聖教新聞という集金ツール

なかなか更新できなくて申し訳ありませんでした。

前スレの「自分が創価脳であることに気づいたとき」というテーマ以上のものがなかなか思いつかないことや、みなさんからのコメントの説得力が半端なかったこともあり、ついついこのままでとなって、いつの間にかコメント数が200を超えていました(笑)
もういい加減新しいテーマにと思っていましたが、この「創価脳」という言葉が、この創価問題の全てを集約しているように思えて、ここから離れることができなかったように思います(笑)

いよいよ日本全国夏本番って感じですね。朝からうだるような暑さの中で、タダ同然で聖教新聞を配達している高齢の学会員さんが日本全国にいらっしゃいます。聖教新聞に掲載している広告の掲載料だけでも何十億円ものお金が創価に転がり込んでいるんです。もちろん550万部×1934円=106億3700万円の購読料が毎月毎月入っていますが、この聖教新聞という有料の会報を配達している学会員さんは、配達はもちろん集金業務までもタダ同然でやらされています。みなさんご存知のように聖教新聞は新聞という名前ではありますが、一般の新聞ではありません。新興宗教団体の会報です。あたかも新聞であるかのような仕様にして、一般の新聞と同じような企業広告を載せて、広告費だけはしっかりと企業から回収しています。聖教新聞の公式ホームページには、広告掲載の料金表が載っています。
http://www.seikyoonline.com/intro/information/pdf/price-ad.pdf
普通の人が見てもすぐにはわからないと思いますが、簡単に言うと、1ページをカラーで全国版に1回載せるには400万円の掲載料を創価学会に支払わなければなりません。例えば今日の聖教新聞にカラー広告が4面載っていたとしたら、それだけでも1600万円のお金が創価学会に転がり込んでいるわけです。また、例えば関東地域に限って紙面の一番下の段に白黒の広告を1回だけ載せたとしても682,000円のお金が創価学会の懐に入ります。一回の聖教新聞にはどれだけの広告が載っていますか?ちなみに聖教新聞社は「社」という名称ですが、決して会社ではありません。だから会社としての収支報告の義務はないので、聖教新聞の購読料と広告掲載費で、創価学会にどれだけの収益があるのかを公表する義務もありません。創価学会の出版部門をあたかも独立した会社であるかのように思わせるためのカラクリでしかありません。毎日新聞社をはじめとした新聞社に聖教新聞の印刷を外注していますし、印刷所から各地域の販売店までの運送費などがかかったとしても、創価学会は聖教新聞だけでも毎日毎日莫大な利益をあげているわけで、しかしそんなことはおくびも出さずに、タダ同然で会員に配達や集金をさせているのが現状です。

創価学会は毎年年末に「財務」という名の寄付金を募ります。表向きは「真心の財務を」などと謳っていますが、現場は壮絶な金取り合戦が繰り広げられています。このブログでも4桁財務をしてしまったという方の報告も少なくありません。(ご存知ない方のために言いますと、4桁というのは一人で1回に1000万円以上の寄付するという意味です。3桁は百万円以上ということです)私の両親も娘たちが結婚するときもびた一文渡さずに、何軒か家が建つほどのお金を創価に貢いできました。財務部員拡大の時期になると、創価脳たちはとりつかれたように会員にお金の無心に奔走します。そして財務によってどれだけのお金が創価に入ったのか、そのお金を何に使ったのかを、創価学会は創立以来、タダの一度も公表したことはありません。
創価が会員からお金を巻き上げるのは、財務と聖教新聞だけではありません。二束三文で買い叩いた僻地にみすぼらしいペット霊園のような墓苑を造成し「この墓を買えば功徳がある。成仏間違いなし」などと会員にふれ回らせて、法外な価格で売りさばいています。私の父の墓も分骨して創価の墓を購入しましたが、場所があまりに遠くなため、もう何年も誰も足を運んでいません。
創価学会は聖教新聞以外にも、書籍や民音やその他あの手この手で会員にいろんなものを買わせていますよね。それも組織を通じてノルマをかせていますから、末端組織では否が応でも購入しないわけにはいきません。

でもこれだけ創価がお金儲けをしていても、そしてそのお金を何に使ってるのかを知らなくても、学会員が少しも疑問に思わないんです。これが創価脳です。どんなにおかしな現実を見せられても何の疑問も抱かない。ここでは一つの例として聖教新聞の料金について書きましたが、他にも創価学会が正しい宗教であると考えるには、あまりにおかしなことばかりが満載なのです。でも実際にお金を貢いでいる、つまりお金を騙し取られている学会員自体は、そのことに全く気づかないように洗脳されてしまっている。創価学会とは宗教を隠れ蓑にしたただの詐欺組織です。会員はただのカモでしかありません。会員を騙してお金を巻き上げる。それだけの犯罪集団でしかありません。もしそうではないというのなら、聖教新聞によって得られるお金がいくらなのか、そしてそれを何に使っているのかぐらいは公表して当然でしょう。月100円かそこらの町内会の会費だって一円も漏らさず会計報告をします。それが当たり前の姿です。そんな当たり前のことが創価学会員には通用しないんですね。これだけ莫大なお金を巻き上げられて、それを何に使ったかも教えられなくても何とも思っていないんですから(笑)。もう笑っちゃいますよね。

ということで、今回は創価がいかにお金目当ての詐欺団体であるかをあらためて考えてもらおうと思いまして、特に聖教新聞を例にとって書いてみました。皆さんも聖教新聞をはじめとした集金ツールについて思うところを思う存分書いていただければと思います。よろしくお願いします。

広告

聖教新聞という集金ツール」への163件のフィードバック

  1. 大変興味深く拝見しております。
    前回の「自分が創価脳であることに気づいた時」にコメントさせていただきました、シャロンです。今後はハンドルネームをニコルに変更し、コメントいたします。(この名義で自身のブログを立ち上げるつもりです)

    集金ツールということですが、各出版本やDVD、民音のチケットなんかもそうですよね。
    活動初期の頃はそんなこと考えもしませんでしたが
    途中から、新聞取れだの、新刊出たので買ってくれだの
    だんだんとお金の匂いを感じるようになりました。

    また集金ツールに通じると思うのですが
    労働力をタダで確保する手法についてです。

    新聞の配達にしても、日々の販促物についても
    一般的に考えたら、配達員、販売員、営業がやる仕事です。
    それを信者にさせることにより
    売るためのコストを完全に削減し
    中心部がお金を搾取しているということだと思います。

    選挙についても同様です。
    ドライバー、うぐいす嬢、事務所の人 etc…
    すべて無償で着任されています。
    ちなみに私も学生部時代、候補付きという立場で
    選挙期間中、朝6時から深夜まで走りまわっていた時があります。
    一応、金一封的なものをもらいましたが
    品格の無い議員に文句を言われ、1日中走りまわって
    時給100円くらいでコキ使われたような感じです。

    全ては信心で受け止める。その1点でした。
    私は幸い、純粋に頑張っている風を装うことができたので
    常に冷めた目で見ていたような気がします。(周りはそんなこと気づかない)

    財務についても1円たりとも、してはいけないと思います。
    たかが1円でも100万人が差し出せば100万円。10円でも1,000万円です。
    以降はお分かりかと思います。

    このシステム内においては、全ての人が搾取されることになります。
    創価や公明の職員は薄給だと、現職のご主人を持つ奥様からお聞きしました。
    全てを搾取される。まだオレオレ詐欺の方がマシです。
    金銭、時間、精神、人間関係。

    自分の色んなものを犠牲に、まだ見ぬ幸せを夢見て奮闘する日々。
    あまりにもわりに合わなすぎます。
    冷静に考えたらわかることなんですけどね。
    現実、それはなかなか難しい。
    自己も他者も犠牲にして得られる、自己満足。
    心底嫌気がさしました。

    私は約2年前に1人暮らしを始め、実家を出ました。
    当然、学会のものは何も所持していません。
    信仰活動を辞めて、過度のストレスから解放されました。
    晴れ晴れとした気持ちです。

    むしろじっくり仕事のことを考えたり、勉強したり
    パートナーと食事をゆっくり楽しめたり
    1日を2日分くらい楽しめている実感があります。
    毎日とても充実しています。

    ネットが普及した現在、私たちを取り巻く環境は大きく変化しつつあります。
    かつては誰にも相談できなかったことが、ネットを通じて
    同じ思いを持つ方々と意見を交わすことができる。
    過剰なお金を支払わずに、です。

    全く先行き不透明な時代です。とんでもなく変化のスピードも速い。
    頑張って働いたお金を1円も無駄にしない。
    ダラダラと無駄なものに浪費するのは、本当に悲しいと思うし
    できれば多くの搾取されている方々に気づいてほしいと願っています。

    長文失礼しました。

  2. 創価問題で一番恐ろしいのは
    お金や時間や労力を奪われることではなくて
    心そのものを奪われることです。

    心そのものが創価に奪われてしまうと
    創価がどんなにおかしなことをしていても
    「創価は正しい!創価を信じている私は正しい!」という思考から抜け出せなくなります。

    心そのものが創価に奪われてしまった結果
    お金や時間や労力も奪われることになります。

    心そのものを創価に渡してしまった結果
    お金や時間や労力も創価に渡してしまう結果になります。

    いったん創価に心を奪われ
    「創価は正しい!創価を信じている私は正しい!」という思考にはまってしまうと抜け出すのは本当にたいへんです。

    創価にすでに奪われたお金や時間や労力を取り戻すことは不可能です。

    しかし

    創価に奪われた心を取り戻すことは
    本人が真剣に
    「本当に創価は正しいんだろうか?!本当に創価を信じている自分は正しいんだろうか?!」
    と自分に問いかけて
    「創価は間違っていた!創価を信じていた自分は間違っていた!」
    と自分で気づくことで可能になります。

    この作業は強い心と勇気が必要になります。

    自分で自分の間違いに気づき、認めることができる者こそが真の強者、真の勇者です。

  3. 非活約2年、二世、50歳過ぎのあにきです。
    家内がユル活なので、聖教新聞はまだ取っています。ヘタレですみません。でも、非活になってからすぐにマイ聖教と贈呈をやめ、取っているのは3部から1部になっています。これでご容赦ください。ともあれ、非活になってから、アラさがしのために、バリ活のときより、しっかり読むようになりました。
    池田はん、お元気なんでしょ。あれだけの文章が書けるのですから、表に出てきて、一発、ご指導かましたらどうですか。ろれつがまわらない?字幕でも、代わりにしゃべる人を立てても、ええやないですか。その姿を見た信者は、涙ちょちょきれて、感動して、決意しまっせ。
    さて、冗談はこれまでとして、聖教新聞のノルマに納得がいかない地区部長・地区婦人部長以上の正役職のそこのあなたに申し上げます。あなたが創価でこれ以上「出世」しなくてもいいとお思いなら、そんなノルマは、上手に演義して、担当幹部に押しつければいいです。
    そりゃ、「先生におこたえするたたかい」だの、ひどいのになれば「あなたは責任ある役職をどう思っているの」とか、究極は「信心がない」って言われます。でも、そこで引いてはいけません。適当に「がんばります」って言ってごまかして、新聞啓蒙の申込〆切日に「がんばったけど、できませんでした」、「うちは、お金に余裕ないので、マイ聖教や贈呈はできません」って言えば、できれば涙目で言えば、あとは組織でどうにかしてくれます。
    私も男子部で県幹部やってて、壮年婦人青年全体の新聞啓蒙の報告を取りまとめていました。ある地区・支部・本部でノルマができていなくても、別の組織でカバーされる実態を目の当たりにしてきました。
    このブログを見ている外部の方、特に自民、都民ファ、維新の議員、関係者に申し上げたい。創価って、こんなカルトな活動を押しつけています。こんなバカな活動も、あと10年もせずにできなくなります。今の創価を支えている主力層は、団塊の世代だからです。まあ、カネはシコタマ持ってますから、それをどうにかして吐き出させる算段をお考えになればどうでしょうか。財政再建に少しは役立つでしょう。

  4. ひさしぶりに書き込みます、6月に退会したサキコロです。
    聖教は会員として当然の義務だから。
    家族がいれば、家族それぞれが読む必要あるから多部数で。
    書籍はセンセの指導だから当然で。
    財務は一年に一度のご供養だから。
    そして、会館はみんなで使うから守る会できれいにしましょ。
    駐車場や会館の内外は敵がくるといけないから創価班や牙城会にお願い。
    それぞれ尤もらしく思わせて、会員からお金を搾り取り、労働を搾取する。
    職員幹部は現場で苦労もせずに、聞きかじりの話しを上から目線で指導し、
    三代を先生に祭り上げ、教義変更でもなんでも好き勝手にやろうとする中枢。

    そろそろ気が付いたらどうなんですか、創価の活動家さん。
    常識で考えたらこんなシステムおかしいと思わないのかな?
    非常識な行動しか出来ない創価の活動家だから気が付かないのかな。
    こんな奴らに平和とか思いやりとか同苦とか語って欲しくない。

  5. はじめまして

    アラフィフ壮年の 南無ピコ太郎 と申します。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    1年位前に、こちらのブログがきっかけで完全覚醒しました。毎日見てます。

    男子部時代はラインでは本部長、未来部〇〇部長、S班、H担当S班等やりました。
    防弾バッグを持たされ警備の任務に就いたり、園庭の任務に就いた時にハチと格闘したり、、まあよくもただでこき使ってくれたもんだとしみじみおもいます。。。
    プレイボーイ元男子部長のことを喫煙所でよく見かけました。
    ぶっちゃけ、この人達は仕事、何やってるんだろ??とか当時から思ってました。
    S班の訓練が人生のすべてに活かされる!等の指導を散々聴きましたが、やくに立ったと思うシチュエーションは全くありませんでした。
    上手くなったのは光る棒をカッコよく回しながら上手く誘導ができるようになった事くらいでしょうかw 
    社会では警備会社にでも就職しない限り役に立ちそうもありません。

    さて、聖教新聞ですが、マイ聖教、本当に辞めたいです。
    以前に辞めたい旨の申し出をしたところ、今まで積んだ福運が消えるとか、、ご供養だからとか、、!? ご供養ってなんだ?!新聞ではなく お金 ってことじゃん!! まあ、疑問だらけです。
    地区婦、無冠の奴隷 の妻が今だに創価脳のままなので辞めれません(涙)
    最近の聖教新聞の紙面の酷さには目をみはるものがあります。
    まあ、風景とかの写真の面積の広さが半端ないw
    上半分位が写真の時は思わず笑ってしまいます。
    もう、書くことないんでしょう?と思ってしまいます。
    新聞啓蒙なんて贈呈しかやったことありません。
    活動家の時から自分が読んでて心の底からいい新聞と思えないような新聞をお金払わせてまで読ませたくない、と自身の本能で思っていたのか、必ず、お金はいいから入れさせて!とお願いしました。お金を払うから入れないで!と断られた事もありました。。。
    新聞をとってもらった会社の先輩に
    「他の宗教の悪口ばかりで読んでて気分が悪くなる」
    と言われた事がありました。
    10年以上前は本当に酷かったです。
    自由座談会とか言う企画で最高幹部達がこぞって過激な罵詈雑言を言いまくったのを新聞にしちゃうんだから物凄かったです。
    今でこそ、そこまでは言わなくなったもののそのような新聞を外部に啓蒙しろって言うんだから、馬鹿の極み 中年 とは正にこの人たちのことを指すと思います。

    後、聖教新聞のテレビCMが民法のゴールデンタイムで30秒位の長いやつで流れていた時にはドン引きしました。
    一体、幾らお金をばら撒いているのかと・・・
    CMが明けて番組を観ると、案の定、創価芸能人が映っていました。
    誰とは言えませんが、ワイプで抜きすぎで気持ちが悪かったです。
    大体、CMを見てこの新聞をとりたいと思う人がどんだけいるのか疑問ですし、どう考えてもマスコミ、広告業界にお金をばらまいて文句言わせないようにしているのが手に取るように解り、まるで札束で顔面を往復ビンタしてるように感じます。。。

  6. 新聞は、踏み絵なんですね。統監にもあるでしょう。座談会出席 新聞購読 広布部員 の欄がここで未購読になると支援の戦いの時、内部のZを固めるのに障害になるという理由で、統監を紹介者組織戻しにしたりして厄介払いが始まります。なので、新聞辞めたら退会も早めの方がいいみたいです。実際にあの入会カードがシュレッター処理されるかわかりませんけど、煩いことは言ってこなくなります。
    新聞、書籍、民音、〇〇展への連れ出し、党費、贈呈etc 思いつくままに書いてもこれだけのお金がかかるんですね。はぁ~ヤダヤダ ”(-“”-)”

  7. 前回初めてコメントさせていただきました1832です。
    数年前からずーっと拝見していましたが、勇気が出なくてずっと書き込めずにいましたが、ここでご相談させていただき、新聞はやめようと決意しました。
    しかし決意をしたものの、どこに連絡すれば良いのやら悩んでいます。
    組織の人には連絡したくないし、販売店に直に電話して止めることは可能なのでしょうか?
    親がいなければ脱会もできるのに、と、こんなことで親がいなければと思うのも嫌です。元々親のことは大好きなので、学会のことで毎回言い合いになったり、私が退転してからはかなり険悪になってしまい、一家和楽とはかけ離れています。

  8. シニフィエさん、皆さん、こんばんは。m(_ _)m
    完全非活の てん です。

    シニフィエさんのブログで、新聞のからくりや いろいろな情報を知ることが
    できました。

    新聞は、とっくに 取っていません。
    私も以前、配達をしていたことがありますが その実態は 悲惨 そのものです。
    地区のなかでは、誰もやりたくない うけるものがいない 押し付けあいです。
    安い賃金で配達させて 創価中枢は 丸儲け で、ほんと腹立たしいです。( -д-)
    いつまで、あんなことやらせるんでしょうね。
    活動が苛酷で、疲弊している方 多いようです。

    資金も豊富にあり、政権与党に入りこんでいる 創価・・
    本当に 衰退していくのだろうか?

    シニフィエさん、ペット霊園 には笑いました。

  9. すこしきまりわるかったのでHNをひわ色で書き込んでいましたが、以前のHNに戻します。流れ星です。すみませんでした。
    脱会12年目に入りました。
    創価の家族は母だけです。
    なので同居に創価脳のいる方々の厳しさご苦労をおもんばかれないような書き込みを以前していたかもしれませんが、そのことについてあらためてお詫びいたします。

    どなたかが、創価によりお金・時間・労力、より以上にもこころを奪われていることの悪化を言われていましたがはげしく同意します。

    たとえば、わたしもやっていました聖教新聞配達員ですが、ほんま薄給にも関わらず嬉々としてやっている方がいました。わたしも活動家のときは、そのような気持ちだったと思います。

    よく先輩配達員は言われていました。先生のお手紙を配っているのだ、と。
    また池田大作からの指導・激励。。無冠の友へなどなど。。
    配達員へのそれらの指導・激励は、みずから創価学会のために池田先生のために、という気持ちを昂揚させるものでした。ある意味、選民意識を駆り立てられた、とも言えるでしょう。
    創価の縁の下の力持ちとしてわたしは頑張っているのだ。そんな気持ちでいまも全国の聖教新聞配達員は、たとえ高齢になったとしても配達員を辞めない。また代われる人がいない。

    でも、いずれそれも尻つぼみになっていくでしょう。
    そんな割に合わないことをするような活動家が、この先も居つづけるとは到底思えないですし、これからの若い方々は自分たちの生活で精一杯ですから。

    少し前に、家族の監視があり聖教新聞の購読をやめられないという方が複数いましたが、新聞を止めるのはご本人が考えているよりも簡単です。簡単すぎて唖然とするかもしれません。

    これからは、新聞を止めたいけれど止められないひとにあてての話しです。
    止めるつもりのない人はスルーしてくださいね。

    新聞をやめるのに組織のひとに言っては絶対にNGです。
    新聞販売店に直接電話かFAXで住所・氏名を伝え来月から止めてください。これだけですみますよ。
    ちょっと言われそうだな、と思ったら、電子版に切り替えますので、というだけですんなりやめられます。
    もし、バリ活創価脳の家族に責められたとしても、廃品回収がめんどうなので電子版に変えたから、といえば済むことです。あとから組織の人が、どーしたの!?と飛んできてもおなじように言えばいいだけです。

    でも、きっとなかなか辞められないのは、どこかでそこまでしたら。。といろいろ考えすぎているのだと思います。または、なかにはそこまでしたら罰が当るとか考える人もいるのかな?

    読んでもいない新聞はタダのゴミです。
    お金を払ってゴミを買っているのです。地球に優しくありませんね。
    わたしは、あるときそれに気づいて止めました。
    止めて、なんだかまっくろくろすけみたいなモノが我が家から消えてスッキリしたものです。

    なんども言いますが、これは止めたくてもやめられない方へのメッセです。
    どうしてもそこまで踏ん切りがつかない人は無理しないでくださいね。無理をするのはよくありませんから。。あるときストンとこころが定まるときが必ず来ると思いますから。。

    これは財務にもいえることです。
    財務に1円でもよろしくない、と言われている方がいましたが、たった1円だけ振り込んで、振り込み手数料、そしてあとから発行され地区より届く領収書の封書、お礼の粗品もろもろ、を考えるとこれは創価にとってははげしくマイナス出費なのですよね(笑)
    わざわざ嫌な思いをして財務を止めます宣言をするよりも、黙って1円財務のほうがずっといいですね。
    財務を止めたくてもやめられない人には1円財務を推奨します。身近な組織にばれることはありません。それが心苦しかったら100円でもいいですね。

  10. 1832さん、

    退会一か月のサキコロ@壮年部元副本です。
    >販売店に直に電話して止めることは可能なのでしょうか?
    はい、これで大丈夫です。
    私は代配してたので、新聞店主の携帯知ってたので、
    ショートメールで「今月で新聞止めます」と連絡したら。
    「長い間の購読ありがとうございました。」と事務的に連絡来ました。
    新聞店主は男子部時代から知っている人ですらこうなのですから、
    新聞店が1832さんを知らなければ、住所と名前を言っていつ止めるか言えば
    それで済むと思います。
    くだらない新聞なんか止めてすっきりしましょう(笑)

  11. 60代外部の男性です。
    なぜ、平和福祉重視の創価学会が脱原発を訴えないのかと調べているうちに、このブログに出会え以前に2,3回投稿したものです。
    テーマとは関係ないのですが、7月16日朝神戸市北区で起きた祖父母と近所の老人など3人を殺した家の庭と囲い塀に公明党のポスターが貼ってありましたが、支持者か学会員の家かわかりませんが、少しは関係があるのかもです。17日の一般紙は、社会面で大きく記事が載っておりますが、聖教新聞ではどのくらいの扱いなのかなと思って興味があって投稿しました。
    もちろん聖教新聞はとっていませんのでわかりません。どなたか教えてください。

    管理人様いつもありがとうございます。テーマと違う内容及び個人のプライバシーに関する内容も打ち込んでしまいましたので公開するしないはお任せいたします。

  12. ムカついたこと思い出したのでカキコしときます

    創価では、会員から池田への贈り物は基本的に使い回しされています。

    新婚旅行のお土産を池田宛に届けました。お金をやりくりして、自分たちの欲しいものは買わずに。

    それを使い回しされて、他人の手に渡っていると考えると怒りが治りません。

    とりあえずムカついたのでカキコしました。

    聖教新聞という集金ツールについてはどんどん暴いて生きましょう!

  13. アラフィフ・30年ほど活動していた元バリ活のレモンです。

    1832さん
    初めまして。
    >組織の人には連絡したくないし、販売店に直に電話して止めることは可能なのでしょうか?

    前スレでも、過去にも度々新聞を止めたいという方が多々おられ、その方法を皆さんがコメントされていましたね。
    それだけ、新聞を止めるというのは、覚醒に揺れる方にとって大変な第一関門なんだとお察しいたします。
    方法ですが、販売店にメール、FAX、電話とどの方法でもストップできます。
    ただ、組織のほうには必ず連絡がいきます。
    バリ活の時に、聖教配達と地区婦を20年近くしてきたのですが、地区婦や地区部長は、地区の方の購読を一人残らず掌握しています。
    とったり、とらなかったりという内部購読者の「何月から入って何月に切れる」という詳細な事まで。
    そっと新聞を止めるのは理想ではありますが、どこかでハッキリと意思表示をするというのは大事な事かもしれません。
    新聞を取ろうと取るまいと、相手にとやかく言われることではないのですから。
    今まで、とってやってたんですものね。

    販売店に電話かFAXをいれ購読中止を申し出る。
    販売店か配達員から地区に連絡がくる。
    地区の責任者から確認の電話が入る。
    「はい、必要ないのでやめます」でいいのではないでしょうか?
    それ以上の事は、誰にも言う権利などありません。
    仕方ないと思った地区の誰かが、あなたの代わりに1部マイ聖教を増やすかもしれません。
    でも、大丈夫です。
    その方にマイ聖教の福運がいくはずですから。
    その方にあなたの福運もあげちゃいましょう~
    頑張ってくださいね。
    応援しています(^o^)

    創価の活動家時代、大切な沢山のものを犠牲にして、心身ともにすり減らしながら労働力を提供し、お金をごっそり差し出して、得られたものって何でしょうか。
    創価脳たちは「創価のおかげで幸せになれた」とよく言いますね。
    でも、私からみたら「その程度の幸せ」を得るために、失ったものの大きさは見えなくなるんでしょうね。
    一般世間の方は「その程度の幸せ」など、なんなく手にしているというのに。

    本部幹部会が終わりそろそろ友好週間に入るようです。
    時間に余裕のできた活動家たちが、一人でも多くこちらのブログにたどり着いて覚醒できますように!

  14. シニフィエさん、皆さん、おはようございます。m(_ _)m

    1832さん、新聞を止めるのって 勇気いりますよね。
    販売店に直接いわれても いいと思います。
    FAXか、メールだと、煩わしい会話をしなくてすみますので おすすめします。
    その後、地区からなにか言ってきたら きっぱり断れば 良いと思います。
    創価は、きっぱり に弱いですから・・

  15. イヌです。非活30年です。学生部でちょっと頑張った程度です。聖教新聞は信者が配達している限り、宗教活動になると思いますので収益活動とはみなされず、課税対象にもなりません。但し輪転機を回す印刷業はいくら信者がしてもこれを宗教活動をするのは無理があるので、大手新聞社に委託しています。そうすることによって同時に大手新聞社に対しても影響力を持つことができます。
    要するに、警備も新聞も信者が修行の一環のような形で関与すればするほど、課税されない仕組みになっています。宗教団体からすれば信者をこき使うほど、課税から逃れるという一石二鳥の仕組みになっています。

  16. 1832さん
    販売店に電話すれば止まります
    住所検索すれば担当販売店の番号出ます
    (会合があるので)電話対応18:00までとなっています
    電話すれば「はい!わかりました」と止まります
    まず行動することです

  17.  一昨年6月に新聞をやめたキリコです。
    覚醒する前は学会は金がかからない宗教だと思ってました。会にいれば会報なり機関誌なりを購読するので新聞代くらいは当然と思ってました。
    しかし、覚醒してみると、新聞、書籍、民音チケット、SGIグラフ、そして財務と、何だかんだといって金がかかる。いや金を巻き上げられていることに気づきます。実に巧妙です。
    仕掛ける側からすればこんなボロい金儲けは他にないでしょう。会員は文句を言わないし、それどころかありがたがって買ってくれる。功徳欲しさに金を差し出してくれる。元手なんていらないに等しい。それでも毎年毎年莫大な金が転がり込んでくる。それこそ「やめられまへんなー」ですよ。
     一つ思い出しました。去年の今頃だったか、仕事中に地区の壮年部から電話がかかってきました。用件はというと、新聞を一部取ってくれんか、ということでした。
     あまりのアホらしさと無神経さに私は脱力しそうになりました。私が視覚にハンデがあるのを知っているはずなのに頼んでくるとは、ノルマ達成がよほど危うかったんでしょう。
     私:自分が直接読めないものを取るなんて意味がわかりません。
     壮年部:それならキリコ君の職場に置いてもらってお客さんに読んでもらえば。
     私:それはもっと意味がわかりません(怒)。
    私が露骨に嫌がったので、こらあかんと思ったんでしょう。壮年部はそそくさと電話を切りました。

  18. こんにちは、元男子部の奥村源造です。

    聖教新聞といえば、思い出が二つあります。

    一つ目:
     折伏を受けて入信してほどなくして、とある外国に留学したのですが、その間、折伏してくれた方から聖教新聞を送ってもらっていました。約2年の留学生活を終えて、日本にもどる際、その間の膨大な量(何十キロ?)の聖教新聞を一部も漏らさず、後生大事に日本に持って帰りました。
     当時は、聖教新聞を読んだ後、「捨てる」などという発想がまったくなく、今にして思えば、単なる古新聞を、高額な航空料金まで払って日本に持ち帰っていた典型的な「創価脳」のわたしに、今更ながらあきれかえっております。
     ちなみに、この膨大な量の聖教新聞、バリ活から非活となり、その後、置く場所に困り、実家の物置に置いていたのですが、それから10数年たったある日、物置の片付けをしていた母からすっとんきょうな声で「何、これーーーー???」と言われ、見てみると、湿気でカビだらけの状態のあの聖教新聞の山!!ためらわずに粗大ゴミに出しました。

    二つ目:
     男子部でバリ活時代、地区の未活仲間への励ましとして、本人の誕生日の聖教新聞をコピーして配る、というようなことをやったことがあります。関文(関西文化会館)に事前に電話で連絡をして、希望の日時を伝えておくと、コピー代金と引き換えで、聖教新聞の一面コピーをもらえたのでした。
     たしか昭和40年の9月頃の聖教新聞のコピーだったと思います。一面の三分の一くらいは、真っ白く覆われており、まるで新聞のスクラップ記事のようなものを関文の窓口でもらったことが思い出されます。
     窓口で、「これ(白く塗りつぶされた箇所)どうしたのですか?」と、聞くにはなにかためらいがあったため、地元に帰って先輩に聞くと、「たぶん、退転した反逆者幹部の記事が載っていたから、そこは消されたのだろう」という話でした。 創価脳だったわたしは、いとも簡単に納得して、コピーした聖教新聞を持参して家庭訪問に励んでいました。

     過去の歴史、記事内容で都合が悪い箇所は、覆い隠す、という体質は、今にして思えば、あの当時(20数年前)からも常態化していたのですね。聖教「新聞」とは、名のっていても、とても新聞ジャーナリズムとはまったく無縁の、単なる御用新聞、創価機関誌、広報誌にすぎないでしょう。
     でも、当時は、ホトケ様からの使いの新聞、センセの魂がこめられた新聞、と思っていた。ホント、バカでしたね。

     駄文失礼しました。

  19. 初めまして、カオスと申します。
    創価学会に入信して半世紀
    昨年、一閻浮提総与の大御本尊が
    学会とは関係無いと支部長から言われ
    本年5月から法華講に参加して
    信心を続けている壮年です。
    学会の内部では、幹部の言動とか
    選挙とか、折伏とか学会活動が
    おかしいと感じている人は多いです。
    このブログが多くの学会員さんの
    カオスを晴らす事を願っています。
    これからも更新を頑張って下さい。

  20. 非活約2年、二世、50過ぎのあにきです。
    新聞をやめるときは、イヤなことを言われるのを少しでも減らしたいと思われるのならば、販売店に直接言った方がいいです。組織に言うと、引き留め工作にあいますし、それでもやめると言い切ると、何らかの「捨てゼリフ」を吐かれます。私の実母もその経験をしてますから。
    販売店に言っても、後で組織から言われますが、勇気を出してやめると言えた経験を持って対処できるので、気は楽だと思います。
    でも、私の実母は「バリ活の本性が分かったから、逆に組織に直接言ってよかった。父さん(私の実父)や私の葬式を、学会でなく、元の真言宗でする踏ん切りができた」と言っています。
    どっちみち、退転者、地獄に堕ちる、裏切り者など、直接また影で言われます。言わしておけばいいんです。
    あと一つ。聖教啓蒙で組織から上がってくる報告数と、実際に配達される部数には、かなり差があります。報告数の2割近くかい離がある、と過去に聞きました。つまり、啓蒙されたけどすぐに取るのをやめた、といった事例がかなり多いのです。
    あんまり気にせず、サクッとやめりゃいいんです。イヤな思いはそのときだけ。あとは、何事もなかったかように時は流れますから。

  21. みなさまこんばんは。
    2年前に退会したアラフィフのアブラギッシュと申します。

    退会前のバリ活のころ、聖教代配を土日限定で5年間やり続けました。
    マイホームを購入するために新しい地区に引っ越しをしたときに、真っ先に当時の地区部長、地区婦人からお願いされたのがこの代配でした。
    当然断れる雰囲気にあらず、2万円の新しい自転車まで購入して5年続けました。テーマとズレるかもしれませんがそのときの感想や体験を列挙します。ご勘弁ください。

    ①ただ眠いの一言。

    朝はいつも憂鬱でした。土日代配のため、休日でも早起き。全く熟睡できず、睡眠不足のため体調は悪かったです。

    ②聖教なんか誰も読んでない!

    配達先で新規に入れた方はほぼ100パーセント聖教なんか読んでない!
    贈呈かどうかまではわかりませんが、郵便受けにはいつも一週間分の聖教が入ったままで、新しく入れるスペースもありません。紙の無駄!

    ③事故!

    冬は自転車だと寒いので、車で配達していました。自転車と接触事故を起こしてしまいました。
    後日、1万円入りの池田名義の見舞袋?をもらいました。当時は先生に迷惑をかけてしまったと悔やみ、その袋を仏壇の中に置いたままずっと懺悔の題目をあげていました。

    ④福運なんか絶対つかない!

    新聞配達して福運がつくなんてマヤカシを心底信じていました。
    福運どころか、万年寝不足、宿泊旅行もできない、いいことなんかありゃしない!たまに無冠の友?へのメッセージ?やら軍手やらホッカイロやら靴の滑り止めやらをもらいましたが、ただの邪魔物グッズでしかありませんでした。

    ⑤自分で志願したんでしょ?

    我慢が限界に達したので、代配を辞めたいと申し出たところ、自分で志願したんでしょ?と言われ…. え?
    志願はしていない…
    お願いされたから引き受けただけで、自分からは絶対志願なんかしていない….

    創価独特のイヤミ…..

    はっきり言って頭にきました。
    でも、そこから退会への道のりは長くはなかったです。

  22. みなさん こんばんは

    アラフィフ壮年の 南無ピコ太郎 です。
    シニフィエさん コメントご承認ありがとうございます。

    全国津々浦々、押し付け合いの配達員ですが、むかし、妊娠した婦人部員さんに聖教新聞の配達をすれば産まれてくる子供に福運がつくとか言って正の配達をやらせてたのを目の当たりにしました。
    私の心配は現実のものとなってしまいその方は流産してしまいました。
    これには意味がある、一緒に祈ろうと励ましていた婦人部幹部にムカつきました。
    冬の寒空の明け方に妊婦さんが配達・・・異常です。

    これを平気でやらせる組織も異常です。。。

    事故があっても誰も責任を取らず、、必ず意味がある、凡夫の私たちには解らない って
    凡夫の人が言ってますけどね、、、

  23. 1832さんへ
    新聞の止め方ですが、今はいとも簡単に止められるようですね。ちょっと驚きです。
    私は、減部→中止と段階を踏みましたが、販売店の店主なんて知ってるひとだからだったからか、「販売店には新聞を止める権利は無い。まず地区の承諾が無いと無理だ。」とケンもホロロの状態でした。
    減部の時は減った分の穴埋めが困ると婦人部再度から再三しつこく踏みとどまるよう説得がありました。購読中止の時には、本尊返却を迫られました。その時返却しても良かったのですが、幹部と顔を合わせるのが嫌だったので結局購読中止のみに留めました。当時、銀行引き落としでしたので、銀行側にも直接引落できないよう確認にも足を運びました。
    あまりにもしつこい家庭訪問のようであれば警察にも連絡することも検討しました。
    自分自身が、新聞を辞める時が事実の上での退会でした。なので、親への連絡も覚悟していました。悲しませたくない気持ちもありますが、成人し結婚し生計も別になっており顔を合わせるのも年に数回の関係でした。親は親 自分は自分 最後はしがらみを断ち切る勇気も必要だと思います。

  24. 連投します すみません 南無ピコ太郎 です。

    バリ活男子部時代に顕彰新聞(顕彰会の機関紙)を部長会で見る機会があり、顕彰新聞に写っている青年部の顔写真が目がいっちゃっててカルトっぽくては怖いとかなんちゃらとかみんなで散々言ったあと、手に取って観ている時に、上の幹部(年下)から聖教新聞のような爽やかさは無いですよね~? と言われ、思わず 「お・・お おう」と言ってしまいました。
    正直、殆ど変わらないと感じました。

  25. 南無ピコ太郎さん、初めまして!
    コメントありがとうございます。
    学会員さんはいい人が多いと言われますし、私もそう思います。いい人と言うより、人がいいと言いますか、疑うことを知らないと言いますか(笑)。でもやってることや思考回路は一般人からみればキ○ガ○ですよね。言い過ぎでしょうか?いや、これはっきり言います。キ○ガ○です。これは他人事ではありません。私だってそうでした。どんなにおかしなことをやっても、どんなにおかしな結果が出ても「これにはきっとワケがある」ですからね。きっと本人もどう考えていいかわからないからそう言うしかないんです。自分でものごとを考えてませんから、いや、自分でものごとを考えることができなくなっていますから、何を聞かれても創価から言われたこと以外のことは言えないし、ましてや創価がおかしいという結論に至ることには思考が決して結びつかないように調教されています。日本全国の学会員が同じような反応をします。
    創価の言うとおりにすれば幸せになれる。絶対的幸福を得られる。全てがうまくいく。一方で、創価に逆らったらバチがあたる。悪いことが起きる。地獄に落ちる。そう思い込んでしまうのが創価脳。本気で怯えて、結局は創価にお金を貢いでしまう。もはや自分が何をやっているのかさえわかってないんです。創価は詐欺でしかない。人のいい人間をカモにして自分で考えることをできなくして、徹底的にお金をむしり取る。ただそれだけのクソのような詐欺集団です。一人でも多くの学会員がそのことに気づくように、みんなで発信していきましょう!
    よろしくお願いします!

  26. おはようございます。元学会2世、更年期も楽になってきたけど空咳が出てきてちょっと辛いおてもやんです。

    聖教新聞という集金ツール。
    新聞を読んで切り抜いてスクラップブックに挟んで取っておいたり
    通勤電車の中で読んでみたり
    学校の先生にまで勧めてみたり
    商店街を軒並み新聞啓蒙して回ったり
    あんな内容の新聞なのに、「先生のお手紙」という言葉を信じ、大事に思っていたのが、本当に愚かしい私の過去の過ち。

    実家の両親は5部取っていました。
    さすがに捨てるのも多いので「減らしてみては?」と言ったことがありますが、「うるさい!お前には関係ない!」と言うことを聞かなかった哀れな親。

    前にも書きましたが、文化祭の報道写真は、本番の時に撮影されたのではなく、リハーサルのものだったりしました。あたかも本番の写真のようにデカデカとカラー写真で掲載されているのを見て、バリバリの信者であった私は、どう受け止めていいのか頭が真っ白になりました。
    あれは世界青年平和文化祭でした。

    会社で、同僚や上司らに新聞啓蒙をしていた地区部長をやってるMさんという学会員がいます。
    「Mさん、創価はインチキカルトだよ。Mさんは多くの部員さんを引っ張っている。地区の人たちに責任があるんだよ。創価学会はおかしいって気がつくべきだよ」と言うことは言っておいて、後は創価の話はしないようにしてました。
    それでも懲りずに新聞啓蒙をしてきたりしましたが・・・(-_-;)
    少し前に腎臓ガンがわかり、Mさんは、2度手術しました。
    そして3度目の手術で、今、入院中です。腎臓がなくなるので人工透析です。

    これが逆の立場であれば、「退転者が末期ガンで3度の手術。現証が出た。仏法は厳しい」とか言われるのでしょう。
    あれだけ職場でも新聞啓蒙に励んでがんばっていた地区部長なのに、末期ガン。
    何の力もない宗教なんかを信じ、人生の大事な時間を創価学会に費やした結果がこれ。あまりにかわいそうで、創価学会のことには触れないようにしようと思います。

    本当に素晴らしい内容の新聞であれば、それを商売道具にせずに、ネットで無料配信すれば良いのです。たださえ総資産数兆円の超金持ち教団なのに、配達料もケチって、1世帯数部も取らせる馬鹿さ加減。

    でも、今も学会員やってる人たちって、それでも幸せなんでしょうね。能動的な奴隷です。
    こんな聖教新聞でも、騙されてると気がつかないというのは、自己責任・・と言うしかないなと思います。

  27. 元三世四十代のノジコです。
    女子部時代のバリ活全盛期に鬱を発症し、その後創価脳のまま、非活5年、結婚後はユル活10年。
    「創価は本当に正しいのか」と禁断のネットで検索し、こちらのブログにたどり着き、創価は詐欺との確信を得て昨年6月に覚醒、12月に家族で脱会しました。
    聖教関係は大白、SGIグラフ、小学生新聞、創価新報もとっていたので、新聞以外は覚醒後少ししてから止めて、新聞は退会月にやめました。(主人が販売店に電話しました)

    盲信者だったころは、聖教新聞は先生のお手紙、聖教拡大が広宣流布を進めることだと本気で思ってましたね。マイ聖教も当たり前のように思い、何もおかしいなんて感じませんでした。
    普通に考えたらこの思考相当やばいです。
    洗脳とけて正気を取り戻したら、創価が言ってた功徳や福運や罰とか、どんだけばかばかしいことだったのかがわかり、トホホな感じです・・・(+_+)
    福子で生まれ、罰論信者の創価脳母に、この世は謗法だらけで第六天の魔王が支配する油断も隙もない恐ろしい世界と刷り込まれて、創価の正しい信心だけがこの世を自在に生きるために必要な唯一の手段だと思っていたのですから、洗脳って恐ろしいですね。
    おめでたいことに、聖教をとっているだけで自動的に守られると思い込んでました。
    外部さんからしたら頭がおかしい連中と思われるのも無理ありませんね。

    「乱脈経理」読みましたが、創価の金にまつわる話は、本当にえげつないですね。
    創価を守るためには総理まで使い捨てとは、恐ろしい団体です。そんなとこに力(金)を持たせてはいけないと思いました。

    創価を信仰だと信じてる会員さん、早く気付いて静かに去りましょう

  28. はじめまして!初めてコメントさせていただきます。ライムと申します。
    2世で非活歴 20年くらいでしょうか? なぜか新聞と大百はとってます。財務はとうにしてませんが、新聞、その他雑誌等にそれだけの収入が学会本部に転がり込んでいるとは驚きでした。近くに母が住んでいるので家に来たら、「今日は良い記事が載っているのよ〜」と切り抜いて置いて帰ります。(宿命転換してにこやかに写っているような記事)私に真剣に新聞を読んで信心を深めなさいの意味だと思います。私も最近までは、幼い頃から染み付いた創価脳?で活動しなくても新聞などを取っているからまだ平穏な生活ができているんだと思っておりました。ここ数ヶ月前から学会非活の方のblogや本部の実態などをネットで読み出してからは視界が広がりました。本当に覚醒しつつあります。でも まだ入口だと思います。仏壇はあります…手を合わす事は無くなりました。新聞 大百もとっても無駄なものです!意味ないです!

  29. Aさん、コメント読ませていただきました。
    創価学会員による外部の人間に対する集団ストーカー被害があるとのことですが、それが事実であってもなくても、このブログでとりあげることではないと判断しましたので、Aさんのコメントの承認は控えさせていただきました。ご了承ください。ついでに申しますと、私が知る限りはそのような被害の話はありません。よけいなことかもしれませんが、私の個人的な感想を申しますと、創価学会に限らず集団ストーカー被害をネット上で訴えている方たちの異様とも言える被害者意識や、実際に街頭でのデモ行進や署名活動に対しての少なからぬ不信感はあります。いずれにせよこのブログで話題にするようなことではないと思われますので承認しませんでした。

  30. 1832です。
    新参者の私のコメントに、たくさんの方からのコメントありがとうございます。
    新聞店に電話すればやめられることを教えていただき安心し、契約主の夫に電話をしてもらうよう頼みましたが、夫は私と実家が更に険悪になるのはよくないから、波を立てないための代金と思うことにしようと諌められました。
    確かに新聞店から地区へ、地区から実家へ連絡がいくのが恐怖です。
    きっと母は「娘が不幸になる!!」と大騒ぎして、なんとかやめるのを食い止めると思います。
    web版にするから、と言っても「紙が大事」と聞かない人です。
    配達員をしている母には配達員の手取りが減るのも申し訳なく思うみたいです。
    多分新聞をとめても母は贈呈という形をとってでも私の家に新聞を入れると思います。
    書いてて思いますが、本当に異常な家庭ですよね。

  31. 度々のコメント失礼します。
    ちなみにですが、実家とは圏単位で同じ組織です。
    私の地区の地区婦と母は会館長やら会合でよく会うので絶対話がいくと思います。

  32. 1832さん、結婚を機に脱会した宝星と申します。
    ご実家というのはご自身の、であってお母様が配達をされているということですね、
    ご主人の心配ももっともですが、なんとか前向きになりたいですよね。

    私は結婚を機に脱会して、いっさい創価とは関係を断ちましたが(組織のためにも)、
    相変わらず実家の母はまめに連絡をよこします。
    私に何か不幸の現象が現れてないか恐れているのでしょうが、
    まあ色々あってもそれなりに家庭を切り盛りして、子供も成長しました。
    ‥‥「どこが心配か具体的に言って☆」と聞くと、返答に窮するようになりました。
    私も創価を辞めてからは、ずっと母娘の関係は気の安らぐものとはいかないけど、
    血の繋がりは断ち切ってしまうことはできないから、うまくやり過ごすよりないな、
    と思っています。 なんだかアドバイスどころか愚痴になってしまい申し訳ありません。
    まあ、なんだかんだ簡単には母娘の縁は切れないと思います
    当たり前のようにご主人と幸せな家庭を築くことです

    やっぱり流れ星さん‥‥愛読者です☆☆

  33. 1832さん
    波風は立ちますよ
    「でも、だって」じゃぁ勝手にしてください
    我々にはアドバイス以上のことはできません

  34. 管理人様、投稿者の皆様
    お久しぶりです。
    今年3月に脱会した50代女性の雪ちゃんです。
    皆様の投稿にうなずく事ばかりで、しばらく投稿できずにいました。
    充実した4ヶ月を送らせてもらっています。
    脱会してはっきりと言えることは『創価は宗教ではない』、『創価には功徳もバチもない』、『創価はお金目的の団体』ということです。
    言いたいことは山ほどありますが、聖教新聞に関しては、新聞長、配達員として関わりました。
    覚醒してからは、部員さんに多部数購読の負担をかけまいと、自分が泥をかぶった。
    幹部、販売店店主から目の敵にされました。つらかったです。
    脱会したら、一般世間にはそんな恐い人は誰もいません。
    平穏です。
    今は、家族ご先祖様に恩返しと思って、家事や仕事に精を出しています。
    快調です。
    Signifie様はじめこのブログの皆様、ありがとうございました。

  35. 皆様、ご無沙汰しております。
    突然現れての『今更シーリーズ』です(笑)

    第24回社長会〔於松野茶屋〕 池田発言より
    『(念珠の状況報告)。出来るだけ早くやりなさい。木製とプラスチック、将来はプラスチックになってゆくだろう。3種類位にしぽって、あまり高くないものを作りなさい。一手に買い取り、卸せぱ良い。もう内の人達が使うもので、外部に儲けさせる事はない。線香もローソクも東洋精光でやんなさい。正本堂のみやげものも作れ、とにかく作るものは全部東洋にやらせる。仏壇もプラスチックで出来るだろう。良い人をふやして、幹部は次の仕事の手をどんどんうって行きなさい。』

    本部職員の仕事は、売れる物をこしらえるってことですね!
    全てが金儲けの為の組織です。

    今年の2月頃までは
    脱会したものの情緒不安定でしたが、
    こちらで根っ子を吐き出したせいか
    最近では時間ができれば
    LIARさんと歌を歌って楽しんでいますwww

    あれ?おかしいなぁ〜と
    こちらにたどり着いた方々
    覚醒途中の皆様!

    創価脳は「退転者」という言葉を使いますが
    本質は全然違います!
    出したことも無い勇気も覚悟も必要です。
    自分の意志で立ち上がって
    自分の意志で前に進む生き方に自信を持って下さい!

  36. おてもやんさんの
    >本当に素晴らしい内容の新聞であれば、それを商売道具にせずに、ネットで無料配信すればよいのです。
    とのコメント、本当にその通りですね。同感です。

    広告だらけの会報を月2000円も出させて広布拡大とか先生のお手紙などと言ってのける神経、完全におかしいです。素晴らしいなら無料で発信すればもう少し世間の目も違うと思うのに。聖教オンラインの有料会員の月額は1700円もとるんですよね。アホらし(-_-メ)

    創価学会で福運つけるのにはお金がいるんです(苦笑)
    財務は一口1万円からだし、カラコピ本尊受けるにもご供養なんて言って3000円とられるし、ちょっと大きめな特装御本尊は1万円。池田さんの代作本も、民音も会員が買いたくもないのにノルマなんでお金出さないといけません。選挙時期には一部100円くらいのパンフも何部か買わされましたね。
    よくよく考えれば何でも金、金、金。
    そして創価発信のものを自分のお金で買うことで福運がつくとか家族が守られるとか言っちゃって、会員は深く考えもせず、信心の強い(?)幹部に言われるとその通りだと思ってしまう。信じてる間はこのおかしな実態に気づけないんです。創価に身ぐるみはがされても気づけないんです。

    創価関連でもやもやしている方。もう無理に信じるのやめましょう。
    ここのブログで沢山の経験者が言っているように、創価学会は詐欺なんです。
    びた一文お金を出してはいけない、反社会的な団体なんです。
    まさかと思う方は自分でよく調べてみてください。
    もう、笑っちゃうほど真黒ですから・・・

  37. シニフィエさん、皆さん、こんばんは。m(_ _)m

    創価は詐欺団体である と、かっぱされたのは シニフィエさんが最初で 
    いまや、アンチブログでは 定着してます。
    あの手、この手でお金を巻き上げている創価。
    非活、未活のところにも しっかり新聞を取らせていますよね。

    私が新聞を辞めた時は、親戚からはなにも 言われませんでした。
    親戚は全て創価ですが、バリ活ではなく ゆる活のような人ばかりでしたので
    その分 楽だったと思います。
    バリ活が親戚にいたら ほんと大変だと思います。

    新聞を辞めたくてもやめれない、脱会もなかなかできない ような宗教って 
    いったい なんなんでしょうね。

    組織では、私のことを悪者にして あることないこと 言っているようです。
    創価とは、そういう組織です。
    でも、そんなこと 気にしてたら 生きていけませんからね。
    統監からはずしてくれないかな~ ほんと めんどくさいわ~

  38. 集団ストーカーの話については、正直よくわかりません。
    私は活動している時にそのようなことをしたことはありませんし、少なくとも4つ以上の都道府県、地域で活動しましたが全くそのようなことはありませんでした。

    大多数の人々が共有する現実世界では創価による集団ストーカーはないのではないでしょうか?

    第一、ロクに活動もしない人間や外部の人間を大勢でつけまわすなど、創価はしませんよ。それよりも、しつこく新聞とれ!公明党に選挙入れてくれ!会合結集、署名などなどに時間を費やしますよ(^^)

    しかし、多くの方が集団ストーカー被害を訴えておられますので、私たちの『見えない世界の人々?』によるそのような行動があるのかもしれません。

    どちらにしろ、このブログとは関係ないことですし、そのやうなものを載せるとこのブログの信頼性が落ちますので、掲載は不要だと思います。

  39. こんばんわ、ルフランです。スレに関係ないことですが書かせて下さい。
    先日、母の長寿のお祝い(生前葬)が無事に大成功で終わりました。今までのわだかまりを捨て皆に喜んでもらい涙あり笑いありの大変に感動した会でした。一人での準備は実に大変でしたがその価値は充分にありました。創価の呪縛から目覚め親族が宗派など関係なく一つになった瞬間の意義深い日となりました。シニフィエさん、皆さん有り難うございました。こちらでのブログの出会いが発端になり分断されていた親族が一つになりました。この原動力で黒歴史の上に新しい人生のスタートが上書きされたように思います。すでに言葉も笑顔も失ってしまった母です、広布のために全人生を捧げてきた母の末路ははっきりいって悲惨にも廃人と化してしまいました。
    最後は黄金の境涯になっている、頑張った分だけ誰より幸せな晩年を送れる?。。そんなの大嘘です。
    27所帯の本尊流布、新聞啓蒙100世帯以上、財務は軽く四桁。選挙も活動も病気になるまで年も気にせず現役でやり抜いた母の末路がこれです。
    どうか人の目など気にせず御自分の人生を優先して一刻も早く創価から逃げて下さい。役職を持っている人も新聞配達をしている人も詐欺団体の奉仕などほっポリ投げても創価は困りません。幹部がやればいいんですよ。いつまでもパチンコの玉のような生活を送るのは辞めにしませんか。創価で晩年を迎えた悲惨な人はなにも母だけではないんです。捨駒の嘘だらけの人生を送ると最後はこうなるとの見本が気の毒にもうちの母です。実体験です。

  40. 夏虫疑氷 (かちゅうぎひょう) という言葉がありますが、
    宗教ビジネスをしらないソーカ信者の方にピッタリの言葉ですね。
    私はダマされてない!!
    っていう方ほど、冷静にならないと、そこから抜け出せんませんよ。
    世の中には宗教ビジネスという物があるのを
    知っておいた方がいいです。

    –  宗教ビジネスの裏側

    以下に書いてある3点が宗教ビジネスで、
    よく使われるテクニックです。
    必要な方へは ”なんかメールでこんなの来たんだけど、読んでくれる?”
    とメールで送るなり、読ませれば、殆どの人が覚醒します。

    ■ 宗教ビジネスは儲かる。100万人が1人1万円寄付したら100億円。
    幹部は信者から吸い取ったカネで、ソコから寄付
    ■ 願いが叶う宗教なら周りを見ると答えがある。
    9割以上願いが叶ってなかったら宗教ビジネス。
    ■ とにかく敵を作って内部批判から目をそらす

    洗脳解除は意外と誰にでも出来るんですよね。
    情報シェアして、ダマされてる人を救いましょう。

  41. 一世、四半世紀バリ活幹部、非活歴約2年半の壮年部アラフィフのギルークです。

    8月は学会内では『夏季友好週間』ではありますが、日程表には『聖教新聞全国啓蒙』の推進の打ち出しが書かれています。学会員に休む暇などないのです。今年は原水爆禁止宣言60周年だそうで、何かの記念日をぶち上げてはそれにかこつけ尻を叩きます。

    創価学会内では『搾取する側』と『搾取される側』が明確です。もともと精神の活動の筈なのに、年貢のように毎年一定額以上のお金を振り込む。毎月自分のためでなく目標達成のためだけに新聞を多部数とる。活動家の皆様、広宣流布のために何十年も新聞を啓蒙してきて、どうして学会はこれほどまでに世間から嫌われているのですか? 全国比例票を減らしているのですか? 都議選の得票率を減らしているのですか? 統監も減り続けているのですか? なぜ未来部が育っていないのですか? なぜ威張った幹部が多いのですか? 圧倒的にフェードアウトする会員が多いのですか?

    ちなみに今月の都議選の支援を頼まれた外部の皆様、頼んできた学会員に、候補の名前を再度聞いてみてください。半分以上は覚えてさえいませんよ(笑)。また候補の実績をすぐに言える学会員がどれだけいるか。いかに学会員の活動がスカスカで、世のため人のためでなく、自分の自己満足のものかよくわかりますよ(笑)。

    私もバリ活の頃は広宣流布の活動が「世の中のため」と思っていました。でも活動から離れて見たときに、学会活動は全てが『組織』を守るためだけのものだとよくわかりました。学会に差し出したお金は、都会の一等地にハコモノを作るため、裁判の費用のため、本部の豪華な大理石の会議室のために使われているんですよ。

    2000年の聖教新聞の「寸鉄」のネガ記事を抜粋します。
    ・日顕のバカ息子・信彰が超豪勢な妙国寺に赴任。欲ボケ暴力の”亡国寺”
    ・金欲の日顕。物欲の政子。欲界の魔王夫婦-欲ぽけの末路、よくよく見よ。
    ・「日顕は自分らが太ることしか考えない、血も涙もない卑劣漢」元総代。
    ・ペテン師の言いなり日顕宗。その実態は、とっくに「山友宗」。爆笑邪教。
    ・日顕の娘婿・義純死去で猊座争いが激化。クズの跡目など、どうせ崩(クズ)れる。
    ・弁護士席より、被告席に座った回数が多い恐喝男山友。人間のクズでゴミ。

    こんな品性下劣な文章が踊っていたんですよ。クズとかゴミとか裏切り者とか…。その上で、
    ・嘘を見抜け。暴いて蹴散らせ。言論の勝手を容赦なく叩くのが真の言論。

    …だそうですよ。活動家の皆様、品性下劣な文章が「言論の勝手」でなく何なのでしょうね。もう全てが欺瞞に満ちた団体だと思います。耳に痛い意見を聞けない信仰者なんて意味ありますか? 何の生産性も持たない宗教貴族たちの、机上の空論にいい加減疑問を持ちましょうよ。
    本当に、一度立ち止まられてみることを願ってやみません。長文になり大変失礼いたしました。

  42. こんにちわ、ルフランです。
    聖教新聞という集金ツール、核心に迫るタイトルですね。シニフィエさん、お忙しいところ、いつもありがとうございます。あの頃、30年前、バリ活でしたが新聞啓蒙は大嫌いでした。幹部の悪口座談会でタイテン者を罵倒し(爆笑)などと文章の語尾に書かれていた最低の機関紙など誰が読んでも不愉快でしょうにそれを外部に素晴らしいからとって欲しいなどと頭がいかれて洗脳されていなければできません。私は頭がいかれていたので熱心に世間の罪なき人々に進めて歩いた時期がありました。最近まで恨んでいたイヤーーな記憶が思い出されます。
    意を決して超ドアンチの私の一番上である姉にお願いに行きました。
    私。。。聖教新聞、3ヶ月でいいからとってよ。
    姉。。。ねぇ、どうしちゃったの?、お金がないからこんな仕事始めちゃったの?
    私。。。違うよ、創価からお金なんか貰っていないよ。素晴らしい新聞だから読んで欲しいの。(あとは馬鹿馬鹿しい理屈のオンパレード)。
    姉。。。もう、いい加減にして!。。学会人がうちのポストを触るだけでもイヤなのに汚らわしい新聞まで入れるなんて身の毛がよだつ!。。新聞代の3ヶ月分はあげるから二度とこんなことで来ないで!
    さっさとこのお金持って帰ってちょうだい!といって一万円を差し出しました。

    貰っては来ませんでしたが傷つきました。それがトラウマとなり姉を憎みました。なんて冷たい人間なのかと。。でも世間の創価アレルギーの人は大体がこんな気持ちなんだと今ごろ理解できます。身内だからここまで本音を言ってくれたのだとおもいます。姉には乱暴な言い方をされましたが姉の判断は大正解でした。信心の素晴らしさも知らない大ばかだとずっと思っていましたが大バカ者は私でした。それ以来新聞啓蒙はできなくなりました。
    拠点には新聞成果のグラフが貼ってあり居心地の悪さを感じつつ我慢していました。しょっちゅう、啓蒙をやれやれとつつかれました。そのたびの言い訳は「自分も読まない新聞を他人に進める気がしません」。幹部は「この新聞だけは違うの。読む、読まないはたいした問題ではないの。お互いに福運がつく。ひょんなことからシヤクフクにも繋がるの」だの、先生のお手紙だの、ぺらぺら、ぺらぺら良く口が動くなぁ、、と、私は幹部の良く回る口だけに関心していたのでした。
    まだまだ新聞にまつわることはいっぱいありますがこのへんで。

    創価の三大秘宝、新聞、財務、選挙。生命線の一つでもある新聞を辞めてもお金が浮くだけで罰なんてありません。かつて柏原やすが、出せ、出せ、全部だせーという笑いを誘った巧妙な詐欺指導があり多くの会員が財産を投げ出しました。どんなに出しても功徳など夢物語でした。創価は人柄や優れた人間など二の次で重要視などしていません。ゆる活でも出す人間が一番なのです。それが宗教ビジネス、創価学会の正体です。

  43. こんにちは、最近こちらのブログに思いを書き込ませて頂いた入信20年目で男子部部長のくーさんです、今脱会に向けて動いておりますが、内部からの説得があり少々難航しています、ショックだったのは以前自分が入信させてしまった友達から説得された事でした、もう泣きそうでした、また脱会まで何かありましたら報告したいと思います、
    さて聖教新聞についてなんですが、今考えるとなんであんな物にお金を払っていたのか考えるだけで頭に来ます、記事は他宗の悪口ばかり、内容の全く無い記事おまけに新聞啓蒙したら功徳が出るなどのまやかしで人に勧めて回って呆れられる始末、取らない方がお金が無駄にならなくていい事だらけだと思うんですが…マイ聖教で何部も取らされる年配の方々が可哀想でした、でもその方達は功徳が出ると信じて疑わない所に創価の刷り込みの恐怖を感じました、私も正直今脱会したい気持ちとな残った方が良いのではと言う中で揺れ動いています、物凄く苦しいです、これが創価の怖さなんだと言う事を思い知らされています。でも抜けれる様に頑張ります!

  44. みなさま こんにちは 南無ピコ太郎です。

    新聞とは関係ないかもしれませんが
    こんなのを見つけてしまいました。

    http://www.sokei-net.com/sgb.htm

    創価の本体と繋がっているかはわかりませんが、もう何でも金に絡めるのがわかります。

    笑ってしまったのが、S班、G会 ジッポーライター。。。

    あのライターで火をつけて、一服する男子部の姿を想像すると痛過ぎて、、、

    結局、どんな綺麗事言ってもお金がすべてなのだなと思います。。。。

  45. 1832さん

    折伏する時、一度やってみなければわからない、やってみてダメならやめればいいじゃん、って言いませんか。
    その逆もありだと思いますよ。
    新聞やめてみて、親が煩かったらその時考える、ではダメですか。
    ああでも無い、こうでも無いと考えているうちは前には進みません。

  46. ルフランさんのコメントで思い出しました。
    あの悪名高い友人葬 故人の遺影の前に新聞を供えたり、棺の中にシキミと新聞を何部も入れたり、斎場の掲示スペースに葬儀当日の聖教を掲示したり、既に機関紙の域を超えていると感じ、気持ち悪くなりました。故人が非活だった場合でも、功徳でもあるんですかね。
    友人葬については、タイトルから外れるのであまり書きませんが、葬儀の司会者が盛んに連呼する「大好きな池田センセー=新聞」という位置づけなのかと考えたりもしましたがどうなんでしょう。

  47. シニフィエ様、皆様、お久しぶりにお邪魔します。1円財務でお世話になりました
    フッポウシです。3年前から未活になり今年から聖教、大白、全て止めました。
    スッキリ!した~ 販売店にWeb版にしますのFAXでおしまい、地区からその証明の内容見せろとか言ってきましたが一切無視、一言、あんたらには関係ねーべ。で終わりました。、奴隷のようにこき使われるのは、もーたっくさんダーハラ!
    聖教新聞配達から現況までの経緯を
    壮年部 民間企業勤務 就労時間AM8:00~17:00
    B長→地区部長→支部長→副本部長(未活)
    日曜日代配(約一年間)→正配 (地区部長当時)ダチョウ俱楽部のように「はいっ」と言ってしまった
    配達期間: 40才~55才
    販売店の対応: 支部の集金のみ 総て地区へ丸投げ全責任を負わせる
    販売店店主(県幹部) : この~ハッゲーっ
    【配達環境】
    夏期(30℃以下)、冬期(最低気温-20℃以下)
    配達部数: 約35~50部
    配達内容: 聖教新聞 大白 SGIグラフ 創価新報 未来部J 公明新聞
    配達方法:  自家用車使用
    配達報酬金額: 5~6千円
    聖教の搬送到着時間: 夏期AM01:30~1:50 冬期AM0:30~0:50 
    運送業者: 配達後拠点前の道路の植木にオシッコ毎回
    配達時間:0:50~1:50 ※AM5:00~6:00は一般紙配達と被り事故の危険性が高い為
    配達業務停止:体調不良と勤務先社内規定違反に抵触する為。
    【聖教新聞配達の総括】
    自分の人生、家族、仕事、友人、全てを犠牲にする事が最高の信仰ではない。
    10数年配達して来て外部の方が誰一人信心したいとか、聖教新聞購読したいという人が誰ひとり居なかったですね。心無い啓蒙によって外部の方の玄関先の下足泥除けになって泥だらけの池田大仏の写真が特に印象に残っています。
    聖教新聞は信仰とは全く関係無し。人の信仰心を利用した悪徳最低企業。詐欺。
    法華経、鳩摩羅什、天台、伝教、日蓮、日蓮〇宗、創価学会みーんなうそっぱち
    最後にモー一度  この~ハッゲーっ!!
    失礼しました。

  48. 1832さんへ

    はじめまして、元学会2世のおてもやんです。
    旦那様が、1832さんとお母様の関係が悪化しないようにと配慮してくれているのですね。
    優しい旦那さまです。

    釈然としない状態は辛いでしょうが、静かに創価学会を去るためには、できる限り親とぶつかることなく学会と関係を絶っていく方法を選んだ方が良いケースもあると思います。
    私の母も1832さんのお母様と同じ・・またはそれ以上の狂信者だったので、脱会した後の娘への憎悪は半端がなかったです。
    実の親に憎まれ呪われるとか、あんな悲しいことはありません。

    そんな私の母も、死ぬ間際になって「もっとこういう話(学会無しの親子の安らかな会話)をしていたかったなあ・・」とこぼしていました。
    末期癌でいつ死ぬかわからぬやせ細った母にそんな話をされると、今更どうしようもなく涙が止まりませんでした。
    1832さんのお母様に大事なのは、1832さんが普通の親子としての思い出をお母様に残していくことかと思いました。

    お母様が1日も早く、人生で何が大事なのか気がつかれることを願っていますね。

  49.  一昨年6月に新聞をやめたキリコです。
     私が新聞やめたときにはこんな感じでした。
    まずこのブログで、新聞やめるなら組織にではなく販売店に直接言うのがいい、と知りました。何か言われたらどうしよう、とドキドキしながら販売店に電話しました。すると住所と氏名を確認されて「あしたからでよろしいですか?」と訊かれてやりとり終了。1・2分のことでした。
     その日の夜、案の定地区の壮年部が何故か2人組でアポ無しでやって来ました。新聞やめた理由を訊かれました。新聞はネットで読めること、大白は点字版があることなど説明してお引き取りをいただきました。
     新聞やめたことは、これまた案の定兄弟にも伝わってました。「キリコ君には信心が無くなったのか?」と件の壮年部から訊かれたそうです。新聞取る取らないで信心云々とは意味がわかりませんがね。兄弟は私の言い分を是としてくれました。
     兄弟は地区部長をしてましたが、新聞啓蒙の目標を前年よりも下げたそうです。これに対して支部婦が何で目標下げるのかと異を唱えたので、兄弟は「今日日はスマホやタブレットで新聞読む時代や、年金暮らしの人が増えて新聞にお金を回せなくなってる」とやり返したそうです。
     兄弟はこういう現実的な考えを持ち合わせていて、活動での矛盾を感じてもいるのに、この信心は正しい、池田先生はすごい、公明党は自民党を抑えるストッパーになってるなどと、矛盾の根源には気づかないようです。殆どアイデンティティになってます。
     見ていると滑稽を通り越して少し哀れでさえあります。

  50. くーさん、初めまして!

    私は男子部34歳の時に非活となり、
    自営から会社を立ち上げ祈祷師のような15年を経て
    一昨年の暮れにヒョンな切っ掛けでここにたどり着き
    あれよあれよと覚醒に至り、昨年家族で脱会した009です
    同じ本部内に創価脳の親族が7世帯住んでいましたが
    両親は非活状態でほぼ覚醒、嫁いだ長女も脱会しました。
    分県で広宣部長、本部運営で部長をしていた糞マヌケ野郎で
    現在52歳のおっさんです。

    くーさんが
    男子部の部長という立場で
    そこまで動いていらっしゃるのに・・と
    正直、がっかりして悔しくなりました。

    だから、思いっきり気持ちをぶつけます!
    雲の上から見下ろすような気持ちで頑張って下さい。
    騙されているのは紛れもなく学会員なんですから!

    「正義」っていう言葉の定義は難しいのですが
    私を突き動かしているものは、紛れもなくそいつです。
    多くの方が同じなんだと思っています。

    くーさん
    学会の方は基本はお人好しの良い人達です。
    突然、豹変しますがね(笑)
    どうか、そのしがらみに負けないで下さい。
    長い目で見れば
    く〜さんを引き止める人立ちを
    目覚めさせる切っ掛けに必ずなりますよ
    それを信じて!がんばって下さい!

    「魔の所為なんだよ!」って言われたら
    可笑しくて笑っちゃうぐらい覚醒してください!!
    お前はジャイアントロボか!って突っ込んでやりましょう
    ※古すぎてごめんなさい。意味不明ですよね・・
    「魔っ!」って返事するロボットの事でした(笑)

    腹が決まったらサクッと退会しましょうね!

  51. こんばんは。
    ダイナムです。
    思い出します。
    新聞を一部取ればいいのに、増やすごとに視力が回復すると言われ毎月10部取りました。
    自在会の人このサイトを聞いているなら、新聞を止めましょう。
    複数取っても見えるようになった方は誰もいません。
    感部は誰かに読んで貰えばいいと言い複数取らせます。
    取らせたら感部は誰も読んでくれません。
    本部はお金が儲かればいいのです。
    自分もバカをして来ました。
    さあ自在会の皆さん、今年こそ新聞を止めましょう。

  52. 管理人様、投稿者の皆様
    3月に脱会した雪ちゃんです。

    今日夕方外出していましたら、携帯に着信がいっぱいです。
    地元の創価の地区婦人部長からのメールはこうでした「実は統監でまだ脱会が認めていただけませんので、恐れ入りますが、用紙に脱会をしたもう今後もする気持ちがないとのことを書いて頂きたいのです(原文ママ)」。
    私まだ脱会できてないんですか?
    統監で認められないとはどういうことですか?
    訳がわかりません。
    腹立たしいやら、悲しいやら。
    でも穏便に済ませたいので、今用紙を書いて明日届けます。
    3月から今まで、地区の人にしょっちゅう会っていたし、ケーキを焼いてはお裾分けしたりと、誠意をもって接してきました。
    誰も教えてくれなかったです。
    裏切られた気分です。
    市議選などもあったし、過去に出した友人の住所を利用されていたかもしれません。
    もう今後は創価の人とは決して接しない・・・教訓にします。

  53. お久しぶりです。
    元バリ2世のまるちゃんです。

    元新聞配達員です。
    当時正の役職と、新聞長、ヤングミセスの責任者やってました。
    小さな子供を寝かせて配達に行ってました。80部~85部が定数でした。
    週6日、です。集金も行ってました。当時はまだ振り込みをしてくれる人は少なく、
    ほとんどが現金での集金でした。一か月の報酬は2万前後。
    自分の時間はまったくなく、子供を見ることすらもままならない日々でした。
    その上、聖教ノルマが達成しないと責任をとらされ、増部。
    抑圧されて成長した私は「嫌な事」を「嫌」と言えないダメ人間でした。
    配達中、子供になにかあったらどうしよう・・・と不安を抱えて毎朝
    寝不足でふらふらしながら配達していました。

    配達の部数が減ることは本当に嬉しかった。
    どんどん減ってくれればいいのに・・・・。それが配達員当時の本音です。
    ほどなく、次の妊娠をしたので、本部長に「配達は無理です」と言いましたが
    後任がなかなか立たず、流産の恐怖を抱えてスクーターで配達していました。

    今なら間違いなく聖教新聞社を訴えます。
    とはいえ、新聞社じゃないんですよね。
    ただの宗教法人の機関誌でしなかなく、挙句税制優遇されてるんですよね。

    ほんとにこんなバカバカしい宗教がなぜ信じれるのかが
    今の私には理解ができません。
    ときどき想像します。
    もし自分が2世じゃなくて、普通の家庭に育っていたら・・・。
    そんなことを考えるとあまりにも悲しく辛くなります。
    先日から心理カウンセリングを受けにいくようになりました。
    臨床心理士の先生は
    「宗教はいいところも確かにあるんですが、あなたのように
    子供の頃から刷り込まれたケースはほんとに怖いんです。」と言ってくれました。
    「やめることができたのは外の世界、企業に入ってその宗教組織の異常性に気が付いたからです。」と申しましたら
    「そう!!ほんとにそれが大事なんです。宗教団体を客観的に外からみると
    その実態がよくみえてくるんですよ。」と。

    先生と色々と話をしていくうちに
    創価学会はやめるべき宗教だということを実感できました。
    恐怖と不安と抑圧で人を操作するような宗教団体が
    人を救う宗教だなんて、とてもじゃないけど認めることができません。
    創価学会のことを考えるだけで憎悪と嫌悪しかでてきません。
    それが子供の頃から親を信じて学会を信じた結論です。
    今後は創価によって傷ついた自分でしっかり手当をしながら
    残りの人生をしっかり楽しめるようがんばりたいと思っています。

  54. 普通に考えて、聖教新聞も財務も選挙活動のはもちろんの事、創価学会のどの要素もおよそ宗教なんてもんじゃないことははっきりしています。単なる金目当ての詐欺集団だということは子供にでもわかることなんですが、うまいこと騙されて創価脳になってしまうと、そんなこともわからなくなります。ましてや生まれた時から「創価学会が絶対に正しくて、他のどんな宗教も間違っている」と教え込まれてきた人間が、自分の考えのおかしさに気づくことは並大抵のことではありません。はたからみれば「なんでそんなこともわからないの?」と思われますが、これはやはり創価経験者でなければわからないのではないでしょうか。

  55. ルフランです。グルニエさん、学会葬の非常識、あきれながら読ませていただきました。新聞を目につくところに 置いたり、掲示板にも棺の中にも入れたり一般の方の配慮なんてまるで考えていないのが学会葬なんですね。会社関係やさまざまな立場の人も参列するのにデリカシーがなさすぎです。MCされた人間だけが自己満足しているんでしょうね。
    かつて私の夫の葬儀は47才という若さだったのでオリジナルにしました。洋花をふんだんに美しくアレンジし、誰もが足をとめて薫りと美しいお花に見とれるほどきれいな祭壇にしたのに昔から威張っているギテンチョウ?(副会長)が最悪にも同志を努め、挨拶の一つもなくいきなりりんを叩き勤行が始まりました。途中、線香の煙りにむせ咳が止まらずなんと黙って帰ってしまいまいました。最悪の辞退に替わりの人もいなく急きょ音楽をかけてなんとか事態を回避しました。葬儀を台無しにされたのです。人様の葬儀をなんと思っているのか、その幹部は慈悲のかけらもない池田直結の東大出のいつもふんぞり返っている。挨拶もできない。底辺の会員を馬鹿にしている人でなしでした。他の幹部からのお詫びの言葉ひとつありませんでした。

    話はかわり。。
    新聞の配達、集金には当初S短大出身のヤングミセスが子供をおんぶして張り切ってやっていました。誰もがうらやむ大きな家を両親と建て、三世代で住んでも充分大きな会合もできした。全員幹部のそのお宅は、そのうち親の事業がつぶれ差し押さえになり多額の負債をかかえ、家は競売にかけられ、親、子供一家はそれぞれアパートに移り住みました。彼女は借金を返すため、聖教配達、昼はヤ0トの荷物配達、夜はスーパーのレジを10時まで働いて生計を維持し今現在もしています。もう、20年そんな生活をしている中で夫が重いうつ病にかかり今は引きこもりです。夫は大きな事故も起こし加害者のうえに保険に入っていなかったので借金は膨らむ一方です。
    今年5月に建て替えのためアパートを追い出され近くのアパートに越してゆきました。二人の息子たちは何故か骨折ばかりで怪我がたえません。信心もしていません。過労のためまだ四十代の彼女は幾度となくたおれました。集金のたびに愚痴を私に言うのですがゆる活の私の話は聞きません。一般論でさえ選民意識が強くこんな状況でさえも人の話がきけないのです。爽やかだった人が今は老婆にさえ見えるのです。精気が全くありません。それでも信心は正しいと、、もう、病気です。彼女の顔を見るのが辛くなって、
    途中から銀行引き落としに切り替えました。創価はつくずく罪作りです。
    会員時代の出来事でした。

  56. 非活約2年、二世、50歳過ぎのあにきです。
    グルニエさま。ルフランさま。友人葬の非常識な実態、あるある、と心の底からうなづいてしまいました。
    普通の唱題会と同様に大声でナムナム言う奴が結構多く、外部の方も多く参列しているのに、本当に非常識極まりないと思っていました。コイツらに、おごそか、という単語は頭の中に存在していないのでしょう。
    「棺に新聞」は、初めてうかがいました。あの世でも、新聞を贈呈しろ、って意味ですか。
    創価が市民権を得られないのは、結局、こんな非常識がまかり通っているからであり、外部から気持ち悪がられているのです。
    まあ、あと数年すれば衰えが顕著になってくるので、楽しみに待ってます。

  57. ボブ ディラン似の(サングラスが)、バリアンチなアラフィフおじさん、ラザリスでございます。
    聖教新聞、別名「大ちゃんヨイショ新聞」、止める前に思ったのは、ページ数が減って広告と写真だらけで、一面にはメガネをかけたガマガエルの斜めから撮った20年ほど前の写真が載ってて、こんなクズ新聞に2000円も払うのは、お金をドブに捨てるのと同じでしかも、環境保護の目的からすれば紙の無駄使いだと思いました。
    たしか会員になる条件に、聖教新聞を購読することがあったと思いますが、財務で金を巻き上げ損なった場合の予防線としてこれがあるのかと気がつきました。
    バリ活時代に、聖教新聞の配達をしたことがありますが、本当に大変でしたね。
    朝4時起きで、出勤前に急いで配ってました。
    集金すれば、何度行っても留守の外部の家があり、何度か立て替えたまま集金出来ずじまいの事もありました。
    協議会に参加した時、配達を押し付けあう壮年婦人部の態度に呆れて、「ほんならワシがやったるわい」という感じで引き受けたのですが、ものすごく後悔しました。
    「池田先生からのお手紙」???
    そんなに素晴らしいものなら、職員や販売店の暇人がやったらいいじゃん!

  58. 雪ちゃんさん

    元壮年副本で今年の6月退会したサキコロです。

    > 今日夕方外出していましたら、携帯に着信がいっぱいです。
    > 地元の創価の地区婦人部長からのメールはこうでした「実は統監でまだ脱会が認めていただ> けませんので、恐れ入りますが、用紙に脱会をしたもう今後もする気持ちがないとのことを> 書いて頂きたいのです(原文ママ)」。
    > 私まだ脱会できてないんですか?
    > 統監で認められないとはどういうことですか?
    > 訳がわかりません。

    上記はおそらく「みなし退会」の処理で事が進んでいたんだと思います。
    「みなし退会」は統監上、本人がそこの地域に居なくて引っ越し先などもわからず、仕方なく退会処理をする場合で、地区支部で書類を作成し、その書類は総県までいって承認となるので退会まで時間がかかります。
    また、下手をすると統監を減らしてはいけない、という論理が圏とかどこかで働いて書類が未処理だったり、承認されなかったりする場合もあります。
    組織が衰退しているから、出来るだけ統監には残したいんですよ、奴らは。
    なので、自分がやる意志はもうない、っていう一筆があれば「みなし退会」処理ではなく、正式な退会扱いになり、別の書類で退会処理が進みます。
    この場合は圏長の承認で済むからすぐに退会となるわけです。

    私は辞める時、以下のような内容をパソコンで打って退会届として出しました。
    1.平和を標榜しながら安保法制に賛成する公明を支持する創価はおかしい
    1.池田の書物は代筆とわかり、創価は会員に対して偽りばかり
    1.教義をころころ変え、宗教団体として信用出来ない
    ここまで書いて出したのに、副本部長という立場だからとのことですぐに退会を認めてもらえず、圏の人事委員会とかなんとかで審議して、ようやく退会となりました。

    どんな方法だろうが本人がもう辞めたいと言っているんだから、さっさと辞めさせて欲しいですね。組織の都合で辞める本人に一筆書かせるとか、ふざけてますよ、腹立たしい!

  59. お疲れ様です。
    二世なので毎年嫌々家族に連れられ、新年勤行会に行ってますが参加者が激減してる状態です。
    財務も毎年1万円頼まれましたが断りました。新聞、財務、ノルマとブラック企業よりブラックな学会です( ´∀`)
    創価学会について理論的な説明を求めましたが何も回答なし、典型的なカルト団体です。

  60. サキコロ様

    丁寧なコメントありがとうございました。
    私は学会本部に脱会届けを送っての脱会でした。
    そして幹部がたちかわり確認に訪れたのですが、誰ひとり脱会届けを見せろとか書類を書けとか言いませんでした。
    そして今になってのメールでしたので・・・。
    今朝、地区婦人部長から「用紙を統監に出しておきます」とメールが来たので、これで名前を削除してもらえますね。
    サキコロ様も脱会時には苦労されたのですね。
    どこまでも不信感プンプンのインチキ団体ですね。
    経験からのコメントありがとうございました。

  61. ギルークさん

    「ペテン師の言いなり日顕宗。その実態は、とっくに「山友宗」。爆笑邪教。」

     ペテン師池田の言いなり創価学会。その実態は、とっくに「池田教」。爆笑邪教。

    ですよね(爆笑)

    聖教新聞は新聞名を
    邪教新聞に変えることをおすすめします(爆笑)

    爆笑新聞でもいいかな(爆笑)

    ルフランさん

    「創価の三大秘宝、新聞、財務、選挙。」

     創価の三大悲報、新聞、財務、選挙。

     マインドコントロールにかかって、こんなことを散々やらされるのは悲報でしかありませんorz

    フッポウシさん

    「奴隷のようにこき使われるのは、もーたっくさん」

    気づいたら活動をやめるか、脱会するしかありませんよね!

    「法華経、鳩摩羅什、天台、伝教、日蓮、日蓮〇宗、創価学会みーんなうそっぱち」

    法華経は後世の人たちが自分たちの思想を「仏陀はこのように説いた」という形式で書いた、いわば「仏教文学」です。

    「仏教文学」を真に受けたさらに後世の人たちがさらに勘違いを繰り返して、今日に至ります。

    〇「釈迦は心を静め続ける実践をして苦しみを滅して仏陀になった」というのが仏教。

    〇「日蓮という坊さんが書いた「南無妙法蓮華経」という文字に向かって「南無妙法蓮華経」と唱え続ければ仏陀になれる」というのが創価の仏教。
      ついでに創価に金を貢げば貢ぐほど、公明党を応援すればするほど、他宗教を批判するほど幸せになれるというのが創価の仏教

    なんでこんなデタラメなことになったんでしょうか?(^_^;)

    創価問題は大きな喜劇であり、大きな悲劇です。

  62. るふらん様 あにき様
    コメントありがとうございます。
    新聞がテーマなので、友人葬に関する新聞の話題について書き込みます。
    友人葬の非常識さについては、管理人様が今後のテーマに取り上げて頂くことを願います。
    改めて思い出したことなど・・・

    ・故人の遺影の前に、新聞とともに啓蒙用紙(無地)のものも供えてありました。来世でも新聞啓蒙やれということなのでしょう。
    ・儀典長の挨拶の中に「とにかく新聞啓蒙が大好きで〇部やった」などの活動報告あり。真偽不明
    ・兎にも角にも故人を偲ぶどころか、「今世で戦い切り、来世でも大活躍」など死後も創価での活動が約束されたような発言の連発
    その一環として非常識な新聞啓蒙の活動報告につながっているようです。
    市議選などが近いと議員候補も参列し、政党名や自分の名前の連呼などがあるとも聞いています。
    既に葬儀と到底云えるものではなく、学会の会合形式で行われ、外部には折伏、新聞と選挙のお願いの場になり下がっています。
    特に、創価系の葬儀屋だとそれに拍車がかかるようです。
    (バックミュージックは軍歌調の学会歌が終始流れる。戦いきって今世を旅立つ意味があるそうですが・・・)

  63. 管理人様 スレ汚し失礼します。
    友人葬の追記になりますが、よく「学会は香典全部持っていかれる」と云われますが、香典全部持っていってもいいから、故人の名義の新聞を取らせたり、故人の名義の財務をやらせたりを辞めて欲しい。(故人や喪主の希望と表向きには云われていますが 全部嘘)
    今までの財務や創価によって失われた時間を返して欲しい。
    私の心からの叫びです。

  64. 創価から離れて2年半が経ちました。

    『もう選挙活動しなくていい』
    『もう折伏しなくていい』
    『もう署名活動しなくていい』
    『もう家庭訪問しなくていい』
    『もう会合参加しなくていい』
    『もう聖教新聞の啓蒙をしなくていい』
    『もう変な学会員に対して我慢しなくていい』
    『もう財務しなくていい』
    『もう勤行唱題しなくていい』
    『もう自分の宗教についてビクビクしなくていい』

    (^^)(^^)(^^)本当に心が軽いです!(^^)(^^)(^^)

    嫌なことはやめちまえばいいんです!

  65. こんにちは、仮面インコです。学会活動は一切やっていません。まだ、覚醒してなかった頃、新しいものが好きな私は組織の反対を押し切り紙の新聞からオンラインに変更しました。それから間もなく、交通事故に遭い、肋骨骨折で、3週間の自宅療養を余儀なくされました。おバカな私は、信心しているからこれくらいの怪我ですんだんだと感謝の題目をちょっとだけ、あげていました。仕事に復帰してから、交通事故の経験を一般紙の読者コーナーに投稿した文章が掲載され、たまたま近所の学会員さんの目に留まったことで、そのことが地区の幹部の耳に入ったことはその時は知らなかったのですが、座談会に出席して会合終了後の雑談タイムの時に事故の事を話したのです。ほとんどの人は心配して温かい言葉をかけてくれたのですが、その幹部は汚いものを見るかのような冷たい目を私に向け、「小耳にははさんでた。」と言い放ったのです。もちろん、いたわりの言葉は一切ありません。その時、私は創価学会の非人道的な一面を垣間見たような気がしました。おそらくその人の中では、私は紙の新聞を辞めた反逆者で新聞を辞めたから罰があたったのだという認識だったのでしょう。いつも笑顔で接してくれていた彼女の変貌にショックをうけ、同時に溜まりに溜まっていた組織への不信が爆発し、ネットサーフィンを始めたおかげでこちらのブログに出会うことができました。それからすぐオンライン新聞を辞め、電子書籍が出たということを理由に大百蓮華も販売店に電話して辞めました。おかげで今では自分の好きな本を購入できるようになりました。本棚を占拠していた学会本を資源ごみに出し、お気に入りの本のみを並べる。なんて気持ちいいのでしょう。聖教新聞しか読まない学会員さんに捧げます。「井の中の蛙大海を知らず」。もっと、色々な新聞や書物に目を向けて、たくさんの情報を吸収しましょう。世間を見る目がグーンとひろがりますよ。管理人さん、皆さん、いつもありがとうございます。とりとめのない長文、失礼しました。

  66. はじめまして

    学会三世で、去年まで副支部長をしていましたが、種々事情があり一切の役職を解任されています
    すでに二年前に覚醒していたので解任されたのは好都合ではありますが(笑)

    青年部時代は圏男子部長、総県創価班委員長、総県少年部長、金城会、広宣部をやっていました

    聖教の話ということで、過去に聖教新聞社でアルバイトをしていた時のことを思い出し少し書かせていただきたいと思います

    私がいた当時は本幹が生中継の時で、本幹翌日には池田のスピーチが新聞に掲載されていました
    スピーチの内容自体、本幹のある前にすでに聖教のホストコンピュータに記事としてあり、それをスピーチで話した内容にあうよう校生されていました
    実際に聖教職員から聞いた話ですが池田自身スピーチ自体書いていません
    もちろん人間革命も、随筆も
    ハーバード大学等での講演も
    聖教職員は知って入るんです
    池田が書いていないことを
    ただ言えないだけ

    中には池田のことを「大ちゃん」「アノ人」とか小馬鹿にしている人もいましたし(笑)

    あと全国から信濃町へ来られる方がお菓子などをもって来られますが池田には殆ど渡らず、残りは本部や聖教職員のお腹に消えてます

  67. 配達員の頃、毎月次の月の啓蒙用紙をもとに新たな配達先を訪問して来月新聞を入れさせていただく配達員の〇〇です、と外部の方に確認作業をするのですけれど、なかには代金はお支払いしますが新聞は絶対に入れないでくださいと頼まれることがよくありました。
    仕事の上司に頼まれて断れなかった、とおっしゃってた方やお付き合いで断りづらかったなどなど。

    地区では毎月新聞長中心に新聞の啓蒙の決算および目標達成のための会議のようなものがありましたが、幹部になるほどいい加減な啓蒙用紙を出していましたね。

    未活動の会員を3ヵ月ごとに啓蒙用紙をおこして贈呈している幹部もいましたし、どうしても目標が足りないと自分の子どもたちに啓蒙用紙を起こしタブ数を取る幹部なども多かったです。なんとか毎月新聞の目標を達成するために苦肉の策で帳尻を合わせているような状況でした。

    わたしが想像するのに多分いまは、そのようないい加減な啓蒙ばかりなのではないでしょうか?誰があのような新聞を快くくとってくれる人がいるでしょう。だから毎月タブ数で幹部同士帳尻をやっと合わせている状況だと思います。

    その慣習をやめさせたくて、たとえ部数が減ったとしてもちゃんと外部に啓蒙しようと頑張っていた人もいましたが、上の幹部らから睨まれ大変だったようでした。

    その彼女はよく「池田先生がこの現状を知ったら申し訳ない」と言っていましたが、そもそも数字しか信じないのが池田大作なんだから仕方ないよ、と彼女には言えなかったわたしです。

    ありえませんよね。
    朝日新聞でも毎日新聞でも何部も取っている家庭があるでしょうか?
    聖教新聞では、そういう非常識なことを平気でやらせている創価中枢です。

    なのに会員の多くは、タブ数で新聞を取ることも何故かこれもご供養なのよ、と信仰にすり替えて納得している。
    ありえませんね。
    ただのこんな薄っぺらな新聞が信仰の対象になってる、させてる。
    オカルトチックに、新聞を取っているから護られているのよ、が組織の中では常識になってる。
    新聞を止めたら地獄に堕ちる、とか信じている会員もいたりする。

    こういうことが、何の疑問にも感じない。

  68. 仮面インコさんの
    →聖教新聞しか読まない学会員さんに捧げます。「井の中の蛙大海を知らず」。もっと、色々な新聞や書物に目を向けて、たくさんの情報を吸収しましょう。世間を見る目がグーンとひろがりますよ。

    その通りですね!学会員は『仏法がわかればすべてわかる』との池田の指導を鵜呑みにしてますね。創価の指導にしか触れさせない洗脳の一手段にすぎないのにですね。『井の中の蛙』🐸ズバリの表現ですね!

    冬虫夏草さん
    はじめまして。役職経歴からして、バリバリの超バリ活動家でいらしたのですね。覚醒おめでとうございます。できましたら、覚醒のきっかけや、活動家時代のことドンドン暴露してください!

    流れ星さん
    聖教新聞の多部数購読の具体事例をありがとうございます。これは一地域だけでなくて、
    全国的に行われていることですね。私も自腹を切って贈呈していましたし、活動報告でもそのような自腹を切っての『贈呈』は常日頃から聞いておりました。私が九州にいた時は幹部の方は26部取っていましたよ。

  69. 婦人部、非活中、ビッケです。
    こちらのblogで覚醒してから、それまで新聞に抱いていた胡散臭さが確信に変わり、今では新聞はページだけめくり、広告の多さ(最近、特にヒドイ!)にため息をつき、右から左、古新聞入れの中です。大百もしかり。

    うちの地区は、数人で手分けして生活時間をやりくりして、配達、集金されている苦労をのを知っているだけに、聖教会館とやらが出来るとの記事には怒りを覚えました👊こんな箱ものつくる資金あるなら、配達員を雇え!
    今は創価には不信感だけ。というか、詐欺なら納得!やっぱりか!

    独身の婦人部長なんて、活動と配達、集金に追われて恋愛する時間も奪われ、本当に気の毒💧
    創価と心中しろと言わんばかりのスケジュール。
    異常としか言い様がないです💧💧

    新聞、大百、グラフを止めるタイミングをはかっているところです。面倒くさいことがありそうですが💧頑張ります💧

  70. 非活約2年、二世、50歳過ぎのあにきです。
    このブログ、本当にすごいです。元〇金さん(金城会)までいらっしゃるのですから。〇金さんに比べると、そこらの本部職員、いや副会長なんて、屁みたいな存在ですから。冬虫夏草さま。釈迦に説法でまことにおこがましく恐縮ではございますが、身辺にはくれぐれもお気をつけください。
    聖教新聞読んですごいと言っている外部の方に聞きたいのですが、平和、反核、文化などに対する評価はまだわかるのですが、誌面の多くを占める組織活動などの紹介を見て、どう思われますでしょうか?私は、ナチスドイツ万歳みたいなトーンにしか見えないのですが・・・
    あと、外部識者のほめたたえるコメントですが、その多くを占める「名誉教授」というのは、そのほとんどがその大学を退官したOBなので、いくらご立派なことをのべられたとしても、ほとんどの場合、「ああそうですか」程度の評価しかされていません。私は、現役の教授のコメントしか読む気はおこりません。
    まあ、聖教新聞なんて取るだけでほとんど読まれていない、と信濃町の悪党は思っているからこそ、あんな低レベルな内容にわざとしているのでしょう。

  71. 元白ゆり長、凛々子です。対話を求めて~に出会い、覚醒、そして脱会することができ、今月で3年が過ぎました。
    本部への脱会届けも3年前に提出。
    地区へは一切活動しないことは告げて、白ゆり長の役職も投げ出し解放され、親以外、創価との関わりは切ることができました。こちらのブログでシニフィエさんやたくさんの皆さんのおかげで、今があります。
    自分ではリハビリ完了と思えています。創価?って何だっけと思えるほど日常に創価がなくなりました。
    しかし、今回のテーマ「聖教新聞」には今だ悩まされてます。
    脱会と同時に一度は新聞を止めました。親に新聞止めたことがばれまして、信仰と新聞だけは止めるな、と大喧嘩。脱会は内緒にし、信仰は続けるが活動はしないから、と言うととりあえずおさまりました。
    経済的に大変なのとうそいったら、親が払うことになり、新聞だけ毎日配達されてます(泣)
    今月も新聞入ったか?とチェックされます。
    とにかく、創価の情報しかない世間ずれした役立たない新聞だし、子供が学校で新聞使うというと、聖教新聞なんてもっていかせたくないし、ただただゴミなんです(T_T)地球環境に申し訳ないだけなんです。
    揚げ物の後に油捨てる時に吸わせて捨てる。新聞湿らせ、掃き掃除にごみが舞い散らないようにする。
    玄関に燕が巣を作り、糞が下に落ちるので、新聞をひいている。
    くらいしか役に立ちません。
    でも、聖教新聞=創価員の家と思われるのも嫌ですが、先日、顕⚪新聞が投げ込まれていたのも、そのせいかもしれません。
    覚醒前は、聖なる新聞(笑)池田先生からのお手紙、とると功徳、粗末に扱うとバチが当たると本気で思ってました。必要なとこだけ切り抜き、残りはすみませんと題目唱えながら、資源ごみに出してました(笑)
    粗末に扱うとバチが当たる、供養して捨てないとと本気で思ってたのだから異常です。
    今やただの資源ごみに過ぎませんが(汗)
    毎朝、5時頃に「コトン」とドアポストに新聞が入る音がするたび、今、誰配達してるのかな?ご苦労だな、燕の糞まみれになってる新聞見て、どう思ってるかな(笑)私が止めれば一部配達減るよね、と、なんだか申し訳ない気持ちでもあります。
    親が払っているとはいえ、創価へ資金になってることもほんと嫌です。
    最近は、うちにくることも減り、チェックされることが少なくなったので、コッソリ止めたいと思ってます。
    まだまだ、聖教新聞については学会員時代の嫌な思い出や書いたら止まらないほど話はたくさんあります。

  72. 1832です。
    私にコメントして下さった方、アドバイスや、優しいお言葉をありがとうございます。
    確かにデモデモダッテ状態でした。
    不快にさせたなら申し訳ありませんでした。
    更にまた親からの監視の電話があり、モヤモヤしていて書き込みが遅くなりました。
    過干渉な毒親家庭で育った自分には新聞をやめるとなると、親の大騒ぎで姉達や従兄弟家族を巻き込んで軽蔑されそうで、更に関係が密なためなかなか切り出せないでいます。仲がいいので悪く思われたくない。
    でも、新聞をやめたい気持ちは確実にある。
    とにかく狂ったように騒ぎ出す母が想像できるので、ただただそれが恐怖なのです。

  73. いま新聞を売り上げにつなげようと本気で考えている新聞社はもう在りえないでしょう〜
    それより不動産取引やプロデュース関連にその名を活かして実績を上げていることが多い。

    毎日新聞にしても、どこかの頃合いを見て聖教新聞の製作に見切りをつけたいでしょう、
    そのためにも現状にあわせて部数が激減している事実を知らしめる必要があります、
    コメントに紹介されたように、誰も読まない新聞なら部数のうちではないです。

    他にも数多くのツールを利用して組織に引き止めているだけです、
    一つ一つ断ち切っていく覚悟が大切です。

  74. こんにちは!学会3世のヤングミセスのコンブです。シニフェエさま、みなさん、いつもコメント読ませていただいてます。とても参考になります。ありがとうございます。
    覚醒し色々と悲しくなることがあり、カウンセリングを受けてます。聖教新聞をやめる後押しをして欲しくて、そのことも相談しましたが、煩わしいことを回避する料金として払い続けたらどうかと言われました。これからの人生長い間払うとなると結構な金額になるのでとめたいと話しました。

    私の母はバリバリの創価脳で電話では、「最後まで何があっても信心根本に生きていくんだよ」と諭されます。「信心してたから良かったと思えることが必ずあるし、思ってもみなかった境涯に必ずなれるから。気がついたらなってるから。お題目頑張ってごらん」って言われます。私もかつては創価脳だったので、邪険に扱えません。覚醒する前に相談したので、母は私が不信になってることを感じとってるようです。説得されるのが嫌なので、覚醒してからは本心を知られないようにしてます。でも、母の話は毎回地区の中の人間関係の悩みです。悪口を言うことが生きがいのような部員さんがいて、標的にされて困ってるようです。プライベートの時間にそんな嫌な人間と関わる必要ないのに。指導を受けた時に、幹部の方が自分を地区の正義の救世主だと言ってくれたそうで、「お母さんも大分境涯革命できて強くなれたから頑張る!」と張り切っています。若くはないので、これ以上苦労して欲しくないのに。信じてる人間には何も言えません。うちも、普通の親子の会話がしたいです。

    簡単に新聞をやめれたり、面倒なことになったり、色々な状況があることがわかりました。
    罵られても、一時のことだからという言葉に少し勇気づけられました。地域の学会員や親との関係が悪くなっても一時のことだからと割り切れれば新聞もやめれそうです。
    とにかくスッキリしたいです。必要のないことを続けてく、無駄なことにお金を払わなきゃいけない、見たくないものが毎日目に入るってことは思った以上に精神的に負担がかかります。聖教新聞も公明のポスターも視界に入れたくないんです。我が家は公明、聖教、大百で月4000円分取ってるので、1年で5万近くかかって、10年で50万円程の出費になります。財務も入れたら大変ですね。旦那は未だユル活だし、地区の方がちょくちょく家に来るので尚更やめにくいです。地区婦人部長さんも先ほど来たので居留守を使いました。
    新聞をやめると、いよいよかと思われるのかな??旦那を通して都合をつけられ、無理やり指導が入りそうです。悪い想像ばかりしてしまいます。
    創価の壮年部、婦人部の方って何であんなに自信満々なんでしょうか?創価は絶対に正しいと思ってるからですね(ーー;)ある意味無敵ですね。
    他の方と同じようなこと書いてしまいすみません。
    我が家も新聞は開くことなくゴミ行きです。消臭効果があるとテレビで言ってたので燃やせるゴミの袋に入れて除菌消臭スプレーをかけて染み込ませてます。

    頑張って販売店に電話します(>_<)

  75. サキコロ@元壮年副本で、今年の6月にきれいさっぱり退会しました。

    集金ツールですが、金額は少ないかもしれないけれど特装本尊もりっぱな集金ツールですね。
    私が支部長していた時は、11.18 とかが近くなると、圏から特装本尊を授与する人が支部でいないか、との打診がありました。
    今まで信心を頑張ってきた人が対象だそうです。
    そういう人に特装本尊を授与すると旨いこと言って有難く思わせながら、その実ご供養として1万円だせって、ただ特装本尊を1万円で売ることと何ら変わりないじゃないですか。
    言葉巧みな商売以外のなにものでもないです。
    特装本尊と普通の本尊とでは功徳が違うんですか?
    会員の選民意識をくすぐるような、ほんと汚ったない金集めのツールです。

  76. 初めまして。中学生の時に「なんかこれやばくね?」と気付き以来バリ活の祖父祖母両親の言うことやることガン無視して生きてきた大学生です。
    コンブさんの「ふつうの親子の会話がしたい」って言葉、胸にズドンときました。あー、うちもそうだったなあと。悩みを相談しても「お題目をあげよう」しか言われないの、思春期にどれだけ辛かったか。私より学会が大事なんだな、ハイハイと思うことも多かったです。大好きなんですけどね、両親。今はだいぶ諦めてくれてて、引っ越す時に「引越し先の学会に絶対住所教えるなよ。絶対やらないからな。ご本尊(笑)も持って行かないし新聞もとらん」と断言して、無理矢理諦めさせて出てきてます。
    大学の学費も払ってくれないような両親ですが恐らく何世帯も聖教新聞取って無料で配達してますね。私にも何回も「お金いらないからとるだけしてほしい」と言われて、そのたびに「しつこい」とキレてます。
    一度母を泣かせたこともありまして。「なんで分かってくれないの」と。ここのブログでも言われてた通り、本当に多分私のため、私の幸せを思って信心勧めてるんですよね。痛いほど伝わるけど私はしたくない。これがつらい。みなさん同じ思いなのがわかっただけでも良かった。
    私なりの解決策としては、私のことを諦めてもらう代わりに両親のことも諦めてます。あの人等は生きる軸が学会なんです。お金取られて搾取されてようが生きがいは奪えない。もう、違う人間同士違う考え方なのは仕方ない。だからガッツリ「好きにしてくれ、その代わり好きにさせろ」という気持ちでいます。しかして度々、私の名前を使ってもいいかという電話が来るのでそのたびに「私がまだ信仰心があると思われたら迷惑だから絶対やめて」と話してますね。
    両親のことは大好きです。尊敬もしてますし。だからこそ、学会なんて無ければよかったのに。そしたら両親のこと悩まさなかったし、私も苦しまなかったし。

  77. サキコロさんの特装本尊のコメントを読み、我が家が一昨年特装本尊を受けた時のことを振り返り、創価の集金手法に改めて幻滅しました(-_-;)

    >特装本尊と普通の本尊とでは功徳が違うんですか?
     
    ですよね・・・。本当にその通りなんですよね。
    私も、支部婦から特装本尊の話が来た時、うちはお厨子だから本尊の大きさが合わないからと2回断りました。主人にも話が来て一度断りましたが、もうあきらめてくれたのかと思った頃もう一度言われたので、観念し受けました。バリ活時代だったら喜んで素直に受けたと思いますが、覚醒しつつあったのか、今まで何かにつけ祈り、思いのある本尊を何の理由もなく取り替えるって、私にはすごい違和感がありました。なので釈然としないまま受けました。しかも一万円も払って・・・(-_-;)
    そして案の定小さなお厨子には入り切らない特装本尊。
    どうやっても少し傾くので、仕方なくそのまま安置しました。で、これでは良くない。仏壇買わないといけないなと思った次第です。でも、仏壇買う前に覚醒しました(笑) 危なかったぁ(^_^;)

    イベント「特装本尊」を発動させると(笑)、仏壇屋の儲けが増えるんでしょうか。
    上層部は洗脳された奴隷達からどんだけ課金させるかゲーム感覚で楽しんでいる。そんなとこでしょうか。(ーー゛)

    覚醒し創価の正体を知ってしまったら、新聞だ財務だと家計をやりくりして大事なお金を出していたのかと思うと、今はただただムカつくだけです!
    金返せ~!!(笑) 

    つい心の声が・・・。失礼いたしました(^_^;)

  78. 一世、四半世紀やってきた活動を一切やめた壮年部のギルークです(退会はまだです)。

    私は一世でもあり家族親族で学会員は一人もおりません。なので、二世三世の方たちの家族間の悩みを拝見するたびに、本当にこれが『信仰』なのかとあらためて愕然とします。

    信仰心って新聞の目標を達成することに汲々とすることなのでしょうか?
    親子間でそれぞれの考えさえも許容できないような偏狭なものなのですかね?

    長年活動してきて、様々な会合にも出てきて言えることは、活動家が等しく新聞を熟読しているようなことはありません。読んだとして何が残るでしょう?

    活動家の時、マイ聖教を1部減らしたら、地区の新聞協議会で、思いっきり嫌味を言われたことを思い出します。1部減らす理由より数字が大事なのです。

    地区の目標に足りない分を自腹でかぶっていた地区婦人部長が、本部幹部にブチ切れしていたことがありました。「いい加減にしてください!」と。ある地区部長は「こんな無理な目標を無理やりやらせて、誰が喜ぶんだよ!」と悲しそうに訴えていたこともありました。

    中枢部、聖教新聞関係者、あなたたち現場のことを知らないでやらせているなら無能だし、知ってて放置なら鬼畜ですよ。

    会長はじめ中枢幹部は「池田先生が、池田先生が」ばかり。トップのくせに自分の言葉をしゃべれないのか。1年後、まったく同じ紙面でも誰も気づきませんよ(笑)。教義や会則をひっそりと変え、違を唱える者を査問にかける。やりたい放題です。

    しかし、今後も内部の実情は加速度的に暴かれていくことでしょう。案外中枢部は終わりが見えてきて金集めと権力への対応を急いでいるのかもしれませんね。愚かです、本当に。

  79. 少々スレ違いで、失礼いたします。
    加計学園問題はさておき、森友学園の問題について進展がありました。
    学園そのものも疑問が多いですが、国有地の大幅な値引きについては行政にも疑問があります。
    そこでふと思ったのですが‥‥、
    創価の会館、学園、他にも信濃町など創価に関する物件についても、
    今回の一連の学園の問題と同様な行政や政府との取り引きがあったんじゃないか??
    、ということです。
    全てが全てとは言いませんが、池田記念講堂はもともとは汚染土壌として
    処遇に困るような問題のある土地だった、とネット上でみたことがあります。
    会員からは新聞啓蒙、財務、ほか多くの容赦ない取り立てを平然と行い、
    事業を行うにあたっては常識を疑うような独特の感覚でことを進めていく、
    そんな良識のない組織運営が創価には感じられます。

    ↓ ↓
    新聞にしても報道にしても、目にして自分なりに考えを膨らませていくことが、
    単なるツールに操られず翻弄されないですむと思います☆
    私の場合は考え過ぎかもしれませんが、まずは自分なりにせっせと考えることこそが、
    創価脳からの解放につながっていく‥と思います。

  80. 二世、三世は地獄です。勝手に学会に入れられて洗脳されるんですから。学会批判者は地獄に落ちると言いますが、二世三世は生き地獄です!

  81. 流れ星様
    「自分が創価脳であると気づいた時」でのコメントありがとうございます。
    「自分が創価脳・・・」で、始めてコメントさせていただきました、都議選から非活になった白ゆり長です。

    地区部長の主人と、組織の人に非活宣言をして、一度話がしたい!という幹部をかわし、会わないようにしているところです。社会人の息子たちは、超ゆる活でしたので、創価脳たちに追わずに済んでいます。

    聖教新聞ですが、我が家も一家4人分購読していましたが、(6月から2部にしました・・退会出来る日までせめて1部にしたい)役職ある人は皆、そうしていました。隣の区の実家もです。

    広〇のため、福運のためと思って購読しており、皆もそうでした。未活の人にも贈呈し、組織の部数を上げることに何の疑問も持ちませんでした。

    覚醒のきっかけが、17年前から心筋梗塞をかかえている主人の入院が今年になって3回も続いたからで、退会するしか体がダメになると、こちらのページに辿り着いたからで、部数を減らして満足したものの、こちらを読むほどに、何年も何年も何部も購読し、なんてことをしてきたのだ!勿体ないことをした!と気づきました。

    流れ星様がおっしゃるように、とにかく今は逃げ切って、ほとぼりが冷めたら、新聞店に電話して、
    聖教1部(ゼロにしたいが)にしたいと思います。大百、SGIグラフ、公明も止めて。

  82. 今回のテーマ「聖教新聞という集金ツール」は、予想以上にみなさんからの反応があって驚いています。笑
    こうして創価の実態について具体的に例をあげていくと、創価が詐欺であることがよりいっそうはっきりします。創価に疑問を持っている学会員でも、面と向かって「創価学会は宗教ではなく詐欺だ」と言われても「まさかいくらなんでもそこまで言うことないだろ」と思うでしょう。でも創価が会員にさせていることを一つひとつ具体的にあげていくと、どれをとっても最終的には会員からお金を吸い取ることでしかないことがわかります。そして同時にそれを詐欺だとは気づかせないばかりか、周りの人にも被害を及ぼしていることすらわからない。被害どころかいいことをしてやってるみたいに思い上がっています。こんな思考と態度しか照れないような学会員が、社会からつまはじきになるのは当然ですが、そのことにも会員は気づくことなく創価にお金を貢ぎ続けます。
    覚醒した人でも周りの人間関係が壊れるのが怖くて聖教新聞を断れない。そんなことで悩んでおられる方も多いです。でも創価であることで、すでに創価以外の人間関係をぶち壊していることにも気づいて欲しいです。これだけでも異常な事態なんですが、新聞を断るとバチが当たるようで恐ろしい。これはもう精神的に治療が必要なレベルではないでしょうか。いいことがあっても悪いことがあってもみんな創価の信心のおかげとか信心が足りないと言うことにしてしまう。完全に洗脳されている状態だと思います。創価はただの詐欺なんです。そこに宗教もへったくれもありません。「この印鑑を買えば幸せになれる」と言われても普通の人は信じませんよね。でもそれを信じて、さらに他の人にも買うように必死になっているのが学会員です。「この信心をすれば、どんな悩みもたちどころに解決するし、未来永劫の最高の幸せをつかむことができる。そのためには新聞をたくさん購入しなさい。100万円で1000万円でも、創価に貢ぐ金額が多ければ多いほど幸せになれます」こんなことを言われて間に受けて全財産を捧げるのが創価学会んです。これのどこが宗教ですか?これのどこが詐欺でなないんですか?聖教新聞を購読するということは、それだけ創価学会の詐欺行為に加担しているということも認識すべきだと思います。会員からお金を搾り取ることが目的なのですから、会員がお金を貢ぐかぎり創価学会は存続します。逆に会員がお金を出さなければ創価が消滅せざるをえなくなります。お店に客が入らなければ潰れてしまうのと同じです。聖教新聞は単に詐欺を実行するための集金ツールでしかありません。購読料もさることながら、広告掲載料によって毎日莫大なお金が創価に入っているということもしっかりと認識すべきだし、それでも聖教新聞の購読を続けていいものかどうかを考えてもらいたいと思います。もう一度いいますが、創価学会員であることで、すでに創価以外の人間関係をぶち壊しているということに気づいて欲しいと思います。

  83. ケイ2さま、昨年9月に脱会したルフランともうします。家族が全員一致で脱会に賛成とは本当に羨ましい限りです。覚醒、おめでとうございます。流れ星さんもおっしやっていますようにバリ活には問答無用、理屈など通じませんから一言で私も良いと思います。ホント殺されちゃいます。前スレで創価人間とも仲良くしてます、と書きましたが、実はうちのベンチ(庭)にやってくる婦人部は退転予備軍(?)です。3人とも中堅役職をまかされ活動家がいないので奴隷のようにこき使われています。そのなかの一人はケイ2さんとソックリな状況で夫が心筋梗塞。検査後手術というときに入院先にまで押し掛けられ地区をどうすんだと詰めよってきて看護師を呼び帰ってもらったとのこと。祈ってますの言葉はあったものの、金輪際関わりたくないと以前話してくれました。前の私と同じで気持ちがまだ決まっていない予備軍たちはうちにたまにきて信仰抜きのよもやま話でストレスを発散しています。夏休みが明けたら中堅予備軍たちはごっそりいなくなっていると思います。全身創価脳たちはいくら私でも、帰れーーですよ❗(笑)。

    新聞のテーマですが、どなたかも話されていましたがあら探し(笑)で辞める半年ほどは隅々よみました。新聞を反面使った○○保険の宣伝、紙面使いすぎです、ひどいのは○○公論の雑誌宣伝の表紙はお正月号で本来は宝船、七福神の絵なのに違う言葉や絵に差し替えられていました。
    初詣特集も違う言葉に、、忘れましたが、差し替えられていました。なぜ、出版社は抗議しないのか今だに疑問です。読○新聞をとっていたので比較ができたんです。実際本屋さんで買いましたし。
    ア○カという化粧品など何年も宣伝広告を出していましたのでつい、取り寄せてしまいまったく私の肌には合いませんでした。合った人、ごめんなさい。
    新聞の体験談もおお嘘がありました。すぐ近くの人だったのでこんな時だけ和楽っぽいね。。と。なにがこの家に起こったのかは割愛しますが夫がエリートというだけで載るんだとあきれました。なにもかも嘘だらけ。こんな詐欺機関誌を何十年もお金を出してとっていたなんて。。そして配達員さんが本当に気の毒です。

    宝星さん
    私も創価は似たり寄ったりと思っています。今、私の住んでいる土地は国の販売でしたが創価はこの土地が欲しくてあらゆる手を使ったそうです。情報ですので見たわけではありませんが数ヵ所から聞いています。でも国に負けた。ザマミロです(笑)

    明さんコメント有り難うございます。
    数えたら四大悲報ですか(笑)。。財務、選挙、新聞、シヤクフクがありました。

  84. 非活約2年、二世、50歳過ぎのあにきです。
    私のゆる活の妻は、軒数は少ないですが、聖教の集金を手伝っています。会合は、仕事の勤務時間帯などのため、最近はほとんど出ていないです。勤行は朝だけしています。題目は10秒。聖教は全く読んでません。私は、バリ活のときより、しっかり読んでます。超批判的な目で、あら探しをするために。私が、完全非活になり、勤行、財務、公明支援を一切やめたことについては、何も言いません。子どもが一切信心しないことに対しても、何も言わなくなりました。
    この夏休みに、私と子どもが県外にある全国でも超有名な神社に行って、就職・学業成就祈願のお祓いを受ける、と妻に言いました。少しムカッとしましたが、行きたかったら行けば、という返事。仕事で、その神社に一緒に行けないことでムカッとした、という感じです。
    妻の母は、池田はどうでもいい存在だが、ナムナムは正しいと思っている「半バリ活」なので、妻はなかなか覚醒しません。
    でも、神社でのお祓いを認めた妻は、一歩だけですが、創価からまた距離を取ったと思っています。
    聖教をやめられないので、偉そうなことは言えませんが、お許しください。
    でも、昔を振り返ると、なぜ聖教を3部も取っていたのだろう。本当にアホでした。販売店に来月から1部にしてください、と言ったら、はいわかりました、と一つ返事。組織も何も言ってきません。昔江本が阪神を辞めるときに「ベンチがアホやから・・・」と言いましたが、私が完全非活になるときに上の職員幹部に対して、それと同じトーンで組織を罵倒する言葉を吐いたからでしょうか。
    まあ、あせらずに、妻をじっくり覚醒に仕向けていこうと思っています。

  85. 宝星さん
    籠池さんの土地のさまざまなことには、じつは、公明党の元冬柴委員長の息子が関わっていますよ。
    わたしの詳細なネット情報により、その現場写真を拝見しました。。
    公明党は、国土交通省でも関わっていますよね大臣ですし。。
    ほんま怪しいですよ。。まっくろくろすけです。
    公明党、ちなみにバックの創価学会は超!兆!単位のお金さえ動かせるくらいですから、そういう情報を隠蔽するのは朝飯前、でしょうね~。。いろいろな人たちを黙らせるのもお手の物でしょう。
    怖!怖!怖!
    裏社会と通じているのも分かるような気がします。。

    創価学会は、地元の末端の組織だけに関わっているだけですと、そのほんとうの闇は視えては来ないですが、実際は、詐欺以上の闇をた~っぷりと抱えた組織であることは間違いないですよ。
    詐欺、だけでは語れないほどの極悪の組織です。。
    表の顔と裏の顔が存在しているのですよね。。
    これは創価の中枢に深く関わった人は、もう既に充分に認知していることでしょう。

    管理人さん。。
    思わず書いてしまいましたが、承認はお任せいたします。。

  86. 最近思います。

    よくもまあ、あんなカラコピに題目大声で唱えて、人の迷惑顧みずに新聞すすめたり、公明依頼したりして幸せになれると信じていたものです。。。

    覚醒してしまえば、『とても馬鹿らしい』ことですが、真剣にやってましたからね。
    世界平和の砂を一粒一粒拾う尊い行いと本気で信じていました。

    自分の頭では考えることができなかったし、もともと思考回路自体を生まれた時から創価を信じるように洗脳されているので、考えても考えても『創価がただしい』『題目がただしい』『南無妙法蓮華経がただしい』になってしまうんですね。

    『創価っておかしくない?』

    この一点を、勇気をもって突き詰めていけば、すぐに答え出ると思いますが。

  87. こんにちは、いつもお世話になっています。
    誰かに気持ちを分かってほしいです。
    とても孤独です。

  88. 自分が強くなればいいだけなのですが、
    なんとかまともに生きていきたいです。
    頭の中がぐちゃぐちゃしています。
    誰かにそばにいてほしいです

  89. お久しぶりです。3世で副白ゆり長の未だに学会員です。タイミングをみて脱会する予定です。
    うちの親はいわゆるバリ活で、新聞配達もしています。実家の近くに住んでいて同じ区域なので、親が私の家へ新聞を入れていきます。本当に何一つ読んでいないし、読んだとしても毒にしかならないような新聞なので止めたいけど親が配達員なので気づかれずは無理。それに加えて毎月の大白、小学生がいるので希望新聞。これだけでも毎月2000円以上かかってるんですよね。
    2000円あればあと何日食べられるって思わず考えてしまいます。
    蛇足ですが、私自身も小学生の頃、小学生文化新聞読んでましたね。もうそんな小さい頃から新聞などで洗脳されていたのかと思うと、本当に恐ろしいです。子供には読まない様に言ってありますが、元から見向きもしません笑

  90. ナチスがコミュニスト(共産主義者)を弾圧した時,私は不安に駆られたが,
    自分はコミュニストではなかったので,何の行動も起こさなかった。
    その次,ナチスはソーシャリスト(社会主義者,労働組合員)を弾圧した。
    私はさらに不安を感じたが,自分はソーシャリストではないので,何の抗議もしなかった。
    それからナチスは学生,新聞人,ユダヤ人と,順次弾圧の輪を広げていき,
    そのたびに私の不安は増大したが,それでも私は行動に出なかった。
    ある日ついにナチスは教会を弾圧してきた。
    そして私は牧師だった。
    だから行動に立ち上がったが,その時は,すべてがあまりに遅過ぎた。
    (マルティン・ニーメラーのことば、より)

    極右(というより嘘つき下司クズ)のアヘを狂信?で、支えている創価だが、いずれ神道(日本会議)を前面に出して来る共謀罪成立後は、「日蓮が~」とかホザいてる創価も反権力の集団として一網打尽に潰されるだろう!(本尊を神様に切り替えて乗り切る心算か?。創価なら遣りソウカ(会員は言われるがまま黙って付いていくのだろうな。哀!)

    連日の飲酒により15年振りくらいに肝臓へきて、身体ガタカタとなり、特に眼精への疲労著しく「対話を」も最後の投稿以来一切見れないでおります。
    (白ユリさんの御祈念題目で?死なずにすんだ様です、笑。
    夏頃には対話の方も見れるでしょう、予定)
    ここも2カ月振り位に覗きましたら「閉鎖します」とのこと。

    白いブランコさんも心底、創価の馬鹿さが解ったと思います。
    お世話になりました。 お疲れさまでした、お元気で~

    ………
    以上、「創価ルネサンス閉鎖のお知らせ」を見て投稿した文章(5月か6月頃)なんですが、アップされませんでしたね。
    Signifieさんが唯一「対話が出来た」と評価された白いブランコさんにして、このレベルであり他は推して知るべし!でしょう。
    尤も創価をボロクソ叩いてる私の投稿をアップしている時点で反創価と見做されるでしょうね。(投稿してた私が云うのも?ですが、何でアップしてたのだろう)

    やっと体調が回復し、ここ1週間ほど前から新しい投稿から見る元気が出てまいりました。

    流れ星さんお久しぶりです。
    籠池さんの次男さんは顕正会へ入会されたみたい、ですね。
    平成29年6月度総幹部会【安倍独裁政権退陣要求特集号3】

    >表の顔と裏の顔が存在しているのですよね。。

    “わがまま親父の独り言,カナダで生きてます。”
    創価学会 2014.06.18.15:02


    創価学会、日本で一番大きいカルト宗教集団である、その存在は日本のみならず韓国や世界にまたがる宗教集団、だが、本来での意味の宗教教団ではない。

    詳しく解説してます。
    興味のある方は読まれたら参考になるのでは。

    愈々“民衆の敵”となったことが一般国民に感じられて来たような動画がアップされてますね。
    “創価学会と公明党への抗議”

    余ンまり聖教新聞とは関係ありませんが投稿してみました。
    (チョッと?酔ってて、聖教新聞関連の”お気に”記事が捜せませんでした。)
    半年ほど読んでませんので見当違いの投稿になっているかも!です。

  91. 『この信心から離れると必ず不幸になる』
    活動家はこのように怯え信じきっています。
    どんなに人のよさそうな学会員でも『怯えている』
    私は『創価は悪の団体、悪から離れれば幸せになる』と思ってます。
    『この信心と付き合ってると不幸になる』と。
    残金ゼロで解約しないでほったらかしの銀行口座なら無害ですが、創価の会員名簿に名前がある限り、ゾンビみたいに活動家がやって来ます。

    今朝も電車の入り口で聖教新聞を広げて読んでいる邪魔な男性がいました。皆さんのご指摘通り、いつも同じ内容、そして、広告ばかりです(-.-;)y-~~~

    昔、赤線引いて、大切に思うところは切り抜いて、ファイルして大切にとってました。

    私は、ある意味、マイ聖教は熟読して切り抜する家族分はとってもいいと思います。創価からすれば、部数を増やして儲けたいだけですが、過去の私のようにバカな奴は新聞を切り抜いて大切にするので、そこは個人個人、家庭ごとなら価値観でよいと思います。

    しかし、創価に貢いだカネが、幹部のキャバクラ代や、なんらかの社会悪につながっている可能性が高いですのでビタ一文も払わない方が良いと思います。

    覚醒度合いで、新聞代払う払わないの痛みが違って来ますね。今の私には、けがらわしくてとてもとても払う気起きません。

    とりとめのない話ですが、抵抗されても新聞などはやめた方が良いと思います。

  92. 否活2世 ぬけ唐辛子です。
    正直、創価の事を考えるのがしんどくて…
    シニフィエさんには本当に頭が下がります。

    一族に創価を持ち込んだ、叔父を時々恨んでしまいます。
    人柄のよい素晴らしい叔父だったんですけど、彼が折伏されてさえいなければ、
    一族は創価に染まらなかったはずだし…要らぬ多様な(創価を起因とする)悩みを抱えることもなかった。
    (例え悩みあっても、罰論などに脅えるのでなく、悩みそのものを真正面に受け止める普通の対応が可能だったでしょう。創価に影響されると、創価に尽くすことが悩み解決法になってしまい、困難に真正面で向かえなくなってしまいますよね。)
    でも上に書いたような事を思う事自体が 、自分の器の小ささを痛感させます。叔父を恨むは筋違いなんです。こんな風に考えてしまう自分に、落ち込んでしまいますね。

    スレの主題から外れてしまいました。
    創価学会は皆さん指摘する通り、「その本質は詐欺」ですね。
    組織の有り様が「宗教でなく詐欺」ですから、
    組織を支える仕組みや有り様も結局は詐欺の本質「集金ツール」に具現化・集約されていきますね。
    だから、
    教義や信仰のやり方等が変わる宗教的な変質 < 集金ツールとしての組織の維持
    という事態になった今でも、創価学会組織に矛盾は生じない訳ですね。詐欺性が証明されています。
    組織の本来の目的を失えば、その組織の存在意義が失われ、その組織は瓦解するはずですから。

    先の都議選などで証明されましたが、創価学会の社会に与える影響力は、いまだ侮れないレベルです。
    詐欺団体が社会に影響力を行使するのですから、実に不幸な状況です。
    [その力の源泉は、各種の集金ツールなのだと思います]
    僕が聖教新聞を断る時も、例に洩れず、創価脳の親族のしがらみとか、やっぱり有りました。
    そもそも、半分くらいは洗脳解けてませんでしたから、自分自身に踏ん切りつけるの難しかったです。
    しかし、詐欺団体創価の力の源泉は、各種集金ツール[座談会・財務・聖教新聞・選挙・他]なのです。
    少しでも創価に疑問を感じた学会員が、集金ツールから距離をとってもらえないものかと、強く感じるこの頃です。

  93. 10~20代の頃、間歇的に将棋に嵌ってた時にはアマ2段位でしたが、テレビが無い私にとってabematvの将棋チャンネルでの炎の藤井四段、その他タイトル戦実況は面白かった。
    ここ数カ月で、将棋界・プロ棋士に詳しくなりました。(^_^,)

    以前、記憶で投稿した分のネット記事を探し出しました。
    “創価学会の真実” 2014年08月08日
    【創価】世界192ヶ国に広がっていると誇大広告をする創価学会は不当景品類及び不当表示防止法違反
    http://blog.livedoor.jp/sokanet_love/archives/1007338035.html

    聖教新聞社に電話して、事実を確認した勇気ある人が居ました。
     やり取りを以下に公開します。 素晴らしいです。

    池爺増上慢が、日蓮正宗を傘下に治めようとして(創価の冠婚葬祭部門の位置づけ)逆に破門された腹いせに、ヘイト罵詈珍プンと化した頃の記事。
    “正義と勝利の座談会”
    http://www10.plala.or.jp/cobamix/soka/20040123/01.htm#20040129

    2010年5月の幹部会を最後に、、退転したのか?日蓮を、金集め・票集めの小道具にしたバチが当たったのか、実りある晩年の筈がドコヘやらーー
    池爺名義の預貯金は今、(遺産)税金対策で創価建築物をドンドン建てているという記事を見た事もありますが、さも有りなん。

    これほどクルクル教義・云う事は変われども、名誉称号を(寄付の見返りに?)貰って、「ドーダ!先ン生ーは、偉いだろう」のハッタリ騙しの手法は変化なしか。(-_-;)

    元職員3名さん達は、頑張ってアチコチで座談会を拓いて意気軒昂のようですが、そろそろ数百名~の人を集めて来だした(シンパ)ようですので、信濃中枢からの妨害を覚悟すべきでしょうね。
    私が白いブランコさんを心配していたのは、将に3名さんみたいな“勘違い正義”の方向へ行って、残りの人生を無駄に捨てる事。にありましたので、その点、「あっしには関わりが無くなりました」と、吹っ切れた様子の記事を見て、安心しました。

  94. スマイルさんのおっしゃることもっともだと思います。
    冷静に考えれば、中学生にでもわかる論理です。
    ただ、どうして自分が創価にのめり込んだか?最近こちらの掲示板を見ていて考えるのですが、ちょっとした心の隙間というか、学校や家庭、職場に自分の居場所が無いといか居づらい。と感じた時に「人生が辛い」と認識し、身近なモノに救いを求めます。それが多分自分の身近だった「創価」だったのだと思います。基本、動くヒトや金を出すヒト、投票するヒトには無条件で彼ら(活動家)は親切です。それは肉親以上かもしれません。活動するヒトには、生まれてこの方味わったことのないくらいの讃嘆と称賛の嵐じゃないですか。それが気持ちよくなって、ずるずるとバリになっていってしまった。のかなぁと考えています。「聖教」は活動家をつなぐ共通の話題のツールにもなりますし・・・ まぁ、今はそんな熱心に読むヒトはあまりいないかもしれませんが、昔はそれこそ赤線いっぱい引いたり、切り抜いてノートに貼ったりしてましたものね。
    大変な時や辛い時、落ち込んだ時は結局自分で立ち上がるしかない。当たり前ですが、無償の賞賛、讃嘆、激励はありえません。下心ありきなんだから注意しなくてはいけません。
    書き込めば書き込むほど当たり前なのですが、不思議と盲目になってしまいました。

  95. 瀬奈さん、お久しぶりです。
    ここでなんでも話されていいですよ。ここには瀬奈さんの話を聞いてくださる方がたくさんおられます。瀬奈さんの気の済むまで思いの丈をお話しください。

  96. 創価を一つの信仰だと信じてたバリ活時代。休日に特に予定も無いし体も疲れがたまってかったるい。朝から勤行もせず家でごろごろしようかと思うけど、なかなかそれができない自分でした。
    勤行しない罪悪感がずーっと付きまい、何もない日こそ題目あげたり御書読んだり、友人に仏法対話、新聞啓蒙、まだ読みきれてない池田代作本を読む。そんな風にしないといけないんだろうなという思いが湧いてきて、たった一日や二日の休日でさえも心から休めなかったことを思い出しました。
    「月月・日々につよりたまえ・すこしもたゆむ心あらば魔たよりをうべし」ですからね(苦笑)
     
    物心ついた時には絵本の「戸田先生」「日蓮大聖人」や「お月さまと王女」などの代作シリーズが沢山あり、言葉も話せない頃から読み聞かされて育ちました。少年部員会では御書の一説を暗記し発表し、座談会では幹部指導の時に担当幹部から「よくきたね。法座に連なる事はどんなことよりも優るのだ」と参加するだけで褒められ、自然に「創価はいい宗教。信心を頑張るといいことがある」んだと思うようになりました。もちろん悪いことは過去世の行いが悪かった報いだということもしっかり教えられました。(そんな非科学的なオカルトの世界に幼い子供を巻きこむ創価の洗脳手法、実に恐るべし・・・)(+_+)

    去年の6月に疑問を持ち覚醒するまでは創価を信じることが空気のように当たり前のことだったのです。
    私の場合、バリ活経験がなかったら覚醒できなかったとも思えます。
    考えると恐ろしいですが、「自分の家の宗教」だという感覚だったら、いまだに気づけず、非活だとしても親の手前、新聞や選挙は協力していたと思います。財務も一口くらいならやってしまうのかも。
    そういう知らぬ間に搾取されてる2世達がどれくらいいるんだろう(-_-;)

    覚醒し、考えれば考えるほど創価の活動はおかしいことだらけです。
    広告だらけの会報を一家で何部もとるなんて異常です。(しかも一部1934円もするんですよね。聖教は新聞社ではなく法人格のないただの創価の出版部門に過ぎないのに)
    公明党を支持し、友人知人に投票を頼むことで功徳があるなんていうこともおかしい。
    政教分離だって自分たちでも何かにつけて言っていますよね。創価と公明は別なんですよね?だったら功徳もありませんね。普通に考えれば(苦笑)
    法戦なんて言って幹部にけしかけられ、選挙頑張れば宿業が切れるとか、すごい功徳が積めるってうまい話で乗せられて、実態はただで動く票取りマシーン・・・。悲しい真実ですね(+_+)
    私も信じて、活動してきたからわかるんです。
    善良な活動家さんたちに一日も早く気付いてほしい。

    創価は日蓮系の一派だと騙った巨大詐欺団体。(創価は日蓮宗も古巣の日蓮正宗も否定してますよね。もはや何宗かもわからない新興宗教です)
    創価を宗教だと信じてる人は騙されているんです。
    このブログには膨大な量の元創価活動家の真実の声が届いています。
    先入観を捨て、心をフラットにして読まれることをお勧めします。

    自分に限って、創価に限ってそんなことあるはずないと思ってる人こそ、お気を付けください。本当に。

  97. グルニエさん

    「活動するヒトには、生まれてこの方味わったことのないくらいの讃嘆と称賛の嵐じゃないですか。それが気持ちよくなって、ずるずるとバリになっていってしまった。のかなぁと考えています。」

    アルコール中毒になってしまった人は

    「アルコールを飲むと、それが気持ちよくなって、ずるずると飲む量が増えていきアルコール中毒になっていってしまった」

    という人が多いでしょうね(^_^;)

    アルコール中毒患者の治療の基本は

    「自分はアルコール中毒患者である」

    としっかり自覚することです。

    「アルコールを飲めば気持ちいいんだ!
     アルコールを飲むのはいいことなんだ!
     アルコールを飲むことのどこが悪いんだ?!」

    という心理状態ではアルコールを断つことができないのは当然です。

    「創価の活動は気持ちいいんだ!
     創価の活動はいいことなんだ!
     創価の活動のどこが悪いんだ?!」

    という心理状態では創価の活動を断つことができないのは当然です。

    創価脳=創価中毒ということもできるでしょう(苦笑)

    signifieさん

    「会員からお金を搾り取ることが目的なのですから、会員がお金を貢ぐかぎり創価学会は存続します。逆に会員がお金を出さなければ創価が消滅せざるをえなくなります。お店に客が入らなければ潰れてしまうのと同じです。」

    静かに創価を去る人たちが増えていき
    静かに創価が消滅していくことを願うばかりです。

  98. コンブさん
    自信まんまんでも完全に間違ってるんですよね
    私全身勝利長を自称していまして、ダイエットも成功しています

    壮年が最後に来たのが新聞購読を止めたのに入っていて、配達員の謝罪、本部長の謝罪文を求めた時です
    整形外科通いを自慢していたので「予防のためにトレーニングしています」
    「モモ裏さするといいよ」トレーナーに聞いたら「セルライト対策なので男性には無意味です」
    激痩せ自慢もして「君は腹が出ている」
    機械で測定したら「お腹の皮下脂肪はありますが、スリム体型です」

    「間抜けでずれていて間違っていることを自信満々に語るって哀れですよ」と手紙を入れてから来なくなりました

  99. こんばんは!ヤングミセスのコンブです。
    瀬奈さん、みんな頭ぐちゃぐちゃになった時期があると思います。今まで物心つく頃から教え込まれて信じて疑ってはいけないと思っていたものが、詐欺だったんですから。
    私も、文章がおかしくなりながら、何を書いてるのか自分でも分からなくなりながら、思うことをここで書かせてもらって、少しずつ頭の中が整理できていったと思います。皆さんに本当に感謝です。
    孤独を感じるかもしれないけど、同じ状況、心境の方がここには沢山いるので、本当は1人じゃないですよ。私みたいにごちゃごちゃの文章でも、みなさんしっかり読んでくださいました。疲れない程度にここで、吐き出した方がいいと思います。

  100. 瀬奈さん、始めましてルフランともうします。切羽詰まった感情が伝わってきます。何かあったのですか?信仰のことでご家族と揉めたとか他のことで悩みを抱えているとか。。一人暮らしですか?それとも結婚されているのですか?実家で暮らしているのですか?。。すみません、質問攻めで。前スレでの瀬奈さんの投稿がただ事ではないと感じコメントさせて頂きました。
    貴女以外の身内はオール創価で理解者が一人もいないのですね。理解してもらえる第三者もいないのですね。創価が信じられず辞めたくても分かってもらえない苛立ちに心が悲鳴をあげているのですね。
    辛い状況の中こうしてコメントをして助けを求めてきたのですね。立派です!
    できることなら一晩中話を聞きたい、貴女の身近に一人でも気持ちが分かって貰える人がいたならこんなにも苦しまなくて済んだのに。。。
    創価の問題だけで苦しんでいるのならつくずく罪作りの詐欺信仰ですね。物心がつく前から小さな子供に罰だとか地獄に落ちるとか過去世のホウボウだとかの教育を受けてきたんですものね。動き回る幼児を会合に連れ出し静かにしてなさい!なんて毎日言われ、おとなしくしていればいい子供。うるさいと親は鬼みたいな顔で時にお尻を叩いたりする。それをしないと影でなにを言われるかわからない。成長し大人になると今度は盲信の親や回りの幹部は活動に駆り立てる。選挙、新聞啓蒙、折伏、財務、あらゆる無理難題を押し付けて創価の利益に利用させる。親も被害者ですが子供の悲鳴が限界を越えると子供は非行、うつ病、引きこもり、ひどい場合は自殺までしてしまいます。素直に活動家として利用されている子供もいますがどこか片寄っています。私がそうでしたから良くわかります。創価だけが正しい世界で一般社会を濁悪の世界とみなし見下していたように思います。一人でも多く救ってこの信心を教えてあげなければなどと救いようのないうぬぼれにロマンを感じていたオオバカ人間でした。
    瀬奈さん、身内に期待をするのはやめましょう。一日も早く悪のループから抜け出すことが先決ですが、、、今の瀬奈さんに必要なのはカウンセリング治療だとおもいます。多分ですが何かをする気力がまったくないのでは。。お皿一枚、お箸一本洗うのも苦痛を伴うほどエネルギーが消耗していると思います。気になることが出来ないことがストレス、本もテレビも注意力が散漫していて内容がわかっていない、気分転換に旅に出たり趣味に没頭することがいいと分かっていてもそれができない、生きる価値が感じられない。。このような状況ではありませんか?。私もやや重度のうつを経験し、今だにうつを完全に克服したわけではないのでこうしてこの場所をお借りして言いたいことを言わせてもらっている訳です。
    カウンセリングといっても相性の問題などがありますからカルト専門医なるものがいたら良いですね。きっと情報を集めれば合う医者やカウンセラーに巡り会えると思います。診察を受けると気分が全然違い心が軽くなった記憶があります。
    そして自分の気持ちの整理のためと創価は間違っていますよーっと呼びかけるためにリハビリも兼ねてこの場所をお借りしています。人それぞれですから自分にあった方法でなにかひとつアクションを大変ですが起こしてみて下さい。
    一つだけ約束してください。。。今後、リスカだけはやめましょう。創価ごときで命を危険にさらしてはもったいないです。自制がきかないようでしたら入院も視野にいれましょう。かえってその方が同じ悩みを共有出来る人がいるだけに孤独にならず回復が早いかも知れません。人生設計は同時進行でまたは治療の後で目的を作っても良いとおもいます。
    創価の詐欺ごときで自尊心やプライドを捨てては恥だと思ってどうか幸せをつかんでください。ファイト🚩😃🚩!!!

  101. こんにちは!学会3世のヤングミセスのコンブです。
    夏真っ盛りですね!お祭り好きなので、週末は夏祭りを子供とハシゴしています。
    ジョンソン3号さん、全身勝利長を名乗れるのが羨ましいです。夏までに痩せようと思っていたのに、もう夏になってました。こうなったら、汗を沢山かいて秋までに、、、。
    自分の興味のあること、知りたいことを勉強するなど、活動をやめて取り組めることって沢山あるし、時間があるって素晴らしいですよね!
    健康のために、まして予防の為にトレーニングできるって素晴らしいことだと思います!創価の活動をしていたら、そんな暇も思考も気力もないと思います。

    創価脳のときは、勉強といったら、勉強会に向けて人間革命を読むことでした~_~;
    思い出すとゾッとします。子供が寝付いた後など、夜中に必死に読んでました。少しオーバーかもしれませんが、「限界を超えて闘うことでのみ勝利を得られる」といったような、闘争心を駆り立てられる表現が多く、読み終わった後は、気分が昂ぶっていたのを思いだします。健康に悪い本でした。毎月1000円程の本を購入していたので、それも無駄な出費でした。

    皆さんのコメントを参考に、聖教新聞をとめることができました!1人だったらできてなかったと思います。ありがとうございます。
    先週から新聞販売店に何度も電話してましたが、留守のことが多く、今日やっと電話が繋がり夫の希望するもの1部(泣)以外はとめることができました。
    あとは、訪問などで説得を受けることになるのか、放っておいてくれるのか、、。
    親に止めたことがばれずに過ごすことができるかも問題となってきますが、新聞はネットで読めることなど話して、うまくかわしていこうと思います。

  102. 瀬名さん、結婚を機に脱会した2世の宝星です。
    私は、主人との家庭をもつことによって、ある意味で孤独はずっとあります。
    世間一般の人は、創価の人ほど、たいして相手に要求したりしないからだと思います。
    ごく普通に暮らしていれば、主人も子供達もたいして何も文句を言ったりしないし、
    周りの人もちょっとしたことで、ありがとうや気にすることない、と接してくれると思います。

    創価の人は、人を前にすると、選挙をはじめとして次々と要求を隙間なく与えてきます、
    そういった関係を続けていると、そういうものが人と人との結びつきなんだ、と
    私たち創価にいた者はどこか錯覚してしまうのではないでしょうか?
    普段の暮らしはもっとフラットなもので当たり前だと思うんです。

    創価から離れるリハビリっぽいものとして、
    社会のいろいろな事柄を醒めた目でリアルにとらえて考えてみるのも、いいものです。
    世の中のちょっとした事実でも、創価では画一的にこう考えるべき、という感じですから‥。

    こちらのブログでは、シニフィエ管理人さんや皆さんのおかげで、
    新聞や活動について具体的にコメントされてます、
    ☆どこからでも取っつき易いところからじっくり読んでみては‥?
    皆さんそれぞれ千差万別いろんな考えがあって、
    自分の中でも変わっていくものを感じることができると思います。

    それと、これははなはだ私感にもとづいてますが‥‥
    孤独を感じる、ということは、愛の存在を大切にしている自分のあらわれ
    であって、ご自身を大事に想っていいと思います。

    ルフランさん、流れ星さんコメントありがとうございました。
    関西での報道の始まりは、森友学園の土地取得について不当な取引が疑わしいものがあり、
    そのことについて地元の市会議員や市民から告発があったという点から出発していたのですが、
    いつのまにか学園そのものへの個人攻撃に方向がすり替わっていきました‥‥。
    この一連の流れで重要なのは、行政がどれくらい逸脱しているのか、
    私自身の関心は、どうしても創価の関連が浮かんできてしまう、ということです。
    カガテツさんお久しぶりです、参考になりました。

  103. 都議選を最後に非活になった2世・白ゆり長のケイ2です。主人、非活4ヶ月地区部長です。

    ルフラン様、コメントありがとうございます。
    我が家とそっくりなことがあったご家族がいらしたとは。それに、ルフラン様の上記の、動き回る幼児を連れての会合参加・・・。まったく同じです。そんな頃から、親も子も洗脳されていたのですね。

    覚醒して、第二人生を学会に煩わされずに生きて行きたい!と思った時に、学会に染まって生きて来た年月の方が長く、第二の人生のが短いでは無いか!と思ったら、悔しく悲しくなりました。

    新聞配達を若いころ代配、正配をやりましたが、数年前に代配の話があり、正社員で仕事をしているし、社会人の息子たちが家を出る時間も早いので難しいと断ったら、地区の問題なので、地区部長である主人を交えて地区で話し合いましょうと支部婦人部長と地区婦人部長が言い出し、集まったのです。

    そのときに、主人には、長年の心筋梗塞の持病があるというのに(このときは心臓血管にステント1個でした・・今年3回の入院で今は3個入っています)地区部長が配達すればという感じに話を持って行かれ、それなら私がやります!(やるしかないですよね)と言って、やったのです。そのときも、ちょっと切れたのですが、まだまだ創価脳でしたから、やるなら、がんばって福運を積もう!などと思ったものでした。

    そのときに参加していた副白ゆり長が、半年後、自らやらせて下さいと言ってくれたので、おりることが出来き、ほっとしながらも、副白ゆり長は福運が積めるのだから良し!と創価脳の私は思ったのでした。罪つくりな私。主人の他に祈伏した人が二人いますが、一人は早々と退会。もう一人は非活。今、それは良かったと思っています。

    新聞代も学会の資金になっていると思うと、許せないです。

  104. 久しぶりに投稿した後、奥歯が欠けて?今日(月曜日)早速歯科へ行って来ましたが、「真っ二つに割れてるので数回の治療が必要です」。という事で、1回目の治療を終えてきました。
    これが創価脳なら、批判の記事を投稿したから罰が当たった!となるのでしょうネ。(^^♪

    考えると四捨五入では70歳という、私が10才の頃の平均寿命64歳(男)を超えてるのだもの、歯もガタガタ、眼も白内障気味(左右手術しました)、耳も遠くなりますよ!。

    創価学会員も、signifieさんが喝破されてるように「創価は詐欺中枢と、引っ掛かってる末端」の通りだとすると、老齢になって病院にかかる金も、財務・新聞・選挙銭でスッテンテン、まともな子供は親のカルト振りに嫌気さして相手しない。かといって創価への上納金・選挙権を貢がなければ、「金を出さないカスは要らない」と捨てられるだけ。
    の哀れな境遇になるしかない。

    冷静に創価を評価している
    “創価学会から見る日本の真実の姿”2017年02月10日
    「放っておいても衰退する創価学会:アンチにも言及」
    http://blog.livedoor.jp/hatenashun/archives/218665.html

    に、解説されてる通り、10年後は創価は歴史の流れとして衰退しているのは間違いないでしょう。

    ですが、このブログに出会い、1年でも、1カ月、1日でも、創価(池田教)の鴨であることに気づき離れる事が出来たら、傷はその分浅くて済みます。

    私の考えでは、元職員3名が崇めてる先生が、脳死状態じゃなくマトモだったら、あなた達三名はとっくに葬られていますよ!。
    それが、嘘を平然とつき、金と権力の為ならあらゆる手段を使うセンセーの実態なんですよ。
    脳無しの現会長以下の執行部だから、「どうしていいか決断できない」という事で、やってオレルのですよ。
    悪の天才(池田)から見たら、安倍なんぞは三つ子のレベルなんです。

    ですが、生ける屍となったのは、世間が許しても天が許さない。という事のようです。

    ラザリスさんが挙げておられた参考書100冊弱をチェックし終わったら、私くしぶっ倒れました。ちょっと休めの啓示だったのでしょうか?

  105. コンブさん
    長時間正座して動かないで変な巻物拝んでいる人と全身使ってヨガの「太陽礼拝」やってる私では結果が正反対になるのも当然です
    108回ひたすら太陽礼拝をする(約2時間)イベントは10時間唱題でしょうか

    これからメダルを取らせて投げられハゲのレスリングコーチのドキュメンタリー見ます
    プロフェッショナル仕事の流儀

  106. 他のことは全く考えないことにして、ただ単に聖教新聞についてのことに関しての単純な疑問。例えば、なぜ新聞でもないのに新聞と名乗って、新聞と同じように毎日発行して、新聞と同じような企業広告を載せたり、テレビ欄などを載せたりして、一般の新聞と同じように購読料を徴収するのか?そしてその集めたお金がいくらなのかも全く公表しないのはなぜか?とか、莫大な広告料や購読料が入っているにもかかわらず、タダ同然で会員に配達や集金をさせるのか?とか、創価の会則や教義の根本が180 度変わったのに、なぜ一回こっきり3面に載せただけで、その後は全く教義や会則の変更について載りもしなければ、会合で語られることもないのはなぜか?などなど、聖教新聞にまつわることだけでも、学会員がまともに答えることのできないことだらけなんですね。答えるどころか、創価のご本尊の定義が180度変わったしまったことを、どれだけの学会員が知っているでしょう。創価学会が創立以来何十年も変わらなかった信心の対象である「本門の本尊」が、突如変わったんです。そもそも信仰の対象が変わること自体がおかしいのですが、そんなもっとも基本的なことをあっさりと変えて、そのことをろくに会員に知らせもしない宗教団体を誰が信じるでしょう。このブログを読んでいるすでに脱会した皆さんはご存知でしょうが、宗教にとってこれほど重大なことはないようなことを会員に知らされないままにお金だけは騙し取られているのが現役学会員です。
    このサイトだけでも「創価学会は宗教ではなく詐欺でした」と自分の経験を語っている方がこんなにたくさんおられるのですから、例えば聖教新聞にまつわるおかしなことに対して、自分で明確な答えを見出せないことの違和感を感じる方が少しはいてもよさそうなものですが、創価脳である限りは、当たり前の疑問すらいだけないんですよね。聖教新聞だけでも、毎日数千万円の利益を得ている創価学会は、なぜいまだに学会員にタダ同然で配達や集金をさせ、一人に何部も購入させて、組織的なノルマを課しているのか。普通に考えれば聖教新聞が集金ツールでしかないことは明白なんですが、搾取されているターゲットの学会員はそのことに気づかない。創価にとって、聖教新聞を会員が読むかどうかなんてどうでもいいんです。したがって載せている内容だってなんでもいいんです。要は会員が聖教新聞にどれだけお金を払うか。これだけのことです。それと毎日毎日莫大な広告掲載料を得ることができる聖教新聞(単なる新興宗教の会報)は、会員からお金を巻き上げるためだけの集金ツールでしかないことを知るべきだと思います。創価脳には通じませんけどね。

  107. 集金ツールなことは誰がみても明らかですよね。
    私はバリ活だった時、金がなくて新聞代すら払えないことがありました。しかしそんな時は止めてもらってました。嫌な顔をされて「境涯革命しよう」なんて言われましたが、おかしいですよね、そのために勤行だって死ぬほど眠いのに真面目にやって、創価班だって暇じゃねえのに真面目に着任してさ、友達なくすまで折伏やって、選挙応援まで人なんか誰でもいいのに頑張って、人革まで頑張ってくっそつまんねーのに読んでさ。
    愚痴も溢さずやったんですよ。嘘みたいだけど、本当の話ですよ。
    そんで新聞取らなかったら信心が足りねえってコントかよ!おいおいあんた、そりゃねえよって思いましたよ。結局金目当てって言ってるようなもんじゃないですか。どんなに頑張っても金を出せない会員はダメなんですよ。ね、そうでしょ?本部幹部の人。そうだってハッキリ言えないようなので私が代わりに言います。
    金を出せない会員はクズなんでしょ?www汗水足らして何のために頑張ってんのかね。
    あたしゃ死んでった人達を甦らせて話を聞きたいくらい腹立ってますよ。

    余談ですが、他の会員さんは皆アホみたいに部数取ってるし、借りればいいやって思ってましたwww読み終わったやつを貰ってまで読んでましたよwww
    今ではそっちのね、あれを真面目に読もう!っていう思考回路のほうが問題だということを知っています。皆さんもご存知。
    あんなもん腹立つばっかりじゃん。いつまでも無駄な紙売ってんじゃねーぞカルトめ。
    よっぽど皆さんの言ってる事のほうが役立ちます。

  108. 元創価婦人部だったケセラセラです。
    S新聞を集金ツールと命名した管理人さん、ナイスです!(^^)!
    あんな広告だらけのもん(以前は罵倒座談会のページが下品で嫌だった)よくも友人に勧めてたなあorz

    数字に関係している地区婦なんかは贈呈でもなんでもいいからポイント取れ、って感じでしたが、そうでない副役職の幹部なんかは「贈呈では相手に福運がつかない、相手が自分でお金をだしてこそその人に福運がつく」と言ってたっけ((+_+))
    財務でも莫大に金集め、新聞(実は会報誌)でも莫大に金集め、何やってるんでしょうね、この団体?

  109. 都議選から非活の2世・白ゆり長のケイ2です。

    シニフィエ様のコメントを読んで、聖教新聞だけで会員から、毎月、毎月、必ず入る学会に入るお金。学会はうまいこと考えたなぁと思いました。自分も相手にも功徳となると信じて、未活の部員さん2名に何年も贈呈していた新聞も、非活になった今、今月でストップします。
    8月1日なので、あと30日入ってしまいますが。

    非活4ヶ月・地区部長の主人の外部の姉にも、10年以上贈呈していた新聞もストップします。新聞が止まり、あれっ!と思った主人の姉に、非活になったことを伝える予定です。学会大嫌いの姉は、弟のために聖教新聞を入れることを飲んでくれていました。非活になったら喜んでくれるはずです。退会出来たら、もっと喜んでくれると思います。

    先日の土日に、主人の還暦祝いに、ちょっと贅沢な温泉地へ二人で行って来ました。新聞や財務のお金を思うと、これくらいの贅沢、年に何回も出来たのにね。と主人と話しました。これからは、自分たちのために使います。

    主人は、持病の心筋梗塞から長生き出来なかったら、学会員は、それみたことか!退転したから罰が当たったとか言うんだろうなぁと笑っていました。言わせておきます。

    もしも、ウチの地区の人がこのページを見たら、ケイ2が誰だかすぐにわかると思います。見ていたら、我が家が非活の道を選んだ理由や、学会の悪業に気づいて欲しいものです。

  110. 一世、四半世紀やってきた活動を一切やめた壮年部のギルークです。

    7/30にノジコさんが書かれていたことが当に私が言いたかったことでした。
    バリ活経験があったからこそ私は覚醒出来ました。覚醒のタイミングは人それぞれで、ちょっとかじっただけでおかしいと感じる方も多くいらっしゃると思います。おかしいと感じる自分の感性を殺さないことが、その先の人生の豊かさの方向を決めていくのではないでしょうか。

    「ちょっとおかしいのでは?」「活動が辛い」…でもやっていればいつかは幸せになれると思い込んでいる。仮に途中で幸せな状況が訪れたとしても『魔は天界に棲む』と幹部は言いさらに尻を叩く。一生学会の馬車馬ですよ。長年学会活動をやっていると、確実に「何か」が欠落します。そりゃそうです、活動は信仰ではなく「組織」を存続させるためだけにあるのですから。創価脳のままではわかろうはずもありませんが。

    疑問を少しでも感じたら活動をやめましょう。一時周りが騒々しくなるかもしれませんが、長年の経験から断言します。なんとかなります。我慢することが多い活動など百害あって一利なしです。

    サキコロさんが書かれていた、特装本尊の件は私も同様で男子部の部長になった途端、変えさせられました。そのときの幹部指導で「今までの御本尊より特装御本尊の方がより功徳があります」でした。新入会者を馬鹿にしてますよ。そしてお守り御本尊を大量に流布し始めた時の指導で、「同居の親に内緒でもいい。机の引き出しにでも閉まっておけばいい。」とありました。当時、男子部圏幹部だったので私もそのように男子部員と一緒に折伏にまわりました。今思えば胸が掻き毟られる消したい記憶です。当時関わった全ての人に謝りたい。

    学会のいうご本尊の扱いなんてそんなものなんですよ。協議も会則もコロコロ変わる。新入会の皆さん、試しに身近な幹部に「学会の三宝」って何ですか?って聞いてみてくださいな。

    初代・二代会長は日蓮正宗を信奉したのに、学会は「日蓮正宗」と書きたくないから全て「日顕宗」としています。そんな宗教団体なんて登録されていません(笑)。三代会長を永遠の師匠としながら、二代戸田会長の指導が書かれた書籍は絶版。池田先生様の指導でさえ、今の学会に都合の悪い指導はこっそり訂正・削除しています。

    前会長のやってきたことを踏みにじり、会員のお金を湯水のごとくハコモノに使い、学会員である為の恩恵は自己責任、信濃町執行部は会員の為には何もせず、会議で決まったことを指示するだけ、組織運営という名の商売をしているだけ。普通の企業なら、ユーザーの半数以上の人が不良品(結果がでない信仰)と感じれば、返品の嵐の末に倒産ですよ。それが学会の場合「あなたの使い方が悪いんです」といけしゃあしゃあと言える。営業努力もせず、ユーザーが勝手に宣伝してくれる。税金はかからない。信濃町の執行部が学会と関係ない一般の人に向けて、宗教者らしいことを一度でもしましたか?

    騙されて、あなたの大切な一生を無駄にしないでください。
    ノジコさんが書かれていた、「先入観を捨てて、心をフラットにして」信仰者ならば真摯に、ここに書かれている『生の声』に耳を(目を)かたむけてください。再度言います、信仰者と自認しているならば。

  111. アラフィフの超常連、ラザリスでございます。
    毎日、きびしい暑さが続きます。外で仕事すると、暑さで溶けそうです。
    カガテツさん、コメントありがとうございます。
    しばらくコメントがなかったので、心配しておりました。
    あまり無理をなさらず、ご自愛ください。
    ますます混迷する世の中、創価ごときのチンケなカルトなどに惑わされず、力強く生きていきたいと思います。
    皆さま、夏バテなどされぬように元気にお過ごしください。
    ( ^_^)/~~~

  112. signifieさん

    「創価学会が創立以来何十年も変わらなかった信心の対象である「本門の本尊」が、突如変わったんです。」

    ギルークさん

    「サキコロさんが書かれていた、特装本尊の件は私も同様で男子部の部長になった途端、変えさせられました。そのときの幹部指導で「今までの御本尊より特装御本尊の方がより功徳があります」でした。」

    創価の幹部たちにとっては「本尊」は「商品」なので

    「さあ、新商品が出ました!以前の商品よりいいですよ!」

    ということなのでしょう(苦笑)

    創価は究極の洗脳商法団体です!

    ギルークさん

    「新入会の皆さん、試しに身近な幹部に「学会の三宝」って何ですか?って聞いてみてくださいな。」

    創価学会の三宝は

    仏=池田大仏

    法=池田大仏の代作スピーチ、代作本

    僧=池田大仏を利用し続ける幹部

    ですね(爆笑)

    創価学会は池田大仏に帰依しているんですから
    いっそのことご本尊も題目も
    「南無池田大仏」にリニューアルすればいいんですよ(爆笑)

  113. 創価のおかしさに気づき創価の活動から離れたズンドコベロンチョです。自分の経験は何年か前に聖教新聞でマイ聖教を3部強引にとらされさらに公明新聞に創価新報の各一部と人間革命の書籍も出るたびに強引に買わされました。経済的に苦しくそれらを断ると幹部から出た言葉が「そんな事だからズンドコベロンチョくんには全く功徳が出ない」「いやっむしろ今よりももっと不幸になる」さらに「確かにマイ聖教や創価新報と公明新聞は池田先生にお金を直接渡すわけだから池田先生に払ったお金は必ず倍になってかえってくる」などまで創価の幹部から散々そう言われました。

    自分は騙された以前になんでそんなにしてまで(汚くてすみませんが)バキュームカーみたいに信者からお金を吸い上げる事をするのか?とは思いましたが、しかし残念ながら当時活動家だった時の自分はそれが全くありませんでした。池田先生の為だからと仕方がないと思ってましたが、やっぱり正直なとこ自分の収入などでマイ聖教やら無駄な物に毎月お金払えないと幹部に言ったら

    真顔でその幹部は

    ズンドコベロンチョくん君は先生を裏切る気なのか?ズンドコベロンチョくんが幸せになれないのは学会に対して少し疑ってるんじゃないの?でもねズンドコベロンチョくんにマイ聖教や公明新聞と創価新報とらされる話はおいしい話なんだよ、今は苦しくても必ず冬は必ず春となるようにズンドコベロンチョくんの幸せは保証されてるんだよ!ズンドコベロンチョくんはまだいいほうだよまだマイ聖教少ないんじゃないか?もう一部契約するかい?功徳は必ずすぐに出るから

    そんなデタラメ話は創価でもかなり上の幹部の口から出た言葉です。

    覚醒した今は創価は単なる詐欺団体と気づいてます。創価はどれだけ多くの人を困らせ騙し続けるかまだまだ続きそうですね。

  114. 管理人様
    古い投稿へのコメントお許しください。
    明様
    アルコール中毒 
    まさしくそうですね。会合は、さながらアル中患者の会ですね。
    抜けようとすると、罰が当たるかもしれないと不安にさせる禁断症状までそっくりかも?
    第三者的な評論家が、戦後地方から出てきた身寄りの無い青年たちの集いの場になった。という記事を見たことがありますが、今思えば確かにそうですね。
    私も抜けて結構な月日が経過しました。困ったことがあったら題目とかそういう思考回路が無くなったので、そういう意味では精神的な依存は解消されたように思います。

  115. 現在 白ゆり長してます、ハツハルです。聖教新聞の配達を地区より打診されており この胸の内を表現したく この場にたどり着きました。配達経験は ありましたが 転勤や出産で配達からは離れておりました。地区の配達員の方が長期入院になるとの事で…地区から声がかかりました。以前の配達では 辛い事ばかりでした。朝起きが苦手、休みは寝てられない、旅行も気を使う。貧血気味であり体がいつもだるかった。でも創価脳の私は『配達は大変だけど 苦労する事で家族が守られる。』と。しかし、地区の部員さんたちは 優しく励ましてくれる人もいれば 『配って当然、私は配達なんてしないけどね。』って態度の人もいましたね。創価家族って言葉も空回りする感じです。他にも たくさん吐き出したいものは ありますが…。断りきれない私は代配を了承すると思います。ここの皆さんの発言を見て 長年の心のわだかまりが ハッキリ見えてきたように感じます。安い給料の配達なんて、正直したくない!仕事を持っているので 朝 配達して疲れた体で仕事に行きたくない。疲れた事で 仕事に支障あっても誰に『朝から聖教新聞の配達したので疲れてます。』なんて言えますか?お金あげるから配達してくださいって他の人に言いたいですよ。なんで、学会員が配達しなきゃいけないの?こんな体制は 続けていくのは難しくなると思います。いわゆる頭打ち状態。自分の子供らに配達させたいなんで絶対思いません。キチンと、新聞社は外部の配達業者?なりに金額を出して雇って欲しいです。今どき、誰が安く動くと思いますかね。事実上 動く人間がいるから そのままなんでしょうが。いつか行き詰まる時がくる。もう、その時期に近づいてると思っていますが 私だけかな。

  116. ケイ2さん
    →もしも、ウチの地区の人がこのページを見たら、ケイ2が誰だかすぐにわかると思います。見ていたら、我が家が非活の道を選んだ理由や、学会の悪業に気づいて欲しいものです
    ➡︎創価の人間は『創価に関するネットでの誹謗中傷はデマだから見るな』と調教されていますね。
    私もそのように言われ続けていました。
    創価脳がここを読んでも心に入らないですね。。。
    私も創価脳がだったのでよくわかります。
    ケイ2さんの『気持ち』をきちんと理解されるといいですね。
    でも『人の気持ちを理解できる学会員なら、頭がおかしくなるか、覚醒しているか、我慢しながら適当にごまかしながら活動しているか』のどれかでしょうね。
    ここにつどわれる皆さんもお気付きのように『創価脳は、創価の価値観で人を裁くので、本当の意味で人の気持ちを理解することはできない』というのが実情のようです。

    創価は本当に詐欺ビジネスですね。
    人の不安や恐怖につけ込んだり、人の欲望を駆り立てたりしながら、金をむしり取る技術とシステムに卓越してます。

    このサイトにたどり着けたことこそ『功徳』であり『片目の亀が太平洋で浮木にたどり着くほどの確率でありがたいこと』ではないでしょうか(^.^)

    活動を停止するだけで、どれだけのいいことがあるか。

    自由な時間が増える
    新聞、書籍、財務などの無駄な支出がなくなる
    駆け引きなしの純粋な人間関係を築くことができる
    選挙を自分の判断で投票できる
    活動しないとバチが当たるというわけのわからない論法の真偽がわかる
    新聞勧誘のノルマに追われなくなる
    などなど

    書いてみて改めて、いかに無駄な無意味なことを本気で信じていたかがよくわかりました。

    先日、退会届けを作成し署名捺印しました。あとは家族の分を各人が記入して郵送するだけです。

  117. ハツハルさん。初めまして。
    代配も断った方がいいと思います。
    絶対しません。出来ません。やりたくないです。
    ススメに来る幹部にしてもらったらどうですか?
    聖教新聞は、インチキ新興宗教の機関紙です。
    一般の新聞ではないですよ。
    信濃町から会員に送付すれば良いだけです。
    私がまだ創価脳の頃、私も白ゆり長で配達を勧められました。一瞬、地区の為に優しい婦人部長の為に頑張ろうかなって思いましたが、想像するだけで疲れました。
    必死で断りましたよ。
    その時、本部に配達の問題をメールしましたが全く変わってませんよね。約8年ぐらい前の話です。
    今は、誰が配ってるか知りませんが私が断ったら新聞長の地区部長が配ってました。代配も壮年の方でした。
    誰かがするんですよ。みんな断れば本部が考えてくれますよ。
    ハツハルさん。絶対インチキ新興宗教の犠牲にこれ以上自らならない方が良いと思います。
    偉そうにすみませんでした。

    ハツハルさん、又コメントあれば新しいスレッドへお願いしますね。もしもし、代配の返事をしてしまっててもやっぱり無理ですって言って欲しいな(*^_^*)

  118. ハツハルさん
    70歳すぎても配達されている人もいますよ。
    引き受けるのは個人の自由ですが、配達をやめるのは個人の自由となるかどうか?
    やめたくてもやめられないひとが、ほとんどのようですから。。

    わたしが配達していたときも、お金もらっているんでしょ、みたいな人がいましたっけ。
    割に合わないことして身体を壊すのがせいぜいかもしれません。
    もっと上にできそうな幹部はいくらでもいるのですからね~。。幹部ほど、人には勧めますが自分はやりませんね。。
    エラそうに人前で号令ばかりかけている幹部ほどやりません。
    いえ、あなたに配達を勧めた人がそうだとは言っていませんが。。

  119. ハツハルさん
    初めまして。スマイルと申します。
    50年以上創価に尽くし、2億円の財務をしてきた強信者の父は首つり自殺、支えてきた母はガンで悶絶しながら亡くなりました。

    新聞配達、大変ですね。。。
    新聞配達は福運が付くから、幹部にさせてあげたらいかがでしょうか。
    所詮、みな嫌がることしないんですよ。

    嫌なら嫌だとはっきり言い切った方がいいですよ。
    御自身の心に素直に向き合われたらすぐに答えが出ると思います。
    地区だけでなく、支部、本部、圏とあるのですので、代わりの配達なんていくらでも見つかりますよ。
    所詮、使い捨ての駒なんですから。
    「無冠の友」→「ただ働きのような駒」にすぎないんですから。

  120. こんにちは。お久しぶりです。
    外部の雑草です。

    signifieさまの発言 2017年7月31日 20:27
    >答えるどころか、創価のご本尊の定義が180度変わったしまったことを、どれだけの学会員が知っているでしょう。
    signifieさまの発言 2017年8月7日 17:38
    >教義・会則の変更についても、あれほどの大きな変更をしたにもかかわらず誰もまともな回答ができません。
    >日蓮の根本中の根本の教義を勝手に変更したことに疑問を持つ以前に、
    変更されたことすら知らない学会員もたくさんいるようです。

    私の創価の知人は、明らかに変更を知らない様子でした。
    彼が普段祈っているのは、「大謗法の地にある弘安2年の御本尊」だと思います。
    私の誤解や解釈の間違いがあるかもしれませんが、これはすごい変更ですよね。

    https://www.oubaitori.com/blog/2015/01/post-391.php
    この記事が2014年11月8日付け、重要な創価学会の会則・教義部分の改正で間違いないでしょうか。

    >末法の衆生のために日蓮大聖人御自身が御図顕された十界の文字曼荼羅と、それを書写した本尊は、全て根本の法である南無妙法蓮華経を具現
    したものであり、等しく「本門の本尊」であります。
    そして、「本門の本尊」に唱える南無妙法蓮華経が「本門の題目」であり、その唱える場がそのまま「本門の戒壇」となります。
    改正のこの部分は、その大聖人の法門を信ずるということであります。

    これ、日蓮のものならほかの団体のもすべておkってことですよね。
    いままで邪教なんて言葉までつかって攻撃してきたのはなんだったんだ?って思います。

    >したがって、会則の協議事項に言う「御本尊」とは創価学会が受持の対象として認定した御本尊であり、大謗法の地にある弘安2年の御本尊は受持の対象にはいたしません。
    世界広布新時代の時を迎えた今、将来のためにこのことを明確にしておきたいと思います。

    いままで何十年もそれが本尊だったわけですよね。
    それ以外は間違ってるなどといっていた。
    ところがなんと、「今まで祈っていたものだけが間違っている」だなんてムチャな話になってしまったんですよね。
    ということは、今までずっと祈ってたことはどうすればいいんです?

    これって例えると・・・。
    例えば仏教は、釈迦が流祖ですよ。
    で、代々それできたのに、突然、釈迦は流祖ではないと。
    釈迦以外のほかの説は正しいが、釈迦だけは間違っていると。
    釈迦は間違ってるけど 我々が認定したものは正しいのでこれを拝んでくださいと。

    まあ・・・ なんというか・・・。
    もう穴だらけで、意味をなしてないですよね。
    創価学会の会則や新聞って、文字はびっちり書いてますがなんか無意味って感じですね。
    文字はいっぱい書いてあるがもはや意味がない。

    本尊の変更があれば、その宗教は終了だと思います。
    なぜなら、もはや存続する意味がないから。

    だけど続いてしまってる・・・ なにもなかったように。
    何故だ?これは団体自体が消し飛んだり分裂したりするのが当たり前の大事件ですよね。
    会員はそれに疑問を持つことがない。
    いや、正確にいえば、会員はそれに疑問をもつことができなくされてしまっている。
    これは、会員がまさに洗脳されてしまってることを示す、証拠のひとつなのでしょうね。

  121. 連投失礼します。
    外部の雑草です。

    これは微妙な議題です。皆様や主催者さまがあえて触れないようにしているのが伝わってきます。ゆえに削除されても問題ありません。

    う~ん、私が初めて書き込んでから数年が経過しました。
    何回かは、この議題がありましたね。最近のスレッドで続いたもので書き込ませてください。

    「その」件なんですが、いままで「それ」の被害にあっていると書きこまれた方、
    全員に共通することを挙げていきたいと思います。
    うち、最初の2点はほかの方が何度も言及されている点です。

    ・「その」被害を受けていると主張する方々全員の共通点
    1.具体的に何が起きたか答えない
    2.なぜ「それ」をしている人が創価学会員だとおもったのか、根拠はなんなのか言わない
    3.質問に一切答えない
    4.「それ」が行われたとされる期間が長すぎる
    5.自説に対して疑いがない

    1.具体的に何が起きたか答えない
    他人に物事を伝える際、5W1Hなんて言われますね。
    When(いつ)、Where(どこで)、Who(誰が)、What(何を)、
    How(どうする)、Why(なぜ?)の頭文字だということですね。
    これについて、この際に関係のあるところだけ見ていきます。
    ・When(いつ)
    これは日時を書くものですが、ネットに公開する時点で、問題あることもありましょうから、省略してもかまわないと思います。
    ・Where(どこで)
    これもまあ、ネットに公開する時点で、問題あることもありましょうから、省略してもかまわないと思います。
    ・Who(誰が)
    まあ、同上です。わからない場合もいっぱいありますし省略でも構わないと思います。
    ・Why(なぜ?)
    これはわからない場合もいっぱいありますし省略で構いません。
    ・How(どうする)
    これは対策をたてるということで、専門家でなければできないことも多いです。
    書けなくてもかまわないと思います。

    最後に・・・
    ・What(何を)
    これに関して。
    「被害があった」と主張する時点で、What(何を)ということは、「必ず」書けるはずなんです。
    ところが今まで「その」議題を書き込まれた人で、What(何を)を具体的に記述したひとは皆無だったと思います。

    2.なぜ「それ」をしている人が創価学会員だとおもったのか、根拠はなんなのか言わない

    話を聞いていると、全く前後のつながりのない場所や外部で、創価学会員に「その」ようなことを受けているというんですよ。
    で、それが赤の他人や通りすがりの人ではなく、創価学会員だという根拠はなに?ということです。
    これも具体的に記述したひとは皆無だったと思います。
    相手が全員、創価のバッチをつけていたとか、全員同じ服だったとか、まさか丁寧に相手が、「私は創価学会の○○というものですが、失礼ですがこれからあなたに嫌がらせをします」などとあいさつをしてきただとか、そういう場合でもない限り見分けつきますか?
    創価学会員なのか無関係の他人なのか、なぜ見分けがつくのか、その根拠は?
    一切答えられたことがないと思います。

    3.質問に一切答えない
    「その」件が書き込まれた場合、ほかの方が何度も対応され、質問や提案などもしていたかと思います。
    ところが・・・。
    まったくレスポンスがないんですよ。
    質問にまったく答えない。
    他人の質問に答えないで、会話が成立します?
    質問に答えるってことは、自分で考えることの典型だと思いますけど・・。
    もちろん見落として質問に気づかなかった可能性もありますし、即アウトではないと思いますが、なぜ、毎回そうなのか・・・。

    4.「それ」が行われたとされる期間が長すぎる
    これは後述します。

    5.自説に対して疑いがない
    これも後述で。

    私が強力な違和感を感じている点があります。
    ・所属が同じならともかく、違う人が「その」ようなことをするのは、あり得ない。
    仮にあり得ると考えて話をすすめても、明らかに現実には不可能です。

    ・同じ会社のメンバー内でのいじめはよくあります。

    なにを言っているのかと申しますと、例えば私が会社にいましたと。
    その際、同じ会社のひとから嫌がらせ、いじめを受けると。
    しかもそれは会社の複数の人から受けている。多人数からいじめを受けている状況ですね。
    この状況・・・、会社内でいじめを受けるというのは、
    ザラにあるし見聞きする状況だと思います。実際によくおきますね。
    ただし、その際いじめてくるひとは当然、同じ会社のひとです。
    自分と所属が同じなわけですね。
    会社でいじめられていても、
    その状態で他の場所に赴いた時、会社以外の人からいじめられるということはありませんよw
    会社以外の人はそもそも自分を知らないし、いじめられる文脈も共有してないんだから、いじめなんかしてくるはずがない。

    ・しかし赤の他人が集団でいじめをしてくることははまずない。

    ところが・・・。
    「それ」を受けていると主張する方の主訴を聞くと、
    所属が全然別の人から「それ」を受けているというんです。
    例えば休日、病院にいった、べつの場所にでかけた。
    そんなところで「その」行為がおこなわれるというんですよ、話を伺うと。

    これはあり得ない。

    なぜかと申しますとこれを実行するのが不可能だからです。
    これを実行するには、ターゲットを定めたあと、複数の人間が計画を立てて動かなければならない。全員無線で細かく連絡とり合いながらでもなければ実行は不可能ですね。
    そしてそのようなことを実行すると膨大な労働力・資金がかかります。
    皆様も社会人だと思いますが、会社ってものを一日、10人程度をまわすだけで、数十万がかかってしまうのはお分かりだと思います。
    それを長期間なんて続けると、どんな金額になります?
    現実にまわしていくのは不可能ですし、やる意味がない。

    仮にターゲットを総理大臣だとか、ムチャクチャ影響力がある、国際的な有力会社の重役だと仮定します。
    この場合、予算をつけて動向を探る人間が1人2人つけられても、不思議じゃありません。
    ただ・・・。
    その場合でも、やはり「その」ような行為はおこなわない。

    合法な対応をするにせよ非合法な対応をするにせよ・・・。
    実行に移す日はこの日、そして使う資材はこれ、人員は何人ときめて、リハーサルをする。
    そして一気に実行に移すと思います。
    ダラダラと長期化させるなど、まったくあり得ません。

    4.「それ」が行われたとされる期間が長すぎる というのは、ここです。
    場合によっては数年から数十年、「それ」の被害にあっているというのでしょう?
    繰り返しになりますが、「それ」が現実に行われるとすると、会社組織のようなものをつくり、複数で動かなければなりません。
    会社で1か月、職員全員が気絶していたり、ひとりも利益を生む行動をしなかった場合を考えてみますね。
    このような場合で、会社の規模が100人以下の中小企業だと仮定しても、
    1か月で数千万の金が自動的にカシャッって消えます。
    当たり前ですね?
    一か月でそれってことは、数年も続けるとどうなるのか一々書く必要ありませんね?
    「その」行為、利益生みますか?持ち出しだけですよね?

    ・・・・。
    まあ、言葉も浮かばなくなってきましたが・・・。
    このあたりの話が、5.自説に対して疑いがないということです。
    彼らは自分で仮説をたてる。そこまでは誰もがやることです。
    問題はそのあとで、自分が間違ってる可能性をまったく考えない。
    今、考えている仮説はこれだけど、ひょっとしたらこういう可能性もあり、
    その場合自分の説は崩れるなと。
    そのような自分への疑いがない。
    私は、「自分への疑いを持つ≒自分の頭で考えている」だと思っています。
    これも現在「それ」にあっていると主張する方すべてに共通でした。
    自分の認知が間違ってる可能性、自分自身を疑っている形跡がない。
    それは思考停止そのものだと思います。
    まったく脳がうごいてないんだけど、自分では考えていると思いこんでいる様子でした。

    今、もうひとつ思い浮かんだんですが、生活の臭いが、ないですよね。
    「その」被害にあってると主張する方から、生活の臭いがしないです。
    富豪の血縁だとかなのか、国家から自動で金が振り込まれてるのか、身内がお金も含めてすべての面倒を見てくれてるのか・・・・。
    自分で職業やら飯の種をみつけるやらして、収入を得て、回していくという当たり前のことをやってる気配が感じられないんです。

    だいたい以上が、私が自分でかんがえてみた結果でした。

    私が自分で考えた結果、今現在存在する、政府も、会社も、団体も、「その」ようなことを行うところは存在しようはずがないという結論になってしまいました。
    もちろん、この考えに異論や間違いがあることを受け入れますよ。

     補足
    つい先日、「その」件で書き込まれた方が、「それ」が行われるきっかけについて書き込まれていました。
    その方自身は外部であるが、創価学会の勧誘を断ったのが原因で、創価学会員による「それ」がはじまったのではないかとの説明でした。

    それならば、私の置かれている状況と同じになります。
    私自身も外部であり、勧誘断りましたからね。
    それが原因だとすると私にも起きるはずですが・・・。

    結論だけ。
    「その」ようなことは一切ありません。

  122. ハツハルさま
    初めまして。昨年脱会したルフランともうします。
    本当に一般の会員のかたの新聞配達はここでも大きなテーマになっています。
    ところでハツハルさんは今後も創価の信仰をやって行きたいと思われているのでしょうか?
    それとも新聞配達だけは辞めて組織で活動をしてゆくおつもりですか?
    良かったらご自身の創価にたいする思いをお聞かせください。

  123. 都議選を最後に非活になった2世・白ゆり長のケイ2です。

    スマイル様
    コメント、ありがとうございます。スマイル様おっしゃるとおり
    →創価の人間は『創価に関するネットでの誹謗中傷はデマだから見るな』と調教されていますね。

    そうでした。私も幹部会などでそのように聞いていて、実際、見たことはありませんでした。
    皆さまがおっしゃるとおり、自分で気づかないと、こちらには来ないですね。
    私自身もそうでしたから。

    新聞を1部だけにすることは、次の詐欺集団のスレッドに8月3日にコメントしましたが、
    こちらに書く内容でした。

    スマイル様の
    活動を停止するだけで、どれだけのいいことがあるか。

    自由な時間が増える
    新聞、書籍、財務などの無駄な支出がなくなる
    駆け引きなしの純粋な人間関係を築くことができる
    選挙を自分の判断で投票できる
    活動しないとバチが当たるというわけのわからない論法の真偽がわかる
    新聞勧誘のノルマに追われなくなる
    などなど

    本当にそうだなぁと思いました。

    仕事中も報告のメールだの、連絡など、いちいち流れてきて、いつも、追われている感じの中、仕事をしていましたが、今は、のびのびと仕事をし、

    帰ったら会合の時間を気にせずにご飯の支度をして、自由に時間を使えて、幸せに感じます。なんというか、これが、普通の人達の生活なんだなぁと、しみじみ思います。

  124. 犬好きアラフィフさん、ルフランさん コメントありがとうございます。
    ルフランさん、この配達に関して…いや自分のこれからの信仰等 考えて続けているんですよ。
    物心ついた時から 学会員の私が 『やっぱり や~めた!』って正直即決出来ないのかな?と思う反面 この数年のいろんな矛盾な事柄を見て来て 『こんな事 子供にさせたくない。』って思う気持ちがある自分がいる訳で。
    毎週月曜日の協議会に行っても 笑顔どころか 疲れはてた顔の自分。これでもか、これでもかっていう無理難題。家庭訪問だって 訪問された相手の嫌な顔。こんな罰ゲームみたいな(笑)活動を一生やらなくちゃ幸せになれないの?って。すみません 個人的に 長々書いてしまいましたが。うちの両親も 本当いろいろあったんですよ。なんで こんな家に生まれたんだろうって。不仲の両親に挟まれ 打開しようと泣きながら題目をあげる母。あげてもあげても 変わらない父。本当 思い出すと ゾッとします。今は、正直 自分の人生に学会は必要なのか模索中です。

  125. こんにちは。否活2世 ぬけ唐辛子です。
    ハツハルさんこんにちは。
    ハツハルの投稿読む限り、ハツハルさんの答えは既に出ているように思えます。
    自分の心と身体を一番に大切にして欲しいと思いますよ。

    ハツハルさんの「断りきれない私」という記述…僕もそういう面があるので少し分かる気がします。
    いろんな考えや感情が渦巻くんですよね。期待に応えたい・自分がやれば丸く収まる・正義.道徳.仕事.他.犠牲を払ってでもやる、貫くことが当然という考え(思いこみ)・迷惑を懸けたくない・他にもいろいろ…。

    ハツハルさん!
    一度引き受けたら…(僕が思うに)多分真面目で一所懸命なハツハルさんは、イライラしながら、ヘトヘトになりながら、創価学会のために自分と家族を犠牲にしながら、ずっとずっと聖教新聞配る事になりますよ。
    本気で福運積めると信じている人が配達すれば良いのです。
    出来るだけ速く、断りの連絡を入れるべき時です。創価は外堀を埋めて断る事出来なくして来ますから、今すぐ、ハッキリ、「出来ません!」と言いましょう。断る時は、ハツハルさんの「断れない性格」完全に封印して下さい。健闘を祈ります。

  126. ハツハルさん、ルフランです。
    辛いお立場ですね。心が疲弊仕切っているように感じます。お子様のためにも一度組織から離れて冷静に組織と自分を客観視することをお勧めします。
    昨日、配達はやる気がないのなら言っても構わないと確認しました。そうは言っても現場は混乱するでしょう。うそも方便で体調をくずしできませんと、断るのも一つの方法です。私もほぼ福子で創価は体の一部のようなものでした。朝はご本尊と始まり御本尊と一日が終わる。生活の中心は創価でした。組織のない人生など考えられないほど信じきっていました。子供でも簡単に分かる嘘を何も考えずドップリ浸かっての生活を50年以上も続けてきてしまいました。洗脳の恐ろしさを毎日噛み締めています。はっきりとこの信仰は間違っていると思うのにも十数年の歳月がかかりました。誰も私と同じ悩みを抱えている人がいないので孤独でした。一人で判断し、一人で脱会を決意して家族に伝え2番目の娘と認知症の母と3人で創価を去りました。そのあと、初めてアンチブログをみて一番にこのブログにめぐりあいました。自分の判断は間違いではなかったと改めて確信でき今にいったっています。昨年9月の脱会です。来月で一年になろうとしています。生きていると色々ありますが大きく人生の流れを修正しながら再出発できているのもこの場所のおかげです。
    ハツハルさん、自分の感性を大事にしてください。貴女の感じていることは間違ってなんかいません。。ここの皆様は、信仰を阻む魔などではありません。
    邪悪な創価、池田の野望を見破った人たちが集まっているところです。
    応援しています(^^)/。

  127. 都議選を最後に非活になった2世・白ゆり長のケイ2です。

    ハツハル様

    ぬけ唐辛子様の
    創価脳は外堀を埋めて断る事出来なくして来ますから・・・おっしゃるとおりだと思います。

    がんばってください。

  128. ハツハルさん

    「毎週月曜日の協議会に行っても 笑顔どころか 疲れはてた顔の自分。これでもか、これでもかっていう無理難題。家庭訪問だって 訪問された相手の嫌な顔。こんな罰ゲームみたいな(笑)活動を一生やらなくちゃ幸せになれないの?って。」

    まさに創価の活動は罰ゲームです。

    まさに創価の活動は苦行です。

    釈迦は苦行を徹底的に行い

    「苦行を続けても苦しみから解放されることはない!」

    と気づき、苦行をやめて、苦しみから解放されました。

    ハツハルさんが一日も早く創価の苦行から解放されて、苦しみから解放されますように!

  129. ルフランさん ケイ2さん コメントありがとうございます。
    ハッキリ断る決意できました。自分の気持ちを 誤魔化す事に疲れはてました。私も50年近く信じてきました。なんと言われようが、もうどうでもいいんです。自分の人生を見つめなおします。また こちらへ来ますので…失礼します。

  130. ハツハルさんへの投稿は2度目になります流れ星ともうします。

    ハツハルさんの決断にほっと安堵しました。
    じつは、わたしのたったひとりの創価の友だちも人が良くて頼まれると断れないタイプなんで、他人事とは思えませんでした。きっと、あなたも組織の人たちに恩義を感じている部分もあるのではありませんか?

    どうか、これからはじぶんのこころに正直に従ってください。。
    自分の気持ちに正直にしたがって生きていれば、こんなに清々しいことはありません。
    この先も、会合やさまざまなことでもう嫌だな、限界だな、と想ったら気持ちに素直にさぼっちゃえばいいんですよ。罰なんかありません!

    たとえ、あなたがいないと!と言われても、あなたの代わりは必ずいるんですよね。
    やらなければ、とかじぶんを責めることなどないんです。
    子どもたちを創価の餌食にしてはなりません。。

    また、気持ちがモヤモヤしてきたら勇気出して、ここで吐き出してください。。
    霧が晴れるようにこころが軽くなってくると思います。。

    創価はいま高齢化で人材不足ですから、たぶん、ハツハルさんは組織の期待の星になっていると思います。。たいへんですね!あまり期待をさせないようにしたほうが自分のためですよ。。

    配達を断っても罰なんかありません!
    あなたに配達を勧めた人は、もしかしたら経済革命には配達がいちばんよ、とか言ったかもしれませんが、そんなことないですよ!
    お仕事をしている人は配達で身体を壊すのがせいぜいです。
    身体を壊しても創価は他人事ですよ。
    それに、いちど配達を受けると身体を壊すまで辞められないですよ、前任者さんのように。。

    こころを強く持ってキッパリ断ってくださいね。
    お断りができたら、またここで話してみてくださいね。。
    こんなことを重ねていうのは、創価の婦人部は、いちどターゲットを決めると、ほんましっつこいですから!必ず気持ちが揺れ動きます。。
    自分と家族のためにもめんどうなことは引き受けないほうがベストです。

    なんか、書きたいことをつらつらすみません。。
    わたしも正の配達員を長男がうまれて1歳の頃引き受けた苦い経験があるので、つい熱く語ってしまいました。
    もしいい過ぎな部分がありましたら、ごめんなさい。
    おしゃべりなくせに言葉足らずな部分がありますので。。よく誤解を受けるので。。

  131. ぬけ唐辛子さん、コメントありがとうございます。「断りきれない性格」を封印します。
    …想像ですが、またひと悶着あるんでしょうね~。あっちこっちから言われるんだろうな(ため息)。ですが、キチンかたをつけますので。

  132. 流れ星さん、温かなコメントありがとうございます!こんな話しを、直接 誰かに相談できたらな…と悩みながら たどり着いたのがこちらですが、気持ちを汲んでいただき正直 嬉しいです。正直に話せるようで、こういった内容を地区に話そうものなら なんと言われるか考えるだけで憂鬱ですが。以前 再就職しようと たまたま婦人部の幹部に言ったところ「仕事しなくていいなら、できるだけしないで家にいて活動するのが一番幸せ。ハツハルさんが もし仕事始めても 私は『仕事が続かないように。』って祈るからね。」と。その時は この人 本当に失礼な人だな!と思いました。主人に話したら ビックリされました(笑)。しかし、始めた仕事は長く続き職場では 一番長く勤続した訳です。たまに会合で その幹部と会うと「まだ仕事続けてるの?なんか疲れるよね?」とか 変なカマをかけていました。一体 人の事を将棋のコマとでも思ってたのかな。あ、書いていて思い出しました。続かないように祈ってるからね…と言われた時に 「女は旦那の稼ぎで生活した方がいい。だって女が小金を、持つと男を馬鹿にして家庭がうまくいかなくなる。」って言ってたなぁ。

  133. 明さん、釈迦は苦行を止めて苦しみから解放さるた訳なんですね。シンプルで 当たり前というか 「そりゃそうだ」な事ですね。頭の糸が ほどけた感じです。シンプルに考える事が、大切ですね。

  134. 60代元婦人部です。

    皆様、お久しぶりです。
    スッカラカン財務の後遺症で、いまだに老体にむち打って働いています。
    貧乏暇なし、おまけに体力なし。トホホ・・。
    皆様の投稿は拝見するものの、なかなか投稿できなくて・・・。

    8月14日(月)の毎日新聞3面の仲畑流万能川柳にこんなのがあり、
    思わずニヤリ。

    ・広報紙なら無料だろ某新聞    (横須賀  歯ぎしり)   

    某新聞って聖教新聞のこと?
    柳名の「歯ぎしり」って聖教に関連して、何か悔しいことでもあったのかしら?
    これを読んだ学会員が「確かにそうだ。創価はおかしい」と思ってくれたらうれしいです。

    賛同の意を表して私も詠みました。
    ・広報紙でも有料だ資金源
    ・広報紙無料どころかマイ聖教

    皆様の投稿を楽しみに仕事に励みます。

  135. 都議選から非活になった、2世・白ゆり長、50代のケイ2です。

    60代元婦人部様、はじめまして。7月の終わりに初めてコメントした新参者のケイ2です。
    60代元婦人部長様の川柳、笑ってしまいました。ほんとですね。

    主人が地区部長(非活5ヶ月)で、私は新聞長をしていたのもあり、聖教新聞は、一家四人分の4部と、未活の部員さん2名の2部、主人の姉に1部、合計7部と、公明新聞、大百、SGIグラフ、創価新報を、福運を詰めると思って、何年も購読を続けていました。

    4月に、こちらのページに辿り着き、新聞を減らすことで色々言われたくなくて、6月に、まず、我が家の新聞4部を2部にしました。9月から聖教新聞一部のみにしました。

    一部残したのは、池田出没の嘘の記事をどれくらい出しているか?とか、検証しようと思っているからです。

    2年前に、代配を半年だけしたのですが、保険に入るための用紙を新聞店の店主からいただき、申し込みをしました。500円くらいの共済みたいなもので、保険料の徴収も無かったので、20年以上前に正配をしていた頃と、聖教新聞も時代が変わったのだなぁと思っていましたが、

    配達員に保険も何もないことを、こちらで知り、もしかして、店主の配慮で、自腹で配達員の保険をかけてくれていたのかもしれないと思いました。

    とても明るい夫婦と小学生のお子さんがいる家族で、配達ごくろうさま!何か困ったことがあったら何でも言ってください。雨の日のビニール袋も差し上げますと・・。ビニール袋も店主の自腹だったのかもしれません。

    そのご家族は、突然、今年、新聞店をやめてしまったのです。覚醒して、やめてしまったのなら良いのですが。

  136. 昨日に続き新聞配達の保険について、書かせていただきますケイ2です。

    2年前に半年間だけ代配したときに、加入した保険の資料を見つけました。
    新聞店店主の自腹ではありませんでした。

    パンフレットは
    聖教新聞配達員のみなさんへ
    損害保険(一般傷害保険)ご案内
    東京海上日動火災保険株式会社
    ニット保険株式会社

    と記載されています。

    保険内容は、聖教新聞配達中に
    転倒(徒歩・自転車・バイク)、交通事故、犬にかまれた時

    保険内容は
    ケガにより病院で治療をしたとき、200万まで
    ケガにより通院をしたとき1日あたり定額2,000円
    ケガにより入院をしたとき1日あたり3,300円
    ケガにより後遺障害が生じたとき、障害に応じて20~1,000万円
    ケガにより死亡されたとき1,000万円

    保険料の掛け金はいくらかわかりませんが、学会で保険料を負担しなくてもよいように、
    新聞広告や会員から新聞を複数購読させているのかもしれません。

  137. ケイ2さんの多部数の購読で 思い出した事を書いてみます。実家の両親は 10部購読を何年もしていた事。かなり長い期間です。実家に行くと聖教新聞の束をいつも見ては 腹立たしさを感じていました。地区の購読率の悪さをカバーするために きっぷの良い(トホホ)母は多部数を…。高齢で年金生活者、健康な体ではありません。『なぜ お母さんが何部もとらなければいけないの?おかしい!地区の人たちは どうして そんな事をさせるの?』と。言っても 母は学会に使うお金は 惜しくない。地区の人が困ってるから…と。そんな言うならと、黙って様子を見ていましたが 病弱な両親を見ていて たまらなくなり 実家の地区婦に連絡して とりあえず5部にしてもらい 現在は2部になっているようです。誰の為の新聞か?なんの為の新聞か?地区は おかしい事をしなければ 許されないようになっている。しかも、現在進行形である。誰が それをさせているのか?知らん顔して、儲けて 末端の人間を見て笑ってるんだと思うと腹がたってしょうがない。

  138.  信じ切っていましたが、最近おかしい。と感じてきました。2年半前、体調を崩し、卵巣全摘手術、2か月後ホルモンの調整がうまくいかず乳がんといわれ手術、祈り切ったおかげで、組織にがん細胞はなく、守られた。そう信じてきました。そのわずか4か月後再び体調を崩しバセドー病と診断。腫れもあり組織検査の結果がんが見つかり甲状腺全摘手術。しかし、組織には、やはりがん細胞が見つからず。再び守られた。と信じ切っていました。
    地区では、しらゆり長そして、配達員として、退院した翌日から仕事は、欠勤していたのですが、なぜか、朝5時からまじめに毎日配達していました。入院中は、80歳の母に配達を頼んでいました。
     わずか半年の間に全身麻酔での手術3回、女性ホルモン療法と甲状腺ホルモン療法を行い体調を調整中、しかし術後からわずか4か月後、あなたには使命がある。といきなりの地区婦人部長の人事が。断っても罰が当たるとか、必ず悪いことが起きる。など脅し文句ばかり。断り切れず引き受けることに。会合の多さに毎日疲れ果てています。週6日の配達、啓蒙月には頼める人もいないので、支払いますので読んで下さい。と、ノルマの10部の新聞の贈呈。何かがおかしい?そう感じているこの頃です。疲れ果てました。
    無駄な新聞啓蒙と無駄な会合、そんな日々から解放されたい。そう思ってもいいですよね?

  139. 疲れてます。さん
    半年で3回の手術!?
    ふつーでしたら、療養生活をしているのが当たり前ではないでしょうか?考えられません。。
    もっと、自分自身のことをたいせつにされてください。。
    罰が怖いですか?
    その前に、自身のために身体を休めたほうがいいのではありませんか?

    しばらくすべてお休みして。。この対話を求めての過去スレッドを自分が気になるところから読んでみては如何でしょう?
    ひとに聞くよりも何かしらのあなたへの答えがここのどこかにあると思いますよ。

    自分自身でしっかりといままでのこと創価のことを向き合って自分自身で考えてみる時間を作ってみては如何でしょう。。?
    ひとに聞いて解決するようなことではない気がしました。。

  140. 疲れてます。さん
    初めまして。スマイルと申します。
    元男子部部長、牙城会、本部中等部長、社会部の人材グループ所属していました。
    私の父は半世紀を池田と創価に尽くしまくり、2億円の財務をして挙げ句の果てには首吊り自殺しました。
    バリ活の母は、ガンで悶絶しながら死んでいきました。

    度重なる病気でかなりお辛い状態とお察しします。
    疲れてます。さんは、創価中枢からみれば、『ただの駒』ですよ。
    私は、副会長クラスの家庭で育って来ましたので、バリバリの創価脳でしたが、このサイトを読んで、疑問を自分で書き込めばどんどん覚醒できますよ!

    創価のおかしさに気づかれた今こそチャンスです!
    役職や活動は投げ出しても良いんです!
    活動したら福運がつくというのなら、他の幹部に福運のおすそ分けをしてあげてください。
    とにかく身体と心を休めてください!

    罰はありませんよ(^-^)
    私は昨年、本尊をバラバラに分解していますが、すっごく体調良くなったし、罰なんて全くありません。

    とにかく、活動から離れて、心と体を休めること。
    そして、洗脳から覚醒するためにこのサイトを読んで、自己との対話をしてください。

    大丈夫、ストレス除けば病気は治りやすくなりますよ。学会活動もお休みしてもいいんです。

  141. 疲れていますさんへ
    はじめまして。元学会2世のおてもやんです。更年期真っ只中です。

    もっと体を大事にしてください。
    自分の体とは言え、粗末に扱って良いはずがありません。
    学会の外の世界から見ると、貴方のいる世界は異常な世界でしかありません。

    >無駄な新聞啓蒙と無駄な会合、そんな日々から解放されたい。そう思ってもいいですよね?

    もちろん! 今すぐにでも役職や新聞啓蒙なんて放り出しても良いんですよ!
    何の責任も義務もありません。組織は貴方の体の事なんて考えてくれていないのだから、もっと自分のことを労ってあげてください(;_;)
    そんなお体の人に地区婦人部長の役職をやらせる人なんて、鬼だと思います。
    とにかく、新聞配達なんてやめるべきです。
    「さあ人生ゆっくり楽しもう」と思う頃に体がボロボロになっていては、人生取り返しがつかないです。
    婦人部が「じゃあ誰が配達するの!誰が地区婦人部長やるの!」とか言ってきたら、ここのブログを見るように勧めてみてはどうでしょうか。
    ノルマの10部の新聞の贈呈も、異常です。
    「断っても罰が当たるとか、必ず悪いことが起きる」
    そんな話を病院の先生や仕事場の人に言ったらどう思われるか、想像してみてください。
    「信心の世界の話だから、普通の人は理解できないかも・・」と、かつては私も思ったものですが、そういう考え方が自分をどんどん逃げられなくし、自然な気持ちで物事を考えられなくさせてしまうんです。
    どうか正気を取り戻してください。学会の世界は、外から見ると異常ですよ(;_;)

  142. 疲れてます。さんへ
    創価には罰も功徳もありません 亡き母が無冠の友を15年、本当に食事も取ることできない
    家計で5部も聖教新聞を取り、子供に創価を刷り込ませ、F活動に励み自由自在の人生を送るはずなのに病気で倒れ16年寝たきりでなくなりました
    創価は嘘ばかり 責任はとりません
    自分でしっかり考えればわかります
    少しでも早く気がついて下さい
    釈迦も苦行をしても悟りを開くことができませんでした
    創価は日蓮の教えを利用しているだけです
    このブログにたどり着いたということはもうわかっていると思います
    ゆっくり心とカラダを休めて下さい

  143. 疲れてますさん、
    はじめまして。
    上から見てもWIM、ひっくりかえしてもWIM
    のWIMでございます。
    最近WIMに変更し、600万達成の次のスレッドで
    WIMに込めた思いを説明したところですが、
    WIMはウーマンインザミラーの略。
    訳したら鏡の中の女性(=私自身)。

    今でこそ、WIMとこだわりあるHNをつけ、
    自身を見つめられるようになりましたが、
    私がこちらにきた時、
    HNを考えられないほど憔悴していました。
    疲れていますさんのHNからもそんな御様子を感じます。
    あの曼陀羅(私は不幸の元と思っています)を向き合うのではなく、鏡の中の自分をじっと見つめてみて下さい。
    そして鏡の中の女性の声を聞いて見て下さい。
    その声を何より大切に。
    「疲れた、無理、不安、休みたい」、
    そんな声が遠い私にも響いてきます。
    あなたはそんな鏡の中の彼女を
    なんと言って励ましますか?
    「甘えてる、まだまだやりやさい、もっとやって
    福運つけなさい、やらないと地獄行きよ」
    なんて言いませんよね。
    疲れていますさんが鏡の中の彼女にかけてあげたい言葉をご自身が実行されたらと願います。
    すでに地区婦人部長を引き受けてしまい、
    状況改善はなかなか厳しいでしょうが、
    「また腫瘍がみつかり体調悪く、
    手術も年内にまた受けなくてはならず(手術日未定)地区婦引き受けましたがおりさせて頂きます」等うそを言いきり、そんなの無責任や無理といわれたら、「病人の体もいたわれない宗教はおかしい」と強きで反論し、決して引きさがっとはいけません。
    そもそも、あなたが一生懸命されている宗教は、
    宗教ではありませんから。
    あなたの姿が、
    あなたの環境が
    それを私達に実証してくれています。
    表現が大変失礼ながら、
    創価の奴隷と成り果てた哀れなご自身の姿に気づく為にも、休息をとり、自分自身を見つめ、
    我にかえる時間が必要だと思います。

  144. 普通に読んで、「疲れていますさんへの皆さんのコメント」と、「下記の創価の指導」、どちらが「人として当たり前」でしょうか?

    創価脳は病気療養中の人に向かって
    「今こそ宿命転換の時」
    「広宣流布に心のギアをガッチリ合わせていけば宿命転換できて、病気も治る」
    「宿命転換のために聖教新聞を啓蒙しよう」
    「宿命転換緒ために折伏しよう!」
    「宿命転換のために選挙活動しよう!」
    「世間の人は、深遠な仏法のことをわからない。そんな浅はかな人間たちの言うことを聞いてはならない。仏になる種をつぶしてしまうぞ」
    「今こそ、池田先生の弟子として、広宣流布の実証を示すんだ!」
    「病魔に負けてはならない」
    「御本尊にしっかりと祈り抜け!」
    「病気が治らないのは、祈りが足りないからだ!」
    「もし、病気で倒れても、広宣流布に戦い切ったので、生命の福運はいや増している!」
    「病気が治ったのは、御本尊のおかげ、信心のおかげ」
    「信心していなくて、病気を克服したように見えても、真の意味での宿命転換にはならない。広宣流布に全身全霊をささげる中での病気克服こそが、真の宿命転換である」

    結局、病身を押してでも、新聞啓蒙とか教団の財務、拡大の駒として、搾り取れるだけ搾り取って、

    病気が治ったら➡信心のおかげ
    病気がなおらなかったら➡信心が足らないあなたが悪い、活動しまくって倒れたら→「宿命転換はできている」と「見えない世界」に逃げる

    詐欺の特徴ですね。

    活動家の皆さん! 反論ありますか?????
    シニフィエさん、もし創価脳の反論あったら、「古代生物創価脳の魚拓」でもとりましょう!(*^^*)

  145. 疲れてます。さん。

    壮年部のギルークと申します。私も青年部の時、活動に疲れ果て、自傷行為寸前まで精神的に追い詰められました。時間はかかりましたが、支部長の途中で覚醒、徐々に活動から距離を置きました。青年部のトラウマから10数年たってようやく完全未活に至りました。

    「君にしかできない使命がある」、幹部が人事の話を持ってくる時に言う常套句です。パワハラです。それにしても、疲れてます。さんの状況を知りながら人事話を持ってくる幹部、鬼畜ですね。

    とにかく異常な活動から逃げてください。活動なんかしなくても大丈夫ですよ。それで自分を責めることなんてこれっぽっちもありません。悪いのは創価学会です。できることなら人でなしの幹部に「疲れ果てました」とメモでもメールでも残して2、3日旅行にでも行ってはどうでしょうか。とにかく真正面から対応することはありません。とにかく逃げまくってください。休んでください。

    辛いと思わせる活動を強いる団体が果たして正しいのでしょうか?
    狭い創価学会の中でしか通用しない理論を、世間のルールより優先させることが宗教なのでしょうか?

    学会活動は『異常』な行為です。

  146. 疲れてますさんへ
    度々、失礼します。
    今日の配達、無事に終わりましたか?
    週6日も。
    週5日でも大変でした。
    週2日でも大変でした。
    私も哀れな創価の奴隷の一人でしたから。

    以前に書いたことあり話が重なりますが、
    配達員の時、体調崩してその事を伝えて皆知っていても誰も知らんぷりでした。
    そしてとうとう配達以外何もできず、
    家事もできず、
    買い物にも行けず、
    小さな子供にご飯の支度もできず、
    家には食料もなくなり、
    未入会の主人が仕事帰りにコンビニで
    夜ご飯と朝ごはんを買って帰る日々。
    夏休みというのに、
    配達から帰宅後は夜まで寝たきり。
    どこにも連れていってあげれないどころか、
    昼御飯も用意してあげれず。
    私が夜にやっと起き上がれた時、
    電気もつけずに暗がりの中、
    下を向いて肩を落とし、
    子供が座っていた光景は目に焼き付いています。
    思いだすと申し訳なさと
    可哀想で胸が締め付けられます。
    そんな状態を地区に話しても、
    新聞配達やめた方が言いなんて誰も言いません。
    その後、心臓に異常を感じ、
    心臓のMRIをとるまでとなり、
    病院の待ち合いでもイスに倒れて起き上がれない状態。死を覚悟した位です。
    主人が仕事を休んで病院に連れていってくれ、
    付き添ってくれました。
    そんな状態になるまで、
    辞めると言い出せなかった私。
    さすがにもう無理で
    辞めるというとすんなり辞めれました。
    後任なんかもし決まらなければ、
    新聞社の社員がどうにかしたらいいじゃないですか。
    あなたは所詮ボランティアなんですから。

    検査の結果、心臓に異常なく、
    病名を追求しながら病院を転々とし、
    人並みの体に戻るまで、
    4年ほどかかったでしょうか。

    日常生活ができるようになった頃、
    地区の人に「体調が悪いのを知っていながら、
    大丈夫?そんな体で新聞配達続けられる?と全く言ってくれなかった。あまりにひどくないか」と年上の方々でしたが言いました。
    うつむいて黙っていました。
    それは悪かったという反省ではありません。
    あの時、あの方々の心の声は
    「学会の役職は自分から辞めると言うもの、
    あなたにそんな風に言われる筋合いはない、
    でも言い返したらケンカになるから下を向いて黙とておこう」
    そういうことです。
    配達、役職を「辞める」と言って、
    受けいれられなければ
    「私が死んだら、あなた責任とってくれますか」
    と言ったらいいんです。
    そこまで言わないと、わからない人々。
    でも普通脳じゃないから、
    「死んだら責任とる」とか無責任に言うかも?
    負けじと「ではその旨、一筆書いてサイン、押印して下さい」と。
    どこまでも弱気になったらいけません。
    役職のやめ方を助言してますが、
    本音は早く覚醒して役職ではなく、
    創価学会そのものを辞めたらいいのに、
    そう思っています。

    嘘つき新聞の配達に功徳があるなら、
    創価が詐欺だと気づけた事でしょうかね。
    配達中、題目唱えながら、
    一件、一件、新聞配ってました。
    覚醒して、そんな自分を振り返ると、
    頭おかしいですね、アハハハ、笑っちゃいます。

    創価を辞めてバチがあるか?
    今のあなたの姿を、
    病気で手術を繰り返し、
    役職に追い詰められ、
    「ほら、創価の信仰して バチが当たった」と言われたらどんな気分ですか?
    言った相手の事、どう思いますか?
    バチが当たったなんて、
    自分は全く思ってもいないのでしょ。
    それならば、
    脱会して病気や事故でも
    ご自身がバチが当たったと思わなければ
    バチじゃないんです。
    死んだら地獄に落ちるか?
    私は創価の信仰して、
    生きている間に生き地獄に落ちました。
    いや、落とされました。
    それも他の誰でもない、
    つくし抜き、人生をささげた創価に。
    創価脳達がグルになって、
    自殺寸前まで追いつめられました。

    いつの間にか追い詰める側の存在になる前に、
    自分の心の声を信じ、強く生きて下さい。

    創価に居ればいずれ自分を奪われ、
    指示で動くサイボーグにかえられます。
    自分で常識さえ判断できなくなります。
    そして創価の教え、幹部の話が全て正しいと疑わなくなり、犯罪まで手を平気でそめます。

    「そう思ってもいいですよね」と
    あなたもすでにご自身で常識を判断できなくなっています。それが創価脳です。

  147. 疲れてます。 さん、はじめまして。
    アラフィフの超常連、ラザリスでございます。
    大変な状況で苦しまれているとのこと。今は自分のことだけ大事に考えてください。
    皆さまからたくさんのアドバイスがありますので多くは述べませんが、創価は宗教ではなくただの詐欺団体ですので、何も心配せずにそのまま逃げてください。罰などありません。
    これほど病気や不幸が続くというのは、すぐに創価から逃げろというメッセージだと思います。
    同じような苦しみを抱えてこのブログに来られ、いろいろ吐きだすことによって元気になられた方々がたくさんおられます。
    希望を捨てずに前を向いて頑張っていけば、必ず未来は開けます。
    応援しています。
    (^-^)/

  148. 疲れました。さん、はじめまして太陽さんさんと申します。私は40年以上前小学校時代の友達に折伏されて入信し5,6年活動した後活動停止し、こちらのブログに出会い、シニフイエさんの体験談に習い紙のご本尊をご授戒を受けたお寺に三年前に返しました。大丈夫ですよ。創価何かご本尊返しても何も罰なんかありません。
    私は貴女の体調が心配です。早く地元の組織にこれ以上出来ないと言って下さい。身体の悪い女性に新聞配達やら役職やらやらせる創価の組織は女を舐めきっていると感じました。色々な創価の仕事を断るのは病身では大変なエネルギーがいると思います。誰か貴女の身を心配しているご家族の方はいらっしゃいませんか。その方に加勢してもらったらいがでしょうか。私の身内か親友が貴女みたいな状態だったら絶対に貴女の味方になって動きます。まずご自身の身体を労ってください。早く創価の活動を強制終了してください。

  149. はあ~この世から悲惨の二字をなくしたい?
    そう言った恥さらしのクズが、
    悲惨な目にどれほどの純粋な人々を、
    姿くらませても今だあわせ続けているか。

    私は、
    「創価ほど残酷なものはない、
    この世から創価の二字をなくしたい。」
    って思ってますけど。
    それが平和につながりますから。

    公明党よ、
    安心、安全で平和な社会は、
    あなた方と創価学会が消えない限り、
    そんな世はこないのよ。

  150. 後からすみません。

    「池田ほど残酷な者はいない、
    この世から創価の二字をなくしたい」

    こっちの方がズバリ!私の思いですね。

  151. 疲れています。さん申し訳ありません。HN間違えてしまいました。生来のおっちょこちょいで申し訳ありません。
    それからもうひとつカルトは正論に弱いものです。こちらのブログを良くお読みになり創価の正体を勉強してください。貴女が騙せない相手だと解ったらあっさり手を引くと思います。カルトは常に騙せる相手を探しています。

  152. WIMさん いつも読ましてもらっています
    私の母がWIMさんとまったく同じでした 聖教新聞の配達だけはがんばっていましたが
    子供の朝食はつくらず、洗濯はいつもグチャグチャでたたみもせず、食事はいつも弁当化か
    出前、自分の子供の世話はしない 池田大作命のおかっけでした
    母は創価2世でした 祖父の病気がもとで折伏されそのまま入会していました
    可哀相な人で祖父の勘違いで無理やり結婚、その後、夫の経済力、少し発達障害でおかしな言動に耐えきれずに離婚していっぱいいっぱいの状態子供を3人抱え、宗教にすがるしか無かったと思います
    叔父、叔母は早くから創価学会のおかしさに気づき、創価学会は詐欺団体と思い ちゃんと努力をし、成功しています
    創価は功徳もないのに困っている人を組織に入れマインドコントロールし自分で考えるという思考を止めさせ時間もお金も人生も池田大作全体主義に染める企業です
    ただなぜ、政治にも入り込み、CMを流し、権力の魔性に見せられたとても仏教とはかけ離れた組織に騙されるのか 言葉巧みに困っている悩んでいる人に近寄る 第六天の魔王の仕業に思えてしまう いかん創価、日蓮の教えが染み付いている自分が嫌だ 本当に罪作りな企業です
    はっきり詐欺団体です WIMさんやスマイルさん、流れ星さん、シニフィエさんの体験を一度聞きたいそして一人でも自分で考えるという当たり前のことに覚醒してほしい
    祖父母や父母を否定するのはとてもつらいのですが、創価学会は可能性を奪い取る部分があります 中には創価学会の教えにフィットして成功する人もいますがその確率を明示してほしい
    信者の数を公表してない、お金の使途を公表してない、創価職員の給与を公表していない
    青年の創価学会と言いながら会長、理事長は老人
    池田大作は一流のビジネスマン(サラ金業者上がりの詐欺団体ですが男は稼いでナンボですから)そこは尊敬しています
    本当にバリ活の家族にも気がついてほしい 対話がなりたちませんが 少しづつ試みています
    宇宙の法則からみたら創価学会何なんでしょうか
    静かにこのブログで自分自身の心に対話をしていきたいと
    シニフィエさんお体を大切に コメントの承認やチェックは大変ですが一人でも自分で考えることができろ創価学会員を増やしていくためにこのブログは必要です
    ありがとうござます

  153. 疲れてます。さん
    >ノルマの10部の新聞の贈呈。何かがおかしい?そう感じているこの頃です。疲れ果てました。

    とのこと。詐欺師(団体)を判断する場合、何を言ってるか、じゃなく、「何をやってるか」という風に、行動を観てください。

    「対話を求めて」は余りにも膨大過ぎて、私も500万回アクセス時倒れて、禁酒で眠れないわ!眼球の裏側までジンジン痛んで失明するんじゃないか!の絶不調で、ほとんど寝太郎状態でやり過ごしておりましたが、うまい具合に天才少年藤井四段がアベマテレビ他で見れたので活字追いは止めて休憩してましたら、夏頃から元気になりました。
    それでも今だに対話の半年分くらいは読めておりません。

    疲れてます。さんも、入浴前の掛かり湯的なブログで創価の全体像をコンパクトに読める
    “創価学会批評ブログ”を先に読まれても参考になると思います。
    http://mugen201.blog9.fc2.com/page-1.html

    中でも “天地の差ほどもかけ離れている創価学会の理想と現実”
    “非常識な人間を育成する創価学会”“ 創価学会での常識は世間での非常識”等々を読まれてみては?
    (新聞10部の例:世間・一般社会では同じ新聞を一人で(一家で)5部も10部も取ってたら、完全にイッチャッテル精神の病の人としか見做されません)

    皆様アドバイスされてますが、先ずはイの一番に創価活動を放擲することです。
    極悪詐欺サイコパス池爺の腐臭充満する創価に属していては、百害あって一利なし。
    辞めた途端に益は有っても=害は消滅するでしょう。

    幹部も上に行くほど池サイコ詐欺師に似てきますので、煮ても焼いても食えない口だけ番長の大嘘付き下郎。となります。
    幹部へじゃなくネットへ行くと(脳)ランさんとか、真実を騙る、ウソカの森とかの“池田の古今東西引用ハッタリ大法螺・恨み節・頭破七分教”の布教者となります。(洗脳され切った哀れな被害者の典型例)
    結論は、邪悪な霊気タダヨウ組織からは一日も早く離れて、静かで落ち着いた境涯へ。
    (銭収奪・票収奪・時間=人生等、強奪の鴨にされてるだけ。の悲劇の底なし沼・蟻地獄から何とかして離れましょう。//「辞―めた」と言うだけ、の案ずるより生むが易し!の状態なんですけどね、本当は)

  154. 学会員の方々も読まれていると思いますが、
    600万達成のお祝いスレッドで、
    会員の方の同情のコメントを読み、
    どんな人間が、
    ここにたどりつき、
    創価を詐欺だと批判するまでの姿となったか、
    知って頂けたらとの思いで書きます。
    私は二世、未入会の夫と結婚しました。
    もちろん、結婚前は会うたび仏法対話、
    入会をましたが、
    信仰は自由なもの、
    強制されるものではない、
    自分は信仰を持つ気は全くない、
    との夫の強い意思には納得、
    未入会のまま結婚しました。

    未入会のご主人を持つ活動家の方々、
    皆さんほとんどそうだと思いますが、
    家事に手抜きはできませんよね。
    夫婦ともに活動家の方々にはわからぬ、
    様々なご苦労をされています。
    とりわけ専業主婦ともなると、
    仕事してるからとの言い訳もできませんよね。
    家庭、家事を二の次にすれば、
    夫から活動を批判され、
    行き違い、さらにはすれ違いから、
    離婚となったご家庭もありますよね。

    そんな苦労話を見て聞いて育ちましたし、
    女子部時代に自身が病気になって以降、
    結婚後も体が弱く、
    専業主婦でいさせてくれてるありがたさ、
    その上、活動、そして財務までさせてくれるありがたさを夫に心から感謝し、
    自分で言うのもなんですが
    家の事は人波以上にしていたと思います。
    どんなに体調悪くても、
    新聞配達をしている間も、
    毎日、家庭での食事だけでなく、
    感謝の思いをこめ愛妻弁当だけは意地でも作りました。
    モデルルームみたいとねと言われる位、
    家も常にきれいにしていました。
    食事もお皿一つに(ボン)ではなく、
    毎食盆にのせ、
    毎日、見栄えよく盛り付け出しました。
    掃除も(あたり前かな?)ガスコンロまで毎日解体し磨きました。
    インスタントラーメンなんて、
    子供の頃の嫌な思いでで
    以前コメントに書きましたが、
    我が家にありえませんでした。
    (コメント常連の皆さん、
    最近食べました。美味しくてはまりました!
    インスタントラーメンも進化していますね。)

    そんな努力のおかげか、
    または「未入会のご主人がいる、今まで見聞きしたようなもめてばかりの家庭には絶対しない」と常に心がけたおかげか、
    我が家は夫が未入会でありながら、
    そのとおり、
    創価ゆえの口論は全くありませんでした。
    そんな家庭だからこそ、
    夫は会館への送迎もしてくれ、
    新聞配達を始めたいと夫に言った時、
    体調の心配はしてくれましたが、
    反対は全くなく、
    私の信仰心を尊重してくれました。
    もし、私が朝、体調悪く急になったら、
    代わりに配達する覚悟までしてくれていました。
    そして月々かわる配達先リストの作成まで、
    毎月月末、夫がしてくれていました。
    (そんな夫まで、創価は…。人間じゃない。
    何が……。)

    体調が良くなった頃、
    恩返しの思いで(報恩感謝って創価ではいいますね)配達を始めましたが、
    それは新聞配達を引き受けるには
    まだ十分な体調ではなかったようです。
    配達したら、あっという間に体調が悪くなり、
    会合はひかえさせてもらいました。
    所詮、グループ長ですから、
    会合参加より配達をしてくれる方が
    地区にとりよいのです。
    体調が悪い事を伝えても、
    「新聞配達続けられる?」なんて
    誰も言いませんよね。
    言うと自分にとばっちりがきますからね。
    忘れもしない夏休みを前にしたあの日、
    とうとう家事ができなくなる位にまで
    体調が悪化した引きがねは、
    ある学会員の訃報でした。
    その方は私にとり、
    家族同然の方でした。
    20年以上のお付き合いでした。
    学会員の中で最も信頼できる方でした。
    その方とは、
    他の会員さんとは違う、
    ただならぬ深い絆がありました。
    毎晩、1日を終える時間帯に泣きました。
    いつその涙がやんだかは覚えていません。
    若くして闘病の末、亡くなりました。
    死の寸前にシャクフクも実らせまましたが。

    読まれて同情して下さる学会員さん、
    昔、家なき子のドラマの決まり台詞、
    「同情するなら金をくれ」とありましたが
    私も同情なんかいりません。
    あなた方からの同情のコメントはすみませんが、
    私に寄り添うことはできません。
    それどころか、
    怒り、苦しめを逆撫でされるだけ。
    やめて下さい。
    「同情するなら、創価をつぶして」

  155. 前回含め、コメントに脱字があり
    前後の話で予測つけて読んで下さっていると
    思いますが、読みにくくてすみません。

    今回は昨日のコメントで、配達リストについて触れましたので、配達員の仕事について
    お話させてもらいます。
    正の配達員のご経験ある方はご存知で、
    そうよ、そうだったと、
    思われるでしょうが、
    毎月20日前後に、手元に新たな啓蒙用紙のコピーが届きます。
    新規の方であれば、その配達先の方をご訪問し、
    確認を兼ねたご挨拶をします。
    会えない場合、私は自分の電話Noを書き、新聞配達期間を書いて御手紙を入れました。
    継続されている方の増部や減部も知らされます。月毎に配達数を修正してリストを作成します。
    (そのリスト作成を未入会の夫がしてくれていました。)
    そして作成したリストを代配の方にも月末までに届けます。
    基本、正の方がその事務的な仕事をしますが、
    私は正から代配にかわってもらった後もそれらの事務的な仕事を継続し、代配の方へ配達リストを届けていました。

    雨雪の時、ナイロンに入っているのは、
    配達員の当日の手作業です。
    新聞が置かれている場所まで取りに行き、
    ナイロン作業がある場合は、
    雨に濡れない場所へ移動しナイロンいれの内職。
    普段より時間がかかります。
    袋の口は開いている為、
    入れる時に新聞に雨がつかぬよう、
    ポストを雑巾でふきながら配りました。
    私は4時に起き、配達員皆さんの安全祈願の勤行をして4時半に家を出ていました。
    配達員は新年(元旦)号とあのお決まりのカレンダーの配達もあります。
    元旦号は大晦日だったか?
    元旦当日でなくてよく、
    年末慌ただし中配りました。
    さらに毎月、配達委員会が会館であり、
    参加しなければなりません。
    この会合は集金の方と合同です。
    配達員の方の中には集金も兼ねてされている方もたくさんいます。
    その会合は店主が司会進行し、店主の話を聞くかたちです。

    配達員を引き受けると、
    上記のようにただ配達する時間だけでなく、
    会合、事務処理の時間も奪われます。
    事務処理の中には、
    配達リスト作成だけでなく
    ややこしい電話の問い合わせや、苦情もあり、
    講読者、啓蒙者、地区、店主への電話で
    精神的に疲れる電話のやりとりが
    毎月のように何かしらありました。
    地区婦、白百合長をされてながら、
    配達もされている方、された方がたくさんいらっしゃいます。
    役職だけでも大変なのに。

    聖教新聞社、学会本部へ。
    聖教新聞を存続させるご様子ですが、
    それなら、配達員をきちんと募集して雇用し、
    そちらが配達員を管理をし、
    会員への配達員の押しつけ、もうやめましょう。

    高齢化、会員減少、
    さらに昔と違い専業主婦も減り、
    皆さんお仕事も待ちながら活動され、
    選挙前から何ヵ月も前から支援させれられ、
    役職だけで悲鳴をあげています。
    配達員の方が入院中、
    80代の親にかわりに配達させ、
    退院したら静養もされずに配達ですよ。
    なんて無慈悲な!
    そして、そんな体の方に新たな役職も。
    ひどすぎませんか?
    それが世界一の宗教ですか?
    会員の皆様もどう思われますか?
    他人事じゃないですよ!
    声をあげるべきです!

  156. WIMさん
    コメントを読んでいて、とても胸が締め付けられます。『会員さんのため、組織のため、広宣流布のため、池田先生のため』とどれだけ苦労されてきたことか。。。

    ダイナムさんのコメントにあったように『池田は『女を騙せば金が儲かる』』との証言。
    結局創価は、人の弱みに巧みに付け込んでいるだけです。

    『創価のアキレス腱は聖教新聞にあり』
    創価を衰退させるには『NO!聖教新聞購読!』『NO!聖教新聞配達!』ですね。
    配達員さんが覚醒していくと、どんどん創価は衰退するでしょう。

    折伏、聖教新聞啓蒙、選挙、創価の三大悲宝
    とくに聖教新聞こそが1番重要なんでしょう。
    毎月きちんと定期収入がある上に、人件費がほとんどかからない。購読料だけでなく、広告費でも莫大なカネが入ってくる。
    部数を減らさないために、バカな会員を洗脳しといて何部も購読させる。
    毎日読ませることで、少しずつ洗脳していく。

    新聞が廃れていっているので、次はどんな手で金儲けを考えているのでしょうかね。
    インターネットの有料会員サイトでもつくるのではないでしょうか^_^

  157. WIMさん 同感です
    池田創価学会はサイコパスなので末端の会員のことなど眼中にありません
    会員にABCとランクをつける宗教組織が本当に宗教なのか
    池田名誉会長、創価学会職員、創価、公明で生計を立てている人たち
    本当に良心があるのか
    じぶんの心を鏡に写して見てほしい
    話が家族のことにかわります
    バリ活の家族は公明党関係で働いています
    前任者からこの職場はおかしい 二度と関わりたくないと言われ最初は疑問だらけだったみたいです
    その後最初は同じ信仰を持った同士
    創価家族ですね~とか言っていました
    しばらくすると 有給は取れない
    昼休みもなく残業つかない
    上肢のパワハラ(創価脳のおかしいところ 池田命 \(^o^)/)
    同じ信仰を持った同士だから家族同然だからという考えの結果
    非常識なセクハラ 多少の無理は当然 その結果
    もうこんな職場辞めたい
    最初は素晴らしい
    尊敬できるひとばかりだと思ったが世間で通用しない幹部が生活や人間関係、経済的な問題で困り信心があるから公明党の議員になる形をとったバリ活のサイコパスな言動に納得できない
    以上なことを言っておりました
    私が問題点を指摘するともう怒りが
    どうにもとまらない
    このような人間にしてしまう 日蓮、創価はおかしい
    そうかがっかい というCMをみると
    この組織は末端の会員は働き蟻だと思っています
    そうかがっかり というフレーズが頭を駆け巡る
    本当に世間からどう思われているのか
    気づかないのか
    私も家族のことで頑張りすぎて 母と妹がバリ活でお金や時間も創価に使い込んで迷惑をかけられてしまい
    体が壊れて術後の合併症で休職しています
    家族、親類、地域の創価幹部の指導には困っています
    その時の個人の思い込みで相手の気持ちを考えていない
    自己中心な増上慢の集まりでこのような家庭に生まれて後悔しています
    このブログに出会いようやく覚醒できました
    ありがとうございます
    頸椎椎間板ヘルニアでインプラントが入っており指がうまく使えません
    誤字脱字は許してください
    創価は嘘ばかり

  158. 都議選から非活の白ゆり長・2世のケイ2です。

    WIMさんのコメントの通りだと思います。

    配達は聖教新聞だけではなく、公明新聞もあります。
    大百がある日は、自転車に積みきれず、ハンドルに袋をひっかけて
    ふらつきながら走ります。
    重たい自転車のスタンドを立てる時に、早朝なので音を立てないように
    そっと気を遣います。

    世間では、聖教新聞はボランティアで配達していることを知っています。

    職場のロッカー室での会話
    「創価学会の聖教新聞って、ボランティアで配っているんだって!
    よくやるよね・・・」
    「選挙の時期になると、しつこく公明党を頼んでくるし」

    贈呈で貰った聖教新聞でしょうか?
    ロッカー室のゴミ箱に聖教新聞が捨てられていました。

    会員の新聞の複数購読

    ボランティアで配達

    捨てられる新聞

    でも聖教新聞社・学会にお金が入る

    それを本部職員は見て見ぬふりをしている。最低の団体です。

  159. そうですね、ケイ2さん、
    未来部の新聞や、公明グラフ、
    公明新聞はたいした数ありませんが
    月一の事ですが、
    大白ある日はかなり重かったですね。
    自転車のペダルもずっしり重で重くなって時間かかりますよね。
    あの重さを病み上がりの方、
    高齢者、ましてや80代の方が
    徒歩や自転車でとなると…。
    まあ、そういう方には、大白は別に渡す等、
    配慮されていると思いますが、
    店主さん、会員の方々、いかがですか?
    そんな配慮もせずに【まさか!】大白を渡していませんよね。

    天気予報ではこれから秋らしくなり、
    過ごしやすくなっていくとの事。
    配達員さん、体は少し楽になりますね。
    実際、夜、エアコン入ってる?と確認した位、
    開けていた窓から冷気が流れこんでいました。

    配達員の方々、
    暑さの中、
    嘘ばっかりのセンノウ新聞、
    またの名をセッキョウ新聞、
    きっと私やケイ2さんのように、
    周りへ配慮しながら、
    池田先生からのお手紙と思って
    大事に大事にお配りになれたことでしょう。
    お疲れ様との思い以上に、
    お気の毒との思いです。

    夏の間は配達後は帰宅後はシャツは汗だくで、
    汗が張りついたシャツのままでは気持ち悪く、
    さっとシャワーで汗を流してから、
    お弁当作りや朝の朝食の支度をしていました。
    配達から帰宅すると未入会の夫はすでに起きているのですが、「お疲れ様」といつも声をかけてくれていました。
    子供も無事に配達できたか?
    「大丈夫だった?」といつも聞いてくれ
    心配してくれていました。
    そんな家族の支えがあったからこそ
    できた事です。
    そんな支えてくれた家族にまで、
    創価がした事は……。
    恐ろしい。

    私は例え地獄に落ちても、
    創価についていきはしません。
    命を守ってくれた人についていきます。
    苦しめた人を創価から切り離し守ります。
    それが人の道だと私は思いますから。

  160. 公明グラフ→SGIグラフ
    ずっしり重で→ずっしり重さで
    苦しめた人を→苦しめられた人

    先のコメント、 上記の間違いです。

  161. 非活2ヶ月の白ゆり長・ケイ2です。

    WIMさんに共感します。

    今日からやっと聖教新聞1部だけになりました。
    公明新聞も、大百も、グラフも終わりです。贈呈もありません。

    先日の北朝鮮のミサイルについては、聖教新聞には何も載りませんでした。
     
    公明新聞には1面には、ミサイル日本を通過と大きく出ていましたが、
    自民党と協議するくらいのことしか記事にはありませんでした。
    もう公明新聞を見る事はありませんが。

  162. 配達員のコメントに心寄せて下さった、
    スマイルさん、暁さん、ケイ2さん、レモンさん、
    ありがとうございます。

    レモンさんの20年、
    赤ちゃんが成人する時の長さを。
    【無冠の友】なんて
    まあ、うまくおだてられましたよね。
    名付け好きで、
    何でもかんでも名付けてましたね。

    名付けと言えば、
    愛人の子供に、
    自分の次男と同じ城久(故人)と名付けたそうですが?
    真実ならよく同じ名前をつけれますよね。
    まだ、俺の女だって、
    愛人の結婚相手への当てつけでしょ。
    自分の子供と同じ名前を、
    自分の血をひく愛人の子供にもなんて。
    よほど城久の名がお気に入りだったんですね。
    かねちゃん、愛人とその子供の事、気づいてた?
    次男が亡くなった経緯を調べたら…あら~
    触れられたくなかったんですね。
    どうりで全く話さなかったわけ。
    自分の愛人を次男城久にお下げした説を読みましたよ。
    本当なら、知ったら息子はショックでしょう。
    尊敬する父親に愛人!
    それが自分の妻!なんて。
    メロンのお下げだけでは、
    殿様気分が満たされなかったんでしょうか。
    知れば知るほど、恐ろしい。

    メロンのお下げ、
    ご存知ない方にご説明。
    自分が口をつけたメロンを
    同席者に同じスプーンで食べ回させるお決まりの儀式。
    女優/杉田かおるさん(脱会者)の本にその場の様子が書かれています。
    私はネットに抜粋された文を見つけ読みました。
    私は彼女は大人になってから折伏され、
    数年で脱会した位に思っていましたが違い、
    彼女もまた純粋に創価に身を捧げ活動された故に創価の異常さに気づかれた犠牲者の一人であった事を知りました。
    女性の身でありながら、
    池田が健在の時に、
    危険を覚悟でよく暴露して下さいました。
    (お下げ)は池田教の学会本部、中枢部の、
    世離れした異様な世界が象徴される儀式ですね。

    先日、元公明党/矢野氏が書いた黒い手帖(裁判全記録)の本から抜粋すると言っておきながら、
    その後600万達成し、
    お祝いコメントに書き込むのもと思い、
    間をあけていましたが、こちらで書きます。
    【】内は私の声です。
    p44
    「あんたら狂っているぞ!
    こんな無茶な法律無視をやったことがバレたら、重大な社会問題になるぞ。
    それがわかっているのか」
    だが、三人はなおも食い下がり、
    私をなだめすかしたり、
    脅かしたりして手帖を持ち去ろうとした。
    最終的にそれに応じたのは、
    このままでは身に危険すら及びかねないと思ったからである。
    【よ~くわかります。】
    p46
    かれらの一連の行動が、公明党・創価学会の組織的な指示によるものであることを私は改めて確信した。
    【絶対そうでしょう!】
    p81
    「池田先生をお守りする」‐この絶対使命が、じつは創価学会が世界の常識からかけ離れた歪みの要因のひとつになっている。
    【おっしゃるとおり!】
    P86
    池田氏みずから「脱会者は地獄へ落とせ!」と檄を飛ばし、当時、私もこのような氏の発言を直接聞いている。
    【聞いて、震えあがりませんでしたか?】
    p90
    「学会中枢の一部が藤原暗殺計画を進めていると聞いた。とんでもない暴走だ。矢野さんから、学会の秋山会長に連絡して、未然にとめるようにしてほしい」
    【秋谷さん、ご心配なくと返答されたそうですが
    実際、どうだったんですか?とめたんですか?
    事実どうであれ、暗殺計画って、
    一宗教内で飛び交う言葉じゃないですよ。】

    まだまだありますが、このへんで。
    会員さん、御自身で読んで、
    創価の黒歴史を知りましょう!
    本が手に入るうちに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中