創価脳の彼氏(彼女)のもたらすもの

先のスレッドでの、ゆんちゃんさんからの問いかけは、とても切実な問題だと思います。この問題はあらためて皆さんからのご意見を伺うべきものだと思いましたので、別のスレッドとして作りました。ゆんちゃんさんからのコメントは以下の通りです。

________________________________

こんばんわ。
ブログが再開したときに1度コメントさせていただきました彼が創価学会のゆんと申します。
脱会された方、おめでとうございます☆

今回のタイトルと主旨が違うことをわかっていてどうしても覚醒された方、脱会された方にご相談がありコメントさせていただきます。
signifieさま、もしダメでしたらコメント削除お願い致します。

現在、創価学会3世の彼と婚約破棄手前です。もちろん創価学会が大きな壁となっております。いろいろ自分の意見を言いましたが聞く耳持たず…。『ネットの情報は嘘ばっかりやから自分で見て、やっていいか悪いか判断してほしい。ネットを信じるか俺を信じるか…わからんことがあるんやったらネットぢゃなくて俺に聞いてくれたら答えるし、答えれやんことやったら一緒に会館とかに行って一緒に学ぶから』と言われています。私は彼を(創価学会のこと以外)信じています。なので私が彼にネットで見た疑問に思うことに答えてほしいって話をしました。
実際私は疑問に思うことばかりをネット上で探そうとは思っておらず100%創価悩の彼が創価学会ってもしかしたらなんか変?と1%でも0.01%でも思ってもらえるブログ記事を探しております。
創価学会ではない私がどのブログ記事、どのコメントを読んでも説得力があり納得できるのですが創価悩となれば創価シャッターが…
この”対話を求めて”を読まれてる方は創価学会って変?と思われた学会員の方が完全に覚醒できるきっかけとされるものだということはわかっているのですが、この”対話を求めて”で覚醒された方はどのブログタイトルの記事やコメントがきっかけだったか教えていただきたいです。

________________________________

30年前の私が、ちょうどゆんちゃんさんの彼氏さんのような立場でした。とても他人事とは思えません。創価の詐欺によって人の一生が変えられてしまうんです。本当に創価の洗脳とは恐ろしいものです。ここでは「創価脳の彼氏(彼女)のもたらすもの」というテーマで皆さんからのご意見やアドバイスをいただけたらと思います。

なお、先のスレッド「創価学会の本音」は引き続きコメントを募集します。

二つのスレッドを同時進行させていただきますので、よろしくお願いします。

広告

創価脳の彼氏(彼女)のもたらすもの」への109件のフィードバック

  1. ゆんちゃんさんと同じ立場の方のブログがあります
    「創価の彼、無宗教の私」
    最後は彼も脱会、結婚
    家族とも和解「こんな居心地のいい地獄はない」
    学会員だからわかる凄まじいバトルが書かれています

  2. ゆんちゃんさん、こんにちは。
    学会三世のみかんと申します。

    「対話を求めて」で覚醒された方の意見を求めてらっしゃるので、期待はずれかもしれませんが、私の経験が何かお役に立てればと思いコメントしました。

    私は、創価ではない男性と結婚して2年になります。
    10年ほど付き合ってから結婚したのですが、付き合いはじめの頃は、創価の大学を卒業したばかりで、私はかなりの創価脳でした。

    創価へ理解をしてほしいと思い、デート中に学会の話をしたり、本部幹部会中継に連れ出したり、男子部に会わせたり、選挙の演説に連れて行ったり、会合を優先させて、デートの約束を破ったり。。。
    ほんとによく振られなかったなと思います。。。

    夫も私に聞いてくることがありました。とてもシンプルな質問です。
    「創価学会って何してるの?」
    「なんで創価学会に入ると、功徳があるって言いきれるの?」
    「なぜ正しいって言えるの?」など。
    どの質問にもまともに答えられませんでした。
    答えられないことに情けなさを感じる一方、「まだ私の信心が足りないんだ。祈らなきゃ」って、思ってもいました。
    夫は自分から積極的に、創価について質問してくることはありませんでした。
    私から創価の話をふったのをきっかけに、疑問をぶつけてくるという感じで。
    今思うと、それがよかったんじゃないかなとも思っています。
    積極的に疑問をぶつけてこられたら、「私の祈りが足りないんだ!」って、もっと活動にのめり込んだかもしれないなと。

    私が非活動家になった時、女子部のメンバーなどいろんな人が「どうしたの?何か悩んでるの?」って聞いてきました。
    私は、感情的にならないよう、学会の疑問やおかしいと思っていることを話しましたが、「その気持ちはわかるよ。でも、祈っていこうよ」と言われたり、親には「真剣に学会活動をしてないから、信心に対する確信が持てないんだ」と言われたりしました。

    その時、「おかしい」って思ってる人って結構いるんだなと思いましたが、だからといって、学会から離れるわけではない人も、多数いるのだなと思いました。

    そんな自身の覚醒の経験や、周りを見ていて、最終的には自分で気づき、創価から離れる勇気を持てるかどうかだと思いました。
    そんなことを言うとがっかりしちゃいますよね。ごめんなさい。

    創価では、創価への不満や愚痴は、心で思うだけでも悪いことで、罰があたりと教えられています。
    なので、私も覚醒しはじめの頃、こんなことを考えてしまうなんて・・・罰があたる、不幸になってしまうと、怖くもあり、その感情を押し殺そうとしました。
    でも、そんな時でも、いつでも夫は穏やかで、「みかんのことは、僕が守るよ」と言ってくれていました。
    あるかわからない罰に怯えるより、目の前の夫を信じようと思いました。

    両親は最後まで「結婚を認める」とは言わず、「反対はしない」としか言ってくれませんでしたが、今は夫を、そして自分を信じてよかったと思っています。

    創価が理由に、結婚まで10年かかったわけではないのですが、結婚まで時間があったことで、自分の中の変化を受け入れ、自然と創価から離れることができたと思っています。

    結婚は、とてもデリケートな問題ですし、私から「こうしたらいいですよ」とは言えませんが、私の経験が何かお役に立てたら幸いです。

    辛いことも多いかと思いますが、悲観しすぎないようにしてくださいね。

  3. ゆんちゃんさん、はじめまして。
    アラフィフのおっさん、ラザリスでございます。
    苦しい胸中、お察しいたします。
    こうした問題については、このブログで度々話題になりました。
    過去のスレッドで探してみましたが、2015年4月のスレッドに「パートナーが活動家という問題」というのがありました。
    人生を左右する大事な問題だと思いますので、じっくり読まれてみてください。

  4. 3ケ月前まで付き合っていた彼女が創価3世でした。ぐうぐると申します。
    ゆんちゃんさんのお気持ち痛いほど良くわかります。私は創価学会を、あの気持ち悪い池田大作を否定した事で彼女にふられました。
    彼女は母親が5年前に自殺。姉は高校卒業後すぐに引きこもりを始め現在まで20年間引きこもり生活。彼女自身大学時代にうつ病になり10年間闘病生活。それらすべての原因が父親にあると言っていました。父親が家庭のなかで威張っていて、母も姉も彼女自身も常に父親の顔色を伺いながら父親に逆らう事が出来ず歪んだ家庭環境で育ったからだと言っていました。
    私も最初はそうだと思っていました。
    しかし、それだけではない事がすぐにわかりました。彼女が話す創価学会の歪んだ思想がとても気持ち悪かったからです。あのような気持ち悪い思想が心の中に植え付けられたら、それは人生もおかしくなって当然だなと思いました。
    私はうろたえました。
    彼女に学会の歪んだ思想に気づいて欲しくて、おかしいと思っている事をと言いますか、人間なら誰でもわかるようなごく当たり前の事を話しました。例えば朝日を浴びる事で心が安定するセロトニンとか眠りに必要なメラトニンとかが出るらしいよ、と。きちんと自然に生活する事はやっぱ大事なんやね、と。
    彼女は言いました。
    最近、聖教新聞をきちんと読んでいなかった。
    題目をきちんとあげていなかった。
    だから、最近生命力が弱って来ている、と。
    私は凍りつきました。
    題目はまだわかります。
    聖教新聞はさっぱりわかりません。
    最後は選挙活動していないから生命力が無くなったと言っていました。
    私は本当に頭がおかしくなりそうでした。
    創価学会に騙されている彼女。創価学会によって不幸になり精神までおかしくなっている彼女。
    それに気づかせようと努力する私。
    このままでは大変な事になると、彼女があまりにもかわいそうだと、努力すればするほど、彼女の心が私から離れていき、私は彼女にとって悪者になって行きました。
    私も結婚寸前まで行きました。
    指輪も買い式場の予約も済ませていました。
    それでもだめでした。
    安心して信仰が出来ないからだそうです。
    お別れは彼女のほうからメールで来ました。
    創価や池田を否定される事が苦しくて怖かった。
    お別れさせて下さい。と。
    私は何度もメールや電話をしましたが拒否されています。私自身、心の整理が出来ずこうして今こちらに書き込みさせて頂く事で忘れようとしています。

    管理人様ありがとうございます。

    創価を否定する事や彼に気づいて貰おうと努力する事はやめた方が良いと思います。
    彼を傷つけ、それ以上に自分が傷つきます。

    創価学会員は親切そうに見えてある一面とんでもなく薄情な所があります。
    それは悩み苦しみを題目をあげる事で中途半端に乗り越えて来たからだと思います。
    嫌な事があったら題目あげておしまい。
    恋人と別れて多少落ち込んでも、題目あげてチーんと鐘をならしておしまい。
    なので、他人の気持ちがよくわからないのではと思います。
    池田大作は顔が気持ち悪いけど凄い男だと思います。ある意味では!
    マインドコントロールを解こうとか創価のおかしさをわからせようとか思えば思うほど池田の術中にはまってしまいます。本当に気持ち悪くて凄いと思います。池田大作は!

    私は彼女にふられて気付きました。
    彼女は人格障害で依存性だと。
    症状が表に現れる現れない関係なく、創価学会にはまっている人は人格障害で依存性にさせられると思います。

    人格障害で依存性ならば他人の支えで良くする事は出来ると思います。
    それは、彼の心を、本心を聞いてあげる事だと思います。
    例えば、彼女の場合だと、彼女は信仰ですべてを乗り越えて来たと言っていました。だから、創価学会はすばらしいと。。
    しかし、本当の心は違うと思います。
    本心は、彼女は母親や父親に愛されずに寂しかった。。
    本当は母親や父親に甘えたかった。
    これが、人間の本当の心だと思います。
    私は彼女の心の声を聞いてあげる事が出来なかった。
    おかしさをわからせようとばかり思っていた。
    彼女の心の支えを私は否定ばかりしていた。
    彼女が私から離れて当然かもしれません。

    長い時間がかかると思いますが、彼が題目や活動によって乗り越えて来たと思っている事を聞いてあげると良いと思います。そこに彼の本心があると思います。何を乗り越えようとしているのか、何を乗り越えて来たのか?そこに彼のコンプレックスや人に知られたくない本心があると思います。その本心を聞いてあげる事で彼の本当の心が現れると思います。本当の心が現れれば創価の心の縛りも少しずつ解けていくと思います。

    私と同じ過ちをおかして欲しくないし、私は池田大作がとても気持ち悪くて憎いのです。

    どうか、私の無念を。。
    なんちゃって。

  5. signifieさま
    早速テーマを立ててくださりありがとうございます。
    みなさんからのアドバイスで彼が少しでも創価学会はおかしいと思って感じてくれたら…と思います。
    ————————————————-

    ジョンソン3号さま
    コメント、ブログを教えてくださりありがとうございます。
    『これ読んでみて』と彼にブログを見せてもきっとダメでしょう…。なので”こんなん書いてるけどどういうことやろぉ?”と疑問風に聞けるよう今からブログを読んでみたいと思います。
    ————————————————-

    みかんさま
    みかんさまのコメントありがとうございます。
    彼は付き合っていたとき創価学会の話をしてきたことがありません…。結婚するとなってから創価学会問題が出てきました↓↓
    >「創価学会って何してるの?」
    「なんで創価学会に入ると、功徳があるって言いきれるの?」
    「なぜ正しいって言えるの?」など。
    どの質問にもまともに答えられませんでした。
    とのことでしたがもちろん私も同じような質問をしたことがあります…。
    でも大事なところ覚えてないとは情けないのですがいろいろ答えが返ってくるのです…↓↓
    その話の流れからなぜか仏壇の話へ。ご本尊?は自分の心の鏡だそうで、仏壇の前に座った日と座ってない日に差が出るんだそうです…。座らなかった日は仕事で失敗したりなどがあるそうです。「それはその日たまたま注意力が足りてなかったんやと思うで。毎日毎日上手くいく日ばっかりちゃうよ」と伝えても『それは違う。』とのことでした。
    『⚪⚪してください。△△できますように。とかすがってるんぢゃなくて、⚪⚪を勝ち取る!みたいに宣言ぢゃないけどしてる。自分のことぢゃなくて家族とかゆんの幸せを祈ってる』みたいことも言ってました…。
    >最終的には自分で気づき、創価から離れる勇気を持てるかどうかだと思いました。
    本当にそうだと思います。そして「僕が守る」と言った旦那さま。本当に素敵です。私は「俺を信じてほしい。創価学会で一緒に幸せになれるから!!」とのことです…。自分が創価学会に入っているのではなく自分自身が創価学会なのだそうです↓↓
    みかんさまのご経験のように難しいとは思いますが少しでも彼の心の中で変化がおこれば…と思います。
    みかんさまのご経験にきっと彼にも繋がるヒントがあると思い何度も読み返しさせていただきたいです。
    貴重なご経験、お話してくださり本当にありがとうございます。

    ————————————————-

    ラザリスさま
    コメント、ここのブログから記事を探してくださりありがとうございます。
    じっくりと読み、彼に質問しつつ創価学会っておかしくない?とさりげなく伝えれるようにしてみたいと思います。

  6. 外部で、創価脳の妻を持つ毎日散歩と申します。
    ゆんちゃんさん。私も同じ悩みを13年前にした経験があります。
    数ヶ月付き合い、結婚したいと思い始めた頃、家でs新聞を見てがっかりしたのを思い出しました。
    結婚は本人達だけの問題ではありません。親兄弟など皆から祝福されてこそ、幸せと感じられるものと私は思っています。
    そもそも、創価学会について身内には居ませんので、正直、何をしてる団体なのかわからないし、だけど悪いことはしていないのだろうと思うだけでした。
    親に創価の人だと相談したところ、お前がしっかりしていれば大丈夫じゃないかと言っていました。
    結局結婚しましたが、結婚式は人前じゃないとダメ。子供が生まれても神社には行きません。
    だけど、クリスマスはやります。・・?
    私は入信していませんが、子供はエスカレーターのように自動で入信しました。12才になりますが、既にマインドコントロールされています。(池田崇拝者、池田夫妻の絵を描いて表彰されたり)

    ゆんちゃんさんの将来を考えると、私のようにならなければいいと願うばかりです。
    先日も、大切なお金を財務していることを知り、喧嘩になりました。

    ゆんちゃんさんが納得するまで疑問はぶつけるといいと思います。私は地域幹部同席のうえ疑問をぶつけました。(創価を守ろうとするんですよね学会員は、いいことしか言いません)

    お互い、パートナーの1日も早い覚醒に向け、このブログの皆様から知恵を頂きましょう。

  7. ゆうちゃんさん、こんにちは。元バリバリ2世だった者です。
    稚拙ながら、少しでも助けになればと私も書いてみますね。

    彼が、宗教を超えてゆうちゃんさんを愛してくれる人であれば、なんとか乗り越えて欲しいところです。

    熱心な学会員は、外部から発信される情報には警戒します。
    また、創価学会は「ああ言えばこう言う」的な変化自在な指導をしているので、かつての指導がキチガイじみていた事実を突きつけても、「そんな昔の学会ではなく、今を見てくれ!」と言って、洗脳は解けません。事実が書かれているブログをいくら読ませても、効果は期待できないかもしれません。
    ではどうしたらいいか。
    私自身は、バリバリに頑張っていく中で組織や指導の矛盾に気がつき、幹部や聖教新聞を読んでも心が晴れず、そして活動に追われる中でだんだん精神が追い詰められていき、自分から外部の人たちに助けを求めました。(当時、旦那も学会員だったので全く役立たず)
    つまり、本人が「創価学会って何かおかしくないだろうか?」と自分から感じない限り、創価シャッターは開きません。

    だからと言って、じゃあ別れれば良いというわけでもなく、彼氏がゆうちゃんさんの「信仰をしない自由」を守ってくれるなら、まだ希望は持てると思います。
    ただし、ゆうちゃんさんも彼の「信仰をする自由」は守ってあげてください。
    創価学会がおかしいのは間違いがないですし、会員もどんどん減っている。
    彼が学会に失望する時はいずれ来るのではないかなと思います。
    そうなった時に、信心抜きに信頼できる伴侶がいる人は幸運でしょう。ゆうちゃんさんが、いずれそんな存在になることもありえます。

    ただ、結婚するにあたり入信すること条件にしてくるのであれば、やはり今は結婚を取りやめて交際するだけに留めておいたほうが良いかもしれません。
    ゆうちゃんさんの幸せは、ゆうちゃんさんだけのものではなくご両親のものでもあります。
    娘には先々不安な結婚などをして欲しくはないでしょうし、最悪、彼のご両親までガチガチの創価学会員だった場合、楽しい親戚づきあいはまず無理です。子供が生まれれば創価に入れる入れないで揉めます。関わりたくないのに学会の婦人部がおしかけてきます。

    それにしても、「ネットを信じるか俺を信じるか」とは・・
    彼としては「言い切った俺、かっこいい(キリッ)」でしょうが、そういう問題ではないので、端で聞いてる人がいたら恥ずかしくなるかもしれません。
    なので、二人きりではなく、信心していない共通のお友達を中に入れて、「池田せんせいの素晴らしさ」を語ってもらうのも良いかもしれません。なぜかというと、二人きりだと豪語できることも、複数の外部の人も交えて話しているうちに、自分がいかにカルト信者めいたことを言ってるか気がつくことがあるんです。(私がそうでした)

    また、「貴方は信用するが、教義をコロコロ変える池田先生という人がまず宗教的不誠実で、私は人間的には信用できないよ。人の好き好きだと思うから、それを押し付けないで」と言ってみるのはどうでしょう。

    以上、詳細がわからないままに、勝手なことを述べてしまいましたが
    彼が宗教を超えてゆうちゃんさんを愛してくれる人でありますように・・

  8. ぐうぐるさま
    コメントを見て泣いてしまいました…。
    やはり同じように創価学会のせいでツラい思いをして創価学会に心に深いキズを負わされ、創価学会をうらむしかない方々がいらっしゃるのですね。
    池田大作さんはある意味すごい男やと私も感じています。1/10の確率で創価学会の方がいるって言われるぐらい上手に洗脳しているんですもんね…。
    >創価を否定する事や彼に気づいて貰おうと努力する事はやめた方が良いと思います。
    彼を傷つけ、それ以上に自分が傷つきます。
    とのことですが、「創価学会やから仕方ない別れよう」とそのまま別れたら後悔すると思います。別れたあとでもいいので少しでも創価学会がおかしいと気付いてほしいのです…。
    彼は母親側の祖母、祖父からの3世です。祖父は早くに亡くなったそうで祖母は今も元気だそうです。
    2世の母親と父親が結婚し、父親と父親側祖母も入会。(父親側祖父はバリバリ共産党支持者で37才という若さで亡くなったそうです。)父親側兄弟、長男は独身、次男は奥様と別居中で子どももいないそうです。上手くいっているのは三男の父親だけとのこと。彼と彼の弟は生まれてすぐに入会しての3世で弟は子どもができたのがきっかけで結婚。弟嫁と生まれてきた子どもも入会。
    彼の周りでは創価学会に絡んだ方々は上手くいっているように見えていることでしょう…。
    創価学会にあまり興味がなかった彼が本格的にのめり込んだのは大学受験がきっかけだそうです。
    座談会か会合か忘れましたがどちらかで知らないおじさんに『受験生か!騙されたと思って毎日(仏壇に)座ってみ!』と言われ毎日座ってたそうです。そのあとに勉強したらとても集中できたらしいです。結果受かるはずないと高校でいわれていた大学に見事合格し、受かるはずないと言った教師を驚かせたそうです…。「頑張って勉強したから受かったんやね」って言うと『それは違う』だそうです…。就職してからも毎年ある試験を頑張っているのですがなかなか受からず…。毎日今も座ってるはずなんですけどね笑
    彼と完全に婚約破棄になる前に少しでも彼の本心が現れ、彼の本心に耳を傾けていけたらと思います。
    貴重なご意見ありがとうございました。
    ————————————————-

    毎日散歩さま
    毎日散歩さまも私と同じ思いをされていたのですね。
    私も周りに創価学会の方がおらず、あまりどのような団体かわからず私の親が昔ながらの考えでアンチ宗教なので創価学会は危ないということはよく聞いていました。ですが最初創価学会がここまで危険な団体とはわからなかったので大好きな彼のためなら創価学会に入るということも考えました。ですが創価学会とは自分だけの問題ではなく家族や将来子どもができたときなど自分に関わる人にも迷惑がかかるということに気づかされました。また結婚式も夢の教会式でできない、お葬式もプロのお寺さん(お坊さん)ではない素人がする(彼を含め学会員は自分をプロと思っている)…など。
    それもここ”対話を求めて”のブログが教えてくださりました。signifieさま、ありがとうございます。
    お子様も入会されているんですね…
    そうですよね。毎日一番近くにいる母親をみてお子様は成長されるので自然と創価学会が刷り込まれているのかと思います。私ももし子どもができて自然と『ナンミョー』とか言い出したら…恐ろしいです…。
    「財務ってあるんやろ?」と聞いたら『財務はその人が選ぶ権利やからやるやらんどっちでもいい。お金持ちの人だけがやるんぢゃなくて、生活が厳しい人もやってるけど』みたいなことを彼は言っていましたが…この調子ではきっといい金額を払ってるのでしょうね…。

    是非みなさんから様々なアドバイスをいただき少しでも創価学会がおかしいという気持ちが芽生えてくれることを願いましょう‼

  9. 40代、2世、元男子部長、牙城会主任、本部中等部長等の役職を経験したスマイルです。

    わたしもバリバリの創価脳でした。

    妻とつきあっているときも、なにがなんでも入信させるつもりでした。

    妻の実家は浄土宗(念仏)です。

    日蓮の教えに「念仏無間!」とあります。「念仏信仰は、無間地獄に堕ちる!」と。

    大好きな彼女が、このまま無間地獄に堕ちるなんて我慢できませんでした。そして「何としても彼女を救う!」と祈りに祈り、そして入会本尊流布にみちびきました。
    自分自身、「俺は一人の人も救えないのか?」と自分を奮い立たせ、「御本尊様、何としても彼女をお救いください。私に彼女を救わせてください!」と涙ながらに「無駄に高い紙」に祈っていました。それはそれは真剣に。。。

    20代の若者が、一人ぐらしの部屋で、仏壇にむかって「南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経。。。。。。」と真剣に唱えているのですよ((+_+)) しかも何時間も。。。深夜0時まわっても。。。

    痛い!痛すぎる!

    洗脳当時はそんなことまったくわからずにいましたね。

    もし彼女が入信しなければ、迷わず別れていました。
    「縁がなかった」とか「自分で仏になる道を拒否した。宿業の深い子だ」と考えていたでしょう。

    まともな頭で考えれば、「気持ち悪い宗教を本気で信じているイカレ頭の彼氏。彼氏のことは大好きだけど、創価だけはどうしても気持ち悪すぎて受け入れられない」との至極まっとうな考えなのでしょうが、創価脳は、自分の考えしか見えていないので、そんなことお構いなしです。

    創価脳である限り、何を言ってもまったく通じません。残念ですが、自分の頭で考えない限りいつまでも創価脳でしょう。
    創価脳に対して、創価を否定することは、自分を否定されることであり、また、活動を妨げると、口には出さなくても、未入信の彼氏彼女、家族は「活動を妨げる魔」です。
    あなたは、彼氏彼女のことは大好きでも、創価脳はそのように考えていません。「信心を破る魔が、彼氏彼女、家族の身に入って成仏の道を閉ざそうとしている」と考えます。

    外部の正常(清浄)な感覚を持つ妻は、組織のクレイジーな婦人部とまったく相容れず、非活動に。そして、私は、父母の壮絶な悲惨な死にざまを見て創価に疑問を抱き、このブログに出会い、覚醒。

    創価脳とはうって変わって「世の中って楽しい!」と心より感じております。

  10. 非活1年、二世、アラフィフのあにきです。
    正直に申しあげますが、お相手が正月の新年勤行会以外は絶対に出ない、ということを確約しない限り、見送られた方がいいと思います。この会合以外に出ること自体で学会でいう非活ではない人材、と見なされることになるからです。
    創価は、活動家に対して、カネ、時間、タダの労働を求めます。その覚悟があるなら、これ以上何も言いません。

  11. 元栄光地区婦人部さま
    コメントありがとうございます。
    彼が私のことを好きていてくれているのは本当に感じています。本気で私と幸せになりたい、私を幸せにしたいという気持ちからの入会をすすめてくるのだと思います…。本当に乗り越えたいところです…。
    >私自身は、バリバリに頑張っていく中で組織や指導の矛盾に気がつき、幹部や聖教新聞を読んでも心が晴れず、そして活動に追われる中でだんだん精神が追い詰められていき、自分から外部の人たちに助けを求めました。(当時、旦那も学会員だったので全く役立たず)
    つまり、本人が「創価学会って何かおかしくないだろうか?」と自分から感じない限り、創価シャッターは開きません。
    本当にそうだと思います。どうやったら矛盾に気づいてくれるのかそのきっかけを彼に与えたいと思っております。
    >彼氏がゆうちゃんさんの「信仰をしない自由」を守ってくれるなら、まだ希望は持てると思います。
    ただし、ゆうちゃんさんも彼の「信仰をする自由」は守ってあげてください。
    10月ごろ彼に「自分が信じるのは自由やけど、それを人に押しつけるのはおかしくない?」と聞いたことがありますが、彼は『同じように信じてやっていきたい。』と折れてくれることはありませんでした。そして『入会できへんねんやったら別れるしかない…』が最初の彼の答えでした。その後何度か話をしてその次に彼から出た答えが『ゆんが入会するか、(子どもができたら)子どもが入会するか』…。「子どもも自分の意志ぢゃないのに入会させたくない」と彼に伝えました。ですが『考えてみてほしい』でそのときは終わりました。そしてまた後日話し合い『同居するか、入会するか』の2択になりました。同居したところで(子どもができたら)子どもは父親(彼)、祖母(彼母)をみて育つので自然と創価学会が身に付くのではないかと心配です。
    そして昨日『好きやけどゆんのために別れようか』と言われてしまいました。思い出しただけでも涙が出ます…。『別れたくない気持ちがあるならまた来年返事聞かせて』と終わりました…。死にそうです↓↓
    創価学会に失望する日は必ずくると思っています。が、それが半年後、1年後5年後、10年後…いつになることか↓↓今すぐ気づけー!!!と心の中で叫んでいます…。
    交際にとどめておきたい気持ちは私にらあるのですがやはり私の母親は「早く別れなさい。まだあんたは若くないけど若いねんからまだなんとかなるかもしれへん」と反対されております。
    彼と出会ったきっかけがたまたまお話するきっかけがありそこから…なので共通の友人がおらず↓↓アドバイスいただいたのに申し訳ありません↓↓
    >「貴方は信用するが、教義をコロコロ変える池田先生という人がまず宗教的不誠実で、私は人間的には信用できないよ。人の好き好きだと思うから、それを押し付けないで」
    是非次にあったときに彼にこの言葉を伝えてみます‼
    ご自身のご経験、アドバイス本当にありがとうございます。
    ————————————————-

    スマイルさま
    本当に彼女さん(現奥様ですかね?)を愛されていたのが伝わりました。祈ることが創価学会員にとっての愛情表現なのでしょうね…。
    彼が付き合った当時一人暮らしをしていて起きれもせんのに朝早くから目覚ましかけて朝から『ナンミョー』としていたのを思い出しました。
    >創価脳に対して、創価を否定することは、自分を否定されることであり、また、活動を妨げると、口には出さなくても、未入信の彼氏彼女、家族は「活動を妨げる魔」です。
    そうなのだと思います…。私が創価学会はちょっとおかしいと話をしたときに、彼にとっては自分自身が創価学会なので否定されたと落ち込んでいました…。彼にとって私は「魔」に感じたと思います↓↓
    やはり何か大きなきっかけがないと覚醒は無理なのでしょう…。ですが100%創価脳の彼が1%でも0.01%でも創価学会ってもしかしたらおかしい?と感じてもらえるきっかけをつくりたいと思っております。
    貴重なご意見、アドバイス本当にありがとうございました。
    ————————————————-

    あにきさま
    私は彼に少しでも気づいてもらいたく、signifieさまにこの貴重な場所を借りてみなさんからアドバイス、みなさんが覚醒するきっかけのお話を聞かせていただきたいと思っております。
    彼とのことをみなさんからいただきました貴重なご意見などを生かす?前からあきらめろと言われていると捉えてよろしいでしょうか…。
    とても悲しいです…。
    ご意見ありがとうございました。

  12. 第3シーズンに入って何度かコメントさせていただいています、花です。
    私自身は外部であり、ぐうぐるさんと同じような出来事が今年ありました。
    私も彼が創価だと分かったときに「私は宗教とか好きじゃないし、一緒にはできないから」といい他にも創価を思いっきり批判してしまいました。彼はやはり結婚するなら創価の人がいい、奥さんになる人にと子供と一緒に信心していきたいという気持ちもありました。それが、分かったときに私には彼の願いを叶えてあげることはできないからのだなと思い彼からの別れを受け入れました。ですが、やっぱり彼のことが忘れられず、今でもちょいちょい会ったり、連絡をとったりしています。
    彼のことは本当に好きです。おそらく彼も私のことをまだ好きだと思います笑 なのに、こんな創価が原因で別れなきゃいけないっていうのが本当にイヤで、悔しいです。彼が好きだからこそ、創価が詐欺だってことに気づいて欲しいし、気づいて辛いときに側にいて支えてあげたいと思っています。友達には、もう今年も終わるのだから、引きずるのも終わりにして次にいこうと言われますが、そうもできなそうです。
    なにもアドバイスにもならず、自分のことを話すだけになってしまいました。
    ゆんちゃんさんにはこれからいい方向に進んでほしい思っています。
    創価が原因で悲しい恋愛をしている人が涙を流す人がこれ以上増えませんように
    幸せになるために祈っているのにこのザマはなんなんでしょうね
    やっぱり、創価では幸せになれませんね

  13. ゆんちゃんさん

    結婚の話になって初めて 創価だと聞いたんですね。
    とても幸せな気持ちのところ、水を差された格好になり、ショックだったろうと思います。
    私は、付き合う上でも、結婚する上でも、創価のことはいずれ大きな障壁になるだろうと思っていたので、付き合い初めて割とすぐに、カミングアウトしました。
    夫からしたら、付き合い始めの楽しい時期に、水を差された気持ちになったかもしれませんが。。。

    夫も、すぐにいろいろとネットを見ていました。
    ネットで見たことを聞かれたこともありましたが、私は聞きいれず。ネット情報を話してもあまり効果がないと感じたのか、ネットの話を夫はしなくなりました。
    夫が自分で感じた疑問をそのまま聞いてくれるのが、私にとっては一番よかったです。
    その場は、なんとかかんとか答えるのですが、なぜ私は答えられないのだろう・・・とか考えてました。
    答えが支離滅裂なのも、自覚はありました。。。
    みかんさんの彼氏さんが何と答えていたのか覚えていないのは、たぶんみかんさんに響くものがなかったからではないですか?納得できるものがなかったり、話があっちにいったり、こっちにいったり、彼氏さんの話が意味がわからなからでは?
    情けない気持ちにならなくて、いいと思いますよ。

    私は活動家時代でも、男子部との結婚は全く考えられませんでした。
    もちろん夫がいたこともありますが、夜遅くまで拘束され、土日も活動。

    他にも、うちの両親の話になるのですが、うちの父は都合の悪いことは、母のせいにばかりしていました。
    兄が不登校になったり、家庭に何か問題があると、父は母に対して「お前の信心がちゃんとしてないからだ」と責めていました。たしか、家族の幸福は、妻の信心による、というような指導があったように思います。
    思春期の頃、母はいろいろと我慢していたんだろうなと思います。
    信心をしていない家庭でも「お前の育て方が悪い」という夫はいるかもしれませんが、父の感覚は、創価独特だとも感じます。
    題目をあげている方が偉い、活動をしている方が偉いなど、信心未熟な方を見下すというか。うちは、母より父の方が、信心熱心でした。
    両親ともに学会二世ですが、ゆんちゃんさんが入会などした場合、そんなことがある可能性もあるし、
    入会などせずに結婚しても、家庭に何かあったときに、「ゆんちゃんさんが信心してないから」と責任転嫁される可能性もあります。
    もちろん、彼氏さんがそんな弱い人でないことを願いますが。

    なので、もし結婚を望むのであれば、彼氏さんがある程度創価へ不信を抱き、距離を置けるようになってからでないと、せっかくの結婚生活が辛いものになるのでは・・・とも思います。
    結婚してから、後々覚醒するパターンもあると思いますが。

    結婚は一生のことですので、納得がいくまで、時間をかけてもいいと思います。
    両親にもいろいろ言われましたが、私は最終的に、私の決断に責任をとる!と決めて、結婚しました。
    結婚をして、何か問題があったとき、両親は「信心してないからそうなるんだ」と言ったり、創価に戻るようにいうだろうと思いましたが、「信心してないことは関係ない」「二人で乗り越える」と言い切れると思い、結婚しました。

    ゆんちゃんさんがどんな決断を下すかはわかりませんが、悩んで出した答えは間違いないと思います。
    創価ごと彼氏さんを受け入れるも、彼氏さんが覚醒するまで待つにしても。。。

    ゆんちゃんさんの幸せな未来を願っています。

    長々とまとまりのない文章でごめんなさい。
    少しでもお役に立てたら、うれしいです。

  14. ほぼ初めましてのハニワです。(ブログ再開の際に、コメントさせていただきました)
    私も彼が二世学会員(非活またはゆる活)で、悩んでいます。
    お付き合いする前や、その後もほとんどそんな素振りは見せず、私が初詣へ行った話や、友達が宗教上の理由で彼女と別れた話などをした時も、「ふ〜ん」という感じでした。
    来年の初詣は一緒に行こう!と誘うと、気まずそうに「興味ない」と…なんでなんで〜?と深く考えず聞くと「うちは仏教だから」。この辺りから不穏な空気を感じて、半ば詰め寄るように質問を繰り返していくと、とうとう創価学会だと白状しました。
    しかも彼は創価学会を仏教だと思っていて、私は浄土真宗だと言うと「宗派の違いだね」と……
    もうそのあたりから見解が違いすぎるし、聞けば家族全員学会員、しかも祖父母もそうだと。
    父方のご親族は違うようですが、疎遠になっているようです。

    私は、創価学会の方とはお付き合いできないと言いました。別れたくないけど、上手くやっていける自信もないし、嫌だと。
    彼は別れたくないと言ってくれ、私の話を聞いてくれました。
    私の望みは勿論脱会です。
    彼も、二人の将来の妨げになるから、考えると言ってくれました。
    両親を裏切る形になると思うけど、親はいずれ死ぬから、と言ってくれました。

    大好きな彼にそんなことを言わせてしまう自分が、物凄く嫌でした。
    だから、やっぱり別れた方が……と思いながらも、好きだという気持ちがあり別れられません。
    彼もそういう風に話してくれはしましたが、今までとなんら変わらないように見えます。
    多分家では題目をあげているだろうし、結局初詣にも行く話も無くなりました。

    私は、創価学会の方とは結婚できません。
    だから、彼とは付き合い続けても結婚はありません。彼が、学会を抜けるまでは絶対に無理です。
    私は彼と一緒にいる為なら、結婚も出産も諦めようと思っています。
    でも、彼には結婚願望があります。
    私と結婚したいと思っていると言ってくれました。
    だけど無理です。彼が本当に結婚したくなったとき(適齢期などが来た時)に、彼は私と創価、どちらを取るのかと考えると……
    私は捨てられるな、と思ってしまいます。
    それがとても辛いです。
    ただ独りでいるより、二人でいるのに、独りになる覚悟をする方がずっとずっと辛いです。

    自分のことばかりですみません。
    みなさんのコメントを見て、元気や勇気を貰ったり、涙したり、たくさん感銘を受けます。
    ありがとうございます。

  15. 外部ですくすくと育つも、大学から1人暮らしを始め、後に旦那になる人に騙されて入信し、奴隷生活を8年続け、心身がすり減り、自分を誤魔化すことが苦しくてたまらなくなり、ようやく一昨年脱会したパルルです。今朝、旦那のご本尊をゴミ袋に捨て晴れて夫婦のスタートラインに立ちました。今までのパートナーシップを破壊し、これから、少しずつ再生の道を歩んでいきたいです。
    今年一年は離婚か、旦那の脱会かでずっと話合いを続けていました。12月に入り、ラストスパートで焦りながら、暇を見つけては、このブログを読んでもらい、嫌がられながらも感想を聞きました。私も素直に感想や辛かった思い出や失ったもの、言われて悲しかったことを話しました。なかなか噛み合わなくて、イライラすることもありました。
    今朝ゴミ袋を持ってご本尊を捨てると言う私を旦那は止めませんでした。本当は旦那の手で捨てて欲しかったけど、何度頼んでも無理だったので、今年中にどうしても片をつけたくて、私が旦那の前で捨てました。旦那は池田をまだ尊敬してるみたいだし、創価脳だけど、なんとかここまで辿り着けました。ちょっと強引なやり方だけど、創価の囲み折伏よりは、丁寧かと思います(^-^)/何が良かったのか考えてみると、この一年新聞を止めて活動を休んでもらい(たまに行くこともあったけど全力で抗議)創価の洗脳から離れて過ごしたのが良かったのかなと思います。活動に出かけなくなったら、風邪ひとつひかなくなり、(今までは良く体調を崩していて、婦人部には私の宿業だと脅されました。単に仕事と活動で休養が取れなかっただけですが、、、婦人部アルアルの産後1ヶ月の妻を活動に駆り出すための決めつけです)家事や育児に協力してくれるようになり、小さい子が3人いる我が家は人手が必要なことがようやく分かってくれました。あと、私が1度旦那を信じてついていったこと。試してみなきゃ分からないと言われ、それもそうかと思い、まんまとどっぷり浸かっちゃったから、もう創価お得意の綺麗事は通用しません。全て言い返せます。※試してみなきゃ分からないと言われても、近づかないに限ります。マインドコントロールは怖いです。綺麗な言葉で、じわじわその気にさせます。

    どんな小さなことでも素直に話すこと、諦めないこと、たまに離婚だ死にたい義理実家には里帰りしないと脅すこと、笑、洗脳から離すこと、外の広い世界を見せつけること、離婚も覚悟し逃げずにぶつかり続けることが、今日の出来事につながったと思います。我が家はこれからです。創価脳の愛する旦那にぶつかる勇気をいただいたこのブログに感謝は尽きません。正月、泣きながらかもしれませんが義理の創価脳の両親にぶつかってきます。1度全て破壊し、ひとつひとつ嘘でも妥協でもないものを積み上げて、本当の親子になっていこうと決意を新たにしています。
    彼氏、彼女が創価脳は、やっぱり辛いです。何度も自分にも相手にも絶望して、現実を見つめて、試行錯誤を繰り返しながら、1度しかない人生を一緒に生き抜きましょう。

  16. ゆうちゃんさんへ
    丁寧にコメントに返事をしてくださってありがとうございます。
    これは提案なので返信は良いですよ。
    教学的な相談は聖教新聞社で受け付けています。外部の人でもこちらが丁寧であれば親身に聞いてくれます。
    「付き合っている創価学会の男性との結婚を考えていますが、同居するか入信するかの二択を迫られています。学会ではこんな指導をしているのですか?」と質問をしてみて下さい。意外と常識的な答えをくれます。信心熱心な彼だろうと創価学会本部のちゃんとした答えを聞けば自分がいかに度を越してるか気がつくかもしれません。
    学会と言うのは実は世間体を気にします。外部向けと内部向けで本音と建前を使い分けしているので、それを利用してやりましょう。
    ゆうちゃんさんの言葉には耳を貸さずとも、学会本部の言葉であれば考え直すかもしれません。

  17. ゆんちゃんさん
    「創価の彼、無宗教の私」を読むとわかりますが、創価学会はおかしいと気づかせるのは生き方を180度変えることです
    簡単じゃないですよ
    統一教会やオウムと同じと思っていいです。マインドコントロール解けない人いますよね

    ネットはデマで、情報操作された新聞が正しいと信じこまされれいるようなので「ネットにこう書いている」でなく「私はこう感じた」の方がいいかと思います
    ネットをそのまま伝えるのではなく、「池田先生なんで肥満なの?」「お元気なのになんで姿見せないの?」「ノーベル平和賞いつもらえるの」(犬作と言うとムキになるのでいけません)
    一方的に語るのが得意なので、疑問をぶつけると破綻します

  18. ゆんちゃんさま。あにきです。
    さまざまな方からの意見とそれらに対するあなたの反応、意見を拝見しました。私のが最も冷たい意見であることは、自分自身認めます。
    このブログでは、創価の活動家であった方々の非活、脱会に至ったきっかけ、そして覚醒の経緯が赤裸々に述べられています。それらに共通しているのは、創価に対する疑問やおかしいという気持ちが創価脳に生じたとしても、その気持ちがかなり大きくならない限り、真の意味での覚醒にまでは至らない、と私は解釈しています。覚醒には、イヤな経験、思いを積み重ねていくための長い時間が必要と思っています。あなたがおっしゃられた、1%でも気づいてほしい、のレベルでは覚醒はまずあり得ないでしょう。
    非活になってこれまでの人生を振り返ったとき、私が最も思ってしまうのは、活動に費やした時間を返してほしい、ということです。しかし、失った時間を取り戻すことはできません。
    あえて申しあげますが、これまでのコメントを拝見する限り、お相手が近いうちに覚醒することはないでしょう。あなたが入会され一緒に活動すれば別ですが、あなたが入会しない、入会しても活動しないでは、日常生活でのすれ違いは避けられないと思います。
    ご参考にならないかもしれません。腹がお立ちになるかもしれません。しかし、無理筋でコトを進めることは失敗するのがほとんどです。だからこそ、そしてあなたが真面目で真剣であるからこそ、ご意見申し上げました。

  19. 滋です。おはようございます。
    創価って人間関係すらもグチャグチャにしてまうところ。ここにもやはりカルト性が顕著に出てますよね。

    どんなに良い方であったとしても、創価脳だと無駄に創価を否定しまうと一気にシャッター降ろしに入るか、創価風に言えば獅子吼のようになりますね。

    その他の関係性がよくても、創価を否定した時点で「さよなら」をアッサリ言われることもしばしば。なので、大切な方の場合はどうしても慎重にならざるを得ないですよね。

    ただの詐欺組織にここまで人間の心が支配され、詐欺組織の為に、「縁がなかった。」の一言で済まされるのは何とも言えないやりきれない感じがします。

    その分、そう言った方が覚醒した時の苦悩や精神的な混乱も計り知れないものになってしまいます。

  20. 境遇があまりにも似ていたので…参考になるか分かりませんがお話しさせて下さい。
    無宗教の真白と申します。
    今年の秋に、結婚を約束していた学会2世の彼とお別れをしました。

    結婚を考えていると言うことで、さぞかしお辛い状況かと思います。
    創価じゃなければと何度も思ったことでしょう。
    ただ、厳しい事を言うようですが…いくら親しい周りに相談しても、ネットで様々な事を検索しても結局は自分自身だと思うのです。
    シニフィエさんのブログで皆さんが体験なさった真実の声を読んでも「創価学会に関わりたくない、彼とはうまくいかない、別れよう」とはならないですよね?
    もし思ったとしても「創価学会はヤバい組織だ、彼にも何とか気付いて欲しい、離れて欲しい」じゃないでしょうか?
    もちろん、それが何よりだと思います。
    好きだから簡単には割り切れない、創価学会の問題がなければこんなにも素敵な人なのにって思いますよね。

    ただ、ゆんちゃんさんが望む様に彼自身で気付くのにこの先何年、何十年かかるか分かりません。もしかしたら何ヶ月後の近い未来かもしれないですし、死ぬまで気付かずに終わるかもしれません。
    そんな彼とこの先も共に歩む覚悟はありますか?
    彼との付き合いの中で既に創価学会に関して理解し難いこともある様ですが、この先彼と共に歩むと言うことは”受け入れる”事が無宗教の私達が取れる行動です。
    “受け入れる”と言うことは様々な意味があります。相手を尊重することだったり、自分も染まる事だったり、我慢する事だったり…
    創価学会に疑問を提示する事で、彼との関係が終わってしまう事を恐れ、彼の行動を見守って、”創価”のワードには深く立ち入らないで付き合って行くこともひとつの形です。
    彼と一緒にいる為に、自分の気持ちを偽り、表面的に理解し入会するのもそれはそれです。
    気付いて貰うために、ちょこちょこ問いかけて行くスタンスもありでしょう。
    いずれにしても、どんな事があっても彼と共に歩む覚悟があるかどうかが大事だと思います。自分の出した答え(気持ち)に責任が取れるかどうかです。
    そこに自信を持てないのであれば、この先 困難が訪れた時、結果は見えてると思います(´・_・`)

    先ほど「創価学会の問題がなければ…」と言いましたが、宗教とはその人の核となる部分です。性格や行動、思考の根元です。今現在、創価学会を信じている彼の一部でもあります。
    洗脳で騒がれたX JAPANのtoshiと、洗脳前から出逢っていた人達は彼が変わってしまったと思うでしょう。でも以前のtoshiを知らず、洗脳最中に出逢ったならその時のtoshiの言動が彼の性格だと思うと思います。
    洗脳が解けた後に出逢った人もまた、全てを経た彼の性格が彼自身だと感じる事でしょう。
    出逢うタイミングで1人の人間が3人格。全く別物に感じてしまうほど、宗教もまた、それぐらい根元になってしまうものです。

    私は彼と別れた後、彼が言ってた言葉は創価学会の世界でよく使われている言葉、教えだったと知りました。当時は彼自身の言動だと思っていた事も、違ったことに気付かされました。
    別れてしまった今は、どこまでが彼自身の性格でどこからが創価学会の影響を受けたものかが分からなくて、彼との思い出さえも辛いものとなりました。
    ゆんちゃんさんの彼も、大なり小なり創価学会の影響を受け「今の彼」なのです。
    だからこそ、それを含めて愛する覚悟が必要だと思うのです。

    決して別れを進めてる訳ではありません。ただ、創価学会は私が見てきた宗教(組織)の中でも独特な世界で厄介です。
    彼がどの程度の活動度合いなのかにもよりますが、私の彼は活動家→バリ活となり、そんな彼を取り巻く環境も彼をより深く染めるものでしかありませんでした。
    知れば知るほど、本当に人の心理をうまくついた手法です。排他的な世界だからこそ、沼の様に抜け出すのが難しい組織です。

    前文にも書かれていましたが、創価学会の題目の力は無宗教にとって最も理解し難い事かもしれません。
    困難な時も、願う時も題目って…
    私が悩んだ時は、当然の様に彼は題目をあげてくれ、私も一緒に題目・唱題を行いました。時にガチャガチャの景品の様な御守り御本尊に向かって。
    特別な人に貰えると、小さなおもちゃを大事そうに扱う彼。それに向かってだいの大人が狂った様に同じワード(南無妙法蓮華経)を真剣に唱える姿は滑稽だと思いませんか?
    題目を唱えても何の解決にもなりませんでした。それは信心の差でも境涯の問題でもありません。
    私の為に祈ってくれるのはありがたいけど、南無妙法蓮華経と唱えるぐらいなら、御本尊にではなく、2人で顔と顔を合わせて一緒に解決する方法を話したかったです。気持ちに寄り添うとはそう言う事です。そして、題目をあげてすがる事よりもよっぽど解決に向かった現実的な方法です。
    しかし、創価学会の彼は良いことがあったら題目のおかげ、信心のおかげ。
    彼を理解する為に自ら進んで創価学会に近付いて、創価学会の世界(教えや言動等)を、無宗教の世界に置き換え変換して理解する、”脳内処理”を常に行って来ましたが…理解し難い事は山ほどです。

    ちなみに。
    ゆんちゃんさんが彼に言われた言葉は、私も同様に彼に言われた言葉です。
    単純に似ているのでしょうか?
    それとも、創価学会にいるとそういう発想(教え)になるのでしょうか?

    私は彼と話すには、彼と同じフィールドに立たなければと思い、創価の集まりにも参加し、池田大作の書物も読み、教学まで勉強しました。良くも悪くも、そこで気付けた事も埋められない壁も痛感しました。

    ゆんちゃんさんも、創価学会の実態と”創価学会の中の彼の姿”を自分の目で見た時に、心が感じることがあると思います。
    ネットや他人の意見の表面的な知識を付けて彼と対話をしても、彼の心を開くのは至難の技だと思います…
    なぜなら、相手は創価学会は唯一正しく、この仏法は道理だと思っているからです。
    無宗教の立場で声をかけても、その時点で心の在り方に差があるのです。

    私は別れの結末を迎えましたが、ゆんちゃんさんはどんな結末になったとしても、これで良かったと思える心を忘れないで下さいね。

  21. 配偶者が創価脳だと軋轢が必ず生じます。

    古今東西問わず夫婦関係について、様々な議論であったり問題解決方法が提唱されて居ます。

    2015年の日本での離婚数は23万件ぐらいのようです。離婚率だと0.17パーセントと。
    これは離婚にいたった数です。ここに宗教が絡むと余計話がややこしくなります。離婚とまでは行かないまでも、創価でない配偶者と創価脳の配偶者。お互いかなり苦しみます。

    創価脳の場合、罰論で潜在意識下では魂が恐怖で震え上がっているので、あらゆる事象に対して人間として正常な反応ができなくなります。そして本尊に何時間も題目を唱えるなど奇妙な行動をする。題目を唱えると脳内ホルモンが出て一時的なハイテンションになる。そしてハイテンションになって活動をしまくる。の繰り返し。

    信教は自由ですが、周りに不快な思いをさせたり、周りの人格否定したりする自由ではありません。
    創価脳の場合、『創価以外は全部ダメ!』なので。これは否定できない事実です。

    創価脳であっても、創価のこと以外は『優しい』とか『正直』とか様々な良い点があると思います。

    相手が創価脳であると余計な苦労が増えます。交際相手や配偶者が創価に入信して『創価素晴らしい!』『池田先生すごい!』と言うようにならない限り、創価脳は『私の全部を愛してくれている』とは感じないでしょう。どこかに『全部愛されて居いない』とかんじ、悲しさや不安が24時間つきまといます。相手が入信しなかったり、入信したものの非活動だと『幸せになるのを足を引っ張っている』とか『私を受け入れてくれなくて悲しい』『価値観が合わない』『つらい』とマイナスの感情を24時間365日ずっと持ち続けます。それが何年も何十年と続きます。
    逆もまた然りです。

    医学辞典に『創価脳』という病気がのるのではないでしょうか?(^^)
    『日蓮の説く罰論で潜在意識下に『信仰から離れると地獄に落ちる』という恐怖を植え付けられ、物事を正常に判断できなくなっている状態。世の中の事象、人間関係等生活に関わる全てを創価の説く日蓮の教えに従って価値判断するため、周囲との軋轢が絶えない。信者は人生を創価に捧げるのが最高の生き方であると刷り込まれている。3桁の財務といって、100万単位の場合により4桁1000万のお布施をすることがステータスとされており無理なお布施により夫婦関係が険悪、破綻したり、破産する場合もある。治療法は、周囲の人が粘り強く『本人が創価の異常さに自分の頭で考えるように』忍耐強く接するしかない。』と。

    しょうもないおもちゃとか、ギャンブルに金をつぎ込む人もいますし、、、

    人間性がたいせつですね。創価脳の場合、どこかでイカレてると思いますが。

  22. おはようございます。脱会したての、三世四十代 ノジコです。
    ゆんちゃんさん、苦しいですね。大好きな人との間のある、創価という薄気味悪い壁が、憎らしいくてたまりませんよね・・・。 コメントをよみ、胸が苦しくなりました・・・。

    >『好きだけど、ゆんのために別れようか』 
    そんな言葉言われてしまったら、どうしようもなくつらいですよね。

    >『入会できへんねんやったらわかれるしかない』
    この言葉、ゆんちゃんさんには悪いですが、冷静に考えると、脅しです。
    ゆんちゃんさんが死ぬほど辛いと、心を痛め、悩んでるのにこんな残酷な言い方はひどいと思います。

    気分を害されたら、ごめんなさい。
    彼にとって、創価とういう物差し抜きで、ゆんちゃんさんという一人の女性をどう思ってるんでしょう。
    結婚まで考え、運命を共にしていこうと、誠実に思っている人なら、創価に入信か否かは、人生の決断で必要な事でしょうか。(男子部の誰かに、指導という名目で、彼女を入会させなければ、自分も彼女も地獄に落ちると脅されてるのでしょうか?)

    信教の自由は夫婦といえども守られるべきですよね。

    今、ゆんちゃんさんは大事な時です。
    慎重にいきましょう。
    ちょっとこの辺で発想の転換をしてみませんか?
    今の自分と彼とのやり取りを客観的に捉え、第三者の目線で考えてみてはいかがでしょうか。
    あなたを思う、母の目線で、兄弟の目線で、友人の目線で、ご自分の置かれてる状況を、彼の事を、心のままに冷静に分析されてみる事をおすすめします。

    私が覚醒したきっかけになった主なブログは、
    一、こちらの「ほんとうに創価は正しいのだろうか」 2014年7月31日
    一、「創価学会は本当にただしいのか」 学会2世 ジョゼさん
    一、「立正安国論にみる日蓮のカルト性」 
    でした。

    生意気なこと言ってごめんなさい。
    ゆんちゃんさんの幸せを心から願っています。

  23. ふと思いました。
    信心がなきゃダメな男って、考えてみれば頼りないですよね・・・。

  24. 花さま
    花さまのコメントを読んでいると本当にツラく涙が出ました。彼も私、子ども共に入会し一緒に創価学会でやっていくことを希望しています。
    みなさんからたくさんのご意見、アドバイスを読んでいると私たちもきっと上手くいかないのでしょうね…。
    本当に創価学会のために別れるという選択があるということがツラくて悲しいです。
    いつか花さまの彼が覚醒できますように…。そしてそばで花さまが寄り添ってあげれますように…。
    私の彼もいつか覚醒できたときのために花さまのように寄り添ってあげられるようにしたいです。
    ご経験をお話くださりありがとうございました。
    ————————————————-

    ハニワさま
    ハニワさまも彼が創価学会だったのですね。
    ハニワさまのお話を読み、私たちに共通するところもあり本当に心が痛くなりました。
    私も独りになる覚悟をすることがツラくてここで、この貴重なsignifieさまのブログにすがっているのかもしれません…。
    ハニワさまと彼が上手くいくことを心から願っています。
    ありがとうございました。

    ————————————————-

    みかんさま
    再度コメントありがとうございます。
    ネットをみて不思議に思ったことへの彼への質問のしかたがダメだったのですね…。創価学会経験などもちろんありませんのでとても貴重なご意見でした。
    みかんさまのお母様は創価学会に入っているのに苦労されていたと読み、これが部外の者だと信心してないからと言われどちらにしろ言われ…
    どちらにしろツラい思いをすることになるのですね↓↓
    人生で出会った中でこれ以上優しい男を見たことがない‼と言い切れる彼ですが創価学会が絡むと人が変わったように感じることも多々ありました。
    >もし結婚を望むのであれば、彼氏さんがある程度創価へ不信を抱き、距離を置けるようになってからでないと、せっかくの結婚生活が辛いものになるのでは・・・とも思います。
    そうだと思います。私がなにもせずに今の彼が距離をおけるようにようになるとは思っていません。そのためのきっかけの1つになればと思いこの貴重な場を借りて創価学会に関わったことのあるみなさんに意見をいただきたいと思いました…。
    >ゆんちゃんさんがどんな決断を下すかはわかりませんが、悩んで出した答えは間違いないと思います。
    ありがとうございます。悩みしかありませんが彼と話し合い悩んで答えを出したいとおもいます。

  25. 気づきは人それぞれです。
    彼を取り巻く環境も厳しそうですね。
    もし、彼が本当に気づいたとしても、周りの人間関係をおもうと、彼自身そうとう悩むでしょうね。
    どちらも、しんどいですね。
    客観的にみるというのは意外に難しいものですよね。恋愛中はとくに。
    私、思うんですけど、無理に創価のこと知ろうとしなくても、知らないままでいいんじゃないでしょうか。
    とても、理解できる世界じゃないですから。
    焦らない、詰め込みすぎない。
    そうすることによって、時間や心のゆとりや遊びが生まれると思うんです。
    それを大事にしてほしい。
    宇宙人と結婚するみたいなものなので。
    「ホー、この惑星では、こんなおかしなことをドヤ顔で言うのか。」
    くらいのかんじで、のほほんと楽しんでいければ、少しは楽かと。
    現実厳しいのはよくわかります。
    試しに入会して共に苦しむのもあり。徹底抗戦してバトルをくりひろげるのもあり。
    ゆんちゃんさんがどうしたいか。よく考えて決めてください。
    たいしたアドバイスできなくてごめんなさいね。
    年末、年始、楽しく過ごしてくださいね。

  26. パルルさま
    脱会、そして今日から旦那様との新しいスタートおめでとうございます。
    貴重なご意見ありがとうございました。
    読ませていただき、パルルさまが旦那様を創価学会から離すきっかけをつくられたことがわかりやすく書かれており、私は同棲しているわけではないのでパルルさまのように新聞をやめたりや活動をとめたりはできませんが本当に参考になりました。
    >※試してみなきゃ分からないと言われても、近づかないに限ります。マインドコントロールは怖いです。綺麗な言葉で、じわじわその気にさせます。
    彼にずっとやってみないとわからないと言われていて悩んで創価学会に関わったことのある方に言われると説得力があります‼

    パルルさまもまだ義父母と話をするという大きな試練が残っているのですね…。1度全てを破壊し、大変なこともまだまだきっとあると思いますがパルルさまが本当の親子になっていけることを願っています。
    参考になることをほかにもたくさん教えていただきありがとうございました。できないこともありますができそうなことをみつけて物は試しでやってみたいと思います。
    ————————————————-

    元栄光地区婦人部さま
    返信不要とのことでしたが返信させていただきすみません↓↓
    聖教新聞社ではそのような相談を受付られているのですね‼私が勝手な思いを話すより創価学会本部を通した意見の方が彼には届くかもしれません。
    ぜひ聖教新聞社に相談として聞いてみます‼
    教えていただきありがとうございます。

    ————————————————-

    ジョンソン3号さま
    教えていただいたブログを読ませていただきとても心が痛くなりました…。
    もちろん気づかせることは簡単ではない。わかっています。やからとじっとしてるのでは何もかわらない。なにかがきっかけになれば…と創価学会に関わったことのあるみなさんに今回の質問を勇気を出してぶつけさせていただきました。
    私の彼への質問のしかたもまずかったのかもしれません…。なので”対話を求めて”を読まれてる方は創価学会って変?と思われた学会員の方が完全に覚醒できるきっかけとされるものだということはわかっているのですが、この”対話を求めて”で覚醒された方はどのブログタイトルの記事やコメントがきっかけだったか教えていただき、自分の感じたことを彼に伝えたいと思っております。
    文章が変なところがあったらすみません。

    ————————————————-

    あにきさま
    >覚醒には、イヤな経験、思いを積み重ねていくための長い時間が必要と思っています。あなたがおっしゃられた、1%でも気づいてほしい、のレベルでは覚醒はまずあり得ないでしょう。
    はい、そのレベルでありえないでしょう。だからといってじっとしてればいいのでしょうか?何がきっかけになるかがわからないと思い、今回自分なりに勇気を出しsignifieさまの貴重なブログをお借りし、部外の私にはわからないことでも創価学会に関わったことのあるみなさまだからこそきっかけになった出来事や、きっかけになったブログ記事を教えていただきたいと思い質問させていただきました。
    創価脳の彼が仮にブログを読んだだけでは覚醒は無理だと思います。創価学会がなんか変やと気づき読むことで覚醒するきっかけになるブログだと私もsignifieさまのブログの主旨を理解しているつもりです。
    何かきっかけがないときっとみなさんこのブログにはたどり着きません…。
    時間のムダかもしれませんが、かといってムダやからやめときと一方的に言われると悲しいです…。
    ————————————————-

    スマイルさま
    >離婚とまでは行かないまでも、創価でない配偶者と創価脳の配偶者。お互いかなり苦しみます。
    そうかもしれません…。周りに創価学会の方と結婚した友人はいませんが違う宗教の方と結婚して離婚した友人がおります。
    宗教とは生きてきた環境がガラリと違いますのでお互いの当たり前が噛み合わず離婚に至ったようです。それは創価学会でも同じことですよね…。
    創価脳…
    本当にいつか医学書に載るかもしれませんね…笑
    >相手が入信しなかったり、入信したものの非活動だと『幸せになるのを足を引っ張っている』とか『私を受け入れてくれなくて悲しい』『価値観が合わない』『つらい』とマイナスの感情を24時間365日ずっと持ち続けます。
    彼は今、私に対してマイナス面でしかないのかもしれませんね…。

    ————————————————-

    ノジコさま
    気分を害するなんてとんでもございません。
    こんな私の気持ちを分かろうとしてくださり本当にありがとうございます。
    私のことをどう思ってるんやろぉ…本当に毎日ツ感じています…。ツラくて悲しくて死にたいと思うことも何度もありました。
    >今の自分と彼とのやり取りを客観的に捉え、第三者の目線で考えてみてはいかがでしょうか。
    あなたを思う、母の目線で、兄弟の目線で、友人の目線で、ご自分の置かれてる状況を、彼の事を、心のままに冷静に分析されてみる事をおすすめします。
    アドバイスありがとうございます。
    まだ彼との話し合いまで時間がありますので分析して、考えていきたいと思います。
    そしてブログ記事も教えていただきありがとうございました。後程ノジコさまが覚醒するきっかけとなりました過去のブログ記事も読んでみます。
    貴重なご意見ありがとうございました。

    ————————————————-

    元栄光地区婦人部(おてもやん)さま
    信心がないとダメな男…
    たしかに頼りないかもしれませんね笑
    そういう方々が集まっているのが創価学会…↓↓

  27. ゆんちゃんさん初めまして。

    私は交際してた人から罰論の脅しで(笑)入会し→後に別れましたがその時脱会せず→バリ活歴16年非活歴15年、昨年脱会したレイラです。非活になって覚醒し始めた頃外部の主人と結婚し、今人生が楽で幸せです。

    帰省中移動のスマホからなので文章まとまり無いですがご参考になればと思い急いで投稿しています。

    あにきさんのご意見は冷たそうですが、愛が一杯あると理解してあげて下さいね。

    私は結婚してみてわかりましたが、恋愛とは違い生活です。

    恋愛は残念ながら賞味期限があります。

    賞味期限が切れたときにそこに愛や絆があるか?が大事だと思います。

    信心してない家族でも色々とあるのに、→その色々を乗り越えて家族の絆が深まっていくのですが→創価がかかわるとほんと大変です!!内部の婦人部でも大変なのに、外部となると理解できないことばかりかと。

    (国際結婚で人種や習慣、宗教が違うのとは全然違うんですよね。)

    それでも彼と一緒になる覚悟があるのか?ということです。

    私は結婚が大変遅く(笑)、そして色々な恋愛をしてきました。→バリ活でしたがちょっと個性的な女子部だったかもしれません。

    結婚というのは体験してみて結論から言うと、ご縁のある人と結婚するんだなと実感しました。ジタバタしても仕方がない。

    ゆんちゃんさんのご縁が彼かどうかは私はわかりません。

    納得いかないかもしれませんが、もし彼が創価をとったら、それはご縁がなかったということです。

    でも、悔いのないようできることはやりましょう。ご縁があって彼が覚醒するかもしれませんから。

    彼に創価をやめろといえば言うほどシャッターを強くおろします。

    おてもやんさんの言うとおり、聖教新聞社に相談もいいかもしれません。そのときはアンチオーラ、闘いオーラを出さずに丁寧に親切にフレンドリーに質問してみるといいと思います。

    あと彼を外部の遊びにどんどん連れ出し(個人的にデ●ズニーランドは日常と違う世界ですので、おすすめです。)外部の世界は「快楽」、創価の世界は→疑問→不快→痛みに徐々にしていくのです。

    あと、彼の事で悩んでる事は一旦おいといて、自分磨きに専念する。

    執着を手放すと解決することは多いです。

    それと男は外部内部関係無く、キホンめんどくさく、重い女が嫌いです。

    私と一緒になりたいなら学会を辞めて!!と言うのは彼にとってはめんどくさいになるかもしれません。

    美容、メイク、ファッション、エステ、グルメ、旅行、語学やマナー研修、おけいこごと、ボランティア、高級ホテルでのアフタヌーンティー、美術、音楽、読書…

    世の中は楽しいことで一杯です。

    ゆんちゃんがキラキラ輝いて!!

    すると彼も創価の世界より、実は外部の方がいいのでは?と思うかも知れないし、輝くと他にもっといい男が言い寄ってくる
    かもしれない。

    私はゆんちゃんさんや彼に実際あったことないので、本当にひとつの参考として聞いてくださいね。

    ここのサイトを見てるほとんどの方はゆんちゃんさんを応援しています。

    何かあればここにいつでもいってくださいね。

    レイラでした。

  28. セイコさま
    彼が気づかずこのままいくと私や部外の方が傷つき、彼が気づくと彼がキズつく。
    どちらにしても悩みしか正直ありません…。
    客観的にみるのは難しいです。ですが第三者の立場にたってみるとまた違うことも見えてくるのかもしれません…。友人に相談してもやはり他人。勝手な自分の意見を正当化し押し付けてこられます。最近では『創価学会の人なんか無理やしはよ別れたほうがいい』と言われました。私も他人のことでしたらそう言うかもしれません。
    正直私も創価学会のこと知らなくてもいいや!と思っているときもありました。が、結婚式やお葬式(お経も)が違う…そこも同じでしたら私の両親には創価学会のことを黙って結婚していたかもしれません…。その後また違うことで悩みがいっぱいになっていたかもしれませんが(>_<)

    みなさんからいただきましたコメントやアドバイスを思い返し自分ができることをしてみて答えを出したいとおもいます。
    ありがとうございました。

    ————————————————-
    レイラさま
    脱会おめでとうございます!!
    そしてあにきさまのご意見も冷たいとは思っておりません。私のことを思ってくださっているという理解もありますので大丈夫です☆

    恋愛と結婚は違うとよく言いますもんね。
    恋愛賞味期限が過ぎても愛や絆はある!と思っているので婚約までいきましたが、私は結婚経験がありませんので結婚したら愛や絆はどうなっているかはなんとも…。ですが創価学会の彼を受け入れようと思いました。ですが彼は違いました…。結婚するなら入会。"こっちはそのままのあんたを受け入れてんのになんであんたはこのままの私ぢゃアカンねん‼"と創価学会をあまりわかっていないときに創価学会っておかしない?と思ったきっかけでした。
    だれに何を言われ、覚醒させるの無理と言われましても聖教新聞社の方で相談だけはさせていただこうと思っています。

    彼とは毎年デ○ズニーには行っています☆
    来年はないかもしれませんが…
    何がきっかけになるかわかりませんもんね。
    本当にもしかしたら彼と別れたら今抱えている問題から解き放たれ、気持ちも楽になり人生楽しいことばかりになるかもしれません。
    最後は自分が答えを出さなければなりませんので本気で悩むところですが、みなさんの意見をいただき、参考にして考えていきたいと思います。
    ありがとうございます。
    お気をつけて帰省してくださいね☆

  29. 覚醒のきっかけですか

    杉田かおるの自叙伝「杉田」に学会と犬作先生の実態が書かれています
    それより彼女が退会したという噂が流れてきた頃、急に毒舌キャラでTVにでてきたんです
    「創価学会という看板がなくなると自由なんだなぁ」

    あとは公明党委員長として活躍された方が「本当のこと」を言ってしまったため、性狂新聞で大バッシング
    女性問題でフライデーに登場した男子部長は内密で降格。以後なかったことのように
    犬作先生が全てなんだとわかったことですね

  30. 元三世女子部のミミです
    私もこのテーマについて気になっていて、今回また書き込みさせていただきました。

    私はゆんちゃんさんの彼氏側になるかもしれません…

    私が脱会した発端は彼氏でした。
    祖父母と両親が学会員でしたので、小さい頃から一緒に活動はしておりましたが、
    外部の友人と交流するようになり、創価はおかしいんじゃないかと思い始めました。
    前回のテーマでみなさんが書かれている事に大爆笑しました(笑)
    創価の考え方は選民思考と言うように信仰してない人の事を見下す感じがありますよね?
    まさに私もそれで、信心をしていない彼の事を何もかも見下してしまうようになったのです。
    彼が勉強や仕事で悩んでしまうのは信心してないからだ、祈ったら叶うのにかわいそうだなと。
    学会宣言や折伏はしなかったものの、私にバカにされたと感じたのか彼は怒って去って行きました。
    いくら祈っても彼は戻ってこず、その時にあれ?この信心って間違ってるんじゃ!と気付いたのです。

    レイラさんがコメントされていますが、
    「執着を手放すと解決する」私も本当にそう思います。
    別れたらどうですかとは同じ女性として苦しさがわかるので言えません…
    私はゆんちゃんさんは創価の事だけを放っておいたら良いのではと思うのです。
    もちろん結婚やご家族の事、これからの事など難しい状況なのはあると思います。
    ただ、ゆんちゃんさんがこの問題を放っておかれると、彼は私のように気付くかもしれません。
    自分が信心してどれだけ祈ってもゆんちゃんさんは変わらない、自分が変わらなければいけないと。
    学会員は創価の話をして反発されると燃えます、しかし相手にされないと去ってしまう事もあります。
    しかしゆんちゃんさんは彼と交際されているので、今はゆんちゃんさんから去る必要はないと思います。
    彼が自分で考え始めるのを待ってください、人生って信心だけでは解決できない問題があります。
    でももし彼が覚醒してしまったら、普通の人には想像出来ないくらい苦しんでしまうとも思います。
    その時に彼の側にいてあげてほしいです、そして2人で乗り越えてください。
    いつ解決するのか辛いと思いますが、こちらのようなところで話してくださいね。
    私もここまでくるのに10年ほどかかりましたが、脱会しても新しい問題はたくさんで悩んでいます。
    まだまだ人生長いです、でも同じ女性として応援しています(^^)

  31. ゆんちゃんさんのお話しを読んでいると玉砕覚悟のようですね。
    切羽詰まっているようで胸が痛みます。
    私はそのような玉砕覚悟の気持ちですら、池田大作大先生の術中にはまっているようで胸が痛みます。
    本当に気持ち悪いですね。

    スマイルさんの話しの中にある
    >相手が入信しなかったり、入信したものの非活動だと『幸せになるのを足を引っ張っている』とか『私を受け入れてくれなくて悲しい』『価値観が合わない』『つらい』とマイナスの感情を24時間365日ずっと持ち続けます。

    このような心理を学会員さんが持つと言う事に私は気付きませんでした。。
    これは彼に聞いた方が良いと思います。
    私は彼女との事でプロのカウンセラーに相談した事があります。
    人の感情は喜怒哀楽とあるけど本当は喜哀楽が一次的な感情で、怒りと言うのは二次的な感情だと言っていました。人はうれしい楽しい悲しいなどの一次的な感情を相手に共感してもらえなかった時に、初めて怒りの感情が湧いてくると言っていました。
    ゆんちゃんさんが創価を理解してくれなくて寂しい、辛いという感情を彼が持っているとしたらその事に気づかせようとゆんちゃんさんに様々な言動をすると思います。創価に入会するか別れるか?という拷問のような脅しもそのような現れかもしれません。男には小さなプライドがあり、なかなか正直になれないのです。
    ゆんちゃんさんのほうから聞いた方が良いと思います。自分が創価を理解しなかった事で辛い思いをしているのではないか?と。それならそうと本心を打ち明けて欲しいと。本心を打ち明けるとスッキリすると思います。そして、何故そのような気持ちになるのか聞いた方が良いと思います。ただ聞いてあげる事で良いと思います。自分の正直な気持ちをわかってくれる人がいないからカルトにはまると言っていました。私がプロのカウンセラーに言われた事は自分の本当の気持ちを言いなさいと言われました。
    創価のキチガイ教義は理解しなくて良いと思います。しかし、創価のキチガイ教義に縛られている彼の心は理解した方が良いと思います。

    私は彼女にふられましたが、応援しています。
    頑張ってくださいね。

  32. 皆さんのコメント、30年前に読みたかったぁと思うほど、とても明確でわかりやすいですね。
    今の私の心にも響いてきました。

    ゆんちゃんさん
    初めまして。
    今のゆんちゃんさんと同じように、30年程前に彼氏であった今の旦那に折伏されて入会しました。
    今のようにネットもない時代でしたので、主人(2世)を信じて入会し、私自身も活動家となり30年近く活動したのち、2年前に覚醒しました。
    ゆんちゃんさんの彼氏さんが、どの程度の活動家かはわかりませんが、今それほど活動していないようでも、徐々に激しい活動家へと変貌していく可能性もあります。
    主人がそのパターンで、結婚当初はゆるい会員で勤行ぐらいしかしていなかったのに、義父の病気をきっかけに友人知人を次々と片っ端から入会させ、いつのまにか激しい男子部の活動家へと変貌してしまいました。
    そのようにならなくても、創価脳で、ある程度の活動をしている男子部なら、結婚生活は活動中心になり、ゆんちゃんさんが思い描いているごく普通の結婚生活とはかけはなれたものになると思います。
    活動することで「家族は守られ永遠に幸せの軌道にのる」という指導をされているので、家族団欒より活動を優先するようになる。
    本末転倒なのですけどね。
    バリ活でなくても、創価脳であるかぎり、家庭でゆんちゃんさんと向き合う時間は圧倒的に少なくなる可能性大です。
    創価の時間にとられてしまう事がグンと増えてしまうから。
    家庭内でもめ事や問題がある度に、目の前の自分と向き合うのではなく、仏壇に向かい延々と題目を上げ続ける冷たい背中を見るたびに、私自身も創価脳であったはずなのにいつも悲しい気持ちになったものでした。
    結婚生活の意味さえもわからなくなるかもしれません。
    結婚当初にいくら約束事を交わしても、「幸せになるために」という名目のもとにいとも簡単に破られてしまうかもしれません。
    彼氏さんは、2世でもあるようなので、彼氏の親族の問題も一生つきまとってきます。
    創価脳と結婚するということは、しなくてもいい争いをして、摩擦がつきものです。
    それは、負の感情を生むことはあっても、それ以外のものは何も生みだしません。
    そして、創価脳からの覚醒は非常に難しく、2世で親や兄弟との結束が固い場合は、万が一彼氏さんが覚醒できたとしても、あちら側の親族との関係もあり容易いものではないでしょう。

    ゆんちゃんさん自身が色々考えた上で、どうか後悔しない決断をと願っています。

  33. たくさんのコメントに大変なのに申し訳ありません。
    でも、「だれに何を言われ、覚醒させるの無理と言われましても聖教新聞社の方で相談だけはさせていただこうと思っていま」ということ。
    ぜんぜん気楽に電話してみてください。私も電話をしたことがあります。

    そしてゆんちゃんが相談した内容に帰ってきた創価学会本部、教学部、聖教新聞社の回答は「正式な」創価学会の回答でもあります。
    できればその回答をここで教えていただけませんでしょうか。
    同じように悩む人達にきっと役立つものとなると思います。

  34. 皆さんが自分の体験を通じてのアドバイスなので、とても深く説得力があります。皆さん、ありがとうございます。そして私が30年前に、いかに愚かであったかが、今更ながら思い知らされて、めまいがするくらいです(泣笑)
    ゆんちゃんさん、いきなりたくさんの方からのアドバイスで、ちょっと戸惑っていらっしゃるかもしれませんが、ここは是非落ち着いて冷静にことを運んでいただければと思います。「婚約者が創価だとわかった」時の問題は、創価問題の中でも特に深刻なものだということの現れだと理解してください。そして皆さんのコメントは本当に的を射ていると思います。
    皆さんからのアドバイスで十分なくらいですが、あえて私から一つ伝えたいなあと思っていることは、いくら創価脳の彼氏さんでも、いつかは自分の間違いに気づく時が来るということです。ただ、それがいつのことになるかは誰にもわかりません。私の場合、30年前の当時の彼女(20代前半)との結婚話が持ち上がった時に、母親から学会員である私との結婚を反対されたというだけのことで、私の方が一方的に彼女に別れを告げてしまいました。私は「創価を理解しない家庭の女性なら、自分に相応しくない」と完全に見下し勝手に判断し、理解してもらおうという努力もしないまま、一方的に別れを告げました。もう彼女の話を聞こうともしませんでした。彼女はその時のショックで、その後すぐに知り合いから紹介されたお見合い相手と2度しか会わないで結婚しました。私との過去を忘れたいために愛のない結婚生活を選んだのだそうです。幸いその相手がとてもいい人で、3人の子供にも恵まれ、なに不自由ない立派な家庭を築いたのです。そんな彼女が30年後、SNSを頼りに私の前に現れました。自分はこうして幸せになったから安心してということを伝えたかったのだそうです。その時ちょうど私は創価が詐欺だと気づき、私が30年前に彼女にとんでもないことをしてしまったことにやっと気づいた矢先でした。今思い出しても膝が震えるくらい最低の男でした。なのでそのとき30年前の自分の間違いを彼女に告げることができただけでも救われました。あのときの自分が間違っていたと告げられた彼女は、それはそれで辛かったと思います。またしても私は残酷な最低の男です。1000キロも離れた電話の向こうとこちらで互いにたくさん泣きました。人はこんなに涙が出るもんなんだと驚くほど泣きました。おそらく私が鬱になったのは、創価が詐欺だと気づいたショックよりも、このときのショックが原因だと思います。
    最低男ついでに言ってしまいますが、ゆんちゃんさんの彼氏さんがゆんちゃんさんへ別れ話を繰り出したとしても、それは創価の洗脳ゆえのことです。それは30年間最低男だった私が保証します。おそらく彼氏さん本人は創価の洗脳によって自分で何も考えられないまま「一緒に信心できない相手は自分には相応しくない。結婚すべき人ではない」という考えしか持てなくなっているのだと思います。つまりとても残念ですが今の彼氏さんは、自分の本心ではなく、創価に操られた言葉しか言えなくなっているんだということをどうか理解して欲しいです。とんでもないことを言うようですが、創価の洗脳とはこういうものです。これはあくまで最低男の希望でしかないんですが、そこでゆんちゃんさんが本当の彼氏さんをどこまで信じてあげられるかが問われることになると思います。辛いですよね。言ってみれば今の彼氏さんは創価というゾンビに血を吸われて自分もゾンビになったようなものです。普段の見た目は人間でも、いったん創価スイッチが入ったら手のつけられないゾンビと変貌します。他の方も言ってるように、普通に人を平気で見下します。世間の常識や理屈は全く通用しません。対話は不可能です。何があろうと、創価は正しく創価以外は間違いとなります。このブログの過去にある現役会員さんとの対話を見ても嫌というほどわかると思います。創価に洗脳されていくうちに、毎年宗教団体に100万円でも1000万円でも平気で出すようになるのですから、これ一つとっても異常な世界ですよ。生活のすべてが活動最優先となります。どんなに辛くても、うまくいかないのは自分の信心が足りないからだと、ますます洗脳を深くしていきます。そして前スレにあるように本音では「いやだな」と感じていても、逆らったら不幸になると怯えきって生きていくんです。なのにそれが何よりも幸せなんだという思い込みから離れることはありません。はたから見たら異常な人たちの集まりであることは明らかですが、学会員同士では「自分たちだけは正しい」と日々の活動の中で洗脳しあっているんです。めちゃくちゃですよね。たとえ現実に病気になっても貧乏になっても、創価を信じている限りは誰よりも幸せだと思い込みます。何よりも創価を優先してすべてを捧げるだけの奴隷です。どんなに拳銃の弾を打ち込まれても、いくらでも立ち上がって生き血を吸おうと彷徨い歩くゾンビです。私はそんな最低男だったので、あえてとてもきついことを言いますが、いつ人間に戻るかわからないゾンビを信じていくことができるかどうかを問われているということです。生半可な覚悟ではゆんちゃんさんまでもが不幸から逃れられなくなるという覚悟は必要かと思います。ごめんなさい。決して脅しじゃないんです。
    ここの皆さんは、自分自信の辛すぎる体験があるだけに、そしてそのことに悩みぬいてこられただけに、ここまで辛辣なアドバイスになっていると思います。どうか前向きに、それでも覚悟を持って悔いのない答えを出してください。応援しています。

  35. しかしどうなんでしょう。昔とは違って、彼氏や彼女が創価だったとカミングアウトされて悩むようなことは少なくなっているんじゃないでしょうか。つまり創価の男女青年部の数もどんどん減っている。今いる独身の男女青年部活動家って、ほとんど3世4世ですよね。もう学会員はまともな結婚はできないという常識が世間に行き渡っても良さそうな気もします。創価がいくらソフト路線に切り替えても、学会員の反社会性や非常識さ、気持ちの悪さは変えようがありません。すでに創価は「騙される奴だけ騙しとけ。へんに対外アピールするとボロが出る」みたいな方向ではないでしょうか。
    日蓮正宗から破門され、しょうがなしに御本尊を自前で捏造し、教義を180度ひっくり返し、自分たちの悪事を隠蔽するために、露骨に自民党べったりの政治路線を突っ走る創価学会の異常さに、今更若い人たちが創価に入るなんてことは考えられません。学会員がどんどん減っているというのは事実ですし、それは会合での顔ぶれを見れば、何の言い訳もできないほどはっきりしています。これまでのようなブロックや地区ごとの活動ができなくなり、いても年寄りばかり。特に男女青年部となると、言われるがままに従うとんでもないお人好しか、あの3人組のようなとりつかれたような目つきで自分の正義をひたすら連呼するだけの聞かん坊のような人間だけになる。池田大作が姿を現さなくなった時点から、創価崩壊が時間の問題であることは分かっていますが、もう若い男女青年部が先に創価を見限る時代になってもいいのではないかという気もします。その前哨戦として、あの3人組のような現象があるのかもしれません。長年洗脳され続けてきた年寄りならまだしも、本格的に活動して数年という男女青年部であれば、覚醒の環境やタイミングは、以前よりも格段と増えている気がします。
    そういう意味では、私が最低男だった30年前よりも、ゆんちゃんさんの彼氏さんが覚醒できる環境は今の方があると思います。もちろん油断は禁物ですが、昔に比べるとということです。もう早いとこ池田のXデーが発表されて、後継者問題で最高幹部が分裂し、組織自体がガタガタになれば、社会的にも創価をかばう必要のある利害関係も消滅して、創価が最初から詐欺団体でしかなかったことが、社会的にもはっきり暴露される日が来ると思います。組織の崩壊が先か、学会員の覚醒が先か。今はもうそんな時期なんじゃないでしょうか。

  36. 滋さま
    コメントいただきありがとうございます。
    結婚に向けて話をしていくにつれ、必ず創価学会の問題が出てきます。
    人生で出会った中で1番と言い切れるぐらい優しかった彼が人が変わったようにみえるときもありました…。
    私は彼に『さよなら』といつ捨てられてもおかしくないと思います…とても悔しいし、毎日創価学会無くなれと心の中で叫んでしまっています。
    もし彼が何かに気づき始めて苦しむことがあるならたとえお別れしてしまったあとであっても支えていきたいとおもいます。

    ————————————————-

    真白さま
    コメントありがとうございます。
    私の場合は結婚の約束ではなく顔合わせも終わり、式場も下見をしたりとしているところに問題が出てきました。
    もちろん最終的には自分ということもわかっています。わかっていますが、ちょっとでも何か覚醒に繋がるきっかけになれば…と相談させていただいております。
    私は彼自身を(少なからず創価で揉まれたあとでしょうね)受け入れました。が、彼は私が入会しないと…と私自身を受け入れてくれません。
    経験は人によって様々なのでの真白さまがご経験されたこと、他の外部の方がご経験されたこと、私が経験したことが全く同じではないですがただいえるのは創価学会のせいでツラい思いをしたということです。ですのでなにかがきっかけになればと思っております。

    文章がちょっと変ですね(^_^;)すみません↓↓

    ————————————————-

    ジョンソン3号さま
    ジョンソン3号さまの覚醒のきっかけをお話いただきありがとうございました。
    創価学会という壁がなくなると人は自由にいきていける。やはり裏でいろいろ操作され、消されていることがまだまだたくさんあるのでしょうね…。

    ————————————————-

    ミミさま
    ミミさまの覚醒のきっかけを教えていただきありがとうございました。
    私は今仕事が上手くいっていません…。きっと彼からすると信心してないからと思われているのでしょうね↓↓私が今まで通り創価学会のことをを放っておいて問題に気づいてくれたら嬉しいのですが…
    もし彼がいつになるかはわかりませんがこのまま付き合い続けても、お別れになってしまうことがあっても創価学会に疑問を持ち苦しむのであればそばにいて寄り添ってあげたいと思います。
    創価学会の悩み、創価学会以外の悩み…常に悩みはあると思いますが頑張っていきたいです。
    ありがとうございました。

    ————————————————-

    ぐうぐるさま
    来年1月にお別れをするかなどの話をすることになるので切羽詰まっているのは事実です…↓↓
    そんな短時間で彼に疑問を持たすとか無理に決まってるやん‼と思われても仕方がないことだと思っています。
    今まで自分なりに頑張ってみて最後の手段としてこちらで相談させていただこうと思い、signifieさまの貴重なブログをお借り致しました。
    本当に今、創価学会という術中にはまりこんでしまっていますね↓↓悔しいです。
    スマイルさまのコメントの件ですが彼に聞いてみたいと思います。
    そして
    >自分が創価を理解しなかった事で辛い思いをしているのではないか?と。それならそうと本心を打ち明けて欲しいと。本心を打ち明けるとスッキリすると思います。そして、何故そのような気持ちになるのか聞いた方が良いと思います。
    彼の話に耳を傾けたいと思います。きっと私とは違う悩みも彼にもたくさんあると思います。彼に何を言ってもマイナスになると思いますので彼の話にだけ耳を傾けてたいと思います。

    ありがとうございます。

    ————————————————-

    レモンさま

    とてもみなさんわかりやすく書いてくださっていて説得力があります。みなさんからのアドバイスには感謝の気持ちでいっぱいです。

    彼は仕事が忙しいので今はそれほど活動していないとは思うのですが、同棲しているわけではないので実は活動しているのかもしれません。
    きっかけ1つで覚醒する方、逆にものすごい活動家になることもあるのですね…。

    彼は母親側の祖母、祖父からの3世です。祖父は早くに亡くなったそうです。
    2世の母親と父親が結婚し、父親と父親側祖母も入会。(父親側祖父はバリバリの共産党支持者で37才という若さで亡くなったそうです。)
    父親は名前だけの創価学会員で仏壇には座ったこともないらしいです。父親側兄弟、長男は独身、次男は奥様と別居中で子どももいないそうです。上手くいっているのは三男の創価学会員の父親だけとのこと。彼と彼の弟は生まれてすぐに入会しての3世で弟は子どもができたのがきっかけで結婚。弟嫁と生まれてきた子どもも入会。
    彼の周りでは創価学会に絡んだ方々は上手くいっているように見えているのだと思います。
    周りがガチガチに創価学会で固められているので彼の親族、私の親族と問題が必ず出てくるかと思います。
    悩みしかありませんが答えを出していきたいと思います。
    ありがとうございました。

    ————————————————-

  37. ゆんちゃんさん初めまして。
    外部のえつこと申します。
    元彼がS大卒、三世、バリ活男子部部長、牙城会、広宣部経験ありで創価学会が原因で今年10月頭に別れたばかりの者です。
    とても他人事とは思えず私の経験をコメントさせていただきます。
    ゆんちゃん様、今とても苦しいでしょう・・・痛いほど気持ちがわかります・・・
    私は婚約はしていませんでしたし、私から別れを告げたので何の参考にもならないかもしれませんが少しでもゆんちゃんさんがラクになれることがあればと思い書かせていただきます。

    私は元彼が学会員ということは出会ってわりとすぐ教えてくれました。まぁ理由は元彼の家に遊びに行ったら狭いアパートに仏壇が置いてあって元彼は仏壇があるイコール学会員だとばれると思い込んでいて自ら教えてくれました。宗教に無縁な私からすれば学会員だと言われなければ仏壇だけじゃ決してわからなかったのですがね。

    その後、困ったことに折伏セミナーに誘われるようになってしまい元々創価に限らず宗教にすがる考えは大嫌いな私は(何かを信仰してる人、本当にごめんなさい)困り果ててネット検索して幸いにもこの対話を求めてに出会え皆様のアドバイスのおかげで折伏セミナーにも行かずに済み、彼氏との対話方法も教えていただき元彼に覚醒してほしくて気付けば一時期創価学会のことしか考えていませんでした。(2015年7月頃からずっと相談させて頂いていました)

    結論から申し上げると私には無理でした。正直別れた理由はこれに尽きます。
    対話していて何か質問してもまともに答えられないのに「創価学会は正しいから正しい、何かグレー部分があっても創価学会はとにかく凄いから他の宗教とは違う」という前提でしか
    話が出来ていないことにだんだん気付きました。
    そして何より私の元の性格もありますが、もう創価学会の事を考えすぎて精神不安定になり限界がきて元彼どうこうよりとにかく創価学会のことを考えたくなくなったのです。
    それと同時に元彼と結婚したとしても元彼と関わる以上は創価学会の事を考えない日はないことに気付いてしまいもう私は元彼と一緒にいるのは無理だとなりました。

    別れを告げると元彼も私とは一緒に信心出来ないことがずっと引っかかっていたらしく穏やかに話し合い別れました。
    お互い嫌いじゃないし趣味も合うし友達でいようとなりました。別れてからずっと連絡もしてないし会っていませんけどね。
    元彼は私は一生信心しなくて良いし結婚して子どもが出来ても入会させなくて良いと言ってくれていましたが、別れ話の時に結婚相手は一緒に信心してくれる人じゃないと無理だと初めて本音を言いました。私も折伏セミナーに毎月誘われてる時点で気付くべきでした。

    こんな経験なので婚約者様を覚醒させるアドバイスは何も出来ないのですが、婚約者様に入会しないのなら別れると言われた以上、婚約者様と少し距離を置かれてはいかがでしょうか。
    婚約者様に直接距離を置くと伝えるのではなく「心の距離」です。会う回数を減らすとか会っても深い話はせず婚約者様を客観視すると言った距離です。
    とんでもないアドバイスかもしれませんが、その間ゆんちゃん様は新しい習い事や趣味などを通じてどんどん新しい出会いの場へ行かれたり、男友達がいらっしゃいましたら2人きりでなくてもその方も交えて出かけたりするのはどうでしょうか。気分転換になりますし、何よりたくさんの人と接することでより婚約者さまを客観視出来るのではないでしょうか。
    決して諦めてくださいと言ってるのではありません。ただ、一日二日で解決する問題では無いのは確かなので、ゆんちゃん様の心の安定を第一に大切にしてほしいのです。
    私も頭がパンクしそうになってどうにもならない時に長年続けている趣味の延長で新しい習い事の場に行ったらただそれだけでビックリするくらいラクになり創価の事もあまり考えなくなり元彼との関係を客観視することが出来ました。

    入会しないのなら別れると言ってる以上、そんな大切な事を結婚直前まで黙っているのは不誠実極まりないです。ましてや宗教なんて言われてすぐ「はい入ります」なんて簡単なことなんでしょうかね。それこそ数年単位でその宗教を見て知ってやっと決めるくらい大切なことではないでしょうか。それをずっと黙ってるってどういうことなのでしょう。外部からすると本当に疑問です。ちなみに元彼にこの質問をしたら一切答えられませんでした。

    本当に何のアドバイスも出来ずに自分の経験ばかりになってしまい申し訳ありません。
    ゆんちゃん様が少しでもラクになれますように。ゆんちゃん様優しさが婚約者様に届きますように。

  38. 元栄光地区婦人部(おてもやん)さま
    聖教新聞社にお電話されたことがあるのですね‼
    やはり電話というものの創価学会に関わるということで少し不安になってましたが、元栄光地区婦人部(おてもやん)さまの一言で気軽に電話をしようと思えました。
    ありがとうございます‼
    お電話した際には必ずご報告させていただこうと思います。

    ————————————————-

    signifieさま
    今回貴重なブログを貸していただきまして本当にありがとうございます。
    みなさんからのアドバイスは本当に心に響くものがありました。とてもたくさんのコメントをいただき、驚きながらも感謝の気持ちでいっぱいです。途中私のやってること、やろうとしていることはムダと言われるのがこわくて、不安でせっかくお借りしているブログをみるのがこわかったです…。
    signifieさまもとてもツラいご経験をされたのですね…。読んでいてとてもツラかったです。
    きっと彼も私がこんなことをしなくても気づく日があると思います。彼がこのまま不信感をいだかないまま月日が流れるのがツラく少しでもなんかおかしい気がする…と思うなにかきっかけをつくりたかったのです。
    改めて思いますが洗脳とはこわいですね…。創価学会は人の気持ちをそうとしか思えないように上手に洗脳するんやなぁ。と悔しい気持ちでいっぱいです。
    ゾンビに例えてのお話…とてもわかりやすかったです。私は覚悟があっての婚約でしたがだったされたの方々からしたらまだまだ覚悟が足りていないのかもしれません。
    創価学会の人数が減っているということですので覚醒するタイミングが増えているところにそろそろウワサのXデーの発表があれらきっとすぐにでも気づいてくれると思い、ついついそのことを検索してしまいます。みなさんそろそろではないか…と。(本当は今すぐにでも発表してくださいって感じです)

    この度は貴重なブログに部外の私の質問を取りあげてくださり本当にありがとうございました。

  39. ゆんさんこんばんは。
    別れる事が前提で、背中を押して欲しいだけなら私のコメントはすっ飛ばして下さい。
    すみません、自己紹介がまだでした。
    音楽と読書をこよなく愛する(学会歌と人革はNG)口は悪いが心は熱い、正直者のLIARと申します(キリッ)。

    まず、どうなったら理想的なのかを書いて欲しいです。
    わがままとか、自己チューとか、そんなの無理だとか、そんな余計事は一切考えなくていいから、素直に自分は『こうありたい』って、一旦ここにズラーリと書いちゃいましょうか。
    仕事でも、手帳やメモが必須な職種は多いじゃないですか。アウトプットしてみましょう。問題点がハッキリしてくるんじゃないでしょうか。

    シニフィエさんがせっかく、他人事じゃねえってさ、わざわざ作ってくれたスレッドですよ。年末ジャンボな奇跡かと思ったよ、私は。
    傷に塩塗る覚悟で歯をくいしばって書いてる方々も沢山いらっしゃいます。みんな真剣です。あなたも理解していると思います。茶番ならもう聞き飽きているのです。
    他で同じ事を書いたらどうなるかな。簡単に答えられておしまいですよ。そうでしょう?
    ここには沢山のしくじり先生が、やんややんや、おてもや~んと湧き出でておられます。素晴らしいブログです。あんた菩薩か、いや、私は神だっていうね、レベルの方がぞろぞろいますよ。

    あなたが素直に書いた事が、『現実』になったら最高ですよね。ああそうだ、忘れとりゃしませんか。いつの時代も、人の思いが歴史を作ってきた。身の回りの物全部、人の思いが形になった。違いますかい?そうじゃろうとも。

    創価は崩壊する。これは予言でも何でもないよ。そうなるようにみんなが生きてりゃそうなるんです。私達はもうマイノリティじゃないのだから。
    すぐ、そこ♪ってやつです。

    私のカッコいい高橋手帳の冒頭には、今年の目標。でかでかと『クレバーに立ち回る!』というキッタねえ文字が。うっかり部下に見られて笑われましたよ。危うく刑務所に行く所でしたが、おかげ様でカッコよく超弩級完全覚醒に至りましたよ。そうなるように生きてきたからです。ありがとう、カッコいい高橋手帳。来年もお世話になるよ。

    起きる事は同じでも、思考のチョイスでいくらでも幸せは寄ってくるんです。頭を柔らかくしましょう。
    希望を持ってください。
    振り返ったときに笑えなくてどうするのですか。あなたが騙されてる訳じゃないでしょ。本来、悩むのは相手の方です。
    とにかく絶対やりたくないこととか、今すぐやめたいこと、ああしたいこうしたい、ガンガン書いてみて下さいな。泣くのはその後でも良いじゃねえか、若者よ。

  40. シニフィエさん、みなさま、おひさしぶりです。。
    流れ星です。
    いろいろ考えるところがあって再スタートのときもコメントは控えていました。
    相変わらず、なかなかこの場にこれずコメントも読むこともできない日々でしたが、クリスマス辺りからめずらしく風邪を引き時間ができて、ひさびさこのスレッドを読み進む中、なんだか沈黙していられなくなりました。

    ゆんちゃんさん、はじめまして。。
    昔、ここの常連だった流れ星ともうします。
    脱会して10年を越えました。創価に疑問を持ち始めたのは2001年辺りからです。。
    結婚歴、37年を過ぎました。

    >私は彼に『さよなら』といつ捨てられてもおかしくないと思います…とても悔しいし、毎日創価学会無くなれと心の中で叫んでしまっています。

    彼に捨てられる?
    そんな彼は、自分からさよなら、って潔く捨てちゃってください。
    いえ、そのくらいの強い気持ちで。。彼と向き合ってみられては如何でしょう。。

    結婚する前から、そんなに悩んでいるということは結婚してしまったら、もっともっと悩むことになりますよ。
    もう十分に悩みました。。

    まず、もし結婚してしまったら間違いなく2人のあいだにできた子どもたちが創価の犠牲になります。
    子どもたちは幼いときから、創価のことでその歯車の中に生きていかざるを得なくなるかもしれません。
    子どもたちの苦悩を夫婦して抱えていくことにもなるでしょう。。
    また子どもは夫婦の創価での行き違い夫婦2人の溝を無意識に感じ取って育っていくことになります。

    お話しを伺うとすでにタイムリミットは限られているようですので、まず、いまから彼を覚醒させるのはムリです。彼を覚醒させるには時間が到底足りません。ごめんなさい。
    彼はたぶん、親や組織からあなたを折伏(入会させる)ように激励を受けていると思います。
    ちょっとやそっとでは。。。

    もうあなたのことは彼一人での問題ではなくなっていると思われます。
    案外、組織では彼とあなたのことでみんなが唱題しているかも知れません。。(昔の創価はそうでした)
    彼の親御さんも毎日、あなたの入会を祈っていることでしょう。。

    好き、というあなたの感情を逆手にとってずいぶん大胆な言葉を言っている彼のようですが。。もう、そんな彼に振り回されるのは、そろそろヤメにしませんか。。彼は、あなたの人権を無視しています。わたしからみると、随分バカにした話です。あなたが婚約を取りやめるはずがないと思ってでもいるようにみえるのですが。。これって、はっきり言ってパワハラです。

    結婚前は、とても大切な時期です。。
    そんなときに、どうしても越えられないこの創価のことが視えてきたと言う事は、きっとあなたの直感だと思うのです。
    直感は、案外当っているのです。直感に素直に従うのが善いと思います。そして、きっとあなたのなかにはもう答えも視えているのではないでしょうか。。?

    結婚もご縁です。。
    彼とあなたのあいだに赤い糸が結ばれているのか、いまのわたしには到底分かりませんが。。
    すこし感じていることを話させていただきました。

    さいごは、あなたがこころから納得して決断することをこころから応援しています。
    人生には、幾度か選択のトキがきます。。ひとが決めるのでもなければ、ひとに決められるものでもありません。決めるのは自分です。それを忘れないで。。
    あなたの選んだその道が、その何十年後も後悔しないことを。。こころから願っています。

    すみません。。わたしは言葉がストレートすぎて自分でも分かってはいるのですが。。言葉を飾れません。
    もし、これを読んで不愉快に思われた方がいらしたら、ごめんなさい。

  41. LIARさんへ
    >ここには沢山のしくじり先生が、やんややんや、おてもや~んと湧き出でておられます。

    不意打ちを食らった気分です。(;▽;)
    おばばなので我が娘だと思うとついつい世話やきたくなるんですよね。
    いやほんと、老婆心ながら万が一婚約破棄になった場合、学会員側が悪いのに賠償請求してくるケースも知っているので、それも心配してたりしてます。

  42. こんばんは。
    未だ現在進行形で底辺を彷徨う火星人と申します。
    私なんか場違いかもしれませんが・・・
    また場違いのコメントかもしれませんが気になったら読んで下さい。

    11才の哲学者・中島芭旺くん、ご存じですか?!

    嫌いな言葉を聞くと、迷うことなく「未来!」と芭旺くん。その理由は──。
    「後先のことを考えてたら、予定にすべて縛られる。先のことを考えるより今! 今を楽しむ。わかるはずのない未来のことを考えるんじゃなく、今を生きる!」
     大人になるとわかっていてもできずにいる「当たり前のこと」を直球で投げてくる芭旺くん。

    これを読んだ時、凄く考えさせられました・・・

    創価は全て未来を見据えた活動だと思います。そう云う思想、教義だから仕方ないですが・・・
    (未来を考える事は本来、良い事だと思うのですが・・・?!)
    しかも未来と言っても来世まで行ってしまいますから・・・(笑・冷や汗)

    予定にすべて縛られる。先のことを考えるより今! 今を楽しむ。

    自分で良く考えて行動して下さい。
    お幸せな人生を歩まれて下さい。。

  43. 元栄光地区婦人部さん、
    全く悪気はありませんでした。すみません。妻に、おてもやんて何って聞かれて、Google先生に質問してしまいました。
    あの、白蓮やってた方に言いたい事がありました。皆さん、おてもやんとか色々言ってますけど、あの……言うほど悪くなかったっすwww
    自信もって下さい(°∀°)!

  44. ゆんちゃんさん、金麦と申します。僕の体験で申し訳ありませんが、学会に入る条件の結婚なら、ダメだと思います。今、精神的に辛いですよね。僕ですね、創価学会の人間です。僕以外はみんな、創価学会ではございません。妻も子供もです。でも、それなりに信仰して、この信仰は素晴らしいの言葉に、耳を傾けていたと自分では思います。最近、学会はなんかおかしいと思っています。
    ゆんちゃんさん、もしも学会に入会しなくてもいいからと言われて、結婚しても、お互いに2年3年と、一緒に生活をしますと、本当の自分を出す様になります。最初は優しくほがはかな心の広い振る舞いをしますが、今の彼氏さんが、何か周りの環境に不満を持った時は、少なからず、ゆんちゃんさんが、学会に入会してないからだと、ゆんちゃんさんに、当たって行くと思うのです。僕がそうでした。そのうち、妻の学会嫌いな両親のことも、悪く言う様になります。創価脳です。妻の両親に、何か悪く事が起きると、ほら見ろ、学会をバカにしたからバチが当たった‼︎内心そう思うでしょう。ゆんちゃんさん、情があるのはわかります。優しいのですね。ゆんちゃんさんが、幸せになる事を、空に向かって祈ってますね。

  45. えつこさま
    ちょうど私たちが創価学会問題に巻き込まれたころにお別れされたのですね…。えつこさまも本当にツラくて心が痛かったことかと思います。創価学会とは人生を狂わす力があるという恐怖を改めて感じてさせられます。えつこさまもこちらのブログで みなさまに教えていただいたことがたくさんあるのですね。
    本当に似たようなツラいご経験をされたということでとても心が痛くなりました。
    >「創価学会は正しいから正しい、何かグレー部分があっても創価学会はとにかく凄いから他の宗教とは違う」という前提でしか話が出来ていないことにだんだん気付きました。
    私もときどき彼と話ができてないような気がするときがあります…↓↓
    今、少しずつですがお互い距離を置き始めています。他の方々やえつこさまもご提案くださったようにちょうど客観的立場にたてるいい機会だと思います。
    結婚するからと信心もない(むしろアンチなのに)創価学会にすぐに「入会します。」とは言えるはすがありません。ですが必ず幸せになれる‼と言いきれる洗脳。上手に洗脳する創価学会…ある意味すばらしいですね。

    えつこさまのツラいご経験お話聞かせていただきありがとうございます。

    ————————————————-

    LIARさま
    別れるが前提ではもちろんありません。
    ですが覚悟もないともしお別れになったときに自分自身が崩れ、自分ではなくなることもありえる…と思ってはいます↓↓

    私の理想…
    脱会してほしい。
    せめて創価学会に不信感をもってほしい。
    自分が信じる創価学会は正しいからって押しつけて私に入会をすすめやんでほしい。
    なんで私が入会せんかったら自分の意思で入会希望してない子どもを入れやなアカンねん。
    笑って楽しく将来のことを一緒に考えていきたい。

    signifieさまの貴重なブログで私の相談をとりあげてくださり本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
    もちろんここで相談させていただいた理由はLIARさまも書いてくださっていましたが、他で書きこみしても適当な返事(…とは失礼ですが)しか返ってこないと思ったからです。
    こちらのみなさまのコメントをみていると本当に親身になって相談にのっていただける‼と思ったからです。実際たくさんのみなさまに参考になるお返事をいただいています。

    私が書いたことが現実になれば本当に最高ですね☆
    希望を持ちたいと思います。
    本当コメントありがとうございます。

    ————————————————-

    流れ星さま
    体調のほうは大丈夫でしょうか??
    風邪をひかれているのにコメントくださりありがとうございま
    彼を捨てるぐらいの気持ちで向き合う。
    私はたしかに捨てられる側としてしか考えれていないところもあったかと思います。
    今これだけ悩んでいるので結婚したら今以上に悩みも出てくるのでしょうね…。
    子どもが仮にできて私のように悩むのではないかと不安もあります。子どもは自分の意思ではないのに勝手に創価学会に巻き込まれることになりますもんね…。
    そして今すぐに覚醒も無理だろうとも思っていまので流れ星さまが謝ることはありません(>_<)
    覚醒は1番の希望ですが、今は覚醒に繋がるきっかけを探しています。ムダだと思われると思います。が、じっとしてても変わらないのならちょっとでも行動してみたいと思いました。
    自分に後悔がないようにだけしていきたいと思います。
    流れ星さま、本当にたくさんのアドバイスありがとうございました。

    ————————————————-

    火星人さま
    コメントありがとうございます。
    とても難しく考えさせられるお話しですね…。
    何度も読み返しましたが本当難しいです。
    考えさせていただきたいと思います。

  46. ゆんちゃんさん、はじめまして、
    私も、遠い昔の20代の頃に、付き合っていた彼女を折伏して
    入信決意させた事があるので、自身の反省の意味も込めて
    何かしらのご参考になればと思い、書かせていただきます。

    私の場合は、その彼女の母親と兄がまったく別の新興宗教に属していた関係で
    彼女もそれほど宗教に対して抵抗もなく?創価に入会してくれましたが、
    結局、彼女に依存して頼っているその母親と兄の猛反対なども絡んで、
    お互いに色々と話し合って、別れる事になりました。
    彼女は特に創価の活動をするという事もなく、傷付けなかったのが
    唯一の救いなのかも知れません・・・

    ゆんちゃんさんの彼氏さん、見事なまでに創価脳として洗脳されていますね・・・
    決して、ゆんちゃんさんよりも創価を優先している、とかではなく、
    本気で創価の信心の功徳・御加護で自分たちが幸福になれるんだと
    信じて疑っていない状態ですね。
    こじらせ創価脳、とでもいいましょうか。

    この場合は、「このブログを見て」というストレートな呼び掛けよりも
    「創価を非活になって勤行すらしなくても何の罰もないんだって」とか、
    「創価の役職や会合を放り投げても何の問題もないみたいよ」とか、
    むしろ創価から離れた人のほうが幸せで充実した生活してるよ的な感じで
    創価バリアに閉ざされた彼氏の心を少しずつ様子を見ながら
    ゆっくりと開いていく方がいいかもです。

    それでも色々と屁理屈を付けて言ってくるとは思いますが、
    功徳も地獄も罰も人間革命も、すべて単なる創価の組織拡大の作戦だよ、
    釈迦も日蓮上人も、創価の活動をすると功徳があるなんて事は
    一切、一言も言ってないんだよ、真面目な会員さんたちは皆、
    創価に上手い事利用されているんだよ、という事を
    正攻法で少しずつ納得して貰いましょう。
    釈迦仏教や日蓮の話の是非は、一旦ここでは置いておきます。
    その上で、少しでも変化が見られたら、こちらのブログを紹介していけば
    どのスレッドを見ても納得して一気に覚醒に向かうかも知れません。
    特定のスレッドが効果的というのも勿論あると思いますが、
    創価シャッターが少しでも開いて興味を示せば、
    多くの記事のすべてが次々と納得できるようになるはずです。
    特定のお勧めスレッドに関しては、他の方のをご参考にしてみてくださいね。
    まずは、日蓮仏教のすべてを否定するのではなく、
    あくまで創価は最初から詐欺団体でしかない、という事を
    多くの創価から卒業された方々が言っているんだよ、という感じで
    やんわりと、かつ自信を持って伝えていくのがいいかも知れません。

    あくまでも個人的な意見ですが、参考になれば幸いです。

    そうそう、年末のお忙しい時期ですし、
    コメントの返信等で、疲れなど出されぬよう・・

    私たちはみんな、ゆんちゃんさんの味方ですよ^^

  47. 外部のしずかです。以前創価脳のパートナーの事で吐き出させていただきました。

    創価脳の彼とは、現在同居中です。
    お互いバツイチで、子供も大きくなり新しい土地で一緒にやって行こう!となった時に入会を結婚の条件にされました。

    今さらこの歳で信心できるわけもなく、無理!と返答。なら「僕の信心をすごいね〜、創価のやってる事を素晴らしいねーとわかって欲しいし、否定されることが辛くなる」と言ってました。
    その頃は、このサイトのお世話になっていたので、金太郎飴の文言だわ、と軽くハイハイとスルーしました。
    お互い仕事を見つけての田舎暮らしをして1年目です。
    私に場合、これから子供ができる訳でもなく、親族も少なく自分だけの心の問題です。

    ゆんちゃんさんのように、これからの事を考えると、心が押し潰される想いになるのは仕方ありません。
    でも、恋愛中に起きる気持ちの問題と、創価の問題を別に考えてみて下さい。
    恋愛感情は動物学的に三年で冷めるそうです。その後は、人として尊敬や信頼出来るか?です。
    (結婚は信頼が必要です)
    創価問題は、ゆんちゃんさんの視点では、いつ脱会してくれるか?ですよね。

    現在、私の創価脳パートナーは、町内会に入っていません。
    入ると役(神事のお祭りや、神社の掃除)があるからと断わり、年寄りが草刈機を持って寄り合っているのを、手伝いもせず、何とか長に押し上げられ仕事しながらの週2日の新聞配達、会合に追われてます。
    地域の仕事をせずに、創価ばかりで田舎暮らしを満喫してるらしいです。エセ田舎暮らし。

    先の新聞配達の方も、配達途中に心筋梗塞で亡くなり、「広布の途中で、、、本望やと思う」と。5年前から心臓が悪かったらしいと言っていたのに誰も死ぬまで交代がなかったようです。
    先日、創価墓地に墓参りに行きました。帰ってご近所さんと立ち話で、誰のお墓?と聞かれ、「まだ誰も入ってません」と返事したら、「石を拝んでるの?」とビックリされました。理解されるわけありません。

    こちらのサイトのおかげで、彼の変な行動パターンや思考回路がわかるようになり、大変ありがたく思いながら、少しづつ冷めてくる自分がいてます。ラッキー^_^
    別れる時の勝敗(辛さ)は、フラれたフったではなく、心が相手に残ったら辛いので、なるべく未練を最小限にするのが良いと思ってます。

    私の場合は、経済的にも心情的にも自立してないとダメなので、いつ別れても良いと言う思いで頑張ってます。
    なので早朝のナンミョウ〜にも耳栓して寝てますし、(寝不足防止、人間らしい生活の為)日々の創価アルアル出来事にも、クスッと笑い、否定でなく疑問をぶつけてイジっています。
    だって、命の次にご本尊が大事だから、戸締り用心火の用心と言われたら、私の立ち位置どこ?早く離れたいと思いましたよ〜。
    私の場合は飛び込んで納得できて良かったですが、ゆんちゃんさんはこれからの人生なので、気を付けて下さい。
    また一般的にも債務不履行倍返しと言う、婚約に絡む金銭問題もありますし。
    3年後、優しいだけでなく、尊敬出来る人であれば良いですね。

  48. 流れ星さん
    お久しぶりです。そして始めまして。元地区婦2世のセイコです。
    実はずっとひっかかってたことがあるんです。
    以前、にたような悩みに対しての流れ星さんのコメント。
    私も他人事じゃない、という気持ちでコメントしたつもりです。ですが、自分の娘だったらどうでしょう。
    あの時流れ星さんはのんなことを問われていたような気がします。
    創価のなんたるかを知り尽くしている親であれば、どんなことをしてでも、絶対止めます。
    レイラさんのお母様のように(引き合いにだしてごめんなさい)
    でも、私の身近にもいるんです。
    隣の地区の地区婦さん。お祖母様が学会員で、その娘のお母様はアンチ。お祖母チャンっ子だったその地区婦さんは今でもバリ活。
    その地区婦さんも女子部時代、活動に行って10時までに帰らなければ冬でも水風呂。文化祭の練習の時は仕事を終えて駆けつけ、家に帰ったら食べるものは何もない。いじめ、暴力ハンパなかったそうです。ひどい母親だと思いますよね。
    でも今ならわかるんです。
    そうまでしても、創価から引き離したかったお母様の親としての愛情。
    これは経験した人にしかわからないですよね。
    ゆんちゃんさん
    多分ここにいる婦人部みんな、創価に嫁ぐことは反対ですよ。
    それでもという、ゆんちゃんさんを想ってのコメントです。
    一緒に生きていくには、覚悟もいるけど、でも希望もあるよ、と。
    自分の思い描いた人生を生きてください。
    貴方次第です。
    アレ、やっぱ他人事みたい?
    これは自分がスッキリしたくて、書いただけなので返信はいいですよ。

  49. こんにちは。
    外部の雑草です。
    横から失礼します。

    ゆんちゃんさま
    う~ん、あまり無理なことは続けられないと思います。
    人間関係、まして家族になるとなると、大切なのはお互いに素でいること。
    当然悪いとこもでますよね。
    そこをお互いに許容できるかだと思います。
    で、そこでまあ、こういうもんだろとお互いに思う。
    片っぽが我慢して成り立たせる・・・はいつか飛びますんでまずだめです。
    無理のない関係のほうがいいんじゃないかな。

    難しい概念や試しというのかな、そういう考え方もあります。
    例えばソクラテスの奥さんが悪妻だったのは有名ですよね。
    ソクラテスの頭に尿瓶をかけたという悪妻の代名詞ですね。
    ほんとかどうかわからん逸話ですがソコラテスの知人とこんなやりとりがあったとか。
    「なんであんな悪い嫁もらったんだ!?」
    「なにはともあれ、結婚しなさい。良妻に恵まれれば、幸福になるだろう。悪妻を持てば、哲学者になるだろう」と。
    まあ、真偽もわからんような話ですが、要するにどういうことかというと、ワザと地獄や危険な状態、厳しい状況に身を追い込むと。
    家庭にそんなひとがいるなんて、地獄ですわね。
    その地獄にあえていくことで気づきだのなんだのを得る、あるいは成長する
    ということなのですが・・・。

    まあ、普通は無理ですね。
    迂闊に真似をすると、そのまま死んでしまいます。
    それはごくごく一部の資質のひとが、自ら乗り込む地獄であって、普通の人が真似したり推奨できるようなことじゃない。

    軽いコメントで申し訳ないですが・・・。
    あまり無理なこと、極端なことって、続けられないもんですよ。

    すいません、毒にも薬にもならん書き込みで。

  50.  40代非活壮年部のキリコです。
     場違いとはおもいましたがコメントさせて下さい。
    ぐうぐるさんの発言に感銘を受けました。
    あなたの心根の優しさが、感受性の豊かさが、豊かな人間味が、そして心の葛藤が、悲しみが、苦しみが惻惻と伝わってきます。
     「それは悩み苦しみを題目をあげる事で中途半端に乗り越えて来たからだと思います。」
     この言葉を読んでわかりました。活動家時代を含めて私が一貫して学会員に対して感じていた反発や違和感の理由が。
     彼らは真に感じてへんねや。悲しみ、苦しみ、挫折、悲哀を。題目や活動があるばっかりに自分と向き合いきれない。なので彼らには基本的に共感がない。悲しいことですけど、少し腑に落ちました。

  51. セイコさん
    はじめまして?ではなかったんですね。。
    わたしの過去のコメントを記憶していてくださり、ありがとうございます。
    なにか引っかかるのですね。。
    わたしの言葉がストレートで極端すぎるからですね。。
    悩ませてしまい、ごめんなさい。

    いまも、もし、わたしの子や孫たちが創価脳の人と結婚しそうになったらキチンと親として反対はします。が、間違っても虐待はしませんよ。最後は本人たちの意思は尊重します、わたしなら。。

    たとえば、婚約不履行。。ですが、どう考えても創価脳である彼氏のほうに落ち度があると思うのですが。。ゆんちゃんさんは、何も悪くないですよね?

    結婚に際し彼の勧める宗教に入るようにと、その宗教を嫌う彼女をある意味、強要している風でありますし。。
    彼のほうが悪いですよね?だから何も問題ないかと。。わたしは、そう思うのですが。。

    もしも、のときに備えて誰か法律に詳しい方がいらしたらアドバイスをお願いします。
    ゆんちゃんさんの不安を少しでも取りのぞいてあげたいのです。。

    だからと言って、わたしは婚約解消を望んでいるわけではないです。。間違えないでくださいね。。
    ただ、あんまりだと思って。。創価に入会しなければ好きな人ととも結婚できないなんて。。
    相手のこころの弱みに付け込んでくる、そのやり方。。。・°°・(>_<)・°°・。

    わたしの旦那は信心はしていません。
    もちろん、女子部のとき男子部の大幹部から旦那を折伏するように強く激励されました。
    彼に、もう会うなとも言われました。
    婦人部、壮年部からも応援されました。
    母も旦那に泣きつきました。
    でも、わたしは旦那を何がなんでも創価に入れようとは何故か思えなかった。
    その頃はガチガチの創価脳のわたしでしたが。。

    ほんとうに、人を好きになるって、そういうことではありませんか?
    創価に入らなければ結婚できません、って何ですか?

    創価学会関係ないでしょう?

    多分、わたしの時もそうであったように彼の向こう側には組織の人たちや家族の叱咤激励がたくさんあるのだと思います。だから、もう彼一人の問題ではなくなっているように想像できます。

    それに対し、ゆんちゃんさんは、たった一人で悩み立ち向かおうとしている。
    だから、相変わらずのお節介なわたしが黙っていられなくなりました。

    彼がもし、ゆんちゃんさんが入会しなくても結婚したい、と言うのなら、まだ希望はあります。よほどのご縁のあるふたりなのでしょう。
    そうなれば、お互いに一緒に暮らすなかで彼をゆんちゃん色に染めていく時間もできる。
    必ず、彼が創価の支配、執着から解き放たれるトキも来ると思います。

    わたしが、そうであったように。。

    ゆんちゃんさんは、いま、とても大切なトキです。
    ゆんちゃんさんの決断が何十年先も後悔しないものであってほしいと願います。

    どなたかの言われたように自分が好きなこと、わくわくすることを始められるのもいいかと思います。好きなところを旅してこころを鎮めるのもいいですね。。

  52. 創価に喜んでお金を貢ぐ会員(カモ)をどんな手を使ってでも増やしていく。そのためには拝む対象がペラペラのカラーコピーに変わっても、教義がガラリと変わっても、先生はお元気ですなどと見え透いた嘘をつこうとも、会員が騙され続けていればそれでいいという詐欺団体です。そして実際に創価を信じた多くの人たちが有り金を根こそぎ吸い取られ、家族が崩壊し、精神も蝕まれ、まわりからは奇異な目で見られたまま死んでいきました。これが戦後最大の詐欺団体創価学会の本当の姿です。被害者をゾンビの加害者に仕立て上げて、さらにそこから被害者を増やしていく。学会員は創価の実態に気づかない限りは死ぬまでゾンビです。物語のゾンビは死にませんが(笑)、創価のゾンビは自分がゾンビであることに気づかないまま死んでいきます。私の父もそうでしたし、父と一緒に活動していた草創期の同志と呼んでいた幹部たちもまた、みんな騙されたまま死んでいきました。たいていが癌で苦しんで死にました。べつに創価の幹部だから大往生したなんて聞いたことがありません。当然です。彼らは単にとんでもない詐欺に引っかかった哀れな犠牲者でしかないのですからね。
    創価の活動家が覚醒するには、まず活動からある程度遠ざかるような期間が少なからず必要だと思います。どれくらいの期間かは人によって違うでしょうけど、少なくとも毎日のように活動するということは、毎日自分で自分を洗脳しているようなものです。毎日やっている勤行唱題はそういうことです。しかもこれをちょっとでも怠ると悪いことが起こるとビクビクしながらやっているんです。そんな毎日の中で創価に疑問を持つ心の余裕などあるはずがありません。と言いますか、そう言った余裕を作らないように勤行唱題と活動漬けにして思考停止にしているんですから当然ですよね。このブログにコメントされている覚醒した方の話も、活動から離れる何らかのきっかけがあったからですが、例えば幹部に理不尽なことを言われたことがきっかけであったとしても、それはそう言われた後に活動から少しでも離れる期間があったからではないでしょうか。毎日毎日ガンガン活動している中で、突然「創価はおかしい」と気づく人はほとんどいないでしょう。活動しすぎて体を壊して寝込んだり、精神的にまいって止むを得ず活動を休止して、自分で考えることができるようになったときに初めて「もしかして創価っておかしんじゃないかな」と、そんな恐ろしい考えが湧いてくる。しかし罰が強くて「いやいやそんなはずはない。これは活動から離れて信心が弱くなっているところに魔が囁いているんだ。ここで負けれはいけない!」となって、また活動漬けの生活に戻ってしまう。そうやってまた創価の蟻地獄に引きずり込まれていくんです。
    そう考えると、なにしろ覚醒の第一歩は活動から離れて自分で自分のことを考える時間を作ることだと思います。活動家は「立ち止まったら死ぬ」と信じ込まされているマグロのようなものです。常に「戦いだ」と煽り立てられています。これも騙しの手口です。
    私の考えでは、ゆんちゃんさんの彼氏さんが創価に疑問を感じることができるようになるには、半年でも活動をやめて、自分で自分の人生を、またゆんちゃんさんとの人生を考える余裕を作らなければ、今のような活動中の彼氏さんに何を言おうが、どんなに譲歩しようが、その日のうちに再洗脳されて元の木阿弥状態になるだろうと思います。
    例えばの話ですが、彼氏さんに「私のために半年間だけ活動をやめて、創価なしで私との関係について向き合ってくれないか」という提案をして、彼氏さんがそんなゆんちゃんさんとの約束をしっかりと守ってくれたなら、もしかしたら彼氏さんは創価が変だなと気がつくかもしれません。それでも「かもしれない」という程度だと思います。彼氏さんが途中で怖くなって活動に戻ったらもはや諦めるしかないと思います。とにかく活動中の学会員が創価のおかしさに気づくことはまずないと、いくら待ってもないと考えていいと思います。
    実際の話、朝の勤行をサボったときに、たまたま道で石につまずいただけでも「これはきっと勤行サボったバチが当たったんだ」と震え上がるんですから、創価を信じている人間が活動を半年やめるなんて「死ね」と言われているようなものです。ゆんちゃんさんには申し訳ないですが、創価の洗脳とはそれくらい恐ろしいものですので、それなりの覚悟は要りますよということを、皆さんがいろんな形で言ってくれています。残念ながら現実は相当厳しいです。私から言えることは、彼氏さんはともかく、ゆんちゃんさん自身ができる限り悔いの残らない行動をしてくださいということです。

  53. ipadからの投稿です。
    流れ星さんへ
    取り急ぎ、ごめんなさい。
    言葉たりずで。
    全面肯定。同意です。
    正直に言うと、自分の娘なら反対します。
    創価家族に嫁ぐということは、それほど大変なんだと、言いたかったのです。
    とにかく、おっしゃてること、よくわかります。
    同意です。
    正直な方だと思います。
    文章ベタなうえ、年末の忙しさが加わり、誤解させてしまいました。
    以後、良く読み直して投稿しますね。

  54. レイラさん
    先のコメントは決して、お母様を冒涜するものではありません。
    引き合いに出してしまい申し訳なく思ってます。
    創価の内情を知っているお母様の深い愛情故のことだと認識しております。
    今は誰よりもそれをわかっていらっしゃるレイラさんでしょうけど。
    誤解を招くような文になっていましたら、深くお詫びもうしあげます。
    どうぞ帰省のおり、覚醒されたこと亡きお母様と共にお喜びください。

    シニフィエさま
    年末の忙しい時期に、お手数おかけします。
    いい勉強になりました。
    来年に活かしたいと思います。
    良いお年をお迎えください。
    皆さんでいい年にしましょう。

  55. キリコさん、ありがとうございます。
    私の元、彼女は5年前に母親を亡くしました。
    自殺だそうです。
    ある日突然家から居なくなりその5日後、20キロ程離れた渓谷の湖で亡くなっているのを発見されたそうです。実は彼女は母親が居なくなる前日、その湖に一緒に行っているのです。母親がどうしても湖がみたいと彼女を連れ出したそうです。車の中で彼女は母親を責めたそうです。家族がバラバラになっていること。お母さん、あんたにはその責任があるのよ、と。わかっているの?と。
    母親はわかっている。とだけ答えたそうです。
    その次の日母親は居なくなりました。
    母親の遺体が見つかった時、彼女は悲しいという感情はあまり無かったと言っていました。
    それよりも、その渓谷の風景が怖くて怖くて仕方なかったと言っていました。そして、その恐怖を忘れる為にひたすらお題目をあげ続けたそうです。
    彼女は母親が死んだのは自分のせいだと苦しみ続けています。

    父親は20年間引きこもりを続けている姉に対して、なんの行動も起こした事がないそうです。

    彼女は高校生の頃からずっと死にたいと思っていたそうです。ご本尊様に死なせて下さいとお祈りしていたと言っていました。私も彼女に言われた事があります。死んでもいい?と。彼女はずっと過去を引きずっていました。それは、自分の意志ではどうしようもなく、朝起きると自動的にぐるぐる思考が始まるそうです。過去の出来事が頭の中にフラッシュバックのように浮かんできて、自分を責め立てる。じっとしていると頭がおかしくなる。頭がおかしくなるからリビングのテーブルの回りをぐるぐるぐるぐる回って手足をバタつかせていると父親に目障りだと怒られたと言っていました。
    私は言わずにおれませんでした。
    南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経とひたすら唱え続けていたらそりゃ頭がおかしくなるがなと。
    あんたの不幸の原因はすべて創価と題目にある!と私は彼女に言いました。
    見ているのがとても苦しかったのです。
    私はお題目は本当に凄いと思います。
    彼女はすべての悲しみ苦しみ辛さを題目によって心のすみに押しやって来たのです。
    しかし、それは本当はとても恐ろしい事だと思います。

    すべて創価学会のせいだとは言い切れませんが、創価学会は人間を狂わせます。
    ゆんちゃんさんの彼氏は一見まともに見えるでしょうが、精神病と変わらないと私は思います。
    だから、別れた方が良いとは私は思いません。
    精神病に対する知識を身につけ長い年月がかかるでしょうが彼氏を救う事が出来るのもそばにいてやれる人間しかいないからと、思うからです。

    マインドコントロールを解こうと思うと自分が苦しみます。
    創価の間違いを気づかせようとすると自分が苦しみます。

    本当の彼氏の心を取り戻す事、感情を取り戻す事、潜在意識をしる事、過去の出来事、育ってきた環境、子供の頃何が好きだったのか?どのようにして育ってきたのか?母親は父親はどんな人だったのか?そこで何を感じ、どんな感情が芽生えたのか?題目によって活動によって麻痺させた感情を甦らせ一緒に共感してあげる事で彼氏は本当の自分を取り戻す事が出来ると思います。それはとても長く時間がかかるでしょうがゆっくり生きていくのもひとつの幸せだと思います。

    私は彼女に捨てられましたが。。

  56. セイコさんとゆんちゃんさんへ

    前の投稿でセイコさんへのコメントは最初の8行だけなんです。。
    あとは、ゆんちゃんにあてて書いたものです。。
    わたしも分かりづらい書き方をしてしまいごめんなさい。。

  57. ゆんちゃんさんこんばんは。
    二世否活の唐辛子と言います。
    想像するにきっと…
    ゆんちゃんさんも、普通に恋愛して、普通に幸せな結婚して、そんなささやかなことを願っているんですよね。たまたま知り合った大切な相手が学会員で、そんなささやかな未来に不安が生じて、きっと悔しく思っていると思います。なんでそんなことで、(普通に暮らしたいだけのゆんちゃんさんが)余計な心配事をしなければならないのか、僕まで本当に頭にきます。学会員には真剣に反省してもらいたい。この事自体は彼氏さんが悪いわけではなくて、創価学会の存在自体が悪です。だから、彼氏さんにもゆんちゃんさんにも普通に幸せになって欲しいですけど………(好き同士が別れるなんて馬鹿げているから)……でも、本当に本当に覚悟が必要です。
    マインドコントロールされた学会員は、困ったことに親切心で、ゆんちゃんさんの生活や思考やすべてに影響力を行使してくるのです。

    記載しながら、コメントに悩んできてしまいました。こんな大切な事柄に安易にコメント駄目な気がしてきた…。
    でもとにかく、
    人々の普通の暮らしに創価学会という詐欺団体は絶対的に不必要だということは間違いないと思います。
    ゆんちゃんさんがどんな選択をするにしても、その事は知っておいて欲しいです。

  58. 先ほどコメントしたぬけ唐辛子です。今猛烈に自省してます。
    ゆんちゃんさん、先ほどのコメント訂正させて下さい。人の人生に責任をとりたくなくて、ひよった意見を述べてしまいました。
    このブログを通してとはいえ、ゆんちゃんさんとぬけ唐辛子は関わりを持ったのですから、僕の本心をはっきり言うべきですよね。
    恋愛だけなら好きにして下さい。お互い感情だけで済む事ですから。
    結婚するなら、ゆんちゃんさんは自分の生活や自分自身をちゃんと守る必要があります。暮らしの隅々にまで創価学会が入り込んできます。せめて幾つかの約束事を彼氏と交わして欲しいと思います。
    ①子供が出来たら、判断力のないうちは入信や活動をさせない。創価の常識押し付けない。
    ②ゆんちゃんさんに入信を勧めない。
    ③生活に支障きたすような額の財務絶対禁止。新聞2紙とるような馬鹿はしない。
    せめてこれくらいは約束して欲しいと思ってます。そのために少しくらい時間をかけてもいいのではないでしょうか?

    彼氏さんが本当にゆんちゃんさんを大切に思うなら、きっとゆんちゃんさんのために考えを柔軟にする勇気持てるはずと信じます。上記の約束くらいは出来ると思います。
    実に失礼なコメントのような気もしますが、先ほどの意見よりマシと思っています。

  59. ぐうぐるさん、
    初めまして。自称ミュージシャンで作家のLIARと申しますw
    ぐうぐるさんは、外部の方でしたよね。
    題目を上げたら頭がおかしくなる?いいえ、
    ならないですよ。頭をおかしくされるから、題目を上げるのです。
    誤った価値観が人をそうさせるのです。そこんとこ宜しく。しかし、あなたの言いたい事は間違いではありません。
    何度もシニフィエさんが仰っている通りで、創価が日蓮消臭の題目(信仰心)を利用して金集めを始めたのです。三代目のソウルがブラザーでどうだとかいう話ではなく、根っからの純粋な、詐欺団体なのです。
    ここに来る皆さん、そこに気付いちゃったの。
    じゃあどうしようか。簡単だね。答え出ちゃった。本来なら悩む必要ないんです。が、面倒な事に中々それが悩むわけですね。人は一人で生きちゃいないから。
    ここの膨大なスレッドのコメント一つ一つ読めばそれが理解出来ると思います。

    実にならぬ事を続けていれば誰だって栄養失調で死にます。創価の形だけの信仰は(宗教というにはあまりにもな部分があり過ぎる)
    心が枯渇するのです。あなたの言うとおりです。宗教じゃないからです。
    そうです、続けていたら頭おかしくなるに決まってるんですよ。喉が渇いて海水飲んじゃってる人みたいになっちまう。止めないと。
    ぐうぐるさんの言うとおりなんです。

    元来人間は、好きな言葉や音を耳にしたり口にすると心身に良い影響があるのは有名な話ですよね。ぶっちゃけ言えば、それが題目でも念仏でも、PPAPでもヒャッハーでも構わないんです。(信者はそう言うと顔真っ赤にして否定するが)
    音楽聞いたり、カラオケ等でストレス発散ができる理由はそこですよね。

    創価のいう美辞麗句や他宗避難は全てブーメランで返してあげれば、だいたい創価が間違っている事の証明となります。罰論や功徳や三世の生命とか、結構誰でも簡単に論破出来ちゃうので、連中の言ってる言葉を拾ってみてください。いかに洗脳を解けないような作りをしているかが解りますから。
    ほんと最近、創価ごときで感情的になるのが馬鹿らしくなる。
    沢山笑いましょう。心から笑える日まで。

  60. レイラです。

    >セイコさん 

    だいじょうぶですよ!全然冒涜なんておもっていないので
    安心してください!

    母も喜んでいると思います。(^^)

    バリ活だった母が覚醒したのは、結婚してから父が猛反対!だったからと思います。
    母は婚前、父の事(私の母にとっては夫のことです)がかわいそうな境遇の人だと思い
    (ソウカあるある、上から目線)折伏をしようとしました。

    ところが父は宗教大嫌い、宗教に頼るなんて!自分の努力で人生はきりひらくものだ!
    (実際かなりの努力家で学歴なしでも、どん底から這い上がってきた人です)
    小さな仏壇を放り投げたり(らしい)、聖教新聞みつけると怒鳴りつけたり
    母はだんだん信心をしなくなりました・・・・・

    あ、かといってゆんちゃんさんは、うちの父と同じような事をしないでくださいね。
    性格や時代も違うとおもいますので・・・

    バリ活時代は「親父、地獄に落ちるぞ!」と思いましたが
    今は「ぐっじょぶ!親父!」です。(笑)
    もちろん罰なんか当たっていません!

    母からの猛反対&いじめ&暴力は長年トラウマになっていました。
    母に何か悪い事がおこると「罰があたった!ご本尊様はお見通しだよ!」と
    完全上から目線。今思えばひどい事をしました。

    創価は母娘の大切な時間も奪ったのです。

    私が非活になったのは、引っ越しして組織の人たちに対して疑問
    (魅力がない。楽しくない。外部の世界の方が楽しくなってきた。→世法に流されてる
    題目が足りてない!魔に侵されている!と学会の世界ではそういうんですが)

    でも非活になっても「センセは素晴らしい」
    そのセンセが創ったソウカも素晴らしい→だから脱会はしない、地獄に落ちるから
    と思っていた私が覚醒しはじめたのは
    やはりセンセが全く表に出ない、なのに新聞は「センセお元気です」と
    言い切ってるところ、どうみても元気じゃない写真が載ってたところでした。
    (そしておそるおそる「池田大作詐欺」で検索したらいろいろアンチブログにヒットしたのですが、ここのブログの体験談を読んで、あ、同じようにおかしいと思ってる人たちがいるんだとなり、脱会一直線へ)

    ゆんちゃんさん、少しづつ覚醒の扉をあけてみてくださいね。
    「イケダせんせいってどうして表にでてこないの?」
    と、いろいろ素朴な質問を投げかけてみるといいかもしれないですね。

  61. 連投すみません。
    このスレの最初に戻ってもう一度(冷静に)読み返したら…ゆんちゃんさんの疑問にひとつも答えず、的外れもいいとこ実に恥ずかしいコメントでしたorz心底すみません…。
    そもそも、ゆんちゃんさんはぬけ唐辛子の指摘など不要に十分に創価学会の実態理解してますね。穴があったら入りたい…

    で、もともとの、ゆんちゃんさんの質問への回答になるか分かりませんが…
    バリバリ創価脳だったぬけ唐辛子が覚醒したきっかけは、受験に失敗してキリスト教系の学校にしか入れず、
    そこで散々創価学会一族の親戚に嫌味を言われたからです。今では、そのキリスト教系の学校に感謝です。洗礼は受けてないですけどね。
    他宗教に触れる事が覚醒のきっかけですから、彼氏さんの説得には使えそうもないですねorz

  62. 金麦さま
    コメントありがとうございます。
    奥様、お子様は創価学会ではないのですね。
    私が今回こちらの貴重なブログをお借りした理由はみなさまがなぜおかしいと気づかれたか、そのきっかけは何か…このブログで気づいたのならどの記事がきっかけのなったのかを教えていただいたいのです…。なのできっかけになったこともしご迷惑でなければ教えていただきます。
    >最初は優しくほがはかな心の広い振る舞いをしますが、今の彼氏さんが、何か周りの環境に不満を持った時は、少なからず、ゆんちゃんさんが、学会に入会してないからだと、ゆんちゃんさんに、当たって行くと思うのです。
    …そうなるのかもしれません。きっと心の中では私のことを見下し文句を言うと思います。現在も言われてるかもしれません↓↓
    なぜ金麦さまは最近創価学会はおかしいと思われ、そのきっかけは何でしょうか?(>__<)ありがとうございます。
    ————————————————-

    コージさま
    ご経験をお話くださりありがとうございます。
    私は創価学会という名前は聞いたことがあるぐらいのほとんど無知状態でした。いろいろネットで検索してこちらのブログにたどり着き創価学会は危ない詐欺集団であるということを教えていただきました。無知なままでしたら当時の彼女さまのように信心せずとも名前だけでも入会していたかもしれません。本当にこちらのみなさまの過去のコメントに助けられたと思います。
    無知すぎて調べていくうちに彼は本当にどっぷり創価学会に洗脳されていることがわかりました。コージさまも書いてくださっていましたが、創価の信心の功徳・御加護で私たちが幸福になれると信じて疑っていないのだと思います。
    みなさま、コージさまのアドバイスを読ませていただき「このブログをみて思ってんけど」ではなく自分の気持ちとして話をしてみようと思います。無理せずゆっくりと彼の心を少しずつ様子を見ながらゆっくりと開いていけるようにしていきます。
    年末のお忙しいときにコメントいただき本当にありがとうございます。よいお年をお迎えください☆

    ————————————————-

    しずかさま
    ご経験をお話くださりありがとうございます。
    私も彼に「入会は無理」と伝えたところ『創価学会に自分が入ってるんぢゃなくて自分自身が創価学会やから自分を否定されてる』と言っていました。しずかさまの彼氏さまと同じようなことを言っていますね…。
    1番脱会希望ですが彼が生まれてからずっと染み付いている創価学会なので、私としては私や子ども(ができたら)に入会をさせない。です…。私が何を言ってもムダなのはよく言われているのでわかっていますが、なぜ私がイヤなのかを分かってもらいたい気持ちから覚醒されたみなさまがきっかけになったことを教えていただこうと思いました。
    しずかさまも私とはまた違いますがこちらのブログで知られたことがたくさんあるのですね☆
    どうなるかまだわかりませんが、もしお別れになったときは未練のないようにしたいと思っています。

  63. セイコさま
    お返事いらないとのことでしたがすみません(>_<)
    端からみたらとてもひどい話ですね…。虐待ととらえられてもおかしくないですね。ですが祖母を1番近くでみている母親だからこそ娘さまに創価学会の危険さを伝えようとされていたのですね…。
    みなさまが反対されていること…正直わかっています。はいはい、ムダなことして…と思われている方がいらっしゃるであろうこともわかっています。が、何もせずにもしお別れになるのが私とっては悔いが残ることになります…。きっと別れてから『あぁー言うたら良かった、あぁしとけば…』とか毎日泣いて悩み続けると思います。
    私なりに悔いの残らないようしていきます‼
    ありがとうございました。

    ————————————————-

    雑草さま
    私なんかが何をやっても何をしても無理なことなのはわかっています…。たくさん言われました…。
    私はやはり頭が悪いです…。
    なので自分に後悔のないように行動してみようと思いました。
    アドバイスありがとうございました。

    ————————————————-

    流れ星さま
    私のことを思ってくださり、他の方へ呼び掛けもしてくださり本当にありがとうございます。とても嬉しくて涙が出てしまいました。
    流れ星さまも書いてくださっていましたが創価に入会しなければ好きな人ととも結婚できない。創価学会と結婚何が関係あるん?お風呂に入ってたら毎回考えてしまいます…。
    ですが一緒に同じ信心することで幸せになれる!!と洗脳していくのが創価学会なのですよね…。心の弱みに付け込んでくる…最低です↓↓
    ですが流れ星さまは本当に縁のある旦那さまに出会えたということですね☆
    今のままではもしお別れになったときに後悔しかないと思います…。みなさまのコメントで救われています☆後悔のないようにしていけるようにみなさまの貴重なコメント、アドバイスを何度も読み返したいです。
    本当にありがとうございます。

  64. ゆんちゃんさん、はじめまして。もう3日前から何度もコメント書いては消し、書いては消し、してしまってます。
    私はゆんちゃんさんの彼と同じ立場でした。まだ20歳の頃です。
    旦那さんと付き合ってる時、初めて創価学会員である、という話をしたときに
    まっかっかな顔をして激怒されました。
    「俺に創価学会の話は二度とするな!!!!帰る!!!!」と。

    唖然とした私は、大変なことをしてしまった、ひょっとしたら彼は創価学会で何かとんでもない
    嫌な過去があるのかもしれない。。。。と思いました。
    二度とするな、と言われた以上、もう話はしない、と思いましたが、ひたすら彼が幸せになることを祈りました。人の幸せを祈ることが悪い事だとは微塵も思わずに。

    私は2世なので、子供の頃からがっつり洗脳をされていました。学会活動をしないことはいけないこと、
    ご本尊様は私たちを必ず幸せにしてくれる大切な、大切なもの・・・・。困った人がいったら
    幸せになることを祈って、優しくしてあげること・・・。
    子ども心にそんな親の話を信じました。何よりも母さんが大好きでしたからね。

    しかし。実際に学会活動をすると、これがまったく創価学会も池田大作も好きになれませんでした。
    けど、私が学会を嫌いになったら、母さんが悲しむな、と思っていました。
    時代背景もありますが戦争孤児で苦労に苦労を重ねてる母は、いつも泣きながら仏壇の前にいたんですよね。だから絶対に母を泣かすことはしたくなかった。

    現実の創価学会と母を思う気持ちの狭間で、冷静に創価学会を俯瞰でみてるところがあったんですよ。創価学会の表と裏を実際の活動の中で、本能的に嗅ぎ分けていました。
    結果的に夫は結婚してから、私が夫の悩みを一生懸命祈りつづけてる姿に、自分を変えたいと入会しました。組織の方々は新入会の人は非常に大切にしてくださり、面倒をみてくださって、みるみる活動家から幹部へとなってしまいました。

    しかし。私は創価学会の本部とバカ幹部はまったく信用していませんでした。
    信用していたのは自分の親であり、良心のある創価学会員の方々でした。

    案の定、というか夫の男子部の過激な活動を通し、私は完全に覚醒しました。
    やっぱり創価学会は完全なる宗教ビジネス団体だ、ということに完全に確信を持てたんです。
    長い、長い、時間がかかりました。たくさん、ほんとにたくさん、葛藤しました。苦しかったよ。

    ゆんちゃん。
    ネットで書かれている創価のことや、人様の言葉はとても重いです
    参考にはなりますが、やはり、誰かの受け売りは彼には刺さらないと思います。
    自分の正直な気持ちと言葉で彼と、向き合って欲しいなあと思いました。

    そして彼の本音はなんだろう。
    なぜ、創価学会の信仰をしようと思ったのか。
    創価学会の活動で彼自身は嫌なことはほんとになかったのか。
    あるいはどんな楽しい事があったのか(基本楽しいものではないので具体的に
    色々質問すると正直に話してくれるかもしれません)
    頭ごなしに否定することはなく、優しい気持ちで、聞いてあげてくださいませんか?

    思うに彼はひどいな、と思いました。
    ゆんちゃんの彼が好きで、結婚したい気持ちを創価に入るか入らないかで
    脅してるような感じが、です。

    でも。そこまで彼がなったのも「追い込まれてる」証拠だと思います。
    だとしたら彼の本音は非常に苦しいはずなんです。

    けど本人はそれが創価のせいだ、という自覚がないんだろうな、というか
    そこに気が付けないのです。ごめんなさい。私も当時そうでした。
    いいことをしてるって思ってる。ゆんちゃんを幸せにできる、と。

    だからこそ、聞いてあげて欲しんです。彼の正直な正直な気持ちを。

    そのうえで、ゆんちゃんが思う「なぜ創価学会に入りたくないか。」を
    彼に理解してもらって欲しいです。

    なんだか、もう他人事じゃなくて、ずーーーっと考えて、こんなつまらないことしか書けなかった。
    ごめんなさい。学会員は薄情だとコメントされてる方がいましたがかなりショックで、
    自分も2世で活動してきて、そういう人間になってしまったのかなあ・・・とこれを書きながらも不安でたまりません。
    ゆんちゃんが嫌な気持ちにならないだろうか、ちゃんと本意が伝わるだろうか、と心配です。
    でも、ゆんちゃんを信じて、書きました。
    ほんとに結婚は現実の生活を気持ちよく、楽しく、やるのが一番です。
    ゆんちゃんさんと彼氏さんが、創価ごときせいで、つまらない生活を送って欲しくないです。
    なんでも、本音できちんと向き合って、彼とゆんちゃんは、心を通わせてください。
    大変だと思うけど、ほんとに。がんばってください。自分の気持ちと、彼をほんとに大切になさってください。
    がんばれ!!!!ゆんちゃーーーーん!!!!!!!!

  65. signifieさま
    本当創価学会とは洗脳が上手な詐欺集団ですね…。ですが創価学会員の方々は犠牲者でもあるのですね。それに彼が創価学会以外の世界を知らず見ようともせずに巻き込まれていることがツラいです。
    アドバイスありがとうございます。
    現実厳しいことはみなさまからのコメントをみて改めて思い知らされております↓↓
    そうですよね…。活動しない期間を設ける…
    彼と一緒に暮らしているわけではないので約束をしても見えていないので守られずムダかもしれませんが、何もせずにじっとしてこのまま続く、またはお別れしたら一生の悔いが残り後悔になると思います。
    ムダを承知で提案はしてみたいと思います。

    ————————————————-
    ぐうぐるさま
    再度コメントありがとうございます。
    彼女さま…そんなにツラいご経験をされたのですね↓↓創価学会とは恐ろしいですね。ツラくて死にたいと思ってしまっている彼女さまを救ってしまうのですから…。
    前回いただきましたアドバイス、彼の話に耳を傾け、寄り添っていきたいです。

    ————————————————-

    ぬけ唐辛子さま
    私なんかにたくさんのコメントありがとうございます。
    1つ目2つ目のコメント、全然知れない私のことを思って書いてくださっていてとても嬉しかったです。
    好きになった彼がたまたま創価学会員で、ただ創価学会ってだけで悩みが出て、苦しんで…そのたった1つがとても大きな壁でそのたった1つで私たちの人生がくるっています。
    ぬけ唐辛子さまの覚醒されたきっかけを教えてくださりありがとうございます。説得に繋がらないならないなんてとんでもございません。人それぞれ覚醒したきっかけは違いますもん☆(同じやったらきっと創価学会はとっくにぶっつぶれてるんやろなぁー…笑)
    ————————————————-

    レイラさま
    お父様…すごいですね!!
    仏壇を投げたり…はいくらアンチの私でもできそうにありませ(>__<)部外の者からすると気づけるようなことも洗脳の中にいるとわからないことたくさんあるのかと思います。自身でおかしい…と気づかれたレイラさまはすごいです‼検索も本当に勇気がいったことかと思います。
    彼も小さなフとした疑問を感じてくれたら嬉しいです。

  66. まるちゃんさま
    まるちゃんさまが覚醒したきっかけを教えてくださりありがとうございました。
    彼も3世ですので小さい頃から自然と洗脳されているでしょうし、当時のまるちゃんさまのように私が幸せになることを祈ってくれているそうです。
    まるちゃんさまも書いてくださっているのですが本当に何度も彼と話を創価学会の信仰をしようと思った理由、創価学会の活動で彼にあった出来事…いろいろ聞きました。頭ごなしに否定はしていないつもりですがつい私が「それは頑張って勉強したから上手くいってんね」とか言ってしまうから『頑張ったのもあるけどそれは違う。(仏壇に)座ってたら集中できたから』と言われて怒らせてしまうのかもしれません。とりあえず耳を傾けることをすればいいのに…
    彼も彼で悩んでいることが必ずあるかとは思っています。
    まるちゃんさまが私なんかのために勇気を出してコメントしてくださったことが本当に嬉しいです。
    まだまだ彼と向き合わなければならないことばかりですが、悔いの残らないようにしたいです。
    本当にありがとうございます‼

  67. ゆんちゃん様初めてまして。外部ジャンヌです。自己紹介させて頂きます。
    お付き合いしている彼とはかれこれ5年ほどになります。2年程前に創価学会に入信しているとカミングアウトされました。
    彼が産まれる前、彼の祖父母とお母様が同時入会されているので、私の彼は2世という事になります。離れて住むお母様は現在地区婦人部長です。自己紹介が長くなりましたが、どうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m

    早速ですが、私もカミングアウト当時はゆんちゃん様と同じように彼が疑問に思ってくれる情報をネットの中にとどまらず周りの友人、知人からもかき集めました。
    シニフィエさんや、常連様は何人か当時の私の状況をご存知かもしれませんが、ほぼ不眠不休で、精神的にもかなり病んでしまいました。それは通勤時に見かけるコンペイ党のポスターに吐き気がする程で、彼と創価の話をする度に異常な世界観を感じ、私の当たり前と彼の当たり前が違うと思い知らされる度に失望してきました。
    当時は彼の心に私の訴えは届かず何も伝わらない現状を悲観して毎日泣いてばかりいました。
    そして、何が正論なのか、何が常識なのかすら私自身が見失う程に追い詰めらました。まるで脳の機能がそこだけ欠落しているかの様に、創価が悪因に結びつく情報はシャットダウンしてしまうのです。私の彼の場合はそのような対話が続くと、突然睡魔に襲われたり、記憶が飛ぶ事もありました。長い時間対話してきましたが、彼は創価の何が悪いのかはわからないままです。
    今は訳あって創価の話題は封印しているので彼の創価への印象は聞いていないのですが、きっとほぼ当時と変わらぬままな気がしています。

    私の彼は本当に創価の何が悪いのかが分からないのです。ジャンヌが集めた情報がホントウかウソかはわからないけれど、ネガティヴな情報は全て過去の話で、創価も変わろうとしていると対話していた時に彼が言っていました。
    どうやら悪い情報は全て日蓮正宗時代の教えのせいにするのが今の創価の誤魔化し方の様です。バツ論も彼は聞いた事がないと言います。辻褄が合わない話も無理矢理合わせます。
    結局悔しいけれど、今はどんなに足掻こうが創価には敵わないのです。決定的な証拠がない。それは、創価の財力と権力=信者。これに尽きます。
    それでも私の必死な訴えが少しだけ彼に届いたようで、今の環境下ではずっと分からないままかも知れないと彼も考えてくれるようになり、見えない所が見える視点を得る為、創価と距離を置く事を決めて脱会に踏み切ったと言います。脱会の証拠はないのですが、その理由を信じて私は今もお付き合い継続中です。

    彼が脱会して1年8ヶ月以上経ちますが私達にはまだまだ時間が必要みたいです…。

    ゆんちゃん様がもし今の彼氏さんとの今後を考えるとすれば、彼氏さんの脱会が鍵だと思います。
    考え方は残念ながら当人が気付くまでは視点も変わらず、考え方も変わりません。ただ、彼氏さんのご家族が創価となれば、彼氏さんもご家族と縁を切るくらいの覚悟が必要かもしれません。少なくとも距離を置ける環境でないときっとゆんちゃん様が後々苦しい思いをするのではないかと心配です。しれば知るほど創価は理解し難い団体ですから…。
    正直悲しいし、こんな話はしたくないけれど、それ程の覚悟と時間、そして気持ちの余裕が創価の問題には必須だと自身の経験を元に学びました。
    まさかこんなに難しいとはカミングアウト当時は思ってもみませんでしたが…。
    1つだけ言える事はどうか創価問題で揉めたり悩む時間よりも、ゆんちゃん様と彼氏さんとの時間や絆を大切にされて下さい。
    当時私がゆんちゃん様の様に思い悩んでいる時、シニフィエさんが私に投げかけてくれたコトバです。
    当時は焦って見失っていましたが、今はそのコトバの意味が良くわかります。
    同じ悩みを持つ者として、乗り越えて欲しいし、私も乗り越えて行きたいです。
    思い悩んだときはこちらのブログへ気持ちを吐き出して楽になりましょう。

    どのような道へ進もうと、ゆんちゃん様の意思を尊重し、これからも応援しております。
    文章が苦手なもので、伝わりにくい箇所や変な文章があったらごめんない。

    それでは皆様良い年の瀬をお迎え下さい。
    気付いたらこんな時間に_(:3 」∠)_笑
    おやすみなさい。

  68. ゆんちゃんさん、たくさんの方からの温かいアドバイスがありますが、それでも夜も眠れないほど不安な日が続いているのではないでしょうか。好きになった彼氏さんがたまたま創価だったというだけで、これだけ悩ませていることを、はたして彼氏さんはどれだけ真剣に考えているのかもわかりませんよね。このままではゆんちゃんさんが精神的に参ってしまうのではと心配です。この先どう転んでも悔いのないようにするには、多少のことは笑い飛ばすくらいのどっしりとしたおおらかさもいるのかもしれません。
    ゆんちゃんさんはまだ若いので、かつてのアイドルだった麻丘めぐみさんは知らないかもしれませんが、彼女のヒット曲『私の彼は左きき』の替え歌を作ってみました。たまには気晴らしに唄って笑い飛ばすのも気分転換になっていいですよ。

    『私の彼は創価脳』

    やってみなけりゃ わからない わからない
    入会しないと 別れるぞ ほんとだぞ
    いつでも私の彼は(ナムナム)創価脳

    池田は人生の師匠だぞ すごいんだぞ
    会ったことなど ないくせに ドヤ顔で
    いつでもいつでも彼は(ナムナム)創価脳

    あなたに合わせて みたいけど
    私は 外部よすれ違い 無理 無理 絶対無理なの

    横眼でアンチを 見る時は 上から目線
    創価に逆らうと 地獄行きと 怯えてる
    私の私の彼は (ナムナム)創価脳

    朝から勤行 する時もする時も
    選挙の活動 する時もする時も
    いつでもいつでも彼は 創価脳

    あなたの真似して みるけれど
    気持ちが悪くて 吐き気する 無理 無理 絶対無理なの
    なんとか対話を してみようと がんばるけど
    あなたの頭は いつでも 花畑 はなばたけ〜
    私の私の彼は (ナムナム)創価脳…

    以上、ゆんちゃんさんにとっては大変な年越しになってしまいましたが、図太く冷静に頑張ってください。
    どうかよい年になりますように。

  69. こんにちは。
    外部の雑草です。
    これは私の単なる私見であり、強制力も正誤もありません。

    ゆんちゃんさま

    >私なんかが何をやっても何をしても無理なことなのはわかっています…。たくさん言われました…。
    私はやはり頭が悪いです…。

    あ、いや、そんなこと全然思わないです。
    そんなことを思う必要はないと思います。
    そんな考えは脇に置いて。頭だの知能だのなんて大した問題じゃないから。

    単に、あまり無理なことや極端なことは、続けられないことがおおいよと思っただけですよ。

    >なので自分に後悔のないように行動してみようと思いました。

    なるほど、そうでしたか。
    私から、ひとつだけ助言させてください。
    「自分の感覚を押し殺さないこと」
    常常書き込ませていただいている違和感と同じ話なのですが、自分の感じている感覚を、理由をつけて押し殺さないで、ちゃんと感じる。
    言葉でこう説明されていて、こう感じてはいけないからとか、そういう理由で押し殺さない。
    彼がこんな行動をとったとき、こう感じた。こんな話題をしたとき、こう感じた。
    なにかの教え・・・ 試練だから魔だから、これは善行だから愛だから・・・。
    いろんな言葉や教えがありますが、それをいったん脇に置いて、どんな感情がおこるか自身を観察してほしいと思います。

    無論、ゆんちゃんさまの人生、行動、考えともにすべてゆんちゃんさまに属するものであり、私から干渉することは許されません。
    それはゆんちゃんさまに対する、論外の無礼となります。
    それから神でも仏でもない人間に、先のことなどわかろうはずがない。
    これから起きるであろうこと、それが良かったのか悪かったのか・・・。
    そんなことは誰にも分ろうはずがない。
    わかりやすい解決策なんて、まずない。
    そんな明快なことなら、いきなり誰かが解決してしまって話題にもならない。
    ゆえに、ただ、悔いの残らないように動く。私もその考えに賛同いたします。

    ただ、その際、「自分の感覚を押し殺さないこと」。
    思考をとめたりしないこと。
    それがひとつの鍵になる気がしています。

  70. LIARさん、はじめまして。
    ぐうぐると申します。
    海水の例え、良くわかりました。
    激しく同意です。

    まるちゃんさん、はじめまして。
    ぐうぐると申します。
    創価学会員さんはある一面とんでもなく薄情なところがあると言ったのは私です。
    ショックを受けたのなら申し訳ありません。

    嘘偽りなく正直に言います。

    創価学会員さんはある一面とんでもなく薄情なところがあると思います。それと同時に信じられないくらい優しくて思いやりがあると思います。そこに惹かれる人も多いと思います。
    私は外部の人間です。私の元、彼女、彼女の父親、私の友人の学会員、みんなびっくりするくらいに優しくて思いやりがあります。自分が恥ずかしくなるくらいに。。

    しかし、現役の創価学会員の方は私は信じられません。
    創価学会を辞めた方、辞めてなくとも間違いに気付いた方には私は実際に会った事がないのでなんとも言えませんが、乗り越えて来たものの大きさ、びっくりするくらいに優しくて思いやりのあるところを考えると普通の人には太刀打ちできない人間味というか器というか、大きさがあるのだろうなと私は思います。

    LIARさんや皆さんの書き込みを見てるとそう思わずにいられません。

    正直な感想です。

  71. 創価脳は、『絶対に創価に入らない!』ときっぱりという言い切っても付き合いがある限り、ずーと入会させようとします。
    創価の会合や体験談で『超アンチだった妻が入会しました!』とか『絶対創価反対だった義父が入会しました!』などの話が山ほどあります。
    創価脳は『相手が創価に入信して、きちんと題目勤行して、新聞読んで折伏、選挙活動など広宣流布に邁進することが真の幸せ』と信じていますので。
    人により創価が人生に占める割合が違います。
    創価はとにかく『広宣流布を人生の中心に持っていく』ように仕向けてきます。他のことに目を向けさせないように。
    『仕事を仏法と思いなさい』との指導がある反面、『仕事ばかりしていて創価の活動しないとそのうち行き詰まるよ』と指導してきます。
    『どちらが正解なの?』となりますが、『創価から離れる』しか正解がないので。。。

    創価脳炎、いかんせん難治です。

  72. 信仰は個人の自由ですが、創価が厄介なのは、他人に不快な思いをさせてまで創価の入会を勧めてきたり、お金と時間を創価に捧げさせたりするところです。
    その上、選民思想なので、『創価でないと本当の意味での魂の幸せはない』と考えていて、どうしても周りの人を見下しがちになること。

    創価脳を覚醒させるのは時間がかかりますし、本人からギモンをもたないと覚醒は無理です。
    きっかけとしては、組織内での嫌なこと、組織の幹部のおかしな言動、公明党、信心している家族の不幸などなど、覚醒のきっかけはたくさんありますが、創価は巧妙に1つ1つに対して予防線を張っています。
    『幹部も人間革命の修行中』
    『公明党は純粋な仏法の精神を持ちながらも現実に合わせて活動しないといけないから』
    『不幸でなくて宿命転換の時だ!』
    などなど。

    私の場合、妻が入会したにもかかわらず、私が勤行したあととか、妻は不機嫌でした。創価脳からすれば『家族の幸せを祈ってるのになぜ?』となるのですが、『勤行している暇あったら子供達にご飯食べさせてあげてください』かめ普通の感覚です。

    創価の人間は日本全国どこにでも常識外れの屑みたいなのがいますので、そういう人間も覚醒のきっかけになりめす。
    法律を守る。人の迷惑を考える。という当たり前のことを貫こうとすると、必然的に創価と距離を置かざるを得ません。
    創価の活動はこのブログでの証言があるとおり、違法な行為(とくに選挙活動)、迷惑行為(とくに家庭訪問や布教などの行為)が多いので、法律を守り、迷惑行為をしないという当たり前の事を貫けたら、とりあえず組織とは一線を画せるようになります。、

    創価の世界平和劇場で、お金と時間を搾取されていることに気づかないまま、世界平和ごっこをするのもある意味幸せかもしれません。
    私はまっぴらゴメンですが。

  73. ぐうぐるさん
    学会がやさしいのは言うことを聞く人に対してです
    公明党に入れてくれる人、新聞をとってくれる人にはやさしいです
    外は敵なのでXデー後は相互援助機構として組織が残っていくのでは?と言われています

    障がいがあったり、高齢だったりして、生活が困難な人にはなくてはならない存在です
    面倒見る側は自己評価が低い人の自己満足の効果があります

  74. ゆんちゃんさん、コメントありがとうございます。金麦です。ゆんちゃんさん、僕が創価を疑うきっかけは、沢山有りすぎて書けませんが、熱心に信仰してる人に限って、上から目線で、人を救う、救うの立場の脳ミソですから、ゆんちゃんさん、彼氏さんが思う思考は、ゆんちゃんさんが御本尊に毎日祈っていて、一家和楽だ‼︎ただ単に、自分の親に親孝行出来た。創価班、牙城会のバッチも貰えて、勲章も頂いた‼︎池田先生に喜んで貰える。でも、ゆんちゃんさんが、私は、入会しません。彼氏が、ゆんちゃんさんのことを、仕方がないな、ゆんちゃんさんを幸せにしたいから、ナンミョーハイ、この時、彼氏は、ゆんちゃんさんの幸せは、二の次で、池田先生に喜んで貰いたい。親が喜ぶ。バッチも貰えて、この先安心して生活出来る。一家和楽の信心、創価を邪魔する他宗は、潰せ、正義の信仰をしていれば、難がやって来る。悪は、どんな手を使ってでも、滅ぼさなきゃいけない。ゆんちゃんさんは、ついていけますか?なんてゆんちゃんさんにコメントしても意味不明でしょうね。ごめんなさいね。ゆんちゃんが、結婚して、幸せちゃんちゃんなら、皆、何も言わないんですけどね。

  75. 私は、創価学会のメンバーでは、ありません 実は、父方も母方も真言宗なんですが、母が創価学会に入ってからは、不幸だらけですよ、神棚は壊す、母は、古希前に死亡で、逆縁です。親父は、特養 妹は精神疾患です。どうして守らレないのでしょうか、創価学会さん、信心が足りないですか。都合がいい宗教ですね。

  76. みなさま。
    明けましておめでとうございます。
    ゆんちゃんさんと同じように、やりきれない気持ちでこちらへ駆け込んで三年半になります、ぱこです。
    このようなスレがたつと、同じ立場の外部女子が集結して、めでたくはないのですが(笑)ちょっとうれしいです。
    そっちが「無駄に高けぇ紙」に集まって「戦え!」「団結」とかいってる間に、こっちも集まってるからな!……みたいな^^*

    私もこちらでたくさんのアドバイスをいただきました。
    現状、なぜか創価脳の彼とまだ一緒にいます。
    彼は結婚したいそうですがスルーしてます(リスクでかすぎ!)し、子供はあきらめました。結婚や子供、安心安定の生活よりも彼そのものを選んでいる現状……。
    セミナーに誘われたことも入会をほのめかされたこともないですが、それなりの立場の人から「やれ」といわれたら、私を勧誘するのかな。
    口からでるのは金太郎飴言葉だし、それ関連なら嘘もつくし、洗脳ちゃんだし、正直言葉のすべてを信用するとふりまわされて疲れるので、一歩下がって彼と自分の関係性をみるようにしています。
    創価脳の彼がもたらしたもの。
    それは、修行のような日々です(笑)。
    感情をおさえる。
    欲(結婚できたら、一緒に住めたら、私の気持ちをわかってほしい……など、極フツーの希望)を捨てる。
    ひとりになることをおそれない。
    キモチワル!と口や態度にださない。

    それでも、時々名前のつけられない不安や不快感、みじめさにつぶされそうになります。
    涙もでます。
    短くはない時間を彼と共有してきましたが、覚醒にはほど遠いです。
    地区でも職場でも、毎日のメールや訪問でも、学会の人や思考はぴったりくっついて洗脳の手を休めません。
    それでも、あきらめずに続けるためには、ある意味「あきらめて、ただ見守る」ことのできる精神力が必要みたいです。

    自分はしぶとくねばってるくせに、若い子には、とても勧められない。
    ……というのが本心です。
    外部彼女と縁した青年部!壮年部!
    その縁があなたの運命じゃ。
    いいかげん、みんなまとめて目を覚ましてくれ!

  77. みなさま、あけましておめでとうございます。
    年末年始バタバタしておりましてお返事が遅くなったり、お返事ができないこともあるかと思いますがそのときはすみません↓↓
    文章が変なところも多々ありかと思います↓↓
    ————————————————-
    ジャンヌさま
    ジャンヌさまの彼氏さまも創価学会だったのですね。私も現在ポスターを見たり、会館の前を嫌でも通らないと行けないときがあり吐きけがしてしまうことも正直あります…。
    ジャンヌさまの必死の訴えで彼氏さまが変わろうとしたと読み少し勇気がでました。
    ジャンヌさまが書いてくだいましたが私も彼のと絆を大切にしたいのですが、もう少しできちんと話をしなければならない日がやってきます。そんな短時間ぢゃ無理なのは承知なのですが私も彼が変われるきっかけをつくりたいと思っています…。いつか自分で気づいてくれたらそのときはそのまま継続でお付きあいしていても、もしお別れになってしまってもそばで寄り添ってあげたいと思っています(>__<)難しい問題です…。
    ————————————————-
    ケンさま
    創価学会はみなさまの話を読ませていただいていても本当に都合がいい団体ですね↓↓
    創価学会なんか無くなればいいのにと泣きながら願ってしまいます…。

    ————————————————-
    ぱこさま
    ぱこさまも私と同じくこちらのブログに駆け込まれたのですね☆
    こちらに相談させていただくとき、本当に本当に勇気がいりました。無理、ムダと言われて終わるかもしれない…。ととても不安でした。
    こちらで相談させていただいていて私と同じご経験をした、されている方が本当に多いんだと知りました。
    私も今までは入会をほのめかされたことはありませんでしたが、婚約したとたん入会するのが当たり前のように言われました↓↓
    不安しかなく、私は創価学会の彼を受け入れたけど彼はこのままの私を受け入れてくれてない…。
    創価学会には悩まされることしかないですが、彼を見守り続けられているぱこさまがすごいです。

  78. ゆんちゃん様、忙しい中返信有難うございます。再度読み直しましたが、年明けに返事を迫られていて時間に猶予がないのですね。肝心な所を汲み取れておらず申し訳ありません。
    私と彼との対話の中で、彼が疑問に感じたり、ろくに答が出せないままあやふやになった点をまとめてみますので参考にされてみて下さい。

    ○因縁の日蓮正宗との裁判で全戦連勝とうたいながら本当は裁判に多々負けている事。
    ○イケダが題目を商標登録しようとした事。
    ○社長会の記録の内容。
    ○必死に信仰すればする程悪くなる時がある。つまりは宿業が現れるという事。
    ○願うだけではなく、本人の努力もあると思っていたのに上の役職の人に全てが祈りのおかげだとされた事。
    ○幹部職員の振る舞い。などです。

    ちなみにレイプ事件や合成写真や乙骨氏にまつわる話は問答が用意されていた為あまり効果は得られませんでした。
    かなりここらの話は読み深めないと理解出来ないと思うのでスルーして下さい。
    出来る事なら私が論じてあげたいくらいです(pω;)
    一般人ならイケダのスピーチを聞くだけで猿真似ツギハギばかりで内容の薄さや、品格の無さから性格が顔のまんま現れてる胡散臭いきもオヤジと相手にしないのですがね。会員さんにノーベル平和賞を授与された人とホント比べてみてもらいたい。
    出来たら彼氏さん自身が経験された事の方が響くのではないかと思うので、幹部や組織の人間の指導された事に対して腑に落ちなかった点を聞き出してみるのもいいかもしれません。
    引き出すポイントは決して否定から入らないと事です。否定すればムキになってそういった話はしてくれませんから。
    聞き出してからその部分をつついてみる。
    そしてその後否定するにしても、決して貴方を否定している訳ではないと伝える事が重要です。あなたは創価と一心同体なのでしょうが、私は別と捉えて言っていると。その事は必ず伝えて下さい。一度ではうまく伝えられないかもしれません。でも、この部分は必ず強調して伝えて下さいね。
    あと、、私ほど貴方の事を大切に想う人は2度と現れないよ!大抵の外部の人は創価と言われたらこんなに深く調べたり、理解しようともしないんだから!!創価のせいでこんなにも私を悩ませたり、悲しませる事わかってんの?押し付ける選択肢しか元よりないのなら2度と外部と恋愛しないで!最初から内部同士で付き合いなよ。自覚ないにしても、これで分かったやろ。と、私は彼にいつも言い放ってました。
    この言葉もローキックの様に地味に効いたのかもしれません。笑

    それと、ゆんちゃん様、決して無駄なんかじゃないです。そして、皆さんきっと馬鹿にしたりなんて思ってないと思いますよ。
    (コトバのニュアンスが違ったらごめんなさい。)ただ自分が辿った道であり、当事者だったからこそ難しいと言わざるを得ないんだと思います。期待させる方が返って酷だというのも優しさの1つの形ですよね??でも結局の所、どうするかなんて自身で決める事。誰も責任取れませんから。無駄かどうかなんてやってみないとわからない。それに、言わずに後悔すれば引きずるし、やるだけやったら結果駄目だとしても、落ち込んでも、又前に進めるんじゃないかと、私は思います。私がそうゆう気持ちでここまで来ました。だからよく分かります。私も相談した時、無駄と言われた様な気持ちになりましたし、ハッキリと馬鹿らしいとも書き込まれた事もあります。名指しではなかったですけどね。
    でも、それすらも悔しさをバネにしてきました。笑
    健闘を祈りますᕦ(ò_óˇ)ᕤ

    …余談ですが、雅子様のお父様…スイスで軟禁の情報は本当でしょうか??確か創価の大幹部でしたよね??
    もし事実なら創価の上層部はホント銭ゲバばっかですね⤵︎⤵︎
    シニフィエさん、ブログに沿わない内容でしたら追記は消して頂いて大丈夫です。
    またまたこんな時間に_(┐「ε:)_
    まとめきれずいつも長々とすみません。おやすみなさい。

  79. ゆんちゃん様

    昨年10月に脱会した、3世のラッコと申します。
    私の脱会の直接的な後押しとなったのはこのブログでしたが、間接的にはとある外部の男性との出会いがそのきっかけでした。
    一昨年の秋、仕事の関係で関わるようになり、短期間でとても仲良くなりました。
    初めて深い話をして彼の生い立ちなどを聴いた時、当時の私は「彼を折伏したい」と思いました。
    けれど、一緒に時間を過ごして彼という人を知るうちに、「彼に信心は必要ない」と感じるようになりました。

    彼は、どんな悩みや辛いことがあっても、きちんとそれに向き合って生きていける人でした。
    私がこれまでに会った中で一番強い人のように感じました。
    そして優しい人でした。
    自分は創価を肯定も否定もしないけれど、創価である私をそのまま受け入れてくれました。
    一緒に神社へ行った時に私がお参をしなくても、何も言わずにいてくれました。

    私は彼を見ているうちに、学会の信心は万人にとって唯一絶対の幸福への道ではないのだということを自然と受け入れていました。
    私は学会よりも彼を信じました。
    けれどそんな彼の存在は、学会的には私にとって「魔」ということになります。
    だから、このブログを拝見して学会への疑問がほぼ氷解した時、私は学会を辞めたのだと思います。

    私と彼は恋人同士ではなかったので、テーマからは少し外れますが、私にとっては恋愛も含め大切な人だったので、書き込ませて頂きました。

    ゆんちゃんさんと、ゆんちゃんさんの大切な人が、どうか幸せになれますように。

  80. ゆんちゃん、新年あけましておめでとうございます
    年末、年始、不安でお過ごしだったのではないか、と気に病んでました。
    そんななかで、返信していただき、ありがとうございました。
    今日、元バリ活(幹部)男子部1世の旦那に、思い切ってこの話を相談してみました。
    旦那はこのブログを読んでないので、私の下手くそな説明でしか判断できないので、
    的外れなことを書いてしまうかもしれないですが、旦那の見解の書いてみますね。

    旦那と私が活動していた時代は10年ぐらい前までです。
    当時、旦那が関わっていた男子部員さんたちもゆんちゃんの彼と同じような立場の方々は多くいたそうですが、基本的に結婚と入会をセットに考えるのはおかしい、という見解でした。
    信教の自由は憲法でも保障されている通り、相手の信条や思想は夫婦であっても侵害するものではなく「尊重」するものであり、ゆんちゃんが入会をしたくないのなら、彼はゆんちゃんの意志を尊重するのが当然であり、恐らくゆんちゃんも彼自身が信仰に励むことは、内心嫌であっても、尊重する方だろうと察します。問題がこじれているのは、結婚するからには入会をして欲しい、という点ですよね?

    旦那曰く、「本当におかしい。創価学会は戦争反対の平和思想を掲げてるくせに、個人レベルでは戦争とはいえないにしても、同等の「幸せの破壊行為」をしてるようなものじゃないか。こんなの全然平和な話じゃないぞ、まったくおかしいぞ。この手の問題が増えているのなら創価学会は益々カルト化してるとしか思えないな。」と。

    ・・・・。
    ふたりで少し考えた後、彼の創価勧誘の台詞から察するに
    「今の創価学会の成果の上げ方に、何か原因があるんじゃないか?」と。
    ふたりとも同じ懸念を抱きました。
    ゆんちゃんが新入会員となって、御本尊を一所帯下付した場合の成果の上がり方になにかあるんじゃないか?だから周囲もやいやいと彼に対し言って追い込んでるのはないか?と。

    『あり得るね』
    これは我々が今活動の最前線にいるのではないので定かではないのですが
    ふたりとも同じような推測をしてしまいました。

    彼がほんとうにゆんちゃんに信仰によって幸せになって欲しいのであれば
    入会は結婚してからでも、いつでもできること、です。
    ゆんちゃんが納得して、入会すればなおいいわけです。
    しかしそれを待たずに、ただただ焦らすような背景を私たちは察知しました。
    創価の成果主義はそんなもんなんです。ほとほと最低です。
    勢いだけの、やっつけ弘教なんて余裕でやります。

    恐らく今の彼は創価組織の成果主義を知るはずもない、まっさらな気持ちでゆんちゃんに話してると思います。

    だとしても、旦那曰く、彼はゆんちゃんを守る気があるなら組織や家族が何を言おうと、
    「おれたちの事は、おれたちでベストな答えを出す!口出しするな!!」といえるぐらいの覚悟がないと
    結婚生活なんて営めないぞ・・・と心配していました。私もまったく同感でした。

    彼にぜひずばっと確認してみてください。
    「結婚して、貴方が創価学会員としてほんとに立派で尊敬できるようになってから
    私が入会してはなぜ、おそいの?
    誰の為の、結婚ですか?創価のためですか?私たちふたりのためですか?」

    ふたりとも創価に振り回されないで、どしーんと構えて話あってくださいね。

    ぐうぐるさま

    あけましておめでとうございます
    返信が年を越してしまいました、ごめんなさい。
    わざわざ、ご丁寧に、見解を添えてくださり、申し訳ないです
    ありがとうございます

    もう、ずーーーと考えてしまいました。
    私の場合は2世なので、自分で選択できなかった創価によって
    人格までも、左右されてきたのかあ・・・・と思うと絶望的な気持ちになってしまって。
    でも、第三者の外部の方の意見は、やはり重いものです。ちゃんと受け止めていますよ。
    創価から覚醒して、自分の基本的な考え方や生き方を見直して、努力してきたつもりですが
    人間として未熟なのは痛いほど自分で感じています。
    シビアな意見をちゃんと糧にして、生きて行けるようにがんばりますね!

  81. ジャンヌさま
    再度お返事ありがとうございます。
    こちらこそ説明不足、説明下手で伝わりにくいことがあったかと思います↓↓申し訳ありません…。
    彼氏さまとの対話中のたくさんの点を教えてくださりありがとうございます‼
    そしてアドバイスもありがとうございます。
    本当に是非ジャンヌさまに論じていただきたいぐらいです。私がもっと話と返しがが上手やったら…と悔やむことばかりです(>__<)

    ————————————————-
    ラッコさま
    脱会おめでとうございます☆
    そして、脱会するきっかけとなったお話をしてくださりありがとうございます。
    彼に出会われたことでラッコさまの創価学会に対する気持ちが変わり、創価学会より彼を信じたいと思うぐらい本当に素敵な方だったのですね。
    その彼が私にとってうらやましいです…。私の彼もラッコさまが出会われた彼のように創価学会ではなく私を信じてくれたら…と思います。
    時間は正直あまりありません。難しいかもしれませんが、私が彼自身を受け入れようとしていることに気づいてくれますように…

  82. 元女子部三世ミミです
    あけましておめでとうございます

    ゆんちゃんさんお返事ありがとうございます。
    力になれる様な事は言えませんが応援しています!

    こちらのブログに書き込みされている方は覚醒して脱会された方がほとんどだと思いますが、みなさまは外部の方と結婚される時に大変でしたか?
    私は身内が全員と言ってよいほど学会員なので、結婚する時は学会員か信仰を了承してくれる人と両親から言われておりました。
    脱会した今となっては絶対にありえないのですが、外部の方と結婚となっても相手のご家族に何と話せばよいのか、問題は山積みです。
    ブログをまだ全て読み終えておりませんので、こういったテーマの記事があればぜひ参考にさせていただきたいなと思うので、教えていただければ幸いです。
    ゆんちゃんさんのお話のスレッドで失礼しました。

  83. ジャンヌ様のコメントにヒントと確信を感じたLIARです。
    ローキックは、強烈なやつを3Rまでに7発~9発貰ったら、殆どの人はまず立っていられません(K-1の試合を見て数えました)www
    これを創価問題に置き換えますと、1クールで三回のペースで『創価は無駄にうざい』『イラク戦争を支持した政党を支持出来ない』等と反論の余地のない言葉を投げ掛けるのが効果的です。
    連続で言いたくなる気持ちは解るけどもw、それでは相手に会話自体を『無かったこと』にされてしまうので、身内や同僚へのアンチ砲は月イチくらいのペースで撃つ事が望ましいと思われます。どんぶり勘定ですが、一年間、続けていたら相手も疑問を持つレベルにまで持っていけるかも。
    イケると判断したら言っちゃっていいとは思いますけど。
    『俺は学会活動やめたけど、その後で色々資格も取れたし、結婚出来たし、子供も出来たし、出世も出来たし。一体どういうことだ○○君。題目が足りないんじゃないのか? 俺みたいな裏切り者は滅びるんじゃなかったのか(真顔で)』

    『タイヤ交換も好きな時に出来るのは有難いね。財務やめたらどうかね、○○君』

    『毎年、婆さんの誕生日にゃ親戚中が老体に鞭打って集まってよ。老けただ何だのと、年寄り同士でどんちゃん騒ぎだよ、○○君。俺は活動やめてから、一家和楽なんて言葉が口から出てきた試しがねえ』

    『なあ、○○君。学会員が望んでる事って、何なんだろうな。福運って何だ? 俺はやめたんだぜ。どうして幸せを感じるんだ? デタラメ教義じゃ何も説明出来ねえだろ』

    『はい出た、金太郎飴。外部や脱会者はいずれ不幸になるってどういうことだい。人が不幸になったら何、嬉しいの? 活動家はどういう神経してんだよ。そんな風に思われてんのに、何が実証を示すだ。笑わせるな』
    『○○君は毎日何を祈ってるの? 一切衆生の幸せを願うなら、他人の権利は尊重するべきじゃないかい? 日本人なら日本のルールを守ろうな』

    『○○君、公明党がイラク戦争に加担したのは何故だ。学会員に精神疾患が多いのは何故だ。盛大に負けてる裁判で、一部の勝った報告しかしないのは何故だ。こんな事、うちの娘でも解るんだが』

    『正しい事を証明するのに躍起になって、他人を貶めるのは悪人のする事じゃないのか、○○君』

    『嘘ついて金を巻き上げるのは世間じゃ詐欺っていうんだ。お前ら、一番嫌いだろ、そういうの。それを自分で加担してんのに、気が付かないのか○○君』

    『辛そうにしか見えねえんだよなぁ、学会員は。お前さんに足りないのは、題目じゃねえと思うけどなぁ……』

    月イチでこんな台詞をチョイ活君に投げ掛けてみました。
    畳み掛けるのもたまには大事ですが、こんな事を毎回、一気に捲し立ていたら連中と同じです。逆効果なのは当たり前です。ただ口の悪い嫌味な奴ですwww
    初めのうちは、缶コーヒー要らないから学会批判はやめてくださいと言われましたがw

    ちょっと呼び掛けさせてください。

    なあ、読んでるだろ、○○君。君だけに解るように書いた。年末に「こんなブログ見つけました」って言われたとき「ふーん、そうなんだ」ってとぼけてごめんなさい。俺、ここの常連なんだわwww
    ようこそ、現実の世界へ。いや、まだ君は入り口の門の前かな。よくぞここまでたどり着いたと言っておこう。自分の頭で考えて、ここに来た。そうだよな。

    疑問や違和感は、魔なんかじゃない。君の心が悲鳴を上げているだけだ。君のその疑問は、間違っていない。
    脱会した皆様のコメント読んだかい?
    苦しみ、悔しさ、痛み。今のお前さんなら解る筈だ。いや、普通に生きてりゃ嫌でもそうなる。色んな思考があって良いんだよ。
    食事と一緒だ。毎日3食、ラーメン◯郎じゃ早死にする。違うか。
    お前の大好きな日蓮さんは、腹を壊して死んだそうだぞ。関係ないけど。

    やめて良かったというコメントを無視するな。まずは無駄な学会活動を、今すぐ止めようよ。組織から少しでもいいから離れて考えてみてほしい。大丈夫大丈夫、学会の駒なら他にも沢山いるし、みんな居なくなりゃ、本部職員がいるから。
    『創価の人材』ってのは、金づるか無償労働者の事をいうんだ。もういい加減に気付いたろう?
    人の生命、身体、財産を守る事が俺たちの仕事だって言うならば、自分の財産も守れねえやつが何を守るのさ。おこがましいにも程がある。タイヤ代を財務にあてたら、雪の日に死ぬ。人の命どころじゃねえだろ。何がプロフェッショナルだって思わないか。これが世間の当たり前なんだよ。

    俺は覚醒して、心底恥ずかしくなったよ。群衆心理とか除外の理とかさ、偉っそーに部下を見下しながら、講義しながら、てめえで騙されてたんだぞ……こんな馬鹿な話があるか。こんなコントはもう二度とごめんだ。
    お前さんが出世して、覚醒したら、俺と同じ思いをする筈だ。こんなしくじり先生いねえだろうよ。わざわざ俺の真似すんな。大事な青春を、てめえでぶち壊す事はない。ゆっくり考えな。若さの無駄遣い程、もったいないものはねえんだ。
    門の向こうで待ってるからな。

  84. まるちゃんさま
    あけましておめでとうございます。
    お返事が遅くなってしまい申し訳ありません(>__<)
    創価学会のことで外部でも覚醒した方でも悩まれている方が本当にたくさんいらっしゃるのがツラいです…。

  85. ゆんちゃんさま
    みなさま
    あけましておめでとうございます

    外部のスイートです。
    一年前、私も同じような場面に遭遇し、
    こちらのブログに巡り会い相談させて頂きました。

    ゆんちゃんさまと違うのは相手が非活だということです。
    プロポーズの時に非活の三世、ご両親やお兄様はバリ活だと知り数ヶ月迷いましたが、
    結婚&2年を限度にお相手のご両親と同居しています。

    私が結婚に踏み切れたのは
    バツイチになっても良いので彼と結婚したいという思いでした。
    一緒に生活してみて、嫌なら即離婚すると決めて結婚しました。
    結婚を決めた時点で、離婚した後の生活も考えていました。

    私の部屋に厄除けの御札を置いているのですが、
    (義父が勝手に部屋に入ってきて)斜めに置き直されてました。
    私も夫も御札は動かしていません。

    ご両親は『学会が正しい。学会は素晴らしい。』と思っているので、非活の夫に少しでも活動させようと色んな手を使って誘ってきます。
    夫は断りきれず、私に聞いてきます。
    私が『必要ありません。』『試験勉強です。』『お出かけします。』ときっぱり断ります。
    毎回なので、かなり疲れます。

    同居してもうすぐ一年ですが、ご両親とは溝が深まるばかりで分かり合えません。
    根本的な考え方が違うからです。
    非活の夫との結婚でも大変です。
    今なら間に合います。
    よく考えて下さいね。

  86. スイートさま
    書きこみありがとうございます。
    スイートさまも旦那さまのことで悩まれ、signifieさまのブログにたどり着かれたのですね。
    本当に私も悩み、毎日皆様からいただいたコメントを読み悩み泣くことしかできずおります…。
    後悔のないようにと心の中では思っていても何をしても後悔は残りそうです。
    非活の旦那さまであっても旦那さまのご両親が熱心でしたら勧誘に繋がることをしてくるのですね…。
    彼との話し合いまでもう少し…しっかり考えていきたいです。

  87. ゆんちゃん、こんばんは
    泣いてるんですね。辛い。辛いね。
    辛いという字は一本足せば幸せだ、ということを今、ふと思い出しました。なぜだ?

    前に書き忘れていたのでひとつ、書いてもいいですか。ってか書きます。
    「私と結婚するなら創価学会辞めてください。」って言えばいいって。
    旦那がそう言いました。
    相手は「結婚するなら学会入れ」と言ってるんだから
    それと同じことを言ってやればいい。って。

    結婚するなら学会辞めろ、と言われてどう思ったか。
    私は今まで、今貴方がなっている気持ちにずっとなっていたんだよ、わかる?って
    相手に説明するんだって。

    彼がゆんちゃんの苦悩を正しく理解してくれることをひたすら願ってます。

  88. ゆんちゃんさん、
    まるちゃんさんの仰ることはとても大事だと思います。
    言って後悔すること、言えずに後悔すること、どちらがより後悔するかなって考えるのもありでしょう。
    ちょっと宗教じみたことを言わせて頂くと、こうしたら、こうなる、というのは必ずしもイコールではありません。ですが創価ではそうは教わらないので、同じ行動でも全く予想していなかった結果が起きれば、良いことなら功徳、悪ければバチ、なんて単純な自分に気が付けません。思考を選ぶことが出来ないからです。本当は人間、もっといろいろな思考をチョイス出来るのに。これしかない、これが絶対だと譲れなくなったらもうそれだけの選択しかないもの。
    固いものより柔らかいものの方が食べやすいのにね。
    むしろ結果を引き寄せているのは思考している自分なので、大体予想通りの展開になってしまうんです。
    欲しい欲しいと願っていれば、欲しいと願う自分になっています。そこですでに叶っているという皮肉。願いは叶うってそういうこと。叶うように生きたいですねぇ。

    以前お話しした、やめたい事を紙に書いて振り分ける話覚えてますか?あれってやってみると解るんですが、今すぐやめるリストには自分で出来ること、後でやめるリストには第三者が絡んでくることに大半は分かれるはずです。
    そいつをじっと気がすむまで眺めてみて下さい。多少は気持ちが楽になっているはずです。
    このやり方を教えてくれた、IQがめちゃめちゃ高いコミュ障の変人の友達の言葉
    「考えるという行動に、感情が入ると人はそれを悩みと呼ぶ」
    よく判りませんが、悩みなんてそんなもんらしいです。切り離して冷静に考えられたら悩まねえのかよって、ゆんちゃんさんの代わりにツッコミ入れときましたwww。とりあえず宜しく。

  89. ゆんちゃんさんへ
    どのような道を選ぼうが、ここのみなさんはこころから応援していると思います。。

    なんでも独りで抱え込まないでくださいね。。
    辛くなったら、ここで吐き出してつぎのいっぽを歩んでいってくださいね。。

    じぶんのことをなによりもたいせつに。。~☆

  90. まるちゃんさま
    お返事が遅くなり申し訳ありません↓↓
    彼との話し合いがもう少しなので話したいこと、聞きたいことなどいろいろ考えているのですが気持ちの整理がつかず本当にツラいです。
    ありがとうございます。一度その言葉を彼に伝えたことがありますが、「自分自身が創価学会やからそれは考えられへん。」と言われましたが、絶対に彼に言います。きっと彼は何も気持ち変わらずだと思いますが、これをきちんと伝えないと自分が後悔しそうです。本当にありがとうございます。

    ————————————————-

    LIARさま
    言っても後悔、言わなくても後悔…本当にどっちにしても後悔はするかとは思います。
    より後悔しない方を考えて彼に会わないとですね。

    >今すぐやめるリストには自分で出来ること、後でやめるリストには第三者が絡んでくることに大半は分かれるはずです。
    不思議ですね…。あとでやめたいことを紙に書き出してみます!!
    今の自分が本当によくわからくて↓↓冷静なふりして心がボロボロで、別れたいんやったら別れたらいいやん‼って思い込むようにしてるふりしてるけどもちろん別れたくないし、創価学会のせいでこんな思いしなアカンねん!!と怒りの日もあれば大号泣の日もあり、考えやなアカンけど考えるのがイヤで…
    紙に書き出すことでちょっとでも落ち着けたり、気持ちが楽になったら…
    >「考えるという行動に、感情が入ると人はそれを悩みと呼ぶ」
    たしかに切り離して冷静に考えられたら悩まんの?ですね笑
    私には難しい言葉です(>_<)笑

    ————————————————-

    流れ星さま
    ありがとうございます。
    彼との話し合いがもう少しなので最近は自分の気持ちがわからなくなっていました。
    正直入会しやんかったら別れるってまた言われるんやろな…やから次の話し合いではもえお別れなんやろな…心の中で思っています↓↓
    でもこんな私なんかにみなさまからたくさんのコメントをいただき、応援してくだっていることが本当に嬉しくて、本当に救いです。みなさまには本当に感謝しかありません。ありがとうございます‼

  91. まるちゃんさんのコメントで考えさせられました
    以下引用

    前に書き忘れていたのでひとつ、書いてもいいですか。ってか書きます。
    「私と結婚するなら創価学会辞めてください。」って言えばいいって。
    旦那がそう言いました。
    相手は「結婚するなら学会入れ」と言ってるんだから
    それと同じことを言ってやればいい。って。
    結婚するなら学会辞めろ、と言われてどう思ったか。
    私は今まで、今貴方がなっている気持ちにずっとなっていたんだよ、わかる?って
    相手に説明するんだって。

    ▶︎まるちゃんさんのご主人はごく普通の当たり前の考え方をしておられて、素晴らしいと思いました。
    創価脳の場合、自分の気持ちを創価思考で感じなくされているので、伝わらないのが大半なんです。
    相手の気持ちを汲むことができない。
    『結婚するなら信心をやめろ?何を言うんだ?これは魔の働きだ。彼女のこと好きだけど、信心しないなら向いている方向が違うのでいずれは不幸になる。人生の達人池田先生もそのように指導されている。この子は使命のない子なんだ。だから辛くて悲しいけど別れよう。(この場合、あくまで自分が辛くて悲しいのであって、彼女の辛さを思いやる事ができないのが大半です)僕は辛くて悲しい。創価である事でこれだけ辛い思いをするのだから。そして世の中の程度の低い価値観を恨む。彼女は世の中の価値観に毒されていて創価の事が理解できない。創価は正しい。これは絶対。信心から遠ざかると不幸になる。だから別れよう。』
    こんな感じになります。
    『創価の教えや実際の活動内容がすごく異常だから彼女が創価を嫌っている』とはわからないのです。
    もしおかしな活動があっても『本当の創価はそうでなくて正しい』『会員の一部がおかしいだけ』と考えてしまいます。
    創価脳である限り幸せにはなれません。

  92. 追記です

    創価脳の場合、自分の感情や考えよりも創価の教えや池田の邪指導を優先します。
    なぜなら『私は仏様でなくて凡夫だから、仏様のいう通りにするのが本当の幸せにつながる』と考えているからです。

    結局、自分で気づくしかありません。
    創価のおかしな点を徹底的に見つめて、吐き出して、距離を置くことから始めよう!(創価脳には『魔のささやき』に聞こえるのみですが。どこまで『終わってるorz』ねん!)

  93. ゆんちゃんさん、こんばんは。元三世アラフォーのノジコです。
     
    >彼との話し合いがもう少しなので最近は自分の気持ちがわからなくなっていました
    とのこと、悩んで悩んで、疲れてしまいましたよね。
     
    私の場合はゆんちゃんさんとは逆の立場でした。参考にはならないかもですが、少しお話させていただきますね。
    主人には付き合って情が湧く前に、創価を反対されたら別れると言い、創価をほぼ知らなかった主人は、「宗教で別れるとかはない」と創価の私を認めてくれ、入会までは強要せず、結婚しました。
     その後、長男が生まれ、家を新築する際に、主人は入会しました。(内部に潜り込んで、創価の実態を知り、おかしい団体だったら辞めさせようと決意したそうです。後日談ですが)創価班、地区の役職を持ち、プチ活動家になりました。
     そして去年、入会10年目で私の覚醒(無宗教の叔父が奇跡の復活をした体験を間近で見て、自分の18歳だった弟が学会指導どおりにやっても、末期癌で死んでしまったことに、信心に対する長年の疑問が爆発しました。そのほか、私の周りの学会員は、無宗教の知り合い達より、不幸な人が多かった事もありました。)
    覚醒後、創価に対する主人の本音を聞きました。
    入会後、ずっと違和感と学会指導の矛盾を感じて過ごしてきたけれど、私との摩擦が生じる事をさけ、何も言わないままきたそうです。(私が、ユル活だったこともあり、家族優先でいたから、主人も声を荒げる事ような場面もなかったようですが。)
     
     私の場合は、結果論と言われれば、それまでなんですが、覚醒後の不安定な精神状態を主人が理解し支えてくれたから、今の私があると思っています。
     「創価なんかに入れてしまってごめんね」という私に、「俺は、ノジコを愛してるから、離れたくないから、そばに居たいだけだ。宗教なんかで、壊されてたまるもんかって思ってたよ」と言ってくれ、ぼろぼろの精神状態の私に、主人はこの世でたった一人の救世主に思えました。主人に巡り合えた事は奇跡だと思います。
     創価が間違ってた、詐欺だったと理解した私のショックはここの皆さんの多くがおっしゃってるように、簡単に口では言えないほどです。主人の大きな愛がなければ、耐えられない苦しみでした。

     ゆんちゃんさんは創価の実態をよく理解し、冷静に自分の気持ちに向き合い、同じような経験をしたかたのアドバイスも受け、実に誠実に、彼に向き合おうと努力されています。
    なかなか、ここまで出来る人はいないと思います。
    愛は盲目と言いますから、感情が先にたって、冷静に判断出来ない事もありますよね。
     
    でも、創価の事は、実態が実態だけに、慎重にならざるを得ないです。
     
     ゆんちゃんさんが彼のすべてを丸ごと愛し、それだけの覚悟と情熱を持って人生を共に出来るに値する人間かどうか・・・。(今の段階で、それほどまで考えるのは難しい事だとは、重々承知しています。偉そうにすみません(>_<))
     
     ずっと考えてたのですが、ひょっとしたら、彼がかたくなに入会にこだわるのは、ゆんちゃんさんの愛を確かめたくて、入会を引き合いにそれを確かめようとする気持ちからだとしたら・・・。
    入会しないから別れる、別れないという議論の前に、行き違いがないように、創価をとっぱらって、お互いの気持ちをしっかり確かめ合えれば一番いいですね。

    内部の活動家どうしで恋愛し、結婚して3人も子供がいるのに、旦那さんの浮気で離婚した友人がいます。
    旦那を折伏し、二人子供いて、旦那の借金が発覚して離婚した友人もいました。
    学生部時代の友人の両親は、その支部の支部長、支部婦人部長をしてましたが、お互い顔も見たくない程嫌っていて、仮面夫婦。友人は心底悩んでいました。
    創価だからって、幸せになる保証はないという結果があります。

    いろいろ言ってごめんなさいね。余計混乱させてしまったとしたら、本当に、ごめんなさい。
    こんなこと言う人もいるなって、流してくださいね。
    長々と、失礼しました。お返事はいりませんよ。

    ゆんちゃんさんの人生が自分らしく花開くこと、遠くで祈っています。

  94. ゆんちゃんさん

    はじめまして!つい先日覚醒しました、担々麺と申します!
    学会2世の30代後半女性です。本当に最近までバリバリの活動家でした。
    自分でもびっくりするほどの覚醒ぶりですが、それが事実です。

    ゆんちゃんさんの彼氏さんの言葉、つい2ヶ月も経たない前に、私の彼氏(非学会員で学会嫌い)に言った言葉と同じすぎて、私の言葉を書いてあるのかと2度見3度見するほどでしたww

    『ネットの情報は嘘ばっかりやから自分で見て、やっていいか悪いか判断してほしい。ネットを信じるか俺を信じるか…わからんことがあるんやったらネットぢゃなくて俺に聞いてくれたら答えるし、答えれやんことやったら一緒に会館とかに行って一緒に学ぶから』

    もう、本当に「俺」→「私」と置き換えたくらいの違いで、画一的で金太郎飴的な言葉を、創価脳に洗脳されていると言ってしまうものだと感心してしまうくらいです。
    創価脳に洗脳されていた私は、ネット上の創価批判を、嘘か本当かを自分の目で吟味して見極めることはおろか、ネットを見ることさえもしていなかったんですよ。それでも、「ネットにある創価学会の批判は嘘」と決めつけて、さらに自信を持って言っていた。覚醒した今となっては恥ずかしい限りですが、それが洗脳ですから彼氏さんを悪く思わないで下さいね。

    では、そんな私がなぜネットで創価の批判を見るようになり、ここにたどり着いて覚醒に至ったかというと、現在結婚を考えている彼氏のおかげです。結婚しましょうという話になって初めて私が創価学会員であることを知り(私と彼の出会いはちょっと特殊で興味深い(?)のでそのうち話すかもしれませんがここはスルーでv)、元々学会嫌いだった彼氏はショックを受けました。別れも考えたようですが、ここは困難でも結婚に向かって進んでいきたいと決心したようです(覚醒後にその話を聞いて涙しました)。そしてまずは、ネットでの創価の批判を私に次々とぶつけてきました。そのことに対しての私の返事が、ゆんちゃんさんの彼氏さんと全く同じ「ネットの情報は嘘ばかり」だったのです。

    そこで、彼氏はちょっとやり方を変えました。私に、自分で見て気付いてほしいと。

    本当に、数日前の夜ですが、いつものように電話で話していると(今は車で1時間半くらいの所にそれぞれ一人暮らししてます)、突然彼氏が、
    「いやあ、学会って、本当にすごいねえw」と言い出しました。
    私は、「学会のことを褒めてくれてる!!!」と単純に喜んで「なにが?」と返すと、「いやあ、おじいさんとおばあさんの薬の話が分かりやすくて良かったんだ」と。おじいさんとおばあさんの薬の話ってどの話だろう??とか思いながら(創価側の何か逸話かと思ってたw)、彼氏に詳しく聞いてみると、このサイトを教えられました。
    おじいさんとおばあさんの話というのは、「創価脳の家族にほんとうに言いたい事」のスレッドに再掲されているsignifieさんのお話です。読んでる途中で彼氏が、「だからね、学会は宗教団体じゃなくて詐欺団体なんだよ」と言ったので、この時点では創価脳の私は「ただの学会批判じゃないか!」と反論して、いろいろそれから言い合って日付が変わる頃になってやっと電話を切って寝たのですが・・・(その前に、いくら創価脳とはいえ、大切なお話を”ただの学会批判”と発言したことをsignifieさん、お詫びいたします・・・)
    で、次の日に早く目が覚めてしまい、なぜか前日見たこのサイトを見てみようという気になって、目を向けていくと・・・!!!!!!!
    これは、学会にいたからこそ苦悩した人々の、本当の声ではないか!!!
    それも、こんなにたくさん!!!!!

    そして、私が決定的に衝撃を受けた箇所がありましたので、スクリーンショットまで取りました。その箇所が「いまどきの学会員」スレッドにある2017年1月11日16:35のキリコさんのコメントの後半にある箇所です。

    『そして私にとって決定的だったのは、2014年11月の教義会則の変更でした。本尊の定義をひっくり返してしまった。若い人は知らんかもしれんけど、昔学会には『折伏教典』というマニュアル本があって、そこに書かれてあることと真逆な見解になってる。』

    最近、教義や勤行要典の内容がコロコロ変わるというのを、創価脳でありながらも疑問に思っていた私でした。私の持っていた疑問は、間違いではなかった!!!
    そう思った瞬間に、一気に覚醒しました!

    一度覚醒すると、自分がこれまでいかに創価に対して疑問をたくさん持っていたかを思い出して自覚でき、さらに、生まれてこのかた、30年以上も洗脳され、だまされていたという怒りと悔しさとがあふれ出て、涙も止まらないほどでした。

    というわけで、私の急転180度回転の、覚醒に至った経緯です。

    あまりにも急激かつ大きな変化すぎて、彼氏の方が面食らってしまいました(笑)。以前の学会脳時代のイメージが強すぎるのか「本当は覚醒したように装ってるだけじゃ?」とか疑問に思ったようなので、私は、高校時代に物理の先生から聞いた、こんなたとえ話をしました。
    「何か意見が正反対の人がいたとする。だからといって敵視してはいけない。強い味方になるチャンスがある。なぜなら、反対側にある振り子は、きっかけさえあれば一気に大きく振れて、自分の味方側にやってきてくれる。」
    つまり、私は、最初にいた「創価脳側」での振り子位置エネルギーが高かった(バリバリ活動家だった)ために、私を創価脳側で止めていた洗脳ストッパーがこのサイトを読むことによって外れると、一気に「正常側」にやってくることができたのです。
    ゆんちゃんさんの彼氏さんは、たぶん私よりも位置エネルギーが高いみたいなので、きっかけさえ彼氏さん自身でつかめれば、私よりももっと一気に覚醒するのではないかと思います。

    ぜひ、今回のこの、私の覚醒の話を、参考にしていただければと思います。

    ちなみに、理科を大学時代に専攻していた私の彼氏には、”物理的に”説明したことで急激な覚醒が本当だったと納得してくれました(笑)。
    あ、それと、私の振り子は、もう反対側の創価脳側には戻りませんよw
    振り子の玉は、正常側にて回収ですv

  95. スマイルさま
    スマイルさまが書いてくださっているようにまるちゃんさまのご主人は普通の当たり前の考え方をしておられます☆が、やはり創価脳の彼には伝らなかったです…。
    彼に「私と結婚するなら脱会して…。って言われた気持ちと今私が思ってる気持ちは一緒やねんで…。」と言いました。『俺自身が学会やねんから死ねって言われてるのと同じや。何をそんなイヤなんかわかれへん。』だそうです。
    精神的に私もやられてて、もうダメですね…

    ————————————————-

    ノジコさま
    コメント不要とのことでしたがすみません。

    ノジコさまの書きこみを拝見しものすーっごく泣いてしまいました、、
    本当しんどくて、何で私がこんな悩んで泣いてしてるんや…と。
    ノジコさまのご主人は本当に素敵ですばらしいです。私には内部に潜入?できないです(>__<)

    >「何か意見が正反対の人がいたとする。だからといって敵視してはいけない。強い味方になるチャンスがある。なぜなら、反対側にある振り子は、きっかけさえあれば一気に大きく振れて、自分の味方側にやってきてくれる。」
    彼も担々麺さまのようになにかのきっかけでかわるかもしれないと最近はもう別れるしかないのかという気持ちになっていましたが最初の私の気持ちを思い出せました。そしてわかりやすく覚醒したきっかけを教えてくださり本当にありがとうございます!!

  96. >ゆんちゃんさん

     最初の気持ちを思い出すことができて、よかったです!
     どうか応援しています!!!ゆんちゃんさんの彼氏さんの言われていること、もう創価脳時代の私そのもので、人ごととは思えなくて。

    ところで、ちょっと横レスになりますが、『俺自身が学会やねんから死ねって言われてるのと同じや。』との、彼氏さんの言葉、よく分かります。私も創価脳時代にそう思っていましたから。というか、同じこと言ってました。前の彼氏に、「学会員は死ねというの?」って。
    この心理を解説させてください。かえって不快な思いをしたら申し訳ないですが、参考になればと・・・。

    私の場合は、前の彼氏と創価のことが原因で別れています。本当に、創価のこの一点だけで。で、創価脳時代の私は「彼は創価学会員である私のことが好きなのに、どうして創価学会を理解してくれないの。私を見れば、創価学会がおかしな団体ではないことは分かるのに」となっていました。前彼は「人間としての私」を見て好きになっていただろうに、創価脳の私は「自分自身が学会という団体そのものを現している」と思っていたのです。「俺自身が学会」は、まさにこれです。

    また、これはもしかしたら、私が女性だから(それと歳だから(汗))特に強く思うのかもしれませんが、創価であることが原因で別れたり、お見合いを会う前から断られたりが何度もあって、30代後半になっても独身であることを大変苦しんでいました。私は一人っ子でもあるし、このまま結婚できないなら、老後も一人だ・・・一人で死ぬくらいなら、今死んでも変わらないじゃないか。信教の自由といいながら、学会員だからといって好きな人と結婚もできず、子育てして未来をつくることもできず、死ねと言われているようなものだ・・・と。

    極端と思うでしょうが、こんな思考回路になっていました。

    私を覚醒に導いてくれた今彼ですが、ことあるごとに、こう言ってくれていました。「担々麺さんのことは好きだよ。けど、団体(創価のこと)が嫌いなだけ。」と。この言葉で、自分自身と創価を切り離して考えることができるようになり、覚醒への土台になったのではないかと、いま、この文章を書きながら思いました。

  97. ノジコさま
    担々麺さま
    コメントを別々に書かせていたつもりだったのですが、おかしなことになって反映されているようで申し訳ありません。
    signifieさま、みなさま、たくさんのコメントありがとうございました。来週頑張ってきます。
    signifieさま貴重なブログを貸してくださり本当にありがとうございました。

  98. 担々麺さま
    前回彼と話し合いそこで言われた例え話を書いたのですが反映されていないのか不適切でsignifieさまが削除して下さったのかもしれませんが、再度書かせていただきます。不適切なことがありましたら削除お願いします。
    16日に彼と話をしましたが前回書いた通り『俺自身が学会やねんから死ねって言われてるのと同じや。何をそんなイヤなんかわかれへん。』と言われた『何でそんなにイヤなんかわかれへん。例えばTSUTAYAのTポイントガードを作るやん。でもそれを使うか使わんかはその人の自由やん。(創価学会に入るやん。でも信心するかしやんかはその人の自由やん。)』らしいです。私としては本気で悩んでいることもそんな簡単なことなようです…。
    『ゆんは入会しやんでも子どもは入会させたい。』それを「自分の意思でやりたいって言うてないのにイヤ」と伝えると『こんなことも(信心することも)できるんやという可能性をつぶしてあげたくない。』とのことでした。

    >「彼は創価学会員である私のことが好きなのに、どうして創価学会を理解してくれないの。私を見れば、創価学会がおかしな団体ではないことは分かるのに」
    まさに同じことをいわれました…。
    担々麺さまが書いてくださっている通り私は「人間としての彼」を好きになのに、彼は「自分自身が学会という団体そのものを現している」と思っています。「俺自身が学会」は本当にそういうことなのですね。

    >「担々麺さんのことは好きだよ。けど、団体(創価のこと)が嫌いなだけ。」
    私も彼との話し合いで必ず言ってる言葉と同じで担々麺さまの彼氏さまと本当に同じ気持ちです(>_<)
    今の彼は『俺自身と創価学会を別に考えるんぢゃなくて俺の中に創価学会があるから』と創価脳満載なのでいつか担々麺さまのように自分自身と創価を切り離して考えることができるようになってくれたら…。
    本当に担々麺さまと彼氏さまと逆パターンですが同じ境遇で驚き、また希望を持つことができましました。彼とはお別れになる可能性はもちろんありますが、気持ちが落ち着きました。ありがとうございます‼

  99. こちらのブログを拝見させて頂き、兎に角コメントをせずにいられません!
    実はつい先日離婚致しました。
    夫が創価で私は非学会員です。
    夫は三世で両親共に熱心な学会員、もちろん家族全員が熱心な学会員です。
    離婚の理由としては今後について話し合ったところ、私としては将来子供が生まれても生まれながらに親の都合で強制的に信心はさせたくない。
    子供が自分の意思を持ってこの教えに納得してやりたいと言ったらやらせたいと告げたところ夫はそれだと教えられない、信心させてこの教えの素晴らしさを分かち合いたいんだ。と全く聞く耳もたず。
    しかも家族一丸となってこの教えを守っていかなくてはいけないんだ。それでこそ本当の幸せになれるんだと。
    私が本当の幸せとは?と聞いても明確な回答を得ることは出来ず、全く話し合いにすらなりません。
    それで私は子供の信心については絶対に譲ることは出来ない、それが無理なのならば夫の子供は生めない、他の相手を探したらどうかと言ったところ夫は離婚を決断しました。
    しまいには泣きながら土下座しお願いだから信心してくれ!とまで…。
    その後も 自分って何なんだ、自分の本心がわからないと泣きながらパニックになったりしましたが、学会の先輩という人のところに行って戻って来たら俺は冷静だし、お前のことはもう冷めた。
    俺だけが悪い訳じゃない、お互いが未熟だったんだ。とまるで信心しないお前なんて用済みと言わんばかりの全く別人になって戻って来ました。
    しかもその先輩という人に夫1人だけではなく私も一緒に行きたいと言う旨のメールをしたところ、私自身を罵倒した内容のメールが返ってきて愕然としました。
    夫の親と話してもまずは勇気をだしてこの信心に飛び込んで来て欲しい。相手のことを大切に思うのであれば相手が大切にしているものを一緒にやるべき。信心しても違うと思ったらいつでもやめていいんだし、子供もそうよ。と。
    しかも彼や学会の先輩という人からは自分の意見を押し付けてあたかも正しいと言って周りの意見を聞かない、排除しようとしているのはお前だと言われました。
    夫の中では理解する=信心するであり、自分のことを信じているなら、大切だ愛しているなら信心するべきだと言う考えです。
    翌日夫が仕事中に部屋の物全て撤去し、仏壇と着替え、布団だけを置き去って来ました。
    後日離婚届にサインを貰いに伺ったところ、俺は仏壇さえあれば幸せなんだ。お金がなかろうが物がなかろうがいい。この信心さえあれば幸せなんだ。でもお前のことは大切だし愛してる。今後信心のことは一切言わないからこの仏壇だけしかない俺だけどそれでもお前がいいって言ってくれるなら俺はいつでもお前を待っている。もう少し考え直してみないか。と一体どれが夫の本心なのか私自身わからなくなってしまいました。
    結婚生活は1ヶ月と非常に短かったですが、夫が創価を大切にしているのであれば信心しなくても出来る範囲のことは協力したいし、理解したいと思い、会合や集会にも参加し、学会員にも会いましたがそれでも納得してくれず。
    家に学会員はおおいに呼んで打合せや悩み相談をする。座談会をやる。いっぱい人が来ると福が落ちていくんだとどんどんエスカレートしていきました。
    しまいには私に相談もなく役職につき、仕事から帰ったら活動、休みの日も活動と私を守るために活動しているんだと言い張り家庭を試みない行動の数々。
    夫は発達障害や精神疾患もあり、かなり精神的にも不安定で病院にも通院しています。(部屋が今まで全く掃除をしたことがない本物のゴミ屋敷で私と私の両親が掃除しました。)
    ただ離婚はしましたが正直夫のことは今でも大切です。
    周囲は離婚して良かったねやおめでとう!と言いますが私はちっとも嬉しくはありません。
    どうにかしてでもせめてこの創価から目を覚ましてくれないものかと思ってしまいます。
    周囲は猛反対ですが、夫とは今でも連絡のやり取りは続けています。
    どうしたら目を覚ましてくれるでしょうか…。

  100. ゆめさま
    お返事が遅くなり申し訳ありません。
    少しの間創価学会を忘れたいと思いsignifieさまのブログを見ずにいました↓↓
    とてもツラいですよね。私にはわからないぐらい、私が思っている以上にツラいことかと思います。
    私も友人に”早く別れた方がいい”とは言われますが、たしかに別れるなら早く別れて次に…ってのもわかるんです。けどいい方が悪いのはわかっていますが所詮他人事なんやなぁ、私の今の気持ちなんか全く分かろうともしてくれてない。と正直思いました。
    ゆめさまと同じ意見で自分の意思でやりたいと思っていない子どもを入会させたくないし、それやったら子どもいらない。も伝えました。私が子どもが好きで、ほしいって思っていることを知っていた彼は驚いていましたが(^_^;)
    私も彼が目をさましてくれることを心から願いこちらのブログにたどり着きました。
    みなさん応援してくださり本当にブログを見るたび涙が出ます。
    気づいてほしい。そのときはそばで寄り添い救いたいですね。

  101. ゆんちゃん様
    お気持ち非常によくわかります。
    創価のことを考えると正直吐き気がしますし、もう何もかも聞きたくないと思います。
    考えれば考える程一般には到底理解出来ない行動、言動、根拠に乏しい主張の連発。
    話し合いにすらならない話し合い。
    しまいには自分が間違っているのでないかとどんどん追い詰められていきます。
    私も一緒にいたい反面、どんどん精神が不安定になっていく自分がいました。
    元夫の言動や行動が一字一句全て他の方がおっしゃる内容全てに当てはまり、創価脳と言うかまさに洗脳…驚愕です。
    元夫に私に信心を強制するのは私があなたに学会をやめろと言っているのと同じことだよ。と何度も説明しましたが全くもって理解してくれず。
    しまいには化粧品等いい商品があったら勧めるでしょ?それで実際使ってみてダメだったらもう使わないじゃん。それと一緒じゃない?との返答。
    宗教と化粧品比べていいんかい!と私と両親揃って呆れました。
    また、夫にやっぱり学会員と一般人は相容れることが出来ないんだね。でも学会は関係なくあなた自身で考えたらずっと大切だし愛している。と伝えても学会員と一般人は相容れないと言っておきながら俺のことは大切とか理解出来ないと言われました。
    創価学会そのものが自分だし、学会の教えで今の自分があるんだ。
    俺そのものが創価学会。
    何を言っても夫には伝わりません。
    義両親に言っても通じません。
    あの子自身が学会だからの一言。
    義母からは同じ方向向いて同じ価値観もってお互いやって行った方がいいと思うのよ。でも信心は強制するものではないし少しずつ理解してくれたらいいわ。と結婚前から遠回しに信心を言われていました。
    しかも創価学会の本を義母と元夫から届き、これを読んで理解してね。と。
    こちらの意見や気持ちは一切御構い無し。
    理解してとはおおいに言ってきますが、こちらのことは一切理解しようとはしません。
    意見を伝えてもこの教えが全て正しいから。あなたも変わらなきゃ!と跳ね除けられます。
    離婚した今でも元夫が大切ですし、愛しています。
    ですが夫が目を覚まさない限りまた一緒にはなれないでしょう。
    しかも両親の言い分にも負けないくらいに強くならないと…。
    もし彼氏様とゆんちゃん様が今信心しなくても結婚したとします。
    家族一丸となってこの素晴らしい教えを守るという教えのもとゆんちゃん様をどうにかして信心させようかとあの手この手で追い詰めてきます。
    元夫が私の事を世界一愛していたのは変わらない。と言ってくれましたが、それでも信心しないということだけで私と離婚することを簡単に選択しました。
    出来ることであれば側にいて見守りたい、寄り添いたい。
    でも出来ないのです。
    夫自身が気付くまで…。

  102. ゆめさま
    最近創価学会のことを考えると胃が痛くて動くことが困難なことが増え、状態が変わらなければ病院へ行かなければと思っております。
    本当に会えば話し合いにならない話し合い…それがダラダラと続いています。
    バリ活創価脳の彼にとってはもちろん私より創価学会が優先です。こちらが彼自身を受け入れても彼は入会しない私を受け入れてくれません。
    創価学会をやめるぐらいなら別れをとれる…
    創価学会って言うてること変、意味わからん、どんな変な教えやねん、はよつぶれろと毎日考えています…。
    Xデーが早くきて彼が目をさましてほしいです。

  103. ゆんちゃん さま

    初めまして(^^)
    同じ悩みを持ち、たどり着いたのがこちらで、
    ゆんちゃんさまの書き込みを見て、同じ悩みを持った人がいるんだーと思い、こういった書き込みをするのは初めてですが、勇気を出して書き込むことにしました。
    お辛いお気持ち痛いほどわかります。
    少し時間が経っていますが、その後の状況はいかがでしょうか?
    ゆんちゃんさまに笑顔が戻っていると良いのですが。
    すぐに答えを出せるものではないので、苦しいですよね。
    私も少し前に、バリ活の彼氏と話し合って『お互いを受け入れて理解していこう』となったのですが、その1か月後話し合ったら、歩み寄ってるいたのは自分だけで、彼に入信を迫られて悲しくなったと同時に心が
    折れました。
    別れるか入信するかの選択肢しか、創価脳の人にはないの?と、考え方の違いを痛感しました。
    お互い幸せになりたいですね!

    そして、書き込まれている様々な意見がとても参考になっています。
    ゆんちゃんさんの勇気ある相談のおかげです。
    ありがとうございます。
    以上、失礼しました。

  104. 自己紹介が遅れました。
    アラサーの外部のはなこです。

    付き合って約1年の彼が創価学会で、2世の非活と思っていたら、バリ活だと知り悩んでいるうちにこの【対話を求めて】にたどり着きました。
    どうぞよろしくお願い致します。

  105. ゆんちゃん様

    初めまして!
    何度かこちらのブログに来ては、心の拠り所にしてきたアラサー外部のチャンと申します(^^)
    私の彼氏も創価学会員でバリ活の2世になります。

    ゆんちゃん様とまったく同じ状況で悩んでいるのでお気持ちが本当に本当に分かります。
    辛いし、こっちの気持ちは全然伝わらないし、別れるにしてもこのまま続けるにしても
    どっちに転んでも後悔してしまうかもしれない、でも彼の事は、『創価学会』の事を
    抜きにしたら凄く大好き。そんな気持ちも痛い程分かります。
    コメント全て読みましたが、全く同じ状況で悩んでる方が多くて安心しました。
    所々涙をダラダラ流しながら皆様のコメントを読んでました。
    周りに相談してもみんなそこまで創価学会に関わってないので、相談するにも重い内容だしなぁ…と思いネットで検索して辿り着いたのがこちらで、本当に見つけられて良かったです。

    ゆんちゃん様は今は元気にしているのでしょうか?
    最近の彼氏との近況が知りたいです。
    今仲良くやれているのか、少しはこちらの意思を尊重してくれるようにはなったのか。
    心配になります…。

    実は私も、今創価学会という大きい壁のせいで、彼氏と別れそうになっています。
    結婚となると私も入信しないと絶対に幸せになれないと言います。
    (創価学会をやることによって)どんな困難でも乗り越えられる哲学があるんだよと言います。
    んなわけあるかよ!って感じだし、絶対に私は入りたくないです。
    でも彼氏とは別れたくもない。自分も中々前に足が踏み出せなくて辛いです。

    ここでたくさんの意見を参考にさせて頂き、学び、共感が得られたので
    とても嬉しく思います。皆様ありがとうございます。
    どうぞ、宜しくお願いします。

  106. 「ぽむぽむぷりん」改めて「真紅の薔薇」です。

    まだまだ、創価学会員との恋愛で悩んでいる方々が多いことに心が痛みます。
    自分は、夫がバリ活でない創価脳ゆえの悩みを抱えています。創価脳は「ナンミョー」」することで悩み解決?
    どうして、創価脳でない側だけが悩まなくてはいけないのでしょうか???

    入信が結婚の条件ならば、辛いけれど別れるしかありません。辛いけど、一時のことです。入信はしないほうがいいです。

    私は、うっかり30年前夫に誘われた座談会に行って囲まれて入会用紙に記入した「世間知らず」でした。そのあと、結婚を悩んだ7年間に親しくした友人Fが曲者だった。後で知ることになるのだがFは非活創価。夫との恋愛を反対しない友人Fを親友と思った。結婚して我が子にも「Fさんがいなかったら、パパとママは結婚していなかったよ」というほどに。結婚して10年後くらいから、私は創価夫との結婚の後悔をFに語る。Fはどんな思いで私の話を聞いていたのだろう。
    Fはストーカー被害を訴えていた。
    家族によって精神病院に強制入院になったところへお見舞いに行った。そこで私が「最近夫と一緒に勤行(とやら)を始めた」と打ち明けたら、なんとFの創価告白。その時は感動したけど、
    実際に創価に入って中を見たら、哲学?宗教?何もないことが判明。そんなときにこのブログを知りました。
    地区のおばさん幹部に友人Fのことを相談しても、婦人部長という人は「関わらないほうがいい」とはっきり言いました。そんなところかとびっくりしたものです。

    話がそれたけど、反対してくれる友人は真剣にあなたのことを考えてくれていると思います。私にもいました。そういう友人を避けてしまわないように、してください。

    乱暴なんだけど、結婚について考えたことを書きます。
    「統一教会」って、結婚に関しては、相手を決めてくれて、合同結婚式とかしてくれて、洗脳度合いは半端ないと思うけど、外部を巻き込まないのはいいことだと思った。どこかで誰かが書かれていました。「創価は創価内で結婚相手を見つけてくれ」って。

    うちの夫はただ自分が毎日「南無南無」できて,自分に負担にならない程度の活動役職ができればいいらしい。自分以外の誰かが辛い、負担を負う、困る等の想像が全くできない人です。こと創価に関してはなおさらに。
    「覚醒」って言う状態が想像できないような奴です。

    私は昨年くらいまで、さんざん「池田が元気なら出てくればいい」と責めたてたので、池田が出てこないことは気にしていると思います。
    「お元気で僕たちのために執筆活動に専念している」とは、思っていないと思います。

    夫が「池田大作仏」を拝むようになったら、どうしよう。笑い話でないところが、創価の恐ろしさですね。

    それでも、夫は毎日、がんばって仕事してくれてます。自分が仕事を辞めてしまった以上今の生活ができているのは夫のおかげです。4月から私も少しだけど働きます。いろんなことを合わせて二人で一人前な夫婦です。
    まとまらないけど、これからもよろしくお願いします。

  107. 以前コメントさせて頂きましたゆめと申します。
    「創価は創価内で結婚相手を見つければいい。」まさにそれを直接元夫に質問したことがあり、答えはずばりそれは絶対に嫌だそうです。
    理由は一方が安心して学会活動しなくなるから。
    意味不明な回答でしたが、よくよく掘り下げると信者を増やすことが出来ないから、折伏してこそ意味があるからとの理由です。
    学会で名誉があることなのかわかりませんが、彼らは学会員ではない人を折伏し、子供が出来たら信心させ家族みんなで一緒に信仰・活動することが目的です。
    それが一番素晴らしいこと。本当の幸せ。周囲に褒め称えられ、池田大先生が喜んでおられると。
    信者をただ単に増やしたいだけですね。
    だから学会員同士結婚するのは周りではよく思われないんです。
    むしろ会員数が減るかもしれませんしね。
    一般人からしてみたら非常に迷惑極まりないことです。
    彼らにとって結婚するのであれば一緒に信仰して当たり前。だって全てにおいてこの教えが正しいから。
    他の宗教を信仰する理由がないし意味がない、全てにおいてこの教えが上だし唯一生仏になれる素晴らしい教え。
    他の宗教は結果が出ないけどこの教えだけは必ず結果がでる。
    だって宗教ではなく哲学だから。
    信心しない人はこの教えの素晴らしさを理解することが出来ない未熟者であり可哀想な人。
    今まで元夫や義母が言っていたことですが、結局はこんな素晴らしい教えを理解できない次元が低い人とは一緒にいる必要はないとのことです。
    信心しない人は人間としてレベルが低いってことです。
    だから一緒になるのであれば信心をして当たり前、
    どんな宗教よりも上の自分達が下等な宗教を信仰するなんてとんでもない。
    そんな固定概念にしばられ、狭いコミュニティの中で生きていくことがそんなに凄いことなのでしょうか?
    私は絶対に嫌ですね。
    一生南無南無して生きていくなんてまっぴらごめんです。
    あるポスターで薬やめますか?人間やめますか?という有名なフレーズがありますが、自分の中では学会やめますか?人間やめますか?という感じです。
    信心したら最後…なかなか抜け出せなく、やめてもずっと後遺症に悩まされます。

  108. はじめまして。
    ゆんさん、体調はいかがですか?このページをたまたま見つけ、読み進めていくと、自分と重なる部分が多々あり他人事とは思えませんでした。会って話をしたい!!!と思ったほどです。笑
    申し遅れました、つい先日、大好きな彼と別れたクロです。
    別れた理由はもちろん創価学会。
    私の彼は付き合うとなった時に、自分が学会員であることを打ち明けてくれました。その当時は、学会に対してマイナスなイメージしかなく、付き合うこともどうするか悩みましたが、学会員であるということだけで、シャットダウンするのは違うと思い、ゆっくり彼のことを知っていこうと思い、付き合うことを決心しました。
    一緒にいればいるほど、ステキな人で人のために自分の時間もさいてしまうような、真面目で誠実な人だということがわかってきました。
    結婚も視野に入れてお付き合いをしていたのですが、避けては通れないのが宗教問題。幾度となくぶつかりました。
    私は家が浄土宗、勤務先も浄土宗関係、親も神社仏閣が大好きで勤めているような家庭で育ちました。
    出家をして身を捧げているわけではないですし、知らないこともたくさんありますが、それなりに信仰心があります。けどまぁ、典型的な日本人なんですけどね。
    私は彼が家族や周りの友人を大事にしていて、学会や学会繋がりの人たちのことも大事にしているのを知っていました。だからこそ、彼の大事なものは奪いたくないし、傷付けたくないと思い、結婚しても活動は続ければいいし、信仰していても構わないと思いました。だけど、私にも大事にしているものはあるから、それを変えろとは言わないでほしいと言い続けてきました。
    彼もたくさんたくさん悩んだのだと思います。私の父親に学会員であること、私を幸せにしたいと思っていること、しっかり話をしてくれました。けれどその根本には、一緒に信心をしていきたいという思いがあり、彼もそれを譲れないようでした。
    私も座談会に参加し、彼の大事にしているものをこの目で見てきました。初めて会う私にも優しくしてくださり、私のために時間をさいてきてくださった方もいらっしゃいました。けれど、それが私が入信する理由にはなりませんし、それとこれとは話が別です。
    話し合いをした結果、2人の意見が交わることはもうないだろうということで、私から別れを切り出しました。
    とっても辛かったです。悲しかったです。私は2人が一緒にいられる方法を提示してきたつもりでしたが、考えが違いました。価値観が違いました。価値観の不一致で別れるカップルも多いでしょう。ただそれだけのことだったんだな、と今思います。
    学会の理解者ではなく、彼の理解者であるつもりでしたが…だめでした。
    別れを覚悟していましたが、いざそうなるとやっぱりつらいものですね。
    いつかこの選択が間違いではなかったと言える日が来るように前向きに過ごしていきたいなぁと思います。
    学会のことについて悩んでる方もたくさんいらっしゃると思います。目の前にいる人と本音でぶつかり合って、最善の答えをみつけてください。私は別れを選択しましたが、必ずしもそうではないとも思っています。2人だけの幸せの形があると思うので……!
    長々と偉そうにすみませんでした。

  109. クロさん、はじめまして。
    管理人のシニフィエです。
    コメントありがとうございます。
    クロさんというHNは、他にいらっしゃいますので、できれば別のHNに変えていただければと思います。
    また、このブログはいくつかの簡単なルールがありまして、一つは初めてコメントされる方は、挨拶と自己紹介をお願いしています。自己紹介がなければ、お話の内容が学会員なのか、元学会員なのか、元から創価ではない方なのかもわからない場合があるというのが理由です。また、毎日かなりの数の方がコメントされますし、スレッドのテーマから離れたとしてもコメントは一番新しいスレッドにお願いします。今回のように1年以上も前のスレッドにコメントされると、みなさんから読まれない可能性が大きいです。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中