いま創価学会の勧誘を受けている方へ

創価学会は実際の会員の数を明かしません。いったい何人の会員がいて、実際に何人が活動をしているのか、一般の会員には見当もつきません。それと同時に、何人の学会員が辞めていったのかも明かしません。これが知れるとまずいことになるからでしょう。おそらくそうとうな数だと予想はできますが、はっきりしたことはわかりませんね。それでは統監数の何%が実働数なのでしょう。年齢分布はどうでしょうね。おそらく創価もかなりの高齢化が進んでいるでしょうし、二世三世はのきなみ非活になっているようですから、これから創価は教学試験に力を入れて人材(金蔓)を増やそうとしているのも納得です。どれだけ創価を盲信するロボトミーを増やせるかで、集まる金額が決まってきますからね。そのためには教義だろうが歴史だろうが、どんなにでも変えていくのが創価流のやりかたです。ほんとにバリ活の会員さんが哀れです。気がついたら何もないわけですから。ないだけではなく、それまでの人生を棒に振ったことをいやでも思い知らされる。もちろん創価は何一つ責任はとらない。もちろん貢いだお金も返ってこない。株やネットワークビジネスでお金を損したほうが、まだましです。創価は家族までも不幸に巻き込みますからね。

今現在、創価学会員から勧誘を受けている皆さん。創価学会に絶対に入ってはいけません。入ったら最後、ボロボロになるまで利用されて、あとには何も残りません。50年以上やってきた私をはじめ、ここにコメントされる多くの方が口をそろえて訴えているんです。私たちのような言動を、創価は「魔の仕業だ」とか「創価を陥れようとしている」などと言います。私たちは悪魔ですか?(笑)悪魔とかサタンとか、ハリーポッターじゃあるまいし、いい大人が真顔で言うことではありませんよね。

カルト宗教の大きな特徴として、信者に不安をあおり、自分たちだけが助かり、幸せになる方法があることを信じ込ませ、それには教団への忠誠とお金が必要になるということを信じ込ませます。創価はもちろん、統一教会も、幸福の科学も、キリスト教系の新興宗教も、オウム真理教もみんな同じです。普通ならそんなものを信じはしないと思いますが、我が身の将来への漠然とした不安感や、現代社会の生きづらさに悶々とする中にあっては、何か生きる希望が欲しいと思うあまり、このような罠に引っかかってしまう人が意外にいるんですね。

私の場合は両親がそれに引っかかってしまい、私はそんな盲信する両親のもとに生まれ、創価学会だけが正しい宗教だとことあるごとに教え込まれ、この信心を疑ったり離れたりしたら、とんでもない不幸が襲いかかってくると、ずっと教え込まれてきました。そのことが間違いだと気づくのに50年の月日がかかりました。父は創価を信じたまま亡くなり、母は認知症で自分の人生が何だったのかさえわからない状態です。両親は完全に創価に利用されて、数千万円のお金を貢がされ、人生のすべてを創価に捧げてきました。でも4人の子どものうち、創価を信じているのは一人だけです。私も含めた3人は完全に覚醒し脱会しています。前にも書きましたが、創価を信じている兄は、生死をさまよう交通事故にあい、障害者となりました。あとの3人は元気に暮らしています。創価の信心をして幸せになる人がどれだけいるでしょう。創価の信心をしなかったからといって不幸になる人がどれだけいるでしょう。私のまわりの創価の活動家に、悠々自適の幸せな家族は見当たりません。どこもそれなりの問題を抱えながら生きています。それは創価でない人も同じです。いや、創価にお金と時間を奪われないだけ幸せだと思います。創価の信心はしてもしなくても何も変わらない。むしろお金と時間を奪われるだけ不幸になる。これが50年創価の人たちを見てきた結論です。創価学会は宗教ではない。これはどのような視点から見ても動かしがたい事実です。創価は信者のお金を目当てにした詐欺団体である。これが50年の体験から得た確信です。

今現在、学会員から「折伏(しゃくぶく)」を受けている皆さん。「折伏」とはいわゆる勧誘のことです。きっと今だから猫なで声で、美味しいことばかりを言って入会を迫っているでしょう。そんなものに騙されてはいけません。最初は信仰にお金はいらないなどと言いながら、次々とお金を要求してきます。「財務」といって、額が多ければ多いほど幸せになり、貢いだお金は何倍にもなって返ってくるなどと、投資詐欺のようなことを言ってきます。やれ新聞だ書籍だ民音だと、いろんなものを買わされます。また外部の人に聖教新聞をとらせるように、考えられる友人知人、職場の同僚や部下や上司にまで新聞をとらせようとします。新聞といっても、信者向けの機関誌で、マスコミの新聞とはまったく違います。信者以外の人が読んでも何の役にも立ちません。信者が読んでも役には立たないどころか、盲信がますます強くなるだけなんですけどね。そんな有料機関誌の注文がとれない場合は自分でお金を出してまでとらせます。それが正しい信心の姿だとまで言います。そしてお金集めの極めつけが毎年行われる「財務」という名の寄付金集めです。表向きは「まごころで」と言いながら、とにかく3桁の財務をしよう!と言われます。3桁ってわかりますか?100万円単位で毎年寄付を出せということです。一般的には考えられないでしょ。それも毎年ですよ。ちょうど夏のボーナス時期に申し込み受付が始まり、冬のボーナスの時期に銀行振込が実施されます。大金持ちの慈善パーティではないんですから、普通の一般家庭に100万円単位の寄付を毎年させるのは異常なんですが、学会員さんはそれでも功徳がある、出したお金が二倍にも三倍にもなって返ってくるとの「指導」を真に受けて、ありったけのお金を振り込んでいるのです。とんでもないですよね。

かつて私の部員さんで、高校を卒業してすぐに就職した男子部がいました。もちろん独身です。給料だって生活するので精一杯の額でした。その彼に上の幹部は活動の度に詰め寄って、とうとう彼は貯金の100万円全額を寄付したのです。彼はとても気の優しい、どちらかといえば引っ込み思案の、はっきりものを言えない性格の人間でした。彼に連日「ありったけの財務をして人間革命しよう!」と詰め寄っていた幹部の顔が今でも忘れられません。そしてその彼はというと、何も変わらないまま、務めていた会社も倒産し、長い間職にも就けずに苦労していました。当然、創価は何の補償もしてくれません。何の責任もとりません。もし彼が幹部に文句を言ったとしても「それは君の信心が足りないからだ」の一言ですませるでしょう。そして「今の苦しいときにこそ、もっともっと活動に打ち込んで池田先生にお応えできる人材になるんだ。何があっても信心根本に、絶対に疑うことなくやり抜くのが学会精神だぞ。今の苦しみは君がこの信心よって変毒為薬し、人間革命ができるチャンスと捉えるのが本当の信心だぞ。さ、いっしょに祈ろうじゃないか。祈って祈って、これまでの自分が過去世に積んできた罪障をすべて消し去り、創価学会の信心を貫くことによって福運を積み、社会に実証を示すことのできる人材になろうじゃないか。オレたちには池田先生がいる。永遠の師匠と心をひとつにして世界平和のためにともに頑張っていこう」などと適当な嘘八百を並べます。どんな部員さんの悩みにも、躊躇せずにこれだけ真顔で言えれば創価の幹部はできるんです(笑)。誰に対してもこの「指導」と言う名のマインドコントロールで、ありったけのお金を巻き上げるのが幹部の役目です。かといってその幹部も本気で信じていますから、よけいたちが悪い。悪気で言ってるわけじゃない。こうすると自分も幸せになれると信じているんですね。部員さんからお金を吸い上げても自分がもらうわけじゃない。お金は全部中枢部が吸い取ってしまう仕組みになっています。そしてその金額も用途も会員さんにはいっさい知らされません。創価学会は宗教法人ですから税金もかからないので、いくら集まったかを公表する義務すらありません。そして会員さんはそのことになんら疑問を持ちません。疑問を持つと不幸になると怯えているからです。普段から疑えばいっぺんに福運が消え、不幸になると脅され続けています。日蓮の教学を学ぶのはそのためです。いま、創価は任用試験の受験者を大々的に増やそうと必死です。任用試験と言うのは、はじめて受ける創価の教学試験のことです。つまり創価初心者に日蓮の選民思想の基本を叩き込む絶好の機会ですね。教えられるほうはもちろん、その組織ぐるみで教えることによって、教えるほうのマインドコントロールも強化されるという仕組みになっています。なにも初心者のマインドコントロールだけが目的ではありません。

32才既婚で、学会男子部では本部長と創価班団長をしているという「通りすがりの男子部」さんから折伏を受けている友人の方。このサイトを通りすがりの男子部さんに紹介したぐらいですから、まだこれを読んでくれていると思います。このページは、まさにあなたへ向けて書いています。そしてこのページのコメント欄には、あなたへ向けて、何があっても創価学会にだけは入っては行けないと言うことを多くの体験者が語ってくれると思います。ここにコメントされる皆さんは、かつては創価学会で真面目に活動し、何かのきっかけによって創価の悪事に気がついて組織から離れた方です。また、まだ組織から離れられないで悩んでいる方もいらっしゃいます。でもこのブログに行き着いて、そんな悩みを持っているのが自分だけじゃないということがわかっただけでもよかったとみなさん言ってくれます。それほど創価学会は抜けるのが困難なんです。単に入会の時と同じように脱会できるわけではありません。脱会の意志を上の役職の人に言おうものなら、何人もの学会員から取り囲まれて「あなたは魔にやられている」とか「アタマがどうかしたんじゃないか」とか「辞めたら不幸になるぞ」「地獄に堕ちるぞ」「ろくな死に方はしない」などとさんざん脅されます。これで実際に心を病む人が大勢いるんです。創価学会の活動をするということは、同時にとんでもないマインドコントロールに支配されて、世間一般の感覚が麻痺してしまうと言うことなんです。だからここまで「やめなさい!」と強く訴えているんです。実際に創価学会は恐ろしいところです。組織存続のためには暴力団をつかって邪魔な人を自殺に見せかけて殺したりもします。信じられないかもしれませんが、そういうところなんです。今は猫なで声で勧誘されていると思います。手を替え品を替え、なだめたりすかしたりして、なんとか創価に引き込もうと、通りすがりの男子部さんは一生懸命あなたのことを考えたフリをしていると思いますが、実際は組織内での成果をあげて、功徳をもらおうと考えているだけなのです。あなたの幸せを本気で考えているわけではありませんよ。これは何十年も活動をしてきた私や、ここにコメントされる皆さんだからこそ自信をもって、あなたに伝えることができるんです。創価に入ってはいけません。創価は戦後最大の単なる金銭詐欺です。このことを前提に通りすがりの男子部さんとよく話し合ってください。といっても話し合いになるような相手ではないということを前提にしていないと、いつのまにか丸め込まれてしまいますので、くれぐれも用心してくださいね。

ということで、皆さん。通りすがりの男子部さんから折伏されている方へ、どうか渾身のメッセージをお願いします。まかりまちがえば、ここでひとり創価の犠牲者が増えるかもしれません。せっかくこのサイトを見てくださって、現役男子部本部長に紹介までしてくださっている方ですから、私たちはこの方をみすみす創価に入れるようなことがあってはならないと思いませんか。みなさんの見てきた創価学会の恐ろしい本当の現実を、まだ何も知らないこの方に教えてあげて下さい。どうかよろしくお願いします。

なお、ひきつづき「通りすがりの男子部」さんへのコメントはご遠慮ください。ご協力感謝します。

いま創価学会の勧誘を受けている方へ」への46件のフィードバック

  1. 通りすがりの男子部さんに創価学会へ入るよう誘われている方の名前を、すみませんが仮に「Aさん」とさせていただきます。

    Aさん、会員が何人いるかも明かさない、その会員からいくらお金を集めて、それを何に遣っているかも絶対明かさない新興宗教団体に入ろうと思いますか?そして入ったら最後、辞めるのに心が壊れるほど苦労する団体に何のために入りますか?実際に創価学会に入って、こんなに不幸になったと言う実体験が、このブログにも何百と寄せられているのです。通りすがりの男子部さんと、私たちが言っていることと、どちらを信じられますか?

    おそらく通りすがりの男子部さんはAさんにこう言います。もしかしたらすでに言われているかもしれません。
    「何だって実際にやってみなければわからないだろう。目の前のリンゴが甘いか酸っぱいかは、眺めてるだけじゃいつまでたってもわからない。だったら一度かじってみればいいじゃないか。そして酸っぱくて食べられなかったら辞めたっていいんだ。簡単なことだよ。こんなに自分が成長できるところを黙って見過ごすなんてもったいないだろ。ちょっと勇気を出すだけで、世界中に何百万人といるオレたちの仲間になれるんだ。さあ、いっしょに頑張ろう!」
    Aさん、これは創価の勧誘のための常套句です。なにもAさんのために言っているのではありません。勧誘に当たってはそう言うように指導されているだけなんです。昔は「折伏経典」という勧誘マニュアルがありました。その内容はあまりにひどい差別用語の連続なので、さすがに今では使いません。とにかく他の宗教や思想をクソミソに罵倒している本です。今の言葉でいえば、ヘイトスピーチ、シオニスト、ネオナチといったところでしょうか。創価はそれほど過激な集団でした。何しろ他人の家に上がり込んで、仏壇や神棚を燃やしてしまうんですから。これを学会員は当然のようにやっていました。私の母も、何の悪気もなくやってましたよ。「今日は○○さんのところに謗法祓いに行ってくる」といって、嬉々として出かけていました。謗法祓いの謗法とは、文字通り法に背くこと。ここでは日蓮の教えに背くことですね。つまりこれ以外は仏教だろうが何だろうがすべて間違いであり、不幸の原因なんだと。仏教以外の宗教は「外道」といって、まったく話にならない下等な宗教なんだと決めつけています。だから謗法祓いといって、新しく創価学会員になった家のそれまで祀っていた神棚や仏壇を目の前で燃やしてしまうことを当たり前のようにやっていたんです。さすがに今は表向きこれほど過激な行動はしませんが、基本的にはひとつも変わっていません。とにかく自分たちの宗教でしか人間は幸せになれない。他の宗教を信じたら末代まで不幸になる。だからこの機会に徹底的に他の宗教をすべて焼き祓うのが当然だという考えです。恐ろしいでしょ。そんな創価学会に入ったら最後、じわじわとお金や労働力を要求してきます。そしてだんだん役職が上がっていって、あっという間に辞めるに辞められない状況になってしまうのです。
    通りすがりの男子部さんはまだ若いので、そんな過激な時代を知らないかもしれませんが、基本的に創価学会は他の宗教や思想をボロクソにけなします。本気でそう思っているところがますます手に負えないのですが、このあたりは何を言おうが無駄です。日蓮の教えがそうした独善的なものだからです。
    しかしおかしなことも多々あります。こんな排他的で、他の宗教を貶める考えの団体なのに、彼らが永遠の師匠と崇め奉る池田大作は、「ガンジー・キング・イケダ 展」という、あたかもあのマハートマ・ガンジーとルーサー・キング牧師と同じように賞賛されているかのような展示会を自分で企画して全国で巡回しているのです。もちろん対外的には相手にされていませんが、学会員には強烈なプロパガンダとなりました。よく考えてみてください。ご存知のように、ガンジーはヒンズー教の指導者です。キング牧師もその名の通りプロテスタントの指導者です。創価学会の理念は、他の宗教は撲滅しなければならないという考えなのに、その不幸の原因を作っている他の宗教の指導者と並び称されることを池田氏は自らやっているのです。おかしいでしょ。どう考えても理屈に合いません。でも創価学会員さんは、まったくその矛盾に気がつかないのです。たとえ気がついても、口が裂けてもそれがおかしいとは言えない集団なんです。そんなことをちょっとでも口走ったら最後、他の会員にぐるりと取り囲まれて、幹部が来て「君はアタマがおかしくなった」「魔に取り憑かれている」「このままでは地獄に堕ちるぞ」と脅され、他の会員さんには「あの人はアタマがおかしくなったから近づかないように」とふれまわります。凄いでしょ。ほんとに恐ろしい団体です。ホラー映画も真っ青です。

    Aさん、創価学会のおかしさ、恐ろしさはこれだけではありません。こんなものはほんの一部です。おかしいだけではなく、恐ろしいのです。創価学会がつくった公明党が、いま自民党と組んで秘密保護法を国会で通し、集団的自衛権の行使容認を閣議決定しました。平和の党との謳い文句で発足した公明党が、いまや自民党のタカ派路線を推進していることはご存知ですよね。このことで疑問に思った学会員さんがたくさん覚醒しています。でも創価を盲信している多くの学会員は、政治のことなんてまったく興味がなくて、創価がつくった公明党のやることだから絶対に間違いはないという理由で、公明党を応援しています。学会員の選挙運動の過激さはAさんもご存知でしょう。おそらく通りすがりの男子部さんから、選挙の度に公明党に投票を依頼されているはずです。一度、どうして公明党は自民党の言いなりなんだと訊いてみてください。たぶん「公明党は自民党のブレーキ役なんだよ。今でも公明党が与党として自民党のやりすぎを牽制しているからこの程度で済んでいるんだ。公明党は日本の平和にどれだけ貢献しているか知って欲しい」とかなんとか言うと思います。でもね、実際は公明党は自民党に脅されているんです。それは宗教法人の非課税制度が撤廃されると、創価学会がとんでもない額の税金を払わなくちゃいけなくなるし、それよりもなによりも、創価学会が会員からどれだけのお金を集めているかがバレてしまいます。そして自由に使えなくなる。前に話しましたが、創価は一人の会員から100万円単位で金を出せとしきりに言っています。それで実際にそうした額の寄付をする人がほんとうにたくさんいるんです。だから毎年総額が国家予算並みにふくらみます。でも何に遣っているかは絶対明かせないことに遣っているからこそ、宗教法人の課税制度はどんなことがあっても阻止しなければならないわけです。だから公明党は自民党に逆らえない。自民党はその見返りに創価学会の固い票を要求する。公明党の議員を入閣させる。つまり各省庁の権力をある程度認めさせる。警察庁の幹部に創価学会員が驚くほどいるのはそのためです。かつて起訴はとりやめましたが小松警察庁長官狙撃事件が一方的にオウムの犯行ということになりました。創価学会問題を映画にしようとしていた伊丹十三監督が、突然ありえない形で自宅で焼身自殺をしました。横浜捨て金庫事件と言うのはご存知でしょうか?
    朝木明代市議転落死事件はご存知でしょうか?
    どちらもWikipediaに詳しく書いてありますから読んでみてください。
    Aさん、こんなものは氷山の一角です。創価は裏で何をしているのか計り知れません。ほんとうに恐ろしい団体なんです。通りすがりの男子部さんは、あなたの友人かもしれませんが、彼はそんな恐ろしい団体だとは思っていません。世界平和を目指す尊い集団の一員として頑張っていると本気で思っています。そのようにマインドコントロールされているのです。そんな彼が創価の実態に簡単に気がつくとは思えませんが、せめて友人のあなたは冷静に判断して欲しいと思います。彼は完全に創価のマインドコントロール下にあります。創価学会の幹部は、頂点の上層部以外はみんなマインドコントロールされています。通りすがりの男子部さんは男子部本部長程度ですから、下から何番目かのペーペーですので、いちばん強くマインドコントロールされて、組織の思い通りに動かされている口です。創価班というのも、会合やイベントでタダでこき使うための体のいい使いっ走りですよ。それを「これが自分の使命だ」とか「池田先生にお応えするために」などと勝手に勘違いして頑張っているんです。そしてAさんを創価に引き込むのも、そうしたマインドコントロールのなせる技なんですよ。
    通りすがりの男子部さんは、完全に創価に騙されています。Aさんはまだ騙されてはいません。このブログを読んでくれているくらいですから。どうか、通りすがりの男子部さんのあの手この手の勧誘に騙されることなく、自分の大切な人生を棒に振ったりしないでください。創価学会に入っては絶対にだめです。「ダメ。ゼッタイ。」です。通りすがりの男子部さんは創価への批判はすべて論破できると言われています。でも私たちへは時間の無駄だから教えてくれないそうです。友人のAさんなら論破してくれるかもしれません。その理屈を冷静に捉えてください。きっとメチャクチャな理屈ですよ(笑)。
    もし、Aさんのほかにも、通りすがりの男子部さんが創価に勧誘している人がいたら、ぜひこのブログを紹介してください。このブログに寄せられる数多くの創価の実体験を読んでからにしも遅くはないでしょう。

  2. 私もAさんとしてお話します。Aさんを折伏している友人男子部の方は、いわゆる池田チルドレンとして、子供のときから創価に洗脳教育されてきた人なんじゃないでしょうか?Aさんにとっては普通のいい人に見えているかもしれませんが、Aさんの知らない別の顔も持っています。それが創価学会員として洗脳された顔です。

    彼は言ってるかもしれません。俺と掲示板の見知らぬ人間とどっちを信じるんだ?Aの事を何も知らない人間が、Aに何が出来る?何をしてくれる?少なくとも俺はAの人生を良くしてあげたいと思ってる。だから自分が素晴らしいと信じているこの宗教を勧めている。創価学会を信じられなくても、俺は信用してくれるだろう?と。

    また、こんな脅しもあるかもしれません。今俺がこうして一生懸命話をしても信じられない。だから入会はしないというのなら、もう二度と勧めないけどいいの?人生変えたいんじゃなかったの?幸せになりたいんじゃなかったの?この宗教で人生変えた人が沢山いるし、海外にも沢山信者がいるというのが証拠なんじゃないの?力が無かったらこんなに多くの信者がいると思うか?今のままでいいのか?一度疑ったらもう入会駄目だから、今入るかどうか考えて欲しい。外野じゃなく、俺を信じて一緒にやってみないか?おれは本気でAを心配してるし、誓ってこの宗教はネットで言われてるようなものじゃない。本当に正しいのだと言える。と。

    他に、ネットであれこれ言われるのも、ちゃんと日蓮が予言してるんだよ。正しいがゆえに迫害されると。そのとおりになっているだけなんだ。攻撃されるのは、正しいからなんだよ。とか。とにかく、必死に俺を信じろ~攻撃されてるんじゃないかな?で、あ~あ~せっかくのチャンスを逃しちゃって、そのまま今の人生歩んでいけばいいよと哀れまれる。そういわれると・・・ちょっとだけやってみたいような・・・なんてね。

    ダメよ!だめだめ!目を覚ましてくださいね。そもそも宗教で人生良くしようという考えは捨てましょう。入会したらこれを拝みなさいと渡されるのは、以前はお寺経由でしたが、創価のトップが傲慢になりすぎて信者団体として認めないと破門されちゃったんで、昔の御本尊をコピーして書き換えて勝手に作った掛け軸で、それを拝めといわれるんですよ。いいんですか?そんなわけわかならいものを毎日拝んで。やってる人が熱く語る体験談だって、信仰してなくたって普段あるあるなちょっとラッキーなことばかりですよ。その裏には、みんな人に言えない問題沢山抱えてますから。そういうことです。あとはお金集まりすぎちゃって、そのお金の力でかなり問題な事沢山やっているらしい怖い組織なので、君子危うきに近寄らずです。自分の人生をつまらない人に支配されないようにお気をつけください。

  3. 勧誘してくる人の人柄がよいとか、身内のように親身になってくれるということと、創価の実態は「別問題」です。
    自分の知り合いの学会員がどんなにいい人でも、その人に何の権力もありません。
    池田大作氏の近況を知ってるわけでもなければ、財務の使い道を決める権限があるわけでもありません。

    そもそも今創価がどんな状況にあるか、折伏などしようとしているバリ活さんは全く客観視できていませんよ。
    おそろしい勢いで衰退しているのに、戦時中の新聞のように「創価快進撃!」と信じて疑ってない人たちです。
    自分の盲信した眼で半径数メートルを見てるものが全てと思っています。

    これでは近いうち創価が崩壊し、世間から総攻撃されても、どうすることもできません。
    自分の落胆でいっぱいで、部員さんのことなんてとても責任もてませんよ。
    人柄も、身内のように親切であったということも、残念ながら何の役にも立たないでしょう。
    身内のように親身になれるのは、創価が変わりなく存続すると信じ、その創価に引き入れる時のみに発揮されるからです。
    今は目を輝かせて親身になっているでしょうが、創価に入れるという魂胆抜きで、同じくらい親身になってくれますかね?

    本当の親友なら宗教など一切関係なく、素直に思いやりを持てますよ。

  4. アラフォーを改めて犬好きアラフィフに変更です(≧∇≦)今年で50歳。二十歳で入信して信心30年の婦人部です。友人から「私の友達に、犬好きさんの話をしたら会いたいってゆってるので会って」「その子の家はお店もしてるのでお茶でもしながら喋ろう」と言うことで会うことになりました。私を誘った友人もその子に折伏されたばっかりです。3人で会うと思っていましてが、何人もの女子部の方が居ました。皆さん明るく感じが良くて全く知らない仏教の話を聞かされました。全く知らない世界なので、とても新鮮で興味を持ちました。また私の母も何年か前に入会していたので、母も喜ぶかなって思い入会しました。女子部の頃は友人もいるので、会合に行っても楽しいです。また若い女性が壇上に立ってイキイキと話をするのに憧れました。入会すると職場や学校で学会宣言をしなさいと指導されます。初めての選挙も迷うことなく公明党です。選挙活動をさせられます。駅前でチラシを配りました。池田さんの本の勉強会などあります。会合に行くと凄く褒められます。また、学会は素晴らしい組織であり仏教団体である。それを誇りに思うような指導ばかりです。もちろん指導通り素晴らしい組織の中にいる自分は最高の幸せ者と思います。一般の神社仏閣を心の中でバカにしています。池田さん以外の本は読んでも無駄と思います。だから学会の事を悪く書いている週刊誌はデマだらけなので信じません。この素晴らしい仏教を悩める友人に教えたい。折伏を断ると可哀想に思います。その人に悪い事がおこれば断ったから。逆にいい事がおこれば縁したからっと思われます。入会したら魔法ではないので、入っただけで願いはかないませんし、成長しません。願いを叶え成長したければ、新聞啓蒙、選挙活動、折伏、財務、会合参加。その度に報告を毎回します。何人に声かけたとか。学会の展示会や民音の参加。学会関係の本の購入。唱題を沢山しないと願いは叶わない。一切日蓮を疑わないこと。愚痴を言ったりすると福運がなくなると思わされている。何かに悩めば幹部の指導を受けるように勧められる。そこでまたマインドコントールされていく。日蓮を信じると、鳥居をくぐることにも罪悪感をもちます。初詣も行けません。おみくじも引けませんし御守りも持てません。そんなつもりはなかっても自然に選民意識が出て来て学会以外のことはどこかでバカにする思想になっていきます。一生懸命すればする程、願いが叶っていなくてもやってることに満足させられて幸せ者と自分だけが感じていきます。もしもしもし、本当に日蓮の教えが仮に本当だとしても、上記の活動をしないといけないなら私はできません。自分なりの幸せを探します。創価学会だけでないと思いますが、ひとつのことを信じきって他のことが耳に入らない宗教や教えは危険すぎるし他人に迷惑をかけると思います。(≧∇≦)私の周りの学会員さんも早く気づいて欲しいです。先日まで、財務の申し込みの期限だったので未活の方に必死で訪問していました。させてあげたいって思いで(>_<)
    何か、宗教をしたいなら教団に入らず幅広く色んな本を読んだりしながら、勉強した方がいいと思います。

  5. 言い忘れましたが、創価学会に入会すると、創価学会を破門した僧侶が破滅するようにと祈らされます。世界平和だの綺麗ごと言っていながら、実態は邪魔者は消えろです。会員も、裏切り者は死ねばいいなどという精神状態になるようです。恨みの題目をあげさせる宗教って、いい宗教と言えますか?恐ろしいと思いませんか?こちらのサイトに出没する学会員の態度は、傲慢で、おしっこをひっかけるような態度で去っていきます。これが人間革命とか言ってる人たちの姿なんです。こういう人たちが役職についている組織です。どうでしょう?それでも魅力感じますか?もしかして見せられたかもですが、最近しきりに使われているという、外国の人たちの活動してる様子を写したDVDですが、外国の信者は、選挙活動もないし、大金を取られることもありません。日本の学会員とは活動内容が違うと思ったほうがいいです。お金はまじめで疑わない日本人からとります。入って、選挙活動したいですか?新聞とってと友人に頼んで歩きますか?大事なお金を年末に寄付しますか?わざわざそんな生き方選びたいですか?親や友人に堂々創価学会員になりますと言えますか?

  6. 通りすがりの男子部から折伏されているAさんへ

    ネットでこちらのブログに辿りついたということは、迷いがあって自分で創価学会について調べてみようと思われた賢明な方なのでしょうね。

    私は、Aさんを折伏している男子部の方が生まれてヨチヨチ歩きをしている頃に入会し、つい最近まで創価のマインドコントロールにどっぷりかかっていた主婦です。
    そして、今も創価の間違いや実態に気がついたものの、様々な理由から創価から足抜けすることができず、創価の中で毎日苦しんでいます。

    お金、時間など失ってきたものの大きさに愕然としつつも、決して取り戻すことはできません。

    何故、そんなに長い期間、創価の実態に気がつかなかったのか?と不思議に思うでしょうけど、創価学会の中ではネットは信じてはいけないと繰返し言われ続けています。
    一般の人からみたら、にわかに信じられないでしょうけど、創価学会員はそれを信じているのです。

    Aさんに対して、男子部は「今度、自分の信頼している先輩がくるんだけど会ってもらえないか?」とか「すごくAさんにぴったりなセミナーがあるんだけど一緒に行かないか?」と誘いがあったのではないでしょうか。

    行ったら最後、いつのまにかゾロゾロ集まった男子部にグルリと囲まれて、「みんなAさんの幸せを心から願っているんだよ」と入会を迫られると思います。

    11月18日は、創価学会にとって創立記念日なので、男子部の人は本部長という役職なので、この日までに成果を出すように言われていると思います。
    心の中で「11・18までに何とか折伏の成果を出さなければ」と焦っていると思います。

    上の幹部からも「折伏の進み具合はどうなんだ?本部長自ら結果を出せ。今度Aさんを連れてくるのはいつの予定だ?」とガンガン言われていると思います。

    Aさんがお幾つかわかりませんが、今の創価学会はネットで真実を知った若い人はどんどん去っていっています。
    若い方は、当然ですが入ってきません。
    入ってしまったら、簡単には辞めることができないのが創価学会なのです。

    家にご本尊をご安置できないと断ったら「今は小さなお守りご本尊というのがあるから、それでもいいんだよ」と言われるかもしれません。
    小さな玩具のようなものですが、それでも創価学会に入会したことになってしまいます。

    断固としてきっぱり断ってください。

  7. わかりやすくいうと、バリ活さんは戦時中の末端の兵士のようなものです。

    自分は何の権力もないし、創価の執行部の内実を知ってるわけでもないのに、与えられた情報のみを信じて、それがすべてだと思っています。
    上官の命令が絶対であるように、池田センセイの言うことは絶対だと信じ込み、実践の最前列で大真面目に戦ってます。
    命令してる上官は、末端から巻き上げたお金でのうのうと金の勘定をしてるというのに。

    Aさんを折伏しようとしてる人に負けないくらい、私たちもかつて創価で同じ思いでいました。
    だから知らないで言ってるわけではないのです。
    むしろ、よーーーーーくわかります。
    その人は、Aさんを心から誠実に勧誘してると思います。
    Aさんを騙そうなんて微塵も思っていません。ウソもついていません。
    「頼む!ネットなんかにたぶらかされないでくれ!自分を信じてくれ!」と心から叫んでいると思います。

    わかるんですが、だからこそ思いとどまってください。
    末端は何も知らされてないのです。
    ダミーの教えだけを信じこまされているのです。
    本人には信じがたいことかもしれませんが、これは事実です。

    私たちは生半可に、ひやかしで言ってるのではありません。
    この事実をつきとめ、確証を得るために、どんなに悩み、苦悩したことでしょう。
    何度もウソであってくれ、と願いましたよ。
    だけど徹底的に調べた結果が冷酷な事実でした。

    どうかMCされる前に、正常な判断があるうちに逃げて下さい。
    軽率なことはされないように願っています。

  8. シニフィエさん、温かい言葉ありがとうございます。慣れないコメント投稿でおかしな場所に投稿してしまいました。ゆっくりといこうと思います。

  9. まったくモニカさんの言う通りです。
    私たちは、かつて当事者だったからこそ、確信をもって創価が詐欺集団だと言えるのです。私たちもかつては騙されているなんて思いもしませんでした。本気で宗教だと、間違いのない正しい信仰なのだと思って頑張ってきました。しかし真実はそうではなかった。宗教ではないどころか、お金と時間と労働力をだまし取られ、家族もろとも人生を棒に振らされてしまったのです。これ以上、犠牲者を出したくない。そして一人でも多く、創価の実態に気がついて欲しい。それだけのためにこうして毎日ブログで呼びかけています。Aさん、どうか真実が何かを見極めてください。私やここにいらっしゃる皆さんは、Aさんがどこの誰だかも知らないし、Aさんが創価に入会したところで痛くも痒くもありません。なのにここまで言うのはなぜかを考えてください。創価学会に入ってはいけません。あなたの友人である通りすがりの男子部さんは、完全に騙されているだけです。できれば彼にも目をさまして欲しいのですが、創価のマインドコントロールがそう簡単には解けません。それだけ恐ろしい集団です。通りすがりの男子部さんはともかく、Aさんには創価の新たな犠牲者にはなって欲しくないのです。

  10. 創価学会は以前は折伏するときに真言宗の家は男がたたない(生まれないかもしくは生まれても早死にする)とか禅宗の人は天狗になるとかキリスト教の人は二重人格だとか日蓮宗の人は精神を病む人が多いとか言ってました。
    この信心をすれば宿命転換出来て病気も治るし貧乏から抜け出せると現世利益を約束しました。
    それから数十年がたちました。他の宗教を信仰している人と比較してどうでしょう?学会の言うとおりだったとしたら今頃誰の目から見ても明らかなくらいの実証が出ているはずですよね。
    病気になったとしても信心で治すことが出来て、活動をしっかり頑張った会員さんは皆裕福になっているはず。
    現実はどうでしょう。学会員も相変わらず病気や不慮の事故で亡くなるし、裕福とは言えない人がまだまだたくさんいらっしゃいます。
    他の宗教をあんなにけなして会員を獲得してきたのに、いまだにこの信仰が正しいという事を証明できてはいません。
    現世利益なんだから、今の一生のうちに目に見える形で宿命転換が出来るはずです。でも最近は今世が無理でも来世では悠々自適になるとかトーンダウンしてます。いつの間に教えの内容が変わってしまったのでしょうか。そういう発表があったとは聞いていません。
    つまりは嘘だったということです。勢いの良い事を言えば入会させることが出来るし、入ってしまえば後は徐々にマインドコントロールしていけば良いから。功徳で釣って罰で脅して離れられなくするんです。
    試しにやってみようなんて思わずにお断りしたほうが良いです。
    いくら誘ってくれてる人が良い人でも、この信仰をして人生を変えることが出来るなんて事はありません。思い込みは強くなりますが・・・。
    人との繋がりを求めて入ろうというのであれば最初は居心地良いです。
    でもちやほやしてくれるのは最初だけです。クラブの勧誘みたいなもので最初はやさしいんだけどだんだんスパルタになります。でもその頃にはもう心が囚われてしまってますから辞められなくなっちゃいます。

  11. 通りすがりの男子部に入会を迫られているAさんへ
    自分は、二十歳から約20年間 創価で真剣に活動し、その後インチキに気がついて、フェードアウトした者です。
    少々 個人的な主観に基づいてコメントしますが、お許し下さい。
    自分は、一般的な仏教を信じています。生まれ変わりについても、肯定的な立場です。
    自分の考えでは、人間は生まれる前に あらかじめ今回の人生での目標というか、テーマみたいなものを設定して 人生をスタートするのではないでしょうか?
    例えば、家族の温もりを感じたり、仕事に打ち込んで喜びを得たり、他人の為に自分が犠牲になり 命の大切さを学んだり…etc
    何かを自由に経験しながら、そのことから 一つ一つ学んでいく作業のなかで、人生の意味について自分なりの答えを探していくということが、人間に与えられた 素晴らしいチャンスだと思うのです。
    この当たりまえの人間としての権利が、創価学会に入ってしまうと 取り上げられてしまうのです。
    「この信仰をしなければ 幸せになれない。」
    「途中で辞めたら、地獄に落ちる。」
    「他の人にこの信仰をさせなければ 幸せになれない。」
    「他の人に聖教新聞を読ませなければ 幸せになれない。」
    「他の人に公明党に投票させなければ 幸せになれない。」
    「途中でこの信仰を捨てた人や、この信仰の邪魔者の不幸を祈らなければ 幸せになれない。」
    「年末にたくさんのお金を創価に払わなければ 幸せになれない。」
    「イケダセンセイのいうことをすべて信じなければ 幸せになれない。」
    「ネットの情報を信じれば 幸せになれない。」
    etc……
    超めんどくせー!!
    精神的な奴隷にされてしまいます。
    選民主義の上から目線の自己中心的な つまらない人間になってしまいます。
    せっかくの人生を、こんな馬鹿げた インチキグループの一味になって、金集めのパシリにされて、これが幸せな人生だと思い込まされ、他人の人生まで狂わす馬鹿者になったまま 終わることは、絶対に絶対に絶対に やめて下さい。
    簡単に説明するなら、例えば
    毒蛇や毒虫や盗賊があふれ、しかも あらゆるウィルスに汚染された森のなかに、これからAさんが 普段着で入ろうとしています。「人生の意味について、別の立場から 経験したい。」と。
    我々は、そんな危険な森のなかから 知恵と勇気を振り絞り、命からがら逃げてきた生存者です。
    普通の人間なら、そんな 命知らずのAさんを 止めるでしょう。たとえ 「よけいなお世話だ。」とののしられても。
    必死で、体を無理矢理引っ張ってでも 止めるでしょう。
    このブログの管理人さんや常連の方々は、きっとそんな真剣な思いです。
    どうか 御理解下さい。m(__)m

  12. 南無妙法蓮華経と言うおまじないは空前絶後の魔法なんでしょうか?
    確か、学会に入信しなくても唱えるだけで何かが変わる、試しに騙されたと思って毎日唱えてみてと言われた事が有る。その時に「なぜ?」「どうして?」と考えてはいけない、例えば赤ちゃんがミルクを飲む時には何も考えないでしょ、それと一緒なのよ、何も考えないでミルクを飲むように毎日南無妙法蓮華経と繰り返すだけで赤ちゃんが大きくなるように貴方も大きく変わるのよ。とある婦人部の方に言われたなあ。実際やって無いから嘘か本当かは知らないけど。こんな無茶苦茶な事を真顔で他人に話す訳ですから創価学会の人間は異次元の物体としか認識できません。

    もし、それを信じて南無妙法蓮華経と唱えたら、実は多額のお金を出さないと願いは叶わないし、叶わないなら叶わないで、叶わない事にも大切な意味があるので有難いのだと言われのでしょうなあ(笑)

    大の大人が日蓮のデタラメな空想物語を真実の法則と思い込む思考回路が私には理解出来ないし、なんだか知らないけど名誉欲の塊みたいな怪しげな人物を師匠だの先生だのと尊敬できるの?会った事も無い人と心を合わせるってどうやるの。

    若い青年部の人が雲隠れしている池田大作に対して「先生のために、先生と心を一つに、私達は先生に守られているのだから」なんて言っているのだから始末が悪い。いっその事我々は日蓮大聖人に護られていると言ってくれたほうが説得力が有ると思うけどね。

    ても、これだけは言えます。自分の事を1番知っているのは自分です、池田大作や日蓮は貴方の事なんて何も知りません。貴方を知らない人の言う事なんて信じてはいけません、美味しい話しには必ず裏があります。

    ん?それでは私の言う事も信じるなと言う事になりますね、ちっとも美味しくないけど(笑)

    そう、それでいいんです、屁理屈のようですが真実は何か自分自身で考え確認する事が大切なんです。

    それから、学会からフェードアウトすることは退転ではありません「卒業」です。
    今まで頑張った事は無駄ではありません「経験値」として何かの役に立つ事でしょう。
    シニフィエ様やモニカ様、他の皆様もその経験が有るからこそ言葉の一つ一つに真実味があり、嘘や偽りの無いお話が出来るものと私は理解しています。

    今現在勧誘を受けている皆様へ

    貴方達のやることは創価学会に有り金全部を差し出す事、つべこべ言わずに公明党に投票する事、全ての知人に公明党への投票をさせる事、聖教新聞やその他の出版物を漏れなく買う事、もちろん他人にも買わせる事、どんどん他人を学会に引っ張りこんで次から次へとお金を出させる事、死ぬまで学会のために無報酬で尽くす事。
    もちろん大切な友人は貴方から去っていきます、恋人も去っていきます、親からも勘当されます。
    世間からは白い目で見られ忌み嫌われます。

    これが貴方がたを勧誘する団体が理想とする「幸せな勝利の人生」なのです。

  13. ごぶさたしています。以前、書き込みをした創価大卒業生、現在非活中の者です。
    ここは時折ROMしていますが、久しぶりに書き込みさせていただきます。

    他の方と同じく、通りすがりの男子部さんに折伏されている方をAさんと呼ばせていただきます。

    他の方が事実をおっしゃっていられるので、私は私個人のことからお話しします。
    管理人さんがおっしゃっている通り、創価は会員が学会について疑問をもつことをとても嫌がります。
    批判的な意見を言うと「それは卑小な君の我見だ!」と一蹴されます。
    どんなに常識的なことでもです。
    私が学生のころ、聖教新聞紙上に「会合は終了時間厳守」とありました。
    しかし、私が参加していた会合はいつも遅くなっていましたので、疑問をぶつけると車座になって囲まれ「お前、顔がやばいぞ」等の精神的リンチを受けました。
    一例だけ挙げましたが、このように矛盾と独善が幅を占めています。

    今も多分、創価では「折伏は団体戦だ!」と言ってAさんを色んな人に会わせ、落ち着いて考えさせない、あるいはプレッシャーをかけているかもしれません。
    勇気を出してやってみようとか言われているかもしれませんが、入らないことも勇気です。

    面識もないのに大変失礼ですが、このブログを探して読まれるような自分でしっかり考える習慣をおもちのAさんに創価は似合いません。
    創価が求めているのは、創価にとって従順で物事を考えない都合のよい人だけです。
    Aさんが困っても最後には見放します。創価に取り込まれている通りすがりの男子部さんもAさんより創価の組織を取ると断言できます。

    ご自分の大切な人生です。ご自分で責任をとれる選択をされることを願っています。
    お気に障る表現がありましたら、すみませんでした。

  14. おはようございます。
    皆さんのAさんへの心からのメッセージがとどきますように。

    やはり通りすがりの男子部さんも、これまでここに来た現役活動家さんと同じで、何も言えずに去って行きましたね。マインドコントロールによって自分で考えることができなくなった人間は、意図的にインプットされた情報を繰り返すことしかできません。私たちはそのインプットされた情報が何なのかを知っているので、彼らを論破するのは簡単なことです。しかし、彼らは創価学会の都合でしかものごとを判断できないようになっていますから、こちらがどんなに正論を述べ、創価の矛盾を指摘しても「何を言っているかわからない」と言います。これは反論できないことをごまかしているのではなくて、「創価学会の間違い」は情報としてインプットされていないので「魔の仕業」などと、途方もないことを平気で口にします。「創価は正しい、他が間違い」「創価が幸せ、他は不幸せ」これが彼らに埋め込まれた基本情報です。この会員にお金を出させるための基本情報を疑わないかぎり、彼らは組織の意のままに動き、自ら人生を創価に捧げます。本人はそれで幸せになった気持ちになりますが、実際の生活は悲惨なものです。それでも自分の不幸に気づかないばかりか、他人まで不幸に引きづりこもうとする。学会員さんは、それが自分の使命であり、唯一の、そして最高の幸せの方途なのだとインプットされています。通りすがりの男子部さんはその典型です。恐らくよっぽどの事がないかぎり、彼の心が正常にはならないでしょう。それも体験してきたからこそ言えることなんです。まさか大の大人がこんなあからさまなインチキに引っかかるわけがないと思われるでしょうけど、人間の心って意外と騙されやすいものなんですね。Aさん、騙されている人に騙されないでくださいね。創価学会はあなたの友人を使って、あなたが持っているお金を貢がせることが目的です。残念ながら、あなたの友人は詐欺団体の使いっ走りをさせられているんです。決して創価学会には近づかないことをお勧めします。

  15. 活動家はよく、「自分が実際に見て、感じたことにウソはない!」と言います。
    だから創価は間違いがないんだと。
    今回も全く同じことを聞きました。

    あの、実際に見て感じることはバカでもできるんですよ。
    実際に見てない、聞いてない、隠されたことがあるから、ここまで大ごとになってるんですよ。
    懸命に隠ぺいしてきたこと、闇に葬っていたことが露呈してしまった。
    その真相は?
    自分や家族の人生がかかったことなんです。生半可に噂を楽しみますか?
    遊び半分で書き込みしますか?

    活動家の方に、改めて言います。
    「自分が実際に見て感じたものがすべて」だったら誰もこんなに騒ぎません。

  16. こちらの場でリアルな証言が積み重なっていくことが、真実なのです。それに対して感情的になるばかりでなく、自身の思考の一助になればいいのではないでしょうか…。創価学会の問題点をあらゆる角度から見直し、自分なりの静かな覚醒につながることを願っています。

  17. こんにちは
    テーマから外れた話題ですみません。

    吹奏楽コンクール全国大会が近づいています。
    関西吹奏楽団が出場決まりました。
    ということで私の知っている音楽隊のコンクールの実態をお知らせします。

    ・普通の楽団の場合
    皆から運営費を出しあい、そこから連盟加入金・コンクール参加費、
    備品・楽譜・楽器の購入やレンタル、練習会場の手配などしている
    講師に来てもらう場合の移動費・宿泊費・レッスン代もそこから
    地方での演奏の場合は大型楽器の移動のためのトラック手配は運営費から出し
    個人の移動・宿泊費は個人持ちというのが普通でしょう。

    ・創価の場合(全国大会に出るグロリアや関西など)
    吹奏楽連盟加入金・コンクール参加料は創価からでる
    地方遠征の場合のトラック手配・個人の旅費、宿泊費は創価から出る
    現役音大生・音大卒者も多数(プロではないので規約違反ではない)
    打楽器はすべて高級品で特殊楽器もあり
    練習会場は創価の会館、東京には専用の練習会場もある
    個人負担なし(楽器だけやりたい人にとっては凄い環境、但し洗脳有り)
    一流の講師 幾人もが何回も来て、しかも長時間のレッスン
    (レッスン代だけでも凄い金額のはず)
    講師の交通費・宿泊費ももちろん創価が負担

    という実態を創価以外のコンクール参加者で知っている人が多い
    不公平だという声が多数ある

    男子部全体の活動予算で一番高いのが音楽隊活動費だそうです。
    グロリアや関西だと各団体で年間数千万になると思います。

    皆でお金を出しあって運営してる楽団とスポンサーが創価の楽団が
    一緒の土俵でコンクールを競うのは間違っていると思います。

    一般的にコンクールには音楽教育の側面がありますが、
    創価の参加目的は、教育ではなく創価の宣揚しかありません。
    (音楽隊員の洗脳もある)

    音楽隊員を練習と活動に縛りつけ
    組織活動において十分に動き回れないことをいいことに
    劣等感を与え、その他のことを考えれないようにしています。

    しかも音楽隊には合唱団やマーチングバンドなどもあり
    練習で忙しいので組織ではあまり見かけないし
    未来部も多いので実態があまり表に出てこないが
    実際に結構な数のメンバーがいる。
    衰退が著しい地域組織にくらべ、
    外の情報の影響を受けにくい環境に置けるのでコントロールしやすい。

    ただ楽器をやらせてれば勝手に創価を宣揚してくれる部隊と思っているのでしょう。

  18. 今日の午前中に、通りすがりの男子部さんからコメントがありました。ただ、このまま普通に承認すると、ブログが炎上しかねないので、今日の私の仕事がはねてから(たぶん夜中)私のコメントとともにアップします。それでも収集がつかなくなる可能性もあるので、アップまでに方法を考えます。なにしろ人の言うことが理解できない創価の鉄砲玉には呆れかえるばかりです(笑)。本人が言うとおり、時間の無駄のようです。では仕事に戻ります。

  19. 通りすがりの男子部さんがコメントできるのは、ここのサイトのコメント含めて全部を読んでからだったはずなんで、全部読んだからコメントしてきたんですかね?それとも「分かった風なことばかりいってるんじゃねえ」とむかっ腹立っちゃったから、もの申しに来たんですかね?邪魔する人間への呪いの題目は上げてないでしょうけど、やりかねないところが人として怖い。いずれにしろ、洗脳されてるとこうなるという姿だと思って、見させていただきます。

    それにしても、創価学会の目的は、宗教ビジネスでお金を儲けること。
    いろいろと調べていくと、最初からそれが目的でイケダセンセイは、根回しして会長の椅子に座っちゃったみたいですね(けして戸田第二代会長から後を託されたわけではない)。で、そのビジネスを成功させるために、平和運動だの表向きの偽善の顔を強固に作って行った。表のみせかけの顔だけ見せられてる信者は、いい組織だと思い込み、結果、裏の目的の為に人生を捧げている。

    Aさんのように今までこの組織となんのかかわりもなく生きてきた人は、これからもかかわらずに生きて行った方がいいです。
    わざわざいろいろなごたごたに敢えて巻き込まれる必要はないです。

    これからは終焉に向かっていく組織なので、内部の人間が一人でも覚醒して抜けていけばいいだけで、これから入るのは、人生の無駄になります。

  20. 管理人さん本当にいつも申し訳ないです。私としては、内部にとどまる方の気持ちにも寄り添ったコメントを心がけている次第なのですが…いつもお世話かけるばかりで申し訳ありません

    うちの子も中高と吹奏楽部だったんですよ〜!
    高校からキリスト系の私学に進んでからは、
    やはり持ち出しは少なかったですね…
    学校の宣伝にはもってこいですしね、
    でも創価学園ほどではなかったです、オドロキ。
    創価学園の演奏は私は聞いたことなかったですが、
    娘が言うには凄かったと…こういうからくりだったんですね。
    野球もなかなかいいところまでいきますもんね…

    子供を通していろんなコンクール聴いてきましたが、
    私個人としては作られた音って好きじゃなかったです。
    それよりその年その年の学年の子供達が自分たちで出す音が
    たまらなかった、聴いててすごく伝わってきますし、
    常連校の先生方には子供達にすっかりおまかせで指導せず、
    それがかえって伝統の強さにつながったり感心でしたね。
    やあ、懐かしいなあ〜子供達が勝ち取った金賞の音色は
    すぐわかります、毎年混戦でいい時間だった、子供のおかげだ…

    すいません、脱線のっかてしまいました
    こういうの語り出したら、私ながいんで……
    次お譲りします、どうぞどうぞ

  21. 学園吹奏楽の出身です。
    全国大会に出場していた頃の全盛期に在籍してました。
    楽器は基本的に高級なものが揃っていました。
    100人弱部員がいたので、大会に参加する高学年は高級な楽器。
    後輩は安めの楽器と使い分けがありました。
    部活の始まりに音楽隊訓を全員で読んだり、常勝の…を歌ったり。
    MCバリバリなので、朝早くきて練習、昼休みも練習。
    土日も練習でも創立者のためにという気持ちが強いので、遊べなくても気になりませんでした。
    懐かしいなぁ…
    MCが無ければ部活に青春を捧げていたのでいい思い出ですが。
    創価の看板を背負ってると言われて毎日練習するので、心が折れる人もいました。
    学生に創価や池田先生の名前を背負えなんて酷な話です。
    結果を出さなければ創価や先生に泥を塗るのかくらいまで言われるので、必死に練習します。
    設備や道具もありますが、こういう脅しが一番効いてると思いますよ。

    創価に入ると全ての行動が創価、池田先生のためになります。
    自分のためでも家族のためでも社会のためでもありません。
    創価と池田先生のために自分や家族を犠牲にしないでください。

  22. signifieさん、100パーセント純粋な正義感から、こうした困難な仕事に真剣に取り組んでおられる姿に、心の底から尊敬致します。今後とも、微力ながら お手伝いさせていただきたく思います。 m(__)m
    さて、マハトマ・ガンジー、マーティン・ルーサー・キング牧師と肩を並べるほど 世界的大偉人の池田大作大センセイの直弟子である 創価学会男子部の本部長(アイデアマン)が、どんな素晴らしいコメント(スピーチ)を我々にして下さるのか、今からワクワクしながら、お待ち申し上げております。

  23. 最近の衰退している創価に入ってくる奇特な人は、創価を利用して何から何まで世話してもらおうっていう経済弱者や社会的に難ありの人ぐらいしかいませんね。

    創価に残って活動家といわれ会合に出てくる人も 役職という鎖で繋がれた人達ばかりです。

    そういう私もですけどね。

    発展して歓喜に燃えている支部や地区なんて、私が知っている限り どこにもないですね~

    役職の鎖が外された人は、みんな組織から遠ざかっていきます。

    統監カードがまわってきても、みんな非活で訪問不可ばかりです。
    統監の1割ぐらいしか活動していません。
    最初から非活も多いですが、精神を病んで非活になる人が本当に多いです。

    表面的には、脱会者がいないようにみえるのは、組織の人間関係もそうですが、家族関係を壊す相当な気力がいるので、自身の身を守るために脱会ではなく非活に転じるしかできないからですね。

    こんな状況、活動家だって みんなわかっているはずなのに、見えないふりしているのか、本当に見えなくなっちゃってるか。

    何でも屋のように使われている役職持ちは、みんな「役職は断ってはいけない」と言われてきた世代ばかり。
    高齢化して疲弊しきっています。

    Aさん。
    ネットで真実を探求できる今の時代に、こんな創価に入ろうなんて
    よっぽどの世間知らずと言われても仕方ないですよ。

  24. 創大や学園卒の方のコメントは、とてもリアルで、ある意味、衝撃的ですね。
    やはり、そこにも大金をかけ、厳しい練習とMCがあるのですね。
    新聞で、『創価○○吹奏楽団、全国優勝』など、たびたび出てきますが、
    覚醒前は、みんな輝いてる、信心の実証だな、すごいな!と思っていました。その反面、どのようにしたら毎回いい成績とれるのかな?と疑問もありました。一般のところと平等の立場ではない、カラクリがあったとは。

    私は、まず新聞ストップしましたが、体調不調を理由に活動も休み(実際に鬱になり、身体に影響も出てきたので)静かにフェードアウトしたいと考えていました。が、親には、ハッキリ信じていないこと、ネットの情報のことを伝えてますが、聞く耳を持たないし、頭がおかしくなった、題目足りない、言われるばかりです。体調が悪いことは理解してくれ、活動は休みなさい!元気になってからでいいから、信心は捨てるな!と。
    父が語る、信心の大確信、実証を示した、本物だ!と熱弁されても、
    子から見れば、どこにも実証なんてなく、自分の自己満足にしか見えませんよ。挙げ句、お前が学会を否定するのは、お父さんの人生を否定していると同じなんだぞ!と。はあ?って感じです。確かに、父から学会を取ったら何も残らないので、覚醒させようなんて思いません。思う存分、学会でいてください。と思っています。

    最近、ママ友でもある支部婦から、『癌だと知ったとき、どうしようもなかった、弱い自分をさらけ出し、幹部に指導をうけ、私たちも題目送っていくよと激励され、題目しかないんだ、今、娘を残して死ぬわけにはいかない、生きて生きて生き抜く、と誓って戦っているよ。
    すげての人を見方に変えて行くと一念を定めるとすべて変わっていくと実感しています』と、メールがきました。
    いままで、病気の話には触れぬよう気を使ったり、世間話や会員さんの様子をたまに話すくらいにしていたのですが。
    闘病生活も落ち着き、今月から活動を再開し、私は休んでいるし、地区婦が私の言動を報告したのでしょうか?
    圏婦も「その後、どうしたかなと思って」と訪問くるし、今日も地区婦から電話きて「幹部会始まったわね、○○さんといってくるけど、早く元気になるよう祈ってるわ」と、回りは黙ってはくれませんね。

    私も悪いのですが本当は「もう信じていません、イケダセンセイも学会も全部。退会したいです」とハッキリ言いたいのですが、支部婦や両親や妹夫婦やいろいろな人のことを思うと、ズバッとは言えません。
    なので「ネットの情報を全部デマだとは思っていません、疑いは消えません」とは伝えていますが、一度、魔に負けてしまったからね、気持ちを立て直すのに時間もいるでしょうから、だそう。

    心の中では、『うるせいよ、何も知らずに、自分の目で見てみろ』『題目で病気治らないよ』『もう訪問して来ないで』と言ってやりたいところですが、食って掛かっても仕方ないですね。
    支部婦の生きて生きて生き抜く!と言う強い意思は病気に勝ち抜くためには必要ですし、その人には題目=自己顕示?暗示?の役割を果たすでしょう。
    うちの父も来月に手術あるし、父もまた、負けるものか!と題目です。
    信じている人には信じさせておくしかないのです。
    と、最近は思っています。
    私もハッキリ退会したい、信じていない、と言える自分を目指さないと。
    地獄に堕ちるなんては、思っていませんが、ハッキリさせたことで厄介なことも出てくるし、そうっとやめたいのですが....

  25. ろくなことないです。

    離れてまだ数ヶ月ですが自分が活動家だった頃の特に生き生きとしている時を思い起こせば
    その時何を犠牲にしたか、その犠牲の見返りは帰ってきたか?嫌な思いはしなかったか?自分にとってプラスの方が大きいか?
    ということを挙げてみたとき上記の一言に尽きます。

    活動という運動は必死になればある程度何かしらの結果をもたらせます。
    しかしそれは学会以外の友人が自分に賛同してくださって初めてできること、
    信心のおかげとか学会の強さとかそういうのではないのです。

    おかげでいいことは全て功徳ととらえ悪いことは魔と思い疑わず学会のいうことが正しいと思ってこれまでやってきました。

    けどね、結局はもうひとつの世間なんです。皆自分が可愛いのです。なんだかんだいっても。自分が正しい。自分身内が幹部になると嬉しいw優越感の塊です。幹部は先生の真似をしますw
    ずっと祈ってるからね、あなたのことみてるからねと最近このフレーズ流行りなのかw嘘ですからねw

    会員がエスカレートするとね、折伏で嫌な目に合わせても選挙で執拗にお願いしても全く悪いと思わなくなってくる。
    わたしは信心に一生懸命なのだとそういう気に本当になります。
    師匠にお応えする。文句を言われても宿業落としてもらったと思い、万歳です。
    学会員さんでひとくくりにするな!常識ある人もいるぞ!と思うなら、だったらさっさと組織を変えんかい!!!と言ってやりたいです。
    矛盾なんですよ 。

    ここ一点。
    問題ある会員にほんと手を差し伸べない。これ、組織内で素晴らしく成り立っています。
    実際みてきてどれだけ言ってきたかわかりませんn。

    その手間も広宣流布の邪魔なのですよ。重いのですよ。多宝会の人が本当にかわいそうでたまらない。年金節約の中、相変わらず毎年広布部員にさせていく組織。

    日蓮大聖人は組織組織いってるの?!一人一人の幸せを本当に目標にしてる?
    あなたの孫にも新聞啓蒙、折伏、書籍人生の大部分を宗教活動に没頭させるで本当にいいのですか?
    私は嫌ですよ。
    意外と幹部の子供が活動せず例えば商売人になって大成功したやったー!学会活動?なにそれ?という状態でも自分の身内だからオールオッケー(笑)けども会員には活動に縛りノルマを与える。この構図w

    一人一人気づく日が本当にきますように。

  26. kikiさん、はじめまして。コメントありがとうございます。はじめての方には自己紹介をお願いしています。よろしくお願いします。

  27. Signifeさん
    はじめまして
    幼少時母に連れられて入信入信30年~社会人なってからのバリ活歴は15年
    非活宣言して今にいたります。

  28. Signfeさん

    討論わたしも楽しみにしてます
    相手の男子部の方、こういう人がいるから組織が全く変わらない。悪い点もOKにしてしまう。
    仏法の世界でも何者でもない。宗教ビジネスの勝者と敗者。ゆうこときくひとは良き会員。
    私もつい最近まで活動家なので、相手の方の洗脳具合十~分わかります。気持ちも多少わかります。ネットはデマだ!自分が正しい!!文句があるなら出てきていつどこで何を云々言ってみろ!でしょ?狂犬のようになりますからね。正義と思いこんでる。
    ルーマニアの処刑された大統領との先生の対話どう説明するんだよ(怒)節穴じゃんか。無茶庶民の税金で贅沢三昧 妻は女性を妊娠強制させる始末、止めたりでもしたの?!してないよね?!
    イスラエル今たいへんだよ!学会どうすんの?!対話は??選挙のこと考えてどう平和になった?戦争一個でも止めた?!
    (`・ω・´)学会はそういう存在と思っていました。師匠の弟子ならね。

  29. 私の小学校の友人にも学会員がいます。小学校の頃池田大作先生の本をどっさりもらってきた事があり、父が返しに行きました。その後は選挙をお願いされるだけですが、最近池田大作先生の写真展に誘われました。
    最初は暇な日を聞かれ、写真展があると言われ、最後の最後で池田大作先生の写真展なんだと言われました。
    やはり勧誘するつもりのですか?写真展は正直興味がないので行きませんが…

  30. hyottokoさん、コメントありがとうございます。
    申し訳ないですが、このブログは初めての方は最初に自己紹介をするのがルールなので、おそらくは学会員さんではなさそうですが、性別とかおおよその年齢とか、写真展にさそってきた友人との間柄などを教えていただけると適切なアドバイスができると思います。よろしくお願いします。

  31. 凛々子さん 徹底した非活は脱会と同じではと私は思います
    脱会届なんて手続きはどうでもいいんですよ覚醒されたこと自体が大事なことだと思います

    話飛びますが病気の話が出ましたが
    先にも話しましたように、私の組織に先生に近いドクター部長(外科医)がおられましたがその方が普段の会合で仰ってました

    学会員は病院に来るのが皆遅すぎる、来られた時はどうしょうもなく手が付けられない人が殆どです。 だから題目もいいけどもっと早く病院に来なさい

    と悲痛な言葉で言われてました

    みなさん題目の力で病気なんて直りませんよとドクター部長が言ってるのですから間違いありません

    病気になった人は題目じゃなく素直に病院に行きましょう

    病気になって題目に時間とられてたら手遅れになりますよ

    覚醒したおじさんが老婆心ながら懇ろに申し上げました

      南無~~ ぁ、じゃぁないですよ   病院へ行こう

  32. きちんとルールを読んでおらずすみませんでした。
    私は29歳の女性です。友人は小学校からの知人です。すごく良い人で家族も良い人ですが、結構熱心な学会員です。
    私も小学校のころに何度か会館に行ったことがあります。父がまだ、右も左もわからないような子供にそういう事をしてくれるな!と怒って以来、行っていません。
    今は年に数回しか会いませんし学会の話は特にはされませんが、選挙のお願いは毎回で、選挙期間中に会った時は、立ち寄った店に、候補者のチラシ?を配っていました。
    公明党は義務教育を無料化したり、児童手当など役立つ活動をしていると熱弁しています。
    私は昨年子供が生まれたのですが、今回も子供が好きそうな写真があるから!とのことです。まだ、2歳ならないので写真にはあまり興味もなさそうです
    私は活動熱心な事は全然なんとも思わないのですが、他の宗教を否定したり、善人の話をすると、その人学会員なんじゃない?と言われることに違和感を感じます。
    私は友達としては大好きなのですが、学会に入るつもりは全くありません。
    長くなってすみませんでした。

  33. はじめまして、30代のしーちゃん(男)です。今職場の同僚から勧誘されて困惑しています、最初は「ご飯行こう」と言われ何度か行ってるうちに創価学会の話をされ、「今度会って欲しい人がいる」とか「変わりたくないですか?」と結構しつこく電話やメールがきます。会社では向こうが先輩なので、あまり邪険にしたくないと思っているのですが…ハッキリ断らないとダメでしょうか?

  34. しーちゃんさん、はじめまして、
    今勧誘を受けているとの事ですが、関わりたくないのなら
    はっきり断るべきです。
    また、少しでも弱みや好きを見せるとしつこく勧誘して
    くるので断固として断る方向にもっていった方が良いです。
    もし断って関係が悪化するとかがあれば、もとからその先輩
    は、しーちゃんさんのことを思って勧誘してきたわけでは
    ありません。すべては自分の功徳欲しさにまた創価の為に
    行っているので注意が必要ですよ。
    その人が、しーちゃんさんの事を本当に思っているのなら
    普通、そこまでしつこく勧誘してこないはずです。
    また創価の人は、人の気持ちを汲み取っているように感じ
    ますが実際は違います。
    特に『あなたの為に・・・』とか『あなたを思って・・・』
    などのフレーズが出てきたら注意が必要です。
    たいがいこういう人は、人の事を思っていません。
    フリをしているだけです。

  35. KENさん、お返事有難うございます。
    まだ、「あなたの為…」とかは言われたことはないですが「一緒にやりませんか」とか、「記入しても何もないから」と言って名前と住所を書くようにカードを出してきたりもしてました。
    今は、相手にしていない(電話やメールをスルー)状態なんですが…向こうが焦ってエスカレートしてくる事とかあるんでしょうか?

  36. しーちゃんさん、お返事ありがとうございます。
    その人にもよりますが、エスカレートしてくる可能性があります。
    ここのサイトでコメントを書かれている方々のコメントを読んで
    いただくとお分かりになると思うんですが、功徳欲しさにあの手
    この手と色々手を尽くして来ますし、ここではっきりさせないと
    いつまでもしつこくやってきます。
    また、電話やメールが来たのをスルーしている状態との事ですが
    向こうは無視されたとは思っていません。むしろわずかながら
    見込みがあると思っています。熱心な人ほど理論や理屈が通り
    ません。それに「一緒に・・・」だとか「何もないから」とかは
    この人たちの常套句です。
    だから一度、はっきり断った方が良いです。
    立場上、会社の先輩だという事で断りづらいかもしれません。
    ただ、ここでよく考えて欲しいと思います。
    この先の人生、一度きりしかありません。
    創価に入会したらどうなるのか?
    ここのサイトを訪れている人たちのコメントを読んでいただくと
    よく分かります。かつての私も創価に入っていたために色々あり
    ましたから。まだ脱会出来ていないのですが・・・。
    だから、しーちゃんさんにはそういうふうになって欲しくないです。

    管理人様へ、いつも承認ありがとうございます。
    このようなサイトの管理、運営はかなり大変だと思われます。
    最近、寒くなってきたのでお体ご自愛下さい。

  37. 初めまして、50代外部の男です。
    20代の時、友人の饅頭を食べないでいたら、去年別の方が他人の不幸は蜜の味の如く寄ってきました。関わりたくないので断ったら創価の事を知ってもらいたいと言い 試験があるので一緒に勉強しようと誘われた。
    でネットで検索して管理人様のブログを拝見しました。
    おかげさまで
    洗脳されずに済みました。有難うございました。

  38. siginifireさま、9月11日のお言葉は、とりわけ読みごたえあるものであります。ただ、伊丹十三氏は焼身ならぬ投身自殺であったかと記憶しております。いかがなものでございましょうか?

    なお、siginifireさまのみならず皆さまには多くの非会員、一般民衆のためにぜひ一つやって頂きたいことがございます。この10数年来、本部のほうでは、『聖教新聞』に載った弁明を読む限り、往年のあの「謗法払い」は個々の信徒がめいめい勝手にやったことであり、本部の関知したことでない云々と白々しいことを述べております。まるで24年前の幸福の科学による講談社へのFAX攻撃さながらです。

    皆さまに今すぐできる一般市民への具体的なおわびは、ごく簡単です、謗法払いに、本部職員以下幹部らが関わっていたことを証する文書や証言を少しでも多く集めておくことでございます。この点どうかよろしく、とパソコン画面に合掌してお願い申し上げる次第でございます。

  39. お久しぶりです。最近は勧誘(折伏⁈)とかはないんですが…その会社の先輩さんに言われた事で少し引っ掛かる言葉があったのでコメントします。知り合った頃は学会の話しとか一切無く食事に行ったりしてプライベートな事や色々話しをしました。
    それから、まあ勧誘がはじまって僕が曖昧な返事をしていると「彼女欲しくないか」と言われ(そういう話しもしました)ちょっとビックリしたんです。つまり女を紹介することも折伏のマニュアルみたいなので上から言われてるということなのでしょうか?

  40. しーちゃんさん、お久しぶりです。
    その人に個人にもよりますが、創価の人たちの勧誘は基本
    『なんでもあり』でやってくると思った方がいいですよ。
    このサイトで、コメントされている人たちの話を読むと
    分かります。

  41. 初めまして。長文失礼いたします。
    私には創価学会員の友達が3人ほどおりますが(私は入信していません)、基本的に優しくお人好しな人達です。
    以前勧誘された事もありますが、きっぱり断りました。以後、特に勧められておりません。
    一番肝心なのは、自分の意志だと思いますよ。日本人の場合特に、創価学会に限らず宗教批判をする者は多いですが、明確な理由を答えられないのがほとんど。
    なんとなく怪しいから、よくわからないけど中傷する…みたいな。
    悪口言う割に冠婚葬祭は宗教儀式にならう…というか、無知ゆえにお金払って式をあげてしまう人が沢山います笑。見栄はってウン百万出すとかありますね。これこそ愚かです。サラリーマン化した生臭坊主に大金を貢ぐようなものですから。
    創価学会に関しては、勧誘がしつこいのも大変だと思いますが、自分の考えを持ってはっきり断ればいいのですよ。それができないから、むこうも必死に勧めてくるのです。
    宗教概念は人間にとって必要なものですから、何かに対して熱心に祈ったり信じたりすることは決して悪い事ではありません。とにかく、自分が信じたいと思うものを大切にするべきなので、創価学会に興味がないのなら、毛嫌いしたり尻込みしてないではっきり断りましょう。

  42. ロリロリさん初めまして、しーちゃんです。はい皆さんの仰る通りだと思います。
    僕自身、創価学会に全く興味ないですが…
    人にはっきりと言ったりした事なく(職場の先輩だし)頼まれると中々断れないんです。でも入るのは絶対嫌です…

  43. しーちゃんさん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    いつも言ってることなのですが、コメントはいちばん新しいスレッドにお願いします。
    かこのスレッドにいろんな方がコメントすると、収拾がつかなくなりますのでご協力よろしくお願いします m( _ _ )m
    それで、しーちゃんさんは創価とは関わりのない方なんですよね。そして今後も創価と関わる気はないとのこと。それでいいと思います。創価はちょっとでも油断するとどこまでも勧誘してきますので、とにかく徹底して拒否することが肝要です。そしてしーちゃんさんはそのようにされているので、何の問題もないと思います。創価に何の興味もないし、勧誘されるのも迷惑だと思っているのであれば、何を言われてもいっさい対応しないということでいいのではないでしょうか。創価の問題にかぎらず、職場の先輩の言うことを無下にできないといったことはあると思いますので、そのあたりは世間一般の処世術でいいのではないでしょうか。なにかほかに問題でもありましたらここで相談されてください。
    よろしくお願いします。

  44. 今日職場の上司二名から勧誘を受けました。リンゴをかじればなんちゃらとか、お金はかからないとか、みんな幸せになれるとか言われました。
    何度断っても会館に老いでと言われます。
    正直上司なんでどう断ればよいかわからないでいます。
    アドバイスいただきたいです。

  45. ふきおさん、初めまして。
    僕も職場の人から誘い受けてて…困ってたんですが、上司から言われてるとの事ですが断るのは辛いですよね。
    他の同僚とか(学会員じゃない方)に相談されてみたらどうですか。

  46. 創価学会の内部事情読ませてただきました。
    私はずーと創価学会のしつこい勧誘にあっています。

    そこで聞きたいのですが、創価学会の勧誘方法にストーカーや赤の他人に監視まがいなことをして勧誘するとは本当でしょうか?!

    集団ストーカーといわれています。実際嘘だと思っていましたが、自分の元彼が創価学会にしつこくつきまとわれていました。
    気がついたら私も創価学会に間接的にしつこいストーカーをされるようになりました。

    迷惑です!やめてください。何度もいいましたが、地獄におちるぞ!!創価学会は平和団体だ!創価学会に入らないから不幸なんだ!などいわれてまいりました。

    現在妊娠してるにと関わらず、それを知って、最近の勧誘は煙草をの煙を押し付ける。などの嫌がらせもしてきます。

    理由は私達にきづいてくれないから!分かってもらえないからとの理由でした。

    お断りしたにもかかわらず本当にしつこいです。

    私からしたら創価学会がいるから不幸で創価学会がいないときとは本当に幸せです。

    もと信者さんからしたら不愉快にさせる発言かもしれませんが、本当に迷惑していて。どうやったら諦めてもらえるか知りたいです。
    創価学会とはかかわりたくありません。そして旦那に創価学会の、女性はパンツまで見せてきて誘惑していました。

    嘘ではなく本当の話です。だからこそカルトといわれてしまう団体なんだとおもいます。

    不愉快なこと言ってもうしわけありませんが何が方法はないでしょうか?!
    多くの被害者がいます。断っても断ってもひとのプライベートを監視して近づいてきます。

    どうしたら関わらずにいれるでしょうか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中