ただそれを知らない。気づかない。考えない。疑わない。

前スレでの「自分で考えることができなかった」というのが覚醒された方に共通して言えることですよね。つまりは自分が思考停止状態に陥っているという自覚がないということです。
「この素晴らしい信仰がまさか詐欺だなんてあるわけない」「この信心に疑いを持つなんて自分の信心が足りないんだ」などと、基本的に疑うことを知らない。いや、疑うことを極端に恐れていたんですね。疑うということは自分で考えるということなのに、そのこと自体を極端に恐れるような精神状態になる。それはバチが当たるのが怖いという幼稚な発想もあるでしょうし、今までの人生を否定しなければならないという人生観を覆させられるという恐怖もあります。自分の人生において取り返しのつかない過ちを犯してしまった。それももう人生が終わりかけの時点で気づいてしまう。こんなに怖いこともないですよね。だから、多少はおかしいなと思うことがあっても、その恐ろしい思いを必死でかき消して何も考えないでいい活動に没頭してします。何も考えずに狂ったように唱題をしてアドレナリンを分泌させて多幸感に浸ることで現実逃避をする。考えてみれば若い頃の私はそんなことの繰り返しだったような気がします。なんであの若い時に徹底して自分で考えることをしなかったんだろう?そう思うと今でも悔しくてたまらなくなる時があります。まあタラレバ話をいつまでやってもどうにもならないわけですが(笑)、特にまだ若くして創価のインチキに気づいた学会員さん。決して怯むことなく、徹底的に自分の頭で考えてください。目の前の現実をありのままに受け止めてください。その現実が理想とかけ離れていたとしても、創価から言われていることと真逆のことであっても、それが本当の世界の姿なんです。逃げちゃダメです。創価の甘い罠に浸ってはいけません。ゆでガエルのように、自分に何が起こっているのかわからないままに死んでいくんです。草創期の幹部だった私の両親がそうでした。全てを創価に捧げ、現実は二の次。信心さえ愚直にやっていれば、必ず幸せになれると本気で信じていました。毎晩のように我が子を留守番させて会合や家庭訪問に走り回る両親でした。しかしそうやっても結局四人の子供のうち三人は覚醒しました。長男が一人だけ創価脳のままです。両親は幸せだったのか。長男は幸せなのか。別に創価ではない人と何の違いもありません。命に関わる事故に遭い、病気もし、財産は全て創価に貢いできた。他に何があるのかわかりません。
ネットが一般に普及するまで、創価のインチキが世に出ることはあまりありませんでした。創価に限らず、世の中の悪事は闇から闇へと葬られてきました。日本に限らず、世界がほんの一部の支配者によって動かされてきたことが、ネットによって暴露される時代となりました。パナマ文書やスノーデンは言うに及ばず、世界はほんのわずかな支配者が圧倒的大多数の人間を支配するシステムの中で営まれてきたということが明らかになりました。映画『マトリックス』はそんな現実の世界を象徴する恐るべき映画でしたが、一見、娯楽SFであるかのように見せて、実は現実の社会構造をはっきりと提示したものだと私は思っています。
知らない。気づかない。考えない。疑わない。疑うことをまるで地獄の所業のように徹底的に教え込む。そのうってつけのテキストが日蓮正宗の教義だったのでしょう。
ちなみに日蓮の教義の中心となっている法華経は、じつはヨハネの黙示録をセント・トマスがインドに宣教に行った際にサンスクリット語に訳されたものだという、年代もぴったりと符合する話もあります。そうすると法華経が本来の仏教とは真逆の一神教的な考えがベースになっていることにも合点がいったりします。しかしそれ以上にいろんな矛盾もあります。私がここでこんな話をするのは、その話の是非を議論するためではありません。宗教においては特に数千年の時間と何万キロという伝わっていくための物理的な距離があることです。何が本当なのか誰にもわからないんです。少なくとも法華経は釈迦の教えではないことは明らかだし、それ以前に釈迦とは一体何なのかもよくわかっていないのです。もちろんキリストについても同様です。余談ですが話のついでに「ミトラ教」で検索すると、世界の宗教に対する概念が変わるかもしれません。これもネットの時代になったからこその情報でしょう。特にキリスト教にとっては「ミトラ教」の存在は都合が悪かったのでしょう。あ、これはほんとに余談ですので、興味のある人は自分で調べてください。法華経が仏教であることすら何の保証もないんです。ただそれを知らない。気づかない。考えない。疑わない。そうやって人はとんでもないことであっても何も疑わずに信じてしまうのだろうと思います。それが楽だから。何も考えずに「幸せになれる」と信じている方が楽で気持ちがいいから。
なんども言いますが、人は何を信じようと自由です。信じないことも自由です。それこそ知ったことではありません(笑)。ただ知らない。気づかない。考えない。疑わないことで、本当は不幸なのに幸せだと信じて疑わない人生。つまり自分の人生なのに自分で生きることを放棄して生きる生き方が、果たして幸せなのかと「考えて」しまうんです。逆に言えば、創価にいれば何も考えないで「自分は幸せだ」と思い込んだままに歳を重ねることができる。気分だけは幸せなまま、じつは不幸のどん底に追いやられて死んでいく。これが創価学会員の現実なのに、その現実を知らない。気づかない。考えない。疑わないのが創価学会員だと思いました。
今回のテーマは前スレとかぶるんですが「ただそれを知らない。気づかない。考えない。疑わない。」とさせていただきます。
ここに来られる皆さんは、おそらく「考えて」来たのだと思います。普通そうです(笑)。何も考えないで言われたことだけを信じて生きていけば幸せになれるなんて、誰が信じますか?でも学会員さんはそうなんですね。そんなとんでもない人生観を柱に利用されるだけされながら生きているんです。私の両親も長男もそうです。思考停止にさせられて、いいように使い回されて、何も知らずに、知ろうともせずに死んでいくんです。
考えることは人間の崇高な精神作用です。もちろん他の動物も考えます。きっと植物だって考えてると思います。なるようになると漫然と生きているわけではありません。しかし創価学会員は自主的に生きることを積極的に放棄しているんです。人生の困難にぶつかったときに日蓮の教義を元にして自分の力で乗り越えているような気になっていますが、じつはそうじゃない。単にいいように使い回されて、骨の髄まで吸い尽くされてボロ布のように捨てられる。そんな人生を歩んでいることを知らない。気づかない。考えない。疑わない。ただそれだけの話なんです。
自分で気づくしかない。それには自分で考えるしかない。それには疑ってみる。目の前の現実を一度疑ってみる。そしてその疑っている自分という現実をきちんと受け入れる。そこからしか創価脳から抜け出す道はないような気がします。
「ただそれを知らない。気づかない。考えない。疑わない。」
このテーマで皆さんの創価時代を振り返って思うところを聞かせていただければと思います。
よろしくお願いします。

広告

ただそれを知らない。気づかない。考えない。疑わない。」への93件のフィードバック

  1. 皆様今晩は。袋とじ三男坊です。
    先ほど海さんブログの方にも同じことを書いたのですが、活動家の頃、テレビで創価特集をやる度に心が構えていた自分がいたことに気が付きました。
    マスコミは創価に都合の悪いことを言わないだろうか、池田や公明党の悪口を言わないだろうか、なんて。放送が終わるとほっと胸を撫で下ろす自分がいました。少しでも批判されたら敵だ味方だのと喚いていた自分がいました。
    あの感覚こそ、ちゃんと向き合って突き詰めて考えなければいけないことだったんだと今では思います。

    シニフィエさん、
    私、映画マトリックスは観すぎてテープが摩りきれましたwww(よってDVDにしたw)
    寝る前に毎晩再生して……三年間くらい続いたかと記憶しています。何故そんなことをしていたのかは当時、解りませんでした。とにかくよく眠れたんですよ、あの映画。大好き。
    まさか自分が本当に家畜だったなんて知りもせず、奴隷だなんて気付きもせず、ボケッと画面を眺めて眠りについていました。
    まさに90センチ先の金塊ってやつです(ナポレオンヒルの本のネタ話だったかな)。

    覚醒したときの衝撃は筆舌に尽くしがたく、忘れられません。どこをどうつついても反論の余地がない。本当は解ってたのに、目を瞑っていたんだと思いました。今では落ち着いたもので、思い出すと苦笑するしかないんですけどw
    頭の中で、考えることを止めようとする自分に、もう一人の自分が起きろ!とハリセンでぶっ叩いて起こしてくれます。そんな日々。

    学会員の皆様。赤い薬か青い薬か、そろそろ選択を変えてみては如何でしょうか。

  2. 「イスラム原理主義過激派」という言葉がありますが
    「日蓮仏法原理主義過激派」が創価学会ということですね(^_^;)

    宗教的世界観にばかり傾倒してしまい
    現実的世界観を見失っているのが原理主義過激派です。

    イスラム原理主義過激派は年端もいかない子供の頃から
    イスラム原理主義過激派の思想をすり込み続け、戦闘要員・テロ要員に育てていきます。

    日蓮仏法原理主義過激派・創価学会の家では年端もいかない子供の頃から
    日蓮仏法原理主義過激派・創価学会の思想をすり込み続け、選挙要員、財務要員、広宣流布要員に育てていきます。

    イスラム原理主義過激派は世界中にイスラム教を広めようとしています。
    日蓮仏法原理主義過激派・創価学会は世界中に「日蓮仏法・創価学会派」を広めようとしています。

    「世界平和のために!」と言いながら原理主義過激派は世界に闘争をもたらすという真逆の結果を招いています。

    「世界平和のために!」と言いながら熱心に活動している学会員に問いたいです。

    あなたの心は平和ですか?
    あなたの心は闘争ばかりしていますか?

    あなたが知っている熱心な会員の心は平和ですか?
    あなたが知っている熱心な会員の心は闘争ばかりしていますか?

    創価学会は平和ですか?
    創価学会は闘争ばかりしていますか?

    闘争するのをやめれば
    平和になる。

    あまりにも単純明快な真実です。

  3. LIARさん、「マトリックス」は衝撃でしたよね。キューブリックの映画「アイズ ワイド シャット」も娯楽映画に見せかけて、あまりにほんとの裏世界を描いたから消されたって話もありますね。創価の闇の部分は、きっと私たちの想像を絶するほど深く世界の闇の部分につながっていると思います。想像ですけど(笑)。それから遠藤周作原作の映画「沈黙」も、スコセッシ監督によってイエズス会礼讃映画になってしまいました。かなり残念でした。オリバー・ストーン監督なら全く違ったものが出来上がっていたでしょう。果たして学会員さんは映画「沈黙」を見て何を感じるのでしょう。キリスト教なんかを信じるからこんなひどい目にあうんだと単純に思うのでしょうか。潜伏キリシタンへの迫害は邪教ゆえの罰で、熱原の三烈士は凡夫が命がけで末法の本仏を守る気魂が整ったという解釈になるんでしょうね。なんとも自分たちに都合のいい話です(笑)
    ソクラテスが言ったとされるあまりにも有名な「無知の知」。自分は何も知らないという自覚こそが物事を知っているということであり、なんでも知っているなどという思い込みなど、何も知らないと言っているのと同じだということです。ギリシャ哲学は疑うことから人間の知が生まれるといいます。疑うことこそ人間の知性の芽生えなのだと思います。創価はその人間の知性を否定します。「凡夫が余計なことを考えても無駄なんだから、黙って俺の言うことを聞け」ということです。創価は日蓮の教義をそんなふうに利用して会員を奴隷にしてきました。考えること、疑うことは悪であり、罪であり、地獄に落ちるのだと脅し続けることで思考停止人間を量産してきました。思考停止することで喜んでタダ働きをさせる。タダ働きどころか、稼いだお金のありったけを貢がせる。ブラック企業どころの話ではありません。創価は会員を騙すだけではなくて、まともな思考ができない人間にしてしまうんです。
    今もときどきこのブログに「そんな考えしかできないあなたたちが可哀想です」などと哀れむような創価脳コメントがあります。正真正銘の純度100%創価脳ですね(笑)。いや、笑い事じゃないんです。創価が正しい宗教で、言われた通りにしていれば必ず幸せになれると信じている学会員がまだまだ少なくとも100万人ぐらいはいるでしょう。マトリックスに出てきた首根っこにコンセントのある飼いならされた人間と同じです。インチキ宗教で幸せそうな夢を見せられて、実は巨大な工場でブロイラーのように飼われている鶏のようなものです。恐ろしいことですよね。とんでもない凶悪犯罪です。でももうすぐその化けの皮も剥がれるでしょう。

  4. Sさん、ありがとうございます。
    お気持ちはわかりますが、そこはどうか止めおいてくださいm(_ _)m

  5. こんにちは!ヤングミセスのコンブです。
    マトリックス、私も何回か見ました。衝撃的で不思議と絶望的な状況でも希望はある、不可能はないと思わせるところがあり夢見心地になれる不思議な後味の残る映画でした。救世主なんて言われると使命感が湧きますよね。学会も君しかいない、1人立て、使命を果たそう!と救世主よ頑張れ的な雰囲気を出して、活動を促していたように思います。
    唱題を上げるときは〇〇先生と呼吸を合わせて、同じ方向を向くように、向く方向が違うと祈りは叶わないとまで言われました。信心てなんなのかわからないけれど、とにかく異体同心で頑張らないと幸せになれない。そんな風に生きてきました。
    普通に考えると、馬鹿げてますね。いろんな価値観、考え方があるのに、みんな同じ方向を向くなんて、右向け右!と言われた軍隊みたいです。
    そんなことにも気づかないで正しいことをしているから、幸せは約束されているような気持ちになっていました。
    疑わないことが幸福への近道だと思っていました。
    考えるとおかしいことがたくさんあるので、深く考えないようにしていました。特におかしいのは、会合に出てる学会員が幸せそうではないことです。
    私の人生、ネットの情報、アンチブログ等に救われたと思います。考えていいと教えてくださり、特にシニフィエさん、コメントされてる方々に感謝しています。

  6. シニフィエさんの「自分の人生なのに自分で生きることを放棄して生きる生き方」という言葉、創価の中で生きることはまさにこれだなと思いました。
    私たち学会2世3世の人達は望んだわけでもないのに創価の家に生まれ、活動することを強要される。しかし学会の言う「使命」などという言葉によってまるで自らこの人生を選び取ったかのような気分にさせられ、それを遂行する自分は幸せだと思い込まされています。
    様々な疑問を感じても疑えば地獄行き。疑うという権利さえも生まれた時から奪われている。たかだかいち新興宗教ごときに何故ここまで人生を、精神を縛られなければならなかったのか。
    自分に創価の中で生きる以外の人生があるなんてあの頃は思いもしませんでした。組織から離れてみると創価を辞めることなど何でもなかったのにどうしてなのか、わかりません。

    問題に直面する度に御本尊に向かうという姿勢は現実逃避の何物でもないとつくづく思います。題目が全てを解決してくれると言いますが、自分で考える事を放棄して「御本尊様何とかしてください」とすがっているだけです。

    「策に走ってはいけない」という指導を幹部から受けたことがありましたが、これなんて正に創価の教えをよく現しているなと思います。

  7. ネオはマトリックスが作り出している巨大な幻想から覚醒して、同志と共にマトリックスと戦いました。
    signifieさんは創価学会が作り出している巨大な幻想から覚醒して、コメント欄に集まっている同志と共に創価学会と戦っています。

    ネオたちは過激な戦闘を行いましたが
    signifieさんとコメント欄に集まっている同志はネット上で覚醒を促す地道な活動をしています。

    学会員たちの覚醒を促し、覚醒した学会員が「静かに創価学会を去るために」真実を訴え続けています。

    「マトリックス」のこのシーンには

    アサトーマ サッドガマヤー
    真実でないものから真実へ

    タマソーマ ジョーティルガマヤ
    闇から光へ

    ムリティヨールマ アムルタムガマヤ
    滅びゆくものから不滅のものへ どうか我らを導き給え

    という言葉が流れています。

    創価学会が作り出している巨大な幻想から
    ひとりでも多くの学会員が少しでも早く覚醒しますように。

  8. フランソワーズです。

    009さんがスマイルさんにお声をかけた後、
    私も同じく「見守っています」とお声をかけようかと迷っている間に、宝星さん、ルフランさんが
    先に声をかけ、私もやはりと思い、
    スマイルさんへお声かけさせて頂きます。

    スマイル様
    以前、創価脳の過去の執筆をお披露目してくださった時、笑ってしまい申し訳ありませんでした。
    笑い話にできるご心境でないかもしれぬのに。
    前に自身のコメントに書いた事ありますが、
    思い返せば、私も笑えない時期が長くありましたから。
    面白い、楽しい、おかしいと明るい感情を全く感じなくなりました。生きてるという表現も当てはまらず、ただ、呼吸して生存しているだけ。

    「子供がいるでしょ」
    「子供がかわいそう」
    「子供はどうなるの」
    子供どうこう何を言われても耳に入りません。
    何年にもおよぶ、耐えきれぬ創価からのしうちに疲れ果て、人の心の冷たさ、醜さ、薄情さ、そして恐ろしさを正義と世界平和を叫ぶ【創価学会】より、とことん痛めつけられ思い知らされて。
    心からまるで本当に出血しているかのような、
    たえきれぬ痛みを抱えていました。
    フランソワーズは純水すぎました。
    弱すぎました。

    川柳でふざけたりしてますが、
    創価のしうちにおいつめられ、
    子を残しこの世をさろうと考えた者です。
    スマイルさんの身の上話を初め読んだ時、
    死んでいたらと我が子が浮かびました。

    HN【スマイル】、こちらで一番好きなHNです。
    「笑う門には福来る」と言いますが、
    無宗教になった私の人生の指針で共通していて。
    スマイルと名付けられた思いを想像しながら、
    コメントを読ませて頂いているのですが、
    スマイルさんなのに、スマイル😄が感じられないコメントに心配しています。

    創造をこえる苦しみ、憎しみに
    フランソワーズのように、
    呑み込まれませんように、
    毎日【スマイル】の笑顔の日となりますように、
    どうぞ、苦しみをはねのけ、
    生きぬいてください。

  9. 久しぶりにコメントします
    元2世脱会済のマイマイです
    生まれた時から創価だったからか、考えません、気づきません、疑いません、
    でした。
    一家和楽でもなかったのに、わからなかったのです
    もし、幸せな家族なら余計わからなかったでしょうね
    いろいろな事があっても最後にはこのご本尊にすがっていたというか
    これしかないと思っていたというか・・・
    創価で言うところの、絶対に幸せになれる、という事はない、
    宇宙のリズムに合致して幸せに?てな事もない、
    脱会すると地獄に落ちる?ってな事はもっとない、
    たったこれだけの事を疑い、気づき、考えるまで、50歳まで出来なかったのですから。。私は馬鹿です。
    若い時は元気があるし、希望もあるし、夢もあるので
    会合も、から元気が出たし、歌も嘘元気を出して歌える、
    年取って、会合に行って周りをみると
    指導する人は必死なので元気よく見えますけど
    参加してる中年の人たちは疲れてる顔・・・
    おしりたたいて、新聞、票とり、財務、民音、
    考えましょうよ、会員さん(´・ω・`)

  10. 私の場合ですが

    「信心は絶対に正しい!だって、お父さん、お母さんがしているから」

    父母を信頼していたので、自然と疑うことはできませんでした。

    題目の力、創価の言う「宇宙の不変の法」の存在等、疑いを持ちませんでした。

    たしかに今でも、目に見えないなにがしかの法則があるのはなんとなく感じています。

    宇宙の法則に合致しゆく活動である勤行。唱題、学会活動から外れてはいけない。しかし、そこから離れてしまう自分自身を責める。。。
    これの繰り返しでした。

    父母の信頼するものを自分自身も何も疑問を持たずに受け入れ、それをうまく実践できずに自分自身を責める。。。の繰り返しでした。

  11. 【フランソワーズ様】
    お子様とインスタントラーメンのエピソード、泣きながら何度も何度も読み返しています。愛情不足の象徴、まさにその通りです。私はただ、母に愛されたかったんだと思います。フランソワーズ様のコメントを読んで、なんだか子供にインスタントラーメンではなくご飯を作っている自分は、多少「マシ」なのかと思えて、少し心が軽くなりました。GW中に主人にいろいろ話して、インスタントラーメンの話もしました。母と絶縁している状況をあまりよく思っていなかった主人も、絶句して聴いてくれ、最後には目に涙を浮かべて、「僕はもうそんな寂しい思いをさせないからね」と抱きしめてくれました。優しいお言葉、本当にありがとうございます。

    「ただそれを知らない。気づかない。考えない。疑わない。」
    やはり知るすべがなかったのも一因かと思います。創価シャッター、なんてどなたの発案での表現か、いい得て妙ですが、シャッターを潜り抜ける頑強で鋭利な説得力を持つものが周りになかった気がします。

    最近アンチ創価ブログや掲示板を渡り歩いているのですが、「実事求是」という、もう更新が止まっているブログに衝撃を受けています。(※シニフィエ様、他サイトの話が不適切でしたら削除してください)

    アンチブログにはいくつかスタンスがあり、創価自体がおかしいとする姿勢と、現執行部がおかしいだけで先生は正しいとする姿勢が見られます。私がこの「対話を求めて」にたどり着いたときは後者の考えだったのですが、上記サイトで物証を元に理路整然と間違いを指摘しているのを読み、反論のしようもないほど納得しています。これを読んでMCが揺るがないことはないのではないかと思い、もっと早く出会っていればと悔しいです。

    今まで聞いてきた創価批判は、どちらかと言えば証拠や根拠を証明できないものが多かったので、いくらでも反論できたんだと思います。
    例えば、池田先生の健康状態について。すでに死んでいるとか植物人間状態だとか、様々言われていますが、これは遺体を見るか、医師の診断書や死亡証明がなければ、信じないのもある意味当然かと思います。
    感情論ではなく、物証で説得してもらえれば、もっと早くわかっていたのかなという気がします。
    嫌な思いをして組織を離れた人の気持ちを聞く機会なんてなかったので、「魔が入って退転した」という、内部側の主観的かつ一方的な解釈を鵜呑みにしていたんですね。
    インターネットのおかげで、なぜ組織を離れるのか、なぜ外部から批判されるのかが少しずつ見えてきています。特にこのサイトでは、MCから晴れて抜け出し、替え歌を作って楽しむというワンランク上の境涯の解脱者さんたちがおられ、吐き出す方、抜け出しを手助けしようとする方などのお話が伺えて、毎日楽しみです。
    私は日々揺らぎながら解放中なのですが、皆さんを見習って吐き出しながら頑張りたいと思います。早く替え歌をつくれる境地に達したいです。
    管理人様、このような場を提供してくださり、本当にありがとうございます。

  12. 管理人様、投稿者の皆様
    農作業が一段落した雪ちゃんです。

    まずはSF小説をひとつ。(語り:元地区婦人部長)
    「世界情勢も緊迫しつつある今日このごろです。北朝鮮からわが国へミサイルがいつ発射されるかもしれないと、国民も危機感をもっています。現在、北朝鮮は直接的な行動を控えているようです。それというのも、世界192ヵ国地域に広がる創価学会の繁栄のおかげなのです。日本をはじめ世界各国の学会員が題目を唱えているおかげで、日本はミサイルから守られているのです。だから学会員は題目をあげる人をもっと増やすため、祈伏しなければならないのですっ。」
    ・・・元地区婦人部長さん、悲しくなるからそれ以上話さないでください。その話、よそで言わないでください。頭おかしいと思われますから。(私の心の声)
    私の心の声は届かず、元地区婦は新聞の切り抜きを手に友人宅へと去っていかれました。仲の良かった人だけに辛いものがあります。覚醒お待ちしております。

  13. フランソワーズさん
    ありがとうございます。
    HNを拝見するたびに、20年前のフランス旅行を思い出します。
    パリの街をひたすら徒歩で旅していました。
    レストランに入っても、フランス語オンリーで、適当に頼んだら「白身魚の濃厚スープ」が出てきました。これがもう、美味しくて、美味しくて。大感動!
    日本円で5000円したので、コースでほかの料理も出てくるのかな?と思っていましたが、スープだけでした。でもあの味は忘れられません(^○^)

    「スマイル」のHNは、もともとの意味は「笑顔」でした。
    笑顔の方が人生いいに決まってますので(^^)
    隠れの意味は「Super Motivation Improve Leaders Educator」です。
    「人々に、強烈なモチベーションを湧きあがらせるリーダーたちを教育する者」
    こんな感じで人生楽しんでます(^○^)

  14. 「疑うことこそ人間の知性の芽生えなのだと思います。創価はその人間の知性を否定します。「凡夫が余計なことを考えても無駄なんだから、黙って俺の言うことを聞け」ということです。」
    というsignifieさんの言葉に触発されて替え歌を作りました。

    クレイジーケンバンド「タイガー&ドラゴン」の替え歌で
    クレイジー宗教団体 「イケダー&ソウカ」
    池田センセーの立場からの替え歌です♪

    題目唱えれば 幸せになるから そのままドン突きの平和会館で
    心の中で 題目唱えながら お前待っているから 急いで来いよ

    俺の話を聞け!5分だけもいい 財務した金の事など どうでもいいから

    お前の拝んだ 本尊の慈悲の優しさに抱かれて 泣けばいいだろう マハロー!

    俺の俺の俺の話を聞け!2分だけでもいい お前だけに本当の事を話すから

    背中で睨み合う 虎と龍じゃないが 俺の中で欲と欲がからみ合う
    ドス黒く淀んだ俺の心の中に渦巻くヘドロみたいな煩悩たちよ バカヤロー!

    「マハロー!&バカヤロー!」は池田センセー最高の名言です(爆笑)

  15. 自分で気付くしかない……それしかないですね。一貫してシニフィエさんが仰っていることです。

    私は非活になってからの十年間くらいは、創価の全てがデタラメであって欲しいとどこかで願ってた部分がありました。
    バリ活時代あれだけ戦って(この言い方も大嫌い)色々あって組織から離れて非活になったって、何にも変わらない。どんだけ頑張ったって変わらないじゃないか。あ、これは自分の事ではなく、創価学会の事を言っています。連中の言うところの、現証ってやつです。
    世間からはどんどん悪く言われてる。その辺りの質問をぶつけても幹部からは信心が足りないと言われる。
    こりゃ一体何なんだと思ったんです。何がしてえんだ。
    コウセンルフの一言で片付けるにはあまりにも過ぎます。何人苦しんだ。何人死んだ。計算してみろよ。
    テキトーぶっこいて何世紀続けるつもりか知りませんが、創価に天罰は絶対に下ると思います。創価だけじゃないけど。
    オカルト話ではなく、理論的に考えてもこの答えしか出ないと思いますよ。善人面して人殺ししても平気な面出来るのは、何て言うんだそういうの。サイコパスか。そういう人間を「教育」だの「平和活動」だのと嘯いて量産してる。
    平和って何か、絶対に学会員には説明出来ない。幸せがそもそも解らねえんだから解る訳がねえんだ。
    私は創価と関わらなくなってからも、対話の皆さんのいうところの「罰論」を恐れていたという感覚に近いかも知れませんが、漠然とした不安や怒りが常に頭の中を徘徊している感じでした。
    今なら解るんです。今だって生きてりゃ色々感じることがあります。テレビ見たって本読んだって解決出来ないこと。誰にでも解ること。
    言いくるめられている、丸め込まれている感覚。どんなに広い会場に何人いても変わらないあの独特の閉塞感。時折マスコミ等から感じる気味の悪さと全部同じ感覚。
    モーフィアスも言った。
    「我々が、奴隷だということだ」
    対話ブログを発見したとき、その漠然とした嫌な気持ちの原因をズバリ言い当ててくれたと感じました。
    カガテツさんのコメントが今でも心に響いてます。
    「解りませんよね。それでいいんです。こんな教義理解する必要なんてないんです。だって、デタラメなんだから」このような旨のコメントでした。救われた気がしました。
    さあ、これからどうしようね。アンチもシンパも一緒に考えよう。

    創価は最初から今までも変わってない。これに反論のある池田門下生さんはどうぞ、一度きりの人生、いつまでも末永く無知でいてください。おととい来やがれです。

  16. シニフィエ様ブログの運営いつもご苦労様です。初めまして!!学会4世の梨花と申します。
    父方、母方の親族ともに創価学会という環境なのですが、覚醒への道を辿っている20代の女子部です(ゆる活)。

    父は圏幹部なので所謂バリ活、母は地区婦人部長をしています。
    ちなみに母の方は私が創価への疑問を率直に述べたことが響いているのか覚醒してくれそうな雰囲気があります。
    母自身、地区婦人部長に就任させられてから(“させられて”の言い回しが正しい状況でした)、色々と組織に矛盾を感じる部分があるようです。

    自分の意思とは関係なく入会させられた創価学会ではありますが、有り難い?ことに両親から活動を強制されたことはありません。幼い頃は母に連れられ座談会にも出席していましたが、現在はそれも全くありません。
    朝晩の勤行、僅かばかりの財務、月1の同中参加のみだったのですが、今年に入ってたから急速に覚醒が進んでいます。

    それもシニフィエさんが運営されているこちらのブログがきっかけとなり、自分の胸に秘めていた疑惑が確信へと変わっていったからです。
    就職してから欠かさずしていた財務も今年からは一切しないと決めています。

    幼い頃から理屈っぽいと言われていたことが今となって役に立っているようです。考えれば考えるほど創価学会は腑に落ちない点が非常に多いのです。これだけ創価色に染まる環境に居ながら創価の矛盾をいつもどこかで感じていました。

    まだ小学生だった頃創価新報で見た日蓮正宗に対する罵詈雑言。なぜこんな汚くて怖い言葉遣いを新聞に載せるのだろうと幼いながらに思っていました。

    財務をすればするほど功徳があるという原田会長の意味不明な指導や無冠の友とは名ばかりのほぼタダ働き新聞配達(ご高齢の方も多数)、新聞啓蒙や公明党の票集めなどおかしなことばかりです。

    信仰とは本来ならもっと自由であるはずなのに、創価学会はノルマの嵐。

    池田さんが机をバンバン叩きながら話をしている姿を映像で見るたびに新聞や本などで見る姿とのギャップを感じ「私が全てやったんです!」との過度な自己主張を聞くたび冷めた目で見ていました。

    創価学会の現状はあまりにも池田さんを崇拝しすぎているので、池田教と揶揄されても仕方ないと思います。実際そうなっていますよね。

    まだ覚醒途中ですので、創価学会がまともな宗教だったら良かったのにと思うこともあります。本当に世界平和のため、自他ともの幸福のために祈れる、そういう宗教なら良かったのにと。

    そんなことも含めて改めて自分で考えることの大切さを感じています。

    書きたいことがたくさんありすぎて長くなってしまいましたので、今回はこの辺で終わりにしたいと思います。
    拙い文章を読んで頂き感謝です。

  17. 梨花さん、こんにちは。

    「まだ小学生だった頃創価新報で見た日蓮正宗に対する罵詈雑言。なぜこんな汚くて怖い言葉遣いを新聞に載せるのだろうと幼いながらに思っていました。」

    創価学会は「長期間に渡る大規模な霊感商法」だからです。
    霊感商法なので、商売の敵である日蓮正宗に対する罵詈雑言は当然のことなのです。

    「財務をすればするほど功徳があるという原田会長の意味不明な指導や無冠の友とは名ばかりのほぼタダ働き新聞配達(ご高齢の方も多数)、新聞啓蒙や公明党の票集めなどおかしなことばかりです。
    信仰とは本来ならもっと自由であるはずなのに、創価学会はノルマの嵐。」

    創価学会は「長期間に渡る大規模な霊感商法」だからです。
    霊感商法なので、商売の利益を確保するノルマがあるのは当然のことなのです。

    「池田さんが机をバンバン叩きながら話をしている姿を映像で見るたびに新聞や本などで見る姿とのギャップを感じ「私が全てやったんです!」との過度な自己主張を聞くたび冷めた目で見ていました。
    創価学会の現状はあまりにも池田さんを崇拝しすぎているので、池田教と揶揄されても仕方ないと思います。実際そうなっていますよね。」

    創価学会は「長期間に渡る大規模な霊感商法」なのです。
    宗教を装っている詐欺ビジネスなのです。
    池田センセーは人心掌握術に長けている天才的詐欺ビジネスマンなのです。

    「まだ覚醒途中ですので、創価学会がまともな宗教だったら良かったのにと思うこともあります。本当に世界平和のため、自他ともの幸福のために祈れる、そういう宗教なら良かったのにと。」

    「創価学会は宗教」と思うと
    「創価学会がまともな宗教だったら良かったのに」と残念に思うかもしれません。

    しかし
    「創価学会は長期間に渡る大規模な霊感商法」
    「創価学会は宗教を装ったねずみ講」
    だと気づけば
    「創価学会がまともな宗教だったら良かったのに」と残念に思うこともありません。

    最初から宗教ではないのですから。
    創価学会は「宗」でも「教」でもなく、「会」なのです。
    人心掌握術に長けている天才的詐欺ビジネスマン池田センセーを信奉する会なのです。

    「そんなことも含めて改めて自分で考えることの大切さを感じています。」

    「自分で考えさせないように巧みに思考誘導する」のがマインドコントロールです。
    「自分で考えるようにする」とマインドコントロールされていても、マインドコントロールから解放されることが可能です。

    「考えれば考えるほど創価学会は腑に落ちない点が非常に多いのです」というご自分の知性と
    「これだけ創価色に染まる環境に居ながら創価の矛盾をいつもどこかで感じていました」というご自分の感性を信頼なさってください。

    梨花さんにはすばらしい知性と感性があります。

  18. 梨花さんへ

    こんにちは!はじめまして元学会2世のおてもやんです。
    若い娘さんだ〜〜!わ〜〜い!と嬉しくなっています。
    何せ私の息子も20代前半でして、子供大好きな私は20代の子はみんな我が子みたいに可愛くて。
    (もう4世の世代になってるんですね・・・私も年を取るわけだわ・・。
    それは横に置いといて・・)

    >幼い頃から理屈っぽいと言われていたことが今となって役に立っているようです。考えれば考えるほど創価学会は腑に落ちない点が非常に多いのです。<

    実は私もそうだったんです!
    屁理屈屋と親に散々怒られていました。
    でも信心の世界では頭でっかちは不信謗法に走ると脅されていたので疑問を持たないようにしていました。
    自分の頭で考えられるようになる事って、学会では「我見」と批判されがちですし・・・。
    でも、本当に正しい宇宙の法則であり哲学であれば、どんなに強い疑問の金槌で叩いても壊れないはず。そう思って勇気を出して考え始めたのは、私の場合は30歳過ぎてからです・・・(;_;)

    私が探しているのは、この世の全ての実像です。
    何のフィルターもかかっていない純粋な心になって、人間の崇高さや真っ黒な闇、全てを知りたい。混沌とする今の世界中を見回して、人類って何だろう??って、そのまんまを掴みたいな・・・っていつも思っています。これも創価学会に散々振り回されたからもありますが、結果オーライです。
    以上、ウェルカム・コメントでした(^_^;)
    返事は要りません♪

  19. 梨花さん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    一般の人が学会員の姿をみたらドン引きなんですが、学会員同士だとそれが当たり前というか、と言うよりこれこそが正しい生き方なんだと信じてますよね。正しい生き方といえば聞こえはいいですが、実際のところ「他人よりお得な人生」だと思い込まされてるんですよね。「創価学会お得でラッキー!〜♪ で、もっとお得な功徳ポイントをもらうために折伏に新聞啓蒙に公明の票取り。そして何よりもたくさん財務をすればメガトン級の幸せポイントもらえる私って超超ラッキ〜〜♪(≧∇≦)」そりゃ普通の人がみたらドン引きしますよね(笑)。「バカじゃないの?」の一言で終了です。こんなはっきりと詐欺だとわかることが、いったん騙されてしまうと気づかないんですよね〜。なんども言いますが、気付こうとすると恐怖が襲いかかってくる。やってることは非常識そのものなんで、どうしても疑ったりしますが、そこに「疑うと不幸になるで〜いらんこと考えんときや〜」という恐怖の大魔王がやってくる(笑)そしてその恐怖から逃れるために「そうか、いろいろ考えずに言われた通りにしとけば幸せになれるんや〜」と元の木阿弥。こんなことを繰り返しながら創価に身ぐるみ剥がされ尽くして死んでいく。これが創価学会員の姿です。まわりの創価学会員さんはみんなその途中なんで、普通の人なら学会員さんがいつまでたっても幸せになんかなってないのを見ているんですぐにわかるんですが、学会員さん本人は「自分はなんて幸せなんだあ〜創価の言うことを信じて言われた通りにしていれば幸せになれるなんて最高だよ〜!〜♪ って、「思うしかない」んです。そう、もうこうなったら「思うしかない」。だってそれを疑おうものなら途端に地獄行きですからね。

    こんなインチキ宗教詐欺をいくら頑張っても功徳も罰もあるわけないです。そりゃそうでしょ、ただの詐欺なんですから、学会員は騙されてお金を巻き上げられているだけなんです。ありもしないものをあると思わせるところが詐欺です。創価で幸せだと思い込んでいる人はいっぱいいますが、実際に幸せになった人がどれだけいますか?座談会に「私はこんなに幸せです!」という人はいるかもしれませんが、実際に何が幸せかはっきり言えますか?創価でない人と比べて何を持って幸せと言えるんでしょうね?これは創価に限らず宗教を「幸せになるためにやる特別なラッキーアイテム」だと思わされている人の話です。つまり宗教を魔法のランプだと思い込まされている人が引っかかる詐欺なんです。例えば仏教ってそんなもんじゃないと思います。私としては、仏教とはこの世界がどういうものなのか、自分とは何なのかを自分で気づくことの大切さを物語るものだったのではないかと思います。そういう意味ではそうではない宗教ってほぼ詐欺みたいなものだと今は思います。鎌倉時代の日本では、一神教的な教えが仏教の衣を借りて広まりました。それもあの時代では仕方のないことだったのかもしれません。生きることに何の希望もないような人たちが、何かにすがって希望を持たなくては生けていけない時代だったのですから、そこにつけいる似非宗教が広まったのも、ある意味仕方のないことだったのかもしれません。あれから800年が経った今、あの頃の自分の人生を100%何かしらに委ねる生き方の何に共感できますか?単なる自分の人生を自分で放棄した依存症でしょ。でもそれがわからない。気づかない。「生きていくことは大変だけど、きっとこれにすがってさえいればうまくいく」そんな気持ちが創価の罠に引っかかってしまう。創価に限らず宗教や新宗教がぱっくりと口を開けて待っている。残念ながら、世の中ってそんな落とし穴があるんですね。創価学会もその落とし穴の一つだったということです。引っかかる方が悪い。もちろんそうかもしれません。ただ生まれた時からそんな詐欺の教えに染められたらどうしようもありません。自分で気づくしかない。気づかなければ地獄の人生で終了です。気づいただけでもラッキーかもしれません。創価は一つの社会現象なのかもしれませんが、被害者、つまり創価学会員として生きてきた人にとっては不可抗力の不幸ということです。

    創価学会最高幹部の皆さんがこのサイトを読むことはないと思いますが、もういい加減、その悪事について自分で考えてみてはどうですか?といいたくもなります。言っても無駄でしょうけど、人としては言いたくなります。今更あとへは引けない人生なのかもしれませんが、これだけの人を不幸に陥れ続けて、よく平気な顔で生きていけますよね。あ、すみません。実際そうやって生きていけてるんですよね。そんな人生でいいんだって割り切ってるんですよね。すごい!すごいなあ〜!人を不幸にすればするほど幸せを感じる人生って、それを人は悪魔って言うんですよ。身の毛がよだちますが、それでいいって思ってる創価学会本部の人たちなんですよね〜。

  20. 50代、元2世の 009です
     シニフィエさん新しいテーマをありがとうございます

     スマイルさん
    コメントを読んで想像してたら
    少しブルーになってしまいました
    なんと言いますか・・・
    スマイルさんの育った環境は強烈です
    なんとも言えない気持ちになります 

    そんな中でも
    新事業を展開されているとか
    心身ともに余計に疲弊しますが(笑)
    吐き出しながら頑張りましょうね!! 

    最近、いろいろと考えてます
    脱会してから我が家では
    創価色は完全に排除していて
    あえてそう言う話はしてきませんでした
    でも一切を無視して
    収まるものでもないんですよね
    後遺症は必ずついて回ります
    きちんと自分自身の思考で吹っ切る機会を
    私は家族から
    奪っている事に気がつきました

    組織から距離を置けば
    時間が解決してくれるんですかね?
    覚醒しても尚、難しい問題ですね
    とにかくしっかりもう一度
    家族とも向き合いたいと思います

    ですが両親の事もあるので
    最近は引っ越す事も考えています
    ここまで人生を振り回されて
    別の次元で腹が立っていますよ!

    創価学会は
    信じた分だけ苦しみます
    これが現実なんですよ!

    幸せになんか
    絶対にならないんです!
    そんな要素は微塵もないんだ!

    最後まで?
    死ぬまで信じてた方が幸せだなんて
    私はコンマ1ミリも思いません

    悔しいじゃないですか!
    私は後悔すると思ってふみこみました
    後の苦労は想像を越えてますが
    地球は丸かったんだよ!って
    真実を知ることは辛い事なのかもしれません
    でも、後は本人が受け入れるかどうかの
    問題ではないでしょうか?
    そんな気がしています

    すみません。
    自分の気持ちを吐き出してしまいました
    とょっとリアルで苦しくて
    覚醒途中の方や
    ご家族の事で悩んでいらっしゃる方
    決して責めている訳ではありません。

    かつて私は
    そう言う言葉に敏感に傷付いていました
    どうかお許下さい
    色々な方がいらっしゃいます
    どうか皆様の置かれた状況の中で
    少しでも光が強く見えるようにと
    本当に思っております

    シニフィエさん、すみません
    まずかったらアップしないで下さい
    シニフィエさんに読んでもらえるだけで満足です

  21. ボンソワール フランソワーズです。

    009様
    009さんのコメントを読んで
    同じ思いの箇所が所々あります。
    読んでいたら
    フランソワーズがどんな目にあわされたか、
    そして今なおどんな状況か、
    書き叫びたい気持ちになりました。
    でもできません。それがまた悔しい。
    一番共感した言葉、
    「ここまで人生を振り回されて」です。
    私の場合はさらに
    「ここまで人生を台無しにされ奪われて」。

    ちりんちりん様
    ハロー ハワユー?(フランス語はどこへ?)
    インスタントラーメンの話で泣かれたんですね。
    優しいご主人ですね。
    愛するって、ご主人のちりんちりんさんに対する思いを言うのでしょうね。

    昨日のNHKひよっこで
    ぐっ、とくる台詞ありました。
    録画してあるので、後日書き出しますね。
    それと、NHKクローズアップ現代で料理人の土井さんが、記憶なので言葉は多少かわりますが、
    「料理をつくるという事は愛するという事」
    「料理を食べるという事は愛されるという事」
    この言葉聞き「深~い」とじ~んときました。
    ちりんちりんさんにも伝えたく思いました。

    スマイル様
    かなり奥深いHNだったんですね。
    フランソワーズの母国へ
    行ってくださったのですね。
    フランスのレストランでは、
    フランス語が片言しか話せない日本人のお客には
    注文したのと違う高いメニューや、注文してないメニューまで出し、平気で分取ります。
    日本人はお人好しで言いかえさないので。
    ひったくりも日本人はまずターゲットにされ、
    これからフランス、とくにパリに行かれる方、
    冗談抜きで腹巻きに現金いれて行って下さい。
    カバンは片かけでなくポシェットで。
    フランソワーズと名のるだけあり、
    フランスの観光名所上位ランキングあたりは
    ほぼ行ってるのですが、モンミッシェルだけ行ってないんです。ルーブル、ベルサイユ宮殿、エッフェル塔、もちろん行ってますよ。

  22. 009さんのコメントに胸打たれました
    「信じた分だけ苦しみます
    これが現実なんですよ!」

    それは本当だと思います。
    そして私の母はたぶん、その苦しみの大きさに思考を停止したと思います。末期ガンになってから気がついてしまったんですから・・。

    20代で叔母の勧めで入信した母は、草創期からまさに命がけ、小児麻痺の我が子を柱に縛り付けてまで活動に走り回りました。当時は反対だった父も、胃炎の痛みに耐えかねて拝みはじめ、バリバリの男子部になってしまいました。
    毎日深夜まで学会活動、小児麻痺の長男は私が生まれた年に亡くなったので、残る3人兄弟で毎晩帰りの遅い両親の帰宅を待っていたものです。
    夏なんてまだ日が明るいのにカーテンを閉め兄弟寝かしつけられ、カーテンの模様が人の顔に見えて怖かったのを今も覚えています。
    冬の夜はストーブをつけたままでは火事になって危険だと、暖房のない部屋で兄弟3人でそれぞれに布団をかぶったりして寒さを耐えたものです。
    でも誰も親に対しては不満をこぼさない。
    「留守番も功徳があるんだよ」と言われ私は素直にそう思っていました。
    兄は違ったようで、
    「財務のために、私は家族のおかずを1品だけにしています!」と座談会で報告をしている母を見て「ばっかじゃねーの?」と早々に覚醒していたと後から教えてくれました。
    子供の頃の晩ご飯のおかずの思い出は、コロッケ1個、またはマルシンのハンバーグ1個だったのをよく覚えています。箸で小さく切り分け大事に少しずつ食べたものです。

    私が脱会した時の母の鬼のような形相は忘れらませんが、それよりも忘れられないのは亡くなった時の、まるで小鳥の屍のようにか細く悲しい姿の母です。
    70過ぎてまで創価、池田先生命だった母の最後の悲しい姿に涙は止まりませんでした。
    葬儀屋さんの死化粧の技は見事です。
    あれほど悲しい顔だった母が、見事にふっくらと生きてるが如くに「加工」されるんです。
    しかし、葬儀で学会員のお婆さんたちが母の亡骸を見ては
    「さすが信心を貫いてきた人だ、お顔が美しい」と口々に言っていましたが、「お前たちは、母の本当の死に顔を知らないだろが!!」と怒りでいっぱいでした。

    草創期の信者は、当時の過激な指導を信じて活動した結果、家族をも道連れにしてしまった。
    「あれは古い教義だから・・」と末端信者が言いわけをするが、学会本部が本腰を入れて、ガチガチの草創期の信者達の頭の中身を入れ替える責任があると私は思います。
    でも「どうせそのうち死ぬから」と、このまま放置されてるのでしょう。
    娘が言っても頑として聞かないから、学会本部が「脱会した家族をいたわりなさい、かつての退転者は地獄に落ちるとかいう指導は間違いでした。古い指導は忘れてください、今のが正式なものです」と発表してくれれば父も目をさますことができるかもしれないのに・・・。
    製造物責任法というのが宗教団体には適用されないから困ったものです。

  23. 元三世、四十代ノジコです。
    昨日の事ですが、中学生の長男が学校からの帰り道に自転車で転んだと報告してきました。
    よく話を聞くと、なんと会社帰りの車がひっきりなしに来る道路の車道側に転んだということだったんです(+o+) 幸い後方の車が早く気付いて停まってくれたので事なきを得ましたが、最悪のことを考えると体が震えました。

    もし、私が創価脳だったら・・・
    「守られた!命が助かった!これは御本尊の功徳だ。やっぱり信心はすごい!息子には広宣流布の使命があるから命が助かったに違いない。これから子供にもしっかり信心をさせよう。私も親として報恩感謝の思いでますます学会活動に励もう」
    なんて、大確信で題目あげながら決意してたと思います。

    創価脳はラッキーな事は全部功徳と思い込んで、自らの信仰を全力で肯定します。
    悪い事は何故か一般論を用いて「人間だれにもそういう事はある。自分だけが不幸じゃない」「信心してるんだから意味のある事にちがいない」と大仏先生がよく言ってたプラス思考で楽観的に考えます。
    ふつうに「信心してるのになぜ?」とは思いません。
    (ようするに、疑いを起こさせないように都合よく考えさせられてるだけですよね。)

    私はもちろん家族全員、覚醒してから(11カ月)勤行、題目一切してません。
    新聞とらない、選挙入れない、財務しない。罰なんて一切ないです。
    今はカラコピ本尊返して一家で退会済みです。
    創価的にいう、退転者、忘恩の輩です(笑)

    でも、毎日家族全員楽しく仲良く元気で暮らせてます♪

    安心してください!(古っ) 創価を疑っても不幸になんかなりませんから(笑)
    むしろ、余計な事に心を使わなくなってせいせいして、素直に自分自身に生きていっていいんだと、幸せな気持ちが不思議と湧いてきます!(^^)!

  24. 一世、四半世紀をバリ活だった、非活歴約2年半のアラフィフ、ギルークです。

    おてもやんさんのご両親のお話、胸が締め付けられます。
    草創期だけではありません、今でも多かれ少なかれあります。異常です。

    何度でも言います。学会活動は異常です。事実です。

    幹部の忙しすぎる異常な活動、それらがもたらす家族/仕事/人間性への影響をみた末端の活動家の大部分は去っていきます(だから活動家の数は統監の1〜2割なんですね。そんな団体ってどうなんでしょうね)。すると残るのは傲慢な戦闘的な幹部と、本当に信仰で人生を転換したいという純粋な末端の活動家…とユル活。

    都議選の戦いもたけなわなのは聖教の「東京押し」の記事を見ても明らか。末端にだけ最前線に立たせておいて、本部幹部が行くところといえば、厳しいといわれる選挙区の地元幹部が用意した当たり障りのない活動家のところばかり。税金には不満や意見があっても、税金より何倍も出している財務にはとんと無頓着。

    冷静に考えるとおかしなことばかりなのです。一時は自分もその中で嬉々としていたことを思うとワナワナします。このブログのそれぞれのコメントが想像で書けるものでないことは、まっとうな社会人であればわかります。

    折伏されて悩んでいる方が、このブログに出会うことを本当に願っています。

  25. ご無沙汰しております。学会3世、脱会3年目凛々子です。一番下の子が幼稚園に入り、何十年ぶりにお一人様の時間を満喫中です。
    白ゆり長時代、下の子が幼稚園に入ったら思う存分学会活動できる日がくる、といろいろ疑問や活動に不満が多かったけど、歯をくいしばって白ゆり長の使命をと頑張ってましたが、途中で完全覚醒、やってられっかよ!と役職投げ出しました(笑)あれから3年(笑)
    今は、仕事を探しながら、週3でフィットネスに通い、ダイエットと体力作りです。あとはお一人様でカフェ行ったりしています。
    白ゆり長だったら、週3は学会活動(地区や支部単位の集まり、唱題会、グループ、同中、勉強会など)その他は家庭訪問、選挙等の交流にいったり、創価学会中心の生活に変わりはなかったでしょう。
    それで幸せかというと、苦痛でしかなく、幸せになるためなんだ、と信じこんで歯をくいしばっていたことでしょう。幸せにいつなるの?と思いながらでしょう。
    今の生活は楽しいです。幸せです。
    筋トレは気分爽快で、心身ともに健康になり、幸せになるそうです。コーチが言っていました。
    フィットネスといっても、中高年の通うカー⚪スなので、60才以上のご年配がほとんどで、皆さん、生き生き若々しい楽しそう。正直、学会の方と比べると……
    疑問に思ってる方々、早く、気づき、学会から離れ、自分を大切に過ごされる日々を願ってます。
    近況報告ばかりすみません、幼稚園お迎えいってきます(*^^*)

  26. 009さん
    ありがとうございます。
    確かに「異常な家庭」ですよね。生まれ育った私には「普通」に感じていました。
    いまなら「おかしいよ。洗脳されてるよ。」と言えます(^^)

    昨日は心理カウンセリングの日でした。ある人にアドバイスされて、「お前は認知がゆがんでいる」と言われて始めたものでした。
    幼少期の体験等で、物事の深層心理での受け止め方がゆがんでいるようでした。
    父が食卓で「池田大聖哲(はすごい)」「大聖哲のお叱りがこわいぞ!」と卑屈になって嘆いているイメージが強烈に残っていて、偉大な父が小さくなっているから、自分自身に自身がなく、物事に堂々と立ち向かうことができていませんでした。
    それをワークで良い方向に転換したのですが、まだ、取れきれない部分があり、その原因もわかりました。創価とは関係なく「幼少時に泥棒に入られたこと」が潜在意識に恐怖として刻み込まれていたことがわかりました。エネルギーを解放させるワークを30分ほどかけて行い、それを取り除くことができました。かなり疲れました(^○^)

    父親の上に「池田大作という重錘(おもり)」があったため、子供である私にその影響(自分のことを「小さい」「まだまだ」と考えてしまう)が強く出ていたようでした。
    「小さい」「まだまだ」な自分だと、物事に本当に勇気をもって自信をもって立ち向かうことが
    できません。昨日は、潜在意識化のそれを正常化することができました。

    ともかく、父が覚醒してくれていたら。。。と思ってしまいます。
    父は祖父がなくなった弱り目のときに創価に魂をうばわれました。
    「念仏無間」と。そして、「池田大作の重錘」を載せられて生きていきました。
    私が強くなったことが父への供養の一つだと思います。

  27. 連投稿すみません。凛々子です。
    幼稚園お迎えがあり、ささっと書いたもので💦💦

    皆さんの創価時代の壮絶な体験談や今も残る後遺症に悩むお話も拝見しています。私も幸せだ、といっても、40数年間の創価脳からやっと抜け出し3年、後遺症もあり、忙しくてしている時は創価のその字も忘れてますが、やはり思い出すと辛いし、こうしてブログにきてしまうのも、まだまだなんだな、と思います。
    バリ活を体験し、脱会し、ごく普通の生活も体験し、両方を体験したからこそ、40数年と3年を比べたら、断然今が幸せと言えるだけです。

    「信じた分だけ苦しみます、これが現実です」
    (゜-゜)(。_。)(゜-゜)(。_。)大きく頷けました。幸せになるはずなのに、やってもやっても幸せになれない現実しかありませんね。

  28. シニフィエ様、日々のブログ運営本当にお疲れ様です。

    今回のテーマである
    「知らない。気づかない。考えない。疑わない。」ですが

    知ろうとする、気づく、考える。は
    全て「疑わない。」といった心境が「疑う。」に変わったことに起因しております。
    少なくとも私の場合。

    創価組織(というより私の場合、創価組織の人間関係に)少しでも「疑い」を持った時から「知ろうとした」し「気づく」ことも「考える」こともできたのかと思います。

    青年部の梨花さん、初めまして。
    圏主で男子部未活のハルキです。

    さて、
    >まだ覚醒途中ですので、創価学会がまともな宗教だったら良かったのにと思うこともあります。本当に世界平和のため、自他ともの幸福のために祈れる、そういう宗教なら良かったのにと。

    この部分ですが、私もいまだに創価に対しては夢を見てる所があって
    今もまだ心のどこかで同じ様な「幻想」を抱いていたりするのですが
    周りの方々を見てどうですか?

    四者の幹部でもいいし女子部のバリバリ活動してる大幹部でもいい。
    その人達は幸せそうですか?歓喜に溢れた顔をされていますか?

    >世界平和のため、自他ともの幸福のために祈れる

    私にも妹がいて今は県主任部長をしていますが、
    (本人は20代で友人を2人折伏して、財務もトータルで300万以上納めてます。)
    今、真剣に祈ってることは、自他とも(部員さん含め)の幸福でもなく、まして世界平和のためでもない。
    30歳の頃から3年間以上ずっと「いいご縁(結婚相手)に恵まれるよう。」
    まるで何かに憑依された様に、このことばかり祈ってますよ。

    その結果、現れた(本人に)好意を示す男性は
    常識知らずで世間知らずの40代の地区部長。
    冠婚葬祭で会館で見かける時も、常に黄色いワイシャツに汚れたスーツ
    人の家に来る時も平気で汚れたままの作業着で来てリビングのソファーや仏間の座布団に座ります。
    父と母が居ない時に勝手に冷蔵庫を開けたり電話を使ったりもします。(両親にはすべて報告済み。)

    これが表に出て来ない創価組織の現状ではないでしょうか?
    この地区部長は「創価」という組織をよく体現してくれていると最近思いますよ。

    シニフィエ様。長文失礼致しました。

  29. ハルキさん、コメントありがとうございます。
    そうですね、物事を疑うことは決して悪いことではないと思います。仮に原始仏教の伝承が釈迦の思想を表しているものだとすれば、仏教そのものが物事を疑うことから始まったと言えると思います。まあこれも2500年も前の伝承説話の一つですから、どこでどうなって釈迦の考えであることになったのかもわかりませんが、たとえ誰が考えたことであろうと、疑うことは高度な知性の表れだと言えるだろうと私は思います。東日本大震災が起こるまで、多くの日本人は原発は必要悪だと思わされてきた。あのような取り返しのつかない事態になって多くの日本人が「なぜ?」と初めて考えるようになりました。自分の常識を疑い始めました。政府も嘘をつくんだと。マスコミも嘘こそつかないまでも、本当のことは言えない立場なんだと。それまで政府や大企業がマスコミを金と権力で封じ込めることによって、国民の原発に対する疑問を封じ込めてきました。蓋を開けてみれば、原発が最初からどれだけ危険でリスクが大きすぎるものなのか、そして原発が必ずしも必要ではなかったことや、決してコストのかからない夢のエネルギーなんかではなかったということを思い知ることになります。まさにあとの祭りです。政府や大企業やマスコミの意図的な誘導によって疑うことができなくなった私たちは、いいように利用され、今もどんな目にあっても「仕方のないこと」と諦めるしかない。今の日本はそんな閉塞感に浸されていると思います。この話をすると創価の問題から外れてしまいますのでこれくらいにしますが、いずれにせよ人間にとって「疑うこと」の大切さは決して忘れてはならないと思います。私たちは何も知らない、何も知らされていない。そう考えていいと思います。「これこそが正しい」などない。これがある意味で原始仏教の教えであるように思います。それはなにも大上段に構えた宗教の教えなどといったものとしてではなく、一つの教訓として捉えていいのではないかと思います。全てを疑うこと。例えば近代西洋哲学はそこから始まったと言えなくもないでしょう。まさにこの世に神も仏もあるものか。これは単に無神論者の意見としてではなく、たとえ神や仏といったものが存在するとしても、一体それが何なの?と疑うこともアリだと思います。そこから自己の生き方を本気で考える機会にもなると思います。
    日常生活において私たちは説明のできないような偶然のめぐり合わせだとか、九死に一生を得たような体験をすることがあります。でもそれは何かしらの宗教的な不思議な力や意思があるかのように恐れおののくよりも、今の人間には説明できないと言うだけの当然の摂理であると考えたほうがまだ納得がいくような気がします。
    「この人と出会うべくして出会った」とか「何かわからないけど生まれる前からお互いを知っていたような気がする」などといった人との出会いというものも確かにあります。私もあります。でもそれを運命的なとか、何かしらの絶対的な大いなる意思によってなどと思ってしまうのは、とても危険なことなのかもしれないと、最近は特に思います。そこに思考停止の罠があるからだと思います。人は弱いがゆえに、また優しさがゆえに「不思議な力」「強い力」に屈してしまうのだろうと思うんです。
    疑って疑って疑い続けること。そうして疑い続ける自分をもさらに疑うこと。これくらい疑ってちょうどいいくらいではないかと思います(笑)

  30. 創価の婦人部の方で、幼い子供を置き去りにして会合に行く話はよく聞きますね。

    私の母も、末の弟を寝かしつけて、家に一人きりにして会合に参加していたということを話していました。

    子育ては大変でしょうが、、、

    会合で子供が騒いだら、「魔が入った 」とか 「あなたの信心が足りない」
    子育てで会合行けなかったり学会活動できないと罵倒したりします。

    ほんとにどうしようもないです。

    創価脳はおかしいので何を言っても聞きませんが。

    おわってます。。。。。

  31. また、すみません。些細なことですが、落ち込む出来事がありました。

    いっそ、「地区の学会員さんに、私はもう脱会しました。もう二度と関わりもちたくないので、創価のその字も聞きたくないです」と宣言できたら、楽なのかな?と思う今日この頃なのです。楽より揉めそう(^-^;
    事実を知ってるのは、地区婦と圏婦です。他の部員さんには、体調が悪いとか子育てが忙しくてと伝わってます。
    町で会うと、体調どう?と言われ、申し訳ない気持ちにもなります。
    一番辛いのは、昨年亡くなったママ友で支部婦人部長、私が脱会したとは知りません。癌の闘病中だった中、言えないでいましたから、私も体調悪いから活動少し休むね、題目送ってますね、と嘘ついてました。
    今でも旦那さんとお子さん近所で子供同士仲良しです。
    親同士交流もあり、私はただの非活だと思われ、時々学会の話もでます。
    昨日、創価学会主催の素晴らしい⚪⚪と⚪⚪展があるんです。
    ⚪⚪ちゃんと一緒に行きたいと言っていてどうですか?とお誘いが(^-^;
    内心、凄く困りました。子供を出されるとね…いい人なんだけど、バリ活創価脳な方ですから。
    ただ見るだけだから、付き合いでいってもと思い旦那に言ったら、はぁ?創価学会主催?いかねぇ。で終わり(^-^;
    今では展示会なんぞまったく興味なくて、創価学会のことに触れたくない思いが強くて、申し訳ない気持ちはあるけど今日、お断りしました。変な空気が流れました(^o^;)
    些細なことですが、悩まされます。

  32. シニフィエ様、返答ありがとうございます。

    「疑う。」という感覚は人間にとって当たり前の感覚ですね。
    って、疑いまくって「ココが変だよ、創価学会!!」なんて流れが現場単位で出来てしまったら
    組織としての運営はもう無理でしょうけど。

    だからこそ、それを封じて疑問を感じさせる暇を与えさせない
    ノルマと活動量なのでしょう。

    それとクソ鬱陶しい戦時中の隣組みたいな相互監視的な雰囲気も
    特に婦人部からは強く感じます。
    (他にやることないのかコイツら?)

    他の地元事情は知りませんけど、自分の住むエリアですと
    婦人部と男子部の活動家なんて(上記の馬鹿地区部長並に)本当に人間としては馬鹿かカスみたいなやつらの集まり。

    一体この地元組織の諸先輩方から、その振る舞いを見て何を「学べ」と言うのでしょうか?
    昔から「禍を転じて福と為す」といいますが、
    私の場合、この余りにも低レベルな創価組織の人間関係のおかげで必然的に「疑う。」ことが活動における一つの脳内所作になっていたと思います。

    部長になってからは、ただただ「ストレス」でしかなかった、そこに何の歓喜も無かった学会活動。
    我慢しながら活動するようになったらもう活動家としては潮時だろうと思います。そうなったら自分でも驚くほど愚痴しか出てこないので。

  33. 明様

    お返事ありがとうございます。
    ご指摘頂きました通り、私はまだ覚醒途中なのでどうしても“創価学会=宗教”という図式が頭のなかにあるのです。だからこそ悲しくも思うのですよね・・・。

    創価学会に裏切られた哀しみ、曾祖母、祖父母、両親が信仰している宗教が(あえて宗教と書きました)会員を騙しているだけのインチキだったのだという事実は頭をハンマーで殴られたような感覚です。

    排他的思想は会員をマインドコントロールするのに最適だったのでしょうね。高校時代の先生はなぜ勉強が必要なのかをよくよく話してくれたものでした。
    自ら考える力がないと人間は簡単に騙されてしまう。それが正しいと思い込み考える力がない故に誤った方向性へと流されてしまう。結果として搾取されてしまうのですよね。

    創価学会の指導として対話が大切だとありますが、排他的思想と対話はどう考えても結び付かないと思います。邪宗、邪教としている相手と対話?根底に相手を見下している部分があるのに対話が成り立つのでしょうか・・・。

    心強いお言葉もありがとうございます。
    私は自分の感性を信じたいです。疑問に思えば徹底的に調べ、おかしいものはおかしいと思える自分でいたいです。

  34. 凛々子さんへ

    こんばんは!元学会2世更年期が始まったおてもやんです。
    実は、脱会後何年も経った頃、転居先で以前同じ地区にいた婦人部の人に再会したことがあるんです。
    「私、脱会したのよ〜」と率直に話してみたら「あら、そうなんだ〜」と相手は普通に流してくれました。
    人によるかもしれませんが、こちらが気にする程、相手は気にしてないかもしれませんよ。
    それに、脱会してることに罪悪感を持つ必要など微塵もありません。
    「はい!私は気にしない!」と自分で自分に暗示をかけてみると良いかも?!
    旦那様みたいにケッセラセラ〜でいきましょう。

    >変な空気が流れました(^o^;)

    気のせいです(^_^;) 気のせい!
    もしかしたら実際そうだったかもしれませんが、人間ってこちらがバツが悪そうにしてると、瞬時に相手にも伝わってしまうことがあります。
    ここは一つ、心臓に毛をたくさん増殖して図太くなるべきかも。

    宗教やるのもやめるのも自由なのに、なぜかやめた人が気まずくなるというこの「しがらみ」・・・。
    でも、お子さんの前で弱いお母さんであってはいけないとも思うので、デーンと構えて、「私、実は脱会してるの」とはっきり言ってみてはどうでしょうか。できれば学会員ではない他の友人ら数名がいるタイミングで。
    (1対1は避けてね!)
    それですぐに違う話題を出して話をそらす!
    みんなで楽しく笑ってハイさよなら!
    次の日会ったら「こんにちは〜!」とニッコリ笑顔で挨拶。
    「あなた、脱会してたのねぇ・・・?」とか相手が言ってきたら「うん。あ、それよりさ・・!」と話題をそらす!
    この方法では、どうでしょうか。
    がんばってね!

  35. ボンジュール フランソワーズです。

    ちりんちりんさんにお約束したNHK🐤ひよっこの台詞を書き出します。

    和久井映見さん演じる愛子さんの台詞
    「でもちゃんと毎日頑張って生きていないと
    いいことはやってこない。
    神様はいるのかどうか知らないし、
    いたとしても本当にみんなの事平等に見ているのかなあと思うけどね。
    でもちゃんと頑張ってないと、神様は気づいてくれない。
    私が神様だったら、つらい事があっても頑張っている人に幸せをあげたいな~って思うしね。」

    「愛子さんはそったに思って頑張ってきたんでしすか?」

    「そうだよ~、いろいろあったからね~、つらい事や悲しい事。
    だから私はこれから幸せしかやってこないのよ。もうね、大変な(力を込めて言う)ことになってしまうわよ~これからの私は😊」

  36. おてもやんさんへ。
    お返事&アドバイスをありがとうございます。
    ハッ!としました。
    そうですね。罪悪感を持つ必要などないし、脱会したほうが、堂々としなくちゃ、何にも悪いことしてないのに(^-^;
    創価時代にもあった?図太く‼を脱会しても、持ち続けたいと思います。
    ちょうど断るタイミングに旦那の実家に行く用事が入ったので、断る理由もできて助かり、変な空気も気のせいですよね(^-^;
    たぶん、かつて、自分もバリ活創価脳だったので、お誘いを断られると、宗教はちょっと、創価学会はちょっと、と思われてしまう空気感を味わったことがあり、自分がそう思ってしまい、
    相手が創価学会のお誘いNGだったかな?と思われたのでは?と勝手に想像してしまいました。気のせい、気のせいですよね。

    昔、協議会などで脱会した人のことをボロクソ悪口言ってたの聞いたことあります。その方が正宗にいったせいもありますが、それはそれは酷い悪口でした。私は顔がひきつりながら、ただ聞いてました。そんな経験もあると、
    つい、罪悪感やこそこそとなってしまう自分です。
    愚痴は福運を消すとか言いながら、脱会者の悪口は滅茶くちゃ言う神経。
    こんな輪の中にいたら、心も歪みますね。あぁ、やめてよかったです。

  37. 梨花さま

    返信ありがとうございます。

    「ご指摘頂きました通り、私はまだ覚醒途中なのでどうしても“創価学会=宗教”という図式が頭のなかにあるのです。だからこそ悲しくも思うのですよね・・・。
    創価学会に裏切られた哀しみ、曾祖母、祖父母、両親が信仰している宗教が(あえて宗教と書きました)会員を騙しているだけのインチキだったのだという事実は頭をハンマーで殴られたような感覚です。」

    創価学会は「詐欺を行い続けている宗教団体」なのか
    創価学会は「宗教を装い続けている詐欺団体」なのか

    どっちにしろ詐欺を行い続けているわけです(苦笑)

    「排他的思想は会員をマインドコントロールするのに最適だったのでしょうね。」

    人の心には
    「苦しみを避け、喜びを求める」
    という基本性質があります。

    ですから
    人を支配・コントロールするためには
    「苦しみを与えるムチと喜びを与えるアメ」が効果的に使われます。

    創価学会は日蓮の過激な排他的宗教思想を利用して
    「罰というムチと功徳というアメ」で会員を勧誘し、会員を支配・コントロールし続けています。

    この支配・コントロールから解放されるためには
    自分自身で「罰というムチと功徳というアメ」に縛られている心を解放しなければなりません。

    「高校時代の先生はなぜ勉強が必要なのかをよくよく話してくれたものでした。
    自ら考える力がないと人間は簡単に騙されてしまう。それが正しいと思い込み考える力がない故に誤った方向性へと流されてしまう。結果として搾取されてしまうのですよね。」

    「釈迦がどのような教えを説いて、その教えが後世どのように変遷していったか」
    という仏教史の大まかな流れを勉強するだけで、創価学会の教えがおかしいことに気づくことができます。

    「創価学会の指導として対話が大切だとありますが、排他的思想と対話はどう考えても結び付かないと思います。邪宗、邪教としている相手と対話?根底に相手を見下している部分があるのに対話が成り立つのでしょうか・・・。」

    もともと日蓮正宗の信徒団体だった創価学会が横暴を繰り返して日蓮正宗から破門されて
    もともと信仰してた日蓮正宗を敵として罵倒しているわけです。

    同じ宗教を信じているはずの学会内部でも闘争が絶えません。

    排他的思想は当然、分裂・闘争を生み出します。

    対話なんて不可能です(苦笑)

    「心強いお言葉もありがとうございます。
    私は自分の感性を信じたいです。疑問に思えば徹底的に調べ、おかしいものはおかしいと思える自分でいたいです。」

    創価学会は
    「ご本尊に帰依しなさい。我見を捨てなさい」
    と説いていますが
    釈迦は
    「自己を帰依処としなさい。他を帰依処としてはならない」
    と説いています。

    完全に真逆です。

    創価学会は
    「ご本尊に帰依しなさい。我見を捨てなさい」
    と会員たちに説き続けて、会員たちから自信を奪い続け、お金・時間・労力を奪い続けています。

    釈迦は
    「自己を帰依処としなさい。他を帰依処としてはならない」
    と弟子たちに説き続け、弟子たちに自信を与え続け、光を与え続けました。

    近年、労働者から搾取し続けるブラック企業が社会問題になっています。

    創価学会は会員から搾取し続けるブラック宗教です。

    ブラック企業、ブラック宗教の搾取から解放されるには
    自分で気づき、自分で離れることです。

    非活になれる人は非活になればいいですし
    脱会できる人は脱会すればいいと思います。

  38. こんばんわ。
    脱会3ヶ月後の元白百合長のminronです。
    こちらではとても貴重な情報が得られる為、アッパラパーの私ですが、お邪魔させて頂いております。
    私は創価脳時代、モゾモゾ蠢く闇の権力に感心を持ち、ネットサーフィンやら、本やらを買い込んでいました。
    そして、人間界のその上の支配者も何となくこうではないのかなあというところまできていたのですが、、
    この世界秩序に対抗出来る一筋の光として学会に身を置いていました。
    そして、見事に裏切られ、私の希望の光はなくなったのです。
    裏切られたのを教えてくださったのは、こちらのプログです。
    学会がこうもお金をくれくれとばかり言っているは、日本の国が搾取されているように、学会も奴らに搾取されているのだろうと私の想像ですが、思われてなりません。
    税金で搾取され、学会で搾取され、財務のその多くは消えてなくなっているのではないでしょうか。
    功徳も罰も無いのです。
    どうか、財務はしないでほしいです‼
    そして、出来るのならば、1日でも早く脱会してほしいです‼
    スノーデンの映画をみて、何の力もない私ですが、本当に心からの叫びです。

  39. 管理人さん、皆さん。こんにちは、天然水です

    創価に疑問を持つ方も、ご自身やご家族の進退で悩まれている方も
    もう創価の犠牲になるのは止めましょうよ。
    ここに書かれている様々な体験談が学会のリアルな答えです。

    管理人さん、引続き大変でしょうけどブログ運営がんばって下さい。 天然水

  40. アラフォー2世ゆる活のちんちくりんです。

    【フランソワーズ様】
    >>「料理をつくるという事は愛するという事」
    >>「料理を食べるという事は愛されるという事」
    とっても深いですね。確かに料理は面倒くさいので、手抜きをしようとすればどこまででも手を抜け、その最たるものがインスタントラーメンだと思います。逆に、こだわったら時間もお金も際限なくかかりますよね。そういえば上の子の幼稚園を選ぶとき、給食が嫌で、お弁当にこだわったのを思い出しました。主人には仕事もあるから給食のところにしようと言われたのに、譲らず。無意識に創価の育児放棄親を反面教師にしていたのに今気づきました。
    >>「そうだよ~、いろいろあったからね~、つらい事や悲しい事。
    >>だから私はこれから幸せしかやってこないのよ。
    >>もうね、大変な(力を込めて言う)ことになってしまうわよ~これからの私は」
    わざわざ探しにいって書き起こしてくださり、ありがとうございました。そのお手間の裏に見え隠れする優しさ、心に染み入ります。様々なことを乗り越えてこられたフランソワーズ様の引用だと、なおさら深みを感じます。お互い、「本当に」幸せになりましょう。

    本スレッドで明様のコメントの中に
    >>「高校時代の先生はなぜ勉強が必要なのかをよくよく話してくれたものでした。
    >>自ら考える力がないと人間は簡単に騙されてしまう。
    >>それが正しいと思い込み考える力がない故に誤った方向性へと流されてしまう。」
    とありましたが、その関連でこんな記事を見つけました。

    ●「創価学会員50人に聞いた 「あなたは共謀罪に賛成ですか」
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/205353/1
    (シニフィエ様、外部リンクが不適切でしたら削除してください)

    共謀罪について、信濃町で学会員50人にアンケートした結果、38人が「よくわからない」と回答したという驚きの記事です。
    確かに賛否分かれるテーマだとは思います。ただ、自分がよくわかってもいないのに公明党を是として人にも支援を促すって、ものすごい矛盾です。相手に質問されたら、どう答えるんでしょう?

    今私はゼロ歳児育児と産後の体調不良を口実に活動をお休みしているのですが、クライアント様に学会の方がちらほらいらっしゃって、仕事絡みで会いにこられて、告示前にも関わらず●議選の依頼と、「お客さんに都内在住の人がいたら、お願いしておいてね」
    ・・・絶句。社会から断絶された人は、ここまで社会性を失うものなのでしょうか。そしてF数を聞いて、拠点闘争の予定表を渡して、私への配慮ある言葉は一切なし。血が通っていない組織。
    そうか、
    血が通っていないから、脳にも血が回らなくて酸欠で思考停止するのか。

    そういえば、クライアント様の中には経済的に大変な方も多くおられ、支払いの額やタイミングについて「相談」されることは多いのですが、露骨に値切ってくるのは学会の方の特徴です。同志だからまけて当然、という態度できます。相談であれば真摯に対応しますが、こういう態度でこられると、誰がまけるかと意固地になる性格の私は、さもまけたかのような、わざと小難しい説明をして、正規の金額を頂戴しています。考える力が乏しいんだろうなということが推し量れます。

    ちなみに今Yahooで「都●選 2017」を検索すると、トップが選管、2番目が「K党 | 都議選2017 特設サイト」。すごい気合です。

  41. 誰しも自分が信じているものを否定されれば嫌なおもいをしますよね。だから特に人間関係を壊したくなければ他人が信じているものを否定することは普通はしません。たまに自分が優位に立ちたいと思って相手を屈服させたがって上から目線で相手を否定するような人がたまにいますが、そうするとたいてい周りが相手にしなくなります。創価の場合は良かれと思って相手の考えを丸ごと否定します。それが慈悲なんだとかなんとか勝手に思い込まされているので、嫌われようが相手にされなくなろうが、ズケズケと他人の人生を否定することに喜びさえ感じるようになるようです。言われた方は相手にしなくなるか、あんまりな場合は喧嘩になったり絶交になったりします。でもそれでも創価脳は自分がいいことをしているとしか思えない思考回路になっていますので、相手がどんなに不快なおもいをしていようと何ら気に留めたりしなくなります。客観的に見れば、自分のことしか考えられない自己中人間何ですが、創価脳にとってはこの世でいちばん尊い生き方を実践していると信じて疑わないんですね。一般人と創価脳の思考回路は本当に真逆だと言っていいでしょう。
    創価脳も何かがきっかけとなって覚醒し、一般人の思考回路に戻った時に、自分がどれだけ自己中人間で、人として恥ずべき生き方をのうのうとやってきたかに愕然となります。自分の人生を否定するという言い方をしますが、自分の人生が間違っていたということを受け入れることの困難さは、人にもよるとは思いますけど、とんでもない苦しみを伴うものだと思います。それこそ精神のバランスを壊してしまうほどにもなると思います。わりと簡単に理屈として創価を否定し、自分の過ちに対してもスッパリと割り切って生きていける人もいるかもしれませんし、私から見ればそれはそれで羨ましい気もします。
    私の場合はそうでは済まされなかったんだろうなあと思います。だからこのブログを立ち上げたり、途中でめげそうになったりしても結局のところこうして続けてしまっているのは、自分の中でこれまでの創価脳として生きてきた自分の人生をいまだに受け入れることができないからなんだろうなと思います。
    ときどき思うんです。「僕はこのブログいつまでやるんだろう」って。創価が詐欺だと社会的に認知されるまで。自分の過去を受け入れるのはその前なのか後なのか。いや、それでも自分の過去を受け入れることなどできないんじゃないかとか。いろいろ考えてもこればっかりはわかりません(笑)。ただ私は使命感を持ってやっているわけではないし、やりたくない気持ちを抑えて頑張っているわけでもありません。もちろん喜んでやっているわけではないし、でもやらざるをえないという気持ちがこうして5年半も続いているのだと思います。自分の人生に何が起こってきたのかということを受け入れることが、こんなにも辛いことなのかって。これは創価から覚醒された経験のあるみなさんでしか理解できないことだと思っています。理解してもらえる特別な場だからこそ続いているのだと思います。
    もしこのブログをやっている途中で誰からも相手にされなかったとしたら、もちろん続いていなかったと思います。ここにコメントしてくださるみなさんがあってこそこうして続いてこれたのだし、その間に相当な数の方が創価が詐欺だと気づくことができたことも、私の心の支えになっています。正直、やりたくてやってるわけじゃないし、いわば止むを得ず、もっといえばしょうがなしにやらざるをえない。でもみなさんのおかげで私はこうして自分の人生に向き合うことができていることに感謝しています。
    私がこのブログをやっていることを知っている人間は三人です。三人ともいわゆる外部の人です。いくら信用できる人であろうと、さすがに創価の内部の人間には死んでも明かすつもりはありません。その三人は創価学会についても結構な知識と関心のある友人なので、私のことをとても心配してくれています。「もし創価にバレたら命が危ないんじゃないか?やめたほうがいいんじゃないか?」とまで言ってくれます。しかし先日そんな友人の一人と話をしている時にわかったのですが、彼は初めから創価が悪質な詐欺団体だったとは思っていなかったようです。途中で、つまり池田大仏によって宗教団体が詐欺団体へと変貌していったのではないかとなんとなく思っていたようです。もちろん私はきっぱり否定しました。彼はびっくりしていました。それとこのブログでも書けないような創価の闇の部分についても話をしたところ、さすがに驚いていました。彼は国立大学の社会学系の元教授なのですが、それでも創価学会についての知識はこの程度なんです。
    創価が元から詐欺団体だったということが社会的に明らかになったときに、数百万人はいると言われる学会員がとんでもないことになるのは当然ですが、日本の社会自体もかなりの衝撃を受けるでしょう。なにしろお金と政治が深く関わっていますからね。「はい、詐欺でした〜ちゃんちゃん」では終わらない。こうなると他の新興宗教もどうなんだ?ってことになるから、他にもボロが出てくる新興宗教団体も吊るし上げを食らうことになるでしょうね。政治やマスコミはことを荒立てないように立ち回ったとしても、もはや今はネットの時代ですから容赦なく叩かれるでしょう。
    こうしたことがこれから10年ぐらいの間にやってこないとも言えません。もうこうなったら一度しっちゃかめっちゃかになって、洗いざらい浄化したほうがいいんじゃないかとも思いますが、社会そのものが混乱するのは嫌ですけどね。創価の被害者のほとんどは学会員なんですが、創価が崩壊することによる社会の混乱によって、学会員以外の人にもとばっちりがくると思います。

  42. 私たちは生きている中でいろんなことを知って、年をとればとるほどいろんなことを学んで賢くなっているような気になっていますが、じつはそんなことじゃなくて、自分に都合のいいことだけを受け入れて、ほんの少しだけの知っていることを全てだと勘違いしながら、自分が知りえないことを否定して、つまり他人に言う言わないは別にしても、自分に知ったかぶりをしながら生きているんだなと、今更ながら思います。
    まさに創価脳はその典型で、自分で得たものでもないのに、最高のラッキーを獲得したような気にさせられて、じつはいいように騙されて身ぐるみ剥がされて不幸のどん底のまま死んでいく人生を選択しているんです。自分が何も知らないことを知ることができないように調教されている。たとえその矛盾に気がついたとしても、どうにかこれまでの自分を否定しないで済むような屁理屈を作り上げて依存する。あの三人組や、創価はおかしくても池田大仏は絶対だなどと思い込もうとしている人たち。そもそもこの世に「絶対」なんてものはないというのが仏教だったはずなのに、その「絶対」に依存することが人間の幸せだなんてことに納得してることの時点で「あれ?」って疑ってみることの方が自然な考え方だと思うんですが、あの方たちは自分に都合の悪いことを受け入れるなんていう選択肢はないのでしょうね。

  43. 初めてコメントします。3世アラフォーのスターリングです。未婚の未活動なので女子部なのか婦人部なのかわかりません。
    signifieさんの5月15日のコメントを読んで・・・
    ブログ運営やこれまでの苦悩が伝わってきました。
    私も宗門問題のころから疑問を持ち、ゆる活でいましたが、引っ越しをしたのを機会に未活、数年前から財務もしていません。このブログにたどり着き覚醒しました。signifieさんには感謝しています。
    私の家族は父が外部ですが、母、兄夫婦はバリ活ではないにしても創価脳で、私とは創価については語り合えません。母を訪ねてくる学会の人には未活宣言をしていますが、どれだけ人生で苦しい思いをしてきたのか理解してくれる人は身近にいません。

    このブログに期待することは、元活動した人の苦悩したコメントを繰り返し載せていくことしかない思います。どんなに替え歌などを作っても仕方ないし、愚痴だったり、他人事のように感じるからです。
    理路整然と経験したことを語りつぐことでしか、証明できない複雑な問題だからです。

    私のように結婚できないでいる人、夫婦や親子でどちらかが創価脳で話にならない家族…
    あきらかに不幸なのに創価を信じたがために、普通の幸せが普通にあることを知らない・気づかない・考えない人たちが覚醒したときの困惑は簡単には受け入れられないからこそ、創価脳のままでいたほうが楽だからこそ、思考停止でいることで自分の心を守っているのかなって最近思います。

    多くの人がいろいろおかしいとは思うけど、でもまだ信じている…という矛盾した創価の中で、
    ちょっと創価とは?池田大作は?と自分がネットで調べてみようと思わないかぎり、この状況はかわらない気がします。
    最近のはやりで「自分軸で生きる」をテーマにするブログをみますが、そこへたどり着くタイミングってそれぞれにあると思うので、他人をどうすることもできないのが現状です。
    覚醒した人は心苦しいのですが…自分を生きることに一生懸命になれたら創価がおかしいということにみんな気づけると思うのです。自分を大切にといいますが、大切にしたら創価にはいられません。
    広宣流布のために…という刷り込まれた価値観から脱出するには、人生で何か壁にぶち当たることが
    、自分で人生を考える好機になると思うので、そうした人がこのブログを読んだときに理路整然としたコメントばかりだと共感してもらえるんじゃないかと思います。

  44. こんばんわ、ルフランです。
    憩いの替え歌の場所で関係のないコメントを書いてしまいすみませんでした。私にとってはもっとも大切なブログだったので、つい興奮してしまいました。
    ここは管理人さんもコメントされる方々の内容も濃くレベルが高かったので一年近くロム専でした。文章力もありませんでしたし。覚醒はしたもののこの場所がなかったら創価の人間と常に揉めていたかもしれませんし、毎日憂うつな顔や思いで生きていたかもしれません。
    誰の理解も得られない孤独を解消し長年の思い苦しんでいたわだかまりをこの場所で吐き出させていただき心が軽くなり整理できたことは事実です。感謝の思いで一杯です。
    「人生、もうこれでいいんだ」と思ったことは一度もありません。時代は常に進化し変化してゆきます。事件、事故、政治、あらゆる社会現象が昨年とは微妙に違っていることを感じます。
    創価も数十年前まではまさかネットの普及でここまで暴かれることを想像していたとは考えなかったでしょう。昔はその地域だけが知っている裏話や週刊紙ネタを語り継がれるだけで共通認識がなく信憑性に欠けていました。でも今は全国どこでも思ったこと、経験したこと、創価のインチキ、脱会の理由など瞬時に検索すれば分かってしまいます。
    ここは非常にレベルの高い実績(脱会)のあるブログですから創価がなんの妨害もせずボンヤリ監視しているとは思えません。時代の変化や進化とともに新手の妨害はあると思います。色々なキャラを使いチームになっている可能性も捨てきれないのです。
    しかも口出しできないわかりにくい巧妙な手口かもしれません。真剣なコメントをしたくても書きにくかったり流れをかえたりレベルダウンしたり関係なく遊び場にしてみたり。。。
    将来、、、そんなことが起こらなければ良いのですが。

    管理人さん、これほどまでに精神力を使うブログの運営を本当に有り難うございます。タイトルからそれてしまい申し訳ございません。
    これは提案ですが少し遅い春休みをとられても良いかと思います。
    飛ばしっぱなしは息がどこかで切れてしまいます。私も過去のコメントを読破していません(恥)。シニフィエさんのメンタルが最近心配です。
    皆さま勝手なコメントで申し訳ありません。大きなお世話でしたらお許しください。あの方みたいですみません(笑)
    承認はおまかせします。

  45. ノジコです。signifieさん、毎日のブログ管理ありがとうございます。このブログを続けてくださったおかげで、覚醒し退会できました。今でも、毎日のように創価の事で嫌な気持ちになりますが、創価のマインドコントロールから解放されたことはものすごい喜びです。本当に、本当に感謝しています。
    ブログを続けるにあたっての御苦労、ご心労は他人が安易に推し量れるようなレベルではない事はよくわかります。
    私は頭が単純なので難しい事は解りませんが、もう二度と騙されない、「創価が悪」だということを自分に言い聞かせる為にもこのブログを日に何度も開いて皆さんのコメントを読んでいます。

    悪いのは創価です。その裏にもっと大きな何かがあるのかもしれませんが、それを知ったところで私自身はこれ以上どうしようもありません。この現実世界に生きこの現実世界で死んでいくんだと思います。
    私には中学生から保育園の3人の子供がいますが、この現実世界の中でしかこの子達が生きる場所はありません。親として、この子達に世界に希望が持てるように一緒に前を向いてひたすら進むしかありません。

    創価が悪い。このブログにはそれを裏付ける真実の声が届いています。
    騙された人は悪ではないはずです。
    私が福子になったのも、親が子を思う愛情でした。
    騙された親が悪ではないはずです。

    「創価が悪い」
    これだけは真実です。

    生意気なコメントして申し訳ありません。
    皆さま、今日もお元気で、よい一日を\(^o^)/

  46. 管理人様
    私もルフランさんと同意見です。

    新しい本題を考えるだけでも大変なご苦労なのに、このブログが求められること、全てに答えるようなブログ運営なんて一人では大変です。

    かつて自分自身で運営していたブログがありましたが、創価が怖くて閉鎖しました。
    末端信者が悪態をついてくるのはどうってことはなかったのですが、訴訟ヤクザとも言われる学会からいつ名誉毀損で訴えられるかわからないし、そうなると家族を守れなくなりますし・・。
    でも、ここで創価パロディという新たなサブカルを見出したので、そっち系のブログでも初めてみようかな?と思ったりします。
    創価のせいで人生をズタズタにされた母への供養だと思って・・・。
    こんな風に、覚醒した度合い別で、年代別、年齢別、いろんなブログがあちこちに存在する状態が望ましいかもしれませんね(^_^)

    とにかく、私も管理人さんには春休みをお勧めします。

  47. ノジコさん、
    一々頷きながら読ませて頂きました。私もその通りだと思います。

    私にとって大切なことはたった一点。
    知らずに生きるか、知りつつ生きていくか。私は後者を選んでいく自由を得ました。この世は歓喜と苦悩に満ち溢れています。これを味わうことが感動っていうんだと思います。当たり前ですけど、それが最高だ。
    ここに集った皆さん方のお陰です。その差は時間が証明してくれることでしょう。
    しかし、あれもこれもと情報を鵜呑みにしていくのも単にマニアックな方向にいくだけと感じました。それもアリでしょうけど、本音を言えばナチュラルになりたかっただけ。理想の学会員であることが、ありのままで自然に生きられないから。
    皆さんもそれが嫌だからその考え方から離れたのではないですか。
    アンチになるのにそんな大それた確信や理由が必要ですか?。アンチになるのにそんなもんがあったら、それこそエセ宗教だと思う。アンチ教とでも申しましょうかw。
    おかしいよな、ああ、やっぱりそうか。自分はやめよう。これで十分。でないと怒りや悲しみに飲まれてしまうです。不本意です。やれ一世だ二世だ三世だと、必要以上に自分を苦しめるのはもう止めませんか。もう十分ですよ。なんで覚醒してまで我々が苦しまなきゃいけないんですか。
    池田が出てこない。でもお元気です。もうこれで十分解ります。創価は嘘つき団体なんですよ。
    創価ごときに今後も振り回されてしまう。悔しいし、難しいけれどそのさじ加減は大事なことだと感じます。アンチもシンパもバランス感覚が大事かと思います。
    何が正義で悪かなんて、世の中そんな単純ではないことも我々は覚醒して知った筈です。創価脳には同じこと言われたくないですけどねwあんたらのは迷惑行為、犯罪行為、自画自賛のシナリオだ。詐欺に加担するのが正義である筈がない。
    そう思うことが忘恩の輩ですか?反逆者ですか?仏敵ですか?こっちは何も変わらねえよ。そっちが最初っから変わってんだよ。違いますか?

    凝り固まった考えを改めて自由に生きることは、自分は良いことだと思いますが、活動家の学会員の方はその辺、どう思われますか。何を恐れていますか。自分に嘘ついて、無茶して幸せになれると思いますか。
    もう一度、自分の胸に問い掛けてみてはいかがでしょうか。

  48. LIARさん、そうですね。

    >池田が出てこない。でもお元気です。もうこれで十分解ります。創価は嘘つき団体なんですよ。

    その通りだと思います。こんな明確な嘘つき団体に何の疑問も感じない、あるいは多少は感じていても結局は身も心も捧げている学会員さん。そんなことして幸せなわけないじゃないですか。でもわからない。わかることが怖くてたまらない。自分が不幸であるかもしれないということを知るのが怖くてたまらない。だから何が何でも、つまり創価が嘘つき団体であっても理屈抜きで信じようとする。あるいは創価のおかしな部分までは認めても、池田は正しいということにしとかないと、それを信じて生きてきた自分があまりにクソすぎて耐えられない。創価の周辺にはそんな往生際の悪い現実逃避型依存人間がうじゃうじゃといるようです。

  49. ノジコさんの 「創価が悪」という言葉を見て
    「創価学会」は「創価が悪会」に改名すればいいのでは?
    と思いました(苦笑)

    「創価が悪会」は巨悪すぎて、誰も太刀打ちできない。
    しかし、リーダーの池田センセーが出てこなくなり、急速に内部崩壊、自然衰退が進んでいる。

    祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
    沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。
    おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。
    たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。
    ~ 平家物語 冒頭 ~

    仏教を装っている巨大霊感商法団体「創価が悪会」が
    仏陀が説いた宇宙の根本法則「諸行無常」という真実によって衰退しています。

    「南無妙法蓮華経」と書かれた紙に「南無妙法蓮華経」といくら唱え続けても
    宇宙の根本法則「諸行無常」という真実は覆せません。

  50. B長の彼をもって五年生のぱこです。
    理解ができなくて、五年間とても苦しみました。
    今も日曜夜の家庭訪問にぞっとし、資源ゴミに直行する月収500億会報にうんざりしています。
    選挙違反はやらないでほしいのですが、無理でしょうね。

    プライベートだけでもそんなんなのに、私の職場はどうやら一部に会員の方々の少数グループがあり、それが代々継承されているっぽいです。
    古くからいるひとは、そのことを知っていますのでそのグループとは適度な距離を保って仕事をしているのですが、新人さんは知らないし、いちいち告げ口するひともいないので、たまに崇拝者がでてかわいそうなことになる…といった歴史があります。
    グループは仕事の成果や今得ている信頼のことを「すべて私達がやってきた」といい、自分達のシンパ以外のことをけなします。誰かのミスを全体の場で発表し、みなさん!どう思いますか⁉︎と問うのがすき。行事の時の大声、大拍手!大勝利!勝どき!もだいすき。ひとの悪口あることないこといいふらす情報操作もすき。
    それでもやはり、魅力のようなものや権利もあり、時々崇拝者がでます。
    私は崇拝とまではいかなくても、それってちがうんじゃ?という疑問を封じて、役に立たなければ!と行動していた頃がありました。
    例えば、ある人がとった些細な行動を告発文として書かされたり。ある人をよそへ異動させるために、その人のパワハラについて人事に手紙を書かされたり。
    はっきりと嘘に気づいたのは、崇拝者の女の子が鬱をこじらせて休職をくり返した結果、逃げるように職場を去ったときでした。
    彼女は命の危機さえありました。目を背けたくなるような傷もありました。私は「仕事をおいてでも自分のことを守る気になってくれた。辞める勇気をだしたのだなー」とほっとしました。
    ひとの縁なんて、職場が変わろうが何しようが関係ないわけで、これからの見守りや交友は特に変わらないし。
    ですが、創価グループは腑に落ちない様子で、守りたかったのに、とか「せめて最後にカラオケ会をやってあげたい。このままじゃさみしい」とか意味不明なことをいいだしました。
    後に、辞めた彼女はグループに黙って私を呼びよせてくれ、グループの長が家族の問題にまで口をだしてきて家族が崩壊しそうになったこと、職場内で孤立されられスパイ活動(スタッフが何を話しているか報告したり、わざと反対勢力に入れられたり)をやらされたこと、鬱を抱えながら大事な担当をまかされていたとき不祥事があって、その責任をすべておしつけられたこと、そこで不調に陥ったところをグループが救ったのだといいきかされたこと…を話してくれました。
    そのとき初めて、意を決して、私は知り得ていた情報を彼女に伝えました。
    あなたの依存してきたグループは、あなた以外みんな学会員です……をかわきりに。
    こんなにお世話になってきたのに辞める自分が悪い、お世話になったひとのことを嫌だと思う自分が悪い。そんな言葉をくり返していた彼女が、ここで完全に覚醒しました。
    「看板がでてないだけで、宗教活動だったんだ。私、洗脳されてた」

    創価じゃなくても困ったひとはいるし、創価にもちゃんとしたひとはいる。それはフツーのことです。
    でも私が体験した職場のグループのことは、やはり創価クオリティだなーと判断せざるを得ませんでした。手法が、このブログのみなさんからおききするものとおんなじ。ほかの新興宗教も似たり寄ったりなのかもしれませんが。

    とにかく私はとっても怒りました。彼女を追い込んだの、おまえらじゃん!
    なんの反省もせず、グループから離れた私に関する中傷をばら撒いてにこにこしている彼らをぜんぜん許してません。
    いいとこもあるんですよ、もちろん。
    それなのに、正義(だと確信すること)なら何をやってもよい、人が傷ついてもかまわない、と信念をもっている。
    サイコパスに近いものを感じるときがあります。
    「池田先生はもうかなり危ない。一般会員にはショックを与えるから教えられてないけど。そんな中でも力をしぼって精力的に執筆している。ゴースト?いや口述筆記だよ!私は教えをもらい、社会で、この職場で、実証を示している!!仲間をつくり、弱いひとを救っている!」

    一度対決して嫌な思いをした後、私はもう彼らに何もいってません。
    通じないんで。
    精神的に弱い新人さん、そのうちまじめでかわいくていい子だけは気にかけていて⬅︎彼らの好物だから……、あの人のいうことは絶対!などといいだしたら私の体験を話します。
    私のことを告げ口するいやなやつと思ってもかまわない。どう行動するかは自分で考えて、と。
    職場の上のほうもグループの事実は知っています。
    でも何もしません。せいぜい一部を異動させるくらいです。

    最近、おもうのです。
    日本全体もこんな感じ。私の職場みたい。
    新興宗教はキモいけど見ないフリしてればよくて、公明党は与党で、国はアベちゃんのおもうがまま。
    民は選挙にもいかない。平和維持活動!で傷つく子供がいるけど見てみぬふり。トランプも北のカリアゲ君もいけいけどんどん。

    長くなってしまいました。
    学会の話と関係ないじゃん、と思われるかもしれません。ごめんなさい。
    signifieさん。
    色々、絶望しそうになりながら。
    うれしそうに手作り弁当を下げて仕事に行く、B長の背中をみる日々がまだ続いています。
    いつの日か、いつの日か……。

  51. 明さん
    >「創価学会」は「創価が悪会」に改名すればいいのでは?
    ナイスです!(^○^)

  52. そういえば、選挙のビラを夜の闇に紛れて配っていたことを思い出しました。

    共産党や当時の民主党の悪口を書きまくっていたビラや公明党の政策を書いたビラ、さまざまな種類のビラがありました。

    もちろん、タダでくばっていました。

    犬に吠えられて逃げたり、マンションだったら一度に多量のビラがさばけるので楽でした。

    よくもまああんなあほらしいことをしていました。

  53. 母親が信者だった立場の者です。
    ルフランさんのコメントに共感しました。
    私は現在創価学会の外側で生きていますが、だからこそ気が付く部分もあるのではないかと思ったりします。
    シニフイエさんのブログが中止に持っていかれない事を、すなわち未来に生きる人たちの為にこそ、その事を強く願っています。
    創価学会に関わらざるをえなかった苦しみは、脱会したからといって直ぐに消滅するものではありません。
    こちらの皆さんのコメントに背中を押され「ヨッシヤー」と(笑い)と母の支払いに行っています。
    色々な立場の人たちを救ってくれています。シニフイエさんのブログの存在は重要な意味を持ってると思います。

  54. こんばんわ。
    シニフィエ様
    元2世脱会のminronです。
    私も持病もちで毎日仕事をしておりますが、仕事には休みがあります。しかし、プログの運営には日曜日も祝日もありません
    その労力たるや大変な心労を伴うと思います。
    一気に駆け抜け、再開半年以上たちました。
    皆様がおっしゃる通り、お休みをとられてはいかがでしょうか、
    1ヶ月でも2ヶ月でもそれ以上でもきっと、私達は待ち続けると思います。
    それほど、大切な場所ですから、、
    どうか、ご検討下さいませ。
    脱会出来、家族一同
    本当にシニフィエ様に、感謝しておりますm(_ _)m

  55. 婦人部、役職あり、非活中。
    覚醒し、脱会決意したものの、言い出すタイミングを図っているビッケです。言うのはきっと簡単だけど、その後のこと(メールや訪問)を考えると憂鬱になり、未だ言い出せません💧
    非活中の私にも、連日の報告や「励ましの」メールが届きます。 なんともやるせない気持ちになりますが、毎日、このblogを覗いては、励まされています。
    このblogがなければ、毎日、功徳と罰、理想と現実の狭間で思い悩み、苦しみ、追い詰められていたことでしょう。
    非活になって、思うことは、「なんて日々、自由なんだ!」ということです。
    協議会、唱題会、幹部会放映、役職会、家庭訪問…諸々にどれだけ時間を奪われていたのか実感しています。
    「信じた分だけ苦しむ」とどなたかのコメントにありましたが、まさにその通りだと思います。
    その苦しみもしっかり自分への教訓と受け留めながら、必ず脱会したいと思います。

    先日は、友人に脱会する旨を伝えると、「本当によかったわ~!うれし~!だって地獄に堕ちるとか、罰があたるとか言うのおかしいよね~?」と言われました(笑)
    本当に、なんでもっと早く気づかなかったかな…私💧

  56. LIAR さんのコメントの
    〉アンチになるのにそんな大それた確信や理由が必要ですか?

    ほんと、そうですよね。
    創価だって一応、宗教団体として存在してる訳です。疑うのも辞めるのもいちいち大ごとに捉える必要なんてないんです。
    憲法で信教の自由が謳われているんだから。

    シンプルに、
    「祈っても願い叶わないじゃん」
    「ノルマのある信仰活動っておかしいんじゃない?」
    「何で未読世帯の分の新聞代、他の人が払う訳?」
    「池田センセ、病弱で多忙だった割には太り過ぎ」
    などなど、ふつうに現役さんも疑問がわんさかあるはずですよ?
    そのあたりまえに湧いてくる感情をなだめながら実態は嫌々やらされてる。
    しかも、自発的に喜んでやるように指導されるからタチが悪いんです。
    (私もバリ活時代、極力疑問は封印し、功徳欲しさに盲目に活動してました😵)

    「なぜ?」って普通に言えない所ってどうなんでしょうね。
    現役活動家さん、よくよく考えてみてください。

    皆さま、今日もお元気でご安全に(^∇^)

  57. 明さん、「創価が悪会」に改名の件、賛成です(笑) (^^)/

  58. 一世、バリ活だったアラフィフのギルークです。

    スマイルさんが書かれていたように、私も全く同じように選挙ビラ(+怪文書ビラ)を夜中巻いていたことを思い出しました。そのような事はだいたい直前に指示がきて、当時男子部の部長だったので人数集めが大変でした。集まらなければどやされる。

    夜遅く地方の中心会館に何百人もの男子部が夜集まり、ビラを仕分けして、住んでいる地元からかなり離れた地域に散らばります。東京にバラマキに行くときに、一度全国青年部長が『激励』にきましたよ。これも『広宣流布』の戦いなんだと…(苦笑)。だったら自分もやれよ。

    住人と鉢合わせになり胸ぐらをつかまれた部員も通報された部員もいます。当時バリ活ではありましたが、これも信仰の活動の一環だなんて、未入会の親には絶対に言えませんでした。

    例の3人組の座談会を盗撮していた広宣部が連行されたとのこと。水面下でコソコソするのはお家芸です。そんなことを末端にさせなければ組織運営ひとつできないのでしょうか?

    新聞の一面を見てるとその二面性に愕然としますよ(笑)。

  59. 昔、夜中の住宅街で選挙用の怪文書をばらまいている男子部たちの集団と遭遇したことがあります。彼らは完全に興奮状態で奇声をあげながら走り去って行きました。あ、狂ってるわって思いました。彼らももういい歳になったと思いますが、今頃どうしているでしょう。安保法案も集団的自衛権も共謀罪にも何の疑問も感じないのでしょうか。共謀罪が成立すれば(するんでしょうけど)座談会や協議会だってやろうと思えば逮捕できるんです。それにしても夜中に怪文書を配るなんて共謀罪以前に人としてどうなんでしょ。

  60. ピッケさん
    >非活になって、思うことは、「なんて日々、自由なんだ!」ということです

    その通りですね!私も、罰の恐怖とか、他の活動家に申し訳ないとかの気持ちもありましたが、会合地獄、ノルマ地獄から解放されて本当によかったですね(^^)

    選挙の結果をハラハラしながら見ることもなくなりましたし、違法な選挙活動もしなくてよくなりましたし、通常の会合地獄もなくなりました(^○^)

    いままでどれだけ狂っていたかということですね。

  61. 覚醒してから気持ちが安定するまで、人によって随分と違いがあると思います。私も仏壇をノコギリとカナヅチでバラバラにして燃えるゴミに出してからは、朝が来るたびに「あ、もう勤行しなくていいんだ♪」って自由を実感したものです。そこで思ったのは、自分は何かを信じていたのではなくて、何かに囚われていただけなんだということ。つまり自分で勝手に自分をがんじがらめに縛り付けて苦しんでいたということです。不変の宇宙の法則に背いたら地獄に落ちるなどと勝手に思い込んでいたんですね。いま考えたらただのアホです(笑)いい大人が何の根拠もなく「不変の宇宙の法則」だなんてよくまあ真面目な顔をして言えたもんだと思います。これほど創価の言うことが子どもだましのインチキだということがわからないのは、やはり「考えない」からだと思います。考えないように脅され続けているから、こんなくだらない教義とか法則を丸ごと信じてしまうんでしょうね。
    学会員さん、創価の教義はただのインチキ宗教です。あなたからお金をせしめることが目的の詐欺団体です。信じる信じないはあなたの自由なんですが、こんなわかりやすい詐欺に気づけないように洗脳させられているかもしれないという仮定で考えようとしたときに、言い知れない恐怖感を覚えるとすれば、それは完全に洗脳されているという証拠ですよ。目の前の現実を見ながら、普通の価値観で物事を考えてみれば、創価が詐欺だと言う結論はすぐに出ます。出ないのは自分で考えることができなくなっているからです。そして考えることを拒否する感情は、洗脳されていることの動かぬ証拠でもあります。いまのあなたにとって自分で考えることは恐怖かもしれませんが、本当は自分で考えることができないという現実こそが恐ろしいことなんですよ。

  62. 明さん、すみませんがコメントの内容が替え歌でしたので、替え歌のスレッドに移動させていただきました。あしからず^ – ^

  63. 皆さま、お疲れ様です。
    非活壮年の天然水です。

    何か疑問を持ってこちらのブログを閲覧されている現役学会員の方も、もうやってられない。との思いで閲覧されてる方も
    おかしい!と思ったこと、やってられない!と思ったことは、それを指図した幹部本人に直接もう自分の考えを言うべきでしょうね。

    末端幹部の1人1人が変われば組織の悪しき風潮も変わらざる得ないと思いますし
    何しろ、そうしたことが言えない組織、話し合うにしても指示をだした幹部本人が聞く耳さえ持ってくれない組織って
    普通に考えて異常ですよこれ?

    ブラック企業なら、嫌なら辞めろ。と言われますが、創価の場合は
    無理です。休ませてください。と言えば「逃げるの?」「それは退転者だよ!」「ろくなことにならないよ?」と幹部に指導されます。

    組織の活動に疲れ果てた方は、一旦組織を離れて少し冷静に、客観的にご自身を見つめ直したらいかがでしょうか?
    自分が疲れ果てた原因、創価組織のおかしなとこ。ハッキリ見えてくると思います。

  64. 2世でありながら外部の主人と結婚した宝星です
    なかなか目が通せないうちに、どんどん進化していってるすごいブログです

    同じように創価に関して悩みを抱えていても、
    人それぞれいろんな考え方があるんだなあ‥と、感心します。
    私としてはそれぞれの考えを参考にしながら、その後のヒントにつなげる
    そんな存在の一つであってもらえればいいのかな‥‥と、思います。
    今回のスレのタイトルにもあるように、気づくことがまずは重要で、
    そこから今後の自分の生き方をどう考えていくかは、一人一人それぞれ違ってくると思います。

    以前にもコメントさせていただいたように
    中国や朝鮮半島事情に創価が関与している状況では、
    創価もまたじりじりと予断を許さない状態が続くと思います。
    国内の事情で動くようであれば、まだマシだったのかも‥
    じわじわと自滅していくのを、ただただ黙って見過ごされているように感じます。
    自分で気づくしかないんですよね

    SGIなんてあるから、厄介に思いますね
    SGIなんて糸の切れた凧のようにどっか飛んでっちまえばいいのに、と思います

  65. signifieさん

    コメントの移動了解です(^o^)丿

    「不変の宇宙の法則に背いたら地獄に落ちるなどと勝手に思い込んでいたんですね。いま考えたらただのアホです(笑)
    いい大人が何の根拠もなく「不変の宇宙の法則」だなんてよくまあ真面目な顔をして言えたもんだと思います。」

    創価学会は
    「不変の宇宙の法則」ではなく
    変な指導者と
    変な幹部たちが日蓮の教義を利用して
    変な教義をでっち上げた
    変な団体だったということですよね(^_^;)

    だから創価の指示に従うほど
    普通の人が
    変な人になっていく。

    そして
    変な人が普通の人を「善意」で「折伏」して「入会」させて
    変な人を増やしていく
    という悪循環にハマっていたといことです。

    ものすごいキレイごと、すばらしい理想を掲げながら
    ものすごくキタナイことをさせて、ひどい現実に陥らせていく
    という完全な矛盾・パラドックスに陥らせていきます。

    やはり、外側の特定の崇拝対象、外側の特定の教祖、外側の特定の教義に
    自分や周りを無理やり帰依させていくこと自体が無理で不自然でおかしなことだったんですね。

    「創価学会会員のたゆまぬ折伏によって、広宣流布は成し遂げられた。
     日本のすべての人たち、世界のすべての人たちが創価学会に入会して
    『南無妙法蓮華経』と書かれた紙に毎日『南無妙法蓮華経』と唱え続けている。
     創価学会をやめる人は一人もいない。」

    こんな地球なんて、あまりにも変です。無理です!(爆笑)

    多様性があるのが宇宙の法則で
    変化があるのが宇宙の法則です。

    変化する多様な宇宙で様々な喜びと苦しみを体験しながら
    ひとりひとりが自分の内側に幸福を見出していくのが宇宙の法則なんでしょうね。

  66. signifieさんの
    >何かを信じてたのではなくて、何かに囚われていただけなんだということ。
    との言葉。しっくりきました。そう、創価ってそれだったんですよね。

    創価時代の私は「御本尊の素晴らしさを解らせてください」「生涯御本尊を信じ抜ける人生を歩ませてください」の二つは常に祈ってました。
    今、冷静に振り返れば「信じようと必死だった」ということですね。

    座談会御書や教学試験にたびたび使われる『開目抄』で「法華経を捨てる者は地獄の業」「たとえ父母の首をはねられようとも信心を辞めてはいけない」などと、恐ろしい言葉を浴びせ、恐怖を植えつけ、自ら逃げ出さないように洗脳。世界平和を騙り功徳で釣って喜んで金と労力を出させる都合のいい思考停止人間を何百人も作り出した創価。存在してはいけなかった、悪徳宗教詐欺団体。
    もう、こうやって思いだし考えるのもうんざりですが、身近な家族や友人に創価は素晴らしい宗教と信じて騙されている人がある限り、私はこの場をお借りして声をあげなければいけないと感じています。

    「創価ってどう?」とこのブログに辿り着いた方々。疑うことで開ける未来がきっとあります。

  67. 「頭で考えるな」
    これは映画マトリックスのモーフィアスが覚醒前の訓練中のネオに放った台詞なんですが、実はこれ、私が部長から夜中に呼び出され怪文書の束の入った紙袋を手渡された時にも使われた言葉でしたw
    何故こんなことを……とビラを見ながら問う私に、部長は薄い笑みを浮かべながら、それは読むな、読まなくていいと呟きました。投票日前日の夜でした。
    ――勝つために敵はあらゆる策を講じてくる。だからこちらもそれに対抗せねばならない。これは法戦なのだ――とさ。頷いた元広宣の人たちはともかくw外部の皆さん、これは漫画でも小説でもなく、現場でリアルに語られていた言葉なんですよ。信じられますか?どこの戦場?いえ、あなたの町のすぐそこのアパートの一室かも知れません。
    信じるか信じないかは、あなた次第ですwいやいや、結構いますよね?やったことある人いますよね。

    何でもかんでも信心で受け止めろと……どのあたりで受け止めたら良かったんですかね。何が信心なんだかもうわからなくなりましたw

    覚醒して完全に理解したこと。
    この延長線上にある考え。これが恐ろしい。
    池田先生の為なら死ね。つまりこういうことですよね。あの豚の為に死ねって言ってるんですよあの人たちは。あ、豚さんに失礼な言い方ですね。豚は美味しいけどあれは食えないもんね。

    私にとって最初の創価の闇というか、影に対する不信感がこれでした。
    どんな組織にも影の部分は存在すると言われてしまえばそれまでだし、奴らは洗脳されていると一言で済ませるのは実に簡単便利な言葉です。そんなことは解りきってる。

    私は今も、創価を信じ先生を信じ、あくせく足を運んで公明党の応援を頼んで歩く全国の迷惑おばちゃんたちの必死さを思うとですね、やりきれない思いに駆られるんですよね。余計なお世話ですか?wどうにも出来ないから余計に歯がゆいです。

    何度も書きますが、自分で気付くしかないから。

    人の思いを踏みにじった金で、うまい飯食ってるのは誰?美味しいですか。その上であぐらかいてるのは誰?居心地はどうですか。
    怒りを越えてしまった気がします。悲しみが痛いです。
    まあセンチになってる暇がないので思い出に浸るのはこれくらいにしましょうwww
    さあ!今を全力で生きよう!それしかねえ!

  68. 明さんの動画、最高ですね!

    創価学会では、「戦い!勝利!」と常に戦闘モードでしたので、このような癒される音楽など聞いたことがありませんでした。

    それだけで、いかに狂っていたかがわかります。

    ノジコさんのコメントにハッとさせられました。

    そういえば「必死に信じようとしていた自分」がいました。
    「池田先生第一の人生を歩ませてください”!」とかorz

  69. ノジコさん、ありがとうございます。
    創価はまさしく人の弱みにつけこんで、不安を煽り、恐怖で逃れられないようにして、とことん搾取しつくしていく極悪詐欺集団です。
    洗脳されたら最後、こんなにわかりやすい理屈でさえ理解できなくなります。
    私は二世だったので、創価に疑問を持つという因子が初めからなかったのでしょう。だから自分で考えること=罪悪=不幸という図式が子どもの頃から出来上がっていたので、気づくのに50年もかかってしまいました(泣笑)

    いまさらどうこう言ってもしょうがないので、せめてこのブログで気づける人だけでも気づいて欲しいと思っています。気づけない人に何を言おうが無駄だと思いますし、それで本人は幸せだと言い張ってるんですから、こっちの知ったことではありません。めんどくせえ〜です(笑)気づいた人が静かに去っていけばいいと思っています。三人組みたいになんだかんだと創価に文句言ったところでどうなるわけでもないでしょう。どうにかなったとして、それで費やする自分の人生などアホらしくてやってられませんよ。ついでに言いますと、三人組が頑張って頑張って創価の悪事を世間に晒し出したとしましょう。そこには単なる詐欺団体としての創価学会の実態がさらけ出されるわけです。池田が一番悪い奴だったということも含めて。それがわかった時に三人組は「俺はいったい何のために戦ってきたんだ?創価の子として生まれ、創価大学を卒業し、学会本部の職員として真面目に働き、それでも不条理に解雇された。自分の池田大仏の正義を実証するために妻子がありながらも仕事にもつかずに、全国を駆け回って創価の腐敗ぶりを全国の同志に訴え続けてきた。そのうち創価が崩壊を始めた。ほら言わんこっちゃない。俺の言った通りに、創価は師匠を裏切って私利私欲に走ったバチが当たったんだ。これからは師匠の大願通り、広宣流布に邁進して世界平和を目指す創価学会を作っていくんだ〜〜〜〜ッ!………あれ?どした?同志のみんな!これからは本当の公布の時代だぞ!………あれ?みんないないの?え?詐欺?………創価ってはじめから詐欺だったって?………んなはずないでしょ。おいおい、みんなやめちゃうの?………おおおおお〜〜〜〜〜いッ!誰かいないのか〜〜〜〜ッ!何だよ、俺、何のために頑張ってきたんだよ。俺は創価として生まれ、育ち、働き、戦い、除名処分になってもなお創価のためにここまでやってきたんだよ。それなのに何だよ。裏切るのか?
    きっと三人組くんたちは、近い将来こんな感じになるんじゃないかと思います。だからその前に言っときます。
    「だあ〜かあ〜らあ〜、ずう〜〜〜〜〜ッと言ってたじゃんよ。創価ははじめから詐欺団体だって。いちばん悪いのは池田大仏なんだって。それをゴーストライターが書いてると知りながらも小説人間革命そのものになりきっちゃって勝手に暑苦しく燃え上がってただけじゃんよ。あのな、悪いことして怒られてもごめんなさいが言えないちっちゃい悪ガキと同じなんだよ。せっかく極悪創価に騙されていたと気づいたのに、それでも自分は正しいって思いたかっただけだろ。自分以外の誰かを悪者にしないと自分が悪いってことになるから耐えられなかったんだよね。何が何でも自分だけは正義の菩薩だと思いたかったんだろうねえ。でも現実はこうなんだよ。創価ははじめから詐欺。みんな騙されてただけなの。それだけなの。池田大仏がいなくなって、欲だけでつながっていた最高幹部たちも仲たがいして、統制のとれなくなった組織に嫌気がさした会員がどんどんいなくなって、それでも池田大仏は最後まで姿を現さなかった。そして宗教法人創価学会は破綻して解散。さすがにもうわかったよね。ずう〜〜〜〜〜ッと前からブログで言ってたじゃんよ。」
    三人組さん。きっと創価が崩壊した時にはこんなことは言わないだろうから、今のうちに言っておきます(笑)

    創価と戦ったり、改善運動したり、幹部に掛け合ったりして何になるんでしょう。これまでそんな人は山ほどいましたが、どうにかなりましたか?なってないです。時間の無駄。人生の無駄遣いです。それより残された人生を謳歌するために使ったほうがいいと私は思います。でも今はすっぱりと創価から受けた傷を忘れることができないので、リハビリのためにこのブログをやっているようなものです。創価の幹部の皆さん、これ個人的な心のリハビリなんでほっといてくださいね(笑)。勘違いされては困るのですが、私は創価学会と戦って叩き潰そうなんてはじめから考えてません。わざわざ自分の時間を裂いてまでやるつもりはありませんので安心してください(笑)。そんなことより創価はいやでも潰れるのは目に見えてますから、高みの見物はさせてもらいます。「あ〜〜やっぱりね〜」って言うと思います。創価の幹部の皆さんも、うすうすは感じてるでしょ。「もう長くはないな」って(笑)。でもまだ相当な蓄えもあるし、抜け出したとしても他の社会でつぶしがきくような人間じゃないから、とりあえずいくとこまでいったれって感じでしょうか(笑)まあ、それも人生ですよね。それでいいって割り切れるんだったら何も言いませんし、言う気もありません。詐欺団体の幹部として人生を全うする。まあ、そんな人生もあるのでしょう。

  70. アラフィフの超常連、バリアンチなおじさんのラザリスです。
    シニフィエさんとLIARさんに刺激されて、「マトリックス」のDVDを買って、日曜日に見ました。
    よく出来た映画ですね。
    創価に洗脳されている人間に、覚醒を促すようなメッセージに思えました。
    マトリックスの世界で、プラグにつながれて虚構の世界の動力源としてパラレルワールドを生きている哀れな人間。
    真実に気付かぬまま死ぬ方が、ある意味楽ではあります。
    だけども、それではたった一度の人生を生きる意味がなくなる。
    青い薬と赤い薬、自分は選択を誤らずに済みました。
    このブログのおかでです。本当に感謝しています。

    ハワイのミュージシャンのジャック ジョンソンも言ってましたが、人類に幸せをもたらすような優れた音楽とか、人類に大切な気づきをもたらすような優れた映画などは、そのアイディアが(神から)降りてくると言います。
    天才とはそうした意味で、優れたアンテナのような能力を持った人間のことかもしれませんね。
    ともあれ、天才からのメッセージを無駄にしないように、1日1日を大切に過ごしていきたいと思います。

  71. ボンジュール フランソワーズです。

    このスレッドで何度かコメントしていますが、
    お題についてはっきり書いてなく書きます。

    創価の全てを信じきっていたので、
    何も【疑わない】
    だから上から言われるまま【考えない】
    それで【気づかない】
    結果、真実を【何も知らなかった】

    お題の通り!

    それがどうして真実をしったか?
    創価の被害者となり、
    創価、あの曼陀羅(通称コピー)はおかしいと自ら感じる。
    それから数年後(今年一月)こちらのブログと出会い、他のネットや本を読み、創価の裏を知る。

    「その知った創価の裏が真実と証明できるの? 」と聞かれたら、
    「フランソワーズが創価にされた事(被害)と、
    事は違えど方程式は全く同じというのは、
    証明にはならないでしょうね?」と返答する。

    「所詮、配達員やグループ長程度の人だから、
    被害者だなんて大げさに言ってるけど、地区、支部の人からの嫌がらせでしょ」と言われたら、
    「地区、支部の人、それくらいで覚醒するほど、
    私の信心は浅くなかったわ。本部でも、ゾーンでもない、太作直結の創価よ。
    それも、それが一人位なら覚醒しないわ、
    複数だからよ!」と返答する。

    正しい生き方を望むなら創価を去る事。
    私に創価がした事がそう言い切れる証明。
    地獄の底まで落とされたのが証明。

    創価を離れ後ろめたさを感じてる方、
    その選択が正しい事、間違いありません。

    気づいてない方、
    ちゃんと自分で創価を振り返って、本やネットを読み、
    「ただそれを知らない。気づかない。考えない。疑わない。」愚かな自分に気づいてほしいです。

  72. ラザリスさん、
    私はあの映像手法にもやられました。
    冒頭の、空中に飛んだ体勢で静止しながらカメラアングルだけがぐるりと回ってからの飛び蹴りをみた瞬間、このウォシャウスキー兄弟(監督)は何者かと鳥肌が立ったのを鮮明に思い出します。
    真実を語られたときに見せる主人公ネオの狼狽ぶり。あの気持ちは、本当の意味で覚醒した者にしか感じることの出来ない感情だと思います。

    あまりものショックで創価シャッターごとぶっ壊れたあの日wwwその後の、真実を受け入れ受け止めることの大切さは、皆さんがこのブログで語られていることなので今更どうこう、テーマに上がるまでは書くこともしませんが、アンチが大嫌いな学会員さんにとにかく訴えかけたい。私は創価学会好きでしたよ。先生大好き!って頑張りました。でも、それが虚構に彩られた偽物の関係でしかなかったという真実を知ってしまったら、これは同じような気持ちでいられる訳がないですよ。どれだけ自分に嘘をついている人達の集まりだったかということが、ここに来ればわかるでしょう?
    皆さんここでは本音で語ってますよ。そうでしょう?これだけは確信持って言えます。
    あなたはアリスなんです。早くウサギの穴の奥底まで付いて行ってしまいましょう。本当の世界は実に広いですよ。(なんか洗脳っぽい言い方だなwww)

  73. 公明党は自民党とともにパレルモ条約に批准するための条件として共謀罪が必要と主張しています。

    学会員さん、公明党は共謀罪成立に賛成したということを覚えておいてください。上の動画をみればわかる通り、パレルモ条約はテロ対策とは関係ないということはすでにはっきりしています。
    牧口、戸田が投獄されたのは、この共謀罪によく似た治安維持法によるものです。学会員さんにとっての永遠の師匠が国家権力によって囚われた法律を、公明党が政府と一緒になって復活させようとしていることに疑問を持ちませんか?共謀罪は国家権力があいつは怪しいと判断すれば逮捕できる法律です。なぜ公明党がこんな法律を成立させようとしているのか説明できますか?私はできます。学会員さんはできますか?っていうか、考えたことありますか?「公明党がやるんだから間違いない」で終わってませんか?公明党が鳴り物入りで進めた子宮頸がんワクチンはどうでしたか?興味ないですよね。そもそも政治に興味のない学会員さんが、公明党の票を必死でかき集めるのは、政治のことを自分で考えてのことではありませんからね。公明党の票をとればとるだけ功徳がもらえる。それだけですよね。共謀罪が何なのか興味なんかないですよね。
    でも覚えておいてください。
    集団的自衛権、秘密保護法、共謀罪は公明党が賛成したから成立したってことを忘れないでくださいね。そしてそれは創価学会員が必死で選挙活動した結果だということを忘れないでください。

  74. 元学会2世映画好きのおてもやんです(^_^)

    映画マトリックスを創価の洗脳に重ねてみる見方は思いつきませんでした。
    マトリックスは主人公のネオがカッコイイ!という点にだけ気がいってしまって。

    私のイチオシ映画はナイト・シャマラン監督の「ヴィレッジ」です。
    シックスセンスで有名な監督のこの作品の、最後の「え〜〜〜!?」なオチは素晴らしいです。
    洗脳から溶けた信者はまさに創価を脱会した人たち。
    今まで自分たちが住んでいた世界と、その外にある現代社会とのギャップ、観客までも騙された!という感じでした。
    もしもまだ観てなかった人がいたらネタバレ、ごめんなさい!
    この映画を観たのは脱会してからまだ間がない頃だったでしたが、「この映画・・・、学会員が見たらまずいのでは・・」とさえ思ってしまいました。
    レンタル屋にあると思うのでお勧めです。

  75. 普通に考えると、池田大仏は人前でまともに話ができるような健康状態ではないことは明らかです。「池田先生はお元気で小説新人間革命をはじめとした執筆活動や全国各地の同志を激励に走り回っています」といった会長や副会長の公の場での発言が本当であるならば、動いている池田大仏の動画や写真や声が公表されて当然です。しかしこの6年もの間、そうしたことが一度もないのが現実です。今のこの世の中に、全国を飛び回っている著名人であるにもかかわらず、その姿を6年間も誰も見たことがないという事実をどう説明するのでしょう。聖教新聞に毎日のように載っている池田大仏の顔写真が、なぜ10年以上も昔の写真なのか。元気に全国を同志の激励に走り回っているのら、池田大仏からどんな激励を受けたのかを話す人が一人ぐらいいてもおかしくないでしょうし、この6年間、そんな人の発言がネットにさえ一つもないということの方がとんでもなく不自然ですよね。この6年間で聖教新聞に載っている近況写真といわれるものが数枚だけあります。カネコ夫人とのツーショットか、最高幹部の数人との写真です。どれもやせ細り、どこを見ているのかわからないような生気のない表情のものです。どう考えても一人で歩くことすらできない要介護老人のそれです。いや、今さらこんなことの矛盾を取り上げてどうこう言うつもりはありません。どう考えても池田大仏が元気に全国を飛び回っているわけなどないんですから。ここで言いたのは、学会員さんはこのことに何も感じないのかということです。会長や副会長がどう考えてもウソだとわかることを平気で公言している創価学会をどうして信用できるのか。それはね、自分で考えることができないから、どんなおかしなことでも信じることができるのだと思います。自分で考えることができなくなっているから、会長や副会長の明らかなウソもなんとも思わないんだと思います。つまり池田大仏がどんな状態だろうとどうでもいいということです。永遠の師匠と口では言っても、6年も動いている姿を見なければ声ひとつ聞かせない。そんな永遠の師匠をなんとも思わない。自分の師匠がどこで何をしているのかを気にもしない弟子がどこにいるんでしょう。先生と呼吸を合わせるだなんて、その先生がどんな息をしているのかもわからないんですから(笑)この6年間に入信した学会員さんは、生きた池田を見たこともないし、声すら聞いたことないんです。何が師弟不二?(笑)
    学会員さん、自分がいかに物事を考えられないようになっているかを、一度でいいから考えてみたらいかがでしょう。「先生はお元気です」という会長や副会長の明らかなウソを信じてますか?そんなウソでも信じている自分をどう思いますか?創価学会はウソつきでインチキ詐欺団体だということは、もはや誰がどう見ても動かしがたい事実なんです。それがわからないあなたは、わからないようにさせられているからです。わかると恐ろしいことになると怯えているからです。わかると自分の人生を否定しなければならなくなるからです。それが怖いから、余計に考えないようにしているだけではないですか?私がそうでしたから、その気持ちはよくわかります。「まさか創価が詐欺だなんてあるわけないじゃん」私も5年前まではかろうじてそう思っていました。ここにコメントされている方のほとんどが、そうやってかろうじて自分にウソをつきながら創価を信じてきましたが、何かしらのきっかけで「創価は詐欺だったんだ!( ;´Д`)」と気づいたんです。自分で考え始めたんです。このブログに寄せられるコメントの方だけでも相当な数の人が「創価は詐欺だったんだ!( ;´Д`)」と愕然となったわけです。
    いま全国に「創価は詐欺だったんだ!( ;´Д`)」と気づいた人がどんどん増えています。当然ですがそれと同時に座談会やその他の会合に参加している学会員の数がどんどん減っているでしょ。減りすぎて地区が統合されててるでしょ。新年勤行会の参加人数も明らかに減ってるでしょ。聖教新聞では「世界に躍進する創価学会」などと外国人の顔写真ばかりを載せていますが、日本の創価学会の実情は、あなたがたの参加している座談会の様子が全てを物語っているんです。男女青年部がどれだけいますか?昔から活動している年老いた学会員がいるだけですよね。どこが世界に躍進なんですか?創価学会はここ10年以上も827万世帯と言い続けて、その数は減りも増えもしていません。しかし実際の創価学会の活動家の数は200万人程度と言われています。それも今は高齢化が進み、どんどん減っている状態です。これから一番人口比率の多い団塊の世代がどんどん死んでいく時代になりますから、この減少傾向はますます拍車がかかるのは目に見えています。なぜ創価学会員が減るのか?それはね、私やここのみなさんのように創価が詐欺だとみんな気づいてきたからです。他に理由はありません。なぜ気づいたのか?それはネットの力によるものが大きいでしょう。創価は国家権力とマスコミをお金で封じ込めてきました。でもネット情報はお金でどうにもできないんです。だから創価は会員に必死で「ネットは見るな。あんなものみんなデマだ」と教えます。いまどきネットがみんなデマだなんて通用する時代ではないことは学会員さんでもわかるんじゃないでしょうか。
    自分で物事を考えることができさえすれば、創価学会がただのインチキだということはすぐにわかることです。考えないからわからない。気づくのが怖いから考えたくない。自分は幸せなんだと思い続けたい。つまり現実から目を背けなければ生きていけないのが創価学会員の人生だということです。それが幸せだと思うならそうすればいいと思います。

  76. 創価脳からのコメントです
    『死せる孔明、生ける仲達を動かす』と三国志にあります。
    すでに諸葛孔明は死んでるのに、生きているように見せかけて敵の軍師司馬懿仲達を騙して、戦いに勝利した。
    もし池田先生が、お亡くなりになっていても、広宣流布のために孔明の戦いを実践されているんです。
    亡くなった師匠に守ってもらうなんて、我々弟子は如何に不甲斐ないのだろう。。。

    池田先生の病状をきちんと公表すれば、敵が増長し、学会を潰そうと潰しにかかってくる。
    今は池田先生が盾となって敵を押さえ込んでくださっている。この間に我々弟子が成長し、先生位亡き後の学会を支えなければならない!高齢の師匠に頼る我々はどこまで不甲斐ないんだ!

    確かにここ6年以上も池田先生は姿を表わされない。病状的に悪くても、最高幹部が広宣流布のためにいろいろと考えてくださっているのだから。

    ➡︎どこまでお人良しなんでしょうか。師匠は呆けてヘロヘロのうえ、元青年部長はキャバクラで豪遊しているのにですねー。頑張って人に嫌われながら新聞啓蒙、選挙の票取り、折伏、家庭訪問などなど、頑張ってますねー^ ^

  77. こんばんは。 パレルモ条約を敢えて曲解?したというより、共謀罪ありきでの好都合な論説をする安倍首相はおかしい。 それに追随すつハム。 この状況自体がすでに意図的で、条約に謳われている意図を悪用せんとしていると断ぜざるを得ない。 個人情報保護法も極論すれば、ソウカを世間の目から隠ぺいするに必要なものだ。 そして池田の出自や様々な悪事をも。
    政治に関心も分別もなく、ただ己の「功徳?」のために票稼ぎに奔走する会員、特に婦人部のありさまは、例えば「スーパーの特売」に群がる主婦たちより、はるかに罪が重い。タチが悪い。  これは未必の故意なのか?
    国法でもその罪は断罪されよう。  増して仏法においてはなおさらである。
    ここではソウカ否定イコール仏法否定という立場の方が多いんだろうと思います。  そしてそれ自体を云々するつもりはないが、素朴に考えて、ソウカ、池田の悪を世間法、国法でのみで断罪できればそれでもいいが、目下の情況では自民に与するハム党がいる以上、不可能に近いだろう。
    この世に「神も仏もなかりせば」世間一般の民草は永劫、救われまい。
    そう思う私であります。 私は「仏の裁定」を信じるがゆえに、まだここに生きているのです。 これをヨタ話だと思う方もいらっしゃるでしょう。
    しかし、ソウカを去って大聖人さまへと戻り、余生を生きようと思う、私の意見でした。 先月に脱会し、私の名前が呼び捨てで市内各所で 裏切者と叫ばれている現状です。 ノンポリで(古い古いコトバですが)生きていく方が目先論でいえば楽かもしれません。  しかし池田・ソウカを糾弾して、一人でも多くの学会員さんを目覚めさせ、引き戻していこうとする上では、法の上からソウカの邪義を批判するしかないと考えます。  失礼しました。

  78. 仏法という宇宙の法則は
    宇宙に有るのではなくて
    頭の中にしかありません。

    RANBOさん、初めましてです。
    〉ここではソウカ否定イコール仏法否定という立場の方が多いんだろうと思います。

    私は、全然そんなこと無いと思いますよ。
    退転者ばかりでは無いです(笑)。
    読んでいる多くの方には、
    実際色んな方がいらっしゃると思っています。

    信じているものを
    とやかく言うつもりはないのですけど
    一言だけ言わせて下さい

    〉裏切り者と叫ばれています
    〉法の上からソウカの邪義を批判するしかないと考えます。

    私から見れば、互いに同じ事を言い合っているんですよ。
    どちらにとっても都合の良い解釈が出来る物を、日蓮と後世の人間が書物にしたと言う現実に、目を向けて欲しいと思います。

    信じたいと思う気持ちが
    一番厄介なのではないでしょうかね?

    私だって皆さんだって
    簡単に日蓮信仰を捨てられた訳では
    無いですよ~!

  79. おはようございます。
    政治の話は私にはまだややこしくてよく解らないので勉強中なんですが、右だ左だと罵り合うのだけは馬鹿げているなぁというのだけは漠然と思っています。
    本来どちらとも愛国心から来る考えだと思うんですが、日本の左翼ってなんか海外の左翼とは違う気がするんですよね。海外の左翼は国旗や国歌をないがしろにはしませんよね?(情報不足ですみませんw誤りがあれば教えて下さい)。
    右翼もなんだか色々あるっていうじゃないですか。自由過ぎるのも判断に迷いますねw創価脳の弊害ですかねw
    個人的にアベさんのばら蒔き外交は好きではないんだけど、じゃあ野党で誰か任せられる党や議員って……因みに誰か教えて頂けませんか?勉強します。
    韓国朝鮮中国が嫌いなのに、何故か在日の友達も多くて(こいつらは気心知れた良い奴らなんですが割とガチで論争もします)国と個人は分けて考えないと複雑な気持ちになります。あ、その友達なんですけど、同胞が沢山いるのに何であのワカメちゃんはミサイル撃ち込めるんだか、全く訳ワカメだよってガチで怒ってました、はいw
    嫌なら日本から出てけよって言っときました(笑ってましたけどね)www

  80. フランソワーズです。
    このスレッドに向き合うことは、
    創価の苦しみをよみがえらせます。
    あの自己中たちの憎い面々、
    頭から離れなくなって、
    あの日がよみがえって。
    意味不明でしょうが、
    叫ばせて下さい。
    「どんな姿だったか。
    どこまで苦しめたか、苦しんでるか。
    人生をうばったか」
    「功徳の為の信仰?人を救う為の折伏?平和の為の活動?
    人を平気で苦しめたくせに、言ってる事とやってる事違いますが?それで幸せなの?ならかなりの悪人。やっぱり太作の弟子だけある。」

    会員様
    フランソワーズのような拭いきれぬ憎しみと怒りを背負わされ地獄に落ち、人生を振り回され台無しにされ奪われる前に、早く創価を去って下い。
    人生いつからでもやり直せるなんて、軽すぎる。

  81. 前スレッドにコメントした、創価2世の方との結婚を両親に反対されているちびまるこちゃんです。

    その後、フランソワーズ様のアドバイス通り、彼の実家の近くには住まず、姓をわたしの方にかえる相談などをしましたが、あまりいい顔をしてくれませんでした.

    彼自身は、狂信者でない代わりに、創価に何も疑問は抱いていません。
    別に、功徳とかもないけど、悪い事もないよ。
    朝の勤行は習慣。
    祈ったからって、願いが叶うなんて馬鹿な事言ってる宗教じゃないし、願いを叶えるのは自分の努力。
    年に1度の財務は、創価学会で働いている人の給料になるから必要。
    別にそれで、家計を圧迫するようなお金は財務しない。
    わたしの家が法事とか、お葬式でお坊さんにお金払うのと一緒です。
    座談会は、お寺での集まりみたいなものだよ。
    宗教なんて、信じる信じないは自分の中の問題だし、無理に周りに進めようとも思わない。

    と言われました.

    このホームページを見せたら、これは創価学会を辞めた人のブログだから批判になるに決まってる。嫌な事あって辞めたわけだから。

    周りからどういう批判を受けているかも知っているけど、だからといって全て悪い事をしているわけではないから、批判のブログだけをみて批判しないで欲しい.
    公明党も、別に悪い事してないし、ちゃんとした政党だよ。

    と、取りつく島も有りませんでした.
    彼を脱会させるのは難しいし、ぜんぜん創価学会に対し不信感もなさそうでした。

    むしろ、こういう批判のブログを見つけたわたしに対して、将来子供にもそうやって偏見のイメージを植え付けないでほしいと注意を受けました.

    今まで、わたしも創価に対して特別批判をしたこともなかったので気づかなかったのですが、彼は創価学会に関して、創価脳と言われる状態なのかもと初めて感じました.
    あまり問題に感じてなかった創価学会に関して、もう少し掘り下げて考えてみます。
    またこのホームページでも勉強していきたいと考えています。

  82. >RAMBOさんへ

    ちょっと同じような言葉を創価学会でも聞かされたのでコメントさせてください。

    >ノンポリで(古い古いコトバですが)生きていく方が目先論でいえば楽かもしれません。009さんへ
    >私だって皆さんだって
    >簡単に日蓮信仰を捨てられた訳では無いですよ~!

    この部分同感です。
    脱会後、東京の池上本門だったかな?に連れて行ってもらい、日蓮の直筆の曼荼羅をこの目で見る機会がありました。
    涙が出ました。
    「創価はインチキで嘘ばっかりだったが、何百年も昔に、この日蓮とかいう坊さんが実在したことは事実だったんだな・・。」と、日蓮と自分と1対1で向き合えた気持ちになりました。

    後の世でそれぞれの宗派に分かれ、真筆、偽書、ごちゃまぜの日蓮各宗派。
    宗教団体に振り回される不自惜身命の信徒達。
    人間が都合よく解釈し加筆したり捏造したりする。
    結局、本物の日蓮像はまったくわからない。
    それで脱会してから冷静に考えてみると、日蓮の頑固な教義をそのまんま信心していたら、そりゃ家族など顧みず暴走するはずだ・・・と結論に至りました。

  83. 創価を支持母体とする公明党にとって、踏み絵といえるテロ等準備罪が可決されました。
    いますぐ集会を規制されたりすることは考えにくいですが、
    資金の集約など活動内容に制約がかかってくる場面は考えられます。

    組織をあげて選挙応援で一致していこうと激励されているはずなのに、
    どうして組織を疑ってかかるような法案を成立させる立場におかれるのか?
    ‥‥私は、考えみてもいいと思います。
    そんなことダメだ、と思わずに、少しぐらい自分で考えみても

  84. ボンジュール フランソワーズです。

    ちびまる子ちゃん様
    今日のコメント読ませて頂き、
    彼の考え方、素顔の輪郭がつかめました。
    創価脳かどうかはさておき、
    創価の湯船にしっかりつかり、
    ババンババンバンバン~いい湯だな♨♪と
    歌っている今のところお幸せな方ですね。
    素直で純粋な方でしょう。
    財務に対して前向きな発言で、
    三万円の財務の替歌、現実になりそうですね。
    どうこういうときりがないので結論だけ。
    私がちびまる子ちゃんさんの親で、彼が男前でお金持ちでも反対します!
    自身の人生経験から、子供にはできる限り苦労させたくないからこそ反対する親心から。

    愛の魔法で荒波を覚悟で結婚しても、平均三年、又は子供ができた時、魔法はとけるでしょう。
    そこからその覚悟が後悔となるか、ならないか。
    創価学会を甘くみたらだめですよ。

    それにしても、彼のお話は創価学会じゃない別の宗教みたいな話で、現役会員さんが読まれても
    反感をかうでしょう。
    「功徳とかもないけど悪いこともない。」
    「祈ったからって願いが叶うなんて馬鹿な事言ってる宗教じゃない。」
    「財務は創価学会で働いてる人の給料。」
    ご両親はちゃんと創価学会について
    教えられてないですね。公明党の活動家で
    お忙しかったのかな?
    彼は聖教新聞、御書等、創価の書物を読まずに
    育ったのかな?

    創価学会の指導は
    「功徳はすごい。悪い事も起きる。悪い事が起きるのは信心が深まっているから。起きた時が宿命転換のチャンス。」
    「祈ったらどんな願いも叶う。祈りが叶わぬことなし」
    「財務は自身の福運をつむ為、広宣流布の為。
    宇宙銀行への貯金で倍になりかえってくる。」

    私が創価脳だったら
    「創価学会で働いている人の給料、なんてリアルな事、口がさけても言ってはいけない」と思ったでしょう。

    なので彼は創価脳とは言えない感じします。
    彼の「オリジナル脳」ですね。
    彼氏さん、はじめまして。
    フランソワーズです。
    今年一月にこちらのブログを知り、一月末からコメントしています。(当初HNゆるキャラ)
    過去の私のコメントも一読していただけらと思います。

    「嫌な事があって辞めたわけだから」といいとこつかれてます。
    辞めるほどの嫌な事、
    どんな事か考えてみて下い。

    池田先生の為に命を捧げるとの思いで、体調悪く仕事も辞め寝たきりで体調が悪くても、親も「そんな体でやめなさい、死ぬよ」と止めても 、
    振り払って女子部時代は女子アナ(ウグイス嬢)を何度もしエフ100目標と決め押し付けられ達成するまで追い詰められ、きっと公明の親を持つあなた以上に公明党に尽くしました。
    胃が痛むほど、うなされるほど、エフに追い詰められた経験ありますか?
    1日中、電車とバス、徒歩でエフに歩き回わった事ありますか?交通費にお金がでて、百円の飲み物も買うお金もなく。
    財務も替歌スレッドの「二十万円の財務」エピソードも持つ熱心な信者の私が創価を辞めるほど、
    どんな嫌な事があったか、考えてみてください。
    信じられなくなるほど、 私に何があったかを。
    あなたは何も知らずうわべだけでふわふわ生き、
    悪人に加担している事に気づいてないのです。
    こちらの人達は、あなたには責任はないけれど、
    あなたの育ったご家庭を憎み、恨んでいます。
    ちゃんとこのブログの過去のものも読んで、
    公明党についてもっと知って下さい。
    池田現役時代、公明党の議員が池田の愛人や愛人の夫がご褒美で議員になっていた過去も、あなたは知らないでしょう。
    私も今年2月、🔍調べるまで知りませんでした。
    公明党、創価がなぜ創られたか、創価の過去についてあなたは何も知らない。
    ちびまる子ちゃんさんがあなたにとり、
    かけがえのない人なら、
    彼女を信じ彼女の願いを受け入れ、
    安心させてあげて下さい。
    彼女は感情に流されず、冷静に物事を見つめようと健気な方です。
    もし別れたら
    今後、「創価学会員、親は公明」と告白してから
    女性との交際をお願いします。
    被害者の女性をちびまる子ちゃんさん以外に
    もう出さないでください。お願いします。

  85. フランソワーズです。
    支持母体の教祖が、
    愛人には自身の罪滅ぼし?
    その夫には文句言わず我慢した褒美?
    愛人、その夫を議員にするような政党が
    クリーンな政治とか言って。
    どこがクリーンか。汚れまくり。
    政治と宗教、一致してるじゃないですか。
    公私混同じゃないですか。
    北側の息子の事件もお金で隠蔽して。
    そんな政党が「ちゃんとした政党」?
    異常な政党でしょ。
    何にも知らないから仕方ないですが。

  86. いろいろご意見をありがとうございました。 終わりよければすべて良し。
    そんなもんです。 ソウカの場合は 始めがダメで途中はウソ だから今がすべてでさようなら。  そういうことです。 ここは次の一歩まで同調性を求められるわけではなさそうだから、コメントをさせて頂いたということです。

  87. 先日は途中で中断されてしまうアクシデントが数回あり、まともにコメントできずに失礼しました。
    以前に何度かコメントさせていただきました外部の者です。入信経験はありません。
    わたしは学会信者とおぼしき怪しい連中から長年にわたって嫌がらせをされてきました。原因はわかりませんが、おそらく入信を断ったことがひとつのきっかけだろうと思います。構図としては、見知らぬ怪しい連中による人権侵害行為てす。つまりは集団による嫌がらせ、いじめです。監視やつきまといから、些細な嫌がらせまでなんでもあります。被害経験はあいだが空いた時期もありましたが、20年以上になります。
    これまで学会関係者とおぼしき人たちと話をして、なかにはイジメの事実を婉曲的に認めた人もいました。その行動の甲斐あってか、最近では目に見える嫌がらせは激減しました。考えてみれば、その手の人たちから、詐欺にあったようなもんだと思ってあきらめなさい、時効だよ、泣き寝入りしたほうがいい、いい勉強になったでしょ?などなどと言われてきました。
    以前にも書かせていただかましたが、私が怒っているのは宗教以前の問題です。不特定多数や匿名性を利用してやっているので、明確な形では証明できないのです。
    ただ、手品まがいの工作もあったので、あの団体にはおそらく組織内組織みたいなものがあるのではないかと最近では考えています。
    いずれ、あの団体のなかで悪質な工作活動をしている奴らの実態はバレると思います。その手の悪質ないじめは、私だけではなく昔からやってきたのだと考えています。
    どうかここをご覧になっている皆様にお願いします。なかなか証拠をつかめずに我慢していると主張されている被害者が大勢います。なにかちょっとしたことでもいいですから、情報がありましたら教えていただければ幸甚です。よろしくお願いします。

  88. はじめまして、創価学会2世です。頃合いを見て脱会予定です。2世ですから脱会するにも家族の事情もあり非常にエネルギーを使います。
    確認なのですが、私は脱会した後はどこの宗教団体にも属さないつもりです。日蓮系全般を信頼していませんけど、大丈夫でしょうか?こちらのサイトは日蓮正宗系とかそういうのでは有りません?

    私はヤフー知恵袋で幾つか自分の考えを投稿して来たのでちょっと横着ですけども自分の考えを表しているのでそれを貼らせて貰います。今の心境で一つ不安なのは、私は生まれてこのかたずっと創価学会2世なので宗教無しの生活を経験した事が無いのでそれがどういう思考回路になるのか分からないのでそういう面のサポートを希望してます。よろしくお願い申し上げます。
    では下記貼らせていただきます。

    hanakotomaruoさん2017/5/2706:37:42
    創価学会2世です。創価学会では日本人の多くの信仰姿勢を冠婚葬祭宗教と批判しています。
    そもそもこの批判についてどう思いますか?
    私は宗教なんて冠婚葬祭の時に利用するくらい、突発的に困難が有れば神社にお参りするくらいがとても健全ハッピーだと思うのです。

    そうで無いのに宗教の存在意義、存在価値が有るとすればそれは本当に不幸な人を救う為に組織された宗教団体くらいでしょう。
    かつての創価学会にはこの強みがあった。時代的に戦後という事もあってそれはたまたまそうなってしまったのかもしれないですけどね。ただ今の創価学会にはそのみずみずしさは無いです。
    まず精神疾患がある人は入会出来ない。これはどう思いますか?w
    あまりに貧乏だと体裁を繕います、創価学会を掲揚する為になるべく立派な人を入会させようとします(そんな人は通常、宗教なんて必要無いんだよw)まあどんどん官僚的な宗教に変貌してしまいまして現在の創価学会があるんじゃないでしょうか?

    まあ創価学会に限らず、日蓮系の宗教でキリスト教のようにホームレスへの炊き出し、孤児院を運営している組織はありますか?宗教というのは本来こうあるべきなのだと思います。

    共感した 1
    閲覧数:128 回答数:14 質問を取り消す

    hanakotomaruoさん2017/5/2908:18:49
    創価学会の方に質問です。
    創価学会2世です。
    私は肉食妻帯している日蓮正宗の坊さんも全く興味有りませんけど、日蓮正宗と決別した後に池田さんは『俺が!俺が』言うようになったのは確かだと思います。
    日蓮正宗と決別する前、決別前後の池田さんは素晴らしかったと思います。池田さんのスピーチは文化、芸術、哲学に溢れていてとても感銘を受けました。ハーバードや北京大学でのスピーチは今聞いても素晴らしいです。それが決別後は時を経るごとに『俺が!俺が!』言うようようになり本部幹部会でも自慢のオンパレードで見るに聞くに堪え難くなりました。文化、芸術哲学を語るだけで素晴らしいのにそれを全て『だから学会は正しい、学会は素晴らしい』で終わらせるようになり、後味が悪くなっていきました。それを端的に表しているのが有名な【ガンジーキング イケダ展】ですね。自分で著名人に連ねて展覧会を開いちゃっているんですから驚きました。この事は時を経るごとに痛々しくて恥ずかしい黒歴史になると思います。

    皆さんはどう思いますか?

    ※韓国コンテンツ振興院関係者は「ジャパンエキスポに用意した展示館では韓国の漫画関連コンテンツの情報だけ展示した」として「韓流ドラマ、K-POPを紹介したという主張は事実無根」と反論した。
    この関係者は「タイトルがジャパンエキスポになっているが、この行事は漫画、アニメーションコンテンツを主に紹介する展示会」として「日本側で事実を歪曲して誇張したもの」と付け加えた。

    知っている人も多いとは思いますが、フランスのJapan Expoで韓国政府が出展したのはマンガだけではなく、ドラマやK-POPもかなり出展していたうえに、しかも問題化するまで何年もやっていたわけです。

    韓国は、政府レベルでこの有様なのです。
    韓国は政府レベルで日本に関連したイベントに寄生し、日本のイメージを利用して自国のコンテンツを売り込もうとしていたわけです

    池田さん、創価学会のやっている事は上記と何ら変わらないと思います。

    皆さんはどう思いますか?

  89. hanakotomaruoさん2017/5/3100:29:56
    近々脱会予定の創価学会2世です。
    創価学会員、日蓮正宗の方に質問です。
    池田さんが雲隠れして久しいですが、創価学会員は池田さんの長寿を祈り、日蓮正宗の法華講員は日顕さんの長寿を祈っていますよね?
    母から聞いたのですが、なんでも【池田さんvs日顕さんの長寿対決】だそうで長生きした方が正義とかで、その為、創価学会員、法華講員は必死になって祈っているって聞きましたが、本当ですか?

    部外者から見ると実に馬鹿馬鹿しい限りでwコレが事実なら創価学会、日蓮正宗がカルトである事の他でもない証明だと思います、海外でカルト認定されているのもよくわかる事象だと思いますが本当でしょうか?

    あとそれに関連してだと思いますが、最近つとにテレビやラジオで創価学会、聖教新聞のCMが多いですよね?
    こういった馬鹿げた問題を報道させない為だと思いますけど、皆さんはどう思いますか?
    メディアはスポンサーには逆らえませんから

    共感した 0
    閲覧数:36 回答数:3 質問を取り消す

  90. こんにちは 去年に 苦しかった思いを
    メールした 東京の八子です
    怖くて メールアドレスを 記入できません
    すべて 信じられなくて

    八王子に住んでます もう 未活18年
    選挙の時だけ 幹部はきます
    創価学会は 末端の会員を 使い捨てして
    病気 貧乏は 自分の責任
    学会の本部職員は 知らない!で終わり
    本当の慈悲仏法ではないですよね

    言っても 創価企業勤務で 楽勝人生の方ばかり

    世間ずれしてるんですよ
    でも 彼女らの姿は 昔の自分ソックリで
    恥ずかしく 情けない気持ちになります
    新興宗教は 沢山ありまして
    八王子は 学会員も多いけど
    違う新興宗教も 学会と同じように
    活動してます

    どなたかのコメントに 週刊誌で学会の悪口がなくなったとありましたが
    自民党と 連合になって
    自民党は創価学会打倒予算が なくなったそうです
    だから 悪口はなくなりました

    巨大な組織 マインドコントロールされた
    信者 人間の大切な命の時間と 懸命に働いたお金を 財務! 三桁!やると 境涯変わるわよ!
    一万円稼ぐのにどんだけ大変かぁ

    学会員は金の生る木 ありがたいですよ

    無料奉仕 疑問を語る信者は 不幸になる信心がない!
    公明党の ためには 誰でも 歩いてる人でも
    お願いする
    財務は 必死に 幹部が お願い参り全てのお金を
    財務したら 宇宙銀行から金がふってくる
    普通の方はドン引きしますよね
    不思議なんですが 盲信の幹部の息子娘は
    創価学会大嫌いなんですよ

    創価学会を信じて 地獄をみた学会員は
    あまりにも 沢山います
    学会幹部が 学会員を 苛め抜く現実は
    今も おきてます

    地方は 学会幹部と共○党 ○○教
    と 仲良しで 気にくわない 学会員を
    人権無視の 脅迫 イジメが 横行してます
    信じてもらえませんが
    恐ろしいです
    新興宗教 まっぴら 不幸な人を作るための
    組織ですもんね

    創価脳の方は 激務の会合ばかりの日々で
    クタクタになり 愚痴と悪口 文句ばかりの
    幹部さん の 話を聞くのも大変です

    1人でも 覚醒して 自分の人生を 取り戻せたら
    と願わずにはいられません

    でも 学会のマインドコントロールは強くて
    孤独死の手前で 気づくのでしょうか?

  91. 花子と丸男様
    初めまして。昨年9月に脱会したルフランともうします。
    脱会して変わったことは特にありません。元々創価が合わなかったのか目の上のタンコブが取れたような気分です(笑)。意識していることは人の話を最後まできちんと聞くことや地域社会を優先的に大切に思い貢献する姿勢でしょうか。
    脱会したからといって心配することなどなにもありませんよ。勿論、罰などあるわけありません。一生懸命生きている人が何故悪いこともしていないのに罰が当たるのですか?と、創価へ逆に聞きたいものです。

    アンチも色々です。本山に戻る人や他の信仰を求める人など10人10色です。
    私はもう日蓮宗も創価もこりごりです。宗教関連をすべて否定はしませんが今は考えられません。又、宗門についてもノルマ地獄と寄付金や脱会運動に明け暮れるでしょう。家庭をおざなりにして死ぬまでそんな活動になんの意味があるのか??今はそう感じています。

    キリスト教の慈善事業は正邪は別として尊いと私もそう思います。赤十字病院、学校、孤児院など。。。戦場に出向き弱いものを救い、脱北をも手助けした。老人ホームや養護施設などのボランティアも積極的に活動していますし。マザー・テレサが平和ノーベル賞をとるのも当然だとも思います。世界中の貧困地域に敢えて行き命を助ける行動はクリスチャンでなくとも頭がさがります。
    それにくらべ池田は今までなにをしてきたのか!。。。世界の知性との対話?。。。ふざけるな!と言いたい!。。全部私がやりました?会員の浄財の功績でしょうが!

    無意味な会館は足りない病院や保育園にすればいい!
    あるいは老人ホームにして欲しい。会員の中には医師も看護師も保育士も余るほどいるでしょう?
    花子と丸男様、こんな風に私は思っています。

    東京八子様
    初めまして。そうですね、幹部の子供に創価嫌いが多いですね。全部が全部ではありませんが一家離散家族はそこいら中にいますよね。池田の3人の子供たちも嫁も含め離別や死別や色々問題を抱えていますし。

    現実に創価会員の孤独死はありますよ。生活保護の一人暮らしで財務もできず使い物にならない会員は訪問する価値もないのか誰も行かず異臭で住民が騒ぎ発見されたケースがありました。MC中はそれも宿命、創価のせいではないと本気で考えていました。
    まったくバカバカしい宗教もどきに翻弄された愚かな過去です。

  92. 東京八子様
    はじめまして。
    創価脳の場合、死んでも気付かないと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中