創価学会のこれから

創価学会名誉会長であり、SGI会長である池田氏が会員に4年半も顔を見せないし、この会報にすら現在の写真が載らないことを学会員さんはひたすら苦しい言い訳をします。それは組織が発表している正式なコメントではなく、それぞれに自分勝手な言い訳をつくって「ご高齢の池田先生をいつまで働かせる気ですか」って、いや別に働けって言ってるんじゃなくて、名誉会長だったり会長だったりするんだから、せめて会員さんに顔ぐらい見せてもいいんじゃないのって言ってるだけなんですが。「先生はすべてを私たちにまかされたのよ」だとしたらそのように池田氏が正式に言えばいいのに、そのことは何も言わずに顔も声もいっさいなし。ただ紙面上の「メッセージ」ではダラダラと毎回同じようなことを書いています(笑)。「毎日の執筆活動で忙しいのよ」って、あれ?すべてを任されたんじゃなかったんですか?偉大なる師匠である池田センセーが、その忙しい執筆活動の合間に、会員にひと目顔を見せてくれるだけで、会員さんはどんなに勇気づけられることでしょう。そしてますます財務も折伏も新聞啓蒙も選挙違反活動も頑張るでしょうに(笑)。

たぶん、安倍首相は池田氏の消息を知っていると思います。第一次安倍内閣の時は、わざわざ安倍さんが信濃町に尋ねて来たくらいですからね。公明党の執行部も池田氏の消息を知っているでしょう。秘密保護法や集団的自衛権に関しても安倍氏は公明党を飛び越えて創価の中枢と取引をしているでしょうね。ただそこに池田氏の存在があるとは思えません。つまり、創価と自民党の背後に彼らを指図できる存在があるということです。公明党はそれらの単なる使いっ走りです。

これから創価がどんどん衰退していけば、自民党とその背後はどこかの時点で創価を見限るでしょうね。そのときが創価の実態が世間に明らかになるときです。そのときにはどんなに熱心な活動家であったとしても、さすがに創価の間違いに気がつくでしょう。そして多くの学会員さんが自分の人生を棒に振ったことを思い知らされる。このシナリオはすでに目に見えています。池田氏の実際のXデーはすでに来ているのだけど、今それを公にはできないから、聖教新聞紙上での苦し紛れの「メッセージ」でかろうじて会員を煙に巻いている。こんな子ども騙しでも学会員さんは簡単に騙されて「先生はお元気です」なんて言ってるのが痛々しいです。考えてみてください、もし池田氏がほんとに元気で執筆活動をしているなら、会員に4年半も顔を見せないのはとても不自然です。ひと月や半年ならいざ知らず4年半ですよ。自分の会社の社長や会長が4年半も顔ひとつ見せなかったら「この会社大丈夫かな?」って思いますよね。社員が口をそろえて、見てもいない社長を「お元気です」って言い切るのも気持ち悪い会社ですよね(笑)。

学会員さん、遅かれ早かれ創価は崩壊し、単なる詐欺集団だったことが明らかになるでしょう。そのとき日本はけっこうな騒ぎとなるでしょうが、誰も責任はとりません。全員泣き寝入りするしかありません。被害者の会やら集団訴訟も全国的に起るでしょうが、取り返しがつかないことに変わりはありません。昭和と平成にまたがる戦後最大の宗教詐欺事件として歴史に残るでしょう。学会員さんは被害者であると同時に加害者でもあります。世間からは哀れな被害者の烙印を押されますが、公的な支援などはあるわけもなく、創価の資産が会員に還元されることもないでしょうね。会費ではなく寄付ですから。新聞や書籍も対価を支払っただけですから。会員から集めた莫大な資産は崩壊寸前に闇へと消えているでしょう。もうそこまでシナリオはできているんじゃないでしょうか。私が創価の中枢部の人間であっても、今の状態になる前にそこまで計算しますけどね。

学会員さん、創価に関するすべての状況証拠は、創価は宗教ではなく、会員のお金が目当ての詐欺集団だということを証明していることにまだ気がつきませんか?創価は仏教でないのはもちろん、宗教ですらありません。もちろん平和団体でもなければ、環境ボランティアでもありません。会員にお金を貢がせるために騙し続けている反社会勢力です。そしてもうじき崩壊するのは目に見えています。崩壊して路頭に迷う前に、自分で気づいて、自分の人生を立て直しましょう。これ以上、社会悪へ加担するのはやめにしませんか?

ということで、これまでの皆さんのコメントにより、創価が「マインドコントロールによる金目当ての詐欺集団」という問題の核心に迫ることができたと思います。そんな創価の実態を明らかにする過程の中で、新たに創価から覚醒することができた方がたくさんいらっしゃいました。ここでは、そうした創価の核心を踏まえつつ、創価学会のこれからについて語っていただければと思います。題して「創価学会のこれから」。つまり創価学会崩壊のシナリオ。

人生のほとんどを創価学会に騙され続けて来た人もたくさんいらっしゃいます。私の両親のように、死ぬまで創価の実態に気づくことのない方もたくさんおられます。ここまでくれば、それはもう取り返しのつかないことです。覚醒した私でさえ、残された限りある人生をどうしていくかでしかありません。これまでの創価によってねじまげられてしまった人生を取り戻すことは不可能です。これは単に財務として奪われたお金の問題だけではなく、人生そのものを奪われたといっても過言ではありませんし、私よりもっともっと悲惨な方がいくらでもおられます。そして未だにそのことに気がつかずに騙され続けている学会員さんが何十万人、何百万人といるのです。このブログに寄せられる真実の声によって、ひとりでも多く創価の呪縛から逃れることができるよう願って止みません。どうか、自分で体験した創価の恐るべき実態を、このブログに寄せてください。そして周りの学会員さんに真実の声を読んでもらってください。

おかげさまで、このブログのアクセス数は一日2000を下らなくなりました。毎日毎日2000以上のアクセスがあるということは、皆さんのコメントがそれなりの影響力があると考えていいと思います。現時点での総コメント数は4422。ここには実際の学会員および学会経験者が語る創価の実態が集約されています。今の時点で本にするとしても、膨大なページ数の本になるでしょう。覚醒した人が創価を批判している言葉だけではなく、現役の活動家の方が創価の考えを語ることで、リアルな創価のいびつさが明らかになった部分もあります。また、わずかに覚醒しかけた活動家の方が、ここのみなさんのコメントによって、しっかりと創価の間違いに気がついていく過程もあります。私は2年半前のこのブログの開設にあたって「創価の問題に関する1万人の声を集めます」と宣言しました。当時は鼻で笑った方もいましたが、その1万人という数字が現実味を帯びてきました。創価の現実の姿が世間にあらわになり崩壊したあかつきには、みなさんのここでの対話がいかに真実を語っていたのかが証明されると思います。近い将来の創価の崩壊の日まで、皆さんとの対話の中でしっかりと創価の実態を語っていきましょう。これからもよろしくお願いします。

このところ東京の話題と言えばデング熱騒ぎですが、昨年のデング熱の感染者は249人、一昨年は220人というのを知っていますか?そして今年はまだ80人しか感染者が見つかっていないというのに、テレビでは連日大騒ぎをしていて、代々木公園は閉鎖までしています。なのに今さら感染源は代々木公園ではないらしいとの報告。去年も一昨年も今年の2倍から3倍の感染者が出ているのに、ちらっとも騒がず、今年に限ってエボラ熱でも入って来たみたいに大騒ぎして都心の広大な公園を閉鎖までする。なんかおかしいなと思っていたら、代々木公園ではもうすぐこれがあるんですね。

Bwqc8IpCAAARBiG

9月の後半ともなると感染源である蚊が死んでしまうので、今のうちに騒いどこうというのでしょうか。それから昨日のテレビ朝日の「報道ステーション」にこんなテロップがありました。

10672439_535784206565388_7891383633588017489_n

「原発事故関連のニュースをきょうも放送できませんでした

時間がなくなったからです。申し訳ありませんでした」

番組の最後にテロップだけ流す。「今日」がひらがなになっていて、途中の句点がない。「時間がなかったからです。」というこの小学生のような文章はあきらかに異常です。放送事故並みの異様さです。司会の古館さんはこのことについては何もふれないのも不自然です。この異様なテロップがネット上で騒がれています。秘密保護法が閣議決定されたときに「今日で日本の民主主義は終わりました」とまで発言した古館さん。これは番組制作からの言うに言われぬ無言のメッセージではないかと私も思います。

原発問題の報道に取り組んでいた報道ステーションの岩路真樹ディレクターが謎の自殺を遂げました。「きょうも放送できませんでした」というのは、当然彼の取材したものです。つまり甲状腺がんが多発している福島の現状と、放射性廃棄物のずさんな管理を告発するものです。これも見てください↓

今年の5月、NHKが決して報道しなかった「甲状腺がんになった福島の子どもたちが50人を超えたこと」も報道ステーションはしっかりと報道してきました。そして担当ディレクターの突然の自殺。報道ステーションにいったい何が起こっているのか、私たちはしっかりと見なければならないと思います。

政治の汚点を暴露する人が、突然何の理由も告げずに自殺するというのはめずらしいことではありません。とくに安倍政権では顕著です。創価学会はこのような政権と組んで、やりたい放題していることを学会員の皆さんは、もっと真剣に考えてもいいのではないでしょうか。それとも自分の功徳や福運に関係ないことには興味がないのでしょうか。

広告

創価学会のこれから」への52件のフィードバック

  1. アクセスが一日2000にもなる注目度の高いブログです

    あなたの学会に対する一言が学会員の覚醒につながります

    確かな管理人さんの元、皆さん勇気を出してコメントしてください

    学会の本音の愚痴など聞いてくれる、またいろんなアドバイスがすぐにかえってくるブログなどどこにもありませんよ。
    皆さん勘違いしないでください、ネットはデマではなく、ネットだからこそ本音が話せるのですよ。
    学会は全く逆のことを言ってるのですよ真実がバレるのが怖いから

    どうか勇気を出してコメントお願いします (^_^)v

    あ 創価学会のこれからね、早く消滅していただきたい、よろしくお願いします

  2. こんばんは。婦人部未活動の三千代です。創価のこれからって本当にどうなっていくのでしょうね。崩壊は目に見えていますが未活動の私でも非常に興味はあります。

    父の葬儀の時にいわゆる『学会葬』だったのですが、もし創価が無くなってしまったら葬儀はどうなってしまうんでしょうね。私は父の葬儀の時に少し覚醒していたので、こんなお坊さんもこないし戒名もないなんていくらなんでもおかしいと感じました。未活動で横暴な父でしたが学会嫌いの父でしたのでかわいそうでなりませんでした。
    参列してる外部の方も異様な雰囲気に引いていたような気がします。
    母もまだ活動家ですので当然亡くなったら学会葬になるでしょう・・・。
    日蓮正宗と一緒だった頃はまだちゃんとした宗教だと思っていましたが、破門になってからは本当に創価は自分の都合の良いように色々ルールを変えていきましたよね。お経本まで変わったり・・・。鳥居にくぐってもよくなったり、お祭りもよくなったり・・・こんな都合のいいように色々変わって信者が離れていくのも当然だと思います。
    皆さん疑問が多いからこのブログも見てるのでしょうね。色々考えて見るとまったく宗教ではありませんよね。こんな二転、三転する宗教ってありますか?

    人を呪う祈りをする宗教ありますか?(日顕撲滅唱題会など)
    お金をたくさん払い(財務)や新聞を無償で営業(啓蒙)、政党応援(選挙活動)すれば幸せになる功徳があるって本当に本当に信じますか?
    それは誰のためにやってますか?
    家族や他人に迷惑かけてまでやることでしょうか?迷惑をかけてそれで本当に幸せになると思いますか?

    ちょっと考えればこの組織を信じてきたことが自分でも狂っていたのだなと思います。一人でも早く覚醒しますように・・・

  3. 本音が話せる…そうですよね。
    評論家きどりの分析などいらないのです。

    理不尽さや痛みや、他人を巻き込んでしまった申し訳なさや悔い、それを率直に書くことが嘘偽りなく伝わるんだと思います。

    作り物など創価でたくさんです。うんざりですよ。
    そういう偽善やインチキにどっぷり浸かっていたからこそ、率直なコメントが読みたいし書きたいと思うのです。

    ここに寄せられるコメントと創価が配信することの、どちらが読み手に伝わるかですよね。
    新聞もネットもスピーチも関係ありません。
    本心というのは心に響くんですよ。

  4. 友人葬…私も一度出席したことがありますが、香典はいらないのよと、地区の人に得意げに言われました。
    いらないと言われても、お坊さんや戒名にかかるお金がいらないだけで、セレモニーホールの貸切代や棺桶やお花や送迎や食事代など、相当かかりますよね。
    それは遺族だけの負担になってしまいます。
    そんな何も持たずに参列なんてすごく失礼だと思うんですが。

    友人葬なんて宗門への嫌がらせの意味だけで、遺族の事情なんて一切考えてないと思いますよ。
    どこまでも自分の金回りしか頭になく、会員の苦労などどうでもいいスタンス。
    まともな思考じゃないです。
    葬式まで乗っ取られることはないですよ!

  5. 創価のこれからは、衰退の一途であることは間違いないし、崩壊を心から願ってはいますが、残念ながら形を変えながら存続していくのではと思っています。

    簡単には倒すことができないような化け物のようなカルト団体です。

    今も数百万人の人がどっぷりとMCにかかっていて、目に見えない功徳や福運を信じ切っているかぎり、衰退はしても崩壊はない気がします。

    本部職員たちや、創価で商売しているところは、生き残るためには あらゆる手段を使って、あの手この手と数年先までも策を練っていることでしょう。
    未来部MCや7年連続の任用試験などがいい例ですね。

    昨年の大聖堂をはじめ、ここ数年のハコモノの建設ラッシュは異常です。
    会員数は減っているのに、会館だけは全国にあちこち乱立しています。

    地区1で毎月おりてくる新しいDVDは、海外SGIメンバーが世界で活躍している映像です。
    聖教紙面でも、最近はSGIメンバーをよく載せています。

    幹部は、会合のたびに「いよいよ世界新時代の幕開けです!」叫んでいます。

    自分が活動している組織の衰退はわかっているはずなのに、「世界192ヶ国まで広宣流布はひろがっています」と幹部の夢物語を聞くと、会員たちは誇らしげな表情になって再び強いMCにかかってしまいます。

    ゴーストライターの活躍は、新聞紙面であきたらず、各種会合の時にも「本日の会合に池田センセイよりメッセージが先ほど届きました!!」と読み上げられています。

    池田氏は、この先戦いのキリのいいところで、亡くなったことにされてしまうのかもしれません。
    利用し操ってきたようで、途中からは利用され操られてしまった人生だったんでしょう。

    もう自分の意志で死ぬことも生きることも決められない。

    憎いという感情よりも、これほどまでに哀れな人生はあるんだろうかという思いです。

  6. 「創価学会のこれから」ってタイトルは、なんだか未来がありそうな感じですが、そうではなくて、どういう終わり方をするのだろうという意味です。創価がすでに終わりを迎えようとしているのは明らかなのですが、学会員さんだけが騙され続けている現在、社会的にも創価の化けの皮がはがれたときに、いちばん辛い目に会うのも学会員さんです。創価の非常識な友人葬の話がでましたが、お墓だって創価が崩壊したら、あの巨大墓地は誰が管理するんでしょうね。創価学園もおそらく潰れるでしょうし、聖教新聞を印刷している各新聞社も打撃を受けるし、新聞や書籍を運んでいた運送会社も困るし、お金的にいちばん困るのは大手広告代理店でしょう。当然公明党は解散。日本の政治も地方議会も含めてずいぶん変わるでしょうね。そうしたことが一度に起こるのですから、日本はかなり混乱するのではないでしょうか。
    学会員さん、そんな混乱に巻き込まれる前に、そっとフェードアウトしたほうがいいのではないでしょうか。幹部の言うことや聖教新聞に載っていることをまだ信じているのですか?創価の現実は、あなた方が思っているほど明るくはありません。外部の人たちが、あなた方に本気で近づかない理由がわかりますか?あ、そのことにさえ気がつかないから、わかるわけないですね。池田氏のXデイが発表されたら、崩壊の加速度は一気に上がるでしょう。創価の資産をめぐっての内部分裂だって当然あるでしょう。なにしろお金目的で成り立ってきた組織ですから、最後は醜い責任のなすり合いと、資産の取りあいに目の色を変える最高幹部たちは、残された会員のことなど放ったらかしでしょう。そんな日がそれほど遠くはないでしょうね。自民党が創価との手を切ったら、かなり危ないと見ていいでしょう。自民党にはまだ統一教会がついてますし、公明党がいなくなっても、政権を奪えるような政党はもはや日本にはありません。自民党としてはいつ公明党を切り捨ててもいいのです。創価が社会的に断罪される可能性が出てきたら、すぐに切り捨てるでしょう。池田氏のXデイと、公明党の与党離脱。このふたつが起きれば、もう創価は真っ逆さまです。広宣流布だの世界平和だのと、寝ぼけたことを言ってる場合じゃないのですよ、学会員さん(笑)現実をよく見てくださいね。

  7. signifieさん、お仕事一段落されましたか。お疲れさまでした。
    デング熱の件、原発推進派が悪意を持って 騒動を起こしたと思われても仕方がないでしょうね。ほんとのところは 分かりませんが……。マスコミの在り方がちょっとおかしいなぁと思うことが 最近は確かに増えました。我々が しっかり監視して行く必要があると思います。
    「創価学会のこれから」ということですが、確実に衰退に向かっていることは 間違いないです。あとは、イケダセンセイに関する Xディの時期が キーポイントになると思います。
    良い悪いは別として、あれだけのカリスマ性を持った人間は、現在の創価の中には居ないだろうと思います。ゆえに、後継者問題とお金の問題で揉めて、醜い骨肉の争いが起こるでしょうね。それが 衰退の加速度を速めるきっかけになってきます。
    心配しているのが、そのような混乱状態になったら、行き場を失った 学会職員やイケダセンセイを盲目的に信じてきたバリ活達が、いわゆる「窮鼠 猫を噛む」みたいなことになり、犯罪行為が多発する可能性があることです。
    元々、自分の功徳欲しさに信仰をしている(?)人間の集まりですから、それくらいのことは 想定しておいたほうがよさそうです。
    このブログを通じて、1人でも多くの人間が 覚醒のきっかけをつかんで欲しいと思います。

  8. カルタさん、切実なコメントありがとうございます。一生懸命に、周りの人間や家族に気をつかいながら、人生を真剣に生きてこられた姿が想像できます。
    同じ苦しみを抱えている方々が、日本中に何万人 いや 何十万人いるかもしれません。
    創価のカルトの毒は、残念ながら 世界中に蔓延しています。
    宗教の名を語りながら、これ程多くの人間を苦しめていること自体、許せないと思いますが、おまけに堂々と詐欺行為まで 働いているのですから 最悪です。
    とはいえ、カルタさんの人生ですから、これからの人生を自分で切り開いていく以外にありません。
    自分は 創価によって、青春時代の大切な20年間を失いました。しかし、嘆くだけでは なにも解決しないので、これからの人生をいかに密度の濃いものにするか 考えながら、毎日を過ごしています。
    カルタさんに対して、何かひとつでも 暗闇のなかに光るようなアドバイスができたら 嬉しいですし、このブログの先輩方も きっと同じ想いです。
    正直な気持ちをストレートにぶつけて下さい。よろしくお願いいたします。
    m(__)m

  9. 皆さん方のお話をここまで聞いてきて

    なぜ駄作、贋作先生が信心修行の根幹をなす勤行をほとんどやってなかった理由もわかりましたね
    彼にとって信仰などなんの関係、関心もなかったのです究極の目的はお金だったからですね。
    ただ宗教を、日蓮を利用したにすぎません
    先生が勤行をしていないの発言に、立腹された方がいましたが実態はそういうことですよ。信仰によって自分の子息さえ救えなかったではありませんか
    そして皆さんのために題目を送ってますとか、あなたのことはよく知っていますとかすべて調子の良い嘘だとわかりますよね
    自らピアノを弾くといいながら隠しテープで流してたとか、ありとあらゆる手練手管の演出をしていたんですよ。 集金のために!
    挙句の果てには学会の財産は全て私のものだと認めろと幹部に迫る
    当に究極の詐欺師ですよ。
    シニフィエさんが言われているようにこれからの学会の衰退過程を想像すると恐ろしいものがありますね暴動がおこるような
    みなさん広宣流布なんてもう絶対ありませんよ、早く身支度して静かに、静かに おさらばしましょう
     

     ♪さような~ら、さよな~ら 元気でい~てね♪  学会員さん!

      一刻も早い覚醒を願って止みません

  10. 伊丹十三監督、朝木明代市議、岩路真樹ディレクターなどなど「不審な自殺」の裏には、なぜかいつも創価の影があるのは偶然?

    創価幹部経験者の暴露本などを読むとあまりにすごい内容で、一気に目が覚めますが、逆にすごすぎて噓だと思う人も多いでしょう。学会お得意の、これは排除された嫉妬心で噓を書いていると。

    でも、こちらのブログでもときどき紹介されている、役職経験者だからこそ知る、一般信者が知らなかったリアルな実態を知ると、もっと早くそういう事を知っていれば覚醒が早まったのにと思う人も多いと思います。

    そういう意味で、ここのブログでのみなさんの経験談は、すごく大きな役割を果してると思います。

    また先日のカルタさんのお話でも、普通なら勉強頑張れと励ますところを題目上げろしか言わない、悩んでいると言えば、なんでも宗教の話しかしない。そういう相手の心に寄り添えない、一般社会とかけ離れた異常さもより明確になってきます。

    そういう一歩一歩が、心に届けば、いつか必ず崩壊するときが来ると思います。

    今シャカリキに箱物作っているのは、とりあえず崩壊しても資産として残せるから?またはもしかすると、幹部たちの副業がそれで学会のお金を合法的にもらう為?などなどいろいろな裏があるんだろうなと思います。

  11. satouさん

    >今シャカリキに箱物作っているのは、とりあえず崩壊しても資産として残せるから?またはもしかすると、幹部たちの副業がそれで学会のお金を合法的にもらう為?などなどいろいろな裏があるんだろうなと思います。

    私も異常な会館建設ラッシュには、本当に何故??と常々疑問に思っています
    会館を建てることで、搾取したお金を有効的に使うためもあるでしょうけど、他にも何かあるんでは?と考える日々です。

    全国の会館もガンガン建っていますが、今年の7月には神奈川のほうに音楽隊・鼓笛隊の練習地としてバカでかいセンターの完成、昨年末には信濃町に創価文化センター、そして大聖堂の完成と恐ろしいほどの金回りの良さです。

    信濃町界隈の商店街も、とりあえず店先に三色旗をたてておけば、金がドバドバ落ちていくので学会サマサマのようです。

    財務の申込み時期になりました。
    こちらのブログで、案山子さんが書かれていた本部職員の財務金額を主人に話してみました。

    「思いっきりの財務で境涯革命しよう!世界広宣流布は日本の財務からです!!って職員幹部は、散々煽りたてているけど、当の職員たちは2万円が相場らしいよと話してみました。

    最初は、まったく信じていないようでしたが、何度か話していくうちに少し気持ちが変化しているように感じています。
    振込時期は12月なので、それまで4か月ありますので、これからも財務の話をしてみるつもりです。

    ただ、創価の活動や池田氏に対してはまるっきり揺るぎないようなので、ここに触れると「反逆者」扱いされて、言い争いになってしまうので難しいですね。

  12. ラザリスさん、コメントを読んでいただきありがとうございます。
    私は我慢するのも限界が近づいています。私が家族や周りの創価の方にやめたい、私の思いを言わないといけないと思っています。ですが、反対されたり、私の意見を聞いてくれなかったり、傷つく言葉を言われたりするのが怖いのです。家族も周りの方もいい人です。私は専門学校を卒業するまで、あと一年半後。今、創価のことを家族に言って、反対されたら生活費も送ってもらえないかもしれません。今ごたごたになるのも嫌なので言えないですが、就職する前にはきちんと本当の思いを伝え、やめようと思います。就職は実家から通うのではなく、一人暮らしをしながら就職というふうにしようと思っています。父の兄弟はみんな創価に入ってないので、叔父、叔母に相談できたらしたいと考えています。どのことにも勇気がいることですが頑張りたいです。
    自分の人生なので、切り開いていきたいです。また何か言いたいことがあったら、コメントしたいと思います。

  13. 創価に対する批判をバカの一つ覚えみたいに「先生に対する嫉妬なのよ」
    嫉妬…!?
    どこをどう嫉妬するのかさっぱり意味がわかりませんが、とにかくそう答えるようにプログラムされてるようです。
    こういう心にもない、自分でも思ってもいないであろう言葉を聞くと、私はイライラしますね。
    センセイはすばらしいにしても、本当に信じていて出る言葉はいいんです。
    これは選挙でも新聞啓蒙でもいえることですが、自分の本心でもないことを言ってる、言わされてるって恥ずかしくないですか?

    創価の皆さん、実は半分以上「借りてきた言葉」じゃないですか?
    それ、あなたの本心の言葉ですか?
    どこか無理してませんか。

    改めて聞きます。
    「それは先生に対する嫉妬なのよ」
    断言してますが、これ本気で言ってますか?

  14. レモンさん 仰る通りですね案山子さんに提供していただいたお話は

    強烈なパンチになると思いますね

    近年まれにみる貴重な情報、これは幹部の心に動揺を与えること間違いなし

    こんな心強い情報はありません。有効に活用しましょう

         案山子さんありがとう (^_^)v

     これぞ御本尊様の功徳でなくして何でありましょうか? 

    あ、もう聞き飽きた? えらいすんまへん!

  15. シニフィエさんのデング熱お話、いつも先読み情報を読んで

    世の中われわれの知らないところで操作されているんだなと
    無力を感じます

    新平家で最後に出てくる麻鳥と蓬の生き方、世間の人間は所詮このようなものなんだなとつくづく思います

  16. カルタさん
    意に添わないことをさせられている苦痛。。
    自分の本心をひた隠しにして周りと合わさざるを得ない今という時、とても辛いと思います。。

    ただカルタさんのお人柄を鑑みると創価学会を辞める宣言は敢えて声を大にして周りの家族や創価学会員に言わないほうがいいと思いますよ。

    誠実すぎるカルタさん。。
    自らの身を守る術も学びましょう。。

    少しづつ且速やかに創価学会から離れていけばいいのです。。

    まずは会合をサボる。
    勉学が忙しいからとか仕事が忙しいからとか、のらりくらり言い訳をして会合に足を運ばない。。

    そうして次は、聖教新聞ですが。。
    適当な時期に自ら販売店に電話をして住所名前を言って、来月から全て購読をやめたいとの旨を連絡する。
    その時に理由を聞かれたら敢て言う必要はないです。
    間違って創価学会の疑問とか言ってしまったらすかさず組織の人が来て説得に当たるでしょうから。。
    そういう面倒な思いをしたくなければ余計なことは言わずに。。
    『来月から全てやめたい。止めてください』
    とだけ言えばいいのです。。
    販売店は意外と速やかに納得し了解してくれると思います。

    そして最後は選挙ですが。。
    テキトーに話しを聞き流して、自分の判断で自分が政治のことを学んで自分が入れたいと思う候補に投票すればいいのです。。公明党に入れることはありません。。
    ただ、決して棄権だけはなさらないで。。

    財務。。断ることが出来なかったら、たとえ広布部員になっても払い込み用紙が来た時点で破り捨て棄権すればいいだけの話し。。しつこく確認に来ても、のらりくらりとかわせばいいです。。
    財務の時期に会合には出ない方がいいです。
    お金を出すようにとの煽る話ばかりですから。。

    自分が創価学会員に何を言われても動じないだけの意思があれば、周りに創価学会辞めます宣言をしてもいいのですが。。

    上記のように静かにフェードアウトして行き、時期が整ってから辞めたほうが自分も苦しまなくて済むと思いますよ。。

    辞めますと周りに言うのは、多分どこかで自分を引き止めて欲しいとの潜在意識の現れです。。
    そういう方法は実に面倒くさい。。
    自分も多々傷つくだけです。。

    静かに且速やかにフェードアウトして行きましょう。

    そうしていくと必ず辞められるチャンスが巡って来ますから。。
    不思議なほど、すんなり辞められます。。

  17. レモンさん、ご主人が信じきっていて、なかなか核心の話ができないのも辛いですね。

    もしかして既出かもしれませんが、創価といえば、トインビー博士との対談が有名ですが、そのトインビー博士の孫娘のポーリー女史の手記というを遅ればせながら見つけましたが、これを読むと本当に会員て、一体何を信じてきたのかと思いますね。そしてこれから先一体何を信じていくのですか?と聞いてみたいです。

    http://www.toride.org/porry/

    (注釈読むと、いかに噓で固めていたかわかります。)

  18. 流れ星さん、コメントありがとうございます。
    流れ星さんのおっしゃっているような方法を少しでもしてみようと思います。自分自身強くならなきゃと思うのですが、なかなか難しいです。まず、会合に誘われたら何か理由をつけて断ることからしてみます。

  19. イケダセンセイが、しきりにこだわる 戸田二代会長との「師弟不二」の絆。いろいろ調べていくと、戸田二代会長は、イケダセンセイを三代会長にするような意思は 全くなかったようです。むしろ、石田次男さんという方に、自分の後を継がせるつもりだったようです。三代会長が誕生するまでの 空白の二年間は、敵対する者達を 整理するのに必要な期間だったと見るのが 自然なようです。
    (二郎さん、間違っていたら 指摘して下さい。)
    「人間革命」のなかのイケダセンセイの入信の様子なども、全くの フィクションであるようですし、トインビー博士との対談の様子も、聖教新聞などで書かれているような綺麗ごとではなかったようです。要するに、イケダセンセイを極限まで理想化するための「お芝居」です。
    ここまで 嘘に嘘を塗り固めた組織が、これからも存続していくことは、物理的にも道義的にも 不可能なのは明らかです。
    創価の泥舟に乗りながら、世界平和を訴えている哀れな皆さん、沈没する前に 自分達の置かれた状況を冷静に判断して下さい。

  20. 池田大作のXディは果たして?来るのでしょうか?
    例えばXディが発表になる日が来るとしたら創価学会信濃町にとっての最高のタイミングを選ぶでしょうね。。
    そして、MCされきった会員たちは更に創価学会信濃町の思うように躍らされ利用されていくと想像します。。

    でもそれは一時的な現象でしょうね。。
    蝋燭の炎が消える前にパッと明るくなる、それと似ています。。

    ただ、わたくしの想像では創価学会は消えて無くなることはないように思います。。
    あのオウム真理教でさえ、あれだけのことがありながら分裂しつつも残っていますし、不気味なことに会員数が少しづつ増えているらしいから。。

    創価学会でしか幸せになれない、そして世界は平和にならないと信じ込んでいる人は勝手に、いつまでも創価学会にいればいいと想う。。
    そして、そのような人生を生き終わればいい。。と想います。

    それが、その人の生きる道、なのでしょうから。。
    お気の毒に、としか言いようがないですけれどね。。

  21. 私は創価学会全体の衰退は、楽観視できないと思います。次の選挙がちょうどヤマだと思いますが、解散の話題が出るときもあるし、ひとりひとりが呑み込まれず冷静に実態を見つめるのが必要でしょう。

    最近の雑誌「婦人公論」にXジャパンさんの例のMCの記事が
    載っています。参考になると思います。
    MC状態にある創価学会内部の人間に、
    違反ぎりぎりの選挙運動をさせ票集めをする。
    公明党がおもむろに与える施しは、
    社会保障で当然認められる権利であるはずです。
    あらためて社会全体から見つめ直してみませんか?

  22. 池田センセイはファインダーも覗かずカメラのシャッターを切ります。
    カメラは心で撮るんっですって。
    私は大爆笑しましたが、活動家の皆さんは大まじめに「さすがセンセイ…」と厳粛に受け止めるんでしょうか^^;
    わかりやすく言うとそういうことですよ。

    尊敬するのも崇拝するのもいいですけど、真相を検証してからにしましょうよ。
    ぜ~んぶ後ろに演出家、影武者、からくりがあるんですよ。
    巧みに演出しないと絶対的権力で闇に葬られますからね。命がけです!

    尊敬するのはわかります、間違いじゃないです。
    それが創価の報道通り、正真正銘まごうことなき真実ならばですけどね。

  23. ラザリスさん
    いえいえ、間違っていませんよ。
    石田次男氏の件については、人間革命12巻P152に面白い記述が載っているんで紹介させてください。石田次男は石川幸男という名前で登場しています。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    「幸男は長男だな、伸一は次男だよ」
    それは、長男が甚六といわれるように、観念的な傾向が強く、苦労知らずの石川に対する戸田の婉曲的な指摘であったが、石川にはその意味がわからなかった。むしろ、石川は、それを自分が学会の跡取りであるといわれているように受け取ったのかもしれない。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    このように、戸田氏は、石田次男を次期会長に考えていて、周囲にも上記のように話をしていたのです。池田大作は、そのことを知っていたので、人間革命を用いてその発言の解釈について都合よく言い訳をしたのです。

  24. モニカさんの言うとおりで全部後ろに影武者がいると私も思います。
    とにかく今の活動家って池田大作ファンクラブ会員なのですね。財務はファンクラブの会費ですね。だからゴーストライターがいようと関係ないんですかね。
    活動家の皆さん、目がうるうるしてハートになっちゃってますもんね。
    はい!はい!と皆さんでいちいち指導に返事しちゃって大変ですね。

    まああれだけのカリスマ性があれば他の分野でも成功したのではないかと思いますが・・・
    宗教を利用してお金儲けとしては大成功でしたね。ネットが出なければいつまでも崇拝してくれる人はもっといたでしょうけど。私の回りでも最近はまともな常識的な人はどんどん創価から離れていってると思います。
    バリバリの人はなんかおかしな人ばっかりです笑
    私も近寄りたくないです。

  25. 先日、地区婦人部長をしている友人とお茶をしてきました。

    彼女は同じ地区で共にしらゆり長をし、ヤングでも励ましあっていた仲です。
    今年に入って、私が活動を停止する時も、彼女だけは家に来てもらって赤裸々に思い
    を伝えました。

    今彼女は、私の分のブロックを担当し、新聞長もし、配達、集金もしています。
    これだけでも十分ひどいのに、今度書籍もしなければならなくなったそうです。

    書籍担当の方の転居により、地区にいるたくさんの支部副婦人部長にもお願いしたそ
    うですが、みんなのらりくらりと断り、やるしかない状況だそうです。
    私がフェイドアウトしたことにより、彼女の負担が増えたことは重々承知し申し訳な
    く思っていましたが、あまりの状況に絶句してしまいました。

    たくさんの支部副婦人部長たちは、つまり過去に地区婦人部長をしていた訳で、その
    苦労がわかっているはずなのに・・・あんまりです!
    前の地区婦人部長には「今度から書籍はパソコンで操作するんでしょう?できないわ
    ~」と断られたそうで・・・。

    そのほかにも、何か遠方での会合がある度、タクシーのように使われるとのこと。
    「何時に迎えにこい」だの「帰りはココで降ろせ」だの言われるそうです。
    それでも、自分も参加するものならまだマシな方で、自分が行けない会合でも「誰々
    さんに車を出すように連絡してくれ」等言われるそうで、もう本当に
    呆れるのを通り越して、怒りが湧いてきました。

    彼女がそんな状況でもふんばっているのは、もし自分ができなくなったら、もう一人
    いるヤング世代のしらゆり長が、全部かぶってしまう事が目に見えているからです。

    私が、そんな状況に対し「おかしいよ!間違ってる!」と言いましたが、「どうしよ
    うもない」との事。実際そうなんだと思います。

    若い世代(といっても私たちはアラフォーですが)に、こんなに負担を強いる学会の未来が明るいわけありません!絶対持ちこたえられるはずがありません。
    大好きな彼女が苦しんでいるのに、どうすることもできないもどかしさ。
    この時ほど創価学会に対して「一刻でも早く崩壊してくれ!!」と思ったことはありませんでした。

  26. 二郎さん、コメントありがとうございます。
    ネットで調べた情報は、やはり 正しかったのですね。
    なるほど 「人間革命」のなかでは この事実が都合よく ねじ曲げられていますね。イケダセンセイのカリスマ性を作り上げるための MC教本である証拠です。

  27. おはようございます。先日創価班の団長が来て私と面談しました。テーマと逸れますが詳細を報告させて頂きます。
    ただ、私がうろ覚えであったり、きちんとした回答が得られなかったものは『、、、、』とさせて頂きます。
    録音やメモでもしておけば良かったと後悔しています、、、。

    ⚫︎集団的自衛権について
    私:最初は行使容認に反対していたのに、途中から賛成したのは何故か?
    団長:公明党は最初は反対していたが、あのままでは人数の上からも勝てないのは明らかだった。
    自民党と袂を分かつと、自民党の暴走を止められない。新3要件を出したのも苦渋の選択だった。ただ、新3要件をのめるような状況はまず起こらないので逆に戦争をする可能性が低くなった。

    ⚫︎日顕撲滅運動について
    私:全国で打倒日顕とか、日顕撲滅とかご祈念していると思うが、これは御書に書いてある不軽菩薩の振る舞いと矛盾するのではないか?
    団長:最初は我々が宗門を守っていたのに宗門が腐敗していった。間違った教えならそれを責めなければならない。御書にも書いてある。ご祈念は学会が強制している訳ではない。だから無理にやらなくてもいい。
    私:皆さんは日顕さんにどうなってもらいたいのか?死んでほしいのか?それとも正しい教えの創価学会に入れたいのか?
    団長:日顕上人を殺したいのか、正しい教えに戻って欲しいのか、具体的にどういう風に祈るかは個人の自由。私は早く死んでくれと思っている。
    私:なぜ日連正宗だけなのか?
    団長:今は学会を滅ぼそうとする宗教に対して戦っている。日連正宗とか顕正会とか。
    私:では打倒浅井会長は祈念しなくていいのか?
    団長:、、、、。日連正宗は昔は協力して広宣流布してきたから余計に裏切られた感が、、、、。

    ⚫︎財務について
    私:財務は3桁をすれば必ず幸せになれるのか?
    団長:3桁をしたから必ずそれ以上のお金が返ってくるとは限らない。ただ、御書にも書いてあるように、供養と思ってすれば何らかの功徳は返ってくる。それは目に見えるものであるかもしれないし、目に見えないものであるかもしれない。
    お金を使いたいっていう執着から離れる事が大事。
    私:財務の収支報告をしないのは何故か?学会員さんは気にならないか?
    団長:逆に収支報告をすると、反発意見が出るかもしれない。例えば会館を建設する時に多額の財務がつかわれているのを嫌がる人もいるかもしれない。私は広宣流布のために使っていただくつもりでしているので特に気にならない。

    ⚫︎模刻本尊事件、日顕氏写真捏造事件、コーヒーカップ事件について
    団長:それは知らない、そもそも何でその事を知ったのか?
    私:ネットと、矢野さんの本から。
    団長:それは申し訳ないが信頼はおけない。

    ⚫︎池田氏の素行について
    私:胡錦濤首席を始めとした中国要人と友好対話をしているが、胡錦濤首席はチベット仏教を弾圧した。
    池田先生はその事に一切触れておらず、ただ仲良くしようと言っていたが、、、
    団長:確かに大百蓮華には書いてないが、そういう趣旨の事は裏で言ったかもしれない。
    (天安門事件の事も聞きましたが私が史実と異なる事を言ってしまったので割愛します)

    ⚫︎御本尊について
    私:今学会が拝んでいるのは貴方方が批判している日連正宗の御本尊だが、、、
    団長:宗門が腐敗したのは日顕上人から。今学会が拝んでいる御本尊は腐敗する前の御本尊だから問題ない。

    ⚫︎学会活動について
    私:両親が学会活動にのめり込み、また過剰な財務をするあまり、沢山の2世、3世の方が淋しい思いや辛い思いをしてきた。ネットで沢山の訴えを読みやりきれない思いがある。これが正しい宗教なのか?
    団長:確かにそういう訴えはある。学会活動は大事だが家族も大事。学会活動に熱心になるあまり、家族を大事にしないのは正しい信心とは言えない。会合が多いのは事実、申し訳ない。私もあなたのご主人を学会活動に連れ出す時苦渋の思いがする。だが学会は変わってきている。確実にいい方向に。

    以上です。最後に言われたのは、『100%信じるのは難しいと思う。
    でも、勤行とかお題目とか、自分に出来る事から少しずつ始めていって下さい。』
    ということでした。
    団長さんも日顕さんの事を日顕上人と呼んだり、宗門を日連正宗と言ったり、差別用語は無く穏やかに話すことが出来ました。

    ただ団長は『学会が言っていることは全て真実』と思っていて、私は
    『学会は都合のいい事だけ伝える』
    と思っているので、結局は平行線でした。皆さんでしたらもっともっと反論出来たのでしょうが、、、。
    長文ですみませんでした。

  28. 小説人間革命は 篠原善太郎氏の完全代筆、その他の書物、講演もすべて特別書籍とよばれるゴーストラーター郡の代作。
    潮や第三文明などに掲載する文化人、学者との対談も、すべてゴーストライターの手によるもの。
    トインビー博士との対談も同様にして作られ、センセイは会って食事したり雑談し、写真をとるだけ。
    センセイは写真機をもち歩き、手当たり次第シャッターを切る。そしてセンセイ撮影による写真展なるものを各地で開いてきた。
    が、センセイが写真機を振り回す時、側に聖教新聞のプロカメラマンが必ずついていて写真をとりまくる。その写真がセンセイの写真として公表される。

    あの聴覚障害のある作曲家のときは、メディアは大騒ぎして謝罪までさせたのに、
    こちらは一切報道なし。

    なので、婦人部の熱狂的センセイファンなどは、もしそれが本当ならテレビや新聞で報道されるはず。噓だから出てこない。としか言わない。
    この熱狂的ファンたちは、創価の広告料が、マスコミにどれだけの力を及ぼしているか考えもしない。(政治的圧力もあるかもしれませんしね)
    人間革命が代筆も、センセイがこれでいいと認めたものなら先生の魂が入ってるんだから、先生が書いたのと同じとまで言い張る。
    写真も、ファインダーみないで撮るのは、センセイは心で撮るからって・・・心霊写真ですか?

    富士短期大学の卒業資格も、受講もせず、卒業試験も受けなかったのに、桐村泰次氏代筆の卒業論文のみで卒業資格が与えられたそうですね。
    もうこうなると、金で買えることはみんなしてきたって感じがします。
    それらを全部取っ払ったら、学歴も無い、劣等感の塊の、傲慢で、欲の深い、哀れなお年寄りの姿が残るだけって感じがします。

    以前週刊誌でセンセイ担当看護師さんの告白が出てましたが、後にこの人物が本当に看護師だったという確認が取れなかったとかいう謝罪文は載せてたようですが、この告白記事自体が信憑性の無いものだったという謝罪は無かったようです。(ということは?)
    (本当に看護師だったなどと書けば、すぐに人物特定されます。私の勝手な推測は側近の男性とか、性別も違うだれかの告白だったんじゃないかと思います。)

    この記事で、私が特に注目したのは、車椅子、言語障害、意思疎通も困難な状況のセンセイが、病室に飾られていた各界著名人との写真や、自分の著作を、突然奇声を上げて投げ始めたというところです。
    その行為は、ぞれらが全部虚飾だったことを、本人があらためて自覚した姿だったんじゃないかなと思います。
    あの世に行く前にすべて懺悔したほうがいいのではないでしょうか?
    熱烈ファンも、虚飾を信じすぎて逆に追い詰めないほうがいいですね。

  29. satouさん

    トインビー博士の孫娘の話。
    こちらのブログのどこかのテーマでだったか、違うサイトだったか記憶が定かではありませんが、その情報を以前知り得て読んだ事があります。
    学会側から聞かされた情報と真逆で本当に驚くばかりですね。

    シルバニアさん

    ご友人の地区婦ですが、地区婦や地区部長はどこもみんなそんな感じだと思います。
    会員のために働かされる何でも屋です。

    逆に書籍担当ぐらいで良かったね としか言えないような現状が、今の組織の実態です。

    こちらでも、配達、集金は勿論ですが、折伏の支部責任者、新聞の支部責任者、会館掃除から会館運営まで何もかも地区婦・地区部長が兼ねている所が沢山あります。
    私自身も、支部の責任者をいくつも兼任しています。

    シルバニアさんのご友人がおっしゃるように、支部副専任のフリー役職や支部婦にどれだけ言っても、全く埒があきません。
    今まで地区婦とフリー役職たちとで話し合いを持ちました。

    みな地区婦経験者ですが、フリーになった途端に「できません、やりません」です。
    大変なところは全て正役職がやるべきというスタンスを譲りません。

    これが覚醒して言っているのならわかります。

    でも、そうではなくて、そんなタダ働きで大変な事は、当然ですが誰もやりたくなかったんだと思います。
    それを「はい、喜んで」と福運積ませて頂けるので喜んでやっているような事を言っていた。
    でも、いざフリーになるや「それは正役職がやるべき」で押し通してしまう。

    「こんな自己中のオバさんたちが本当に平和を推進する善人たちの団体なんだろうか?」と私自身の覚醒のきっかけの1つにもなりましたので、ご友人の地区婦さんも、覚醒のきっかけになったらいいですね。

    そして、その地区婦のご友人 シルバニアさんのようなご友人がいてくれることで覚醒するのも時間の問題かもしれませんね。

  30. 連投すみません。

    aiさんのコメントの御本尊のところで>団長:が腐敗したのは日顕上人から。今学会が拝んでいる御本尊は腐敗する前の御本尊だから問題ない。
    との記述がありましたが、私は、腐敗する前の御本尊ですらないと思います。
    なぜなら宗門に無断でコピーして、しかも文字を改ざんしたものだからです。これは学会が新たに作った学会独自の御本尊だと思います。

    日蓮正宗側によると、

    「御本尊は、唯授一人(ゆいじゅいちにん)の相伝(そうでん)による開眼(かいげん)の御祈念がなされないかぎり、本門戒壇の大御本尊からの血脈(けちみゃく)がつながりません。」とのこと。

    要するに学会の御本尊は開眼されていないものということになります。
    また学会による改造もあります。以下

    「「日寛上人の御本尊に認(したた)められてあった
    「下野国小薬邑本如山淨圓寺 大行阿闍梨本證坊日證 授与之」
    という授与書(じゅよが)きを勝手に削除し、さらに中央主題・梵字(ぼんじ)・四天王などの文字を、太くしたり伸ばしたりして、加筆いたしました。これは、まさに“変造本尊”です」」

    とのことです。
    そもそも破門されながら、腐敗前の日蓮正宗の御本尊だからいいなどとは、本当にただの言い訳としか思えません。

  31. サラマンダラさんsatouさんレモンさん、こんにちわ。少子高齢化が進むのにこんなに会館新築して丈夫なのか?などと私も思ったものですが本部職員の友人から本音ベースの話を聞いて唖然としました。財務の件に続いて長くなるので2、3回に分けて書かせてもらえれば幸いです。
     学会は、いまや会員の労務とお金を原資とした会員ビジネスであり、そのビジネスモデルは外部の大手コンサルティング会社、商社M、都市銀行、大手広告代理店、大手建設会社、監査法人、なども加わって日々業務として練り上げられている。まさにゆりかごから墓場までがコンセプトです。このビジネスにおいて高齢化は何とかなるが青年部活動家、未来部の減少は深刻だとのことでした。

  32. 代々木ゼミナールが少子化で駅前の箱物を閉鎖するがドンキを始めとする賃貸売買の引く手あまただとの報道がありました。学会の郊外の会館は会員数が統監上減少した場合、5年後くらいを目途に老人介護施設に転用も検討されているとのことでした。共産党は病院も持っているが許認可とか社会的責任とか割りに合わない。介護施設転用はすでに一緒にやりたいという熱烈な引き合いが大手企業から来ているが今は礼拝所の登記で固定資産税もかからないので様子を見ているところとのこと。共産党の生協のような物品共同購入もノウハウ、インフラは明日にでも提供するのでぜひやりましょうと商社Mも水心あれば魚心あり状態であり担当副会長も何らか利権がからんで目を輝かせているとのことです

  33. シルバニアさん
    退会、非活が増え、残った人たちも負担になることはやりたがらないなら、それはむしろチャンスです。
    負担に耐えかねて次の人が辞めていきます。
    残念ですが言葉での説得が通じない以上、こうするより婦人部の覚醒は無理ですね。
    地区婦、支部婦、本部、その上と、号令をかけている強烈な人がこの現実を目の当たりにしていけばいいのです。
    どんどん人手不足になり、誰もついてこなくなり、組織が崩壊し、そして気づけばいいいんですよ。

    また皆んなが負担を嫌がるというのは、そんな雑用を引き受けてもちっとも生活はよくならないし、功徳なんて何も感じられない、という証拠です。
    そんなことないと言う人がいたら、そう言い張る人がやればいいのです。
    「新聞配達の功徳は計り知れないのよ!」
    「ああそうなんですか。じゃあ貴女がやれば?」
    これでいいと思います。

    また、役職なんてヤダ。
    だけど朝起きたらポストに新聞が入ってないと嫌だし、ちょっと歩く会合は送迎がないと不満だし、自宅を提供するなんてごめんだし、というような寄生虫みたいな人には、ピシッと言えばいいのです。
    「そんなオンブに抱っこの時代は終わったの」
    「嫌なら辞めればいいんじゃない?」
    実際、何の働きもせず、人恋しいからお茶飲みに会合に来るようなおばさんたちいますからね。

    組織のいう通り、盲信以外はどんどんふるい落とされていきますよ。
    最後に残るのは、残ったことを喜びにする人たちだから、どんなに負担が増えても愚痴など言わないんじゃないでしょうか。
    そういう人のみで、誰にも迷惑をかけず、誰も巻き込まず、すべてを自分たちだけで回してやってればいいんです。
    トップが付き合ってくれるかは知りませんけどね。

  34. 案山子さん、なるほどです!
    未だ会館建設ラッシュは謎の一つでしたが、確かにこれだけの資産があれば、創価崩壊後も新たなビジネスが展開できますよね。

    宗教ビジネスの次は、看板を変えて新たなビジネスですね。
    今まで創価に関わっていたなんてすっとぼけて 、また新しい金儲けで前途洋々かもしれませんね。

    創価だの日蓮だのは金儲けの通過点にすぎない…そんな存在なんですよ、活動家の皆さん!

  35. シルバニアさんのご友人本当にお気の毒ですね。ちょっと活動すると本当に色々押しつけてきますよね。私もしらゆり長を薦められて嫌だと言ったのに無理矢理婦人部長と会館で面接させられました。守る会は二年くらいやりましたがあのまま行けば新聞配達もやらさせたでしょう。本当に有りとあらゆることを活動家になるほど押しつけられますよね。功徳と言いますがなんのための人生でしょうか?
    朝早い新聞配達の時間を家族のバランスの良いお弁当や朝食の為ゆっくり使い、会合を自分の趣味の為や家計を支える仕事の為に使い、夜の活動を家族団らんの為に使った方がよっぽど幸せになると思いますよね。本来の人間らしい生き方をしようとすると学会活動なんて出来ないと思います。早くいち抜けたすればいいのに・・・と思いますがご本人からすれば実際難しい問題ですよね。私も人ごとながら悔しいです。

  36. 案山子さんのコメント…やっぱりな、という感じです。建設業界は特に癒着がひどいですもんね。創価大学から就職した人を知っています。被災地の復興はなかなか進展しないのにね……

    けれどもそうした利権がらみの構造はいけないでしょう。
    金になるから胡散臭い団体だけどつきあう…では、
    いつまでたっても日本社会から創価学会は抹殺できない。
    創価学会は宗教でないどころか反社会勢力をベースに、
    たくさんの問題点を抱え、被害者が絶えないのです。
    世間はこうでは、将来を託す若い人に申し訳ないです。

    また未曾有の大災害が起きないと向き合えないのでしょうか?
    3.11以来私の意識は変わりました。
    日常は変わらなくても、やはり淡々と現実を大事にすることは
    権力や名声よりもずっとかけがえのない伝えなければと思った。
    もう世間なんてこんなもんだと、他人事に思えない。

    aiさん活動家さんとのやりとりご苦労様でした、
    すごく勉強になりました、ありがとうございます。
    自民党は、公明党を通して創価学会が内部紛糾し自滅すれば
    と思っているのではないでしょうか。
    複雑な問題をはらんでるいるから仕方ないのかも、
    内部の一人一人が自分で考えなければ見えてきません。

  37. aiさん

    お疲れ様でした。
    aiさんのコメントを見ていて、いつも感じるのですが お若いのに本当によく調べて勉強しているなぁと感じています。

    入信間もないのに、それだけの事をしっかり自分の言葉で、明確に団長にぶつけた事は、本当にすごいことだと思います。

    私もaiさんの年齢の頃に、しっかり立ち止まって自分の頭で考える事ができていたら、今の今まで騙され続けることもなかったのかもしれないとaiさんのコメントを読むたびに思っています。

    創価に対して本当に無知であったが為に、四半世紀以上も無駄にしてしまいました。
    aiさんが覚醒したことによって、ご主人もそれほど活動にのめり込んだり役職なども受けずに済むと思います。
    そして、いつか必ず覚醒すると思いますので、頑張ってくださいね。

    私も、創価を離れる準備を静かに進めていきたいと思っています。

    案山子さん

    いつも貴重な情報ありがとうございます

    会館ラッシュの謎。
    やはり次のビジネス構想があるんですね。

    先ほどのシルバニアさんの話にも通じるのですが、会館ラッシュによって増えた会館に任務につく創価班や牙城会、女子部の白蓮なども 今後ますます足りなくなってくると思います。

    出られる人ばかりに負担がいくので、青年部の覚醒のチャンスになってほしいです。。
    仕事終わった後はプライベートは活動で取り上げられて、タダで会館警備って人生台無しにしちゃいますよね。

    モニカさん

    >役職なんてヤダ。
    だけど朝起きたらポストに新聞が入ってないと嫌だし、ちょっと歩く会合は送迎がないと不満だし、自宅を提供するなんてごめんだし、というような寄生虫みたいな人には、ピシッと言えばいいのです。

    本当にいますね。こういうご婦人方。

    面倒なことは一切やりたくないけど、あれやってクレ、これやってクレというクレクレ星人。

    あと創価って上にいけばいくほどラクできる仕組みですね。
    中途半端な役職ほど、何でも屋になってしまう仕組みになっています。

  38. 専業主婦で車を持っていた私は長い間使われ放題でした。
    何だかんだと役が8つになったとき、身動きが取れなくなって目が覚めました。
    手伝ってあげるからと上から役を受けさせられのに、いざ困っても人に押し付けたらお終いの人たちばかりでした。
    ずっと旅行にも行けず…一家団欒は非活になってからでした。

    ところで学会員で幹部同士なのに嫁姑問題を抱えている家庭が多いですね。
    この宗教ではこんな根本的なことすら解決できないようです。

  39. 池田大作…まともに宗教の指導者と思うから腹立つのかもしれませんね。
    企業の広告党、タレント、イメージキャクターのようなものと考えてみましょうか。
    タレントならゴーストライターもいるし、出身地やスリーサイズや年齢もごまかすし…

    ビジネスとして、創始者、取締役、企画、宣伝、演出、出演、何でもやったってことですね。
    使ったのは宗教。
    それが罪なことかは置いといて、まずはここを認識しなくちゃ始まりませんね。

    池田氏は宗教家ではなく、宗教ビジネス家。

  40. 今日、新聞販売店に直接、9月末で新聞と大百蓮華をやめます!と
    連絡しました。何も聞かれませんでした。

    今日、地区婦がポストに下半期活動内容と、座談会やら子供と平和フォーラムとかの入場券が入った封筒を置いていきました。
    ブロック2以上の弘教、拡大
    ブロック総会の開催
    任用試験3人以上の合格へ、5人以上の受験者確保
    新聞拡大
    教宣活動の推進
    財務の推進

    とありました。
    しらゆり長ですので、ブロック総会の主催など関わりがでてくるので、
    関わりたくない!との意思をこめ、新聞ストップしました。

  41. 凛々子さん、よかったですね!
    凛々子さんの報告が、全国の悩める脱会希望者に勇気を与えていますよ。
    それにしてもすごい活動内容ですね。
    「ブロックの下っ端ども!功徳が欲しかったら、もっとお金と金蔓を集めてこいや!」って感じですよね。
    もうお金しか頭にないって感じがよく出ていますね。
    こんなブラック教団、はやいとこおさらばしましょう。

  42. aiさん、詳しいご報告ありがとうございます。
    学会員さんのありのままの言動が、同時に創価のおかしさを表していますから、このような具体的な報告がいちばんありがたいです。幹部の話は文字通り「話にならない」ということを身を以て証明してくれれいますよね。こうやって創価を擁護するために苦しい言い訳に終始しなければならないことを、幹部はどうして変だなと思わないのかも不思議ですが、それがマインドコントロールのなせる技なんですよね。この幹部もそうですが、部員さんの悩みを聞いてあげようとか、いっしょに解決しようという意識はサラサラなくて、どうやったら丸め込めるかしか考えてませんよね。その言動の浅さが丸見えなんですが、本人はそれがわかっていない。もうちょっとまともな受け答えのできる幹部がいてもよさそうなものですが、もともとがマインドコントロールで与えられたデタラメな知識ですから、理論になっていないことにすら気がつかないのです。aiさんも、話をしていて辛かったと思います。こうした会話は虚しいですよね。

    創価学会の皆さん、もう少し常識のあるマシな話のできる方、いらっしゃいませんか?そんなことでは世界平和はいつまでたっても無理ですよ。

  43. satouさん、宝星さん、レモンさん、signifieさんありがとうございます。

    satouさん
    わたしも本尊の加筆、修正について聞こうと思いましたが、satouさんの仰る通り、全て言い訳にしか聞こえないのでやめました。おそらく日連宗も、日連正宗も、古くなった御本尊は手直ししているとでも言われるだけでしょう。
    冗談半分で、『池田先生が書いたらどうでしょう?』と言ったのですが、それは駄目みたいです(笑)

    宝星さん
    そうですね、自民党は公明党を選挙で勝つための手駒くらいにしか見てないと思います。
    それにしても、公明党で創価学会と池田先生を守るために20年以上頑張ってきた矢野さんは、もう信用されていないんですね、、、。

    レモンさん
    私が1番初めにこのブログにコメントした時、最初にお返事を下さったのがレモンさんとぽんきちさんでした。お2人のコメントにとても励まされたのを覚えています。
    私が早めに覚醒出来たのも、ネットというツールがある現代だからこそだと思います。私も20年前に入会していたら盲目的に活動していたと思います。レモンさんは家族にまで反逆者扱いされていて、本当にお辛い立場ですよね。私の主人は聞く耳は持っていますが、あまり伝わらず、、、。最近、日顕撲滅は仏教者として良くない!とか、学会の裁判の敗訴について繰り返し言っていたら不眠症になってしまったようです。主人に『否定されると辛い』と言われると、あまり学会を批判しない方が良いのか、結局気づくのは自分だからこのまま経過をみていくしかないのか、と思ってしまいます。あまり強引だと学会のやり方と同じですからね。

    signifieさん
    今回来た幹部の方は本当に学会に何一つ疑問を持っていないようで、全面的に信じているとこうなるのか、と勉強になりました。少しは疑問に思っているのでは無いか、という期待は杞憂に終わりました。
    もし私が少しでも学会を信じていたら、幹部の会話はスッと入って
    『成る程、確かに学会は素晴らしい』と思ったと思います。それ位言葉のまとめ方は旨かったです。
    以前も書きましたが私の父は熱心な浄土真宗で、宗教に優劣をつける訳ではありませんが日連さんと親鸞さんの教えを比べると、親鸞さんの教えは深いな〜と思ってしまいます。まず、人を呪うという行為は仏教にはありません。

  44. aiさんこんにちは

    昔、むかしのお話です。本山夏期講習会で(まだ公明党委員長でないとき)

    池田贋作先生に押し寄せる男子部の群れを体を張って守っておられたのを今もはっきりと覚えています
    そしていつのことだったかはっきりしませんが矢野さんのお話の中で、どんな組織でも反対を唱える人が存在できるのががまともな組織なんだと言う指導を聞いて、無知無能の私は へェ~っと思って聞いたのを思い出します。それから自分の考えも視野が広くなっていったことは間違いないです
    私が思うには理性のある方はいつも正視眼で物事を見ているのだなということです
    今の矢野さんが学会は別として日蓮の本尊を信じているのかどうかはわかりません
    ただ 死ぬまで戦い(学会)まっせ! と言われていたのに手打ちされたの記事を読んで、私個人は残念でなりません
    それだけ得体のしれない組織なのかもね

  45. 凛々子さん、勇気を出したのですね!
    販売店に直接電話するのが一番ややこしくなりませんよね。

    いままで、あまり読みもしないゴミになるだけの、でもお金の掛かる無駄なものを断捨離できて幸いでしたね。。
    これからは組織のことも、なるべく外野でいられるといいですが。。
    いろいろ、これからもあるかもしれませんが、なるべく組織からは離れて自分の人生そのものをエンジョイ出来たらいいね。。
    まったり好きなことだけを楽しんで。。

  46. まりこさん、まりこさんのように学会の足に使われてる人いました。会館行くのに、本人が「乗ってく?」と言ってくれるのならまだしも、仕切ってる婦人部おばさんが、車出させるから乗っていきなよと言ってましたが(確実に行かせる為だったようですが)、自転車で行くのでいいですと断って、サボったりしてましたが、その車出させられてる人は、創価の活動以外でも、その仕切り屋おばさんの知り合いの、未入信のおばあちゃんが病院行くにも、足が無いから、あなた車出してあげてといわれて、送り迎えさせられてたそうです。(その婦人部おばさんが仏法対話してた人だからという理由で、学会の為なんだからと。)(そんなにサービスしたいなら自腹でタクシー呼んでやれ!です。)

    本当に、こんなことがまかり通る学会の人間関係って一体・・・。
    一見優しそうに見えながら、人間革命の途中も途中すぎて、ただのわがままで人に迷惑かけてばかりの人も多い。だから嫁姑関係なんて当然よろしくないでしょうね。

    ニセ御本尊拝んでいると、センセイの生命と同調してしまうそうですから、拝めば拝むほど、常識ハズレな変な人間になってしまうのでしょう。
    私は、妙という字のあたりが、どうしてもセンセイの顔に見えて、嫌な気持ちでした。(信者のときからアンチセンセイだったので)

    学会にいいように足にされ、お金をとられ、時間をとられ、見返り(功徳)はあなたの学会への貢献度次第とは・・・本当に仏教ではなく、信仰心を利用したビジネスですね。

    でも投資が大きすぎて、元を取れる人はほとんどいないという・・・お粗末な投資です。会社はタダの資本で大もうけ。でも、けして投資した人に還元しない(絵葉書と、メモ帳、昆布?くらい)。投資して買ったものは、夢、ニセ本、ニセ本尊。

  47. はじめまして。いつもロムだけでしたが、初めてコメントさせて頂きます。タイトルから逸れます。すみません。入会26年目、1世です。何度かの迷いの時期もありつつですが非活になって数年経ちます。2ヶ月前にこちらのブログに出会い、このほど全て読み終えました。今日、初めて財務を断りました。地区婦人部長は初めは難色を示し上の幹部を紹介しようとしたのですが、そっとしておいてほしいとハッキリ伝えたら、今度はこちらが拍子抜けするほどあっさり引き下がり「経済的に厳しいということなら全く気にされることはありません」と返事が来ました。因みに全てメールやりとりです。申し込み用紙も破棄しました。でも、まだ迷いと不安があります。創価のMCはすごいのだなと感じます。関わらないで済むなら、はじめから関わらないのが一番ですね。

  48. みかんさん、コメントありがとうございます。
    このブログを全部読んでくださったとのこと。
    ほんとうにありがとうございます。
    財務を断ることができてよかったですね。
    精神的な負担が来ない程度に、フェードアウトしていったほうがいいと思います。
    辞めることに罪悪感があるとしても、それは単にMCされていたからです。
    ゆっくりと着実に退会へ進んでいってください。
    これからはみなさんが応援していますよ。
    気持ちが揺らいだら、いつでもコメントしてください。
    みんな通ってきた道なんですから、少しも心配いりません。
    多少悩んだとしても、このまま創価に居残るよりも、どれだけ前向きに生きていけるかを考えれば、勇気が出てきます。
    これからもよろしくお願いします。

  49. 高校生の時入信して、今70代になりました。バリ活の女子部でした。草創期の創価学会は指導も組織の中も本当に温かくすばらしいものでした。若い私たちは使命感に萌え、真剣に活動に取り組み、充実した日々を送っていました。
     今の創価学会の変貌ぶりには開いた口が塞がらないのです。まるでヤクザの世界か
    ゴロツキの世界か、、、
    私はとっくに創価学会から離れ、大正解だったと思っています。

  50. >今の創価学会の変貌ぶりには開いた口が塞がらないのです。まるでヤクザの世界か
    ゴロツキの世界か、

    具体的におしえてください。よろしくお願い致します。

  51. 私もがっちり30年やってしまいました。
    選挙・折伏・新聞啓蒙・牙城会その他もろもろ
    親(母親)に尻を叩かれながやったので
    今は母親とは不仲であり会えばボロクソ言って
    しまいます。非難したところでどうにもなりませんけどね。。
    脱会のきっかけはなんとなく副会長連中はおかしいな~
    なんて思っていたところに矢野ちゃんの『乱脈経理』出版(°д°)
    これでよくつるんで新聞啓蒙していたやつと仲良く脱会\(^o^)/
    確かにお金よりも時間のほうが大事ですわね。
    お金は挽回できても時間は1秒たりとも戻せない。辛いすね。
    創価マインドで生きた人生はクソみたいな人生に見えて
    しまいます。やめて3年益々そう思えていますわ。
    創価に関わっていなければ全く違った人生になった
    ことは間違いがない。人生がよかった・悪っかった
    ではなく納得がいくか・いかないかが大事ですね。
    創価に滅私奉公した人生なんて納得がいくわけが
    ないですがね。(´;ω;`)
    しかしなんで皆さんまだやめんのですかね。
    会館の前を通るたびにいい若いものが牙城会まだやってんの?と
    思いますわ。過去には自分もそう思われていたかも知れないので
    偉そうには言えんですけどね。(T▽T)
    とにもかくにも一刻も早い脱会をお祈り致します。
    コピー本尊・ちんぷんかんぷん御書ゴミ捨て場に
    放り投げてもな~にも起きませんよ。

  52. 30年の成れの果てさん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    このブログに初めてコメントされる方は、ルールとして自己紹介をお願いしています。
    自己紹介がなければ削除されますのでご注意ください。
    また、このスレッドは昨年の9月のものですので、あまり読まれることがないと思われます。
    できれば一番新しいスレッドへ、自己紹介とともにお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中