自分が創価脳であることに気づいたとき

このところ仕事が忙しくて皆さんからのコメントを承認するのが精一杯で、なかなか更新できませんでした。もうしばらくは忙しい日が続きますので、どうか皆さんで対話を進めていただければと思います。

前スレで「創価脳」をテーマにしました。もちろんこの言葉はこのブログで出てきた造語です。文字どおり創価学会員の思考回路の事をさしますが、同時に学会員は被害者であるということの意味も含まれています。騙されていることの自覚を持てないどころか、創価を信じることで誰よりも幸せを手に入れることができると思い込んでいます。思い込んだら最後、疑うことすらできなくなるのが創価脳です。その自覚を持てないがために、無意識に創価以外の考え方を見下してしまう。家族だろうが友人だろうが、創価を批判するものを見下したり嘲ったりしても、何の罪悪感も抱けない。罪悪感どころか、誰よりも尊い行いをしていると思い込んでいます。だから逆にちょっと批判されたら頭に血が上って逆上する。これをこのブログでは創価スイッチ」と名付けています。それから創価脳は創価以外の考え方を丸ごと否定して、他人の言うことを聞く耳を持ちません。これをこのブログでは「創価シャッター」と名付けています。「創価脳」「創価スイッチ」「創価シャッター」つまりこれは学会員が洗脳によって思考停止に陥っている状況を指す言葉です。
いつも言うことですが、基本的に学会員は被害者であるということ。さらにその被害者が自覚することなく被害者を増やすことに喜びを感じていることも大きな特徴だと思います。本人はいたって真剣です。家族や友人に創価がいかに素晴らしいかを教えて幸せになってもらいたい一心で、そのじつとんでもない非常識な言動を発してしまうんですね。何しろ創価を信じている自分は絶対に幸せになれると信じてます。現実には労働力もお金も吸い取られ、いつまでたっても幸せなんかじゃないのにです。そしてちょっとでも疑ったりしたらとんでもなく不幸になるという恐怖感も植えつけられています。思考停止と恐怖心。自分では幸せだと思い込んではいますが、心の奥底ではここから離れられない恐怖心が渦巻いています。その恐怖心を払拭しようとさらに一心不乱に勤行唱題に励んだり、組織から言われるままにノルマを達成しようとします。「自分で考えてはいけない。言われた通りにすれば絶対に幸せになれる」と来る日も来る日も自分に言い聞かせます。日々の勤行唱題や活動は、自己洗脳の日々なんですね。例えば開目抄の「我 並びに 我が 弟子 諸難 ありとも 疑う 心なくば 自然に 仏界に いたるべし」は、「なにしろ自分でいろいろ考えずに、疑ったりせずに、上から言われるとおりのことをやっていれば幸せになれるんだ」ということです。そこで現実のおかしなことにも目を閉ざすことになる。自分のことをふりかえったとき、つくづくバカだったと思います。疑問は感じるんです。どう考えてもおかしいことをやってるんですから。でもその度に「もう自分で考えるのはやめよう」と思い直すんですね。そして疑問が疑問でなくなる。すると楽になる。でもやってるうちにまた疑問が湧いてくる。悩む。でも結局はまた思考停止という楽な道を選んでしまう。こうやって50年も生きてきたんですから(苦笑)。
皆さんのコメントで創価脳の家族の心ない言動に苦しんでいらっしゃる方が本当に多いですよね。かつては自分自身がそんな言動を平気でする人間だったということも思い知らされて二重に苦しんだりします。これはなってみたものでないとわからないでしょう。創価脳だった自分と、そのことに気がついた自分。この両方を体験しなければ、なぜ創価脳がこんな思考しかできないのか、なぜ平気で人をディスったりできるのかが理解できないと思います。創価脳が被害者であり加害者でもあるということが体験的にわかるからこそ、創価脳に対して「早く自分で気づいて欲しい」という強い思いがあるのだと思います。もともと完全に創価と関わりのない人はあえて関わろうとはしませんし、同時に創価脳の奇行が理解できるわけもないと思います。創価から覚醒するとうことは生易しいことではないし、覚醒したからといってすべてが解決するのかというとそうではない場合が多いです。問題は人それぞれですが、同居する家族が創価脳である場合は毎日が辛いでしょう。そこであらためて自分の身近にいる創価脳の家族や友人も、基本的には自分で考えることができなくなっている詐欺の犯罪被害者なんだということを、こちら側がしっかりと踏まえた上で接しなければ、それこそ相手は「信心を妨げる魔」だと思い込んでしまいます。魔とか地獄とか前世の宿業とか、どう考えても気味の悪いカルト思考なんですが、そうした自覚がないのが創価脳です。まともに話などできるわけがないんです。でも同居する家族がそんなカルト人間では諦めるわけにもいきません。
今回のテーマはもう一度原点に立ち返って「自分が創価脳であることに気づいたとき」にします。
つまりどうやったら創価が詐欺であることに気づけるのか。みなさんご自身の体験をお話ししてください。よろしくお願いします。

広告

自分が創価脳であることに気づいたとき」への145件のフィードバック

  1. はじめまして。学会3世の未だに学会員です。副白ゆり長やってる38歳になる者です。
    でも本当にやめたいです。フィルターみたいなものをかけられた様な状態でしか物事を捉えられないですよね、学会に都合の良いフィルターのような眼鏡のような。
    ほんの数年前までは、それでも学会は正しいし、この仏法を広めて、自分も相手も絶対的幸福の軌道に乗っていこう、って思って活動をしていました。
    それが間違いだと気付いたきっかけは、高校の同級生で、今は私の彼氏です。高校時代に一度付き合っていたのですが、色々あって上手く行かず。別れたのですが、20年近く経ってから、またお付き合いする事になったんです。
    この彼氏が実は大の学会嫌いで、学生時代は学会の事をよくわかっていなかったらしく、カミングアウトしていたのですが、俺は無神論者だし、とだけしか言っていなくて、20年近く経って、それも忘れてしまったらしく、改めてカミングアウトしたら、すごく冷たい態度を取られてしまいました。
    今ではその理由もよく分かるのですが、当時は分からず、何で学会ってだけでディスられないといけないのだろうと、納得がいきませんでした。また、学会員とは付き合えない、学会と縁を切るか、俺を丸め込んで納得させるかしかない、とまで言われてしまい、大好きだったのに、この問題さえなければ、付き合えるのに、と大変苦しみました。結局は、ちゃんと辞める事を前提にしてお付き合いできるようにはなったのですが、辞めるタイミングは今ではない、と彼も私もそう思っているので、イヤイヤながら続けている次第です。
    実は子持ちのバツイチで、実家の近くに住んでいるのですが、私が仕事の為、子供の面倒をみられない時に実家(学会員の活動家です)のお世話になってしまうため、子供が一人立ちするまで、又は高校入学か卒業の時点で、退会する予定です。来年中学生になりますが、早ければ中学卒業くらいかもしれません。
    結局は信仰より、恋愛が大事だったみたいです。でもそれで良かったと思います。辞めるしかないのかな、と思ったのと同時期くらいに、良く考えてみれば、あ、結局は誰かが得をするって事なんだ、と、ふと思ったんです。それはまだ、様々なアンチのサイトやブログを見始めたばかりの頃でした。ただ、見始めて間もない頃なので、そんなに影響はされていない時期なんだと思っています。それを彼に話したら、でしょ?俺の言ってた事、分かるでしょ?と言われ、あっさり解決してしまったのを覚えています。でも信仰を捨てなければいけないのか、信仰を大事にして、縁がなかったと諦めるべきなのか、気づけば彼の事が大好きになっていたのに、決断する前も、決断してからも本当に苦しかったです。
    何しろ、幼い頃から信じ込まされていて、一種のアイデンティティーみたいなものでしたから。何でも、信心根本に、の生活だったのに、いきなり頼るものが無くなる怖さとこの年でのアイデンティティーの崩壊は、心身共に大ダメージを受けました。でもこの詐欺団体から足を洗うには避けて通れない事だとは思うので、結果的には良かったと思えます。個人的にはバチとかそんなものよりよっぽど参りましたが。
    でもそれが落ち着いてから、色々調べて行くと、すごく良く分かるんですよ。書かれている事が。中には私なんかとは比べ物にならないほど苦しんでおられる方が沢山いらっしゃって、とても心が痛みます。かく云う私も、両親が学会員の活動家な為、辞めるとなった時には無傷ではいられないと思います。ただ、私の兄弟では私が一番近くに住んでいるし、両親の老後の事を考えても、私とは縁を切らないで欲しいのですが、それも難しいかも知れません。その位のレベルです。きっと沢山の会員が私の所に来て、何とか留まる様、説得にも来るでしょう。
    でもそれに怯んで、自分の人生を台無しにされるのは嫌です。確かに恐ろしいです。親に絶縁されるかも、沢山の人が押し寄せて来るかも、と考えてみると。でも子供を守る為にも、彼との約束を守る為にも、頑張りたいと思います。
    関係無い事まで長々と申し訳ありません。ただ、当時はやり場のなかったアイデンティティーが崩壊する恐ろしさを吐き出したくなってしまったんです。どうかお許しください。
    まだ学会に在籍していますが、それではやはり叩かれますでしょうか。
    心の中では、辞める覚悟と意志はハッキリしています。
    稚拙な文の為、分かりづらかったら申し訳ありません。

  2. すみません、今しがたコメントしたものですが、お題とずれてますね、本当に申し訳無いです。承認していただかなくても結構ですが、荒れるかもしれない様な事をしてしまい、本当に申し訳ありません。次回からこのような事が無いよう、十分に注意いたします。
    失礼いたしました。

  3. 未だに学会員さん、初めまして。
    コメントありがとうございます。
    お題とずれてなんかいませんよ。たとえずれていてもかまいません。いろいろと悩まれているようですね。人間、自分の思いを吐き出す場は必要ですよね。でもこの創価問題に関しては、経験者でなければ理解できないことが多すぎますから、なかなか吐き出す場所がありません。かといって創価や学会員に文句を言ったところで通じるわけもありませんし、余計ストレスが溜まる一方です。
    自分が信仰だと信じてきた創価が詐欺だったということを自分で受け入れるには、真面目に活動してきた人であればあるほど辛いのかもしれません。人にもよるとは思いますが、多かれ少なかれ、創価が詐欺だと気づくには、それなりに傷ついてしまうことを覚悟しなければならないし、家族が創価脳であれば、なおのこと問題は深刻になりますよね。このブログにはそうした問題で悩んだり克服できた方の膨大な数の体験が寄せられています。どこからでもいいですので興味のあるタイトルがあったら、それに寄せられたたくさん方のコメントを読まれれば、自分や周りが多少は気づついたとしても、脱会するかどうかを自分で決めるべきだという勇気が出てくるのかもしれません。創価は信仰を装った詐欺です。詐欺ですから、どんなに頑張っても心の拠りどころになんかなるわけありません。創価は宗教団体が途中でおかしくなって詐欺団体に変貌したのではなく、もともと最初っから詐欺団体だったのですから、創価の活動には信仰のしの字も無いんです。暴力団が慈善事業のボランティア団体になれないのと同じです。何も考えずにただの詐欺師に自分の人生を委ねて身ぐるみ剥がされてもなお喜んでいる。それが学会員です。ただ創価が詐欺だと気づいてもなお、やめない方がいろいろと面倒がなくていいかもって思うような人には別に何も言うことはありませんし、それぞれの人生ですから、それこそ自分の判断でいいと思います。ただこれだけ大掛かりな詐欺に引っかかってしまったのですから、無傷でいられるわけも無いかと思います。そういう意味での覚悟は必要だと思います。
    未だに学会員さん、ここで好きなだけ吐き出してもらっていいですよ。そして脱会というゴールであると同時に新しい人生のスター地点に立てることを目指して、いろんな問題を解決していただけたらと思います。今後ともよろしくお願いします。

  4. こんにちは。引越先の学会員がほとんどお年寄りだったため、強く引き止められることなく非活の道を進めたたえちゃんです。

    未だに学会員さんの
    『でもそれに怯んで、自分の人生を台無しにされるのは嫌です。確かに恐ろしいです。親に絶縁されるかも、沢山の人が押し寄せて来るかも、と考えてみると。でも子供を守る為にも、彼との約束を守る為にも、頑張りたいと思います。』
    という言葉に思わず涙が出てしまいました。私もよくわかります、その気持ち。
    いろいろなプレッシャー、やめたいけどやめられない、でも自分の家族を守りたい、でも両親を悲しませたくない、いろいろな気持ちでもやもやして苦しいですよね。
    私も創価脳の家族親戚で悩み未だに悶々とし解決策を模索しているところです。

    創価脳であるときは、楽だったかな…?とふと思い返してみました。
    そうでもなかったな…と思います。
    財務のことも、プライベートな時間がない活動ばかりの毎日も、新聞やら選挙やら頼めるかもと下心丸出しで人に近づくのも、自己賛美ばかりの人間革命も、全部嫌だな、って気持ちがずっとありました。
    でも、そんなこと思っちゃいけない、って、本当の気持ちをずっと閉じ込めて活動してきたんです。
    ナンミョーハイになってるときは、気分も高揚して、よっしゃーって感じでやってました。疑問も不満も、全部悪いものとして原動力にしていったんです。
    でも、その、疑問や不満が、本当の気持ちなんです。
    活動をしてもしても、苦しいな、すこしやすんでみよう…と思ったときから、やっと創価脳から脱出するスタートがきれました。勤行も全部すぱっとやめて、やっと洗脳が溶けはじめた感じです。

    嫌な気持ちや疑問は、徹底的に向き合えばいいんです。なにがそんなに嫌なんだろう、疑問の答えは、自分で情報をえて、いろいろな角度から自分なりに考えてみよう。そうしたときやっと洗脳が完璧にとれました。

    自分がどうにかしようとしないと、無理ですよね。

    創価脳だったとき、夫から、おかしいんじゃない、とか、いろいろ言われてましたが、逆に夫にちゃんとわかってもらおう、実証示そうと頑張ってしまいましたから…。

    それにしても、創価脳から脱すると、なんでこんなのに夢中になったのか、不思議でたまりません。

    創価脳の言動のおかしさにそこでやっと気づけました。
    3桁財務、宇宙銀行、地域ローラー、撲滅勤行会…。
    ああ、娘を学会に入れないと地獄に落ちちゃうって、母に泣かれたこともあったな…。
    もっと先生のこととか新聞のこととか話し合える娘が欲しかったって言われたっけ。
    信心のよさがわからないなんて、お前のことかわいそうだと私は思うよって、父親に言われたっけ。
    親にあれだけ否定されたから、なんとか認めてもらいたくて、必死になっちゃったんだな。

    創価脳だったこと、創価脳を脱したこと、周りの創価脳な人達を思うと、本当にいろいろな気持ちが込み上げてきます。

  5. 承認ありがとうございます!
    そうですよね、皆さんも傷つきながら覚醒していったんですよね。
    本当に辛かったです。小さい頃に、どこかが痛くなると、病院に行くレベルでは無い時には、そこをさすりながら母が題目を唱えていたんです。こうすると治るからって。それが何度もあったものでしたから、成人してもそれを思い出して、どこかが痛かったり、不安な事があると、それこそおまじないの様に題目を唱えていて。
    一昨年だったでしょうか、バスに乗っている時にお腹が痛くなってしまい、思わず心の中で題目しそうになってしまいました。でも私がこの間まで信じていたモノはとんでもないものだったと思い出し、でもどうしたら良いんだろう、と頼れる物が何もない事に恐ろしさを感じたんです。普通ならそれが当然なのでしょうが、なんだか恐くてたまらなかったです。
    一度覚醒を始めてしまうと、色んな事が次々にフラットな状態になっていって、それに伴う嫌悪感とか、恐ろしさとかが未だにすごくて、でも今すぐに行動にも移せないので余計に傷ついたり、嫌な感情になったりします。この間もナポレオン展だかのチケットを買わされました。母子家庭の家では1000円ちょっとでも、出来る限り抑えたい出費です。わざわざ自宅に来て、余ってるんだけど…なんて言われたら買わない訳に行かないんですよね…。こんな事したって、世界平和につながるわけないのに。
    本当に承認ありがとうございました。
    またお邪魔させてもらって、皆さんの体験などを見させていただいて、今後の参考にさせていただきたく思っています。思う事があれば、コメントもさせていただこうとも思っています。
    また長々と失礼いたしました。

  6. 鳥のさえずりの声で目覚めた、アラフィフの超常連のおじさん、ラザリスでございます。
    シニフィエさん、お仕事大変な中、ブログの管理をありがとうございます。

    自分が創価脳だと気付いた時と言えば、やはり選挙の時でしょうか。
    支援をさせられる候補というのは、確かに学歴や経歴も立派な方達ですが、公明党の政策について深く考えることもなく、頼んだ数や連れ出しの数に追われる自分は、何かがおかしいと感じていました。
    日本の未来を真剣に考えるなら、法戦の功徳とかを原点にするのではなく、過去の歴史や政治の流れを学んでいく中で、自分がどの候補に投票するのがいいのかを自分の頭で考えるべきでした。
    思考停止した状態で公明党の支援活動をおこない、日本の政治をおかしな方向に向かわせた、過去の自分の責任を痛感しています。

    福岡で、悲しい殺人事件が起ってしまいました。
    幼い我が子の首を絞める父親の心理が全く理解できないのですが、こんな悲しい出来事はこれで終わりにしてほしいです。
    キャロル キングの曲に、「君の友だち」というのがあります。
    病んだ父親が、凶行に及ぶ前にこの曲を聴いたら、きっとできなかっただろうと思います。
    しばらく歌はやめてましたが、子供にギターを教えるついでに、アコギの弾き語りを再開したいと思いました。
    「君の友だち」の弾き語りはまだまだ発展途上ですが、自分の周りの人たちに、音楽の楽しさを伝えたいと思います。
    今回の事件で犠牲になられた奥様、そして二人の子どもさんのご冥福をお祈りいたします。

  7. こんにちは!学会三世のヤングミセス、コンブです。
    未だに学会員さんの話、葛藤よく分かります。親の協力も必要な時期があるから、色々と我慢しなきゃいけないけど、すぐには辞めれないし、時をみるしかないですよね。たえちゃんさんの、話もそうだなーと思って読ませていただきました。活動をしてるとちょくちょくお金がかかりますよね。マイ聖教もとらないと話すと、地区の方に嫌味を言われたこともありました。
    少し前まで、聖教新聞をとった分だけ、福運を積めると本気で信じていました。なんでそんな考えができていたのか自分でも不思議に思います。
    幼少期からの親の言葉による洗脳の影響ですね。

    創価脳から目が醒めるまで、ユル活の夫はなぜ、新聞をとることや、財務によって福運が積めるという話を信じることができないんだろうと、不満に思っていました。
    普通に考えると、お金は大事ですよね。何に使うかをよく考えないといけないのに、ノルマ達成のために読まない新聞を何部もとるなんて馬鹿馬鹿しいです。ユル活の夫にも理解されないほど、私は本物の創価脳でした。
    辞めたら不幸になるから死ぬまで信心を貫こうと覚悟していたのに、苦しいな辞めたいなと思った時にここのコメントを読んで創価は詐欺だからこのまましていたら不幸になるという考えに180度変わってしまいました。
    覚醒してから、会合に出た時に、新聞や書籍の販売について地区の方々のやり取りを見聞きして違和感を感じました。福運が積めると信じての多部購読、それほど興味がなく行けないかもしれない民音の券の購入などなど色々とおかしいことをしていたんだと気づくことができました。

  8. 未だに学会員さん

    初めまして。スマイルと申します。バリ活の2世です。父は池田と創価を守りに守りに守り、財務も個人会場含めて2億円ほどし、50年間創価に尽くしまくった挙句、首つり自殺しました。
    そんな父を支えた母は、ガンで悶絶死しました。
    両親の悲惨な死にざまを見て、私は創価に疑問を感じ、このブログで完全に覚醒しました。
    本尊は木っ端微塵に破壊して、公園のゴミ箱にすてました。
    罰なんて全くありませんよ!(^○^)安心してください!

    >小さい頃に、どこかが痛くなると、病院に行くレベルでは無い時には、そこをさすりながら母が題目を唱えていたんです。

    親は子供に本当に幸せになってもらいたいから、このように伝えるのでしょうね。
    私も、「何が無くなっても題目があれば大丈夫」とか本気で思っていました。
    創価は人間の純粋な気持ちに付け入って、お金と時間、人間関係を吸い尽くしていきます。
    創価脳の家族を含め、皆が被害者です。自覚のあるなしにかかわらず。。。。。

  9. たえちゃんさんへ
    はじめまして、未だに学会員です。
    読んでいただきありがとうございます。
    読んでいて泣いてしまったとの事、理解して下さったのだと、何だかホッとした様な、嬉しかった様な、そんな気持ちです。
    たえちゃんさんのご両親の様子を載せておられましたが、そっくりそのまま私の両親に当てはまるのでは無いかと思ってしまいました。悪ければ絶縁、良くてたえちゃんさんのご両親の様な態度だと思います。
    実は妹がおりまして、彼女は親元から遠く離れた場所に住み、学会員の自覚もなく、ハッキリ言っておかしい、と親に良い続けているのですが、決定的な『辞める』の一言が出てきてない為に、親との関係は悪くは無いのです。
    まあ自覚が無いから、辞めるも辞めないも無いだけ、なんでしょうが。
    それでも両親は「いつか、分かる時が来るはず!」と不毛な期待を抱いているようで、全くおめでたいと言いますか、信心根本の子育てはしっかりしてたはずだから、みたいな、そんな事を思っているようです。
    なまじ、女子部の時に頑張って活動していた為に、未だに活動家扱いされていて、気づけば副白ゆり長。この人事も、首を縦に振らない限り、上の人は帰ってくれないんです。この時は実家で捕まった為、迷惑掛ける訳に行かないのですんなり(と見えただろうな)話を受けましたが…まぁこの時はまだ私自身も創価脳だったんですが。
    しかも実家から近いところに住んでいる為、副白ゆり長とグループ長を兼任させられて、「ゆくゆくはお母さんの後を継いでナントカカントカ」周りからも言われ。
    正直、妹が羨ましいです。
    鬼神入り本尊とかよく云われてる物も
    持ってなくて、会員は誰も来なくて。一度来た時にすごく嫌で、母親を通してから来る様に言ったそうですが、実質、来ては居ないみたいです。母親でストップかけられてるとか。
    この差って、あんまりじゃないですか。まぁ、嬉々として活動していた自分もわるいのでしょうが、真面目にやってた私がバカを見た様な気分です。
    近々、グループの会合も控えています。正直どうでもいいですが、主催者側なので投げる訳にも行かず。
    あんなのになんのメリットも無いのに。うんざりです。
    だから準備もギリギリでちょっとヤバいです。電話してメンバー集めて報告もしなきゃ。まるで会社じゃないですか。給料なんて無いのに。
    だめですね、日頃の鬱憤がたまってるみたいで、コメントひとつひとつが長々となってしまいます。申し訳ありません。
    でも本当に嬉しかったです。
    ありがとうございました。
    失礼します。

  10. 「白バラ通信パンドラの箱」の希望です。
     シニフィエ様の「造語」である「創価脳」「創価スイッチ」「創価シャッター」は、いずれも本質を的確に捉え表現されている「用語」だと感じています。見事です。素晴らしいの一語に尽きます。
     もうすぐ、二代会長の戸田城聖氏に関する書籍が出版されます。この本では、創価学会の「真実」が明らかにされるようです。
     

  11. 未だに学会員さんと状況が似ていたので、胸が締め付けられます。再びコメントをすみません。

    二世三世のアンチ創価に、やめたくてもやめられなくて、苦しみ続けている人が、何人いるのでしょう。

    親は、自分が憎くてこんなものを、押し付けたんじゃない。子供がかわいくてかわいくて、絶対的に幸福になれる信心を教えてくれた。
    そんな気持ちを想像すると、やめるにやめられない。
    やめたら、どれだけ悲しむか。どれだけ傷つけるか。

    活動をすべて捨てて、連絡も取らないことを決断するために、このブログと、アドラーの『嫌われる勇気』と、『毒になる親』を読みました。おすすめです。

    私も今日グループにきてね、と久しぶりに手紙が入っていました。
    会合、本当に嫌いです。センセーがいかに素晴らしいか、讃えあって、気持ち悪いったらありゃしないです。
    会合いかなくなって、娘と児童館に行く時間が増えて、毎日充実しています。
    未だに学会員さんも、一日も早く創価のその苦しみから抜け出せることを願っています。

    私も、例え親が傷ついたとしても、正直に気持ちを話す勇気が出るようにがんばります。
    自分の、一回しかない大切な人生。誰かの気持ちに振り回されて生きたくないです。

  12. こんばんは。2世で元バリ活女子部、今年1月に覚醒して、今は非活の30代後半主婦(婦人部などしません)の、担々麺です。
    一昨日は、本当に担々麺を食べましたよ!くら寿司のサイドメニューのものですが(汗・・・だけど、おいしかった)

    毎日欠かさず、みなさまの書き込みを見ていますが、最近は自分の創価脳時代を思い出して、創価にさらに腹が立つというか、嫌悪感が増しているというか、本当にとんでもない団体だったんたなと、改めて感じているところです。

    たくさんコメントというか、リプを返したいコメントがありましたが、特にhelpさんの、「お母さんからいただいたお守りをご主人がないがしろにしてしまった」話は、自分の創価脳の時代を強く思い出して、申し訳ないやら、創価に腹が立つやらでした。

    私自身、受験生時代とかに、知り合いから神社のお守りをいただいたことが、何度もありました。その時の心理としては・・・

    お守りを触っただけでも、罰あたりなものに触れるようで、触りたくもなかったんです。
    持ってるだけでも、不幸になると思い込まされていたので、一刻も早く捨てたかったです。
    ありがた迷惑以外のなにものでもない。

    そう、思っていました。
    ただ、私は、表面上は「ありがとうございます」と言ってました。一応、親切にしてくださってるからと思って。
    けど、その人がその場からいなくなった途端に、お守りを捨てていました。

    自分のことを考えてくださっている人からの、真心を素直に受け取れないなんて、それこそ罰あたりな思考回路なんだろうと、今となっては、本当に腹立たしいです。

    今は、創価脳時代にしていた、数々の非常識な言動を、ごめんなさいと思っています。

    >宝星さん
    ちょこっと前のリプですが、創価の会館に無反応、に共感してもらえて嬉しいです。

  13. スマイルさんへ
    はじめまして、未だに学会員です。
    ご両親のお話、読ませていただきましたが本当に大変な思いをされました事、どんな言葉で表現したら良いのか正直分からないのですが、スマイルさんも大変苦しい思いをされた事と思います。胸が痛いです。
    どうして真面目にやって来た人ほど、苦しまなくてはならないのでしょうか。私の祖父も、認知症が進んでしまい、それでも家に帰りたいと言って勝手に抜け出すから、という理由で、病院のベッドにくくりつけられていたそうです。その病院で亡くなりました。
    いくら認知症と言っても、人間としての感情ってちゃんとあるはずなんですよね。それなのに不自由な思いを最期まで強いられてしまった祖父、認知症の人へのある意味普通の対処法とは言え、辛かったと思います。スマイルさんほどの体験ではありませんが、ずっと信心やってきて、最期はこれなの?ってものすごく違和感を覚えました。遺影ではとても良い笑顔でこちらを向いていますが、幸せだったのかどうなのか、分かりません。勿論、幸せだったかも知れませんが。ただ亡くなった時の状態を考えると不自由だったろうに、という思いがどうしても拭えなくて。
    その葬儀は当然友人葬でした。
    因みに子供は葬儀の途中で吐き気がすると言って中座し、別の所で休みました。感受性の強い子なので、何かただならぬものを感じたのでしょう。あまり考えたくはないのてすが、やはりあのコピー本尊は、何かの出入口になってる気がするんです。私は俗にいう霊感などは無いのてすが、娘はどうも感じるらしく、家にもあのコピーがあるため、居る、というのです。そんな物騒な物、本当にゴミの日に出してしまいたいです。ただここに親が来たりする事を考えると時期尚早でして。そんな親も、ただ私の幸せを心から願ってくれているのは痛いほど分かるんです。だから、余計に辛いです。でも冷たいようですが、私にはあの2人を助けるのはきっと不可能でしょう。とても悲しいですが…。
    私の拙いコメントを読んでくださり、ありがとうございました。
    失礼いたします。

  14. 現在まだ会員ですが、もう4年ほど非活です。
    地区部長だった頃は、この役職は、TVドラマの隠密同心のナレーションじゃないですが、「江戸時代の町方同心、身分は俸禄30俵2人扶持だが、責任は重い」まさにこれだなあと思っていました。
    子供のころから強信者の母親にいやいや連れられて、東京の都議選のため、知人廻りをさせられていました。
    結婚してからは、地区部長になりましたが、仕事が忙しくなると、勤行唱題は熱心に励行していましたが、毎週の協議会、座談会、活動者会などの会合に忙殺され、だんだん嫌気がさしてきました。
    地区中心の会合は、できるだけ速く終わるように、内容より短時間で終わることに集中していました。
    何せ、この役職は忙しく、地区の人の引っ越しを飯もおごられず、手伝ったりしたことも3回ほどあり、また、アパート入居の保証人になったりと、野暮用も多くありました。
    今は情報化の時代で、学会の内部だけにいたら分からないことが、ネットに氾濫しています。少し疑問が生じると、幹部に言ってみたり、ネットで得た情報をもとに質問したりしましたが、納得できない回答が殆どでした。
    この間、だんだん疑問の数が多くなりました。さりとて、役職をいただいているので、まさか反学会的な言動をするわけにいかず、妻がこの信心に熱心だったこともあって、自制が働いていました。
    しかし、副役職になり、多少暇な時間も増え、糸の切れた凧ではありませんが、結構自由に発言をするようになりました。今まで、学会の活動の中でストレスがたまることが多かったのですが、逆に言いたいことを言って、ストレスの解消をすることもありました。
    こうなると、新聞の人革や指導など裏読みをするようになり、これは何を意図しているのか、何の背景があるのか等、毎日の洗脳の道具である新聞や書籍が覚醒の道具になっています。
    このサイトに来る人は、どうも信心はこりごりだという人、逆に私のように信心は多少なりとも必要だと思っている人等、千差万別です。ただ、程度の差こそあれ、みなさん学会の組織信心、マニュアル信心はおかしいと思う共通認識はあるようです。
    世界には国籍、人種を問わず、あまたに宗教が存在します。信仰心は、ある意味人間が本然的に持っているものかもしれません。
    ただ、宗教は心の安らぎを生むもので、現世ご利益をことさら指向するのは、その価値を低めるものだと思っています。

  15. お早うございます
    ご無沙汰しています。ダイナムです。
    シニフィエさん、お仕事大変な中、ブログの管理をありがとうございます。
    大佛の言葉、女を騙せば金儲けが出来る。
    まさに詐欺師です。
    この言葉は忘れません。
    いまだに学会員さん詐欺に気がついて良かったと思います。
    親がバリ活だと脱会は大変です。
    知り合いにも縁切りされた方もいます。
    知り合いの親が今になって詐欺に気がつき
    縁切りしていましたが元に戻った話しもあります、。
    たまたま美味く行った話しです。
    いまだにさん、脱会は時期もあると思います。
    脱会すると役職しだいですが、嫌がらせわあります。
    ダイナム家族が脱会した時は、暫くの間は、まどガラスに石が飛んで来ました。
    一部の自在会のみなから精神病扱いされました。
    いまだにさん、自在会は、創価の中の、視力障害の団体です。
    創価脳の怖さわ色々ありここでは書けない話もかなりあります。
    創価脳の話は今は書けない話もありますが、時期を見て書こうかと思っています。

  16. 自分が創価脳であることに気づいたとき‥‥これありそうでなかったお題と思います
    (大喜利と間違えている☆すみません)

    私は東日本大震災が起こった時、創価が団体として直ぐにしかるべき発信をしなかったことに
    違和感を感じ、それまでの信頼感がことごとく失われてしまいましたが、
    自分個人の体験としては、娘の進学先でキリスト教の礼拝形式に参加したことが、
    創価脳への大きなショックだったように思います。

    以前にも述べて恐縮です
    あまり希望していた進学先ではなく、大して考えもせずどうしてキリスト系の学校なんか
    行くことになってしまったのか、とても足取り重く入学式に向かったのですが、
    賛美歌の何か厳かな中にも温かな流れ、先生方の慈悲の感じられるお話‥‥
    しだいに素直に心を開いて耳を傾けてみよう、とする自分を感じました。
    それまでの自分は創価を脱会していたとはいえ、他の宗教なんて話にもならない、
    やっぱり邪宗だ、偽善に満ちたボランティアでしかない、とどこか軽蔑していました、
    いま思うと、本当に気持ちの狭い頑なな自分でしたね。
    キリスト教も戦闘的な面を持ち合わせてはいるんですよ、
    でも自分がしてほしいことを他人に施しなさいとか、
    愛について語られていることは、創価の何事も勝負で向き合う姿勢よりも、
    自分にはずっと馴染みやすいような気がしました。
    だからといってキリスト教徒になったわけではありませんが。
    愛を知らないで人生を終えてしまう‥‥それぐらい私は
    創価で人生を送ることの意味を危惧しています。

    さしでがましいようですが、シニフィエ管理人さん
    スレ立ては月1ぐらいのペースでゆったり進めてもいいかな〜、と私は思います、
    いつも有難うございます  ご無理のないよう

  17. コンブさんへ
    はじめまして、未だに学会員です。
    読んでくださり、ありがとうございます。
    その通りです。今はそのタイミングではないんです。
    私一人だけなら、タイミングも何も無いですが、仕事をしている間、子供が安心して居ることができる場所を確保しておかないといけないんですよね。
    まぁ、娘も実家に行くと吐き気がすると言ってましたが、そうでない時もあるので、やむを得ず実家に居てもらってる感じです。これで100%安心して居られる場所かと言われたら、何も言えません。
    ただ、もう高学年で、少しなら留守番はできるので、実家に頼る頻度はかなり少なくなりました。でもまだ縁を断つ訳にはいかないので、ちょっとジレンマですね。
    家にもコピーがありますが、実家には 2つもあるので、娘は何かをすごく感じると言っています。ちょっとオカルトな話になってしまいますが、そうで無かったとしても、創価に対して激しい拒絶反応を起こして居るのだと考える事も出来ますし。
    娘も私が会員にしてしまったので、申し訳ない気持ちでいるのですが、幸い、子供が極端に少ないので、部員会とかはあまり活発な地域ではないんです。小学校に上がってからは一度も無いような。たまに大きい単位で開催するみたいですが、創価脳の人が家に来て、その話をすると、娘の強張った顔が更に嫌悪感を帯びてしまい、最後には部屋に戻っていきます(笑)。まぁ、家の子反抗期ですいませんね~とか言いながら、その場はやり過ごします。
    来ると言っても玄関までなので、まだいいですが。
    私と娘が、ちゃんと自由になれるように、娘を守れるように、コンブさんや皆さんの体験などを参考にさせていただいて、生きて行こうと思います。
    共感していただいてありがとうございました。
    失礼いたします。

  18. ダイナムさんへ
    はじめまして、未だに学会員です。
    読んでくださりありがとうございます。
    やはり、縁を断たれる事はあるのですね。当然と言えば当然ですよね…。父も母も信心強盛な人ですので、きっと私が辞める意志を伝えたら、少なからずヒステリックになるとは思うんです。ただ母はこの組織内での面子が大事らしく、名前だけは残して!と多分言うでしょう。子供の意志より、創価の面子が大事という結論に至った、母のある一言が、今でも忘れられません。
    それより心配なのが父です。以前、うつ病を患い、一旦は良くなったのですが、あることがきっかけで、またちょっと…という事情がありまして、そこへトドメの様に脱会の意志を伝えたら、どうなってしまうんだろう、と思うのです。今は躁状態で、普段より饒舌なのですが、本人に自覚が無いので病院にも行けていないそうです。本当は今すぐにでも診てもらいたいですのですが、私には何も出来ず、焦りだけが残ります。出来れば父の精神的負担にならない様な辞め方をしたいですが、そんなものあり得ないですよね。
    そこを考えると、宣言して脱会するという事が、果たして正しい事なのか、不安が拭えません。
    ただ彼には約束したので、相談しながらまずは非活になり、徐々に辞める方向には持っていきたいと思います。
    父のうつ病がひどくなって、最悪の事態になることだけは避けたいのです。
    創価脳でも、私を愛情かけて育ててくれた両親です。もし両親が組織に利用されることなく、創価となんの関わりも無い人達だったら、どんなに幸せだったでしょうか。父だってうつ病にならなかったかも知れない、母だって、組織内の面子なんてつまらないものに振り回されず、私に言った一言だって無かったはずなんです。
    ここでそれを書くと、また長くなりそうなので割愛しますが…。
    やはり読んでいただいた皆さんへ、コメントをお返ししていても、次から次へと思いが溢れてしまい長々と書いてしまいます。ダイナムさんへも私の事ばかり書いて申し訳ありません。
    コメントを下さってありがとうございました。
    失礼いたします。

  19. すみません、訂正です。
    ナポレオン展の事を書きましたが。ダヴィンチ展の間違いでした。過去にあって、それが頭に残っていたので、混同してしまいました。すみません。ただどちらにしても痛い出費です…。

  20. 元地区婦アラフィフ1世のレモンです。

    自分が創価脳であること、あったことに気づいたのは、覚醒してからです。
    創価脳の集団の中にいると、自分が創価脳であることに気が付きません。
    創価脳とは「厚顔無恥」になることだと思います。
    厚顔無恥とは、他人の迷惑かまわずに、自分の都合や思惑だけで行動すること。
    それって、まさに活動家時代の自分です。
    「使命の為に」「広宣流布のために」「正しい仏法を広めるために」・・・と自分自身を無理やり納得させていましたが、選挙活動も新聞啓蒙も折伏も、相手の迷惑省みず自分の思惑だけ。
    その迷惑行為こそが、創価学会の教えですから、その教えに忠実に戦う活動家は厚顔無恥になって当然ですね。
    バリ活として活動してきた30年。
    覚醒したからといって、脳の隅々まで染み付いた創価脳は、そう易々と簡単に消えはしません。
    きっと今でも、その片鱗は残っているんだろうなと思っています。
    それでも、3年前に覚醒した時よりも、心が楽になりました。
    創価脳の主人や創価一族はバリ活という環境は、何ら変わっていないのに。
    きっと自分の心が、過去の愚かな自分を受け入れつつあるのかなと思っています。
    覚醒後、活動家時代を激しく後悔する揺り戻しに苦しむ日々もありましたが、今は「本当にバカだったな自分」。。。と思えるように少しづつ変化しています。
    それも、長い年月においてブログ運営を持続してくださっているシニフィエさんや集う皆様のおかげです。

  21. アラフィフの超常連おじさん、ラザリスでございます。
    カエルの鳴き声と雨音で目が覚めました。

    前回の続きですが、自分が創価脳であると気づくきっかけの出来事ですが、選挙活動ともう一つは、折伏活動ですね。
    これってつまり、相手の人生や生き方を根本から否定する行為ですよね。しかも上から目線で。
    「この信心をする以外に本当の幸せをつかむことはできない」とか、自分が幸せになってもいないのによく言えたと思います。
    これが本当の「ゾウジョウマン」っていうのではないのですかね。
    人間誰しも、あらゆる苦しみや悲しみを抱えながら、試行錯誤しながらも必死に生きています。
    自分の頭で真剣に考えながら、過去の経験をもとに日々困難を乗り越えているのです。
    その姿こそが尊いのであって、生きる本当の意味だと自分は考えます。
    過去に自分が折伏活動によって傷つけた方々、本当にごめんなさい。自分が間違ってました。
    この場をお借りして、こころから謝罪いたします。

    それから、音楽の話です。
    エリック クラプトンの歌に、「ティアーズ イン ヘブン」というのがあります。
    この歌は、彼の4歳の息子が過って高層アパートの53階から転落し亡くなった、その悲しみを乗り越えるために作られたものだと言われています。

    ティアーズ イン ヘブン

    もしも天国で会ったなら
    君は僕の名前を覚えているだろうか
    もしも天国で会ったなら
    以前と同じでいられるのだろうか
    僕は強くならなくてはいけない
    そして頑張っていかなくてはならないね
    ここ天国は僕がいるべき場所ではないとわかっているから

    もしも天国で会ったなら
    君は僕の手を握ってくれるだろうか
    もしも天国で会ったなら
    僕が立っていられるように助けてくれるだろうか
    僕は自分の進むべき道を見つけていくよ
    昼も夜もね
    ここ天国に僕がいることはできないとわかっているから

    時の経過は
    お前を落ち込ませるだろう
    お前を神の前にひざまずかせるだろう
    お前の心を打ち砕くだろう
    そしてお前を神に請わせるようになるだろう
    どうかお願い・・・と

    扉を超えたところには
    きっと平穏がある
    そして僕にはわかる
    天国にはもう深い悲しみなど存在しないのだということを

    Translated by ladysatin

    この歌と作られた背景を、福岡の殺人犯が知っていたなら、きっと三人の尊い命が奪われることはなかったのではないかと思ってしまいます。残念です。
    ものすごく落ち込んだ時、いつもこの歌を聴いて乗り越えてきました。
    「僕は強くならなくてはいけない」と。
    興味のある方は、youtubeで検索して聴いてみてください。
    歌詞の素晴らしさと、クラプトンのしゃがれ声と、マーチンのギターの澄んだ音色がこころに響きます。
    レイラさん、クラプトンについてはこれでよろしいでしょうか?
    LIARさんに負けじと、弾き語りの練習に励みたいと思います。
    勝ち負けじゃないよね、創価学会じゃあるまいし・・・www ← これを使ってみたかった‼︎

    マイケル ジャクソン、プリンス、デビッド ボウイ、BBキング など、青春時代のスターが次々と天国に旅立たれて寂しい限りですが、これからも彼らが残してくれた素晴らしい音楽とともに、頑張って生きていきます。
    ^_^

  22. 自分が創価脳である事に気付いたとき
    〉活動家で創価脳の時は、レモンさんのおっしゃる通り『自分が創価脳である事に気付いていない』んですね。
    私もそうでした。全て『広宣流布のために』『この信心を広める事こそが、最高の正義であり、友人が入信することが最高の慈悲行である』みたいに思い込んでいました。
    仏法対話して嫌がられても『強いて聞かせよう』『仏種をまいたのだからそのうち発心する』『相手の仏性は感じている』などと、とても自分に都合よく解釈していました。折に触れてこのように洗脳されていくからです。

    覚醒してから、自分自身が創価脳であったことを思うと、『恥ずかしくて穴に入りたくなる』 『友人知人に迷惑かけたことを謝罪したい』という思いに 駆られます。

    創価脳バリバリの活動家が家庭訪問してきます。年に1回くらいは話をしますが、本当に『人の話を聞いていない』ですねー。目がどっかいっちゃってますし、頷きながらも、必死に創価が正義であることを伝えようとする。そして伝わってくる言葉には、事実をきちんと認識せずに、自分なりに必死に信心を正当化しようとして、都合の悪いことはスルーしているのがよくわかります。

    知り合いの学会員に、大学の教授クラスの方が複数いますが、実績は素晴らしいものがありますが、お話ししてみるとそこらへんの学会員と同じ創価脳です。
    いや創価脳以上にイッテしまっていて、『師匠池田先生亡き後の創価学会を背負って立つのは私だ!』と。
    『うわっ!完成型創価脳だ!』と。おそらく完成型創価脳までいくと、覚醒は無理でしょうね。
    完成型創価脳、末期創価脳、それとも創価脳の症状の一種で、池田が人前に出てこないなどの様々な疑問を『池田亡き後の創価を背負う使命感』で打ち消しているだけかもしれませんね^_^

    覚醒して2年が経ちました。ちょうど昨年、本尊を木っ端微塵にして公園のゴミ箱に捨てて1年が過ぎました。
    創価から離れれば離れるほど、自分を取り戻すことができています(^^)

    『自分自身の価値判断で物事を取捨選択できる喜び』をかみしめていす。

    このブログで、本当に救われました。これからは『救う人』になっていくことがせめてもの恩返しだと感じております。

  23. スマイルさん
    6/9の投稿読みました。お辛かったと思います。多分、思いつく限りの文章を書いても書ききれないくらいの無念さでしょう。私は2世です。
    00年以降はあまり聞きませんでしたが、昭和~平成の初め頃まで個人会館で広布のお役に立つなどといってあちこちに自宅の一部を会館として改築されている方多くいました。
    そして、池田氏から命名された会館名の揮毫なども飾られていました。
    過去、私も他のブログに書きましたが、私の両親など学会の組織の都合で結婚し、私自身がこの世に生まれたことに対し逃げ出すことができない出生。
    命名が池田氏。など、退会しても今もなお自身を苦しめる元凶となっています。
    幼少期から実家から飛び出すまで、両親が喧嘩するたびに「結婚したくてした相手ではない」「騙されて一緒になった」「子供がいなければとっくに離婚していた」など・・・現代であれば精神的な虐待です。
    両親ともに活動家であったにも関わらず、性格の不一致はどうすることもできなかったようです。
    私自身もこの信仰に由来する自己肯定感の極端な低さ。人材Gなどで徹底的に埋め込まれる「徹底して悪を責める」などの何事も白黒はっきりさせなくては気が済まない性分。
    また、誤った正義感で仲の良かった人間関係も手のひらを返したように切り捨ててしまう自分の性格に悩まされています。
    話が飛びましたが、また何か思いついたら書かせてください。

  24. シニフィエさんいつもブログの運営をありがとうございます。
    バリ活だった時代もありましたがどうも創価は私には不向きだったようでいつも反発心ばかりの苦しい時代でした
    生まれたばかりの子供の親に婦人部長やその他の役職を押し付け活動させる信仰団体などどうかしています。私は完全に子育てと活動を分けてやったので子供達は赤ん坊の時からの普通の幼なじみが沢山います。今も良い関係を保っています。
    幹部は当時、信心即生活よ、とか、子供に福運をつけてあげられるのは親しかいないのよ。だから、子供関係の親に選挙を頼まなきゃだめ!新聞頼まなきゃだめ!だめだめをどれ程いわれたか。。。(笑)

    担々麺さんと違い私の創価脳の気付きは数十年はかかりました。
    1。。。変なこという幹部が多いな。自分に合わない指導。イライラする
    2。。。学会人だから業が深く色々いるんだと言っていた
    3。。。池田、池田、戸田が戸田が、本当に耳障りでうるさい、会合に出て損した4。。。先生はエリート志向が強く間違いも多い。組織は間違っているのでは?
    5。。。御本尊だけは正しい
    6。。。学会がおかしいのにこの曼荼羅だけが正しいと思っている自己矛盾
    7。。。実験として一年間扉を閉めて一日も欠かさなかった勤行をやめていままでの創価人生を回想する。何事もない一年間。しかも縛りがなくなった分自由な心と
    たまたま良いことずくめ。逆に冷静な一年を振り返りいかに他人に迷惑をかけ自己矛盾との葛藤で苦しんできたか。。。
    あーこれ、イカサマビジネスだったんじゃん!。。シニフィエさんのブログを偶然みて元バリ活の皆さんの生の声を読んで確信しました。イカサマがわかった上にカガテツさんなどから仏法の基本や裏の学会の姿まで知ることで完全に覚醒できました。創価脳、、なんであんな子供騙しみたいなのに引っ掛かってしまったんだろ。
    今だに学会員さんへ
    初めまして。考えたくはないのですがうちも本尊を取り換えてしばらくしてから夫が病死、母は2回も心臓の手術、その上認知症。創価に命を預けるほど頑張っていた母でした。時の符合?ニセ本尊の害毒?。。。時々思ってしまいます。
    担々麺さんへ
    本当にお守りには相手の真心があるぶん処分には心痛めましたよね。悔しいから犬や猫の首輪に家内安全お守りを堂々と付けて婦人部にみてもらおうかな(笑)
    遅くなりましたがおめでとうございます。婦人部に移行することなく重ね重ね良かったですね。
    たえちゃんさんへ
    うちは親である私から覚醒してしまいました。S大を目指していた長女にはそれとなく反対の立場をとりましたが「パパの遺言」だからと必死に勉強して結局は推薦で入学しました。夫は半分冗談で言ったこと、今となってはとても言えません。
    創価の話しは脱会してから一度もしていません。お互いに泥沼化するのがわかっていますから。幸いにも娘は子供を保育園に預けて朝から晩まで働いていますので会合どころではないと思います。私はそういう意味では最低な毒親です。
    これからは私の生きざまを見せながら(大した親ではありませんが)生きてゆき、いつの日か本人が目覚めてくれる日を深い愛情をもって見つめ待っています。たえちゃんさんお互いに頑張りましょうね🌸

    信仰とは実に厄介なものですね。
    「最高ですかーーー!!」「サイコーでーーす!」
    「尊師が、尊師は、、、、、こんなことも言っていた、あんなことも出来た!」
    「私の前世はキリスト、妻はミロのビーナス」
    ✳創価
    「せんせーーーオクサマーー私は勝ちましたーー(涙)
    みなさーーーん、こんにちわーーー!!!!先生はお元気に執筆活動に専念されています!!何日に00会館におみえになり弟子を激励されました!(叫)」
    はぁぁ。。いつまでこんなインチキに騙されているんでしょうねぇ❗
    私も長かったから人のことはいえませんが。。。(涙:)
    長々と書いてしまいすみません。

  25. シニフィエさん、皆さん、おはようございます。m(_ _)m

    先日、活動家の方とバッタリ出会ってしまい、少し話しました。
    新聞の部数がかなり減ってきているそうです。
    私にも新聞を取ってほしいようで頼まれましたが、
               「新聞はいらないから」と言って断りました。
    本当に、何度も シツコイ人たち ですね~
    活動家や幹部さん達は、活動に追い立てられ うつ病になる方が多発している
    そうです。

    どうして、 信仰 していてうつ病になるのか? わかりません? が・
    内部の現状を聞くにつれ、 ほんとウンザリします。(ーдー)

    シニフィエさん、ブログの管理大変と思いますが、 お体大切にされて
                            続けていかれてください。

  26. こんばんは!学会三世のヤングミセスのコンブです。

    未だに学会員さん、私も子供達を本人の意思関係なく入信させてしまいました。あの頃は創価脳で、信心していれば子供も幸せになれると強く信じて疑いませんでした。覚醒したあと、子供に申し訳ない思いと、活動させたくないという思いでいっぱいになりました。私の母が会う度にお題目をあげるように勧めるので、子供達も素直にあげています。私が御本尊に向かわなくなったことを話されたりはしないですが、いつか、子供の口から私の不信が親にバレるかもしれません。幸い家が離れていて地区が違うので、その日まで、私も活動を休みながら自分の親とは話を合わせて過ごしていきます。
    子供はまだ小さいので私が行かないと少年部の会合には出れません。夫はユル活なので、子供達も洗脳されないよう、活動しないようにしていきたいと思います。創価の方からは母親として良くない行動だと非難されると思いますが、子供の人生を守ることになりますよね。

    御本尊に何かを感じるとは、 感受性の強い子なんですね。うちの子達はなんともありません。具合の悪い思いをさせるのは可哀想ですね。その反面、祖母に洗脳される心配はないのでいいと思います。うちは、祖母の話を真剣に聞いている時があるので少し心配です。
    もう少し大きくなったら子供と話し合い、時がきたら一緒に脱会できるといいです。

  27. こんばんは。はじめまして。
    1世白ゆり長、アラフォーのナツキと申します。ずっとROM専でしたが今回意を決してコメントさせていただきます。
    入会して10年ほど経ちます。
    徐々に活動家に仕立てあげられた感じで、なんとなく疑問を持ちつつも素直に純粋に活動していました。

    そんな私が活動を辞めたいと思うきっかけになったのは『役職』でした。
    白ゆり長の話が来たことです。
    なんと言うか、『ヤバイ』と思ったのです。そこまで行ったらもう戻れない、みたいな…

    それなのに、断りきれず白ゆり長を受けてしまいました。これに関しては未だに悔やんでいます。どうあっても断るべきだったと。

    何とかして役職を辞められないかとネット検索をするに至りました。こちらの『対話を求めて』にもその際に出会いました。
    当時は役職が辞められれば良く、学会活動自体を辞めようとまでは思っていなかったのでこちらのブログの内容は衝撃的でした。初めはイヤイヤそこまで…と思いながらもみなさんの真実の声を読むのをやめることはできなかったです。

    今ではとにかく学会を辞めたくて仕方がないのですが、白ゆり長に新聞配達をやっている現状。せめて非活に持っていきたいのですが、やはり役職等がネックになるのではと思っています。みなさんの中にも役職や係(新聞配達や未来部の担当、守る会や書籍など)をされていた方は多いと思いますが、上記のことを抱えていた場合で非活に転じたり退会の際に幹部から言われた言葉やこうやって働きかけたら辞められたよ等あれば聞かせていただきたいです(過去ログにあればそれもお教えください)。

    どちらにしても、『活動を辞めたい』という気持ちを強く持っていないとまた流されてしまうのでそこだけは譲らず臨んでいきたいです。

    長文・乱文失礼いたしました。
    またスレッドの内容と関係ないコメントをしたことをお詫びいたします。

  28. ナツキさん
    初めまして。
    元地区婦のレモンと申します。

    >今ではとにかく学会を辞めたくて仕方がないのですが、白ゆり長に新聞配達をやっている現状。せめて非活に持っていきたいのですが、やはり役職等がネックになるのではと思っています

    覚醒できたこと、本当によかったですね。
    と同時に、覚醒しながらも役職を請け負って活動している辛さはお察しいたします。
    白ゆり長という最前線の役職は、上からの打ち出しがひっきりなしに飛んできて、全て受け止めなければならない負担の多いポジションですよね。

    こちらのブログにはナツキさんと同じように、覚醒した事で役職を下りて創価の組織から離れた方が沢山いらっしゃいます。
    私もその一人です。
    3年前こちらのブログに辿りついた時、地区婦&配達員をしていました。
    共に20年近く請け負っていた現役でしたので、これ等の役職を下りるにはどうしたらいいのか・・・ナツキさんと同じように悩みました。
    私の配偶者は、同じ支部の支部長をしていたのもあり、自身の心の準備、配偶者との話し合いなどで、非活に転じる自分の心が決まるまで1年かかってしまいました。
    最終的に婦人部の総区幹部に「一切信じていませんので辞めます」という事を伝え非活に。
    幹部は「信じていない人に、地区をまかせるわけにはいきません」とすぐに降りる事ができました。
    非活に転じた当初は、長いバリ活に終止符を打つには、1年という準備期間が必要だったと思ったのですが、今になって思えば、組織に対してどれほど尽くして義理を果たして組織を去ろうとも組織の人にとっては「退転者」に変わりないのです。
    だったら、覚醒したらすぐに役職など放り投げて、非活に転じてしまえば良かったという事を痛切に感じています。

    今、ナツキさんは自分が去った事で、後に残された人に負担がかかるかも。。とかいろんな気持ちが葛藤されているかもしれませんが、それはナツキさんが考える事ではなく、残った信者が何とでもしますので大丈夫ですよ。
    現に私が下りた後、すぐに役職の後釜には副本が返り咲き、配達も代配の方たちでやっていました。
    役職も配達も、信者には「福運」なんですから、福運を譲ってあげましょう^^

    非活・退会する為には、自分が一切信じていないことを組織の人に会ってしっかり伝える事だと思います。
    信者にとって役職は、創価奴隷につけられた首輪のようなもの。
    見えない首輪に囚われて逃げられないと思い込んでいただけ。
    でも、信じていない人には何の意味もありません。
    こんなものに苦しめられて、創価の奴隷として今もいいように使われている人が多くいるのが本当に悔しくて悲しいです。

    ナツキさんが、非活に転じられるよう応援しています。

  29. おはようございます。
    ナツキさん、まず役職を止める前に新聞配達を止めましょう。
    学会は詐欺ですから、ナツキさんも嘘でいいですから、
    朝の配達が出来なくなりと言い又出来るようになったら
    配達しますと言えばうまく行きます。
    そして会合も少しずつ参加を減らせばいいとおもいます。
    自然とクビになります。
    脱会しても白ユリ長ぐらいでは、極端な嫌がらせはないと思います。
    ダイナム家族は親も大幹部でもあり、
    内部事情も知りつくしていましたから、凄い嫌がらせでしたよ。
    自分も創価脳の時は嫌がらせをしてきました。
    今思えば皆さんごめんなさいです。

  30. こんにちは、ナツキさんへ
    2世脱会済み元白百合長のminronです。
    脱会されたいとの事、大変おめでとうございます。こんなバカバカしい団体、早く去ってしまいましょう。私の経験では、妹が新聞配達員、私が白百合長と、たしかにすぐ、辞められないように、自分では思っていました。でも、本部に脱会届け(届けの書き方はネットで調べると出てきます)を書留特定記録郵便物で出し、最初に地区坦へ電話でやめる意思を伝えました。後日ぞろぞろと4人やってきたので、そこで学会のおかしな所や、池田大仏や公明党の事又こちらのプログの皆様の真実の声を私は信じるとキッパリ言いました。あ~ネットねぇ何ぞとバカにしたようなことを言うものだから私の場合は2世だったので、自分の意思で入ったのでは無いともいいました。
    その後、電話がかかってきましたが、脱会意思は変わらないと伝えたところ、御本尊返納届けとともに本尊も持って行ってくれ、脱会成立‼
    新聞配達はその月で代わりが見つかり、白百合長もすぐ、なくなりました。代わりなんてすぐ、見つけるのですよ、彼らは、、
    ナツキさん!みんなぶん投げちゃいましょう!大丈夫、その後あっても普通に挨拶してますよ、嫌がらせもありません。
    活動をやめるには、脱会が(ましてや、1世ならば尚更)てっとり早いです。自分にはこの信心が必要無くなりましたとおっしゃってはいかがでしょう。
    この詐欺団体から早く解き放たれることを切に願います。

  31. てんさん
    新聞をキッパリと断ったとのことですね^_^
    素晴らしいです!
    創価脳には、明確なNO!を伝えないとわかりませんので、てんさんは賢明ですね!

    グルニエさん
    お気遣いありがとうございます。
    私も2世で命名は池田です。というより池田に、命名されたと両親から聞いていましたし、そのように信じて来ました。このブログでもあったように、『会員からの新生児の命名依頼があった時に命名を担当する部署』が創価にはあります。
    ですので、表向きは池田が命名したことになっていますが、どこの誰かもわからない職員が命名したのが事実です。少なくとも池田でなくてよかったと考えております。
    名前をつける職員さんは『この子が、創価のため、広宣流布のために、世界平和のために、人類のために活躍する人財に!』との思いを持ってつけてくださると思いますので、それはそれで良いかなと。
    『創価と広宣流布』は余計ですけど!

    『真面目に人々のために生きる人になってほしい』との思いだけは受け入れてます。あと、あまりにも酷い名前だったら両親もさすがに拒否してたと思いますし。
    両親が納得していたのならそれで良いかなと。

  32. ナツキさん
    活動をやめたいのですね。。。
    このブログでも多数の報告があったかと思いますが、
    『いきなり全部投げ出しちゃえ!😜』が正解だと思います。周りへの迷惑とか考える必要全くありませんよ。
    ナツキさんは、組織と幹部に良いように利用されているだけですので。
    1人くらい活動家いなくなっても、他から補充されると思いますし、兼任とか色々させといたら良いんです。
    御自身の心の声に耳を澄ませて、正直に従ってみてくださいね^_^

  33. ナツキさんへ
    追加です。
    創価脳にはあいまいな表現は通用しませんので、気をつかってはいけません。
    「具体的に」「明確に」「キッパリと」
    「創価はおかしいからやめる!」
    「私はもう信じていない!」
    と明確に伝えてください。
    あいまいな表現とか、余計な気遣いは全く伝わりません。
    少々厳しい表現の方がきちんと伝わります。
    ご参考までに。

  34. ナツキさん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    みなさんがおっしゃるように、自分が創価をやめることで周りの人に迷惑をかけてしまうと思わせることで、なかなかやめさせないようにしているのが創価の手口です。創価をやめることよりも、創価をやめないでいることの方がどれだけ周りに迷惑をかけているのかは、やめてみてわかると思います。逆にやめられないうちはわからないのかもしれません。私はよく創価を暴力団と比較して例えるのですが、例えばあなたに息子さんがいたとして、その息子さんが何かのきっかけで暴力団に入ってしまったとします。そして息子さんが「自分は暴力団をやめたいのだけども、今まで世話になった兄貴分や組長に申し訳ないからやめられない」と言ったとしましょう。あなたはその息子に「そうねえ、お世話になった人を裏切るのは人としてやってはいけないのだから、あなたが辛くてもそのまま暴力団員でいなさい」と言うでしょうか。言うわけありませんよね。創価だって同じことです。創価は大変な数の人を不幸にしてきた巨大詐欺集団です。その被害者の数は暴力団の比ではないのです。新聞配達をすることも、会合に参加することも、ましてや選挙活動をしたり、お金を貢ぐことも、暴力団よりも大きな犯罪者集団を育てていることになるのです。もちろん人によっていろいろな事情はあるのですから、明日スッパリとやめることができない場合もあります。それもよくわかります。ただスッパリやめられないというのも創価が会員を搾取するために作り上げてきた汚いシステムだということをしっかりと認識すべきだと思います。
    ここで一貫して言っているのは、創価学会は宗教などではなく巨大な詐欺集団であるということであり、会員はその被害者であり、さらに加害者でもあるということです。これが理解できない会員の思考回路を創価脳と呼んでいます。創価が詐欺だと自分で気づくことができたら、創価脳から抜け出してまともな思考を取り戻したということです。まともな思考ができる人が創価学会員でいることはそれこそ地獄の苦しみです。ナツキさんが創価でいる限りナツキさんも周りの家族も幸せになれるわけがありません。それは人は暴力団員でいる限り幸せになれないのと同じです。
    それともう一つ、創価をやめることは、必ずしも難しくはない場合もたくさんあるということも知っておいてほしいと思います。それよりも難しいのは、これまで自分が創価でい他ことによって大変な迷惑をかけてきてしまったという罪悪感を自分自身がどう折り合いをつけられるのかということではないかと私は思います。私の場合、やめるのは一言「やめます」と組織の人間に伝えて「はいおしまい」ですみました。「こいつがやめるって言うんなら何を言っても無駄だろう」と思わせるオーラ満載でしたが(笑)。それよりも自分が生まれてからずっと間違った人生観を植えつけられて、さらに気づかないうちに友人にも高慢な態度で接してきてしまったことを後悔するあまりうつ病になって苦しみ続けていることです。50歳を過ぎるまで自分の人生が間違っていた騙されていた、さらに親は創価に利用されるだけ利用されて騙されたまま亡くなった。このことを未だに乗り越えることができないでいます。もう5年もこのブログを運営しているのは、このことを乗り越えるためなのかもしれません。
    ナツキさんの場合、入会して10年で創価がヤバイことに気がついたのですから、とにかくまずは活動をやめることが先決だと思います。そこに多少の嫌なことがあるかとは思いますが、創価でいることの問題に比べれば大したことではないのではないでしょうか。
    幹部から何を言われようと「信じられなくなったのでやめます」これで何一つサツキさんに非はありません。日本では信教の自由を憲法で保障されています。信教の自由を妨げるのは憲法違反です。創価学会は憲法違反を平然として行っている悪質な団体です。そんな団体の言いなりにならなければならない理由は何一つありません。
    おそらくナツキさんが「やめたい」と言ったら、幹部は「罰が当たる」とか「ろくな死に方はしない」とか「地獄に落ちる」とか「子どもに現象が出る」などと脅してきます。日本全国の創価学会員がみんなそうです。そうやって脅しまくってやめさせないようにするのが創価の手口です。試しに「やめたい」と言ってみたらわかります。まず間違いなく脅しにかかります。それこそが創価が世界平和を目指す正しい宗教ではなく、ただ単に会員から一人でもたくさんのお金をまきあげる洗脳詐欺集団だという動かぬ証拠です。
    何度も言いますが、創価学会は暴力団よりも巨大で悪質な詐欺集団です。被害者は会員です。そしてナツキさんはその被害者の一人でもあるのです。自分がやめることで周りの学会員に迷惑がかかる。そう、創価的にはかかるかもしれません。かかってダメですか?暴力団をやめると暴力団に迷惑をかけてしまうからやめられないと悩んでいるようなものです。暴力団には迷惑かけまくったほうがいいですよね。創価も同じです。それでも創価をやめるのをためらいますか?もしためらいがあるとしたら何だと思いますか?創価をやめることで何かを失いますか?
    やめることをためらわせているのはナツキさん自身ではなく、創価の手口であるということを知って欲しいです。全ては詐欺の手口です。これ以上詐欺の被害者でいていいわけないと思います。ここは思い切って「脱会宣言」をしてはいかがでしょうか。私のように意外とあっさりやめられるかもしれませんよ(⌒▽⌒)

  35. 金麦です。お久しぶりです。
    覚醒の途中、創価脳でいた方が楽だったな〜〜
    人の事を祈らさせてもらってたなぁ〜。
    その人がたの、自分に対する反応が欲しい。
    自分、自分、自分で、人の悩みを聞いては、繊細ぶったアドバイス。
    どこかで、御本尊様が、見て下さっている。
    幸福ポイント今日も貯まった‼︎
    自分が、どんどん大きな存在になって行く感覚。
    創価脳。
    解りますよ、人に頼りにされたいとか、
    困っている人を黙って見て居られないとか。
    人の心は、優しいんですよ、学会さん。
    いつまでも、学会からそれた人の不幸を楽しみに待たなくてもいいよ。オーラー黒いよ。
    道から外れた人間は、不幸になるなんて、なんて悪魔な仏なの⁇
    大丈夫かな⁇
    お金払って、お金に困らなくなるなんてさ、
    今の熱心なジーさま、バーさま見れば解りますよ。
    詐欺だなぁと。
    寄付金が、人を殺す武器に変わらなきゃいいんですけどね。
    ジーさま、バーさまのなけなしのお金。
    まさかそんな事に使われてるなんて、
    ここだけは、嘘であって欲しいですね。
    あっ‼︎創価脳のお題からそれました。
    それでは端的に一句、

    創価脳、
    人はそんなに弱く無い。
    弱みにつけ込み、
    自分の幸せ、光るかな?
    ありがとうございました😊

  36. ルフランです。昨年9月に脱会しました。
    ナツキさん、辞めるのは思ったほど大変じゃなかったですよ。「私にこの信仰は必用ありません。ですからやめます。」これで書類書いてすべて終了でした。
    ねぎらいの言葉1つありません。「最近、どう?」と罰が当たってるか確認みたいな意地悪っぽいことは時々聞かれますが気にしていません。変わりなんていくらでも何とかしますからさっさと逃げちゃいましょう。。

    てんさん
    うちの母は最高、4部聖教機関紙をとっていました、貧乏なのに(笑)
    聖教は読むものじゃなくて、とるものなんだと思ったことがあります(笑)
    こんなんで福運がつめるわけないのに。。つくずくオカルトですね。

  37. レモン様、ダイナム様、minron様、スマイル様、そしてsignifie様、私の稚拙な質問に答えていただき本当にありがとうございます。まとめてのお礼となり申し訳ありません。

    役職も手口のひとつなんですね。
    正直学会を辞めたいと思ったきっかけが『役職がイヤ』なんてどうなんだ…と思っていました。でも、きっかけはどうあれこちらにたどり着けて良かったです。

    家族もみな未入会でしがらみは地域の学会員のみ。それでも役職(係)を持っていることもありやめることを伝える不安が大きく、こちらにコメントしました。
    『投げてしまって良い』と言っていただき本当に気持ちが楽になりました。

    自分のこれからの幸せに学会は必要ないです。
    早い内にやめる意思を伝えたいと思います。
    本当に、本当にありがとうございます!

  38. 初めまして、愛知在住の学会2世の男です。
    私は小さい時から親に強制されて学会活動させられてました。
    学会員でも活動家ほど自慢話が好きで、言葉遣いは丁寧ですが、学会以外の考え方を馬鹿にし、見下します。
    創価脳とは、学会以外の考えを持つ人達は皆不幸になるという根拠のない理論だと私は思います。

  39. ナツキさんへ

    はじめまして、元学会2世だったおてもやんです。
    ナツキさんへのレモンさんのコメントで
    「役職も配達も、信者には「福運」なんですから、福運を譲ってあげましょう^」に激しく同意してしまいました。
    創価脳で考えると・・・
    脱会者が一人出た→代わりに役職をやらさせていただける→福運だ!
    配達員をやることになった→先生のお手紙を配達させていただける!→宿命転換ができる!
    という感じで、学会員達にとっては良い事をしたことになります。
    どうか晴れ晴れとした気持ちでいてくださいね。後はどうにかなりますし、ナツキさんには何の責任も義理もありません。
    取り急ぎ、応援コメントでした!

  40. ナツキさんの役職があるからとのお悩み、いかばかりのこととお察しします。
    以前に過去スレで私が替え歌を作ったこと思い出したので、よかったら‥‥☆
     チューリップ「心の旅」より
    ♪‥‥もしも許されるなら〜 役職を全て投げ出し〜〜(オリャー) このまま逃げ去りたい〜
      ご存知だったら歌ってみてください

    みなさん秀逸な替え歌を作っていらっしゃるので、
    気分転換しながら、乗り切ってくださいね

  41. 久しぶりにコメント致します。
    40代、3年前に退会済み。最終役職は白ゆり長だったぎん千代です。

    ちょっと私事ですが、3ヶ月前より階段の上り下りや曲げ伸ばしすると左膝に痛みをおぼえるようになりました。
    年齢のせいで軟骨がすり減ってるのかなと思い、本日病院へ行ってレントゲンを撮ってもらったところ開口一番に先生が
    「○○さん、正座とかしてます?」と聞かれました。
    今は正座することは洗濯物を畳む時くらいしかありませんが
    正座することで骨の角度がちょっとずれているようです。
    思えば女子部の時からなんとなく膝に違和感はあったんですよね・・
    今ほど痛みはなかったですけど、その頃から症状はあったんだなぁと病院からの帰路そんなことを考えてました。
    会合での正座。唱題会での正座。
    10時間唱題もやったこともあったし、そんなことの積み重ねが自分の膝をダメにしていたのかと思うと腹立たしく思えてきました。
    創価百害あって一利なし!!です(`Д´)ゞ
    +++

    それから、ナツキさんのコメントを読んでご心情とてもよくわかります。
    ここのみなさんがおっしゃっているように全て投げだしちゃいましょう。
    創価ではなにかと「逃げちゃダメだ」と、某アニメのセリフのようなことを言ってますが
    そんなことに捕らわれていたらこっちがバカ見ます。
    私も「役職があるし、部員さんのお世話が・・・」などと考えてたらほんとに気が滅入ってしまってました。
    でも自分の気持ちに正直になって考えてみるともうそんなことどうでもよくなりました。
    そう、後のことは幹部がやってくれますからここは逃げるが勝ちです。
    ここのみなさんが応援してくれますよ^^

  42. ルフラン様、おてもやん様。
    コメントいただきありがとうございます。

    1世で家族は未入会という状態でも辞めることをためらっているのは、きっと自分の中に地区の人たちに悪く思われたくない気持ちがあるのだと思います。

    私のいる地区はアラフォーの私でさえ若者扱いで若い活動家はほぼいません。活動家の婦人部はすぐ出世(?)して支部婦人部長になったり他支部他地区へ出向されたりします。地区にも人がいないのに。だから尚更、自分がいなくなった後の負担をつい考えてしまっていました。

    でもレモンさんの仰るように、『組織に対してどれほど尽くして義理を果たして組織を去ろうとも組織の人にとっては「退転者」に変わりない』んですよね。だったら自分の思っていることを素直にぶつけたいと思います。

    色んな方からコメントをいただいてとても嬉しいです。何度も読み返しています。
    ここのところ学会のことを考えて暗い気持ちになりがちでしたが、希望が持てました。ありがとうございます。

  43. こんにちは。 お久しぶりです、外部のぽっけと申します。
    古い友人がかつて創価を盲信し、困り果ててこのブログにたどり着きました。(友人は脱会済み)

    ナツキ様
    非活になりたいと思ったきっかけが役職を請け負ったことだそうですね。
    まずは、大切な一歩おめでとうございます^^
    せっかくなので、どうにかしてすぐにでも活動を止めてはいかがでしょう。
    ナツキさんの代わりに請け負った誰かも、もしかしたらそれをきっかけに覚醒への道が開けるかもしれませんよね^^

    レモンさんもおっしゃってましたが、役職は「首輪をつけて逃がさない」ためのものです。
    (世間には通用しない役職による、ささやかな優越感もあるかもしれませんが)
    信仰するためには肩書きは必要ありません。(創価は宗教じゃないけど)
    よく言われる「平和、平等、謙虚さ、赦し、愛」などの代わりに、「闘争!大勝利!選民意識!選挙!罵倒!蔑み!搾取!束縛!罰論!」が押し寄せる毎日のいったいどこに、心のよりどころがあるのでしょう。

    教義は正しいから、といわれても、闘争や勝ち負けへの異常な拘り、口汚く罵る新聞・・・もうこの時点で、まったく正しい宗教団体とは思えません。。。外部の正直な印象です。

    中でも、私は「選民意識」「蔑み」によってかなり不快な思いをしました。
    ごく普通の会話の中で唐突に「(創価の教えを知らないなんて)かわいそう」と言われて「はぁ?」となったこともあります。

    ムカついたので「財務のためにいい年したサラリーマンのおっさんが夜も皿洗いのバイトして、地区部長が偉いかどうかは知らんけど会合のたびに理不尽に上から怒られて、ほかの人がかからないような難病を経験して、趣味を楽しむ時間も、お金も、心の余裕もないアナタの方が、世間一般の目から見るとよほどかわいそう」と言いました。

    そんな創価脳の友人は、今は脱会して休日はマラソンやトレッキングを楽しんでいますよ。
    「こんな自由を今まで知らなかった~!時間を取り戻すぞ~!」って感じで。

    盲信している人は、ほかの皆さんがおっしゃってるように辞めた誰かの分の仕事が回ってくることでよくわからない「福運がつく」のだし、そう思えない人は「活動やめたい、なんかおかしい」と感じる機会が得られます。
    おかしいと感じた人がまた活動を辞める、次の人もまた・・・そうやって献金も活動もしない人が増えていき、創価学会という組織が衰退するのはいいことです。

    ナツキ様、そして同じように悩んでおられる皆さま、外部から応援しています!

  44. スマイルさんへ
    そのように考えるだけ立派ですね。以前にこの書き込みをした際は、自分子供の名前すら自分でつけることすらできない創価脳な親と云われました。そのとおりだと思います。 自分で命名したら傲慢だとでも思われると感じたのか はわかりませんが、池田先生につけてもらえば確かだと親は言ってました。馬鹿げた話です。ちなみに、弟の命名も同様ですが、あまりにありきたりな名前なので嫌がっていたのを子供ながらに覚えています。なら、頼まなきゃいいのに・・・
    話は飛びますが、あるブログでもありますが、活動家は老け込むの早いように思います。大きな会合のように特別に化粧して綺麗な服着ている時以外は、髪はボサボサで白髪交じり 深い皺に精気の感じられない疲れた顔 せめて、創価以外では気を抜くのですかねぇ 

  45. ヒナさま
    ルフランともうします。
    本当に信者は一般会員の話を聞きませんね。手柄話も好きです。ヒナさんに深く同意します。自分が聞いた上からの指導しか話しません。会員がいくら世間のいい話をしても興味ひとつ示さないし横向いて聴く耳をもちません。そのくせ幹部の話は大袈裟なほど大きくうなずいて首をぶんぶん振って目は真剣そのもの。話しの割り込みも得意です。役職持ちと一般会員の上下関係がはっきりしているのも創価の特徴です。一見謙虚に見えますが内心は創価のいうところの増上慢の固まりが創価の役職持ちです。どんだけ偉いと思っているのでしょうか。特例は会員の不幸話の時だけ、「うん、うんわかるよ。。。」などと最初だけ可哀想なふり聴くふりをします。言葉のキャッチボールはムリです。脱会した今の私の指針のひとつは「人の話は最後まできちんと聴くこと」です。

  46. バリ活歴16年、非活歴15年、おととし脱会したレイラです。お久しぶりです。

    以前私が過去に「外部の家族」からいじめ暴力を
    受けた投稿にコメントくれた方々ありがとうございました。

    ずーっと言いたかったこと吐き出してしまいたかったこと
    ここに吐いてしまい、本当にすっきりしました。

    おかげさまで、今は創価だったことがお笑い話にできるようになりました。

    時間は優しいです。

    ラザリスさん、クラプトンのこと、ありがとうございます!(笑)
    ティアーズ イン ヘブン 私の主人とこの曲よくききます。
    美しい曲ですよね。

    私を折伏した元彼エックス(くそ男です(笑))と主人(外部・アンチ創価)は友人でした。

    レイラのモデルになった女性は
    クラプトンの親友・ジョージハリスンの元嫁さんなのですよね。

    クラプトンとジョージの友情は永遠でしたが
    元彼エックスは私の主人に借金していまだに返さないので
    主人いわく友達じゃないと。

    自分のHNは
    ピュアな少女時代を元彼エックス氏と創価に黒く塗りつぶされたので
    自分のHNは、あの「いとしのレイラ」のモデルの女性のように
    ピュアでかわいらしくいたいことからきています。

    あ、話が創価からずれました。

    音楽の話になるとついつい熱くなります。

    題目を1時間あげるなら いい音楽聞くほうが
    犬の頭を撫でているほうがよっぽどご利益がありますよ!(笑)

    管理人さま、皆様いつもありがとうございます!

  47. 創価脳になってしまうと、創価だけが正しくて、あとはみんな間違いで、創価になることだけが人間にとっての幸せなんだから、創価になった人であっても、そこから離れれば不幸になってしまうという全く稚拙極まりない屁理屈を本気で信じてしまうんですよね。同時にものごとを功徳と罰でしか判断できなくなる。いいことがあったら創価の信心をしてきたことの功徳。悪いことがあったら自分の信心がまだ足りないんだと上から言われるので、悪いことはみんな自分のせいにしてしまうから、創価自体を疑うことがない。学会員がどんな目に遭おうと、いいことは創価のおかげで、悪いことは自分のせい。そこをちょっとでも疑おうものなら地獄に落ちるんだと、わけのわからない脅しに震える。創価に逆らうとバチが当たると本気で思い込んで疑わない。これぞ創価脳です。さらに創価が全世界に広まっていると聖教新聞にまことしやかに載っていることを鵜呑みにしているから、創価がとてもわかりやすい詐欺だとは気づかない。創価学会の公式ホームページには相変わらず創価学会インターナショナル(この名称もあたかも世界に広がっているかのように会員に思わせる詐欺の手口です)の数は、日本では827万世帯、海外にも192カ国・地域、1200万人以上と書いてあります。192カ国ではなく192カ国・地域って何でしょう?(笑)世界には196カ国の国があるそうですが、この「地域」の記載がなければ創価は4カ国以外のすべての国に会員がいることになります。さすがにそんなことはありえませんので、この「地域」という言葉を加えることでどうにでも言い逃れが出来るようにしてあります。アメリカ合衆国を1国と数えるのか、50の地域と数えるのかで違います。また中国のような共産圏やイスラム教の国にも創価学会員は存在しませんから、それだけでも創価学会員が存在する国の数が極端に限られてきます。しかし創価は創価学会員がいる国の数や会員の数を決して発表しません。もう何十年も前から「日本では827万世帯、海外にも192カ国・地域」で通してます。伝統的に個人主義が徹底しているフランスでさえ創価はカルト指定を受けたことがあります。
    日本での827万世帯という数は、創価学会が発足以来、これまで会員に授与した御本尊の数のことなんだそうです。別に今の日本に827万世帯もの創価学会員がいるということではありません。そしてこの数は少なくともこの10数年は変わっていません。つまり創価学会員は減りはしても増えることはないということです。一般的に日本の創価学会員は実質200万人くらいだろうと言われています。
    創価学会は会員数も経理もいっさい公表しません。いったいどれだけのお金が集まっていて、それをいったい何に使っているのかを、そのお金を出している会員にもいっさい教えないのです。もうこれだけでもどれだけ怪しい団体かはわかりそうなものですが、創価脳はこんなことにも何ら疑問を持てなくなっています。常に「創価を疑ったらバチが当たる。創価から離れたら不幸なるぞ」と脅されているからです。そして実際のところその脅しに震えているというのに、そんな自分自身を認めようともしません。自分は誰よりも幸せになれる超ラッキーな信仰に出会えたんだと必死で思い込もうとしているからです。現実をみるとそうではないことが明らかなので、もはや現実を見ようともしなくなります。学会員に社会性が欠落している人が多いのはそのせいだと思われます。
    本当にこんな幼稚な詐欺の手口に大の大人がまんまと引っかかってしまっている。そして大切な家族の人生までも台無しにしてしまっている。なおかつそのことに気づけない。これが創価脳であり、かつての私でもありました。いつも言うことですが、目の前の現実を直視して、普通に当たり前の感覚でものごとを判断できれば、創価学会が宗教ではなく、悪質な詐欺集団であることはすぐにわかるのですが、創価学会の最高幹部たちは、あらゆる手を使って会員に目の前の現実を見せないようにしてきました。その道具が聖教新聞であり、書籍であり、日々の会合や活動であり、同時にそれは会員からお金と労働を強制する巧妙なシステムでもあります。すべては詐欺の手口でしかありません。それが被害のターゲットである学会員には徹底して気づかれないようにしてきたのが創価の手口です。
    昨日、前スレの「これが創価脳」で典型的な創価脳の「少し活動家さん」がコメントをされていました。少し活動家さんは、見事に創価のトラップにはめられて一般的な判断能力をシャットアウトされていることがよくわかります。まさに「これが創価脳」です。もし日本の創価が827万世帯もいるのであれば、日本の平均世帯人数は2.49人なので、単純に計算すると日本の創価学会員は2000万人を超えることになります。日本人の6人に1人は創価学会員ということになるわけですが、皆さんがいた地区の統監ではどうなっていましたでしょうか?何十年も前から日本に2000万人もの創価学会員がいるなら、とっくの昔に公明党が単独政権を立ててますよ(笑)なのに現実は、公明党の得票数は、創価学会員があれだけえげつない選挙運動を繰り広げても700万票に届かないし、今も減る一方です。
    創価学会は1200万人以上の会員と言っていますが、現実は200万人程度。世界に広がり続けていると言っていますが、現実は減少と高齢化が進む一方。こんなにわかりやすい現実が目の前にあるにもかかわらず、創価脳は恐ろしくてこの現実に目を向けません。
    池田大作は6年以上も会員の前に姿を表さなくても、創価脳はその永遠の師匠のことを心配もしなければ、会いたいとも思わないという奇妙な現実。しかも6年以上も姿を見せない池田大作の著作物が毎日のように聖教新聞という企業広告が大半の会報に載ってきて、会員はそれをお金を出して同じものを何部も購入しているという現実。しかも新聞をたくさん買えば買うほど幸せになれると言われて、それを真に受けている。財務という名の寄付金も、金額が多ければ多いほど幸せになれると言われて、借金してでもたくさんのお金を貢いでいるという現実。しかもそのお金がいくら集まって何に使っているかをいっさい明らかにしないことに対しても、全く疑問を持たない。聖教新聞だって毎日莫大な広告費を生み出しているというのに、会員にただ同然で配達や集金をさせているという現実。創価脳はこんな現実にもいっさい目を向けようとはしません。ただただ言われた通りにして、お金を出せば幸せになれるんだと信じて疑うことを知りません。これが創価脳の現実です。創価のことを何も知らない一般の人がこうした現実を知っても「まさか、いくら何でもそんなことはないだろう」と言うでしょう。私だってもし創価の家庭に生まれていなければ、こんなとんでもない現実は信用しなかったと思いますし、いずれにせよ絶対に関わることはなかったと思います。でも現実はこうなんです。こうして創価学会は会員を創価脳に仕立て上げては金銭をむしり取ったあげくに捨ててしまう。それが創価学会の現実なんです。前スレの少し活動家さんはこれからも創価に利用されるだけ利用されて、気づいたとしてもあとのまつりなんでしょうね。残念ですがこれが創価学会とその会員である創価脳の現実だというしかありません。

  48. ルフランさんへ
    はじめまして、未だに学会員です。
    何か符合する様に良くない事が起きていらっしゃる様ですが、本当に気味が悪いですね。娘の他にも、あれには鬼を含む魔物が…みたいな事を載せているサイトもありました。どこまで本当なのか眉唾物ですが、実際に何かあると気がかりになります。心配になります。
    読んでくださりありがとうございました。
    失礼いたします。

  49. 草加脳秘密座談会
    司会「本日は、本音でお願いいたします。」
    原田怪鳥「最近、テレビで小出何とかの淫行事件が話題になっているが、谷○君宿坊の瓦板で、君の千葉学生部長時代に学生部の連中とやらかした、ある女性への輪姦事件が話題になったが、大丈夫かね・・」
    谷○「いやいや、それは濡れ衣ですよ」
      「そんなこと言ったら、原田怪鳥こそ、北海道に愛人がいるって、もっぱらの噂ですよ。」
    原田怪鳥「そりゃ、鳥違いだ」
    司会「大仏先生が登場です。」(大仏先生が車椅子でさっそうと入場)
    大仏先生「二人とも、マハロー、馬鹿野郎だ!」
    原田・谷○「えー!先生話ができるのですか。」
    谷○「確か、入れ歯の調子が悪くて、話がかみ合わないと聞いていたのですが。」
    司会「これは、ヒューマノイドですよ。AIの技術を使って、大仏先生の脳のデータを移植した人間型ロボットです。草加大学工学部が開発しました。」
    司会「本日の座談会には大仏先生もご参加いただきます。」
    司会「ところで、大仏先生も月刊ペン事件で醜聞にさらされましたが。」
    大仏先生「被告側に金を渡して解決した。すべては金じゃ。」
         「そういや、戸○先生も酒と女にだらしがなかったなあ!」
    原田怪鳥「先生に人間革命の歌の指揮をぜひお願いいたします。」
    大仏先生「そうか!よし座ったままで指揮をとるぞ」
    全員合唱終了
    大仏先生「君も立て、我もたつ~じゃ♪」
    谷○「先生はいつもお元気ですね」
    原田怪鳥「下半身がもっこりしていますね」
    大仏先生「バカ!これは尿漏れパットじゃ」
        「お題目を上げれば、性命力が湧き上がる。」
    原田怪鳥「そっちの方ですか。」
    大仏先生「この世の中には男と女しかいないのじゃ」
        「2つが1つになる。これこそ究極の師弟不二じゃ」
    「原田、谷○お前らは、夜の個人指導ばかりするんじゃないぞ。」
      司会「最後に、大仏先生よりご指導がございます。」
    大仏先生「原田、おれに万一のことがあっても、おれをミイラにするなよ」
    原田怪鳥「分かりました。現在大仏先生の偉業を残すライブラリーを作っています。」
        「大仏先生に万が一のことがあれば、学会葬で盛大に行います。」
    大仏先生「学会葬だけはやめてくれ。」
    原田怪鳥「なぜですか?」
    大仏先生「香典をもっていかれる。」

  50. シニフィエさん、皆さん、おはようございます。
    シニフィエさん、先日はスレッドのことでお手数お掛けしまして、申し訳ありませんでした。m(_ _)m
    完全非活の てん です。

    スマイルさん 新聞の勧誘は、何度も受けていましてその都度断っているのですが
           なかなか、シツコイです。
           部数がかなり減ってきているようで、厳しいようです。
           
    ルフランさん そうですね~ 活動家当時、聖狂新聞を複数部取っているところ
           ありましたものね~
           200%の月には、地区から連絡がありマイ聖教してました。
           今思えば、なぜあんなことさせるのか不思議です。

    今、力のある活動家さん達が どんどん創価から 離れているそうです。
    このようなブログも どんどん 増えて行くことでしょう。ヾ(゚ー^*)

  51. 非活約2年、2世、50過ぎのあにきです。
    自分が創価脳と完全に気づき、覚醒したのは、あることで、複数の幹部(職員、外郭)に疑問をぶつけましたが、まともな回答が得られなかったためです。その場で完全非活宣言し、以降、勤行したのは法事の2回だけで、幹部から私に会いたいと言ってきたのは1回だけです。ユル活の妻を通じて、選挙は公明以外に入れた、財務もやめる、ことを地元組織に伝えました。キッパリ言えば、何も言ってきません。
    完全に覚醒する7~8ヵ月前から、大小いろいろな覚醒が生じていました。その中でも大きなものに、2年前の統一地方選挙で見た地元公明の遊説の実態が挙げられます。
    遊説カーのドライバーは引退する議員で、女性ではなく他市の男性議員がウグイスをやってました。それも投票日の前日の土曜休日でです。
    その少し前までは、創価が最も敵視しているあの政党の遊説カーを見て、「ジジイ、ババアがドライバーとウグイスや」なんて言って、バカにしていました。でも、公明、創価も同じようになっている。昔は、青年部で、遊説は仕切っていたのに・・・創価は、若い人材が激減しており、お先真っ暗の状況ではないか。創価は泥舟・・・って頭に浮かんでしまいましたが、こんなこと思ったら罰が当たる、と必死になってその思いを振り払おうとしました。今振り返ると、創価脳と気付くチャンスから目を背けようとしていたのです。
    まあ、今の公明を見てたら、節操なんてないですね。私の地元の公明なんて、ゴロみたいな汚い議員連中に取り込まれていますわ。

  52. Zuruganさん
    ナイスです!(^^)
    いつも楽しく読ませていただいております。

    てんさん
    キッパリ断る!しつこくきたら、徹底的み創価の悪口疑問を言ってやればいいんです!

    あにきさん
    どこでもそうですね。今は少年部の担当が70歳を超えた方ですよ。
    未来部育成会議とかなんとかいって、4者あげて未来部を育成しよう!と。
    結局青年部がどんどん少なくなっているからですね。

  53. みなさま、お久しぶりです。楽観です。
    むちゃくちゃ忙しく最近はロム専でした〜

    現在私はSGIメンバーですが、完全非活、勤行もやめてもうちょっとで1年経とうとしています。
    ただうちの地区の連絡網(SNSで日程など連絡)にまだ登録されているので現在の状況を確認することができます。
    座談会や会合の度に写真を撮って載せてくれるので現状を把握できるのですが、まー驚くことに青年部が1、2人です。。。私がいた1年前でさえ4、5人はいたような。海外でもどんどん青年部が減っているのが現状ですよ〜
    数日前に日本の地方にいる弟と話したのですが(弟も覚醒済みだが現状把握のためたまに組織に参加)、弟の部でも本当に青年部が皆無らしいです。。。

    以前コメントにも書きましたが192か国地域。。。分布図が公式SGIのページに出てますが海外メンバーは175万人ほどです。そのうち100万人が韓国メンバー。。それも彼らが公表してる数なんで実際はもっと少ないと思います。実質活動している海外メンバーを多く見積もって100万人、日本200万人とし世界で300万人。。。すごーーい。世界広宣流布って進んでる〜。
    池田先輩の言った通りだねー。
    世界人口70億人中、300万人もこの創価学会なんだって〜。。。

    あほくさ。。。

    広宣流布するのに何百年かかるんでしょうか?!

    昔から思ってたんですが本幹参加の海外の国少なっ。192もあるのに、10から15って。。。
    しかも毎回ほとんど一緒の国やないかーい。

    Zuruganさん。。サイコ〜!めっちゃ笑ってしまいました。
    大仏先生以下家臣たちはそんな感じでしょう。

  54. 外部のkenjiです、60代後半です。学会員バリ活の友人が数人おります。
    今朝、共謀罪が参院本会議で可決しました。公明党、創価学会の加担もひどいものでした。何しろ公明党の議員が委員長を務める法務委員会の採決もすっ飛ばしての強行です。多くの世論調査でも、この法案について「よくわからない」が多数を占めているのに、十分な論議もせずに採決するとは民主主義の破壊以外なにものでもありません。このサイトは個々人が如何に詐欺学会に騙されてきたか、被害をこうむってきたかを語り合い、少しでも被害者を無くしていこうという趣旨だということは分かりますが、創価学会、公明党が日本の政治に影響力を行使して、国民に対して果たしている犯罪的役割を認識していただくことも大事だと考えています。ここに集う方の中には、左の考えの人も右の考えの人もいるから政治問題は主要なテ-マにならないということもわからないではないのですが、そうも言っていられない今の日本の政治状況だと危機感を持っています。

  55. 元男子部の奥村源造です。

     わたしの場合、明確にいつから創価脳と気づいたか?というのは、やや記憶がさだかではありませんが、とにかく「選挙」はイヤな思い出ばかりでしたね。法戦、センセへ報恩の戦い、常勝関西、とかなんとか上から言われて「F取り」をしましたが、わたしの場合、確実に友達は減り、知人からは軽蔑、あわれみをうけました。ですから、それがイヤで、しだいにウソの報告、水増し報告に走るようになりました。

     話は変わりますが、昨日のsignifieさんのコメントを読ませていただき、創価学会というのは、いわゆる「ネズミ講」と一緒ではないか?とふと思いました。
     ネズミ講は、正式には「無限連鎖講(むげんれんさこう)」と呼び、組織の会員になるには、(紹介者への)金品の支払いが必要であり、自分が会員になると次は、一人会員を増やすごとに、紹介料として「一部の金品」を得ることができる。そうやって、親会員から子会員へ、子から孫へと無制限に増殖していき、一番上の親が最も儲かるシステムのことですが、創価学会が、まさにこれにあたるのではないでしょうか。
     地球上の人口が有限であるため、ネズミ講は、いずれの時点で破綻し、入会者の大半に損失を与えるため、日本では法律で禁止されています。
     
     創価学会の場合、「広宣流布」という宗教を隠れみのにして会員を増やさせるため、金品の支払、並びに紹介料等は一見すると発生しませんが、その実、財務、広布基金等々、何らかの名目でおカネを吸い上げ、上納させるシステムであるのはみなさんご承知の通り。そして、広宣流布が達成するその日まで、折伏、(公明党支援の)選挙活動、新聞啓蒙が、延々と半永久的に続くことになります。
     
     現実に考えて、広宣流布など、あり得ませんよね。地球上の50数億の人々がすべて創価学会員? 日蓮さんの仏法に帰依する?? 仮にそんなことになったら、逆に恐ろしくて、あっというまに地球が破滅してしまうでしょう。
     いろいろ多様な価値観を持ちながら、それらを尊重し合いながら、おたがい仲良く生きていくのが本来の人間の姿でしょう。それを、自分たち以外の考えは邪宗、邪教、全世界を日蓮(創価)仏法に帰依させる、いわゆる広宣流布など、世界征服にもつながる、危険思想そのものだと思います。

     できもしない、現実にあり得ない「広宣流布」などということを旗印に、ムリやり布教活動、選挙活動、新聞啓蒙、書籍販売を末端の会員におしつけ、ピラミッド構造のトップに位置する池田センセ、及び職業幹部のみが潤う現実こそ、まさに、ネズミ講そのものだと思います。さらに、「魔」「罰」という宗教で会員を恐怖で縛り付ける分、ネズミ講よりもはるかにタチが悪いと思います。

     いろいろ悩みがあったがゆえに、折伏を受け入信し、信仰を通じて幸せをつかもうと思ったのにもかかわらず、いつのまにか、”広布へ走れ” と、勝手に池田門下生にさせられ、師弟不二、師匠への報恩の戦い、とかなんとか、言いくるめられ、創価学会という「講」の組織拡大の手駒、そして、池田センセ、職業幹部を豊かにするために、バカみたいな活動、選挙活動をさせられ、せっせとカネ(財務)を貢いでいたわたし自身を振り返ってみて、ホント「バカをみた」というのが正直な感想です。

     創価学会は、いかさま宗教で身を隠した詐欺集団にして「ネズミ講!!」  これにつきると思います。

  56. kenjiさん、コメントありがとうございます。
    安倍政権もとうとうここまできてしまったという感じですよね。そしてこの安倍政権の暴挙ができるのも、何も考えないで公明党を支持する創価学会員がいるからなんですが、ここまで来ても創価学会員は自分たちが日本をとんでもない方向に追いやっているということに気がつきません。まさに創価脳の真骨頂です。政治のことなんか難しくてわからないという学会員が、わけも分からずに、というか自分で考えることをしないが故に、功徳があるという甘い言葉につられて公明党や自民党に協力しているんですからね。そもそも民主主義の真逆をいく創価学会に何の疑問も抱かないというところからまるで話にならないのですが。しかし現実はこうなんですよね。安倍政権の閣僚のほとんどは国家神道を精神的支柱とする極右団体の日本会議のメンバーで、そこに一人だけ公明党の大臣が入り込んでいます。一人の大臣を公明党から入れるというだけで、自民党は創価の票を丸ごと自分たちの議席にして、極右団体のやりたい放題に政治を私物化しているんですよね。公明党とは名ばかりでほぼ自民党ですから。しかし学会員は自分たちが国家神道から操られているということも理解できません。なぜなら自分のことしか考えてないからです。「功徳があるというから公明党に入れる」「功徳があるというからお金を出す」「功徳が欲しいから聖教新聞の配達もする」そして「この信心から離れると不幸になるというから恐ろしくて離れない」みんな上からいいように言われるがままを信じて、会合だ選挙だと走り回っています。共謀罪が何のことだかわかってたらできることではありません。わからないから、素人もしないから、まるで興味がないから、何の疑問も持たずに言われるがままにやるんでしょう。
    このブログで政治的なことを語るのはいけないとはいいませんが、やはりこのブログの焦点がぼやけてくるかと思います。ここでは学会員がいかに騙されているのか。そしていかに騙されていることに気づかないで自分も家族も不幸にしてしまっているか。何とか我に返って、目の前の現実を見て、本当の幸せが何かということも自分で考えて、今やっていることがいかにおかしなことかに気づいて、1日も早く脱会して欲しいと思います。いつも言いますが、本人が自分で考えて気づくこと以外、創価から抜け出す道はないと思います。ここはそのきっかけだったり、背中を押してくれる言葉を見つける場所になれば、それだけでも存在価値はあると思っています。逆にそれ以上のことをこの場に求めてもどうにもならないと思います。
    ということで、私も政治に関する個人的な意見は述べたりもしますが、そのことについての議論をみなさんと深めるような場所ではないと考えています。どうかご理解ください。もちろん政治的な発言が禁止というわけではありませんし、公明党がやっていることを切り口にして創価脳の現実を明らかにするということは意味のあることだと思っていますので、そこは各人の判断でコメントください。よろしくお願いします。

  57. 非活約2年、二世、50過ぎのあにきです。
    テーマにはそぐわないかもしれませんが・・・
    今日、発刊されてから間もない、地元のあるカルチャースクールみたいな組織の年史を見る機会がありました。
    この組織の副会長は、創価の元職員で元副会長だった奴が就いています。こいつは、今の役職は参事か参議か忘れましたが、今でも創価のそこそこ大きな会合では幹部指導もしています(少し前の聖教新聞地方面でも出てました)。
    さて、この年史には過去の活動の写真が多く掲載されています。創価から見ればいわゆる「邪宗」の神社仏閣へ訪問した際の集合写真もたくさん載っており、ほとんどのこうした写真に、こいつはニコニコした表情で写っていました。まあ、こいつも「拝観料」という名目で、邪宗にご供養をしたはずですね。あらっ、それって、謗法じゃないですか?それも1回や2回じゃないですよ。
    あのね、創価脳の方にはですね、今でも、鳥居や山門をくぐると身の毛がよだつ方がいるのですけど・・・
    この年史、地元の組織で見てもらったらどうなるかな?
    謗法厳戒?よう言いますな。開いた口がふさがりません。創価なんて、上の幹部からこんなもんですわ。
    あっそうか!! 日蓮正宗から離れたので、何でもありになったのですかね?

  58. こんばんは。
    本当は、毎日コメントしたい担々麺です。
    今日は、「うどんが主食」のカップ麺を主人と買ったんですが、なんだかお腹いっぱいで食べずじまいで(汗)
    ちなみに、バリ活だった女子部の卒業間際に覚醒しました。婦人部など一切しておりません。実家のゆる活両親がいるので、退会まではできません。

    で、毎日コメントしたいというのは、もう次から次へと、創価への文句と言うべきか、悔しさと言うべきか、いろんな思いがあふれ出てくるからです。

    覚醒したみなさんのコメント見てても、本当にそうだと、共感することしきりです。

    私が創価脳と気付いたのは、1月の急激な覚醒の時でしたが、その前から、創価にいろいろと疑問は持っていたわけで・・・
    例えば、池田氏の著作が代作ということは、冷静に考えて気付いていました。
    なぜなら、例えば、聖教新聞の新人間革命の一回分の文章をノートに書き写してみるとします。それだけでも大変な労力が分かります。
    私の母が以前、新人間革命の連載開始時に「先生からの大事なお手紙だから、全部書き写す!」と言って書写を始めましたが、これがなかなか大変で、どんどん溜まっていっちゃって、第1巻分も書きうつさないまま挫折しました(笑)。

    で、今、単純に考えて高齢の池田氏が、執筆する体力なと考えられません。私の祖母の80代後半の頃をと比べても、健康な人でもあの文章量を書くなど無理です。それに、新人間革命だけでなく、たまには随筆とか書いてますし、会合にはメッセージを欠かしませんし、大百蓮華の連載の監修とかもあって、どこに時間と体力があるんだ?(いやない)。あれは誰かが代筆してると気付いてはいたんです。
    ただ、「先生を悪く言う」ことができなかっただけでしょうか。バチがあたりそうで。

    「池田先生」という、作り上げられた虚像なんだなというのを、今はひしひしと感じます。

    なんだか、子どもの頃に読んだ漫画に、こういうのがありました。宇宙のある場所に、とても有名なというか、恐れ(畏れ)られている女王がいて、その女王の元には、たくさんの貢ぎ物が来る。それも、何十年か何百年か続いている。
    あまりにも恐れ多い女王なので、誰もその姿を見たことはない。
    しかし、あるとき分かった。女王はとうの昔に死んでいて、ひっきりなしに来る貢ぎ物は城の中で大量に腐って強烈な異臭を放っていた。
    女王を畏れるあまり、女王の虚像が、そうさせていた。

    みたいな・・・
    うーんと、銀河鉄道999だったような・・・ハッキリしなくて申し訳ないですが、
    そんな虚像なんだなと、つくづく思う、今日この頃です。

  59. 昨夜は子供を連れて蛍を見つけに近所の田んぼを回りましたが一匹もいませんでした。私が子供のころは沢山いたのにな。人間の都合で地球がどんどん変わっているんですね。寂しいです(>_<)
    元三世40代ノジコです。

    創価脳であることに気付いたのはこちらのブログを見始めた一年前です。
    外部で創価アンチの叔父が死の病を克服したことで、福子の弟が高校生で癌で苦しんで亡くなったのに叔父の軌跡が信じられなくて創価脳が誤作動を起こしました。
    「創価学会は本当に正しいのか」との疑問に思考停止せず、解決をネットに求めたことで、間違ってたのは創価脳の私だったと気づき覚醒できました。

    覚醒しカラコピ巻いて勤行唱題をやめて一年。退会して約半年。だいぶ冷静に考えられるようになりましたが、創価脳のときの自分を思い出そうとすると、最近はもの凄く気分が悪くなり、コメント書いては消しての毎日でした。(T_T)
    創価から植えつけられていたものはそれほど異常な思考だったんだということなんですね。

    創価脳の時は外部の人は「なんでこんなに素晴らしい信心がわからないんだ?」って思ってたんです。
    創価以外は不幸の因を転換できないまま死んで行くから今は何事もなくても、必ず不幸になる。来世もずーっと不幸なのにと・・・。
    人の幸せを祈ってるのに、根底にはこんな考えがあって、かなり矛盾してますよね。(だから鬱にもなってしまったんですね、きっと。)

    もう創価なんてこりごりです(T_T)

  60. テロ等準備罪の新設が決まりましたね〜
    私個人としては東京オリンピックを控えて成立して安心かな、と思いますが、
    肝心の中身については曖昧なまま議論は進まなかった‥‥、という感じの不安はあります。

    とりわけ気になるのが、何をもって犯罪の準備を企てたと見なされるのか?
    指し示されるものの中に、「人身に関する搾取」「その他資金源」が挙げられてます。
    ??‥‥なんかどうしても創価の活動が頭に浮かんできてしまうのです。
    財務、聖教新聞等でなけなしのお金を通年の会合、選挙支援に乗じて集めさせるわりに、
    使い道がはっきりしない、見過ごせるような額のお金の集まり方ではない、
    今後こうした点に注視されることは、創価としてはどうなのでしょう?

    これを機会に見直す?
    いままでは勝手にやりすぎた地区幹部もいるようだが、
    そこまでとは自分は正直言って知らなかった、‥‥とか言わないでくださいよっっ
    自分の都合の悪いことは、『知らなかった』 ←← 創価脳の典型例の一つ
    一緒に活動してた身近な人が、このブログでこんなに苦しんでる
    自分のことじゃないから知らないわからない、じゃ、済まされないよ☆

    シニフィエ管理人さんとは、また違うスタンスで政治的私見を述べてしまい
    申し訳ありませんでした
    クロスオーバーに対話の拡がるこの場にいつも感謝です

    担々麺さん、たしかに999にあったような気がする☆
    私ね未来部の御書講義のとき「宇宙っていうのはね‥」の話が始まったら、
    頭の中で999歌ってました♫ なんかごめん
    最近は子供達と冷やし中華食べました^^

  61. イヌです。学会側からの宗門批判に、「宗門は広宣流布していますか、折伏していますか、していませんね。偉そうに説教しているだけです。」というのがありますね。
    これって今はやりのブーメランではないですが、まるで池田氏の行動そのものではないでしょうか。これまで世界各国の要人と会談して折伏したことがありましたか?リーダーが率先してやらないことを弟子に強要することが師弟不二といえるでしょうか。
    異文化の異宗教を信じる偉人と交流するのはいいですが、称えあうだけで、なんの破折もしていません。このようばなんの宗教的意味合いのない行動に対して、池田先生はすごいと世界で広宣流布のためにがんばっておられると思えるのはやはり創価脳なんでしょうね。

  62. 皆様ご無沙汰しております。
    非活三世の理想系です。

    先日報告した新聞代について、2月末を最後に引落が終わりました。これで学会に関するコストは全て消えました。
    また学会の付き合いは転居により全て無くなりました。
    あとは、学会を信じている両親に学会について私見を述べるタイミングのみになってきました。

    もし男子部がやってきたら、それは学会が何らかの手段を使って新住所情報を入手したことになる。。

    さてスレッドに関するコメントです。
    もともと非活な親の元で育ったのですが、信心唱題と新年勤行会参加を欠かさず両親はやっていましたので、私もそのように過ごしていました。
    「願いとして叶わざるなし、信心即生活、仏法即社会」
    「学会が素晴らしいことを実証するために、学歴資格職業を以て外部に知らしめていかなければならない」
    それだけを胸に勉強をやりまくってました。
    しかし、私自身の創価脳の時代は、高校卒業と共に消え去りました。
    何故ならば、祈って願いが叶うと言われているのに、願いが叶わなかったから。

    結局、自身の努力が最後は物を言う。
    勤行唱題している時間があるなら、その分勉強に充てた方が効率がよいことを浪人生で知りました。。

    また、先日両親が家にやって来て、選挙について念押しされました。
    「公明党の〇〇議員だからな、男子部から話とか来ているだろう?」
    と言われましたが、話を合わせるのに精一杯でした。既に男子部含む学会の付き合いは無くなってますからね(汗)

    いつもとりとめのない話ですみません。
    過去スレも、ようやく2015年4月、白いブランコさんとの対話まで追い付きました。

    またしばらくROMに戻ります。

  63. こんばんは!
    学会4世で女子部、バリ活29歳、農家、実家暮らし、最近覚醒したものです。バリ活でも今までに3回学会不信の時期がありました!(どれも1年間位)
    我が家は学会4世+農家のめんどくさい規律?なんて説明したらいいのでしょうか、、、wそれらが複雑に絡み合っているので割愛しながら簡単に書きたいと思います。

    覚醒した理由など

    祖母の信心強制でしょっちゅうケンカをしていました。毎日毎日お題目お題目!私が体の不調や悩みを打ち明けても、お題目あげればすぐ治るよ!お題目が足らないからだ!だからダメなんだ!功徳功徳福運福運
    全部お前のためなんだ!
    いわゆるバチ論を子供の時からたたき込まれました。
    唯一相談できた姉も、当時は大幹部
    相談しても、お題目だよ!!絶対乗り越えられるから!味方だよ!(当時は姉のおかげもあって乗り越えた経験もあります)
    しかし、姉の言動をみると矛盾を感じる部分もしばしば、、
    母は白百合長をへて地区副婦人部長、合唱団
    白百合長時代から選挙や啓蒙などになるとポイント稼ぎに必死。
    本当に嫌と思ったのが、自分たち選挙や新聞が頼めた人の数を娘の私の名前で報告すること!新聞にいたっては、私の名前で自分で新聞とる事、お金は母が払うということを勝手にやってる事、、、w
    これは我慢できずに何回もやめて!といいましたが、これは福運になるんだよ!と祖母と母。父は見て見ぬ振り何も言わない。
    姉に相談しても、ほんとはいけないんだけどね、、、で終わりw
    少なからず私から見て家族みんな幸せそうに見えないし、たまーに人を下に見たりしてることがある事。でも本人たちはむりやり?今幸せだよ!と不安げに言う。
    完全に創価脳、創価シャッター

    そして、知らぬ間に家族全員が家族に相談、弱音を吐けない環境に自然となってしまいました
    だって信心がたりないって周りに言われてしまうから、、、
    そうして私は25歳から約4年間ウツ状態になって引きこもり原因不明の脳脊髄液減少症になりました!(今は治りました∩(´∀`)∩)

    覚醒できた最大の理由

    大好きな彼に折伏、仏法対話している最中、学会員ではないのにとっても幸せそう(自分は幸せだ!と言い切ってる)でどんなときでも優しくポジティブな姿に疑問を持った事です。なんでやねん!!wとつっこみたくなる程にw
    私自身、引きこもりから抜け出したばかりでネガティブになりやすいので、彼がキラキラしすぎて眩しかったのです!なんで信心してないのに、すでに信心の究極行っちゃってるの???と
    私は幸せになりたいんだよ!この〜!と追求。
    初めは彼に質問攻め!w
    私がいかに創価三代武器、創価脳、創価シャッター、創価スイッチだったのかがわかりました!そして私のネガティブの原因は幼少期から教え込まれたバチ論だと判明しました。
    ある日学会員ではない彼が、バリ活の私に
    なんの為に信心してるの??と言ったのです!本当に衝撃的でした。

    次に政治経済歴史文化宗教生物生理心理の分野までヒントを出してもらいながら広い目線から今の状況を見てみました。深く追求していくと物凄いボロがたくさんでてくるのです。
    初めはネットだし!と思っていたけど、調べれば調べるほど信憑性が高くなっていき納得するしかありませんでした。

    先日ゆる気味バリの親友に打ち明けたところ、最初はショックを受けたようで、結構きつい事をたくさん言われました。が、次の日は昨日はい良すぎたごめんね!と私の考えを受け入れてくれました。
    私の幸せだけを祈ってるよ!と多様性を認めてくれました。
    こんな子もいるのも事実です。

    いろいろ考えた結果
    祖母は高齢なのでしょうがない。今更考え方を変えるなんて、、ね。
    両親は学会が一つのコミュニティになっているからそれそれでいいと思う。
    姉や親友もそれぞれでいいと思う。
    みんな自分が幸せと言ってるから、それはそれでいいよね!
    人の幸せ、病気が早くなおるように、悩みが早く解決するように祈ってるのも本当
    私も本当に人の幸せを願っていました!
    でも納得できない部分もあり、それが恐ろしい事であるのも本当。
    幸せを信じる家族にやめるなんて口が裂けても言えません。続けるのも無理。
    納得できない部分はそれこそシャッターしていくつもりです!(あ!シャッター役に立ったw)なのでこれからは未活動で距離を置くつもりです!
    ずっと思考停止だったから巻き返す気持ちで幸せになりたいと思っています!

    なんかテーマにあってないし、ぐちゃぐちゃになってしまいましたが、全部ではないけど素直な気持ちを書きました。

  64. 一世、四半世紀バリ活幹部、非活歴約2年半の壮年部アラフィフのギルークです。

    創価脳…とりあえず一つ挙げるとすれば、客観的に自分を見れなくなることでしょうか。行動の根幹が支配されていますので当たり前かもしれません。世間からどう思われているのか少しでも考えない限り、学会の言う広宣流布なんてできるわけありません。それにしても『凡夫』が会議室で決めた「本尊の定義」や「会則」ごときで「宇宙の法則」がコロコロ変わるなんて…ね(笑)。

    すこしバリ活になったくらいで、世の中の法則全てを『知った気』になるのも『創価脳』。同時に世の中の情報がシャットアウト(受け入れいないと言う意味)される瞬間でもあります。

    世の中には、学会本部の指導に頼った生き方でない、自分で悩み考え行動して、失敗してまた自ら何かを得ようとしている人が大勢いるのですよ。

    すこしばかり活動したからといって、全てを知った風なことを言うことがどれだけ滑稽で、また人の気持ちを逆なでし傷つけているか…。そんなこともわからないようで何が信仰者か。

    ネットでバチ論をのたまう前に、地区の未活動の部員さんを立たせることがよどほ先決だと思いますけど。

  65. はじめまして
    創価2世。女子部バリ活→婦人部ヤング支部責→非活の40代メッキと申します。
    創価脳に気づいたのは、夫の父親の死顔を見たときです。
    とってもいいお顔でした。
    創価でなければ死顔は悲惨というなぜかそういう思いにとらわれてました。
    現在は、新聞をやめ、財務拒否の非活です。
    非活動宣言をしてしばらく訪問がなかったのですが
    ここ1ヶ月ほど2回地区の人がきました。なにか今、あるのですか?

  66. みなさま

    久しぶりにコメントさせて頂きます、元地区婦のジンジャーです。昨年脱会済みです。

    今朝、私の母が急性脳梗塞で入院いたしました。
    67歳で、今後も麻痺などが残る可能性があります。

    母は熱心な学会員で14歳で姉の折伏で入信したので、信心歴50年以上になります。
    母は6人兄弟の末っ子で、母と2番目の姉、2人だけが学会員で熱心に活動してきました。

    数年前にその熱心な活動家の姉が直腸癌で他界。
    そして今度は私の母が脳梗塞です。
    他の兄弟はみな元気に暮らしています。

    これは一体どういうことなんだろう、、と今日しみじみ考えてしまいました。

    学会員は『宿業だよ』と言うかもしれません。
    でも冗談じゃないです。

    今まで選挙では公明党を支援し、必死で聖教新聞の啓蒙をし、自宅を拠点として提供したこともあり、新聞配達も母は正配をしてました。
    当時のB担もやり、財務も三桁やり、結果がこれですか?
    私も母と同じように必死で学会活動してきました。
    その結果がこれですか?

    あまりにもおかしいです。

    創価学会に入っていたら幸せになれるんですよね?
    それがこれ?
    まさに宗教という名を借りた詐欺団体です。

    母は宗教が原因で離婚して、67歳になっても働いてました。申し訳ないけど、幸せそうには見えないです。娘のお前がもっと楽させてやれって感じですが母を助けてあげられるほど稼ぎがないから、苦労させてしまったかもしれませんが。。。

    創価学会なんか信じちゃだめです。
    お金をむしりとられ、選挙活動や聖教新聞の啓蒙などに労力を無料で使われるだけです。

    テーマとずれてしまって申し訳ありません。
    動揺して文章にもまとまりがないですね。。
    乱筆失礼いたしました。

  67. 非活約2年、二世、50過ぎのあにきです。
    6/15付聖教新聞4面に紙上座談会が載っており、原田、長谷川、永石、志賀、伊藤というトップがいろいろとのたまっています。
    その中で、私が最も忌み嫌っている「異体同心」ということに触れられています。学会の幹部は、組織として活動の成果があまり上がらない、自分たちの言動で不適切なことが生じてしまったなどのとき、謝るということはほとんどせず、異体同心という言葉でお茶を濁す、ひどいのになれば、団結をみだすな、ということで、下を叱責する奴を数多く見てきました。
    私が経験した大きな覚醒のうちの一つを紹介しておきます。あることで約束を破った支部長を叱責していたところ、上の担当幹部が横から入り込んできて、異体同心で団結しなければいけない、そんなに怒らないで、と私に言いました。この約束をした打ち合わせのときには、この担当幹部もいたので、私は完全になめられていると思い、ぶちきれてしまいました。後日、この担当幹部は私に対して正式に謝罪してきたので、形だけですが許しました。心の中では、こんな奴が上にいるからまともな組織になっていない、と呆れた思いがより一層強くなりました。
    創価が使う「異体同心」という言葉、それも特に上の幹部が使っている意味は「つべこべ言わずだまって組織の打ち出し通りにしろ、上の言うことは絶対、上がやらかしたミスや不始末には罪がない」ということ、と思っておいていいです。
    末端の会員を縛る「魔法の言葉」です。

  68. スマイルさん、
    題目だけじゃどうにもならないことがあるんですねぇ~m(__)mオヘェ~

    熟女マニア必見、これが公明党議員のお仕事。
    これぐらいでガタガタ言ってたら公明党議員なんかやってらんねえよなぁ、ってか。バカ野郎仕事しろwいや、するなwwややこしいわw

  69. こんばんわ、ルフランです。
    私もバリバリ創価脳人生でした。どんなばかばかしい打ち出しも真面目に動いて功徳欲しさ、罰の怖さに翻弄されていたんですから。まるでピエロみたい。ウソっぱちの詐欺人生でした。
    会合に出てこなかった部員さんを食事に誘って座談会出席したとカウントしました。もちろん本人には内緒です。昨年まで私も同じことを何年もされていました。分かっていましたが騙されたふりをしていました。退会する少し前「このランチ会って何かの会合に出たとカウントするんでしょう?」と聞いたら会員どうし、目を会わせ、「そんなことしないわよ。楽しいから食事しているのよ」と見え見えの嘘を言いました。(バリ活だったからあんたらの魂胆なんて裏の裏までわかってんのよ)。可哀想なのでそれ以上つっこみませんでしたが、退会してから一度もお誘いはありません。あんなに私たち仲良しグループをアピールしていたのに所詮、作られた演出だったわけです。一例を書きましたが創価は何からなにまで自分を殺して演出のオンパレード。選民意識も半端ない。「あの人は今は幸せだけど仏界をゆげんできる本尊を知らないなんて可哀想」「一般人に比べて私たちはホントに幸せ、前世で頑張った結果ね」など、どんだけすごい「わたし達地湧の菩薩よ」をあつく語り合ってきたことか。。。おのずと普通に生きている人を無意識に見下していました。これぞ創価脳人生でした。

    少しでも創価の悪口など言われることがあれば気持ちの中ではマグマが爆発するほど腹がたち、コイツ、絶対に地獄に落ちるぞーと、めちゃくちゃ魔扱いし子孫末代まで地獄行き確定だー!と創価スイッチ押しまくり。。。そうやって罪もない人間を姉妹までも選別しながら生きてきた日々は最低でした。悪いこともしていない人間を地獄行きにしてしまう宗教って一体なに?創価脳特有のくせであり教えです。
    創価は完全なる詐欺団体ですよ。早く気がついて逃げましょう❗痛い目にあうのは一般会員の方です。

    くまさんへ
    共感しました。母もFや財務を肩代わりしてくれていました。苦しいのに幸せよと言い友人や姉たちに弱みを見せることができませんでした(笑)。気持ちがないのなら脱会と同じですよ。関わらないようにしたいものですね。

    ジンジャーさんへ
    お母様お見舞い申し上げます。大変でしたね。ジンジャーさん、お体とメンタルにお気をつけください。
    私の母も心筋梗塞で手術をしましたが、親類の中で信心している母だけがこのような病にかかりその上認知症。。。父や二人の姉の反対を押しきり命懸けで信心を貫いてきた結果がこれです。もう、多くの人がただの新興宗教(詐欺)といい加減気がついているのではないかと思います。教義もかわり池田は生死もわからず本幹はまったく原田からして歓喜なし。どう見ても学会離れはとめられませんよ。

  70. こんばんは!学会三世のヤングミセスのコンブです。
    メッキさん初めまして、こんばんは。学会員の方が来られた理由は都議選のことじゃないでしょうか?公明新聞に公明党危うしと載っていました。誰か知り合いに頼める方いませんか?とか、投票お願いしますって内容かもしれないですね。違ってたらすみません。
    私にとって、選挙が1番、心が苦しくなる活動でした。法戦とか闘いとか、当選、勝利って、宗教団体のすることじゃないと思います。唱題会の合間に会館で電話での対話とかあり、会合での拘束時間も長くなりますよね。本当に苦しかった。誰か頼める人に支援をお願いしてと言われ、何かの受験並みにプレッシャーを感じました。この闘いを勝ち抜けば、功徳が1番分かりやすく現れると言われて本気にしてました。どうかしてましたm(__)m

  71. ルフランです。創価学会の政治部門公明党、相変わらずの淫乱体質ですねぇ。
    会員が汗水垂らした一票で当選した結果がこれですか?。。。高い収入貰っていいご身分ですね。
    友人を失いながらもF票に駆けずり回り公明党員という理由でリストラされてしまった学会員を知っています。
    公明党議員が力を貸してくれなかったために倒産し夜逃げした商売人を知っています。自業自得といってしまえばそれまでですがなーーんにも庶民の味方などではない役立たずがこの淫乱写真には良くにじみ出ています。
    堂々と、ほんっとに汚らわしい!
    なーにが自民党のスットッパーですか、そんな力もないくせに!
    Aさんありがとう!
    スプリングセンテンス(笑)ありがとう!
    アップしてくれたスマイルさんありがとうございます!
    ちょっと汚い言葉を言わせてください。

    公明党議員のバカやろーーー!
    とっとと、公明党なんか解散してしまえーー糞ぞろいが!!

  72. スマイルさん

    私もさっき見ました!
    ちょーやばい!気持ち悪い!
    ほんとにほんとに気持ちわるー!

    バリ活だったときはきっと、議員に魔がはいった!みんなを騙したのは許されない!
    日顕並みに、魔は消えろー消えろー!
    ってお題目あげてたんだろうなぁw
    でも悪いのはこいつらだけだから票は入れてね(๑•̀ㅂ•́)و✧

    みたいなw

    ちょうど告示前?どういった対応をとるのかちょっと楽しみですww

  73. 久しぶりです。
    宝星さんのテロ等準備罪のコメントにおもわずコメントしたくなりました。私は報道ステーションで木村草太氏が言われたことが事実だと思っています。
    木村氏はテロの危険と監視社会のどっちを選ぶかという論点の形成自体が間違い。本当の論点は、テロ対策という政府の嘘を許すかどうか。政府が国民をごまかしに来たときに多くのメディアがそれを見抜き、有識者もテロ対策は嘘だなときちんと見抜かないと、国民が正しい判断をできない。とおっしゃっています。
    秘密保護法、マイナンバー、共謀罪によって監視社会が完成して民主主義は死んだと思っています。今後日本の文化や日本人のアンディティティがどのように破壊され、人間性を奪われていくかその後にやってくる人間性喪失の無味乾燥なロボット化社会がこわいと言っている人もいます。私は創価学会の活動についていけなく脱会したけど日本全体が全体主義になるような気がします。

  74. 創価脳と気付いた時ーまさにこのblogに出会ったときですね。
    それまで、創価は正しいと信じていた、否、信じようとしていた、信じなければいけないと思い込んでいたのです。
    けれど、役職に追い詰められ、救いの糸を手繰るように、初めて「創価」を検索してたどり着いたこのblog。ここにも!ここにも!同じ思いの人がいたんだ!寝る間も厭わず読み進み、覚醒!
    あのまま役職に縛られていたら、今頃、心療内科通いだったでしょう。(現に『創価スパイラル』に飲み込まれ、そうなった方も多いようですね💧)
    思えば、まるで夢遊病者のようだったかもしれません。

    シニフィエ様、本当にお忙しいなかblog運営ありがとうございます。人生の恩人と感謝しております。どうぞお身体に気をつけて、無理なさらず、細く長く続けてくださることを切に願います。

  75. ジンジャーさんへ

    はじめまして。元学会2世のおてもやんです。
    お母様を思う気持ちが伝わってきます。
    助けてあげたいのに助けてあげられないもどかしさ、すごくわかります。
    私の母も信心50年以上続けたのに30代後半より喘息に倒れ、工場の倒産、人身事故、自己破産、などを繰り返してきたのに、
    「信心があったから乗り越えられた」と言い続け、財務に新聞啓蒙に頑張ってきました。
    私が脱会した時も鬼の形相のように睨みつけ罵ってきたものです。
    それでも、信じて母が幸せならばと母の信仰を妨げるようなことはせずに静観していたものの、末期の胃がんが発見され・・・
    病室で二人きりでいる時に、「なんだったんだろうな・・・人生」とつぶやかれた時は、ただただ「頑張ってきた人生に意味はないんだよ!」と泣きながら言うしかなく、親が創価に払った代償の大きさの前に無力でした。

    少しでも母親を助けてあげられるのは、信心抜きの心の触れ合いだと思います。
    お金はないけれど、本当に親を案じてくれている子供の存在は、親にとって「心の宝」になると思います。
    母は、普通の親子の語らいがなかったことも後悔していました。
    どうかお母様に暖かい言葉をたっぷりかけてあげてくださいね。

  76. 本日のコメント、慌てて自己紹介を忘れておりました。
    婦人部、50代、非活中、ビッケです。
    大変、失礼いたしました💦

  77. はじめまして?前にも投稿していました脱会12年目の元学会2世です。
    HNを変えました。
    被害者であるけれども加害者でもある、と認識するに至ることがなければ創価脳のままだと思います。
    そのつらい現実を受け止めて、はじめて創価脳脱出です。

    新聞を未だに購読している人は加害者です。
    公明党に投票している人も、未だに加害者です。
    財務に参加している人も、加害者には変わりありません。
    組織の人の誘いで会合に参加する人も加害者でしかないのです。
    すべて創価を利する行動です。

    創価脳を脱したと言いながらも、これらの行動をしていることは自身のなかに精神的な乖離を生みます。
    自己矛盾につらくなるだけだと思うのです。自分を苦しめるだけです。
    できるだけ早く、速やかにそれらから卒業されることを願います。

    耳障りのいいやさしい言葉だけに惑わされてはいけません。

    ご家族が創価脳、だと言う方々。
    わたしもそうです。
    精神的にキツイです。
    負けないでください。
    創価脳は、相手を苦しめる術に非常に長けていますね。
    その集中力、執念は凄いです。

    負けないでください。
    時は徐々に変わる方向へと導かれていくと思いますから、必ず!
    この世の中で変わらないモノなどないのです。

    前に進みましょう!
    いまよりも。。

    とつぜん来て、すみません。
    荒らすつもりはありません。

    NHの由来は
    ひわ色、冬から春になり樹木のみどりの生まれたての淡いきみどり色のことです。
    日本画の色の分類。
    早春に、このひわ色に満ちた山をめぐった感動がいまもあります。
    希望、に満ちた色ですね。

  78. くまもんさん、コメント目に留めていただき、ありがとうございました
    テロ起きないといいですね、東南アジアでも起きるようになってきましたね

    創価が関わらないことを願ってやみません☆
    現役学会員さんは実態に気づいて、一刻も早く活動から静かに遠ざかりましょう

  79. 公明党と検索すると「キス」と出てきますね。二人とも創価大卒とか。
    覚醒した今は大仏が作った公明党なので、そんな奴らがいてもおかしいことではと理解できますが、ひどいですね、キモ過ぎです(-_-メ)

    創価脳でその記事を読んだら・・・
    「選挙が近くなってきたからまた根も葉もないでっちあげね。今流行りのハニートラップかしら。広布を阻もうとの魔が出てくるのは当然のこと、御書のとおりね。魔が競うなんて本物の証拠。すごい信心ね~。まぁこんな記事出ても全然平気よ。公明(創価)がこんなことで揺らぐはずなんて断じてないの。最近会合出てない部員さんが惑わされないようにしっかり家庭訪問しないとね!」と、スイッチ全開になります。

    創価脳を考えると、改めて創価の洗脳手法はすごいと思いました。
    たとえ真実であっても悪い情報には決してなびかず、創価を攻撃してくるものすべてに対して一末端会員であっても必死で創価を守ろうとします。たとえ親が殺されようが、親子の仲が引き裂かれようが、創価を守るのことが最後は全て良い方向に行くと信じ切ってます。
    洗脳って恐ろしい。
    間違っててもわからないんだもの。
    ムラサキシジミの幼虫と蟻の関係のようです。(ソースの貼り付けができずすみません)
    恐ろしい・・・(@_@;)

  80. 創価のバカ幹部に嫌気さし脱会を目標にしているズンドコベロンチョです。創価脳それは創価の3Sという言葉を考えました3Sとは 詐欺 しつこい ストーカー まず詐欺は言うまでもなくこのブログで散々言っている内容なんで説明は省略します。しつこい これは自分が未活になってからバカ幹部らがしつこく家庭訪問と挙句にストーカーまがいな事もされました創価脳はズバリこれですよ。と言っておきながらバリバリ活動していた時は自分も3Sしていたの思い出したら恥ずかしくなりました。あとこんなことわざも考えました。

    嘘つきは創価のはじまり

    創価脳はそんなもんです。

  81. ルフランです。訂正です。
    Aさんは料亭女将の婦人部だったのですね。居合わせたお客さまが撮った写真だったのですね。都議選候補議員だったこと。斜め読みしてしまい申し訳ありませんでした。とんでもおかみにありがとうと言ってしまいミスとはいえ大後悔です。

  82. 外部のkenjiです。こんな動画がありました。紹介させていただきます。
    「公明党は私たち民衆に牙をむいてきた!!」信仰歴50年以上の信者までもが解党を訴える!?~「創価学会前サイレントアピール」 2017.6.18

  83. 創価や公明党がこれだけあからさまにおかしいとわかっているのに、創価を信じてきた自分を決して疑うことがないのが創価脳。上のサイレントアピールで話をしている学会員は自分で考えているようで、結局は根本的な部分が騙されたままなので、ものごとを考えているつもりで考えきれていないというのがわかりますよね。自分が信じてきた創価は何が何でも正しいとしなければ、自分自身を否定しなければならなくなる。「自分は正しい」ありきが創価脳ですね。この世の中、自分は正しいという根拠を示せる人間など一人もいなんですけどね。自分の都合のいいようにしかものごとを考えることができない。都合の悪いことには蓋をするというところは、他の創価脳と一つも変わりません。彼らも結局は創価脳であるがゆえに、創価が詐欺であることに気づけないんでしょうね。公明党と創価の現執行部を悪者にして、自分たちが正しいということを主張する。なぜ創価や公明党がこのような態度をとるのかを冷静に考えればすぐにわかることなんですが、つまりはわかりたくないということだと思います。わかったら自分の人生が何だったのか説明がつかなくなるからでしょう。それは怖いことですよね。人生丸ごと騙されたということなんですから。

  84. 50代婦人部の青空のゆくえです。
    年に2~3回コメントさせていただいています。

    自分が創価脳だと気づいたのは、こちら「対話を求めて」を偶然知り、初コメントしたときです。

    私は生後半年で入信した学会二世。
    バリ活というほどでもなく、そこそこ活動する“ゆる活ちゃん”だったんですね。
    ずっと独身で40歳過ぎまで女子部だったので、花の女子部と地区でちやほやされた時期が長かったし、私の世代は人数が多くて活動家も多かったから、私自身はたいした役職につかず、創価の実態を何も知らないまま年を取ってしまいました。

    独身のまま婦人部に移り婦人部の会合へ参加するようになって、婦人部の異様な雰囲気にちょっとおかしいと思い始め、どうしても婦人部になじめなくて会合から足が遠ざかり、また新聞啓蒙と選挙ばかりの活動に嫌気が差し、末活になっていきました。

    でも日蓮仏法は正しいとずっと信じていました。
    30代後半で膠原病を発症したとき、10時間唱題をして、何とか症状を抑えることができたので、それはお題目の力だと信じたんです。
    同じ支部内に10時間唱題を1ヶ月続けて舌ガンを克服した壮年部の方もいらっしゃいました。

    末活になって数年後、失業に続き、また別の難病発症と不幸に見舞われ、「とうとう福運が尽きてしまった!」「組織を離れた罰?やっぱり活動しないといけないの?」とショックで頭がぐるぐるして、「願兼於業」を検索しているうちに「対話を求めて」を見つけました。2013年11月のことでした。

    私のコメントに対し、「題目に力はない」とはっきり言われ、後ろから頭を殴られたような衝撃を受け、そのときは「そんなはずはない」と思ったのですが、だからと言って組織に戻りたいとはどうしても思えず、恐る恐る勤行・唱題をやめてみました。

    3年後、勤行・唱題を一切やらなくとも、難病は快復しました。
    難病なので「完治」とはいえませんが、病巣はほとんど消えています。
    また悪化することも有り得ますけれど。
    医師によると、A薬で治る人が3割、B薬で治る人が3割、何をやってもまったく治らない人が3割だそうです。
    私はA薬でほぼ治りました。

    奇跡を起こすのは日蓮仏法だけじゃないってことが、自分の身でわかりました。

    不幸があるたび「これは私の宿業。今世で断ち切らなければ。」と、悲壮になっていました。
    「宿命転換しないと来世でまた同じことで悩む」とは、恐ろしい脅し文句です。
    お題目をあげていれば守られるとか、宿命転換しないととか、根拠のないことをずっと信じていたのは何だったんでしょうね。

  85. 連投すみません。もうひとつ。

    私は未熟児で生まれ、生後2日目に死にかけたそうです。
    母から「お母さんが必死にお題目を唱えたから、お前の命は助かったんだ。ご本尊さまに感謝しなさい。」
    と、言われ続けたので、それもあってずっと信じていました。

  86. 創価から覚醒すればするほど、いかに自分自身がおかしな思考と行動をしていたかに愕然とします。

    なかなか会えない部員さんに会うために、何度も訪問したり、待ち伏せしたり、電気がついていて、家の中にいることがわかったら、ドアのポストを少し開けて、中を伺ったり、電気メーターの動きの速さから在不在を確認したり。。。

    実際に同じことをされたこともありますが、とても気味悪かった。
    しかし創価脳になると、『部員さんのため』となり、奇怪な行動さえも正当化されてしまいます。

    『どうしてあんな馬鹿なことをしていたのだろう。。。』
    何かに取り憑かれていた感じです。

  87. 50代婦人部の青空のゆくえです。

    今は時間があるので、いろんなブログ(創価とは関係のないブログです)を読みに行っているのですが、先日「宇宙銀行」の話をしているブログがあってびっくりしました。

    こんな本があるそうです↓

    運のいい人は知っている「宇宙銀行」の使い方
    植西 聰 (著)

    ++++++++++++++++++++++
    【内容紹介】

    あなたは銀行には2種類あるということをご存じでしょうか?
    1つはお金を預けたり、借りたりする、普通の銀行のことです。
    そしてもう1つは、お金を預けるのではなく「徳」を預け、それが満期になると積み立てた徳の量だけラッキーなことが起きる「宇宙銀行」です。

    徳は人を喜ばせたり、尽くしたり、社会のために役立つようなことをすると貯まります。

    たとえば、トイレ掃除が開運につながると言われています。
    これは、トイレ掃除が人知れず徳を積む行為であり、あなたの知らない間に宇宙銀行に徳を積み立てていることになるからです。
    トイレ掃除で積んだ徳の分だけラッキーが起きるので、「トイレ掃除=開運」という図式が成り立っています。

    本書ではこうした宇宙銀行の仕組みと、それを応用し、人生を好転させる方法をご紹介します。

    宇宙銀行は、グチや不満をこぼしたり、他人の悪口を言うと預金額が減る

    人から悪口を言われたとき、言った方は預金がマイナスになり、言われた方は利息が付く

    悪口を言われたりいじわるされたら、これで宇宙銀行に預金が溜まったと考える
    ++++++++++++++++++++++

    なんか、ものすごい既視感なんですけど。
    「宇宙銀行」って、創価の専売特許じゃなかったんですね。
    Amazonで調べたら、この他にも「宇宙銀行」の本が数冊ありました。

    あちこちの自己啓発本から、使えそうな話を寄せ集めたのが「池田教」だったってことでしょうか。
    創価脳時代は、「池田教」と言われるとカチンときましたが、こういう事実を知ると、何も知らず池田センセはすごいと思っていた自分がバカみたいです。
    本当にがっかりです。

  88. またもや政治の話になっているようですが、今回の法案成立をきかっけに、創価学会・公明党に疑問を抱いてくれる学会員が増えることは嬉しいですね。
    もっとも、私はテロ準備防止罪には賛成ですが(^p^)
    学会員の公明党離れを防ぐべく、創価学会・公明党は民進や共産と連立を組む時でしょうね。
    昔、名古屋市長選で革新系の市長候補に投票したいと座談会の場で発言したところ、
    「上が決めた候補に入れてください」と地区部長に言われました。
    上から決められた候補に投票するなんてことは、国民の健全な政治参加にはならないと思います。
    皆さんがしっかり自分の頭で考えて大事な一票を投じることが大事でしょうね。

  89. 「テロ等準備罪」新設のあいまいな成立もさることながら、
    私が気になるのは、加計学園に関する学校認可の問題
    ‥‥‥いったい創価学園が設立される当時どのような忖度があったのか?

  90. スマイルさん実際に自分も何年か前に部員さん宅に家庭訪問しまくっていた自分なんですが、今となってはとても後悔してます。逆に創価に嫌気をさし活動から離れてから幹部からしつこい家庭訪問されました。会合や同中があるやら来てくれみたいな。

    本当に創価はかなりおかしい組織ですよね。

  91. 連続投稿ですみません まだ言いたいことがありましたのでm(__)m

    青空のゆくえさん

    僕も活動家の時は男子部のバカ幹部から会合などで折伏や法戦なとで結果が出たら出たぶんだけ功徳が来る。途中で諦めたり愚痴をこぼしたら福運は逃げるなど偉そうに言われました。このブログみつけてから創価はおかしいと気づいた自分です。創価の宇宙銀行?はぁ?何それですね。結局は創価に財務というかたちで会員から多額なお金を集め法戦と言いながら公明党の議員を当選させたりするのが創価の目的です。こんなインチキ集団から離れました。

    最後に余談ですが

    自分はズンドコベロンチョと名前にしてますが、YouTubeまたはネットで調べてみてください。世にも奇妙な物語のタイトルが由来です。よかったらYouTubeでご覧くださいこのズンドコベロンチョの最後のオチはズンドコベロンチョっていう言葉の意味がわからないままで終わってます。創価のやりたいことは何なのかわからないという意味でこの名前にしました。

  92. 皆様のコメントに共通することは『創価脳は自覚症状がない』ことですね( ´∀`)

    私の住んでいるマンションの入り口には木陰にベンチがあります。

    夜は少し暗がりになります。

    非活動になって間もない頃、そこに圏の男子部長に待ち伏せされました。

    夜の22時ごろに、普段は無人のエリアのベンチに男が座っていました。

    とてもきもちわるかったです。いきなり声をかけられて。

    怖かったです。

    でも、自分自身が先輩に教えられながらしてきたことと同じです。

    創価脳だと、自分自身の行動の気持ち悪さに気づけないですね。

    また色々と思い出したら書き込みします。

  93. ドラマ、ズンドコベロンチョは、たしか脚本家が北川悦吏子さんでしたよね。
    来春の朝ドラの脚本も手がけていますね。たのしみです。
    好きな脚本家さんのひとり、です。

    ぜんぜん関係ないのにとつぜんにすみません。

  94. 青空のゆくえさん。ルフランです。似たような経験があったのでお話しさせてください。私も生まれてすぐに仮死状態でして、お医者様が生きられないからせめても腕の中に抱いて死なせてあげなさいと言われずーっと母は抱いて私の体をさすっていたそうです。その頃母は「まひかりさま」という宗教をしていました。そのうち突然「おぎゃぁ」と泣き生き返ったといってまひかりさまの力を信じてしまいました。そして2歳の頃、又別の信仰に走り私は小児リュウマチという病気にかかりました。その時母はタイコを叩く宗教、日蓮宗派だと思うのですが一心不乱にタイコをドンドン叩いて祈祷して治ったそうです(姉の証言)。新興宗教にはまる人ってそのような偶然の一致で心底信じてしまうのですね。ただ創価は頭脳面(MC)が飛び抜けて強力だったので最後まで母は洗脳が解けなかったのだと思います。

    もう、私は何かの信仰団体に入ることは嫌です。
    人それぞれ自由ですが、、、地面にひざまずいての「フセハイ」は嫌です。
    ○○先生の指導の前後に「3分も拍手」するのも嫌です(笑)。

  95. 報道ステーションの共謀罪の動画削除されていました。
    テロ等準備罪は共謀罪のラベルを変えただけのものでテロとは関係ないし、テロ対策の法律は日本は既に備えていると番組では報道していました。
    テロ準備罪に等が入っているところが国民まやかしのトリックだと思います。
    アメリカの9.11やフランスのテロは共謀罪があっても防げませんでした。
    共謀罪の本質はコミュニケーションの把握を操作の前提として盗聴、盗撮、無制限な個人情報の収集を合法化する基盤を作り出すということだとのこと。

    森友学園や加計学園の問題はやはり2014年5月に各府省庁の幹部人事を一元管理する内閣人事局が発足したことにあると思います。首相官邸主導で重要政策を推進する狙いのようですが、民主党政権までは官僚の権限が強かったのですが、今は首相官邸に逆らう官僚は首相官邸の判断で粛清させることができるので首相官邸に逆らえない空気になっているようですね。
    安倍内閣のやりたい放題できる環境だったのではないでしょうか

  96. アラフィフ元バリ活のレモンです。

    創価脳であることに気づいたのは覚醒してからですが、創価脳の本当の恐ろしさに気づいたのも覚醒してからです。
    創価の最前線に配置させられている奴隷達は、常に気持ちを高揚し続けるようにMCされてしまっている。
    その為の絶え間ない会合、ノルマ、ゴーストの書いた「戦え、負けるな、勝つんだ、勝負だ!等々」の指導であり、脳内は攻撃性を植え付けられ常に戦闘モードがON状態。
    心はいつもこのように緊張状態を強いられ、オフになることもなく休まる事がない。
    こんな状態が何年も、何十年も続けば、心は壊れてしまって当然です。

    最前線に配置されて壊れてしまった奴隷は、戦いの足手まといになるので「お大事に、お題目おくります」で切り捨てられてる。
    切り捨てられた奴隷は、それでもなんとか創価のお役に立ちたいと壊れた心で必死に題目をあげ続ける。
    1番身近にいる創価脳の人が今こんな状態になってしまい、本当にやるせない気持ちでいっぱいです。
    やっとの思いで創価から逃げてきた先にあったのは、また違う意味での葛藤と苦しみです。
    創価脳とは本当に恐ろしく厄介で、絶対に関わってはいけない団体ですね。
    ここを覗いている創価活動家は、組織に少しは疑問をもつから読んでいるのでしょうか?
    だとしたら、こちらに集う覚醒した人達の真実の声を真剣に読んでほしいものです。
    幻想の創価家族の声よりも、あなたの心を本当に心配するからこその覚醒者たちの声なんですよ。

    先日、北朝鮮に拘束されていた米国の大学生が昏睡状態で帰国しましたが、数日後に亡くなりましたね。
    脳の大部分に損傷を負わされて、両親の元に帰された。。
    あのニュースを見たとき以来、何故か創価と重なり震えと怒りが湧いてきます。

  97. 宝星さん ごめんなさい
    自分では安倍政権の本質を理解しているつもりですが、違和感のあるコメントになっているかもしれませんね
    私は公明党を長い期間信じ、元々人に気軽に政治に関わることを依頼することが大嫌いだったけど創価学会を信じていたし、公明党は裏切らないと思っていたので嫌々ながらも真剣に投票依頼していたのに公明党が自民寄りに変わってしまって全部自民の政策に賛成するのであれよあれよという間に日本がおかしくなってしまっていることに怒りが収まりませんが最近はあきらめの心境です

  98. くまもんさんへ

    番組の動画が削除されたのは著作権の問題だと思いますよ。
    それから、政治についてだけの投稿は、スレ違いだけでなく政策論争にまで発展しかねません。
    正しいからスレチでも構わない!言わなきゃ気が済まない!と言うのも創価脳と同じに思います。
    すみません。厳しい事を言いました。
    承認は管理人様にお任せします。

  99. 四半世紀バリ活、未活2年半のアラフィフのギルークです。
    テーマと関係ないコメントで失礼します。

    この時期の風物詩、公明新聞1面の候補の絶叫顏。あれは誰に向けたアピールですか(笑)。いつまで学会員にばかり頼っているのですか?

    都議選のために日本全国から東京に支援に来る学会員。地区拠点では名簿をもぞう紙大に拡大し、「A(投票確認済み)」「X(不明)」「C(公明不支持)」のチェックがされ、活動報告がされています。上から降りてきた『友人台帳』には、選挙を頼む人の名前が書き込まれ、状況を報告しあいます。

    選挙を頼まれたことがある皆様、学会が考えたフォーマットの友人帳にあなたの名前が記入され、地区活動者会で報告されています。気持ち悪くないですか?

    先日、たまたま地区の聖教新聞配達員の70代の婦人部と話をする機会がありました(私が未活なのも知っています)。その方は40年新聞配達をしていて、地区内で40年以上配達している婦人が3人いるとのこと。年齢的にも足も悪くなり、また家族に病気の方もいて、配達を代わってもらいたいと上に相談しているのに、代わりがいないと嘆いていました。そのうち50年配達をする人も出てくるだろうとも言ってました。昼間会合を主宰する幹部は腐る程いるのに、配達をかわってあげる人はいつもいない。倒れたらすぐに代わりをさがすくせに、やれるうちはやらせておく。冷たいものです。

    聖教新聞社員、本部職員、よく平気でいられるよ。

  100. アラフィフの超常連おじさん、ラザリスでございます。
    そろそろ、本格的に梅雨の雨模様の天気が続きそうです。

    レモンさん、複雑な心中をお察しいたします。
    まずはご主人のご回復をこころより願っております。

    創価をエスケイプして、10年以上になりますが、仕事や趣味に充実しながら自分らしい人生を送れています。
    創価の記憶が薄れていくにしたがって、命のノイズが消え去っていくようです。
    人生、山あり谷あり。いいこともあれば悪いこともある。
    晴ればかりの天気じゃ困るし、雨ばかりの天気も続かない。
    漢字の書かれた三千円のカラーコピーや、詐欺団体のパシリに人生を好転させるだけの力なんてありえない。
    このことは、実感として確かに自分の中にあります。
    これ以上自分の人生を、創価脳によって邪魔されることはまっぴらごめんです。

    U2のPRIDEをアコギヴァージョンで練習しています。
    いつかこのブログに集う皆さんと一緒に、この曲を大声で歌いたいです。

  101. くまもんさん こちらこそ言葉が拙くて申し訳ないです
    くまもんさんのお気持ちはもちろん、
    尊重をもってコメントに向き合うよう心掛けたいと思います。

    政治的なポリシーというのは、各人それぞれの社会的立場や周囲の環境などから
    おのずと違うスタンスにそれぞれおかれると思います。
    私などは気楽な無党派層で、その都度の時勢に合わせて投票にのぞむような感じです、
    結婚してから、子供を育てるようになってから‥‥社会の見方はそのたび変わりました。

    こちらの場で私が大切だと思うことは
    私なら未来部、小学生の頃から創価の会合に連れられて
    いつの間にか当然のように公明党支持に仕立てられていたこと‥‥
    創価の、公明党の、本当の顔が創価脳の状態では分からないという
    そういった事実にお互いのコメントを通して感じることだと思うんです☆
    そこから先、どのように自分の考えを深めていくかということは
    それぞれ自身のやり方でいいのではないか、と私は思っています。

    私の場合は外部の主人と結婚して、初めて社会で問題となっていることの違う見方を知ったり、
    考えるようになり、夫婦の間でもニュースを見ながら喧々がくがくです。
    こちらのブログに出会ってからは、創価への疑問が拭えず違う考え方をするようになった
    元学会員やその関係の人がこんなに多く存在することを知り、
    自分なりの考え方でいいんだという確信を持ちました。
    大切なのは、創価一辺倒の考え方から自由になること‥‥☆
    ↑ここはくまもんさんがもし少しでも共感してくださるなら、
    大変ありがたく思います、恐縮です

    おてもやんさんのコメントでの投票強制ありましたね〜〜
    そういったリアルなこと思い出すことが、辛くても自分の気持ちに気づけますね
    みなさんのリアルも説得力がある、無理しないようにだけど^^

  102. 創価脳は、内部批判から目をそらさせる為に、
    意図的に仕組まれた闘争心です。
    外部や非信者を 「敵だ!」 の様にとにかく憎ませる事で、
    組織運営をラクにするテクニックですね。
    (敵を作る事で問題起こす事による、衰退効果の方が大きいが)

    どうしてもソーカスイッチが入る人は、百歩譲ってソーカは正しいと仮定しましょう。

    世の中には宗教を使った宗教ビジネスたるものがあるものを
    知っておいて下さい。

    宗教ビジネスには3つの特徴があります。

    ■宗教ビジネスは儲かる。100万人が1人1万円寄付したら、それだけで100億円。
    幹部は信者から吸い取ったカネで、ソコから寄付。
    ■願いが叶う宗教なら周りを見ると答えがある。
    9割以上願いが叶ってなかったら宗教ビジネス。
    ■とにかく敵を作って闘争心を煽り、内部批判から目をそらす

    是非とも世の中の正義のために、宗教ビジネスの情報を
    信者間で共有したほうが良いですよ。
    敵に夢中になって目を逸らされてる状態じゃ、
    冷静な判断は難しいですよね。

  103. はじめまして!!
    学会3世、20代は学会活動に明け暮れて圏幹部やってました、おてんとと申します。
    みなさん、それぞれ呪縛から解放され自由に羽ばたいていたり、まだ悩んでる方がいたりと、興味深く読ませて頂きました。
    婦人部になってから仕事を理由に地区からの多大な期待を見て見ぬふりをしています。
    旦那は、20歳の時に私が初折伏して、超本丸のバリバリの人材Gで責任者をしています。笑
    私が創価学会が詐欺だと気づいたのは、医者に「治療しようがない」と言われた義母の末期癌発覚と同時に私が妊娠したのがきっかけです。
    なぜ癌と妊娠が創価の詐欺に繋がるのかと言いますと、「癌を治す!」との一心で内海聡という医師の著書をたくさん読み、Facebookを閲覧したからです。
    最初は、「薬が実は身体に悪いんだー」とか、「へえー化学調味料や電磁波も病気の原因の1つなのかー」といった感じで治す方法を模索していたのですが、著書に「健康保険で薬業界が潤っている。子供の医療費を無料にする制度があるが、ただというのは一番いけない。医療費が上がった原因は、子供だけでなく老人医療を無償化し、老人が医者にどんどんかかるようになった。しかも医者のほうもそれに便乗してただだから薬をいっぱい出して悪循環になった。」
    とあり、あれれ??公明党の支援で友人に医療費がどうとかめっちゃ語ってた。。。
    さらに、マンモグラフィーで早期発見推進(癌を作っちゃってお金搾り取って抗がん剤で殺しちゃおう♪)、子宮頸がんワクチン無料(女子高生や若い娘達を子供が産めない体にしちゃおう♪)アホみたいにめっちゃ熱く語ってた。。。そこからは真実を追求していった結果、「政治と宗教のお得なセット💛」を私たちがエンドレスおかわりしている状態だと気づいたのです。
    めっちゃ良い事してるーと、広宣流布に奔走し、傀儡政治家達の為に身を粉にして働き、時間や税金・財務という名の貢物を納め、支配コントロールしている悪魔たちに全て捧げる(マッチポンプ)奴隷だったんだ☺と!!
    旦那にこれを伝えると、やっぱりそうでしょ?って感じで本人は陰謀論的な事や日本の真実の歴史とかの記事を好んで読んでいたので創価が真っ黒ってとっくに気づいていたそうな。。。
    そういえば、私が創価洗脳真っ最中で超ブラック企業に属していた時期に旦那さんは、池田氏の出自や隠し子疑惑、シオニストやCIA、軍需産業にテロや震災の自作自演の事言ってたし、でもその時私は「何を根拠に言ってるの?」と突き返して、見せられた三宅洋平の街頭演説を批判していました。子宮頸がんワクチンの問題発覚後、旦那さんは公明党には一切投票せず、部員さんには「公明党を応援しよう」とは語らずに「友人とは政治を真面目に語り合おう」と言っていたそうです。
    そんな彼は今年すでに2人折伏してます。。。上から文句言わせないためだそうです。
    今は夫婦共々、子供や家族を守るために農業を兼業で始め、保存食の作り方を学び、戦争や災害対策でシェルターを作る計画を立てており、人材Gの任期が終わると同時に引っ越しをします。これまで折伏してきた方々の中には活動家もいらっしゃるので、真実を語って判断は本人に任せようと思います。
    それと、社会毒(砂糖・薬やワクチン・農薬・フッ素・化学調味料・放射能・牛乳・界面活性剤などなど)の危険性や医者に罹らずに済む生活スタイルや日本の現状を語り、少しづつですが内部の友人も疑問に思う事を自分で調べるようになってきています。今後はママ友達と任意団体を作ってバカな大人達を目覚めさせ、子供を社会全体で守り、今よりはましな社会になるように活動していきます。(共謀罪で捕まったりして 笑)
    そう考えると学会活動自体は、役に立ってるかも 笑
    ちなみにこのサイトに来ている方たちは、何か社会的な活動はされているのでしょうか。
    参考までにお聞かせいただきたいです!!
    このサイトでの目的と相違する部分である場合は、削除して頂いて結構です!!
    兎にも角にも、あと少しで旦那さんが会合や打ち合わせで無駄に外出せず、子供にも寂しい思いをさせずに済むと思うとワクワクします!!
    長文失礼いたしましたm(__)m
    ※この私の投稿をきっかけに社会毒を調べて子供にワクチンを打たせない決断をする親御さんがいる場合は、児童相談所に子供を拉致される可能性があるので、しっかり調べて判断してください(>_<)ワクチンきっかけだけではないですが、本当に全国で子供狩りは起こってますので。。。

  104. おてんとさん
    初めまして。
    結婚の時に主人から折伏され入会し、30年のバリ活を経て覚醒したレモンと申します。

    おてんとさんのコメント何度か読み返しましたが、おてんとさんは覚醒しながらもチョイ活。
    ご主人も創価の悪や詐欺に気づいているけれど、活動家という解釈でいいのでしょうか?

    >そんな彼は今年すでに2人折伏してます。。。上から文句言わせないためだそうです。

    創価の悪に気が付きながら、そんな組織にご主人は「成果の為に、上から文句を言わせないために」他人を平気で差し出し入会させたのですか??
    私に全く理解できないですし、人の人生を一体なんだと思っているんでしょうか?

  105. おてもやんさん 忠告ありがとうございます。
    痛く心に響きました。
    過去徹底した創価脳であり、2年間ほどネットを通じて徹底した安倍信者でした。
    今後ともよろしくお願いします。

  106. いま現在の創価学会は選挙活動、およびそれにまつわる活動が全体の6割くらいになっていますので、おのずと政治の話しになっていっても自然なことだと思います。
    ただ、過去に政治の話しをすると荒れた?らしいので、それを危惧する人がいるのも事実です。何故?荒れるのか。。それはいま現在の創価学会のアキレス腱を踏むからです。この話しはされては困ると創価脳の輩がわらわらと潰しに妙な書き込みが増えてきた、という現実があったからです。
    つまり、創価脳にとって政治の話しと池田大作の話しは、もっともしてもらっては困ることなのです。だからブレーキをかけにやってくるのです。わたしにはそうみえます。
    そのからくりが分かれば、そんなに怖れることもないと思うのですけれどね。
    でもいまは都議選の真っ只中ですので、微妙にこの手の話題は難しいことなのかもしれません。
    政治や政策の是非ではなく、創価学会の中での具体的な政治活動の疑問や経験、公明党のここがおかしいよね、という話題になればいいのかな。
    だって、創価学会のおかしなところと政治は切り離せないことですからね。
    一切その話題は避ける、というのも違うような気がしています。

  107. たま~に出現する退会済みの巴里です。
    最終学歴が創価。
    財務1千万
    折伏5所帯 と黒歴史があり
    70代後半の母が正規配達員しています。

    おてんとさんこんにちわ。
    私は覚醒後に「思い込み」「洗脳」の怖さを知り
    色々調べて内海さんにたどり着きました。
    船瀬さんや真弓医師の著作もたくさん読みました。
    もう、びっくりの連続でしたね。ほんま「ぐ~みん」でした。
    日本は報道の自由が世界72位ってのがよくわかります。
    その流れで「健康のすすめ」と言うブログも毎日読んでいます。
    皆にお勧めしたいとても良質のブログです。
    ここの管理人は生粋の現役学会員なんです。学園~大学出身。
    彼は「自分の頭で考えよう!」「思考停止はダメ!」ってことを必死に訴えています。

    MCされている時は自分では全く気がつかないんですね。
    という私だってメディア等にまだまだたくさん洗脳されている部分が多いと思います。

    今まで時間とお金を詐欺に搾取されてきたので
    それを社会に貢献しようと思っていますよ。
    NPO法人で活動始めました。
    微力ですが子ども達が希望を抱ける社会を作っていきたいと思っています。

  108. はじめまして。先月退会済みのサラダです!
    2世としてこれまで活動してきました!だんだん疑問となんのために毎年毎年、ノルマに追われ年間結構な金額の支出で、今度生まれ変わったら創価に入らないと思っていました!
    退会するという選択肢は頭にありませんでした
    これも創価の家に生まれた運命と思っていました!活動家だった親も、義理の親も苦しんで亡くなり、入院中も涙流していました!
    親たちの兄弟の方が元気でいます!親も真面目すぎて創価で頑張ってきたのにこんな病気になってと思いがあったんだろうと思います。私のこども達(社会人)も生まれて数年で入会させてしまいました。創価脳だった為、幹部の言われるまま入会させました!
    今は家族全員退会済みなので、これまでの恋愛問題など、マイナスになり本当にごめんなさいと謝りました!覚醒前はこれも縁がなかったからだとか、言葉では言い聞かせていましたが、心の中では何で創価に生まれたんだろうと思っていました。女子部時代はノルマに追われながらも、広宣流布の為と頑張っていましたが、いったい何だったのでしょうか!結局、創価に入会してても外部の人であってもいいことも悪いことも起こります。今は自由で生まれ変わったみたいでこれからの人生の方が短いので、自分らしく生きて行きます。もう宗教はこりごりです!この前娘と、広島駅で待ち合わせして宮島に行ってきました!初めておみくじを買いましたが、お参りはさすがスルーしました!これまでの創価脳がまだあったのか、何かに頼るというのがこりごりなのか?
    初めての投函で文章が読みにくいと思いますがお許し下さい。

  109. レモンさんが書いてくれたので書くことが無くなったLIARです。
    組織にビビって折伏ですか。老婆に口付けするが如くの信心で頑張って下さい(´Д`)ニオウヨ

  110. おてんとさん
    ルフランともうします。つりだと思いますが実話なら貴女は最低ですね。
    ここの皆さんは会員だった頃の被害、加害者意識にさいなまれ覚醒してもパートナーや家族のMCに心底悩みやり場のない苦しみを投稿している、又はしていた方たちばかりです。前進したくても出来ない事情の人も実に多くいるのです。
    適当に圏幹部や人材グループ責任者を信じてもいないのに受け詐欺だと分かっても折伏をご自分の身の為にしているなんて。。。3世ともなるとこうも汚らわしい性根になるのでしょうか。似た者夫婦ですね。トンズラしたあとは社会貢献ですか?
    子供といられるからわくわくですか。。騙して入信させた相手に今後をどうするか任せるのですか。無責任ですね。
    会員のみなさん、こんなクズもいるんですよ、早く逃げましょう!
    貴女のような人に医療、食品、子供、社会貢献の話などする資格はありません!
    人様の人生をなんだと思っているのですか!!自分たちさえ幸せならいいのですか!

  111. くまもんさんへ

    きついことを書いてしまってすみません。
    でも、わかっていただいて嬉しいです。
    私も、がちがちの創価脳だったので、すごくお気持ちがわかります。
    私自身は、安倍も信用していません。(国会は茶番)
    創価学会で、さんざん感情を刺激され踊らされただけに、いろいろな情報と距離を置くようになりました。
    世の中のことを善か悪かと白黒はっきりつけようとすると、必ずまた踊らされると自戒しています。
    聖教新聞で、中立の人を批判する社説を読んだことがあります。
    でも、中立で常にニュートラルであれば、政治家に騙されないような気がします。
    あと、感情に訴えるような報道は、その意図を探るようになれました(^_^)
    これは創価に騙されたおかげでしょうか・・(-_-)

  112. おてんとさん
    はじめまして。
    内海聡先生の御著書等に影響を受けられているのですね。
    ご主人が本部あたりの人材Gの責任者をされていると。
    そして、ご主人の人材Gの任期が切れたら引っ越し等を考えておられると。
    ご主人が、創価が真っ黒としりながら、2人も入会させたとのこと。
    この部分に強く違和感と憤りを感じます。
    上から文句を言わせないために、自分の都合で人生の根幹である宗教を勧めて入会させるなんて人を馬鹿にするのにもほどがあると思います。
    入会した人は、どのような思いで入会されたのでしょうか?
    人生に行き詰まり、つらい思いをしていたのかもしれない。人間関係になやんでいたかもしれない、生活苦に思い悩んでいたかもしれない、病気を治したかったかもしれない、より良い人生を生きたかったからかもしれない。。。。。。
    自分自身の都合のために、人の人生を狂わせるのはやめた方がいいと思います。
    「悪いと知りながら」は、あなたが嫌いな食品添加物を平気で売る業者と何ら根本は変わりません。
    そういうのを世間では「下衆野郎」と言うんです。

    シニフィエさん
    初めて、憤りを感じた投稿です。不適切なら削除お願いします。

  113. アラフィフの超常連、ラザリスおじさんでございます。
    今日は、小林麻央さんの訃報を聞いて、とても残念に思っています。
    ご存知のとおり、彼女はブログを通して同じような苦しみを抱えた人々に勇気と希望を与え続けました。
    創価脳に侵された人間のような、功徳を求めての動機ではありませんでした。
    純粋に、悩み苦しんでいる人々のためにという想いだけだったと思います。
    ゆえにこれほど多くの方々に影響を与え続けたのだと思います。
    本物の一つの言葉は、飾り立てた千の嘘の言葉を一瞬にして明らかにします。
    御冥福をこころよりお祈りいたします。

    チョイ活のお方、バカな大人のラザリスと申します。
    シェルターを作って、任意団体で活動されるのも結構ですが、もう少し言葉を選ばれた方がよろしいかと思います。
    学会活動は、百害あって一利なしです。詐欺団体のパシリが何の役に立ちましょうか?
    それと、自分の立場を守るために折伏をした旦那さん、もはや理解不能です!!!
    ( ? _ ? )

  114. アラフィフニッチです
    元バリ活です。
    おてんとさん。はじめまして。

    内海聡氏といえば
    サイエントロジーという宗教団体とズブズブの関係のキチ外医師ですか。
    アムウェイ信者でもある。
    アムウェイもマルチでサイエントロジーもカルトで悪名が高いですね。

    我々世代の多くはアムウ○イの全盛期を知ってます。
    ニュースキンなんかもありましたねえ・・・
    マルチ商法やネットワーク商法・・・
    名前を替えては同じような手法で割高商品をを売りつけるなどなど・・・・
    社会毒という不安を煽るだけあおってぼったくるあたり、
    かなり性質が悪いですね。
    小さなお子さんを育てる母親狙いも
    根本的には創価の手口と「そっくり」ですよ
    要するに合法詐欺ってのはそういうものなんです。
    特に若い世代は無知ゆえに結構騙される。

    詐欺じゃない!っていうのなら
    一銭たりとも「何も売ってない」と証明しないといけない。

    詐欺じゃない!と思うなら
    社会毒と無縁で生きることを本気でやってみるといいと思います。
    車も絶対だめですし、旅行も無理でしょ。
    子供さんがディズニーやUSJに行きたい!ってなっても
    社会毒だらけですので行ってはいけません。
    どんな病気になってもクスリも使ってはいけません。
    子どもたちが学校に行って給食食べるのも、予防接種もダメ。
    車も乗りもの全般だめですから、遠足もダメ。

    極端な話、あなた、電球一個使ってもダメですよ?
    新品のタオルだってつかっちゃいけない。
    すべての産業物は生産工程で社会毒を必ず使用してるんですから。
    社会毒と無縁で生きることを本気でやってみてください。
    できますか?
    社会毒を断絶して本気で子供守れるんですか?
    「社会毒」
    これって脅しだとわかりませんかね?
    騙されるのは創価学会だけで充分なはずですよ。
    世の中に溢れかえってる詐欺手法、学習しましょう。
    詐欺というのは騙されてることに気付かれないようにやるものなんです。
    それが「詐欺」なんです。
    創価もアム○○○もまだ序の口かもしれませんよ
    ガチの詐欺は世の中もっとあるんですよ。
    ご注意おきくださいませ。

  115. 非活約2年、二世、50歳過ぎのあにきです。
    おい、おてんと、っていう奴!!
    お前ら、夫婦揃って最低のクズやな!!折伏されたおたくの旦那のその友人がこのこと知ったら、旦那、後ろから刺されるかもしれまへんで。
    コメント見て、こいつらイカれている、と思いました。
    管理人さま。ご承認か否かはお任せいたします。この世はやはり鬼がいる、とあらためて認識させられました。

  116. みなさん、おてんとさんへのコメントはこれくらいで終わりにしましょう。極端な話でみなさんの神経を逆なでしてこの場を荒らすのが目的なのか、もしかしたら素で言ってる変な人なのかはわかりませんが、もうこれくらいでいいんじゃないでしょうか(^-^)これ以上は意味ないと思われますのでそうしましょう♬

  117. 最近の投稿は、政治的信条や社会的活動に対する意見が多く見られます。ここら辺は、人によって意見が異にする部分であります。私としては、本サイトのご趣旨、主題からあまりかけ離れない方がよいのではないかと思っています。
    とは言いながら、6月22日の新聞の1面の写真ご覧になりましたか。カナダの大学のS学長と大仏先生の対談写真です。
    大仏先生の足元の靴が、どうもシークレットシューズのようです。S学長と対比すると、大仏先生の靴がつま先から急な角度であがり、かかとも変です。
    大仏先生の見栄張りが出でいます。
    大仏先生は、会員などと写真撮る時もまわりにいる人は背の低い人との写真が多いと外部の人が指摘しています。
    これは、草加の偉大な師匠を演出するための、イメージ戦略でないかと思います。
    終戦後マッカーサと天皇が会見した時に、新聞の1面に乗った、2人の写真に当時の人は衝撃を受けたようです。大男のマッカーサと小柄な天皇が並んだ写真は戦勝国と敗戦国の現実を見せつけられました。
    どなたかが、触れていました公明党の都議選候補者の必死の形相も、また、大阪事件も会員に支援活動を促す草加のイメージ操作です。
    先日も大幹部が都議選の件で家庭訪問に来ましたが、ほうほうの体で帰ってしまいました。選挙では多くの親戚、友人を失った方も多いのではないでしょうか。支援依頼される方の身になれば、支援活動に本当に効果があるのか疑問です。

  118. おはようございます。覚醒5ヶ月経った、元バリ活女子部してた担々麺です。
    5ヶ月経ってみて、創価への怒りは収まることはないです。

    今回のスレのテーマに、ちょこっと関連するかと思いますが、私がバリ活だった1年ほど前に参加した会合であった出来事を思い出しました。その時の多くの創価脳参加者たちが、さすがに創価に疑念を持っただろうと思われる幹部指導があったんです。

    そのとき、婦人部の総県幹部が指導していましたが、仏敵を「祈り殺しましょう」と言うんです。呪い殺すの間違いじゃないですよ。イノリコロス、と言うんです!
    これにはさすがの創価脳参加者たちから、どよめきが起こりました。
    でも、その幹部は「ちゃんとそういうのがあるんですよ」と、別の大幹部の指導や、何かしらの御書か経文かをひいて説明してましたが、これが宗教といえますか?宗教が人を殺していいんですか?

    やっぱり創価学会は、宗教ではないんですよ。

    ちなみに、そのときの御書やら経文やらをひいたこじつけの説明など、理解もできず覚えていません。仏敵とされた、つまり「殺せ」と言われた相手も覚えていません。(もう、殺人教唆の罪ですよね。)
    排他的な創価には、仏敵としている人が多すぎます。

    「祈り殺す」に疑念を持ってどよめいた、創価脳の参加者のみなさん、創価的に言うと覚醒の「下種」ができてますよ。

    >宝星さん
    そうですよね。銀河鉄道999にありましたよね。
    コメントありがとうございます!
    (ちょこっと反応遅くてすみませんっ)

  119. 現政権の強力なネット工作にまんまとひっかかり、暇さえあればネット配信される政治の動画を毎日見ていました。会合にもでたこともあり、チラシ配布も・・・
    ネットのお陰で2年間限定で済んだのでまだ救われますが、政治のからくりなど学べたことは良しとします。

    おてもやさんのように政治に関するいろいろな情報に距離を置くことが最善の方法かと思うこの頃でもありますが、テロ等準備罪は過去3回廃案になった法案で、戦前の治安維持法と被って私にとっては超危険な法律だと思っていたので思わずコメントしてしまいました。よく考えてみると私も法律に精通しているわけでもなく内容を精査した訳でもないことを気軽にコメントすることは控えるべきでしたね。
    0

  120. シニフィエさま
    荒れるようなコメントでもうしわけございませんでした。
    いろいろな方がおられるのですね。
    この辺にしときましょう(^○^)

  121. こんにちは。

    若干久しぶりの投稿になります。

    興味深いことに気が付きました。

    私のパソコンで「対話を求めて」と検索をすると、聖教新聞の広告が一番上に表示されます。

    これは、「対話を求めて」という検索キーワードに対し聖教新聞社が出稿している広告です。

    一般的にリスティング広告、PPC広告ともいわれており、広告主が、任意の検索ワードに対してお金を払って出稿できるのです。

    広告主は、クリックされるごとに検索エンジンに対してお金を払うことになります。

    例えば、「車買取」と検索すると、一番上に「広告」として、いくつかの車買取サイトが表示されますよね。

    これは、車を売りたい人をターゲットとして、車買取業者等が「車買取」という検索キーワードに対してお金を払うことと引き換えに、広告として検索結果の一番上に広告として表示させているものです。

    広告主はクリックされるごとに検索エンジンにお金を払います。

    「対話を求めて」という検索キーワードにおいて、聖教新聞の広告が出てくるということは、聖教新聞(学会)がこのサイトを意識して、「対話を求めて」というキーワードに対してお金を払って広告を出しているのです。

  122. 「小林麻央さんがガンで死んだのは海老蔵が真言宗の成田山新勝寺を信仰しているからだ!
     日蓮大聖人が『念仏無限、禅天魔、真言亡国、律国賊』とおっしゃった通りである!
     麻央さんがガンになってから海老蔵がすぐに真言宗をやめて、麻央さんといっしょに創価学会に入会して、題目を唱え続けていれば、麻央さんはガンを完治することができたに違いない!
     日蓮仏法に不可能はない!

    BY 創価脳  」

    「人は老い、病み、死ぬ運命にあるとはいえ
     幼い子供を残して若くして旅立つことになった麻央さんは無念だっただろう。
     麻央さんも海老蔵さんも他の親族たちも本当によく頑張ったな。
     麻央さんのご冥福をお祈りします。
     海老蔵さんやご親族たちがこの試練を乗り越えて、幸せになりますように。

    BY 普通の脳 」

    創価脳は
    「創価学会=善  創価学会以外=悪」という超単純な善悪二元論で
    創価学会のみを称賛し、創価学会以外を批判するという超エゴイスティック・超ヒステリックな脳の働きです(苦笑)

    創価ウィルスに侵された創価脳は
    人としての自然な感情を押し殺し
    人としての自然な幸福を感じることができなくなります。

    創価ウィルスに侵された創価脳は
    「創価学会という正しい宗教を広めなくては!創価学会以外の邪宗邪教を撲滅しなければ!」という激しい闘争心に駆り立てられ、人としての自然な愛を失っていきます。

    麻央さんが最期に言った「愛している」という言葉が本当に心にしみます。

    愛こそが自分も他人も苦しみから解放します。

    愛こそがすべてです。

  123. アラフィフの超常連、ラザリスです。
    創価からエスケイプして、10年以上になります。
    本格的に梅雨らしい雨の天気が続きます。
    父親が畑できゅうりと大根などをつくっているので、その野菜たちにとっては待ち望んだ雨ですね。
    ただ、洗濯物がなかなか乾かないので苦労します。(家事を手伝っています)

    小林麻央さんが亡くなられたことについて、創価脳のままの自分だったら、「過去世の宿業がうんたらかんたら」とか「法華経誹謗の罪でうんたらかんたら」とか、したり顔で言ってたかもしれません。
    吐き気がします。
    身近の学会員とかがそんなこと言ってるのを聞いたら、多分、バケツの水を頭からかぶせると思います。
    人間の生死なんて、そんな簡単に片付けられるものじゃないと思います。
    宇宙法則?を執行部の会議でコロコロ変える詐欺団体の親玉たちと、自分の頭で考えることを放棄したパシリに、そんなことを語る資格はありません。

    幼い二人の可愛い子供さんを残したまま旅立った彼女の気持ちを考えると、胸が張り裂けそうです。
    二人の子供さんが、母親の死の悲しみを乗り越えて立派に成長されることを、こころよりお祈りいたします。

  124. 八王子在住、創価、公明に疑問をもっている主婦です。

    題とは、外れます。
    神奈川県の麻生文化会館のことが「白バラ通信 パンドラの箱」の投稿にありました。
    八王子には、大学近辺に創価の会館らしき建物が多くみられます。会合があれば使われるのかもしれませんが、使われていないことが一目瞭然の建物もあります。(衰退してるととらえていいのかな)
    大学のわきに「富士美術館」とやらもあります。その昔は動員(組合系の言葉でしょうか?)されて、多くの人が訪れていましたが、今は閑古鳥が鳴いてます。一番近い駐車場(30台くらい)でも、とまっている車は少ないです。離れている駐車場は使われていません。

    話は変わり、
    その美術館の近くに大きな4.5階建ての建物(はっきり言って趣味が悪い)がありますが、「池田専用の部分がある」と創価のあるおばさんが言ってました。そのおばさんは、「採取禁止の高尾の植物をその池田の部屋の庭に植えてもらうために取って届けた」とうれしそうに話していました。
    そのおばさんは今も元気かな?

    (池田のためなら?)「何をしてもいい」って、なってしまうのが、怖いですね。
    そのおばさんに会ったら聞きたいです。「池田はお元気なのですか?」

  125. 四半世紀バリ活、未活2年半のアラフィフのギルークです。

    少なからず創価脳に支配された日々があり、覚醒してからどれだけの知人友人に嫌な思いをさせてきたかを後悔するからこそ、この場をお借りして書かせていただいています。同時に気持ちの整理、リハビリをさせていただいている次第で、管理人様には感謝しております。

    時期的なものもありますが、ネット上では学会の選挙活動の内部文書の画像が上がってきています。報告用紙、幹部会資料(戦いの流れというもの)etc…。

    新入会、または外部のみなさまへ。以前TVの創価学会特集で例の広報担当の副会長は「選挙は自主投票」と言ってました。上記の資料を見るとこれが全くのウソだということが明白です。活動家の動き、依頼数、友人数まですべて管理され種々の会合で報告しあいます。

    また「活動にお金はかからない」とも言っていました。財務部員でないとしても毎月の新聞代は必須条件。新入会でそこそこ活動していれば必ず1年後には財務部員(毎年一口(1万円〜))の話がきます。全国ネットの報道番組でここまでとぼけたことをよく言えたものだと、開いた口がふさがりませんね。

    今から10数年前ではありますが、青年部はパワハラの巣窟でした。社会人になって約30年、正直言って、学会の組織以外にパワハラを見たことがありませせん。さらに青年部の活動家は家族や仕事より学会活動を優先します。会合のために仕事休み、家族の緊急の連絡にも任務を優先します。

    学会に足を踏み入れて間もない方、または縁している外部の方に心から申し上げます。

    ちょっと調べれば学会が平気でウソを言っていることがすぐにわかります。紹介者は純粋に信仰者として精進しているかもしれませんが紹介者も被害者なのです。人柄だけで入会してはなりません。「ネットの情報はデタラメ」と言われるかもしれませんが、それは大人として自分自身が判断すべきです。

  126. 強信者だった父母遺品の整理をしています。
    あらゆるところに創価の跡があります。
    書籍、貰い物、仕事関係、財務の領収書、振込制度でない時代のものまでありました。

    人生の細部に至るまで創価漬け、2人とも悲惨な死に方でした。

    創価には、変な人もたくさんいますが、いい人もいます。皆に共通しているのが、創価脳です。

    『離れたら不幸になる』との脅しがある限り、幸せにはなれないでしょうね。

  127. 元男子部の奥村源造です。

    ここ最近の話題で、とよた真由子議員の政策秘書に対する対する暴行、暴言の生音声
    「このハゲーーーー!」
    「ちーがーうーだーろーー! 違うだろーー!!」、
    国会の復興委員会での、おしとやかな口調での答弁の姿とのあまりもの落差に実に驚きました。

     人間だれしも、表と、裏(内面)、という二面性が大なり小なりあるかと思いますが、ここまでくると、元秘書の方には大変申し訳ないのですが、おもわず笑ってしまいました。

     二面性がある人物として、とよた議員にも勝るとも劣らないのが、われらが池田センセ!!
    一般会員の前では慈悲にあふれる「永遠の師匠」の姿を演じている池田センセも、かつてお元気な頃、ごくごく内部の会合等では、秋谷元会長や側近幹部を、さんざん罵倒していたのではないでしょうか?

    「この あきやーっ!!!! なんでカネの入った金庫を捨てさせたぁ~!!!!」
    「この あきやーっ!!!! なんで矢野にあんな本出版させたぁ~!!!」
    「この あきやーっ!!!! なんだこの財務の結果は!!! ちーがーうーだーろー!!!」
    ボコッ!(センセが秋谷元会長を叩く音)
    (秋谷)「せ、せ、センセ、会合中ですから、すみませんが叩くのだけは・・・・」
    「お、お、お前はどれだけわたしの心を叩いてる!!! わかってないよ!!これ以上、わたしの評判を下げるな!!」

    勝手な憶測ですが、あたらずとも遠からず、十分ありえるのではないでしょうか?

  128. 元婦人部のジンジャーです。

    ルフランさん、おてもやんさん

    先日は私の母が脳梗塞になった書き込みに、コメントありがとうございました。
    温かいコメント、本当に嬉しかったです。

    母は病院に入院して1週間、聖教新聞を目にしておらず、お題目も母は唱えていません。
    これを機に創価から距離を置き、母の洗脳を解除できればと思っています。
    弟もさすがに創価はインチキだと気付きはじめているようです。

    しばらくはリハビリ施設で生活をするので、創価とは無縁の生活になると思います。
    晩年は創価と無縁の人生を送ってほしいです。

    再びテーマとはずれている内容で失礼いたしました。

    おてもやんさん、ルフランさん、ありがとうございました。

  129. 連投失礼します。

    PPC広告の件ですが、通常、検索エンジンごとに広告を出します。

    yahoo検索だと聖教新聞の広告が出てきましたが、googleだと広告はでてきませんでした。

    それから、広告を出す地域や時間帯、ターゲットとする属性等は広告主が細かく自由に指定できますので、yahoo検索で「対話を求めて」と検索しても、属性や住んでいる地域や時間によっては聖教の広告が出てこないこともあり得ます。

    検索エンジンは検索者のおおよその住所はもちろん、検索の傾向から検索者がどのような属性か、データを持っています。

  130. 二郎さんの投稿を機にわたしもyahooで『対話を求めて』と検索をかけてみました。
    そうしましたら、創価学会のHPも聖教新聞も1面にひとつも出ていませんでした。
    わたしには創価のアンチブログが次々と羅列されていただけです。

    やはり個人個人の検索パターンを読み取っているのかもしれませんね、こういうところって。
    そのひとのニーズに応えるように表示されていくのかもしれないな、と理解できました。
    すべてがすべてではないのかもしれませんが。。

  131. すみません。。連投。
    いま再度ヤフーに検索かけてみました。。ら!
    びっくり!!トップに聖教新聞。。出てましたよ!

    昨日やってみたときは出なかったのに。。
    なので、わたくしの前の投稿を撤回いたします。。

    恐るべし、創価。。

  132. 金麦です。非活動、勤行唱題しない歴、約半年くらいです。
    非活の僕に対する創価ビトの反応が、少しずつ冷たい感じがしますが、あっそぅ!って感じです。
    少しずつ覚醒したのかわかりませんが、
    学会さんにもピンからキリまでいますが、
    トータルして女々しい人が大半だったなと思います。
    ガンバレ‼︎世界最強の信仰の信者‼︎
    どうした‼︎世界最強の信仰の信者‼︎
    泣くな‼︎世界最強の信仰の信者‼︎
    前書き長くてすみませんでした。
    今回のスレと違ってしまいますが、学会さんにキツく言いたい事が有ります。
    人の死に対して、口出すんじゃねぇぞ‼︎
    喋るな‼︎
    それ以上喋るなよ‼︎
    喋るなよ‼︎
    喋るな‼︎
    宗教がどうのうとか、本当にやめれよ!
    いいから喋るなよ‼︎
    喋るな‼︎
    お口にチャック‼︎
    ダメだよ。本当に。

  133. 投稿2回目の夢子です。
    私が、創価学会がおかしいと覚醒し始めたのは、こちらのブログと非常識な学会員からです。
    今日は精神的ストレスから腰にきました。
    実家の地区に、盗っ人がいます。70代の婦人が、一人暮らしの認知症気味の部員さんの家に上がり込んでは物を貰ってくる。しかもその婦人を本部長も区のトップの婦人部長までも容認しています。支部の心有る婦人部の1人が盗っ人に激怒し、学会本部に通報しようとしましたが、幹部達に阻止。盗っ人は味をしめて、またやるでしょう。こちらのブログから、例え信濃町に通報したところで、区の上の幹部から一方的な話を聞いて判断されるだけ。軽い注意で終わらせられると思います。被害者が加害者にされる、創価学会ではよくある話です。
    全く心無い世界です…創価学会は宗教ではありません。
    認知症の母が実家に一人暮らしのため、まして幹部がダメですから、区役所を通じて、外部に通報しております。
    盗っ人の件は、私も被害者の1人を知っていましたので、以前、地区に意見を述べたら、その結果、私も反逆者扱いになりました。
    今日は、改めて、母や私の陰口を人づてに聞いてしまい、改めてショックを受けました。
    創価学会に入っていなければ、こんなレベルの低い人達とかかわらなくて済んだのに!母を怨んでも、そんな母は認知症…でケッセラセラ。
    こんな酷い地区に在籍しているのなら、反逆者扱いと同時に迷わず退会するのですが、
    今、私が住んでいる地区の人達は、比較的穏やかでいい人達です。私が退会したら哀しませるだろうなと思うと、なかなか切り出せません。
    スマイルさんの言われた通り、
    創価には、変な人も、いい人もいます。共通点は、創価脳であること。
    いい人も、所詮は創価脳。話していて問題解決にはならないことは感じております。
    いつかは子供のためにも、脱会を考えております。
    ですが、どうしても勇気がなく、脱会した後のことを考えると、このままでいいのかなとも迷ってしまいます。
    ですが子供が18歳になり、選挙を迎える時には、自分で考えて投票させてあげたいです。私と違って、そう育ってほしいです!
    唐突ですが、皆様の脱会のタイミング(選挙直後、年明けなど)を教えて頂けますか。
    願わくは、荒波立てずに去りたいです。

  134. 引き続き申し訳ありません。
    あと創価学会を退会したい理由の一つに、マンネリ化した学会活動に疑問を感じたからです。
    法戦(票取り)折伏(人集め)財務や新聞啓蒙(資金集め)常に、この三本柱のみ。
    またその都度戦いに合わせた御書講義。
    そして、広宣流布と銘打って三本柱に邁進させるのみ。
    宗教本来の、自分自身の生き方を考える講義や指導など、一切ありません。活動による功徳か罰の話のみです。
    最近、Eテレで心和む暮らしや年齢に合った生き方や大乗仏教の番組に見入ってしまいます。
    自分の心が求めているのをとても感じ、
    こっちの方が、学会活動よりも、自分の人生が数倍充実すると確信しております。
    時間があれば、宮沢賢治の世界を根本にある法華経の思想を独自で学びたいと思っています。
    介護はアメニモ負けズの通りです。
    だらだらと書いてしまい申し訳ありませんでした。

  135. みなさんがおっしゃる通り、学会員といえども、いい人もいれば悪い人もいる。それは一般の人がそうであるのと同じだと思います。ただ違うのは創価脳であること。つまり創価以外の人の話を聞く耳を持たない。創価だけが正しいという思考回路しか持たない。創価が何をやろうがそれは「正しいこと」だとしか思えない。教義がコロコロ変わっても、教義が変わることが正しいと思える。学会員が不祥事をやらかしても「これには何か深い理由がある」とかなんとかわけのわからない理屈で納得してしまう。どんなに非常識な行動でも学会員のやることなら正しいとなる。公明党がどんな法律をどんな理不尽なやり方で成立させようとも、公明党のやることだから正しいとしか思えない。創価は正しい。何が何でも正しい。創価脳にとってこれ以外の選択肢はありません。そうした極めて限定的かつ極端に偏った価値判断しかできないでいることの自覚を全く持てないというのが創価脳の特徴です。

  136. ここ最近、学会員でも良い人もいれば悪い人もいる。確かにそうだと思っていた時期もありました。ただ、退会した現在交流を続けている学会員は皆無です。良い人もいたのかもしれませんが、優しく接してくる人はいずれ聖教取ってくれるかもしれないと下心ありきかと考えるようになりました。ですので、私は創価に関しては「逆創価シャッター」で信仰ありきや過去の活動家時代含めて創価にかかわるあらゆる人間関係は断絶しました。

  137. 夢子さんへ
    はじめまして 退会よりもSP購読打切 会合参加拒否 選挙支援拒否 広布部員拒否の方が波風が大きいような気がします。統監の内容みてもそうなっているでしょう。目先の会員数より実働の会員数に一喜一憂しているようですから

  138. こんにちわ、ルフランです。
    「友人が創価脳であると気ずいた時」が先月5月初旬にありました。
    小学校からの創価の幼馴染み二人、私が庭仕事をしていましたら突然きました。
    私が途中からユル活になったことは二人知っていましたが脱会は言っていませんでした。まだ、話していません。5月には都議選の戦いが始まっています。
    友人A、、、今、そんな呑気なこと(庭仕事)している場合じゃないでしょう、皆、目のいろ変えて動いてるんだよ!
    友人B、、、学校名簿作成したコピーを持ってきてあげたからすぐ車に乗って頂戴。Fとりに行くよ!
    私、、、今回も今後も私、公明党にはいれないの。。。
    友人二人、、、えぇーーー何で???
    創価公明党の矛盾点などを私なりにまくし立てましたら、シャッターを何度も降ろし最初は帰る振りをしました。でも言わなきゃ気が済まないらしく、度々シャッターを開けては大きな戦いだから大きな魔にたぶらかされている、こんな時こそ先生にお答えしないでどこで恩返しをするの!?。大きな功徳をみすみす放棄するの?もう、あーだ、こーだ、そーだといつものお決まりの創価脳全開説得が始まりました。
    私が1つ反論するごとに創価スイッチ弱から強に切り替わり、血圧大丈夫かなと心配するほど興奮していました。そして婦人部は例外なく言うのですが必ずと言ってよいほど「ネットの情報見たでしょ?」。ネットは嘘ばかりなのよ、と、軽蔑顔で知りかぶるのです。これ、多分全国的に上から降りてきたイカサマ口封じなんでしょうね。政策や安保などの核心のさわりだけ話しても二人にビジョンはありません。政治なんて何も知らないのです。なにも知らないから問題意識も疑問もない空っぽなのです。万年婦人部長の二人がここまで無知だったなんて。。。友人二人は最後、色々考えても、もう今更年だし頭固くなったし上から言われたことさえやっていれば楽だし今の組織を変えようとか思わないし変だとか矛盾とかは思ったことあるけどそんなもんじゃないの、組織なんて。面倒は嫌、生活の基盤を今更変える気はまったくないそうです。それらを語っている友人二人の顔は情報量で負けたと感じたのか最初の修羅のような顔ツキはいつの間にか生活に疲れきった能面のような無感情、無表情な相に変わっていました。実際、二人とも生活苦です。とても排他的にみえました。自分たちの子供は現代っ子のせいか信心にはついていないとも言っていまいた。選挙が終わったら逢う約束をしました。創価脳でも疑うきっかけができたらいいなと思います。二人は弱々しくシャッターを閉めて帰りました。
    話は変わり、、、
    今回の都議選、どの政党もやる気がないのか公明党選挙カーを1度も見ませんでした。すごく静かです。
    共産党が近くで演説している声は聞こえたのですが公明党のあの声、あの車を見なかったのです。職場でも回りの人も、全体的にどうしちゃったんだろうねと言っていました。公明党のやり方は卑怯です。公示板は一人一人の顔のポスターが貼ってありますが公明党候補者の一人は小池さんと仲よく一枚のポスターに収まっているのがあります。印象操作はお家芸ですものね。

    二郎さん、貴重な情報ありがとうございます。新聞広告が対話を求めての上になんで出てくるのか以前から疑問でした。全部理解できた訳ではありませんが何となくわかりました。新聞をクリックして見たりもしました。やめたほうがいいですか?

    ジンジャーさん、お母様一命をとりとめて何よりです。前のようにリハビリで良くなればいいですね。御兄弟もお母様もこの病を「災い転じて福となす」に転じて行けますよう願っています(^_^)/

    管理人さん皆さんいつも勇気をありがとうございます。ながながすみません(^_^;)

  139. 1世白ゆり長のナツキです。

    宝星様、ぎん千代様、ぽっけ様、遅くなりましたがコメントありがとうございました。

    結果報告ではなく経過報告なのですが。
    あれからすぐ地区婦、支部婦とお会いして脱会の意思を伝えることが出来ました。
    が…なんと言うか反応が薄くて。
    単に役職が嫌で言っている、子供の反抗期みたいなもののように捉えられていたようです。今まで組織の中でいい人でいたのがこんなところで仇になるとは思いもよらず…

    最近になってようやく事態に気づいたようで「辛いのに気づかなくてごめんね、これからはちゃんとフォローするから」と言われましたが、冗談じゃない。辞めたいと言っているのにこれ以上続ける選択肢はないんだよと。

    近々区幹部か本部長かの指導があるようなことを言っていました。その際に何とか手続きまで持っていきたいですが、無理なら学会本部まで御本尊送付ですね。私の場合はすんなり辞めさせてくれるパターンではなかったようですが、気持ちを強く持ちたいと思います。

  140. 私が子どもの頃から住んでいた地区の婦人部長は、今も地区婦をやっているか、あるいは地区婦的な立場で活動をしているみたいです。とうに70歳は超えている方です。ときどき街ですれ違った時はむこうから声をかけてきます。私が脱会したことを知っているのか知らないのかわかりませんが、選挙前になると「公明党お願いね」って笑顔で言ってきます。私も笑顔で当たり障りのない挨拶をします。私のことは子どもの頃から知っているし、とてもいい人だということはよくわかります。それだけにこの人がこのまま創価に騙され続けて一生を終わるのかと思うと悲しくなります。他にも私が少年部時代からずっと一緒に活動をしてきた同級生も近所にいます。今も創価とは関係なく普通に友人としての付き合いがあります。互いに気を遣ってなのか創価の話はしません。おそらく創価意外のところで人間関係がつながっていれば、脱会したからといって態度が豹変することはないと思います。つまり脱会を機に態度が豹変するような人とは、創価に洗脳された部分のみで出来上がってきた人間関係だったのではないかと思います。だから創価家族とか眷属とか言っても、所詮ただの架空の利害関係で繋がっていたにすぎないということなんだろうと思います。そういう意味ではほんとうの人と人とのつながりを持てなくなってしまっている創価脳の人たちはかわいそうだなと思います。でもこちらからそんな話をしたところで聞いてはくれないだろうし、今の関係さえ壊れてしまうかもしれないのでそのままにしています。
    創価としてみれば、こうして騙され続けてお金を出し続ける会員がいればそれでいいんですよね。要はそれが目的の詐欺団体なんですから。会員の幸不幸なんか知ったこっちゃない。お金を差し出す会員がいればそれでいいわけです。会員以外の人に対してああだこうだと言う必要もないし、教義がどんなにおかしかろうが説明する必要もないわけです。騙され続けてお金を貢ぎ続ける会員を絶やさない。これが日夜創価がやっていることです。外部に対しては善良な宗教団体然とした顔をしていればすむことだし、外部の人にはできるだけ関心を持たれないようにしているでしょう。
    何度でも言いますが、創価学会は宗教なんかじゃありません。会員からお金を巻き上げることを目的とした詐欺団体です。そのことに自分で気づくか気づかないかの問題だと思います。
    創価脳の人に「チチンプイプイと100万遍唱えると宝くじが当たるんだよ」と言っても信じません。そりゃそうですよね。誰だって信じるわけありません。でも創価の人は「創価のお題目を唱えると絶対に幸せになれる」と信じて疑わないんです。同じようなことを片や笑い飛ばし、方やまるまる信じて行動する。そんな自分に気がつかない。じゃあチチンプイプイとナムナムと何が違うのか説明できるのかというと絶対できません。おそらく法華経がどうのとか一念三千がどうのとか、教えられたとおりのことを言うのかもしれませんが、所詮それは本人がうまいこと丸め込まれたことの話をしているだけであって、自分で理解したり発見したり実感したりしたことではないということに気づかないんです。ただただ創価から言われたことが正しいと信じているから繰り返しているだけの話であって、おそらくこちらからちょっとした理論の破綻を指摘したら黙りこむだけです。ほんとうに自分で考えて理解して納得していないし、もともと理解できるようなちゃんとした理論などではありませんから、黙りこむしかないんですよね。
    先日、ふとしたことで白いブランコさんのブログを覗いてみました。そしたら4月27日の日付で「かなり放置が続きましたが、このブログも自分にとって不要になりましたので、そろそろ閉鎖させていただきます。本ブログを通して関わっていただいた皆様、ありがとうございました。」というコメントを最後に終了していました。白いブランコさんの中で何があったのかはわかりませんが、創価に失望して活動もやめたけれども、それでも自分が信じてきた創価は正しいんだということを否定できないまま、そしてだからこそ何も言えないまま終了したのだと私は判断しています。当初はあれだけ創価の正義を主張していた白いブランコさんですが、もはや創価の現実を前にしては何も言えることがなくなったのだろうと思います。しかしそれでも自分のこれまで創価学会員として生きてきたことを否定できない。否定したくない。だからこそ黙りこむしかなかったのではないかと思います。家族や社会のために良かれと思って頑張ってきたことの全てが、ただただ騙されてきただけのことだった。誠実で思いやりのあるとてもいい人だった白いブランコさんがこの現実を受け入れるにはそう簡単なことではないでしょう。しかしせめて何がどうなったかを最後に報告してくれてもいいのではないかと思いました。それともこの強引な幕引き自体が白いブランコさんのメッセージなんでしょうか。
    創価にもいい人もいれば悪い人もいる。なかでも白いブランコさんはとてもいい人だと思います。いい人だけに創価に騙されていたこと、さらには創価を通じて騙す側に回る人生を送ってしまったことをどう受け入れていけばいいのか、もしかしたらそういったことで苦しんでいらっしゃるのではないかとも思います。
    白いブランコさんに限らず、創価に騙された自分の人生を受け入れきれずに悶々とされている方も意外と多いのではないでしょうか。それでも創価が詐欺であるという現実は変わらないわけで、それはそうした現実を払拭できるだけの未来への希望を見いだせるかどうかにもかかっているのではないかと思います。口で言うのは簡単ですが、最高だと信じて生きてきた自分の人生がじつは最悪の人生だったということを認め、そこから本来の人生を前向きに生きていこうとするには、やはりたいへんなエネルギーが必要だと思います。白いブランコさんがああした形でブログを閉じなければならなかったことも、やむをえないのではないかと思います。
    白いブランコさん、辛いでしょうけど、どうか現実をしっかりと受け入れて、前向きに生きていかれることを願っています。

  141. 先日うちにも公明新聞の切り抜きが母から送られてきました。
    新宿にいち早く保育所を開設するのに議員さんが奔走したとか子育てに重点を置くとか
    ‥‥私は東京の人間ではないので、現地のことはあまり想像がつかないですが、
    おそらく子育てや介護に関すること等は、どの党も共通の政策公約であるように思います、
    私が子供の頃は、教科書無償化や点字ブロックは公明党が推進したのよ、と豪語されましたが、いま思うと何かの配慮で公明党の成果になったということにしているのではないでしょうか。

    うちの母に東京の事情を話しても、私以上にわからないでしょうし、
    なんだってこんな老後に追い込まれたのか!?‥‥というぐらいわびしい生活です。
    正直いって都議選にまで地方の学会員を巻き込む必要はまったくない、
    信濃町に近い人々でやったらいいんじゃないか、と感じます。

    ルフランさんのコメントから都議選での公明党の様子に
    いまは関西の私も違和感を覚えます、それで切り抜きを送ってきたのかなぁ?

    二郎さんの視点はいつも鋭いですね
    グーグルが欧州委員会から検索市場での支配的な地位を乱用した、
    と訴えられたことと何か関連があるのでしょうか?

    白いブランコさん、のお名前から
    未来部の時によく「戦争を知らない子供たち」を歌わされたな、
    と思い出し次々ほとばしり出してくると切なくなります。
    どうか、白いブランコさんなりのこれからを大事に過ごしてほしく思います☆

  142. 身近にいる非活に近いゆる活だった人が家族の突然の死によりまた活動家へと引き戻されてしまいました。
    創価のお墓まで購入してしまった。
    驚きました。
    組織では、ここぞ、とばかりに彼女に接しているのでしょう、人の弱みに付け込んで。
    もしかしたら?今年末の財務も保険金から高額差し出すかもしれません。

    非活状態だった母も自分の息子の病により再び創価脳に火がついてしまいました。
    いまは都議選に懸命に電話作戦をしているようで、多分、脱会したわたしのこともお題目を送っているような気配すら感じています(苦笑)わたしに連絡するとまたわたしがあれこれ釘を刺すと思うからか5月くらいから一切電話してこなくなりました。多分、今回の都議選に賭けているのでしょう。
    もう自分で気がつくしかないんですね。
    母のことはもうどうでもいいと思うようになりました。
    もう関わりたくないです、関わりません。

    非活・ゆる活、いつかはこうして創価活動に戻っていくかもしれないんだな、と理解しました。
    もちろん、すべてがそうではないと思います。

    都議選、たぶん公明党はいつもどおり全員当選するでしょう。
    なにしろ全国から!海外からも?信者は東京に集中しますからね。
    交通費電話代、ひとりの活動家が数万自腹で選挙活動。(母は少なくとも数万使っています)
    こんな政党はどこにもありませんね。
    これで選挙に勝てないほうがおかしいくらいです。
    たとえ身近な組織が衰退していようが全国から親戚縁者を頼りに信者が東京に乱入していますから侮れません。
    組織で危ないと更に煽られて気が狂ったように選挙活動に明け暮れる学会員。
    かつて自分もそうであったけれど、いまはもうそんなことから一切解放されて清々しています。
    あの狂乱に満ちた日々。思い出してもおぞましいです。

    活動家に聴いてみたい。選挙が終わった後に何が残りましたか?
    しあわせになれましたか?
    宿業は転換できましたか?
    一家和楽が実現しましたか?
    生活苦は乗り越えられましたか?

    子どもが尊敬する親でありましたか?

  143. ルフランさん

    特に害はないですよ。

    個人が特定されることはないですから。

    誰かがクリックするたびに、創価が検索エンジンにお金を払うことになりますので
    皆で一生懸命クリックしましょう(といっても、ほとんどダメ―ジはないでしょうが)。

  144. signifie さんのように生まれてから何十年も同じ場所に住んでいると、創価と生活が一体となっているのかも知れませんね。活動家が転勤族になると行った先の知り合いは創価オンリーになります。選挙も頼む人もいないので、裏方に回ります。なので、私など過去転勤で住んでいた場所の近くに行くと嫌な思い出しか蘇りません。何か地域のサークルのようなものにでも入っていれば別だったのかもしれませんが、仕事ですら、任務任務で途中で投げ出して着任していたような生活だったのでとても無理でした。自分の過去を否定するのはとても辛く、エネルギーのいることです。案外この辺が、ゆる活と退会する人の差なのかもしれません。自分の人生の一時期に置いて現在の自分にとって否定すべき内容が含まれているのは回想すら苦しいです。まぁ、これからです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中