこの世を去る。
    こんな平凡な生き方が、宇宙の法則に背いているのでしょうか。
    平凡に見えても、人間とは自分の責任で物事を選択し、真剣に考えながら日々成長しています。
    創価の幹部を養うために自己を殺し、自ら考えることを放棄し、やせ我慢と背伸びをしながら文句も言わず金と労働力を貢ぎ続け、恐怖にがんじがらめになりながら奴隷のような人生を送ること。これのほうがよっぽど宇宙の法則に背いた人生だと思いますがね。
    罰が当たるのはむしろ、後者のような生き方だと自分は思います。

  31. こんにちは。
    外部の雑草です。
    元栄光地区婦人部さま 2016年12月21日 22:06 のコメントに共感したので書き込ませてください。

    ・相手のことを無視して自分の正当性を主張する
    ・良識の破壊

    >私が子宮筋腫で手術をしたと報告した時は、急にテンションが高くなって「ほ〜れ、出てきたな罰が。退転は怖いのぉ!」などと、鬼の首を取ったかのように父は言いました。
    娘が痛い目をしたのを本当にあざ笑うんです。

    心中、お察しいたします。カッとしたことと思います。
    親父さんに最初に言えるのは、そこじゃねえだろということです。
    トラブルにみまわれたならまず相手を見舞うのが当たり前だと。
    それこそ常識なんで。
    あと、病気には生活習慣、遺伝、食べ物、環境・・・
    ベラボウな数の要素があります。
    そのうちの可能性のひとつとして、創価から離れたからなったという推察は成り立ちますが、その原因と確定することは不可能です。
    それに加えて、離れたけど別に起きてないぞという証言もあります。
    罰論と断言するのは不可能です。

    あと、良識の不在が気になります。
    創価の知人の彼も、やってきましたね。
    なんか不幸やトラブルがあったとする。
    するともう、いまだ!この好機に殺そうとばかりに「これしかないんだよ、この信心をしないからなんだよ、そのトラブルを避けるにはこれしかないんだよ、ほかによさそうなものがあるけど本物はこれしかないといっておく」だとか。
    いつもの傲慢極まりない押し付けがきます。
    とうぜんカッとするわけですが。
    そのとき口にださないけど思ってたことがあるんです。
    これはいま、匿名ですら書くのがためらわれることです。

    彼の家庭について話すと、兄弟の一人は精神疾患で家からでれないんですよ。
    親御さんも50歳前後で早くに亡くなってしまっている。
    通常の家庭で、家族に精神疾患はいなくて親も早死にしなかった外部の家族など、ごまんとあるんじゃないんですか?
    なぜ、世界一正しい、これしか方法がない、そこまで豪語した輩が、そんな目にあってるんだ?
    この時点でおかしな話です。一般より悪いじゃん。

    だけど、こんなことはいえませんよ。
    なぜなら、まさしく無礼だからです。
    いくらなんでも、これはそんな風に触れていい話題とは思えない。
    これは彼の、創価にいると絶対的な幸福になるという主張にたいする反論として、いや、家族の状態はどう?という反論になりますが、こんなこといえません。
    いくら反論であろうが、さすがにモラリティの問題を感じ、いえません。いままで彼に一度も言ったことがありません。これからもないでしょう。

    だけど反対の立場ならどうでしょうか?
    必ず、創価にむすびつけてくるでしょう。
    「ほ~ら そういうこと(兄弟が精神病や親が早死に)がおきるのは創価にはいってないからなんだぞ」といってくるでしょう。
    もう殴って傷害事件に発展しかねないぐらい激昂するとおもいますが、彼らはやってきます。
    その情報はそんな風に扱っていいわけねえだろという感覚が、壊されてしまっているのです。

    この、良識の破壊。
    相手の見舞いではなく、自分の正当性、創価の正当性を主張する。
    これもまさに創価あるあるだと思います。

  32. レイラです。

    >ノジコさん 
    退会おめでとうございます!!!
    罰なんておこりませんから、安心してくださいね。
    人生いいことも悪いこともあるから面白いのです。

    >ルフランさん
    仏壇にセンセのお写真を置いてる人がいました。
    ご本尊さまのお家にセンセはいいみたいですね。あ、イケダ大仏でした(笑)。

    若い女の子のお部屋に仏壇がでーんとあるのは
    本当に何か異様でした。インテリアコーディネートのしにくいこと!(笑)
    それでも創価脳時代はまず仏壇が中心だったんですよね。

    ご主人様きっと今ごろ喜んでいるはず(私の母と一緒に)

    >士毛さん 
    退会しても、ふっと題目を唱えたり(笑)
    帰宅&外出の時に正座して三唱しなきゃとなったり。。
    ソウカあるあるです。でも徐々に無くなってくるのでご安心ください。

    >杜若さん
    シブがきの替え歌サイコー!!!
    「対話を求めて」座談会があれば(笑)絶対指揮をとりたい!!!
    じたばーたするーなよ!聖教屋がくーるぜっ!!♪

    >あにきさん
    はじめましてレイラです。よろしくお願いいたします。
    あにきさんのリアリティな体験談で
    は!っと気づく会員もいると思います。

    私を折伏した元彼X、先生の指導だの、御書の御金言だの
    世界平和だの口では立派(そうな)事を言っていましたが
    実際はすぐにキレやすく、会合でえらそうにしたい、目立ちたい人でした。

    私の入会前でしたが、私の言った言葉でキレてしまい
    私の顔をビンタで数回殴り、私を投げ飛ばしたのです。(元彼Xは巨体で有段者でした)

    他にも元彼Xは学生時代同級生の女の子にキレてその人の顔を平手打ち。
    先輩の行動が気にくわなかったのでキレて殴った(校内で)
    同級生と喧嘩し鼓膜を破った
    別れた後でしたが元彼Xの近所の学会員が言ってましたが
    救急車を呼ぶほどの喧嘩をしたらしい。

    私が別れを切り出した時、まるで罰があたるような言い方をされましたが
    私から言わせると、信心がどうのこうのよりまず人からやりなおせ!という感じです。
    (元彼Xからは報恩抄学びなおせ!と別れ際いわれましたけどね(笑))

    「学会名物 罰罰(ばちばち)パーンチ!!!」
    なんちゃって。(島木譲二さんのご冥福をお祈りいたします)

    では皆さん楽しいXmasをおもいっきりお過ごしください。

    何度も言います、罰はありません!

  33. こんばんは。罰と功徳と創価という言葉が大嫌いなLIARです。

    レイラさん、
    すいません、小説の題材にしたくなりましたwww
    ~元カレX~私の彼はカルト信者(サブタイトル)
    タイトルが先に浮かんじまったw
    ラストシーンは、幸せ絶頂のレイラさんの前に、突然現れ襲いくる元カレX。そこに愛する彼が現れてXをぶっ飛ばす。これでいきましょう(ベタだなぁ)www

    杜若さん、
    素晴らしい替え歌ですw
    無駄に高い紙が皆さんにもだいぶ浸透してきたので嬉しい限りですw

    お正月は久し振りに書き初めしようと思います。ど真ん中に『ジミ・ヘンドリックス』って書いて周りにクラプトンとかサンタナとか沢山ギタリストを書いてwww、
    出来が良かったら「LIARが魂を墨に染め流したけれども、この紙に祈ったらギターが上手くなるとか、そんな効果無いよ」ってコメント入れてどこかで公開したろw
    馬鹿馬鹿しい。そうですとも。馬鹿馬鹿しいんです。効果なんてない。当たり前です。
    なぜそれは解って、その無駄に高ぇ紙には手を合わせるのか。ばっかじゃねぇの?(←今回言いたいことはこれだけ)
    気付けて良かったよね。本当に良かった。嬉しくて言葉に出来ない~♪ですよ。

    人は思考の選択で生きていくのに、活動家はわざわざ思考を一つに絞って、不幸になる思考を選択して辛い辛いってナムナムしてただの気晴らしをしている。話にならんですよ。その行為、楽しいですか?これだけのコメント見てもまだ恐ろしいですか?
    世の中色んな思想が溢れてるんだから、もっと視野を広げましょうって。
    誰だって目隠しをして運転していたら、いずれは事故りますよ。

  34. 雑草さんへ
    外部の方の客観的な感想をいただき改めて心が救われる思いです。ありがとうございます。
    あの時は堪忍袋の緒が切れて、本当にブチッ!と何かが切れた音を聞いたくらい、「ブチ切れ」ました。

    なぜ学会員は良識やモラルなどが欠如するのだろうか?と自分なりに考えました。
    普通、仏教では数々の修行を積む事で人格を磨きます。
    ところが学会では、「題目」さえ唱えれば、多くの修行を積んだのと同じ功徳を得られ人格も磨かれると指導します。とっても簡単なので庶民に大受けです。
    その結果、「題目を唱えてるんだから自分は何をしても正しい!」と傲慢になる人を量産しているのかもしれません。
    あと、人の不幸につけ込んで不謹慎な事を言う学会員に不愉快な思いをさせられた人が多い件について。
    学会では、動執生疑と言って、わざと相手の心を揺さぶることで正しい教えに導くという教義があるんです。
    「不幸の原因は邪宗にある」と信じているので、外部の人が不幸になれば「よし!今こそ間違った宗教を信じていることを破折してあげなければ!」と使命に燃えます。
    相手がそれで素直に信心すれば「心が純粋で素直な人」だとされます。
    でも、心が汚れてる人はなかなか素直に信心につけないとも考えられています。

    さらに組織では「折伏戦」「結果を出す信心を!」と銘打って会員を焚きつけます。
    それでもなかなか成果が上がらない人が多い。
    「折伏ができない人はご本尊様にどうか折伏させてください!と祈りなさい。すると、どうぞ私を折伏してくださいって向こうの方からやってくるから」なんていう指導も、何度聞かされたことでしょうか。
    その結果、学会員さんは他人の不幸に敏感な嗅覚を持つようになります。
    普段の学会員さんは表向きには「普通」を装っています。
    でも、やはり学会員さんには自分の身の上の不幸などは話さないのが良いでしょうね。
    不幸な人を探すハイエナの餌になりかねません。

    >彼の家庭について話すと、兄弟の一人は精神疾患で家からでれないんですよ。

    私の兄は小児麻痺で幼くして亡くなりました。
    思うのですが、家族に重病の人がいる学会員ほど信心にのめり込むのかもしれません。
    理屈で考えれば宗教なんかやったところで病気が治るわけがないのですが、弱っている人の心というのは、宗教が付け入る隙だらけということなのでしょうね。

  35. こんばんは、
    史上初、シワを改善する薬用化粧品に心動かされるコージです。
    オッサンですが、シワとか頬のたるみとかは気になってきます。
    頬のたるみは、張りが失われるために重力で下がるんですよね。
    口角が下がると、「いつも不機嫌な中高年」みたいな表情になりそうです。
    まったく、ニュートンはなんで引力なんか発見したのでしょうね!
    (ニュートンの責任ではないですが)

    すいません、かなり脱線しましたが、
    ノジコさん、退会おめでとうございます!
    今後は、スッキリとした気持ちで新しい人生をお楽しみくださいませ。

    よくよく考えれば、
    罰や地獄論で会員を怖がらせ、足を鎖で繋ぐがごとく
    退転や非活にならぬよう抑え込み、
    怨嫉や喧嘩などをしないようにコントロールした上で、
    功徳や境涯革命を上手くちらつかせて活動に精を出させる、
    実に巧妙なシステムで洗脳していますよね。
    しかも全国津々浦々、同じマニュアルで洗脳統一しているから、
    全国の学会員が同じような連帯感や意識で繋がっているかのように
    錯覚させる・・

    人間はそもそも宗教やクスリ、ギャンブルなどに依存しやすいと
    昔からよく言われますが、
    宗教の場合は、その依存に陥っている事すら気付かせない、
    自分は依存などではなくて、一番正しい事をやっているのだ!と
    完全に信じ込ませているのですから、本当に厄介な話です。

    元栄光地区婦人部さんのおっしゃるように、
    近年は露骨には、罰が当たるだとか地獄に落ちるだのとかは、
    さすがに会合や新聞紙上ではほとんど言わなくなりましたね。
    今日の新聞の寸鉄では、
    「菩薩行をせねば仏になれぬ」なんて事をまだ書いてますが・・・

    以前のスレッドでも少し話題になりましたが、
    今の若い世代には、罰だとか地獄だとかの言い方は
    逆効果になるのかも?知れません。
    信心を辞めたい、と言い出した若い入信者をみんなで取り囲んで、
    「アンタ!辞めたら地獄に落ちるわよ!」とか、
    いくら何でも怖ろし過ぎますからね(笑)
    (そんなオバちゃん占い師がいたような・・・・・・・)
    まあ、我々よりも上の古い世代の会員の方々は、何かにつけて
    今でも普通に罰や地獄の話はそれとなくするようですが・・・

    杜若さん、替え歌ナイス!です、
    歌っちゃいました^^

    さて、明日はクリスマスですね。
    当然ながら罰もヘッタクレも一切ないので、
    チキンとケーキでも食ってのんびりしましょうクマ~
    (  ̄(エ) ̄ )

  36. 元栄光地区婦人部さんへ

    つい最近ですが「今の学会は依然とは違う」と聞いたことがありますよ。
    悪しき創価の伝統は、日蓮正宗のもの、もしくは「悪い幹部によるもの」と
    完全に責任転嫁の方向です。
    これひとつとってもめちゃくちゃ腹が立つんですよね。
    ならば。
    そう指導しているあなた達が
    「今まで間違ってました。
    今まで過激な活動をさせてすいませんでした。財務をむさぼってすいませんでした。
    創価のために多くの犠牲を払わせてしまい、ほんとにすいませんでした。」と
    誠意を持って謝罪するのが先でしょうが、と。
    謝罪することは一切なく、『我々には関係ございません。今の指導はこうです!!』というのは
    あまりにも不誠実極まりないな、と。
    過去の輝かしい極悪の創価史実をないものとする今の創価こそ、もっと許せないです。

  37. こんばんわ!

    皆さん、替え歌上手ですね。ガンガン聞かせてください。楽しみです。私も考えよう。。。

    レイラさん、確かに、仏壇に池田生き仏の写真飾ってある家、多いですよね。
    なにもかも末端はバカにされていたんですよ。だって、お経本にも三代会長ご祈念文って書いてあるの信じられない。。いつも飛ばしていましたけど(笑)。何だって、言うこと聞くとたかをくくっているから、あんなでたらめなお経本を作れたのでしょう?
    もう、教義も指導もデタラメ、めちゃくちゃもいいところですね。

    良く最近は、学会も時代に即して、ハロウインパーティーにもクリスマス会にも参加するし、町会にも協力するなどと、言っていますし、そのような傾向もチラホラみえます。
    でも、相変わらず、近隣との繋がりは希薄だし、一般人と仲良く楽しんでいる様子など見たことありません。
    真から利害関係抜きに近隣と仲良く助けたり、助けられたりの相互関係はないです。少なくとも私の回りの会員さんは。どうも、選民意識が邪魔しているように見えるのです。
    本当に困って、警察を呼ぼうとした時も、おとなり近所に助けを求めず、離れた会員さんに連絡していたくらいです。
    また、その件は詳しく書かせて頂きます。

    相変わらす、囲み折伏もガンガンしていましたし(昨年までみました)、こんな事はホウボウだなどと今も言っていますし、言葉がソフトにすり替えられただけではないでしょうか?
    実体は今の時代、もっと精神的にも肉体的にも悲惨な気がします。

    知り合いのエビスさまのように、普段優しそうな青年部が、ちょっと、態度が気にいらなかっただけで、
    くろ●●ヤマトの若い青年を蹴り飛ばし、罵倒しているのを偶然に見たことあります。
    彼が特別かと思ったら、折伏もF活動も「行ってあげてるんだ、有り難いと一般人は思わなければいけないんだ!」と、本気で言っていた別の青年部も見たことあります。
    青年部指導の実体なのでしょうか?個人の野蛮性なのでしょうか?

    ラザリスさんのお話丸ごと納得です。
    平凡に真面目に家族のために働いて、日々の生活を一生懸命生きていて、なにが悪い!!
    創価に人生のすべてを捧げなければ、罰?地獄?んなものあるわけないでしょ!

  38. こんばんは。一世、アラフィフ、四半世紀バリ活だったギルークです。
    あにきさんが書かれていた、呼び出されて謝罪を要求された件、こういうことはよくありました。さすがに10人には囲まれませんでしたが、派閥や競争意識など男子部はあちこちイビツでした。ちなみに、もちろん人間的に素晴らしい人もいますが、得てしてそうした人たちはおとなしい人が多く、上の幹部には登用され辛いです。明らかに幹部になりたがっている人はいて、またそういう人は影響力があるのでやがて取り巻きができ、派閥が形成され、悪口が横行します。傲慢な人間を多く生み出す土壌が男子部組織にはありました。

    部長や本部長は上にも下にも何も言えない中間管理職で、『苦情処理係』的な役割も多く、わがままな部員に振り回され、末端の部員への対応が悪ければ上の幹部に叱られ、あにきさんのように謝りに行き…気の休まる暇などありませんでした。上の幹部の叱責も当時は『慈悲あってこそ』のものだと思っていたので、反抗的な態度も、疑問も、全て自分が至らない所為だと思うようにしていました。

    地域性かもしれませんが、コージさんがおっしゃるようにあからさまに「地獄へ落ちる」というような言い方はあまり聞いたことはなかったのですが、「疑いは福運を消すぞ」とはよく言われました。どんなに戦っていても一瞬でも疑えば「福運が消える」んだそうです。今思えば「地獄に落ちる」と同等の脅しで都合のいい指導です。これも予定調和の指導以外の何物でもありませんね。

    脅して(表面的には自らが動くようになっている)会員を縛るような思想がなければ運営できないこと自体終わりの始まりです。魅力がないから、意味がないから組織から離れていく…それだけのことであって、罰など普通に考えてもあるわけがありませんし、実際皆様が書かれている通り、罰はありません!

  39. こんばんは。ノジコです。

    レイラさん、コージさん、ありがとうございます!

    実は、脱会届を出した直後、意に反して、何だかえらい事をしてしまったみたいな感情が出てしまい、体がガクガクと震えました。

    罰なんかって、強気な事言いましたが、ディズニーに行く車の中でも、事故起こしたらどうしよう、なんて不安が心の片隅にありましたが、無事楽しく行ってこれました。
    子供たちも、今年一番の楽しい思い出ができたって喜んでくれました。
    日没間際に雨に降られましたが、雨がやむと虹がでました。夕陽とのコラボレーションがとてもきれいで、何ともいえないきれいな情景に感動して、泣きそうになりました。

    やっぱり、みなさんが言うとおり、罰なんて、ぜ~んぜんありませんでした!

    「対話を求めて」にたどり着いた人が、一人でも多く覚醒できますよう、心から願っています。

  40. 小学生の頃、新年勤行会で男子部の幹部が
    『神社には悪鬼がいる。あんなところには近寄らない方が身のためである。世の中の人間は、何も知らずに神社に参拝している。謗法への布施を止めるのが邪宗撲滅へ必要なこと』と言っていました。

    子供心に『神社には鬼がいるんだあ(イメージ的には肩に乗るくらいの小さな鬼)』『世の中のこれだけ多くの人が神社に初詣行くので、まだまだ無くならないだろうなあ』と思ってました。

    これが普通と思ってました。
    もし、エ〇バの方が『神社にはサタンがいる』と言っているのを聞いたら『邪宗はおかしいな』となったでしょう。
    覚醒した今なら『創価もエ〇バもカルト宗教やな。アホらし。』冷静になれるのですが、生まれた時から創価ですので、創価のことを全く疑っていなかった。親の価値観をそのまま受け継いでいました。

    2世って、創価奴隷が産んだ奴隷の子ですね。
    創価家畜の子孫。
    ありもしないバチ論で脅され、震え上がり、そして功徳のエサで活動をする。
    心理学で『人は痛みを避け快楽を得られると自分が思う活動をする』と。
    バチを避けるために、おかしいと感じながらも創価を信じる。
    少しでも疑うと『漆1000杯にカニの足一本を入れて漆を台無しにするのと同じように、一点の不信でもあればそれまで積み上げてきた福運が台無しになってしまう』と脅される。
    『疑ってしまうのは、私の境涯が至らないからだ。仏様の言うことが正しいのに自分はまだまだ未熟だ』と。疑問の原因を自身の未熟さに押し付けるように洗脳教育される。
    信心を貫けば、池田にようになれる。池田は万能の天才。詩人であり、写真家であり、平和活動家、美術館の創立者、小、中、高校、大学の創立者、海外の大学の創立者、海外からの名誉称号も多数。国家勲章も多数。
    などなど。
    本当は煩悩の塊にすぎませんがね。
    よくもまあ、これだけの組織を作ったものですが、戦後大企業がいくつもできたように、宗教詐欺ビジネス団体を作り上げてきたのでしょう。
    その陰には、何百万人もの人々から、人生の時間、お金、人間関係、心の自由、時には命まで奪ってきました。
    一体何のために創価はあるのか?
    松下産業は『家電を通して人々の生活を豊かにする』
    創価は『宗教を通して全人類を幸せにする』
    どちらも高邁な理念です。
    しかし、本当かどうかは『現場で実際に起きていること』をみれば一目瞭然です。
    松下、パナソニックの家電で生活が豊かになるのは疑いのないことです。
    しかし、創価で幸せかといえば、本人の感じ方によるところが大きい。
    創価の現場では実際に、車座で人を取り囲んで入会を強要したり、無理やりお布施を100万させたり、家族の死亡保険金から高額財務をさせたり、、、創価の悪行は枚挙にいとまがありませんが、創価の最前線では、人々が奴隷のように扱われ、しかも疑問を持つと不幸になるぞと脅されている現実があります。

    『現場をみればすべてわかる』

    創価はただの詐欺です。それも非常に悪質な詐欺です。

  41. まるちゃんさんへ
    >悪しき創価の伝統は、日蓮正宗のもの、もしくは「悪い幹部によるもの」

    おお、やはり私の地域と同じことを言われてる方もいらっしゃるんですね!
    本当にどうなってるんでしょうか。池田大作の指導で「進まざるは退転!裏切り者の末路は哀れ」と散々脅されてきたのに、「信心するのもしないのも自由。今の学会では罰とかいうのはないんだよ。あれは日蓮正宗のもの」なんて、ゆるゆるになってしまった。
    そんなことを今更言われたら、これまで「絶対的正しい教えだよ」と周囲に言って回ってきた私の活動はなんだったんだ?と思うし、染み付いてしまった強迫観念は簡単には消えない。
    池田を始め学会幹部達は、日蓮正宗の教えを正しいと思って会員の皆さんに信じ込ませたことを謝罪するべきだと私は思います。そうじゃなきゃ人として不誠実すぎます。

    ノジコさんへ
    遅ればせながら退会おめでとうございます。
    退会後は気持ち的に、「罰があるんじゃないだろか・・」とか不安になることがたまにあります。みんな通った道なので大丈夫です(^_^)
    綺麗な夕日と虹が見れて、よかったですね!
    退会することで、心にかかっていた独特なフィルターがなくなります。
    綺麗なものや感動するもの、きっと今まで以上に自分の心の中で輝くと思いますよ♫

  42. Signifieさん2016年12月23日 12:56のコメント、将におっしゃる通り!今度、私は両膝を叩いて喜んでおります。
    これが創価の会員騙しの正真正銘の手口の種明かしですねえ~!!明快ですね!!
    これらが文字として解明されてくると「創価っておかしいんじゃないの?」と思うことに出る得体の知れない不安感の正体が現された感じです。正体が分からない不安感も実態が明らかになれば何てことない!
    迷える人の覚醒に伴う禁断症状の苦しさも一段と軽減されるでしょうね。このお考えに、もっと早く出会えれば私ももう少し短期間で「罰」の刷り込みから解放されたかもしれませんね。

    創価が狡猾なのはそれに加え、「公明党の躍進が日本の為に役立つ」「世界平和へもつながる活動」と信者の「自尊心」くすぐり「私は欲得の為だけに活動しているんではないよ!」と言うこれまたごまかしの絵空事のエサまでちらつかせて会員の鼻先にニンジンぶらさげて騙している事ですね。

    ガカテツさんの「まず、罰・バチと前面に出すのは日蓮宗の中でも異端の、日蓮本仏系ですが・・・。」
    そうなんですか・・・日蓮本仏系だけが罰、罰と特異なんですねえ~。でもそれしか知らなかった私を含め多くの学会員、元学会員はそれを「唯一正しい信仰」と日蓮正宗時代から真っ白い脳ミソにそんなエセ信仰観を植え付けられ「現世利益と罰」の偏った教えであるのに「他を見下ろす最高の教え」と誤認識している訳なんですね。なるほど・・・。ありがとうございます。

    こちらのみなさんの書き込みをご覧になっている迷える学会員さん、
    ♪もう~7つ寝るとお正月~♪です。お正月にはみんなで渡れば怖くない!っでその他大勢の一人になってお近くの神社、全国各所にある神社仏閣に初詣にお出かけになりませんか?
    世間の人の営みが実感できますよ。怖くも何にもありません。新たなご自分に出会えるかも知れませんよ!

    私は、年末に帰ってくる娘と孫二人を迎える日々が待ち遠しく、何かウキウキしている自分がとても変に思えて滑稽です。初孫は今年10月になってやっと「じい~じ、じい~じ」と懐いてくれいつも引っ付き虫になってくれてます。こんな「幸せ」は創価時代には考えたことも想像したこともありませんでした。年末になれば大晦日の閑散とした会館の警備室で除夜の鐘が鳴るのを待って帰宅する任務、正月早々から駐車場警備、新年勤行会の導師・・・などなど「一家和楽」などと考える選択肢さえありませんでしたから。

  43. signifieさん日々のブログ管理ありがとうございます。
    非活2世すざくです。
    新しい方が参加されて一層賑わっておりますね(^。^)
    読むのが大変なすざくです(*_*)
    うれしい悲鳴ですよね。

    今回のテーマ”罰” そう、これが一番の呪縛ですよね。
    私もですが、盲信者の親御さんから徹底的に刷り込まれてる、2世3世の方達は、疑問を抱いても”罰”が足かせになり、覚醒までに時間がかかってしまう。
    私も罰にビビってましたし(^_^;)
    ラザリスさんがお父様の事を仰ってましたが、私もその渦中におります。
    母からしたら娘でも仏敵で、退会はまだなので、ラザリスさん程の事は言われてませんが、何か悩みがあれば、「勤行していないから」だとか「己心の魔」だとか言われ、私がなんとも感じていない事を言うと、なんでしたか…魔は気づかずに忍び寄り、もっと酷い事になるとか、なんとか…
    脅してると指摘すると、脅しじゃなく御書にそう書いてあるし、心配で良かれと思って言っている…そんな事を言っていたかなぁ、それで”良かれ”と思ったら脅しても良いのって反論したのを思い出します。
    最近は、遠巻きな感じで攻めてきてますね、私が学会関連の話題だと、全く乗り気の無い態度だからなのだと。
    これで脱会をしたら疎遠になると思います、創価から抜けたらマジで母は罰が当たると思ってますから、非活状態の今ならなんとか間に合う⁈から、娘や孫の事を心配で良かれと思って必死なのでしょう。
    私にとってはありがた迷惑というか、迷惑この上無いですけど(♯`∧´)
    来年で70代最後をむかえ80代の手前、そんな後期高齢者の母に反論して、体調を崩してもと思い適当に受け流して聞いております。
    覚醒してからも、確かに大変な事や悩みはあります。
    だからと言って、苦しくて辛くてもう大変とかは無いです。
    マリーさんが仰ってましたが、自分のした事にそう原因がある、そうなんですよねまったくその通りだと共感いたしました。
    でも、このブログが休止の間に、公明党の市議会議員、私の地域は何名かおりまして、その1人にかなり余計なお節介な行為をされて、本当に腹が立ち呆れもしましたし、職権濫用ではと思える行為でした。
    これも”良かれ”で済まされたなぁ〜と、母がその人に同中で顔合わせたら、すみませんとか言われたとかで、私に直接謝れと思いましたけどね。
    かえって学会員の”良かれ”と思っての迷惑行為に悩まされたりもしてましたけどね(♯`∧´)わざとかって思えるぐらいです。
    覚醒してからは、思考や発想がこんなにも自由だと感じて日々発見でしたし、覚醒した頃はそれで戸惑ったりもしましたが、それまで凄く縛られてたのを実感しました。

    罰なんかない!確かこのブログに出逢えたきっかけです、目から鱗と思って、呪縛が解かれ、心が解放されスッキリしたのを思い出します、そして、今までの創価に対する疑問と引っかかってた部分、これも納得でした。
    呪縛から解放される人が一人でも増えればと願います。

    話が脱線しまくりだし、纏まりないしで、本当に自分文章下手!と思いながら、コメントしました。
    皆さんのコメントを今後も楽しんで読んでまーす(^O^)

  44. ルフランさんへ

    こんにちは。年内に未活、新聞ストップ、1円財務男子部の滋です。

    折伏もF活動も「行ってあげてるんだ、有り難いと一般人は思わなければいけないんだ!」とのことですが、このような内容の発言はうちでもありました。しかも、今年聞きました。

    聞かせてあげてるんだ!と言う気持ちで折伏すればよいと会合の指導の中でありました。囲みの折伏、大勢で車に分乗して押し掛けるのも今もありますね。

    本当に社会悪です。

  45. 結婚と同時に入会し約30年後の2014年末に退会した、にゃんころころです。夫(1世)もその後退会しましたが頭の中は…未だに「センセにはお世話になった」って…ふぅ。
    このブログの盛況を喜んでいる1人です。

    罰なんかありません

    ミーハーの私は、ご贔屓の役者さんが空海役を演じてから高野山が気になって11月行ってきました。宿坊に泊まって阿字観とやらも体験、高野山大学でのダライ・ラマさんの講演会にも行きました。
    TVで好きな俳優さんがレポートしていて気になった伊勢神宮には10月にお参りしました。どこまでもミーハーなのでTVと同じルートで巡りました。

    罰なんて なぁ〜んにも ないです

    退会届を出した日に、普段躓かない様な場所で躓いたとしましょう。その出来事を「罰」とジャッジする基準は何なのでしょう?老化のサインと捉える人、(退会した)嬉しさの余り足元をよく見ていなかったと捉える人、人それぞれの捉え方があるでしょう。
    起きた事柄を誰がどんな基準で「罰」と判定するのでしょうか?

    そもそも、「本物」なら脅しのような事言わなくっても、何かの都合で一旦出て行った人も、他を知ることで逆に「本物」の良さに気がつきましたって戻ってきますよね。

    消耗品で私はこれをやってます。いつも使ってるけど容器のデザインがイマイチで他社製品に乗り換えてみて、中味はヤッパ元のが良いわ〜とか
    中味が良ければお客さんが戻って来る自信があるから、そんな会社はドーンと構えてて、購入ストップしますって伝えても「ご縁がありましたら、またご利用ください」的な対応。そうでない会社は「オマケつけますから、続けてください」

    罰なんかありません
    罰か否か、誰がどんな基準で決めるのでしょう?

    2世、3世の皆さんは
    私の想像を超えた葛藤の中にあるかもしれませんが
    ひとまず逃げてください!

    「逃げるが先でも役に立つ」
    うーむ、皆さんの替え歌とかの足元にも及びませんね
    (⌒-⌒; )

  46. こんにちは。
    外部の雑草です。

    元栄光地区婦人部さま
    2016年12月23日 21:47
    お返事ありがとうございました。

    >「題目を唱えてるんだから自分は何をしても正しい!」

    共通ですね。
    だいたいいかがわしい団体って 所属するだけで尊いとか思考停止してかんがえなくても、自分が正しいと思わせる教えがあります。
    そんな状態なんて存在してないんですけどね。
    常に感覚を働かせなきゃいけないし、自分のやったことを振り返らなくていい状況なんてどこにもない。
    思考停止が楽という部分と、詐欺師連中には停止してもらったほうが操るのに都合がいい、この双方なんでしょうね。

    >学会では、動執生疑と言って、わざと相手の心を揺さぶることで正しい教えに導くという教義があるんです。

    目的は、1、信者を増やして金を儲けること
    2、勧誘者の罪悪感を薄め、良識を破壊すること だと思います

    貴重な情報をありがとうございます。
    「動執生疑」ですか、なるほど。

    昔なら仰々しい言葉や教えにひれ伏してしまったことでしょう。
    しかし今は裏がくだらないことを経験してしまっている。
    で、裏をみると、単に信者増やして金を多くとりたいだけですねこれw
    ようするに弱ってる状態のひとは、攻撃に弱い。
    当たり前ですけど。
    そこにしつこく攻撃を加えて殺す。
    そして無理やり貢ぎ続けるロボットにする。
    構図は単純にこんなところでしょうね。
    「1、信者を増やして金を儲けること」

    あとは良識を破壊することでしょうね。
    通常、罪悪感や、そんなこと許されるんかとか、それはちょっと・・・とかためらってしまうことと思います。
    なぜなら弱っている相手につけこむなど、基本的に下衆な行為だからです。これは心理的な抵抗があるでしょう。
    つまり、そのままではとてもできない。
    そこで「動執生疑」なんていう屁理屈を新たにねつ造した。
    それで良識を破壊し、通常ではできない非常識な行為を可能にした。
    そんなところでしょうかね。

    わざわざ「動執生疑」なんて概念つくったのは信者ふやすため。金儲けするため。勧誘する連中の罪悪感を消すため。
    それが実態だと思います。

    >でも、やはり学会員さんには自分の身の上の不幸などは話さないのが良いでしょうね。
    不幸な人を探すハイエナの餌になりかねません。

    かねてより気を付けておりましたw
    なぜならおっしゃるとおり、彼に事情を話すとつけこんでくるからです。
    そんなふうに情報をつかうんじゃねえといつも思ってましたが、そのうちそういうこと自体を彼にはしなくなりました。
    おそらく、同じようにこいつらには事情はとても話せないと煙たがられてる創価学会員など山ほどいるのでしょう。

    >家族に重病の人がいる学会員ほど信心にのめり込むのかもしれません。
    理屈で考えれば宗教なんかやったところで病気が治るわけがないのですが、弱っている人の心というのは、宗教が付け入る隙だらけということなのでしょうね。

    これは・・・・。彼の話を聞いていた時にそう思いました。
    彼自身は高校時代にひどいいじめにあっており、にっちもさっちもいかなかったときに強硬に学会にいわれたと。
    それで救われたと何度も話しておりました。
    モロに弱った時に襲われてるのです。
    本人も家族も弱っているときに狙われちゃってます。
    こういうとき悪質なセールス・宗教にひっかかるよというのは常識ですが、その通りですね・・。

    すべてに共通の点が、
    「自分の頭で考えてみる」
    その一言ですね。なかなか、できないですけれど。
    稚拙でいいから、自分で考えてみれば、
    だめだこりゃと思うはずです。
    だけどなぜか当事者意識がなく自分のことは棚にあげちゃうもんですよねえ・・・・。

  47. 今シーズンから閲覧&参加させていただいています、マロンと申します。
    (小学5年から高校卒業まで鼓笛隊、女子部時代は本部長、職業関連の人材Gでは総県副、
    婦人部で地区婦。転居を機に役職辞退、2カ月に1度、興味本位で座談会に出るほかは何もしていません)

    コメントを書こう、書こうと思いつつ、皆さんの深い深いお話に忘れていたような過去の出来事をいくつも思い出し、頭の中で反芻したり、いくつものセンス抜群の替え歌に感心したりしながら、時間が経ってしまいました。

    白ゆり長さんはじめ周囲の役職もちの活動家には、明らかな非活と見えていないかもしれませんが、新聞啓蒙もしないし、F取りも一切していないし、勤行・唱題をもう7年近くしていません。活動も、勤行・唱題目もしないことが当たり前の日常になりましたが、罰だと怯えるようなことは特にありません。
    多くの方がおっしゃっているように、自由な時間ができて、精神的・体力的にとてもゆとりが生まれ、仕事に打ち込み、趣味を楽しみ、選挙や署名、パンフを渡すなど、なんの「下心」もなく友人知人と交流できることがとてもうれしく、心も軽く、豊かな毎日を送っています。

    過去の自分が送っていた日々を思い出すと、なぜ物分かりのいい羊のように、幹部の言うことは100%正しいととらえて、自分を家庭を犠牲にして、くそ真面目に活動していたんだろうと、頭がくらくらしてきます。
    楽しいこと、うれしいことなんて何もなかったような気がします。会合や集まりがないのは週1、2日程度で、次から次へと出されるお達しをこなすことで精いっぱい(年末には、やれブロック討議、地区討議、支部討議。女子部時代はクリスマスイブは人材Gで唱題会、会館飾り付け&片づけ、年明け2日から10時間唱題会、ゆっくり休む暇もありませんでした)。

    話はそれてしまいますが、戦いきって結婚的な指導が当たり前の女子部時代、私が30半ばになった時、周囲の婦人部幹部から男子部を紹介され、何人かと会ったことがありましたが、日ごろの男子部の忙しさを目の当たりにしていた私は、内心「もし男子部と結婚したら一生活動を休めない。家庭の時間すらまともにもてない」と思っていたので、お断りしたり自然消滅したりで、なんとか免れました。

    年賀状でつながっている女子部時代の後輩たちが、活動家の男子部と結婚し、「新聞配ってます」「○○の責任者させていただいています」という近況を知ると、相変わらずまじめに忙しくやってるんだろうなぁ、とすっかり人ごとです(^_^;)
    もうすぐ届く年賀状にも、「○○の年、大勝利してまいりましょう!」とか、「今年も走りぬきます!」とか、そんな文言が踊るものが何枚か届くことでしょう。
    脱線、長文、失礼いたしました。

  48. こんにちは。脱会済み40代、哉文です。

    かつて創価の頃のお話

    九州のどこかで、人が狂犬に噛み殺されたというニュースがありました。

    幹部が言うには、
    それを聞いた池田センセーが、「あのニュースの被害者はきっと、脱会者だ。調べなさい。」と言ったそう。幹部が調べると、脱会者だったと。それで、こういう話は、バチを喜んでるみたいに思われるから、公には言わないけど、創価辞めるとたいへんだよ!」と、幹部伝いに言われて信じてました。

    他にもありまっせ!
    辞める恐怖創出装置ありまっせ!

  49. 皆様、こんばんは〜
    夫が池田嫌いの学会二世脱会済み、
    外部のちーたんと申します。

    罰に関して、
    創価がソフト路線に舵をきった!
    と言う話で、ちょっと思い出しました。

    鳥居をくぐると、罰が下る。

    そんな事は、言えませんよね。
    今の創価学会には。

    神道政治連盟の自民党国会議員達に
    そっぽを向かれちゃいますもんね。
    安倍さんはじめ、大臣のほとんどが属してますからね。
    今の自民党と公明党の間柄では、
    神社仏閣に、文句は言えませんわ。

    この間、池上彰さんの番組でやってましたねー(^o^)/

  50. ちーたんさんへ
    はじめまして。元学会2世 おてもやん白蓮Gだったものです。
    これは豆知識として紹介する話ですが、創価学会では秋谷会長の時代に、「今の宗教は無力で無害だから地域行事などで神社などに行っても良い。心の中で題目を唱えればOK 」という通達を出しています。
    新聞啓蒙する割に新聞を読まない信者が多いせいか、これを未だに知らない学会員もいたりします。
    というわけで神道政治連盟とか公明党にはどうってことないですよ。

  51. こんばんは。元創価三世四十代のノジコです。

    元栄光地区婦人部さん、包み込まれるような温かいお言葉ありがとうございます。胸に染みました。

    創価の呪縛から解き放たれた素の自分で、この広い世界を生ききっていきたいと、強く、強く思います。

  52. 哉文さんの狂犬の話、相変わらず創価の卑怯な手段ですね。

    おそらく作り話か、本当に脱会者で地元の幹部から話が上がっていったのを利用しているのでしょう。池田がたまたまそのようなニュースを聞いて調べたように指示したかもしれません。

    まあ『脱会したからバチが当たって狂犬に噛み殺された』と創価は言いたいのでしょう。
    そして心理的にこの話を聞いた会員を創価に縛り付ける作用がありますね。

    もし狂犬に噛み殺された被害者が活動家だったら、『菩薩、悪像等においては心に畏怖することなかれ、ただ悪知識という信心を破るもののみをおそれよ活動家の法華経の文を引いて、『事故などで亡くなっても生前の活動が立派だったから成仏間違いなし』などとほざいていたでしょう。

    創価の陳腐な作り話は胸糞が悪くなります。

    創価は罰当たりばかりなので、ロクな死に方をしない。というのが真実。

    池田は罰当たりだから、人前に出れないほどひどい状態になって死んでしまったともう直ぐなるでしょう。

    ある著名な歴史家が非公開の席で言ってましたが、池田の死も近いようです。

  53. 元栄光地区婦人部 様

    はじめまして!
    外部のちーたんと申します。
    よろしくお願いします!
    豆知識 、
    教えて頂きありがとうございます。

    私は、
    夫の親戚、近所が、創価学会だらけなのに、折伏とか受けた事がないんですよ。
    私って、よっぽど怖いんですかね(笑)
    それか、付け入る隙がない⁉︎
    それとも、完璧すぎるか(笑)
    だから、あまり創価学会の事は知らないのかもしれません。
    昔から、創価も池田も嫌いでしたしね!
    知ろうともしなかったというか、、、
    こちらのblogで、色々と教えて頂いています。
    あの人達の心境を知るために。

    ただ、鳥居はくぐるな、新聞やめたらバチがあたるってのだけは、よく耳にしましたね〜(笑)
    あれ、心の中で題目上げるといった前提で、オッケーだったんですね(笑)
    知らないうちに、変わってたのですね∑(゚Д゚)

  54. 創価学会が宗教法人として認められた条件として、日蓮正宗の信徒として本山を外護することというような文言があったようです。
    本来なら、昭和52年路線の問題及び日蓮正宗から破門された時点で、宗教法人としての権利を失っていてもおかしくはないと思いますが、どういうわけかいまだに宗教法人としての権利を残されているようです。
    創価の理屈によれば、世界192カ国?に日蓮仏法を広めたのが創価学会であり、その功績を考えれば日蓮さんの血脈を受け継いでいるのが創価学会であるといいたいようですね。
    血脈うんぬんということになると、日蓮正宗と創価学会のどちらのいうことが正しいのか自分にはわかりませんが、目クソ鼻クソみたいな気もします。
    日蓮さんの思いとしては、創価学会に対しては、
    「ワシの教義と御本尊を金儲けのツールにしやがって、この不届き者めが!」ということでしょう。
    一方、日蓮正宗に対しては、
    「創価のようなゲス野郎にワシの仏法を悪用させ、また信者が増えることに酔いしれ、ゲス野郎を叩き出すタイミングを逃しやがって、この不届き者めが!」ってとこでしょうか。
    いずれにせよ、こんなものにすがっても、功徳もないし罰もないってことですね。
    うーん、これにて一件落着!
    それでは、楽しいクリスマスを!
    ( ^_^)/~~~

  55. 非活約1年、二世、アラフィフのあにきです。
    12/24クリスマスイブの聖教新聞1面には、総本部で行われた全国最高協議会の記事が写真入りで載っています。
    その写真を見ると、牧口、戸田、池田の肖像写真を会場壁面高くに掲げていますが、向かって正面上座には池田、左が牧口、右が戸田となっています。
    過去の池田のスピーチでは、戸田の弟子として広布拡大を実現した、と耳タコになるぐらい言ってました。でもですね、池田は戸田の上座に鎮座しているんです。
    池田の指示でそうしているのなら自語相違の様相であり、会長以下の判断でそうしているのなら、池田が育てた直系の弟子は不知恩であり、そんなレベルの育成しかできなかった、ということでしょう。
    創価の現状に対して、池田は正しいが原田以下の上層部が悪いとするアンチの方が結構多いようですが、池田は、悪人か、後継育成には無能だった、という評価しかできません。私は、両方ともと思っています。
    テーマから外れていますが、突っ込み所を見つけてしまいましたので、紹介いたしました。

  56. お久しぶりです。
    学会2世、元女子部長、圏少女部長のメルシーです。

    非活になって…3〜4年が経とうとしています。
    まだ脱会届こそ出していませんが、完全に創価抜けしています。

    バチなんて、なかったなかった!
    なかったなんてもんじゃないです。
    お題目上げ抜いても、なしえなかった、自分と向き合って、自分で言うのも少し恥ずかしいですが、成長しました。
    殻を破りまくって、新しい自分に出会えました。
    やりがい、生きがい、色々見つけました。

    活動家だった頃は、ポーズだけの幸せで幸せだと思っていたなーと思います。
    たくさん題目上げたから、なんだったんだ?と思い知らされます。

    今は、自分で掴み取った幸せを噛み締めています。そして、自分で選択した納得した人生を歩んでいます。

    決められた価値観からの脱出は、創価という、ある意味では守られた中にいた時よりも、過酷な事もあったけれど、自分で掴み取った幸せは、何ものにも変えがたいです。

    お金でも、題目でも手に入らない、貴重な自分の人生。
    これからも無駄にせず、楽しんで生きていきたいです(o^^o)

  57. こんんばんわ!メリークリスマス!

    ノジコさん、楽しく夢のデズニーで楽しめて良かった!
    虹もつぎなる人生の門出を祝福してくれているようです。
    私までルンルンしました♪

    24日は私と一緒に脱会した次女のお誕生日。ディズニーのホテルが1杯でとれなくて、ハウステンボスにいって一家和楽のバースデー&クリスマスを楽しんでいる様子に喜びを感じています。

    昨日の午後、三女がクリスマスパーティーのため二人の子供をつれて帰ってきました。パートナーは仕事で来られません。完全未活の三女は近くに住む、やはり完全未活の3才、零歳児の友人の家に子供二人連れて遊びにいきました。暖かい日でしたので、玄関前で3才、ゼロさいの子供をたちを遊ばせているとところへ、私が大型犬をつれてとうり、皆で大笑いしながら、談笑していましたら、すぐ、ヤング幹部とわかる、二人の婦人部がばつの悪そうな雰囲気でミカツ友人の指導、入場券などの用件で訪ねてきました。
    しばらく、私たちの去るのを黙って待っていましたが、公園でも遊ぶ約束をしていたので娘と私はその場にいると、ヤングはいちいち手招きをしながら、ミカツ友人に入場券を渡したり、会話をしていましたが、ミカツ友人も、、ハイハイ、ではまた、、と言って帰ってくださいオーラを出しています。自宅隣の公園までの距離をとってついてきました。
    そのヤングは年に見えるわりに2才、一才くらいのお子さんをそれぞれに連れていました。ストレスも120%マックスで顔色も悪く、笑顔も挨拶も私にはなく、邪魔者がいるみたいなニコリともしないで不愉快そうに立っています。
    あばれざかりの3才児は目一杯、公園内で走り回り楽しそうでしたが、気がつけば、ヤング婦人部の二人の姿は消えていました。
    ミカツ友人曰く、いっつも突然くるし、迷惑なんだよね、何だかこちらが悪いことしてしまったなっていう気さえしてしまう、、。

    外部になり、外から創価をみると、すぐ、二人ずれの創価婦人部がわかります。
    まだ、若いから、早く目覚めてと心で思ってしまいました。じっとたっている、遊び盛りの子供。遊びたかったでしょう。。

    のーーびのーーび、遊びに夢中な未活の二人の子供。。。考えさせられました。

    滋さん、コメント有り難うございました。
    愚連隊組織、傲慢組織ですね。

    ソフト路線に方向転換していても、もう、遅いし、混乱しまくりで、納得できません。
    何よりも時代の証言者はまだまだ、生きている方が多いですから。
    日蓮正宗のなんでもかんでも、悪しき指導にして責任転嫁もいいところです。。責任の所在を明確にしてください。

  58. あにきさん
    犬作先生の意向ですよ
    スピーチでやたら3代(目)が偉いんだと語ってますし、戸田門下を徹底的に切っています
    秋谷前会長も戸田門下だから激しくパワハラされていました
    Y男子部長は自分の子分だから切れないんです

  59. はじめまして
    3ケ月前まで、付き合っていた彼女が創価学会員でした。
    創価学会を否定した事で私はふられました。
    私は創価学会についての知識はたいして持っていなかったのですが、彼女が創価学会員であると言うことがとても嫌でした。
    私は何故こんなに彼女が創価学会員であると言うことが嫌なのかずっと考えていました。
    創価学会が詐欺だから?
    マインドコントロールされているから?
    騙されている
    色々と理由はあるのでしょうが、一番大きかったのは池田大作の顔が気持ち悪いと言うことです。
    あのような気持ち悪い顔をした人間に従っているという事が嫌で嫌で仕方ありませんでした。
    はっきり言って池田大作があのような気持ち悪い顔でなければ、もっとそのへんの普通な顔であれば創価学会に対する嫌悪感もここまでなく彼女に対しては変なものに騙されていて馬鹿だなという程度だったと思います。
    しかし、彼女が創価学会の話をする時にあの気持ち悪い池田大作の顔が浮かんできて身体中から虫酸が走って嫌で嫌でたまりませんでした。
    池田先生と呼吸を合わせてと彼女が言った時には暫く呼吸が出来ませんでした。
    創価学会員の方々は何故あのような気持ち悪い男を崇拝できるのか私には不思議で仕方ありません。
    嫌悪感の対象にはなれますが、崇拝の対象には絶対に無理です。
    彼女から池田先生の事をどう思うか?と聞かれた時に私はガマガエルみたいで気持ちが悪いと答えました。
    彼女は人を見た目で判断するのか?と私を批判しました。
    その時は確かに人を見た目で判断した自分が悪いとは思いました。
    今ならはっきり言えます。
    見た目で判断して正解であった。
    やはり、神様はわかりやすいように作っていると。。

    ありがとう、神様。

    人は見た目である程度判断したほうがいいですよ。

  60. あにきです。
    ジョンソン3号さん。そうですね。池田は戸田を師なんて思ってなかったんでしょうね。そして、今の首脳部も師なんて思っておらず、使えるだけ使う、って感じなんでしょうね。
    ぐうぐるさん。ガマガエルとはまさしくそのものズバリの表現ですね。そして、たまに聖教に載る写真での姿は、ガマガエルが干からびた、って感じですね。

  61. Happy Xmas ♪
    ルフランさんの娘さんたちの楽しそうな様子が目に浮かびます(*^_^*)

    それに比べ、ヤング婦人部さんは何の罰ゲーム? 何の宿業?

    「親に福運があれば、子供はみんな良い子に育ち、立派に成長していくのです。まずは自分です。一生懸命、仏道修行に励んで、福運を積むのです」 ~勇気のトップランナーより抜粋~
    真面目で純真なヤングさんは、こんな指導を疑いもせず信じて、子供の手を引き、学会の詐欺の片棒を担がされているんですね。(私も、ヤング創価脳時代はこの指導に赤線ひいて、部員さんをまわってましたっけ(ーー;)

    創価は子供を人質にした 「福運つめつめ詐欺」 です。

    指導の文低(笑)にある、
    「学会活動しなっかたら、子供がどうなってもしらねぇからな!」 っていう
    脅し文句が怖くて、本来の自分を抑え、嫌がる子供をなだめて、世間の空気も読まずに、部員さんまわりしてしまうんですね。

    可哀そうすぎて、泣けてきます。
    私も、そんな時代があったからこそ、創価で頑張っちゃってる人の気持ちは、痛いほどわかります。

    この「対話を求めて」を読んでる、少しでも学会に疑問や、もや~っとしたものを感じてる方々。
    おもいっきて、学会の真実を、実態を、自分で納得がいくまで調べてください!
    創価発信以外のものを、自身の心のままに、常識的に判断してみてください。

    真実を知ることは、人間の権利です。

    人として当然の権利を行使して、罰が出るなんてこと、あるはずないですよね。

    世界中の正しい人々が幸せな日常を取り戻せますように・・・

  62. 皆様のコメントを読んで、思うことは罰だの仏罰などない!
    そんなものは、関係無かったと感じます。
    辞めてもなんともない。
    また、悪しき所は正宗のせいにするなど、やはり創価らしいですね。私は創価も正宗も顕正会や正信会も同じに感じますね。
    先日、法華講に行ったかたのここでのコメントを読んで、創価とおなじやんかとしか感じませんでした。顕正会は戸田時代創価の亜種みたいですし。
    私達が創価を辞めた後、法華講って選択を全く考えもしなかったのは、同じ匂いしかしなかったからです。
    そもそも日蓮本仏系には独善、カルト的要素が多々あると思います。
    こういう事を言うと、創価脳やYouTubeで活躍している?法華講のT田氏とか激怒しそうですがね。
    とにかく、罰もへっくれもなにもありえないんですよ。

  63. ぐうぐる様
    初めまして。スマイルと申します。
    『池田の顔が気持ち悪い』とのこと。
    そして創価のバリ活動家の元カノ女さんがおられたとのこと。
    いろいろ大変だったとお察しします。
    ぐうぐる様がおっしゃる通り、池田の顔が気持ち悪いと感じるのは外部、活動家問わず多くの人が感じるところだと思います。
    私の妻も『すごい変な顔!』と言っていました^_^
    ぐうぐる様の素直な気持ちが真実を表していると思います(^^)

    池田は顔が変だけでなく、スピーチも変です。
    池田のスピーチも覚醒した今ならわかるのですが、明らかに他人の書いた原稿をそれとらしく読んでいるに過ぎません。所々に自分の言葉を挟みながら。
    信者は『全て池田先生が書かれたスピーチ』と全く信じ込んでいます。創価の元職員の3人組が暴露しているように、池田のスピーチなど全て代作ということがわかってきました。
    詐欺と言えども、『宗教ビジネス』、ビジネスなので全てシステム化、マニュアル化されている。

    創価や池田を評価するのに様々な見方があると思います。
    『仏法を基調にした平和、文化、教育』と高邁な理念を一見掲げています。
    私は『実際に最前線の現場で何が起きているか?』
    『自身や家族、身の回りの学会員が幸せになっているのか?』を判断基準にするようにしています。

    何度も書き込みますが、
    創価と池田を守りに守り抜いた父は自死
    信心を貫いた母はガンで悶絶死
    会場提供のバリ活婦人部の方は会合終了後に息子に包丁でメッタ刺しにされて死亡
    私自身、女子部の頭おかしい人にストーカーされたり
    人殺しで刑期を終えた男子部員に金銭を要求されたり
    地区部長は不整脈でペースメーカー、身体障害者1級
    別の地区部長は、家庭内暴力
    牙城会の県幹部は友人から100万単位の借金して知らんぷりの上、DVで離婚されてました
    会合連れ出したらローソンの壁に立ちションする男子部員
    家庭そっちのけで部員周りを深夜の2時3時までして離婚した男子部部長
    ガンで亡くなった日蓮正宗の方を会合で罵倒する支部長
    題目あげまくって、幻覚見えて、題目の字がお坊さんに見えて私はこの信心が正しいと確信しました!とわけのわからないことを言っていた婦人部
    診療報酬不正受給プラス必要のない手術で人殺した病院の院長
    引きこもりの男子部
    コミュ障害で転職繰り返す男子部
    活動が重荷になって鬱病になった私の前任の男子部長
    同じく本部長もストレスでおかしくなっていました
    生気のない婦人部活動家による家庭訪問
    信心貫いていたのに脳梗塞になった副部長
    財務時期の会合で私の妻に『三桁しろ!』と執拗に迫ってきた婦人部幹部
    朝の7時から財務の振込の確認訪問
    学生で収入のない弟に対する財務の強要未遂
    自分で26部の聖教新聞を取っていた九州の県幹部

    本当にいろいろありますね〜( ´Д`)y━・~~

  64. 三枝 さん 2016年12月24日 09:21
    >異端の、日蓮本仏系ですが・・・

    Yahoo知恵袋
    Q;日蓮宗と日蓮正宗の違いを教えてください! prettybakajpさん 2010/1/13
    のA;に分かり易い回答がありますが、…

    何と云っても日蓮宗は「釈迦本仏・日蓮大菩薩」であり、仏教徒です。が、
    日蓮正宗系は「日蓮本仏、釈迦は日蓮の弟子か日蓮出現までの露払い」くらいの解釈であり、仏教モドキの“日蓮教”となっております。(創価はさらに池田教という魔界(カルト)教)

    人間には長所もあり欠点も又。日蓮に学ぶ点は、正義(定義は難しく時代により変化もしましょうが)を貫くに“権力を畏れて正義(日蓮の場合は法華経の教え)を放擲するな”。と、
    “己心を見つめて、救いの対象を西方浄土やカリスマに求めるな”。という点にありましょう。将に、
    権力にすり寄り池大ナンチャラブツの創価、の対極に有りましょう。
    法華経を毀謗してさえ地獄堕ち。と、云ってるのに“法華経・日蓮をダシにしての”金集め・票集めの詐欺働き。一体、「創価vs一般社会人」どちらに罰があるかは“理の当然”
    子供でもわかる道理。

    ぐうぐるさん 初めまして >人は見た目である程度判断したほうがいいですよ。

    “Daily Inspirationデイリーインスピレーション”
    リンカーンの人を見る目-On 9月 6, 2011-From 古賀令子

    大統領の顧問が閣僚の候補を推薦したとき、
    「顔が好きでないから」と言って断ったそうです。
    顧問は「顔は生まれつきのもので、自分に責任がないのでは」と反論したときの答えです。

    「40歳を過ぎれば、誰にでも自分に ふさわしい顔があります。」

    「その真意は、40年も生きてくれば、顔に相応の変化が現れる。
    いろいろな悩み、苦しみ、喜び、孤独、挫折、などの感情や心の起伏を経験した結果、ずっと賢明に、また寛大になり思いやりの気持ちも強くなる。
    それが、自然にその人の表情の柔らかさ、優しさ そして自然な笑顔が生まれ、他人から信頼され、信用される自分になる、ということです。」
    (以下省略)
    昔から「男の顔は履歴書」といいます。し、女もそうでしょう。(如是本末究竟等)

    “笑顔の天使・天地 真理”世代の私としましては、“老後破産の天地真理の現在”を見たときはぶっ飛びましたよ!
    ちやほやされて、人生の形而上はナーンモ考えずに生きて来たのだろうな~
    と、顔が物語っていますが救いは、顔に悪意がない事です。

    ここが“人を騙すことだけで生きて来た”池田の醜悪なオーラとの違いです。
    ニセ本尊に魔が棲む!。とは池田の邪悪が封入されているからなんでしょうね。
    「三十六計逃げるに如かず」。カメの如く、脱兎のごとく、人それぞれ、何とかして“創価魔界の結界”から離れましょう。

  65. ぐうぐるさん
    初めまして。
    >見た目で判断して正解であった。
    やはり、神様はわかりやすいように作っていると。。

    それってあるかもしれないですよね。
    オームのアサハラを見た時に、あんな気色の悪い男を信者たちが尊師と崇めているのが不思議でした。
    どうみても、まっとうな人間じゃない違和感ありありの顔。
    あの顔をみても、疑わないってどうして???と思ったものでした。

    イケダの顔も文鮮明や大川隆法なんかと同じで、信者じゃない人からみたら大嘘つき野郎独特な顔なのかもしれないですね。

  66. ぐうぐるさん、あにきさん

    ガマガエルは失礼じゃないですか?
    カエルさんに謝ってください
    私もアブラダヌキと呼んでしまったので、全国のタヌキさんに謝罪しました

  67. ぐうぐるさん
    初めまして。
    不思議ですね・・・。私も女子部時代から池田の目だけが好きになれずにいました。
    周囲の皆が池田先生大好き!って言っていてもです。
    それに、思いっきり笑った顔とか、誰かのために嬉し泣きしてる顔とかも全く見たことがない。
    尊大ぶってるといいましょうか。なのであくまでも教学や思想を学ぶようにしました。
    誰か一人を特別視するようでは、宗教は普遍的なものではなくなるので・・・。

  68.  40代非活壮年部のキリコです。遅ればせながらシニフィエさん、ブログ再会ありがとうございます。
     忙しくてブログをじっくり読む暇もありませんでした。相変わらず盛況ですね。またチョコチョココメントをさせていただきますので皆さんよろしくお願いします。
     さて、私は2014年11月から会合に出るのをやめました。2015年3月18日には勤行唱題をやめました。同年6月2日には新聞をやめました。
     2014年の財務は仕事の忙しさを理由にサボりました。2015年は100円、今年は10円という超ケチケチ財務。
     支援活動など一切していません。当然公明党には入れません。報告を求められたら迷わずエア報告です。
     それでどうなったか?
     仕事は以前より忙しく、今年は思いがけず海外でも仕事をさせてもらえました。人とつきあうのに選挙だの仏法対話だの新聞啓蒙だのというプレッシャーがないので実に気楽です。もう自分が学会員だと言うことさえ忘れそうです。いや実際忘れてることが多いです。自分にとって学会も学会活動も必要のないものだとわかりました。なので今が一番楽しい。
     罰の恐怖はないのか?と問われれば正直少しはあります。しかし、期せずして学会指導部が恐怖を払ってくれました。2014年11月の教義会則の変更で本尊の定義を変えたからです。それも時代に合わないからと言う実にご都合主義な理由によってです。
     なるほど、奴らは本尊をそのように考えていたのか。つまりは本尊の罰も功徳も信じてはいないということやね。
     こうわかってしまうと恐怖感は殆どなくなりました。罰なんかない。あるわけがない。

  69. 創価の活動をやめても罰などないよ。だから活動やめたっていいんだよというのは、罰が怖くて活動している会員にとっては、まさに魔のささやきに聞こえるでしょうね。ここで惑わされたら駄目だ。やめたら駄目だと葛藤している人もいるかもしれません。そのほかにも、私の知り合いのように、この信心には力がある。だから、創価を信じていればいつか願いは叶う。絶対に幸せになれる。と夢をみるためにやめない人もいるでしょう。「創価は詐欺」という言葉を信じてやめてしまったら、現実世界に引き戻されるだけ。今まで抱いていた「いつか」という希望が無くなってしまう。だから「創価は詐欺」だなんて信じるわけにはいかない。しがみつくことでわずかな希望を失いたくない。そのことでなんとか心の安定を保って生きて行けるって人もいるでしょう。でも、厳しいことを言うようですが「罰もなければ、功徳も無いんです。」どんなに夢を見ていたくても、創価の活動のご利益での功徳なんて無いんです。ただ無駄に時間とお金を取られて、一家和楽や、愛する人を遠ざけて、自分の人生の足引っ張られるだけなんです。夢をみてうほうほできるのは、会員のおかげて利益を得ている一部の連中だけです。それが現実です。でも、信心のおかげと思うような出来事が沢山あった。願ったら本当に叶ったこともある。功徳が無いとか力が無いとか、それはそういう体験が無い人の言うことだ。と反論したい人もいるでしょう。でも、きっとその願いは、題目長時間あげなくても、折伏しなくても、選挙頑張らなくても、新聞啓蒙しなくても、きっと叶ったことです。自分の絶対に叶えたいという気持ちを強化するためにあえて苦行をした結果です。ご利益ではないと思います。今は創価が生活のど真ん中にあって、世の中創価が中心で動いているような錯覚に陥ってるかもしれませんが、やめたらわかります。ただの洗脳だったと。仮想現実の世界と同じです。目の前に創価フィルターのついた眼鏡をかけさせられて、世界を見ていただけだと。自分の心を振り返ってみてください。実は創価の事どれだけ知ってるか?イケダセンセイってなぜそんなに人格者になれたんでしょう?もし、その情報が洗脳の為に作られたものでしかなかったら?一体あなたは何を信じているのでしょう?

  70. 昨夜までクリスマスパーティーを2回もやって思いっきり楽しんだマリーです(*^O^*)

    思えば、昨年脱会したあとの初めてのクリスマスは ちゃんとしたツリーも買って
    パーッ!と年忘れする気満々☆だったのに、まだ創価の後遺症がひどくて
    せっかくキラキラ美しいツリーを眺めながらも
    自分だけセンチメンタル感がハンパなかったものです・・・(;TωT)
    でも今年はいろんなものが吹っ切れて、パーティー準備からすでにウキウキわくわく♪
    心の底から楽しんだ、めっちゃ幸せ気分なクリスマスでした~✨✨(^O^)

    今年は主人のボーナスも脱会前よりアップして、財務の年貢納もないし、
    家のローンの繰り上げ返済や貯金もできるし、ちゃんと生きたお金の使い方ができてます。着実に老後の準備もできそうです。(笑) 脱会しても今までより良いことが起きますww
    創価脳だった時はナムナムしてれば最後は守られるから 遠い先のことは考えずに
    目の前の活動だけをひたすらこなして福運つけなくちゃってww 本末転倒やん(笑)

    みなさんのコメントも一気にまとめて読み、全員に「いいね」をしたくなりました(笑)
    で、また思い出したことは・・・
    どこを切っても創価の金太郎飴だった亡き母の財産。それは【創価の書籍】
    生前、母は貧乏なのに創価の書籍を爆買いしてました。(でも読まん)(-_-;)
    いつも「これはあんたたちの財産になるんだから」と言って
    私たち家族に財産分与するふうな言い方。(笑)いらんw
    姉はかなり昔に覚醒して非活になり、その財産分与先は父か私。
    内心、二人とも首を横にぷるぷる・・・w (((◎_◎;)))いらんいらんいらんww
    そして私が脱会したので、もう父しかいない(笑)
    その父も昨年母の7回忌が終わってることもあり、今年の夏にいよいよ財産放棄?(笑)で
    全部処分することを決めた。(よっしゃー!)
    捨てるのも大変な量だから某創価系○○オフに売ろう♪という話になり、
    いざ、持ってくと日蓮さんの重~い本は全部(何十冊)で600円くらい
    池田大仏のも重厚で新品同様(笑)なのが何十冊も。(人革は同じ巻が複数も)
    若い店員さんがポロリと、「池田大作さんのは売れないんですよね・・・。」
    って、はっきりくっきりと言った。えーーー!?(゚д゚)!(もう一度言うてww)
    こらこらっ、斎藤さん・・いや、「池田さんだぞ!!」wwと、
    トレエンばりにボケ突っ込みしたくなったのをこらえて、創価系の本屋でも関係なく
    池田大仏 代作本は立派な死筋商品だったと認識。(・´з`・)当たり前やん(笑)

    結局、創価の会館近くにある超マニアックな古本屋(そっちかいw)に持って行き、
    400円くらいでした。(あれま、売れたでw)

    お母さん、覚えてますか? あなたが財産と思ってた創価書籍の品々・・・。
    正真正銘の廃品でした~。(*□*;  池田アブラ団子のはマニア本でも価値低っ!(笑)
    では。。。今宵もメリークリスマス!✨🍻✨

  71. 元白ゆり長です。
    池田センセの顔といい、体型といい、声といいなんの品格も感じません。それは、S大生だった頃薄々感じていました。一緒に勤行する機会がありましたけど、ダミ声のぐちゃぐちゃ勤行と粘り題目で、驚愕しました。こんな人か師なんてどうして思えるのかと情けなくなりました。普段から勤行していないというのは本当だったのかもしれません。
    その池田センセの声テープが流れる大誓堂。私の財務がこんなもののために使われるのかと考えたら、財務止めました。
    勤行も唱題も今していませんが、していたときと同じくらい良いことと、悪いことがありました。
    バチなんて無かったと感じます。

  72. クリスマスイベントもおわり、ぼーっとしてます。

    ここで、つまんない替え歌を作ってみました。(赤いお鼻のトナカイさん)で。

    ♪真っ赤な おお嘘 創価の組織

     いつも世間の 笑い者

     みかねた その年 夏の終わり
     
     世間の友人は いいました
     

     暗い オカルト ペラペラの 

     あなたの カラコピ 役にたたない
     
     いつも 泣いてた バァチ(罰)が こわい
     
     でも  今度こそ
     
     やめちゃいました♪

    お粗末でした( ; ゜Д゜)

  73. S大卒、元地区幹部で4ヶ月前に覚醒ほやほやの楽観です。

    活動家時代。

    先生と共に
    先生と呼吸を合わせて
    先生ならどうされるか
    先生にお応えできるように
    先生にご恩返しするのは今よ
    師第の原点に戻って
    先生、先生、先生シャワーを浴びせられてましたが、
    一度たりともそう思えたことがなく。
    呼吸の合わせ方もわからないし、恩返ししようにも何をしてもらったかもよく分からず。
    本幹で先生が自画自賛する
    私です。全て私がやったんです。(その後大拍手〜)
    しらけてしまう自分。
    だめだめ、そんなこと思ってわ。私の信心が足りないんだ。
    家に飾ってある池田の写真。
    小さい頃からいつもあった写真。
    なんで先生はこんなにテカテカでまん丸の顔ですげー七三分けなんだろ。
    日本中、世界中飛び回って指導、激励されて想像もつかないくらい忙しく、体力も使うだろうに、なんでこんなにデブなんだろ。
    あーだめだめ、そんなこと思ってわ。信心が足りないんだ。

    覚醒してみて思うこと。
    潜在意識で元々嫌悪感があったんだろう。
    だから一度もすごいな先生って心から思ったことがなかったし、人に言えたことがなかった。
    仏法対話しても、信心の話はできたけど、池田に関しては何を話せばいいかわからなかった。
    憲章とかたくさんもらっても、だから何って感じだった。
    いつも無理やり先生はすごい、そう思おうとしてたんだ。

    って気づきました。

    キリコさん

    そうですね。私も覚醒する頃14年の11月の教義会則変更を知ったのですが、もはや日蓮仏法でもなんでもないですよね。
    まー日蓮仏法自体も胡散臭いんで。
    これを知ってからは、罰なんて絶対ないわ〜って思えます!

  74. 60代前半、宗教心ゼロの壮年部Toppoです。
    本当は、「壮年部」というくくりに入れられるのも癪に触るのですが。
    信心歴14年。途中の7年目あたりで覚醒しましたが、妻の創価脳をどうすることもできず,籍は置いたままです。最初の7年間で貢いだ財務が1000万。何の自慢にもなりません。今、「あの金が有れば」と思うだけです。自営業がうまくいかず、師走の風の冷たさが身にしみるこの頃です。
    何人かの方がおっしゃっておられるように、私も最初から池田を受け入れ難く感じていたものです。
    あの顔!あの声!内容のない話。尊大な態度。
    一体どんな人生をおくればあのような醜い顔になるのか。
    悪党なら悪党なりに、それなりの面構えというものがあるはずなんですが。
    あれはただ、ひたすら醜いだけ。
    内面が表れているということです。親を怨むような話じゃない。
    ある副会長からこんこんと説教を受けて、師弟というものがいかに大事か、せんせーを求めぬいていくことが何より大切としつこく言われましたが、正直、あほらしいです。
    うちの貧乏をさすがに知りぬいている妻は、財務は今回は一口でとどめておいてくれましたが、私の前で、聖教新聞を大声で音読します。私は、さりげなく立ち上がって無言で別の部屋に移動します。創価シャッターならぬ常識人シャッターが、私の中でガラガラッと降りてしまうんです。
    宗教なんかに頼らず、自分の力で、絶対に生活を立て直してやるつもりです。
    皆さん、いかがでしょーか!?(ここは創価風で)
    最後に、「この罰あたりが!」とどなりつけてやりたい。池田とその手下どもに。

  75. マリーさん
    犬作先生の本は欲しい人は新品で、指定された本屋で買うのが正しいのです
    新品だと印税が入るのと、調査対象の書店で買うと売り上げランキングが上がるからです
    読みもしない本を古本で買う人はいません

  76. では久々に替え歌をひとつ
    今日はやはりクリスマスにちなんで
    山下達郎さんの「クリスマス・イブ」で歌ってください
    ありもしない罰の恐怖を乗り越えて
    あとちょっとで創価が詐欺だと気付けそうな学会員さんに贈ります
    創価から恐る恐るでもちょっとだけ外の世界を覗いたら
    そこには普通の人々の素敵なスマイルと
    真実のきらめきがあることにきっと気づきます
    自分を信じて思い切って外の世界を見てみましょう!
    そんな歌です。

    ♪ 疑惑(アメ)は夜更け過ぎに 確信(ユキ)へと変わるだろう
    功徳な〜い 罰もな〜い
    きっと何もな〜い ひとりきりでナムナムナ〜ム
    功徳な〜い 罰もな〜い

    心深く 秘めた想い 叶えられそうもな〜い

    必ず今夜なら 言えそうな気がした
    功徳な〜い Oh yeah! 罰もな〜い

    (間奏)ダバダバダバダバ ダバダバダバダバ
        ダバダバダバダバ ダバダバダバダバ
        ダバダバダバダバ ダバダバダバダバ
        ダバダバダバダバ ダバダバダバダバ

    まだ消え残る 罰への恐怖心(おもい)
    闇へと向かう心

    街角には 素敵なスマイル
    真実のきらめき
    気づいた今夜 もう戻れな〜い

    疑惑(アメ)は夜更け過ぎに 確信(ユキ)へと変わるだろう
    功徳な〜い Oh Oh Oh yeah! 罰もな〜い
    きっと何もな〜い ひとりきりでナムナムナ〜ム
    功徳な〜い Oh yeah! 罰もな〜い
      

  77. あにき様、スマイル様、カガテツ様、レモン様、ジョンソン3号様、元栄光地区婦人部様
    はじめまして
    ありがとうございます。
    カガテツ様
    謎がすべて解けた気がします。
    「いろいろな悩み、苦しみ、喜び、孤独、挫折、などの感情や心の起伏を経験した結果、ずっと賢明に、また寛大になり思いやりの気持ちも強くなる。」
    まさにその通りだと思います。
    池田大作にはこのような感情を味わう心が欠落しているのでしょうね。
    気持ち悪さの正体が理解できました!

    彼女は3世でした。
    母親は5年前に自殺。
    姉は高校卒業後すぐに引きこもりを始め、現在まで20年間引きこもり生活。
    彼女自身大学時代にうつ病になり10年近く闘病生活。
    それら不幸の原因は父親にあると言ってました。
    父親が家庭のなかで威張り散らし彼女は父親が怖かった。常に父親の顔色を伺いながら過ごして来た為だと言っていました。
    彼女はそれら辛い事をすべて題目をあげる事で乗り越えて来たと言っていました。
    言いかえるとそれらすべての辛い経験を題目をあげる事で心の底に押しやった!中途半端に大事な感情を心の底に押しやった!
    なので、
    「いろいろな悩み、苦しみ、喜び、孤独、挫折、などの感情や心の起伏を」きちんと感じなかった。題目をあげて中途半端にリセットした!

    彼女はよく人の気持ちがわからないと言ってました。
    池田大作は元々から心が無いのでしょう。
    彼女に照会されて何人か学会員さんに会いました。皆さん何故か笑顔が嘘臭く不気味に感じました。
    彼女は過去の不幸をずっと引きずっていました。
    題目をあげる事によって大事な感情を、心の起伏を、潜在意識の中に押しやったからだと思います。

    私は彼女の話をもっと聞いてあげれば良かった。
    彼女が心の底に押しやった感情を一緒に味わい共感してあげれば良かった。
    辛かったね、寂しかったねと一緒に味わい共感してあげれば良かった。
    彼女の心を知ってあげれば良かった。彼女には辛さ寂しさを共感してくれる、理解してくれる人が回りにいなかった。

    だから、ガマガエルに騙された。
    題目をあげるしか生きていくすべがなかった。

    よくわかりました。

    彼女は近い将来、信仰に人生に、行き詰まるでしょう。

    なんとか乗り越えて欲しいです。

    スマイル様
    お辛い経験をされたと思います。
    言葉がありません。

    ありがとうございました。

  78. 清しこの夜に池田の顔の話で盛り上がっているシュールなブログに乾杯。
    嘘つき顔なんて、テレビ付けたら沢山見れますが、やはり先生の御尊顔は別格です。
    先人の名言を勝手に紹介しては「良いこというねぇ◯◯は」なんて、どこかイカれてなきゃ言えませんよ。普通なら何様だこいつってなりますもん。創価脳はそれでも、先生最高、先人より偉いって思っちゃうんだもん。群衆心理って怖いよねー。早くそこから去らないと、どんどんおかしくなるよー。
    メリークリスマス。

  79. こんばんわ

    私も池田がきらいでした。生理的に無理でした。
    権力に生きる人間の目、笑わない顔。慈愛に満ちている姿は偽善にみえました。

    学会の、万歳三唱も最後までできませんでした。
    金のセンス、ぶんぶんもしませんでした。
    体質的にも生理的にも学会の全部がなにもかも合わなかった。

    軍歌のような歌も、先生を賛嘆する歌も、三色旗振ることも、せんせいーーと叫ぶことも出来なかった。
    恩を感じることもなく、一人一人に題目をあげています、との言葉も信用できなかった。
    先生に子供の名前をつけてもらおうとは考えたこともありません。
    先生につけてもらった人にはすみませんが、昭和初期の古くさい名前で浮いている子が多いです。
    先生の息子達3人には深い意味がありそうなご立派なお名前で、末端会員のお子さんはそれなりの昭和初期で違和感がありました。
    名前も時代に即したらとおもいました。
    りれーメッセージもいつも私でとめていました。。。先生、奥さまが、どこそこへ行くので事故、晴天を祈りましょう、、と。降るときは雨もふるし、事故にもあうときはあうと思ってまいましたから、冷めていました。
    自民党打倒の寸劇見るのも恥ずかしかったです。それが、今では連立与党ですからねぇ

    色々な党と組んだり、新進党を作ったり、そのたびに会員さんは翻弄されてきたのです。
    宗門の件も醜い争いをはじめ、今だに悪く書いている。
    創価新報、聖教の記事はひどすぎます。
    会則変更の繰り返しで多くの会員さんは疲弊しきっているのではないでしょうか。

    カガテツさんの勉強知識でわざわざ、私、本を取り寄せなくてもいいような感じです。
    基調な資料、知識いつも教えてくださり感謝です。
    毎日このブログの膨大な資料だけでも追いかけていることで精一杯です。
    この、ブログ、形にしたら御書くらいありますかね(笑)

  80. 昔読んでたお経の中に、「如是相」ってありました。
    ハンサムとか不細工とかの範疇を超えて、生理的に無理な顔があの尊大な丸顔なのかもしれないですね。
    普段の思考や人柄が顔、特に目に出ますよね。
    人は無意識的に、その人物が醸し出すオーラ的なものを読み取っているのかもしれませんね。

    かつてバリ活時代に、一度だけ池田を生で見たことがあります。
    地域の大きな会合で、確か創価大学の建物内で開催されたように記憶しています。
    当時は信心もあったと思いますが、池田のスピーチが始まるとなぜかあくびが止まらず、あくびをかみ殺すのに苦労しました。
    周りの人間は、目に涙をためてウルウル状態の方もおおかったのですが、異様なムードでした。
    覚醒した今考えてみると、本能的に偽物を嗅ぎ分けていたのかもしれないと思えます。
    彼のスピーチの内容もつまらないものが多かったですね。
    歴史上の偉人の名言の棒読みで、全く心に刺さらなかった。
    洗脳が解け始めた頃、「お前、もっと人の心に突き刺さるスピーチできないんかい!」って大画面の前でツッコミを入れてましたっけ。
    コップの飲み口を手のひらで押さえて、たまにゴクゴク飲む場面に、「きたねーな。手を洗ってんだろーな」とか、机をバンバン叩く場面では、「おい、うるせ〜ぞ」とか思ってました。
    あの勇姿?を二度と見られないと思うと残念です。まあ、見たくもないけど。

    クリスマスが終われば、世間は洋風ムードから一気に和風ムードに様変わりしますね。
    この時期、なんだかワクワクします。(こどもか!)
    初詣では、近くの神社に行って、家内安全と仕事が順調に進むこと、そして世界の自然災害や戦争やテロがなくなることを祈念してきます。お賽銭は奮発して200円にしとこ〜っと。
    神様、出世払でお願いします。
    ^ – ^

  81. マリーさんの古本の話、私も経験したからよくわかります。
    父の遺品の書籍を処分しようと古本の業者を呼びました。
    いざ査定段階になると、『学会さんの本は値段がつかないんですよね。日蓮さんの御書の講義のは引き取れますけど。』と。処分する費用が余計にかかるということで、池田の本は引き取りさえもしていただけませんでした。
    結局、『何でも処分します屋さん』にゴミとして持って行ってもらいました。また、父の住んでいた地域の学会員がハイエナ、ハゲタカの如くダンボール箱📦何個分も持って行きました。ついでに玄関先にあったプランターも持っていかれました。
    卑しいというか浅ましいというか。。。

    ちょうど覚醒したとこだったので、ハゲタカ支部長に向かって『本尊の解釈変わったのだけどどういうことですか?』『池田先生の体調は?』と聞いても、シドロモドロの返答しかありませんでした。
    『日顕宗が悪い』とな『奥様が膝が悪いから出てこれない(意味不明)』『我々弟子に託されている』などなど。創価班上がりの現役支部長ですらこんな体たらくです。
    洗脳というか、『自分の信じる創価を何とか正しいものと理解しよう』と されているのでしょうが、あまりにも矛盾やおかしなところだらけなので、『思考停止し』するしかないようでした。

    ぐうぐる様の『学会員の笑顔が嘘くさい』、まさにその通りです。『創価から離れたり疑うとバチがあたるぞ』と脅されていますので、感情を押し殺して思考停止しているのでそのようになるのでしょう。

    キチンと自分の頭で考える事が出来る人は創価にはまらないし、自分の頭で考えれない人は創価から抜けられないのでしょうね。

  82. 滋です。おはようございます。
    池田は本当に気持ち悪いですね。
    池田の話し方も下品で頭も悪そうで、勤行にしても、テンポも悪く、声が汚くて不気味です。あれを創価脳は先生の勤行はパワーがあるとか言うんですよね。信じられない!

  83. おはようございます。
    楽観さんのコメントにあるように、私も池田センセはなんであんなに太ってるだろって思ってました。
    寝る間を惜しんで執筆、指導激励、海外の識者と対談など、想像を絶する激務をこなしてると信じ切っていた、私の最大の疑問でした。
    普通の食生活をしていれば、あそこまでにはならないはず。

    創価に疑問を持って、日々研鑽していく中で知った、ネットや暴露本で書かれている、毎晩の豪華な宴会。
    「あ~、だからね~。でなきゃ、あんなにならんよね~。」と、
    バリ活時代の、最大の謎が解けた瞬間、すべてが、嘘で、偽善で、バカ正直に信じてた自分に、ただただ笑うしかありませんでした。    (ーー゛)

  84. signifieさんの替え歌の才能に驚かされています……
    一人きりでナムナム……
    切ない歌ですね(;_;)

  85. 元栄光地区婦人部さん、替え歌を褒めていただいてありがとうございます。
    実際にYOUTUBEで山下達郎さんの歌を聴きながら、替え歌(歌詞を部分的に替えるだけなんですが)を考えていると、あの切ないメロディと創価に騙されている学会員案の悲哀が重なって複雑な気持ちになりました。考えてみると、学会員さんは世界のほとんどのものを否定しなければ生きていけない人間になってしまってるんだなと、あらためて思いました。
    日蓮正宗以外の宗教を邪宗と呼んでボロクソに叩いていた創価学会ですが、日蓮正宗から破門された途端に日蓮正宗だけを諸悪の根源であるかのようにボロクソに叩き、それまで邪宗と呼んでボロクソに叩き続けていた日蓮正宗以外の宗教を特に否定することのない他宗と呼ぶようになりました。そしてそうした自分たちの教義の変更についての根拠を示すこともありません。強いて言えば「時代は変わったんだ」のだそうです(笑)。宇宙根源の法則が時代によって変わっていいものなんでしょうかねえ(笑)

    第3シーズンになってから、皆さんのコメントがますます深いと言いますか、核心をついてますね。今話題になっている「池田の顔が気持ち悪い」というのは、何も知らない人がこれだけを読んだら、ただの悪口にしか思えないでしょうが、これが創価が宗教ではななく詐欺でしかないということの動かぬ実証であることの象徴的な言葉として、創価を体験してきた人だからこそ言える、そして共感できる言葉なんですよね。そういう意味で「池田の顔が気持ち悪い」という言葉の背景には、創価の真実が端的に現れていると思います。ちょうど「日本死ね」みたいに、それだけ聞けば、なんてこと言うんだと思われがちですが、その言葉に至る背景を思えば、なるほどと思います。
    私も生まれた時から創価に洗脳され続けてきましたが、それでも池田を尊敬したことは一度もありません。中学2年生の夏休み、大石寺での全国中等部総会に参加した時に、すぐ目の前に池田がきました。周りの中学生はみんなボロボロ涙を流しながら「センセー!センセー!」を絶叫します。ものすごい異様な熱気の中、私はひとり冷めていました。ここではみんなと一緒に「センセー!」と叫ばなくちゃいけないんだろうなと思いつつも、ついに自分の口からセンセーの言葉は出ませんでした。日蓮仏法も創価も正しいと教えられてきました。自分でもそうなんだと信じてきました。でも最初から最後まで、池田のことはなんとも思えませんでした。池田については教えられてきたことで、いろいろ偉いんだなあとは思っていましたが、それでも人生の師匠であるとか尊敬するという気持ちにはなれませんでした。だから、学生部や男子部での活動でも「先生にお応えする」とか「先生と直結の信心」と言った言葉は自分で使うことはありませんでした。あくまで自分が信じているのは日蓮仏法であり、俗物的な創価の人間関係とは別物だという気持ちがいつもあったから、結果的に今の覚醒へとたどり着けたのかもしれません。私の場合、ある程度組織活動はしても「これ以上やると自分じゃなくなる」という不安感があったので、周りの同志がどんどん幹部になっていく中で、ふと自分だけ活動しなくなったりする変人だったのかもしれません。もともと群れることが嫌いな性分だったのが良かったのでしょう(笑)

    「罰なんかなかったよ」というのは、言い換えれば「罰が恐ろしくて止められなかった」ということです。じつはこれが学会員さんの本音ではないでしょうか。学会員同士では「最高に幸せになれる信心」とか「これで人間革命ができる」とか「一生成仏が約束された」などと夢のようなことを言いあっていても、心の中では「池田の顔が気持ち悪いと思ったらバチが当たるんじゃないか」とか「通勤時に駅のホームで転んだのは朝の勤行サボったからだ」などと何かにつけて「悪いことがおきやしないか」とビクビクしているというのが本音ではないでしょうか。無理をして無理をして、本音を隠しに隠して、学会員同士でも思ってもいない夢物語を語り合い、学会員ではない人に対しても、創価が最高の宗教であるかのような顔をしていなくてはならない。その嘘臭さは一般の人からは見え見えだというのに、それでも取り繕わなければならない学会員。そんな偽りの人生が楽しいわけがない。幸せなわけがないんですが、学会員さんは罰が恐ろしくてやめられないんですよね。
    ということで、「池田の顔が気持ち悪い」とはっきりと言えるということは、創価が宗教ではなく、功徳もなければ罰もないただの詐欺だということにはっきりと気がついたという証拠なのだという意味なのだと思います。創価の洗脳から抜け出すことができた証拠だと思います。

  86. こんばんは

    遅くなりましたが、スマイルさん、レイラさん、ありがとうございます。
    クリスマスパーティの買い出しや準備に大忙しで、クリスマスが終わると次は断捨離に燃えてます(笑)
    無駄に高い紙、このまま燃えるゴミに出してやろうかとも思いますが、後々ややこしくなっても困るので、巻くだけにしておきます。

    悪夢はまだ見ていませんが、やっぱり交通事故や火事が怖いです。
    子供もいるので安全に注意しながら生活しています。
    デーサクの顔とデブとピアノの下手さ、こんなに盛り上がるくらいにみなさん思ってた事だったんですね(笑)
    常に微熱がある中、寝る間も惜しんで執筆してる割にデブだなーと思ってました\(^o^)/

  87. 犬作先生の話ですか
    近所の映画館でアウン=サン=スーチーさんの映画を見る機会がありました
    ノーベル平和賞を実際に受賞した人はどんな人か興味があったのです

    脚色されている部分もあると思いますが、犬作先生とは正反対の人物です
    銃を向けられても怯まない
    「私を殺せば暴動が起きるから殺せない」
    いつも周りを囲まれて、身内の前だけで威張っている人がノーベル平和賞を受賞するわけがないと確信した映画です

  88. こんばんわ!

    池田嫌いがこんなに多くて驚いています!
    私だけが特別、異端児ではなかったんですね。管理人さんまで、そのような思いだったのですね!
    時間はかかりましたが私も脱会する才能はあったんですね(笑)

    池田の指導で「勤行、唱題は白馬がリズミカルに、パカパカ走るように、、、」的な指導がありましたよね。
    でも、実際は、池田の題目が私にはこう聞こえるんです。
    。。。あぁんにょうーおーれんにぇぎょうー(南無妙法蓮華経)。。。って、どうしてもこんな風に聞こえてしまって。
    勤行も、大きな声で、早くて、なに言ってるのか分からなくて、心を合わせる?のが大変でした(笑)

    創価は池田からして言ってることと、やってることが大違いです。
    言葉では、「無名でもいいんだ!富や肩書き名誉に操られている人間ほど、愚かで惨めな人生はない。不幸である!本当に偉大な人は実に謙虚だ!」これ、どの口が言ってるんだ?
    ゴーストライターが、池田にそうなって欲しくて書いたのかな?(笑)

  89. 非活約1年、二世、アラフィフのあにきです。
    ルフランさん。池田の勤行、題目ネタできましたか・・・
    バリ活時代は、それに合わさないと信心がない、と思っていました。
    今は、まともな発声ができていない、あんなもの法華経でも題目でもない、と思います。
    1文字だけ違うと思っているところを指摘させていただきますが、私は、あぁんにょうーおーネんにぇぎょうー、と思うのですが・・・

  90. あにきさんをはじめ、アラフィフの方々が大活躍ですね。
    いいぞいいぞ。やっちゃえ、アラフィフ。負けるな、アラフォー。*\(^o^)/*
    アラフィフど真ん中のラザリスでございます。
    というわけで、テーマに戻ります。
    活動家時代の本音、一番嫌だったのは「仏法対話」と「公明党支援」ですね。
    職場や趣味でせっかく仲良くなれた仲間に、「実は俺、創価の信心してて・・・」
    この瞬間が、めちゃ嫌でした。
    会合などに誘ったり、選挙を頼む中で、だんだんと疎遠になっていった大切な仲間たち。
    幹部に言わせれば、自分に縁のない人間は自然と遠ざかるし、自分の成長にとって不必要な人間たちだというような指導を受けました。
    今思えば、自分の成長にとって不必要な人間などいないだろうし、何と自己中心的な考え何だろうと呆れます。
    創価にとっての人間の価値とは、金と票を集めることのできる人間と、その人間に黙って付いてくる従順な人間の方が価値があるということです。
    弱い自分を乗り越えるだとか、自分の殻を破る戦いだとか、都合の良い言葉でまんまと騙されました。
    自分のこころの声に耳を傾けること、これが何より大事ですね。

  91. 連投失礼いたします。
    あれは覚醒前の2014年秋、大誓堂勤行会に参加した時の事。ようやく番が回ってきたと思って、創価脳らしく、敬虔な気持ちで参加したつもりです。
    いざ勤行となり、当然導師の声にあわせると思ってたところ、聞こえてきたのは
    ダミ声の「あぁんにょぉ~~」です。

    「??」
    ってか、それを求めてるわけじゃない。
    学会ってこんな風だった??

    覚醒の引き金になったエピソードの一つです。
    一緒に行った、同じくユル活の子とは、そこは触れちゃいかんという空気になり、歓喜が湧くどころじゃありませんでした

    大聖堂行って、覚醒する人もいるんじゃないでしょうか?

  92. 池田の題目の話題が出ていますね。

    そういえば姿を見せなくなる前、本部幹部会の同時中継の最後に池田が導師で数分題目を唱えたことがありました。

    今思えば、大誓堂での池田の題目の音声を録音していたのかもしれません( ´Д`)y━・~~

    それを『池田先生は一緒に唱題をしてくださった!』と感動していた自分がいました。

    出てこなくなる前の最後の数年は、スピーチも発音が不明瞭なので何を言ってるのかわからないことが多々ありました。
    あと、原稿を長谷川に読ませたりしていることがよくありました。また『あとは新聞に載せとくからね』と言って疲れたのか途中で切り上げたりしてました。

    もう生の姿を見ることもないでしょうが。

    池田死亡の発表は近づいています。もうすでになくなっているかもしれませんし、生きているかもしれません。

    ただ、もうすぐそこまで来ています。

    池田亡き後、しばらくは勢いあると思いますが、10年たったらかなり衰退しているでしょう。

  93. あにきさん、こんばんわ!
    コメントありがとうございます。
    おと、ネの違いですね、他はだいたいあんな感じで皆さんの耳にも聞こえていたかもですね(笑)
    ホントに変わった題目する人でしたよねー(笑)

  94. 「対話を求めて」が再開されて、私の生活の一部(母のサポート担当)もまた前向きになってきました。
    子供の頃、高熱を出して辛い状態で寝ている私を見下ろし、「信仰しないからこんな事になるのよ」と言い放った母でしたから 許さなければ思いながら悶々とするものは消えませんでした。
    でも、経験された皆さんのコメントを読んでいると 母の発していた言葉は、母のオリジナルではなく、上から降りてきたものをコピーしていただけだったとよく分かります。
    憎むべきは母ではないと。
    単純な私は又元気に母の支払いに行ってきました。かつて創価学会に組しない事でずいぶん罵られましたけど(身体的暴力はふるわれていない)、現在覚醒し、過去を悔い、謝罪する母を今度こそ許そうと思います。脱会した母は罰どころか 九死に一生を得て幸福に暮らしています。先日手術跡を見せて「貴女のおかげで助けられた、私は貴女に酷いことしたのに」と涙を流しながら手を合わせて拝まれて慌てました。 私のおかげではなく、こうして創価学会の活動の実態を知る事が出来るブログに出会い、その結果騙され搾取された母を援助できる心情に私がなれた事。そのおかげでしょう。
    ただ笑ってしまったのは「宗教は人を変えるのよね」と自分で言っている事です。どの口が言うのかと思いましたが、でもほっとしました。いまだ親戚にハブされてますけどそれは致し方ありません。いつか元のように仲良く行き来できる日がくればいいなあと夢見ています。

  95. スマイルさん >池田死亡の発表は近づいています。>もうすぐそこまで来ています。

    との事ですが、ここに来て池田動画のアップが狂い咲いたように続いています。
    「創価の大道」「池田先生と世界の友5」「池田先生とカナダの友5」「池田先生と共に」
    「池田先生とアメリカ訪問の旅」「「池田先生とヨーロッパ訪問の旅」「池田先生と世界の知識人5」……次から次へと将に堰を切ったように~

    本当に発表マジカ?の雰囲気のyou-tube界です。

    ※ 延べ30万人が参列した、“戸田城聖氏葬儀 昭和33年 ニュース”

    大仏センセーなら、さぞや100万人からの参列者が蝟集するのでしょうか?
    まさか、大幹部にありがちな“家族葬”で、1週間以上過ぎての発表はよしてね!。

  96. 無駄な紙ちょーだい♪
    アンチが嫌い 池田のピアノ
    (CM終了)
    はい、皆さんこんばんは。
    ネットだといくらでも好きなように書けるという自由さと恐ろしさがあるので、このブログをその辺のブログと同列にしないためにも、自身の戒めは忘れずに書き込みたいなぁなんて思っているm.c.LIARです(今更)。

    今回は覚醒途中の、グダグダと思い悩んでいるどこかのあなたに(いたら届け~)グダグダ語ろうと思います。
    結局、池田の話よりも断然面白いのは、あんなのに騙されてきたっていう、それで恥をかいてきた自分自身ですね。
    自業自得と一言で片付けるのはいいんですが、どんな心境でやっていたのか、どんな心境だからやめたいのか、創価脳はちゃんと抜けているか、真の理解者はどこにいるか。こういった事をちゃんと自分で一つ一つ分析して理解していかないとMCは抜けません。ネタに昇華できるまで分析しましょう。外部面してもバレるよ。ネットじゃなくて、リアルの話。本当の外部はちゃんと見てるから。
    アンチのみんながそう言うから~とか、このブログに書いてあるから間違いない!~そんな気持ちで創価バッシングしてたら逆に悲惨だと思う。結局連れ戻されるんじゃね?そんで、また後悔する。ああ、自分はなんて事をしてしまったんだ!地獄行きだ!題目上げなきゃ!なんて。

    『学会やめてもかわんねーなLIARは』なんて仲間に言われます。学会員はそんな事を言われたら悔しいでしょう。変わるためにやってんだからね。
    でも、外部はそう。見てくれているんですよ。学会とか関係なく、人の良いところをちゃんと、ね。バリ活脳だけが見てないだけ。見ようとしていない。人の不幸を嗅いで寄ってくるハイエナな訳。
    こっちがいつまでも創価脳だから、妻に『まともになったらつまんねーな』なんて言われたら、リアクションに困るわけ。
    自分の問題なんですよ。
    だってもう、誰もコントロールしてくれないんですから。自分が自分のパイロットなんですから。
    目的地もルートも時間も、全部自分で決めるの。
    こんな自由さとスリル、楽しまなきゃ損ですよ~と言いたいですけど、人それぞれありますからねぇ。やめないという選択肢ももちろんあるでしょう。否定はしないよ。でもね、

    私は、いつかは完全に手放したいです、こんな怒りは。だいぶ落ち着いたけれど。無駄に怒る自分も、無駄に高い紙と一緒に丸めて、池田の頭に差し込みたい(じゅーぶん怒っとるやないかいwww)
    うーん!ムダなイケダ!(ピコ太郎)。あ、ついうっかり。

    やはり、自身の反省を棚にあげて池田や幹部の悪口ばかりでは、活動家と大して変わらない気がします。どの口が言ってんだよ、とお思いでしょうwww
    でも私、受け入れて、認めて、反省して、乗り越えていく事が、現実に必要な事を知っています。難しいです。辛いに決まってる。でもこれが出来なかったら覚醒なんて意味がない。一生創価脳のまま。活動しないだけましってだけのお話です。

    私の場合は、俺はそんなの死ぬより嫌だ。元に戻せ!と、心が叫びました。

    覚醒してからのほうが辛くなっちゃった、もしそんな人がいたら、誰のコメントでも構わない。ブログを遡って、心境の変化を感じながら読んでいくといいと思います。
    このブログが、いつまでも精神安定剤的な役割ではなく、情報収集ツールです、くらいの気持ちで読めるようになれたら、あなたがバリ覚醒者になれた証拠でしょうよ。そうは思わないかい。

    覚醒すれば確信する。池田はどう見たって毎日勤行唱題してる人ではないと。だって、自分等が散々やってきたでしょうよ。毎日アホみたいにやってきた人からみたら、一目瞭然だと思うんですよね。ああはならないでしょう、普通。
    アホが真似するからやめましょうセンセーって、心ある人が周りに居なくて、誰も言えなかったんでしょうよ可哀想に(慈悲の心)

    ちゃんと物事を見れるようになると、そう見えるんですよね。凄くよくわかりますよ。だから余計に連中がおかしく思えるのも無理はないんですけど。
    MCってそう簡単には抜けないからね。誰だってリハビリは必要。だから無理しない事が一番。

    私がバリ活、ユル活、そして非活を経験しても、覚醒するまで全く変わらなかったものが
    『どこかで何かを見下さないといられない自分』でした。生まれつきそうだったのかも知れないし、生い立ちや出会いもあったんだろうけれども、何よりも教義や学会指導が自分の感じてきた事に見事にガチンとはまり(群衆心理によってそう思ってしまう)、コロコロとカスタマイズされてきた事が一番の原因だと『覚醒したから』気付けました。
    覚醒して脱会。脱会して覚醒。様々ありますけど、創価に毒された部分はきちんと分析したほうがいいに決まってます。
    早く本当の自分を取り戻しましょう。まだまだこれからでしょ。人生楽しまなきゃ。

  97. ルフラン さん 2016年12月26
    >わざわざ、私、本を取り寄せなくてもいいような感じです。

    本は場所を取りますし、収集家の一番の敵は“置き場がない”です。
    なるべく、本は借りて読むなり、ネット上のブログを読むのが“今の時代”でしょう。

    創価との対比の為、日蓮を持ち上げ過ぎましたが、日蓮は基本的に「受験秀才」であり、記憶力は良いのですが、自分の頭脳で社会・人生を考える力は0です。
    日蓮は釈迦にゾッコンのファンであり、法華経は釈迦の教え(釈迦の著作)であり、100%正しいと信じていました。
    ですから、日蓮本仏系の正宗系は日蓮が居たら、「この馬鹿野郎、お釈迦様を差し置いて私が仏な訳(ワキャ)ぁ無いだろが」と、頭から湯気でしょー。

    日蓮は「立正安国論」にはじまり、「立正安国論」に終わる。と言われるくらいの位置付けですが、この正月の暇な時間に(てんてこ舞いで暇は無いかも!ですが)でも、“立正安国論に見る日蓮のカルト性”を、お薦めします。
    http://park5.wakwak.com/~soka/risshou.htm

    ※ 現代日本に何故鎌倉時代のような教祖が出ないのか?の回答に、
    「教祖になれるほどの独創的な人は皆、精神病院へ入院しているから」という答えを見たことがありますが、さもありなん。

  98. カガテツさん

    コメント有り難うございました。
    なるほどですね。ご紹介いただいた、日蓮の立証安国論から始まり、立証安国論で終わるを読んでいます。時間はそれなりにありますから、全編ゆっくりと読み進めてゆきます。

    小六の時、大人向けの日蓮を全巻読んで、偏っているけど偉いお坊さんだなと子供らしく感じていました。
    脱会してからは(正確にはその何年か前)から、日蓮について考えていました。
    日蓮は今でいう、統●失●症(誇大妄想、天王妄想、)か、アスぺ●●●症候群だったのかなと思っています。
    コミニュケーションが取れず、衣食住が自分では出来ず、弟子から世話されなければ、食べ物も書く紙も筆もない。時代的、日蓮の置かれた立場を考えれば仕方ないかも知れませんが、私の目から想像するに、コジキ坊主的で、町の角での辻説法も異様です。

    時の政府に、法華経を拝まなければ、蒙古襲来、国が滅びるなど、日蓮はどの時点で悟ったのか?妄想?

    龍ノ口の法難も物語性が強く光り物で命を救われたはカルト色を感じてしまいます。政府は資料に書かれていますように、脅し威嚇だけだったのかも知れません。佐渡、伊豆流罪はわかります、事実ですね。

    最後、身延で終わったのも、政府から山に追いやられた可能性は濃いですね。

    じっくりと先入観なしに読み進めてみます。
    さして、興味は薄れていますが、違う一般人の視点から読んだら新しい発見があるはずです。しかも、会員時代より、勉強できる機会が増えて知識が広がるのは嬉しいことです。皮肉ですが。
    会員時代は片寄ったつまらない学会書籍に押し潰されそうでしたし、知識もへったくれもなかったので、脱会して仏教をさらに中立的にじっくり学べることは、すごいことです、私にとって。

    カガテツさん、有り難うございました!

    ps

    本の整理、処分の大変さを経験しましたよ、私も。
    BOOK・OFFに行くのも疲れる割りに安いので、だいたいの本は読むたび、雑紙の日に捨てています。
    学会さんの本は皆さんの言うように売れませんでした。でも、ただで引き取ってもらえました。
    池田生き仏の本、1円の値打ちもありませんでしたよー(笑)

  99. カガテツさんへ

    日蓮のカルト性の間違いです。
    読んでいます。分かりやすく深いです。
    重ねてお礼申し上げます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中