創価学会新年勤行会最新情報

みなさま、新年明けましておめでとうごさいます。

今年もよろしくお願いいたします。

晴れて創価から去ることができて、身も心も軽くスッキリと新年を迎えられた方。家族の覚醒がまだで、もうしばらくは大変だという方。覚醒したばかりで、まだ洗脳の残骸が頭のどこかにこびりついて、わけのわからない恐怖心に悩まされている方。いろいろだとは思いますが、今年もまた皆さんとともに、創価の詐欺被害から一人でも逃れることができるよに、対話を深めていきたいと思います。どうかよろしくお願いします。

さて、新年最初のテーマは、先日もお知らせしましたとおり「創価学会新年勤行会最新情報」です。

普段はほとんど活動をしていなくても、周りの人間関係のせいで、どうしても仕方なく新年勤行会に行かなくてはいけないという方がいらっしゃると思います。そんな方に、ぜひ最新の新年勤行会の様子を報告してほしいと思います。なんならスマホで会場の様子やスピーチを録音録画したものをアップしてくださっても結構です。参加者の顔ぶれや、人数、式次第、時間や幹部挨拶の内容などなど、具体的にお願いします。

もちろん新年勤行会に行ってない方も、昔の新年勤行会のことなどを遠慮なくコメントください。昔と今の創価学会の勢いの違いを浮き彫りにして、ことしの「世界広布新時代 青年拡大の年」がいかに名ばかりの空々しい洗脳の言葉なのか、ここではっきりさせましょう!よろしくお願いします。

 

広告

創価学会新年勤行会最新情報」への80件のフィードバック

  1. 明けましておめでとうございます
    ♪───O(≧∇≦)O────♪
    今年も断りきれず義父母、親戚と共に新年勤行会なうのピノコです。
    ずいぶん前の映像を編集したビデオ、ゴーストライターが書いた先生からのメッセージと和歌拝読と続いております。
    私としては、ガラガラを期待していましたが、まあそこそこの人数が集まっています。婦人部、女子部幹部は真っ白なスーツを纏い、男子部はビッシリと七三ヘアで華やかなイメージです笑
    おっと、久しぶりの私を見つけた婦人部幹部が満面の笑みでこちらを見てます。怖いです。終わり次第さっさと会場を出たいと思います。
    皆さま、良いお正月をお迎え下さいませ!

  2. 追伸
    今日は本部単位の勤行会に出席しておりますが、御本尊授与、今日は1名です。ご高齢の方です。前は毎年5〜6名はいた記憶があります。勢いがなくなってますね…。

  3. 明けましておめでとうございます。
    皆さんの説得力あるコメント、いつも楽しく拝見してます。
    創価学会から去って、3度目のお正月、結婚してからは旦那が外部の人なので家族と過ごすを優先に新年勤行会には、8年くらい参加していませんでした。年末に【さきがけ勤行会】とやらには参加してました。
    その時は、元日から勤行会に参加できないことに後ろめたさがあり、年の始めから、活動に出られないと、一年間悪いことが起きるのでは・・・
    と、不安で、さきがけ勤行会にでた人は新年勤行会にでたことと同じだから言われ、ほっとしてました。
    女子部時代は4年間白蓮グループだったため、朝から夕方まで、元日は会館に拘束されてました。
    昔は支部単位で30分づつ、入れ替えで勤行会だったような・・・
    入れ替えのたびに、「御苦労様でした、お気をつけてお帰りください」と池田先生からの昆布とお紅茶を配り、
    入ってくる人へ、「おめでとうございます」と入場券を預かり、自分の支部の時には、参加し、新年の御書拝読担当もしました。その支部に所属する女子部部長が皆の前で拝読。
    「慎んで、新年の御書を拝読させて頂きます、⚪⚪御書~」って。
    あぁ、懐かしんでいる場合ではありません。
    今では、支部から本部単位になり、午前と午後1回づつ、2日目の勤行会もなくなった、紅茶と昆布も廃止になったとか・・・バリ活両親からの話です。

    学会三世のために、テレビなど中継で有名な神社などに参拝している人をみるたびに、元日から、元凶である邪宗に参拝なんて・・と下にみて。国宝など日本のよき伝統には興味あるけど鳥居をくぐりたくない、ほうぼうの罪になると、近づかないようにしてきました。
    覚醒して、罰もなければ、ただの詐欺
    、日蓮正宗をパクって利用してきただけ、しまいには創価学会仏、池田仏にすり替え作業して完全なる振興仏教化(宗教見せかけ)
    私は未練も何もありません。これから、日本の伝統的神社、仏閣巡りが私の夢です。行きたい有名どころの神社がいくつもあります、どうしても行きたいところも。その神社の絵馬に願いたいことがあるから(^ω^)
    創価学会はなんかおかしいな、と思いつつ、覚醒もできず、創価学会仏だけに捕らわれ一生を終わらせていたら、と考えるとゾッとします。
    皆さんの圧倒的、説得力ある素晴らしいコメントに迷える学会員さんが出会えたら、今年もより多く覚醒して、脱会して、新しい人生、本当の自分を取り戻して、幸せになりますように。
    さて、初詣にいって参ります(^-^)/

  4. 新年あけましたね。。(喪中なので。。このあとの言葉は控えさせていただきますね)
    ちょっと書き込みすぎのような気もしますが。。(不愉快に思われる方がいらしたらごめんなさい。。もうすぐロム専に戻りますから。。)

    新年勤行会というと創価学会はその昔、地元のお寺でやっていたのですよね。それも深夜0時から。。そして五座三座の勤行。。ふいに思い出してしまいました。終わった後には男女青年学生部で引継ぎやら活動報告やら、なんだか活気がありましたね。若いエネルギーもあったなぁ。。わたしのまだ10代のおわり頃の話です。。ここには、そんな時代があったことを知っている方はほとんどいらっしゃらないかな。。まだ、その頃は宗教色ありましたね。いまは、きっと参加すると生命力削がれる人が多いのではないかなぁ~。みんな、なんで行くのかな。。行かないとなんか罰がでるとでも思っているのかな。。

    じつは、きょう書き込みしたのはご報告です。
    家族で唯一のカルト信者、母のことです。。

    ここ数年の対話の成果か。。去年より新年勤行会には足を運ばなくなり、会合もほとんど出なくなりました。いつも出席するときは、会館に設けられた広布基金コーナーに1万円ほど包んでわたす人でした。
    新年勤行会で、そんなん徴収しているの知らないひとのほうが多いのかな。。?
    七五三でも彼岸勤行会でもやってますよね。。まあ自由意志のようですが。。

    それから前回の選挙にも行きませんでしたぁ~。。組織のひとには行ったよ、と誤魔化したようですが。。内心、いろいろ思うことがあったのかな。毎回選挙というと必要以上に頑張っちゃう母が、です。。

    それになんっと母、先月の財務。。すこしにしたそうです♪母にとってはすごいことです!
    たぶん、ことしはもっと少なくなるでしょう。。
    領収書の中身は組織のひとには見られないんだよ、と話したら安心したようです。

    兆の潤沢な資金があるのに、なんで年金生活者からもお金をまき上げようとするのかなぁ。。それに知ってます?自公の掲げる年金減額法案が昨年末、国会を通ったの。。厚生年金生活者は年額14万ほど、国民年金生活者は年額4万ほど減額になっていくそうですよ。。あ、汗。。。つい、話しが。。。すみません。。

    母は、すこしづつマインドコントロールの呪縛が解けていってます。
    数年前は、ちょっと創価のほんとうのことを話そうとすると耳を塞いで半狂乱になっていた母ですが。。最初は、半分喧嘩腰のわたしでしたが、母に分かってほしい。。その気持ちだけでした。でも、考えてみたら母も薄々おかしいなぁ~と感じていたのだと思います。
    いまは、いろいろなことを乗り越えてやっと母娘らしく仲良くなりました。
    去年は、母の好きな歌舞伎に一緒に行ったり。。
    いまは、毎日メール&電話。。ときどき家に行ったり。。喧嘩はよくしますけどね、実の親子だからできることかな。。

    取り敢えずご報告したくて。。すれ違いのコメントをごめんなさい。。
    ロム専に戻らせていただきますね。。

    ひとこと。。ゆんちゃんさん、独りで抱え込まないでね。

  5. あけましておめでとうございます。
    管理人様、皆様。
    早いもので最後の新年勤行会から一年、春に退会してから本当に創価と縁切りして、生まれて初めての正月です。
    昨年の今頃はアレコレ考え悶々としていたのが嘘みたいと妻とも話をしています。
    しかし、後期高齢者の母は朝一で勤行会に参加したものの、最近では私達と創価の話はあまりしませんね。
    去年、一度だけ創価学会仏ってなんなんや?と母に聞いた時に考えこんでいましたが。高度成長期の日蓮正宗創価学会に入信した人間には心底納得出来ないものがあるのかもしれません。
    私は創価はスタートから壮大なインチキというスタンスですのでもうどうでもいいんですけど。
    会則変更での本尊の件で、身延でも池上でもなんでもありになった時点で覚醒しましたので去年の結果的には最期の新年勤行会は苦痛でしかありませんでした。
    母の家には今年も例の自己満足の詩と写真のカードが相変わらず仏壇にあったのが複雑でした。
    皆様も今年一年良き年でありますように

  6. 追伸、それと母の家に創大の駅伝の紙のメガホンがありました。

  7. 皆様
    あけましておめでとうございます🎍

    夫が池田嫌いの脱会二世、
    アラフィフ外部のちーたんでございます。

    新年勤行会に行った事のない私には、
    報告する事もできず、、、
    横から、外部から、スレ違いで、失礼します。

    ピノコ様のお話を聞いて、思い出したのですが、、、
    最近の創価の折伏のターゲットは、高齢者なのですね。
    私の仲良しの90歳代のお一人暮らしのご婦人が、私にこぼしてました。
    創価の活動家の70歳代の女性に、
    「聖教新聞とれ!創価に入信しろ!」
    と言われたと、、、
    耳を疑いましたよ!
    90歳すぎたご高齢の方に勧誘するとは!
    一人暮らしの高齢者を狙うとは!
    詐欺か!
    何が目的⁈
    そうだ、詐欺だった‼︎

    よくある、地域の役員とかの立場を利用しての、創価の勧誘方法ですよね(-_-)
    それが、こんな高齢の方にまで魔の手を伸ばすとは、。、

    創価の活動家の皆さん、お年寄りをいじめないで下さいよ!
    その方、嫌がってましたよ(T-T)
    お願いしますよ!

  8. 明けましておめでとうございます。
    以前、一度コメントさせていただいた3世婦人部のころろんです。
    第三シリーズとしての再開、うれしかったです。
    いつもみなさんのコメントに目から鱗です。
    普段は全く活動をしていません(選挙もこっそり公明には投票してません。)が、新年勤行会だけは参加しています。
    今日行ってきましたが、勤行の後は駅伝の選手、メジャーの岩隈のインタビュー(信心根本でがんばるとのことでした。)、ハービーハンコックなどの紹介の映像が流されました。その中では10年前の新年勤行会での池田氏のスピーチも映っていました。
    こんな映像を見て、参加者は、ここ数年、池田氏が登場しないことを改めて疑問に思ったりしないのかしらと思いました。壮年部のスピーチでは「お元気な池田先生…」と言われていました。マジか!?
    池田氏が出てこないからか歳のせいか、創価脳の母ですら壮年部の挨拶あたりでつまらなさそうに爪を弄ってましたが…
    最近は参加者が減ったのか、会館を増やしたからか、決まった日時に参加しなくても大丈夫になったみたいですね。

  9. 皆さま、あけましておめでとうございます。2回ほどコメントさせていただいております一般人のままりんです。決して外部笑ではありません。

    近所の学会の方から、勤行会?の後、唱題会なんだという連絡をもらいました。その2つの違いがわからない。で、行ったら疲れたらしいです。確かに初詣は行くと疲れたりしますが、連絡の文面からはそれとは違う疲れを感じるのですが、それは私が一般人だからでしょうか?

    学会の方皆さん、祈るっておっしゃいますが、一般人の私のイメージは、祈るって、人事を尽くして天命を待つじゃないですが、とにかく自分としては最大限努力した、でも後は運に任せるみたいな。他の人の話を聞いた時に、努力してるのがわかるから、上手くいくように祈ってるよ!みたいに使うのが祈るって言葉のイメージなんですけどね。祈るって、人間が簡単に使えたり、自分でコントロール出来ることではない範疇の感じがするのですが。

    今回の箱根駅伝、また創価大学が出場しますし、全国の学会員さんが祈るんだと思いますが、祈って勝てるなら、出場する大学の学生、学生の親、関係者、みんな勝つように祈ると思うんですけどね。
    普通は祈る時間があるなら、走り込みするとか筋トレして、その積み重ねがあるから勝てると思うし、でも他の人もやってるのがわかるから、最終的には怪我などないように、悔いのないように走れますようにって願うのが祈るってことだと思うのですが。
    何をやるにせよ、本人の血の滲むような努力や頑張りがある上に祈りがあるのではと思うのですが。
    すみません。私は一般人なので参加出来ないのですが、ちょっと耳にしたのでコメントしちゃいました。ごめんなさい。

  10. 新年あけましておめでとうございます。

    交際していた彼氏(仮名で元彼エックス)に折伏され(のちに別れる)
    バリ活歴16年 非活歴15年一昨年に脱会したレイラです。

    新年勤行会・・・・
    非活になってから参加しなくなったのでもう16年くらいは行ってません。
    (遠い昔の話・・・・)

    バリ活だった頃の記憶

    聖教新聞が特集(配達員さんご苦労様でした。いつの年からか大晦日の夜に入ってました)
    芸能人やスポーツ選手など、有名な学会員が載るのがバリ活時代は楽しみでした。

    私は家族が未入信だったので、元日は親戚の家にご挨拶
    新年勤行会は2日に行ってました。

    我が家は先祖のお仏壇に手を合わせていたのですが
    私は謗法になる!と思って当時後ろでぼーっと見ていました・・・
    (ごめんなさい。ご先祖様!)

    十字(むしもち)御書を読んで、大体今年は●●の年となって
    お元気な先生と共になんちゃらどうたらと幹部指導で終わってから
    昆布と紅茶をいただく・・・という感じでした。

    私が住んでた地元の会館の近くには大きな神社がありにぎわっていましたが
    「何が初詣だよ、謗法まみれで大罰があたる!」と思っていました(笑)

    先日久々に実家に帰った時
    電車に乗っていると大体会館って電車から見えるところに
    あるんですよね・・・どんだけお金がかかっているんだろう。。。
    なーんて考えていました。

    昆布とお紅茶もうないのですね?
    新年になるとセンセご夫妻のお写真が新聞で出るけど
    もう何年前の写真を出すような感じですか???

    新年勤行会もお年寄り&仕方なく来る人ばかりですか?

    それでも聖教新聞は各地の新年勤行会の模様を載せて
    「拡大しています!」と掲載するのでしょうか?
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    今年もどうぞよろしくお願いいたします。

  11. あけましておめでとうございます

    40代脱会済みの哉文です。

    青年育成ですか。それは切実な問題でしょうね。
    それでも、自分が正月参加してた頃は「大勝の年」とか「完勝の年」とか、ネタ切れネーミングでしたから、ましな名前ですね。

    年末は創価の皆さん、財務ご苦労様でした。
    財務は出せば出すほど、騙されてることから目を背けたくなるものです。100万円も払って、詐欺だったなんて、絶対に認めたくないでしょうから。
    矢野絢也さんの本によると、財務でがっぽり儲けたあと、正月の勤行会の時の金集めも、そこそこの収益になるそうですよ。どっかの有名神社の初詣でも、みんな小銭くらいしか出さないでしょうが、創価の会館では小銭はムリですよ。札しかダメですよ。

    昔は、正月に配られるセンセーの俳句のカードを毎年集めてましたね。

    PS
    関係ない件ですが、三人組が出版した本が話題になって、海外のメディアで取り上げられてる映像がユーチューブにありましたね。
    今後、学会は三人組を「仏敵」と指定できるか、できたとして、それを学会員が認めるかどうか、見ものです。

  12. 今年の創価は「世界広布新時代 青年拡大の年」だそうです。
    いかにも創価が若い人を中心に世界に拡大しているかのようなネーミングですが、創価の実態はまったく逆方向に邁進していることは、新年勤行会に集まる学会員の変化を見ても明らかです。しかしそれを目の当たりにしても、学会員は「世界広布新時代 青年拡大の年」と言われただけで「おおっ!いよいよ広宣流布達成の日は近いんだ」などと勘違いするんでしょうね。
    このブログを読んでいる人にはそんな人はいないと思いますが、いちおう言っておきますと、創価学会員は減る一方です。会員が減ったため、これまでのブロックでの組織活動が不可能になり、地区でしか座談会ができず、中には地区さえも統合され、さらにそこに男女青年部の姿はほとんど見られないところもあるようです。
    ちなみに世界の人口は約73億人。国連の予測では2050年には約100億人にまで増えると発表されています。世界の人口はアフリカとアジアを中心に増え続けています。しかもイスラム教徒がキリスト教徒の数を追い越すのは時間の問題だそうです。
    増え続ける世界の人口。減り続ける創価学会員。これが現実なのですが、学会員さんは世界広宣流布達成の日は近いんだと思いこんでいるんですね。
    もし、創価学会が本気で世界平和のために広宣流布をやろうとするのであれば、創価の執行部は現在の学会員数の推移や、あとどれくらいの人が創価学会員になれば、広宣流布が達成されて世界平和が訪れるといった具体的なビジョンが示されて当然だと思うのですが、実際には会員数さえ公表しません。創価学会は何人いて、どれだけのお金を集めていて、何に使っているのかをいっさい明かしたことがありません。しかも組織の人事も完全に秘密裏に決められ、6年も池田大作がどこで何をしているのかもわからないままです。
    いつも話をしているとおり、創価学会員の数は、創価学会公式HPでは827万世帯。実際には約200万人と言われています。公明党の得票数が約700万票であることを考えれば、どっちが本当かは誰にでもわかります。学会員が選挙のたびに、あれだけえげつない選挙活動を繰り広げながらも、得票数が創価の世帯数にも満たないというのはあまりにも不自然ですが、なぜか学会員さんはそんなこと気にもしません。
    2050年に世界の人口が100億人になったとき、創価学会員は何人ぐらいでしょうか?たぶん創価学会は存在しないでしょう。たとえあったとしても今のオウム真理教の残党ぐらいの規模でしょうか?いいえ、創価学会は宗教ではなく詐欺団体なので、執行部が金儲けできないと踏めば、悪事がバレる前にさっさと解散するでしょう。執行部だけは自分たちがやってることが何なのかがわかっているので、そのあたりのシナリオも作っているんじゃないでしょうか。もし私が創価の最高幹部でも、それくらいの損益分岐点は計算しますよ(笑)。
    学会員さんは今でも創価が世界平和のために広宣流布をやろうとしている団体だと信じているのでしょうけど、創価の実態がそれとはほど遠いことに気づこうとしません。学会員が増えているのならまだしも、実際にはどんどん減っているし、残っている学会員もみんな高齢者ばかりで、みんな近いうちに確実にいなくなるんです。これから毎年創価が爆発的に大きくなって、仮に10年で2倍になったとしても、今の活動家と言われる200万人が1億人を超えるには60年かかります。でも34年で世界の人口は100億人以上になる。さて、世界広宣流布は何百年かかるのでしょうね。ってか、実際には創価学会員は減ってるんですから、たとえ創価が100年続いたとしても世界広宣流布なんてできる可能性があるわけないです。
    もう一度言います。
    「世界広布新時代 青年拡大の年」
    この言葉が、いかに何の根拠もないデタラメかが、普通の人ならわかりますが、残念ながら学会員にはわからない。これが学会員の実態です。
    『「世界広布新時代 青年拡大の年」おめでとうございま〜す!(大拍手)』といった茶番劇が全国の新年勤行会で繰り広げられているんでしょうね。

  13. 皆様 新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。
    ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
    3年前くらいに参加した新年勤行会では、本部単位の会合で司会が婦人部、創価班が3名、受付も婦人部、
    中の男子部4名程、女子部2名程、65歳以上の割合がざっと75%くらいでした。
    全体の人数は余り減っていないようにも見えますが、青年部の数は、我々がバリ活だった時代の約1/3です。
    正直な感想としては、こちらのような地方都市では、あと10年したら創価班、牙城会、白蓮Gは全滅に近く、運営は不可能でしょう。
    無駄にバタバタ建てまくった会館の運営はどうするのでしょう?
    時給制にすれば、ぷー太郎の幹部が任務に着くかもしれませんね。どうでもいいことですが。
    世界人口が増えているのに、創価の衰退とともに会員が激減してるということは、広宣流布など永久に不可能だということです。小学生でも解る理屈です。
    それにしても、「〇〇新時代」とか「〇〇拡大」とか、いい加減に聞き飽きた感じですね。
    ネタ切れだと思います。
    そうそう、その時もバ幹部が、「ますますお元気な池田センセイと奥様とともに、新年を迎えることができました。みなさん、おめでとうございます。」とか言ってました。
    それなら、20年も前のアーカイブとか出さずに、ライブ映像でセンセイを出さんかい!って思いました。
    元気があれば何でもできる!
    金のためなら嘘でもつける!
    これが創価の方面幹部。

    近くの神社に初詣でに行きました。清々しい気分になりますね。
    今年も頑張るクマ〜。
    (=^ェ^=)
    猫やん⁉︎

  14. あけましておめでとうございます。
    非活約1年半、二世、アラフィフのあにきです。
    新年勤行会には2年連続で出ませんでした。ユル活の妻しか行っていません。例年どおりのワンパターンの会合だったようです。
    上の子は友だちと地域一番の神社に、下の子は私と一緒に地域一番のお寺にそれぞれ初詣に行きました。妻も、子どもに対しては創価会合への参加をすすめることはしなくなっており、子どもたちは普通の日本人の正月を満喫しています。
    初詣に行く電車の中、下の子は「自分は宗教にとらわれて生きることはしない」と言いました。創価に取りつかれて生きてきた私は、あらためて家族を犠牲にしてきた自分を責める気持ちで一杯になりました。
    学会が正しいと思っている親族がまだ多く、脱会にはまだ時間がかかると思います。ただ、非活の義理の兄弟とは今後どうするか、具体的な話を始めたところです。私にとって脱会に向けたスタートの1年が始まった、と思っています。

  15. 明けましておめでとうございます!

    元旦の創価親族の集まりの席で、親族の1人に「組織から離れた者は五逆罪だぞ」という新たなフレーズを頂戴いたしましたが「止めた人に呪いの言葉を投げつける恐ろしい組織から抜けられて本当に良かったです」とニッコリ微笑み返し。
    罰?あてられるもんなら当ててみろ~、功徳もないくせに。

    今日は大作仏の誕生日ですね。
    活動家の時に「池田センセイのお誕生日を折伏でお祝しましょう」のフレーズを聞きすぎて、2日がくると忘れられなくなってしまいました。
    89歳か90歳?
    あと10年ぐらいはガッポリ儲けるつもりでしょうから、100歳になっても執筆している事にしちゃうのかな。
    その間に、周りのヨボヨボ側近たちのほうが先にお迎えきちゃいそうですね。
    幹部は友人葬にしないで家族葬にしてる人ばっかりですよね。

    新年勤行会ではないのですが、元旦号の新聞に「聖教新聞の新社屋」の建設予定が載っていました。
    今年着工されて、2019年11月に完成するそうです。
    聖教オンラインでも見れますが、すごい建物です。

    3年前の大聖堂完成、その前年の創価文化センターに続き、金回りの良さがよくわかりますね。
    大聖堂が完成してからは、毎月のように大聖堂の配券がまわってきたので、覚醒するまでに3回ほど参加しましたが、無駄に高い紙に引き続き、無駄にデカイ建物でした。

    今の信濃町界隈は、昔の信濃町の記憶しかない方はきっと驚くかもしれません。
    大きな建物がそびえ立つ異様な世界です。

     

  16. お屠蘇も紅茶も昆布も何年も前から無くなりましたねえ。
    無料のお茶だけ。それも今に無くなるんでしょうね
    あれって、医者に行った時の調剤薬局とか、競馬やボートなんかの公営ギャンブル場にある無料茶を思い出します 笑

    財務や正月に色々出していたカネがバカみたいですね、今考えると。

  17. 皆様 新年明けましておめでとうございます(^_^)
    新年勤行会レポートを楽しみにしてましたが、今も学会をやってる人たちは「人間関係」につながっていたい人たちが多く、会則がどう変わろうが多少人が減ろうが深く考えてない人ばかりだと思うので、いきなりがっくりと参加者が減ることはないと思います。
    特にお年寄りで友人が少ない人してみれば、学会組織は互助会的なものかもしれません。
    また、絶縁した我が父が、閑散とした新年勤行会会場にポツリと佇んでる姿を想像するととても悲しいです。
    せめて父が生きているうちは、父の周囲の組織は覚醒しなくてもいい・・などと身勝手に考えている私です。

    元栄光地区の地区担だった人から年賀状が届きました。
    先ほど返事を書き終えたところです。
    私に20万の財務を出させた共犯でもあり、創価がおかしいことを言っても「週刊誌の鵜吞みだ」と全く聞く耳も持たなかった人です。
    だから、世話にはなりましたが、信心抜きで人物評価をしようとしても、父の件もありもう創価抜きでは考えられません。
    だから年賀状に、「創価学会仏という会則の変更を知りました。やっぱり脱会してよかった。ただ20万も財務に金を払ったことは今も納得いきません」と正直に書きました。
    人生いつ死ぬかわかりません。心の中にあるわだかまりは断捨離して身軽にしていきたいものです。

    >レモンさんへ
    >「聖教新聞の新社屋」

    私も先ほどネットで公式サイトを見て確認しました。相変わらず資産を増やすのに夢中の学会ですね。ここの皆さんはもうご存知でしょうが、学会の会館は大手ゼネコンに発注されます。建設業界に皆の財務がばらまかれ、それでゼネコンの親分である大臣職に公明党は就くことができたのでしょう。しかも立てても宗教施設だから税制面で優遇される。信者が財務をする=建てる=ゼネコンを抱き込む=不動産資産増える=創価ウハウハです。

    今年もどうぞよろしくお願いします。

  18. 数年前から何か変だと思っていました。
    何十年間も信心して、壮年幹部の早死に
    私のまわりで、さすが実証を示したといえる人がいません、自己破産、鬱病
    主人からはさんざん池田と創価学会の悪口を聞かされていましたが…
    いつか主人は罰があたると思ってましたが?とんでもない、70過ぎて益々元気です。
    息子は学会を脱会して10年以上たちますが(自営業)仕事も順調です。
    大白蓮華の中の池田と同時中継の池田が
    同じにはみえませんでした。
    あの傲慢な態度机を叩きながらの話しかた。
    いまは、全て騙されましたことに気がつきました。
    まだ、脱会はしていませんが、まずは
    会合を一切やめました。
    活動しなくなって冷静に考えたらまさに騙されました‼

  19. シニフィエさん、皆さん、明けましておめでとうございます。
    杜若です。バリ活歴31年、元地区婦、退会済み、女子部合唱団でおてもやんメイク経験者(笑)

    遅くなってしまいましたが、シニフィエさん、レイラさん、LIARさん、コージさん、
    マリーさん、替え歌へのコメントありがとうございました。、

    新年勤行会に行くのはいつも負担でした。
    田舎の会館では、2日のみになり回数も減ったようです。

    私は娘と初詣に行きおみくじを引き(19歳のお正月依頼です。春には詐欺団体に騙されちゃったので)楽しい時間を過ごしました。
    毎年、どこの神社も初詣客で大賑わいなのに広宣流布が進んでるわけないじゃんと笑いました。
    息子はお友達とスノボに出かけました。覚醒してなかったら創価班として
    新年勤行会の警備についていた事でしょう。

    レモンさんの
    >「止めた人に呪いの言葉を投げつける恐ろしい組織から抜けられて本当に良かったです」とニッコリ微笑み返し。
    痛快です。創価脳親族のなかで大変な事でしょうが応援しています。

    (〓 ̄(∵エ∵) ̄〓)ノ彡☆・゚::゚コトシモヨロシクネ♪

  20. 昨日参加してきました、非活7年の元地区婦マロンです。
    内容は例年とほぼ同じでした。
    受付で新年の和歌のカードを渡され、勤行、VOD(ころろんさんも書いておられますが著名人の海外からのメッセージが主)10年ほど前の本幹かなにかでの再放映、女子部御書拝読(男子部はなにしたっけなセンセーのメッセージ代読だったか)、絵画展入賞した未来分の賞状授与、担当幹部の話てな感じです。

    終わってあれ?と思ったのは、新入会の紹介(ご本尊授与?)がなかったこと。
    朝早い時間(といっても8時ですが)の勤行会だからか、あえて翌2日にしているためかわかりませんが、だいたい例年少なくとも生まれたばかりの赤ちゃんとかいたのになぁ、と思いましたが。。

    それから、コングさんも書いておられますが、終了後のロビーで創友会と書かれた駅伝応援用のメガホンが配られました。テレビ中継を見た感じでは持ってる人はまだ見つけられていませんが。。ちなみに参加者の大半は壮婦(多宝会多し)、青年部はまばらでしたね。

    そうそう、何人かの方も書いておられますが、昔は昆布と紅茶が配られてましたよね。紅茶の味は(缶入りの粉紅茶みたいなかなり甘いものでしたが、飲めばそれでも体が温まったものです。もっとずっと昔は、元旦の午前0時から行われていた勤行会に参加しましたが、あの頃の勢いのようなものは感じられませんね。

    女子部本部長のスーツ、いかにもな感じで思わず見てしまいました。そのまま婦人部になった姿が容易に想像できるといいますか。

    「活動家時代の本音」としては、30分ほどでささっと終わって帰れるのはうれしいものです。

  21. シニフィエさん、皆様あけましておめでとうございます。
    昨年は完全覚醒、脱会、返納と、そして、皆様とお話ができましたことが一番嬉しい年でした。
    2016年の意義深い年は生涯忘れることはありません。ありがとうございました。

    今回は始めて家族一同が集まって、年越しを温泉に行って過ごしましたが、くせになりそうなほど、全員、楽しかったと言っておりました。サプライズにママへと書いたプレートが書いてあるバースデーケーキも用意され、ウルウルしちゃいました。お正月生れなんです。

    タイトルの件ですが、何年も新年勤に行っていないので、今日、仕事がらみの近所の友人(ばり活、幹部)に新年の挨拶がてら、新年勤のことを聞きました(私の脱会を知らない人です)。
    その人が言うには、1日は昼間、一時間置きに五回やったそうです。
    今日、2日は昼に一回だけとのこと。昨日の元旦は11時にいったそうですがものすごく混んでいたとのこと。
    えっ、そんなにいっぱいきたの?と聞きましたら、混んでたよ、とさらっと言っていました。
    また、最近はブロックが統合されたり、若い青年部、女子部が少なくなって来ているとも聞いたんだけど、どうなの?と聞きましたら、ここの地域はそんなことない、むしろ、1つブロックが増えるっていう話も聞くよですって。彼の話によると、少子高齢化なんだから若い人が少なく、高齢者が多いのは自然なことなのだそうです。男女青年部の少ないことは感じているようでした。
    地方は統合されているところが多いって聞くよと言いましたら、地方の人口自体が少なくなってきてるのだから、自然の摂理じゃないの?ですって。
    とにかく、この地で戦えることが福運なんだそうです。
    多分、彼は一生このままでしょうね。

    また、他の会員さんにあったら聞いてみますね。

  22. —正直の頭に神宿る~絶対平和達成のために—

     一人の人間における偉大なる?詐欺、からの覚醒は
     やがて一国の宿命転換をも成し遂げ、
     さらに全人類の宿命の転換をも可能にする。

    創価ほど、残酷なものはない。
    創価ほど、悲惨なものはない。
    だが、その創価はまだ、つづいていた。
    愚かな指導者たちに、ひきいられた会員もまた、まことにあわれである。

    *『人元覚明』“一巻の終わり”、からの蘇生の詩 /センセ89歳の誕生日に…
    (皆様の替え詩(歌)に触発されて(^^♪ )

    今年こそ、謀略組織から離れて(→最低限のカツ揚げには応じる・非活・幽霊・脱会等)、
    大きな天地で自己を解放しよう!。さすれば、無限の可能性が拡がってこよう。

    みなさま今年も宜しくどうぞ

    ルフランさん、“立正安国論に見る日蓮のカルト性”は、もう読了されたんじゃないでしょうか?。多分、(私の考えですが)最後のまとめ部分(結論部)だけでも皆さんに読んで貰いたいと思われたのでは?。

    お釈迦様は悠久の歴史(トキ)を慮って、無常(すべては移ろい行く)を悟られたのであり、
    欲と権力に執着することが、無意味以上に害毒である、と。

     日蓮が本仏であろうが菩薩であろうが、どちらでも良い小さなこと。
    イワシの頭も信心~(カラー)の類(タグイ)の話。(自分の頭で)思考すべきは法理と道理。

  23. 管理人様、みなさま、新年あけましておめでとうございます
    2世元バリ活まるちゃんです。今年もよろしくお願いします。
    年明けと同時に数年前から地元の神社に初詣に行くことをしています。
    日本古来の神社の歴史を学んで行きました。
    最初のときはやっぱりまだ創価の後遺症が強く、鳥居をくぐるときに震えました(笑)
    今年は、なんだか感動の涙がじんわりと・・・・
    それも、今年は昨年転居したんですが、なんと、神社のすぐ近くにどでかい創価の会館があります。
    昔は深夜でも新年勤行会のあった時代もありました(流れ星さま、お寺もやってましたね。行きましたよ。)
    そのどでかい会館がまるで廃墟のごとく、真っ暗でただただ虚しい不気味な「ハコモノ」であるのに対し、神社の参道には多くの若者たちが元気に馬鹿話をしならが、にこやかに参拝の列にたくさん
    並んでいました。私は前も後ろも若い青年たちに挟まれて、待ち時間、彼らの楽しい話に耳を傾け
    ひとりうつむきながら、なんともいえない幸せを噛みしめていました。
    これは2世や3世の元バリ活にしか理解できないセツナイ心情ではないでしょうか?(笑)
    幼い頃に、みんなが行ってる初詣や、夜店、おみくじ、お守り、お札・・・・
    私はどれも手にすることはできなかった。異端児であることを薄々感じながら、卑屈なまでに
    「創価は正しい、創価は正しい・・・」と自己暗示をかけるような、なんと哀れで惨めな子供時代だったのだろうと、泣けてきます。宗教の強制は児童虐待にあたると最近知りましたが、、間違いなく精神的虐待といえるなあ、と子供の頃の自分の気持ちを思い返しては、創価の悪質さに対する憤りは増すばかりです。
    自分の意志で創価学会に入会したのならまだしも、
    意志のない子供の入会を認め、「はい、君は創価学会員なんだよ」と組織の人間が入れ替わり家に押し寄せてくる・・・・。こんな現実を私は受け入れてきたのか。。。と思うとただただ悔しい。
    創価学会を否定すれば、親からは「ダメ人間」とレッテルを貼られ、認めてもらえない・・・・。
    どっからどう考えても、創価学会は異常だな、と思います。

    元バリ活1世旦那情報では、新年勤行会での任務に人数がおいつかず、かなり縮小していると聞いたそうです。今は壮年部の創価班や牙城会ぽいグループがあるそうですが、それでもおっつかない・・・・。
    今まで散々活動家の会員をこき使い、エラそうにしてきた創価学会が「昔とは違いますから~」と
    にやにやしながら話されると、ぶちキレそうになります。
    話がかなりそれましたが、今年はわが身内、全員が新年勤行会非参加となり、
    いい年明けとなりました。

  24. レイラです。

    >レモンさん
    親族の1人に「組織から離れた者は五逆罪だぞ」という新たなフレーズを頂戴いたしました

    新年早々ひどい事いう親戚ですよね~
    「もし創価に戻りたい時は、いつでも戻ってきていいのよ」
    「みんなレモンさんが好きでさみしがってて、待っているわよ」
    「脱会しても色々優しくしてもらったから、つながりは大事にしたい」

    な~んて言えないんでしょうかね??

    私は脱会しましたが
    今日テレビで箱根駅伝見てて、創価大学が往路好成績な事は
    それは素直に喜びましたよ。

    選手たちはそれはそれは練習やトレーニングを重ねて
    箱根出場を目指し、ゴールまでたすきをつなぎます。

    いっしょうけんめい目標にむかって頑張ってる人を
    応援するのは人として当然の事。

    私にとって脱会したこととそれは別ものです。

    創価の名前を背負っているから応援しないとか
    罰があたって棄権になれ・・・な~んて・・・器の小さい自分では
    ございません。

    世界平和の団体というなら
    宗教関係なく応援や仲良くしていくのが
    真の姿では・・・と思います。

  25. Signifieさん、皆さん、明けましておめでとうございます!! (*^▽^*)
    本年もどうぞ宜しくお願い致します。(*^_^*)

    一昨年に脱会してから2度めのお正月。
    昨年は実家の父(半分お目覚めの未活)も しぶしぶ財務しに行き、
    自らのおっちょこちょい(振り込み用紙キリトリ間違い)のおかげで、
    振り込みできずに帰宅したのをきっかけに
    もう財務は「いたしませーん!」と、なり(笑)
    ここ何年も新年勤行会にも行ってない父に
    大晦日にお酒飲んで気持ちよくなってるついでに今後のことについて
    聞いてみました。

    Q 財務は今後ほんとにやめるのか?
    A 広布部員になることを断る。(お?以外に強気?)

    Q 罰がどうの・・と言われたら?
    A 今はもうそんなこと言う幹部はいない。(そうなん?)
      聖教新聞見ても最近は会館ばっかり建てて、それも自分たちの財務からだ
      と思うとバカらしくなった。(金持ち創価にやる金はねえ!って?!ww)

    Q  聖教新聞以外で今とってる機関誌(公明、創価新報、大白)
      全部やめたらどうか?
    A 本当はそうしたい。(いいぞ!いいぞ!)
      でも新聞店主と知り合いだから言えない。(ズコっー⤵)

    ほほう・・・。(-。-)y-゜゜゜
    結局、最後はいい顔したいというだけのことかいな・・・。
    まあ、本人がどうしても辞めたくなる時が来たら・・でもいいかなと
    それ以上はあえて突っ込まず、父が本心を言ってくれたことが正直びっくりでした。
    あれだけ罰論をビビッてた父が・・です。

    そういえば、30日に新地区部長が父を訪ねて来て、新年勤行会で新会員の授与式があるので来てください。と言われ、メモを渡されたそうです。
    そのメモを見せてきたので、紹介者の名前見たら私の地区の方でした。
    70代の婦人部で妹さんを折伏したようです。新会員といっても完全に高齢者ですね。
    写真撮影もするので、人数集めの為に父にも声かけてきた様子。
    いつも創価は見せかけの賑わいを写真に残したがります。所詮そんな世界です。

    昨年、おかめインコメイクに同意見だった皆さんww
    ほんとにお年頃の女子に何してくれてんねん!ですよね(笑)

    すざくさん、
    全身勝利長ww 同じでしたか~(≧◇≦)きゃは
    「デコポン」に改名?とか結局「ゆずポン?」可愛くってクスクスしましたww

    コージさん、
    黄金長www黄金バット長?wwww
    机をドン!しながらの池モンのセリフ爆笑!!
    マリーの大好物のコージさんの妄想ギャグヾ(≧▽≦)ノ
    また今年も楽しみにしてます~www

    おてもやんさん、(もうこの名にしてほしいくらい(笑))
    チーターのミドルネームもお持ちでしたかwww
    おてもやんさんの自虐ネタもマリーはハマってます(*^▽^*)きゃはは
    今年もどうぞよろしくお願いします~wwww

    ジンジャーさん、
    そちらのB長名は光線?いや、広宣長でしたか~(笑)
    結局、ゼンシンショウリ長が一番ハズレなんですね(;^ω^)創価めっ!

    今年も一人でも多くの悩める創価脳な方々がこのブログに辿り着き
    パッチリお目々を覚まして(◎_◎;)くれることを願ってます!!
    今年は酉年。たくさんの方を覚醒へとトリ込みたいですクマ~♪(●^(▽)^●)

  26. 明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

    1日、起きて最初に耳にした音楽は、ボブ・ディランの「風に吹かれて」でした。
    ディラン世代の方も、ノーベル賞で知った若い方も、再度平和や愛について考えませんか。自分の頭でさ。

    バリ活学会員の皆様、相変わらずおめでとうございます!
    。自画自賛のしょーもない歌ばっかり歌ってねえで、たまにはノーベル賞受賞者の歌でも聞いて、感性を高めましょう。自分のしていること、もう一度考えてみませんか。

  27. 管理人様皆様新年おめでとうございます。
    自在会の方から聞きました。
    幹部にこの頃題目あげたら、わずか見えるようになった
    と言ったそうです。
    幹部ならお布施を千円でなく奮発しましょうと言われて一万円出したそうです。
    帰りに幹部は出せば出すほど、もっともっと
    速く視力が回復すると言われたそうです。
    お正月まで詐欺をするなと言いたいです。
    去年バリ活の自在会員が失明しました。
    その方はよく電話で話をしています。
    失明しても疑いません。
    むしろ先生を信じていると言っています。
    見えなくても先生またご本尊が守ってくれるとほざいています。
    障害年金わずか月八万円のなかから一万円出したので生活が大変でしょう。
    嘘みたいな話ですが、
    都営住宅ですが、財務に出しすぎて家賃を滞納したと言う話も聞いています。
    自在会員のほうです。
    地域の幹部は年金暮らしと分かっているようです。
    12月に貰った年金の半分を財務に出したと聞きました。
    今度の年金は二月です。
    八万で二月まで我慢です。
    本人は何倍にもなって返ってくると信じています。
    しらない人でないので学会は詐欺と話をしますが、詐欺詐欺
    と言うとオマエは地獄に行くぞと言っています。

  28. 非活 3世のアビーです。

    もう10年以上新年勤行会には行ってませんが、お屠蘇は飲酒運転の観点から、昆布と紅茶はノロウイルスの観点から提供するのをやめたと当時牙城会にいた父から聞いたことが有ります。
    でも紅茶じゃないお茶を提供しちゃってるならノロ対策にもなってませんよね。フシギ団体ソウカ(笑)

    さて元日は主人と七福神詣りをしている途中に創価の会館が有りましたが、そちらに向かって歩く方々の数が少ないなあと感じました。

    泣いて嫌がる子供を無理やり連れて行く夫婦の姿をみて子供が気の毒だなぁとも思いました。
    そりゃそうですよね。
    だみ声でガーガーいう池田氏のつまらない映像見せられ、知らない幹部のオッサンの話や呪文のような古文の御書を聞かされてるなかでひたすら静かにおとなしくしてなきゃならないんですから。
    子供心に苦痛でした。

    話は変わりますが、みなさんの投稿の中で創大メガホンのことが上がっていますが、あれ勤行会で配っていたんですね。

    今日の朝、駅伝の応援に行っていた時に、創大の幟とメガホン持った人が沢山いたので
    なんでみんな持ってるんだ?
    と疑問に思ったのですが、投稿を見て納得してしまいました。

  29. シニフィエさん、皆様、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

    今年は新年勤行会には参加せず、小学生以来、神社に初詣にいきました!学会アンチの父と一緒に暮らしていた頃は、神社にお参りした記憶がありますが、学会活動に熱心な母がいたため、中学生からはずっと母に連れられ、新年勤行会に参加していたように思います。

    初詣、すごくよかったです。清々しいきもちになりました。神社のおみくじ、生まれてはじめてひきました(笑)若い人もたくさんお参りにきていて、日本のお正月ってこうなんだなぁって、しみじみ思いました。
    創価は年末に入場券を配って大結集をかけて、新年勤行会に参加をお願いしています。財務が終わったばかりにも関わらず、受付で広布基金を募っています。内容も毎年ほぼ同じ。先生のメッセージ、女子部のむしもち御書拝読、幹部指導、昨年からVODの上映が追加ですかね。で、新年勤行終了後は参加者数の報告をして、なんか異常な世界に生きてたんだなと思いました。
    皆さん書かれていますが、昔はお屠蘇や、昆布、紅茶などが振る舞われて、白蓮のとき、皆さんにお配りしました。今はそんなのもないし、元日深夜0時の勤行会もなくなりましたね。どんどん回数も減ってますし、高齢者が大半です。池田先生の和歌が書かれたカードは今年も配られたのでしょうね。ああいう和歌が書いてあるカードも毎年何かあるたびに配布されるので、扱いに困ってました。先生の写真だし、和歌だし、捨てれないと思って。。でも退会するとき全部捨てましたけどね。

    レモンさん
    組織から離れた者は五逆罪、、ひどいセリフですね。私は脱会してますから、学会から言わせると、五逆罪以上の罪がありそうですね(笑)私も昨日、実家で学会ネタになった時、弟に『脱会なんかして、親不孝者だ!』と言われました(笑)宗教は個人の自由なはずなのに、退転者は不知恩!仏敵、いずれは不幸になり、変死する、みたいな教えですからね。。

    今年は神社に初詣でき良い一年のスタートを切ることができました!いつも年明け、会社などで『初詣行った?』というのがよく話題になり、私は『人混みが苦手だから初詣行かないんだよね』と言っていたのですが、今年からはみんなと初詣話が出来ます^_^ 少しずつ、創価で失った時を取り戻していきたいです。

  30. こんばんは。三世四十代、昨年のクリスマスイブに脱会したノジコです。第3シリーズからの新参者ではありますが、本年も宜しくお願い致します。

    今年は脱会したので、勤行には出ませんでした。去年までは毎年参加してましたが、今の地区に家を建てて住みはじめ11年になりますが、ここ2~3の新年勤行会は元旦だけだと、記憶しています。毎年、代わり映えしない内容。参加者には活気が感じられず、特に中高生や、未活の青年部は嫌々参加してる感がにじみ出てましたね。
    勤行中も下向いてたり、スマホいじって終わるのを待つような光景が見られました。
    数年前に会館を建て直して、広くしたせいか、以前より、参加者が少なくなってる印象です。

    私の所属してた地区は、40代以下の活動かがいません。白ゆり長でさえ、70歳以上です。信頼者も2名程記憶にありますが、すぐ消えました。あと、5年10年したら、自然消滅するでしょう。
    前にも、書かせて頂きましたが、地区内の高齢会員の同居の子供さんが不慮の事故や病気でなくなったり(相次いで2名)、公明議員の息子さんが精神の病で入院したり、数年前ガンで他界した近所の地区幹部の長男も精神病を患い引きこもりです。元旦から、「ぶっ殺してやるぞぉっ!」と叫んでるのを偶然聞いてしまいました。あんまりにも哀れで、可愛そうに思いました。
    活動家として精力的に創価の為に働いてる人に、幸せそうな世実証を示してる人がいないんです。絶対幸せになる仏法だと言いながら、どう考えても、おかしいです。
    私の回りには不思議なほど、純真で、いい人(のように見えるのか)に限って、不幸な現実を背負ってる人が多いのです。実家の地区もそうです。

    話は変わりますが、昨日は家族と遠方に住むアンチ未活の末弟(亡くなった弟の下の)と近くの某神社に初詣に行きました。
    三が日で70万人が訪れるパワースポットなので、空いてる時間を狙って朝の5時頃参拝しました。
    24時間いつでも行ってよく、警備員がいないのに、特に風紀を乱すようや輩もなく、ゴミ一つない境内の厳かな様子に、驚きました。
    創価脳の時は、世間の初詣は、普段は信仰心もない人がお祭り気分で神頼み的にしてるだけだと思ったので、創価から刷り込まれた間違った情報を鵜呑みにし、末法の法華経の行者に勝るものはないと、世間の人を見下し生きてきた自分の愚かさを思い知らされました。恥ずかしい限りです。
    今年からは、子供達と今までスルーしてきた、日本古来の風習や文化に触れ、日本に生まれて良かったねと誇りに思える体験を積んで行きたいと思います。

    長々と書き綴ってしまいすみません。
    今年も創価の呪縛から一人でも多くの方が解き放たれますように、心より願っています。。。

  31. こんばんわ!タイトルからはずれることをお許しください。
    カガテツさんからの宿題の感想を書かせてください、すみません!
    カガテツさん今年も宜しくお願い致します。人革の一巻のもじり、ドンピシャです、お見事です。

    ー立正安国論に見る日蓮のカルト性ー
    坊主と旅人の対話を読み最後は納得までさせてしまった押しの強さ、鎌倉時代の大変さで藁をもつかむ思いだったのですね。坊主が腐っているから善神が日本から逃げた、だから、世間は大混乱を起こしている、、、。

    まだまだ10ページもノートに書きましたが割愛します。
    日蓮は殺生、殺人を推進していましたし、国家権力と戦ったのではなく、日蓮仏法を国教にしようとした。
    池田は広宣流布という美名のもと、国家権力が欲しかった。その為、無慈悲にも裏ではなんでもしてきた。
    オームの浅原もハルマゲドン、ポアなどを正当化し、殺人を実行し、国家転覆を目指していた。
    共通しているのは、皆、人格障害、研究者によると自己愛性人格障害と日蓮は位置ずけられています。

    ふりーさんという方の感想

    日蓮の時代から現代まで、何千万人が南無妙法蓮華経と唱えてきた。
    だが、明確な因果関係をもって幸福になり得た者は何人いるだろうか。他宗と比較し日蓮仏法をやっていた人間が突出して幸福だろうか?。

    過去から無数の人々がこの激動の世の中を生き抜いてきた。その中で尊敬すべき人というのは激動の世の中を激動のまま迎え入れながら強くたくましく生き抜いた人だろう。
    どんな苦難にたいしても真っ向から正攻法でのぞんだ人であろう。

    根拠不明のロマンに乗せられて生きるよりも、自分を支えてくれる有形無形の存在に感謝しながら現実の中で一歩一歩努力していく行き方のほうがはるかに美しいという事だ。
    死ぬ時に、、、あぁ、いい人生だった、、、と言えるのは不安定ながらも必死に地道に地道に生き抜いてきた人間である。教団を信じ、教団に尽くす人生は結局、人に乗せられた人生に過ぎない。
    、、、あぁいい人生だった、、、とは決して言えない。
    どうか、自分の人生を生きて欲しい。鎌倉時代の人物や虚栄にまみれた指導者に自分の人生を明け渡す様なことはしないで欲しい。

    宗教を否定する気はない。
    だが、邪宗を攻撃することで功徳があるなどという言葉で信者を走らせる様な宗教は「狂気」の原因にしかならない。

    決して子孫に残してはならない創価学会、害毒以外の何物でもありません。

  32. signifieさん、皆さん、
    新年明けましておめでとうございます、
    今年もよろしくお願いします。

    新年勤行会に参加しなくなって2回目の正月です。
    参加用の入場券すら郵便受けに入る事もなく、
    実に平穏で静かなお正月を過ごしております。

    本当は、毎年新年勤行会に参加しているゆる活の身内親戚に
    今年の勤行会の様子を聞いてみるつもりだったんですが、
    今年は旅行と重なってしまって行かなかったり、
    何となく面倒だから今回は行かなかったりとかで、良い事です。
    私が非活になった事はすでに話しているので、その影響もあるのかも。

    皆様の書き込みにもあるように、昔は帰りに昆布と紅茶を出してましたね。
    あれは全国共通の新年勤行会用のサービスだったのでしょうかね。
    勤行会が終わって、玄関前特設のテントの中のテーブルにて
    白蓮のおてもやんたちの入れた温かい紙コップ入りの紅茶を手に、
    地区や支部の人たちとつかの間の談笑をするのが恒例でしたね。
    創価脳の人間たちにとっては、年始のホッとする時間なのかも知れません。

    しかし、年末の財務でお金を散々に搾り取られた挙句、
    さらに会館内のロビーに設けられた広布基金コーナーでも
    ちゃっかりと千円以上の現金を集めようとするその卑しい姿勢!
    これぞまさに「ゲスの極み」とはこの事でぃ!
    てやんでぃ!! いい加減にしやがれぃ!
    御用だ! 御用だ! 財務半分返しやがれぃ!
    さすがに大半の来館者たちは、広布基金コーナー自体は
    横目で見て通り過ぎていましたが・・

    勤行会自体は大体ワンパターンで、さらっとした短い勤行の後、
    女子部、男子部、婦人部の代表が簡単に決意発表などを行い、
    支部ごとに手を上げさせられたり、人事の発表などを行ったりした後、
    スピーチの得意なお調子者の圏幹部か総県幹部が数分話をして終了、
    という流れですね。 
    若い方ドン引きの必殺「万歳三唱」もあったような・・・?

    そういえば、女子部の幹部のスピーチって、
    必ず「御書の一節」を入れるのが定番でしたよね。
    マイクを通した甲高い声で、「御書にいわく!!」と
    毎回、やたら元気いっぱいでしたね。
    鎌倉時代の人間の文章なんて、テキトーな事が書いてあっても
    なんか重要なお手紙みたいに感じますからね。

    実際は、日蓮さんも人の子ですし、
    すっげー愚痴や不満やギャグを一筆書いてるだけかも知れませんよ。
    それを、後世のお坊さんたちが上手い事修正して脚色して、
    いい感じでありがた~い御書としてまとめているのかも・・?

    そういえば、最近の聖教新聞って
    「池田名誉会長」ではなく「池田大作先生」と記載されてますね。
    教団内での位置づけが変わった事に合わせて変えたみたいです。
    まあ、どうせ6年以上もどこで何をやってんだか分からないので
    そのうち「池田大作さん」に変わってるかも知れません。

    ジンジャーさん、ラザリスさん、すざくさん、レイラさん、
    前スレでのコメントありがとうございます、
    こちらのブログは、笑いあり涙あり驚きあり勉強になる事ありで
    本当に素晴らしいブログですよね。
    新しい方は勿論の事、まだ再開後に来られてない懐かしい方も、
    ぜひ思い出して参加してくださいませ。

    ではでは、皆さん、風邪や食べ過ぎに気を付けて
    引き続き楽しいお正月をお過ごしくださいませ~(^・ェ・^)クマー

  33. べる@入会33年うち未活10数年です。

    婦人部からの連絡を全てスルーして、
    聖教新聞もほとんど読まない私は
    新年勤行会に参加したくないのですが、
    入院中の母が強く参加を希望するため、
    元旦の午後3時から仕方なく参加しました。

    昔は駐車券がないと車で行けなかったのですが、
    数年前から駐車券なしでも大丈夫です。
    駐車場を拡大したのもあるのでしょうが、
    空席が目立ち、明らかに参加者が少なくなっています。
    和歌を印刷したものも枚数制限なし。
    昔はひとり1枚でしたよね。
    受け付けにいるのは壮年部でした。

    午後3時からとはいえ、総区の新年勤行会でこのありさま。
    大きな声で万歳をしていた(後ろに座っていた)壮年部が、
    なんだかかわいそうに感じました。

    そうそう、時間を確認するために、
    30日、31日に何度も会館に電話したのですが留守電にもならず。
    最終的に会館に足を運んだのですが、
    留守電にもしないって何様なんでしょう。
    って早くに確認しなかった私も悪いのですが…

  34. signifieさん、皆さん
    あけましておめでとうございます。
    第3シーズンからたまにコメントさせていただいます。外部の花です。
    テーマとはそれてしまうのですが書かせてください。

    何度かお話していますが元カレがバリ活創価脳ですが、私はまだ彼のことが好きで復縁を望んでいました。なので、連絡をとったり、時には食事をしたりと関係を続けていました。
    年明けも、あけましておめでとうのLINEをしてやりとりをしていました。彼に今年も○○くんにとって幸せな一年になりますようにと送ったところ、俺の幸せは決まっているから、自分の幸せを考えて!と返信が…それは、毎日題目をあげているから?一生懸命活動をしているから?とちょっと引きつつLINEをしていました笑
    そんなことは、よくあることなのでいいのですが、先ほど彼からLINEがありなんだか様子がおかしいのです。あまりにもおかしいので、電話してみると「もう○○とは会わない。嫌いになったから。」とこれまでとは態度を一変…。どうして?と理由を聞く「もう、全部言った。嫌いになったから会いたくない。2016年で全部おしまい。」と
    言われました。あまりの急変ぶりに、私もなびっくりでした。これまで、あんなに優しかった彼ですが何があったのでしょうか。今は実家にいるはずですが、学会員のお家の方や地元の学会員たちに何か言われたのではと勘ぐってしまいます。ウソか本当かわかりませんが、地元の学会員で好きな人ができて、付き合うまであと少しだとか… 新年早々こんなことを彼に言われ、悲しくてたまりません。前テーマのときにはゆんちゃんさんには、彼が覚醒するときに支えになれるよう、側にいてあげたいと書きました。ですが、もう私自身も彼から身を引くべきなのかと思ってしまいました。
    どうしようもない気持ちでいっぱいでコメントさせてもらいました。貴重なスペースとお時間を頂きすみません。不適切でしたら、削除してください。

  35. 歳のせいか、ニワトリよりも先に目が覚めてしまうアラフィフのラザリスでございます。
    レモンさん、複雑な胸中 お察しいたします。
    どのような組織であれ、長年にわたりその組織に尽くしてきた方に対しては、まずはねぎらいの言葉があってしかるべきなのに、そうした言葉の代わりに酷い言葉を浴びせるとは、全く常識外れだと思います。
    そうした複雑な環境の中にあって、見事に覚醒されたレモンさんのコメントはとても説得力があります。
    今までレモンさんのコメントをたくさん読んできて、誤字脱字は一度も気がつきませんでした。
    責任感の強い、誠実で暖かい人柄の方だと想像できます。
    これからもよろしくお願いいたします。
    それから、吉本興業所属の?マリーさん、楽しいコメントをありがとうございます。
    まるで、こころの中にLEDライトが灯ったみたいに明るくなります。
    LIARさんも、「風に吹かれて」の添付ありがとうございます。
    夜が明けてから、改めてじっくり聴いてみます。

    創価がこれだけ衰退しているのに、世帯数を827万とか偽って公表しているのはある意味、企業でいうところの粉飾決算だと思います。
    入会する人間が年配者メインだとしても、この数字に騙されて、安心感を持って創価の罠にはまる場合もありうることです。
    企業では、粉飾決算の事実があれば、インサイダー取引や入札妨害などにつながる恐れがあるため、重いペナルティが課せられます。
    創価の場合、宗教活動という看板の裏で、会員から有り金を貢がせ暴利を貪り、政教分離に反した選挙活動を半強制的にやらせ、税金を優遇されて上層部のみが潤うまやかしのシステムです。
    毎年、会計検査でヒヤヒヤさせられる我々からしたら、極めてアンフェアな状況です。
    宗教法人にもマルサのような制度を適用し、こうしたアンフェアな部分に斬り込んでほしいと思います。
    今年は、世の中自体が創価のイカサマを暴き出し、覚醒に向かって大きく動き出す「覚醒拡大の年」となりますよう、こころよりお祈りいたします。

  36. あけましておめでとうございます。
    父母共に熱心な創価学会員で生まれた時から勝手に入らさせてる2世です。
    私の両親は仲が悪く外面を気にする父は毎年お正月に父の兄弟の家族を家に招きます。が、父の自分の兄弟にだけ見栄をはる所、自分(母)の家族には何も関心がなく何もしてくれないことに怒りをずっと思っていてあなたのために色々準備してあげてるのにお礼も言わないなんてなんなの!と毎年お正月は怒って私に怒りをぶつけてきます。なのでお正月は嫌いです。母はそんな父や父兄弟から逃げるために一緒に信濃町に行きたいと誘ってきましたが、腹痛を訴え、阻止しました。母だけ行けばいいのに家に残りました。普通であればみんな実家やおばあちゃんの家に帰って家族皆でおせちを囲み楽しむお正月ですが、創価という宗教に蝕まれてるうちの家族にとってはそんなことは一回もなく、むしろ初詣なんてとんでもない。。わたしは創価や宗教に対して無です。自分が信じたいなら信じればいい、信仰すればいいと思ってます。言えば趣味の延長と言った感じで他人に迷惑をかけなければその人の生きがいや信じてる道ならそれでいいのではと思っていますが、勧誘してきたり、なんでやらないの?あなたが今平穏に生きているのは私が毎日あなたの分も勤行し、福運をつけてあげてるからだからと勝手に価値観を押し付けてくるあたりとっても苦手です。わたしが創価を信じて、信仰出来ていれば母にとっては理想で完璧な子供になれたのかもしれません。しかし、小学生、中学生のころみんなと初詣や修学旅行で京都などに行くときになんでそんなところに行くの?行くなら鳥居はくぐらないでお祈りするときや神社に一歩踏み込んだら心で勤行を唱えておけばあなたは大丈夫だからと言われたとき、みんなとお揃いのお守りを持ち帰ったときになんでこんなものを持ってるの?自分で買ったの?なんで?お願いごとしたの?こんなものを早く捨てなさい。と言われたときはさすがにおかしいなと子供ながらに不信を抱きました。振り返るとここからずっと変だなと思いはじめられて良かったと思います。自分は自分の宗教を信じ否定されたら怒るくせに、他の宗教に対してはめっぽう反対どころか関わらないでなんて、なんでそんなことを思うのだろうか。信仰したいという気持ちは一緒なのに。これこそ池田先生からの教えだと思っている母は洗脳されていて今でも理解に苦しみます。
    わたしとしては信仰していても他人(赤の他人にや家族)に迷惑をかけなければそれでいい。でも本当にこれ以上私に創価の話をしないでほしい。願いはそれだけです。
    もう、そんなことで喧嘩や言い合いをするなんて時間の無駄だし、そもそも考え方が違うのにそれを一緒にしようだなんて説明するのも無駄だし、説明しようものなら家を追い出され一生口を聞かずに、自分の育て方が間違っていたと思い悩ませてしまうと思うので、もう本当にやめてほしい。それだけです。勤行する時間や衛生中継に行く時間があるなら自分磨きにあてたい、、。こうして悩んでいることも家族はもちろん他人には一切打ち明けられない。なぜなら創価は世間からも嫌われているから。学校でも〇〇ちゃんって創価学会なんだって。怖い。近づかないでおこうと誰かが言ってるのを聞き、創価とはそういうイメージなんだなあと思いました。自分の意思で行う選挙でさえ、選挙前は親がさらに活動的になり、公明党の〇〇さんに投票だからね。名前覚えた?この人だからね。投票後もちゃんとかけた?この人だよ!といやいや、それって行けないんぢゃ、、そんなこと創価信者は関係ありません。
    むしろ、創価学会が100歩譲って世間から良い団体だと思われているのなら話はできますが、そうではなく異質を放っていること、マインドコントロールをしていることをわからない信者たち。本当に関わりたくない。前にオセロの中島さんのマインドコントロール問題が出たときなんでこんなものにハマるんだろうねと口を漏らしていた母。あなたはいまも創価にマインドコントロールされてますよ。となんども言いそうになったことか。早く家を出て創価ぢゃない人と結婚して楽になりたいと思う日々です。どうか悩んでる人たちみんなが楽になれますように。

  37. こんにちは。再投稿です。

    本年、青年拡大の年勤行会開催おめでとう。アローハ!
    さらなる、青年拡大を期待します。マハロー!(=バカヤロー)

    お正月休みの読書にと、昨日買ってきた本を引用します。

    「さらには、同年(05年)11月17日、本部執行部の不自然な新体制人事がなされたのである。74歳の原田稔会長が78歳まで会長職を続投することになり、理事長も61歳の正木正明から74歳の長谷川重夫に交代となり、一回り以上も高齢化した人事が発表された。この人事を聖教新聞で目にしたとき、自然と涙が出た。こんな人事があっていいのか。一体会員の誰がこの人事に青年学会を思うのか。青年を愛し青年学会を目指していた師匠。その心を思うと涙が止まらなかった。この老齢人事には師匠の意思はないと思わざるをえなかった。
    ( 中略 )すると翌日、創価学会創立85周年を迎えた11月18日の聖教新聞に師匠夫妻が記念撮影している写真が掲載された。しかし、その師匠の顔には表情が全くなく、目には力がないのである。この時、私たちは確信した。
    「やはり師匠は御病気で、物事を判断することが困難な状態なのだ」
    師匠も生身の一人間である。老いもするし、病気にもなる。写真の表情から、師匠が物事の判断が難しい状況にあると考える事は自然だった。」

    ズッコケ三人組著『実名告発 創価学会』金曜日

    ↑出版社の「金曜日」って何??金曜日しか仕事してないのかな??

  38.  40代非活壮年部のキリコです。
     一日の12時からの勤行会に兄弟一家と一緒に行ってきました。一応中心会館なのでそれなりに人は多く、男女青年部もちらほら見られます。しかし、自分が活動家だった頃からすれば明らかに人が少ない。以前なら前後左右がぎっちり詰まってて身動きもはばかられるほどでしたが、去年も今年もかなり余裕があります。
     式次第は皆さんの報告と同じようなもので毎年毎年代わり映えのしないものです。VODの上映では、明らかに10年、いや20年くらい前のデー昨センセのスピーチ、でも観ようによっては2017年の年頭に向けてスピーチしたかのような印象を受けます。
     新入会者紹介はたったの1人、それも赤ちゃんでした。拡大だの躍進だのと呼号してますが現実はこんなもんです。10年・20年すれば衰亡ははっきりするでしょう。

  39. 花さん、レイラです。新年あけましておめでとうございます。

    元彼からのLINEのメール、悲しいですよね。

    花さんの詳しい状況や、彼の性格など全くわからないので
    私はちゃんとしたアドバイスはできないかもしれませんが
    せっかく新しい年になったので、この機会に
    いったんすべてをリセットする事をお勧めいたします。

    彼が本当に他に好きな人ができたのか、創価脳家族に何か言われたのかは
    わかりません。

    ★「他に好きな人ができた」→本当かどうか、創価がどうのこうの関係なく
    「今度は新しい彼女を悲しませないでね。
    今までありがとうございました。」とメールを送って一旦彼との関係を
    2016年と共に過去形にしてください。

    そして花さんからは絶対に絶対にメッセージはしないこと。

    全くあきらめきれない気持ち、復縁できるかもという気持ちも
    私はわかりますが、男は追いかけると余計に逃げます。
    (これは創価の信心関係なく)

    でも、これだけは確信をもって言えます
    「縁があればどんな障害があっても、遠回りしても必ず結ばれます。
    縁が無ければ家族が賛成しても、婚約までいっても結ばれません。」

    ですので、「彼をどこかであきらめきれない、いつか戻ってくるかも」という
    気持ちを持ちつつ(完全にあきらめると、余計に忘れられない、執着を手ばなす事ができない)
    2017年まずは!自分磨きに集中してください。

    レイラは交際相手から(ラブラブの最中)突然
    他に好きな人ができた!と言われたことがあります。(それも同じ創価の人です。
    支部・本部が違っていたのがせめてもの救いでした)

    もうそれはそれはつらかった!
    まだ、外部・内部の関係だと「相手は信心してないし」と割り切れた部分がありましたが
    同じ内部のメンバーで・・・・題目あげるのもつらかったです。
    当時はまだ創価脳でピュアだった(笑)ので、同じ内部のメンバーなのに
    どうして!どうして!と。(彼の浮気相手は外部であった)

    復縁を祈りつつも、私自身一度私を裏切った人というのは許せない性格の為
    (浮気癖のある人はおそらく又繰り返すと思い)、もう元に戻ることはできないと
    さみしく、つらく、悲しみました。

    それから自分磨きに専念しました(おしゃれは美容、メイク、中身も)

    ある日私を振ったその彼に町でばったり!
    しかも私は違う男性と歩いていた(※ただの友達です。とにかくまず友達をたくさんつくろうと
    行動していました)
    °˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°キラキラいきいき輝いてる姿を見せてリベンジ!できました。

    それから新しい恋をいくつか経て(笑)
    今外部の主人と結婚し、私は幸せに暮らしていますが、ふりかえってみれ

    1)失恋が自分を磨いてくれた→いい女にしてくれた
    2)失恋が人の痛みを教えてくれて、人として成長できた
    3)振ってくれた男がいたから今の主人に出会え結婚できた。振ってくれた皆さんありがとう!
    (振ってくれた男全員に感謝状を渡したいくらいです(笑))
    と言えます。

    ★「学会員のお家の方や地元の学会員たちに何か言われたのではと」
    →あなたよりお家の人や地元の学会員の人を優先にするような男性と結婚したら
    ほんと大変ですよ!!!!夫になる人は自分の味方になってくれる人が一番です。

    管理人さん、なんだかテーマからだいぶそれてしまってごめんなさい。
    (不適切なら載せなくてもいいです)
    花さんも私事情を詳しく知らず、勝手な事ばかりでごめんなさいね。

    創価の恋愛で傷ついてる乙女たちに何か救いになればと思い
    メッセージをさせていただきました。

    大丈夫、今の苦しみは永遠に続きません(これは恋愛以外でもですが)。

    2017年、お互い更に素敵な女性になっていきましょう!

  40. 皆さん、新年勤行会の報告ありがとうございます。
    哉文さん、ズッコケ三人組(笑)の本を買われてのご報告、ありがとうございます。
    この本は新聞各社が広告を軒並み拒否したという記事がネットにありました。創価批判の本の宣伝が新聞や週刊誌に載らないのは、各マスコミを創価が莫大な広告料や印刷費を出しているスポンサーとして押さえつけているので、このズッコケ三人組の本も同じように宣伝する場を失っているんでしょうね。出版の記者会見も外国人記者クラブしか相手してもらえなかったからんでしょうね。そういう意味ではズッコケ三人組は多少とも創価にとっては目の上のたんこぶなのかもしれません。創価の内部事情をここまで知っているズッコケ三人組が、なぜ今でも池田を人生の師匠と崇め奉っているのか。すべての責任を池田以外の幹部においかぶせて、すべてを取り仕切ってここまでにした池田について寸分の疑いもしないのはなぜなのかを考えると、それはそのまま創価が洗脳集団であることをそのまま証明しているようなものです。
    三人組の言うとおり、今の創価は池田以外の最高幹部が池田を利用して会員を搾取し続けているということに間違いはないでしょう。しかし三人組の決定的な間違いは「創価は池田が作った正しい宗教団体だ」ということを信じて疑わないところです。なぜあそこまで創価の実態を知っておきながら、そして自分の身にも創価からの迫害が降りかかっていながら、今でも池田を人生の師匠として崇めているのか。あの行動力があれば、創価のおかしさを正しく世に知らしめることができただろうに、そこは残念ですよね。三人組は自分の歩んできた創価学会員としての人生を否定したくないという一点において、創価からの洗脳を解くことができないでいるのだと思います。池田が元気な時の創価を信じているんですね。では池田が元気な時の創価のどこが正しかったのかを聞いてみたいものです。このブログに描かれている多くの創価経験者の体験をどう説明するのでしょう。そういう意味では、彼らが望むのであれば、私は彼らと対話をする意味があるかもしれないと考えています。しかし彼らは対話を拒むでしょう。あの外国人記者クラブでの記者からの質問に対する応答でそう思いました。彼らもまた創価シャッターをしっかりと下ろしている人間なんだなと。彼らが今の創価を告発するのは、自分の人生が間違っていなかったと思いたい一心で、それ以上に目の前の現実を見ようとしていないということがよくわかります。せっかく創価の悪事に気がついていながら、根本的な問題には目を向けようとはしないズッコケ三人組。まるで吉本新喜劇の芝居を見ているようです。ボッコボッコにやられた挙句に「今日はこれくらいにしといたるわ」と捨て台詞を吐いて去っていくシーン。彼らが自らの力で創価シャッターを押し上げて、小説人間革命のお花畑から抜け出してくれるのを待つしかないでしょうね。

    今の創価は池田が元気に小説人間革命を執筆したり、メッセージや歌を作っているという、明らかな嘘をついています。聖教新聞や本部幹部会の中継のような公の場で嘘を発表し続けています。この事実が明らかになった時点で、創価はもはや何の言い訳もできないでしょう。今はただそれが嘘だろうが何だろうが、会員が騙されてお金を貢いでいるうちはこれでやるしかないといった状況だと思います。嘘がバレた時「会員に余計な心配をさせないような方便です」とか何とか言うつもりなんでしょうか。池田大作90歳。たまに池田が姿を現さない理由として「先生はすべてを青年部に託されたんです」などと言い訳をする創価脳がいますが、すべてを託したのであれば、連日聖教新聞に載っている池田大作の昔の写真や、しょっちゅう乗ってくるメッセージは何なんだって話ですね。池田の存在感なしには創価はやっていけないことを執行部は痛いほどわかっているからでしょう。池田がどんな状況であっても、池田あっての創価であり、池田なくして創価は存続できないということを執行部自ら暴露しているようなものです。それに加え、執行部の中での権力争いも半端ではなさそうです。ただその醜い内部分裂が表に出れば元も子もなくなるので、かろうじてそこは利害が一致しているのでしょうね。

  41. あけましておめでとうございます。

    新年勤行会のチケットがきましたが、行っていません。行きません。。

    年が明けて親戚が集まって来たときに、仕方なくみんなと勤行をしました。
    まだ私にとって“その時”ではないので仕方なくです。

    今更ですが、勤行要典を見て気付いたのですが、自我偈しかなくなっていますね。
    最後の祈念の所も初代会長、二代会長、三代会長池田先生と書いてあります。

    今ならピンときます。
    もう、あきらかに詐欺ですね。
    勤行も、より簡単に一般人からでも取り組みやすいようにということでしょうか。
    池田先生の祈念も池田仏としての移行を想定してのことでしょうか。

    今まではその“ピン”がわからなかったんですよね。
    でも今ならわかります。
    情報を見たり、このブログのおかげです。

    創価学会を、宗教を利用した金集めの詐欺団体として見たときに、どれもこれもつじつまが合うんですよね。

    >ははさん
    私も二世です。
    創価学会の狂信的な親の異常な家庭の中で育ち、なにをするにも創価学会のフィルターを通して育てられ、機能不全家族の中で育ちました。

    二世の気持ちは痛いほどわかります!
    創価学会が憎いです!
    家族の中で普通に生活をしていても、そこに創価学会が入り込むと、思考や感情までもねじ曲げられます。
    異常です。
    何も知らない何もわからない小さな幼い頃から、創価学会の異常さを、これが正しいんだ、これが正義だ、これが絶対だ、と刷り込まれてきた子供は、詐欺団体創価学会による被害者です。

    ははさんの言うように、悩んでる人たちみんなが楽になれますように、私も早く楽になりたいですし、みんなも楽になってほしいです。。

  42. 創価が人々に及ぼした被害の大きさに比べれば、オウム真理教のやったことなど比較にならないのですが、世間は未だに創価の悪については知らん顔です。もちろんだからと言ってオウムが許されるわけはないのですが。それは他の新興宗教よりも巧妙に、かつ大胆に騙し続ることによって、会員から騙し取ってきたお金で、財界にも政界にも幅を利かせてきた結果だと言えます。戦後最大の悪質な詐欺団体こそが創価学会です。本来なら自分がそこから去った方がいいかどうかなんて迷っている場合ではないのですが、それほどの被害意識がない学会員にとっては、いつまでたっても事の重大さに気づけないという恐ろしさがあります。一生懸命活動してきた人は、何かのきっかけで気がつくことがあるでしょうが、そこそこ適当に活動しているユル活は、それこそ搾取され続けて一生を終わるのでしょう。
    私の友人に幸福の科学の信者がいます。普段は博学で心優しいとってもいい奴なんですが、宗教の話になると大川隆法がエル・カンターレ(いわゆる天地創造の神様)だと信じて疑いません。端的に言えば、大川隆法がこの世を作り出した宇宙根源の神だと信じているのです。まあ、何を信じようと自由だし、その点に関して彼と議論する気はありませんが、それにしてもあまりといえばあまりのことかなとは思います。おそらくバリ活の学会員も、そこは冷静に「何をバカなことを言ってるんだ」と思うでしょうけど、池田のことを末法の本仏だと本気で信じている学会員も少なくないというのも、あまりといえばあまりな話ですよね。目くそ鼻くそってことです(笑)。また、統一教会にはまって韓国の男性と合同結婚した女性の友人もいます。近頃では政府や自治体までもが合コンを主催して人口減少を食い止めようと税金を使っているようですが、統一教会の場合はそんなことではなくて、安倍政権と結びついて恐ろしい利権が動いているようですね。そういえば統一教会は名称が「世界基督教統一神霊協会」と変わったんだそうです。一般的なキリスト教からは全く相手にされていないように、創価学会も一般的な仏教界からは全く相手にされていないところまでよく似ていますね。創価以外の新興宗教についての言及はしませんが、創価学会が統一教会や幸福の科学以上に異常な集団であり、とんでもない数の犠牲者を出しているという現実に気づいてほしいものです。

  43. signifieさんへ

    政治と宗教の関わりは、その舞台裏は一般人にはわからないようにできているように思います。
    以前、アンチ創価を掲げていた民主党の石井議員がいました。
    民主党が政権を取った時は、創価学会に大打撃を与えるものと私は期待してました。ところが全くやらなかった。
    つまり、アンチ創価票を集めるためのポーズだったわけです。
    実際、思想的にも公明党は民主党、今の民進党と近いはず。
    創価は、したたかに与党にも野党にも浸透しているのでしょう。
    なので私は、民主党に失望したのを糧にし、アンチ創価を掲げて集票活動をする政党には踊らされないようにしようと思っています。

  44. 私は昭和32年に母と入信しました。未活動になってからまだ五ヶ月です。創価に疑問を持ち始めたのは6年ほど前からでしょうか。ある大きな悩みから幹部に指導を受けながら必死にお題目をあげ、活動に励んできました。配達も20年やりました。毎日三時間五時間お題目をあげても活動を頑張って結果が出ないどころか悪いことが起きるようになりだんだんに不信を抱き始めていました。
    それでも幹部の指導のもと頑張っていました。
    ある時このサイトを見つけて全くその通りだと共感しました。
    私が全ての役職、活動から離れて題目だけに集中したところ思いがけない良い結果が出ました。もう功徳などないかと思っていました。私たち一家は崖っぷちで救われました。お題目の力はすごいと信じています。学会は破門されていて血脈も途絶えていますし、ご本尊さまもかいざんした偽物だともありました。それもネットで見ました。でもこちらの祈り次第で結果は出ると確信したんです。
    私は信仰は続けて行きたいのです。でも脱会してお寺に行けばまた別の組織に入らなければならないのが嫌なんです。もう組織はこりごりです。
    できれば一人で信心をしていきたいです。
    脱会するとご本尊さまもお返ししなければならないのでしょうか?お返しした場合、お寺でいただけたとしても法華講に入るのですよね?そこが知りたいです。
    入信が古いので大石寺にも何回も行ったことがあり、お寺にも行きました。今では日蓮正宗大石寺を日顕宗と勝手に呼ぶ創価学会、じゃあ学会の本尊は何宗??と聞きたいです。

  45. りんママさん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    私が生まれる前に入信されて、昨年まで創価が宗教だと信じておられたんですね。
    このブログでは、創価が宗教ではなく悪質な詐欺団体であるということを問題にしています。
    りんママさんが創価以外の何を信じても、このブログとは関係ないことなので、何とも申し上げられません。ただ私が個人的に思うのは、りんママさんが持っている御本尊が日蓮正宗のものであれば、日蓮正宗の信者として信仰していけばいいのではないでしょうか。もし創価学会が発行した表装まで印刷したペラペラのカラーコピーであれば、破り捨ててから、自分が信じることのできる御本尊を手に入れた方がいいのではないかと思います。それは日蓮正宗の信者になって、日蓮正宗の御本尊を絵に入れるということですが、りんママさんがどこかのお寺の檀家になるのも嫌だというのであれば、自分で御本尊を作って信じていくのも一つの形なのかもしれませんね。ただそれが信仰と言えても、仏教であるかどうかはわかりません。自分の信じる宗教が仏教なのか、キリスト教なのか、イスラム教なのか、はたまた日本だけでもいくらでもある新興宗教なのか、そんなことはどうでもいいから、この曼荼羅を拝んだらいいことがあると信じるのであれば、それはそれで世界でただ一つの「りんママ教」ということになると思います。日本では信教の自由が保障されていますので、他人に迷惑をかけない限りは「りんママ教」は他人にとやかく言われる筋合いはありません。したがってこのブログで「りんママ教」についても何も申し上げることはないということです。
    せっかくですので、ついでに申しますと、何かを拝むことによっていいことがあったり悪いことがあったりすることを宗教だとか信仰だという考え方は、りんママさんが長年創価の活動をしてこられた結果だと思います。もっとついでに言うならば、何かを拝んでいいことがあったり悪いことがあったりするような迷信など信じてはいけないというのが本来の仏教です。りんママさんは、せっかく創価が宗教ではないと気がつかれたのですから、何かを拝むことによっていいことがあったり悪いことがあったりすることを宗教だとか信仰だという創価の考え方から抜け出せていないことにも気がついてもいいのではないかと、私は思います。余計なお世話かもしれませんが、りんママさんのコメントを読んで、最初に頭に浮かんだのがこのことでした。りんママさんは何十年も創価学会員としての人生を歩んでこられたのですから、ある日を境にして創価の考え方が抜けてしまうわけがないと思います。何を信じても信仰は自由。ただその信仰が正しいかどうかは別の話だし、信仰によって幸せになれるかどうかも別の話です。宗教とは何か、信仰とは何か。一度自分で考えてから何を信じるのかを決めてもいいのかもしれませんね。すみません。年上の方に対して失礼かつ余計なお世話でした。お許しください。

  46. 皆様、明けましておめでとうございます。
    新年勤行会に参加しなくなって3年経ちます。20代の頃は、白蓮グループで元旦から勤行会の準備で少しもゆっくりできず丸1日、2日と会館に拘束されていたことを思い出します。
    今年は現在のパートナーと一緒に、初めて地元の神社で初詣をしてきました。
    やり方がわからず、前に並んでいる人達を必死で見ていました(笑)100円をお賽銭箱に入れ、鐘をじゃらんじゃらんと鳴らして祈願。わくわくしましたね。
    お焚き火の周りに集まっている人達、合格祈願に来ている沢山の可愛い高校生達、お酒を飲んで騒いでいる若者、御祈願の後に出店で熱々の美味しい唐揚げを食べた事、全てが私にとっては新鮮で、何だかやっと普通の人になれたような、そんな気持ちになりました。たった100円ですが、かつて新年勤行会で寄付していた数千円よりも何倍も重いお金のような気がします。
    活動家の頃から、「初詣」という言葉を聞くと疎外感を感じていたように思います。初詣に一緒に行く人もいませんでしたが、創価の人間ではない「普通の人たち」に、憧れていたんだなと。
    初めてよく見た神社の建造物はとても美しくて感動しました。創価の会館には到底及ばない厳かさと美しさを感じました。

  47. りんママさんこんにちは。
    私は、脱会して日蓮正宗に改宗した、法華講員です。

    私も、長年学会の緑本尊を真剣に祈り、功徳らしい体験をたくさん積んできました。それ故、学会の正体を知っても、逆に「罰」が怖くて、脱会できずにいました。
    その後、様々な苦難にあいました。一度は死を覚悟しましたが、今尚こうして新たな年を迎えています。
    御書には、魔は仏と同じくらいの力があり、魔を信じる者には、親の思いでもてなす、と言われています。その偽本尊に祈られて叶った事が、果たして功徳なのか魔の通力なのかは、現証だけでは判別出来ないのです。文証と理証の裏付けが必要なのです。
    脱会には偽本尊の返還が必要です。お寺でこ御本尊様をいただくときは、謗法祓いが必要なので、偽本尊は処分しなければいけません。

    とはいえど、この場はこの場で、学会への疑問を晴らす上では貴重な場ですが、日蓮正宗に改修するかどうかのお話は、ここでは目的に叶わないかもしれません。良ければご相談ください。kanabun0243@yahoo.co.jp

  48. 非活約1年半、二世、アラフィフのあにきです。
    りんママさま、管理人さまのコメントを拝見し、考えさせられました。元旦に初詣に行き、「いろんな困難が起きるとおもうが、それらを乗り越えていける自分や家族に成れるように」と祈りました。
    でも、よく考えると、この祈りも、勝った負けた、功徳と罰、といったことから抜け出せていない、と気付かされました。
    そりゃ、欲深い人間ですから、幸せになりたい、成果を上げたい、金持ちになりたい、と思っています。でも、そうなったとしても、また逆の結果になったとしても、それらを信仰の有無や浅薄、信仰に対する誹謗の有無などと結びつけるのは、いかがなものか。
    「信仰による現世の利益」に左右されない自分になりたい、とあらためて意識いたしました。

  49. singnifieさん、返信ありがとうございます。そうですね生まれてからずっと創価学会にいたのですから完全に洗脳が解けるには時間がかかって当たり前ですね。自分でも良く気づけたと思います。
    信仰していることが、当たり前で育ってきたので切り離せない自分になっているようです。
    今までの窮屈で自由の効かなかった人生を返してもらいたいです。
    信仰についてもう少し考えてみます。
    ありがとうございました。

  50. 「新年勤行会最新情報」 >昔の新年勤行会のことなど…

    との事ですが、既に50年以上前のことで、新年勤行会だったかさえ記憶はオボロゲなんですが、狭い会館にやたら人間が芋洗い状態で、これじゃー“履物を少なくも数人は取り違えるんじゃないのか?”位しか記憶にないですね。
    非活20年脱会後25年と、創価とは無縁(雑誌・書籍等を資料的にはウォッチしてても)の生活を半世紀近く過ごしたら、ほとんどの人においては記憶から消えてると思います。
    スポットライト的にはうろ覚えも有りますが(例えば、小学校の修学旅行でまくら投げをして先生に「早く寝なさい!」と、叱られたシーンとか)、去る者日々に疎し。ですね

    りんママ さん 2017年1月3日 19:50
    >できれば一人で信心をしていきたいです。

    丁度私の母親が昭和30年頃入会してますので、戸田時代をご存知なんでしょうね。
    私等一家も創価が破門になった直後の平成5年前後にお寺へ戻りましたが、(以前も投稿しましたが)、お寺も創価の“目標○○%達成方式”を取り入れて、世知辛くなっており、年一回は(最低でも)登山せい!、とかふざけてますので母逝去後3回忌をもって脱講し、現在は無宗教です。

    >脱会するとご本尊さまもお返ししなければならないのでしょうか?お返しした場合、お寺でいただけたとしても法華講に入るのですよね?そこが知りたいです。

    創価本尊はニセ本尊と謂われてる位ですので返すに越したことはないでしょう。
    お寺で頂くには(買うのじゃなく預からせてもらうそうです)法華講に入ります。
    (月会費千円に、年一回以上の登山、月々5回以上のお寺での寄り合い等煩わしい)
    ですので、
    御本尊様は普通に仏具屋さんに(身延発行?)売ってますし、通販でも買えるようです。
    それで以って、毎日でも、気の向いた時にでも勤行・唱題をされたら宜しかろうと考えます。あとは行学と云う位ですので、仏教全般~御書まで学ばれたら良いのではないでしょうか。
    (創価は組織的に悪行を行なってますので(末端は知らぬが仏状態)、在籍してるだけでも謗法与同罪となりますので、私もそこらを心配して「早く離れたが身の為」と言ってます)
    オススメは、
    祥蘭さんのブログ “わだかまらない生き方”が、参考になると思います。
    http://trueshow.blog.fc2.com/

    このブログの現在(2016年6月~)
    創価教学によるプロパガンダ・洗脳を抜けてなお後遺症に悩んでいた私が
    心理学や現代の覚者の教えに触れ、自分を取り戻した経緯を綴っています。

    このブログの過去(2013年8月~2016年5月)“don’t trust”
    学会3世として、機能不全家庭で育った私の信仰履歴~覚醒へのプロセス・
    強固な「創価脳」をもつ母親との対峙について綴っています。

    このブログで言いたいこと・スタンス
    *組織でいわれているような、仏罰はありません。
     安心してください。
    *人間万事塞翁が馬です。

    他にも色々有りますが、“ひとり仏教の会”なんてのも見られたら如何
    http://park5.wakwak.com/~soka/

  51. レイラさん

    あけましておめでとうございます。
    コメントありがとうございます。

    レイラさんの言う通りですね
    今年は一旦彼との関係をリセットして、自分磨きに専念します。
    結婚するなら、自分の味方になってくれる人という言葉にもすごく共感しました。私は何があっても彼の味方でいたいと思っていましたが、彼はやはりそうではないのですね。学会が大優先、そんな彼の考えたかでは仮に復縁したとしてもうまくいきませんね。私自身ももう一度考える時期なのかもしれません。

    彼のあまりの豹変ぶりと話の噛み合わなさに驚きました。好きとか嫌いとか抜きにして、ただただ心配です。そして、それが本当に家族を含めて学会員の方に何かを言われてのことであるなら、創価は本当に恐ろしいです。まぁ、学会員の方からしたら私は彼をたぶらかす魔でしかないのですから…

    私の話を読んでコメントしていただいたレイラさんやこの場を提供してくださるsignifieさん本当にありがとうございます。今年は少しでも多くの学会員の方が創価はおかしい、詐欺だと気づいてくださるといいと思います。そして、こんな悲しい恋もなくなるといいなと思います。

  52. あけましておめでとうございます(*^_^*)
    signifie様、皆様今年もよろしくお願い致します。
    非活2世すざく改め、「柚子ポン」☜にしました。
    まだ私自身慣れませんが、よろしくお願い致します
    signifieさんHNの変更にご迷惑おかけ致します。
    大変申し訳ございませんm(__)m

    新年勤行会は行きませんでした。行かなくなって3度目です、毎年年越しは姉家族に合わせて実家で過ごしており、年の瀬最後の家族で呼吸合わせて勤行が恒例で、仕方なく大晦日の勤行だけは実家でしました(マジ勘弁でしたが…)1日は母と下の兄を新年勤行会の送迎頼まれたので(前の晩遅くに言われ渋々。それも姉がちゃんと言っておいたらと、促されて母はやっと私に頼んできました)何か母に作戦があったのでしょう、急に頼んで道連れ的に私も勤行会に参加させる作戦だったのかなと。
    行く直前送迎のみだから、別に家着のまま送ろうとした私に「いや30分で終わるから…その格好でいいの?すぐ終わるから…」私「いいよ!その辺うろついたら30分なんてあっという間だからいいよ!」と、ほら早くみたいな態度でしたのでそこで話は終了、後々思えばあんたも一緒に参加した方がいいんじゃないと言いたかったのでしょうが、駐車券も貰ってないのもあり母も強引には出られなかったんでしよまうね、今思えばですけど。
    ただ送って行く途中での会話、地区の年の最後の協議会で新年勤行会用の駐車券を皆に配ってたらしいですが、圏単位で開催らしく母のところは、朝1とその後の計2回、朝1番のは誰も駐車券持って行かなかったらしく、誰も持って行かなくてさ〜と嘆きぎみに言っており、それに対し兄が学会員ってずぼらだよなぁ、そうじゃない人達は神社に朝早くにお参りとかしてんのにwwwと、私は心の中で、確かにでも比べるのはどうなんだと思いながら、そうじゃない人達は自分で好きな時間に都合いい時間に参拝行けるし、学会はさそうじゃないからさーと会話をしてました。その時母は反応せずでしたね(^_^;)
    私が送迎してる間娘は姪っ子に誘われて、渋々1日の朝の勤行をしたらしく、不機嫌な態度を出さないようにしてましたが、何となく不満な顔をしてました。
    その姪は姉の次女ですが、近年になって毎日真面目に勤行、専門学校に聖教新聞まで持って行くようになっており、かつてはあまり信じてなーいなんて言っていた子でしたが、私の姉の洗脳により、今では長女より真剣にやっているようです。
    バリ活創価脳家族に生まれた宿命www
    しかし、せめて姪や甥には創価の餌食にはさせたくないのですが、姉や義兄の手前、私が創価から引っ張り出す事は難しいなと悩ましいところではありますし、本人が創価は単なる詐欺だと気付く事が大事で、詐欺だと気付かせられるよう、姪や甥にチクチクと何気に訴えていこうと思います(^。^)

    マリーさんHN柚子ポンに決めました(o^^o)
    コージさんのギャグ私も楽しみに見てますよ〜。

    レイラさんはじめましてかなぁ…
    HNの由来、クラプトンのあのレイラぁ〜のですね、クラプトンの曲良いですよね(o^^o)
    レイラさん元彼の話、いつも見ていてクズ野郎とか思いながら見ていました(すみません(*_*))
    私の女子部の時レイラさんと似たような経験をした女子部の子おりました。
    見ていて辛そうで…そりゃそうですよね、かわいそうで、どうしてあげる事もできないもどかしさを感じておりました。
    たまーに内部の男女間や、結婚してる男子部がとか、婦人部がとか…男女問題が聞こえてくる事ありましたね…

    花さんやゆんちゃんさんには、兎に角自分を大事に、そして自分を1番に考えてほしい、ただひたすらにそう願って止まない思いで、前スレ等を拝見しておりました。

    009さん
    髪の毛パサパサとか懐かしい〜とか思って見てました、子供の頃歩いて五分とかからない銭湯に行った帰り、髪が濡れたままなので、髪が凍ってパサパサどころかバッリバッリになって(o^^o)
    そうですよね、毎年の事なので、冬になって雪が降ると、ハァー又この季節がきたか⤵︎と思う反面綺麗な雪景色やダイヤモンドダストを見ると、見慣れてはいても綺麗だなあ雪国の醍醐味なんて思いますが、そうでも思ってないとやっていられないって事もあるんですけどね(^_^;)

    昨日の夜遅くに、初初詣に娘と行きました。
    ドキドキワクワクでした。よる遅くでもまばらに人が来てて、参道を通りながらピンと張りがある空気感(夜だし雪国だから余計かもですが)と反して和やかな空気感が漂ってて、露店もやってるんですね、昼間行けば人で賑わってて、また違う雰囲気があったと思います、夜遅いのでほとんど店閉まってましたが、なんでしょうこれって日本の正月なんだなぁってこの歳で初めて味わいました。
    娘がおみくじ引いてみたいと言っていたので、引いてみたら、大吉で娘大喜び(^O^)、大吉引いたから余計なのか、来年も来たーいと言っておりました。
    勤行会では見た事ない娘の喜ぶ姿、親として喜ばしい反面、あにきさんも味わってたみたいですね…今迄申し訳なかったなぁと思った瞬間でした。

    長くなってすみません(*_*)これからもよろしくお願いします。

  53. ついこの間も投稿させてもらいました。
    結婚50年になりますが結婚と同時に主人を入信させました。
    3人の子供が授かり家族の為にと必死に
    活動を頑張ってきました。
    頑張れば頑張るほど主人が創価学会池田の悪口がはじまりました。
    悩みがあるから信心しているのに、その弱味につけこんで手をかえ品をかえて金をとると言われてました。
    それでも気ずくことができない私でした。
    3人の子供も育ちそれぞれが家庭をもち
    ふっと心に余裕ができまわりの学会人の家族をみたときに、幸せな人がいないことに疑問がわきました。
    そんな時にこのサイトを見つけました。
    主人が言っていたことは間違いなかった
    学会のことでどれだけケンカしたかわかりません。
    会合に間に合わせる為に家族のことより
    会合に出ることばかり考えていました。
    このサイトに感謝しています。
    管理人さんもこのサイトをひらくまで
    相当悩まれたと思います。
    管理人さんのおかげで罰はないとわかりました。
    このサイトのお蔭で私をはじめどれだけの人が救われたかしれません有り難うございます。

  54. ノン子ですが、あなたのコメントは承認まちですとなってますが
    何でですか載せ られませんか

  55. signifieさま、あけましておめでとうございます。金麦です。今年もブログを拝見させていただきます。りんママ様、創価が、詐欺集団ではないかと、疑問を持った人が
    このブログに辿りついていると思います。
    私は、りんママ様のコメントを見て、こう思います。

    1.新たなオレオレ詐欺ならぬ、新手の創価脱会歯止め班。
    4800000人が見ていますので、学会活動を疑問を持って活動をやめたとしても、また、再生させる事が出来る。又、祈りは叶うと、釘を打ておけば、何人かは、また創価脳の戻せる。
    なんか臭い匂いがしますが。
    りんママ様、間違いだったすみません。
    私がここまで疑うのは、創価があの手この手で、勧誘するのを見ていますので、疑います。

  56. 皆様あけましておめでとうございます。
    以前一度コメントさせて頂きました3世で女子部部長をしていたパタパタです。
    ずっと学会や活動に対して疑問を抱いてきましたが、こちらのブログを始めとして様々な方の意見を拝見し、覚醒に至ることのできた2016年でした。ありがとうございました。

    今回のテーマである「新年勤行会最新情報」ですが、元旦に参加してきましたので少しばかりお伝えできればと思います。
    私としては覚醒後一切の活動をしておらず当然新年勤行会にも参加したくありませんでしたが、同居の家族が変わらず信仰しているため半ば強制的に参加となりました…
    拒否できないこともなかったと思いますが、年明け早々揉めたくなかったので数十分の我慢と思い大人しくついていきました(笑)

    勤行会の様子ですが、皆様ご存じのような毎年お決まりの流れで特に面白くもなんともありませんでした(笑)
    子供の頃は終了後に貰える昆布を楽しみにしていましたが、いつの間にか廃止になりましたね。
    受付での和歌の書かれたカードの配布や広布基金の設置も例年通りでした。
    バリ活の時には当たり前の風景だったので気に留めませんでしたが、年末に財務募っておきながらここでも広布基金って…覚醒して改めて見ると信じられません…
    それから思ったことは、各人材グループの方々の着任について。
    私も白蓮グループとして新年勤行会に着任した経験があったので目についたのですが、可愛らしい女子部が寒い中あのスーツで活動をしているのを見てなんだかやるせない気持ちになりました。
    元旦なんだから家族とのんびり過ごしたり友達と初売りに行ったり好きなことしたいだろうになと勝手に想像したりして。自分がそう思っていたからですが(笑)
    使命感溢れる女子部であればこんなこと余計なお世話かもしれないですね。
    女子部だけでなく新年の朝早くから着任している人材グループの方々には素直に感謝するとともに、こんな無償奉仕をさせるような組織から離れて良かったなと思った次第です。

    話は逸れますが、新年勤行会に行ったことで気づいた家族の変化についても少し。
    昨年末に台湾へ旅行した際に人生で初めてお守りを購入しました。覚醒したからこそできたことの一つです。
    新年勤行会にもそのお守りを付けて行ったのですが、家族から何も言われることはありませんでした。
    母は以前貰ったお守りを持っていただけで私に激怒したこともあったくらいですが、今回触れてくることがなかったので逆にこちらが驚いてしまったくらいです。
    また、今までであれば広布基金にもいくらか包んでいたのに、こちらも触れることなくスルー。
    もちろん家族が覚醒に至ったわけではありませんが、昨年今まで学会活動に対して基本的に従順であった私が耐え切れず爆発した様子を見て、何か感じるところがあったのかもしれません。
    私としては信仰は自由であるのでこちらに強制しない限りは勝手にしてくれと思っていますが、とにかく金銭を出すことだけは止めてほしいと常々思っていたのでこういった変化は嬉しい限りです。
    ちなみにお守りを持って会館に行っても会合に参加しても仏罰なんてありませんので、不安に思っている方がいらっしゃいましたら心配なさらないでくださいね。

    拙い文章ですが、新年勤行会の様子と参加して思ったことを書かせて頂きました。
    長くなってしまい申し訳ありません。
    2017年も皆様にとって素晴らしい一年になりますように。

  57. signifieさん、皆さん あけましておめでとうございます。
    最近コメントしてないのですが、結婚前提の学会員の彼にふられ、その後出会った非会員の夫と結婚した幸せの青い鳥です。
    私自身も非会員です。

    コメント欄にあった花さん
    お辛いですよね。
    私も以前学会員の彼がいまして、ふられてからも会うことはありませんでしたが、2年くらい復縁活動ねばりました。
    内1年はパッタリメールの返事もなくなってしまったので、最後は諦めるしかなかったのですが…
    当時は元彼から返事が来なくて色々心配しましたが、多分その頃彼には良い出会いがあったのかもしれません。
    後に風の噂で結婚したことを知りました。
    偶然にもほぼ同じ時期に結婚したみたいです。
    ふられた時は私に魅力がなかったんだとか自分を全否定するくらい自信がなくなりました。
    彼以上の人にはもう出会えないとも思いました。
    結局はっきりした別れの理由も聞けずに終わったので、諦めがなかなかつかず復縁活動をしてしまったんですが、その際には創価問題も乗り越える覚悟でした。
    でも気持ちは届かず諦めざるをえませんでした。
    もしあの時気持ちが届いていたら私は学会員の妻になっていたと思います。
    今は学会とは関係のない夫と幸せに暮らしています。
    正直学会問題がないと本当に楽です。
    今はこれで良かったと思っています。
    もしかしたら全てやりきったからそう思えるのかもしれません。
    花さん、もし彼と一緒になったとしても別の誰かだったとしても後悔のないように幸せになって下さいね。
    万が一、彼に今後気持ちが届かず諦めることになってもご自身を責めないで下さいね。
    必ず幸せになれますから。
    でも一番は彼に気持ちが届くことですよね!!
    何のアドバイスにもなってませんが、良い方向にいきますように。

  58. 50代 元2世創価なおっちゃん

    シニフィエさん、皆さん
    新年、明けましておめでとうございます。

    流れ星さん、お帰りなさい!(^^)/
    大変な状況だったお母様にも、心境に変化が表れている様子ですので、ここを読まれている皆様の為にも、ロム専なんて勿体ない事言わないでください。(^^)/

    わが家は退会して初めての正月です。
    めちゃめちゃ近場ではありますが(笑)、両親と妻とホテルに連泊してお正月を迎えております。子供たちは羽を伸ばして飛んで行きました(笑)。
    そしてそして、生まれて初めて「初日の出」に手を合わせました(笑)・・・何でしょうかね?あの感覚は・・・。全ての生命活動の源ですもんね・・・そんな太陽が登って来るのを待ちながら、神とか仏とか何やらカンやらは、単なる人間の偶像に過ぎないし、それを信じる信じないで言い争っている事が、本当に馬鹿馬鹿しく思えて情けなくなりました。
    結局のところ、信じなければ救われないって言う偶像信仰は、古今東西ぜーんぶぜーんぶ教団の生業でしかないと言うことですねー。
    そういう意味では、日本人特有の?ちょっと冷めた?文化的とも習慣的とも言えるライトな信仰感覚はいいですね。バチだのクドクだのって目を吊り上げる事も怯える事もなく、とても平和的な感覚です。でも覚醒された皆さん!特定の信仰を持たないって凄くないですか?(笑)不思議な感覚です。
    少し前まで「信仰って言うのは、人生の羅針盤だよ!」なんて受け売りしてたけど、気がついたら泥船みんなで漕いでただけやゃん!アホ臭!アホくさーっ!

    では皆さま
    今年も、宜しくお願いします。

  59. またまたレイラです

    >花さん

    私の妹が他宗(他教)に嫁ぎました。
    旦那さんのお父様はその他教の幹部、
    収入は創価のようにその他教に貢いでて、子供たちは苦労したようです。

    幼いころは妹の旦那さんは熱心に信仰していたようですが
    大人になって徐々に非活になっていきました。

    ただ、奉仕の心のある優しい人には育っていきました。

    妹は嫁ぐ時に
    「私の味方になってくれないと困る
    あなたのお父様お母さまから誰が私を守ってくれるの?(そうじゃないと結婚しない!)」

    妹の旦那さんはこの約束を守ってくれました。

    結婚式はその他教式で、神棚?お仏壇?は家に有ってお水などお供えしているのですが
    それ以外は全く活動はしていないようです。

    おかげさまで妹は幸せに暮らしています。

    そういえば、皇太子さまも雅子さまに「私がおまもりします」と
    おっしゃていました。

    交際相手が創価で、結婚話が出た時
    ゆんちゃんさんのスレッドでぬけ唐辛子さんがコメントしていたように

    「①子供が出来たら、判断力のないうちは入信や活動をさせない。創価の常識押し付けない。
     ②ゆんちゃんさん(パートナー)に入信を勧めない。
     ③生活に支障きたすような額の財務絶対禁止。新聞2紙とるような馬鹿はしない。」

    最低これ↑とパートナーを創価脳家族から護ってくれる人かどうかが大事だと思います。

    またまたスレ違い大変失礼いたしました。

    花さん、このコメントに返事は不要です。

  60. 哉文さん、コメントありがとうございます。
    まだ活動から引いたのが昨年の夏なので色々今後のことなどを考え中です。
    創価学会は宗教ではありませんよね。
    またご相談させていただきます。

  61. ノン子さん、コメントありがとうございます。
    このブログのコメントは承認制になっていますので、管理人の私がコメントを確認して承認するまでの間は、どなたのコメントであっても「あなたのコメントは承認待ちです」と表示される仕組みになっています。承認制にしなければ巨大掲示板と同じように、まったく収拾がつかなくなるからです。また、私も四六時中このブログを見ているわけではありませんし、正月は私も実家や妻の実家に挨拶に行ったり、昨夜などは仲間と新年会をやったりして、ネット環境から離れていましたので、ノン子さんの昨夜のコメントも、つい先ほど拝見して承認させていただきました。もちろん昨夜コメントいただいた他の10数人の方のコメントも同様に先ほど全部読ませていただいたあとで承認させていただいた次第です。少なくともご自分よりも後のコメントが承認されていない間は、承認されるまでお待ちいただければと思います。今回もノン子さんのコメントだけを意図的に承認しなかったわけではありませんのでご理解ください。

  62. 皆様
    明けましておめでとうございます。スマイルです。
    創価の男女間、夫婦間の問題で、創価脳の方は『私はあなたの幸せをこれだけ真剣に祈っているのに、あなたはどうしてわかってくれないの?』という言葉が交わされることがよくあります。
    創価脳からすれば、理解してくれない相手の事が全く理解できません。だって本気で真剣に相手の幸せを祈っているから。
    しかし相手は全く理解しません。
    でも下記の動画を見れば、よくわかります。

    ttps://youtu.be/6HSAVqiS1WA

    (見たい方は↑の頭にhを入れてアクセスしてください)

    結局、創価脳の自己満足に過ぎないんですね(^^)
    もし、上の動画の内容を変えて、一心不乱に『幸せを祈りながら』十字架に祈っている姿だと、創価脳は『邪宗だからおかしい』としか考えられません。
    創価脳は鈍いので『お前のその一心不乱に祈っている姿がキショイんだよ!』『そんなことをするより、具体的に〇〇をしてくれた方が嬉しい』と伝えても全く入りません。
    アホだから『宇宙の法理を描いた人類史上最初で最後の無駄に高い紙に、宇宙の法則である南無妙法蓮華経を唱える事が、最高に善の行為』と信じて疑わないので、聞く耳持てません。

    学会員のみなさん、上の映像見てどう思いますか?
    こんなんで、宿命転換できるのですか?
    こんな事で人類の幸福につながるのですか?

    アホすぎますよ。

  63. スマイルさん、今年もよろしくお願いします。
    この動画を見て、自分はものごころつく前からとんでもないことをあたりまえのように、50年もやってきたのかとゾッとしました。「どうかしてました」っていえばその通りなんですが、それにしてもあまりといえばあまりのことだったですね。今も200万人ぐらいの人がこうやって思考停止のトランス状態に陥って、大切な自分や家族の人生を失っているんでしょうね。

  64. カガテツさん、今年もよろしくお願いします。
    ここのコメント欄はリンクを2つ以上入れると、自動的にスパムファイルに移動する設定になっていて、管理人の私でも気がつきません。先ほどたまたまスパムファイルに1件入っているのを見つけた次第です。なので、すみませんが、リンクはひとつのコメントにひとつまでにしておいてください。

  65. スマイルさんへ

    こんにちは。ちょっと気になるのですが、その動画はもしかして隠し撮りされてないでしょうか。何となく撮影されてる女性には無承諾で撮影された気がしないではありません。スマイルさんの撮影でしょうか。出所が気になりました。
    創価批判にする題材には細心の注意が必要かと思います。
    私も、引用程度に創価学会の画像を使って動画をアップしたところ、SGI から著作権違反でクレームが入った事があります。即座に削除しましたが・・・。
    もし何も問題がない動画でしたらごめんなさい。

  66. 元栄光地区婦人部(おてもやん)さん、アドバイスありがとうございます。
    とりあえず直リンクはしないようにしました。

  67. あけまして おめでとうございます。
    新年勤行会に行かなくなって2度目のお正月。
    ゆったりとした新年を迎えることができました。
    とはいっても弟夫婦や子供が入れ替わり帰省してくるので、それなりに忙しい三が日でした。
    母も組織のひとから誘われてはいるのですが、さすがに、年明け早々人様の車で、一人だけ参加するのも気がひけるようでお断りしているようです。
    振り返ってみれば、結婚入信で、一切活動もナムもしなかった主人ですが、新年勤行会だけは欠かさず付き合ってくれていました。
    お正月早々嫌な気分にさせない為に気を使ってくれていたんでしょうね。
    地区の人達にも普通に挨拶していましたし。
    でも三唱すらしてなかった。
    おもいっきり外部目線でドン引きしてたみたいです。
    30年以上もよく文句も言わず、我慢してくれていたなあと思うと、感謝ですね。
    まるちゃんさん ははさん
    本当に子供時代の神社、仏閣に関する想い出はどれをとっても悲惨ですよね。
    とても嫌な想いや辛い気持ちを味わったのに、子供にも同じ想いをさせてしまった。
    これだけはどうやっても取り返せない。
    悔やんでも悔やみきれない。
    でも、そんな想いをしたからこそ、今では普通の人以上に感じたり、楽しんだりできるのかもしれないなと思ったりもします。
    コージさん
    昨年は返答ありがとうございました。
    とても楽しく読ませていただいてます。
    今年もゆるりと笑っていきたいですね。
    マリーさん
    全身勝利長なんてあったんですね。
    笑えるネーミング。
    お茶目なマリーさんが名づけたのかと思いましたよ。
    全身タイツ長。ちがった、全身勝利長。
    柚子ポンさん みかんさん レモンさん
    H.Nですが私も真っ先に浮かんだのが柚子でした。
    次がキンカン。
    なぜって、うちの庭にある柑橘系の木だから。単純です、私。
    今年はレモンに挑戦したいと思ってます。

  68. 先ほどの動画の件、申し訳ございませんでした。
    新年勤行会の様子を検索したくて
    『創価 会合』でグーグル検索

    先ほどの動画がYouTubeでヒット

    動画を見て『こりゃイカレてる。昔こんな感じだったな〜( ´Д`)y━・~~』
    で。

    確かにアングルがおかしいですね。

    以後気をつけます。

  69. キリコです。
    まさに憑かれたごとくですね。改めて冷静に見るとほんまに気色悪い。そしてかつては自分もあの仲間やったと思うとほんま恥ずかしい。

  70. スマイルさんとsignifieさんへ
    こちらこそ神経質なことを言ってごめんなさい。
    なんたって創価は莫大の資産のある訴訟ヤクザ。仏敵の隙さえあれば徹底的に攻撃してくることもあります。だから安全圏に身を置く事が大切かと思います。
    とは言え、ついつい引用したくなってしまう程、面白い動画は溢れてますよね(^_^;)
    昔、池田大作がロケットに乗って空高く打ち上げられていく動画とかを見て爆笑したことがあります。今も探せばあるのかなあ・・。

    検索・・・

    「池田先生がヴォヤージュ1969に合わせて宇宙へ旅立つようです」
    というタイトルだけが残っていて、「権利者の申し立てで削除されました」ということでした。
    学会本部はネットもしっかり監視しているんですね・・。

  71. こんにちわ!

    今まで出来なかった初詣、実現出来た方が多くいてほのぼのしました。楽しさや感動が手にとるように伝わってきました。禁句だった、おみくじ、賽銭箱、破魔矢、御守り、寒い中食べるたこ焼など始めて日本に来日して異文化を初体験する感覚だったと思います。本来は仏教が輸入物。残念なことにインチキ詐欺にひかかっていなければ誰でも経験できたのに、、、。悔しいです。
    と、同時に日本の伝統文化を禁止してきた、創価にたいして憎しみしかありません。

    夫が生きていた頃、紅白歌合戦が終わると、御近所の旦那様たちが、ゴーーンという鐘の音とともに、夫を近所の神社の初詣に誘ってくれました。12時になるとピー~んポー~ん、、、、。
    私は12時になると勤行を家でしていましたので、入信まもない夫が家の勤行より、御近所さんたちと神社へいくことが許せませんでした。離婚だよ、事故にあうよ、入信したことで私を釣ったのか、などなど、口汚く罵りましたが、世間を大事にする夫は最初の年だけ断りましたが、あとは、構わず神社に行きました。
    よその旦那様は家に帰れば、温かい飲み物や蒲団が引かれています。家内安全を願ってきた夫をありがとうと言ってねぎらってもらっています。
    でも、我夫に待っていたものは、玄関を開けるなり、どんぶり一杯ほどの塩と日本酒一リットルを思いきりぶっかけられ、この、魔男ーーーー!!おきよめだあ~ーー!と本気で罵声を浴びせながら、寒い中、冷酒まで頭からかけてしまいました。
    その姿で仏壇の前に座らせ、ナムナムさせ、とんだホウボウを犯してきた罪を償わせさせました。
    寒さで震える姿にろうそくも乱れ、消えてしまったり、、、。その時の私の顔は八墓村にも勝てる形相だったと思います。寒さで震えるというよりも、夫は私が怖かったのだと思います。
    そうかの詐欺にさえあわなければ、普通の奥さんのように、寒かったでしょうとか楽しかった?と聞いてあげられたのに。
    3どめは私が御近所に言って迎えをあらかじめお断りしていました。可哀想な夫(涙)。
    懺悔の意味も込めて、あと数年は夫に償う意味で、初詣には行くのをやめようと思っています。

    009さん、私も旅館から、初日の出を見ました。荘厳で、静かで、無意識に手を合わせてしまいました。
    太陽は本当に命の源だなと教えらたわけでもないのにでも感じました。信仰というものはこの美しく壮大な自然環境から、生まれて来たのかも知れないですね。昇る太陽、沈む夕日、大海原、幾重にも連なる山脈、、。
    これら、自然と一体化して日々を有意義にたくましく生きていきなさいということなのかもしれませんね。

    何かに祈って願を叶えたい、、、それもいいと思います。初詣のように。深入りしなければ。

    今日から仕事でした。
    機能訓練の仕事には色々な人がきます。
    半分くらいの人が初詣に行ったとのこと。
    500円くらいお賽銭してきましたか?と聞きましたら、、、そーーんなにやるわけないよーーもったいない!お正月だから奮発して50円!多かったです。奮発して、50円って。
    その程度なんですよね、それでいいと思います。それが、バランスのとれた日本の文化です。

    ダイナムさん、良くここまで、皆さんと会話できるまで頑張りましたね。希ですよ。
    研ぎ澄まされた心の目で一人でも多くの方に発信してください。

    ゆんちゃんさん、華さん、いち婦人部の馬鹿げた行動をご紹介しました。
    レイラさんのいうとうりだと思います。
    リセットしましょう。

  72. 追伸です
    花さんの間違いでした。すみません。

    レモンさん、元旦そうそう、嫌なこと言われましたね。
    非常識は創価の特徴です。
    仕事でも、シスターや各宗派のお坊さんたち、創価の婦人部、壮年部も来ますが、一番無礼で下品、身勝手、わがままは創価です。選挙時期になると候補のチラシ配り、F頼みを平気でしていますし、興味ない話はソッポをむきます。政治関連のことはやめてくださいと、どんなに言っても、この時だけ耳が聞こえないふりをします。空気も読めませんし、命令ではないですが、なにかやってもらおうとしている内容にケチをつけ、やらないこともあります。すぐ、やめてしまうのも、創価の独自性です。シスターいじめもあって、手がつけられません。一般社会では生きていけないことが良くわかります。全部とはいいませんがそんな人が多いです。
    グループできてグループでやめる、、、、子供みたいです。

  73. 新年勤行会のおもたせ??
    「カルビー サッポロポテト つぶつぶベジタブル」
    の小袋ひとつ……でした。
    パッケージにプリントされた「青年拡大の年」が泣けた( ˙-˙ )
    年始動員の壮年に、スナック菓子ひとつ。
    いくらの領収書がくるんでしょう。

  74. ガガテツさん、はじめまして。色々教えていただきとても参考になります。ご本尊が販売されているなんて驚きでした。
    そして色々なサイト紹介していただきありがとうございます。
    亡くなった私の母は戸田先生を知っているかと思います。
    悩みがあって創価学会に誘われて入りましたがそれで幸せになれませんでした。
    その頃から 身近な幹部や会員の早死にが相次ぎ、母なりに不信を抱いていたでしょうが、そんなこと思ったらバチが当たるとビクビクしていたのでしょう。結局は父と離婚して実の姉と住みましたがうまくいかず、そのうち認知症になって施設入りになり四年前に亡くなりました。
    父も一人暮らしになり肝癌で亡くなりました。
    どうみても幸せになれたとは思えません。

  75. 金麦さん、貴重なご意見をありがとうございます。あの手この手で引き戻そうとするでしょうね。私も以前は教宣部をやらされてました。名前だけでなにもしませんでしたが。私の回りにも数人のバリ活だった人が創価に、幹部に、センセーに疑問を持ち引いているのですが、一人はすでに新聞と財務をやめました。もう一人は今年はやめる予定とのことです。現在色々話し合っています。

  76. ブログ休止以前に2度ほどコメントしたカルパスです。

    再開後、初めてになりますので、新年挨拶の意も含めて「再開、あめでとうございます。また、ありがとうございます。」と申し上げます。

    さて、自己紹介をもう一度、昭和40年に日蓮正宗創価学会に入信、創価大学昭和55年に卒業、還暦間際の壮年部です。

    実は、昨年9月末に引越をし、新年はあらたな地域で迎えることになりました。もとより未活動状態ではありますが、統監だけは残っております。昨年10月の統監で旧組織を送り出しをしている点と12月で新たな組織にカードが届いているのは、同時に同居する母を訪ねて、婦人部が訪問してきたので確認しましたが、壮年部は未だ訪問がありません。

    母を訪問した婦人部には、初対面でいきなり聖教新聞をとってくれといわれたようですが、未入信の我が妻の手前、現在他の新聞をとっているので要らないと言ったようですが、贈呈分として入れさせてくれと言ったとか。

    母は、「ただのものは受け取れません。」ときっぱり断ったとのこと。(ちなみに母はユル活でした)それ以来、組織の人間の訪問はいっさいありません。もちろん、新年言勤行会の案内もありませんでした。

    母はたまりかねて、かつての知人に日程を電話で尋ねた有様でした。座談会・同中等いっさい会合にはここ5年参加はしていない私ですが、この新年勤行会だけは、母のアッシーとして仕方なく参加しておりますが、新聞を断ったいきさつから勤行会の案内もよこさないなんて、大分組織の弱体化がうかがわれます。

    さて、その問題の勤行会ですが、2日のフリー参加(組織ごとに割り振られていない)に今年も行きましたが、なんと午前11時開催の1回のみ、例年だと午後からの開催なのに、中途半端な時間になったのは、創価大学駅伝部の応援に配慮してとか。さすがの母も、なかば呆れた感満載でした。

    勤行会そのものは、方自唱で10分、新入会者ご本尊授与が5人くらい、入会のみが5人くらい紹介され、途中駅伝速報の紹介を挟んで、VOD上映。世界に広がるSGIと創価大学駅伝部、岩隈投手、ハーB・ハンコックの紹介がされていました。

    このあと、地元音楽隊の演奏2曲、撰時抄の御書を女子部が拝読、青年部による誰が書いたがわからない池田氏のメッセージ紹介、圏婦人部長、圏長の指導があって、11時40分終了。

    参加者は昨年より明らかに少なく、知った顔も確認できず、衰退の様相が見てとれる勤行会でした。

    引越を機に聖教新聞をとらなくなっただけで、様々な意味で自身の覚醒がすすみました。同時に母も会合への参加もほとんどしなくなったため覚醒に少しずつ近づいております。

    まずは、聖教新聞をやめることが、静かに去る第一歩であると自覚次第です。昨今の組織状況とともにまずはご報告まで。

  77. 「五逆罪」でコメント頂いた方、ありがとうございます。
    イケダの指導やセイキョー&大百で見た事ありましたが、実際に自分の口から発した事もなかったので、そんな事を言う人に初めて遭遇しました。
    正月でお酒も入っていて、義理とはいえ身内だった事もあり言ったのでしょう。
    実際に、口に出すか出さないかは別として、創価脳の人は心の中でこんな事を思ってる人は多いんだろうなと思います。
    でも言われたほうは気分がいいもんじゃないですし、新年の挨拶と嫁の任務を一通り果たしたら、1人でサッサと帰ってきちゃいました。
    帰り道、全然食べた気がせずお腹が空いてしまったので、元旦から開いているラーメン屋さんを見つけて、ラーメン食べたらあっという間に幸せ気分になりました。
    創価脳の発した言葉なんて、ラーメン1杯で簡単に消えちゃうほどの何の意味もない言葉ですね。

    ルフランさん
    ご主人に塩と冷酒を浴びせたくだり・・・読んでいてご主人がブルブル震える様を想像したら、ちょっと可哀想になっちゃいました^^;
    でも、いつかのコメントの中で、ご主人との結婚生活を「幸せでした」と書かれていたのを読んで、幸せな結婚生活だったんだろうなと思っていました。
    いいご夫婦だったんでしょうね。
    今もきっとルフランさんや娘さんたちを、ずっと見守っていてくださっている事でしょうね。

    ラザリスさん
    >どのような組織であれ、長年にわたりその組織に尽くしてきた方に対しては、まずはねぎらいの言葉があってしかるべきなのに、そうした言葉の代わりに酷い言葉を浴びせるとは、全く常識外れだと思います

    本当にそうですよね。
    こちらに参加している多くの方が、信じていたからこそ、創価の為に尽力してきた方々ばかりだと思いますが、組織を去る際に組織から労いの言葉をかけられた方はいないと思います。
    勿論、私もです。
    労いの言葉どころか、部員さん達に最後の挨拶さえさせてもらえませんでした。
    私は創価学会に対してどうして疑問をもったのか、何故組織から去ろうと思ったのか、自分の言葉でキチンと皆の前であいさつするつもりでいました。
    以前paroleさんが、出席した会合で最後の挨拶をしたとコメントしていたのを読んで、私もそうしたいと思ったからです。
    でも、実際には婦人部のトップ幹部と面談し組織への疑問を投げかけた日から、そのような事(組織を去る挨拶)をしてもらっては困ると、会合に出向く事も禁じられました。
    一体、私に何を言われたら困るのでしょう。
    私が知った情報の何を話されたら困るのでしょう。
    その時に改めて、創価というところは都合の悪いものは、全て隠蔽し封じ込めてしまう組織なんだなと感じましたね。
    それが例え、今まで創価の為に尽くしてきた人間であっても、いとも簡単に切り捨ててしまう。
    そこに情の欠片など微塵もない。
    最後の最後に、そんなことを思い知りました。

  78. signifieさん、みなさまはじめまして!
    1/3に初めてコメントさせていただいた
    ははと申します。新参者で仕組みが分かっておらず、スレとは違う内容でコメントしてしまったにもか変わらずお仲間に入れていただいてありがとうございます。
    産まれてから23年、、小学生から悩んできて毎年行われる新年勤行会に強制連行させられる初詣でから逃げ続け5年が経ちました。あれこれ理由をつけ衛生中継、勤行も法事以外は断ち切っております。女子部の人も家に来なくなり、あとは親からの福運がなくなるからお題目あげなさいと言われる日々にストレスが溜まりまくり、仕事が休みの日に爆発しそうになった時にこちらの書き込みに出会いました。

    救われました。

    相談した人が創価学会員だったら、
    相談した人が創価学会員アンチだったら、
    と色々思い誰にも相談できない日々。

    なんで創価学会員の家庭に産まれてしまったんだろう。
    神様は乗り越えられる試練しか与えないとテレビで聞いたことがありますが、私はもう無理だ。
    と思っていたところこんなにも悩んでらっしゃる方が、、おんなじ思いをしている方がいるなんてと涙が出ました。救われました。

    とりあえず感謝の気持ちをと思い書き込みました。
    またお世話になると思うのでよろしくお願いします。
    こちらを立ち上げてくださった管理人様ありがとうございます。
    そしてコメントを下さったmさん感謝です!!

    現状機能不完全家族でどうすることも出来ませんが、無宗教の素敵な人に恵まれて早く抜け出したいです。
    今年も1年頑張りましょう!

  79. ノン子です。丁寧に返信のコメント有り難うございます。
    管理人さんは真面目で丁寧な方なんだと嬉しくなります。
    長い間素直に信心しない主人を憎んでいました。
    振り返ると馬鹿な話しですよね。
    新年勤行会に初めて参加しませんでした。
    数日前から家族を何としてでも参加させなければと悩んでいました。
    それがなくなり心おだやかに息子夫婦
    達とお正月を祝いました。
    私が活動を辞めたことをうちあけました。
    本当は言いたくなかったです。
    散々信心しなさいと押しつけていましたから…
    笑い者です。
    でも主人が正直に言ったほうが子供達も喜ぶからと後押ししてくれました。
    息子達からやっと目がさめてくれたかと
    喜んでもらえました。
    実は息子に私の祈りかたを注意されました。
    俺達に信心するように祈ってるでしょ❗
    信心するときは堕ちてる時だよね!
    堕ちるのを祈られて信仰するわけないよ
    まさか❗そんなつもりはなかったけど
    息子の言うとうりです。
    それから私の身近な学会人をみたときに
    世間の人より堕ちた生活でした。
    主人と息子達は随分がまんしてくれていました。
    息子に言われる前から創価学会はおかしいと思っていました。
    座談会では新聞啓蒙の話し選挙の話し
    主人からは抜苦与楽の信仰なはずなのによぶんな悩みをあたえておかしいと思わないのかと?主人の言ってること息子が言ってること、そしてまわりを見て
    私なりに数年間悩んできました。
    H15年にスマホにかえました。
    いまは一人でも多く人にこのサイトを見てもらいたいです。
    管理人さん私達の為に元気でいてくださいね🎵

  80. シニフィエ様
    皆様
    新年あけましておめでとうございます。

    昨年末より参加させていただいています、学会三世のみかんです。

    私は外部の夫と結婚を機に、創価から離れました。
    S大学卒で、女子部時代は本部長などしていました。

    今年は、昨年に続き、勤行会には行きませんでした。
    今後、おそらく両親の葬式以外で、創価に関わることはないと思います。

    昨年は義実家近くの小さな神社へお参り、今年は義実家近くの大きめの神社へ行きました。
    今年参拝した神社は、地元でも大きめな神社なのですが、私は今まで一歩も足を踏み入れたことはありませんでした。
    地元の人は、近道をするためにその神社を利用することもあるのですが、私は恐怖心から入ったことはありません。
    今年、初詣で初めて訪れ、街の中とは思えないほど緑豊かで、落ち着いた雰囲気に、なんとも言えない気持ちになりました。

    義実家での元旦の初詣のあと、私の実家に夫と行き、新年勤行会に参加してきた両親に会いました。
    しかし、今回は創価の話は全くされませんでした。
    ただ、毎回新聞や選挙のお願いをされるので、ついつい私は何か言われるんじゃないかと警戒してしまい、それを夫に指摘されました。

    「みかん、お父さんの前だとピリつくね(笑)」と。

    しかし、私が和んだ感じになると、「創価の話をしてもいいかな」と思うようで、父が創価で家族の団欒もぶち壊してくるので、油断ができないのです_| ̄|○

    3日には、夫の親戚の集まりに行き、改めて創価に戻ることはないなと思いました。
    義母さんも、夫の親戚も、とても優しく、本当に良くしてくれるんです。
    結婚の時、夫の家族や親戚には、私が創価であることで、最初反対をされたようなんです。
    しかし、私が創価を続ける気はないことなど、夫が話してくれ、最終的には「二人が決めることだから」と許してもらいました。
    今、とてもいい関係が築けているからこそ、壊したくないと思っています。

    創価では、どれだけ結果を出せたか、どれだけ活動し、創価に貢献したかで、自分の価値を計られていたように感じていますが、今は、私そのままで受け入れられていると感じています。
    心穏やかに過ごせ、毎日幸せを感じています。

    そんな感じで、二度と創価に戻ることはないと思った、今年のお正月でした(о´∀`о)

    柚子ポンさん
    HN、柚子ポンさんにされたんですね。
    柚子は、ひらがなより漢字がいいですね。可愛らしい漢字と、ポンの響きが素敵です( ´ ▽ ` )

    レモンさん
    今年も柑橘仲間として、よろしくお願いします(´∀`*)

    セイコさん
    セイコさんも柚子とキンカンだったんですね。
    私は柚子が大好きなんですが、柚子ポンさんへ押しつけになってなかったかなぁと心配していたので、
    セイコさんも最初に柚子が思いついたと聞き、うれしくなりました^ – ^
    これからよろしくお願いします( ´ ▽ ` )

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中