創価後遺症について

このブログは6年目の途中になります。昔ほどではないですが、今もときどき何年も前のスレッドにわけのわからないコメントが来たりします。本当にときどきですけどね。内容はこのブログに対する現役学会員からの批判です。もちろん挨拶も自己紹介もないし、言葉遣いもめちゃくちゃです。ほぼ100%が現役学会員からのコメントです。昔は全く関係ない人からの面白半分のコメントもありましたが、今ではほぼありません。ウンコタレも来ないようです(笑)それだけこのブログがどんなものなのかが認知されてきたのだと思っています。しかし現役学会員だけは話は別です(笑)。相変わらず「かわいそう」とか「地獄に落ちる」とか「本当の信仰を手放すなんて愚かな人たちだ」とか「もう一度大聖人の仏法を学んではいががですか」とか、ほとんど似たり寄ったりの言葉だけが並んでいます。多分、たまたまネット上でここの過去のページに行き着いて、創価批判を目にした途端スイッチが入って書かずにおれなくなるんだろうと思います(笑)。判で押したようなと言いますか、ステレオタイプと言いますか、紋切り型と言いますか(みんな同じですが笑)、あらためて思うのは、創価脳になってしまうと、思考が止まるせいか、みんな同じことしか言えなくなるんですよね。それも上から言われたことをそのまま繰り返すだけの人間になってしまいます。それがいいことか悪いことかの判断すらできないまま、そして創価だけが幸せになる道であって、そうでない人はいずれ不幸になると思い込んでます。現実に不幸になってないことを指摘しても「いずれは不幸になる」としか言いません。創価で幸せになった人がいるのかと指摘しても「今は人間革命の途中だと口を揃えて言います(笑)つまりみんな途中だからまだ幸せにななっていないけど、最後は必ず幸せになるんだと言い張ります。こんなことをいい大人が真顔で言うんですから、一般の人たちから頭おかしいだろって思われても仕方ないんですけど、そこはなんとも思わないのも創価脳の特徴ですね。言う口は持っていても聞く耳を持たないのが創価脳です。つまりそんな人間に仕立て上げられていて、その自覚すらないということですよね。で、私たちが創価が詐欺だと気づいて脱会できた今でも心に深く傷を負ったままでいるのは、かつて自分もこのような思考停止人間であり、なおかつ自分たちだけが何でもわかっていて、自分たち以外の人間はカスだと見下しながら生きてきてしまったことです。もちろんおもて立って他人を見下すような発言をしてきたつもりはないのですが、ときとしてそのような思考が態度や言葉尻に漏れ出てしまってきたんだろうなと思い返しただけでも自己嫌悪に陥ってしまいます。たとえ騙されてきた被害者なんだと自分に言い聞かせたところで、失った人生を取り戻すことはできないと思うと、さらに凹んでしまいます。
なんでこんな暗い話をするのかと言いますと、こうしてみなさんとの対話を通じて、なんとかこれから生きていける希望を見出せたということも大きいですし、人それぞれに事態の深刻さもそれぞれだということを思いやりながらコメントしてほしいなと思っています。創価脳を同居する家族にもつ方の毎日は、それこそそれだけで大変な心労だと思います。普段の生活は普通でも、何かあったときの価値観や選択肢がまるで違ったりすると、これは単なる価値観の違いではなく、自分の大切な人が明らかに騙されているということを目の当たりしてしまうので、その出口のない迷路に閉じ込められたような閉塞感もたいへんなものだろうと思います。覚醒したからといっても、すぐには辞められない方のなんと多いことか。そしてそんな方の悩みのなんと深いことか。
「嫌だったらやめればいいじゃん。なんでそれができないの?ははあ、本気じゃないんだ。もしかしてやめたらバチが当たるとか思ってんじゃないの?」こんなことは人から言われたくはないでしょう。
もう何十年も前に覚醒して、脱会も完了した人でさえ、このブログでの対話をされている方も多いです。コメントしないまでも、脱会して創価と関わることもないのに、ここの皆さんの言葉が気になってしょうがなくて、しょっちゅう覗いていらっしゃる方も多いと思います。覚醒し、脱会してもなお、創価であったことに対する傷というものは、そう簡単には癒えないと言うことの証拠だと思います。覚醒し脱会できた人でさえそうなのですから、まだ創価が宗教なのかもしれないと少しでも思っている人にとっては、ものすごい葛藤があるのだろうと思います。もし創価が詐欺だとしたら、自分のこれまでの人生は何だったんだ。必ずここを通らずにはおれないと思います。通らずにうまいことやっていこうとすると、ポン太さんや紅さんのような、創価はおかしいと思うがそれに関わってきた自分の人生までも否定できないというジレンマに陥ってしまうのだろうなと思います。
創価学会は詐欺であり、それに騙されてきたのが自分の今までの人生だったのだと受け入れること。確かに辛いのかもしれませんが、これを受け入れない限りは本当の覚醒はないだろうし、そこから一歩も前へは進めないのだろうと思います。覚醒したから、脱会できたから、これでめでたしめでたしではありません。どなたか数人の方が創価への復讐は脱会後の自分が幸せになることだと言われていましたが、それも一つの生き方であると思います。創価時代に創価に引き入れてしまった友人に会って、全てを話して謝罪することも、これからの脱創価の人生を始めるにあたってのくぐらなければならない門なのかもしれません。覚醒後のショックをどうやって克服し、創価後遺症から抜け出すにはどうしたらいいのかわからないまま何年も悩んでいる方もたくさんおられると思います。
今回のテーマは「創価後遺症について」とさせていただきます。決して後遺症の解決法を教えてくださいということではありません。そんな簡単なことではないこともよくわかります。これまでの皆さんのお話と随分とかぶるとは思いますが、あらためて自分が感じてきた創価後遺症がどんなものなのかを具体的に教えてくださるだけでいいんです。きっと同じ思いで悩まれている方がたくさんおられると思います。その思いを共有できるだけでもいいと思うんです。具体的な解決策を箇条書きにするなんて野暮なことはしません。皆さんが実際に感じてきた覚醒後の辛い体験をいまいちどこの場でお話ししていただければと思います。その辛かった過去、あるいは現在の思いが誰かと共有できたと感じるだけでも意味はあると思っています。よろしくお願いします。

広告

創価後遺症について」への127件のフィードバック

  1. 管理人様へ
    毎度、常に新しい視点でトピックを立てていただけることに大変感謝しています。今回のトピックもとても重要なテーマだと私は思います。

    「創価脳後遺症」
    私の投稿は、今も創価脳を同居する家族にもつ方への配慮が欠けていたと思い反省しております。
    「お前なんかおらんでも◯◯(弟)がおる!退転したお前なんかあてなんかせんわ!」と電話口でわめく父の言葉に、「それじゃ、あの大きな仏壇も◯◯に継いでもらうんだわ!2度と電話しない!このカルト!!」と、電話1本で創価脳の親から心を守るのに成功できた私には、今も創価脳のご家族と同居されている苦労はわかっていない・・・。本当にごめんなさい。

    さて、私自身の「白黒はっきりさせる」という性格は、母が幼少からそうでしたので「創価脳後遺症」とは無関係な親によるものだと思います。
    「間違ったことは許さない」「誰が見てなくてもお天道様が見てる」と母の母、つまり祖母から伝わってきた考え方です。

    「創価脳後遺症」
    私自身で感じた創価脳後遺症は以下の感じです。
    ①誰か悩んでいる人を見ると、とことん付き合って身を滅ぼす。
     突き放し見守ること=冷たいと思ってしまう。なので脱会後は共依存によく陥りました。

    ②人に「ポジテブで明るいね!」と性格を褒められる時、「はて、この性格は創価学会で作られたものなのだろうか、元からだろうか?」と悩む。

    ③十界の生命論とかが好きで(フロイトの精神分析みたいなの)、その思考で相手の精神分析をすると「お前は冷たいな、人間の情がないのか」と言われた。(これはなぜかよく親に言われたことでした)

    ④創価スイッチ後遺症とでも言いましょうか、創価学会員をネットで見ると徹底的にやっつけてやろう!!とスイッチが入りました。
    「傍観は悪」と創価学会に植え付けられた攻撃心が、創価学会の方向に向いただけでした。

    ①は散々痛い目に遭い、友人の指摘に気づき治ったと思います。
    ③は、多分、もともと理系脳なのと学会の十界論がマッチングしてしまったのでしょう。理系脳自体そもそも「人間味がない」と世間では批判されるので「創価脳」とは別かもしれませんね。
    ④は数年でネットで発散しておさまりました。(敗北を知りたいとか思いながら)

    ②「創価脳に影響されてない素の自分を知る」という事は、私にとっては本当に大事なことでした。
    「生まれたての赤ん坊」になった気分で日々を生きながら「本当の自分」を発見していきながら見つけていった気がします。
    「私は学会員でもなくても、元から明るい性格だったんだ!お花とか歌とか大好きなんだ!人間好きだったんだ!」と、普通の人には考えられないことでしょうが、普段の生活から掴み取りました。
    今はやっと「自分らしさ」を楽しんでいます。

    以上、取り急ぎ出勤前に書いてみました。

  2. 管理人様、投稿者の皆様、いつも心に迫るお話をありがとうございます。
    今週、脱会届けを本部へ郵送した、活動歴30年、覚醒歴7年、50代女性の雪ちゃんです。

    フランソワーズさん、ご教示ありがとうございます。
    脱会届け提出後は、自分から組織へ連絡しない方が良いとの事ですね。
    確かに、もう私も接触したくありません。
    でも、今も新聞配達をしているので。
    自分では、今月いっぱいはしないとと思っています。
    来月からは、もちろん一切かかわりません。
    私が届けを出した事は、誰も知らないみたいです。
    まだ、本部からの連絡が来ていないのでしょう。
    そのうち幹部が訪ねて来るでしょうが。
    でも、ご安心下さい。
    何を言われても、私は傷つきません。
    見かけに反して、ブラックな私です。
    幹部が来たらこう言います。
    「はい。脱会しました。ご本尊様も経本も、もうありません。幸せになる権利を棒にふってしまいました。でも、自分で決めた事ですから。役職と配達聖教は組織で調整してください。どちらも功徳が大きいので、どなたかがしてくれると思います。本当に、長い間お世話になりました。」
    こう、心から言ってやります。
    目には目を、です。
    詐欺には、デタラメで返します。
    「座談会で、皆さん、大の大人が、功徳欲しさにカラーコピー本尊に一心不乱に拝んでいるのを、バカみたいと、いつも笑いを必死にこらえていました。」
    とは、とても言えません。
    相手を傷つけてしまいますから。
    フランソワーズさん、これからもよろしくお願いします。

    昨日は、書籍をリサイクルに出す為に荷造りしました。
    配達員の表彰状は燃えるゴミに、笑える変なメダルは分別してカンと共に…残るは、仏壇だけです。
    このブログと出会えたお陰で、残りの人生を自由に生きる事が出来ます。
    脱会できるとは、夢にも思っていませんでした。
    皆さんのコメントで詐欺だと納得し、居てもたってもおられず、脱会できました。
    信心していた30年は、ただそういう風に生きていた、という過去です。
    これから先の学会無しの人生の事を思うと、ワクワクします。
    だから、後遺症はありません。
    皆さん、人生楽しまないと、損ですよ!

  3. 雪ちゃんさん

    創価脱会おめでとうございます\(^o^)/

    「雪ちゃん」という名前も、大きな呪縛から解放されて自由になったことも
    「アナと雪の女王」とシンクロしていますね☆彡

    かけがえのないご自分の人生を幸せに生きてください(^o^)丿

  4. 60代元婦人部です。

    おてもやん様
    「お姉様」と言われてビックリ。確かに歳だけはとってますが・・・。私はおてもやん様の投稿文にあふれる見識の高さと視点の鋭さにいつも学ばせていただいています。

    「創価後遺症」ですが、かつての「若さと美貌」はすっかり「バカさと貧乏」に変貌しました。「大して良くもない頭で考えたって」と言われて自分の頭で考えることをやめた結果、益々バカになり、「福運をつけよう」と財務にお金をつぎ込んで貧乏になりました。これも創価後遺症の一つでしょう。
    今週の月曜日に30年以上付け続けた百万遍ごとの題目表をゴミとして捨てました。かつては、人生の記録と思っていました。しかし、今は、「広宣流布」という仮説は虚偽と判明したので、実験データも廃棄、実験終了という感覚です。こんな気持ちになれたのも、このブログで皆様のご意見等を聞かせていただいたおかげだと感謝しています。
    あと、外部だった両親の遺骨を田舎から創価の墓園に移したので、創価が詐欺だと世間が騒ぎ出したときどうするかという問題などがあります。これは、残務処理でしょうね。

    ピンク・レディーの「サウスポー」の替え歌です。
    題して「兵糧攻め」

      「兵糧攻め」

    戦後最大の詐欺集団が相手
    創価は正しい これの一点張りの
    だんだん悪事が露呈して
    みんなの態度は静観だけど
    それはいやだわ
    幹部ならここで死守の一手だけど
    私にはそんなことは出来はしない
    幹部のおどしに首を振り
    計画実行断じてするの
    そうよ勝負よ
    うまく考えた作戦は
    一円財務なの
    詐欺をだますの 恋の気分よ
    金の総額チョボチョボ 幹部はイライラ
    大変 大変
    幹部にぜいたくさせない
    幹部にぜいたくさせない
    兵糧攻めよ 兵糧攻めよ
    決め手は 決め手は これよー

    詐欺集団の悪い幹部が笑う
    「疑えば地獄だよ」と幹部が笑う
    どっちが地獄だふざけるな
    はっきり詐欺だとわかったからは
    はやくサヨナラ
    さっと駆けぬけるサスペンス
    スリルの瞬間よ
    内の部員が 減れば聖教
    売れる部数がパラパラ 幹部はイライラ
    大変 大変
    私元気に飛び出す
    私元気に飛び出す
    脱会するわ 脱会するわ
    決め手は 決め手は これよー

            以上

  5. フランソワーズです。
    新しいスレッドですね。
    後遺症?

    「普通は悪い事してくる、おかしな人とは、
    距離あけ関わらないようにするの。
    そうした方がいいの」と
    言ってくれた方います。
    私は正義感がかなり強く、
    悪者を見過ごすことができないんです。
    許せないんです。
    そう、フランソワーズを苦しめるだけなら
    我慢して見過ごします。
    彼らの攻撃は私だけじゃないから、
    許せないです。
    そして、さらに、
    それは一個人的な問題でなく、
    社会悪で、
    私が指摘しなければ……
    そんな風に考えていき、
    人の事、社会の事まで考えて、
    見過ごせず、
    自己犠牲までしていってしまう、
    創価脳後遺症かなと、感じます。
    今はサイコパスという生き物を知り、
    あの方が言われていた話が一段とわかり、
    これからどうすべきか、
    また考え直しています。
    白黒ハッキリさせたいのと、
    正義感の強さは、
    創価の後遺症かな。
    また、こうして、
    こちらにコメントすることも同様、
    創価脳の後遺症だと思います。
    悪い事を許せず、
    それを書けるギリギリまで真実を書いて伝え、
    救える人を救いたい、
    弱ってる人を励ましたい
    自分にできる事をしなければ、
    そんな思いがかなり強いのは
    たどれば創価で徹底して育まれたのでは
    ないでしょうか。

    雪ちゃん様

    まだ配達されていたんですね。
    そうなると、
    私も雪ちゃんさんのように
    責任感から、ちゃんと伝わってるか
    早めに確認しないと、気になりますね。
    状況も確認せず、
    申し訳ありません。

    私も以前コメントに書いていますが、
    子供が小さな時に配達経験あります。
    配達辞めるれるまで、もう少しですね。
    お疲れ様でした。

    何を言われても、とお気持ちの覚悟も
    しっかりされていて、安心しました。
    書籍、仏壇処分、経験しましたよ。
    私は大白蓮華も過去のものず~と
    段ボールにため押し入れに保管していたので、
    その分仕事が増えました。

    もし、私が信心して、創価を心底信じていても、
    雪ちゃんさんに会って脱会の話を聞いたら、
    言っただろう言葉、
    雪ちゃんさんにお届けします。

    「きっと複雑な思いの中で、
    新聞配達も続けてくださり、
    本当にありがとうございました。
    言葉になりません。

    脱会届けも出され、
    ご決心が固いと思います。
    いろいろな生き方があるので、
    心から応援し、
    お幸せを祈っています。
    本当にこれまで、
    学会の為にありがとうございました。
    ご家族の方にも、
    新聞配達はじめ活動で、
    御迷惑、ご協力、ご不便おかけした事、
    お詫び、お礼をどうぞお伝え下さい。
    町内ですし、
    もし道でお会いした時は、
    ご挨拶させて下さいね。
    最後まで新聞配達、本当にありがとうございました。」

  6. ブログ管理人様 皆様こんにちは
    2世40代わこと申します
    よろしくお願いします🙇⤵
    ブログ管理人様
    承認ありがとうございます
    読みにくい文だったと思います
    脱会届けをだし 色々今までの事を思い出し
    勢いでコメントしています
    どうしてもコメントしたいと
    ウズウズしている自分がいます
    雪ちゃん様
    はじめましてわこと申します
    私は3月7日に届けをだし
    ましたが組織から連絡はありません
    地区婦からメールで
    座談会の会場が変わった事や
    参加者は誰々とか連絡が入り
    ました
    返事はしていません
    脱会した事 伝えようと思ったんですが
    フランソワーズ様のコメントに私もそうだな
    と思い 様子を見ています
    雪ちゃん様のように 堂々と
    はい 脱会していますと言えるか
    自信はないですが 聞かれたら
    言ってみます
    こちらのブログにどうしてもコメント
    したい事が一つありました
    テーマとそれるかもしれないですが
    今折伏に必死みたいです
    80代ひとりぐらしの方がターゲットにされています
    しゃく座を何回かやっていますが
    最近 入院されました
    地区内では魔が入ったとか
    言ってますが
    今日 地区婦からきたメールに
    こんな事が書いてありました
    ゴリ押しおばあちゃん二人が
    80代男性の見舞いに行った感想のメールです
    退院のめどもたったし
    セミナー確約とれたし
    もう体半分は学会だから大丈夫
    さあ地区の皆様 題目あげて
    早くご本尊もらえるように
    頑張りましょう
    創価脳が発する言葉って
    恐ろしいですね
    メールを見た瞬間は
    怒りというか心の中で爆笑している
    自分がいました
    体半分学会?って
    どう言う状態なんでしょうか?

  7. 創価のバカ幹部に嫌気をさし数年前から活動辞めたズンドコベロンチョです。創価の後遺症ですが自分の携帯の連絡先の登録していた友人の数がごっそり減った事ですね、いかに創価のせいでこうなったと思います。自分がバリ活の時は折伏やら選挙などで創価は絶対だと信じ込み遠慮なく同級生やいろんな友人にあたってました。しかし、世間は創価を嫌っているにも関わらず公明党に票を入れろ!やらかなり強引に部員さんや友人などに創価の同中や男子部の会合やらに無理矢理連れて行った事もやってました。

    あの頃は創価の活動をサボると幸せになれないどころか自分は不幸になるとずっと思い込んでました。

    今となってそんな過去の自分が恥ずかしいと思ってます。未活動の部員さんに家庭訪問しまくり住んでいる地域の部員さんからたくさん恨みを買いました(アポなしで家庭訪問してましたので)これも今となってずいぶんとひどい事をしてきたなと思ってます。

    まとめると創価の後遺症は自分はかなりの嫌われ者になってしまった事です。

    結局は自分の年齢20代から30代の前半はイケダ仏様?笑 は絶対だと散々信じていた自分がバカでした。あと実家にいた時(20代の前半)なのですが、あの頃は相当かなり創価の活動していましたので、幹部のクルマに乗っていろんな部員さんの家に家庭訪問したのはいいのですが、バカ幹部のクルマはヤン車で当時は浜崎あゆみやらモー娘などが流行りバカ幹部のクルマのカーステレオはジャカスカとそれらの歌を大音量かけてクルマの中でタバコもガンガン吸いまくりバカ幹部のクルマは大音量の音楽とタバコの臭いが充満さらにバカ幹部はマックのハンバーガーが大好きでいつもマック行っていたらしく常にハンバーガーの食べかすやゴミやらこぼしたコーヒーなどタバコの灰と混ざってかなりな異臭はしてました。

    そんなバカ幹部のクルマで部員さん2〜3人拉致して無理矢理同中の連れ出しもしてきました。バカ幹部は部員さんにアポなしどころかいきなり家に上がりこみ無理矢理部員さんを引っ張り同中に連れ出したりもしてきました。

    そのバカ幹部なんですが、昭和39年生まれだから今は壮年部で何をしているやら?自分は剣道部でしたが、バカ幹部は学生時代はずっとバリバリの柔道部で有段者プロレスラーみたいどころか暴力団の組長みたいな感じのおっさんでした。こんなおっさんと一緒にめちゃくちゃしてきたなと今となって恥ずかしくなってきました。結局は何もかも創価に対して嫌な思い出だけが残っているだけです。まだまだ創価に嫌な思いはたくさんあります。今のズンドコベロンチョの年齢はアラフォー手前の男子部ですが青年時代は創価に相当かなりめちゃくちゃされてきたなとこの文章を書いていたらそう思いました。

    創価の後遺症は以上です。

  8. 明さん、脱会祝って頂きありがとうございます。
    「アナと雪の女王」ありがとうございます。
    これからもよろしくお願いします。

    フランソワーズさん、正義感の強い方なのですね。
    悪を許さない、黙ってはおれない、強い方ですね。
    フランソワーズさんの知り合いの方の言葉「悪とは距離を置こう」その通りですね。
    悪に正面から関わっていたら、心がもちません。
    きれいな心がかわいそうです。もえったいないです。
    お互い自分を大切にしましょうね。

    わこさん、7日に脱会届けを出したのに、まだ組織に認知されてないとは。
    脱会マニュアルにある、「しばらくしたら幹部が確認にきます」はデタラメかも。
    私は聖教配達の件もあるので、20日迄に幹部に電話かメールか会って、伝えますね。
    また、経過報告致します。
    折伏の手は私の旦那(外部)にも伸びています。
    詳しくは次回に。

    管理人様、コメント欄を伝言版に使ってしまい申し訳ありません。

  9. わこさんへ。
    今、学会本部に電話して聞いたら、脱会届けが着いたら本部から組織へ連絡してくれるらしいです。
    その後組織から本人に連絡がくるはずです、との事。
    連絡がなければ、ご自分から組織に言って下さいとの事です。
    自作の脱会届けでも、認められる、受理しますと言っていました。
    親切に教えてくれましたよ。
    今直接聞いたので、正しい情報です。
    わこさん、私達、確実に脱会出来てますよ!
    やったー!!

  10. >60代元婦人部さんへ
    大変もったいないお言葉をいただきまして恐縮しております。
    ああ、若さと美貌・・・私も一番綺麗な時代を創価のために・・
    でもその年代なりの美しさがあります!一緒に美しく老いていきましょう!(^o^)

    >signifieさんへ
    連投すみません。ふと「創価後遺症」で気がついたことがあります。
    「創価後遺症」って、「鬼畜米英!欲しがりません勝つまでは!」と洗脳され敗北を味わった後の日本人が陥ったような心の闇に似てる気がします。
    また、「戦後数十年間、日本は巨大宗教によって国民や政治が蝕まれた」という事実は、必ず後の日本史の教科書に載るかと思います。
    とすれば、皆さんはまさに「生き証人」であり、実体験者の生の声です。
    戦争と同様に、「戦後の日本で何が起きたか」と後の人達に語り継がれるべき価値があると思います。
    「この実態を知らずして日本の近代宗教を語るなかれ」と、日本の宗教学者に是非読んでいただきたい気がしました。

  11. おてもやんさん。私も全く同じ考えです。
    日本の負の記録として歴史に残ると思います。

  12. フランソワーズです。
    後遺症について、
    今日すでにコメント書きましたが、
    これも後遺症?
    というのにも、思いつき追加で失礼します。

    創価にマークされた人間ならではで、
    後遺症とまた違うのかもしれませんが、
    創価に近づいたら、
    創価幹部、中枢職員でなかった人間さえ、
    こんな生活、人生になった、
    その事をお伝えし、
    創価に近づく恐ろしさを伝え、
    新たな創価被害者をなくしたい思いで、
    お伝えします。

    ○外出したら、周囲を尾行されてないか警戒する。
    ○家のポストから、郵便物をできるだけ、
    こまめに取り出す。
    (私的に心配してくれた学会員の知人から、送られてきた手紙の封が全開(開封)だった事があり)
    ○知らない番号からの電話に出ない。
    何度もかかる電話の場合は、出ても、
    こちらから名乗らず、相手をまず確認する。

    私が尾行されてると、なぜ気づいたか?

    親、兄弟、知人、友人、
    誰にも伝えてない住所に、
    嫌がらせがありました。
    創価脳しか思い付かないような嫌がらせで、
    たぶん創価だろうと思いながら、
    事情あり、確認することをさけました。
    去年、調べて創価脳からの嫌がらせと断定。
    やっぱりそうか(創価)~だった。
    何故、 あんなバカらしい事?と
    意味不明な行動され、
    今から振り返り考えて
    「フランソワーズ、君は尾行されているんだよ、
    ハ、ハ、ハ、ハ~創価を甘くみるな」って言いたかったのか?
    「君はここだよね、どこに住んでるかは、お見通しさ、アハハハ~、」って遠回しに、私の反応を見て面白がってたのか?
    やっぱり創価脳は意味不明、まともじゃない。
    ストーカー行為です。

    学会員の親にもその出来事を先日、
    勇気だし伝えました。
    親も、
    「それは創価の尾行以外考えられない 」
    「でも、何でそんな事するんだろう?」
    「それに何の意味があるの?」
    頭かしげてました。

    昨日、うちのドアを、
    インターホン鳴った後、
    品なくドアをドンドンドンと叩いた方、
    創価尾行班の方とは違いますよね?
    「きたか」と、思いましたが。
    カギかけてて良かった。

    純粋に創価に全て捧げ、
    その捧げた信仰組織から嫌がらせされ、
    そんな宗教、正しいですか?

  13. 今日、三回目コメント、度々失礼します。

    おてもやん様、ブックカバー様、
    日本史じゃなく、
    192ヵ国にも被害広めてしまい、
    世界史じゃないでしょうか。

    ノーベル平和賞を、と真剣に祈っていた私。
    強姦罪で捕まるべき人に。
    とんでもない。

    お金の詐欺は一万歩譲って見逃してあげても、
    強姦していて、教育者たる資質もないのに、
    教育まで手を広げ子供たちを騙し、
    女性を性的暴力で苦しめておきながら、
    自分はかやの外、人任せの裁判で、
    人を嘘つきにしたて、
    善人の顔して罪まぬがれ。
    私は絶対許せない、許さない。

  14. シニフィエさん、皆さんこんばんは。おひさしぶりにコメントします。
    シニフィエさん、いつもブログの管理お世話になっております。

    フランソワーズさん、はじめまして。(^ー^)
    先日から、フランソワーズさんのコメント拝見しておりまして、非常に切羽つまった状態のようにお見受けします。
    以前、ボレロも創価からストーカー行為やら、嫌がらせを受けてそのお陰で精神を病みました。
    今から思えば、尾行ではないか?と思い当たるようなこともありました。
    本当に、恐ろしいですよね。( ´゚д゚`)アチャー
    警察などにご相談されてはいかがでしょうか?
    なにか手だてはないものでしょうか?

  15. 金麦です。フランソワーズさん、、
    創価学会は、192ヶ国ではなく、
    192の地域と数ヶ国と言ったほうが、本当です。
    日本は47都道府県も含んでの数です。
    アメリカの州は、いくらありますでしょうか?
    ブラジルは?イタリアは?
    SGIの有る国は、手で数えるほどです。
    創価学会は、騙すの上手いので、
    SGIは、192ヶ国に有ると勘違いしている人は、大勢いると思います。
    signifie様、スレ違いで申し訳ござません。

  16. 初めまして、管理人様、皆様
    2世で40歳代です、グリズリー3世と申します。
    わたしも おてもやんさんと同じで、悩んでる人にとことん尽くしぬいて最後は悲惨な目にいつも合います。主に婦人部・女子部の幹部達からですが、散々な目にたくさん遭いました。
    組織から、徹底的に自己犠牲を叩き込まれたのかもしれませんね。
    私も、人生の一番良いときを創価に捧げてしまい、たくさんの友人も失いました。
    友人にはたくさん迷惑をかけてしまったなと思います。
    実家では母親だけ信心しており、5年前に亡くなりましたが、母の人生は何だったのか
    最後は本当に可哀そうでした。組織に利用されるだけ利用され、少ない年金もむしり取られ、 病気になったとたん捨てられました。実家は都内の下町商店街で戦前から自営業をしており、
    選挙となると、お店の半分を移動事務所に貸すなど、支援してきましたが、祖父母が亡くなり、店が傾くとまるで手の平をかえした様に、議員も組織も冷たい態度に変わりました。
    バカ真面目な母は、それでも活動しておりました。病気で自分で歩くこともできないのに
    本幹や選挙へ連れて行ってくれる様、私に頼んで来ました。母が4年間の闘病で入院中、幹部からは一度もお見舞いに来ないくせに、電話で投票の確認がきました。もちろん気遣いの言葉一つありません。 議員なんて、母にあれほど世話になったのに、見舞にも葬儀にも来ませんでした。わたしは、実家とは別の地域に住んでおりますが、そこも同じ様な人間ばかりです。組織で団結するためか、私は生贄の様に嫌がらせをされました。
    地区婦人部長とご主人から、「一人暮らしの女子部の通帳は、私たちで管理するから渡せ」と言われびっくりして、婦人部の幹部へすぐ相談に行きましたら、「きっと冗談で言ったのよ。」との事でした。この地区婦の友人で隣の地区の地区婦も、「女子部をエサにして、外部の男を学会に入れなきゃね~」、私に向かっては、「あんたみたいな、色気のない女子部じゃ無理~」とか言われました。 また座談会が終わって、靴を履こうとしたときに、靴の中に物凄い鋭い釘みたいなものが入れられていました。運よく、靴を履くときに尖った方が外に向いた為、ケガをせずにすみました。本当に長年信心している人間がすることなのかと、情けなくなりました。でも、半年を待たずに、この地区の地区部長が急死(なぜか死因は誰も教えてくれません)し、地区婦も営んでいた店が潰れ、隣の地区婦も何か問題を起こして夜逃げしていきました。その取り巻きたちも急に解雇など、あれよあれよという間にほとんど引っ越していきました。 地区が壊滅!
    今でも不思議で仕方ないです。
    母の死をきっかけに、やっと組織におさらばしましたが
    清々した気持ちでありますが、母は最期までこんな目にあうのは、
    自分の信心が足らなかったせいなのかと、悔やみながら死んでいきました。早く皆様のように
    気が付いて、創価が詐欺集団だと気づかせてあげればよかったと毎日後悔しております。

    また余談ですが、2年前の12月のとあ平日ですが、都心にある職場の近くのショッピングモールに併設してある高級ホテルから、皆さんもよく知る学会の幹部が20代くらいの小柄なモデルさんみたいな美人を連れて出てきました。新しい奥さんかな?愛人かな?秘書や部下なのかな?私はそのビルの中にある銀行に用があり、たまたまエレベーターで一緒になりました。その幹部は、うちの会社の社長ですら持ってない、超高級なスーツに身を包み、女性の方も、派手ではないですがなんだかセレブな感じでした。二人ともコートをもってないので、ホテルに泊まってるのかもしれません。 最初は二人ともあたりをキョロキョロと警戒していましたが、自分たちを知る者が回りにいないのがわかると、いちゃいちゃしだして気持ち悪かったです。いつもは、本幹で無表情に父親のメッセージを代読しているだけなのに、嬉しそうに女性の周りをくるくる回っていましたよ。 会員からむしりとった財務で、自分たちは高級品を買って、高級ホテルで美女と遊んでいるのかなと思うと悔しいです!!
    会員の財務で、ダビンチの絵といわれるアンギアーリの戦いに100億円、(盗難保険だけでも20億ぐらい)をバブルの時に購入していたんですよ! 一体いくら会員からむしりとれば
    気が済むのかしら!!皆さん、創価は詐欺ですよ! 早く気が付いて逃げて下さい!!

  17. フランソワーズです。
    過去の創価脳の彼氏(彼女)がもたらすもの、
    のスレッドを読んでいたら、
    こんな時間になりました。
    最近でも、「創価脳の彼氏~」のスレッドへ
    コメントあり、
    その問題で悩まれている方いらして、
    可愛そうで。

    ゆんちゃんさん、
    ずいぶん悩まれて、
    お体大丈夫でしょうか。
    創価の存在、創価脳、腹立たしい限りです。

    192ヵ国じゃなかったんですね。
    そう、ずっと思っていました。
    な~んだ、って感じですね。
    金麦様、訂正、教えて頂き、
    ありがとうございます。

    フランソワーズを
    ご心配してくださる方々、
    ありがとうございます。
    今のとこ、
    昨日の扉ドンドン、何だったのか
    わかりませんし、
    嫌がらせや、手紙の開封も、
    だいぶ前の話ですし、
    いずれにしても、
    事だてれば、
    ますます創価脳の血を騒がせるので、
    命を狙われるような危険を感じたら
    警察にいいますのでご安心下さい。
    私が神経質になりすぎかもしれませんし。

    ボレロ様、ご心配ありがとうございます。
    ボレロ様も、怖い思いされたんですね。
    こんな身に、創価からされるなんて、
    想像もしませんでした。
    早く創価組織の悪があばかれ、
    なくなってほしいです。

  18. 金麦さん、その通りだと思います。
    ついでに、(但し、数カ国でのカルト指定あり)と正直に書くべきですね。
    ( ´ ▽ ` )ノ

  19. ブログ管理人様 皆様おはようございます
    元2世40代わこと申します
    ブログ管理人様
    承認ありがとうございました
    コメント出来る事がとっても嬉しいです
    雪ちゃん様
    お忙しい所 学会本部に確認の連絡ありがとうございました
    配達 とっても大変だったと思います
    大変と言う言葉では足りないくらい
    苦労だったと思います
    上手く言葉が見つかりませんが
    コメント嬉しかったですありがとうございましたm(__)m
    創価後遺症 考えてみました
    私の実家は全員入会 父はゆる活動家
    母 姉はバリバリ創価脳です
    私が覚醒する前
    母姉の物事に対する考え方が
    押し付けがましく
    非常識な事をしても
    自分は正しいんだと言う
    思い込みが激しいんです
    外部の主人と結婚するまでは
    何かおかしいな?って
    思う気持ちがあっても
    考えないようにしていました
    主人と結婚し 自分の家族と離れてみて
    ようやくおかしいって気付いたんです
    創価にどっぷりつかっていたから
    考え方がおかしいんだ
    家の家族と組織の人達のおかしさ
    が一緒でした( TДT)
    主人に創価どっぷりの生活を小さい時から
    している為 常識 非常識が分からないから
    非常識な事をしそうになっていたら
    教えて欲しいって言ってました
    主人が残って自分が先に死んだ時は
    曼陀羅はひつぎに入れてねってお願いしました
    創価から離れられるのは死んだ時しかないと
    思っていました
    気持ちが追い詰められていたのかな
    と思います
    それから数年後
    2017年2月に燃えるゴミに捨てました
    本部に返せば良かっのかもしれませんが
    創価で生き続けていくことが苦しくなり
    思いきった事をしました❗
    捨てた事は後悔していません
    後遺症と言う部分では
    自分で考えぬく力とか
    常識をもった行動が出来るのか
    自信はありません

  20. 脱会してはいないので、コメントを控えようかなと思いましたが、半分覚醒して感じることを書かせていただきます。

    覚醒して間もないので、普通の感覚にまだ、なれていないと思います。
    何かあるとすぐ、信心、題目が頭に浮かびます。洗脳も重症なので、ちょっとしたことでも信心で乗り越えようとしてしまうんですね。普通の人はどうしてるのかと考えてしまいます。現実を見つめて、上手くいくように頑張るんですよね。神様〜って、何かに祈ったりするのか、人それぞれだと思いますが。
    全て、信心で乗り越えたと思い込まされていたため、なんとなく自分に自信が持てません。
    自分てどんな人なのか。小さい頃は疑問に思わなかったけど、物心ついた頃から創価色に染まってます。
    学会の全て分かってますよ〜〜っていう感じの、上から目線的な話し方も染み付いてて、これも後遺症かなと思います。友人には落ち着いてる、人生順調だね、姉のような感じと言われてます。
    一家和楽、創価の人材に、社会で家庭で実証を!と言われ、選択肢は全て理想に近づけるようなものだけ、選んできました。私は学会三世であり、バリ活の両親も厳しかったので、離婚なんて論外。幹部の方の指導を受け、引き戻されました。何かあるとすぐ、激励があり、信心で乗り越えられると指導受け、世間体の悪い選択はできません、挫折も妥協もしないようになってます。勉強も、就職も、仕事も、家庭生活も、全てに勝利してきました。いいことですが、無理をし続けなければいけません。ロボットみたい??
    私の人生って、自分てどんな人間なのか、さっぱりわからなくなることがあります。仏法は道理、よくないものは全て排除されて、純粋な人間になりました。端から見ると、人が良すぎるそうです(褒め言葉ではありません)騙されやすいです。旦那が嘘つきなのも、数年経ってから、やっと気づきました。それは、もういいんですが。

    人の力になりたいと思い、深く関わろうと思うんですが、離れるのも早いです。
    親身に話を聞くけど、別の日に会うと他人のようになる、 そんな学会の方の姿を見て育ってきたからだと思います。

    これって、後遺症なのか、性格なのか、人生に迷ってるだけなのかわかりませんが。
    創価の家庭で育った影響があると感じるので、後遺症だと思います。
    ご本尊を捨てると、物心ついてからずっと縛られてたものから解放されそうですね。そのときに、自分てどんな人間なのか、どう生きたいのか、考えられそうです。

  21. はじめまして。未活歴1年半の西谷と申します。簡略に自己紹介。40代男、自営業、入会のキッカケは取引関係が密な発注者からの折伏。
    利害関係込みでの相互理解と得心の元入会。
    しかし、入会後、彼からの発注は途絶えその事を尋ねると「まだ信心が足り無いから仕事は出さ無い」とのカルト発言が連発。従業員の生活を守る為取引関係を一切断ち現在に至るも
    自社や家族の為に何か迷惑をかける事を恐れ(学会からの広義での暴力被害を食い止めたいので)完全に未活。

    書きたかった事。
    最近、たまたま「後遺症」や「2世3世における福子・児童虐待問題」等を客観的に再考しようとネットを渡り歩きました。
    2ちゃんねる内の「創価・公明板」上の「おい、おまいら!みんなで小説を作るぞP12 [無断転載禁止]©2ch.net」
    このスレには2ちゃんねるお得意の猥雑な便所の落書きが、勿論!幅を利かせていますが
    その中に「小説 新・折伏ババア」という小説というのか?雑多なスケッチというのか?
    気楽に読み流していますが、メタファーやレトリックスこそ難解というか距離の離れた乖離の補間は必要ですが
    ところどころに、はっ!とする文言がねじ込まれています。
    もちろん私の主観ですが、広義でも狭義でも「創価学会」を再考している方が書かれているのかな?この方も何らかの意味で「創価後遺症」という社会病理を書くという行為によって
    残留する「創価後遺症」の禊祓いをしているのかな?
    と、最近みょうな共感を覚えまして。つまら無い書き込みごめんなさい。

  22. 一時間ほど空き時間が取れました。
    ジェイソン ステイサムとダニエル クレイグ似(但し年齢のみ)の、ラザリスでございます。
    テーマについてですが、自分の場合、創価の独善主義と選民思想がいまだに現れることがあります。
    元々の性格もあるとは思いますが、創価の組織活動によってブーストがかけられたと思います。
    生活する上で邪魔になるので、意識して改善したいと思います。

    創価の組織からエスケイプして、日々不安を抱える中で、ある本の中の言葉が胸に突き刺さりました。
    この言葉をメモ書きにして、制服のポケットにしまっています。
    困難な場面に遭遇するたび、ポケットから取り出して読み返しています。
    何者にも頼らず、自分の力を信じて頑張ろうと決意することが大事だというメッセージです。
    参考までに、記しておきます。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    (自己変革)の道を歩むことを選んだ人間は試され、試練を受け、カスが燃やされて
    最も純粋な黄金だけが残るように、燃え盛る炉の中を通っていかねばなりません。
    すべての試練、テストに感謝しなさい。
    ひとつひとつの困難に直面し、それに打ち勝っていく中であなたは自分が(自己変革)の道を
    さらに進み、目標にどんどん近づいていくのがわかることでしょう。
    生活の中に、もっと喜びと笑いをもたらしなさい。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    アラフィフのオッサン、ラザリスでした。

  23. こんにちは、三枝です。
    後遺症は根深いものですよ。脱会しても何の禁断症状も覚醒途上の苦悩も感じられない人には理解できないでしょう。これは理解するものではなくて実感ですから他人の話を見聞きして追体験したとしても分からないでしょうね。

    ピゲピゲさん
    Signifieさんのおっしゃるとおり私もそうでしたが完全覚醒になるまではどうしようもない感情の起伏が起こってきます。それと同時にそれまでの自身の創価で培われた偏向した見識の無さが感情を吐露する時、相手の書き込みを読む時もそれらが邪魔をして至極全うな事を話されていても過剰に反応してしまってに受け入れられないことがあると思います。ピゲピゲさんも覚醒してまだ日が浅いので流れ星さんが公明党に対して書かれた内容をご自身に向けた言葉だと思われたんだと思います。それくらい、創価で受けた偏った価値観、偏狭な精神構造は修正に苦悩と時間がかかるんです。すでに過去スレで書いてますが私は、20数年かかりました。

    私の住んでいる地域では行かない人はいない位の有名な神社のお祭りがあります。覚醒して20数年経って京都、奈良など有名な神社仏閣、伊勢神宮にも参詣している私でも地元の毎年開催される期間中に何十万と参詣する神社に行くのは引っかかるものがあって今年まで行けませんでした。
    でも、今年は、生まれて初めて行きました。楽しいお祭りでした。本当に吹っ切れました。
    覚醒から27年かかりました。

    流れ星さん
    私は、何もおかしな発言をされたとは思っていなかったので今回のやり取りに少々驚いています。
    私は、脱会に伴う禁断症状の辛さはよく理解しているつもりですので書き込む時も、自分なりに一つ一つ言葉を選び不安定になっておられるネットの向こうの人を想像して書いているつもりです。
    ですから、私の性格や歳のせいもありますがチャラチャラした書き方はできません。
    流れ星さんもそのようにされていると思っていましたから何も問題はないですよ。

  24. 60代元婦人部です。

    ピンク・レディーの「モンスター」の替え歌です。
    題は「モンスター」でも「センセー」でも「イケジー」でもご自由にお願いします。
    ご自分の思いにあわせて歌詞は変えて下さいね。(※お好きな方を)
    皆様の投稿を読むうちにだんだん腹が立ってきて「ひと」を「やつ」に、「現状」を「惨状」に変えました。情報ありがとうございます。

        「モンスター」

    モンスター  この私をだましたやつ
    モンスター  出てきなさいよ
    モンスター  説明する義務があるぞ
    モンスター  あれもこれも ワォワォ・・・・

    呂律がまわらず困るなら 代わりにスピーチ読んでやる
    足腰立たずに困るなら 車イスを押してやる
    瓦解までは まだ間がある
    眼をこらしてご覧なさいよ 創価の惨状

    勲章たくさんもらっても 偉いひとと限らない
    机バンバンたたいても 強いひとと限らない
    (※本がバンバン売れたって すごいひとと限らない)
    この世の中 お前のせい
    悩むひとが たくさんいて 真暗闇じゃないかしら

    創価の闇はいやまして深くなる
    誰もがつらい目にあって たまらない
    そこでも そこでも ほうら そこでも そこでも ほうら
    ほうら ほうら ほらほら

    モンスター  さあ責任とっておくれ
    モンスター  大いそぎでね
    モンスター  隠れていちゃ駄目じゃないの
    モンスター  さばき受けるのよ
    モンスターはどこだ モンスターはどこだ モンスター・・・・

    カネコついててくれたって 何も役に立たないよ
    もしも何かが起こったら 題目あげて 乗り越えろ
    他人(ひと)にはそう 言ってたよね
    金もうけの口実だろ 題目功徳あるもんか

    創価の闇はいやまして深くなる
    誰もがつらい目にあって たまらない
    そこでも そこでも ほうら そこでも そこでも ほうら
    ほうら ほうら ほらほら

    モンスター  もうお前はあくど過ぎて
    モンスター  メチャクチャなのね
    モンスター  この世間をだましたやつ
    モンスター  もうおしまいね
    モンスターはどこだ モンスターはどこだ 

            以上

  25. 非活約1年半、二世、アラフィフのあにきです。
    後遺症というか、何というか・・・過去活動していたとき、何度となく疑問に思うことがありましたが、その都度、今から思えば本当にしょうもない使命感でその疑問を振り払ってきました。その疑問に目を背けず、真正面から見据えていたならば、もっと早く覚醒しており、違った人生を歩んでいたと思います。今でも、なぜあのときに逃げずによく考えなかったのか、と後悔することがよくあり、これが後遺症かもしれません。
    以下、その疑問に思ったことをいくつか記したいと思います。

    ・選挙支援期間中、折伏しているメンバーに対して、ある大幹部が、支援以外の活動は謗法だ、と
    のたまった。
    ・身近な幹部が、金銭問題を引き起こしていたこと。(一度や二度ではありません)
    ・ある本部職員幹部が、30分にわたる会合での指導で、10~30秒に一度、池田先生は・・・、と言い続けたこと。(無理して連れ出した内部の親戚は、コイツはアホか、と呆れ、非活化が一層進みました)
    ・創価班会で、あのお経みたいな暗い創価班歌を、下手くそな指揮で、10回以上歌わされたこと。
    ・10人以上に囲まれ、謝らんかい、とすごまれたこと。(その中心者は数年後事故で死亡)
    ・大石寺戒壇本尊を受持しないなどの会則変更について話題にしようとしたら、ここでは触れるな、と本部職員幹部に止められたこと。
    ・公明支援において、摘発を警告された個別訪問事件のもみ消し、投票日当日の投票依頼活動の強要などを目の当たりにしたこと。
    ・財務について、真顔で、宇宙銀行に預けている、と言われたこと。

    これらはほんの一部ですが、過去に経験したことがいまだに頭に浮かび、しょっちゅう後悔の念にさいなまされています。
    まあ、この後遺症にうまく付き合っていく必要があるのでしょうね。

  26. 金麦です。
    フランソワーズさん、コメントありがとうございます。
    突然カベドンされたら怖いですね。
    創価学会の事を考えてイライラしてる時は、
    創価ドンなんて来た時は、外に出てガンガン騒いでやろうかと思いますが、
    なかなかね〜(*´Д`*)
    ボーッとしてる時にアポなしピンポン来た時は、
    完全アウェイですもん。
    創価脳と争う気力が無い(//∇//)
    フランソワーズさん、大丈夫ですよ、ビクビクしないで下さい。
    カベドンやり逃げ臆病です。
    ラザリスさん、コメントありがとうございます。
    カルト指定の国は、フランスが、濃いようですね。
    古株のラザリスさんからのコメント嬉しいです。
    signifie様、いつもありがとうございます。
    また、ホラッチョぽいの来ましたね(*´Д`*)
    そう思うのは、僕だけかもしれませんが。
    いつもスレ違いのコメントすみません。
    今回のスレは創価後遺症ですね。
    僕は、signifie様のブログに出会って一か月位は、創価は詐欺だと納得しました。
    でも、まだ御本尊に、家族の無事故、職場の人の家族の平和とか、
    でも、職場で自分が輝いて行く為の、結局は自分が輝いて、上から目線の創価脳。
    職場の人の家族の幸せを祈って、諸天も、御本尊も、この僕をいつかは、助けてくれる。
    10年位は、本気で朝晩祈っていましたよ。
    毎日不安との戦いでした。
    まだ100%覚醒まではほど遠いですが、
    創価は詐欺だと気付いてから、半年勤行してませんが、
    事がいい方向に進んで行くのは、気のせいでしょうか?
    身バレして学会除名なんて一石二鳥とはなりませんかね〜〜(╹◡╹)
    創価脳と争うのは、面倒やね〜〜
    長くてすみません。

  27. 非活一年の婦人部です。
    「人のために火をともせば、我がまへあきらかなるがごとし」
    学会は人のためって、どこまで尽くさせるのだろう?
    私も悩んでいる人、困っている人を見ると、無理をしてでも何かしてあげたいと
    思つてしまいます。結局、疲れ果て動けなくなり自己嫌悪になります。
    もっと自分を大切にしたい。今の正直な気持ちです。

  28. 非活約1年半、二世、アラフィフのあにきです。
    グリズリー3世さま。学会が抱える病巣の代表的なものをご指摘なされており、心の底からうなづかされました。
    通帳を預かると言われたエピソードを拝見しました。私の近くでも、他の学会員の財産管理をし、どう見てもそのカネを使い込んでいる奴がいました。周りの心ある学会員がこのことを上に指摘しましたが、上はもみ消しています。この上の婦人部幹部連中が3桁以上の財務を推進している姿を見たときに、覚醒しかかりましたが、その気持ちを抑えこんでしまいました。今でも本当に後悔しています。
    *この件は、ことあるごとに別の上の幹部に指摘してきました。私が完全覚醒し非活になったあと、組織からコンタクトを取ってきたのが1回だけしかないのは、その指摘をしてきたことも要因の1つと思われます。
    あと、あの代読専門のジュニアさまのハレンチな御振舞のくだりを拝見しましたが、アホバカな本部職員というのはあちこちに散らばっていますね。まあ、師匠と崇めたてまつられている大センセイからはじまって、信濃町中枢のみならず地方会館勤務職員に至るまで、ハレンチな異性問題をチラホラ耳にしてきました。こんな話を聞くと、織田信長が比叡山を焼き討ちにしたとき、僧侶が囲っていた女人がゾロゾロ出てきたというエピソードが頭に浮かびます。まあ、学会職員も、自分らは特権階級と思っているので、何してもいいとのぼせあがっているのでしょうね。

  29. こんにちは、非活壮年部のコージです。
    何か問題でも? ( ̄(エ) ̄)
    午前の投稿は久しぶりです。
    世間は3連休ですね。 まずまずのお天気です。

    コンブさん、私も正直、書き込みに悩んだ事もあります。
    でも、たとえまだ脱会していなくとも
    遠慮なんかなさらずに、どんどん書き込みすべきです。
    このブログは、まだ脱会はしていなくとも、
    覚醒して創価から去るために奮闘している方々が
    たくさん参加・閲覧しておられます。
    それどころか、活動に苦しんだり覚醒途中で悩んだりする
    迷える現役の学会員たちも、多く閲覧されています。
    そんな中で、まだ創価から脱会していない場合であっても、
    創価から覚醒した状態、覚醒していく状態であるならば、
    どんどん積極的に発言をなさるべきです。
    何を遠慮する事がありましょうか?
    その書き込みが、悩んでいる人々の心を動かして、
    明日の非活や脱会者をどんどんと増やしていく
    原動力に繋がっていくのです。

    私は以前にも、
    「なんでさっさと辞めないの?」
    「創価にいつまでも属して気持ち悪くないの?」
    みたいな心無い書き込みを見て、
    ひどく心を乱された記憶があります。
    そういう書き込みは、ほんと勘弁して欲しいです。
    このブログは、非常にデリケートな内容を扱う訳ですし、
    色々な立場の方とか、色々な苦悩を抱えた方とかが、
    辛い記憶や心の傷を抱えながらも覚醒し、
    何とか立ち直ろうと、救いを求めて来られる、
    或いは閲覧されている方々がたくさんいらっしゃいます。
    そういう状況なので、どうか配慮をお願いします。

    私たちは、アナタの気持ちをスッキリさせるために
    脱会を目指して奮闘している訳じゃないんですよ。

    また、覚醒途中で悩み苦しんでいる人に対しても、
    アンタの文面は怪しい、もしかしてウンコタレ?
    みたいな書き込みも、行き過ぎと言わざるを得ません。
    それを直接言われた方は、どんな悲しい気持ちで
    ここを去らないといけないのでしょうか?
    その人が、何か悪い事をしましたでしょうか?
    どうか、思いやりの心で書き込みをお願いします。
    決して難しい事ではありません、
    自分がその人の立場に立って言われた場合を考えれば、
    自然に分かると思います。

    あ、すいません、
    決して蒸し返すつもりではないんです。
    あくまでも、そういう投稿によって書き込みを躊躇したり、
    誤解を生んだり、常連さんが離れていくのが
    ちょっと寂しいな、と感じるという事です。
    非活覚醒者や脱会者は、創価脳の人間よりも
    思いやりと広い心を持ってドンと構えるべきなんです。

    メンタル弱いので、反論は一切しないでくださいね。
    (笑)

    創価後遺症に関しては、幸いな事に
    家庭訪問や電話着信、メモ書きなども一切なく、
    心静かに穏やかな生活をさせて頂いております。
    もともと壮年部の活動が大嫌いだった事もあり、
    創価の後遺症に悩まされる事も少ないのはホッとしてます。
    地方のド田舎という環境も大きいのかも知れません。
    壮年部や青年部を中心に、完全に衰退しているのでしょう。
    そんな、創価と無縁な、静かな環境だからこそ、
    私は呑気に「非活壮年部です」などと言えるのかも知れません。
    ありがたい事です。

    しかしながら、皆さんの辛い近況などを読んでいると、
    改めて創価の罪の深さ、業の深さ、闇の深さに
    心を痛めております。
    想像を超えるような、タチの悪い学会員もいるのですね。
    どうか、こちらのブログを軸に、気持ちを整理しながら
    穏やかな生活に向けて歩んで行って欲しいです。
    辛い気持ちはどんどん、ここで吐き出してくださいね!
    (^・ェ・^)クマクマ

  30. >雪ちゃんさんへ
    はじめまして!元学会2世、現在更年期真っ只中で大学院生を育ててるおてもやんです。
    今までお疲れ様でした。
    新聞配達は、日曜日だけの代配をしたことがありますが、正直に私は地区担に「なぜこんなに安いお金しかもらえないの?」と言ってしまいました(^_^;)
    「ご奉仕の精神」だの「やらせていただくことで功徳がつく」という言葉に、素直に納得してしまっていたものです。
    新聞配達もない勤行唱題もない選挙運動もない、素敵な毎日を楽しんでくださいね。

    >ブックカバーさんへ
    はじめまして!
    匿名の情報なので不確かなのですが、とある韓国留学生が日本のカルトとして創価学会について論文を発表しようとしたところ、教授らの圧力で叶わなかったという話を聞いたことがあります。
    まだ日本のアカデミックな場では、創価について批判的な研究はできないムードがあるような気がします。
    もう数年くらい待てば、このような圧力がなくなるかもしれませんね。
    その時のために、創価学会の古い書籍は捨てずに保管しておくべきだとも思います。
    それとこのブログの数々の証言とかずっと残ると良いなあ・・。

    >フランソワーズさんへ
    おはようございます!
    そうですね、世界史にも残ると思います。
    また、宗教を利用して巨大権力となり数兆円の金を集めた池田大作大商人の手法を真似ている企業や団体は、すでにたくさんある気がします。喜んで富を吐き出し、滅私奉公をしてくれる・・・そんな労働者を企業が欲しがらないわけがない。
    世間でブラック企業と呼ばれて有名な会社がありますが、創価を真似てる?とか思うことがあります。

    >コンブさんへ
    後遺症なのか、性格なのか・・・これは本当に、日常生活のいろんな場面で悩む点だと思います。
    「私の人生って、自分てどんな人間なのか、さっぱりわからなくなることがあります。」
    上記のところ、激しく同感です。
    まったく同じ悩みにぶつかりました。焦らず自分自身はどんな人間なのか、楽しんでくださいね。

    >あにきさんの書き込みを読んで・・・
    皆さんが後悔の念にさいなまれるのは、当然だと思います。
    ここで、またまた日本が負けた戦争の話をたとえに出して考えてみました。
    戦時中は皆して流されて、異論をいう人には「非国民!」というレッテルをはり、日本人の多くが「自分の頭で考えることができない人」ばかりだったと思います。(国や家族のために命を投げ打って戦った方々は尊いですが)
    こんな日本人が、戦後、どうやって考え方をスパッと切り替えて精神的に立ち直れたのか? 
    政策として「日本人は悪くない、軍部が悪い」という教育が徹底されたからだったかな?と私は思います。
    こうして「自分たち国民は完全に被害者」という認識を持たせた効果は大きいと思います。
    話が現代に戻りますが、それと比較すると、周りの創価学会員や幹部の指導にも屈せず、自分の頭で考えて「創価は詐欺」と気がつくことができた人は、本当に凄いと思います。
    戦時中であれば「非国民!」と言われようが「こんな負けそうな戦争やめようよ」と言えた人ではないでしょうか。
    きっと、いつの時代でも「これ、おかしくないか?」と気がつくことができる人たちだと思います。

    ああ・・またトピックの趣旨からずれてしまいました。管理人さん、いつもすみませんm(_ _)m 
    「創価後遺症」で一つ思い出したのを書くためだけに覗いただけなのに・・。
    (※内容的に戦争などの話があるので掲載されなくても構いません)

    というわけで、私の「創価後遺症」⑤です。
    朝な夕なに「ああー勤行しなくてもいいんだーーーっ!!!」と今でも喜びをかみしめています。今でもですよ!!
    まったくもってこればかりは、自分でも腹が立ちます。

  31. SGIのホームページに全世界の会員数の分布図があります。(この数の書き方も大雑把ですが。。)

    http://www.sgi.org/snapshot/sgi-membership.html

    日本以外の全世界で175万人でそのうち韓国メンバーが100万人らしいです。
    ということは192カ国地域のうち、日本と韓国を除いた190カ国地域で75万人。そのうちどれくらいの人が活動家なんでしょうね。。。きっと辞めた人の人数は引かず、入るだけ数を増やしているでしょうから。ちなみに2007年から827万世帯も変わらないらしいです。。ますます広布拡大してるんではなかったでしたっけ?
    ほんと選挙や新聞など地区にあげる数はうるさいくて細かいくせに、信者の実数はめちゃくちゃアバウトではぐらかして、分かりにくくして。世界中に広宣流布できてるように装って。ほんとに詐欺以外のなにものでもないです。

    創価の後遺症についてです。去年の7月22日までは普通に毎朝毎晩勤行、毎日1時間唱題、座談会も会合も参加していたのですが、こちらのブログやいろんなことを調べまくって一気に覚醒し、8月1日から勤行活動一切やめて今に至ります。

    最初の数ヶ月はちょっと不安定な時期もありましたが、自分自身のことは乗越えるしかないし、振り返ってもしかたがないし、前に進むしかないと気持ちを切り替えてきました。
    すでに何年も前に覚醒していた弟が話しを聞いてくれたのもかなりリハリビになったと思います。
    2世で人材グループや白蓮や本部長や圏幹部やら婦人部も地区幹部やらなんやらかんやらやってきたました。ただいつも役職はあるのに、今振り返ってみてみなさんの経験と比較するとあんまりやってなかったのかもしれません。後悔はただ何度も挑戦した100万遍唱題の時間、会合に参加した時間、小学校1年から始めた財務のお金ですね。まーそれも今更言ってもしょうがないので、そこは前向きに。ただ今はバリバリ創価脳の母親と周りのSGiのメンバーでもあり友人のことでしょうか。彼らと話しをするたびに創価脳丸出しになり、苦しくなります。どうにか気づかせてあげたいけど、、、洗脳って本当難しいです。
    一人でも多くの方がとにかく早く気づいて静かに去って行って欲しいです。

  32. こんにちは。
    小規模なものも含めて一切の会合に参加せず、家で仏壇を開くこともしなくなってから2年が過ぎました、2世のマヨイといいます。
    後遺症について考えてみました。
    覚醒進行中は、まず、罰が怖かったです。
    その節はこちらの皆様の励ましが何より頼りになりました。「罰はないよ。」と当たり前のことを言ってもらえることは本当にありがたかったです。
    その後、学会員に会うことや葬儀や法事などで勤行を聞くことに対して過剰に反応していました。新聞を止めることができていないのですが、チラリとでも見出しなどの文字が目に入るのも、避けるようにしていました。かかわると悪いことが起こる、というような逆の強迫観念のようなものにとらわれていました。
    よくよく考えてみれば、功徳も罰も与える力のない存在に対して怖がる必要はなかったのです。学会員は「かわいそうな人」、勤行は「ただのお経」、新聞は「新聞紙」だと思えるようになり、楽になりました。
    活動していた間も、覚醒中も、自分の思い込みにかなり振り回されました。
    思い込みがなくなると不安定になるので、自己啓発本やスピリチュアル系に逃げたりもしましたが根本的な解決にはなりませんでした。
    何事にも正解を求めるクセ?性格?のようなものがあり、いまだに自分の居場所を探し求めているような感じです。これこそが後遺症のように思っております。

  33. マヨイさん、コメントありがとうございます。
    そうですよね、学会員であるということは同時に罰の恐怖に怯え続けるということでもありますから、そうした自分を客観的に見ることができれば覚醒へとつながるのかもしれません。そして私の場合は覚醒してもなおその恐怖心はなかなか消えるものではありませんでした。結局は自分の過ちを認めたくないことを「創価は詐欺だとしても日蓮仏法は間違いない」というふうにこじつけようとして、組織にはつかなくても勤行唱題は人一倍やるようなことが何年も続きました。今思えば本当に自分の都合だけで自分を正当化していたように思います。それが5年前になって教義も含めた創価学会が丸ごとただの詐欺団体だったということに気がつきました。何がきっかけだったのかはよく覚えていませんが、当時ネットでの創価の情報を貪るように見始めたのが始まりだったようです。このブログの一番最初のスレッドに書いていますが、いちばん創価がおかしいと確信を持ったのが創価脳のブログでした。本当に気味が悪かったです。
    それは今も見ることができます。
    http://sokanomori.exblog.jp/17098281/
    http://sokanomori.exblog.jp/17095582/
    ↑ここに書いているHN「53歳学会員」というのが私です。当時は創価がおかしいとは思っても、まだ日蓮仏法は信じていた頃です。このページのコメント欄にあるブログ主や常連のコメントを読めばよくわかると思いますが、はっきり言って完全にイかれてます。自分はこんな人たちと同じ考えで生きてきたのか?とゾッとしました。たぶんこのゾッとする感覚がまともな意識を取り戻した瞬間だったのだろうと思います。そういう意味ではこのブログにたどり着いたことが私の完全覚醒へのきっかけだと言えそうです。昔の映画で「ローズマリーの赤ちゃん」というホラー映画の名作があります。主人公ローズマリー(ミア・ファーロウ)があるとき気づくと、自分が産んだ赤ちゃんの周りにいる人間が、悪魔の子が無事に誕生するために遣わされた悪魔の使いだったことに気がつく瞬間。そして自分が産んだのは悪魔の子だったという恐ろしい映画です。自分がとんでもない世界の仲間の一人にされていたことのショックと恐怖に、この映画のことを思い出しました。
    この創価脳のブログでのさんざんな反応によって、私は自分のブログを立ち上げる気になりました。そういう意味ではこのブログ主である菊川広幸氏に感謝しなければなりません(笑)菊川広幸氏のおかげで私は創価が詐欺だと気づいて、その後に私が立ち上げたブログを通じて脱会する学会員が続々とでてきているのですから。

  34. コージさん、いつも優しくて的確なコメントをありがとうございます。「なるほどこんな風に言えば伝わるんだ」といつも感心してます。ときどきこのブログの管理人はコージさんの方がいいのではないかと思うくらいです。ほんとに感謝してます。

  35. 創価の森のコメントを読ませていただきました。

    53歳の学会員さん(シニフィエさん)のコメントされていることは、全く正常な当たり前の疑問だと思います。

    学校や会社で生徒や社員が急に来なくなって、家族に問い合わせても『元気ですよ!』と言われても、全く納得いきませんよね。

    『池田先生は我々弟子に全てを託された』
    とか馬鹿なことをいってますが、普通に人前に出て来いよと言いたくなりますね。

    学会員の誰1人として納得いく説明できないのもマインドコントロールされている馬鹿集団です。

    罰論で脅され、他人を見下し、善意のつもりで布教や新聞推進の迷惑行為を繰り返し、断られたら相手を哀れむ思考回路。。。

    ほんまに愚かな人間たちです。私も父母もこんな愚かな人間たちと同じだったと認めるのは、とても大きな悲しみを伴いますが、事実は事実として受け入れないといけません。

    でも、『気づけてよかった(^-^)』

    本尊破り捨てましたが、新規事業を2つ開始予定です。発展が止まりません(^-^)

  36. 入信40余年、元女子部本部長・地区婦、ほぼ非活、
    以前、数回書き込みをさせていただいたマロンと申します。
    仕事が多忙なこともあったのですが、スレッドやコメントは閲覧しておりましたが、
    脱会していないので、なんとなく書き込みづらいものを感じるようになり、ROMだけしていました。

    さきほどのコージさんの温かいコメントにうれしくなって、つい出てきてコメントさせて頂きました。
    もちろん、管理人のシニフィエさまあってのこの場所と思っています。
    お忙しい中の適正な運営管理(某代表さんへの対処など)、何度言っても足りないくらい感謝です。

    なにやらテーマと違う中身のない書き込みで失礼しました。
    また、書けるときにコメントさせて頂きたいと思います。

  37. ブラッド ピットとレオナルド ディカプリオを足して2で割った感じ(年齢のみ)のラザリスです。
    ややこしくてすみません。(⌒-⌒; )
    創価の後遺症についてですが、自分は二十歳で入会した1世です。
    つまり、二十歳までの20年間はごく普通の宗教観と価値観をもって生きていたわけです。
    その後、約20年間は創価の宗教観や価値観を基準として生きていました。
    自分にとって、覚醒することとはつまり、子供時代の宗教観や価値観、人生観を取り戻すことでもあります。
    いつかのコメントに記しましたが、創価の活動や組織に疑問をもち、マントラをやめて、ものすごい数の書籍を読み漁り、やっとのことで創価のイカサマに気づきました。とても苦労しました。
    一方、2世や3世の方々は、生まれた時から創価の宗教観や価値観を叩きこまれ、他の宗教観や価値観にふれる機会を奪われてしまった方々だと思います。
    そうした方々が勇気をもって、こうしたブログをきっかけに創価の本当の姿に気づき、新しい自分の人生をスタートさせることは、ものすごく素晴らしいことであるし、逆に言えば天地が逆転するほどの衝撃をともなうことだろうとお察しいたします。(1世の自分の想像をはるかに超えるくらい)

    今回のピゲピゲさんの件をきっかけに、様々なことを考えました。
    こうした大きな社会問題について自分がコメントを寄せる場合、それが諸刃の剣になりうること。
    覚醒段階や、家庭環境も様々な方々が集う場所であるがゆえ、ある方にとっては希望を与えるコメントになりうるし、同時にある方にとっては傷ついたこころを逆なでするようなコメントになってしまうこともありえます。
    自分がコメントを寄せる時、覚醒途中の方々を傷つけるものになっていないかと、誤字脱字がないかの確認を3回くらい行ったのちに投稿するように心がけてはいますが、それでも後悔することがあります。
    過去の自分のコメントによって、もしも傷付かれた方がいらっしゃいましたら、本当にごめんなさい。
    自分の基本的な考えは、コージさんと同じです。
    管理人のシニフィエさんには、いつも御苦労をかけっぱなしですが、このブログが創価の呪縛に苦しむ方々にとって、灯台のような存在であり続けることをいつも祈っています。
    これからもよろしくお願いいたします。
    ^_^

  38. 楽観さん、ありがとうございます。
    創価の公式HPに載っている827万世帯という数は10年間変わってないんですね。そもそもこの世帯数というのは、創価の会員が受け取った御本尊の数らしいので、脱会者がいくら出ようともこの数が減ることはないんですね。ちなみに私の両親で一世帯。兄夫婦で一世帯。二人の姉夫婦で二世帯。私が一世帯。合わせて五世帯な訳ですが、兄夫婦以外は誰も信仰してませんので、実質は一世帯ということになります。私の場合でさえ実態は5分の1なんですから、発足した80年前から創価学会員へのすべての御本尊数が827万というのは、いかに会員数の実態からかけ離れたものかがわかります。一般的にも実質的な創価学会員は200万〜250万人程度と言われていますから、世間ではその程度にしか見られていないということですよね。いつも言ってますけど、選挙のたびに学会員があれだけ血眼に選挙活動をやっても、公明党の得票数は700万票で、それも年々減り続けているんですから(笑)
    たぶんパソコンで「創価学会」と打つことが多いせいか、ネット上に創価の広告が表示されることが多いのですが、さっき「世界に広がる創価学会 アメリカ編」というのがあったので見てみると「マンハッタンだけでも年間1000人の新入会者があります」「今や世界中で行われるようになった創価学会の座談会」などとテロップ付きで堂々と言ってました。するとこの10年でマンハッタンだけでも創価学会員が1万人増えたっていう計算になります。いったいマンハッタンには何人のSGI会員がいるのでしょうね(笑)この言い方ではあたかも世界中にどんどん創価学会員が増え続けているといった実態とは真逆の印象を意図的に与えています。SGIと日本の創価は全く違います。脱会したら地獄に落ちるなんて言わないし、3桁の財務を出せとも言わない。SGIの公式HPでは創価があたかも仏教の正統派みたいに言ってますから、すでにそこで会員を騙してるし、世界に広がっているかのような表現は、日本の会員を騙す道具にしています。むしろそのためにSGIがあるようなものです。
    日本の創価学会員の数について考えると、どう考えても増えてはいないのは明らかです。全国的にかつてのブロックがなくなり地区も統合されているのが実態ですし、普段会合に来ない学会員でも参加する新年勤行会の参加者も年々目に見えて減少しています。特に創価学会員に限らず日本の人口分布は、いわゆる団塊の世代が多いですから、もう70代になる団塊の世代はこれから急激に少なくなってきます。同様にたとえ脱会しなくても学会員の数がこれから10年間で激減するはずです。加えてこのブログのコメント欄を見てもわかるように、創価が詐欺だと気づいて脱会する方がどんどん増えています。どんなに贔屓目に見ても、創価学会は減り続けているということは隠しようがありません。それを創価ではあたかも学会員が世界中に増えているかのような宣伝を会員のお金を使ってテレビコマーシャルやネット広告をやっているんです。
    ネットで情報を得ることが日常的になった今頃では、もはや創価の騙しは通用しません。もう創価はネットすら見ないような人たちや、見てもなんとも思わないような洗脳されまくりの会員しか残っていません。新入信者と言ってもわけのわからないお年寄りを無理やり入会させるのが関の山だし、たとえ若い人であってもネットの情報で創価が詐欺だとすぐに気づくでしょう。
    あとは2世3世の学会員がどの時点で創価が詐欺だと気づくかで創価崩壊のカウントダウンが始まると思います。というか、カウントダウンならすでに始まっていると思います。それはこのブログへのアクセス数がますます増えていることでもわかりますし、コメントの内容も一段とその数と説得力を増しています。
    もはや「世界に広がる創価学会」なんて根も葉もないインチキだということは、いまさらここで言わなくても世間はすでに知っていることです。
    それにしても10年間も827万世帯という数が変わっていないというのは、どういう意図があるんでしょうね。

  39. もしも創価学会がまともな宗教団体であるなら、まず実際の会員数を公表するだろうし、財務をはじめとした収支報告を公表するだろうし、6年も池田大仏が人前に顔を出さないのに「先生はお元気です」と言い続けるのが何故なのかをきちんと説明するでしょう。それを一切しないのが現実の創価学会です。そしてそのことに少しも疑問を持たないのが創価学会員が洗脳されているということの紛れもない証拠だと思います。他にも創価のおかしなところをあげるときりがないですが、もし創価が正しい宗教団体であると言いたい学会員がいるのであればmまずはこの3点について誰もが納得のできる回答をしてほしいものです。しかしこれまでそんなことをした学会員は一人もいません。マスコミも会員から集めた札束で口封じされているので何も言いません。政府自民党も政権運営には公明票が要るので決して創価を批判したりはしません。つまり創価は会員から集めたお金によって権力を掴み生きながらえているのです。
    収支報告もしない、会員が何人いるのかも教えない、トップが6年も行方不明。学会員はこんな団体の何を信じているのか、普通の人間にはおよそ理解できません。ただただ「祈るだけでしあわせになれる」という根も葉もない甘い言葉に騙されて、一旦騙されたら「やめたら地獄に落ちる」と脅され続けてやめられないようにする。こんな恐ろしい詐欺集団は他にないんですけどね。おかしいと思う前に自分で考えることをしなくなりますからなかなか気づかない。気づくようなことがあっても恐怖心でそれ以上考えないようにしてしまう。これが創価の洗脳の手口ですから、たとえ洗脳が解けて創価が詐欺だと気がついても、恐怖に囚われた心はそう簡単に元には戻りません。そうやって覚醒後も苦しんでいる元学会員がたくさんおられます。
    ここにコメントされる方は、気づきそうな人でも、気づいた人でも構いません。その時その時の正直な思いを吐き出してください。みなさん大なり小なり創価によって傷ついた方たちです。「なんでこんなことに気づかなかったんだろう!」ってことだけでもいいんです。文字にして吐き出しましょう。それだけでも随分と心が軽くなるものです。「うちのダンナが創価脳で嫌になります」でもいいんです。「やっぱりどこかで罰を怖がっている自分がいます」でもいいんですよ。悪いのはあなたじゃない。騙した創価が悪いんです。創価から受けた被害を白日のもとにさらし、みんなで共有し、軽くなりましょう。そして名実ともに静かに創価から去っていきましょう。後遺症が残っている限り、創価から去ったことにはならないとも思います。後遺症についても語ってください。「今でもこんなことが後遺症だと思う」とか「創価のTVCMを見ると吐き気がする」でもいいんです。悪いものはどんどん吐き出してしまいましょう!

  40.  コージさんのほっこりしたコメントに誘われて2回目のコメントをさせていただきます。   
     これは創価後遺症と言われるものかわかりませんが、15年以上前私の母が亡くなった時、葬儀の準備中母の長年の友人の方から連絡があり、私が学会員の為葬儀が学会のやり方でやるのか、そうすると香典が学会に取られるのかと心配の電話がありました。それを聞いた私自身がビックリ仰天、もう創価の事はとっくに忘れていたのにもちろん母は創価とは全く関係ありませんし、葬儀は我が家の昔からの宗派でとり行いました。しかし自分自身が忘れてかけているのに世間の人は創価というと、どなたが言う通り警戒感を持っているのですね。全く業の深い集団だと思いました。

     なお今回の流れ星さんとまるちゃんさんのコメントを拝見してきっとこの方たちは普段は常識豊かで穏やかな方たちと思いました。しかし長年の経験から創価に対する怒りが半ぱではないのでしょう。私も創価の署名活動は胡散臭いの署名したことはありません。何に利用されるか分からないといつも思っておりました。お二人のコメントは創価の実態を知る貴重な証言だと私自身実感しております。                 
     最後に管理者人様このブログ管理人様のベースで細く長く続けてください。私もこのブログで救われました。

  41. 久しぶりにコメントします。
    50代婦人部学会二世「青空のゆくえ(旧HN:ハナ子)」です。

    今回のコージさんのコメントに心が救われました。
    私がずーっと感じていたことを、まるっと書いてくださりました。
    本当にありがとうございます。

    私がこちらのブログに初めて書き込みしたのはかなり前で、3~4年前になるかと思います。
    私と同時期に、「創価に恩があるので、なかなか脱会できない」と書き込まれた方がいました。その方のコメントが私の気持ちと似ていて共感を覚えたのですが、なぜか、「ナリスマシ認定」されてしまいました。

    私はショックを受けたのと同時に、ここは揺らいだ気持ちを書き込んではいけない場なんだと認識し、コメントの書き方に注意してきたつもりです。でもずーっと創価に、というより同志に恩を感じていたので、なかなか「創価は詐欺」という言葉を受け入れることができなかったんですね。

    自分なりに創価の悪事をいろいろ調べて、ようやく、私の周りにいる、末端の信者がどんなに良い人たちだろうと、それが創価が正しいことの証明にはならないと結論づけることができました。

    幸か不幸か私は組織内で嫌な目に遭わずに生きてきたので、「恩」とか「情」を切り離して考えることにものすごく時間がかかりました。今でも親身になってくれた同志の顔を思い浮かべると辛いです。洗脳システムの罠にまんまとはまってしまったみたいです。それが後遺症といえば後遺症かもしれません。

    まだ脱会へと気持ちが固まっていませんが、私は病気を抱えているので、体調をみながら創価関連のものを少しずつ処分して、気持ちの整理をつけています。

  42. signifie様、皆様こんばんは。

    以前に『創価をやめてバチが当たりましたか?』に投稿し
    遅くなりましたが、あにき様コメントありがとうございます。

    元2世40代の九品仏です。

    今回のテーマ『創価後遺症について』

    バリ活イケイケ時代に折伏、家庭訪問、牙城会任務、新聞啓蒙、
    座談会&セミナー参加のお願い、支援戦投票のお願い等々
    色々やらかし嫌な思いと御迷惑をかけてきました。

    友人知人に連絡をすると警戒されます。
    創価脱会したと言っても『本当に?』と帰ってきます。
    色々と友人知人と繋がりがあるので『聞いたよマジで?』とも帰ってきます。
    なかなか信じて貰えず今は創価脱会の説明報告(笑)と以前の行いで
    ご迷惑をお掛けしたお詫びをしています。
    あと良く聞かれるのが『別の宗教を信仰するの?』です。
    これが創価後遺症かもしれません。

    私の答えは
    『創価は宗教では無い詐欺団体、もう宗教はこりごり盆と正月と葬式、神社お寺行ったときは
    ただ手を合わせるだけ』創価は本当にウンザリです。

    今は人間関係、友好関係を再度作っている途中です。
    直接会った方々には雰囲気がかわって前より笑顔が多くなったと言って貰えて嬉しいです。

  43. 創価が詐欺だという現実を考えた時、とてつもない悲しみに襲われます。

    創価一筋で生きてきた父母の人生を否定することになりますし、創価の父母から生まれた私は一体なんなんだ?という疑問が出てきます。

    父は、創価を守りに守り抜いてきました。これは別の見方をすれば、創価の悪事に全力で加担してきたことになります。
    『創価は最高の仏法団体。唯一の善なる団体。池田先生は人類永遠の指導者。池田先生と学会を守ることが、世界人類の未来永劫の幸せにつながる。また、自分を含め子供達、家族の幸せもある。』と本当に純粋な気持ちからでも、悪に加担していることになります。
    ですので、創価が詐欺だと認めることは、父は悪者であり、私は悪者の子供、ということになります。
    今の私があるのは、存在悪である創価を守りながら、生計を立ててきた(全部では無いですが)と考えてしまいます。要は他人を不幸にしてきた上に私の幸せを築いてきた。と。

    地球市民の代表様のおっしゃるI方面長から父はよく相談を受けていたようです。私の結婚式にも主賓できていただきました。y議員もよく自宅に来られていました。

    お二人とも、人柄も良く、親しみやすい方でした。

    このレベルの幹部でさえ、おそらく騙されていたのではないでしょうか。。。。。

    『創価は正しい』と『創価から離れると不幸になる』『池田先生は現代の日蓮大聖人』と考えておられたのでしょうか。

    『創価は正しいのだから、多少の汚いことはやむを得ない。世間が濁悪なのでどうしてもこちらも汚い手を使わざるを得ない』と考えていたのでしょうか?

    真相はわかりませんが、創価から離れるととてつもない自由がありますね!

  44. おはようございます!コンブです。
    学会の 恐ろしい真実を知ることができて勉強になりました。
    ラザリスさんのメッセージ、参考になりました。生活の中にもっと喜びと笑いを見出しなさいってところが特に好きです。私も今までは、人間革命そのほか、創価の本を読むのが精一杯で、一般の良書から離れていました。これから、読書していろんなことに触れていきたいなと思います。
    コージさん、ありがとうございます。もやもやした思いを吐き出したいし、自分の中で整理したいから書き込んでしまうんですよね。的外れなこともあるかもしれないですが、バンバン吐き出させてもらいます。シニフィエさん、読んでくださる方に感謝してます。ここで、コメントすることで、組織の人に自分の本心を伝える練習になっていると思います。
    おてもやんさん、同じ悩みを持ったことがあると教えていただいて自分だけじゃないんだと、少しホッとしました。創価の思想、理想から1度離れて、焦らず、自分を見つめ直して生きていこうと思います。

    違う地区の先輩にですが、活動を休みたいことを、相談しました。分かりましたと言ってくれました。違う地区の方ですが、いつも話を聞きに来てくれます。本当に良い方です。
    同じ地区の信頼できる方に話したところ、いつも話を聞きにきてくれるその先輩まで話しが届いたようです。

    同志というだけで気にかけてくれ、いろんな悩みを聞いてくれて、 人間関係が深くなるので、本当に抜け出しにくい組織です。学会の変なところなどの疑問をうやむやにされても、許してしまいそうです。中には変な方もいるけど、大体は人が悪いんじゃなくて、組織が悪いんですよね。先輩は学会2世の方で、私が覚醒した理由を話しても理解してくれないと思います。だけど、脱会したとしても、その方とは縁を切りたくありません。
    良い人もいるので、創価の人が嫌なんじゃないんです。
    学会の考えが、思想が、組織が嫌なんです。

    覚醒した時点での後遺症として、
    子供のことなど、日常生活が学会に浸っていたので、活動を休んだり、脱会した後の生活を考えると、親子、夫婦、友人などの、人間関係の変化に不安があります。

  45. アラフィフ元地区婦のレモンです。
    バリ活歴30年弱。
    地区婦と配達歴20年弱。
    覚醒後非活になってもうすぐ2年になります。

    創価の後遺症。
    バリ創価脳と暮らしているので、創価の情報や動きが、嫌でも目や耳に入ってきたり、創価絡み(財務など)でバトルになることもあり、心はなかなかスッキリできない。
    何人かの方も仰っていますが「覚醒したのに脱会できないなんて」というニュアンスのコメントは、自分に向けられたコメントのように感じてしまう事がある。
    長い間、地区拠点や配達をしていたので、近隣や商店街では「創価の人」と思われていて、いちいち「創価辞めました」と言って歩くわけにもいかないと葛藤する事がある。
    活動家の頃「創価の看板を背負ってるんだから、自分が地区を牽引しなくては」とヘタレな心を無理やり鼓舞しながら、活動してきたツケを覚醒後にもろにかぶってます。
    と思いつくまま、覚醒後の心の傷跡を書いてみました。

    そして、少し自分の思いを。
    ここで、色んな立場の方を知れば知るほどに、コメントする時に色々考えるようになりました。
    例えば、創価の職員の事を糾弾するコメントは、そのご家族で覚醒された方を知った時に心痛めるようになりました。
    これも色々な考え方があり、創価の浄財で生活している時点でアウト!なのかもしれませんが、職員でも真相を知っているのは、ごく一部の人であると思うし、その身内の方で覚醒している方も沢山いらっしゃるでしょう。
    そう考えた時に、どのようにコメントするのがいいのだろうか・・と考えるようになりました。
    ここに集う人の誰もが、誰かを意図して傷つけようなんて思っている人はいません。
    でも、自分の思いを率直に書くことによって、そのコメントによって傷つく人がいるんですよね。
    私自身がそれを知ったのは、ゆる活だった方の「バリ活のように活動していなかったのでコメントするのに躊躇する、ユル活の何が悪いんだ」というコメントを見たときに、ハッとしました。
    きっと私のコメントも、誰かを傷つけていたのだろうと。
    とはいえ、創価の実態を知ってもらうためには、その事実を書くことは必要だと思うので、言葉や思いに配慮しながらコメントしたいと思います。

  46. ayuさん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    ただこのブログへはじめてコメントする方には自己紹介をしていただかないと承認しないというルールがありまして、今のところ保留しています。これまで創価とどういった関わりがある方なのかがわからないと、コメントの受け取り方がまるで違ってくるからです。よろしくお願いします。

  47. おはようございます。三枝です。
    本当にコージさんのお話は悩んでいる人を救えるこのブログを維持していくうえでも大切なことだと思います。
    そこでご提案ですがsignifieさんがいつも書き込む際の自己紹介を必須とされているように同じ轍を踏まないためにもブログのトップか各スレッドの最後の所に書き込みの際の留意点としてコージさんのお話の要点を「お願い」として添付されてはどうでしょうか?

    コージさんのおっしゃる事を要約して書き込む際の共通認識としていれば偏った書き込みにはならず、やっとこのブログでご自分の思いを吐き出せたたどたどしい書き込みにも一定の配慮を持てる空気感が出きて来るのではないでしょうか。
    それがあれば、自分だけが感じれると一方的にナリスマシだと断定して書き込むような状況は減ってくると思います。
    替歌しかりブログを暗い話だけではなく楽しい明るい話もしようとされた配慮の書き込みをされる人もその方が心置きなくはじけられると思います。

    こんな時いつも私の脳裏にあるのは大変なお気持ちの時に登場された時のスマイルさんへのコメントされた人の中に工作員や創作だと決めつけて書き込みされた人が何人かいたことです。私は、それが本当に悔しくて何度か投稿してスマイルさんに心情を吐露して回復してほしいと願いました。

    ナリスマシは初めから論点がズレていて見え見えなのはここに集っている人たちはわかると思うんです。それはそれでスルーすればいい話だと思います

  48. コンブさんへ

    おはようございます!お返事ありがとうございます。
    さらに、すごく似た状況があったので、書かずにはいられなくて連投ごめんなさい。
    活動を休むことに同意してくれる組織の人がいて本当に良かったですね。
    私の場合も、見かねた地区担から「休んでは・・?」と声をかけてもらて救われました。
    この地区担には学会以外でも、「お昼ご飯どうお〜?」と、とカレーうどんなどをパパッと作ってご馳走してくれるような面倒見の良い人でした。だから彼女は地区の人以外、団地全員からも慕われていた素晴らしい人でした。
    コンブさんの仰る「人が悪いんじゃなくて、組織が悪いんですよね」と、まさに仰るっとおりだと思います。
    私が覚醒した理由を話してみた時の地区担は「・・・・おもてやんちゃん、そんな週刊誌のデマを信じてしまって・・」と悲しげに話すだけでした。(そう言われるこちらも辛かったですが・・・)
    今も年賀状のやり取りは続いてはいます。「20万円の財務には今も納得がいきません」という文面を付け足してしまいましたけどね(^_^;)

    学会員って、基本的に「人が良い人」が多いと思います。
    お人好しで、誰かを楽しませようとバカが平気でできる私のようなのもいます。
    だから無理に心根の良い人たちの繋がりを断ち切る必要は無いと思います。
    コンブさんのように日常生活が学会に浸かっていた方は、ゆったりと自分のペースを守りながら学会員以外の人とも交流の場を増やすのが良いのかなぁ・・。それに、籍はあっても心は脱会してるってだけでも十分な場合もありますよ。無理して脱会という形にこだわることはないと思います。

    まったくの余談になってしまうような私の妄想なんですが、ついでに読んでみて下さい。
    地区規模であれば、学会組織を独自の雰囲気に変えるのは可能だと思います。
    上からやれ「選挙だ啓蒙だ」と指示があろうとも、座談会では楽しく交流の場のお茶会にしてしまう。
    例えば・・・
    大白蓮華を地区部長が読み上げるも
    「まぁ〜でも、どーせ数年でまた教義も変わるからぁ!化儀ですから、化儀!みなさん、てきとーにてきとーに」と笑い飛ばす。
    「え〜また選挙の時期になりましたが、選挙は自由なんで皆さんの判断にお任せしますわ〜」と個人の意思を尊重させる。
    「今月は新聞啓蒙月間だけど、ま〜みなさんもお忙しいから無理せんで。こういう話はさっさと終わって、ささ!お菓子食べましょう」という感じの「ただの楽しい寄り合」の場に変えてしまう。

    ただでさえ人間関係の希薄な今の時代、創価学会と言えど「近隣の老若男女が集うという形」は、有効な活用方法があるかもと、実は私は思います。(独居老人対策にもなりますし)
    「ちゃんと座談会やってっかな?」と学会本部が蓋を開けてみたら「全員がアンチ創価だった」とびっくりさせてやっても良いかもしれません。
    以上、もしも今も脱会せずにいたらこんな風に組織を変えられたかもなあと、たま〜に空想しています(^_^)

    コンブさんのいらっしゃる組織が、こんな風な信心抜きでの「心の拠り所」になると良いですね。

  49. 「真紅の薔薇」です。
    夫が座談会に出かけました。不意打ちだったので、ショックを隠せませんでした。隠す必要もないですが、心がしずみます。
    夫は「一家和楽」というのを、大事にしてます。気を使って、出かけていきます。

    シニフィエ様、コメント承認ありがとうございます。
    新しいHN「真紅の薔薇」は、私の外見とは全く違うものです。でも、独りになったときふと浮かんだHNです。
    書込みしたあとから「真紅の薔薇」の意味を考えました。「とげを持ち、人を傷つけないと生きていけない、手で握ったら血まみれになってしまう」
    私自身は、表向きは新しいことに向かい意気揚々としていたいのに、潜在意識では「真紅の薔薇」の状態なのです。創価脳の夫の存在は私にとって昇華できるものではないのです。
    そして、まだまだ、このブログを必要としてます。卒業できないでいます。

    「白バラ通信」様と対照的なHNになったのも、またまた、何かのご縁かと存じます。
    「創価如きで離婚することはない」と、おっしゃって下さったことを鮮明に覚えております。
    創価の悪事が世間に明白になることを信じております。

    これからもよろしくお願いいたします。

  50. 今週、脱会届けを出した雪ちゃんです。
    頭がこんがらがってしまいました。
    外部の友人に脱会した事を伝えると、喜んでくれるどころか「学会さんのおかげで悩みを乗り越えてきたのに辞めたの?」と言われました。
    恩知らず扱いです。
    最近の学会のソフト路線により、外部の人もソフトマインドコントロールされています。
    脱会しなくても、しても、私への風当たりは強いかもしれません。
    でも、脱会したことは後悔していません。
    覚醒バリ活も非活もユル活も脱会した人も、いばらの道ですが、自分を信じて負けずに頑張りましょう!

  51. 私は母が信者だったという立場の者です。母が脱会した事で一番思ったことは「これで母はもう周りの人に迷惑をかける事が無い」
    安堵感は半端なかったです。昨日叔母に電話した時、従姉弟が出ました。凍るような口調に、もう関わりたくないと言う意志を感じ辛いものがありました。
    他人であれば脱会したと聞いたら過去に何があっても「ご自分を取り戻して良かったですね」ともろ手を挙げて祝福するでしょう。
    しかし、身内、親族はそう行きません。かつては母は、創価学会というお金と権力で何もかも封じ込める組織をバックに温かな家庭、親族のコミニュテイを破壊してきました。
    母は被害者でありましたが、加害者でもありました。それは逃れようのない事実です。
    母の近くの信者さんの家族が自死された事お二人知っています。詳しくは書けませんがどちらも一家和楽のご家庭でした。
    お一人は高校生でした。母を信者に勧誘した人のお嬢さんでしたが、私だったかも知れないと当時思いました。
    私は信仰を強要され罵倒されましたが「信者になるくらいなら死んだ方がまし」という強い思いがあり、今こうして生き延びる事ができたのは良き先生、友人に恵まれたからだと思っています。シニフイエさんのブログに書き込ませていただいているのもいい加減な気持ちではないのです。もう犠牲になる人を出さないでほしい。そして私の経験から子どもを育てているお母さんの信者の人に伝えたいです。
    あなたは子どもを自分で守ってますか?創価学会に丸投げして活動に奔走し、子どもの心に目を向けるのを忘れていませんか?温かい食卓を囲んでいますか?
    亡くなった方がこちらのブログにアクセスできる時代だったらきっと今もお元気に生きてらっしゃったのではないかと悔しく思います。今後多くの創価問題で苦しむ人を救えるのは実際経験された方のコメントだと思っています。
    後遺症は親戚にお詫び行脚しなければならないことでしょうか。

  52. 雪ちゃんさん、大丈夫ですよ。がんばりましょう!(笑)
    外部でも内部でも、創価が宗教だと思っている人の発想ですから気にすることはありません。たとえば創価を暴力団に置き換えてみましょう。
    「私ね、暴力団から足洗ったの」
    「暴力団って言ってもあなた今までお世話になったんでしょ。誰のおかげで今まで生活してこられたと思ってんの?」
    「でも、私は恐喝や特殊詐欺や覚せい剤や強制売春や人身売買で得られたお金で生きてきたことに気づいたの。だからそんな人生は嫌だと思うからやめただけ」
    「慈善団体を暴力団だなんて、なんて恩知らずなの」
    というふうに暴力団を慈善団体か何かと勘違いしてる人にはどう説明しても同じです。その友人が創価が詐欺だとわからないのでは理解してもらえないでしょう。いずれわかってくれる時が来ますから気にしないことだと思います。
    私も何人かの親しい友人に創価のことを話しても「詐欺団体とまでは思えない」という反応が多いです。それは実態を知らない印象だけで判断してる人ですし、知ろうとも思わないのが普通ですから無理もありません。中には私以上に創価の正体をしっかりと把握している外部の友人もいます。直接被害がななければ創価に関わろうと思う人なんていませんから、これはしょうがないんだと思います。本当はとんでもない社会問題なのですが、創価が詐欺だということが世論になるまでにはもう少し時間がかかるでしょう。創価に限らず新宗教はみんな怪しいから関わりたくないというのが多くの人の反応です。

  53. 50代婦人部学会二世の青空のゆくえです。
    たびたびすみません。
    テーマからずれてしまいますが、話させてください。

    スマイルさんのお父様とは比べものになりませんが、うちの母も時間と労力を創価に捧げた人生でした。

    母は、入信する前は、幸福になりたいと近所のお寺に毎日のようにお参りしてたそうです。
    「謗法をたくさん犯してしまった、だから学会活動を一生懸命やらないと宿命転換できない」とよく口にしていました。
    謗法=地獄におちることが怖かったのでしょう。

    配達員を30年やり、誰かが病院に行くといえば付き添い、お年寄りが老人ホームに入所すれば身の回りのお世話をしに通う。
    うちは母子家庭でお金がなく財務がまともにできなかったから、母は部員さんのお世話をすることで、学会のために尽くそうとしていたんだと思います。もともと困った人を放っておけない性分もあったのでしょう。

    亡くなる直前も、病院のICUで人工呼吸器をつけながら、同じように人工呼吸器をつけて意識不明になっている隣のベッドの人に向かって、助かるようにお題目をあげていました。
    「祈りは必ず通じるから」と。

    葬儀に使う遺影を探したとき、プライベートの写真が一枚もなかったんです。愕然としました。座談会の集合写真や、会館、本部に行ったときの記念撮影ばかりで。結局会館の庭で撮った写真を遺影にしました。

    配達員を卒業したら旅行に連れて行ってねと、旅行に行くことをすごく楽しみにしていたんですが、病気でそれも叶わず。
    母の遺品は創価関連のものばかり(まだ全部処分できていません)。

    亡くなって10年以上経ちますが、母の人生は何だったのかなぁ、幸福だったのかなぁ。私は親孝行できたのかなぁ。わかりません。。。

    母のような婦人部が全国にはたくさんいらっしゃると思います。創価を支えているのはそういう「面倒見の良い」「おせっかいな」婦人部ですよね。うまくおだてられて都合よく使われて。
    気づくのが遅かったです。

    >レモンさんへ

    いつぞやは声をかけていただきありがとうございました。
    長いことコメントしなかったので、お返事が遅くなりごめんなさい。
    HNは、お察しのとおり曲名です。それがわかるということは、レモンさんもファンですね?
    今後ともどうぞよろしくお願いします。

  54. 明です。

    「南無妙法蓮華経」と書かれた紙に
    「南無妙法蓮華経!南無妙法蓮華経!南無妙法蓮華経!」と必死になって唱え続けなくても
    「かわいいものを見る」だけで幸せな気持ちになります(*´▽`*)

    「創価学会」という会の「会合」に必死になって出なくても
    「美しい音楽を聴く」だけで幸せな気持ちになります(*´▽`*)

    「創価学会」という会に必死になって「財務」をしなくても
    「美しい景色を見る」だけで幸せな気持ちになります(*´▽`*)

    「幸せになる」とは「幸せな気持ちになること」です。

    自分が幸せを感じることを行っていれば
    自然に幸せになっていきます。

    人として自然な普通の幸せを感じる生活を送っていれば
    異常な創価脳は自然に癒されていきます(*´▽`*)

  55. 三枝さん、いつも冷静で心強いアドバイスをありがとうございます。とりあえずブログのトップに文章を追加してみました。足りないところなどありましたらご指摘ください。

    私は生まれてから50過ぎるまで創価に騙されてきたことのショックでうつ病になりましたが、同時に言葉がどれだけ人の心を傷つけるのかということも知りました。なんでもない言葉であっても受け取る人の精神状態によっては「死んでしまえ」としか聞こえないというのも身にしみています。今も知らない人と話しをする時には過剰に緊張したり、時には軽いパニック状態に陥ることもあります。場合によっては誰もいないところで絶叫寸前の時もあります。誰かに自分の人生を否定されることはとても辛いですが、自分自身が自分の人生を否定しなければならない事態というのは、それ以上に辛いのだと思います。逃げ道のない辛さです。学生の頃から「自分は入信動機を持たない」ということに対して、心のどこかで疑問を抱き続けてきたように思います。しかしそれについて考えようとすると、別の自分がそんな思考をかき消そうとしていました。疑うな、疑うな、疑うな。ずっと自分に言い聞かせてきたように思います。それがある日突然、疑って当然のことだったことがわかった。敗戦の日を境に、突然軍国主義から民主主義にヒックリ変わったときの日本人のように、価値観が完全にひっくり返った日。思えば、人類の哲学は疑うところから出発しました。人間の「疑う」という崇高な精神作用を頭ごなしに否定し、生き方を固定し、会員の思考をがんじがらめにしてきたのが創価学会です。仏法と生命哲学だとか言っても内容はただのインチキ詐欺でした。何も考えずにお金と時間を提供する人間をネズミ講的に大量に作り出すシステムが創価学会です。哲学とは真逆に位置する恐ろしい洗脳集団です。さらにそこから逃れた後も、様々な形で厄介な後遺症が残り苦しむことになる。
    このブログに、これだけの創価による被害が報告されているにもかかわらず、創価脳の人たちには少しも通じない。明らかに創価は詐欺だという証拠がこれだけ大量に集まっているにもかかわらず、創価について少しも考えようとしない。根も葉もない批判中傷だとしか思えない。そのこと自体がどれだけ異常なことなのかがわからないんですよね。多少気づいていても「詐欺というのはあんまりだろ」と自分が詐欺呼ばわりされたような気になって怒る。もしかしたらそんなふうに思っている人もここを読んでいるかもしれません。そんな方こそ、もう一歩踏み込んでこのブログに寄せられる皆さんのコメントを真剣に読んでいただきたいです。

  56. 今更ですが、あえて言っておきますと、現役学会員のおかしな言動をこのブログで批判するのは、その学会員の人格を否定するものではありません。学会員がどれだけ思考停止に陥り、おかしな言動を繰り返し、社会性をなくし、創価の最高幹部にいいように搾取され、不幸な人生で終わっているかという現実を伝えたいからです。そしてここに体験を寄せてくださる方も、自分の実際に体験した事実としての動かぬ証拠を残すために、思い出すのも嫌なことをあえて話してくださっています。誰も誰かを傷つけようとしてなどいないということをわかっていただければと思います。悪いのは池田大仏と側近幹部。そして悪い事と知っていながら自らの保身のために見て見ぬ振りをしている関係企業のトップたち。あるいは政治がらみ。他の新宗教や思想団体。反社会勢力。みんな見て見ぬ振りをしながら火の粉が飛んでこないようにしているだけです。私たちのような一般人がこんな世界をどうこうしようなんて所詮無理なことです。一番いいのは会員が創価の実態に気がついて静かに去ることだと今も思っています。
    このブログの運営上で障害となってきたのが、面白半分で撹乱してきた特定のいわゆるウンコタレでした。このウンコタレというのはある一人の異常者であることがわかっています。これが創価からの錯乱作戦のための工作員だとか、いろいろ言う人もいますが、そんなのどうだっていいと思ってます。おかしなコメントは私が承認しなければ済む話です。あとは創価スイッチ全開の悩乱信者が数名入れかわり出てきていましたが、この人たちもかわいそうな被害者だと思えば何でもありません。以前はそんな輩も相手にしていたためにブログが荒れる結果となりましたが、今はもうそんなことはありません。怪しいコメントは管理人である私の判断で最初からスパッと削除しています。ですからほんとは怪しくないのに承認されない場合は、管理人が怪しいと思われるような書き方をした結果の自己責任だと思って諦めてください(笑)。挨拶と自己紹介をして、目の前にいる人に話しかけるように、聴く人の身になって言葉を選んでいけば、何の問題もありません。よほど怪しくない限りは承認しています(笑)。その第一の判断基準として、挨拶や自己紹介ができているかどうか、日本語になっているかどうか、といった人として当たり前のことができているかどうかです。残念というか、面白いというか、創価脳の現役学会員さんは、この人として当たり前のことができないんですね。何年も前のスレッドのコメント欄に、挨拶も自己紹介もなく突然何の脈絡もない話を吐き捨てていく。これが創価脳の現実です。真面目に創価の言うことを実践してきた人間の姿です。どれだけおかしなことをやっているかの自覚が全くありません。先日ここで紹介した、私が覚醒するきっかけとなった学会員のブログに書いてある私宛のコメントを見てもよくわかると思います。
    http://sokanomori.exblog.jp/17098281/
    http://sokanomori.exblog.jp/17095582/
    私の創価批判に対して完全に創価スイッチ全開で感情的な言葉を吐き捨てるだけ。言い方は悪いですが、学会員はここまで創価に飼育されてしまってるんです。彼らにああだこうだ言ってもどうしようもない。それは覚醒前の自分に身に覚えがあるだけによくわかるし、わかるだけに辛いです。創価の人は人が良すぎて騙されるという話もありますが、それもわかります。しかし、騙された結果として自分も周りも不幸にしていくという現実は変わりません。被害者であり加害者であるということ。だからこそ人格を否定したり攻撃するのではなく、おかしな考え方や行動がおかしいとはっきりと指摘することはしていくべきだと思っています。そうした指摘によって、自分の過去と重なることで傷ついたりすることもあるようですが、それはやはり自分で乗り越えるしかないと思います。騙されてやらされたとはいえ、やはりそれだけのことをしてきてしまったのですから、そこは乗り越えなければいけないところだと思いますし、ここに来られた多くの方が、皆さんと一緒に対話をする中で乗り越えられてきたと思います。
    私も管理人としての立場上、いろんな方からいろんなことを言われます。当然すべての方の言い分を聞くわけにはいきません。っていうか努力はしているつもりでもできるわけがありません。そうしたことも理解していただいた上でコメントいただければと思います。
    やはり創価問題は大変深刻です。闇が深いという言い方はありきたりで好きではありませんが、私も想像すらできない恐ろしい部分もあるようです。そこまで掘り下げるつもりもありませんし、できもしません。要は、皆さんの体験を読んだ学会員さんが一人でも多く創価が詐欺だと気づいて去っていただければそれでいいと思っています。みなさん、よろしくお願いします。

  57. こんばんは!学会三世のヤングミセスのコンブです。

    おてもやんさん、コメントありがとうございます。そうですね!お世話になった方には恩返しもしていきたいし、話を聞いてくれる先輩とも付き合いを続けていきたいと思います。
    地区の色を変えることはできません。昔ながらの活動の仕方、会合の仕方、式次第があります。覚醒前は地区の色を眺めて、頼まれたことは要望に添えるように自分なりに頑張っていた状況でした。そして、新聞啓蒙、折伏に非常に熱心な地区なので、疑問を感じ、息苦しさを感じ、自分以外は世代も違うためその場にいることに違和感があり、覚醒することができました。上からの活動の圧力は強い方だと思います。会員が減っていて、幹部も焦っているのかもしれません。〇〇先生が青年だった頃のような組織の拡大を期待してか、青年部へのプレッシャーも感じます。私が非活宣言したら何人かは手のひらを返したような態度になるかもしれないと思うと少し悲しくなります。
    地区の方とお店や道端でよく会うので、挨拶してましたが、非活になるとどうなるのか少し想像してしまいました。弱くてどうしようもない人、頑張れなくて可哀想な人と思われるかもしれないですね。
    今の組織でおてもやんさんの言うような感じの心の拠りどころとして集まれたらいいんですけど、ほとんど皆さんバリバリの創価脳なので期待できません。私もかなり追い込まれました。学会の組織じゃなくても、心の拠り所みたいな場所があったらいいです。活動を少し休み、他の場で友人を作っていきます。私は最近本当に会合に出たくないので、少し焦ってるかもしれないです。焦らないで非活になれるよう頑張ります。

    余談になりますが、少し前は無かったんですが、今はモバイルという機械があり会合で活用しています。〇〇先生のスピーチや番組、体験談など選択してテレビで視聴することができます。十界論の説明のものから、子供向けの仏教のアニメなど、いろんな映像があり、感動する話ばかりでみんな真剣に視聴します。師弟観を前面に押し出してくる番組もあり、知らず知らず創価の発展、広宣流布に向けて決意の心を強めるような感動的な作りになってます。映像を見ていると、〇〇先生の師弟観、優しさがすべて真実だと思えてきて本当に感動します。
    この映像を見て、活動が苦しいと感じても、自分は正しいことをしていると疑いを持たないで頑張ってしまう会員が沢山いると思います。会合でみんなで見たり、家庭で1人で見ることもできるのでとても手頃です。以前のように発売されるビデオを買う必要もありません。映像はダウンロードで更新できます。将来は同中も地区の家で見れたらいいのにねって話してました。高齢化が進むとそうなるかもしれないですね。
    〇〇先生の映像を見てると、どうして、真心のこもった行為ができる方が詐欺師なのか。どうして、会員の幸せを祈る人が、師匠の跡を継ぐと誓った人が、、、どうして?と思ってしまいます。創価の歴史が分かり、映像、音楽、すべて感動的に作られています。以前の〇〇先生の同中のスピーチに代わる洗脳道具だと思います。幹部だけが悪いのかなと思えてきます。

    まだ、覚醒途中なのか、〇〇先生のことを信じたくなってしまうことがあります。若い頃は良い人だったのか、もしかして、本当に偉大な人かもしれないと考えることもあります。
    でも、自分のことやここでのコメントやネットの情報を見ると創価の組織がいいわけがありません。指導者の〇〇先生もいい人ではありません。
    何かで真実がはっきりとして、創価は人を不幸にすると全世界に知れ渡りスッキリしたいです。
    覚醒した後遺症として、こんなことを考えては、毎日もやもやします。

  58. 元常連?といいますか、最近は忘れたころにぼわっと出没するアラフィフのkickeyです。
    たいへんご無沙汰しています。そして時々出没しますが、
    出没するときはたいてい、自分の気持ちが落ち込み気味の時です。なかなか気持ちの浮き沈みは治りません。
    私がしょっちゅう書き込みしていたころよりもかなり書き込みする人も増え、知らないハンドルネームも多々おられるのですが、人が変われど内容はどれもうなづけるもので、時々同意しながら爆笑しているときがあります。

    入会初めの頃によくバ幹部が「祈り始めて最初にいろいろ不幸なことが起こったりするのは、ホースについている汚れが水と一緒に最初にドロッと出てくるのと同じ原理だ」などわけのわからん原理を言われてました。
    最近になって母がぼそっと、「いちいち汚れを出す必要もないやろ」と言いました。
    私もそれ、ずっと思ってました。1遍でもすごい題目なら、すごい題目上げてる人に「汚れ」を出すのではなく、すぐに「きれいに」したらええやろ。いちいち不幸なことを起こすなよ。
    と思います。けちなご本尊!私は新入会後、1~2年で父が亡くなりました。これが功徳?汚れをまだまだ出さないといけない宿命なん?
    それをバ幹部に聞いたら「信心してない人でも親を亡くすときあるでしょう?」だった。あほんだら。何言ってんねん?
    じゃあ、功徳かて、同じやろが。信心してない人でもいいことありますよね?ってことや。願いが叶わなかったときや題目上げて逆に不幸が起こった時のマニュアルだったのでしょうね。ホースの汚れ、って。結局功徳も罰も初めからないってこと。もともと詐欺だし。
    このようなくだらないことが時々頭の中をよぎり、あ~やっぱりまだ未消化だったのか~と思い知らされます。
    あと、後遺症といいますか、時間返せ、金返せ!は、どうしようもないですから、ただただ悶々としているだけに終わります。
    金融機関に勤めているので、人の預金など目にするときがありますが、
    自分より若い人でもすごい預金量。唖然とするときあります。
    組織で「女子部は貯金できないもんね」「宇宙に貯金してるからいいよね」と言われ続けてきたことを時々呪います。誰が老後面倒みてくれるん?
    適当なこと言うなよな。だからあほんだ~らなんです。そういう組織にいるから頭も行動もぜ~んぶあほんだ~ら。以前作った替え歌が、すべてを物語っている。

    あほんだ~ら あほんだ~ら
    詐欺の国 あほんだ~ら
    (ガンダーラの替え歌で あほんだ~ら )でした♪

  59. 何度もすみませんkickeyです。入会してから1~2年で父が亡くなったという表現が不適切でしたが、1~2年の表現は闘病も含めての話なので、亡くなったのは入会約2年後です。要するに私が入会してすぐ父が倒れたってことです。そのあとなくなるまで入退院を繰り返していたので、亡くなるまでの数年は大変だったという思いがあったので、そんな表現になりました。追伸失礼しました。

  60. ノジコです。
    コ―ジさんのコメントに心の隅でわだかまってた物がすーっと解けていきました。ありがとうございます。
    初めてのコメント投稿時は緊張でガチガチでした。(ブログを読むこと自体もあまりなかったアナログ人間で、コメントなども初めての経験でしたので^^;)
    自分のコメントが承認された時は、「創価を疑ってもいいんだよ!」と言ってもらえたようで、ホッとし嬉しかったです(^^) 
    コメントの中で、弟の死や、身近な会員に起こった不幸に疑問を持った事を吐き出させて頂き、ずいぶん楽になりました。吐き出すことで、心の整理が出来、「創価の信心はニセモノだ」との思いを深くし、本来の自分を取り戻せてきたと思います。

    創価後遺症は、時々ですが、寝る前にふと、「勤行しなきゃ」という思いが出てくることでしょうか。
    罰論の恐怖は自分の中で日蓮を否定することで、克服しましたが(たぶん)、
    何もしないで眠ることに、妙な感覚が湧いてきて、何とも気持ち悪いのです。
    なので、いちいち「もう、辞めたんだから、楽にいこうぜぃ」って自分に言い聞かせています。
    これはしばらく続くと思いますが、うまく付き合って行こうと思います。

    私にとって「対話を求めて」の皆さんのコメントは創価後遺症の特効薬です。
    皆様、これからもどうぞよろしくお願いします!!(^^)

  61. kickeyさん、お久し振りです!
    またkickey節を聞かせてくださいね〜!

    コンブさん、覚醒前後は色々と揺り戻しみたいなこともあって精神的に辛いと思いますが、真面目に活動してきた学会員ほど、世間の人間関係やコミュニティの素晴らしさを知らないので、創価の人間関係を失うことにとっても不安を感じたりすると思います。学会活動がひっきりなしに忙しいのも、意図的にそうさせて余計なことを考えさせないようにするための方法です。これからはどんどん周りの人との人間関係を積極的に作っていくというのも、覚醒を確かなものにする方法の一つだと思いますよ。今まで忙しくてできなかった創価以外のお友達との交流ができていくと、今まで何をしてきたんだろう?なんでこんな素晴らしい人間関係を切り捨てて生きてきたんだろう?って思うようになると思います。非活宣言して離れていくような学会員なら、それまでの関係だったと思っていいんじゃないでしょうか。でもその人たちもそんな風にしか思えないように洗脳されているということも忘れないでください。みんな被害者なんです。そこで自分はどうするのかということを、しっかりと「自分で考える」ことが大切だと思いますよ。何しろ学会員が一番苦手なのは、この「自分で考える」ということです。創価では自分で考える前に答えが用意されています。それは「何も文句ひとつ言わずに創価の言われた通りにすれば幸せになれる。決して疑ってはいけない。疑ったらそれだけで不幸になるぞ」これだけです。これが創価の用意している答えです。こうやってコンブさんも他の学会員さんも操られてきたということです。コンブさんが脱会宣言したことで冷たい態度に出る学会員さんも操られているだけなんですから、心配する必要はありません。いつかその学会員さんが真実に気づいた時に、コンブさんがしたことも理解できるはずです。みんなそうやってきたんです。焦らず、とにかく外の世界に目を向けて、自分の考えで生きていくことを目指して欲しいと思います。頑張って下さい!

    話は変わりますが、去年の参院選の時の池上さんの特番で、創価学会を取材している場面、特に8:13のところから見ると、池田大仏は今も元気で主に聖教新聞の執筆活動をしたり先日は会員を激励に回っていると話しています。聖教新聞にさえそんな姿は載っていません。というかこの6年間で、会員を激励姿の写真など1枚もないというのに、一般の番組でここまではっきり言うとはすごいですよね。

    この6年間、池田大仏が動いている記録も話をしている音声も一切ありません。これをどう説明するのでしょうね。もちろん学会員にも何の説明もありません。ただただ「先生はお元気です」と幹部がいうだけで、その根拠など一切見ることができません。それでも学会員は疑いません。疑っても決して口には出しません。こんなに気味の悪い集団も珍しいんじゃないでしょうか(笑)学会員はそれぞれに勝手に適当な言い訳をしているだけですが、実体を伴わない憶測だけなので何の説得力もありません。池田大仏が生きているのかどうかさえ、ほとんどの学会員は知りません。
    これと同じで、財務の収支を公表しないことにも一切疑問を持たないし、持っていても決して口に出さない。他のことに関しても、疑問を持たないか、持っても口に出さないかのどちらかです。そうやってずっと生きてきて、ある日、これまですべて騙されていたことに気がついたら、そりゃ精神がどうかなりますよね。
    ついでに言いますと、上に紹介した番組内でも言ってますが、安倍政権を支えている日本会議は、元はと言えば生長の家が母体になっています。安倍政権は極右思想の生長の家と神社本庁と統一教会と創価学会が支えているわけですが、学会員はこれらの宗教団体と一緒に安倍政権の支援活動をしているという自覚はあるんでしょうか?あるわけありませんね。「政治のことなんか知らなくていいから、とにかく公明党の票をとればとるだけ功徳がある、幸せになれる」と叩き込まれていますからね。安保法案ですったもんだして、ようやく一部の学会員が「なんかおかしいぞ」って思うくらいで、基本何も考えずに言われるがままに活動するのが正しい創価学会員だと信じてますからね。

    創価のネット広告「世界に広がる創価学会 イタリア編」を見ました(笑)

    イタリア国民6000万人の8割がカトリックにもかかわらず、創価学会員が10万人もいて、毎年5000人が増えているんだそうです。
    そういえばさっき紹介した池上さんの番組で、創価学会は日本以外で世界中に170万人の学会員がいると紹介されていました。(4:21)
    あれ?SGI公式HPには「創価学会インタナショナル(SGI)は、世界192カ国・地域に1200万人以上のメンバーを擁する、日蓮大聖人の仏法を信奉する団体です。」とあります。
    ってことは
    1200万人以上(SGIメンバー) ー 170万人(日本以外の学会員)=1030万人以上(日本の学会員)
    ってことですよね!
    へ〜〜っ!日本の創価学会員は1030万人もいるんだ〜!
    まあ、10年前から827万世帯って言い続けてますから、会員数が1030万人でも少ないくらいですよね。
    これどちらも公式見解ですから間違いないですよね。これが嘘だったら、創価学会は完全に嘘つきってことですよね。いやあ、いくらなんでもここまであからさまに嘘つくなんてことはないでしょうに。でも日本の学会員は1030万人もいながら、自民党と選挙協力しながらあれだけえげつない選挙活動をしても公明票は700万票しか取れないのは何故かしら?それとも創価学会員の半分以上が未来部なのか?(笑)
    でも現場を知ってる皆さんが言ってるように、現在の日本の創価学会の現場は高齢化が進み、ブロックや地区が成り立たなくなって縮小してるそうですよね。縮小してるのになんで日本人の11人に一人が学会員なんでしょう?
    イタリアで毎年5000人の新会員が増えていると言いながら、日本ではどんどん減ってる。にもかかわらず日本には1030万人も学会員がいると正式に発表してる創価学会なんだそうです(笑)

    日本の創価学会員は本当に1030万人もいるんでしょうか?827万世帯が嘘でなければ、会員数がこの数を下回るわけがありませんからね。現場を見た感じでもこれだけ減って1030万人なんですから、多い時には2000万人ぐらいいたんじゃないですか?10年くらい前まで日本人の5人に一人が創価学会員じゃないと計算が合わなくなりますけど(笑)
    ちなみに日本の人口は1億2711万人で世帯数は5340万世帯なので、一世帯の平均人数は2.38人ですから、公式発表の827万世帯だと日本の学会員は2000万人ぐらいいないと不自然なんですけど、まあいいか。海外の会員数は発表しても、日本の会員数を発表しない時点でめちゃくちゃ怪しいですもんね(笑)

    余談ですが、幸福の科学は1200万人の信者がいるんだそうです(笑)

    どいつもこいつも、まったく(笑)

  62. ボンジュール、フランソワーズです。

    雪ちゃん様
    脱会で、組織の人から
    何か言われる心の準備、覚悟をされてて
    安心してましたが、
    まさか外部の方から言われなんて!
    私はそんな経験なく、
    周囲は皆、やっと気づいた!
    と言った表情です。
    その中の一人、
    過去に身近な人に起きた
    創価学会員のひどい行動に
    心痛められた数々の話、
    教えてくれた方います。
    長いお付き合いで、
    私が尊敬している正義感が強く、
    弱者に対し、すごく優しい方です。
    創価学会が大嫌いな事は聞いており、
    この方がそこまで思うなら、
    「学会員がよほど非常識な事をしたのだろう」
    と思っていました。
    でも、その内容はずっと私に語られず、
    私がこんなことになり、
    話してくれました。
    創価脳らしい、ひどい話でした。

    その方が、創価脳からの攻撃で私が
    思い詰めた時、
    創価脳たちを、
    「ひどすぎる、おかしすぎる」と
    怒りをともにし、
    「何か私にできることはない?」
    「話を聞くならいつでも、遠慮せずにね」と。
    私の話を「可愛そうに」と、
    涙ながし聞いて下さりました。
    支え続けて下さっています。
    巻き込みたくないですし、
    御迷惑かけたくなく、
    頼みごとはしていません。
    でも、「私に何か出来ることない?」
    あの創価との出来事で、
    そこまで言って下さったのは、
    その方だけです。
    外部は皆、創価の異常さ知ってて、
    嫌がらせで何されるかと、
    恐がってますから。

    私がその方を尊敬していた事に、
    間違いはなかった、とあらためて思いました。
    他人の私を、我が子のように
    支えて下さるその方の深い思いに、
    今日まで、どれほど支えられたことでしょう。

    雪ちゃんさん、
    外部の方が、「学会にお世話になって」って、
    反対ですよね。
    どれほど雪ちゃんさんが、
    新聞配達までして、
    創価の為につくし、
    自分を犠牲にしてきたか。
    何にも知らない方の話なんか、
    右→左へ聞き流して下さいね。

  63. 深夜に顔を出してみるコージです。
    日中はだいぶ春の陽気になってまいりましたね。
    皆さま、連休はいかがお過ごしでしょうか?
    休みではないよ!という方も、無理をなさらず
    時々息抜きをしてくださいませ。

    signifieさん、勿体ないお言葉、ありがとうございます!
    このブログは、signifieさんの大きな存在のおかげで
    私のような風来坊でも安心して好きな事が書き込めるので
    大変に感謝しています。
    いつもありがとうございます。

    ラザリスさん、ありがとうございます、
    私自身も、投稿文の大まかな下書きを書いた後で、
    時間を置いてから再度冷静に見直して、
    手直しや修正などを加えてから投稿しています。
    実際、かなり修正しています(^_^;)

    マロンさん、太陽さんさんさん、青空のゆくえさん、
    コンブさん、ノジコさん、三枝さん、
    温かいコメントありがとうございます。
    Kickeyさん、おひさですね。
    あほんだ~ら、最高です。

    先にも書きましたが、実は私も
    感情的な文章を書いてしまう性格なので、
    そのまま投稿できるはずもなく、一晩置いてから
    翌日に確認作業と修正をする訳です。
    さすがに、
    「『こんなところをうろちょろ』って、
    アンタはハムスターか??」なんて文言を
    そのまま投稿出来る訳がありません。
    気ままに書いた下書きを削除して修正して、
    色々と手直しして確認したのち、
    無難な文章にまとめてから投稿しています。
    過激な投稿は、一部の方にはウケるかもしれませんが、
    大勢の人が読む場所ですもんね・・・
    なかなか難しいところです。
    他の方の過激な文章は、楽しかったりもしますが・・・

    私の思いとしては、個人に対しての苦言などは
    一切ありません。
    あくまでも、文章、表現に対してだけの苦言なので、
    そこの部分を配慮さえしていただければ、
    後はまったく問題はないかと思います。

    創価脳なのか覚醒途中なのか怪しい方なのか
    ちょっと判断が付かない、分からない場合は、
    (分らなくて当然です。断定する必要はないかと思います)
    やんわりとスルーさせていただきます。

    とにかく今の願いは
    創価が一刻も早く衰退して崩壊する事!
    そうすれば、自動解約というか契約解除?になり、
    波風など立てる事なく、どなたも退会できますもんね。

    ただ、そういう事態になると、
    今現在、まだ創価を信じている人たちの方が
    創価後遺症に悩まされるのかも知れません・・・
    そこが、一番に危惧している問題でもあります。
    その時が来たら、出来るだけのフォローを
    してあげたいな、という思いはありますが・・・

    創価って、本当に厄介な団体ですよね。

    さて、無難にまとめたところで、
    小腹が空いたので軽食でも作って食べます~
    ではでは(^・ェ・^)

  64. 脱会したものの創価脳のままの友人を持つ、外部のぽっけです。こんばんは。

    雪ちゃんさん、初めまして。(いつもコメントは読ませていただいてますが^^)
    脱会おめでとうございます!

    <外部の友人に脱会した事を伝えると、喜んでくれるどころか「学会さんのおかげで悩みを乗り越えてきたのに辞めたの?」と言われました。
    <恩知らず扱いです。

    おそらく、いままでの雪ちゃんさんは「学会のおかげで救われてきた」という話を幾度となくされてたのではないかと思うのです。
    なので、ご友人は批判的なつもりではなく「え?あんなに感謝していたのに、どうしたの?何かあったの?」という驚きの言葉だったのではないかなと思うのです。
    「恩知らず」と言われたように感じたかもしれませんが、きっとそんなつもりはないと思います。
    「恩知らず」は創価学会側が言いたい言葉でしょうね。

    <最近の学会のソフト路線により、外部の人もソフトマインドコントロールされています。

    ご友人はマインドコントロールされているというより、創価学会が詐欺団体でひどいことをたくさんしてきたという認識があまりないのかもしれません。
    というか創価学会がどういう団体なのかあまり興味がなく気にしてないのかもしれません。

    私は、創価学会に入ってからの友人の豹変ぶりが納得いかず、あれこれ調べてこのブログ、つまり創価学会の正体に辿りつきました。
    創価学会の事を調べるほど気にする外部の人なら、「脱会したの!良かった!あんなところから抜け出せてほんとにおめでとう!」と喜ぶはず^^

    大きな決断をしたのに、予想外の言葉、ガッカリしちゃいましたよね^^;

    でも、どうかご友人に悪気はなかったと信じてあげてほしいし、私もそう信じたいです。
    同じ外部の立場としてもし誤解があったら悲しいので(私と友人は創価学会の話題によってギクシャクしてしまったので)、雪ちゃんさんとご友人の関係が今後も良好に続くといいなと思って、おせっかいながら久しぶりにコメントさせていただきました。

    改めて脱会おめでとうございます^^

  65. アラフィフの超常連、ラザリスでございます。
    ジェームズ ディーンの生涯の2倍ちょっと生きてきました。
    ややこしくてすみません。(⌒-⌒; )

    コンブさん、コメントありがとうございます。
    覚醒の段階や方法、スピードは人それぞれですので、焦らなくても大丈夫だと思います。
    大事なことは、自分の頭で考えることと、自分の中のこころの声に耳を傾けることだと思います。
    このブログには様々なスレッドがあり、創価に関し疑問に感じることはほぼ網羅されています。
    読破するのは大変ですが、興味のあるものから読んでみてくださいね。
    きっと自分自身の納得のいく答えが見つかると思います。

    kickeyさん、ご無沙汰です。お元気でしたか?
    アラフィフの方が来られると心強いです。
    ホースと泥水の話は入会当初、よく聞きました。
    言い訳というか屁理屈というか、すべてにおいてよくできたマニュアルが用意されてますね。
    日蓮さんやお釈迦様をダシに使って金儲けをたくらむとは、全く罰あたりな連中です。
    これからもコメントを楽しみにしています。

    コージさん、こちらこそありがとうございます。
    コージさんのコメントは、いつも優しくあたたかく、暖炉の前にいるような気分になります。
    コメントを寄せる際にはやはり、厳しくチェックされていたのですね。
    誤字脱字や的外れなコメントが全くなかったので、さすがだと思いました。
    傷つき悩まれて来られる方々のために、これからもよろしくお願いいたします。

    スマイルさん、新規事業の方、頑張ってくださいね。
    応援しています。

    今週も課題山積ですが、頑張っていきますよ〜。
    ( ^_^)/~~~

    • もっと深夜に出没させていただいたルフランです(笑)。シニフェさんすみません😅
      コージさんの優しさにいつも癒されています。何故そんなに暖かい心を持てるのでしょう。素晴らしい人間性ですね\(^o^)/
      お彼岸シーズンです。今日は一家一同お墓参りに行ってきました。今まではナムナムしていましたが今年は小さな孫たちが、おじいちゃん、○○がきたよ。と墓石に語りかけてくれました。娘たちが脱会した私に最大限に気を使ってくれたようです。毎年のことですがお隣さんが昨日、夫へのお供え物におはぎを持ってきてくださいました。一昨日は御近所さんがお花を。。。今までそんな御近所さんの真心をうっとうしく思っていたのです。立派な仏壇がありながらそこはインチキな曼陀羅を飾り、夫の遺影は安物のカラーボックスでしたから上がっていただくことも恥ずかしくいつも玄関先でお礼を言って帰っていただきました。でも今年は夫の仏壇を見てお線香をあげて頂くことができました。これが日本の文化なのですね。何よりもきちんと覚えていてくれたことが今さらながら驚き毎年、毎年私はそのような普通の方々の真心を内心踏みにじっていました。あまりにも非常識で鈍感過ぎました。素直に感謝する感情を持ち合わせていなかった。殆んどは普通の人たちとの交流の中で生きてきましたがこんな時につい選民思想が出てしまうんですね。恐ろしい。。。
      覚醒の後遺症、、、創価人生そのもの全部が後遺症です。次回から実際の経験や見てきたことを書きます。それをしないと私のリハビリは終わらないと思い始めました。しかしながら文章が下手でもここに参加させて頂くことによってずいぶんと気持ちの整理できてきました。二重人格的な脳が一つになった、そんな感じです。
      管理人さん、皆さんいつも有り難うございます。
  66. 最近、最寄駅から自宅の帰り道、支部副の婦人部長に会った。相手は、非活の私を蔑むような目で見ていた。それからは、学会員に会わないように違う道で帰っています。
    支部や、地区では何を言われているか、察しはつくが、ここは心を乱さぬようにとしています。
    話は変わりますが、私には、いまだに心に残っていることがあります。もう10年くらい前になりますか。
    病気療養中と聞いていた50歳台の区長ががんの末期でありながら会合に出てきていました。ちょうどこの日は、広布功労賞などの表彰がありました。
    大柄な体を奥さんに抱えられながら、いやがうえでも目につきました。
    私は、いくらなんでも、表彰式に出席とはいえ、この状態で会合に出席することはないのにと思いました。その後、間もなく区長は亡くなりました。強烈な印象として残っています。
    おそらく、ご本人は亡くなるまで、回復を願っていたのでしょう。創価残酷物語です。
    私は学会がいうところの広布の途上において、会員の葬式を何回も経験しています。お釈迦様は、四苦(生老病死)は避けがたいものとしています。学会では、宿命は転換できると説いていますが、仏説に違背しています。
    長い間会員でいますが、周りにいた仲の良かった人たちの病気、離婚、家庭不和を見聞きしてきました。このような不幸な目にあった人たちのことが、折に触れて思い出します。
    特に、学会に尽くしてきた人たちが、その後学会村から去っていくと悪く言われるのに腹が立ちます。
    脱会はできませんが、最後までいて、断末魔を見届けたいと願っています。

  67. 三枝さん
    ありがとうございます。すでにHNさえ忘れましたが、、、、、思い出しました!たしかキキとかいうウ○コタレでした。
    今でもフラッシュバックしますが、母がすごく苦しみながら亡くなったこと、提供した個人会場で座談会が行われているまさにその時に、会場横の自宅で首吊り自殺していたこと。
    せめて、幸せに安らかに亡くなってもらいたかった。
    せめて死ぬ時ぐらい、安らかに、苦しむことなく死ぬことができれば。。。
    創価の信仰をしていれば、安らかに死ぬことができると御書に随所に出てきています。
    創価の思想によれば、父母が苦しみながら死んでいったのは、『不信』『信心が足りなかった』『ロクに活動をしなかった』などなどとなります。
    入会以来、2億円も財務し、しかも50年間、信心一筋、創価を守りに守り、池田を守ってきた父。
    死ぬ間際まで方便品寿量品講義を読み、超重症肺炎で
    呼吸もままならない状態で題目をあげていた母。

    ハッキリ言います。
    『力のある信心ならば、父母がこのような悲惨な姿で亡くなるはずはありません!』
    『結局、日蓮の言葉▶︎はじめより終わりまでいよいよ信心に励め!少しでも惰性に流されると魔に食い破られて、悲惨な末路になるぞ!(趣意)◀︎を利用して、罰論で脅し、死ぬまで創価に尽くさせるように洗脳していたにすぎません!』
    父は、祖父の死をきっかけに創価に入会しました。
    『肉親の死』という弱った状態に付け込まれた。折伏してきた相手も善意でやってきた。陰で笑っているのは池田大作と妻、最高幹部の連中。
    この極悪野郎ども!
    許さないぞ!

    怒りを持ち続けていても、何もならないので、創価からは距離を置いて、静かに去っていくのが1番いいと思います。

  68. 青空のゆくえさん
    お母さまの話を読んで、旧HNの時にもお母さまの事を書かれていましたよね。
    旧HNで思い出しました。
    青空のゆくえさんのお母様のように、創価に人生を捧げてきた方が昔も今も大勢いるのでしょうね。
    自分と重なる部分が多くあり、身につまされながら読ませていただきました。
    そして、今も多くの「母」たちが創価に人生を捧げていることが悲しく悔しいです。

    HN,やはりそうでしたか。
    大好きな曲なので、ピンときました。
    私もFC会員です。
    覚醒後「マグノリアの小径」の出だしの「もっと自由でいいんだ」に救われ、今は「どの道を歩いて行こうと、君は君のその人生を受け入れて楽しむほかない。最後には笑えるように」のフレーズが支えになっています。
    昨年、もしかしたらどこかの会場でお会いしていたかもしれないですね^^

    kickeyさん、ぽっけさん
    お久しぶりです。
    kickeyさんのパンチのあるコメント、元気になりますね。
    ぽっけさん、コメント見つけてすごく嬉しくなりました(*’▽’)

  69. おはようございます、三枝です。
    signifieさんブログのトップ見させてもらいました。簡潔でしかも要点を押さえていて
    これから書き込みされる人にとって改善された一つの共通認識の中で語られる環境になりうれしく思いました。

    私はsignifieさんのブログに恩義を感じています。ここで、誰かに認めてもらおうとか、私の話は正しいのだとかとの功名心は一切ありません。
    脱会しても長年払拭されなかった創価へのわだかまり、怒り、不安感・・・をsignifieさんのブログを訪れ、自分で書き込む中、創価時代の苦しかった記憶を多くのみなさんが共有していた事実。そしてその書き込みの中で同じような事を経験され同じような理不尽な扱いを受け苦しんでいらっしゃるみなさんの姿を垣間見て自分だけじゃなかったんだ・・・自分が創価不信で脱会したのはやっぱり、正しかったんだと確信できたからです。ここに集っているカガテツさんを含め事実の記事を掲載してくれた人たちのお陰でした。
    そこからは創価への憎悪の念も何もなくなり「創価学会」・・・それがどうした・・・と言う所まで精神も平安になれました。
    それまで訪れた他のブログでは創価叩きの主張はいっぱいしているけど活動家だった苦しみ、盲信していた悔恨などは同苦できない上っ面だけの物だけのように感じていた時にsignifieさんのブログに私が救われたから恩返ししようと思っているだけです。私は、ここが後から続く創価の矛盾に気づき悩める人達の駆け込み寺になっているブログだから続くように願っているだけです。

    今は木の芽時、signifieさんも覚醒半ばでまだまだ不定愁訴が出てお気持ちをコントロールするのも大変な時もあるでしょうが後から続く悩める創価会員の為に来られている皆さんと一緒にこのブログを維持管理していただければ私はそれで十分です。

  70. おはようございます。今日も良い天気、洗濯物がよく乾きそうです(^_^)

    >コンブさんへ
    お返事ありがごうございます!また、余談として語ってくれている内容も、まさに私も脱会後に感じていた事なので、ちょっと驚いています。
    脱会する寸前までの葛藤で一番悩んだのが、「池田せんせいはおかしくなくて、学会組織や本部職員だけが間違っているのでは無いだろうか?」という事でした。

    >〇〇先生の映像を見てると、どうして、真心のこもった行為ができる方が詐欺師なのか。(中略)創価の歴史が分かり、映像、音楽、すべて感動的に作られています。<

    見事でしょう?そこが創価広報がかなり力を入れてる部分だと思いますよ(^_^;) 都合の悪い歴史なんて一切伏せてます。
     
    ここからはこの話題を元に創価学会についての所感を。
    世間から叩かれないように「平和的で社会的善行をする団体である」というイメージ戦略に変えていくだろうと、予測していた通りになりました。
    創価にとって「善いこと」「非の打ち所の無い善い話」は商売道具。
    内容は、時代時代で変わるし、かつて批判していた西洋哲学まで盛り込む。
    私は公式ホームページを観察してた時があります。
    たとえば池田大作と会談した外国の政府要人が不正などで失脚をすると、速攻、創価学会のホームページから削除されてしまう。
    ムバラク大統領の時は早かったです。さっきまであったのにすぐに消えた。
    宣伝になるような「会談や対談」は使うが、相手が失脚すると「あんた知りません」とバッサリ消す。
    アーノルドトインビー博士との対談については今も掲載されているのでしょうね。彼は失脚も何もしていませんから。
    脱会後、私が衝撃を受けたのは、アーノルドトインビー博士が伊勢神宮に来て「ここは聖地の中の聖地だ、いろんな宗教の根源的統一性を感じる」と言っていた事実です。
    「え!創価学会だけじゃなく他の宗教のところに行っても賞賛していたんだ・・」とショックを受けました。(検索するとすぐに出てきますのでお薦め)
    もちろん、商売に影響してしまうので。こんな事実は創価学会の公式サイトにはありません。

    人を騙すのは本当に簡単なのだなと、創価学会を見ると本当に思います。
    イメージさえ良くすれば簡単に信じる人たちがいるからです。
    そして、信じてしまった人が、擁護に回ってしまう。
    もっとも、これは創価学会に限った話ではないと思います。
    今は、「善い事をしている」と言っている団体がすべて胡散臭く思えてならない時代、冷静な目を持たないと簡単に流されてしまう危うい時代だとも思います。

    ※見直してはいるのだけど、老眼がひどくて必ず誤字脱字があります・・・。本当に皆さま、ごめんなさい。

  71. 後遺症。
    昨日は、お墓参りと私の地方では有名な寺院に参拝しにいきました。
    お彼岸と3連休ということもあり、たくさんの人が参拝にきていて、賑わっていました。
    創価時代、教学青年2級をとり、1級は勉強し挑戦したけど不合格で、でも、勉強した内容は覚えています。
    宗派の教え?の階級みたいなものが、どうしても・・
    昨日、行った寺院は、南無阿弥陀仏なので、南無妙法蓮華より、格下の教えなのか?と考えこんでしまったり、町の中にある禅宗○○寺とか見ると、ランク付けしてしまう(;´д`)
    創価時代に、仏のほうが神よりも上なんだと、神々は仏の使いみたいなことを創価に教わったような・・・
    旦那は神のほうが上、次が仏だ、という、いや違うよ、仏様のほうが上で・・・揉めたこともありました(笑)
    今は、上だ下だと深くは思わないのですが、創価時代に習った変な知識のせいで、反応してしまうことはあります(笑)
    そういえば、バリ活時代に、付き合いで参拝に行ったとき、参拝にきている人たちを見て、最高峰の仏法を知らないでホウボウの教えに拝むなんてかわいそう、教えてあげたい、と思ったり、参拝してる人が皆、不幸そうな人に見えていました(笑)
    どんだけ~、見下してるの私🙍⤵
    今は、創価学会の人のほうが、かわいそう(笑)
    かつての私でもあるので、人のことは言えませんね(T_T)
    創価学会に疑問をもち、本当に幸せになるのか?と悩んでいる人は、一日も早く創価を去ることができますように( ̄人 ̄)合掌

  72. 脱会しても創価脳、そんな残念な友人を持つぽっけです。こんにちは。

    前回の自分のコメントを補足します。

    学会活動を熱心にしている人が、選挙運動や会合への勧誘、選民意識による態度などなど、外部に対する言動がどういうものになるか、経験された方ならわかると思います。
    そんな活動家だった人が、ある日突然「学会辞めたんだ」と報告してきたとしたら・・・。

    ・ 熱心な活動家のあなた。
    ・ 急に辞めたと報告してきたあなた。

    脱会までのあなたの辛く苦しい葛藤や、創価学会を深く知らない外部の人は、この相反する点と点はすぐに繋がりません。
    ですので反応としては「自分にあんなに創価学会はすごい、何もかも創価学会のおかげだと言ってたのに、急に話が180度違う。あの功徳とかの話はなんだったんだ?」です^^;

    創価学会と聞けばすぐに嫌悪感を露わにする外部の人は確かに多いですが、それ以上に無関心な人が多いです。
    もしもあなたが「前に選挙頼んだり嫌な思いさせちゃったから、脱会の報告くらいはしておこう」と思ったとしても、創価に無関心な人はあなたの「言ってることが前と全然違うぞ」という事だけが印象に残るのです。

    期待通りの反応じゃないからといって「所詮、外部はわかってくれない」「ひどい人」ではなく、可能であれば脱会するまでの心の変化も一緒に話してみてください。
    点と点が繋がれば必ずわかってくれます。
    私たちはそんな冷たい人間じゃないです^^; 
    ささいな行き違いで無意味な誤解や壁が生じないようにと、必死なぽっけでした^^;

  73. レモンさん、いつも拝読しています。
    覚えててくださってありがとう^^

  74. 三枝さん、あまりあるお言葉、痛み入ります。
    ありがとうございます。

    スマイルさん、あの当時は私がウンコタレを野放しにしたばかりに、傷口に塩どころじゃないほど辛い思いをさせてしまって今も申し訳なく思っています。スマイルさんがこちらに来られたときは、まだお父さまが亡くなられて間もないころでした。スマイルさんも本当に疲弊しきっておられたというのに、ウンコタレに名指しで批判されるなどといった暴挙を私が許してしまいました。当時のキキというウンコタレは、それまでもさまざまなHNでこのブログをかき乱すことを楽しみにしてきた完全な異常者です。このブログにやってきたウンコタレのほとんどはこのキキ1人の仕業でした。今なら一切承認などしないのですが、当時はまだ創価の異常さを示すことができる機会だと思っていましたので、結果的にスマイルさんやモニカさんをはじめ、多くの方に大変な心労をあたえてしまう結果となってしまいました。本当に申し訳ありませんでした。
    スマイルさんの体験を前にしては、創価がどんな論法を使いまわそうが、創価が詐欺であることを否定することはできません。誰の目にも明らかです。事実がすべてを語っています。創価は目の前の事実すら見ようとはしません。都合の悪いことはものの見事にスルーしますから対話になるわけがありません。それはこのブログに訪れた創価脳の学会員たちが自ら証明してくれました。ですからもうこのブログにはウンコタレも創価脳の鉄砲玉も必要ありません。創価が詐欺だと気づきはじめた方、あるいは気づく可能性のある方との対話、また気づいてもなお様々な悩みを抱えていらっしゃる多くの方の対話の場になればと思います。
    これからもよろしくお願いします。

  75. こんにちは。30代婦人部のウサコです。

    最近は全く会合に出ていませんが、近い身内がみんな学会員なので、イヤでも学会絡みの話が耳に入ってきます。その度に一人で、「出たよ~」と冷ややか~な気持ちになっています( ´△`)。

    私は今1歳の子どもを育てているのですが、ほぼ毎日、公園や幼稚園の園庭開放など、子どものための外出をしています。
    そんな生活の中で、ふと思い出して悲しくなることがあります。それは、私が小さい頃の話ですが、私は母に連れられて公園や児童館に行った記憶がないのです。
    連れて行ってもらった記憶があるのは、学会の会合や買い物くらいです(買い物は嬉しかったですが笑)。私の実家の近所は学会員の家庭が多く、普段遊ぶのは自分の兄弟や学会員の子供たちでした。母が普段交流しているのも、もちろん学会員ばかりです。
    何が言いたいかと申しますと、幼い頃の私は学会の中で生きている母しか見たことがなかったということに、自分が子育てをする中で思い知らされている、ということです。

    一緒に公園に行ってお友達の作り方を教えてほしかったな(それは私が母になった今も活かされていたはずです)とか、学会員以外に素敵な人がこの世にたくさんいることを教えてほしかったなとか、今なって考えてしまいます。

    普通のことが、忙しい学会活動に奪われてしまって、その結果、親子ですべき経験の不足や自己肯定感の低さを子どもたちにもたらしている…という風にも感じます。私も自分に自信のない子の一人です。

    学会に対しては本当にいろいろな想いがありますが、このブログでは私の気持ちを代弁してくださっている方が多く、心の拠り所にしています。

    シニフィエさん、このような場所を作ってくださり、本当にありがとうございます。

  76. 管理人様、投稿者の皆様、こんにちは。
    先週退会届けを出した50代女性の雪ちゃんです。

    おてもやんさん、いつもコメント拝見しています。
    核心をつくお話ばかりで、私の言いたいことを全て言ってくれています。
    大学院生のお母様との事、私も2人の子供がやっと自立しました。
    子供も、親が創価の活動をしている事を口には出しませんが心配していたようです。
    脱会の報告は、1人にはまだですが、落ち着いたら言います。
    これからもよろしくお願いします。

    signifie様、創価を暴力団に置き換えると、なるほどですね。
    そうですよね。
    私もですが現会員さんも、外部の人には、愚痴はおろか疑問や悪い話は一切していませんものね。
    わからないのも当然ですよね。私の支部は聖教新聞外部の購読率が日本一になったこともあり、たいがいの家に新聞が入っています。
    皆「学会の人は元気で若いね」「良い勉強をしてるね」とか言っています。
    当たり障りの無いことを言っているだけかもしれませんが。

    フランソワーズさん、いつも声おかけ頂きありがとうございます。
    私は退会したので、もう後ろを振り返りたくありません。
    脱会したことも、誰にも言わないつもりでした。
    友人と書いたのはいとこのことで、その人のお父さんが生前、大幹部でした。
    私の叔父になります。
    でも、奥さんがガンで亡くなり、その後すぐ、病気でもないのに衰弱して亡くなりました。
    亡くなる前、叔父さんは病床で「学会から抜けたい。信心しても何の功徳もなかった。」と言って、脱退しました。
    何かを悟ったのでしょう。
    支部の人達は叔父さんを、退転だ、罰があたるだの、気が狂っただのと言いました。
    その娘さんだから、私は「叔父さんは間違ってなかったよ」と言いたかった。
    でも、学会にお世話になったのにと言われて「そうやねん」としか言えませんでした。
    辞めたと言っても警戒しているのかしれません。
    フランソワーズさんも、想像を越えるご苦労お察しします。
    お身体を大切になさって下さいね。

    ポッケさん、コメントありがとうございます。
    外部の方なのに、友人様を理解するため、ブログを見ておられるのですね。
    そういう私も、もう外部ですが。
    ポッケさんのコメントに、深く納得させられました、
    今までさんざん創価のいい話しかしなかった人が、突然辞めました〜では。
    信用度ゼロです。
    私もそんな人がいたら怪しいと思うに違いありません。
    気付かせてくれてありがとうございます。
    落ち着いたら、脱会するまでの話などできれば理解してもらえるかもしれませんが。
    でもその話に触れないほうがよいかもとも思います。
    私が脱会したと聞いて、様子を見に来てくれる人もいます。
    これからどうしようとその人が落ち込んでいます。
    お世話おかけしますがよろしくお願いしますと言うしかありませんでした。
    一度書いたコメントが消え書き直したので、お返事遅くなりました。

  77. 連続投稿してすみません。
    昨日の昼に買い物に行ったら、地区婦と会いましたが、私の退会のことは何も言わないので家へ帰ってから携帯にかけてみました。
    話を聞いてくれ「そうですかー。わかりました。また行かせてもらいます。」みたいな感じですんだのですが、それから外出していたので気付かなかったのですが夜8時ごろ携帯を見たら、メールと着信がいっぱいです。
    支部婦、白ゆり長と順番に電話しました。
    「もっと早く相談してくれたら良かったのに」、、、相談したらとめるでしょ
    「気づいてあげられなかった私の責任だわ」、、、いやいや、責任とか関係ないです
    「今題目あげています」、、、ご自由にどうぞ
    「〇〇ゾーン婦人部長と誰々と誰々に言いますから」、、、退会したら誰も怖くないです
    「辞めても題目は忘れず」、、、7年前から題目あげてません
    「会友となって橋渡しを」、、、ちゃっかりしてるなぁ
    何を言われても逆らわず、はいはいといって、一通り終わりました。
    今日も何かしらあるかと思いましたが、向こうも気が済んだのか、誰も何も言ってきません。
    ふぅー。
    疲れました。
    随時報告致します。

  78. フランソワーズさん、大変な目にあってらっしゃいますね。
    一日も早く、フランソワーズさんの被害がなくなることを
    心より願っています。

  79. 雪ちゃんさん、お返事ありがとうございます^^

    私は、友人と創価学会の選民思想について話していた時、突然「俺が欲しいのはそんな答えじゃない!!」とキレられたのが最後で、それ以来気まずく、仲間で集まっても創価学会の話はタブーです。

    長くなるので詳細は書きませんが、あれから3年かな。今思うのは、時間と仲間と「創価学会と無関係の趣味や話題」が友人の心をほんの少しずつ丸くしてくれているかもしれないということです。
    雪ちゃんさんがおっしゃるように、創価の話題に触れないでいることも、なるほどある意味良い方法なのかもしれませんね^^

  80. 50代、婦人部活動歴20年、ビッケです。
    役職に行き詰まり、数字だらけの活動に嫌気がさして、他に同じ思いをしている人はいないのかと、ふとネットを検索していたらこのブログに行き着きました。
    このブログに書き込まれた、実際に活動した人にしか分からない真実の声と、真摯に取り組む管理人さんの言葉に癒され、励まされています。
    今まで、言いたくても言えなかった、訊きたくても訊けなかった答えがここにありました。
    そして「創価を辞めていいんだ」ーーーこんな簡単なことを思い付かなかった!これこそが創価脳だったのですね💧
    このブログに出会って、読むことなく溜まりにたまっていた書籍をさっそく処分しました。
    地区の方、創価の友人(少ないですが)のことを考えると気が重いところもありますが、このブログを励みに、これから徐々に未活→退会にむけて準備を始めたいと思います。
    私は折伏されて今に至りますが、二世、三世のかたの覚醒後の苦しみはどんなにかと思います。
    これからもこのブログが続くことを、切に願います!シニフィエさん、ありがとうございます。

  81. >雪ちゃんさんへ
    もったいない言葉を頂戴して恐縮しております。ありがとうございます。
    それにしても、雪ちゃんさんの脱会報告の対応の仕方が素晴らしいです。これが言いたくて、signifieさん、連投すみません・・・

    >「会友となって橋渡しを」、、、ちゃっかりしてるなぁ

    ここ笑ってしまいました。本当に何を考えてるんでしょうね(^_^;)
    とにかくお疲れさまでした。貴重な実況コメントだと思います!

  82. ボンジュール、フランソワーズです。

    外部や非活様、
    「会友となって橋渡しを 」を訳すと、
    「マル外さんになって応援をお願いします 」
    これでもまだ創価用語で意味わからないかな?。

    創価学会活動に賛同してくれる理解者、協力者を、会友。
    選挙の時、公明党に投票してくれ、かつ、
    外部の方へも頼んでくれる人はマル外さん。

    「会友になって橋渡しを」、
    ようは、脱会しても、
    「会友になって」
    →(訳)選挙は公明党を応援してね、
    「橋渡しを」
    →(訳)外部の人にも頼んでね=マル外さんね。
    と、私ならそのように受け取ります。

    雪ちゃん様、
    気持ちをわかってくれてないですね。
    でも、雪ちゃんさんが、
    地区の方々に愛され、
    大切にされていたのが
    ご報告から伝わってきます。

    当分、やりとりが大変だと思いますが、
    今後、組織の方と道で出会っても、
    ギクシャクせず、
    会友と見なされずに、
    伸び伸びとした人生を過ごされますよう、
    影ながら応援しています。

    「会友」なんて言葉を言われる事から、
    「聖教新聞は贈呈するから購読しない?」
    なんて言われるかも?ですね。

  83. フランソワーズです。
    夜分また失礼します。

    ブックカバー様の3月19日15:22コメント一部、
    とても同感です。
    私の思い、そのままです。
    声にしてくださり、ありがとうございます。

    中央「シニフィエ様のブログ書き込ませて頂いているのも、いい加減な気持ちではないのです」~「食卓を、囲んでますか」迄です。

    未成年のお子さんがいる婦人部員には特に、
    しっかり読んでほしいです。
    「親の後ろ姿をちゃんとみているのよ」という指導から、夜に子供を留守番させ、
    活動優先にされている方に、
    考え直して頂きたい思いです。

    確かに子供は親の後ろ姿をちゃんとみています。「私を留守番させ置き去りにし、
    さみしさに気づいてくれない、
    冷たい親の後ろ姿を」

    いつか書きたいと思っていた事、
    ブックカバーさんが、
    私の思いをそのまま、書いて下さりました。

    小学生の子供さんを夜、留守番させ、
    活動にでかける、
    この事は間違っていると、
    二世の私が創価脳の時から、
    ずっと感じていました。
    私は活動の為に子どもだけで昼夜留守番をさせない、 そう決めて活動しました。
    でも、前にコメントで書きましたが、
    新聞配達時代に子供に申し訳ない思いをさせています。

    留守番して「寂しかった」と苦しんだ子ども達、
    今はもう大人になってますが、
    結局、その事から学会をよく思わず、
    学会から離れた方、周囲二世によく聞きます。
    その事がとても寂しかった、つらかった、と
    泣いて話してくれた人もいます。
    その寂しさ、私もよくわかります。

    子どもを留守番させ、
    活動優先の方針にずっと納得いきませんでした。
    その経験をさせられた子どもの身でないと、
    その思いはわからないのかな?とも思います。
    二世、三世で、この思いに
    同感して下さる方、たくさんいると思います。

    夜、仕事でお子さん達だけを留守番させるご家庭もあると思い、やむを得ないと思います。
    それと一緒にしないで下さい。

    今思えば、詐欺だから、
    子ども優先の配慮などなかったんだと。

    ブックカバー様がコメント締めくくりに、
    「今後、多くの創価問題で苦しむ人を救えるのは、実際経験された方のコメントだと思います」
    と書かれています。
    私は創価につくし、
    それなのに、攻撃され、苦しめられ、自殺まで追い詰められた身です。

    私のような取り返しのつかないような
    目にあわされる前に、
    活動や信仰の疑問、
    そのレベルで早く創価の悪に
    気づいてほしいとの思いで、
    コメントし続ける事が、
    結局、創価の事が頭から離れず、
    創価にしばられた生き方で、
    創価の為に(せいで)、また時間を奪われ続けているように感じています。

    【私の場合】異例でもあり、
    完全に創価から覚醒する為には、
    こちらを読まない、書かない、去らないと、
    無理だと感じています。
    私の場合は、そろそろ、自分の為、
    そして身の危険を守る為にも、
    そうした方がいいと思います。

    でも何年もこのブログを守られてきた管理人様の想像を越えるであろうご苦労と、
    そのご苦労のおかげで、
    創価が悪との思いが、
    間違いないでなかった事を確認でき、
    こんな思いの方々がたくさんいた事を知れ、
    被害レベルが高く、
    まだその最中にいる私が
    生の声をこちらで伝える事で、
    気づいてくれる方が
    いらっしゃればと思い、
    自分だけが、ここから離れ、
    すこしでも楽になればそれでいいとは、
    やはり思えないのです。

    こうしてコメントする事は、
    暇をもて余して書いてるんじゃありません。
    今も夜中です。
    実際かなり時間もとり、
    精神面からも体に負担きて、
    もうここを去った方が、
    との思いの繰り返しです。

    ブックカバー様が、書かれた
    「創価問題で苦しめる人を救えるのは
    実際、経験された方のコメントだと
    思っています」
    私もその思いで真剣に書いています。
    矛盾だらけさん、
    ポン太さへも、
    対立した思いじゃなく、
    「周りじゃなく、自分の心の声に気づいて。
    活動から一端離れ、しっかり休んで、自分自身をしっかり見つめて、何が正しいかを考えて」
    そして、気づいてほしい。
    そんな思いで書きました。

    あの創価活動の慌ただしさの中にいれば、
    見失っているものがあります。

    私は創価の批判者(反対者)じゃありません。

    ずっと胸の中で叫んでた事、書きます。
    「フランソワーズは
    創価アンチじゃない、
    可愛そうな創価被害者です。」

  84. 連休なので、自宅の掃除をしています。

    結婚式の写真が出てきました。

    某方面長が主賓だったので、その方の写真がありました。見た目は普通ですし、挨拶も普通でした。

    後日、外部の方も参加されているグループを紹介されました。方面長だけあってか、参加者は都道府県レベルの警察本部長、大学教授、超一流の企業の幹部など錚々たるメンバーでした。

    そのグループが発行している雑誌を贈呈されたのですが、メッチャつまんなかったので、参加するのを辞めました。

    その後、何年か前にお亡くなりになられました。友人葬での祭壇に御本人の本尊がかけららていましたが、今まで見たこともないような古いものでした。おそらく昭和20年代から30年代、40年代?くらいに配布されていたものでしょう。『カラコピ』ではありませんでした。
    方面長が、日蓮正宗の本尊を使っていたという事実はどのように考えたらいいでしょうか?

    創価の本部も日蓮正宗から下付された本尊。方面の本部にあるのもそうです。

    末端の会員の本尊を今のカラコピに変えていましたが、タダで配っていたのではなくて、キッチリ3000円とっていたと思います。
    この辺り、経験者の方の証言あればと思います。
    結局、『商売』なんですよ。

    欠陥の原因を日蓮正宗の態度にして、『元々は私たち創価は正しい本尊を下付した。でももともと日蓮正宗は正しかったのだが、日顕の時代になって極悪になった。だから、日蓮正宗からの本尊は日蓮大聖人の血脈がないので効果なし云々。だから創価の新しい本尊に変えなさい』と。

    クソッタレです。

  85. ご本尊に祈っても功徳なんてないと、長年心の底に押し込めてきた疑問が爆発し、禁断のネット検索を経て創価の真実をしり、「創価は詐欺、インチキだ」と確信し覚醒9カ月半、退会済みの、ノジコです。

    まだ創価は宗教だと信じていた時の学会員の発言(ものすごく小さい事ですが)を時々思い出します。
    当時は言い間違ったのだろうとか、同志を怨嫉してはいけないとか思って記憶から消し去ろうとしましたが、今だに嫌な気持ちになります。すみませんが、少し、吐き出させていただきます。

    ・仲良くしてた婦人部地区幹部。家庭訪問時、ユル活の主人の事を「そこら辺で腐ってないで、会合出て来てって言ってね」
    ・家庭訪問に来た白百合長。うちの庭を手入れがされてるねと褒めてくれたのはいいのですが、咲いてる薔薇(種類が沢山あり)をみて、「これはひどいねぇ」
    ・家庭訪問に来た壮年支部幹部、私の出身地域を尋ねられ、「ああ、あそこかぁ、あそこもひどいとこだよねぇ。」 
    ・座談会の時一人一言発言の時、高齢の壮年から「もっと、大きい声で話してくれ。何言ってるかわからねぇんじゃ、何しに来てるかわかりゃしねぇ」と。(そのあとの幹部から、やんわりと、聞こえにくい方は、前に座ってくださいね」と言われてましたが)
    ・男子部分県幹部が主人の家庭訪問時、「会合や任務に出よう。今の状態は子供の福運を食ってることになるんだよ。」

    ほんと、しょうもない些細なことなのですが思い出して凹みます。
    後遺症の一つでしょうか (T_T)

    現役学会員の方々、まだ創価がすごい信心だと思ってるなら、何気ない発言も細心の注意を払って、気をつけた方がいいですよ。そのよけいな一言が非活、脱会につながることもあると思いますしね。
    大仏先生も失言だらけだったからしかたないと思いますが・・・ (-_-メ)

    脱会して、日に日に創価はまやかしの詐欺団体だと強く思うのは、創価時代に見聞きした実体験があるからなんですよね。

    では、今日もはりきって仕事行ってきます(^^)

  86. おはようございます。学会三世のヤングミセス。コンブです。

    明さん、モーツァルトの同じ曲が私のスマホに入ってて、朝子供を起こす時にかけたりします。「うるさーいっ」てならずに自然に起きてくれます。あと、となりのトトロもかけたりします。ポニョも目覚めにいいんですよね。柴犬も海外で人気が出たからか興味が湧き、動画を度々見ます。本当に可愛いですよね。癒しって大事ですね。鬱々とした気持ちが晴れます。新緑が綺麗になったら、山、川を子供と散歩しようと思います。

    おてもやんさん、創価に騙されていたことを知ると、全てが胡散くさく感じてしまいますよね。夫が嘘つきなことに気づいてからもそうですが、色々と疑心暗鬼になってしまいます。まだ良い創価のイメージが頭にこびりついてて、真実の姿が分かっても気持ちがついていけないことがあります。全てがおかしいと裏付けをしてくださってありがとうございます。また少し心がスッキリしました。
    心のもやもやと不安感を軽くしたくて、何度も何度もみなさんのコメントを読み返してます。
    すみません、私のコメントは過去のどなかのコメントと同じようなことばかりかもしれないなと感じます。もう少し過去のコメントも読んでみます。見る勇気がなくて見れなかった、創価を批判する動画も見てみました。フランスではカルト指定されたんですね。フランスの被害者の方の唱題表が目に焼き付いてます。

    シニフィエさん、ラザリスさんありがとうございます。焦らないように心掛けます。そして、自分で考えることがまだまだ苦手です。今までは、あれしてね、これしてね、に「はいっ」て答えて生きてきてました。嫌でも嫌だと思ったらダメなんだと言い聞かせていました。なんでも迷わず祈れば良かったんです。これからは、自分の気持ちと考えを大事にします。学会の方も、縁が切れたらその程度の関係ですよね。みんな被害者なのである程度のことは、悪く思わないように、ショックを受けないようにします。
    出会いの季節でもあるので、また新しく気の合う友人ができるといいなと思います。今までの友人ともこれからは、選挙、折伏抜きに関われることが嬉しいです。今までは、週末友人と会いますって話しをすると、周りから交流して偉いね、頑張ってるねって言われ、折伏する気はそれほど無いので気持ちが重くなりました。そのうち信心してくれるかもとか変な下心は持ってたので、悪いことをしたなと反省してます。
    覚醒できたので、友人との関係ではやっと普通の人生が過ごせますね。
    私が学会で幸せを感じないのに、友人に折伏できるはずがありません。人と会うと、する必要性も感じないのに、しなきゃいけないと思って、折伏、新聞啓蒙、選挙のことが頭にちらつく生活なんてもう嫌です。苦しかったです…>_<…学会員はこれだけでも、組織から異常な日常生活を強いられていると思います。
    これからは、人と関わる度にそんなこと考える必要もないので、本当に気持ちが楽になりました。

    雪ちゃんさん、スマイルさんのコメント、とても説得力がありました。功徳なんて無いんですよね。疑うことも許されず、騙され続けるのは本当に悲しいし、悔しいことです。極悪幹部、〇〇先生、奥様に全ての被害をまとめたもの、学会員の生活を突き付けたいです。テレビ局に実態調査してもらって、特別番組作ってもらいたいです。タブーを侵して、疑い始めるとおかしいことだらけです。
    雪ちゃんさんの神対応、私も参考にさせていただきます。脱会おめでとうございます!お疲れ様です!

  87. スマイルさん、そうですね。全国の会館にある曼荼羅は日蓮正宗から破門された時に創価学会版に変えてるんですかね。創価学会版でもベースは日蓮正宗の御本尊をベースに作ってますよね。もちろん日蓮正宗に断ることなく勝手にやってますよね。
    そもそも教義を変更する宗教って?それも信仰の根本であるはずの御本尊が、破門されたからって勝手に別物に変える宗教って一体なんなの?って感じですが、創価は何年か前に教義の変更をした中に、それまで邪宗としてきた日蓮正宗以外の宗教を邪宗ではないという定義にし、創価以外の日蓮の曼荼羅も創価の曼荼羅と同じだということにしました。もちろんこれは創価が勝手に言ってることであって、他宗の知ったことではないのですが(笑)。同時にこれまで三大秘法の本門の本尊としてきた日蓮正宗の本尊だけは「授時の対象にしない」とうなんともわけのわからないことを決めてしまいました。
    このあたりについては、このブログでも白いブランコさんと議論した経緯があります。結局白いブランコさんも「授時の対象にしない」ということにしたというだけの一点張りで話になりませんでした。

    https://signifie.wordpress.com/2015/03/04/
    https://signifie.wordpress.com/2015/03/21/
    https://signifie.wordpress.com/2015/04/06/

    特に↑この3番目のページの2番目にある「白いブランコさんとの対話 3」には、この創価の御本尊解釈について、当時現役支部長であった白いブランコさんと対話をしているので興味のある方は読んでもてください。あの対話から2年。白いブランコさんはその後どうされてるんでしょうか。選挙活動に疑問を感じて選挙活動だけはしないという変わった支部長さんでしたし、バリ活の奥様とは創価についての見解の相違で離婚問題にまでなったそうですが、その後どうされているんでしょうか。このブログで現役活動家との対話ができたのは、後にも先にも白いブランコさんただ一人だけでしたので、私は今でも何かにつけて白いブランコさんがどうされているのか気になっています。幹部に疑問をぶつけても何も得るものがなく落胆されていましたし、それで活動を休止されましたし、自分でブログを立ち上げて創価学会改善運動をやろうとされました。しかしそれも地区の活動家からはそっぽを向かれ、ブログも数ヶ月で放置状態となりました、あれほど真面目に対話をされてきた方が、ある時点でうんともすんとも発言をしなくなりました。白いブランコさんのブログへは再三お返事をくださいと声をかけましたが、一切返事はありませんでした。せめてその後に白いブランコさんがどうされているのか、今の白いブランコさんにとって創価学会は何だったのかをお聞きしたいと思っています。

    創価は日蓮仏法を現代に広めるということを目的とした宗教法人であるにもかかわらず、その「日蓮がたましひをすみにそめながして・かきて候ぞ」とかなんとか言ってるものを「授時の対象にしない」って宣言したんですね。でも今の創価が会員に3000円で売っているカラーコピー御本尊は、もともとは日蓮正宗の御本尊をスキャンして、都合の悪い文字を画像編集ソフトで消してから、周りの表層の柄の部分も一緒に印刷したものです。日蓮正宗の御本尊は授時の対象にしないと言いながら、その御本尊を改ざんしてペラッペラのカラーコピーを会員に売りつけてるんです。そして日蓮正宗のことはボロクソに言いながら、日蓮正宗の改ざんカラーコピーは功徳があると言って売りつけてるんですよね。で、中心会館には日蓮正宗の御本尊がある。うちの実家にも日達の名前と私の父親の名前の書いてある常住御本尊があります。日蓮正宗の弘安2年の曼荼羅を授時の対象にしないと決めておきながら、会館や古参幹部の家には日蓮正宗の御本尊があって、それを信仰の対象にしているんです。これに学会員の誰も慰問を持たないんです。創価がどんな教義の変更をしようと知ったことではありませんが、こんなめちゃくちゃなことを平気でやっていても、学会員は何の疑問も持たない。そこに疑問を持って欲しいと思います。創価がどうこうの前に、疑問を持たない自分に疑問を持って欲しいんです。これだけめちゃくちゃなことを言われていて、誰も幸せになんかなっていなくて、それでも何の疑問も持たずに、上から言われたことに従うだけの自分はいったい何なんだろう?って自分で考えてみたらどうですか?って。
    創価の客観的な矛盾を示すとしたら、この御本尊の解釈についてがわかりやすいですね。この教義の変更について知っている学会員がどれだけいるんでしょう(笑)。創価脳はよく「日蓮仏法は一点の曇りもない」とか言いますが、曇りどころか真っ黒じゃないですか(笑)そもそも創価は日蓮正宗の外護団体としてできたんですから、破門された時点で解散しないといけない団体でしょ。それを勝手に自分たちで曼荼羅を捏造して、本家本元のやつは「授時の対象にしない」つまり、あいつだけは偽物だとぬかしてるんです。宗教だなんだという以前の問題ですよね。でもって日蓮正宗も同じ土俵に立ってああだこうだ泥試合をやってるようですが、それもどうかなと思います(笑)そんな詐欺団体相手にまともに喧嘩してどうすんの?って思うんですけどね。
    日蓮正宗も含めて教義云々はどうでもいいですから、学会員さんはこんなめちゃくちゃな教義の創価についてなんの疑問も持たない自分って何?って一度考えてもいいんじゃないかと思うんですけどね。

  88. シニフィエさん、
    教義自体がデタラメなのは今に始まったことではないし、結局は日蓮の教えにまで言及することになるのかもしれませんね。それでもきっと本尊がエルカンターレになったって気が付かない人もいるかと(流石にそれはないと信じたい)。
    問題は創価の実態。これですよね。
    珍しく、おちゃらけ無しで書いてます。
    無駄な紙も、テレビ欄しか価値のない新聞も、会員しか読まない冊子も、交通費も通信費も雑費も、お手頃な値段だからわからないのでしょうか。それを忘れて財務までするのでしょうか。そのお金、何に使われているのか考えようともしないのでしょうか。悔しいけど、自分はそうでした。
    疑問と向き合うことが、いかに大切なことなのか知りました。外部からすれば、それ普通やん、ていうね。ショック通り越して笑えますよね。どれだけ心頭していたか。洗脳に苦しんだか。
    ここにきて真っ直ぐ真剣に読める人は、まともなんですよ皆様。安心して疑問とぶつかりましょう。月並みですが、みんな一人じゃないから。

    騙されているうちは何とも思わないんだろうけど、気が付いてしまうと、これが人によってはとんでもない重みで心にのし掛かってきます。
    身内や親戚の絡みで中々抜け出せない方には、ここら辺も絶対に辛くなってくる部分だと思います。少しでも創価に掛かるお金を減らしたいですよね。

    活動家の頃、先輩幹部が言っていたことを一つ。
    「アンチの学会ウォッチャーなんてさ、福運なんかひとつも付くどころか、バチが当たるだけなのによくやるよね」
    ヘラヘラと頷いていた自分にドロップキックです。
    今ならハッキリ言い切れます。
    あなた達が危険だから見張られているんだよ。バチがどうした?早く消えてなくなれよ(゜ロ゜)!って。
    以上、強烈なアンチが中継でお伝え致しました。

  89. 管理人様、投稿者の皆様、こんにちは。
    活動歴30年、覚醒歴7年、今も聖教配達員の雪ちゃんです。
    先週本部に脱会届けを出し、先日組織にも伝えました。

    おてもやんさん、フランソワーズさん。
    いつも優しいコメントありがとうございます。
    本当に心強いです。

    先日、脱会しましたと、支部婦と地区婦と白ゆり長と元地区婦に伝えました。
    私にかけてくれた言葉は、昨日のブログで書いた通り、判で押したように4人共まるっきり一緒でした。
    内3人は、「これからも新聞配達は続けてくれるの?」と言いました。
    もちろん断りました。
    私の退会理由を「親が高齢になり、家がしている宗教を私がしていかないといけないので」で通したので、信心は持ったまま辞めると皆思っています。
    地区婦「メールはこれまでどおり送るね、今何をしているか知ってほしいから」
    元地区婦「これからも私はここ(家)に来るよ」
    私「はい。よろしくお願いします」
    仏敵とみなされて名前を掲げて祈られたくないので(呪うのですが)、従ったふりをしました。

    私が退会劇を書き連ねることで、誰かを傷つけていないかと心配です。
    コンブさんのように、覚醒途中で学会員さんとの関係を大切にしている方などは。
    私の身近にいる学会員さんも優しい人です。
    今は私の体から創価学会となんとか引き剥がしたく、鉄の心で対応しています。
    フランソワーズさんが前に言われた「お先に脱会します。後に続かれますようお待ちしております」という気持ちです。

    今、仕事中なのに(自営業)支部婦と地区婦ともう一つ上の幹部が来ました。
    いろいろ聞かれて、「相談してくれたら良かったのに」とか「福運が消えますよ」とか「選挙の時は協力して」とか言われました。
    それと驚いたのは「また先で信心する気はありますか?」と聞かれたことです。
    「今はちょっと」とだけ答えました。
    「引き継ぎのため座談会に参加して」とも言われました。
    無神経極まりないです。
    吐きそうです。
    又もう一度話を聞きに来るそうです。
    これも脱会のため、耐えないといけないです。
    もう二度と関わりたくありませんが。
    長くなりすみません。

  90. ビッケさん、違うスレにコメントしてしまったようです。すみません。新しくマシンを変えたので勝手がわからなくて本当にごめんなさい。

    創価は矛盾だらけです。宗門から破門された時も参拝券までホウボウだから捨てろゴショもすべて残してはいけないと徹底的に捨てらされました。兄が持ってきた日達猊下の曼陀羅も幹部は笑いなががら持ってきた紙袋にポイ。あの時の母の叫びは今も脳裏に焼き付き離れません。「息子が持ってきた御本尊様を捨てないでー!」と。きっと、母にとって御本尊と死んだ息子は一体だったのでしょう。功徳云々よりも他人には分からない計り知れない深い思いを母が御本尊を通じて息子と会話をしてたのだと思います。おかたぎ御本尊を断り、古い御本尊をクリーニングに出し、大切に大切にしていました。それがある日ホウボウだからといって強制的に安っぽい学会版に簡単にかえられた。人それぞれですが母が守り抜いた曼陀羅はそれこそ命がけでした。原因不明ですがその頃を境に寝込みおしゃべりだった母に精気がなくやがて心臓病、認知症へと移行してゆきました。年寄りにそんなことしてはいけないという見本だと思っています。そのくせ、正宗のお墓は捨てる必要ないといいます。創価で言えばもっとも魔の巣窟だと思うのですが。金銭がからんでいる、買う時高かった、墓には魔がいないなど信じられない理由を聞きました。
    でも私は誰がなんと言おうと独断で墓を捨てました。
    学会の曼陀羅に変えてしまい母を思うと後悔しています。幹部ほど他人の人生を解ろうともせず、自分話ばかりします。人の話を聞けない、又は相手の言葉が入ってこない、聞くふりだけは上手。ろくでもないやつらばかりです。

  91. お詫び
    覚醒された方々に幹部なんてろくでもないと言った訳ではありません。
    私も役職者の端くれでしたから洗脳の恐ろしさでこんな人間になってしまうという意味です。気を悪くされた方々すみませんでした。

  92. ルフランさん、いつもコメントありがとうございます。
    業務連絡です。コメントはお名前も書いてくださいね(笑)

    雪ちゃんさん、しばらくは大変ですね。でも頑張ってくださいね。創価脳はまともに相手するだけアホらしいですからね。
    「退転者に近づくと福運が消えるかもしれませんよ」ぐらいの冗談は言っていいかもですね(笑)
    確かに創価脳の人たちも根はいい人でしょうし、だからこそ騙されているのでしょうけど、騙されている限りは、功徳と罰でしか物事を見れなくなっています。シビアに言うなら「あなたの幸せ」を願っているようで、自分の福運の量を計算しているにすぎません。その人がそういう人間なのではなく、創価によってそんな価値観にさせられているだけです。イオンや夢タウンのポイントカードみたいに、人間の幸せは功徳ポイントの量だとしか考えられなくなっています。自分の組織から脱会者を出すと、自分の功徳ポイントが減ってしまうと心配してます。題目あげて、新聞もたくさんとって、財務もいっぱいして、できれば折伏で成果をあげたら10倍ポイント!ってなもんです。人の幸せを祈るにしても功徳ポイントの数が上がる「ち〜んジャラジャラ〜」って音が頭の中でなってるんです。そして実際には創価にお金が転がり込むというシステムです。
    若い頃、私の姉が脱会した時に、母の友人が子供の頃から知っている大幹部で説得にやってきました。ありとあらゆることを言ってました。それこそ「福運を逃す」とか「バチが当たる」とか。最後はボロボロ涙を流して訴えていました。その時の私は創価脳だったにもかかわらず、その大幹部の涙は猿芝居だと感じたことをよく覚えています。みんな操られて、自分の功徳のためなら猿芝居でもなんでもします。
    もし創価の教義が「じつは御本尊にどんなに祈っても願いは叶わない。功徳などあるわけがない。当然罰もない。みんな仲良く集まって活動していることだけが功徳であり福運なんだよ。何かに向かって声をあげて病気や貧乏がなくなるなら誰だってやるさ。じつは創価の福運は会合での楽しいコミュニティの時間があるだけです」になったら、みんなやめるでしょ(笑)。世界平和だの広宣流布だの言っても、これをやったら功徳や福運があって、思っても見ないような幸せが訪れると言われてるからやってるだけです。なんでも願いが叶う魔法のランプを手に入れたような気になって浮かれ上がっているだけです。創価はそんな人間心理を利用している詐欺にすぎません。
    3000円で魔法のランプを買わされて、それでやがては世界が平和になると本気で信じ込まされているにすぎません。魔法のランプを買うだけでは済まないで、新聞を何部もとったり、人によってはただ同然で新聞配達や集金業務までやらされて、会館警備や会合運営や清掃活動や他のいろんな雑用までさせられて、毎年毎年持ち金はありったけ出しなさいと脅されて、選挙の時には選挙違反までさせられて友人もなくす。それにしてはちっとも幸せにならない。幸せにならないからといっても、そこで疑ったりしたら地獄に落ちると脅され続けるから疑うことすらできない。幸せにならないどころか、あきらかに近所や職場からは距離を置かれている。それでも気づかないんです。それでも気づかずに、やめる人がいたりすると「福運がなくなる」とか「バチが当たる」とか「ロクな死に方はしない」などと平気で言い放つのが創価脳の皆さんです。

  93. 今日は。
    外部のXデーは近いです。白いブランコさんは、同じ改革派でも、三船小仏さんとは、ちょっと違う感じの方ですね。

  94. signifie様、お仕事ご多忙にもかかわらずコメントありがとうございます。
    ご心配かけて申し訳ありません。
    signifie様の「大丈夫ですよ」「頑張って下さい」の言葉にどれほど励まされることか。
    それは私だけではありません。
    皆さん、そう思われていると思います。
    私もこの状況を笑いにかえなければとの気持ちはあったのですが、今日は不意討ちだったのでショックが大きかったです。
    それに来る1時間前に幹部のらしき車が家の前でUターンして走りすぎ、その時は主人がいたので、主人が仕事に出るなり、あの人達来ました。
    見張っていたのですね。
    怖いです。
    でも今日は良いこともありました。
    販売店に電話して聖教新聞を永久に止めました。
    スッキリです。
    これからsignifie様のコメントを何度も読みますね。
    創価から一人でも多くの人が静かに去って行けますように。

  95. 先日、初投稿させていただきましたビッケです。
    ご挨拶が遅れ申し訳ありません。
    はじめまして、よろしくお願いします。

    なんて的確な創価を言い表すコメントでしょう!
    そう、そうなんですよ!
    シニフィエさんのコメントに大拍手(笑)

  96. ルフランです。シニフェさんすみませんでした。HN気をつけます😱

    雪ちゃんさん、私も応援してまーーす\(^o^)/

  97. こんばんは、ヤングミセスのコンブです。
    雪ちゃんさん。状況は人それぞれなので、大丈夫ですよ。私は雪ちゃんさんの対応、とても参考になると思って読んでます。私も今後、周りの学会員の方全員と良い関係のままいれるとは思っていないので気にしないで、思うままコメントしてください。連日の対応、気疲れもあると思うのでご自愛ください。簡単にはいきませんが、後に続きたいと思って読んでます。

  98. 雪ちゃんさんへ
    私からも、本当にお疲れさまです・・・。
    読んでいるこちらまで目眩がしてきそうな内容です。
    よく穏便に対処されましたね・・。
    それにしても、「これからも新聞配達は続けてくれるの?」とか・・・・
    この部分を読んだ時、思わず私の顔が「クワッ!!!」っと般若のようになりましたよ。
    今後はあまり目に余るようでしたら、ご主人様を盾にするという方法もあります。
    signifieさんの言う通り、もうしばらくは嫌な思いをするかもしれませんが時間の問題だと思います。
    もうすぐ春です(^_^) 桜の季節を楽しみにしましょう!
    応援してます!

  99. もうじき、マイケル ジャクソンの年齢を通りすぎる ラザリスでございます。
    ややこしくてすみません。(⌒-⌒; )

    創価脳の義理母が、末期癌で本日余命3ヶ月と医者から宣告されました。
    信心歴は五十年ほど、朝晩の勤行も欠かしたことはなく、折伏、新聞啓蒙、公明支援活動に熱心で、会合の参加もほとんど欠かすことなく、また1日千円程度の国民年金の中から二桁程度の財務を捻出し、聖教の配達もしながら、漬物と味噌汁をおかずにしながらご飯を食べるようなばあさんでした。
    来週からは地元の病院に移り、痛みを緩和するモルヒネを打ちながら、ホスピス療養になるそうです。
    たしか創価の指導には、信心を全うすれば最期の5年間は、悠々自適な人生になるとか言われてましたっけ。
    ハッキリ言いますが、あれは真っ赤な嘘ですね。
    これほど創価のために尽くし抜いた人間の最期がこのザマです。
    こうした惨めな人間の犠牲の上に、セレブ生活を満喫する職員の皆様、言い訳ができますか?
    信心が足りなかったとか言ったら・・・・(♯`∧´)
    すいません、過激な表現になりそうなので控えます。
    せめて来世では、こんなつまらぬ詐欺に引っかからずに、まともな人生を歩んでいけることを祈るばかりです。
    (~_~;)

  100. 非活約1年半、二世、アラフィフのあにきです。春というのに、何だか寒いですね。体調には気をつけていこうと思います。
    雪ちゃんさま。脱会された方に対し、「これからも新聞配達はつづけてくれるの?」ですか・・・これは強烈ですね。選挙投票日当日に「今からF取ってこんかい!」(これは公職選挙法違反です)よりも、ぶっ飛んでいる発言ですね。さすがにびっくりしました。確かに、創価はいい人が多いと思います。でも、そんないい人でも、こんなワケわからん、ことを言う人がいるのですよね。
    管理人さま。本尊に関するコメント、本当に参考になりました。学会会館の仏壇に吊っているまあまあデカい本尊は、確かに、日蓮正宗の本尊であり、それも、「〇〇文化会館・・・ 日達」なんて書いてあるのもあります。確か、創価は日蓮正宗とは縁を切っているのですよね。今日の聖教の新人間革命なんて、「法主・日達」って呼び捨てですわ。それでもって、そんな曼荼羅を拝ましているのですよね。いっそのこと、「南無妙法蓮華経 池田」ってな感じの曼荼羅作って、祭ったらどうですかね。こちらの方が辻褄が合うと思います。
    創価って、人も法も、グダグダです。まあ、宗教ではないですから、しゃあないですわな。

  101. おはようございます。元学会2世脱会後十数年のおてもやんです。
    「創価はいい人が多いと思います。でも、そんないい人でも、こんなワケわからん、ことを言う人がいるのですよね。」
    上記のあにきさんの言葉で思い出しました。
    それも、聖教新聞に載っていた言葉です。
    「正当化された憎悪は人を残虐にする」(うろ覚え)とかいう世界の識者の話です。
    正しいと思い込むと、人は非常識なことでも平気で出来てしまう・・・
    まさに創価学会にブーメランになるような話です。
    「常識豊かに」という指導もあったはずなのに、婦人部って非常識な人が多い気がします。私も玄関で婦人部長に待ち伏せされた経験があるので
    改めて、「婦人部とはなんぞや」と思う出勤前の朝です。

  102. 理想系です。アラフォー非活男子部の3世です。
    過去スレ拝読中の身です。
    2014/10/1
    ショウさんについての2、3のこと
    読んでますが、IPアドレスが本部長、通りすがりの男子部と全く同じ≒同一人物の行動であったことに、大変遅ればせながら、ついさっき気が付きました。
    IPアドレスという基本的なシステムを理解されていないとは、学会内部の人も勉強しないとですね。

    本題についてですが、フランソワーズさんに共感した部分があるのでコメントさせて頂きます。
    私は比較的学会活動はカレンダーが合う日しか行かない人でしたが、大学校に入校させられそうになり転居しました。
    親に真の住所伝達済ですが、男子部には架空の住所(ちゃんと実在の住所です)伝えてますからしばらく男子部には会ってません。
    しかし、創価なら常識であろう、つきまといや尾行によって本来の住所がわかってしまうor待ち伏せされてしまうことが最近恐怖です。

    今のところアポなしでやってくるのはNHKのみですが、いつかは学会にわかってしまい、活動の連絡がバンバンこないか色々と考えてしまいます。
    そうなってしまったら、おそらく創価の矛盾についてバトルが始まると思っています。
    ある種の覚悟ですね。
    NHKより面倒くさいかもしれない(;´Д`)

  103. 理想系です。
    連投すみません、ショウさんのスレを冒頭のシニフィエさんのコメントのみ読んで上記感想を述べてましたので少し訂正させて下さい。

    全てなりすましだとわかった上での、ショウ=通りすがり=今は未活というやり方に、背筋が冷たくなりました。

    文字通り手段を選ばない学会のやり方で、私も追い込まれてしまうのでは、尾行なりスマホのシステムや位置情報を盗み知り、場所がわかられてしまうのでは、と感じてしまいました。
    ただの心配症なのかもしれません。。

  104. 研なお子さんは今も会員なのでしょうか? 骨折されしばらく療養なさるとのこと。
    もしも今も会員なのだとしたら、他の芸能人学会員から「転重軽受の御法門なのよっ!」
    とかなんとか洗脳を加えられるのでしょうか。彼女の本復を念じつつ、それでも何だか
    切ない思いに囚われております。

  105. 大変ご無沙汰しています。お久ぶりです。
    二年ほど前に何度か書き込みをした元二世婦人部、鼓笛隊、S大出身のエミコです。
    後遺症と言えるものかどうかわかりませんが、覚醒した最初のうちは、自分の考えや思想が
    全て創価に作られて洗脳されたもののような気がしてどうしていいかわかりませんでした。
    激しい自己嫌悪、生まれてすぐに勝手に入信させて創価教育を施した両親への苛立ち、
    そして学会員への腹立たしさに、日々苛まれ、こちらのブログやいろんな脱会経験者の
    皆様のブログを読み続けて心の平静を保っていたと思います。
    自分に勇気を与えてくださったこちらのブログの皆様には大変感謝しております。

    学会をやめると決めてからは、家族や組織との軋轢はありましたが、それ以上に
    暫くは創価学会で生きてきた自身の四十年余の人生をずっと否定せずにはいられない
    自分の気持ちが辛くてたまりませんでした。
    人生やり直したい、もっと違う人生を歩みたかったという気持ちに苛まれる度に、
    過去の全てを否定することで己を保ち、創価への憎しみだけが増していく日々でしたが、
    ある時、ふと思ったのです、別に、創価教育のもとで、真剣に平和や幸せを求めようと頑張って
    いた自分の心を否定することはないんじゃないかというふうに。
    宗教とは関係ない上で、そうした己の信念まで否定することはない、ガンジーやキング牧師の
    ことを学んだり、ユゴーやトルストイの著作を読んだことや平和とは何かと真剣に考えていた
    ことは、己の血肉となっているわけだし、宗教という洗脳部分を取り除いた自己研鑽した
    部分は、それはそれで無理に否定せずに、普通に知識として抱えてもいいのではないか、
    たとえそれが池田大作のスピーチを読んで影響を受けたかもしれないことであっても、
    全部を否定するのではなく、それもひっくるめて今の自分があって、
    今の自分が今から作る時間を創価と関係のないところで、楽しく
    幸せに過ごせばいいのだと思うようになりました。

    否定せず、そういう自分もいた、そして今の自分があると、過去の自分を
    自然に受け入れることで、気持ちが軽くなり、創価だったことも組織の嫌なことも
    全てがどうでもよく思えて、今では、自分が創価学会だったこともすっかり忘れてしまいました。
    最近は、普通に人と話をしている時に「うちの親がね、創価学会で、全く困ったもんよ」「私は
    創価学会なんて嫌いなんだけど、親は熱心で、あなたがやらないのはもういいけど、私たちを
    お墓なだけはちゃんと入れてと言うから、親が死ぬまで続けていた場合は、創価のお墓に入れる
    つもり。私は嫌だけどね」と言うことを軽口で言ったりもしています。

    そうしてすっかり忘れていたのですが、最近創価大学のOB会からダイレクトメールがあり、
    相変わらずの勝利だの栄光だのの言葉がつづられていて、ふと懐かしくなって、
    こちらのブログを覗きにきました。
    そして後遺症という言葉を見て、そういえば自分も最初は苦しんだなと思い出し、
    久々に書き込みに上がりました。
    最近は本当に創価学会だったことを笑い話にして、気楽に生きています。
    創価学会にいたことがどうでもいいと思える毎日、そうなって本当に良かったと思います。

  106. 気の向くままのコージです。
    抹茶のロールケーキ食ってます(^^)

    雪ちゃんさん、
    遅ればせながら脱会おめでとうございます。
    それにしても、あなたは本当にお優しい方ですね。
    活動家として奮闘されてた頃も、すごく信頼されていたのでしょう。
    でも、せっかく覚醒して脱会するのですから、
    新聞配達のお断りは当然として、家庭訪問なども
    「気持ちの整理がつくまではご遠慮ください」みたいに言って
    やんわりと断る方がいいかもですよ・・・?
    脱会者に新聞配達や座談会参加をまだ言ってくるような、
    面の皮の厚いオバハ・・婦人部なのですから、
    選挙応援などはバンバン入ってくるかと思われます。
    下手すると、脱会しているのにも関わらず、
    F取りや報告までやらされるかも知れませんよ?
    それでは、いくらなんでも辛すぎます。
    どうか、やんわりと距離を置かれる事を望んでおります。
    雪ちゃんさんが私の身内でしたら、私が表に立って
    厚かましいオバハ・・婦人部に断りを入れるんですが。
    素手で戦うのは厳しいので、塩とか豆でも撒きますか?
    足は震えますけどね(;゚д゚)
    私が塩を撒きますので、雪ちゃんさんは
    私の後ろから奴らに豆をぶつけてやってくださいな!
    私の頭にぶつけないでくださいね。

    おてもやんさんの、
    >「ちゃんと座談会やってっかな?」と学会本部が蓋を開けてみたら
    「全員がアンチ創価だった」とびっくりさせてやっても良いかもしれません。

    これ、意外と面白いアイデアかも知れませんね。
    確かに高齢者ばかりの地域では、創価の会合のような形態は
    ちょっとした民生委員代わりというか、地区の安否確認の場として
    何かしら機能している部分もあるのかも知れません。
    勿論、全員が創価も池田も信じていなくて、
    財務は0か1円、選挙や新聞啓蒙などの加担行為は
    一切しないという前提でなら面白いかも。
    あの地区、実は全員が覚醒してアンチなんだけど、
    暇だから週1で拠点に集まって、みんなでお茶飲みながら
    池田の悪口でワイワイ盛り上がっているよ~とか、
    ビデオは元創価や元公明党の講義らしいよ~とか、
    なかなかナウい斬新な会合かも知れませんよね。
    まあ、現実的には責任者へのノルマや指導、圧力などで
    実現は難しいんでしょうけど・・・

    コンブさん、現在の会合の様子などを教えて頂き
    ありがとうございます。
    覚醒途中で、色々と悩みや迷いが出てきてしまうのは
    ある意味、仕方のない事です。
    私なんかでも、ほんの3年前までは、
    池田先生は正しいに決まっている!
    ご高齢の身を押して、最前線で指導・指揮をしているだろ!
    ・・・・なんて事を平気でネットで語ってましたから(笑)
    お恥ずかしい過去です、そんなもんですよ。
    どうか焦らず、ゆっくりと覚醒への道を歩んでくださいね。
    とりあえず、財務や選挙などは一切協力しないほうがいいです。
    お金と労力は、もっと良い事に使いましょう!

    しかし、なぜ創価なんかに多くの方々が洗脳されて
    活動に取り込まれてしまうのか・・・
    色々と考えてみたんですが、
    一般世間の方々の生活って、仕事や家庭、子育てなどに追われ、
    少しの余暇で休養や趣味などをしている状況だと
    なかなか自己啓発だとか人生の勉強なんてものは
    する時間もないのが普通ですよね。
    そういう状況の中で、この宗教は絶対だよ!
    この信心なら間違いない!すごいんだよ!などと言われると、
    なんだか特別で崇高なものに出会ったような錯覚に
    陥ってしまって、ついつい信じ込んでしまう・・・
    実際に存在する仏教やお坊さんの名前を利用しているので
    何となく信憑性もあったりしますし。
    むしろ、仕事などで忙しければ忙しいほど、
    選挙だけでも頑張らないと!財務もしっかりやらないと!
    という風に、自分を奮い立たせてしまうのかも知れません。
    まさに、それこそが創価の思う壺だったりする訳で、
    実に巧妙で厄介なる組織です。

    今まだ、脱会どころか非活どころか、会合も断れない、
    そういう方々でも、創価に疑問を持ち、覚醒に向かっているのなら
    どんどん意見を述べてください。
    今の創価の現場なども教えて頂ければ幸いですし、
    そういう意味でも、遠慮なさる事はありませんので。
    宜しくお願いします(^・ェ・^)

    ラザリスさん、義理母様のお話、本当に胸が痛みます。
    創価は、多くの会員がいくら不幸になろうとも
    逃げ口上はたくさん用意されてますもんね・・・
    せめて、全国の創価の会員が1人でも多く気が付いて
    静かに去って欲しいと願います。

    ルフランさん、コメントありがとうございます。
    どんどんここで吐き出して
    心のリハビリを行ってくださいね。

    そうそう、覚醒された方、脱会された方は、
    いつまでも美しい「お姉さん」
    かっこいい「お兄さん」なのです。
    戸籍年齢などは一切関係ありません。
    まだ創価に洗脳されて迷惑を振りまいている人種こそが、
    困ったオバハンであり、呆れたジジイなのです。
    (^・ェ・^)クマッタモンダ

  107. 後遺症・・というと、自分の場合あまりないかもしれません。真実を知って良かった、救われたという気持ちの方が強いかもしれません。「貴重な20代の青春を返せ!」と言いたい気持ちはあります。だけれども、今はそこそこ充実した生活を送れていますし、今までの経験も含めて今の自分があるんだなと思えるようになってきています。創価を離れてこんなに幸せになりました!と、活動報告をしたいくらいの気持ちです(笑)
    創価の活動を辞めてから、創価の教えがいかにおかしなものだったのかということがわかりましたが、創価以外の人達は創価の教えを「明らかにおかしい」と当たり前に感じているということが衝撃的でした。そんな当たり前のことが当時の私には全くわからなかった、学会員はなんて馬鹿なんだろう。それがショックでしたね。しかもそういう外部の人達を心の中で「真実がわからない人たち」と思って見下していたのですから。

    後遺症、とは違うかもしれませんが、辛いのは母親が創価にすがっている姿を見ることでしょうか。母とは色々あって縁を切りたいくらいの気持ちですが、70を過ぎて今なお、何か問題が起こる度に仏壇に向かい鬼のように題目をあげる姿を見ると哀れになります。こうして問題の本質から目を背け、御本尊にすがり続けても何も解決しないのに。母はどう見ても幸せとは思えません。でも今更どうすることもできないから創価にすがることで自分は幸せだと思いたいんでしょう。私は自分の力で何とか創価の呪縛から脱出しましたが、そのせいで母(と母に言いなりの父)は行き場を失っている気がします。自分がこれでよかったと思っていますが、創価ありきの家族だったんだということがこの上なく辛いです。

  108. エミコ様
    初めまして。昨年9月に脱会したルフランと申します。私も一時母を恨みました。
    ですが、エミコさんと同じで創価にいたから聖教機関紙や書籍で引用された本を多く読むことは心を豊かにしてくれたと今は冷静に思えます。学会関連の本では良書など皆無でしたが。今までの人生をすべて否定的に捉えることはないのではと私も思っています。ただし、後遺症はあらゆる場面に現れ夢にうなされることもあります。気持ちが沈み訳もなく泣いたり苛つくこともあります。まだ、私にはリハビリが必要みたいです。いつもお話している仲良しの方に友人から創価の入信を勧められ、悩んでいる胸の内を3日前に相談され、私、カミングアウトしました。私が創価の人間だったと知って驚かれました。彼女は会合出席をしたりや池田の和歌などのしおりをもらうたび、。。下手だわぁ、こんなの私の方がまし(笑)と思っていたそうです。学習院で古文を教えていた方なので池田の素人さが良く分かったのでしょう。彼女には「あれは宗教でも何でもないからよした方がいいよ。」信教の自由はあるけれど信仰ではないからと半ば説得のように熱弁してしまいまた。大発展していることも聞かされたとのこと。全部おお嘘、実際は衰退の一途だよと話しました。

    インチキ創価のおかげで戦争ってなに?
    世界平和って?
    宗教ってなんだう?
    半覚醒前、色々、深く考えさせられた創価時代でもありました。

    私もエミコさんのように普段思い出しもせず、笑い飛ばし笑い倒して行きたいです。


    宗、神社、仏閣、

  109. 今晩は、管理人様、投稿者皆様
    2世で40歳代半ばのグリズリー3世と申します。
    あにき様、コメントありがとうございます。
    やはり他にも、金銭問題を起こす輩がいるんですね。
    先日もニュースで、東日本大震災で両親を亡くした甥っ子の財産を使い込んでいた
    学会員が逮捕されましたね。困ったものです。
    逮捕された人物は、聖教新聞では被災した甥っ子を引き取り、体験が美談として載っていたそうですが・・・。
    私の知人の妹さんも、幹部の娘さんにクレジットカードを盗まれて、悪用されたそうです。
    幹部の娘さんは逮捕されたそうですが、被害にあったはずの妹さんには、幹部たちから謝罪もなく、「組織を守る為にあなたが黙っていれば済むこと」と言って隠蔽したそうです。
    私も前の職場に、元本部職員の婦人部と、関東近郊の県幹部の男子部がおりましたが、
    架空売上の濡れ衣を着せられました。私が気が付いた時には、すでにその二人で上司などに根回しが済んでおり、私が反論しても聞き入れてもらえませんでした。
    その男子部は、営業職ですので売上額に応じてインセンティブが貰えるのです。
    今までバレずにいたのが、取引先から指摘があり、慌てて罪を着せてきました。
    元本部職員の婦人部からは、「あなたと○○さん(県幹部の男子部)は、立場が違うのだから、
    あなたが罪を被ってやりなさいよ」と平然と言われました。
    この頃、私はすっかり元本部職員の婦人部に洗脳されており、住まいもこの方の近所に引っ越しをして、気が付けばこの婦人部の家事をやらされておりました。まるで奴隷でしたよ。
    ある時は、この方のクリスマスパーティーの跡片付けに呼ばれ、一人で夜中の3時まで片づけておりました。 もちろんこの方と旦那さんは、手伝う事無くさっさと寝てしまいました。
    今思い出しても、腹が立ちます。 この婦人部は、常日ごろから、「私とあなたは違う」「わたしは選ばれた、セレブだから」と 上から目線、呼吸する様に嘘を言い、口が上手く他人を利用する事に長けておりました。これも本部仕込みなのかしら? ある時、自分が本部の「オピニオングループ」に入ったと自慢しておりました。オピニオングループとは、マスコミやネット上で創価に批判的な事を言う人と徹底的に言論戦をやる組織との事です。こんなサイコパスな婦人部が、ネット荒らしをやっているかもしれません。 
    以前テレビのしくじり先生で、辺見マリさんが占い師による洗脳の体験を話されていましたが、見ていて自分も思い出し、とても苦しくなりました。 これも後遺症かなと思います。
    皆さんは、創価の組織は根は良い人が多いと言いますが、残念ながら私にはそうは思えません。
    それとも私の宿業で、悪人に会いまくるのでしょうか? 
    私も、同じ支部の女子部でその方も一人ぐらしですが、その方にストーカーされました、本当にしつこくて怖かったです。 最初はやたら偶然に会うなと思いましたが、出かけた先や
    残業で深夜帰宅なのに、いつも急に後ろから声をかけられました。ある時は電柱の影に隠れているのを発見して、慌てて走って逃げましたよ。「もう会合には行かないし、関わりたく無い」と何度もやめてくれる様言いましたが、相手にはさっぱり通じないようでしたので、もう我慢できずに怒鳴ってしまいました。
    ずっと穏便に接してきましたが、さすがに限界でした。それからは来なくなりましたが、今でも背後を気にして歩いています。 

  110. ボンジュール、フランソワーズです。

    こちらに訪れる現役会員さん方に対し
    活動をお休みし、
    「創価から離れてゆっくり」と、
    おすすめしていますが、
    私も最近、創価の悪事ばかり調べたりで、
    ある意味、 創価脳なので
    自分も【ゆっくり】と思い、
    フジテレビの
    FNS歌の春まつり、
    家事をしもってですが見ました。
    音楽はやっぱりいいですね♪
    ランクインしていた
    松田聖子さんや、斉藤由貴さん、
    よく聞いていたし、歌いました。

    これまでの日々を思いだしながら、
    涙、涙で歌を聞き、見てました。

    これまでの日々で思い出した中で、
    覚醒後の記憶、よみがえりました。
    創価から攻撃されたあまりの苦しみと
    激動の日々に、
    心から笑うことができなくなった時期が
    長くありました。
    顔が無表情というのではありません。
    人前では笑ってても、うわべで作り笑顔。

    楽しさや、面白さのような明るい感情を
    全く感じなくなり、無感覚。

    もう一生、楽しい、面白いというような感情は
    抱けないだろう、そう思っていました。

    でも、もしかしたら音楽なら、なくした感情や、
    失ったものを、取り戻せなくても、
    一から築いていけるかもと思いました。

    そのとおり、
    凍てついた心を
    音楽は、優しく、ゆっくりと
    溶かしてくれていました。

    音楽に関わりながら、
    心から笑えてる事に気づいた時、
    「私、笑ってる?笑ってる!
    心から笑ってる!笑ってるわ~♪」と
    感動し涙がでました。
    もう一生笑えないと思っていたのに。
    音楽がなければ、
    ずっと笑えないままだったと思います。

    アルプスの少女に出てくる、
    歩けないクララが、
    車椅子から自分の足で立って、
    一歩一歩、歩いたシーンと、何か重なります。

    番組を見て、
    これまでの日々で思い出したと言えば、
    番組司会の森高千里さん。
    森高千里さんが、
    ミニスカートで売れだした頃が私の高校時代。
    その頃、「森高千里に似てる」と同級生の女の子から言われ?
    同じ時期、「原田知世に似てる」と
    先輩(男子)から言われ?
    私の顔を知る人には、
    恥ずかしくてとても言えませんが、
    家族には、その遠~い昔を自慢しても
    目が笑ってて、ノーコメント。
    顔じゃなく、雰囲気だったのかな?
    森高千里さんも、原田知世さんも、
    大好きです。
    お二人ともいつまで可愛く、お若くて、
    憧れのお姉さんです。

    雪ちゃんさん、ご対応、お疲れ様です。
    音楽と言えば、昔のラジカセ、
    曲をフェードアウトする機能ありましたね。
    さりげなく曲が消えて終わる機能。
    雪ちゃんさんも、
    会員さん方からフェードアウトしていけたら、
    と思いました。

  111. こんにちは、学会三世のヤングミセスのコンブです。
    コージさん、コメントありがとうございます!財務も1円でも大丈夫だということ、中身が知られてないことを知ることができて嬉しいです。ここでのコメントを読むことで、財務に対する考えも変わりました。今までの財務を子供の習い事やレジャー、家族との旅行に使いたかった…>__<…
    後遺症どころの話ではありません、我が家は現在も創価学会から、それも、喜んで自分から被害を受け続けています。もう少し自由な時間を姉にあげたいです。知ってると思いますが、役職があるとほとんど休日も会合です。父は、遊びなんて人生にいらないと話していたこともありました。ストレス発散しなくても、信心で乗り越えていけば前に進めるそうです。活動を頑張れば幸せになれると信じています。覚醒すると、そんな無茶な〜〜、って感じます。崇高な考えのように感じますが、創価の思想は普通の人間には無理があります。姉も友人と年に数回は遊んだりコンサートに行ったりしてストレス発散?しています。勿論交流込みで。一般の人に比べると人生楽しむことができてないと思います。
    もう1つ後遺症として、〇〇先生の指導に低俗な娯楽、誘惑に流されるな、青春を遊びで無駄に過ごすな的な指導があったので、私は遊ぶことに罪悪感を感じます。〇〇先生は若いうちにしっかり活動しなさいってことが言いたいんですね。スポーツは遊びに含まれないそうですが。とにかく〇〇先生は福子を学会のために立派な人材に育てたかったみたいです。若い頃、心から楽しいって、友人と遊びを楽しめた記憶が余りありません。親の教育もあると思いますが、いつの間にか、ただ遊ぶことに罪悪感を感じるようになりました。馬鹿騒ぎができる友人が羨ましかったです。成長過程で学業の他に、友人とハメを外して遊び、友人関係の中で育まれるもの、得られる思い出、学ぶものって沢山あると思います。よく分からない思想に縛られて、欲求を理性で抑えていました。
    そんな友人との時間を会合にとられて、理想を押し付けられて青春を過ごす学会員は、人生損をしていると思います。人それぞれなので、人生を謳歌している学会の方もいるかもしれないですが。
    結婚して家庭を持って子供ができたら、
    女性は特にしばらく自分の時間なんて無いですよねヽ(´o`;
    大人になったら、馬鹿騒ぎもできません。
    他の創価を批判しているサイトで紹介されていた、「毒になる親、一生苦しむ子供 」を今読んでみてます。毒になる親に、創価脳で創価の思想を押し付けて反発しないよう子育てしてきたうちの親が当てはまります。母からの虐待もありました。自分の人生を歩めるように、私自身が子供の毒とならないように少しずつ後遺症から回復していきたいと思います。

  112. 管理人様、投稿者の皆様おはようございます。
    signifie様、ルフラン様、コンブ様、おてもやんさん様、あにき様、コージ様、フランソワーズ様、その他のブログ読者の皆様、ご心配おかけして申し訳ありません。

    今の状況は、新聞配達も今日から交代してくれ、新聞長の控えノートも次の人が取りに来てくれましたので、全て終わった感じです。
    後は確認の訪問が1回ぐらいでしょうか。
    私が脱会したのに、まわりの学会員さんは今までと変わらない感じで接してきます。
    「外さんとして新聞とってね」とか「地域の行事には車に乗せてね」とか言ってきます。
    「新聞はしばらくはとりません」と断りましたが又すぐ言ってくるでしょう。
    きついことを言えない性格なので、しょうがないです。
    以前signifie様が「ローズマリーの赤ちゃん」という映画の話をされていましたが、私は「本当にあった怖い話」によくある何度捨てても戻ってくる呪われた人形、あれを思い出しました。
    ニコニコして話しかけてくるその無邪気さが不気味です。
    私が逆の立場だったら退転した人とは一線を引くでしょう。

    脱会は想像以上にたいへんでした。
    非活で通せるなら脱会せずとも、それも楽な道です。
    でもどうしても脱会したいと切実に思われる方もおられると思います。
    私も昨年来からこのブログを毎日読み、コメントを書いては消しを繰り返していました。
    もし身元がばれたらと思うと怖かった。
    皆様の脱会のお役に少しでも立てますよう、今後もコメントさせて頂きますのでよろしくお願いします。

  113. 覚醒9カ月半、退会済み、三世、アラフォーのノジコです。
    今日は長男(小6)の卒業式でした。式が終わってホッとし、スマホで撮った写真を眺めてました。
    カメラの先の子供たちの屈託のない可愛らしい笑顔。いいですね。六年間の成長を感じ、誇らしく思う、親ばかノジコです。

    子供の顔をみて、創価時代の事を思い返してしまいました。
    覚醒前、創価は唯一正しい宗教だと信じていた時、「悪い事は過去世の宿業」「福運を積まなければ幸せになれない」「創価以外の宗教はは悪業を積む」と、バカな私は本気でそう思っていました。
    「子供にもそう言ってきてしまった」
    子供の写真を見て、ふとこんな思いが湧いてきて胸が苦しくなりました・・・。
    覚醒し創価が詐欺とわかり、自分のしてきたこと、言ってきた事が、完全に間違いであったと思い知り、激しく、激しく、激しく、後悔です。
    子供を恐怖で縛り付け、創価の奴隷にしたてあげる呪いの言葉を浴びせてしまった。
    こんな事を言われた息子たちは小さい胸でどう理解したのか・・・
    自分が創価の家に生まれたばかりに、子供にもこんなトラウマになるようなこと言ってきてしまった。
    退会時、子供に今までの事を謝りました。しかし、親の言葉は子にとって、とても影響リありますよね。
    折に触れて、子供としっかり向き合い、親の務めを果たして行きます。
    ’’普通の日本人らしく、人間らしく、自分らしく’’歩いて行けるよう、共に前に進んで行きたいと思います。

    取り留めのない重苦しい話をしてすみません。
    こういった思いに駆られてしまうのも創価後遺症でしょうか・・・(^_^;)

    創価学会っていったい何なんでしょうね・・・

  114. ノジコさん
    お子様が卒業されたのですね!おめでとうございます。
    私も長男が中1なので、昨日のことのように思い出されます。私にも痛い思い出があります。子供が小さい時に、聖教新聞の池田大作の写真を見せて、『この方誰だ?』『イケダセンセイ』また違う写真を見せて『この方誰だ?』『イケダセンセイ!』と何回もやっていました。

    覚醒してからは『ナンミョーは詐欺や』『イケダセンセイはボケてウ◯コ投げてるわ』と教えています(^^)

    ノジコさんも、創価から離れて人生を取り戻されたので、これから有意義な人生が待ってますよ(^^)

  115. ハリー コニック,JR. とほぼ同年代のラザリスでございます。
    創価の後遺症ということで、あの仏様やら神様の名前の書かれた巻物にまつわる後遺症をお持ちの方々もいらっしゃるようですので、自分が読んだ本の中に、その不完全な宇宙法則とやらをぶち破る表現がなされていましたので、参考までに記しておきます。
    これは、以前にこのブログ内で紹介させていただきましたが、新来者の方々のために再度ご紹介いたします。
    この文章の中の、「わたし」=「神」=「宇宙法則」と捉えて下さい。
    以下、『神との対話』より抜粋

    わたしには、あなたがたが理解できるかたちも姿もない。わたしは、どんなかたちや姿になることもできるが、そうすれば誰もが、自分の見たかたちや姿が多くの中のひとつにすぎないとは思わず、それこそが神の唯一の姿だと思いこむだろう。
    人は、「見えないもの」ではなく、見たものをわたしだと信じる。しかし、わたしは偉大なる「見えざるもの」であって、ある瞬間のかたちや姿ではない。ある意味では、わたしではないものもすべてわたしなのだ。わたしは「わたしではない」ところからやってきたのだし、つねにそこへ戻っていく。ところが、わたしがあるかたちやべつのかたち ー ひとに理解できるかたち ー をとると、ひとはそれがいつまでも変わらぬわたしだと思いこむ。
    そこで、べつのひとにべつのかたちで現れると、最初の者は、二人目に現れたのは神でないと言う。なぜなら、二人めに現れたわたしは、一人めに現れたわたしとは違う姿だし、べつのことを言うからだ。だから、神のはずがないと言う。
    どのようなかたち、方法で現れるかは重要ではない。どのような方法を選び、どのようなかたちで現れようとも、疑いの余地がなくなることはありえない。

    以上です。

    追伸
    コージさん、優しいコメントありがとうございました。
    ^_^

  116. 明です。

    フランソワーズさんから「原田知世」という言葉が出てきて
    彼女が歌っていた「守ってあげたい」を思い出し
    替え歌を作りました♪

    「あなたを苦しめる創価のことから」

    You dont have to worry,worry,
    守ってあげたい
    あなたを苦しめる創価のことから

    初めて創価を詐欺だと気づいた
    その気づきを忘れないで

    いいかげんだった創価からは
    あきれながら脱会した

    遠い日々 創価にダマされ 苦しみ続けた
    もう創価のこと忘れて
    幸せをつかまえてね

    So,you dont have to worry,worry,
    守ってあげたい
    あなたを苦しめる創価のことから
    Cause I love you,Cause I love you.

  117. スマイルさん、ありがとうございます\(^o^)/
    私も、グラフなどで、池田爺様センセの顔を指差して覚えさせたりしてました。メッセージも読みあったことあったなぁと。。。思い出したくない過去です(+o+)

    創価を離れて、創価フィルターが外れ、脳みそを入れ替えたら、いい意味で世界が違って見えてきました♪ 特別な変わったことをしないでも(題目、活動、選挙、折伏)ありのままの自分で生きてっていいんだと思えただけで、幸せな気持ちにつつまれます♪

    脱創価脳、バンザ~イ!!^_^

  118. 以前にもコメントさせて頂きました学会2世のまっしろな闇と申します。仕事の忙しさから体調も崩しなかなかブログを読めてませんが(この記事の皆さんのコメントも、ろくに読めずに書いております。あしからず)いつもブログは気にしております(笑)500万アクセスおめでとうございました!(笑)創価後遺症ですか(笑)そうですね。人の気持ちをうまく受け止められずにいる事と、ついつい自分の意見を相手の気持ちも察しずに言ってしまう事でしょうか(涙)あと自己肯定感のなさなどです。幸い25歳で組織から離れたので、お金を皆さん程多く騙し取られていませんので詐欺にあったと言う実感はあまりないです。それよりも僕の創価による被害は自分の人格が崩壊し自殺未遂までした事が大きいので詐欺と言うよりも人格崩壊団体と言う方がしっくりくる感じです。でもこのブログの書かれている体験談を読むと明らかに創価は詐欺だと思います。いや詐欺だけの被害にとどまらず、お金も時間も健康も全ての人間関係をもめちゃくちゃにする極悪集団だと思います。だから詐欺なんて言う生優しい言葉で表現する団体ではありません。それだけ創価は恐ろしい団体です。
    すいません。いきなりですが、ここで後遺症の話から脱線させて頂いても、よろしいでしょうか?本日あった事を書かせて頂きたいと思います。ご了承ください。お許しくださいませ(笑)
    組織から離れても10年以上となりますが、気持ちの整理の為にも正式に脱会しようと思っておりましたので、本日郵便局で学会本部へ会長宛に、内容証明郵便を出して来たのです。
    がしかし僕の書いた書類に不備があったので受け付けられないと局員さんから言われました。でもその局員さんの対応が学会員では考えられない対応で思わず感動してしまいました。
    と言うのも、書類に不備があったのは僕のミスなのに、その局員さんは「すいませ~ん。せっかく書いて来てくれたのに書類に不備があったので本日は受け付けできません。本当にすいません」と謝罪され、どこが間違っていたのか具体的に優しく教えて頂き、書き直したら受け付け出来る事を伝えて頂きました。局員さんとお客様の関係だからと言ったら、それまでかも知れませんが、局員さんの優しい人間性にふれて学会員とは大違いだと思い、心が暖まったのでした。大袈裟かも知れませんが組織から離れたからこんな体験をしたと思ったのでした。最後まで読んで頂きありがとうございました。

  119. 非活約1年半、アラフィフ、二世のあにきです。
    グリズリー3世さま。コメントされた学会員の金銭やビジネスの不祥事、本当にエゲツないですね。
    学会員から借金や連帯保証について相談を受けたことが何度かありますが、そのすべてが働いて返すのはもう無理という状態であり、所有不動産を売るか、もしくは、自己破産するかしかない、というものでした。また、自営業を営んでいた男子部バリ活幹部は、ほとんどが店じまいしています。ハッキリ言って、活動にかまけてビジネスが甘くなっている、って奴がほとんどでした。
    こんなことをたくさん見聞きしたのに、なぜもっと早く覚醒しなかったのか。今でも後悔しております。
    ノジコさま。お子さまのご卒業おめでとうございます。私も子どもを未来部の会合によくつれていきましたが、その子どもたちはある会合への出席を機に創価に見切りをつけました。
    上の子は、地元会館で行われた創価大学の説明会でビデオを見たのですが、その内容が大学の紹介ではなく、ほとんどが池田バンザイの内容でした。「どんなことが学べる大学か知りたかったのによくわからない。話が違う。もう会合には出ない」と言い、以降会合には出ていません。もちろん、勤行もしていません。
    下の子は、会合に出席していた男子部の総県幹部から、学校の部活のことを根掘り葉掘り偉そうに聞かれ、終了後、「どうして、初対面のオッサンに対して、一生懸命やっている部活のことを説明しなければならないのか」と言い、以降会合に出るのはやめました。また、別の機会では、「どうしてうちの家族は普通の宗教ではないのか。創価なんてやめたらいいのでは」と言いました。あまりにも真剣だったため、バリ活であったさすがの私も何も答えることができませんでした。
    こうした覚醒のタイミングがあったのにもかかわらず、目を背けてしまったことは今でも後悔しています。
    私が覚醒し、子どもたちにそれまでのことを謝りましたが、「気にすることなんてない」と言ってくれました。涙がちょちょ切れるほど、うれしくもあり、かつ申し訳ない気持ちで一杯になったことを忘れることはできません。
    カネと未来部・・・全然関係ないですが、創価にとってのアキレス腱という意味では、共通しているかもしれません。

  120. ボンジュール、フランソワーズです。

    前回コメントしましたが、
    昨夜は、歌の春まつりを見ました。
    番組、長かった~

    一週間前に、急に体の中に痛みができ、
    家にいる時は痛い、痛い、と言っていました。
    内科的?精神的?
    経験上、たぶん、精神的なものからだろうと、
    様子見ていました。
    昨夜の歌番組を見て、懐かしい歌や名曲聞き、
    心が軽くなりかなり、そのせいか、
    今日は起きてから痛み全くなくなっています。
    心の休養、やっぱり大事ですね。

    真っ白な闇様
    初めまして。
    過去コメントに、
    自殺未遂された方がいらっしゃり
    会館の着任に追い詰められたたあの方かな?
    もう一度、読み直そうと、
    真っ白な闇さんの前のコメント
    探しましたが、見当たりませんでした。
    いずれにしましても、
    財務がたとえ四桁、億された被害より、
    命を自ら断つまで追い詰められた被害の方が、
    比べものにならない位、
    被害が大きいと私は思います。
    お仕事されるまでご回復されて良かったです。
    心の傷は大丈夫ですか?
    御無理されませんように。

    局員さんかよい方で良かったです。
    嫌な局員にあたってたら、
    気の重い書類が、
    受付されず出直しで、
    さらに局員の対応で嫌な思いまでしたら、
    気分悪くなりそうですよね。
    ちなみに私も内容証明、初めてした時、
    不備あり出直しました。
    私の場合は、
    再度、持っていき、
    受付してくださった局員さんが、
    とっても謙虚で親切で、
    一度お会いしただけの方ですが、
    いい方だなあと顔を今でも覚えています。

    最近、スーパーのレジでは、
    マニュアルなんでしょうが、
    精算の後、
    かご2つや、いっぱいで重い時、
    レジをした店員さんが、
    袋詰めする台まで、
    重いのにかごを運んで下さります。
    私よりご年配の店員さんの事もあります。
    お仕事とは言え、
    申し訳なく、ありがたく、
    心が暖かくなります。
    「ありがとう」や、「ありがとうございます」、
    とお礼を言うと、
    皆さん、嬉しそうにニッコリされ
    レジに戻ります。

    私はお正月前の年末のように、
    カート上下にかご2つはしょっちゅう。
    レジにつくと疲れはててるんですが、
    そんな思いやりのやさしい対応を受けると、
    大袈裟なんですが、
    私は自殺寸前まで追い詰められたので、
    生きてて良かったと、
    そんなマニュアルの対応でさえ感動し、
    毎回思います。

    内容証明が今度は送れ、
    ひとつのけじめが無事につけられますように。

  121. ルフラン様。こんにちは。私も暫くリハビリが必要でした。苦しくてしょうがなかったし、母や周りの学会員への苛立ちで夜も眠れなかったです。その時、兎に角、創価時代にいた時のことは考えないようにすることと、暫くこちらのブログや他の脱会された方のブログを見るのを自粛しすることを心がけました。というのも、皆様のコメントを読んでしまうと、当時の出来事を「あれよあれよ」と思い出してしまって、創価学会への憤りや苛立ちや自分の過去の時間へのやり切れない思いを蘇らせてしまうので、暫く自分のリハビリとして「見ざる聞かざる言わざる考えざる」という状態を作りました。
    今も、正直なところを言いますと、すべての方のコメントを拝読することができません。思い出したくないからです。ちらちらとピックアップして拝読して「あるある」と共感しながらも、共感を覚えるとまた過去を思い出すので、私にとってはそうした時間を忘れることと創価にもう触れないことが一番のリバビリと考えています。人それぞれではありますが、私にはそれが良かったようです。

  122. 初めまして。4月から社会人になる22歳女子です。
    テーマとは関係ないのですが、学会を退会したく、検索した結果ここにたどり着きました。

    私は曾祖父の代からの学会員です。
    両親が離婚し、父方の家に転がり込んだら
    勝手に祖母に創価学会に入れられました。
    大人の皆さんは優しいし、好きな男の子もいたので楽しかったです。
    しかし、高校生の時に「何か違う…」と感じるようになりました。
    特に強くなったのは大学受験の時です。
    題目が足りないから合格できなかったんだ!毎日2時間やりましょう!あなたならできる!

    え?なんで?合格できなかったのは自分の力が足りないだけですけど?なんで、宗教に頼る必要があるの?そんな時間なら勉強する時間を増やしたい。
    そこから創価学会に疑問がうまれました。

    一人暮らしが決まった時、
    一人暮らしをするならご本尊様を!
    社会人になるならお金を納めよう!
    疑問がどんどん膨らみました。
    現在、学会員の方からの連絡を全て絶っている状況です。
    しかし、完全に退会はできていません。
    どうすればいいのかわからず、検索したらここに辿り着きました。
    本当に私が思っていた疑問がここには全てあって少しスッキリしました。
    私が変ではないんだ。
    でも、辞めたいというのが怖い。
    辞めさせてもらえないのではないか?
    父もやめたいと言っています。父の場合は友達を何人か失くしてしまって、それがとても後悔していると言っていました。
    どうすればいいのか。このまま、連絡を一切せず、住んでいる場所も明かさなければいいのでは?と思っています。

    長々とテーマとは違うことを書いてしまい申し訳ございません。
    いま、とても悩んでいます。これから社会人になるのにそれ以外のことで悩みたくありません。
    ここのブログをもう一度詳しく読ませていただきますが何か策があるなら…。
    縋る思いで来ました…。
    このブログがあったとき、本当に嬉しかったです。安心しました。
    ご迷惑をおかけします。

  123. 管理人様、投稿者の皆様
    活動歴30年、覚醒7年、13日に脱会届けを出すまでバリ活だった雪ちゃんです。

    真っ白な闇様、想像を超える壮絶な体験をされたのですね。
    本当に創価とは恐ろしいところです。
    脱会届けを出された勇気に拍手を送ります。
    内容証明郵便、無事に送れましたでしょうか?

    内容証明は字数、行数に制限があり、同じ文面の物が3枚要りますね。用紙は文房具店で購入します。本尊と身分を証明するもの(免許証などのコピー)は同封出来ません。別送になります。私はすぐにいっぺんに送りたかったので、脱会届けと本尊と免許証のコピーを箱に入れて、配達証明付き書留で送りました。学会本部に着きさえすれば、自作の脱会届けでも受理されます。その後本部から組織に連絡が来て本人に確認の連絡が入りますが、その間1か月かかります。幹部が来ても脱会した人にはもう何を言っても無駄ということで何も言われないと思いますが、上への報告や座談会などで皆への報告に脱会理由が必要なのでしょうね。「体調が悪くてどうしても活動ができなくなりました」とか「親が高齢で元の宗教に戻ります」とか聞いた会員が動揺しない事を言ってあげれば後くされもないでしょう。私は、「幸せになる権利を放棄してしまいました。でも自分で決めた事ですから。新聞配達と役職は誰かに変わっもらってください。どちらも大功徳がありますから。(本心じゃないですよ!)」と言ってやりましたら。幹部は心から納得していました。このフレーズはレモンさんのコメントから拝借しました。レモンさんありがとうございます。後、幹部の発言から「ご本尊がまだ手元にあれば信心続けられたのに」と言ってました。脱会届けは無視して名簿の名前は消さず何事もなかったように続けさせるのでしょうね。だから本尊は自分で捨てるか送るかして下さい。手元に残さないように。それから「こ本尊は学会本部に送ったのね。お寺に返すとえらいことになるところだった。」と何回も言っていました。創価以上にえらいことになるところがあるのだろうか?創価と寺どっちもどっちやろ、と思いました。

  124. あにきさま、ありがとうございます(^_^)
    お子様たちの冷静な言葉、響きますね。「気にすることなんてない」と言ってくれた事、なんて寛容で優しいんでしょう。素敵な息子さん達ですね。
    それにしても創価大学の説明会、ドン引きです。どこかの北の国と同じ臭いがしますね。

    今は、スマホやPCで簡単に何でも調べられる時代。
    今時の子に’’ネット見るな’’なんて、全く通用しませんね。
    うちの小6と小4の息子たちでさえ、ゲーム機のPS vitaで友達とボイスチャットして複数の子としゃべりながらゲームしてます。連絡や相談事もしてたり、インターネットで調べ物もできるそうです。
    そんな感じですから創価の実態なんかあっという間にわかってしまいますね。
    洗脳される前の子供時代から正しい情報や認識を持てる時代です。
    既に老人クラブと化している創価の崩壊は時間の問題ですね。

  125. ノジコさんへ
    遅ればせながらご子息のご卒業、おめでとうございます!
    素晴らしいなあと思ったのは、今までのことをお子さんに謝られていらっしゃる点です。
    学会とか関係なく、親が子供に対して自分の非を認めて謝罪するという事は、子供にとってすごく大事なことになると思います。
    親って、なかなか子供には謝れないですもんね(^_^;)
    子供を一人の人格者として扱い、敬意を払い誠実な対応ができるノジコさんは素敵です。

    私の場合はどうだったかなあ・・と振り返ると、創価流七五三の写真を見るたびにため息が出ます・・・。
    実家の仏間で、「大勝利」と書かれたセンスをバックに三色旗の模様の入った千歳飴を手に持った我が子の写真。はぁ(ため息)。
    負の歴史です。子供本人が気にしてないのが救い。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中